取扱説明書

取扱説明書
1回線用温度コントローラー(UTH-JPV1)
取扱説明書
・この度は、温度コントローラー(UTH-JPV1)をご購入頂き、誠に有難う御座います。
・この取扱説明書は、温度コントローラー(UTH-JPV1)の使用法・仕様の概要を説明したものです。
・ご使用になる前に必ずこの取扱説明書を御読み頂き、正しくご使用くださいますようお願い致します。
< 使用上のご注意 >
・この取扱説明書は、本製品をお使いになる方のお手元で必ず保管してください。
・この取扱説明書の内容を将来予告無しに変更することがあります。
・この取扱説明書の内容については、万全を期しておりますが、万一ご不明な点などがございましたら、
当社までお申し出下さい。
・お客様が運用された結果につきましては、責任を負いかねる場合がございますのでご了承下さい。
安全上の注意
この注意事項は、製品を正しくお使いいただき、お使いになる方や他の人々への危害や損害を
未然に防止するためのものです。安全に関する重要な内容ですので、必ずお守りください。
警告 人が死亡または重傷を負う可能性が想定される内容。
注意 人が障害を負う可能性及び物的損害の発生が想定される内容。
警 告
!
本器の故障により温度の過度上昇が考えられる場合は、過昇温防止装置を併用するようにして下さい。
!
本器の取付け・取外しや結線のときは、電源を切った状態で行って下さい。感電の危険性があります。
!
本器は絶対に分解したり加工、改造、修理は行わないで下さい。
異常動作、感電、火災の危険性があります。
!
コントローラーへの電源接続は必ず、圧着端子をご使用下さい。
(電線を直接ネジで止めた場合は過熱の危険性あり!)
注 意
!
本器は床暖房用コントローラです。過昇温防止装置として使うことはおやめ下さい。
!
本器の電源は工事業者が用意したものを使用し、配線間違いや
電源電圧の間違いは十分注意し、通電前に必ずご確認下さい。
!
本器は電源遮断機を備えていません。必要な場合は外部に取りつけて下さい。
!
本器は仕様に定められた条件および環境(振動・温度・湿度など)の
範囲で使用保管して下さい。
!
床表面の温度が35℃以上になるような温度設定で長時間使用しないで下さい。
低温やけどや脱水症状になることがあります。
!
正しく温度制御を行うために、センサーの取付け位置・場所は適切にして下さい。
!
本器は可燃性、腐食性、爆発性のガスまたは蒸気のある場所では使用できません。
!
万一使用中に床温度が異常に熱くなったときはブレーカを切って電源を遮断し、
工事業者または相談窓口にご連絡下さい。
!
本器の表面の汚れがひどいときは、水にぬらしたやわらかい布を硬く絞って、軽くふき取って下さい。
洗剤及びシンナー・ベンジンなどではふかないで下さい。
!
