Samsung | SM-T800 | User manual | Samsung Galaxy Tab S 10.5 ユーザーマニュアル

Samsung Galaxy Tab S 10.5 ユーザーマニュアル
SM-T800
ユーザーマニュアル
Japanese. 05/2014. Rev.1.0
www.samsung.com
目次
はじめに
ネットワーク接続
6
39 Wi-Fi
40 ブラウザ
安全上のご注意(必ずお守りくだ
さい)
ご使用前の準備
12
13
15
17
19
20
モーションと便利な機能
付属品
各部の名称と機能
充電する
メモリーカードを使用する
本製品の電源を入れる/切る
画面をロックする/ロックを解除
する
42
44
49
49
カスタマイズ
50 ホーム画面とアプリ画面を管理す
る
55 壁紙および通知音を設定する
56 画面のロック方法を変更する
57 指紋スキャナー
60 プライベートモード
62 マルチユーザー
64 今まで使っていた端末からデータ
を転送する
65 アカウントを設定する
基本操作
21
24
27
30
30
32
35
35
37
38
モーションとジェスチャー
マルチウィンドウ
ツールボックス
タッチスクリーンの感度を上げる
タッチスクリーンを使用する
ホーム画面とアプリ画面
通知パネルとクイック設定パネル
アプリを起動する
アプリをインストール/アンイン
ストールする
文字を入力する
画面の取り込み
マイファイル
省電力機能
ヘルプ情報を利用する
連絡先
66 連絡先を追加する
67 連絡先を管理する
2
目次
カメラ
外部機器接続
70 カメラの基本操作
73 撮影モード
77 カメラの設定メニュー
115
117
119
121
127
132
134
ギャラリー
79 写真または動画を閲覧する
81 写真または動画を編集する
86 ギャラリーの設定メニュー
端末とデータの管理
135 ソフトウェア更新
136 本製品とパソコンとの間でファイ
ルを転送する
137 データのバックアップと復元
138 本製品を初期化する
マルチメディア
87 音楽
90 動画
便利なアプリと機能
92
95
96
99
101
103
103
104
107
108
109
110
113
Bluetooth
Wi-Fi Direct
クイック接続
SideSync 3.0
Remote PC
Screen Mirroring
モバイルプリント
設定
キッズモード
Sファインダー
Sプランナー
Sボイス
Eメール
電卓
時計
SmartRemote
Dropbox
Evernote
Flipboard
Hancom Office Viewer
Googleアプリ
139
139
143
148
155
3
設定について
接続
デバイス
一般
アプリケーション
目次
ユーザー補助
159 ユーザー補助について
160 ホームキーでユーザー補助メニュ
ーを開く
160 Voice feedback (TalkBack)
170 フォントサイズを変更する
170 画面の拡大
171 通知リマインダーを設定する
171 ディスプレイの色を反転する
171 色を調節する
172 フラッシュ通知を設定する
172 すべての音をOFFにする
172 字幕設定
173 サウンドバランスを調節する
173 モノラル再生
174 アシスタントメニュー
176 長押しの調整
176 入力操作制御
177 シングルタップモードを使う
177 ユーザー補助設定を管理する
178 その他の便利な機能
トラブルシューティング
4
はじめに
ご使用の前に本書をお読みいただき、本製品を安全かつ適切にご使用ください。
• 本書は本製品の初期設定に基づいて説明しています。
• ご利用の地域、サービス提供者、
ソフトウェアによっては、本書の記載内容と異な
る場合があります。
• 高性能CPUおよびRAM容量を必要とするコンテンツ(高品質コンテンツ)は、本
製品の総合的な性能に影響します。そのようなコンテンツに関連するアプリは、
本製品の仕様および使用環境によって適切に動作しない場合があります。
• 弊社以外の提供者から提供されるアプリに起因する性能問題について、弊社で
は責任を負いかねますのでご了承ください。
• レジストリ設定変更またはオペレーティングシステムの変更によって発生した性
能の問題や非互換性に対して、弊社では責任を負いません。
オペレーティングシステムを変更すると、本製品やアプリが適切に動作しないこ
とがあります。
• 本製品で提供されるソフトウェア、音源、壁紙、画像、その他のメディアの使用権に
は制限があります。
これらの素材の一部または全部を営業またはその他の目的
のために使用することは著作権法の侵害にあたります。
メディアの違法な使用は
すべてお客様の責任となります。
• 本製品にプリインストールされているアプリはアップデートの対象であり、事前の
通知なしにサポートが終了する場合があります。本製品にプリインストールされ
ているアプリについてご質問がある場合は、Samsungお客様ご相談窓口にお問
い合わせください。お客様がご自身でインストールされたアプリについては、そ
の提供業者にお問い合わせください。
• 本製品のオペレーティングシステムの変更または弊社が承認していない提供元
からのソフトウェアの導入は、本製品の誤作動、およびデータの破損または消失
に繋がる可能性があります。
これらの行為はお客様の弊社ライセンス同意契約に
反し、お客様への保証は無効となります。
5
はじめに
安全上のご注意(必ずお守りください)
• ご使用の前に、
この「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。
また、お読みになった後は大切に保管してください。
• ここに示した注意事項は、
ご使用になる方や、他の人への危害、財産への損害を
未然に防ぐための内容を記載していますので、必ずお守りください。
• 次の表示の区分は、表示内容を守らず、誤った使用をした場合に生じる危害や損
害の程度を説明しています。
「死亡または重傷を負う危険が切
危険 この表示は、取り扱いを誤った場合、
迫して生じることが想定される」内容です。
「死亡または重傷を負う可能性が
警告 この表示は、取り扱いを誤った場合、
想定される」内容です。
「軽傷を負う可能性が想定される
注意 この表示は、取り扱いを誤った場合、
場合および物的損害の発生が想定される」内容です。
• 次の絵表示の区分は、お守りいただく内容を説明しています。
禁止(してはいけないこと)を示します。
分解してはいけないことを示す記号です。
水がかかる場所で使用したり、水に濡らしたりしてはいけないことを示す記号
です。
濡れた手で扱ってはいけないことを示す記号です。
指示に基づく行為の強制(必ず実行していただくこと)を示します。
電源プラグをコンセントから抜いていただくことを示す記号です。
6
はじめに
危険
高温になる場所(火のそば、暖房器具のそば、
こたつの中、直射日光の当たる場所、
炎天下の車内など)
で使用、保管、放置しないでください。
火災、やけど、けがの原因となります。
電子レンジなどの加熱調理機器や高圧容器に入れないでください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
分解、改造をしないでください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
水や飲料水、ペットの尿、汗などで濡らさないでください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
充電端子や外部接続端子に液体(水や飲料水、ペットの尿、汗など)を浸入させない
でください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
警告
強い力や衝撃を与えたり、投げ付けたりしないでください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
充電端子や外部接続端子に導電性異物(金属片、鉛筆の芯など)を接触させないで
ください。
また、内部に入れないでください。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
使用中や充電中に、布団などで覆ったり、包んだりしないでください。
火災、やけどの原因となります。
赤外線ポートを目に向けて送信しないでください。
目に悪影響を及ぼす原因となります。
ガソリンスタンドなど引火性ガスが発生する場所に立ち入る場合は必ず事前に
本製品の電源を切り、充電をしている場合は中止してください。
ガスに引火する恐れがあります。
7
はじめに
使用中、充電中、保管時に、異臭、発熱、変色、変形など、いままでと異なるときは、直
ちに次の作業を行ってください。
• 電源プラグをコンセントやシガーライターソケットから抜く。
• 本製品の電源を切る。
火災、やけど、けが、感電の原因となります。
注意
ぐらついた台の上や傾いた場所など、不安定な場所には置かないでください。
落下して、けがの原因となります。
湿気やほこりの多い場所や高温になる場所には、保管しないでください。
火災、やけど、感電の原因となります。
お子様が使用する場合は、危険な状態にならないように保護者が取り扱いの方法
を教えてください。
また、使用中においても、指示どおりに使用しているかをご確認く
ださい。
けがなどの原因となります。
ヘッドセットを使用するときは、音量に気を付けてください。
長時間使用して難聴になったり、突然大きな音が出て耳をいためたりする原因
となります。
8
はじめに
安全上のご注意
濡れた手で電源コードに触ったり、電源コードを引っ張って充電器を抜いたりしないでく
ださい。
感電する危険があります。
本製品を本来の目的以外に使用しないでください。
製品が故障することがあります。
本製品は水に濡れないようにしてください。
湿気や液体により機器の部品または電子回路が損傷することがあります。
本製品を落としたり衝撃を与えたりしないでください。
本製品を極端に高温または低温になる場所に置かないでください。本製品の使用推奨温
度は5~35℃です。
• 本製品を直射日光に長時間さらさないでください(自動車のダッシュボードなど)。
• 本製品をヒーター、電子レンジ、加熱調理器、高圧容器の中または近くに置かない
でください。
過熱した本製品が皮膚と長時間接触すると、発疹や色素沈着などの低温やけどの原因と
なることがあります。
製品から異臭や異音がする場合、
または、発煙や液漏れがある場合、製品の使用を直ちに
停止してSamsungお客様ご相談窓口まで製品をお持ちください。
発煙や破裂の危険があります。
本製品を噛んだりなめたりしないでください。
• 製品の破損、爆発、
または火災の原因となることがあります。
• 小さな部品がお子様やペットの口に入ると、窒息する危険があります。
• お子様が本製品を使用する場合、本製品が正しく使用されていることを確認してく
ださい。
完全に充電された後は、充電器を本製品から取り外してください。
過充電によりバッテリーの寿命が短くなることがあります。
9
はじめに
本製品を長時間使用せずにいると自然放電が起こりますので、再充電してからご使用くだ
さい。
• バッテリーを長時間使用せずに放置すると、寿命や性能が低下することがありま
す。
また、バッテリーの故障や破裂、
または発煙の原因となることがあります。
• 本製品の管理をおろそかにすると、故障、破裂または発煙の原因となることがあり
ます。
本製品をホコリの多い汚れた場所で使用または保管しないでください。
ホコリは本製品の故障の原因となることがあります。
本製品をコイン、
カギ、ネックレスなどの金属類と一緒に置かないでください。
金属類との接触によりバッテリーがショートすると、発煙の原因となることがありま
す。
本製品を自分で分解、改造、
または修理しないでください。
本製品に改造や変更を加えると、
メーカー保証の対象外となることがあります。機器
のアフターサービスが必要な場合は、Samsungお客様ご相談窓口までお持ちくださ
い。
充電は付属のアダプタを使用してください。
非認可の充電器やSamsung製以外の充電器は本製品に損傷を与えることがありま
す。
注意
本製品は、電波法に基づく特定無線設備の技術基準適合証明および電気通信事業
法に基づく端末機器の技術基準適合認定などを受けており、その証として
「技適マー
ク 」が本製品の電子銘板に表示されております。
本製品は、VCCI自主規制措置運用規程に基づく技術基準に適合した文言またはマー
クを画面に電子的に表示しています。
電子銘板は、本製品で以下の操作を行うことでご確認いただけます。
アプリ画面で、
「設定」→「一般」→「端末情報」→「認証情報」をタップします。
10
はじめに
本製品のリサイクルについて
本製品のリチウムイオン電池はリサイクル可能な貴重な資源です。本製品が
不要になった場合は金属部にセロハンテープなどの絶縁テープを貼って充
電式電池リサイクル協力店にお持ちください。回収・リサイクル方法およびリ
サイクル協力店については、一般社団法人JBRCのホームページを参照してく
ださい。
http://www.jbrc.net/hp/contents/index.html
アイコンの説明
警告:ご使用になる方、および他の人々に傷害が発生する可能性がある内容を
示します。
注意:本製品、および他の機器に損害が発生する可能性がある内容を示しま
す。
お知らせ:補足文、
ご使用上のヒント、および追加情報が記載されています。
11
ご使用前の準備
付属品
製品箱に以下の物品が入っていることを確認してください。
• 本製品
• クイックスタートガイド
• 本製品と一緒に提供される付属品は地域または提供業者によって異なる
場合があります。
• 付属品は本製品専用であり、他の装置と互換性はありません。
• 外観および仕様は告知無しに変更される場合があります。
• お客様のお近くの弊社販売店から付属品を追加購入していただくことがで
きます。付属品の追加購入にあたっては、本製品と互換性があることを必ず
ご確認ください。
• すべての付属品の提供は、製造業者によって変わります。提供可能な付属
品の情報については、弊社ホームページをご参照ください。
12
ご使用前の準備
各部の名称と機能
音量キー
内側カメラ
電源/画面ロック
キー
赤外線ポート
スピーカー
照度センサー
メモリーカード
スロット
タッチスクリーン
外部接続端子
履歴キー
ホームキー
バックキー
外側カメラ
ヘッドホン接続端子
フラッシュ
スピーカー
押し込みクリップ
GPSアンテナ
押し込みクリップ
マイク
• アンテナ部分を手や物で覆わないでください。通信接続に問題が生じる、
ま
たは電池を消費する場合があります。
• スクリーン保護シートなどは使用しないでください。センサーが誤作動しま
す。
• タッチスクリーンに水がかからないようにしてください。湿った状態または
濡れている場合、
タッチスクリーンが誤作動する場合があります。
13
ご使用前の準備
ボタン類
ボタン
電源
履歴
ホーム
機能
• 長押しすると、電源がON/OFFします。
• 押すと、画面が表示または固定されます。
• タップすると、最近使用したアプリの一覧が表示され
ます。
• 長押しすると、現在の画面の他の選択肢が表示され
ます。
• 画面が消えているときに押すと、画面が表示されま
す。
• 押すと、ホーム画面に戻ります。
• 2回押すと、Sボイスが起動します。
• 長押しすると、Googleが起動します。
戻る
• タップすると、直前の画面に戻ります。
音量
• 音量を調節します。
14
ご使用前の準備
充電する
初めてご使用になる前に充電器を使用して充電してください。
弊社指定の充電器、ケーブルのみをご使用ください。指定外の充電器やケー
ブルを使用すると、電池の破裂または本製品の破損の可能性があります。
• 電池残量が少ない場合、空の電池アイコンが表示されます。
• 電池残量が完全にゼロの場合、充電器を接続しても本製品はすぐに起動
できません。電池が充電されるまで数分間待って、本製品を起動してくださ
い。
• 複数のアプリを同時に使用する、
または他の機器との接続が必要なアプリ
を使用すると、電池残量は急速に減少します。データ転送中のネットワーク
切断または電力消費を避けるために、必ず電池を完全に充電した後にこれ
らのアプリを使用してください。
USBケーブルをUSB電源アダプタに接続した後にUSBケーブルのプラグを外部接続
端子に接続してください。
充電器を不適切に接続すると、本製品が著しく破損する場合があります。誤使
用による破損は保証の範囲外です。
15
ご使用前の準備
• 本製品は充電中もご使用になれますが、電池を完全に充電するまでの時間
が長くなる場合があります。
• 充電中に本製品への電力供給が不安定な場合、
タッチスクリーンが反応し
ない場合があります。その場合は、充電器のプラグを本製品から外してくだ
さい。
• 本製品は充電中に発熱する場合があります。
これは異常ではなく、本製品の
寿命や性能に影響はありません。電池が通常より熱くなると、充電器は充電
を停止する場合があります。
• 本製品が適切に充電されない場合は、本製品および充電器をSamsungお
客様ご相談窓口へお持ちください。
完全に充電されたら本製品を充電器から外してください。最初に充電器を本製品か
ら外し、その後に充電器のプラグを壁のコンセントから抜いてください。
節電のため、使用しない間は充電器のプラグは抜いてください。充電器には
電源スイッチはありませんので使用しない間は充電器のプラグを壁のコンセ
ントから抜いて、無駄な電力消費を避けてください。充電中は、充電器をコン
セントの近くに置き、すぐに取り外せるようにしてください。
電池の消費を抑えるために
本製品には省電力に役立つ設定があります。
これらの設定およびバックグラウンド機
能の停止により本製品の充電間隔を長くすることができます。
• 本製品を使用しない場合、電源/画面ロックキーを押してスリープモードに切り
替えてください。
• 不要なアプリをタスクマネージャーで終了させてください。
• Bluetooth機能を無効にしてください。
• Wi-Fi機能を無効にしてください。
• アプリの自動同期機能を無効にしてください。
• バックライト点灯時間を短くしてください。
• ディスプレイの輝度を下げてください。
16
ご使用前の準備
メモリーカードを使用する
メモリーカードを取り付ける
本製品は最大128GBまでのメモリーカードを使用できます。
メモリーカードの製造業
者および種類により本製品で使用できないものもあります。
• 一部のメモリーカードは本製品と互換性がないものがあります。互換性が
ないメモリーカードを使用すると、本製品の故障または保存データの破損
の可能性があります。
• メモリーカードの裏表を正しく挿入するように注意してください。
• 本製品では、
メモリーカード用にFATおよびexFATファイルシステムを用い
ています。異なるファイルシステムでフォーマットされたメモリーカードを
挿入すると、
メモリーカードのフォーマットのやり直しが要求されます。
• メモリーカードにデータの書き込みや消去を頻繁に行うと、
メモリーカード
の寿命が短くなります。
• 本製品にメモリーカードを挿入すると、
メモリーカードのファイルディレクト
フォルダに表示されます。
リは「 マイファイル 」→「 SD card 」
1
2
メモリーカードスロットのカバーを開ける
3
4
メモリーカードが所定位置に固定されるまでスロット内へ押し込む
メモリーカードの金色の端子を下向きにして挿入する
メモリーカードスロットのカバーを閉じる
17
ご使用前の準備
メモリーカードを取り外す
取り外す前に、
まずメモリーカードをマウント解除してから、安全に取り外してくださ
い。ホーム画面で、
「 」→「設定」→「一般」→「ストレージ」→「外部SDカードのマウント
解除」→「OK」の順にタップします。
1
2
3
メモリーカードスロットのカバーを開ける
メモリーカードを押して本製品への固定を解除し、本製品から抜き取る
メモリーカードスロットのカバーを閉じる
メモリーカードの読み取り/書き込み中はメモリーカードを取り外さないで
ください。データの損失/破損、
メモリーカードまたは本製品の破損の可能性
があります。破損したメモリーカードの誤使用によるデータ損失を含むこれら
の損失について弊社は責任を負いかねますのでご了承ください。
メモリーカードをフォーマットする
パソコンでフォーマットされたメモリーカードは本製品で使用できない場合がありま
す。
メモリーカードのフォーマットは本製品で実施してください。
ホーム画面で、
「 」→「設定」→「一般」→「ストレージ」→「外部SDカードを初期化」→
「外部SDカードを初期化」→「全て削除」の順にタップします。
メモリーカードをフォーマットする前に、本製品に保存されたすべての重要デ
ータを必ずバックアップしてください。お客様の操作によるデータ損失は弊社
の保証の範囲外です。
18
ご使用前の準備
本製品の電源を入れる/切る
電源/画面ロックキーを数秒間押し続けると本製品の電源が入ります。
初めて電源を入れるとき、
またはデータリセット後(工場出荷時の状態への初期化
後)に再起動するときは、画面に表示される指示に従って本製品をセットアップしてく
ださい。
本製品の電源を切るには、電源/画面ロックキーを数秒間押し続け、
「電源OFF」をタ
ップし、
「OK」をタップします。
無線通信が禁止されている飛行機や病院などでは、その場所の管理者による
警告および指示に従ってください。
19
ご使用前の準備
画面をロックする/ロックを解除する
電源/画面ロックキーを押すと画面が消えてロックされます。
また、本製品を所定の
時間使用せずに放置すると、画面は自動的に消えてロックされます。
画面のロックを解除するには、電源/画面ロックキーまたはホームキーを押し、ロッ
クされたスクリーン内で任意の方向にフリックします。
画面のロック解除コードを変更できます。詳細は、
「画面のロック方法を変更する」を
ご参照ください。
20
基本操作
タッチスクリーンを使用する
• 本製品のタッチスクリーンを他の電子機器と接触させないでください。静
電放電によってタッチスクリーンが誤作動する場合があります。
• タッチスクリーンの破損を防ぐため、尖ったものでタップしたり指先で過剰
な力を加えたりしないでください。
• 画面の端に近い部分はタッチ入力の範囲外であるため、本製品がタッチ入
力を認識できない可能性があります。
• タッチスクリーンを長時間放置すると、画像の焼き付き、すなわち痕跡が残
る場合があります。本製品を使用しない場合はタッチスクリーンを消してく
ださい。
• タッチスクリーン操作には指先をご使用になることを推奨します。
タップする
アプリの起動、
メニューアイテムの選択、画面上のキー操作、画面上のキーボードを
用いた入力などを行うときに、指先で画面に触れます。
21
基本操作
長押しする
アイテムまたは画面をタップしたまま2秒以上押し続けると、選択肢が表示されます。
ドラッグする
アイテムを移動するには、そのアイテムをタップしたまま目的の方向へ引きずるよう
に動かします。
ダブルタップする
ウェブページや画像をダブルタップすると拡大されます。再度ダブルタップすると元
に戻ります。
22
基本操作
フリックする
ホーム画面またはアプリ画面で右または左にフリックすると、別パネルを見ることが
できます。上方向または下方向にフリックすると、
ウェブページや連絡先などの項目
一覧を触っているようにスクロールできます。
拡大する/縮小する
ウェブページ、地図、画像の上で2本の指先を広げるとその部分を拡大し、狭めると縮
小します。
23
基本操作
ホーム画面とアプリ画面
ホーム画面
ホーム画面は本製品の全機能に繋がる開始点です。ホーム画面には2種類のパネル
があります。
クラシックホーム画面パネルにはウィジェット、
アプリショートカットなど
が表示され、
コンテンツホーム画面パネルにはコンテンツウィジェットが表示されま
す。
ウィジェットとは小さいアプリで、特定のアプリ機能を起動して情報を提供したり、お
客様のホーム画面に簡単に接続したりすることができます。
他のパネルを見るには、右または左にスクロールする、
または画面下部のパネル位
置表示の1つをタップします。ホーム画面をお好みで変更するには、
「クラシックホー
ム画面を使用する」か「コンテンツホーム画面を使用する」をご参照ください。
<クラシックホーム画面>
<コンテンツホーム画面>
24
基本操作
アプリ画面
アプリ画面には、新しくインストールされたものも含めすべてのアプリのアイコンが
表示されます。
ホーム画面で「 」をタップしてアプリ画面を表示します。別のパネルを見るには、右
または左にスクロールするか画面下部のパネル位置表示を選択します。
アプリ画面
をお好みで変更するには、
「アプリ画面を管理する」をご参照ください。
追加のオプションを
表示する
アプリ
パネル位置表示
25
基本操作
ステータスアイコン
ステータスアイコンが画面上部のステータスバーに表示されます。下表のアイコンが
最も一般的なものです。
一部のアプリでは画面上部にステータスバーが表示されない場合がありま
す。
ステータスバーを表示するには、画面上部から下方向にドラッグします。
アイコン
意味
Wi-Fi接続済み
Bluetooth機能ON
GPS機能ON
スマートステイまたはスマートポーズ機能ON
ウェブと同期中
パソコンと接続済み
アラームON
ミュートモードON
バイブモードON
機内モードON
エラー発生中または注意が必要
電池残量
26
基本操作
通知パネルとクイック設定パネル
通知パネルを使用する
メッセージなどの新しい通知を受信すると、通知アイコンがステータスバーに表示さ
れます。
アイコンに関する情報をさらに見るためには、通知パネルを表示し詳細を確
認します。
通知パネルを表示するには、
ステータスバーを下方向へドラッグします。
通知パネルを閉じるには、
ステータスバーを画面下部から上方向へドラッグします。
通知パネルでは、以下の機能を使用できます。
各機能のON/OFF
各項目を長押しして
詳細設定を見る
「設定」画面を表示
する
すべてのクイック設
定ボタンを見る
「Sファインダー」を
起動する
「クイック接続」を起
動する
通知をタップし各種
操作を実行する
すべての通知を消
去する
明るさを調節する
音量を調節する
27
基本操作
明るさを調節する
本製品が明るさを自動調節するように設定するには、
「自動」にチェックを付けます。
明るさを手動で調節するには、明るさ調節バーを右または左にドラッグします。
電池残量が少ない場合、明るさ調節バーは通知パネルに表示されません。
音量を調節する
音量調節バーを右または左にドラッグします。消音モードに切り替えるには、音量調
節バーを左端にドラッグします。
クイック設定ボタンの配置を換える
通知パネルのクイック設定ボタンの配置を換えるには、
「 」→「 」をタップし、任意
のアイテムを長押しし、そのアイテムを別の位置へドラッグします。
クイック設定パネルを使用する
通知パネル上の一部の機能を有効化/無効化できます。多数の機能を有効化/無
効化するには、
クイック設定パネルを表示します。
クイック設定パネルを表示するには、
ステータスバーを2本の指で下方向へドラッグ
をタップします。
します。
または、通知パネル上の「 」
クイック設定パネルを閉じるには、
ステータスバーを画面下部から上方向へドラッグ
します。
各アイテムをタップすると機能の有効/無効を切り替えられます。各アイテムを長押
しすると詳細設定が開きます。
• Wi-Fi:詳細は、
「Wi-Fi」をご参照ください。
• 位置情報:詳細は、
「位置情報」をご参照ください。
• サウンド/バイブ/サイレント:サウンドモードの選択
• 画面回転:本製品を回転させたときに画面の向きを回転させるかどうかの設定
一部のアプリでは「画面回転」は有効化できません。
28
基本操作
• Bluetooth:詳細は、
「Bluetooth」をご参照ください。
• 表示を最適化:有効にすると、各アプリに応じて画面表示が最適化される。
• ウルトラ省電力モード:詳細は、
「ウルトラ省電力モード」をご参照ください。
• マルチウィンドウ:詳細は、
「マルチウィンドウ」をご参照ください。
• ツールボックス:詳細は、
「ツールボックス」をご参照ください。
• Screen Mirroring:詳細は、
「Screen Mirroring」をご参照ください。
• 同期:カレンダーまたはEメールなどのアプリの自動同期の有効化/無効化
• スマートステイ:有効にすると、画面を見ている間ずっとその画面が表示される。
• スマートポーズ:有効にすると、画面から目を外したときに再生が中断される。
• 省電力モード:詳細は、
「省電力モード」をご参照ください。
• ブロックモード:詳細は、
「ブロックモード」をご参照ください。
• 機内モード:詳細は、
「機内モード」をご参照ください。
• プライベートモード:詳細は、
「プライベートモード」をご参照ください。
• 高感度タッチ操作:詳細は、
「タッチスクリーンの感度を上げる」をご参照ください。
29
基本操作
アプリを起動する
ホーム画面またはアプリ画面で、
アプリアイコンを選択して起動します。
最近使用したアプリ一覧を起動するには、
「
て起動します。
アプリアイコンを選択し
」をタップし、
アプリを終了する
アプリの隣にある
「終了」をタップし、
「OK」
「 」→「タスクマネージャー」をタップし、
をタップします。起動中のすべてのアプリを終了するには、
「全て終了」をタップし、
または、
「 」→「全て閉じる」をタップします。
「OK」をタップします。
アプリをインストール/アンインストールする
Samsung Apps
本アプリを利用してアプリを購入しダウンロードします。
アプリ画面の「Samsung Apps」をタップします。
本アプリは地域またはサービス提供者によっては提供されない場合がありま
す。
アプリをインストールする
分野別にアプリを閲覧するか、
「 」をタップしてキーワードで検索します。
アプリを選択してそれに関する情報を確認します。無料アプリをダウンロードするに
は「無料」をタップします。有料アプリを購入しダウンロードするには、
アプリ価格を表
示しているボタンをタップします。
自動アップデート設定を変更するには、
「 」→「設定」→「アプリを自動更新」をタ
ップし、選択肢を選択します。
30
基本操作
Playストア
アプリを購入しダウンロードします。
アプリ画面で「Playストア」をタップします。
アプリをインストールする
分野別にアプリを閲覧するか、
「 」をタップしてキーワードで検索します。
アプリを選択してそれに関する情報を確認します。無料アプリをダウンロードするに
は、
「インストール」をタップします。有料アプリを購入しダウンロードするには、
アプリ
価格を表示しているボタンをタップし、画面上の指示に従ってください。
自動アップデート設定を変更するには、
「 」→「設定」→「アプリの自動更新」をタ
ップし、選択肢を選択します。
推奨アプリをダウンロードする
Galaxy機器専用アプリを見てダウンロードできます。
クラシックホーム画面で、
「GALAXY Essentials」
ウィジェットまたは「GALAXY Gifts」
ウ
ィジェットをタップし、次にアプリの隣にある
「 」をタップします。
一覧のすべてのアプリをダウンロードするには「全てダウンロード」をタップします。
アプリを管理する
アプリをアンインストールまたは無効にする
初期設定のアプリを無効にするには、
アプリ画面で「 」→「アプリのアンインストール/
アプリを選
無効化」をタップします。無効化できるアプリに「 」が表示されています。
んで「アプリを無効にする」をタップします。
ダウンロードしたアプリをアンインストールするには、
アプリ画面で「 」→「ダウンロー
または、
アプリ画面で、
「設定」→「
ド済みアプリ」→「アンインストール」をタップします。
アプリケーション」→「アプリケーション管理」をタップし、
アプリを選んで「削除」をタップ
します。
31
基本操作
アプリを有効にする
アプリ画面で、
「 」→「無効なアプリを表示」をタップし、
アプリを選択し、
「完了」をタップ
します。
または、
アプリ画面で、
「設定」→「アプリケーション」→「アプリケーション管理」をタップ
までスクロールし、
アプリを選択し、
「有効」をタップします。
し、
「無効」
• 「アプリを隠す」
:アプリ画面のアプリを隠します。隠したアプリは継続使用
できません。
• 「アプリを無効にする」
:本製品からアンインストールできないプリインスト
ールアプリを選択して無効化します。無効化したアプリは使用できません。
• 「アプリをアンインストールする」
:ダウンロード済みアプリを削除します。
文字を入力する
キーボードレイアウト
文字を入力してメッセージを送信したり、
メモを取るときなどに、キーボードが自動
的に表示されます。
文字入力ができない言語もあります。文字入力を行うには入力言語を対応言
語の1つに変更する必要があります。
推奨の用語の候補
1つ前の文字を削除
文字の確定または
実行
数字/記号入力
カーソル移動
各種設定やオプション
スペース入力、変換
32
基本操作
入力言語を変更する
「 」→「入力言語」をタップし、使用する入力言語を選択します。2言語以上を選択す
る場合、左下端の言語変換キーで言語の切り替えができます。
その他のキーボード機能を使用する
「 」を長押しすると以下の機能が使えます。前回使用した機能によっては「 」以外
のアイコンが表示されている場合があります。
•
:文字の音声入力
言語の変更
文字の音声入力を
開始またはポーズ
キーボードを表示
本機能をご使用の前にWi-Fiネットワークに接続されていることを確認してく
ださい。
•
:手書きモードに切り替える
言語の認識モード
の切り替え
数値/記号入力
標準キーボードへ
の切り替え
本機能は地域またはサービス提供者によっては提供されない場合がありま
す。
33
基本操作
•
:クリップボードからアイテムを追加する
•
:キーボードの設定を変更する
•
:キーボードの種類を変更する。
「
置に移動できます。
」をドラッグするとキーボードを別の位
標準キーボードに
変更
コピー&ペーストをする
1 文字を長押しする
「全て選択」をタップして
2 「 」または「 」をドラッグして希望の文字を選択するか、
すべての文字を選択する
3 「コピー」または「切り取り」をタップする
選択された文字がクリップボードにコピーされます。
4
文字を挿入する位置にカーソルを置き長押しする。
「 」→「貼り付け」をタップす
る。以前にコピーした文字を貼り付けるには、
「 」→「クリップボード」をタップし、
文字を選択する
34
基本操作
画面の取り込み
本製品を使用中にスクリーンショットを取り込みます。
ホームキーと電源/画面ロックキーを同時に長押しします。画像が「ギャラリー」→「
フォルダに保存されます。
スクリーンショットの取り込
」→「アルバム」→「Screenshots」
み後は、その画像を編集したり、他者と共有したりすることができます。
スクリーンショットの取り込みには別の方法もあります。詳細は、
「手のひらでスワイ
プして取り込む」をご参照ください。
一部のアプリではスクリーンショットの取り込みができません。
マイファイル
マイファイルとは
本アプリを使用すると、本製品やクラウドストレージサービスなどに保存されている
様々なファイルにアクセスできます。
アプリ画面の「マイファイル」をタップします。
または、
クラシックホーム画面左下の「
をタップします。
」
日付でグループされ
たファイルを表示
追加オプション
フォルダへの
ショートカットを
表示
ファイルやフォルダ
を検索
ストレージ情報を
表示
ファイルをカテゴリ
で表示
表示モードの
切り替え
ダウンロード履歴
表示
本製品に保存されて
いるファイルを表示
35
基本操作
ファイルを閲覧する
アプリ画面の「マイファイル」をタップします。
フォルダを選択し
「 」をタップした後、以下のいずれか1つを実行します。
• 選択:オプションを適用するファイルまたはフォルダを選択する
• 並べ替え:ファイルまたはフォルダを仕分ける
• お気に入りフォルダに追加:
「お気に入りフォルダ」内のフォルダにショートカットを
追加する
• 削除:ファイルまたはフォルダを削除する
• ショートカットを追加:クラシックホーム画面にフォルダのショートカットを追加す
る
• FTPを追加:
「フォルダ」にFTPサーバーのショートカットを追加する
• 近くのデバイスをスキャン:メディア共有が有効な機器を検出する
• 表示オプション:ファイルの表示オプションを変更する
ファイルまたはフォルダを長押しした後、以下のいずれか1つを実行します。
•
:ファイルを他へ送る、
または共有する
•
:ファイルまたはフォルダを削除する
•
:ファイルまたはフォルダを別のフォルダへ移動する
•
:ファイルまたはフォルダを別のフォルダにコピーする
•
→「名前を変更」
:ファイルまたはフォルダの名前を変更する
•
→「お気に入りフォルダに追加」
「お気に入りフォルダ」内にショートカットを追加
:
する
•
→「ショートカットを追加」
:クラシックホーム画面にフォルダのショートカットを追
加する
•
→「ファイル圧縮(Zip)」
:ファイルまたはフォルダを圧縮してzipファイルを作る
•
→「詳細」
:ファイルまたはフォルダの詳細を見る
36
基本操作
省電力機能
省電力モード
本製品の機能を制限して電池の消費を節約します。
アプリ画面で「設定」→「一般」→「省電力」→「省電力モード」
スイッチを右にドラッグし
ます。
または、
クイック設定パネルを表示し、
「省電力モード」をタップして起動します。
以下のオプションから選択します。
• パフォーマンスの制限:履歴キーやバックキーのバックライトを消すなど、各種オ
プションを制限する
• グレースケールモード:画面を白黒表示にする
ウルトラ省電力モード
本モードを使用すると本製品の電力消費を抑え、電池残量を長持ちさせることがで
きます。本モード中、本製品は以下のように動作します。
• 画面が白黒表示になる
• 利用可能なアプリが必要かつ選択したものだけに制限される
• Wi-FiおよびBluetooth機能が無効になる
37
基本操作
「ウルトラ省電力モード」
スイッチ
アプリ画面で「設定」→「一般」→「省電力」をタップし、
を右にドラッグします。
または、
クイック設定パネルを表示し
「ウルトラ省電力モード」
をタップして起動します。
その他のオプション
主なアプリ
使用するアプリを
追加
電池残量
ホーム画面にアプリを追加するには、
「 」をタップしてアプリを選択します。
ホーム画面からアプリを削除するには、
「 」→「削除」をタップし、
でアプリを選択
「 」
し、
「完了」をタップします。
ネットワーク接続やサウンドのウルトラ省電力設定変更するには、
「 」→「設定」をタッ
プします。
ウルトラ省電力機能を無効にするには、
「 」→「ウルトラ省電力モードを無効」をタップ
します。
ヘルプ情報を利用する
ヘルプ情報を利用して本製品およびアプリの使用方法を知るには、
アプリ画面で「ヘ
ルプ」をタップします。
アプリを使用中にそのヘルプ情報を利用するには、
「 」→「ヘルプ」をタップします。
一部のアプリにはヘルプ情報が無い場合があります。
38
ネットワーク接続
Wi-Fi
本製品をWi-Fiネットワークに接続してインターネットを使用したり、
メディアファイル
を他の機器と共有したりします。詳細は、
「Wi-Fi」をご参照ください。
• 本製品はすべてのヨーロッパ各国で使用されている非整合周波数を使用し
ています。EUでは、屋内での無線LANの使用は規制されていませんが、屋外
では使用できません。
• 使用しないときはWi-Fiを無効にして電池を節約してください。
1
アプリ画面で「設定」→「接続」→「Wi-Fi」をタップし、
「Wi-Fi」
スイッチを右にドラッ
グする
2
検出されたWi-Fiネットワークの一覧からネットワークを選択する
パスワードが必要なネットワークはロックアイコンで表示されます。
3 「接続」をタップする
接続したことがあるWi-Fiネットワークには、本製品はそのWi-Fiネットワーク
が利用可能であればいつでもパスワード入力なしで自動的に繋がります。
自
動的に接続させたくない場合は、Wi-Fiネットワークの一覧から対象を選択し
て、
「切断」をタップします。
Wi-Fiネットワークを追加する
「WI-FIネットワーク」一覧に希望のネットワークが表示されない場合、
「WI-FIネットワ
「Wi-Fiネットワークを追加」をタップします。
ーク」一覧の一番下に表示されている
オープ
「ネットワークSSID」にネットワーク名を入力し、セキュリティタイプを選択し、
ンネットワークでない場合はパスワードを入力し、
「接続」をタップします。
39
ネットワーク接続
Wi-Fi Passpointを有効にする
Wi-Fi Passpointにより、本製品は認証Wi-Fiネットワークを検出し、接続することがで
きます。Passpoint機能を用いて、
自動認証機能がある公共Wi-Fiネットワークに接続
できます。別の場所へ移動すると、別の認証Wi-Fiネットワークを検出し接続します。
本機能は地域によってはご利用になれません。
「Passpoint」にチェックを付けます。
「 」→「詳細設定」をタップし、
ブラウザ
ウェブページを閲覧する
1
2
アプリ画面で「ブラウザ」をタップする
画面上部のアドレスフィールドをタップしてから、
ウェブページのURLや検索した
いキーワードを入力する
3 「実行」をタップする。音声でウェブを検索するには「
」をタップする
新しいタブを開く
他の設定
タブを閉じる
前ページへ
移動する
ブックマーク、保存
ページ、最新の履歴
を見る
ホームページを
表示する
現在の
ウェブページを
再表示する
現在の
ウェブページを
ブックマークに
登録する
読み取りモードで
記事を読む
40
ネットワーク接続
ホームページを設定する
アプリ画面で「ブラウザ」をタップします。
「 」→「設定」→「ホームページを設定」をタップし、以下の1つを選択します。
• 標準ページ:初期設定ウェブページをホームページとして設定する
• 現在のページ:現在表示しているウェブページをホームページとして設定する
• よく見るサイト:最も閲覧回数が多いウェブページをホームページとして設定する
• その他:指定のウェブページをホームページとして設定する
ウェブページを閲覧中に「 」をタップしてホームページを表示します。
ウェブページの履歴を管理する
アプリ画面で「ブラウザ」をタップします。
「 」→「履歴」をタップして、最近閲覧したウェブページの一覧からウェブページを表
示します。
履歴を消去するには、
「編集」→「 」→「OK」をタップします。
ウェブページを消去するには、
「編集」をタップし、次にウェブページを長押しして、消
去するウェブページを選択して
「 」をタップします。
41
モーションと便利な機能
モーションとジェスチャー
本製品を過度に振ったり衝撃を与えたりすると意図しない入力に繋がる場合
があります。適切な動作を行ってください。
ミュート/ポーズ
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「モーション」をタップし、
「消音/一時停止」
スイッ
チを右にドラッグします。
画面を手で覆う
手のひらで画面を覆うと、
アラームの停止やメディア再生の中断ができます。
「消音/一時停止」をタップして、
「手のひらで画面をタッチ」にチェックを付けます。
42
モーションと便利な機能
スマートポーズ
画面から目をそらすと再生が自動的に中断します。画面を再度見ると再生が再開さ
れます。
「消音/一時停止」をタップして、
「スマートポーズ」にチェックを付けます。
手のひらでスワイプして取り込む
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「モーション」をタップし、
「手のひらでキャプチャ」
スイッチを右にドラッグします。
手のひらの端を画面に置き、画面上を右から左にスワイプしてスクリーンショットを
フォルダに保
取り込みます。画像は「ギャラリー」→「 」→「アルバム」→「Screenshots」
存されます。取り込んだスクリーンショットを編集したり、他者と共有することができ
ます。
一部のアプリではスクリーンショットの取り込みはできません。
43
モーションと便利な機能
マルチウィンドウ
マルチウィンドウとは
画面上に2つのアプリを同時に実行できます。例えば、Eメールまたはインターネット
を見ながら動画を再生することができます。
マルチウィンドウを起動する
1
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「マルチウィンドウ」をタップし、
「マルチウィンド
スイッチを右にドラッグする。
または、
クイック設定パネルを表示し
「マルチウィ
ウ」
ンドウ」をタップして有効にする
2
指先を画面右端から中央へドラッグしてマルチウィンドウトレイを開く。
または、
「
」を長押しする
マルチウィンドウ
トレイ
44
モーションと便利な機能
3
マルチウィンドウトレイの中のアプリアイコンを長押しし、そのまま画面にドラッ
グする。画面が青く変わったらアプリアイコンを離します。
4
マルチウィンドウトレイで他のアイコンを長押しし、新しい場所にドラッグする。
2つのアプリが画面の別ウィンドウで同時に起動します。
マルチウィンドウアプリの組み合わせを保存する
現在の複数のマルチウィンドウアプリの組み合わせを保存します。
1
2
マルチウィンドウに2つのアプリを起動する
マルチウィンドウトレイを開き、
「
」→「作成」をタップする
現在動作中のマルチウィンドウの組み合わせがマルチウィンドウトレイの上部に
追加されます。
現在動作中のマルチウィンドウの組み合わせを削除するには、マルチウィンドウトレ
」→「編集」をタップしマルチウィンドウアプリの組み合わせを選択して
イを開き、
「
「OK」をタップします。
45
モーションと便利な機能
ウィンドウの大きさを調節する
アプリウィンドウの間にある円を左右にドラッグしてウィンドウの大きさを調節しま
す。
マルチウィンドウのオプションを使用する
マルチウィンドウアプリを使用する場合、
アプリウィンドウの間にある円を選択すると
青色のメニューがその周りに表示されます。
アプリウィンドウの間にある円をタップし
て以下のオプションをご使用ください。
46
モーションと便利な機能
•
:最近使用したアプリの一覧を選択したウィンドウに表示する
•
:マルチウィンドウアプリどうしの位置を入れ換える
•
または画像をコ
:1つのウィンドウから他方へ文字をドラッグ&ドロップする、
ピーする。選択したウィンドウのアイテムを長押しし、別のウィンドウの任意の位
置へドラッグする
一部のアプリではご利用になれない場合があります。
•
:ウィンドウを最大にする
•
:アプリを終了する
47
モーションと便利な機能
マルチウィンドウトレイ上のアプリの位置を変更する
マルチウィンドウトレイ上のアプリの位置を変更できます。
1
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「マルチウィンドウ」をタップし、
「マルチウィンド
スイッチを右にドラッグする。
または、
クイック設定パネルを表示し、
「マルチウ
ウ」
ィンドウ」をタップして有効にする
2
マルチウィンドウトレイを表示し、
「
3
」→「編集」をタップする
マルチウィンドウトレイで利用可能なアプリが表示されます。
任意のアプリを長押ししてマルチウィンドウトレイへドラッグする
4 「完了」をタップする
48
モーションと便利な機能
ツールボックス
アプリを使用中に、ツールボックスからさまざまな別アプリを簡単に起動できます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ツールボックス」をタップし、
「ツールボックス」
ス
イッチを右にドラッグします。
または、
クイック設定パネルを表示し、
「ツールボックス」
をタップして有効にします。
「 」が画面に表示されます。
アプリを起動するには、
「 」をタップしアプリを選択します。
ツールボックスを移動するには、
「 」をタップし別の場所へドラッグします。
ツールボックス内のアプリを変更するには、
「 」を長押しし、
「編集」へドラッグしま
す。
ツールボックスを隠すには、
「 」を長押しし、
「削除」へドラッグします。
タッチスクリーンの感度を上げる
本機能は、手袋を着用中に画面を操作するために使用します。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ディスプレイ」をタップし、
「高感度タッチ操作」に
チェックを付けます。
または、
クイック設定パネルを表示し、
「高感度タッチ操作」をタッ
プして有効にします。
• 画面操作中は革製の手袋の感度が良好です。他の材質では認識されない
場合があります。
• 手袋着用中は、確実に感知させるために画面をしっかりタッチしてくださ
い。
49
カスタマイズ
ホーム画面とアプリ画面を管理する
クラシックホーム画面を使用する
アイテムを追加する
アプリ画面のアプリまたはフォルダを長押しし、
クラシックホーム画面へドラッグしま
す。
ウィジェットを追加するには、
クラシックホーム画面でショートカットやウィジェットの
ウィジェットを長押しし、
クラ
ない壁紙部分を長押しし、
「ウィジェット」をタップした後、
シックホーム画面へドラッグします。
アイテムを移動/削除する
クラシックホーム画面のアイテムを長押しし、新しい位置へドラッグします。
アイテムを別パネルへ移動するには、
アイテムを画面の左右どちらかへドラッグしま
す。
よく使うアプリをクラシックホーム画面下部のショートカットエリアにおくことができ
ます。
アイテムを削除するには、
アイテムを長押しした後に画面上部の
「削除」
へドラッグしま
す。
フォルダを作成する
1
クラシックホーム画面で、
アプリを長押しし、画面上部の「フォルダ作成」へドラッグ
する
2 フォルダ名を入力する
「完了」をタップす
3 「 」をタップし、フォルダに移動するアプリにチェックを付け、
る
50
カスタマイズ
フォルダを管理する
フォルダの名前を変更するには、
フォルダを選択し、現在フォルダ名をタップします。
フォルダの新しい名前を入力し、
「完了」をタップします。
フォルダの色を変更する場合、
フォルダを選択し、
「 」をタップして色を選択します。
フォルダにアプリを移動する場合、
アプリを長押し、
フォルダにドラッグします。
フォルダからアプリを移動する場合、
フォルダを選択し、
アプリを長押して移動しま
す。
パネルを管理する
クラシックホーム画面でショートカットやウィジェットのない壁紙部分を長押しして、
パネルを追加、移動、削除します。
パネルを追加するには、一番右のパネルへスクロールし
「 」をタップします。
パネルを移動するには、パネルプレビューを長押しして新しい位置へドラッグします。
パネルを削除するには、パネルプレビューを長押しして画面上部の「削除」へドラッグ
します。
パネルをメインのクラシックホーム画面に設定するには、
「
」をタップします。
コンテンツホーム画面を使用する
コンテンツホーム画面にはコンテンツウィジェットが表示されます。
コンテンツホー
ム画面のコンテンツウィジェットを選択してアプリに直接アクセスすることができま
す。
51
カスタマイズ
ウィジェットまたはパネルを追加する
1
2
コンテンツホーム画面で指先を狭める
ウィジェット画面で編集対象のパネルを選択するか、
「 」をタップして新しいパ
ネルを作る
( 1 )。画面下の枠から追加したいウィジェットをタップしてパネルに追
加する
(2)
画面の一番下の枠で左または右へスクロールしてウィジェットを見ます。
3 「完了」をタップする
ウィジェットの大きさを調節する
1
2
コンテンツホーム画面で大きさを変更したいウィジェットを長押しする
周りのフレームをドラッグしてウィジェットの大きさを調節する
3「
」をタップして変更を保存する
52
カスタマイズ
ウィジェットを移動する
1
2
コンテンツホーム画面でウィジェットを長押しする
ウィジェットを長押しし、新しい位置へドラッグする。現在のパネルのすべてのウィ
ジェットの位置をランダムに変更するには、
「レイアウトを変更」をタップする
パネルを削除する
1
2
3
コンテンツホーム画面で指先を狭める
ウィジェット画面で、削除するパネルを長押しする
パネルを画面上部の「
す
」にドラッグする。
「
」が赤く変わったらパネルを離
コンテンツホーム画面には最低1つのパネルが必要です。
アプリ画面を管理する
ビューモードを変更する
アプリ画面で「 」→「表示タイプ」をタップし、表示方法を選択します。
アプリを隠す
アプリ画面に表示したくないアプリを隠します。
アプリ画面で「 」→「アプリを非表示」
をタップし、
アプリを選択し、
「完了」
をタップしま
す。
隠したアプリを表示するには、
「 」→「非表示のアプリを表示」をタップし、
アプリを選択
し、
「完了」をタップします。
53
カスタマイズ
アイテムを移動する
アプリ画面で
「」
→
「編集」
をタップします。
アイテムを長押しし、
新しい位置へドラッグし
ます。
アイテムを別のパネルへ移動するには、
アイテムを画面の左右どちらかへドラッグし
ます。
アイテムを新しいパネルへ移動するには、
アイテムを画面上部の「ページを作成」へド
ラッグします。
アプリ画面の一番右端にあるフォルダパネルでのみフォルダの移動が可能で
す。
フォルダを作成する
1 アプリ画面で「 」→「フォルダ作成」をタップする
2 フォルダ名を入力する
「完了」をタップす
3 「 」をタップし、フォルダに移動するアプリにチェックを付け、
る
アプリ画面のフォルダパネルに新しいフォルダが追加されます。
フォルダを管理する
フォルダの名前を変更するには、
フォルダを選択し現在のフォルダ名をタップします。
フォルダの名前を変更し、
「完了」をタップします。
フォルダの色を変更する場合、
フォルダを選択し、
フォルダ内の「 」をタップして色を
選択します。
フォルダにアプリを移動する場合、
アプリ画面で「 」→「編集」をタップしアプリを長押
してフォルダにドラッグします。
フォルダからアプリを移動する場合、
アプリ画面で「 」→「編集」をタップしアプリを長
押してアプリパネルにドラッグします。
フォルダからフォルダパネルにアプリを移動す
ると、新しいフォルダが作成されます。
54
カスタマイズ
壁紙および通知音を設定する
壁紙を設定する
本製品に保存されている画像または写真をクラシックホーム画面または固定画面の
壁紙に設定します。
1
2
3
クラシックホーム画面でショートカットやウィジェットのない壁紙部分を長押しし、
「壁紙」をタップする。
または、
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「壁紙」をタッ
プする
変更する画面または壁紙を適用する画面を選択する
画面下部に表示された画像を右または左にスクロールして画像を選択する。本
製品のカメラで撮影された写真または他の画像を選択するには、
「他の画像」を
タップする
4 「壁紙を設定」または「完了」をタップする
通知音を設定する
通知音のメロディを変更します。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「サウンド」→「通知」
をタップし、
メロディを選択し、
「OK」をタップします。
55
カスタマイズ
画面のロック方法を変更する
個人情報が他人に見られないように画面をロックする方法を変更できます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ロック画面」→「画面ロック」をタップし、画面のロ
ックの方法を選択します。
ロックを解除する場合は常にロック解除コードが必要です。
ロック解除コードを忘れた場合は、本製品をSamsungお客様ご相談窓口へお
持ちください。
パターン
4個以上の点を接続して任意のパターンをドラッグし、確認のため同じパターンを再
度ドラッグします。パターンを忘れたときに画面のロックを解除するためのバックア
ップPINを設定します。
指紋
画面のロックを解除するためのお客様の指紋を登録します。詳細は、
「指紋スキャナ
ー」をご参照ください。
PIN
PINは数字だけで構成されます。最低4桁以上の数字のパスワードを入力し、確認の
ために再度入力します。
56
カスタマイズ
パスワード
パスワードは文字と数字で構成されます。数字を含む最低4文字以上の文字を入力
し、確認のために再度入力します。
指紋スキャナー
指紋を正しく認識させるために
本製品で指紋をスキャンするときは以下の条件に注意してください。本機能の性能
に影響する可能性があります。
• ホームキーには指紋センサーが設けられています。硬貨、鍵、ネックレスなどの金
属でホームキーを傷つけたり破損したりしないでください。
• 本製品付属の画面保護シートによって指紋センサーが誤作動する場合がありま
す。指紋感度を高めるため、画面保護シートははがしてください。
• 指紋感度は、指が濡れている、汗をかいている、
または乾燥しているなどの使用
状況によって低下することがあります。その場合は、手を洗う、手をふく、認証の指
を変えるなどで対処してみてください。
また、指紋センサーの表面も清掃してくだ
さい。
• しわや傷がある指紋は認識できない場合があります。
• 小さい指または細い指の指紋は認識できない場合があります。
• 認識性能向上のため、本製品で一番頻繁に操作を行う手の指紋を登録してくだ
さい。
• 指をドラッグするときは、本製品が認識できるように、速すぎず、かつ遅すぎない
適切な速度でドラッグしてください。
• 乾燥した環境では静電気が本製品に蓄積する場合があります。乾燥状態では本
機能を使用しないでください。
または、本機能をご使用になる前に金属物に触っ
て静電気を放電してください。
57
カスタマイズ
指紋を登録する
1
2
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「指紋スキャナー」→「指紋管理」をタップする
3
4
画面の下部中央の指紋センサーに指を置く
既に指紋を登録している場合、指紋認識ポップアップウィンドウが表示される。登
録した指紋を本製品の上でスキャンし、
「 」をタップする
第1関節をセンサー中央に合わせ、指を押し当てながら指紋センサーの領域を通
過するまで下方向へスライドさせる
登録時と認証時の指の位置の違いによる認証失敗を防ぐためには、端末と同じ
方向に指を置いてスライドさせてください。
指が曲がっていたり指先で実施したりすると、指紋を認識できない場合があり
ます。
5
パスワードを要求するポップアップウィンドウが表示されたら、代替パスワードを
「OK」をタ
入力し、
「続行」をタップし、確認のために同じパスワードを再度入力し、
ップする
指紋をスキャンする代わりに代替パスワードを使用できます。
6 「指紋ロックを有効にする」ポップアップウィンドウが表示されたら「OK」をタップ
する
ご自身の指紋を用いて画面のロックを解除できます。
58
カスタマイズ
登録した指紋を管理する
登録した指紋を削除したり、名前を変更したりすることができます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「指紋スキャナー」→「指紋管理」をタップします。
お客様の指紋を認識させるか「代替パスワード」をタップします。現在の代替パスワー
ドを入力し、
「完了」をタップします。
指紋を削除するには、
「 」→「登録解除」をタップし、指紋を選択し、
「 」→「OK」をタッ
プします。
指紋の名前を変更するには、登録済みの指紋を長押しし、
「 」をタップし、新しい名
前を入力し、
「OK」をタップします。
代替パスワードを変更する
指紋のスキャンの代わりに使用するパスワードを変更できます。
1
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「指紋スキャナー」→「代替パスワードを変更」
をタップする
2
登録された指紋をスキャンするか、
「代替パスワード」をタップして現在の代替パ
スワードを入力し
「完了」をタップする
3
4
新しいパスワードを入力し
「続行」をタップする
パスワードを再度入力し
「OK」をタップする
指紋で画面のロックを解除する
登録した指紋で画面のロックを解除できます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「指紋スキャナー」→「画面ロック」→「指紋」をタッ
プします。
または、
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ロック画面」→「画面ロック」→「
指紋」をタップします。
59
カスタマイズ
Samsungアカウントパスワードを確認する
指紋を用いてお客様のSamsungアカウントパスワードを確認します。例えば、
「Samsung Apps」からコンテンツを購入する場合などにパスワード入力の代わりに
指紋を用いることができます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「指紋スキャナー」→「Samsungアカウントを認証」
をタップし、画面上部右のスイッチを右にドラッグします。Samsungアカウントパスワ
ードを入力し、
「完了」をタップします。
プライベートモード
プライベートモードとは
本製品に保存されている画像や文書などの特定コンテンツを他人が使用したり、
ま
たはこれらにアクセスしたりしないようにします。
コンテンツを特定の場所に保存し
たり、
アイテムを安全に隠すためのプライベートモードを無効にしたりすることがで
きます。
コンテンツを隠す
1
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「プライベートモード」をタップし、
「プライベー
スイッチを右にドラッグする。
または、
クイック設定パネルを表示し、
「プ
トモード」
ライベートモード」をタップして有効にする
プライベートモードを初めて有効にするとき、解除コードおよびバックアップPIN
を設定します。
2
プライベートモード解除コードを入力する
3
隠すアイテムを選択するには、
「マイファイル」などのアプリでアイテムを長押し
し、選択するアイテムにチェックを付け、
「 」→「プライベートに移動」をタップする
本モードが有効になると
「 」が画面の上部に表示されます。
プライベートモードに移動されたアイテムには「 」が表示されます。
4
隠すアイテムが選択済みの場合は、
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「プライベ
「プライベートモード」
スイッチをタップして無効にする。
ま
ートモード」をタップし、
たは、
クイック設定パネルを表示し、
「プライベートモード」をタップして無効にする
選択されたアイテムは画面から消えます。
60
カスタマイズ
プライベートモードを無効にする前に、必ず、すべてのファイルを保存するか
適切に移動してください。
隠されたコンテンツを閲覧する
1
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「プライベートモード」をタップし、
「プライベー
スイッチを右にドラッグする。
または、
クイック設定パネルを表示し、
「プ
トモード」
ライベートモード」をタップして有効にする
2
3
プライベートモード解除コードを入力する
アプリ画面で「マイファイル」→「プライベート」をタップする
プライベートモードに移動されたすべてのアイテムが画面に表示されます。
61
カスタマイズ
マルチユーザー
Eメールアカウントや壁紙の好みなどの個人設定で本製品を他人が使用できるよう
にユーザーアカウントを追加できます。以下のユーザーアカウントが可能です。
• あなた:このOwnerアカウントは初めて本製品を設定する場合のみ作成され、1つ
以上のアカウントは作成できません。設定するアカウントはユーザーアカウント
管理を含めた本製品のすべてを管理します。
• 他のユーザー:このアカウントはユーザー専用のアプリとコンテンツにアクセスが
可能で、
アカウントと関する端末の設定をカスタマイズできます。
• 制限付きプロフィール:このアカウントはOwnerアカウントから許可された範囲で
アプリとコンテンツにアクセスが可能で、ログインが必要なサービスは利用でき
ません。
ユーザーを追加する
1 アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー」をタップする
2 「 」→「ユーザー」→「OK」→「今すぐ設定」をタップする
3 表示される指示に従ってアカウント設定を完了する
制限付きプロフィール
1 アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー」をタップする
2 「 」→「制限付きプロフィール」をタップする
3 画面ロックを設定した後、制限付きユーザーがアクセスできるアプリおよびコン
テンツを選択する
62
カスタマイズ
ユーザーの切り替え
ロック画面の上部の「 」をタップします。切り替えるアカウントを選択し、本製品のロ
ックを解除します。
ユーザーアカウント
ユーザーを管理する
Ownerアカウントでご使用しているときは、他のアカウントを削除したり設定を変更
したりすることができます。
1 アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー」をタップする
2 「他のユーザー」の下のアカウントを選択する。選択したユーザーが制限付きアカ
ウントの場合、
アプリおよびコンテンツを選択または削除して、それらへのアカウ
ントのアクセス可否を設定する
アカウントを削除するには、
「 」をタップします。
63
カスタマイズ
今まで使っていた端末からデータを転送する
バックアップアカウントを使用する
お客様のGoogleアカウントやSamsungアカウントを使って、今までご使用になって
いた端末から本製品にバックアップデータを転送できます。詳細は、
「データのバック
アップと復元」をご参照ください。
Samsung Smart Switchを使用する
今まで使っていた端末のデータを新しい本製品へSmart Switch(モバイル端末用
およびパソコン用)
で転送できます。
詳細は、http://www.samsung.com/smartswitch をご参照ください。
Samsung Smart Switchは一部の端末またはパソコンでは作動しません。
Samsung Smart Switch Mobileを使用する
iPhoneまたはAndroid端末から本製品へデータを転送します。
本アプリは「Samsung Apps」
または「Playストア」からダウンロードできます。
1
2
本製品でSmart Switch Mobileをタップする
データを移動する端末によって操作が異なるので、画面の指示に従って操作する
今まで使っていた端末がAndroid端末の場合、Smart Switchアプリをインストー
ル済みであることを確認してください。詳細は、
アプリ内ヘルプをご参照くださ
い。
Smart Switchをパソコンで使用する
別の端末からバックアップしたお客様のデータをパソコンから本製品へインポートし
ます。本アプリは http://www.samsung.com/smartswitch からダウンロードできま
す。
1
今まで使っていた端末からパソコンへデータをバックアップする
2
パソコンのSmart Switchを起動する
バックアップ方法の詳細は、その端末のメーカーにお問い合わせください。
64
カスタマイズ
3
4
USBケーブルを用いてパソコンに本製品を接続する
パソコンで以前の端末のメーカーをクリックし、表示される指示に従って本製品
へデータを転送する
Samsung Kiesを使用する
パソコンからSamsung Kiesでデータのバックアップをインポートして本製品に復元
します。Samsung Kiesでパソコンにデータをバックアップすることもできます。詳細
は、
「Samsung Kiesで接続する」をご参照ください。
アカウントを設定する
アカウントを追加する
本製品で使用されるアプリにはアカウントの登録が必要なものがあります。
アカウン
トを作成し本製品で最適性能を体感してください。
アプリ画面で「設定」→「一般」→「アカウント」→「アカウント追加」をタップし、
アカウン
トサービスを選択します。次に、画面の指示に従って、
アカウント設定を完了します。
コンテンツをお客様のアカウントと同期させるには、
アカウントを選択し、同期させる
アイテムにチェックを付けます。
アカウントを削除する
アプリ画面で「設定」→「一般」→「アカウント」をタップし、
「マイアカウント」の下のア
カウント名を選択し、削除するアカウントを選択し、
「 」→「アカウントを削除」をタッ
プします。
65
連絡先
連絡先を追加する
他の機器から連絡先を移動する
他の機器の連絡先を本製品へ移動できます。詳細は、
「今まで使っていた端末からデ
ータを転送する」をご参照ください。
手動で連絡先を作成する
1 アプリ画面で「連絡先」→「連絡先」をタップする
2 「 」をタップし、連絡先情報を入力する
•
:画像を追加する
•
/
:連絡先を追加/削除する
3 「保存」をタップする
名刺から連絡先を作成する
名刺を撮影し、連絡先情報を抽出します。
1 アプリ画面で「連絡先」→「連絡先」をタップする
2 「 」→「名刺」→「 」をタップする
「 」→「対象言語」をタップし、認識する言語を選択する
66
連絡先
3
4
名刺を平らな面に置く
名刺が画面のフレーム内に収まるように本製品を調整する
フレームが緑色に変わると自動的に撮影されます。名刺から連絡先情報が読み
取られ、連絡先入力に変換されます。
• 撮影が自動的に行われない場合は、
「 」をタップする
• 名刺を手動で撮影するには、
「 」→「自動撮影」→「OFF」をタップする
• 保存された画像から文字を抽出するには、
「 」→「画像を読み込む」をタップする
5
編集または情報を追加し、
「保存」をタップする
連絡先を管理する
連絡先を編集する
1
2
3
アプリ画面で「連絡先」→「連絡先」をタップする
編集する連絡先を選択し、
「 」をタップする
連絡先情報を編集するか、
「フィールドを追加」をタップして連絡先情報を追加す
る
4 「保存」をタップする
連絡先を削除する
削除する連絡先を選択し、
「 」をタップします。
連絡先を共有する
共有する連絡先を選択し、
「 」→「連絡先を共有」をタップし、共有方法を選択します。
67
連絡先
グループを管理する
アプリ画面で「連絡先」→「グループ」をタップします。
新しいグループを作成する
「 」をタップし、
グループ名を入力し、
「保存」をタップします。
グループに連絡先を追加する
グループを選択し、
「 」→「メンバーを追加」をタップします。追加する連絡先を選択し、
「完了」をタップします。
グループを削除する
「 」→「グループを削除」をタップし、ユーザーが追加したグループを選択して
「完了」
をタップします。
グループメンバーにEメールを送信する
グループを選択して
「 」→「メール送信」をタップします。
メンバーを選択して
「完了」を
タップして、
メッセージを入力し、送信ボタンをタップします。
連絡先とアカウントを統合する
本製品に保存されている連絡先をお客様のアカウントと統合します。
アプリ画面で「連絡先」→「連絡先」をタップします。
「 」→「アカウントを統合」→「Googleアカウントと統合」
または「Samsungアカウントと統
合」をタップします。
連絡先をインポート/エクスポートする
連絡先をストレージサービスから本製品へインポートしたり、本製品からストレージ
サービスへエクスポートしたりします。
アプリ画面で「連絡先」→「連絡先」をタップします。
「 」→「設定」→「インポート/エクスポート」をタップし、インポートまたはエクスポート
を選択します。
68
連絡先
連絡先を検索する
アプリ画面で「連絡先」→「連絡先」をタップします。
以下のいずれかの検索方法を使用します。
• 連絡先一覧を上下にスクロールする
• 連絡先一覧左側のインデックスに沿って指をドラッグしてすばやくスクロールす
る
• 連絡先一覧上部の検索フィールドをタップし、検索条件を入力する
連絡先が検索されたら、以下のいずれかを実行します。
•
:お気に入り連絡先に追加する
•
:Eメールを書く
連絡先のショートカットをクラシックホーム画面に追加する
連絡する回数が多い連絡先へのショートカットをクラシックホーム画面に追加しま
す。
1 アプリ画面で「連絡先」→「連絡先」をタップする
2 連絡先を選択する
3 「 」→「ショートカットを追加」をタップする
69
カメラ
カメラの基本操作
写真または動画を撮影する
1
2
アプリ画面で「カメラ」をタップする
ビューファインダーで撮影したい画像をタップする
対象に焦点が合うと焦点枠が緑色に変わります。
3「
」をタップして写真を、
「 」をタップして動画を撮影する
• 画面上でピンチアウトして拡大、ピンチインして縮小します。
• 録画中の動画から画像を取り出すには、
「 」をタップします。
• 動画を撮影中に焦点を変更するには、焦点を合わせたい場所をタップします。
画面中心に焦点を合わせるには、
「 」をタップします。
現在のモードを
表示する
前面/背面のカメラを
切り替える
動画撮影を開始する
撮影する
フラッシュ設定を
変更する
撮影モードを変更する
カメラの設定を
変更する
撮影済みの写真や
動画を見る
• 使用していないとき、
カメラは自動的に停止します。
• レンズは常にきれいにしてください。汚れていると一部の高解像度を要す
るモードで正常に動作しない場合があります。
• 内側カメラのレンズは広角撮影用です。広角写真にはわずかな歪みが生じ
る場合がありますが、本製品の性能には問題ありません。
70
カメラ
カメラのショートカットを変更する
ビューファインダーでカメラの設定をすばやく変更できるように、設定のショートカッ
アイテムを長押し、画面
トを変更できます。ビューファインダーで「 」をタップします。
左側のスロットにドラッグします。
撮影するときのご注意
• 許可無く他人を撮影しないこと
• 法的に禁止された場所を撮影しないこと
• 他人のプライバシーを侵す可能性がある場所で撮影しないこと
71
カメラ
リモートビューファインダー
本製品を別の機器のビューファインダーとして使用します。離れた場所から別の機器
を制御して写真や動画を撮影できます。接続されている機器が表示している画像と
同じ画像が本製品に表示されます。
1 アプリ画面で「カメラ」をタップする
2 「 」→「リモートビューファインダー」をタップする
3 「Wi-Fi Direct設定」をタップして別の機器に接続する
4 本製品が焦点を合わせるビューファインダーの画像をタップする
5 「 」をタップして、接続機器のビューファインダーに表示された写真を撮影する
接続したい機器がリモートビューファインダーモードに対応していることを確
認してください。
72
カメラ
撮影モード
自動
カメラが自動的に周囲を判断して写真に最適なモードを決定します。
アプリ画面で「カメラ」→「モード」→「自動」
美肌モード
きれいな表情の写真を撮ります。
アプリ画面で「カメラ」→「モード」→「美肌モード」
ショット&エフェクト
連続写真を撮影し複数の撮影モードで各種効果を加え修正します。写真は「ギャラリ
で認識されます。
ー」の「 」
本モードでの写真撮影中は、
ズーム機能を利用できません。
1 アプリ画面で「カメラ」をタップする
2 「モード」→「ショット&エフェクト」をタップする
3 「 」をタップする
本製品は連続写真を撮影し利用可能な撮影モードを表示します。
4
撮影モードを選択し、写真に効果を加える
• ベストフォト:複数の写真の中で一番良いものが保存されます。連続写真の他
の写真を見るには、左右にスクロールします。本製品は一番良いものを推薦し、
「 」を付けて区別します。
• ベストフェイス:複数の写真が同時に撮影され、それらが合成されて最良と思
われる画像が作られます。各顔の白い枠をタップし、画面下部に表示される複
数の姿から各被写体の最良のものを選択します。
これらの画像が1つの写真に
合成されます。本製品は最良の写真を推薦し、
「 」を付けて区別します。
73
カメラ
• ドラマショット:連続写真が合成されて動作の軌跡を示す画像が作られます。画
面の下部から、動きがあって使用したい写真を複数選択します。選択した写真
「復元」をタ
の動作の軌跡を編集するには、
「 」を選択し、写真をタップします。
ップすると対象の動作の軌跡を表示します。
「削除」をタップして動作の軌跡を
削除します。写真を編集し、
「完了」をタップします。
• 消しゴム:意図せず写りこんだ動く被写体を消去します。
「 」をタップして動く
被写体を消去します。
「 」をタップすると元の画像を復元します。
• パンニング撮影:被写体が速く動いているように見せるための効果を被写体の
「モーションブ
背景に加えます。
「オブジェクト」をタップして被写体を選択します。
「角度」→「 」をタッ
ラー」をタップしてブレの角度を変更して背景に加えます。
プし、大きな円の周りに指で円を描いてブレの角度を変更します。背景のブレ
の程度を調節するには、
「モーションブラー」をタップし、調節バーをドラッグし
ます。
5
写真編集が終わったら、
「保存」をタップする
パノラマ
多数の写真をつなぎ合わせた写真を撮ります。その写真は「ギャラリー」内で「
で区別されます。
きれいに撮影するために、以下を参考にしてください。
• カメラをゆっくり一方向に動かす
• カメラのビューファインダーのフレームの外に出ないようにする
• 空やパターンのない壁など不明確な背景では撮影しない
74
」
カメラ
HDR(リッチトーン)効果を使用する
色調を上げて写真撮影を行い、明暗部まで鮮明に写します。
アプリ画面で「カメラ」→「モード」→「HDR(リッチトーン)」をタップします。
効果なし
効果あり
デュアルカメラ
外側カメラで風景写真を撮影するとき、内側カメラで撮影された写真または動画が
PiP(小さな画面)に表示されます。本機能を使用して美しい風景写真と自画像を同時
に撮影します。
アプリ画面で「カメラ」→「モード」→「デュアルカメラ」をタップして、デュアルカメラモー
ドに切り替えます。
「 」をタップして写真を撮影するか、
「 」をタップして動画を撮影します。
外側/内側の
カメラを切り替える
タップして寸法を
変える、
または場所
を移動する
利用可能なスタイ
ルから選択する
75
カメラ
• デュアルカメラモードでは、Full HDの動画を最大5分間、HDまたはVGAの
動画を最大10分間撮影できます。
• 本モードでの動画撮影中は、音声は内部マイクで録音されます。
撮影モードを管理する
モード選択画面に表示される撮影モードを選択します。
アプリ画面で、
「カメラ」→「モード」→「モードを管理」をタップします。
撮影モードをダウンロードする
Samsung Appsからさらなる撮影モードをダウンロードしてください。
アプリ画面で、
「カメラ」→「モード」→「ダウンロード」をタップします。
76
カメラ
カメラの設定メニュー
アプリ画面で「カメラ」→「 」をタップします。以下の設定が、必ずしも画像撮影モード
および動画撮影モードの両方で利用できる訳ではありません。利用可能な設定は使
用するモードにより決定します。
• 画像サイズ:画像の撮影サイズを選択します。大きいサイズを選択すると高品質
の画像を撮影できますが、多くのメモリーが必要です。
• 連写:動いている被写体を連写します。
• 写真手振れ補正:暗い状態を自動的に検出してフラッシュ無しで写真の明るさを
調節するように、本製品を設定します。
本機能は、動画撮影時はご使用になれません。
• 顔検出:本製品が人の顔を認識し、撮影を便利にします。
• ISO:ISO値を設定します。
この値はカメラの光感度を制御する値で、
フィルムカメ
ラ相当です。小さい値は静止した明るい被写体向きで、大きな値は動きが速いま
たは暗い被写体向きです。
• 測光モード:測光方法を選択します。
このモードで光の値をどのように計算するか
では風景の中心の背景光が測定されます。
「多
を決定します。
「中央部重点測光」
では風景全体が平均されます。
「スポット測光」
では特定位置の光の値
分割測光」
が測定されます。
• タップして撮影:ビューファインダーをタップして撮影します。
• 保存設定:HDRと元の写真の両方を保存するか、
またはその片方だけを保存する
かを設定します。
• 動画サイズ:動画の撮影サイズを設定します。大きいサイズを選択すると高品質
の動画を撮影できますが、多くのメモリーが必要です。
• 録画モード:動画撮影モードを変更します。
• 動画手振れ補正:手振れを有効化/無効化します。本機能によりカメラが動いて
いるときの焦点合わせが容易になります。
• エフェクト:適用できる各種効果から選択します。撮影の時に利用できる各種効果
から選択します。効果をダウンロードするには「ダウンロード」をタップします。一
覧から効果の順番を変更したり、非表示にするためには「エフェクトを管理」をタッ
プします。
• フラッシュ:フラッシュを有効化/無効化します。
• タイマー:セルフタイマーを設定します。
• 表示モード:ビューファインダーの縦横比を変更します。
77
カメラ
• 位置情報タグ:GPS位置情報を写真に付けます。
• 正しいGPS信号を得るには、信号が妨害される可能性があるビルの間や低
地、悪天候下での撮影は避けてください。
• お客様が撮影された写真をインターネットにアップロードすると、お客様の
位置が写真に表示される場合があります。
これを避けるにはGPS位置情報
設定を無効にしてください。
• 保存場所:保存用のメモリー場所を選択します。
• 写真/動画を確認:画像/動画を撮影後に閲覧する機器を設定します。
• リモートビューファインダー:他の機器をビューファインダーとして使用し、写真ま
たは動画を撮影するように設定します。詳細は「リモートビューファインダー」をご
参照ください。
• ホワイトバランス:適切なホワイトバランスを選択し、実物に近い画像にします。本
設定は特定の照明状態に対して設計されています。
これらの設定はプロ用カメラ
のホワイトバランス向けの色合いと同様です。
• 露出補正:露出値を調節して、
カメラのセンサーが受光する光量を決定します。暗
い場合は大きな露出値を使用してください。
• グリッドライン:被写体の選択を容易にするためのガイドをビューファインダーに
表示します。
• 音量キー:本製品の音量キーを利用し、
シャッターをコントロールしたり、
ズーム
機能として利用するかを設定します。
• 音声コントロール:本製品が音声命令によって写真を撮影するように設定します。
• ヘルプ:カメラを使用するためのヘルプ情報を表示します。
• 設定をリセット:カメラの設定をリセットします。
78
ギャラリー
写真または動画を閲覧する
本製品のコンテンツを閲覧する
アプリ画面で「ギャラリー」をタップし、画像や動画を選択します。
動画はプレビューサムネイルで「 」が表示されます。
画面をタップすると、
メニューやプレビューサムネイルを非表示/表示することがで
きます。
画像を見る別の機
器を検索する
画像を修正する
前画面に移動する
追加オプション
画像を削除する
画像を他に転送す
る
他の機器のコンテンツを閲覧する
他の機器に保存されている画像や動画を探して本製品で閲覧できます。
アプリ画面で「ギャラリー」をタップします。
79
ギャラリー
近くの機器に保存されているコンテンツを閲覧する
「 」をタップし、
「近くのデバイス」の下の機器を選択し、
コンテンツにアクセスしま
す。それらの写真や動画を、
コンテンツ共有機能を有効にした本製品で見ることがで
きます。
本機能を有効にするには、
アプリ画面で「設定」→「接続」→「近くのデバイス」をタップ
スイッチを右にドラッグします。詳細は、
「近くのデバイス」をご参
し、
「近くのデバイス」
照ください。
並べ替えオプションを選択する
本製品で撮影された画像や動画は時間やアルバムで並べ替えることができます。
ま
た、人や風景で画像や動画を分類できます。
アプリ画面で、
「ギャラリー」→「 」をタップし、並べ替えオプションを選択します。
追加のオプションにアクセスする
アプリ画面で、
「ギャラリー」をタップし、画像または動画を選択します。
「 」をタップし、
以下のオプションを利用します。選択したファイルによっては、利用可能なオプション
は異なります。
• その他の情報:ファイルの詳細情報を表示します。
• クリップボードにコピー:ファイルをクリップボードにコピーします。
• スタジオ:スタジオモードで画像や動画を編集します。
• 左に回転:反時計方向に回転します。
• 右に回転:時計方向に回転します。
• トリミング:画像を切り取ります。
• 名前を変更:ファイルの名前を変更します。
• スライドショー:現在のフォルダの画像のスライドショーを開始します。
• 登録:画像を壁紙や連絡先の画像に設定します。
• 印刷:本製品とプリンターを接続して画像を印刷します。詳細は、
「モバイルプリン
ト」をご参照ください。
• 設定:ギャラリー設定を変更します。
ファイル一覧でファイルを長押しすると複数のファイルが選択できます。1回に選択
の画像を共有したり、削除できます。
「 」をタップして追加オプションを利用できます。
80
ギャラリー
写真または動画を編集する
フォトスタジオ
様々な効果を適用し、画像を編集します。
1 アプリ画面で「ギャラリー」をタップする
2 「 」→「スタジオ」→「フォトスタジオ」をタップする
3 編集する画像を選択する
4 効果を適用し、画像を編集する
ステッカーを貼って
画像を装飾する
画像を切り取る
画像に書き込みを
する
画像を回転させる
画像にフレームを
挿入する
画像の色などを
調節する
5
6
画像に効果を
加える
画像の編集が終わったら、
「 」→「名前を付けて保存」をタップする
ファイル名を入力し、
「OK」をタップする
フォルダに保存されます。
フォルダを開く場合、
「ギャラ
編集された画像は「Studio」
リー」→「 」→「アルバム」→「Studio」をタップします。
81
ギャラリー
コラージュスタジオ
複数の画像を結合し、
コラージュを作成します。
1 アプリ画面から「ギャラリー」をタップする
2 「 」→「スタジオ」→「コラージュスタジオ」をタップする
「完了」をタップする
3 合成する画像を複数選択し、
4 様々な効果を適用し、画像を編集する
画像を追加
画像を削除
画像を削除
画像パネルを隠す
分割のレイアウトを
変更
5
コラージュスタイル
を変更
画像の編集が終わったら、
「保存」をタップする
フォルダに保存されます。
フォルダを開くためには、
「
編集された画像は「Studio」
ギャラリー」→「 」→「アルバム」→「Studio」をタップします。
82
ギャラリー
ショット&エフェクト
撮影した写真に様々な効果を適用します。
ショット&エフェクトモードで撮影された写真のみ選択できます。
1 アプリ画面から「ギャラリー」をタップする
2 「 」→「スタジオ」→「ショット&エフェクト」をタップする
3 編集する画像を選択する
4 様々な効果を適用し、画像を編集する
動作軌跡を表示す
る画像を作成する
背景から動く被写
体を削除する
作成可能な最高の
画像を作成する
ベストフォトを保存
する
5
被写体が早く動い
ているようにする
画像の編集が終わったら、
「保存」をタップする
フォルダに保存されています。
フォルダを開くには、
「
編集された画像は「Studio」
ギャラリー」→「 」→「アルバム」→「Studio」をタップします。
83
ギャラリー
ビデオエディター
複数の画像や動画で動画を作成/編集します。
1 アプリ画面で「ギャラリー」をタップする
2 「 」→「スタジオ」→「ビデオエディター」をタップする
「完了」をタップする
3 適用するテーマを選択し、
4 編集する動画を選択する
ビデオを作る画像を選択することもできます。
5
各種効果を加えて動画を編集する
直前の操作の取り消し
と再実行
動画に音楽または
音響効果を加える
動画を自動的に編集する
動画をエクスポートする
画像を追加する
動画を保存する
動画を追加する
動画を確認する
動画を録画する
動画を分割、切り取る、
順序を変更する
動画を再生する
6 「エクスポート」をタップする
「OK」をタップする
7 保存オプションを選択し、
フォルダに保存されます。
フォルダを開くには、
「ギ
編集した動画は「エクスポート」
ャラリー」→「 」→「アルバム」→「Export」をタップします。
84
ギャラリー
動画トリミング
動画の部分をトリミングします。
1 アプリ画面で「ギャラリー」をタップする
2 「 」→「スタジオ」→「動画トリミング」をタップする
3 編集する動画を選択する
4 開始する位置に開始バーを移動し、終了する位置に終了バーを移動して「完了」を
タップする
現在位置
開始バー
5
終了バー
ファイル名を入力し、
「OK」をタップして動画を保存
85
ギャラリー
ギャラリーの設定メニュー
1 アプリ画面で「ギャラリー」をタップする
2 「 」→「設定」をタップする
3 以下のオプションが利用できる
• タグバディ:日付や位置などの情報を写真に付けることができます。
「タグバディ」を
有効にするには、
アプリ画面で「ギャラリー」→「 」→「設定」→「タグ情報」→「タグ
スイッチを右にドラッグしてONにします。
バディ」
• フェイスタグ:写真内の顔にタグ付けします。顔が検出されたら周りに黄色フレー
をタップして連絡先をタップします。
ムが表示されます。顔を選択し、
「名前を追加」
フェイスタグが画像に表示されたら、
タップし、相手へのメッセージ送信などのオ
プションを実行します。
フェイスタグを利用する場合、顔の方向、顔のサイズ、肌色、表情、照明状況や
被写体が着用中のアクセサリによっては顔検出ができない場合があります。
86
マルチメディア
音楽
音楽を再生する
アプリ画面で「ミュージック」をタップします。
音楽分野を選択し、再生する曲を選択します。
ファイルを再生する
他の機器を検索する
音量を調整する
追加設定
現在再生中の曲に
基づいておすすめ
の曲の一覧を表示
する
ファイルをお気に
入り曲に設定する
繰り返しモードを
変更する
入れ換え機能を使う
再生一覧を表示する
再生中の曲をプレ
イリストに追加する
前の曲に戻る。
長押しすると早戻し
になる
再生を中断、再開する
次の曲に進む。
長押しすると早送り
になる
87
マルチメディア
同じ音量で曲を聴くには、
「 」→「設定」→「詳細設定」をタップし、
「スマートボリューム」
にチェックを入れます。
「スマートボリューム」を有効にしているときは、本製品の音量設定よりも大き
い音量になる場合があります。聴覚に悪影響を与えないために大音量で長時
間聴かないように注意してください。
「スマートボリューム」は一部のファイルでは機能しない場合があります。
ヘッドホンで曲を聴いている最中に音量をお好みに設定するには、
「 」→「設定」→
「詳細設定」→「Adapt Sound」→「ON」をタップします。
本設定を最初に有効にするときは、
「開始」をタップして音量を調整します。一連の音
量試験が開始され、音量を変えながらブザー音が鳴ります。
ブザー音が聞こえたら
「はい」を、聞こえない場合は「いいえ」をタップします。音量調整が終了するまで、各
音量試験に対しこの操作を繰り返します。
「音楽再生の音質」にチェックを付け「完了」
をタップしてこの設定を適用します。
この音量調整は、音量をレベル14以上に設定すると音楽再生に適用されませ
ん。
レベル13以下に設定すると再度適用されます。
曲を警報音に設定する
再生中の曲を警報音に設定するには、
「 」→「着信音に設定」→「最初から」
または「自
「完了」をタップします。
動ピックアップ」をタップし、選択肢を選択し、
再生リストを作る
お好みの音楽集を作ります。
アプリ画面で「ミュージック」をタップします。
「プレイリスト」→「 」→「プレイリストを作成」をタップします。題名を入力し
「OK」をタッ
をタップし、
リストに加える曲を選択し、
「完了」をタップします。
プします。
「 」
聴いている曲を再生リストに追加するには、
「 」をタップし、再生リストを選択しま
す。
88
マルチメディア
雰囲気に合わせて音楽を再生する
音楽を雰囲気に合わせて再生します。
アプリ画面で「ミュージック」をタップします。
「ミュージックスクエア」をタップします。音楽が雰囲気別に自動的に分類されます。雰
囲気セルをタップするか、音楽を聴く複数のセルをセル内にドラッグします。
音楽分類はその曲に関して得られる情報に基づいています。雰囲気セルに分
類されない曲もあります。
他の機器に保存されている音楽を再生する
他の機器に保存されている音楽を検索し、本製品で再生します。
アプリ画面で「ミュージック」をタップします。
近くの機器の音楽を再生する
「近くのデバイス」をタップし、機器を選択して音楽を再生します。
コンテンツ共有機
能が有効化されている機器の音楽を再生できます。
本機能を有効にするには、
アプリ画面で「設定」→「接続」をタップし、
「近くのデバイス」
スイッチを右にドラッグします。詳細は、
「近くのデバイス」をご参照ください。
89
マルチメディア
動画
動画を再生する
アプリ画面で「ビデオ」をタップします。
再生する動画を選択します。
ファイルを再生する
他の機器を
検索する
ポップアップ動画
プレーヤーに切り替える
追加設定
ディスプレイの
トーンを鮮明にする
音量調節
バーをドラッグして
前または後に進む
再生を中断、
再開する
コントロールパネルを
左に移動する
コントロールパネ
ルを左に移動する
再生一覧を開く
画面比を変更する
前の動画に戻る。
長押しすると早戻し
になる
次の動画に進む。
長押しすると早送り
になる
ポップアップ動画プレーヤーを使用する
動画プレーヤーを終了せずに他のアプリを使用できます。ポップアップ動画プレーヤ
ーを使用するには、動画を見ている途中で「 」をタップします。
画像の上で2本の指先を広げるとその部分を拡大し、狭めると縮小します。
画像を取り込む
再生中に「 」→「設定」をタップし、
「キャプチャー」にチェックを付け、
「閉じる」をタップ
します。動画再生中に「 」をタップして画像を取り込みます。
90
マルチメディア
動画を共有するまたは削除する
アプリ画面で「ビデオ」をタップします。
動画を長押しして、
「 」をタップし、共有方法を選択します。
「 」→「削除」をタップし、動画を選択し、
「完了」をタップします。
動画を編集する
アプリ画面で「ビデオ」をタップします。
動画を選択し、
「 」→「編集」→「スタジオ」→「動画トリミング」をタップします。開始させ
たい位置へ開始ブラケットを移動し、終了させたい位置へ終了ブラケットを移動して
ファイル名を入力し、
「OK」をタップして動画を保存しま
から、
「完了」をタップします。
す。
動画編集アプリを利用して動画を編集するには、動画を選択し、
「 」→「編集」→「スタ
ジオ」→「ビデオエディター」をタップします。
他の機器に保存されている動画を再生する
他の機器に保存されている動画を検索し、本製品で再生します。
アプリ画面で「ビデオ」をタップします。
近くの機器の動画を再生する
「近くのデバイス」をタップし、機器を選択して動画を再生します。
コンテンツ共有機
能が有効化されている機器の音楽を再生できます。
本機能を有効にするには、
アプリ画面で「設定」→「接続」をタップし、
「近くのデバイス」
スイッチを右にドラッグします。詳細は、
「近くのデバイス」をご参照ください。
91
便利なアプリと機能
キッズモード
キッズモードを始める
本ウィジェットは、お子様が特定のアプリやコンテンツにアクセスできないようにし
て、楽しく安全な環境を提供します。
まず、本ウィジェットをダウンロードし、インストールしてください。
クラシックホーム画
面で「キッズモード」→「インストール」をタップしてください。
キッズモードを始めるには、
クラシックホーム画面で「キッズモード」をタップします。
本ウィジェットを初めて起動するときは、画面下部の「PINを設定」をタップします。そ
の後、画面の指示に従ってください。
キッズモードウィジェットを誤ってアンインストールした場合は、再インストー
ルできます。
クラシックホーム画面でショートカットやウィジェットのない壁紙
「キッズモード」を長押
部分を長押しして
「ウィジェット」をタップします。その後、
ししてクラシックホーム画面上にドラッグします。
この「キッズモード」をタップ
して再インストールします。
キッズモードホーム画面
ホーム画面は、キッズモードのすべてのアプリにアクセスする開始点です。
キッズ音声
レコーダー
新しく追加された
アプリ
キッズメディア
お絵かき
キッズカメラ
キッズモードを
終了する
キッズギャラリー
ペアレンタルコント
ロール
92
便利なアプリと機能
動画を再生します。
ご使用の前に、本製品に保存されている動画を本アプリに追加し
てください。詳細は、
「ペアレンタルコントロール」をご参照ください。
ペン、
ブラシなどで絵を描きます。
幼児に閲覧を許可する保存済みの画像、絵、音声記録、
メディアファイルを表示しま
す。
録音および録音再生を行います。
画像または動画を撮影します。
93
便利なアプリと機能
キッズモードを開く
ホーム画面を右にスクロールするとキッズモードが開きます。
キャラクターや背景物などと遊ぶことができます。
ペアレンタルコントロール
キッズモードの制限事項を設定し、
コンテンツやアプリへのアクセスを管理します。キ
ッズモードの設定、使用時間制限などを変更できます。
ホーム画面で「 」をタップしPINを入力します。
保護者管理を終了するにはホームキーを押します。
• キッズプロフィール:キッズのプロフィールを見たり編集したりします。
• アクティビティ:お子様がどのように本製品をご使用になっているかという情報、例
えば遊び時間、
よく使っているアプリなどを表示します。
• 1日の遊び時間を制限:制限時間を設定してお子様の使用を管理します。
• アプリ:キッズモードで使用を許可するアプリを表示、追加します。
• メディア:本製品に保存されている特定の画像および動画にお子様がアクセスす
ることを許可します。
• 一般:キッズモード設定を構築します。
• キッズストア:
「Samsungアプリ」から子供向けアプリをダウンロードします。
94
便利なアプリと機能
Sファインダー
本製品内のコンテンツを検索します。各種フィルターを適用したり検索履歴を見たり
することができます。
通知パネルを開き、
「Sファインダー」をタップします。
コンテンツを探す
検索フィールドをタップしキーワードを入力します。
または、
「 」をタップし、キーワー
ドを話します。
さらに詳細な結果を得るには、検索フィールドの下にあるフィルターをタップします。
検索結果一覧を更新するには、
「 」→「更新」をタップします。
各種フィルターを使用して検索条件を設定するには、
「 」→「設定」→「フィルター」→「
フィルターを選択」をタップします。
検索カテゴリを選択するには、
「 」→「設定」→「検索」→「検索カテゴリを選択」をタップ
します。
検索履歴を管理する
過去の検索履歴を表示/削除できます。再度検索をする場合、以前の検索項目を設
定してください。
履歴を消去するには、
「 」→「設定」→「検索」→「履歴を削除」をタップし、削除するキー
ワードを選択して
「完了」をタップします。
本製品が検索履歴を保存しないように設定するには、
「 」→「設定」→「検索」をタップ
し、
「検索履歴を保存」のチェックを外します。
95
便利なアプリと機能
Sプランナー
Sプランナーを始める
イベントやタスクを管理します。
アプリ画面で「Sプランナー」をタップします。
今日の日付に行く
イベントまたは
タスクを作る
表示モードを
変更する
追加オプション
イベントまたは
タスクを検索する
「 」をタップし、以下を使用します。
• 移動:特定の日付に移動します。
• 削除:イベントまたはタスクを削除します。
• カレンダー:カレンダーを選択して表示します。
• 同期:イベントおよびタスクを自分のアカウントと同期させます。
• 設定:Sプランナーの設定を変更します。
96
便利なアプリと機能
イベントまたはタスクを作る
1 アプリ画面で「Sプランナー」をタップする
2 「 」をタップするか、イベントまたはタスクが無い日付を選択し、その日付を再度
タップする
イベントまたはタスクが既に保存されている日に新しいイベントまたはタスクを
追加する場合は、その日付をタップし、
「 」をタップする
3
イベントまたはタスクの詳細を入力する
• イベント:イベントの開始日と終了日を設定します。繰り返しを設定することもでき
ます。
• タスク:特定の日に実施するタスクを追加します。優先度を設定することもできま
す。
使用するまたは
同期させるカレン
ダーを選択する
アイテムを選択する
タイトルを入力する
イベントの場所を
示す地図を
添付する
イベントの開始日と
終了日を設定する
詳細を追加する
4 「完了」をタップしてイベントまたはタスクを保存する
97
便利なアプリと機能
イベントおよびタスクを自分のアカウントと同期させる
アプリ画面で「Sプランナー」をタップします。
イベントおよびタスクを自分のアカウントと同期させるには、
「 」→「同期」をタップし
ます。
同期させるアカウントを追加するには、
「 」→「カレンダー」→「アカウントを追加」をタッ
プします。次に、同期させるアカウントを選択します。
アカウントが追加されると、
アカ
ウント名横のチェックボックスに緑色のチェックが付きます。
アカウントの同期設定を変更するには、
アプリ画面で「設定」→「一般」→「アカウント」
をタップし、
アカウントサービスを選択します。
イベントまたはタスクを削除する
アプリ画面で「Sプランナー」をタップします。
イベントまたはタスクを削除するには、
「 」→「削除」をタップし、イベントまたはタスク
を選択し、
「完了」→「OK」をタップします。
イベントまたはタスクを見ながら削除するには、イベントまたはタスク詳細のポップ
アップ画面で「 」→「削除」→「OK」をタップします。
タスクに完了の印を付けるには、そのタスクの日付をタップし、完了タスクにチェック
を付けます。
イベントまたはタスクを共有する
アプリ画面で「Sプランナー」をタップします。
イベントまたはタスクを見ながら共有するには、イベントまたはタスク詳細のポップ
アップ画面で「 」→「共有」をタップし、共有方法を選択します。
98
便利なアプリと機能
Sボイス
Sボイスとは
本製品に音声入力をして、各種機能を実行させます。
アプリ画面で「Sボイス」をタップします。
またはホームキーを2回押します。
ホームキーを押してもアクセスできないようにするには、
「 」→「設定」→「起動」をタッ
プし、
「ホームキーで開く」のチェックを外します
本アプリは地域またはサービス提供者によっては提供されない場合がありま
す。
言語を設定する
「 」→「設定」→「一般」→「言語」をタップし、言語を選択します。
選択された言語は「Sボイス」にのみ適用され、本製品の表示言語には適用さ
れません。
Sボイスを使用する
Sボイスを起動すると、音声認識が開始されマイクアイコンが赤く変わります。
音声で命令します。
音声命令が認識されると、画面の下部のマイクアイコンが緑に光ります。その後、命
令が実行されます。
音声を正しく認識させるには、
• はっきり話す。
• 静かな場所で話す。
• 乱暴な言葉、俗語を使わない。
• 方言は避ける。
周囲の状況やお客様の話し方によっては、本製品は命令を認識しなかったり意図し
ない動作を実行したりする場合があります。
99
便利なアプリと機能
スタンバイモードのSボイスを起動する
Sボイスを一定時間使用しなかった場合、Sボイスは自動的にスタンバイモードに切
り替わります。
音声認識を再開するにはマイクアイコンをタップするか、本製品に「ハイ、ギャラクシ
ー」
としゃべってください。
起動命令を変更する
起動命令を「ハイ、ギャラクシー」から変更することができます。起動命令は本製品が
スタンバイモードのときにSボイスの起動に使用されます。
「 」→「設定」→「起動」→「ボイスウェイクアップ」→「ウェイクアップコマンド設定」をタッ
プします。
音声返答を無効にする
「 」→「音声プロンプトを無効にする」をタップします。本製品は音声命令に対し音声に
よる返答を停止します。
意図しない音声命令を訂正する
本製品が音声命令を正しく認識しない場合、音声命令を編集できます。
音声命令を編集するには、お客様がしゃべった文字が入っている吹き出しをタップ
し、キーボードで文字を編集します。
100
便利なアプリと機能
Eメール
Eメールアカウントを設定する
アプリ画面で「Eメール」をタップします。
「Eメール」を初めて開く際は、Eメールアカウントを設定してください。
Eメールアドレスおよびパスワードを入力します。Googleメールのような個人用Eメ
ールアカウントの場合は「次へ」をタップし、会社用Eメールアカウントの場合は「手動
設定」をタップします。その後画面の表示に従って設定を完了します。
追加のEメールアカウントを設定するには、
「 」→「設定」→「アカウント追加」をタップし
ます。
複数のEメールアカウントがある場合、1つをアカウントのメインアカウントにするこ
アカウントを選び、
「メインアカウント」にチェッ
とができます。
「 」→「設定」をタップし、
クを付けます。
メッセージを送信する
アプリ画面で「Eメール」をタップします。
画面上部の「 」をタップし、
メッセージを作成します。
メッセージ送信
メッセージを
消去する
追加設定
宛先追加
CC/BCCを追加
件名を入力
メッセージへの
ファイル挿入や
編集オプションを
利用する
メッセージを入力
画像や動画などを
添付する
自分を宛先に
追加する
連絡先一覧から
宛先を追加する
メッセージを下書きに
保存する
101
便利なアプリと機能
メッセージを読む
アプリ画面で「Eメール」をタップします。
使用するEメールアカウントを選択すると、新しいメッセージがダウンロードされま
す。手動で新しいメッセージをダウンロードするには、
「 」をタップします。
メッセージをタップして読みます。
転送する
消去する
このEメールの
アドレスを
連絡先一覧に
追加する
追加設定
メッセージに
重要マークを付ける
添付ファイルを開く
返信する
画面レイアウトを
変更する
メッセージを
作成する
追加設定をする
メッセージを作成中に「 」をタップし、追加設定をします。
• 送信予約:予約された日付にメッセージを送信する
• 本製品の電源が切れている、ネットワークに接続されていない、ネットワー
クが不安定などの場合、
メッセージは送信されません。
• 本機能は本製品に設定されている時間と日付を基にしています。
タイムゾ
ーンを越える、
またはネットワークが情報を更新していない場合、
メッセー
ジの送信時間は不正確になる場合があります。
• 優先度:メッセージの優先レベルを選択
• セキュリティオプション:メッセージのセキュリティを設定
102
便利なアプリと機能
電卓
簡単な計算から複雑な計算まで使用できます。
アプリ画面で「電卓」をタップします。
画面の左側で計算履歴が確認できます。
履歴を削除するには、
「 」をタップします。
時計
アラーム
アプリ画面で「時計」→「アラーム」をタップします。
アラームを設定する
アラーム一覧の「 」をタップし、
アラーム時間、繰り返し日やその他のオプションを設
アラームを有効/無効にするには、
アラーム一覧のアラ
定し、
「保存」をタップします。
ームの横にある
「 」をタップします。
• スヌーズ:設定した時刻の後、
アラームを繰り返す間隔と回数を設定します。
• 事前お知らせ:事前お知らせの時間とメロディを設定します。事前お知らせは、設
定されたアラームが鳴動する予定の時間の数分前に低音量で始まります。事前
お知らせの音量は次第に大きくなり、事前お知らせを停止させるか設定済みアラ
ームが起動するまで続きます。
アラームを停止する
「 」を大きな円の外へドラッグしてアラームを停止させます。前もってスヌーズを有
効にしていた場合は、所定の時間間隔でアラームを繰り返すようにするために、
「
」を大きな円の外へドラッグしてください。
アラームを削除する
「 」→「削除」をタップしてアラームを選択し、
「完了」をタップします。
103
便利なアプリと機能
世界時計
アプリ画面で「時計」→「世界時計」をタップします。
時計を設定する
「 」をタップし、都市名を入力するか都市一覧から都市を選択します。
夏時間を適用するには、時計を長押しし、
「 」をタップします。
時計を削除する
「 」→「削除」をタップし、時計を選択し、
「完了」をタップします。
SmartRemote
SmartRemoteとは
テレビに接続し、本製品をリモコンとして使用します。本製品でテレビ番組を検索し
チャンネルを制御できます。
アプリ画面で「SmartRemote」をタップします。
104
便利なアプリと機能
テレビに接続する
1
2
アプリ画面で「SmartRemote」をタップする
3
4
テレビのメーカーを選択する
地域および放送局を選択し、画面の表示に従う
視聴可能なテレビ番組が表示されます。
本製品の赤外線ポートを確実にテレビの方へ向け、
「 」をタップする。本製品に
よりテレビの電源が入ったら
「はい、動作します」をタップする
ま
本製品によりテレビの電源が入らない場合は、
「いいえ、別のコードを試します」
テレビが信号を認識するまでこれを繰り
たは「コードを再送信します」をタップし、
返す
5 テレビチューナーを選択する
6 「何もしない」をタップする
7 放送局を選択する
テレビの電源のON/OFF
テレビリモコンメニュー
105
便利なアプリと機能
本製品でテレビを視聴する
接続したテレビで視聴するテレビ番組を放送番組一覧から選択します。
本製品の赤外線ポートはテレビの方へ向けてください。
1
2
3
アプリ画面で「SmartRemote」をタップする
テレビ番組を選択する
リモコンパネルが画面に表示されます。
リモコンパネルで操作する
番組通知を設定する
1 視聴するテレビ番組を選択する
2 「通知の設定」をタップし、テレビ番組の通知タイミングを選択する
106
便利なアプリと機能
Dropbox
Dropboxクラウドストレージでファイルを保存および共有します。
ファイルを
Dropboxに保存するとき、本製品はDropboxがインストールされているウェブサーバ
ーおよび他の任意の機器と自動的に同期します。
本アプリは地域またはサービス提供者によって変わる場合があります。
アプリ画面で「Dropbox」をタップします。
本アプリを初めて起動する場合や本製品の初期化(工場出荷状態への初期化)を実
行したあとは、画面の指示に従って初期設定を行ってください。
以下の機能をご使用できます。
• 「 」
:ファイルをアップロードまたは開く。
「 」→「ここにアップロード」をタップして
ファイルをアップロードする
• 「 」
:アップロードした写真または動画を見る。
「 」をタップして対象にチェック
を付け、
「共有」、
「アルバムに追加」、
または「削除」を実行する
• 「 」
:お気に入り一覧のファイルを開く
• 「 」
:通知を見る
107
便利なアプリと機能
Evernote
マルチメディアノートを作成し、同期させてから共有します。
ノートにタグを付けメモ
帳内で分類すると、
アイデアを効率的に管理できます。
アプリ画面で「Evernote」をタップします。
Evernoteアカウントでログインします。
アカウントが無い場合は、Evernoteアカウント
を作ります。画面の指示に従って設定を完了します。
本アプリは地域またはサービス提供者によって変わる場合があります。
ストレージおよび
アカウント情報を見る
ノートを検索する
ノートを自分のアカ
ウントと同期または
設定を変更する
オプションを使用して
ノートを作成する
本アプリおよび他
の機能を使用する
ヒントに関する最新
の通知を見る
いろいろなモードで
ノートを見る
ノートを作成する
画像、録音、他の付属品を用いてノートを作成することができます。
ノートを作るため
のオプションを選択します。
ノートを作成中、以下の方法を使用できます。
• 「 」
:ノートにリマインダーを設定する。
• 「 」
:写真やファイルを添付する、
または追加オプションを使用する。
• 「 」
:写真を撮りノートに添付する。
• 「 」→「保存」
:ノートを保存する。
• 「 」→「ノートブック」
:保存するノートブックを選択する。
• 「 」→「タグ」
:ノートにタグを付ける。
• 「 」→「位置情報を設定する」
:ノートに場所を追加する。
• 「 」→「設定」
:追加の設定を行う。
108
便利なアプリと機能
ノートを削除する
ノートを長押しし、
「削除」→「OK」をタップします。
Flipboard
ライブソーシャルネットワークのアップデートやニュースをオリジナルの雑誌フォー
マットにまとめます。
アプリ画面で「Flipboard」をタップします。
本アプリは地域またはサービス提供者によって提供されない場合がありま
す。
初めてアプリを起動した場合、
または本製品を初期化した場合、画面の指示に従って
設定を完了してください。
Flipboardメイン画面で、ニュース記事などから選択してください。
コンテンツを編集する
登録している分類を更新できます。Flipboardメイン画面で、
「
をタップし、
自分のコンテンツを確認します。
」→「マイFlipboard」
コンテンツを削除したり、位置を変更する場合、
コンテンツを長押しします。その後ア
イテムをゴミ箱または新しい場所へドラッグします。
コンテンツを追加するには、
「 」をタップして
「さらにコンテンツを探す」の下のコン
テンツを選択して
「 」をタップします。
オリジナルの雑誌を作る
さまざまなコンテンツを保存し自分専用の雑誌を作って後で読んだり、共有できま
す。
コンテンツを読みながら、
「 」をタップして雑誌を作ります。新しい雑誌を作ったり、
選択したコンテンツを既存の雑誌に保存したりすることができます。
保存した雑誌を確認するには、
「
」→「マイFlipboard」をタップします。
109
便利なアプリと機能
Hancom Office Viewer
Hancom Office Viewerとは
スプレッドシートやプレゼンテーション用など各種フォーマットの資料を閲覧します。
アプリ画面で「Hancom Office Viewer」をタップします。
本アプリは地域またはサービス提供者によって変わる場合があります。
文書を検索する
アプリ画面で「Hancom Office Viewer」をタップします。
「開く」をタップして文書を閲覧します。
文書および
フォルダを分類する
フォルダを
作成する
文書またはフォル
ダを選択する
文書を更新する
閲覧モードを
変更する
最近使用した文書を検索するには「最近使用した文書」をタップします。
110
便利なアプリと機能
文書を読む
アプリ画面で「Hancom Office Viewer」をタップします。
「最近使用した文書」
またはフォルダ内の文書をタップします。
「 」をタップし、以下の機能を使用します。
ワープロ
• 検索:文字を検索する。
• ズーム:拡大の比率を変更する。
• 文書情報:タイトル、最終更新日、作成者などの文書の詳細を見る。
• コメントを表示/コメントを隠す:文書上のコメントを表示/非表示。
• 印刷:本製品をプリンターに接続して文書を印刷する。詳細は「モバイルプリント」
をご参照ください。
• 送信:文書を他者へ送信または共有する。
• 編集:文書を編集する。本機能を使用するには必要なアプリをダウンロードしイ
ンストールする必要があります。
• ヘルプ:Hancom Office Viewerのバージョン情報などを見る。
プレゼンテーション
• 検索:文字を検索する。
• ズーム:拡大の比率を変更する。
• 文書情報:タイトル、作成日、作成者などの文書の詳細を見る。
• スライドショー:最初のページからスライドショーを開始する。
• 現在のスライドから:現ページからスライドショーを開始する。
• 発表者ビューを表示:本製品が外部モニタに接続されているとき、本製品にプレ
ゼンテーションツールを表示する。
• 印刷:本製品をプリンターに接続して文書を印刷する。詳細は「モバイルプリント」
をご参照ください。
• 送信:文書を他者へ送信または共有する。
• 編集:文書を編集する。本機能を使用するには必要なアプリをダウンロードしイ
ンストールする必要があります。
• ヘルプ:Hancom Office Viewerのバージョン情報などを見る。
111
便利なアプリと機能
スプレッドシート
• 検索:文字を検索する。
• ズーム:拡大の比率を変更する。
• 文書情報:タイトル、作成日、作成者などの文書の詳細を見る。
• 並べ替え:セルを特定の基準で並べ替える。
• 数式の表示:セル内の計算式を見る。
• ウィンドウ枠の固定:選択した行で固定する。
• 枠線:枠線を表示する/隠す。
• すべてのコメントの表示:文書のコメントを表示する/隠す。
• 印刷範囲:印刷する範囲を選択する。
• 印刷:本製品をプリンターに接続して文書を印刷する。詳細は「モバイルプリント」
をご参照ください。
• 送信:文書を他者へ送信または共有する。
• 編集:文書を編集する。本機能を使用するには必要なアプリをダウンロードしイ
ンストールする必要があります。
• ヘルプ:Hancom Office Viewerの情報などを見る。
PDF
• 検索:文字を検索する。
• 送信:文書を他者へ送信または共有する。
• プロパティ:タイトル、更新日時、作成者などの文書の詳細を見る。
• ズーム:拡大の比率を変更する。
• コメントの表示/コメントの非表示:文書のコメントを表示する/隠す。
• 連続表示/ページを水平スクロール/ページを垂直スクロール:表示モードを変更
する。
• 読み取りビュー/ページ ビュー:余白を無くし文書部分のみを表示したり、余白を
含めて表示したりする。
• 指定のページへ移動:特定のページへ移動する。
• ブックマーク:文書のブックマークを表示する。
• 印刷:本製品をプリンターに接続して文書を印刷する。詳細は「モバイルプリント」
をご参照ください。
選択したファイルによって利用できる機能は異なります。
112
便利なアプリと機能
文書を管理する
アプリ画面で「Hancom Office Viewer」をタップします。
文書一覧を表示中に「 」をタップすると、文書またはフォルダを選択して以下のオプ
ションを使用することができます。
• 「
」
:文書またはフォルダの名前を変更する。
• 「 」
:文書またはフォルダを別のフォルダへコピーする。
• 「 」
:文書またはフォルダを別のフォルダへ移動する。
• 「 」
:文書またはフォルダを削除する。
• 「 」
:文書を他者へ送信または共有する。
Googleアプリ
Googleから娯楽、
ソーシャルネットワーク、ビジネスのウェブ用アプリが提供されて
います。一部のGoogleアプリはGoogleアカウントが必要なものがあります。
これらの
アプリを最大限に活用するにはGoogleアカウントを取得してください。詳細は、
「アカ
ウントを設定する」をご参照ください。
各アプリの情報をもっと見るには、各アプリで「 」→「ヘルプ」をタップします。
地域またはサービス提供者によっては、いくつかのアプリが利用できない場
合や表示が異なる場合があります。
Chrome
情報を検索したり、
ウェブページを閲覧します。
Gmail
EメールをGoogleメールサービス経由で送受信します。
Google+
友人、家族、ネットワーク上の人々が共有しているものを見たり、
自分のニュースを共
有します。写真や動画をバックアップするなどいろいろな使い方ができます。
マップ
地図上で自分の位置を特定したり、いろいろな場所の情報や位置を探すことができ
ます。
113
便利なアプリと機能
Playムービー
本製品に保存されている動画を見たり、
コンテンツをplayストアからさらにダウンロ
ードして見たりします。
Playブックス
Playストアから書籍ファイルをダウンロードして読みます。
Playゲーム
Playストアからゲームをダウンロードし、ユーザーと一緒に楽しめます。
ドライブ
自分のコンテンツをクラウド上に保存し、
どこからでもアクセスできるよう、他者と共
有します。
YouTube
動画を見たり、他の人と動画を共有したりできます。
写真
本製品に保存された写真、
アルバム、動画を管理し、Google+へアップロードします。
ハングアウト
メッセージを個人やグループのお友達へ送ったり、画像/顔文字/動画電話を利用
してチャットします。
Google
インターネットまたは本製品からアイテムをすばやく検索します。
音声検索
音声で単語やフレーズをすばやく検索します。
Google設定
Googleから提供される機能を設定します。
114
外部機器接続
Bluetooth
Bluetoothとは
Bluetoothは近距離の2つのデバイス間で直接無線接続を行います。Bluetoothで他
のデバイスとデータやメディアファイルを送受信できます。
• Bluetoothで送受信したデータの損失、妨害や誤使用について、弊社では責
任を負いかねますのでご了承ください。
• 信頼性があり、かつ保護されているデータを送受信してください。デバイス
間に障害物がある場合、接続可能距離が短くなることがあります。
• Bluetooth SIGにより実験や認証されていないデバイスは本製品と接続で
きない可能性があります。
• 著作権侵害となるファイルのコピー、商用目的のための違法な通信盗聴な
ど、違法な目的でBluetoothを使用しないでください。
Bluetooth機能の不正利用による影響について弊社では責任を負いかねま
すのでご了承ください。
115
外部機器接続
他のBluetoothデバイスとペアリングする
1
アプリ画面で、
「設定」→「接続」→「Bluetooth」をタップし、
「Bluetooth」のスイッチ
を右にドラッグして
「スキャン」をタップする
検出されたデバイスが一覧表示されます。
他のデバイスに表示されるようにするには、デバイス名をタップします。
2
ペアリングするデバイスを選択する
以前ペアリングしたデバイスであれば、
自動生成されるパスキーを入力せず、デ
バイス名をタップするだけでペアリングできます。
ペアリングしようとするデバイスが一覧に表示されない場合、他方のデバイスが
公開されるように設定します。
3
両方のデバイスでBluetooth権限要請を確認し、承認する
Bluetooth機能でデータを送受信する
多数のアプリでBluetoothでのデータ送受信ができます。他のBluetoothデバイスと
連絡先やメディアファイルなどのデータを共有できます。以下は画像を他のデバイス
に送信する手順です。
画像を送信する
「ギャラリー」をタップする
1 アプリ画面で、
2 送信する画像を選択する
3 「 」→「Bluetooth」をタップし、画像を送信するデバイスを選択する
ペアリングしようとするデバイスが一覧に表示されない場合、相手のデバイスが
公開されるように設定するか、本製品が相手のデバイスに表示されるように設定
します。
4
相手のデバイスでBluetooth転送の認証を承認する
116
外部機器接続
画像を受信する
他のデバイスが画像を送信した場合、Bluetooth認証を承認してください。受信した
フォルダに保存されます。
画像は「ギャラリー」→「 」→「アルバム」→「ダウンロード」
ペアリングを解除する
1
アプリ画面で、
「設定」→「接続」→「Bluetooth」をタップする
ペアリング済みのデバイスが一覧表示されます。
2 ペアリングを解除したいデバイスの「
3 「ペアリングを解除」をタップする
」をタップする
Wi-Fi Direct
Wi-Fi Directとは
Wi-Fi Directは、
アクセスポイントを必要とせずにWi-Fiネットワーク経由で直接機器
を接続します。
他の機器に接続する
1
アプリ画面で「設定」→「接続」→「Wi-Fi」をタップし、
「Wi-Fi」
スイッチを右にドラ
ッグする
2 「Wi-Fi Direct」をタップする
検出されたデバイスが一覧表示されます。
3
接続するデバイスを選択する
複数のデバイスと接続するには、
「複数接続」をタップします。
デバイス名称を変更するには、
「 」→「デバイス名の変更」をタップします。
4
相手のデバイスでWi-Fi Direct認証を承認する
117
外部機器接続
データを送信/受信する
連絡先やメディアファイルを他のデバイスと共有できます。画像の送信を例に手順を
説明します。
画像を送信する
1 アプリ画面で「ギャラリー」をタップする
2 画像を選択する
3 「 」→「Wi-Fi Direct」をタップして、画像を送信するデバイスを選択する
4 相手のデバイスでWi-Fi Direct認証を承認する
画像を受信する
他のデバイスから画像が送信されてきたら、Wi-Fi Direct認証を承認します。受信し
フォルダに保存されま
た画像は、
「ギャラリー」→「 」→「アルバム」→「Download」
す。
機器との接続を終了する
1 アプリ画面で「設定」→「接続」→「Wi-Fi」をタップする
2 「Wi-Fi Direct」をタップする
接続しているデバイスの一覧が表示されます。
3 「接続終了」→「OK」をタップする
118
外部機器接続
クイック接続
クイック接続とは
近くのデバイスを簡単に探して接続できます。テレビと接続することで、本製品をリモ
コンとして使用できます。
また、本製品に保存されているコンテンツをパソコンと簡
単に共有できます。
• 接続方法は、接続されたデバイスの種類や共有されたコンテンツにより異
なります。
• 接続するBluetoothデバイスによりデバイス名は異なります。例えば、デバ
イス名がBT MACと表示されることがあります。
本機能をご使用になる前に
• 接続するデバイスがクイック接続機能に対応していることを確認してください。
ま
た、デバイスの画面がONになっていることを確認してください。
• クイック接続機能に非対応のデバイスの場合、Wi-Fi DirectやBluetooth機能が
有効であることを確認してください。
他の機器と接続する
1
通知パネルを開き、
「クイック接続」をタップする
2
接続するデバイスを選択する
パネルが開くと、Bluetooth機能が自動的に有効になり、近くのデバイスが検出さ
れます。
接続されたデバイスによっては次の手順が異なる可能性があります。画面の指示
に従ってデバイス間の接続を完了してください。
近くのデバイスが本製品を検出して接続するには、
「 」→「常に接続を許可」→「常
スイッチを右にドラッグします。
に接続を許可」
119
外部機器接続
デバイスを再検出する
接続したいデバイスが一覧に表示されない場合は、デバイスを検出してください。
「 」をタップし、検出されたデバイスの一覧からデバイスを選択します。
接続を解除する
クイック接続機能を無効にするには、画面の上の「
」をタップします。
」をタップします。または、
「
コンテンツを共有する
接続されたデバイスとコンテンツを共有します。
1
2
3
4
通知パネルを開き、
「クイック接続」をタップする
検出されたデバイスの一覧からデバイスを選択する
メディアカテゴリを選択する
共有するコンテンツを選択し、
「完了」をタップする
接続されたデバイスにコンテンツが送信されます。
テレビと接続する
デバイスをテレビに接続し、デバイスをテレビのリモコンとして操作できます。
1
2
通知パネルを開き、
「クイック接続」をタップする
テレビの電源が入っていることを確認してください。
検出されたデバイスの一覧からテレビを選択する
デバイスがテレビと接続されている場合、
リモコンのレイアウトが画面に表示さ
れます。
初めてテレビと接続する場合、
「リモコンを設定」をタップします。その後、画面の
指示に従ってデバイスの接続を完了してください。
3
リモコンを利用して、接続されたテレビを操作する
120
外部機器接続
SideSync 3.0
SideSync 3.0とは
本製品にスマートフォンの仮想画面を表示し、実際のスマートフォンと同様に操作で
きます。
• 本製品でメッセージを見たり、
スマートフォンのチャットを利用できます。
• スマートフォン上で再生中の動画を、
より大きな本製品の画面で見ることができ
ます。
• 本製品とスマートフォンの間で、
ファイルをドラッグ&ドロップするだけで簡単に
転送できます。
本アプリをご使用になる前に
• 本製品とスマートフォンは、Wi-Fi Directに対応しているか、
または同じアクセスポ
イントに接続されている必要があります。
• 本製品とスマートフォンの両方にSideSync 3.0をインストールしてください。
インストールされていない場合、
「Samsung Apps」や「Playストア」からダウンロー
ドしてください。
• SideSync 3.0は、OSバージョンがAndroid 4.4以上の端末でのみ動作します。
本製品とスマートフォンを接続する
1
2
本製品のアプリ画面で「SideSync 3.0」をタップする
スマートフォンで「SideSync 3.0」を起動する
121
外部機器接続
3
本製品で、接続可能なスマートフォンが自動的に検出される
4
5
スマートフォンの画面で「接続」
をタップする
検出されたスマートフォンから1つを選択してください。
スマートフォンの仮想画面が本製品に表示され、
スマートフォン側の画面がOFF
になる
122
外部機器接続
スマートフォンの仮想画面を操作する
本製品の画面を見ながら、
スマートフォンの仮想画面でアプリを使用します。
メッセ
ージを送受信したり、友人とチャットしたりすることができます。
• カメラやScreen Mirroringなどの機能は、
スマートフォンの仮想画面で動作
できない可能性があります。
• Androidバージョンによって、
スマートフォンの仮想画面は異なります。
画面を最小化する
本製品の画面に合わせて
仮想画面を最大化する
追加のオプションに
アクセスする
画面の回転
アプリ終了
スクリーンキャプチャ
本製品のウェブブラウザで
ウェブページを開く
スマートフォンの仮想画面
履歴
戻る
ホーム
123
外部機器接続
スマートフォンの仮想画面を移動する
スマートフォンの仮想画面の上端をドラッグして、仮想画面を移動させます。
スマートフォンの仮想画面のサイズを調整する
1
2
スマートフォンの仮想画面右下の「 」を長押しする
フレームが表示されたら、
フレームをドラッグしサイズを調整する
文字入力
スマートフォンの仮想画面で文字を入力するときは、本製品のキーボードが表示さ
れます。
このキーボードで文字を入力します。
本製品の発売時において対応していない場合があります。
順次ソフトウェア更新で対応予定ですので詳しくは弊社ホームページをご確
認ください。
124
外部機器接続
スマートフォンの実際の画面と仮想画面を切り替える
スマートフォンの実際の画面と仮想画面は同時に利用できません。本製品で仮想画
面を利用するときは、
スマートフォン本体の実際の画面はOFFになります。
スマートフォン本体の実際の画面を利用する
スマートフォン本体でホームキーや電源/画面ロックキーを押すと、
スマートフォン
本体の実際の画面がONになり、本製品側の仮想画面はOFFになります。
スマートフォンの仮想画面を利用する
本製品の画面で「タブレットに切り替え」をタップすると、仮想画面がONになり、
スマー
トフォン本体の画面はOFFになります。
本製品で音楽や動画を再生する
スマートフォンに保存されている音楽や動画を本製品の画面やスピーカーから再生
します。
1
2
本製品で、
スマートフォンの仮想画面を利用し、音楽や動画を開く
本製品の画面やスピーカーでファイルが再生される
ファイルの再生中は、
スマートフォンの仮想画面と本製品のどちらでも音量を調整で
きます。
125
外部機器接続
デバイス間でファイルをコピーする
スマートフォンから本製品にファイルをコピーする
1
2
スマートフォンの仮想画面でファイルを長押しする
3
本製品の画面上に「マイファイル」が起動したら、
ファイルを保存するフォルダを選
択し、
「完了」をタップする
コピーするファイルを選択し、選択されたファイルを長押しして、本製品の画面上
にドラッグする
本製品からスマートフォンにファイルをコピーする
1
2
3
本製品の画面でファイルを長押しする
コピーするファイルを選択し、選択されたファイルを長押しして、
スマートフォン
の仮想画面上にドラッグする
スマートフォンの仮想画面上に「マイファイル」が起動したら、
ファイルを保存する
フォルダを選択し、
「完了」をタップする
本製品で通話機能を利用する
本製品のスピーカーとマイクを利用してスマートフォンの通話機能を利用できます。
通話機能に関する詳細情報は、
スマートフォンの取扱説明書をご参照くださ
い。
126
外部機器接続
Remote PC
Remote PCを開始する
Wi-Fiやローカルエリアネットワークで本製品とパソコンを接続して、本製品上でパソ
コン画面を見たり操作したりすることができます。
また、本製品とパソコンとの間で簡
単にファイルを見たり、転送したりすることができます。
本アプリをご使用になる前に
• Samsungアカウントに登録していることを確認してください。
• パソコンの電源が入っていることを確認してください。
• パソコンにエージェントがインストールされているかを確認してください。
• 本機能を利用するには、以下の手順を行います。
1. 本製品をSamsungアカウントで登録する
2. パソコンをSamsungアカウントで登録する
3. 本製品とパソコンをリモート接続する
本製品を登録する
1
2
本製品のアプリ画面で「Remote PC」をタップする
はじめの画面で「次へ」をタップする
アプリを起動する
127
外部機器接続
3 「サインイン」をタップし、Samsungアカウントとパスワードを入力して「サインイ
ン」を再度タップする
Samsungアカウントが登録されていない場合は、画面の指示に従ってSamsung
アカウントを作成してください。
パソコンを登録する
1
2
3
パソコンでウェブブラウザを起動し、remotepc.rview.comを入力する
Samsungアカウントにサインインする
デバイスで使用するSamsung アカウントと同じアカウントでサインインする必要
があります。
パソコンにエージェントがインストールされてない場合、インストールする
画面の指示に従って、パソコン名、
プロキシ設定とパスワードを入力します。
プロ
キシサーバー設定の詳細は、ネットワーク管理者にご確認ください。
インストールが完了すると、
タスクバーに「 」が表示されます。
4 「接続を確認」をタップする
128
外部機器接続
本製品とパソコンをリモート接続する
1 アプリ画面で「Remote PC」をタップする
2 「接続を確認(更新)」をタップする
パソコン名を表示
本製品とパソコン
をリモート接続
3 「Connected Computer」をタップする
「OK」をタップする
4 接続のパスワードを入力し、
パスワードを忘れた場合は、
「パスワードをお忘れですか?」をタップします。
5
接続が完了すると、本製品からパソコンをリモートで操作できる
129
外部機器接続
本製品でパソコンを操作する
本製品を接続すると、本製品でパソコン画面を見たり、操作したりすることができま
す。
また、パソコンでファイルを開いて、編集したり、本製品に転送したりできます。
画面をスクロール
追加オプション
接続状態
画面をタップし画面下の「 」をタップし、以下の機能を利用します。
• マウス:本製品の画面上にマウスポインターを表示します。
• キーボード:選択した文字入力欄に文字を入力するためのキーボードを表示しま
す。
• リモートエクスプローラー:ファイルマネージャーを開き、
ファイルを検索したり、接
続されたデバイス間でファイルを転送したりします。
• 閉じる:現在実行中のアプリを閉じます。
• 他のオプション:
– – 画面ロック: ズームやスクロールができないように画面をロックします。
– – 設定: 接続設定を変更します。
– – Ctrl + Alt + Delete: タスクマネージャーを起動します。
– – 接続解除: デバイスとパソコンの接続を解除します。
130
外部機器接続
本製品とパソコンとの間でファイルを転送する
1 「 」→「リモートエクスプローラー」をタップする
2 パソコン側のファイル管理パネル上でファイルを長押しして、本製品側(デバイス
側)のファイル管理パネルにドラッグする。その反対でもファイルを転送できる
パソコン側のファイ
ル管理パネル
本製品側(デバイス
側)のファイル管理
パネル
本製品とパソコンの接続を解除する
本製品上で、
「
」→「OK」をタップします。
パソコン上で、
タスクバーから
「 」を右クリックし、エージェントプログラムを終了し
ます。
131
外部機器接続
Screen Mirroring
Screen Mirroringについて
AllShare Cast dongleやHomeSyncを利用して大きい画面のデバイスに接続しコン
テンツを共有できます。Wi-Fi Miracast機能に対応する他のデバイスでも利用できま
す。
Screen Mirroringが可能
なデバイス
(AllShare Cast dongle、
HomeSync、Wi-Fi
Miracastに対応したデバ
イス)
• 本機能は、地域やサービス提供者によっては対応できない場合があります。
• HDCP 2.X(High-bandwidth Digital Content Protection)をサポートしな
いMiracast可能デバイスは、本機能に対応できない場合があります。
• ネットワーク状態によっては、再生が中断される場合があります。
• エネルギー節約のため、利用しないときには本機能を無効にしてください。
• 特定の周波数帯のWi-Fiネットワークを使用する場合、AllShare Cast
donglesやHomeSync対応のデバイスを検出できなかったり、接続できな
い場合があります。
• テレビで動画やゲームを再生する場合は、適切なモードを選択してくださ
い。
132
外部機器接続
テレビでコンテンツを閲覧する
デバイスとテレビを接続する前に、テレビとScreen Mirroring可能なデバイスを
接続してください。接続を設定するには取扱説明書をご参照ください。以下の手順
は、AllShare Cast dongleと接続されたテレビでコンテンツを閲覧する例です。
1
2
3
アプリ画面で、
「設定」→「接続」→「Screen Mirroring」をタップする
4
接続するデバイスを選択する
Screen Mirroring対応のデバイスとテレビをHDMIケーブルで接続する
テレビで「HDMIモード」などの入力モードを選択する
検出されたデバイスが一覧表示されます。
デバイスの画面がテレビに表示されます。
初めてデバイスを接続する場合は、一覧でドングル名を長押しして、テレビ画面
に表示されるPINを入力してください。
5
本製品でファイルを開いたり、再生したりするなどの操作をする
コンテンツ閲覧を終了する
アプリ画面で、
「設定」→「接続」→「Screen Mirroring」をタップし、
「Screen Mirroring」
スイッチを左にドラッグします。
133
外部機器接続
モバイルプリント
Wi-FiまたはWi-Fi Directを経由して、本製品からプリンターに画像や文書を印刷でき
ます。
• プリンターによっては本製品に対応していない場合があります。
• プリンターによっては、
プリンターのプラグインアプリをインストールする
必要があります。
プリンターとの接続
アプリ画面で、
「設定」→「接続」→「印刷」をタップし、
プリンターの種類を選択したら、
画面右上にあるスイッチを右にドラッグします。本製品と同一のWi-Fiネットワークに
接続中のプリンターを検出します。デフォルトとして使用するプリンターを選択してく
ださい。
手動でプリンターを追加する場合は、
「 」→「プリンターを追加」→「 」をタップし、詳細
を入力し、
「OK」をタップします。
印刷設定を変更する場合は、
「 」→「設定」をタップします。
コンテンツの印刷
画像や文書などのコンテンツ表示中に、
「 」→「印刷」をタップし、
プリンターを選択し
ます。
134
端末とデータの管理
ソフトウェア更新
本製品は最新ソフトウェアに更新できます。
本製品だけで更新する
本製品は、FOTA(firmware over-the-air)サービスにより本製品だけで最新ソフトウ
ェアに直接更新できます。
アプリ画面で、
「設定」→「一般」→「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「今すぐ更新」をタ
ップします。
Samsung Kiesを使って更新する
Samsungのウェブサイトから最新バージョンのSamsung Kiesをダウンロードしてく
ださい。Samsung Kiesを起動し、本製品をパソコンに接続します。Samsung Kiesで本
製品が自動的に認識され、利用可能な更新があればダイアログボックスに表示され
ます。
ダイアログボックスの「更新」ボタンをクリックし、更新を開始してください。更新
方法の詳細は、Samsung Kiesのヘルプをご参照ください。
• ソフトウェア更新中は、パソコンの電源を切ったり、USBケーブルを抜いたり
しないでください。
• ソフトウェア更新中は、他のメディアデバイスとパソコンを接続しないでく
ださい。更新に失敗する可能性があります。
135
端末とデータの管理
本製品とパソコンとの間でファイルを転送する
オーディオ、動画、画像、他の種類のファイルを、本製品からパソコン、
またはその逆
に転送します。
ファイル転送中は、本製品からUSBケーブルを抜かないでください。データの
損失や本製品の損傷の原因になります。
• パソコンと接続している本製品に保存されているファイルの再生中に、本
製品とパソコンを切り離さないでください。
ファイルの再生が終わってから
切り離してしてください。
• 本製品は、USBハブを経由するとパソコンと適切に接続できない場合があ
ります。パソコンのUSBポートに直接接続してください。
メディアデバイスとして接続する
1
2
本製品をUSBケーブルでパソコンと接続する
通知パネルを開き、
「メディアデバイスで接続」→「メディアデバイス(MTP)」をタップ
する
MTP非対応のパソコンや適切なドライバーがインストールされていない場合は「
カメラ
(PTP)」をタップしてください。
3
本製品とパソコンとの間でファイルを転送する
136
端末とデータの管理
Samsung Kiesで接続する
Samsung Kiesは、Samsungのデバイスとメディアコンテンツ、個人情報などを管理す
るためのパソコン用ソフトウェアです。Samsungのウェブサイトから最新のSamsung
Kiesをダウンロードしてください。
1
2
USBケーブルを利用してデバイスとパソコンを接続する
自動的にSamsung Kiesが起動します。Samsung Kiesが起動しない場合、パソコ
ンでSamsung Kiesアイコンをダブルクリックしてください。
デバイスとパソコンとの間でファイルを転送する
詳細の情報はSamsung Kiesのヘルプをご参照ください。
データのバックアップと復元
本製品のデータ保護のため、お客様ご自身で登録した個人情報、
アプリデータ、設定
情報などは、本製品内に保存されていますが、大切な情報は復元できるように、バッ
クアップ用アカウントにバックアップすることをおすすめいたします。
Googleアカウントを利用する
「設定」をタップする
1 アプリ画面で、
「データのバックアップ」にチェックを
2 「一般」→「バックアップとリセット」をタップし、
付ける
3 「バックアップアカウント」をタップし、バックアップ用のアカウントを選択する
データを復元するには、本製品の初期設定の操作でGoogleアカウントにサイ
ンインする必要があります。本製品を工場出荷時の状態に初期化することに
より、初回電源ON時に初期設定のセットアップウィザードが起動します。
この初期設定の操作によってGoogleアカウントにサインインしないと、バック
アップデータを復元できません。
137
端末とデータの管理
Samsungアカウントを利用する
1
アプリ画面で、
「設定」→「一般」→「アカウント」→「アカウント追加」→「Samsungアカ
ウント」をタップし、Samsungアカウントにサインインする
2 アプリ画面で「設定」をタップする
3 「一般」→「クラウド」→「バックアップ」をタップし、バックアップする項目にチェック
を付け、
「今すぐバックアップ」→「バックアップ」をタップする
データを復元するには、
アプリ画面で「設定」→「一般」→「クラウド」→「復元」を
タップし、
アイテムを選択して
「今すぐ復元」をタップします。
本製品を初期化する
本製品のすべての設定やデータを削除します。工場出荷時の状態に初期化する前
に、本製品に保存されている大切な情報はすべてバックアップしておいてください。
詳細は、
「データのバックアップと復元」をご参照ください。
アプリ画面で、
「設定」→「一般」→「バックアップとリセット」→「工場出荷状態に初期化」→
「端末リセット」→「全て削除」をタップします。本製品が自動的に再起動します。
138
設定
設定について
本製品の各種設定、
アプリのオプション設定、
アカウントの追加などを行います。
アプリ画面で「設定」をタップします。
設定を検索する場合は「 」をタップして、キーワードを入力します。
接続
Wi-Fi
Wi-Fi機能を有効にすると、Wi-Fiネットワークに接続し、インターネットや他のネット
ワークデバイスにアクセスできます。
設定画面で「接続」→「Wi-Fi」をタップし、
「Wi-Fi」
スイッチを右にドラッグします。
オプションを利用するには「 」をタップします。
• 詳細設定:Wi-Fi設定をカスタマイズします。
• WPSプッシュボタン:WPSボタンで安全にWi-Fiネットワークに接続します。
• WPS PINエントリ:WPS PINで安全にWi-Fiネットワークに接続します。
• ヘルプ:Wi-Fiのヘルプ情報を表示します。
Wi-Fiスリープの設定
「 」→「詳細設定」→「スリープ中でもWi-Fi接続を維持」
ネットワーク通知
本製品で利用可能なオープンWi-Fiネットワークが検出されたら、
ステータスバーに
アイコンを表示し、お知らせします。
「 」→「詳細設定」をタップし、
「ネットワーク通知」にチェックを付けて本機能を有効に
できます。
139
設定
Wi-Fi Direct
Wi-Fi Directではアクセスポイントなしに本製品をWi-Fiネットワークに直接接続でき
ます。
「Wi-Fi Direct」をタップします。
Bluetooth
Bluetooth機能を有効にし、近距離で情報を共有します。
設定画面で「接続」→「Bluetooth」
をタップし、
「Bluetooth」
スイッチを右にドラッグし
ます。
オプションを利用するには、
「 」をタップします。
• 端末の公開時間:本製品が別のBluetoothデバイスから検出可能な公開時間を設
定します。
• 受信済みファイル:Bluetoothで受信したファイルを表示します。
• デバイス名称を変更:本製品のデバイス名を変更します。
• ヘルプ:Bluetoothに関するヘルプ情報にアクセスします。
機内モード
機内モードにすると、本製品のネットワーク機能が無効になります。非ネットワークサ
ービスだけが利用可能になります。
設定画面で「接続」→「機内モード」
をタップし、
「機内モード」
スイッチを右にドラッグ
します。
データ使用量
データ使用量を確認します。
設定画面で「接続」→「データ使用量」をタップします。
• 使用サイクル:指定した期間内でのデータ使用量を確認するため、毎月の日付を
指定します。
オプションを利用するには「 」をタップします。
• データを自動同期:カレンダーやEメールなどのアプリを自動同期するかどうかを
設定します。各アカウントのどの情報を同期するかは、
「設定」→「一般」→「アカウ
ント」から選択できます。
• モバイルホットスポット:モバイルホットスポットとして利用するWi-Fiネットワーク
を選択し、バックグラウンドアプリが利用できないように制限できます。
140
設定
位置情報
位置情報許可の設定を変更します。
設定画面で「接続」→「位置情報」をタップし、
「位置情報」
スイッチを右にドラッグしま
す。
• モード:位置情報を検出する方法を選択します。
• 最近の位置情報要求:現在位置情報を要請するアプリやバッテリー残量を表示し
ます。
• 位置情報サービス:本製品が利用している位置情報サービスを表示します。
• 位置情報ソース:GPS、Wi-Fi、Bluetooth機能で現在の位置を探すとき、指定した
位置に使用されるプロフィールを設定します。
その他ネットワーク
ネットワークを制御するための設定をカスタマイズします。
設定画面で「接続」→「その他ネットワーク」をタップします。
VPN
VPN(仮想プライベートネットワーク)を設定し、接続します。
イーサネット
本製品にイーサネットアダプタが接続されているときにオプションが利用可能です。
オ
プションでイーサネット機能を有効にしたり、
ネットワークを設定したりすることができ
ます。
141
設定
近くのデバイス
本製品と近くのデバイスを接続するとき、
コンテンツの共有に関する設定を変更でき
ます。
設定画面で「接続」→「近くのデバイス」をタップし、
「近くのデバイス」
スイッチを右に
ドラッグします。
• デバイス名称:デバイスのメディアサーバー名を表示します。
• 共有するコンテンツ:他のデバイスと共有するコンテンツを設定します。
• 許可デバイス:本製品にアクセスできるデバイスを一覧表示します。
• 拒否デバイス:本製品にアクセス拒否されたデバイスを一覧表示します。
• ダウンロード先:メディアファイルを保存するメモリ場所を選択します。
• 他のデバイスからファイルを受信:他のデバイスからのアップロードを許可します。
印刷
本製品にインストールされたプリンタープラグインを設定します。Wi-Fiやクラウドサ
ービスでファイルを印刷するため、印刷可能なプリンターを検出したり、
プリンターを
追加したりすることができます。
設定画面で「接続」→「印刷」をタップします。
Screen Mirroring
Screen Mirroring機能を有効にし、友人と画面を共有します。
設定画面で「接続」→「Screen Mirroring」をタップします。
142
設定
デバイス
サウンド
本製品のさまざまなサウンドの設定を変更します。
設定画面で「デバイス」→「サウンド」をタップします。
• サウンドモード:サウンドモードやサイレントモードを設定します。
• 音量:音楽、動画、
システムサウンド、通知の音量を設定します。
• バイブの強度設定:通知とタッチ操作のバイブレーション強度を設定します。
• 通知:メッセージ受信などの着信音を設定します。
• タッチ操作音:タッチスクリーンでタッチ操作をしたときのサウンドを設定します。
• 画面ロック音:画面のロック/ロック解除のときのサウンドを設定します。
• タッチ操作バイブ:キーをタップしたときのバイブレーションを設定します。
• SAMSUNGアプリケーション:各アプリの通知設定を変更します。
143
設定
ディスプレイ
ディスプレイの設定を変更します。
設定画面で「デバイス」→「ディスプレイ」をタップします。
• フォント:
– – フォントスタイル:表示テキストのフォントを変更します。
– – 文字サイズ:文字サイズを変更します。
• 明るさ:表示の明るさを設定します。
• 画面回転:端末を傾けたときに、表示コンテンツが自動的に回転するように設定
します。
– – スマートローテーション:顔の向きに合わせて画面が回転するように設定しま
す。
• スマートステイ:画面を見ている間はバックライトがOFFにならないように設定し
ます。
• 画面のタイムアウト:画面表示が消えるまでの時間を設定します。
• 画面モード:
– – 最適化表示:表示設定によって表示を最適化します。
– – AMOLEDシネマ:表示のトーンをより鮮明にします。
– – AMOLEDフォト:表示のトーンを実際の色に近づけます。
– – 標準:暗い部屋のような周辺が薄暗いときに使用します。
• 読書モード:読書モードを使用するアプリを選択します。読書モードは夜に読むと
きに目を保護してくれます。
• 画面トーンの自動調整:表示の明るさを調節することで電池を節約します。
• スクリーンセーバー:充電中にスクリーンセーバーを起動します。
• タッチキーライト消灯時間:履歴キーやバックキーのバックライトの点灯時間を設
定します。
• 高感度タッチ操作:手袋を着用した状態でタッチ操作ができるように設定します。
手袋の材質によってはタッチ操作が認識されない場合があります。
144
設定
壁紙
壁紙の設定を変更します。
設定画面で「デバイス」→「壁紙」をタップします。
• ホーム画面:クラッシックホーム画面の壁紙を選択します。
• ロック画面:ロック画面の壁紙を選択します。
• ホーム画面とロック画面:クラッシックホーム画面とロック画面の壁紙を選択しま
す。
ロック画面
ロック画面の設定を変更します。
設定画面で「デバイス」→「ロック画面」をタップします。
• 画面ロック:画面ロック方法を変更します。選択した画面ロック方法によっては以
下のオプションが異なる場合があります。
• ロックスクリーンカード:ロック画面に現在の天気、最新ニュース、
スケジュールな
どが表示されるカードの設定を変更します。
• 時計ウィジェットオプション:時計、
ウィジェットを設定します。
– – 時計サイズ:時計のサイズを変更します。
– – 日付を表示:時間と日付を表示します。
• ショートカット:ロック画面にアプリショートカットを表示し、
編集できるようにします。
地域やサービス提供者によっては対応しない場合があります。
• オーナー情報:時計に表示される情報を入力します。
• ロック解除エフェクト:ロック解除時の効果を選択します。
• ヘルプ:ロック画面にヘルプテキストを表示します。
マルチウィンドウ
マルチウィンドウに関する設定です。
設定画面で「デバイス」→「マルチウィンドウ」をタップし、
「マルチウィンドウ」
スイッチを
右にドラッグします。
• マルチウィンドウ表示で開く:
「マイファイル」や「ビデオ」からファイルを開くときにマ
ルチウィンドウを起動します。
また、
メッセージの添付ファイルを見るときにもマ
ルチウィンドウを起動します。
145
設定
通知パネル
通知パネルに表示されるアイテムをカスタマイズします。
設定画面で「デバイス」→「通知パネル」をタップします。
• 明るさと音量:通知パネルに明るさ調節バーと音量調節バーを表示します。
• おすすめのアプリケーション:ヘッドセットを差し込むなどの行為に応じたおすす
めアプリの一覧を通知パネルに表示します。
• クイック設定ボタンを設定:通知パネルに表示されるクイック設定ボタンを再配置
します。
ツールボックス
ツールボックスに関する設定です。
設定画面で「デバイス」→「ツールボックス」をタップし、
「ツールボックス」
スイッチを右
にドラッグします。
• アプリケーション:ツールボックスに表示するアプリ一覧を確認します。
「 」をタッ
プし、ツールボックスに表示するアプリを選択します。
モーション
モーション認識機能を有効にしたりモーション認識の設定を変更したりできます。
設定画面で「デバイス」→「モーション」をタップします。
• 消音/一時停止:
– – 手のひらで画面をタッチ:手のひらで画面をタッチするとメディア再生を一時停
止します。
– – スマートポーズ:画面から目を離すと動画再生を一時停止します。
• 手のひらでキャプチャ:手で画面上を右 から左、
または左から右にスワイプする
と、画面の表示内容を画像として保存できます。
ユーザー補助
アクセシビリティ向上のための設定をします。詳細は、
「ユーザー補助について」をご
参照ください。
設定画面で「デバイス」→「ユーザー補助」をタップします。
146
設定
ブロックモード
無効にする通知やアラームを設定したり、
どれぐらい無効にするかを設定します。
設定画面で「デバイス」→「ブロックモード」をタップし、
「ブロックモード」
スイッチを右
にドラッグします。
ユーザー
個別設定のユーザーアカウントを設定、管理します。詳細は、
「マルチユーザー」をご
参照ください。
設定画面で「デバイス」→「ユーザー」をタップします。
プライベートモード
プライベートモードを有効にすることで、他人からの個人コンテンツへのアクセスを
防止します。
設定画面で「デバイス」→「プライベートモード」をタップし、
「プライベートモード」
スイ
ッチを右にドラッグします。
• ロック解除方法:プライベートモードを有効にするにはロック解除方法を設定す
るか、変更してください。
指紋スキャナー
本製品使用時のセキュリティ確保のために指紋を登録します。
また、Samsungアカウ
ントへのサインインにも指紋を使用できます。
設定画面で「デバイス」→「指紋スキャナー」をタップします。
• 指紋管理:指紋情報を登録、削除します。
• 代替パスワードを変更:指紋が認識されない場合に使用する代替パスワードを変
更します。
• 画面ロック:画面ロック方法を変更します。
• Samsungアカウントを認証:指紋でSamsungアカウントを認証します。
147
設定
一般
アカウント
EメールやSNSなどのアカウントを追加します。
設定画面で「一般」→「アカウント」をタップします。
クラウド
SamsungアカウントまたはDropbox のクラウドストレージとの同期データやファイ
ルの設定を変更します。
設定画面で「一般」→「クラウド」をタップします。
バックアップとリセット
設定情報やデータのバックアップとリセットを設定します。
設定画面で「一般」→「バックアップとリセット」をタップします。
• データのバックアップ:各種設定情報やアプリデータをGoogleサーバーにバックア
ップするように設定します。
• バックアップアカウント:バックアップ用のGoogleアカウントを設定、編集します。
• 自動復元:アプリを再インストールしたときに、設定やアプリデータを復元するよ
うに設定します。
• 工場出荷状態に初期化:工場出荷時の状態に初期化し、すべてのデータを削除し
ます。
言語と文字入力
文字入力の設定を変更します。言語によって、選択できないオプションがあります。
設定画面で「一般」→「言語と文字入力」をタップします。
言語
すべてのメニューとアプリの表示言語を選択します。
標準
文字入力時のデフォルトキーボードを選択します。
148
設定
Samsung日本語キーパッド
「 」をタップし、Samsung日本語キーパッドの設定を変更します。
地域やサービス提供者によって、オプションが変わります。
• 入力言語:文字入力時の言語を選択します。
• テンキー⇔QWERTYキーボード:デフォルトのキーボードレイアウトを選択します。
• フリック入力:キーボードを「テンキー」にして入力する際、
フリック方式で文字を
入力できるように設定します。
• 表示/操作補助:
– – キーサイズ:画面の向きごとにキーボードの高さを設定します。
– – 候補表示行数:候補表示の行数を設定します。
– – キー操作音:キーをタッチしたときに音が出るように設定します。
– – キー操作バイブ:キーをタッチしたときに振動するように設定します。
– – キーポップアップ:タップした文字の大きいイメージを表示するように設定しま
す。
– – 自動カーソル移動:自動カーソル移動の速度を設定します。
– – 左右キーを表示:QWERTYキーボードで左右キーの表示を設定します。
– – カーソル操作:キーボード上で指をスライドさせてカーソルを移動させるかど
うかを設定します。
– – 韓国語キーボードタイプ:韓国語テンキーのキーボードタイプを設定します。
• 予測/変換:
– – 日本語候補学習:日本語の変換で確定した語句を学習辞書に保存するかどう
かを設定します。
– – 日本語予測変換:日本語の文字入力時に変換候補を表示するかどうかを設定
します。
– – 日本語ワイルドカード予測:日本語のワイルドカード予測を利用するかどうかを
設定します。
– – 候補学習:英字/ハングル入力時に変換で確定した語句を学習辞書に保存さ
せるかどうかを設定します。
– – 予測変換:文字入力時に変換候補を表示するように設定します。
また、単語予
測設定をカスタマイズできます。
– – ワイルドカード予測:英字/ハングル入力時にワイルドカード予測を利用する
かどうかを設定します。
149
設定
– – 入力ミス補正:入力を間違えたとき、変換候補に修正候補を表示させるかどう
かを設定します。
– – 自動スペース入力:単語と単語の間に自動的にスペースを入れるように設定し
ます。
– – 自動大文字変換:英字を入力したとき、ピリオド、疑問符、感嘆符などの句読点
の後に、文頭の文字を自動的に大文字にするかどうかを設定します。
– – 数字予測変換:数字キーボードで数字入力時に変換候補を表示するかどうか
を設定します。
• 音声入力/手書き入力:
– – 音声入力:音声での文字入力を「Google音声入力」
「使用しない」から選択しま
す。
– – On/Off設定:手書きで文字を入力できるようにするかどうかを設定します。
– – 候補タイプ:補助タイプを「予測候補」
「認識候補」から選択します。
– – 認識時間:認識時間を「速い」
「普通」
「遅い」から選択します。
– – ペンの太さ:ペンの太さを設定します。
– – ペンの色:ペンの色を設定します。
– – 手書き入力について:手書き入力のバージョンを確認します。
• 辞書登録:ユーザー辞書に単語などを登録/編集します。
• 外部アプリ連携:マッシュルームの拡張を使用するかどうかを設定します。
• リセット:Samsung日本語キーパッド設定をリセットします。
150
設定
Google音声入力
「 」をタップし、音声入力設定を変更します。
• 不適切な語句をブロック:音声入力で認識した不適切なテキストを表示しないよう
に設定します。
• オフラインの音声認識:オフライン時に音声入力を利用できるようにインストール
言語データをダウンロードします。
音声検索
• 言語:音声検索時に使用する言語を設定します。
• 注目ワード「Ok Google」の検出:検索アプリを使用するときに起動命令を話すと音
声認識ができるように設定します。
地域やサービス提供者によっては、
この機能を利用できません。
• 音声出力:現在の行動を音声で読み上げるように設定します。
• 不適切な語句をブロック:音声検索結果から不適切な言葉を隠します。
• オフラインの音声認識:オフライン時に音声検索を利用できるようにインストール
言語データをダウンロードします。
• 音声認識のカスタマイズ:音声の認識精度を向上させるためにGoogleダッシュボ
ードの情報を利用するように設定します。
• Bluetoothヘッドセット:Bluetoothヘッドセットの接続時に、ヘッドセットのマイク
から音声入力で検索できるように設定します。
音声読み上げオプション
• SamsungTTSエンジン/Googleテキスト読み上げエンジン:テキストを読み上げる
ための音声合成エンジンを選択します。設定を変更するには、
「 」をタップしま
す。
• 音声の速度:テキスト読み上げ機能の速度を選択します。
• サンプル視聴:テキスト読み上げの音声サンプルを確認します。
• 標準言語のステータス:テキスト読み上げ機能のデフォルト言語を確認します。
151
設定
マウスオーバー
マウスオーバー機能を有効にします。接続したマウスやトラックパッドのポインター
が画面上で移動するときにさまざまな機能を実行します。
• プレビューおよびアイコンラベル:ポインターが指しているアイテムのプレビューや
ポップアップ情報を表示するように設定します。
• リストスクロール:ポインターを画面の端の方に移動することでリストをスクロー
ルできるように設定します。
ポインター速度
接続したマウスやトラックパッドのポインターの速度を調整します。
日付と時刻
本製品の日付と時刻表示を設定します。
設定画面で「一般」→「日付と時刻」をタップします。
電池残量がなくなったり、電池を本体から取り外したりすると、
日付と時刻はリ
セットされます。
• 日付設定:現在の日付を手動で設定します。
• 時刻設定:現在の時刻を手動で設定します。
• タイムゾーンを選択:タイムゾーンを設定します。
• 24時間形式を使用:時刻を24時間表記に切り替えます。
• 日付の表示形式を選択:年月日の表記方法を切り替えます。
アクセサリ
アクセサリの設定を変更します。
設定画面で「一般」→「アクセサリ」をタップします。
• ドック:ドック使用に関して設定します。
• HDMI:HDMI接続をしたときのオーディオ出力フォーマットを設定します。
サラウンドサウンド設定をサポートしない機器もあります。
152
設定
バッテリー
電池残量を表示します。
また、バッテリーやシステムの使用履歴や詳細を確認します。
設定画面で「一般」→「バッテリー」をタップします。
省電力
省電力モードの設定を変更します。詳細は、
「省電力機能」をご参照ください。
設定画面で「一般」→「省電力」をタップします。
• 省電力モード:省電力モードを有効にします。省電力モードの設定を変更します。
– – パフォーマンスの制限:履歴キーとバックキーのバックライトをOFFにするなど、
さまざまなオプションの制限を設定します。
– – グレースケールモード:画面表示色をグレーに設定します。
• ウルトラ省電力モード:画面レイアウトを簡易化したりアプリへのアクセスを制限
したりすることで、バッテリー消費を抑制して電池を長持ちさせます。
推定最大待受時間は、本製品を使用しない状態で電池切れになるまでの時
間です。各種設定内容や操作の状況によって待受時間は異なります。
ストレージ
本体やメモリーカードのメモリー情報を表示したり、
メモリーカードを初期化します。
設定画面で「一般」→「ストレージ」
をタップします。
初期化を実行すると、
メモリーカード内のデータがすべて削除されます。
オペレーティングシステムと初期アプリはメモリーの一部を占有しているた
め、実際に使用可能な容量は仕様上のメモリー容量より少なくなります。
ま
た、本製品のソフトウェア更新を行うと、使用可能なメモリー容量が変わりま
す。
153
設定
セキュリティ
セキュリティに関する設定を変更します。
設定画面で「一般」→「セキュリティ」をタップします。
• 端末を暗号化:保存データを暗号化します。暗号化を行うと、電源を入れるたびに
パスワードの入力が必要になります。
十分に充電された状態で暗号化を実行してください。暗号化の処理は1時間
以上かかります。
• 外部SDカードを暗号化:メモリーカードに保存されているデータを暗号化します。
この設定が有効になっている状態で端末リセット
(工場出荷時への初期化)を
実行すると、暗号化されたデータを読み込めなくなります。初期化は、暗号化
を復号してから実行してください。
• リモートコントロール:離れた場所からインターネット経由で、紛失または盗難に
あった端末を遠隔操作できます。
この機能を使用するには、Samsungアカウント
でサインインする必要があります。
– – アカウント登録:Samsungアカウントを追加または確認します。
– – 位置情報収集を許可:端末位置情報を収集することを許可したり、紛失または
盗難にあった端末の位置をWi-Fiで追跡するように設定します。
• Webサイトに移動:
「Find My Mobile(端末リモート追跡)」
(findmymobile.samsung.com)のウェブサイトを表示します。
「Find My
Mobile(端末リモート追跡)」のウェブサイトでは、紛失または盗難にあった端末
の追跡と遠隔操作ができます。
• パスワードを表示:パスワードの入力画面で、入力した文字を表示するように設定
します。
• デバイス管理機能:インストールされているデバイス管理者を確認します。新しい
ポリシーの適用をデバイス管理者に許可します。
• 提供元不明のアプリ:Google Playで提供されるアプリ以外のアプリのインストー
ルを許可します。
• アプリを確認:有害と思われるアプリをインストールする前に、Googleによる有害
チェックを許可します。
• セキュリティポリシー更新:セキュリティ更新の確認とダウンロードができるように
設定します。
• セキュリティレポートを送信:更新されたセキュリティ情報をSamsungに自動送信
するように設定します。
• ストレージの種類:認証のための証明書ファイルのストレージの種類を設定します。
154
設定
• 信頼できる認証情報:さまざまなアプリを安全に使用するために、証明書と認証情
報を使用します。
• ストレージからインストール:暗号化された証明書をUSBストレージからインスト
ールします。
• 証明書を消去:すべての証明書データとパスワードを削除します。
端末情報
端末情報の確認、デバイス名の編集、
ソフトウェア更新などを行います。
設定画面で「一般」→「端末情報」をタップします。
アプリケーション
アプリケーション管理
アプリを確認、管理します。
設定画面で「アプリケーション」→「アプリケーション管理」をタップします。
標準アプリケーション
使用しているアプリの設定をリセットします。
設定画面で「アプリケーション」→「標準アプリケーション」をタップします。
連絡先
使用中の連絡先の設定を変更します。
設定画面で「アプリケーション」→「連絡先」をタップします。
• インポート/エクスポート:連絡先をインポート/エクスポートします。
• 表示する連絡先:表示する連絡先を選択します。
• 電話番号がある連絡先:電話番号だけが登録されている連絡先も表示するように
設定します。
• 連絡先共有設定:連絡先の共有方法を選択します。
• アカウント:連絡先の同期先になるアカウントを追加または編集します。
155
設定
Eメール
Eメールの管理や送信に関する設定を変更します。
設定画面で「アプリケーション」→「Eメール」をタップします。
基本設定
• 表示:Eメールの表示設定を変更します。
• 作成と送信:
– – 標準画像サイズ:画像を添付するときのファイルサイズを選択します。
– – Eメールの送信待機:送信ボタンをタップしてからEメールが送信されるまでの
待ち時間を設定します。
• 標準画面:Eメール削除後に表示する画面を設定します。
• 削除時に確認:Eメールを削除するときに確認画面を表示するように設定します。
• 優先送信元:優先送信元のメールアドレスを設定します。
• 迷惑メールアドレス:迷惑メールとして拒否するメールアドレスを追加します。
アカウント設定
既存のEメールアカウントを管理したり、新しいアカウントを追加したりします。
ギャラリー
ギャラリーの使用に関する設定を変更します。
設定画面で「アプリケーション」→「ギャラリー」をタップします。
• アカウント:登録済みのアカウントが表示されます。
• タグ情報:
– – タグバディ:自動生成タグを表示するように設定します。
– – フェイスタグ:画像内の顔をフェイスタグとして登録します。
156
設定
ブラウザ
ブラウザの設定を変更します。
設定画面で「アプリケーション」→「ブラウザ」をタップします。
• アカウント:Samsungアカウントにサインインします。
• ホームページを設定:デフォルトホームページを設定します。
• 自動入力フォーム:ウェブフォームの入力欄に自動入力する情報(名前や電話番号
などのユーザー情報)を設定します。
• プライバシー:ウェブページの閲覧履歴やキャッシュなどの個人データを管理しま
す。
• 画面とテキスト:ウェブページを閲覧するときのフォントサイズの調整などを設定
します。
• コンテンツ設定:ウェブページを閲覧するときのCookieの処理を管理します。
ま
た、ポップアップウィンドウをブロックするかなどを設定します。
• 帯域幅の管理:帯域幅の設定を変更します。
Sプランナー
Sプランナーを使用するための設定を変更します。
設定画面で「アプリケーション」→「Sプランナー」をタップします。
• 表示設定:
– – 週の始まり:週の開始日
(曜日)を選択します。
– – 週数を表示:年間の何週目かを表示するように設定します。
– – 辞退イベントを非表示:期限が過ぎたイベントを隠すように設定します。
– – 完了したタスクを非表示:完了したタスクを隠すように設定する。
– – 気象情報:天気予報を表示するように設定します。
• タイムゾーン:
– – タイムゾーンを固定:タイムゾーンを超えて移動しても、
タイムゾーンの設定を
維持するように設定します。
– – タイムゾーンを選択:タイムゾーンを選択します。
– – 今日の表示:自動タイムゾーンまたは手動タイムゾーンのどちらをカレンダー
に適用するかを設定します。
157
設定
• イベント通知:
– – 通知タイプを選択:イベントの通知設定を選択します。
– – 通知音:イベントやタスクの通知音を選択します。
– – バイブ:振動でイベントやタスクを振動で通知するように設定します。
– – クイック返信:イベント参加者に送信するメッセージのテンプレートを選択ま
たは作成します。
Sボイス
音声認識の設定を変更します。
設定画面で「アプリケーション」→「Sボイス」をタップします。
• 一般:
– – 言語:音声認識の言語を選択します。
– – 不適切な語句を非表示:音声検索結果から不適切な言葉を隠します。
– – Sボイスについて:バージョン情報を確認します。
• 起動:
– – ホームキーで起動:ホームキーを2回押すことでSボイスを起動するように設定
します。
– – ボイスウェイクアップ:Sボイス使用中であれば、起動命令を話すことで音声認識
が開始されるように設定します。
• 詳細設定:
– – 未確認イベントを確認:接続しているヘッドセットのボタンを押すと、Sボイスを
起動し未確認の通知をお知らせします。
– – パーソナルブリーフィング:Sボイス使用時に、Sプランナーで保存したイベントを
表示するように設定します。
– – Sボイスデータを消去:サーバーに保存されたSボイスデータ
(連絡先情報や音
楽情報など)を削除します。
– – 自宅の住所:音声命令機能で位置情報を使用するには、住所を入力します。
– – Facebookにログイン:FacebookをSボイスで使用するには、Facebookアカウン
ト情報を入力します。
– – Twitterにログイン:TwitterをSボイスで使用するには、Twitterアカウント情報を
入力します。
158
ユーザー補助
ユーザー補助について
ユーザー補助メニューは、視力や聴力など特定の物理的な障害を持つ人のための特
別な機能です。次の機能を使用できます。
• TalkBack
• 文字サイズ
• 拡大ジェスチャー
• 通知リマインダー
• ネガポジ反転
• 色の調整
• ユーザー補助ショートカット
• 音声読み上げオプション
• フラッシュ通知
• 全ての音をOFF
• Samsung字幕(CC)/Google字幕(CC)
• サウンドバランス
• モノラル再生
• アシスタントメニュー
• 長押しの調整
• 入力操作制御
• ダイレクトアクセス
• シングルタップモード
• ユーザー補助を管理
ユーザー補助メニューを利用するには、
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザ
ー補助」をタップします。
159
ユーザー補助
ホームキーでユーザー補助メニューを開く
ホームキーをすばやく3回押すことで、以下のユーザー補助メニューを表示すること
ができます。
• ユーザー補助
• TalkBack
• ネガポジ反転
• 入力操作制御
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」をタップし、
「ダイレクトアクセス」
のスイッチを右にドラッグします。次に、
「ダイレクトアクセス」をタップし、ホームキー
をすばやく3回押したときに表示させたい項目にチェックを付けます。
上記で複数の項目にチェックを付けた場合は、ホームキーをすばやく3回押すたび
に、使用するメニューを選択するポップアップが表示されます。
「入力操作制御」については、
この機能を有効にしておかないと、ユーザー補助メニ
を有効にするには、
アプリ画面で「設定」→
ューとして選択できません。
「入力操作制御」
「入力操作制御」のスイッチ
「デバイス」→「ユーザー補助」→「操作と制御」をタップし、
を右にドラッグします。
Voice feedback (TalkBack)
TalkBackを有効/無効にする
TalkBackを有効にすると、画面上のテキストや選択した機能が読み上げられます。画
面を見ることができない場合などに、
この機能は便利です。
1
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」→「TalkBack」
をタップする
2
画面の上部にあるスイッチをタップする
TalkBackを無効にするには、
スイッチをタップしてから画面の任意の場所をすば
やく2回タップします。
3 「OK」をタップする
TalkBackを無効にするには、
「OK」をタップしてから画面の任意の場所をすばやく
2回タップします。
160
ユーザー補助
TalkBackを有効にすると、音声フィードバックにより、選択した機能が読み上げられま
す。
また、画面がOFFになるときや、新しい通知がきたときに、音声で通知されます。
TalkBack使用中に「タッチガイド」を有効にすると、選択した項目が読み上げられます。
タップすると、
まず画面上の項目が読み上げられます。次に、すばやく画面上の任意
の場所を2回タップすることで、機能を実行したり、
アプリを起動したりすることができ
ます。
「タッチガイド」を無効にすると、指のジェスチャーを必要とする機能の一部が使
用できません。
「タッチガイド」を有効にするには、
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー
「タッチガイド」にチェックを付け
補助」→「視覚」→「TalkBack」→「設定」をタップし、
ます。
TalkBackを使用中は、一部の機能は使用できません。
指ジェスチャーで画面をコントロールする
TalkBackを使用している間、画面をコントロールするために、
さまざまな指のジェス
チャーを使用できます。
「タッチガイド」が無効の場合、指のジェスチャーを必要とする
機能の一部が使用できません。
「タッチガイド」を有効にするには、アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー
「タッチガイド」にチェックを付け
補助」→「視覚」→「TalkBack」→「設定」をタップし、
ます。
• 画面上を探すには:画面に置いた指を動かして、画面上をなぞります。選択した
項目を長押しすると、項目が読み上げられます。指を離すと、指の下にある項目が
選択されます。
• アイテムを選択するには:項目をタップします。画面上をなぞりながら、選択した
項目を長押しして、指を離します。
• 選択したアイテムを開くには:選択した項目の読み上げ中に聞きたい項目があっ
たら、指を離します。その後、画面の任意の場所をすばやく2回タップします。
• 前のアイテムを選択するには:1本の指ですばやく上または左にスクロールしま
す。
161
ユーザー補助
• 次のアイテムを選択するには:1本の指ですばやく下または右にスクロールしま
す。
• リストをスクロールするには:2本の指で上下に画面をスクロールします。
• 前のページに戻るには:2本の指で右に画面をスクロールします。
• 次のページに進むには:2本の指で左に画面をスクロールします。
• 画面ロックを解除するには:2本の指でロック画面上を任意の方向にスクロール
します。
• 通知パネルを開くには:2本の指で画面の上部を下方向にドラッグします。
• クイック設定パネルを開くには:3本の指で画面の上部を下方向にドラッグしま
す。
ジェスチャーの管理にTalkBack用の指のジェスチャーを設定できます。詳細は、
「指ジ
ェスチャーを設定する」をご参照ください。
指ジェスチャーを設定する
TalkBackを使用するときは、指のジェスチャーでアクションを実行できます。前の画面
やホーム画面に戻るなどのアクションを実行できます。使用前に、指ジェスチャーを
設定してください。
上下方向のジェスチャーを設定する
ジェスチャーの上下方向の選択を使用するには、指で画面の下部を上下にドラッグ
します。終了する場合も同様です。
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」→「TalkBack」→「
設定」→「ジェスチャーの管理」→「ジェスチャーの上下方向の選択」をタップします。次
の機能のいずれかを選択します。
• 画面上の最初または最後のアイテムに移動:画面で指を上から下にドラッグする
と、画面上部にある最初の項目が選択されます。画面で指を下から上にドラッグ
すると、画面下部にある最後の項目が選択されます。
• 読み上げ単位の切り替え:画面で指を上から下にドラッグすると、読み上げ単位が
変更されます。読み上げ単位は、ページ、段落、行、単語、文字、およびデフォルト
に変更されます。画面で指を下から上にドラッグすると、読み上げ単位は逆の順
に変更されます。
162
ユーザー補助
ショートカットジェスチャーを設定する
8つのショートカットジェスチャーを設定します。指を上に、次に右にドラッグするなど
のジェスチャーを設定できます。
ショートカットジェスチャーを変更したり、空のショー
トカットに機能を指定できます。
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」→「TalkBack」→「
設定」→「ジェスチャーの管理」をタップし、一覧からいずれかをタップし、
ショートカッ
ト操作を設定します。
次の操作ができます。
• [戻る]ボタン:前の画面に戻ります。
• [ホーム]ボタン:ホーム画面を表示します。
• [最近使ったアプリ]ボタン:最近使用したアプリの一覧を表示します。
• 通知を開く:通知パネルを表示します。
• グローバルコンテキストメニューを開く:グローバルコンテキストメニューを表示し
ます。画面を長押しすると丸いグローバルコンテキストメニューが表示されます。
クイックナビゲーション、最上部から読み上げる、最後の音声のスペルを読み上げる、
次のアイテム以降を読み上げるなどの機能を利用できます。使用するメニューを選
択するにはメニューから指を離します。
画面左上の「応答を一時停止」をタップすると音声フィードバックを一時停止でき
ます。
画面右上の「TalkBackの設定」をタップするとTalkBack設定にアクセスできます。
詳細は、
「TalkBackを設定する」をご参照ください。
• ローカルコンテキストメニューを開く:ローカルコンテキストメニューを表示しま
す。画面の読み上げ単位を選択します。文字入力中に本機能を利用すると、
カー
ソルコントロールメニューなどのコンテキストメニューが利用可能です。指を離
さず丸を描くことでメニューを探索できます。使用するメニューで指を離して選択
します。
• 最上部から読み上げる:最初の項目から最後の項目まで読み上げます。
• 次のアイテム以降を読み上げる:選択した項目の次の項目から読み上げます。
163
ユーザー補助
読み上げ単位を変更する
TalkBackを使用すると、画面の文字を読み上げます。指を下、上、左、右にドラッグす
ると読み上げる文字を選択できます。デフォルトでは選択箇所は読み上げる設定に
なっています。
また、文章や段落など他の読み上げ単位で読み上げるように設定でき
ます。
ローカルコンテキストメニューで読み上げ単位を変更する
1
2
3
文字を選択する
4
画面を長押しして再度指で丸を描き、
メニューを探索する。希望の読み上げ単位
が聞こえたら、指を離す
指を離さず上、右にドラッグし、
ローカルコンテキストメニューを開く
画面を長押しして指で丸を描くと、
メニューを探索できる。
「単位を変更」が聞こえ
たら、指を離す
ローカルコンテキストメニューを開くためのショートカットジェスチャーを変更する
には、
「ショートカットジェスチャーを設定する」をご参照ください。
上下方向のジェスチャーで読み上げ単位を変更する
画面で指を上、次に下にドラッグすると、読み上げ単位が変更されます。読み上げ単
位は、ページ、段落、文章、単語、文字、デフォルトの順に変更されます。画面を指で下、
次に上へドラッグすると、読み上げ単位は逆順に変更されます。
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」→「TalkBack」→「
設定」→「ジェスチャーの管理」→「ジェスチャーの上下方向の選択」→「読み上げ単位
の切り替え」をタップします。
現在の読み上げ単位を利用して選択した文字の次の文字を聞くことができます。次
の文字を聞くには、下または右にドラッグします。
また、現在の読み上げ単位を利用し
て選択した文字の前の文字を聞くことができます。前の文字を聞くには、上または左
にドラッグします。
164
ユーザー補助
TalkBackを一時停止する
指を離さず下、次に右にドラッグすると、
グローバルコンテキストメニューが開きま
す。画面左上の「応答を一時停止」を選択すると、TalkBackは一時停止します。
TalkBackが一時停止したら、画面をONにしたり、他の方法で再開できます。TalkBack
の再開方法を変更するには、
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→
「視覚」→「TalkBack」→「設定」→「停止状態から再開する」をタップし、オプション
を選択します。
グローバルコンテキストメニューを開くためのショートカットジェスチャーを変更す
るには、
「ショートカットジェスチャーを設定する」をご参照ください。
クイックナビゲーションを利用する
クイックナビ機能は、上下にスクロールせず、丸を描きながらメニューを選択するこ
とができます。
指を離さず下、次に右にドラッグすると、
グローバルコンテキストメニューが開きま
す。画面を長押しして、
メニューの周りで丸を描くとメニューを探索できます。
「クイック
ナビゲーション」が聞こえたら指を離します。画面を再度タップし、指で画面のメニュー
の周りで丸を描くとメニューを探索できます。希望のメニューが聞こえたら指を離し
ます。
画像ラベルの追加、管理
画面のラベルを画像に指定できます。画像を選択したとき、
ラベルを読み上げます。
ローカルコンテキストメニューを利用し、
ラベルのない画像にラベルを追加します。
指を離さず画面で上、次に右へドラッグすると、ローカルコンテキストメニューが開
きます。画面を長押しして、
メニューの周りで丸を描くとメニューを探索できます。
ラ
ベルメニュー追加が聞こえたら、指を離し、
ラベルを追加します。
ラベルを表示するには、
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視
覚」→「TalkBack」→「設定」→「カスタムラベルの管理」をタップします。
165
ユーザー補助
TalkBackを設定する
利便性のためにTalkBackを設定します。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」→「TalkBack」→「
設定」
をタップします。
また、指を離さず画面で下、次に右にドラッグしてグローバルコ
ンテキストメニューを開きます。
「TalkBackの設定」が聞こえたら、指を画面右上にドラ
ッグし離します。
• 読み上げの音量:音声フィードバックの音量を調節します。音声フィードバック音
量はメディア音量によって異なります。
メディア音量を調節するには、音声フィー
ドバックを聞きながら音量キーの左や右で調節します。
またアプリ画面で「設定」
メディアコンテンツのバーを左
→「デバイス」→「サウンド」→「音量」をタップし、
右にドラッグし、音量を調節します。
• 声の高さを変更する:キーボードで入力したテキストを低ピッチで読み上げます。
• キーボード操作の読み上げ:キーボードで入力した文字や記号を読み上げます。
本機能を適用するキーボードの種類を設定できます。
• 画面OFF時も読み上げる:画面がOFFのときに音声フィードバックをするかを設定
します。
• 連続読み上げを開始するにはシェイクする:本製品を振ると、画面に表示されている
文字を読み上げます。振るスピードは選択できます。
• バイブで知らせる:画面を探索するときに振動させます。
• 音で知らせる:画面スクロールなど画面をコントロールするときに、音を出すかを
設定します。
• 音声出力の優先:読み上げ時にメディア音量を下げるように設定します。
• 音量:音楽再生中画面をタップしコントロールするときの音量を調節しま
す。Sound feedbackが選択されている場合に可能です。
• タッチガイド:指下の項目を読み上げます。例えば、指でクラシックホーム画面の「
設定」をタップするとき、‘設定‘と読み上げられます。
「設定」を選択するには、指を
離し、画面を任意の位置を2回連続してタップします。2つの指で画面を左右にス
クロールするとページを移動します。
タッチ画面操作については、
「指ジェスチャ
ーで画面をコントロールする」をご参照ください。
• リストを自動的にスクロール:画面に表示しきれない一覧の残り部分を自動的にス
クロールして読み上げます。
• シングルタップで選択:1回タップすることで選択した項目を開きます。
• 「タッチガイド」チュートリアルを起動:タッチ機能による探索の使い方を説明する
チュートリアルを表示します。
166
ユーザー補助
• ジェスチャーの管理:指ジェスチャーを利用するためのアクションを指定します。詳
細は、
「指ジェスチャーを設定する」をご参照ください。
• カスタムラベルの管理:追加したラベルを表示します。
• 停止状態から再開する:音声フィードバック再開の方法を設定します。
• デベロッパー向けの設定:アプリ開発オプションを設定します。
画面OFFの状態で利用する
画面のコンテンツを他人に見せないために常に画面をOFFにします。画面をタップ
したり、外部のボタンを押しても画面はONになりません。
また、現在実行中の機能は
OFFになりません。
「画面の
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」をタップし、
情報を保護」にチェックを付けます。
簡易文字入力機能を利用する
キーボードの文字から指を離すことで文字入力ができるように設定できます。指を離
して画面をダブルタップすることなく、文字入力ができます。
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」をタップし、
「高速キ
ー入力」にチェックを付けます。
パスワードを読み上げる
TalkBackが有効の場合、パスワードを入力すると読み上げます。正しいパスワードを
入力していることを音声で確認できます。
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」をタップし、
「パスワ
ードの音声出力」にチェックを付けます。
167
ユーザー補助
音声読み上げ機能を利用する
TalkBackが有効の場合、音声読み上げ機能の言語や速度などを設定します。
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」→「音声読み上げオ
プション」をタップし、次の機能を使用します。
• SamsungTTSエンジン / Googleテキスト読み上げエンジン:音声読み上げ機能のエ
ンジンを選択します。
• 音声の速度:音声読み上げの速度を選択します。
• サンプル試聴:音声テキストの例を聞きます。例が読み上げられない場合は、
「
」→「音声データをインストール」をタップし、音声読み上げ機能のための音声デー
タをインストールします。
• 標準言語のステータス:音声読み上げ機能のための現在の言語を表示します。
キーボードを利用して文字を入力する
キーボードを表示するには、文字入力欄をタップし、画面の任意の場所をダブルタッ
プします。
指でキーボードをタッチする場合、指下の文字ボタンが読み上げられます。入力した
い文字が聞こえたら、画面から指を離し文字を選択します。文字が入力され、テキスト
が読み上げられます。
「高速キー入力」が無効の場合、文字から指を離して画面の任意の位置をダブルタッ
プします。Rapid入力機能を有効にするには、
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→
「高速キー入力」にチェックを付けます。
「ユーザー補助」→「視覚」をタップし、
文字を入力する
キーボードのボタンを長押しします。ボタンで追加の文字が入力可能な場合、追加で
きる文字のポップアップウィンドウが表示されます。文字を選択するには、入力しよう
とする文字が聞こえるまで画面で指をドラッグして、指を離します。
入力言語を変更する
入力言語を変更する場合、
アプリ画面で「設定」→「一般」→「言語と文字入力」
をタッ
「入力言語」
で使用
プします。その後、
「Samsung日本語キーパッド」の「 」をタップし、
する言語を選択します。
168
ユーザー補助
文字を編集する
ローカルコンテキストメニューでカーソルを移動したり、テキストをコピー&ペースト
したりすることができます。
画面で指を上方向へドラッグし、その後指を離さず右にドラッグすると、ローカルコ
ンテキストメニューが開きます。画面を長押しして、指でメニューの周りに丸を描くと
メニューを探索できます。その後「単位を変更」が聞こえたら指を離します。再度画面
をタップし、
メニューの周りに丸を描くとメニューを探索できます。希望の読み上げ単
位が聞こえたら、指を離します。
テキストを編集する場合、お客様にとって使いやすい単語や文字に読み上げ単位を
設定してください。選択モードでは、選択した読み上げ単位でテキストが選択されま
す。
指を上、下、左、右にドラッグすると文字を聞くことができます。編集する文字が読み
上げられたら、次の操作ができます。
• 文字削除:キーボードの削除ボタンをタップします。
• 選択モードで文字を選択:選択モードを有効にし、文字を選択して聞くことができ
ます。選択モードを有効にするには、ローカルコンテキストメニューを開き、
「カー
ソルのコントロール」→「選択モードを開始」を選択します。選択した文字の前後を
聞くには、左や右にスクロールします。選択モードを無効にするには、ローカルコ
ンテキストメニューを開き、
「カーソルのコントロール」→「選択モードを終了」を選
択します。
• すべての文字を選択:ローカルコンテキストメニューを開き、
「カーソルのコントロ
ール」→「すべて選択」を選択します。文書のすべての文字が選択されます。
• 文字をコピー・切り取り:ローカルコンテキストメニューで文字を選択します。その
後、ローカルコンテキストメニューを開き、
「カーソルのコントロール」を選択しま
す。選択した文字のコピーは「コピー」、切り取りは「切り取り」を選択します。選択し
た文字はクリップボードにコピーされます。
• 文字を貼り付け:文字を挿入する場所にカーソルを合わせ、ローカルコンテキスト
メニューを開き、
「カーソルのコントロール」→「貼り付け」を選択します。
169
ユーザー補助
音声で文字を入力する
音声で文字を入力できます。キーボードを表示するには、文字入力欄をタップし画面
の任意の位置をダブルタップします。
「 」を長押しするとキーボードオプションのポップアップウィンドウが表示されます。
「 」をタップします。音声で入力したい語句を話します。画面に語句が入力され、語
句が読み上げられます。
追加文字を入力する場合、マイクボタンをタップし、語句を話します。
入力言語を変更する
音声で文字を入力するときに、
「日本語」をタップし、変更する言語を選択します。
一覧に言語を追加する場合、
「日本語」→「言語を追加または削除」をタップし、
「自動」
のチェックを外してから使用する言語を選択します。
フォントサイズを変更する
フォントサイズを変更できます。目の不自由な方のためにさまざまなフォントサイズ
に設定できます。
アプリによっては、
フォントサイズを「最大」に設定すると表示されな
い場合があります。
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」→「文字サイズ」を
タップします。
画面の拡大
画面を拡大し、特定部分を拡大できます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」をタップし、
「拡大ジ
ェスチャー」のスイッチを右にドラッグします。
• 拡大/縮小:特定部分に拡大する場合は画面を3回続けてタップします。戻るに
は再度画面を3回続けてタップします。
• スクロールして画面を探索する:拡大された画面を2本の指でスクロールします。
• 拡大レベルの調整:拡大された画面を2本の指でタップします。その後、比率を調
整するために2本の指を広げたり、縮めます。
• 画面のキーボードは拡大できません。
• 本機能が有効の場合、
「電卓」などのアプリの応答が遅くなる可能性があり
ます。
170
ユーザー補助
通知リマインダーを設定する
メッセージの未読通知を知らせます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」をタップし、
「通知リ
マインダー」のスイッチを右にドラッグします。
通知間隔を設定するには、
「通知の間隔」をタップします。
ディスプレイの色を反転する
画面の視認性を向上させたり、画面上の文字がより見やすくなるように設定できま
す。本機能が有効の場合、
カラー反転したネガ画像が表示されます。
カラーを反転す
ると黒と白のコントラストが強くなります。
「ネガポ
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」をタップし、
ジ反転」にチェックを付けます。
色を調節する
色の識別が難しい方のために、画面の色表示を調節します。
より認識しやすい色に変
更します。
1 アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「視覚」をタップする
2 「色の調整」スイッチを右にドラッグする
3 「開始」をタップする
4 ベース色から始めて類似の順で色タイルを配列する
「完了」をタップする
5 色の調節が終わったら、
「カメラ」や「画像」をタップする
6 色の調節ができない場合、
「完了」をタップする
7 色調節バーを左右にドラッグし、
色を再調節する場合、
「 」→「色を再調整」をタップする
171
ユーザー補助
フラッシュ通知を設定する
新着のメッセージや通知がある場合に、
フラッシュを点滅させます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「聴覚」をタップし、
「フラッシ
ュ通知」をタップします。
すべての音をOFFにする
メディアなどすべての音をOFFにします。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「聴覚」をタップし、
「全ての
音をOFF」をタップします。
字幕設定
Samsung字幕
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「聴覚」→「Samsung字幕
(CC)」をタップし、画面上部のスイッチを右にドラッグします。
次の操作ができます。
• 配置:字幕の位置を変更します。
• フォント:フォントを変更します。
• 文字サイズ:フォントサイズを変更します。
• 輪郭線:字幕文字の鮮明度を変更します。
• フォント:文字の色や透明度を変更します。
• 背景色:字幕ボックスの背景の色や透明度を変更します。
• 字幕ウィンドウ:字幕ウィンドウの色や透明度を変更します。
172
ユーザー補助
Google字幕
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「聴覚」→「Google字幕
(CC)」をタップし、画面上部のスイッチを右にドラッグします。
次の操作ができます。
• 言語:字幕の表示言語を選択します。
• テキストサイズ:フォントサイズを変更します。
• 字幕スタイル:字幕のスタイルを変更します。
サウンドバランスを調節する
ヘッドセットのサウンドバランスを調節できます。
ヘッドセットを本体に接続します。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補
助」→「聴覚」→「サウンドバランス」をタップします。調節バーを左右に動かしてサウ
ンドバランスを調節し、
「設定」をタップします。
モノラル再生
音声出力をステレオからモノラルに切り替えることができます。モノラル再生では、
ス
テレオの音声をひとつにまとめて出力します。聴覚障害の方やモノラルイヤホンをお
使いの方にご利用いただけます。
「モノラ
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「聴覚」をタップし、
ル再生」にチェックを付けます。
173
ユーザー補助
アシスタントメニュー
ユーザー補助ショートカットアイコンを表示する
ユーザー補助ショートカットアイコンを表示できます。
このアイコンを使って、
アプリ
や各種機能にアクセスしたり、
アイコンに表示されるメニューをタップして設定したり
できます。画面を移動せずにユーザー補助ショートカットアイコンに表示されるメニ
シングルタップモードが有
ューをタップして設定できます。
この機能が有効なときは、
効になります。
1
アプリ画面で、
「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「操作と制御」をタップ
する
2 「アシスタントメニュー」のスイッチを右にドラッグする
画面の右下にユーザー補助ショートカットアイコンが表示されます。
3 「アシスタントメニュー」→「利き手」をタップしてユーザー補助ショートカットアイ
コンを好きな位置に移動する
アシスタントメニューにアクセスする
ユーザー補助ショートカットアイコンは画面上のお好きな場所に置けますので、
アシ
スタントメニューをすばやく表示できます。
ユーザー補助ショートカットアイコンをタップすると、
アイコンが少し広がってアシス
タントメニューが表示されます。上下の矢印をタップして、他のパネルに移動したり
上下にスクロールしてメニューを選択します。
174
ユーザー補助
カーソルを使う
アシスタントメニューで「カーソル」をタップします。画面にカーソルとカーソルを動か
すタッチエリアが表示されます。
タッチエリアで指の形のカーソルを動かします。
タッ
チエリアで指をドラッグすると、
カーソルが動きます。画面をタップすると、
カーソル
が置かれた項目が選択されます。
次のオプションが使えます。
•
/ :アイテムを選択する、
または画面を左右にスクロールする
•
/ :画面を上下にスクロールする
•
:タッチエリアを移動する
•
:タッチエリアを閉じる
カーソルの設定を変更できます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補
「アシスタントメニュー」を右にドラッグし、
「アシス
助」→「操作と制御」をタップします。
「タッチパッド/カーソル設定」に表示されるオプション
タントメニュー」をタップします。
の設定を変更します。
拡張補助メニューを使う
一部のアプリでは拡張補助メニューを表示できます。例えば、
「ギャラリー」を起動する
と、
アシスタントメニューに検索と作成機能が表示されます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「操作と制御」→「アシスタ
ントメニュー」→「補助機能強化」をタップします。画面上部のスイッチを右にドラッグ
し、
アプリを選択します。
アシスタントメニューを編集する
ユーザー補助ショートカットアイコンを編集できます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「操作と制御」をタップしま
スイッチを右にドラッグし、
「アシスタントメニュー」をタップ
す。
「アシスタントメニュー」
メニューを追加するには「 」をタップし、
メニューを削
します。
「編集」をタップして、
除するには「 」をタップします。
175
ユーザー補助
長押しの調整
画面が認識するタップや長押しの時間を設定します。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「操作と制御」→「長押しの
調整」をタップします。表示されるオプションを選択します。
入力操作制御
入力操作制御モードを有効にすると、使用中のアプリの入力に対する反応を制限で
きます。他人が本製品を使用する際のアクセス範囲、使用できるメディアやデータを
限定したいときに使用します。
1
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「操作と制御」→「入力操
作制御」をタップする
2 画面上部のスイッチを右にドラッグする
3 アプリの使用中にホームキーと音量キーの左側を同時に長押しする
4 枠の大きさを調整するか制限したい領域の周りに線を引く
5 「完了」をタップする
制限された領域が表示されます。画面をタップするかホームキーなどを押して
も、制限された領域では機能しません。
入力操作制御モードを解除するには、ホームキーと音量キーの左側を同時に長押し
します。
176
ユーザー補助
シングルタップモードを使う
ボタンをドラッグする代わりにタップすることで、
アラーム音を止められます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」をタップします。
「シングルタッ
プモード」にチェックを付けます。
ユーザー補助設定を管理する
ユーザー補助設定をファイルに保存する
現在のユーザー補助設定をファイルにエクスポートできます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「ユーザー補助を管理」→
「OK」
「インポート/エクスポート」をタップします。エクスポートオプ ションを選択して
をタップします。ユーザー補助設定ファイルが選択された場所に保存されます。
ユーザー補助設定ファイルをインポートする
ユーザー補助設定ファイルをインポートして設定をアップデートできます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「ユーザー補助を管理」→「
インポート/エクスポート」をタップします。インポートオプションを選択して、インポー
トするファイルを指定してから
「完了」→「OK」をタップします。インポートしたファイ
ルのユーザー補助設定にアップデートされます。
ユーザー補助設定ファイルを共有する
メール、Wi-Fi Direct、Bluetoothなどを経由してユーザー補助設定ファイルを共有で
きます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」→「ユーザー補助を管理」→「
共有」をタップします。ユーザー補助設定ファイルを選択してから
「完了」をタップしま
す。共有する方法を選択して、画面の指示に従ってファイルを共有します。
ユーザー補助サービスを一覧表示する
本製品にインストールされたユーザー補助サービスを一覧表示できます。
アプリ画面で「設定」→「デバイス」→「ユーザー補助」をタップします。利用可能なユ
ーザー補助サービスの一覧が「サービス」に表示されます。
177
ユーザー補助
その他の便利な機能
• Sボイス:音声で操作できます。
「Sボイス」を起動してメッセージを送ったり予定を
見たりできます。詳細は、
「Sボイス」をご参照ください。
• 音声で検索する:ウェブコンテンツを音声で検索できます。移動中のために手で
入力できないときなどに使えます。詳細は、
「音声検索」をご参照ください。
• 通知パネル:ステータスバーを下にドラッグすると通知パネルが表示されます。
新しいメッセージを確認したり、画面の明るさを調節したりできます。詳細は、
「通
知パネルとクイック設定パネル」をご参照ください。
• モーション機能:手のひらの動きやジェスチャーで操作できます。詳細は、
「モーシ
ョンとジェスチャー」をご参照ください。
• 指紋認証:指紋を登録すると、画面のロックを解除したりSamsungアカウントの
パスワードとして利用できます。詳細は、
「指紋スキャナー」をご参照ください。
• ショートカット:ショートカットをクラシックホーム画面に追加すると、
より簡単に
メッセージを送信できます。詳細は、
「連絡先のショートカットをクラシックホーム
画面に追加する」をご参照ください。
178
トラブルシューティング
Samsungお客様ご相談窓口にお問い合わせになる前にお読みください。なお、一部
本製品には適用されない内容がございます。
本製品の電源を入れたときや使用中に以下の入力を求められた
場合:
• パスワード:本製品をロックする機能が有効なときは、パスワードを入力してロッ
クを解除します。
• PINコード:本製品を初めてご使用になるときやPIN認証を有効にしているとき
は、SIMカードまたはUSIMカードとともに提供されるPINコードを入力する必要
があります。
• PUKコード:PINコードの入力を複数回間違えると、SIMカードまたはUSIMカード
がロックされます。
この場合にご契約時に提供されるPUKコードを入力する必要
があります。
• PIN2コード:PIN2コードの入力が必要なメニューにアクセスしたときに入力が必
要になります。PIN2コードはSIMカードまたはUSIMカードとともに提供されます。
詳細は、お買い上げ元にお問い合わせください。
ネットワークエラーまたはサービスエラーが表示される
• 電波が弱い場所や受信状態が悪い場所にいると、受信できなくなることがありま
す。場所を移動してから接続し直してください。移動中は、繰り返しエラーメッセー
ジが表示されることがあります。
• お申し込みされていないためにご利用できないことがあります。詳細は、お買い
上げ元にお問い合わせください。
本製品の電源が入らない
• 電池残量がないときは電源が入りません。電池を十分に充電してから電源を入
れてください。
• 電池が正しく取り付けられていない可能性があります。電池を取り付け直してくだ
さい。
• 電池と本製品の接続端子を拭いてから電池を取り付けてください。
179
トラブルシューティング
タッチスクリーンの反応が遅い、
または誤動作する
• タッチスク リーンに保護カバーやアクセサリなどを付ける場合、
タッチスクリーン
が正しく機能しない場合があります。
• 手袋を着用していたり、
タッチスクリーンをタップするときに手が汚れていたり、
尖ったものや指先で操作したりした場合に、誤動作することがあります。
• タッチスクリーンは、水がかかったり多湿な環境では誤動作する場合があります。
• 予期せぬソフトウェアバグなどをクリアするため、再起動してください。
• 本製品のソフトウェアが最新バージョンかを確認してください。
• タッチスクリーンに傷や破損がある場合は、Samsungお客様ご相談窓口へお問
い合わせください。
端末が停止したり、重大エラーがある
端末が停止した場合、
アプリを閉じるか電池パックを再度取り付けて端末が起動する
ように再起動してください。端末が停止し動作しない場合、電源/画面ロックキーと
音量キーを同時に7秒以上押し続け、再起動してください。
問題が解決しない場合は、工場出荷時の状態に初期化してください。
アプリ画面で「
設定」→「一般」→「バックアップとリセット」→「工場出荷状態に初期化」→「端末リ
セット」→「全て削除」をタップしてください。工場出荷時の状態に初期化する前に重
要データをバックアップしてください。
それでも問題が解決しない場合は、Samsungお客様ご相談窓口にお問い合わせくだ
さい。
通話ができない
• 適切な通信ネットワークにアクセスしているか確認してください。
• かけた電話番号が発着信制限されていないか確認してください。
• かかってくる電話番号が発着信制限されていないか確認してください。
通話中、相手に声が聞こえない
• 内蔵マイクをふさいでいないか確認してください。
• マイクに口を近づけてください。
• ヘッドセット利用の場合、適切に接続されていることを確認してください。
180
トラブルシューティング
通話中に音がこだまする
音量キーで音量を調節するか、他の場所に移動してください。
オーディオ音質が低い。
また通信ネットワークやインターネットが頻
繁に切断される
• 内部アンテナをふさがないようにしてください。
• 電波の弱い場所および届かない場所での使用は受信できない場合があります。
サービス提供者の基地局との接続に問題がある場合があります。
• 移動中での使用はサービス提供者のネットワークの問題により無線ネットワーク
サービスが利用できない場合があります。
電池アイコンが空の表示になる
電池残量がありません。充電するか、電池パックを交換してください。
電池パックがきちんと充電できない(Samsung指定の充電器)
• 充電器が正しく接続されていることを確認してください。
• 充電端子が汚れていると、充電できなかったり、電源がOFFになる可能性があり
ます。充電端子の金色の部分を拭き、再度充電してください。
• いくつかの製品では電池パックを交換できません。電池パックを交換するに
は、Samsungお客様ご相談窓口にお問い合わせください。
購入時より電池パック使用時間が短い
• 電池パックを極端な高温、低温の場所に置くと充電量が減る場合があります。
• メッセージ機能、ゲームやインターネットなどのアプリの利用は、電池の消費量
が増えて、使用時間が短くなります。
• 電池パックは消耗品であり、充電時間は短くなります。
181
トラブルシューティング
端末が熱くなっている
アプリを長時間使用したり、電源消費が多いアプリを使用したりすると、端末が熱くな
る場合があります。端末の寿命や動作には影響ありませんのでそのままご使用くださ
い。
カメラを起動するとエラーメッセージが表示される
カメラを起動するには、十分なメモリと電池残量が必要です。
カメラ起動時にエラー
メッセージが表示されたら、次の操作をします。
• 電池を充電するか、充電された電池パックと交換してください。
• パソコンにファイルを転送したり、端末からファイルを削除したりすることで、
メモ
リの容量を増やしてください。
• 端末を再起動してください。上記の方法でも問題が解決できない場合は、
Samsungお客様ご相談窓口にお問い合わせください。
プレビューより静止画の画質が低い
• 周辺環境や撮影技術によっては静止画の画質は異なります。
• 暗い場所や、夜、
または室内で撮影した場合、画像ノイズが発生したり、画像のフ
ォーカスがずれる場合があります。
マルチメディアファイルを開くとエラーメッセージが表示される
エラーメッセージが表示されたり、マルチメディアファイルが再生できない場合は、
次の操作をします。
• パソコンにファイルを転送することでメモリ量を増やしたり、端末からファイルを
削除してください。
• デジタル著作権管理(DRM)保護の音楽ファイルでないことを確認してくださ
い。DRM保護のファイルの場合、
ファイル再生のための適切なライセンスやキー
を持つようにしてください。
• ファイルフォーマットが本製品で対応しているか確認してください。DivX やAC3
など対応しないファイルフォーマットの場合は、対応するアプリをダウンロードし
てください。対応するファイルフォーマットは、http://www.samsung.com で確認
できます。
182
トラブルシューティング
• 本製品でキャプチャした画像や動画をサポートします。他の機器でキャプチャし
た画像や動画は正しく動作しない場合があります。
• ネットワークサービス提供者や追加のサービス提供者から公認されたマルチメ
ディアファイルに対応します。インターネット上の着信音、動画、壁紙などのコンテ
ンツは正しく動作しない場合があります。
他のBluetoothデバイスが見つからない
• Bluetooth機能が有効になっていることを確認してください。
• 接続するデバイスでBluetooth機能が有効になっていることを確認してください。
• 本製品と他のBluetoothデバイスとは、最大見通し距離(10m)以内で接続するよ
うにしてください。
上記の方法でも解決できない場合は、Samsungお客様ご相談窓口にお問い合わせ
ください。
本製品をパソコンに接続できない
• 接続するUSBケーブルが本製品に対応していることを確認してください。
• 適切なドライバーがインストールされアップデートされていることを確認してくだ
さい。
• Windows XPを利用している場合、Service Packのバージョンが3以降であること
を確認してください。
• Samsung KiesやWindows Media Player 10以降のソフトウェ アがインストール
されていることを確認してください。
本製品の現在位置が認識されない
室内などの場所ではGPS信号が妨害される場合があります。
この場合、Wi-Fiやモバイ
ルネットワークを設定して現在の位置を追跡してください。
183
トラブルシューティング
本製品に保存されたデータの損失について
本製品に保存されたすべての大切な情報は常にバックアップコピーをとってくださ
い。データが破損したり、損失した場合、データを復元できなくなります。データの損
失に関して弊社は責任を負いかねますので、あらかじめご了承ください。
外装に隙間ができている
• この隙間は、製造上、部品の小さな揺動や振動から生じる可能性のある製造特性
です。
• 時間の経過にともなう部品の摩擦により、
この隙間が広がる可能性があります。
184
著作権について
Copyright © 2014 Samsung Electronics
本書は、国際的に著作権法により保護されています。
Samsung Electronicsの書面による事前の許可無しに、いかなる形態、いかなる方法
によっても、電子的、
または機械的にかかわらず、本書のすべての内容について複写
(写真、録画/録音したデータを情報ストレージや検索システムに記録することを含
む)、配布、翻訳、および転送を禁止します。
商標
• Samsung、およびSamsungロゴはSamsung Electronicsの登録商標です。
• Bluetooth®は、Bluetooth SIG, Inc.の国際的な登録商標です。
• Wi-Fi®、Wi-Fi Protected Setup™、Wi-Fi CERTIFIED Passpoint™、Wi-Fi Direct™
、Wi-Fi CERTIFIED™、およびWi-Fiロゴは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
• その他、本書内に記載されている商標および著作権の権利は、各社に帰属しま
す。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals

Download PDF

advertising