Samsung | 460DRN-A | Samsung 460DRN-A 사용자 매뉴얼

SyncMaster 460DRN-A
LCD ディスプレイ
ユーザー マニュアル
安全使用上の注意
表記法
注意
安全を確保し損害を防止するために、これらの安全使用上の注意に従う必要があります。
指示をよく読んで、正しい方法で製品を使用します。
警告/注意
このマークの付いた指示に従わなかった場合には、人体への傷害また
は機器の損傷を招くことがあります。
国内規制
禁止
必ずよく読んで理解していた
だくことが重要です
分解しないでください
コンセントからプラグを抜い
てください
触れないでください
感電を防ぐために、アースを
行ってください
電源
長期間使用しない場合には、コンピュータを DPM に設定します。
スクリーン セーバーを使用している場合には、アクティブ スクリー
ン モードに設定します。
下記に記載された絵はあくまでもイメージです。
残像防止方法へのショートカット
破損した電源コードまたはプラグ、破損またはがたつきのある
コンセントを使用しないでください。
•
漏電または火災の原因となることがあります。
コンセントにプラグを抜き差しするときに、濡れた手で電源プ
ラグに触れないでください。
•
感電の原因となることがあります。
電源コードは、アースされたコンセントに接続してください。
•
漏電または傷害の原因となることがあります。
電源プラグはコンセントにしっかりと正しく差し込みます。
•
火災の原因となることがあります。
安全使用上の注意
電源プラグを無理に曲げたり引っ張らないでください。また、
重い物をプラグの上に乗せないでください。
•
火災の原因となることがあります。
同じコンセントに複数の電気製品を接続しないでください。
•
過熱による火災の原因となることがあります。
製品の使用中は電源コードを外さないでください。
•
感電によるモニターの故障の原因となることがあります。
本体から電源を抜く場合や、コンセントから電源を抜く場合の
ことを考えて、余裕を持って抜き差しができる環境に設置をして
ください。
•
感電や火災の原因になること があります。
付属の電源コードセットは本製品のみにご使用ください。他製
品には使用しないでください。また、他の製品に付属されている
電源コードを本製品に使用しないでください。
•
火災または感電の原因となることがあります。
設置
ほこりが多い場所、非常な高温または低温にさらされる場所、湿度の高
い場所、化学溶媒が使用されている場所、および空港や駅など 24 時間
製品を使用する場所に設置する場合には、認定お客様相談ダイヤルにご
相談ください。
ご相談せずに設置した場合、モニターに重大な損傷が発生することがあ
ります。
製品の移動は必ず 4 人以上で行ってください。
•
落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。
キャビネットやラックなど高いところに製品を設置するときに
は、製品がはみ出たりしないようしっかりと安定した状態で設置
してください。
•
落下または傷害の原因になる場合があります。
•
製品に合ったサイズのキャビネットまたはラックを使用して
ください。
ろうそく、蚊取り線香、タバコおよびその他の熱源を製品に近
づけないでください。
•
火災の原因となることがあります。
安全使用上の注意
電源コードまたは製品は、熱源となる機器に近づけないでくだ
さい。
•
漏電または火災の原因となることがあります。
製品を下ろすときには、手荒に扱わないでください。
•
表示画面が損傷する場合があります。
製品の前面を下にして床に置かないでください。
•
表示画面が損傷する場合があります。
製品は、換気が十分に行われる場所に設置してください。壁か
ら 10 cm 以上離してください。
•
内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。
梱包材のビニールに、お子様が手を触れないようにしてくださ
い。
•
お子様がビニールで遊んでいると、重大な傷害 (窒息) の原
因となることがあります。
お手入れ
モニターの筐体または TFT-LCD 画面の表面を清掃するときには、少し
湿らせた柔らかい布で拭き取ります。
電源プラグのピンを清掃するとき、またはコンセントのほこり
を取り除くときは、乾いた布を使用します。
•
火災の原因となることがあります。
製品を清掃するときは、電源コードを切り離してください。
•
感電または火災の原因となることがあります。
製品を清掃するときには、まず電源コードを外して乾いた布で
やさしく拭き取ります。
•
(ワックス、ベンゼン、アルコール、シンナー、殺虫剤、潤滑
剤またはクリーナーなどの化学薬品を使用しないでくださ
い)これらの薬品によって、製品表面の外観が変わったり、製
品の表示ラベルがはがれることがあります。
製品の筐体にはキズが付きやすいため、液晶モニター用のクリ
ーニングクロスを使用してください。
•
クリーニングクロスに少量の水をつけて使用してください。
また、クリーニングクロスに異物がついていると製品にキズ
がつきますので、使用前に異物がついていないかよくご確認
ください。
安全使用上の注意
その他
この製品は、高電圧を使用しています。お客様ご自身で製品の
分解、修理または改造を行わないでください。
•
漏電または火災の原因となることがあります。修理が必要な
場合には、お客様相談ダイヤルまでご連絡ください。
製品から異臭や異音、煙が出る場合には、直ちに電源プラグを
抜いてお客様相談ダイヤルにご連絡ください。
•
漏電または火災の原因となることがあります。
製品が落下したりケースが破損した場合には、電源をオフにし
て電源コードを切り離してください。お客様相談ダイヤルにご連
絡ください。
•
漏電または火災の原因となることがあります。
雷が発生した場合には、電源コードまたはアンテナ ケーブル
に触れないでください。
•
漏電または火災の原因となることがあります。
配線または信号ケーブルのみを持ってモニターを動かさないで
ください。
•
ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火
災の原因となることがあります。
電源コードまたは信号ケーブルだけを持って、製品を持ち上げ
たり、前後または左右に動かさないでください。
•
ケーブルが破損して、落下事故、感電、製品の損傷または火
災の原因となることがあります。
換気口をふさがないようにしてください。
•
内部の温度が上昇して、火災の原因となることがあります。
可燃性のスプレーまたは可燃物を製品に近づけないでくださ
い。
•
爆発または火災の原因となることがあります。
箸、コイン、ピンおよび刃物などの金属類、マッチや紙などの
可燃物を (換気口、入出力端子などから) 製品の中に入れないで
ください。
•
製品が水に濡れたり、異物が製品内部に入ったりした場合に
は、電源コードを切り離してお客様相談ダイヤルにご連絡く
ださい。
•
漏電または火災の原因となることがあります。
静止画面を長時間表示し続けると、残像が発生したり画面がぼ
やけたりする場合があります。また、場合によっては液晶パネル
が焼き付けを起こす場合があります。
•
長時間製品を試用しない場合には、スリープ モードにするか
動きのあるのスクリーン セイバーを使用します。
安全使用上の注意
製品に適した解像度および周波数を設定します。
•
視力に影響を与えることがあります。
ヘッドフォンまたはイヤフォンを使用するときは、音量を大き
くしすぎないようにしてください。
•
音が大きすぎると、聴覚に影響を与えることがあります。
製品を近くで長時間見ないでください。
視力低下の原因になり、場合によっては人体に影響を及ぼし ま
す。
モニターを 1 時間使用したら、少なくとも 5 分間の休憩をとり
ます。
眼の疲れが軽減されます。
不安定な棚や平らでない面、または振動の多い場所に設置しな
いでください。
•
落下事故やケガ、製品の破損の原因となることがあります。
•
振動の多い場所で製品を使用すると、製品の寿命が短くなっ
たり出火の原因となる場合があります。
製品を移動するときには、電源をオフにして、電源プラグ、ア
ンテナ ケーブル、および製品に接続されているすべてのケーブ
ルを切り離します。
•
感電または火災の原因となることがあります。
お子様が製品にぶら下がったり、よじ登らないようにしてくだ
さい。
•
製品が落下して傷害または死亡事故の原因になる場合があり
ます。
製品を長期間使用しない場合には、コンセントから電源コード
を外してください。
•
ほこりがたまって過熱または火災の原因となったり、感電ま
たは漏電の原因となることがあります。
重い物、お子様が興味を示すような玩具やクッキーなどの菓子
を、製品の上に置かないでください。
•
お子様が製品にぶら下がって、落下により傷害または死亡事
故の原因となることがあります。
リモコンから電池を取り外したときには、お子様が電池を口
の中に入れないようにしてください。電池は、子供または乳児の
手の届かない場所に置いてください。
•
お子様が電池を口の中に入れたときには、すぐに医師の診察
を受けてください。
安全使用上の注意
電池を交換するときには、正しい極性 (+、-) の向きに入れ
てください。
•
電池が破損したり、液漏れにより火災、傷害または故障の原
因となることがあります。
指定された標準の電池のみを使用し、新しい電池と使用済みの
電池を混在して使用しないでください。
•
電池が破損したり、液漏れにより火災、けがまたは故障の原
因となることがあります。
電池 (および充電式バッテリ) は通常の廃棄物ではなく、リ
サイクルするために返送する必要があります。使用済みのバッテ
リをリサイクルのために返送する責任は、使用者であるお客様に
あります。
•
お客様は、使用済みの充電式バッテリを公共のリサイクルセ
ンターまたは同じタイプのバッテリおよび充電式バッテリを
販売している店舗に返送することができます。
製品の上に物を落としたり、製品に衝撃を与えないでくださ
い。
•
漏電または火災の原因となることがあります。
製品の上に重い物を載せないでください。
•
けがや製品の破損の原因となることがあります。
電源設置ガイド
指示をよく読み、それに正しく従ってください。従わない場合には、死
亡または重傷事故、もしくは火災の原因となる場合があります。
•
製品を設置する前に、設置場所の電源要件を確認してください。
現在の製品の消費電流/消費電力より低い電流/電力容量の電源環境 (電源ケーブル、電
源コンセント、回路ブレーカなど) に製品を取り付ける場合には、「定格容量」の表に
従って別に変圧器を設置してください。
利用者はこれについて を支払います。
•
製品は専用の電源コンセントに接続し、延長コードは使用しないでください。
延長コードを使用する必要がある場合には、「定格容量」の表の消費電流を参考にし
て、接続する製品の消費電流の合計が許容電流の仕様を超えない延長コードを使用して
ください。
•
専用の延長コードを使用する場合には、大容量の電源ケーブルを使用します。
12.5 A 以上の許容電流の電源けーブルを使用します。
電源プラグ/コード/器具カプラーの定格電流
•
12.5 A 以上の電源ケーブルを使用します。
安全使用上の注意
ケーブルの安全仕様を参照してください。
•
UL 仕様 ‒ 14 AWG 以上のケーブルを使用
•
KS 仕様 ‒ 20.SQ 以上のケーブルを使用
•
IEC 仕様 ‒ 2.5.SQ 以上のケーブルを使用
はじめに
パッケージ内容
注意
ご使用前に、LCD ディスプレイと共に以下の付属品が揃っているか確認 してください。
不足している物がある場合は、購入された販売店へお問い合わせください。
オプション品の購入については、客様相談ダイヤルにお問い合わせください。
開梱
LCD ディスプレイ
マニュアル類
クイック セットアップ ガ
保証書
イド
(含まれていない地域もあ
ります)
ユーザー ガイド
はじめに
ケーブル
GND ケーブル (3)
その他
ショック センサー
リモートコントロール
バッテリ (AAA X 2)
(含まれていない地域もあ
ります)
別売り
DVI ケーブル
LAN ケーブル
お使いの LCD ディスプレイ
前面
MENU ボタン [MENU]
オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了します。OSD メニ
ューを終了したり前のメニューに戻る場合にも使用します。
はじめに
ナビゲーション ボタン (上下ボタン)
ひとつのメニューから別のメニューに縦方向に移動したり、選択したメ
ニューの値を調整したりします。
調整ボタン (左右ボタン)/音量ボタン
ひとつのメニューから別のメニューに横方向に移動したり、選択したメ
ニューの値を調整したりします。OSD がスクリーンに表示されていない
場合は、このボタンを押して音量を調整します。
ENTER ボタン [ENTER]
ハイライトされたメニュー項目をアクティブにします。
SOURCE ボタン [SOURCE]
PC モードからビデオモードに切り替えます。入力信号の変更は、変更時
に LCD ディスプレイに接続されている外部デバイスについてのみ行うこ
とができます
[PC] → [DVI] → [AV] → [HDMI] → [MagicInfo]
PIP
PIP ボタンを押して PIP 画面のオン/オフを切り替えます。
BNC とコンポーネントは同じ端子を使用しているため、画面上で複数の
PIP を重ね合わせることはできません。
電源ボタン [
]
このボタンで、LCD ディスプレイの電源のオン/オフを切り替えます。
輝度センサー
この製品の輝度センサー機能は、明るさセンサーを使用して自動的に検
知した周囲の明るさに合わせて輝度を調整します。
電源インジケーター
緑色に点滅して PowerSaver モードであることを示します
注意
省電力機能の詳細については、このマニュアルの「PowerSaver」を参照
してください。消費電力を押さえるために、必要ない場合または長時間
LCD ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。
リモートカラーセンサー
リモコンを LCD ディスプレイのこの部分に向けます。
カメラ :製品に衝撃が加わったときに画面の前で発生した事を記録して
保存します。(ショック センサーについての説明を参照してください)
Bluetooth トランシーバ :Bluetooth デバイスを接続できるようにしま
す。
スピーカ
背面
注意
ケーブル接続の詳細については、「設定」の「ケーブルの接続」を参照してください。LCD
ディスプレイの背面の構成は、LCD ディスプレイのモデルによって若干異なる場合があり
ます。
はじめに
POWER S/W ON [ │ ] / OFF [O]
LCD ディスプレイのオン/オフを切り替えま
す。
POWER IN
LCD ディスプレイと壁のコンセントに電源
コードを接続します。
RS232C OUT/IN (RS232C シリアル ポー
ト)
MDC (マルチディスプレイ コントロール)
プログラム ポート
PC / DVI / HDMI IN [PC / DVI / HDMI
AUDIO IN] (PC/DVI/HDMI 音声接続端子 (入
力))
PC / DVI / HDMI IN [HDMI]
HDMI ケーブルを使用して、PDP ディスプレ
イ背面の HDMI 端子をお使いのデジタル出
力デバイスの HDMI 端子に接続します。
PC / DVI / HDMI IN [RGB](PC 映像接
続端子)
D-Sub ケーブル (15 ピン D-Sub) を使用 PC モード (アナログ PC)
はじめに
PC / DVI / HDMI IN [DVI] (PC 映像接
続端子)
DVI ケーブル (DVI-D to DVI-D) を使用 DVI モード (デジタル PC)
DC OUT [5V/1.5A]
これを TV チューナー ボックスまたはネッ
トワーク ボックスの POWER コネクタに接
続します。
AV IN [VIDEO] (VIDEO 接続端子)
ビデオ ケーブルを使用して、モニターの
[ VIDEO ] 端子を外部デバイスのビデオ出
力端子に接続します。
AV AUDIO IN [L-AUDIO-R](LCD ディス
プレイ音声接続端子 (入力))
AV AUDIO OUT [L-AUDIO-R] (LCD ディ
スプレイ音声接続端子 (出力))
LAN (LAN 接続端子)
USB(USB 接続端子)
キーボード/マウス、マス ストレージ機器
対応。
注意
ループアウトに接続できる LCD ディスプレ
イの数は、ケーブルや信号ソースによって
異なります。 劣化のないケーブルまたは信
号ソースの場合は、10 台までの LCD ディ
スプレイを接続できます。
はじめに
Circuit Breaker
漏電による火災または感電を防止する回路
遮断ユニット。
サイド
1.
2.
図 ( ) に示すように、GND 線を製品両側の底の部分に接続し、続いて製品背面に接
続します。
GND 線の他方の端を、屋内にある場合にはアース ボックスに、屋外にある場合には地
中に挿入された設置ポールに接続します。
注意
アース (GND) は、製品のノイズを防止し漏電による感電事故を防止するのに使用します。
リモートコントロール
注意
リモコンの動作は TV またはその他 LCD ディスプレイ付近で動作している電子機器の影響
を受ける場合があり、周波数の干渉によって誤作動することがあります。
はじめに
POWER
OFF
Number Buttons
DEL ボタン
+ VOL MUTE
TV/DTV
MENU
INFO
COLOR ボタン
TTX/MIX
STILL
AUTO
S.MODE
MDC
LOCK
SOURCE
ENTER/PRE-CH
CH/P
D.MENU
GUIDE
RETURN
上下左右ボタン
EXIT
SRS
MagicInfo
P.MODE
DUAL/MTS
PIP
SWAP
1.
POWER
製品をオンにします。
2.
Off
製品をオフにします。
3. Number Buttons
押してチャンネルを変更します。
はじめに
4. DEL
ボタン
[-] ボタンは DTV でのみ動作します。DTV で MMS (マル
チチャンネル) を選択する場合に使用します。
5. + VOL -
音声の音量を調整します。
6.
音声の出力を一時的に停止(ミュート)します。これは画
面の左下隅に表示されます。消音モードで MUTE または VOL + が押されると、音声が再度聞こえるようになりま
す。
MUTE
7. TV/DTV
TV および DTV モードを直接選択します。
8. MENU
オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了し
たり、調整メニューを閉じたりします。
9.
ハイライトされたメニュー項目をアクティブにします。
10.
INFO
11.COLOR BUTTONS
TTX/MIX
12.
画面左上に現在の画像情報が表示されます。
押すとチャンネルを追加または削除し、チャンネルを [チ
ャンネル リスト] メニューのお気に入りのチャンネル リ
ストに格納します。
TV チャンネルは、テレテキスト経由で文字情報サービスを
提供します。
- テレテキスト ボタン
13.STILL
画面を停止するにはボタンを 1 回押します。停止を解除
するにはもう 1 度押します。
14.AUTO
PC モードでの画面表示を自動的に調整します。コントロ
ールパネルで解像度を変更すると、自動機能が実行されま
す。
15. S.MODE
このボタンを押すと、現在のモードが画面の中央下に表示
されます。LCD ディスプレイには、Hi-Fi ステレオアンプ
が内蔵されています。続いてボタンをもう 1 度押して、
設定を順に切り替えます。( 標準 → 音楽 → 映画 → ニ
ュース → ユーザー調整 )
16.MDC
MDC クイック起動ボタン
17.LOCK
リモコンおよび LCD ディスプレイ双方の Power および
LOCK ボタンを除くファンクション キーすべてを有効また
は無効にします。
18.
SOURCE
ボタンを押して、入力信号 SOURCE を切り換えます。
SOURCE の変更は、変更時にモニターに接続されている外
部デバイスについてのみ行うことができます
19.
ENTER/PRE-CH
このボタンを使用して、前のチャンネルに直ちに戻りま
す。
20. CH/P
TV モードで、TV のチャンネルを選択します。
21.D.MENU
DTV メニュー表示
はじめに
22.GUIDE
電子番組ガイド (EPG) 表示
23.
前のメニューに戻ります。
RETURN
24. 上下左右ボタン
25.
EXIT
26.
SRS
ひとつのメニューから別のメニューに横、縦方向に移動し
たり、選択したメニューの値を調整したりします。
メニュー画面を終了します。
SRS TruSurround XT モードを選択します。
27.MagicInfo
MagicInfo クイック起動ボタン
28. P.MODE
このボタンを押すと、現在のピクチャー モードが画面の
中央下に表示されます。
AV / HDMI / TV : P.MODE
LCD ディスプレイには、工場出荷時に 4 種類の自動画像
設定が行われています。ボタンをもう 1 度押して、設定
を順に切り替えます。( ダイナミック → 標準 → 映画
→ ユーザー調整)
PC / DVI / MagicInfo:M/B (MagicBright)
MagicBright は、表示している画像の内容に合わせて最適
な表示環境を提供するための機能です。ボタンをもう 1
度押して、設定を順に切り替えます。(エンターテイメン
ト → インターネット → テキスト→ ユーザー調整 )
29.
DUAL/MTS
DUALSTEREO/MONO、DUAL l / DUAL ll および MONO/NICAM MONO/
NICAM STEREO は、放送のタイプに応じて TV の視聴中に
リモコンの DUAL ボタンで操作することができます。
MTSMTS (マルチチャンネル テレビ ステレオ) モードを選択
できます。
FM ステレオ
30. PIP
音声タイプ
MTS/S_Mode
デフォルト
モノラル
モノラル
手動変更
ステレオ
モノラル ↔ ステ
レオ
SAP
モノラル ↔ SAP
モノラル
ボタンを押すたびに PIP 画面が表示されます。
- この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。
31.SWAP
PIP ウィンドウの画像と主画面の画像を入れ替えます。PIP
ウィンドウの画像がメイン画面に表示され、メイン画面の
画像が PIP ウィンドウに表示されます。
- この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。
ソフトウェアの使用
タッチ スクリーン
1. デスクトップで [キャリブレーション] をダブルクリックします。
システムトレイのアイコンを右クリックして、ポップアップ メニューから [キャリブレー
ション] を選択します。
ポイントが表示されたら、対応するポイントに正確に触れます。
注意
端にある点には触れることができないため、マウスを接続して使用します。
ショック センサー
注意
製品に衝撃が加わったときに画面の前で発生した事を記録して保存します。
1.
ショック センサーの感度を調整するには、C:\Program Files\SetupVMon\VSetting.exe
ファイルを実行します。
ソフトウェアの使用
2.
カメラとショック センサーを連動させるには、VProcMan.exe ファイルを実行します。
3.
製品に衝撃が加わると、以下のメッセージが表示され、画面の前で発生した事が記録
されます。
4.
プログラムを終了するには、システムトレイのアイコンを右クリックして、ポップア
ップ メニューから [終了] を選択するか、ProcMan の [終了] を選択します。
ソフトウェアの使用
5.
記録されたビデオを表示するには、C:\Program Files\SetupVMon\VMenu.exe ファイル
を実行します。このプログラムを使用して、記録されたビデオ ファイルを表示または
削除できます。
準準
マママママママママママママーマ(MDC)は、様々な表表をPC上で容容にににに一一に作作ささささささでささアマアア
ーシシマでで。シアアマ通通の規規 RS-232Cは、PCさママママママ間の通通のののに使使さささで。そのののに、シア
アマアーアマさ、PC上のシアアマシーマさママママママににさシアアマシーマ間を接続でさ必必さにがさで。
メママ画面
マスーマ > ママプププ > マママママママママママママーマの順にクアククに、ママプププをマスーマさささで。
セクマを選択にし、マプマス内で選択ささのセクマのボアボープを見さで。
メママアマママ
セマクマボスマ
Remocon
Info Grid
Safety Lock
ママママママ選択
Port Selection
ママママーマコーマ
1. メママアマママを使使にし、そさそさの画面に切がさえさで。
2. 表表装置の機機を受通でさアリーマママママーマ通号を有効さのは無効にでささささでささで。
3. マクク機機の設設。
4. PCのシアアマシーマ設設を変更でささで。既設値はCOM1でで。
5. ですし選択さのはクアアをクアククにし、ですしの表表を選択でさにクアアにさで。
6. プアクグを使使にし、選択ささの表表ににさ簡単な情情を見さで。
7. 表表の選択にかママママママを一つ選択にさで。
8. ママママーマコーマを使使にし、表表を調調にさで。
<注注>
アリーマママママーマの有効/無効機機は、電電さOnでにさにOffでにさにを操作にさで。ささは、MDCに
接続ささの表表ににさですしに適使さささで。但に、マスースマに関係なな、MDCさシシクマスシマにし
いさ時は、ですしの表表機機を受通でさアリーマママママーマ通号さ、MDCさ閉じしいさ時に有効さなさ
よよに初初初ささしいさで。
シーマの設設
1. マママママママママママママママーマはマデデママでCOM1に設設ささしいさで。
2. COM1以以のシーマさ使使ささしいさ場場、シーマ選択メメボーでCOM1にかCOM4さ設設設機でで。
3. シアアマアーアマを使使にしリメスーに接続ささしいさ正正なシーマ名さ選択ささしいない場場、通通でさささで。
4. 選択にのシーマさママプププに保保ささ、次のママプププでに使使さささで。
電電の調調
1. メママアマママの電電の調調をクアククでささ、電電の調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、電電の調調に必必な基基情情を表表にさで。
1)
電電のマスースマ
2) 入入ソーマ
3) マメーイのサマサ
4) オマスママーマスースマ
5) オデスママーマスースマ
2. ですしのボスマを選択でささのはマチククボククマを使使にし、調調使の表表を選択にさで。
電電調調によが、選択ささの表表のにさ機機を調調でささささでささで。
1) Power (電電) On/Off
- 選択ささの表表の電電をOn/Offに切が替えさで。
2) ボアボープの調調 (サシマグリママのの)
- 選択ささの表表のボアボープマボマを調調にさで。選択ささの表表のボアボープマボマをセクマにか受通にし、マ
プマスに表表にさで。(選択をキシマセマでさ、さのは、ですし選択を選択でささ、その値は、マデデママ値
10)に戻がさで。)
3)
Mute(ミボーマ)のOn/Off (サシマグリママのの)
- 選択ささの表表のミボーマをOn/Offに切が替えさで。選択ささのセクマさ、ででにMUTEに設設ささしいさなか
ば、にさささ一つのセクマを選択でさ場場に、 MUTEママママママに印をつをさ必必さにがさで。(選択を取が
消で、さのは、ですし選択を選択でささ、その値は、マデデママ値に戻がさで。)
電電の調調は、ですしの表表に適応さささで。
Volume機機さMute機機は、電電マスースマさONの表表ににを有効さながさで。
入入ソーマの調調
1. メママアマママの入入ソーマをクアククでささ、入入ソーマ調調画面さ表表さささで。
ですし選択をクアククでささのはマチククボククマを使使にし、調調使の表表を選択にさで。
• TV リーグ
• PC リーグ
Info Gridさ、入入ソーマの調調に必必な基基情情を表表にさで。
1) PC
- 選択ささの表表の入入ソーマをPCに切が替えさで。
2) BNC
- 選択ささの表表の入入ソーマをBNCに切が替えさで。
3) DVI
- 選択ささの表表の入入ソーマをDVIに切が替えさで。
4) TV
- 選択ささの表表の入入ソーマをTVに切が替えさで。
5) DTV
- 選択ささの表表の入入ソーマをDTVに切が替えさで。
6) AV
- 選択ささの表表の入入ソーマをAVに切が替えさで。
7) S-Video
- 選択ささの表表の入入ソーマをS-Videoに切が替えさで。
8) ママシーコママ
- 選択ささの表表の入入ソーマをママシーコママに切が替えさで。
9) MagicInfo
- MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
10) HDMI
- 選択ささの表表の入入ソーマをHDMIに切が替えさで。
11) Channel
- Input Source(入入通号)さTVのささ、マシマコマの矢印さ表表さささで。
TV通号はTV機機のにさ製製でのの選択でさ、マシマコマの制制は入入通号さTVのささにのの行えさで。
入入ソーマの調調は、電電マスースマさONの表表ににを有効さながさで。
マメーイサマサの調調
PC, BNC, DVI
1. メママアマママのマメーイサマサをクアククでささ、マメーイサマサ調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、マメーイサマサの調調に必必な基基情情を表表にさで。
1)
Power(電電)
- 現現の表表の電電マスースマを調調にさで。
2) Image Size(マメーイのサマサ)
- 使使にしいさ表表の現現のマメーイサマサを表にさで。
3) Input Source(入入ソーマ)
- 使使にしいさ表表の現現の入入ソーマを表にさで。
4) Info Gridは、入入ソーマさPC、BNC、DVIの表表にをを表にさで。
5) マメーイサマサをクアククでささ、PC、BNC、DVIスアさ最初に表表さささで。
- マメーイサマサ調調ボスマは、PC、BNC、DVIに有効なマメーイサマサを調調にさで。
6) AV、S-Videoさママシーコママスアをクアククにし、そさそさの入入ソーマのマメーイサマサを調調にさで。
マメーイサマサの調調は、電電マスースマさONの表表ににを有効さながさで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
マメーイサマサの調調
TV, AV, S-Video, ママシーコママ, DVI(HDCP), HDMI, DTV
1. メママアマママのマメーイサマサをクアククでささ、マメーイサマサ調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、時間の調調に必必な基基情情を表表にさで。
1) TV, AV、S-Video、ママシーコママ, HDMI, DTVさママシーコママスアをクアククにし、そさそさのマメーイサマサを調調
にさで。
ですし選択をクアククでささのはマチククボククマを使使にし、調調使の表表を選択にさで。
2) Info Gridは、入入ソーマさTV, AV、S-Video、ママシーコママ, HDMI, DTVを入入ソーマさにし持っしいさ表表にをを表に
さで。
3) 選択ささの表表のマメーイサマサをプマスプに切が替えさで。
<注注> Auto Wide(オーマオマグ)、Zoom1(サープ1)およおZoom2(サープ2)は、ママシーコママさDVI(HDCP)
の入入通号スママさ720pさのは1080iのささにのの選択でささで。
4) 画面リーグはTV (PAL のの) さ接続ささしいし、Image Size (画像サマサ) 項項さ Auto Wide (オーマオマグ) に設設ささし
いさささにのの調調でささで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
マメーイサマサの調調は、電電マスースマさONの表表ににを有効さながさで。
時間の調調
1. メママアマママの時間をクアククでささ、時間の調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、マメーイサマサの調調に必必な基基情情を表表にさで。
1) 現現の時間
- 選択ささの表表のののに現現の時間を設設にさで。(PC Time)
- 現現の時間を変更でさには、最初にPCの時間を変更にさで。
2) オマスマプセクマアクマ
- 時間、分、オマスマプのAM/PM、マスースマ、ソーマ、選択ささの表表のボアボープを設設にさで。
3) オデスマプセクマアクマ
- 時間、分、AM/PM、選択ささの表表のオデスママーのマスースマを設設にさで。
4) オマスママー設設の表表。
5) オデスママー設設の表表。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
スマプママママーマは、電電マスースマさONの表表ににを有効さながさで。
On Time Setup(オマ時間設設)、TV Source(TV通号)機機はTVリママのので使使でささで。
On Time Setup(オマ時間設設)、MagicInfo Source(MagicInfo通号)機機はMagicInfoリママのので使使でさ
さで。
PIP
PIP サマサ
1. メママアマママのPIPをクアククでささ、PIPの調調画面さ表表さささで。
ですし選択をクアククでささのはマチククボククマを使使にし、調調使の表表を選択にさで。
Info Gridさ、PIPサマサの調調に必必な基基情情を表表にさで。
1) PIP Size(PIP サマサ)
- 使使にしいさ表表の現現のPIPサマサを表にさで。
2) OFF
- 選択ささの表表のPIPをOffににさで。
3) Large
- 選択ささの表表のPIPをOnににし、サマサをLargeに変更にさで。
4) Small
- 選択ささの表表のPIPをOnににし、サマサをSmallに変更にさで。
5) Double1
- 選択ささの表表のPIPをOnににし、サマサを Double 1変更にさで。
6) Double2
- 選択ささの表表のPIPをOnににし、サマサを Double 2変更にさで。
7) Double3 (Picture By Picture)
- 選択ささの表表のPIPをOnににし、サマサを Double 3変更にさで。
選択ささの表表の電電をOn/Offに切が替えさで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
PIP
PIP ソーマ
1. メママアマママのPIPをクアククでささ、PIPの調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、PIPソーマの調調に必必な基基情情を表表にさで。
1) PIP Source
- PIP サマサは、リメスーの電電をOnににし調調でささささでささで。
2) PC
- 選択ささの表表のPIPソーマをPCに切が替えさで。
3) BNC
- 選択ささの表表のPIPソーマをBNCに切が替えさで。
4) DVI
- 選択ささの表表のPIPソーマをDVIに切が替えさで。
5) AV
- 選択ささの表表のPIPソーマをAVに切が替えさで。
6) S-Video
- 選択ささの表表のPIPソーマをS-Videoに切が替えさで。
7) ママシーコママ
- 選択ささの表表のPIPソーマをママシーコママに切が替えさで。
8) HDMI
- 選択ささの表表のPIPソーマをHDMIに切が替えさで。
<注注> 主画面の以外入入通号スママによっし、同時画面以外入入さ選択でさないさささにがさで。
同時画面ママママーマ機機は、電電マスースマおよお同時画面機機さオマのママママママで利使設機でで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
設設の調調
ピクマシー
1. メママアマママの時間をクアククでささ、設設の調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、時間の調調に必必な基基情情を表表にさで。選択ささの表表のボアボープマボマをセクマにか受通に
し、マプマスに表表にさで。
ですし選択さ選択ささささ、マデデママ値 (50) さ返さささで。
さの画面で値を変更でささ、リーグを自作自に“ユーユー設設”に変更にさで。
1) Picture(ピクマシー)
- AV, S-Video, ママシーコママ, HDMI, DVIにのの有効さながさで。
2) Contrast(マママプママ)
- 選択ささの表表のマママプママを調調にさで。
3) Brightness(明ささ)
- 選択ささの表表の明ささを調調にさで。
4) Sharpness(鮮明さ)
- 選択ささの表表の鮮明さを調調にさで。
5) Color(色)
- 選択ささの表表の色を調調にさで。
6) Tint(濃濃)
- 選択ささの表表の濃濃を調調にさで。
7) Color Tone(色温一)
- 選択にのママママママの色温一を調調にさで。
8) Color Temp
- 選択ささのママママママのColor Tempを調調にさで。
9) Brightness Sensor
- 選択ささのママママママのBrightness Sensorを調調にさで。
10) Dynamic Contrast
- 選択ささのママママママのDynamic Contrastを調調にさで。
さの機機は電電マスースマさオマのママママママのの使使設機でで。さの、何に選択ささしいない場場、工場工工時
のマデデママ値さ表表さささで。
色温一 さオデに設設ささしいさ場場にのの有効にながさで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
設設の調調
ピクマシーPC
1. メママアマママの時間をクアククでささ、時間の調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、時間の調調に必必な基基情情を表表にさで。選択ささの表表のボアボープマボマをセクマにか受通に
し、マプマスに表表にさで。
ですし選択さ選択ささささ、マデデママ値 (50) さ返さささで。
さの画面で値を変更でささ、リーグを自作自に“ユーユー設設”に変更にさで。
1) ピクマシーPC
- PC, BNC, DVIにのの有効さながさで。
2) Contrast(マママプママ)
- 選択ささの表表のマママプママを調調にさで。
3) Brightness(明ささ)
- 選択ささの表表の明ささを調調にさで。
4) Red
- 選択ささの表表の色の温一を調調にさで。 (Red)
5) Green
- 選択ささの表表の色の温一を調調にさで。 (Green)
6) Blue
- 選択ささの表表の色の温一を調調にさで。 (Blue)
7) Color Tone
- 選択ささのママママママのColor Toneを調調にさで。
8) Color Temp
- 選択ささのママママママのColor Tempを調調にさで。
9) Brightness Sensor
- 選択ささのママママママのBrightness Sensorを調調にさで。
10) Dynamic Contrast
- 選択ささのママママママのDynamic Contrastを調調にさで。
さの機機は電電マスースマさオマのママママママのの使使設機でで。さの、何に選択ささしいない場場、工場工工時
のマデデママ値さ表表さささで。
色温一 さオデに設設ささしいさ場場にのの有効にながさで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
設設の調調
オーママオ(Audio)
1. メママアマママの時間をクアククでささ、時間の調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、設設の調調に必必な基基情情を表表にさで。各機機は選択ささささ、選択ささの機機の設設値さマプマ
スに表表さささで。ですし選択さ選択ささささ、マデデママ値 (50) さ返さささで。
さの画面で値を変更でささ、リーグを自作自に“ユーユー設設”に変更にさで。
1) Audio(オーママオ)
- ですしの入入ソーマのののに、オーママオ設設をママママーマにさで。
2) Bass(低低)
- 選択ささの表表の低低を調調にさで。
3) Treble(高低)
- 選択ささの表表の高低を調調にさで。
4) Balance(バプママ)
- 選択ささの表表のバプママを調調にさで。
5) SRS TS XT
- 選択ささの表表のSRS TS XTサシマグのOn/Off。
6) 低の選択
- PIP さオマの場場、メママさのはサアのののかにを選択でささささでささで。
さの機機は電電マスースマさオマのママママママのの使使設機でで。さの、何に選択ささしいない場場、工場工工時の
マデデママ値さ表表さささで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
設設の調調
マメーイマクク
1. メママアマママの時間をクアククでささ、時間の調調画面さ表表さささで。
Info Gridさ、時間の調調に必必な基基情情を表表にさで。
1) マメーイマクク
- PC, BNCにのの有効。
2) Coarse(粗調調)
- 選択ささの表表の粗調調を調調にさで。
3) Fine(微調調)
- 選択ささの表表の微調調を調調にさで。
4) Position(場場)
- 選択ささの表表の場場を調調にさで。
5) Auto Adjustment(Auto (オーマ)調調)
- 入っしなさPC通号に対にし自作調調でさ。
設設の調調は、電電マスースマさONの表表ににを有効さながさで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
メマスメママ
プママママママーマ
1. メママアマママ欄の“メマスメママ”アマママをクアククにしメマスメママ画面を表表にさで。
数種の基基マース項項を表で“ママデデプアクグ”さ表表さささで。
1) Maintenance(メマスメママ)
- ですしの以外入入に対にしメマスメママママママーマ機機を許設にさで。
2) Auto Lamp Control(自作プママママママーマ)
-
選択にのママママママのバククプママを一設時間自作自に調調にさで。
手作プママママママーマ機機を利使にし調調にの場場、自作プママママママーマ機機は自作自にオデにながさで。
3) Manual Lamp Control(手作プママママママーマ)
- 選択にのママママママのバククプママを、時間に関わかわ調調でささよよににさで。手作プママママママーマ機機
を利使にし調調にの場場、自作プママママママーマ機機は自作自にオデにながさで。
メマスメママママママーマ機機は、電電マスースマさオマのママママママで利使設機でで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
メマスメママ
Scroll
1. メママアマママ欄の“メマスメママ”アマママをクアククにしメマスメママ画面を表表にさで。
1) Scroll
- さの機機は、選択ささのママママママ上に長時間静止画さ表表ささのささに発生でさ残像を除除でさのに使使
にさで。
2) Pixel Shift
- ささによっし、画面の位置を指設にの時間間時で細にな作にでさささでささで。
3) Safety Screen
- Safety Screen (安安画面) 機機は、静止画さリメスー上に長時間表表ささのささに発生でさ残像を防止でさのに
使使にさで。 Interval (間時) 項項は繰が返にのサマクマを時間単位で指設でさのに使使に、Time (時時) 項項
は Safety Screen (安安画面) 機機を実行でさ時時を設設でさのに使使にさで。
Type (スママ) 項項は、Scroll (マクマーマ)、Pixel (ピクセマ)、Bar (バー)、Eraser (消除)、All White (オーマオオ
ママ)、さのは Pattern (パスーマ) のいわさにに設設でささで。
4) Safety Screen2
- さの機機は、残像の発生を防止でさのに使使にさで。5 種種のスママにか選択にし、さの機機を制制でささささで
ささで。
Scroll (マクマーマ) スママの場場は、Time (時時) 項項は 1、2、3、4 さのは 5 に設設でささで。Bar (バー) およお
Eraser (消除) スママの場場は、10、20、30、40 さのは 50 に設設でささで。All White (オーマオオママ) およお
Pattern (パスーマ) スママの場場は、1、5、10、20 さのは 30 に設設でささで。
メマスメママママママーマ機機は、電電マスースマさオマのママママママで利使設機でで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
メマスメママ
Video Wall
1. メママアマママ欄の“メマスメママ”アマママをクアククにしメマスメママ画面を表表にさで。
1) Video Wall
- ビマオシデーマは、各マクアーマさ画面安面の一外になさよよに表表にのが、同じ画像を各マクアーマに繰が返に
表表でささよよに接続ささのビマオマクアーマのセクマでで。
2) Screen Divider
- マクアーマは分分でささで。
多数のマクアーマを異なさママアシマや分分分分にでささささでささで。
z [Screen divider]にかリーグを選択にさで。
z [Display Selection]にかママママママを選択にさで。
z 選択にのリーグの数字をオマさ、配置さ設設さささで。
z Samsung さ提提でさ MDC ママプププは、5x5 さでの LCD ママママママをサシーマにさで。
3) On / Off
- 選択にのママママママのビマオシデーマ機機のオマ/オデを切が替えさで。
4) Format
- 分分にのマクアーマを表表でさデデーマクマを選択でささで。
z
Full
z
Natural
メマスメママママママーマ機機は、電電マスースマさオマのママママママで利使設機でで。
MagicInfo の入入ソーマは、MagicInfo リママでのの有効でで。
TV の入入ソーマは、TV リママでのの有効でで。
マプアマシボースママプ
1. ママママーマにのい表表さ、Power Control Info Gridに表ささささで。
- RS232Cの接続を正確にしなにさい。(Com1 シーマに正にな接続ささしいさに正確にさで。)
- 他の表表の何さにさ同じIDを持っしいさにのよに見さののに表表を正確にさで。1つ以上の表表さ同じIDを持っ
しいさ場場、マースの衝衝によがママプププさ、正になそさかの表表を検工にささで。
Display Set ID さ0 にか 25の間ににさ数字にのよに正確にさで。(ママママママメメボーを使使になさか調調にさ
で。)
<注注> Display Set ID は、0 にか25の間ににさ数字でなをさばながささで。数字さその範囲以以ににさ場場は、MDC
シマスプさ表表をママママーマでさささで。
2. ママママーマにのい表表さ、他のControl Info Gridsに表ささささで。
-
電電マーグさにっにがさ接続ささしいさに正確にしなにさい。(Power Control Info Gridの中でささを正確にさ
で。)
- 表表の入入ソーマを変更でささに正確にしなにさい。
3. スマアマプボククマさ、繰が返に表表さささで。
- 調調にのい表表さ、選択ささしいさにのよに正確にさで。
4. On Timer さ Off Timerの両分さ送かさしに異なさ時間さ表表ささしいさ。
- 現現の時間を調調にし、表表時表を同初初にさで。
5. アリーマ機機をオデににし、RS-232Cアーアマの接続を切が、不設初にママプププを終終でささ、アリーマは、正に
な機機にないさささにがさで。ママプププを再再作に、通通の機機を元に戻でののに、アリーマ機機を再お実行にさ
で。
<注注> さのママプププは、通通通通の問問、さのは電電機電にかの障障さ生じの場場、よさな機機にない場場さにが
さで。
マママママママママリーグにおをさ設設画面を表表でさ
接続にしいさ画面さ一つ以上にさ場場、設設値は、以以のよよに表表さささで。
1. 選択なに:工場工工時の値を表表でさ。
2. 選択ささの一つの表表:選択ささの表表のののに設設値を持っしさし表表でさ。
3. 選択ささの一つの画面 (ID1) さ追追ささの他の画面 (ID3):ID 1の設設値を表表にしいのママプププさ、ID3の値を持
っしさし表表にさで。
4. ですし選択を使使でさ選択択のですしのセクマ:工場工工時の値に戻がさで。
LCD ディスプレイの調整
入力
利用できるモード
•
PC / DVI
•
AV
•
HDMI
•
MagicInfo
外部入力
MENU → ENTER → [入力] → ENTER → [外部入力]
→
,
→ ENTER
PC、DVI または LCD ディスプレイに接続されているその他の外部入力信号を選択して使用
します。使用する画面を選択します。
1.
PC
2.
DVI
3.
AV
4.
HDMI
5.
MagicInfo
注意
•
リモコンの指示ボタンは SOURCE ボタンです。
•
PC および DVI の場合は、ケーブルが切り離されると無効になります。
外部入力名編集
MENU → ENTER → [入力] →
→ ENTER → [外部入力名編集]
LCD ディスプレイの調整
→
,
→ ENTER
入力信号の選択を簡単にするために、入力ジャックに接続されている入力機器に名前を付
けます。
1.
PC
2.
DVI
3.
AV
4.
HDMI
映像 [PC / DVI / MagicInfo モード]
利用できるモード
•
PC / DVI
•
AV
•
HDMI
•
MagicInfo
MagicBright
MENU →
→
,
→ ENTER → [映像] → ENTER → [MagicBright]
→ ENTER
MagicBright は、表示している画像の内容に合わせて最適な表示環境を提供するための機
能です。現在使用できる 4 つのモード:エンターテイメント、インターネット、テキスト
および ユーザー調整。各モードには、固有の輝度値が設定されています。MagicBright コ
ントロールボタンを押すだけで、4 つの設定の中からひとつを選択することができます。
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
1.
エンターテイメント
高輝度
DVD や VCR などの動画を見るためのモードです。
2.
インターネット
中輝度
テキストとグラフのように、画像が混在するものを扱う場合のモードです。
3.
テキスト
LCD ディスプレイの調整
通常の輝度
文書や大量のテキストを扱う作業用です。
4.
ユーザー調整
値は弊社エンジニアが慎重に選択していますが、事前に設定された値では快適な表示
にならない場合があります。
この場合、OSD メニューを使用して輝度とコントラストを調整します。
ユーザー調整
オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す
ることができます。
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER → [ユーザー調整]
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
注意
ユーザー調整 機能を使用して画像を調整すると、MagicBright は ユーザー調整 モードに
変わります。
コントラスト
MENU →
スト]
→
,
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER → [ユーザー調整] → ENTER→ [コントラ
→ ENTER
コントラストを調整します。
明るさ
MENU →
るさ]
→
,
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER → [ユーザー調整] →
→ ENTER→ [明
→ ENTER
輝度を調整します。
シャープネス
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→ [シャープネス]
→
,
→ ENTER
シャープネスを調整します。
→ ENTER → [ユーザー調整] →
→
→ ENTER
LCD ディスプレイの調整
色温度
MENU →
→
,
→ ENTER → [映像] →
→
→ENTER → [色温度]
→ ENTER
色温度を変更できます。
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
1.
オフ
2.
青色系
3.
標準
4.
赤色系
5.
ユーザー調整
注意
[色温度] を [青色系]、[標準]、[赤色系] または [ユーザー調整] に設定すると、Color
Temp. 機能が無効になります。
色温度 を オフ に設定している場合は、カラー調整 機能は無効になります。
カラー調整
赤、緑、青のそれぞれの色バランスを調整します。
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→
→ → ENTER → [カラー調整]
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
注意
カラー調整 機能を使用して映像を調整する場合には、 色温度 が ユーザー調整 モードに
なります。
赤
MENU →
[赤]
→
,
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER
→
→
→ ENTER → [カラー調整] → ENTER →
LCD ディスプレイの調整
緑
MENU →
→ [緑]
→
,
→ ENTER → [映像] →
→
→
→ ENTER → [カラー調整] →
→
→
→ ENTER → [カラー調整] →
→
→
→ ENTER → [Color Temp]
→ ENTER
→ ENTER
青
→ ENTER → [映像] →
MENU →
ENTER → [青]
→
,
→
→
→ ENTER
Color Temp.
MENU →
→
,
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER
Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
注意
この機能は、色温度 が オフ に設定されている場合にのみ有効になります。
画面調整
画面調整 は、ゆらぎやちらつきのある不安定な映像の原因となるノイズを取り除くことに
より、最適な映像を得るための微調整に使用します。細密調整を使用して満足な結果が得
られない場合には、粗調整による調整を行ってから再度細密調整を行ってください。
(PC モードでのみ使用可)
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→
→
→
→ ENTER → [画面調整]
粗調整
→ ENTER → [映像] →
MENU →
→ [粗調整]
→
,
→
→
→
→ ENTER → [画面調整] → ENTER
→ ENTER
縦縞などのノイズを除去します。粗調整では、画面イメージ領域が移動する場合がありま
す。水平コントロール メニューを使用して、中央に位置を合わせることができます。
LCD ディスプレイの調整
微調整
MENU → → ENTER → [映像] →
→ [微調整]
→
,
→
→ → → ENTER → [画面調整] →
→ ENTER
→ ENTER
横縞などのノイズを除去します。細密調整後もノイズが残る場合は、周波数 (クロック速
度) の調整を行ってから、調整し直してください。
H-ポジション
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER → [H-ポジション]
→
,
→
→
→
→ ENTER → [画面調整] →
→
→
→
→
→ ENTER → [画面調整] →
→
→
→
→ ENTER
画面の水平位置を調整します。
V-ポジション
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→
→ ENTER → [V-ポジション]
→
,
→ ENTER
画面の垂直位置を調整します。
自動調整
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→
→
→ ENTER → [自動調整]
微調整、粗調整、ポジション の値は自動的に調整されます。コントロールパネルで解像度
を変更すると、自動機能が実行されます。
(PC モードでのみ使用可)
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
注意
リモコンの指示ボタンは AUTO ボタンです。
信号バランス
信号ケーブルが長いため弱くなっている RGB 信号を補強します。
MENU →
ス]
→ ENTER → [映像] →
(PC モードでのみ使用可)
→
→
→
→
→
→ ENTER → [信号バラン
LCD ディスプレイの調整
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
信号バランス
→ ENTER → [映像] →
MENU →
ス] → ENTER → [信号バランス]
→
,
→
→
→
→
→
→ ENTER → [信号バラン
→ →
→ ENTER → [信号バラン
→ ENTER
信号制御は オン または オフ を選択します。
信号制御
MENU →
→ ENTER → [映像] →
ス] → ENTER →
→ [信号制御]
1.
→
→
→
R ゲイン
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→
→
→ → → → ENTER → [信号バラ
ンス] → ENTER →
→ [信号制御] → ENTER → [R ゲイン]
→
2.
,
→ ENTER
G ゲイン
→ ENTER → [映像] →
→
→
→ → → → ENTER → [信号バラ
MENU →
ンス] → ENTER → → [信号制御] →
→ ENTER→ [G ゲイン]
→
3.
,
→ ENTER
B ゲイン
→ ENTER → [映像] →
→
→
→ → → → ENTER → [信号バラ
MENU →
ンス] → ENTER → → [信号制御] →
→
→ ENTER→ [B ゲイン]
→
4.
,
→ ENTER
R オフセット
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→
→
→ → → → ENTER → [信号バラ
ンス] → ENTER → → [信号制御] → →
→
→ ENTER→ [R オフセット]
LCD ディスプレイの調整
→
5.
,
→ ENTER
G オフセット
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→
ンス] → ENTER → → [信号制御] →
ト]
→
6.
,
→
→
→
→
→ → → ENTER → [信号バラ
→
→ ENTER→ [G オフセッ
→ ENTER
B オフセット
→ ENTER → [映像] →
→
→
→ → → → ENTER → [信号バラ
MENU →
ンス] → ENTER → → [信号制御] → →
→
→
→
→ ENTER → [B オフ
セット]
→
,
→ ENTER
サイズ
MENU →
→
,
→ ENTER → [映像] →
→
→
→
→ →
→
→ ENTER → [サイズ]
→ ENTER
サイズ は切り替えられます。
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
1.
16:9
2.
4:3
ダイナミックコントラスト
MENU →
→ ENTER → [映像] →
ナミックコントラスト]
→
→
→
→ →
→
→
→ ENTER → [ダイ
LCD ディスプレイの調整
→
,
→ ENTER
ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト
となるように調整します。
1.
オフ
2.
オン
明るさセンサー
MENU → → ENTER → [映像] →
→ [明るさセンサー]
→
,
→
→
→
→
→
→
→
→
→ ENTER
→ENTER
明るさセンサー は、入力された画像信号の分布を自動的に検出して、最適な明るさとなる
ように調整します。
1.
オフ
2.
オン
映像 [ AV / HDMI モード]
利用できるモード
•
PC / DVI
•
AV
•
HDMI
•
MagicInfo
モード
MENU →
→
,
→ ENTER → [映像] → ENTER → [モード]
→ ENTER
LCD ディスプレイの調整
PDP ディスプレイには、(「ダイナミック」、「標準」、「映画」および「ユーザー調
整」) の 4 種類の自動映像設定が工場出荷時に設定されています。
ダイナミック、標準、映画、または ユーザー調整 を有効にできます。
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
1.
ダイナミック
2.
標準
3.
映画
4.
ユーザー調整
注意
リモコンの指示ボタンは P.MODE ボタンです。
ユーザー調整
オンスクリーン メニューを使用して、コントラストおよび明るさを好みに合わせて変更す
ることができます。
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER → [ユーザー調整]
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
コントラスト
MENU →
スト]
→
,
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER → [ユーザー調整] → ENTER→ [コントラ
→ ENTER
コントラストを調整します。
明るさ
MENU →
るさ]
→
,
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER → [ユーザー調整] →
→ ENTER → [明
→ ENTER
輝度を調整します。
シャープネス
→ ENTER → [映像] →
MENU →
→ [シャープネス]
→
,
→ ENTER
→ ENTER → [ユーザー調整] →
→
→ ENTER
LCD ディスプレイの調整
画像のシャープネスを調整します。
色の濃さ
MENU →
→ ENTER → [映像] →
ENTER → [色の濃さ]
→
,
→ ENTER → [ユーザー調整] →
→
→
→
→ ENTER
画像の色を調整します。
色あい
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→ ENTER → [色あい]
→
,
→ ENTER → [ユーザー調整] →
→
→
→
→ ENTER
ナチュラルトーンを表示に追加します。
色温度
MENU →
→
,
→ ENTER → [映像] →
→
→ ENTER → [色温度]
→ ENTER
色温度を変更できます。個々の色成分もユーザーが調整することができます。
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
1.
オフ
2.
青色系 2
3.
青色系 1
4.
標準
5.
赤色系 1
6.
赤色系 2
注意
色温度 を 青色系 2、青色系 1、標準、赤色系 1、または 赤色系 2 に設定すると、Color
Temp 機能が無効になります。
LCD ディスプレイの調整
Color Temp.
MENU →
→
,
→ ENTER → [映像] →
→
→
→ ENTER → [Color Temp]
→ ENTER
Color Temp. は、画像の色の「暖かさ」を示す指標です。
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
注意
この機能は、色温度 が オフ に設定されている場合にのみ有効になります。
サイズ
MENU →
→
,
→ ENTER → [映像] →
→
→
→
→ ENTER → [サイズ]
→ ENTER
サイズ は切り替えられます。
1.
16:9
2.
ズーム 1
3.
ズーム 2
4.
4:3
5.
スキャンのみ
(ダイナミックコントラスト モードが オン の場合は使用できません)
注意
ズーム 1、ズーム 2 は HDMI では使用できません。
スキャンのみ は HDMI でのみ使用できます。
デジタル NR (Digital Noise Reduction)
MENU →
→ ENTER → [映像] →
→
→
→
→
→ ENTER → [デジタル NR]
LCD ディスプレイの調整
→
,
→ ENTER
デジタル ノイズ リダクション機能の オフ/オン を切り替えます。デジタル ノイズ リダ
クション機能によって、よりきれいではっきりした画像をお楽しみいただけます。
1.
オフ
2.
オン
フィルムモード
MENU →
モード]
→
,
→ ENTER → [映像] →
→
→
→
→
→
→ ENTER → [フィルム
→ ENTER
フィルムモード 機能によって、劇場品質で映像を楽しむことができます。
(HDMI モードでは、入力信号がインターレース スキャンの場合にこの機能を使用できま
す。プログレッシブ スキャン信号では使用できません)
1.
オフ
2.
オン
ダイナミックコントラスト
MENU → → ENTER → [映像] →
ックコントラスト]
→
,
→
→
→
→
→
→
→ ENTER → [ダイナミ
→ ENTER
ダイナミックコントラスト は、画像信号の分布を自動的に検出して、最適なコントラスト
となるように調整します。
1.
オフ
2.
オン
LCD ディスプレイの調整
明るさセンサー
MENU →
→ ENTER → [映像] →
[明るさセンサー]
→
,
→
→
→
→
→
→
→
→ ENTER →
→ENTER
明るさセンサー は、入力された画像信号の分布を自動的に検出して、最適な明るさとなる
ように調整します。
1.
オフ
2.
オン
音声
利用できるモード
•
PC / DVI
•
AV
•
HDMI
•
MagicInfo
モード
MENU →
→
,
→
→ ENTER → [音声] → ENTER → [モード]
→ ENTER
LCD ディスプレイには、Hi-Fi ステレオアンプが内蔵されています。
1.
標準
工場出荷時の標準設定にするには [標準] を選択します。
2.
音楽
ミュージック ビデオまたはコンサートを視聴するには [音楽] を選択します。
LCD ディスプレイの調整
3.
映画
映画を観るには [映画] を選択します。
4.
ニュース
ほとんどが会話の番組 (ニュースなど) を視聴するときには、[ニュース] を選択しま
す。
5.
ユーザー調整
好みに合わせて設定を調整するには、ユーザー調整 を選択します。
ユーザー調整
好みに合わせて音声設定を調整することができます。
MENU →
→
→ ENTER → [音声] → → ENTER → [ユーザー調整]
注意
•
調整の際は、音量が 0 に設定されていても音声が鳴ります。
•
ユーザー調整 機能を使用して音声の調整を行うと、ユーザー調整 が モード モードに
なります。
低音
MENU →
→
,
→
→ ENTER → [音声] → → ENTER → [ユーザー調整]→ENTER→ [低音]
→ ENTER
周波数の低い音声を強調します。
高音
MENU →
音]
→
,
→
→ ENTER → [音声] → → ENTER → [ユーザー調整]→ →ENTER→ [高
→ ENTER
周波数の高い音声を強調します。
バランス
MENU →
ランス]
→
,
→
→ ENTER → [音声] → → ENTER → [ユーザー調整]→ → →ENTER→ [バ
→ ENTER
左右のスピーカーの音声バランスを調整できます。
LCD ディスプレイの調整
自動音量
MENU →
→
,
→
→ ENTER → [音声] → → → ENTER → [自動音量]
→ ENTER
放送局による音量レベルの差を小さくします。
1.
オフ
2.
オン
SRS TS XT
MENU →
→
,
→
→ ENTER → [音声] → → → → ENTER → [SRS TS XT]
→ ENTER
SRS TS XT は、2 台のスピーカーで 5.1 チャンネルのコンテンツを再生するときの問題を
解決する特許取得済みの SRS 技術です。TruSurround は、テレビの内蔵スピーカーなどの
スピーカー 2 台で構成される再生システムで、素晴らしい仮想サラウンド音声環境を実現
します。すべてのマルチチャンネル フォーマットと完全な互換性があります。
1.
オフ
2.
オン
注意
リモコンの指示ボタンは SRS ボタンです。
設定
利用できるモード
•
PC / DVI
•
AV
•
HDMI
LCD ディスプレイの調整
•
MagicInfo
言語
MENU →
→
,
→
→
→ ENTER → [設定] → ENTER → [言語]
→ ENTER
11 つの言語のいずれかを選択できます。
注意
言語の選択は、OSD の言語にのみ反映されます。コンピュータ上で実行されるソフトウェ
アには影響しません。
時刻
時刻設定、スリープ タイマー、オンタイマー、および オフタイマー の 4 つの時刻設定
からひとつを選択します。
MENU →
→
→
→ ENTER → [設定] →
MENU →
定]
→
→
→ ENTER → [設定] →
→ ENTER → [時刻]
時刻設定
→
,
/
,
→ ENTER → [時刻] → ENTER→ [時刻設
→ ENTER
現在の時刻を設定します。
スリープ タイマー
MENU →
→ →
リープ タイマー]
→ ENTER → [設定] →
→ ENTER → [時刻] →
→ ENTER→ [ス
LCD ディスプレイの調整
→
,
→ ENTER
所定の時間が経過したら LCD ディスプレイを自動的にオフにします。
1.
オフ
2.
30
3.
60
4.
90
5.
120
6.
150
7.
180
オンタイマー
→ →
MENU →
[オンタイマー]
→
,
/
,
→ ENTER → [設定] →
→ ENTER → [時刻] →
→
→ ENTER→
→ ENTER
指定した時刻に LCD ディスプレイが自動的にオンになります。LCD ディスプレイが自動的
にオンになったときのモードと音量レベルを調整します。
オフタイマー
MENU → → → → ENTER → [設定] →
→ [オフタイマー]
→ ENTER → [時刻] → → →
→ ENTER
LCD ディスプレイの調整
→
,
/
,
→ ENTER
指定した時刻に LCD ディスプレイが自動的にオフになります。
メニューの背景透明度
MENU →
→
,
→
→
→ ENTER → [設定] →
→
→ ENTER → [メニューの背景透明度]
→ ENTER
OSD の背景の透明度を変更します。
1.
高
2.
中
3.
低
4.
不透明
安全ロック PIN
MENU →
→
→
→ ENTER → [設定] →
→
→
→ ENTER → [安全ロック PIN]
→ [0∼9, 0∼9, 0∼9, 0∼9] → [0∼9, 0∼9, 0∼9, 0∼9] → [0∼9, 0∼9, 0∼9, 0∼9]
パスワードは変更できます。
省電力
MENU →
→
→
→ ENTER → [設定] →
→
→
→
→ ENTER → [省電力]
LCD ディスプレイの調整
→
,
→ ENTER
この機能は、省エネのためにユニットの電力消費の調整を行います。
1.
オフ
2.
オン
注意
スタンバイ時の消費電力を減らすには、省電力 を オン に設定します。ただし、省電力
が オン になっているときには、MDC のリモート Power On 機能および MagicInfo の WOL
(Wake On LAN) 機能は使用できません。
HDMI 黑しベル
MENU →
ベル]
→
,
→
→
→ ENTER → [設定] →
→
→
→
→
→ ENTER → [HDMI 黑し
→ ENTER
DVD またはセットトップボックスが HDMI を経由してテレビに接続されている場合、接続
している外部デバイスによっては、ブラックレベルの上昇、コントラストの低下、変色な
どの画質の低下の原因となることがあります。この場合には、HDMI 黑しベル を設定して
テレビの画質を調整してください。
1.
標準
2.
低
画像分割
画像分割 は、各スクリーンが画面全体の一部になるように表示したり、同じ画像を各スク
リーンに繰り返し表示できるように接続されたビデオスクリーンのセットです。
画像分割 がオンになっているときには、画像分割 画面の設定を調整することができます。
MENU →
分割]
→
→
→ ENTER → [設定] →
→
→
→
→
→
→ ENTER → [画像
注意
画像分割 の実行時には、自動調整、画面調整、および サイズ 機能は使用できません。画
像分割 は、MagicInfo モードでは動作しません。
画像分割
MENU → → → → ENTER → [設定] →
分割]→ ENTER → [画像分割]
→
→
→
→
→
→ ENTER → [画像
LCD ディスプレイの調整
→
,
→ ENTER
選択したディスプレイの 画像分割 機能のオン/オフを切り替えます。
1.
オフ
2.
オン
フォーマット
MENU →
分割]→
→
,
→ → → ENTER → [設定] →
→ ENTER → [フォーマット]
→
→
→
→
→
→ ENTER → [画像
→
→ ENTER → [画像
→ ENTER
分割したスクリーンを表示する フォーマット を選択できます。
1.
フルモード
マージン無しで全画面表示を行います。
2.
ナチュラルモード
元の縦横比を維持したまま自然な映像を表示します。
水平
MENU →
分割]→
→
,
→ → → ENTER → [設定] →
→
→ ENTER → [水平]
→ ENTER
→
→
→
→
LCD ディスプレイの調整
水平方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。
画像分割は:1, 2, 3, 4, および 5.
垂直
MENU →
分割]→
→
,
→ → → ENTER → [設定] →
→
→
→ ENTER → [垂直]
→
→
→
→
→
→ ENTER → [画像
→
→ ENTER → [画像
→ ENTER
垂直方向に画面をいくつの部分に分割するかを設定します。
画像分割は:1, 2, 3, 4, および 5.
画面分割
MENU →
分割]→
→ → → ENTER → [設定] → → → →
→
→
→
→ ENTER → [画面分割]
→
スクリーンを複数の画像に分割できます。分割するときのレイアウトとともに、分割する
画面数を選択できます。
•
[Screen Divider] でモードを選択します。
•
[Display Selection] でディスプレイを選択します。
•
選択したモードの数字を押すと、配置が設定されます。
画面保護
画面保護 機能は、静止画が画面上に長時間表示されたときに発生することのある残像を防
止するのに使用します。
•
画面保護 機能は、一定の時間感覚で画面をスクロールします。
•
この機能は、電源がオフになっているときには使用できません。
→
MENU →
[画面保護]
→
→ ENTER → [設定] →
→
→
→
→
→
→
→ ENTER →
LCD ディスプレイの調整
ピクセル シフト
ピクセル シフト
MENU →
→ → → ENTER → [設定] → → → →
→
→
→
→ ENTER →
[画面保護] → ENTER → [ピクセル シフト] → ENTER → [ピクセル シフト] →
,
→ ENTER
LCD 上のすべてのピクセルを水平または垂直方向に動かすこの機能を使用して、画面に残
像が発生するのを防止することができます。
1.
オフ
2.
オン
注意
ピクセル シフト は、画像分割 がオンのときには使用できません。
水平方向の間隔
MENU →
→ → → ENTER → [設定] → →
[画面保護] → ENTER → [ピクセル シフト] →
→ ENTER
→ →
→
→
→
→ ENTER →
→ ENTER → [水平方向の間隔] →
,
画面を水平方向に何ピクセル移動するか設定します。
画像分割は:0, 1, 2, 3, および 4.
垂直方向の間隔
MENU →
→ → → ENTER → [設定] → → → →
→
→
→
→ ENTER →
[画面保護] → ENTER → [ピクセル シフト] →
→ → ENTER → [垂直方向の間隔]
→
,
→ ENTER
LCD ディスプレイの調整
画面を垂直方向に何ピクセル移動するか設定します。
画像分割は:0, 1, 2, 3, および 4.
時間
→ → → ENTER → [設定] → → → →
→
→
→
→ ENTER →
MENU →
[画面保護] → ENTER → [ピクセル シフト] →
→ → → ENTER → [時間] →
,
→ ENTER
それぞれ、水平または垂直方向の動作を実行する間隔を設定します。
タイマー
タイマー
→ → → ENTER → [設定] → → → →
→
→
→
→ ENTER →
MENU →
[画面保護] →
→ ENTER → [タイマー] → ENTER → [タイマー] →
,
→ ENTER
画面焼き付き防止のタイマーを設定することができます。
残像を消去するための処理を開始する場合には、処理は設定された時間行われ、自動的に
完了します。
1.
オフ
2.
オン
モード
MENU →
→ → → ENTER → [設定] → → → →
→
→
→
[画面保護] → → ENTER → [タイマー] → → ENTER → [モード] →
→ ENTER →
, → ENTER
LCD ディスプレイの調整
画面保護 タイプを変更できます。
1.
スクロール
2.
バー
3.
消しゴム
周期
MENU →
→ → → ENTER → [設定] → → →
[画面保護] →
→ ENTER → [タイマー] →
→
ENTER
→
→
→
→
→ ENTER →
→ ENTER → [周期] →
,
→
この機能を使用して、各モード セットにおける実行間隔をタイマーに設定します。
時間
→ → → ENTER → [設定] → → →
MENU →
[画面保護] →
→ ENTER → [タイマー] →
→
→ ENTER
→
→
→
→
→
→ ENTER →
→ ENTER → [時間] →
,
設定された間隔の範囲内で、実行する時間を指定します。
•
モード-スクロール :1~5 秒
•
モード-バー、消しゴム :10~50 秒
スクロール
MENU →
→ → → ENTER → [設定] → → →
[画面保護] →
→
→ ENTER → [スクロール]
→
→
→
→
→ ENTER →
LCD ディスプレイの調整
この機能により、パターンに従って LCD 上のすべてのピクセルを動かして、画面に残像が
発生するのを防止します。
特に画面上に静止画像を長時間表示したとき、画面上に残像または記号が残っている場合
には、この機能を使用します。
バー
→ → → ENTER → [設定] → →
MENU →
[画面保護] →
→
→
→ENTER → [バー]
→
→
→
→
→
→ ENTER →
この機能を使用して、長い黒白の垂直線を動かすことにより、画面上に残像が発生するの
を防止します。
消しゴム
MENU →
→ → → ENTER → [設定] → → → →
[画面保護] →
→
→
→
→ENTER → [消しゴム]
→
→
→
→ ENTER →
この機能は、長方形のパターンを動かすことによって画面上に残像が発生するのを防止し
ます。
解像度の選択
MENU → → → → ENTER → [設定] →
→ [解像度の選択]
→
→
→
→
→
→
→
→ENTER
LCD ディスプレイの調整
→
,
→ ENTER
コンピュータのグラフィックカードの解像度を 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、
1360 x 768 @ 60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定したときに画面が正常に表示されない
場合は、この機能(Resolution Select)を使用して指定した解像度で画面を表示すること
ができます。
注意
PC モードでのみ使用可
1.
オフ
2.
1024 X 768
3.
1280 X 768
4.
1360 x 768
5.
1366 X 768
注意
メニューの選択は、画面解像度が 1024 x 768 @ 60Hz、1280 x 768 @ 60Hz、1360 x 768 @
60Hz または 1366 x768 @ 60Hz に設定されているときにのみ可能です。
電源オン調整
MENU →
→ → → ENTER → [設定] →
ENTER → [電源オン調整 ]
→
,
→
→
→
→
→
→
→
→ →
→ ENTER
画面の Power On time(電源がオンになる時間)を調整します。
警告:過電圧を避けるために、Power On time(電源がオンになる時間)を長く設定します。
LCD ディスプレイの調整
サイドグレー
MENU → → → → ENTER → [設定] →
→ ENTER → [サイドグレー]
→
,
→
→
→
→
→
→
→
→ →
→ ENTER
画面背景のグレーの明るさを選択します。
1.
オフ
2.
明るくする
3.
暗くする
リセット
製品の設定を工場出荷時のデフォルト値に戻します。リセット機能は、PC / DVI を使用し
ている場合にのみ利用できます。
MENU → → → → ENTER → [設定] →
→ → ENTER → [リセット]
→
→
→
→
→
→
→
→ →
MENU → → → → ENTER → [設定] → → → → →
→ → ENTER → [リセット]→ ENTER → [画像リセット]
→
→
→
→ →
MENU → → → → ENTER → [設定] → → → → → →
→ → ENTER → [リセット]→ → ENTER → [カラー リセット]
→
→
→ →
画像リセット
→
,
→ ENTER
注意
PC モードでのみ使用可
注意
Reset 機能は、画像分割 が オン のときには使用できません。
カラー リセット
→
,
→ ENTER
LCD ディスプレイの調整
ライト調整
MENU → → → → ENTER → [設定] →
→ → → ENTER → [ライト調整]
→
,
→
→
→
→
→
→
→
→ →
→ ENTER
エネルギー消費を抑えるため、インバーター ランプを調整します。
注意
PC、DVI、AV、HDMI、TV モードで ダイナミックコントラスト が オン に設定されている
ときには動作しません。
マルチコソトロール
利用できるモード
•
PC / DVI
•
AV
•
HDMI
•
MagicInfo
マルチコントロール
SET に個別の ID を割り当てます。
MENU →
→
•
,
→
→
→
→ ENTER → [マルチコントロール] → ENTER
→ [0~9]
ID 設定
SET に固有の ID を割り当てます。
•
ID 入力
SET ごとに送信機の機能を選択します。送信機設定に対応する ID を持つ SET のみが
有効になります。
LCD ディスプレイの調整
MagicInfo
利用できるモード
•
PC / DVI
•
AV
•
HDMI
•
MagicInfo
注意
•
MagicInfo の場合は、MagicInfo でリモコンを使用できます。ただし、別売りの USB キ
ーボードを使用することをお勧めします。
•
Device モードの MagicInfo では、外部デバイスを起動中に移動するとエラーの原因と
なる場合があります。外部デバイスの設定は、LCD ディスプレイがオンになっていると
きにのみ行います。
•
ネットワークに使用されている LAN ケーブル(例:ビデオ表示)を外さないでくださ
い。外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。ケーブル
を外したら、システムを再起動してください。
•
USB 機器に使用されている LAN ケーブル (例: ビデオ表示) を外さないでください。
外した場合には、プログラム (MagicInfo) が停止することがあります。
•
他の入力信号に切り替えるには、MagicInfo の SOURCE ボタンを押します。
•
プリセットされている LCD ディスプレイのパスワードは「000000」です。
•
サーバー プログラムの Power-On オプションは、LCD ディスプレイの電源が完全にオ
フになっている場合にのみ機能します。
LCD ディスプレイのシステムエラーの原因となる場合がありますので、LCD ディスプレ
イの終了中に Power-On オプションを使用しないようにしてください。
•
MagicInfo の OSD 画像では、ネットワーク モードはデバイスと同じになります。
•
MagicInfo を MagicInfo-i Server プログラムとともに使用するとき:Network モード
を実行します。
•
デバイスが PDP ディスプレイに直接接続されているときに MagicInfo を使用している
場合:Device モードを実行します。
•
ESC を押して、MagicInfo ウィンドウ画面に直接移動します。
•
Windows の画面で MagicInfo を設定するには、キーボードとマウスが必要になります。
•
Windows で MagicInfo を設定する方法については、MagicInfo Server のヘルプを参照
してください。
操作中は、AC 電源をオフにしないことを強く推奨します。
•
ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、透明チッカーはサポートされていません。
•
ピボット機能のある LCD ディスプレイでは、720*480 (SD) までの動画の画面解像度が
サポートされています。
LCD ディスプレイの調整
•
ドライブ D: には、EWF は適用されません。
•
Setup(セットアップ)が変更されたときに EWF が Enable になっている場合には、変
更をディスクに保存するには Commit を行う必要があります。
•
Disable、Enable または Commit を選択すると、システムが再起動します。
注意
温度が 5˚ 未満になると、MagicInfo warming up OSD メッセージが画面に表示され、暖房
デバイスがシステムを予熱します。MagicInfo は、温度が 5˚ 以上にならなければ起動で
きません。
MagicInfo
1. [Source List] メニューで MagicInfo を選択します。
2. MUI Install 画面が表示されます。使用する言語を選択します。
3. Install ボタンを押します。
Do not show again を選択して Install ボタンをクリックした場合には、再起動後にスケ
ジューラ画面が表示されます。
4. キーボードとマウスを接続して、キーボードの “ESC” キーを押します。
5. Windows のデスクトップが表示され、 MagicInfo-i アイコン (画像が挿入されます)
が表示されます。カーソルをアイコンの上に移動します。
注意
Magicinfo-i アイコンが通知領域に表示されない場合には、Windows デスクトップで Magicinfo-i アイコンをダブルクリックしてください。アイコンが表示されます。
LCD ディスプレイの調整
6. MagicInfo-i アイコン (画像が挿入されます) を右クリックして、表示されるメニュー
から 'Run' を選択します。
7. MagicInfo-i の [Player (プレイヤー)] 画面が表示されます。
注意
詳しくは、MagicInfo-i のマニュアルを参照してください。
トラブルシューティング
セルフテスト機能チェック
注意
お問い合わせの前に、以下の項目についてチェックしてください。問題が解決しない場合
には、お客様相談ダイヤルにお問い合わせください。
セルフテスト機能チェック
1.
コンピュータと LCD ディスプレイの両方をオフにします。
2.
コンピュータの背面からビデオケーブルを取り外します。
3.
LCD ディスプレイをオンにします。
ビデオ信号が検出されない場合でも LCD ディスプレイが正常に動作しているときに
は、下記の図 「信号ケーブルを確認してください」
(
) が黒色の背景で表示されます。自
己テスト モードでは、LED 電源インジケータは緑色のままで、画像が画面内を動き回
ります。
4.
LCD ディスプレイをオフにして、ビデオ ケーブルを接続しなおします。次にコンピュ
ータと LCD ディスプレイの両方をオンにします。
前の手順を行った後でも LCD ディスプレイ画面に何も映らない場合は、ビデオ コントロー
ラおよびコンピュータ システムをチェックしてください。LCD ディスプレイは正常に動作
しています。
警告メッセージ
画面は 1366 x 768 の解像度でも表示することができます。 ただし、「画面の解像度を変更す
るか、現在のモードのままにすることができます」というメッセージが短時間表示されま
す。周波数が 85Hz を越える場合には、LCD ディスプレイでは 85Hz を越える周波数をサポ
ートしていないため、黒色の画面が表示されます。
注意
LCD ディスプレイがサポートしている解像度または周波数については、仕様 > プリセット
タイミング モードを参照してください。
メンテナンスと清掃
1) LCD ディスプレイ筐体のメンテナンス
電源コードを抜いてから、柔らかい布で拭き取ります。
54
トラブルシューティング
•
ベンゼン、シンナーまたはその他の引火性物質、も
しくは濡れた布は使用しないでください。
•
画面の損傷を防止するために、SAMSUNG 洗浄剤を
使用することをお勧めします。
2) フラットパネルディスプレイ画面のメンテナンス
柔らかい布(綿ネル)で力を入れずに拭き取ります。
•
アセトン、ベンゼンまたはシンナーは使用してはな
りません。
(スクリーン表面の傷または劣化の原因となることが
あります)
•
発生した損傷の修理費用は、ユーザーが負担する必
要があります。
症状と推奨される措置
注意
LCD ディスプレイは、コンピュータから受信した視覚信号を再生します。したがって、コ
ンピュータまたはビデオカードに問題がある場合には、色彩の異常、ノイズ、ビデオモー
ドがサポートされないなどのトラブルが発生することがあります。この場合には、まず問
題の原因をチェックしてから、お客様相談ダイヤルまたは販売店にお問い合わせください。
1.
電源コードおよびビデオ ケーブルがコンピュータに正しく接続されているかどうかを
チェックします。
2.
起動時にコンピュータからビープ音が 3 回聞こえるかチェックします。
(聞こえる場合には、コンピュータのメインボードの点検を受けてください)
3.
ビデオカードを自分でインストールするか PC を組み立てた場合には、アダプタ (ビデ
オ) がインストールされているかどうか確認します。
4.
ビデオ画面のスキャン速度が 50 ∼ 85Hz の範囲内にあるかどうかチェックします。
(最大解像度を使用しているときは、60 Hz を超えてはなりません)
5.
アダプタ (ビデオ) ドライバのインストールに問題がある場合には、コンピュータをセ
ーフ モードで起動して、[Control Panel (コントロール パネル)] → [System (システム)]
→ [Device Manger (デバイス マネージャ)] でディスプレイ アダプタを削除して、コンピ
ュータを再起動してアダプタ (ビデオ) ドライバを再インストールします。
チェックリスト
注意
•
以下の表は、発生する可能性のある問題とその解決方法を示しています。お客様相談ダ
イヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認くださ
い。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお問い合
わせください。
•
ネットワークについての詳しい情報は、MagicInfo のトラブルシューティングのセクシ
ョンを参照してください。
55
トラブルシューティング
インストールに関する問題 (PC モード)
注意
LCD ディスプレイのインストールに関連する問題とその解決方法が記載されています。
Q:
LCD ディスプレイの画面がちらつく。
A:
コンピュータと LCD ディスプレイとの間を接続している信号ケーブルが、しっかり
と接続されているか確認します。
Q:
製品内部の冷却システムが動作しているときは、温度および湿度の条件によって製品
表面に結露が発生することがあります。
A:
この状態は製品の性能に影響するものではなく、気温と湿度の条件が変わると消えま
す。
画面に関する問題
注意
LCD ディスプレイの画面に関連する問題とその解決方法が記載されています。
Q:
画面が空白になり、電源インジケータがオフになる。
A:
電源コードをしっかりと接続してから LCD ディスプレイをオンにします。
Q:
"信号ケーブルを確認してください」というメッセージ。
A:
PC またはビデオ ソースに信号ケーブルがしっかり接続されていることを確認します。
A:
PC またはビデオ ソースがオンになっていることを確認します。
Q:
"最適なモードが選択されていません」というメッセージ。
A:
ビデオ アダプタの最大解像度と周波数を確認します。
A:
プリセット タイミング モードのチャートに記載されているデータとこれらの値を比
較します。
Q:
映像が縦に流れる。
A:
信号ケーブルがしっかりと接続されているか確認します。必要に応じて再度接続しま
す。
Q:
画像がはっきりしない。画像がぼやける。
A:
Frequency 粗調整 および 微調整 の調整を実行します。
A:
すべてのアクセサリ (ビデオ拡張ケーブルなど) を取り外してから再度オンにします。
A:
解像度と周波数を推奨の範囲に設定します。
Q:
画像が安定せず、揺れる。
A:
コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス
プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に
は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている
現在の情報を参照して再度設定します。
Q:
映像にゴーストが発生する。
56
トラブルシューティング
A:
コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス
プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に
は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている
現在の情報を参照して再度設定します。
Q:
映像が明るすぎる、または暗すぎる。
A:
明るさ と コントラスト を調整します。
(明るさ、コントラスト を参照してください)
Q:
画面の色が正しくない。
A:
[OSD Color Adjustment] メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。
Q:
暗い影によってカラー画像が歪む。
A:
[OSD Color Adjustment] メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。
Q:
白色が正しく表示されません。
A:
[OSD Color Adjustment] メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。
Q:
電源インジケータが緑色に点滅します。
A:
LCD ディスプレイが OSD メモリに変更された設定を保存しています。
Q:
画面に何も表示されず、電源インジケータが緑色に点灯しているか 0.5 ∼ 1 秒間隔で
点滅します。
A:
LCD ディスプレイが電源管理システムを使用しています。
A:
キーボードのいずれかのキーを押します。
Q:
画面に何も表示されず、点滅します。
A:
[MENU] ボタンを押すと画面に「TEST GOOD」メッセージが表示される場合は、PDP
ディスプレイとコンピュータのケーブル接続を確認し、コネクタを正しく接続してく
ださい。
音声に関する問題
注意
音声信号に関する問題とその解決方法を以下に示します。
Q:
音声が聞こえない。
A:
LCD ディスプレイの音声入力ポートとサウンドカードの音声出力ポートにオーディオ
ケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。
A:
音量レベルをチェックします。
Q:
音量が低すぎる。
A:
音量レベルをチェックします。
A:
音量を最大に調整しても音が小さすぎる場合には、コンピュータのサウンドカードま
たはソフトウェアプログラムの音量コントロールをチェックします。
Q:
音量が大きすぎるか小さすぎる。
57
トラブルシューティング
A:
高音 および 低音 を適切なレベルに調整します。
リモコンに関する問題
注意
リモコンに関連する問題とその解決方法が記載されています。
Q:
リモコンのボタンが応答しない。
A:
バッテリの極性 (+/-) を確認します。
A:
バッテリが消耗していないかチェックします。
A:
電源がオンになっているかどうかをチェックします。
A:
電源コードがしっかりと接続されているか確認します。
A:
付近に特殊な蛍光灯またはネオン ランプがないかチェックします。
MagicInfo に関する問題
注意
起動用 USB フラッシュディスクの作成。
Q:
起動用 USB フラッシュディスクの作成
A:
1) USB 起動用ディスク作成ツールを使用して、一般的な 512MB 以上の USB 記憶メデ
ィアを起動可能ディスクにすることができます。(たとえば HP USB Disk Storage Format
Tool など)
A:
2) OS のゴースト イメージをコピーと実行可能ファイルを USB ディスクにコピーしま
す。
A:
3) BIOS メニューに移動し、BIOS のロゴ画面で F2 キーを押します。次に、USB Boot
First オプションを選択して有効にし、Boot メニューで Enter キーを押します。
A:
4) USB ディスクが接続されている状態で電源をオンにし、DOS モードで起動します。
A:
5) C:\ghost.exe を実行し、メニューから Local → Partition → From Image を選択しま
す。ゴースト イメージを選択して USB ディスクを更新し、目的のディスクを選択し
ます。
A:
6) ゴースト イメージの更新が終了すると、自動的に再起動されます。
Q:
周波数の変更方法は?
A:
周波数は、ビデオ カードの再設定によって変更することができます。
Q&A
注意
ビデオ カードでサポートされている周波数は、使用しているドライバのバージョンに
よって異なることにご注意ください。(詳細はコンピュータまたはビデオカードのマ
ニュアルを参照してください)
Q:
解像度の変更方法は?
A:
Windows XP:
58
トラブルシューティング
[Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトップの表示
とテーマ)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を設定します。
A:
Windows ME/2000:
[Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を
設定します。
* 詳細についてはビデオカードのメーカーにお問い合わせください。
Q:
省電力機能の設定方法は?
A:
Windows XP:
[Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトップの表示
とテーマ)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン セイバー)] で解像度を設定
します。
コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュアル
を参照してください)
A:
Windows ME/2000:
[Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン
セイバー)] で解像度を設定します。
コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュアル
を参照してください)
Q:
筐体/LCD パネルをきれいにしたいのですが?
A:
電源コードを抜き、LCD ディスプレイを柔らかい布で洗剤また真水を使って清掃しま
す。
洗剤が残ったままにしたり、筐体を傷つけないようにしてください。水が LCD ディ
スプレイの中に入らないようにしてください。
Q:
ビデオの再生方法は?
A:
ビデオは、MPEG1 および WMV コーデックのみをサポートしています。ビデオを再
生するには、対応するコーデックをインストールします。互換性がないコーデックが
あることに注意してください。
注意
お客様相談ダイヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確
認ください。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお
問い合わせください。
59
仕様
一般情報
一般情報
モデル名
SyncMaster 460DRN-A
LCD パネル
サイズ
46 "対角線
表示範囲
1018.35 mm (H) x 572.5 mm (V)
ピクセル ピッチ
0.7455 mm (H) x 0.7455 mm (V)
同期
水平
30 ~ 81 kHz
垂直
56 ~ 85 Hz
表示色
16.7 M
解像度
最適解像度
1366 x 768@60 Hz
最大解像度
1920 x 1080@60 Hz (RB)
入力信号、終端
RGB Analog (アナログ)、DVI Compliant Digital RGB
0.7 Vp-p ±5 %
分離 H/V 同期、コンポジット、SOG
TTL レベル(V ハイ ≥ 2.0 V、V ロー≤ 0.8 V)
最大ピクセル クロック
165 MHz (アナログ、デジタル)
電源
モニター セット :AC 100 - 240 V~ (+/- 10 %)、50/60 Hz ± 3 Hz
エアコン :AC 240 V, 50 Hz ± 3 Hz
信号ケーブル
15 ピン - 15 ピン D-sub ケーブル、脱着式
DVI-D to DVI-D コネクタ、脱着式
仕様
寸法 (W x H x D) / 重量
742.0 x 1947.3 x 675.5 mm / 165 kg
環境条件
動作時
モ ニ タ ー 温度:10˚∼ 43 ˚C (50 ∼ 109.4 ˚F)
セット
湿度:10 ∼ 80 %、 結露しないこと
エ ア コ ン 温度:-30˚∼ 43 ˚C (-22 ~ 109.4˚F)
あり
湿度:10 ∼ 80 %、 結露しないこと
記録装置
温度:-20 ∼ 45 ˚C (-4 ∼ 113 ˚F)
湿度:5 ∼ 95 %、 結露しないこと
プラグ アンド プレイ機能
この LCD ディスプレイは、プラグ & プレイ互換システムにインストールするこ
とができます。LCD ディスプレイとコンピュータ システムとのインタラクショ
ンによって、最適な操作環境と LCD ディスプレイの設定が行われます。ほとん
どの場合、ユーザーが設定の変更を必要としない限り、LCD ディスプレイのイン
ストールは自動的に行うことができます。
ドット欠けについて
この製品には、1 ppm (百万分の 1) 精度の高度な半導体技術を利用した TFT-LCD
パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピクセルが光
って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではなく、使用
上問題になるものではありません。
たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 3.147.264 です。
注意
設計および仕様は事前の通知なしに変更されることがあります。
プリセット タイミング モード
コンピュータから送られてきた信号が以下のプリセット タイミング モードと同じ場合に
は、画面は自動的に調整されます。しかし、信号が異なる場合には、電源 LED が点灯して
いても画面に何も映らなくなる場合があります。ビデオ カードのマニュアルを参照して、
以下のように画面を調整してください。
表示モード
水平周波数
(kHz)
垂直周波数 ピクセル ク 同期極性 (H/
(Hz)
ロック (MHz)
V)
IBM、640 x 350
31.469
70.086
25.175
+/-
IBM、640 x 480
31.469
59.940
25.175
-/-
IBM、720 x 400
31.469
70.087
28.322
-/+
MAC、640 x 480
35.000
66.667
30.240
-/-
MAC、832 x 624
49.726
74.551
57.284
-/-
MAC、1152 x 870
68.681
75.062
100.000
-/-
VESA、640 x 480
37.861
72.809
31.500
-/-
VESA、640 x 480
37.500
75.000
31.500
-/-
VESA、800 x 600
35.156
56.250
36.000
+/+
仕様
表示モード
水平周波数
(kHz)
垂直周波数 ピクセル ク 同期極性 (H/
(Hz)
ロック (MHz)
V)
VESA、800 x 600
37.879
60.317
40.000
+/+
VESA、800 x 600
48.077
72.188
50.000
+/+
VESA、800 x 600
46.875
75.000
49.500
+/+
VESA、848 x 480
31.020
60.000
33.750
+/+
VESA、1024 x 768
48.363
60.004
65.000
-/-
VESA、1024 x 768
56.476
70.069
75.000
-/-
VESA、1024 x 768
60.023
75.029
78.750
+/+
VESA、1152 x 864
67.500
75.000
108.000
+/+
VESA、1280 X 768
47.776
59.870
79.500
-/+
VESA、1280 X 960
60.000
60.000
108.000
+/+
VESA、1280 X 1024
63.981
60.020
108.000
+/+
VESA、1280 X 1024
79.976
75.025
135.000
+/+
VESA、1360 x 768
47.712
60.015
85.500
+/+
VESA、1366 x 768
47.712
59.790
85.500
+/+
VESA、1600 x 1200
75.000
60.000
162.000
+/+
VESA、1920 x 1080
66.587
59.934
138.500
+/-
水平周波数
画面の右端から左端を水平につなぐ 1 本の直線を
スキャンするのにかかる時間を水平サイクルと言
い、水平サイクルの逆数を水平周波数と言います。
単位: kHz
垂直周波数
蛍光灯と同じように、画面は同じ画像を 1 秒間に
何回も繰り返し表示して、ユーザーに対して映像を
表示しています。この繰り返しの周波数を、垂直周
波数またはリフレッシュ レートと言います。単位:
Hz
情報
より良い画質でご覧いただくために
コンピュータの解像度と画面の描画頻度(リフレッシュ レート)を以下の説
明に従ってコンピュータ上で調整し、最適な表示をお楽しみください。TFT-LCD
に最適な画質でない場合には、画面の画質が不均一になる場合があります。
•
解像度:1366 x 768
•
垂直周波数 (リフレッシュ レート): 60 Hz
この製品には、1 ppm (百万分の 1) 以上の高精度な半導体技術を利用した
TFT-LCD パネルが使用されています。ただし、赤、緑、青および白の各色のピク
セルが光って、もしくは黒く見える場合があります。これは製品の不具合ではな
く、使用上問題になるものではありません。
•
たとえば、この製品に含まれる TFT-LCD サブ ピクセルの数は 3.147.264 で
す。
モニターおよびパネルの外側を清掃するときには、推奨のクリーナーを少量
つけて柔らかい布で拭き取ります。LCD 領域に力をかけないように、そっと拭き
取ります。過剰な力がかかると、キズがつく場合があります。
画質に不満がある場合には、Auto ボタンを押したときに表示される表示画面
の「自動調整 機能」を行って画質を改善できる場合があります。自動調整後も
ノイズが発生する場合には、微調整/粗調整 調整機能を使用します。
静止画面を長時間表示し続けると、画像が残ったり画面がぼやけたりする場
合があります。長時間モニターの前から離れるときには、省電力モードにする
か、動画のスクリーンセーバーを設定してください。
製品情報(残像について)
残像とは?
LCD パネルは、通常の使用 (下記参照) において、残像は発生しません。
通常の条件とは、連続的に変化するビデオパターンとして定義されます。LCD パ
ネルが固定されたパターンの状態で、長時間(12 時間以上)使用されると、ピク
セル内の液晶を動作させる電極の間で若干の電圧の差が生じる場合があります。
電極間の電圧の差が時間とともに増大すると、液晶が曲げられてしまいます。こ
のような現象が発生すると、パターンが変化したときに以前のイメージが見える
場合があります。これを防止するために、蓄積した電圧差を解消する必要があり
ます。
情報
電源オフ、スクリーンセイバー、または省電力モード
•
20 時間使用: 電源を 4 時間オフ
•
12 時間使用: 電源を 2 時間オフ
•
PC の表示プロパティの電源管理機能で、モニターの電源をオフにするよう設
定します。
•
可能な場合にはスクリーンセイバーを使用します - スクリーンセイバーは、
単色または動く映像のものをお勧めします。
定期的に色の組み合わせを変更する
注意
2 つの異なる色の使用
2 つの色情報を 30 分ごとに切り替えます。
情報
•
明るさが極端に異なる文字色と背景色の組み合わせは避けてください。
また、残像が発生する原因となりますのでグレーは使用しないでください。
避けること:明るさが大きく異なる色 (白と黒、灰色) の使用。
定期的に文字色を変更する
•
明るさの差が少ない明るい色を使用します。
- 周期:文字色と背景色を 30 分間隔で変更
•
30 分ごとに、文字を動かして変更します。
•
すべての領域に、ロゴとともに移動するイメージを定期的に表示します。
- 周期:ロゴとともに移動するイメージを 4 時間使用するごとに 60 秒表示
します。
•
残像を抑えるのにもっとも効果的な方法は PC を使用していないときにスクリ
ーンセイバーが 起動するように設定することです。保証も、操作ガイドに基
づいて制限されています。
製品に画面スクロール機能を使用する
•
画面スクロール機能を使用する
- 症状:黒色の水平線が上下に移動します。
- 選択方法
•
操作ガイド:OSD Menu (OSD メニュー) -> Set Up (セットアップ) -> Safety
Screen (安全画面) -> Screen Scroll (画面スクロール)
•
間隔:1 ∼ 10 時間(推奨: 1 時間)
•
Period:1 ∼ 5 時間(推奨: 5 時間)
情報
注意
(CD のユーザーガイドで「OSD 機能」を参照してください。一部のモデルでは利
用できません)
製品に画面ピクセル機能を使用する
•
画面ピクセル機能を使用する
- 症状:黒色の点が上下に移動します。
- 選択方法
•
•
操作ガイド:OSD Menu(OSD メニュー)-> Set Up(セットアップ)-> Safety Screen(安全画面)-> Pixel(ピクセル)
•
間隔:1 ∼ 10 時間(推奨: 1 時間)
•
Period:10 ∼ 50 時間(推奨: 50 時間)
画面バー機能を使用する
- 症状:黒色の水平/垂直線が上下に移動します。
- 選択方法
•
操作ガイド:OSD Menu(OSD メニュー)-> Set Up(セットアップ)-> Safety Screen(安全画面)-> Bar(バー)
•
間隔:1 ∼ 10 時間(推奨: 1 時間)
•
Period:10 ∼ 50 時間(推奨: 50 時間)
注意
(CD のユーザーガイドで「OSD 機能」を参照してください。一部のモデルでは利
用できません) )
製品に画面消去機能を使用する
•
画面消去機能を使用する
- 症状:2 つの垂直なブロックが表示を消していきます。
情報
- 選択方法
•
操作ガイド:OSD Menu (OSD メニュー) -> Set Up (セットアップ) Safety
Screen (安全画面) -> Eraser (消去)
•
間隔:1 ∼ 10 時間(推奨: 1 時間)
•
Period:10 ∼ 50 時間(推奨: 50 時間)
注意
(CD のユーザーガイドで「OSD 機能」を参照してください。一部のモデルでは利
用できません)
付録
お客様相談ダイヤル
東雲サービスセンター
受付時間
平日(土日祭日を除く)9:00~17:00 ※
ホームページ
http://www.samsung.com/jp
住所
〒 135-0062 東京都江東区東雲 2-6-38
Fax
03-3527-5533
注意
※ 予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。
製品ユーザー登録
この度はサムスン製品をお買い上げいただき、誠にありがとう ございます。ご購入いただ
きましたサムスン製品は下記の URL で製品ユーザー 登録が行えます。登録されたユーザー
の方々には、サムスンの最新ニュース、新製品情報、イベント/ キャンペーン、各種ユー
ザー向けプログラム、サービス情報など多彩な情報をい ち早く お届けします。
さらにデータベースを利用した顧客管理システムにより、お買い上げいただいた製品に不
具合が生じた場合などの際に、製品ユー ザー登録していただきますと迅速なアフターサー
ビスのご提供が可能となりますので、お手数でも製品ユーザー登録をお願い申し上 げま
す。
製品ユーザー登録専用ホームページ URLhttp://www.samsung.com/jp*なお、お客様の
情報は弊社からのご連絡、ご案内のみにご利用させていただきます。
用語
ドット ピッチ
モニターの画像は、赤色、緑色および青色のドットで構成
されています。ドットの間隔が小さいほど、解像度は高く
なります。同じ色の 2 個のドット間の距離を「ドット ピ
ッチ」と言います。単位:mm
垂直周波数
ユーザーに対して画像を作成して表示するには、1 秒間当
たり何回も画像を再描画しなければなりません。1 秒当た
りのこの繰り返しの回数を、垂直周波数またはリフレッシ
ュ レートと言います。単位: Hz
例:同じ光が 1 秒間に 60 回繰り返すときには、60 Hz と
なります。
水平周波数
画面の右端から左端を水平につなぐ直線をスキャンするの
にかかる時間を、水平サイクルと言います。水平サイクル
の逆数を水平周波数と呼びます。単位:kHz
インタレース法とノンインタ
レース法
画面の水平線を上から下に順番に表示していく方法をノン
インタレース法と言い、奇数番目のラインを表示してから
偶数番目のラインを表示する方法をインタレース法と言い
ます。ノンインタレース法は、明確な画像にするために多
くのモニターで使用されています。インタレース法は、TV
で使用されているものと同じです。
付録
プラグ & プレイ
コンピュータとモニターが自動的の情報を交換することに
より、ユーザーに最高の画質を提供する機能です。このモ
ニターは、プラグ & プレイ機能について国際規格 VESA
DDC に対応しています。
解像度
画面の画像を構成するのに使用される水平および垂直方向
のドットの数を、「解像度」と呼びます。この数は、表示
の正確さを示しています。高い解像度では、多くの画像情
報を画面上に表示できるため、複数の作業を実行する場合
に適しています。
例:解像度が 1366 X 768 の場合、水平方向のドットが 1366
個 (水平解像度)、垂直線 768 本 (垂直解像度) で構成さ
れていることを意味します。
制限事項
本書の内容は、将来予告なく変更されることがあります。
© 2009 Samsung Electronics Co., Ltd. All rights reserved.
Samsung Electronics Co., Ltd.の文書による許可なしには、いかなる複製も堅く禁じま
す。
内容に含まれる誤り、または設置や使用の結果として起こる損害について、Samsung Electronics Co., Ltd.は一切の責任を負いません。
Samsung は Samsung Electronics Co., Ltd.の登録商用です。Microsoft, Windows および
Windows NT は、Microsoft Corporation の登録商標です。VESA、DPM および DDC は Video
Electronics Standard Association の登録商標です。ENERGY STAR® の名称とロゴは U.S.
Environmental Protection Agency (EPA)の登録商標です。SAMSUNG は ENERGY STAR®の一員
として、この製品がエネルギー効率に関する ENERGY STAR®ガイドラインを満たしていると
判断しました。そのほかこの文書に含まれるすべての商品名は、各企業・団体の商標もし
くは登録商標です。
本製品は日本国内用として製造、販売しています。日本国外で使用された場合、当社は責
任を負い兼ねます。また、技術相談や、アフターサービスなども国外では行っておりませ
んのでご注意ください。
本製品は一般 OA 用として設計・製造されています。一般 OA 用以外の用途で使用される場
合は、保証期間内であっても無償修理の対象外となることがありますのでご注意ください。
VCCI について
この装置は、情報処理装 置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基 づくクラス B 情
報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用 することを目的としていますが、この装置
がラ ジオやテレビジョン受信機に近接して使用され ると、受 信障害を引き起こすことが
ありま す。取扱説明書に従って正しい取り扱いをして 下さい。
Download PDF

advertising