長時間ご使用されない場合は、ブレーカを切って電源を遮断して下さい。
-1-
UTH-JPV1各部の名称と概要
■ コントローラー本体 各押ボタンについて
⑤ 設定モードボタン
① 温度設定ボタン
設定温度を上げるときに使
「設定モード」ボタンを押す
用します。
ごとに【運転】→【解除】→
【設定】→【確認】→【時
計】の順に切り替わります。
② 温度設定ボタン
必要な項目を選択してくださ
設定温度を下げるときに使
い。
用します。
⑥ 運転・停止ボタン
③ 時ボタン
床暖房運転(入)、停止(切)
を行います。
現在時刻や予約タイマー
の【時】を合わせるとき
に使用します。
④ 簡易タイマー/分ボタン
<簡易タイマー>
「簡易タイマー」は床暖房の電源をOFF(切)
にする時間を設定する時に使用します。
「簡易タイマー」のボタンを押すと、30分
単位で時間がプラスされます。
最長8時間まで設定が可能です。
電源OFFの10秒前にブザーが鳴り、停止のお
知らせをします。
⑦ セットボタン
(決定ボタン)
設定モードで設定した内容
を確定(決定)します。
<分>
時刻および予約タイマーの【分】を合わせ
るときに使用します。
■ 表示画面(VFD DISPLAY)
− 全体画面
− 部分画面の説明
①温度表示
運転中は設定温度と現在温度を数字とバー(8段階)で表示します。
現在温度のバーグラフは設定温度に達するまで点滅します。
②現在時刻表示
現在時刻を午前(AM)、午後(PM)にして表示します。
③予約タイマー 入時刻・切時刻表示
設定した予約時間のON時刻とOFF時刻の表示をします。
【入】は運転スタート時刻、【切】は運転停止時刻を表示します。
④予約タイマー時刻表示
予約タイマー時刻の設定状況を24時間表示します。
黄色く点灯している時間帯に暖房運転が実施されます。
-2-
⑤選択中メニュー表示
− 現在時刻を合わせるときに設定します。
− 【通常運転】、【予約タイマー運転】のときに点灯します。
− 【予約タイマー運転】を解除するときに設定します。
(1回押すと一時解除されて【通常運転】に切り替わります。
長く押すと予約内容が完全解除(消去)されます。) −
予約タイマー運転時間を設定するときに設定します。(1日最大5回まで)
−
予約タイマー運転時間を確認するときに設定します。 ■ 各部の操作について
1、時計を合わせる
2、温度を設定する
3、タイマー運転の操作
予約タイマー運転、簡易タイマー(切タイマー運転)の操作をします。
1、 時計を合わせる
初めてお使いになるときや長時間停電したとき、時刻が合っていない場合に時計を合わせて下さい。
①「運転・停止」ボタンを押し、電源をONします。
②「設定モード」ボタンを押して表示を「時計」に選択します。
③「時」ボタンと「分」ボタンを押しながら時刻を合わせます。
<例:午前10時00分>
3秒後には自動的にセットされて【通常運転】モードに切り替わります。
電源をOFFにしても、時計の時刻はそのまま保持されます。
※ご注意
設定が終了していなくても、押しボタンを押してから3秒経過すると
【通常運転】モードに 切り替わります。
(設定間隔は3秒以上あけないで下さい)
③時と分を合わせる
②4回押して
「時計」を選択する
①電源をONにする
2、温度を設定する 床暖房の温度を数字と8段階のバーで表示をします。
数字とバーは温度を設定してから約3秒後に自動的に床暖房の現在温度の表示に切替わります。
この現在温度表示部は設定した温度に達するまで点滅します。
①「運転・停止」ボタンを押し、電源をONします。
(床暖房の現在温度が表示されます。)
②温度を「▲」「▼」ボタンで設定してください。
(例:設定温度32℃の場合)
※設定温度を確認するときは「▲」または「▼」の
ボタンを押すと設定温度表示に切替わります。
②温度を設定する
-3-
①電源をONにする
3、予約タイマー運転の操作
予約タイマー運転では、設定した時刻に暖房を運転し、また設定した時刻に暖房を停止します。
※タイマーを設定したとき、現在時刻が暖房運転時間内の場合は設定後すぐ暖房運転をします。
また、暖房運転が「切」状態の間はリモコンは待機状態となり、液晶画面の表示は残ります。
「運転・停止」ボタンを押して主電源を切った場合、タイマー運転は作動しません。
A.タイマー運転する時間の設定
① 「設定モード」ボタンを押して「設定」を選択してください。
② 「セット」ボタンを押して決定します。
このとき
③ 入
入
が点滅します。
が点滅している間に、暖房運転を開始したい時間に
「時」ボタンと「分」ボタンを押して設定してください。
(画像例:午後6時00分)
①2回押して
「設定」を選択する
②、④、⑥、⑦
押して決定する
④ 「セット」ボタンを押して運転開始時刻を決定します。
このとき
⑤ 切
切
の表示が点滅します。
が点滅している間に、暖房運転を終了したい時間に
「時」ボタンと「分」ボタンを押して設定してください。
(画像例:午前8時00分)
⑥ 「セット」ボタンを押して運転終了時刻を決定します。
このとき
入
の表示が点滅します。
また、予約タイマー時刻表示部が点灯し、
暖房運転を実施する時間帯が黄色く表示されます。
⑦ ③∼⑥の操作を繰り返すことで、5回までタイマー
入力ができます。
⑧ タイマー入力を完了するときや途中で終了するときは、
もう一度セットボタンを押し、「--:--」の表示を
してください。
「--:--」表示が3回点滅して、タイマー設定が終了します。
-4-
③、⑤ 「時」ボタンと「分」ボタンを
押して時刻を合わせる
B.予約タイマー運転の解除
5
【予約タイマー運転】を【通常運転】に変更する場合は、「設定モード」を「解除」に設定して下さい。
①「設定モード」ボタンを押して「解除」を選択します。
②「セット」ボタンを押して決定します。
【予約タイマー運転】が【一時解除】されて、
【通常運転】に切り替わり、
予約タイマー時刻表示部
また、
時刻表示部
入
、
切
の表示と
が消灯します。
には現在時刻が表示されます。
(例:午前7時30分)
タイマー内容はそのまま記憶されていますので、再びタイマー
運転に戻ると記憶された内容のままタイマー運転を開始します。
①1回押して
「解除」を選択
する
この【一時解除】から【タイマー運転】に戻るときには、
電源をOFF・ONするか、もしくは再び「解除」を選択・決定すると、
②押して決定する
切り替えることができます。
タイマー運転に戻ると、
予約タイマー時刻表示部
が点灯します。
※ 予約内容を完全に解除する場合には、「設定モード」で「解除」
を選択し、次に「セット」ボタンを3秒間長く押すと
ピー
という音とともに完全に解除されます。
その後、【通常運転】モードに戻ります。
C.予約タイマー設定状況の確認
予約タイマー時刻を確認する場合は、「設定モード」を「確認」に設定し、内容を確認してください。
①「設定モード」ボタンを押して「確認」を選択します。
②「セット」ボタンを押して決定してください。
すると、
入
の文字が点滅します。
時刻表示部には記憶されている運転開始時刻が表示されます。
③もう一度「セット」ボタンを押すと、記憶されている運転
終了時刻が表示され、
切
の文字が点滅します。
④さらに、もう一度セットボタンを押すと、記憶されている
①3回押して
「確認」を選択
する
②押して
開始時間を確認する
2回目の運転開始時刻表示されます。
⑤「セット」ボタンを繰り返し押すことで、3回目、4回目と
設定した運転開始時刻・運転終了時刻が順番に表示されます。
それ以降のタイマーが設定されてないと、
--:--
の
表示が3回点滅して「確認」のモードが終了し、「運転」
モードに戻ります。
③押して
終了時間を確認する
-5-
D.簡易タイマー運転(切タイマー)
簡易タイマーは床暖房の電源をOFFにする時間を設定する時に使用します。
「簡易タイマー」のボタンを1回押すと、30分単位で時間がプラスされ、
カウントダウンが開始されます。最長は8時間まで設定可能です。
●
簡易タイマー運転中には暖房範囲の切替と温度調整ができます。
●
簡易タイマーの動作は予約タイマーの動作より優先されます。
●
予約タイマーで運転が停止している状態でも、簡易タイマーを設定
すると現在表示されているチャンネルの床暖房の運転が再度開始され、
簡易タイマーで設定した時間後に電源OFFとなります。
●
簡易タイマーでの運転終了は主電源がOFFになりますので、それ以降の
予約タイマーで設定した運転開始時間には床暖房の運転は開始されません。
●
電源OFFの10秒前にブザーが鳴り、停止のお知らせをします。
(30分→1時間→1時間30分→ ・・・ 8時間→現在時刻)
①「簡易タイマー」ボタンを押して、運転したい時間を
設定します。
例)4:30 に設定すると、
設定した時間から4時間30分後に主電源がOFFになります。
②「簡易タイマー」を解除し、再び【通常運転】に戻りたい場合、
「運転・停止」ボタンを押して、一旦電源をOFFしてから再度
電源をONにしてください。
この場合、予約タイマーで設定した時間は記憶されていますの
で、
予約タイマーを設定していた場合は、【タイマー運転】へと
移行します。
①運転したい時間を設定
してください。
4.配線図
●
●
ー
◎セ
◎ン
サ
◎
◎端
子
①③⑤⑦
②④⑥⑧
●
●
● 電源=①と②に接続
● 床暖房回路=③と④に接続
(コントロールで電源を入・切します)
● 温度センサー端子=右上の端子
(上側から1番目と2番目に接続する)
(⑤∼⑧は補助端子です。通常は使用しません。)
※ 機器の接続は必ず圧着端子をご使用下さい。
-6-
仕様/ SPECIFICATIONS
区分
定格
項目
UTH-JPV1 特長
定格入力電圧
85V AC ∼ 265V AC
周波数
50Hz / 60Hz
駆動方式
電子式
消費電力
約2.75W
負荷
回路数
1回路、補助回路
最大容量
1ch:12A , 補助回路:12A (抵抗性負荷)
出力電圧
85V AC ∼ 265V AC (入力電圧と同一)
ディスプレー
VFD (Vacuum Fluorescent Display)
時間精密度
週間最大偏差 +/- 1分 (0℃∼30℃)
温度精密度
+/-1℃:30秒当り1℃変化条件 (delay option 20SEC.)
接点方式
Relay (Matsushita: ALZ12B12)
接点定格容量
16A, 250V AC (抵抗性負荷)1回路当り
定格寿命(電気的)
10万回以上 250VAC, 16A (抵抗性負荷時) 1回路当り
表示画面
精密度
種類
NTC: Negative Temperature Coefficient
精密度
1%
25℃の定格抵抗
5,000ohm, Beta constant =4,000°K
数量
CH1, 補助回路:温度感知用
センサー
機能
安全
センサー線の
断線の場合 EO(error open),ショートの場合 ES(error short)
(性能)
装置
断線、ショート
負荷の電源供給は自動に遮断。
過熱防止
コントローラ内部の温度上昇を点検して決めた温度になると
センサー
電源が遮断されてブザーが鳴る。
(コントローラの内部)
*手動復帰型で電源をoff/onして下さい。
ヒューズ用抵抗
10ohm (コントローラ内部の回路保護用)
絶縁紙
nomex aramid paper 7-mils type 410
予約回数
最大5回貯蔵/1日 (1回=ON/OFFを1周期にする)
時間設定単位
1分
タイマー
簡易タイマー
ON/OFF
その他
使用条件
30分単位にして8時間まで設定可能。(カウントダウン方式)
温度差の調節
現在温度と設定温度の比較によりON/OFFされる。
時間周期の調節
設定した時間周期によりON/OFFされる。(1∼60分 調整)
外部ケース
ABS VH810 UL94 V-O (難燃性)
重さ
300g
寸法
115(W) × 115(H) × 48(D)
気温・湿度
0℃ ∼ 40℃、85%以下
-7-
保 証 書
< 品 名 及 び 品 番 >
1回線用温度コントローラー (UTH-JPV1)
< 保 証 期 間 >
お買上げ日より2年間 (但し下記の条件の場合)
正しく、ご使用頂いた場合のメーカー不良に限る
< ご購入日 >
年 月 日
< ご購入者名 >
< 販売店 >
製造元:ウリエル電子株式会社
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement