Panasonic | MiniDisc Player SJ-MR250 | User manual | Panasonic MiniDisc Player SJ-MR250 User manual

Panasonic MiniDisc Player SJ-MR250 User manual
MIC (PLUG IN POWER)
VOL
MODE
EQ/REC
SENS
OPEN
本書はお買い上げの日から下記期間中故障が発生した
場合には本書裏面記載内容で無料修理を行なうことを
お約束するものです。詳細は裏面をご参照ください。
PORTAB
LE MD
RECC
RDER
SJ-MR2
HOLD
9
ポータブル MD レコーダー
Portable MD Recorder
OPT/LINE IN
1/;
:
取扱説明書
Operating Instructions
Ë
MODE
∫ /OPR OFF
パナソニック音響製品保証書
50
SJ-MR250
番
保証期間
MODE
REC/LP
持込修理
品
MARRK
)X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@6X
W2@@@@@@@@@@@@ I/X?he?W&@@@@@@@@@@@(Y
6X
W2@@@@@@@@@@@(
@)X?he?W&@@@@@@@@@@@(M
I/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(MI/X?he?W&@@@@@@@@@@@(M
@@)XheW&@@@@@@@@@@@(Y?
@@@)X?g?W&@@@@@@@@@@@(Ye?V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y??V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y?
V/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(Y
V/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(YfV/X?g?W&@@@@@@@@@@@(Ye ?V/XheW&@@@@@@@@@@@(Y?
V/X?g?W&@@@@@@@@@@@(Ye
?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?
?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?f?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?e
@@@@)XgW&@@@@@@@@@@@(Y?e
V/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(Y
V/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(YhV/X?e?W&@@@@@@@@@@@(Yf ?V/XgW&@@@@@@@@@@@(Y?e
@@@@@)X?e?W&@@@@@@@@@@@(Yf
V/X?e?W&@@@@@@@@@@@(Yf
?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?
?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?h?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?f
@@@@@@)XeW&@@@@@@@@@@@(Y?f
?V/XeW&@@@@@@@@@@@(Y?f
V/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(YhfV/KO&@@@@@@@@@@@(Yg
V/KO&@@@@@@@@@@@(Yg
@@@@@@@)KO&@@@@@@@@@@@(Yg
?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?hf?V4@@@@@@@@@@@@0Y?g
@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@0Y?g
?V4@@@@@@@@@@@@@H?g
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
?W.Ye
@@@)X?
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?@@@@@@@@@
?V'@@?
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
?W.Ye
@@@)X?
W.Y?e
@@@@)X
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
V'@@
?W.Y
?V'@
W.Y?
N@
7H
J5
@L
?W.Y
@)X?
W.Y?
@@)X
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
?W.Yf
@@@@@)X?
W.Y?f
@@@@@@)X
?W.Yg
@@@@@@@)X?
?7H?g
@@@@@@@@1?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
@@@@@@@@@?
?@@@)Xf
3@@@@@@@@?
?@@@@)X?e
V'@@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?V'@@@@@@?
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
?@@@@@@@@1
V'@@@?
?@@@@@@@@@
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?3@@@@@@@@
?J5?
?V'@@@@@@@
W.Y?
V'@@@@@@
?W.Y
?V'@@@@@
W.Y?
V'@@@@
?W.Y
?V'@@@
W.Y?
?W.Y
V'@@
?V'@
W.Y?
7H
N@
J5
@L
@)X?
?W.Y
W.Y?
@@)X
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?@@@@@@@@@
?V'@@?
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
?@@@@@@)X?
V'@@@@@?
?@@@@@@@)X
?V'@@@@?
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J5?
?3@@@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@@@
?W.Y
V'@@@@@@
W.Y?
?V'@@@@@
?W.Y
V'@@@@
W.Y?
?V'@@@
?W.Y
V'@@
W.Y?
?V'@
7H
N@
@L
J5
@)X?
?W.Y
@@)X
W.Y?
@@@)X?
?W.Ye
@@@@)X
W.Y?e
@@@@@)X?
?W.Yf
@@@@@@)X
W.Y?f
@@@@@@@)X?
?W.Yg
@@@@@@@@1?
?7H?g
@@@@@@@@@?
?@L?g
@@@@@@@@@?
?@)Xg
@@@@@@@@@?
?@@)X?f
3@@@@@@@@?
?@@@)Xf
V'@@@@@@@?
?@@@@)X?e
?V'@@@@@@?
?@@@@@)Xe
V'@@@@@?
?@@@@@@)X?
?V'@@@@?
?@@@@@@@)X
V'@@@?
?@@@@@@@@1
?V'@@?
?@@@@@@@@@
V'@?
?@@@@@@@@@
?N@?
?@@@@@@@@@
?J@@@@@@@@@@@@@6X?g
?W2@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@@
?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?hf?W2@@@@@@@@@@@@6X?g
W&@@@@@@@@@@@(MI/Xg
W&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/XhfW&@@@@@@@@@@@(MI/Xg
W&@@@@@@@@@@@(MI'@@@@@@@
?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?f
?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?
?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?h?W&@@@@@@@@@@@(YeV/X?f
?W&@@@@@@@@@@@(YeV'@@@@@@
W&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/Xf ?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?
W&@@@@@@@@@@@(Y?e?V'@@@@@
W&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/X
W&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/XhW&@@@@@@@@@@@(Y?e?V/Xf
?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?e
?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?f?W&@@@@@@@@@@@(YgV/X?e
?W&@@@@@@@@@@@(YgV'@@@@
W&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/Xe
W&@@@@@@@@@@@(Y?g?V'@@@
W&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/X
W&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/XfW&@@@@@@@@@@@(Y?g?V/Xe
?W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X??W&@@@@@@@@@@@(YheV/X? ?W&@@@@@@@@@@@(YheV'@@
W&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/K
O&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/KO&@@@@@@@@@@@(Y?he?V/K
&@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
@@@@@@@@@@@@0Y
V'
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4@@@@@@@@@@@@0Y
V4 O&@@@@@@@@@@@(Y?he?V'@
お買い上げ日から
※
本体 1 年間
年
お買い上げ日
品番
月
お買い上げいただき、まことにあ
りがとうございました。
ご使用に際して、必ず本機(SJMR250)と BeatJam のユーザ
ー登録をお願いいたします。(詳し
くは 56 ページをご覧ください。)
日
※
お
客
様
※
ご住所
様
お名前
電
話(
)
■この取扱説明書と保証書をよくお読みのうえ、正しくお使いください。そのあと
保存し、必要なときにお読みください。
■保証書は、「お買い上げ日・販売店名」などの記入を必ず確かめ、販売店から
お受け取りください。
−
住所・氏名
販
この取扱説明書の印刷には、植物
性大豆油インキを使用しています。
売
保証書付き
店
電話(
)
※印欄は必ず記入してお渡しください。
‹
松下電器産業株式会社
AVC ネットワーク事業グループ
ご販売店さまへ
上手に使って上手に節電
この取扱説明書はエコマーク認
便利メモ(おぼえのため、記入されると便利です。) 定の再生紙を使用しています。
−
〒 571-8505 大阪府門真市松生町 1 番 4 号 TEL (06) 6909-1021
SJ-MR250
販売店名
i(
)
−
お買い上げ日
年
お 客 様
ご相談窓口
i(
)
−
品
SJ-MR250
松下電器産業株式会社
〒 571-8505
番
月
日
AVC ネットワーク事業グループ
大阪府門真市松生町 1 番 4 号
Matsushita Electric Industrial Co., Ltd. AVC Network Business Group
1-4 Matsuo-cho, Kadoma City, Osaka, Japan 571-8505
C Matsushita Electric Industrial Co., Ltd.(松下電器産業株式会社) 2002
RQT6558-1S
F0602KK1062
もくじ
しよう
充電式電池で使う ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・13
乾電池(別売り)で使う ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・15
電池残量表示について ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・15
スピーカーの接続 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 16
HOLD(
HOLD( ホールド)
ホールド) 機能 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 16
MD の入れかた・出しかた ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 17
MD を編集する ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・40
編集
してみよう
録音
マイクで録音する ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・25
Net MD
で使う
RQT6558
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・41
・42
・43
・44
・45
・46
MD にタイトルをつける ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・50
こんなことができます ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
ご使用の前に ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
インストールする ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
MD に録音する(チェックアウト)
パソコンに戻す(チェックイン) ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・55
・56
・57
・61
・62
他の機器と組み合わせて使う ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・64
MD を聞く ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・28
スピーカーで聞く ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・30
別売り品の紹介 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・65
使用上のお願い ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・65
MD について ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・66
曲を前後にとび越す(スキップ機能) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・31
早送り・早戻し(サーチ機能) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・31
好みの曲から聞く(トラック指定機能)・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・31
好みの曲を登録順に聞く(イントロスキャンメモリー再生)32
音質を変える ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・34
グループモードで聞く ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・35
くり返し聞く(リピートプレイ)/順不同に聞く(ランダムプレイ) 36
その他の便利な機能 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・37
2
・
・
・
・
・
・
トラックマークのつけかた ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・26
録音残り時間を確かめる ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・26
録音感度を調節する ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・27
ステレオ機器と接続する
いろいろな聞きかた ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・31
してみよう
・
・
・
・
・
・
パソコンと組み合わせて使う ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・55
してみよう 録音に便利な機能 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・26
再生
・
・
・
・
・
・
曲やディスクにタイトルをつける ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・50
文字入力のしかた ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・52
他の MD にタイトルをコピーする(タイトルステーション)・54
録音する機器と接続する ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・18
CD などを録音する ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・20
シンクロ録音 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・22
録音に関するお知らせ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・24
1 曲を 2 曲に分ける(ディバイド) ・ ・
曲を移動する(ム−ブ) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
全曲を消す(オール イレース) ・ ・ ・
1曲ずつ消す(トラック イレース) ・
2 曲を 1 曲にまとめる(コンバイン) ・
曲をグループにまとめる(グループ) ・
コントラストの調整 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
リモコン表示パネルの点灯 ・ ・ ・ ・
リモコンの操作受付音 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
表示内容を切り換える ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
カナ、漢字で登録された曲名の表示
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・37
・37
・37
・38
・39
ご参考に
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・64
MD の種類 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
取扱上のお願い ・ ・ ・ ・ ・ ・
MD の用語解説 ・ ・ ・ ・ ・ ・
MD の録音・編集について
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・66
・66
・66
・67
著作権について ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・68
MD のシステム上の制約 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・69
故障かな!? ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・70
Q&A(よくあるご質問) ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・73
こんな表示が出たら ・ ・ ・ ・
保証とアフターサービス ・
Operating Instructions
主な仕様 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
さくいん ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・74
・76
・80
・96
・98
RQT6558
準備
安全上のご注意 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・4
付属品の確認 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・9
各部のなまえ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・10
電源の準備 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・13
3
安全上のご注意
必ずお守りください
お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防止する
ため、必ずお守りいただくことを、次のように説明しています。
■表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害や損害
の程度を、次の表示で区分し、説明しています。
危険
この表示の欄は、「死亡または重傷などを負
う危険が切迫して生じることが想定される」
内容です。
警告
この表示の欄は、「死亡または重傷などを負
う可能性が想定される」内容です。
注意
この表示の欄は、「傷害を負う可能性または
物的損害のみが発生する可能性が想定され
る」内容です。
本機について
安
全
上
の
分解・改造しない
ご
● 機器が故障したり、金属物が入ると、やけどや火災
注
の原因になります。
意
●
警告
点検や修理は、販売店へご依頼ください。
分解禁止
自動車やバイク、自転車などの運転中は使用しない
●
●
周囲の音が聞こえにくく、交通事故の原因 になります。
歩行中(特に、踏切や横断歩道)でも周囲の交通に
十分注意してください。
■お守りいただく内容の種類を、次の絵表示で区分し、説明してい
ます。
(下記は、絵表示の一例です。)
この絵表示は、必ず実行していただく「強制」
内容です。
マルチクレードルについて
注意
●
●
機器表面や部品が劣化するほか、火災の原因になるこ
とがあります。
夏の閉め切った自動車内や、直射日光の当たるとこ
ろ、ストーブの近くでは特にご注意ください。
ステレオインサイドホン使用時は音量を上げすぎない
故障の原因や、熱がこもって火災や感電の原因にな
ることがあります。
付属以外のスピーカーを接続したり、接続端子に触れたりし
ステレオインサイドホンなど肌に直接触れる部分に異常を感
じたら使用を中止する
●
RQT6558
異常に温度が高くなるところに置かない
耳を刺激するような大きな音量で長時間続けて聞く
と、聴力に悪い影響を与えることがあります。
● 車外の音が聞こえないような音量で聞きながら運転
すると、交通事故の原因になることがあります。
内部に異物を入れたり、使用中にふとんや布でおおったりしない
4
注意
●
●
ない
●
ショートや発熱により、火災や感電の原因になるこ
とがあります。
そのまま使用すると炎症やかぶれなどの原因になる
ことがあります。
RQT6558
このような絵表示は、してはいけない「禁止」
内容です。
5
安全上のご注意
必ずお守りください
( つづき )
AC アダプターについて
危険
ふとんや布でおおった状態で使用しない
●
熱がこもって、ケースが変形したり、火災や感電の
原因になることがあります。
警告
AC アダプターについて(つづき)
安
全
上
の
ご
プラグのほこり等は定期的にとる
注
● プラグにほこり等がたまると、湿気等で絶縁不良と
意
なり火災の原因になります。AC アダプターを抜き、 ︵
つ
乾いた布でふいてください。
づ
● 長期間使用しないときは、AC アダプターを抜いてください。
き
︶
警告
注意
プラグは根元まで確実に差し込む
●
●
差し込みが不完全ですと、感電や発熱による火災の原
因になります。
傷んだプラグ・ゆるんだコンセントは使用しないで
ください。
ぬれた手で、AC アダプターの抜き差しはしない
●
ぬれた手でマルチクレードルやコンセントから AC
アダプターの抜き差しをすると、感電の原因になり
ます。
抜き差しは AC アダプター本体を持つ
●
コードを引っ張ると、コードが傷ついたり、ちぎれ
たりし、火災や感電の原因になることがあります。
付属の AC アダプターを使う
●
指定外の電圧や電源で使用すると、火災や感電の原
因になることがあります。
ぬれ手禁止
充電式電池について
コード・プラグを破損するようなことはしない
RQT6558
コンセントや配線器具の定格を超える使い方や、交流 100 V
以外での使用はしない
6
●
たこ足配線等で、定格を超えると、発熱による火災
の原因になります。
危険
専用のマルチクレードルと AC アダプターを使って充電する
●
●
指定外の機器で充電すると、電池の液もれや、発熱、
破裂の原因になります。
充電式電池も必ず指定のものをご使用ください。
はんだ付け、分解、改造したり、火の中へ投入、加熱はしない
●
電池の液もれや、発熱、破裂の原因になります。
RQT6558
傷つけたり、加工したり、熱器具に近づけたり、無理
に曲げたり、ねじったり、引っ張ったり、重い物を載
せたり、束ねたりしない。
● 傷んだまま使用すると、感電・ショート・火災の原
因になります。
● コードやプラグの修理は、
販売店にご相談ください。
7
安全上のご注意
必ずお守りください
( つづき )
付属品の確認
充電式電池について(つづき)
+ と-をショートさせない
●
●
●
□ ステレオインサイドホン
(L0BAB0000162)
電池の液もれや、発熱、破裂の原因になります。
ネックレスなどの金属物といっしょに携帯、保管す
る場合は、必ず付属の充電式電池ケースに入れてく
ださい。
電池には安全のためにビニールのチューブをかぶせ
ています。これをはがすとショートの原因になりま
すので、絶対にはがさないでください。はがれたも
のは使わないでください。
□ ジョイント式リモコン
(N2QCBD000024)
注意
電池は正しく取り扱う
●
●
+ と-は正しく入れる
長期間使用しないときは、取り出しておく
電池は誤った使い方をしない
充電しない
● 加熱、分解したり、水、火の中へ入れたりしない
● ネックレスなどの金属物といっしょにしない
●(乾電池入りの乾電池ケースも同様です。
)
● 被覆のはがれた電池は使わない
取り扱いを誤ると、電池の液もれにより、火災や周囲汚損の原
因になります。
万一液もれが起こったら、販売店にご相談ください。
液が身体についたときは、水でよく洗い流してください。
●
RQT6558
●
8
●
●
□ マルチクレードル
(RFE0102)
EJEC
T
EDIT
VOL/CUS
1
DELETE
OR
USB
4
ENTER
ア
2
タ
カ
ABC
3
GHI
5 JKL
ナ
7 QRS
Pマ
ON/O
FF
SPAC
ワヲ
ン
サ
DEF
6 MNO
ハ
8 TUV
ヤ
E
0
Wラ
9XYZ
CHARA
□ ニッケル水素充電式電池
乾電池について
□ AC アダプター
(RFEA413J-2S)
充電式電池ケース(RFA0475-Q)
から取り出してご使用ください。
□ スピーカー
(RFA2069)
安
全
上
の
ご
注
意
︵
つ
づ
き
︶
/
付
属
品
の
確
認
CASE
YING
CARR
ERY
BATT
□ 乾電池ケース
(RFA1537-S2)
□ USB ケーブル
(K2KZ4CB00003)
□ キャリングケース
(RFC0069-H)
□ Net MD 用ソフトウェア
□ ● CD-ROM
□ ● ユーザー登録ハガキ
□ ● BeatJam 取扱説明書
■付属品の買い替えについて
サービスルートでお買い求めいただけます。上記かっこ内の品番でお買い
上げの販売店にご注文ください。(ニッケル水素充電式電池は別売り品
HHF-1PSC/1B または HHF-AZ01S/1B をお買い求めください。)
■別売り品でお買い求めいただけるもの
「別売り品の紹介」
(➠ 65 ページ)をご参照ください。
RQT6558
警告
お使いになる前に、まず付属品を確かめてください。
9
各部のなまえ
体
マルチクレードル
@ マルチクレードル接続端子 =
イジェクト
1<, EJECT(本体取り外し)ボタン =
エ ン タ ー ユーエスビー オ ン
デ リ ー ト
3 DELETE(文字削除)ボタン e
1 表示パネル
エディット
4 EDIT(編集モード実行/解除)ボタン Y
オ ー プ ン
2 OPEN
(ふた開)つまみ A
イコライザ−
レ ッ ク
セ
A 乾電池ケース取り付け穴 ?
5 本体取り付けフック =
ン
ス
3 EQ / REC SENS
(音質切換, 録音感度切換)ボタン R K
モ
ー
6 本体接続端子 =
EJE
CT
ド
4 MODE
(録音/再生モード切換, カナ/漢字切換)ボタン F T W
マ
ー
ク
モ
ー
EDIT
VO
L/C
UR
SO
R
US
ド
ENT
BO
N/O
DELE
TE
1
4
ER
FF
7
2
5
8
0
7 数字・文字入力ボタン d
ア
タ
GH
I
P
QRマ
S
SPA
CE
5 MARK MODE
(トラックマークモード切換, トラックマーク付与)ボタン J
ABカ
C
3
JKナ
L
6
TUヤ
V
ワ
ヲ
ン
9XWラ
DEサ
F
MNハ
O
キャラクター
YZ
8 CHARA(文字種類選択)ボタン d
CHA
RA
ボリューム
OPE
N
6 VOL ,s, r
(音量調節)ボタン L
ス ペ ー ス
9 SPACE(記号入力, スペース挿入)ボタン d e
EQ/R
EC SE
NS
MOD
E
MAR
RK M
ODE
ODE
OFF
1/;
:
9
MIC (PLUG IN POWER)
PR
VOL
REC
/LP
M
∫ /O
マイク
プ ラ グ
オ プ ト
ラ イ ン
イン
パ
ワ
DC IN 4.5V
SPEAKERS(8Ω)
R
L
USB
Ë
HOLD
ス
; 1/ ;
(録音, 再生, 一時停止, 電源入)ボタン D L
< : ,9
(録音レベル調整, とび越し, 早送り/早戻し)ボタン K O
オペレーション オ
ピ
ー
カ
ー
= SPEAKERS(8 Ω), R/L(スピーカー)端子 @
本体表示パネル
1 2345
6
7
REC SYNC 1 REC REMAIN
GRP LP-24
1- RANDOM
S-XBS TRAIN
フ
= ■/OPR OFF
(停止, 電源切)ボタン E M
RQT6558
ル
ユーエスビー
ホ ー ル ド
ド
> REC/LP MODE ➞
(録音待機/電源入、長時間録音モード切換)つまみ D
オ ー プ ン
ソ
< USB(USB)端子 j
後面
: HOLD ➞
(本体用ホールド)つまみ @
ー
ー
; DC IN 4.5 V K(外部電源)端子 =
イン
8 OPT/LINE IN
(光デジタル/ライン入力)端子 D
9 ヘッドホン端子(Ë)L
レ ッ ク エルピー モ
カ
s, r
:
, VOL/CURSOR
(音量調節, 編集メニュー選択, 曲番選択, カーソル移動)ボタン N Y Z e
ー
7 MIC(PLUG IN POWER)
(マイク)端子 I
OPT/LINE IN
VOL
ボリューム
? 2 OPEN 充電式電池ふた =
10
オ フ
2 ENTER, USB ON/OFF(編集内容確定, Net MD 確立/終了)ボタン Y m
後面
各
部
の
な
ま
え
<
;
:
8
9
1 電池残量表示
2 グループモード表示
3 録音表示
4 長時間録音モード表示
5 シンクロ録音表示
6 録音・再生残り時間表示
7 曲番、時間表示
8 レベルメーター
9 ディスクマーク
: 文字情報表示
; 音質表示
< 再生モード表示
RQT6558
本
A などの数字は、参照ページです。
11
各部のなまえ ( つづき )
電源の準備
@ などの数字は、参照ページです。
リモコン
r
1 表示パネル
3
4
ホ ー ル ド
: 1/ ∫ 9
4
3
5
2 HOLD 1
s
(リモコン用ホールド)
3 :,9(とび越し, 早
つまみ @
送り/早戻し)ボタン O
4 +,−(音量調節)ボタン M
5 1/∫(再生/停止)ボタ
ンM
K/EQ
T.MAR
MO
PLAY
充電式電池で使う
各
部
の
な
ま
え
︵
つ
づ
き
︶
充電する
1 充電式電池を本体に入れる
お買い上げ時も充電必要
REC SEN
REC SEN
EC SEN
S
OPEN
S
OPEN
S
2
OPEN
3
1
本体側面
充電式電池(付属)
2 本体をマルチクレードルに取り付ける
P
HT/%DIS
DE $LIG
6 インサイドホン用端子 M
カチッ!
7 クリップ
ED
IT
DE
LET
E
2
1
ア
MO
MARRK
SENS
DE
P MO
REC/L
F 1/
;
HOLD
9
OPT/LINE IN
Ë
VOL
IN
(PLUG
MIC
EDIT
HOLD
1 ア 2 ABC
IN
INE
OPT/L
L
サ
3 DEF
ハ
DC IN
プ レ イ モ ー ド
USB
R
(8Ω)
KERS
SPEA
Ë
カ
ワヲン
CHARA
SPACE 0
Wラ
Pマ
8 TUVヤ 9 XYZ
ENTER 7 QRS
USB ON/OFF
ナ
タ 5 JKL 6 MNO
DELETE 4 GHI
8 $ LIGHT/% DISP
(表示パネル点灯、表示内容切換)ボタン U V
:
ディスプレイ
PR OF
ト
∫/O
1
EJECT
イ
VOL/CURSOR
ラ
OPEN
EQ/REC
DE
DE MO
/
電
源
の
準
備
4.5V
9 PLAY MODE (グループモード、再生モード切換)ボタン S T
3 AC アダプターをマルチクレードルに接続する
[DC IN 4.5 V K] 端子
リモコンパネル
1
8
7
2 3 4
TRAIN
S-XBS
GRP REC
1 RND
6
5
インサイドホン
1 文字情報表示
2 グループモード表示
3 録音表示
4 電池残量表示
5 再生モード表示
6 音質表示
7 ディスクマーク
8 曲番表示
コードの長い方(R 側)を右耳に(首の後ろを通す)
1 プラグ
お願い
マルチクレードル後面
MARRK MODE MODE
EQ/REC SENS
OPEN
コンセント
AC100V
最後まで確実
に差し込む
充電開始!
必ず付属の AC アダプターをご使用くださ
い。付属以外の AC アダプターをご使用に
なると故障の原因になることがあります。
■本体をマルチクレードルから
取り外すには
AC アダ
プター
EJECT
REC/L
∫/O
スクロールします
PR
OFF
:
P MO
DE
1/;
G
LU
9
T
O
RQT6558
L
12
L(左)
VO
2 からみ防止スライダー
R(右)
(インサイドホンを使わないときは、コード
のからみ防止のため移動させてください。)
L/CU
EDIT
RS
OR
H
DELE
TE
EN
TER
US
BO
N/O
FF
表示( CHARGE )が消えたら充電
完了(フル充電)です。付属の充電式
電池では約 3 時間 30 分かかります。
IN
)
ER
W
PO
L (P
VO MIC
EJEC
1
4
7
Ë
ア
2
Gタ
HI
5
Pマ
QRS
SPAC
E
8
0
ワ
ヲ
ン
ABカ
C
3
JKナ
L
6
TUヤ
V
9XYWラ
Z
CHAR
A
ハ
MNO
DEサ
F
P
T/L
IN
E
IN
D
O
RQT6558
トラック マーク イコライザー
: T.MARK/ EQ (トラックマーク付与、音質切換)ボタン J R
; プラグ
13
電源の準備 ( つづき )
MARRK MODE MODE
EQ/REC SENS
OPEN
本体に必ず
充電式電池
を入れる
[DC IN 4.5 V K]
端子
■本体をマルチクレードルに取り
付けて使うときは
録音や編集、スピーカーで聞くとき、
Net MD を使用する場合など
充電式電池を入れた本体をマルチクレ
ードルに取り付け、AC アダプターを
接続する(➠ 13 ページ)
充電式電池を本体に入れることに
より、録音中や Net MD で曲を転
送している途中に、誤って[<,
EJECT]を押し、本体がマルチク
レードルから外れても、音楽デー
タが記録されなかったり、壊れた
りすることを防ぐことができます。
AC アダプターを接続していても、
本体に充電式電池を入れずにマルチ
クレードルに取り付けると [NO
BATTERY] と表示され、電源が入
りません。
■電池の持続時間
「主な仕様」(➠97 ページ)をご覧ください。
■充電可能回数は
約 300 回です。(充電しても持続時
間が極端に短い場合は、寿命です。
)
■充電式電池の買い替えは
ニッケル水素充電式電池
HHF-1PSC/1B、HHF-AZ01S/1B
■長期間使用しないときは
節電のため本体の電源を切り、AC ア
ダプターをコンセントから抜いておく
ことを、おすすめします。
[■/OPR OFF]を押して電源を切った
状態でも、AC アダプターが約 1.6
W の電力を消費しています。
RQT6558
お願い
マルチクレードルに本体を取り付け
てお使いになるとき、傾けたり、乱
暴に置いたりして衝撃を与えないよ
14 うにしてください。
お知らせ
充電時は、必ず付属の、または左記
「充電式電池の買い替えは」の別売
り充電式電池をお使いください。電
池残量を使い切らなくても継ぎ足し
充電が可能です。
● 電源を切った状態でのみ、充電でき
ます。
● Net MD 使用中は充電できません。
●
CHARGE 表示が出ないときは、
一度 AC アダプターをマルチクレー
ドルの [DC IN 4.5 V K] 端子
から抜き、再び差し込んでください。
● 充電中、AC アダプターと充電式電
池は熱を持ちますが、異常ではあり
ません。
● 長期間使用しなかった後は、充電し
ても通常の持続時間より短くなるこ
とがあります。充電、放電をくり返
すと、通常に戻ります。
●
使用後は、貴重な資源を守るためにリサイクルへ!
ニッケル水素電池使用
使用済み電池の届け先:
● お買い上げの販売店、または最寄りの松下電器の販売店・
サービスセンター・販売会社へ
Ni-MH
● もしくは、
(社)電池工業会へご確認ください。
(ホームページ: http://www.baj.or.jp)
乾電池(別売り)で使う
1 乾電池を入れる
2 本体に取り付ける
電
源
の
準
備
︵
つ
づ
き
︶
パナソニックアルカリ乾電池を
おすすめします。
本体底面
(-側に押しな
がら入れる)
2
1
乾電池ケース
(付属)単 3 形アルカリ乾電池(別売り)
乾電池と充電式電池を併用すると
より長時間ご使用いただけます。(電池持続時間については ➠97 ページ)
電池残量表示について
点滅
4 段階で表示されます。
電池残量表示が点滅したら
多
しばらくすると電源が切れます。充電
式電池は充電し、乾電池は新しいもの
に交換してください。
お知らせ
本体を取り付けたマルチクレードル
に、AC アダプターを接続したり、本
体に電池を入れたときに、動作音が聞
こえることがありますが異常ではあり
ません。
電池残量
少
お願い
●
●
録音する場合は、本体に充電式電池
を入れてマルチクレードルに取り付
け、AC アダプターを接続してお使
いになることをおすすめします。
乾電池を使用して録音する場合は、
必ず本体に充電式電池を入れて併用
してください。
RQT6558
充電式電池で使う(つづき)
15
スピーカーの接続
MD の入れかた・出しかた
マルチクレードルとスピーカーを接続する
1[OPEN]つまみを矢印の方向に
MODE
EQ/REC
SENS
OPEN
3
ホールド状態で操作ボタンを押すと
数秒間 HOLD と表示します。
( 電 源 切 時 は 、 [1/;]、 [REC/LP
MODE ➞]を操作したときのみ表示。)
9
;
F 1/
R OF
∫/OP
9
:
ディスクは必ずホルダー
に沿って入れてください。
[OPEN]つまみを矢印の方向に
スライドさせる
ディスク名
総曲数
曲名
MODE
SENS
EQ/REC
OPEN
HOLD
9
∫/OP
ホールド 解除
P MO
R OF
曲番
DE
;
F 1/
9
:
HOLD
VOL
OFF
1/;
Ë
PR
:
HOLD
RQT6558
16
∫ /O
OPT/LINE IN
MIC (PLUG IN POWER)
REC/L
解除
ス
ピ
ー
カ
ー
の
接
続
/
H
O
L
D
︵
ホ
ー
ル
ド
︶
機
能
/
M
D
の
入
れ
か
た
・
出
し
か
た
約 1 分後自動的に電源が切れます
お知らせ
HOLD
演奏経過時間
MODE
MARRK
ホールド
総演奏時間
ふたが開いてディスクが出てきます。
OPEN
動作中、つまみの位置を[HOLD]にす
ると数秒間 HOLD と表示します。
HOLD
;
F 1/
R OF
:
リモコン
HOLD
DE
P MO
REC/L
∫/OP
DE
P MO
REC/L
■ディスクを取り出すには
体
リモコン
REC/
LP M
ODE
MODE
本体
MARRK
本体とリモコンにそれぞれ HOLD
つまみがあり、別々に機能します。
OPEN
とを防ぎます。
SENS
いないときに電源が入ったり、使用中
に再生、録音などの操作が中断するこ
本
ラベル面
ディスクの情報を
読み取ります
HOLD(ホールド)機能
誤って操作ボタンが押されても受け付
けないようにする機能です。使用して
2
EQ/REC
●
マルチクレードル後面
1
OPEN
USB
必ず AC アダプターをマルチ
クレードルに接続して、充電
式電池を入れた本体を取り付
けてください。(充電式電池だ
けではスピーカーから音が出
ません。
)
付属のスピーカー以外は接続
しないでください。また付属
のスピーカーを別の機器に接
続して使わないでください。
スピーカーに磁気の影響を受
けやすいもの(キャッシュカ
ードや定期券)を近づけない
でください。
MODE
●
L
るまで差し込む
3ふたを閉める
MODE
AC アダプター
R
ふたが開きます。
MARRK
●
SPEAKERS(8Ω)
して,中央部を押して、ロックす
お願い
使いかたについては ➠ 30 ページ
DC IN 4.5V
スライドさせる
2ディスクのラベル面をふた側に
RQT6558
スピーカーには L(左)、R(右)の区別がありません。左側に置いたスピーカ
ーを L 端子に、右側に置いたスピーカーを R 端子に接続してください。
何も録音されていないディスクを入れ
たときは、 BLANK DISC と表示
17
されます。
録音する機器と接続する
●
本機の[OPT/LINE IN]端子はデジタル・アナログの兼用です。接続コードの種類
によって、自動的にデジタル入力またはアナログ入力に切り換わります。
本機に接続する機器の種類によって、使用する接続コードや接続端子が異
●
アナログ接続で録音する場合、誤って本機のヘッドホン端子[Ë]に接続しないよう
なりますので、下表でお確かめのうえ、正しく接続してください。
ポータブル CD
プレーヤー
PO
RTA
B
LE
本機の接続端子
光出力
光ミニプラグ
接続する機器と接続端子
ステレオ機器
デジタル接続
(丸型)
CD
P
ER
Y
LA
SL
-C
T7
90
接続コード
光ミニプラグ
RP-CA2210A(別売り)
(角型)
ポータブル CD の耐振(音飛び
防止)機能は OFF にしてく
ださい。
● ポータブル CD の機種によっ
ては AC アダプターを接続しな
いと光出力から信号が出ないも
のがあります。
詳しくはお手持ちのポータブル CD
プレーヤーの説明書をご覧ください。
本機の接続端子
デジタル接続
光出力
OPT/ LINE IN
接続コード
光角型プラグ
光ミニプラグ
OPT/ LINE IN
RP-CA2110A(別売り)
●
VOL
OPEN
CHG
ポータブル MD
プレーヤー
アナログ接続
ライン出力
EJECT
Ë
VOL
PLAYER
ステレオ
ミニプラグ
SJ-MJ50
(角型)
ラジカセ
ステレオマイク
デジタル接続
光出力
光角形プラグ
光ミニプラグ
OPT/ LINE IN
RP-VC200
RP-CA2110A(別売り)
RQT6558
アナログ接続
ヘッドホン/
ライン出力
ステレオ
ミニプラグ
ステレオ
ミニプラグ
RP-CAM3G15(別売り)
光ミニプラグ
OPT/ LINE IN
RP-CA2110A(別売り)
プラグタイプ
ステレオミニ(M3)
MIC(PLUG IN POWER)
L
EO
ER
ST
R
(角型)
光角型プラグ
OPT/ LINE IN
RP-CAM3G15(別売り)
18
デジタル接続
光出力
ステレオ
ミニプラグ
OPT/ LINE IN
RP-CAPM3G15(別売り)
CD プレーヤー
PORTABLE
MD
ステレオ
ミニプラグ
(R)
アナログ接続
ヘッドホン/
ライン出力
ピンプラグ
(L)
録
音
す
る
機
器
と
接
続
す
る
RP-VC200(別売り)
RP-VC300(別売り)
本機の[OPT/LINE IN] 端子に
は何も接続しないでください。
パソコンの音楽データを本機で録音する方法については、55 〜 63 ページをご
覧ください。
OPT/ LINE IN
RQT6558
接続する機器と接続端子
特に注意してください。誤って接続すると本機が故障するおそれがあります。
適切な音量で録音するには
● 接続する機器によって、本機の録音感度を調節してください。
(➠ 27 ページ)
● アナログ接続で再生側の機器のヘッドホン端子に接続した場合、接続した機器の
19
音量を適切に調節してください。
充電式電池を
入れる
3 録音用 MD を入れる。
(➠ 17 ページ)MD の誤消去防止つまみを閉じておく。(➠ 67 ページ)
∫/O
1
:
PR
OFF
1
/;
G
LU
9
[OPT/LINE IN]
端子
IN
P
LI
O
P
T/
N
E
Ë
D
L
O
3
6
9 WWラ
DEサ
F
●
MNハ
O
●
X
REC
/LP
MO
DE
:
/;
G
LU
9
EJE
E
N
LI
T/
P
O
EDIT
CU
RS
L (P
VO MIC
CT
USB
EMNOT
DEER
ON
/OF
1
4
7 P Pマ
F
SSEPLA
ECCET
ア
5
8
ワ
ヲ
ン
ABカ
C
3
JKナ
L
6
TUヤ
V
9 WWラ
CHA
RA
DEサ
F
MNハ
O
XY
XZY
Z
3
REC/LP MODE
■録音を正しく行うために
4
電源はなるべく AC アダプターをお使いください。
このとき、必ず本体に充電式電池を入れてください。
● 録音中に [<, EJECT]を押さないでください。
● 録音中は振動を与えないでください。特に録音終了
時の UTOC Writing 表示中は注意してください。
正しく録音できない場合があります。
● 録音、録音待機中はふたが開きません。無理に開け
ようとすると、故障の原因になります。
■高音質録音について
RQT6558
接続は、本機が停止中に行ってください。
アナログ接続する場合[MIC(PLUG IN POWER)]端子には何も接続しないでください。C
D
な
録音待機状態にする
ど
● 接続する機器によって、録音感度を調節すること
を
高音質録音(➠ 20 ページ) 録
ができます。
(➠ 27 ページ)
音
さらに矢印の方向にスライドさせて
REC
す
LP-2
通常ステレオ/LP2/LP4 モードを選ぶ
る
矢印の方向にスライドさせて
アナログ接続の場合 ANALOG
LP2 : 2 倍長時間ステレオ録音(80 分ディスクで最大 160 分録音可能)
LP4 : 4 倍長時間ステレオ録音(80 分ディスクで最大 320 分録音可能)
∫ /OPR OFF
1/;
通常ステレオ録音の場合、デジタル、アナログ、マイ
ク、いずれの入力方式でも高音質録音になります。
(LP2/LP4 モードではできません。)
録音待機状態にすると本体の表示パネルに HDES
ハ イ デ ン シ テ ィ ー エンコ−ディング シ ス テ ム
(High Density Encoding System)と表示されます。
1 押す
2 接続した機器を再生する
REC
LP-2
録音済みの MD を入れると、前の録音部分の続きか
ら録音されます。
●
20
アナログ接続
ヘッドホン/ラ
イン出力端子
スライドするたびに以下のように切り換わります。
LP2 # LP4 # 通常ステレオ(表示なし)
0~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ç
(LP2/LP4)モードでの録音時間
1/;
マルチクレードル
本体を取り付けて、AC アダプター
をつないでください。(➠13 ページ)
アナログケーブル
REC
Ë
2
タ
GH
I
Q
QRR
SS
0
∫ /OPR OFF
2
REC/LP MODE
D
L
O
H
DIS
ELPE
LTAEY
OR
IN
IN
)
ER
W
PO
ヘッドホン端子
に接続しないで
ABカ
C
ナ
PR
OFF
1
光出力端子
IN
H
∫/O
デジタル接続
光デジタルケーブル
Ë
2
録音もとの機器
録音する機器と接続する(➠ 18 〜 19 ページ)
L (P
VO MIC
一時停止するには
録音中に
∫ /OPR OFF
1/;
を押す 曲番が 1 つ増えます。
録音を再開するには
もう一度押す。
停止するには
停止状態
電源を切るには
録音中に
∫ /OPR OFF
1/;
REC
LP-2
を押す 1 分間停止状態のまま
にすると、自動的に電
UTOC Writing が表示され、 源が切れます。
UTOC を記録します。(➠ 66
ページ)
停止中に
∫ /OPR OFF
1/;
を押す
RQT6558
CD などを録音する
1 ホールド状態を解除する。
(➠16 ページ)2 本体に充電式電池を入れる。
(➠13 ページ)
準備
電源切状態
21
ホールド状態を解除する。
本体に充電式電池を入れる。
録音用 MD を入れる。
●
EC S
●
E
E
REC
/LP
MO
DE
PR
OFF
1
/;
G
LU
9
E
N
LI
T/
P
O
IN
∫/OPR OFF 1/;
D
L
O
H
DIS
EL
UR
)
ER
W
PO
L (P
VO MIC
CT
EDIT
IN
録音を再開するには
右のときに自動的
に再開します。
シンクロ録音
■シンクロ録音
■録音もとの機器の入力音を検知して、自動的に録音を開始したり、一時
停止します。
停止するには
[デジタル接続のみ]
■ 1 曲シンクロ録音(連続 CD1 曲目ねらい取り機能)
■CD の 1 曲目のみをシンクロ録音します。1 曲目の録音が終わると、録
音待機状態になります。CD を交換し、再び 1 曲目を再生すると、録音
が自動的に始まります。
電源を切るには
1
2
3
REC/LP MODE
●
次のような場合、1 曲シンクロ録音はできません。
1 CD を 2 曲目以降から再生したとき
2 2 枚組の CD などで、1 曲目の曲番が 1 と表示されない CD を録音しよ
●
シンクロ録音、1 曲シンクロ録音中は、手動で操作して一時停止することはで
録音待機状態にする
さらにスライドすると LP2/LP4 モードが選べます(➠ 21 ページ)
MODE
うとしたとき
押して
REC SYNC 1
録音モードを選ぶ
押すと次のように切り換わります。
SYNC # SYNC1 # 表示なし
0~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ç
RQT6558
C
D
再び音声が入ったとき
CD を交換し、再び 1 な
曲目を再生したとき
ど
を
録
音
録音中に
1 分間停止状態のままにする す
∫ /OPR OFF 1/;
を押す と、自動的に電源が切れます。 る
︵
つ
停止中に
づ
∫ /OPR OFF 1/;
き
を押す
︶
お知らせ
矢印の方向にスライドさせて
シンクロ録音 1 曲シンクロ録音 通常録音
アナログ接続
シンクロ録音
通常録音
SYNC <. 表示なし
録音モードを SYNC に設定すると CS/BS 放送、FM 放送など、
音声信号が常に出ているソースの場合、自動的に録音が始まるのでご
注意ください。
4
電源切状態
1 曲シンクロ録音
録音する機器と接続する(➠ 18 〜 19 ページ)
デジタル接続
22
停止状態
シンクロ録音
接続した機器を停止し CD の 1 曲目が終わっ
たり、無音状態がアナ たとき
ロ グ 接 続 で 2 秒 以 上 、 (曲番が 1 つ増えます)
デジタル接続で 7 秒以
上続いたとき
(曲番が 1 つ増えます)
接続した機器を再生する
自動的に録音が始まります。
●
きません。
マイクから録音するときはシンクロ録音できません。
お願い
シンクロ録音時、曲によっては頭の部分が切れて録音される場合があります。こ
のようなときは、20 〜 21 ページ(通常録音)の手順で録音してください。
RQT6558
EJE
右のときに自動的
に一時停止します。
REC/LP MODE
∫/O
:
一時停止するには
MODE
EQ/R
●
MAR
RK M
ODE
M OD
CD などを録音する(つづき)
23
CD などを録音する(つづき)
マイクで録音する
●
●
●
録音に関するお知らせ
ホールド状態を解除する。
本体に充電式電池を入れる。
録音用 MD を入れる。
REC/LP MODE
■トラックマークのつきかた
以下のときに自動的にトラックマークがつきます。
∫/OPR OFF 1/;
アナログ接続
CD や MD から録音する場合
CD や MD の曲番どおりに、トラック
マークが曲の変わり目につきます。
(ただし、CD や MD によっては、曲
番どおりにつかないこともあります。
)
CD や MD 以外のデジタルソースから
録音する場合
2 秒以上の無音部分を曲の変わり目と
してトラックマークがつきます。
手動でつけるには
(➠ 26 ページ)
2 秒以上の無音部分を曲の変わり目と
してトラックマークがつきます。
手動でつけるには
(➠ 26 ページ)
お知らせ
曲間が短い、曲間に雑音が多いなどの
理由で、トラックマークがつかない場
合があります。また無音や音の小さい
部分があると、曲中でもつく場合があ
ります。このようなときは、録音終了
後に、編集機能を使ってトラックマー
クを修正してください。(➠ 40 〜
45 ページ)
■接続する機器について(デジタル接続の場合)
ポータブル CD プレーヤーから録音するときは、AC アダプターを使用し、耐
振機能を OFF にしてください。(詳しくはお手持ちのポータブル CD プレ
ーヤーの説明書をご覧ください。)
● 本機はサンプリングレートコンバーター内蔵のため、CS/BS チューナーや
DAT デッキなどサンプリング周波数の異なるデジタル機器に接続しても、自
動的に本機の周波数に変換して、デジタル録音できます。
●
■
●
●
RQT6558
●
●
24
REC
/LP
MO
DE
∫/O
PR
OFF
1
/;
9
L
VO MIC
E
N
LI
T/
P
O
EDIT
OTDEE
R
G
LU
(P
IN
[MIC (PLUG IN POWER)]端子
プラグタイプ
ステレオミニ(M3)
IN
R
D
L
O
H
DIS
ELPE
LTAEY
OFF
)
ER
W
PO
C
D
な
ど
ステレオマイク
1
を
2
(別売り: RP-VC200)
録
5
3
音
す
マイクを接続する(本機が停止中に行ってください。)
る
● [OPT/LINE IN]端子には何も接続しないでください。
︵
つ
● 本機の動作音が録音されないように、マイクを本機から遠ざけてください。
● ステレオインサイドホンを使っていてハウリング(ピーという音)が起きたら、づ
き
インサイドホンとマイクの距離を離すか、音量を下げてください。
︶
:
ア
4
7 P Pマ
Q
QRR
SS
1
Ë
タ
GH
I
ST L
ER
EO
ABカ
C
J ナ
サ
/
マ
さらにスライドすると LP2/LP4 モードが選べます(➠ 21 ページ)イ
ク
1 [1/;]を押す
1/;
∫
で
2 マイクに向かって音を出す
録
音
す
録音中に
曲番が 1 つ増えます。
一時停止するには
1/;
∫
る
録音を再開するには
2
3
REC/LP MODE
矢印の方向にスライドさせて
/OPR OFF
/OPR OFF
を押す
(長時間ステレオ)録音について
1 枚の MD に通常ステレオ録音、LP2 ステレオ録音、LP4 ステレオ録音を混
ぜて行うことができます。
LP2/LP4 ステレオ録音された曲は、曲名の頭に自動的に「LP :」という文字
が付き、
再生に対応していない機器で再生すると曲名の頭に「LP :」
と表示されます。本機で再生した場合は表示されません。
LP4 ステレオ録音は、特殊な圧縮方式によって長時間録音を実現しているた
め、録音されるものによっては、ごくまれに瞬間的な雑音が入る恐れがありま
す。音質を重視する場合は、通常ステレオ録音または LP2 ステレオ録音をお
すすめします。
電池を入れ替えたり、AC アダプターを抜き差しすると、録音モードは通常ス
テレオ録音に戻ります。
REC
録音待機状態にする
停止するには
録音中に
∫ /OPR OFF
1/;
停止状態
電源を切るには
電源切状態
を押す
もう一度押す。
1 分間停止状態のまま
にすると、自動的に電
源が切れます。
停止中に
∫ /OPR OFF
1/;
を押す
■トラックマークのつけかた
手動で、または一定時間の間隔を設定すると、その間隔で自動的につきます。(➠ 26 ページ)
RQT6558
デジタル接続
■お使いいただけるマイク
25
ステレオマイク(別売り: RP-VC200、RP-VC300)をお買い求めください。
録音に便利な機能
録音感度を調節する
NS
EC SE
EQ/R
MARK MODE
MAR
MODE
ODE
MO
OFF
DE
1/;
VOL
/LP
PR
:
9
:
T.MARK / EQ
トラックマークのつけかた
録音部分に「区切り」をつけることによ
り頭出しに便利です。
(➠ 66 ページ)
本体
録音待機中に押す
録音待機中に押す
■録音レベルを手動で調節するには
本機を録音待機状態にする
EQ/REC SENS
9
OPT/LINE IN
REC
∫ /O
MIC (PLUG IN POWER)
本体
$LIGHT/%DISP
接続した機器を再生する
表示中押すたびに
録音残り時間を確かめる
録音もとの音量
が小さいとき
押してレベルを調節する
REC
LP-2
本体
リモコン操作のみ
:
録音待機中、または
録音中にピッと鳴る
まで長押しする
MODE $LIGHT/%DISP
MARK MODE
ピッ
レベルを低く
録音もとの音量
が大きいとき
録音中の曲番
オートマークモード
曲の変わり目など
に自動的につく
REC
LP-2
タイムマークモード
3、5、10 分ごと
に自動的につく
録音経過時間
5 10
は
■手動でつけるには
RQT6558
MARK MODE
26
リモコン
T.MARK /EQ PLAY MO
ピッ
- ∞ -40
REC
LP-2
録音中に、トラッ
クマークをつけた
い位置で押す
MANUAL 以外
を選んだときも、こ
の操作でトラックマ
ークを手動でつける
ことができます。
-4dB
-12
-4
0dB
(➠ 右記)
設定をしない場合、アナログ、マイク
接続では REC SENS H に、デジ
タル接続では REC SENS L にな
ります。
REC SENS H に適した録音
アナログ接続でポータブル機器から録音
● デジタル接続で CS チューナー等か
ら録音
● マイク接続で会議等を録音
REC SENS L に適した録音
● アナログ接続でシステム機器から録音
● デジタル接続で通常の録音
● マイク接続でライブ等の大音量を録
音
●
録音中に設定を変えることはできま
せん。
●
アナログ、マイク接続で設定が
REC SENS H, L のとき、録音レベ
ルは自動的に調節されます。またお
好みに合わせて手動で調節すること
■録音状況に合った感度の設定
録音モードが LP2,LP4 の場合はそれ
ぞれのモードに対応した残り時間が表
示されます。
-20
REC
LP-2
●
REC
LP-2
マイクから録音するとき、 AUTO
選べません。
本体
-12 dB
手動で調節す
るとき
REC REMAIN
録音残り時間
マニュアルマークモード
お好みの位置に手
動でつける
レベルを高く
レ ベ ル メ ー タ ー が –1 2 d B か ら
– 4dB の間に達するように調節し
てください。 レベルメーター
REC
LP-2
押すたびに
表示中、押すたびに
9
録
音
に
便
利
な
機
能
もできます。
●
デジタル接続の場合、録音感度の設
定を変えてもインサイドホンから聞
こえる音の大きさは変化しません。
お願い
一旦録音を終えると設定は解除されま
す。次に録音待機状態にしたとき、必
要に応じて設定し直してください。
RQT6558
RK M
EQ/REC SENS
27
1 ホールド状態を解除する。
(➠ 16 ページ)
準備
PR
MO
OFF
DE
1/;
M
MAR
RK M
ODE
EC S
N
ENS
O DE
:
HOLD
9
∫ /OPR OFF
1/;
2
T.MARK/EQ PLAY MODE
HOLD
MIC (PLUG IN POWER)
1/;
VOL
MO
DE
OFF
3
リモコン
本体
2
3
ステレオ再生
LP2/LP4 ステレオ録音された曲を再生することがで
きます。(表示パネルに LP-2 あるいは LP-4 が
表示されます。
)
● モノラル再生
● モノラル録音モードで録音されたディスクを再生する
ことができます。
(表示はされません。
)
ディスク再生時に、録音された方法によって通常ステレオ、
LP2、LP4、モノラル再生が自動的に切り換わります。
∫ /OPR OFF
1/;
ピッ
停止後、または電源が切れたあと、本体の[1/;]、また
はリモコンの[1/∫]を押すと、停止したところから再生
します。ただし、ディスクを取り替えたり、電池を入れ
直した場合は、1 曲目から再生します。
RQT6558
再生を始める
LP-2
全曲の再生を終了すると自動
的に停止します。
s
ピッ
VOL
(小さく)
r
再生中に、リモコンの表示が消えたり、表示内容に異
常が見られたときは、いったんリモコンのプラグを本
体から抜き、もう一度しっかりと差し込んでください。
本機は振動に対して、音飛びしにくくなっていますが、
連続した振動に対しては、音が途切れる場合があります。
(大きく)
: 1/ ∫ 9
(大きく)
一時停止するには
押して
音量を調節する
M
D
を
聞
く
LP-2
音量レベルは 0 〜 25 まで
s
(小さく) (押し続けると連続的に切り換わります。)
本体
再生中に
∫ /OPR OFF
1/;
リモコン
リモコンでは一時停止は
を押す
できません。
LP-2
再生を再開するには
もう一度押す。
停止するには
再生中に
再生中に
∫ /OPR OFF
1/;
停止状態
を押す
ピッ
r
: 1/ ∫ 9
s
を押す
LP-2
1 分間停止状態のままにすると、自動的に電源が切れます。
お知らせ
28
押して
r
: 1/ ∫ 9
■リジューム機能について
●
L
差し込みがゆるいと、音が鳴って
もリモコン操作ができません。
●
●
R
LIGHT/ DISP
■長時間再生について
●
プラグはグッ!と奥まで
差し込む
プラグタイプ
ステレオミニ(M3)
OPT/LINE IN
/LP
PR
Ë
REC
注
Ë
電源を切るには
∫ /OPR OFF
電源切状態
停止後、約 1 分すると自
停止中に
1/;
を押す
動的に電源が切れます。
RQT6558
OPE
EQ/R
:
9
∫ /O
リモコンとステレオインサイドホンをつなぎ、[Ë]端子に接続する
MIC (PLUG IN POWER)
∫ /O
VOL
/LP
OPT/LINE IN
1
REC
2 MD を入れる。(➠ 17 ページ)
Ë
MD を聞く
29
いろいろな聞きかた
EQ/R
MAR
EC S
ENS
E
MIC (PLUG IN POWER)
R
REC
/LP
MO
DE
∫ /O
1/;
VOL
PR
OFF
:
9
ア
カ
サ
タ
ナ
ハ
マ
ヤ
ラ
∫/OPR OFF 1/;
OPT/LINE IN
E M
OD
L
RK M
OD
スピーカーで聞く
曲を前後にとび越す
:
9
好みの曲から聞く
(スキップ機能)
(トラック指定機能)
ワヲン
再生中に押す
本体
リモコン
ピピピ
小さく
大きく
1 本体に、充電式電池を入れる
(➠ 13 ページ)
2 本体をマルチクレードルに取
り付ける(➠ 13 ページ)
:
■音量の調節は
s,
マルチクレードルの [
r
, VOL/CURSOR] で調節で
きます。(本体の[VOL, s , r ]でも
調節できます。
)
3 AC アダプターをマルチクレ
お知らせ
ードルに接続する
(➠ 13 ページ)
必ず AC アダプターを接続して
ください。充電式電池だけでは
スピーカーから音が出ません。
RQT6558
4 スピーカーをマルチクレード
ルに接続する(➠ 16 ページ)
操作はステレオインサイドホンで
聞くときと同様に、本体あるいは
30 リモコンで行ってください。
●
●
録音中の音をスピーカーで聞く
ことができます。(ただし、マイ
クから録音する場合は聞けませ
ん。)
パソコン上の音楽データの演奏
を、本機のスピーカーで聞くこ
とはできません。
r
9
本体
ピピ
r
ピピ
: 1/ ∫ 9
s
s
押して、選んだ曲を再生する
∫ /OPR OFF
早送り・早戻し
1/;
ピッ
r
: 1/ ∫ 9
(サーチ機能)
s
選んだ曲からディスクの最終曲ま
で順に再生します。
再生中に押し続ける
:
9
: 1/ ∫ 9
くり返し押すと、連続して曲をと
び越せます。
本体
:
リモコン
ピピピ
リモコン
9
r
ス
ピ
ー
カ
ー
で
聞
く
/
い
ろ
い
ろ
な
聞
き
か
た
[:]または[9]を押したまま
にすると、曲が連続して変わります。
: 1/ ∫ 9
s
RQT6558
VOL/CURSOR
停止中に押す
31
いろいろな聞きかた ( つづき )
好きな曲を登録する(つづき)
再生する(メモリー再生)
■ END 、 FULL が表示されたら
これ以上の登録はできません。表
示(約 2 秒間)後、登録は自動的
に終了します。
END :ディスクのすべての曲が登
録されました。
PLAY MODE
好みの曲を登録順に聞く(イントロスキャンメモリー再生)
リモコン操作のみ
好きな曲を登録する
曲のイントロを聞きながら、好き
な 順 番 に 登 録 で き ま す 。
(最大 16 曲まで)
停止中に数回押して
を表示させる
ピッ
■登録し直したいときは
登録したい曲番が点滅中(約
10 秒間)に押す
INTRO
ピッ
T.MARK/EQ PLAY MODE $LIGHT/%DISP
登録番号
この操作をくり返して、曲番を
登録する。
操作をしない場合、約 1 分後に自
動的に電源が切れます。
押す
ピッ
再生が始まってから押してください。
● 最終曲までいくと、最初の曲に
戻ります。1 度登録した曲は、
とばして再生します。
●
r
: 1/ ∫ 9
s
RQT6558
●
32
●
1 曲目から順に始めの約 10 秒間
のみイントロスキャン再生します。
イントロスキャン中もスキップ
機能は使えます。
押す
ピッ
停止中、 MEMO
ピッ
MEMO
RK/EQ PLAY MODE $LIGHT/%DISP
全曲取消
と表示されて
いる状態で[T.MARK/EQ]を約
5 秒間押す。
CLEAR と表示され、登録内容
は消えます。その後、 INTRO
表示になるので登録し直してくだ
さい。(➠ 32 ページ)
■イントロスキャンを解除するには
曲番
RK/EQ PLAY MODE $LIGHT/%DISP
FULL :登録曲数が最大の 16 曲
になりました。これ以上
登録できません。
停止中に数回押して
を表示させる
停止中に[PLAY MODE]を押す。
( INTRO の表示が消えると通常
の再生に戻っています。
)
押す
ピッ
r
: 1/ ∫ 9
曲番
●
●
●
s
登録順に再生が始まります。
メモリー再生中、リモコンでは
曲名の表示後、 MEMO と表
示されます。
[1/∫]を押すと、停止します。
い
ろ
い
ろ
な
聞
き
か
た
︵
つ
づ
き
︶
お知らせ
グループモード(➠ 35 ページ)で
はイントロスキャン再生、メモリー再
生(右記)はできません。
■ メモリー再生を解除するには
( 登 録 内 容 は 消 え ま せ ん 。)
再生中あるいは停止中に[PLAY
MODE]を押す。
( MEMO の表示が消えると
通常の再生に戻っています。
)
■ 登録した曲が解除されるのは
r
: 1/ ∫ 9
s
登録が完了します。
もう一度押すと、メモリー再生が
始まります。
●
●
●
●
●
●
●
の操作をしたとき
電池が切れたとき
ふたを開けたとき
電池ぶたを開けたとき
録音待機状態にしたとき
[EDIT]を押し編集操作をしたとき
33
Net MD を確立したとき
全曲取消
RQT6558
T.MARK / EQ
MEMO が表示されている場
合はこの手順をとばし次に進む
いろいろな聞きかた ( つづき )
グループモードで聞く
EQ/REC SENS
EQ/R
ENS
1/;
VOL
PR
OFF
:
9
PLAY MODE
∫/OPR OFF 1/;
:
リモコン
EQ/REC SENS
T.MARK/EQ PLAY M
■スピーカーで聞くときは
充電式電池を入れた本体をマルチクレ
ードルに取り付けて、AC アダプター
を接続すると、以下のように切り換わ
ります。
ピッ
押すたびに
本体
リモコン操作のみ
停止中に長押ししてグ
ループモードにする
RK/EQ PLAY MODE $LIGH
再生中または停止中に押す
迫力のある重低音で聞く
TRAIN
耳にやさしい音で、電車内
での迷惑な音漏れを防ぐ
RQT6558
解除
34
リモコンも同様の表示で切り換わ
ります。
解除
リモコンも同様の表示で切り換わりま
す。
ピッ
r
選んだグループの最終曲まで再生
して停止します。
グループモード
GRP
リモコン表示では
GRPON <> GRPOFF
長押しして、聞きたいグループ
を選ぶ(グループスキップ)
本体
:
リモコン
9
ピピピ
r
ピピ
s
押し続けると連続して変わります。
グループ名
GRP
GRP
曲番は選んだグループの 1 曲目が
1 と表示されます。
● 停止中でも、リモコンに
INTRO
または MEMO が表示されてい
たら(イントロスキャンメモリー再
生 ➠ 32 〜 33 ページ)グループモ
ードにできません。
● グループの設定がされていないディ
ス ク の 場 合
NO GROUP
(リモコンでは NO GRP )と表
示されます。
●
GRP
: 1/ ∫ 9
イントロスキャン中、メモリー再生
停止中(➠ 32 〜 33 ページ)は、
音質を変えることができません。
1/;
: 1/ ∫ 9
押すたびに
ディスクモード
S-XBS
XBS-1 の効果をさらに強調
リモコン
s
押すたびに
低音を強調して聞く
∫ /OPR OFF
ピッ
S-XBS
S-XBS
押す
9
音質を変える
本体
まず、グループ設定をしてください。
(➠ 46 〜 47 ページ)
い
ろ
い
ろ
な
聞
き
か
た
︵
つ
づ
き
︶
■グループ内で曲をスキップする
には
■再生中に[:]、[9]を押す
■グループ内で曲をサーチするには
■再生中に[:]、[9]を長押しする
■グループ内で好みの曲から聞くには
■1. 停止中に[:]、[9]を押し
て曲を選ぶ
■2. [1/ ;](本体)または[1/∫]
(リモコン)を押す
■選んだ曲からグループの最終曲まで
順に再生します。
35
RQT6558
R
EC S
E
∫ /O
T.MARK / EQ
OPT/LINE IN
MIC (PLUG IN POWER)
MAR
MOD
K MO
DE
REC
/LP
MO
DE
グループ設定(ディスク内の連続した複数の曲をいくつかのグループにまと
める )されたディスクでは、グループ単位で再生が楽しめます。
いろいろな聞きかた ( つづき )
MIC (PLUG IN POWER)
DE
1/;
EC S
ENS
E
:
9
VOL
MO
OFF
$LIGHT/%DISP
VOL
∫/OPR OFF 1/;
本体とリモコンの表示パネルを、
それぞれコントラスト調整するこ
とができます。
電源を入れて、本体をホールド
状態にする(➠16 ページ)
OPT/LINE IN
PR
PLAY MODE
HOLD
MODE
再生中または停止中に[$ LIGHT/%
DISP]を押す
表示パネルを約 5 秒間点灯させるこ
い
とができます。
リモコン
再生中または停止
中に押す
再生中または停止
RK/EQ PLAY MODE $LIGHT/% 中に押す
押しながら
本体
∫ /OPR OFF
1/;
ピッ
1
1-
RANDOM
押すたびに
1`(1 曲リピート)(------------]
|
1 曲をくり返す
;
|
`(全曲リピート)
|
|
ディスク内 [グループ内]
|
の全曲をくり返す
;
|
|
RANDOM(ランダム)
|
ディスク内 [グループ内]
|
の全曲を順不同に 1 回再生し
|
自動的に停止
;
|
解除(表示なし) -------------------------}
RQT6558
[ ] は グループモード (➠ 35 ペー
ジ)の場合
36
リモコン操作時に約 5 秒間点灯し、
暗い所で使うのに便利です。
● 曲名、ディスク名のスクロール時
(文字が左に移動)は、スクロール
が終わるまで点灯し続けます。(た
だし最大 20 秒間です。)
●
■表示内容を確認したいとき
HOLD
くり返し聞く(リピートプレイ)/順不同に聞く(ランダムプレイ)
本体
リモコン表示パネルの点灯
RND
押すたびに
1`(1 曲リピート)(------------]
;
|
`(全曲リピート)
|
;
|
|
RND(ランダム)
;
|
|
INTRO または MEMO
(イントロスキャンメモリー再生)|
ディスクモード (➠ 35 ページ)|
|
で 停止中 の場合のみ
|
表示されます。
;
|
解除(表示なし) -------------------------}
全曲リピートでは、再生中でもディス
ク(グループ)の 1 曲目と最終曲をは
さんでの曲のとび越し、早送り、早戻
しができます。
● ランダムプレイ中は、再生し終わった
曲へのとび越し、早戻しはできません。
● ディスクを取り替えたとき、グループモ
ードの切り換え(➠ 35 ページ)を行った
ときは、もう一度設定し直してください。
くり返し押す
本体
リモコン
ピッ
VOL
r
: 1/ ∫ 9
s
押すごとに、コントラストが少し
ずつ変化し、以下の範囲で調節で
きます。
本体: 0(うすい)〜 29(こい)
リモコン: 0(うすい)〜 15(こい)
−:うすく
+:こく
●
リモコンでは CONT15
に表示されます。
ろ
い
リモコンの操作受付音
ろ
な
リモコンの操作ボタンを押したときに 聞
鳴る操作受付音を消すことができます。 き
か
準備
た
1電源を入れて、本体をホールド状 ︵
つ
態にする。
(➠16 ページ)
づ
2本体の[1/ ;]を押しながら
き
︶
r
: 1/ ∫ 9
s
音を消すとき
次の表示が出るま /
そ
で押し続ける
の
音が鳴るように
するとき
ピッと鳴ります
他
の
便
利
な
機
能
のよう
RQT6558
EQ/R
MOD
∫ /O
/LP
コントラストの調整
MODE
MAR
RK M
ODE
REC
その他の便利な機能
37
その他の便利な機能 ( つづき )
カナ, 漢字で登録された曲名の表示
表示内容を切り換える(つづき)
MD には文字を登録できる異なる 2
つの領域があります。
本体表示
ディスクモード
MODE
再生残り時間
OPE
REMAIN
●
半角文字領域
●
カタカナ、アルファベット、数字、
記号入力可能
●
全角文字領域
●
漢字、ひらがな、カタカナ、アルフ
ァベット、数字、記号入力可能
EQ/R
EC
再生中
停止中
MAR
ODE
MOD
E
$LIGHT/%DISP
REMAIN
REC REMAIN
LP-2
※
ディスク名
表示内容を切り換える
総再生時間
リモコン表示
リモコン操作のみ
ディスクモード
総曲数
再生中または停止
MODE $LIGHT/%DISP
●
●
中にピッと鳴るま
グループ名の前には
* 、ディス
ク名の前には
が表示されます。
曲名、グループ名、ディスク名が入
ディスク名
総再生時間
総曲数
っていないディスク の場合、本体
では
曲番
曲名
で長押しする
ピッ
再生経過時間
全角、半角両方の領域にタイトル入
力されている場合、どちらの領域で
入力された文字を表示するか、選ぶ
ことができます。
本機では半角文字領域で入力された
そ
文字も全角で表示されます。
本体
再生経過時間
MODE
曲名
※そ の 時 設 定 さ れ て い る 録 音 モ ー ド
(LP-2 または LP-4)が表示されます。
カナ優先
グループモード
半角文字領域に入力された文字
が表示されます。
再生残り時間
NO TITLE リモコンでは
が表示されます。
REMAIN
曲番
押すたびに切り換わります
数秒表示した後、自動的に切
り換わります
スクロール後、 G 1
が消えて、*以下の
文字が表示されます。
漢字優先
グループモード
REMAIN
GRP
GRP
RQT6558
38
グループモード
グループ内
総再生時間
GRP
(GROUP OFF) のときと
(GROUP ON) のときで、
グループ内総再生時間
GRP
グループ名
グループ内
総曲数
再生経過時間
(➠ 35 ページ)
表示が異なります。
GRP
グループ内総曲数
グループ内曲番
再生経過時間
GRP
グループ内曲番
全角文字領域に入力された文字
が表示されます。
グループ名
曲名
お知らせ
ディスクモード
停止中または再生
中に長押しする
の
他
の
便
利
な
機
能
︵
つ
づ
き
︶
曲名
本機では 漢字、ひらがななど(全角
文字領域)の入力はできません。付属
のアプリケーションソフト BeatJam
を使って入力してください。
● 半角、全角それぞれ一方の領域にの
み文字が入力されている場合は、上
記の設定に関わらず入力されている
領域の文字が表示されます。
●
RQT6558
RK M
N
SEN
S
録音残り時間
39
MD を編集する
本体だけでは編集できません。必ずマルチクレードルに取り付けて操作し
てください。
1 曲を 2 曲に分ける
録音した曲を 1 曲ずつ消す
デ ィ バ イ ド
ト ラ ッ ク
イ レ ー ス
(DIVIDE)(➠41 ページ)
(TRACK ERASE)(➠ 44 ページ)
例)曲番 3 を 2 つに分ける
例)曲番 2 を消す
曲番1
曲番1
A
曲番2
曲
B
A
曲番3
曲
C
曲番2
曲
B
A
曲番2
曲
B
曲番3
サ
ナ
ハ
ヤ
ラ
マ
C
曲番4
曲
D
曲
曲
曲番1
曲番1
カ
タ
ワヲン
曲番3
曲
ア
A
曲番4
曲 Cj1 曲 Cj2 曲
曲番2
曲
C
曲番3
曲
D
1 曲を 2 曲に分ける(ディバイド)
曲番4
曲
E
曲
曲の消去後は、後ろの曲が前に詰
められ、曲番も1つずつ減ります。
分けたい曲の
再生中に押す
EDIT
押す
ENTER
USB ON/OFF
ム
−
2 曲を 1 曲にまとめる
ブ
コ
ン
バ
イ
VOL/CURSOR
ン
(MOVE)(➠42 〜 43 ページ)
(COMBINE)(➠45 ページ)
例)曲番 3 を 1 曲目に移動する
例)曲番 3 と曲番 4 を 1 つに
押して
DIVIDE ?
を選ぶ
確認の表示が出ます。
押す
まとめる
曲番1
A
曲番2
曲
B
曲番3
曲
C
曲番4
曲
D
曲番1
曲
A
曲番2
曲
B
曲番3
曲
C
曲番4
曲
D
曲を分けたい位置で押す
ENTER
曲
USB ON/OFF
ENTER
曲番1
C
曲番2
曲
A
曲番3
曲
B
曲番4
曲
D
曲番1
曲
録音した曲を全て消す
オール
曲番2
曲
B
曲番3
曲
C
D
RQT6558
C+D
曲
曲番1
曲番2
曲
B
曲番3
押した位置からの約 4 秒間が(モノ
ラル、LP2 では約 8 秒間、LP4 で
は 16 秒間)くり返し演奏されます。
曲
C
曲番4
曲
グループ1
空きディスク
曲
(GROUP)(➠46 〜 49 ページ)
A
曲番1
A
40
USB ON/OFF
曲番3
曲
例)曲番 1 と曲番 2、曲番 4
をそれぞれグループにする
曲番4
曲
B
グ ル ー プ
1 度に全曲を消す
A
曲番2
曲
曲をグループにまとめる
イ レ ー ス
(ALL ERASE)(➠43 ページ)
曲番1
A
B
D
曲
グループ2
曲番2
曲
曲番3
曲
C
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
曲番4
曲
D
■編集を途中で止めるには
[EDIT]を押す
■分けた位置がずれていたら
押して位置を調整する
− 128 〜
(約 8 秒)
VOL/CURSOR
お知らせ
●
〜+ 127
(約 8 秒)
前後 8 秒で調整できます。(モノラ
ル、LP2 では 16 秒、LP4 では
32 秒)
M
D
を
編
集
す
る
●
タイトルがついている曲を分ける
と、後ろの曲はタイトルなしとなり
ます。
ディバイド機能は、停止中に行うこ
とはできません。
RQT6558
曲を移動する
曲
41
MD を編集する ( つづき )
曲を移動する(ム−ブ)
(つづき)
ア
カ
サ
タ
ナ
ハ
ヤ
ラ
マ
再生(一時停止)中でもできます
1 移動したい曲の再生(一時停止)
2 [
s,r
, VOL/CURSOR]
を押して、 MOVE ?
停止中に押す
3 [
押す
移動する曲番
ENTER
移動先の曲番
移動先の曲番を選ぶ表示画面になります。
押して
MOVE ? を
選ぶ
押して移動したい曲番を選ぶ
VOL/CURSOR
曲番
上がる
ENTER
押す
USB ON/OFF
移動する曲番を選ぶ表示画面になります。
確認の表示が出ます。
押して移動したい曲番を選ぶ
曲番
下がる
曲番
上がる
VOL/CURSOR
押して ALL
ERASE ? を
選ぶ
を押して、移動先の曲番を選び
[ENTER, USB ON/OFF]を押す
4 [ENTER, USB ON/OFF]を押す
UTOC Writing
押す
ENTER
USB ON/OFF
確認の表示が出ます
点灯後、編集
押す
ENTER
USB ON/OFF
UTOC Writing
点灯後、編集が
完了し停止状態になります。
( BLANK DISC が表示されます。
)
ENTER
USB ON/OFF
VOL/CURSOR
停止中に押す
, VOL/CURSOR]
が完了し停止状態になります。
曲番
下がる
押す
s,r
確認の表示が出ます。
USB ON/OFF
VOL/CURSOR
を選び、
[ENTER, USB ON/OFF]を押す
曲を移動する(ム−ブ)
EDIT
EDIT
中に[EDIT]を押す
ワヲン
(例: 2 曲目を 3 曲目に移動する。
)
全曲を消す(オール イレース)
■途中で編集を止めるには
[EDIT]を押す
M
D
を
編
集
す
る
︵
つ
づ
き
︶
お知らせ
押す
ENTER
オール イレース機能は、再生(一時
停止)中に行うことはできません。
42
■途中で編集を止めるには
[EDIT]を押す
RQT6558
RQT6558
USB ON/OFF
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
43
MD を編集する ( つづき )
2 曲を 1 曲にまとめる(コンバイン)
カ
サ
タ
ナ
ハ
マ
ヤ
ラ
(例: 2 曲目と 3 曲目をまとめる。
)
EDIT
ワヲン
VOL/CURSOR
1 曲ずつ消す(トラック イレース)
停止中に押す
EDIT
押す
ENTER
押す
USB ON/OFF
VOL/CURSOR
押して TRACK
ERASE ? を
選ぶ
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
USB ON/OFF
■途中で編集を止めるには
[EDIT]を押す
曲番
下がる
VOL/CURSOR
曲番
上がる
確認の表示が出ます。
3 [ENTER, USB ON/OFF]を押す
押す
RQT6558
ENTER
44
USB ON/OFF
確認の表示が出ます。
UTOC Writing
USB ON/OFF
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
, VOL/CURSOR]
確認の表示が出ます。
4 [ENTER, USB ON/OFF]を押す M
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
お知らせ
●
曲名は前の曲のものになります。
●
コンバインの操作ができない原因と
して、次のようなものがあります。
●
ENTER
s,r
を押して、まとめる 2 曲の曲番を
選び[ENTER, USB ON/OFF]
を押す
押す
点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
ります。
3 [
確認の表示が出ます。
1 消したい曲の再生(一時停止)
を押して、 TRACK ERASE?
を選び[ENTER, USB ON/OFF]
を押す
まとめる 2 曲を選ぶ表示画面にな
ENTER
返 し 演 奏 さ れ ま す 。( モ ノ ラ ル 、
LP2 では 16 秒、LP4 では 32 秒)
2
を押して、 COMBINE? を
選び[ENTER, USB ON/OFF]
を押す
USB ON/OFF
上記の場合、曲番 2 の終端 8 秒間
と、曲番 3 の曲頭 8 秒間が、くり
中に[EDIT]を押す
s,r
, VOL/CURSOR]
[
1 停止中に[EDIT]を押す
s,r
, VOL/CURSOR]
2 [
前の曲番
再生(一時停止)中でもできます
曲番を選ぶ表示画面になります。
押して消したい曲を選ぶ
押して
COMBINE ?
を選ぶ
再生中の曲番
押す
ENTER
まとめる 2 曲
の後ろの曲の
再生中に押す
停止中でもできます
●
1 曲目の再生中に、コンバイン
の操作を行ったとき
D
を
編
集
す
る
︵
つ
づ
き
︶
まとめようとする 2 曲が通常ス
テレオ録音、モノラル、LP2、
LP4 それぞれ異なる録音モード
で録音されているとき
■途中で編集を止めるには
[EDIT]を押す
RQT6558
ア
45
MD を編集する ( つづき )
お知らせ
押す
1 曲だけでもグループにするこ
とができます。
●
ア
カ
サ
ENTER
タ
ナ
ハ
USB ON/OFF
マ
ヤ
ラ
●
グループ番号
例)5 曲目だけでグループ 2 をつ
くる。
グループ1
グループ2
ワヲン
2 秒表示した後
曲をグループにまとめる(グループ)
グループタイトル入力画面になり
ます。
1曲目
押して最初の曲番を選ぶ
VOL/CURSOR
(例: 3 〜 5 曲目をグループにまとめる。)
例)上図の 1 曲目と 2 曲目をグルー
プにすると、グループ 1、2 が
それぞれグループ 2、3 になる。
グループ2
グループ3
ENTER
押して
GROUP ?
を選ぶ
ENTER
USB ON/OFF
グループにまとめる最後の曲を選
ぶ表示画面になります。
ENTER
USB ON/OFF
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
■途中で編集を止めるには
[EDIT]を押す
M
D
を
編
■グループにまとめられない例
集
● 連続していない曲どうしをグルー す
プにまとめることはできません。 る
︵
つ
グループ1
づ
1曲目 2曲目 3曲目 4曲目 5曲目 6曲目
き
︶
グループ2
1曲目
押して最後の曲番を選ぶ
●
VOL/CURSOR
2曲目
ENTER
グループにまとめる最初の曲を選
ぶ表示画面になります。
4曲目
5曲目
6曲目
1 曲を複数のグループに入れる
ことはできません。
押す
USB ON/OFF
3曲目
グループ1
1曲目
2曲目
3曲目
4曲目
5曲目
6曲目
グループ2
RQT6558
押す
押す
RQT6558
6曲目
●
文字を入力する (➠ 52 ページ)
USB ON/OFF
46
5曲目
停止中に押す
押す
VOL/CURSOR
4曲目
グループを追加する場合、 曲の並
びの順にグループ番号が付きか
わります。
グループ1
EDIT
3曲目
●
グループをつくる(GROUP SET)
連続した何曲かをグループにまとめて
タイトルをつけることができます。
グループは最大 99 個まで作れます。
2曲目
47
MD を編集する ( つづき )
グループを解除する(GROUP RELEASE)
(例:グループ 2 を削除する。
)
ア
カ
サ
タ
ナ
ハ
マ
ヤ
ラ
押す
停止中に押す
EDIT
ENTER
USB ON/OFF
ワヲン
確認の表示が出ます
VOL/CURSOR
曲をグループにまとめる(グループ)(つづき)
押して
GROUP ?
を選ぶ
押す
ENTER
グループタイトルを変更する(GROUP TITLE)
停止中に押す
押してタイトルを変えたいグル
ープを選ぶ
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
ENTER
USB ON/OFF
VOL/CURSOR
VOL/CURSOR
押して
GROUP ?
を選ぶ
押す
ENTER
USB ON/OFF
押して GRP TITLE ? を選ぶ
押して
RELEASE ?
を選ぶ
■途中で編集を止めるには
[EDIT]を押す
VOL/CURSOR
押す
●
現在登録されているグループ名
ENTER
お知らせ
押す
行うと、編集内容に応じて自動的に
UTOC 情報が更新されます。
USB ON/OFF
ENTER
グループタイトル入力画面になります。
文字を入力する (➠ 52 ページ)
USB ON/OFF
●
管理情報が使えなくなる可能性があ
ります。
押して削除したいグループを選ぶ
押す
ENTER
RQT6558
USB ON/OFF
48
タイトルを変更するグループを選
ぶ表示画面になります。
VOL/CURSOR
ENTER
USB ON/OFF
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
■途中で編集を止めるには
[EDIT]を押す
本機でグループ編集を行った MD
を、グループ機能に対応していない
機種で編集操作を行うとグループの
削除するグループを選ぶ表示画面
になります。
VOL/CURSOR
押す
グループ編集を行った MD に他の編
集操作(DIVIDE, MOVE など)を
M
D
を
編
集
す
る
︵
つ
づ
き
︶
●
本機でグループ編集を行った MD
を、グループ管理機能に対応してい
ない機種で再生するとディスクタイ
トルが下記のように正しく表示され
ません。
例)0; MY BEST//1-3;CLASSIC//4-8 ...
RQT6558
EDIT
USB ON/OFF
押す
(例:グループ 3 のタイトルを変更する。)
49
MD にタイトルをつける
トラックタイトルをつける
カ
サ
タ
ナ
ハ
ヤ
ラ
マ
EDIT
TITLE ? が表示されます。
ワヲン
押す
ENTER
USB ON/OFF
曲やディスクにタイトルをつける
●
●
●
ディスク名は最大 100 文字、曲名は 1 曲につき最大 100 文字(
長
時間録音されたものでは最大 97 文字)まで入力できます。
1 枚の MD には最大 1792 文字まで入力できます。ただし、
長時間録音
をしたり、グループの設定をすると入力できる文字数は減ります。 (➠ 51 ページ)
全角文字領域には入力できません。(➠ 39 ページ)BeatJam を使って入力し
てください。
ディスクタイトルをつける
EDIT
停止中に押す
TITLE ? が表示されます。
押す
ENTER
USB ON/OFF
ENTER
USB ON/OFF
RQT6558
タイトル入力画面になります。
50
ENTER
USB ON/OFF
押す
文字を入力する (➠ 52 ページ)
USB ON/OFF
UTOC Writing
が完了します。
押す
VOL/CURSOR
タイトル入力画面になります。
ENTER
点灯後、編集
押す
ENTER
■ディスクタイトルを入力したあ
とは
自動的に曲のタイトルをつける表示
画面になります。「トラックタイト
ルをつける」(➠ 51 ページ)の曲番
を選ぶ手順から操作してください。
■タイトル入力を途中で止めるには
[EDIT]を押す
1 タイトルをつけたい曲の再生
(一時停止)中に[EDIT]を押す
2 [ENTER, USB ON/OFF]を押す
文字入力画面になります。
3 文字を入力する (➠52 ページ)
4 [ENTER, USB ON/OFF]を押す
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
押して曲番を選ぶ
押す
文字を入力する (➠ 52 ページ)
再生(一時停止)中でもできます
停止中に押す
USB ON/OFF
UTOC Writing 点灯後、編集が
完了します。その後、再び曲番を
選ぶ表示画面になり、続けてタイ
トルを入力することができます。
■タイトル入力を途中で止めるには
[EDIT]を押す
お知らせ
再生中に曲のタイトルをつけたと
き、編集が終わるまで、その曲はく
り返し演奏されます。
タイトル入力できる文字数
100 文字を超えるタイトルがつい
ているディスクのタイトルを、本機
で変更すると、 TITLE OVER が
表示され、文字入力画面に入ります。
ただし[ENTER, USB ON/OFF]を
押し、編集を完了した時点で 100
文字を超える文字は削除されます。
●
長時間録音された曲には
トラックタイトルに「LP:」3 文字
分が自動的に記録されるため、曲
数が多いと入力できる文字数は減
ります。またグループの設定をす
ると、グループの管理情報が記録
されるため、同様に入力できる文
字数は減ります。カナ文字で入力
する場合はその約半分の文字数に
なります。
●
例)50 曲を
長時間録音し、
4 グループ設定した場合
➠ 1 タイトル平均
英数字では約 25 文字、カナ文字で
は約 11 文字入力できます。
M
D
に
タ
イ
ト
ル
を
つ
け
る
RQT6558
ア
51
MD にタイトルをつける ( つづき )
文字を削除するには
ア
カ
サ
タ
ナ
ハ
ヤ
ラ
押してカーソルを動かし、削除
する文字の上に置く
VOL/CURSOR
ワヲン
左に移動
文字入力のしかた
DELETE
タイトル入力画面にしたあと、以下の方法で入力してください。
押して、文字
の種類を選ぶ
CHARA
押すたびに
■文字の種類と各ボタンに割り当
てられた文字
各ボタンを押すたびに、1 文字ずつ順
に表示されます。
ボタン カタカナ アルファベット 数字
大文字
1
4
ア
タ
GHI
マ
7 PQRS
カ
2
ABC
ナ
5
JKL
8
TUV
0
ヤ
3
6
サ
DEF
ハ
MNO
押して、文字
を選ぶ
ラ
9 WXYZ
ワヲン
VOL/CURSOR
押す
1
ア
2
ABC
3
DEF
4
GHI
カ
サ
タ
RQT6558
52
右に移り、次の入力状態になります。
カキクケコ ABC
abc
2
サシスセソ DEF
def
3
ghi
4
タチツテト
ツ
GHI
カーソル位置の文字が削除され、
後ろに文字があるときは前に詰ま
ります。
VOL/CURSOR
左に移動
JKL
ナニヌネノ JKL
jkl
5
MNO
ハヒフへホ MNO
mno
6
●
7
Pマ
QRS
マミムメモ PQRS pqrs
7
●
8
ヤ
ハ
TUV
ヤユヨ
ヤユヨ
TUV
tuv
8
ラ
9W
XYZ
ラリルレロ WXYZ wxyz
9
0 ワヲン
ワヲン゛゜―
0
文字を変更するには
1 変更したい文字を削除する
2 新しい文字を入力する
右に移動
新しい文字を入れるとき
1
など入力したい文字・数
ア
字・記号ボタンを押す
●
[r
, VOL/CURSOR]を押す
M
D
に
タ
■途中で編集を止めるには
イ
[EDIT]を押す
ト
ル
お知らせ
を
記号の / は連続して入力すること つ
け
はできません。
る
︵
つ
づ
き
︶
カーソルが 1 つ右に移動します。
押してカーソルを動かし、挿入
位置の右の文字の上に置く
5
ナ
濁点(゛)や半濁点(゜)は表
記可能なカタカナの後ろにだけ
入力できます。あり得ない表記
の場合は選択候補として現れま
せん。
入力中に 1 文字空けるには
文字の間に新しい文字や空白を入
6
SPACE
文字が確定され、カーソルが 1 つ
1
アイウエオ
押す
押す
れるには
小文字
アイウエオ
右に移動
0 ワヲン
空白を入れるとき
SPACE
押す
! #$%& ()*+,
ー./:;<=>?@_`
お知らせ
数字入力時、または文字入力時に異な
るボタンを押すと、前に入力した数
字・文字が確定されます。
RQT6558
マ
゛゜―を入力するには
53
MD にタイトルをつける ( つづき )
ア
カ
サ
タ
ナ
ハ
マ
ヤ
ラ
パソコンと組み合わせて使う
こんなことができます
マルチクレードルの USB 端子にパソコンを接続することで、音楽 CD やインタ
ーネット上の音楽配信サイトからパソコンに蓄積した音楽データを本機の MD
に録音することができます。
ワヲン
パソコン
本機
音楽CD
REC
REC
/LP
Net MD
他の MD にタイトルをコピーする(タイトルステーション)
チェックアウト
再生専用 MD や、未録音の MD(BLANK DISC)は使用できません。
両方の MD の曲数が同じときだけ、コピーできます。
● コピー先の MD にタイトルがついている場合、本機能を使うと、タイトルはすべて新
しいものに置き換わります。
●
●
コピー元の MD を入れる
コピー元の MD を取り出す
音楽データ
音楽配信
サービス
OFF
IN
/CU
E
IN
T/L
OP
EDI
T
RSO
R
R)
WE
PO
UG
L (PL
VO MIC
CT
1
4
7 PQR
Pマ
QR
SEL
SPA
ECT
CE
IN
LD
HO
DIS
DEL
PLA
ETEY
ENT
MO
DE
ER
USB
ON/
OFF
MDに録音する
● パソコンに戻す
● パソコンから操作して
MDを編集する
L
OL
VO
1/;
9
VOL
チェックイン
MD につけたタイトルを一時的に本機に記憶させ、他の MD にコピーすることができます。
操作のまえに
MOD
E
∫ /OPR
:
EJE
Ë
2
タ
GH
I
5
SS
8
0
ア
ワヲ
ン
カ
ABC
3
ナ
JKL
6
ヤ
TUV
9 WX
Wラ
サ
DEF
MNハ
O
XYZ
YZ
CHA
RA
●
MD
チェックアウト:パソコンに蓄積した曲(音楽データ)
を本機の MD へ録音すること。(パソコ
ン上にある 3 分間の音楽データなら約 10
秒※ 1 で転送できます。)
EDIT
チェックイン:本機の MD からパソコンに曲を戻すこと
停止中に押す
コピー先の MD を入れる
TOC Reading
が表示された後
他のMD機器で聞く
※ 1 LP4 モードで OpenMG 形式ファイルを MD に転送する時の速度です。また、1 回の転送
につき数秒のデータ記録時間(MD への UTOC 書き込み)がかかります。
■ Net MD でできること
VOL/CURSOR
押して TITLE
COPY ? を選
ぶ
●
LP2/LP4 モードでも録音できます。(モノラル録音はできません。)また、各曲の ン
タイトルも記録されます。
と
● 音楽 CD の場合はパソコンへの録音と同時に MD にチェックアウトすることができます。 組
● 録音した MD は、CD から録音した MD と同じように、本機や他の MD 機器で再生 み
することができます。またアナログ接続で他の MD に曲を録音することもできます。合
● 1 つの音楽データをチェックアウトできる回数には、制限があります。
(詳しくは わ
せ
BeatJam の取扱説明書や配信サイトの説明をご覧ください。
)
ENTER
USB ON/OFF
UTOC Writing 点灯後、編集
が完了し停止状態になります。
ENTER
USB ON/OFF
お知らせ
●
●
LP2/LP4 で録音された曲のタイトルを
通常ステレオ録音の曲にコピーすると
タイトルの頭に「LP:」が表示されます。
コピー元のディスクがグループ編集されて
いる場合グループの情報もコピーされます。
て
チェックアウトした音楽データをパソコンに戻せば(チェックイン)、再び別
使
のメディアにチェックアウトして使用することができます。
(➠ 62 ページ) う
● パソコンから本機を操作して、MD の曲を並べ変えたり、タイトルを付けたり
できます。(➠ 63 ページ)
●
※ 2 OpenMG 形式:著作権保護のために音楽データを暗号化した形式です。
RQT6558
■途中で編集を止めるには
[EDIT]を押す
RQT6558
パ
パソコン上に蓄積した音楽データを、BeatJam で OpenMG 形式※ 2 に変換し、ソ
本機に転送して MD に録音できます。
(➠ 61 ページ)
コ
●
押す
押す
54
M
D
に
タ
イ
ト
ル
を
つ
け
る
︵
つ
づ
き
︶
音楽は、著作物として著作権法に保護されています。
本機および BeatJam では、著作権保護技術「OpenMG」を使用しています。
55
パソコンと組み合わせて使う ( つづき )
ご使用の前に
インストールする
■パソコンに必要な環境については
■初めて Net MD を使用する場合は
お知らせ
●
●
●
●
●
BeatJam と Net MD USB ドライバーは Windows OS のパソコンにのみ
インストールできます。Macintosh OS のパソコンにはインストールできません。
SJ-MR250 と付属のアプリケーションソフト、ドライバーをインストールし
たパソコンの組み合わせでのみ、Net MD が正しく動作します。複数の
SJ-MR250 を同時に接続したり、他の Net MD 機器を組み合わせたりした
ときの動作は保証いたしません。
推奨環境を満たしていても、そのすべてのパソコンの動作を保証するものでは
ありません。
本機からのパソコン操作はできません。
パソコンの音は本機のスピーカーまたはステレオインサイドホンからは聞こえません。
Macintosh は米国その他の国で登録された米国 Apple Computer, Inc.の
商標です。
● Microsoft および Windows は米国 Microsoft corporation の米国および
その他の国における登録商標です。
● 「BeatJam」は株式会社ジャストシステムの登録商標です。
● OpenMG、Net MD はソニー株式会社の商標です。
● その他、システム名、製品名は、一般に各開発メーカーの登録商標あるい
は商標です。なお、本文中では ™、® マークは明記しておりません。
●
ユーザー登録のお願い
本機(SJ-MR250)と BeatJam のご使用に際して、バージョンアップな
どのサポートを受ける場合に必要ですので、必ずそれぞれのユーザー登録を
していただきますようお願いいたします。
RQT6558
■ 本機(SJ-MR250)
インターネットを利用して、当社ホームページで登録していただくか(アド
レス: http://www.panasonic.co.jp/products/audio/index.html)、
ハガキを使用して登録していただくことができます。詳しい登録方法につい
ては、同梱の「ユーザー登録について」ハガキをご覧ください。
56
■ BeatJam
インターネットを利用して登録するか、または付属のユー
ザー登録ハガキを使用して登録してください。(ハガキは
CD-ROM といっしょに透明の袋の中に入っています。
)
ユーザー登録が
必要です
まずアプリケーションソフト BeatJam と Net MD USB ドライバーをパソコン
にインストールする必要があります。
BeatJam と Net MD USB ドライバーは付属の CD-ROM に入っています。パ
ソコンの指示に従ってインストールしてください。
● BeatJam、パソコンの取扱説明書もあわせてご覧ください。
● OS インストール用の CD-ROM が必要になる場合があります。お手元にご用
意ください。
パ
ソ
コ
ン
と
組
み
1 BeatJam と Net MD USB ドライバーのインストール
合
わ
お知らせ
1 パソコンの電源を入れ、OS を
せ
OS の設定によっては、下記のような て
起動させる
画面が表示されることがあります。 使
2 CD-ROM(付属)をパソコンの
続行 をクリックして、インストー う
CD-ROM ドライブに入れる
︵
ルを続けてください。
つ
セットアップ開始画面が表示され
づ
ます。
き
3セットアップ開始画面の
︶
BeatJam のセットアップ をク
リックする
あとは、画面の指示に従ってイン
ストールしてください。
必要なアプリケーション、ドライバー
が全てインストールされます。
■セットアップ画面が表示されな
いときは
画面は Windows XP Home Edition の一例
(➠ 次ページに続く)
BeatJam 取扱説明書の 12 ページ
「CD-ROM を入れてもセットアップ
開始画面が表示されない」の操作を行
ってください。
RQT6558
BeatJam の取扱説明書をご覧ください。
57
パソコンと組み合わせて使う ( つづき )
Windows 2000 Professional をご使用の場合
インストールする(つづき)
USB ケーブル(付属)を使って、
本機とパソコンを接続する
パソコン(市販)
パソコンに付属の取扱説明書もあわせ
てご覧ください。
USB 端子へ
お願い
●
必ず付属の USB ケーブルで接続し
てください。
●
USB ハブおよび USB 延長ケーブ
ル経由で接続した場合の動作は保証
しません。
USB ポートがパソコンに複数ある
場合は、ルートハブ対応の端子に接
続してください。(ルートハブ対応
の端子についてはパソコンに付属の
取扱説明書をご覧ください。)
パソコンや本機の電源が入っている
状態で USB ケーブルを抜き差しす
るときは
●
●
●
●
●
●
パソコン側を抜き差ししてください。
抜いた後にもう一度差し込むときは、
5 秒以上の間隔を開けてください。す
ぐに差し込むと正しく動作しないこと
があります。
3
USB ケーブル
(付属)
US
B
L
MARRK MODE MODE
EQ/REC SENS
R
OPEN
SP
EA
KE
RS
)
(8Ω
●
●
AC アダプターを
接続する。
充電式電池を本体
に入れる。
■ BeatJam
正しくインストールされると、パソコンのデスクトップ上に BeatJam、JS
ユーザー登録・確認、BeatStream のアイコンが現れます。
■ Net MD USB ドライバー
RQT6558
ENTER
58
表示 が デバイス(種類別) に
なっているか確認してください。
4デバイスが認識されていることを
確認する
USB (Universal Serial Bus) コン
トローラ の項目の中に Net MD
が認識されていることを確認してくだ
さい。
Windows XP Home Edition/Professional をご使用の場合
マルチクレードル後面
BeatJam と Net MD USB ドライバーが正しくインストールされたかを確認してください。
1 マルチクレードルの USB ON/OFF を押して Net MD を確立する
Net MD
画面の一例
USB 端子へ
確認
本体の表示パネルに
スタート メニューから 設定
→ コントロールパネル を選びク
リックする
2コ ン ト ロ ー ル パ ネ ル の 画 面 で 、
システム のアイコンをダブルク
リックする
3 ハードウェア のタブを選び、
デバイスマネージャ をクリックする
1
接続
が表示されます。
2 デバイスが認識されているか確認する(➠ 59 〜 60 ページ)
画面のリスト内にある項目は、ご使用のパソコン環境に応じて異なる場合
があります。
スタート メニューから コント
ロールパネル を選びクリックする
2コ ン ト ロ ー ル パ ネ ル の 画 面 で 、
パフォーマンスとメンテナンス
のアイコンをクリックする
3 システム のアイコンをクリック
する
4 ハードウェア のタブを選び、
デバイスマネージャ をクリック
する
1
画面の一例
パ
ソ
コ
ン
と
組
み
合
わ
せ
て
使
う
︵
つ
づ
き
︶
表示 が デバイス(種類別) に
なっているか確認してください。
5デバイスが認識されていることを
確認する
USB (Universal Serial Bus)
コントローラ の項目の中に Net
MD が認識されていることを確認し
てください。
RQT6558
2
59
パソコンと組み合わせて使う ( つづき )
MD に録音する(チェックアウト)
インストールする(つづき)
Windows 98/98 Second Edition または Windows Millennium
Edition をご使用の場合
1 スタート メニューから 設定
→ コントロールパネル を選びク
リックする
2コ ン ト ロ ー ル パ ネ ル の 画 面 で 、
システム のアイコンをダブルク
リックする
3 デバイスマネージャ のタブをク
リックする
ユニバーサル シリアル バス コ
ントローラ の項目の中に Net MD
が認識されていることを確認してくだ
さい。
ア
カ
タ
ナ
マ
ヤ
ワヲ
MD の誤消去防止つまみを閉じておく。
(➠ 67 ページ)
ENTER
種類別に表示 にチェックが入って
いるか確認してください。
4デバイスが認識されていることを
確認する
準備
1パソコンの電源を入れ、OS を起動さ
せる
2本機とパソコンを USB ケーブルで
接続する(➠ 58 ページ)
3本機に録音用の MD と充電式電池を
入れ、マルチクレードルに取り付ける
USB ON/OFF
停止中または電
源切時に押す
Windows 98/98 Second Edition の一例
パソコンで BeatJam を起動し、
録音したい曲(OpenMG 形式)
を MD にチェックアウトする
詳しい操作については、BeatJam
の取扱説明書 15 〜 23 ページを
ご覧ください。
チェックアウトが終わると、
■SP (通常ステレオ) /LP2/LP4
モードを設定するには
BeatJam の チェックイン/チェッ
クアウト 画面の MD 録音モード
をクリックして選択します。
ステレオ長時間モード(LP)
曲のビットレートによって LP2 モー
ドまたは LP4 モードに設定されます。
● 132 kbps/105 kbps の場合: LP2
● 66 kbps の場合; LP4
ステレオモード(SP)
曲のビットレートにかかわらず、通常
ステレオモードになります。
に対応していない MD 機器でも再生
できます。
(➠ BeatJam 取扱説明書 22 ページ)
パ
ソ
コ
ン
と
組
み
合
わ
せ
て
使
う
︵
つ
づ
き
︶
Windows Millennium Edition の一例
UTOC Writing
終了します。
RQT6558
ENTER
60
デバイスが認識されていない場合は、USB ケーブルを抜き差ししてみてください。
それでも認識されない場合は、パソコンを再起動してください。
点灯後、録音が
●
押す
USB ON/OFF
Net MD が終了します。
パソコンの曲にタイトルが付いている場
合は、タイトルも MD に記録されます。
●
チェックアウト中の曲を本機で再生
することはできません。
録音が終了すると、BeatJam の デ
バイス/メディア 画面にチェック
アウトした曲が表示され、曲が MD
に録音されたことを確認できます。
パソコン上の音楽データに、再生期
間、再生回数などの制限がある場合
は、MD に録音できません。
RQT6558
お知らせ
●
61
パソコンと組み合わせて使う ( つづき )
パソコンから本機の MD を操作する
パソコンに戻す(チェックイン)
準備
1パソコンの電源を入れ、OS を起動さ
せる
2本機とパソコンを USB ケーブルで
接続する(➠ 58 ページ)
3チェックアウトされた曲が録音され
ている MD と充電式電池を本体に入
れ、マルチクレードルに取り付ける
ENTER
USB ON/OFF
停止中または電
源切時に押す
パソコンで BeatJam を起動し
て、曲をチェックインする
詳しい操作については、BeatJam
の取扱説明書 24 〜 25 ページを
ご覧ください。
チェックインが終わると、
RQT6558
UTOC Writing
ます。
62
ENTER
点灯後、停止し
押す
USB ON/OFF
Net MD が終了します。
●
MD の演奏
MD の編集
タイトルを編集する
曲を並べかえる(MOVE)
不要な曲を消す(ERASE)
●
●
●
ア
カ
タ
ナ
マ
ヤ
ワヲ
詳しくは BeatJam の取扱説明書を
ご覧ください。
編集が終わったら
本体の[ENTER, USB ON/OFF]を押
して Net MD を終了します。
UTOC Writing 点灯後、編集内容
が MD に記録されます。
■チェックアウト、チェックイン
に関するお知らせ
曲間に全く無音部のない 2 曲をチェ
ックアウトすると、MD では曲間に
わずかな無音部が録音され、とぎれた
ように聞こえることがあります。この
ような場合、BeatJam の操作で 2 曲
をつなげて 1 曲にしてから MD にチ
ェックアウトすると、とぎれのない 1
曲として録音することができます。
● MD のグループにチェックアウトしたと
きに、ディスク名、グループ名、タイト
ル名などの情報が多すぎた場合、エラー
表示が出て曲がどのグループにも属さな
いかたちで録音されることがあります。
● チェックアウトした曲を本機の操作
で ERASE/DIVIDE/COMBINE す
ると、パソコンにチェックインでき
なくなります。MOVE やタイトル編
集は自由に行えます。
● チェックアウトされたデータは、元
のパソコンにしか、チェックインでき
ません。
● パソコン上にチェックアウト元の曲が
無い状態で(パソコン上で曲を削除し
たり、チェックアウト元以外のパソコ
ンの場合)チェックインすると、MD
内の曲は削除され、パソコンにも曲は
戻らないのでご注意ください。
●
お知らせ
●
●
BeatJam の画面の[<](CD/メディア
の取り出し)ボタンを押しても、本機
から MD を取り出すことはできません。
BeatJam で MD の全曲を削除した場
合、ディスクタイトルの表示が更新さ
れない場合があります。MD の情報を
パソコン側で表示するには、[ENTER,
USB ON/OFF] を押して Net MD を
いったん終了し、もう一度押して Net
MD の状態にしてください。
■Net MD 使用中に操作できるボタン
●
お知らせ
Net MD の状態で MD の録音や編
集を行っているときに、ふたが開
かない場合があります。ディスク
を取り出すときは[ENTER, USB
ON/OFF]を押して、いったん Net
MD を終了してください。
パ
ソ
コ
お願い
ン
と
チェックイン/チェックアウト中,
編集中は、次のようなことはしな 組
み
いでください。音楽データが壊れ
合
ることがあります。
わ
● マルチクレードルの[<, EJECT]
せ
て
を押して本機を取り外す
使
● USB ケーブルを抜く
う
● 充電式電池を抜いたり、AC アダ
︵
プターを抜く
つ
づ
き
■BeatJam や BeatStream を ︶
アンインストール(削除)する
には
BeatJam 取扱説明書の 12 ページを
ご覧ください。(Net MD USB ドラ
イバーは削除されません。
)
音量調節ボタン
[VOL ,s, r](本体)
[s, r](リモコン)
[
s,r
, VOL/CURSOR]
(マルチクレードル)
●
音質切換ボタン
[EQ/REC SENS](本体)
●
Net MD 確立/終了ボタン
[ENTER, USB ON/OFF]
[T.MARK/EQ](リモコン)
(マルチクレードル)
RQT6558
チェックアウトした曲を元のパソコンに戻すと、再び別のメディアにチェックア
ウトして使用できます。チェックインすると、MD 内の曲は削除され、その曲の
パソコン側での残りのチェックアウト回数が 1 回増えます。
●
63
●
●
接続する機器の説明書をあわせてご覧ください。
本製品を正しく動作させるために、別売り品は必ず当社指定のものをお使い
ください。当社指定以外のものをお使いになると、故障の原因になります。
別売り品の紹介
別売り品の品番は、2002 年 5 月現在のものです。品番は変更されるこ
とがあります。
■接続コード
アナログ
ステレオ機器と接続する
●
本機の再生音を、ステレオ機器で聞いたり、録音したりすることができます。
下記の別売り品をお買い求めください
● 接続コード
●
ステレオ機器側がライン入力端子の場合: RP-CAPM3G15、1.5 m
ステレオ機器側がミニホンジャックの場合: RP-CAM3G15、1.5 m
RP-CAPM3G15
ステレオミニプラグ⇔ピンプラグ
長さ: 1.5 m
RP-CAM3G15
ステレオミニプラグ⇔ステレオミニプラグ
長さ: 1.5 m
光デジタル
RP-CA2110A
光角形プラグ⇔光ミニプラグ
長さ: 1m
● RP-CA2210A
光ミニプラグ⇔光ミニプラグ
長さ: 1m
●
ヘッドホン
[Ë]端子
OP
EN
EQ
/RE
C SEN
S
MO
K MO
MIC (PLUG IN POWER)
RR
VOL
/;
OPT/LINE IN
F1
Ë
DE
R OF
:
HOLD
DE
DE
P MO
∫/OP
MA
REC/L
9
ライン入力
(R) (L)
Ë
接続コード
お手持ちのステレオ機器
お知らせ
●
ステレオ機器へは、必ず入力端子に接続してください。誤って出力端子に接続
●
すると、本機が故障するおそれがあります。
音質の設定は、NORMAL(解除)にしてください。(➠ 34 ページ)
●
本機の音量レベルは 20 〜 23 に設定してください。
使用上のお願い
■本体
以下のことは故障の原因となりますの
で、避けてください。
強い衝撃や落下
●
雨に濡らす
●
風呂場など湿気が多いところでの使用
倉庫などほこりが多いところでの使用
ぶきしてください。
暖房器具の近くなど温度が高いとこ
ろでの使用
アルコールやシンナーは使わないで
ください。
● 化学ぞうきんをご使用の際は、その
注意書に従ってください。
良い音でお楽しみいただくために
別売りの専用クリーナーで時々清掃さ
れることをおすすめします。
推奨品: MD レンズクリーナー
(品番: RP-CL310)
MD 録音ヘッドクリーナー
65
(品番: RP-CL320)
●
■ステレオインサイドホン
本体に巻き付けるときは、コードにた
るみを持たせてゆるく巻いてくださ
い。
RQT6558
/
別
売
り
品
の
紹
介
/
使
用
■お手入れ
上
本体が汚れたら
の
柔らかい布でふいてください。
お
ひどい汚れは、薄めた台所用洗剤(中 願
性)を含ませた布でふき、後は、から い
●
●
64
他
の
機
■ステレオインサイドホン
器
RP-HJ337
と
RP-HJ237
組
■ステレオマイク
み
RP-VC200(プラグインパワー方式)合
RP-VC300
わ
せ
■ニッケル水素充電式電池
て
HHF-1PSC/1B
使
HHF-AZ01S/1B
う
推奨品:クリーニングクロス(VUA7091)
(サービスルート扱い)
●
RQT6558
他の機器と組み合わせて使う
MD について
再生専用 MD
ピットという小さなくぼみの有無
でデータが記録されています。CD
と同様の、この方式の MD を「光
ディスク」といいます。
録音用 MD
磁気によってデータが記録されま
す。この方式の MD を「光磁気デ
ィスク」といいます。
取扱上のお願い
●
指定外の場所にラベルを貼らない
●
(また、ラベルやテープの糊がはみ
出したり、はがしたあとのある
MD は、故障の原因になりますの
で、機器に入れないでください。
)
RQT6558
●
MD の用語解説
■トラックマーク
録音部分に記録される「区切り」
のことです。ある区切りから次の
区切りまでが 1 曲と数えられます。
本機では次のような方法でトラッ
クマークをつけることができます。
オートマークモード
レコーダー自体が自動的に曲の変
わり目を判断して、トラックマー
クをつけていきます。
マニュアルマークモード
お好みの場所に、手動でトラック
マークをつけることができます。
タイムマークモード
ある一定時間の間隔でトラックマ
ークを自動的につけることができ
ます。(会議などをこの方法でマイ
クを使って録音すると、一定時間
の間隔で頭出しができます。)
MD の録音・編集について
■ MD の録音方式
デジタル接続
CD、MD などのデジタル機器(光
デジタル録音には、SCMS(シリ
出力端子のある機器)をデジタル
アル・コピー・マネージメント・
接続したときの録音
システム)という制限があります。
デジタル信号をそのままデジタル
光デジタルケーブルを使って他の
で録音します。ただしこの録音に
デジタル機器から本機に録音する
は SCMS という制限があります。
と、信号劣化の少ないクリアなデ
(右記参照)
アナログ接続
1CD、MD などのデジタル機器を
アナログ接続したときの録音
デジタル信号 # アナログ信号 # デ
ジタル信号と順に変換して録音し
ます。
2ラジオやテープなどアナログ機
器の録音
ト ッ ク
■ TOC(Table of Contents)
アナログ信号をデジタル信号に変
音楽信号とは別に、MD に記録さ
れている情報のこと。曲数、総再
生時間、MD のタイトル、曲名な
どをいいます。
換して録音します。
ユートック
■ UTOC(User Table of Contents)
方式専用の接続コードをお買い求
使用者の利用状況に応じて書き込
まれたり、置き換えられたりする
TOC 情報のこと。MD の編集結果
や、タイトル、曲名などの UTOC
情報が MD に書き込まれるとき、
本機は UTOC Writing と表示
して注意を促します。
めください。(➠ 18、19 ページ)
に閉じてください。中の円盤には
著作権保護のため、この MD から
さらに別の MD にはデジタル録音
できないようになっています。
なおアナログ録音には、このよう
なしくみはありません。
M
■大切な録音を消さないために D
に
誤消去防止つまみを、穴が開く方 つ
向にずらします。(新たに録音、編 い
て
集するときは閉じてください。
)
ジタル、アナログそれぞれの接続
シャッター
66 直接手を触れないでください。
)
ジタル録音が行なえます。そこで
録音をお楽しみいただくには、デ
シャッターは開けない
(万一開いてしまったときは、すぐ
■デジタル録音の制限について
(SCMS)
おもて面
(開)
(閉)
誤消去防止
録音・編集
RQT6558
MD の種類
67
あなたが録音したものは、個人
として楽しむなどのほかは、著
作権法上権利者に無断で使用で
きません。なお、この商品の価
格には、著作権法の定めにより、
私的録音補償金が含まれており
ます。
お問合せ先:
(社)私的録音補償金管理協会
i 03 ー 5353 ー 0336
■著作権について
●
放送やレコードその他の録音物
(ミュージックテープ、カラオケ
テープなど)の音楽作品は、音
楽の歌詞、楽曲などと同じく、
著作権法により保護されていま
す。
●
従って、それらから録音した
MD やテープを売ったり、配っ
たり、譲ったり、貸したりする
場合、および営利(店の BGM
など)のために使用する場合に
は、著作権法上、権利者の許諾
が必要です。
●
使用条件は、場合によって異な
りますので、詳しい内容や申請、
RQT6558
その他手続きについては、「日本
68
音楽著作権協会」(JASRAC)
の本部または最寄りの支部にお
尋ねください。
MD のシステム上の制約
日本音楽著作権協会
本部
i(03)3481-2121
北海道支部
i(011)221-5088
盛岡支部
i(019)652-3201
仙台支部
i(022)264-2266
長野支部
i(026)225-7111
大宮支部
i(048)643-5461
上野支部
i(03)3832-1033
東京支部
i(03)3562-4455
西東京支部
i(03)3232-8301
東京イベントコンサート支部
i(03)5286-1671
立川支部
i(042)529-1500
横浜支部
i(045)662-6551
静岡支部
i(054)254-2621
中部支部
i(052)583-7590
北陸支部
i(076)221-3602
京都支部
i(075)251-0134
大阪支部
i(06)6244-0351
神戸支部
i(078)322-0561
中国支部
i(082)249-6362
四国支部
i(087)821-9191
九州支部
i(092)441-2285
鹿児島支部
i(099)224-6211
那覇支部
i(098)863-1228
MD は、カセットテープや DAT とは異なる方式で録音が行われます。こ
の方式には、いくつかの制約があるため、次のような症状が出る場合があ
ります。これらは、故障ではありません。
こんなときは
このような制約が
ディスクの最大録音時間に満たな
録音時間に関係なく、254 曲ま
いのに、 UTOC FULL
で録音すると、それ以上録音でき
が表示
される。
ません。
曲数や録音時間が最大ではないの
録音、編集をくり返した MD や、
に、 DISC FULL が表示される。 MD に傷がある場合、録音できな
くなることがあります。
編集で、曲と曲がつなげない場合
録音、編集をくり返した MD や、
がある。
録音モード(通常、モノラル、
LP2、LP4)が異なる曲どうし
ではコンバインできません。
曲を消しても残り時間が増えな
MD の録音残り時間を表示すると
い。
き、12 秒以下の部分は無視され
ます。このため短い曲を何曲消し
ても録音時間が増えないことがあ
ります。
早送り、早戻しをすると、音が途
録音、編集をくり返した MD に録
切れることがある。
音すると、1 つの曲が分断されて
著
作
権
に
つ
い
て
/
M
D
の
シ
ス
テ
ム
上
の
制
約
記憶されることがあるため、この
ようなことが起こります。
録音した時間と残り時間を足して
MD は 2 秒以下の音声を録音する
も、ディスクの最大録音可能時間
にも、約 2 秒間のディスク領域を
にならない。
使うため、表示される残り時間よ
り、実際に録音できる時間が少な
くなることがあります。
RQT6558
著作権について
69
故障かな!?
修理を依頼される前に、この表で症状を確かめてください。なお、これらの処置をし
ても直らない場合や、この表以外の症状は、お買い上げの販売店にご相談ください。
ここをチェック
操作できない ホールド状態になってい
処置
ホールド状態を解除する。
ませんか。
ディスクが入っています
ディスクを入れる。
か。
充電する。または乾電池
13、15
を交換する。
損傷しているディスクが
別のディスクに取り替え
入っていませんか。
る。
グループモードを解除す
いませんか。
る。
録 音 や 編 集 再生専用ディスクが入っ
ができない
ていませんか。
録音用ディスクに取り替
える。
ディスクが誤消去防止状
ディスクの誤消去防止つ
態になっていませんか。
まみを閉じる。
他の機器と正しく接続さ
正しく接続し直す。
れていますか。
29
29
本機から携帯電話を離す。
ディスク名、 ディスクに記録できる文 文字数の少ない名前につ
曲 名 が 途 切 字数を超えていませんか。 け直す。
50〜 53
れたり、表
示されない
に取り替える。
グループモードになって
参照
ページ
本 体 の ふ た 電 池 が 消 耗 し た り 、 A C 新しい電池に取り替える。
が開かない
アダプターの接続が外れ または、AC アダプター 13〜 15
曲の入っているディスク
ランダム再生モードを解
除する。
インサイドホン、リモコ 一度抜いて、再度差し込
ンのプラグは奥まで入っ む。
ていますか。
本機と携帯電話を近づけ
て使っていませんか。
電池が消耗していません
か。
1 曲目から再 再生モードがランダムに
生できない
なっていませんか。
音量を調節する。
13
直す。
ス ピ ー カ ー 充電式電池だけで使用し
か ら 音 が 出 ていませんか。
ない
音量が最小になっていま
せんか。
プラグが汚れていませんか。 プラグをきれいにふく。
接続されていますか。
外部機器の光出力から信
号が出ていますか。
インサイド
ホンから音
が出ない
雑音がする
処置
17
AC アダプターを接続し
ていますか。
RQT6558
16
AC アダプターが正しく
再生できない 録音したディスクが入っ
70
参照
ページ
ここをチェック
36
35
67
18 〜 19
外部機器の取扱説明書を
読んでください。
AC アダプターも接続し
てください。電池だけで 16、30
は音が出ません。
ていませんか。
を正しく接続する。
パソコンと接続中(Net
MD の状態)になってい
ませんか。
マルチクレードルの[ENTER,
USB ON/OFF]を押して、 61〜 63
Net MD を終了する。
イ ン ト ロ ス グループモードになって リ モ コ ン の [ P L A Y
キ ャ ン メ モ いませんか。(グループモ MODE] を長押しして、
35
リ ー 再 生 が ードではできません。)
ディスクモードにする。
できない
本体をマル
チクレード
ルに取り付
けると動か
ない
本体に充電式電池が入っ
ていますか。
本体に、充電式電池を入
れる。AC アダプターだけ
では動きません。
本体がマルチクレードル
に正しく取り付けられて
いますか。
正しく取り付ける。
本体のクレードルとの接
続端子が汚れていません
か。
接続端子の汚れをきれい
にふく。
故
障
か
な
!
?
14
13
RQT6558
こんなとき
こんなとき
71
故障かな!? ( つづき )
こんなとき
ここをチェック
Q&A ( よくあるご質問 )
処置
参照
ページ
パ ソ コ ン に 本機がパソコンに認識さ 以下を確認してください。
1USB ケーブルが正しく 58
接 続 し て い れていますか。
るのに動か
接続されているか
2必要なアプリケーショ 57 〜 60
ない
ンソフトとドライバー
がインストールされて
いるか
3本体がマルチクレード
13
ルに正しく取り付けら
れているか
4マ ル チ ク レ ー ド ル の 61 〜 63
[ENTER, USB ON/OFF]
を押して、 Net MD
が表示されるか
音 が 途 切 れ 音楽再生用ソフト以外の 音楽再生用ソフト以外の
る 。 パ ソ コ ソフトを開いていません ソフトを閉じる。
ン の 画 面 が か。
かたまる。
Net MD で チェックアウト中は再生 録音終了後 MD を再生し
録 音 中 に 音 音が聞こえません。
て曲を確認する。
が出ない。
付属アプリ
ケーション
ソ フ ト
BeatJam を
インストー
ルできない。
ご使用のパソコンは
BeatJam の使用に必要
な環境を満たしています
か。
BeatJam は必要な環境
を満たした Windows
OS のパソコンでのみ使
用できます。詳しくは
BeatJam の取扱説明書
をご覧ください。
Q(質問)
A(回答)
録音した曲に上書きで録音した 上書き録音はできません。MD の
い。
録音残り時間が少ない場合はイレ
ース機能で不要な曲を消してから
録音してください。
一度録音した MD に追加で録 自動的に前の録音部分の続きから
音したい。
録音しますので、そのまま録音し
参照
ページ
44
21
てください。
録音中に、音量を変えたらどう 録音中に音量を調節しても、録音
なる?
される音には影響しません。
ステレオ/モノラル/ MDLP 再 録音された状態によって、自動的
生はどうやって切り換えるの?
に切り換わります。
長時間録音された MD
に対応していない機種で
はどの機種でも再生できるの?
は再生できません。曲のタイトル
の頭に LP: と表示され無音状
28
態になります。
スピーカーに L、R の表示が無 付属のスピーカーには L(左)R
いのですが?
(右)の区別はありません。左に
置いたほうを L 端子に、右に置い
たほうを R 端子に、接続してくだ
16
さい。
故
障
か
な
!
?
︵
つ
づ
き
︶
/
Q
&
A
︵
よ
く
あ
る
ご
質
問
︶
漢字とひらがなは入力できる 本機では漢字、ひらがな(全角文
の?
字領域)の入力はできません。付
属のアプリケーションソフト
BeatJam を使って入力してくだ
さい。
72
の?
で 132 kbps/105 kbps を選ぶ
と LP2 で、66 kbps を選ぶと
LP4 で録音されます。 SP を選
ぶと通常ステレオ録音になります。
61
RQT6558
RQT6558
パソコンから録音するときに,
BeatJam で設定できます。
長 時 間 録 音 は で き る LP を選び、曲のビットレート
73
[
意味
処置
NO BATTERY
本体に充電式電池を入れずにマル
充電式電池を入れてくださ
[NO BAT]
チクレードルに取り付けました。
い。
MD が入っていません。
MD を入れてください。(入れても表示
される場合は販売店にご相談ください。)
意味
処置
BLANK DISC
[BLANK]
ディスクに音楽や文字情報が
記録されていません。
再生するときは、録音済みのデ
ィスクに取り替えてください。
Can’t COMBINE
コンバインできない曲をまと
MD のシステム上の制約で
NO DISC
[NoDISC]
めようとしました。
す。
PLAYBACK DISC
再生専用 MD を録音・編集し
録音用 MD に取り替えてくだ
Can’t COPY
(SCMS)
デジタル入力録音でコピーの
コピーは作れません。
アナログ入力を使って録音し
てください。
[ERROR]
ようとしました。
さい。
Can’t DIVIDE
ディバイドできない曲を分け
ようとしました。
MD のシステム上の制約で
す。
SYSTEM ERROR
[ERROR]
自己診断により故障と判断し
ました。
お買い上げの販売店にご相談
ください。
TOC ERROR
MD に異常があるか、損傷し
オールイレース機能で全曲消す
Can’t EDIT
1 タイトルのコピー(タイト
1 コピーできる条件を満たし
[ERROR]
ています。
か、MD を取り替えてください。
[ERROR]
ルステーション)ができませ
ん。2 グループ編集ができま
ているディスクを入れてくだ
さい。2 グループの状態を確
TOC Reading
MD の情報を読み込み中で
[T-READ]
す。
せん。
認して再度実行してください。
デジタル(光)入力端子につ
ながずに録音しようとしまし
オプティカルデジタルケーブ
ルの接続を確認してくださ
TrackNO
NOT SAME
読み込んだタイトル数と、コピ
ー先 MD の曲数が異なります。
タイトルと曲の数を同じにし
てコピーしてください。
た。
い。また、録音もとの機器の
TITLE FULL
入力しているタイトルが規定
入力可能な文字数で入力して
[ERROR]
の文字数を超えています。
ください。
(➠ 51 ページ)
TITLE OVER
既に 101 文字以上入力されている
編集を続けると 101 文字以
[ERROR]
タイトルを編集しようとしている。 降は自動的に削除されます。
TRACK
PROTECT
曲にプロテクト(保護)がか
かっています。
編集・消去していいか確認し
てから操作してください。
電源が、ON になっているか
確認してください。
DISC FULL
MD に録音できる空きがあり
不要な曲を消すか、他の MD
[FULL]
ません。
に取り替えてください。
DISC PROTECT
MD が誤消去防止状態になっ
MD の誤消去防止つまみを閉
ています。
じた状態にしてください。
パソコンからチェックアウト
パソコンからチェックアウトし
EMERGENCY 録 音 中 に 異 常 が 発 生 し ま し
STOP
た。
MD を入れ直してください。
した曲を編集しようとしまし
た。
た曲を編集すると、パソコンに
チェックインできなくなります。
F17
販売店に、ご相談ください。
UTOC FULL
録音曲数が最大(254 曲)にな
不要な曲を消すか、新しい録音
[FULL]
っているので録音できません。
用 MD に取り替えてください。
磁気ヘッドに異常がありま
す。
RQT6558
表示
表示
DIGITAL
UNLOCK
74
]内は、リモコンの表示です。
GROUP
DATA FULL
グループ管理データを更新す
グループを解除するか、グループ
る領域がありません。
タイトルを削除してください。
HOLD
HOLD 状態になっています。
HOLD 状態を解除してください。
LOW BATTERY
U01 [U01]
充電式電池や乾電池の残量が
無くなりました。
充電するか、乾電池を交換し
てください。
こ
ん
な
表
示
が
出
た
ら
録音曲数は最大ではありませんが、MD
のシステム上の制約で録音できません。
タイトルを書き込めるだけの領
域の空きがありません。
UTOC Writing
[WRITE]
RQT6558
こんな表示が出たら
UTOC に書き込んでいます。
75
保証とアフターサービス
修理・お取り扱い・お手入れ
などのご相談は…
まず、お買い上げの販売店へ
お申し付けください
70 ページの「故障かな!?」の表
に従ってご確認のあと、直らない
ときは、まず AC アダプターを抜
いて、お買い上げの販売店へご連
絡ください。
●
●
修理は、サービス会社・販売会
社の「修理ご相談窓口」へ!
その他のお問い合わせは、「お
客様ご相談センター」へ!
■保証書(裏表紙をご覧ください)
お買い上げ日・販売店名などの
記入を必ず確かめ、お買い上げ
の販売店からお受け取りくださ
い。よくお読みのあと、保存し
てください。
保証期間 :お買い上げ日から本体 1 年間
■補修用性能部品の保有期間
RQT6558
当社は、ポータブル MD レコ
ーダーの補修用性能部品を、製
造打ち切り後 8 年保有してい
ます。
注)補修用性能部品とは、その
製品の機能を維持するため
に必要な部品です。
76
ナショナル/パナソニック
●
電話
フリー
ダイヤル
FAX
フリー
ダイヤル
Help desk for foreign residents in Japan
〈外国人/海外仕様商品(ツーリスト商品他)等ご相談窓口〉
Tokyo (03) 3256 - 5444 Osaka (06) 6645 - 8787
Open : 9:00 - 17:30 (closed on Saturdays /Sundays / national holidays)
修理に関するご相談
保証期間を過ぎているときは
修理料金の仕組み
ナショナル/パナソニック
お客様がおかけになった場所から最寄りの修理ご相談窓口につ
ながります。呼出音の前にNTTより通話料金の目安をお知らせ
します。
● 携帯電話・PHS等からは最寄りの修理ご相談窓口に直接おか
けください。
● 最寄りの修理ご相談窓口は、以下をご覧ください。
北
札幌 札幌市厚別区厚別
ご連絡いただきたい内容
品番
SJ-MR250
故障の状況
月
日
できるだけ具体的に
道
地
区
1丁目7-11
(0155)33-8477
旭川 旭川市2条通21丁目
左1号
(0166)31-6151
東
秋田 秋田市御所野湯本
年
海
帯広 帯広市西19条南
南2丁目17-7
(011)894-1251
3-7-10
(017)739-9712
お買い上げ日
0570-087-087
ナビダイヤル (全国共通番号)
青森 青森市第二問屋町
ポータブル MD レコーダー
修 理 ご 相 談 窓 口
●
修理料金は、技術料・部品代・
出張料などで構成されています。
技術料 は、診断、故障個所の修
理および部品交換・
調整・修理完了時の
点検などの作業にか
かる費用です。
部品代 は、修理に使用した部品お
よび補助材料代です。
出張料 は、製品のある場所へ技
術者を派遣する場合
の費用です。
品名
3 6 5 日
0120-878-365
0120-878-236
365日/受付9時〜20時
保証期間中は
修理すれば使用できる製品につ
いては、ご希望により有料で修
理させていただきます。
●
お客様ご相談センター
パ ナ は
保証書の規定に従って、お買い
上げの販売店が修理させていた
だきますので、恐れ入りますが、
製品に保証書を添えてご持参く
ださい。
転居や贈答品などでお困りの
場合は…
●
使いかた・お買い物などのご相談
修理を依頼されるとき
2丁目1-2
(018)826-1600
北
地
保
証
と
ア
フ
タ
ー
サ
ー
ビ
ス
函館 函館市西桔梗
589番地241
(函館流通卸
センター内)
(0138)48-6631
区
岩手 盛岡市羽場13地割
30-3
(019)639-5120
山形 山形市流通センター
3丁目12-2
(023)641-8100
宮城 仙台市宮城野区扇町 福島 福島県安達郡本宮町
7-4-18
(022)387-1117
字南ノ内65
(0243)34-1301
RQT6558
(よくお読みください)
77
保証とアフターサービス(つづき)
ナショナル/パナソニック
首
栃木 宇都宮市御幸町
修 理 ご 相 談 窓 口
都
圏
地
ナショナル/パナソニック
中
区
埼玉 桶川市赤堀2丁目4-2 山梨 甲府市下飯田2丁目
(048)728-8960
194-20
1-27
(028)689-2555 千葉
(055)222-5171
千葉市中央区
星久喜町172
神奈川 横浜市港南区日野
群馬 高崎市大沢町229-1
(043)208-6034
(027)352-1109
5丁目3-16
(045)847-9720
水戸 水戸市柳河町309-2 東京 東京都世田谷区
宮坂2丁目26-17
新潟 新潟市東明1丁目
(029)225-0249
(03)5477-9780
8-14
つくば つくば市花畑2丁目
(025)286-0171
8-1
(0298)64-8756
鳥取 鳥取市安長295-1
2-33
(0859)34-2129
松江 松江市平成町
182番地14
(0852)23-1128
国
地
区
出雲 出雲市渡橋町416
(0857)26-9695
米子 米子市米原4丁目
修 理 ご 相 談 窓 口
(0853)21-3133
浜田 浜田市下府町
石川 石川県石川郡
野々市町稲荷
3丁目80
(076)294-2683
四
(054)287-9000
京都 京都市南区上鳥羽
石橋町20-1
(075)672-9636
(0564)55-5719
岐阜 岐阜県本巣郡北方町
国
地
区
塩入町8-10
(052)819-0225
(0577)33-0613
三重 久居市森町字北谷
1920-3
(059)255-1380
畿
地
区
大阪 大阪市北区本庄西
1丁目1-7
(06)6359-6225
奈良 大和郡山市椎木町
404-2
(0743)59-2770
愛媛 松山市土居田町
750-2
(089)971-2144
鯛浜字かや108
(088)698-1125
九
福岡 春日市春日公園
佐賀 佐賀市本庄町大字
州
地
区
大分 大分市萩原4丁目
8-35
(097)556-3815
3丁目48
(092)593-9036
宮崎 宮崎県宮崎郡清武町
本庄896-2
(0952)26-9151
長崎 長崎市東町1949-1
和歌山 和歌山市中島499-1
331-1
(088)866-3142
徳島 徳島県板野郡北島町
高屋太子2丁目30
(058)323-6010
高山 高山市花岡町3丁目82
名古屋 名古屋市瑞穂区
近
2-1
(077)582-5021
岡崎 岡崎市岡町南久保28
静岡 静岡市西島765
112
(0776)54-5606
(087)868-9477
区
7600-7
(0263)58-0073
福井 福井市開発4丁目
滋賀 守山市勝部6丁目
地
長野 松本市大字笹賀
富山 富山市寺島1298
(076)432-8705
部
8丁目13-20
(082)295-5011
327-93
山口 山口市鋳銭司
(0855)22-6629
字鋳銭司団地北
447-23
岡山 岡山県都窪郡早島町
(083)986-4050
矢尾807
(086)292-1162
香川 高松市勅使町152-2 高知 南国市岡豊町中島
中
広島 広島市西区南観音
天草 本渡市港町18-11
(0969)22-3125
鹿児島 鹿児島市与次郎
1丁目5-33
(099)250-5657
下加納366-2
(0985)85-6530
大島 名瀬市矢之脇町10-5
熊本 熊本市健軍本町12-3
(0997)53-5101
(095)830-1658
(096)367-6067
(073)475-2984
兵庫 神戸市中央区
琴ノ緒町3丁目2-6
(078)272-6645
沖
沖縄 浦添市城間4丁目23-11
縄
地
区
(098)877-1207
保
証
と
ア
フ
タ
ー
サ
ー
ビ
ス
︵
つ
づ
き
︶
所在地、電話番号が変更になることがありますので、あらかじめご了承ください。
RQT6558
RQT6558
0102
78
79
Operating Instructions
∫Main unit
1 Display
2 Open switch (OPEN)
3 Tone/recording sensitivity button
(EQ/REC SENS)
4 Play and record mode Japanese
syllabary/ Chinese character select
button (MODE)
5 Track mark mode button (MARK MODE)
6 Volume buttons (VOL , s , r)
7 Microphone jack [MIC (PLUG IN POWER)]
8 Optical digital in/line in jack (OPT/LINE IN)
9 Headphone jack (Ë)
: Hold switch (HOLD➞)
; Play/record/pause/power on button (1/ ;)
< Recording level control, skip/search
buttons (:, 9)
= Stop/operation off button (■/OPR OFF)
> Recording pause/power on/LP recording
switch (REC/LP MODE➞)
? Rechargeable battery compartment
cover (2 OPEN)
@ Multi cradle connection terminal
A Connection terminal for battery case
RQT6558
∫Multi cradle
80
1 Eject button (<, EJECT)
2 Edited contents set, Net MD start up
button (ENTER, USB ON/OFF)
3 Character delete button (DELETE)
4 Entering/canceling editing mode button
(EDIT)
5 Main body attachment hook
6 Main body attachment terminal
7 Numbers/characters buttons
8 Character type button (CHARA)
9 Space or symbol button (SPACE)
∫Main unit display
1 Battery indicator
2 Group mode indicator
3 Recording indicator
4 LP recording indicator
5 Synchronized recording indicator
6 Remaining recording/playing time
indicator
7 Track number, Time display
8 Level meter
9 Disc mark
: Text
; Sound quality indicators
< Play mode indicators
∫Remote control
1 Display
2 Hold switch (HOLD 1)
3 Skip/search buttons (:, 9)
4 Volume buttons (i, j)
5 Play/record/stop button (1/∫)
6 Earphone jack
7 Clip
8 Light/display button ($LIGHT/%DISP)
9 Play mode button (PLAY MODE)
: Track mark/tone control button
(T.MARK/EQ )
; Plug
∫Remote control display
1 Text
2 Group mode indicator
3 Recording indicator
4 Battery indicator
5 Play mode indicator
6 Sound quality indicators
7 Disc mark
8 Track number
∫Stereo earphones
1 Plug
2 Slider
Slide up to prevent tangling the cord when
the earphones are not in use.
Power Supply
Refer to the illustrations on pages 13 to 15
of the Japanese text.
The rechargeable battery
1 Put the battery into the unit.
2 Install the unit to the multi cradle.
3 Connect the AC adaptor to the
multi
cradle.
Recharging begins.
“CHARGE” appears on the display while
recharging.
“CHARGE” disappears when the battery is
fully charged. It takes approximately 3.5 hours
to recharge the supplied battery.
∫When recharging is over
Disconnect the AC adaptor from the [DC IN
4.5 V K] terminal and the AC outlet.
Note
Use only the supplied AC adaptor. Use of
other adaptors can damage the unit.
∫To remove the main unit from the
multi cradle
Press [<, EJECT].
Be sure there is a rechargeable battery in
the unit when you use the unit installed
on the multi cradle. The unit will not run
off the AC mains without a battery. If you
install the unit on the multi cradle
without inserting the battery, “NO
BATTERY” will be displayed.
∫Recharging time and duration
(When using the supplied battery.)
Charging : Approx. 3.5 hours
Play time
Normal stereo mode : Approx. 25 hours
LP2 stereo mode : Approx. 33 hours
LP4 stereo mode : Approx. 40 hours
Recording time
Normal stereo mode : Approx. 13 hours
LP2 stereo mode : Approx. 17 hours
LP4 stereo mode : Approx. 21 hours
≥Duration may be reduced under some
conditions.
≥If the unit is to be used for long periods, such
as during recording, use the AC adaptor to
power it.
∫Rechargeable number of times
The battery can be recharged approx. 300
times. The battery has reached the end of its
lifetime once play time is dramatically reduced
even after full recharging.
∫Replacement
Nickel-metal hydride rechargeable battery
(HHF-1PSC/1B, HHF-AZ01S/1B).
Note
≥If the unit is not to be used for a long time
disconnect the AC adaptor from the AC
outlet and turn the unit off to save power.
≥If using the unit while it is installed on the
multi cradle, ensure that it is aligned
correctly, and that it is not forced into
position or subjected to violent treatment.
≥The unit cannot recharge batteries other
than the one supplied or recommended
replacements.
≥It is not necessary to completely discharge
Panasonic’s nickel-metal hydride rechargeable
batteries before recharging them.
≥The unit can only be recharged while it is off.
≥If “CHARGE” does not appear, disconnect the
AC adaptor from [DC IN 4.5 V K] , then
reconnect it.
≥The AC adaptor and battery may become
warm during recharging but this is normal.
≥When using for the first time in a long time
you may find that the batteries do not
recharge to the original level. If you repeat
the charging/depleting process the batteries
will return to normal.
Dry cell battery (not included)
Use one LR6 alkaline battery. Use long -life
Panasonic alkaline batteries.
1 Put the battery into the battery case.
2 Attach the case to the unit.
∫For longer use
Use the two types of batteries at the same time.
The battery indicator
Operating Instructions
Location of Controls
Refer to the illustrations on pages 10 to 12
of the Japanese text.
: Volume control, edit menu select, track
number select, cursor movement
buttons (M s, r L, VOL/CURSOR)
; DC IN jack (DC IN 4.5 V K)
< USB terminal
= Speakers (8 ≠), R/L
The indicator flashes when the battery is
almost flat. Recharge or replace the battery.
Note
≥The unit may make some noise when the AC
adaptor is connected to the multi cradle with
the unit installed or when batteries are first
installed. This is normal.
≥When recording, we recommend that you
place the unit WITH BATTERY INSERTED
on the multi cradle and connect the AC
mains.
≥Always use rechargeable batteries in
combination with normal dry cell batteries to
avoid fast depletion of the dry cell batteries
and to safeguard against loss of power
partway through recording.
RQT6558
Supplied Accessories
Refer to the illustration on page 9 of the
Japanese text.
≥Stereo earphones
≥Wired remote control
≥Nickel-metal hydride rechargeable battery
≥External battery case
≥Carrying case
≥AC adaptor
≥Multi cradle
≥Speakers
≥USB cable
≥Net MD Software
81
Operating Instructions
Attaching speakers to the multi cradle
Preparation
There is no differentiation made between the
speakers regarding left and right. Just connect the
speaker you place on the left to the terminal on the left
and similarly for the speaker on the right.
≥Release HOLD.
≥Insert the rechargeable battery into the unit.
≥Insert a recordable MD.
Note
≥Make sure that there is a rechargeable battery in the
unit before you place it on the multi cradle and
connect the AC mains. No sound will be produced
from the speakers if you are using only a battery.
≥Do not connect speakers other than those provided.
Also, do not connect the speakers provided to other
equipment.
≥Speakers are easily affected by magnetic fields so
avoid placing cash cards and travel cards nearby.
The HOLD Function
1
ANALOG
2
Refer to the illustration on page 16 of the
Japanese text.
This function stops the unit and remote control from
responding when a button is pressed.
Guards against the following
3
≥The unit is powered on accidentally when not in use,
causing the batteries to run down.
≥A button is accidentally pressed during play or
recording, interrupting the operation.
There is a HOLD switch on both the unit and
remote control, each of which works independent
of the other.
∫The “HOLD” display
This is displayed for a few seconds on the main unit's
and the remote control's display panels when the
following occurs.
≥The main unit is on hold and a button is pressed.
(When off, display appears only if [1 / ;] or
[REC/LP MODE ➞] is operated.)
≥The remote control's switch is moved to hold.
Insert an MD
RQT6558
Refer to the illustration on page 17 of the
Japanese text.
1 Slide [OPEN] in the direction of the
arrow to open the lid.
2 Slide the MD between the guides so it
clicks into place.
3 Now close the lid.
82
The unit will come on and read the information after
you insert the MD. If no operation is carried out for a
minute the unit turns itself off automatically.
The title of the disc and song is shown. The title
scrolls if it can not be displayed all at once. “BLANK
DISC” is displayed when you insert a blank MD.
Removing the disc
Slide [OPEN] in the direction of the arrow and the disc
springs out from the unit.
DIGITAL
Connect this unit to a unit that has a
digital output terminal.
4
Connect this unit to a unit that has
stereo LINE OUT terminals.
≥Connect while the unit is stopped.
≥Do not connect anything to [MIC (PLUG
IN POWER)] when analog recording.
Slide [REC/LP MODE ➞] to the right.
The unit comes on and enters the recording
standby mode.
To record at the correct volume
Adjust the recording sensitivity to suit the
equipment you have connected. (See page 85.)
Slide again [REC/LP MODE ➞] to select
the recording mode.
The mode changes each time you slide the
button.
LP2 : LP2 stereo mode ( ----------------------]
;
|
|
LP4 : LP4 stereo mode
;
|
No indication : Normal stereo mode ----------}
The recording times for each mode are as
follows when you use an 80-minute MD.
LP2 stereo mode : Max.160 minutes
LP4 stereo mode : Max.320 minutes
1 Press [1/ ;] to start recording.
2 Begin playback of the source.
1 If you have inserted an MD with recordings
already on it, recording starts from the first
available space.
∫To pause recording
Press [1 / ;]. (The number of tracks
increases by one.)
Recording restarts when pressed again.
∫To stop recording
Press [∫/OPR OFF].
(UTOC is recorded.)
≥The unit powers itself off automatically in
about a minute.
≥You can turn off the unit by pressing again
[∫ / OPR OFF] on the main unit while
stopped.
∫Making good recordings
Note
≥It is best to run the unit off the AC mains as
much as circumstances of use permit. The
unit should always have a rechargeable
battery on board when being run off the AC
mains.
≥Do not press [<, EJECT] on the multi cradle
while recording.
≥Do not open the lid or shake the unit while
recording. Be especially careful while “UTOC
Writing” is on the display . If the unit is
moved at this time, the recording may not be
correctly recorded onto the disc.
≥You can damage the unit or disc if you try to
force open the lid.
If you have set the recording mode to “SYNC”,
recording begins immediately if the source, for
example the radio, you are recording is already
playing.
4 Begin playback of the source.
Recording begins automatically.
∫High quality recording
You can take advantage of the unit’s High
Density Encoding System (HDES) when using
normal stereo mode for recording, whichever
input mode you choose to use; digital, analog,
or microphone.
HDES does not function when you use MDLP
modes. “HDES” appears on the unit’s display
when you put the unit in the recording standby
mode.
Synchronized recording
Synchronized recording
This method starts and stops recording at the
same time as the source being recorded.
One track synchronized recording
The first track on a CD is recorded and then
the unit goes to recording standby mode. This
is a convenient mode if you want to record the
first track off a number of single CDs.
Preparation
≥Release HOLD.
≥Insert the rechargeable battery into the unit.
≥Insert a recordable MD.
1 Connect this unit to other equipment.
2 Slide [REC/LP MODE➞] to the right.
Slide again the switch to select LP2/LP4.
3 Press [MODE] to select the recording
mode.
Each time the button is pressed
DIGITAL
SYNC>SYNC 1>Normal (No display)
^__________}
ANALOG
SYNC>Normal (No display)
^_____}
∫To pause recording
If you have selected
≥Synchronized recording (SYNC)
This unit automatically pauses if the source
is stopped or if 2 seconds of silence when
analog recording, 7 seconds of silence when
digital recording is detected. (The number of
tracks increases by one.)
≥One track synchronized recording (SYNC 1)
The unit automatically pauses after the first
track finishes.(The number of tracks
increases by one.)
Recording restarts as follows
≥Synchronized recording (SYNC)
When sound is input again
≥One track synchronized recording (SYNC 1)
When you change the CD and play track 1
∫To stop recording
Press [∫/OPR OFF].
(UTOC is recorded.)
≥The unit powers itself off automatically in
about a minute.
≥You can turn off the unit by pressing again
[∫ / OPR OFF] on the main unit while
stopped.
Note
≥One track synchronized recording does not
function in the following cases:
1When you start CD play from track 2 or
later.
2When the first track on a CD is not
numbered 1 (on the second of a set of two
CDs, for example).
≥You cannot pause recording manually during
synchronized and one track synchronized
recording.
≥You cannot use synchronized recording
when using a microphone.
≥The beginnings of tracks may be cut-off
when you use synchronized recording. Use
normal recording if this occurs.
Operating Instructions
Basic recording
Refer to the illustrations on pages 20 to 24
of the Japanese text.
RQT6558
Setting the speakers
Refer to the illustration on page 16 of the
Japanese text.
83
Operating Instructions
DIGITAL
When recording from a CD or MD
The track marks are put onto the MD
corresponding to the tracks on the other disc.
(Track marks may not correspond to track
numbers with some discs.)
When recording from other digital sources
2 seconds of silence is determined as the
division between two tracks and a track mark
is added.
ANALOG
2 seconds of silence is determined as the
division between two tracks and a track mark
is added.
Note
Track marks will not be added if the space
between tracks is short or if there is noise in
the space. Track marks may be added in error
if there is a silent or especially quiet portion in
a track. Use the editing functions after
recording to add and remove track marks.
(See pages 90 to 91.)
∫Connecting digital equipment
≥Use an AC adaptor to power a portable CD
player and turn off its anti-skip function.
≥This unit has a sampling rate converter that
functions automatically, so you can make
digital recordings from equipment with
different sampling rates, such as satellite
receivers and DAT decks.
∫Note for long play recording
RQT6558
≥You can record using normal stereo, LP2
stereo, and LP4 stereo on the same disc.
≥“LP:” is added to the beginning of titles
recorded with LP2 or LP4 but this is not
displayed on this unit.
≥LP4 mode uses a special compression
method in order to achieve extended
recording and this may rarely cause some
noise when recording some material. Use
standard stereo or LP2 mode for better
sound quality.
≥The mode reverts to normal stereo recording
when you replace the battery or unplug the
AC adaptor.
84
Recording from a microphone
Other recording functions
Refer to the illustration on page 25 of the
Japanese text.
Refer to the illustrations on pages 26 and
27 of the Japanese text.
Preparation
Ways of adding track marks
≥Release HOLD.
≥Insert the rechargeable battery into the unit.
≥Insert a recordable MD.
1 Connect the microphone.
≥Connect while the unit is stopped.
≥Do not connect anything to [OPT/LINE IN].
≥Keep the microphone away from the unit to
avoid recording sounds from it.
≥If howling occurs while you are using
earphones, separate the microphone and
earphones or reduce the volume.
2 Slide [REC/LP MODE ➞] to the right.
Slide again the switch to select LP2/LP4
mode.
3 1 Press [1/ ;] to start recording.
2 Face the microphone towards the
source of the sound.
∫To pause recording
Press [1 / ;]. (The number of tracks
increases by one.)
Recording restarts when pressed again.
∫To stop recording
Press [∫/OPR OFF].
(UTOC is recorded.)
≥The unit powers itself off automatically in
about a minute.
≥You can turn off the unit by pressing again
[∫ / OPR OFF] on the main unit while
stopped.
∫Track marks
Add track marks manually or have the unit add
them at selected intervals.
(See next page.)
∫For stereo recording
Purchase a stereo microphone, part number
RP-VC200 or RP-VC300.
Apart from auto marking where the unit
automatically adds the track marks during
recording, there are also the manual and auto
time marking methods.
Press [MARK MODE] while the unit is in
the recording standby mode to select the
required marking method.
The mode changes each time the button is
pressed.
AUTO (-------------------------------------------------------------]
|
Track marks are added automatically
|
when the tracks change.
;
|
|
MANUAL
|
Track marks can be added
|
manually where required.
;
|
|
3MIN
|
Track marks are inserted at
|
3 minute intervals.
;
|
|
5MIN
|
Track marks are inserted at
|
5 minute intervals.
;
|
10MIN--------------------------------------------------------------------}
Track marks are inserted at
10 minute intervals.
Note
“AUTO” cannot be selected when recording
with a microphone.
Checking the remaining time on
the MD
This function allows you to check the time
available for recording while in recording
standby mode or in progress.
Remote control only
Press and hold [$ LIGHT/% DISP] while in
recording standby mode or during
recording.
The display changes each time this is done to
show elapsed recording time and the
remaining recording time.
Note
The available time for recording corresponds to the
currently selected recording mode; LP2 or LP4.
Adjusting recording sensitivity
Press [EQ/REC SENS] while in recording
standby mode.
The mode changes each time the button is
pressed.
REC SENS H (---------------------------------]
;
|
|
REC SENS L
;
|
Manual setting -------------------------------------}
REC SENS H is recommended when:
≥Analogue recording from portable equipment
≥Digital recording from satellite tuners etc.
≥Microphone recording of meetings.
REC SENS L is recommended when:
≥Analogue recording from stereo systems
≥Normal digital recording.
≥Microphone recording of loud live
performances etc.
Operating Instructions
Track marks are put automatically as follows.
To adjust manually
∫To add track marks manually
Main unit
Press [MARK MODE] when a track mark is
required during recording.
Remote control
Press [T.MARK/EQ] during recording.
Note
Track marks are added manually even if
MANUAL has not been selected.
1
2
3
Put the unit in recording standby mode.
Begin playback of the source.
Press [:] or [9].
Adjust so the meter reaches to between
–12dB and –4dB.
9: Recording sensitivity increases.
(The level meter also increases in
length.)
:: Recording sensitivity decreases.
(The level meter also decreases in
length.)
Note
≥You cannot change the settings during
recording.
≥The setting is cleared when you finish
recording. Adjust again if necessary before
starting the next recording.
RQT6558
∫Putting track marks
85
Operating Instructions
Preparation
≥Release HOLD.
≥Insert a MD.
1 Connect the remote control and
earphones, then insert the remote
control’s plug into the headphone jack
[Ë] on the unit.
2
Main unit
Press [1/ ;] to start play.
Remote control
3
Press [1/∫] to start play.
The unit stops automatically when all the
tracks on the disc have been played.
Adjust the volume.
r: To increase the volume level
s: To decrease the volume level
Volume level is 0–25.
Note
≥Make sure you connect the AC adaptor as
sound will not be produced by the speakers
if you use only batteries.
≥You may listen to the music you are
recording via the speakers (excepting when
you are recording using a microphone).
Other playback functions
∫To pause play
Main unit
Press [1/ ;] during play.
Playback starts when pressed again.
∫To stop the disc
Main unit
Refer to the illustrations on pages 31 to 36
of the Japanese text.
Skip
This function skips tracks and play begins
from the beginning of the selected track.
Press [∫/OPR OFF].
Remote control
Press [1/∫].
≥The unit powers itself off automatically in
about a minute.
≥You can turn off the unit by pressing again
[∫ / OPR OFF] on the main unit while
stopped.
∫Playback for long times
≥MDLP
≥You can play tracks recorded with MDLP
mode. “LP-2” or “LP-4” is displayed.
≥Monaural playback
≥If a disc was recorded monaurally, the unit
automatically switches to monaural
playback mode.
The unit selects the play mode according to
the recording mode: normal stereo, 2 x play
stereo (LP2), or 4 x play stereo (LP4),
monaural.
Main unit
Press [:, 9] during play.
Forward : [9] Backward : [:]
If you keep the button depressed the unit will
continue to skip tracks
Search
This function allows you to fast-forward or
rewind through tracks.
Main unit
RQT6558
86
Remote control
Press and hold [:, 9] during play.
Forward : [9] Backward : [:]
Track select
This function allows you to begin listening
from a selected track.
1
Main unit
Remote control
Press [:, 9] while stopped to select
the track you like.
Forward : [9] Backward : [:]
If you keep the button depressed the unit
will continue to skip tracks
∫Resume function
The unit stores the point at which play was
stopped and if [1/ ;] on the main unit or
[ 1/∫ ] on the remote control is pressed
again, play begins from that point. This does
not work if the unit is opened or if the battery
is removed. The unit starts play from the first
track in these cases.
Remote control
2
Main unit
Press [1/ ;] to start play.
Remote control
Press [1/∫] to start play.
Play starts from the selected track and
plays through to the final track.
Intro-scan memory
Using the program play
You can operate this function only using
remote control.
Scan the introductions of tracks and program
a maximum of 16 tracks in the order you want
to hear them.
If “MEMO” is on the display, start from step 2.
1. While stopped, press [PLAY MODE] until
“MEMO” appears.
2. Press [1/∫].
≥The tracks are played in the programmed
order.
≥During program play, “MEMO” is
displayed after the track’s title on the
remote control’s display.
∫Program the tracks
1. While stopped, press [PLAY MODE] until
“INTRO” appears.
The unit powers itself off in about 1 minute
if you do not perform another operation.
2. Press [1/∫].
≥The first 10 seconds of each track are
played in order (intro-scan).
≥You can skip tracks during intro-scan.
3. Press [T.MARK/EQ] while the track
number is flashing to program the track.
When the introduction of the last track is
played, intro-scan starts again from the
beginning. Tracks you have programmed
are not played again.
4. Repeat step 3 to program all the tracks
you want.
5. Press [1/∫] to finish programming.
You can start play of the program by
pressing [1/∫].
∫If “END” or “FULL” is displayed
You cannot program any more tracks.
END : you have programmed all tracks on the
disc.
FULL : you have programmed the maximum
of 16 tracks.
Programming ends 2 seconds after either of
these is displayed.
∫To make a new program
Clear all tracks
While stopped and “MEMO” is on the display,
press and hold [T.MARK/EQ] for about 5
seconds.
“CLEAR” is displayed and all tracks are
cleared. “INTRO” appears on the display after
this. Start from step 2.
∫To cancel intro scan
Press [PLAY MODE] while stopped.
(“INTRO” disappears, the time information is
shown, and normal play is restored.)
Note
It is not possible to use intro-scan playback or
memory playback (refer right) in group mode.
(See page 88.)
∫To stop play
Press [1/∫].
∫To cancel program play (The
program is stored)
Press [PLAY MODE] while stopped or playing.
(“MEMO” disappears, the time information is
shown, and normal play is restored.)
∫The program is cleared in the
following cases
≥You Clear all tracks
≥The battery goes flat
≥You open the disc lid
≥You open the battery cover
≥You activate recording
≥You press [EDIT] and editing operations are
carried out.
≥You activate Net MD.
Sound quality
Main unit
Press [EQ/ REC SENS] when the unit is
stopped or playing.
Remote control
Press [T.MARK/EQ] when the unit is
stopped or playing.
The mode changes each time the button is
pressed.
XBS-1 ( ----------------------------------------------------]
|
Increases the power of
|
the bass sounds.
;
|
|
XBS-2
|
Increases the XBS-1 effect.
;
|
|
TRAIN
|
Reduces sounds that may annoy
|
others when you are using the
|
unit in a public place.
;
|
NORMAL (Cancel)----------------------------------------------}
Operating Instructions
To listen through the speakers
Refer to the illustration on page 30 of the
Japanese text.
1. Insert a rechargeable battery into the unit.
2. Install the unit to the multi cradle.
3. Connect the AC adaptor to the multi cradle.
4. Connect the speakers to the multi cradle.
To operate the settings for the speakers use
the same process as for stereo earphones.
Adjusting the volume
Can also be performed using the multi cradle
[M s, r L, VOL/CURSOR ] buttons.
RQT6558
Playback (Basic play)
Refer to the illustrations on pages 28 to
29 of the Japanese text.
87
Operating Instructions
the
When the AC adaptor is used as the power
source it is possible to change settings as
follows:
XBS-SP(-------------------------------------------------------------]
|
Increases the power of
|
the bass sounds.
;
|
NORMAL (Cancel) ----------------------------------------}
Note
You cannot change sound quality during introscan or if “MEMO” is displayed while stopped.
∫To skip in the group
Press [:, 9] during play.
∫To search in the group
Press and hold [:, 9] during play.
∫To listen from a selected track in
the group
1 Press [:, 9] while stopped.
Forward : [9] Backward : [:]
2 Press [1/ ;] (main unit) or [1/∫] (remote
control) to start the play.
Play starts from the selected track and plays
through to the final track in the group.
Repeat and Random play
Listening in the group mode
Discs that have been given a group setting
(the tracks on the disc have been arranged
into a number of groups) allow the listener to
select a group and enjoy continuous play of all
the songs in that group.
First set the groups. (See page 91.)
Remote control only
1. Press and hold [PLAY MODE] while
stopped to select “GROUP ON” (group
mode).
(“GRPON” on the remote control’s
display)
The group mode and disc mode changes
each time the button is pressed.
GROUP ON()GROUP OFF (main unit)
GRPON()GRPOFF (remote control)
Main unit
2.
Remote control
Press and hold [:, 9] to select the
group you want to listen (group skip).
If you continue to press the button the
group changes successively.
Main unit
3.
Press [1/ ;] to start play.
Remote control
Press [1/∫] to start play.
Play will continue to the last song of the
selected group and stop.
RQT6558
Note
88
≥The first song of each group will be indicated
by the track number “1”.
≥If “INTRO” or “MEMO” are displayed [refer to
intro-scan memory playback (see page 87)]
on the remote control while play is stopped,
group mode cannot be used.
≥For discs not assigned a group setting “NO
GROUP” (on the remote control “NO GRP”)
will be displayed.
Main unit
Press [MODE] when the unit is stopped or
playing.
Remote control
Press [PLAY MODE] when the unit is
stopped or playing.
The mode changes each time the button is
pressed.
1 track repeat (1-`) ( ---------------------------]
|
One track is played over and over.
;
|
|
All track repeat (`)
All tracks on the disc (or on the group while |
the unit is in the group mode) are repeated. |
;
|
|
Random (RANDOM) (main unit)
|
Random (RND) (remote control)
|
All tracks on the disc (or on the group
|
while the unit is in the group mode) are
|
played randomly once each then the
|
unit stops automatically.
;
|
|
Remote control only
|
Intro-scan memory (INTRO or MEMO)
;
|
Normal (no indicator is shown) ----------------------}
Note
≥“INTRO” and “MEMO” are only displayed
while stopped in the disc mode.
≥When using all tracks repeat, you may skip,
fast forward or rewind from the first song on
the disc (or on the group) to the last (and
vice versa) even during playback.
≥During random play, it is not possible to skip
or rewind to a track that has already been
played.
≥When changing discs or changing group
mode (see left), please reset settings.
Other useful functions
Refer to the illustration on pages 37 to 39
of the Japanese text.
∫Adjusting the display’s contrast
When the unit is powered on:
1 Put the main unit in hold (See the
illustration on the page 16 of the
Japanese text.) .
2 1Press and hold [1 / ;] on the main
unit and ...
2
Main unit
2Press [VOL ,s,r].
Remote control
2Press [r, s ].
2By pressing j or i the contrast will
change gradually. Setting can be made
in the range as follows.
2Main unit: 0 (light) to 29 (dark)
2Remote control: 0 (light) to 15 (dark)
2 + : darker, − : lighter
∫To light the display of the remote
control
The display lights for about 5 seconds when
an operation is done on the remote control. It
remains lit for up to 20 seconds while a track
or disc title is scrolling on the screen.
∫Checking the display of the remote
control
Press [$ LIGHT/% DISP].
The display lights for 5 seconds.
∫The operation tone of the remote
control
A tone sounds when a button on the remote
control is pressed.
The tone can be turned on and off.
When the unit is powered on:
1 Put the main unit in hold (See the
illustration on page 16 of the Japanese
text.) .
2 1Press and hold [1 / ;] on the main
unit and ...
2To turn on
2Press and hold [1/∫] until “Beep ON”
appears.
2To turn off
2Press and hold [1/∫] until “Beep OFF”
appears.
Change the display
Remote control only
Press and hold [$ LIGHT/% DISP] when
the unit is stopped or playing.
Note
≥“*” indicates group names.
≥“ ”indicates disc names.
≥“NO TITLE” (“
” on the remote
control) appears when a track, group, or disc
has no title.
Remote control
Disc mode
The display changes each time this is done to
show the track title, the disc title, playing time
of all tracks, total numbers of tracks, elapsed
playing time and the track number.
Group mode
The display changes each time this is done to
show the track title, the group title, overall
group playing time, overall number of tracks in
group, group track number and elapsed
playing time.
Main unit
Disc mode
The display changes each time this is done to
show the remaining playing time, remaining
recording time, the disc title, playing time of all
tracks, total numbers of tracks, elapsed
playing time, the track number and the track
title.
Note
The remaining recording time shown
corresponds to the recording mode (normal,
LP2, or LP4) currently selected.
Group mode
The display changes each time this is done to
show the remaining playing time, the group
title, overall group playing time, overall
number of tracks in group, group track number
, elapsed playing time and the track title.
Operating Instructions
through
RQT6558
∫When listening
speakers
89
Operating Instructions
This allows you to add track marks, making it
easy to divide a classical piece into its
separate movements, for example.
Operation
Refer to the illustration on page 41 of the
Japanese text.
1 Press [EDIT] during play.
2 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select “DIVIDE?”.
3 Press [ENTER, USB ON/OFF] at the
point you want to divide the track.
A 4 second segment (8 seconds if the track
is monaural or recorded with LP2, 16
seconds if the track is recorded with LP4)
of the track is played repeatedly, beginning
at the point selected.
∫To adjust the point
Press[M s, r L, VOL/CURSOR] to adjust
the point.
Adjustments can be made approximately 8
seconds (16 seconds if the track is monaural
or recorded with LP2, 32 seconds if the track
is recorded with LP4) either side of the original
point. (-128 to +127)
4 Press [ENTER, USB ON/OFF].
The display asks you to confirm your
selection.
5 Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
∫To stop part way through an editing
operation
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 5.
Note
≥If you divide a track with a title, the latter
track becomes untitled.
≥DIVIDE cannot be used while the unit is
stopped.
TRACK ERASE
GROUP (Grouping tracks)
Rearrange the order of the tracks.
Operation
Refer to the illustration on page 42 of the
Japanese text.
1 Press [EDIT] while stopped.
2 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select “MOVE?”.
3 Press [ENTER, USB ON/OFF].
Now the display is in the mode to select
track to be moved.
4 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select the track to be moved.
5 Press [ENTER, USB ON/OFF].
Now the display is in the mode to select the
new position.
6 Press [M s, r L, VOL/CURSOR] again
to select the new position.
7 Press [ENTER, USB ON/OFF].
The display asks you to confirm your
selection.
8 Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
Erase one track at a time.
Operation
Refer to the illustration on page 44 of the
Japanese text.
1 Press [EDIT] while stopped.
2 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select “TRACK ERASE?”.
3 Press [ENTER, USB ON/OFF].
Now the display is in the track selection mode.
4 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select the track to erase.
5 Press [ENTER, USB ON/OFF].
The display asks you to confirm your
selection.
6 Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
You can do the following
∫To stop part way through an editing
operation
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 8.
ALL ERASE (Erasing tracks)
Erase all the tracks on the MD.
Operation
Refer to the illustration on page 43 of the
Japanese text.
1 Press [EDIT] while stopped.
2 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select “ALL ERASE?”.
3 Press [ENTER, USB ON/OFF].
The display asks you to confirm your
selection.
4 Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
(“BLANK DISC” appears on the display.)
RQT6558
∫To stop part way through an editing
operation
90
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 4.
Note
ALL ERASE cannot be used while the disc is
playing or paused.
∫To stop part way through an editing
operation
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 6.
COMBINE (Combining 2 tracks)
Remove a track mark from between two
tracks, effectively making them one track.
Operation
Refer to the illustration on page 45 of the
Japanese text.
1 Press [EDIT] while playing the latter of
the two tracks you want to combine (or
while paused).
2 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select “COMBINE?”.
3 Press [ENTER, USB ON/OFF].
The display asks you to confirm your
selection. In the example, the last eight
seconds of track 2 and the first eight
seconds of track 3 play repeatedly. (16
seconds if the track is monaural or recorded with
LP2, 32 seconds if the track is recorded with LP4)
4
Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
∫To stop part way through an editing
operation
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 4.
Note
≥The combined track takes the title of the
former of the two tracks.
≥COMBINE does not work while playing track 1.
≥You cannot combine tracks recorded using
different modes (monaural, normal stereo,
LP2, and LP4).
≥Group set
Group together successive tracks and give
groups titles
≥Group title
Change group titles
≥Group release
Release tracks from a group
Operation
Refer to the illustration on pages 46 to 49
of the Japanese text.
1 Press [EDIT] while stopped.
2 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select “GROUP?”.
3 Press [ENTER, USB ON/OFF] .
Now the display is in the function selection
mode.
4 1Press [M s, r L , VOL/CURSOR] to
select the function.
1The mode changes each time the button
is pressed.
SET?
; (-----------------------------------]
;
|
|
TITLE?
;
;
|
RELEASE? -----------------------------}
2Press [ENTER, USB ON/OFF] .
1Refer to operation you selected.
≥GROUP SET
After step 4 above
The display is ready for you to select the first
track in the group.
5 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select the first track.
6 Press [ENTER, USB ON/OFF].
The display is ready for you to select the
last track in the group.
7 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select the last track.
Operating Instructions
DIVIDE (Dividing a track into two)
MOVE (Moving tracks)
8
Press [ENTER, USB ON/OFF].
The number of the new group is displayed.
After 2 seconds
The text editing mode is entered.
9 Enter the title. (See pages 92 to 93.)
10 Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
∫To stop part way through an editing
operation
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 10.
RQT6558
Editing MDs
91
Operating Instructions
6
7
8
select the group you want to title.
Press [ENTER, USB ON/OFF].
The text editing mode is entered.
Enter the title. (See right.)
Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
Titling discs and tracks
Refer to the illustration on pages 50 to 51
of the Japanese text.
≥Discs and tracks recorded with standard
stereo recording mode can have titles with
up to 100 characters. Tracks recorded with
LP2 or LP4 can have titles with up to 97
characters.
≥One MD can hold a maximum of 1792
characters. The number of characters an MD
can hold reduces if you use LP2 or LP4 to
record tracks and if you put tracks into
groups.
1 Press [EDIT] while stopped.
“TITLE?” appears on the display.
2 Press [ENTER, USB ON/OFF].
“DISC TITLE?” appears on the display.
3 When titling a disc
Press [ENTER, USB ON/OFF] again.
The text editing mode is entered.
∫To stop part way through an editing
operation
When titling a track
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 8.
≥GROUP RELEASE
After step 4 in the page before
The display is ready for you to select the
group to release.
5 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
6
7
select the group you want to release.
Press [ENTER, USB ON/OFF].
The display asks you to confirm your
selection.
Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
∫To stop part way through an editing
operation
RQT6558
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 7.
92
Note
≥After using editing functions (e.g., DIVIDE, MOVE,
and COMBINE) on a disc with groups, the unit
rewrites UTOC to maintain consistent group
information.
≥If you create groups with this unit and then perform
editing on a unit that is incompatible with group
functions, the group information may be rendered
unusable.
≥Disc titles will not be displayed correctly if you play
an MD with groups on it on equipment that is
incompatible.
4
5
1Press [M s, r L, VOL/CURSOR] to
select the track you want to title.
2Press [ENTER, USB ON/OFF].
2The text editing mode is entered.
Enter the title. (See right.)
Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete.
Entering text
Refer to the illustrations on pages 52 to 53
of the Japanese text.
Preparation: Put the unit in the text editing
mode.
1 Press [CHARA ] to select the type of
characters.
The type changes each time the button is
pressed.
ア ) A )a )1
^ ------------------------}
2 Press the character/numbered buttons
to select.
The characters changes each time you
press the button.
3 Press [ r L ,VOL/CURSOR]
The character moves to the title section
and the unit is ready to accept the next
character.
∫To erase a character
1
2
∫To insert an extra character or
space
1
Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
move the cursor to the position you
want to insert the character or space.
2
To insert the character
∫After titling a disc
The display automatically shows the track
titling display. Follow the steps for titling
tracks.
∫To stop part way through an editing
operation
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 5.
Note
≥If you start entering a title while a track is
playing, the track repeats until you finish.
≥If you begin title editing with a disc that has
titles longer than 100 characters, “TITLE
OVER” is displayed and then the text-editing
mode is entered. The unit erases the extra
characters when you complete editing.
≥“LP:” are automatically added when you use
MDLP to extend recording time, so the
number of characters you can put in an MD is
reduced. When you put tracks into groups,
this group information is also recorded and
reduces the number of characters an MD can
hold.
Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
move the cursor over the character you
want to erase.
Press [DELETE].
The characters after the erased character
move back to take its place.
Press character/numbered button.
To insert space
Press [SPACE].
∫Correcting titles
1
2
Delete the character you want to correct.
Insert the character.
Copying titles from one MD to
another (TITLE STATION)
Refer to the illustration on pages 54 of the
Japanese text.
The unit temporarily records the titles from an
MD so they can then be copied onto another
MD.
Before proceeding
≥You cannot copy titles from prerecorded
MDs or blank MDs.
≥You can copy titles only if both MDs have the
same number of tracks.
≥If the MD you are copying titles to already
has titles, they are replaced with the new
titles when this procedure is used.
≥When you copy the titles recorded with LP2
or LP4 to the tracks recorded with standard
stereo mode, these tracks will have “LP:” at
the beginning of their title.
≥Group information is also copied from the
disc being copied.
1 Insert the MD with the titles.
2 Press [EDIT] while stopped.
3 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
select “TITLE COPY?”.
4 Press [ENTER, USB ON/OFF].
After “TITLE MEMORY” is displayed
“TAKEOUT DISC” is displayed when the
unit has recorded the titles.
5 Eject the MD.
“CHANGE DISC” is displayed when the lid
is opened.
6 Insert the other MD.
After “TOC Reading” is displayed, the
display asks you to confirm the operation.
7 Press [ENTER, USB ON/OFF].
When “UTOC Writing” goes out editing is
complete and the unit stops.
∫Leaving a space during input
∫To stop part way through an editing
operation
Press [r L , VOL/CURSOR] to move the
cursor one space to the right.
Press [EDIT] before confirming the operation
in step 7.
Operating Instructions
≥GROUP TITLE
After step 4 on the preceding page
The display is ready for you to select the
group to title.
5 Press [ M s , r L , VOL/CURSOR] to
Titling MDs
∫To stop part way through an editing
operation
Press [EDIT].
The normal display is restored.
Note
The symbol “/” cannot be inputted twice or
more times in succession.
RQT6558
Note
≥A group can be made from one track.
≥Groups are not operated in the order you create
them. They are ordered by track numbers.
≥Tracks separated by other tracks cannot be
grouped.
≥You cannot put the same track into two different
groups.
93
Operating Instructions
By connecting the unit to a computer via a
USB terminal, it is possible to download music
data stored in your computer from CDs and
internet music sites to the unit’s MD.
∫What you can do with Net MD
≥You can use BeatJam to convert the music
data stored in your computer to OpenMG
format, send it to MD player and record it
onto MD.
≥You may record in LP2/LP4 mode also. The title of
each track will also be recorded.
≥MDs made using Net MD can be listened to just
like MDs made from CD using any MD player. It is
also possible to record to other MD players using
the analog connections.
≥There is a limit to the number of times you may
checkout to one piece of music data.
≥If you return the data checked out to the computer
(check-in), you may check out for a second time
using another media to use it.
≥You may operate to unit from a computer to
change the order of songs or add track titles.
Note
≥BeatJam and Net MD USB drivers can only
be installed on computers using a Windows
OS. They cannot be installed on a Macintosh
computer.
≥Net MD will only work properly if the unit is
used in combination with a computer with the
provided software and drivers installed. We
cannot guarantee performance if more than
one unit is attached at any one time or if the
unit is used combination with other Net MD
devices.
Installation
1 Preinstalling BeatJam and Net MD
RQT6558
USB drivers
94
1Turn on the computer and boot up the
OS.
2Insert the CD-ROM provided into the
computer’s CD-ROM drive.
2The Begin Set Up Screen will be
displayed.
3Click on “Set Up BeatJam” in the
Begin Set Up Screen.
Follow the on screen instructions and
install. All necessary drivers and
applications will be installed.
Use the USB cable (provided) and
connect the unit to a computer.
1. Insert a rechargeable battery into the
unit.
2. Install the unit to the multi cradle.
3. Connect the AC adaptor to the multi
cradle.
4. Connect the USB cable to the multi
cradle and the computer.
Refer also to the instruction booklet that
came with the computer.
Note
Make sure you use the USB cable that came
with this unit
3 Double Check
Confirm that BeatJam and Net MD USB
drivers have been correctly installed.
≥ BeatJam
The BeatJam, BeatJam User Registration
and BeatStream icons will be displayed on
the computer desktop if they have been
correctly installed.
≥ Net MD USB driver
Press [ENTER, USB ON/OFF] on the
multi cradle to activate Net MD.
The items contained in the on screen list
may vary according to the computer
environment you are using.
When using Windows 2000 Professional
(See the illustrations on page 59 of the the
Japanese text.)
When using Windows XP Home
Edition/Professional
(See the illustrations on page 59 of the the
Japanese text.)
When using Windows 98/98 Second
Edition or Windows Millennium Edition
(See the illustrations on page 60 of the the
Japanese text.)
Recording onto MD (Checkout)
Refer to the illustration on pages 61 of the
Japanese text.
Preparation
1Turn on the computer and boot up the
OS.
2Connect the unit to the computer using a
USB cable .
3Place a MD for recording and a
rechargeable battery into the unit and
install the unit onto the multi cradle.
4Release the write protection catch on the
MD.
1
2
3
Press [ENTER, USB ON/OFF] when play
is stopped or the power is off.
Activate BeatJam on the computer and
record (checkout) the songs you want to
record to MD.
Checking out is finished when the “UTOC
Writing” goes out.
Press [ENTER, USB ON/OFF].
Net MD will stand down.
Note
In cases where the track titles were included
in the computer data, the titles will also be
transferred to the MD.
Returning data to the computer (Checkin)
Refer to the illustration on page 62 of the
Japanese text.
Once you have returned a track you checked
out to the source computer, you may check it
out and use it again on other media.
Preparation
1Turn on the computer and boot up the
OS.
2Connect the unit to the computer using a
USB cable.
3Place a MD containing the checked out
tracks and a rechargeable battery in the
unit and install on the multi cradle.
1
Press [ENTER, USB ON/OFF] when play
is stopped or the power is off.
2
Activate BeatJam on the computer and
return (check-in) the songs.
Checking in is finished when the “UTOC
Writing” goes out.
3
Press [ENTER, USB ON/OFF].
Net MD will stand down.
Note
Do not carry out any of the following actions
while checking in/out - music data may be lost.
≥Press [<, EJECT] and remove the unit from
the multi cradle.
≥Disconnect the USB cable.
≥Remove the rechargeable battery or
disconnect the AC adaptor.
∫Operating the unit from a computer
MD play
MD editing
≥edit track titles
≥rearrange the order of tracks (MOVE)
≥remove unwanted tracks (ERASE)
Optional accessories
Refer to the illustration on page 64 of the
Japanese text.
∫Listening and recording through other
equipment
Disconnect the earphones from the remote
control and connect the stereo equipment with
one of the following line cords.
If the amplifier’s connection is ;
a line connection : RP-CAPM3G15
a mini–phone jack : RP-CAM3G15
≥Turn off the power to all units before making
connections.
≥Ensure you connect this unit to the input
terminals on your stereo. Connection to the
output terminals can damage this unit.
≥Set sound quality to NORMAL (canceled).
(See page 87.)
≥Set the volume on this unit to between 20
and 23.
Operating Instructions
What is Net MD ?
2 Connection
∫Replacement joint phones
RP-HJ337, RP-HJ237
∫Stereo microphone
RP-VC200, RP-VC300
∫Nickel-metal hydride rechargeable
battery
HHF-1PSC/1B, HHF-AZ01S/1B
RQT6558
Using in combination with a computer
Refer to the illustration on pages 55 to 63
the Japanese text.
95
主な仕様
式:ミニディスクデジタル
オーディオシステム
録 音 方 式:磁界変調オーバー
ライト方式
読 み 取 り 方 式:半 導 体 レ ー ザ ー
(λ= 780 nm)に
よる非接触光学式
エラー訂正方式:ア ド バ ン ス ト ク ロ ス
インターリーブ リード
ソロモンコード(ACIRC)
圧縮/伸長方式: ATRAC/ATRAC3 方式
チ ャ ン ネ ル 数: 2 チャンネル(ステレオ)
1 チャンネル(モノラル)
(モノラルは再生のみ)
サンプリング周波数: 44.1 kHz
サンプリングレート 入力: 32 kHz/44.1kHz
/48 kHz
コンバーター
周 波 数 特 性:20 Hz 〜 20 kHz
(+ 0 dB 〜− 8 dB)
:測定限界値以下
ワウ・フラッター
入 力 端 子
OPT/LINE IN 端子([OPT/LINE IN]は兼用ジャック)
入力インピーダンス: 22 k Ω
入 力 レ ベ ル: SENS H: 178 mV
SENS L: 500 mV
MIC 端子
入力インピーダンス: 600 Ω
入 力 レ ベ ル: SENS H: 0.4 mV
SENS L: 2.5 mV
スピーカー(2個)
電
RQT6558
96
スピーカー端子
(マルチクレードル)
負荷インピーダンス: 8 Ω
出 力 レ ベ ル: 0.9 W + 0.9 W
源
本
乾
録音
体
充電式電池: DC 1.2 V
(専用充電式電池)
電
池: DC 1.5 V
(単 3 形アルカリ乾電池× 1個)
使用電池
充電式電池 1)
乾電池 2)
1)
充電式電池 +乾電池
2)
ステレオ
LP2 ステレオ
LP4 ステレオ
(通常)
(2 倍長時間)
(4 倍長時間)
約 13 時間
約 17 時間
約 21 時間
約 8 時間
約 13 時間
約 16 時間
約 35 時間
約 46 時間
約 56 時間
マルチクレードル
AC アダプター: DC 4.5 V
(付属 AC アダプター
再生
使用電池
100 V AC,50/60 Hz
10 VA 使用時)
電池持続時間(JEITA)
(➠ 右ページ参照)
充 電 時 間
付属ACアダプター使用 :約 3 時間 30 分
充電式電池 1)
乾電池
2)
充電式電池 1)+乾電池 2)
ステレオ
LP2 ステレオ
LP4 ステレオ
(通常)
(2 倍長時間)
(4 倍長時間)
約 25 時間
約 33 時間
約 40 時間
約 39 時間
約 50 時間
約 63 時間
約 70 時間
約 90 時間
約 110 時間
1)付属充電式電池フル充電時
2)パナソニックアルカリ乾電池(LR6)使用時
寸法(W × H × D)
本 体 寸 法: 78.2 × 71.6 × 17.9 mm
最 大 外 形 寸 法:80.4 × 74.6 × 20.1 mm
(JEITA)
質
量:約 124 g
ドルビーラボラトリーズの米国及び外国特許に基づく許諾製品。
主
な
仕
様
(充電式電池含む)
:約 97 g
(充電式電池含まず)
●
出 力 端 子
ヘッドホン端子
負荷インピーダンス: 22 Ω
出 力 レ ベ ル: 3.5 mW + 3.5 mW
電池持続時間(JEITA)
インピーダンス: 8 Ω
●
電池持続時間は、水平に置き連
続して録音または再生した場合
の時間です。使用条件によって
短くなる場合があります。
この仕様は、性能向上のため変
更することがあります。
電源「切」時消費電力
… 1.6 W(AC のとき)
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準
に基づくクラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用す
ることを目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信
機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことがあります。
取扱説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
RQT6558
形
97
あ 1 曲シンクロ録音 ・ ・ ・22
インストール ・ ・ ・ ・ ・ ・57
イントロスキャン
メモリー再生 ・ ・32 〜 33
オートマークモード ・26, 66
オールイレース ・ ・ ・ ・ ・43
音質 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・34
か グループ ・ ・ ・ ・ ・ ・35, 46
コンバイン ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・45
さ サーチ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・31
充電 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・13
シンクロ録音 ・ ・ ・ ・ ・ ・22
スキップ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・31
スピーカー ・ ・ ・ ・16, 30
た タイトル ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・50
タイトルステーション ・54
タイムマークモード ・26, 66
チェックアウト ・ ・
チェックイン ・ ・ ・
ディバイド ・ ・ ・ ・
電池残量表示 ・ ・ ・
トラックイレース
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・61
・62
・41
・15
・44
RQT6558
トラック指定 ・ ・ ・ ・ ・ ・31
トラックマーク ・24、26、66
98
は ホールド ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・16
ま マイク録音 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・25
マニュアルマークモード ・26, 66
マルチクレードル ・13, 30, 58
ム−ブ
・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・42
ら ランダムプレイ ・ ・ ・ ・ ・36
リジュームプレイ ・ ・ ・28
リピートプレイ ・ ・ ・ ・ ・36
A BeatJam ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・55
HDES ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・20
MDLP ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・21, 24
Net MD ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・55
SCMS
TOC ・
USB ・
UTOC
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・
・67
・66
・58
・66
<無料修理規定>
1.取扱説明書、本体貼付ラベル等の注意書に従った使用状態で保
証期間内に故障した場合には、無料修理をさせていただきます。
(イ)無料修理をご依頼になる場合には、商品に取扱説明書から
切り離した本書を添えていただきお買い上げの販売店にお
申しつけください。
(ロ)お買い上げの販売店に無料修理をご依頼にならない場合に
は、お近くのご相談窓口にご連絡ください。
2.ご転居の場合の修理ご依頼先等は、お買い上げの販売店または
お近くのご相談窓口にご相談ください。
3.ご贈答品等で本保証書に記入の販売店で無料修理をお受けにな
れない場合には、お近くのご相談窓口へご連絡ください。
4.保証期間内でも次の場合には原則として有料にさせていただき
ます。
(イ)使用上の誤り及び不当な修理や改造による故障及び損傷
(ロ)お買い上げ後の取付場所の移設、輸送、落下などによる故
障及び損傷
(ハ)火災、地震、水害、落雷、その他天災地変及び公害、塩害、
ガス害(硫化ガスなど)
、異常電圧、指定外の使用電源
(電圧、周波数)などによる故障及び損傷
(ニ)車両、船舶等に搭載された場合に生ずる故障及び損傷
(ただし、ポータブル CD プレーヤーなどの車載を目的とした
機器を車両に搭載された場合は無料)
(ホ)一般家庭用以外(例えば業務用など)に使用された場合の
故障及び損傷
(ヘ)本書のご添付がない場合
(ト)本書にお買い上げ年月日、お客様名、販売店名の記入のな
い場合、あるいは字句を書き替えられた場合
(チ)持込修理の対象商品を直接修理窓口へ送付した場合の送料
等はお客様の負担となります。また、出張修理等を行った
場合には、出張料はお客様の負担となります。
5.本書は日本国内においてのみ有効です。
6.本書は再発行いたしませんので大切に保管してください。
7.お近くのご相談窓口は取扱説明書の保証とアフターサービス欄
をご参照ください。
さ
く
い
ん
修理メモ
※この保証書は、本書に明示した期間、条件のもとにおいて無料修
理をお約束するものです。従ってこの保証書によって、お客様の
法律上の権利を制限するものではありませんので、保証期間経過
後の修理についてご不明の場合は、お買い上げの販売店またはお
近くのご相談窓口にお問い合わせください。
※保証期間経過後の修理や補修用性能部品の保有期間については取
扱説明書の「保証とアフターサービス」をご覧ください。
※This warranty is valid only in Japan.
RQT6558
さくいん
99
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising