Garmin | DriveLuxe™ 50LMTHD | Garmin DriveLuxe™ 50LMTHD マニュアル(PDF)

Garmin DriveLuxe™ 50LMTHD マニュアル(PDF)
Garmin DriveLuxe™ 50
マニュアル
© 2016 Garmin Ltd. or its subsidiaries
無断転載禁ず。 著作権法により、Garmin 社の書面による承認なしに、本マニュアルの全体または一部をコピーすることはできません。 Garmin 社は、ユーザー
や組織に通知する責任を負うことなく本マニュアルの内容を変更または改善したり、内容を変更する権利を有します。 本製品の使用に関する最新情報および
補足情報については、www.garmin.com を参照してください。
Garmin 、および Garmin ロゴは、Garmin Ltd.とその子会社の米国およびその他の国における登録商標です。 これらの商標を、Garmin 社の明示的な許可なしに使用
することはできません。
®
Garmin DriveLuxe™、Garmin Express™、myTrends™、nüMaps Guarantee™、および nüMaps Lifetime™は、Garmin Ltd.とその子会社の商標です。 これらの商標を、Garmin 社の
明示的な許可なしに使用することはできません。
Android™は Google Inc.の商標です。Apple および Mac は、米国およびその他の国における Apple Inc.の商標です。 Bluetooth ワードマークおよびロゴは、Bluetooth
SIG,Inc.の所有であり、Garmin はライセンスに基づきこのワードマークまたはロゴを使用しています。 Foursquare は、Foursquare Labs, Inc.の米国およびその他の国
における商標です。 HD Radio™および HD ロゴは、iBiquity Digital Corporation の商標です。 HD Radio 技術は、iBiquity Digital Corporation からのライセンスに基づき開発
されています。 米国および外国特許。 microSD™および microSDHC ロゴは SD-3C, LLC.の商標です。Windows 、Windows Vista 、および Windows XP は、Microsoft
Corporation の米国およびその他の国における登録商標です。
®
®
®
®
®
®
®
目次
はじめに........................................................................... 1
製品の更新 .................................................................................. 1
Garmin Express による地図とソフトウェアの更新 .............. 1
Garmin DriveLuxe 50 デバイスの概要 ........................................ 1
デバイスを車両電源に接続する ................................................. 2
デバイスの電源をオンまたはオフにする ................................... 2
GPS 信号を捕捉する .................................................................. 2
ステータスバーアイコン ............................................................ 2
オンスクリーンボタンを使用する .............................................. 2
音量を調整する ........................................................................... 2
自動音量を有効化する ........................................................... 2
オーディオミキサーを使用する ............................................. 2
画面の輝度を調整する ................................................................ 2
ドライバーへの注意喚起の機能とアラート..................... 3
オーディブルドライバーアラートを有効または無効にする ...... 3
赤信号カメラとスピードカメラ ................................................. 3
目的地へのナビゲーション .............................................. 3
ルート ......................................................................................... 3
ナビゲーションを開始する ......................................................... 3
地図を使用してナビゲーションを開始する ........................... 3
帰宅する ................................................................................. 4
地図上のルート ........................................................................... 4
アクティブ車線案内 ............................................................... 4
方向転換と方向指示を表示する ............................................. 4
地図にルート全体を表示する ................................................ 4
ルートに場所を追加する ............................................................ 4
ルートを形成する ....................................................................... 4
迂回路を検索する ....................................................................... 5
ナビゲーションを停止する ......................................................... 5
ルート探索方法を変更する ......................................................... 5
トリッププランナー ................................................................... 5
トリップを計画する ............................................................... 5
保存されているトリップをナビゲーションする ................... 5
トリップの目的地の順序を最適化する .................................. 5
トリップの場所を編集および並べ替える .............................. 5
アクティブルートを編集および保存する .............................. 5
トリップのルート探索オプションを変更する ....................... 5
トリップのスケジュールを設定する ..................................... 5
推奨ルートを利用する ................................................................ 6
遅延、有料道路、およびエリアを回避する ............................... 6
ルート上の交通遅延を回避する ............................................. 6
有料道路を回避する ............................................................... 6
有料ステッカーを回避する .................................................... 6
道路の回避機能 ...................................................................... 6
環境ゾーンを回避する ........................................................... 6
カスタム回避 ......................................................................... 6
直行ルートをナビゲーションする .............................................. 6
位置の検索と保存を行う .................................................. 6
検索バーを使用して位置を検索する .......................................... 7
検索結果を地図に表示する ......................................................... 7
検索エリアを変更する ................................................................ 7
ジャンル別施設 ........................................................................... 7
カテゴリーを入力して位置を検索する .................................. 7
カテゴリー内を検索する ....................................................... 7
場所内のジャンル別施設にナビゲーションする ................... 7
Foursquare ............................................................................. 7
検索ツール .................................................................................. 8
住所を検索する ...................................................................... 8
交差点を検索する .................................................................. 8
都市を検索する ...................................................................... 8
座標を使用して位置を検索する ............................................. 8
最近検索した位置を表示する ..................................................... 8
最近検索した場所のリストを消去する .................................. 8
目次
最後に駐車した場所を検索する ................................................. 8
現在地情報を表示する ................................................................ 8
緊急時サービスとガソリンスタンドを検索する ................... 8
現在地への道順を表示する .................................................... 8
ショートカットを追加する ......................................................... 8
ショートカットを削除する .................................................... 8
位置を保存する ........................................................................... 8
位置を保存する ...................................................................... 8
現在地を保存する .................................................................. 9
保存した位置を編集する ....................................................... 9
保存した位置にカテゴリーを割り当てる .............................. 9
保存した位置を削除する ....................................................... 9
地図を使用する................................................................ 9
地図ツール .................................................................................. 9
地図ツールを表示する ........................................................... 9
地図ツールを有効にする ....................................................... 9
この先 ......................................................................................... 9
この先の場所を表示する ....................................................... 9
[この先]カテゴリーをカスタマイズする .......................... 10
トリップ情報 ............................................................................ 10
地図からトリップデータを表示する ................................... 10
トリップ情報ページを表示する ........................................... 10
軌跡ログを表示する ............................................................. 10
トリップ情報をリセットする .............................................. 10
進行方向の交通事故を表示する ............................................... 10
地図上に交通渋滞情報を表示する ....................................... 10
交通事故情報を検索する ..................................................... 10
地図をカスタマイズする .......................................................... 10
地図レイヤーをカスタマイズする ....................................... 10
地図データフィールドを変更する ....................................... 10
地図表示方法を変更する ..................................................... 10
トラフィックデータ....................................................... 10
トラフィックレシーバーを使用してトラフィックデータを受信
する ........................................................................................... 11
Smartphone Link を使用してトラフィックデータを受信す
る .............................................................................................. 11
トラフィック購読について ....................................................... 11
トラフィックサブスクリプションを表示する ..................... 11
サブスクリプションを追加する ........................................... 11
トラフィックを有効にする ....................................................... 11
音声コマンド.................................................................. 11
ウェイクアップフレーズを設定する ........................................ 11
音声コマンドを有効化する ....................................................... 11
音声コマンドのヒント .............................................................. 11
音声コマンドを使用してナビゲーションを開始する ............... 11
ミュートの手順 ......................................................................... 12
音声制御 ................................................................................... 12
音声制御の設定 .................................................................... 12
音声制御の使用 .................................................................... 12
音声制御のヒント ................................................................ 12
Bluetooth 接続の機能.................................................... 12
電話とのペアリングと Smartphone Link への接続を行う ........ 12
Bluetooth 機能のステータスアイコン ...................................... 12
Apple デバイス用に Bluetooth 機能をセットアップする ......... 12
Apple デバイスの Smartphone Link アプリに接続する ....... 12
Apple デバイスのハンズフリー通話を無効にする .............. 13
Apple デバイスの Smartphone Link のデータとスマート通知
を無効にする ....................................................................... 13
Android™が搭載されたスマートフォンの Bluetooth 機能をセッ
トアップする ............................................................................ 13
Android スマートフォンの Smartphone Link アプリに接続す
る ......................................................................................... 13
Android が搭載されたスマートフォンの Bluetooth 機能を無
効にする ............................................................................... 13
Smartphone Link ....................................................................... 13
i
Smartphone Link をダウンロードする ................................ 13
電話からデバイスに位置を送信する ................................... 13
Garmin ライブサービス ............................................................ 13
Garmin ライブサービスに申し込む ..................................... 14
スマート通知 ............................................................................ 14
通知を受信する .................................................................... 14
通知のリストを表示する ..................................................... 14
ハンズフリー通話 ..................................................................... 14
電話をかける ....................................................................... 14
電話を受ける ....................................................................... 14
通話履歴を使用する ............................................................. 14
通話中オプションを使用する .............................................. 15
自宅の電話番号を保存する .................................................. 15
Bluetooth デバイスの取り外し ................................................. 15
ペアリングした電話を削除する ............................................... 15
アプリケーションを使用する......................................... 15
ヘルプファイルの表示 .............................................................. 15
ヘルプトピックを検索する .................................................. 15
天気予報を表示する ................................................................. 15
別の都市周辺の天気を表示する ........................................... 15
気象観測レーダーを表示する .............................................. 15
気象警報を表示する ............................................................. 15
道路状況を確認する ............................................................. 15
photoLive トラフィックカメラ ................................................. 15
トラフィックカメラを保存する ........................................... 15
トラフィックカメラを表示する ........................................... 15
前のルートと目的地を表示する ............................................... 16
充電しても電池の電力が長持ちしない ..................................... 18
使用しているデバイスが、コンピュータのリムーバブルデバイス
として表示されません .............................................................. 18
使用しているデバイスが、コンピュータのポータブルデバイスと
して表示されません ................................................................. 19
使用しているデバイスは、コンピュータのポータブルデバイス、
リムーバブルドライブ、ボリュームのいずれとしても表示されま
せん ........................................................................................... 19
電話がデバイスに接続されません ............................................ 19
付録................................................................................ 19
地図およびデータ用のメモリカードを挿入する ...................... 19
データ管理 ................................................................................ 19
メモリーカードについて ..................................................... 19
デバイスをコンピュータに接続する ................................... 19
コンピュータからデータを転送する ................................... 19
GPS 信号ステータスを表示する .............................................. 19
追加の地図を購入する .............................................................. 19
アクセサリーを購入する .......................................................... 19
索引................................................................................ 20
デバイスをカスタマイズする......................................... 16
地図および車両設定 ................................................................. 16
地図を有効にする ................................................................ 16
ナビゲーション設定 ................................................................. 16
計算モードの設定 ................................................................ 16
シミュレートされた場所を設定する ................................... 16
バックアップカメラ設定 .......................................................... 16
babyCam 設定 .......................................................................... 16
Bluetooth 設定 .......................................................................... 16
Bluetooth を無効にする ....................................................... 16
ディスプレイ設定 ..................................................................... 16
トラフィック設定 ..................................................................... 17
単位および時間設定 ................................................................. 17
時間を設定する .................................................................... 17
言語およびキーボード設定 ....................................................... 17
近接アラート設定 ..................................................................... 17
デバイスおよびプライバシー設定 ............................................ 17
設定を初期化する ..................................................................... 17
デバイス情報.................................................................. 17
仕様 ........................................................................................... 17
電源ケーブル ............................................................................ 17
デバイスを充電する ............................................................. 17
デバイスのメンテナンス................................................ 18
デバイスのお手入れ ................................................................. 18
外側ケースのクリーニング .................................................. 18
タッチスクリーンのクリーニング ....................................... 18
盗難防止 ............................................................................... 18
デバイスをリセットする .......................................................... 18
デバイス、マウント、吸着カップを取り外す .......................... 18
マウントからデバイスを取り外す ....................................... 18
吸着カップからマウントを取り外す ................................... 18
フロントガラスから吸着カップを取り外す ......................... 18
車両電源ケーブルのヒューズを交換する ................................. 18
トラブルシューティング................................................ 18
吸盤がフロントガラスに取り付けられない ............................. 18
デバイスで衛星信号を受信できない ........................................ 18
デバイスを車両で充電できない ............................................... 18
ii
目次
はじめに
6 次の中からオプションを選択します。
• 利用可能なすべての更新をインストールするには、すべて
インストールをクリックします。
• 特定の更新をインストールするには、詳細の表示をクリッ
クし、必要な更新の横にあるインストールをクリックしま
す。
Garmin
Express アプリケーションがデバイスに更新をダウ
• デバイスの地図とソフトウェアを更新します (Garmin
ンロードしてインストールします。 地図の更新は非常に大き
Express による地図とソフトウェアの更新, 1 ページ)。
く、インターネットの接続速度が遅い場合、この処理には長
• 車両にデバイスを取り付け、電源に接続します (デバイスを車
時間かかる場合があります。
両電源に接続する, 2 ページ)。
注: 地図の更新がデバイスの内部ストレージに対して大きす
• GPS 信号を捕捉します (GPS 信号を捕捉する, 2 ページ)。
ぎる場合は、ソフトウェアで、microSD™デバイスにカードを
• 音量を調整し (音量を調整する, 2 ページ)、ディスプレイの
挿入してストレージ領域を追加するように求めるメッセージ
輝度を調整します (画面の輝度を調整する, 2 ページ)。
が表示される場合があります (地図およびデータ用のメモリ
カードを挿入する, 19 ページ)。
• 目的地までナビゲーションします (ナビゲーションを開始す
る, 3 ページ)。
7 更新処理中は画面上の指示に従って、更新のインストールを
完了します。
製品の更新
たとえば、更新処理中、Garmin Express アプリケーションか
コンピュータで、Garmin Express™(www.garmin.com/express)
らデバイスを切断して再接続するように指示される場合があ
をインストールします。
ります。
これにより、Garmin デバイス向けのこれらのサービスに簡単に Garmin Express をインストールする
アクセスできます。
Garmin Express アプリケーションは Windows および Mac コン
• ソフトウェアアップデート
ピュータで利用できます。
• 地図の更新
1 コンピュータから garmin.com/express にアクセスします。
• 製品登録
2 次の中からオプションを選択します。
警告
製品に関する警告およびその他の重要な情報については、製品パ
ッケージに同梱されている『安全性および製品に関する重要な情
報』ガイドを参照してください。
®
®
Garmin Express による地図とソフトウェアの更新
Garmin Express アプリケーションを使用して、お使いのデバイ
スに対応した最新の地図やソフトウェア更新をダウンロードし
てインストールできます。
1 コンピュータに Garmin Express アプリケーションがインス
トールされていない場合は、garmin.com/express にアクセス
し、画面に表示される指示に従ってインストールします
(Garmin Express をインストールする, 1 ページ)。
Garmin Express アプリケーションを開きます。
2
micro-USB
ケーブルを使用して、デバイスをコンピュータに
3
接続します。
ケーブルの小さい方の端は Garmin DriveLuxe デバイスの
micro-USB ポート に接続し、大きい方の端はコンピュータ
で利用できる USB ポートに接続します。
®
• システム要件を表示し、Garmin Express アプリケーション
がコンピュータと互換性があることを確認するには、シス
テム要件を選択します。
• Windows コンピュータにインストールするには、ダウンロ
ード(Windows)を選択します。
• Mac コンピュータにインストールするには、ダウンロード
(Mac)を選択します。
ダウンロードファイルを開き、画面に表示される指示に従っ
3
て、インストールを完了してください。
Garmin DriveLuxe 50 デバイスの概要
4 Garmin Express アプリケーションで、デバイスの追加をクリ
ックします。
Garmin Express アプリケーションはデバイスを検索し、デバ
イス名とシリアル番号を表示します。
5 デバイスの追加をクリックし、画面に表示される指示に従っ
て、ご使用のデバイスを Garmin Express アプリケーションに
追加します。
セットアップが完了すると、Garmin Express アプリケーショ
ンにデバイスで利用できる更新が表示されます。
はじめに
電源キー
USB 電源およびデータポート
地図およびデータメモリカードスロット
音声コマンド/ハンズフリー通話用マイク
1
デバイスを車両電源に接続する
3 必要に応じて、高層ビルや樹木から離れた、上空の開けた場
警告
この製品には、リチウムイオン電池が使用されています。 電池
を高温になる場所に放置すると、怪我や製品損傷の可能性がある
ので、直射日光を避けた場所で装置を保管してください。
デバイスとマウントの両方に磁石が取り付けられています。 特
定の状況下で、磁石はペースメーカーやインシュリンポンプな
ど、体内医療機器と干渉する可能性があります。 デバイスやマ
ウントはこれらの医療機器に近づけないでください。
ステータスバーはメインメニューの最上部にあります。 ステー
タスバーアイコンはデバイスの機能情報を表示します。 各アイ
コンを選択すると、設定を変更したり詳細情報を表示することが
できます。
所に移動します。
が緑になると、デバイスは衛星信号を受信してナビゲーショ
ンの準備が完了します。
ステータスバーアイコン
注記
デバイスとマウントの両方に磁石が取り付けられています。 特
定の状況下で、磁石はラップトップコンピュータのハードドライ
ブなど、一部の電子デバイスに損傷を与える可能性があります。
デバイスやマウントが電子デバイスの近くにある場合は、十分注
意してください。
GPS 信号ステータス。 押し続けると、GPS の精度と受信し
た衛星情報が表示されます (GPS 信号ステータスを表示す
る, 19 ページ)。
デバイスをバッテリーで使用する前に、バッテリーを充電する必
要があります。
1 車両電源ケーブル をマウントの USB ポートに接続します。
現在の時刻。 時刻を設定するときに選択します (時間を設定
する, 17 ページ)。
Bluetooth テクノロジのステータス。 Bluetooth の設定を表
示するときに選択します (Bluetooth 設定, 16 ページ)。
®
ハンズフリー通話に接続済み。 電話をかけるときに選択し
ます (ハンズフリー通話, 14 ページ)。
バッテリー充電レベル。
Smartphone Link アプリに接続済み。接続済みのデバイスと
サブスクリプション情報を表示するときに選択します (電話
とのペアリングと Smartphone Link への接続を行う, 12 ペ
ージ)。
温度。 天気予報を表示するときに選択します (天気予報を表
示する, 15 ページ)。
オンスクリーンボタンを使用する
2 マウント が吸着カップ にはまるまで押し込みます。
マウントの Garmin ロゴは、右側が上を向く必要があります。
3 吸着カップをフロントガラスに取り付け、レバー をフロン
トガラス方向に倒します。
4 デバイスの後部を磁気マウントに載せます。
5 車両の電源ケーブルの反対側の端を、車両の電源コンセント
に接続します。
デバイスの電源をオンまたはオフにする
• デバイスの電源をオンにするには、電源キーを押すか、デバ
イスを電源に接続します。
• デバイスを省電力モードにするには、デバイスの電源がオン
になっている状態で電源キーを押します。
省電力モードになっている間は画面がオフになり、デバイス
はわずかな電力しか消費しませんが、すぐに復帰して使用で
きます。
ヒント: バッテリーを充電している間にデバイスを省電力モ
ードにすることにより、デバイスの充電時間を短縮できます。
• デバイスの電源を完全にオフにするには、画面にプロンプト
が表示されるまで電源キーを押し続け、オフを選択します。
5 秒後にメッセージが表示されます。 メッセージが表示され
る前に電源キーを離すと、デバイスは省電力モードに移行し
ます。
GPS 信号を捕捉する
オンスクリーンボタンを使用して、デバイス上のページ、メニュ
ー、メニューオプションを操作できます。
•
を選択すると、前のメニュー画面に戻ります。
•
を押し続けると、すばやくメインメニューに戻ります。
•
または を選択すると、リストやメニューをスクロールし
ます。
•
または を押し続けるとスクロール速度が速くなります。
•
を選択すると、現在の画面に対応するオプションのコンテ
キストベースのメニューが表示されます。
音量を調整する
1 音量を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• スライダバーを使用して、音量を調整します。
• デバイスをミュート(消音)にするには、 を選択しま
す。
• 追加オプションを表示するには を選択します。
自動音量を有効化する
デバイスは、周囲のノイズレベルに基づいて、音量を自動的に上
げたり下げたりすることができます。
1 音量 > を選択します。
2 自動音量を選択します。
オーディオミキサーを使用する
オーディオミキサーを使用して、ナビゲーションプロンプトや通
ナビゲーションデバイスの電源をオンにしたとき、GPS レシー
バーは衛星データを収集して現在地を確定する必要があります。 話など、さまざまなタイプの音に対して音量レベルを設定できま
す。 各タイプの音のレベルは、マスター音量に対するパーセン
ステータスバーの
は衛星信号の強度を表しています。 衛星
信号の取得に要する時間は、ナビゲーションデバイスを最後に使 テージとなります。
用した場所からどのくらい離れているか、空をはっきり見渡せる 1 音量を選択します。
場所にいるかどうか、あるいは最後にナビゲーションデバイスを 2
> オーディオミキサーを選択します。
使用してからどのくらい経っているかなど、さまざまな要素によ
スライダを使用して、各タイプの音量を調節します。
3
って異なります。 初めてナビゲーションデバイスの電源をオン
にしたときは、衛星信号の取得に数分かかることがあります。
画面の輝度を調整する
1 デバイスの電源をオンにします。
1 設定 > 表示 > 輝度の順に選択します。
2 デバイスが衛星の位置を受信するまで待ちます。
2 スライダーバーを使用して、輝度を調整します。
2
はじめに
ドライバーへの注意喚起の機能とアラー
ト
• ライブの赤信号データとスピードカメラデータは、
Smartphone Link アプリを使用した Garmin ライブサービス
からサブスクリプションとして利用できます (Garmin ライブ
サービス, 13 ページ)。
注記
• 赤信号カメラやスピードカメラの位置のデータベースを最新
ドライバーアラートと制限速度機能は情報提供を行っているだ
の状態に維持するには、スピードカメラのデータをダウンロ
けであり、すべての速度制限標識を守り、安全な運転の判断を行
ードして保存できるようにするため、デバイスにアクティブ
う責任はいかなる場合でも運転者にあります。 Garmin は、適用
なサブスクリプションが必要です。 garmin.com
されるすべての交通法規および標識に違反したことにより受け
/speedcameras
に移動して、互換性と購入情報をご確認くだ
る罰金または出頭命令については一切責任を負いません。
さい。サブスクリプションを購入したり、ワンタイムアップ
デート(1 回限りの更新)を行ったりできます。 新しい地域
このデバイスは、慣れ親しんだ地域で運転している場合でも、よ
を購入したり、既存の購読を延長したりすることはいつでも
り安全な運転や効率の向上に役立つ機能を備えています。 デバ
できます。
イスは、アラートごとに通知音または音声メッセージを再生し、
情報を表示します。 ユーザーは、アラートの種類ごとに通知音
注: 一部の地域の製品バンドルでは、赤信号カメラとスピー
または音声メッセージを有効または無効にすることができま
ドカメラのデータが事前にロードされていて、サブスクリプ
す。 アラートによっては、利用できない地域もあります。
ション無料で更新される場合があります。
スクールゾーンまたは近くに学校: デバイスは通知音を再生し、 • Garmin Express ソフトウェア(garmin.com/express)を使用
この先の学校やスクールゾーンまでの距離と制限速度(利用
してデバイスに保存されたカメラデータベースを更新できま
可能な場合)を表示します。
す。 最新のカメラ情報を受信するために、デバイスを頻繁に
更新してください。
制限速度低下: デバイスは通知音を再生し、この先の制限速度低
下を表示するため、速度を下げる準備を整えることができま
す。
目的地へのナビゲーション
制限速度超過: 現在の道路に掲示されている制限速度を超える
と、デバイスは通知音を再生し、速度制限アイコンに赤枠を
ルート
表示します。
一方通行を逆走しています: 一方通行を逆走している場合、デバ ルートとは、現在地から 1 つ以上の目的地までの経路のことで
イスはメッセージを再生し、全画面の警告を表示します。 一 す。
方通行路を離れるか走行方向を正しくするまで、画面の縁が
• デバイスは、ルート計算モード (ルート探索方法を変更する,
赤色で表示され、アラートが画面上部に表示されたままにな
5 ページ)や回避 (遅延、有料道路、およびエリアを回避す
ります。
る, 6 ページ)などで設定した環境設定に基づいて、目的地
までの推奨ルートを計算します。
踏切: デバイスは通知音を再生し、この先の踏切までの距離を表
示します。
• ユーザーは、推奨ルートを使用して目的地へのナビゲーショ
ンをすばやく開始することも、代替ルートを選択することも
動物出没: デバイスは通知音を再生し、この先の動物出没区域ま
できます (ナビゲーションを開始する, 3 ページ)。
での距離を表示します。
•
使用または回避したい特定の道路がある場合は、ルートをカ
カーブ: デバイスは通知音を再生し、道路のカーブまでの距離を
スタマイズできます (ルートを形成する, 4 ページ)。
表示します。
•
ルートに複数の目的地を追加できます (ルートに場所を追加
渋滞: 渋滞に、より速い速度で近づくと、デバイスは通知音を再
する, 4 ページ)。
生し、渋滞までの距離を表示します。 この機能を使用するに
は、デバイスはトラフィック情報を受信している必要があり
ナビゲーションを開始する
ます (トラフィックレシーバーを使用してトラフィックデー
タを受信する, 11 ページ)。
1 目的地検索を選択し、場所を検索します (位置の検索と保存を
行う, 6 ページ)。
疲労警告: 停止しないで 2 時間以上運転を続けると、デバイスは
通知音を再生し、この先の休憩場所を提案します。
2 位置を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
オーディブルドライバーアラートを有効または
• 推奨ルートを使用してナビゲーションを開始するには、出
無効にする
発を選択します。
個別のオーディブルドライバーアラートをオフにすることがで
• 代替ルートを指定するには、 を選択し、ルートを選択し
きます。 オーディブルアラートを無効にしても、視覚アラート
ます。
は表示されます。
地図の右側に代替ルートが表示されます。
1 設定 > 地図/車両 > オーディブルドライバーアラートの順に
•
ルートの経路を編集するには、 > ルートの編集を選択し、
選択します。
ルートにシェイピングポイントを追加します (ルートを形
2 各アラートの横にあるチェックボックスをオンまたはオフに
成する, 4 ページ)。
します。
デバイスは場所までのルートを計算し、音声案内と地図上の情報
によりルートを案内します (地図上のルート, 4 ページ)。 ル
赤信号カメラとスピードカメラ
ートにある主要な道路のプレビューが地図の端に数秒間表示さ
れます。
注記
Garmin は、赤外線カメラやスピードカメラのデータベースの正 追加の目的地で停止する必要がある場合、ルートに場所を追加で
確性、またはその使用による影響に対して一切の責任を負いませ きます (ルートに場所を追加する, 4 ページ)。
ん。
地図を使用してナビゲーションを開始する
注: この機能は、一部の国、または製品モデルではご利用いた
だけません。
製品モデルによっては、一部地域で赤信号カメラおよびスピード
カメラの位置に関する情報が利用できます。 報告されたスピー
ドカメラや赤信号カメラに近づくと、アラートされます。
ドライバーへの注意喚起の機能とアラート
地図から場所を選択してナビゲーションを開始できます。
1 地図表示を選択します。
2 地図をドラッグおよび拡大/縮小して、検索する範囲を表示
します。
3 必要な場合は、 を選択して、表示されたジャンル別施設を
カテゴリー別にフィルタリングします。
3
地図上に位置マーカー( または青いドット)が表示されま
す。
4 次の中からオプションを選択します。
• 位置マーカーを選択します。
• ストリート、交差点、または住所位置などのポイントを選
択します。
5 出発を選択します。
帰宅する
初めて自宅へのルートを開始すると、自宅の場所の入力を求める
メッセージがデバイスに表示されます。
1 目的地検索 > 自宅への順に選択します。
2 必要に応じて、自宅の場所を入力します。
自宅の場所を編集する
1 目的地検索 > > 自宅登録の順に選択します。
2 自宅の場所を入力します。
地図上のルート
走行中、デバイスは、音声と地図上の情報で、目的地までのルー
トを案内します。 方向転換地点や出口、またはその他のアクシ
ョンに関する指示は、地図の一番上に表示されます。
ルートでの次のアクション。 次の方向転換、出口、その他のアクシ
ョンおよび(利用可能な場合)走行すべきレーンを示します。
次のアクションまでの距離。
次のアクションに関連する通りや出口の名前。
地図上に強調表示されたルート。
ルートでの次のアクション。 地図上の矢印はこの先のアクション
の場所を示します。
車速。
走行中の道路の名前。
到着予想時刻。
ヒント: このフィールドにタッチすると、表示される情報を変更で
きます (地図データフィールドを変更する, 10 ページ)。
アクティブ車線案内
ルートをナビゲーションしているときに転換地点に近づくと、道
路の詳細なシミュレーションがある場合は地図の横に表示され
ます。 色付きの線 は方向転換に適した車線を示します。
方向転換と方向指示を表示する
1 地図から、オプションを選択します。
• ナビゲーションするにつれてこの先の方向転換や方向指
示を表示するには、 > 方向転換を選択します。
地図ツールで、地図の横に次の 4 つの方向転換や方向指示
が表示されます。 ルートをナビゲーションするにつれて、
このリストは自動的に更新されます。
• ルート全体の方向転換と方向指示の完全なリストを表示
するには、地図上部のテキストバーを選択します。
2 方向転換または方向指示を選択します(オプション)。
詳細情報が表示されます。 利用可能な場合は、主要な分岐点
が画像で表示されます。
地図にルート全体を表示する
1 ルートのナビゲーション中に、地図上の任意の場所を選択し
ます。
2 を選択します。
ルートに場所を追加する
ルートに場所を追加する前に、ナビゲーションを実行している必
要があります (ナビゲーションを開始する, 3 ページ)。
ルートの途中または最後に場所を追加できます。 たとえば、ル
ートの次の目的地としてガソリンスタンドを追加できます。
ヒント: 複数の目的地またはスケジュールされた経由地がある
複雑なルートを作成するには、トリッププランナーを使用して、
トリップの計画、スケジュール、および保存ができます (トリッ
プを計画する, 5 ページ)。
1 地図から、 > 目的地検索を選択します。
2 位置を検索します (位置の検索と保存を行う, 6 ページ)。
3 位置を選択します。
4 出発を選択します。
5 次の中からオプションを選択します。
• ルートの次の目的地として場所を追加するには、次の経由
地を追加を選択します。
• ルートの最後に場所を追加するには、最後の経由地を追加
を選択します。
• 場所を追加して、ルートでの目的地の順序を編集するに
は、アクティブルートに追加を選択します。
デバイスは、追加された場所を含めるためにルートを再計算し、
順番に目的地までのルートを案内します。
ルートを形成する
ルートを形成する前に、ルートを開始する必要があります (ナビ
ゲーションを開始する, 3 ページ)。
手動でルートを形成してコースを変更できます。 これにより、
ルートに目的地を追加せずに、特定の道路を使用するようにルー
トの方向を選択することや特定の地域を通過することができま
す。
1 地図上の任意の場所を選択します。
を選択します。
2
デバイスがルートシェイピングモードになります。
3 地図上で位置を選択します。
ヒント: を選択して、地図上でズームインし、より正確な
場所を選択することもできます。
デバイスは、選択された場所を通過するようにルートを再計
算します。
4 必要に応じて、オプションを選択します。
• ルートにさらにシェイピングポイントを追加するには、地
図上で追加の場所を選択します。
• シェイピングポイントを削除するには、 を選択します。
5 ルートの形成が完了したら、出発を選択します。
ルートのナビゲーション中に、ルートのこの先の方向転換、レー
ン変更、その他の方向指示を表示できます。
4
目的地へのナビゲーション
迂回路を検索する
ルート上の指定した距離の迂回路または特定の道路周辺の迂回
路を検索できます。 これは、工事ゾーン、道路閉鎖、または走
行が難しい道路条件が発生したときに役立ちます。
1 地図で > ルートの変更を選択します。
ヒント: ルートの変更ツールが[地図ツール]メニューにな
い場合は追加できます (地図ツールを有効にする, 9 ペー
ジ)。
2 次の中からオプションを選択します。
• 距離を指定して迂回するには、距離で迂回を選択します。
• ルート上の特定の道路を迂回するには、道路別迂回路を選
択します。
• 新しいルートを検索するには、迂回路を選択します。
ナビゲーションを停止する
地図で、
> 停止を選択します。
ルート探索方法を変更する
1 設定 > ナビゲーション > 計算モードの順に選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 時間優先を選択すると、一番早く目的地に到達できるルー
トを計算しますが、走行距離は長くなることがあります。
• 直行を選択すると、道路状況にかかわらず、ポイント間の
ルートを計算します。
• 距離優先を選択すると、走行距離が短くなるようにルート
を計算しますが、走行時間は長くなることがあります。
トリッププランナー
トリッププランナーを使用し、トリップを作成して保存し、あと
で操作することができます。 配達ルート、休暇、またはドライ
ブの計画に便利です。 保存したトリップを編集して、場所の並
べ替え、経由地の順序の最適化、スケジュール情報の追加、およ
びシェイピングポイントの追加など、さらにカスタマイズできま
す。
トリッププランナーを使用して、アクティブルートを編集し保存
することもできます。
トリップを計画する
1 回のトリップに多数の目的地を含めることができ、少なくとも
出発地と 1 つの目的地は含める必要があります。 出発地は、ト
リップの開始を計画している場所です。 トリップのナビゲーシ
ョンを別の場所から開始する場合、デバイスで最初に出発地に向
かうオプションを選択できます。 往復する場合は、出発地と最
終目的地を同じにすることができます。
1 アプリケーション > トリッププランナ > > トリップの作成の順に
選択します。
2 出発地の選択を選択します。
3 始点を指定し、選択を選択します。
4 目的地の選択を選択します。
5 目的地の場所を指定し、選択を選択します。
6 場所の追加を選択して、その他の場所を追加します(オプシ
ョン)。
7 必要な場所をすべて追加したら、次へ > 保存の順に選択しま
す。
8 名前を入力し、OKを選択します。
保存されているトリップをナビゲーションする
1 アプリケーション > トリッププランナの順に選択します。
2 保存されているトリップを選択します。
3 出発を選択します。
4 ナビゲーション先の最初の位置を選択し、開始を選択します。
トリップの目的地の順序を最適化する
デバイスは、トリップの目的地の順序を自動的に最適化して、距
離が短く、効率的なルートを作成します。 順序を変更しても出
発地と最終目的地は変更されません。
トリップを編集するときは、 > 順序の最適化を選択します。
トリップの場所を編集および並べ替える
1 アプリケーション > トリッププランナの順に選択します。
2 保存されているトリップを選択します。
3 位置を選択します。
4 次の中からオプションを選択します。
• 場所を上下に移動するには、 を選択し、場所をトリップ
の新しい位置にドラッグします。
• 選択した場所の後に新しい場所を追加するには、 を選択
します。
• 場所を削除するには、 を選択します。
アクティブルートを編集および保存する
ルートがアクティブな場合、トリッププランナーを使用し、トリ
ップとしてルートを編集および保存できます。
1 アプリケーション > トリッププランナ > マイアクティブルートの順
に選択します。
2 いずれかのトリッププランナー機能を使用して、ルートを編
集します。
ルートは変更を加えるごとに再計算されます。
3 トリップとしてルートを保存するには、 保存を選択します。
ナビゲーションは後で再開できます(オプション)。
トリップのルート探索オプションを変更する
トリップを開始するとき、デバイスがルートを計算する方法をカ
スタマイズできます。
1 アプリケーション > トリッププランナの順に選択します。
2 保存されているトリップを選択します。
> トリップの設定を選択します。
3
4 次の中からオプションを選択します。
• トリップにシェイピングポイントを追加するには、ルート
を形成するを選択し、画面に表示される指示に従います
(ルートを形成する, 4 ページ)。
• トリップの計算モードを変更するには、ルート探索方法を
選択します (ルート探索方法を変更する, 5 ページ)。
トリップのスケジュールを設定する
トリップ内の各場所に、希望到着時刻や各場所での乗り継ぎ時間
など、スケジュール情報を追加できます。 これにより、トリッ
プで時間どおりに場所に到着できるように出発を計画できます。
1 アプリケーション > トリッププランナの順に選択します。
2 トリップを選択します。
> トリップの設定 > スケジュールの編集を選択します。
3
4 場所を選択し、画面に表示される指示に従い、スケジュール
情報を入力します。
ヒント: トリップで複数の場所をスケジュールする必要があ
る場合、トリップの開始から終了に向けて進めます。
5 ステップ 4 を繰り返して、追加の場所にスケジュール情報を
入力します。
6 完了したら、 保存を選択します。
トリップをナビゲーションするとき、スケジュールされた時刻ま
でに経由地や目的地に到着するには、始点の下に表示されている
時刻までに出発する必要があります。 スケジュールは予定時刻
に過ぎません。 渋滞状況、工事中、およびその他の遅延が実際
の到着時刻に影響する可能性があります。
デバイスは、現在地から選択した位置へのルートを計算し、
残りのトリップ目的地に順番に案内します。
目的地へのナビゲーション
5
推奨ルートを利用する
この機能を使用する前に、1 つ以上の位置を保存して、走行履歴
機能を有効にする必要があります (デバイスおよびプライバシー
設定, 17 ページ)。
myTrends™ 機能を使用すると、走行履歴、特定の曜日や時刻に
基づいてデバイスが目的地を予測します。 保存した位置まで数
回走行すると、地図上のナビゲーションバーに予定移動時間およ
びトラフィック情報と共にその位置が表示されます。
位置までのルート候補を表示するには、ナビゲーションバー
を選択します。
遅延、有料道路、およびエリアを回避する
ルート上の交通遅延を回避する
交通の遅延を回避する前に、トラフィック情報を受信している必
要があります (トラフィックレシーバーを使用してトラフィック
データを受信する, 11 ページ)。
デフォルトでは、デバイスは自動的にルートを最適化して交通遅
延を回避します。 [トラフィック設定]でこのオプションを無
効にしている場合 (トラフィック設定, 17 ページ)、手動で交通
遅延を表示し、回避できます。
1 ナビゲーションの実行中に、 > トラフィックを選択します。
2 代替ルートを選択します(利用可能な場合)。
3 出発を選択します。
有料道路を回避する
デバイスは、有料道路、有料橋などの有料区域、または渋滞区域
の通過を回避できます。 他に妥当なルートがない場合は、ルー
トに有料区域が含まれる場合があります。
1 設定 > ナビゲーションの順に選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
注: メニューは、地域とデバイス上の地図データにより変化
します。
• 有料道路を選択します。
• 通行料金 > 有料道路を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 有料区域を通過する前に毎回確認するには、常に確認する
を選択します。
• 有料道路を常に回避するには、回避を選択します。
• 有料道路を常に許可するには、許可を選択します。
4 保存を選択します。
有料ステッカーを回避する
注: この機能を利用できない地域もあります。
国によっては、デバイスの地図データに詳細な有料ステッカー情
報が含まれる場合があります。 国ごとに有料ステッカーを回避
または許可できます。
1 設定 > ナビゲーション > 通行料金 > 料金ステッカーを選択
します。
2 国を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 有料区域を通過する前に毎回確認するには、常に確認する
を選択します。
• 有料道路を常に回避するには、 回避を選択します。
• 有料道路を常に許可するには、 許可を選択します。
4 保存を選択します。
道路の回避機能
1 設定 > ナビゲーション > 回避の順に選択します。
2 ルート上で回避したい道路の種類を選択し、 保存を選択しま
す。
6
環境ゾーンを回避する
デバイスは、お使いの車両に適用される可能性がある環境または
排出制限のある地域を回避できます。
1 設定 > ナビゲーション > 環境ゾーンの順に選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 環境ゾーンを通過する前に毎回確認するには、常に確認す
るを選択します。
• 環境ゾーンを常に回避するには、回避を選択します。
• 環境ゾーンを常に許可するには、許可を選択します。
3 保存を選択します。
カスタム回避
カスタム回避では、道路を含む特定のエリアまたは区域を選択し
て回避できます。 デバイスは、ルートを計算するときは、他に
妥当なルートがない場合を除き、これらのエリアと道路を回避し
ます。
道路を回避する
1 設定 > ナビゲーション > カスタム回避の順に選択します。
2 回避道路の追加を選択します。
3 回避する道路区域の始点を選択し、次へを選択します。
4 道路区域の終点を選択し、次へを選択します。
5 OKを選択します。
エリアを回避する
1 設定 > ナビゲーション > カスタム回避の順に選択します。
2 必要に応じて、回避の追加を選択します。
3 回避エリアの追加を選択します。
4 回避するエリアの左上隅を選択し、次へを選択します。
5 回避するエリアの右下隅を選択し、次へを選択します。
選択されたエリアが地図上に影付きで表示されます。
6 OKを選択します。
カスタム回避を無効にする
カスタム回避を削除せずに無効にします。
1 設定 > ナビゲーション > カスタム回避の順に選択します。
2 回避を選択します。
> 無効にするの順に選択します。
3
カスタム回避を削除する
1 設定 > ナビゲーション > カスタム回避の順に選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• すべてのカスタム回避を削除するには、 を選択します。
• カスタム回避を 1 件削除するには、削除したいカスタム回
避を選択し、
> 削除の順に選択します。
直行ルートをナビゲーションする
ナビゲーションの指示に従わなかった場合は、直行モードを使用
できます。
1 設定 > ナビゲーションの順に選択します。
2 計算モード > 直行 > 保存の順に選択します。
次のルートは、目的地への直線ルートとして計算されます。
位置の検索と保存を行う
デバイスにロードされた地図には、レストランやホテル、自動車
関連などの場所や詳細なストリート情報が含まれています。 目
的地検索メニューは、参照、検索、情報の保存のために利用でき
る複数の方法により、目的地の検索に役立ちます。
• すべての場所情報をすばやく検索するには、検索語を入力し
ます (検索バーを使用して位置を検索する, 7 ページ)。
• カテゴリーごとにロード済みのジャンル別施設を参照または
検索します (ジャンル別施設, 7 ページ)。
位置の検索と保存を行う
• Foursquare のジャンル別施設を検索し、チェックインします
(Foursquare のジャンル別施設を検索する, 7 ページ)。
• 検索ツールを使用して、住所、交差点、または地理座標など
特定の場所を検索します (検索ツール, 8 ページ)。
• 別の都市または地域の周辺を検索します (検索エリアを変更
する, 7 ページ)。
• お気に入りの場所を保存して後からすばやく検索できます
(位置を保存する, 8 ページ)。
• 最近検索した場所に戻ります (最近検索した位置を表示する,
8 ページ)。
®
検索バーを使用して位置を検索する
検索バーでは、カテゴリー、ブランド名、住所、または都市名を
入力して位置を検索します。
1 目的地検索を選択します。
2 検索バーで 検索の入力を選択します。
3 検索語の全体または一部を入力します。
検索語の候補が検索バーの下に表示されます。
4 次の中からオプションを選択します。
• 業種名を検索するには、「映画館」などのカテゴリー名を
入力します。
• 店名を検索するには、名前の一部またはすべてを入力しま
す。
• 現在地の住所を検索するには、番地またはストリート名を
入力します。
• 別の都市の住所を検索するには、州名、都市名、ストリー
ト名および番地を入力します。
• 都市を検索するには、州名および都市名を入力します。
• 座標を検索するには、緯度/経度を入力します。
5 次の中からオプションを選択します。
• 検索語の候補を使用して検索するには、検索語を選択しま
す。
• 入力したテキストを使用して検索するには、 を選択しま
す。
6 必要に応じて、位置を選択します。
検索結果を地図に表示する
位置検索の結果をリストではなく地図に表示できます。
1 位置検索の結果から、 を選択します。
検索結果の中で一番近い位置が地図に表示されます。 は、
他の検索結果の位置を示します。
2 オプションを選択します(複数可)。
• 他の検索結果を表示するには、地図に触れてドラッグしま
す。
• 別の位置を選択するには、 を選択します。
• 選択した位置の詳細とルートを表示するには、地図の下部
にある位置の説明を選択します。
• 選択した位置へのナビゲーションを開始するには、出発を
選択します。
検索エリアを変更する
デフォルトでは、デバイスは現在地に近い場所を検索します。
目的地の近く、別の都市の近く、アクティブルート沿いなど別の
エリアの検索もできます。
1 目的地検索を選択します。
2 周辺の検索:を選択します。
3 オプションを選択します。
レストラン、ホテル、娯楽施設などよく知られた移動先を含める
ことができます。
カテゴリーを入力して位置を検索する
1 目的地検索を選択します。
2 カテゴリーを選択するか、または カテゴリーを選択します。
3 必要に応じて、サブカテゴリーを選択します。
4 位置を選択します。
カテゴリー内を検索する
ジャンル別施設の検索後、ある特定のカテゴリーに、最後に選択
した目的地からさかのぼって 4 か所を含むクイックサーチリス
トが表示される場合があります。
1 目的地検索 > カテゴリーの順に選択します。
2 カテゴリーを選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 画面右側のクイックサーチリストから、目的地を選択しま
す。
クイックサーチリストには、選択したカテゴリーで最近検
索した場所のリストが表示されます。
• 必要に応じてサブカテゴリーを選択し、目的地を選択しま
す。
場所内のジャンル別施設にナビゲーションする
ショッピングモール内のストアまたは空港の特定のターミナル
など、大規模な場所の中にあるジャンル別施設(POI)へのルー
トを作成できます。
1 目的地検索 > 検索の入力を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 場所を検索するには、場所の名前または住所を入力し、
を選択して、手順 3 に進みます。
• POI を検索するには、POI の名前を入力し、 を選択して、
手順 5 に進みます。
3 場所を選択します。
場所の下にレストラン、レンタカー、またはターミナルなど、
カテゴリーのリストが表示されます。
4 カテゴリーを選択します。
5 POI を選択し、 出発を選択します。
デバイスは、POI の周辺の駐車場または場所までのルートを作成
します。 目的地に到着すると、推奨の駐車場がチェッカーフラ
ッグで示されます。 ラベルの付いたポイントは、場所内にある
POI の位置を示します。
場所の探索
各場所内にあるすべてのジャンル別施設のリストを表示できま
す。
1 場所を選択します。
> この場所を詳細に調査するを選択します。
2
Foursquare
Foursquare は、場所に基づくソーシャルネットワークです。 お
使いのデバイスにはロード済みの Foursquare のジャンル別施設
があり、場所検索の結果に Foursquare ロゴで示されます。
追加機能については、互換性のあるスマートフォンで
Smartphone Link を使用して、Foursquare アカウントに接続で
きます。 Smartphone Link を使用して Foursquare アカウント
に接続しているときは、Foursquare の場所の詳細の表示、場所
へのチェックイン、およびオンライン Foursquare データベース
でジャンル別施設の検索が可能です。
Foursquare のジャンル別施設を検索する
デバイスにロードした Foursquare のジャンル別施設を検索でき
ます。 Smartphone Link を使用して Foursquare アカウントに
接続しているとき、検索では、オンライン Foursquare データベ
ジャンル別施設
ースから最新の結果が得られ、Foursquare ユーザーアカウント
ジャンル別施設は、有用と思われるまたは興味深い場所です。
からはカスタマイズされた結果が得られます。
ジャンル別施設は、カテゴリー別に分類されガソリンスタンド、
目的地検索 > カテゴリー > Foursquare®の順に選択します。
位置の検索と保存を行う
7
Foursquare アカウントに接続する
1 デバイスを Smartphone Link に接続します (電話とのペアリ
ングと Smartphone Link への接続を行う, 12 ページ)。
スマートフォンで、Smartphone
Link アプリを開きます。
2
3 Smartphone Link アプリ設定を開き、 Foursquare® > ログイ
ンを選択します。
Foursquare
ログイン情報を入力します。
4
Foursquare の場所の詳細を表示する
Foursquare の場所の詳細を表示する前に、Smartphone Link が
実行されているサポートされている電話に接続して、
Foursquare アカウントにログインする必要があります。
ユーザー評価、レストランの価格設定情報、営業時間など、
Foursquare の場所に関する詳細情報を表示できます。
1 場所についての検索の結果から Foursquare のジャンル別施
設を選択します。
2 を選択します。
最近検索した位置を表示する
デバイスには、過去に検索した場所の履歴が最新の 50 件保存さ
れています。
目的地検索 > 最近表示した項目の順に選択します。
最近検索した場所のリストを消去する
目的地検索 > 最近表示した項目 >
択します。
> 消去 > はいの順に選
最後に駐車した場所を検索する
デバイスがオンの状態でデバイスを車両電源から取り外すと、現
在地が駐車場所として保存されます。
アプリケーション > 最後の場所の順に選択します。
現在地情報を表示する
[現在地の確認]ページを使用して、現在地に関する情報を表示
できます。 この機能は、緊急時に 110 番や 119 番で自分のいる
場所を知らせる場合に便利です。
地図で、車両を選択します。
Foursquare によるチェックイン
Foursquare でチェックインする前に、Smartphone Link が実行
されているサポートされている電話に接続して、 Foursquare ア 緊急時サービスとガソリンスタンドを検索する
カウントにログインする必要があります。
[現在地の確認]ページを使用して、直近の病院、警察署、およ
1 アプリケーション > Foursquare® > チェックインを選択します。
びガソリンスタンドを検索できます。
2 ジャンル別施設を選択します。
1 地図で、車両を選択します。
> チェックインを選択します。
3
2 病院、警察署、ガソリンスタンド、または路上支援を選択します。
注: サービスカテゴリーの中には、すべてのエリアでは提供
検索ツール
されていないものもあります。
検索ツールでは、画面に表示される指示に従って、特定の位置を
選択したサービスの場所のリストが表示され、最寄りの場所
検索できます。
が一番上に表示されます。
位置を選択します。
住所を検索する
3
注: デバイスにロードした地図データによっては、手順が異な
4 次の中からオプションを選択します。
る場合があります。
• その場所までのナビゲーションが開始するには、出発を選
択します。
1 目的地検索を選択します。
• 電話番号や場所に関するその他の詳細を表示するには、
2 必要に応じて、 周辺の検索:を選択して別の都市または地
を選択します。
域の周辺を検索します。
3 アドレスを選択します。
現在地への道順を表示する
4 画面に表示される指示に従い、住所情報を入力します。
自分が現在いる位置への道順を誰かに知らせる必要がある場合、
道順のリストを表示できます。
5 番地等を選択します。
1 地図で、車両を選択します。
交差点を検索する
> 現在地までの道順の順に選択します。
2 本のストリート、幹線道路、またはその他の道路の間にある交 2
3 始点を選択します。
差点またはジャンクションを検索できます。
4 選択を選択します。
1 目的地検索 > カテゴリー > 交差点の順に選択します。
2 画面に表示される指示に従い、ストリート情報を入力します。
ショートカットを追加する
3 交差点を選択します。
[目的地検索]メニューにショートカットを追加できます。 ショ
都市を検索する
ートカットから、位置、カテゴリー、または検索ツールを直接参
照できます。
1 目的地検索 > カテゴリー > 都市の順に選択します。
[目的地検索]メニューには 36 個までのショートカットアイコン
2 次の中からオプションを選択します。
を追加できます。
• 周辺都市のリストから都市を選択します。
• 別の場所の周辺を検索するには、 周辺の検索: (検索エリ 1 目的地検索 > ショートカットの追加の順に選択します。
2 アイテムを選択します。
アを変更する, 7 ページ)を選択します。
• 名前で都市を検索するには、検索の入力を選択し、都市名
を入力して、 を選択します。
座標を使用して位置を検索する
ショートカットを削除する
1 目的地検索 > > ショートカットの削除を選択します。
2 削除するショートカットを選択します。
3 確認のため再度ショートカットを選択します。
4 保存を選択します。
緯度/経度を指定して、位置を検索できます。 これはジオキャ
ッシュを行う場合に役立ちます。
1 目的地検索 > カテゴリー > 座標の順に選択します。
2 必要に応じて、 を選択し、座標形式やデータを変更します。 位置を保存する
3 緯度/経度を入力します。
位置を保存する
4 地図に表示を選択します。
1 位置を検索します (カテゴリーを入力して位置を検索する, 7
ページ)。
8
位置の検索と保存を行う
2 検索結果から、位置を選択します。
を選択します。
3
4 保存を選択します。
5 必要に応じて、名前を入力し、 OKを選択します。
現在地を保存する
1 地図で、車両アイコンを選択します。
2 保存を選択します。
3 名前を入力し、 OKを選択します。
4 OK を選択します。
保存した位置を編集する
1 目的地検索 > 保存済みの順に選択します。
2 必要に応じて、カテゴリーを選択します。
3 位置を選択します。
を選択します。
4
> 編集の順に選択します。
5
次の中からオプションを選択します。
6
• 名前を選択します。
• 電話番号を選択します。
• カテゴリーを保存した位置に割り当てるには、カテゴリー
を選択します。
• 地図上に保存した位置をマークするために使用する記号
を変更するには、 地図記号の変更を選択します。
7 情報を編集します。
8 OKを選択します。
保存した位置にカテゴリーを割り当てる
カスタムカテゴリーを使用して保存した位置を整理できます。
注: 位置を 12 件以上保存すると、カテゴリーが[保存した位
置]メニューに表示されます。
1 目的地検索 > 保存済みの順に選択します。
2 位置を選択します。
を選択します。
3
> 編集 > カテゴリーの順に選択します。
4
5 1 つ以上のカテゴリー名を、カンマ区切りで入力します。
6 必要に応じて、カテゴリーの候補を選択します。
7 OKを選択します。
保存した位置を削除する
注: 削除された位置情報を復元することはできません。
1 目的地検索 > 保存済みの順に選択します。
> 保存した場所の削除の順に選択します。
2
削除する保存済み位置情報にチェックをして、
削除を選択し
3
ます。
地図を使用する
地図を使用してルートのナビゲーションを行うこと (地図上のル
ート, 4 ページ)やアクティブなルートがないときに周囲の地図
を表示することができます。
1 地図表示を選択します。
2 地図上の任意の場所を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
• 地図をドラッグして、上下左右に回転します。
• 拡大または縮小するには、 または を選択します。
• ノースアップ表示と 3D 表示を切り替えるには、 を選択
します。
• 表示されたジャンル別施設をカテゴリー別にフィルタリ
ングするには、 を選択します。
地図を使用する
• ルートを開始するには、地図上で位置を選択し、 出発 (地
図を使用してナビゲーションを開始する, 3 ページ)を選択
します。
地図ツール
地図ツールを使用すると、地図を表示しながら情報やデバイスの
機能にすばやくアクセスできます。 地図ツールを有効化する
と、地図の端にあるパネルに表示されます。
停止: アクティブルートのナビゲーションを停止します。
ルートの変更: 迂回したり、ルートの場所をスキップしたりでき
ます。
この先: ルートや走行中の道路沿いの、この先の場所を表示しま
す (この先, 9 ページ)。
方向転換: ルートのこの先の方向転換のリストを表示します (方
向転換と方向指示を表示する, 4 ページ)。
出張データ: 速度や距離など、カスタマイズできるトリップデー
タを表示します (地図からトリップデータを表示する, 10 ペ
ージ)。
音量: マスターオーディオ音量を調節します。
輝度: 画面の輝度を調節します。
電話: 接続されている電話の最新の通話を表示し、通話中に通話
中オプションを表示します (通話中オプションを使用する,
15 ページ)。
トラフィック: ルート沿いまたはエリアの交通状況を表示します
(進行方向の交通事故を表示する, 10 ページ)。
天気: エリアの天気状況を表示します。
photoLive: photoLive サブスクリプションからのライブトラフ
ィックカメラを表示します (photoLive トラフィックカメラ,
15 ページ)。
カメラを通知: スピードカメラや赤信号カメラを通知できます。
このツールは、デバイスにスピードカメラデータや赤信号カ
メラデータがあり、Smartphone Link アプリ (電話とのペアリ
ングと Smartphone Link への接続を行う, 12 ページ)。
地図ツールを表示する
1 地図で を選択します。
2 地図ツールを選択します。
地図ツールが地図の端にあるパネルに表示されます。
3 地図ツールを使い終わったら、 を選択します。
地図ツールを有効にする
デフォルトでは、最も一般的に使用される地図ツールのみが[地
図ツール]メニューで有効にされています。 メニューには、最
大 12 個のツールを追加できます。
1 地図で > を選択します。
2 追加する各ツールの横にあるチェックボックスを選択しま
す。
3 保存を選択します。
この先
この先ツールは、ルートや走行中の道路沿いの、この先の場所に
ついての情報を提供します。 レストラン、ガソリンスタンド、
サービスエリアなど、この先のジャンル別施設を表示できます。
高速道路の走行中は、高速道路標識についての情報と同様に、こ
の先の出口や都市についての情報と利用できるサービスも表示
できます。
3 つのカテゴリーをこの先ツールに表示するようにカスタマイ
ズできます。
この先の場所を表示する
1 地図から > この先を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• 各カテゴリーの、次のこの先の場所を表示するには、必要
に応じて を選択します。
9
• この先の高速道路出口や都市についての情報と利用でき
るサービスを表示するには、 を選択します。
注: このオプションは、高速道路走行中、またはルートに
高速道路が含まれる場合にのみ利用可能です。
そのカテゴリー、出口、または都市について、場所のリスト
3
を表示する項目を選択します。
[この先]カテゴリーをカスタマイズする
この先ツールで表示する場所カテゴリーを変更できます。
1 地図から > この先を選択します。
2 カテゴリーを選択します。
を選択します。
3
4 次の中からオプションを選択します。
• リスト内のカテゴリーを上下に移動するには、カテゴリー
名の横にある矢印を選択してドラッグします。
• カテゴリーを変更するには、カテゴリーを選択します。
• カスタムカテゴリーを作成するには、カテゴリーを選択し
て、カスタム検索を選択し、ビジネスまたはカテゴリーの
名前を入力します。
5 OKを選択します。
トリップ情報
地図からトリップデータを表示する
地図上にトリップデータを表示するには、[地図ツール]メニュ
ーにこのツールを追加する必要があります (地図ツールを有効に
する, 9 ページ)。
地図で > 出張データを選択します。
トリップデータフィールドをカスタマイズする
トリップデータ地図ツールに表示されるデータをカスタマイズ
できるようにするには、まず、[地図ツール]メニューにトリッ
プデータツールを追加する必要があります (地図ツールを有効に
する, 9 ページ)。
1 地図で > 出張データを選択します。
2 トリップデータフィールドを選択します。
3 オプションを選択します。
トリップデータ地図ツールに、新しいトリップデータフィー
ルドが表示されます。
トリップ情報ページを表示する
トリップ情報ページには、速度が表示され、トリップに関する統
計情報が表示されます。
注: 経由地が多い場合はデバイスの電源をオンにしておいてく
ださい。走行中の経過時間を正確に計測できます。
地図で、 スピードを選択します。
軌跡ログを表示する
デバイスでは、軌跡ログ(走行した経路の記録)を保持していま
す。
1 設定 > 地図/車両 > 地図レイヤーの順に選択します。
2 軌跡ログチェックボックスをオンにします。
トリップ情報をリセットする
1 地図で、 スピードを選択します。
> フィールド のリセットの順に選択します。
2
3 次の中からオプションを選択します。
• 先頭ページのスピードメーター以外のデータフィールド
をすべてリセットするには、ルートのナビゲーションをし
ていないときに、 すべて選択を選択します。
• トリップコンピュータの情報をリセットするには、 トリップ
データのリセットを選択します。
• 最高速度をリセットするには、最高速度のリセットを選択
します。
10
• オドメーターをリセットするには、 トリップ B のリセッ
トを選択します。
進行方向の交通事故を表示する
現在のルートや走行中の道路の進行方向にある交通事故を表示
できます。
1 ナビゲーションの実行中に、 > トラフィックを選択します。
地図の右側にあるパネルに、進行方向で発生している交通事
故のうち、最も近くにあるものが表示されます。
2 この交通事故を選択して、追加情報を表示します。
地図上に交通渋滞情報を表示する
交通渋滞地図は、道路状況が色分けされて表示されます。
1 メインメニューで、 アプリケーション > トラフィックを選択します。
2 必要に応じて、 > 凡例を選択し、交通渋滞地図の凡例を表
示します。
交通事故情報を検索する
1 メインメニューで、 アプリケーション > トラフィックを選択します。
> 事故を選択します。
2
3 リストからアイテムを選択します。
4 事故が複数地点で発生しているときに別の事故を表示するに
は、矢印を使用します。
地図をカスタマイズする
地図レイヤーをカスタマイズする
ジャンル別施設を表すアイコンや道路状況など、地図上に表示す
るデータをカスタマイズできます。
1 設定 > 地図/車両 > 地図レイヤーの順に選択します。
2 地図に表示したいレイヤーを選択し、 保存を選択します。
地図データフィールドを変更する
1 地図からデータフィールドを選択します。
注: スピードはカスタマイズできません。
2 表示するデータの種類を選択します。
地図表示方法を変更する
1 設定 > 地図/車両 > 運転地図表示の順に選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• トラックアップ を選択すると地図が 2D 表示され、進行方向が常
に上になるように表示されます。
• ノースアップを選択すると地図が 2D 表示され、北が常に
上になるように表示されます。
• 3D を選択すると地図が 3D 表示されます。
3 保存を選択します。
トラフィックデータ
注記
Garmin は交通情報の正確性または適時性について責任を負いま
せん。
トラフィックデータは、すべての地域およびすべての製品モデル
で利用できるわけではありません。 トラフィックレシーバーお
よび利用可能な地域については、www.garmin.com/traffic を参照
してください。
交通渋滞を回避するには、デバイスがライブトラフィックデータ
を受信する必要があります。
• デバイスにトラフィックレシーバーが組み込まれている場
合、利用できる場所であれば、無線ブロードキャスト信号か
らトラフィックデータを受信できます。
• FM トラフィックレシーバーは、末尾が LT または LMT の製
品モデルに組み込まれています。
トラフィックデータ
• デジタルトラフィックレシーバーは、末尾が LMT-D または
LMTHD の製品モデルに組み込まれています。
• トラフィックレシーバーを使用してトラフィックデータを受
信するには、付属の電源ケーブルを使用してデバイスを車両
電源に接続する必要があります。
• トラフィックレシーバーを使用して情報を受信するには、デ
バイスがトラフィックデータ信号の範囲内にある必要があり
ます。
• デバイスは、Smartphone Link アプリからサブスクリプショ
ンサービスとしてトラフィック情報を受信できます。
トラフィックレシーバーを使用してトラフィッ
クデータを受信する
注記
ヒーター付き(熱線付き)フロントガラスは、交通情報受信機の
性能を低下させることがあります。
デバイスにトラフィックレシーバーが組み込まれている場合、利
用できる場所であれば、無線ブロードキャスト信号からトラフィ
ックデータを受信できます。 この機能は、すべての地域および
すべての製品モデルで利用できるわけではありません。
注: 一部の地域では、トラフィック情報は HD Radio™機能を使
用して FM ラジオ局から受信できます。
1 デバイスにトラフィックレシーバーが組み込まれていること
を確認します。
• FM トラフィックレシーバーは、末尾が LT または LMT の
製品モデルに組み込まれています。
• デジタルトラフィックレシーバーは、末尾が LMT-D また
は LMTHD の製品モデルに組み込まれています。
2 デバイスに付属する電源ケーブルを使用して、デバイスを車
両電源に接続します (デバイスを車両電源に接続する, 2 ペー
ジ)。
デバイスに付属する電源ケーブルには、トラフィックレシー
バー用のアンテナが組み込まれています。
ユーザーがトラフィック情報を利用できる地域にいれば、デバイ
スはトラフィック情報を表示でき、交通遅延の回避に役立ちま
す。
Smartphone Link を使用してトラフィックデー
タを受信する
ライブトラフィックサービスは、トラフィックデータをリアルタ
イムに提供します。
1 互換性のある電話に Smartphone Link をダウンロードします
(Smartphone Link をダウンロードする, 13 ページ)。
2 ライブトラフィックサービスを購読します(Garmin ライブサ
ービスに申し込む, 14 ページ)。
3 デバイスを、Smartphone Link を実行している電話に接続し
ます(電話とのペアリングと Smartphone Link への接続を行
う, 12 ページ)。
トラフィック購読について
購読の有効期限が切れている場合は、購読を追加購入または更新
することができます。 http://www.garmin.com/traffic にアクセス
します。
トラフィックサブスクリプションを表示する
設定 > トラフィック > 購読の順に選択します。
サブスクリプションを追加する
他の地域または国のトラフィックサブスクリプションを購入す
ることができます。
1 メインメニューで、 トラフィックを選択します。
2 購読 > を選択します。
3 FM トラフィックレシーバーのユニット ID を書き留めます。
音声コマンド
4 サブスクリプションを購入するには、 www.garmin.com
/fmtraffic にアクセスして 25 文字のコードを取得してくださ
い。
トラフィックサブスクリプションコードは再使用できませ
ん。 サービスを更新するたびに新しいコードを取得する必要
があります。 複数の FM トラフィックレシーバーを持ってい
る場合は、レシーバーそれぞれに個別のコードを取得する必
要があります。
デバイスで
次へを選択します。
5
6 コードを入力します。
7 OKを選択します。
トラフィックを有効にする
トラフィックデータを有効または無効にできます。
1 設定 > トラフィックの順に選択します。
2 トラフィックチェックボックスをオンにします。
音声コマンド
注: すべての言語や地域で音声コマンドが使用できるわけでは
ありません。また、音声コマンドを利用できないモデルもありま
す。
注: 周囲の音が大きい場合、音声認識ナビが望ましい性能を発
揮できない可能性があります。
音声コマンドを使って、単語やコマンドを読み上げてデバイスを
使用することができます。 [音声コマンド]メニューには、音
声プロンプトや利用可能なコマンドのリストが表示されます。
ウェイクアップフレーズを設定する
ウェイクアップフレーズは、音声コマンドをアクティブにするた
めに使用する単語またはフレーズです。 デフォルトのウェイク
アップフレーズは「音声コマンド」です。
ヒント: 強いウェイクアップフレーズを使用して、音声コマン
ドが誤動作する可能性を減らすことができます。
1 アプリケーション > 音声コマンド > > ウェイクアップフレーズの
順に選択します。
2 新しいウェイクアップフレーズを入力します。
フレーズを入力すると、デバイスにウェイクアップフレーズ
の強度が示されます。
3 OKを選択します。
音声コマンドを有効化する
ウェイクアップフレーズを発音します。
[音声コマンド]メニューが表示されます。
音声コマンドのヒント
• デバイスで指定される通常の音声で発音します。
• 音声やラジオなどの暗騒音を減らすと、音声認識の精度が向
上します。
• 画面にコマンドが表示されたら、そのコマンドを発音します。
• 必要に応じて、デバイスからの音声案内に応答します。
• 音声コマンドの誤作動を減らすには、ウェイクアップフレー
ズを長くします。
• デバイスが音声コマンドへ移行したこと、および終了したこ
とを確認する 2 つのトーンを聞きます。
音声コマンドを使用してナビゲーションを開始
する
人気のある、有名な場所の名前を発音できます。
1 ウェイクアップフレーズを発音します(ウェイクアップフレ
ーズを設定する, 11 ページ)。
2 場所の検索と発音します。
11
3 音声案内を聞き、場所の名前を発音します。
4 行番号を発音します。
5 ナビゲーションと発音します。
ミュートの手順
デバイスをミュートせずに、音声コマンドの音声案内を無効にす
ることができます。
1 アプリケーション > 音声コマンド > を選択します。
2 指示をミュート(消音)にする > 有効の順に選択します。
音声制御
音声コマンド機能が使用できない地域では、音声制御機能が有効
化されます。 音声制御機能を使用すると、音声によってデバイ
スを制御できるようになります。 音声制御機能を使用するに
は、自分の音声で制御できるよう設定する必要があります。
音声制御の設定
ボイスコマンド機能は、1 人のユーザーの音声で設定します。設
定後は他のユーザーの音声は認識されません。
1 アプリケーション > ボイスコマンドの順に選択します。
2 画面に表示される指示に従い、各音声制御フレーズのコマン
ドを記録します。
注: 画面のフレーズのとおりに読む必要はありません。 好み
に応じて、同じ意味を持つ別のコマンドを発音することもで
きます。
音声制御機能を使用するには、その機能に対して記録したコマン
ドを発音する必要があります。
音声制御の使用
1 ボイスコマンドフレーズに対して記録したコマンドを発音し
ます。
[音声制御]メニューが表示されます。
2 画面に表示される指示に従います。
音声制御のヒント
• デバイスで指定される通常の音声で発音します。
• 音声やラジオなどの暗騒音を減らすと、音声認識の精度が向
上します。
• 画面にコマンドが表示されたら、そのコマンドを発音します。
• デバイスがコマンドを正常に認識すると、トーンが 1 回鳴り
ます。
Bluetooth 接続の機能
デバイスには、互換性のあるスマートフォン用の、Bluetooth 接
続の機能がいくつか用意されています。 一部の機能を使用する
には、スマートフォンに Smartphone Link アプリをインストール
する必要があります。 詳細については、garmin.com
/smartphonelink を参照してください。
ハンズフリー通話: デバイスを使用して電話をかけたり受けたり
できるほか、デバイスをハンズフリースピーカーフォンとし
て使用できます。 選択した言語が音声コマンド機能をサポー
トしている場合は、音声コマンドを使用して電話をかけるこ
とができます。
通知: 電話の通知とメッセージをデバイスに表示します。 この
機能を利用できない言語もあります。
位置情報をデバイスに送信: スマートフォンから位置情報をナビ
ゲーションデバイスに送信できます。
Foursquare チェックイン: ナビゲーションデバイスを使用し
て、Foursquare の場所にチェックインできます。
最新の天気情報: リアルタイムの天気概況や警報をデバイスに送
信します。
Garmin ライブサービス: サブスクリプションベースのサービス
を提供して、交通状況、駐車場、詳細な天気予報のようなラ
イブデータをデバイスで表示します。
12
電話とのペアリングと Smartphone Link への
接続を行う
Bluetooth 機能を利用するには、Garmin DriveLuxe デバイスを電
話とペアリングする必要があります。 デバイスは、ペアリング
されると、電源がオンになって範囲内にあるときに、自動的に接
続されます。
一部の機能を使用するには、Smartphone Link アプリが必要で
す。Smartphone Link アプリには、ペアリングプロセス中、また
は後で接続できます。
1 電話のアプリストアから、Smartphone Link アプリをインス
トールします(オプション)。
Garmin
DriveLuxe デバイスと電話の距離は 3 m(10 ft.)以内
2
になるようにします。
3 Garmin DriveLuxe デバイスで、設定 > Bluetooth を選択し、
Bluetooth チェックボックスをオンにします。
4 デバイスの検索を選択します。
5 電話側で Bluetooth 無線技術を有効にして、電話を検出可能に
設定します。
詳細についてはデバイスのマニュアルを参照してください。
6 Garmin DriveLuxe デバイスで OK を選択します。
Garmin DriveLuxe デバイスが近くの Bluetooth デバイスの検
索を開始し、Bluetooth デバイスのリストが表示されます。 電
話がリストに表示されるまで、最大 1 分かかることがありま
す。
7 リストから電話を選択し、OK を選択します。
8 電話で、ペアリング要求を確認します。
9 電話で、Smartphone Link アプリを開きます(オプション)。
Apple デバイスとペアリングしている場合、Garmin
DriveLuxe の画面にセキュリティコードが表示されます。
10 必要に応じて、セキュリティコードを 30 秒以内に電話に入力
します。
®
Bluetooth 機能のステータスアイコン
ステータスアイコンは、Bluetooth 設定のペアリングされた各電
話の横に表示されます。
設定 > Bluetooth の順に選択します。
• グレーのアイコンは、その電話について、機能が無効になっ
ているか、切断されていることを示します。
• 色の付いたアイコンは、その電話について、機能が接続され
ていて、アクティブになっていることを示します。
ハンズフリー通話
スマート通知
Smartphone Link の機能とサービス
Apple デバイス用に Bluetooth 機能をセットア
ップする
デフォルトでは、電話をペアリングしたとき、互換性のあるすべ
ての Bluetooth 機能が有効になっています。 特定の機能を有効
にしたり、無効にしたり、カスタマイズしたりできます。
Apple デバイスの Smartphone Link アプリに接続する
Smartphone Link アプリに接続するには、Garmin DriveLuxe デバ
イスを電話とペアリングして接続する必要があります。
ペアリングプロセス中に Smartphone Link アプリに接続しなか
った場合は、接続すると、追加の Bluetooth 機能を利用できま
す。 Smartphone Link アプリは Bluetooth Smart 技術を利用し
て電話と通信します。 Apple デバイス上の Smartphone Link ア
プリに初めて接続するときは、Bluetooth Smart のセキュリティ
コードを入力する必要があります。
1 電話のアプリストアから、Smartphone Link アプリをインス
トールします。
2 電話で、Smartphone Link アプリを開きます。
Bluetooth 接続の機能
Garmin DriveLuxe デバイスの画面に、セキュリティコードが
表示されます。
3 電話で、コードを入力します。
Apple デバイスのハンズフリー通話を無効にする
ハンズフリー通話を無効にしても、Smartphone Link のデータと
通知のために電話に接続したままにすることができます。
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 ハンズフリー通話に使用する電話名を選択します。
ヒント: 電話では、異なる 2 つの名前を使用してハンズフリ
ー通話とデータに接続することがあります。ハンズフリー通
話に使用する電話名の横に、色の付いた が表示されます。
3 通話チェックボックスをオフにします。
Apple デバイスの Smartphone Link のデータとスマート
通知を無効にする
Smartphone Link のデータとスマート通知を無効にしても、ハン
ズフリー通話のために電話に接続したままにすることができま
す。
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 Smartphone Link のデータと通知に接続する電話名を選択し
ます。
ヒント: お使いの電話は、異なる 2 つの名前を使用してハン
ズフリー通話およびデータに接続することがあります。デー
タと通知に使用する電話名の横に と が青で表示されま
す。
3 スマートフォンサービスチェックボックスをオフにします。
Apple デバイスの通知カテゴリを表示または非表示にする
カテゴリを表示または非表示にして、デバイスに表示される通知
をフィルタリングできます。
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 Smartphone Link のデータと通知に接続する電話名を選択し
ます。
ヒント: お使いの電話は、異なる 2 つの名前を使用してハン
ズフリー通話およびデータに接続することがあります。デー
タと通知に使用する電話名の横に と が色付きで表示さ
れます。
3 スマート通知を選択します。
4 表示する各通知の横にあるチェックボックスをオンにしま
す。
Android™が搭載されたスマートフォンの
Bluetooth 機能をセットアップする
デフォルトでは、電話をペアリングしたとき、互換性のあるすべ
ての Bluetooth 機能が有効になっています。 特定の機能を有効
にしたり、無効にしたり、カスタマイズしたりできます。
Android スマートフォンの Smartphone Link アプリに接
続する
Smartphone Link アプリに接続するには、Garmin DriveLuxe デバ
イスを電話とペアリングして接続する必要があります。
ペアリングプロセス中に Smartphone Link アプリに接続しなか
った場合は、接続すると、追加の Bluetooth 機能を利用できま
す。
1 電話のアプリストアから、Smartphone Link アプリをインス
トールします。
2 電話で Smartphone Link アプリを開きます。
Android が搭載されたスマートフォンの Bluetooth 機能
を無効にする
特定の Bluetooth 機能を無効にしても、他の機能には接続したま
まにすることができます。
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 電話名を選択します。
3 次の中からオプションを選択します。
Bluetooth 接続の機能
• ハンズフリー通話を無効にするには、通話チェックボック
スをオフにします。
• Smartphone Link のデータとスマート通知を無効にするに
は、Smartphone Link チェックボックスをオフにします。
• 特定のアプリ通知を無効にするには、Smartphone Link ア
プリの設定を使用します。
Android が搭載されたスマートフォンの通知を表示または非表
示にする
Smartphone Link アプリを使用して、Garmin DriveLuxe デバイス
に表示する通知の種類を選択できます。
1 電話で Smartphone Link アプリを開きます。
を選択します。
2
3 スマート通知チェックボックスがオンになっていることを確
認します。
4 通知セクションから、設定を選択します。
通知カテゴリとアプリのリストが表示されます。
5 次の中からオプションを選択します。
• 通知を有効または無効にするには、カテゴリまたはアプリ
名の横にある切り替えスイッチを選択します。
• リストにアプリを追加するには、 を選択します。
Smartphone Link
Smartphone Link は電話データ接続を使用して位置データを電
話と同期しライブ情報にアクセスするための電話アプリケーシ
ョンです。 デバイスは Bluetooth 無線技術を使用して、
Smartphone Link からデータを転送します。 ライブ情報は
Garmin ライブサービスが提供する無料の購読ベースプランから
利用できます(Garmin ライブサービス, 13 ページ)。
デバイスを Smartphone Link に接続するたびに、保存されている
場所と最近検索した場所が電話と同期されます。
Smartphone Link をダウンロードする
Smartphone Link は一部のスマートフォンで利用できます。 互
換性と購入情報については、 www.garmin.com/smartphonelink
を参照するか、お使いの携帯電話のアプリケーションストアを参
照してください。
サポートされている電話のアプリケーションストアから
Smartphone Link をダウンロードします。
アプリケーションのダウンロードとインストールについて
は、使用している電話に付属のマニュアルを参照してくださ
い。
電話からデバイスに位置を送信する
Smartphone Link は、電話にナビゲーションアプリケーションと
して登録されています。
1 電話から、ある位置へのナビゲーションを開始するためのボ
タンを選択します(電話に付属のマニュアルを参照)。
2 アプリケーションメニューで、Smartphone Link を選択しま
す。
次回、デバイスを電話に接続すると、その位置が、デバイスの最
近検索した場所に転送されます。
Garmin ライブサービス
Garmin ライブサービスを使用する前に、Smartphone Link が実
行されているサポートされている電話にデバイスを接続してお
く必要があります(電話とのペアリングと Smartphone Link への
接続を行う, 12 ページ)。
Smartphone Link に接続すると、 Garmin ライブサービスにアク
セスできるようになります。 Garmin ライブサービスには、渋滞
状況や天気などのライブデータをデバイスで表示するための、サ
ブスクリプションベースプランが無料で用意されています。
天気など、サービスの中には独立したアプリとしてデバイスで使
用するものがあります。 また、ライブトラフィックなど、デバ
イスに既に存在しているナビゲーション機能を強化するサービ
スもあります。 Garmin ライブサービスへのアクセスを必要と
13
する機能には、Smartphone Link 記号が、デバイスが Smartphone
Link に接続されている場合のみ表示されます。
Garmin ライブサービスに申し込む
Garmin ライブサービスに申し込むには、あらかじめ、電話に
Smartphone Link アプリをインストールしておく必要がありま
す。
1 電話の Smartphone Link アプリを起動します (電話とのペア
リングと Smartphone Link への接続を行う, 12 ページ)。
2 マイアカウントを選択します。
サービスとサブスクリプション価格の一覧が表示されます。
3 サービスを選択します。
4 価格を選択します。
5 サブスクリプションを選択します。
6 画面に表示される指示に従います。
スマート通知
デバイスが Smartphone Link アプリに接続されているときは、
Garmin DriveLuxe デバイスのスマートフォンから、テキストメ
ッセージ、着信、カレンダーの予定のような通知を表示できま
す。
注: ナビゲーションデバイスが Smartphone Link アプリに接続
した後、ナビゲーションデバイス上で通知を受信するまで数分間
待つことが必要な場合があります。スマート通知が接続され、ア
クティブになると、Bluetooth 設定に が色付きで表示されます
(Bluetooth 機能のステータスアイコン, 12 ページ)。
通知を受信する
注記
運転中は通知を読んだり返信したりしないでください。
Garmin DriveLuxe デバイスで通知を受信するには、デバイスを
スマートフォンおよび Smartphone Link アプリに接続する必要
があります。
デバイスがスマートフォンから通知を受信すると、ほとんどのペ
ージからポップアップが表示されます。 デバイスが移動中の場
合、通知を表示するには、自分が乗客であり、運転者ではないこ
とを確認する必要があります。
注: 地図を表示している場合、通知は地図ツールに表示されま
す。
• 通知を無視するには、OK を選択します。
ポップアップが閉じますが、通知は電話でアクティブのまま
です。
• 通知を表示するには、表示を選択します。
• 通知を聞くには、表示 > 再生の順に選択します。
デバイスは TTS(Text-to-Speech)技術を利用して通知を読
み上げます。 この機能を利用できない言語もあります。
• 電話からその通知を却下するなど追加アクションを実行する
には、表示を選択してからオプションを選択します。
注: 追加アクションは、一部の通知タイプでのみ利用でき、
通知を生成したアプリでサポートされている必要がありま
す。
地図の表示中に通知を受信する
注記
運転中は通知を読んだり返信したりしないでください。
Garmin DriveLuxe デバイスで通知を受信するには、デバイスを
スマートフォンおよび Smartphone Link アプリに接続する必要
があります。
地図を表示しているとき、画面の端にある地図ツールに新しい通
知が表示されます。 デバイスが移動中の場合、通知を表示する
には、自分が乗客であり、運転者ではないことを確認する必要が
あります。
• 通知を確認するには、 を選択します。
14
•
•
•
•
ポップアップが閉じますが、通知は電話でアクティブのまま
です。
通知を表示するには、通知テキストを選択します。
通知を聞くには、メッセージを再生を選択します。
デバイスは TTS(Text-to-Speech)技術を利用して通知を読
み上げます。 この機能を利用できない言語もあります。
音声コマンドを使用して通知を聞くには、メッセージを再生
を選択します。
注: このオプションが利用可能なのは、選択した言語で音声
コマンド機能がサポートされていて、地図ツールに が表示
されているときだけです。
電話からその通知を却下するなど追加アクションを実行する
には、表示を選択してからオプションを選択します。
注: 追加アクションは、一部の通知タイプでのみ利用でき、
通知を生成したアプリでサポートされている必要がありま
す。
通知のリストを表示する
すべてのアクティブな通知のリストを表示できます。
1 アプリケーション > スマート通知の順に選択します。
通知のリストが表示されます。 未読の通知は黒で表示され、
以前に読まれた通知はグレーで表示されます。
2 次の中からオプションを選択します。
• 通知を表示するには、通知の説明を選択します。
• 通知を聞くには、 を選択します。
デバイスは TTS(Text-to-Speech)技術を利用して通知を
読み上げます。 この機能を利用できない言語もあります。
ハンズフリー通話
注: ほとんどの携帯電話とヘッドセットは対応しており使用で
きますが、特定の携帯電話やヘッドセットの使用は保証できませ
ん。 お使いの携帯電話では、一部の機能が利用できない場合が
あります。
Bluetooth 無線技術を使用すると、デバイスを携帯電話に接続し、
ハンズフリーデバイスとして使用できます。 接続されている間
は、デバイスで電話をかけたり受けたりすることができます。
電話をかける
番号をダイヤルする
1 アプリケーション > 電話 > ダイヤルの順に選択します。
2 番号を入力します。
3 ダイヤルを選択します。
電話帳の連絡先に電話をかける
電話とデバイスが接続されるたびに電話帳が電話からデバイス
にロードされます。 電話帳が利用可能になるまでに数分かかる
ことがあります。 一部の電話機ではこの機能はサポートされて
いません。
1 アプリケーション > 電話 > 電話帳の順に選択します。
2 連絡先を選択します。
3 通話を選択します。
施設に電話をかける
1 アプリケーション > 電話 > カテゴリーを参照の順に選択します。
2 ジャンル別施設を選択します。
3 通話を選択します。
電話を受ける
電話がかかってきたときには、回答または無視を選択します。
通話履歴を使用する
電話とデバイスが接続されるたびに通話履歴が電話からデバイ
スにロードされます。 通話履歴が利用可能になるまでに数分か
かることがあります。 一部の電話機ではこの機能はサポートさ
れていません。
Bluetooth 接続の機能
1 アプリケーション > 電話 > 通話履歴の順に選択します。
2 カテゴリーを選択します。
通話の一覧が表示されます。最新の通話が一番上です。
3 通話を選択します。
通話中オプションを使用する
通話中に、地図から通話中オプションを選択できます。
• 音声の出力先を電話に切り替えるには、 を選択します。
ヒント: この機能は、通話中にデバイスの電源をオフにする
場合やスピーカーでなく電話で話したい場合に使用します。
• ダイヤルパッドを使用するには、 を選択します。
ヒント: この機能を使用して、留守番電話などの自動システ
ムを使用できます。
• マイクをミュートするには、 を選択します。
• 電話を切るには、 を選択します。
自宅の電話番号を保存する
ヒント: 自宅の電話番号を保存した後で、この番号を編集する
には、保存した位置リストにある「自宅」を編集します(保存し
た位置を編集する, 9 ページ)。
1 アプリケーション > 電話 > > 自宅電話番号の設定の順に選択しま
す。
2 電話番号を入力します。
3 OKを選択します。
自宅に電話をかける
自宅に電話をかける前に、自宅の電話番号を入力する必要があり
ます。
アプリケーション > 電話 > 自宅へ電話の順に選択します。
Bluetooth デバイスの取り外し
ペアリングされているデバイスのリストから削除しないで、
Bluetooth デバイスを一時的に取り外すことができます。
Bluetooth デバイスは Garmin DriveLuxe デバイスに後で自動的
に接続できます。
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 接続を解除するデバイスを選択します。
3 ペアリングされているデバイスの名前の横にあるチェックボ
ックスをオフにします。
ペアリングした電話を削除する
ペアリングした電話とのペアリングを解除して、今後自動的にデ
バイスに接続できないようにできます。
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 電話を選択して、 ペアリングの解除を選択します。
アプリケーションを使用する
ヘルプファイルの表示
フルマニュアルを参照するには、アプリケーション > ヘルプの順に選
択します。
ヘルプトピックを検索する
アプリケーション > ヘルプ >
天気予報を表示する
の順に選択します。
この機能を使用するには、デバイスで天気予報データを受信して
いる必要があります。 デバイスを Smartphone Link アプリに接
続して、天気予報データを受信できます (電話とのペアリングと
Smartphone Link への接続を行う, 12 ページ)。 一部の地域で
は、デジタルトラフィックレシーバーが組み込まれている製品モ
デルで、無線デジタルトラフィック信号から地域の天気情報を受
信できます (トラフィックデータ, 10 ページ)。 天気予報を利用
できない地域もあります。
アプリケーションを使用する
1 アプリケーション > 天気を選択します。
デバイスは、現在の天気概況と今後数日間の予報を表示しま
す。
2 曜日を選択します。
選択した曜日の詳細な天気予報が表示されます。
別の都市周辺の天気を表示する
1 アプリケーション > 天気 > 現在地の順に選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• お気に入りの都市の天気を表示するには、リストの都市を
選択します。
• お気に入りの都市を追加するには、 都市の追加を選択し、
都市名を入力します。
気象観測レーダーを表示する
この機能を使用する前に、スマートフォンリンクを使用して、詳
細な天気予報サービスを購入する必要があります。
地図上に現在の天候が色分けされたアニメーションで表示され、
天気アイコンも表示されます。 天気アイコンが、雨、雪、雷雨
など、近隣の天候の表示に変化します。
1 アプリケーション > 天気を選択します。
2 必要に応じて、都市を選択します。
> 気象観測レーダーを選択します。
3
気象警報を表示する
この機能を使用する前に、スマートフォンリンクを使用して、詳
細な天気予報サービスを購入する必要があります。
デバイスと共に移動中に、気象警報が地図上に表示されることが
あります。 また、現在地または選択した都市周辺の気象警報の
地図を表示することもできます。
1 アプリケーション > 天気を選択します。
2 必要に応じて、都市を選択します。
> 気象警報の順に選択します。
3
道路状況を確認する
この機能を使用する前に、スマートフォンリンクを使用して、詳
細な天気予報サービスを購入する必要があります。
1 アプリケーション > 天気を選択します。
2 必要に応じて、都市を選択します。
> 道路状況を選択します。
3
photoLive トラフィックカメラ
photoLive トラフィックカメラは、主要な道路および交差点の交
通状況をライブ画像で提供します。 定期的に表示させるカメラ
を保存できます。
トラフィックカメラを保存する
この機能を使用する前に、photoLive サービスに申し込み、
Smartphone Link が実行されているサポートされている電話に
デバイスを接続しておく必要があります(Smartphone Link, 13
ページ)。
この機能を利用できない地域もあります。
1 アプリケーション > photoLive を選択します。
2 触れて追加を選択します。
3 道路を選択します。
4 交差点を選択します。
5 保存を選択します。
トラフィックカメラを表示する
トラフィックカメラを表示できるようにするには、トラフィック
カメラを保存する必要があります(トラフィックカメラを保存す
る, 15 ページ)。
1 アプリケーション > photoLive の順に選択します。
2 カメラを選択します。
15
前のルートと目的地を表示する
シミュレートされた場所を設定する
地図および車両設定
屋内にいる場合、または衛星信号を受信していない場合、GPS
を使用してシミュレートした場所を設定することができます。
1 設定 > ナビゲーション > GPS シミュレーターを選択します。
2 メインメニューで、 地図表示を選択します。
3 地図を 2 回タップして、エリアを選択します。
この位置の住所が画面の下部に表示されます。
4 位置の説明を選択します。
5 現在地変更を選択します。
地図を有効にする
バックアップカメラ設定で、ペアリングされた Garmin バックア
ップカメラの管理と設定を行えます。 このメニューは、ナビゲ
ーションデバイスがワイヤレスカメラのレシーバーケーブルに
接続されている場合にのみ、そのデバイスに表示されます。 カ
メラのペアリングと設定についての詳細は、バックアップカメラ
のマニュアルを参照してください。 garmin.com/babycam にア
クセスして、Garmin バックアップカメラを購入します。
設定 > バックアップカメラの順に選択し、ペアリングされたカ
メラを選択します。
ペアリングの解除: ペアリングされているカメラを削除します。
表示する前にデバイスとケーブルを使用して再度カメラをペ
アリングする必要があります。
名前を変更: ペアリングされているカメラの名前を変更できま
す。
ガイダンスライン: ガイダンスラインを表示または非表示にした
り、ガイダンスラインの位置を調整できます。
この機能を使用する前に、走行履歴機能を有効にする必要があり
ます (デバイスおよびプライバシー設定, 17 ページ)。
前のルートと停止した場所を地図上に表示することができます。
アプリケーション > 目的地の履歴を選択します。
デバイスをカスタマイズする
設定 > 地図/車両の順に選択します。
車両: 地図上での自分の位置を表すアイコンを設定します。
運転地図表示: 地図の表示方法を設定します。
詳細度: 地図の詳細度を設定します。 詳細度が高いほど、地図の
描画に時間がかかることがあります。
地図テーマ: 地図データの色を変更します。
地図ツール: 地図のツールメニューに表示するショートカットを
設定します。
地図レイヤー: 地図ページに表示するデータを設定します (地図
レイヤーをカスタマイズする, 10 ページ)。
自動ズーム: 地図の使用に最適なズームレベルが自動的に選択さ
れます。 無効にすると、ズームインまたはズームアウトを手
動で行う必要があります。
マイマップ: デバイスで使用されるインストール済み地図を設定
します。
デバイスにインストールされている地図製品を有効にすること
ができます。
ヒント: 追加の地図製品を購入するには、http://buy.garmin.com
にアクセスしてください。
1 設定 > 地図/車両 > マイマップの順に選択します。
2 地図を選択します。
ナビゲーション設定
設定 > ナビゲーションの順に選択します。
ルートのプレビュー: ナビゲーションを開始すると、ルートの幹
線道路のプレビューを表示します。
計算モード: ルート計算方法を設定します。
疲労警告: 休憩なしに長時間運転を続けると警告します。
回避: ルート上で回避する道路の特徴を設定します。
カスタム回避: 特定の道路や地域を回避することができます。
環境ゾーン: お使いの車両に適用される可能性がある環境または
排出制限のある地域に回避の環境設定を行います。
有料道路: 有料道路を回避する環境設定を設定します。
通行料金: 有料道路と料金ステッカーを回避する環境設定を設定
します。
注: この機能を利用できない地域もあります。
制限モード: 運転中に注意散漫になって事故を招く恐れのあるす
べてのデバイス機能が無効になります。
GPS シミュレーター: デバイスによる GPS 信号の受信を停止
し、バッテリーを節約します。
計算モードの設定
設定 > ナビゲーション > 計算モードの順に選択します。
ルート計算モードは、道路の速度データや車両の加速率に基づい
ています。
時間優先: 一番早く目的地に到達できるルートを計算しますが、
走行距離は長くなることがあります。
距離優先: 走行距離が短くなるようにルートを計算しますが、走
行時間は長くなることがあります。
直行: 現在地から目的地までの直線距離を計算します。
16
バックアップカメラ設定
babyCam 設定
babyCam 設定で、ペアリングされた Garmin babyCam™カメラ
の管理と設定を行えます。 このメニューは、ナビゲーションデ
バイスがワイヤレスカメラのレシーバーケーブルに接続されて
いる場合にのみ、そのデバイスに表示されます。 カメラのペア
リングとカメラの設定についての詳細は、お使いのカメラのマニ
ュアルを参照してください。 garmin.com/babycam に移動して
Garmin babyCam カメラを購入します。
設定 > babyCam の順に選択し、ペアリングされたカメラを選択
します。
電源の設定: ビデオを画面に表示する時間を設定できます。
ビデオを反転: ビデオを上下または左右に反転できます。
整列: babyCam ビデオを表示してカメラを整列できます。
シート確認を確認: 降車する前に後部座席の乗員をチェックする
ように促します。
ペアリングの解除: ペアリングされているカメラを削除します。
名前を変更: ペアリングされているカメラの名前を変更できま
す。
Bluetooth 設定
設定 > Bluetooth の順に選択します。
Bluetooth: Bluetooth 無線技術を有効にします。
デバイスの検索: 周辺にある Bluetooth 搭載デバイスを検索しま
す。
フレンドリー名: Bluetooth 無線技術で、デバイスの識別に使用さ
れるわかりやすい名前を入力します。
Bluetooth を無効にする
1 設定 > Bluetooth の順に選択します。
2 Bluetooth を選択します。
ディスプレイ設定
設定 > 表示の順に選択します。
デバイスをカスタマイズする
カラーモード: 昼または夜のカラーモードを選択できます。 自
動オプションを選択すると、時刻により昼または夜のカラー
が自動的に切り替わります。
輝度: ディスプレイの輝度を調節できます。
ディスプレイ省電力モード: バッテリー電源の使用時にデバイス
がスリープモードに移行するまでのアイドル時間を設定でき
ます。
キャプチャ: デバイス画面の画像を撮影できます。 スクリーン
ショットは、デバイスの Screenshot フォルダに保存されま
す。
トラフィック設定
メインメニューで、設定 > トラフィックの順に選択します。
トラフィック: トラフィックを有効にします。
現在のプロバイダ: トラフィックデータに使用するトラフィック
プロバイダを設定します。 自動オプションでは、利用可能な
最適なトラフィックデータが自動的に選択されます。
購読: 現在のトラフィックサブスクリプションをリスト表示しま
す。
最適なルート: デバイスが最適な代替ルートを自動的に、または
要求に応じて使用できるようにします (ルート上の交通遅延
を回避する, 6 ページ)。
交通アラート: 交通アラートを表示する交通遅延状態の程度を設
定します。
デバイスおよびプライバシー設定
デバイスの設定ページを開くには、 設定 > デバイスを選択しま
す。
バージョン情報: ソフトウェアバージョン番号、ユニット ID 番
号、その他の複数のソフトウェア機能についての情報を表示
します。
EULA: エンドユーザー使用許諾契約を表示します。
注: システムソフトウェアの更新または追加地図データの購
入時に、この情報が必要となります。
位置レポート: 位置情報を Garmin と共有してコンテンツの品質
を向上させます。
走行履歴: デバイスで myTrends 目的地の履歴、および軌跡ログ
機能に関する情報を記録します。
走行履歴の消去: myTrends 目的地の履歴、および奇跡ログ機能
から走行履歴を消去します。
設定を初期化する
設定のカテゴリーまたはすべての設定を工場出荷時の初期設定
値に戻すことができます。
1 設定を選択します。
2 必要に応じて、設定のカテゴリーを選択します。
> 初期化の順に選択します。
3
デバイス情報
単位および時間設定
単位および時間設定ページを開くには、メインメニューで、 設
定 > 単位/時間の順に選択します。
現在の時刻: デバイスの時間を設定します。
時刻の形式: 表示時間に 12 時間、24 時間、または UTC を選択で
きます。
単位: 距離の測定に使用する単位を設定します。
位置フォーマット: 地理座標に使用する座標形式とデータを設定
します。
時間を設定する
1 メインメニューから時間を選択します。
2 次の中からオプションを選択します。
• GPS 情報を使用して自動的に時間を設定するには、 自動
を選択します。
• 時間を手動で設定するには、数字を上下にドラッグしま
す。
言語およびキーボード設定
[言語およびキーボード設定]を開くには、メインメニューから
設定 > 言語/キーボードを選択します。
音声言語: 音声案内の言語を変更します。
テキスト言語: 画面に表示されるすべてのテキストを、選択され
た言語に変更します。
注: テキスト言語を変更しても、ユーザー入力データまたは
通り名などの地図データの言語は変更されません。
キーボード言語: キーボード言語を有効にします。
近接アラート設定
注: 近接ポイントアラートを表示するには、カスタム POI(主
要ポイント)がロードされている必要があります。
注: この機能を利用できない地域もあります。
設定 > 近接アラートの順に選択します。
オーディオ: 近接ポイントに近づいた時に鳴るアラートのスタイルを
設定します。
アラート: アラートが鳴る近接ポイントの種類を設定します。
デバイス情報
仕様
動作温度範囲
-20°~55°C(-4°~131°F)
充電温度範囲
0°~45°C(32°~113°F)
電源入力
付属の車両用電源ケーブルを使用した電源供給 別売
アクセサリーを使用して AC 電源から電源供給(家庭
やオフィスでの使用時限定)
バッテリータイ 充電式リチウムイオン
プ
電源ケーブル
デバイスはさまざまな方法で電源をオンにできます。
• 車両電源ケーブル
• USB ケーブル
• AC アダプター(別売アクセサリ)
デバイスを充電する
注: このクラス III 製品は LPS 電源により電源が供給されます。
以下のいずれかの方法で、デバイスのバッテリーを充電すること
ができます。
• デバイスをマウントに取り付けて、マウントを車両電源に接
続します。
注記
デバイスを車両電源ケーブルに直接接続しないでください。
• USB ケーブルを使用してデバイスをコンピュータに接続し
ます。
コンピュータに接続しているときは、デバイスの充電に時間
がかかる場合があります。 一部のポータブルコンピュータで
は、デバイスが充電されない場合があります。
• コンセント電源アダプターなどのオプション電源アダプター
アクセサリにデバイスを接続します。
家庭用またはオフィス用に適した、承認済みの Garmin ACDC アダプターを Garmin 販売店または www.garmin.com か
ら購入できます。
17
デバイスのメンテナンス
デバイスのお手入れ
注記
装置を落とさないようにしてください。
長時間高温に晒されるような場所に装置を保管しないでくださ
い。破損する可能性があります。
タッチスクリーンの操作に硬いものやとがったものは絶対に使
用しないでください。スクリーンを傷つける恐れがあります。
デバイスを水に濡らさないでください。
車両からデバイスに充電できない場合は、車両用アダプターの先
端にあるヒューズの交換が必要な場合があります。
1 先端 を反時計回りに 90 度回して、ロック解除します。
外側ケースのクリーニング
2
3
注記
化学洗剤や溶媒は使用しないでください。プラスチック部品が
損傷する可能性があります。
4
5
1 低刺激性の洗浄液で湿らせた布で、デバイスの外側ケース(タ
ヒント: 先端の取り外しには、硬貨を使用する必要がある場
合があります。
先端、銀色のチップ 、およびヒューズ を取り外します。
1 A または 2 A など、同じ電流の新しい速断ヒューズを挿入し
ます。
銀色のチップが先端にはまっていることを確認します。
先端を押し込み、90 度回転して、車両電源ケーブル にロッ
クします。
ッチスクリーン以外)を拭きます。
トラブルシューティング
2 デバイスの湿気を拭き取ります。
タッチスクリーンのクリーニング
吸盤がフロントガラスに取り付けられない
1 柔らかく、清潔で糸くずの出ない布を使用します。
1 吸盤とフロントガラスを消毒用アルコールで拭き取ります。
2 必要に応じて、布を軽く湿らせます。
2 乾燥した清潔な布で乾かします。
3 湿らせた布を使用する場合は、デバイスの電源をオフにして、 3 吸盤を取り付けます (デバイスを車両電源に接続する, 2 ペー
デバイスを電源から切り離します。
4 力を入れずに画面を布で拭きます。
盗難防止
• 使用しないときは、デバイスおよびマウントを見えるところ
から取り外してください。
• 吸着カップによって付いたフロントガラス上の汚れを取り除
いてください。
• ユニットをダッシュボードのグローブボックスに入れておか
ないでください。
• お使いのデバイスは http://my.garmin.com で登録してくださ
い。
デバイスをリセットする
デバイスが動作を停止した場合は、リセットできます。
電源キーを 12 秒間押し続けます。
デバイス、マウント、吸着カップを取り外す
マウントからデバイスを取り外す
1 デバイスの上部と下部をしっかり持ちます。
2 マグネットから外れるまで、デバイスの下端を自分の方へ引
きます。
デバイスを自分に対し垂直に引くと、マウントが吸着カップ
から外れる可能性があります。
吸着カップからマウントを取り外す
1 デバイスのマウントを右または左に回転させます。
2 マウントのソケットから吸着カップのボールが外れるまで力
を掛けます。
フロントガラスから吸着カップを取り外す
1 吸着カップのレバーを自分の方に倒します。
2 吸着カップのつまみを自分の方に引きます。
車両電源ケーブルのヒューズを交換する
注記
ヒューズを交換する場合は、小さな部品をすべてなくさないよう
にし、それらを正しい場所に戻してください。 車両電源ケーブ
ルを誤って取り付けると、動作しません。
18
ジ)。
デバイスで衛星信号を受信できない
• GPS シミュレーターがオフになっていることを確認します
(ナビゲーション設定, 16 ページ)。
• 駐車場からデバイスを持ち出して、高層ビルや樹木から離し
てください。
• 数分間静止したままにします。
デバイスを車両で充電できない
• 車両電源ケーブルのヒューズを点検します (車両電源ケーブ
ルのヒューズを交換する, 18 ページ)。
• 車両のイグニッションがオンになっており、電源コンセント
に電気が流れていることを確認します。
• 車内温度が仕様で指定されている充電温度範囲内であること
を確認します。
• 車両の電源コンセントのヒューズが切れていないことを確認
します。
充電しても電池の電力が長持ちしない
• 画面の輝度を下げます (ディスプレイ設定, 16 ページ)。
• ディスプレイのタイムアウトを短くします (ディスプレイ設
定, 16 ページ)。
• 音量を下げます (音量を調整する, 2 ページ)。
• Bluetooth 無線技術を無効にします (Bluetooth を無効にする,
16 ページ)。
• 使用していないデバイスはスリープモードにします (デバイ
スの電源をオンまたはオフにする, 2 ページ)。
• デバイスを高温になる場所に保管しないでください。
• デバイスは直射日光の当たるところに放置しないでくださ
い。
使用しているデバイスが、コンピュータのリム
ーバブルデバイスとして表示されません
大半の Windows コンピュータでは、デバイスは Media Transfer
Protocol(MTP)を使用して接続されます。 MTP モードでは、
デバイスはリムーバブルドライブではなく、ポータブルデバイス
として表示されます。 MTP モードは、 Windows 7、 Windows
デバイスのメンテナンス
Vista 、および Windows XP Service Pack 3( Windows Media
Player 10 付属)でサポートされています。
用して、地図、イメージ、ジオキャッシュ、ルート、ウェイポイ
ント、およびカスタム POI などのファイルを保存できます。
使用しているデバイスが、コンピュータのポー
タブルデバイスとして表示されません
デバイスをコンピュータに接続する
®
Mac コンピュータや、一部の Windows コンピュータでは、デバ
イスは USB 大容量記憶装置モードを使用して接続されます。
USB 大容量記憶装置モードでは、このデバイスは、ポータブル
デバイスではなく、リムーバブルドライブまたはボリュームとし
て表示されます。 Windows のうち、 Windows XP Service Pack
3 より前のバージョンでは、USB 大容量記憶装置モードを使用し
ます。
使用しているデバイスは、コンピュータのポー
タブルデバイス、リムーバブルドライブ、ボリ
ュームのいずれとしても表示されません
1 コンピュータから USB ケーブルを取り外します。
2 デバイスの電源をオフにします。
3 USB ケーブルをデバイスおよびコンピュータの USB ポート
に接続してください。
ヒント: USB ケーブルは、USB ハブではなく、コンピュー
ターの USB ポートに接続する必要があります。
デバイスが自動的にオンになり、MTP モード、または USB 大容
量記憶装置モードになります。 コンピュータとデバイスが接続
されている画像が、デバイス画面に表示されます。
注: お使いのコンピュータで複数のネットワークドライブがマ
ッピングされている場合、Windows が Garmin ドライブにドライ
ブレターを割り当てる際に不具合が生じている可能性がありま
す。 ドライブレター割り当てについての詳細は、オペレーティ
ングシステムのヘルプファイルを参照してください。
電話がデバイスに接続されません
• 設定 > Bluetooth の順に選択します。
Bluetooth フィールドは 有効に設定する必要があります。
• 電話で Bluetooth 無線技術を有効にし、デバイスから 10m(33
フィート)以内の範囲に電話を持ってきます。
• 詳細については、www.garmin.com/bluetooth を参照してくだ
さい。
付録
地図およびデータ用のメモリカードを挿入する
メモリカードを挿入して、デバイスの地図やその他のデータの記
憶容量を増やすことができます。 メモリカードを家電量販店か
ら購入するか、www.garmin.com/maps にアクセスして Garmin
地図ソフトウェアがあらかじめロードされているメモリカード
を購入できます。 このデバイスは、4~32 GB の microSD メモ
リカードに対応しています。
1 デバイスの地図およびデータメモリカードスロットの場所を
確認します (Garmin DriveLuxe 50 デバイスの概要, 1 ペー
ジ)。
2 メモリカードをスロットに挿入します。
3 カチッと音がするまで押し込んでください。
USB ケーブルを使用して、デバイスをコンピュータに接続でき
ます。
1 USB ケーブルの小さい方の端をデバイスのポートに接続し
ます。
2 USB ケーブルの大きい方の端をコンピュータのポートに接
続します。
コンピュータとデバイスが接続されている画像が、デバイス
画面に表示されます。
コンピュータのオペレーティングシステムにより、デバイス
はポータブルデバイス、リムーバブルドライブ、またはリム
ーバブルボリュームとして表示されます。
コンピュータからデータを転送する
1 デバイスをコンピュータに接続します(デバイスをコンピュ
ータに接続する, 19 ページ)。
コンピュータのオペレーティングシステムにより、デバイス
はポータブルデバイス、リムーバブルドライブ、またはリム
ーバブルボリュームとして表示されます。
2 コンピュータで、ファイルブラウザを開きます。
3 ファイルを選択します。
4 [編集] > [コピー]の順に選択します。
5 デバイス上のフォルダを参照します。
注: リムーバブルドライブまたはボリュームの場合、Garmin
フォルダにファイルを入れないでください。
6 [編集] > [貼り付け]の順に選択します。
USB ケーブルを取り外す
デバイスがリムーバブルドライブまたはボリュームとしてコン
ピュータに接続されている場合、データの損失を避けるため、デ
バイスをコンピュータから安全に取り外す必要があります。 デ
バイスがポータブルデバイスとして Windows コンピュータに接
続されている場合は、安全に取り外す必要はありません。
1 次の手順を実行します。
• Windows コンピュータの場合、システムトレイの [ハー
ドウェアの安全な取り外し]アイコンを選択し、デバイス
を選択します。
• Mac コンピュータの場合は、ボリュームアイコンをごみ箱
にドラッグします。
コンピュータからケーブルを取り外します。
2
GPS 信号ステータスを表示する
を 3 秒間押し続けます。
追加の地図を購入する
1 garmin.com のデバイス製品ページにアクセスします。
2 [マップ]タブをクリックします。
3 画面に表示される指示に従います。
アクセサリーを購入する
garmin.com/accessories にアクセスします。
データ管理
ファイルをデバイスに保存できます。 デバイスには、データス
トレージを追加できるメモリカードスロットがあります。
注: このデバイスは、 Windows 95、98、Me、 Windows NT 、
および Mac OS 10.3 以下には対応していません。
®
メモリーカードについて
家電販売店からメモリーカードを購入したり、あらかじめロード
されている Garmin 地図ソフトウェア(www.garmin.com)を購
入できます。 地図やデータの記録に加え、メモリーカードを使
付録
19
索引
記号
2D 地図表示 10
3D 地図表示 10
A
アイコン, ステータスバー 2
赤信号カメラ 3
アクセサリー 19
アクティブ車線案内 4
アラート 3
B
バックアップカメラ 16
場所 7
場所を検索する. 関連項目 位置
住所 8
都市 8
バッテリー
充電 2, 17, 18
問題 18
最大化 18
C
地図 3, 9, 10, 16
データフィールド 4, 10
記号 4
購入 19
更新 1
ルートを表示する 4
詳細度 16
テーマ 16
ツール 9
レイヤー 10
地図表示
2D 10
3D 10
D
デバイスのクリーニング 18
デバイスのお手入れ 18
デバイスの取り付け
マウントから取り外す 18
自動車 2
吸着カップ 2, 18
デバイスを充電する 2, 17, 18
電源ケーブル 17
ヒューズ交換 18
車両 2
電源キー 1, 2
電話
ペアリング 12, 19
取り外し 15
電話に応答する 14
電話をかける 14, 15
電話に応答する 14
自宅 15
かける 14
ダイヤルする 14
履歴 14
連絡先 14
ディスプレイ設定 16
道路状況, 天気 15
ドライバーアラート 3
E
衛星信号
捕捉 2
表示 19
EULA 17
F
ファイル, 転送する 19
Foursquare 7, 8
G
Garmin Connect 12
Garmin Express 1
ソフトウェアを更新する 1
20
言語
キーボード 17
音声 17
[現在地の確認] 8
Bluetooth 技術 14
デバイスの取り外し 15
Bluetooth 技術 12, 19
電話の管理 12, 13
電話のペアリング 12
設定 16
通話の無効化 13
無効 16
GPS 2, 19
H
ハンズフリー通話 12, 13
編集, 保存されたトリップ 5
ヘルプ. 15 関連項目 製品のサポート
方向 4
方向転換地点 4
保存した位置 5
カテゴリー 9
削除 9
編集 9
保存する, 現在地 9
ヒューズ, 変更 18
I
位置 8, 16
場所 7
保存する 8
最近検索した 8
シミュレート 16
検索対象 6, 8
現在 8, 9
電話をかける 14
位置を検索する 6, 7
交差点 8
カテゴリー 7
座標 8
ID 番号 17
J
ジャンル別施設(POI) 7, 8
場所 7
自動音量, 有効にする 2
時間設定 17
自宅
電話をかける 15
位置を編集する 4
移動 4
電話番号 15
住所, 検索する 8
K
回避 6
道路機能 6
道路 6
エリア 6
料金 6
削除 6
無効 6
カメラ 16
赤信号 3
バックアップ 16
スピード 3
ケーブル, 電源 17
検索バー 7
検索エリアを変更する 7
キーボード
言語 17
レイアウト 17
緊急時サービス 8
近接ポイントアラート, 設定 17
帰宅する 4
この先 9
カスタマイズ 10
交差点, 検索する 8
更新
地図 1
ソフトウェア 1
クイックサーチ 7
吸着カップ 18
M
microSD カード 1, 19
マウント, 削除 18
マウントを取り外す 18
メモリカード 1
挿入する 19
メモリーカード 19
目的地. 参照項目 位置
myTrends, ルート 6
ミュート操作, オーディオ 12
N
ナビゲーション 4, 7
設定 16
直行ルート 6
燃料, ガソリンスタンド 8
O
音量, 調節 2
音声制御 12
ヒント 12
オンスクリーンボタン 2
オーディオ, 近接ポイント 17
P
ペアリング
電話 12, 19
取り外し 15
R
Garmin ライブサービス 13
サービスに申し込む 14
リセットする
デバイス 18
トリップデータ 10
ルート 3
地図上に表示する 4
開始 3
計算 5
計算モード 5, 16
形成する 4
候補 6
myTrends 6
ポイントを追加する 4, 5
停止する 5
ルート情報 4
ルートを形成する 4
料金, 回避する 6
S
サブスクリプション, Garmin ライブサービス
14
最近検索した場所 8
削除
ペアリング Bluetooth デバイス 15
トリップ 5
製品のサポート 15
設定 16, 17
車両電源ケーブル 2
仕様 17
Smartphone Link 12, 13
Garmin ライブサービス 13
接続 12, 13
通話の無効化 13
ソフトウェア
バージョン 17
更新 1
走行履歴 17
スクリーンショット 16
スピードカメラ 3
スリープモード 2
T
タッチスクリーンのクリーニング 18
天気 15
道路状況 15
レーダー 15
トラブルシューティング 18, 19
索引
トラフィック 10, 11, 17
代替ルート 6
カメラ 15
レシーバー 11
サブスクリプションの追加 11
事故 10
地図 10
遅延の検索 10
取り外し, Bluetooth デバイス 15
トリップ情報 10
表示 10
リセットする 10
トリッププランナー 5
シェイピングポイント 5
トリップを編集する 5
盗難, 回避する 18
ツール, 地図 9
通話 14
ダイヤルする 15
電話に応答する 14, 15
ミュート操作 15
音声ダイヤル 15
通知 12–14
U
迂回路 5
運転方向 4
USB, 取り外し 19
W
ワイヤレスカメラ 16
Y
ユニット ID 17
こ
コンピュータ, 接続 18, 19
し
ジオキャッシュ 8
シミュレートされた場所 16
ショートカット
削除 8
追加 8
た
ダイヤルする 14
て
デバイスをカスタマイズする 16
と
トラフィックカメラ, 表示 15
索引
21
support.garmin.com
2018 年 11 月月
190-01924-00_0B
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising