Bosch | PST 680EL | manual | Bosch PST 680EL 商品取扱説明書

PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ1
ジグソー
型
PST 680EL型
このたびは、弊社ジグソーをお買い求めいただき、誠にありがとうございます。
● ご使用になる前に、この『取扱説明書』をよくお読みになり、正しくお使
いください。
● お読みになった後は、この『取扱説明書』を大切に保管してください。わ
からないことが起きたときは、必ず読み返してください。
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ2
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ3
目
次
安全上のご注意
警告表示の区分 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2
電動工具全般についての注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . .2
ジグソーについての注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7
リサイクルのために
電動工具本体の回収にご協力ください . . . . . . . . . . . .10
本製品について
用 途....
仕 様....
各部の名称
標準付属品
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.11
.11
.12
.13
切断前の準備をする . . . . . . . . . . . .
切断する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
傾斜角度をつけて切断する . . . . . . .
ポケット切断をする . . . . . . . . . . . .
吸じんシステム(別売)と接続する
別売アクセサリーを使う . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.14
.18
.22
.24
.25
.26
使い方
困ったときは
故障かな?と思ったら . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .30
修理を依頼するときは . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .31
お手入れと保管
クリーニング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .32
ジグソーブレードのお手入れ . . . . . . . . . . . . . . . . . . .32
保 管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .33
1
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ4
安全上のご注意
◆火災、感電、けがなど事故を未然に防ぐため、次に述べる『安全上のご
注意』を必ず守ってください。
◆ご使用前に、この『安全上のご注意』をすべてよくお読みのうえ、指示
に従って正しく使用してください。
◆お読みになった後は、ご使用になる方がいつでも見られる所に必ず保管
してください。
◆他の人に貸し出す場合は、いっしょに取扱説明書もお渡しください。
警告表示の区分
ご使用上の注意事項は
意味を表わします。
と
に区分していますが、それぞれ次の
◆ 誤った取扱いをしたときに、使用者が死亡または重傷を
負う可能性が想定される内容のご注意。
◆ 誤った取扱いをしたときに、使用者が傷害を負う可能性
が想定される内容および物的損害のみの発生が想定され
る内容のご注意。
なお、
に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結び付く可
能性があります。いずれも安全に関する重要な内容を記載しているので、必ず
守ってください。
電動工具全般についての注意事項
ここでは、電動工具全般の『安全上のご注意』についてご説明します。今回お
買い求めいただいたジグソーには、当てはまらない項目も含まれています。
2
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ5
1. 作業場は、いつもきれいに保ってください。
◆ ちらかった場所や作業台は、事故の原因となります。
2. 作業場の周囲状況も考慮してください。
◆ 電動工具は、雨ざらしにしたり、湿った、
又はぬれた場所で使用しないでください。
◆ 作業場は十分に明るくしてください。
◆ 可燃性の液体やガスのある所で使用しない
でください。
3. 感電に注意してください。
◆ 電動工具を使用中、アースされているものに身体を接触させないように
してください。
(例えば、パイプ、暖房器具、電子レンジ、冷蔵庫などの外枠)
4. 子供を近づけないでください。
◆ 作業者以外、電動工具やコードに触れさせないでください。
◆ 作業者以外、作業場へ近づけないでください。
5. 使用しない場合は、きちんと保管してください。
◆ 乾燥した場所で、子供の手の届かない安全な所、又は錠のかかる所に保
管してください。
6. 無理して使用しないでください。
◆ 安全に能率よく作業するために、電動工具の能力に合った速さで作業し
てください。
7. 作業に合った電動工具を使用してください。
◆ 小形の電動工具やアタッチメントは、大形の電動工具で行う作業には使
用しないでください。
◆ 指定された用途以外に使用しないでください。
3
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ6
8. きちんとした服装で作業してください。
◆ だぶだぶの衣服やネックレスなどの装身具は、回転部
に巻き込まれる恐れがあるので着用しないでくださ
い。
◆ 屋外での作業の場合には、ゴム手袋と滑り止めのつい
た履物の使用をお勧めします。
◆ 長い髪は、帽子やヘアカバーなどで覆ってください。
9. 保護めがねを使用してください。
◆ 作業時は、保護めがねを使用してください。また、粉塵の多い作業では、
防じんマスクを併用してください。
10. 防音保護具を着用してください。
◆ 騒音の大きい作業では、耳栓、耳覆い(イヤマフ)などの防音保護具を
着用してください。
11. 集塵装置が接続できるものは接続して使用してください。
◆ 電動工具に集塵機などが接続できる場合には、これらの装置に確実に接
続し、正しく使用してください。
12. コードを乱暴に扱わないでください。
◆ コードを持って電動工具を運んだり、コードを引っ張
って電源コンセントから抜かないでください。
◆ コードを熱、油、角のとがった所に近づけないでくだ
さい。
13. 加工するものをしっかりと固定してください。
◆ 加工するものを固定するために、クランプや万力を使
用してください。手で保持するより安全で、両手で電
動工具を使用できます。
4
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ7
14. 無理な姿勢で作業をしないでください。
◆ 常に足元をしっかりさせ、バランスを保つように
してください。
15. 電動工具は、注意深く手入れをしてください。
◆ 安全に能率よく作業していただくために、刃物類は常に手入れをし、よ
く切れる状態を保ってください。
◆ 注油や付属品の交換は、取扱説明書に従ってください。
◆ コードは定期的に点検し、損傷している場合は、お買い求めの販売店又
はボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。
◆ 延長コードを使用する場合は、定期的に点検し、損傷している場合には
交換してください。
◆ 握り部は、常に乾かしてきれいな状態に保ち、油やグリースなどが付か
ないようにしてください。
16. 次の場合は、電動工具のスイッチを切り、プラグを電源から
抜いてください。
◆ 使用しない、又は修理する場合。
◆ 刃物、砥石、ビットなどの付属品を交換する場合。
◆ その他危険が予想される場合。
17. 調節キーやレンチなどは、必ず取外してください。
◆ 電源を入れる前に、調節に用いたキーやレンチ等の工具類が取り外して
あることを確認してください。
18. 不意な始動は避けてください。
◆ 電源につないだ状態で、スイッチに指を掛けて運ばないでください。
◆ プラグを電源コンセントにさし込む前に、スイッチが切れていることを
確かめてください。
19. 屋外使用に合った延長コードを使用してください。
◆ 屋外で使用する場合、キャブタイヤコード、又はキャブタイヤケーブル
の延長コードを使用してください。
5
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ8
20. 油断しないで十分注意して作業を行ってください。
◆ 電動工具を使用する場合は、取扱方法、作業の仕方、
周りの状況など十分注意して慎重に作業してください。
◆ 常識を働かせてください。
◆ 疲れている場合は、使用しないでください。
21. 損傷した部品がないか点検してください。
◆ 使用前に、保護カバーやその他の部品に損傷がないか、十分点検し、正
常に作動するか、また所定機能を発揮するか確認してください。
◆ 可動部分の位置調整及び締付け状態、部品の破損、取付け状態、その他
運転に影響を及ぼす全ての箇所に異常がないか確認してください。
◆ 損傷した保護カバー、その他の部品交換や修理は、取扱説明書の指示に
従ってください。
取扱説明書に指示されていない場合は、お買い求め
の販売店又はボッシュ電動工具サービスセンターに
修理を依頼してください。
スイッチが故障した場合は、お買い求めの販売店又
はボッシュ電動工具サービスセンターへ修理を依頼
してください。
◆ スイッチで始動、及び停止操作の出来ない電動工具は、使用しないでく
ださい。
22. 正しい付属品やアタッチメントを使用してください。
◆ この取扱説明書、及びボッシュ電動工具カタログに記載されている付属
品やアタッチメント以外のものを使用すると、事故やけがの原因となる
恐れがあるので使用しないでください。
23. 電動工具の修理は、専門店に依頼してください。
◆ この製品は、該当する安全規格に適合しているので改造しないでくださ
い。
◆ 修理は、必ずお買い求めの販売店又はボッシュ電動工具サービスセンタ
ーにお申しつけください。
◆ 修理の知識や技術のない方が修理すると、十分な性能を発揮しないだけ
でなく、事故やけがの原因となります。
6
この取扱説明書は、大切に保管してください。
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ9
ジグソーについての注意事項
電動工具全般の『安全上のご注意』について、前項ではご説明しました。ここ
では、ジグソーをお使いになるうえで、さらに守っていただきたい注意事項に
ついてご説明します。
1. 使用電源は、銘板に表示してある電圧で使用してください。
◆ 表示を超える電圧で使用しますと、回転数が異常に高速となりけがの原因
になります。
2. 切断する箇所に、電線管や水道管、ガス管など埋設物がないこ
とを、作業前に十分確かめてください。
◆ 埋設物にジグソーブレードが触れると、感電・漏電・ガス漏れ事故の原因
になります。
3. 使用中は、ジグソーブレードや切り粉の排出部に、手や顔など
を近づけないでください。
◆ けがの原因になります。
4. 使用中は、電源コードを傷つけないよう注意し、常に本体の後
方に離してご使用ください。
◆ 感電や故障の原因になります。
5. 使用中に電源コードを破損した場合には、電源コードに触れな
いようにし、速やかに電源プラグを抜いてください。また、破
損した電源コードのままで再度使用しないでください。
◆ 事故の原因になります。
6. 使用中は、ジグソー本体を確実に保持してください。
◆ 確実に保持しないと、けがの原因になります。
7
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ10
7. 使用中にジグソーの調子が悪くなったり、異常音がしたとき
は、直ちにスイッチを切って使用を中止し、お買い求めの販
売店又はボッシュ電動工具サービスセンターに点検・修理を
依頼してください。
◆ そのまま使用していると、事故の原因になります。
8. 誤って落としたり、ぶつけたりしたときは、工具類(ジグソ
ーブレードなど)やジグソー本体などに破損や亀裂、変形が
ないことをよく点検してください。
◆ 破損や亀裂、変形があると、事故の原因になります。
8
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ11
1. 工具類(ジグソーブレードなど)や付属品は、取扱説明書に
従って確実に取り付けてください。
◆ 確実でないと外れたりし、けがの原因になります。
2. 工具類(ジグソーブレードなど)の交換は、手袋・ウエスな
どで手を保護してから行ってください。
◆ けがの原因になります。
3. 作業直後の工具類(ジグソーブレードなど)、材料、切り粉
などは非常に熱くなっていますので、触れないでください。
◆ やけどの原因になります。
4. 高所作業のときは、下に人がいないことをよく確かめてくだ
さい。また、コードを引っかけたりしないでください。
◆ 材料やジグソー本体などを落としたとき、事故の原因になります。
5. 本体を作動させたまま床などに放置しないでください。
◆ 事故の原因になります。
6. 切断中は、「SDSレバー」に触れないでください。
◆ ジグソーブレードが外れたりし、けがの原因になります。
7. 人や動物にレーザー光線を向けないでください。
また、遠くからでもレーザー光線を見つめないでください。
◆ 本機は、クラス2レーザー光線を発生します。
8. レーザーめがねを保護めがねの代わりに使用しないでくだ
い。
◆ レーザーめがねはレーザー光線を見やすくしますが、レーザー光線から
の保護には使えません。
9
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ12
リサイクルのために
電動工具本体の回収にご協力ください
弊社では、不要になった電動工具本体のリ
サイクル活動を推進しています。不要にな
った電動工具本体を処分するときは、お買
い求めになった弊社電動工具取扱販売店に
ご相談ください。
資源保護・環境保護のため、弊社の推進す
るリサイクル活動にぜひご協力くださいま
すよう、お願い申しあげます。
電動工具本体の回収・リサイクルは、弊社
の製品に限らせていただきます。
10
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ13
本製品について
用
途
◆ 木材やアルミニウム、軟鋼板、プラスチックなどの切断*
*垂直切断、傾斜切断(左右に最大45゜)、ポケット切断(木材などの
軟らかい材料の中抜き)などがあります。
※ 本製品はご家庭での使用を想定した「DIY用」製品です。業務(建築
作業等)で頻繁に使用される場合、当社「プロ用」製品のご使用をお
薦めします。
仕
様
型 番
PST 680EL
電 源
単相 AC 100 V (50/60 Hz)
消費電力
500 W
ストローク数
500〜3100 min-1(回/分)
ストローク幅
22 mm
傾斜切断角度
左右 0〜45°
最大切断能力(厚さ)
木 材
アルミニウム
軟鋼板
68 mm
15 mm
6 mm
質 量
1.7 kg
吸じんシステム
接続可
使用および保管温度範囲
0℃〜+40℃
レーザー波長および出力
635 mm
レーザークラス
1 mW 未満
2
11
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ14
各部の名称
①ON保持ボタン
⑮レーザーON/OFF
ボタン
②メインスイッチ
⑭レーザー
調整ノブ
⑬レーザー
出口
⑫透明防じん
カバー
⑪プランジャー
(ブレード差し
込み口)
③吸じんホース
差し込み口
④ブレードケース
⑤フットプレート
⑥ブロワON/OFF
スイッチ
⑦角度調整ガイド
⑧ローラーガイド
⑩フィンガー
プロテクター
⑨SDSレバー
◆ このイラストの形状・詳細は実物と異なる場合があります。
12
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ15
標準付属品
サンプルブレード(1本)
キャリングケース
品番: 2 605 438 095
13
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ16
使い方
切断前の準備をする
◆ 作業前の準備をするときは、電源プラグを
電源コンセントから抜いてください。
◆ 電源コードや電源プラグが損傷していると
きは、直ちに使用を中止してください。お
買い求めの販売店またはボッシュ電動工具
サービスセンターに修理を依頼してください。
使用電源を点検する
● 単相 AC100V(50/60Hz)か?
● コンセント不良(ガタ)のため、電源プラグ
が簡単に抜けないか?
● 電源コードが断線していたり、電源プラグが
破損していたりしていないか?
ジグソーブレードを選ぶ
材料の材質と厚みに合ったジグソーブレードを選んでください。
きつい曲線を切断する場合は、曲線切断用のジグソーブレードを使用して
ください。
木材・プラスチックの切断 . . . . . . . .木工用のジグソーブレード
金属などの切断 . . . . . . . . . . . . . . . . .金工用のジグソーブレード
切削オイルスプレー(ボッシュ純正)等を使用すると、ジグソーブレードが
長持ちします。
ジグソーブレードを取り付ける・取り外す
◆ 切断直後、ジグソーブレードは高温になっています。やけ
どを負う恐れがありますので、触れないでください。
◆ ジグソーブレードの取り付け・取り外しをするときは、け
がの発生を防ぐため、手袋を着用してください。
◆ 弊社指定のジグソーブレードを使用してください。
14
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ17
ジグソーブレードの取り付け・取り外しをするときは、透明防じんカバー⑫
を取り外して作業を行ってください。(17ページ「透明防じんカバーを取り
付ける・取り外す」参照)
取り付け
1. SDSレバー⑨が前側(フィンガープロテクタ
ー⑩の方)にあるか確認します。
SDSレバー
2. ジグソーブレードの背をローラーガイド⑧の溝に当て、ジグソーブレ
ードをプランジャー⑪に差し込みます。奥までしかっり差し込むと、
SDSレバー⑨が正面から見て左方向にスライドし、ジグソーブレード
が固定されます。
SDSレバー
プランジャー
ローラーガイド
引っ掛かるまで、ジグソーブレードを差し込んでください。
引っ掛からない場合は、SDSレバー⑨を矢印の方
向に少しスライドさせて、手を離し、プランジャ
ー⑪の溝とローラーガイド⑧をまっすぐに合わせ
てください。
その後、ジグソーブレードを差し込みます。
3. ジグソーブレードが確実にプランジャー⑪に取り付けられたかどう
か、ジグソーブレードを引いて確認します。抜けなければ、取り付け
完了です。
15
PST680EL̲200506 05.6.1 9:03 AM ページ18
取り外し
1. SDSレバー⑨を右図の矢印方向いっぱいにスラ
イドさせます。
SDSレバー⑨をスライドさせると、ジグソーブ
レードが自動的に外れます。
ジグソーブレードは、SDSレバー⑨の操作で
押し出されますので、注意してください。
2. ジグソーブレードを軽く下に引き、取り外しま
す。
3. SDSレバー⑨から手を離します。
ジグソーブレードを収納する
ジグソー
ブレード
1. ブレードケース④をフットプレート⑤
から後ろへ引き出して取り外します。
2. 右図のように、ジグソーブレードのシ
ャンク部を、ブレードケース④の溝に
合わせて収納します。
ブレードケース④には、最大110mmの
長さまでのジグソーブレードが4本(片
側2本)収納できます。
3. ブレードケース④を、フットプレート
⑤に矢印の方向で挿入します。
ブレードケース④は、止まるまでしっ
かり挿入してください。
16
ブレード
ケース
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ19
透明防じんカバー⑫を取り付ける・取り外す
取り付け
1. 透明防じんカバー⑫のフィンガープロテク
ター取り付け部に、フィンガープロテクタ
ー⑩を取り付けます。
2. 透明防じんカバー⑫を、ジグソー本体の後
方(吸じんホース差し込み口③側)に向か
って押し込みます。
フィンガー
プロテクター
取り付け部
取り外し
1. 透明防じんカバー⑫の左右にある突起に指
を掛け、手前に引き抜きます。
突起部
17
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ20
切断する
◆ ブレードを上向きにした状態で、ジグソー本体を固定して
操作するときは、レーザー光線を使用しないでください。
ジグソーブレードを点検する
● ジグソーブレードはボッシュタイプのものか?
● ジグソーブレードが曲がっていないか?
● ジグソーブレードの歯先が欠けていたり、摩耗したりしていないか?
「ブロワON/OFFスイッチ⑥」を切り替える
本機はけがき線上の切り粉を吹き飛ばす送風(ブロワ)機構を搭載してい
ます。
多量の切り粉が発生する木材やプラスチックなどの切断時
…
(スイッチON)
「ブロワON/OFFスイッチ⑥」を右図の位置にするとエア
が噴き出して、けがき線上の切り粉を吹き飛ばします。
金属の切断時や冷却剤・潤滑剤使用時
…
(スイッチOFF)
電源プラグを電源コンセントに差し込む
◆「メインスイッチ②」が
ON
の状態で保持されていない
ことを確認してから、電源プラグを電源コンセントに差し
込んでください。
◆「レーザーON/OFFボタン⑮」が
ON
になっていないこ
とを確認してから、電源プラグを電源コンセントに差し込
んでください。
◆ 電源プラグを電源コンセントに差し込むときは、ジグソー
本体を下向き(ブレードが下向きの状態)にして差し込ん
18
でください。
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ21
レーザー光線をけがき線に合わせる
◆ 人や動物にレーザー光線を向けないでください。
また、遠くからでも、レーザー光線を見つめないでくださ
い。
1.「レーザーON/OFFボタン⑮」を押して、レーザー光線を照射させま
す。
2. レーザー光線をフットプレート⑤の切断線マークに合わせます。
レーザー光線が切断線マークからずれていると、実際の切断面がけが
き線に合わなくなる可能性があります。
3. レーザー光線がけがき線と合うように、ジグソー本体をセットします。
レーザー光線が見づらいとき(直射日光が当たる環境での作業等)は、レー
ザーめがねを使用すると見えやすくなります。
「レーザー調整ノブ⑭」を回すと、レ−ザ−光線の位置を左右に微調整する
ことができます。
実際の作業前に、レーザー光線の当たる位置とけがき線の位置が合っている
か確認するため、一度試し作業されることをおすすめします。
⑮レーザー
ON/OFFボタン
⑭レーザー
調整ノブ
フットプレート⑤の
切断線マーク
19
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ22
「メインスイッチ②」を操作する
スイッチのON/OFF
スイッチON:「メインスイッチ②」を引き込みます。
スイッチOFF:「メインスイッチ②」から指を離します。
ストローク数(回転スピード)の調節
「メインスイッチ②」を引き込む加減でストローク数(回転スピード)が調
節できます。
ストローク数を調節することにより、材料により適した切断が可能となり
ます。
連続作業する
● 連続作業するときは、
「メインスイッチ②」をいっぱいまで引き込み、
「O
N保持ボタン①」を左右どちらかの方向に押し込みます。
「メインスイッチ②」から指を離しても、スイッチONの状態が維持さ
れます。
● 再度「メインスイッチ②」を引き込むと、「ON保持ボタン①」は解除
されます。
材料を切断する
◆ 材料をしっかりと固定してから作業を行ってください。
◆「メインスイッチ②」を
ON
にしてからジグソーブレー
ドを材料に当ててください。
「メインスイッチ②」を ON にして、回転が十分に上がってから切断を
始めてください。
ジグソーブレードの動きが鈍くならない程度に本体を前に進めてください。
無理に力を入れたり、前に進めすぎても、速く切れません。
切断作業中、フットプレートの全面が切断材料に接するようにしっかりと
押しつけてください。
20
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ23
切断作業を終了する
「メインスイッチ②」から指を離すとジグソーブレードが止まります。
「ON保持ボタン①」でON保持状態になっているときは、「メインスイッ
チ②」を引き込むと止まります。
切断の途中で一旦作業を中止するときは、ジグソー本体を後方(切断開始
位置の方向)へ移動させ、材料からジグソーブレードを引き抜いてから
「メインスイッチ②」を
OFF
にしてください。
スイッチを OFF にしたあと、ジグソーブレードの動きを何かに押しつ
けて急激に止めるようなことはしないでください。
また、手で押さえるようなことは絶対にしないでください。
ジグソーブレードの動きが完全に止まってから、下へ置いてください。
レーザー光線を切る
「レーザーON/OFFボタン⑮」を押すと、レーザー光線が切れます。
レーザー光線を使用して切断作業を行ったときは、必ずレーザー光線を切
ってください。
「レーザーON/OFFボタン⑮」が ON のまま電源コンセントから電源
プラグを抜かないでください。
「レーザーON/OFFボタン⑮」が ON のまま電源コンセントを抜くと、
次回電源コンセントを差し込んだとき、レーザー光線が照射されて危険で
す。
21
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ24
傾斜角度をつけて切断する
◆ 不意の作動によるけがの発生を防ぐため、電源プラグを電
源コントから抜いて作業を行ってください。
◆ ジグソーブレードは不用意に触れると危険です。けがの発
生を防ぐため、取り扱いには注意してください。
バリ止めガイドは使用できません。
透明防じんカバーは取り付けできません。
ブレードケースは取り外してください。
ジグソーブレードを取り付けたまま作業を行ってください。
1. フットプレート固定ねじを緩めます。
フットプレート固定ねじ
ローラーガイドホルダー
ジグソーブレード
⑧ローラーガイド
⑤フットプレート
2. フットプレート⑤を吸じんホース差し込み口③の方向に少しずらしま
す。
22
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ25
3. フットプレート⑤の角度を調整します。
既定の角度(0°、22.5°、45°)に調整する
角度調整ガイド⑦の溝(0°、22.5°、45°)に、フットプレート⑤の
突起を合わせて調整します。
任意の角度に調整する
分度器等を使用して、任意の角度に調整します。フットプレート⑤は
左右に最大45°まで傾けられます。
最大
⑤フット
プレート
⑦角度調整
ガイド
⑤フットプレート
最大
⑤フット
プレート
分度器等
4. フットプレート⑤をジグソーブレードの方向に、止まるまでスライド
させます。
5. ローラーガイド⑧がジグソーブレードの背に当たるように、ローラー
ガイドホルダーを調整します。
ジグソーブレードの背が、ローラーガイド⑧にしっかり当たっていな
いと、正確に切断できません。
6. フットプレート固定ねじを締めて固定します。
7.「切断する」
(18ページ)の
項〜
項の手順で切断します。
23
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ26
ポケット切断をする
ポケット切断では、木材など軟らかい材料の中抜きができます。
◆ ポケット切断をするときは、『切断する』の警告・注意文お
よび操作方法をよく読み、内容を理解してから行ってくだ
さい。
◆ 電源コードを切断しないように注意してください。
1. フットプレート⑤の先端部を材料に当て、ジグソー本体を確実に保持
します。
ジグソーブレードは材料に当てないでください。
2.「メインスイッチ②」を引き込み、フット
プレート⑤の先端部を支点にしてジグソー
ブレードをゆっくりと押し込んでいきます。
支点(フットプレート⑤の先端)が、材料
から離れないよう、しっかりと固定してく
ださい。
切断を急がずに、ゆっくりジグソーブレー
ドを押し下げてください。
3. フットプレート⑤の下面すべてが材料に接
したら、けがき線に沿って切断を続けます。
4. 切断が終わったら、「メインスイッチ②」か
ら指を離し、本体を材料から離します。
24
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ27
吸じんシステム(別売)と接続する
マルチクリーナーと接続することで、吸じんしながら作業ができます。
1. ジグソー本体前部に、透明防じんカバー⑫を取り付けます。
(17ページ「透明防じんカバーを取り付ける・取り外す」参照)
2. 吸じんホース差し込み口③に吸じんホースを接続します。
3. 吸じんホースとボッシュマルチクリーナーを接続します。
4.「ブロワON/OFFスイッチ⑥」を
ホース
側にします。
ホース(システム) ボッシュマルチ
アダプター
クリーナー
吸じん専用ホース(品番:1 610 793 002)を使用する場合は、マルチク
リーナーに専用のホース(システム)アダプターが必要になります。詳しく
はボッシュ電動工具カタログを参照してください。
吸じんのアドバイス:切断材料の下に断熱材等(100mm厚くらいのもの)
を敷き一緒に切断すると、吸じん効率をさらに高める
ことができます。
25
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ28
別売アクセサリーを使う
◆ アクセサリーを取り付けたり、取り外したりするときは、
ジグソー本体の電源プラグを電源コンセントから抜いてく
ださい。
バリ止めガイド
切断面のささくれを防ぎます。
バリ止めガイドは、次のジグソーブレ
ードと併用できます。
・T-101AO ・T-101B
・T-101D
バリ止め
ガイド
取り付け
フットプレート⑤の底側から、バリ止めガイドをフットプレート⑤にしっ
かり押し込みます。
バリ止めガイドは、平らな部分が多い面を下向きにして取り付けてくださ
い。
ベースプレートとバリ止めガイドが平らになっていることを確認してくだ
さい。
取り外し
フットプレート⑤の表側から、バリ止めガイドを押し出します。
26
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ29
プラスチックベースプレート
品番:2 608
000
278
材料(木材・プラスチック等)表面の傷つきを防ぎます。
取り付け
1. フットプレート⑤の先端にプラスチック
ベースプレートの先端をセットします。
2. プラスチックベースプレートの後端を持
ち上げ、フットプレート⑤の後端に押し
込みます。
取り外し
1. フットプレート⑤の後端から、プラスチックベースプレートの後端を
取り外します。
2. フットプレート⑤の先端から、プラスチックベースプレートの先端を
取り外します。
27
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ30
円曲・平行ガイド
品番:2 607
001
069
円曲(丸形状)切断、平行切断が正確に行えます。
円曲・平行ガイドが使用できる板厚は最大30mmです。
平行切断
1. フットプレートのガイド取り付け穴に円曲・平行ガイドを図の向きで
差し込みます。
2. 円曲・平行ガイドを材料の側面に当て、円曲・平行ガイドの目盛りで
切断する幅を設定します。(最大200mm)
ジグソーブレードの厚みにより、希望の切断寸法と実際の切断寸法に、
差が出る場合があります。
ジグソーブレードの厚みを測り、円曲・平行ガイドの位置を調整して
ください。
3. 止めねじで円曲・平行ガイドを固定します。
4.「切断する」
(18ページ)の
項〜
項の手順で切断します。
⑤フットプレート
ガイド取り付け穴
円曲平行ガイド
ここに寸法を
合わせる
28
止めねじ
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ31
円曲切断
1. 円曲・平行ガイドを平行切断の
時とは逆に裏返してガイド取り
付け穴に差し込みます。
2. 円曲・平行ガイドの目盛りで切
断半径を設定します。
(半径80〜205mmに調整できま
す)
固定ピン
止めねじ
ガイド
取り付け穴
ジグソーブレードの厚みにより、希望の切断寸法と実際の切断寸法に、
差が出る場合があります。
ジグソーブレードの厚みを測り、円曲・平行ガイドの位置を調整してく
ださい。
3. 円曲・平行ガイドの先端から固定ピンを抜き、円曲・平行ガイドの穴
に差し込み、切断面の中心に固定します。
逆回りで切断するときは、下図のように円曲・平行ガイドを反対側か
ら差し込み、同じ要領で設定してください。
差し込む
抜く
4.「切断する」
(18ページ)の
項〜
項の手順で切断します。
29
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ32
困ったときは
故障かな?と思ったら
① 『取扱説明書』を読み直し、使い方に誤りがないか確かめます。
② 次の代表的な症状が当てはまるかどうか確かめます。
症
状
原
因
対
処
「メインスイッチ②」を 電源プラグが電源コンセ 電源プラグを電源コンセ
引き込んでも、動作しな ントから抜けている
ントに差し込む
い
レーザー光線が照射しな 「レーザーON/OFFボタ 「レーザーON/OFFボタ
い
ン⑮」が OFF になっ ン⑮」を ON にする
ている
レーザー光線が消えない 「レーザーON/OFFボタ 「レーザーON/OFFボタ
ン⑮」が ON になっ ン⑮」を OFF にする
ている
切断に時間がかかる
(切断できない)
ジグソーブレードが摩耗 ジグソーブレードを交換
している
する
使用電源の電圧が低下し 100Vの供給ができる電
ている
源を使用する
ジグソーブレードがプラ プランジャーがロック状 SDSレバー⑨を1回スラ
ンジャーに挿入できない 態になっている
イドさせる
作動したまま止まらない 「メインスイッチ②」が 「メインスイッチ②」を
オン保持状態になってい 引き込んで、離す
る
30
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ33
修理を依頼するときは
◆『故障かな?と思ったら』を読んでもご不明な点があるときは、お買い
求めの販売店または弊社コールセンターフリーダイヤルまでお尋ねくだ
さい。
◆修理を依頼されるときは、お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具
サービスセンターにご相談ください。
◆この製品は厳重な品質管理体制の下に製造されています。万一、本取扱
説明書に書かれたとおり正しくお使いいただいたにもかかわらず、不具
合(消耗部品を除きます)が発生した場合は、お買い求めの販売店また
はボッシュ電動工具サービスセンターまでご連絡ください。
弊社で現品を点検・調査のうえ、対処させていただきます。お客様のご
使用状況によって、修理費用を申し受ける場合があります。あらかじめ
ご了承ください。
コールセンターフリーダイヤル
0120-345-762
土・日・祝日を除く、午前 9:00〜午後 6:00
*電話番号が03および04で始まる地域のお客様、および携帯電話からお掛けのお客様は、
TEL. 03-5485-6161をご利用ください。コールセンタ−フリーダイヤルのご利用はでき
ませんのでご了承ください。
ボッシュ電動工具サービスセンター北海道
〒003-0873 北海道札幌市白石区米里3条2-6-33
TEL 011-875-2388 FAX 011-879-2138
ボッシュ電動工具サービスセンター
〒360-0107 埼玉県大里郡江南町大字千代字東原39
ゼクセルロジテック内
TEL 048-536-7171 FAX 048-536-7176
ボッシュ電動工具サービスセンター西日本
〒811-0104 福岡県糟屋郡親宮町的野741-1
TEL 092-963-3486 FAX 092-963-3407
31
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ34
お手入れと保管
◆ 不意の作動によるけがの発生を防ぐため、電
源コンセントから抜き、ジグソーブレードを
ジグソー本体から取り外してからお手入れし
てください。
クリーニング
通風口やプランジャーなどの切り粉、
ホコリを取り除く
本体に切り粉やホコリがたまると故障の原
因になります。
乾いた、柔らかい布で本体の汚れを
ふき取る
変色の原因になるベンジンなど、溶剤を使
わないでください。
ジグソーブレードのお手入れ
◆ ジグソーブレードは、歯先に触れないように注意して扱って
ください。けがの発生を防ぐため、手袋を着用してください。
ジグソーブレードに付着した切り粉、ホコリを取り除く
32
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ35
保
管
ジグソーを使った後は、きちんと保管する
● 子供の手が届くところ、または錠が掛から
ないところに置かない。
● 風雨にさらされたり、湿度の高いところに
置かない。
● 直射日光が当たったり、車中など高温にな
るところに置かない。特に、40℃以上に
なるところに置かない。
● ガソリンなど、引火性が高いものの近くに
置かない。
●「レーザーON/OFFボタン⑮」を必ず OFF の状態にして保管する。
33
PST680EL̲200506 05.6.1 9:04 AM ページ36
● 本取扱説明書に記載されている、日本仕様の能力・型番などは、外国語の印刷物とは異なる場合があります。
● 本製品は改良のため、予告なく仕様等を変更する場合があります。
● 製品のカタログ請求、その他ご不明な点がありましたら、お買い求めになった販売店または弊社までお問い合わせください。
電動工具事業部
ホームページ:http://www.bosch.co.jp
東京都渋谷区渋谷3-6-7
EMA-PST680EL
〒150-8360
(土・日・祝日を除く、午前 9:00〜午後 6:00)
∗ 電話番号が03および04で始まる地域のお客様、および
携帯電話からお掛けのお客様は、TEL. 03-5485-6161
をご利用ください。コールセンタ−フリーダイヤルの
ご利用はできませんのでご了承ください。
2 609 000 943 (05.05)
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals

Download PDF

advertising