取扱説明書 - M

取扱説明書 - M
MAT
電子機器専用避雷器 M・RESTER シリーズ
取扱説明書
三相一体形電源用避雷器
ご使用いただく前に
このたびは、エム・システム技研の製品をお買い上げ
いただき誠にありがとうございます。本器をご使用いた
だく前に、下記事項をご確認下さい。
なお、MAT は誘導雷サージを対象としています。放
電耐量(20 kA または 40 kA @雷サージ波形 8/20 μ s)
を超えるような直撃雷サージには耐えることができませ
んので、あらかじめご了承願います。
■梱包内容を確認して下さい
・避雷器 ......................................................................1 台
■形式を確認して下さい
お手元の製品がご注文された形式かどうか、スペック
表示で形式と仕様を確認して下さい。
■取扱説明書の記載内容について
本取扱説明書は本器の取扱い方法、外部結線および簡
単な保守方法について記載したものです。
ご注意事項
●設置について
・MAT は JIS C 5381-1 クラス II 製品です。直撃雷には
耐えられませんので、外部雷保護(避雷針など)の近傍
など直撃雷が分流する場所には設置しないで下さい。
・MAT の放電耐量は、通常予想される誘導雷サージ電流
に対して、充分余裕のある耐量に設定しています。し
かし、雷は自然現象であるため、予想外の大きさの襲
雷を受け耐量を超えてしまうこともあります。また、
直撃雷が侵入することもあります。この場合、本器は
雷のエネルギーに耐えられず破損する恐れがあります。
安全上、必ず金属ボックス内に設置して下さい。
・MAT は屋内設置形です。また、点検を考慮して、モ
ニタランプが見えやすい場所に設置して下さい。
・振動、衝撃は故障の原因となることがあるため極力避
けて下さい。
・周囲温度が -5 ∼ +55℃を超えるような場所、周囲湿度
が 30 ∼ 90 %RH を超えるような場所や結露するよう
な場所でのご使用は、寿命・動作に影響しますので避
けて下さい。
・襲雷中の設置および配線工事は危険ですので避けて下
さい。
●国土交通省標準仕様書準拠品としてご使用の場合
・お取扱いに際して、国土交通省大臣官房官庁営繕部監
修の公共建築標準仕様書(電気設備工事編)をご参考下
さい。
●発熱について
・MAT が劣化しますと、放電素子(酸化亜鉛素子)の洩
れ電流が増加し発熱します。最終的には感熱切離し回
路が作動し、放電素子を電源から切離すので発熱は止
まりますが、切離し手前では部分的に高温になります。
前面ラベル部分が熱くなっている場合は、側面部分を
掴まないで下さい。
形 式
MAT
●使用電圧について
・最大使用電圧を超える公称電圧は接続しないで下さい。
最大使用電圧はエレメント部前面のスペックラベル
に、Uc として表示しています。また、歪み波形だとピー
ク電圧が高くなっている場合があります。ピーク電圧
は最大使用電圧× 1.4 倍を超えないで下さい。
●耐電圧試験について
・耐電圧試験は本器につながる電源線を外してから行っ
て下さい。そのまま試験を行うと、MAT が放電開始
電圧で放電するため、誤って絶縁不良となります。
●その他
・MAT が劣化したとき、速やかに交換ができるように、
本器の予備品を準備していただくことをお勧めします。
用 途
以下に MAT の用途を掲げます。
●分電盤に設置して、電源系統 L − L、L − N、N − PE
間の保護(L:電源ライン、N:ニュートラル、PE:設
備側接地)
●絶縁トランス、ヒータ、電磁開閉器、モータなど、電
気機器の保護
●負荷電流が大きい電気機器の保護
なお、コンピュータ、計測機器、通信機器などの弱電
機器は、一般に内部に半導体が使われているため、雷
サージに対し特に弱い傾向があります。これらの機器
を保護する場合は、直列インピーダンスを内蔵した、
直列接続形電源用避雷器(弊社製品形式:MAX、MMA、
MAH 等)を制御盤に別途設置されるか、MAT による
2 段保護(配線弱電機器の保護の項を参照)を施すこと
をお勧めします。
特 徴
■電流容量
並列接続形なので、負荷電流を気にせずに電気機器に
接続できます。
■高性能
線間保護用放電素子には酸化亜鉛素子(バリスタ)を使
用しています。従って、放電ギャップ式のように、放電
後に短絡電流が流れること(続流)がなく、電源ラインに
ショックを与えません。また、雷サージに即応して動作
します。
■超高耐量
放電耐量 20 kA、または 40 kA 保証(雷サージ波形 8
/20 μsの場合)の超高耐量形です。通常想定される誘
導雷サージ電流(1 kA 程度)に対して、充分余裕のある
耐量に設定しています。
NM-8140 初版 P/6
MAT
■安全機能
本器に内蔵した放電素子(酸化亜鉛素子)には常に電源
電圧が掛かっています。この放電素子が万一劣化して、
洩れ電流が大きくなり過熱したとしても、組込まれてい
る感熱切離し回路が働き、電源ラインから放電素子を切
離しますので安全です。また、前面のモニタランプで切
離し回路が働いたことを表示するとともに、警報出力(オ
プション)で外部に切離されたことを知らせます。
■感電予防
端子は保護等級 IP20 の安全設計です。端子カバーで
覆われており感電事故を予防します。また、丸形圧着端
子を用いることで、広範囲の太さの電線(2 ∼ 14 mm2)
を接続できます。
■ JIS 分電盤用協約形寸法に準拠
JIS 分電盤用協約配線用遮断器の 2 極幅(50 mm)寸法
ですので、分電盤にすっきり収納できます。また、取付
方法は DIN レール、連接取付板からお選びいただけます。
各部の名称および外形寸法図(単位:mm)
50
15
15
5 − M5 端子ねじ
60
端子カバー
1
2
3
DINレール
(35mm幅)
スペック表示
80
98
モニタランプ
C-A1-A2
N
PE
(3.4)
1
15
警報出力端子※ 1
45°
(電線挿入角度)
12.5
※ 1、警報出力コード A のときのみ付きます。
ブロック図・端子接続図
1
θ
2
θ
■ DIN レール取付の場合
DIN レール(35 mm 幅)に取付けます。取付姿勢は、
スライダのある方を下にして下さい。取付は、まずベー
ス裏側の上側フックを DIN レールに掛け、次に下側を
押して下さい。
取外は、PE 端子への配線を避けながらマイナスドラ
イバなどでスライダを下に押下げ、その状態で下側から
引いて下さい
3
θ
モニタランプ
警報出力
回 路
θ
N
PE
C
A1
取付方法
A2
θ:感熱切離し回路
注1、3番端子は電源系統コード4のときのみ有効になります。
注2、警報出力端子(C、A1、A2)は、警報出力コードAのとき
のみ付きます。また、接点位置は感熱切離し回路作動時、
または電源遮断時の状態です。
注3、電源線のN線は、必ずN端子に配線して下さい。
N線がない場合は、電源線のうちいずれか1線をN端子に
配線して下さい。
■その他の取付方法
協約形配線用遮断器の連接取付板(例:パナソニック
電工製 WR9910)を使って取付できます。
NM-8140 初版 P/6
MAT
結線要領
■遮断器の設置
MAT には感熱切離し回路が内蔵されています。これは、放電素子が劣化して洩れ電流が漸増したとき、その発熱を検
知し、確実に放電素子を電源から切離す働きをします。
本器の放電耐量は、通常想定される誘導雷の大きさに対して十分余裕のある設定にしています。しかし、非常にまれ
なケースとしてこの放電耐量を超えるさらに大きな雷に襲われた場合、放電素子は処理容量を超えて焼損し、一気に短
絡状態になることがあります。そしてこの場合、本器の切離し回路ではうまく処理できない恐れがあります。このときの
バックアップ保護として、避雷器の電源側に遮断器を設置して下さい。遮断器は、配線用遮断器、漏電遮断器(OC 付)、
限流ヒューズ(ただしスローブローに限る)のいずれでも構いません。
例として、三相 4 線式回路での設置方法を下図に示します(JIS C 60364-5-53 図 A.1、図 B.2 を引用)。
●TN系統(電源側接地(N)と設備側接地(PE)が共通接地)の場合
①
①:設備の保護装置
②:遮断器
③:主接地端子またはバー
④:MAT
⑤:避雷器の接地接続
(⑤aまたは⑤bのどちらか)
⑥:被保護機器
EB:電源側の接地極
ED:設備側の接地極
L1
L2
L3
PE
PEN
N
※1
②
※2
1
2
N
PE
3
④
⑤a
※3
※4
⑤b
⑥
③
EB
ED
●TT系統(電源側接地(N)と設備側接地(PE)が別接地)の場合
①
①:設備の保護装置
②:遮断器
③:主接地端子またはバー
④:MAT
⑤:避雷器の接地接続
(⑤aまたは⑤bのどちらか)
⑥:被保護機器
EB:電源側の接地極
ED:設備側の接地極
L1
L2
漏電遮断器
(RCD)
L3
PE
N
N
※1
②
※2
1
2
N
PE
3
④
⑤a
※3
※4
⑤b
⑥
EB
③
ED
※1、遮断器は必ず設置して下さい。遮断器は配線用遮断器、漏電遮断器(OC付)のいずれでも構いません。
(AC400V系TT系統・IT系統の単相3線式、三相3線式については、漏電遮断器(OC付)を設置して下さい。)
遮断器の定格遮断容量は、規約短絡電流以上のものを使用して下さい。
また、配線用遮断器は定格電流20∼30Aで、各極にエレメントを持つタイプを使用して下さい。
漏電遮断器を使用する場合、漏電引きはずし特性は時延形を推奨します。また、定格感度電流は30mAを推奨します。
※2、分岐点から接地バーまでの配線長は0.5 m以下を推奨します。
※3、被保護機器のきょう体はPEバーに接続し、MATと連接接地をとって下さい。
被保護機器に接地端子がない場合は避雷器のみ接地して下さい。
※4、計測機器、通信機器などの弱電機器を保護する場合は、直列インピーダンスを内蔵した電源用避雷器(形式:MAX、MMA、MAH等)
を制御盤に別途設置することをお勧めします。
■漏電遮断器の使用
遮断器に漏電遮断器を使用する場合、漏電引きはずし
特性は時延形を推奨します。雷サ−ジ対策品として、衝
撃波不動作形がありますが、実際はさほど大きくない雷
サージ電流でも不要動作し、その都度トリップを解除す
るわずらわしさを伴うことがあるためです。
■遮断器の仕様
前ページの他に必要な仕様を以下に掲げます。
・MAT の警報出力を使用する場合、遮断器は警報出力
付を選定し、遮断器または MAT の感熱切離し回路の
うち、いずれか一方が作動しても警報が出るよう論理
和を組んで下さい。
・遮断器の代わりに限流ヒューズを使用する場合、定格
電流 30 A、I2t 値 5000 A2s 以上のものを選定して下さ
い。例えば富士電機製栓形ヒューズ(形式:AFaC − 30
*)が適当です。ただし、限流ヒューズには警報出力が
ないので、本器が警報出力付のときは推奨できません。
NM-8140 初版 P/6
MAT
■電源系統と結線方法
MAT の結線方法を各電源系統ごとに示します。図中の遮断器については、前述の「■遮断器の設置」、
「■漏電遮断器の
使用」、
「■遮断器の仕様」をご参考下さい。また、ご使用に際して、軽負荷時や短絡時に発生する電源の異常電圧が MAT
の最大使用電圧を上回らないようにして下さい。
電源回路
TN系統(共通接地)
TT系統(別接地)
電源 L
電源 L
被保護機器
N
被保護機器
N
G
G
遮断器
1
2
単相2線式
遮断器
3
1
2
3
SPD1
SPD1
N PE C A1 A2
N PE C A1 A2
監視装置へ
電源系統(例)
監視装置へ
SPD1
電源系統(例)
SPD1
単相2線 AC110V
MAT−240□□□
単相2線 AC110V
MAT−240□□□
単相2線 AC220V
MAT−240□□□
単相2線 AC220V
MAT−240□□□
電源 L1
N
被保護機器
L2
電源 L1
N
被保護機器
L2
G
G
遮断器
1
単相2線式
(三相△結線で
相の中点を接地)
2
遮断器
3
1
2
3
SPD1
SPD1
N PE C A1 A2
N PE C A1 A2
単相3線式
監視装置へ
電源系統(例)
監視装置へ
SPD1
電源系統(例)
SPD1
単相2線 AC110V
MAT−240□□□
単相2線 AC110V
MAT−240□□□
単相2線 AC220V
MAT−440□□□
単相2線 AC220V
MAT−440□□□
単相3線 AC220/110V
MAT−240□□□
単相3線 AC220/110V
MAT−240□□□
単相3線 AC400/200V
MAT−440□□□
単相3線 AC400/200V
MAT−440□□□
L1
電源
L1
電源
L2
被保護機器
L2
被保護機器
L3
G
L3
G
(N)
(N)
遮断器
1
三相3線式
(△結線)
2
遮断器
3
1
2
3
SPD1
SPD1
N PE C A1 A2
N PE C A1 A2
監視装置へ
電源系統(例)
監視装置へ
SPD1
電源系統(例)
SPD1
三相3線 AC220V
MAT−240□□□
三相3線 AC220V
MAT−240□□□
三相3線 AC400V
MAT−440□□□
三相3線 AC400V
MAT−440□□□
L1
電源
L1
電源
L2
L2
被保護機器
L3
G
N
G
N
遮断器
遮断器
1
三相4線式
(Y結線)
2
1
3
2
3
SPD1
SPD1
N PE C A1 A2
N PE C A1 A2
監視装置へ
監視装置へ
電源系統(例)
被保護機器
L3
SPD1
電源系統(例)
SPD1
三相4線 AC220V
MAT−2404□□□
三相4線 AC220V
MAT−2404□□□
三相4線 AC400V
MAT−4404□□□
三相4線 AC400V
MAT−4404□□□
注1、AC400V系単相3線式TT系統(IT系統)、AC400V系三相3線式TT系統(IT系統)に設置される場合、遮断器は漏電検出機能付
を使用して下さい。
注2、IT系統は、TT系統と同じ結線方法になります。N線はありませんが、電源線のうちいずれか1線をNに配線して下さい。
NM-8140 初版 P/6
MAT
配 線
接 地
■使用電線
導体断面 5.5 mm2 以上の電線を推奨します。
■連接接地
MAT の接地は、あくまで被保護機器との連接接地が
基本です。接地は避雷器側で行って下さい。ただし、被
保護機器に接地端子がない場合は、本器のみ接地して下
さい。また、被保護機器が MAT を設置した分電盤から
離れていて、接地極が別になる場合は、別途被保護機器
の直近にも MAT を設置して下さい。
接地極は C 種または D 種接地をご用意下さい。
■圧着端子
圧着端子は、絶縁スリーブなしで下図の寸法範囲のも
のを使用して下さい。また、絶縁等級 IP20(IEC60529)
を確保する場合は、スリーブに直接触れることができな
いように絶縁キャップを被せて下さい。
●適用圧着端子サイズ
φd
●単相2線式TT系統の場合
B
φd:M5用
B≦13.0
F≧7.0
T≦1.8
L
N
F
U
V
遮断器
T
1
2
被保護
機 器
G
3
MAT
N PE
■端子締付トルク
端子のねじ締めは緩まないよう確実に行って下さい。
ただし、締付トルクの上限は 2.5 N・m です。
■配線長
電源ラインからの分岐配線は最短距離になるよう施し
て下さい。例として単相 2 線式の回路を下図に示します。
分岐点から接地までの配線長(図中 a)は、理想的に
0.5 m 以下になることを推奨します。電線が余った場合は、
コイル状にまとめるのでなく、最短になるように切断し
て下さい。
■弱電機器の保護
MAT は、並列接続形避雷器ですので、絶縁トランス・
ヒータ・電磁開閉器・モータなど電気機器の保護に適し
ています。
これに対し、コンピュータ・計測機器・通信機器など
弱電機器の保護は、直列インピーダンスを内蔵した直
列接続形電源用避雷器(弊社製品形式:MAX、MMA、
MAH 等)が適しています。しかし、分電盤から被保護
機器までの距離(図中 b)が 20 ∼ 30 m 以上ある場合、
分電盤内と被保護機器直近にそれぞれ MAT を設置し、
直近側は被保護機器と連接接地を行って下さい。こうす
れば、電源線のリアクタンスが直列インピーダンスの働
きをするため保護性能を向上させることができ、直列接
続形と同様に弱電機器の保護が可能になります。
●単相2線式TT系統の場合
L
b
分電盤
U
供給電源
N
V
遮断器
遮断器
1
2
MAT
3
1
2
MAT
N PE
N PE
PE
PE
3
被保護
機 器
G
PE
連接接地線
PE
警報出力
避雷器は、内蔵の放電素子が劣化すると、放電素子の
洩れ電流が増加して発熱します。MAT はこの発熱を検
知し、安全のため電源から放電素子を切離します。
MAT は、感熱切離し回路が作動したことを知らせる
警報出力機能をオプションで付加できます。本器の保守
管理などにご利用下さい。なお、警報出力を屋外ケーブ
ルを使って遠方に伝送する場合、警報出力に避雷器を設
置して下さい。
ま た、 遮 断 器 に も 警 報 接 点 を 付 け、 遮 断 器 ま た は
MAT の感熱切離し回路のうち、いずれか一方が作動し
たときに警報が出るよう論理和を組んで下さい。
●電気的仕様
・出 力 仕 様:c 接点出力
感熱切離し回路作動時および、電源遮断
時に出力
・定 格 負 荷:AC 250 V 1 A
(@ 抵抗負荷)
DC 24 V 1 A
(@ 抵抗負荷)
●接続仕様
・端 子 形 状:3 極スプリング式端子台
・適 用 電 線:0.13 ∼ 1.5 mm2 被覆むき長さ 8 mm
a
連接接地線
NM-8140 初版 P/6
MAT
点 検
結線が確実に施されているか確認して下さい。
・結線要領図に従って結線がされていますか。
・被保護機器のきょう体と連接接地されていますか。
・避雷器は、接地されていますか。
保 守
周囲に雷がなくても、気付かぬうちに遠方の雷が誘導
雷となって襲って来ることはよくあります。知らぬうち
に本器は雷からストレスを受けています。早期に本器の
劣化を発見するためにも、点検は、雷シーズンの前と後
の年 2 回程度、定期的に行って下さい。また、大きな雷
があったときは、その都度必ず点検して下さい。ただし、
襲雷中は危険ですので避けて下さい。
点検は下記の要領で行って下さい。
■外観の確認
本器の外観に変色、変形があれば、速やかに交換して
下さい。
■モニタランプの確認
モニタランプが点灯していれば、避雷器として機能し
ています。消灯なら避雷器として機能していない状態で
す。消灯の場合は、速やかに交換して下さい。
■絶縁抵抗計(メガー)の点検
DC 500 V 1000 M Ωの絶縁抵抗計で、N − PE 間の
絶縁を確認して下さい。絶縁抵抗計の指示が 20 M Ω以
下の場合は、本器が劣化していますので、速やかに交換
して下さい。
保 証
本器は、厳密な社内検査を経て出荷されておりますが、
万一製造上の不備による故障、または輸送中の事故、納
入後 1 年以内正常な使用状態における故障の際は、ご返
送いただければ交換品を発送します。 NM-8140 初版 P/6
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement