HP | OMEN X Desktop PC - 900-201la | HP OMEN X Desktop PC - 900-201la

HP OMEN X Desktop PC - 900-201la
ハードウェア リファレンス ガイド
OMEN X by HP
© Copyright 2017 HP Development Company,
L.P.
Bluetooth は、その所有者が所有する商標で
あり、使用許諾に基づいて HP Inc.が使用し
ています。
ここに記載されている情報の内容は、将来
予告なしに変更されることがあります。HP
製品およびサービスに対する保証は、当該
製品およびサービスに付属の限定的保証規
定に明示的に記載されているものに限られ
ます。本書のいかなる内容も、当該保証に
新たに保証を追加するものではありませ
ん。本書に記載されている製品情報は、日
本国内で販売されていないものも含まれて
いる場合があります。本書の内容につきま
しては万全を期しておりますが、本書の技
術的あるいは校正上の誤り、省略に対して
は、責任を負いかねますのでご了承くださ
い。
改訂第 1 版:2017 年 10 月
初版:2017 年 9 月
製品番号:L05970-292
製品についての注意事項
ソフトウェア条項
このガイドでは、ほとんどのモデルに共通
の機能について説明します。一部の機能
は、お使いのコンピューターでは使用でき
ない場合があります。
このコンピューターにプリインストールさ
れている任意のソフトウェア製品をインス
トール、複製、ダウンロード、またはその
他の方法で使用することによって、お客様
は HP EULA の条件に従うことに同意したも
のとみなされます。これらのライセンス条
件に同意されない場合、未使用の完全な製
品(付属品を含むハードウェアおよびソフ
トウェア)を 14 日以内に返品し、販売店の
返金方針に従って返金を受けてください。
より詳しい情報が必要な場合またはコン
ピューターの代金の返金を要求する場合
は、販売店に問い合わせてください。
このガイドについて
警告!回避しなければ死亡または重傷に至る可能性のある危険な状況を示します。
注意:回避しなければ軽度または中度の傷害に至る可能性のある危険な状況を示します。
重要:重要と考えられるものの、危険性に関わるとは見なされない情報を示します(本体の損傷に関
する記載など)。この注意事項は、説明に沿って正しく操作しなければ、データの損失やハードウェ
アまたはソフトウェアの破損を引き起こす可能性があることをユーザーに警告します。また、概念を
説明したり、タスクを完了したりするための重要な情報を示します。
注記:本文の重要なポイントを強調または補足する追加情報を示します。
ヒント:タスクを完了させるために役立つヒントを示します。
iii
iv
このガイドについて
目次
1 製品の特長 ................................................................................................................................................... 1
前面の各部 ............................................................................................................................................................ 2
カラー照明ゾーン ............................................................................................................................. 3
右側面の各部 ........................................................................................................................................................ 4
背面の各部 ............................................................................................................................................................ 6
裏面の各部 ............................................................................................................................................................ 8
2 ハードウェアのアップグレード .................................................................................................................... 9
警告および注意 .................................................................................................................................................... 9
取り外しのための準備 ........................................................................................................................................ 9
ツール キットへのアクセス ............................................................................................................................. 10
ドライブの交換または取り付け ..................................................................................................................... 11
ドライブの取り付け ....................................................................................................................... 11
ドライブの取り外し ....................................................................................................................... 16
ドライブのセキュリティ ............................................................................................................... 19
アクセス パネルの取り外しおよび取り付けなおし ..................................................................................... 20
システム メモリの取り付け ............................................................................................................................. 21
DIMM ソケットについて ................................................................................................................. 21
DIMM の交換または取り付け ......................................................................................................... 22
グラフィックス カードの取り付け ................................................................................................................. 24
PCI ファンの取り外し ....................................................................................................................................... 26
システム ボードの取り付け ............................................................................................................................. 28
ハードディスク ドライブ ファンの取り外し ................................................................................................ 29
電源供給装置の取り付け ................................................................................................................................. 31
水冷冷却用ラジエーター ブラケットの取り付け ......................................................................................... 34
フィルターの清掃 ............................................................................................................................................. 35
付録 A 静電気対策 ......................................................................................................................................... 36
静電気による損傷の防止 ................................................................................................................................. 36
アース(接地)の方法 ..................................................................................................................................... 36
付録 B コンピューター操作のガイドラインおよび手入れに関する注意 .......................................................... 37
v
付録 C ユーザー サポート ............................................................................................................................... 38
サポートされている支援技術 ......................................................................................................................... 38
HP のサポート窓口へのお問い合わせ ............................................................................................................ 38
索引 ............................................................................................................................................................... 39
vi
1
製品の特長
OMEN X by HP は、高パフォーマンスでカスタマイズおよび拡張が可能なゲーミング タワー PC です。
注記:製品の色や機能は図と異なる場合があります。
1
前面の各部
名称
(1)
説明
カラー照明ゾーン
コンピューターに独自の照明効果を加えることができます
注記:詳しくは、3 ページのカラー照明ゾーンを参照してください
(2)
通気孔(×2)
コンピューター内部の温度が上がりすぎないように空気を通します
注記:(ファンレス モデルを除く)コンピューターのファンは、内部コン
ポーネントを冷却して過熱を防ぐために自動的に作動します。通常の操作
を行っているときに内部ファンが回転したり停止したりしますが、これは正
常な動作です
2
(3)
ツール キット(ロゴ パネ コンピューターのコンポーネントやグラフィックス カード ファンを取り付
ルの下に収納されてい
けるために必要なレンチおよびネジが保管されています
ます)
警告!深刻なけがや感電、および装置の損傷を防ぐため、600 W の電源供給
装置、750 W の電源供給装置、または 1300 W の電源供給装置が格納された
コンピューターのシャーシ カバーを開けないでください。電源供給装置が
600 W、750 W、または 1300 W のどれであるかを確認するには、コンピュー
ター背面のラベルを参照してください
(4)
スタンド
第 1 章 製品の特長
コンピューターを角を下に向けて立てます
カラー照明ゾーン
このコンピューターには、9 つのプログラム可能なカラー照明ゾーンがあります。[OMEN Control]
(OMEN コントロール)を使用して、各ゾーンまたはゾーン グループの色をカスタマイズすることで、
独自の照明効果を加えることができます。
注記:工場出荷時にはすべてのカラー照明ゾーンは赤色に設定されています。
[OMEN Control]では、次の 5 つのカラー効果をカスタマイズできます。
●
シングル カラー:9 つのカラー照明ゾーンそれぞれの照明を固定します。
●
カラー ショー:最大 4 つのフェーズ(すべてのカラー照明ゾーンの配色設定)をカスタマイズし
ます。カラー照明ゾーンの色は別のフェーズに順次変化します。
●
システム モニター:コンピューターのさまざまなハードウェアの指標(CPU の使用率、CPU の温
度、GPU の使用率、または GPU の温度)をカラー照明ゾーンで示すようにカスタマイズします。
●
オーディオ ショー:出力音量に合わせてカラー照明ゾーンの輝度が変化します。
●
消灯:すべてのカラー照明ゾーンがオフになります。
[OMEN Command Center]を開いて照明効果をカスタマイズするには、以下の操作を行います。
▲
タスクバーの[OMEN]アイコンをクリックします。
前面の各部
3
右側面の各部
名称
(1)
説明
電源ボタン
●
コンピューターの電源が切れているときにボタンを押すと、
電源が入ります
●
コンピューターの電源が入っているときにボタンを短く押す
と、スリープが開始されます
●
コンピューターがスリープ状態のときにボタンを短く押す
と、スリープが終了します
●
コンピューターが休止状態のときにボタンを短く押すと、休
止状態が終了します
注意:電源ボタンを押したままにして電源を切断すると、保存さ
れていない情報は失われます
コンピューターが応答せず、シャットダウン手順を実行できない
ときは、電源ボタンを 5 秒ほど押したままにすると、コンピュー
ターの電源が切れます
電源設定について詳しくは、[スタート]ボタンを右クリックし、
[電源オプション]を選択して、電源オプションを確認してください
(2)
4
第 1 章 製品の特長
電源ランプ
●
点灯:コンピューターの電源がオンになっています
●
点滅:コンピューターがスリープ状態で、省電力状態になっ
ています。ディスプレイおよびその他の不要なコンポーネン
トの電源はオフになっています
●
消灯:コンピューターの電源がオフになっているか、休止状
態になっています。休止状態は、最小限の電力を使用する省
電力状態です
名称
説明
点灯:無線ローカル エリア ネットワーク(無線 LAN)デバイスや
Bluetooth®デバイスなどの内蔵無線デバイスの電源がオンになっ
ています。すべての無線デバイスがオフになっている場合でも、
無線ランプは点灯したままになります
(3)
無線ランプ
(4)
オーディオ入力(マイ 別売または市販のコンピューター用ヘッドセットのマイク、ステ
ク)コネクタ
レオ アレイ マイク、またはモノラル マイクを接続します
(5)
オーディオ出力(ヘッ
ドフォン)/オーディ
オ入力(マイク)コン
ボ コネクタ
別売または市販の別途電力が供給されているステレオ スピー
カー、ヘッドフォン、イヤフォン、ヘッドセット、テレビ オー
ディオ ケーブルなどを接続します。市販のヘッドセット マイクを
接続する場合もここに接続します。このコネクタは、市販の単独
のマイクには対応していません
警告!突然大きな音が出て耳を傷めることがないように、音量の
調節を行ってからヘッドフォン、イヤフォン、またはヘッドセッ
トを使用してください。安全に関する情報について詳しくは、
『規
定、安全、および環境に関するご注意』を参照してください
このガイドを表示するには、以下の操作を行います
▲
[スタート]ボタン→[HP Help and Support](HP ヘルプとサポー
ト)→[HP Documentation](HP ドキュメント)の順に選択し
ます
注記:コネクタにデバイスを接続すると、コンピューター本体の
スピーカーは無効になります
(6)
USB 3.x SuperSpeed
ポート
(7)
USB 3.x SuperSpeed
USB デバイスを接続し、高速データ転送を行い、コンピューターの
ポート(HP スリープ 電源が入っていないときでも、携帯電話、カメラ、活動量計、ス
および充電機能付き) マートウォッチなどのほとんどの製品を充電できます
(8)
USB Type-C ポート(×
2)
コンピューターの電源が入っているときに、携帯電話、カメラ、
活動量計、スマートウォッチなどの Type-C コネクタがある USB デ
バイスを接続して充電し、データを転送します
(9)
メディア カード ス
ロット
情報の保存、管理、共有、およびアクセスを可能にする別売のメ
ディア カードを読み取ります
キーボード、マウス、外付けドライブ、プリンター、スキャナー、
携帯電話、カメラ、活動量計、スマートウォッチなどの USB デバ
イスを接続し、データを高速で転送します
カードを挿入するには、以下の操作を行います
1.
カードのラベルを上にし、コネクタをコンピューター側に向
けて持ちます
2.
メディア カード スロットにカードを挿入し、しっかりと収ま
るまでカードを押し込みます
カードを取り出すには、以下の操作を行います
▲
(10)
ハードディスク ドラ
イブ ロック
カードをいったんメディア カード スロットに押し込んで、固
定を解除してから取り出します
ハードディスク ドライブ カバーをロックします
右側面の各部
5
背面の各部
名称
説明
(1)
(2)
(3)
サイド パネル リリース
ラッチ
サイド パネルを取り外せるようにします
セキュリティ ロック ケー
ブル用スロット
別売のセキュリティ ロック ケーブルを接続します
通気孔(×2)
コンピューター内部の温度が上がりすぎないように空気を通しま
す
警告!深刻なけがや感電、および装置の損傷を防ぐため、600 W
の電源供給装置、750 W の電源供給装置、または 1300 W の電源供
給装置が格納されたコンピューターのシャーシ カバーを開けない
でください。電源供給装置が 600 W、750 W、または 1300 W のど
れであるかを確認するには、コンピューター背面のラベルを参照
してください
注記:セキュリティ ロック ケーブルに抑止効果はありますが、コ
ンピューターの盗難や誤った取り扱いを完全に防ぐものではあり
ません
注記:
(ファンレス モデルを除く)コンピューターのファンは、内
部コンポーネントを冷却して過熱を防ぐために自動的に作動しま
す。通常の操作を行っているときに内部ファンが回転したり停止
したりしますが、これは正常な動作です
(4)
光出力コネクタ
USB Type-C ポート(電源オ コンピューターの電源が入っているときに、携帯電話、カメラ、
フ USB チャージ機能対応) 活動量計、スマートウォッチなどの Type-C コネクタがある USB デ
バイスを接続して充電し、データを転送します
(一部の製品のみ)
(5)
6
デジタル スピーカー(別売)を接続します
第 1 章 製品の特長
名称
(6)
説明
USB 3.x SuperSpeed ポート
(×6 または×7)
キーボード、マウス、外付けドライブ、プリンター、スキャナー、
携帯電話、カメラ、活動量計、スマートウォッチなどの USB デバ
イスを接続し、データを高速で転送します
注記:お使いの製品によって、コンピューターには 6 つまたは 7
つの USB 3.x SuperSpeed ポートが装備されています
(7)
(8)
RJ-45(ネットワーク)コ
ネクタ
オーディオ出力(ヘッド
フォン)コネクタ
ネットワーク ケーブルを接続します
●
白色:ネットワークに接続しています
●
オレンジ色:ネットワークが動作しています
別売または市販の別途電力が供給されているステレオ スピー
カー、ヘッドフォン、イヤフォン、ヘッドセット、テレビ オー
ディオ ケーブルなどを接続します
警告!突然大きな音が出て耳を傷めることがないように、音量の
調節を行ってからヘッドフォン、イヤフォン、またはヘッドセッ
トを使用してください。安全に関する情報について詳しくは、
『規
定、安全、および環境に関するご注意』を参照してください
このガイドを表示するには、以下の操作を行います
▲ [スタート]ボタン→[HP Help and Support](HP ヘルプとサポー
ト)→[HP Documentation](HP ドキュメント)の順に選択し
ます
注記:ヘッドフォン コネクタにデバイスを接続すると、コンピュー
ター本体のスピーカーは無効になります
(9)
電源コネクタ
電源コードを接続します
背面の各部
7
裏面の各部
名称
(1)
説明
通気孔
コンピューター内部の温度が上がりすぎないように空気を通します
注記:
(ファンレス モデルを除く)コンピューターのファンは、内部コ
ンポーネントを冷却して過熱を防ぐために自動的に作動します。通常
の操作を行っているときに内部ファンが回転したり停止したりします
が、これは正常な動作です
8
第 1 章 製品の特長
2
ハードウェアのアップグレード
警告および注意
アップグレードを行う前に、該当する手順、注意、および警告を必ずよくお読みください。
警告!感電、火傷、火災などの危険がありますので、以下の点に注意してください。
●
作業を行う前に、電源コードを電源コンセントから抜き、本体内部の温度が十分に下がっている
ことを確認してください。
●
必ず電源コードのアース端子を使用してアース(接地)してください。アース端子は、製品を安
全に使用するための重要な装置です。
●
電源コードは、製品の近くの手が届きやすい場所にあるアースされた電源コンセントに差し込ん
でください。
操作する人の健康を損なわないようにするため、『快適に使用していただくために』をお読みくださ
い。このガイドでは、正しい作業環境の整え方について説明し、快適でけがを防ぐための姿勢および
作業上の習慣に関するガイドラインを提供しています。また、電気的および物理的安全基準に関する
情報も提供しています。
『快適に使用していただくために』は、HP の Web サイト、http://www.hp.com/
ergo/ (英語サイト)から[日本語]を選択することで表示できます。
警告!内部には通電する部品や可動部品が含まれています。
アクセス パネル等を取り外す前に、電源コードをコンセントから抜き、装置への外部電源の供給を遮
断してください。
装置を再び外部電源に接続する前に、取り外したアクセス パネルを元の位置にしっかりと取り付けな
おしてください。
重要:静電気の放電によって、コンピューターや別売の電気部品が破損することがあります。以下の
作業を始める前に、アースされた金属面に触れるなどして、身体にたまった静電気を放電してくださ
い。詳しくは、36 ページの「静電気対策」を参照してください。
取り外しのための準備
新しい部品を取り付けるか既存の部品を交換するかに応じて、必要な場合は以下の取り外しの手順を
行います。
1.
USB フラッシュ ドライブなどのすべてのリムーバブル メディアをコンピューターから取り出し
ます。
2.
オペレーティング システムを適切な手順でシャットダウンしてコンピューターの電源を切って
から、外付けデバイスの電源もすべて切ります。
3.
電源コードを電源コンセントから抜き、コンピューターからすべての外付けデバイスを取り外し
ます。
重要:コンピューターが電源コンセントに接続されていると、電源が入っていなくてもシステム
ボードには常に電気が流れています。感電や内部部品の損傷を防ぐため、コンピューターのカ
バーを開ける場合は、電源を切るだけでなく、必ず事前に電源コードをコンセントから抜いてく
ださい。
警告および注意
9
ツール キットへのアクセス
ツール キットには以下のものが含まれています。
●
ハードディスク ドライブ/電源供給装置ツール
●
ネジ回し/レンチ(片側がプラスのネジ回しで、片側が六角レンチ)。六角ネジはグラフィックス
カードとシステム ファン(ラジエーター)に使用されています
●
ネジ
ロゴ カバーをケースから取り外し(1)、ケース(2)からケーブルを取り外します。ツール キット
(3)は、ロゴ カバーの下に収納されています。
10
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
ドライブの交換または取り付け
ケースには 4 つのハードディスク ドライブ ベイがあります。
ケースは以下の 3 種類のドライブをサポートしています。
●
3.5 インチ ハードディスク ドライブ
●
2.5 インチ ソリッドステート ドライブ
●
U.2 ドライブ
注記:U.2 ハードディスク ドライブは、右上のドライブ ベイにのみ取り付けることができます。
ドライブの取り付け
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
ハードディスク ドライブ カバーの右側を引き上げ、カバーを左方向に回転させます。カバーは
ケースから外れません。
ドライブの交換または取り付け
11
3.
ドライブ ケージ ラッチを左方向にスライドさせ(1)、プル タブを使用してドライブ ケージを
ケースから引き出します(2)。
4.
すべてのドライブは、ネジを使用してドライブ ケージに固定する必要があります。ネジの位置は
以下のとおりです。
(1)3.5 インチ ハードディスク ドライブおよび U.2 ドライブ
(2)2.5 インチ ソリッドステート ドライブ
注記:U.2 ドライブをドライブ ケージに取り付ける前に、まずドライブをドライブ アダプター ブ
ラケットに取り付ける必要があります。
12
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
5.
ドライブ ケージにドライブを取り付けるには、以下の操作を行います。
a.
3.5 インチ ハードディスク ドライブ: ドライブをドライブ ケージに挿入し、4 本の取り付
けネジを取り付けます。
b.
2.5 インチ ソリッドステート ドライブ: ドライブをドライブ ケージに挿入し(1)
、4 本の
取り付けネジを取り付けます(2)。
ドライブの交換または取り付け
13
c.
6.
14
U.2 ドライブ: ドライブをアダプター ブラケットに挿入し、4 本のネジで固定します(1)。
アダプター ブラケット アセンブリをドライブ ケージに挿入し(2)、4 本の取り付けネジを
取り付けます(3)。
ドライブ ケージをドライブ ベイに挿入し(1)、ドライブ ケージ ラッチを右方向にスライドさせ
て(2)ドライブ ケージを固定します。
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
7.
ハードディスク ドライブ カバーを右方向に回転させ、所定の位置に固定されるまで押し込みま
す。
ドライブの交換または取り付け
15
ドライブの取り外し
重要:ハードディスク ドライブを取り外すときは、新しいハードディスク ドライブにデータを移動で
きるように、必ず事前にドライブ内のデータをバックアップしておいてください。
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
ハードディスク ドライブ カバーの右側を引き上げ、カバーを左方向に回転させます。カバーは
ケースから外れません。
3.
ドライブ ケージ ラッチを左方向にスライドさせ(1)、プル タブを使用してドライブ ケージを
ケースから引き出します(2)。
16
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
4.
ドライブをドライブ ケージから取り外すには、以下の操作を行います。
a.
3.5 インチ ハードディスク ドライブ: ケージの両側から 4 本の取り付けネジを取り外し
(1)、ドライブを持ち上げてケージから取り出します(2)。
b.
2.5 インチ ソリッドステート ドライブ: ケージの下から 4 本の取り付けネジを取り外し
(1)、ドライブを持ち上げてケージから取り出します(2)。
ドライブの交換または取り付け
17
c.
18
U.2 ドライブ: ドライブ アダプター ブラケット アセンブリをドライブ ケージに固定してい
る 4 本の取り付けネジを取り外します(1)。アダプター ブラケット アセンブリを持ち上げ
てドライブ ケージから取り出し(2)、ドライブをアダプター ブラケット アセンブリに固定
している 4 本のネジを取り外します(3)。次に、アダプター ブラケット アセンブリからド
ライブを取り外します。
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
ドライブのセキュリティ
ハードディスク ドライブのプル タブをドライブ ケージに挿入して、ドライブの不正な取り出しを防
ぐことができます。
1.
ハードディスク ドライブ カバーの右側を引き上げ、カバーを左方向に回転させます。カバーは
ケースから外れません。
2.
ドライブ ケージの外側からプル タブをドライブ ケージに挿入して、外側からプル タブを引っ張
れないようにします。
3.
プル タブを使用できないときにハードディスク ドライブを取り外すには、ドライブ ケージ ラッ
チを左方向にスライドさせて(1)、ツール キット(10 ページのツール キットへのアクセス)の
中のセキュリティ ツールをドライブ ケージに挿入し(2)、ケージをコンピューターから引き出
します(3)。
ドライブの交換または取り付け
19
アクセス パネルの取り外しおよび取り付けなおし
内部部品にアクセスするには、アクセス パネルを以下の手順で取り外す必要があります。
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを固定するプラスのネジが取り付けられている場合は、ネジ(1)を取り外しま
す。
3.
リリース ボタンを押し(2)、アクセス パネルを回転させてコンピューターから取り外します
(3)。
アクセス パネルを取り付けなおすには、コンピューターに合わせてアクセス パネルを回転させて、ネ
ジを取り付けなおします。
20
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
システム メモリの取り付け
お使いのコンピューターは、ダブル データ レート 4 シンクロナス DRAM(DDR4-SDRAM)デュアル イ
ンライン メモリ モジュール(DIMM)を装備しています。システム ボード上にある 4 つのメモリ ソ
ケットには、最大 32 GB のメモリを取り付けることができます。
システムのパフォーマンスを最大まで高めるには、以下の仕様を満たす 1.2 ボルト DDR4-SDRAM DIMM
を使用することをおすすめします。
●
業界標準の 288 ピン
●
アンバッファード非 ECC PC4-19200 DDR4-2400 MT/s 準拠(DDR4-2133 にダウングレード)
●
アンバッファード非 ECC PC4-17000 DDR4-2133 MT/s 準拠
●
CAS レイテンシ 15(DDR4/2133 MT/s、15-15-15 タイミング)をサポート
●
JEDEC(Joint Electronic Device Engineering Council)の仕様に準拠
このコンピューターでは以下の機能やデバイスがサポートされます。
●
512 メガビット、1 ギガビット、2 ギガビット、4 ギガビット、および 8 ギガビットの非 ECC メモ
リ テクノロジ
●
片面および両面 DIMM
注記:サポートされない DIMM が取り付けられている場合、システムは正常に動作しません。
DIMM ソケットについて
システム ボードには 4 つの DIMM ソケットがあり、1 つのチャネルについて 2 つのソケットがありま
す。ソケットには DIMM1、DIMM2、DIMM3、および DIMM4 の番号が付けられています。DIMM1 および
DIMM3 ソケットはメモリ チャネル A で動作し、DIMM2 および DIMM4 ソケットはメモリ チャネル B で
動作します。
パフォーマンスを向上させるには、DIMM4、DIMM2、DIMM3、DIMM1 の順序でメモリ モジュールを取
り付けます。DIMM1 がプロセッサに最も近いソケットです。
取り付けられている DIMM に応じて、システムは自動的にシングル チャネル モード、デュアル チャネ
ル モード、またはフレックス モードで動作します。
システム メモリの取り付け
21
●
1 つのチャネルの DIMM ソケットにのみ DIMM が取り付けられている場合、システムはシングル
チャネル モードで動作します。
●
チャネル A の DIMM の合計メモリ容量とチャネル B の DIMM の合計メモリ容量が等しい場合、シ
ステムはより高性能なデュアル チャネル モードで動作します。
●
チャネル A の DIMM のメモリ容量とチャネル B の DIMM のメモリ容量が異なる場合、システムは
フレックス モードで動作します。フレックス モードでは、最も容量の小さいメモリが取り付け
られているチャネルがデュアル チャネルに割り当てられるメモリの総量を表し、残りはシングル
チャネルに割り当てられます。1 つのチャネルのメモリ容量が他方よりも多い場合は、多い方を
チャネル A に割り当てる必要があります。
●
どのモードでも、最高動作速度はシステム内で最も動作の遅い DIMM によって決定されます。
DIMM の交換または取り付け
重要:メモリ モジュールの取り付けまたは取り外しを行う場合は、電源コードを抜いて電力が放電さ
れるまで約 30 秒待機してから作業する必要があります。コンピューターが電源コンセントに接続さ
れている場合、電源が入っているかどうかに関係なく、メモリ モジュールには常に電気が流れていま
す。電気が流れている状態でメモリ モジュールの着脱を行うと、メモリ モジュールまたはシステム
ボードを完全に破損するおそれがあります。
お使いのメモリ モジュール ソケットの接点には、金メッキが施されています。メモリを増設する場合
は、接点の金属が異なるときに生じる酸化や腐食を防ぐために、金メッキされたメモリ モジュールを
使用してください。
静電気の放電によって、コンピューターやオプション カードの電子部品が破損することがあります。
以下の作業を始める前に、アース(接地)された金属面に触れるなどして、身体にたまった静電気を
放電してください。詳しくは、36 ページの「静電気対策」を参照してください。
メモリ モジュールを取り扱うときは、接点に触れないよう注意してください。接点に触れると、モ
ジュールを損傷するおそれがあります。
22
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを取り外します(20 ページのアクセス パネルの取り外しおよび取り付けなお
し)
。
3.
DIMM を取り出すには、DIMM の両側にあるラッチをそれぞれ外側に押し(1)、ソケットから DIMM
を引き出します(2)。
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
4.
メモリ モジュールをソケットに挿入してラッチを所定の位置に固定します。
注記:メモリ モジュールは、一方向にのみ取り付け可能です。メモリ モジュールの切り込みと
メモリ ソケットのタブを合わせます。
5.
アクセス パネルを取り付けなおします。
6.
電源コードおよびすべての外付けデバイスを接続しなおして、コンピューターの電源を入れま
す。
コンピューターは、追加のメモリを自動的に認識します。
システム メモリの取り付け
23
グラフィックス カードの取り付け
複数のグラフィックス カードとそれぞれのファンを取り付けることができます。
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを取り外します(20 ページのアクセス パネルの取り外しおよび取り付けなお
し)
。
3.
グラフィックス カードを取り付けるには、以下の操作を行います。
a.
システム ボード上の空いている拡張ソケット、およびそれに対応するケース背面にある拡
張スロットの位置を確認します。
b.
カバーの上部にあるネジを取り外し(1)、ケースからカバーを持ち上げて(2)、拡張スロッ
ト カバーを取り外します。
c.
グラフィックス カードを拡張ソケットに挿入します(1)。
d.
グラフィックス カードの左側に 2 本のネジを取り付けます(2)。
e.
グラフィックス カードに必要なケーブルを接続します。
24
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
4.
5.
グラフィックス カード ファンを取り付けるには、以下の操作を行います。
a.
グラフィックス カード ファンを取り付ける場所にあるカバーを取り外します。
b.
ケースの内部から、ファンを所定の位置に挿入します(1)。
c.
ツール キットのネジ回し/レンチを使用して(10 ページのツール キットへのアクセス)、
ケースの外側から 4 本のネジを取り付けます(2)。
d.
カバーを取り付けなおします(3)。
アクセス パネルを取り付けなおします。
グラフィックス カードの取り付け
25
PCI ファンの取り外し
PCI ファンはケースの前面に固定されており、グラフィックス カードのための追加の冷却機能を提供
します。PCI ファンの取り外しまたは取り付けを行うには、事前にフロント パネル全体を取り外す必
要があります。
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを取り外します(20 ページのアクセス パネルの取り外しおよび取り付けなお
し)。
3.
フロント パネルを取り外すには、以下の操作を行います。
4.
a.
ケースの外側からパネルを空けて、パネルの裏にあるケーブルにアクセスできる程度までパ
ネルをケースから離します(1)。2 本のケーブルがフロント パネルに接続されていることに
注意してください。
b.
ケースからケーブルを取り外します(2)。
ファンの下にあるフィルターをスライドさせて取り外します。
26
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
5.
PCI ファンを取り外すには、以下の操作を行います。
a.
ケースの内部で、システム ボードからファン ケーブル(1)を取り外します。
b.
ケースの外側から、ファンをケースに固定している 4 本のネジを取り外します(2)。
c.
ファンを持ち上げてケースから取り出します(3)。
PCI ファンを取り付けなおすには、取り外しの手順を逆の順序で実行します。
PCI ファンの取り外し
27
システム ボードの取り付け
システム ボードはシステム ボード トレイに固定されています。システム ボードの取り外しまたは取
り付けを行うには、事前にトレイを取り外す必要があります。
28
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを取り外します(20 ページのアクセス パネルの取り外しおよび取り付けなお
し)
。
3.
システム ボード トレイを取り外すには、トレイをケースに固定している 3 本のネジを取り外し
(1)、トレイを右方向にスライドさせ(2)
、トレイを持ち上げてケースから取り外します(3)。
4.
システム ボードを取り付けるには、システム ボードをシステム ボード トレイの上に置き、シス
テム ボードををシステム ボード トレイに固定する 8 本のネジを取り付けます。
5.
システム ボード トレイ アセンブリをケースに取り付けなおします。
6.
グラフィックス カードを取り付けます。
7.
その他すべての内部部品を取り付けます。
8.
システム ボードにすべてのケーブルを接続します。
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
ハードディスク ドライブ ファンの取り外し
ハードディスク ドライブ ファンはケースの背面のシステム ボード トレイの下に固定されています。
ハードディスク ドライブ ファンの取り外しまたは取り付けを行うには、事前にトレイを取り外す必要
があります。
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを取り外します(20 ページのアクセス パネルの取り外しおよび取り付けなお
し)。
3.
システム ボード トレイを取り外します(28 ページのシステム ボードの取り付け)。
4.
リア パネルを取り外すには、以下の操作を行います。
a.
ケースの内側から、パネルをケースに固定している 2 本のネジを取り外します(1)。
b.
イジェクト ボタンをケースに固定している 2 本のネジを取り外して(2)、イジェクト ボタ
ンを取り外します(3)。
c.
ケースの外側から、パネルを取り外します(4)。
ハードディスク ドライブ ファンの取り外し
29
5.
ハードディスク ドライブ ファンを取り外すには、以下の操作を行います。
a.
ケースの外側から、ファンをケースに固定している 4 本のネジを取り外します(1)。
b.
ファンを持ち上げてケースから取り出します(2)。
ハードディスク ドライブ ファンを取り付けなおすには、取り外しの手順を逆の順序で実行します。
30
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
電源供給装置の取り付け
このコンピューターは、最大 1450W の ATX 規格に適合した電源供給装置をサポートします。
注意:損傷を防ぐため、コンピューター全体の消費電力がコンピューターの電源供給装置の最大定格
を超えないようにしてください。
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを取り外します(20 ページのアクセス パネルの取り外しおよび取り付けなお
し)。
3.
システム ボード トレイを取り外します(28 ページのシステム ボードの取り付け)。
4.
ツール キット(10 ページのツール キットへのアクセス)のセキュリティ ツールを使用して、
ケースの背面にある電源供給装置のカバーを取り外します。
注意:カバーの損傷を防ぐため、以下の図に示すようにカバーの上側から外します。
5.
電源供給装置に電源供給装置ブラケットを取り付けます。
電源供給装置の取り付け
31
6.
電源ケーブルをケース内に通して、電源供給装置を挿入します(1)。
7.
3 本のネジを取り付けて、電源供給装置をケースに固定します(2)。
注記:もう 1 本のネジは、次の手順でアース(接地)用ワイヤーを固定するために使用します。
8.
32
電源コネクタ ケーブルをケースに取り付けるには、以下の操作を行います。
a.
電源供給装置ベイの隅にコネクタを配置します(1)。
b.
ツール キットのレンチ/ネジ回しを使用して、コネクタの六角ネジを取り付けます(2)。
c.
電源供給装置の残りのネジを使って、緑色のアース用ワイヤーを取り付けます(3)。
d.
ケーブルを電源供給装置に接続します(4)。
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
9.
電源用 SATA ケーブル(1)および I/O ボードとケーブル(2)を接続します。
電源供給装置への接続用に、5 本の SATA 電源ケーブル(ハードディスク ドライブ 4 つ、U.2 ドラ
イブ 1 つのためのケーブル)、および 1 つの PATA 電源コネクタ(I/O ボードから)が用意されて
います。
コンピューターのケース内のケーブルには、接続先のコンポーネントを示すラベルが付いていま
す。
注意:ケーブルの損傷を防ぐため、ケーブルではなくタブまたはコネクタを引っ張ります。
10. 電源供給装置のカバーを取り付けなおします。
11. システム ボード トレイ アセンブリを取り付けなおします。
電源供給装置の取り付け
33
水冷冷却用ラジエーター ブラケットの取り付け
ラジエーター ブラケットは 240 mm のラジエーターにのみ対応しています。
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを取り外します(20 ページのアクセス パネルの取り外しおよび取り付けなお
し)
。
3.
ケースの側面に取り付けられているファンをすべて取り外します。
4.
水冷冷却装置を追加するには、以下の図に示されている位置のどれかにラジエーター ブラケット
を取り付けます。
注記:ブラケットを 1 つのみサポートするモデルでは、1 または 2 のどちらかの位置にブラケッ
トを取り付けることができます。
2 つのブラケットをサポートするモデルでは、1 および 3 または 2 および 3 のどちらかの位置に
ブラケットを取り付けることができます。
取り付け場所(3)は一部のモデルにのみあります。
5.
34
ケースの内側の背面にブラケットを挿入します。
第 2 章 ハードウェアのアップグレード
6.
ツール キット(10 ページのツール キットへのアクセス)のレンチ/ネジ回しを使用して 8 本の六
角ネジを取り付け、ブラケットをケースに固定します。
7.
必要なファンを取り付けます。
フィルターの清掃
1.
部品を取り外せるようにコンピューターを準備します(9 ページの取り外しのための準備)。
2.
アクセス パネルを取り外します(20 ページのアクセス パネルの取り外しおよび取り付けなお
し)。
3.
コンピューターの通気孔のある面すべてから、エア フィルターを取り外して清掃します。
フィルターの清掃
35
A
静電気対策
人間の指など、導電体からの静電気放電によって、システム ボードやその他の静電気に弱いデバイス
が損傷することがあります。その結果、本体の耐用年数が短くなる場合があります。
静電気による損傷の防止
静電気による損傷を防止するため、以下のことを守ってください。
●
運搬時や保管時は、静電気防止用のケースに入れ、手で直接触れることは避けます。
●
静電気に弱い部品は、静電気防止措置のなされている作業台に置くまでは、専用のケースに入れ
たままにしておきます。
●
部品をケースから取り出す前に、まずケースごとアース(接地)されている面に置きます。
●
ピン、リード線、および回路には触れないようにします。
●
静電気に弱い部品に触れるときには、常に自分の身体に対して適切なアースを行います。
アース(接地)の方法
静電気に弱い部品を取り扱うときには、以下のうち 1 つ以上の方法でアース(接地)を行ってくださ
い。
●
すでにアースされているコンピューターのシャーシにアース バンドをつなぎます。アース バン
ドは柔軟な帯状のもので、アース コード内の抵抗は、1 MΩ±10%です。アースを正しく行うため
に、アース バンドは肌に密着させてください。
●
立って作業する場合には、かかとやつま先にアース バンドを付けます。導電性または静電気拡散
性の床の場合には、両足にアース バンドを付けます。
●
工具は導電性のものを使用します。
●
折りたたみ式の静電気防止マットが付いた、携帯式の作業用具もあります。
上記のような、適切にアースを行うための器具がない場合は、HP のサポート窓口にお問い合わせくだ
さい。
注記:静電気について詳しくは、HP のサポート窓口にお問い合わせください。
36
付録 A 静電気対策
B
コンピューター操作のガイドラインおよ
び手入れに関する注意
コンピューターおよびモニターの設置や手入れを適切に行えるよう、以下のことを守ってください。
●
湿度の高い所や、直射日光の当たる場所、または極端に温度が高い場所や低い場所には置かない
でください。
●
コンピューターは、安定した平らな場所に設置してください。また、通気が確保されるよう、コ
ンピューターの通気孔のある面およびモニターの上部に、少なくとも 10 cm の空間を確保してく
ださい。
●
内部への通気が悪くなるので、絶対にコンピューターの通気孔をふさがないでください。キー
ボードを横置き構成の本体のフロント パネルに立てかけることも、おやめください。
●
コンピューターのアクセス パネルまたは拡張カード スロットのカバーのどちらかを取り外した
まま使用しないでください。
●
コンピューターを積み重ねたり、互いの排気や熱にさらされるほどコンピューターどうしを近く
に置いたりしないでください。
●
コンピューターを別のエンクロージャに入れて操作する場合、吸気孔および排気孔がエンクロー
ジャに装備されている必要があります。また、この場合にも上記のガイドラインを守ってくださ
い。
●
コンピューター本体やキーボードに液体をこぼさないでください。
●
モニター上部の通気孔は、絶対にふさがないでください。
●
スリープ状態を含む、オペレーティング システムやその他のソフトウェアの電源管理機能をイン
ストールまたは有効にしてください。
●
以下の項目については、必ずコンピューターの電源を切り、電源コードを電源コンセントから抜
いてから行ってください。
●
コンピューターやモニターの外側、およびキーボードの表面が汚れたら、水で軽く湿らせた
柔らかい布で汚れを落とした後、糸くずの出ない柔かい布で拭いて乾かしてください。洗剤
などを使用すると、変色や変質の原因となります。
●
コンピューターの通気孔やモニター上部の通気孔は、ときどき掃除してください。糸くずや
ほこりなどの異物によって通気孔がふさがれると、内部への通気が悪くなり、故障の原因と
なります。
37
C
ユーザー サポート
HP は、単体で、または適切な補助ツールや支援技術と組み合わせることにより、お身体の不自由な方
にもお使いいただけるような製品やサービスを設計、製造、販売しています。
サポートされている支援技術
HP 製品は、さまざまなオペレーティング システム支援技術に対応しており、また、その他の支援技
術と組み合わせて機能するようにも設定できます。支援機能に関してより詳しい情報を確認するに
は、お使いのデバイスの検索機能を使用してください。
注記:特定の支援技術製品について詳しくは、その製品のサポート窓口にお問い合わせください。
HP のサポート窓口へのお問い合わせ
このユーザー ガイドで提供されている情報で問題に対処できない場合は、以下の Web サイト、また
は日本向けの日本語モデル製品に付属の『サポート ガイド(保証規定)』に記載されている HP のサ
ポート窓口にお問い合わせください。日本でのサポートについては、http://www.hp.com/jp/contact/ を
参照してください。日本以外の国や地域でのサポートについては、http://welcome.hp.com/
country/us/en/wwcontact_us.html (英語サイト)から該当する国や地域、または言語を選択してくださ
い。
38
付録 C ユーザー サポート
索引
O
こ
OMEN Control 3
P
PCI ファン
取り付け
26
R
RJ-45(ネットワーク)コネクタ
位置 7
U
USB 3.0 ポート、位置 5, 7
USB 3.0 ポート(電源オフ USB
チャージ機能対応)、位置 5
USB Type-C ポート、位置 5
あ
アクセス パネル
取り外し 20
オーディオ出力(ヘッドフォン)/
オーディオ入力(マイク)コネク
タ、位置 5
オーディオ出力(ヘッドフォン)コ
ネクタ 7
オーディオ入力(マイク)コネク
タ 5
か
く
グラフィックス カード
取り付け 24
さ
サイド パネル リリース ラッチ、位
置 6
し
お
各部
背面 6
右側面 4
裏面 8
カラー照明ゾーン 3
カラー照明ゾーン、位置
コネクタ
RJ-45(ネットワーク) 7
オーディオ出力(ヘッドフォ
ン) 7
オーディオ出力(ヘッドフォ
ン)/オーディオ入力(マイ
ク) 5
オーディオ入力(マイク) 5
ネットワーク 7
コネクタ、電源 7
コンピューター操作のガイドライ
ン 37
システム ボード
取り付け 28
照明
OMEN Control 3
す
スタンド 2
スロット
セキュリティ ロック ケーブ
ル 6
メディア カード スロット 5
せ
2
静電気対策、損傷の防止 36
セキュリティ
ハードディスク ドライブ 19
セキュリティ ロック ケーブル用ス
ロット、位置 6
そ
ソリッドステート ドライブ
取り外し 16
つ
通気孔、位置 2, 6, 8
通気のガイドライン 37
ツール キット、位置 2, 10
ツール キットへのアクセス 10
て
電源供給装置
取り付け 31
電源コネクタ、位置 7
電源ボタン、位置 4
電源ランプ、位置 4
と
ドライブ ケージ ラッチ、位置 5
取り付け
ガイドライン 9
グラフィックス カード 24
システム ボード 28
ソリッドステート ドライブ
11
電源供給装置 31
メモリ 22
ラジエーター ブラケット 34
取り外し
PCI ファン 26
アクセス パネル 20
ソリッドステート ドライブ
16
ハードディスク ドライブ 16
ハードディスク ドライブ ファ
ン 29
取り外しのための準備 9
ね
ネットワーク コネクタ
位置 7
は
ハードディスク ドライブ
セキュリティ 19
取り付け 11
取り外し 16
ハードディスク ドライブ ファン
取り付け 29
索引
39
ひ
光出力コネクタ、位置
6
ふ
フィルター
取り外しおよび清掃
35
ほ
ポート
USB 3.0 5, 7
USB 3.0(電源オフ USB チャージ
機能対応) 5
USB Type-C 5
ボタン
電源 4
む
無線ランプ
5
め
メディア カード、位置 5
メディア カード スロット、位置 5
メモリ
ソケットへの取り付け 21
取り付け 22
ゆ
ユーザー サポート
ら
38
ラジエーター ブラケット
取り付け 34
ランプ
電源 4
無線 5
40
索引
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals

Download PDF

advertising