Macro Flash System (FC-1/RF-11/TF-22)

Macro Flash System (FC-1/RF-11/TF-22)
マクロフラッシュシステム / Macro Flash System
/
マクロフラッシュコントローラー FC-1
リングフラッシュ RF-11 / ツインフラッシュ TF-22
Macro Flash Controller FC-1
Ring Flash RF-11 / Twin Flash TF-22
取扱説明書
2
Instructions
53
105
157
このたびは当社製品をお買い上げいただきありがとうございます。ご使用前に本説明書の内容をよくご理解の上、安全に
正しくご使用ください。この説明書はご使用の際にいつでも見られるように大切に保管してください。
!"#
!"#$%&'(
本説明書では、製品を安全に正しくご使用いただき、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止するために、
重要な内容を絵表示とともに記載しています。絵表示の意味は次のようになっています。絵表示の内容をよく理解してか
ら本文をお読みください。
■ 湿気やほこりの多い場所にフラッシュを保管しないでください。火災や感電の原因となります。
■ 発光部分を手やハンカチ等の燃えやすい物で覆ったまま発光しないでください。
また連続発光直後は発光部に手を触れないでください。やけどの恐れがあります。
■ 水に落としたり、内部に水が入ったりしたときは、速やかに電池を抜き、販売店またはオリンパス岡谷修理
センターにご相談ください。火災や感電の原因となります。
■ 異臭、異常音、変形もしくは煙が出たりする等の異常が生じた場合は、直ちに使用を中止しやけどに注意し
ながら電池を取り外し、オリンパス岡谷修理センターにご連絡ください。
火災や、やけどの原因になります。
■ 長期間使用しないときは電池を取り外しておいてください。電池の発熱や液漏れにより、火災やけが、周囲
が汚れる原因になります。
■ 電池の液漏れが起きたときは使用しないでください。放っておくと、火災や感電の原因となります。
販売店またはオリンパス岡谷修理センターにご相談ください。
■ ぬれた手で操作しないでください。感電の危険があります。
■ 本製品はオリンパス製デジタルカメラ専用のマクロフラッシュです。他社のカメラに接続すると、カメラおよびフラッ
シュが動作しなくなるばかりか、カメラおよびフラッシュが破壊する恐れがあります。
■ 本製品には高電圧回路が組み込まれています。決して分解、改造はしないでください。感電やけがの恐れが
あります。
■ マクロフラッシュコントローラーFC-1のリングフラッシュコネクター・ツインフラッシュコネクターの端子
には手を触れないでください。
■ 加熱性ガスおよび爆発性ガス等が大気中に存在する恐れがある場所での本製品の使用はおやめください。引
火・爆発の原因となります。
■ 車の運転者等に向けてフラッシュを発光しないでください。大きな事故の原因になります。
■ フラッシュやイルミネーターを人
(特に乳幼児)
に向けて至近距離で発光しないでください。目に近づけて撮
影すると、視力に回復不可能な程の傷害をきたす恐れがあります。特に乳幼児に対して1m以内の距離で撮影
しないでください。
■ フラッシュ、電池等を幼児、子供の手の届く範囲に放置しないでください。以下のような事故発生の恐れが
あります。
・電池や小さな付属品を飲み込む。万一飲み込んだ場合は直ちに医師にご相談ください。
・目の前でフラッシュが発光し、視力に回復不可能な程の障害を起こす。
・フラッシュの動作部でけがをする。
■ 電池の液漏れ、発熱、発火、破裂により、火災やけがの恐れがあります。
・このフラッシュで指定されていない電池を使わないでください。
・電池を火の中に投入、加熱、ショート、分解をしないでください。
・古い電池と新しい電池、種類の異なる電池、異なるメーカーの電池を混ぜて使わないでください。
・充電できないアルカリ電池等を充電しないでください。
・電池の+−の極性を逆に入れないでください。
2
■ 異常に温度が高くなるところに置かないでください。部品が劣化したり、火災の原因となることがあります。
■ 長時間連続使用したあとは、電池をすぐに取り出さないでください。
電池が熱くなりやけどの原因となることがあります。
■ 電池室を変形させたり、異物を入れたりしないでください。
!"#$"%
■ 本製品には精密な電子部品が組み込まれています。以下のような場所で本製品を使用または保管した場合、
動作不良や故障の原因となりますので絶対に避けてください。
・直射日光下や夏の海岸等
・高温多湿、または温度・湿度変化の激しい場所
・砂、ほこり、ちりの多い場所
・火気のある場所
・冷暖房機、加湿器のそば
・水にぬれやすい場所
・振動のある場所
・自動車の中
■ フラッシュを落としたりぶつけたりして、強い振動やショックを与えないでください。
■ 長時間使用しないと、カビ等により故障の原因になることがあります。使用前には動作点検をされることを
おすすめします。
■ 本体の電気接点部には触れないでください。故障の原因になることがあります。
■ 発光部の加熱と劣化を防止するため、フル発光での連続発光は40回までで中断し、10分以上間をあけて発光
部を冷却させてください。
3
!"#
■ 電池は指定された電池をお使いください。
・単3アルカリ電池(LR6タイプ)........................................
・単3ニッカド電池 .............................................................
・単3ニッケル水素電池 ......................................................
・単3ニッケルマンガン電池
(ZR6タイプ)..........................
・単3リチウム電池(FR6タイプ)........................................
・CR-V3(当社製LB-01)
リチウム電池パック .....................
※単3マンガン電池(R6タイプ)
は使用できません。
4本
4本
4本
4本
4本
2個
■ 以下の内容を守らない場合、電池の液漏れ、発熱、発火、破裂により、火災やけがの恐れがあります。
・古い電池と新しい電池、充電した電池と放電した電池、また、容量、種類、銘柄の異なる電池を一緒に混ぜ
て使用しないでください。
・充電できないアルカリ電池等は充電しないでください。
・+−を逆にして装着・使用しないでください。また電池室にスムーズに入らない場合は無理に接続しないで
ください。
・外装シール
(絶縁被覆)を一部またはすべて剥がしている電池や、破れている電池をご使用になりますと、電
池の液漏れ、発熱、破裂の原因になりますので、絶対にご使用にならないでください。
・市販されている電池の中にも、外装シール
(絶縁被覆)
の一部またはすべてが剥がれている電池があります。
このような電池は、絶対にご使用にならないでください。
■ このような形状の電池はご使用になれません。
シール(絶縁被覆)を
すべて剥がしている
もの(裸電池)
、また
は一部が剥がされて
いるもの。
負極(マイナス面)の
一部に膨らみがある
が、負極がシール
(絶縁被覆)で覆われ
ていないもの。
!"#$%&'()*+,-
● オリンパス製デジタルカメラの種類によっては、本製品で使用できる機能に制限があります。詳しくは当社のホーム
ページ
(http://www.olympus.co.jp/)
をご覧ください。
!"#$%&'()*+(
○ 本書の内容については将来予告なしに変更することがあります。
○ 本書の内容については、万全を期して作成しておりますが、万一ご不審な点、誤り、記載もれ等、お気づきの点がござ
いましたらご連絡ください。
○ 本書の内容の一部または全部を無断で複写することは、個人としてご利用になる場合を除き、禁止されています。ま
た、無断転載は固くお断りします。
○ 本製品の不適当な使用により、万一損害が生じたり、逸失利益、または第三者からのいかなる請求に関し、当社では一
切その責任を負いかねますのでご了承ください。
○ 本製品の故障、オリンパス指定外の第三者による修理、その他の理由により生じた画像データの消失による、損害およ
び逸失利益等に関し、当社では一切その責任を負いかねますのでご了承ください。
○ 本製品で撮影された画像の質は、通常のフィルム式カメラの写真の質とは異なります。
商標について
本説明書に記載されているすべてのブランド名または商品名は、それらの所有者の商標または登録商標です。
負極(マイナス面)が
平らな電池。(負極
の一部がシールに覆
われていても、覆わ
れていなくても使用
できません。)
■ 充電式電池は必ず指定された充電器ですべての電池を同時にかつ完全に充電してからお使いください。また
電池、充電器の説明書をよく読んで、正しくお使いください。
■ 誤った使い方をすると液漏れ、発熱、破損の原因になります。また、汗や油汚れは接触不良の原因となりま
す。汚れは乾いた布でしっかりと拭き取り、挿入の際は、+−の向きに注意して入れてください。
■ 電池は、一般に低温になるにしたがって一時的に性能が低下します。寒冷地で使用するときは、フラッシュ
を防寒具や衣服の内側に入れる等して保温しながら使用してください。
■ 電池の液が皮膚・衣類へ付着したときは、直ちに水道水等のきれいな水で洗い流してください。皮膚に傷害
を起こす原因になります。
■ 電池の液が目に入ると、失明の原因になります。こすらずに、すぐ水道水等のきれいな水で充分に洗い流し、
直ちに医師の治療を受けてください。
■ 電池に強い衝撃を与えたり、投げたりしないでください。
■ 長時間の旅行等には、予備の新しい電池を用意することをおすすめします。
特に海外では、地域によって入手困難なことがあります。
■ 電池を水や海水等につけたり、端子部をぬらさないでください。
■ 電池の+−極が汗や油で汚れていると、接触不良をおこす原因になります。
乾いた布でよく拭いてから使用してください。
■ 火中への投下や、加熱をしないでください。
■ 電池を捨てるときは、地域の条件に従って処分してください。
■ 充電式電池を捨てる際には
(+)
(−)
端子をテープで絶縁してから最寄りの充電式電池リサイクル協力店にお
持ちください。
4
5
・マクロフラッシュシステム .......................................................................................................... 7
・箱の中を確認しましょう .............................................................................................................. 8
・使用できるカメラ・レンズ .......................................................................................................... 9
・各部の名称 ................................................................................................................................. 10
・マクロフラッシュ用ケースの使い方 .......................................................................................... 12
・マクロフラッシュコントローラーFC-1の使い方 ....................................................................... 13
!"#$%$&'(
!"#$%&ocJNN
mKNR
小さな被写体を影を出さずにはっきり写す
ことができます。また穴の中の近接撮影な
ど一般のフラッシュでは不可能な撮影も可
能です。
!"#$%&qcJOO
mKOT
2灯の発光部の角度・位置・発光比率を変えて
陰影を強調するなど多彩なライティングで撮
影できるマクロ撮影用のフラッシュです。1灯
だけで使うこともできます。
電池を入れます ................................................................................................................... 13
カメラへの取り付け、取り外しのしかた ........................................................................... 14
・リングフラッシュRF-11の使い方 .............................................................................................. 15
カメラへの取り付け方 ........................................................................................................ 15
充電を確認します ............................................................................................................... 16
制御モードの選び方 ............................................................................................................ 18
イルミネーターの使い方 ..................................................................................................... 19
TTL AUTO ........................................................................................................................... 20
MANUAL ............................................................................................................................. 22
調光範囲 .............................................................................................................................. 24
・ツインフラッシュTF-22の使い方 ............................................................................................... 27
カメラへの取り付け方 ........................................................................................................ 27
充電を確認します ............................................................................................................... 29
制御モードの選び方 ............................................................................................................ 31
角度調整のしかた ............................................................................................................... 32
イルミネーターの使い方 ..................................................................................................... 33
TTL AUTO ........................................................................................................................... 34
MANUAL ............................................................................................................................. 37
ディフューザーFDT-1の使い方 .......................................................................................... 41
その他の使い方 ................................................................................................................... 41
調光範囲 .............................................................................................................................. 42
6
・カスタム設定のしかた ............................................................................................................... 46
・オールリセット .......................................................................................................................... 47
・警告表示一覧 .............................................................................................................................. 47
●リングフラッシュRF-11、ツインフラッシュTF-22ともマクロフラッシュコントローラーFC-1
に接続して使用します。
・連続発光について ....................................................................................................................... 48
・アクセサリ(別売)....................................................................................................................... 49
・Q & A .......................................................................................................................................... 50
●オリンパス「フォーサーズシステム」
デジタル一眼レフカメラを使用すれば TTL AUTOにより
簡単に適正露出で撮影できます。
・主な仕様 ..................................................................................................................................... 51
●リングフラッシュRF-11、ツインフラッシュTF-22を同時に使うことはできません。
7
!"#$%$&'
お買い上げいただいた商品には下表の付属品が入っています。万一、不足していたり破損してい
る場合はお買い上げ販売店までご連絡ください。
セット販売商品
製 品
付属品
マクロフラッシュコントローラー
FC-1
リングフラッシュRF-11
リングフラッシュ
セット
SRF-11
○
リングフラッシュ
RF-11
ズイコーデジタルレンズ
ツインフラッシュ
TF-22
○
○
○
ツインフラッシュTF-22
○
○
シューリングSR-1
○
○
○
○
ディフューザーFDT-1
マクロフラッシュ用ケース
○
○
取扱説明書
(本書)
○
○
!"#
$%&'(')*#+,./01234%567==bJN
下表の○のズイコーデジタルレンズと組み合わせで使用できます。
○:使用できます。 ×:使用できません。
単独販売商品
ツインフラッシュ
セット
STF-22
!"#$%&'()
ZUIKO DIGITAL ED50mm F2 Macro
リングフラッシュRF-11 ツインフラッシュTF-22
*
○ *
○ ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5
×
○
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
○
○
ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5
○
○
ZUIKO DIGITAL ED300mmF2.8
×
×
備 考
*別売のフラッシュアダプターリングFR-1が必要です。
*フラッシュアダプターリングFR-1の使い方
●○の付属品が入っています。
●取扱説明書はSRF-11/STF-22共通です。
今後発売されるオリンパスデジタルカメラ、レンズとの組み合わせについては当社ホームページ
をご覧になるか、カスタマーサポートセンターにお問い合わせください。
・リングフラッシュRF-11
・マクロフラッシュ
コントローラーFC-1
・ツインフラッシュTF-22
8
・マクロフラッシュ用
ケース
・シューリングSR-1
・ディフューザーFDT-1
9
!"
!"#$%#&'
!"#$%&'()!*#*c`JN
ツインフラッシュ
リングフラッシュ
コネクター
(P.15)
制御モード
リングフラッシュ
解放ボタン
(P.15)
リングフラッシュ
ツインフラッシュ
コネクター
(B)
(P.27)
ツインフラッシュ
解放ボタン
(P.28)
ツインフラッシュ
コネクター
(A)
(P.27)
ツインフラッシュ
発光量比率表示
(P.36/40)
ガイドナンバー
(GN)
発光量補正
(P.21/23/
35/39)
ロックリング
設定値表示
(G N 、発光比、
発光量補正)
外部電源コネクター
別売のフラッシュハイボル
テージパックHV-1の接続端
子です。
ロックピン
(P.14)
メートル
(P.46)
フィート
(P.46)
端子カバー
*説明のためにすべての表示を点灯させた状態です。
電気接点部
(P.14)
!"#$%&ocJNN
コントロールパネル
モードボタン(P.18/31)
ランプボタン(P.19/33)
パネルライトボタン
コントロールパネルが約15秒
間点灯します。またパネルは
通信機能付カメラ側の制御に
よっても点灯します。
ダイヤルA
ダイヤルB
10
オートチェックランプ
(P.20/34)
電池カバー
(P.13)
チャージランプ/テストボタン
(P.16/29)
コネクター端子
(P.15)
発光窓
イルミネーター
(P.19)
パワーボタン
11
!"#$%&'( )")c`JN !
!"#$%&qcJOO
コネクター端子
(P.27)
ディフューザーFDT-1
(P.41)
取り付けリング
イルミネーター
(P.33)
回転ロック
ボタン
発光窓
ディフューザー
取り付け溝
三脚ネジ
(P.41)
!"#$%&
回転リング
電池
(別売)
は、次のいずれかの種類のものをご使用ください。
・単3アルカリ電池(LR6タイプ) …………………………… 4本
・単3ニッカド電池 …………………………………………… 4本
・単3ニッケル水素電池 ……………………………………… 4本
・単3ニッケルマンガン電池(ZR6タイプ) ………………… 4本
・単3リチウム電池(FR6タイプ)…………………………… 4本
・CR-V3
(当社製LB-01)
リチウム電池パック ……………… 2本
*単3マンガン電池(R6タイプ)
は使用しないでください。
シューリング取り付け台
三脚ネジ
qcJOO !
解放ボタン
シューフレーム
!"#$poJN
!"#
1. 電池カバーを開きます。
2. 電池の向きを正しく合わせて入れます。
!"#$%&'()*+,-
3. 電池カバーを閉じます。
オリンパスデジタルカメラ用マクロフラッシュシステムのすべてを収納することができます。
リングフラッシュ
RF-11
マクロフラッシュコントローラー
FC-1
単3タイプ
ディフューザーFDT-1
フラッシュアダプター
リングFR-1(別売)
CR-V3
次の外部電源(別売)
も使用できます。
(P.49)
・フラッシュハイボルテージセットSHV-1
!
・種類の違う電池あるいは新しい電池と古い電池を混ぜて使用しないでください。
・長期間使用しないときは電池を取り出してください。
・長期旅行や寒冷地の撮影には予備の電池をご用意ください。
・リングフラッシュRF-11またはツインフラッシュTF-22を取り付けていない状態では、本機のパワーボタンを押し
てもコントロールパネルの
「RING」
「TWIN」表示が点滅し、自動的に電源が切れます。
(P.47)
ツインフラッシュTF-22
シューリングSR-1
12
13
!"#$%ocJNN !
!"#$%&'($%)*#*+,-
カメラおよび本機の電源が切れていることを確認してください。
電源が入ったまま取り付け、取り外しをすると故障の原因となります。
!"#$%&'()
・カメラにマクロフラッシュコントローラーFC-1を取り付けておいてください。
・落下の恐れがありますので、カメラは安定させた状態で取り付けてください。
!"
1. ヘッド部を基本の位置(水平、正面位置)にセットします。
1. レンズにリングフラッシュRF-11を指標を合わせて取り
付けます。
2. カメラのホットシューカバーを外します。
・ホットシューカバーはマクロフラッシュ用ケースのポケット
などに入れ、なくさないように保管してください。
3. ロックリングを緩めます。
・ロックピンが出ている場合は、ロックリングを
「←LOCK」
と反対方向に止まるところまで回して、ロックピンを引っ
込めてください。
2. マクロフラッシュコントローラーFC-1のリングフラッ
ロックピン
シュ解放ボタンを押してキャップを外します。
電気接点
・ロックリングに必要以上の力をかけないようにしてください。
・電気接点に、指や金具等で触れないでください。
・ロックピンが出た状態でカメラに装着しないでください。故障の原因
になります。
3. リングフラッシュRF-11のコネクター端子を、マクロフ
4. フラッシュをホットシューの奥にカチッと突き当たるまで
ラッシュコントローラーFC-1のリングフラッシュコネク
ターに
「カチッ」
と音がするまでしっかりと差し込んでくだ
さい。
・コネクターを外すときは、リングフラッシュ解放ボタンを
押しながら外し、外した後は必ずキャップをはめておいて
ください。
・コネクターの取り付け、取り外しはコネクター端子を持っ
て行ってください。コード部を引っ張ると断線の恐れがあ
ります。
しっかりと差し込みます。
5. ロックリングを「←LOCK」方向に止まるまで回します。
!"
1. ロックリングを完全に緩め、ホットシューからスライドさ
せて抜きます。
2. カメラのホットシューカバーを取り付けます。
!"#$%ocJNN
!"#$%&'(qcJOO
・リングフラッシュRF-11の使い方 …… P.15
・ツインフラッシュTF-22の使い方 ……… P.27
14
!"#$
!
・リングフラッシュコネクターの着脱は必ず電源を切った状態で行ってください。故障の原因となります。
・ツインフラッシュコネクターは必ずキャップをはめておいてください。キャップがはまっていないときは電源が入
りません。
・リングフラッシュコネクター、ツインフラッシュコネクターの各端子には高電圧がかかります。このため本機はコ
ネクター端子が接続され、かつ使用していないコネクターにはすべてキャップをはめていないと電源が入らない安
全設計になっています。
15
!"#$%&'
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
1. カメラの電源を入れてから、パワーボタンを押すと本機の
LAMP
電源が入ります。
・コントロールパネルに
「RING」
表示が点灯し、充電が始ま
ります。
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
POWER
3. もう一度パワーボタンを押すと電源が切れます。
次のときは電源を切ってください。
・カメラに取り付けまたは取り外しするとき
・フラッシュを光らせたくないとき
・使用しないとき
・リングフラッシュコネクターを取り付け、取り外しする
とき
!・コントロールパネルに「RING」
「TWIN」
表示が点滅してい
POWER
るときは表示が消えてからカメラの電源を切り、リング
フラッシュコネクターを接続し直してください。
(P.47)
・ツインフラッシュコネクターのキャップが両方ともは
まっていないときはパワーボタンを押しても電源は入り
ません。
!"#$%&'#$()
すべて同一種類の新品電池を使用した場合の発光間隔と発光回数は次の通りです。
2. チャージランプの点灯を確認します。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
POWER
・チャージランプ点灯までの時間がつぎのようになったら、
早めに電池を交換してください。
アルカリ電池/ニッケルマンガン電池
リチウム電池/ニッカド電池
ニッケル水素電池
30秒以上
10秒以上
・チャージランプとオートチェックランプが同時に点滅して
いるときは電池が著しく消耗しています。必ず新しい電池
と交換してください。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
LIGHT
RATIO
発光間隔
発光回数
単3アルカリ電池(LR6タイプ)
約4秒
約250回
単3ニッカド電池(1000mAh)
約3秒
約170回
約3.5秒
約200回
単3ニッケルマンガン電池
(ZR6タイプ)
約4秒
約160回
単3リチウム電池(FR6タイプ)
約5秒
約190回
CR-V3
(当社製LB-01)
リチウム電池パック
約4秒
約420回
使 用 電 池
単3ニッケル水素電池(1900mAh)
*当社試験条件によります。撮影条件により異なることがあります。
テスト発光
テストボタンを押すとフラッシュを発光させることができます。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
TEST/
CHARGE
LAMP
POWER
AUTO
CHECK
GN/
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
POWER
16
17
!"#$%&'(
1. シャッターボタンを軽く押すと、カメラ・フラッシュ間で
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
イルミネーターは、モデリングランプ、AFイルミネーター、赤目軽減ランプの3つの機能があり
ます。
!"#!$
暗いところでの撮影などで、被写体が確認しづらいとき容易に確認することができます。
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
ISO感度、絞り、シャッタースピード等の撮影情報の通信
が行われます。
・コントロールパネルにフラッシュ制御モードが表示され
ます。
・モードボタンを押すたびに切り換わります。
!"#$#%&'()
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
GN/
MODE
LAMP
フラッシュ
制御モード
コントロール
パネル表示
制 御 内 容
主 な 用 途
カメラ側の設定に合わせてプリ発
光によりフラッシュ発光を自動的
に制御します。
通信機能付きカメラでは、通常この
モードをお使いください。
設定した発光量で発光します。
マニュアル発光での撮影
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
TTL AUTO
RATIO
GN/
POWER
MANUAL
ネーターが照射されます。
・イルミネーターの照射時間は初期状態で30秒に設定されて
います。
・照射時間はカスタム設定により1秒∼3分にすることができ
ます。
(P.46)
カメラのシャッターを切ると、シャッターが切れる直前に
消えます。
2. イルミネーター照射中にもう一度ランプボタンを押すと消
!
*カメラ側の撮影モードにより使用できないモードがあります。
*使用できないモードを選ぶことはできません。
1. ランプボタンを押すとモデリングランプとして働きイルミ
灯します。
^c
!"#"
オリンパス「フォーサーズシステム」デジタル一眼レフカメラでは暗い被写体、コントラスト
のない被写体はAFイルミネーターとして働きイルミネーターが光りピントを合わせやすくし
ます。
またカスタム設定により機能させないこともできます。(P.46)
!"#$
オリンパス「フォーサーズシステム」デジタル一眼レフカメラではカメラ側のフラッシュ発光
モードを赤目軽減発光モードにセットすれば、赤目軽減ランプとして働きイルミネーターが
約1秒間点灯し、目にやさしい光で目が赤く写ってしまう現象を起こりにくくします。
・イルミネーターランプの点灯からシャッターが切れるまで約1秒かかります。カメラをしっか
り構えて手ぶれを防いでください。
・フラッシュを正面から見ていない場合や、予備発光を見ていない場合、距離が遠い場合など
や個人差により、赤目軽減の効果が現れにくくなります。
18
19
qqi=^rql
!"
フラッシュ発光量を±3段の範囲で補正することができます。
プリ発光により適正発光量を測定した後、本発光します。
1. 下表を目安にお使いになるレンズに合わせて絞りをセット
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
してください。
MODE
LAMP
LAMP
AUTO
CHECK
RATIO
絞りの目安
ズイコーデジタルレンズ
AUTO
CHECK
RATIO
ZUIKO DIGITAL ED50mm F2 Macro
GN/
POWER
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5
LAMP
AUTO
CHECK
が選択できます。(ダイヤルAでも設定できます。
)
間点滅すれば正しく発光しています。点滅しなかった
時は露出が適正ではありませんので絞り
(F)
などの撮影
条件を変更してください。
2. カメラ側でフラッシュ補正が設定されているときは、本機
補正値
で設定した補正値と合算した補正量で発光します。
このときコントロールパネルに表示される補正量は本機の
設定値のみが表示されます。
[例]
設定した補正値
RF-11
+0.3
カメラ
+0.3
コントロールパネルの
発光量補正値表示
実際に発光
する補正量
+0.3
+0.6
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
0.0 → +0.3 → +0.7 → +1.0 … →+3.0
0.0 → −0.3 → −0.7 → −1.0 … →−3.0
F8
2. シャッターを切った後、オートチェックランプが約5秒
MODE
GN/
1. ダイヤルBを回し、発光量補正を設定してください。
POWER
F11
・これ以外の絞りでもフラッシュ調光の範囲であれば適
正露出で発光します。
・フラッシュ調光の範囲はレンズや撮影距離により異な
ります。詳しくはP.24をごらんください。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
TEST/
CHARGE
LIGHT
TEST/
CHARGE
LIGHT
カスタム設定で光量補正をONにしておいてください。
(P.46)
・コントロールパネルに マークが出ます。
GN/
POWER
20
21
j^kr^i
設定された発光量で発光します。
1. コントロールパネルには光量比が表示されます。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
!"
光量比
(ガイドナンバー)を1/3段ステップで補正することができます。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
光量比:フル発光に対する発光量の比
MODE
LAMP
*カスタム設定により光量比表示に代えてガイドナンバー
(GN)
表示と
することもできます。(P.46)
LAMP
カスタム設定で光量補正をONにしておいてください。
(P.46)
・コントロールパネルに マークが出ます。
MODE
1. ダイヤルBを回し、発光量補正を設定してください。
AUTO
CHECK
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
POWER
光量比
RATIO
光量比
光量比
1/1
1/2
1/4
1/8
1/16 1/32
GNm
11
8.0
5.6
4.0
2.8
2.0
1/64 1/128 1/256
1.4
1.0
0.7
GNft
36
26
18
13
9.2
6.6
4.6
3.3
2.3
GN/
POWER
光量比は 1/1、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64、1/128、
1/256が設定できます。
ガイドナンバー(GN)
0 → +0.3 → +0.7 → さらに回すと光量比の値が増加
します。
0 → −0.3 → −0.7 → さらに回すと光量比の値が減少
します。
TEST/
CHARGE
LIGHT
2. ダイヤルAを回し、光量比を設定してください。
補正値
カメラ側でフラッシュ補正が設定されていても、本機の補
正のみ働き、カメラ側の設定は働きません。
[例]
設定した補正値
!c
!"#$%&'()*+,-dk
!"
マクロ撮影では被写体までの距離が近くなり、撮影倍率が高くなるため無限遠での明るさで
決められた絞り(F)
よりも光量が低下します。
このときのF値を有効F値といい、撮影倍率やレンズの種類により異なります。このため
MANUALモードではフラッシュ発光量や絞りの決定に考慮する必要があります。
RF-11
+0.3
カメラ
+0.3
コントロールパネルの
発光量補正値表示
実際に発光
する補正量
+0.3
+0.3
1. オリンパス「フォーサーズシステム」一眼レフカメラで撮影する場合
・使用されるレンズの調光範囲をごらんになり、撮影距離に適合した絞り
(F)
、光量比の組み
合わせを選んで設定してください。(P.24)
・被写体の条件により適正露出とならないこともありますのでテスト撮影により絞り、光量
比などを調整してください。
2. その他のカメラで撮影する場合
・テスト撮影により光量比、絞り
(F)
を設定してください。
22
23
!"#
光量比 ISO100(ISO400)
1/
2)
1/
1(
!"
−
−(
絞り(F)
F22
1/
1)
各レンズ別のリングフラッシュRF-11の調光範囲は次の図をごらんください。
1/
4)
1/
2(
1/
8)
1/
4(
1/
16
)
wrfhl=afdfq^i=NQRQãã=cOKUJPKR=NQãã
−
−(
1/8(1/32)
F16
1. TTL AUTO
1/16(1/64)
被写体までの距離に対し下記範囲の絞り(F)
を設定すれば適正露出で発光します。
F11
エクステンションチューブ
EX-25は使用できません。
1/32(1/128)
F8
ISO感度100時 ISO感度400時
1/64(1/256)
F5.6
2. MANUAL
1/128(−−)
・被写体までの距離に対し線上に表示された光量比と絞り
(F)
を組み合わせれば適正露出の発
光となります。
F4.0
1/256(−−)
F2.8
撮影距離
8m
4m
!
2m
1m
0.5m
0.25m 0.22mm
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
・適正露出は被写体などの条件により変わることもありますので、図を参考にテスト撮影を行い最適条件を設定され
ることをおすすめします。
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
8)
F2
撮影距離
8m
4m
2m
1m
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
0.5m
1/256
(−−)
0.24m
1/256
(−−)
23.1cm 21.3cm
エクステンションチューブ
EX-25使用時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
)
16
1/128
(−−)
8)
1/128
(−−)
1/
F2.8
4(
1/64
(1/256)
1/4(1/16)
1/
1/64
(1/256)
4)
F4.0
1/
1/32
(1/128)
1/
1/32
(1/128)
2(
F5.6
1/
1/16
(1/64)
2)
1/16
(1/64)
光量比 ISO100(ISO400)
1/
F8
絞り(F)
F22
1(
1/8
(1/32)
1/
1/8
(1/32)
−(
F11
−
1/4
(1/16)
1)
1/4
(1/16)
1/
F16
−(
1/
2(
1/
wrfhl=afdfq^i=NQRQãã=cOKUJPKR=RQãã
−
2)
4)
1/
1/
1(
1/
−(
−(
−
光量比 ISO100(ISO400)
−
絞り
(F)
F22
1/
1)
wrfhl=afdfq^i=baRMãã=cO=j~Åêç
1/8(1/32)
1/8(1/32)
F16
1/16(1/64)
1/16(1/64)
F11
1/32(1/128)
1/32(1/128)
F8
1/64(1/256)
1/64(1/256)
F5.6
1/128(−−)
1/128(−−)
F4.0
撮影距離
8m
4m
2m
1m
0.5m
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
0.25m 0.22mm
22.2cm 17.7cm
エクステンションチューブ
EX-25使用時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
!"#$%&'()Nã !
TTL AUTO ・ISO100では←→絞りF2∼F11が適正発光となる範囲です。
MANUAL ・ISO100では光量比1/1のときは●絞りF11が適正発光となります。
24
25
wrfhl=afdfq^i=baRMOMMãã=cOKUJPKR=RMãã
絞り
(F)
F22
光量比 ISO100(ISO400)
!
!"#$%&'()
・マクロフラッシュコントローラーFC-1を取り付けておいてください。
−−(1/1)
F16
!"#$%qcJOO
1/1
(1/4)
−−(1/2)
F11
1. レンズにシューリングSR-1(付属)を取り付けます。
1/2
(1/8)
1/1
(1/4)
F8
1/4
(1/16)
1/2
(1/8)
F5.6
1/8
(1/32)
1/4
(1/16)
F4.0
1/16
(1/64)
1/8
(1/32)
F2.8
撮影距離
8m
4m
2m
1.2m
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
28cm∼27.6cm
エクステンションチューブ
EX-25使用時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
2. ツインフラッシュTF-22をシューフレームに取り付け
回転リング
ます。
・外すときはシューフレームの解放ボタンを押しながら外し
ます。
・発光部の位置を変えるには回転ロックボタンを押しながら
シューフレームを回してください。
wrfhl=afdfq^i=baRMOMMãã=cOKUJPKR=OMMãã
絞り
(F)
F22
開放ボタン
光量比 ISO100(ISO400)
回転リングを回しても発光部の位置を変えることができ
ます。
回転ロックボタン
−−(1/1)
−−(1/1)
−−(1/2)
−−(1/2)
1/1
(1/4)
1/1
(1/4)
1/2
(1/8)
1/2
(1/8)
1/4
(1/16)
1/4
(1/16)
F16
F11
3. ツインフラッシュ解放ボタンを押してキャップを外します。
F8
F5.6
F4.0
撮影距離
8m
4m
2m
1.2m
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
195.9cm 88.5cm
エクステンションチューブ
EX-25使用時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
26
27
4. ツインフラッシュTF-22のコネクター端子を、マクロフ
ラッシュコントローラーFC-1のツインフラッシュコネク
ターに
「カチッ」
と音がするまでしっかりと差し込んでくだ
さい。
・コネクターを外すときは、ツインフラッシュ解放ボタンを
押しながら外し、 外した後は必ずキャップをはめておい
てください。
・コネクターの取り付け、取り外しはコネクター端子を持っ
て行ってください。コード部を引っ張ると断線の恐れがあ
ります。
!"#$%&'
1. カメラの電源を入れてから、パワーボタンを押すと本機の
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
・リングフラッシュコネクター、ツインフラッシュコネクターの各端子には高電圧がかかります。このため本機はコ
ネクターが接続され、かつ使用していないコネクターはすべてキャップをはめていないと電源が入らない安全設計
になっています。
!・コントロールパネルに「RING」
「TWIN」
表示が点滅してい
るときは表示が消えてからカメラの電源を切り、リング
フラッシュコネクターを接続し直してください。
(P.47)
・ツインフラッシュTF-22、リングフラッシュRF-11を同
時に接続した状態ではパワーボタンを押しても電源は入
りません。(両方を同時に使うことはできません。)
POWER
!
・ツインフラッシュコネクターの着脱は必ず電源を切った状態で行ってください。故障の原因となります。
・1灯だけを使う場合は、使わないツインフラッシュコネクターのキャップは必ずはめておいてください。
またリングフラッシュコネクターも必ずキャップをはめておいてください。
キャップがはまっていないときは電源が入りません。
電源が入ります。
・コントロールパネルに
「TWIN」
表示が点灯し、充電が始ま
ります。
2. チャージランプの点灯を確認します。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
POWER
・チャージランプ点灯までの時間がつぎのようになったら、
早めに電池を交換してください。
アルカリ電池/ニッケルマンガン電池
リチウム電池/ニッカド電池
ニッケル水素電池
30秒以上
10秒以上
・チャージランプとオートチェックランプが同時に点滅して
いるときは電池が著しく消耗しています。必ず新しい電池
と交換してください。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
テスト発光
テストボタンを押すとフラッシュを発光させることができます。
LAMP
AUTO
CHECK
RATIO
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
TEST/
CHARGE
LIGHT
MODE
LAMP
GN/
AUTO
CHECK
POWER
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
POWER
28
29
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
3. もう一度パワーボタンを押すと電源が切れます。
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
次のときは電源を切ってください。
・カメラに取り付けまたは取り外しするとき
・フラッシュを光らせたくないとき
・使用しないとき
・ツインフラッシュコネクターを取り付け、取り外しするとき
!"#$%&'(
1. シャッターボタンを軽く押すと、カメラ・フラッシュ間
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
POWER
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
!"#$%&'#$()
すべて同一種類の新品電池を使用した場合の発光間隔と発光回数は次の通りです。
フラッシュ
制御モード
TTL AUTO
発光間隔
発光回数
単3アルカリ電池(LR6タイプ)
約4秒
約250回
単3ニッカド電池(1000mAh)
約3秒
約170回
約3.5秒
約200回
単3ニッケルマンガン電池
(ZR6タイプ)
約4秒
約160回
単3リチウム電池(FR6タイプ)
約5秒
約190回
CR-V3
(当社製LB-01)
リチウム電池パック
約4秒
約420回
使 用 電 池
単3ニッケル水素電池
(1900mAh)
*当社試験条件によります。撮影条件により異なることがあります。
30
でISO感度、絞り、シャッタースピード等の撮影情報の
通信が行われます。
・コントロールパネルにフラッシュ制御モードが表示され
ます。
・モードボタンを押すたびに切り換わります。
GN/
コントロール
パネル表示
制 御 内 容
主 な 用 途
カメラ側の設定に合わせてプリ発
光によりフラッシュ発光を自動的
に制御します。
通信機能付きカメラは通常はこの
モードをお使いください。
設定した発光量で発光します。
マニュアル発光での撮影
MANUAL
!
*カメラ側の撮影モードにより使用できないモードがあります。
*通信機能のないカメラなど、お使いになる機種によっては「TTL AUTO」
は使用できません。
*使用できないモードを選ぶことはできません。
31
!"#$%&'
!"#$
イルミネーターは、モデリングランプ、AFイルミネーター、赤目軽減ランプの3つの機能があり
ます。
・上下方向は次の角度に調整できます。
指標
上③
上②
上①
水平位置
下①
下②
下③
指標位置
水平位置からの角度
上 ③
68°
上 ②
45°
上 ①
20°
!"#$#%&'()
!"#!$
暗いところでの撮影などで、被写体が確認しづらいとき容易に確認することができます。
水平位置
0°
下 ①
15°
LAMP
下 ②
30°
AUTO
CHECK
下 ③
45°
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
MODE
GN/
POWER
・左右回転方向は45°間隔で調整できます。
!"#$%&'()*+,-./0!"
左右回転方向 正面時
*被写体までの距離
角 度
0.2m
下方30°
(指標 下②位置)
0.3m
下方15°
(指標 下①位置)
0.4m
0°
0.5m
0°
0.7m
上方20°
(指標 上①位置)
1.0m
上方20°
(指標 上①位置)
*撮像素子位置(E-1では マークで表示されています)か
ら被写体までの距離を表します。
・シューフレームに取り付けたときは上方20°
(指標 上①位置)
が撮影方向に対し発光部が真正
面になります。
・角度により影の出方が変わり、立体感の表現が変化します。またレンズによっても効果が異
なります。撮影意図に応じて設定してください。
・角度により被写体へ照射される光量が変化します。
TTL AUTO 適正露出で発光しますが、調光範囲は角度により変化します。
MANUAL
テスト撮影により発光比を設定してください。
1. ランプボタンを押すとモデリングランプとして働きイルミ
ネーターが照射されます。
・イルミネーターの照射時間は初期状態で30秒に設定されて
います。
・照射時間はカスタム設定により1秒∼3分にすることができ
ます。
(P.46)
カメラのシャッターを切ると、シャッターが切れる直前に
消えます。
2. イルミネーター照射中にもう一度ランプボタンを押すと消
灯します。
^c
!"#"
オリンパス「フォーサーズシステム」デジタル一眼レフカメラでは暗い被写体、コントラスト
のない被写体はAFイルミネーターとして働きイルミネーターが光りピントを合わせやすくし
ます。
またカスタム設定により機能させないこともできます。(P.46)
!"#$
オリンパス「フォーサーズシステム」デジタル一眼レフカメラではカメラ側のフラッシュ発光
モードを赤目軽減発光モードにセットすれば、赤目軽減ランプとして働きイルミネーターが
約1秒間点灯し、目にやさしい光で目が赤く写ってしまう現象を起こりにくくします。
・イルミネーターランプの点灯からシャッターが切れるまで約1秒かかります。カメラをしっか
り構えて手ぶれを防いでください。
・フラッシュを正面から見ていない場合や、予備発光を見ていない場合、距離が遠い場合など
や個人差により、赤目軽減の効果が現れにくくなります。
!
・発光部をレンズに向けるとフレア・ゴーストの原因となります。
32
33
qqi=^rql
プリ発光により適正発光量を測定した後、本発光します。
1. 下表を目安にお使いになるレンズに合わせて絞り(F)を
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
!"
フラッシュ発光量を±3段の範囲で補正することができます。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
セットしてください。
MODE
LAMP
LAMP
AUTO
CHECK
RATIO
AUTO
CHECK
絞りの目安
ズイコーデジタルレンズ
RATIO
ZUIKO DIGITAL ED50mm F2 Macro
GN/
POWER
ZUIKO DIGITAL 11-22mm F2.8-3.5
ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5
2. シャッターを切った後、オートチェックランプが約5秒間
LAMP
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
GN/
POWER
34
0 → +0.3 → +0.7 → +1.0 … +3.0
0 → −0.3 → −0.7 → −1.0 … −3.0
が選択できます。(ダイヤルAでも設定できます。
)
F11
・これ以外の絞り
(F)
でもフラッシュ調光の範囲であれば適
正露出で発光します。
・フラッシュ調光の範囲はレンズや撮影距離により異なりま
す。詳しくはP.42をごらんください。
MODE
GN/
1. ダイヤルBを回し、発光量補正を設定してください。
POWER
ZUIKO DIGITAL ED50-200mm F2.8-3.5
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
TEST/
CHARGE
LIGHT
TEST/
CHARGE
LIGHT
カスタム設定で光量補正をONにしておいてください。
(P.46)
・コントロールパネルに マークが出ます。
点滅すれば正しく発光しています。
点滅しなかったときは露出が適正ではありませんので絞り
(F)
などの撮影条件を変更してください。
補正値
2. 発光量補正値の表示は補正値が0以外のときに表示され
ます。
3. カメラ側でフラッシュ補正が設定されているときは、本機
で設定した補正値と合算した補正量で発光します。
このときコントロールパネルに表示される補正量は本機の
設定値のみが表示されます。
[例]
設定した補正値
TF-22
+0.3
カメラ
+0.3
コントロールパネルの
発光量補正値表示
実際に発光
する補正量
+0.3
+0.6
35
j^kr^i
!"#$%
2灯
( A 、B )
使用の場合、発光比率を変えることができます。
被写体の陰影に差をつけて立体感を多彩に表現できます。
設定された発光量で発光します。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
1. コントロールパネルには光量比が表示されます。
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
GN/
POWER
光量比
!"UN
NN
NU
ダイヤルAを回すとツインフラッシュ A B の発光量比率がコントロールパネルに表示され、
発光量比率を設定できます。
・発光量比率表示は数値とバー表示で同時に表示されます。
・設定は1/3段ステップで設定できます。
発光量比率
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
A
AUTO
CHECK
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
発光量比率
!
発光量比率の設定値では適正
露出とならない撮影条件では
自動的に設定値を変えて発光
することがあります。
36
2. ダイヤルBを回し、光量比を設定してください。
光量比は 1/1、1/2、1/4、1/8、1/16、1/32、1/64、
1/128、1/256、1/512が設定できます。
・ツインフラッシュは1灯か2灯、角度調整、発光量比率など
の条件により被写体への照射光量が変わります。ガイドナ
ンバー表示を参考にテスト撮影により適当な絞り
(F)
また
は光量比を設定してください。
2灯の場合
(合成ガイドナンバー)
光量比
1/1
1/2
1/4
1/8 1/16 1/32 1/64 1/128 1/256 1/512
GNm
22
16
11
8.0
5.6
4.0
2.8
2.0
1.4
1.0
GNft
72
52
36
26
18
13
9.2
6.6
4.6
3.3
コントロールパネル表示
フラッシュAのみ発光
フラッシュBは発光しません。
8:1
発光量比率8:1
(露出値に換算すると+3段に相当します。)
4:1
発光量比率4:1
(露出値に換算すると+2段に相当します。)
2:1
発光量比率2:1
(露出値に換算すると+1段に相当します。)
1:1
発光量比率1:1
フラッシュA、Bが同じ光量で発光します。
1:2
発光量比率1:2
(露出値に換算すると−1段に相当します。)
1:4
発光量比率1:4
(露出値に換算すると−2段に相当します。)
1:8
発光量比率1:8
(露出値に換算すると−3段に相当します。)
1灯の場合
光量比
1/1
1/2
1/4
1/8 1/16 1/32 1/64 1/128 1/256 1/512
GNm
16
11
8.0
5.6
4.0
2.8
2.0
1.4
1.0
0.7
GNft
52
36
26
18
13
9.2
6.6
4.6
3.3
2.3
GN/
POWER
*カスタム設定により光量比表示に代えてガイドナンバー
(GN)
表示と
することもできます。
(P.46)
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
2灯使用時は、2灯の合成発光量を表示します。
光量比:フル発光に対する発光量の比
B
フラッシュBのみ発光
フラッシュAは発光しません。
37
!c
!"#$%&'()*+,-dk
!"
マクロ撮影では被写体までの距離が近くなり、撮影倍率が高くなるため無限遠での明るさで
決められた絞り
(F)
よりも光量が低下します。このときのF値を有効F値といい、撮影倍率やレ
ンズの種類により異なります。このためMANUALモードではフラッシュ発光量や絞りの決定
に考慮する必要があります。
!"
光量比
(ガイドナンバー)を1/3段ステップで補正することができます。
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
カスタム設定で光量補正をONにしておいてください。
(P.46)
・コントロールパネルに マークが出ます。
MODE
LAMP
1. オリンパス「フォーサーズシステム」一眼レフカメラで撮影する場合
・P.42ツインフラッシュTF-22調光範囲図により使用レンズにあわせ、撮影距離に適合した
絞り
(F)
、光量比の組み合わせを選んで設定してください。
・被写体の条件により適正露出とならないこともありますのでテスト撮影により適宜絞り、
光量比などを調整してください。
2. その他のカメラで撮影する場合
・テスト撮影により光量比、絞り
(F)
を設定してください。
1. ダイヤルBを回し、発光量補正を設定してください。
AUTO
CHECK
LIGHT
RATIO
0 → +0.3 → +0.7 → さらに回すと光量比の値が増加
します。
0 → −0.3 → −0.7 → さらに回すと光量比の値が減少
します。
TEST/
CHARGE
GN/
POWER
光量比
補正値
カメラ側でフラッシュ補正が設定されていても、本機の補
正のみ働き、カメラ側の設定は働きません。
[例]
設定した補正値
38
TF-22
+0.3
カメラ
+0.3
コントロールパネルの
発光量補正値表示
実際に発光
する補正量
+0.3
+0.3
39
!"#$%
!"#$#caqJN !"
2灯
( A 、B )
使用の場合、発光比率を変えることができます。
被写体の陰影に差をつけて立体感を多彩に表現できます。
被写体の影を弱めソフトなライティング撮影ができます。また絞り
(F)
をより開放側で使用でき
るなど、撮影領域を広げることができます。
1. ディフューザーFDT-1をツインフラッシュのディフュー
ザー取り付け溝に差し込みます。
・約2段光量が減少するためガイドナンバー
(GN)
は下表のよ
うになります。
qqi=^rql
・適正露出で発光しますが、ガイドナンバー
(GN)
が減少
するため調光範囲は狭くなります。
!"UN
NN
j^kr^i
下記ガイドナンバー
(GN)
を参考に絞り
(F)
を設定してくだ
さい。
NU
ダイヤルAを回すとツインフラッシュ A B の発光量比率がコントロールパネルに表示され、
発光量比率を設定できます。
・発光量比率表示は数値とバー表示で同時に表示されます。
・設定は1/3段ステップで設定できます。
2灯の場合
(合成ガイドナンバー)
光量比
GNm
GNft
発光量比率
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MODE
LAMP
A
AUTO
CHECK
8:1
TEST/
CHARGE
LIGHT
RATIO
発光量比率
!
設定した光量比(ガイドナン
バー)を満足できない発光量
比率を設定すると発光量比率
表示が点滅表示します。
このときは発光量比率または
光量比
(ガイドナンバー)
を変
更してください。
(P.44)
40
フラッシュAのみ発光
フラッシュBは発光しません。
発光量比率8:1
(露出値に換算すると+3段に相当します。)
4:1
発光量比率4:1
(露出値に換算すると+2段に相当します。)
2:1
発光量比率2:1
(露出値に換算すると+1段に相当します。)
1:1
発光量比率1:1
フラッシュA、Bが同じ光量で発光します。
1:2
発光量比率1:2
(露出値に換算すると−1段に相当します。)
1:4
発光量比率1:4
(露出値に換算すると−2段に相当します。)
1:8
発光量比率1:8
(露出値に換算すると−3段に相当します。)
B
1/2
1/4
1/8
1/16
1/32
1/64
1/128
22
16
11
8.0
5.6
4.0
2.8
2.0
1/256 1/512
1.4
1.0
ディフューザーあり
11
8.0
5.6
4.0
2.8
2.0
1.4
1.0
0.7
0.5
ディフューザーなし
72
52
36
26
18
13
9.2
6.6
4.6
3.3
ディフューザーあり
36
26
18
13
9.2
6.6
4.6
3.3
2.3
1.7
1灯の場合
光量比
GNm
GN/
POWER
コントロールパネル表示
1/1
ディフューザーなし
GNft
1/1
1/2
1/4
1/8
1/16
1/32
1/64
1/128
ディフューザーなし
16
11
8.0
5.6
4.0
2.8
2.0
1.4
1.0
0.7
ディフューザーあり
8.0
5.6
4.0
2.8
2.0
1.4
1.0
0.7
0.5
0.4
ディフューザーなし
52
36
26
18
13
9.2
6.6
4.6
3.3
2.3
ディフューザーあり
26
18
13
9.2
6.6
4.6
3.3
2.3
1.7
1.2
!
1/256 1/512
"#$%
■ツインフラッシュの三脚ネジを使い次のような使い方ができます。
・TTL AUTO
適正露出で発光しますが、調光範囲は撮影条件により変
わります。
・MANUAL
テスト撮影により絞り
(F)
を設定してください。
フラッシュBのみ発光
フラッシュAは発光しません。
41
!"#
絞り
(F)
F22
光量比 ISO100(ISO400)
−
各レンズ別のツインフラッシュTF-22の調光範囲は次の図をごらんください。
なおフラッシュは2灯を使用し、被写体に直角に照射した場合です。発光部のセットのしかたに
より調光範囲は変わります。
−(
1/
1)
−(
1/
2)
1/
1(
1/
4)
1/
2(
1/
8)
1/
4(
1/
16
)
1/
8(
1/
32
)
1/
16(
1/
64
)
wrfhl=afdfq^i=NQRQãã=cOKUJPKR=NQãã
−
1/32
(1/128)
F16
1/64
(1/256)
1. TTL AUTO
F11
被写体までの距離に対し下記範囲の絞り(F)
を設定すれば適正露出で発光します。
エクステンションチューブ
EX-25は使用できません。
1/128
(1/512)
F8
1/256
(−−)
ISO感度100時 ISO感度400時
F5.6
1/512
(−−)
F4.0
2. MANUAL
被写体までの距離に対し線上に表示された光量比と絞り
(F)
を組み合わせれば適正露出の発
光となります。
16m
8m
4m
1m
0.5m
0.25m 0.22mm
☆:1灯のみ使用時(ISO100、1/512)
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
!
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
・適正露出は被写体などの条件により変わることもありますので、図を参考にテスト撮影を行い最適条件を設定され
ることをおすすめします。
・被写体などの条件により変わりますので、図を参考にテスト撮影を行い最適条件を設定されることをおすすめします。
)
)
32
1/
16
8(
1/32(1/128)
F11
)
)
16(
1/
64
)
32
1/16
(1/64)
1/
16
1/
8(
1/
8)
1/
1/
4(
2(
1/
1/
2)
4)
1/
1(
1/
1)
1/
1/
光量比 ISO100(ISO400)
−(
絞り
(F)
F22
−(
1/16(1/64)
−
1/
wrfhl=afdfq^i=NQRQãã=cOKUJPKR=RQãã
1/16(1/64)
F16
ISO100 発光比1/512 1灯時調光範囲
1/
8)
4(
1/
1/
2(
1/
4)
2)
1/
1(
1/
1/
−(
−(
−
−
光量比 ISO100(ISO400)
1/
1)
wrfhl=afdfq^i=baRMãã=cO=j~Åêç
絞り(F)
F22
2m
−
F2.8
撮影距離
1/32
(1/128)
1/32(1/128)
1/32
(1/128)
F16
1/64(1/256)
F8
1/64
(1/256)
1/64(1/256)
1/64
(1/256)
F11
1/128(1/512)
F5.6
1/128
(1/512)
1/128(1/512)
1/128
(1/512)
F8
1/256(−−)
F4.0
1/256
(−−)
1/256(−−)
1/256
(−−)
F5.6
1/512(−−−)
F2.8
1/512
(−−)
1/512(−−−)
1/512
(−−)
F4.0
F2
撮影距離
撮影距離
16m
8m
4m
2m
1m
0.5m
0.24m
☆:1灯のみ使用時(ISO100、1/512)
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
23.1cm 21.3cm
エクステンションチューブ
EX-25使用時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
16m
8m
4m
2m
1m
0.5m
0.25m 0.22mm
☆:1灯のみ使用時(ISO100、1/512)
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
22.2cm 17.7cm
エクステンションチューブ
EX-25使用時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
ISO100 発光比1/512 1灯時調光範囲
ISO100 発光比1/512 1灯時調光範囲
!"#$%&'()Oã !
TTL AUTO ・ISO100では←→絞りF2∼F11が適正発光となる範囲です。
MANUAL ・ISO100では光量比1/1のときは●絞りF11が適正発光となります。
42
43
)
)
32
16
8(
1/
1/
8)
4(
1/
1/
4)
1/
−
1/
−
−
2(
1/
2)
−
1(
1/
1)
(
1/
光量比 ISO100(ISO400)
(
1/
1/
2)
絞り(F)
F22
−(
−(
wrfhl=afdfq^i=NNOOãã=cOKUJPKR=NNãã
−
光量比 ISO100(ISO400)
−
絞り(F)
F22
1/
1)
wrfhl=afdfq^i=baRMOMMãã=cOKUJPKR=RMãã
1/16(1/64)
1/1(1/4)
F16
1/4(1/16)
F16
1/8(1/32)
F11
1/16(1/64)
F8
1/32(1/128)
1/2(1/8)
F11
1/64(1/256)
1/4(1/16)
F8
1/128(1/512)
1/8(1/32)
F5.6
1/32(1/128)
F5.6
1/64(1/256)
F4.0
1/256(−−)
1/16(1/64)
F4.0
1/512(−−)
1/32(1/128)
F2.8
撮影距離
16m
8m
4m
2m
1.2m
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
エクステンションチューブ
EX-25は使用できません。
28cm∼278.6cm
エクステンションチューブ
EX-25使用時
F2.8
撮影距離
16m
8m
4m
2m
1m
0.5m
0.25m
☆:1灯のみ使用時(ISO100、1/512)
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
ISO100 発光比1/512 1灯時調光範囲
1/1(1/4)
)
)
32
1/
1/
8(
16
1/
1/
4(
8)
4)
1/
2(
1/
2)
1/
1(
−
−
1/
1/
(
1/
−
−
1/16(1/64)
F16
1/2(1/8)
1/32(1/128)
1/2(1/8)
F11
F11
1/4(1/16)
エクステンションチューブ
EX-25は使用できません。
1/64(1/256)
1/4(1/16)
F8
F8
1/8(1/32)
1/128(1/512)
1/8(1/32)
F5.6
F5.6
1/16(1/64)
1/256(−−)
1/16(1/64)
F4.0
F4.0
16m
8m
4m
2m
1.2m
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
44
光量比 ISO100(ISO400)
1/1(1/4)
F16
撮影距離
絞り(F)
F22
(
−(
1/
2)
1)
wrfhl=afdfq^i=NNOOãã=cOKUJPKR=OOãã
−−(1/2)
−
−(
光量比 ISO100(ISO400)
−
絞り(F)
F22
1/
1)
wrfhl=afdfq^i=baRMOMMãã=cOKUJPKR=OMMãã
195.9cm 88.5cm
エクステンションチューブ
EX-25使用時
撮影距離
16m
8m
4m
2m
1m
0.5m
0.28m
TTL AUTO 調光範囲 ISO100時
TTL AUTO 調光範囲 ISO400時
45
!"#$%&'
本機の仕様を使いやすいようにカスタム設定することができます。
!"#$
カスタム設定値を初期設定へ戻すことができます。
!"#
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
MACRO FLASH CONTROLLER
FC-1
1. 本機の電源を入れます。
LAMP
MODE
LAMP
AUTO
CHECK
2. モードボタンを2秒以上押すと設定モード表示に変わります。
RATIO
TEST/
CHARGE
RATIO
3. ダイヤルAを回して設定モードを選びます。
GN/
POWER
4. ダイヤルBを回して仕様を設定します。
5. モードボタンを押すと設定は終了し、表示は戻ります。
モード表示
仕様表示
ダイヤルA
ダイヤルB
機 能
初期設定
カメラ側の制御によりAFイルミネーターが働きます。
AFイルミネーター
ランプ
LAMPタイマー
・モードボタン、パネルライトボタンを同時に2秒以上押す
と、距離表示
(m/ft)
を除き、設定は初期設定に戻ります。
・距離単位
(m/ft)
は設定のまま変わりません。
・リングフラッシュ(RING)、ツインフラッシュ(TWIN)別々
にリセットしてください。
GN/
POWER
設定モード
TEST/
CHARGE
LIGHT
AUTO
CHECK
LIGHT
MODE
A
!"#
警 告 表 示
コントロールパネル表示
こうしましょう
リングフラッシュまたはツ
インフラッシュが接続され
ていない。
・約4秒後表示が自動的に消えます。表示が消
えたらリングフラッシュまたはツインフ
ラッシュを取り付けてください。
コネクター接続不良また電源
ONの状態でコネクターを抜
いた。
・約4秒後自動的に消えます。
・表示が消えたらリングフラッシュまたはツ
インフラッシュのコネクターを接続し直し
てください。
ツインフラッシュ発光量比率不適
・発光量比率または光量比を変更してくだ
さい。
AFイルミネーターが働きません。
∼ モデリングランプの点灯時間を設定できます。
設定可能時間
1”
(1秒)
∼10”
、
15”
、
20”
、
25”
、
30”
、
40”
、
50”
、
60”
、
- -”
(3分)
30”
光量補正が働きません。
OFF
光量補正
光量補正が働きます。
MANUALの発光量表示を光量比で表示します。
OFF
ガイドナンバー表示
MANUALの発光量表示をガイドナンバーで表示します。
ガイドナンバー
距離単位
ガイドナンバー表示をm単位で表示します。
m
・M A N U A L 時 、 発 光 量 比
率が設定通りに発光でき
ない。
ガイドナンバー表示をfeet単位で表示します。
・カスタム設定はリングフラッシュ
(RING)
、ツインフラッシュ(TWIN)
別々に設定できます。
46
47
!"#$%
!"#$%&
連続発光すると発光部が熱くなり、劣化、故障の恐れがありますので、連続発光は次の回数まで
とし、10分以上休ませてください。
!"#$%!&'(
・フラッシュアダプターリングFR-1
オリンパス「フォーサーズシステム」ZUIKO DIGITAL
ED50mm F2.0 Macroと組み合わせて使用するときの取り
付け用アダプターです。
!"#$%
制 限 回 数
リングフラッシュRF-11
40回
制 限 回 数
ツインフラッシュTF-22
40回
!"
・フラッシュハイボルテージセットSHV-1
(ハイボルテージパックHV-1、ニッケル水素電池BN-1、
ACアダプターAC-2)
専用のニッケル水素電池BN-1を使用し、フラッシュの急
速充電ができ、撮影可能枚数が増えます。
(当社試験条件による)
FC-1使用電池
単3アルカリ電池
HV-1使用電池
発光間隔
BN-1
約1秒
発光回数
約750回
なし
約1.2秒
約420回
!
連続フル発光は40回までとし10分以上休ませて、発光部を放置、冷却してください。
詳細はP.48をご覧ください。
48
49
n
^
電源が入らない。
次のときには電源が入りません。
・使用しないリングフラッシュおよびツインフラッシュのコネクターキャップがはめ込まれ
ていない。
・リングフラッシュとツインフラッシュを両方とも接続した。
n
^
他のフラッシュと組み合わせて、「TTL AUTO」
で多灯撮影はできますか?
多灯撮影はできません。
n
^
続けて発光させたらフラッシュが熱くなったのですが。
チャージランプが点灯直後の連続発光を繰り返すと、電池が発熱します。
発光部と電池が冷えるまで間隔をおいて撮影してください。
n
^
カメラに装着できません。
ロックピンが出ているとカメラに装着できません。その場合ロックリングを
「←LOCK」
と反
対に止まるまで回してロックピンを引っ込めてからカメラに装着してください。
(P.14)
n
^
モードボタンを押しても制御モードが切り換わらない。
通信可能なカメラに接続すると、フラッシュの制御モードがカメラ側しか選択できない機種
があります。
n
^
フラッシュ撮影時、カメラのホワイトバランスはどのようにしたら良いでしょうか。
オートモードでのご使用をおすすめします。マニュアルホワイトバランスを使用すると
きは5500Kに色温度を設定してください。なおフラッシュ撮影条件によって色温度は変
化します。
n
オリンパス「フォーサーズシステム」
デジタル一眼レフカメラE-1がスリープに入ったとき、
本機
(FC-1)
のコントロールパネル表示が消えた。
正常です。本機はE-1と連動してスリープに入ります。カメラがスリープから復帰すると本
機も連動して復帰します。
^
n
^
50
オリンパス「フォーサーズシステム」
デジタル一眼レフカメラE-1の電源を切ったとき、本機
も電源が切れますか?
E-1の電源を切ったときは、本機はスリープになります、再びE-1の電源を入れれば、本機も
電源ONになります。電源を切るときには、本機の電源を先に切ってください。なお通信機
能のないカメラと組み合わせたときには、本機を約60分間何も操作しないと自動的にスリー
プになります。
!
!"#$%&'()!*#*c`JN
MODEL NO.
:FS-FC1
形式
:デジタルスチルカメラ用外部フラッシュコントローラー
発光部
:リングフラッシュ RF-11 またはツインフラッシュ TF-22 交換式
オートパワーオフ :通信可能なカメラのオートパワーオフに連動
イルミネーター
:通信可能なカメラとの組み合わせ時のみ低輝度で自動照射有効距離の
目安
(使用するカメラ、レンズの種類によって異なります)
0.2m∼3m
電源
:単3アルカリ電池(LR6タイプ)…………………… 4本
単3ニッカド電池 ………………………………… 4本
単3ニッケル水素電池 …………………………… 4本
単3ニッケルマンガン電池
(ZR6タイプ)………… 4本
単3リチウム電池(FR6タイプ)…………………… 4本
CR-V3(当社製LB-01)
リチウム電池パック …… 2本
外部電源
:フラッシュハイボルテージセット SHV-1
(別売)
大きさ
:78mm
(幅)
×141mm(高さ)
×119mm
(奥行)
(突起部含まず)
質量
:320g(電池別)
使用環境
:温度 0∼40℃、湿度80%以下
(結露しないこと)
!"#$%&ocJNN
MODEL NO.
:FS-RF11
形式
:デジタルスチルカメラ用外部フラッシュ
ガイドナンバー
:TTL AUTO時 11
MANUAL
0.7∼11
照射角度
:85°
発光時間
:約1/560秒
発光回数
:約250回
(単3アルカリ電池使用時)
約420回
(リチウム電池LB-01使用時)
(撮影条件により変わる)
充電時間
:約4秒
(単3アルカリ電池使用時)
(フル発光してからチャー
約4秒
(リチウム電池LB-01使用時)
ジランプ点灯まで)
発光モード
イルミネーター
レンズの取付形式
ケーブル長さ
大きさ
質量
使用環境
:TTL AUTO/MANUAL
:4個内蔵
:レンズバヨネット
:約100mm
:120mm
(幅)
×135.5mm
(高さ)
×24mm
(奥行)
(ケーブルを除く)
:145g
:温度 0∼40℃、湿度80%以下
(結露しないこと)
51
!"#$%&qcJOO
MODEL NO.
:FS-TF22
形式
:デジタルスチルカメラ用外部フラッシュ
ガイドナンバー
:フル発光時 2灯使用時・22 1灯使用時・16
最小発光時 2灯使用時・1.0 1灯使用時・0.7
MANUAL発光時 2灯使用時・1.0∼22 1灯使用時・0.7∼16
照射角度
:1灯時 上下50° 左右 55°
発光時間
:約1/1250秒
発光回数
:約250回
(単3アルカリ電池使用時)
約420回
(リチウム電池LB-01使用時)
(撮影条件により変わる)
充電時間
:約4秒
(単3アルカリ電池使用時)
(フル発光してからチャー
約4秒
(リチウム電池LB-01使用時)
ジランプ点灯まで)
発光モード
:TTL AUTO/MANUAL
イルミネーター
:1灯につき4個内蔵
レンズの取付形式 :シューリングSR-1
(付属 フィルターねじ径67mm、72mm)
ケーブル長さ
:約100mm
〈発光部〉
・大きさ
:73mm
(幅)
×50mm(高さ)
×39mm
(奥行)
(1灯、ケーブルを除く)
・質量
:105g
(1灯)
〈シューリングSR-1〉
・大きさ
:146.5mm(幅)
×100mm
(高さ)
×22.5mm
(奥行)
・質量
:95g
使用環境
:温度 0∼40℃、湿度80%以下
(結露しないこと)
外観・仕様は予告なく変更することがあります。あらかじめご了承ください。
●ホームページ http://www.olympus.co.jp/
●電話でのご相談窓口
カスタマーサポートセンター 0120-084215
携帯電話・PHSからは TEL: 0426-42-7499
FAX: 0426-42-7486
営業時間 平日 9:30∼21:00
土、日、祝日 10:00∼18:00
(年末年始、システムメンテナンス日を除く)
●修理に関するお問い合わせ
(オリンパス岡谷修理センター)
TEL: 0266-26-0330 / FAX: 0266-26-2011
〒394-0083 長野県岡谷市長地柴宮3-15-1
営業時間 9:00∼17:00(土・日・祝日及び当社休日を除く)
52
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement