Samsung | NX-N2 | Samsung NX-N2 사용자 매뉴얼

ユーザー
マニ ュ アル
NX-N2
色 と 外観は製品によ っ て異な る場合があ り 、 製品の仕
様は性能の向上のために予告無 く 変更 さ れる場合があ
り ます。
BN46-00400A-02
目次
ご使用にな る前に
準備
"PCOIP" の使用
4
著作権
4
4
このマニ ュ アルで使用 さ れる ア イ コ ン
安全面での予防措置に使用 さ れる記号
5
設置場所の安全確保
5
保管に関する注意事項
6
安全のために
6
7
9
電気に関する注意事項
イ ン ス ト ール方法
ご使用の際の注意事項
13
内容物の確認
13
内容物の確認
15
部品
15
17
正面図
背面
18
イ ン ス ト ール方法
18
19
20
台座の取 り 付け
製品の取 り 付け
盗難防止用ロ ッ ク
21
"PC over IP" と は ?
22
"PCoIP" を使用する ための接続方法
22
23
24
24
25
26
27
DP ケーブルを使用 し て接続する
2 台目のモニ タ ーの接続
ヘ ッ ド フ ォ ンへの接続
マ イ クの接続
LAN 接続
USB デバイ スの接続
電源の接続
28
LAN ケーブルを使用 し てホス ト PC に接続
する
目次
2
目次
29
"PCoIP"
29
29
30
31
46
50
52
59
61
62
63
64
オ ン ス ク リ ーン デ ィ ス プ レ イ (OSD)
接続画面
OSD Options メ ニ ュ ー
Configuration ウ ィ ン ド ウ
Diagnostics ウ ィ ン ド ウ
Information ウ ィ ン ド ウ
User Settings ウ ィ ン ド ウ
Password ウ ィ ン ド ウ
Wake On LAN
Wake on USB
OSD Logo Upload
Firmware Update
ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ング
ガイ ド
65
Samsung カ ス タ マー サービ ス セ ン タ ーに
お問い合わせいただ く 前に
65
以下について確認 し ます。
仕様
66
一般
67
電力消費
68
サムス ン製品に関するお問合せ
69
有料サービ スに関する責任
( お客様の負担 )
69
69
70
製品に異常がない場合
お客様の過失によ っ て製品が損傷 し た場合
その他
付録
索引
目次
3
ご使用にな る前に
著作権
こ のマニ ュ アルの内容は、 品質向上のために予告な く 変更 さ れる場合があ り ます。
© 2014 Samsung Electronics
こ のマニ ュ アルの著作権は、 Samsung Electronics が保有 し ています。
こ のマニ ュ アルの一部または全部について、 Samsung Electronics の許可な く 使用または複製する こ
と はで き ません。
SAMSUNG ロ ゴは、 Samsung Electronics の登録商標です。
Microsoft および Windows は、 Microsoft Corporation の登録商標です。
VESA、 DPM および DDC は、 Video Electronics Standards Association の登録商標です。
本製品は日本国内用 と し て製造、 販売 し ています。 日本国外で使用 さ れた場合、 当社は責任を負い
兼ねます。 また、 技術相談や、 ア フ タ ーサービ ス な ど も 国外では行 っ てお り ませんので ご注意 く だ
さ い。
本製品は一般OA用 と し て設計 ・ 製造 さ れています。 一般OA用以外の用途で使用 さ れる場合は、
保証期間内であ っ て も 無償修理の対象外 と な る こ と があ り ますので ご注意 く だ さ い。
こ のマニ ュ アルで使用 さ れる ア イ コ ン
以下の図はあ く ま で も参考であ り 、 実際の状況 と は異な る場合があ
り ます。
安全面での予防措置に使用 さ れる記号
警告
指示に従わない場合には、 重傷または死亡事故の原因 と な る こ と があ り ます。
注意
指示に従わない場合には、 ケガまたは物損事故の原因 と な る こ と があ り ます。
禁止行為を示 し ています。
順守すべき行為を示 し ています。
ご使用にな る前に
4
ご使用にな る前に
設置場所の安全確保
排気のため、 製品の周囲に空間を確保 し て く だ さ い。 内部温度が上昇する と 、 火災や製品の破損の
原因 と な る こ と があ り ます。 製品を設置する と き には、 少な く と も下図に示す空間を確保 し て く だ
さ い。

外観は製品のモデルによ っ て異な る場合があ り ます。

本製品は、 縦置き と 横置きの両方で使用で き ます。
保管に関する注意事項
製品内部の清掃が必要な場合、 サービ ス セ ン タ ー (68 ページ) にお問い合わせ く だ さ い。
(別途作業費がかか り ます。 )
ご使用にな る前に
5
ご使用にな る前に
安全のために
以下の図はあ く ま で も 参考であ り 、 実際の状況 と は異な る場合があ り ます。
電気に関する注意事項
警告
破損 し た電源 コ ー ド またはプ ラ グ、 あ る いはがたつ きのあ る電源 ソ ケ ッ ト を
使用 し ないで く だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
同 じ 電源 ソ ケ ッ ト に多数の製品の電源プ ラ グ を接続 し ないで く だ さ い。

ソ ケ ッ ト が過熱 し 火災が発生する こ と があ り ます。
濡れた手で電源プ ラ グに触れないで く だ さ い。

感電の原因 と な る こ と があ り ます。
電源プ ラ グはグ ラ グ ラ し ない よ う 最後ま で差 し 込んで く だ さ い。

し っか り と 接続 し ていない場合、 火災の原因 と な る こ と があ り ます。
!
電源プ ラ グは、 アース さ れた電源 ソ ケ ッ ト に接続 し て く だ さ い(絶縁 ク ラ ス 1
の機器のみ)
!

感電またはケガの原因 と な る こ と があ り ます。
電源 コ ー ド を無理に曲げた り 引 っ 張っ た り 、 または重い物で電源 コ ー ド を圧
迫 し ないで く だ さ い。 
電源 コ ー ド が破損 し て、 感電や火災の原因 と な る こ と があ り ます。
電源 コ ー ド や製品を熱源の近 く に置かないで く だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
電源ケーブルのプ ラ グまたは コ ン セ ン ト に異物 (ほ こ り な ど) が付着 し てい る
場合は、 乾いた布で拭き取 っ て く だ さ い。
!

火災の原因 と な る こ と があ り ます。
ご使用にな る前に
6
ご使用にな る前に
注意
製品の使用中に電源 コ ー ド を抜かないで く だ さ い。

感電に よ り 製品が破損する こ と があ り ます。
弊社が提供する電源 コ ー ド のみを使用 し て く だ さ い。 また、 同梱 さ れた電源
コ ー ド を他の電気機器で使用 し ないで く だ さ い。

!
感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
電源 コ ー ド は、 遮る ものがない場所にあ る電源 ソ ケ ッ ト に接続 し て く だ さ い。

製品に問題が発生 し た場合は、 電源 コ ー ド を抜いて完全に電源を オ フ に
し ます。
!

製品の電源ボ タ ン だけでは電源を完全には遮断で き ません。
電源 コ ー ド を電源 ソ ケ ッ ト か ら 抜 く と きは、 プ ラ グ部分を持 っ て く だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
!
イ ン ス ト ール方法
警告
ろ う そ く 、 虫除けまたは タ バ コ を製品の上に置いた り 、 製品を熱源の近 く に
設置 し た り し ないで く だ さ い。

火災の原因 と な る こ と があ り ます。
製品を本棚や壁付き ク ローゼ ッ ト な どの換気の悪い狭い場所に設置 し ないで
く だ さ い。

内部温度が上昇 し 火災が発生する こ と があ り ます。
製品梱包用のビ ニール袋は、 お子様の手の届かない と こ ろ に置いて く だ さ い。

お子様がビ ニール袋で窒息する こ と があ り ます。
ご使用にな る前に
7
ご使用にな る前に
安定 し ないまたは振動する場所 (不安定な棚、 傾斜面な ど) に製品を設置 し な
いで く だ さ い。

製品が落下 し て破損 し た り 、 ケガの原因 と な る こ と があ り ます。

振動の多い場所で製品を使用する と 、 製品が破損 し た り 火災の原因 と な
る こ と があ り ます。
製品を車内に設置 し た り 、 ほ こ り 、 湿気 (水切 り な ど)、 油または煙に さ ら さ
れる場所に設置 し た り し ないで く だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
製品を直射日光の当た る場所や、 ス ト ーブ な どの熱源に さ ら さ れる場所に設
置 し ないで く だ さ い。

製品の寿命が短 く な っ た り 火災の原因 と な る こ と があ り ます。
製品を お子様の手の届 く と こ ろ に設置 し ないで く だ さ い。

製品が落下 し てお子様のケガの原因 と な る こ と があ り ます。
食用油 (大豆油な ど) を使用する と 、 製品の破損や変形の原因 と な り ます。
製品をキ ッ チ ンやキ ッ チ ン カ ウ ン タ ーの近 く に設置 し ないで く だ さ い。
注意
製品を移動 さ せる と きは落下にご注意 く だ さ い。

製品の故障やケガの原因 と な る こ と があ り ます。
製品を置 く と きは丁寧に置いて く だ さ い。

製品が落下 し て破損 し た り 、 ケガの原因 と な る こ と があ り ます。
ご使用にな る前に
8
ご使用にな る前に
SAMSUNG
!
通常 と は異な る場所 (大量の細かいほ こ り 、 化学物質、 極端な高温または低温
に さ ら さ れる場所、 湿気の多い場所、 あ る いは長期間にわた っ て製品を連続
稼動 さ せる必要のあ る場所) に製品を設置 し た場合には、 製品性能に深刻な影
響を与え る可能性があ り ます。

こ れ らの場所に製品を設置する場合は、 事前に Samsung カ ス タ マー サー
ビ ス セ ン タ ー (68 ページ) にご相談 く だ さ い。
製品を床の上に放置または設置 し ないで く だ さ い。

製品を踏んだ り 蹴 っ た り し て急激な力や大き な荷重を加え る と 、 製品の
故障や怪我の原因にな る場合があ り ます。
ご使用の際の注意事項
警告
製品には高電圧が使用 さ れています。 お客様ご自身で製品を分解、 修理また
は改造 し ない よ う に し て く だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。

修理が必要な場合は、Samsung カ ス タ マー サービ ス セ ン タ ー (68 ページ)
ま でお問い合わせ く だ さ い。
製品を移動する場合、 電源を オ フ に し 、 電源ケーブルな どのケーブル類をす
べて取 り 外 し て く だ さ い。
!

電源 コ ー ド が破損 し て、 火災や感電の原因 と な る こ と があ り ます。
製品か ら異音、 焦げ く さ い臭い、 または煙が発生 し た場合は、 直ち に電源
コ ー ド を抜いて Samsung カ ス タ マー サービ ス セ ン タ ー (68 ページ) ま で ご連
絡 く だ さ い。
!

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
お子様が製品の上に座 っ た り 、 蹴 っ た り し ない よ う に注意 し て く だ さ い。

製品が落下 し て、 お子様のケガや場合に よ っ ては重傷の原因 と な る こ と
があ り ます。
製品が落下 し た り 外装が破損 し た場合は、 電源を オ フ に し 、 電源 コ ー ド を抜
いてか ら、 Samsung カ ス タ マー サービ ス セ ン タ ー (68 ページ) ま で ご連絡 く
だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
ご使用にな る前に
9
ご使用にな る前に
製品の上に座 ら ないで く だ さ い。

製品の筐体や コ ネ ク タ が破損 し た り 、 怪我を し た り する原因にな る場合
があ り ます。
落雷や雷雨があ る と きは、 製品の電源を オ フ に し て電源ケーブルを抜いて く
だ さ い。
!

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
製品の上に物を落 と し た り 、 衝撃を与え ないで く だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
電源ケーブルや信号ケーブルを持 っ て製品を動か さ ないで く だ さ い。

電源 コ ー ド が破損 し て、 製品の故障、 感電または火災の原因 と な る こ と
があ り ます。
ガス漏れが発生 し た場合は、 製品お よび電源プ ラ グに触れない よ う に し て、
直ち に換気を行 っ て く だ さ い。

火花が発生 し て、 爆発または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
可燃性のス プ レーや物を製品の近 く で使用 し た り 、 製品の近 く に置いた り し
ないで く だ さ い。

爆発または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
金属性の物 (箸、 硬貨、 ヘア ピ ン な ど) を製品の通気口やポー ト に入れないで
く だ さ い。 可燃物 (紙やマ ッ チな ど) を製品の通気口やポー ト に入れないで く
だ さ い。

水や異物が製品内に入 っ た場合は、 電源を オ フ に し 、 電源 コ ー ド を抜い
てか ら、 Samsung カ ス タ マー サービ ス セ ン タ ー (68 ページ) ま で ご連絡
く だ さ い。

製品の故障、 感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
水の入 っ た容器 (花瓶、 コ ッ プ、 瓶な ど) や金属性の物を製品の上に置かない
で く だ さ い。

水や異物が製品内に入 っ た場合は、 電源を オ フ に し 、 電源 コ ー ド を抜い
てか ら、 Samsung カ ス タ マー サービ ス セ ン タ ー (68 ページ) ま で ご連絡
く だ さ い。

製品の故障、 感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
ご使用にな る前に
10
ご使用にな る前に
注意
休暇な ど で長期間製品を使用 し ない場合には、 電源 コ ー ド を電源 ソ ケ ッ ト か
ら外 し て く だ さ い。
!

ほ こ り の堆積、 過熱、 感電または漏電が発生 し 、 火災の原因 と な る こ と
があ り ます。
複数の DC 電源アダ プ タ を一緒に置かないで く だ さ い。

火災の原因 と な る こ と があ り ます。
DC 電源アダ プ タ は、 ビ ニール袋から 取 り 出 し て使用 し て く だ さ い。

火災の原因 と な る こ と があ り ます。
DC 電源デバイ スの内部に水が入 っ た り 、 デバイ スが濡れる こ と のないよ う に
し て く だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。

屋外の雨や雪に さ ら さ れる場所で製品を使用 し ないで く だ さ い。

床の清掃時に DC 電源アダ プ タ が濡れないよ う に し て く だ さ い。
DC 電源アダ プ タ を暖房機器の近 く に置かないで く だ さ い。

火災の原因 と な る こ と があ り ます。
DC 電源アダ プ タ は、 換気のよい場所に置いて く だ さ い。
!
加湿器や コ ン ロ を製品の周辺で使用 し ないで く だ さ い。

感電または火災の原因 と な る こ と があ り ます。
製品で使用 さ れる細かな付属品は、 お子様の手の届かない と こ ろ に保管 し て
く だ さ い。
!
ご使用にな る前に
11
ご使用にな る前に
製品の上に重い物を置かないで く だ さ い。

製品の故障やケガの原因 と な る こ と があ り ます。
ヘ ッ ド フ ォ ン またはイ ヤ フ ォ ン を使用する と きは音量の上げすぎに注意 し て
く だ さ い。

大音量に よ り 長期的な聴力に影響が及ぶ可能性があ り ます。
ご使用にな る前に
12
1
1.1
準備
内容物の確認
1.1.1
内容物の確認

不足 し ている物があ る場合は、 製品を購入 さ れた販売店にお問い合わせ く だ さ い。

内容物および別売品の外観は、 表示 と は異な る場合があ り ます。
部品
クイック セッ トアップ
ガイ ド
保証書
(一部の地域では利用で き ません)
本体
電源ケーブル
台座
ネジ (M4 X L8)
ユーザー マニ ュ アル
DC 電源アダ プ タ
付属品は、 販売 し ている地域や国に よ っ て異な る場合があ り ます。
1 準備
13
1
準備
別売 り 品目
以下の別売品は、 最寄 り の小売店で ご購入いただけます。
LAN ケーブル
USB ケーブル
HDMI-DVI ケーブル
DVI ケーブル
DVI-RGB ケーブル
DP ケーブル
マウス (USB)
キーボー ド
MIC
ヘッ ド フォン
1 準備
14
1
1.2
準備
部品
1.2.1 正面図
部品の色および形状は、 図示 さ れている もの と は異な る場合があ り ます。 仕様は、 品質向上のため
に予告な く 変更 さ れる こ と があ り ます。
A
ポー ト
説明
製品の電源を オ ン またはオ フ に し ます。
ボ タ ン を 2 秒間押 し 続けて く だ さ い。
ヘ ッ ド フ ォ ン な どのオーデ ィ オ出力デバイ ス を接続 し ます。
マ イ ク と 接続 し ます。
USB デバイ スに接続 し ます。


キーボー ド と マウスは [
め し ます。
(2.0)] ポー ト に接続する こ と を お勧
外付けハー ド ド ラ イ ブは必ず専用の [
(2.0) HDD] ポー ト に
接続 し て く だ さ い。 電源アダ プ タ 付きのセル フパワー式ポー
タ ブル ハー ド ド ラ イ ブの使用を お勧め し ます。
1 準備
15
1
準備
ポー ト
説明
USB デバイ スに接続 し ます。
A
ス ピー カ ー
1 準備
16
1
準備
1.2.2
背面
部品の色および形状は、 図示 さ れている もの と は異な る場合があ り ます。
仕様は、 品質向上のために予告な く 変更 さ れる こ と があ り ます。
ポー ト
説明
USB デバイ スに接続 し ます。
DP ケーブルを使用 し て モ ニ タ ー と 接続 し ます。
[DP OUT] ポー ト によ る音声出力はサポー ト さ れていません。
DVI ケーブルを使用 し て モ ニ タ ー と 接続 し ます。
こ のポー ト は、 デジ タ ル と アナロ グの両出力に対応 し ていま
す。 アナログ出力を使用するには、 DVI-RGB ケーブル (別売)
を使用 し てデバイ ス をポー ト に接続 し て く だ さ い。
LAN ケーブルを使用 し てネ ッ ト ワー ク に接続 し ます。
DC 電源アダ プ タ を接続 し ます。
1 準備
17
1
1.3
準備
イ ン ス ト ール方法
1.3.1 台座の取 り 付け


部品の色および形状は、 図示 さ れている もの と は異な る場合があ り ます。
仕様は、 品質向上のために予告な く 変更 さ れる こ と があ り ます。
本製品は、 縦置き と 横置きの両方で使用で き ます。
縦置きの場合
横置きの場合
1 準備
18
1
準備
1.3.2 製品の取 り 付け
4
A
注意





本製品を モニ タ ーに取 り 付ける場合、 製品およびモニ タ ー本体から周囲 10cm 以上の隙間を空
ける よ う に し て く だ さ い。
本製品を モニ タ ーに取 り 付ける場合、 製品を台座に水平に取 り 付ける こ と をお勧め し ます。
垂直には取 り 付けないで く だ さ い。
本製品の寸法は 100 x 100 mm で VESA 規格に準拠 し ています。 VESA 規格に準拠 し たネジ を使
用 し て く だ さ い。 VESA 規格に準拠 し ていないネジ を使用する と 、 製品が破損 し た り 部品が外
れた り する こ と があ り ます。 VESA 規格に準拠 し た部品を使用 し なかっ た こ と によ っ て生 じ た
損傷に対 し て Samsung は責任を負わない も の と し ます。
VESA 規格に準拠 し ていないネジ を使用 し ないで く だ さ い。
本製品を モニ タ ーに取 り 付ける場合、 台座 ( A ) を モ ニ タ ーのス ロ ッ ト に し っか り と 固定 し て
く だ さ い。
1 準備
19
1
準備
1.3.3
盗難防止用ロ ッ ク
盗難防止用ロ ッ ク で、 公共の場所で も本製品を安心 し て ご使用いただ く こ と がで き ます。
ロ ッ ク 装置の形状およびロ ッ ク方法は、 メ ー カ ーに よ っ て異な り ます。 詳細は、 お使いの盗難防止
用ロ ッ ク 装置に付属 さ れたユーザーガ イ ド を参照 し て く だ さ い。 ロ ッ ク デバイ スは別売 り です。
盗難防止用ロ ッ ク装置のロ ッ ク方法
1
2
3
4
盗難防止用ロ ッ ク装置のケーブルを、 机な どの重量物に固定 し ます。
ケーブルの一方の端を、 他方の端のループに通 し ます。
ケ ン ジ ン ト ン ロ ッ ク を本製品の側面にあ る セキ ュ リ テ ィ ス ロ ッ ト に挿入 し ます。
ロ ッ ク 装置を ロ ッ ク し ます。

盗難防止用ロ ッ ク 装置は、 別売です。

詳細は、 お使いの盗難防止用ロ ッ ク装置に付属 さ れたユーザーガ イ ド を参照 し て く だ さ い。

盗難防止用ロ ッ ク 装置は、 家電小売店やオ ン ラ イ ン で ご購入いただけます。
1 準備
20
2
2.1
"PCoIP" の使用
"PC over IP" と は?
䝷䝑䜽㻌䝬䜴䞁䝖㻌䝃䞊䝞䞊

䝽䞊䜽㻌䝇䝔䞊䝅䝵䞁
本製品は、 サーバー PC 上の符号化 さ れた フ ァ イルか ら画像を LAN 経由で受け取 り 、 復号 し て
デ ィ ス プ レ イ装置上に表示 し ます。 製品の DP ポー ト に接続 さ れてい るデ ィ ス プ レ イ装置が 1
台だけの場合、 その単体のデ ィ ス プ レ イの最大解像度は 2560 x 1600 にな り ます。
DP と DVI-I OUT ポー ト に 2 台のデ ィ ス プ レ イ装置を同時に接続 し てい る場合、 サポー ト さ れる
最大解像度はそれぞれ 1920 x 1200 にな り ます。

本製品をサーバー PC に接続 し ます。 こ れに よ り セキ ュ リ テ ィ が強化 さ れ、 サーバー PC を使用
し た イ ン タ ーネ ッ ト 接続、 ド キ ュ メ ン ト 作成および画像編集が可能にな り ます。
USB ポー ト に外部入力装置を接続 し て使用で き ます。
2 "PCoIP" の使用
21
2
2.2
"PCoIP" の使用
"PCoIP" を使用する ための接続方法
電源ケーブルは、 他のケーブル類をすべて接続 し た後に接続 し て く だ さ い。
ソ ース機器は電源ケーブルを接続する前に接続 し て く だ さ い。
2.2.1 DP ケーブルを使用 し て接続する
DP OUT
1
DP IN
製品の背面にあ る [DP OUT] ポー ト と PC の [DP IN] ポー ト を DP ケーブルで接続 し ます。
[DP OUT] ポー ト によ る音声出力はサポー ト さ れていません。
2 "PCoIP" の使用
22
2
"PCoIP" の使用
2.2.2
1
2 台目のモニ タ ーの接続
DVI-I OUT
DVI IN
DVI-I OUT
RGB IN
DVI-I OUT
HDMI IN
DVI、 DVI-RGB または DVI-HDMI ケーブル (別売) を製品背面の [DVI-I OUT] ポー ト と PC の
[DVI IN]、 [RGB IN] または [HDMI IN] ポー ト に接続 し ます



[DVI-I OUT] ポー ト はセ カ ン ダ リ モ ニ タ ー用です。
デ ュ アル デ ィ ス プ レ イ モー ド が必要な場合、 [DVI-I OUT] ポー ト にセ カ ン ダ リ モニ タ ーを接
続 し ます。
アナ ログ出力を表示する には DVI-RGB ケーブル (別売) を使用 し ます。
デジ タ ル出力を表示する には DVI または DVI-HDMI ケーブル (別売) を使用 し ます。
2 "PCoIP" の使用
23
2
"PCoIP" の使用
2.2.3
1
ヘ ッ ド ホ ン を製品前面の [
2.2.4
1
ヘ ッ ド フ ォ ンへの接続
] に接続 し ます。
マ イ ク の接続
マ イ ク を製品前面の [
] に接続 し ます。
2 "PCoIP" の使用
24
2
"PCoIP" の使用
2.2.5 LAN 接続
LAN
1
LAN ケーブルを製品背面の [LAN] に接続 し ます。
2 "PCoIP" の使用
25
2
"PCoIP" の使用
2.2.6 USB デバイ スの接続
(2.0) HDD
(2.0)
A
1
USB デバイ ス を本製品の前面または背面の



キーボー ド と マウスは [
ポー ト に接続 し ます。
(2.0)] に接続 し て く だ さ い。
外付けハー ド ド ラ イ ブ を接続する場合、 [
(2.0) HDD] ポー ト を使用 し ます。
電源アダ プ タ 付きの外付けハー ド ド ラ イ ブの使用を お勧め し ます。
0.5 A を超え る電力を必要 と する装置 (外付けハー ド ド ラ イ ブ な ど) は必ず専用の
[
(2.0) HDD] ポー ト に接続 し て く だ さ い。
A
ポー ト
[
(2.0)] + [
(2.0) HDD] を同
時に使用する場合
[
(2.0) HDD] のみを使用する
場合
[
(2.0) HDD] の最大出力電流
1.0 A
1.5 A
2 "PCoIP" の使用
26
2
"PCoIP" の使用
2.2.7

電源の接続
電源ケーブルを DC 電源アダ プ タ に接続 し ます。
次に、 DC 電源アダプ タ を製品背面の [DC 14V] ポー ト に接続 し ます。
次に、 電源ケーブルを コ ン セ ン ト に接続 し ます。
DC 14V
電源電圧は自動的に切 り 替わ り ます。
2 "PCoIP" の使用
27
2
2.3
"PCoIP" の使用
LANケーブルを使用 し てホス ト PCに接続する
䝩䝇䝖㻼㻯
䝷䝑䜽㻌䝬䜴䞁䝖㻌䝃䞊䝞䞊
䝽䞊䜽㻌䝇䝔䞊䝅䝵䞁
㻌㻴㼁㻮
㻌㻸㻭㻺㻌䜿䞊䝤䝹
㻺㼄㻙㻺㻞
1
ホス ト PC
2
HUB
3
LAN ケーブル
1
電源 コ ー ド を製品背面の電源端子に接続 し ます。
2
いずれかのUSBポー ト にマウス と キーボー ド を接続 し ます。
3
製品背面にあ る LAN ポー ト と ハブ を接続 し ます。
4
ハブ と ホス ト PCのLANポー ト を接続 し ます。
4 NX-N2
ホス ト PCにはIPア ド レ スが割 り 当て ら れている必要があ り ます。
LANの接続 と IPア ド レ スの設定が完了 し た ら、 ホス ト PCの画面を モニ タ ー上に表示する こ と がで き
る よ う にな り ます。
USBポー ト を使用 し て、 外部機器 (DSC、 MP3、 外部記憶装置な ど) を接続 し ます。
多数の ク ラ イ ア ン ト デバイ ス を 1 台のホス ト PC に接続で き るのは、 vmware のよ う な仮想化 ソ
リ ュ ーシ ョ ンがホス ト PC に イ ン ス ト ール さ れている場合のみに限ら れます。
2 "PCoIP" の使用
28
2
2.4
"PCoIP" の使用
"PCoIP"
2.4.1
オ ン ス ク リ ーン デ ィ ス プ レ イ (OSD)
OSD (On Screen Display) のロー カル GUI は、 デバイ スに電源が投入 さ れ PCoIP セ ッ シ ョ ンが行われ
ていない と き に表示 さ れます。 OSD では、 Connect ウ ィ ン ド ウ を使用 し てホス ト デバイ スに接続で
き ます。
Connect ウ ィ ン ド ウか ら Options ページにア ク セス で き ます。 こ のページ では管理 Web イ ン タ ー
フ ェ イ スの一部の機能を使用で き ます。
Options ページにア ク セスする には、 Connect ウ ィ ン ド ウの Options メ ニ ュ ーを ク リ ッ ク し ます。
2.4.2 接続画面
Connect ウ ィ ン ド ウは、 起動または自動再接続を管理する よ う に ク ラ イ ア ン ト が設定 さ れてい る場
合を除いて、 起動時に表示 さ れます。
Connect ボ タ ン上に表示 さ れる ロ ゴは、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スの Upload メ ニ ュ ーか ら 代わ り の
画像を ア ッ プ ロー ド する と 変更で き ます。
Connect ボ タ ン
Connect ボ タ ン を ク リ ッ ク する と 、 PCoIP セ ッ シ ョ ンが開始 さ れます。 PCoIP 接続が保留にな っ てい
る と きは、 OSD のロー カル GUI に ""Connection Pending"" と い う メ ッ セージが表示 さ れます。
接続が確立 さ れる と 、 OSD のロー カル GUI が消え てセ ッ シ ョ ン イ メ ージが表示 さ れます。
図 2-1: OSD 接続画面 (接続中)
2 "PCoIP" の使用
29
2
"PCoIP" の使用
2.4.3
OSD Options メ ニ ュ ー
Options メ ニ ュ ーを選択する と 、 選択 リ ス ト が表示 さ れます。 OSD の Options メ ニ ュ ーには、 以下の
項目があ り ます。

Configuration
こ のオプ シ ョ ン では、 ネ ッ ト ワー クの設定、 セ ッ シ ョ ンの種類、 言語な どの様々な設定を行 う
こ と がで き ます。

Diagnostics
このオプ シ ョ ンはデバイ スの ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ングに役立ち ます。

Information
こ のオプ シ ョ ン では、 デバイ スの特定の詳細情報を確認で き ます。

User Settings
こ のオプ シ ョ ン では、 certificate checking mode、 Mouse、 Keyboard、 Display Topology、 および
PCoIP プ ロ ト コ ルの画像品質を設定で き ます。
オプ シ ョ ン を選択する と 設定ウ ィ ン ド ウが表示 さ れます。
図 2-2: OSD Options メ ニ ュ ー
2 "PCoIP" の使用
30
2
"PCoIP" の使用
2.4.4 Configuration ウ ィ ン ド ウ
管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スお よび OSD の Configuration オプ シ ョ ンか らは、 デバイ スに関する様々
な設定を行 う こ と がで き ます。
Configuration ウ ィ ン ド ウには、 以下の タ ブがあ り ます。

Network

IPv6

SCEP

Label

Discovery

Session

Language

Power

Display

Access

Audio

Reset
各 タ ブには次のボ タ ンがあ り ます。 OK、 Cancel、 Apply。 管理者は、 こ れ らのボ タ ン を使用 し て変更
を承認またはキ ャ ン セルで き ます。




OSD 設定オプ シ ョ ンは、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スで使用で き る オプ シ ョ ンのサブ セ ッ ト で
す。
SCEP、 Label および Access タ ブの詳細については、
Teradici Support Site (http://techsupport.teradici.com) を参照 し て く だ さ い。
性能を最大限に発揮する には、 Teradici Audio Driver を VM に イ ン ス ト ール し 、 デ フ ォル ト の再
生デバイ ス と し て選択 し て く だ さ い。
詳細については、 http://techsupport.teradici.com にア ク セス し 、 Teradici Support Site に ログ イ
ン し て く だ さ い。 Download Center
Teradici Virtual Audio Driver にア ク セス し て く だ さ い。
2 "PCoIP" の使用
31
2
"PCoIP" の使用
Network タ ブ
Initial Setup ページ または Network ページか ら ホス ト お よび ク ラ イ ア ン ト のネ ッ ト ワー ク 設定を行 う
こ と がで き ます。 こ のページのパ ラ メ ー タ を変更 し た後は、 Apply を ク リ ッ ク し て変更を確定 し ま
す。
Network パラ メ ー タ は、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス を使用 し て設定する こ と も で き ます。
図 2-3: Network 設定

Enable DHCP
Enable DHCP が有効にな っ ている と き には、 デバイ スは DHCP サーバーに問い合わせて、 IP ア
ド レ ス、 サブネ ッ ト マス ク、 ゲー ト ウ ェ イ IP ア ド レ スおよび DNS サーバーの割 り 当て を受け
ます。 無効にな っ てい る と き には、 デバイ スで こ れ ら のパ ラ メ ー タ を主導で設定する必要があ
り ます。

IP Address
デバイ スの IP ア ド レ スです。 DHCP を無効に し た場合は、 有効な IP ア ド レ ス を こ の フ ィ ール ド
に入力する必要があ り ます。 DHCP を有効にする と 、 こ の フ ィ ール ド は編集で き な く な り ます。

Subnet Mask
デバイ スのサブネ ッ ト マ ス ク です。 DHCP を無効に し た場合は、 有効なサブネ ッ ト マ ス ク を こ
の フ ィ ール ド に入力する必要があ り ます。 DHCP を有効にする と 、 こ の フ ィ ール ド は編集で き
な く な り ます。
不正な IP ア ド レ ス/サブネ ッ ト マ ス ク の組み合わせ (た と えば、 無効な マス ク ) を設定 し た場
合は、 デバイ スがア ク セスで き な く な り ます。 サブネ ッ ト マス クが正 し く 設定 さ れている こ
と を確認 し て く だ さ い。

Gateway
デバイ スのゲー ト ウ ェ イ IP ア ド レ スです。 DHCP が無効にな っ てい る場合には、 こ の フ ィ ール
ド は必須項目です。 DHCP を有効にする と 、 こ の フ ィ ール ド は編集で き な く な り ます。
2 "PCoIP" の使用
32
2
"PCoIP" の使用

Primary DNS Server
デバイ スのプ ラ イ マ リ DNS IP ア ド レ スです。 こ の フ ィ ール ド はオプ シ ョ ン です。 接続マネー
ジ ャ ーを使用 し て DNS サーバー IP ア ド レ ス を設定 し た場合は、 IP ア ド レ ス ではな く FQDN で
ア ド レ スが設定 さ れる こ と があ り ます。

Secondary DNS Server
デバイ スのセ カ ン ダ リ DNS IP ア ド レ スです。 こ の フ ィ ール ド はオプ シ ョ ン です。
接続マネージ ャ ーを使用 し て DNS サーバー IP ア ド レ ス を設定 し た場合は、 IP ア ド レ スではな
く FQDN で ア ド レ スが設定 さ れる こ と があ り ます。

Domain Name
使用する ド メ イ ン名 (た と えば、 'domain.local') です。 こ のフ ィ ール ド はオプ シ ョ ン です。
こ の フ ィ ール ド では、 ク ラ イ ア ン ト のホス ト または ド メ イ ン を指定 し ます。

FQDN
ホス ト または ク ラ イ ア ン ト の完全修飾 ド メ イ ン名です。 デ フ ォル ト 値は pcoip-host-<MAC> また
は pcoip-portal-<MAC> で、 <MAC> の部分はホス ト または ク ラ イ ア ン ト の MAC ア ド レ スです。
使用 し た場合は、 ド メ イ ン名が追加 さ れます (た と えば、 pcoip-host-<MAC>.domain.local)。
こ のページの こ の フ ィ ール ド は読み取 り 専用です。

Ethernet Mode
ホス ト または ク ラ イ ア ン ト の Ethernet mode を次の中か ら選択 し ます。

Auto

100 Mbps Full-Duplex

10 Mbps Full-Duplex
10 Mbps Full-Duplex または 100 Mbps Full-Duplex を選択 し て Apply を ク リ ッ ク する と 、 次の警告
メ ッ セージが表示 さ れます。
"警告:PCoIP デバイ スの自動ナ ビゲーシ ョ ン を無効にする場合は、 ス イ ッ チ も同様に無効にする
必要があ り ます。 また、 PCoIP デバイ ス と ス イ ッ チが同一速度で全二重パラ メ ー タ を使用する
よ う に設定する必要があ り ます。 パラ メ ー タ が異な る場合は、 ネ ッ ト ワー ク の接続性が失われ
る可能性があ り ます。 本当に続けますか?"OK を ク リ ッ ク する と パ ラ メ ー タ が変更 さ れます。
通常は Ethernet Mode を Auto に設定 し 、 他のネ ッ ト ワー ク機器 (た と えばス イ ッ チ) が
10 Mbps Full-Duplex または 100 Mbps Full-duplex で動作する よ う に設定 さ れている場合にのみ 10
Mbps Full-Duplex または 100 Mbps Full-duplex を使用 し て く だ さ い。 Ethernet Mode が適切に設定 さ
れていない と 、 ネ ッ ト ワー クが半二重で動作する場合があ り ます (この動作は PCoIP プ ロ ト コルで
サポー ト さ れていません)。 セ ッ シ ョ ン速度が大幅に低下 し 、 最終的には切断 さ れます。

Enable 802.1X Security:接続 し ている ネ ッ ト ワー ク が 802.1x をサポー ト し ている場合、
Enable 802.1X Security を有効に し てセキ ュ リ テ ィ 認証 さ れた装置のみを使用で き ます。
Enable 802.1X Security が有効な場合、 Authentication、 Identity お よび Client Certificate の設定を
行 っ て く だ さ い。 現在の と こ ろ、 TLS (Transport Layer Security) は認証プ ロ ト コ ル と し てのみ使
用で き ます。

Identity:ネ ッ ト ワー ク 上で使用する製品 ID を入力 し ます。

Client Certificate:Certificate Upload ページか ら ア ッ プ ロー ド し た証明書を選択 し ます。
2 "PCoIP" の使用
33
2
"PCoIP" の使用
IPv6 タ ブ
IPv6 ページ では、 IPv6 ネ ッ ト ワー ク に接続 さ れている PCoIP デバイ スの IPv6 を有効にで き ます。
こ のページの設定を変更 し た場合は、 変更を反映 さ せる ために、 デバイ ス を再起動する必要があ り
ます。
図 2-4: IPv6 設定

Enable IPv6
こ の フ ィ ール ド を有効にする と PCoIP デバイ スで IPv6 が有効にな り ます。

Link Local Address
こ の フ ィ ール ド は自動的に入力 さ れます。

Gateway
ゲー ト ウ ェ イ ア ド レ ス を入力 し ます。

Enable DHCPv6
デバイ スの DHCPv6 (Dynamic Host Configuration Protocol version 6) を設定する には、 こ の フ ィ ー
ル ド を有効に し ます。

Primary DNS
デバイ スのプ ラ イ マ リ DNS IP ア ド レ スです。 DHCPv6 が有効にな っ てい る場合、 こ の フ ィ ール
ド は DHCPv6 サーバに よ っ て自動的に入力 さ れます。

Secondary DNS
デバイ スのセ カ ン ダ リ DNS IP ア ド レ スです。 DHCPv6 が有効にな っ てい る場合、 こ の フ ィ ール
ド は DHCPv6 サーバに よ っ て自動的に入力 さ れます。

Domain Name
ホス ト または ク ラ イ ア ン ト で使用する ド メ イ ン名 (た と えば、 'domain.local') です。
DHCPv6 が有効にな っ ている場合、 こ の フ ィ ール ド は DHCPv6 サーバに よ っ て自動的に入力 さ
れます。
2 "PCoIP" の使用
34
2
"PCoIP" の使用

FQDN
ホス ト または ク ラ イ ア ン ト の完全修飾 ド メ イ ン名です。 DHCPv6 が有効にな っ ている場合、 こ の
フ ィ ール ド は DHCPv6 サーバに よ っ て自動的に入力 さ れます。

Enable SLAAC
デバイ スで SLAAC (Stateless Address Auto Configuration) を設定する には、 こ の フ ィ ール ド を有
効に し ます。

Enable Manual Address
デバイ スの手動 (静的) ア ド レ ス を設定する には、 こ の フ ィ ール ド を有効に し ます。

Manual Address
デバイ スの IP ア ド レ ス を入力 し ます。
2 "PCoIP" の使用
35
2
"PCoIP" の使用
Label タ ブ
Label ページはホス ト または ク ラ イ ア ン ト か ら利用で き ます。 Label ページ では、 デバイ スの情報を
追加で き ます。
ポー タ ル ラ ベル パ ラ メ ー タ は、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス を使用 し て設定する こ と も で き ます。
図 2-5: Label 設定

PCoIP Device Name
PCoIP Device Name で管理者がホス ト またはポー タ ルに論理名を指定で き る よ う にな っ てい る場
合。 デ フ ォ ル ト 値は pcoip-host-MAC または pcoip-portal-MAC で、 MAC の部分はホス ト ま たは
ポー タ ルの MAC ア ド レ ス です。

PCoIP Device Description
説明および追加情報 (デバイ スのエ ン ド ポ イ ン ト の場所な ど) です。 こ の フ ィ ール ド は フ ァ ーム
ウ ェ ア では使用 さ れません。 管理者のみが使用で き ます。

Generic Tag
デバイ スに関する ジ ェ ネ リ ッ ク タ グ情報です。 こ の フ ィ ール ド は フ ァ ームウ ェ ア では使用 さ れ
ません。 管理者のみが使用で き ます。
2 "PCoIP" の使用
36
2
"PCoIP" の使用
Discovery タ ブ
Discovery ページの設定を使用 し て PCoIP シ ス テム内のホス ト および ク ラ イ ア ン ト の検出を消去する
と 、 複雑な シ ス テムの設定 と 保守の手間を大幅に軽減で き ます。 こ の検出 メ カ ニズムは、 DNS SRV
デ ィ ス カバ リ か ら独立 し ています。
SLP デ ィ ス カバ リ を有効にするには、 サブネ ッ ト 間のマルチキ ャ ス ト ト ラ フ ィ ッ ク を転送する よ
う にルー タ を設定する必要があ り ます。 こ の方法はほ と んどのプ ログ ラ ムでは利用で き ないため、
DNS-SRV デ ィ ス カバ リ が推奨 さ れる検出 メ カ ニズム と な り ます。
図 2-6: Discovery 設定

Enable Discovery
Enable Discovery オプ シ ョ ンが有効にな っ ている場合は、 デバイ スは SLP デ ィ ス カバ リ を使用 し
て ピ ア デバイ ス を動的に検出する ため、 ピ ア ・ デバイ スのネ ッ ト ワー ク内の位置に関する事前
情報は必要あ り ません。 こ れに よ っ て、 複雑な シ ス テムにおけ る設定お よび メ ン テナ ン スの労
力を劇的に軽減する こ と がで き ます。
SLP デ ィ ス カバ リ では、 マルチキ ャ ス ト を許可する よ う にルー タ を設定する必要があ り ます。
DNS-SRV デ ィ ス カバ リ が推奨 さ れる メ ソ ッ ド です。
2 "PCoIP" の使用
37
2
"PCoIP" の使用
Session タ ブ
Session ページ では、 ホス ト またはク ラ イ ア ン ト と ピ ア デバイ ス と の接続方法またはピ ア デバイ ス
か らの接続の承認方法を設定で き ます。
Session パラ メ ー タ は、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス を使用 し て設定する こ と も で き ます。
図 2-7: Session 設定

Connection Type
セ ッ シ ョ ン ページ で Direct to Host を選択 し て以下の設定項目を表示 し ます。

Direct to Host: Host Card がイ ン ス ト ール さ れている PC またはワー ク ス テーシ ョ ン を接続 し ます。

DNS Name or IP Address: 接続するサーバーの DNS 名または IP ア ド レ ス を入力 し ます。
図 2-8: Connection Type 設定
2 "PCoIP" の使用
38
2
"PCoIP" の使用
セ ッ シ ョ ン ページ で View Connection Server タ イ プ を選択する と 、 詳細な設定オプ シ ョ ンが表
示 さ れます。

View Connection Server:VMware VDI (Virtual Desktop Infrastructure) サーバーに接続 し ます。
VMware VDI は仮想デス ク ト ッ プ ソ リ ュ ーシ ョ ン です。

DNS Name or IP Address:VMware View Connection サーバーの DNS 名または IP ア ド レ ス を入
力 し ます。
図 2-9: Connection Type 設定

Advanced
詳細については、 Teradici Support Site: http://techsupport.teradici.com を ご覧 く だ さ い。
2 "PCoIP" の使用
39
2
"PCoIP" の使用
Language タ ブ
Language ページ では、 ユーザー イ ン タ ー フ ェ イ スの言語を変更で き ます。

こ の設定はロー カル OSD GUI に影響 し ます。 設定は ク ラ イ ア ン ト 側でのみ使用で き ます。

Language パラ メ ー タ は、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス を使用 し て設定する こ と も で き ます。
図 2-10: Language 設定

Language
OSD の言語を設定 し ます。 こ の設定は OSD の言語のみに適用 さ れます。
実際のユーザー セ ッ シ ョ ンの言語設定には影響 し ません。
対応言語: English, French, German, Greek, Spanish, Italian, Portuguese, Korean, Japanese, Traditional
Chinese, Simplified Chinese

Keyboard Layout
キーボー ド のレ イ アウ ト を変更 し ます。 ユーザーがセ ッ シ ョ ン を開始する と 、 こ の設定は仮想
マ シ ン を介 し て制御 さ れます。 Windows グループ ポ リ シー オブ ジ ェ ク ト (GPO) がキーボー ド
レ イ アウ ト 設定を許可する よ う に設定 さ れている場合は、 こ の設定がユーザーのセ ッ シ ョ ン中
に適用 さ れます。 Windows GPO がキーボー ド レ イ アウ ト 設定を許可する よ う に設定 さ れていな
い場合は、 こ の設定は適用 さ れません。
2 "PCoIP" の使用
40
2
"PCoIP" の使用
Power タ ブ
図 2-11: Power 設定

OSD Screen-Saver Timeout (セ ッ シ ョ ン に接続 し ない場合): 接続 し たモ ニ タ ーを一定時間 (秒) 放
置する と ス タ ンバイ モー ド にな り ます。
ス タ ンバイ モー ド 機能を使用 し ない場合は "0" を入力 し ます。

Display Suspend Timeout (セ ッ シ ョ ン に接続する場合): 接続 し たモニ タ ーを一定時間 (秒) 放置す
る と ス タ ンバイ モー ド にな り ます。
ス タ ンバイ モー ド 機能を使用 し ない場合は "0" を入力 し ます。
2 "PCoIP" の使用
41
2
"PCoIP" の使用
Display タ ブ
Display ページ では、 Extended Display Identification Data(EDID) オーバー ラ イ ド モー ド を有効にで き ま
す。
こ の機能は OSD か ら のみ利用可能です。
通常動作では、 ゼロ ク ラ イ ア ン ト に接続 さ れてい る モニ タ ーに対 し て、 ホス ト コ ン ピ ュ ー タ の GPU
か ら問い合わせが行われ、 モ ニ タ ーの性能が決定 さ れます。 ただ し 、 モニ タ ーを特定の KVM 機器を
使用 し て ク ラ イ ア ン ト に接続 し ている場合な ど、 接続方法に よ っ ては、 ク ラ イ ア ン ト 側で EDID 情報
の読み取 り がで き な く な る こ と があ り ます。 こ のページのオプ シ ョ ン を使用すれば、 デ フ ォ ル ト の
EDID 情報を GPU に通知する よ う に ク ラ イ ア ン ト を設定で き ます。
デ ィ ス プ レ イ オーバー ラ イ ド を有効にする と 、 デ フ ォル ト のデ ィ ス プ レ イ情報が強制的に使用 さ
れる ため、 接続 さ れている モニ タ ー と の互換性がない場合は、 モニ タ ーに何も表示 さ れない こ と が
あ り ます。 有効な EDID 情報がな く 、 モ ニ タ ーの表示特性がわか っ ている場合にのみ、 デ ィ ス プ レ
イ オーバー ラ イ ド を有効に し て く だ さ い。
図 2-12:Display 設定

Enable Attached Display Override
こ のオプ シ ョ ンは、 レ ガシー シ ス テム用です。 モニ タ ーを検出で き ない場合やモ ニ タ ーが ク ラ
イ ア ン ト に接続 さ れていない場合に、 デ フ ォ ル ト の EDID 情報を ホス ト に送信する よ う に ク ラ イ
ア ン ト を設定 し ます。 Windows 7 よ り 以前のバージ ョ ンの Windows では、 ホス ト で EDID 情報が
見つか ら なか っ た場合、 モ ニ タ ーが接続 さ れていない と 判断 さ れ、 再チ ェ ッ ク は行われません。
こ のオプ シ ョ ン では、 ク ラ イ ア ン ト がセ ッ シ ョ ン中の場合、 ホス ト には常に EDID 情報があ る と
判断 さ れます。
こ のオプ シ ョ ンが有効にな っ ている場合、 次のデ フ ォ ル ト の解像度が通知 さ れます。

2560x1600 @60 Hz

2048x1152 @60 Hz
2 "PCoIP" の使用
42
2
"PCoIP" の使用

1920x1440 @60 Hz

1920x1200 @60 Hz

1920x1080 @60 Hz

1856x1392 @60 Hz

1792x1344 @60 Hz

1680x1050 @60 Hz

1600x1200 @60 Hz

1600x900 @60 Hz

1440x900 @60 Hz

1400x1050 @60 Hz

1366x768 @60 Hz

1360x768 @60 Hz

1280x1024 @60 Hz

1280x960 @60 Hz

1280x800 @60 Hz

1280x768 @60 Hz

1280x720 @60 Hz

1024x768 @60 Hz

848x480 @60 Hz

800x600 @60 Hz

640x480 @60 Hz
Enable Attached Display Override が有効な場合、 ク ラ イ ア ン ト に接続 さ れているすべてのデ ィ ス プ
レ イがデ フ ォル ト の解像度 (1024 x 768) に設定 さ れます。

Enable Display Cloning
こ の機能をデ ュ アル モ ニ タ ー モー ド で使用する と 、 2 台のモニ タ ー上に同 じ 画面を同時に表示
で き ます。
2 "PCoIP" の使用
43
2
"PCoIP" の使用
Audio タ ブ
音声設定 (た と えば、 マ イ ク やヘ ッ ド フ ォ ンの設定) を行います。
図 2-13: Audio 設定

Enable Local USB Audio Driver
サーバーか ら 音楽を再生する と 音声は内部ス ピー カ ーか ら出力 さ れます。

音声出力 と 接続機器
接続機器
Enable Local USB
Audio Driver
Device Type
音声出力
USB ヘ ッ ド フ ォ ン + イヤ フ ォ ン
選択 (
)
USB
USB ヘ ッ ド フ ォ ン
USB ヘ ッ ド フ ォ ン + イヤ フ ォ ン
選択 (
)
アナ ロ グ
イヤフ ォ ン
イヤ フ ォ ンのみ
選択解除 (
)
-
イヤフ ォ ン
-
選択解除 (
)
-
内部ス ピー カ ー
2 "PCoIP" の使用
44
2
"PCoIP" の使用
Reset タ ブ
Reset ページ では、 設定 と パー ミ ッ シ ョ ン を工場出荷時のデ フ ォ ル ト 値に リ セ ッ ト で き ます。
また、 デ フ ォ ル ト 値は、 オ ン ボー ド の フ ラ ッ シ ュ メ モ リ に保存 さ れています。


Reset は管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス を使用 し て開始する こ と も で き ます。
パ ラ メ ー タ を工場出荷時の設定に戻 し て も、 フ ァ ームウ ェ アは元の状態に戻 り ません。
また、 カ ス タ ムの OSD ロ ゴ も 削除 さ れません。
図 2-14: Reset 設定

Reset Parameters
こ のボ タ ン を ク リ ッ ク する と 、 確認を求める メ ッ セージが表示 さ れます。
こ れは意図 し ない リ セ ッ ト を避ける ためです。
2 "PCoIP" の使用
45
2
"PCoIP" の使用
2.4.5
Diagnostics ウ ィ ン ド ウ
Diagnostic メ ニ ュ ーの各 リ ン ク を ク リ ッ ク する と 、 ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グの ヒ ン ト と な る よ う な ラ
ン タ イ ム情報や機能を確認で き ます。
OSD の Diagnostic オプ シ ョ ンは、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スから 使用で き る機能の一部です。

Event Log

Session Statistics

PCoIP Processor

Ping
各 タ ブには、 ウ ィ ン ド ウ を閉 じ る ために Close ボ タ ンがあ り ます。
Event Log タ ブ
Event Log ページ では、 ホス ト または ク ラ イ ア ン ト か ら のイ ベン ト ロ グ メ ッ セージ を確認および ク
リ ア で き ます。
管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スか ら デバイ スのロ グ フ ィ ル タ 設定を変更 し 、 ロ グの メ ッ セージ を どの程
度詳細にするかを指定で き ます。 フ ィ ル タ を "terse" にする と 、 メ ッ セージは短 く 簡潔にな り ます。
Event Log ページ では、 Syslog を有効に し て、 プ ロ グ ラ ム メ ッ セージのロギン グに関 し て、 IETF 標
準に合致する イ ベ ン ト を収集お よびレポー ト する よ う に設定で き ます。
Event Log は、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス を使用 し て開始する こ と も で き ます。
図 2-15: Event Log 設定

View event log messages
View event log messages フ ィ ール ド には、 ロ グ メ ッ セージが タ イ ム ス タ ン プ情報 と と も に表示
さ れます。 2 つのボ タ ン を使用で き ます。

Refresh
Refresh ボ タ ン を選択する と 、 表示 さ れる イ ベ ン ト ロ グ メ ッ セージが更新 さ れます。
2 "PCoIP" の使用
46
2
"PCoIP" の使用

Clear
ク リ ッ ク する と 、 デバイ スに格納 さ れてい るすべてのイ ベン ト ロ グ メ ッ セージが削除 さ れ
ます。
Session Statistics タ ブ
セ ッ シ ョ ンがア ク テ ィ ブ な場合は、 Session Statistics ページに現在の統計情報が表示 さ れます。
セ ッ シ ョ ンがア ク テ ィ ブ で ない場合は、 前回のセ ッ シ ョ ンの統計情報が表示 さ れます。
Session Statistics は、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス を使用 し て表示する こ と も で き ます。
図 2-16: Session Statistics 設定

PCoIP パケ ッ ト 統計情報

PCoIP Packets Sent
現在/前回のセ ッ シ ョ ン で送信 し た PCoIP パケ ッ ト の総数です。

PCoIP Packets Received
現在/前回のセ ッ シ ョ ン で受信 し た PCoIP パケ ッ ト の総数です。

PCoIP Packets Lost
現在/前回のセ ッ シ ョ ン で消失 し た PCoIP パケ ッ ト の総数です。

バイ ト 統計情報

Bytes Sent
現在/前回のセ ッ シ ョ ン で送信 し た総バイ ト 数です。

Bytes Received
現在/前回のセ ッ シ ョ ン で受信 し た総バイ ト 数です。

Round Trip Latency
PCoIP シ ス テムのラ ウン ド ト リ ッ プ (た と えば、 ホス ト か ら ク ラ イ ア ン ト へ行き、 ホス ト に戻る)
およびネ ッ ト ワー ク 遅延の最小値、 平均値、 最大値を ミ リ 秒単位 (±1 ms) で示 し ます。
2 "PCoIP" の使用
47
2
"PCoIP" の使用
PCoIP Processor タ ブ
PCoIP Processor ページ では、 ホス ト または ク ラ イ ア ン ト を リ セ ッ ト し た り 、 ク ラ イ ア ン ト PCoIP プ
ロ セ ッ サが最後に起動 さ れてか らのア ッ プ タ イ ムを確認 し た り で き ます。
PCoIP Processor のア ッ プ タ イ ムは、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スで確認する こ と も で き ます。
図 2-17: PCoIP Processor 設定
2 "PCoIP" の使用
48
2
"PCoIP" の使用
Ping タ ブ
Ping ページ では、 IP ネ ッ ト ワー ク を介 し てデバイ スにア ク セス で き るかを確認で き ます。
ホス ト にア ク セスで き るかを判断するのに役立ち ます。 リ リ ース 3.2.0 以降の フ ァ ームウ ェ ア では、
ping コ マ ン ド の "do not fragment flag" が強制実行 さ れる ため、 こ の機能を使用 し て最大 MTU サイズ
を判定で き ます。
図 2-18: Ping 設定

Ping 設定

Destination
ping 先の IP ア ド レ ス または FQDN

Interval
ping パケ ッ ト の間隔

Packet Size
ping パケ ッ ト のサイ ズ

Packets

Sent
送信 さ れた ping パケ ッ ト 数

Received
受信 し た ping パケ ッ ト 数
2 "PCoIP" の使用
49
2
"PCoIP" の使用
2.4.6
Information ウ ィ ン ド ウ
Information ページ では、 デバイ スの詳細を確認で き ます。 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スには、 バー
ジ ョ ン、 VPD、 お よび接続 さ れてい るデバイ スの情報が表示 さ れます。 OSD か らはデバイ スのバー
ジ ョ ン情報を確認で き ます。
Version ページ では、 デバイ スのハー ド ウ ェ アおよび フ ァ ームウ ェ アのバージ ョ ンの詳細を確認で
き ます。
図 2-19: Version 設定

VPD 情報
VPD (Vital Product Data) は、 各ポー タ ルまたはホス ト を特定する ために工場で設定 さ れた固有情
報です。

MAC Address
ホス ト / ク ラ イ ア ン ト 固有の MAC ア ド レ ス

Unique Identifier
ホス ト / ク ラ イ ア ン ト 固有の識別子

Serial Number
ホス ト / ク ラ イ ア ン ト 固有のシ リ アル番号

Firmware Part Number
現在の フ ァ ームウ ェ アの部品番号

Hardware Version
ホス ト / ク ラ イ ア ン ト のハー ド ウ ェ ア バージ ョ ン番号

フ ァ ームウ ェ ア情報
フ ァ ームウ ェ ア情報は、 現在の PCoIP フ ァ ームウ ェ アの詳細情報を反映 し ます。

Firmware Version
現在の フ ァ ームウ ェ アのバージ ョ ン
2 "PCoIP" の使用
50
2
"PCoIP" の使用

Firmware Build ID
現在の フ ァ ームウ ェ アの リ ビ ジ ョ ン コ ー ド

Firmware Build Date
現在の フ ァ ームウ ェ アのビル ド 日付

PCoIP Processor Family
Tera フ ァ ミ リ 名が表示 さ れます。 Tera は Teradici のホス ト プ ロ セ ッ サです。
本製品は新世代 Tera2 ホス ト プ ロ セ ッ サ フ ァ ミ リ の TERA2321 を使用 し てお り 、 Tera2 と 表示
さ れます。

PCoIP Processor Revision
PCoIP プ ロ セ ッ サのシ リ コ ン リ ビ ジ ョ ン です。 シ リ コ ンの リ ビ ジ ョ ン B は 1.0 で表 さ れます。

ブー ト ローダー情報
ブー ト ローダ情報は、 現在の PCoIP ブー ト ローダの詳細を反映 し ています。

Bootloader Version
現在のブー ト ローダのバージ ョ ン

Bootloader Build ID
現在のブー ト ローダの リ ビ ジ ョ ン コ ー ド

Bootloader Build Date
現在のブー ト ローダのビル ド 日付
2 "PCoIP" の使用
51
2
"PCoIP" の使用
2.4.7 User Settings ウ ィ ン ド ウ
User Settings ページ では、 認証モー ド 、 マウス と キーボー ド 設定、 PCoIP プ ロ ト コ ルの画像品質、
お よびデ ィ ス プ レ イ ト ポ ロ ジ を定義する タ ブにア ク セ ス で き ます。
User Settings メ ニ ュ ーには、 以下の タ ブがあ り ます。

Certificate

Mouse

Keyboard

Image

Display Topology

Touch Screen
Certificate タ ブ
こ の タ ブ では、 サーバーに接続する ためのセキ ュ リ テ ィ を確証で き ない場合に次のス テ ッ プ を選択
し ます。 こ の設定は、 シ ス テム管理者の許可があ る場合にのみ変更する こ と を お勧め し ます。
図 2-20: Certificate 設定

Never connect to untrusted servers: 証明書がないサーバーや証明書が信頼で き ないサーバーに接
続 し ない よ う にする には、 こ のオプ シ ョ ン を選択 し ます。

Warn before connecting to untrusted servers: こ のオプ シ ョ ン を選択 し た場合、 信頼で き ないサー
バーに接続 し よ う と する と 、 警告 メ ッ セージが表示 さ れます。

Do not verify server identity certificates: サーバー ID の証明書に対 し て認証を行わずにサーバーに
接続する には、 こ のオプ シ ョ ン を選択 し ます。
2 "PCoIP" の使用
52
2
"PCoIP" の使用
Mouse タ ブ
Mouse ページ では、 OSD セ ッ シ ョ ン におけ る マウス カ ー ソ ルの速度を変更で き ます。
PCoIP セ ッ シ ョ ンがア ク テ ィ ブ な場合は、 ロー カル キーボー ド ホス ト ド ラ イバの機能を使用 し て
いない限 り 、 こ の OSD のマウス カ ー ソ ルの速度設定は、 マウス カ ー ソ ルの設定には影響を与え ま
せん。 詳細については、 "PCoIP Host Software for Windows User Guide: TER0810001" を参照 し て く だ
さ い。 こ の機能は OSD か ら のみ利用可能です。 こ の設定は管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スでは利用で
き ません。
図 2-21: Mouse 設定

Mouse Speed
マウス カ ー ソルの速度を設定 し ます。
マウスの速度は、 PCoIP ホス ト ソ フ ト ウ ェ アか ら も 設定で き ます。 詳細については、 "PCoIP
Host Software for Windows User Guide: TER0810001" を参照 し て く だ さ い。
2 "PCoIP" の使用
53
2
"PCoIP" の使用
Keyboard タ ブ
Keyboard ページ では、 OSD セ ッ シ ョ ンのキー入力設定を変更で き ます。


PCoIP セ ッ シ ョ ンがア ク テ ィ ブ な場合は、 ロー カル キーボー ド ホス ト ド ラ イバの機能を使用
し ていない限 り 、 こ のキーボー ド 設定は、 キーボー ド 設定には影響を与え ません。
詳細については、 "PCoIP Host Software for Windows User Guide: TER0810001" を参照 し て く だ
さ い。
こ の設定は OSD か ら のみ利用可能です。 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スには表示 さ れません。
キー入力設定は PCoIP ホス ト ソ フ ト ウ ェ アか ら も 設定で き ます。 詳細については、 "PCoIP
Host Software for Windows User Guide: TER0810001" を参照 し て く だ さ い。
図 2-22: Keyboard 設定

Keyboard Repeat Delay
ク ラ イ ア ン ト 側のキー入力の開始ま での待ち時間を設定 し ます。

Keyboard Repeat Rate
ク ラ イ ア ン ト 側のキー入力の間隔を設定 し ます。

Repeat Settings Test Box
選択 し たキーボー ド 設定を テ ス ト し ます。
2 "PCoIP" の使用
54
2
"PCoIP" の使用
Image タ ブ
Image ページ では、 PCoIP セ ッ シ ョ ンの画像品質を変更で き ます。
図 2-23: Image 設定

Image Quality Preference
ネ ッ ト ワー ク の帯域幅が限 られてい る場合に、 ス ラ イ ダ を使用 し て PCoIP セ ッ シ ョ ン中の画像
の鮮明度 と 動きの滑 らか さ のバ ラ ン ス を調整 し ます。
PCoIP ホス ト ソ フ ト ウ ェ アがイ ン ス ト ール さ れている場合は、 ホス ト から も こ の フ ィ ール ド
にア ク セス で き ます。 ス ラ イ ダはホス ト ソ フ ト ウ ェ アの Image タ ブにあ り ます。
2 "PCoIP" の使用
55
2
"PCoIP" の使用
Display Topology タ ブ
Display Topology 機能をゼロ ク ラ イ ア ン ト と PCoIP ホス ト と の間の PCoIP セ ッ シ ョ ン に適用する に
は、 ホス ト に PCoIP ホス ト ソ フ ト ウ ェ ア を イ ン ス ト ールする必要があ り ます。 詳細については、
"PCoIP Host Software for Windows User Guide: TER0810001" を参照 し て く だ さ い。
管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スには Display Topology タ ブに対応する メ ニ ュ ーはあ り ません。
ホス ト カ ー ド と ゼロ ク ラ イ ア ン ト と の間の PCoIP セ ッ シ ョ ンの Display Topology 機能の詳細につ
いては、 "PCoIP Host Software for Windows User Guide: TER0810001" を参照 し て く だ さ い。
Display Topology 設定を変更する には、 ゼロ ク ラ イ ア ン ト の OSD か ら Options を ク リ ッ ク し 、
User Settings interfaceか ら Display Topology タ ブ を選択 し ます。
図 2-24: Display Topology 設定

Enable Configuration
有効にする と 、 表示位置、 回転および解像度を設定で き ます。 設定は、 Apply または OK を ク
リ ッ ク する こ と に よ っ て保存 さ れ、 デバイ ス を リ セ ッ ト する こ と に よ っ て適用 さ れます。

Display Layout
デ ィ ス プ レ イ (A お よび B) のレ イ アウ ト を横表示 と 縦表示のど ち ら にするかを選択 し ます。
こ の設定は、 机の上のデ ィ ス プ レ イの物理的な レ イ アウ ト に基づいて行います。

Horizontal: A と B を横に並べて配置する場合に選択 し ます。 A の位置は B の左側にな り ま
す。

Vertical: A と B を縦に並べて配置する場合に選択 し ます。 A の位置は B の上にな り ます。
最大で 2 台のデ ィ ス プ レ イ を同時に使用で き ます。
2 "PCoIP" の使用
56
2
"PCoIP" の使用

Alignment
A と B のサイ ズが異な る場合に、 各デ ィ ス プ レ イ を配置する位置を選択 し ます。
こ の設定は、 一方のデ ィ ス プ レ イか ら他方のデ ィ ス プ レ イ に カ ー ソルを移動 し た と き に、 画面
のどのエ リ アが使用 さ れるかに影響を与え ます。
ド ロ ッ プ ダウ ン リ ス ト に表示 さ れる配置オプ シ ョ ンは、 デ ィ ス プ レ イのレ イ アウ ト を横表示
と 縦表示のど ち ら に し たかによ っ て異な り ます。

Primary
ゼロ ク ラ イ ア ン ト のど ち ら の DVI ポー ト を プ ラ イ マ リ ポー ト にするかを設定 し ます。
プ ラ イ マ リ ポー ト に接続 さ れたデ ィ ス プ レ イがプ ラ イ マ リ デ ィ ス プ レ イ にな り ます (つま り 、
PCoIP セ ッ シ ョ ンの開始前に OSD メ ニ ュ ーが表示 さ れるデ ィ ス プ レ イ、 またセ ッ シ ョ ンの開
始後に Windows タ ス ク バーがあ るデ ィ ス プ レ イ)。


Port 1: ゼロ ク ラ イ ア ン ト の DVI-1 がプ ラ イ マ リ ポー ト にな る よ う に設定 し ます。

Port 2: ゼロ ク ラ イ ア ン ト の DVI-2 がプ ラ イ マ リ ポー ト にな る よ う に設定 し ます。
Position
Port 1 お よび Port 2 に物理的に接続 さ れているデ ィ ス プ レ イ を指定 し ます。

Rotation
Port 1 お よび Port 2 のデ ィ ス プ レ イの回転角度を設定 し ます。


No rotation

90˚ clockwise

180˚ rotation

90˚ counter-clockwise
Resolution
仮想マ シ ン またはホス ト と ゼロ ク ラ イ ア ン ト と の間の PCoIP セ ッ シ ョ ンのデ ィ ス プ レ イ解像度
を設定で き ます。 ゼロ ク ラ イ ア ン ト はモ ニ タ ーのサポー ト さ れているデ ィ ス プ レ イ解像度を検
出 し て ド ロ ッ プ ダウ ン メ ニ ュ ーに表示 し ます。 デ フ ォ ル ト では、 デ ィ ス プ レ イのネ イ テ ィ ブ解
像度が使用 さ れます。

Revert
こ のページの設定を前回保存 し た設定に リ セ ッ ト し ます。
2 "PCoIP" の使用
57
2
"PCoIP" の使用
Touch Screen タ ブ
Touch Screen ページ では、 接続 さ れている Elo TouchSystems タ ッ チ ス ク リ ーン デ ィ ス プ レ イの一
部設定の変更 と 補正が可能です。
Touch Screen ページは OSD か ら のみ利用で き ます。 こ の設定は管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スでは利
用で き ません。
図 2-25: Touch Screen 設定

Enable right click on hold
こ のチ ェ ッ ク ボ ッ ク ス を選択する と 、 ス ク リ ーン に タ ッ チ し て数秒間ホール ド する こ と で右ク
リ ッ ク を エ ミ ュ レー ト で き ます。 無効に し た場合、 右 ク リ ッ クはサポー ト さ れません。

Right click delay
ポ イ ン タ の位置を Long と Short の間でス ラ イ ド さ せる こ と で、 右 ク リ ッ ク を エ ミ ュ レ ー ト する
ためにス ク リ ーン を タ ッ チ ア ン ド ホール ド する長 さ を調整で き ます。

Touch screen calibration
タ ッ チ ス ク リ ーン を初めてゼロ ク ラ イ ア ン ト に接続する と 、 補正プ ロ グ ラ ムが起動 し ます。
タ ッ チ ス ク リ ーン上に表示 さ れる 3 つの タ ーゲ ッ ト のそれぞれに タ ッ チ し ます。
補正を テ ス ト する には、 モニ タ ーに沿 っ て指を滑 らせカ ー ソ ルが追従するかを確認 し ます。
う ま く いかない場合は、 補正プ ロ グ ラ ムが自動的に起動 し ます。 補正結果は、 フ ラ ッ シ ュ メ モ
リ に記憶 さ れます。
補正プ ロ グ ラ ムを手動で起動する には、 OSD Touch Screen ページか ら Start を ク リ ッ ク し ます。
その後は画面の指示に従 っ て く だ さ い。
2 "PCoIP" の使用
58
2
"PCoIP" の使用
2.4.8 Password ウ ィ ン ド ウ
Password 機能を使用するには、 PCoIP MC を使用 し てゼロ ク ラ イ ア ン ト の Options を設定 し ます。
詳細については、 Teradici Support Site を参照 し て く だ さ い。 詳細については、
http://techsupport.teradici.com を参照 し て く だ さ い。
Password ページ では、 デバイ スのロー カル管理パスワー ド を更新で き ます。 パスワー ド の長 さ は最
大 20 文字です。


こ のパラ メ ー タ は、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス と ロー カル OSD GUI に影響を与え ます。
パスワー ド を紛失する と ク ラ イ ア ン ト が使用で き な く な る こ と がある ため、 ク ラ イ ア ン ト パ
スワー ド を更新する と きはご注意 し て く だ さ い。
図 2-26: Change Password 設定

Old Password
パスワー ド を更新する場合は、 こ の フ ィ ール ド と 現在の管理パスワー ド が一致 し てい る必要が
あ り ます。

New Password
管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ ス と ロー カル OSD GUI の両方の新 し い管理パスワー ド です。

Confirm New Password
更新する には、 こ の フ ィ ール ド と New Password フ ィ ール ド のパスワー ド が一致する必要があ り
ます。

Reset
ク ラ イ ア ン ト パスワー ド を紛失 し た場合は、 Reset ボ タ ン を ク リ ッ ク する こ と で ク ラ イ ア ン ト
ベ ン ダーの応答 コ ー ド を要求で き ます。 チ ャ レ ン ジ コ ー ド がベ ン ダーに送信 さ れます。 ベ ン
ダーは問い合わせについて確認 し 、 Teradici に よ り 承認 さ れた場合は回答 コ ー ド を返信 し ます。
回答 コ ー ド を正 し く 入力する と 、 ク ラ イ ア ン ト のパスワー ド が空白の値に設定 さ れます。
かな ら ず新 し いパスワー ド を入力 し て く だ さ い。
パスワー ド の リ セ ッ ト に関する認証が必要な場合の詳細については、 ク ラ イ ア ン ト のベン ダーにお
問い合わせ く だ さ い。 こ のオプ シ ョ ンは、 管理 Web イ ン タ ー フ ェ イ スでは利用で き ません。
OSD か ら のみ利用可能です。
2 "PCoIP" の使用
59
2
"PCoIP" の使用
図 2-27: Authorized Password Reset 設定
PCoIP の使用法に関する説明は予告な く 変更 さ れる こ と があ り ます。
最新の情報については、 Teradici 社の Web サイ ト (http://www.teradici.com) を ご確認 く だ さ い。
2 "PCoIP" の使用
60
2
"PCoIP" の使用
2.4.9 Wake On LAN
こ の機能を使用すれば、 外部のシ ス テムか ら既定の コ マ ン ド を ネ ッ ト ワー ク 経由で送信 し 、 製品の
電源を オ ン にする こ と がで き ます。
ネ ッ ト ワー ク経由で PC と デー タ 通信を行 う こ と がで き、 製品に コ マ ン ド を送信で き る こ と を確認
し て く だ さ い。 また、 Wake on LAN の信号を生成で き る プ ロ グ ラ ムがあ る こ と を確認 し て く だ さ い。


こ の機能を使用するには、 製品の電源がオ フの と き に常時電源に接続 さ れている必要があ り ま
す。
こ の機能は製品の電源を オ ンにする ための ものです(製品の電源を オ フ にする こ と はで き ませ
ん)。
設定方法
1
2
ネ ッ ト ワー ク を通 じ て製品を PC に接続する には、 製品 と PC の IP ア ド レ ス を設定 し ます。
製品の管理 Web ページにア ク セスする には、 PC の URL ア ド レ ス フ ィ ール ド に製品に対 し て設
定 さ れている IP ア ド レ ス を入力 し ます。
3
4
電源設定を変更する には、 ロ グ イ ン (Log In) し て Configuration
Power を選択 し ます。
製品の使用環境に合わせて設定を行います。 (下の図を参照 し て く だ さ い。 )
2 "PCoIP" の使用
61
2
"PCoIP" の使用
2.4.10 Wake on USB
製品の管理 Web ページ で Wake On USB を有効に し た後に電源を オ フ にする と 、 シ ス テムがス タ ンバ
イ モー ド に切 り 替わ り ます。
Wake on USB 機能を使用する と 、 キーボー ド やマウスの入力状態の変化に よ っ て シ ス テムがス タ ン
バイ モー ド か ら通常モー ド に切 り 替わ り ます。
入力状態の変化 と は、 マウスのボ タ ン を ク リ ッ ク し た り 、 キーボー ド のキーを押 し た り する こ と で
す。
設定方法
1
2
ネ ッ ト ワー ク を通 じ て製品を PC に接続する には、 製品 と PC の IP ア ド レ ス を設定 し ます。
製品の管理 Web ページにア ク セスする には、 PC の URL ア ド レ ス フ ィ ール ド に製品に対 し て設
定 さ れている IP ア ド レ ス を入力 し ます。
3
4
電源設定を変更する には、 ロ グ イ ン (Log In) し て Configuration
Power を選択 し ます。
製品の使用環境に合わせて設定を行います。 (下の図を参照 し て く だ さ い。 )
2 "PCoIP" の使用
62
2
"PCoIP" の使用
2.4.11 OSD Logo Upload
OSD Logo Upload ページ を使用 し て、 Teradici OSD のロ ゴ表示を変更で き ます。
設定方法
1
2
ネ ッ ト ワー ク を通 じ て製品を PC に接続する には、 製品 と PC の IP ア ド レ ス を設定 し ます。
製品の管理 Web ページにア ク セスする には、 PC の URL ア ド レ ス フ ィ ール ド に製品に対 し て設
定 さ れている IP ア ド レ ス を入力 し ます。
3
ロ グ イ ン (Log In) し て Upload
OSD Logo を選択 し ます。
OSD Logo Upload ページが表示 さ れます。 (下の図を参照 し て く だ さ い。 )
4
ロ ゴ を置き換え る新 し い フ ァ イルを選択 し て Upload を押 し ます。
OSD ロ ゴ フ ァ イルには、 256 x 64 ピ ク セル未満の 24bpp ビ ッ ト マ ッ プ フ ァ イルを使用 し て く だ さ
い。
2 "PCoIP" の使用
63
2
"PCoIP" の使用
2.4.12 Firmware Update
Firmware Update ページか ら Teradici Firmware を変更 し ます。
設定方法
1
2
ネ ッ ト ワー ク を通 じ て製品を PC に接続する には、 製品 と PC の IP ア ド レ ス を設定 し ます。
製品の管理 Web ページにア ク セスする には、 PC の URL ア ド レ ス フ ィ ール ド に製品に対 し て設
定 さ れている IP ア ド レ ス を入力 し ます。
3
ロ グ イ ン (Log In) し て Upload
Firmware を選択 し ます。 Firmware Upload ページが表示 さ れま
す。 (下の図を参照 し て く だ さ い。 )
4
5
ロ ゴ を置き換え る Firmware を選択 し て Upload を押 し ます。
ア ッ プ ロー ド が完了する と 、 Reset ボ タ ンが表示 さ れます。 Reset ボ タ ン を押 し て ク ラ イ ア ン ト
を再起動 し ます。
Options
Information を選択 し て Firmware Version 情報を確認 し ます。
2 "PCoIP" の使用
64
3
3.1
ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ガ イ ド
Samsung カ ス タ マー サービ ス セ ン タ ーにお問い合わせい
ただ く 前に
3.1.1
以下について確認 し ます。
イ ン ス ト ールの問題
問題
製品の電源を オ ン にで き ない。
解決方法
電源ケーブルが正 し く 接続 さ れているか確認 し て く
だ さ い。 ("2.2.7 電源の接続"参照)。
音声の問題
問題
音声が出ない
解決方法
オーデ ィ オ ケーブルの接続を確認するか、
音量を調整 し ます。
音量を チ ェ ッ ク し ます。
音量が小 さ すぎ る。
音量を調整 し ます。
最大レ ベルに し て も 音量が小 さ い場合には、
音声設定プ ロ グ ラ ムを使用 し て音量を調整 し ます。
3 ト ラ ブルシ ュ ーテ ィ ン グ ガ イ ド
65
4
4.1
仕様
一般
モデル名
NX-N2
電源
AC 100 ~ 240 V (±10%)
ビデオ信号
DP OUT x 1 個、 DVI-I OUT x 1 個
対応プ ロ ト コ ル
PCoIP
ス ピー カ ー
4Ω, 2.0 W, Mono
寸法
(W x H x D) /
重量
台座あ り
縦置きの場合: 115.0 x 157.5 x 126.4 mm / 425 g
横置きの場合: 150.0 x 38.3 x 126.4 mm / 425 g
台座な し
150.0 x 30.4 x 126.4 mm / 390 g
台座
115.0 x 12.6 x 115.0 mm / 35 g
USB
USB 2.0 x 6 個
(前面 4 ポー ト 、 背面 2 ポー ト 。
前面 2 ポー ト および背面のすべてのポー ト は USB HUB 経由で
接続。 )
環境条件
動作時
温度: 10˚C ~ 40˚C (50˚F ~ 104˚F)
湿度: 10–80 %、 結露 し ない こ と
記録装置
(梱包保存時)
温度: -20˚C ~ 45˚C (-4˚F ~ 113˚F)
湿度: 5–95 %、 結露 し ない こ と
上記の仕様は、 品質向上のために予告な く 変更 さ れる こ と があ り ます。
VCCI-A
こ の装置は、 ク ラ スA情報技術装置です。
こ の装置を家庭環境で使用する と 電波妨害を引き起 こ す こ と があ り ます。
こ の場合には使用者が適切な対策を講ずる よ う 要求 さ れる こ と があ り ます。
4 仕様
66
4
4.2
仕様
電力消費
通常動作モー ド
省電力
(一般)
電源ラ ン プ
消費電力


定格
オン
7 ワ ッ ト 未満
30 ワ ッ ト 未満
ス タ ンバイ
(Wake On USB)
電源オ フ
オフ
オフ
1.1 ワ ッ ト 未満
0.4 ワ ッ ト 未満
表示 さ れる消費電力のレ ベルは、 動作条件または設定が変更 さ れた タ イ ミ ングによ っ て異な り
ます。
消費電力を 0 ワ ッ ト にするには、 電源ケーブルを抜き ます。
長期間製品を使用 し ない場合は、 必ず電源 コ ー ド を抜いて く だ さ い。
電源ス イ ッ チ を使用で き ない場合に電力消費を 0 にする には、 電源ケーブルを抜き ます。
4 仕様
67
付録
サムス ン製品に関するお問合せ
サムス ン製品に関する ご意見、 お問合せはサムス ン電子ジ ャパン(株) お客様相談セ ン タ ーま でお
願い致 し ます。
受付時間
平日 (土日祭日を除 く ) 9:00~17:00 ※
ホームページ
http://www.samsung.com/jp
住所
〒135-0062 東京都江東区東雲2-6-38
Fax
03-3527-5533
※ 予告な く 変更する場合がご ざいます。 あ らか じ めご了承 く だ さ い。
付録
68
付録
有料サービ スに関する責任 (お客様の負担)
サービ ス を ご希望の場合、 以下の条件に該当する と きは、 保証内容に関わ ら ず、 サービ ス技術者の
出張費を いただ く こ と があ り ます。
製品に異常がない場合
製品の清掃、 調整、 説明、 再設置な ど

サービ ス技術者が、 製品の使用方法の説明、 または、 製品の分解を必要 と し ないオプ シ ョ ン類
の調整を行 う 場合

外部環境 (イ ン タ ーネ ッ ト 、 ア ン テナ、 有線信号な ど) に よ る異常の場合.

購入後に初めて製品を設置 し た後に、 製品の再設置や追加のデバイ スの接続を行 う 場合

別の場所や別の家に製品を再設置する場合

他社製品の使用方法に関する説明を お求めの場合

ネ ッ ト ワー ク または他社のプ ロ グ ラ ムの使用方法に関する説明を お求めの場合

製品に対する ソ フ ト ウ ェ アのイ ン ス ト ールやセ ッ ト ア ッ プ を お求めの場合

サービ ス技術者が製品内部のホ コ リ や異物の除去または清掃を行 う 場合

製品を通信販売やイ ン タ ーネ ッ ト シ ョ ッ ピ ン グで購入後、 追加で設置作業を お求めの場合
お客様の過失によ っ て製品が損傷 し た場合
お客様の誤 っ た使用または修理に よ る製品の損傷
以下の場合、 製品が損傷する こ と があ り ます。

外部か ら衝撃を加えた り 、 落 と し た り し た場合

Samsung の認証を受けていないサプ ラ イ品または別売 り 製品を使用 し た場合

Samsung Electronics Co., Ltd. の依託サービ ス会社や協力会社の技術者以外の者が修理を行っ た場合

お客様自身で製品の改造や修理を行 っ た場合

規定外の電圧や電源を使用 し た場合

ユーザー マニ ュ アルに記載 さ れてい る "注意" を守 ら なか っ た場合
付録
69
付録
その他

自然災害 (落雷、 火災、 地震、 洪水な ど) に よ っ て製品が故障 し た場合

消耗部品 (バ ッ テ リ ー、 ト ナー、 蛍光灯、 ヘ ッ ド 、 バイ ブ レー タ 、 ラ ン プ、 フ ィ ル タ 、 リ ボン な ど)
を使い切 っ た場合.
製品に異常がないに も 関わ ら ずサービ ス をお求めの場合、 別途サービ ス料金が発生する こ と があ り
ます。 まずはユーザー マニ ュ アルをお読み く だ さ い。
付録
70
索引
"PCoIP" 29
"PCoIP" を使用する ための接続方法 22
L
LANケーブルを使用 し てホス ト PCに接続す
る 28
P
PC over IP と は 21
S
Samsung カ ス タ マー サービ ス セ ン タ ーに
お問い合わせいただ く 前に 65
Z
安全のために 6
一般 66
著作権 4
電力消費 67
内容物の確認 13
部品 15
有料サービ スに関する責任 (お客様の負担)
69
い
イ ン ス ト ール方法 18
さ
サムス ン製品に関する お問合せ 68
索引
71
Download PDF