第7章 給水装置工事の施工

第7章 給水装置工事の施工
第 7章 給 水 装 置 工 事 の施 工
1. 給 水 管 の分 岐
1.1 管 理 者 への連 絡 調 整
(1) 指 定 工 事 事 業 者 は、 給 水 装 置 工 事 の 届 出 後 、管 理 者 の 承 認 が あるま で工 事 に着 手 できな
い。
(2) 主 任 技 術 者 は、 配 水 管 よ り 分 岐 を 行 う 場 合 は、 そ の工 事 の 施 工 の 前 日 ま でには 、 水 道 課 に
連 絡 し指 示 を仰 ぐこと。
(3) 水 道 課 は 、 分 岐 ・ 穿 孔 を 行 う 場 合 、 現 場 立 会 等 によ り 指 導 を 行 う。 た だ し 、 水 道 課 が 必 要 な
いと認 めた場 合 はこの限 りではない。
1.2 給 水 管 の分 岐
給 水 管 の 分 岐 施 工 に あ た っ て は 、 適 切 に 作 業 が で きる 技 能 を 有 す る 者 を 従 事 さ せ 、 又 は 、 そ
の者 に当 該 工 事 に従 事 する他 の者 を実 施 に監 督 させること。(施 行 規 則 第 3 6 条 第 1 項 第 2 号 )
(1) 水 道 管 以 外 の管 との誤 接 続 を行 わないよう十 分 な調 査 をすること。
(2) 配 水 管 からの分 岐 に当 たっては、継 手 類 および他 の給 水 管 の分 岐 位 置 から 30 ㎝以 上 離 す
こと。
(3) 給 水 管 の口 径 は、分 岐 しようとする配 水 管 の口 径 よりも小 さい口 径 とすること。
(4) 同 一 給 水 管 に使 用 する分 岐 は、1 個 とすること。
(5) 分 岐 の方 向 は、配 水 管 路 と直 角 とすること。
(6) 配 水 管 の異 形 管 及 び継 手 から給 水 管 の分 岐 を行 わな いこと。
(7) 分 岐 に は 、 管 理 者 が 定 め る 給 水 装 置 の 材 料 の う ち か ら 、 配 水 管 等 の 管 種 及 び 口 径 並 び に
給 水 管 の口 径 に応 じたサドル付 分 水 栓 、割 T字 管 又 はT字 管 、チーズを用 いること。また、その
際 には、道 路 管 理 者 が定 める所 定 の土 被 りが確 保 できるものを選 定 すること。
(8) 分 岐 に当 たっては、配 水 管 の外 面 を十 分 清 掃 し、サドル付 分 水 栓 等 の給 水 用 具 の取 り付 け
はボルトの締 め付 けが片 締 めにならないよう平 均 して締 め付 けること。
(9) 穿 孔 機 は確 実 に取 り付 け、その仕 様 に応 じたドリル、カッターを使 用 すること。
(10) 穿 孔 は、内 面 塗 装 面 等 に悪 影 響 を与 えないようにすること。
(11) 鋳 鉄 管 からサドル付 分 水 栓 で分 岐 する場 合 は、穿 孔 部 に防 食 用 コアを取 り付 けること。
(12) 道 路 の交 差 点 (仕 切 弁 まで)での分 岐 は行 わないこと。
(13) 同 一 敷 地 内 への分 岐 は、一 箇 所 とする。ただし、水 道 課 が特 別 の理 由 があると認 めたときは
この限 りではない。
(14)公 道 の交 差 点 で、制 水 弁 で 4 方 向 、3 方 向 等 囲 まれた箇 所 から分 岐 は原 則 できない。
95
1.3 分 岐 の方 法
給 水 管 の 分 岐 方 法 は 、サ ドル 付 分 水 栓 に よる 分 岐 、 割 T 字 管 又 はT 字 管 に よる 分 岐 、 チー ズ
等 によるものとする。
また、分 岐 口 径 別 使 用 材 料 は、表 7.1.1 によるものとし、分 岐 材 料 の選 定 にあたっては、道 路
管 理 者 が定 める所 定 の土 被 りが確 保 できるものを選 定 すること。
表 7.1.1 配 水 管 からの分 岐 口 径 及 び使 用 材 料 表
分 岐 口 径
鋳 鉄 管
ビニール管
20 ㎜以 下
75 ㎜以 上
50 ㎜以 下
75 ㎜
〃
~
150 ㎜
25 ㎜
40 ㎜
50 ㎜
T字 管
T字 管
75 ㎜以 上
サドル付
サドル付
割 T字 管
割 T字 管
分水栓
分水栓
サドル付
サドル付
分水栓
分水栓
チーズ
-
-
割 T字 管
チーズ
チーズ
サドル付
サドル付
分水栓
分水栓
サドル付
サドル付
サドル付
サドル付
T字 管
分水栓
分水栓
分水栓
分水栓
割 T字 管
※φ50mm については、サドル分 水 栓 での分 岐 を原 則 とする。
(1) サドル付 分 水 栓 による分 岐 工 事
① サドル付 分 水 栓 の据 え付 け
ア.サドル付 分 水 栓 は、配 水 管 の管 種 、口 径 及 び分 岐 口 径 に適 合 したものを使 用 する。
イ.分 岐 箇 所 の管 の表 面 を十 分 に清 掃 する。
ウ.サドル 付 分 水 栓 は、 配 水 管 の 管 軸 頂 部 にそ の中 心 が くるように据 え 付 け る。据 え 付 けの
際 、パッキンの離 脱 を防 止 するためサドルを配 水 管 に沿 って移 動 させてはならない。
エ.サドル部 分 のボルトは、均 一 になるように締 め付 ける。
② 穿孔
ア.サドル付 分 水 栓 の頂 部 のキャップを取 り外 し、ボール弁 を開 く。
イ.分 岐 口 径 及 び規 格 に応 じたカッター又 はドリルを穿 孔 機 のスピンドルに取 り付 ける。
なお、ビニル管 及 び鋼 管 を穿 孔 するときは、専 用 のカッターを使 用 する。
ウ .キ ャ ッ プ を 取 り 外 し た サド ル 付 分 水 栓 頂 部 に 、 穿 孔 機 取 付 け 用 ア ダ プ タ ー を 取 り 付 け た
後 、アダプターの上 に穿 孔 機 を静 かに載 せ、袋 ナットを締 め付 けてサドル付 分 水 栓 と一 体
となるように固 定 する。
エ.サドル付 分 水 栓 の吐 水 部 へ排 水 ホースを連 結 させ、ホース先 端 はバケツ等 で受 ける。
オ.刃 先 が管 面 に接 する まで手 動 送 りハンドルを 静 かに回 転 し 、到 達 し た時 点 でハン ドルを
半 回 転 戻 しておく。
カ.穿 孔 機 とエンジンをフレキシブルシャフトにより連 結 したら、エンジンを始 動 し、手 動 送 りハ
ンドルを静 かに回 転 させながら穿 孔 を開 始 する。
キ.穴 が開 き始 めると穿 孔 に伴 う切 りくずが排 水 用 ホースを通 し て水 と一 緒 に排 出 されるが、
このまま穿 孔 を続 ける。
96
ク.穿 孔 中 はハン ドルの回 転 が重 く感 じ られ、穿 孔 が 終 了 するとハンドルの回 転 は軽 くなる。
このため、ハンドルの重 さに注 意 しながら穿 孔 を行 う。
ケ.穿 孔 が終 了 し たら エン ジンを止 め、ハンドルを逆 回 転 し て刃 先 をボ ール 弁 の上 部 ま で確
実 に戻 す。このときスピンドルは最 上 部 まで戻 す。
コ.ボール弁 を閉 め、穿 孔 機 及 び排 水 用 ホースを取 り外 す。
サ.吐 水 部 雄 ネジにシールテープを巻 いて、止 水 キャップを仮 取 り付 けする。
③ 防 食 コアの取 り付 け
鋳 鉄 管 から分 岐 した場 合 は、穿 孔 部 に防 食 用 コアを取 り付 ける。
ア. サド ル 付 分 水 栓 の 吐 水 部 に 止 水 プ ラグ 又 は 止 水 キ ャ ッ プが 取 り 付 けられ ている こ と を 確
認 する。
イ.コア挿 入 機 にアタッチメントを取 り付 ける。
ウ.コア挿 入 機 の 先 端 に コア取 付 用 のヘッドを取 り 付 け、そ のヘッドにコアを差 し 込 み、固 定
ナットでかるく止 める。
エ.ロッドを最 上 部 に引 き上 げた状 態 でコア挿 入 機 をサドル付 分 水 栓 に装 着 する。
オ.ボール弁 を開 ける。
カ.ロッドを時 計 方 向 に回 転 しながら静 かに押 し込 む。
キ.プラスチックハンマーでロッド上 端 を上 から垂 直 に叩 き、コアを押 し込 んでいく。
ク.押 し 込 みが進 み、コアが穿 孔 口 に挿 入 され、コアのつば部 が管 表 面 に当 たり挿 入 機 がコ
アの先 端 を押 し 広 げている状 態 になると、送 りに大 きな抵 抗 が感 じる。やがて、コアの先 端
が完 全 に押 し 広 げら れ、 鋳 鉄 管 に 固 定 されると 急 に抵 抗 がなく なり、さらに 送 りを 続 けると
挿 入 機 のつばが、コアのつばに当 たり送 りが止 まり完 了 する。
ケ.ハン ドルを時 計 方 向 に回 転 させながらコア挿 入 機 のヘッドをボ ール弁 上 部 まで引 き戻 す。
このときロッドは最 上 部 まで引 き上 げる。
コ.ボール弁 を閉 める。
サ.コア挿 入 機 及 びアタッチメントを取 り外 し、サドル付 分 水 栓 頂 部 にパッキンの入 っているこ
とを確 認 してキャップを取 り付 ける。
シ.サドル付 分 水 栓 吐 水 部 の止 水 プラグ又 は止 水 キャップを取 り外 す。
④ 防食処理
ポリエチレンスリーブを配 水 管 の下 端 から、サドル付 分 水 栓 全 体 を覆 うようにして包 み込 み
粘 着 テープを使 用 して密 封 する。
(2) 割 T字 管 による分 岐 工 事
① 配 水 管 の口 径 に応 じた割 T字 管 を配 水 管 に取 り付 ける。
② 割 T字 管 に付 いている簡 易 止 水 弁 を開 ける。
③ 分 岐 口 径 に応 じたカッターを取 り付 ける。
④ 割 T字 管 用 穿 孔 機 を割 T字 管 のフランジ面 に取 り付 ける。
⑤ カッターの手 動 送 りハ ンドルをカッターが管 に接 するまで静 かに回 転 し 、そ の後 、半 回 転 戻
す。
⑥ 穿 孔 機 とエンジンをフレキシブルシャフトにより連 結 してエンジンを始 動 し、手 動 送 りハンドル
を静 かに回 転 して、穿 孔 する。
⑦ 穴 があき始 めたら、穿 孔 機 の排 水 用 コックを開 き、切 りくずと水 を一 緒 に排 出 しながらハンド
ルが軽 くなるまで穿 孔 する。
97
⑧ 手 動 送 りハンドルが軽 くなったらエンジンを止 め、ハンドルを逆 回 転 してカッターを簡 易 止 水
弁 の手 前 まで戻 したのち、簡 易 止 水 弁 を閉 め、穿 孔 機 を取 り外 す。
⑨ 配 水 支 管 にポリエチレンスリーブを被 覆 して防 食 処 理 を行 う。
⑩ 取 付 け及 び操 作 にあたっての注 意 事 項
ア 割 T字 管 を配 水 管 に取 り付 ける際 、割 T字 管 のパッキンと配 水 管 の水 密 性 を保 つため管
の表 面 を十 分 清 掃 する。
イ 掘 削 穴 は、穿 孔 機 の取 り付 けや割 T字 管 を取 り付 けるためのボルトナットの締 め付 け作
業 が十 分 できるように掘 削 する。
ウ 取 り付 けは、配 水 管 に対 して水 平 に取 り出 すことを原 則 とする。
エ 簡 易 止 水 弁 を 閉 めた ま ま 穿 孔 し たり 、 穿 孔 後 、 埋 め 戻 し を 行 う 際 に 開 け るのを 忘 れな い
よう注 意 する。
(3) 二 受 T字 管 による分 岐 工 事
① 配 水 管 に取 り付 ける二 受 T字 管 の芯 出 しを行 う。
② 二 受 T字 管 の芯 出 し が決 定 し たら、芯 から受 口 部 とサシ口 部 の長 さ、そ れに接 合 部 の付 け
合 わせ間 隔 5 ㎜~10 を考 慮 して、配 水 管 の切 断 箇 所 にチョーク等 で印 を付 ける。
③ 配 水 管 を断 水 する。
④ 配 水 管 を管 軸 に対 して直 角 に切 断 する。
⑤ 配 水 管 切 断 部 の土 砂 、鉄 さびなどを取 り除 き、清 掃 後 に防 食 処 理 ( JWWA K 139(水 道 用
ダクタ イ ル 鋳 鉄 管 合 成 樹 脂 塗 料 ) に 適 合 し た 塗 料 の 塗 布 ) を 切 断 面 に 施 し 、 配 水 管 に 二 受 T
字 管 及 び継 ぎ輪 を取 り付 ける。
⑥ 接 合 部 のゴム輪 の挿 入 が完 全 であることを確 認 したのち、ボルトナットを締 め付 ける。
⑦ 配 水 管 の通 水 を行 い、洗 管 を行 う。
⑧ 配 水 管 にポリエチレンスリーブを被 覆 して防 食 処 理 を行 う。
⑨ 二 受 T字 管 の取 り付 け上 の注 意
ア 鋳 鉄 管 にはミリ メートル管 とインチ管 ( 旧 管 ) があり、そ れぞれ適 合 し た二 受 T字 管 を使 用
しないと施 工 できないことがあるので、コンパスなどを使 ってその外 径 を正 確 に測 定 する。
イ 配 水 管 内 の水 が掘 削 穴 に集 中 するので、排 水 ポンプを使 えるよう準 備 する。
【参 考 】鋳 鉄 管 における新 管 (ミリメートル管 )・旧 管 (インチ管 ) 外 径 等 比 較 表 (㎜)
口 径
新
管
旧
管
外径
許容差
外 周 長 の範 囲
外径φ
外周
75
93.0
±1.5
288 ~ 296
95.3
299.4
100
118.0
±1.5
366 ~ 375
122.2
383.9
150
169.0
±1.5
527 ~ 535
175.4
551.0
200
220.0
±1.5
687 ~ 695
229.4
720.7
250
271.6
±1.5
849 ~ 858
282.6
887.8
300
322.8
+2、-3
1,005 ~1,020
335.7
1,054.6
98
(4) チーズ等 による分 岐 工 事
① 管 の芯 出 し及 び既 設 管 の切 断 寸 法 を決 定 する。
② 管 切 断 位 置 が 決 定 し たら 、切 断 位 置 を 明 確 に するため、 既 設 管 にチョー ク又 は マジック等
により印 を入 れる。
③ 切 断 は、パイプグリップ等 で管 をしっかりと固 定 してから行 う。
④ 管 切 断 面 は、真 円 を保 持 し、管 軸 に対 し直 角 となるよう切 断 する。
⑤ 切 断 面 は、パッキンそ の他 付 属 品 を挿 入 する際 、傷 つきの原 因 となるので、ヤスリ等 で面 取
りを行 い、清 掃 後 チーズを取 り付 ける。
(5) 分 岐 部 の撤 去
① サドル付 分 水 栓
ア.サドル付 分 水 栓 のボール弁 を閉 止 する。
イ.継 手 を取 り外 し、サドル付 分 水 栓 用 キャップを取 り付 ける。
② 分水栓
ア.分 水 栓 を閉 止 し、分 水 栓 用 キャップを取 り付 ける。
③ 割 T字 管
ア.短 管 1号 又 は割 T字 管 取 付 金 物 を取 り外 し、フランジ蓋 を取 り付 ける。
④ 二 受 T字 管
ア.二 受 T字 管 に栓 を 取 り付 ける。 又 は、 二 受 T字 管 を取 り外 し 、 継 輪 を用 いて両 切 管 を 布
設 する。
⑤ チーズ
ア.チーズの岐 管 部 にキャップ又 はプラグを取 り付 ける。
99
2. 給 水 管 の埋 設 深 さ及 び占 用 位 置
給 水 管 の埋 設 深 さ は、道 路 部 分 にあっ ては道 路 管 理 者 の指 示 に従 うものとし 、敷 地 内 の部 分 に
あって は 管 理 者 が 定 める ものと する。 ま た、 道 路 部 分 に 配 管 す る 場 合 は 、そ の占 用 位 置 を 誤 ら ない
ようにすること。
(1) 給 水 管 布 設 のための埋 設 深 さについては、表 7.2.1 及 び表 7.2.2 によること。ただし、障 害 物 等
のため規 定 の深 さ がとれない場 合 は、道 路 管 理 者 と協 議 のうえ、必 要 な防 護 工 を施 すこと。また、
浅 層 埋 設 に伴 い、配 水 管 の埋 設 深 さが 1.2mに満 たないものについては、配 水 管 と同 一 深 さで
給 水 管 を埋 設 することができる。
(2) 配 水 管 から 分 岐 した給 水 管 は公 私 境 界 ま で 1.2mの深 さに埋 設 すること。ただし、道 路 管 理 者
が浅 層 埋 設 の許 可 を出 した場 合 は、除 く。
(3) 給 水 装 置 工 事 標 示 板 を設 置 すること。
表 7.2.1 給 水 管 の埋 設 深 さ
種
※
別
口 径 50 ㎜以 下
口 径 75 ㎜以 上
敷地内
0.3m以 上
0.6m以 上
私 道 ・共 有 道
0.6m以 上
0.6m以 上
公道
1.2m以 上
1.2m以 上
ただし、私 道 ・共 有 道 路 において将 来 、公 道 又 は準 公 道 になると推 定 できる
ものは、公 道 埋 設 深 さに準 じる。又 敷 地 内 等 で車 両 等 の荷 重 を受 ける場 合 は 、
別 途 考 慮 すること。
表 7.2.2 公 道 部 管 布 設 掘 削 標 準 表
寸
呼 び径
(㎜)
B
法 (m)
H
H
H
H
H
H
(h=1.2m)
(h=1.0m)
(h=0.9m)
(h=0.8m)
(h=0.7m)
(h=0.6m)
25 ㎜以 下
0.50
1.30
1.10
1.00
0.90
0.80
0.70
50 ㎜以 下
0.50
1.35
1.15
1.05
0.95
0.85
0.75
75 ㎜
0.50
1.35
1.15
1.05
0.95
0.85
0.75
100 ㎜
0.50
1.40
1.20
1.10
1.00
0.90
0.80
150 ㎜
0.50
1.45
1.25
1.15
1.05
0.95
0.85
200 ㎜
0.75
1.42
1.22
1.12
1.02
0.92
0.82
250 ㎜
0.80
1.47
1.27
1.17
1.07
0.97
0.87
※ 口 径 25 ㎜~150mm の HIVP 管 については、防 護 のためサンドクッション( 5 ㎝以 上 )の
埋 設 深 を加 算 している。
※ φ75 以 上 の DIP 管 については、土 質 (岩 等 )により防 護 のためサンドクッション( 5 ㎝以 上 )
の埋 設 深 を加 算 すること。
100
【留 意 事 項 】
(1) 管 布 設 の 掘 削 に 当 た っ て は 、 予 定 地 に お け る 道
路 状 況 、地 下 埋 設 物 、 土 質 条 件 、 周 辺 の 環 境 、及 び
布 設 後 の 管 の 土 被 り 等 を 総 合 的 に 検 討 し、 安 全 かつ
確 実 な 施 行 が で き るよ う な 掘 削 断 面 及 び 土 留 工 を 行
うこと。
(2) 特 に 掘 削 深 度 が 1.5 m を 越 え る 場 合 は 、 切 断 面
がその箇 所 の土 質 に見 合 った勾 配 を保 って掘 削 でき
る場 合 を除 き、原 則 として土 留 工 を施 すものとする。
(3) 1.5 m 以 内 で あ っ て も 、 自 立 性 の 乏 し い 地 山 の 場
合 は、 施 工 の 安 全 性 を 確 保 するた め適 切 な 勾 配 を 定
めて断 面 を決 定 するか、又 は土 留 工 を施 すものとす
る。
3. 給 水 管 の明 示
(1) 道 路 及 び水 路 、河 川 等 に布 設 する給 水 管 には、標 識 シートを設 置 し、集 落 水 道 等 他 の埋 設 水
管 がある地 域 および箇 所 は、表 示 テープにより上 水 道 管 を明 示 すること。
明 示 に使 用 する材 料 及 び方 法 は、道 路 法 施 行 令 (昭 和 46 年 政 令 第 20 号 )、同 法 施 行 規 則
(昭 和 46 年 建 設 省 令 第 6号 )国 土 交 通 省 道 路 局 通 達 (昭 和 46 年 建 設 省 道 政 第 59 号 ・同 第
69 号 )「地 下 に埋 設 する電 線 等 の表 示 に用 いるビニルテープ等 の地 色 について」及 び「地 下 に埋
設 する水 管 の表 示 に用 いるビニルテープ等 の地 色 について」に基 づき施 行 するものとする。
① 表 示 テープ設 置 要 領
ア設 置 方 法
材料
表 示 テープ
方法
二重巻き
間隔
2.0m毎
表 示 テープ【参 考 】巾 5 ㎝
上 水 道
上 水 道
上
○○○○
○○○○
○
上 水 道
上 水 道
上
○○○○
○○○○
○
※地 色 は青 色 、○は西 暦
② 標 識 シート設 置 要 領
ア埋 設 深 さ
(1) 原 則 として管 頂 より 0.3m
101
※ 土 被 り 1.2 m 未 満 に 設 置 す る 場
合 、管 頂 より 0.3mの位 置 が路 盤 内 に
なる場 合 については、路 盤 直 下 に設
置 する。
ま た、 標 識 テー プが 管 頂 より 0.3 m 未
満 の位 置 になる場 合 は、別 途 協 議 を
要 する。
標 識 シート【参 考 】巾 15㎝
危険注意
危険注意
この下 に水 道 管 ありこの
※ 地 色 は青 色 、文 字 は白 色
イ 設 置 する延 長
埋 設 される管 の全 延 長
【参 考 】地 下 埋 設 管 の表 示 色
種別
標 識 シート
ポリエチレンスリーブ
表 示 テープ
上水道
青
透 明 (白 )
青
下水
茶
透 明 (白 )
茶
電気
オレンジ
透 明 (白 )
オレンジ
NTT
赤
透 明 (白 )
赤
(2) 敷 地 部 分 に布 設 する給 水 管 の位 置 について、将 来 的 に不 明 となるおそ れがある場 合 におい
ては、給 水 管 の事 故 を 未 然 に防 止 するた め、明 示 杭 又 は 明 示 鋲 等 を設 置 し 給 水 管 の 引 き込
み位 置 を明 示 する。
さらに、管 路 及 び止 水 用 具 はオフセットを測 定 し位 置 を明 らかにすること。
① 設置場所
道 路 部 分 ( 私 道 を 含 む ) 等 か ら 給 水 管 が 引 き 込 ま れて い る 敷 地 内 の 公 私 境 界 の 直
近 に設 置 する。
② 設 置 材 料 【参 考 】
ア 標 示 ピン(リング付 )
a 材 質 :ピン(ボロン鋼 )
リング(アルミ)
b 表 示 マーク
ピ ン:頭 部 表 面 は青 色 に
黒 色 の水 マークを表 示
リング:表 面 は青 色 で給 水 管 の文 字 を表 示
102
イ 標示杭
a 材 質 :再 生 プラスチック
b 色 :頭 部 は青 色
足 部 は黒 色
c 表 示 マーク:頭 部 表 面 は
水 マークを表 示
標示杭
4. 止 水 器 具 等 の設 置 位 置
(1) 基 本 事 項
水 道 メーター及 び配 水 管 分 岐 部 からメーターまでの間 に設 置 する止 水 器 具 (φ 40 ㎜以 下 につ
いては 、メー ター 直 近 上 流 側 に 設 置 する甲 型 止 水 栓 、 逆 止 弁 付 伸 縮 ボ ー ル式 止 水 栓 を 除 く。)
の位 置 についての基 本 事 項 は次 のとおりとする。
(止 水 器 具 の種 類 については表 7-4-1 参 照 )
① 水 道 メーター
水 道 メ ーターの設 置 場 所 は、原 則 とし て 公 私 境 界 から 2.0 mの間 ( できるだ け公 道 側 ) に設
置 すること。
② 給 水 管 口 径 40 ㎜以 下 の場 合
ア. 現 場 状 況 によ り、メー ター を境 界 より 2.0 m以 内 に 設 置 できない 場 合 は 、敷 地 内 に青 銅
弁 又 はボール式 止 水 栓 を設 置 する か、給 水 管 の事 故 を未 然 に防 止 するため、明 示 杭
又 は明 示 鋲 等 を設 置 し 給 水 管 の引 き込 み位 置 を明 示 すること。 設 置 位 置 は、配 水 管 分
岐 点 から 直 角 上 であり公 私 境 界 から 2m以 内 の位 置 で、かつ将 来 に渡 り操 作 及 び維 持
管 理 に支 障 をきたさない位 置 とする。
イ. メーターが 2.0 m 以 内 で あっても配 水 管 分 岐 点 か ら直 角 上 にメーターを施 工 できない場
合 は、明 示 杭 又 は明 示 鋲 等 を設 置 し給 水 管 の引 き込 み位 置 を明 示 すること。
(1. 0m以 上 分 岐 給 水 管 を曲 げて配 管 する場 合 )
③ 給 水 管 口 径 40・50 ㎜の場 合
公 道 部 に 青 銅 仕 切 弁 を 設 置 し 、敷 地 内 に青 銅 仕 切 弁 ( メーターの一 次 側 に) を設 置 するこ
と。設 置 位 置 は、公 私 境 界 から 1m以 内 の位 置 で、かつ将 来 に渡 り操 作 及 び維 持 管 理 に支 障
をきたさない位 置 とする。(φ40 ㎜の敷 地 内 は、メーター直 近 上 流 側 に設 置 する止 水 栓 で可 )
④ 給 水 管 口 径 75 ㎜以 上 の場 合
公 道 部 及 び敷 地 内 にソフトシール仕 切 弁 を設 置 すること。設 置 位 置 は、上 記 ③と同 様 とする
(特 記 事 項 )
水 道 メーターを 、境 界 より 2.0m以 内 に設 置 したものについては、メーター前 の伸 縮 止 水 栓
を宅 地 内 第 1止 水 栓 と見 なすことができる。
表 7-4-1 止 水 器 具 の設 置 位 置
公 道 部 ※1
宅地部
備
考
口 径 30 ㎜以 下
無し
ボール式 止 水 栓
必 要 に応 じて
口 径 40・50 ㎜
青銅仕切弁
青銅仕切弁
φ40 の宅 内 は 、必 要 に応 じて
口 径 75 ㎜以 上
ソフトシール仕 切 弁
ソフトシール仕 切 弁
※1: 公 道 部 に設 置 する止 水 器 具 の位 置 については、配 水 管 の分 岐 から 2.0m 以 内 に
設 置 し水 の流 れ方 向 が分 かるようにボックスを選 定 して設 置 すること。
103
図 7-4-1 止 水 器 具 の設 置 例 図
7-4-2 青 銅 仕 切 弁 の設 置 例 (公 道 部 )
(2) その他
① 開 発 などにより公 道 に給 水 管 (配 水 管 )を布 設 延 長 する場 合 は、配 水 管 から分 岐 した角 の
1.0 m の位 置 、 又 は、 角 落 ちに口 径 に 応 じ てバ ルブ を取 付 けること 。( 共 有 道 路 に 布 設 する給
水 管 についても同 様 とする。)
② メーター前 でやむを得 ず溝 や川 等 を横 架 する場 合 、石 垣 等 に露 出 配 管 する場 合 、又 は、そ
の他 管 理 者 が必 要 と認 め たときは 、公 道 上 に止 水 栓 を 設 置 するこ と。この場 合 、 止 水 栓 の位
置 は図 7-4-2 の青 銅 仕 切 弁 の設 置 基 準 に 準 ず ることとし 、 止 水 栓 の 設 置 深 さは 、路 面 より
0.3mの位 置 とする。
104
③ 歩 道 に布 設 の 配 水 管 から 、車 道 等 を 横 断 する場 合 は、配 水 管 の布 設 し てある歩 道 側 にバル
ブを設 置 すること。
④ 2 戸 以 上 の同 時 引 込 み及 び支 管 引 用 する場 合 は、道 路 から引 込 んだ主 管 に止 水 栓 器 具
を設 置 すること。この場 合 、止 水 栓 器 具 の位 置 は、公 私 境 界 より 1mの範 囲 内 に設 置 することと
し、設 置 できないときは管 理 者 の指 示 に従 うこと。
(2 個 以 上 の場 合 )
(支 管 引 用 の場 合 )
メーターが 2m以 上 の場 合
⑤ 下 図 の よ うに メ ータ ー を 設 置 する 場 合 は 、 配 水 管 分 岐 点 か ら 直 角 線 上 の 敷 地 内 直 近 に 、
明 示 杭 又 は明 示 鋲 等 を設 置 し 給 水 管 の引 き込 み位 置 を明 示 し 、 メーターボ ックス方 向 に曲
げメーターボックスを設 置 すること(1m以 上 引 込 管 の線 上 から離 れる場 合 )
明示杭
105
⑥ 袋 小 路 のところから引 き込 むときは下 図 のように配 水 管 より垂 直 に分 岐 し、折 れ点 の箇 所 は
オフセットをとること。
(3) メーターボックス内 の止 水 栓
① 地 下 式 メーターの場 合 (φ13 ㎜~φ40 ㎜)
メーター前 に甲 型 止 水 栓 もしくは、逆 止 付 伸 縮 ボール式 止 水 栓 を設 置 すること。
(4) その他 のバルブ等 の設 置 及 び取 付 け位 置
① 給 水 装 置 にはメーターの上 流 側 にメーターと同 口 径 で、13~40mm までは甲 形 止 水 栓 又 は
逆 止 付 伸 縮 ボール式 止 水 栓 をメーターボックス内 に取 付 け、50mm 以 上 は青 銅 仕 切 弁 又 は
仕 切 弁 を メーター から 1 m 以 内 の 位 置 に 設 置 する こと。又 、 増 設 ・ 改 造 工 事 を行 う 場 合 は、
新 設 と同 様 の取 付 を原 則 とする。
② メーターの下 流 で数 多 く分 岐 する箇 所 にはバルブを設 けることが望 まし い。これは修 理 を容
易 にするためである。
③ 貯 水 槽 (シス ターン を含 む )等 に 取 付 けるボ ー ルタップ 前 には、バ ルブを 取 付 けることが望 ま
しい。
④ 3 階 以 上 の 直 結 直 圧 給 水 を 行 う 場 合 は 、 逆 流 防 止 の た め メ ー タ ーの 下 流 側 に 青 銅 仕 切
弁 又 は仕 切 弁 を取 付 けなければならない。
⑤ 2 階 以 上 のφ 30 ㎜以 上 の直 結 直 圧 給 水 を行 う場 合 は、逆 流 防 止 のためメーターの下 流
側 に青 銅 仕 切 弁 又 は仕 切 弁 を取 付 けなければならない。
106
5. 給 水 管 の配 管
給 水 装 置 工 事 の施 工 の良 否 において、配 管 は極 めて重 要 であり、管 種 、使 用 する継 手 、施 工 環
境 及 び施 工 技 術 等 を考 慮 し、最 も適 当 と考 えられる接 合 方 法 及 び工 具 を選 択 しなければならな
い。
配 管 材 料 は、配 管 場 所 に応 じた管 種 及 び将 来 の維 持 管 理 を考 慮 し選 定 すること。
なお、分 岐 部 分 からメーターまでの配 管 については、管 理 者 が指 定 した構 造 ・材 質 によること。
その配 管 は、次 のとおりである。
5.1 配 水 管 分 岐 部 からメーターまでの配 管
(1) 道 路 部 分 に 布 設 する 給 水 管 ( 臨 時 用 に 使 用 す る給 水 管 で あっ て、 当 該 用 途 を 変 更 する 予
定 のないものを除 く)の口 径 は、20 ㎜以 上 とする。
(2) 配 水 管 分 岐 部 からメーターまでのうち公 道 部 に使 用 する給 水 管 の主 な管 種 は、次 のとおりと
する。
① 口 径 20mm から 50mm の給 水 管 は、耐 衝 撃 性 硬 質 塩 化 ビニ ル管 (HIVP)とする。
② 口 径 75mm 以 上 の給 水 管 は、耐 衝 撃 性 硬 質 塩 化 ビニ ル管 (HIVP)および水 道 用 ダクタ
イル鋳 鉄 管 (JWWA G 113)とする。
(3) 配 水 管 等 から分 岐 して最 初 に設 置 する止 水 栓 等 の位 置 は、原 則 として次 のとおりとする。
① 口 径 20mm 及 び 30mm の給 水 管 は、水 道 メーター直 近 に設 置 する、伸 縮 止 水 栓 とする。
② 口 径 40mm 及 び 50mm の給 水 管 は、道 路 部 分 の配 水 管 との分 岐 後 2.0m 以 内 に青 銅 仕
切 弁 を設 置 する。
③ 口 径 75mm 以 上 の給 水 管 は、道 路 部 分 の配 水 管 との分 岐 後 2.0m 以 内 にソフトシール仕
切 弁 を設 置 する。
(4) 道 路 部 分 に給 水 管 を布 設 する際 は、継 手 が極 力 少 ない配 管 とすること。
また、既 設 埋 設 物 及 び構 造 物 に近 接 して配 管 するときは、0.3m以 上 離 して布 設 すること。
(5) 管 の据 付 けにあ たっ ては、管 体 に損 傷 部 のないことを確 認 し 、 管 内 に 土 砂 、そ の他 不 要 なも
のがないように清 掃 して布 設 すること。
(6) 給 水 管 が 側 溝 又 は 水 路 等 を 横 断 す る 場 合 は 、 そ の 下 に 布 設 す る こ と 。 た だし 、 や む を 得 ず
開 き ょ 断 面 内 等 に 横 架 す るとき は 、 道 路 管 理 者 又 は 水 路 管 理 者 と 協 議 し 、 配 管 材 料 等 につ
いて は 事 前 に 水 道 課 と 協 議 するこ と。な お、 施 工 に あた って は 、 給 水 管 が 損 傷 し な い ように 十
分 な措 置 を講 じること。
(7) 水 路 等 を横 架 する場 合 及 び石 垣 等 に露 出 配 管 する場 合 は、道 路 上 に止 水 栓 を設 置 するこ
と。
107
5.2 敷 地 内 の配 管
(1) 給 水 管 ( ヘ ッダ ー 方 式 は 除 く ) は 、 家 屋 の 外 廻 り( 建 物 基 礎 の 外 ま わ り ) を で きる だ け 直 線 配
管 とすることを原 則 とし、将 来 の維 持 管 理 に支 障 のないようにすること。
(2) 給 水 装 置 から公 道 部 分 を横 断 して更 に給 水 装 置 を設 けることは維 持 管 理 の面 から認 めない
(3) 給 水 管 は、井 水 、貯 水 槽 以 下 の配 管 、他 の導 管 及 び汚 染 の恐 れがあ る管 と直 結 しないこと。
(4) 配 水 管 より低 いところ へ給 水 する場 合 は、地 盤 から 1.5m立 上 げるなど有 効 な引 落 し防 止 等
の措 置 を講 じること。また、地 盤 から距 離 のあるところへ給 水 する場 合 などは、その低 いところの
給 水 箇 所 の地 盤 から 1.5m立 上 げるのも有 効 な引 き落 とし防 止 となる。
(5) 鋼 管 は、酸 性 土 壌 又 は塩 水 の影 響 を受 ける箇 所 には使 用 しないこと。ただし、やむを得 ず使
用 する場 合 は、防 護 措 置 を講 じること。
(6) 給 水 管 は、メーターと貯 水 槽 の吐 水 口 との間 で分 岐 してはならない。ただし、 2 槽 以 上 の貯 水
槽 への分 岐 において、各 貯 水 槽 への流 量 が当 該 メーターの性 能 範 囲 内 である場 合 は、この限
りでない。
(7) 貯 水 槽 方 式 で給 水 する場 合 、停 電 及 びポンプ故 障 等 の断 水 に備 え、直 結 の非 常 用 給 水 栓
を貯 水 槽 の近 くに設 置 すること。
(8) 傾 斜 地 等 に給 水 管 を布 設 する場 合 は、管 種 の選 定 及 び施 工 に十 分 留 意 すること。
(9) 露 出 部 など凍 結 のおそれのある箇 所 は、防 凍 材 料 で被 覆 し、外 面 は粘 着 テープ等 で処 理 す
ること。
(10) 便 所 、汚 水 槽 等 汚 染 されるおそれのある場 所 を避 けること。
(11) 給 水 管 の 露 出 部 分 は、 たわみ 、振 れ等 を防 ぐ ため 適 当 な 間 隔 で 取 付 器 具 等 、そ の他 を 用
いて建 物 等 に取 付 けること。
(12) 空 気 溜 まりを生 じるおそれのある場 所 には、空 気 弁 を設 置 すること。
(13) 給 水 器 具 の う ち 、 湯 沸 器 、 給 湯 器 等 を 取 付 け る 場 合 は 、 上 流 側 に 近 接 し て 止 水 用 器 具
(止 水 機 能 及 び逆 流 防 止 機 能 )を取 付 けること。
(14) 貯 湯 湯 沸 器 にあっては、減 圧 弁 又 は逃 し弁 を設 置 すること。
(15) 大 便 器 にフラッシュバルブを取 付 ける場 合 、給 水 管 の口 径 は 25mm 以 上 とすること。また、
大 便 器 に給 水 管 を直 結 する場 合 は、有 効 な真 空 破 壊 装 置 (バキュームブレーカ)を備 え た フラ
ッシュバルブを取 付 けること。
(16) タンクレストイレを取 付 ける場 合 、流 動 時 の最 低 必 要 水 圧 を確 保 する必 要 があることから、水
理 計 算 を行 うなど口 径 決 定 について十 分 検 討 し布 設 すること。
(18) 全 て の 給 水 装 置 又 は 各 戸 検 針 を 適 用 す る 貯 水 槽 以 下 装 置 に は 、 メ ー タ ー 下 流 側 に 逆 流
防 止 弁 を設 置 すること。ただし、一 時 用 については、簡 易 式 を取 り付 けることができる。
(19) メ ー ター 先 の 給 水 管 口 径 は 、 メ ー タ ー と 同 口 径 のも の と する 。 た だし 、 管 理 者 が 特 に 認 め る
場 合 はこの限 りでない。
(20)2F 以 上 の建 物 については、各 階 に仕 切 弁 を設 置 すること。
(21)HIVP 管 は、露 出 配 管 はしないこと。(ただし、床 下 配 管 等 の隠 ぺい部 分 は可 とする)。
108
5.3 さや管 ヘッダー工 法
(1) さや管 ヘッダー工 法 には、架 橋 ポリエチレン管 やポリブデン管 がある。
(2) さや管 はポ リエチレン 管 などで、さや管 ヘッダー工 法 専 用 のものを使 用 し 、給 水 系 ・ 給 湯 系 を
色 分 けし て区 別 すること。また、さや管 の末 端 にはキャップ、テープなどで異 物 が入 らないように
確 実 に保 護 すること。
(3) さや管 はできるだけ最 短 距 離 をとり、できる限 り曲 げ角 度 は小 さく 、曲 げ箇 所 数 も少 なくする。
なお、曲 げ角 度 の最 大 は 90 度 とする。
(4) さや管 の固 定 間 隔 は、直 線 部 は 1~2m毎 、曲 がり部 は、曲 がりの始 点 ・頂 点 ・終 点 を固 定 す
る
(5) ヘッダーの設 置 位 置 は、パイ プシャフト・台 所 等 維 持 管 理 に便 利 な場 所 とし、パイプの行 き先
を明 示 しておく。
5.4 地 下 式 散 水 栓 の設 置 の制 限
地 下 式 散 水 栓 は 、 地 下 設 置 等 に よ り 汚 染 水 が 断 水 時 に 逆 流 す る 恐 れ が あ るの で 設 置 し て は
ならない。ただし、管 理 者 が必 要 と認 めた場 合 は、この限 りではない。
5.5 太 陽 熱 温 水 器 の配 管
(1) 太 陽 熱 温 水 器 の設 置 位 置 は、3 階 直 結 直 圧 式 給 水 可 能 地 区 であれば、最 高 3 階 屋 上 に設
置 することができる。3 階 直 結 直 圧 式 給 水 可 能 地 区 以 外 であれば、2 階 屋 上 の設 置 を原 則 と
する。
(2) 太 陽 熱 温 水 器 には止 水 用 器 具 (止 水 機 能 及 び逆 流 防 止 機 能 )を取 付 けること。
(3) 水 道 直 結 となる構 造 のものは、すべて 減 圧 弁 ( 逆 流 防 止 装 置 付 ) 、安 全 弁 を内 蔵 し ているこ
と。
(4) ぶれ 防 止 のた め 防 護 措 置 をす ること。 ただし 、 管 は熱 伸 縮 するので 固 定 は ルーズにし 、 局 部
的 な力 が作 用 しないようにすること。
(5) ポリエチレン管 を使 用 する場 合 は 、太 陽 熱 を蓄 熱 するような物 ( 支 持 金 物 、鉄 板 等 )に接 触 し
ないようにすること。やむを得 ず接 触 する場 合 は、断 熱 材 で保 護 すること。
(6) 凍 結 防 止 のため、水 抜 き用 水 栓 等 を設 け、露 出 配 管 には、保 温 材 を用 いて被 覆 すること。
5.6 その他
(1) 給 湯 器 、浄 水 器 等 の設 置 については、水 道 直 結 となる構 造 のものは、給 湯 器 等 器 具 の入 水
側 に止 水 用 器 具 (止 水 機 能 及 び逆 流 防 止 弁 )を取 り付 けること。
(2) 水 道 直 結 式 ス プリ ン クラ ーの 設 置 に あた って は 、分 岐 し よう とす る 配 水 管 の給 水 能 力 の 範 囲
内 で、スプリ ン クラ ー設 備 の正 常 な作 動 に必 要 な水 圧 ・ 水 量 が得 られるよう消 防 署 及 び製 造 メ
ーカー等 と十 分 協 議 をおこない消 防 設 備 士 の指 導 のもと施 工 することになるが、設 置 について
は、次 の 点 に 注 意 する。 なお、使 用 者 等 に 対 し て、水 道 直 結 式 スプリ ンクラー設 備 に ついては 、
断 水 時 に作 動 しない等 、取 扱 方 法 について説 明 しておくこと。
① 水 道 直 結 式 とする場 合 、スプリンクラーヘッドの継 手 には、停 滞 水 防 止 と なるスプリンクラ
ー占 用 の継 手 を使 用 し停 滞 水 を生 じない構 造 とすること。(図 7.5.1)
② 水 道 直 結 式 ス プリ ンクラー設 備 のうち湿 式 ス プリ ンクラー設 備 については、ス プリンクラー
ヘッドの設 置 さ れている配 管 の最 末 端 に は、常 時 使 用 され、かつ火 災 時 にお ける安 全 性
の観 点 よりトイレに接 続 すること。
109
③ スプリ ン クラ ー設 備 が 結 露 現 象 を 生 じ 、周 囲 に 影 響 を 与 え る恐 れがある場 合 は、防 露 措
置 を行 う。
④ スプリンクラー設 備 を主 とする配 管 と飲 用 に供 する設 備 を主 とする配 管 については、表
示 テープを巻 くなどして識 別 しておくことが望 ましい。
図 7.5.1 スプリンクラー専 用 継 手
(3) 磁 気 活 水 器 を 取 り 付 ける場 合 は 、水 道 メーター に影 響 が出 な いように、 水 道 メーター 下 流
側 で 50cm 以 上 の離 隔 をとること。
(4) 給 湯 器 や電 気 温 水 器 等 を設 置 する際 は、地 震 等 で転 倒 しないよう、しっかり固 定 すること
(5) 架 橋 ポリ エチレン 管 ・ ポリブデン管 をやむを得 ず他 の工 法 で使 用 する場 合 は、柔 軟 な材 質 、
又 は 一 部 の 有 機 薬 品 ( 殺 虫 剤 ・ 防 腐 剤 ・ シ ロアリ 駆 除 剤 等 ) に 侵 されるおそ れがある ため 保
護 管 などを施 し、固 定 についても確 実 に行 い、維 持 管 理 が容 易 に行 えるようにすること。
5.7 給 水 装 置 の撤 去
不 用 となった給 水 装 置 は、すべて撤 去 しなければならない。
給 水 管 の撤 去 工 事 は分 岐 箇 所 から切 断 し切 断 口 を完 全 に塞 ぎ、離 脱 、漏 水 等 の事 故 発 生 の
原 因 にならないようにしなければならない。
(1) チーズ取 り出 し については、直 管 でつなぐこと。 やむを得 ず、チーズ分 岐 後 最 短 箇 所 でキャ
ップ留 めとする。
(2) サドル分 水 栓 については、ボールを閉 止 しキャップを取 付 けること。
(3) T字 管 については、受 口 部 又 はフランジ部 に蓋 を取 付 けること。
(4) 離 脱 防 止 を施 した安 全 なもので塞 ぐことができないものは、T字 管 部 を取 除 き直 管 にてつなぐ
こと。
(5) 敷 地 内 の支 管 分 岐 の場 合 も分 岐 箇 所 から切 断 すること。
(6) 弁 、栓 等 及 び鉄 蓋 、縁 石 類 は撤 去 すること。
(7) 切 断 、玉 下 し等 の施 工 箇 所 部 分 は、ポリエチレンスリーブで保 護 すること。
(8) 撤 去 工 事 の現 場 写 真 を提 出 すること。
110
6. 水 道 メーターの設 置
6.1 水 道 メーターの設 置 基 準
(1) メーターは給 水 装 置 ごとに設 置 すること。ただし、各 戸 検 針 共 同 住 宅 を新 設 する場 合 につい
ては、1Fに各 戸 ごとのメーターを設 置 すること。
※1 直 結 の ア パー ト 等 で 各 室 が 独 立 し た 構 造 で 各 入 居 者 の 水 道 水 の 使 用 も 独 立 し て いる も
のは、各 室 を 1 戸 として取 り扱 う。また既 設 連 合 栓 で独 立 の家 屋 でなくても 1 戸 とみなすこと
が妥 当 であるものは、改 造 工 事 の時 点 で改 めなければならない。
※2 二 世 帯 住 宅 では、完 全 分 離 型 の場 合 は申 込 者 の希 望 により、メーターを 1 個 又 は 2 個 設
置 することが出 来 る。玄 関 共 用 型 の場 合 については次 の要 件 を満 たす場 合 は、 2 個 の水 道
メーターを設 置 することが出 来 る。
① 給 水 管 の配 管 系 統 が独 立 しており、それぞれの配 管 系 統 に日 常 生 活 を営 める程 度 の給
水 設 備 (トイレ、風 呂 、流 し等 )が整 備 されること。
② いずれの配 管 系 統 も家 庭 における日 常 生 活 の用 に用 いられるものであること。
③ それぞれの給 水 装 置 の所 有 者 が異 なること。又 は、使 用 者 が異 なる予 定 であること。
(2) 共 同 住 宅 に おい て は 、 各 戸 ご とに 市 のメ ータ ー を 設 置 する 。 ただし 、 独 立 し て日 常 生 活 を 営
むに十 分 な給 水 設 備 が各 居 室 に整 備 されていない共 同 住 宅 は、全 体 の使 用 水 量 を計 量 でき
る部 分 に市 のメーターを設 置 することができる。
(3) 共 同 住 宅 以 外 の建 物 においては、全 体 の使 用 水 量 を計 量 できる部 分 に市 のメーターを設 置
する。ただし、次 に掲 げる要 件 のすべてを満 たす場 合 は、各 区 画 に市 のメーターを設 置 すること
ができる。
① 各 区 画 が完 全 に区 分 され、独 立 していること。
② 各 区 画 に給 水 栓 が設 置 されていること。
③ 各 区 画 の給 水 装 置 の所 有 者 が異 なり、または使 用 者 が異 なる予 定 であること。
④ 各 区 画 に設 置 する市 のメーターの点 検 等 に支 障 がないと認 められること。
(4) 各 戸 ごと、または各 区 画 に市 のメーターを設 置 する場 合 において、共 用 部 分 に給 水 栓 ( 非 常
用 水 栓 を含 む)を設 置 する場 合 は、当 該 共 用 部 分 にも市 のメーターを設 置 する。
(5) メーターは、工 事 申 請 者 の敷 地 内 に設 置 する。
(6) メーター取 付 ユニオン・フランジの中 心 線 は平 行 に設 置 すること 。
(7) 口 径 50 ㎜においては、伸 縮 メーターユニオンをメーター上 流 側 に取 付 けること。
(8) 私 設 消 火 栓 は、消 火 用 水 量 に応 じた口 径 のメーターを設 置 すること。
※ 従 来 、 私 設 消 火 栓 は 、メーターを付 けない代 わ りに水 道 課 が 封 印 し 、消 火 又 は 演 習 ( 演 習
の 場 合 は 水 道 課 の 職 員 が 立 ち 会 う ) 以 外 に は 使 用 出 来 な い こ とに な って いる が 。し か し 、 使 用
する場 合 は、既 設 メーターに連 結 するか、又 は別 個 にメーターを設 置 すること。
6.2 水 道 メーターの設 置 場 所 及 び位 置
(1) メーターは、給 水 管 と同 口 径 のものを使 用 し、給 水 栓 より低 位 に、 かつ、水 平 に設 置 すること
ただし 、管 理 者 が特 に認 めた条 件 に該 当 するメーターについては、給 水 管 より小 口 径 のものを
使 用 することができる。
(2) メー タ ーを 設 置 する に 際 し て は、 点 検 し や す く 、 常 に 乾 燥 し て 汚 水 が 入 ら ず、 損 傷 及 び 盗 難
のおそれがない箇 所 を選 定 すること。
111
(3) メーターの設 置 場 所 は、公 私 境 界 から敷 地 側 に 2m以 内 (できる限 り公 道 側 とする )で建 物 の
外 とし 、か つ、分 岐 部 から 直 角 線 上 であること。 ただし 、やむ得 ない 場 合 は、 前 掲 の 4.止 水 器
具 等 の設 置 位 置 (2)その他 に基 づくこと。
(4) アパート等 で 数 個 のメーターを並 べて設 置 する場 合 は、メーターボ ックスの蓋 の裏 側 にペンキ
等 で、部 屋 番 号 等 を明 示 すること。
(5) メーターは検 定 満 期 時 の取 替 作 業 など、将 来 に渡 り維 持 管 理 に支 障 と ならない場 所 に設 置
すること。
112
6.3 水 道 メーターの管 理
メ ー タ ー は 、善 良 な 管 理 者 の 注 意 を も つ て 常 に 清 潔 に 、か つ 検 針 し や す い 状 態 に し て
メ ー タ ー を 管 理 し な け れ ば な ら な い 。( 給 水 条 例 第 20 条 第 2 項 )
保 管 者 が 前 項 の 管 理 義 務 を 怠 つ た た め に 、メ ー タ ー を 亡 失 又 は き 損 し た 場 合 は そ の 損
害 額 を 弁 償 し な け れ ば な ら な い 。( 給 水 条 例 第 20 条 第 3 項 )
6.4 水 道 メーターの種 類
本 市 で使 用 するメーターの種 類 は、次 のとおりである。
(1) 乾 式 直 読 メーター
指 示 機 構 部 が 水 に 覆 わ れ て い な い 構 造 で あ る た め 、 円 読 式 メ ー タ ー に 比 べ て 凍 結 時 に故
障 しにくい。また、100ℓ以 上 の表 示 が針 の指 針 でなく数 字 車 になっていて、そ の数 字 を直 接 読
むものである。なお、口 径 13 ㎜~75 ㎜に使 用 されている。
6.5 水 道 メーターの規 格
(1) 採 用 するメーターは表 7.6.1 の規 格 を満 足 するものとする。
表 7.6.1 全 メーターに共 通 する規 格
口径
(㎜)
計 量 部 の型 式
全長
ネジ外 径
25.4 ㎜あたりの
(㎜)
(㎜)
ネジ山 数
25.8 通 称 :
φ13
接線流羽根車単箱型
100
φ20
接線流羽根車複箱型
190
33.2
φ25
接線流羽根車複箱型
225
41.9
Φ30
接線流羽根車複箱型
230
47.8
φ40
たて型 軸 流 羽 根 車 式
245
59.6
全長
フランジボルト
フランジボルト
(㎜)
孔 径 (㎜)
孔数
19
4
(キンモンネジ)
14 山
11 山
口径
(㎜)
φ50
75
計 量 部 の型 式
たて型 ウォルトマン
たて型 ウォルトマン
560
630
113
(2) メーターは表 7.6.1 のほか表 7.6.2 の規 格 も満 足 するものとする。
表 7.6.2 メーターにおける規 格
口 径 (㎜)
型
指示部桁数
式
関連規格
(m 3 以 上 )
φ13
乾式直読
4桁
JWWA B127 PD13
φ20
乾式直読
4桁
JWWA B128 PD20
φ25
乾式直読
4桁
JWWA B128 PD25
φ30
乾式直読
4桁
φ40
乾式直読
6桁
φ50
乾式直読
6桁
φ75
乾式直読
6桁
6.6 水 道 メーターの性 能
メーターの最 大 流 量 は表 7.6.3 のとおりである。計 画 最 大 使 用 水 量 は、メーターの性 能 を超 過
し て はなら な い。 し た がっ て、 給 水 管 口 径 決 定 に 際 し て は、 メ ー ター の 性 能 範 囲 に 留 意 し て 計 算
を行 うこと。
表 7.6.3 メーター最 大 流 量 【参 考 :メーターの適 正 流 量 範 囲 】
口径
最大流量
適正使用流量範囲
3
3
1 日 24 時 間 使 用 の時
月間使用量
3
(mm)
(m /h)
(m /h)
(m /日 )
(m 3 /h)
φ13
1.5
0.1~1
12.0
100
φ20
3.0
0.2~1.6
20.0
170
φ25
4.0
0.23~2.5
30.0
260
φ30
6.0
0.4~4
50.0
420
φ40
12.0
0.4~6.5
80.0
700
φ50
40.0
2.0~20
250.0
2,600
φ75
63.0
4.0~40
390.0
4,100
6.7 メーターボックス等 の構 造 及 び寸 法
(1) 地 下 式 メーターボックス
① 小 型 メーターボックスの寸 法 及 び取 付 寸 法
ア.1口 径 大 きいものを設 置 し 低 板 があるものは、底 板 を付 けて設 置 すること。
イ.メーターボックスは、集 落 水 道 等 と区 別 するため黄 色 蓋 仕 様 とする。
※ パッキン代 見 込 寸 法 ( 25mm 以 下 、双 方 で約 6mm、40mm 以 上 で双 方 約 10mm)
114
表 7.6.4 メーターボックス基 準 寸 法 及 び取 付 寸 法 (鋳 鉄 製 【参 考 値 】) 単 位 :㎜
寸法
メーター
メーター取 り付 け間 隔
の長 さ
d(パッキン厚 さ含 む)
278
165
171
180
278
190
196
548
180
278
210
216
622
240
352
245
255
a
b
c
13
483
180
20
548
25
40
口径
表 7.6.5 メーターボックス基 準 寸 法 及 び取 付 寸 法 (化 成 製 【参 考 値 】) 単 位 :㎜
寸法
メーター
メーター取 り付 け間 隔
の長 さ
d(パッキン厚 さ含 む)
332
165
171
346
190
196
25
210
216
30
230
236
40
245
255
a
b
c
13
470
180
20
570
200
口径
(注 ) ただし、鋳 鉄 製 (表 7.6.4)、化 成 製 (表 7.6.5)とも製 造 メーカーにより寸 法 が異 なる。
② 複 式 メーターボックス
ア 低 層 集 合 住 宅 のメーターボックスについて、複 数 のボックスを集 約 できるメーターユニット
一 体 型 のボックスを設 置 できる。
イ 既 製 品 メーターユニット一 体 型 ボックス
管 理 者 が 認 め た 承 認 品 と なり、 ボ ック スの 蓋 に つ い ては 、 黄 色 の 塗 装 を 施 さ なければ な
らない。
③ 大 型 メーター(口 径 50 ㎜以 上 )ボックス
ア 現 場 打 ちメーターボックス(図 7.6.4)
・構 造 及 び寸 法 については次 図 を標 準 とすること。
・メーターボックス内 に漏 水 雨 水 等 が侵 入 しても、常 時 排 水 可 能 な 有 効 な措 置 を行 うこと
イ 既 製 品 メーターボックス
管 理 者 が認 めた承 認 品 。
ウ メーターボックスの蓋 は、検 針 がしやすいよう小 窓 付 とすること。
④ メーターボックス内 に逆 流 防 止 弁 を設 置 する場 合
維 持 管 理 可 能 なメーターボックスを使 用 すること。
なお、大 型 メーター(口 径 φ50 ㎜以 上 )については、メーターボックス、逆 流 防 止 弁 、ボックス
の構 造 等 について水 道 課 と協 議 すること。
115
図 7.6.4 現 場 打 ちメーターボックス標 準 図
※ メーターから下 流 側 の 使 用 材 料 でフランジ
から 1.0m以 上 は鋼 管 を使 用 すること。
※ 口 径 50 ㎜以 上 のメーターまでの使 用 材 料
でPPを使 用 する場 合 は、メーター前 後 1.0
m以 上 は鋼 管 を使 用 すること 。
116
メーター台 受 標 準 図
メーターボックス寸 法 表 【参 考 】(単 位 :㎜)
メーター
メーター
L
W
H
A
B
C
D
a
b
c
t
50
1,010
710
760
770
570
100
470
510
260
250
120
560
75
1,140
815
860
900
640
130
575
610
310
300
120
630
L
W
H
A
B
C
D
a
b
c
t
50
1,200
875
860
900
760
70
575
610
310
300
150
560
75
1,500
945
980
1,200
1,010
95
645
730
370
360
150
630
口径
メーター
口径
メーターボックス寸 法 表 (逆 止 弁 対 応 【参 考 】) (単 位 :㎜)
117
長
メータ
ー 長
7. 貯 水 槽 設 備
貯 水 槽 の設 置 位 置 及 び構 造 は、次 に掲 げるところによるものとする。(建 築 基 準 法 施 行 令 第 129
条 の2の5及 び同 規 定 に基 づく建 設 省 告 示 (昭 和 62 建 告 1924)の基 準 )
7.1 貯 水 槽 の設 置 位 置
(1) 貯 水 槽 は、換 気 がよく、維 持 管 理 の容 易 な場 所 に設 置 し 、し 尿 浄 化 槽 、 下 水 等 の汚 染 源 に
近 接 しない場 所 とすること。
(2) 貯 水 槽 の 設 置 位 置 が 、地 下 2 階 以 下 及 び地 盤 面 ( 給 水 管 引 込 み 道 路 面 )よ り3 m以 上 引 落
す場 合 は、副 貯 水 槽 の設 置 又 は減 圧 弁 等 を設 置 し 、水 道 メーターの計 量 性 能 範 囲 の最 大 値
を超 えないよう必 要 な措 置 を講 じること。
(3) 低 位 置 に貯 水 槽 を設 ける場 合 は、雨 水 及 び汚 水 の流 入 を防 止 するような構 造 とすること。
(4) 崩 壊 の可 能 性 のあるのり肩 、のり先 等 の近 くには設 置 しないこと。
7.2 貯 水 槽 の構 造
(1) 建 築 物 の内 部 に設 ける場 合
① 外 部 から 貯 水 槽 の天 井 、底 又 は周 壁 の保 守 点 検 を容 易 かつ安 全 に行 うことができるように
設 けること。
② 貯 水 槽 の天 井 、底 又 は周 壁 は、建 築 物 の他 の部 分 と兼 用 しないこと。
③ 内 部 には、飲 料 水 の配 管 設 備 以 外 の配 管 設 備 を設 けないこと。
④ 内 部 の保 守 点 検 を容 易 かつ安 全 に行 うことができる位 置 に、ほこりの他 衛 生 上 有 害 なもの
が入 らないように有 効 に立 ち上 げたマンホール (直 径 60cm 以 上 )を設 けること。ただし、貯 水
槽 の天 井 が蓋 を兼 ねる場 合 はこの限 りでない。
⑤ ④のほか、水 抜 管 を設 ける等 、内 部 の保 守 点 検 を容 易 に行 うことができる構 造 とすること。
⑥ ほこりその他 衛 生 上 有 害 なものが入 らない構 造 のオーバーフロー管 を有 効 に設 けること。
⑦ ほこ りそ の 他 衛 生 上 有 害 な ものが 入 ら ない 構 造 の通 気 のた めの 装 置 を 有 効 に 設 けるこ と。
ただし、有 効 容 量 が2m 3 未 満 の貯 水 槽 についてはこの限 りでない。
⑧ 貯 水 槽 の上 にポンプ、ボイラー、空 気 調 和 機 等 の機 器 を設 ける場 合 は、飲 料 水 を汚 染 する
ことのないように衛 生 上 必 要 な措 置 を講 じること。
⑨ 高 水 位 (HWL)と上 壁 の間 隔 は、30cm 以 上 とすること。
⑩ 最 低 水 位 (LWL)は、揚 水 管 より 1.5D以 上 とすること。
(2) 建 築 物 の外 部 に設 ける場 合
① 貯 水 槽 の底 が地 盤 下 にあり、かつ、当 該 貯 水 槽 からくみ取 便 所 の便 槽 、し尿 浄 化 槽 、排
水 管 (貯 水 槽 の水 抜 管 又 はオーバーフロー管 に接 続 する排 水 管 を除 く。 )、ガソリンタンク、そ
の他 衛 生 上 有 害 な物 の貯 留 又 は処 理 に供 する施 設 までの 水 平 距 離 が5m未 満 である場 合
においては、前 記 (1)の①及 び③から⑩までに定 めるところによること。
② ①以 外 の場 合 には、(1)の③から⑩までに定 めるところによること。
7.3 付 属 設 備
(1) ボールタップ
① ボ ールタッ プの取 付 位 置 は、 点 検 修 理 に便 利 な 場 所 を 選 定 し 、この近 くに マンホールを設
置 すること。
② 口 径 40 ㎜以 上 については、水 撃 作 用 を防 止 するため、副 式 ボールタップ (パイロット式 又 は
電 磁 式 )を使 用 するこ と。なお、定 水 位 弁 の誤 作 動 を防 ぐため、パイ ロットパイ プの最 高 位 置
に空 気 抜 き用 のバルブを取 り付 けること。
118
③ 高 置 水 槽 は、ボールタップの代 わりにフロートスイッチ等 を取 り付 け水 槽 内 の水 位 により、自
動 的 に電 気 回 路 が開 閉 し、これに伴 い揚 水 ポンプが自 動 的 に作 動 するような装 置 とすること
(2) 越 流 管 (オーバーフロー管 )
① 水 槽 に は、 越 流 管 を 設 置 すること。そ の取 り 付 けに際 し ては、 水 槽 にほこ りや、そ の他 衛 生
上 有 害 なものが入 らない構 造 とし、出 口 には、目 の細 かい防 虫 網 を設 けること。
② 越 流 管 の 口 径 は、 配 水 管 の最 大 動 水 圧 時 に おける給 水 量 を 賄 うこ との できる大 きさ ( 給 水
管 呼 び径 の倍 以 上 )を標 準 とする。
(3) 警 報 装 置
① 満 水 警 報 装 置 は、故 障 の発 見 及 び貯 水 槽 から の越 流 防 止 のため取 り付 けるもので、管 理
室 等 に表 示 (ベルとランプ)できるようにすること。
② 渇 水 警 報 装 置 は 、 故 障 の 発 見 及 び 揚 水 ポ ン プ の 保 安 の た め 取 り 付 け る もの で、 揚 水 ポン
プの電 源 を遮 断 する装 置 とすること。なお、管 理 室 等 に表 示 (ベルとランプ)すること。
(4) どろ吐 き管 (水 抜 管 )
貯 水 槽 ( 家 庭 用 の 貯 水 槽 も含 む) には、そ の 最 低 部 にどろ吐 き管 (水 抜 管 )を 取 り 付 けること。
又 、排 水 に便 利 なように排 水 桝 もあわせて考 慮 すること。
(5) 波 立 ち防 止
φ25 ㎜以 下 のボールタップ式 の貯 水 槽 については、波 立 ち防 止 を設 置 すること。ただし、定
水 位 弁 方 式 については、水 道 課 と協 議 すること。
【満 水 面 の波 立 ち防 止 図 (参 考 )】
119
(7) 逆 流 防 止
貯 水 槽 に給 水 する場 合 は、給 水 口 を落 し込 みとし、規 定 の吐 水 口 空 間 を確 保 すること。
【規 定 の吐 水 口 空 間 】
① 呼 び径 が 25mm 以 下 のもの
越 流 面 から吐 水 口 の
近 接 壁 から吐 水 口 の中 心
最 下 端 までの垂 直 距 離 A
までの水 平 距 離 B
13 ㎜以 下
25 ㎜以 上
25 ㎜以 上
13 ㎜を越 え 20 ㎜以 下
40 ㎜以 上
40 ㎜以 上
20 ㎜を越 え 25 ㎜以 下
50 ㎜以 上
50 ㎜以 上
呼 び径 の区 分
注 1) 浴 槽 に給 水 する場 合 は、越 流 面 から吐 水 口 の最 下 端 までの垂 直 距 離 Aは 50mm
未 満 であってはならない。
2) プール等 水 面 が特 に波 立 ちやすい水 槽 並 びに事 業 活 動 に伴 い洗 剤 、又 は 薬 品 を
使 う水 槽 及 び容 器 に給 水 する場 合 には、越 流 面 から吐 水 口 の最 下 端 までの垂 直 距
離 Aは、200mm 未 満 であってはならない。
3) 上 記 1)及 び 2)は、給 水 用 具 の内 部 の吐 水 口 空 間 には適 用 しない。
② 呼 び径 が 25mm を越 えるもの
越 流 面 から吐 水 口 の最 下 端
区
までの垂 直 距 離 A
分
壁 からの離 れB
近 接 壁 の影 響 がない場 合
1.7d'+5 ㎜以 上
近接壁の
近接壁
3d以 下
3.0d'以 上
影 響 がある
1面 の
3dを越 え5d以 下
2.0d'+5 ㎜以 上
場合
場合
5dを越 えるもの
1.7d'+5 ㎜以 上
4d以 下
3.5d'以 上
近 接 壁 2面
4dを越 え 6d以 下
3.0d'以 上
の場 合
6dを越 え 7d以 下
2.0d'+5 ㎜以 上
7dを越 えるもの
1.7d'+5 ㎜以 上
注 1) d:吐 水 口 の内 径 (mm) d':有 効 開 口 の口 径 (mm)
2) 吐 水 口 の断 面 が長 方 形 の場 合 は長 辺 をdとする。
3) 越 流 面 より少 しでも高 い壁 がある場 合 は近 接 壁 とみなす。
4) 浴 槽 に 給 水 す る 場 合 は 、 越 流 面 か ら 吐 水 口 の 最 下 端 ま で の 垂 直 距 離 A は
50mm 未 満 であってはならない。
5) プール等 水 面 が特 に波 立 ちやすい水 槽 並 びに事 業 活 動 に伴 い洗 剤 、又 は 薬
品 を使 う水 槽 及 び容 器 に給 水 する場 合 には、越 流 面 から吐 水 口 の最 下 端 まで
の垂 直 距 離 Aは、200mm 未 満 であってはならない。
6) 上 記 4)及 び 5)は、給 水 用 具 の内 部 の吐 水 口 空 間 には適 用 しない。
120
(1) 越 流 管 (立 取 出 し)
(2) 越 流 管 (横 取 出 し)
※Bの設 定 は呼 び径 が 25 ㎜以 下 の場 合 の設 定
切 り 込 み 部 分 の あ るボ ー ル タ ッ プ は 下 図 に 示 す よ う に① コ マ 座 径 ( d) の 断 面 よ り ②の 切 り 込
み部 分 の 断 面 積 が 大 きい ときは、 吐 水 口 空 間 測 定 位 置 は③のライ ンより越 流 面 のAとなる。た
だし、切 り込 み部 分 の断 面 積 は、(b)に示 すバルブレバーの太 さを考 慮 すること。
(3) ボールタップの吐 水 口
切 り込 み部 分 の断 面
(8) ポンプの位 置
① ポンプは、故 障 に備 えて予 備 を設 置 すること。
② やむを得 ずポンプをタンクのスラブの上 に設 置 する時 は、適 切 な油 漏 れ防 止 並 びに振 動 防
止 を施 すこと。
① ポンプ室 床 上 の排 水 を良 くし、ポンプ室 内 は常 に整 理 、整 頓 しておくこと。
121
(9) 水 撃 作 用 の防 止 及 び立 ち上 がり
水 撃 作 用 を 防 止 するため 、貯 水 槽 前 にエアーチ ャ ンバー又 は 水 撃 防 止 器 を 地 上 面 に設 け
ること。
ただし、口 径 13 ㎜以 下 で貯 水 槽 容 量 が 1.0m 3 未 満 の場 合 にはこれを省 略 することができる 。
① エアークッションの長 さは、1m程 度 とし、給 水 管 口 径 より 1 サイズ以 上 大 きいものとすること。
② エ ア ー チ ャ ン バ ーの 頭 部 に 空 気 補 給 用 の 甲 型 止 水 栓 ( 落 コ マ 式 ) を 、 下 部 に 水 抜 用 のバ
ルブ又 は給 水 栓 を露 出 し て設 置 すること。
ただし、頭 部 の甲 型 止 水 栓 は逆 取 付 (空 気 補 給 のため)とすること。
③ 貯 水 槽 に 直 接 給 水 す る場 合 は 、 付 近 周 辺 の 水 圧 低 下 又 は 水 量 不 足 を 招 く おそ れ があ る
ので給 水 管 を貯 水 槽 手 前 で、地 盤 から 1.5m程 度 立 ち上 げること。なお、その途 中 に青 銅 仕
切 弁 及 びユニオンを取 り付 けること。
④ 停 電 及 びポ ン プの故 障 等 の 断 水 に 備 え 、直 結 の非 常 用 給 水 栓 を貯 水 槽 の近 辺 に取 り付
けること。 なお、非 常 用 給 水 栓 の設 置 位 置 については、事 前 に水 道 課 と協 議 すること。
122
(10) Y型 ストレーナ
管 理 上 、定 水 位 弁 又 は、ボールタップの手 前 にY型 ストレーナを設 置 すること。
(11) 通 気 口
ほこりや、その他 衛 生 上 有 害 なものが入 らない構 造 の通 気 のための装 置 を有 効 に設 けること
ただし、有 効 容 量 が2m 3 未 満 の貯 水 槽 については、この限 りでない。
(12) その他
貯 水 槽 以 下 の装 置 については、貯 水 槽 以 下 装 置 の設 置 及 び管 理 要 領 によるこ と。
123
124
8. 土 工 事 等
8.1 土 工 事
(1) 給 水 装 置 工 事 において、道 路 掘 削 を伴 う等 の工 事 内 容 によっては、その工 事 箇 所 の施 工 手
続 きを 当 該 道 路 管 理 者 及 び 所 轄 警 察 署 長 等 に 行 い 、そ の道 路 使 用 許 可 等 の 条 件 を 遵 守 し
て適 正 に施 工 、かつ、事 故 防 止 に努 めなければならない。
工 事 場 所 の交 通 等 を確 保 するために、「道 路 工 事 における保 安 施 設 等 の設 置 基 準 」に準 じ
て保 安 設 備 を設 置 し、必 要 に応 じて保 安 要 員 を配 置 すること。また、その施 工 者 の安 全 につい
ても十 分 留 意 しなければならない。
(2) 掘 削 に 先 立 ち 事 前 の 調 査 を 行 い 、 現 場 状 況 を 把 握 す ると と もに、 掘 削 断 面 の 決 定 にあ た っ
ては、次 の事 項 を考 慮 すること。
① 掘 削 断 面 は、道 路 管 理 者 等 が指 示 する場 合 を除 き、予 定 地 における道 路 状 況 、地 下 埋
設 物 、土 質 条 件 、周 辺 の環 境 及 び埋 設 後 の給 水 管 の土 被 り等 を総 合 的 に検 討 し、最 小 で
安 全 かつ確 実 な施 工 ができるような断 面 及 び土 留 工 を決 定 すること。
② 特 に掘 削 深 さが 1.5mを越 える場 合 は、切 り取 り面 がその箇 所 の土 質 に見 合 った勾 配 を保
って掘 削 できる場 合 を除 き土 留 工 を施 すこと。
③ 掘 削 深 さ が 1.5m 以 内 であっても自 立 性 に乏 しい地 山 の場 合 は、施 工 の安 全 性 を確 保 す
るため適 切 な勾 配 を定 めて断 面 を決 定 するか、又 は土 留 工 を施 すものとする。
(3) 機 械 掘 削 と人 力 掘 削 の選 定 にあたっては、次 の事 項 に留 意 すること。
① 下 水 道 、ガス、電 気 、 電 話 等 地 下 埋 設 物 の輻 輳 状 態 、 作 業 環 境 等 及 び周 辺 の建 築 物 の
状況。
② 地 形 (道 路 の屈 曲 及 び傾 斜 等 )及 び地 質 (岩 、転 石 、軟 弱 地 盤 等 )による作 業 性 。
③ 道 路 管 理 者 及 び所 轄 警 察 署 長 による工 事 許 可 条 件 。
④ 工 事 現 場 への機 械 輸 送 の可 否 。
⑤ 機 械 掘 削 と人 力 掘 削 の経 済 比 較 。
(4) 工 事 施 工 にあたっては、騒 音 、振 動 等 について付 近 住 民 と事 前 に十 分 な打 ち合 わせを行 い、
協 力 と 理 解 を 得 て、 かつ 、 施 工 時 間 及 び使 用 機 械 の選 定 等 を 考 慮 し なければならない。なお、
施 工 中 に 事 故 が 起 きた 場 合 は 、これら に 伴 う 二 次 災 害 を 防 止 する ため に、 工 事 を 中 断 し て 関
係 機 関 、水 道 課 、埋 設 物 管 理 者 、警 察 署 、道 路 管 理 者 、消 防 署 等 )に連 絡 し、指 示 を受 けな
ければならない。
また、掘 削 工 事 については、次 によらなければならない。
① 舗 装 道 路 の掘 削 は、隣 接 する既 設 舗 装 部 分 への影 響 がないようカッター等 を使 用 し 、周 り
は 方 形 に 、 切 り 口 は 垂 直 にな るよ う に 丁 寧 に 切 断 し た 後 、 埋 設 物 に 注 意 し 所 定 の 深 さ 等 に
掘 削 すること。
② 道 路 を掘 削 する場 合 は、1日 の作 業 範 囲 とし、堀 置 きはしないこと。
③ 埋 設 物 の 近 く を 掘 削 する 場 合 は 、 必 要 によ り 埋 設 物 の 管 理 者 の 立 会 を 求 め 指 示 に 従 うこ
と。
④ 掘 削 は 、所 定 の 断 面 に従 って 行 い 、 布 設 管 の 土 被 り が 所 定 の 深 さと なる ように 行 い、 底 部
は転 石 、凹 凸 等 のないようにし、余 堀 り、すかし掘 りをしないこと。
(5) 埋 戻 しは、次 によらなければならない。
① 道 路 内 における埋 戻 し は、道 路 管 理 者 が指 定 し た材 料 を用 いて、片 埋 めに ならないように
注 意 しながら、厚 さ 15~30cm 程 度 に敷 均 し、現 地 盤 と同 程 度 以 上 の密 度 となるように層
毎 に十 分 に締 固 め、将 来 陥 没 、沈 下 等 を起 こさないようにすること。
125
② 埋 戻 し 前 には、必 ず管 や他 の構 造 物 の損 傷 の有 無 を確 認 し、管 の移 動 を生 じ たりしないよ
う 注 意 す るこ と 。 ま た 、 他 の 構 造 物 に 損 傷 が 確 認 さ れ た 場 合 は 、 速 や か に 各 占 用 管 轄 者 に
届 出 、指 示 に従 うこと。
③ 締 固 めは、タンパー、振 動 ローラー等 の転 圧 機 で行 うこと。
④ 湧 水 等 がある場 合 は、ポンプ等 により排 水 を完 全 に行 った後 、埋 戻 しを行 うこと。
⑤ 道 路 以 外 の埋 戻 しは、当 該 土 地 の所 有 者 の指 示 に従 うこと。
8.2 道 路 復 旧 工 事
(1) 舗 装 道 路 の仮 復 旧 は、道 路 管 理 者 の指 示 に従 い、埋 戻 し完 了 後 速 やかに行 うこと。
(2) 地 下 埋 設 物 等 の 鉄 蓋 類 を 隠 ぺ い し な い よ う に 注 意 し 、 地 籍 調 査 標 識 ・ 交 通 安 全 鋲 及 び 道
路 標 識 線 等 を傷 つけた時 は原 形 に復 すること。
(3) 路 面 本 復 旧 を 行 う ま で の 間 は 、 パ ト ロ ー ル を 定 期 に 行 い 、 仮 復 旧 路 面 の 不 陸 等 に よ る 事 故
発 生 の防 止 に努 めること。
(4) 仮 復 旧 及 び本 復 旧
① 市 管 理 の場 合
ア 路 面 縦 断 掘 削 の仮 復 旧 及 び本 復 旧 の構 造 は、掘 削 箇 所 の舗 装 種 別 を確 認 のうえ、
「埋 戻 し及 び復 旧 構 造 図 」図 7.8.1 によるものとするが、道 路 管 理 者 から特 別 な指 示 があ
った場 合 はこれに従 うものとする。
イ 復 旧 範 囲 は別 途 指 示
舗 装 後 1年 未 満 の箇 所 及 びカラーブロック歩 道 等 、特 殊 な事 情 のある箇 所 は事 前 に
道 路 管 理 者 と協 議 し、復 旧 幅 、構 造 等 についてはその指 示 に従 うこと。
図 7.8.1 埋 戻 し及 び復 旧 構 造 図 (枕 崎 市 管 理 )
1 . セ メン ト 系 、 及 び 歩 道 ブ ロ ック の 影 響 幅 及 び 舗 装 構 造 に つ い て は 道 路 管 理 者 と 十 分
協 議 のうえ決 定 すること。
2. 本 復 旧 の幅 については影 響 幅 、残 存 幅 を考 慮 のうえ決 定 すること。
126
8.3 現 場 管 理
工 事 の施 工 にあたっては、道 路 交 通 法 、労 働 安 全 衛 生 法 等 の関 係 法 令 及 び工 事 に関 する
諸 規 定 を遵 守 し 、常 に交 通 及 び工 事 の安 全 に十 分 留 意 し て現 場 管 理 を行 うとともに、工 事 に伴
う騒 音 ・振 動 等 をできる限 り防 止 し、生 活 環 境 の保 全 に努 めること。
(1) 工 事 の施 工 は、次 の技 術 指 針 ・基 準 等 を参 照 すること。
① 土木工事安全施工技術指針
(国 土 交 通 省 大 臣 官 房 技 術 調 査 室 ―平 成 5年 3月 改 正 )
② 建 設 工 事 に伴 う騒 音 振 動 対 策 技 術 指 針
(国 土 交 通 省 大 臣 官 房 技 術 参 事 官 通 達 ―昭 和 62 年 3月 改 正 )
③ 建設工事公衆災害防止対策要綱
(国 土 交 通 省 事 務 次 官 通 達 ―平 成 5年 1月 )
④ 道 路 工 事 現 場 における表 示 施 設 等 の設 置 基 準
(国 土 交 通 省 道 路 局 長 通 達 ―昭 和 37 年 8月 改 正 )
⑤ 道路工事保安施設設置基準
(国 土 交 通 省 地 方 建 設 局 )
(2) 道 路 工 事 にあ た って は、 交 通 の 安 全 等 につ い て道 路 管 理 者 、 及 び 所 轄 警 察 署 長 と 事 前 に
相 談 しておくこと。
(3) 工 事 の 施 工 に よ っ て 生 じ た 建 設 発 生 土 、 建 設 廃 棄 物 等 の 不 要 物 は 、 「 廃 棄 物 の 処 理 及 び
清 掃 に関 する法 律 」その他 の規 定 に基 づき、工 事 施 行 者 が責 任 をもって適 正 かつ速 やかに処
理 すること。
(4) 工 事 中 、万 一 不 測 の事 故 等 が発 生 した場 合 は、直 ちに所 轄 警 察 署 長 、道 路 管 理 者 に通 報
するとともに、水 道 事 業 管 理 者 に連 絡 しなければならない。
(5) 他 の埋 設 物 を損 傷 し た場 合 は、直 ちにそ の埋 設 物 の管 理 者 に通 報 し 、その指 示 に従 わなけ
ればならない。
(6) 掘 削 にあたっては、工 事 場 所 の交 通 の安 全 等 を確 保 するために保 安 設 備 を設 置 し 、必 要 に
応 じ て保 安 要 員 ( 交 通 整 理 員 等 ) を配 置 すること。 また、そ の工 事 の作 業 員 の安 全 についても
十 分 留 意 すること。
(7) 指 定 工 事 事 業 者 は、 本 復 旧 工 事 施 工 まで常 に仮 復 旧 箇 所 を巡 回 し 、路 盤 沈 下 、そ の他 不
良 箇 所 が 生 じ た 場 合 又 は 道 路 管 理 者 等 から 指 示 を 受 けた とき は、ただ ちに修 復 をし なければ
ならない。
127
9. 配 管 工 事
接 合 方 法 は、使 用 する管 種 ごとに種 々あるが、主 なものは次 のとおりである。
9.1 ライニング鋼 管 の接 合
ライニング鋼 管 の接 合 は、ねじ接 合 が一 般 的 である。
(1) ねじ接 合 については、次 によること。( 図 7.9.1)
① この接 合 は、専 用 ねじ切 り機 等 で管 端 にねじを立 て、ねじ込 む方 法 である。
② 使 用 するねじの規 格 としては、JIS B 0203 「管 用 テーパねじ」が定 められている。
③ ねじ 切 りに使 用 する切 削 油 は、水 道 用 の水 溶 性 切 削 油 ( JWWA K 137 ) でなければならな
い。
④ 接 合 に際 しては、錆 の発 生 を防 止 するため、防 食 シール剤 ( JWWA K 146 )をねじ部 及 び管
端 面 に塗 布 する等 、管 切 断 面 及 び接 続 部 の防 食 処 理 を行 い接 合 する。
⑤ 継 手 は、JWWA K 150 「水 道 用 ライニング鋼 管 用 管 端 防 食 形 継 手 」に規 定 する継 手 を使 用
すること。なお、シール剤 等 の規 格 としては、「日 本 水 道 協 会 及 格 」 JWWA K 137「水 道 用 ね
じ切 り油 剤 」、
JWWA K 146「水 道 用 耐 熱 性 液 状 シール剤 」が定 められている。
図 7.9.1 ねじ接 合
(2) 接 合 作 業 上 の注 意 事 項 は、次 によること。
① 管 の切 断 は、自 動 金 のこ 盤 ( 帯 のこ盤 、弦 のこ盤 ) 、ねじ 切 り機 に搭 載 さ れた自 動 丸 のこ機
等 を使 用 して、管 軸 に対 して直 角 に切 断 する。管 に悪 影 響 を及 ぼすパイ プカッターやチップ
ソーカッター、ガス切 断 、高 速 砥 石 は使 用 しないこと。
② 管 の切 断 、ねじ 加 工 等 によって、管 の切 断 面 に生 じ たかえ り、ばりをヤスリ等 で取 り除 く。塩
化 ビニルライニング鋼 管 は、スクレーバー等 を使 用 して塩 化 ビニル管 肉 厚 の 1/2~2/3 程
度 を面 取 りする。
③ 管 内 面 及 びねじ部 に付 着 した切 断 油 、切 断 粉 等 は、ウエスなどできれいに拭 き取 る。
④ 埋 設 配 管 用 外 面 被 覆 鋼 管 及 び同 継 手 をねじ 込 む場 合 、外 面 被 覆 層 を傷 つけないために
パイ プレン チ及 びバイ スは、被 覆 鋼 管 用 を使 用 すること。万 一 、管 や継 手 の外 面 を損 傷 し た
ときは、必 ず防 食 テープ巻 き等 の防 食 処 理 を施 しておくこ と。
⑤ 液 体 シール剤 が硬 化 しないうちにねじ込 む。また、硬 化 後 にねじ戻 しは行 わないこと。
128
9.2 水 道 用 ポリエチレン管 の接 合
(1) 金 属 継 手 (コア一 体 型 )による接 合
① 管 切 断 は管 軸 に直 角 に切 断 し、本 体 が入 りやすいように内 面 の面 取 りを行 う。
② 継 手 を分 解 し、管 に袋 ナット、リングの順 にセットする。
③ セ ッ ト さ れ た 管 端 を 本 体 に 差 し 込 み 、 リ ン グ を 押 し 込 み なが ら 袋 ナ ッ ト を 本 体 ネ ジ に 十 分 に
締 め付 ける。
④ 締 め付 けは、パイプレンチ等 を2個 使 用 し、確 実 に行 わなければならない。
(2) 金 属 継 手 (メカニカル継 手 )による接 合 (図 7.9.2)
① 継 手 は、管 種 (1 種 ・2 種 )に適 合 したものを使 用 する。
② インコアが入 りやすいように内 面 の面 取 りを行 う。
③ 継 手 を分 解 し、管 に袋 ナット、リングの順 にセットする。
④ インコアを管 に、プラスチックハンマー等 で根 元 まで十 分 にたたき込 む。
⑤ 管 を継 手 本 体 に差 し込 み、リングを押 し込 みながら袋 ナットを十 分 に締 め付 ける。
⑥ 締 付 けは、パイプレンチ等 を 2 個 使 用 し、確 実 に行 わなければならない。
図 7.9.2 メカニカル継 手 の接 合
(3) 金 属 継 手 (ワンタッチ式 継 手 )による接 合 (図 7.9.3)
① 切 管 は管 軸 に直 角 に切 断 し、管 厚 の 3/4 程 度 挿 し口 の面 を取 る。
② 接 合 前 にソケット部 受 け口 のOリング、ウェッジリングの有 無 、傷 、ねじれ等 を確 認 する。
③ ソケット部 の受 け口 長 さを、管 にマーキングし、挿 し込 み後 確 認 する。
④ 解 体 しソケットを再 使 用 する場 合 は、Oリング、ウェッジリングを取 替 える。
⑤ 接 合 後 、受 け口 のすき間 に砂 等 が入 らないように、ビニルテープを巻 く。
図 7.9.3 ワンタッチ式 継 手
129
(4) 作 業 上 の注 意 事 項
① 接 合 ( 異 種 間 接 合 を 含 む 。) はポ リ エチレン 管 専 用 の 継 手 を 使 用 し 、 使 用 継 手 ご との 方 法
により確 実 に行 うこと。
② 管 切 断 は管 軸 に対 して直 角 に行 い、接 合 部 の付 着 物 はウエス等 できれいに清 掃 すること。
③ 挿 し口 には、挿 し込 み長 さを確 認 するための表 示 を行 うこと。
④ 管 の挿 入 れは表 示 線 まで確 実 に行 うこと。
(5) ポリエチレン管 最 小 曲 げ半 径
ポリエチレン管 最 小 曲 げ半 径 は下 表 の通 りとする。
呼 び径
φ13mm
φ20mm
φ25mm
最 小 曲 げ半 径
450mm
550mm
700mm
9.3 架 橋 ポリエチレン管 の接 合
(1) 継 手 に は 、 メ カ ニ カ ル 継 手 と 継 手 の 本 体 に 電 熱 線 等 の 発 熱 体 を 埋 め 込 ん だ 電 気 式 熱 融 着
継 手 がある。
(2) メカニカル継 手 は、白 色 の単 層 管 に使 用 する。【M種 】(図 7.9.4)
(3) 電 気 式 熱 融 着 継 手 は、緑 色 の2層 管 を使 用 する。【E種 】(図 7.9.5)
図 7.9.6 メカニカル継 手
図 7.9.5 電 気 式 熱 融 着 継 手 【E種 】
130
9.4 耐 衝 撃 性 硬 質 塩 化 ビニル管 の接 合
ビニル管 の接 合 は、接 着 剤 を用 いたTS継 手 、ゴム輪 形 継 手 、メカニカル継 手 を使 用 する。
(1) TS縦 手 による接 合 (図 7.9.7)
① 管 外 面 及 び継 ぎ手 の内 面 をきれいにして、接 着 剤 を、均 一 に薄 く塗 布 する。
② 接 着 剤 を塗 布 後 、直 ちに継 手 に挿 し込 み、管 の戻 りを防 ぐため、口 径 50mm 以 下 は 30 秒
以 上 、口 径 75mm 以 上 は 60 秒 以 上 そのまま保 持 すること。
③ はみ出 した接 着 剤 は、直 ちに拭 きとる。
接 着 剤 の 規 格 とし て は、J WWA S 10 「 耐 熱 性 硬 質 塩 化 ビニ ル 管 用 の 接 着 剤 」 が 定 められ て い
る。
図 7.9.7 TS継 手 の接 合
(2) ゴム輪 形 継 手 による接 合 (図 7.9.8)
① 管 の切 断 面 は面 取 りを行 う。
② ゴム輪 とゴム輪 溝 、管 挿 しロの清 掃 を行 う。
③ ゴム輪 は、前 後 反 対 にしたり、ねじれたりしないように正 確 に装 着 する。
④ 挿 し込 み荷 重 を軽 減 するため、ゴム輪 及 び挿 しロの表 示 線 まで、専 用 の滑 剤 を塗 布 する。
⑤ 接 合 は、管 軸 を合 わせた後 、一 気 に表 示 線 まで挿 し込 む。
⑥ 接 合 後 、ゴム輪 のねじれ、離 脱 がないかチェックゲージを用 いて全 円 周 を確 認 する。
⑦ 曲 管 の接 合 部 は、水 圧 によって離 脱 するおそ れがあるので、離 脱 防 止 金 具 又 はコンクリ ー
トブロックにより防 護 すること。
①管 端 面 の面 取
②ゴム輪 の装 着 方 法
図 7.9.8 ゴム輪 形 継 手 の接 合
131
図 7.9.8 ゴム輪 形 継 手 の接 合 (つづき)
(3) メカニカル継 手 による接 合
① 管 種 に適 した継 手 を選 定 する。
② 継 手 を組 み込 む際 、部 品 の装 着 順 序 に注 意 する。
③ 継 手 は、適 切 な挿 し込 み深 さを確 保 し、確 実 に締 め付 ける。
(4) 作 業 上 の注 意 事 項
① T S 継 手 の 場 合 、 接 合 後 の 静 置 時 間 は 十 分 に 取 り 、この 間 は 接 合 部 分 に引 っ張 り 及 び 曲
げの力 を加 えてはならない。
② メカニカル継 手 の締 付 けは確 実 に行 い、戻 しは漏 水 の原 因 になるので避 けること。
③ 管 の切 断 は、管 軸 に対 して必 ず直 角 に行 い、面 取 りを行 うこと。
④ 挿 し口 は押 し込 み長 さを確 認 するための表 示 を行 うこと。
9.5 ステンレス鋼 管 の接 合
ステンレス鋼 管 の接 合 は、伸 縮 可 とう式 継 手 、プレス式 継 手 、圧 縮 式 継 手 等 を使 用 する。
(1) 伸 縮 可 とう式 継 手 による接 合
(図 7.9.9)
この継 手 は、埋 設 地 盤 の変 動 に対
応 できるように継 手 に伸 縮 可 とう性
を持 たせたものである。
① 管 接 合 部 の“ばり”などを除 去 し、清 掃 した後 接 合 部 の管 の挿 入 長 さを確 認 する。
図 7.9.9 伸 縮 可 とう式 継 手 の接 合
② 管 には、くい込 み環 設 定 線 の位 置 に専 用 ローラで深 さ 0.7mm 程 度 の溝 を付 ける。
③ 継 手 の接 合 部 品 を、挿 入 順 序 に注 意 しながら管 にセットする。
④ これを継 手 本 体 に挿 入 し、スパナなどの工 具 を使 い袋 ナットをねじ部 が完 全 に袋 ナットで覆
われるまで締 め付 ける。
132
(2) プレス式 継 手 による接 合 (図 7.9.10)
この接 合 は、 専 用 締 め 付 け工 具 ( プレ ス工 具 ) を 使 用 する もので 、 短 時 間 に 接 合 が でき、 高
度 の技 術 を必 要 としない方 法 である。
① 管 を所 定 の長 さに切 断 後 、接 合 部 を清 掃 し、“ばり”などを除 去 する。
② ラインゲージで挿 入 位 置 を記 し、その位 置 に継 手 端 部 がくるまで挿 し込 む。
③ 専 用 締 め付 け工 具 を継 手 に当 て、管 軸 に直 角 に保 持 して、油 圧 によって締 め付 ける。
④ 継 手 に管 を挿 し込 む場 合 、ゴム輪 に傷 を付 けないように注 意 をする。
⑤ 専 用 締 め付 け工 具 は、整 備 不 良 により不 完 全 な接 合 となり易 いので十 分 点 検 しておくこと
図 7.9.10 プレス式 継 手
(3) 圧 縮 式 継 手 による接 合 (図 7.9.11)
この接 合 は、スリ ーブをは めた管 を継 手 本 体 に挿 し 込 み、継 手 のナットを締 め付 けることによ
りスリーブと管 を圧 着 させ接 合 するものである。
① 管 を所 定 の長 さに切 断 後 、接 合 部 を清 掃 し、“ばり”などを除 去 する。
② 管 を継 手 のストッパーまで挿 し込 み、ナットを徐 々に回 し締 め付 ける。
③ 締 め付 けは、必 ずスパナで行 うこと。パイプレンチは変 形 の原 因 となるので使 用 してはならな
い。
図 7.9.11 圧 縮 式 継 手
133
9.6 銅 管 の接 合
銅 管 の接 合 は、トーチラン プ又 は電 気 ヒータによるはんだ接 合 とプレス式 接 合 がある。接 合 には、
継 手 を使 用 する。しかし、25 ㎜以 下 の給 水 管 の直 管 部 は、胴 継 ぎとすることができる。
(1) はんだ接 合 (図 7.9.12)
① 切 断 によって生 じた管 内 のまくれは専 用 のリーマ又 はばり取 り工 具 によって除 去 する。
② 管 端 修 正 工 具 を使 用 して管 端 を真 円 にする。
③ 接 合 部 は、ナイロンたわし等 を使 用 して研 磨 し、汚 れや酸 化 膜 を除 去 する。
④ フラックスは必 要 最 小 限 とし、接 合 部 の管 端 3~5 ㎜離 して銅 管 外 面 に塗 布 する。
⑤ フラックスを塗 布 した銅 管 へ、ストッパーに達 するまで十 分 継 手 を挿 し込 む。
⑥ 加 熱 はプロパンエアートーチ又 は電 気 ろう付 け器 で行 う。
⑦ はんだをさす適 温 は 270~320℃である。
⑧ 濡 れた布 などでよく拭 いて外 部 に付 着 しているフラックスを除 去 すると同 時 に接 合 部 を冷 却
し安 定 化 させる。
図 7.9.12 はんだ接 合
(2) プレス式 接 合 (図 7.9.13)
ステンレス鋼 管 のプレス式 継 手 の接 合 に準 ずる。
図 7.9.13 プレス式 接 合
9.7 ダクタイル鋳 鉄 管 の接 合
ダクタイル鋳 鉄 管 の継 手 は、メカニカル継 手 、プッシュオン継 手 等 がある。
(1) メカニカル継 手
メカニカル継 手 には、K形 、NS形 、SⅡ形 等 がある。
① K形 継 手 による接 合 (図 7.9.14)
ア.挿 し口 の端 部 から白 線 (約 40cm)までの外 面 を清 掃 する。
イ.押 し輪 又 は特 殊 押 し 輪 をきれいに清 掃 して挿 し口 に挿 入 する。
134
ウ.挿 し口 外 面 及 び受 け口 内 面 に滑 剤 を十 分 塗 布 する。
エ.ゴム輪 の全 面 に継 手 用 滑 剤 を塗 り、押 しロから 20cm 程 度 の位 置 まで挿 入 する。
オ.挿 しロを受 け口 に確 実 に挿 入 する。
カ.管 のセンターをあわせ、受 け口 内 面 と挿 し 口 外 面 との隙 間 を上 下 左 右 できるだけ均 一 に
し、ゴム輪 を受 け口 内 の所 定 の位 置 に押 し込 む。
キ. 押 し 輪 又 は 特 珠 押 し 輪 を 受 け 口 に 寄 せ、 セ ット する 。この 場 合 、 押 し 輪 端 面 に 鋳 出 し て
ある口 径 及 び年 号 の表 示 を管 と同 様 に上 側 にくるようにする。
ク. T 頭 ボ ル ト を 受 け 口 か ら 挿 入 し 、 平 均 に 締 め 付 けて い く よ う にし 、 受 け 口 と 押 し 輪 間 隔 が
均 一 に確 保 されるようにする。
なお、標 準 締 め付 けトルクは、表 7.9.1 のとおりである。
表 7.9.1 締 め付 けトルク
T頭 ボルト経
トルク
使用管口径
継 の柄 の長 さのレンチを使 用 すれば
(㎜)
(N・m)
(㎜)
大 体 初 期 の締 め付 けができる
M20
100
100~600
25cm
M16
60
75
25cm
ケ.特 殊 押 し輪 はT頭 ボルトを均 一 に締 め付 けた後 、特 殊 押 し輪 の押 しねじを上 下 、左 右 等
の順 に一 対 の方 向 で徐 々に数 回 にわたって締 め付 けるようにしなければならない。
押 しねじの締 め付 けトルクは、φ100mm 以 上 の管 では 100 N・mを標 準 とする。
図 7.9.14 メカニカル継 手 (K形 )の接 合
②NS形 継 手 による接 合 (図 7.9.15)
ア.ロックリング心 出 し用 ゴムを清 掃 して、受 け口 の所 定 の位 置 にしっかりと張 り付 かせる。
イ.ロックリングを清 掃 して、絞 り器 具 でロックリングを絞 った状 態 で、かつロックリング心 出 し用
ゴムの上 に正 しくセットする。
ウ.ゴ ム 輪 を 清 掃 し 、T形 継 ぎ 手 の接 合 の要 領 と 同 様 にゴム輪 を受 け 口 内 面 の所 定 の 位 置
に装 着 する。このとき、ゴム輪 がNS形 用 かを表 示 マークで必 ず確 認 する。
エ.滑 剤 をゴ ム 輪 の内 面 及 び 差 し 口 外 面 のテーパ 部 から 白 線 まで の範 囲 に ムラなく塗 布 す
る。
オ.管 をクレーンなどで吊 った状 態 にして挿 し口 を受 け口 に預 ける。ジャッキ(レバーブロック )
を操 作 し 、ゆっくりと 挿 し 口 を受 け口 に挿 入 する。 その場 合 、 挿 し 口 外 面 に表 示 し てある2
本 の白 線 のうち受 け口 側 の白 線 の幅 の中 に受 け口 端 面 がくるように合 わせる。
カ.ゴム輪 の位 置 の確 認 を行 う。受 け口 と挿 し 口 の隙 間 に薄 板 ゲージを差 し 込 みその入 り込
み量 を測 定 する。
135
図 7.9.15 メカニカル継 手 (NS形 )の接 合
③ SⅡ形 継 手 の接 合 (図 7.9.16)
ア.挿 し 口 外 面 及 び 受 け 口 内 面 に 滑 剤 を塗 布 し 、ゴム輪 、バックアップリング、ロックリ ングを
正 しい方 向 にセットする。
イ .受 け口 ( 挿 し ロ) に挿 し 口 ( 受 け口 ) を挿 入 する。 その場 合 、挿 し 口 外 面 に 表 示 し てある2
本 の白 線 のうち白 線 Aの幅 の中 に受 け口 端 面 がくるように合 わせる。
ウ.ロックリング絞 り器 具 を利 用 してロックリングを絞 る。
エ.バックアップリングを受 け口 と挿 しロの隙 間 に、ロックリングに当 たるまで適 当 な棒 、板 で挿
入 する。その際 、バックアップリングの切 断 部 の位 置 は次 のようにする。
①ゴム輪 、バックアップリング、ロックリングの装 着
②装 着
図 7.9.16 メカニカル継 手 (SⅡ型 )の接 合
・口 径 75~150 ㎜では、ロックリングの分 割 部 または切 り欠 き部 以 外 の位 置 。
・口 径 200 ㎜以 上 では、ロックリングの分 割 部 と約 180°ずれた位 置 。
オ.ゴム輪 、押 輪 、ボルトを所 定 の位 置 にセットし、標 準 トルクまで締 め付 ける。
なお、標 準 締 め付 けトルクは、表 7.9.1 のとおりである。
(3) 作 業 上 の注 意 点
① 管 の接 合 は、 挿 し ロ部 外 面 及 び 受 口 部 内 面 等 に付 着 し ている 油 、 砂 、そ の他 の異 物 を完
全 に取 り除 くこと。
② 締 め 付 け は 、ラ チェ ッ トレ ン チ 、 ト ルク レ ンチ 、 ス パナ 等 の 工 具 と ダ ク タイ ル 管 継 手 用 滑 剤 を
使 用 し、確 実 かつ、丁 寧 に施 工 する。
③ 滑 剤 は、継 手 用 滑 剤 に適 合 するものを使 用 し、グリース等 の油 剤 類 は絶 対 使 用 しないこ
と。
136
9.8 フランジ継 手 の接 合
フランジ接 合 は次 による。
(1) フラ ン ジ 接 合 面 は 、 錆 、 油 、 塗 装 、 そ の 他 の 異 物 を 丁 寧 に 取 り 除 き 、ガ ス ケッ ト 溝 の 凹 部 を き
れいに出 しておかなければならない。
(2) 布 入 りゴム 板 を使 用 する場 合 は、手 持 ち部 を除 き、フランジ部 外 周 に合 わせて切 断 し、ボ ルト
穴 部 分 及 び管 内 径 部 をフランジ面 に合 わせて正 確 に穴 開 けする。
(3) 布 入 りゴ ム 板 又 はガスケットを両 フランジに正 確 に合 わせ、所 定 の ボ ルトを同 一 方 向 より 挿 入
し、ナット締 め付 けを行 うようにする。締 め付 けは、左 右 一 対 の方 向 で徐 々に数 回 に分 けて締 め、
片 締 めにならないよう十 分 注 意 する。
9.9 溶 接 接 合
(1) 溶 接 接 合 は次 による。
① 溶 接 作 業 は、高 度 の技 術 が要 求 されるので溶 接 士 の資 格 を有 する者 が行 うことが望 ましい
② 鋼 管 溶 接 の溶 接 棒 は、軟 鋼 用 被 覆 アーク溶 接 棒 (JIS Z 3211) に適 合 するものを、またス
テンレス鋼 管 溶 接 の盛 り増 し用 溶 加 材 は、溶 接 用 ステンレス鋼 棒 及 びワイヤー( JIS Z 3321)
の適 合 品 を使 用 することが望 ましい。
③ 溶 接 部 は、溶 接 に先 立 って十 分 に乾 燥 させ、錆 、ごみ等 の不 純 物 をグラインダー、ワイヤー
ブラシ、布 などを用 いて完 全 に除 去 、清 掃 する。
④ 溶 接 は、板 厚 、継 手 形 状 に応 じ て適 正 な電 流 、電 圧 を用 いて十 分 に裏 面 へ溶 かし 込 みを
与 え、各 層 ごとにスラッグを除 去 し、かつピンホール、スラッグ巻 き込 み、アンダーカット等 の生
じないよう注 意 する。
(2) 作 業 上 の注 意 点
① 現 場 開 先 加 工 は、管 切 断 後 、開 先 面 をグライ ンダーで滑 らかに研 磨 し、正 し い開 先 形 状 と
なるように仕 上 げること。
② 開 先 形 状 は 、 管 口 径 、 管 厚 等 の 条 件 を 考 慮 し 現 場 に 適 し た 形 状 と する が、 小 口 径 管 は 、
Ⅴ型 開 先 が適 当 である。(図 7.9.17)
③ 開 先 面 に、油 脂 、水 分 、錆 、土 砂 などが付 着 していると、溶 接 に欠 陥 が生 じる原 因 となるお
それがあるので十 分 に清 掃 すること。
④ 芯 だし、肌 合 わせに当 たっては適 切 な治 具 等 を使 用 して、目 違 いなどを円 周 上 に分 布 させ
ること。
⑤ 両 端 の突 き合 わせ時 には、それぞれの交 換 の兆 手 継 ぎ手 は感 圧 紙 の 5 倍 以 上 離 して溶 接
部 が 1 箇 所 に週 中 しないようにすること。(図 7.9.18)
⑥ 収 縮 応 力 や溶 接 のひずみが少 なくなるような溶 接 順 序 とすること。
⑦ 雨 天 、風 雪 、又 は厳 寒 時 は原 則 として溶 接 をしないこと。
⑧ ビートの余 盛 りは、なるべく低 くし、最 大 2 ㎜を標 準 とすること。
⑨ ステンレス鋼 管 の溶 接 は、母 材 を溶 かすナメ付 け溶 接 を行 うため、万 一 管 の接 合 面 に隙 間
があると溶 け落 ちによる穴 あきの原 因 となる。又 管 の肉 厚 が薄 いので手 動 溶 接 は、特 に高 度
の技 術 と熟 練 を要 する。
137
9.10 異 なる給 水 管 の接 合
材 質 が異 なる給 水 管 の接 合 は、図 7.9.19 による。
図 7.9.19 異 なる給 水 管 の接 続
138
図 7.9.19 異 なる給 水 管 の接 続
10. 給 水 装 置 工 事 における「水 の安 全 」、「給 水 装 置 保 護 」対 策
10.1 水 の汚 染 防 止
(1) 停 滞 水 防 止
① 給 水 装 置 工 事 は、行 き止 まり配 管 等 で停 滞 水 が生 じるおそれのある配 管 は避 けること。
② 住 宅 用 スプリンクラーの設 置 にあたっては、停 滞 水 が生 じないよう末 端 給 水 栓 までの配 管
途 中 に 設 置 す る こ と 。 な お 、 使 用 者 等 に 対 し て こ の 設 備 は 断 水 時 に は 使 用 で き な い 等 、取
扱 方 法 について説 明 しておくこと。
③ 学 校 等 のように一 時 的 、季 節 的 に使 用 されない給 水 装 置 には、給 水 管 内 に長 期 間 水 の停
滞 を生 ずることがある。このような衛 生 上 好 ましくない停 滞 した水 を容 易 に排 除 できるよう排
水 機 構 を適 切 に設 けること。
(2) 有 害 薬 品 等 の汚 染 防 止
① 給 水 管 路 の途 中 に有 毒 薬 品 置 場 、有 毒 物 の 取 扱 場 、汚 水 槽 等 の汚 染 源 がある場 合 は、
給 水 管 等 が 破 損 し た 際 に 有 毒 物 や汚 物 が 水 道 水 に混 入 するおそ れが ある ので、そ の影 響
のないところまで離 して配 管 すること。
② ビニ ル管 、ポ リ エチレ ン 管 等 の 合 成 樹 脂 管 は、 有 機 溶 剤 等 に 侵 されやす いので、鉱 油 ・有
機 溶 剤 等 油 類 が 浸 透 す るおそ れのある 箇 所 に は 使 用 し ないこと とし 、 金 属 管 ( 鋼 管 、 ステン
レス鋼 管 等 ) を使 用 するこ とが望 まし い。合 成 樹 脂 管 を使 用 する場 合 は、さや管 等 で適 切 な
防 護 措 置 を施 すこと。
ここ でいう鉱 油 類 ( ガソリン 等 )・ 有 機 溶 剤 ( 塗 料 、シンナー等 )が浸 透 するお それのある箇 所
とは、1)ガソリンスタンド、2)自 動 車 整 備 工 場 、3)有 機 溶 剤 取 扱 い事 業 所 (倉 庫 )等 である
139
(3) 接 合 用 シール材 ・ 接 着 剤 又 は切 削 油 は、水 道 用 途 に適 し たものを使 用 し、接 合 作 業 におい
てシール 材 、接 着 剤 、 切 削 油 等 の使 用 が 不 適 当 な場 合 は、これらの 物 質 の流 出 や 薬 品 臭 、
油 臭 等 が発 生 する場 合 があるので、必 要 最 小 限 の材 料 を使 用 し、適 切 な接 合 作 業 をするこ
と。
10.2 破 壊 防 止
(1) 水 撃 作 用 防 止 (ウォーターハンマー)
配 管 内 の水 の流 れを給 水 栓 等 により急 閉 すると、運 動 エネ ルギーが圧 力 の増 加 に変 わり急
激 な圧 力 上 昇 (水 撃 作 用 )が起 こる。
水 撃 作 用 の発 生 により、配 管 に振 動 や異 常 音 がおこり、頻 繁 に発 生 すると管 の破 損 や継 手
のゆるみを生 じ 、漏 水 の原 因 ともなる。水 撃 作 用 の発 生 している箇 所 及 び 発 生 するおそれのあ
る場 合 には、発 生 防 止 や吸 収 措 置 を施 すこと。
① 給 水 圧 が高 水 圧 となる場 合 は、減 圧 弁 、定 流 量 弁 等 を設 置 し給 水 圧 又 は流 速 を下 げる
こと。
② 水 撃 作 用 発 生 のおそれのある箇 所 には、その手 前 に近 接 して水 撃 防 止 器 具 を設 置 する
こと。
③ ボ ー ル タ ッ プの 使 用 に あ たっ て は、 比 較 的 水 撃 作 用 の 少 な い 複 式 、 親 子 2 球 式 及 び 定 水
位 弁 等 から、その給 水 用 途 に適 したものを選 定 すること。
③ 貯 水 槽 等 にボールタップで給 水 する場 合 は、必 要 に応 じて波 立 ち防 止 板 等 を施 すこと。
④ 水 撃 作 用 の増 幅 を防 ぐため、空 気 の停 滞 が生 じ るおそれのある鳥 居 配 管 等 は避 けること。
やむを得 ず 空 気 の 停 滞 が 生 じ る恐 れのある配 管 とな る場 合 は 、これを排 除 する ため、空 気
弁 、又 は排 気 装 置 を設 置 すること。
(2) 地 盤 沈 下 等
① 地 盤 沈 下 、 振 動 等 に より 破 損 が 生 じ る おそ れが ある 場 所 に あって は 、 伸 縮 性 又 は 可 と う 性
を有 する給 水 装 置 を設 置 すること。
② 建 物 の 柱 や 壁 等 に 添 わせ て 配 管 する 場 合 に は 、 外 力 、 自 重 、 水 圧 等 に よる 振 動 や 、 た わ
みで損 傷 を受 けやすいので、管 をクリップなどのつかみ金 具 を使 用 し、1~2mの間 隔 で建 物
に固 定 する。給 水 栓 取 付 け部 分 は、特 に損 傷 しやすいので、堅 固 に取 付 けること。
③ 給 水 管 が 構 造 物 の 基 礎 及 び 壁 等 を 貫 通 す る 場 合 は 、 貫 通 部 に スリ ー ブ 等 を 設 け 、 スリ ー
ブとの間 隙 を弾 性 体 で充 填 し、管 の損 傷 を防 止 すること。
(3) 水 路 横 断 等
① 給 水 管 が水 路 を 横 断 する場 合 にあっては 、原 則 とし て水 路 等 の下 に 配 管 すること。やむを
得 ず水 路 等 の上 に配 管 する場 合 は、道 路 管 理 者 又 は水 路 管 理 者 と協 議 し、配 管 材 料 等
については,事 前 に保 全 事 務 所 と協 議 すること。
② 給 水 管 は他 の埋 設 物 (埋 設 管 、構 造 物 の基 礎 等 )より 30 ㎝以 上 の間 隔 を確 保 し、配 管 す
るこ と。やむを得 ず 間 隔 が とれず近 接 し て配 管 する 場 合 に は給 水 管 に発 泡 ス チロール、ポ リ
エチレンフォーム等 を施 し、損 傷 防 止 を図 ること。
140
10.3 侵 食 防 止
(1) サンドブラスト現 象 による漏 水 事 故 を防 止 するために、配 水 管 分 岐 部 からメーターまでの埋 設
するダクタイル鋳 鉄 管 の給 水 管 にポリエチレンスリーブで被 覆 し粘 着 テープ、固 定 バンド等 で固
定 すること。ただし、アパートなどメーターが奥 に設 置 してある場 合 は公 私 境 界 から2m程 度 まで
とする。また 、直 結 増 圧 方 式 及 び3 階 直 結 直 圧 方 式 については 、配 水 支 管 分 岐 部 から 第 1 止
水 栓 までとする。
ポリエチレンスリーブ被 覆 要 領
④ T字 管 部
⑤ 分 岐 部 (サドル付 分 水 栓 )
⑥ 重 ね代 φ75mm 以 上
141
直 部 の重 ね継 手 詳 細
ポリエチレンスリーブの形 状 及 び寸 法
適 用 する管 の
実内径
折 り径
厚さ
有効長
13~25
57
89
0.2
6,000
40~50
98
154
〃
〃
75
248
390
〃
5,000
100
286
450
〃
〃
150
350
550
〃
6,000
200
414
650
〃
〃
250
446
700
〃
〃
300
509
800
〃
7,000
呼 び径
(注 )
(1) 折 り径 とは、円 周 長 さの1/2の寸 法 である。
(2) 有 効 長 とは、適 用 される管 の有 効 長 さに+1,000 ㎜加 えた。
(3) 上 記 の実 内 径 及 び折 り径 はJCPA規 格 を基 準 としたもので、特 殊 な形 状 をした継 手 は別 途 考
慮 するものとする。
(2) 電 気 侵 食 (電 食 )
電 食 のおそ れのある 場 所 に配 管 する 場 合 は、 非 金 属 管 を 使 用 すること。やむ を得 ず金 属 管 を
使 用 する場 合 は、適 切 な電 食 防 止 措 置 ( 電 気 的 絶 縁 物 による管 の被 覆 、絶 縁 物 による遮 へい、
低 電 位 金 属 体 の接 続 埋 設 法 等 )を講 ずること。
142
10.4 逆 流 防 止
(1) 吐 水 口 空 間 の確 保
給 水 栓 の吐 水 口 と越 流 面 までの垂 直 距 離 を吐 水 口 空 間 という。 吐 水 口 空 間 は、逆 流 防 止
の最 も一 般 的 で確 実 な手 段 である。貯 水 槽 や流 し 、洗 面 器 、浴 槽 、プール等 に給 水 する場 合
には、給 水 栓 の吐 水 口 と水 受 け容 器 の越 流 面 との間 に必 要 な吐 水 口 空 間 を確 保 する必 要 が
ある。特 に、事 業 活 動 に伴 い、水 を汚 染 する恐 れがある有 害 物 質 を取 り扱 う場 所 に設 置 する給
水 装 置 にあっては、貯 水 槽 方 式 とすること等 により、一 定 以 上 の吐 水 口 空 間 を確 保 し、当 該 場
所 の水 管 そ の 他 設 備 と給 水 用 具 を 分 離 することな ど、適 切 な 逆 流 防 止 措 置 が講 じ られている
ものでなければならない。
規 定 の吐 水 口 空 間 については、第 3 章 給 水 装 置 の構 造 及 び材 質 基 準 1-(3)-⑤及 び、第 7
章 給 水 装 置 工 事 の施 工 7-(7)を参 照 のこと。
(2) 逆 流 防 止 装 置
吐 水 口 空 間 の確 保 が困 難 な場 合 、あるいは給 水 栓 などにホースを取 付 ける場 合 、断 水 漏
水 等 により給 水 管 内 に負 圧 が発 生 し 、吐 水 口 において逆 サイ ホン作 用 が生 じた際 などに逆 流
が 生 じ るこ と が ある た め 、 逆 流 を 生 じ るお そ れ の あ る 吐 水 口 ご と に 逆 止 弁 、 バキ ュ ーム ブ レ ーカ
又 は、これらを内 部 に有 する給 水 用 具 を設 置 すること。
な お、 確 実 な 逆 流 防 止 機 能 を 有 す る 減 圧 式 逆 流 防 止 器 を 設 置 す るこ と も 考 え ら れる が 、こ
の場 合 、ゴミ等 により機 能 が損 なわれないようにそれぞれの給 水 器 具 の取 扱 説 明 書 にそって維
持 管 理 を確 実 に行 うこと。
吐 水 口 を有 していても、消 火 用 スプリンクラーのように逆 流 のおそれのない場 合 には、特 段 の
措 置 を講 じる必 要 はない。
10.5 凍 結 防 止
屋 外 で気 温 が著 し く低 下 しやすい場 所 そ の他 凍 結 のおそれがある 場 所 にあっては、耐 寒 性
能 有 する 給 水 装 置 を 設 置 するこ と 。 又 は 断 熱 材 で 被 覆 するこ と 等 に より 適 切 な 凍 結 防 止 のた
めの措 置 を講 じること。
防 寒 措 置 は、給 水 装 置 を 発 泡 スチロ ール、ポ リ エチ レンフォーム等 の 断 熱 材 や保 温 材 で被
覆 する。
10.6 クロスコネクションの防 止
安 全 な水 質 を確 保 するた め、指 定 工 事 事 業 者 は、 給 水 管 と他 の水 管 や設 備 、衛 生 上 の問
題 を生 じ る恐 れのある 機 械 ・ 設 備 等 と 給 水 装 置 を 直 接 連 結 し てはならない。 また、そ の連 結 点
に止 切 弁 や逆 流 防 止 装 置 を設 置 し たとし てもクロスコネクションの解 消 にはならないので、絶 対
に避 けなければならない。このため、事 前 対 策 とし ては、水 道 管 と外 見 上 まぎらわし い管 につい
ては完 成 図 で位 置 を確 認 するとともに、管 外 面 の用 途 別 表 示 ( 表 示 テープ等 )を確 認 する。不
明 確 な場 合 は、水 質 検 査 で確 認 してから施 工 する。
① 給 水 装 置 と誤 接 続 さ れやすい配 管 の例
・井 水 、工 業 用 水 、再 生 利 用 水 の配 管
・貯 水 槽 以 下 の配 管
・プール、浴 場 等 の循 環 用 の配 管
・水 道 水 以 外 の給 湯 配 管
143
・水 道 水 以 外 のスプリンクラー配 管
・ポンプの呼 び水 配 管
・雨 水 管
・冷 凍 機 の冷 却 水 配 管
・その他 排 水 管
② 給 水 装 置 と誤 接 続 さ れやすい機 械 、設 備 等 の例
・洗 米 機
・ボイラー(貯 湯 湯 沸 器 を除 く)、クーラー
・ドライクリーニング機
・純 水 器 、軟 水 器
・清 浄 器 、洗 浄 機
・瓶 洗 器
・自 動 マット洗 器 、洗 車 機
・風 呂 釜 清 掃 器
・簡 易 シャワー、残 り湯 汲 出 装 置
・洗 髪 機
・ディスポーザ(生 ゴミ処 理 システム)
一 方 、給 水 栓 に取 り付 けて使 用 する風 呂 釜 清 掃 器 、水 圧 を利 用 し たエジェクタ構 造 の簡 易
シャワー、残 り湯 汲 出 装 置 等 、サイ ホン作 用 によって水 等 が吸 引 するような間 接 連 絡 につい
ても避 けなければならない。
11. 検 査
(1) 主 任 技 術 者 が行 う検 査
主 任 技 術 者 は、法 第 17 条 第 1 項 の規 定 により管 理 者 が行 う検 査 の前 に、竣 工 図 等 の書 類
検 査 及 び 現 地 検 査 に よ り 、 給 水 装 置 の 構 造 ・ 材 質 基 準 に 適 合 し て いるこ と を 必 ず 確 認 し なけ
ればならない。また、給 水 装 置 の使 用 開 始 前 に管 内 を洗 浄 するとともに、通 水 試 験 、耐 圧 試 験
及 び水 質 試 験 (残 留 塩 素 測 定 等 )を行 うこと。
① 工 事 検 査 にお いて確 認 する内 容 は次 の とおり と し 、管 理 者 が行 う検 査 時 に社 内 検 査 報 告
書 を提 出 すること。
a 耐圧検査
耐 圧 試 験 は、原 則 としてメーター設 置 場 所 から水 圧 テストポンプにより 1.00MPa に加 圧
し、10 分 間 以 上 保 持 させ、水 圧 低 下 の有 無 を確 認 する。
b 水 質 の確 認
水 質 の 確 認 は 、 給 水 栓 に お いて 残 留 塩 素 測 定 を 行 い 、 0.1mg/ ℓ 以 上 で あ る かの 確 認
を行 うこと。確 認 できない場 合 は、水 道 課 へ連 絡 し指 示 を受 けること。
また、臭 気 、味 、色 、濁 りについても観 察 により異 常 でないことを確 認 すること。
144
(2) 管 理 者 が行 う検 査
主 任 技 術 者 は、法 第 17 条 第 1 項 の規 定 により管 理 者 が行 う検 査 に立 ち会 わなければなら
ない。また、管 理 者 が必 要 と認 めたときは、その身 分 を明 らかにしなければならない。
管 理 者 が行 う検 査 は、次 のとおりである。
① 社 内 検 査 報 告 書 の確 認
② 竣 工 図 等 のとおりに施 工 されているか。
竣 工 図 等 に 基 づき 、 給 水 器 具 等 が 適 切 に 施 工 され ていること、 及 び 道 路 掘 削 を 伴 うもの
については、道 路 復 旧 状 態 の確 認 。
③ 使 用 材 料 が適 切 か。
使 用 材 料 が、給 水 装 置 の構 造 ・材 質 の適 合 品 であるかどうか認 証 マーク等 により確 認 。
④ 危 険 な接 続 がないか。
施 工 した給 水 装 置 が、井 戸 水 等 他 の水 管 その他 の設 備 に直 接 連 結 されていないかの
確認。
⑤ 防 護 措 置 が施 されているか。
凍 結 の 恐 れのある 場 所 に 設 置 される給 水 装 置 は、 断 熱 材 で 被 覆 すること等 により適 切 な
凍 結 防 止 措 置 が講 じられていることの確 認 。
⑥ 所 定 の圧 力 に耐 え得 るか。
工 事 場 所 の常 圧 による耐 圧 検 査 を行 い、漏 水 等 の有 無 を確 認 。
⑦ 水 質 上 問 題 はないか。
耐 圧 検 査 後 通 水 を行 い、末 端 給 水 栓 において残 留 塩 素 測 定 を行 い、 0.1mg/ℓ以 上 であ
るかの確 認 。
⑧ 所 定 の水 量 を流 し得 るか。
末 端 の水 栓 において、支 障 なく水 がでることの確 認
⑨ 管 理 者 が認 めたときは、当 該 工 事 の選 任 された主 任 技 術 者 であることの確 認 。
⑩ その他 本 基 準 に適 合 しているか。
145
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement