H20 年度 NEDO-FT 採択者接続試験手順書

H20 年度 NEDO-FT 採択者接続試験手順書
平成 20 年 12 月 11 日
株式会社フィールドロジック
H20 年度 NEDO-FT 採択者接続試験手順書
標題に関する留意事項を以下にまとめさせて頂いております。
※
当文書の内容は、システム計測指針や通信試験等の内容に変更があった場合は、修正させて頂きます。
■更新履歴
10 月 30 日
新規作成
11 月 06 日
「参照 5」の手順を一部修正
11 月 07 日
NEDO 殿指定の試験内容変更に伴う、本手順書内容の変更
11 月 25 日
送信 ID の仕様変更を反映
12 月 11日
運転状態データファイル送信テスト手順の一部変更
■はじめに
本手順書は、NEDO 殿より配布された「採択者接続試験スケジュール」、
及び「接続テスト仕様書(H20 年度採択者接続試験用)」に基づいて作成された試験手順書です。
本書内では、採択者接続試験スケジュールと、それに伴う試験項目に対する詳細な手順を、
弊社システムをベースに紹介します。
尚、お取り扱い方法と致しましては、
①
pg.2-3 にございますフロー図を中心にご覧ください。
②
「参照」マークが付いている項目に関しましては、該当参照マークが示す、
Pg.4 以降の手順項目をそれぞれご覧下さい。
■弊社連絡先
株式会社フィールドロジック
℡:0774-31-4186(代表)
pg. 1
Ⅰ.フロー図
接続試験二日前以前
参照 1
インターネット経由での NEDO データサーバへの接続確認
参照 2
HULFT Client が正常起動している事の確認
参照 3
スケジューリング設定の確認
参照 4
FT モニタとデータ送信システムの動作確認
系統連系の完了確認
※
太陽光発電設備工事担当者へ確認の連絡を入れてください。
参照 5
接続試験二日前
「24 時間
運転計測データファイルの事前テスト送信」開始
参照 6
接続試験前日
「24 時間
運転計測データファイルの事前テスト送信」停止
接続試験当日
参照 7
9:30AM~
9:45AM
運転計測データファイル送信テスト
運転状態データファイル送信テスト
接続試験翌日
【24 時間トラブルメール】受信テスト準備
※
午前 0 時~24 時間の間は、NEDO サーバへのデータ送信を
行わないで下さい。
次頁へ
pg. 2
前頁より
接続試験二日後以降
【24 時間トラブルメール】受信確認
※
当該メール受信用に記載したアドレス宛の、メールをご確認頂き、
メール受信状況を NEDO 担当者様(田中様/前川様)へご連絡下さい。
連絡先:NEDO 太陽 FT グループ殿(03-3981-4186/代表)
接続試験完了
参照 8
NEDO の指示により、データ自動送信開始
pg. 3
Ⅱ.手順項目
参照 1
インターネット経由での NEDO データサーバへの接続確認
①「HULFT 制御ツール」のアイコンをクリック
←HULFT 制御ツールアイコン
(!)
アイコンが無い場合は、デスクトップ上の「HULFT 制御ツール」のショートカットを
ダブルクリックして、起動させて下さい。
(!)
尚、アイコンが無かった旨を表紙に記載されております、弊社連絡先にご連絡下さいます様
よろしくお願い申し上げます。
クリック後、下図の「NEDO FT HULFT 制御ツール」が立ち上がるので・・・
②「NEDO HP 表示」のボタンをクリック
自動的にインターネットエクスプローラーが起動し、下図の画面が表示されれば、接続確認の完了です。
pg. 4
(!)
表示されない場合は、別紙「トラブルシューティングフローチャート」をご参照下さい。
(※)上図画面の確認後、インターネットエクスプローラーを閉じてください。
参照 2
HULFT
Client が正常起動していることの確認
キーボード上の「Ctrl」と「Alt」と「Del」キーを同時に押すと、下図の「Windows タスクマネージャ」
が立ち上がります。
①「プロセス」タブをクリック
② リスト上に hulppp.exe が存在するか確認
(!)
リスト上に hulppp.exe が存在しない場合は、以降の手順をご参照下さい。
pg. 5
デスクトップ左下の Windows「スタート」をクリック
③
④ 「すべてのプログラム」→「HULFT Family」→「HULFT
BB Client Ver.6」→「HULFT BB」を選択、クリック
し、HULFT BB が起動することを確認
(!)hulppp.exe が存在せず、上記③④の作業を実施した場合は、必ずその旨を表紙に記載されておりま
す、弊社連絡先にご連絡下さいます様よろしくお願い申し上げます。
参照 3
スケジューリング設定の確認
設定欄上の「サイトコード」「送信用 ID」「送信分」
①
「送信停止ファイル数」
「送信開始日」「送信最終日」
がそれぞれ下記の設定になっているか確認
・
サイトコード:指定のコード
・
送信用 ID:指定の送信用 ID
・
送信分:NEDO 殿指定の送信分
参照:別紙「H20 年度 NEDO-FT 接続試験事前連絡情報提出概要」
(!)
・
送信停止ファイル数:480
・
送信開始日:2009/03/10
・
送信最終日:2013/03/31
スケジューリング設定がまちがっていた場合は、表紙に記載されております、弊社連絡先に
ご連絡下さいます様よろしくお願い申し上げます。
pg. 6
参照 4
FT モニタとデータ送信システムの動作確認(配信用ファイルの作成の確認)
【要注意!】
本試験項目では、1 分以上、計測がされた状態が前提条件となっております。
① デスクトップ右下のタスクトレイに
「Beans」「HULFT BB」「HULFT 制御ツール」の
アイコンが表示されているか確認
(アイコン上にマウスポインタを合わせるとアイコンの
表示名が表示されます)
※
誤って上記アプリケーションを終了してしまった場
合は、パソコンを再起動して頂ければ、上記全ての
アプリケーションが自動的に起動します。
←
Beans
←
HULFT BB
←
HULFT 制御ツール
②日付が、作業日当日である事を確認
③「ファイル出力」をクリック
④「はい」をクリック
pg. 7
⑤「NEDO」フォルダを選択
⑦「OK」をクリック
⑥「OK」をクリック
⑧デスクトップ上の「NEDO フォルダ」ショートカットをダブルクリック
フォルダ内に下図の様に
運転計測データファイル・・・ファイル名「サイトコード DMS 日付時刻」
運転状態データファイル・・・ファイル名「サイトコード DST 日付時刻」
のファイルが複数作成されているか確認して下さい。
pg. 8
⑨ 「今すぐ送信」をクリック
正常に送信がされていれば、下図の様に NEDO フォルダ内は空の状態になります。
(!)
フォルダ内にデータが残っている場合は、別紙「トラブルシューティングフローチャート」を
ご参照下さい。
【要注意!】
本データ送信後の、NEDO 側からのレスポンスはございません。
尚、本送信操作は、接続試験翌日に行わない様にして下さい。
もし実行された場合、試験日の【24 時間トラブルメール】受信が正常に行われません。
pg. 9
参照 5
①
「24 時間
運転計測データファイルの事前テスト送信」開始
参照 1(P.4 参照)同様の手順で、HULFT 制御ツールを起動
②「設定変更」をクリック
③
テスト送信開始日を選択
④「OK」をクリック
⑤
④作業後、HULFT 制御ツールを最小化して頂き、参照 4-①と同様に、
本ツール、HULFTBB、Beans の三つのアプリケーションが動作しているかご確認下さい。
(Beans に関しては、計測が正常に開始されている状態かもご確認下さい。Beans の操作に関しては
お取扱説明書をご参照下さい。)
pg. 10
⑥
⑤作業後は、毎時、指定の送信分にデータファイルが NEDO サーバに送信されます。
デスクトップ上の NEDO フォルダの中を確認し、送信が正常に行われていることを確認して下さい。
【要注意!】 送信が正常に行われたデータは、NEDO フォルダの中から自動的に削除されますが、以下
の点にご注意ください。
毎時 00 分
●
送信データの作成
:
●
データの送信
HULFT 制御ツールにて設定した時間(送信分)
●
よって、データの送信分が 30 分の場合、00 分に作成されたデータは、30 分になるまで NEDO
:
フォルダ内に存在し、30 分にデータを正常送信した後に、NEDO フォルダから自動的に削除
(※)現在の時刻の次の時刻が送信開始時刻となります。
9:50AM →
例)現在の時刻
送信開始時刻 10:00AM
(※)データファイル送信を開始してから 24 時間(すなわち上記の手順⑥にて設定した送信開始時刻と同
時刻)以上が経過するまで、このままデータ送信を続けます。
例:
12 月 10 日 10:00AM 開始
→
12 月 11 日 10:00AM 以降停止
(24 時間以上が経過した後の説明は下記、参照 6 にて説明致します。
)
参照 6
「24 時間
【要注意!】
運転計測データファイルの事前テスト送信」停止
データファイル送信を開始してから 24 時間(すなわち上記の手順⑥にて設定した送信開
始時刻と同時刻)以上が経過してから、本作業を実施して下さい。
例:
①
12 月 10 日 10:00AM に送信開始
→
12 月 11 日 10:00AM 以降に作業実施
参照 1(P.4 参照)同様の手順で HULFT 制御ツールを起動
②「設定変更」をクリック
pg. 11
③
2009 年 3 月 10 日を選択
④「OK」をクリック
(※)以上の作業でデータファイル送信が停止します。
(※)以上の作業で 24 時間毎時データファイルを送信するテストは完了となります。
次のテストは、試験当日の 09:30AM~9:45AM に開始する「運転計測データファイル送信テスト」
「運転状態データファイル送信テスト」となります。
(下記、参照 7 にて説明致します。
)
参照 7
運転計測データファイル送信テスト(計測データファイル名「サイトコード DMS 日付時刻」)
運転状態データファイル送信テスト(状態データファイル名「サイトコード DST 日付時刻」)
※
試験日当日 09:30AM~09:45AM に下記の操作を必ず実施して下さい。
①
パワーコンディショナを 10 分間電源 OFF
pg. 12
②
参照 1(P.4 参照)同様の手順で、HULFT 制御ツールを起動
③
④
「設定変更」をクリック
試験日を選択
⑤「OK」をクリック
⑥
上記作業後、データは自動的に設定時刻に送信されます。
デスクトップ上の NEDO フォルダの中を確認し、送信が正常に行われていることを確認して下さい。
【要注意!】 送信が正常に行われたデータは、NEDO フォルダの中から自動的に削除されますが、以下
の点にご注意ください。
毎時 00 分
● 送信データの作成
:
● データの送信
HULFT 制御ツールにて設定した時間(送信分)
●
:
よって、データの送信分が 30 分の場合、00 分に作成されたデータは、30 分になるまで NEDO
フォルダ内に存在し、30 分にデータを正常送信した後に、NEDO フォルダから自動的に削除
pg. 13
⑦
送信確認後に、④⑤と同様の手順で、送信開始日を 2009/03/10 に設定し、ツールを最小化して下さい。
(※)以上の作業でデータファイル送信が停止します。
(※)本作業の 2 日後(接続試験当日の 2 日後)以降に、24 時間トラブルメールが NEDO より届きます。
P.3 のフロー図内に記載の連絡先に、24 時間トラブルメール受信確認を連絡して下さい。
(※)それ以降に、データ自動送信開始の指示が NEDO からありますので、データ自動送信を開始します。
(データ自動送信開始の方法は下記、参照 8 にて説明致します。)
参照 8
①
NEDO の指示により、データ自動送信開始
参照 1(P.4 参照)同様の手順で、HULFT 制御ツールを起動
②「設定変更」をクリック
③
本作業日当日を選択
④「OK」をクリック
⑤
④作業後、HULFT 制御ツールを最小化して頂き、参照 4-①(P.7 参照)と同様に、
本ツール、HULFTBB、Beans の三つのアプリケーションが動作しているかご確認下さい。
(Beans に関しては、計測が正常に開始されている状態かもご確認下さい。Beans の操作に関しては
お取扱説明書をご参照下さい。)
pg. 14
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement