Bosch | PKS 190 | manual | Bosch PKS 190 商品取扱説明書

Bosch PKS 190 商品取扱説明書
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ1
丸のこ
型
PKS 165型
型
PKS 190型
このたびは、弊社丸のこをお買い求めいただき、誠にありがとうございます。
● ご使用になる前に、この『取扱説明書』をよくお読みになり、正しくお使
いください。
● お読みになった後は、この『取扱説明書』を大切に保管してください。
わからないことが起きたときは、必ず読み返してください。
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ2
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ3
目
次
安全上のご注意
警告表示の区分 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .2
電動工具全般についての注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . .2
丸のこについての注意事項 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .7
本製品について
用 途....
各部の名称
仕 様....
標準付属品
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.11
.11
.12
.13
使い方
切断前の準備をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14
切断する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22
吸じんシステム(別売)と接続する . . . . . . . . . . . . . .27
困ったときは
故障かな?と思ったら . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .28
修理を依頼するときは . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .29
お手入れと保管
クリーニング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .30
保 管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .30
1
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ4
安全上のご注意
◆火災、感電、けがなど事故を未然に防ぐため、次に述べる『安全上のご
注意』を必ず守ってください。
◆ご使用前に、この『安全上のご注意』をすべてよくお読みのうえ、指示
に従って正しく使用してください。
◆お読みになった後は、ご使用になる方がいつでも見られる所に必ず保管
してください。
◆他の人に貸し出す場合は、いっしょに取扱説明書もお渡しください。
警告表示の区分
ご使用上の注意事項は
意味を表わします。
と
に区分していますが、それぞれ次の
◆ 誤った取扱いをしたときに、使用者が死亡または重傷を
負う可能性が想定される内容のご注意。
◆ 誤った取扱いをしたときに、使用者が傷害を負う可能性
が想定される内容および物的損害のみの発生が想定され
る内容のご注意。
なお、
に記載した事項でも、状況によっては重大な結果に結び付く可
能性があります。いずれも安全に関する重要な内容を記載しているので、必ず
守ってください。
電動工具全般についての注意事項
ここでは、電動工具全般の『安全上のご注意』についてご説明します。今回お
買い求めいただいた丸のこには、当てはまらない項目も含まれています。
2
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ5
1. 作業場は、いつもきれいに保ってください。
◆ ちらかった場所や作業台は、事故の原因となります。
2. 作業場の周囲状況も考慮してください。
◆ 電動工具は、雨ざらしにしたり、湿った、
又はぬれた場所で使用しないでください。
◆ 作業場は十分に明るくしてください。
◆ 可燃性の液体やガスのある所で使用しない
でください。
3. 感電に注意してください。
◆ 電動工具を使用中、アースされているものに身体を接触させないように
してください。
(例えば、パイプ、暖房器具、電子レンジ、冷蔵庫などの外枠)
4. 子供を近づけないでください。
◆ 作業者以外、電動工具やコードに触れさせないでください。
◆ 作業者以外、作業場へ近づけないでください。
5. 使用しない場合は、きちんと保管してください。
◆ 乾燥した場所で、子供の手の届かない安全な所、又は錠のかかる所に保
管してください。
6. 無理して使用しないでください。
◆ 安全に能率よく作業するために、電動工具の能力に合った速さで作業し
てください。
◆ モーターがロックするような無理な使い方はしないでください。
3
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ6
7. 作業に合った電動工具を使用してください。
◆ 小形の電動工具やアタッチメントは、大形の電動工具で行う作業には使
用しないでください。
◆ 指定された用途以外に使用しないでください。
8. きちんとした服装で作業してください。
◆ だぶだぶの衣服やネックレスなどの装身具は、回転部
に巻き込まれる恐れがあるので着用しないでくださ
い。
◆ 屋外での作業の場合には、ゴム手袋と滑り止めのつい
た履物の使用をお勧めします。
◆ 長い髪は、帽子やヘアカバーなどで覆ってください。
9. 保護めがねを使用してください。
◆ 作業時は、保護めがねを使用してください。また、粉塵の多い作業では、
防じんマスクを併用してください。
10. 防音保護具を着用してください。
◆ 騒音の大きい作業では、耳栓、耳覆い(イヤマフ)などの防音保護具を
着用してください。
11. 集塵装置が接続できるものは接続して使用してください。
◆ 電動工具に集塵機などが接続できる場合には、これらの装置に確実に接
続し、正しく使用してください。
12. コードを乱暴に扱わないでください。
◆ コードを持って電動工具を運んだり、コードを引っ張
って電源コンセントから抜かないでください。
◆ コードを熱、油、角のとがった所に近づけないでくだ
さい。
13. 加工するものをしっかりと固定してください。
4
◆ 加工するものを固定するために、クランプや万力を使
用してください。手で保持するより安全で、両手で電
動工具を使用できます。
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ7
14. 無理な姿勢で作業をしないでください。
◆ 常に足元をしっかりさせ、バランスを保つように
してください。
15. 電動工具は、注意深く手入れをしてください。
◆ 安全に能率よく作業していただくために、刃物類は常に手入れをし、よ
く切れる状態を保ってください。
◆ 注油や付属品の交換は、取扱説明書に従ってください。
◆ コードは定期的に点検し、損傷している場合は、お買い求めの販売店又
はボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依頼してください。
◆ 延長コードを使用する場合は、定期的に点検し、損傷している場合には
交換してください。
◆ 握り部は、常に乾かしてきれいな状態に保ち、油やグリースなどが付か
ないようにしてください。
16. 次の場合は、電動工具のスイッチを切り、プラグを電源から
抜いてください。
◆ 使用しない、又は修理する場合。
◆ 刃物、砥石、ビットなどの付属品を交換する場合。
◆ その他危険が予想される場合。
17. 調節キーやレンチなどは、必ず取外してください。
◆ 電源を入れる前に、調節に用いたキーやレンチ等の工具類が取り外して
あることを確認してください。
18. 不意な始動は避けてください。
◆ 電源につないだ状態で、スイッチに指を掛けて運ばないでください。
◆ プラグを電源コンセントにさし込む前に、スイッチが切れていることを
確かめてください。
19. 屋外使用に合った延長コードを使用してください。
◆ 屋外で使用する場合、キャブタイヤコード、又はキャブタイヤケーブル
の延長コードを使用してください。
5
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ8
20. 油断しないで十分注意して作業を行ってください。
◆ 電動工具を使用する場合は、取扱方法、作業の仕方、
周りの状況など十分注意して慎重に作業してください。
◆ 常識を働かせてください。
◆ 疲れている場合は、使用しないでください。
21. 損傷した部品がないか点検してください。
◆ 使用前に、保護カバーやその他の部品に損傷がないか、十分点検し、正
常に作動するか、また所定機能を発揮するか確認してください。
◆ 可動部分の位置調整及び締付け状態、部品の破損、取付け状態、その他
運転に影響を及ぼす全ての箇所に異常がないか確認してください。
◆ 損傷した保護カバー、その他の部品交換や修理は、取扱説明書の指示に
従ってください。
取扱説明書に指示されていない場合は、お買い求め
の販売店又はボッシュ電動工具サービスセンターに
修理を依頼してください。
スイッチが故障した場合は、お買い求めの販売店又
はボッシュ電動工具サービスセンターへ修理を依頼
してください。
◆ スイッチで始動、及び停止操作の出来ない電動工具は、使用しないでく
ださい。
22. 指定の付属品やアタッチメントを使用してください。
◆ この取扱説明書、及びボッシュ電動工具カタログに記載されている付属
品やアタッチメント以外のものを使用すると、事故やけがの原因となる
恐れがあるので使用しないでください。
23. 電動工具の修理は、専門店に依頼してください。
◆ この製品は、該当する安全規格に適合しているので改造しないでくださ
い。
◆ 修理は、必ずお買い求めの販売店又はボッシュ電動工具サービスセンタ
ーにお申しつけください。
◆ 修理の知識や技術のない方が修理すると、十分な性能を発揮しないだけ
でなく、事故やけがの原因となります。
6
この取扱説明書は、大切に保管してください。
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ9
丸のこについての注意事項
電動工具全般の『安全上のご注意』について、前項ではご説明しました。ここ
では、丸のこをお使いになるうえで、さらに守っていただきたい注意事項につ
いてご説明します。
1. 使用電源は、銘板に表示してある電圧で供給してください。
◆ 表示を超える電圧で使用すると、回転が異常に速くなり、事故の原因に
なります。
2. のこ刃は、銘板に表示してある範囲内のものを使用してくだ
さい。また、刃底径がPKS165は139mm以下、PKS190は
163mm以下ののこ刃は使用しないでください。
◆ 指定外ののこ刃は、けがの原因になります。
3. 機体を万力などで固定して使用しないでください。
◆ 思わぬ事故の原因になります。
4. 使用中は、回転部や切り粉の排出部に手や顔などを近づけな
いでください。
◆ けがの原因になります。
5. 切断する箇所に、電線管や水道管、ガス管など埋設物がない
ことを、作業前に十分確かめてください。
◆ 埋設物にのこ刃が触れると、感電・漏電・ガス漏れ事故の原因になりま
す。
6. 保護カバーは絶対に固定しないでください。また、円滑に動
くことを確認してください。
◆ のこ刃が露出しているとけがの原因になります。
7. 切断する材料は、安定した台に置いてください。
◆ 不安定な台に置くと、けがの原因になります。
7
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ10
8. 切り落とし寸前や中断中に、のこ刃が材料の重みではさみつけ
られないように、切断する部分に近い位置を支える台を設けて
ください。
◆ のこ刃がはさみつけられると、けがの原因になります。
9. 材料の切り落とし側が大きいときは、切り落とし側にも安定性
の良い台を設けてください。また、切り落とした材料がのこ刃
と接触し飛散するのを防ぐために、台の高さは、のこ刃の出し
ろの3倍以上にしてください。
◆ このような台がないと、けがの原因になります。
10. 切断途中で作業を中断する場合は、メインスイッチを切り、回
転が完全に止まってから本体を持ち上げてください。
◆ のこ刃を回転させたまま本体を持ち上げたり、戻したりすると、強い反
発が生じ、けがの原因になります。
11. 誤って落としたり、ぶつけたりしたときは、のこ刃や製品など
に破損や亀裂、変形がないか点検してください。
◆ 破損や亀裂、変形があると、事故の原因になります。
12. 作業中は、丸のこ本体を確実に保持してください。
◆ 確実に保持していないと、けがの原因になります。
13. 使用中は、のこ刃で電源コードを傷つけないよう注意し、常に
本体の後方に離してご使用ください。
◆ 感電の恐れがあります。
14. 使用中、機械の調子が悪くなったり、異常音がしたりしたとき
は、直ちに「メインスイッチ」を切って使用を中止し、お買い
求めの販売店またはボッシュ電動工具サービスセンターに点
検・修理を依頼してください。
◆ そのまま使用していると、事故の原因になります。
15. スタンド等の使用による定置作業は行わないでください。
8
◆ 事故の原因になります。
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ11
1. のこ刃や付属品は、取扱説明書に従って確実に取り付けてく
ださい。
◆ 確実でないと外れたりし、けがの原因になります。
2. のこ刃にヒビや割れがないことを確かめてください。
◆ のこ刃が破損し、けがの原因になります。
3. 取扱説明書に記載されている用途および能力以上の作業はし
ないでください。
◆ 故障の原因になります。
4. 作業前に、人のいない方向にのこ刃を向けて空転させ、機体
の振動やのこ刃のぶれなどの異常がないことを確認してくだ
さい。
◆ 異常があるとけがの原因になります。
5. ブレーキが働くときの反発力に注意してください。
◆ 機体を落としたりし、けがの原因になります。
6. 高所作業のときは、下に人がいないかよく確かめてください。
また、電源コードを引っ掛けたりしないでください。
◆ 材料や製品などを落としたとき、事故の原因になります。
7. 切断する材料の下に障害物がないことを確認してください。
◆ 強い反発が生じ、けがの原因になります。
8. 回転させたまま、台や床などに製品を放置しないでください。
◆ 事故の原因になります。
9. 材料の上に手を置いたまま切断しないでください。
◆ 誤って手を切ったりします。
9
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ12
10. 材料に釘などの異物がないことを確かめてください。
◆ 歯先が欠けたり、反発によりけがの原因になります。
11. 使用中は、軍手など巻き込まれる恐れのある手袋は着用しな
いでください。
◆ 回転部に巻き込まれ、けがの原因になります。
12. 切断直後、のこ刃は高温になっていますので、触れないでく
ださい。
◆ やけどの原因になります。
13. 市販ののこ刃を使用する場合は、のこ刃に表示されている回
転数が丸のこ本体の回転数を上回わっているか確認してくだ
さい。
のこ刃の回転数
丸のこ本体の回転数
5000min-1 (回転/分)
◆ 丸のこ本体の回転数以下ののこ刃を使用すると、のこ刃が外れたりし、
けがの原因になります。
10
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ13
本製品について
用
途
◆ 木材の切断
※切断砥石は使用できません。
※本製品はご家庭での使用を想定した「DIY用」製品です。
業務(建築作業等)での頻繁なご使用には適していません。
各部の名称
①メインスイッチ
⑩切り粉
排出口
②ON保持ボタン
(PKS190型のみ)
⑤傾斜角度
調整ネジ
③スピンドル
ロックボタン
④傾斜角度
目盛
⑨ベース
プレート
⑧保護カバー
⑤傾斜角度
調整ネジ
⑥平行ガイド
固定ネジ
⑦平行ガイド
(標準付属アクセサリー)
◆このイラストの形状・詳細は、実物と異なる場合があります。
11
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ14
仕
様
型 番
PKS 165
PKS 190
使用電源
単相AC100V, 50/60 Hz
消費電力(入力)
1050W
1050W
回転数(無負荷時)
5000 min-1(回転/分)
のこ刃寸法
外径165 mm×内径20 mm
外径190 mm×内径20 mm
使用できるのこ刃の外径
165 mm
184〜190 mm
使用できるのこ刃の厚さ
最大1.6mm
最大切り込み深さ
0°
55 mm
66 mm
45°
36 mm
46 mm
傾 斜
質 量
12
0°(直角)〜45°
3.6 kg
3.8 kg
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ15
標準付属品
サイドハンドル
(専用取り付けネジ付)
六角レンチ
平行ガイド
のこ刃(チップソー)
ボッシュの純正アクセサリー
ではありません。
市販ののこ刃をお求めくださ
い。
◆イラストの形状は、実物と異なる場合があります。
13
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ16
使い方
切断前の準備をする
◆ 不意の作動によるけがの発生を防ぐため、
切断前の準備をするときは、電源プラグを
電源コンセントから抜いてください。
◆ 電源コードや電源プラグが損傷していると
きは、直ちに使用を中止してください。お
買い求めの販売店またはボッシュ電動工具
サービスセンターに修理を依頼してくださ
い。
使用電源を点検する
● 単相 AC100V(50/60Hz)か?
● コンセント不良(ガタ)のため、電源プラグが
簡単に抜けないか?
● 電源コードが断線していたり、電源プラグが破
損していたりしていないか?
サイドハンドルを取り付ける・取り外す
取り付け
1. サイドハンドル取り付け部に取
り付けられているネジを緩め、
取り外します。
14
ネジ
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ17
2. サイドハンドルを取り付け部にセ
ットし、ワッシャーと取り付け専
用ネジで固定します。
サイドハンドルの取り付けに
は、取り付け専用のネジを使
用してください。
出荷時に取り付けられている
ネジとサイドハンドル取り付
け専用ネジでは、長さが異な
サイドハンドル
固定ネジ
ります。
取り付け専用ネジは、市販の
ドライバー等で確実に締め付
けてください。
取り外し
1. サイドハンドル取り付け専用ネジを緩め、サイドハンドルとワッシャ
ー、取り付け専用ネジを取り外します。
2. 出荷時に取り付けられていたネジを取り付け、締め付けます。
15
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ18
のこ刃を取り付ける・取り外す
◆ のこ刃の取り付け、取り外しは、付属の六角レンチを使
用して作業を行ってください。他の工具を使用して作業
すると、締め過ぎや締め付け不足になり、けがの原因に
なります。
モーター
ハウジング
③スピンドル
ロックボタン
スピンドル
内フランジ
のこ刃
外フランジ
固定ボルト
取り付け
1. モーターハウジングを下にして、本機を置きます。
2. スピンドル周辺の切り粉、ホコリを吹き飛ばします。
16
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ19
3.「スピンドルロックボタン③」を押しながら、六角レンチ(標準付属
品)で固定ボルトを回して緩めます。
スピンドルには「スピンドルロックボタン③」がかみ合う位置がありま
す。「スピンドルロックボタン③」を押しながら固定ボルトを回し、ス
ピンドルが確実にロックする位置を探してください。スピンドルがロッ
クする位置では、「スピンドルロックボタン③」が一段深く押し込めま
す。
六角レンチ
スピンドルロックボタン
4. スピンドルから固定ボルトと外フランジ、内フランジを取り外します。
5. のこ刃、固定ボルト、外フランジ、内フランジを清掃します。
6. 内フランジの凸部をのこ刃側に向け、スピンドルにかみ合うようには
め込みます。
7. 保護カバー⑧のつまみを引き込んで保護カバー⑧をいっぱいまで引き
上げた状態で保持します。
保護カバーのつまみ
引き込む
ソーカバー
17
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ20
8. のこ刃をスピンドルに取り付けます。
のこ刃に刻印された矢印が、ソーカバーの矢印と同じ向きになるように、
のこ刃を取り付けてください。
9. 保護カバー⑧のつまみを離します。
10.外フランジの凹部をのこ刃側に向けてスピンドルにはめ込み、固定ボ
ルトを差し込みます。
11.「スピンドルロックボタン③」を押しながら、六角レンチで固定ボル
トを回して締めます。
スピンドルがロックされていないと、固定ボルトを締め付けることはで
きません。
12.「スピンドルロックボタン③」を離します。
18
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ21
取り外し
1. モーターハウジングを下にして、本機を置きます。
2.「スピンドルロックボタン③」を押しながら、六角レンチ(標準付属
品)で固定ボルトを回して緩めます。
スピンドルには「スピンドルロックボタン③」がかみ合う位置があり
ます。「スピンドルロックボタン③」を押しながら固定ボルトを回し、
スピンドルが確実にロックする位置を探してください。スピンドルが
ロックする位置では、「スピンドルロックボタン③」が一段深く押し込
めます。
3. スピンドルから、固定ボルトと外フランジを取り外します。
4. 保護カバー⑧のつまみを引き込んで保護カバー⑧をいっぱいまで引き
上げた状態で保持します。
5. のこ刃を取り外します。
6. 保護カバー⑧のつまみを離します。
7. 外フランジの凹を本体側に向けてスピンドルにはめ込み、固定ボルト
を差し込みます。
8. 六角レンチで固定ボルトを回して締めます。
19
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ22
切断深さを設定する
※傾斜切断をする場合は、切断深さの調整はできません。
1. 切断深さ調整ネジを緩めます。
切断深さ調整ネジ
2. ベースプレートを動かして深さを調整します。
ベースプレートを下げると切り込み深さは小さく(浅く)なり、ベースプ
レートを上げると切り込み深さが大きく(深く)なります。
最適な切断をするためには、のこ刃の歯先が材料下面から3㎜以上はみ
出さないようにしてください。
深い
浅い
ベース
プレート
3. 切断深さ調整ネジを締めます。
◆ ベースプレート固定ネジは、確実に締め付けてくだ
さい。
20
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ23
傾斜角度を調節する
1. 傾斜角度調整ネジ⑤(2本)を緩めます。
2. 傾斜角度目盛④を見ながら、ベースプレートを必要な角度に傾けます。
切断角度は左30°〜 右45°に設定できます。
3. 傾斜角度調整ネジ⑤(2本)を締めます。
④傾斜角度目盛
⑤傾斜角度調整ネジ
(本体の前後に各1本、
計2本あります)
⑤傾斜角度調整ネジ
21
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ24
切断する
◆ 不意の作動によるけがの発生を防ぐため、「メインスイッチ
①」が
ON
の状態で保持されていないことを確認してか
ら、電源プラグを電源コンセントに差し込んでください。
◆ スイッチを切ると同時にブレーキがかかります。
ブレーキがかかると反発力が発生しますので、機体をしっか
り保持してください。機体をしっかり保持していないと、機
体を落としたりして、けがの原因になります。
◆ ご使用前に、ブレーキがかかることを確認してください。
万一、正常に作動しない場合は使用を中止し、お買い求めの
販売店またはボッシュ電動工具サービスセンターに修理を依
頼してください。
材料を確実に固定する
材料の固定には、クランプや万力を使用してください。
のこ刃、保護カバーを点検する
●
●
●
●
のこ刃がしっかりと取り付けられているか?
のこ刃が曲がったり、歯先が欠けていたりしていないか?
のこ刃が摩耗していないか?
切り粉がたまっていなく、保護カバーがスムースに動くか?
切断深さを確認する
切断深さが正しく調整されているか確認してください。
最適な切断をするためには、のこ刃の歯先が材料下面から3㎜以上はみ出
さないようにしてください。
22
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ25
電源プラグを電源コンセントに差し込む
本体を材料にセットする
材料の上にベースプレートを置きます。
けがき線にベースプレート前部の切断マ
ークを合わせます。
のこ刃が材料に当たらないようにして
ください。
切断マーク
ベースプレート⑨には、 0
の切断マークがあります。
と
45
マークの切り欠き幅は、のこ刃の幅を含
んでいます。
のこ刃の幅によって、製品の寸法が短くならないよう、図のように切り欠
きを切断線に合わせて、切断してください。
切断マーク 0 は直角切断、 45 は45°切断の時ののこ刃位置を示し
ます。
材料の右側を切り落とす
切断マークの左側を切断線
に合わせる
試し切断することをおすすめします。
材料の左側を切り落とす
切断マークの右側を切断線
に合わせる
23
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ26
「メインスイッチ①」を操作する
スイッチのON/OFF
スイッチON :「メインスイッチ①」を引き込みます。
スイッチOFF :「メインスイッチ①」から指を離します。
連続作業する
● 連続作業するときは、
「メインスイッチ①」をいっぱいまで引き込
み、「ON保持ボタン②」を左右どちらかの方向に押し込みます。
● 再度「メインスイッチ①」を引き込むと、
「ON保持ボタン②」は解
除されます。
切断を始める
◆ 作業中に振り回されないよう、本体をしっかり保持して、
作業してください。
◆ 作業中は常に、丸のこ本体より後方に電源コードがくる
ようにしてください。
電気コードが巻き込まれると、事故の原因になります。
◆ 切断時、丸のこ本体は軽く押すだけで十分です。必要以
上に強く押し付けると、のこ刃を傷めて切断効率が下が
ったり、本体が故障したりします。
負荷が掛かりすぎてのこ刃が止まった場合は、直ちに
「メインスイッチ①」を切り、作業を中断してください。
◆ 丸のこ本体をこじったり、材料に強く押しつけるような
使い方はしないでください。反発(キックバック)の起
こる可能性があり、大変危険です。
のこ刃が材料に触れない状態で、「メインスイッチ①」を ON にし、回
転が十分に上がってから切断を始めてください。
切断は、ベースプレートを材料に密着させ、けがき線に沿って、まっすぐ、
ゆっくり本体を押し進めます。
24
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ27
切断を終了する
「メインスイッチ①」から指を離すと、のこ刃が止まります。
「ON保持ボタン②」でON状態になっているときは、
「メインスイッチ①」
を引き込むと止まります。
◆ のこ刃が完全に止まるまで、本体を床やテーブルなどに
置かないでください。
◆ スイッチを切ったあと、のこ刃の動きを無理に止めない
でください。
平行ガイドを使用して切断する
正確にまっすぐ切断したり、同じ寸法の切断が繰り返しできます。
1. ベースプレートのガイド取り付け穴に平行ガイド⑦を図の向きで差し
込みます。
2. 平行ガイド⑦のメモリで、切断する幅を設定します。
3. 平行ガイド固定ネジ⑥で、平行ガイド⑦を固定します。
⑥平行ガイド固定ネジ
ガイド取り付け穴
⑦平行ガイド
25
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ28
4.「切断する」(22ページ参照)の手
順
〜
に従って、切断作業を行
います。
丸のこは、切断材料の側面に沿って、
軽く材料に押し付けるようにしなが
ら、一定の速度で動かしてください。
切断する幅が合っているか確認す
るため、一度試し作業されること
をおすすめします。
角材などを使用して切断する
角材などを使用して平行切断を行う場合
は、切断材料と角材などを固定具(ネジ
式クランプなど)で確実に固定してくだ
さい。
切断作業は、ベースプレート⑨を角材な
どに押し当てながら、丸のこ本体を一定
の速度で動かしてください。
クランプ
26
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ29
吸じんシステム(別売)と接続する(PKS190型のみ)
ボッシュマルチクリーナーと接続することで、吸じんしながら作業ができます。
また、本機は連動機能付きボッシュマルチクリーナーに直接接続できます。連
動機能付きマルチクリーナーと接続すると、本機が起動すると自動的にマルチ
クリーナーが起動します。
◆ 人体に有害な粉じんが発生する材料は吸じんしないでくださ
い。
◆ マルチクリーナーが接続されていないときは、吸じんアダプ
ターを接続しないでください。
排出口が詰まる恐れがあります。
吸じんアダプターは別売です。
1. 切り粉排出口⑩に吸じんアダプター
を挿入します。
固定ネジ
ナット
2. ナットと固定ネジで吸じんアダプタ
ーを固定します。
3. 吸じんホース(φ35㎜)を吸じんア
ダプターに接続します。
4. 吸じんホースとボッシュマルチクリ
ーナーを接続します。
吸じんアダプター
⑩切り粉排出口
切り粉の排出を最適に保つため、吸じんアダプターは定期的に清掃してくだ
さい。
丸のこ
PKS190型
吸じんアダプター
(別売)
2 608 000 323
ホース(別売)
マルチクリーナー
φ35mm
(別売)
2 607 002 149 (3 m)
2 607 002 150 (5 m)
27
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ30
困ったときは
故障かな?と思ったら
①『取扱説明書』を読み直し、使い方に誤りがないか確かめます。
② 次の代表的な症状が当てはまるかどうか確かめます。
症
状
原
因
対
処
「メインスイッチ①」を 電源プラグが電源コンセ 電源プラグを電源コンセ
引き込んでも、回らない ントに差し込まれていな ントに差し込む
い
電源コードが断線してい 修理を依頼する
る
作動したまま、止まらな 「メインスイッチ①」がい 「メインスイッチ①」をさ
っぱいまで引き込まれた らに引き込んで指を離し、
い
(ON保持)状態になって ON保持状態を解除する
いる
切断に時間がかかる
(切断できない)
28
のこ刃が摩耗している
のこ刃を交換する
使用電源の電圧が低い
100Vの電源を使う
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ31
修理を依頼するときは
◆『故障かな?と思ったら』を読んでもご不明な点があるときは、お買い
求めの販売店または弊社コールセンターフリーダイヤルまでお尋ねくだ
さい。
◆修理を依頼されるときは、お買い求めの販売店またはボッシュ電動工具
サービスセンターにご相談ください。
◆この製品は厳重な品質管理体制の下に製造されています。万一、本取扱
説明書に書かれたとおり正しくお使いいただいたにもかかわらず、不具
合(消耗部品を除きます)が発生した場合は、お買い求めの販売店また
はボッシュ電動工具サービスセンターまでご連絡ください。
弊社で現品を点検・調査のうえ、対処させていただきます。お客様のご
使用状況によって、修理費用を申し受ける場合があります。あらかじめ
ご了承ください。
コールセンターフリーダイヤル
0120-345-762
土・日・祝日を除く、午前 9:00〜午後 6:00
*携帯電話からお掛けのお客様は、TEL. 03-5485-6161をご利用ください。コールセン
タ−フリーダイヤルのご利用はできませんのでご了承ください。
ボッシュ電動工具サービスセンター北海道
〒003-0873 北海道札幌市白石区米里3条2-6-33
TEL 011-875-2388 FAX 011-879-2138
ボッシュ電動工具サービスセンター
〒360-0107 埼玉県大里郡江南町大字千代字東原39
ゼクセルロジテック内
TEL 048-536-7171 FAX 048-536-7176
ボッシュ電動工具サービスセンター西日本
〒811-0104 福岡県糟屋郡親宮町的野741-1
TEL 092-963-3486 FAX 092-963-3407
29
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ32
お手入れと保管
◆ 不意の作動によるけがの発生を防ぐため、
電源プラグを電源コンセントから抜き、お
手入れをしてください。
クリーニング
通風口や保護カバーなどの切り粉、
ホコリを取り除く
乾いた、柔らかい布で本体の汚れを
ふき取る
変色の原因になるベンジンなど、
溶剤を使わないでください。
保
管
丸のこを使った後は、きちんと保管する
● 子供の手が届くところ、または錠が掛か
らないところに置かない。
● 風雨にさらされたり、湿度の高いところ
に置かない。
● 直射日光が当たったり、車中など高温に
なるところに置かない。
● ガソリンなど、引火性が高いものの近く
に置かない。
30
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ33
MEMO
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ34
MEMO
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ35
PKS165/190 200607 06.7.14 2:44 PM ページ36
● 本取扱説明書に記載されている、日本仕様の能力・型番などは、外国語の印刷物とは異なる場合があります。
● 本製品は改良のため、予告なく仕様等を変更する場合があります。
● 製品のカタログ請求、その他ご不明な点がありましたら、お買い求めになった販売店または弊社までお問い合わせください。
電動工具事業部
ホームページ:http://www.bosch.co.jp
東京都渋谷区渋谷3-6-7
(土・日・祝日を除く、午前 9:00〜午後 6:00)
∗ 携帯電話からお掛けのお客様は、TEL. 03-5485-6161
をご利用ください。コールセンタ−フリーダイヤルの
ご利用はできませんのでご了承ください。
1 609 929 H85 (06.05)
EMA-PKS165,190
〒150-8360
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising