Garmin | Panoptix LiveScope™ LVS12 Transducer | Garmin Panoptix LiveScope™ LVS12 Transducer インストールガイド

Garmin Panoptix LiveScope™ LVS12 Transducer インストールガイド
PANOPTIX™ LIVESCOPE™
LVS12
インストールガイド
安全に関する警告と注意事項
警告
製品に関する警告およびその他の重要な情報については、チャー
トプロッターの製品パッケージに同梱されている『安全および製
品に関する警告と注意事項』ガイドを参照してください。
ユーザーは、船舶を安全かつ慎重に操縦する責任があります。
ソナーは、水中の物体を探知するためのツールですが、 航行中
に船舶周辺の水中を観察する責任を免除するものではありませ
ん。
• 船外モーターでは、振動子はプロペラのダウンストロークの
側面に取り付ける必要があります(一般的に右舷側)。
• 振動子は起動、運搬、保管の際には、振動が加わらない場所
に取り付ける必要があります。
• 振動子はストレーキ、ストラット、継ぎ目、取水および排水
口、スルーハル振動子あるいは気泡を発生させるもの、水の
乱流を発生させるものの後ろには取り付けないでください。
水の乱流はソナービームに干渉する可能性があります。
• 振動子は可能な限り船の中心線の近くに取り付けてくださ
い。
• トランサムの中心から離れた場所に取り付けると船底勾配が
大きくなり、船体
とソナービーム
が干渉して船の反対
側
と異なる検知になる可能性があります。 振動子を後ろ
から見た状態を表示しています。
注意
これらの指示に従わずに、この機器の取り付けや保守を行った場
合、損害や負傷の発生する可能性があります。
掘削、切断、または研磨を行っている間は、保護ゴーグル、防音
保護具、および防塵マスクを忘れずに着用してください。
注記
ドリルで穴を開けたり、のこぎりで切断したりする場合は、表面
の反対側に何があるか常に確認してください。
最高のパフォーマンスを実現しボートの破損を防ぐため、必ず次
の手順に従って Garmin デバイスを取り付けます。
取り付ける前に、インストールガイドをすべてお読みください。
取り付け時に問題が発生した場合は、support.garmin.com を参照 • 2 基掛けエンジンの船では、可能なら振動子はドライブの間
に取り付けてください。
してください。
• 必要に応じて、ケーブルの長さを延長する場合は、オプショ
デバイスの登録
ンの延長ケーブルを接続できます。このケーブルは、
buy.garmin.com または Garmin 販売店で購入できます。
今すぐオンライン登録を完了していただければ、お客様へのサポ
ートはさらに容易になります。 購入時のレシートの原本または
コピーは安全な場所に保管しておいてください。
振動子をトローリングモーターに取り付ける
1 my.garmin.com/registration にアクセスします。
注記
2 Garmin アカウントにサインインします。
取り付け後に、振動子ケーブルをシャフトまたは他の安全な場所
®
ソフトウェア更新
このデバイスを取り付ける場合は、ソフトウェアを更新する必要
があります。
お使いの Garmin チャートプロッターに Wi‑Fi が搭載されてい
る場合には、互換性のある Android™または Apple デバイス上か
ら ActiveCaptain™アプリを使い、ソフトウェアをアップデートす
る必要があります。 お使いのチャートプロッターに Wi‑Fi テク
ノロジーが搭載されていない場合には、メモリーカードと
Windows コンピュータを使用してソフトウェアをアップデート
する必要があります。
詳細については、support.garmin.com を参照してください。
®
®
へ固定する必要があります。 振動子ケーブルのワイヤ、あるい
はケーブル被覆の損傷は、振動子の故障の原因になります。
1 ホースクランプ
をトローリングモーターマウントブラケ
ット
のスロットに通して、マウントの両サイドから同じ長
さが出るまで差し込みます。
®
必要な工具
•
•
•
•
•
•
•
ドリル
4 mm(5/32 in.)と 3.2 mm(1/8 in.)のドリルビット
マスキングテープ
#2 プラスドライバー
耐海水性のシーリング材
32 mm(1 1/4 in.)のホールソー(オプション)
ケーブルタイ(オプション)
取り付けに関する注意事項
• 振動子はプロペラの進路上には取り付けないでください。
2 ホースクランプをトローリングモーター
にしっかり固
定します。
3 振動子 の上部を、ブラケットの上部と平行になるように合
わせます。
4 ノブ を使用して、振動子をブラケットに固定します。
5 ケーブルタイ(別売)を使用して、振動子ケーブルをシャフ
トまたは他の安全な場所に固定します。
2018 年 12 月月
190-02495-90_0A
6 注意しながら振動子ケーブルをチャートプロッターに配線し
ます。
• ケーブルは電線や他の電気的な干渉から離して配線して
ください。
• トローリングモーターを設置、収納する際は、ケーブルを
挟まないように配線してください。
振動子をトローリングモーターシャフトに取り
付ける
トローリングモーターシャフトブラケットの方向
トローリングモーターブラケットは 8 度の角度をつけることが
でき、トローリングモーターによる振動子ビームへの干渉を抑え
ます。 ブラケットを取り付ける時は、角度が狭い方の端を上に
してください。
3 ノブ を使用して、振動子 をブラケットに固定します。
4 ケーブルタイ(別売)を使用して、振動子ケーブルをシャフ
トまたは他の安全な場所に固定します。
5 注意しながら振動子ケーブルをチャートプロッターに配線し
ます。
• ケーブルは電線や他の電気的な干渉から離して配線して
ください。
• トローリングモーターを設置、収納する際は、ケーブルを
挟まないように配線してください。
振動子をトランサムに取り付ける
トランサム取り付け装置を組み立てる
振動子
を六角ナット
、ゴムワッシャー
、平ワッシャ
ー
、およびボルト
を使用してトランサムマウントブラ
ケット
に取り付けます。
振動子
の角度の付いた側をトローリングモーター
向けます。
正面に
エクステンション付きトランサム取り付け部品の組み立
て
振動子をトローリングモーターシャフトに取り付ける
注記
取り付け後に、振動子ケーブルをシャフトまたは他の安全な場所
へ固定する必要があります。 振動子ケーブルのワイヤ、あるい
はケーブルの損傷は、振動子の故障の原因になります。
可能な限り振動子をモーターから離して設置してください。
ディープ V ハルボートでは、エクステンションブラケットを追
加することで、振動子を船体を超えて延長することができます。
延長することで、ブラケットを沈めることなく振動子を喫水線以
下に取り付けできます。また、ボートの縁の間際に振動子を設置
することもできます。 エクステンションブラケット無しでもす
べての取り付けが可能です。
1 トローリングモーターシャフトブラケットの向きを合わせま
す (トローリングモーターシャフトブラケットの方向, 2 ペー
ジ)。
2 M6 ねじ を使用し、湾曲状のトローリングシャフトブラケ
ット
を角度のついたトローリングシャフトブラケット
に取り付けます。
トランサムマウントブラケット
をエクステンション
に
取り付け、エクステンションを六角ナット
、ゴムワッシ
ャー
、平ワッシャー
、およびボルト
を使用し
て振動子
に取り付けます。
2
トランサム取り付け部品を取り付ける
注記
ねじでブラケットをグラスファイバーに取り付ける場合は、カウ
ンターシンク形のドリルで、最上部のジェルコーティング層のみ
にカウンターボア(ナットの頭を収める空間)を開けることをお
勧めします。 このように処理することで、ねじを締めるときに
ジェルコーティング層のひび割れを防ぐことができます。
1 水面下で適切に方向が合うようにするには、振動子
のライ
の底面と一致するようにトランサムマウ
ンがトランサム
ントを配置します。
9 ケーブルをトランサムを通して配線しなければならない場合
には、パイロット穴を喫水線から十分に上になる位置を選ん
で印を付けます。
10 ステップ 8 でパイロット穴の印を付けた場合には、32 mm(1
1/ in.)のホールソーでトランサムに通過穴を開けます。
4
11 振動子ケーブルをチャートプロッターに配線します:
• 通過穴を通してケーブルを配線する場合は、ステップ 9 で
開けた穴に押し込んで通します。
• 通過穴を通さずにケーブルを配線する場合は、ケーブルを
持ち上げ、トランサムの上を通してください。
ケーブルは電線や他の電気的な干渉から離して配線してくだ
さい。
コンパスを校正する
2 トランサムマウントをテンプレートとして使用し、パイロッ
3
4
5
6
7
8
ト穴の位置に印を付けます。
パイロット穴を深く掘りすぎないよう、4 mm(5/32 in.)ビ
ットの先端から 19 mm(3/4 in.)のところにテープを巻きま
す。
ブラケットをグラスファイバーに取り付ける場合には、パイ
ロット穴の上にテープを張り、ゲルコートのひび割れを防ぎ
ます。
4 mm(5/32 in.)のビットを使い、印を付けた場所にパイロ
ット穴を約 19 mm(3/4 in.)の深さで掘ります。
付属の 20 mm ねじに耐海水性のシーリング材を塗布します。
3 本の 20 mm ねじを使い、振動子マウントをトランサムに取
り付けます。
ケーブルをトランサムマウントのワイヤーフックの下に通し
ます。
コンパスを校正する前に、磁気干渉を回避するために変換器をト
ローリングモーターから十分に離してシャフトに取り付け、水中
に配置する必要があります。 内部コンパスを有効にするには、
校正の品質が十分である必要があります。
注: コンパスを使用するには、変換器をトランサムまたはトロ
ーリングモーターシャフトに取り付ける必要があります。 変換
器をモーターに取り付けるとコンパスが機能しない場合があり
ます。
注: 最適な結果を得るには、SteadyCast™ヘディングセンサーの
ようなヘディングセンサーを使用してください。 ヘディングセ
ンサーは、ボートに対する振動子の方法を示しています。
船舶の回転を開始してから校正を行いますが、校正中に船舶を 1
周半完全に回転させる必要があります。
1 該当するソナー表示から、MENU > 魚探設定 > インストール
の順に選択します。
2 必要に応じて、AHRS 使用を選択して、AHR センサーをオン
にします。
3 コンパスを校正するを選択します。
4 画面に表示される手順に従います。
メンテナンス
振動子のクリーニング
水中の汚れが溜まりやすく、デバイスのパフォーマンスが下がる
ことがあります。
1 柔らかい布と低刺激性の洗浄液で汚れを取り除きます。
2 デバイスの湿気を拭き取ります。
仕様
Panoptix LiveScope LVS12 の仕様
寸法(長さ×高さ×幅)
113 x 92 x 23 mm(4.45 x 3.6 x
0.91 in.)
重量(振動子のみ)
500 g(1.1 lbs.)
周波数
530~1.1 MHz
動作温度
0°~40°C(32°~104°F)
3
保管温度
-40°~85°C(-40°~185°F)
最大深度/距離*
61 m(200 ft.)
視野
前後:それぞれ 30 度の範囲
左右:20 度
*塩分濃度、底質、その他の水の条件によって変わります。
オープンソースソフトウェアライセンス
この製品に使用されているオープンソースソフトウェアライセ
ンスを表示するには、developer.garmin.com/open-source/linux
/にアクセスします。
© 2018 Garmin Ltd. or its subsidiaries
Garmin 、および Garmin ロゴは、Garmin Ltd.とその子会社の米国およびその
他の国における登録商標です。 ActiveCaptain™、LiveScope™、および Panoptix™
は、Garmin Ltd.とその子会社の商標です。SteadyCast™ これらの商標を、
Garmin 社の明示的な許可なしに使用することはできません。
®
Android™は、Google, Inc.の商標です。Apple は、米国およびその他の国で登
録された Apple Inc.の商標です。 Wi‑Fi は Wi-Fi Alliance Corporation の登録商
標です。 Windows は、米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国に
おける登録商標です。 その他の商標および商標名はそれぞれの所有者
の所有物です。
®
®
®
support.garmin.com
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising