Garmin | RV 785 & Traffic (RV 785 MT-S) | Garmin RV 785 & Traffic (RV 785 MT-S) マニュアル(PDF)

Garmin RV 785 & Traffic (RV 785 MT-S) マニュアル(PDF)
CAMPER 785 / RV 785 / RV 700
マニュアル
© 2019 Garmin Ltd. or its subsidiaries
無断転載禁ず。 著作権法により、Garmin 社の書面による承認なしに、本マニュアルの全体または一部をコピーすることはできません。 Garmin 社は、ユーザー
や組織に通知する責任を負うことなく本マニュアルの内容を変更または改善したり、内容を変更する権利を有します。 本製品の使用に関する最新情報および
補足情報については、www.garmin.com を参照してください。
Garmin 、および Garmin ロゴは、Garmin Ltd.とその子会社の米国およびその他の国における登録商標です。 これらの商標を、Garmin 社の明示的な許可なしに使用
することはできません。
®
Garmin Drive™、Garmin Express™、および myTrends™は、Garmin Ltd.とその子会社の商標です。 これらの商標を、Garmin 社の明示的な許可なしに使用することはでき
ません。
ACSI™は Auto Camper Service International Holding B.V.の商標です。 Android™は Google Inc.の商標です。Apple 、iPhone 、および Mac は米国およびその他の国における
Apple Inc.の登録商標です。 Bluetooth のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG,Inc.の所有であり、Garmin はライセンスに基づきこのワードマークまたはロゴを
使用しています。 Foursquare は、Foursquare Labs, Inc.の米国およびその他の国における商標です。 HISTORY および H ロゴは、A+E Networks の商標であり、米国お
よびその他の国で保護されています。 All rights reserved. 許可を得て使用。 microSD および microSDHC ロゴは SD-3C, LLC の商標です。PlanRV™は TruckDown Info
International, Inc.の商標です。TripAdvisor は TripAdvisor LLC の登録商標です。Wi‑Fi は Wi-Fi Alliance Corporation の登録商標です。 Windows は、米国 Microsoft Corporation の
米国およびその他の国における登録商標です。
®
®
®
®
®
®
®
®
®
®
目次
はじめに........................................................................... 1
Garmin®の概要 .......................................................................... 1
車両への Garmin デバイスの取り付けと電源の供給 .................. 1
デバイスの電源をオンまたはオフにする ................................... 1
GPS 信号を捕捉する .................................................................. 2
メイン画面 .................................................................................. 2
アプリの起動 ......................................................................... 2
ショートカットをホーム画面に追加する .............................. 2
通知の表示 ............................................................................. 2
ステータスバーアイコン ....................................................... 2
タッチスクリーンを使用する ..................................................... 2
画面の輝度を調整する ................................................................ 2
車両プロファイル ............................................................. 2
車両プロファイルを追加する ..................................................... 3
乗用車プロファイル ................................................................... 3
車両プロファイルの切り替え ..................................................... 3
車両プロファイルを編集する ..................................................... 3
プロパンタンクを追加する .................................................... 3
ダッシュカメラ ................................................................ 3
カメラの位置を合わせる ............................................................ 3
ダッシュカメラのコントロール ................................................. 3
ダッシュカメラによる録画 .................................................... 3
ダッシュカメラの録画の保存 ................................................ 4
オーディオの録音をオンまたはオフにする ........................... 4
ダッシュカメラギャラリーの使い方 .......................................... 4
ダッシュカメラのビデオをコンピュータに保存する ................. 4
スマートフォンでビデオや写真を表示する ............................... 4
スマートフォンを使用したビデオや写真の削除 ................... 4
ビデオのトリミングとエクスポート ..................................... 4
ダッシュカメラのメモリーカードの交換 ................................... 4
ダッシュカメラのメモリーカードのフォーマット ................ 4
ドライバーへの注意喚起の機能とアラート..................... 5
ドライバーアラートを有効または無効にする ............................ 5
赤信号カメラとスピードカメラ ................................................. 5
高度運転者支援システム ............................................................ 5
前方衝突警告システム ........................................................... 5
車線逸脱警告システム ........................................................... 6
警告およびアラート記号 ............................................................ 6
制約に関する警告 .................................................................. 6
道路状況に関する警告 ........................................................... 6
アラート ................................................................................. 6
位置の検索と保存を行う .................................................. 6
検索バーを使用して位置を検索する .......................................... 7
住所を検索する ........................................................................... 7
場所検索の結果 ........................................................................... 7
検索エリアを変更する ........................................................... 7
地図上の場所検索結果 ........................................................... 7
地図を使用して検索エリアを変更する .................................. 8
ジャンル別施設 ........................................................................... 8
カテゴリーを入力して位置を検索する .................................. 8
キャンプ場の検索 .................................................................. 8
RV サービスを検索する ......................................................... 8
国立公園を検索する ............................................................... 8
HISTORY ジャンル別施設(POI)を検索する ..................... 8
Foursquare ............................................................................. 8
TripAdvisor ............................................................................. 9
場所内のジャンル別施設にナビゲーションする ................... 9
検索ツール .................................................................................. 9
交差点を検索する .................................................................. 9
座標を使用して位置を検索する ............................................. 9
駐車場 ......................................................................................... 9
現在の場所近くの駐車場を検索する ..................................... 9
指定した場所近くの駐車場を検索する .................................. 9
目次
駐車場の色分けと記号について ........................................... 10
最近検索した位置を表示する ................................................... 10
最近検索した場所のリストを消去する ................................ 10
現在地情報を表示する .............................................................. 10
緊急時サービスとガソリンスタンドを検索する ................. 10
現在地への道順を表示する .................................................. 10
ショートカットを追加する ....................................................... 10
ショートカットを削除する .................................................. 10
位置を保存する ......................................................................... 10
位置を保存する .................................................................... 10
現在地を保存する ................................................................ 10
保存した位置を編集する ..................................................... 10
保存した位置にカテゴリーを割り当てる ............................ 10
保存した位置を削除する ..................................................... 10
ルートに従う.................................................................. 10
ルート ....................................................................................... 10
ナビゲーションを開始する ....................................................... 11
地図を使用してナビゲーションを開始する ......................... 11
帰宅する ............................................................................... 11
地図上のルート ......................................................................... 11
アクティブ車線案内 ............................................................. 11
方向転換と方向指示を表示する ........................................... 11
地図にルート全体を表示する .............................................. 11
目的地に到着する ..................................................................... 12
目的地の近くの駐車場 ......................................................... 12
アクティブルートを変更する ................................................... 12
ルートに場所を追加する ..................................................... 12
ルートを形成する ................................................................ 12
迂回路を検索する ................................................................ 12
ルート探索方法を変更する .................................................. 12
ナビゲーションを停止する ....................................................... 12
推奨ルートを利用する .............................................................. 12
遅延、有料道路、およびエリアを回避する ............................. 12
ルート上の交通遅延を回避する ........................................... 12
有料道路を回避する ............................................................. 12
有料ステッカーを回避する .................................................. 13
道路の回避機能 .................................................................... 13
環境ゾーンを回避する ......................................................... 13
カスタム回避 ....................................................................... 13
直行ルートをナビゲーションする ............................................ 13
地図を使用する.............................................................. 13
地図ツール ................................................................................ 13
地図ツールを表示する ......................................................... 14
この先 ....................................................................................... 14
この先の場所を表示する ..................................................... 14
[この先]カテゴリーをカスタマイズする .......................... 14
次の都市まで ............................................................................ 14
この先の都市や出入口サービスの表示 ................................ 14
トリップ情報 ............................................................................ 14
地図上にカスタマイズされたトリップ情報を表示する ....... 14
トリップ情報ページを表示する ........................................... 14
軌跡ログを表示する ............................................................. 14
トリップ情報をリセットする .............................................. 14
進行方向の交通事故を表示する ............................................... 15
地図上に交通渋滞情報を表示する ....................................... 15
交通事故情報を検索する ..................................................... 15
地図をカスタマイズする .......................................................... 15
地図レイヤーをカスタマイズする ....................................... 15
地図データフィールドを変更する ....................................... 15
地図表示方法を変更する ..................................................... 15
ライブサービス、トラフィック、およびスマートフォン機
能.................................................................................... 15
スマートフォンとペアリングする ............................................ 15
Bluetooth 機能を有効または無効にする .............................. 15
追加 Bluetooth デバイスのペアリング ................................. 15
i
スマート通知 ............................................................................ 16
通知を受信する .................................................................... 16
通知のリストを表示する ..................................................... 16
ハンズフリー通話 ..................................................................... 16
電話をかける ....................................................................... 16
電話を受ける ....................................................................... 16
通話中オプションを使用する .............................................. 16
電話番号をプリセットとして保存する ................................ 16
Bluetooth デバイスの取り外し ................................................. 17
ペアリングした Bluetooth デバイスを削除する ....................... 17
[トラフィック]............................................................ 17
スマートフォンを使用してトラフィックデータを受信する .... 17
トラフィックレシーバーを使用してトラフィックデータを受信
する ........................................................................................... 17
トラフィックを有効にする ....................................................... 17
音声コマンド.................................................................. 17
ウェイクアップフレーズを設定する ........................................ 17
音声コマンドを有効化する ....................................................... 17
音声コマンドのヒント .............................................................. 18
音声コマンドを使用してナビゲーションを開始する ............... 18
ミュートの手順 ......................................................................... 18
アプリケーションを使用する......................................... 18
デバイスのマニュアルの表示 ................................................... 18
天気予報を表示する ................................................................. 18
別の都市周辺の天気を表示する ........................................... 18
気象観測レーダーを表示する .............................................. 18
気象警報を表示する ............................................................. 18
道路状況を確認する ............................................................. 18
サービス履歴をログに記録する ............................................... 18
サービスカテゴリーを追加する ........................................... 19
サービスカテゴリーを削除する ........................................... 19
サービスカテゴリーの名前を変更する ................................ 19
サービスの記録を削除する .................................................. 19
サービスの記録を編集する .................................................. 19
トリッププランナー ................................................................. 19
トリップを計画する ............................................................. 19
トリップの場所を編集および並べ替える ............................ 19
トリップの経路にあるアトラクションの発見 ..................... 19
トリップのルート探索オプションを変更する ..................... 19
保存されているトリップをナビゲーションする ................. 19
アクティブルートを編集および保存する ............................ 20
photoLive トラフィックカメラ ................................................. 20
photoLive トラフィックカメラの表示と保存 ...................... 20
地図上に photoLive トラフィックカメラを表示する ........... 20
トラフィックカメラを保存する ........................................... 20
前のルートと目的地を表示する ............................................... 20
設定................................................................................ 20
ナビゲーション設定 ................................................................. 20
地図および車両設定 ............................................................. 20
[ルート探索の環境設定]の設定 ......................................... 20
運転者支援の設定 ................................................................ 20
トラフィック設定 ................................................................ 21
ダッシュカメラの設定 .............................................................. 21
Bluetooth 無線技術を有効にする .............................................. 21
ワイヤレスネットワークに接続する ........................................ 21
ディスプレイ設定 ..................................................................... 21
サウンドと通知の設定 .............................................................. 21
サウンドと通知の音量を調整する ....................................... 21
位置情報サービスを有効または無効にする ............................. 21
テキスト言語を設定する .......................................................... 21
日付と時刻の設定 ..................................................................... 21
デバイス設定 ............................................................................ 22
設定を初期化する ..................................................................... 22
データと設定をリセットする ................................................... 22
ii
デバイス情報.................................................................. 22
E ラベルの規制およびコンプライアンス情報の表示 ............... 22
仕様 ........................................................................................... 22
デバイスを充電する ................................................................. 22
デバイスのメンテナンス................................................ 22
Garmin サポートセンター ........................................................ 22
地図やソフトウェアの更新 ....................................................... 22
Wi‑Fi ネットワークの使用による地図とソフトウェアの更
新 ......................................................................................... 22
Garmin Express による地図とソフトウェアの更新 ............ 23
デバイスのお手入れ ................................................................. 23
カメラレンズのクリーニング .............................................. 23
外側ケースのクリーニング .................................................. 24
タッチスクリーンのクリーニング ....................................... 24
盗難防止 ............................................................................... 24
デバイスを再起動する .............................................................. 24
デバイス、マウント、吸着カップを取り外す .......................... 24
吸着カップからマウントを取り外す ................................... 24
フロントガラスから吸着カップを取り外す ......................... 24
付録................................................................................ 24
バックアップカメラ ................................................................. 24
有線のバックアップカメラを接続する ................................ 24
BC™ 35 バックアップカメラと Garmin ナビゲーションデバ
イスをペアリングする ......................................................... 24
バックアップカメラを表示する ........................................... 24
ワイヤレスディスプレイに接続する ........................................ 24
データ管理 ................................................................................ 25
メモリーカードについて ..................................................... 25
地図およびデータ用のメモリカードを挿入する ................. 25
デバイスをコンピュータに接続する ................................... 25
コンピュータからデータを転送する ................................... 25
電源ケーブル ............................................................................ 25
デバイスを充電する ............................................................. 25
車両電源ケーブルのヒューズを交換する ............................ 25
RV 充電ステーションアクセサリの取り付け ........................... 25
デバイス、マウント、吸着カップを取り外す .......................... 26
マウントからデバイスを取り外す ....................................... 26
吸着カップからマウントを取り外す ................................... 26
フロントガラスから吸着カップを取り外す ......................... 26
追加の地図を購入する .............................................................. 26
アクセサリーを購入する .......................................................... 26
トラブルシューティング................................................ 26
吸盤がフロントガラスに取り付けられない ............................. 26
運転中にマウントでデバイスが所定の位置に保持されない .... 26
デバイスで衛星信号を受信できない ........................................ 26
デバイスを車両で充電できない ............................................... 26
充電しても電池の電力が長持ちしない ..................................... 26
録画したビデオがぼやけている ............................................... 27
メモリカードが劣化して、交換する必要がある ...................... 27
録画したビデオが途切れる/不完全 ........................................ 27
デバイスがスマートフォンに接続されません .......................... 27
一部のスマートフォン機能が動作しない ................................. 27
索引................................................................................ 28
目次
はじめに
警告
製品に関する警告およびその他の重要な情報については、製品パ
ッケージに同梱されている『安全および製品に関する警告と注意
事項』ガイドを参照してください。
• メモリカードを挿入します (ダッシュカメラのメモリーカー
ドの交換, 4 ページ)。
• デバイスの地図とソフトウェアを更新します (地図やソフト
ウェアの更新, 22 ページ)。
• 車両にデバイスを取り付け、電源に接続します (車両への
Garmin デバイスの取り付けと電源の供給, 1 ページ)。
• ダッシュカメラの位置を合わせます (カメラの位置を合わせ
る, 3 ページ)。
• GPS 信号を捕捉します (GPS 信号を捕捉する, 2 ページ)。
• 音量を調整し (Garmin の概要, 1 ページ)、ディスプレイの
輝度を調整します (画面の輝度を調整する, 2 ページ)。
• キャンパーの車両プロファイルを設定します (車両プロファ
イルを追加する, 3 ページ)。
• 目的地までナビゲーションします (ナビゲーションを開始す
る, 11 ページ)。
®
車両への Garmin デバイスの取り付けと電源の
供給
警告
この製品には、リチウムイオン電池が使用されています。 電池
を高温になる場所に放置すると、怪我や製品損傷の可能性がある
ので、直射日光を避けた場所で装置を保管してください。
デバイスとマウントの両方に磁石が取り付けられています。 特
定の状況下で、磁石はペースメーカーやインシュリンポンプな
ど、体内医療機器と干渉する可能性があります。 デバイスやマ
ウントはこれらの医療機器に近づけないでください。
注記
デバイスとマウントの両方に磁石が取り付けられています。 特
定の状況下で、磁石はラップトップコンピュータのハードドライ
ブなど、一部の電子デバイスに損傷を与える可能性があります。
デバイスやマウントが電子デバイスの近くにある場合は、十分注
意してください。
デバイスをバッテリーで使用する前に、バッテリーを充電する必
要があります。
1 車両電源ケーブル をマウントの mini-USB ポートに接続し
ます。
Garmin の概要
®
2 マウント が吸着カップ にはまるまで押し込みます。
ハンズフリー通話用マイク
ダッシュカメラ録音用マイク
音量調節
カメラ
電源キー
Micro USB 電源およびデータポート
地図およびデータメモリカードスロット
注: マウントと吸盤は、パッケージ内で既に組み立てられて
いる場合があります。
マウントの Garmin ロゴは、右側が上を向く必要がありま
す。 吸盤のヒンジ付きアームを閉じると、マウントと吸盤を
簡単に接続できます。 マウントと吸盤はしっかりと吸着する
必要があります。状況により、これらを接続するために強く
押す必要があります。
3 吸着カップをフロントガラスに取り付け、レバー をフロン
トガラス方向に倒します。
4 デバイスの後部を磁気マウントに載せます。
5 次の中からオプションを選択します。
• 電源ケーブルに車両の電源プラグが付いている場合は、車
両の電源コンセントに差し込んでください。
• 電源ケーブルに裸線のコネクタがある場合は、ケーブルに
付属の配線図に従って、ケーブルを車両の電源に接続して
ください。
デバイスの電源をオンまたはオフにする
• デバイスの電源をオンにするには、電源キー
バイスを電源に接続します。
を押すか、デ
3.5 mm オーディオジャック
14 ピンコネクタ付き磁気マウントインターフェイス
スピーカー
アクセスパネルの下のダッシュカメラメモリーカード (ダッシュカ
メラのメモリーカードの交換, 4 ページ)
はじめに
1
法タブには、ナビゲーション、配送、サービス時間の記録に役立
つ Garmin アプリが表示されます。 ツールタブには、通信やその
他の作業に役立つアプリが表示されます。
アプリの起動オプションを選択する:
• ホーム画面からアプリのショートカットを選択します。
•
、タブ、アプリの順に選択します。
ショートカットをホーム画面に追加する
1 を選択します。
2 アプリタブを選択すると、その他のアプリが表示されます。
3 アプリケーションを長押しして、ホーム画面上の位置にドラ
• デバイスを省電力モードにするには、デバイスの電源がオン
になっている状態で電源キーを押します。
省電力モードになっている間は画面がオフになり、デバイス
はわずかな電力しか消費しませんが、すぐに復帰して使用で
きます。
ヒント: バッテリーを充電している間にデバイスを省電力モ
ードにすることにより、デバイスの充電時間を短縮できます。
• デバイスの電源を完全にオフにするには、画面にプロンプト
が表示されるまで電源キーを押し続け、電源オフを選択しま
す。
GPS 信号を捕捉する
ナビゲーションデバイスの電源をオンにしたとき、GPS レシー
バーは衛星データを収集して現在地を確定する必要がありま
す。 衛星信号の取得に要する時間は、ナビゲーションデバイス
を最後に使用した場所からどのくらい離れているか、空をはっき
り見渡せる場所にいるかどうか、あるいは最後にナビゲーション
デバイスを使用してからどのくらい経っているかなど、さまざま
な要素によって異なります。 初めてナビゲーションデバイスの
電源をオンにしたときは、衛星信号の取得に数分かかることがあ
ります。
1 デバイスの電源をオンにします。
2 ステータスバーの 表示を確認します。位置情報サービスが
有効になっていない場合は有効にします。
3 必要な場合には、高層ビルや樹木から離れて、空を見渡すこ
とができる開けた場所に移動します。
デバイスが現在位置を特定するまで、ナビゲーションマップ
の上部には衛星の捕捉が表示されます。
メイン画面
注: カスタマイズした場合、ホーム画面のレイアウトが異なる
場合があります。
下にスワイプすると、通知が表示されます。
下に 2 回スワイプすると、設定やバックライトの輝度をすばやく変
更できます。
長押しすると、壁紙をカスタマイズしたり、ウィジェットをホーム
画面に追加したりできます。
選択してアプリドロワーを開きます。 アプリドロワーには、お使い
のデバイスにインストールされている全アプリのショートカットが
表示されます。
アプリの起動
ホーム画面には、よく使うアプリのショートカットが表示されま
す。 アプリドロワーでは、お使いのデバイスにインストールさ
れている全アプリが、2 つのタブに分類されて表示されます。 航
2
ッグします。
通知の表示
1 画面上部から下にスワイプします。
通知のリストが表示されます。
2 次の中からオプションを選択します。
• 通知に記載されているアクションまたはアプリを起動す
るには、通知を選択します。
• 通知を閉じるには、通知を右にスワイプします。
ステータスバーアイコン
ステータスバーはメインメニューの一番上に配置されていま
す。 ステータスバーアイコンはデバイスの機能情報を表示しま
す。
位置情報サービスが有効になっています。
Bluetooth 技術が有効になっています。
®
Bluetooth デバイスに接続しています。
Wi‑Fi ネットワークに接続されています (ワイヤレスネットワーク
に接続する, 21 ページ)。
®
アクティブな車両プロファイル。 下に 2 回スワイプして、車両プ
ロファイル設定の表示を選択します。
バッテリー充電レベル
タッチスクリーンを使用する
• 画面をタップしてアイテムを選択します。
• 画面を指でドラッグまたはスワイプしてパンまたはスクロー
ルします。
• 画面上で 2 本の指でつまむとズームアウトします。
• 画面上で 2 本の指を広げるとズームインします。
画面の輝度を調整する
このデバイスは、周辺光センサーを使用して、車両の状況に応じ
て画面の明るさを自動的に調整します。 またユーザーは、通知
パネルまたは設定メニューを使用して、手動で輝度を調整するこ
ともできます。
1 次の中からオプションを選択します。
• 画面の上部から下に 2 回スワイプして、通知パネルのクイ
ック設定を展開します。
• 設定 > 表示 > 輝度レベルを選択します。
2 スライダーバーを使用して、輝度を調整します。
車両プロファイル
警告
車両のプロファイル特性を入力しても、すべての推奨ルートでそ
の特性が考慮されるわけではありません。また、警告アイコンが
表示されない場合もあります。 このデバイスではこのような制
約や道路状況のすべてを把握できないため、地図データには限界
があります。 運転中は掲示されている道路標識と実際の道路状
況を常に優先してください。
ルート探索およびナビゲーションは、車両プロファイルに基づい
て計算されます。 有効化された車両プロファイルは、ステータ
スバーのアイコンで示されます。 デバイスのナビゲーション設
車両プロファイル
定と地図設定は、車両タイプごとに個別にカスタマイズできま
• 車両プロファイルの名前を変更するには、 >
> プロファ
す。
イル名の変更を選択します。
キャンパーの車両プロファイルを有効化するとき、デバイスは、
• 車両プロファイルを削除するには、 >
> 削除を選択し
寸法、重量、および車両に関して入力したその他の特性に基づい
ます。
て、ルート内の制限区域や通行不能な区域を含めないようにしま
プロパンタンクを追加する
す。
注: この機能を利用できない製品モデルもあります。
車両プロファイルを追加する
車両プロファイルにプロパンタンクを追加すると、デバイスは、
ルートに影響する可能性があるプロパンタンクの制限のある区
お使いのデバイスで使用する各キャンパーの車両プロフィール
域の通過を回避します。 また、デバイスは、プロパンタンクを
を追加してください。
遮断する必要のある区域に近づいたときにも警告を出します。
1 車両 を選択します。
1 車両プロフィールから、 > プロパンタンク > タンクを追加
2 車両タイプを選択します:
の順に選択します。
• キャンパーに完全に接続してモーターホームを追加する
プロパンタンクの重量を入力し、保存を選択します。
2
には、モーターホームを選択します。
• トレーラーを牽引するモーターホームを追加するには、ト
レーラー付きモーターホームを選択します。
• 乗用車の後ろに牽引するキャンパーを追加するには、トレ
ーラー付き車両を選択します。
3 必要に応じて、トレーラータイプを選択します:
• 標準連結装置で牽引するキャンパーを追加するには、トラ
ベルトレーラーを選択します。
• フィフスホイール連結装置で牽引するキャンパーを追加
するには、フィフスホイールトレーラー を選択します。
注: このトレーラータイプは利用できない地域もありま
す。
• 標準連結装置で牽引するボートトレーラーを追加するに
は、ボートトレーラーを選択します。
• 標準連結装置で牽引するトレーラーを追加するには、トレ
ーラーを選択します。
4 画面上の指示に従って、車両特性を入力します。
車両プロフィールを追加した後で、プロフィールを編集して、追
加の詳細情報を入力できます (車両プロファイルを編集する,
3 ページ)。
乗用車プロファイル
乗用車プロフィールは、トレーラーのない自動車での使用を目的
としたロード済みの車両プロフィールです。 乗用車プロフィー
ルを使用している間は、デバイスが普通車のルートを計算するた
め、大型車のルート指定は使用できません。 乗用車プロフィー
ルを使用している間は、大型車に固有の機能および設定が一部使
用できません。
車両プロファイルの切り替え
別の車両プロファイルにいつでも手動で切り替えることができ
ます。
1 次の中からオプションを選択します。
• を選択します。
• 画面上部から下に 2 回スワイプして、 や
などの車両
プロファイルアイコンを選択します。
2 車両プロファイルを選択します。
測定値や重量とともに車両プロファイル情報が表示されま
す。
3 選択を選択します。
車両プロファイルを編集する
基本的な車両プロファイル情報を変更したり、最高速度などの詳
細情報を車両プロファイルに追加できます。
1 車両を選択します。
2 編集する車両プロファイルを選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 車両プロファイル情報を編集するには、 を選択し、編集
するフィールドを選択します。
ダッシュカメラ
ダッシュカメラ
カメラの位置を合わせる
警告
運転中にカメラの位置合わせを行わないでください。
ダッシュカメラを取り付けたり配置を変更するたびに、その位置
合わせを行う必要があります。
1 ダッシュカメラを選択します。
2 デバイスを傾けてカメラの位置を合わせます。
十字線がまっすぐに向いて、水平線が画面の上下の中央にあ
る必要があります。
ヒント: 吸盤がダッシュカメラの視野に現れる場合は、ヒン
ジ付きアームを吸盤の方に動かす必要があります。
ダッシュカメラのコントロール
注記
一部の管轄区域では、このデバイスの使用を規制または制限して
いる場合があります。 このデバイスの使用を予定している管轄
区域で、適用される法およびプライバシーの権利について把握し
準拠することは、お客様の責任となります。
ダッシュカメラは、ダッシュカメラアプリまたは通知パネルでコ
ントロールできます。
> ダッシュカメラを選択するか、画面上部から下にスワイプし
ます。
ダッシュカメラの録画を保存します。
ダッシュカメラの録画を停止します。
ダッシュカメラの録画を開始します。
録音を有効にします。
録音を無効にします。
ダッシュカメラによる録画
• ダッシュカメラで録画を続けている場合、録画はそのまま継
続され、最も古い未保存のビデオが上書きされます。
• ダッシュカメラの録画は、ダッシュカメラコントロール (ダッ
シュカメラのコントロール, 3 ページ)を使用して開始/停止
できます。
• 自動撮影オプション (ダッシュカメラの設定, 21 ページ)を
有効にしている場合、デバイスが電源に接続されたマウント
を介して給電を受けると、ダッシュカメラは自動的に録画を
開始します。 マウントがイグニッションスイッチに連動した
電源に接続されている場合、この機能は非常に便利です。
• デバイスをマウントから取り外したり、マウントが電源を失
ったりすると、ダッシュカメラは 15 秒後に自動的に録画を停
止します。
3
ダッシュカメラの録画の保存
新しいビデオで上書きされないように、録画済みのビデオの一部
を保存できます。
1 ダッシュカメラの録画中に、 > ダッシュカメラ > を選択
します。
を選択する前、選択中、および選択した後のビデオ映像が
保存されます。
2 を再び選択すると、保存される録画時間が延長されます(オ
プション)。
メッセージにより、保存されるビデオ映像の量が示されます。
メモリカードの記録容量には限りがあります。 ビデオ録画を長
期保存するには、録画後にコンピュータやその他の外部記憶装置
に転送する必要があります (ダッシュカメラのビデオをコンピュ
ータに保存する, 4 ページ)。
オーディオの録音をオンまたはオフにする
注記
一部の管轄区域では、このデバイスによる録音が規制または禁止
されている場合があります。 このデバイスの使用を予定してい
る管轄区域で、適用される法およびプライバシーの権利について
把握し準拠することは、お客様の責任となります。
このデバイスでは、ビデオの録画中に内蔵のマイクを使用してオ
ーディオを録音できます。 オーディオの録音はいつでもオンま
たはオフにすることができます。
> ダッシュカメラを選択します。
1
2 または を選択します。
ダッシュカメラギャラリーの使い方
ダッシュカメラギャラリーを使用して、録画されたダッシュカメ
ラビデオを表示したり、不要なビデオを削除したり、未保存のビ
デオ映像からクリップを保存したりできます。
注: ビデオの再生中は、ビデオの録画が停止されます。
> ダッシュカメラギャラリー > OK を選択します。
1
2 保存済みのビデオを選択するか、未保存を選択します。
ビデオの再生が自動的に始まります。
3 次の中からオプションを選択します。
• 保存されていないビデオ映像のクリップを保存するには、
スライダを使用して保存するビデオセグメントを選択し、
を選択します。
デバイスは、スライダのオレンジ色のポインタで前後を指
定されたビデオセグメントを保存します。
• ビデオを削除するには、 を選択します。
ダッシュカメラのビデオをコンピュータに保存
する
ビデオと写真は、カメラのメモリーカードの DCIM フォルダに保
存されます。 ビデオは MP4 ファイル形式で保存され、写真は
JPG 形式で保存されます。 メモリーカードまたはデバイスをコ
ンピュータに接続すると、写真やビデオを表示したり転送したり
できます (デバイスをコンピュータに接続する, 25 ページ)。
ビデオと写真が複数のフォルダに分類されます。
100EVENT: デバイスによるインシデント検出時に自動保存され
たビデオが格納されます。
101SAVED: ユーザーが手動で保存したビデオが格納されます。
104UNSVD: 未保存のビデオ映像が格納されます。 未保存のビ
デオのストレージ容量が不足すると、最も古い未保存のビデ
オが上書きされます。
スマートフォンでビデオや写真を表示する
スマートフォンでビデオや写真を表示するには、まず Garmin デ
バイスと Garmin Drive™アプリをペアリングする必要がありま
す (スマートフォンとペアリングする, 15 ページ)。
4
注: ビデオや写真を表示している間は、デバイスが録画を停止
し、アラートが無効になります。
1 スマートフォンの Garmin Drive アプリで、映像をレビューを
選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 保存した写真やビデオを表示するには、保存されている映
像カテゴリーからファイルを選択します。
• 保存されていない新しいビデオ映像を表示するには、一時
的映像カテゴリーからビデオを選択します。
スマートフォンを使用したビデオや写真の削除
1 スマートフォンに保存されているビデオや写真のリストを表
示しているときに、選択を選択します。
2 1 つ以上のファイルを選択します。
3 を選択します。
ビデオのトリミングとエクスポート
ビデオをエクスポートする前に、ビデオの長さをカットして不要
な映像を削除できます。
1 Garmin Drive アプリで、映像をレビューを選択します。
2 ビデオを選択します。
3 ビデオ進行状況バーのハンドルを左右にドラッグして、ビデ
オの長さをカットします。
4 エクスポートを選択します。
注: ビデオをエクスポートするときは、アプリを最前面に置
く必要があります。
カットされたビデオがスマートフォンにエクスポートされま
す。
ダッシュカメラのメモリーカードの交換
ダッシュカメラのメモリーカードを交換することで、記憶容量を
増やしたり耐用年数に達したカードを交換したりできます。 ダ
ッシュカメラには、4~64 GB、速度レーティングクラス 10 以上
の microSD メモリーカードが必要です。
1 マークが付いた 2 か所の部分を押し、背面パネル を下にス
ライドさせて開きます。
®
2 メモリーカードスロット の場所を見つけます。
3 既存のメモリーカードをカチッと音がするまで押して放しま
4
5
6
7
す。
既存のメモリーカードがスロットから出てきます。
既存のメモリーカードをスロットから取り出します。
スロットに新しいメモリーカードを挿入します。
カチッと音がするまでカードを押し込みます。
パネルを元に戻し、パネルがカチッと所定の位置に収まるま
で上にスライドさせます。
ダッシュカメラのメモリーカードのフォーマット
ダッシュカメラには、FAT32 ファイルシステムでフォーマット
したメモリーカードが必要です。 デバイスを使用すると、この
ファイルシステムでカードをフォーマットできます。
メモリーカードの耐用期間を延ばすには、少なくとも 6 か月に 1
回はメモリーカードをフォーマットしてください。 新品のメモ
リーカードでも、FAT32 ファイルシステムでフォーマットされ
ていない場合はフォーマットする必要があります。
ダッシュカメラ
注: メモリーカードをフォーマットすると、カード上のビデオ、 赤信号カメラとスピードカメラ
写真、およびデータがすべて削除されます。
注記
> 航法 > ダッシュカメラギャラリーの順に選択します。
1
Garmin は、赤外線カメラやスピードカメラのデータベースの正
2 > メモリーカードのフォーマットを選択します。
確性、またはその使用による影響に対して一切の責任を負いませ
ん。
ドライバーへの注意喚起の機能とアラー
ト
注: この機能は、一部の国、または製品モデルではご利用いた
だけません。
製品モデルによっては、一部地域で赤信号カメラおよびスピード
注意
カメラの位置に関する情報が利用できます。 報告されたスピー
ドライバーアラートと制限速度機能は情報提供を行っているだ
ドカメラや赤信号カメラに近づくと、アラートされます。
けであり、すべての速度制限標識を守り、安全な運転の判断を行
• 一部の地域では、Garmin Drive アプリを実行しているスマー
う責任はいかなる場合でも運転者にあります。 Garmin は、適用
トフォンをデバイスに接続すると、ライブの赤信号データと
されるすべての交通法規および標識に違反したことにより受け
スピードカメラのデータを受信できます。
る罰金または出頭命令については一切責任を負いません。
• Garmin Express™ソフトウェア(garmin.com/express)を使用
このデバイスは、慣れ親しんだ地域で運転している場合でも、よ
してデバイスに保存されたカメラデータベースを更新できま
り安全な運転や効率の向上に役立つ機能を備えています。 デバ
す。 最新のカメラ情報を受信するために、デバイスを頻繁に
イスは、アラートごとに通知音または音声メッセージを再生し、
更新してください。
情報を表示します。 一部の運転者アラートについて通知音をオ
ン/オフできます。 アラートによっては、利用できない地域も
高度運転者支援システム
あります。
このデバイスは高度運転支援システム(ADAS)を搭載していま
学校: デバイスが通知音を再生し、この先の学校やスクールゾー す。このシステムは、内蔵のダッシュカメラを使用して、運転環
ンに関する制限速度(ある場合)を表示します。
境に関する警告やアラートを出します。
制限速度超過: 現在の道路に掲示されている制限速度を超える
安全運転支援設定 (運転者支援の設定, 20 ページ)で、各高度運
と、デバイスは通知音を再生し、速度制限アイコンに赤枠を
転支援システム機能の有効/無効を切り替えることができます。
表示します。
前方衝突警告システム
制限速度変更: デバイスは通知音を再生し、この先の制限速度を
表示するため、速度を調節する準備ができます。
警告
踏切: デバイスが通知音を再生し、この先の踏切を示します。
前方衝突警告システム(FCWS)機能は情報提供のみを目的とし
動物出没: デバイスが通知音を再生し、この先の動物出没エリア ているため、お客様はあらゆる道路および運転状況を監視し、す
べての交通規制に従い、常に安全な運転の判断を行う義務があり
を示します。
カーブ: デバイスが通知音を再生し、道路のカーブを示します。 ます。 FCWS は、接近する車両を音声で警告する際にカメラを
利用します。そのため、見通しが悪い状況では正しく機能しない
渋滞: 渋滞に速い速度で近づくと、デバイスが通知音を再生し、 場合があります。 詳細については、garmin.com/warnings を参照
渋滞が発生していることを示します。 この機能を使用するに してください。
は、デバイスでトラフィック情報を受信している必要があり
ます [トラフィック],
(
17 ページ)。
注: この機能は、すべての地域およびすべての製品モデルで利
用できるわけではありません。
接地の危険あり: 車両が接地する可能性のある道路に接近する
と、デバイスは通知音を再生してメッセージを表示します。
FCWS 機能では、前方の車両との安全な車間距離を維持してい
つづら折れ: つづら折れのリスクがある道路に接近すると、デバ ないことをデバイスが検出したときに警告を出します。 このデ
バイスは、GPS を使用して車速を判定し、車速に基づいて推定
イスは通知音を再生してメッセージを表示します。
される安全な追従距離を計算します。 FCWS は、車速が 48 km/
道幅減少: 車両が通過するには狭すぎる道路に接近すると、デバ h(30 mph)を超えている場合に自動的に作動します。
イスは通知音を再生してメッセージを表示します。
前方の車両との車間距離が近すぎることをデバイスが検出する
急な下り坂: 急な下り坂に接近すると、デバイスは通知音を再生 と、デバイスは警告音を発して、画面に警告が表示されます。
してメッセージを表示します。
州および国の境界: 州または国の境界に接近すると、デバイスは
通知音を再生してメッセージを表示します。
プロパンをオフにする: プロパンをオフにしなければならないエ
リアに接近すると、デバイスは通知音を再生してメッセージ
前方衝突警告システムの性能に関するヒント
を表示します。
前方衝突警告システム(FCWS)の性能は、複数の要因により影
前方衝突警告: デバイスは、前方の車両との安全な車間距離を維
響を受けます。 条件によっては、FCWS 機能で前方の車両を検
持していない場合に警告を出します。 (前方衝突警告システ
出できないことがあります。
ム, 5 ページ)
• FCWS 機能は、車速が 50 km/h(30 mph)を超えた場合にの
車線逸脱警告: デバイスは、意図せず車線境界を越えている可能
み作動します。
性があることを検出すると、警告を出します (車線逸脱警告シ
•
FCWS 機能は、車載カメラの視界が雨、霧、雪、太陽やヘッ
ステム, 6 ページ)。
ドライトの眩しさ、または暗さにより遮られると、前方の車
両を検出できないことがあります。
ドライバーアラートを有効または無効にする
•
カメラの位置合わせが不適切な場合、FCWS 機能は正しく機
数種類のドライバーアラートを有効または無効にすることがで
能しないことがあります (カメラの位置を合わせる, 3 ペー
きます。
ジ)。
1 設定 > 航法 > 安全運転支援 > ドライバーアラートの順に選
• FCWS 機能では、40 m(130 ft.)よりも遠くの車両や、5 m
択します。
(16 ft.)よりも近くの車両を検出できないことがあります。
2 各アラートの横にあるチェックボックスをオンまたはオフに
•
カメラの配置設定が、車両の高さまたは車両内のデバイスの
します。
配置を正しく示していない場合、FCWS 機能は正しく動作し
ないことがあります (カメラの位置を合わせる, 3 ページ)。
ドライバーへの注意喚起の機能とアラート
5
車線逸脱警告システム
警告およびアラート記号
警告
車線逸脱警告システム(LDWS)機能は情報提供のみを目的とし
ているため、お客様はあらゆる道路および運転状況を監視し、す
べての交通規制に従い、常に安全な運転の判断を行う義務があり
ます。 LDWS は、接近する車両を音声で警告する際にカメラを
利用します。そのため、見通しが悪い状況では正しく機能しない
場合があります。 詳細については、garmin.com/warnings を参照
してください。
警告
車両のプロファイル特性を入力しても、すべての推奨ルートでそ
の特性が考慮されるわけではありません。また、警告アイコンが
表示されない場合もあります。 このデバイスではこのような制
約や道路状況のすべてを把握できないため、地図データには限界
があります。 運転中は掲示されている道路標識と実際の道路状
況を常に優先してください。
LDWS 機能では、無意識に車線境界をはみ出している可能性を
デバイスが検出したときに警告を出します。 たとえばこのデバ
イスは、塗装された車線境界をはみ出した場合に警告を出しま
す。 LDWS 機能は、車速が 64 km/h(40 mph)を超えている場
合にのみ警告を出します。 警告は画面の左側または右側に表示
され、どちらの車線境界をはみ出したのかを示します。
制約に関する警告
潜在的な危険や道路状況をお知らせするために、地図上またはル
ート案内に警告およびアラート記号が表示される場合がありま
す。
車高
重量
長さ
幅
トレーラーの高さ
トレーラーの重量
トレーラーの長さ
トレーラーの幅
ボートトレーラー禁止
キャンパー禁止
トレーラー禁止
プロパン禁止
左折禁止
右折禁止
注: 最高の LDWS 性能を得るには、取り付け位置オプションを
設定して、車両内のデバイスの位置を指定する必要があります。
カメラの配置を設定する
このデバイスは、フロントガラスまたはダッシュボードの左、中
央、または右に取り付けることができます。 最高の LDWS 性能
を得るには、取り付け位置オプションを設定して、車両内のデバ
イスの位置を指定する必要があります。
1 設定 > ダッシュカメラ > 取り付け位置 > 水平位置の順に選
択します。
2 デバイスの位置を選択します。
車線逸脱警告の性能に関するヒント
車線逸脱警告システム(LDWS)の性能は、複数の要因により影
響を受けます。 状況によっては、LDWS 機能で車線逸脱を検出
できないことがあります。
• LDWS 機能は、車速が 65 km/h(40 mph)を超えている場合
にのみ警告を出します。
• カメラの位置合わせが不適切な場合、LDWS 機能は正しく動
作しないことがあります。
• カメラの配置設定が、車両の高さや車両内でのデバイスの配
置を正しく示していない場合、LDWS 機能は正しく動作しな
いことがあります (カメラの位置を合わせる, 3 ページ)。
• LDWS 機能では、車線区画線をはっきりと連続して視認でき
る必要があります。
◦ 車線区画線が雨、霧、雪、大きな影、太陽やヘッドライト
の眩しさ、道路工事、またはその他の視覚的な障害物によ
り遮られている場合、車線逸脱が検出されないことがあり
ます。
◦ 車線区分線の位置が合っていない、欠落している、または
かなり摩耗している場合、車線逸脱が検出されないことが
あります。
• LDWS 機能では、極端に広い、狭い、または曲がりくねった
道路では、車線逸脱が検出されないことがあります。
6
U ターン禁止
道路状況に関する警告
接地の危険あり
つづら折れ
道幅減少
急カーブ
急な下り坂
樹木の張り出し
アラート
重量検査所
モーターホームについては検証されていない道路
位置の検索と保存を行う
デバイスにロードされた地図には、レストランやホテル、自動車
関連などの場所や詳細なストリート情報が含まれています。 目
的地検索メニューは、参照、検索、情報の保存のために利用でき
る複数の方法により、目的地の検索に役立ちます。
メインメニューで目的地検索を選択します。
• デバイス上のすべての場所をすばやく検索するには、 検索
の入力 (検索バーを使用して位置を検索する, 7 ページ)。
• 住所を検索するには、住所 (住所を検索する, 7 ページ)。
• カテゴリーごとにロード済みのジャンル別施設を参照または
検索するには、カテゴリー (カテゴリーを入力して位置を検索
する, 8 ページ)。
• 別の都市や地域の周辺を検索するには、現在の検索エリアの
横にある を選択します (検索エリアを変更する, 7 ペー
ジ)。
• 保存済み位置情報を表示および編集するには、保存済み (位置
を保存する, 10 ページ)。
• 最近検索結果から選択した場所を表示するには、最近表示し
た項目 (最近検索した位置を表示する, 10 ページ)。
位置の検索と保存を行う
• RV 駐車場およびキャンプ場を検索するには、全てのキャンプ
場を選択します(キャンプ場の検索, 8 ページ)。
• Foursquare のジャンル別施設を参照、検索、チェックインす
るには、Foursquare (Foursquare のジャンル別施設を検索す
る, 9 ページ)。
• TripAdvisor のジャンル別施設とレビューを参照および検索
するには、TripAdvisor (TripAdvisor, 9 ページ)。
• HISTORY のジャンル別施設、写真、情報を参照および検索す
るには、History® (HISTORY ジャンル別施設(POI)を検索
する, 8 ページ)。
• 国立公園を検索して、公園地図を参照するには、国立公園 (国
立公園を検索する, 8 ページ)。
• 特定の地理座標に移動するには、座標 (座標を使用して位置を
検索する, 9 ページ)。
®
®
®
検索バーを使用して位置を検索する
検索バーでは、カテゴリー、ブランド名、住所、または都市名を
入力して位置を検索します。
1 目的地検索を選択します。
2 検索バーで 検索の入力を選択します。
3 検索語の全体または一部を入力します。
検索語の候補が検索バーの下に表示されます。
4 次の中からオプションを選択します。
• 業種名を検索するには、「映画館」などのカテゴリー名を
入力します。
• 店名を検索するには、名前の一部またはすべてを入力しま
す。
• 現在地の住所を検索するには、番地またはストリート名を
入力します。
• 別の都市の住所を検索するには、州名、都市名、ストリー
ト名および番地を入力します。
• 都市を検索するには、州名および都市名を入力します。
• 座標を検索するには、緯度/経度を入力します。
5 次の中からオプションを選択します。
• 検索語の候補を使用して検索するには、検索語を選択しま
す。
• 入力したテキストを使用して検索するには、 を選択しま
す。
6 必要に応じて、位置を選択します。
住所を検索する
注: デバイスにロードした地図データによっては、手順が異な
る場合があります。
1 目的地検索を選択します。
2 必要に応じて、 を選択して、別の都市または地域の周辺を
検索します。
3 住所を選択します。
4 画面に表示される指示に従い、住所情報を入力します。
5 番地等を選択します。
場所を選択してオプションメニューを表示します。
選択して、選択した場所に関する詳細情報を表示します。
選択して、場所の近くの駐車場を検索します。
選択して、場所への代替ルートを表示します。
出発 選択して、推奨ルートを使用して場所へのナビゲーションを開
始します。
選択して、検索結果を地図上に表示します。
検索エリアを変更する
デフォルトでは、デバイスは現在地に近い場所を検索します。
目的地の近く、別の都市の近く、アクティブルート沿いなど別の
エリアの検索もできます。
1 目的地検索を選択します。
2 現在の検索エリアの横にある を選択します 。
3 検索エリアを選択します。
4 必要に応じて、画面の指示に従って、特定の場所を選択しま
す。
選択した検索エリアが の横に表示されます。 目的地検索メニ
ューのオプションを使用して場所を検索すると、そのエリアの近
くにある場所が提案されます。
地図上の場所検索結果
場所検索の結果をリストではなく地図に表示できます。
場所検索の結果から、 を選択します。 最も近い場所が地図の
中心に表示され、選択した場所の基本情報が地図の下部に表示さ
れます。
場所検索の結果
デフォルトでは、場所検索の結果はリストに表示され、最も近い
場所が一番上に表示されます。 下にスクロールしてより多くの
結果を表示できます。
位置の検索と保存を行う
7
地図をドラッグして、追加の検索結果を表示します。
追加の検索結果。 選択して、別の場所を表示します。
選択した場所の概要。 選択して、選択した場所に関する詳細
情報を表示します。
出発 選択して、推奨ルートを使用して場所へのナビゲーションを開
始します。
選択して、検索結果をリストに表示します。
Ultimate Campgrounds ジャンル別施設(POI)を検索する
注: この機能を利用できない地域もあります。
お使いのデバイスには、近くのキャンプ場を検索できる、
Ultimate Campgrounds ジャンル別施設が含まれています。
1 目的地検索 > Ultimate Public Campgrounds を選択します。
2 必要に応じて、検索フィルタを選択し、1 つ以上の検索フィ
ルタを選択して、検索を選択します。
3 位置を選択します。
地図を使用して検索エリアを変更する
1 地図表示を選択します。
2 地図上の任意の場所を選択します。
3 地図を新しい検索エリアにドラッグします。
4 こちらから検索を選択します。
RV サービスを検索する
ジャンル別施設
国立公園を検索する
注: この機能を利用できない地域もあります。
RV の修理やレッカー移動などのサービスを提供している最寄
の場所を検索できます。
目的地検索 > PlanRV™ Services の順に選択します。
北米または米国の地図が付属するデバイスモデルには、米国の国
ジャンル別施設は、有用と思われるまたは興味深い場所です。
立公園の詳細情報も含まれています。 国立公園または国立公園
ジャンル別施設は、カテゴリー別に分類されガソリンスタンド、
内の場所へのナビゲーションすることができます。
レストラン、ホテル、娯楽施設などよく知られた移動先を含める
1 目的地検索 > 国立公園の順に選択します。
ことができます。
国立公園が、現在地から近い順に一覧で表示されます。
カテゴリーを入力して位置を検索する
2 検索の入力を選択して、公園名のすべてまたは一部を入力し
1 目的地検索を選択します。
て、結果を絞り込みます(オプション)。
2 カテゴリーを選択するか、または カテゴリーを選択します。
3 国立公園を選択します。
3 必要に応じて、サブカテゴリーを選択します。
公園内の機能や施設のカテゴリーリストが公園名の下に表示
4 位置を選択します。
されます。
カテゴリー内を検索する
4 次の中からオプションを選択します。
ジャンル別施設の検索後、ある特定のカテゴリーに、最後に選択
• 公園までのナビゲーションを開始するには、出発を選択し
した目的地からさかのぼって 4 か所を含むクイックサーチリス
ます。
トが表示される場合があります。
• 公園の詳細情報、機能、施設を確認するには、 を選択し
1 目的地検索 > カテゴリーの順に選択します。
ます。
2 カテゴリーを選択します。
• 公園内の場所をすばやく検索するには、公園名の下のリス
トからカテゴリーを選択して、場所を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 画面右側のクイックサーチリストから、目的地を選択しま 国立公園の機能と施設を探索する
す。
北米の製品モデルでは、国立公園内で利用できる主要な場所や設
クイックサーチリストには、選択したカテゴリーで最近検 備に関する詳細情報を調べたり、公園内の特定の場所に移動でき
ます。 例えば、キャンプ場、ランドマーク、ビジターセンター、
索した場所のリストが表示されます。
• 必要に応じてサブカテゴリーを選択し、目的地を選択しま 人気のアトラクションなどを検索できます。
1 場所の検索結果から、国立公園を選択して、 を選択します。
す。
この公園を詳しく見るを選択します。
2
キャンプ場の検索
公園の機能と施設のカテゴリーが一覧で表示されます。
目的地検索 > 全てのキャンプ場を選択します。
3 カテゴリーを選択します。
施設のあるキャンプ場を検索する
4 場所を選択し、出発を選択します。
利用可能な施設に応じて RV 駐車場やキャンプ場を検索できま
す。
HISTORY ジャンル別施設(POI)を検索する
1 目的地検索を選択します。
注: この機能を利用できない製品モデルもあります。
2 PlanRV™ Parks、The Caravan and Motorhome Club、ACSI このデバイスには HISTORY ジャンル別施設が登録されていま
™などの RV 駐車場およびキャンプ場検索プロバイダを選択
す。これにより、世界中の歴史的建造物、文化財、博物館、歴史
します。
的に重要な事件が起こった場所などを検索して、詳細を見ること
注: 製品モデルによっては、一部の検索プロバイダが利用で ができます。
きないことがあります。
1 目的地検索 > History®を選択します。
3 必要な場合は、施設別にフィルタリングを選択し、1 つ以上
2 カテゴリーを選択します。
の施設を選択して、保存を選択します。
3 位置を選択します。
4 位置を選択します。
を選択すると、その場所の写真と歴史の概要が表示されま
4
iOverlander™ジャンル別施設(POI)を検索する
す。
デバイスには、キャンプ場、修理サービス、宿泊施設など、オー
Foursquare
バーランドに役立つ施設を検索できる iOverlander ジャンル別
Foursquare は、場所に基づくソーシャルネットワークです。 お
施設が含まれています。
使いのデバイスにはロード済みの Foursquare のジャンル別施設
1 目的地検索 > iOverlander を選択します。
があり、場所検索の結果に Foursquare ロゴで示されます。
2 カテゴリーを選択します。
互換性のあるスマートフォンの Garmin Drive アプリを使用し
3 位置を選択します。
て、Foursquare アカウントに接続することができます。 これに
より、Foursquare 場所の詳細の表示、場所へのチェックイン、
8
位置の検索と保存を行う
およびオンライン Foursquare データベースでジャンル別施設の
検索が可能です。
Foursquare アカウントに接続する
この機能を使用する前に、Garmin Drive アプリが実行されてい
る、サポート対象スマートフォンにデバイスを接続しておく必要
があります (ライブサービス、トラフィック、およびスマートフ
ォン機能, 15 ページ)。
1 スマートフォンで、Garmin Drive アプリを開きます。
> Foursquare > ログインを選択します。
2
3 Foursquare ログイン情報を入力します。
Foursquare のジャンル別施設を検索する
デバイスにロードした Foursquare のジャンル別施設を検索でき
ます。 Garmin Drive アプリを使用して Foursquare アカウント
に接続しているとき、検索では、Foursquare オンラインデータ
ベースから最新の結果が得られ、Foursquare ユーザーアカウン
トからはカスタマイズされた結果が得られます (Foursquare ア
カウントに接続する, 9 ページ)。
目的地検索 > Foursquare を選択します。
Foursquare の場所の詳細を表示する
この機能を使用する前に、お使いのデバイスが Garmin Drive ア
プリを使用して Foursquare アカウントに接続されている必要が
あります (Foursquare アカウントに接続する, 9 ページ)。
ユーザー評価、レストランの価格設定情報、営業時間など、
Foursquare の場所に関する詳細情報を表示できます。
1 場所についての検索の結果から Foursquare のジャンル別施
設を選択します。
2 を選択します。
場所の下にレストラン、レンタカー、またはターミナルなど、
カテゴリーのリストが表示されます。
4 カテゴリーを選択します。
5 POI を選択し、出発を選択します。
デバイスは、POI の周辺の駐車場または場所までのルートを作成
します。 目的地に到着すると、推奨の駐車場がチェッカーフラ
ッグで示されます。 ラベルの付いたポイントは、場所内にある
POI の位置を示します。
場所の探索
注: この機能は、すべての地域またはすべての製品モデルで利
用できるわけではありません。
各場所内にあるすべてのジャンル別施設のリストを表示できま
す。
1 場所を選択します。
> この場所を詳細に調査するを選択します。
2
検索ツール
検索ツールでは、画面に表示される指示に従って、特定の位置を
検索できます。
交差点を検索する
2 本のストリート、幹線道路、またはその他の道路の間にある交
差点またはジャンクションを検索できます。
1 目的地検索 > 交差点の順に選択します。
2 画面に表示される指示に従い、ストリート情報を入力します。
3 交差点を選択します。
座標を使用して位置を検索する
Foursquare によるチェックイン
この機能を使用する前に、お使いのデバイスが Garmin Drive ア
プリを使用して Foursquare アカウントに接続されている必要が
あります (Foursquare アカウントに接続する, 9 ページ)。
1 目的地検索 > Foursquare > チェックインを選択します。
2 ジャンル別施設を選択します。
> チェックインを選択します。
3
緯度/経度を指定して、位置を検索できます。 これはジオキャ
ッシュを行う場合に役立ちます。
1 目的地検索 > 座標の順に選択します。
2 必要に応じて、 を選択し、座標形式やデータを変更します。
3 緯度/経度を入力します。
4 地図に表示を選択します。
TripAdvisor
駐車場
デバイスには TripAdvisor ジャンル別施設および評価が登録され
ています。 TripAdvisor 評価は、自動的に該当するジャンル別施
設リストの検索結果に表示されます。 近くの TripAdvisor ジャ
ンル別施設を検索して、距離または人気度に基づき並べ替えする
こともできます。
TripAdvisor ジャンル別施設(POI)を検索する
1 目的地検索 > TripAdvisor を選択します。
2 カテゴリーを選択します。
そのカテゴリーに該当する、近くの TripAdvisor ジャンル別施
設のリストが表示されます。
3 距離または人気度で検索結果を並べ替えるには、結果を並べ
替えるを選択します(オプション)。
場所内のジャンル別施設にナビゲーションする
注: この機能は、すべての地域またはすべての製品モデルで利
用できるわけではありません。
ショッピングモール内のストアまたは空港の特定のターミナル
など、大規模な場所の中にあるジャンル別施設(POI)へのルー
トを作成できます。
1 目的地検索 > 検索の入力を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 場所を検索するには、場所の名前または住所を入力し、
を選択して、手順 3 に進みます。
• POI を検索するには、POI の名前を入力し、 を選択して、
手順 5 に進みます。
3 場所を選択します。
位置の検索と保存を行う
Garmin デバイスは詳細な駐車場データを含んでいます。これ
は、駐車場の利用可能性、駐車場のタイプ、料金、または認めら
れている支払い方法に基づいて近くの駐車場を検索するのに役
立ちます。
注: 詳細なパーキングデータは、すべての地域およびすべての
駐車場で利用できるわけではありません。
現在の場所近くの駐車場を検索する
1 目的地検索 > 駐車場の順に選択します。
2 駐車場をフィルタリングを選択し、空き状況、タイプ、価格、
または支払い方法の 1 つまたは複数のフィルタカテゴリーを
選択します(オプション)。
注: 詳細なパーキングデータは、すべての地域およびすべて
の駐車場で利用できるわけではありません。
3 駐車場を選択します。
4 出発を選択します。
指定した場所近くの駐車場を検索する
1 位置情報を検索します。
2 位置検索結果から位置を選択します。
3 を選択します。
選択した場所の近くにある駐車場のリストが表示されます。
4 駐車場をフィルタリングを選択し、空き状況、タイプ、価格、
または支払い方法の 1 つまたは複数のフィルタカテゴリーを
選択します(オプション)。
注: 詳細なパーキングデータは、すべての地域およびすべて
の駐車場で利用できるわけではありません。
9
位置を保存する
5 駐車場を選択します。
6 出発を選択します。
駐車場の色分けと記号について
詳細なパーキングデータがある駐車場所では、駐車スポットが見
つかる可能性が色で表示されます。 記号は駐車場のタイプ(路
上またはパーキングロット)、関連する料金情報、および支払タ
イプを示します。
これらの色と記号の凡例はデバイスで表示できます。
パーキング検索の結果から、 を選択します。
最近検索した位置を表示する
デバイスには、過去に検索した場所の履歴が最新の 50 件保存さ
れています。
目的地検索 > 最近表示した項目の順に選択します。
最近検索した場所のリストを消去する
目的地検索 > 最近表示した項目 >
択します。
> 消去 > はいの順に選
現在地情報を表示する
[現在地の確認]ページを使用して、現在地に関する情報を表示
できます。 この機能は、緊急時に 110 番や 119 番で自分のいる
場所を知らせる場合に便利です。
地図で、車両を選択します。
緊急時サービスとガソリンスタンドを検索する
[現在地の確認]ページを使用して、直近の病院、警察署、およ
びガソリンスタンドを検索できます。
1 地図で、車両を選択します。
2 病院、警察署、ガソリンスタンド、または路上支援を選択します。
注: サービスカテゴリーの中には、すべてのエリアでは提供
されていないものもあります。
選択したサービスの場所のリストが表示され、最寄りの場所
が一番上に表示されます。
3 位置を選択します。
4 次の中からオプションを選択します。
• その場所までのナビゲーションが開始するには、出発を選
択します。
• 電話番号や場所に関するその他の詳細を表示するには、
を選択します。
位置を保存する
1 位置を検索します (カテゴリーを入力して位置を検索する, 8
ページ)。
2 検索結果から位置を選択します。
> 保存を選択します。
3
4 名前を入力し、OKを選択します。
現在地を保存する
1 地図で、車両アイコンを選択します。
2 保存を選択します。
3 名前を入力し、 OKを選択します。
4 OK を選択します。
保存した位置を編集する
1 目的地検索 > 保存済みの順に選択します。
2 必要に応じて、カテゴリーを選択します。
3 位置を選択します。
4 を選択します。
> 編集を選択します。
5
6 次の中からオプションを選択します。
• 名前を選択します。
• 電話番号を選択します。
• カテゴリーを保存した位置に割り当てるには、カテゴリー
を選択します。
• 地図上に保存した位置をマークするために使用する記号
を変更するには、地図記号の変更を選択します。
7 情報を編集します。
8 OKを選択します。
保存した位置にカテゴリーを割り当てる
カスタムカテゴリーを使用して保存した位置を整理できます。
注: 位置を 12 件以上保存すると、カテゴリーが[保存した位
置]メニューに表示されます。
1 目的地検索 > 保存済みの順に選択します。
2 位置を選択します。
3 を選択します。
> 編集 > カテゴリーの順に選択します。
4
1
つ以上のカテゴリー名を、カンマ区切りで入力します。
現在地への道順を表示する
5
自分が現在いる位置への道順を誰かに知らせる必要がある場合、 6 必要に応じて、カテゴリーの候補を選択します。
道順のリストを表示できます。
7 OKを選択します。
1 地図で、車両を選択します。
保存した位置を削除する
> 現在地までの道順の順に選択します。
2
注: 削除された位置情報を復元することはできません。
3 始点を選択します。
1 目的地検索 > 保存済みの順に選択します。
4 選択を選択します。
> 保存した場所を削除の順に選択します。
2
3 削除する保存済み位置情報にチェックをして、 削除を選択し
ショートカットを追加する
ます。
[目的地検索]メニューにショートカットを追加できます。 ショ
ートカットから、位置、カテゴリー、または検索ツールを直接参
照できます。
ルートに従う
[目的地検索]メニューには 36 個までのショートカットアイコン
を追加できます。
ルート
1 目的地検索 > ショートカットの追加の順に選択します。
ルートとは、現在地から 1 つ以上の目的地までの経路のことで
2 アイテムを選択します。
す。
ショートカットを削除する
1 目的地検索 > > ショートカットの削除の順に選択します。
2 削除するショートカットを選択します。
3 確認のため再度ショートカットを選択します。
4 OKを選択します。
10
• デバイスは、ルート計算モード (ルート探索方法を変更する,
12 ページ)や回避 (遅延、有料道路、およびエリアを回避す
る, 12 ページ)などで設定した環境設定に基づいて、目的地
までの推奨ルートを計算します。
• デバイスは、アクティブな車両プロファイルに適していない
道路を自動的に回避します。
ルートに従う
• ユーザーは、推奨ルートを使用して目的地へのナビゲーショ
ンをすばやく開始することも、代替ルートを選択することも
できます (ナビゲーションを開始する, 11 ページ)。
• 使用または回避したい特定の道路がある場合は、ルートをカ
スタマイズできます (ルートを形成する, 12 ページ)。
• ルートに複数の目的地を追加できます (ルートに場所を追加
する, 12 ページ)。
ナビゲーションを開始する
1 目的地検索を選択し、場所を検索します (位置の検索と保存を
行う, 6 ページ)。
2 位置を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 推奨ルートを使用してナビゲーションを開始するには、出
発を選択します。
• 代替ルートを指定するには、 を選択し、ルートを選択し
ます。
地図の右側に代替ルートが表示されます。
• ルートの経路を編集するには、 > ルートの編集を選択し、
ルートにシェイピングポイントを追加します (ルートを形
成する, 12 ページ)。
デバイスは場所までのルートを計算し、音声案内と地図上の情報
によりルートを案内します (地図上のルート, 11 ページ)。 ル
ートにある主要な道路のプレビューが地図の端に数秒間表示さ
れます。
追加の目的地で停止する必要がある場合、ルートに場所を追加で
きます (ルートに場所を追加する, 12 ページ)。
ルートでの次のアクション。 次の方向転換、出口、その他のアクシ
ョンおよび(利用可能な場合)走行すべきレーンを示します。
次のアクションまでの距離。
次のアクションに関連する通りや出口の名前。
地図上に強調表示されたルート。
ルートでの次のアクション。 地図上の矢印はこの先のアクション
の場所を示します。
車速。
走行中の道路の名前。
到着予想時刻。
ヒント: このフィールドをタッチして表示情報を変更できます (地
図データフィールドを変更する, 15 ページ)。
地図ツール。 ルートとその周辺の詳細情報を表示するためのツー
ルを提供します。
地図を使用してナビゲーションを開始する
地図から場所を選択してナビゲーションを開始できます。
1 地図表示を選択します。
2 地図をドラッグおよび拡大/縮小して、検索する範囲を表示
します。
3 必要な場合は、 を選択して、表示されたジャンル別施設を
カテゴリー別にフィルタリングします。
地図上に位置マーカー( または青いドット)が表示されま
す。
4 次の中からオプションを選択します。
• 位置マーカーを選択します。
• ストリート、交差点、または住所位置などのポイントを選
択します。
出発を選択します。
5
帰宅する
初めて自宅へのルートを開始すると、自宅の場所の入力を求める
メッセージがデバイスに表示されます。
1 目的地検索 > 自宅への順に選択します。
2 必要に応じて、自宅の場所を入力します。
自宅の場所を編集する
1 目的地検索 > > 自宅登録の順に選択します。
2 自宅の場所を入力します。
地図上のルート
走行中、デバイスは、音声と地図上の情報で、目的地までのルー
トを案内します。 方向転換地点や出口、またはその他のアクシ
ョンに関する指示は、地図の一番上に表示されます。
アクティブ車線案内
ルートで転換地点、出口、またはインターチェンジに近づくと、
道路の詳細なシミュレーションがある場合は地図の横に表示さ
れます。 色付きの線 は方向転換に適した車線を示します。
方向転換と方向指示を表示する
ルートのナビゲーション中に、ルートのこの先の方向転換、レー
ン変更、その他の方向指示を表示できます。
1 地図から、オプションを選択します。
• ナビゲーションするにつれてこの先の方向転換や方向指
示を表示するには、 > 方向転換を選択します。
地図ツールには、地図の横に次の複数の方向転換や方向指
示が表示されます。 ルートをナビゲーションするにつれ
て、このリストは自動的に更新されます。
• ルート全体の方向転換と方向指示の完全なリストを表示
するには、地図上部のテキストバーを選択します。
方向転換または方向指示を選択します(オプション)
。
2
詳細情報が表示されます。 利用可能な場合は、主要な分岐点
が画像で表示されます。
地図にルート全体を表示する
1 ルートのナビゲーション中に、地図上の任意の場所を選択し
2
ルートに従う
ます。
を選択します。
11
目的地に到着する
目的地に近づくと、デバイスはルートの達成に役立つ情報を提供
します。
•
は地図上の目的地の場所を示し、目的地に近づいているこ
とを音声プロンプトがアナウンスします。
• 目的地に近づくと、デバイスは駐車場の検索をするかどうか
自動的に尋ねます。 はいを選択して、近くの駐車場を検索で
きます (目的地の近くの駐車場, 12 ページ)。
• 目的地で停車した場合、デバイスはルートを自動的に終了し
ます。 デバイスが到着を自動的に検出しなかった場合は、停
止を選択してルートを終了できます。
目的地の近くの駐車場
デバイスは、目的地の近くの駐車場所を探すのに役立ちます。
目的地に近づくと、デバイスは駐車場の検索をするかどうか自動
的に尋ねます。
1 次の中からオプションを選択します。
• デバイスに確認のメッセージが表示されたら、はいを選択
して近くの駐車場を検索します。
• デバイスに確認のメッセージが表示されなかった場合は、
目的地検索 > カテゴリー > 駐車場の順に選択し、 > 目的
地周辺を選択します。
2 駐車場をフィルタリングを選択し、空き状況、タイプ、価格、
または支払い方法の 1 つまたは複数のフィルタカテゴリーを
選択します(オプション)。
注: 詳細なパーキングデータは、すべての地域およびすべて
の駐車場で利用できるわけではありません。
3 駐車場を選択し、出発 > 次の経由地を追加の順に選択します。
デバイスは、駐車場にガイドします。
アクティブルートを変更する
ルートに場所を追加する
ルートに場所を追加する前に、ナビゲーションを実行している必
要があります (ナビゲーションを開始する, 11 ページ)。
ルートの途中または最後に場所を追加できます。 たとえば、ル
ートの次の目的地としてガソリンスタンドを追加できます。
ヒント: 複数の目的地またはスケジュールされた経由地がある
複雑なルートを作成するには、トリッププランナーを使用して、
トリップの計画、スケジュール、および保存ができます (トリッ
プを計画する, 19 ページ)。
1 地図から、 > 目的地検索を選択します。
2 位置を検索します (位置の検索と保存を行う, 6 ページ)。
3 位置を選択します。
4 出発を選択します。
5 次の中からオプションを選択します。
• ルートの次の目的地として場所を追加するには、次の経由
地を追加を選択します。
• ルートの最後に場所を追加するには、最後の経由地追加を
選択します。
• 場所を追加して、ルートでの目的地の順序を編集するに
は、アクティブルートに追加を選択します。
デバイスは、追加された場所を含めるためにルートを再計算し、
順番に目的地までのルートを案内します。
ルートを形成する
ルートを形成する前に、ルートを開始する必要があります (ナビ
ゲーションを開始する, 11 ページ)。
手動でルートを形成してコースを変更できます。 これにより、
ルートに目的地を追加せずに、特定の道路を使用するようにルー
トの方向を選択することや特定の地域を通過することができま
す。
1 地図上の任意の場所を選択します。
を選択します。
2
12
デバイスがルートシェイピングモードになります。
3 地図上で位置を選択します。
ヒント: を選択して、地図上でズームインし、より正確な
場所を選択することもできます。
デバイスは、選択された場所を通過するようにルートを再計
算します。
4 必要に応じて、オプションを選択します。
• ルートにさらにシェイピングポイントを追加するには、地
図上で追加の場所を選択します。
• シェイピングポイントを削除するには、 を選択します。
5 ルートの形成が完了したら、出発を選択します。
迂回路を検索する
ルート上の指定した距離の迂回路または特定の道路周辺の迂回
路を検索できます。 これは、工事ゾーン、道路閉鎖、または走
行が難しい道路条件が発生したときに役立ちます。
1 地図で > ルートの変更を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 距離を指定して迂回するには、距離で迂回を選択します。
• ルート上の特定の道路を迂回するには、道路別迂回路を選
択します。
ルート探索方法を変更する
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定 > 計算モードを選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 時間優先を選択すると、一番早く目的地に到達できるルー
トを計算しますが、走行距離は長くなることがあります。
• 直行を選択すると、道路状況にかかわらず、ポイント間の
ルートを計算します。
• 距離優先を選択すると、走行距離が短くなるようにルート
を計算しますが、走行時間は長くなることがあります。
ナビゲーションを停止する
• 地図で、 > 停止を選択します。
• ホーム画面で、停止を選択します。
推奨ルートを利用する
この機能を使用する前に、1 つ以上の位置を保存して、走行履歴
機能を有効にする必要があります (デバイス設定, 22 ページ)。
myTrends™ 機能を使用すると、走行履歴、特定の曜日や時刻に
基づいてデバイスが目的地を予測します。 保存した位置まで数
回走行すると、地図上のナビゲーションバーに予定移動時間およ
びトラフィック情報と共にその位置が表示されます。
位置までのルート候補を表示するには、ナビゲーションバー
を選択します。
遅延、有料道路、およびエリアを回避する
ルート上の交通遅延を回避する
交通の遅延を回避する前に、トラフィック情報を受信している必
要があります (スマートフォンを使用してトラフィックデータを
受信する, 17 ページ)。
デフォルトでは、デバイスは自動的にルートを最適化して交通遅
延を回避します。 [トラフィック設定]でこのオプションを無
効にしている場合 (トラフィック設定, 21 ページ)、手動で交通
遅延を表示し、回避できます。
1 ナビゲーションの実行中に、 > トラフィックを選択します。
2 代替ルートを選択します(利用可能な場合)。
3 出発を選択します。
有料道路を回避する
デバイスは、有料道路、有料橋などの有料区域、または渋滞区域
の通過を回避できます。 他に妥当なルートがない場合は、ルー
トに有料区域が含まれる場合があります。
ルートに従う
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
注: メニューは、地域とデバイス上の地図データにより変化
します。
• 有料道路を選択します。
• 通行料金 > 有料道路を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 有料区域を通過する前に毎回確認するには、常に確認する
を選択します。
• 有料道路を常に回避するには、回避を選択します。
• 有料道路を常に許可するには、許可を選択します。
4 保存を選択します。
有料ステッカーを回避する
デバイスの地図データに詳細な有料ステッカー情報が含まれて
いる場合は、各国で有料ステッカーが必要とされる道路を避けた
り、進入を許可したりできます。
注: この機能を利用できない地域もあります。
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定 > 通行料金 > 料金ステッカ
ーを選択します。
国を選択します。
2
3 次の中からオプションを選択します。
• 有料ステッカーが必要とされる区域を通過する前に毎回
確認するには、常に確認するを選択します。
• 有料ステッカーが必要とされる道路を常に回避するには、
回避を選択します。
• 有料ステッカーが必要とされる道路を常に許可するには、
許可を選択します。
4 保存を選択します。
道路の回避機能
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定 > 回避を選択します。
2 ルート上で回避したい道路の種類を選択し、OK を選択しま
エリアを回避する
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定 > カスタム回避を選択しま
す。
2 必要に応じて、回避の追加を選択します。
3 回避エリアの追加を選択します。
4 回避するエリアの左上隅を選択し、次へを選択します。
5 回避するエリアの右下隅を選択し、次へを選択します。
選択されたエリアが地図上に影付きで表示されます。
6 OKを選択します。
カスタム回避を無効にする
カスタム回避を削除せずに無効にします。
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定 > カスタム回避を選択しま
す。
2 回避を選択します。
> 無効の順に選択します。
3
カスタム回避を削除する
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定 > カスタム回避を選択しま
す。
2 次の中からオプションを選択します。
• すべてのカスタム回避を削除するには、 を選択します。
• カスタム回避を 1 件削除するには、削除したいカスタム回
避を選択し、 > 削除の順に選択します。
直行ルートをナビゲーションする
ナビゲーションの指示に従わなかった場合は、直行モードを使用
できます。
設定 > ナビゲーション > ルートの環境設定 > 計算モード >
直行 > 保存の順に選択します。
デバイスは道路を無視し、目的地間の直線を使用してルート
を計算します。
地図を使用する
す。
環境ゾーンを回避する
デバイスは、お使いの車両に適用される可能性がある環境または
排出制限のある地域を回避できます。 このオプションは、アク
ティブな車両プロファイルにある車両タイプに適用されます。
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定 > 環境ゾーンを選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 環境ゾーンを通過する前に毎回確認するには、常に確認す
るを選択します。
• 環境ゾーンを常に回避するには、回避を選択します。
• 環境ゾーンを常に許可するには、許可を選択します。
3 保存を選択します。
カスタム回避
カスタム回避では、道路を含む特定のエリアまたは区域を選択し
て回避できます。 デバイスは、ルートを計算するときは、他に
妥当なルートがない場合を除き、これらのエリアと道路を回避し
ます。
道路を回避する
1 設定 > 航法 > ルートの環境設定 > カスタム回避を選択しま
す。
2 必要に応じて、回避の追加を選択します。
3 回避道路の追加を選択します。
4 回避する道路区域の始点を選択し、次へを選択します。
5 道路区域の終点を選択し、次へを選択します。
6 OKを選択します。
地図を使用する
地図を使用してルートのナビゲーションを行うこと (地図上のル
ート, 11 ページ)やアクティブなルートがないときに周囲の地図
を表示することができます。
1 地図表示を選択します。
2 地図上の任意の場所を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 地図をドラッグして、上下左右に回転します。
• 拡大または縮小するには、 または を選択します。
• ノースアップ表示と 3D 表示を切り替えるには、 を選択
します。
• 表示されたジャンル別施設をカテゴリー別にフィルタリ
ングするには、 を選択します。
• ルートを開始するには、地図上で位置を選択し、 出発 (地
図を使用してナビゲーションを開始する, 11 ページ)を選
択します。
地図ツール
地図ツールを使用すると、地図を表示しながら情報やデバイスの
機能にすばやくアクセスできます。 地図ツールを有効化する
と、地図の端にあるパネルに表示されます。
停止: アクティブルートのナビゲーションを停止します。
カメラ: ダッシュカメラのコントロール表示し、前方衝突警告お
よび車線逸脱警告を表示します。 また、ダッシュカメラビュ
ーファインダーと運転支援設定にアクセスすることもできま
す。
ルートの変更: 迂回したり、ルートの場所をスキップしたりでき
ます (アクティブルートを変更する, 12 ページ)。
ミュート: マスター音量をミュートします。
13
次の都市まで: アクティブルートや高速道路沿いの、次の都市お
よびサービスを表示します (次の都市まで, 14 ページ)。
この先: ルートや走行中の道路沿いの、この先の場所を表示しま
す (この先, 14 ページ)。
高度: この先の高度変化を表示します。
トラフィック: ルート沿いまたはエリアの交通状況を表示します
(進行方向の交通事故を表示する, 15 ページ)。 この機能は、
一部の地域やデバイスモデルでは利用できません。
出張データ: 速度や距離など、カスタマイズできるトリップデー
タを表示します (地図上にカスタマイズされたトリップ情報
を表示する, 14 ページ)。
方向転換: ルートのこの先の方向転換のリストを表示します (方
向転換と方向指示を表示する, 11 ページ)。
電話: 接続されている電話の最新の通話を表示し、通話中に通話
中オプションを表示します (通話中オプションを使用する,
16 ページ)。
天気: エリアの天気状況を表示します。
photoLive: photoLive サブスクリプションからのライブトラフ
ィックカメラを表示します (photoLive トラフィックカメラ,
20 ページ)。
カメラを通知: スピードカメラや赤信号カメラを通知できます。
このツールは、デバイスにスピードカメラデータや赤信号カ
メラデータがあり、Garmin Drive アプリ (ライブサービス、ト
ラフィック、およびスマートフォン機能, 15 ページ)。
地図ツールを表示する
1 地図で を選択します。
2 地図ツールを選択します。
5 保存を選択します。
次の都市まで
高速道路または高速道路を含むルートの走行中に、この先の都市
に関する情報が[次の都市まで]ツールに表示されます。 各都
市の高速道路出口や出入口サービスまでの距離が、高速道路標識
と同様に地図ツールに表示されます。
この先の都市や出入口サービスの表示
1 地図で > 次の都市までを選択します。
高速道路やアクティブルートの走行中に、この先の都市や出
口に関する情報が地図ツールに表示されます。
2 都市を選択します。
デバイスに、選択した都市や出口にあるジャンル別施設(ガ
ソリンスタンド、宿泊施設、レストランなど)が表示されま
す。
3 場所を選んで、出発を選択すると、ナビゲーションが開始さ
れます。
トリップ情報
地図上にカスタマイズされたトリップ情報を表示する
トリップデータ地図ツールを使うと、地図上にカスタマイズされ
たトリップ情報を表示できます。
1 地図で > 出張データを選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
地図ツールが地図の端にあるパネルに表示されます。
を選択します。
3 地図ツールを使い終わったら、
この先
この先ツールは、ルートや走行中の道路沿いの、この先の場所に
ついての情報を提供します。 レストラン、ガソリンスタンド、
サービスエリアなど、この先のジャンル別施設をカテゴリーごと
に表示できます。
3 つのカテゴリーをこの先ツールに表示するようにカスタマイ
ズできます。
この先の場所を表示する
1 地図から > この先を選択します。
走行中、3 つのカテゴリーそれぞれに、ルートまたは走行中
の道路沿いの「次の場所」が地図ツールに表示されます。 停
車中は、3 つのカテゴリー名が地図ツールに表示されます。
2 次の中からオプションを選択します。
• 地図ツールに複数のカテゴリーが表示されている場合は、
1 つのカテゴリーを選択すると、そのカテゴリーに関する
周辺の場所が一覧で表示されます。
• 地図ツールに「この先の場所」が表示されている場合は、
場所を選択すると、その場所の詳細情報やそこまでのルー
トが表示されます。
[この先]カテゴリーをカスタマイズする
この先ツールで表示する場所カテゴリーを変更できます。
1 地図から > この先を選択します。
2 カテゴリーを選択します。
3 を選択します。
4 次の中からオプションを選択します。
• リスト内のカテゴリーを上下に移動するには、カテゴリー
名の横にある矢印を選択してドラッグします。
• カテゴリーを変更するには、カテゴリーを選択します。
• カスタムカテゴリーを作成するには、カテゴリーを選択し
て、カスタム検索を選択し、ビジネスまたはカテゴリーの
名前を入力します。
14
• トリップデータツールでデータフィールドを選択し
ィールドに表示する情報を選択します。
• カスタマイズ可能な地図データフィールドを選択し
ィールドに表示する情報を選択します。
、フ
、フ
トリップ情報ページを表示する
トリップ情報ページには、速度が表示され、トリップに関する統
計情報が表示されます。
地図で、スピードを選択します。
軌跡ログを表示する
デバイスでは、軌跡ログ(走行した経路の記録)を保持していま
す。
1 設定 > 航法 > 地図/車両 > 地図レイヤーを選択します。
2 軌跡ログチェックボックスをオンにします。
トリップ情報をリセットする
1 地図で、 スピードを選択します。
> フィールドのリセットの順に選択します。
2
3 次の中からオプションを選択します。
• 先頭ページのスピードメーター以外のデータフィールド
をすべてリセットするには、ルートのナビゲーションをし
ていないときに、 すべて選択を選択します。
• トリップコンピュータの情報をリセットするには、 トリップ
データのリセットを選択します。
地図を使用する
• 最高速度をリセットするには、最高速度のリセットを選択
します。
• オドメーターをリセットするには、 トリップ B のリセッ
トを選択します。
進行方向の交通事故を表示する
この機能を使用するには、デバイスでトラフィックデータ [トラ
(
フィック], 17 ページ)を受信している必要があります。
現在のルートや走行中の道路の進行方向にある交通事故を表示
できます。
1 ナビゲーションの実行中に、 > トラフィックを選択します。
地図の右側にあるパネルに、進行方向で発生している交通事
故のうち、最も近くにあるものが表示されます。
2 この交通事故を選択して、追加情報を表示します。
地図上に交通渋滞情報を表示する
交通渋滞地図は、道路状況が色分けされて表示されます。
1 メインメニューで、 > 航法 > トラフィックを選択します。
2 必要に応じて、 > 凡例を選択し、交通渋滞地図の凡例を表
示します。
交通事故情報を検索する
1 メインメニューで、 > 航法 > トラフィックを選択します。
> 事故の順に選択します。
2
3 リストからアイテムを選択します。
4 事故が複数地点で発生しているときに別の事故を表示するに
は、矢印を使用します。
地図をカスタマイズする
地図レイヤーをカスタマイズする
ジャンル別施設を表すアイコンや道路状況など、地図上に表示す
るデータをカスタマイズできます。
1 設定 > 航法 > 地図/車両 > 地図レイヤーの順に選択します。
2 地図上に表示する各レイヤーの横にあるチェックボックスを
オンにします。
地図データフィールドを変更する
1 地図からデータフィールドを選択します。
注: スピードはカスタマイズできません。
2 表示するデータの種類を選択します。
地図表示方法を変更する
1 設定 > 航法 > 地図/車両 > 運転地図表示の順に選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• トラックアップ を選択すると地図が 2D 表示され、進行方向が常
に上になるように表示されます。
• ノースアップを選択すると地図が 2D 表示され、北が常に
上になるように表示されます。
• 3D を選択すると地図が 3D 表示されます。
スマート通知: 電話の通知とメッセージをデバイスに表示しま
す。 この機能を利用できない言語もあります。
ハンズフリー通話: デバイスを使用して電話をかけたり受けたり
できるほか、デバイスをハンズフリースピーカーフォンとし
て使用できます。 選択した言語が音声コマンド機能をサポー
トしている場合は、音声コマンドを使用して電話をかけるこ
とができます。
位置情報をデバイスに送信: スマートフォンから位置情報をナビ
ゲーションデバイスに送信できます。
Foursquare チェックイン: ナビゲーションデバイスを使用し
て、Foursquare の場所にチェックインできます (Foursquare
によるチェックイン, 9 ページ)。
スマートフォンとペアリングする
Garmin デバイスをスマートフォンおよび Garmin Drive アプリ
とペアリングし、追加の機能を有効にし、ライブ情報にアクセス
することができます (ライブサービス、トラフィック、およびス
マートフォン機能, 15 ページ) .
1 スマートフォンのアプリストアから、Garmin Drive アプリを
インストールします。
2 Garmin デバイスをオンにし、デバイスとスマートフォンの距
離が 3 m(10 ft.)以内になるようにします。
3 スマートフォンで Garmin Drive アプリを開きます。
4 画面の指示に従って Garmin アカウントにサインインし、ペア
リングおよびセットアッププロセスを完了します。
メインアプリダッシュボードが表示されます。 デバイスは、ペ
アリングされると、電源がオンになって範囲内にあるときに、自
動的に接続されます。
Bluetooth 機能を有効または無効にする
ペアリングされたスマートフォンのハンズフリー通話および
Garmin Drive 機能を有効または無効にすることができます。
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 電話名の横の を選択します。
3 使用目的セクションで、オプションを選択します。
• Garmin Drive アプリへの接続を有効にするには、Garmin
Drive を選択します。
• ハンズフリー通話機能を有効にするには、ハンズフリーを
選択します。
4 OK を選択します。
アプリの通知を表示または非表示にする(Android™)
Garmin Drive アプリを使用して、Garmin デバイスに表示するス
マートフォン通知の種類をカスタマイズできます。
1 スマートフォンで Garmin Drive アプリを開きます。
> スマート通知を選択します。
2
スマートフォンアプリのリストが表示されます。
3 アプリの横にある切り替えスイッチを選択して、アプリの通
知を有効または無効にします。
Apple デバイスの通知カテゴリを表示または非表示にする
Apple デバイスに接続されている場合は、カテゴリーを表示また
は非表示にして、Garmin デバイスに表示される通知をフィルタ
ライブサービス、トラフィック、および リングできます。
スマートフォン機能
> 航法 > スマート通知 > の順に選択します。
1
Garmin Drive アプリを使用すると、デバイスで、スマート通知、 2 表示する各通知の横にあるチェックボックスをオンにしま
およびライブトラフィックデータや天気情報などのライブ情報
す。
を受信することができます。
追加 Bluetooth デバイスのペアリング
ライブトラフィックデータ: 交通事故や遅延、工事ゾーン、道路
1 ヘッドセットまたは電話と Bluetooth デバイスの距離は 10 m
閉鎖などのリアルタイムトラフィックデータをデバイスに送
(33 ft.)以内になるようにします。
信します [トラフィック],
(
17 ページ)。
天気情報: リアルタイムで天気予報、道路状況、天気レーダーを 2 デバイス側で Bluetooth 無線機能を有効にします。
お使いのデバイスに送信します (天気予報を表示する, 18 ペ
3 ヘッドセットまたは電話で、Bluetooth 無線技術を有効にし
て、他の Bluetooth デバイスに表示されるようにします。
ージ)。
4 デバイスで設定 > Bluetooth の順に選択します。
ライブサービス、トラフィック、およびスマートフォン機能
®
15
注: 追加アクションは、一部の通知タイプでのみ利用でき、
通知を生成したアプリでサポートされている必要がありま
す。
周辺にある Bluetooth デバイスのリストが表示されます。
5 リストからヘッドセットまたは電話を選択します。
6 ペアリングを選択します。
スマート通知
デバイスが Garmin Drive アプリに接続されているときは、
Garmin デバイスのスマートフォンから、テキストメッセージ、
着信、カレンダーの予定のような通知を表示できます。
通知を受信する
警告
運転中は通知を読んだり返信したりしないでください。
この機能を使用する前に、Garmin Drive アプリが実行されてい
る、サポート対象スマートフォンにデバイスを接続しておく必要
があります (ライブサービス、トラフィック、およびスマートフ
ォン機能, 15 ページ)。
デバイスがスマートフォンから通知を受信すると、ほとんどのペ
ージからポップアップが表示されます。 デバイスが移動中の場
合、通知を表示するには、自分が乗客であり、運転者ではないこ
とを確認する必要があります。
注: 地図を表示している場合、通知は地図ツールに表示されま
す。
• 通知を無視するには、OK を選択します。
ポップアップが閉じますが、通知は電話でアクティブのまま
です。
• 通知を表示するには、表示を選択します。
• 通知を聞くには、表示 > 再生の順に選択します。
デバイスは TTS(Text-to-Speech)技術を利用して通知を読
み上げます。 この機能を利用できない言語もあります。
• 電話からその通知を却下するなど追加アクションを実行する
には、表示を選択してからオプションを選択します。
注: 追加アクションは、一部の通知タイプでのみ利用でき、
通知を生成したアプリでサポートされている必要がありま
す。
地図の表示中に通知を受信する
警告
運転中は通知を読んだり返信したりしないでください。
この機能を使用する前に、Garmin Drive アプリが実行されてい
る、サポート対象スマートフォンにデバイスを接続しておく必要
があります (ライブサービス、トラフィック、およびスマートフ
ォン機能, 15 ページ)。
地図を表示しているとき、画面の端にある地図ツールに新しい通
知が表示されます。 デバイスが移動中の場合、通知を表示する
には、自分が乗客であり、運転者ではないことを確認する必要が
あります。
• 通知を無視するには、
[ ]を選択するか、ポップアップの期
限が切れるまで待ちます。
ポップアップが閉じますが、通知は電話でアクティブのまま
です。
• 通知を表示するには、通知テキストを選択します。
• 通知を聞くには、メッセージを再生を選択します。
デバイスは TTS(Text-to-Speech)技術を利用して通知を読
み上げます。 この機能を利用できない言語もあります。
• 音声コマンドを使用して通知を聞くには、メッセージを再生
を選択します。
注: このオプションが利用可能なのは、選択した言語で音声
コマンド機能がサポートされていて、地図ツールに が表示
されているときだけです。
• 電話からその通知を却下するなど追加アクションを実行する
には、表示を選択してからオプションを選択します。
16
通知のリストを表示する
すべてのアクティブな通知のリストを表示できます。
> 航法 > スマート通知の順に選択します。
通知のリストが表示されます。 未読の通知は黒で表示され、
以前に読まれた通知はグレーで表示されます。
2 次の中からオプションを選択します。
• 通知を表示するには、通知の説明を選択します。
• 通知を聞くには、 を選択します。
デバイスは TTS(Text-to-Speech)技術を利用して通知を
読み上げます。 この機能を利用できない言語もあります。
1
ハンズフリー通話
注: ほとんどの携帯電話とヘッドセットは対応しており使用で
きますが、特定の携帯電話やヘッドセットの使用は保証できませ
ん。 お使いの携帯電話では、一部の機能が利用できない場合が
あります。
Bluetooth 無線技術を使用すると、デバイスを携帯電話とワイヤ
レスヘッドセットまたはヘルメットに接続し、ハンズフリーデバ
イスとして使用することができます。 お使いの Bluetooth 技術
搭載デバイスがデバイスに対応しているかどうかを確認するに
は、www.garmin.com/bluetooth を参照してください。
電話をかける
1 を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 電話をかけるには、 を選択してから電話番号を入力し、
を選択します。
• 最近電話をかけた、または最近着信があった電話番号に電
話するには、 を選択し、電話番号を選択します。
• 電話帳にある連絡先に電話をかけるには、 を選択し、次
に連絡先を選択します。
電話を受ける
電話がかかってきたときには、回答または却下を選択します。
通話中オプションを使用する
通話中オプションは、電話に出ると表示されます。 一部のオプ
ションはお使いの電話に対応していない可能性があります。
ヒント: 通話中オプションページを閉じた場合は、メインメニ
ューから を選択してもう一度開くことができます。
• 会議通話を設定するには、 を選択します。
• 音声の出力先を電話に切り替えるには、 を選択します。
ヒント: この機能は、Bluetooth の接続を解除して通話を継続
する場合やスピーカーでなく電話で話したい場合に使用しま
す。
• ダイヤルパッドを使用するには、 を選択します。
ヒント: この機能を使用して、留守番電話などの自動システ
ムを使用できます。
• マイクをミュートするには、 を選択します。
• 電話を切るには、
を選択します。
電話番号をプリセットとして保存する
連絡先を 3 つまでプリセットとしてダイヤルパッドに保存でき
ます。 これにより、自宅の電話番号、家族、または頻繁に連絡
する連絡先にすばやく電話をかけることができます。
> の順に選択します。
1
2 プリセット 1 などのプリセット番号を保持します。
3 連絡先を選択します。
ライブサービス、トラフィック、およびスマートフォン機能
Bluetooth デバイスの取り外し
ペアリングされているデバイスのリストから削除しないで、
Bluetooth デバイスを一時的に取り外すことができます。
Bluetooth デバイスは、今後も Garmin デバイスに自動的に接続
できます。
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 接続を解除するデバイスを選択します。
ペアリングした Bluetooth デバイスを削除する
ペアリングした Bluetooth デバイスを削除して、今後自動的に
Garmin デバイスに接続できないようにすることができます。
ペアリングしたスマートフォンを削除した場合も、すべての同期
された電話帳の連絡先および通話履歴が Garmin デバイスから
削除されます。
1 設定 > Bluetooth を選択します。
2 Bluetooth デバイス名の横の > 破棄を選択します。
[トラフィック]
注記
Garmin は交通情報の正確性または適時性について責任を負いま
せん。
お使いのデバイスは、この先の道路やルート上の渋滞に関する情
報を提供できます。 アクティブルートで大きな交通遅延状態が
発生した場合は、ルートの計算時に渋滞を回避して、目的地への
新しいルートを発見するようにデバイスを設定できます (トラフ
ィック設定, 21 ページ)。 交通渋滞地図を使用すると、地域の交
通遅延の地図を参照できます。
交通情報を提供するには、デバイスがトラフィックデータを受信
している必要があります。
• 末尾が MT の製品モデルでは、内蔵のトラフィックレシーバ
ーと付属の車両電源ケーブルを使用して、無線ブロードキャ
スト信号からトラフィックデータを受信できます。 (トラフ
ィックレシーバーを使用してトラフィックデータを受信する,
17 ページ)。
• すべての製品モデルで、Garmin Drive アプリを使用してトラ
フィックデータを受信できます(サブスクリプション無料)
(スマートフォンを使用してトラフィックデータを受信する,
17 ページ)。
• すべての製品モデルは、無線トラフィックレシーバーケーブ
ルアクセサリを使用して、トラフィックデータを受信できま
す (トラフィックレシーバーを使用してトラフィックデータ
を受信する, 17 ページ)。 garmin.com で製品のページに移
動し、互換性のあるトラフィックレシーバーケーブルアクセ
サリを検索して購入します。
トラフィックデータを利用できない地域もあります。 トラフィ
ック情報を利用できる地域については、garmin.com/traffic を参
照してください。
スマートフォンを使用してトラフィックデータ
を受信する
デバイスは、Garmin Drive アプリを実行しているスマートフォ
ンに接続されているときに、サブスクリプション無料のトラフィ
ックデータを受信できます。
1 デバイスを Garmin Drive アプリに接続します (ライブサービ
ス、トラフィック、およびスマートフォン機能, 15 ページ)。
2 Garmin デバイスで、設定 > 航法 > トラフィックの順に選択
し、トラフィックチェックボックスがオンになっていること
を確認します。
トラフィックレシーバーを使用してトラフィッ
クデータを受信する
注記
ヒーター付き(熱線付き)フロントガラスは、交通情報受信機の
性能を低下させることがあります。
トラフィックレシーバーは、利用可能な場合、無線ブロードキャ
スト信号からトラフィックデータを受信します。 無線トラフィ
ックデータを受信するには、トラフィックに対応する電源ケーブ
ルを使用して、デバイスを車両の電源に接続する必要がありま
す。 トラフィックレシーバーは、一部の製品モデル [トラフィ
(
ック], 17 ページ)に付属しています。 お使いの製品モデルにト
ラフィックレシーバーが付属していない場合には、garmin.com
の製品ページにアクセスして、対応するトラフィックレシーバー
ケーブルアクセサリをご購入いただけます。
トラフィックデータを利用できない地域もあります。 トラフィ
ック情報を利用できる地域については、garmin.com/traffic を参
照してください。
トラフィックに対応する電源ケーブルを使用して、デバイス
を車両の電源に接続します (車両への Garmin デバイスの取
り付けと電源の供給, 1 ページ)。
お使いの製品モデルにトラフィックデータが含まれている場
合、デバイス付属の車両電源ケーブルはトラフィックに対応
しています。 トラフィックレシーバーケーブルをアクセサリ
として購入した場合、アクセサリケーブルを使用してデバイ
スを車両の電源に接続してください。
ユーザーがトラフィック情報を利用できる地域にいれば、デバイ
スはトラフィック情報を表示でき、交通遅延の回避に役立ちま
す。
トラフィックを有効にする
トラフィックデータを有効または無効にできます。
1 設定 > 航法 > トラフィックの順に選択します。
2 トラフィックチェックボックスをオンにします。
音声コマンド
注: すべての言語や地域で音声コマンドが使用できるわけでは
ありません。また、音声コマンドを利用できないモデルもありま
す。
注: 周囲の音が大きい場合、音声認識ナビが望ましい性能を発
揮できない可能性があります。
音声コマンドを使って、単語やコマンドを読み上げてデバイスを
使用することができます。 [音声コマンド]メニューには、音
声プロンプトや利用可能なコマンドのリストが表示されます。
ウェイクアップフレーズを設定する
ウェイクアップフレーズは、音声コマンドをアクティブにするた
めに使用する単語またはフレーズです。 デフォルトのウェイク
アップフレーズは「OK Garmin」です。
ヒント: 強いウェイクアップフレーズを使用して、音声コマン
ドが誤動作する可能性を減らすことができます。
> 音声コマンド > > ウェイクアップフレーズの順に選択
1
します。
2 新しいウェイクアップフレーズを入力します。
フレーズを入力すると、デバイスにウェイクアップフレーズ
の強度が示されます。
OKを選択します。
3
音声コマンドを有効化する
1 OK Garmin といいます。
[音声コマンド]メニューが表示されます。
[トラフィック]
17
アプリケーションを使用する
デバイスのマニュアルの表示
デバイス画面では、多くの言語の完全なマニュアルを表示できま
す。
> マニュアルの順に選択します。
1
マニュアルはソフトウェアの言語と同じ言語で表示されます
(テキスト言語を設定する, 21 ページ)。
2 [ ]を選択してマニュアルを検索します(オプション)。
天気予報を表示する
2 メニューのコマンドを発音します。
3 音声案内に応答して、検索または操作を完了します。
音声コマンドのヒント
この機能を使用するには、デバイスで天気予報データを受信して
いる必要があります。 デバイスを Garmin Drive アプリに接続
して、天気予報データを受信できます (ライブサービス、トラフ
ィック、およびスマートフォン機能, 15 ページ)。
> 天気を選択します。
1
デバイスは、現在の天気概況と今後数日間の予報を表示しま
す。
2 曜日を選択します。
選択した曜日の詳細な天気予報が表示されます。
• デバイスで指定される通常の音声で発音します。
• 音声やラジオなどの暗騒音を減らすと、音声認識の精度が向
上します。
• 画面にコマンドが表示されたら、そのコマンドを発音します。 別の都市周辺の天気を表示する
> 天気 > 現在地の順に選択します。
1
• 必要に応じて、デバイスからの音声案内に応答します。
次の中からオプションを選択します。
2
• 音声コマンドの誤作動を減らすには、ウェイクアップフレー
ズを長くします。
• お気に入りの都市の天気を表示するには、リストの都市を
選択します。
• デバイスが音声コマンドへ移行したこと、および終了したこ
とを確認する 2 つのトーンを聞きます。
• お気に入りの都市を追加するには、 都市の追加を選択し、
都市名を入力します。
音声コマンドを使用してナビゲーションを開始
する
人気のある、有名な場所の名前を発音できます。
1 OK Garmin と発音します。
2 場所の検索と発音します。
3 音声案内を聞き、場所の名前を発音します。
デバイスで、検索結果のリストが表示されます。
気象観測レーダーを表示する
この機能を使用する前に、Garmin Drive アプリが実行されてい
る、サポート対象スマートフォンにデバイスを接続しておく必要
があります (ライブサービス、トラフィック、およびスマートフ
ォン機能, 15 ページ)。
> 気象観測レーダーを選択します。
1
2 を選択して、レーダー地図をアニメーション化します。
気象警報を表示する
この機能を使用する前に、Garmin Drive アプリが実行されてい
る、サポート対象スマートフォンにデバイスを接続しておく必要
があります (ライブサービス、トラフィック、およびスマートフ
ォン機能, 15 ページ)。
注: この機能を利用できない地域もあります。
デバイスと共に移動中に、気象警報が地図上に表示されることが
あります。 また、現在地または選択した都市周辺の気象警報の
地図を表示することもできます。
> 天気を選択します。
1
2 必要に応じて、都市を選択します。
> 気象警報の順に選択します。
3
道路状況を確認する
4 行きたい場所の行番号を発音します。
デバイスで、地図上に場所が表示されます。
5 ナビゲーションと発音します。
ミュートの手順
デバイスをミュートせずに、音声コマンドの音声案内を無効にす
ることができます。
> 航法 > 音声コマンド > を選択します。
1
2 指示をミュート(消音)にする > 有効の順に選択します。
この機能を使用する前に、Garmin Drive アプリが実行されてい
る、サポート対象スマートフォンにデバイスを接続しておく必要
があります (ライブサービス、トラフィック、およびスマートフ
ォン機能, 15 ページ)。
自分の地域、自分のルート、または別の都市の道路の天候に関連
する道路状況を表示できます。
> 天気を選択します。
1
2 必要に応じて、都市を選択します。
> 道路状況を選択します。
3
サービス履歴をログに記録する
車両がサービスまたは保守を受けるときに、日付およびオドメー
ターの測定値をログに記録することができます。 デバイスには
18
アプリケーションを使用する
サービスカテゴリーがいくつか用意されています。また、カスタ
ムカテゴリーを追加することもできます(「サービスカテゴリー
を追加する, 19 ページ」)。
> サービス履歴を選択します。
1
2 サービスカテゴリーを選択します。
3 レコードの追加を選択します。
4 オドメーターの測定値を入力し、 次へを選択します。
5 コメントを入力します(省略可)。
6 OKを選択します。
サービスカテゴリーを追加する
> サービス履歴を選択します。
1
> カテゴリーの追加の順に選択します。
2
3 カテゴリー名を入力してから、 OKを選択します。
サービスカテゴリーを削除する
サービスカテゴリーを削除すると、そのカテゴリーに含まれるサ
ービスの記録もすべて削除されます。
> サービス履歴を選択します。
1
> カテゴリーの削除の順に選択します。
2
3 削除するサービスカテゴリーを選択します。
4 削除を選択します。
サービスカテゴリーの名前を変更する
> サービス履歴を選択します。
1
名前を変更するカテゴリーを選択します。
2
> カテゴリー名変更の順に選択します。
3
4 名前を入力し、 OKを選択します。
サービスの記録を削除する
> サービス履歴を選択します。
1
サービスカテゴリーを選択します。
2
> レコードの削除の順に選択します。
3
4 削除するサービスの記録を選択します。
5 削除を選択します。
始点を指定し、選択を選択します。
目的地の選択を選択します。
目的地の場所を指定し、選択を選択します。
場所の追加を選択して、その他の場所を追加します(オプシ
ョン)。
7 必要な場所をすべて追加したら、次へ > 保存の順に選択しま
す。
8 名前を入力し、OKを選択します。
3
4
5
6
トリップの場所を編集および並べ替える
> トリッププランナ > 保存されたトリップの順に選択しま
1
す。
2 保存されているトリップを選択します。
3 位置を選択します。
4 次の中からオプションを選択します。
• 場所を上下に移動するには、 を選択し、場所をトリップ
の新しい位置にドラッグします。
• 選択した場所の後に新しい場所を追加するには、 を選択
します。
• 場所を削除するには、 を選択します。
トリップの目的地の順序を最適化する
デバイスは、トリップの目的地の順序を自動的に最適化して、距
離が短く、効率的なルートを作成します。 順序を変更しても出
発地と最終目的地は変更されません。
トリップを編集するときは、 > 順序の最適化を選択します。
トリップの経路にあるアトラクションの発見
トリップに追加できる興味深いアトラクションや人気のアトラ
クションが提案されます。
1 トリップの編集中に、 > アトラクションの提案を選択しま
す。
2 アトラクションを選択すると、詳細情報が表示されます。
3 選択を選択してアトラクションをトリップに追加します。
トリップのルート探索オプションを変更する
トリップを開始するとき、デバイスがルートを計算する方法をカ
スタマイズできます。
サービスの記録を編集する
> トリッププランナ > 保存されたトリップの順に選択しま
コメント、オドメーターの測定値、およびサービスの記録日を編 1
す。
集できます。
2 保存されているトリップを選択します。
> サービス履歴を選択します。
1
3 車両プロファイルアイコンを選択し、トリップのナビゲーシ
2 カテゴリーを選択します。
ョン中の使用を予定している車両を選択します(オプショ
3 フィールドを選択します。
ン)。
4 新しい情報を入力して、 OKを選択します。
4 を選択します。
5 次の中からオプションを選択します。
トリッププランナー
• トリップにシェイピングポイントを追加するには、ルート
トリッププランナーを使用し、トリップを作成して保存し、あと
を形成するを選択し、画面に表示される指示に従います
で操作することができます。 配達ルート、休暇、またはドライ
(ルートを形成する, 12 ページ)。
ブの計画に便利です。 保存したトリップを編集して、場所の並
• トリップの計算モードを変更するには、ルート探索方法を
べ替え、経由地の順序の最適化、アトラクションの提案の追加、
選択します (ルート探索方法を変更する, 12 ページ)。
およびシェイピングポイントの追加など、さらにカスタマイズで
きます。
保存されているトリップをナビゲーションする
トリッププランナーを使用して、アクティブルートを編集し保存 保存したトリップのナビゲーションを開始するには、デバイスの
することもできます。
アクティブな車両プロファイルがトリップの選択された車両プ
トリップを計画する
1 回のトリップに多数の目的地を含めることができ、少なくとも
出発地と 1 つの目的地は含める必要があります。 出発地は、ト
リップの開始を計画している場所です。 トリップのナビゲーシ
ョンを別の場所から開始する場合、デバイスで最初に出発地に向
かうオプションを選択できます。 往復する場合は、出発地と最
終目的地を同じにすることができます。
> トリッププランナ > 新規トリップの作成の順に選択しま
1
す。
2 出発地の選択を選択します。
アプリケーションを使用する
ロファイルと一致している必要があります (トリップのルート探
索オプションを変更する, 19 ページ)。 一致しない場合、トリッ
プを開始する前に車両プロファイルを変更するように求めるメ
ッセージがデバイスに表示されます (車両プロファイルの切り替
え, 3 ページ)。
> トリッププランナ > 保存されたトリップの順に選択しま
1
す。
2 保存されているトリップを選択します。
3 出発を選択します。
4 ナビゲーション先の最初の位置を選択し、開始を選択します。
19
設定
デバイスは、現在地から選択した位置へのルートを計算し、
残りのトリップ目的地に順番に案内します。
アクティブルートを編集および保存する
ルートがアクティブな場合、トリッププランナーを使用し、トリ
ップとしてルートを編集および保存できます。
> トリッププランナ > 保存されたトリップ > マイアクティブルート
1
を選択します。
2 いずれかのトリッププランナー機能を使用して、ルートを編
集します。
ルートは変更を加えるごとに再計算されます。
3 トリップとしてルートを保存するには、保存を選択します。
ナビゲーションは後で再開できます(オプション)。
photoLive トラフィックカメラ
この機能を使用する前に、Garmin Drive アプリにデバイスを接
続しておく必要があります (ライブサービス、トラフィック、お
よびスマートフォン機能, 15 ページ)。
photoLive トラフィックカメラは、主要な道路および交差点の交
通状況をライブ画像で提供します。
photoLive サービスを利用できない地域もあります。
photoLive トラフィックカメラの表示と保存
周辺のトラフィックカメラのライブ画像を表示できます。 頻繁
に訪れるエリアのトラフィックカメラを保存することもできま
す。
> photoLive の順に選択します。
1
2 触れて追加を選択します。
3 道路を選択します。
4 トラフィックカメラの場所を選択します。
カメラからのライブ画像のプレビューが、カメラの設置場所
の地図の横に表示されます。 画像プレビューを選択すると、
フルサイズの画像を表示できます。
5 保存選択して、カメラを保存します(オプション)。
photoLive アプリのメイン画面にカメラのサムネイル画像プ
レビューが追加されます。
地図上に photoLive トラフィックカメラを表示する
ナビゲーション設定
設定 > 航法を選択します。
車両プロファイル: デバイスを使用する各車両の車両プロファイルを
設定します。
地図/車両: 地図の詳細度と、デバイスに表示する車両アイコン
を設定します。
ルートの環境設定: ナビゲーション時のルート探索の環境設定を
設定します。
安全運転支援: 運転者支援警告を設定します。
トラフィック: デバイスで使用するトラフィックの詳細を設定し
ます。 アクティブルートで交通遅延状態が発生した場合は、
ルートの計算時に渋滞を回避して、目的地への新しいルート
を発見するようにデバイスを設定できます (ルート上の交通
遅延を回避する, 12 ページ)。
単位: 距離の測定に使用する単位を設定します。
地図および車両設定
設定 > 航法 > 地図/車両の順に選択します。
車両: 地図上で自分の位置を示す車両アイコンを設定します。
運転地図表示: 地図の表示方法を設定します。
詳細度: 地図の詳細度を設定します。 詳細度が高いほど、地図の
描画に時間がかかることがあります。
地図テーマ: 地図データの色を変更します。
地図レイヤー: 地図ページに表示するデータを設定します (地図
レイヤーをカスタマイズする, 15 ページ)。
自動ズーム: 地図の使用に最適なズームレベルが自動的に選択さ
れます。 無効にすると、ズームインまたはズームアウトを手
動で行う必要があります。
マイマップ: デバイスで使用されるインストール済み地図を設定
します。
地図を有効にする
デバイスにインストールされている地図製品を有効にすること
ができます。
ヒント: 追加の地図製品を購入するには、http://buy.garmin.com
にアクセスしてください。
1 設定 > 航法 > 地図/車両 > マイマップを選択します。
2 地図を選択します。
photoLive 地図ツールには、進行方向のトラフィックカメラが表
示されます。
1 地図で、 > photoLive を選択します。
通りの進行方向にある最も近いトラフィックカメラからのラ [ルート探索の環境設定]の設定
イブ画像が表示されます。カメラまでの距離も表示されま
設定 > 航法 > ルートの環境設定の順に選択します。
す。 カメラを通過すると、次のカメラのライブ画像がロード
ルートのプレビュー: ナビゲーションを開始すると、ルートの幹
されます。
線道路のプレビューを表示します。
2 その通りにカメラが見つからない場合、カメラを探すを選択
計算モード:
ルート計算方法を設定します。
して、周辺のトラフィックカメラを表示または保存します(オ
プション)。
回避: ルート上で回避する道路の特徴を設定します。
カスタム回避: 特定の道路や地域を回避することができます。
トラフィックカメラを保存する
環境ゾーン: お使いの車両に適用される可能性がある環境または
> photoLive を選択します。
1
排出制限のある地域に回避の環境設定を行います。
2 触れて追加を選択します。
制限モード: 運転中に注意散漫になって事故を招く恐れのあるす
3 道路を選択します。
べてのデバイス機能が無効になります。
4 交差点を選択します。
音声言語: ナビゲーション音声案内の言語を変更します。
5 保存を選択します。
走行履歴: デバイスで、myTrends、目的地の履歴、および軌跡ロ
グ機能に関する情報を記録します。
前のルートと目的地を表示する
走行履歴の消去: myTrends、目的地の履歴、および軌跡ログ機能
この機能を使用する前に、走行履歴機能を有効にする必要があり
から走行履歴を消去します。
ます (デバイス設定, 22 ページ)。
前のルートと停止した場所を地図上に表示することができます。 運転者支援の設定
設定 > 航法 > 安全運転支援の順に選択します。
> 目的地の履歴を選択します。
ドライバーアラート: この先の工事ゾーンや道路状況に関するア
ラートの有効/無効を切り替えることができます (ドライバ
ーへの注意喚起の機能とアラート, 5 ページ)。
20
設定
スピードカメラアラート: スピードカメラや赤信号カメラに近づ
いたときに警告します。
トラフィック設定
メインメニューで、設定 > 航法 > トラフィックの順に選択しま
す。
トラフィック: トラフィックを有効にします。
現在のプロバイダ: トラフィックデータに使用するトラフィック
プロバイダを設定します。 自動オプションでは、利用可能な
最適なトラフィックデータが自動的に選択されます。
サブスクリプション: 現在のトラフィックサブスクリプションを
リスト表示します。
最適なルート: 最適な代替ルートを自動的、または要求に応じて
使用できるようにします (ルート上の交通遅延を回避する, 12
ページ)。
交通アラート: 交通アラートを表示する交通遅延状態の程度を設
定します。
ダッシュカメラの設定
設定 > ダッシュカメラの順に選択します。
取り付け位置: 車両の高さとカメラ位置を設定し、ダッシュカメ
ラを位置合わせできます (カメラの位置を合わせる, 3 ペー
ジ)。
自動撮影: デバイスをオンにしたときにダッシュカメラでビデオ
の録画を自動的に開始できるようにします。
運転者支援アラートトーン: 前方衝突警告または車線逸脱警告が
トリガされたときに、デバイスが通知音を再生できるように
します。
前方衝突警告: 前方衝突警告 (前方衝突警告システム, 5 ページ)
感度を高くすると、感度が低い場合よりもアラートが早くな
ります。
車線逸脱警告: 無意識に車線境界をはみ出している可能性がある
ことをデバイスが検出したときの警告を有効にします (車線
逸脱警告システム, 6 ページ)。
ビデオ解像度: ダッシュカメラ録画の解像度と画質を設定しま
す。
未保存の映像: デバイスが未保存のビデオ映像を削除するタイミ
ングを決定します。 ストレージがいっぱいになったら削除オ
プションを選択すると、メモリーカードのストレージがいっ
ぱいになると、最も古い未保存のビデオが削除されます。 直
ちに削除オプションを選択すると、3 分超経過しても未保存
のビデオは継続的に削除され、電源をオフにするたびに未保
存のビデオはすべて削除されます。 これはデータのプライバ
シー保護に役立ちます。 直ちに削除 オプションを選択して
いる間は、Travelapse™ビデオの録画や、未保存のビデオをギ
ャラリーに表示することはできません。
録音する: ダッシュカメラを使って録画する場合の音声録音を有
効または無効にします。
タイムスタンプ設定: 録画されたビデオに日付、時刻、位置、速
度の情報を含めます。
簡易パーキングモード: 外部電源が失われたときに選択した時間
までビデオの録画を続けます。
Bluetooth 無線技術を有効にする
設定 > Bluetooth の順に選択します。
ワイヤレスネットワークに接続する
1 設定 > Wi-Fi を選択します。
2 必要に応じて切り換えスイッチを選択して、ワイヤレスネッ
トワークを有効にします。
3 ワイヤレスネットワークを選択します。
4 必要に応じて暗号キーを入力します。
デバイスがワイヤレスネットワークに接続されます。 デバイス
がネットワーク情報を記憶し、この場所に戻ったときに、自動的
に接続します。
設定
ディスプレイ設定
設定 > 表示の順に選択します。
輝度レベル: デバイスのディスプレイの輝度レベルを設定しま
す。
テーマ: 昼または夜のカラーモードを選択できます。 自動オプ
ションを選択すると、時刻により昼または夜のカラーが自動
的に切り替わります。
壁紙: デバイスの壁紙背景を設定します。
スリープ: バッテリー電源の使用時にデバイスがスリープモード
に移行するまでのアイドル時間を設定できます。
Daydream: Daydream スクリーンセーバーを有効または無効に
します。
フォントサイズ: デバイスのフォントサイズを増減します。
キャスト: デバイスの画面の内容を互換性のある外部ディスプレ
イにワイヤレスで表示できます。
サウンドと通知の設定
設定 > サウンドと通知を選択します。
音量スライダ: ナビゲーション、メディア、通話、アラーム、お
よび通知警告の音量レベルを設定します。
サイレントモード: 自動サイレントモード機能のルールを設定し
ます。 この機能を使用すると、特定の時間帯またはイベント
中の警告音を無効にすることができます。
デフォルトの着信音: デバイスのデフォルトの着信音を設定しま
す。
サウンドと通知の音量を調整する
1 設定 > サウンドと通知の順に選択します。
2 スライダバーを使用して、サウンドと通知の音量を調整しま
す。
位置情報サービスを有効または無効にする
デバイスで現在地の検索、ルート計算、ナビゲーション支援の提
供を行うには、位置情報サービス機能を有効にする必要がありま
す。 GPS 信号が利用できない場合は、位置情報サービスを無効
にして、ルートを計画できます。 位置情報サービスが無効なと
きは、GPS シミュレーターを使用してルートを計算し、シミュ
レートすることができます。
ヒント: 位置情報サービスを無効にすると、バッテリー電力を
節約できます。
1 設定 > 位置情報を選択します。
2 トグルスイッチを選択して、位置情報サービスを有効または
無効にします。
注: ほとんどの用途では、モード設定をデフォルトオプション
のデバイスのみから変更しないでください。 このデバイスに
は、ナビゲート時に最も正確な位置データを提供する高性能
GPS アンテナが組み込まれています。
テキスト言語を設定する
デバイスソフトウェアのテキストの言語を選択できます。
1 設定 > 言語/入力 > 言語の順に選択します。
2 言語を選択します。
日付と時刻の設定
設定 > 日付と時刻を選択します。
日付と時刻の自動設定: 接続されたネットワークからの情報に基
づいて時間を自動的に設定します。
日付の設定: デバイスの月、日、および年を設定します。
時刻の設定: デバイスの時刻を設定します。
タイムゾーンの選択: デバイスのタイムゾーンを設定します。
24 時間表示を使用: 24 時間形式を有効または無効にします。
21
デバイス設定
設定 > デバイスについてを選択します。
システムの更新: 地図とデバイスソフトウェアを更新できます。
ステータス: 電池の状態とネットワーク情報を表示します。
法規制情報: エンドユーザー使用許諾契約(EULA)およびソフ
トウェアライセンス情報を表示できます。
法規: E ラベルの規制および規制準拠に関する情報を表示しま
す。
Garmin デバイス情報: ハードウェアおよびソフトウェアバージ
ョン情報を表示します。
設定を初期化する
設定のカテゴリーを工場出荷時の初期設定値に戻すことができ
ます。
1 設定を選択します。
2 設定のカテゴリーを選択します。
3 > 初期化を選択します。
データと設定をリセットする
ユーザーデータを削除して、すべての設定を工場出荷時の初期設
定値にリセットするには、複数の方法があります。
1 設定を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 走行履歴を消去するには、航法 > ルートの環境設定 > 走行
履歴の消去を選択します。
このオプションを選択すると、これまでに走行した場所の
全記録が削除されます。 保存した位置情報やアカウント、
アプリ、インストール済みの地図は削除されません。
• ナビゲーション設定を工場出荷時の初期設定値にリセッ
トするには、航法 > > 初期化の順に選択します。
このオプションを選択してもユーザーデータは削除され
ません。
• 保存されているすべてのワイヤレスネットワークとペア
リング済みデバイスを削除するには、デバイスのリセット
> ネットワーク設定のリセットの順に選択します。
このオプションを選択しても他のユーザーデータは削除
されません。
• すべてのユーザーデータを削除して、すべての設定を工場
出荷時の初期設定値にリセットするには、デバイスのリセ
ット > Factory Data Reset の順に選択します。
このオプションを使用すると、走行履歴、アプリ、アカウ
ント、設定、保存されたネットワーク、ペアリングされた
デバイス、およびその他のすべてのユーザーデータが削除
されます。 インストール済みの地図は削除されません。
Garmin フォルダ内のユーザーファイルは削除されませ
ん。
デバイス情報
E ラベルの規制およびコンプライアンス情報の
表示
1 設定メニューから、メニューの下部にスワイプします。
2 デバイスについて > 法規を選択します。
仕様
動作温度範囲
-10°~55°C(14°~131°F)
充電温度範囲(車両 0°~45°C(32°~113°F)
電源)
電源入力の種類
別売アクセサリーを使用して車両電源から電源供
給。 別売アクセサリーを使用して AC 電源から電
源供給(家庭またはオフィスでの使用時限定)。
電池タイプ
充電式リチウムイオン
22
入力
最大 DC 5 V、2 A
無線周波数
2.4 GHz @ 19.5 dBm 定格
デバイスを充電する
注: このクラス III 製品は LPS 電源により電源が供給されます。
以下のいずれかの方法で、デバイスのバッテリーを充電すること
ができます。
• デバイスをマウントに取り付けて、マウントを車両電源に接
続します。
• コンセント電源アダプターなどのオプション電源アダプター
アクセサリにデバイスを接続します。
家庭用またはオフィス用に適した、承認済みの GarminAC-DC
アダプターを Garmin 販売店または www.garmin.com から購
入できます。 デバイスがサードパーティ製アダプタに接続さ
れている場合、デバイスの充電に時間がかかる場合がありま
す。
デバイスのメンテナンス
Garmin サポートセンター
製品マニュアル、よく寄せられる質問(FAQ)、ビデオ、カスタ
マーサポートなどのヘルプや情報については、
support.garmin.com を参照してください。
地図やソフトウェアの更新
最適なナビゲーションエクスペリエンスを得るには、デバイスの
地図とソフトウェアを最新の状態に維持する必要があります。
地図の更新では、デバイスで使用している地図の道路や場所に関
する利用可能な最新の変更が取得できます。 地図を最新の状態
に保つと、デバイスで最近追加された場所を見つけて、より正確
なルートを計算することができます。 地図の更新は大きいた
め、完了に数時間かかる可能性があります。
ソフトウェア更新では、デバイスの機能と操作の変更と改善が取
得できます。 ソフトウェア更新は小さく、数分間で完了します。
2 つの方法を使用してデバイスを更新できます。
• デバイスを Wi‑Fi ネットワークに接続し、デバイス上で直接
更新できます(推奨)。 このオプションでは、デバイスをコン
ピュータに接続しないでタイミングよく更新できます。
• デバイスをコンピュータに接続し、Garmin Express アプリケ
ーションを使用して更新できます(garmin.com/express)。 こ
のオプションでは、更新された地図が内部ストレージに対し
て大きすぎる場合にメモリーカードにインストールできま
す。
Wi‑Fi ネットワークの使用による地図とソフトウェアの更
新
注記
地図やソフトウェアの更新では、デバイスで大きなファイルをダ
ウンロードする必要がある場合があります。 通常のデータ制限
や料金がインターネットサービスプロバイダから適用されま
す。 データ制限や料金の詳細については、インターネットサー
ビスプロバイダにお問い合わせください。
インターネットへのアクセスを提供する Wi‑Fi ネットワークに
デバイスを接続することで、地図やソフトウェアを更新できま
す。 これにより、デバイスをコンピュータに接続しないで最新
の状態に保つことができます。
1 付属の USB ケーブルを使用して、デバイスを外部電源に接続
します。
注: USB 電源アダプターは付属していません。 アクセサリ
の電源アダプターを購入するには、garmin.com の製品ページ
にアクセスしてください。
2 デバイスを Wi‑Fi ネットワークに接続します (ワイヤレスネ
ットワークに接続する, 21 ページ)。
デバイス情報
Wi‑Fi ネットワークに接続されている間、デバイスは利用可能
な更新がないか自動的にチェックし、利用可能な更新が見つ
かると通知を表示します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 更新通知が表示されたら、画面の上部から下へスワイプ
し、更新が利用可能です。を選択します。
• 更新を手動でチェックするには、設定 > デバイスについて
> システムの更新の順に選択します。
利用可能な地図とソフトウェアの更新が表示されます。 更新
が利用可能な場合は、更新が利用可能がマップまたはソフト
ウェアの下に表示されます。
4 次の中からオプションを選択します。
• 利用可能なすべての更新をインストールするには、ダウン
ロードを選択します。
• 地図の更新のみをインストールするには、マップを選択し
ます。
• ソフトウェアの更新のみをインストールするには、ソフト
ウェアを選択します。
5 必要に応じて、使用許諾契約を読み、同意を選択して使用許
諾契約に同意します。
注: 使用許諾契約に同意しない場合、拒否を選択できます。
これにより、更新処理は停止します。 使用許諾契約に同意す
るまで更新をインストールすることはできません。
6 更新処理が完了するまで、デバイスを外部電源に接続したま
まにして Wi‑Fi ネットワークの範囲内に維持します。
ヒント: 地図の更新が中断したり、完了する前にキャンセルさ
れたりした場合、デバイスの地図データが失われることがありま
す。 失われた地図データを修復するには、地図をもう一度更新
する必要があります。
Garmin Express による地図とソフトウェアの更新
Garmin Express アプリケーションを使用して、お使いのデバイ
スに対応した最新の地図やソフトウェア更新をダウンロードし
てインストールできます。
1 コンピュータに Garmin Express アプリケーションがインス
トールされていない場合は、garmin.com/express にアクセス
し、画面に表示される指示に従ってインストールします
(Garmin Express をインストールする, 23 ページ)。
Garmin Express アプリケーションを開きます。
2
3 micro-USB ケーブルを使用して、デバイスをコンピュータに
接続します。
ケーブルの小さい方の端は Garmin デバイスの micro-USB ポ
ート に接続し、大きい方の端はコンピュータで利用できる
USB ポートに接続します。
セットアップが完了すると、Garmin Express アプリケーショ
ンにデバイスで利用できる更新が表示されます。
7 次の中からオプションを選択します。
• 利用可能なすべての更新をインストールするには、すべて
インストールをクリックします。
• 特定の更新をインストールするには、詳細の表示をクリッ
クし、必要な更新の横にあるインストールをクリックしま
す。
Garmin Express アプリケーションがデバイスに更新をダウ
ンロードしてインストールします。 地図の更新は非常に大き
く、インターネットの接続速度が遅い場合、この処理には長
時間かかる場合があります。
注: 地図の更新がデバイスの内部ストレージに対して大きす
ぎる場合は、ソフトウェアで、microSD デバイスにカードを
挿入してストレージ領域を追加するように求めるメッセージ
が表示される場合があります (地図およびデータ用のメモリ
カードを挿入する, 25 ページ)。
8 更新処理中は画面上の指示に従って、更新のインストールを
完了します。
たとえば、更新処理中、Garmin Express アプリケーションか
らデバイスを切断して再接続するように指示される場合があ
ります。
Garmin Express をインストールする
Garmin Express アプリケーションは Windows および Mac コン
ピュータで利用できます。
1 コンピュータから garmin.com/express にアクセスします。
2 次の中からオプションを選択します。
• システム要件を表示し、Garmin Express アプリケーション
がコンピュータと互換性があることを確認するには、シス
テム要件を選択します。
• Windows コンピュータにインストールするには、ダウンロ
ード(Windows)を選択します。
• Mac コンピュータにインストールするには、ダウンロード
(Mac)を選択します。
3 ダウンロードファイルを開き、画面に表示される指示に従っ
て、インストールを完了してください。
®
®
デバイスのお手入れ
注記
装置を落とさないようにしてください。
長時間高温に晒されるような場所に装置を保管しないでくださ
い。破損する可能性があります。
タッチスクリーンの操作に硬いものやとがったものは絶対に使
用しないでください。スクリーンを傷つける恐れがあります。
デバイスを水に濡らさないでください。
カメラレンズのクリーニング
4 Garmin デバイスでファイル転送モードに移行するかどうか
を尋ねるメッセージが表示されたら、はいを選択します。
5 Garmin Express アプリケーションで、デバイスの追加をクリ
ックします。
Garmin Express アプリケーションはデバイスを検索し、デバ
イス名とシリアル番号を表示します。
6 デバイスの追加をクリックし、画面に表示される指示に従っ
て、ご使用のデバイスを Garmin Express アプリケーションに
追加します。
デバイスのメンテナンス
注記
化学洗剤や溶媒は使用しないでください。プラスチック部品が
損傷する可能性があります。
録画ビデオの品質を改善するため、カメラレンズを定期的にクリ
ーニングする必要があります。
1 必要に応じてイソプロピルアルコールで湿らせた、傷を付け
ないレンズクロスでレンズを拭きます。
2 レンズを空気乾燥させます。
23
外側ケースのクリーニング
注記
化学洗剤や溶媒は使用しないでください。プラスチック部品が
損傷する可能性があります。
BC™ 35 バックアップカメラと Garmin ナビゲーションデ
バイスをペアリングする
カメラに接続する前に、Garmin ナビゲーションデバイスで Wi‑Fi
設定を有効にする必要があります。
BC 35 ワイヤレスバックアップカメラは、Android を搭載した一
1 低刺激性の洗浄液で湿らせた布で、デバイスの外側ケース(タ 部の Garmin ナビゲーションデバイスと互換性があります。 デ
バイスの互換性について詳しくは、garmin.com/bc35 を参照して
ッチスクリーン以外)を拭きます。
ください。
2 デバイスの湿気を拭き取ります。
最大 4 台の BC 35 ワイヤレスバックアップカメラを、互換性の
タッチスクリーンのクリーニング
ある Garmin ナビゲーションデバイスとペアリングできます。
1 柔らかく、清潔で糸くずの出ない布を使用します。
1 ナビゲーションデバイスを最新のソフトウェアに更新しま
2 必要に応じて、布を軽く湿らせます。
す。
デバイスは最新のソフトウェアがインストールされていない
3 湿らせた布を使用する場合は、デバイスの電源をオフにして、
デバイスを電源から切り離します。
BC 35 カメラをサポートしない場合があります。 更新につ
いて詳しくは、ナビゲーションデバイスのマニュアルを参照
4 力を入れずに画面を布で拭きます。
してください。
盗難防止
2 Garmin ナビゲーションデバイスの電源をオンにし、カメラか
• 使用しないときは、デバイスおよびマウントを見えるところ
ら 3 m(10 ft.)以内の範囲に移動します。
から取り外してください。
> リアビューを選択します。
3
• 吸着カップによって付いたフロントガラス上の汚れを取り除
次の中からオプションを選択します。
4
いてください。
• ナビゲーションデバイスに接続する最初のカメラの場合
• ユニットをダッシュボードのグローブボックスに入れておか
は、新しいカメラの追加を選択します。
ないでください。
• ナビゲーションデバイスに接続する追加のカメラの場合
• Garmin Express ソフトウェアを使用してデバイスを登録し
は、 > カメラを選択 > 新しいカメラの追加を選択します。
ます(garmin.com/express)。
5 画面に表示される手順に従います。
注: ペアリングコードまたはパスワードは、送信機またはカ
デバイスを再起動する
メラに記載されています。
デバイスが動作を停止した場合には、再起動できます。
最初のカメラとのペアリングプロセスが完了すると、Garmin ナ
電源キーを 12 秒間押し続けます。
ビゲーションデバイスに自動的に接続されます。
デバイス、マウント、吸着カップを取り外す
吸着カップからマウントを取り外す
1 デバイスのマウントを右または左に回転させます。
2 マウントのソケットから吸着カップのボールが外れるまで力
を掛けます。
フロントガラスから吸着カップを取り外す
1 吸着カップのレバーを自分の方に倒します。
2 吸着カップのつまみを自分の方に引きます。
付録
バックアップカメラ
接続された 1 台以上のバックアップカメラからのビデオフィー
ドをデバイスに表示できます。
有線のバックアップカメラを接続する
デバイスマウントには、3.5 mm のコンポジットビデオ入力ジャ
ックが含まれています。 有線のバックアップカメラを接続し、
デバイスの画面に出力を表示することができます。
カメラのビデオケーブルをマウントのビデオ入力ジャック
に接続します。
バックアップカメラを表示する
カメラを電源にどのように接続するかによって、接続されている
バックアップカメラからのビデオが、デバイスにどう表示される
かが異なります。
1 オプションを選択して、ビデオを表示します。
• カメラがリバースランプに接続されている場合(推奨)、
車両のギアをバックに入れます。
バックアップカメラからのビデオがデバイスに自動的に
表示されます。
• カメラが、安定した電源に接続されている場合、手動でカ
メラを表示するには、 > リアビューを選択します。
2 オプションを選択して、デバイスを通常の動作に戻します。
• カメラがリバースランプに接続されている場合(推奨)、
車両のギアをバック以外に入れます。
デバイスは自動的に通常の動作に戻ります。
• トランスミッタが、安定した電源に接続されている場合、
手動でカメラを非表示にするには、 を選択します。
カメラを切り替える
複数のバックアップカメラが、デバイスに情報を送信している場
合、それらのカメラの画像を切り替えることができます。
> リアビューを選択します。
1
2 > カメラを選択を選択します。
3 カメラを選択します。
カメラのビデオフィードが表示され、画面の上部にカメラの
名前が表示されます。
ワイヤレスディスプレイに接続する
デバイスの画面の内容を、互換性のある外部ディスプレイに表示
できます。
1 デバイスをワイヤレスディスプレイの近くに移動します。
2 設定 > 表示 > キャストの順に選択します。
3 ワイヤレスディスプレイを選択します。
24
付録
4 必要に応じて PIN を入力します。
データ管理
ファイルをデバイスに保存できます。 デバイスには、データス
トレージを追加できるメモリカードスロットがあります。
注: このデバイスは Windows 7 以降、および Mac OS 10.4 以降
に対応しています。 Mac コンピュータは、Android デバイス上の
ファイルを読み書きするのに追加のサードパーティソフトウェ
アを必要とする場合があります。
メモリーカードについて
家電販売店からメモリーカードを購入したり、あらかじめロード
されている Garmin 地図ソフトウェア(www.garmin.com)を購
入できます。 地図やデータの記録に加え、メモリーカードを使
用して、地図、イメージ、ジオキャッシュ、ルート、ウェイポイ
ント、およびカスタム POI などのファイルを保存できます。
地図およびデータ用のメモリカードを挿入する
メモリカードを挿入して、デバイスの地図やその他のデータの記
憶容量を増やすことができます。 メモリカードを家電量販店か
ら購入するか、www.garmin.com/maps にアクセスして Garmin
地図ソフトウェアがあらかじめロードされているメモリカード
を購入できます。 このデバイスは、4~64 GB の microSD メモ
リカードに対応しています。
1 デバイスの地図およびデータメモリカードスロットの場所を
確認します (Garmin の概要, 1 ページ)。
2 メモリカードをスロットに挿入します。
3 カチッと音がするまで押し込んでください。
®
デバイスをコンピュータに接続する
USB ケーブルを使用して、デバイスをコンピュータに接続でき
ます。
1 USB ケーブルの小さい方の端をデバイスのポートに接続し
ます。
2 USB ケーブルの大きい方の端をコンピュータのポートに接
続します。
3 Garmin デバイスでファイル転送モードに切り替えるかどう
かを尋ねるメッセージが表示されたら、はいを選択します。
コンピュータのオペレーティングシステムにより、デバイスはポ
ータブルデバイス、リムーバブルドライブ、またはリムーバブル
ボリュームとして表示されます。
コンピュータからデータを転送する
1 デバイスをコンピュータに接続します(デバイスをコンピュ
ータに接続する, 25 ページ)。
コンピュータのオペレーティングシステムにより、デバイス
はポータブルデバイス、リムーバブルドライブ、またはリム
ーバブルボリュームとして表示されます。
2 コンピュータで、ファイルブラウザを開きます。
3 ファイルを選択します。
4 [編集] > [コピー]の順に選択します。
5 デバイス上のフォルダを参照します。
注: リムーバブルドライブまたはボリュームの場合、Garmin
フォルダにファイルを入れないでください。
[編集]
> [貼り付け]の順に選択します。
6
USB ケーブルを取り外す
デバイスがリムーバブルドライブまたはボリュームとしてコン
ピュータに接続されている場合、データの損失を避けるため、デ
バイスをコンピュータから安全に取り外す必要があります。 デ
バイスがポータブルデバイスとして Windows コンピュータに接
続されている場合は、そのデバイスを安全に取り外す必要はあり
ません。
1 次の手順を実行します。
• Windows コンピュータの場合、システムトレイの[ハード
ウェアの安全な取り外し]アイコンを選択し、デバイスを
選択します。
付録
• Apple コンピュータでデバイスを選択し、
[ファイル] >
[取り出す]を選択します。
2 コンピュータからケーブルを取り外します。
電源ケーブル
デバイスはさまざまな方法で電源をオンにできます。
• 車両電源ケーブル
• USB ケーブル
• AC アダプター(別売アクセサリ)
デバイスを充電する
注: このクラス III 製品は LPS 電源により電源が供給されます。
以下のいずれかの方法で、デバイスのバッテリーを充電すること
ができます。
• デバイスをマウントに取り付けて、マウントを車両電源に接
続します。
• コンセント電源アダプターなどのオプション電源アダプター
アクセサリにデバイスを接続します。
家庭用またはオフィス用に適した、承認済みの GarminAC-DC
アダプターを Garmin 販売店または www.garmin.com から購
入できます。 デバイスがサードパーティ製アダプタに接続さ
れている場合、デバイスの充電に時間がかかる場合がありま
す。
車両電源ケーブルのヒューズを交換する
注記
ヒューズを交換する場合は、小さな部品をすべてなくさないよう
にし、それらを正しい場所に戻してください。 車両電源ケーブ
ルを誤って取り付けると、動作しません。
車両からデバイスに充電できない場合は、車両用アダプターの先
端にあるヒューズの交換が必要な場合があります。
1 先端 を反時計回りに回して、ロック解除します。
2
3
4
5
ヒント: 先端部の取り外しには、硬貨を使用する必要がある
場合があります。
先端部、銀色のチップ 、およびヒューズ を取り外します。
1 A または 2 A など、同じ電流の新しい速断ヒューズを挿入し
ます。
銀色のチップを先端部にはめます。
先端を押し込み、時計回りに回して、車両電源ケーブル に
ロックします。
RV 充電ステーションアクセサリの取り付け
注記
これらの設置要件に従わない場合、製品または車両が損傷する可
能性があります。
• 車両の内装にドリルで穴を開ける前に、充電ステーションに
適した取り付け位置を選択する必要があります。
• 取り付け面にマウントをしっかりと接続でき、取り付けねじ
が内装の内部の配線や機能に干渉しないことを確認する必要
があります。
• 車両の内装材に適切な取り付けねじを使用する必要がありま
す。 付属のねじは、木またはグラスファイバー製の内装に取
り付けることを想定しています。 ねじを取り付ける前に、外
装やその他のコンポーネントを損傷しないように、ねじの長
さが正しいことを確認してください。
25
RV 充電ステーションアクセサリを取り付けるには、プラスドラ
イバーと 1.5 mm(1/16 in.)ドリルビットの付いたドリルが必要
です。
RV 充電ステーションアクセサリは、恒久的な壁掛け式のデバイ
ス用充電ステーションを実現します。 RV のリビングエリアで
デバイスを使用したり充電したりできるようになります。
1 マウントを取り付け位置に合わせ、6 つのねじ穴を使用して
パイロット穴の位置に印を付けます。
2 取り付け面からマウントを外します。
3 内装材に適した 1.5 mm(1/16 in.)のドリルビットを使用し
て、印を付けた 6 箇所にパイロット穴を開けます。
注記
マウント越しにドリルを使わないでください。 マウントや内
装が損傷する可能性があります。
4 ウォールマウントのねじ穴をパイロット穴に合わせ、6 本の
ねじを使用してマウントを内装に固定します。
フロントガラスから吸着カップを取り外す
1 吸着カップのレバーを自分の方に倒します。
2 吸着カップのつまみを自分の方に引きます。
追加の地図を購入する
1 デバイス製品ページ(www.garmin.com)にアクセスします。
2 [地図]タブをクリックします。
3 画面に表示される指示に従います。
アクセサリーを購入する
garmin.com/accessories にアクセスします。
トラブルシューティング
吸盤がフロントガラスに取り付けられない
1 吸盤とフロントガラスを消毒用アルコールで拭き取ります。
2 乾燥した清潔な布で乾かします。
3 吸盤を取り付けます (車両への Garmin デバイスの取り付け
と電源の供給, 1 ページ)。
運転中にマウントでデバイスが所定の位置に保
持されない
5 デバイスマウントのソケットをウォールマウントのボールに
カチっとはまるまで押し込みます。
6 裸線コネクタを RV バッテリーまたは 12 V 電源に配線しま
す。
7 黒いワイヤをバッテリーのマイナス(-)端子に、赤いワイヤ
をバッテリーのプラス(+)端子に接続します。
最善の結果を得るには、車両マウントをきれいな状態に保ち、デ
バイスを吸盤の近くに配置します。
運転中にデバイスの位置が動く場合は、以下の操作を実行してく
ださい。
• 電源に接続されたマウントを吸盤アームから取り外し、ボー
ルとソケットを布で拭きます。
ほこりなどの異物が入ると、ボールとソケットジョイントと
の摩擦が減り、運転中にジョイントが動きます。
• ヒンジ付きのアームを、フロントガラスの角度で可能な限り
吸盤に向けて回転させます。
デバイスをフロントガラスの近くに置くと、道路からの揺れ
や振動の影響が軽減されます。
デバイスで衛星信号を受信できない
• 位置情報サービスが有効になっていることを確認します。
• 駐車場からデバイスを持ち出して、高層ビルや樹木から離れ
た場所へ移動してください。
• 数分間静止したままにします。
デバイスを車両で充電できない
8 電源ケーブルの mini-USB 端子を電源付きデバイスマウント
に接続します。
9 ナビゲーションデバイスをデバイスマウントに置きます。
デバイス、マウント、吸着カップを取り外す
マウントからデバイスを取り外す
1 デバイスの上部と下部をしっかり持ちます。
2 マグネットから外れるまで、デバイスの下端を自分の方へ引
きます。
デバイスを自分に対し垂直に引くと、マウントが吸着カップ
から外れる可能性があります。
吸着カップからマウントを取り外す
1 デバイスのマウントを右または左に回転させます。
2 マウントのソケットから吸着カップのボールが外れるまで力
を掛けます。
26
• 車両電源ケーブルのヒューズを点検します (車両電源ケーブ
ルのヒューズを交換する, 25 ページ)。
• 車両のイグニッションがオンになっており、電源コンセント
に電気が流れていることを確認します。
• 車内温度が仕様で指定されている充電温度範囲内であること
を確認します。
• 車両のヒューズボックスで、車両の電源コンセントのヒュー
ズが切れていないことを確認します。
充電しても電池の電力が長持ちしない
• 画面の輝度を下げます (ディスプレイ設定, 21 ページ)。
• ディスプレイのタイムアウトを短くします (ディスプレイ設
定, 21 ページ)。
• 音量を下げます (Garmin の概要, 1 ページ)。
• 使用しないときは、Wi-Fi 無線をオフにします (ワイヤレスネ
ットワークに接続する, 21 ページ)。
• 使用しないときは、デバイスを省電力モードにします (デバイ
スの電源をオンまたはオフにする, 1 ページ)。
• デバイスを高温になる場所に保管しないでください。
®
トラブルシューティング
• デバイスは直射日光の当たるところに放置しないでくださ
い。
録画したビデオがぼやけている
• カメラレンズをクリーニングします (カメラレンズのクリー
ニング, 23 ページ)。
• カメラの前にあるフロントガラスをクリーニングします。
• カメラの前にあるフロントガラスの領域がフロントガラスの
ワイパーできれいになることを確認し、必要に応じてデバイ
スを移動します。
メモリカードが劣化して、交換する必要がある
すべての microSD メモリカードは、上書きが何度も繰り返され
ると損耗します。 カードを定期的にフォーマットすると、耐用
年数が延び、パフォーマンスが向上します。 ダッシュカメラは
継続的に録画するため、メモリーカードを定期的に交換する必要
があります (ダッシュカメラのメモリーカードの交換, 4 ペー
ジ)。 お使いのデバイスはメモリーカードのエラーを自動的に検
出し、メモリーカードをフォーマットまたは交換する時期になる
と警告を出します。
メモリカードの耐用期間を延ばすには、以下の対応を実施できま
す。
• メモリーカードは 6 か月に 1 回以上フォーマットしてくださ
い (ダッシュカメラのメモリーカードのフォーマット, 4 ペー
ジ)。
• デバイスにメモリーカードエラーアラートが表示された場合
は、まずメモリーカードをフォーマットしてから (ダッシュカ
メラのメモリーカードのフォーマット, 4 ページ)、必要に応じ
てメモリーカードを交換します (ダッシュカメラのメモリー
カードの交換, 4 ページ)。
• 車両を使っていないときは、デバイスの電源をオフにします。
デバイスがイグニッション連動の車両電源コンセントに接続
されていない場合は、ダッシュカメラが不要な映像を録画し
ないように、車両を使っていないときはデバイスの電源をオ
フにしてください。
• 保存したビデオ映像をコンピュータに転送します。
メモリカードは、空き容量が多い方が寿命が長くなります。
• 大容量のメモリーカードを使用してください。
大容量のメモリーカードはあまり頻繁に上書きされないた
め、通常は長持ちします。
• 速度レーティングクラス 10 以上の高品質のメモリカードを
使用します。
• 交換用のメモリカードは、高品質のメーカーや評判の良い販
売店から購入してください。
• デバイスを最新のソフトウェアに更新します (地図やソフト
ウェアの更新, 22 ページ)。
デバイスがスマートフォンに接続されません
• 設定 > Bluetooth の順に選択します。
[Bluetooth]オプションを有効にする必要があります。
• スマートフォンで Bluetooth 無線の設定を有効にし、デバイス
から 10m(33 ft.)以内の範囲に電話を持ってきます。
• お使いのスマートフォンが対応していることを確認します。
詳細については、www.garmin.com/bluetooth を参照してくだ
さい。
• ペアリングプロセスを再度完了します。
ペアリングプロセスを繰り返すには、スマートフォンとデバ
イスのペアリングを解除して (ペアリングした Bluetooth デ
バイスを削除する, 17 ページ)、ペアリングプロセスを完了す
る必要があります (ライブサービス、トラフィック、およびス
マートフォン機能, 15 ページ)。
一部のスマートフォン機能が動作しない
お使いのスマートフォンをペアリングしたのに、一部のスマート
フォン機能が動作しない場合は、問題を解決するために以下の措
置を講じることができます。
• スマートフォンのアプリストアで、Garmin Drive アプリを最
新バージョンに更新します。
• 使用する機能がデバイスまたはスマートフォンで有効になっ
ていることを確認します (Bluetooth 機能を有効または無効に
する, 15 ページ)。
録画したビデオが途切れる/不完全
• カメラおよびビデオの最適な撮影結果が得られるように、速
度レーティングクラス 10 以上の高品質のメモリカードを使
用します。
低速のメモリカードではビデオの録画速度に追い付かない場
合があります。
• カメラへのワイヤレス接続を使用してスマートフォンでビデ
オを表示している場合は、ワイヤレス干渉が少ない別の場所
でビデオを表示するか、ビデオをスマートフォンに転送して
みてください (ビデオのトリミングとエクスポート, 4 ペー
ジ)。
• 重要な記録をコンピュータまたはスマートフォンに転送し、
メモリーカードをフォーマットします (ダッシュカメラのメ
モリーカードのフォーマット, 4 ページ)。
• デバイスにメモリーカードエラーアラートが表示された場合
は、まずメモリーカードをフォーマットしてから (ダッシュカ
メラのメモリーカードのフォーマット, 4 ページ)、必要に応じ
てメモリーカードを交換します (ダッシュカメラのメモリー
カードの交換, 4 ページ)。
トラブルシューティング
27
索引
記号
ディスプレイ設定 21
道路状況, 天気 18
ドライバーアラート 5
トラフィックカメラ, 表示 20
2D 地図表示 15
3D 地図表示 15
E
A
F
アイコン, ステータスバー 2
赤信号カメラ 5
アクセサリー 26
アクティブ車線案内 11
アプリ 2
アラーム音量 21
アラート 5
近接ポイント 20
オーディオ 20
B
バックアップカメラ 24. 参照項目 カメラ
場所 9
場所を検索する. 6–9 関連項目 位置
住所 7
交差点 9
都市 14
座標 9
バッテリー
充電 1, 22, 25
問題 26
最大化 26
ビデオ 4
品質 27
保存する 4
記録 3, 4
再生 4
削除 4
写真, 表示 4
C
地図 8, 11, 13, 20
データフィールド 11, 14, 15
記号 11
購入 26
更新 22, 23
ルートを表示する 11
詳細度 20
テーマ 20
ツール 13, 14
レイヤー 15
地図表示
2D 15
3D 15
直行ルートのナビゲーション 13
D
ダッシュカメラ 21, 27
ビデオの録画 3
ビデオ再生 4
位置合わせ 3
オーディオの録音 3, 4
デバイスのクリーニング 24
デバイスのお手入れ 23
デバイスの取り付け 25, 26
マウントから取り外す 26
自動車 1
吸盤 1
吸着カップ 24, 26
デバイスを充電する 1, 22, 25, 26
デバイスをリセットする 22
出入口(サービスあり) 14
電源ケーブル 22, 25
ヒューズ交換 25
車両 1
電源キー 1
電池, 充電 25, 26
電話 27
ペアリング 15, 27
電話に応答する 16
電話をかける 16
電話に応答する 16
28
衛星信号, 捕捉 2, 21
EULA 22
ファイル, 転送する 25
Foursquare 8, 9
G
画面, 輝度 2
Garmin Connect 15
Garmin Express 23
ソフトウェアを更新する 23
言語 21
[現在地の確認] 10
Bluetooth 技術 15, 16, 27
デバイスの取り外し 17
電話とのペアリング 15
ペアリングしたデバイスの削除 17
有効にする 21
GPS 2
シミュレーター 21
H
ハンズフリー通話 15
ヘッドセット, ペアリング 15
編集, 保存されたトリップ 19
メイン画面 2
カスタマイズ 2
方向転換地点 11
保存した位置 19
編集 10
カテゴリー 10
削除 10
保存する, 現在地 10
ヒューズ, 交換 25
I
位置 7, 9, 20
場所 9
保存する 10
最近検索した 10
シミュレート 21
検索対象 6, 9
現在 10
位置情報サービス 21
ID 番号 22
J
ジャンル別施設(POI) 8, 9
場所 9
HISTORY 8
時間設定 21
自宅
位置を編集する 11
移動 11
住所, 検索する 7
K
回避 13
道路機能 13
道路 13
エリア 13
無効化 13
料金 12, 13
削除 13
会話認識 17
カメラ 24
赤信号 5
バックアップ 24
ダッシュカメラ 3, 21
切り替え 24
ペアリング 24
スピード 5
ケーブル, 電源 25
警告アイコン 6
検索バー 7
検索エリアを変更する 7
輝度 2
緊急時サービス 10
軌跡ログ, 表示 14
帰宅する 11
国立公園 8
この先 14
カスタマイズ 14
コンピュータ, 接続 25
高度運転支援システム(ADAS) 5
高度運転者支援システム(ADAS) 5, 6
交差点, 検索する 9
更新
地図 22, 23
ソフトウェア 22, 23
クイックサーチ 8
クリーニング, デバイス 23, 27
キャンパー, プロファイル 2, 3
吸着カップ 24, 26
M
マニュアル 18
マウント, 削除 24, 26
マウントを取り外す 24, 26
メディア音量 21
メモリーカード 1, 4, 25, 27
フォーマット 4
メモリカード, 挿入する 25
microSD カード 1, 25, 27
挿入する 4
目的地 20. 参照項目 位置
到着 12
myTrends, ルート 12
ミュート操作, オーディオ 18
N
ナビゲーション 9, 11, 12
直行ルート 13
設定 20
燃料, ガソリンスタンド 10
O
音量 21
音声コマンド 17
使用のヒント 18
ウェイクアップフレーズ 17
有効化 17
ナビゲーションに使用 18
オーディオ, 近接ポイント 20
P
ペアリング
電話 15, 27
ヘッドセット 15
ペアリングしたデバイスの削除 17
取り外し 17
photoLive 20
プロファイル, キャンパー 2, 3
R
リセットする
デバイス 24
トリップデータ 14
ルート 10
地図上に表示する 11
開始 7, 11
計算 12
計算モード 19
形成する 12
候補 12
myTrends 12
ポイントを追加する 12, 20
停止する 12
ルート情報 11
ルートを形成する 12
料金, 回避する 12
S
サービス履歴
編集 19
カテゴリー 19
索引
記録 18, 19
削除 19
サービスを検索する 8
最近検索した場所 10
削除
ペアリングした Bluetooth デバイス 17
サービスカテゴリー 19
サービスの記録 19
すべてのユーザーデータ 22
トリップ 19
サウンド 21
制限事項, 車両 2
製品のサポート 18
設定 20–22
設定を初期化する 22
車両プロファイル
乗用車 3
キャンパー 2, 3
車両電源ケーブル 1
写真 4
ショートカット
削除 10
追加 2, 10
シミュレートされた場所 21
仕様 22
Smartphone Link 15
ソフトウェア
バージョン 22, 24
更新 22, 23
走行履歴 22
スマートフォンの機能 15
接続 15
スピードカメラ 5
スリープモード 1
車線逸脱警告システム(LDWS) 5, 6
Z
前方衝突警告システム(FCWS) 5
し
ジオキャッシュ 9
T
タッチスクリーン 2
タッチスクリーンのクリーニング 24
天気 18
道路状況 18
レーダー 18
トラブルシューティング 26, 27
トラフィック 15, 17, 21
地図 15
代替ルート 12
事故 15
カメラ 20
レシーバー 17
遅延の検索 15
取り外し, Bluetooth デバイス 17
トリップ情報
表示 14
リセットする 14
トリッププランナー 19, 20
シェイピングポイント 19
トリップを編集する 19
盗難, 回避する 24
TripAdvisor 9
ツール, 地図 13, 14
通話 16
ダイヤルする 16
電話に応答する 16
ミュート操作 16
通知音量 21
通知 2, 15, 16
駐車場 7, 9, 10, 12
U
迂回路 12
運転方向 11
USB, 取り外し 25
W
Wi-Fi, 接続 21, 24
ワイヤレスカメラ. 参照項目 カメラ
Wi‑Fi 22
Y
ユニット ID 22
索引
29
support.garmin.com
2019 年 6 月月
190-02505-00_0A
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising