PUMCL

PUMCL
取扱説明書(設置編)
2
マルチループ・モジュール型温度調節計
注意
2-1 設置上の注意
本機器の設置に際しては、次のような場所を避けるよう注意してください。
• 使用時に周囲温度が 0 ~ 50℃の範囲を超える場所
• 使用時に周囲湿度が 45 ~ 85%RH の範囲を超える場所
• 温度変化が急で、結露するような場所
• 腐食性ガス(特に硫化ガス、アンモニア等)や、可燃性ガスが発生する場所
• 本機器に直接振動、衝撃が伝わるような場所
• 水、油、薬品、蒸気、湯気のかかる場所
(水に浸ったときは、漏電、火災の危険がありますので、販売店の点検を受けてください)
• 粉塵、塩分、鉄分の多い場所
• 誘導障害が大きく、静電気、磁気、ノイズが発生しやすい場所
• 直射日光があたる場所
• 輻射熱などによる熱蓄積が生じる場所
INP-TN1PUMCLa
この度は、富士モジュール型温度調節計をお買いあげいただきまして、ありがとうございます。
ご注文の製品であることをお確かめのうえ以下の項目に従ってご使用ください。
(別冊ユーザーズマニュアルにて、詳細操作を記載してありますのでご参照ください。)
この取扱説明書は最終的に本製品をお使いになる方の手元に届けられる様お取りはからいください。
ご注意
本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。
本書の内容につきましては、正確さを期するために万全の注意を払っていますが、本書中の誤
記や、情報の抜け、あるいは情報の使用に起因する結果生じた間接障害を含むいかなる損害に
対しても、弊社は、責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
仕様と付属品の確認
関連資料について
本製品をご使用になる前に、ご注文の形式と一
致していることをご確認ください。
(形式コードは 4 ページに記載されています。)
下記の付属品が全て揃っていることをご確認く
ださい。
本書記載の詳細については、「モジュール型温
度調節計 拡張通信モジュール(CC-Link)ユー
ザーズマニュアル」をご参照ください。
温度調節計拡張通信モジュール (CC-Link)1 台
取扱説明書
1部
内部通信終端抵抗(100 Ω)
1個
内容
仕様
操作
方法
2-2 取付時の注意
• DIN レールに取り付けた後は、必ず固定用タブを押し上げてしっかり固定してください。
• モジュールを連結する際には、固定用タブを引き下げた状態で連結した後、全てのモジュールの固
定用タブを押し上げ固定してください。
• 前面端子台の取り外し、ベース部からの取り外しは、必ず電源 OFF の状態で行ってください。
• 放熱の妨げとなりますので、本機器上部、下部の通風口は塞がないでください。
• DIN レールへの取り付け/取り外しには、モジュールの上下に 30mm 以上のスペースが必要です。
• 本機器に付属されているネジ以外は使用しないでください。
名称
資料番号
カタログ
CNO 1162
CC-Link モジュール
INPユーザーズマニュアル TN5A0200
2-3 結線上の注意
• 端子台への結線には、ネジサイズ M3 の圧着端子を使用してください。
端子台のネジサイズ :M3 × 7(角座付き)
締付けトルク
:0.78N・m(8kgf・cm)
• 信号線はノイズ誘導の影響を受けるため、電源ライン、負荷ラインから離してください。
• CE マーキング(EMC)を満たす為に、通信ケーブル、電源ケーブルにフェライトコアを取り付け
ることを推奨します。
最初にお読みください(安全上のご注意)
2-4 異常時の操作
ご使用の前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。ここに示した注意事項
は安全に関する重要な内容を記載していますので、必ずお守りください。
安全注意事項のランクを「警告」と「注意」に区分してあります。
警告
誤った取扱をしたときに、死亡または重傷を負う可能性のあるもの。
注意
誤った取扱をしたときに、使用者が障害を負ったり物的損害の可能性のあるもの。
1
• アラーム機能については、正しく設定されていないと機器異常時に正しく出力されませんので、運
転前に必ず動作確認してください。
2-5 その他の注意
• アルコールやベンジン等の有機溶剤で本機器を拭かないでください。本機器を清掃する場合は、中
性洗剤をご使用ください。
• 本機器の近くでの携帯電話の使用は、誤動作の原因となりますので、50cm 以上離れてご使用く
ださい。
• ラジオ、テレビ、無線機に近接して使用すると、障害の原因となることがあります。
• 本器は出力を開始するまでに約 20 秒必要です。
• 本器の設置、結線時には、静電気対策を施した上で作業してください。
警告
1-1 設置および配線について
●● 本機器は以下の条件に設置されることを意図しています。
周囲温度
–10 ~ 50℃
周囲湿度
90%RH 以下(結露ないこと)
振動
10 ~ 70Hz 9.8m/s2(1G)以下
ウォームアップ時間
30 分以上
設置カテゴリー
II(IEC1010-1 による)
汚染度
2(IEC1010-1 による)
●● 本機器の絶縁クラスは以下の通りです。設置に先立ち、本機器の絶縁クラスがご使用要求を満足
していることを必ずご確認ください。
• 本機器の故障や異常が重大な事故につながる恐れがある場合には、外部に適切な保護回路を設置し
てください。
• 機器破損および故障防止のため、定格に合った電源電圧を供給してください。
• 感電防止および機器故障防止のため、全ての配線が終了するまで電源を供給しないでください。
• 電源投入前に、感電や機器の火災防止のために間隔が確保されていることを必ず確認してください。
• 通電中は端子に触れないでください。感電、誤動作の恐れがあります。
• 本機器は絶対に分解したり、加工、改造、修理は行わないでください。異常動作、感電、火災の危
険性があります。
1-2 保守について
• 本機器の脱着は電源を OFF にして行ってください。感電、誤動作、故障の原因となります。
• 本機器を継続的、かつ安全にご使用いただくために、定期的なメンテナンスをお勧めします。
• 本機器搭載部品には寿命があるものや、経年変化するものがあります。
• 付属品も含め、本機器の保障期間は、正常にご使用いただいた場合で1年間です。
-1-
•CC-Link 通信速度設定
各部の名称とはたらき
モジュールの裏側にあるロータリースイッチで、CC-Link の通信速度設定を行います。
先の細いマイナスドライバ等を使用し、スイッチを切替えてください。
•モジュール本体
ステーション番号
設定スイッチ
[設定]参照
STATION No.
x10
7 8
5 6
4
L.ERR
7 8
LOADER
ローダ通信ポート
x1
4
5 6
9 0 1
2 3
SD
RD
9 0 1
BUS
2 3
PWR
L.RUN
LEDインジケータ
PUM-C
入出力端子台
[配線]参照
90 1
456
23
78
CC‑Link通信速度設定
LED インジケータ
LED で、下記の動作状態を表示します。
LED 名称
PWR
緑
(優先度順)
消灯 : 電源 OFF
緑点滅 (0.4 秒 ) 周期 :
① イニシャルポーリングで検
出台数 0 台
② イニシャルポーリング後モジ
ュール間通信異常発生
緑点滅 (0.1 秒 ) 周期 :
イニシャルポーリング中
緑点灯 : 運転中
BUS
モジュール間通信受信時点灯
赤
橙
-
-
-
モジュール間通信送信中
点灯 : データリンク実行中
消灯 : H/W リセット中また
は、データリンク未実行
-
-
点灯 : 通信エラー(CRC エラー、
局番設定エラー、ボーレ
ート設定エラー)
消灯 : 正常受信もしくは、
H/W リセット中
点滅 : 電源 ON 中にスイッチ
類の設定をした
-
SD
CC-Link データの送信時
点灯
-
-
RD
CC-Link データの受信時
点灯
-
-
L.RUN
L.ERR
通信速度と最大伝送距離(Ver. 1.10 対応 CC-Link 専用ケーブル使用時)
-
通信速度設定
通信速度
最大伝送距離(ネットワーク最大長)
0
156kbps
1200m
1
625kbps
900m
2
2.5Mbps
400m
3
5Mbps
160m
4
10Mbps
100m
• (5) ~ (9) を選択した場合は、ボーレート選択エラーとなり、「L.ERR」LED が点灯します。
•占有局数/拡張サイクリック設定
モジュールの裏側にあるディップスイッチ(SW1 ~ SW 4)で、占有局数/拡張サイクリックの設
定を行います。
1 2 3 4 5 6
•ベース部
占有局数/
拡張サイクリック設定
設定
•CC-Link 局番設定
SW1
SW2
SW3
SW4
占有局数、拡張サイクリック設定(ループ数) Ver. 対応
OFF
OFF
OFF
OFF
4 局占有 1 倍設定(8 ループ)
ON
OFF
OFF
OFF
4 局占有 1 倍設定(16 ループ)
OFF
ON
OFF
OFF
4 局占有 2 倍設定(16 ループ)
ON
ON
OFF
OFF
4 局占有 2 倍設定(32 ループ)
OFF
OFF
ON
OFF
4 局占有 4 倍設定(32 ループ)
ON
OFF
ON
OFF
4 局占有 4 倍設定(64 ループ)
Ver.1
Ver.2
CC-Link の局番を設定します。局番は 1 ~ 61 まで設定することができます。
先の細いマイナスドライバ等を使用し、スイッチを切替えてください。
• ディップスイッチを上記以外の設定にした場合は、
「4 局占有 1 倍設定(8 ループ)」が設定されます。
x1
5 6
4
STATION No.
x10
7 8
4
LOADER
9 0 1
7 8
9 0 1
SD
RD
PUM-C
5 6
5 6
4
L.ERR
2 3
L.RUN
STATION No.
x10
7 8
9 0 1
BUS
2 3
PWR
2 3
7 8
x1
5 6
9 0 1
4
x10:
上位桁設定
(設定値×10)
x1:
下位桁設定
(設定値×1)
2 3
設定範囲:
1~61
(工場出荷値=0)
• 出荷値 (0) のままでは CC-Link の通信ができません。必ず局番を設定してください。
• (0) または (62) 以上を選択した場合は、局番選択エラーになり、「L.ERR」LED が点灯します。
-2-
•ネジによる取り付け
取付
ネジで壁面に固定する場合は、予め取り付けるモジュールのベース部を連結してください。
• 本機器に固定用ネジは付属しておりません。予めご用意ください。
1.下記のネジ穴寸法を参照して、取付場所を決めます。
•外形寸法
前面ネジ端子カバー
(別売品)
30
STATION No.
x10
7 8
PUM-C
LOADER
5 6
4
(100)
88.5 s0.2
x1
50
6
5 6
4
100
1.5
7 8
9 0 1
SD
ベース部
(本体を外した状態)
85
2 3
L.ERR
RD
(10)
9 0 1
BUS
端子台
(着脱時)
2 3
PWR
L.RUN
(30)
9s0.2
2-M3
༢఩>[email protected]
5
(8)
端子ネジM3
2.モジュール本体をベース部から取り外します。
・「ベース部の外しかた」参照
(30)
DINレール
への着脱時
+0.2
30+0.7
(3)
6.1
DIN
レール
端子
ネジM3
本体(着脱時)
単位[mm]
3.ベース部を連結し、全ての固定用タブを押し上げてロックします。
設置上の注意
4.取り付けネジで、ベース部を取付位置に固定します。
5.モジュール本体をベース部に取り付けます。
30以上
本器の上下には、放熱のため 30mm 以上(推奨 50mm)の空間を確保してください。
•モジュールの連結
STATION No.
x10
7 8
LOADER
COM
OUT1
OUT2
STATION
OUT3
F012
4 5 6
PUM-A
PWR
LOADER
OUT4
2 3
•DIN レールへの取り付け
345
8 9A
67
30以上
PUM-C
x1
9 0 1
2.連結コネクタ同士を接続し、モジュールを連結しま
す。
RD
7 8
E
4 5 6
L.ERR
SD
9 0 1
BUS
2 3
PWR
L.RUN
BCD
1.固定用タブが引き下げられている事を確認します。
連結コネクタ
1.ベース部の固定用タブを引き下げ、
背面の突起を DIN レールの上側に
引っ掛けます。
2.矢印 2 の方向に押し付けます。
固定用タブ
Di1
Di2
Di3
Di4
Di5
Di6
Di7
Di8
Do1
Do2
Do3
Do4
Do5
Do6
Do7
Do8
PUM-E
PWR
LOADER
COM
STATION
2
3456
Di1
Di2
Di3
Di4
Di5
Di6
Di7
Di8
Do1
Do2
Do3
Do4
Do5
Do6
Do7
Do8
PUM-E
LOADER
DINレール取付
エンドプレート
STATION
2
3456
F01
COM
3456
F01
PWR
LOADER
2
F01
F012
E
5 6
4
PUM-E
STATION
789
Do1
Do2
Do3
Do4
Do5
Do6
Do7
Do8
789
OUT4
Di1
Di2
Di3
Di4
Di5
Di6
Di7
Di8
789
2 3
5 6
COM
345
7 8 9A
4
PWR
LOADER
STATION
BCD
OUT3
BCDE
PUM-A
COM
OUT2
A
PWR
OUT1
BCDE
LOADER
A
PUM-C
BCDE
x1
6
2 3
RD
7 8
A
STATION No.
x10
7 8
9 0 1
SD
サイド連結コネクタ終端カバー
(左右1セット)
-3-
PUM-A
LOADER
COM
PUM-A
LOADER
COM
OUT2
OUT3
OUT4
STATION
F012
345
345
E
OUT4
PWR
OUT1
STATION
F012
OUT3
E
5 6
4
5 6
4
2 3
BUS
L.ERR
2 3
PWR
L.RUN
9 0 1
DINレール取付
エンドプレート
PWR
OUT1
BCD
• 本体部とベース部の取り付けは、取り外しの
逆の手順で行ってください。
• 取付後には、本体部のロックレバーが、ベー
ス部に確実に嵌っていることを確認してくだ
さい。
本器を DIN レールにより強固に固定したい場合は、別売りのエンドプレートをご使用ください。
(エンドプレート使用時は、サイド連結コネクタ終端カバーもあわせてご使用ください。)
LOADER
BCD
•エンドプレートの取り付け
PUM-C
OUT2
x1
7 8 9A
3.本体部下部後端にある切欠きを、ベース部
の突起から外します。
RD
7 8
6
2.本体部を、手前に倒す様に引きます。
STATION No.
x10
7 8
7 8 9A
ベース部の外しかた
1.本器上部のロックレバーを押します。
SD
6
3.固定用タブを押し上げ、レールに固
定します。
• レールに引っ掛けてから本器を連結す
る場合は、この時点ではまだ固定用タ
ブを押し上げないでください。
BUS
L.ERR
9 0 1
4.連結されたモジュール間では、電源は内部で互いに
接続されています。
PWR
L.RUN
9 0 1
3.DIN レールに取り付けたら全てのモジュールの固定
タブを押し上げます。
固定用タブを押し上げると、DIN レールへの固定と
モジュール同士の連結ロックが同時に行われます。
配線
形式コード
•前面端子台
PWR
STATION No.
x10
7 8
5 6
4
L.ERR
CC‑Link
DG
SLD
5 6
4
21
11
11
22
22
12
12
23
23
13
24
24
14
25
15
26
16
27
17
28
18
29
19
30
20
21
DB
2 3
DA
x1
7 8
9 0 1
SD
RD
LOADER
2 3
L.RUN
拡張通信モジュール (CC-Link)
PUM-C
9 0 1
BUS
1
2
P
U M
3
4
内部通信
終端抵抗
(付属品)※
5
6
7
Y
Y 1 - 0
8
9
10
C
L
25
FG
空き
A
B
内 容
モジュール種類
拡張通信モジュール
通信機能
CC‑Link通信
取扱説明書
日本語
英語
空き
アクセサリ(別売品)
1
※ CC‑Link終端抵抗とは異なります。(モジュール間通信の終端抵抗です)
付属の抵抗(100Ω)を取り付けてください。
•ベース部 ( 電源端子 )
3
4
5
P U M
2
Z
*
6
7
8
A
A
A
L
0
0
0
0
2
3
4
1
内
容
DINレール取付エンドプレート
サイド連結コネクタ終端カバー(左右1セット)
前面ネジ端子カバー
ローダ接続ケーブル(RS232C)
電源端子
DC 24V (‑)
DC 24V (+)
注:電源端子間での渡り配線はしないでください。
仕様
一般仕様
電源電圧
消費電力
外形寸法
質量
取付方法
周囲温度【注】
:DC24V ± 10%
:最大 3.2W(135mA)[DC24V 時]
:30(W)× 100(H)× 85(D)mm (突起物、端子カバー除く)
:約 200 g
:DIN レールによる盤内取付け、または M3 ネジによる壁面取り付け
:–10 ~ 50℃
【注】「周囲温度」とは、本器が設置された機器又は盤内において、
本器の下面側における温度を指す。
周囲湿度
:90%RH 以下(結露なきこと)
メモリバックアップ
: 不揮発生メモリ(EEPROM)によるバックアップ
書き換え回数 10 万回
通信機能
対応バージョン
:CC-Link Ver.2.00 / 1.10
局種別
: リモートデバイス局
通信速度および通信距離
通信速度
総延長距離
156kbps
625kbps
2.5Mbps
5Mbps
1200m 以下 900m 以下
400m 以下
200m 以下
※詳細は、CC-Link 敷設マニュアル(CC-Link 協会発行)参照
占有局数/局番
通信データ長
占有局数/
拡張サイクリック
4 局占有 1 倍
4 局占有 2 倍
4 局占有 4 倍
接続ケーブル
接続方法
終端抵抗
10Mbps
100m 以下
: 4 局占有 / 設定可能局番 1 ~ 61
リモート入出力
(RX/RY)
各 128 ビット
各 256 ビット
各 512 ビット
リモートレジスタ
(RWr/RWw)
各 16 ワード
各 32 ワード
各 64 ワード
制御モジュール
(PUM-A) 接続台数
2 または 4 台
4 または 8 台
8 または 16 台
: Ver1.10 対応 CC-Link 専用ケーブル
: M3 ネジ端子台
: 外付け(110 Ω,1/2W)
圧着端子サイズ指定
結線時にご使用になられる電線,圧着端子サイズは下記のものをご使用ください。
電線サイズ
部品
サイズ
熱電対(補償導線)
電線
1.25mm2 以下
1.25mm2 以下
圧着端子サイズ
締付トルク
本社 〒 141-0032 東京都品川区大崎 1 丁目 11 番 2 号 ゲートシティ大崎イーストタワー
http://www.fujielectric.co.jp
計測機器のホームページ http://www.fujielectric.co.jp/products/instruments/
Ǿ3.2mm
ਣဳ࿶⌕┵ሶ
3.2mm
0.8Nm
6.0mmએਅ
6.0mmએਅ
適合電線サイズ
0.25 ~ 1.25mm2
㨅ဳ࿶⌕┵ሶ
-4-
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement