Samsung | SHR-3040 | Samsung SHR-3040 사용자 매뉴얼

SHR-3040
4チャンネルDVR
ユーザー・マニュアル
この可能性を 想像する
Samsung製品をご購入いただき、あり
がとうございます。
より充実したサービスをご利用いただ
くために、www.samsungsecurity.com
から製品登録を行ってください。
概要
主な特徴
表示
• 各チャンネルのリアルタイム表示
• 4チャンネルのオートシーケンス表示
• PIP(ピクチャー・イン・ピクチャー)
• 一時停止モード
• 2倍ズーム
• ライブ画面と再生画面の高速切替え
• サポートされているPTZカメラ
録画
• 最大3レベルの画質とフレーム・レート
• 音声録画
• スケジュール録画
• 外部センサーとモーション検知を使用したイベント録画
• 緊急録画
ネットワーク
• Web Viewerを使用したリモート監視
• DDNSサービスのサポート
再生
• データ・サイズと日付/時刻による検索
• 再生速度の調整と順方向/逆方向再生
• イベント検索
データ・ストレージ
• USBメモリを使用した単純で簡単なバックアップ
• ネットワーク・バックアップ
その他
• UNI-CODE サポート
• スポット・モニター
• ビデオ・ロス検知
2_ 概要
重要な安全ガイド
この製品を適正に使用し、所有リスクやダメージを防ぐため、以下の注意事項に留意してください。
本書の説明をよく読んで下さい。
2)
本書の指示を守ってください。
3)
全ての警告を留意してください。
4)
全ての指示に従って下さい。
5)
本機を水の傍で使用しないで下さい。
6)
お手入れは乾いた布のみを使用して行っ て下さい。
7)
どの換気孔も塞がないようにして下さい。メーカーの指示に従って取り付けて下さ い。
8)
ラジエーター、熱レジスタ、あるいは熱を発 するその他の装置(アンプを含む)などの熱源の傍 に設置し
ないで下さい。
9)
分極タイプあるいは接地タイプのプラグの 安全目的を必ず守ってください。分極プラ グには一方が他
方より幅広い2 本の足が付 います。接地プラグには2 本の足とアース(接地)差込み先が付いています。
2 本の平 たい足あるいは3 本めの差込み先はユーザ ーの安全のために付いています。提供され たプ
ラグがお使いのコンセントに合わない 場合には、旧式のコンセントの交換につい て電気技師にご相談
下さい。
 概要
1)
ソケット、機器との接点でコー ドが踏まれたり引っ張っられた りしないよう電源コード を保
10) 特にプラグ、
護してください。
11) メーカーが指定する付属品のみを使用して ください。
スタンド、三脚、
ブラケットはメーカ ー指定のもの、あるいは機器と一緒に
12) カート、
販 売 されたもののみを使用してください。
カートと機器を動かす
13) 機器のプラグをコンセントから抜きます。カートの使用中、
際には転倒による損傷に注意して下さい。
14) 全ての修理は資格のあるサービス・スタッ フに任せて下さい。修理は電源コードある いはプラグの損
傷、液体をこぼした、
または物体を機器内に落としてしま った、機器を 雨や湿度にさらしてしまった、正
常に機能しない、あるいは機能の低下など、様々 な原 因で機器が損傷した場合に必要となりま す。
日本語 _3
概要
ご使用の前に
本ユーザー・マニュアルには、簡単な説明やパーツ名、機能、他の機器への接続、メニューの設定など
DVRの使用に関する情報が記載されています。
以下の点に留意してください。
• 本マニュアルの著作権は、SEC が保持します。
• 本マニュアルは、事前に SEC の書面による許可がない限り複製できません。
• 標準的ではない製品の使用や、本マニュアルに記載されている指示への違反により発生した本製品への損害
については、当社は一切責任を負いません。
• 問題を確認するためにシステムのケースを開けたい場合は、本製品を購入した販売店の専門家に相談してく
ださい。
• HDDの取付、または交換、あるいはUSBメモリ・デバイスをDVRに接続する前に、DVR対応であることを確
認してください。 対応機種については、製品をお買い求めになった販売店までお問い合わせください。
警告
❖ 電池
本製品の電池を不適切なものに交換すると、爆発の原因になります。このため、必ず本製品に使用され
ているものと同じ種類の電池を使用してください。
現在、使用している電池の仕様は以下の通りです。
• 正規電圧 : 3V
• 正規容量 : 220mAh
• 標準連続負荷 : 0.2mA
• 動作温度 : -20°C
J
+85°C (-4°F
+185°F)
 電源コードをアース端子付きのコンセントに接続します。
 メインプラグは切断装置として使用され、いつでも利用可能になります。
 電源は直射日光の当る場所や、熱器具の近くには置かないでください。
❖ システムのシャットダウン
製品の作動中に電源を切ったり、許可されていない動作を行ったりすると、ハードドライブや本製品自
体に損傷が発生する可能性があります。また、この製品をご使用中にハードディスクに不具合が生じる
可能性があります。
安全に電源を切断するには、<ていし>をDVRメニューから選択し、電源コードを取り外します。
予期できない停電によるダメージを防ぐため、安全な操作が行えるよう UPS
システムをインストールすることもできます。
(UPS に関する質問については、UPS 販売店にお問い合わせください。)
❖ 動作温度
本製品の保証動作温度範囲は、0°C ∼ 40°C (32 °F ∼ 104 °F). です。
本製品は、保証温度以下で長期間保管された直後には適正に作動しない可能性があります。
低温で長期間保管した後に使用する際は、本製品をしばらく室温に置いてから使用してください。
特に本製品の内蔵 HDD は、保証温度範囲が 5°C ∼ 55°C (41 °F ∼ 131 °F) になっています。
ハードドライブも、保証温度以下では作動しない可能性があります。
4_ 概要
キット内容
製品パッケージを開け、製品を平らな場所または設置場所に置いてください。
パッケージにすべてのコンポーネントが含まれていることを確認します。
SHR-3040
 概要
DVR
リモコン/電池(単4形2本)
マウス
インストールCD
ユーザー・マニュアル
ACアダプタ/電源ケーブル
日本語 _5
概要
目次
概要
2
設置
11
ライブ
15
設定
25
6_ 概要
2
3
4
6
8
9
10
主な特徴
重要な安全ガイド
ご使用の前に
目次
前面パネル
背面パネル
リモコンの外観
11
12
13
14
14
設置環境のチェック
HDDの設置
別のデバイスへの接続
ネットワーク接続
USB接続
15
18
18
19
19
19
20
20
21
22
23
24
ライブ
モード切替
PIP表示
ズーム
オートシーケンス
フリーズ
録画
PTZ
検索
再生
イベント監視
スポットモニターでのイベント監視
25
26
28
30
36
42
44
45
46
47
メニューの使用
ディスプレーセットアップ
録画
システムセットアップ
ネットワーク/PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
工場出荷時の初期設定
言語
ネットワーク接続と設定
WEB VIEWER
51
63
Web Viewerとは
Web Viewerとの接続
Web Viewerの概要
クライアントセットアップ
リモートセットアップ
バックアップ
プレーヤー
REMOTE VIEWER
検索
63
65
66
製品仕様
外観および寸法
トラブルシューティング(FAQ)
 概要
付録
51
51
52
53
54
56
56
59
62
日本語 _7
概要
前面パネル
1
2
3
4
項目
USBポート
5
6 7
8
説明
USBメモリ・デバイスを接続するために使用します。
電源
システム電源のステータスを表示します。
HDD
ハード・ディスクにアクセスしているときに点滅します。

映像を早戻しします。
 REC
録画を開始または終了します。

映像を早送りします。
►
録画されたチャンネルを再生します。

映像の再生を停止します。
◄
映像を逆再生します。
LED
再生
MODE
分割モードに切り替わります。
+/-
メニュー設定を変更またはPTZモードでズームイン/ズームアウトを制御できます。
MENU
メニュー画面にアクセスします。
メニュー画面から1つ上のレベルに移動します。
RETURN
再生中は停止ボタンとして機能します。
4/PTZ
チャンネル4に移動し、このボタンを押し続けてPTZモードに移動します。
3/PIP
チャンネル3に移動し、このボタンを押し続けてPIPモードに移動します。
2/SEQ
チャンネル2に移動し、このボタンを押し続けてSEQモードに移動します。
1/ZOOM
チャンネル1に移動し、このボタンを押し続けて画像を拡大します。再び押すと
元のサイズに戻ります。
方向ボタン (▲▼◄ ►) 方向ボタンを使用してメニュー項目間を移動します。
OK(
8_ 概要
)
メニュー項目を選択し、実行します。
背面パネル
1
2 3
4
5
6 7
 概要
9
項目
8
説明
AUDIO IN
音声信号入力ポートです。(RCAジャック)
AUDIO OUT
音声信号出力ポートです。(RCAジャック)
RS-485
RS-485対応の外部デバイスへのコネクタです。 (パンニング/チルト/ズーム)
アラーム出力
アラーム出力ポートです。
アラーム入力
アラーム入力端子です。
VGA
VGAモニターへの映像出力ポートです。
VIDEO IN (CH 1 4)
カメラ映像入力用のBNCポートです。(最大4台のカメラをサポート)
VIDEO OUT
AVモニター出力用のBNCポートです。
PS/2 MOUSE
PS/2タイプのマウス接続ポートです。
DC入力
12V/4Aアダプタ用の電源接続ポートです。
SPOT OUT
NTSCまたはPALベースのスポットモニター用の出力(COMPOSITE)ポートです。
NETWORK
ネットワーク接続用のRJ-45ポートです。
日本語 _9
概要
リモコンの外観
SEARCH
サーチメニューが表示されます。
PTZ
PTZコントロール・メニューが表示されます。
メニュー
メインメニューを開く、または前のメニ
ューに移動します。
数字
このパッドを使用して、番号を入力、ま
たはシングル画面を表示します。
FUNC
ランチャー・メニューが表示されます。
REC
録画を開始/終了します。
MODE
分割モードに切り替わります。
AUDIO
音声をオンまたはオフにします。
方向/OK
カーソルを上/下または左/
右に移動します。/
メニュー項目を選択し、実行します。
CH +/前または次のチャンネルに移動します。
+/メニュー設定を変更またはズームイン/
ームアウトを制御するために使用します。
再生
再生
巻き戻しの一時停止、逆再生、再生、早
送りの一時停止
高速巻き戻し、一時停止、停止、早送り
ZOOM
画面が数字で拡大(2倍)されます。
SEQ
オート・シーケンス・モードに切り替えます。
FRZ
画面を一時的に静止します。
10_ 概要
PIP
PIP画面を表示します。
設置
製品を使用する前に、次のことに注意してください。
製品を屋外で使用しないでください。
製品の接続部分に水または液体をこぼさないでください。
製品に強い衝撃や圧力を与えないでください。
電源プラグを強引に抜かないでください。
ご自分で製品を分解しないでください。
定格の入力/出力範囲を超えないようにしてください。
認定された電源コードのみを使用してください。
入力アース付きの製品の場合は、アース付きの電源プラグを使用してください。
 設置
•
•
•
•
•
•
•
•
設置環境のチェック
• Samsungのデジタル・ビデオ・レコーダー(以下、
「DVR」という)は、最高水準のセキュリティ・デバイス
で、大容量ハード・ディスクと重要な回路が内蔵されてい
ます。
温度(単位: ºC)
1 年:24 時間 X 365 日 = 8,760 時間
• 製品内部の温度が上昇すると、製品が故障したり、製品寿
命が短くなる場合があります。
設置する前に、次の推奨事項に注意してください。
寿命(単位: 時間)
[図 1]
次の推奨事項は、サムソンDVRをラックに設置する場合のものです。
1. ラック内部が密閉されていないことを確認してください。
2. 図のように、空気取入れ口と排気口を通して空気が循環していることを
確認してください。
3. 図のように、ラック上のDVRまたは他のデバイスがスタックしている場
合は、十分なスペースを空けるか、空気が循環されるように換気口を設
置してください。
4. 自然対流を作るには、空気取入れ口をラックの下部に、排気口を上部に
配置してください。
5. 空気取入れ口と排気口にファン・モーターを設置して空気を循環させるこ
とを強くお薦めします (画面の空気取入れ口にフィルタを取り付けて、
ゴミや異物が入らないようにしてください。)
6. 図1のように、ラック内部または周囲の温度を0°C
104°F)に保ってください。
J
40°C(32°F
 ラックに取り付けできるのは、シェルフ型のみです。
[図 2]
日本語 _11
設置
HDDの設置
レコーダにHDDが内蔵されていない場合は、HDDを取り付けできます。
メインボード
HDD
SATA
1. 左右のネジを緩めてカバーを取り外します。
2. SATAデータ・ケーブルを使用してメイン・ボードにHDDを接続し、HDD電源ケーブルを接続します。
3. HDDの緩衝材をDVRの内側の底に貼り付け、HDDをその上に置き、付属のネジでHDDを固定します。
M
 HDDが正しく取り付けられていない場合は、動作しないことがあります。 したがって、交換作業については
J
 データ喪失の注意(HDDメンテナンス)
販売店にお問合わせください。
• ケースの外側からネジを固定します。また過度の力をかけないでください。
HDDが損傷しないように注意して扱ってください。
HDDを交換する場合は、DVR対応であることを必ず確認してください。
HDDは外部からの衝撃に弱く、誤作動の原因になるため衝撃を加わえないように注意してください。
Samsungでは、不注意や外部の衝撃によるHDDの損傷に対しては責任を負いません。
 HDDと格納データが損傷する可能性があるのは次の場合です。
HDDの損傷によるリスクを最小限にするため、データを定期的にバックアップしてください。
DVRの取外しや取付け中に外部からDVRに衝撃が加わった場合は、データが損傷することがあります。
HDDの動作中に電源をオフにする、または停電によりDVRが停止した場合、HDDが損傷することがあります。
動作中にDVRを動かす(衝撃が加わる)と、HDDが損傷することがあります。
12_ 設置
別のデバイスへの接続
映像、音声、およびモニターへの接続
カメラ
マウス
マイク
スピーカー
スポットモニター
RS-485、アラームへの接続
RS-485デバイスの接続
PTZおよびスピード・ドーム・カメラなどの外部デバイスを制
御するために使用する接続ポートです。
外部デバイスを背面の[FUNCTION]パネルにあるRS-485ポート
(PIN 1:-, 2:+)に接続します。
M
 RS-485デバイスがDVRと互換性があるか確認してください。
 設置するときはRS-485の極性(+/-)に注意してください。
 極性はカメラのモデルによって異なる場合があります。
 詳細は、PTZカメラのユーザー・ガイドを参照してください。
アラーム出力の接続
アラーム音を鳴らすために使用する接続ポートです。
• ピン 3: RELAY COM / 4: RELAY NC / 5: RELAY NO
信号ケーブル(2つより)の一方を[COM]ポートに接続し、もう一
方を対象のアラーム出力ポートに接続します。
アラーム入力の接続
センサー信号を受信するために使用する接続ポートです。
RS-485
アラーム入力
アラーム出力
• ピン 6: ALARM GND, 7: ALARM 4, 8: ALARM 3, 9: ALARM 2, 10:
ALARM 1
アラーム信号ケーブル(2つより)の一方を[GND]ポートに接続し、もう一方を対象のアラーム入力ポート
に接続します。
日本語 _13
 設置
モニター
VGAモニター
設置
ネットワーク接続
イーサネット・コネクタを使用して、ネットワークに接続できます。
複数のコンピュータで構成されたネットワークに接続することにより、ユーザーはリモート監視、リモート検
索、およびリモート制御などの機能を実行できます。
ケーブル/ADSL/VDSL
IPルーター
インターネット
または
DDNSサーバー
(websamsung.net)
ダイレクトLAN(動的/静的IP)
SHR-3040
ローカルPC #1
カメラ
リモート・ユーザーPC #1
ローカルPC #N
リモート・ユーザーPC #N
SHR-3040
データ・ライン :
映像ライン :
USB接続
DVRにはフロント・パネルに1つのUSBポートがあります。
USBメモリをUSBポートに接続して、データのバックアップまたはファームウェアをアップグレードできます。
DVRでフォーマットされていない場合は、PC上でUSBデバイスをFAT32ファイル・システムでフォーマットし
ます。
14_ 設置
ライブ
ライブ
はじめに
2009/05/01
00:00:01
14D
00:00:01
14D
ログイン
DVRまたは制限メニューにアクセスするには、DVRにログインします。
1. ライブ画面で、画面の任意の領域を右クリックします。
コントロール・アイコンが下部に表示されます。
2. メニュー項目 [
2009/05/01
] をクリックします。
 リモコンの[MENU]ボタンを押してログイン・ダイアログを
表示することもできます。
3. カーソルを使用してパスワードを入力する、またはリモ
コンで数字の組合せを押します。
M
 デフォルトID : ADMIN
 デフォルトのパスワード : 4321
4. <OK>を選択します。
メインメニューにアクセスします。
DVR ログイン
ユーザー ID
ADMIN
ユーザーパスワード
0
1
2
3
-------4
5
6
OK
7
8
9
しゅうりょう
日本語 _15
 ライブ
1. DVRの電源ケーブルを壁のコンセントに差し込みます。
電源を入れると、自動的に開始されます。
ライブ
ライブ画面構成
ライブ画面上のアイコンを使用して、DVRの状態や動作をチェックすることができます。
1
2009/05/01
2 3 4 5
00:00:01
6
14D
7
8
9
10
項目
説明
現在日付、時刻
現在の日付と時刻が表示されます。
ライブ画面ステ
ータス
音声出力ステータスが表示されます。
PTZ、PIP、ZOOM、SEQおよびFRZのステータスがそれぞれ表示されます。
ネットワー
ク接続ステ
ータス
ネットワーク接続または切断時のネットワーク接続ステータ
スが表示されます。
録画ステ
ータス
録画ステータスが表示されます。
上書
HDDの上書ステータスが表示されます。
HDD
カメラ名
14D
録画する日数が表示されます。
上の図では、14日間、録画データを格納できます。
AUTO
自動削除の使用を設定すると表示されます。
FULL
上書きの使用が選択されていない、またはHDDに容量がない場合に表示されます。
OW
上書きの使用を設定していると表示されます。
現在のカメラの名前が表示されます。
モーションが検出されると表示されます。
イベント
アラームが鳴ると表示されます。
16_ ライブ
チャンネル
の選択
チャンネル1、2、3、4または分割モードに切り替えることが
できます。
ランチャー
・メニュー
録画、設定、PTZ、PIP、ZOOM、SEQ、FRZおよび再生メニュ
ーにアクセスできます。
ランチャー・メニューの表示
ライブ画面の下部に表示されるランチャー・メニューを使用して、アクセスすることができます。
1. ライブ・モードで、任意の領域を右クリックするか、
リモコンの[FUNC]ボタンを押します。
ランチャー・メニューが下部に表示されます。
2009/05/01
00:00:01
14D
2. カーソルを下部に移動し、ランチャー・メニューの該
当する項目をクリックしアクセスします。
 ライブ
メニュー
説明
モード切替
各チャンネルで分割モードまたはシングル・モードに切り替えます。
録画
録画を手動で実行します。
メインメニュー
メイン画面にログインします。
PTZ
パニング/チルト/ズームを実行できるPTZコントロール・アイコンが表示されます。
PIP
PIPモードに切り替えます。
PIPとは"ピクチャー・イン・ピクチャー"の頭字語で、シングル・ライブ画面でサブ
画面を表示できます。
ZOOM
選択したチャンネルの画面を2倍に拡大します。
SEQ
オートシーケンス・モードに切り替えます。
SEQとは"シーケンス"の略で、指定した間隔で自動的にチャンネル画面が次画面に移
動します。
フリーズ
ライブ画面を一時的に静止します。
検索
サーチメニューに移動します。
再生
録画した映像を再生します。
日本語 _17
ライブ
モード切替
リモコンまたはフロント・パネルのチャンネル・ボタンを使用して各チャンネルに対してシングルまたは4分
割モードに切り替えることができます。
1. フロント・パネル、リモコンまたはコントロール・アイコンのチャンネル・ボタンを押すか、ランチャー
・メニューのチャンネル・アイコンをクリックします。
選択したチャンネルはシングル・モードで表示されます。
2. リモコンの[CH-]または[CH+] ボタンを押して、前または次のチャンネルに移動します。
3. フロント・パネルまたはリモコンの[MODE]ボタンを押すか、ランチャー・メニューの分割画面アイコン
>をクリックして、4分割モードに切り替えます。
<
M
 例)CH 3を選択し、再び分割モードを選択した場合
CH1
CH3
CH2
CH4
4分割画面
CH3
CH1
CH2
CH3
CH 3のシングル画面
CH4
4分割画面
PIP表示
シングル・ライブ画面で他のチャンネルの右下にサブ画面を表示できます。
1. フロント・パネルまたはリモコンの[PIP]ボタンを押すか、ランチャー・メニュ
>をクリックします。
ーの<
2. [PIP]ボタンをもう一度押すか、<
PIP画面が消えます。
M
> をクリックします。
 サブ画面は指定した間隔で自動的に切り替わります。間隔は メインメニュー >
18_ ライブ
システムセットアップ > スイッチングセットアップ の<PIPスクリーン>で調整
することができます。 (33ページ)
CH1
CH2
ズーム
ライブ・モードで利用可能で、選択したチャンネルの画面が2倍に拡大されます。
1. フロント・パネルまたはリモコンの[ZOOM]ボタンを押し続けるか、ランチャー・メニューで<
>
をクリックします。
選択したチャンネルは2倍に拡大されます。一方CH 1は4分割モードの画面に合わせて拡大されます。
M
 拡大された画面で、カーソルを移動して、画面をスクロールします。
 ライブ
2. [ZOOM]ボタンをもう一度押すか、<
>をクリックします。
ズーム・モードはキャンセルされます。
オートシーケンス
4つのシングル・ライブ・チャンネルを順に表示できます。
1. ライブ・モードで、フロント・パネルまたはリモコンの[SEQ]ボタンを押し続
けるか、ランチャー・メニューの <
> をクリックします。
> をクリックします。
2. [SEQ]ボタンをもう一度押すか、<
オートシーケンスはキャンセルされます。
M
 切り替え間隔は、"メインメニュー > システムセットアップ > スイッチング
CH4
CH1
CH1
CH1
CH1
CH1
セットアップ"の<シークエンス>で調整できます。 (33ページ)
CH1
フリーズ
ライブ・モードで利用可能で、ライブ画面が一時的に静止します。
1. リモコンの[FRZ]ボタンを押すか、ランチャー・メニューの <
ライブ画面が一時的に静止します。
> をクリックします。
 [FRZ]ボタンを押し、分割モードで対象のチャンネルを選択すると、選択した画面のみが一時的に静止(静止していた
場合は再開)します。
2. [FRZ]ボタンをもう一度押すか、<
フリーズはキャンセルされます。
> をクリックします。
日本語 _19
ライブ
録画
ライブ・モードで手動で録画できます。
手動モード以外では、スケジュール・メニューで設定されているとおりに録画が続行されます。
1. フロント・パネルまたはリモコンの[REC]ボタンを押すか、ラ
ンチャー・メニューで <
> をクリックします。
録画が開始され、ボタンが停止モードに切り替わります。
2. [REC]ボタンをもう一度押すか、<
録画は停止します。
M
2009/05/01
00:00:01
14D
2009/05/01
00:00:01
14D
>をクリックします。
 詳細オプションを"メインメニュー > ろくが"で設定できます。
 HDDの容量がなく、"ハードディスク"のうわがきオプション
が<むこう>に設定されている場合、録画は続行されません。
 データ・バックアップ中は録画は無効になります。
PTZ
PTZ対応カメラの角度をPTZメニューで調整できます。
1. フロント・パネルまたはリモコンの[PTZ]ボタンを押し続ける
> をクリックします。
か、ランチャー・メニューで <
PTZ方向パッドが表示されます。
2. 8方向の矢印を使用してカメラの角度を調整します。
3. 中央の <
> キーで、<
> をクリックすると拡大し、
下の <
> キーを選択すると縮小します。
4. [PTZ]ボタンをもう一度押すか、<
PTZ方向パッドは消えます。
20_ ライブ
> をクリックします。
検索
時間ごと、またはイベントごとなどの検索基準で、録画されたデータを検索できます。
1. リモコンの[SEARCH]ボタンを押すか、ランチャー・メニュー
で<
> をクリックします。
サーチメニューが表示されます。
パーセントサーチ
タイムサーチ
イベントサーチ
3. 各項目の検索基準を指定して、下の画面で<さいせい>をクリ
ックします。
選択した映像データが再生されます。
しゅうりょう
 前のメニューに戻るには、<キャンセル>をクリックします。
 マウスのホイールを上下に動かして、設定値を増減することもできます。
パーセントサーチ
HDDの録画データ量を示すパーセント・バーで開始ポイン
トを選択できます。
カーソルを使用して、セクション・バーの該当ポイントを
選択する、またはリモコンの[+/-]ボタンで、
またはマウスの左/右ボタンでバーのパーセント("%")を指
定します。
パーセントサーチ
スタート
2009/ 05/01
00:00:06
エンド
2009/ 05/01
00:00:20
ターゲット
2009/ 05/01
00:00:06
パーセント
92%
 右クリックすると数値が減り、左クリックすると数値が増えます。
さいせい
キャンセル
タイムサーチ
日付と時刻でデータを検索できます。
<タイムサーチ>を選択した場合は、開始時刻と終了時刻が
表示されます。
タイムサーチ
スタート
2009/ 05/01
00:00:06
エンド
2009/ 05/01
00:00:20
ターゲット
2009/ 05/01
00:00:06
<ターゲット>で設定したタイムポイントがリストに表示さ
れます。
 範囲外のタイムポイントを指定した場合は、エラー・メッセー
ジ<タイムにゅうりょくエラー>が表示されます。
さいせい
キャンセル
日本語 _21
 ライブ
2. リモコンまたはフロント・パネルの方向ボタンを使用する、
またはカーソルを使用して、パーセント、タイムおよびイベ
ントのメニュー項目から1つを選択します。
サーチ
ライブ
イベントサーチ
アラーム、モーション検知、ビデオロスなどのイベントの
リストの内容で検索し確認できます。
<イベントサーチ>を選択すると、発生日時情報を含むイベ
ントのリストが表示されます。
イベントの再生を選択すると、選択したイベントがすぐに
再生されます。
イベントサーチ
タイム
CH
イベント
------------------------------------------------2009/05/01 00:00:06
2
ビデオロス
2009/05/01 00:00:07
1
ビデオロス
2009/05/01 00:00:08
1
ビデオロス
2009/05/01 00:00:09
1
MOTION
2009/05/01 00:00:10
1
MOTION
/ /
:
:
-/ /
:
:
-/ /
:
:
-/ /
:
:
-/ /
:
:
-ページ
001/001
キャンセル
再生
ライブ・モードで、リモコンまたはフロント・パネルの [►]
ボタンを押す、またはランチャー・メニューの <
> をクリッ
クして、HDDの最終実行ポイントから映像データを再生します。
M
 ランチャー・メニューの各アイコンは、リモコンの再生バーと
同様に機能します。(10ページ)
22_ ライブ
2009/05/01
00:00:01
14D
イベント監視
各チャンネルの画面にイベントとアラームなどの特定イベントが表示されます。
このイベントはスケジュール設定に関係なく表示されます。
イベントアップデートを設定するには
スイッチングセットアップ
シークエンス
01 SEC
P IPスクリーン
01 SEC
イベントアップデート
2. 録画スケジュールで指定したイベントが起きた場合は、
イベントアップデートが実行されます。
 詳細は、<スケジュールセットアップ>を参照してください。
(29ページ)
600 SEC
OK
デフォルト
キャンセル
• 録画中にのみ、ビデオ・ロス・イベントがアップデートされます。
• 録画スケジュールがアラームに設定されている場合のみ、アラーム・リストはアップデートされます。
• 録画スケジュールがモーションに設定されている場合のみ、モーション・イベントはアップデートさ
れます。
• 録画スケジュールがアラームとモーションに設定されている場合のみ、アラームとモーション・イベ
ントはアップデートされます。
イベントリストのアップデート
 例)イベントのアップデート間隔を10秒に設定した場合は、次のイベントは少なくとも10秒後にアップデー
トされます。
イベントの発生
イベント・リストのア
ップデート
イベントの終了
イベントの発生
10秒
リストによる登録を無視
イベントの発生
イベント・リストのア
ップデート
日本語 _23
 ライブ
1. 時間を"メインメニュー > システムセットアップ >
スイッチングセットアップ >
イベントアップデート"で指定します。
10から990秒の時間を10秒単位で設定します。
 詳細は、<スイッチングセットアップ>を参照してください。
(33ページ)
ライブ
スポットモニターでのイベント監視
ライブ画面とは別に、スポットモニターを使用して、SPOT OUTポートを通じて特定チャンネルのイベントを
監視できます。
1. 間隔を、"ネットワーク/PTZセットアップ > スポットモニター
セットアップ"のポップアップで、指定します。
ユーザーの設定に従って、イベントが起きたときに、スポッ
トモニターが有効になります。
 詳細は、<スポットモニターセットアップ>を参照してください。
スポットモニターセットアップ
スイッチングインタバル
03 SEC
アラームポップアップ
オフ
モーションポップアップ
オフ
イベントポップアップタイム
05 SEC
(41ページ)
OK
デフォルト
キャンセル
• スポットモニターは、間隔に従って、オートシーケンスにデフォルト設定されます。
複数のイベントが同時に起きた場合は、下のチャンネルのイベントが最初にポップアップ・メッセー
ジで通知されます。
• スポットモニターによりチャンネル1(第1イベント)からチャンネル2(第2イベント)に切り替えられると、イ
ベント・ポップアップ保持時間内はチャンネル1の新規イベントは新しいポップアップを表示しません。
スポット・イベント・ポップアップ
イベントの発生
イベントの発生
ポップアップの持続時間
CH1
24_ ライブ
CH2
設定
メニューの使用
スクリーンセットアップのメニュー設定、録画、システムセットアップ、ネットワーク/PTZセットアップ、バ
ックアップ、言語、システムソフトウェアアップグレード、システムリセットを設定できます。
 リモコンまたはマウスで、前述のメニュー項目のそれぞれ1つを選択できます。
該当のメニューにすばやくアクセスするため、事前にボタンとリモコンの使用に目を通しておくこと
をお勧めします。
マウスの使用法
ランチャー・メニューで、<
ー"が表示されます。
ボタン
ホイール
右
左
> をクリックし、パスワードを入力してログインします。"メインメニュ
説明
メニューの設定を調整します。(増加/減少)
ライブ/再生モードで音量レベル(+, -)を調整します。
メニューで設定の調整に使用します。(減少)
メニューで設定の調整に使用します。(増加)
このキーを使用してランチャー・メニューを実行します。 (該当するアイコンをクリック)
リモコンまたはフロント・パネルのボタンの使用法
ライブ・モードでは、[MENU]ボタンを押して、ログイン後"メインメニュー"にアクセスします。
ボタン名
説明
方向ボタン
▲▼◄ ►
メニュー項目間を移動するために使用します。
確認
OK
ユーザーの入力や設定または設定の変更を確認するために使用します。
(増加/減少)
+/-
+/-
メニュー設定を変更するために使用します。(増加/減少)
メニュー
MENU
メインメニューにアクセスする、または前のメニューに移動するために使用
します。
日本語 _25
 設定
M
設定
ディスプレーセットアップ
VGA、スクリーンセットアップ、OSDを設定できます。
VGAセットアップ
1. リモコンまたはフロント・パネルの[MENU]ボタンを押
します。
"DVR ログイン"ダイアログが表示されます。
2. パスワードを入力し、<OK>を選択します。
"メインメニュー"画面が表示されます。
3. 上/下ボタン (▲▼) を使用して<ディスプレーセットアッ
プ>を選択し、[OK]を押します。
"ディスプレーセットアップ"画面が表示されます。
メインメニュ−
ディスプレーセットアップ
ろくが
システムセットアップ
ネットワーク / PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
しょきせってい
げんご
にほんご
ていし
しゅうりょう
4. 上/下ボタン (▲▼) を使用して<ディスプレーセットアッ
プ>を選択し、[OK]を押します。
"VGAセットアップ"画面が表示されます。
ディスプレーセットアップ
VGAセットアップ
スクリーンセットアップ
OSDセットアップ
キャンセル
5. 映像解像度を設定します。
• かいぞうど : 640X480、800X600、1024X768 および
1280X1024から選択します。
VGAセットアップ
かいぞうど
800 * 600/60HZ
6. 終了後、<OK>を押します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期
設定に戻されます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
26_ 設定
OK
デフォルト
キャンセル
スクリーンセットアップ
前のセクションを参照して、ステップ1∼3を繰り返します(26ページ)。
4. 上/下ボタン (▲▼) を使用して<スクリーンセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"スクリーンセットアップ"画面が表示されます。
ディスプレーセットアップ
VGAセットアップ
スクリーンセットアップ
OSDセットアップ
 設定
キャンセル
5. 上/下ボタン (▲▼) を使用して該当する項目に移動
します。
• すいちょくいち : 入力映像を上下に動かすときに使用
します。 (-5 5)
スクリーンセットアップ
すいちょくいち
0
すいへいいち
0
きょうかいせんゆうこう
オン
きょうかいせんのいろ
ライトグレー
• すいへいいち : 入力映像を左/右に動かすときに使用
します。 (-31 31)
• きょうかいせんゆうこう :
使用する境界線を指定します。
OK
デフォルト
• きょうかいせんのいろ : 境界線の色を指定します。
キャンセル
6. 終了後、<OK>を選択します。
ユーザーの設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期設定に戻されます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
OSDセットアップ
前のセクションを参照して、ステップ1∼3を繰り返します(26ページ)。
4. 上/下ボタン (▲▼) を使用して<OSDセットアップ>を選
択し、[OK]を押します。
"OSDセットアップ"画面が表示されます。
ディスプレーセットアップ
VGAセットアップ
スクリーンセットアップ
OSDセットアップ
キャンセル
日本語 _27
設定
5. "トップOSDオフセット"を設定するには、上/下 (▲▼)
ボタンを使用します。
ライブ画面の上隅のアイコン・バーの位置が上下に移動
します。
OSDセットアップ
トップOSDオフセット
0
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期
設定に戻されます。
OK
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
デフォルト
キャンセル
録画
録画および録画スケジュール設定を設定できます。
録画設定
ろくがひんしつ、 フレームレート、およびプリアラームろくがのオプションを設定できます。
1. リモコンまたはフロント・パネルの[MENU]ボタンを押
します。
"DVRログイン"ダイアログが表示されます。
2. パスワードを入力して、<OK>を選択します。
"メインメニュー"画面が表示されます。
3. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<ろくが>を選択し、[OK]
を押します。
"ろくが" 設定画面が表示されます。
メインメニュ−
ディスプレーセットアップ
ろくが
システムセットアップ
ネットワーク / PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
しょきせってい
げんご
にほんご
ていし
しゅうりょう
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<ろくがセットアップ>を
選択し、[OK]を押します。
"ろくがセットアップ"画面が表示されます。
ろくが
ろくがセットアップ
スケジュールセットアップ
キャンセル
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動
します。
• がしつ : さいこう、こう、およびノーマルから画質を
選択します。
残り時間は画質によって異なります。
• フレームレート : 1秒あたりのフレームレートを設定
します。
フレームレートが高いほど、ビデオの映りはより自然
になりますが、録画できる残り時間が短くな
ります。
28_ 設定
ろくがセットアップ
がしつ
こう
フレームレート
30 FPS
プリアラームろくが
オフ
------------------------------------------------HDDざんようりょう
236GB/320GB
のこりじかん
D-14 H-11 M-25
OK
デフォルト
キャンセル
• プリアラームろくが : イベント録画の際には、実際のイベントの前に、事前録画時間を設定してく
ださい。
J
 プリアラーム設定はフレームレートに応じて変更されます。
• HDDざんようりょう : 現在のHDDの残り容量と総容量を示します。
• のこりじかん : 選択した画質に応じて、予測された録画可能な時間を"日付 (D)/時間 (H)/分 (M)"
形式で表示します。
 設定
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期設定に戻されます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
スケジュールセットアップ
録画スケジュールを設定できます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3を繰り返してください。 (28ページ)
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<スケジュールセットアッ
プ>を選択し、[OK]を押します。
"スケジュールセットアップ"画面が表示されます。
ろくが
ろくがセットアップ
スケジュールセットアップ
キャンセル
5. 方向 (▲▼◄ ►) ボタンを使用して該当するボックスに移
動し、[OK]を押します。
ボタンを押すたびに、ボックスの設定が"タイムろくが >
モーションろくが > アラームろくが >
モーション&アラーム > ろくがストップ"の順に切り替わ
ります。
• すべて : 週全体の設定を行うには、このオプション
を選択します。
スケジュールセットアップ
すべて
000204060810121416182022
SUN
MON
TUE
WED
THU
FRI
SAT
• ようび : 週の特定の曜日を選択するには、このオプ
ションを選択します。
OK
デフォルト
キャンセル
• じかん : 時間範囲の設定を行うには、このオプションを選択します。
時間範囲を2時間ごとに設定できます。
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期設定に戻されます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
日本語 _29
設定
システムセットアップ
ハードディスク、カメラ、モーション録画、アラーム録画、間隔、タイム、パスワード、およびブザーを設定
することができます。
ハードディスク
HDDモデルとその容量を確認し、うわがきオプションを設定して、HDDをリセットすることができます。
1. リモコンまたはフロント・パネルの[MENU]ボタンを押
します。
"DVRログイン"ダイアログが表示されます。
2. パスワードを入力して、<OK>を選択します。
"メインメニュー"画面が表示されます。
3. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<システムセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"システムセットアップ"画面が表示されます。
メインメニュ−
ディスプレーセットアップ
ろくが
システムセットアップ
ネットワーク / PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
しょきせってい
げんご
にほんご
ていし
しゅうりょう
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<ハードディスク>を選択
し、[OK]を押します。
"ハードディスク"画面が表示されます。
システムセットアップ
ハードディスク
カメラセットアップ
モーションセットアップ
アラームセットアップ
スイッチングセットアップ
タイムセットアップ
パスワードセットアップ
ブザーセットアップ
キャンセル
5. 現在のHDDのモデルと仕様を確認してください。
6. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• オーバーライト : HDDの容量がなく、このオプショ
ンが<ゆうこう>に設定されている場合、DVRは既存
データを上書きして、録画を続行します。
<むこう>を選択すると、DVRはHDDの容量がないと
録画を停止します。
ハードディスク
モデル
WDC WD2500AAJS-22B4AO
シリアルNo.
ブロック
WD-WCAT10703203
488397168 LBA
サイズ
バンドワイズ
320 GB
P104
------------------------------------------------オーバーライト
じどうけんしゅつ
ゆうこう
オフ
<ちゅうい>ぜんHDDデータしょうきょ
OK
• じどうけんしゅつ : 自動削除期間を設定している場合、
HDDクリア
キャンセル
指定した時間よりも前の既存データは削除されます。
<オフ>を選択すると、自動削除は無効になります。
自動削除期間を設定している場合、<オーバーライト>オプションは自動的に、<オート>に設定さ
れます。
J
 自動削除期間を設定している場合、指定した時間よりも前のHDD録画データは削除されます。
例)D-03の場合、3日前までのデータは削除されます。
7. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<HDDクリア>を選択すると、HDDはログインプロセスの後で消去されます。
8. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
30_ 設定
カメラセットアップ
前のセクションを参照して、ステップ1 3(30ページ)を繰り返してください。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<カメラセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"カメラセットアップ"画面が表示されます。
システムセットアップ
ハードディスク
カメラセットアップ
モーションセットアップ
アラームセットアップ
スイッチングセットアップ
タイムセットアップ
 設定
パスワードセットアップ
ブザーセットアップ
キャンセル
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• CH: タイトルを変更するには、チャンネルを選択
します。
• カメラタイトル: 入力ボックスにカーソルを移動し、
[OK、+、-] ボタンを使用して名前を入力します。
(8文字)
• あかるさ: 画面の明るさを調整します。
• コントラスト: 色のコントラストを調整します。
カメラセットアップ
CH
CH1
カメラタイトル
CAM01---
あかるさ
0
コントラスト
10
さいど
4
しきちょう
-32
すいへいいち
0
ライブディスプレー
ON
OK
デフォルト
すべてデフォルト
キャンセル
• さいど: 彩度を調整します。
• しきちょう: 色調を調整します。
• すいへいいち: チャンネル画面ごとに水平位置を調整します。
• ライブディスプレー: ライブ画面のオン/オフを切り替えます。
 <オフ>を選択すると、ライブ画面は表示されませんが、録画プロセスは正常に行われます。
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、選択したチャンネルは初期設定値にリセットされます。<すべてデフォルト>
を選択すると、すべてのチャンネルが工場出荷時の初期設定にリセットされます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
日本語 _31
設定
モーションセットアップ
モーションを検知する領域を指定できます。
モーションを検知する領域を選択すると、DVRはその領域で発生するすべてのモーションを検知します。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(30ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<モーションセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"モーションセットアップ"画面が表示されます。
システムセットアップ
ハードディスク
カメラセットアップ
モーションセットアップ
アラームセットアップ
スイッチングセットアップ
タイムセットアップ
パスワードセットアップ
ブザーセットアップ
キャンセル
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
モーションセットアップ
• CH: チャンネルを選択して、モーション検知を設定します。
CH
• かんど: モーション検知の感度を調整します。
かんど
• たいきじかん: モーションが検知された時点からの録画時間
を設定します。 待機時間は2∼99秒の間で指定できます。
CH1
6
たいきじかん
サイズ
05
• サイズ: 一度に選択するセル数を指定します。
例)3を選択すると、合計で9個のセル(3X3)が選択されます。
6. 4つの方向 (▲▼◄ ►) ボタンを使用して、[OK]を押して、
モーション領域を設定します。
モーション検知は、赤で選択されている領域で有効化されます。
2
OK
デフォルト
すべてデフォルト
キャンセル
 デフォルトでは、すべてのセルが無効に設定されています。
 カーソルを使用してモーション領域を設定する場合は、セルを1つ選択して'アクティブ/非アクティブ 'に設定します。
セルを左クリックして、該当のセル・ブロックが形成されるまでドラッグします。
該当のブロックを選択後、マウスの左ボタンを離します。
7. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、選択されたチャンネルは初期設定値にリセットされます。<すべてデフォルト>
を選択すると、すべてのチャンネルが工場出荷時の初期設定にリセットされます。
8. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
アラームセットアップ
DVRに接続しているアラームの入力システムの設定を行うことができます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(30ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<アラームセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"アラームセットアップ"画面が表示されます。
システムセットアップ
ハードディスク
カメラセットアップ
モーションセットアップ
アラームセットアップ
スイッチングセットアップ
タイムセットアップ
パスワードセットアップ
ブザーセットアップ
キャンセル
32_ 設定
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• CH: アラームを設定するには、チャンネルを選択します。
 1つのチャンネルのみのアラームを設定できます。
CH
CH1
タイプ
ノーマルオープン
たいきじかん
05 SEC
OK
デフォルト
すべてデフォルト
キャンセル
• たいきじかん: アラームが鳴ったときに、DVRがアラーム録画を行うための待機時間を指定します。
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、選択したチャンネルは初期設定値にリセットされます。<すべてデフォルト>
を選択すると、すべてのチャンネルが工場出荷時の初期設定にリセットされます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
スイッチングセットアップ
オートシークエンス またはPIP(ピクチャーインピクチャー) モードの時間間隔を指定できます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(30ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<スイッチングセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
システムセットアップ
ハードディスク
カメラセットアップ
モーションセットアップ
アラームセットアップ
スイッチングセットアップ
タイムセットアップ
パスワードセットアップ
ブザーセットアップ
キャンセル
6. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• シークエンス: ライブ・フル画面で、カメラ・チャン
ネルごとにオートシークエンス間隔を指定します。
スイッチングセットアップ
シークエンス
01 SEC
P IPスクリーン
01 SEC
イベントアップデート
600 SEC
• PIPスクリーン: PIPモードで、サブ画像のオートシー
クエンスの間隔を指定します。
• イベントアップデート: 予定されているイベントのイ
ベントリストの更新間隔を指定します。
間隔が10秒に設定されている場合、最初のイベント
がイベントリストに登録されてから10秒後に次のイ
ベントが更新されます。
OK
デフォルト
キャンセル
7. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期設定に戻されます。
8. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
日本語 _33
 設定
• タイプ: センサー入力システムを設定します。
- <むこう> : センサーは機能しません。
- <ノーマルオープン> : センサーが常にオープンになります。
センサーがクローズすると、アラームが鳴ります。
- <ノーマルクローズ> : センサーが常にクローズになります。
センサーがオープンすると、アラームが鳴ります。
アラームセットアップ
設定
タイムセットアップ
タイム、フォーマット、およびサマータイムを設定できます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(30ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<タイムセットアップ>を
選択し、[OK]を押します。
"タイムセットアップ"画面が表示されます。
カメラセットアップ
5. 上/下(▲▼)ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
アラームセットアップ
• デート、タイム: 日付と時間を指定します。
• デートフォーマット: ユーザーのエリアの日付フォーマットを選択します。
(アジア/ヨーロッパ/アメリカ)
システムセットアップ
ハードディスク
モーションセットアップ
スイッチングセットアップ
タイムセットアップ
パスワードセットアップ
ブザーセットアップ
• タイムフォーマット: ユーザー定義に時間のフォーマットを指定します。
(12時間/24時間)
キャンセル
• マンスフォーマット: ユーザー定義に月のフォーマットを指定します。
(えいご、ナンバー)
タイムセットアップ
• DST(サマータイム): DSTを使用するかどうかを設定します。
<オン>を選択して、開始日と終了日を指定すると、
システム時刻は地域標準時より1時間早い時間が設定
されます。
デート
タイム
• スタート: DSTの開始時刻をM(月)/D(日)/H(時間)
の形式で指定します。
サマータイム
スタート
エンド
2009/ 05/01
00:00:43
デートフォーマット
タイムフォーマット
マンスフォーマット
アジア
24じかん
ナンバー
オフ
M-01 D-01 H-00
M-01 D-01 H-00
OK
• エンド: DSTの終了時刻をM(月)/D(日)/H(時間)
の形式で指定します。
J
デフォルト
キャンセル
 サマータイム(DST) オプションを1時間早い時間に設定すると、対応する1時間分の録画済みデータが失われます。
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期設定に戻されます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
パスワードセットアップ
デフォルトのパスワードを、ユーザーが設定した新しいパスワードに変更することができます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(30ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<パスワードセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"パスワードセットアップ"画面が表示されます。
システムセットアップ
ハードディスク
カメラセットアップ
モーションセットアップ
アラームセットアップ
スイッチングセットアップ
タイムセットアップ
パスワードセットアップ
ブザーセットアップ
キャンセル
34_ 設定
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• ユーザーID: ユーザーIDを選択します。
Adminを含めて合計10個のIDを使用できます。
- ADMIN: 管理者は、DVRのすべての機能を設定およ
び実行することができます。
パスワードセットアップ
ユーザー ID
ADMIN
ユーザーパスワード
--------
ニューパスワード
--------
かくにん
--------
0
1
2
3
4
5
6
7
OK
8
9
キャンセル
 設定
- MANAGER: パスワードを変更し、バックアップを実行
できます。Web Viewerを使用して、クライアントセッ
トアップ、バックアップ、プレーヤー、サーチ、およ
びRemote Viewer の各メニューにアクセスできます。
- USER: パスワードを変更し、バックアップを実行できます。
Web Viewerを使用して、クライアントセットアップ、プレーヤー、およびRemote Viewer
の各メニューにアクセスできます。
• ユーザーパスワード: デフォルトのパスワードを提供します。
• ニューパスワード/かくにん: 新しいパスワードを提供します。
6. 新しいパスワードを入力して、<OK>を選択し、新しいパスワードを適用します。無効なパスワード
を入力すると、エラー・メッセージが表示されます。
7. 設定終了後、<キャンセル>を選択します。
設定が適用されます。
ブザーセットアップ
ブザー音を使用するかどうかを設定できます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(30ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<ブザーセットアップ>を
選択し、[OK]を押します。
"ブザーセットアップ"画面が表示されます。
システムセットアップ
ハードディスク
カメラセットアップ
モーションセットアップ
アラームセットアップ
スイッチングセットアップ
タイムセットアップ
パスワードセットアップ
ブザーセットアップ
キャンセル
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• マウスクリックおん: ボタンのマウスクリック音を設定します。
• ビデオロス: ビデオロスが発生した場合にブザーが鳴
るように設定します。
ブザーセットアップ
マウスクリックおん
オフ
ビデオロス
オフ
アラームON
オフ
モーションけんち
オフ
• アラームON: センサー信号入力でブザーが鳴るように設定します。
• モーションけんち: モーションが検出されたときにブ
ザーが鳴るように設定します。
デフォルト
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期設定に戻されます。
OK
キャンセル
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
日本語 _35
設定
ネットワーク/PTZ セットアップ
ネットワーク、PTZ、マウス、オーディオ、およびスポット出力を設定できます。
TCP/IPセットアップ
ライブ画面の表示、DVRの設定、HDDデータのバックアップをネットワークを介してリモートで行うことができます。
IPセットアップ
1. リモコンまたはフロント・パネルの[MENU]ボタンを押
します。"DVR ログイン"ダイアログが表示されます。
2. パスワードを入力して、<OK>を選択します。
"メインメニュー"画面が表示されます。
3. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<ネットワーク/PTZセット
アップ>を選択し、[OK]を押します。
"ネットワーク/PTZセットアップ"画面が表示されます。
メインメニュ−
ディスプレーセットアップ
レコーディング
システムセットアップ
ネットワーク / PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
しょきせってい
げんご
にほんご
ていし
しゅうりょう
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<TCP/IPセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"TCP/IPセットアップ"画面が表示されます。
ネットワーク / PTZ セットアップ
TCP/IPセットアップ
PTZセットアップ
マウスセットアップ
オーディオセットアップ
スポットモニターセットアップ
キャンセル
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<IPセットアップ>を選択
し、[OK]を押します。
"IPセットアップ"画面が表示されます。
TCP/IPセットアップ
IPセットアップ
DDNSセットアップ
キャンセル
36_ 設定
6. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• MACアドレス: DVRに割り当てられたネットワークの
情報を表示します。
MACアドレス
DHCPモードE
00-0A-A2-08-08-F3
マニュアル
IPディテクト
50000
192.168.001.160
192.168.001.001
255.255.255.000
IPポート
IPアドレス
ゲートウェイ
サブネットマスク
バンドワイズ
WEBサーバーポート
こう
(1.5Mbps↑)
00080
OK
キャンセル
• IPポート、IPアドレス、ゲートウェイ、サブネットマスク:
DHCPセットアップ をマニュアル に設定した場合は、ネットワーク環境に応じて値を手動で入力します。
7. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
8. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
DDNSの設定
リモート・ユーザーがネットワークに接続する場合は、アクセス先としてDDNSサイトを指定できます。
DDNSとは
DDNSは、動的DNS(ドメイン・ネーム・システム) の頭字語です。
DNS(ドメイン・ネーム・システム)は、IPアドレス (例: 64.233.189.104)を、ユーザーにとって覚えや
すい名前 (例: www.google.com)にリダイレクトするドメイン・サービスです。
DDNS(動的DNS)は、ユーザーのドメイン名と変更されたIPアドレスをDDNSサーバーで登録するI
P登録サービスのことで、以前のIPアドレスが動的IP環境で変更された場合に、ユーザーが登録済み
ドメイン名にリダイレクトできるようにします。
DDNSアドレスの確認
DDNSアドレスは、<英語の小文字の"g"> + <MACアドレスの末尾から6桁> + <websamsung.net>
で構成されます。
 例)DVRのMACアドレスの末尾6桁が<00:00:f0>の場合は次のようになります。
g + 0000f0 + websamsung.net = g0000f0.websamsung.net
前のセクションを参照して、ステップ1∼4(36ページ)を繰り返します。
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<DDNSセットアップ>を
選択し、[OK]を押します。
"DDNSセットアップ"画面が表示されます。
6. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
DDNSセットアップ
DDNSゆうこう
オフ
とうろく
DDNSステータス
• DDNSゆうこう: DDNSを使用するかどうかを設定します。
• DDNSステータス: DDNSステータスを<オン>に設定
すると、画面上にDDNSのステータスのメッセージが
表示されます。
http://g0808f3.websamsung.net:80
OK
キャンセル
7. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
8. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
日本語 _37
 設定
• DHCPモード: このオプションを<オート>に設定する
と、IPアドレスおよびその他のネットワーク設定がD
HCPサーバーから割り当てられます。(IPポートのみは
手動で設定できます)
このオプションを<マニュアル>に設定すると、以下
のすべての設定を指定できます。
IPセットアップ
設定
PTZセットアップ
チャンネルごとに、PTZカメラのモデル、ID、および速度のほか、サイズとコードを設定できます。
コマンドセットアップ
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(36ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<PTZセットアップ>を選択
し、[OK]を押します。
"PTZセットアップ"画面が表示されます。
ネットワーク / PTZ セットアップ
TCP/IPセットアップ
PTZセットアップ
マウスセットアップ
オーディオセットアップ
スポットモニターセットアップ
キャンセル
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<コマンドセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"コマンドセットアップ"画面が表示されます。
PTZセットアップ
コマンドセットアップ
スピードセットアップ
キャンセル
6. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• CH: チャンネルを選択します。
• モデル: 使用可能なモデルを選択します。
• PTZ ID: ID番号を指定します。
• ボーレート: 適用可能なモデルのビット・レートを設定します。
コマンドセットアップ
CH
モデル
PTZ ID
ボーレート
CH2
SAMSUNG
000
002400 BPS
コマンド
ながさ
コード
P/T RIGHT-DOWN
09
A0 00 00 01
00 0A 3F 3F
76
OK
• コマンド: コマンドを選択します。
• ながさ: 各コマンドの長さを指定します。
• コード: コマンドに関連付けられたコードを表示します。
デフォルト
すべてデフォルト
キャンセル
7. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、選択されたチャンネルは初期設定値にリセットされます。<すべてデフォルト>
を選択すると、すべてのチャンネルが工場出荷時の初期設定にリセットされます。
8. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
38_ 設定
スピードセットアップ
PTZカメラのパンニングとチルトを設定できます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(36ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<PTZセットアップ>を選
択し、[OK]を押します。
"PTZセットアップ"画面が表示されます。
PTZセットアップ
コマンドセットアップ
スピードセットアップ
 設定
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<スピードセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"スピードセットアップ"画面が表示されます。
キャンセル
6. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、<パンスピード>または
<チルトスピード>に移動して、適用可能な速度を選択します。
7. 設定終了後、<OK>を押します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期
設定に戻されます。
スピードセットアップ
パンスピード
7
チルトスピード
7
8. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
OK
デフォルト
キャンセル
日本語 _39
設定
マウスセットアップ
カーソルの操作感度を調整できます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(36ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<マウスセットアップ>を
選択し、[OK]を押します。
"マウスセットアップ"画面が表示されます。
ネットワーク / PTZ セットアップ
TCP/IPセットアップ
PTZセットアップ
マウスセットアップ
オーディオセットアップ
スポットモニターセットアップ
キャンセル
5. <かんど>を指定します。
 値が高いほど、マウスは速く動きます。
マウスセットアップ
かんど
3
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期
設定に戻されます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
OK
デフォルト
40_ 設定
キャンセル
オーディオセットアップ
チャンネルのI/Oボリュームを調整できます。
ビデオの録画中、選択したチャンネルの音声も録音されます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(36ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<オーディオセットアップ>
を選択し、[OK]を押します。
"オーディオセットアップ"画面が表示されます。
ネットワーク / PTZ セットアップ
TCP/IPセットアップ
PTZセットアップ
 設定
マウスセットアップ
オーディオセットアップ
スポットモニターセットアップ
キャンセル
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動します。
• CH: I/O ボリュームを調整するチャンネルを選択します。
<オフ>に設定すると、オーディオ・アイコンがグレーに
なり、音声は録音されません。
オーディオセットアップ
CH
CH1
ボリュームイン
15
ボリュームアウト
03
• ボリュームイン: 入力ボリュームを指定します。
ボリュームに<00>を指定すると、オーディオ入力信
号はゼロ(0)になります。
• ボリュームアウト: 出力スピーカー・ボリュームを指
定します。
OK
デフォルト
キャンセル
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期設定に戻されます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
スポットセットアップ
ライブ画面とは別に、スポットモニターを使用して、SPOT OUTポートで特定のチャンネルをモニターで
きます。
前のセクションを参照して、ステップ1∼3(36ページ)を繰り返します。
4. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<スポットモニターセット
アップ> を選択し、[OK]を押します。
"スポットモニターセットアップ"画面が表示されます。
ネットワーク / PTZ セットアップ
TCP/IPセットアップ
PTZセットアップ
マウスセットアップ
オーディオセットアップ
スポットモニターセットアップ
キャンセル
日本語 _41
設定
5. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して、該当の項目に移動
します。
• スイッチングインタバル: スポットモニターのスイッ
チング間隔を指定します。
スポットモニターセットアップ
スイッチングインタバル
03 SEC
アラームポップアップ
オフ
モーションポップアップ
オフ
イベントポップアップタイム
05 SEC
• アラームポップアップ: アラーム信号が検知されると
、ポップアップ・メッセージが表示されるように設定
します。
• モーションポップアップ: モーション信号が検知され
ると、ポップアップ・メッセージが表示されるように
設定します。
OK
デフォルト
キャンセル
• イベントポップアップタイム: イベントのポップアップ期間を指定します。
6. 設定終了後、<OK>を選択します。
設定が適用されます。
<デフォルト>を選択すると、設定が工場出荷時の初期設定に戻されます。
7. 前のメニューに戻るには、<キャンセル>を選択します。
バックアップ
USBストレージ・デバイスにHDD録画データをバックアップできます。
バックアップ
1. フロント・パネルまたはリモコンの[MENU]ボタンを押
します。
"DVR ログイン"ダイアログが表示されます。
2. パスワードを入力して、<OK>を選択します。
"メインメニュー"画面が表示されます。
3. 上/下 (▲▼)ボタンを使用して<バックアップ>を選択し、
[OK]を押します。
"バックアップ"画面が表示されます。
メインメニュ−
ディスプレーセットアップ
ろくが
システムセットアップ
ネットワーク / PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
しょきせってい
げんご
にほんご
ていし
しゅうりょう
4. USBデバイスを接続して、<USBチェック>を選択します。
検索結果のデバイス・リストがデバイス情報とともに表
示されます。
バックアップ
ハードディスク
スタート
エンド
2009/ 05/01
2009/ 05/01
メディア
くぶん
スタート
エンド
サイズ
USBチェック
42_ 設定
/
MB
バックアップ
/
->
00:00:06
00:00:20
:
:
MB
キャンセル
5. バックアップの開始時刻、日付範囲、およびサイズを指定します。
 バックアップ・デバイスのバックアップ・サイズを
指定できます。 終了時刻と日付は、バックアップ・
サイズに応じて設定されます。
バックアップ
ハードディスク
スタート
エンド
2009/ 05/01
2009/ 05/01
メディア
くぶん
スタート
エンド
サイズ
 開始時刻と日付は必要に応じて変更できます。
6. <バックアップ>を選択します。
USBバックアップが開始します。
00:00:43
00:00:15
3838MB/ 3848MB
2009/ 05/01 00:00:43
2009/ 05/01 00:00:14
003836MB ->
3444MB
USBストレージOK
 バックアップ中、録画は停止し、ライブ画面はビューア
USBチェック
バックアップ
キャンセル
 設定
J
に表示されなくなります。
7. バックアップが完了すると、開始時刻が完了時刻よりも後になり、終了時刻はバックアップ・サイズ
に応じて調整されます。
8. <PLAYER>を使用してバックアップ・データを確認できるリモートPCから、Web Viewerを起動します。
 バックアップ後にUSBストレージ・デバイスで作成された<AUTO PLAYER>を使用して、データを再生するこ
ともできます。
システム・メッセージ
DVRによりUSBストレージ・デバイスが確認されると、以下のメッセージが表示されます。
USBストレージが挿入されていない場合
USBストレージが認識されている場合
USBストレージエラー 。
USBチェック
USBチェック。
ストレージOK 。
USBストレージをさいせつぞくしてください 。
USBストレージOK 。
ほかのUSBストレージをせつぞくしてください 。
バックアップの間
USBバックアップスタート。
USBバックアップOK 。
エラー・メッセージ
USBポートエラー
(USBポートが正常に動作していない場合)
USBメディアがいっぱいです。
(USBデバイスに空き容量がない)
かきこみプロテクトモード 。
(書込みプロテクト・モード)
ファイルシステムがサポートされていません。
(ファイル・システムがサポートされていない場合)
バックアップサイズが空き容量より大きい。
(バックアップ・サイズがUSBデバイスの空き容量よ
り大きい場合)
日本語 _43
設定
システムソフトウェアアップグレード
DVRファームウェアを最新のバージョンにアップグレードできます。
アップグレード
1. フロント・パネルまたはリモコンの[MENU]ボタンを押
します。
"DVR ログイン"ダイアログが表示されます。
2. パスワードを入力して、<OK>を選択します。
"メインメニュー"画面が表示されます。
メインメニュ−
ディスプレーセットアップ
ろくが
システムセットアップ
ネットワーク / PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
しょきせってい
げんご
にほんご
ていし
しゅうりょう
3. 上/下 (▲▼) ボタンを使用して<システムソフトウェアア
ップグレード>を選択し、[OK]を押します。
"システムソフトウェアアップグレード"画面が表示されます。
4. アップグレード可能なファイルを保存するUSBデバイス
を接続します。
システムソフトウェアアップグレード
バージョン
V0.14_090611N
アップグレードバージョン
ファイル:
5. <USBチェック>を選択します。
USBチェック
6. アップグレード可能なファイルの検知後、<アップグレ
ード>を選択します。
7. ログインプロセス後、DVRによりアップグレードのステ
ップが1つずつ実行されます。
8. 完了後、プレーヤーを再起動します。
J
 システムソフトウェアのアップグレード中は、録画が停止し、
ビューアのライブ画面がスキップされる可能性があります。
 USBデバイスにアップグレード可能なファイルが複数あ
アップグレード
キャンセル
システムソフトウェアアップグレード
バージョン
V0.14_090611N
アップグレードバージョン
ファイル:
V0.14_090611N
SHR-3040_V0.14_090611N.BIN
いまとおなじバージョンのファームウェアを
アップグレードしようとしています
アップグレードをクリックしてください
USBチェック
アップグレード
キャンセル
ると、最初のファイルを使用してアップグレードが実行
されるため、USBデバイス内にはアップグレード・ファイルが1つのみ存在するようにしてください。
44_ 設定
工場出荷時の初期設定
工場出荷時の初期設定を復元できます。
工場出荷時の初期設定
2. パスワードを入力して、<OK>を選択します。
メインメニュー 画面が表示されます。
メインメニュ−
ディスプレーセットアップ
ろくが
システムセットアップ
ネットワーク / PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
しょきせってい
げんご
 設定
1. リモコンまたはフロント・パネルの[MENU]ボタンを押
します。
DVR ログイン ダイアログが表示されます。
にほんご
ていし
しゅうりょう
3. 上下 (▲▼) ボタンを使用して<しょきせってい>を選択
し、[OK]を押します。
しょきせってい 画面が表示されます。
4. 上下 (▲▼) ボタンを使用して項目を移動し、<オン>を
選択します。
5. 一番下の<デフォルト>を選択します。
選択した項目が工場出荷時の初期設定に戻されます。
 すべての項目をリセットするには、<すべて>を<オン>に
設定して、<デフォルト>を選択します。
しょきせってい
すべて
オフ
------------------------------------------------ディスプレーセットアップ
オフ
ろくがセットアップ
オフ
スケジュールセットアップ
オフ
カメラセットアップ
オフ
システムセットアップ
オフ
ネットワーク / PTZ セットアップ
オフ
しょきせっていのへんこう
セットアップのロード
セットアップのほぞん
デフォルト
キャンセル
初期設定の変更
工場出荷時の設定は、ユーザー定義の設定にカスタマイズすることができます。
1. FAT 32フォーマットされたUSBストレージ・デバイスを
接続し、<セットアップのほぞん>を選択します。
保存が終了すると、画面に セットアップがロードされ
ました というメッセージが表示されます。
 現在のDVRのすべての設定がUSBデバイスに保存されます。
USBデバイスの種類によって、5∼10秒かかります。
しょきせってい
すべて
オフ
------------------------------------------------ディスプレーセットアップ
オフ
ろくがセットアップ
オフ
スケジュールセットアップ
オフ
カメラセットアップ
オフ
システムセットアップ
オフ
ネットワーク / PTZ セットアップ
オフ
しょきせっていのへんこう
セットアップのロード
セットアップのほぞん
デフォルト
2. 終了後、<しょきせっていのへんこう>を選択します。
画面に しょきせっていにへんこうされました というメ
ッセージが表示されます。
初期設定は正常に変更されました。
 USBデバイスの種類によって、5∼10秒かかります。
キャンセル
しょきせってい
すべて
オフ
------------------------------------------------ディスプレーセットアップ
オフ
ろくがセットアップ
オフ
スケジュールセットアップ
オフ
カメラセットアップ
オフ
システムセットアップ
オフ
ネットワーク / PTZ セットアップ
オフ
しょきせっていのへんこう
セットアップのロード
セットアップのほぞん
デフォルト
キャンセル
日本語 _45
設定
セットアップのロード
1. 設定が保存されているUSBデバイスを接続します。
2. <セットアップのロード>を選択します。
画面に セットアップがロードされました というメッセージ
が表示され、DVRの設定がユーザー設定に変更されます。
 USBデバイスの種類によって、5∼10秒かかります。これに
より、初期設定ではなく、DVRの設定に変更されます。
しょきせってい
すべて
オフ
------------------------------------------------ディスプレーセットアップ
オフ
ろくがセットアップ
オフ
スケジュールセットアップ
オフ
カメラセットアップ
オフ
システムセットアップ
オフ
ネットワーク / PTZ セットアップ
オフ
しょきせっていのへんこう
セットアップのロード
セットアップのほぞん
デフォルト
キャンセル
言語
ユーザー定義の言語を選択することができます。
1. 上/下のボタン (▲▼) を使用して、メニューを選択します。
選択した言語は、ただちに適用されます。
メインメニュ−
ディスプレーセットアップ
ろくが
システムセットアップ
ネットワーク / PTZ セットアップ
バックアップ
システムソフトウェアアップグレード
しょきせってい
げんご
にほんご
ていし
しゅうりょう
46_ 設定
ネットワーク接続と設定
ネットワークの設定は接続モードによって異なるため、操作を行う前にネットワークの接続モードを確認して
ください。
接続
ルーターを使用してローカル・ネットワークに接続している場合
 設定
1. インターネット・ブラウザを起動します。
2. アドレスバーにIPアドレスを入力します。
例) IPアドレス: 192.168.1.200 http://192.168.1.200
HTTPポートが80以外の場合
1. インターネット・ブラウザを起動します。
2. アドレスバーにDVRのIPアドレスとHTTPのポート番号を入力します。
例) IPアドレス: 192.168.1.200: ポート番号(1000) http://192.168.1.200:10000
URL接続の場合
1. インターネット・ブラウザを起動します。
2. アドレスバーにDVRのDDNS URLを入力します。
例) MACアドレスの下6桁:
<00:00:f0> g + 0000f0 + websamsung.net = g0000f0.websamsung.net
URL接続の場合 ‒ HTTPポートが80以外の場合
1. インターネット・ブラウザを起動します。
2. アドレスバーにカメラのDDNS URLとHTTPのポート番号を入力します。
例) IPアドレス: http://g0000f0.websamsung.net: ポート番号(10000)
http://g000f0.websamsung.net:10000
日本語 _47
設定
ネットワーク接続にルーターを使用していない場合
静的IPモード
LAN環境では、ダイレクト接続の確立やDVRとリモート・ユーザー間の接続が可能です。
ネットワーク
1. メインメニュー > ネットワーク/PTZセットアップ >
TCP/IPセットアップ>IPセットアップ で<DHCPモード>
を<マニュアル>に設定します。
 IP、ゲートウェイ、サブネットマスクについての情報は、
ネットワーク管理者にお問い合せください。
SHR-3040
IPセットアップ
MACアドレス
DHCPモード
IPポート
IPアドレス
ゲートウェイ
サブネットマスク
バンドワイズ
WEBサーバーポート
00-0A-A2-08-08-F3
マニュアル
IPディテクト
50000
192.168.000.200
192.168.000.001
255.255.255.000
こう
(1.5Mbps↑)
00080
OK
キャンセル
動的IP(DHCP)モード
DVRをケーブル・モデム、またはオプティカルLANに直接接続できます。
1. メインメニュー > ネットワーク/PTZセットアップ > TCP/IPセットアップ > IPセットアップ で
<DHCPモード>を<オート>に設定します。
J
48_ 設定
 ブロードバンド・ネットワークに接続する際に個別の認証が必要になる場合は、ルーターの使用をお勧めします。
ルーターを使用する場合
次の項目が、DVRの静的IPと衝突していないかどうか確認してください。
ネットワーク
LAN
IPルーター
DSLモデム
LAN
 設定
SHR-3040
DVR静的IPを使用する場合
インターネット接続: ADSL/ケーブル・モデムに接続したIPルーター、またはLAN環境のIPルーターにDVR
を接続することができます。
DVRネットワーク
1. メインメニュー > ネットワーク / PTZ セットアップ >
TCP/IPセットアップ > IPセットアップ で<DHCPモード>
を<マニュアル>に設定します。
2. IPがルーターによって提供される静的IPかどうかを確認
します。
 IP、ゲートウェイ、サブネット・マスクについての情報は、
ネットワーク管理者にお問い合せください。
M
IPセットアップ
MACアドレス
DHCPモード
IPポート
IPアドレス
ゲートウェイ
サブネットマスク
バンドワイズ
WEBサーバーポート
 DHCPサーバーの開始アドレス(192.168.0.100)および
00-0A-A2-08-08-F3
マニュアル
IPディテクト
50000
192.168.000.200
192.168.000.001
255.255.255.000
こう
(1.5Mbps↑)
00080
OK
キャンセル
終了アドレス(192.168.0.200)がすでに設定されている
場合は、他のアドレス(192.168.0.201∼192.168.0.524)を入力します。
ゲートウェイおよびサブネットマスクの設定がIPルーター上のこれらの設定と一致しているかどうかを確認します。
ルーターDHCPのIPアドレス
1. IPルーターのメニューにアクセスするには、IPルーターに接続されているローカルPCのインターネット・
ブラウザのアドレスバーにルーターのアドレスを入力します。例) http://192.168.1.1)
2. 次に、ローカルPCのネットワーク設定を次のように指定します。
 例) IP : 192.168.1.2
サブネットマスク : 255.255.255.0
ゲートウェイ : 192.168.1.1
3. このアドレスを使用してIPルーターに接続し、設定ページを開きます。
IPルーターのDHCP設定メニューにアクセスし、DHCPサーバー・モードを選択し、開始アドレスおよ
び終了アドレスを入力します。
開始アドレス(192.168.0.100)と終了アドレス(192.068.0.200)をそれぞれ入力してください。
 ネットワーク設定は、IPルーターによって異なる場合があります。
日本語 _49
設定
IP/ポート・ルーターでのポート・フォワーディング
1. 使用しているルーターのポート・フォワーディング設定メニューを入力します。
2. 外部で使用する場合のポート範囲: 接続されているDVRの メインメニュー > ネットワーク/PTZセットアップ
> TCP/IPセットアップ > IPセットアップ で指定されているIPポートの範囲を入力します。
 ルーターに複数のDVRが接続されている場合、このIP/ポートは異なる可能性があります。
3. 内部PC IPアドレス: 接続されているDVRの メインメニュー > ネットワーク/PTZセットアップ >
TCP/IPセットアップ > IPセットアップ で指定されているIPアドレスを入力します。
4. 内部ポート範囲は、 がいぶポートはんい と一致する必要があります。
Webサーバー・ポート・ルーターのポート・フォワーディング
1. ご使用のルーターのポート・フォワーディング設定メニューを入力します。
2. 外部で使用する場合のポート範囲: 接続されているDVRの メインメニュー > ネットワーク/PTZセットアップ
> TCP/IPセットアップ > IPセットアップ で指定されているWebサーバーのポート範囲を入力します。
 ルーターに複数のDVRが接続されている場合、このWebサーバーのポート範囲は異なる場合があります。
3. 内部PC IPアドレス: 接続されているDVRの メインメニュー > ネットワーク/PTZセットアップ >
TCP/IPセットアップ > IPセットアップ で指定されているIPアドレスを入力します。
4. 内部で使用する場合のポート範囲: 内部ポート範囲は、 がいぶポートはんい と一致する必要があります。
 このネットワーク設定は、ルーターのモデルによって異なる場合があります。
外部からDVRに接続するには、IPポートとWebサーバーのポートのそれぞれにポート・フォワーディングを設
定する必要があります。
さらに、IPポートとWebサーバーのポートは異なります。
M
50_ 設定
 DMZを使用してユーザー設定を利用できます。(ルーターにDVRが1台しか接続されていない場合)ルータ
ーのDMZ設定メニューにアクセスして、接続されているDVRの メインメニュー > ネットワーク/
PTZセットアップ > TCP/IPセットアップ > IPセットアップ で指定されているIPアドレスを入力した場合
は、DVRのすべてのIPポート(IPポートおよびWebサーバーのポート)がオープンになるため、個別にポー
ト・フォワーディングを設定する必要はありません。
web viewer
WEB VIEWERとは
Web Viewerを使用すると、DVRにリモートで接続して、ライブ映像の送信、録画データの再生やバックアップ、
リモートでの設定を行うことができます。
Web Viewerを操作するために必要な、ハードウェア/オペレーティング・システムの最小要件は次のとおりです。
• CPU: Pentium 4 / 3GHz以上(ハイパースレッディング対応)
• RAM: 1 GB以上
WEB VIEWERとの接続
1. Webブラウザを開き、アドレスバーにDVRのIPアドレス
またはURLを入力します。
 アドレス設定は、ネットワーク接続モードによって異なる
場合があります。
2. <Install ActiveX Control...>をクリックします。
3. セキュリティ・アラートポップアップで、<Install>を
選択します。
4. 終了すると、Web Viewerの起動画面が表示されます。
日本語 _51
 WEB VIEWER
システム要件
web viewer
WEB VIEWERの概要
1
項目
2
3
4
5
6
説明
CLIENT SETUP
Web Viewerのネットワーク接続に必要な情報を追加/編集することができます。
REMOTE SETUP
リモートPCからDVRの設定を行うことができます。
BACKUP
DVRの映像データをPCにコピーします。
PLAYER
バックアップ・データをリモートPCで開き再生します。
REMOTE VIEWER
現在接続されているDVRのライブ画面を表示することができます。
SEARCH
DVRの映像データを選択して再生することができます。
52_ web viewer
クライアントセットアップ
Web Viewerのネットワーク接続に必要な情報を追加/編集することができます。
Web Viewerセットアップ
Webサイト登録
 WEB VIEWER
1. <CLIENT SETUP>をクリックします。
2. <REGISTERING SITE>をクリックします。
CLIENT SETUP 画面が表示されます。
3. 登録するサイトの情報を入力します。
• ADDRESS: DVRで指定したIPアドレスを入力します。
• PORT: DVRで指定したポート番号を入力します。
• LOCATION: 登録されているサーバー上のロケーショ
ン名を入力します。
• USER ID/PASSWORD: DVRで指定したユーザーIDとパ
スワードを入力します。
4. <OK> をクリックします。
登録されているサイトの一覧が表示されます。
更新
登録されているサイトの情報を変更する場合は、<UPDATE>をクリックします。
その他
• DELETE: 登録されているサイトの一覧からサイトを削除することができます。
• OK: 登録されているサイトの一覧からサイトを選択して接続することができます。
• CANCEL: CLIENT SETUPで設定した内容を取り消すことができます。
日本語 _53
web viewer
リモートセットアップ
リモートで接続されているDVRを設定することができます。
1. <REMOTE SETUP>をクリックします。
2. <MANUAL>を選択して、<ADDRESS>、<PORT NUMBER>、
および<ID>の値をそれぞれ入力します。
 最初に接続されたアドレスを持つDVRの情報が表示されます。
 admin アカウントでのみアクセス可能です。
3. <PASSWORD>を入力して<CONNECT>をクリックします。
ご使用のPCはリモートでDVRに接続されます。
 DVR画面のネットワーク・アイコンが接続ステータス表示に切り
替わります。
4. 左側の<CONFIGURATION>、<RECORD>、および<EXTERNAL>から指定する項目を選択します。
5. 完了後、<DISCONNECT>をクリックします。
現在接続されているDVRは切断されます。
6. Web Viewerの画面に戻るには、<CLOSE>をクリックします。
アラームセットアップ
アラーム入力システムおよびチャンネルの持続時間を設定
できます。
アラームセットアップ を参照してください。(32ページ)
ブザー
DVRの操作中にブザー音を使用するよう設定できます。
ブザーセットアップ を参照してください。(35ページ)
54_ web viewer
スイッチングセットアップ
シーケンス画面時間およびイベント記録時間を設定できます。
スイッチングセットアップ を参照してください。
(33ページ)
 WEB VIEWER
録画設定
録画の画質を設定できます。
ろくがセットアップ を参照してください。(28ページ)
録画スケジュール
録画のスケジュールを設定できます。
スケジュールセットアップ を参照してください。
(29ページ)
日本語 _55
web viewer
バックアップ
1. 必要な項目をそれぞれ入力して、<USER PASSWORD>
を入力します。
2. <CONNECT TEST>をクリックします。
設定テストの結果が正常だった場合、<MESSAGE>ボックスに
SUCCESS CONNECT TEST! というメッセージが表示されます。
3. <LOCK>をクリックして、<SET BACKUP TIME> を選択します。
"BACKUP INFORMATION"ウィンドウが開きます。
4. <BROWSE>をクリックして、<SAVE FILE PATH> を指定します。
5. ストレージの最大容量、および開始時間と終了時間を指定します。
6. <APPLY>をクリックします。
指定したパスにバックアップ・ファイルが作成されたことを
確認することができます。
7. <START BACKUP>をクリックします。
ボタンが<STOP BACKUP>に切り替わり、指定したパスにバ
ックアップ・ファイルが保存されます。
 バックアップ形式はAM4です。
バックアップ・ファイルを再生および編集するには、 PLAYER
を使用します。
J
 バックアップ機能を利用できるのは、 admin と manager
アカウントです。
プレーヤー
ご使用のPCにバックアップされているファイルを再生できます。
1. <PLAYER>をクリックします。
PLAYER ウィンドウが表示されます。
2. <OPEN>をクリックして、必要なバックアップ・ファイルを選択します。.
選択したバックアップ・ファイルが再生されます。
56_ web viewer
プレーヤーの概要
 WEB VIEWER
項目
説明
システム時刻
システム時刻を表示します。
ステータス・ペイン
動作ステータスのときに、バックアップの開始と終了の日付/時刻を表示します。
SCREEN DIVISION
全画面または4分割モードから選択できます。
CHANNEL
選択したチャンネルが、シングル画面モードで示されます。
OPEN FILE
バックアップ・ファイル(AM4形式)を選択します。
EDIT
AVI SAVE
このモードでは、録画画像を保存し、印刷することができます。
このモードは、シングル・チャンネルが選択されている場合にのみ利用可能です。
映像をAVI形式で保存します。
この機能は、シングル・チャンネルが選択されている場合にのみ利用可能です。
DELAY
プレーヤーの再生間隔を調整します。 値を大きくすると、映像の再生速度が遅くなります。
AUDIO
音声のオン/オフを設定します。
# : スライドバーを開始位置に移動させると、最初の画像が表示されます。
 : 早戻し。
◄ : 逆再生。
操作ボタン
 : 一時停止。
► : 再生。
 : 早送り。
$ : スライドバーを終了位置に移動させると、終了時の画像が表示されます。.
スライドバー
スライドバーを使用して、欲しい画像を検索することができます。
電源
バックアップ・プレイヤーを終了します。
日本語 _57
web viewer
画像編集
1. <OPEN>をクリックして、再生するバックアップ・ファ
イルを選択します。
2. シングル画面モードに切り替えて、<EDIT>をクリック
します。
EDIT TOOL ウィンドウが表示されます。
3. 完了後、<EDIT>をクリックします。
バックアップ再生モードに切り替えます。
EDIT TOOL
明るい部分はより明るくなるよう、暗い部分はより暗くなるように調整します。
コントラスト
明るさを低減するには、コントラストを小さくします。
画像が明るくなるよう調整します。
明るさ
画像が暗くなるよう調整します。
鮮明度
境界線をくっきりさせます。
ぼかし
画像を柔らかなイメージにします。
リターン
キャプチャ
印刷
58_ web viewer
映像の設定を元に戻します。
画像をJPEG形式で保存します。
画像は、バックアップ・プレイヤーのインストール・ディレクトリに保存されます。
画像を印刷します。
AVI保存
1. <AVI SAVE>をクリックします。
OPTION ウィンドウが表示されます。
2. ユーザー定義にオプションを設定します。
• CHANNEL: 保存するチャンネルを選択します。
• FRAMERATE: 保存する映像のフレームレートを設
定します。
 WEB VIEWER
• SIZE: 保存する映像のサイズを設定します。サイズは、
映像に従って自動的に設定されます。
3. <START>をクリックします。
現在の場所から映像の保存を開始します。
4. 保存を停止するには、<STOP>をクリックします。
映像の保存が終了します。
終了すると、 C: WEB_BACKUP フォルダが開きます。
M
 取り込んだ映像またはAVI映像の幅と高さは、録画映像の"フレームレート"と"フレームの高さ"に依存し
ますが、フレーム・サイズ(幅と高さ)に関係なく640X480の大きさで印刷されます。
AVI保存では、音声信号は保存されません。
REMOTE VIEWER
1. <REMOTE VIEWER>をクリックします。
REMOTE VIEWER ウィンドウが表示されます。
2. <PW>を入力して<CONNECT>をクリックします。
正常に接続されると、ライブ画面が表示されます。
日本語 _59
web viewer
Remote Viewerの概要
項目
説明
DVRの接続情報
ネットワーク接続に必要な情報を表示します。
システム情報
DVRの接続およびシステム操作に関する情報を表示します。
SCREEN DIVISION
シングル画面または4分割モードから選択することができます。
CHANNEL
選択したチャンネルが、4分割画面の1つに表示されます。
DVRに接続されているリモートのPTZカメラをコントロールすることができます。
PTZコントロール
 リモートのPTZカメラをコントロールするには、DVRでPTZの設定を行って
おく必要があります。
ネットワーク接続
60_ web viewer
ネットワーク接続および操作の設定を行うことができます。
セットアップ
<SETUP>をクリックして、ネットワーク設定ウィンドウを
表示します。
ネットワーク環境に従って、転送設定を調整する必要があります。
• Quality: 録画の画質を設定することができます。
 詳細は、"ろくが > ろくがセットアップ"を参照してく
ださい。(28ページ)
 WEB VIEWER
• Frame Rate: 1秒当たりの映像のフレームレートを設定します。
 詳細は、 ろくが > ろくがセットアップ を参照してく
ださい。(28ページ)
• Baudwidth: DVRの現在のネットワーク環境に従って、ア
ップロード速度を設定する必要があります。
• Read: 接続したDVRの設定をWeb Viewerにロードします。
• Write: Web Viewerの設定をDVRに保存します。
M
 Remote Viewerのネットワーク設定が変更されると、録画設定もそれに応じて変更されます。
J
 SETUP メニューにアクセスできるのは、 admin ユーザー・アカウントに限られます。
Remote Viewerはネットワーク・サービス用に独立したコーデックを使用せず、1つのコーデックのみを
使用しているため、ネットワーク経由でフレームレートや画質が変更されると、それに応じて録画のフ
レームレートや画質も変更されます。
日本語 _61
web viewer
検索
1. <SEARCH>をクリックします。
SEARCH ウィンドウが表示されます。
2. <PW>を入力して<CONNECT>をクリックします。
<IP>、<PORT>、および<ID>を入力したことを確認してください。
3. <SEARCH TIME>バーで開始時刻を指定します。
 開始時刻を指定しない場合、ビューワーは最後に再生された位置
から再生を開始します。
4. 再生(►)をクリックします。
 再生バーの詳細は、 プレイヤーの概要 > 操作ボタン
を参照してください。 (57ページ)
イベント
アラーム検知、モーション検知、ビデオ・ロスなどDVRの
イベント情報を確認することができます。
左下の<EVENT>をクリックします。
"EVENT LIST"ウィンドウが表示されます。
セットアップ
ネットワーク速度を設定できます。
左下の<SETUP>をクリックします。
SETUP ダイアログが表示されます。
J
 SETUP メニューにアクセスできるのは、 admin ユーザ
ー・アカウントに限られます。
62_ web viewer
付録
製品仕様
項目
詳細
他言語に対応。英語、ドイツ語、フランス語、スペイン語、
イタリア語、ロシア語、ポルトガル語、日本語など。
イベント・ログ
•
OS
-
解像度
CIF (NTSC : 352x240 / PAL : 352x288)
ライブ/録画速度
NTSC 120/120 ips (PAL 100/100 ips)
Codec
H.264 (Hardware Codec)
HDD
320G (標準) /500G/750G (SATA)
内蔵HDD容量
1スロット
サマータイム
•
RS-485
•
映像
4
音声入力/出力
1/1
マウスI/F
• (PS2のみ対応)
再生
速度
高速、2倍速
録画
スケジュール(タイム/モーション/アラーム)
•
アラーム
•
アラーム入力
4
アラーム出力
1 (リレー出力、選択可能なNC/NO)
モーション/ビデオロス
•
タイム
•
パーセントサーチ/イベント
•
USB
1 (リレー出力、選択可能なNC/NO)
システム
イベント録画
検索
バックアップ
フォーマット
*AM4(プレイヤーを含む)
*AVI形式はサポートされていません。
日本語 _63
 付録
言語
付録
項目
詳細
同時ネットワーク接続
4
ネットワーク仕様
ケーブル・モデム、LAN
ネットワーク (TCP)
•
Web Viewer / バックアップ
•
Web Viewerのポート設定
・ (リモートセットアップ)
Web ViewerのP/T/Zコントロール
•
DDNS
•
システムソフトウェアアップデート
• (USB)
カメラ
P/T/Zデバイス
•
モニター
デュアル出力 (VGA/BNC)
•
コンポジット/スポット
• (BNC 1EA)
VGA
• 800x600 (60Hz) 1024x768 (60Hz) 1280x1024 (60Hz)
ネットワーク
映像出力
寸法
371(W) x 62(H) x 247(D) mm
PC要件
WebViewer
CPU : Pentium 4 / 3.0Ghz以上の
RAM : 1G
Windows XP (Pro)
オペレーティング・システム
Windows 2000 (Pro)
Windows Vista (Home Basic/Premium)
動作温度
0°C 40°C (32°F 104°F)
保存温度
-20°C +60°C (-4°F +140°F)
動作湿度
20% ∼ 85% RH
保存湿度
20% ∼ 85% RH
寸法(幅 x 高さ x 奥行き)
371 x 62 x 247 mm (14.61 x 2.44 x 9.72 インチ)
重量
2.44Kg
64_ 付録
外観および寸法
 付録
258
247
371
日本語 _65
付録
トラブルシューティング(FAQ)
問題および症状
対策
電源がオンにならない。
x ユーザー・マニュアルに記載されている電源アダプタをご使用ください。
x アダプタの電源ジャックをDVRの電源ソケットに奥まで差し込んでください。
x 電源が正常に入るとビープ音がします。出力およびLEDインディケータを
確認してください。
x これらの対策を行っても問題が解決しない場合は、電源系統が故障してい
ます。メイン・ボードを交換してください。
LEDインディケータが作動しない。
x DVRのケースを開き、キー・ケーブル・コネクタを正しく接続してください。
ファンが作動しない。
x 電源がオンになっていることを確認してください。
x ファンの電源ケーブルをDVRの12V電源コネクタに正しく接続してください。
x ケーブル上やその周辺の異物を取り除いてください。
x これらの対策を行っても問題が解決しない場合は、ファンまたはDVRに異
常があります。ファンを交換してください。
DVRから異音がする。
x ファン・ユニットの異物を取り除き、もう一度作動させてください。
x ファン自体から異音がする場合は、内部のベアリングが破損しています。
ファンを交換してください。
x これらの対策を行っても問題が解決しない場合は、HDDをチェックし、
必要に応じて交換してください。
LCDに出力が表示されない、またはRCA
映像出力に出力がない。
x 電源がオンになっていることを確認してください。
x カメラをチェックしてください。
x DVRのモニターのオン/オフ・スイッチを切り替えてください。
x RCA映像出力に正しく接続してください。
x 接続ケーブルが内部で断線していないかどうかチェックしてください。
カメラとモニタを直接接続して、ケーブルをチェックしてください。
必要に応じて、ケーブルを交換してください。
HDDが正しく認識されない。
x 電源がオンになっていることを確認してください。
x 電源ケーブルとデータ・ケーブルがHDDに正しく接続されていることを
確認してから、再起動してください。
x これらの対策を行っても問題が解決しない場合は、HDDを交換してください。
x 電源系統またはバス・ラインに問題がある場合は、メイン・ボードを交換してください。
録画できない。
x HDDをチェックしてください。
x ケーブル、カメラ、BNC受信ケーブルの接続を確認してください。
x 上書オプション を<ゆうこう>にセットして、保存動作を再度確認してく
ださい。
x スケジュールの設定で録画タイプを設定して、再度録画してください。
(アラームモードおよびモーションモードでは、イベント時にのみ録画し
ます)
再生できない。
x 工場出荷時の初期設定を使用してDVRを初期化し、クリアを使用してHDD内の
ファイルを削除してから、DVRで短時間の録画を行い再生してみてください。
x HDDでの録画と削除を数回繰り返し、それでも問題がある場合はHDDを
交換してください。
x HDDの電源とデータ・ケーブルをチェックしてください。.
66_ 付録
問題および症状
対策
x USBコネクタを奥まで差し込み、接続部をチェックしてください。
x PCに挿してあるUSBメモリが正常に動作していることを確認してください。
x USBメモリが正常に認識されているか、空き容量が正しく表示されている
かどうかを確認してください。
x SHR-3040ではUSB1.1のみサポートしており、書込み速度が遅くなること
があります。 バックアップのスケジューリングを行う場合は、この書込
み速度を考慮してください。
x 開始時間と終了時間の間に実際にデータが録画されているかどうかを確認
してください。
アラームとリレーが正常に作動しない。
x アラームが無効にセットされているかどうかを確認してください。 アラー
ムは、無効にセットされていると認識されません。
x ケーブルが正しく接続されているかどうかをチェックし、再度動作させてください。
x 外部装置が正常に動作しているかどうかを確認し、必要に応じて交換してください。
PTZが正常に作動しない。
x デバイスがPTZコントロールに対応しているかどうかを確認してください。
電源が指定された電源の要件を満たしているかどうかを確認してください。
x RS-485(+)と(-)ケーブルをRS-485ポートに正しく接続してください。
x カメラとDVR双方のプロトコル、ID、ボーレートを正しく設定してください。
x 接続ケーブルをチェックし、必要に応じて交換してください。
マウスが作動しない。
x マウスがDVRに正しく接続されているかどうかを確認し、再度動作させてください。
x 新品のPS/2タイプのマウスと交換し、その動作を確認してください。
x USBマウスの PS/2変換アダプタを使用すると、DVRで正常に作動しない場
合があります。(マウスの特性)
x 動作中に接続を切断すると、マウスは正常に認識されません。
(PC環境におけるPS/2タイプのマウスと同様です)
x 反射率の低いマウスパッドでマウスを操作してください。
x マウスの感度が低すぎると、カーソルが不自然な動きをする場合があります。
音声出力信号が出ない。
x オーディオセットアップで音声出力を正しいチャンネルに設定してから、
音声出力を確認してください。
x 別のカメラと交換して動作をチェックし、必要に応じてカメラを交換してください。
x RCA映像出力を正しく接続してください。
x 音声の入出力ボリュームが低すぎないかどうかを確認し、ユーザー定義で
ボリュームを調整してください。
x スピーカーをオンにする前に、電源が正しく供給されているかどうかを確認してください。
リモコンが動作しない。
x リモコンが周波数干渉を起こしているおそれがあるので、周辺の無線機器
を遠ざけてください。
x リモコンが1つしかないことを確認してください。
x リモコンの電池を交換して、再度操作してみてください。
x リモコンの前面およびDVRの遠隔受信部を乾いた布でそっと拭き取ってか
ら、動作を確認してください。
x リモコンが動作している場合は、DVRの遠隔受信部に不具合があります。
リモコンが動作しない場合は、リモコンを交換してください。
TCP/IP接続が確立できない。
x PCとDVR間のネットワーク・ケーブルをチェックして、正しく接続してください。
(ネットワーク・ケーブルを個別にチェックしてください)
x PCに直接接続するにはクロスケーブルを使用し、ハブ/ルーター間接続を
行うにはダイレクトケーブルを使用してください。
x ネットワークの状況、ケーブルの状態、DVRのネットワーク・ボード構成
を確認してください。
x ネットワークへのアクセスを許可するように設定されているかどうかを確認してください。
x IPアドレス、ポート番号、およびパスワードが正しく入力されているかどうかを確認してください。
x アクセス時にDVRのパスワードを入力してください。
x PCを使用してケーブルが正常かどうかをチェックし、必要に応じて交換してください。.
日本語 _67
 付録
バックアップが取れない。
AB82-02492A
Download PDF