Samsung | 320MP-2 | Samsung 320MP-2 クイックスタートガイド

LCD MONITOR
quick start guide
320MP-2
ii
はじめに
パッケージ内容
注意
ご使用前に、LCD ディスプレイと共に以下の付属品が揃っているか確認 してください。
不足している物がある場合は、購入された販売店へお問い合わせください。
オプション品の購入については、客様相談ダイヤルにお問い合わせください。
注意
このスタンドは、床置きタイプではありません。
開梱
LCD ディスプレイ
マニュアル類
クイック セットアップ ガ
イド
ケーブル
電源コード
その他
保証書
(含まれていない地域もあ
ります)
ユーザー ガイド
はじめに
その他
リモートコントロール
バッテリ (AAA X 2)
BNC-RCA アダプタージャ
ック
(含まれていない地域もあ
ります)
別売り
DVI ケーブル
ウォール マウント キット
LAN ケーブル
TV チューナー ボックス
NetWork ボックス
セミ スタンド キット
BNC ケーブル
D-Sub ケーブル
注意
•
別売りのネットワーク ボックスまたは TV チューナー ボックスを購入して接続するこ
とができます。これらの使用方法については、それぞれの製品のユーザー マニュアルを
参照してください。
•
外部ボックスは 1 台のみ接続できます。
お使いの LCD ディスプレイ
前面
はじめに
MENU ボタン [MENU]
オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了します。OSD メニ
ューを終了したり前のメニューに戻る場合にも使用します。
ナビゲーション ボタン (上下ボタン)
ひとつのメニューから別のメニューに縦方向に移動したり、選択したメ
ニューの値を調整したりします。
調整ボタン (左右ボタン)/音量ボタン
ひとつのメニューから別のメニューに横方向に移動したり、選択したメ
ニューの値を調整したりします。OSD がスクリーンに表示されていない
場合は、このボタンを押して音量を調整します。
ENTER ボタン [ENTER]
ハイライトされたメニュー項目をアクティブにします。
SOURCE ボタン [SOURCE]
PC モードからビデオモードに切り替えます。入力信号の変更は、変更時
に LCD ディスプレイに接続されている外部デバイスについてのみ行うこ
とができます
[PC] → [DVI] → [AV] → [HDMI] → [BNC] → [コンポ一ネント]
注意
•
TV メニューは、TV チューナー ボックスがインストールされている
場合に利用可能になります。
•
MagicInfo メニューは、ネットワーク ボックスをインストールしたと
きに利用可能になります。
D.MENU
オンスクリーン D.MENU を開きます。
注意
•
TV チューナー ボックスがインストールされているときに利用できま
す。
電源ボタン [
]
このボタンで、LCD ディスプレイの電源のオン/オフを切り替えます。
電源インジケーター
緑色に点滅して PowerSaver モードであることを示します
注意
省電力機能の詳細については、このマニュアルの「PowerSaver」を参照し
てください。消費電力を押さえるために、必要ない場合または長時間 LCD
ディスプレイから離れる場合にはモニターをオフにします。
リモートカラーセンサー
リモコンを LCD ディスプレイのこの部分に向けます。
はじめに
背面
注意
ケーブル接続の詳細については、
「設定」の「ケーブルの接続」を参照してください。LCD
ディスプレイの背面の構成は、LCD ディスプレイのモデルによって若干異なる場合があり
ます。
POWER S/W ON [ │ ] / OFF [O]
LCD ディスプレイのオン/オフを切り替えま
す。
POWER IN
LCD ディスプレイと壁のコンセントに電源
コードを接続します。
RS232C OUT/IN (RS232C シリアル ポー
ト)
MDC (マルチディスプレイ コントロール) プ
ログラム ポート
DVI / PC / HDMI IN [DVI/PC/HDMI AUDIO
IN] (PC/DVI/HDMI 音声接続端子 (入力))
DVI / PC / HDMI IN [HDMI]
HDMI ケーブルを使用して、PDP ディスプ
レイ背面の HDMI 端子をお使いのデジタル
出力デバイスの HDMI 端子に接続します。
DVI / PC / HDMI IN [RGB](PC 映像接続端
子)
はじめに
D-Sub ケーブル (15 ピン D-Sub) を使用 - PC
モード (アナログ PC)
DVI / PC / HDMI IN [DVI] (PC 映像接続端
子)
DVI ケーブル (DVI-D to DVI-D) を使用 - DVI
モード (デジタル PC)
DC OUT [5V/1.5A]
これを TV チューナー ボックスまたはネッ
トワーク ボックスの POWER コネクタに接
続します。
DC-OUT 端子が承認済みの TV チューナー
ボックス [SBB-DT*] に接続されていること
を確認します。
製品が損傷する場合があります。
AV IN [VIDEO] (VIDEO 接続端子)
ビデオ ケーブルを使用して、モニターの
[ VIDEO ] 端子を外部デバイスのビデオ出力
端子に接続します。
AV AUDIO IN [L-AUDIO-R](LCD ディス
プレイ音声接続端子 (入力))
AV AUDIO OUT [L-AUDIO-R] (LCD ディ
スプレイ音声接続端子 (出力))
BNC/COMPONENT OUT[R/PR, G/Y, B/PB,
H, V]
(BNC/コンポーネント接続端子 (出力))
BNC (アナログ PC) 接続:R, G, B, H, V ポート
を接続します.
コンポーネント接続:PR, Y, PB ポートを接続
します.
BNC/COMPONENT IN[R/PR, G/Y, B/PB, H,
V]
(BNC/コンポーネント接続端子 (入力))
はじめに
Kensington Lock
Kensington ロックは、公共の場所で使用する
ときにシステムを固定するのに使用する装
置です。ロック装置は、別途購入する必要
があります。メーカーによって、外観およ
び固定方法が図とは異なる場合がありま
す。Kensington ロックに付属するマニュアル
を参照して、適切に使用してください。ロ
ック装置は、別途購入する必要があります。
注意
Kensington ロックの位置は、モデルによって
異なる場合があります。
盗難防止用 Kensington ロック
1.
モニターのケンジントン スロット
にロック装置を挿入し、固定位置
回します。
に
2.
Kensington ロック ケーブルを接続しま
す。
3.
Kensington ロックをデスクまたは重量の
ある固定された物体に固定します。
注意
ケーブル接続の詳細については、「ケーブルの接続」を参照してください。
リモートコントロール
注意
リモコンの動作は TV またはその他 LCD ディスプレイ付近で動作している電子機器の影響
を受ける場合があり、周波数の干渉によって誤作動することがあります。
はじめに
POWER
OFF
Number Buttons
DEL ボタン
+ VOL MUTE
TV/DTV
MENU
INFO
COLOR ボタン
TTX/MIX
STILL
AUTO
S.MODE
MDC
LOCK
SOURCE
ENTER/PRE-CH
CH/P
D.MENU
GUIDE
RETURN
上下左右ボタン
EXIT
SRS
MagicInfo
P.MODE
DUAL/MTS
PIP
SWAP
1.
POWER
製品をオンにします。
2.
Off
製品をオフにします。
3. Number Buttons
押してチャンネルを変更します。
はじめに
ボタン
4. DEL
音声の音量を調整します。
5. + VOL 6.
MUTE
MENU
オンスクリーン メニューを開いたり、メニューを終了した
り、調整メニューを閉じたりします。
ハイライトされたメニュー項目をアクティブにします。
9.
10.
音声の出力を一時的に停止(ミュート)します。これは画
面の左下隅に表示されます。消音モードで MUTE または VOL + が押されると、音声が再度聞こえるようになりま
す。
TV および DTV モードを直接選択します。
7. TV/DTV
8.
[-] ボタンは DTV でのみ動作します。DTV で MMS (マルチ
チャンネル) を選択する場合に使用します。
INFO
11.COLOR BUTTONS
TTX/MIX
12.
画面左上に現在の画像情報が表示されます。
押すとチャンネルを追加または削除し、チャンネルを [チ
ャンネル リスト] メニューのお気に入りのチャンネル リス
トに格納します。
TV チャンネルは、テレテキスト経由で文字情報サービス
を提供します。
- テレテキスト ボタン
13.STILL
画面を停止するにはボタンを 1 回押します。停止を解除す
るにはもう 1 度押します。
14.AUTO
PC モードでの画面表示を自動的に調整します。コントロ
ールパネルで解像度を変更すると、自動機能が実行されま
す。
15. S.MODE
このボタンを押すと、現在のモードが画面の中央下に表示
されます。LCD ディスプレイには、Hi-Fi ステレオアンプ
が内蔵されています。続いてボタンをもう 1 度押して、設
定を順に切り替えます。( 標準 → 音楽 → 映画 → ニュー
ス → ユーザー調整 )
16.MDC
MDC クイック起動ボタン
17.LOCK
リモコンおよび LCD ディスプレイ双方の Power および
LOCK ボタンを除くファンクション キーすべてを有効また
は無効にします。
18.
SOURCE
ボタンを押して、入力信号 SOURCE を切り換えます。
SOURCE の変更は、変更時にモニターに接続されている外
部デバイスについてのみ行うことができます
19.
ENTER/PRE-CH
このボタンを使用して、前のチャンネルに直ちに戻りま
す。
20. CH/P
TV モードで、TV のチャンネルを選択します。
21.D.MENU
DTV メニュー表示
はじめに
22.GUIDE
電子番組ガイド (EPG) 表示
23.
前のメニューに戻ります。
RETURN
24. 上下左右ボタン
25.
EXIT
26.
SRS
ひとつのメニューから別のメニューに横、縦方向に移動し
たり、選択したメニューの値を調整したりします。
メニュー画面を終了します。
SRS TruSurround XT モードを選択します。
27.MagicInfo
MagicInfo クイック起動ボタン
28. P.MODE
このボタンを押すと、現在のピクチャー モードが画面の中
央下に表示されます。
AV / HDMI / TV : P.MODE
LCD ディスプレイには、工場出荷時に 4 種類の自動画像設
定が行われています。ボタンをもう 1 度押して、設定を順
に切り替えます。( ダイナミック → 標準 → 映画 → ユーザ
ー調整)
PC / DVI / MagicInfo:M/B (MagicBright)
MagicBright は、表示している画像の内容に合わせて最適
な表示環境を提供するための機能です。ボタンをもう 1 度
押して、設定を順に切り替えます。(エンターテイメント
→ インターネット → テキスト → ユーザー調整 )
29.
DUAL/MTS
DUALSTEREO/MONO、DUAL l / DUAL ll および MONO/NICAM
MONO/NICAM STEREO は、放送のタイプに応じて TV の
視聴中にリモコンの DUAL ボタンで操作することができま
す。
MTSMTS (マルチチャンネル テレビ ステレオ) モードを選択で
きます。
FM ステレオ
30. PIP
音声タイプ
MTS/S_Mode
デフォルト
モノラル
モノラル
手動変更
ステレオ
モノラル ↔ ステレ
オ
SAP
モノラル ↔ SAP
モノラル
ボタンを押すたびに PIP 画面が表示されます。
- この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。
31.SWAP
PIP ウィンドウの画像と主画面の画像を入れ替えます。PIP
ウィンドウの画像がメイン画面に表示され、メイン画面の
画像が PIP ウィンドウに表示されます。
- この機能はこの LCD ディスプレイでは動作しません。
はじめに
物理的レイアウト
物理的レイアウト
オプションスタンド(別売品)
寸法
•
VESA を取り付けるときには、国際 VESA 規格に準拠してください。
•
VESA ブラケットの購入と設置についての情報:お近くの SAMSUNG 販売店にご注文く
ださい。ご注文後、取り付け担当者がお伺いし、ブラケットの取り付けを行います。
•
LCD ディスプレイを運搬するには、少なくとも 2 名の人員が必要です。
•
SAMSUNG は、お客様による取り付けによって発生した損害および負傷について、責任
を負うものではありません。
はじめに
注意
ブラケットを壁に固定するには、6 mm 径で長さ 8 ∼ 12 mm のネジだけを使用するように
してください。
ウォールブラケットの取り付け
•
ウォールブラケットの取り付けについては、技術者にご相談ください。
•
お客様が自ら取り付けを行った場合には、SAMSUNG Electronics は製品の損傷およびお
客様の傷害について責任を負いかねます。
•
この製品は、セメント製の壁に設置するためのものです。この製品は、合板または木製
の壁に取り付けることはできません。
部品
製品に付属している部品およびアクセサリのみを使用してください。
ウォール ブラケット ヒンジ (左 1、右 1) プラスチ ネジ (A) ネジ (B) ア ン カ
(4)
ー (11)
(1)
ッ ク ハ (11)
ン ガ ー
(4)
ウォール ブラケット アセンブリ
注意
ヒンジは 2 個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。
1.
固定ネジを矢印の向きに挿入して固定します。
固定したら、ウォールブラケットを壁に取り付けます。
ヒンジは 2 個(左用または右用)あります。該当する方を使用してください。
はじめに
2.
A-
固定ネジ
B-
ウォールブラケット
C-
ヒンジ (左)
D-
ヒンジ (右)
壁にドリルで穴を開ける前に、製品の背面にある 2 カ所の固定穴が適切な間隔になっ
ていることを確認してください。
長さが短い、または長い場合には、ウォールブラケットの 4 本のネジを緩めて調整を
行います。
A-
3.
2 カ所の固定穴の間隔
取り付け図を見て、壁にドリルで穴を開ける位置に印を付けます。5.0 mm のビットを
使用して、35 mm より深い穴を開けます。 各アンカーを対応する穴に固定します。ブ
ラケットとヒンジの穴をそれぞれ該当するアンカー穴に合わせ、挿入して 11 本のネ
ジ (A) で固定します。
ウォール ブラケットに製品を取り付けるには
製品の形状はモデルによって異なります。(プラスティックハンガーおよびネジは同じで
す)
はじめに
1.
製品の背面にある 4 本のネジを取り外します。
2.
ネジ (B) をプラスチックハンガーに挿入します。
注意
•
ウォールブラケットに製品を取り付けたら、左右のプラスチックハンガーに正しく
固定されていることを確認してください。
•
製品をブラケットに取り付けるときには、穴に指が挟まれないように注意してくだ
さい。
•
ウォールブラケットが壁にしっかりと固定されていることを確認してください。取
り付け後に製品が動いてしまうことがあります。
3.
手順 2 で取り付けた 4 本のネジ (プラスチック ハンガー + ネジ (B)) を、製品の背面の
穴に固定します。
4.
安全ピン (3) を取り外して 4 個の製品ホルダーを対応するブラケット ホール (1) に挿入
します。続いて、製品 (2) をブラケットにしっかりと固定されるように配置します。安
全ピン (3) をしっかりと最挿入して締め付け、製品をブラケットに固定します。
はじめに
A-
LCD ディスプレイ
B-
ウォールブラケット
C-
壁
ウォール ブラケットの角度調整
壁に取り付ける前に、ブラケットの角度を -2˚ に調整してください。
1.
製品をウォールブラケットに固定します。
2.
製品の上部中央を持ち、前(矢印の方向)に引っ張って角度を調整します。
注意
ブラケットの角度は -2˚∼ 15˚ の範囲で調整できます。
角度を調整する際に、製品の側面を持たないようにしてください。必ず製品の上部中央を
持ってください。
接続
コンピュータの接続
アース線のある電源コードの使用
•
故障時には、アース線が原因で感電する場合があります。AC 電源を
接続する前に、アース線が正しく配線されていることを確認します。
アース線をはずすときには、前もって AC 電源アダプタを抜いてくだ
さい。
注意
お使いのコンピュータだけでなく、DVD プレイヤー、VCR またはカムコーダーなどの AV
入力機器を LCD ディスプレイに接続することができます。AV 入力デバイスの接続の詳細
については、「LCD ディスプレイの調整」の内容を参照してください。
LCD ディスプレイの電源コードを LCD ディスプレイ背面の電源ポート
に接続します。電源スイッチをオンにします。
D-sub を LCD モニターに接続するには 2 つの方法があります。以下のい
ずれかを選択します。
ビデオカードの D-sub(アナログ)コネクタを使用します。
•
D-sub は、LCD ディスプレイ背面の 15-pin の RGB ポートとコンピュ
ータの 15-pin D-sub ポートを接続します。
ビデオカードの DVI(デジタル)コネクタを使用します。
•
DVI ケーブルは、LCD ディスプレイ背面の DVI ポートとコンピュー
タの DVI ポートを接続します。
接続
ビデオカードの BNC (アナログ) コネクタを使用します。
BNC ケーブルでモニター背面の BNC/COMPONENT IN - R, G, B, H, V
とコンピュータの 15-pin D-sub ポートを接続します。
•
お使いの LCD ディスプレイのオーディオ ケーブルを、コンピュータ背
面のオーディオ ポートに接続します。
注意
•
コンピュータと LCD ディスプレイの電源を入れます。
•
DVI ケーブルはオプションです。
•
オプション品の購入については、SAMSUNG のお近くの販売店にお問い合わせくださ
い。
他のデバイスへの接続
アース線のある電源コードの使用
•
故障時には、アース線が原因で感電する場合があります。AC 電源を
接続する前に、アース線が正しく配線されていることを確認します。
アース線をはずすときには、前もって AC 電源アダプタを抜いてくだ
さい。
注意
お使いのコンピュータだけでなく、DVD プレイヤー、VCR またはカムコーダーなどの AV
入力機器を LCD ディスプレイに接続することができます。AV 入力デバイスの接続の詳細
については、「LCD ディスプレイの調整」の内容を参照してください。
AV デバイスの接続
接続
1.
DVD、VCR (DVD / DTV セットトップ ボックス) を LCD ディスプレイの [R-AUDIO-L]
ポートに接続します。
2.
次に、DVD またはテープを挿入して、DVD、VCR、またはカムコーダーをスタートさ
せます。
3.
SOURCE を使用して AV を選択します。
注意
LCD ディスプレイには、DVD、VCR またはカムコーダーなどの AV 入力機器を接続するた
めの AV 接続端子があります。LCD ディスプレイがオンになっていれば、AV 信号の映像
を楽しむことができます。
カムコーダーへの接続
1.
カムコーダーの AV 出力ジャックの場所を確認します。通常は、カムコーダーの側面
または背面にあります。オーディオ ケーブルをカムコーダーの AUDIO OUTPUT ジャ
ックと LCD ディスプレイの AV AUDIO IN [L-AUDIO-R] に接続します。
2.
カムコーダーの VIDEO OUTPUT ジャックと LCD ディスプレイの AV IN [VIDEO] をビ
デオ ケーブルで接続します。
3.
カムコーダーを接続するには、PDP ディスプレイの前面またはリモコンの SOURCE ボ
タンを使用して、AV を選択します。
4.
続いて、テープを挿入したカムコーダーをスタートします。
注意
ここに示した音声ビデオ ケーブルは、通常カムコーダーに付属しています。(付属していな
い場合には、お近くの電器店でご購入ください)カムコーダーがステレオの場合には、2 本
のケーブルを接続する必要があります。
接続
DVD プレイヤーの接続
1.
オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの AV AUDIO IN [L-AUDIO-R] と
DVD プレイヤーの AUDIO OUT ジャックの間に接続します。
2.
LCD ディスプレイの BNC/COMPONENT IN - PR, Y, PB ポートと DVD プレイヤーの
PR, Y, PB ジャックとの間にコンポーネント ケーブルを接続します。
注意
•
DVD プレイヤーへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにある SOURCE
ボタンを使用して、コンポ一ネント を選択します。
•
次に、DVD ディスクを挿入して DVD プレイヤーをスタートさせます。
注意
•
コンポーネントケーブルはオプションです。
コンポーネント ビデオについては、お使いの DVD のマニュアルを参照してください。
DTV セット トップ ボックスの接続
注意
•
通常のセットトップボックスは、以下のように接続されます。
接続
1.
LCD ディスプレイの BNC/COMPONENT IN - PR, Y, PB ポートとセット トップ ボックス
の PR, Y, PB ジャックの間をコンポーネント ケーブルで接続します。
2.
オーディオ ケーブルのセットを LCD ディスプレイの AV AUDIO IN [L-AUDIO-R] とセ
ット トップ ボックスの AUDIO OUT ジャックの間に接続します。
注意
•
DTV セット トップ ボックスへの接続では、LCD ディスプレイ前面またはリモコンにあ
る SOURCE ボタンを使用して、コンポーネントを選択します。
注意
•
コンポーネント ビデオについては、お使いのセット トップ ボックスのマニュアルを参
照してください。
HDMI ケーブルを使用して接続する
注意
•
HDMI ケーブルを使用して、デジタル DVD などの装置を LCD ディスプレイの HDMI 端
子に接続します。
•
PC を HDMI 端子に接続することはできません。
接続
DVI - HDMI ケーブルを使用して接続する
注意
•
デジタル出力デバイスの DVI 出力端子を DVI - HDMI ケーブルを使用して、LCD ディス
プレイの HDMI 端子に接続します。
•
RCA - ステレオ (PC 用) ケーブルの赤および白のジャックをデジタル出力デバイスの同
じ色の音声出力端子に接続し、反対側のジャックを LCD ディスプレイの DVI / PC / HDMI
AUDIO IN 端子に接続します。
オーディオ システムへの接続
注意
•
オーディオ システムの AUX L、R ジャックと LCD ディスプレイの AUDIO OUT [LAUDIO-R] をオーディオ ケーブルで接続します。
トラブルシューティング
セルフテスト機能チェック
注意
お問い合わせの前に、以下の項目についてチェックしてください。問題が解決しない場合
には、お客様相談ダイヤルにお問い合わせください。
セルフテスト機能チェック
1.
コンピュータと LCD ディスプレイの両方をオフにします。
2.
コンピュータの背面からビデオケーブルを取り外します。
3.
LCD ディスプレイをオンにします。
ビデオ信号が検出されない場合でも LCD ディスプレイが正常に動作しているときに
(
) が黒色の背景で表示されます。自
は、下記の図 「信号ケーブルを確認してください」
己テスト モードでは、LED 電源インジケータは緑色のままで、画像が画面内を動き回
ります。
4.
LCD ディスプレイをオフにして、ビデオ ケーブルを接続しなおします。次にコンピュ
ータと LCD ディスプレイの両方をオンにします。
前の手順を行った後でも LCD ディスプレイ画面に何も映らない場合は、ビデオ コントロー
ラおよびコンピュータ システムをチェックしてください。LCD ディスプレイは正常に動作
しています。
警告メッセージ
画面は 1360 x 768 の解像度でも表示することができます。 ただし、「画面の解像度を変更す
るか、現在のモードのままにすることができます」というメッセージが短時間表示されま
す。周波数が 85Hz を越える場合には、LCD ディスプレイでは 85Hz を越える周波数をサポ
ートしていないため、黒色の画面が表示されます。
注意
LCD ディスプレイがサポートしている解像度または周波数については、仕様 > プリセット
タイミング モードを参照してください。
メンテナンスと清掃
1) LCD ディスプレイ筐体のメンテナンス
電源コードを抜いてから、柔らかい布で拭き取ります。
トラブルシューティング
•
ベンゼン、シンナーまたはその他の引火性物質、も
しくは濡れた布は使用しないでください。
•
画面の損傷を防止するために、SAMSUNG 洗浄剤を
使用することをお勧めします。
2) フラットパネルディスプレイ画面のメンテナンス
柔らかい布(綿ネル)で力を入れずに拭き取ります。
•
アセトン、ベンゼンまたはシンナーは使用してはな
りません。
(スクリーン表面の傷または劣化の原因となることが
あります)
•
発生した損傷の修理費用は、ユーザーが負担する必
要があります。
症状と推奨される措置
注意
LCD ディスプレイは、コンピュータから受信した視覚信号を再生します。したがって、コ
ンピュータまたはビデオカードに問題がある場合には、色彩の異常、ノイズ、ビデオモー
ドがサポートされないなどのトラブルが発生することがあります。この場合には、まず問
題の原因をチェックしてから、お客様相談ダイヤルまたは販売店にお問い合わせください。
1.
電源コードおよびビデオ ケーブルがコンピュータに正しく接続されているかどうかを
チェックします。
2.
起動時にコンピュータからビープ音が 3 回聞こえるかチェックします。
(聞こえる場合には、コンピュータのメインボードの点検を受けてください)
3.
ビデオカードを自分でインストールするか PC を組み立てた場合には、アダプタ (ビデ
オ) がインストールされているかどうか確認します。
4.
ビデオ画面のスキャン速度が 50 ∼ 85Hz の範囲内にあるかどうかチェックします。
(最大解像度を使用しているときは、60 Hz を超えてはなりません)
5.
アダプタ (ビデオ) ドライバのインストールに問題がある場合には、コンピュータをセ
ーフ モードで起動して、[Control Panel (コントロール パネル)] → [System (システム)]
→ [Device Manger (デバイス マネージャ)] でディスプレイ アダプタを削除して、コンピ
ュータを再起動してアダプタ (ビデオ) ドライバを再インストールします。
チェックリスト
注意
•
以下の表は、発生する可能性のある問題とその解決方法を示しています。お客様相談ダ
イヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確認くださ
い。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお問い合
わせください。
トラブルシューティング
インストールに関する問題 (PC モード)
注意
LCD ディスプレイのインストールに関連する問題とその解決方法が記載されています。
Q:
LCD ディスプレイの画面がちらつく。
A:
コンピュータと LCD ディスプレイとの間を接続している信号ケーブルが、しっかり
と接続されているか確認します。
(コンピュータの接続を参照)
画面に関する問題
注意
LCD ディスプレイの画面に関連する問題とその解決方法が記載されています。
Q:
画面が空白になり、電源インジケータがオフになる。
A:
電源コードをしっかりと接続してから LCD ディスプレイをオンにします。
(コンピュータの接続を参照)
Q:
"信号ケーブルを確認してください」というメッセージ。
A:
PC またはビデオ ソースに信号ケーブルがしっかり接続されていることを確認します。
(コンピュータの接続を参照)
A:
PC またはビデオ ソースがオンになっていることを確認します。
Q:
"最適なモードが選択されていません」というメッセージ。
A:
ビデオ アダプタの最大解像度と周波数を確認します。
A:
プリセット タイミング モードのチャートに記載されているデータとこれらの値を比
較します。
Q:
映像が縦に流れる。
A:
信号ケーブルがしっかりと接続されているか確認します。必要に応じて再度接続しま
す。
(コンピュータの接続を参照)
Q:
画像がはっきりしない。画像がぼやける。
A:
Frequency 粗調整 および 微調整 の調整を実行します。
A:
すべてのアクセサリ (ビデオ拡張ケーブルなど) を取り外してから再度オンにします。
A:
解像度と周波数を推奨の範囲に設定します。
Q:
画像が安定せず、揺れる。
A:
コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス
プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に
は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている
現在の情報を参照して再度設定します。
トラブルシューティング
Q:
映像にゴーストが発生する。
A:
コンピュータのビデオ カードに対して設定した解像度および周波数が、LCD ディス
プレイがサポートしている範囲から外れていないか確認します。外れていない場合に
は、LCD ディスプレイのメニューとプリセット タイミング モードに記載されている
現在の情報を参照して再度設定します。
Q:
映像が明るすぎる、または暗すぎる。
A:
明るさ と コントラスト を調整します。
(明るさ、コントラスト を参照してください)
Q:
画面の色が正しくない。
A:
[OSD Color Adjustment] メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。
Q:
暗い影によってカラー画像が歪む。
A:
[OSD Color Adjustment] メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。
Q:
白色が正しく表示されません。
A:
[OSD Color Adjustment] メニューの [ユーザー調整] を使用して、色を調整します。
Q:
電源インジケータが点滅する。
A:
LCD ディスプレイが OSD メモリに変更された設定を保存しています。
Q:
画面が点滅し、電源インジケータが 0.5 ∼ 1 秒間隔で点滅します。
A:
LCD ディスプレイが電源管理システムを使用しています。
A:
キーボードのいずれかのキーを押します。
Q:
画面に何も表示されず、点滅します。
A:
[MENU] ボタンを押すと画面に「TEST GOOD」メッセージが表示される場合は、PDP
ディスプレイとコンピュータのケーブル接続を確認し、コネクタを正しく接続してく
ださい。
音声に関する問題
注意
音声信号に関する問題とその解決方法を以下に示します。
Q:
音声が聞こえない。
A:
LCD ディスプレイの音声入力ポートとサウンドカードの音声出力ポートにオーディオ
ケーブルがしっかりと接続されていることを確認します。
(コンピュータの接続を参照)
A:
音量レベルをチェックします。
Q:
音量が低すぎる。
A:
音量レベルをチェックします。
A:
音量を最大に調整しても音が小さすぎる場合には、コンピュータのサウンドカードま
たはソフトウェアプログラムの音量コントロールをチェックします。
Q:
音量が大きすぎるか小さすぎる。
A:
高音 および 低音 を適切なレベルに調整します。
リモコンに関する問題
注意
リモコンに関連する問題とその解決方法が記載されています。
Q:
リモコンのボタンが応答しない。
A:
バッテリの極性 (+/-) を確認します。
A:
バッテリが消耗していないかチェックします。
A:
電源がオンになっているかどうかをチェックします。
A:
電源コードがしっかりと接続されているか確認します。
A:
付近に特殊な蛍光灯またはネオン ランプがないかチェックします。
Q:
周波数の変更方法は?
A:
周波数は、ビデオ カードの再設定によって変更することができます。
Q&A
注意
ビデオ カードでサポートされている周波数は、使用しているドライバのバージョンに
よって異なることにご注意ください。(詳細はコンピュータまたはビデオカードのマ
ニュアルを参照してください)
Q:
解像度の変更方法は?
A:
Windows XP:
[Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトップの表示
とテーマ)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を設定します。
A:
Windows ME/2000:
[Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Settings (設定)] で解像度を
設定します。
* 詳細についてはビデオカードのメーカーにお問い合わせください。
Q:
省電力機能の設定方法は?
A:
Windows XP:
[Control Panel (コントロール パネル)] → [Appearance and Themes (デスクトップの表示
とテーマ)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン セイバー)] で解像度を設定
します。
コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュアル
を参照してください)
トラブルシューティング
A:
Windows ME/2000:
[Control Panel (コントロール パネル)] → [Display (画面)] → [Screen Saver (スクリーン
セイバー)] で解像度を設定します。
コンピュータの BIOS 設定で機能を設定します。(Windows/コンピュータのマニュアル
を参照してください)
Q:
筐体/LCD パネルをきれいにしたいのですが?
A:
電源コードを抜き、LCD ディスプレイを柔らかい布で洗剤また真水を使って清掃しま
す。
洗剤が残ったままにしたり、筐体を傷つけないようにしてください。水が LCD ディ
スプレイの中に入らないようにしてください。
Q:
ビデオの再生方法は?
A:
ビデオは、MPEG1 および WMV コーデックのみをサポートしています。ビデオを再
生するには、対応するコーデックをインストールします。互換性がないコーデックが
あることに注意してください。
注意
お客様相談ダイヤルへ連絡する前に、このセクションに解決法が記載されていないかご確
認ください。不明な点がある場合には、お客様相談窓口にお電話いただくか、販売店にお
問い合わせください。
Download PDF

advertising