Bosch | GBM 6/N | manual | Bosch GBM 6/N 商品取扱説明書

GBM 6̲N 2003.2.12 0:21 PM ページ 1
取扱説明書
このたびは、弊社電気ドリルをお買い求めいただ
き、誠にありがとうございます。
● ご使用になる前に、この『取扱説明書』をよく
お読みになり、正しくお使いください。
● お読みになった後は、この『取扱説明書』を大
切に保管してください。わからないことが起き
たときは、必ず読み返してください。
GBM 6̲N 2003.2.12 0:21 PM ページ 2
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 3
目
次
安全上のご注意
警告表示の区分 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2
電動工具全般についての注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . .2
電気ドリルについての注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . .7
リサイクルのために
電動工具本体の回収にご協力ください . . . . . . . . . . . .10
本製品について
用 途 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11
各部の名称 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11
標準付属品 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12
仕 様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .12
使い方
作業前の準備をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13
作業する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15
困ったときは
故障かな?と思ったら . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17
修理を依頼するときは . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .18
お手入れと保管
クリーニング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19
保 管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .19
1
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 4
安全上のご注意
◆火災や感電、けがなど事故を未然に防ぐため、この『安全上のご注意』
を必ず守ってください。
◆ご使用になる前に、『安全上のご注意』をすべてよくお読みのうえ、指示
に従って正しくお使いください。
◆お読みになった後は、ご使用になる方がいつでも見られるところに、こ
の『取扱説明書』を保管してください。
警告表示の区分
ご使用上の注意事項は
は次の意味があります。
と
に区分してありますが、それぞれに
◆ 誤った取り扱いをしたとき、使用者が死亡または重傷を
負う可能性が想定される内容。
◆ 誤った取り扱いをしたとき、使用者が傷害を負う可能性
が想定される内容および物的損害の発生が想定される内
容。
なお、
に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結びつく可
能性があります。いずれも安全に関する重要な内容を記載していますので、必
ず守ってください。
電動工具全般についての注意事項
ここでは、電動工具全般の『安全上のご注意』についてご説明します。今回お
買い求めいただいた電気ドリルには、当てはまらない項目も含まれています。
2
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 5
1. 作業場は、いつもきれいに保ってください。
◆ ちらかった場所や作業台は、事故の原因となります。
2. 作業場の周囲状況も考慮してください。
◆ 電動工具は、雨ざらしにしたり、湿った、ま
たは、ぬれた場所で使用しないでください。
◆ 作業場は十分に明るくしてください。
◆ 可燃性の液体やガスのある所で使用しないで
ください。
3. 感電に注意してください。
◆ 電動工具を使用中、身体を、アースされているものに接触させないよう
にしてください。
(例えば、パイプ、暖房器具、電子レンジ、冷蔵庫などの外枠)
4. 子供を近づけないでください。
◆ 作業者以外、電動工具やコードに触れさせないでください。
◆ 作業者以外、作業場へ近づけないでください。
5. 使用しない場合は、きちんと保管してください。
◆ 乾燥した場所で、子供の手の届かない高い所または錠のかかる所に保管
してください。
6. 無理して使用しないでください。
◆ 安全に能率よく作業するために、電動工具の能力に合った速さで作業し
てください。
7. 作業に合った電動工具を使用してください。
◆ 小形の電動工具やアタッチメントは、大形の電動工具で行う作業には使
用しないでください。
◆ 指定された用途以外に使用しないでください。
3
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 6
8. きちんとした服装で作業してください。
◆ だぶだぶの衣服やネックレス等の装身具は、回転部に
巻き込まれる恐れがありますので着用しないでくださ
い。
◆ 屋外での作業の場合には、ゴム手袋と滑り止めのつい
た履物の使用をお勧めします。
◆ 長い髪は、帽子やヘアカバー等で覆ってください。
9. 保護めがねを使用してください。
◆ 作業時は、保護めがねを使用してください。また、粉じんの多い作業で
は、防じんマスクを併用してください。
10. 防音保護具を着用してください。
◆ 騒音の大きい作業では、耳栓、耳覆い(イヤマフ)などの防音保護具を
着用してください。
11. 集じん装置が接続できるものは接続して使用してください。
◆ 電動工具に集じん機などが接続できる場合には、これらの装置に確実に
接続し、正しく使用してください。
12. コードを乱暴に扱わないでください。
◆ コードを持って電動工具を運んだり、コードを引っ張
ってコンセントから抜かないでください。
◆ コードを熱、油、角のとがった所に近づけないでくだ
さい。
13. 加工する物をしっかりと固定してください。
◆ 加工する物を固定するために、クランプや万力などを
利用してください。手で保持するより安全で、両手で
電動工具を使用できます。
4
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 7
14. 無理な姿勢で作業をしないでください。
◆ 常に足元をしっかりさせ、バランスを保つように
してください。
15. 電動工具は、注意深く手入れをしてください。
◆ 安全に能率よく作業していただくために、刃物類は常に手入れをし、よ
く切れる状態を保ってください。
◆ 注油や付属品の交換は、取扱説明書に従ってください。
◆ コードは定期的に点検し、損傷している場合は、お買い求めの販売店ま
たは修理認定工場に修理を依頼してください。
◆ 延長コードを使用する場合は、定期的に点検し、損傷している場合には
交換してください。
◆ 握り部は、常に乾かしてきれいな状態に保ち、油やグリースが付かない
ようにしてください。
16. 次の場合は、電動工具のスイッチを切り、プラグを電源から
抜いてください。
◆ 使用しない、または、修理する場合。
◆ 刃物、砥石、ビット等の付属品を交換する場合。
◆ その他危険が予想される場合。
17. 調節キーやレンチ等は、必ず取り外してください。
◆ 電源を入れる前に、調節に用いたキーやレンチ等の工具類が取り外して
あることを確認してください。
18. 不意な始動は避けてください。
◆ 電源につないだ状態で、スイッチに指を掛けて運ばないでください。
◆ プラグを電源に差し込む前に、スイッチが切れていることを確かめてく
ださい。
19. 屋外使用に合った延長コードを使用してください。
◆ 屋外で使用する場合、キャブタイヤコードまたはキャブタイヤケーブル
の延長コードを使用してください。
5
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 8
20. 油断しないで十分注意して作業を行ってください。
◆ 電動工具を使用する場合は、取扱方法、作業の仕方、
周りの状況等十分注意して慎重に作業してください。
◆ 常識を働かせてください。
◆ 疲れている場合は、使用しないでください。
21. 損傷した部品がないか点検してください。
◆ 使用前に、保護カバーやその他の部品に損傷がないか、十分点検し、正
常に作動するか、また所定機能を発揮するか確認してください。
◆ 可動部分の位置調整および締め付け状態、部品の破損、取付け状態、そ
の他運転に影響を及ぼす全ての箇所に異常がないか確認してください。
◆ 損傷した保護カバー、その他の部品交換や修理は、
取扱説明書の指示に従ってください。
取扱説明書に指示されていない場合は、お買い求め
の販売店または修理認定工場に修理を依頼してくだ
さい。
スイッチが故障した場合は、お買い求めの販売店ま
たは修理認定工場へ修理を依頼してください。
◆ スイッチで始動および停止操作の出来ない電動工具は、使用しないでく
ださい。
22. 指定の付属品やアタッチメントを使用してください。
◆ 本取扱説明書および弊社カタログに記載されている付属品やアタッチメ
ント以外のものを使用すると、事故やけがの原因となる恐れがあるので
使用しないでください。
23. 電動工具の修理は、専門店に依頼してください。
◆ 本製品は、該当する安全規格に適合していますので改造しないでくださ
い。
◆ 修理は、必ずお買い求めの販売店または修理認定工場に依頼してくださ
い。
◆ 修理の知識や技術のない方が修理しますと、十分な性能を発揮しないだ
けでなく、事故やけがの原因となります。
6
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 9
電気ドリルについての注意事項
電動工具全般の『安全上のご注意』について、前項ではご説明しました。ここ
では、電気ドリルをお使いになるうえで、さらに守っていただきたい注意事項
についてご説明します。
1. 使用電源は、銘板に表示してある電圧で供給してください。
◆ 表示以外の電圧で使用すると、回転が異常になり、事故の原因になりま
す。
2. 作業する箇所に、電線管や水道管、ガス管など埋設物がない
ことを、作業前に十分確かめてください。
◆ 埋設物があると、先端工具が触れたときに感電したり、漏電やガス漏れ
が発生したりして、事故の原因になります。
3. 穴あけ作業中、電気ドリル本体が振り回されることがありま
す。本体は確実に保持してご使用ください。
◆ 確実に保持しないと、けがの原因になります。
4. 使用中は、先端工具や回転部、切りくずなどの排出部に、手
や顔などを近づけないでください。
◆ けがの原因になります。
5. 使用中に電気ドリルの調子が悪くなったり、異常音がしたり
したときは、直ちに「メインスイッチ」を切ってください。
使用を中止し、お買い求めの販売店または弊社修理認定工場
に点検・修理を依頼してください。
◆ そのまま使用していると、事故の原因になります。
7
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 10
6. 誤って落としたり、ぶつけたりしたときは、先端工具や電気
ドリル本体などに破損や亀裂、変形がないことをよく点検し
てください。
◆ 破損や亀裂、変形があると、事故の原因になります。
7. 石綿は、人体に有害です。このような成分を含んだ材料を加
工するときは、防じん対策をしてください。
8. 高所作業のときは、下に人がいないことをよく確かめてくだ
さい。また、電源コードを引っ掛けたりしないでください。
◆ 材料や電気ドリル本体などを落としたとき、事故の原因になります。
1. 先端工具や付属品は、取扱説明書に従って確実に取り付けて
ください。
◆ 確実でないと外れたりし、けがの原因になります。
2. 使用中は、軍手など巻き込まれる恐れがある手袋を着用しな
いでください。
◆ 回転部に巻き込まれ、けがの原因になります。
3. 作業直後の先端工具、材料、切りくずなどは大変熱くなって
いますので、触れないでください。
◆ やけどの原因になります。
4. 回転させたまま、台や床などに放置しないでください。
◆ 事故の原因になります。
8
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 11
5. 穴あけ作業など、表示能力内の作業のみにご使用ください。
◆ 表示能力を超える作業をすると、電気ドリル本体に支障をきたすだけで
なく、けがの原因になります。
6. 過負荷で回転が止まるような作業は、行わないでください。
◆ 電気ドリル本体に支障をきたすだけでなく、けがの原因になります。
9
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 12
リサイクルのために
電動工具本体の回収にご協力ください
弊社では、不要になった電動工具本体のリサ
イクル活動を推進しています。不要になった
電動工具本体を処分するときは、お買い求め
になった弊社電動工具取扱販売店にご相談く
ださい。
資源保護・環境保護のため、弊社の推進する
リサイクル活動にぜひご協力くださいますよ
う、お願い申しあげます。
電動工具本体の回収・リサイクルは、弊社の
製品に限らせていただきます。
10
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 13
本製品について
用
途
◆ 木材、金属、プラスチックなどの穴あけ
各部の名称
②通風口
①チャック
③オン保持ボタン
④メインスイッチ
⑤チャックハンドル
◆このイラストの形状・詳細は、実物と異なる場合があります。
11
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 14
標準付属品
チャックハンドル
品番:1 607 950 045
仕
様
型 番
使用電源
消費電力(入力)
チャック
型
式
把握範囲
回転数(無負荷時)
穴あけ能力(最大径)
鉄 工
木 工
質 量
12
GBM 6/N
単相 AC100 V,50/60 Hz
350 W
キーチャック
0.5〜6.5 mm
4000 min-1 {回転/分}
6.5 mm
15 mm
1.1 kg
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 15
使い方
作業前の準備をする
◆ 作業前の準備をするときは、電源プラグを
コンセントから抜いてください。
◆ 電源コードや電源プラグが損傷していると
きは、直ちに使用を中止してください。お
買い求めの販売店または弊社修理認定工場
に修理を依頼してください。
使用電源を点検する
● 単相 AC100 V(50/60 Hz)か?
● コンセント不良(ガタ)のため、電源プラグ
が簡単に抜けないか?
● 電源コードが断線していたり、電源プラグが
破損していたりしていないか?
先端工具を取り付ける・取り外す
◆ けがの発生を防ぐため、電源プラグをコン
セントから抜き、先端工具の取り付け・取
り外し作業をしてください。
◆ 穴あけ直後の先端工具は高温になります。冷たくなってか
ら、先端工具を取り外してください。
◆ 先端工具は、刃先に触れないように注意して扱ってくださ
い。けがの発生を防ぐため、手袋を着用して扱ってくださ
い。
13
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 16
取り付け
① チャックの3か所の穴のうち、1か所の穴にチャックハンドルを差し込
み、反時計回りに回します。
チャックのつめが開きます。
② 先端工具をチャックに差し込みます。
③ チャックのつめが先端工具を均等につかん
でいることを確かめます。
④ チャックの穴にチャックハンドルを差し込
み、時計回りに回します。
⑤ 3か所で均等に締め付けます。
⑥ 1〜2個穴あけをしたあと、再度手順④の作
業を行います。(3か所で行う必要はありま
せん)
緩める
締める
取り外し
① チャックの3か所の穴のうち、1か所の穴にチャックハンドルを差し込
み、反時計回りに回します。
チャックのつめが開きます。
② 先端工具をチャックから抜き取ります。
14
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 17
作業する
◆「メインスイッチ④」が引き込まれていたり、いっぱいまで
引き込まれた(オン保持)状態になっていないことを確か
めてから、電源プラグをコンセントに差し込んでください。
電源プラグをコンセントに差し込む
「メインスイッチ④」を操作する
◆ 穴あけ作業中、電気ドリル本体が振り回されることがあり
ます。本体は確実に保持してご使用ください。
確実に保持しないと、けがの原因になります。
◆ 作業中は常に、電気ドリル本体より後方に電源コードがく
るようにしてください。
電源コードが回転部に巻き込まれると事故の原因になりま
す。
◆ 作業時、必要以上に電気ドリル本体を押しつけないでくだ
さい。先端工具を傷めて作業効率が下がったり、本体が故
障したりします。
◆ 穴あけ直後の先端工具は高温になります。やけどを負う恐
れがありますので、触れないでください。
15
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 18
① 穴あけ時は、先端工具を材料に
当てます。
②「メインスイッチ④」を引き込
みます。
止めるときは、「メインスイッチ④」から指を離してください。
電気ドリル本体が熱くなったときは、「メインスイッチ④」をいっぱいまで引き
込み、3分間ほど空転(無負荷運転)させてモーターを冷やしてください。
連続作業のとき
① 穴あけ時は、先端工具を材料に当てます。
②「メインスイッチ④」をいっぱいまで引
き込みます。
③ 引き込んだ状態で「オン保持ボタン③」
を押します。
④「メインスイッチ④」から指を離します。
⑤「オン保持ボタン③」から指を離します。
止めるときは、再度「メインスイッチ④」を引き込んで指を離してください。
電気ドリル本体が熱くなったときは、「メインスイッチ④」をいっぱいまで引き
込み、3分間ほど空転(無負荷運転)させてモーターを冷やしてください。
16
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 19
困ったときは
故障かな?と思ったら
① 『取扱説明書』を読み直し、使い方に誤りがないか確かめます。
② 次の代表的な症状が当てはまるかどうか確かめます。
症
状
原
因
対
処
「メインスイッチ④」を 電源プラグがコンセント 電源プラグをコンセント
引き込んでも、回らない に差し込まれていない
に差し込む
カーボンブラシが消耗し 修理を依頼する
ている
電源コードが断線してい 修理を依頼する
る
スイッチが故障している 修理を依頼する
回ったまま、止まらない 「メインスイッチ④」が 「メインスイッチ④」を
いっぱいまで引き込まれ 再 度 引 き 込 ん で 指 を 離
た(オン保持)状態にな し、オン保持状態を解除
っている
する
穴あけなどに時間がかか 先端工具が摩耗している 先端工具を研磨するか、
る(穴があかない)
交換する
使用電源の電圧が低い
100Vの電源を使う
先端工具が挿入できない チャック内に異物がつま 異物を取り除く
っている
17
GBM 6̲N 2003.2.12 0:22 PM ページ 20
修理を依頼するときは
◆『故障かな?と思ったら』を読んでもご不明な点があるときは、お買い
求めの販売店または弊社お客様ご相談フリーダイヤルまでお尋ねくださ
い。
◆修理を依頼されるときは、お買い求めの販売店にご相談ください。
または、弊社ホームページでご案内しています修理認定工場から最寄り
の修理認定工場をお選びいただくか、ボッシュ電動工具サービスセンタ
ー(BSC)にご相談ください。
◆この製品は厳重な品質管理体制の下に製造されています。万一、本取扱
説明書に書かれたとおり正しくお使いいただいたにもかかわらず、不具
合(消耗部品を除きます)が発生した場合は、お買い求めの販売店また
はボッシュ電動工具サービスセンター(BSC)までご連絡ください。
弊社で現品を点検・調査のうえ、対処させていただきます。お客様のご
使用状況によって、修理費用を申し受ける場合があります。あらかじめ
ご了承ください。
お客様ご相談フリーダイヤル
0120-345-764
土・日・祝日を除く、午前10:00〜12:00、午後1:00〜4:00
ボッシュ株式会社ホームページ
http://www.bosch.co.jp
ボッシュ電動工具サービスセンター北海道 (BSC 北海道 )
〒003-0873 北海道札幌市白石区米里3条2-6-33
TEL 011-875-2388 FAX 011-879-2138
ボッシュ電動工具サービスセンター (BSC )
〒360-0117 埼玉県大里郡江南町上新田295
TEL 048-536-7171 FAX 048-536-7176
ボッシュ電動工具サービスセンター西日本 (BSC 西日本 )
〒890-0131 鹿児島県鹿児島市谷山港2-5-16
TEL 099-262-3689 FAX 099-210-8607
18
GBM 6̲N 2003.2.12 0:23 PM ページ 21
お手入れと保管
◆ お手入れのときは、電源プラグをコンセント
から抜いてください。
クリーニング
通風口やチャックなどのゴミ、ホコリを取り除く
乾いた、柔らかい布で本体の汚れをふき取る
変色の原因になるベンジンなど、溶剤を使わ
ないでください。
保
管
電気ドリルを使った後は、きちんと保管する
● 子供の手が届くところ、または錠が掛からないと
ころに置かない。
● 風雨にさらされたり、湿度の高いところに置かな
い。
● 直射日光が当たったり、車中など高温になるとこ
ろに置かない。
● ガソリンなど、引火性が高いものの近くに置かな
い。
19
GBM 6̲N 2003.2.12 0:23 PM ページ 22
GBM 6̲N 2003.2.12 0:23 PM ページ 23
電動工具事業部
〒224-8501
神奈川県横浜市都筑区牛久保 3-9-1
お客様ご相談フリーダイヤル
0120-345-764
(土・日・祝日を除く、午前10:00〜12:00、午後1:00〜4:00)
2 609 140 226 / EMA-GBM6/N
● 本取扱説明書に記載されている、日本仕様の能力・型番などは、外国語の印刷物とは異なる場合があります。
● 本製品は改良のため、予告なく仕様等を変更する場合があります。
● 製品のカタログ請求、その他ご不明な点がありましたら、お買い求めになった販売店または弊社までお問い合わせください。
Download PDF

advertising