Nikon | d3500 | Nikon D3500 活用ガイド(詳しい説明書)

Nikon D3500 活用ガイド(詳しい説明書)
デ ジ タ ルカ メ ラ
活用ガイド
• 製品をお使いになる前に本書をよくお読みください。
•「安全上のご注意」(xi ページ)も必ずお読みになり、
正しくお使いください。
• お読みになった後は、いつでも見られるところに保管
してください。
Jp
このカメラの説明書について
このカメラには、次の説明書が用意されています。
活用ガイド
この活用ガイドは、D3500 の詳しい使い方や他の機
器との接続方法について記載しています。
オンラインマニュアル
活用ガイドの内容はオンラインで閲覧できます。
http://onlinemanual.nikonimglib.com/d3500/ja/
D3500 オンラインマニュアル
使用説明書
カメラに付属している使用説明書では、基本的な撮影や再生、特徴的な
機能などをこの活用ガイドから抜粋して説明しています。
A ニコンダウンロードセンターについて
ニコンダウンロードセンターからはデジタルカメラなどの説明書、ファーム
ウェア、ソフトウェアをダウンロードできます。
http://downloadcenter.nikonimglib.com/
D3500 Model Name: N1718
お使いになる前に、使用説明書と活用ガイド(本書)をよくお読みにな
り、内容を充分に理解してから正しくお使いください。お読みになった
後は、お使いになる方がいつでも見られるところに保管し、撮影を楽し
むためにお役立てください。
本文中のマークについて
本書は、次の記号を使用しています。必要な情報を探すときにご活用ください。
D
カメラを使用する前に注意していただきたいことや守っていただきた
いことを記載しています。
A
カメラを使用する前に知っておいていただきたいことを記載してい
ます。
0
本書上で関連情報が記載されているページです。
表記について
•
SD メモリーカード、SDHC メモリーカード、および SDXC メモリーカードを「SD
カード」と表記しています。
• バッテリーチャージャーを「チャージャー」と表記しています。
• ご購入時に設定されている機能やメニューの設定状態を「初期設定」と表記して
います。
• 本書では、カメラの設定が初期設定であることを前提に操作の説明を行ってい
ます。
A 安全上のご注意
安全にカメラをお使いいただくために守っていただきたい内容が記載
されています。カメラをお使いになる前に必ずお読みください。詳しく
は 0 xi 〜 xiv をご覧ください。
i
目 次
安全上のご注意 ...............................................................................................
ご確認ください ..............................................................................
xi
xv
1
お使いになる前に
各部の名称と機能 ...........................................................................................
カメラ本体 ..........................................................................................
1
1
ファインダー ..................................................................................... 4
モードダイヤル ................................................................................ 5
R(インフォ)ボタン ................................................................. 6
P ボタン ............................................................................................. 11
撮影前の準備
12
ストラップを取り付ける(2 カ所)...................................... 12
バッテリーを充電する ................................................................ 12
カメラにバッテリーと SD カードを入れる ..................... 14
レンズを取り付ける ..................................................................... 16
日付と時刻を設定する ................................................................ 19
ファインダーを見やすくする.................................................. 20
基本操作
21
メニューの操作方法 .................................................................................... 21
メニュー項目の設定 ..................................................................... 22
バッテリー残量と記録可能コマ数 ....................................................... 25
かんたんな撮影と再生
26
かんたんに静止画を撮影する
(i オート /j 発光禁止オート)..................................................... 26
撮影した画像を再生する(1 コマ表示モード).............................. 35
画像を削除する .............................................................................. 36
ii
g(ガイド)モードを使う
37
ガイドモード................................................................................................... 37
g モードのメニュー一覧 .................................................. 38
g モードでの操作方法....................................................... 41
被写体や状況に合わせて撮影する
(シーンモード)
43
k(ポートレート)....................................................................... 43
m(スポーツ)................................................................................. 44
n(クローズアップ).................................................................. 44
o(夜景ポートレート)............................................................. 44
特殊効果をつけて撮影する
(スペシャルエフェクトモード)
45
%(ナイトビジョン).................................................................. 46
S(極彩色)...................................................................................... 46
T(ポップ).................................................................................... 46
U(フォトイラスト).................................................................. 47
'(トイカメラ風)....................................................................... 47
((ミニチュア効果).................................................................. 48
3(セレクトカラー).................................................................. 48
1(シルエット)............................................................................ 49
2(ハイキー)................................................................................. 49
3(ローキー)................................................................................. 49
撮影機能を使いこなす
57
レリーズモードを選ぶ ............................................................................... 57
連続撮影する................................................................................................... 58
静音撮影する................................................................................................... 60
セルフタイマーを使って撮影する ....................................................... 61
iii
オートフォーカスで撮影する .................................................................
63
63
67
フォーカスロックしてピントを固定する ......................... 72
マニュアルフォーカスでピントを合わせる .................................... 75
画質や画像のサイズを変更する ............................................................ 78
画質モードを設定する ................................................................ 78
画像サイズを設定する ................................................................ 80
内蔵フラッシュを使って撮影する ....................................................... 81
フォーカスモードを設定する .................................................
AF エリアモードを変更する ...................................................
内蔵フラッシュが自動的に上がる撮影モードの
場合...................................................................................................
内蔵フラッシュを手動で上げる撮影モードの
場合...................................................................................................
81
83
ISO 感度を設定する .................................................................................... 87
P、S、A、M モードで撮影する
88
撮影モード P、S、A、M を使う..................................................................
88
P:プログラムオート .................................................................. 89
S:シャッター優先オート ......................................................... 90
A:絞り優先オート ....................................................................... 91
M:マニュアル ............................................................................... 92
長時間露出で撮影する(撮影モード M のみ)................. 94
被写体の露出(明るさ)を設定する .................................................. 97
明るさを測る方法を設定する(測光モード).................. 97
AE ロックして露出を固定する(AE ロック撮影)........ 99
画像の明るさを調整する(露出補正).............................. 101
フラッシュの発光量を調整する
(フラッシュ調光補正).........................................................
白とびや黒つぶれを抑えて撮影する ...............................................
104
106
アクティブ D- ライティング ................................................ 106
ホワイトバランスを合わせる .............................................................. 108
ホワイトバランスを微調整する.......................................... 111
プリセットマニュアルを使う .............................................. 113
iv
画像の仕上がりを設定したり、思い通りに調整する
(ピクチャーコントロール)............................................................. 119
ピクチャーコントロールを選ぶ .......................................... 119
ピクチャーコントロールを調整する ................................ 121
動画の撮影と再生
124
動画を撮影する ........................................................................................... 124
P ボタンを使う............................................................................ 128
動画の設定 ..................................................................................... 129
動画を再生する ........................................................................................... 132
動画の編集 .................................................................................................... 134
動画の必要な部分を残す ........................................................ 134
動画の 1 フレームを JPEG 画像として保存する ........ 138
画像の再生
140
画像を再生する ........................................................................................... 140
画像を 1 コマずつ再生する(1 コマ表示モード)...... 140
表示モードの切り換え ............................................................. 140
P ボタンを使う............................................................................ 142
画像情報を表示する ................................................................................. 143
画像を拡大表示する ................................................................................. 151
プロテクトで画像を削除できないように保護をする .............. 154
画像にレーティング(重要度)を設定する ................................. 155
表示中の画像にレーティングを設定する....................... 155
複数の画像にレーティングを設定する ........................... 156
スマートフォンに取り込みたい画像をカメラで
送信指定する .......................................................................................... 157
表示中の画像を送信指定する............................................... 157
複数の画像をまとめて送信指定する ................................ 158
画像を削除する ........................................................................................... 159
ボタン操作で画像を削除する............................................... 159
複数の画像をまとめて削除する .......................................... 160
スライドショーで再生する ................................................................... 162
v
他の機器と接続する
165
スマートフォンに接続する方法 .........................................................
SnapBridge でできること ...................................................
165
165
接続前の準備 ................................................................................ 166
カメラと Android OS のスマートフォンを
接続する ...................................................................................... 167
カメラと iOS のスマートフォンを接続する ................. 173
パソコンに画像を取り込む方法 ......................................................... 180
ViewNX-i をインストールする........................................... 180
ViewNX-i を使ってパソコンに画像を取り込む ......... 181
プリンターで印刷する(ダイレクトプリント).......................... 184
カメラとプリンターを接続する.......................................... 184
1 コマだけプリントする......................................................... 185
複数の画像をプリントする ................................................... 187
テレビで見る ............................................................................................... 189
HDMI ケーブルを使ってハイビジョンテレビと
接続する ...................................................................................... 189
メニュー項目
192
D 再生メニュー:再生で使える便利な機能 .............................. 192
再生メニュー項目一覧 ............................................................. 192
再生フォルダー設定.................................................................. 193
再生画面設定 ................................................................................ 193
撮影直後の画像確認.................................................................. 193
縦横位置情報の記録.................................................................. 194
縦位置自動回転 ........................................................................... 194
C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能 .............................. 195
撮影メニュー項目一覧 ............................................................. 195
撮影メニューのリセット ........................................................ 197
ISO 感度設定 ................................................................................ 198
色空間 .............................................................................................. 200
vi
ノイズ低減 ..................................................................................... 200
ヴィネットコントロール ........................................................ 201
自動ゆがみ補正 ........................................................................... 202
内蔵 AF 補助光の照射設定 .................................................... 202
内蔵フラッシュ発光 / 外付けフラッシュ発光 ............. 203
光学手ブレ補正 ........................................................................... 204
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする
基本設定 .................................................................................................... 205
セットアップメニュー項目一覧 .......................................... 205
セットアップメニューのリセット ..................................... 207
カードの初期化(フォーマット)....................................... 208
日付写し込み設定....................................................................... 209
地域と日時 ..................................................................................... 211
言語(Language).................................................................... 211
モニターの明るさ....................................................................... 211
インフォ画面デザイン ............................................................. 212
インフォ画面の自動表示 ........................................................ 213
パワーオフ時間 ........................................................................... 213
セルフタイマー ........................................................................... 214
イメージダストオフデータ取得 .......................................... 215
画像コメント ................................................................................ 217
著作権情報 ..................................................................................... 218
電子音設定 ..................................................................................... 219
フリッカー低減 ........................................................................... 219
ボタン動作のオプション ........................................................ 220
フォーカスエイドインジケーター ..................................... 221
AF 設定時のフォーカスリング操作 .................................. 222
連番モード ..................................................................................... 223
記録フォルダー設定 .................................................................. 224
ファイル名設定 ........................................................................... 227
位置情報 .......................................................................................... 228
機内モード ..................................................................................... 228
vii
スマートフォンへの自動送信 ..............................................
229
Bluetooth..................................................................................... 229
Eye-Fi 送信機能 .......................................................................... 230
認証マークの表示 ...................................................................... 232
カードなし時レリーズ ............................................................. 232
カメラの初期化 ........................................................................... 232
ファームウェアバージョン ................................................... 232
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能............ 233
画像編集の操作方法.................................................................. 234
RAW 現像(パソコンを使わずに RAW 画像を
JPEG 画像に変換する)...................................................... 236
トリミング ..................................................................................... 238
リサイズ.......................................................................................... 239
D- ライティング ......................................................................... 241
簡単レタッチ ................................................................................ 242
赤目補正.......................................................................................... 242
傾き補正.......................................................................................... 243
ゆがみ補正 ..................................................................................... 244
アオリ効果 ..................................................................................... 245
魚眼効果.......................................................................................... 246
フィルター効果 ........................................................................... 247
モノトーン ..................................................................................... 248
画像合成.......................................................................................... 249
塗り絵 .............................................................................................. 252
フォトイラスト ........................................................................... 252
カラースケッチ ........................................................................... 253
ミニチュア効果 ........................................................................... 254
セレクトカラー ........................................................................... 255
絵画調 .............................................................................................. 257
編集前後の画像表示.................................................................. 258
m 最近設定した項目:最近設定したメニューをたどる........ 260
viii
困ったときは
261
故障かな?と思ったら ............................................................................ 262
電源・表示関連 ........................................................................... 262
撮影関連(全撮影モード共通)............................................ 263
撮影関連(撮影モード P、S、A、M)...................................... 267
再生関連 .......................................................................................... 268
Bluetooth 関連 .......................................................................... 269
その他............................................................................................... 269
警告メッセージ ........................................................................................... 270
資料
277
使用できるレンズ ...................................................................................... 277
使用できる非 CPU レンズ ..................................................... 284
使用できるスピードライト ................................................................... 286
ニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)
対応スピードライト .............................................................. 286
その他のスピードライト ........................................................ 289
使用できるアクセサリー........................................................................ 293
カメラとパワーコネクター、AC アダプターの
接続方法 ...................................................................................... 298
カメラのお手入れについて ................................................................... 300
保管について ................................................................................ 300
クリーニングについて ............................................................. 300
カメラ内部のお手入れについて .......................................... 301
カメラとバッテリーの取り扱い上のご注意 ................................. 304
カメラの使用上のご注意 ........................................................ 304
バッテリーの使用上のご注意............................................... 307
チャージャーの使用上のご注意 .......................................... 308
撮影モードによって設定に制限がある機能一覧........................ 309
主な仕様 ......................................................................................................... 310
記録可能コマ数と連続撮影可能コマ数 ........................................... 320
電池寿命について ...................................................................................... 321
ix
レンズキットのレンズについて
323
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR について ...... 323
AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED VR、
AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED に
ついて ........................................................................................................ 330
索引...................................................................................................................
ニコンプラザについて ............................................................................
338
347
修理サービスのご案内 ............................................................................ 348
修理に関するお問い合わせ先 .............................................................. 349
製品の使い方に関するお問い合わせ先 ........................................... 349
x
安全上のご注意
あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止するため、ご使用の前に
「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。
この説明書をお読みになった後は、いつでも参照できるように保管してください。
危険
「死亡または重傷を負うおそれが大きい内
容」です。
警告
「死亡または重傷を負うおそれがある内
容」です。
注意
「軽傷を負うことや財産の損害が発生する
おそれがある内容」です。
お守りいただく内容を、以下の図記号で区分しています。
F は、してはいけない内容です。
C は、実行しなければならない内容です。
警告
F 禁止
E 分解
禁止
C 実行
F
禁止
F 禁止
歩きながらや運転・操縦しながらの操作はしない
事故やけがの原因になります。
分解、修理または改造をしない
落下などによる破損で内部が露出したら、露出部に触らない
感電やけがの原因になります。
熱くなる、煙が出る、こげ臭いなどの異常時は、直ちに電池や電
源を取り外す
放置すると、発火、やけどの原因になります。
水でぬらさない
ぬれた手で触らない
ぬれた手で電源プラグを抜き差ししない
感電や発火の原因になります。
電源を入れたまま長時間直接触らない
低温やけどの原因になります。
xi
F 禁止
F 禁止
F 禁止
F
禁止
レンズまたはカメラで直接太陽や強い光を見ない
失明や視力障碍の原因になります。
フラッシュや AF 補助光を運転者にむけて発光しない
事故の誘発につながります。
幼児の手の届くところに置かない
故障やけがの原因になります。
小さな付属品を誤って飲み込むと、身体に悪影響を及ぼします。
飲み込んだら、すぐに医師の診断を受けてください。
F 禁止
ストラップ類を首に巻きつけない
事故の原因になります。
F 禁止
指定外の電池、充電器、AC アダプターは使わない
指定の電池、充電器、AC アダプター、を使う際は、以下の点に
注意する
• コードやケーブルを傷つけたり、加工したりしない
重いものを載せたり、加熱したり、引っぱったり、無理に曲げ
たりしない
• 海外旅行者用電子式変電圧器(トラベルコンバーター)や DC/
AC インバーターなどの電源に接続して使わない
発火、感電の原因になります。
F 禁止
G 接触
禁止
xii
引火、爆発のおそれのある場所では使わない
プロパンガス、ガソリン、可燃性スプレーなどの引火性ガスや粉
塵の発生する場所で使うと、爆発や火災の原因になります。
充電時や AC アダプター使用時に雷が鳴り出したら、電源プラグ
に触らない
感電の原因になります。
高温環境や低温環境では、直接触らない
やけどや低温やけど、凍傷の原因になることがあります。
注意
F 禁止
レンズを太陽や強い光源に向けたままにしない
集光して、内部部品の破損や発火の原因になることがあります。
逆光撮影では、太陽を画角から十分にずらしてください。
画角から太陽をわずかに外しても、発火の原因になります。
C 実行
使用が禁止されている場所では、電源を OFF にする
無線通信が禁止されている場所では、無線通信機能が作動しない
ようにする
医療機関や航空機内では、本機器が出す電磁波が、周囲の機器に
悪影響を与えるおそれがあります。
C 実行
G 接触
禁止
F 禁止
F 禁止
長時間使わないときは、電池や AC アダプターを取り外す
故障や発火の原因になります。
フラッシュを人体やものに密着させて発光させない
やけどや発火の原因になります。
夏場の車内や直射日光の当たる所など高温環境に放置しない
故障や発火の原因になります。
三脚などにカメラやレンズを取り付けたまま移動しない
故障やけがの原因になります。
危険(電池について)
F 禁止
C 実行
C 実行
電池は誤った使いかたをしない
注意事項を無視してお使いになると、液もれ、発熱、破裂、発火
の原因になります。
• 充電池は、専用の充電池以外を使わない
• 電池を火の中に入れたり、加熱したりしない
• 電池を分解しない
• 電池をネックレスやヘアピンなどの金属類に接触させて
ショート(短絡)しない
• 電池、または電池の入った製品に強い衝撃を与えたり、投げた
りしない
指定の方法で充電する
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
電池からもれた液が目に入ったときは、すぐにきれいな水で洗い
流し、医師の診察を受ける
放置すると、目に傷害を与える原因になります。
xiii
警告(電池について)
F 禁止
電池を乳幼児の手の届く所に置かない
飲み込んだら、すぐに医師の診断を受けてください。
F
禁止
水につけたり、雨にぬらしたりしない
発火や故障の原因になります。
ぬれてしまったら、乾いたタオルなどで十分にふき取ってくださ
い。
F
禁止
変色・変形、そのほか異状に気づいたら使わない
リチャージャブルバッテリー EN-EL14a は、所定の時間を超え
ても充電が完了しなければ、充電を中止する
放置すると、液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
C 実行
C 実行
xiv
使用済みの電池は、ビニールテープなどで接点部を絶縁する
他の金属と接触すると、発熱、破裂、発火の原因になります。
電池からもれた液が皮膚や衣服に付いたら、すぐにきれいな水で
洗い流す
放置すると、皮膚のかぶれなどの原因になります。
ご確認ください
● 保証書について
この製品には「保証書」が付いていますのでご確認ください。「保証書」は、お買
い上げの際、ご購入店からお客様へ直接お渡しすることになっています。必ず「ご
購入年月日」
「ご購入店」が記入された保証書をお受け取りください。
「保証書」を
お受け取りにならないと、ご購入 1 年以内の保証修理が受けられないことになりま
す。お受け取りにならなかった場合は、ただちに購入店にご請求ください。
● カスタマーサポート
下記アドレスのホームページで、サポート情報をご案内しています。
http://www.nikon-image.com/support/
● 大切な撮影の前には試し撮りを
大切な撮影(結婚式や海外旅行など)の前には、必ず試し撮りをしてカメラが正常
に機能することを事前に確認してください。本製品の故障に起因する付随的損害
(撮影に要した諸費用および利益喪失等に関する損害等)についての補償はご容赦
願います。
● 本製品を安心してお使いいただくために
本製品は、当社製のアクセサリー(レンズ、スピードライト、バッテリー、チャー
ジャー、AC アダプターなど)に適合するように作られておりますので、当社製品
との組み合わせでお使いください。
• Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a には、ニコン純正
品であることを示すホログラムシールが貼られています。
• 模倣品のバッテリーをお使いになると、カメラの充分な性能が発
揮できないほか、バッテリーの異常な発熱や液もれ、破裂、発火
などの原因となります。
• 他社製品や模倣品と組み合わせてお使いになると、事故・故障などが起こる可能
性があります。その場合、当社の保証の対象外となりますのでご注意ください。
● 使用説明書、活用ガイドおよびオンラインマニュアルについて
• 使用説明書、活用ガイドおよびオンラインマニュアルの一部または全部を無断で
転載することは、固くお断りいたします。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご承知くだ
さい。
• 使用説明書、活用ガイドおよびオンラインマニュアルの誤りなどについての補償
はご容赦ください。
xv
•「使用説明書」が破損などで判読できなくなったときは、PDF ファイルをニコン
ダウンロードセンターからダウンロードできます。ニコンサービス機関で新しい
使用説明書を購入することもできます(有料)
。
• 印刷した「活用ガイド」をご注文いただけます(有料)
。詳細はカスタマーサポー
トセンターにお問い合わせください。
● 著作権について
カメラで著作物を撮影または録音したものは、個人として楽しむなどの他は、著作
権法上、権利者に無断で使用できません。なお、個人として楽しむなどの目的で
あっても、実演や興行、展示物などは、撮影や録音が制限されている場合がありま
すのでご注意ください。
● カメラやメモリーカードを譲渡 / 廃棄するときのご注意
SD カード内のデータはカメラやパソコンで初期化または削除しただけでは、完全
には削除されません。譲渡 / 廃棄した後に市販のデータ修復ソフトなどを使って
データが復元され、重要なデータが流出してしまう可能性があります。SD カード
内のデータはお客様の責任において管理してください。
SDカードを譲渡 / 廃棄する際は、市販のデータ削除専用ソフトなどを使ってデータ
を完全に削除するか、初期化後に、SD カードがいっぱいになるまで、空や地面な
どの画像で置き換えることをおすすめします。なお、ホワイトバランスのプリセッ
トマニュアル画像も、同様に別の画像で置き換えてから譲渡 / 廃棄してください。
SD カードを物理的に破壊して廃棄する場合は、周囲の状況やケガなどに充分ご注
意ください。
本製品を譲渡 / 廃棄する際は、使用者によって本製品内に登録または設定された個
人情報を含む内容を、カメラのセットアップメニュー[カメラの初期化]を行って
削除してください。
● 電波障害自主規制について
この装置は、クラス B 機器です。この装置は、住宅環境で使用することを目的と
していますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用される
と、受信障害を引き起こすことがあります。
使用説明書に従って正しい取り扱いをして下さい。
VCCI-B
xvi
● AVC Patent Portfolio License に関するお知らせ
本製品は、お客様が個人使用かつ非営利目的で次の行為を行うために使用される場
合に限り、AVC Patent Portfolio License に基づきライセンスされているものです。
• AVC 規格に従い動画をエンコードすること(以下、エンコードしたものを AVC ビ
デオといいます)
• 個人利用かつ非営利目的の消費者によりエンコードされた
AVC ビデオ、または
AVC ビデオを供給することについてライセンスを受けている供給者から入手し
た AVC ビデオをデコードすること
上記以外の使用については、黙示のライセンスを含め、いかなるライセンスも許諾
されていません。
詳細情報につきましては、MPEG LA, LLC から取得することができます。
http://www.mpegla.com をご参照ください。
D アクセサリーについてのご注意
このカメラには、当社製のアクセサリーをお使いいただくことをおすすめしま
す。他社製アクセサリーは、カメラの故障や不具合の原因となることがありま
す。他社製アクセサリー使用によるカメラの不具合については、保証の対象と
なりませんので、ご了承ください。なお、このカメラに使用できる別売アクセ
サリーについての最新情報は、最新のカタログや当社のホームページなどでご
確認ください(0 xv)。
xvii
❚❚ Bluetooth 機能について
●電波に係わるご注意
• 本製品は Bluetooth 機能を搭載しています。国や地域によって、法律により Bluetooth
機能が使用できない場合があります。ご購入された国以外での使用については、本書
の裏表紙に記載のニコン カスタマーサポートセンターへお問い合わせください。
• 本製品の Bluetooth の無線機能は、2.4 GHz 帯の周波数を使用します。
Bluetooth 機能:2.4FH2/XX2
本製品の使用周波数は 2.4 GHz 帯、変調方式は
FH-SS、その他の方式、与干渉距離は約 20m です。
• 本製品は、「電波法」に基づく技術基準適合認証を受けた無線設備を内蔵し、証
明ラベルは無線設備上に表示しています。
以下の行為は法令で罰せられることがあります。
- 本製品の分解 / 改造
- 本製品から証明ラベルをはがす
• 本製品の使用周波数帯は、以下の機器や無線設備と同じです。
- 電子レンジなどの産業・科学・医療用機器
- 工場の製造ライン等の移動体識別用の
q 構内無線局(免許を要する無線局)
w 特定小電力無線局(免許を要しない無線局)
- アマチュア無線局(免許を要する無線局)
これらの無線設備の近くでは、電波干渉で通信速度の低下、通信距離の短縮、通信
の途絶が双方に生じることがあります。
• 本製品で電波干渉を起こさないよう、以下にご注意ください。
- 使用周波数帯が同じ無線設備が近くにないか?事前に確認する
• その他、本製品から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局
に対して電波干渉の事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、
本書に記載のニコンカスタマーサポートセンターにご相談ください。
• データの送受信は、第三者に傍受される危険性にご留意ください。
データ送受信による情報漏洩には、当社は一切の責任を負いません。
• 本製品は、電子レンジなどの電気製品、AV 機器、OA 機器などの電磁波や磁気の
発生源の周辺で使わないでください。
- 雑音が増大したり、通信が途絶したりします。
- AV 機器、OA 機器などの受信障害の原因になります。
xviii
●本製品の使用上のご注意
本製品は Bluetooth 機器としてお使いください。
Bluetooth 機器以外としての使用による損害は、当社では一切の責任を負いません。
• 医療機器や人命に直接的または間接的に係わるシステムなど、高い安全性が要求
•
される用途には使わないでください。
Bluetooth 機器よりも高い信頼性が要求される機器や電算機システムなどの用途
では、使用システムの安全設計や故障に対する適切な処置をしてください。
●セキュリティーについて
• 本製品は電波を利用して情報を交換するため、電波の届く範囲で自由に無線接続
が可能であるという利点がありますが、セキュリティーに関する設定を行ってい
ない場合、以下のような問題が発生する可能性があります。
- 情報の漏洩:悪意ある第三者が電波を故意に傍受し、ID やパスワードなどの個
人情報が漏洩する可能性があります。
- 不正アクセス:悪意ある第三者が無断でネットワークにアクセスして、なりす
まし、情報の改ざんなどの行為を行う可能性があります。また、本製品にセキュ
リティーを設定したにもかかわらず、Bluetooth の仕様上、特殊な方法により
セキュリティーが破られることもありますので、ご理解の上ご使用ください。
• スマートフォンに使用権限のないネットワークが表示されても、接続しないでく
ださい。接続すると、不正アクセスとみなされるおそれがあります。使用権限の
あるネットワークだけをお使いください。
●本製品の輸出、持ち出しに係わるご注意
本製品は米国輸出管理規則 Export Administration Regulations(EAR)を含む米
国法の対象です。EAR の輸出規制国(キューバ、イラン、北朝鮮、スーダン、シリ
ア:変更される可能性があります)以外への輸出や持ち出しは、米国政府の許可
は不要です。
●個人情報の管理および免責事項
• 使用者によって本製品内に登録または設定された接続設定などの個人情報を含
む情報は、誤操作、静電気の影響、事故、故障、修理、その他の取り扱いで変化、
消失する場合があります。
必要な内容は、お客様の責任において控えを必ずおとりください。
当社の責によらない内容の変化、消失、それらに起因する直接または間接の損害
および逸失利益には、当社は一切の責任を負いません。
• 本製品を譲渡 / 廃棄するときは、使用者によって本製品内に登録または設定され
た、接続設定などの個人情報を含む内容を、セットアップメニュー[カメラの初
期化]で工場出荷時の設定にリセットしてください(0 232)
。
• 本製品の盗難や紛失などで、第三者による不正使用の被害が発生しても、当社は
一切の責任を負いません。
xix
xx
お使いになる前に
各部の名称と機能
カメラ本体
4
3
2
1
15
5 6
8
9
10
14
13
12
1 電源スイッチ ................................. 19
2 シャッターボタン ............. 29、32
3 E(N)ボタン
............................... 93、102、104
4 動画撮影ボタン ......................... 125
5 ライブビュースイッチ
.................................... 8、26、124
6 モードダイヤル ............................... 5
7 内蔵フラッシュ ............................ 81
8 マイク(モノラル).................. 130
7
11
9
10
11
12
13
14
15
レンズ着脱指標 ... 16、323、330
レンズ取り外しボタン .............. 17
ミラー ............................................ 301
レンズマウント .................. 16、77
レンズ信号接点
AF 補助光ランプ ............. 66、202
セルフタイマーランプ .............. 62
赤目軽減ランプ .................. 82、84
ボディーキャップ
お使いになる前に
1
カメラ本体(つづき)
16
25
24
23
22
21
17
18
19
20
26
21 M(Y)ボタン ... 81、83、104
22 ストラップ取り付け部
(吊り金具).................................. 12
......................................... 286、296
17 コマンドダイヤル
23 スピーカー
18 A(L)ボタン
24 E 距離基準マーク ....................... 77
............................... 73、154、220 25 USB 端子 ........................... 181、184
19 R ボタン .................................... 6、8 26 HDMI 端子..................................... 189
20 端子カバー
16 フラッシュ取り付け部
(アクセサリーシュー)
D 端子カバーについて
使用しない場合は、必ず端子カバーを閉じてください。ゴミなどが入ると、誤
作動の原因となることがあります。
D スピーカーについてのご注意
スピーカーに磁気カードなどの磁気製品を近づけると、記録内容が壊れること
があります。スピーカーに磁気製品を近づけないでください。
2
お使いになる前に
28 29 30 31
32
33
34
35
36
37
27
44
45
46
43
39
38
42 41 40
27 接眼目当て(カメラに装着済み)
......................................................... 62
28 ファインダー接眼窓 ............ 4、20
29 視度調節ダイヤル ....................... 20
30 K ボタン .............................. 35、140
31 G ボタン .......................... 21、192
32 P ボタン ............................... 11、142
33 J OK ボタン ................................. 22
34 マルチセレクター ....................... 22
35 I(E)ボタン
.................................... 57、58、61
36 SD カードカバー ................ 14、15
37 SD カードアクセスランプ
................................................. 15、30
38 バッテリー室カバー開閉ノブ
......................................................... 14
39 バッテリー室カバー ................... 14
40 O ボタン .............................. 36、159
41 W(Q)ボタン.............. 22、141
42 X ボタン ........................................ 151
43 三脚ネジ穴
44 画像モニター
....................... 6、35、124、140
45 バッテリーロックレバー.......... 14
46 パワーコネクターカバー....... 298
お使いになる前に
3
ファインダー
(説明のため、全ての表示を点灯させています)
1 フォーカスポイント表示
........................................ 20、28、69
2 ピント表示 .............................. 29、76
3 AE ロックマーク ........................... 99
4 シャッタースピード ................... 90
5 絞り値 ............................................... 91
6 スペシャルエフェクト
モード表示 ................................. 45
7 バッテリー警告表示 ................... 25
8 記録可能コマ数 ............................ 25
連続撮影可能コマ数 ...... 59、320
ホワイトバランスプリセット
マニュアルデータ取得
モード表示 .............................. 113
露出補正値 ................................... 101
フラッシュ調光補正値 ........... 104
ISO 感度 ................................. 87、198
4
お使いになる前に
9
10
11
12
1000 コマ以上補助表示............. 25
レディーライト ............................. 32
プログラムシフトマーク .......... 89
インジケーター
露出 ................................................ 93
露出補正 ................................... 102
フォーカスエイド ................ 221
13 フラッシュ調光補正マーク
...................................................... 104
14 露出補正マーク .......................... 101
15 ISO AUTO マーク....................... 199
16 警告表示 ........................................ 270
モードダイヤル
モードダイヤルを回すと、次の各モードに切り換えられます。
1 P、S、A、M モード
P プログラムオート ............... 89
S シャッター優先オート...... 90
A 絞り優先オート.................... 91
M マニュアル ............................ 92
2 スペシャルエフェクト
モード ........................................... 45
3 シーンモード
k ポートレートモード ........ 43
m スポーツモード.................. 44
n クローズアップモード ... 44
o 夜景ポートレート............. 44
4 g モード .................................. 37
5 オートモード
i オートモード ...................... 26
j 発光禁止オートモード ... 26
お使いになる前に
5
R(インフォ)ボタン
画像モニターで情報の表示、または画面の切り換えができます。
❚❚ ファインダー撮影時
R ボタンを押すと、インフォ画面が表示され
ます。画像モニターでシャッタースピードや
絞り値、記録可能コマ数、AF エリアモードな
ど、撮影に関する情報や設定の確認ができま
す(説明のため、全ての表示を点灯させてい
ます)。
1 撮影モード
i(オート)またはj(発光禁
止オート)で撮影する ..... 26
シーンに合わせて撮影する
.................................................... 43
特殊効果をつけて撮影する
4 ヴィネットコントロールマーク
...................................................... 201
5 日付写し込み設定マーク....... 209
6 手ブレ補正マーク .......... 18、204
7 フラッシュ発光方式マーク
...................................................... 203
.................................................... 45
撮影モード P、S、A、M を使う
.................................................... 88
2 Eye-Fi 通信マーク ........ 230、231
3 Bluetooth 通信マーク
機内モード ................................... 228
6
お使いになる前に
R ボタン
8
9
スピードライト
調光補正マーク ..................... 290
レリーズモード ............................. 57
電子音マーク............................... 219
10 絞り値 ............................................... 91 16 記録可能コマ数 ............................. 25
絞りイメージ ................................. 91
ホワイトバランスプリセット
11 シャッタースピード ................... 90
マニュアルデータ取得モード
シャッタースピードイメージ
表示 ............................................. 113
......................................................... 90 17 1000 コマ以上補助表示............. 25
12 AE ロックマーク ........................... 99 18 インジケーター
露出 ................................................ 93
13 AF エリアモード表示 ................. 67
フォーカスポイント ................... 28
露出補正 ................................... 102
14 バッテリー残量表示 ................... 25 19 ヘルプあり表示 .......................... 270
15 ISO 感度 ............................................ 87
ISO 感度イメージ ............ 87、199
ISO AUTO マーク ...................... 199
A 画像モニター(インフォ画面)を消灯するには
• シャッターボタンを半押しする
• インフォ画面の表示中に、R ボタンを押す
操作を行わないまま約 8 秒経過したとき(画像モニターが消灯するまでの時間
は、セットアップメニュー[パワーオフ時間]
(0 213)で変更できます)
。
お使いになる前に
7
❚❚ ライブビュー時
ファインダー撮影時にライブビュースイッチ
を回す(0 1)と、ライブビューに切り替わ
ります。ライブビュー時(0 26)に R ボタン
を押すたびに、次のように画面の表示が切り
替わります。
•「情報表示なし」と「格子線表示」時は、動
画が記録される範囲を示すガイドが表示さ
R ボタン
れます。「動画情報」時には、記録されない
部分が薄暗く表示されます。
動画情報(0 124)
静止画情報
ガイド
格子線表示
8
お使いになる前に
情報表示なし
情報表示について
q 撮影モード
w
e
動画の
撮影モードが M で、撮影メニュー[動画の設定]の[動画の
マニュアル設定 マニュアル設定]
(0 130)が[する]のときに表示されます。
ライブビュー
ラ イ ブ ビ ュ ー が 自 動 的 に 終 了 す る 30 秒 前 か ら、ラ イ ブ
残り時間
ビュー残り時間のカウントダウンを表示します(0 10)
。
r 風切り音低減
t
モードダイヤルで選択中の撮影モードを表示します
(0 26、43、45、88)
。
マイク感度
設定
撮影メニュー[動画の設定]の[風切り音低減]
(0 130)
が[する]の場合に表示します。
動画撮影時のマイク感度を表示します(0 130)
。
音声を記録するときの音量レベルを表示します。インジ
音声レベル
ケーターの色が赤で表示される場合、音量が大きすぎるこ
y
インジケーター と を 示 し て い ま す。マ イ ク 感 度 を 調 節 し て く だ さ い
(0 130)。
動画の
u
画像サイズ
i
o
フォーカス
モード
AF エリア
モード
動画を記録するときの画像サイズを表示します(0 129)。
ライブビュー時のフォーカスモードを表示します(0 63)
。
ライブビュー時の AF エリアモードを表示します(0 68)
。
お使いになる前に
9
!0
!1
!2
!3
動画記録残り
動画撮影時に、SD カードに記録できる残り時間を表示しま
時間
す(0 124)。
動画記録禁止
マーク
動画が撮影できない状態のときに表示します。
フォーカス
枠内の被写体にピントが合います。フォーカスポイントの
ポイント
形状は、選んだ AF エリアモード(0 68)により異なります。
露出
自分で設定した露出値と、カメラが測光した露出値との差
インジケーター が表示されます(撮影モードが M の場合のみ、0 93)。
D ライブビュー残り時間のカウントダウンについて
• ライブビューが自動的に終了する 30 秒前から、画像モニターの左上にカウント
ダウンを表示します(0 9)。
• セットアップメニュー[パワーオフ時間](0 213)の設定により終了する場
合は、終了 30 秒前から黒字で表示し、終了 5 秒前から赤字で表示します。
• カメラ内部の温度上昇により終了する場合は、
終了 30 秒前から赤字で表示しま
す。撮影条件によっては、ライブビューの開始後すぐにカウントダウンが始ま
ることがあります。
• 動画撮影中にカウントダウンが始まった場合は、画像モニターの左上に表示さ
れている動画残り記録時間にかかわらず、ライブビュー残り時間のカウントダ
ウン時間で動画撮影を自動的に終了します。
10
お使いになる前に
P ボタン
ファインダー撮影時に P ボタンを押すと、イ
ンフォ画面下部に表示されている撮影時の設
定を変更できる画面に切り替わります。マル
チセレクターでカーソルを動かし、項目を選
んで J ボタンを押すと、選んだ項目の設定画
面が表示されます。
• ライブビュー表示中も P ボタンを押して設
定の変更ができます(0 128)
。
P ボタン
ファインダー撮影時
ライブビュー撮影時
• 画質モード(0 78)
• フォーカスモード(0 63)
• 画像サイズ(0 80)
•
• ホワイトバランス(0 108)
• 測光モード(0 97)
AF エリアモード(0 67)
• アクティブ D- ライティング(0 106) • ピクチャーコントロール(0 119)
• フラッシュモード(0 82、84)
• フラッシュ調光補正(0 104)
•
• 露出補正(0 101)
ISO 感度(0 87)
お使いになる前に
11
撮影前の準備
ストラップを取り付ける(2 カ所)
付属または別売ストラップの取り付け手順は次の通りです。
s
バッテリーを充電する
付属の Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a は、お使いになる
前に付属のバッテリーチャージャー MH-24 でフル充電してください。
コンセントへ差し込む
• フル充電するには約 1 時間 50 分かかります(残量のないバッテリーの
場合)
。
充電中(点滅)
12
撮影前の準備
充電完了(点灯)
A バッテリーとチャージャーの使用上のご注意
お使いになる前に、必ず「安全上のご注意」
(0 xi)、
「カメラとバッテリーの取
り扱い上のご注意」(0 304)をお読みになり、記載事項をお守りください。
D チャージャーの「CHARGE」ランプが速く(1 秒間に 8 回)点滅する
場合の原因と対処方法
• バッテリーのセットミス:チャージャーをコンセントから抜いて、バッテリー
を取り外し、チャージャーにセットし直してください。
• 指定温度外での使用:チャージャーを指定温度範囲内(0 ℃〜 40 ℃)でお使い
ください。
上記の処置をしても不具合が続く場合は、ただちに電源プラグをコンセントか
ら抜いて、充電を中止してください。販売店またはニコンサービス機関にチャー
ジャーおよびバッテリーをお持ちください。
撮影前の準備
13
カメラにバッテリーと SD カードを入れる
• バッテリーや SD カードをカメラに入れたり、カメラから取り出したり
するときは、必ずカメラの電源スイッチが OFF の位置にあることを確
認してください。
• バッテリーと SD カードは、正しい向きで入れてください。
• オレンジ色のバッテリーロックレバーをバッテリー側面で押しなが
ら、バッテリーを奥まで入れると、バッテリーロックレバーがバッテ
リーに掛かって固定されます。
バッテリーロックレバー
• SD カードは、カチッと音がするまで挿入してください。
14
撮影前の準備
❚❚ バッテリーと SD カードの取り出し方
バッテリーを取り出すときは
電源を OFF にしてから、バッテリー室カバー
を開けてください。バッテリーロックレバー
を矢印の方向に押すと、バッテリーが少し飛
び出しますので、引き抜いて取り出してくだ
さい。
SD カードを取り出すときは
SD カードカバーを開ける前に、SD カードアク
セスランプの消灯を確認して、電源を OFF に
してください。SD カードカバーを開けて、SD
カードを奥に押し込むと(q)、カードが押し
出されるので、引き抜いて取り出してくださ
い(w)。
D SD カード取り扱い上のご注意
• カメラの使用後は、SD カードが熱くなっていることがあります。取り出しの
際はご注意ください。
• SD カードの初期化中や画像の記録または削除中、パソコンとの通信時などに
は、次の操作をしないでください。記録されているデータの破損や SD カード
の故障の原因となります。
- SD カードの着脱をしないでください
- カメラの電源を OFF にしないでください
- バッテリーを取り出さないでください
- ACアダプターを抜かないでください
• 端子部に手や金属で触れないでください。
• SD カードに無理な力を加えないでください。破損のおそれがあります。
• 曲げたり、落としたり、衝撃を与えたりしないでください。
• 熱、水分、直射日光を避けてください。
• パソコンで初期化しないでください。
撮影前の準備
15
レンズを取り付ける
• この活用ガイドでは、
主に AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR
のレンズを使用して説明しています。
• ほこりなどがカメラ内部に入らないように注意してください。
カメラのボディー
キャップを外す
レンズの裏ぶたを外す
カメラの指標
カメラの指標とレンズの
指標を合わせる
レンズの指標
カチッと音がするまで
矢印の方向にレンズを回す
• 撮影する前に、レンズキャップを取り外してください。
16
撮影前の準備
A ズームリングボタンの付いたレンズをお使いの場合
ズームリングボタンを押しながら(q)、ズームリングを矢印の方向に回してく
ださい(w)。ズームリングのロックが解除され、レンズが繰り出します。
ズームリングボタン
• レンズを収納した状態では撮影できません。レン
ズを繰り出さずに電源をONにして警告メッセー
ジが表示された場合、撮影できる位置までズーム
リングを回すと、警告メッセージが消えます。
A レンズを取り外すには
カメラの電源を OFF にしてから、カメラ前面のレ
ンズ取り外しボタンを押しながら(q)
、レンズを
矢印の方向にいっぱいまで回し(w)
、引き抜いて
ください。
• レ ンズ を 取り 外し た 後は、カ メラ のボ デ ィー
キャップとレンズの裏ぶたをそれぞれ取り付け
てください。
撮影前の準備
17
A 手ブレ補正機能について
手ブレ補正機能が ON のときは、インフォ画面に手
ブレ補正マークが表示されます。
• 撮影メニュー[光学手ブレ補正]に対応したレ
ンズの装着時には、[光学手ブレ補正]を[す
る]に設定すると、手ブレ補正機能が ON にな
ります(0 204)。
• レンズに手ブレ補正スイッチがある場合は、手
ブレ補正スイッチを ON にすると、手ブレ補正機
能が ON になります。
A ズームリングボタンの付いたレンズの収納方法
• カメラを使わないときは、レンズを収納してコン
パクトにすることができます。レンズを収納する
には、ズームリングボタンを押しながら(q)、
ズームリングを矢印の方向に回してください
(w)
。ズームリング上の指標を「L」
(ロック)の
位置に合わせると、ズームリングがロックされて
レンズが収納されます。
• レンズの着脱時にズームリングボタンを押さないようご注意ください。
• レンズを取り外す前にレンズを収納してください。
18
撮影前の準備
日付と時刻を設定する
カメラの内蔵時計を合わせます。画像に正しい日時を記録するために、
お使いになる前に次の手順で日時を設定してください。
1 カメラの電源を ONにする
• ご購入後、初めて電源を ON
にすると、日付と時刻を設定
する画面が表示されます。日
時の設定が完了するまで、撮
影や他の設定はできません。
2 日付と時刻を設定する
• 設定項目の変更や決定には
マルチセレクターおよび
J ボタンを使います。
• マルチセレクターの 1 また
は 3 を押して、選択中の項
目の数値を合わせ、4 また
は 2 で項目を移動します。
• 日付と時刻の設定を完了
したら、J ボタンを押し
ます。
• 設定した日付と時刻は、セットアップメニュー[地域と日時]
(0 211)の[日時の設定]で変更できます。
A 時計用電池について
カメラの内蔵時計は、バッテリーとは別の時計用電池で作動します。カメラに
バッテリーを入れると、時計用電池が充電されます。フル充電するには約 3 日
間かかります。充電すると、約 1 カ月の間時計を動かすことができます。画像
モニターに[日時未設定]と表示された場合は、内蔵時計の設定が初期化され
ているため、撮影日時が正しく記録されません。もう一度日時設定を行ってく
ださい。
撮影前の準備
19
ファインダーを見やすくする
• ファインダーで構図を決めなが
ら撮影する場合は、あらかじめ、
ファインダー内がはっきり見え
るように視度調節ダイヤルを回
して調節してください。
• 爪や指先で目を傷つけないよう
にご注意ください。
• レンズキャップを取り外し、ファインダーをのぞきながら視度調節ダ
イヤルを回し、フォーカスポイントが最もはっきり見えるように調節
してください。
フォーカスポイント
視度調節前
視度調節後
撮影前の準備が完了しました。すぐに撮影する場合は、
「かんたんな撮
影と再生」(0 26)ヘ進みます。
20
撮影前の準備
基本操作
メニューの操作方法
再生や撮影、カメラの基本的な設定をすると
きは、主にメニュー画面を使います。
G ボタンを押すと、画像モニターに次のよ
う な メ ニ ュ ー 画 面(例:セ ッ ト ア ッ プ メ
ニュー)を表示します。
G ボタン
メニュー切り換えタブ
次の各メニューのアイコンのタブを選ぶと、選んだメニュー画面が表示され
ます。
D 再生メニュー(0 192)
C 撮影メニュー(0 195)
B セットアップメニュー(0 205)
N 画像編集メニュー(0 233)
m 最近設定した項目(0 260)
メニュー項目が次の画面に移ると、
このバーが移動します
各項目の現在の設定をアイコンで表
示します
メニュー項目
タブで選んだメニュー内にある設定
項目を一覧表示します
ヘルプあり表示(0 22)
基本操作
21
メニュー項目の設定
メニューの操作には、マルチセレクターと J ボタンを使います。
上に移動(1)
決定する
前の画面に戻る
(左を選択または取り消し)
( 4)
次の画面に進む
(右を選択または決定)
(2 )
下に移動(3)
A d(ヘルプあり表示)
ヘルプがある場合に W(Q)ボタンを押すと、その項目のヘルプ(説明)を表
示します。
• 説明が 2 ページ以上ある場合は、3 を押して、次のページを表示してください。
• もう一度 W(Q)ボタンを押すと、メニュー画面に戻ります。
W(Q)ボタン
22
基本操作
❚❚ メニュー項目の設定方法
1 メニュー画面を表示する
• G ボタンを押します。
G ボタン
2 メニューのタブを選ぶ
• マルチセレクターの 4 を押
して、タブのアイコンを黄
色く表示します。
3 メニューを切り換える
• 1 または 3 を押して、メニューのタブを切り換えます。
4 選んだメニューに入る
• 2 を押して、選んだメ
ニューに入ります。
基本操作
23
5 メニュー項目を選ぶ
• 1 または 3 で項目を選び
ます。
6 設定内容を表示する
• 2 を押して設定内容を表示
します。
7 設定内容を選ぶ
• 1 または 3 で設定内容を選
びます。
8 決定する
• J ボタンを押して決定します。
• メニュー操作をキャンセル(中止)す
るには、G ボタンを押してください。
• メニュー画面から撮影に戻るには、シャッターボタンを半押し(0 32)
してください。
A メニュー項目の設定について
• 撮影モードやカメラの状態によって、設定できないメニュー項目があります。
この場合、その項目はグレーで表示されて選べません。
• J ボタンの代わりにマルチセレクターの 2 を押しても決定できますが、画像
の削除や SD カードの初期化などの重要な設定項目については、J ボタンしか
使えない項目があります。
24
基本操作
バッテリー残量と記録可能コマ数
R ボタンを押すと、バッテリーの残量と SD カードの記録可能コマ数(こ
れから撮影できる枚数)をインフォ画面(0 6)で確認できます。
バッテリー残量
R ボタン
記録可能コマ数
バッテリー残量について
画像モニター
ファインダー
L
K
H
H
―
意味
―
残量が減り始めました。
d
d
残量は残りわずかです。
(点滅)
(点滅)
残量は充分に残っています。
残量がなくなりました。バッテリーを充電して
ください。
• バッテリー残量が少なくなると、ファインダーにバッテリー警告が表
示されます。
• R ボタンを押してもインフォ画面が表示されない場合、バッテリー残
量がありません。
記録可能コマ数について
記録可能コマ数が 1000 コマ以上あるときは、1000 を意味する「k」マー
クが点灯します。
基本操作
25
かんたんな撮影と再生
s
かんたんに静止画を撮影する
(i オート /j 発光禁止オート)
撮影モード i(オート)または j(発光禁止オート)
を使うと、カメラまかせの簡単な操作で静止画撮影
を楽しむことができます。i の場合は、必要に応じ
てフラッシュが光ります。フラッシュを光らせずに
撮影したいときは、j で撮影してください。
1 カメラ上面のモードダイ
モードダイヤル
ヤルを回して i または j
を指標に合わせる
• 静止画の撮影方法には、ファインダー
をのぞきながら撮影するファインダー
撮影と、画像モニターを見ながら撮影
するライブビュー撮影があります。ラ
イブビュー撮影を開始する場合は、ラ
イブビュースイッチを回します。
ファインダー撮影
26
かんたんな撮影と再生
ライブビュースイッチ
ライブビュー撮影
2 カメラを構える
ファインダー撮影
• 脇を軽く締め、右手でカメラのグリップを包み込むようにしっか
りと持ち、左手でレンズを支えます。
ライブビュー撮影
• 右手でカメラのグリップを包み込むようにしっかりと持ち、左手
でレンズを支えます。
A 縦位置で撮影するときは
人物などを縦位置で撮影する場合は、カメラを縦位置に構えます。
ファインダー撮影
ライブビュー撮影
かんたんな撮影と再生
27
3 構図を決める
ファインダー撮影
• ファインダーをのぞいて、構図を決め
てください。
• 11 点(11 カ所)あるフォーカスポイン
トの少なくとも 1 つに、被写体が重なる
ようにしてください。
フォーカスポイント
ライブビュー撮影
• 被写体を画面の中央付近に配置します。
• 初期設定では、カメラが人物を認識し
た場合、認識した顔の位置にフォーカ
スポイントが表示されます。
フォーカスポイント
A ズームレンズの使い方
望遠側
広角側
被写体を大きく写したいときはズームリングを望
遠側(焦点距離目盛の大きい数値側)に、広い範
囲を写したいときはズームリングを広角側(焦点
距離目盛の小さい数値側)に回してください。
• 撮影するときは、ズーミングして構図を決めてか
らピント合わせを行ってください。
ズームリング
28
かんたんな撮影と再生
4 シャッターボタンを軽く押して(半押しして)、
ピントを合わせる
ファインダー撮影
• ピントが合うと、ピピッという電子音
が鳴り、ファインダー内のピント表示
(●)が点灯します(被写体が動いてい
るときは、電子音が鳴らない場合があ
ります)
。
ピント表示
ファインダー内ピント表示
意味
●(点灯)
被写体にピントが合っています。
●(点滅)
オートフォーカスでのピント合わせができ
ません(「オートフォーカスの苦手な被写
体」(0 65)をご覧ください)。
• 暗い場所などでシャッターボタンを半押しすると、AF 補助光が照
射されたり内蔵フラッシュが上がることがあります。
ライブビュー撮影
• ピントが合うと、フォーカスポイント
が緑色で点灯します。フォーカスポイ
ントは、オートフォーカス作動中は緑
色で点滅し、ピントが合わないと赤色
で点滅します。
かんたんな撮影と再生
29
5 シャッターボタンを半押
ししたまま、さらに深く
押し込んで(全押しして)
撮影する
• SD カードアクセスランプが
点灯している間は、画像を
記録しています。SD カード
やバッテリーを取り出さな
いでください。
• 撮影した画像が画像モニターに数秒間
表示されます。
• ライブビューを終了する場合は、ライ
ブビュースイッチを回してください。
30
かんたんな撮影と再生
SD カードアクセスランプ
A おまかせシーン
モードダイヤルが i または j のときにライブ
ビュー撮影に切り換え、オートフォーカス撮影で
シャッターボタンを半押しすると「おまかせシー
ン」になります。
• おまかせシーンでは、カメラが撮影シーンや被写
体に合わせて最適な撮影モードを決定します。
• 画像モニターの左上に、カメラが選んだ撮影
モードのアイコンが表示されます。
c ポートレート
e クローズアップ
f 夜景ポートレート
Z オート /
b 発光禁止オート
人物を認識した場合
近接位置の被写体を認識した場合
夕景や夜景をバックに人物を認識した場合
• 上記のシーンを認識しなかった場合
• i または j に適したシーンの場合
かんたんな撮影と再生
31
A 内蔵フラッシュについて
撮影モード i では、被写体が暗い場合や逆光の場
合に、シャッターボタンを半押しすると必要に応
じて自動的に内蔵フラッシュが上がります
(0 81)
。
ファインダー内表示または画像モニターに N(レ
ディーライト)が点灯しているときは、シャッ
ターボタンを全押しすると、内蔵フラッシュが発
光します。内蔵フラッシュが上がっている状態で
N が点灯していないときは、フラッシュが充電中
のため、撮影できません。
内蔵フラッシュを収納するときは、カチッと音が
するまで手で軽く押し下げます。フラッシュを使
わないときは常に収納してください。
A シャッターボタンの半押し
シャッターボタンは、2 段階に押し込むようになっています。まず、シャッター
ボタンを軽く抵抗を感じるところまで押して、そのまま指を止めることを、
「シャッターボタンを半押しする」といいます。次に、そのまま深く押し込む
(これを「シャッターボタンを全押しする」といいます)と、シャッターがきれ
ます。
半押しして
ピントを合わせる
全押しして
撮影する
• 再生中にシャッターボタンを半押しすると、すぐに次の撮影ができます。
32
かんたんな撮影と再生
A ファインダー撮影時の半押しタイマーについて
このカメラには、バッテリーの消耗を抑えるための「半押しタイ
マー」という機能があります。半押しタイマーは、シャッターボ
タンを半押しするとオンになり、何も操作が行われないまま約 8 秒
経過するとオフになります。半押しタイマーがオフになると、ファ
インダー内表示が消灯します。もう一度シャッターボタンを半押
しすると、半押しタイマーがオンになり、元の状態に戻ります。半押しタイマー
の作動時間は、セットアップメニュー[パワーオフ時間]
(0 213)で変更でき
ます。
半押しタイマーオフ
半押しタイマーオン
A ライブビュー時のモニターのパワーオフ時間について
ライブビュー時に何も操作が行われないまま約 10 分経過すると、画像モニター
が自動的に消灯します。セットアップメニュー[パワーオフ時間]
(0 213)で、
消灯するまでの時間を設定できます。
A ライブビュー撮影時の拡大表示
ライブビュー中に X ボタンを押すと、拡大表示できます(最大約 8.3 倍)
。
• X ボタンを押すごとに拡大率が上がり、W(Q)ボタンを押すごとに拡大率が
下がります。J ボタンを押すと拡大表示を終了します。
• 拡大表示中は、画面の右下に構図のどの部分を拡大しているかを表すナビゲー
ションウィンドウ(グレーの枠)が表示されます。
• 拡大表示中は、マルチセレクターを操作すると、見たい部分に移動できます。
X ボタン
ナビゲーション
ウィンドウ
かんたんな撮影と再生
33
D ライブビュー撮影時のご注意
• ライブビュー撮影時は、画像モニターの表示に次のような現象が発生すること
がありますが、実際に記録される画像に影響はありません。
- 動きのある被写体が歪んで表示される
- 電車や自動車など、高速で画面を横切る被写体が歪んで表示される
- カメラを左右に動かした場合、画面全体が歪んで見える
- ジャギー、偽色、モアレ、輝点が発生する
- 周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光されたり、イルミネーション
などの点滅する光源がある場合、画面の一部が明るくなったり、明るい横帯
が発生する
• 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、ライブビュー撮影時に画面に
ちらつきや横縞が生じる「フリッカー現象」は、セットアップメニューの[フ
リッカー低減](0 219)で低減できますが、設定しているシャッタースピー
ドによっては、撮影した静止画に記録されることがあります。
• 次のような場合は、ライブビュー撮影を終了します。
- モードダイヤルを g に変更した場合
- モードダイヤルを g から他のモードへ変更した場合
• 適正露出や画像に影響を与える接眼部からの逆入射光を防ぐため、手などで
ファインダー接眼部をおおうか、別売のアイピースキャップ(0 293)を取り
付けることをおすすめします(0 62)
。
• ライブビュー撮影時は、太陽など強い光源にカメラを向けないでください。内
部の部品が破損するおそれがあります。
D ライブビュー撮影の露出について
ファインダー撮影とライブビュー撮影では、シーンによって露出が異なる場合
があります。
A HDMI 接続時の撮影について
• HDMI 対応機器との接続時には、接続した機器の画面に被写体が表示されます。
• HDMI-CEC 対応機器との接続時にライブビュー撮影を行うには、セットアップ
メニューの[HDMI]の[機器制御]を[しない]に設定してください(0 190)
。
34
かんたんな撮影と再生
撮影した画像を再生する
(1 コマ表示モード)
1 K ボタンを押す
• 撮影した画像をカメラ背面の画像モニ
ターに表示します。
K ボタン
2 マルチセレクターの 4ま
たは 2 を押して他の画像
を確認する
• 撮影に戻るには、シャッターボタンを半押ししてください。
かんたんな撮影と再生
35
画像を削除する
表示中の画像を削除します。削除した画像は元には戻せないのでご注意
ください。
1 削除したい画像を表示する
K ボタン
2 O ボタンを押す
O ボタン
3 もう一度 O ボタンを押す
• 表示中の画像が削除されます。
A 再生メニュー[削除]
再生メニューの[削除](0 160)では、複数の画像を選んで削除できます。
36
かんたんな撮影と再生
g(ガイド)モードを使う
ガイドモード
g モードでは、よく使う機能や使うと便利な機能
を画像モニターに表示されるガイドモードを使って
設定できます。カメラ上面のモードダイヤルを g
に合わせると、次のようなガイドモードのトップ画
面を表示します。
バッテリー残量表示(0 25)
記録可能コマ数(0 25)
撮影モード:ガイドモードの
マークが表示されます。
撮る
見る・消す
状況や被写体に合わせて撮影できるよ 撮影した画像を確認したり、不要な画像
うにカメラを設定できます。
を削除できます。
編集する
撮影した画像を編集できます。
設定する
よく使う機能や使うと便利な機能の設
定を変更できます。
g(ガイド)モードを使う
37
g モードのメニュー一覧
モードダイヤルを g に合わせると表示される、ガイドモードのトッ
プ画面でメニューを選んで J ボタンを押します。
❚❚[撮る]メニュー
場面にあわせて撮る
4
5
9
!
9
6
"
5
おまかせで撮る
テクニックを使って撮る
#
• 背景をぼかして撮る
• 隅々までシャープに撮る
絞り値を設定して撮影します。
$
• 人物の動きを止めて撮る
• 乗物の動きを止めて撮る
• 水の流れを撮る
シャッタースピードを設定して
撮影します。
フラッシュを使わずに撮る
遠くの被写体を撮る
花や小物をアップで撮る
動く被写体を撮る
ポートレートを撮る
夜景をバックに人物を撮る
夜景を撮る
H
• 夕日を赤く撮る ※
ホワイトバランスを調整して撮
影します。
• 明るい雰囲気で撮る ※
• 落ち着いた雰囲気で撮る ※
露出を補正して撮影します。
※設定した値が、[テクニックを使って撮る]の他の項目に反映されます。設定を
リセットするには電源を OFF にし、もう一度 ON にしてください。
38
g(ガイド)モードを使う
撮影を始めるには
次のいずれかを選んで J ボタンを押すと、撮影を開始できます。
• ファインダーで撮る
• ライブビューで撮る
• 動画を撮る
さらに設定するには
[さらに設定する]を選んで 2 を押すと、次の項目を設定できます ※。
• フラッシュの設定
- フラッシュモード
- フラッシュ調光補正
• レリーズモード
• ISO 感度設定
- ISO 感度
- 感度自動制御
• ピクチャーコントロール
• 露出補正
• ホワイトバランス
※ 1 つ前の画面で設定した内容によって設定できる内容が異なります。
A g モードの[撮る]について
次の場合は、[おまかせで撮る]の設定になります。
• 電源を OFF にしてもう一度 ON にしたとき
• モードダイヤルを g に合わせてから、何も設定しないで撮影するとき
• 他のモードに切り換えてから g モードに戻ったとき
g(ガイド)モードを使う
39
❚❚[見る・消す]メニュー
1 枚見る
スライドショーで見る
複数の画像を同時に見る
撮影した画像を消す
日付を選んで見る
❚❚[編集する]メニュー
トリミング
フォトイラスト
フィルター効果(クロススクリーン)
ミニチュア効果
フィルター効果(ソフト)
セレクトカラー
❚❚[設定する]メニュー ※1
画質モード
再生画面設定
画像サイズ
時計と言語(Language)
パワーオフ時間
カードの初期化(フォーマット)
日付写し込み設定
HDMI
画面表示と音の設定
機内モード
モニターの明るさ
スマートフォンと連携
インフォ画面の背景色
Eye-Fi 送信機能 ※2
インフォ画面の自動表示
カードなし時レリーズ
電子音設定
動画の設定
画像サイズ / フレームレート
動画の画質
録音設定
風切り音低減
フリッカー低減
※1 g モードで設定した内容は、他の撮影モードには反映されません(
[フリッ
カー低減]、
[時計と言語(Language)]
、
[カードの初期化(フォーマット)]
、
[HDMI]、
[機内モード]、
[スマートフォンと連携]
、
[Eye-Fi 送信機能]
、
[カー
ドなし時レリーズ]を除く)。
※2[Eye-Fi 送信機能]は、この機能に対応した Eye-Fi カードを挿入したときのみ
表示されます(0 230)。
40
g(ガイド)モードを使う
g モードでの操作方法
ガイドモードの
トップ画面を
表示する /
消灯した画面を
点灯させる
G ボタンを押します。
メニューを選ぶ
ガイドモードのトップ画面でマルチセレクターの 1342
を押してメニューを選択します。
1 と 3 を押して項目を選択します。
次のような画面のときは、1342 を押して項目を選択しま
す。
項目を選ぶ
選んだ項目を
設定する
J ボタンを押します。
4 を押します。
次のような画面のときに、項目を選択せず前の画面に戻りた
いときは、& を選んで J ボタンを押します。
前の画面に
戻る
g(ガイド)モードを使う
41
画面に d(ヘルプあり表示)が表示されているときに W(Q)
ボタンを押すと、その項目のヘルプ(説明)が表示されます。
d(ヘルプあり表示)
項目のヘルプ
(説明)を見る
• 説明が2ページ以上ある場合は、
マルチセレクターの3を押
して、次のページを表示してください。
• もう一度 W(Q)ボタンを押すと、前の画面に戻ります。
42
g(ガイド)モードを使う
被写体や状況に合わせて
撮影する(シーンモード)
撮影するシーンが決まっているときは、シーンに合わせて撮影モードを
選ぶだけで、美しく撮影できます。
❚❚ シーンモードの設定方法
シーンモードは、モードダイヤルを回して設定します。
• 次のシーンモードから設定できます
k
m
ポートレート
スポーツ
n
o
クローズアップ
夜景ポートレート
k(ポートレート)
人物を美しく撮影したいときに使いま
す。人物の肌をなめらかで自然な感じに
仕上げます。
• 被写体と背景が離れているときや、望
遠レンズを使って撮影したときは、背
景がぼけて立体感のある画像になり
ます。
被写体や状況に合わせて撮影する(シーンモード)
43
m(スポーツ)
運動会などスポーツ写真の撮影に向い
ています。動きのある被写体の一瞬の動
きを鮮明にとらえ、躍動感のある画像に
仕上げます。
D ご注意
• 内蔵フラッシュは発光しません。
• AF 補助光は照射されません。
n(クローズアップ)
草花や昆虫などの小さな被写体に近づ
き、大きく写したいときに使います。
• マイクロレンズを使用すると、より被
写体に近づいて撮影することができ
ます。
o(夜景ポートレート)
夕景や夜景をバックに、人物を撮影した
いときに使います。人物と背景の両方を
美しく表現します。
A 三脚の使用について
暗いときや手ブレが気になるときは、三脚の使用をおすすめします。
44
被写体や状況に合わせて撮影する(シーンモード)
特殊効果をつけて撮影する
(スペシャルエフェクトモード)
特殊な効果のついた画像を撮影できます。
❚❚ スペシャルエフェクトモードの設定方法
モードダイヤルを q に合わせた後、コマンドダイヤルを回して設定
します。
モードダイヤル
コマンドダイヤル
画像モニター
• 次のスペシャルエフェクトモードから設定できます。
%
S
T
U
'
ナイトビジョン
極彩色
ポップ
フォトイラスト
トイカメラ風
(
3
1
2
3
ミニチュア効果
セレクトカラー
シルエット
ハイキー
ローキー
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
45
%(ナイトビジョン)
意図的に高感度で撮影して、モノトーン
(白黒)で表現します。暗闇での撮影に
適しています。
D ご注意
• オートフォーカスはライブビュー時のみ使えます。
(マ
• オートフォーカスでピントが合いにくい場合は、フォーカスモードを[MF]
ニュアルフォーカス)に設定してください(0 63)
。
• 内蔵フラッシュは発光しません。
• AF 補助光は照射されません。
S(極彩色)
画像全体の色を強調し、コントラストが
はっきりした写真にします。
T(ポップ)
画像全体の色を鮮やかにし、明るい雰囲
気にします。
46
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
U(フォトイラスト)
輪郭を強調し、色数を減らすことでイラ
スト風に表現します。
• ライブビューにすると、U(フォトイ
ラ ス ト)の 効 果 を 設 定 で き ま す
(0 51)。
D ご注意
• オートフォーカス中は効果が一時解除されます。
• 動画撮影の場合は、コマ送りのような動画として記録されます。
• 動画撮影中はオートフォーカスは作動しません。
'(トイカメラ風)
色の濃さと周辺減光量を調整し、トイカ
メラで撮影したように表現します。
• ライブビューにすると、'(トイカメ
ラ風)の効果を設定できます(0 52)。
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
47
((ミニチュア効果)
ミニチュア(模型)を接写したように表
現します。高いところから見下ろして撮
影する場合に適しています。
• ライブビューにすると、((ミニチュ
ア 効 果)の 効 果 を 設 定 で き ま す
(0 53)。
D ご注意
•
•
•
•
•
•
内蔵フラッシュは発光しません。
AF 補助光は照射されません。
オートフォーカス中は効果が一時解除されます。
動画撮影の場合は、早送り動画として記録されます。
動画撮影の場合は、音声は記録されません。
動画撮影中はオートフォーカスは作動しません。
3(セレクトカラー)
選んだ色のみをカラーで残し、それ以外
の色をモノトーン(白黒)で表現します。
• ライブビューにすると、3(セレクト
カ ラ ー)の 効 果 を 設 定 で き ま す
(0 55)。
D ご注意
内蔵フラッシュは発光しません。
48
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
1(シルエット)
背景が明るいシーンで、被写体を意図的
にシルエットで表現します。
D ご注意
内蔵フラッシュは発光しません。
2(ハイキー)
全体的に明るめの被写体の撮影に適し
ています。画像全体を意図的に明るい
トーンで表現します。光に満ちた華やい
だ雰囲気になります。
D ご注意
内蔵フラッシュは発光しません。
3(ローキー)
全体的に暗めの被写体の撮影に適して
います。画像全体を意図的に暗いトーン
で表現します。深く落ち着き、ハイライ
ト部分が引き立った雰囲気になります。
D ご注意
内蔵フラッシュは発光しません。
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
49
A 三脚の使用について
暗いときや手ブレが気になるときは、三脚の使用をおすすめします。
A スペシャルエフェクトモードについて
• 撮影モード %、S、T、U、'、( または 3 の場合に画質モード[RAW]で
撮影すると、画質モード FINE の JPEG 画像が記録されます。
• 撮影モードが U または ( のときにレリーズモード(0 57)を[I]
(連続撮
影)に設定した場合、連続撮影速度が遅くなります。
• 撮影モードが U または ( のときは、ライブビューの表示の更新は遅くなります。
50
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
❚❚ U(フォトイラスト)の効果の設定方法
スペシャルエフェクトモードで U を選んだ後、ライブビューで効果を設
定します。
1 ライブビュースイッチを回す
• 画像モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2 J ボタンを押す
• フォトイラストの設定画面が表示され
ます。
3 線の太さを設定する
• マルチセレクターの 4 を押すと細くな
り、2 を押すと太くなります。
4 決定する
• J ボタンを押して決定すると、設定した効果で撮影できます。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回します。
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
51
❚❚ '(トイカメラ風)の効果の設定方法
スペシャルエフェクトモードで ' を選んだ後、ライブビューで効果を設
定します。
1 ライブビュースイッチを回す
• 画像モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2 J ボタンを押す
• トイカメラ風の設定画面が表示され
ます。
3 色の濃さと周辺減光を設定する
• マルチセレクターの 1 または 3 を押し
て、設定したい項目を選びます。
•[色の濃さ]
:2 を押すと色が濃くなり、
4 を押すと薄くなります。
•[周辺減光]
:2 を押すと減光効果が強
くなり、4 を押すと弱くなります。
4 決定する
• J ボタンを押して決定すると、設定した効果で撮影できます。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回します。
52
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
❚❚ ((ミニチュア効果)の効果の設定方法
スペシャルエフェクトモードで ( を選んだ後、ライブビューで効果を設
定します。
1 ライブビュースイッチを回す
• 画像モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2 フォーカスポイントを被写体に
重ねる
• マルチセレクターで、ぼかさないで
はっきりと見せたい部分にフォーカス
ポイントを移動します。
• シャッターボタンを半押しして、ピン
トが合う部分を確認します。
• X ボタンを押すと、被写体が拡大表示され、ピントを細部まで確
認できます。W(Q)ボタンを押すと画像を縮小表示します。
• 拡大表示中は効果が一時解除されます。
3 J ボタンを押す
• ミニチュア効果の設定画面が表示され
ます。
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
53
4 効果をかける方向と幅を設定する
• 4 または 2 を押すと、効果をかける方
向を縦と横から選べます。
• 1 または 3 を押すと、効果をかける幅
を設定できます。
5 決定する
• J ボタンを押して決定すると、設定した効果で撮影できます。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回します。
A ミニチュア効果での動画撮影について
動画の記録時間は撮影にかかる時間よりも短くなります。たとえば、撮影メ
ニュー[動画の設定]の[画像サイズ / フレームレート]が 1920 × 1080、30p
の場合(0 129)
、約 3 分の動画ファイルを作成するためには、約 45 分の撮影時
間が必要です。
54
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
❚❚ 3(セレクトカラー)の効果の設定方法
スペシャルエフェクトモードで 3 を選んだ後、ライブビューで効果を設
定します。
1 ライブビュースイッチを回す
• 画像モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2 J ボタンを押す
• セレクトカラーの設定画面が表示され
ます。
3 残したい色を抽出する
色
• カメラを動かして画面中央の枠を残し
たい色の被写体に重ねます。
• X ボタンを押すと、被写体が拡大表示
され、残したい色を細部まで確認でき
ます。W(Q)ボタンを押すと画像を
縮小表示します。
• マルチセレクターの 1 を押すと、画面中央の枠に重ねた被写体の
色が抽出され、色の枠に表示されます。
• 抽出した色以外の色は、モノトーン(白黒)で表示されます。
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
55
4 抽出する色の感度を設定する
色の感度
• 1 または 3 を押して、抽出する色の感
度を[1]〜[7]から設定します。数
値が大きいほど抽出する色の色相が広
くなり、小さいほど狭くなります。
5 抽出する色を追加する
• コマンドダイヤルを回して別の色の枠
を選び、手順 3 〜 4 と同じ手順で色を抽
出し、色の感度を設定します。
• 最大 3 色まで設定できます。
• 抽出した色を選んで O ボタンを押すと、
抽出した色をリセットします。
• 抽出した全ての色を削除したい場合は、O ボタンを押し続けま
す。確認画面で[はい]を選んで J ボタンを押すと、全ての色
をリセットします。
6 決定する
• J ボタンを押して決定すると、設定した効果で撮影できます。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回します。
D セレクトカラー設定時のご注意
• 残したい色の彩度によっては、抽出しにくい場合があります。彩度の高い色の
抽出をおすすめします。
• 色の感度を高く設定しすぎると、選択した色に近い色相の色も抽出されます。
56
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
撮影機能を使いこなす
レリーズモードを選ぶ
I(E)ボタンを押すと、シャッターをきる
(レリーズする)ときの動作(レリーズモード)
の選択画面が表示されます。マルチセレク
ターでカーソルを動かし、J ボタンを押して
決定します。
I(E)ボタン
8 1 コマ撮影
シャッターボタンを全押しするたびに 1 コマずつ撮影
できます。
I
連続撮影
シャッターボタンを全押ししている間、連続撮影しま
す(0 58)
。
J
E
静音撮影
1 コマ撮影に比べて静かに撮影できます(0 60)。
セルフタイマー
セルフタイマー撮影ができます(0 61)
。
撮影機能を使いこなす
57
連続撮影する
シャッターボタンを深く押し込んで(全押しして)、そのまま押し続け
ている間、連続撮影できます。
1 I(E)ボタンを押す
I(E)ボタン
2[I](連続撮影)を選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
3 構図を決め、ピントを合わせる
4 シャッターボタンを全押しして連続
撮影する
• シャッターボタンを深く押し込んで
(全押しして)
、そのまま押し続けてい
る間、連続撮影します。
58
撮影機能を使いこなす
D 連続撮影についてのご注意
• 内蔵フラッシュが発光するときは、連続撮影はできません。連続撮影するに
は、撮影モードを j(発光禁止オート)
(0 26)にするか、フラッシュモード
(0 82、84)を[j](発光禁止)にしてください。
• バッテリー残量が減ると、連続撮影速度が遅くなることがあります。撮影中に
バッテリーの残量がなくなった場合は、連続撮影は中止され、撮影済みの画像
データが SD カードに記録されます。
A 連続撮影速度について
[I](連続撮影)設定時の連続撮影速度は、撮影条件によって異なります。詳
しくは「主な仕様」(0 310)をご覧ください。
A 連続撮影可能コマ数の表示
• シャッターボタンを押している間、t と連続
撮影可能コマ数(連続撮影速度を維持した
まま続けて撮影できるおおよそのコマ数)
が、ファインダー内に表示されます。
• 連続撮影は最大 100 コマまでできます。ただし、撮影モードが S または M で
シャッタースピードが 4 秒以上の場合は、連続撮影のコマ数は制限されません。
• 表示される連続撮影可能コマ数は、撮影条件によって増減することがありま
す。[tAA]と表示されたときは、連続撮影速度が低下します。
撮影機能を使いこなす
59
静音撮影する
1 コマ撮影に比べて静かに撮影するため、できるだけ音を立てたくない
ときに便利です。ピントが合ったときの電子音は鳴りません。
1 I(E)ボタンを押す
I(E)ボタン
2[J](静音撮影)を選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
3 シャッターボタンを全押しして撮影
する
A 静音撮影中のミラーの動作について
シャッターボタンを全押しするとミラーアップし、全押ししている間はミラー
ダウンしません。シャッターボタンを半押し状態に戻すとミラーダウンするた
め、ミラーダウン音のタイミングを遅らせることができます。また、ミラーダ
ウンする音も 1 コマ撮影に比べ静かです。
• 静音撮影時には、セットアップメニュー[電子音設定](0 219)の設定にか
かわらず、電子音も鳴りません。
60
撮影機能を使いこなす
セルフタイマーを使って撮影する
セルフタイマーによる撮影は、記念写真など、撮影者自身も一緒に写り
たいときなどに便利です。セルフタイマー撮影時は、三脚などを使って
カメラを固定してください。
1 I(E)ボタンを押す
I(E)ボタン
2[E](セルフタイマー)を選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
3 構図を決め、ピントを合わせる
• ピントが合っていないときなど、カメ
ラのシャッターがきれない状態ではセ
ルフタイマーは作動しません。
撮影機能を使いこなす
61
4 セルフタイマー撮影を開始する
• シャッターボタンを全押し
すると、約 10 秒後にシャッ
ターがきれます。タイマー
が作動している間は、電子
音が鳴り、セルフタイマー
ランプが点滅します。撮影
約 2 秒前になると、点滅から点灯に変わり、電子音が鳴る間隔が
短くなります。
A ファインダーから顔を離して撮影するときは
ファインダーから入った光が適正露出や画像に影響を与えることを防ぐため、
手などでファインダー接眼部をおおうか、別売のアイピースキャップ(0 293)
を取り付けることをおすすめします。
• アイピースキャップは、接眼目当てを取り外し(q)、図のように取り付けま
す(w)。接眼目当てを取り外すときは、カメラをしっかりと支えてください。
接眼目当て
アイピースキャップ
A セルフタイマー撮影時のフラッシュについて
内蔵フラッシュを手動で上げる撮影モード(0 83)でフラッシュを使って撮影
したいときは、撮影を開始する前に M(Y)ボタンを押して内蔵フラッシュを
上げ、ファインダー内の M(レディーライト)が点灯するまでお待ちください。
セルフタイマーの作動中にフラッシュを上げると、撮影は中止されます。
A セルフタイマー撮影の解除について
作動中のタイマーを解除するには、電源を OFF にしてください。
A セットアップメニュー[セルフタイマー]
セットアップメニュー[セルフタイマー]では、セルフタイマーの作動時間や
連続撮影コマ数を変更できます(0 214)。
62
撮影機能を使いこなす
オートフォーカスで撮影する
オートフォーカスでのピントの合わせ方について説明します。
フォーカスモードを設定する
❚❚ ファインダー撮影時に設定する場合
被写体が静止しているときは AF-S、動いているときは
AF-A AF サーボモード AF-C に自動的に切り替わります。ピントが合ってい
自動切り換え
ないときはシャッターはきれません。
静止している被写体の撮影に適しています。シャッ
ターボタンを半押しすると、ピントが合った時点で
フォーカスがロックされます。ピントが合っていない
ときはシャッターはきれません。
AF-S
シングル
AF サーボ ※
AF-C
スポーツなど動きのある被写体の撮影に適していま
コンティニュアス す。シャッターボタンを半押ししている間、カメラは
被写体の動きに合わせてピントを合わせ続けます。ピ
AF サーボ ※
ントが合っていないときはシャッターはきれません。
MF
マニュアル
フォーカス
手動でピントを合わせます(0 75)
。
※撮影モード P、S、A、M で選べます。
❚❚ ライブビュー時に設定する場合
AF-S
シングル AF
サーボ
静止している被写体の撮影に適しています。シャッ
ターボタンを半押しすると、ピントが合った時点で
フォーカスがロックされます。
AF-F
常時 AF サーボ ※
動いている被写体の撮影に適しています。シャッター
ボタンを半押しするまで、カメラは被写体の動きに合
わせてピントを合わせ続けます。半押しすると、ピン
トが合った時点でフォーカスがロックされます。
マニュアル
フォーカス
手動でピントを合わせます(0 75)
。
MF
※撮影モードが U、'、( のときは、選べません。
撮影機能を使いこなす
63
❚❚ フォーカスモードの変更方法
1[フォーカスモード]を選ぶ
• P ボタンを押します。
• マルチセレクターで[フォーカスモー
ド]を選んで J ボタンを押します。
P ボタン
ファインダー撮影時
ライブビュー時
2 設定したいフォーカスモードを選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
ファインダー撮影時
ライブビュー時
A 予測駆動フォーカスについて
ファインダー撮影時のフォーカスモードが[AF-C]のときや、
[AF-A]に設定
していて自動的に AF-C に切り替わったときは、シャッターボタンの半押し時に
被写体が近づいてくることをカメラが認識すると、自動的に予測駆動フォーカ
スに切り替わります。予測駆動フォーカスが作動すると、シャッターがきれる
時点での到達位置を予測しながらピントを合わせ続けます。
64
撮影機能を使いこなす
D[AF-C]コンティニュアス AF サーボについてのご注意
ファインダー撮影時のフォーカスモードが[AF-C]のときは、シャッターチャ
ンスを逃さないために[AF-S]よりもシャッターのきれるピントの範囲が広く
なっています。このため、ファインダー内のピント表示(●)が点灯する前に
シャッターがきれることがあります。
[AF-A]に設定していて自動的に AF-C に
切り替わった場合でも、同様の動作をします。
A オートフォーカスの苦手な被写体
次のような被写体では、オートフォーカスによるピント合わせができず、シャッ
ターがきれないことや、ピントが合っていなくても電子音が鳴ってピント表示
(●)が点灯し、シャッターがきれることがあります。このような場合は、マ
ニュアルフォーカス(0 75)でピントを合わせるか、フォーカスロック(0 72)
を利用してください。
被写体の明暗差がはっきりしない場合
(白壁や背景と同色の服をきている
被写体の明暗差が極端に異なる場合
(太陽を背景にした日陰の人物など)
人物など)
フォーカスポイント内に遠くのもの
と近くのものが混在する被写体
(オリの中の動物など)
背景に対してメインの被写体が
小さい場合
(遠くの建物を背景に近くの人物を撮
影する場合など)
連続した繰り返しパターンの被写体
(ビルの窓やブラインドなど)
絵柄が細かい場合
(一面の花畑など)
撮影機能を使いこなす
65
A AF 補助光について
• 被写体が暗い場合などにシャッターボタンを半
押しすると、ピント合わせのために、AF 補助光
を自動的に照射します(撮影モードや設定によっ
ては、AF 補助光を照射しないことがあります
(0 264))。
• AF 補助光ランプを連続して使うと、保護機能が
働いて一時的に照射が制限されます。少し時間を
おくと再び照射するようになります。また、短時
間に何回も使うと、AF 補助光ランプが熱くなる
ことがあるのでご注意ください。
66
撮影機能を使いこなす
AF 補助光ランプ
AF エリアモードを変更する
❚❚ ファインダー撮影時に設定する場合
c AF
静止している被写体の撮影に適しています。選んだ
フォーカスポイントだけを使ってピント合わせをし
ます。
d
不規則な動きをする被写体の撮影に効果的です。選
んだフォーカスポイントから被写体が一時的に外れ
てしまった場合でも、周辺のフォーカスポイントか
らのピント情報を使ってピントを合わせます。
シングルポイント
ダイナミック AF※
選んだフォーカスポイントで被写体にピントを合わ
せると、シャッターボタンを半押ししている間、構
図の変化に合わせて、フォーカスポイントを自動的
に切り換えてピントを合わせ続けます。
3D- トラッキング
f (11 点)※
• カメラが途中で被写体を見失ってしまった場合は、
いったんシャッターボタンを放して、もう一度被写
体にフォーカスポイントを合わせてください。
e
オートエリア AF
カメラが自動的に、全てのフォーカスポイントから
被写体を判別してピントを合わせます。
※フォーカスモードが[AF-S]のときは選べません。
A 3D- トラッキング(11 点)について
3D- トラッキングでは、半押ししていったんピントが合った時点で、選んだ
フォーカスポイント周辺の色を背景の色も含めて記憶します。そのため、被写
体の色が周囲の色と似ていたり、半押し開始時の被写体が小さいと、うまく動
作しない場合があります。
撮影機能を使いこなす
67
❚❚ ライブビュー時に設定する場合
ピントを合わせるフォーカスポイントをカメラがどのように選ぶかを
設定します。撮影モード i、j、( の場合は設定できません。
6
顔認識 AF
記念写真など、人物の顔にピント
を合わせたい場合に適していま
す。カメラが人物の顔を自動的に
認識し、フォーカスポイントが黄
色の二重枠に変わります。複数の
顔を認識した場合は、カメラが最
も近いと判断した人物の顔を二
重枠で表示します。このとき、マルチセレクターで二重枠を移
動して他の顔を選ぶこともできます。途中で顔が後ろを向くな
どしてカメラが顔を認識できなくなると、枠が消えます。
風景などを手持ちで撮影する場
合に適しています。
7
8
9
ワイド
エリア AF
ノーマル
エリア AF
画面の任意の位置にピンポイン
トでピントを合わせたい場合に
適しています。三脚の使用をお
すすめします。
指定した被写体に追尾させて
フォーカスポイントを動かした
い場合に適しています。マルチ
セレクターでフォーカスポイン
ターゲット
トを被写体に重ねて J ボタン
追尾 AF※
を押すと、被写体の追尾を開始
し、被 写 体 の 動 き に 合 わ せ て
フォーカスポイントが移動します。もう一度 J ボタンを押す
と、追尾を終了します。
※撮影モードが %、U、'、3 のときは、選べません。
68
撮影機能を使いこなす
A フォーカスポイントの位置について
マルチセレクターでフォーカスポイントを任意の位置に移動することができ
ます。
• フォーカスポイントは J ボタンを押すと、中央部に戻ります。
• AF エリアモードがターゲット追尾 AF の場合は、J ボタンを押すと被写体の追
尾を開始します(0 68)。
D フォーカスポイントを選べない AF エリアモードについて
ファインダー撮影時に AF エリアモードがオートエリア AF の場合、フォーカスポ
イントをカメラが自動的に決めるため、自分ではフォーカスポイントを選べま
せん。
D ターゲット追尾 AF についてのご注意
次のような場合は、追尾動作が正常に行われないことがありますので、ご注意
ください。
• 被写体の色、明るさが背景と似ている場合
• 被写体の大きさ、色、明るさが著しく変わる場合
• 被写体が大きすぎる / 小さすぎる場合
• 被写体が明るすぎる / 暗すぎる場合
• 被写体の動きが速すぎる場合
• 被写体が隠れたり、画面から外れた場合
撮影機能を使いこなす
69
❚❚ AF エリアモードの変更方法
1[AFエリアモード]を選ぶ
• P ボタンを押します。
• マルチセレクターで[AF エリアモー
ド]を選んで J ボタンを押します。
P ボタン
ファインダー撮影時
ライブビュー時
2 設定したい AFエリアモードを選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
ファインダー撮影時
ライブビュー時
A AF エリアモードの設定について
P、S、A、M 以外の撮影モードで設定した AF エリアモードは、撮影モードを切り
換えると、リセットされます。
70
撮影機能を使いこなす
D オートフォーカスについてのご注意(ライブビュー時)
• ライブビュー時のオートフォーカスは、ファインダー撮影時と比べてピント合
わせに時間がかかります。また、次の被写体はピントが合わない場合がありま
すので、ご注意ください。
- 画面の長辺側と平行な線の被写体
- 明暗差の少ない被写体
- フォーカスポイント内の被写体の輝度が著しく異なる場合
- イルミネーション、夜景などの点光源や、ネオンなど明るさが変化する被写体
- 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が見
える場合
- クロスフィルターなど、特殊なフィルターを使用した場合
- フォーカスポイントに対して被写体が小さい場合
- 連続した繰り返しパターンの被写体(ビルの窓やブラインドなど)
- 動く被写体
• オートフォーカス作動中は、画面の明るさが変わることがあります。
• フォーカスポイントが緑色に点滅しているとき(オートフォーカス作動中)は、
シャッターはきれません。ただし、赤色に点滅しているとき(ピントがあって
いないとカメラが判断したとき)でもシャッターはきれます。
• ピントが合わなくてもピント表示(緑枠)が点灯する場合があります。
• テレコンバーターを使用した撮影では、充分なピント精度が出ない場合があり
ます。
撮影機能を使いこなす
71
フォーカスロックしてピントを固定する
ピントを合わせたい被写体がいずれのフォーカスポイントにも入らな
い場合や、オートフォーカスが苦手な被写体(0 65)を撮影する場合
には、次の手順でピントを固定(フォーカスロック)して撮影すると効
果的です。
(オー
フォーカスロックを行う前に、AF エリアモード(0 67)を[e]
トエリア AF)以外に設定することをおすすめします。
1 ピントを合わせたい被写体にフォーカスポイン
トを重ね、シャッターボタンを半押しする
• ファインダー撮影時は、ピントが合う
と、ファインダー内のピント表示(●)
が点灯します。
• ライブビュー時は、ピントが合うと
フォーカスポイントが緑色で点灯し
ます。
72
撮影機能を使いこなす
2 ピントを固定する
フォーカスモード(0 63)が[AF-A]
または[AF-C]のとき:
シャッターボタン
シャッターボタンを半押ししたまま
(q)、A(L)ボタンを押すと(w)
、
ピントが固定されます。A(L)ボタ
ンを押している間は、シャッターボタン
から指を放しても、ピントが固定されま
す(この状態をフォーカスロックといい
ます)。
A(L)ボタン
ファインダー撮影でフォーカスモードが[AF-S]のとき、または
ライブビュー時:
シャッターボタンを半押ししている間は、ピントが固定されます。
A(L)ボタンを押してピントを固定することもできます。
3 フォーカスロックを行ったままで構図を変え、
シャッターボタンを全押しして撮影する
• 被写体との距離は変えないでください。フォーカス
ロック後に被写体との距離が変化した場合は、いった
んフォーカスロックを解除し、ピントを合わせ直してください。
ファインダー撮影時
ライブビュー時
撮影機能を使いこなす
73
A ピントを固定したまま繰り返し撮影したいときは
• シャッターボタンの半押しでフォーカスロックした場合は、シャッターをきっ
た後、シャッターボタンを半押しの状態に戻し、そのままもう一度シャッター
ボタンを全押ししてください。
• A(L)ボタンでフォーカスロックを行った場合は、A(L)ボタンを押
したままもう一度シャッターボタンを全押ししてください。
A A(L)ボタンについて
手順 2 で A(L)ボタンを押すと、ボタンを押している間、ピントと同時に露
「AE
出も固定されます。これを AE ロックといいます。AE ロック撮影については、
ロックして露出を固定する(AE ロック撮影)
」(0 99)をご覧ください。
74
撮影機能を使いこなす
マニュアルフォーカスでピントを
合わせる
ピントを手動で合わせたいときや、オートフォーカスが使えない場合、
オートフォーカスの苦手な被写体の場合には、マニュアルフォーカスで
ピントを合わせられます。
1 マニュアルフォーカスを選ぶ
カメラの P ボタンを押して[フォーカスモード]を[MF](マニュ
。
アルフォーカス)に設定します(0 63、64)
• レンズに A-M 切り換えスイッチまたはフォーカス
モード切り換えスイッチがある場合は、レンズ側
のフォーカスモードを M(マニュアルフォーカ
ス)にします。
2 ピントを合わせる
• レンズのフォーカスリングを回して、
ファインダー内のメインの被写体が
はっきり見えるようにピントを合わせ
ます。
撮影機能を使いこなす
75
❚❚ ファインダー撮影時のフォーカスエイドによる
ピント合わせ
マ ニ ュ ア ル フ ォ ー カ ス で 撮 影 す る と き は、
ファインダー内のピント表示(●)でピント
が合っているかどうかを確認できます。ピン
トが合っているかどうかの基準となるフォー
カスポイントは 11 カ所から選べます。
• ピントが合うとピント表示(●)が表示され
ます(0 4)
。
• オートフォーカスの苦手な被写体(0 65)では、ピントが合っていな
くてもピント表示(●)が点灯することがありますので、ファイン
ダースクリーンの像でピントが合っていることを確認してください。
A AF-P レンズ使用時のマニュアルフォーカスについて
AF-P レンズ(0 278)を使ってマニュアルフォーカスでピントを合わせるとき
に、ファインダー内のピント表示(●)が点滅した場合、それ以上同じ方向に
フォーカスリングを回しても、ピントは合いません(ライブビュー撮影時には、
画像モニターのフォーカスポイントが点滅します)
。
A カメラ側での設定
M/A(マニュアル優先オートフォーカス)または
A/M(オート優先オートフォーカス)モード機能
付きのレンズをお使いの場合は、フォーカスモー
ド(0 63)で[MF]
(マニュアルフォーカス)を
選んでもマニュアルフォーカスになります。レン
ズ側のフォーカスモードを切り換える必要はあり
ません。
76
撮影機能を使いこなす
A 距離基準マーク
距離基準マーク E は撮影距離の基準となるマーク
46.5mm
で、カメラ内の撮像面の位置を示します。マニュ
アルフォーカスや接写などでカメラから被写体ま
での距離を実測する場合、このマークが基準とな
ります。レンズ取り付け面(レンズマウント)か
ら撮像面までの寸法(フランジバック)は 46.5mm
です。
距離基準マーク
A マニュアルフォーカスでのピント合わせ(ライブビュー時)
ライブビュー時は、X ボタンを押して被写体を拡
大表示し、ピントが合っているかを確認できます
(0 33)。
X ボタン
撮影機能を使いこなす
77
画質や画像のサイズを変更する
画質モードを設定する
画像を記録するときのファイル形式と画質を設定できます。
画質モード
ファイル形式
説明
NEF
撮像素子の生データ(RAW 画像)を未現
像の状態で記録します。
JPEG
画質は FINE、NORMAL、BASIC の順に高
くなります。
RAW
FINE
NORMAL
BASIC
高
画質
低
•
RAW+FINE
NEF+JPEG
RAW と JPEG(FINE)の 2 種類の画像を
同時に記録します。
• カメラでは JPEG 画像のみを再生しま
す。JPEG 画像と同時記録された RAW
画像はパソコンでのみ再生できます。
• RAW 画像と同時記録された JPEG 画像
をカメラ上で削除すると、RAW 画像も
削除されます。
A RAW について
• 撮像素子の生データ(RAW 画像)を記録します。撮影後にパソコンなどで露
出補正やホワイトバランス、ピクチャーコントロールなどの設定を繰り返し変
更しても画質は劣化しません。撮影した画像を積極的に調整(RAW 現像)す
る場合に適しています。
• パソコンでの RAW 現像は、ニコンソフトウェア ViewNX-i または Capture NX-D
を使用して行えます。ViewNX-i、Capture NX-D はニコンダウンロードセン
ターから無料でダウンロードできます。
• RAW 現像はカメラの画像編集メニュー[RAW 現像]でも行えます。
78
撮影機能を使いこなす
1[画質モード]を選ぶ
• P ボタンを押します。
P ボタン
• マルチセレクターで[画質モード]を
選んで J ボタンを押します。
2 設定したい画質モードを選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
D「RAW」についてのご注意
• 画質モードを RAW に設定すると[画像サイズ]
(0 80)は[サイズ L]に固定
されます。
• RAW を含む画質モードに設定すると、セットアップメニューの [ 日付写し込み
設定 ](0 209)は使用できません。
撮影機能を使いこなす
79
画像サイズを設定する
画像のサイズ(大きさ)は[サイズ L]、
[サイズ M]、
[サイズ S]のい
ずれかに設定できます。
画像サイズ
画像の大きさ
プリント時の大きさ ※
(出力解像度 300dpi の場合)
# サイズ L
大
6000×4000 ピクセル
約 50.8×33.9 cm
$ サイズ M
サイズ
4496×3000 ピクセル
約 38.1×25.4 cm
% サイズ S
小
2992×2000 ピクセル
約 25.3×16.9 cm
※ピクセル数 ÷ 出力解像度(dpi)×2.54 cm で計算しています。
1[画像サイズ]を選ぶ
• P ボタンを押します。
P ボタン
• マルチセレクターで[画像サイズ]を
選んで J ボタンを押します。
2 設定したい画像サイズを選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
80
撮影機能を使いこなす
内蔵フラッシュを使って撮影する
内蔵フラッシュ撮影には、焦点距離が 18mm から 300mm までのレンズ
が使用できます。焦点距離 18mm よりも広角側で使用すると、画像周辺
部が暗く写る場合があります。
内蔵フラッシュが自動的に上がる撮影モード
の場合
撮影モード i、k、n、o、S、T、U、' では、暗いときや逆光の
ときなど、必要に応じて自動的に内蔵フラッシュが上がり、発光します。
1 フラッシュモードを設定する
• M(Y)ボタンを押しなが
らコマンドダイヤルを回し
ます。
M(Y)ボタン
コマンドダイヤル
• 変更した設定を確認します。
A フラッシュモードの設定について
フラッシュモードは、インフォ画面でも設定でき
ます(0 6)。
撮影機能を使いこなす
81
2 シャッターボタンを半押
しして、ピントを合わせ
てから撮影する
• 内蔵フラッシュを収納して
いても、必要に応じて自動
的に内蔵フラッシュが上が
り、発光します。フラッシュが自動的に上がらないとき、手で無
理に上げないでください。内蔵フラッシュが破損するおそれがあ
ります。
❚❚ 設定できるフラッシュモード
内蔵フラッシュが自動的に上がる撮影モードで設定できるフラッシュ
モードは次の通りです。
フラッシュモード
i、 k、 n、 S、
T、U、'
赤目軽減オート(自動発光)
:人物撮影に適し
ています。フラッシュが発光する前に、赤目
Njo
軽減ランプが点灯して、人物の目が赤く写る
「赤目現象」を軽減します。
i、 k、 n、 S、
T、U、'
No
82
撮影モード
通常発光オート(自動発光)
:暗いときや逆光
のときに必要に応じて発光します。
Njr
赤目軽減オート(自動発光)+スローシャッ
ター:夜景や夕景をバックにした人物撮影な
どに適しています。赤目軽減発光に加え、背
o
景をきれいに写すために、自動的にシャッ
タースピードを遅くする「スローシャッター」
が行われます。
Nr
通常発光オート(自動発光)+スローシャッ
ター:通常発光に加え、背景をきれいに写す
ために、自動的にシャッタースピードを遅く
する「スローシャッター」が行われます。
o
j
発光禁止:発光しません。
i、 k、 n、 o、
S、T、U、'
撮影機能を使いこなす
内蔵フラッシュを手動で上げる撮影モードの
場合
撮影モード P、S、A、M では、M(Y)ボタンを押して、手動で内蔵フ
ラッシュを上げます。
1 M(Y)ボタンを押す
• 内蔵フラッシュが上がります。
• 別売スピードライトが装着
されている場合は、内蔵フ
ラッシュは上がりません。
手順 2 に進んでください。
M(Y)ボタン
2 フラッシュモードを設定する
• M(Y)ボタンを押しなが
らコマンドダイヤルを回し
ます。
M(Y)ボタン
コマンドダイヤル
• 変更した設定を確認します。
3 シャッターボタンを半押しして、ピントを合わせてから撮
影する
• 内蔵フラッシュを上げているときは、周囲の明るさなどにかかわ
らず、フラッシュは常に発光します。
撮影機能を使いこなす
83
❚❚ 設定できるフラッシュモード
内蔵フラッシュを手動で上げる撮影モードで設定できるフラッシュ
モードは次の通りです。
フラッシュモード
撮影モード
N
通常発光:撮影のたびに内蔵フラッシュが発光します。 P、S、A、M
Nj
赤目軽減発光:人物撮影に適しています。フラッ
シュが発光する前に、赤目軽減ランプが点灯して、 P、S、A、M
人物の目が赤く写る「赤目現象」を軽減します。
Njp
赤目軽減発光+スローシャッター:夜景や夕景を
バックにした人物撮影などに適しています。赤目軽
減発光に加え、背景をきれいに写すために、自動的
にシャッタースピードを遅くする「スローシャッ
ター」が行われます。
P 、A
Np
通常発光 + スローシャッター:通常発光に加え、背景
をきれいに写すために、自動的にシャッタースピー
ドを遅くする「スローシャッター」が行われます。
P 、A
Nt
後幕発光 + スローシャッター:動いている被写体の
後方に流れる光や軌跡などを表現したい場合など
に適しています。後幕発光に加え、背景をきれいに
写すために、自動的にシャッタースピードを遅くす
る「スローシャッター」が行われます。
P 、A
後幕発光:通常発光時はシャッターが開くと同時に
フラッシュが発光します(先幕発光)が、後幕発光
ではシャッターが閉じる直前にフラッシュが発光
します。
Nq
S、M
先幕発光
84
撮影機能を使いこなす
後幕発光
D 内蔵フラッシュ撮影時のご注意
• フラッシュの光がさえぎられることがあるので、レンズフードは取り外してく
ださい。また、マクロ付きズームレンズのマクロ領域ではお使いになれません。
• 内蔵フラッシュを連続して使うと、発光部を保護するために、一時的に発光が
制限され、シャッターがきれなくなる場合があります。少し時間をおくと再び
使えるようになります。
A 内蔵フラッシュ撮影時のシャッタースピード制限について
内蔵フラッシュ撮影時のシャッタースピードは、次の範囲で制限されます。
i、k、n、S、T、U、'、P、A
o
S
M
1/200 〜 1/60 秒
1/200 〜 1 秒
1/200 〜 30 秒
1/200 〜 30 秒、Bulb、Time
A 内蔵フラッシュの収納
内蔵フラッシュを収納するときは、カチッと音
がするまで手で軽く押し下げます。バッテリー
の消耗を防ぐため、フラッシュを使わないとき
は常に収納してください。
撮影機能を使いこなす
85
A 内蔵フラッシュの調光範囲(光の届く範囲)
内蔵フラッシュは ISO 感度と絞り値によって調光範囲(光の届く範囲)が異なり
ます。下表を参考にしてください。
ISO 感度および絞り値
400
800
1600
100
200
1.4
2
2.8
4
5.6
8
11
2
2.8
4
5.6
8
11
2.8
4
5.6
8
11
4
5.6
8
11
ー
6400
5.6
8
11
8
11
11
約 1.0 〜 6.0
ー
約 0.7 〜 4.2
ー
ー
約 0.6 〜 3.0
ー
ー
ー
約 0.6 〜 2.1
ー
ー
ー
ー
約 0.6 〜 1.5
ー
ー
ー
ー
ー
約 0.6 〜 1.1
ー
ー
ー
ー
ー
約 0.6 〜 0.7
※内蔵フラッシュで調光できる最短撮影距離は約 0.6m です。
86
調光範囲(m)
3200
撮影機能を使いこなす
ISO 感度を設定する
撮影時の周辺の明るさに応じて、光に対する感度(ISO 感度)を変更で
きます。一般的に、ISO 感度を高くするほど、より高速のシャッタース
ピードで撮影できます(同じ被写体を同じ絞り値で撮影する場合)
。
設定できる ISO 感度は、撮影モードによって異なります。
i、j、%
P、S、A、M
AUTO
100 〜 25600(1 段ステップで設定できます)
その他の撮影モード AUTO、100 〜 25600(1 段ステップで設定できます)
•[AUTO]ではカメラが自動的に ISO 感度を決めます。
• 撮影メニュー[ISO 感度設定]の[感度自動制御]では、撮影モード
P、S、A、M でも、ISO 感度を自動制御するように設定できます(0 198)。
1[ISO感度]を選ぶ
• P ボタンを押します。
P ボタン
• マルチセレクターで[ISO 感度]を選
んで J ボタンを押します。
2 設定したい ISO感度を選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
撮影機能を使いこなす
87
P、S、A、Mモードで撮影する
撮影モード P、S、A、M を使う
s
撮影モード P、S、A、M では、撮影の意図に応じて、
シャッタースピードと絞り値のそれぞれを自分で
設定したり、カメラまかせにしたりすることができ
ます。
プログラムオート
P (0 89)
S
シャッター優先オート
(0 90)
被写体の動きを強調して撮影したいときなどに使
います。シャッタースピードを自分で設定し、絞
り値はカメラが自動制御します。
A (0 91)
背景のぼかし方を調節して撮影したいときなどに
使います。絞り値を自分で設定し、シャッタース
ピードはカメラが自動制御します。
M
シャッタースピードと絞り値の両方を自分で設定
します。長時間露出(バルブ、タイム)撮影も、こ
のモードで行います。
絞り優先オート
88
シャッターチャンスを逃したくないスナップ撮影
などに使います。シャッタースピードと絞り値の
両方をカメラが自動制御します。
マニュアル(0 92)
P、S、A、M モードで撮影する
P:プログラムオート
シャッターチャンスを逃したくな モードダイヤル
いスナップなど幅広い撮影に適し
ています。被写体の明るさに応じ
て、露出が適正になるようにカメ
ラがシャッタースピードと絞り値
を自動的に決定します。
「プログラ
ムオート」にするには、撮影モー
ドを P に合わせます。
A プログラムシフトの操作方法
[プログラムオート]
(P)では、カメラがシャッタースピードと絞り値を決めま
すが、
「プログラムシフト」を行うと、適正露出のまま、シャッタースピードと
絞り値の組み合わせを変えられます。
動きの速い被写体を撮影したいときや、背景をぼ
かしたいときは、コマンドダイヤルを右に回しま
す(シャッタースピードが速くなり、絞りが開き
ます)
。
コマンドダイヤル
被写体の動きを強調したいときや、近くから遠く
までピントの合った写真を撮影したいときは、コ
マンドダイヤルを左に回します(シャッタース
ピードが遅くなり、絞りが絞り込まれます)
。
• プログラムシフト中はファインダー内とイン
フォ画面にプログラムシフトマーク U(R)が
点灯します。
• プログラムシフトを解除するには、プログラム
シフトマーク U(R)が消灯するまでコマンドダ
イヤルを回します。電源を OFF にしたときや、
他の撮影モードに切り換えたときも、プログラ
ムシフトは解除されます。
P、S、A、M モードで撮影する
89
S:シャッター優先オート
動きを写し止めて撮影したいときや、被写体の動きを強調する撮影に適
しています。シャッタースピードを自分で決めると、露出が適正になる
ようにカメラが自動的に絞り値を決定します。
速いシャッタースピードに
設定したとき
(シャッタースピード:1/1600 秒)
遅いシャッタースピードに
設定したとき
(シャッタースピード:1 秒)
シャッタースピードは次の方法で設定します。
1 モードダイヤルを Sに合わ
モードダイヤル
せる
2 シャッタースピードを設定する
• コマンドダイヤルを右に回すとシャッタースピードが速くなり、
左に回すとシャッタースピードが遅くなります。
コマンドダイヤル
90
P、S、A、M モードで撮影する
A:絞り優先オート
背景をぼかしてメインとなる被写体を浮き立たせたい場合や、近くから
遠くまでピントの合った写真を撮影したい場合に適しています。絞り値
を自分で決めると、露出が適正になるようにカメラが自動的にシャッ
タースピードを決定します。
絞りを開いたとき
(絞り値:F5.6)
絞りを絞り込んだとき
(絞り値:F22)
絞り値は次の方法で設定します。
1 モードダイヤルを Aに合わ
モードダイヤル
せる
2 絞り値を設定する
• コマンドダイヤルを左に回すと絞りが開き(絞り値が小さくな
り)
、右に回すと絞りが絞り込まれ(絞り値が大きくなり)ます。
コマンドダイヤル
P、S、A、M モードで撮影する
91
M:マニュアル
シャッタースピードと絞り値の両方を自分で決定します。花火や星空な
どを長時間露出(バルブ、タイム)撮影(0 94)で撮影する場合にも
この撮影モードを使います。
1 モードダイヤルをMに合わ
モードダイヤル
せる
2 露出インジケーター(0 93)を確認しながら、シャッ
タースピードと絞り値を設定する
• シャッタースピードの設定:
コマンドダイヤルを右に回すとシャッタースピードが速くなり、
左に回すとシャッタースピードが遅くなります。
コマンドダイヤル
92
P、S、A、M モードで撮影する
• 絞り値の設定:
E(N)ボタンを押しながらコマンドダイヤルを左に回すと絞り
が開き(絞り値が小さくなり)
、右に回すと絞りが絞り込まれ
(絞り値が大きくなり)ます。
E(N)ボタン
コマンドダイヤル
A 露出インジケーターの見方
適正露出
1/3 段アンダー
2 段以上オーバー
• E タイプまたは G タイプレンズ(0 278)装着時に露出インジケーターが表示
されます。
• 長時間露出(バルブ、タイム)撮影時(0 94)には、露出インジケーターは
表示されません。
P、S、A、M モードで撮影する
93
長時間露出で撮影する(撮影モード M のみ)
長時間露出撮影には、バルブ撮影とタイム撮影の 2 種類があります。花
火や夜景、星空の撮影や、自動車のライトの流れを表現したいときなど
に使います。
シャッタースピードを A(バルブ)に設定(0 95)し、
絞り値を F25 にして 35 秒間の長時間露出撮影した場合の画像
バルブ撮影
シャッターボタンを押し続けている間シャッターが開いたままに
なり、シャッターボタンを放すとシャッターが閉じます。
タイム撮影
シャッターボタンを全押しするとシャッターが開いたままにな
り、もう一度全押しするとシャッターが閉じます。
A 長時間露出撮影を開始する前に
• 長時間露出撮影には、手ブレを抑えるために三脚が必要です。
• 適正露出や画像に影響を与える接眼部からの逆入射光を防ぐため、シャッター
ボタンを押す前に手などでファインダー接眼部をおおうか、別売のアイピース
キャップ(0 293)を取り付けることをおすすめします(0 62)
。
• 露光時間が長くなると、画像にノイズ(ざらつき、むら、輝点)が発生するこ
とがあります。
• 撮影中のバッテリー切れを防ぐため、電源としてフル充電した Li-ion リチャー
ジャブルバッテリー、または別売のパワーコネクターと AC アダプターをお使
いいただくことをおすすめします。
94
P、S、A、M モードで撮影する
❚❚ バルブ撮影する
1 三脚などを使ってカメラを固定する
2 モードダイヤルをMに合わ モードダイヤル
せる
3 半押しタイマーがオンのときにコマンドダイヤルを回して、
シャッタースピードを Bulb(ファインダー内表示は
A)に設定する
コマンドダイヤル
4 ピントを合わせて、撮影を開始する
• シャッターボタンを全押しして撮影を開始します。シャッターボ
タンは押し続けてください。
5 撮影を終了する
• シャッターボタンを放すと、撮影が終了します。
P、S、A、M モードで撮影する
95
❚❚ タイム撮影する
1 三脚などを使ってカメラを固定する
2 モードダイヤルをMに合わ モードダイヤル
せる
3 半押しタイマーがオンのときにコマンドダイヤルを左に回
して、シャッタースピードを Time(ファインダー内表示
は &)に設定する
コマンドダイヤル
4 ピントを合わせて、撮影を開始する
• シャッターボタンを全押しすると、シャッターが開き、撮影を開
始します。
5 もう一度シャッターボタンを全押しして撮影を終了する
96
P、S、A、M モードで撮影する
被写体の露出(明るさ)を設定する
明るさを測る方法を設定する(測光モード)
適正な露出を得るためにカメラが被写体の明るさを測る方法(測光モー
ド)を設定します。
マルチパターン
測光
ほとんどの撮影状況に対応できる測光モードです。画面の
広い領域を測光して、被写体の輝度(明るさ)分布、色、
距離や構図などさまざまな情報を瞬時に分析するため、見
た目に近い画像が得られます。
M
中央部重点測光
画面中央にメインの被写体を大きく配置して撮影する場
合などに適しています。画面の中央部分を重点的に測光し
ます。
• 露出倍数のかかるフィルターをお使いになるときは、中
央部重点測光をおすすめします。
N
スポット測光
逆光時や被写体の明暗差が激しいときなど、狭い範囲での
露出を基準にして撮影したい場合に適しています。選んだ
フォーカスポイントに重なる部分だけを測光します。
L
A スポット測光について
測光エリアは、フォーカスポイントに連動します。ただし、ファインダー撮影
時の[AF エリアモード]
(0 67)が[e]
(オートエリア AF)のときは、中央
のフォーカスポイントに相当する部分を測光します。
P、S、A、M モードで撮影する
97
1[測光モード]を選ぶ
• P ボタンを押します。
P ボタン
• マルチセレクターで[測光モード]を
選んで J ボタンを押します。
2 設定したい測光モードを選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
98
P、S、A、M モードで撮影する
AE ロックして露出を固定する(AE ロック撮影)
AE ロック撮影とは、被写体の特定の部分を測光して露出を決め、その
まま構図を変えて撮影する方法です。露出を合わせたい部分とその周囲
とで、極端に明るさが異なる場合などに効果的です。撮影モード i と
j では、AE ロックできません。
1 測光モードで中央部重点測光またはスポット測光を選ぶ
(0 97)
2 露出を合わせたい部分にフォーカス
シャッターボタン
ポイントを重ねてシャッターボタン
を半押ししたまま、A(L)ボタ
ンを押して、露出を固定する
• A(L)ボタンを押している間は、測
光モードに応じた部分の露出で固定
(ロック)され、構図を変えても露出は
変わりません。
A(L)ボタン
• ファインダー内表示または画像モニ
ターに AE-L マークが点灯します。
3 AEロックを行ったままで
構図を変え、シャッター
ボタンを全押しして撮影
する
P、S、A、M モードで撮影する
99
A AE ロック中のカメラ操作について
• AE ロックしている間もコマンドダイヤルで次の操作ができます。
撮影モード
操作
P
プログラムシフト(0 89)
S
シャッタースピードの変更
A
絞り値の変更
• ファインダー内表示または画像モニターには、変更後のシャッタースピード、
絞り値が表示されます。
• AE ロック中は、測光モードは変更できません。
100 P、S、A、M モードで撮影する
画像の明るさを調整する(露出補正)
露出補正とは、カメラが制御する適正露出値を意図的に変えることで
す。画像全体を明るくしたり、暗くしたいときなどに使います(0 312)。
露出補正を行うときは、測光モード(0 97)を[M](中央部重点測
光)または[N]
(スポット測光)にすると効果的です。
− 1 段補正
露出補正なし
+ 1 段補正
P、S、A、M モードで撮影する 101
露出補正値を変える
• E(N)ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回します。
E(N)ボタン
コマンドダイヤル
• 変更した設定を画像モニターまたは
ファインダー内表示で確認します。
+ 0.3 段補正
A 露出補正の設定について
露 出 補 正 は、イ ン フ ォ 画 面 で も 設 定 で き ま す
(0 6)
。
102 P、S、A、M モードで撮影する
A 露出補正の解除について
撮影モード P、S、A、M で露出補正を行った場合、露出補正を解除するには、補
正値を 0.0 にしてください。カメラの電源を OFF にしても、補正値の設定は解除
されません。シーンモードまたは % で露出補正を行った場合、撮影モードを切
り換えるか、カメラの電源を OFF にすると露出補正値の設定は解除されます。
A 撮影モード M で露出補正をした場合
露出補正値を0.0以外に設定すると、
露出インジケーターの基準値が変わります。
A フラッシュ使用時の露出補正
フラッシュ使用時に露出補正を行った場合は、背景露出とフラッシュの発光量
の両方に補正が行われます。
P、S、A、M モードで撮影する 103
フラッシュの発光量を調整する
(フラッシュ調光補正)
調光補正とは、フラッシュの発光量を意図的に変えることで、被写体の
明るさを調整したいときなどに使います(0 313)。発光量を多くして
メインの被写体をより明るく照らしたり、発光量を少なくしてメインの
被写体に光が強く当たりすぎないようにできます。
調光補正値を変える
• M(Y)ボタンと E(N)ボタンを押しながらコマンドダイヤ
ルを回します。
M(Y)ボタン
E(N)ボタン
コマンドダイヤル
• 変更した設定を画像モニターまたは
ファインダー内表示で確認します。
+ 0.3 段補正
104 P、S、A、M モードで撮影する
A 調光補正の設定について
調 光 補 正 は、イ ン フ ォ 画 面 で も 設 定 で き ま す
(0 6)
。
A 調光補正の解除について
調光補正を解除するには、補正値を 0.0 にしてください。カメラの電源を OFF に
しても、補正値の設定は解除されません。シーンモードで調光補正を行った場
合、撮影モードを切り換えるか、カメラの電源を OFF にすると調光補正値の設
定は解除されます。
A 別売スピードライト使用時の調光補正
• 別売のニコンクリエイティブライティングシステム対応スピードライト
(0 286)使用時も、調光補正を行うことができます。
• カメラ側とスピードライト側で同時に調光補正を行う場合、両方の補正値を加
算します。
P、S、A、M モードで撮影する 105
白とびや黒つぶれを抑えて撮影する
アクティブ D- ライティング
アクティブ D- ライティングを使うと、暗い室内から外の風景を撮った
り、直射日光の強い海辺など明暗差の大きい景色を撮影するのに効果的
です。ハイライト部(明るい部分)の白とびを抑え、シャドー部(暗い
部分)の黒つぶれを軽減する効果があるため、目で見たコントラストに
近い画像に仕上がります。アクティブ D- ライティングを設定したとき
は、M 以外の撮影モードで測光モードを[L]
(マルチパターン測光)に
設定して撮影することをおすすめします(0 97)。
アクティブ D- ライティング
[しない]
アクティブ D- ライティング
[する]
A[アクティブ D-ライティング]と画像編集メニュー[D- ライティン
グ]の違い
撮影前に[アクティブ D- ライティング]を設定すると、撮影シーンに応じてハ
イライト部やシャドー部および中間調を適切に調整して画像を記録します。一
方、
[D-ライティング]は、撮影した画像に対してシャドー部を明るく補正します。
106 P、S、A、M モードで撮影する
1[アクティブD-ライティング]を選ぶ
• P ボタンを押します。
P ボタン
• マルチセレクターで[アクティブ
D-ライティング]を選んで J ボタン
を押します。
2[する]を選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
D アクティブ D-ライティングについてのご注意
• 明るい被写体の周辺に暗い影が出たり、暗い被写体の周辺が明るくなったりす
る場合があります。
• 動画撮影時は、アクティブ D- ライティングは機能しません。
• 被写体によっては画像に階調とびが発生する場合があります。
P、S、A、M モードで撮影する 107
ホワイトバランスを合わせる
光源に合わせて、画像が見た目に近い色で撮影されるようにすることを
「ホワイトバランスを合わせる」といいます。
通常は、初期設定の v(オート)で撮影してください。撮影した画像
の色味を変えたいときは、天候や光源に合わせてホワイトバランスを変
更してください。
オート
カメラが自動的にホワイトバランスを調節します。ほとん
どの撮影状況に適しています。
J
I
H
N
G
M
電球
白熱電球下での撮影に適しています。
蛍光灯
蛍光灯などの光源(0 110)を使った撮影に適しています。
晴天
晴天の屋外での撮影に適しています。
フラッシュ
フラッシュを使って撮影する場合に適しています。
曇天
曇り空の屋外での撮影に適しています。
晴天日陰
晴天の日陰での撮影に適しています。
L
プリセット
マニュアル
撮影者が被写体や光源を基準にホワイトバランスを合わ
せたり、SD カード内の画像と同じホワイトバランスで撮影
したりできます(0 113)。
v
108 P、S、A、M モードで撮影する
1[ホワイトバランス]を選ぶ
• P ボタンを押します。
P ボタン
• マルチセレクターで[ホワイトバラン
ス]を選んで J ボタンを押します。
2 設定したいホワイトバランスを選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
A 撮影メニュー[ホワイトバランス]
ホワイトバランスは、メニュー操作でも設定でき
ます(0 195)。撮影メニューで[ホワイトバラン
ス]を選ぶと、ホワイトバランスを微調整したり
(0 111)、ホワイトバランスを自分で取得する
(0 113)ことができます。
P、S、A、M モードで撮影する 109
A 蛍光灯の種類について
撮影メニュー(0 195)の[ホワイトバランス]
で[I 蛍光灯]を選ぶと、細かく蛍光灯の種類を
設定できます。
A 色温度について
光の色には、赤みを帯びたものや青みを帯びたものがあり、人間の主観で光の
色を表すと、見る人によって微妙に異なります。そこで、光の色を絶対温度
(K:ケルビン)という客観的な数字で表したのが色温度です。色温度が低くな
るほど赤みを帯びた光色になり、色温度が高くなるほど青みを帯びた光色にな
ります。
赤みが強くなる
青みが強くなる
3000
q
q
w
e
r
t
y
w
4000
e
r
5000
tyu i
I ナトリウム灯混合光
(約 2700K)
J 電球(約 3000K)
I 電球色蛍光灯(約 3000K)
I 温白色蛍光灯(約 3700K)
I 白色蛍光灯(約 4200K)
I 昼白色蛍光灯(約 5000K)
H 晴天(約 5200K)
110 P、S、A、M モードで撮影する
6000
u
i
o
!0
!1
8000
o
!0
10000
[K]
!1
N フラッシュ(約 5400K)
G 曇天(約 6000K)
I 昼光色蛍光灯(約 6500K)
I 高色温度の水銀灯
(約 7200K)
M 晴天日陰(約 8000K)
ホワイトバランスを微調整する
撮影メニューの[ホワイトバランス]では、選んだホワイトバランスを
さらに微調整することができます。
1 撮影メニューの[ホワイトバラン
ス]で、設定したいホワイトバラン
スを選び、微調整画面が表示される
まで 2 を押す
2 微調整値を設定する
座標
• マルチセレクターを操作すると、座標
上の A(アンバー)、B(ブルー)
、G(グ
リーン)
、M(マゼンタ)の 4 方向で、
各方向 6 段階まで微調整できます。
• A(アンバー)、B(ブルー)方向は、色
温度の高さを 0.5 単位で微調整できます。
設定値
1 段階は約 5 ミレッドに相当します。
• G(グリーン)、M(マゼンタ)方向は、色補正用(CC)フィル
ターと同じような微調整を 0.25 単位で行えます。1 段階は濃度約
0.05 に相当します。
3 決定する
• J ボタンを押して決定します。
D ホワイトバランスの微調整について
•[L]
(プリセットマニュアル)の場合、微調整画面は表示されません。
• ホワイトバランスの微調整画面で表示されている色は、色温度方向の目安の色
を表しています。微調整画面で設定しても、設定したそのままの色の画像には
ならない場合があります。たとえば、ホワイトバランスを[J]
(電球)に設
定して B(ブルー)方向に微調整しても、青色が強い画像にはなりません。
P、S、A、M モードで撮影する 111
A ミレッド(MIRED)について
色温度の逆数を百万(106)倍したものです。色温度は、同じ色温度差でも、色
温度の低い場合では色の変化が大きく、色温度の高い場合では、色の変化が小
さくなります。たとえば同じ 1000 ケルビンの違いでも 6000 ケルビン付近での変
化は比較的小さく、3000 ケルビン付近では 1000 ケルビンの違いで光色が大きく
変わります。ミレッドは、その変化幅をほぼ同じに表現する尺度であり、色温
度変換フィルターの単位としても利用されます。
例)色温度の差(K:ケルビン):ミレッドの差(M:ミレッド)
4000K − 3000K = 1000K
7000K − 6000K = 1000K
112 P、S、A、M モードで撮影する
: 83 M
: 24 M
プリセットマニュアルを使う
特殊な照明の下で撮影するときなど、
[v ]
(オート)や[J]
(電球)
などの設定では望ましい結果が得られない場合や、SD カード内の画像
と同じホワイトバランスで撮影したいときは、事前に取得したホワイト
バランスを使うことができます。
プリセットマニュアルデータは次の方法で取得できます。
取得データ
撮影データ
カメラで取得したホワイトバランスを、プリセットマニュア
ルデータとして使います(下記参照)
。
SD カード内の画像のホワイトバランスデータをプリセット
。撮影済みの画像
マニュアルデータとして使います(0 117)
と同じホワイトバランスで撮影できます。
❚❚ プリセットマニュアルデータをカメラで取得する
1 撮影時に使う照明と、無彩色(白またはグレー)の被写体
を用意する
2 撮影メニューの[ホワイトバランス]
で、[L](プリセットマニュアル)
を選んでマルチセレクターの 2 を
押す
3[取得データ]を選ぶ
• プリセットマニュアルの設定画面で
[取得データ]を選んで 2 を押します。
P、S、A、M モードで撮影する 113
4[はい]を選ぶ
•[はい]を選んで J ボタンを押します。
• プリセットマニュアルデータ取得
モードに入ります。
• インフォ画面とファインダー内で
PRE(D)が点滅します。
5 PRE(D)の点滅中に、撮影時に使う照明の
下で、用意した無彩色(白またはグレー)の被
写体をファインダーいっぱいにとらえて、
シャッターボタンを全押しする
• ピントが合わなくてもシャッターがきれ、プリセットマニュアル
データが取得されます。
• シャッターボタンを押しても、SD カードに画像は記録されません。
114 P、S、A、M モードで撮影する
6 正常にプリセットマニュアルデータ
が取得されたことを確認する
• データが取得されると、インフォ画面
に[取得に成功しました]と表示され
ます。また、ファインダー内のシャッ
タースピード表示部に a の文字が点滅
します。
• 点滅が終了すると、撮影できる状態に
戻ります。点滅中にシャッターボタン
を半押しすれば、すぐに撮影できます。
• インフォ画面に図のように表示された
場合(ファインダー内のシャッタース
ピード表示部 / 絞り値表示部に b a
の文字が点滅表示された場合)
、データ
取得は失敗です。原因として、被写体
が明るすぎる、または暗すぎることが
考えられます。もう一度手順 5 からやり
直してください。
P、S、A、M モードで撮影する 115
D データ取得についてのご注意
• プリセットマニュアルデータとして保存できる[取得データ]は 1 つだけです。
カメラでプリセットマニュアルデータを取得するたびに、以前保存した[取得
データ]は、新しいデータに置き換えられます。
• ホワイトバランスを厳密に合わせたいときは、被写体をグレー(ホワイトバラ
ンス取得用の 18% 標準反射板)にしてプリセットマニュアルデータを取得して
ください。
• 無彩色(白またはグレー)の被写体を基準にプリセットマニュアルデータを取
得するときは、カメラが露出を通常よりも 1 段オーバーになるように自動的に
調整します。撮影モードが M の場合は、露出インジケーターを確認して、適正
露出になるよう設定してください(0 92)
。
D プリセットマニュアル取得モードの時間制限について
プリセットマニュアル取得モードは、何も操作しないままセットアップメ
ニュー[パワーオフ時間]
(0 213)の[半押しタイマー]で設定した時間が過
ぎると解除されます。
A プリセットマニュアルデータのその他の取得方法
カメラの P ボタンを押して[ホワイトバランス]を[L](プリセットマニュ
アル)にしてから、J ボタンを押し続けると、プリセットマニュアル取得モー
ドになります(0 108)。
116 P、S、A、M モードで撮影する
❚❚ SD カード内の画像のホワイトバランスデータを
使う
ホワイトバランスのプリセットマニュアルデータは、SD カード内にあ
る撮影済み画像(撮影データ)からコピーすることもできます。
1 撮影メニューの[ホワイトバランス]
で[L](プリセットマニュアル)
を選んでマルチセレクターの 2 を
押す
2[撮影データ]を選ぶ
• プリセットマニュアルの設定画面で
[撮影データ]を選んで 2 を押します。
3[データを選択]を選ぶ
•[データを選択]を選んで 2 を押します。
•[表示画像で設定]を選ぶと、前回設定
した表示中の画像のホワイトバランス
データがそのまま使えます。
4 使いたい画像が保存されているフォ
ルダーを選ぶ
• 使いたい画像が保存されているフォル
ダーを選んで 2 を押します。
P、S、A、M モードで撮影する 117
5 ホワイトバランスデータをコピーし
たい画像を選ぶ
• マルチセレクターで黄色い枠を移動し
て画像を選びます。
• 選んだ画像は、X ボタンを押している
間、拡大して確認できます。
6 ホワイトバランスデータをコピーする
• J ボタンを押してデータをコピーします。
118 P、S、A、M モードで撮影する
画像の仕上がりを設定したり、思い通り
に調整する(ピクチャーコントロール)
ピクチャーコントロールを選ぶ
このカメラには、被写体や撮影シーンに合わせて選ぶことのできる「ピ
クチャーコントロール」が搭載されています。
Q
スタンダード
ほとんどの撮影状況に適しています。鮮やかでバランス
の取れた標準的な画像になります。
R
ニュートラル
撮影した画像を調整、加工する場合に適しています。被
写体の豊かな階調や色合いを自然に再現した画像になり
ます。
S
ビビッド
青、赤、緑など、原色の色を強調したいときに適してい
ます。メリハリのある生き生きとした色鮮やかな画像に
なります。
T
モノクローム
白黒やセピアなど、単色の濃淡で表現した画像になり
ます。
e
f
ポートレート
人物の肌がなめらかで自然な画像になります。
風景
自然の風景や街並みが色鮮やかな画像になります。
q
フラット
撮影した画像を積極的に調整、加工する場合に適してい
ます。シャドー部からハイライト部まで幅広く情報を保
持した画像になります。
P、S、A、M モードで撮影する 119
1[ピクチャーコントロール]を選ぶ
• P ボタンを押します。
P ボタン
• マルチセレクターで[ピクチャーコン
トロール]を選んで J ボタンを押し
ます。
2 設定したいピクチャーコントロール
を選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
120 P、S、A、M モードで撮影する
ピクチャーコントロールを調整する
ピクチャーコントロールの設定は、撮影目的や好みに合わせて調整でき
ます。自動的にバランスよく調整できる「クイック調整」と各項目を手
動で細かく調整する「手動調整」があります。
1 撮影メニューの[ピクチャーコント
ロール]で、設定したいピクチャー
コントロールを選ぶ
• ピクチャーコントロールの一覧画面で、
マルチセレクターの 2 を押します。
2 ピクチャーコントロールを調整する
• 1 または 3 で調整する項目(0 122)
を選びます。4 または 2 を押すと 1 ス
テップ刻みで、コマンドダイヤルを回す
と 0.25 ステップ刻みで値を設定します。
• 設定できる項目は、選んだピクチャー
コントロールによって異なります。
•[クイック調整]を選んで 4 または 2 を押すと、各項目のレベル
を自動的に調整します(0 122)
。
• O ボタンを押すと初期状態に戻ります。
3 決定する
• J ボタンを押して決定します。
• ピクチャーコントロールを調整すると、
アイコンにアスタリスク(*)が表示
されます。
P、S、A、M モードで撮影する 121
❚❚ レベル調整設定項目
手動調整
クイック調整 ※1
輪郭強調、コントラスト、色の濃さ(彩度)のレ
ベルを自動的に調整します。
輪郭強調
輪郭の強弱を調整できます。
[A]
(オート)を選ぶ
と、自動で調整します。
明瞭度
画像の明瞭度を調整します。
[A]
(オート)を選ぶ
と、自動で調整します ※2。明瞭度の設定は、動画
には反映されません。
コントラスト
画像のコントラストを調整できます。
[A]
(オート)
を選ぶと、自動で調整します。
明るさ
白とびや黒つぶれを抑えながら画像の明るさを調
整します。
色の濃さ(彩度)
色合い(色相)
画像の彩度(色の鮮やかさ)を調整できます。
[A]
(オート)を選ぶと、自動で調整します。
画像の色合いを調整できます。
フィルター効果
白黒写真用カラーフィルターを使って撮影したと
きのような効果が得られます(0 123)。
調色
印画紙を調色したときのように、画像全体の色調
を調整できます(0 123)。
※1[ニュートラル]、[モノクローム]または[フラット]はクイック調整できま
せん。手動調整した後にクイック調整を行うと、手動調整で設定した値は無効
になります。
※2 設定する強度や撮影シーンによっては、明るい被写体の周辺に暗い影が出た
り、暗い被写体の周辺が明るくなったりします。
122 P、S、A、M モードで撮影する
A レベル調整時の手動調整とオートの切り換えについて
[輪郭強調]、
[明瞭度]、
[コントラスト]
、
[色の
濃さ(彩度)
]の場合、X ボタンを押して手動調
整と[A](オート)を切り換えられます。
D[輪郭強調]、[明瞭度]、[コントラスト]、[色の濃さ(彩度)]の
[A](オート)についてのご注意
同じような状況で撮影しても、被写体の位置や大きさ、露出によって、仕上が
り具合は変化します。
A ピクチャーコントロール調整時の j マークについて
ピクチャーコントロール調整中に各項目に表示
される j マークは、調整する前の値を示してい
ます。
A[モノクローム]の[フィルター効果]について
[フィルター効果]には、次のような効果があります。
Y(黄 ※)
コントラストを強調する効果があり、風景撮影で空の明る
O(オレンジ ※) さを抑えたい場合などに使います。[Y]→[O]→[R]の
順にコントラストが強くなります。
R(赤※)
G(緑 ※)
肌の色や唇などを落ち着いた感じに仕上げます。ポート
レート撮影などに使います。
※ 市販の白黒写真用カラーフィルターの色です。
A[モノクローム]の[調色]について
[調色]の項目([B&W]以外)を選んでマルチセ
レクターの 3 を押すと、さらに色の濃淡を選べま
す。4 または 2 を押して選んでください。
P、S、A、M モードで撮影する 123
動画の撮影と再生
動画を撮影する
s
画像モニターを見ながら音声付きの動画を撮影できます。
1 ライブビュースイッチを回す
• 画像モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2 シャッターボタンを半押しして、
ピントを合わせる
124 動画の撮影と再生
3 動画撮影ボタンを押して、撮影を始
める
• 録画中は録画中マークが画像モニター
に表示されます。SD カードに記録でき
る残り時間の目安も画像モニターで確
認できます。
• 内蔵マイク(0 1)で音声を記録しま
す。録画中は、マイクを指でふさがな
動画撮影ボタン
残り時間
いようにしてください。
• i と j 以外の撮影モードでは、
A(L)ボタンを押し続けている間、
露出を固定(AE ロック)できます
(0 99)
。
• 撮影モードがシーンモードまたは P、S、
録画中マーク
A、% の場合、E(N)ボタンを押しな
がらコマンドダイヤルを回すと、1/3 段ステップで ±3 段の範囲で
露出補正ができます(0 101)
。
4 もう一度動画撮影ボタンを押して、
撮影を終了する
5 ライブビュースイッチを回してライ
ブビューを終了する
動画の撮影と再生
125
A HDMI 対応機器との接続時の撮影について
• HDMI 対応機器との接続時には、接続した機器の画面に被写体が表示されます。
• HDMI-CEC 対応機器との接続時に動画撮影を行うには、セットアップメニュー
の[HDMI]の[機器制御]を[しない]に設定してください(0 190)
。
A 動画撮影中の静止画撮影について
動画撮影中にシャッターがきれるまでシャッターボタンを全押しすると、動画
撮影を終了して静止画撮影し、ライブビューに戻ります。
A 動画記録範囲について
ライブビュー時に動画が記録される範囲を示すガイドを表示するには、R ボタ
ンを押して情報表示を「動画情報」、
「情報表示なし」または「格子線表示」に
切り換えます(0 8)。
A 動画撮影について
• 使用している SD カードの書き込み速度によっては、最長記録時間に満たない
で撮影が自動的に終了する場合があります(0 297)
。
• 動画撮影時は、[AF エリアモード]が[顔認識 AF]の場合に認識できる人数
が少なくなります。
• 動画撮影時は、内蔵フラッシュと別売のスピードライト(0 286)は発光しま
せん。
• 0(動画記録禁止)マークが表示されているときは、動画撮影できません。
• 1 つの動画ファイルで記録可能な最大ファイルサイズは 4GB です。
• 動画撮影時の測光モードは[L](マルチパターン測光)に固定され、カメラ
がシャッタースピードや ISO 感度を決めます(
[動画のマニュアル設定]が[す
る]のときに撮影モードを M にすると、自分で設定したシャッタースピードと
ISO 感度で動画撮影できます(0 130))。
• ライブビュー表示時は絞り値を変更できません。ライブビュー開始前に設定し
てください。E タイプレンズ(0 278)または PC-E NIKKOR シリーズのレンズ
(0 277)を装着すると、撮影モードが A または M の場合はライブビュー時に絞
り値を設定できます(0 91、92)。
• 被写体の明るさによっては、露出補正の効果が反映されないことがあります。
126 動画の撮影と再生
D 動画撮影時のご注意
• 動画撮影中の画像モニターの表示に、次のような現象が発生する場合がありま
す。これらの現象は撮影した動画にも記録されます。
- 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が発
生する(0 219)
- 動きのある被写体が歪む
- 電車や自動車など、高速で画面を横切る被写体が歪む
- カメラを左右に動かした場合、画面全体が歪む
- ジャギー、偽色、モアレ、輝点が発生する
- 周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光されたり、イルミネーション
などの点滅する光源がある場合、画面の一部が明るくなったり、明るい横帯
が発生する
• 動画撮影時に、X ボタンで画面を拡大した場合(0 77)、ノイズ(ざらつき、
むら、すじ)、色の変化が発生しやすくなります。
• 次のような場合は、動画撮影は自動的に終了します。
- 最長記録時間に達した場合(0 129)
- SD カードの残量がなくなった場合
- モードダイヤルを回した場合
• 動画撮影時、太陽など強い光源にカメラを向けないでください。内部の部品が
破損するおそれがあります。
• 次の場合は、レンズの動作音が録音されることがあります。
- オートフォーカス作動中
- VR レンズ使用時に VR(手ブレ補正)を ON にした場合
動画の撮影と再生
127
P ボタンを使う
ライブビュー時に R ボタンを押して情報表示
を「動画情報」
(0 8)に切り換えてから P ボ
タンを押すと、動画撮影に関する設定を変更
できます。
P ボタン
•
•
•
•
動画のサイズ / 画質(0 129)
ホワイトバランス(0 108)
録音設定(0 130)
露出補正(0 101)※
• フォーカスモード(0 63)
• AF エリアモード(0 67)
• 風切り音低減(0 130)
• ピクチャーコントロール(0 119)
※撮 影 モー ド M で、撮影 メ ニュ ー[動画 の 設定]の[動画 の マニ ュ アル 設定]
(0 130)が[する]の場合は、
[露出補正]の代わりに[ISO 感度]
(0 87)を
設定できます。
128 動画の撮影と再生
動画の設定
撮影メニューの[動画の設定]の変更方法は「動画の設定を変更する」
(0 131)をご覧ください。
❚❚ 画像サイズ / フレームレート、動画の画質
1 回の撮影で記録できる動画の最長記録時間は、撮影メニュー[動画の
設定]の[動画の画質]と[画像サイズ / フレームレート]の組み合わ
せによって異なります。
[動画の画質]
高画質
標準
[画像サイズ / フレームレート]※1
L 1920×1080
M 1920×1080
N 1920×1080
O 1920×1080
P 1920×1080
Q 1280× 720
R 1280× 720
t 1920×1080
u 1920×1080
r 1920×1080
s 1920×1080
k 1920×1080
l 1280× 720
o 1280× 720
60p
50p
30p
25p
24p
60p
50p
60p
50p
30p
25p
24p
60p
50p
最長記録時間 ※2
10 分
20 分
20 分
29 分 59 秒
※1 60p:59.94 コマ / 秒(fps)、50p:50 コマ / 秒、30p:29.97 コマ / 秒、
25p:25 コマ / 秒、24p:23.976 コマ / 秒
※2 ( の場合、最長記録時間は 3 分です。
動画の撮影と再生
129
❚❚ 録音設定
内蔵マイクの感度の程度を設定します。
マイク感度 オート
カメラが自動的にマイク感度を調整します。
マイク感度
マニュアル
マイク感度を手動調整します。[1]〜[20]の調整ができ
ます。数字が大きいほど感度が高く、小さいほど低くなり
ます。
録音しない
音声は記録しません。
❚❚ 風切り音低減
[する]を選ぶと、ローカットフィルター機能により、内蔵マイクに吹
き付ける風の音を抑えて記録できます。ただし、風切り音以外の音も聞
こえにくくなることがあります。
❚❚ 動画のマニュアル設定(撮影モード M のみ)
[する]を選ぶと、撮影モードが M の場合に、動画撮影時のシャッター
スピードと ISO 感度を変更できます。
• シャッタースピードは、動画のフレームレート(0 129)によって次
の範囲に制限されます。ライブビュー開始前の数値が次の範囲でない
場合、ライブビュー開始後に自動的に次の範囲内に設定が変更されま
す。変更後の数値は、ライブビューを終了しても保持されます。
フレームレート
シャッタースピード
24p、25p、30p
50p
60p
1/4000 〜 1/30 秒
1/4000 〜 1/50 秒
1/4000 〜 1/60 秒
• 撮影メニュー[ISO 感度設定]の[感度自動制御](0 198)を[す
る]に設定しても、自動制御は動作しません。
130 動画の撮影と再生
❚❚ 動画の設定を変更する
1 撮影メニューの[動画の設定]を選
んでマルチセレクターの 2 を押す
2 動画の設定項目を選ぶ
• 動画の設定項目を選んで 2 を押します。
3 設定したい内容を選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
動画の撮影と再生
131
動画を再生する
1 コマ表示モード(0 140)で 1 マークが表示されている画像が動画で
す。J ボタンを押して動画を再生します(プログレスバーで再生中の
位置の目安を確認できます)
。
1
2
3
4
1 1 マーク
2 記録時間
3 再生時間 / 記録時間
5
6
4 プログレスバー
5 音量設定
6 操作ガイド
❚❚ 動画再生時の操作方法
一時停止する
マルチセレクターの 3 を押すと、一時停止します。
再生を再開する
一時停止中または早送り / 早戻し中に J ボタンを押すと、動
画再生を再開します。
早戻しする /
早送りする
• 再生中に 4 を押すと早戻し、2 を押すと早送りします。同
じ方向のボタンを押すごとに、早戻し / 早送りの速度が 2 倍、
4 倍、8 倍、16 倍に切り替わります。
• 4 を押し続けると、最初のコマに移動し、2 を押し続ける
と、最後のコマに移動します。
• 先頭フレームには h アイコンが、最終フレームには i アイ
コンが、画面右上に表示されます。
スロー再生する
一時停止中に 3 を押すとスロー再生します。
132 動画の撮影と再生
コマ戻しする /
コマ送りする
• 一時停止中に 4 または 2 を押すと、コマ戻し / コマ送りし
ます。
• 4 または 2 を押し続けると連続でコマ戻し / コマ送りし
ます。
10 秒進める /
10 秒戻す
コマンドダイヤルを 1 クリック回すと、10 秒前または後ろに
移動します。
音量を調節する
X ボタンを押すと音量が大きくなり、W(Q)ボタンを押す
と小さくなります。
再生を終了する
K ボタンまたは 1 を押すと、1 コマ表示モードに戻ります。
動画の撮影と再生
133
動画の編集
撮影した動画を編集できます。
f
始点 / 終点の設定
動画の必要な部分だけを残します。
g
選択フレームの保存
選択した 1 フレームを切り出して、JPEG 画像とし
て保存します。
動画の必要な部分を残す
1 1 コマ表示モード(0 140)で編集したい動画を表示する
2 残したい範囲の冒頭部分(始点)で
動画を一時停止する
• J ボタンを押すと、動画が再生されま
す。再生中にマルチセレクターの 3 を
押すと、一時停止します。
• プログレスバーで再生中の位置の目安
プログレスバー
を確認できます。
• 4 または 2、コマンドダイヤルで再生中の位置を調整できます。
134 動画の撮影と再生
3[始点 /終点の設定]を選ぶ
• P ボタンを押して、
[始点 / 終点の設定]
を選んで 2 を押します。
P ボタン
4[始点]を選ぶ
•[始点]を選んで J ボタンを押すと、そ
こから後ろの部分が残ります。
始点
5 手順 4で選んだ位置を調整する
• 4 または 2 を押して、残したい部分の
最初の位置を調整します。
• コマンドダイヤルを回すと、10 秒前ま
たは後ろに移動します。
動画の撮影と再生
135
6 残したい範囲の末尾の部分(終点)
を選ぶ
• A(L)ボタンを押して x(終点)に
切り換え、手順 5 と同じ手順で x(終点)
の位置を調整します。
A(L)ボタン
終点
7 1を押して決定する
8 保存する動画を確認する
•[プレビュー]を選んで J ボタンを押す
と、編集後の動画のプレビューが再生
されます(プレビューを終了するには
1 を押します)。
•[キャンセル]を選んで J ボタンを押す
と、手順 5 の画面に戻ります。
9 動画ファイルの保存方法を選ぶ
•[新規保存]を選ぶと、編集前の動画と
は別に、新しい動画として保存します。
[上書き保存]を選ぶと、編集前の画像
が上書きされます。
10 動画ファイルを保存する
• J ボタンを押して決定します。
136 動画の撮影と再生
D 動画編集時のご注意
• SD カードに充分な空き容量がない場合、動画編集できません。
•[始点 / 終点の設定]では、2 秒未満の動画は編集できません。
• 動画編集で作成した動画の日時情報は、撮影時の日時になります。
A 動画の前半または後半だけを残すには
• 動画の前半だけを残したい場合は、手順 4 で[終点]を選んで J ボタンを押し
てから、手順 6 では A(L)ボタンを押さずに手順 7 に進みます。
• 動画の後半だけを残したい場合は、手順 6 で A(L)ボタンを押さずに手順
7 に進みます。
動画の撮影と再生
137
動画の 1 フレームを JPEG 画像として保存する
1 保存したい位置で動画を一時停止
する
• 動画の再生中にマルチセレクターの 3
を押すと、一時停止します。
2[選択フレームの保存]を選ぶ
• P ボタンを押して、[選択フレームの保
存]を選んで 2 を押します。
P ボタン
3 JPEG画像として保存したいフレー
ムを決める
• 保存したいフレームを選んで 1 を押し
ます。
138 動画の撮影と再生
4 JPEG 画像を保存する
•[はい]を選んで J ボタンを押すと、
JPEG の画像として保存します。
A[選択フレームの保存]で作成した画像について
• 画質モード[FINE](0 78)の JPEG 画像を作成します。
• 画像編集はできません。
• 再生時の画像情報(0 143)で表示されない項目があります。
動画の撮影と再生
139
画像の再生
画像を再生する
s 画像を 1 コマずつ再生する(1 コマ表示モード)
K ボタンを押すと、最後に撮影した画像が
画像モニターに表示されます。
• マルチセレクターの 4 を押すと前の画像
が、2 を押すと次の画像が表示されます。
• 1 または 3 を押すと、表示中の画像につい
ての詳しい情報が表示されます(0 143)
。
K ボタン
• 1 マークが表示されている画像が動画で
す。J ボタンを押して動画を再生します(0 132)。
表示モードの切り換え
1 コマ表示モードのときに W(Q)ボタンを
押すと複数の縮小画像(サムネイル画像)を
表示する「サムネイル表示モード」に切り替
わり、72 コマ表示時に W(Q)ボタンを押す
と撮影した日付ごとに縮小画像を表示する
「カレンダー表示モード」に切り替わります。
W(Q)ボタン
1 コマ表示
モード
140 画像の再生
W(Q)
W(Q)
X
X
サムネイル表示
モード
カレンダー表示
モード
❚❚ 複数の画像を一覧表示する
(サムネイル表示モード)
• 表示される画像の数は、W(Q)ボタンを押すたびに 4 コマ、9 コマ、
72 コマの順に増え、X ボタンを押すたびに減ります。
• マルチセレクターの 1342 を押して画像を選びます。
❚❚ 撮影した日付ごとに画像を表示する
(カレンダー表示モード)
カレンダー表示時:
カレンダー表示
• マルチセレクターの 1342 を押して撮
影した日付を選びます。
• W(Q)ボタンまたは
J ボタンを押すと、
黄色い枠が撮影日サムネイル表示に移動し、
選択中の日付に撮影した画像が選べます。
• X ボタンを押すと、72 コマ表示に切り替わ
ります。
撮影日サムネイル表示
撮影日サムネイル表示時:
• 1 または 3 を押して 1 コマ表示や拡大表示(0 151)、プロテクト
(0 154)、削除(0 159)の対象となる画像を選べます。
• X ボタンを押している間、拡大表示をします。
• W(Q)ボタンを押すと、カレンダー表示に戻り、日付を選べます。
画像の再生
141
P ボタンを使う
1 コ マ表 示モ ード、サ ムネ イル 表示 モー ド
(0 141)、カレンダー表示モード(0 141)
で P ボタンを押すと、次の機能を使用できま
す。項目を選んでマルチセレクターの 2 を押
すと、選んだ項目の設定画面が表示されます。
• 動画再生の一時停止中に P ボタンを押すと、
動画の編集(0 134)を行えます。
P ボタン
• 再生画面に戻るには、再度 P ボタンを押して
ください。
レーティング
選んだ画像にレーティングを設定できます(0 155)
。
画像編集
選んだ静止画を編集できます(0 233)
。
動画編集
選んだ動画を編集できます(0 134)
。
スマートフォンへの
送信指定 / 解除
スマートフォンに取り込みたい静止画を送信指定するこ
とができます(0 157)
。
142 画像の再生
画像情報を表示する
1 コマ表示モードでは、画像についての詳しい情報を見ることができま
す。マルチセレクターの 1 または 3 を押すと、次のように撮影情報の
表示が切り替わります。
1
2
3
4
標準表示
画像のみ表示 ※1
統合表示 ※1
位置情報表示 ※2
5 撮影情報 ※1
6 RGB ヒストグラム ※1
7 ハイライト表示 ※1
※1 再生メニュー[再生画面設定]
(0 193)で設定している場合のみ表示します。
※2 位置情報(0 228)が記録された画像の場合のみ表示します。
画像の再生
143
❚❚ 標準表示
1
2
3
4
5
6
プロテクト設定の有無............ 154
画像編集の有無 .......................... 234
送信指定の有無 .......................... 157
コマ番号 / フォルダー内全画像数
ファイル名 ................................... 227
画質モード ...................................... 78
7
8
9
10
11
画像サイズ ...................................... 80
撮影時刻 .............................. 19、211
撮影日付 .............................. 19、211
フォルダー名 .............................. 224
レーティング設定..................... 155
❚❚ ハイライト表示 ※
1 画像のハイライト部分が点滅
表示されます。
2 フォルダー番号 – ファイル名を
表す 4 桁の数字
※ハイライトとは、画像の中の非常に明るい部分です。露出補正などで画像の明る
さを調整する際に、点滅しているハイライト部分を目安にしてください。
144 画像の再生
❚❚ RGB ヒストグラム
1
2
3
4
RGB のヒストグラム
赤色(R)のヒストグラム
緑色(G)のヒストグラム
青色(B)のヒストグラム
5 ホワイトバランス..................... 108
ホワイトバランス微調整 ...... 111
プリセットマニュアル ........... 113
A 拡大ヒストグラム表示について
RGB ヒストグラム表示で X ボタンを押すと、ヒス
トグラム表示のまま拡大画面になります。拡大ヒ
ストグラム表示では、拡大領域のヒストグラムを
表示することができます。また、拡大表示中にマ
ルチセレクターを操作すると、画面をスクロール
して見たい部分に移動できます。W(Q)ボタン
を押すと画像を縮小表示します。
A カメラのヒストグラム表示機能について
ヒストグラム表示は、画像加工アプリケーションで表示されるヒストグラムと
異なることがあります。目安としてお使いください。
画像の再生
145
A ヒストグラムについて
ヒストグラムとは、画像の明るさ(輝度)の分布を表すグラフのことです。横
軸は明るさ、縦軸は明るさごとのピクセル数を示しています。
• いろいろな明るさの被写体が写っ
ている画像では、グラフの山が全
体的に分布したヒストグラムにな
ります。
• 暗い画像はヒストグラムの分布が
左側に寄った形になります。
• 明るい画像はヒストグラムの分布
が右側に寄った形になります。
露出補正を+側にすれば山が右側に寄り、−側にすれば山が左側に寄ります。
屋外などで周りが明るすぎて画像モニターでは画像の明るさが確認しにくいと
きでも、ヒストグラムから画像全体の露出傾向を確認することができます。
146 画像の再生
❚❚ 撮影情報
撮影時の設定の詳細を表示します。
1 測光モード ...................................... 97
シャッタースピード ...................... 90
絞り値 ................................................ 91
2 撮影モード ...... 26、43、45、88
ISO 感度 ※1 ..................................... 87
3 露出補正値 ................................... 101
4 焦点距離 ........................................ 279
5 レンズ情報
6 フォーカスモード........................ 63
レンズの VR(手ブレ補正)機能
の ON/OFF※2 ............. 18、204
7 フラッシュの種類.......... 203、286
コマンダーモードの有無 ※2
8 フラッシュモード.............. 82、84
9 フラッシュ発光方式 ................ 203
フラッシュ調光補正値 ........... 104
10 カメラ名
※1 感度自動制御した画像の場合、ISO 感度を赤く表示します。
※2 設定した機能、装着したレンズやアクセサリーにより表示されない場合があります。
11 ホワイトバランス ..................... 108 12 色空間............................................. 200
ホワイトバランス微調整 ....... 111 13 ピクチャーコントロール ※ ... 119
プリセットマニュアル ........... 113
※設定したピクチャーコントロールにより、表示される内容が異なります。
画像の再生
147
14 ノイズ低減 ................................... 200 17 画像編集メニュー(0 233)で
行われた画像編集の内容が一
15 アクティブ D- ライティング ※
....................................................... 106
覧表示されます。
16 ヴィネットコントロール ....... 201
複数の画像編集が行われた場
合は、順番に表示されます。
18 画像コメント .............................. 217
※アクティブ D- ライティングを[する]にして撮影した場合は、
「AUTO」と表示
されます。
19 撮影者名 ※ .................................... 218 20 著作権者名※ ............................... 218
※セットアップメニューの[著作権情報](0 218)を設定して撮影した画像の場
合のみ表示します。
148 画像の再生
❚❚ 統合表示
1
2
3
4
5
6
7
8
16 測光モード ...................................... 97
157 17 撮影モード ....... 26、43、45、88
プロテクト設定の有無 ........... 154 18 シャッタースピード ................... 90
画像編集の有無 .......................... 234 19 絞り値................................................ 91
カメラ名
20 ISO 感度※1 ..................................... 87
画像コメントの有無 ................ 217 21 焦点距離 ........................................ 279
位置情報の有無 .......................... 228 22 アクティブ D- ライティング ※2
...................................................... 106
画像のヒストグラム(0 146)
を表示します。横軸は明るさ、 23 ピクチャーコントロール ...... 119
縦軸は明るさごとのピクセル
24 色空間............................................. 200
数を表します。
25 フラッシュモード.............. 82、84
画質モード ...................................... 78 26 フラッシュ調光補正値 ........... 104
画像サイズ ...................................... 80
コマンダーモードの有無 ※3
ファイル名 ................................... 223 27 ホワイトバランス..................... 108
撮影時刻 ............................. 19、211
ホワイトバランス微調整 ...... 111
プリセットマニュアル ........... 113
撮影日付 ............................. 19、211
フォルダー名 ............................... 224 28 露出補正値 ................................... 101
コマ番号 / フォルダー内全画像数
送信指定の有無 ..........................
9
10
11
12
13
14
15 レーティング設定 ..................... 155
※1 感度自動制御された画像の場合、ISO 感度を赤く表示します。
※2 アクティブ D- ライティングを[する]にして撮影した場合は、「AUTO」と表
示されます。
※3 設定した機能や装着したアクセサリーにより表示されない場合があります。
画像の再生
149
❚❚ 位置情報表示
緯度、経度などスマートフォンで取得した位置情報(0 228)を表示し
ます。
• 表示される項目は、スマートフォンによって異なります。
• 動画の場合は、動画撮影開始時に取得した情報を表示します。
150 画像の再生
画像を拡大表示する
1 コマ表示モードのときに X ボタンを押すと、拡大表示されます。拡大
できる最大の大きさ(長さ比)は、画像サイズが[#](サイズ L)の
[$]
(サイズ M)では約 28 倍、
[%]
(サイズ S)では
場合は約 38 倍、
約 19 倍です。拡大表示中に人物の顔を認識した場合、顔を白枠で囲ん
で表示します。
❚❚ 拡大表示中の操作方法
•
拡大率を
上げる /
拡大率を
下げる
画面を
スクロール
(移動)
させる
Xボタンを押すご
とに拡大率が上が
ります。
• W(Q)ボタンを押
すごとに拡大率が
下がります。
拡大表示中に拡大率を操作すると、画面
の右下にナビゲーションウィンドウが表
示され、拡大表示中の部分が黄色い枠で
囲んで示されます。ナビゲーションウィ
ンドウの下には拡大率を示すバーが表示
され、拡大率が 100% の場合、バーの色が
緑で表示されます。ナビゲーションウィ
ンドウは数秒すると消えます。
マルチセレクターの 1342 を押して画面をスクロールさせる
と、見たい部分に移動できます。マルチセレクターを押し続ける
と、高速で移動します。
拡大表示部分 P ボタンを押して表示されるメニューから[トリミング]を選ぶ
。
を切り抜く※ と、画像の拡大表示された部分だけを切り抜きます(0 152)
顔を中心に
拡大表示
する ※
P ボタンを押して表示されるメニューから[顔拡大]を選ぶと、カ
。
メラが認識した顔のひとつを中心に拡大表示します(0 153)
前後の画像を コマンドダイヤルを回すと、そのままの拡大率と表示範囲で、前
見る
後の画像を表示します(動画を選ぶと、拡大表示を終了します)
。
画像の再生
151
1 コマ表示
する
画像を
保護する
J ボタンを押すと、拡大表示を終了して 1 コマ表示モードに戻り
ます。
A(L)ボタンを押すと、表示中の画像にプロテクト(保護)を
設定します(0 154)。
※ RGB ヒストグラム表示(0 145、146、193)では、P ボタンを押して表示され
るメニューで[トリミング]は選べません。カメラが人物の顔を認識しなかった
場合は、P ボタンを押してもメニューは表示されません。
❚❚ 拡大表示中のトリミング
画像の拡大表示された部分だけを切り抜きます。
1 画像を切り抜きたい大きさに拡大し
て P ボタンを押す
P ボタン
2[トリミング]を選んでマルチセレ
クターの 2 を押す
3[トリミング]画面で[する]を
選んで J ボタンを押す
• 画像モニターに表示された部分だけが切
り抜かれて保存されます。
152 画像の再生
❚❚ 顔拡大機能
拡大表示中に P ボタンを押して表示されるメ
ニューの[顔拡大]を選びます。
P ボタン
• J ボタンを押すと、人物の顔を拡大表示し
ます。
• 拡大された人物の顔は、画面右下のナビゲー
ションウィンドウに白枠が表示されます。
• X または W(Q)ボタンを押すと、拡大率
が変わります。
• カメラが複数の人物の顔を認識した場合、マルチセレクターを押すた
びに認識したすべての顔に順次移動します。
画像の再生
153
プロテクトで画像を削除できないよう
に保護をする
大切な画像を誤って削除しないために、画像にプロテクト(保護)を設
定できます。ただし、SD カードを初期化(フォーマット 0 208)する
と、プロテクトを設定した画像も削除されますのでご注意ください。
1 プロテクトする画像を選ぶ
• 1 コマ表示モード / 拡大表示の場合は、プロテクトする画像を表示
します。
• サムネイル表示モードまたはカレンダー表示モードの場合は、プ
ロテクトする画像をマルチセレクターで選びます。
2 A(L)ボタンを押す
• P アイコンが表示されます。
• 画像のプロテクトを解除するには、解
除する画像を表示(選択)して、
A(L)ボタンを押します。
A(L)ボタン
A プロテクトの一括解除について
画像の再生中に、A(L)ボタンと O ボタンを同時に 2 秒以上押し続けると、
再生メニューの[再生フォルダー設定]
(0 193)で設定されているフォルダー
内の全ての画像のプロテクトを一括で解除できます。
154 画像の再生
画像にレーティング(重要度)を
設定する
選んだ画像にレーティングを設定できます。
• 画像に設定したレーティングは、Capture
NX-D または ViewNX-i に
も反映されます。プロテクトした画像にはレーティングを設定でき
ません。
表示中の画像にレーティングを設定する
1 マルチセレクターでレーティングを
設定する画像を選んで P ボタンを押す
P ボタン
2[レーティング]を選んでマルチセ
レクターの 2 を押す
3 レーティングを設定する
• 4 または 2 を押して、((((( 〜
(、なし、)(削除候補)から選びま
す。
• J ボタンを押して決定します。
画像の再生
155
複数の画像にレーティングを設定する
再生メニューの[レーティング]では、複数の画像にレーティングを設
定できます。
1 再生メニューの[レーティング]を
選んでマルチセレクターの 2 を押す
2 画像を選んでレーティングを設定する
• マルチセレクターの 4 または 2 でレー
ティングを設定したい画像を選びます。
• 1 または 3 を押して、(5 〜 (1、な
し、)(削除候補)から選びます。
• X ボタンを押している間は、選択中の
画像が拡大表示されます。
• J ボタンを押して決定します。
156 画像の再生
スマートフォンに取り込みたい画像を
カメラで送信指定する
SnapBridge アプリを使ってスマートフォンとカメラを無線接続する
と、カメラで撮影した画像をスマートフォンへ送信することができます
(0 165)
。ここでは、スマートフォンに取り込みたい画像をカメラで選
んで送信指定する手順を説明します。
• 動画は送信指定できません。
• 送信指定した画像は、2M サイズで送信されます。
表示中の画像を送信指定する
1 マルチセレクターで送信指定する
画像を選んで P ボタンを押す
P ボタン
2[スマートフォンへの送信指定/解除]
を選んで J ボタンを押す
• & アイコンが表示されます。
A 送信指定を解除するには
解除したい画像を選んで、P ボタンを押してから手順 2 を行います。
画像の再生
157
複数の画像をまとめて送信指定する
1 再生メニューの[スマートフォンへ
の送信指定]で[画像の選択]を選
んでマルチセレクターの 2 を押す
2 送信指定する画像を選ぶ
• マルチセレクターで画像を選び、
W(Q)ボタンを押すと、& が表示
されて送信指定されます。もう一度
W(Q)ボタンを押すと解除されます。
• X ボタンを押している間、選択中の画像
を拡大表示します。
3 設定を完了する
• J ボタンを押して、設定を完了します。
A 送信指定を一括解除するには
再生メニューの[スマートフォンへの送信指定]で[送信指定の一括解除]を
選んで、マルチセレクターの 2 を押します。確認画面で[はい]を選んで J ボ
タンを押すと、SD カード内の全ての画像の送信指定を一括で解除できます。
158 画像の再生
画像を削除する
SD カードに記録された画像を削除します。削除した画像は元には戻せ
ないのでご注意ください。ただし、プロテクトを設定した画像は削除で
きません。
ボタン操作で画像を削除する
O ボタンを押すと、表示中の画像を 1 コマ削除できます。
1 マルチセレクターで削除する画像を
選んで O ボタンを押す
• 削除確認の画面が表示されます。
• K ボタンを押すと、画像の削除はキャ
ンセルされます。
O ボタン
2 もう一度 O ボタンを押す
• 選択した画像が削除されます。
A 選んだ日付の画像を削除するには
カレンダー表示モードのカレンダー表示時に、日付を選んで O ボタンを押すと、
選んだ日付の画像を全て削除します。
画像の再生
159
複数の画像をまとめて削除する
再生メニューの[削除]では、複数の画像をまとめて削除できます。た
くさんの画像を削除するときは、時間がかかることがあります。
Q
n
R
選択画像削除
日付選択
全画像削除
選択した画像を削除します。
選択した日付に撮影した画像をまとめて削除します。
[再生フォルダー設定]
(0 193)で設定したフォルダー
内の全ての画像を削除します。
❚❚ 選択画像削除
1 再生メニューの[削除]で[選択画
像削除]を選んでマルチセレクター
の 2 を押す
2 削除する画像を選ぶ
• マルチセレクターで画像を選び、
W(Q)ボタンを押すと、O アイコン
が表示されて削除設定されます。もう
一度 W(Q)ボタンを押すと解除され
ます。
• 削除する画像全てに設定してください。
• X ボタンを押している間、選択中の画
像を拡大表示します。
160 画像の再生
W(Q)ボタン
3 画像を削除する
• J ボタンを押すと、確認画面が表示さ
れます。
• 確認画面で[はい]を選んで J ボタン
を押すと、選択した画像が全て削除さ
れます。
❚❚ 日付選択
1 日付を選ぶ
• マルチセレクターで日付を選んで 2 を押
すと、日付の横にチェック M が入りま
す。もう一度 2 を押すと解除されます。
• 削除する日付全てにチェックを入れて
ください。
2 画像を削除する
• J ボタンを押すと、確認画面が表示さ
れます。
• 確認画面で[はい]を選んで J ボタン
を押すと、選択した日付の画像が全て
削除されます。
画像の再生
161
スライドショーで再生する
再生メニューの[スライドショー]では、
[再生フォルダー設定]
(0 193)
で設定したフォルダー内の画像を記録された順番に 1 コマずつ連続再生
できます。
1 再生メニューの[スライドショー]
を選んでマルチセレクターの 2 を
押す
2 スライドショーを開始する
•[開始]を選んで J ボタンを押すと、ス
ライドショーが始まります。
162 画像の再生
• スライドショー再生時には次の操作を行えます。
1 コマ進む / 戻る
マルチセレクターの 4 を押すと前の画像が、2 を押す
と次の画像が表示されます。
画像情報を
切り換える
1 または 3 を押すと、画像情報の切り換えができます
(0 143)。
一時停止する
J ボタンを押すと、スライドショーが一時停止します。
[再開]を選んで J ボタンを押すと、スライドショーが
再開します。
動画再生中に
音量を調節する
X ボタンを押すと音量が大きくなり、W(Q)ボタン
を押すと小さくなります。
通常再生に戻る
K ボタンを押すと、スライドショーを中止して、1 コマ
表示モード(0 140)
、サムネイル表示モード(0 141)
またはカレンダー表示モード(0 141)に戻ります。
• 再生が終わると、メニューが表示され
ます。
[再開]を選んで J ボタンを押す
と、スライドショーが再開します。
[終
了]を選んで J ボタンを押すと、スラ
イドショーが終了します。
画像の再生
163
❚❚ 再生画像の種類を設定する
[再生画像の種類]を選ぶと、スライドショーで再生する画像の種類を
[静止画と動画]、[静止画のみ]、
[動画のみ]、
[レーティングの選択]
から選べます。
•[レーティングの選択]を選んでマルチセレ
クターの 2 を押すと、選んだレーティング
を設定した画像だけを再生できます。
• レ ー テ ィ ン グ 項 目 を 選 び、2 を 押 し て
チェックボックスをオン M にします。もう
一度 2 を押すと、チェックボックスがオフ
U になります。
• J ボタンを押して、設定を完了します。
❚❚ 1 コマの静止画を表示する時間(インターバル)
を設定する
[インターバル設定]を選ぶと、1 コマの静止
画を表示する時間を設定できます。
164 画像の再生
他の機器と接続する
スマートフォンに接続する方法
ここでは SnapBridge アプリを使ってカメラとスマートフォンを無線で
接続するための手順を説明します。
• SnapBridge アプリは最新のバージョンをお使いください。なお、カメ
ラのファームウェアや SnapBridge アプリのバージョン、スマートフォ
ンの OS のバージョンにより操作方法などが異なる場合があります。
• ここでは、SnapBridge アプリ バージョン 2.5 を使って説明しています。
SnapBridge でできること
❚❚ 画像送信
カメラで撮影するたびに、撮影した画像をスマートフォンへ自動送信し
たり、撮影した画像の中から自分で指定してスマートフォンに送信する
ことができます。
❚❚ リモート撮影
スマートフォンを使ってカメラのシャッターをきることができます。撮
影した画像をスマートフォンへ自動で送信することもできます。
• リモート撮影時は、三脚などを使ってカメラを固定してください。
❚❚ その他
• スマートフォンで取得した位置情報をカメラに送る
• カメラとスマートフォンの日時情報を同期する
• 撮影する画像に、撮影日時や任意コメントなどを写し込む
A SnapBridge アプリについて知りたいときは
SnapBridge アプリの使い方はオンラインヘルプをご覧ください(接続後は、
SnapBridge アプリのメニュー→[ヘルプ]で参照できます)。
https://nikonimglib.com/snbr/onlinehelp/ja/index.html
他の機器と接続する
165
接続前の準備
1 SnapBridgeアプリをスマートフォンにインス
トールする
• iOS は Apple App Store®、Android™ は Google Play™ でダウン
ロードできます。「snapbridge」で検索し、インストールしてく
ださい。
• 対応 OS のバージョンについては、各ダウンロードサイトでご確
認ください。
• このカメラでは「SnapBridge 360/170 アプリ」は使えません。
2 スマートフォンの Bluetoothの設定を有効にする
Bluetooth を有効にする方法は、お使いのスマートフォンの使用説
明書を参照してください。
D カメラとの接続について
カメラとの接続は SnapBridge アプリを使って行います。スマートフォンの
Bluetooth 設定画面からは接続できません。
A セキュリティーについて
本製品は電波を利用して情報を交換するため、電波の届く範囲で自由に無線接
続が可能であるという利点がありますが、セキュリティーに関する設定を行っ
ていない場合、以下のような問題が発生する可能性があります。
• 情報の漏洩:悪意ある第三者が電波を故意に傍受し、ID やパスワードなどの個
人情報が漏洩する可能性があります。
• 不正アクセス:悪意ある第三者が無断でネットワークにアクセスして、なりす
まし、情報の改ざんなどの行為を行う可能性があります。また、本製品にセキュ
リティーを設定したにもかかわらず、無線 LAN の仕様上、特殊な方法によりセ
キュリティーが破られることもありますので、ご理解の上ご使用ください。
166 他の機器と接続する
カメラと Android OS のスマートフォンを
接続する
• iOS のスマートフォンをお使いの場合は、「カメラと iOS のスマート
フォンを接続する」(0 173)をご覧ください。
• 途中で電源が切れないよう、十分に残量のある電池をお使いください。
• 残量のある SD カードをカメラに入れてください。
1 カメラ:セットアップメニューの
[スマートフォンと接続]を選んで
マルチセレクターの 2 を押す
ペアリング開始画面が表示されたら、ス
マートフォンを用意して次の手順に進ん
でください。
他の機器と接続する
167
2 スマートフォン:SnapBridgeを起
動する
[カメラと接続する]をタップします。
A SnapBridge アプリの初回起動時にペアリングしなかった場合
ペアリングせずに画面右上の[Skip]をタッ
プした場合は、 タブの[カメラと接続する]
をタップして手順 3 に進んでください。
168 他の機器と接続する
3 スマートフォン:カメラ名をタップ
する
A カメラのペアリング開始画面を表示する前に SnapBridge を起動
したときは
• 手順 2 の後に次の画面が表示されます。ペア
リングするカメラの種類をタップするとカ
メラの操作を促す画面が表示されます。カメ
ラ側でペアリング開始画面を表示すると、カ
メラ名を表示する画面に切り替わります。
• 手順 1 の前に SnapBridge を起動すると、
スマートフォンにカメラ名が表示
されないことがあります。その場合は一度 SnapBridge を完全に終了し、
再度 SnapBridge のアイコンをタップして起動してください。
※「アプリを完全に終了する」とは、バックグラウンドからも終了すること
を指します。終了方法はスマートフォンの機種ごとに異なりますので、お
使いのスマートフォンの使用説明書を参照してください。
他の機器と接続する
169
4 カメラ / スマートフォン:カメラとスマートフォンに同じ番
号が表示されていることを確認する
図の枠内の番号を確認してください。
170 他の機器と接続する
5 カメラ / スマートフォン:カメラとスマートフォンを操作し
てペアリングする
カメラ:カメラの J ボタンを押してください。
スマートフォン:次の画面の枠内の箇所をタップしてください。
※スマートフォンの機種や OS のバージョンにより、
[ペア設定す
る]の文言は異なる場合があります。
D ペアリング中にエラーが表示されたときは
カメラまたはスマートフォンのボタンを押してから、もう片方のボタンを押
すまでに時間が開きすぎるとペアリングできずにエラーが表示されます。
カメラ:J ボタンを押して手順 1 に戻ります。
スマートフォン:表示されたダイアログで[OK]をタップして手順 2 に戻
ります。
A SnapBridgeアプリのインストール後、初めてペアリングした場合
ペアリング完了後、自動連携機能(カメラで撮影した画像の自動転送、日
時情報の同期、位置情報の同期)の設定画面が表示されます。2 回目以降の
ペアリング時は表示されませんので、その場合は
タブの[自動連携]か
ら設定してください。
他の機器と接続する
171
6 カメラ / スマートフォン:画面の指示に従ってペアリングを
完了する
カメラ:J ボタンを押します。ペアリン
グに成功すると、カメラとスマートフォ
ンがつながったことを知らせる画面が表
示されます。J ボタンを押し、画面の指
示に従って操作してください。
スマートフォン:ペアリングが完了します。
[OK]をタップすると タブが表示されます。
A 複数のカメラとペアリングするには
すでにペアリングしているカメラとは別のカメラとペアリングするには、 ボ
タンをタップして[カメラの追加]を選び、手順 3 〜 6 と同じ手順を行ってくだ
さい。最大で 5 台までのカメラとペアリングできます。
172 他の機器と接続する
カメラと iOS のスマートフォンを接続する
• Android OS のスマートフォンをお使いの場合は、
「カメラと Android
OS のスマートフォンを接続する」(0 167)をご覧ください。
• 途中で電源が切れないよう、十分に残量のある電池をお使いください。
• 残量のある SD カードをカメラに入れてください。
1 カメラ:セットアップメニューの
[スマートフォンと接続]を選んで
マルチセレクターの 2 を押す
ペアリング開始画面が表示されたら、ス
マートフォンを用意して次の手順に進ん
でください。
他の機器と接続する
173
2 スマートフォン:SnapBridgeを起
動する
[カメラと接続する]をタップします。
A SnapBridge アプリの初回起動時にペアリングしなかった場合
ペアリングせずに画面右上の[Skip]をタッ
プした場合は、 タブの[カメラと接続する]
をタップして手順 3 に進んでください。
174 他の機器と接続する
3 スマートフォン:カメラ名をタップ
する
A カメラのペアリング開始画面を表示する前に SnapBridge を起動
したときは
• 手順 2 の後に次の画面が表示されます。ペア
リングするカメラの種類をタップするとカ
メラの操作を促す画面が表示されます。カメ
ラ側でペアリング開始画面を表示すると、カ
メラ名を表示する画面に切り替わります。
• 手順 1 の前に SnapBridge を起動すると、
スマートフォンにカメラ名が表示
されないことがあります。その場合は一度 SnapBridge を完全に終了し、
再度 SnapBridge のアイコンをタップして起動してください。
※「アプリを完全に終了する」とは、バックグラウンドからも終了すること
を指します。
- ホームボタンのあるスマートフォンをお使いの場合、ホームボタンをダ
ブルクリックしてマルチタスク画面を表示し、アプリのプレビューを上
にスワイプすることで、バックグラウンドで起動中のアプリを完全に終
了することができます。
- ホームボタンのないスマートフォンをお使いの場合、画面下から上に
ゆっくりとスワイプしてマルチタスク画面を表示します。アプリのウィ
ンドウを長押しして表示される をタップすると、バックグラウンドで
起動中のアプリを完全に終了することができます。
他の機器と接続する
175
4 スマートフォン:ペアリング方法を確認する
ペアリング方法の説明画面が表示されま
す。内容をよくお読みになり、[確認しま
した]をタップします。
5 スマートフォン:再度カメラ名をタップする
カメラ名が表示されたダイアログが表示
されます。カメラ名を再度タップしてく
ださい。
176 他の機器と接続する
6 カメラ / スマートフォン:カメラとスマートフォンを操作し
てペアリングする
カメラ:カメラの J ボタンを押してください。
スマートフォン:次の画面の枠内の箇所をタップしてください。
※OS のバージョンにより、[ペアリング]の文言は異なる場合があ
ります。
他の機器と接続する
177
D ペアリング中にエラーが表示されたときは
カメラまたはスマートフォンのボタンを押してから、もう片方のボタンを押
すまでに時間が開きすぎるとペアリングできずにエラーが表示されます。
カメラ:J ボタンを押して手順 1 に戻ります。
スマートフォン:SnapBridge を完全に終了して iOS 上でデバイスの登録
を解除し、手順 1 からやり直してください。お使いのカメラの登録情報が
iOS に残っている場合は、iOS の設定アプリを起動してデバイス(カメラ名)
の登録を解除してください。
※「アプリを完全に終了する」とは、バックグラウンドからも終了すること
を指します。詳しくは「カメラのペアリング開始画面を表示する前に
SnapBridge を起動したときは」(0 175)を参照してください。
A SnapBridge アプリのインストール後、初めてペアリングした場合
ペアリング完了後、自動連携機能(カメラで撮影した画像の自動転送、日
時情報の同期、位置情報の同期)の設定画面が表示されます。2 回目以降の
ペアリング時は表示されませんので、その場合は
ら設定してください。
178 他の機器と接続する
タブの[自動連携]か
7 カメラ / スマートフォン:画面の指示に従ってペアリングを
完了する
カメラ:J ボタンを押します。ペアリン
グに成功すると、カメラとスマートフォ
ンがつながったことを知らせる画面が表
示されます。J ボタンを押し、画面の指
示に従って操作してください。
スマートフォン:ペアリングが完了します。
[OK]をタップすると タブが表示されます。
A 複数のカメラとペアリングするには
すでにペアリングしているカメラとは別のカメラとペアリングするには、 ボ
タンをタップして[カメラの追加]を選び、手順 3 〜 7 と同じ手順を行ってくだ
さい。最大で 5 台までのカメラとペアリングできます。
A 初回起動時のアラートについて
[“SnapBridge” が写真へのアクセスを求めています]というダイアログが表示
されたら、[OK]をタップしてください。
他の機器と接続する
179
パソコンに画像を取り込む方法
ViewNX-i をインストールする
ViewNX-i は、画像の転送、閲覧、および調整ができるソフトウェアで
す。ViewNX-i のインストールにはインターネットに接続できる環境が
必要です。ソフトウェアの最新情報、動作環境は、当社ホームページの
サポート情報でご確認ください。
• ViewNX-iは、下記のホームページから ViewNX-iの最新のインストー
ラーをダウンロードし、画面の指示に従ってインストールしてくだ
さい。
http://downloadcenter.nikonimglib.com/
A Capture NX-D について
Capture NX-D は、カメラで撮影した画像を調整したり、RAW 現像したりでき
るニコンのソフトウェアです。Capture NX-D は下記ホームページからダウン
ロードしてインストールできます。
http://downloadcenter.nikonimglib.com/
180 他の機器と接続する
ViewNX-i を使ってパソコンに画像を取り込む
1 パソコンに接続する
• SD カードを入れたカメラの電源を OFF にしてから、別売の USB
ケーブル(0 293)でカメラとパソコンを接続し、カメラの電源
を ON にします。
2 ViewNX-i の Nikon Transfer 2が起動する
• 起動するプログラム(ソフトウェア)を選ぶ画面がパソコンに表
示されたときは、Nikon Transfer 2 を選びます。
3 画像をパソコンに取り込む
•[転送開始]をクリック
すると、記録されている
画像がパソコンに取り込
まれます。
[転送開始]
4 接続を解除する
• カメラの電源を OFF にして、USB ケーブルを抜きます。
他の機器と接続する
181
A Windows 7 をお使いの場合
図のような画面が表示されたときは、次の手順で Nikon Transfer 2 を選びます。
1 [画像とビデオのインポート]で使用するプログラムに Nikon Transfer 2 を選ぶ
•[画像とビデオのインポート]の[プログラムの変更]をクリックすると表
示される画面で、Nikon Transfer 2 を選んで、[OK]をクリックします。
2
アイコンをダブルクリックする
A Windows 10 または Windows 8.1 をお使いの場合
パソコンの設定によっては、図のような
ダイアログが表示されます。この場合は
次の手順で Nikon Transfer 2 を選びます。
1 ダイアログをクリックする
2 [画像ファイルを取り込む Nikon Transfer 2]をクリックする
A macOS/OS X をお使いの場合
Nikon Transfer 2 が自動起動しないときは、カメラとパソコンを接続した状態
で、Mac 付属アプリケーションのイメージキャプチャを起動し、カメラを接続
時に開くアプリケーションとして Nikon Transfer 2 を設定してください。
182 他の機器と接続する
A ViewNX-i の詳しい使い方は
ViewNX-i のヘルプを参照してください。
D パソコンとの接続時のご注意
• カメラとパソコンが通信している間は、カメラの電源を
ケーブルを抜いたりしないでください。
OFF にしたり、USB
• ケーブルを接続するときは、端子の挿入方向を確認して無理な力を加えずに、
まっすぐに差し込んでください。端子を引き抜くときも、まっすぐに引き抜い
てください。
• ケーブルを抜き差しするときは、必ずカメラの電源が OFF になっていることを
確認してください。
• カメラとパソコンを接続するときは、充分に充電されたバッテリーをお使いに
なることをおすすめします。
D USB ハブについて
USB ハブを使ってカメラをパソコンやプリンターに接続すると、正しく動作し
ないことがあります。
他の機器と接続する
183
プリンターで印刷する
(ダイレクトプリント)
PictBridge(ピクトブリッジ 0 317)対応プリンターをお使いの場合、
パ ソコ ンを 使わ ずに、カ メラ とプ リン ター を別 売の USB ケ ーブ ル
(0 293)で直接接続して SD カード内の画像をプリントできます(ダイ
レクトプリント)。
カメラとプリンターを接続する
USB ケーブルは、無理な力を加えず、端子にまっすぐ差し込んでください。
• カメラとプリンターの電源をONにすると、
画像モニターにPictBridge
のロゴが表示された後、撮影された画像が表示されます。
D ダイレクトプリントの前に
• ダイレクトプリント時は、残量が充分にあるバッテリーをお使いください。別
売のパワーコネクターと AC アダプターをお使いになることをおすすめします。
• 直接プリントする画像は、撮影メニューの[色空間]を[sRGB]に設定して
撮影してください(0 200)。
D USB ハブについて
USB ハブに接続した場合の動作は保証しておりません。
D ダイレクトプリントについてのご注意
• RAW 画像(0 78)はダイレクトプリントできません。RAW 画像は画像編集メ
ニューの[RAW 現像]
(0 236)で作成した JPEG 画像をプリントしてください。
•[フチ設定]と[範囲指定]は、接続したプリンターがそれぞれの機能に対応
していない場合は、選べません。なお、[範囲指定]で狭い範囲を大きくプリ
ントした場合は、画像が粗くプリントされる場合があります。
184 他の機器と接続する
1 コマだけプリントする
1 プリントしたい画像を選んで J ボタンを押す
• マルチセレクターの4または2を押してプリントしたい画像を選
びます。
• 1 コマ表示中に X ボタンを押すと、表示中の画像を拡大表示しま
す(0 151)
。K ボタンを押すと、1 コマ表示に戻ります。
• W(Q)ボタンを押して 6 コマ表示に切り換えて、画像を選ぶこ
とができます。X ボタンを押すと、1 コマ表示に戻ります。
2 プリント設定の項目を設定する
•[プリント設定]画面で設定したい項目を選んで 2 を押すと、そ
れぞれの設定画面が表示されます。設定方法については、
「プリ
ント設定項目について」
(0 186)をご覧ください。
3 プリントを開始する
•[プリント実行]を選んで、J ボタンを押すとプリントが始まり
ます。
• プリントを中断したいときは、もう一度 J ボタンを押してくだ
さい。
他の機器と接続する
185
❚❚ プリント設定項目について
マルチセレクターの 3 または 1 を押して設定したい項目を選んで 2 を
押すと、それぞれの設定画面が表示されます。
用紙設定 ※
枚数指定
プリントする用紙のサイズを選んで J ボタンを押します。プ
リンターが対応する用紙サイズのみが表示されます。
プリントする枚数(1〜99枚)を設定してJボタンを押します。
フチ設定 ※
[あり]を選んで J ボタンを押すと、画像にフチを付けてプ
リントします。
日付プリント※
[あり]を選んで J ボタンを押すと、画像に日付をプリント
します。
範囲指定
[する]を選んで、2 を押すと[範囲指定]画面が表示されま
す。プリント範囲(黄色の枠)は W(Q)ボタンを押すと狭
くなり、X ボタンを押すと広くなります。マルチセレクター
を操作するとプリント範囲が移動します。プリント範囲を決
定するには J ボタンを押します。
※プリンターの設定を優先したいときは、それぞれの設定時に[プリンターの設
定]を選んでください。
D[日付写し込み設定]で日時を写し込んだ画像についてのご注意
セットアップメニュー[日付写し込み設定]
(0 209)で日時を写し込んだ画像
をプリントするときは、次のことにご注意ください。
•[日付プリント]を[なし]に設定してください。
[あり]にすると日付が二重
にプリントされます。
•[フチ設定]を[なし]にしたときや、範囲指定の設定によっては、日時部分
が用紙に収まらないことがあります。
186 他の機器と接続する
複数の画像をプリントする
1 カメラとプリンターを接続し(0 184)、撮影した画像が
表示されたら G ボタンを押す
2 プリント方法を選んで、プリントする画像や枚数を設定する
• プリント方法を選んでマルチセレクターの 2 を押します。
プリントする画像と枚数を選んでプリントします。
• 4 または 2 を押してプリントする画像を選び、1 または 3
プリント
を押して枚数(1 〜 99 枚)を設定して、J ボタンを押します。
画像選択 • X ボタンを押している間は、選択中の画像が拡大表示され
ます。
• プリントしない画像は枚数を 0 にします。
指定した日付に撮影した全ての画像を 1 枚ずつプリントします。
• プリントする日付を選び、2 を押して設定します。
• W(Q)ボタンを押すと、選択している日付に撮影した画像
をサムネイル表示します。
日付選択
• もう一度 W(Q)ボタンを押すと、日付選択画面に戻ります。
• サムネイル表示中に X ボタンを押すと、ボタンを押している
間、選んだ画像を拡大表示します。
• 日付を設定したら、J ボタンを押します。
SD カードの中の JPEG 画像(0 78)を一覧できる「インデック
ス」をプリントします。
•[INDEX プリント]画面が表示されたら、J ボタンを押し
ます。
INDEX
• インデックスプリントできるのは 256 コマまでです。SD カー
プリント
ド内に 257 コマ以上の画像がある場合は、印刷されない画像
があります(確認画面が表示されます)
。
• 用紙サイズによってはプリントできない場合があります(警
告メッセージが表示されます)
。
他の機器と接続する
187
3 プリント設定の項目を設定する
•[プリント設定]画面で設定したい項目を選んで 2 を押すと、そ
れぞれの設定画面が表示されます。[用紙設定]
、[フチ設定]
、
[日付プリント]を設定できます。設定方法については、「プリン
ト設定項目について」(0 186)をご覧ください。
4 プリントを開始する
•[プリント実行]を選んで J ボタンを押すと、プリントが始まり
ます。
• プリントを中断したいときは、もう一度 J ボタンを押してくだ
さい。
188 他の機器と接続する
テレビで見る
HDMI ケーブルを使ってハイビジョンテレビ
と接続する
カメラを HDMI 端子のあるハイビジョンテレビなどと接続できます。接
続には別売の HDMI 端子用ケーブル(0 293)が必要です。別途お買い
求めください。HDMI ケーブルを抜き差しするときは、必ずカメラの電
源を OFF にしてください。
HDMI 端子(カメラ側)
HDMI 端子※(外部機器側)
※ 使用する外部機器の端子に合わせたケーブルをお使いください。
• テレビの入力を HDMI 入力に切り換え、カメラの電源を ON にして K
ボタンを押すと、撮影した画像がテレビの画面に表示されます。
• テレビで動画を再生するときは、音量をテレビ側で調節してくださ
い。カメラ側では音量調節できません。
A テレビでの画像の再生について
• テレビ画面では、画像の周辺部が一部欠けて表示される場合があります。
• テレビでの再生などでカメラを長時間使うときは、AC アダプターをお使いに
なることをおすすめします。
他の機器と接続する
189
❚❚ HDMI 対応機器への出力解像度を変更する
セットアップメニュー(0 205)の[HDMI]
の[出力解像度]では、HDMI 対応機器への出
力解像度を設定できます。
•[出力解像度]が[オート]の場合、出力先
の映像信号形式を自動的に検出します。
❚❚ HDMI-CEC 対応テレビのリモコンを使って再生操
作をする
セットアップメニュー(0 205)の[HDMI]の[機器制御]では、
HDMI-CEC 対応テレビのリモコンを使って、1 コマ表示とスライド
ショー再生のカメラ操作を行えます。
1 カメラと HDMI-CEC対応テレビを接続する
2 HDMI-CEC対応テレビとカメラの電源を ONにする
•[機器制御]が[する]の場合、カメラのマルチセレクターや J
ボタンの代わりに HDMI-CEC 対応テレビのリモコンを使ってカメ
ラを操作できるようになります。
•[機器制御]が[しない]の場合は、HDMI-CEC 対応テレビのリ
モコンでカメラは動作しません。ライブビュー撮影や動画撮影を
行いたいときは、[しない]に設定してください。
A HDMI-CEC とは
「HDMI-CEC」とは、HDMI-Consumer Electronics Control の略で、対応機器間
での連携動作を可能にします。
A HDMI-CEC 対応テレビとの接続時の表示
HDMI-CEC 対応テレビとの接続時には、ファインダーの記録可能コマ数表示部
に ) が表示されます。
190 他の機器と接続する
A HDMI ケーブル接続時の動画の撮影と再生について
HDMI 対応機器に接続して、撮影メニュー[動画の設定]の[画像サイズ / フレー
ムレート]を[1920×1080 60p]または[1920×1080 50p]に設定して動
画を記録すると、
HDMI の出力解像度やフレームレートが変わることがあります。
D[HDMI]の[出力解像度]についてのご注意
このカメラでは、
[1920×1080 60p]または[1920×1080 50p]での HDMI
出力はできません。HDMI 対応機器によっては、[出力解像度]を[オート]に
設定すると、HDMI 出力できないことがあります。
他の機器と接続する
191
メニュー項目
D 再生メニュー:再生で使える便利な機能
s
G ボタンを押してタブの D アイコンを選ぶと、再生メニューが表示
されます。
G ボタン
再生メニュー項目一覧
再生メニューの項目は、次の通りです。
メニュー項目
初期設定
削除
再生フォルダー設定
ー
全てのフォルダー
再生画面設定
ー
撮影直後の画像確認
する
縦横位置情報の記録
する
縦位置自動回転
する
0
160
193
193
193
194
194
スライドショー
再生画像の種類
静止画と動画
インターバル設定
2秒
レーティング
ー
スマートフォンへの送信指定
ー
192 D 再生メニュー:再生で使える便利な機能
162、
164
156
157
再生フォルダー設定
G ボタン ➜ D 再生メニュー
画像は SD カード内のフォルダーに保存されます。
画像の再生(0 140)時に表示するフォルダーを設定します。
D3500
全てのフォルダー
記録中のフォルダー
D3500 で作成された全てのフォルダー内の画像を再生し
ます。
SD カード内の全てのフォルダーの画像を再生します。
画像の記録に実際に使われているフォルダーの画像を再
生します。
• 画像を記録するフォルダーはセットアップメニューの
[記録フォルダー設定]
(0 224)で設定できます。
再生画面設定
G ボタン ➜ D 再生メニュー
1 コマ表示時の画像情報表示に、画像のみ表示、ハイライト表示、RGB
ヒストグラム表示、撮影情報表示、統合表示を追加します。
• 追加したい項目を選び、マルチセレクターの
2 を押してチェックボックスをオン M にし
ます。もう一度 2 を押すと、チェックボッ
クスがオフ U になります。
• J ボタンを押すと、設定を完了します。
撮影直後の画像確認
G ボタン ➜ D 再生メニュー
撮影直後に画像を自動的に表示するかどうかを設定します。[しない]
を選んだ場合に撮影画像を表示確認するには、D ボタンを押してくだ
さい。
D 再生メニュー:再生で使える便利な機能 193
縦横位置情報の記録
G ボタン ➜ D 再生メニュー
撮影時のカメラの縦横位置情報を画像に記録できます。
画像モニターや Capture NX-D または ViewNX-i で画像を再生する
ときに、記録した縦横位置情報を利用して、自動的に回転表示さ
れます。記録されるカメラの縦横位置情報は、次の 3 種類です。
する
横位置
しない
縦位置
時計回りに
90º 回転
縦位置
反時計回りに
90º 回転
縦横位置情報は記録されず、再生時には常に横位置で表示します。
D 縦横位置情報記録についてのご注意
カメラを上向きまたは下向きにして撮影したり流し撮りすると、縦横位置情報
が正しく得られない場合があります。
縦位置自動回転
G ボタン ➜ D 再生メニュー
[する]に設定すると、縦位置で撮影した画像を自動的に回転して表示
します。
• 自動的に回転して表示するには、
[縦横位置情報の記録]も[する]に
設定しておく必要があります。
D 縦位置自動回転についてのご注意
[縦位置自動回転]を[する]に設定しても、撮影直後の画像確認時は自動回転
しません。
194 D 再生メニュー:再生で使える便利な機能
C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能
G ボタンを押してタブの C アイコンを選ぶと、撮影メニューが表示
されます。
G ボタン
撮影メニュー項目一覧
撮影メニューの項目は、次の通りです。
メニュー項目
撮影メニューのリセット
画質モード
画像サイズ
初期設定
ー
NORMAL
サイズ L
0
197
78
80
ISO 感度設定
ISO 感度
撮影モード P、S、A、M
その他の撮影モード
100
オート
感度自動制御
する
制御上限感度
25600
低速限界設定
オート
ホワイトバランス
蛍光灯
ピクチャーコントロール
オート
白色蛍光灯
スタンダード
色空間
sRGB
アクティブ D- ライティング
する
ノイズ低減
する
ヴィネットコントロール
標準
87、198
108
110
119
200
106
200
201
C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能 195
メニュー項目
初期設定
自動ゆがみ補正
しない
0
202
フォーカスモード
ファインダー撮影
ライブビュー / 動画撮影
AF サーボモード自動切り換え
シングル AF サーボ
63
AF エリアモード
ファインダー撮影
撮影モード n、1、2、3
シングルポイント AF
撮影モード m
ダイナミック AF
その他の撮影モード
オートエリア AF
67
ライブビュー / 動画撮影
撮影モード k、o
撮影モード n
その他の撮影モード
顔認識 AF
ノーマルエリア AF
内蔵 AF 補助光の照射設定
測光モード
内蔵フラッシュ発光 /
外付けフラッシュ発光
68
ワイドエリア AF
マルチパターン測光
202
97
TTL モード
203
する
204
する
光学手ブレ補正 ※
動画の設定
画像サイズ / フレームレート
1920×1080 60p
動画の画質
録音設定
標準
129
マイク感度オート
風切り音低減
しない
動画のマニュアル設定
しない
130
※このメニューに対応したレンズを装着したときのみ表示されます。
A 設定できない撮影メニュー項目について
撮影モードやカメラの状態によって、設定できないメニュー項目があります。こ
の場合、その項目はグレーで表示されて選べません。
196 C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能
撮影メニューのリセット
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
撮影メニューをリセットして初期設定に戻します(0 195)
。
A 撮影メニューのリセットについて
撮影メニューの項目の他に、次の撮影時の設定も初期設定に戻ります。
項目
初期設定
0
レリーズモード
撮影モード m
連続撮影
1 コマ撮影
その他の撮影モード
フォーカスポイント
中央
プログラムシフト
解除
A(L)ボタンのホールド状態
解除
57
69
89
220
フラッシュモード
撮影モード i、k、n、S、T、'
通常発光オート
通常発光オート+
撮影モード o
スローシャッター
撮影モード U
82、84
発光禁止
撮影モード P、S、A、M
通常発光
露出補正
解除(0.0)
フラッシュ調光補正
解除(0.0)
ピクチャーコントロールの調整値
解除
101
104
121
C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能 197
ISO 感度設定
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
ISO 感度(0 87)と感度自動制御を設定します。
❚❚ 感度自動制御
E タイプまたは G タイプレンズ(0 278)装着時に、撮影モード P、S、
A、M で使えます。感度自動制御機能は、設定した ISO 感度で適正露出が
得られない場合に、カメラが自動的に ISO 感度を変更する機能です。
する
しない
カメラが自動的に ISO 感度を変更します。
• 制御上限感度と低速限界設定を設定してください。
[ISO 感度](0 87)で設定した ISO 感度に固定されます。
•[する]のときは、ISO 感度の制御条件を設定してください。
制御上限感度
上
感度自動制御するときに ISO 感度が高くなりすぎないように、
限感度(200 〜 25600)を設定できます。ISO 感度の下限は 100
になります。
低速限界設定
撮影モードPまたはAで感度自動制御が働き始めるシャッタース
[オート]に
ピードを 1/2000 〜 30 秒から設定できます。また、
設定すると、レンズの焦点距離に応じてシャッタースピードの
低速限界をカメラが自動で設定します。
• ISO 感度を上欄の[制御上限感度]まで上げても露出不足にな
る場合は、適正露出を得るために、低速限界設定よりもさら
にシャッタースピードが低速になります。
198 C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能
[感度自動制御]が[する]のときは、イン
フォ画面に ISO-A、ファインダー内に
ISO AUTO が表示されます。
• ISO AUTO マークが点灯している場合は、
[ISO 感度]で設定した ISO 感度で撮影され
ます。
• ISO AUTO マークが点滅している場合は、
設定した ISO 感度では適正露出が得られな
いため、カメラが ISO 感度を変更していることを示しています。
D 感度自動制御についてのご注意
•[制御上限感度]で設定した ISO 感度よりも[ISO 感度]
(0 87)で設定した ISO
感度が高い場合、
[ISO 感度]で設定した ISO 感度を制御上限感度として撮影し
ます。
• 内蔵フラッシュ撮影時または別売スピードライト(0 286)の装着時にフラッ
シュモードをスローシャッターに設定していても、背景の明るさがより適正に
なるように感度自動制御が機能して ISO 感度が自動的に上がり、シャッタース
ピードが低速にならないことがあります。
A インフォ画面の制御上限感度と低速限界設定表示について
[感度自動制御]が[する]の場合、インフォ画
面の ISO 感度イメージに制御上限感度が、シャッ
制御上限感度
タースピードイメージに低速限界設定が表示さ
れます。
低速限界設定
C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能 199
色空間
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
記録する画像の色空間を指定します(色空間とは、モニターやプリン
ターで表現できる色の範囲のことです)。
[sRGB]色空間は、再生やプ
リントなど、一般的な用途で画像を楽しむのに適しています。
[Adobe
RGB]色空間は、[sRGB]色空間に比べて色域が広いため、商業印刷
などの業務用途に適しています。
D 色空間についてのご注意
• 動画を撮影するときは、色空間が[sRGB]に固定されます。
• Capture NX-D または ViewNX-i をお使いになると、正しい色空間での処理が自
動的に行われます。他社製の画像閲覧用または画像編集用ソフトウェアを使う
と、正しく色が表示されないことがあります。
A Adobe RGB 色空間について
アプリケーション、モニター、プリンターなどの環境がカラーマネージメント
機能に対応している場合に、適切な色が再現できます。
ノイズ低減
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
撮影時に発生するノイズ(ざらつき、むら、輝点)を低減できます。
する
全ての ISO 感度でノイズ低減処理を行います。ISO 感度が高くなるほど
効果的です。
• シャッタースピードが約 1 秒よりも低
速の場合、長秒時ノイズの低減処理を
行うため、画像を記録するまでの時間
はノイズ低減を行わないときの約 2 倍
になります。処理中はファインダー内に l m が点滅します。この
表示が消えるまでは撮影できません。
しない
ノイズが発生しやすい条件下でのみ、ノイズ低減処理を行います。この
場合のノイズ低減効果は、
[する]に設定したときよりも弱くなります。
D ノイズ低減についてのご注意
処理中に電源を OFF にすると、ノイズ低減処理は行われません。
200 C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能
ヴィネットコントロール
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
ヴィネットコントロールは、レンズの特性による周辺光量の低下をレン
ズに応じて軽減します。特に開放絞り側で撮影した場合に効果的です。
E タイプまたは G タイプレンズ(0 278)を装着しているときのみ機能
します。
h
g
i
強め
標準
効果が強い順に、[強め]、
[標準]
、
[弱め]になります。
弱め
しない
周辺光量の低下を補正しません。
D ヴィネットコントロールについてのご注意
• 次のときはヴィネットコントロールの効果が適用されません。
- FX フォーマット対応レンズ装着時
- 動画撮影時
• JPEG 画像の場合、使用するレンズ、撮影条件や撮影シーンの組み合わせによっ
ては、周辺光量が過剰に補正されて画像周辺部が明るくなることや補正が不足
して暗くなること、画像にノイズ(むら)が発生することがあります。また、
調整したピクチャーコントロールを設定している場合も、適切な補正ができな
い場合があります。試し撮りをして、撮影状況に適した設定を選択することを
おすすめします。
C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能 201
自動ゆがみ補正
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
[する]にすると、広角レンズ使用時のたる型のゆがみや、望遠レンズ
使用時の糸巻き型のゆがみを補正して撮影します。
•[自動ゆがみ補正]は、E タイプまたは G タイプレンズ(0 278)を装
着した場合のみ機能します。ただし、フィッシュアイレンズ、その他
一部のレンズを装着した場合は機能しません。また、対応レンズ以外
を装着した場合については、動作を保証しません。
D 自動ゆがみ補正についてのご注意
•[する]の場合、シャッターをきってから、記録が始まるまで時間がかかる場
合があります。
• ゆがみを大きく補正するほど、画像周辺部は切り取られます。
• 動画撮影時は、自動ゆがみ補正の効果は適用されません。
A 関連ページ
撮影した画像のゆがみを補正する →
N[ゆがみ補正](0 244)
内蔵 AF 補助光の照射設定
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
暗い場所でも AF 補助光を自動的に照射させな
いように設定できます。
する
ファインダー撮影時にオートフォーカスでピントを合わせる場合、
被写体が暗いときに自動的に AF 補助光を照射します(撮影モードや
)
。
設定によっては、AF 補助光を照射しないことがあります(0 264)
しない
AF 補助光を照射しません。被写体が暗いときなどは、オートフォー
カスでのピント合わせができなくなる場合があります。
202 C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能
内蔵フラッシュ発光 / 外付けフラッシュ発光
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
撮影モード P、S、A、M で使えます。内蔵フラッシュの発光方式を設定で
きます。また、別売のスピードライト SB-500、SB-400 または SB-300 を
装着してスピードライトの電源を ON にすると、メニュー名が[外付け
フラッシュ発光]に変わり、装着中のスピードライトの発光方式を設定
できます(0 286)
。
1 TTL モード
2
フラッシュの光量は、撮影状況に応じて自動的に調節され
ます。
選んだ発光量でフラッシュが発光します。
マニュアル
•[Full]
(フル発光)に設定した場合、内蔵フラッシュのガイ
発光モード
ドナンバーは約 8(ISO 100・m、20 ℃)となります。
A フラッシュ調光補正マークの表示について
[マニュアル発光モード]にすると、フラッシュ使
用時にインフォ画面に 0 マークが点灯、ファイン
ダー内に Y マークが点滅します。
A TTL モードについて
E タイプまたは G タイプレンズ(0 278)をお使いの場合、内蔵フラッシュの発
光量は、次の 2 種類の制御方式のどちらかで決定されます。通常は i-TTL-BL 調光
ですが、測光モード(0 97)を[N]
(スポット測光)にした場合は、スタン
ダード i-TTL 調光になります。
420 分割 RGB センサーによる測光情報を元に、メ
i-TTL-BL 調光
スタンダード i-TTL 調光
インの被写体と背景のバランスを考慮して発光量
を決定します。
背景の明るさを考慮せず、メインの被写体を基準
にして発光量を決定します。
C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能 203
光学手ブレ補正
G ボタン ➜ C 撮影メニュー
このメニューに対応したレンズを装着したときのみ表示されます。[す
る]を選ぶと、手ブレ補正機能が ON になり、シャッターボタンを半押
ししたときに手ブレを補正します(0 18)。[しない]を選ぶと手ブレ
補正機能が OFF になります。
A[光学手ブレ補正]が[する]の時の表示について
[光学手ブレ補正]を[する]に設定すると、イン
フォ画面に手ブレ補正マークが表示されます。
204 C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能
B セットアップメニュー:
カメラを使いやすくする基本設定
G ボタンを押してタブの B アイコンを選ぶと、セットアップメニュー
が表示されます。
G ボタン
セットアップメニュー項目一覧
セットアップメニューの項目は次の通りです。
メニュー項目
セットアップメニューのリセット
カードの初期化(フォーマット)
日付写し込み設定
初期設定
ー
ー
しない
0
207
208
209
地域と日時 ※1
スマートフォンと同期
しない
夏時間の設定
しない
言語(Language)※1
ー
モニターの明るさ
0
211
211
211
インフォ画面デザイン
AUTO/SCENE/EFFECTS モード
P/S/A/M モード
グラフィックデザイン
グラフィックデザイン
インフォ画面の自動表示
する
パワーオフ時間
標準
212
213
213
セルフタイマー
時間
撮影コマ数
10 秒
1 コマ
214
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 205
メニュー項目
初期設定
クリーニングミラーアップ ※2
ー
イメージダストオフデータ取得
ー
画像コメント
ー
著作権情報
ー
電子音設定
低音
フリッカー低減
オート
0
301
215
217
218
219
219
ボタン動作のオプション
AE/AF ロックボタンの機能
半押し AE ロック
半押し AF レンズ駆動
フォーカスエイドインジケーター
AF 設定時のフォーカスリング操作 ※3
連番モード
記録フォルダー設定
ファイル名設定
AE-L/AF-L
しない
する
しない
有効
しない
ー
DSC
220
220
220
221
222
223
224
227
HDMI
出力解像度
機器制御
オート
する
190
位置情報
スマートフォンから取得
しない
情報表示
ー
機内モード
無効
スマートフォンと接続
スマートフォンへの自動送信
ー
しない
228
228
167、
173
229
Bluetooth
通信機能
ペアリング済み機器
無効
ー
電源 OFF 中の通信
する
Eye-Fi 送信機能 ※4
有効
認証マークの表示
ー
206 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
229
230
232
メニュー項目
初期設定
カードなし時レリーズ
レリーズ禁止
カメラの初期化
ー
ファームウェアバージョン
ー
0
232
232
232
※1 販売地域によって異なります。
※2 バッテリー残量表示が H 以下のときは選べません。
※3 このメニューに対応したレンズを装着したときのみ表示されます。
※4 この機能に対応した Eye-Fi カードを挿入したときのみ表示されます。
A 設定できないセットアップメニュー項目について
カメラの状態によって、設定できないメニュー項目があります。この場合、そ
の項目はグレーで表示されて選べません。
セットアップメニューのリセット
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
セットアップメニューをリセットして、初期設定(0 205)に戻します
([地域と日時]、
[言語(Language)]、
[記録フォルダー設定]、
[Bluetooth]の[ペアリング済み機器]を除く)
。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 207
カードの初期化(フォーマット)
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
このカメラに他の機器で使った SD カードを初めて入れたときは、必ず
このカメラで初期化してからお使いください。SD カードを初期化する
と、カード内のデータは全て削除されます。必要なデータがある場合
は、初期化する前にパソコンなどに保存してください(0 180)。
1[カードの初期化(フォーマット)]
画面で[はい]を選ぶ
• 初期化をキャンセルするには、[いい
え]を選びます。
2 J ボタンを押す
• 初期化が完了してセットアップメニュー
画面に戻るまで、電源を OFF にしたり、
バッテリーや SD カードを取り出したりし
ないでください。
208 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
日付写し込み設定
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
撮影する画像に直接日時を写し込みます。写し込まれた日時を画像から
消したり、撮影した後で日時を写し込んだりすることはできません。
しない
日付、時刻のどちらも写し込みません。
年・月・日
撮影した画像の右下に、
日付を写し込みます。
b
年・月・日・時刻
撮影した画像の右下に、
日付 と時刻 を写 し込 み
ます。
c
誕生日カウンター
撮影した画像の右下に、撮影した日付と(誕生日な
ど)登録した日までの日数を写し込みます。
a
日付写し込み設定をすると、インフォ画面
に d が表示されます。
D 日付写し込みについてのご注意
• 年月日の並びは、[地域と日時]
(0 211)での設定と同じになります。
• RAW を含む画質モード(0 78)の場合、日時を写し込みできません。
• 日時を写し込んだ画像を編集する場合(0 233)、画像編集機能の種類によっ
ては、写し込んだ日時が切れたり、きれいに表示されないことがあります。
❚❚ 誕生日カウンターの使い方
誕生日や結婚式など記念日までの日数をカウ
ントダウン形式で入れたり、お子様が産まれ
た日からの経過日数を入れたりするときなど
に使います。日付は 3 種類まで登録できます。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 209
1 最初の日付を登録する
•[誕生日カウンター]を選んでマルチセ
レクターの 2 を押します。
• マルチセレクターで日付を設定してか
ら J ボタンを押すと、日付が登録され
ます。
2 日付を追加する
• 最初の日付を登録すると、[日付の登
録]画面が表示されます。
• 日付を登録したい番号を選んで 2 を押
すと、[誕生日設定]画面が表示され、
続けて日付を登録できます。
•[日付の登録]画面で番号を選んで J ボタンを押すと、選んだ番
号の日付を撮影に使います。
3 日付の表示順を選ぶ
•[表示の選択]を選んで 2 を押します。
• 日数の表示形式を選び、J ボタンを押
します。
4 J ボタンを押して設定を完了する
誕生日カウンターを使って撮影した画像には、次のように日付が写し込
まれます。
記念日まであと 2 日の場合
記念日から 2 日後の場合
210 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
地域と日時
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
現在地と日時、年月日の表示順、スマートフォンから日時の情報を取得
するかどうかを設定します。定期的に日時設定を行うことをおすすめし
ます。
現在地の設定
現在地のタイムゾーンを選びます。現在地のタイムゾーンを
変更すると、
[日時の設定]で設定された日時が、時差に合わ
せて自動的に更新されます。
日時の設定
[現在地の設定]で選ばれているタイムゾーンの時刻を設定
します。
、夏時間(サマータイ
スマートフォンから UTC(協定世界時)
スマートフォンと
ム制)、時差情報を取得して、カメラの日時情報を更新するか
同期
どうかを設定します。
日付の表示順
夏時間の設定
画像モニターに表示される日付の年、月、日の表示順を、
[年 / 月 / 日]、[月 / 日 / 年]
、[日 / 月 / 年]から選びます。
現在地で夏時間が実施されている場合は[する]に、そうで
ない場合は[しない]に設定します。
[する]にすると、時刻
が 1 時間進みます。
言語(Language)
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
メニュー画面やメッセージの表示言語を設定できます。お買い上げの国
や地域によって、表示される言語は異なります。
モニターの明るさ
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
画像モニターの明るさを、マルチセレクターの 1 または 3 を押して調
整できます。+ にすると明るく、−にすると暗くなります。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 211
インフォ画面デザイン
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
インフォ画面(0 6)のデザインを、次のような「クラシックデザイ
ン」、
「グラフィックデザイン」の 2 種類から選べます。インフォ画面デ
ザインは、
[AUTO/SCENE/EFFECTS モード]と[P/S/A/M モード]
でそれぞれ設定できます。
クラシックデザイン
グラフィックデザイン
❚❚ インフォ画面デザインの設定方法
1 撮影モードを選ぶ
• インフォ画面デザインを変更したい撮
影モードを、[AUTO/SCENE/
EFFECTS モード]と[P/S/A/M モー
ド]から選んでマルチセレクターの 2
を押します。
2 背景色を選ぶ
• マルチセレクターで設定したい画面デ
ザインを選びます。
3 J ボタンを押して設定を完了する
212 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
インフォ画面の自動表示
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
•[する]の場合、シャッターボタンを半押しして指を放すだけで、画
像モニターにインフォ画面を表示できます。
•[しない]の場合、インフォ画面を表示するには、R ボタンを押して
ください。
パワーオフ時間
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
画像モニターの表示時間、ライブビューの表示時間、および半押しタイ
マーがオフになるまでの時間を変更できます。インフォ画面の表示時間
を変更したい場合は、
[半押しタイマー]の設定を変えてください。
C
D
短め
E
長め
標準
•[再生 / メニュー表示]
:C 20 秒、D 5 分、E 10 分
•[撮影直後の画像確認]
:C 4 秒、D 4 秒、E 20 秒
•[ライブビュー表示]
:C 5 分、D 10 分、E 20 分
•[半押しタイマー]
:C 4 秒、D 8 秒、E 1 分
[撮影直後の画像確認]、[ライブ
[再生 / メニュー表示]、
F
カスタマイズ
ビュー表示]、
[半押しタイマー]の各時間をそれぞれ設定
できます。各項目の設定後、J ボタンを押すと設定が有
効になります。
A パワーオフ時間について
• パワーオフ時間が長いほど、バッテリーの消耗が早くなります。
• パソコンや PictBridge 対応のプリンターを接続しているときは、[パワーオフ
時間]の設定にかかわらず、ファインダー内表示や画像モニターは消灯しませ
ん。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 213
セルフタイマー
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
セルフタイマー撮影時(0 61)にシャッターボタンを全押ししてから
シャッターがきれるまでの時間と、撮影するコマ数を変更できます。
時間
撮影コマ数
シャッターがきれるまでの時間を選べます。
マルチセレクターの 1 または 3 を押して、1 コマ〜 9 コマの間で設
定できます。撮影コマ数を 1 コマ以外に設定した場合、約 4 秒間隔
で連続撮影します。
214 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
イメージダストオフデータ取得
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
Capture NX-D(0 180)の「イメージダストオフ機能」を使うための
データを取得します。イメージダストオフとは、カメラの撮像素子前面
に付いたゴミの写り込みを RAW 画像から取り除く機能です。イメージ
ダストオフ機能については、Capture NX-D のヘルプをご覧ください。
❚❚ イメージダストオフデータ取得の手順
1 イメージダストオフデータ取得画面で[開始]を選ぶ
•[開始]を選んで J ボタンを押すと、
[イメージダストオフデータ取得]画面
が表示されます。
• ファインダー内に、F が表示され
ます。
• データ取得を取り消したいときは、G ボタンを押してください。
2 レンズ先端から10cm程度離れた、明るく白い無地の被写体
を画面いっぱいにとらえ、シャッターボタンを半押しする
• オートフォーカスのときは、カメラが自動的に無限遠にピントを
合わせます。
• マニュアルフォーカスのときは、手動で無限遠に合わせてくだ
さい。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 215
3 シャッターボタンを全押しして撮影する
• シャッターボタンを押すと、画像モニターが消灯します。
• 被写体が明るすぎ、または暗すぎたた
めに、データが取得できなかった場合
は、画像モニターにメッセージが表示
されて手順 1 の状態に戻ります。被写体
の明るさを変えて、もう一度撮影して
ください。
D イメージダストオフデータ取得についてのご注意
•[イメージダストオフデータ取得]は、E タイプまたは G タイプレンズ(0 278)
を装着しているときのみ選べます。
• お使いになるレンズは、焦点距離が 50mm 以上のレンズをおすすめします
(0 277)。
• ズームレンズは望遠側にしてください。
• 取得したイメージダストオフデータは、データ取
得後にレンズや絞り値を変更して撮影した画像
にも適用できます。
• イメージダストオフデータは画像処理ソフト
ウェアなどで開けません。
• イメージダストオフデータをカメラで再生する
と、図のように表示されます。
216 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
画像コメント
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
あらかじめコメントを登録しておき、撮影する画像に添付できます。添
付されたコメントは、Capture NX-D または ViewNX-i(0 180)のメタ
データで確認できます。
❚❚ コメント入力
36 文字までのコメントを登録できます。[コメント入力]を選んでマル
チセレクターの 2 を押すと、画像コメントの入力画面が表示されます。
入力画面での文字の入力方法については、「入力画面の操作方法につい
て」をご覧ください(下記参照)
。
❚❚ コメント添付
登録したコメントを画像に添付したいとき
は、[コメント添付]を選び、マルチセレク
ターの 2 を押してチェックボックスをオン M
にします。J ボタンを押すと、その後撮影し
た画像には全てコメントが添付されます。
A 入力画面の操作方法について
入力エリア
画像コメントなど、文字を入力するときに表示さ
れる画面での操作方法は次の通りです。
• 入力エリアに新しい文字を入力する場合は、マ
ルチセレクターで入力するキーボードエリア
の文字上にカーソルを移動させ、J ボタンを押
します。
• 入力エリアのカーソルを左右に移動するには、
コマンドダイヤルを回します。
キーボードエリア
• 入力エリアからあふれた文字は削除されます。
• 1 文字削除するには、コマンドダイヤルを回して削除する文字の上にカーソル
を移動させ、O ボタンを押します。
• 内容を確定し、文字入力を終了する場合は、X ボタンを押します。
• 文字の入力をキャンセルするには、G ボタンを押します。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 217
A 画像情報に表示される画像コメントについて
添付された画像コメントは、
「撮影情報」の「画像コメント」に表示されます
(0 147)
。
著作権情報
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
撮影した画像に著作権情報を添付することができます。添付された著
作権情報は、Capture NX-D または ViewNX-i のメタデータで確認でき
ます。
❚❚ 撮影者名入力、著作権者名入力
36 文字までの撮影者名と、54 文字までの著作権者名を登録できます。
[撮影者名入力]または[著作権者名入力]を選んでマルチセレクター
の 2 を押すと、名前の入力画面が表示されます。入力画面での文字の入
力方法については、「入力画面の操作方法について」をご覧ください
(0 217)
。
❚❚ 著作権情報添付
登録した著作権情報を画像に添付したいとき
は、[著作権情報添付]を選んで 2 を押し、
チェックボックスをオン M にします。J ボタ
ンを押すと、設定が有効になり、その後撮影し
た画像には全て著作権情報が添付されます。
D 著作権情報に関するご注意
• カメラを貸したり譲渡したりする場合は、撮影者名や著作権者名の違法な使用
を防ぐため、[著作権情報添付]の設定を必ず解除してください。また、撮影
者名と著作権者名は空欄にしてください。
•[著作権情報]の使用によって生じたトラブルや損害など、当社は一切責任を
負いません。
A 画像情報に表示される著作権情報について
入力・添付された著作権情報は、「撮影情報」に表示されます(0 147)
。
218 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
電子音設定
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
電子音を鳴るようにしたり、鳴らないようにしたりできます。
•[高音]または[低音]に設定すると、セルフタイマー撮影時および
オートフォーカスでピントが合ったときに電子音が鳴ります。
A 電子音設定時の表示について
[高音]または[低音]のときはインフォ画面に 3
マークが、
[電子音なし]のときは 2 マークが表示
されます。
フリッカー低減
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
蛍光灯や水銀灯などの光源下で、ライブビュー時の画面にちらつきや横
縞が生じる「フリッカー現象」を低減できます。通常はカメラが自動的
に電源周波数を選ぶ[オート]をお使いください。[オート]でフリッ
カー低減効果が得られない場合は、お使いの地域の電源周波数に応じ
て、[50 Hz]と[60 Hz]から選びます。東日本など電源周波数が
50 Hz の地域では[50Hz]を選び、西日本など電源周波数が 60 Hz の地
域では[60 Hz]を選んでください。
A フリッカー低減についてのご注意
•[オート]でもフリッカー低減効果が得られない場合や電源周波数がわからな
い場合は、設定を切り換えて試し撮りをすることをおすすめします。
• 被写体が非常に明るい場合、フリッカー低減効果が得られない場合がありま
す。撮影モード A または M で、ライブビュー開始前に絞りを絞り込んで(より
大きい数値にして)ください。
• 撮影メニュー[動画の設定]の[動画のマニュアル設定]が[する]で、撮影
モードが M の場合、フリッカー低減は機能しません(0 130)
。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 219
ボタン動作のオプション
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
❚❚ AE/AF ロックボタンの機能
A(L)ボタンを押したときの機能を設定で
きます。
A(L)ボタン
B AE-L/AF-L
A(L)ボタンを押すと、AE ロック(0 99)とフォー
カスロック(0 72)が同時に行われます。
C AE-L
A(L)ボタンを押すと、AE ロックだけが行われます。
AE-L
A(L)ボタンを押すと、カメラの半押しタイマーが
オフになるか、もう一度 A(L)ボタンを押すまで、
AEロックが維持されます。シャッターをきっても AEロッ
E (ホールド)
クは解除されません。
F AF-L
A AF-ON
A(L)ボタンを押すと、フォーカスロックだけが行
われます。
A(L)ボタンを押すと、オートフォーカスが作動し
ます。
❚❚ 半押し AE ロック
シャッターボタンを半押ししたときに AE ロックを行うかどうかを設定
できます。
❚❚ 半押し AF レンズ駆動
シャッターボタンを半押ししたときに、ピント合わせをするかどうかを
設定できます。
220 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
フォーカスエイドインジケーター
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
M 以外の撮影モードに切り換えてマニュアルフォーカスで撮影すると
きに、ピントのズレ具合をファインダーで確認できます。
(マニュアルフォーカス)
[する]に設定してフォーカスモードを[MF]
(0 63、75)にすると、ファインダー内の露出インジケーターが、次の
ようなフォーカスエイドインジケーターに切り替わります。
インジケーター
意味
フォーカスポイント内の被写体にピントが合って
います。
被写体の少し前方にピントが合っています。
被写体のかなり前方にピントが合っています。
被写体の少し後方にピントが合っています。
被写体のかなり後方にピントが合っています。
ピントエラー(ピントを合わせられません)
A フォーカスエイドインジケーターについて
• 開放 F 値が F5.6 以上明るいレンズで使えます。
• ライブビュー時には使えません。
• オートフォーカスの苦手な被写体(0 65)では、適切に作動しないことがあ
ります。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 221
AF 設定時のフォーカスリング操作
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
このメニューに対応したレンズを装着したときのみ表示されます。[有
効]の場合は、オートフォーカス時にレンズのフォーカスリングを回す
とマニュアルフォーカスに切り替わります(M/A(マニュアル優先オー
トフォーカスモード))
。
[無効]の場合はフォーカスリングを回しても、
オートフォーカスからマニュアルフォーカスに切り替わりません。
•[有効]を選び、オートフォーカス時にシャッターボタンを半押しし
たままフォーカスリングを手で回転させると、マニュアルフォーカス
でピントを調整できます。いったんシャッターボタンから指を放し、
再度半押しすると、オートフォーカスでピントを合わせます。
222 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
連番モード
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
ファイル名に使われるファイル番号の連番について設定できます。
する
SDカードを交換したり、画像を記録するフォルダーを変更して
も、連番でファイル番号を付けます。複数の SD カードを使って
撮影してもファイル番号が重複しないため、撮影後の画像ファ
イルを管理しやすくなります。
しない
SDカードや画像を記録するフォルダーを変更するたびに、ファ
イル番号が「0001」に戻ります。画像を記録するフォルダー内
にすでに画像ファイルがある場合は、次の番号からファイル番
号が付きます。
• 連番モードを[する]から[しない]に変更しても、カメラ
はファイル番号を記憶しています。次に[する]に切り換え
たときは、以前記憶した番号からの連番でファイル番号が付
きます。
リセット
連番モードを[する]に設定したときのファイル番号をリセッ
トします。リセットした後に撮影を行うと、現在選択中のフォ
ルダーに画像ファイルがない場合は 0001 から連番で画像が記
録されます。すでにファイルがある場合には、そのファイル番
号の次の番号からファイル番号が付きます。
A ファイル番号について
• ファイル番号が 9999 に達したときに撮影を行うと、自動的に新規フォルダー
が作成され、ファイル番号が 0001 番に戻ります。
• フォルダー番号が 999 になると、次のときにカメラが自動的にフォルダーを作
成できないため、撮影ができなくなります。
- フォルダー内のファイル数が 999 個に達したとき
- ファイル番号が 9999 に達したとき
この場合は[連番モード]を[リセット]した後、SD カードを初期化するか
交換してください。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 223
A フォルダーの自動作成について
• 記録フォルダー内に 999 個のファイルが記録された後に撮影すると、SD カード
内に存在する最大フォルダー番号+ 1 という番号のフォルダーを自動的に作成
して、記録フォルダーとしてそのフォルダーを選びます。
• ファイル番号が 9999 となった後に撮影すると、SD カード内に存在する最大
フォルダー番号+ 1 の番号のフォルダーを自動的に作成して、記録フォルダー
としてそのフォルダーを選びます。
記録フォルダー設定
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
記録フォルダーの新規作成や既存フォルダーからの選択を行います。
[フォルダー番号指定]では、フォルダーを新規作成できます。[既存
フォルダーから選択]では、既存フォルダーの一覧から選べます。
❚❚ フォルダー番号指定
記録するフォルダー番号を指定します。フォルダーが存在しない場合は
新しく作成します。
1[フォルダー番号指定]を選ぶ
•[フォルダー番号指定]を選んでマルチセレクターの 2 を押すと、
[フォルダー番号指定]画面が表示されます。
2 フォルダー番号の桁を選ぶ
• 4 または 2 を押して、フォルダー番号の変更したい桁を選びます。
3 フォルダー番号を変更する
• 1 または 3 を押して、フォルダー番号の数値を変更します。
224 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
4 フォルダー番号を設定する
• J ボタンを押すと、新規フォルダーを作成してメニュー画面に戻
ります。
• 次に撮影する画像は、作成した新規フォルダーに保存します。
• 作成済みのフォルダー番号を指定すると、フォルダー番号の左に
フォルダーマーク(W、X、Y)が表示されます。W または X
が表示されたフォルダーを選んで J ボタンを押すと、指定した
フォルダーを記録フォルダーに設定してメニューに戻ります。
• キャンセルしたい場合は、G ボタンを押すとメニューに戻り
ます。
A フォルダーマークについて
[フォルダー番号指定]画面では、フォルダー番号の左に、画像の入っていない
フォルダーのときは W、フォルダー内のファイル数が 999 個またはファイル番
号が 9999 に達しているフォルダーのときは Y、
その他のフォルダーのときは X
のフォルダーマークが表示されます。Y が表示されているフォルダーには、画
像は記録できません。
❚❚ 既存フォルダーから選択
既存のフォルダーから選びます。
1[既存フォルダーから選択]を選ぶ
•[既存フォルダーから選択]を選んでマ
ルチセレクターの 2 を押すと、[既存
フォルダーから選択]画面が表示され
ます。
2 フォルダーを選ぶ
• 1 または 3 を押して、画像を記録するフォルダーを選びます。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 225
3 画像を記録するフォルダーを設定する
• J ボタンを押すと、設定が有効になりメニュー画面に戻ります。
• 次に撮影する画像は、選んだフォルダーに保存します。
A フォルダー番号およびファイル番号についてのご注意
フォルダー番号が 999 になると、次のときにカメラが自動的にフォルダーを作成
できないため、撮影ができなくなります。
• フォルダー内のファイル数が 999 個に達したとき
• ファイル番号が 9999 に達したとき
ただし、次の場合、SD カードにまだ空き容量があれば、さらに撮影を続けられ
ます。
• フォルダー番号が 999 未満で、その内のファイル数が 999 に達していないフォ
ルダーを記録フォルダーとして選んだ場合
• フォルダー番号が 999 未満のフォルダーを新規に作成し、それを記録フォル
ダーとして選んだ場合
A 大容量の SD カードを使用する場合
すでにたくさんのフォルダーや画像が記録されている SD カードを使用する場
合、SD カードを挿入したときや、カメラの電源を ON にしたときなどに行われ
るファイル検索に時間がかかるため、撮影や再生ができるまでに時間がかかる
ことがあります。
226 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
ファイル名設定
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
このカメラで撮影した画像には、自動的に DSC_nnnn.xxx というファイ
ル名が付きます。[ファイル名設定]では、「DSC」の 3 文字を任意に変
更できます。ファイル名の設定方法は、
「入力画面の操作方法について」
をご覧ください(0 217)。
A ファイル名について
•「DSC_nnnn.xxx」の nnnn には撮影順に 0001 〜 9999 までの数字が入ります。
xxx にはファイルの種類によって、次の拡張子が入ります。
- NEF:画質モードが RAW の場合
- JPG:画質モードが FINE/NORMAL/BASIC の場合
- MOV:動画の場合
- NDF:イメージダストオフデータの場合(0 215)
• 撮 影 メ ニ ュ ー の[色 空 間]で[Adobe RGB](0 200)を 選 ん だ 場 合 は
_DSCnnnn.xxx という名称が付きます。
• 同時記録された RAW 画像と JPEG 画像のファイル名は同じですが、拡張子がそ
れぞれ NEF、JPG になります。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 227
位置情報
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
スマートフォンと接続して、位置情報を取得するときの設定を変更でき
ます。
[する]を選ぶと、スマートフォンから取得した位置情報を撮影
した画像に記録します。
スマートフォン • カメラの電源が OFF、または半押しタイマーがオフのときは
から取得
位置情報を取得しません。
• スマートフォンから取得した位置情報は、
取得から 2 時間経過
すると消去されます。
情報表示
スマートフォンと接続したときに取得した情報を表示します。
• 表示される項目は、スマートフォンによって異なります。
• 動画の場合は、動画撮影開始時に取得した情報を表示します。
機内モード
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
[有効]にすると、Bluetooth および Eye-Fi を使った無線通信を OFF にす
ることができます。
228 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
スマートフォンへの自動送信
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
[する]に設定すると、撮影するたびに画像をスマートフォンに自動送
信します。カメラとスマートフォンを無線接続していないときに撮影し
た画像は、送信予約され、接続したときに送信されます。動画は自動送
信されません。
A 画像の送信予約について
• 1000 件の送信予約が可能です。
• 送信予約した画像のレーティング設定を変更する場合は、
[Bluetooth]の[通
信機能]を[無効]にするか[機内モード]を[有効]にして無線通信機能を
OFF にしてください。
Bluetooth
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラとスマートフォンを接続するときの設定、およびペアリング済み
機器の表示を行います。
通信機能
無線通信機能の有効 / 無効を設定します。
ペアリング済み
ペアリングしたスマートフォンを一覧表示します。
機器
電源 OFF 中の
通信
[する]に設定すると、カメラとスマートフォンを Bluetooth 接
続している場合、カメラの電源を OFF にしてもスマートフォン
との通信を継続して画像を送信できます。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 229
Eye-Fi 送信機能
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
このメニューは、市販の Eye-Fi カードをカメラに挿入したときのみ、表
示されます。Eye-Fi 送信機能を使用するときは、あらかじめ[Bluetooth]
(0 229)の[通信機能]、および[機内モード]
(0 228)を[無効]に
設定してください。
有効
カメラで作成した画像を、あらかじめ設定した保存先へ送信します。
無効
Eye-Fi 送信機能を使用しません。
• 電波の状態が悪い場合、[有効]に設定していても送信できないこと
があります。
• 電波の出力が禁止されている場所では、設定を[無効]にしてください。
D Eye-Fi 送信機能が無効のときのご注意
[無効]に設定しているときでも、電波が出力される場合があります。
[無効]に
設定していても g が表示されるときは、カメラが Eye-Fi カードをコントロールで
きていません。カメラの電源を OFF にして Eye-Fi カードを取り出してください。
D 機内モード使用後に Eye-Fi 送信機能を使うときのご注意
[機内モード]
(0 228)を[有効]にすると、
[Eye-Fi 送信機能]は[無効]に
切り替わります。無線通信を再開したときに、Eye-Fi 送信機能を使うには、
[Eye-Fi 送信機能]を再度[有効]にしてください。
230 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
A Eye-Fi カード使用時の表示について
カメラ内の Eye-Fi カードの通信状態は、インフォ
画面の Eye-Fi 通信マークで確認できます。
• d:
[Eye-Fi 送信機能]が[無効]に設定されて
います。
• f(点灯):画像の送信を待っています。
• f(点滅):画像の送信中です。
• e:未送信の画像はありません。
• g:エラーが発生しました。Eye-Fi カードをコントロールできません。
- ファインダー内表示の記録可能コマ数表示部で ( が点滅している場合は、
Eye-Fi カードのファームウェアが最新版になっているか確認してください。
ファームウェアが最新版でもエラーが発生する場合は、新しい Eye-Fi カード
に交換するか、必要な画像をパソコンなどに転送してバックアップした後、
カメラで Eye-Fi カードをフォーマットしてからご使用ください。
- ( が点滅していない場合は、続けて撮影できます。ただし、Eye-Fi 送信機
能の設定を変更できないことがあります。
D Eye-Fi カードを使用するときのご注意
• Eye-Fi カードの使用方法は Eye-Fi カードの使用説明書をご覧ください。カード
に関する不具合は、カードメーカーにお問い合わせください。
• このカメラには Eye-Fi カードの通信機能を ON/OFF する機能がありますが、
Eye-Fi カードの全ての機能を保障するものではありません。
• Eye-Fi カードは、ご購入された国でのみ使用が認められています。使用する国
の法律に従ってお使いください。
• Eye-Fi カードを使う場合は、セットアップメニュー[パワーオフ時間]→[カ
スタマイズ]→[半押しタイマー]を長めに設定してください(0 213)
。
• Eye-Fi カードの販売の有無は地域によって異なりますので、カードメーカーに
お問い合わせください。
• Eye-Fi カードのファームウェアを最新版にバージョンアップしてお使いくだ
さい。
B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定 231
認証マークの表示
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
このカメラが取得している認証マークの一部を表示します。
カードなし時レリーズ
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラに SD カードを入れていないときのレリーズ操作を設定できます。
a
レリーズ禁止
SD カードを入れていないときは、シャッターはきれま
せん。
b
レリーズ許可
SD カードを入れていないときでも、シャッターがきれ
ます。再生時には[デモモード]と表示され、画像は記
録できません。
カメラの初期化
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
セットアップメニュー[言語(Language)
]と[地域と日時]を除く、
すべての設定をリセットして初期設定(0 195、197、205)に戻しま
す。画像コメントや著作権情報など撮影者が入力したデータも初期化さ
れます。初期化した設定は元には戻せないのでご注意ください。
ファームウェアバージョン
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラを制御する「ファームウェア」のバージョンを表示します。
232 B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
N 画像編集メニュー:
撮影した画像に行う編集機能
G ボタンを押してタブの N アイコンを選ぶと、画像編集メニューが
表示されます。
G ボタン
画像編集メニューでは、SD カード内の撮影済み画像を編集することが
できます。編集された画像は、元の画像とは別に、新しい画像として SD
カードに記録されます。画像編集メニューの項目は次の通りです。
• カメラに SD カードが入っていない場合や SD カードに画像が記録され
ていない場合は、画像編集メニューはグレーで表示されて選べません。
メニュー項目
0 RAW 現像
k トリミング
1 リサイズ
i D- ライティング
2 簡単レタッチ
j 赤目補正
e 傾き補正
( ゆがみ補正
r アオリ効果
) 魚眼効果
m フィルター効果
0
236
238
239
241
242
242
243
244
245
246
247
メニュー項目
l
o
q
U
g
u
3
)
f
p
モノトーン
画像合成
塗り絵
フォトイラスト
カラースケッチ
ミニチュア効果
セレクトカラー
絵画調
動画編集
編集前後の画像表示 ※
0
248
249
252
252
253
254
255
257
134
258
※編集前または編集後の画像を 1 コマ表示して P ボタンを押して、
[画像編集]を選
んだときのみ表示されます。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 233
画像編集の操作方法
1 画像編集メニューでメニュー項目を
選ぶ
• マルチセレクターの 1 または 3 でメ
ニュー項目を選び、2 を押します。
2 画像を選ぶ
• マルチセレクターで画像を選び、J ボ
タンを押します。
• X ボタンを押している間は、選択中の画
像が拡大表示されます。
3 画像を編集する
• 画像の編集方法については、各項目の説明をご覧ください。
• 画像編集を途中でやめるには、G ボタンを押してください。
画像編集メニューに戻ります。
4 編集した画像を記録する
• J ボタンを押すと、編集した画像が記
録されます。
• 画像編集した画像には Z が付きます。
ただし、1 コマ表示モードで[画像のみ
表示](0 143)にしている場合は、
Z は表示されません。
A P ボタンを押して画像編集メニューを表示する
1 コマ表示モード(0 140)で静止画を選んでから P ボタンを押して[画像編集]
を選ぶと、画像編集メニューが表示され、選んだ画像を編集できます(
[画像合
成]を除く)。
234 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
D 画像編集についてのご注意
このカメラ以外で撮影または編集した画像やパソコンで編集した画像は、この
カメラでは再生または編集できないことがあります。
A 画質モードについて
• 元 画像 が RAW を含 む画 質 モー ドで 撮影 され た画 像の 場合、[画質 モー ド]
(0 78)が[FINE]の JPEG 画像になります。
• 元画像が JPEG の場合は、元画像と同じ画質モードになります。
• RAW と JPEG を同時に記録した場合(0 78)は、RAW 画像が画像編集の対象
になります。
A 画像サイズについて
• 元画像 が RAW を含む 画質モード で撮影された 画像の場合、[画像 サイズ]
(0 80)が[#]
(サイズ L)の JPEG 画像になります(
[RAW 現像]
、
[トリミ
ング]および[リサイズ]を除く)。
• 元画像が JPEG の場合は、元画像と同じ画像サイズになります([トリミング]
と[リサイズ]を除く)。
D 繰り返し画像編集する場合のご注意
• 画像編集によって作成した画像に、さらに画像編集を行うこともできますが、
画像が粗くなったり、退色したりする場合があります。
• 同じ画像編集を繰り返し行うことはできません([画像合成]、
[動画編集]の
[始点 / 終点の設定]を除く)
。
• 画像編集の組み合わせによっては、繰り返し編集できないものもあります。
• 選択中の画像に使用できない画像編集項目は、画像編集メニューでグレーで表
示されて選べません。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 235
RAW 現像(パソコンを使わずに RAW 画像を
JPEG 画像に変換する)
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
1 画像編集メニュー画面で[RAW現
像]を選ぶ
•[RAW 現像]を選んでマルチセレク
ターの 2 を押すと、RAW 画像がサムネ
イル表示されます。
2 RAW現像する画像を選ぶ
• マルチセレクターで画像を選んで J ボ
タンを押します。
• X ボタンを押している間、選択画像を拡
大表示できます。
3 表示されている各項目をそれぞれ設定する
6
7
8
9
1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
画質モード ................................ 0 78
画像サイズ ................................ 0 80
ホワイトバランス .............. 0 108
露出補正 .................................. 0 101
ピクチャーコントロール
6 高感度ノイズ低減
7 色空間 ....................................... 0 200
8 ヴィネットコントロール
................................................ 0 201
9 D- ライティング .................. 0 241
................................................ 0 119
236 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
4 RAW 現像する
•[現像]を選んで J ボタンを押すと、
JPEG 画像を保存します。
• キャンセルして画像編集メニューに戻る
ときは、G ボタンを押してください。
D RAW 現像についてのご注意
• RAW 現像できる画像は、このカメラで撮影した RAW 画像だけです。機種の異
なるカメラで撮影した RAW 画像や RAW 以外の画質モードで撮影した画像は選
べません。
•[画像合成]で編集した画像の場合、
[ホワイトバランス]と[ヴィネットコン
トロール]を選べません。
• 露出補正で設定できる明るさは目安です。撮影時の露出補正とは効果が異なる
場合があります。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 237
トリミング
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
画像の必要な部分だけを切り抜きます。
編集画面では、トリミング範囲の黄色い枠が
表示され、次の操作ができます。
切り抜く範囲を狭くする
切り抜く範囲を広くする
画像のアスペクト比
(縦横比)を変更する
W(Q)ボタンを押すごとにトリミングで切り抜かれ
る範囲が狭くなります。
X ボタンを押すごとにトリミングで切り抜かれる範囲
が広くなります。
コマンドダイヤルを回すと、アスペクト比を変更でき
ます。
マルチセレクターを押してトリミングで切り抜く範囲
切り抜く範囲を移動する を移動します。マルチセレクターを押し続けると、高
速で移動します。
トリミングを実行して
画像を保存する
J ボタンを押すと、トリミングした画像が記録され
ます。
D トリミングした画像についてのご注意
• トリミング画像は、拡大表示できないことがあります。
• トリミングした画像の画像サイズは編集画面の左上に表示されます。画像サイ
ズは、トリミングする範囲の拡大率とアスペクト比(横:縦)により変わります。
A 関連ページ
拡大表示している部分を切り抜く→「画像を拡大表示する」
(0 151)
238 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
リサイズ
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
サイズの小さい画像を作成します。
❚❚ 複数の画像を選んで同時にリサイズする
G ボタンを押して画像編集メニューを選んだ場合、複数の画像を同時
にリサイズして保存できます。
1 画像編集メニュー画面で[リサイ
ズ]を選ぶ
•[リサイズ]を選んでマルチセレクター
の 2 を押します。
2 画像サイズを設定する
•[画像サイズの設定]を選んで 2 を押し
ます。
• 1 または 3 で画像サイズを選び、J ボ
タンを押します。
3[画像選択]を選ぶ
•[画像選択]を選んで 2 を押すと、画像
の選択画面が表示されます。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 239
4 リサイズしたい画像を選ぶ
• マルチセレクターでリサイズしたい画
像を選びます。
• X ボタンを押している間、選択画像を拡
大表示します。
5 設定する
• W(Q)ボタンを押して設定します。
設定すると、1 が表示されます。もう
一度 W(Q)ボタンを押すと、1 が消
えます。
• リサイズする画像全てに設定したら、
J ボタンを押します。
W(Q)ボタン
6 リサイズした画像を作成する
• 確認画面で[はい]を選んで J ボタンを
押すと、リサイズ画像が保存されます。
D リサイズした画像についてのご注意
リサイズ画像は、拡大表示できないことがあります。
240 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
D- ライティング
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
D- ライティングでは、画像の暗い部分を明るく補正できます。逆光で撮
影したために顔の部分だけが暗くなった画像や、フラッシュの光量不足
で暗くなった画像などに効果的です。
D- ライティング前
D- ライティング後
([ポートレート向き]
がオフ U)
D- ライティング後
([ポートレート向き]
がオン M)
• 編集画面では、D- ライティング効果の適用前と適用後のプレビュー画
像を表示します。
• マルチセレクターの 4 または 2 を押して、効果の度合いを選びます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
❚❚ ポートレート向き
1 〜 3 名のポートレート写真に適しています。
背景の明るさの雰囲気を残したまま人物のみ
を明るくするため、レフ板を使用して撮影し
たときのような効果が得られます。
•[ポートレート向き]を選び、2 を押してオ
ン M にしてください。
A[ポートレート向き]について
• カメラが自動的に認識した人物に対して補正します。
• ポーズや絵柄によっては、望ましい効果が得られない場合があります。そのと
きは、
[ポートレート向き]のチェックボックスをオフ U にしてください。
• 最大 3 人まで補正できます。
• 再生メニュー[縦横位置情報の記録](0 194)を[しない]にして撮影した
画像の場合は、[ポートレート向き]を設定できません。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 241
簡単レタッチ
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
カメラが D- ライティングの機能を使って、画
像の暗い部分を明るく補正したり、コントラス
トと彩度(色の鮮やかさ)を高めたりします。
• マルチセレクターの 4 または 2 を押して、
効果の度合いを選びます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録さ
れます。
赤目補正
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
フラッシュ撮影時の「赤目現象」によって人物の瞳の部分が赤くなって
しまった画像を補正できます。
• フラッシュを発光しないで撮影した画像は選べません。
• カメラが赤目現象を検出できない画像は補正されません。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
D 赤目補正についてのご注意
赤目補正を行う場合は、次のことにご注意ください。
• 画像によっては、望ましい結果が得られないことがあります。
• ごくまれに赤目以外の部分が補正されることがあります。
赤目補正を行う場合は、画像を保存する前に、プレビュー画像で効果をよく確
認してください。
242 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
傾き補正
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
画像の傾きを ±5º の範囲(約 0.25º ステップ)
で補正できます。
• 補正する傾きが大きくなるほど、画像周辺部
は切り取られます。
• マルチセレクターの 4 または 2 を押すと、
傾きを補正できます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 243
ゆがみ補正
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
広角レンズ使用時のたる型のゆがみや、望遠
レンズ使用時の糸巻き型のゆがみを補正でき
ます。
[オート]を選ぶと選択した画像のゆが
みを自動的に判別して補正しますが、好みに
応じて微調整することもできます。
[マニュア
ル]を選ぶと自分でゆがみを補正できます。
•[オート]は E タイプまたは G タイプレンズ(0 278)で撮影した画像
のみ機能します。ただし、フィッシュアイレンズ、その他一部のレン
ズを装着して撮影した画像の場合は機能しません。また、対応レンズ
以外で撮影した画像については、動作を保証しません。
•[自動ゆがみ補正](0 202)を行った画像の場合、
[マニュアル]の
み選べます。
• 補正するゆがみが大きくなるほど、画像周辺部は切り取られます。
• マルチセレクターの 4 を押すと糸巻き型のゆがみを、2 を押すとたる
型のゆがみを補正できます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
244 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
アオリ効果
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
高層ビルを見上げて撮影したときなどに生
じる、遠近感による被写体のゆがみを補正し
ます。
• アオリ効果が大きくなるほど、画像周辺部は
切り取られます。
• マルチセレクターの 1342 でアオリの効
果を調節できます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
アオリ効果処理前
アオリ効果処理後
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 245
魚眼効果
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
フィッシュアイ(魚眼)レンズで撮影したよ
うな画像になります。
• 魚眼効果が大きくなるほど、画像周辺部は切
り取られます。
• マルチセレクターの 4 または 2 を押すと、
効果の度合いを選べます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
246 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
フィルター効果
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
カラーフィルター、クロスフィルター、ソフトフィルターなどをレンズ
に装着して撮影したような画像になります。
スカイ
ライト
ウォーム
トーン
スカイライトフィルターのように、画像の青みを抑える効果があり
ます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
画像を暖色にする効果があります。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
クロスフィルターのように、太陽の反射や街灯などの光源から、放
射状に光の筋が伸びる効果があります。
•[光線の本数]:光線の本数を、3 種
類から選べます。
•[クロスの量]
:クロスフィルターが
かかる光源の量を 3 段階から選べ
クロス
ます。
スクリーン •[光線の傾き]:光線の傾きを 3 段階
から選べます。
•[光線の長さ]:放射状に伸びる光の長さを 3 段階から選べます。
•[確認]
:J ボタンを押すと、現在設定している内容を画像に反映
します。
•[保存]:J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
• X ボタンを押している間、拡大表示をします。
ソフト
ソフトフィルターのように、画像をソフトな雰囲気に仕上げます。
• マルチセレクターの 4 または 2 を
押すと、効果の度合いを選べます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が
記録されます。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 247
モノトーン
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
モノトーンの画像(1 種類の色の明暗のみで構
成される画像)を作成します。
[モノトーン]を選ぶと、色調を選ぶことがで
きます。
白黒
モノクロになります。
セピア
セピア色(褐色)のモノトーンになります。
クール
ブルー系のモノトーンになります。
•[セピア]または[クール]を選んだ場合は、
マルチセレクターで色の濃さを調整できま
す。1 を押すと色が濃くなり、3 を押すと
色が薄くなります。調整した色の濃さはプレ
ビュー画像に反映されます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録さ
れます。
248 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
画像合成
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
SD カードに記録されている RAW 画像 2 コマを重ね合わせて 1 コマの画
像に合成できます。RAW データを使用して合成するため、通常のアプ
リケーションソフトウェアなどで画像を合成する場合と比べ、階調特性
に優れた画像になります。
+
1 画像編集メニュー画面で[画像合
成]を選ぶ
•[画像合成]を選んでマルチセレクター
の 2 を押すと、画像編集画面が表示さ
れ、
[画像 1]欄がハイライト表示され
ます。
2 合成する画像の 1 コマ目を選ぶ
• J ボタンを押すと表示される RAW 画像
のサムネイル一覧から、1 コマ目の画像
を選びます。
• X ボタンを押している間、選択画像を拡
大表示できます。
3 1 コマ目の画像を決定する
• J ボタンを押すと、選んだ画像が 1 コマ
目に設定され、[画像 1]欄にプレビュー
が表示されます。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 249
4 2 コマ目の画像を選ぶ
• 2 を押して[画像 2]を選び、手順 2 〜 4
と同じ手順で 2 コマ目の画像を選びます。
5 ゲインを調節する
• プレビュー欄に[画像 1]と[画像 2]
を合成した画像が表示されます。プレ
ビュー欄で確認しながら、合成画像の
明るさが適正になるように、[画像 1]
または[画像 2]を選んでから 1 また
は 3 を押してゲイン(出力)を設定します。
• ゲインは 0.1 〜 2.0 の範囲で、0.1 ステップで設定できます。
• 各数値は初期設定の 1.0(補正なし)を基準にした比率です。た
とえば 0.5 にするとゲインは約半分になります。
6[プレビュー欄]に移動する
• 4 または 2 を押して、プレビュー欄に
移動します。
• 合成画像を確認せずに画像を保存した
いときは、[保存]を選んで J ボタンを
押してください。
7 合成した画像の構図を確認する
•[合成]を選び、J ボタンを押すと、合
成画像の確認画面が表示されます。
• 設定をやり直したいときは、 W(Q)
ボタンを押してください。手順 5 の画面
に戻ります。
250 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
8 合成した画像を保存する
• もう一度 J ボタンを押すと、合成画像
が保存されます。
D 画像合成についてのご注意
• プレビュー画像と実際の合成画像では、色や明るさなどの見え方が異なる場合
があります。
• 合成できる画像は、このカメラで撮影した RAW 画像だけです。機種の異なる
カメラや RAW 以外の画質モードで撮影した画像は選べません。
• 合成画像の画質モード(0 78)と画像サイズ(0 80)は、カメラで設定して
いる画質モードと画像サイズになります。画像合成を行う前に、これらの設定
をご確認ください。合成した画像をさらに別の RAW 画像と合成したいときは、
画質モードを RAW に設定してください。
• 合成画像のホワイトバランス、ピクチャーコントロール、撮影データ(撮影日
時、測光モード、シャッタースピード、絞り値、撮影モード、露出補正値、焦
点距離、縦横位置情報など)は、[画像 1]で選んだ画像の内容を引き継ぎま
す。ただし、著作権情報は引き継ぎません。また、合成された画像には、画像
合成時にカメラに設定されている画像コメントが添付されます。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 251
塗り絵
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
輪郭を抽出して塗り絵の原画風の画像を作成
できます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録さ
れます。
塗り絵処理前
塗り絵処理後
フォトイラスト
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
輪郭を強調し、色数を減らすことでイラスト
風の画像を作成できます。
• マルチセレクターの 4 を押すと線が細くな
り、2 を押すと太くなります。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録さ
れます。
フォトイラスト処理前
フォトイラスト処理後
252 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
カラースケッチ
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
輪郭を抽出して色をつけることで、スケッチ
風の画像を作成できます。
•[色の濃さ]または[線の濃さ]を選んでマル
チセレクターの 4 または 2 を押すと、効果の
度合いを選べます。[線の濃さ]を濃くする
と、画像全体の色も濃くなります。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 253
ミニチュア効果
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
ミニチュア(模型)を接写したように加工します。ミニチュア効果に
は、高いところから見下ろして撮影した画像が適しています。
•[ミニチュア効果]を選ぶと、黄色い枠(ぼかさない範囲)が表示さ
れます。
効果をかける
方向を変える
W(Q)ボタンを押すと、効果をかける方向を縦と横から選
べます。
横方向に効果をかける場合、マルチ
セレクターの 1 または 3 を押して
枠を動かし、ぼかさないではっきり
と見せる範囲を選びます。
ぼかさない範囲
ぼかさない
範囲を決める
縦方向に効果をかける場合、4 ま
たは 2 を押して枠を動かし、ぼか
さないではっきりと見せる範囲を
選びます。
ぼかさない範囲
効果をかける
幅を変える
ミニチュア効果
を実行して画像
を保存する
横方向に効果をかける場合、4 または 2 で効果をかける幅の
広さを選びます。
縦方向に効果をかける場合、1 または 3 で効果をかける幅の
広さを選びます。
J ボタンを押すと、ミニチュア効果の画像が記録されます。
254 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
セレクトカラー
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
選択した色のみを残し、それ以外の色をモノトーン(白黒)に加工します。
1 画像編集メニュー画面で[セレクト
カラー]を選ぶ
•[セレクトカラー]を選んでマルチセレ
クターの 2 を押します。
2 加工する画像を選ぶ
• マルチセレクターで画像を選んで、J
ボタンを押します。
• X ボタンを押している間、選択画像を拡
大表示できます。
3 残したい色を抽出する
• マルチセレクターで色取得の枠を画像
上の残したい色に重ねます。
• X ボタンを押すと拡大表示され、残し
たい色を細部まで確認できます。
W(Q)ボタンを押すと縮小表示し
ます。
• 残したい色の彩度によっては、抽出し
にくい場合があります。彩度の高い色
A(L)ボタン
色
の抽出をおすすめします。
• A(L)ボタンを押すと、色の枠に抽
出した色が表示されます。
色取得
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 255
4 色の感度の枠を選ぶ
色の感度
• コマンドダイヤルを回して、
色の感度の枠を選びます。
• 抽出した色以外の色は、モ
ノトーンで表示されます。
5 抽出する色の感度を設定する
• 1 または 3 を押して、抽出する色の感
度を[1]〜[7]から設定します。数
値が大きいほど抽出する色の色相が広
くなり、小さいほど狭くなります。
• 色の感度を高く設定しすぎると、選択
した色に近い色相の色も抽出されます。
6 抽出する色を追加する
• コマンドダイヤルを回して、
別の色の枠と感度の枠を選
び、手順 3 〜 5 と同じ手順で
色を抽出し、色の感度を設
定します。
• 最大 3 色まで設定できます。
• 抽出した色の枠を選んで O ボタンを押すと、抽出した色をリセッ
トします。
• 抽出した全ての色を削除したい場合は、O ボタンを押し続けま
す。確認画面で[はい]を選んで J ボタンを押すと、全ての色
をリセットします。
256 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
7 決定する
• J ボタンを押すと、セレクトカラー画
像が保存され、1 コマ表示になります。
絵画調
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
絵画のように色彩やディテールが強調された
仕上がりになります。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録さ
れます。
絵画調処理前
絵画調処理後
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 257
編集前後の画像表示
画像編集を行った画像を、元画像と並べて表示して、画像編集の効果を
確認できます。このメニュー項目は、編集元または編集後の画像を 1 コ
マ表示してから P ボタンを押して、
[画像編集]を選んだときのみ表示
されます。
❚❚ 編集前後の画像表示方法
1 1 コマ表示モードで画像を選ぶ
• 画像編集で作成した画像(Z が表示さ
れている画像)または画像編集の元画
像を選びます。
2[画像編集]を選ぶ
• P ボタンを押し、[画像編集]を選んで
マルチセレクターの 2 を押します。
P ボタン
258 N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
3[編集前後の画像表示]を選ぶ
•[編集前後の画像表示]を選んで J ボタ
ンを押すと、
[編集前後の画像表示]画
面を表示します。
4 編集前と編集後の画像を比較する
画像編集の内容
• 編集前の画像を左側、編集後の画像を
右側に表示します。
• 画像編集の内容は、2 つの画像の上に表
示されます。
• 4 または 2 で、編集前 / 編集後の画像を
切り換えられます。
• 画像合成の元画像の場合、1 または 3
編集前の
画像
編集後の
画像
で 2 枚の元画像を切り換えられます。
• 1 枚の元画像から複数の画像編集を行った場合、1 または 3 で編
集後の画像を切り換えられます。
• X ボタンを押している間、選択中の画像を拡大表示します。
• J ボタンを押すと、黄色の枠で選択中の画像を 1 コマ表示モード
で再生します。
• K ボタンを押すと、再生画面に戻ります。
D 編集前後の画像表示についてのご注意
編集時の元画像にプロテクト(0 154)が設定されている場合や、元画像を削
除した場合、編集前の画像は表示されません。
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 259
m 最近設定した項目:
最近設定したメニューをたどる
G ボタンを押してタブの m アイコンを選ぶと、[最近設定した項目]
画面が表示されます。
G ボタン
最後に設定したメニュー項目から順番に最
新の 20 項目が自動的に表示されます。マル
チセレクターで設定したいメニュー項目を
選んで 2 を押すと、選択した項目の設定画
面が表示されます。
A 最近設定した項目を削除するには
[最近設定した項目]画面で削除したい項目を選んで O ボタンを押すと、確認画
面が表示されます。もう一度 O ボタンを押すと、選択した項目を削除します。
260 m 最近設定した項目:最近設定したメニューをたどる
困ったときは
カメラの動作がおかしいときは、次の手順を行うことで問題が解決する
場合があります。ご購入店やニコンサービス機関にお問い合わせになる
前にお試しください。
STEP
1
262 〜 276 ページの項目を確認して、カメラを点検する。
次のページで対処方法が確認できます。
• 故障かな?と思ったら(0 262)
• 警告メッセージ(0 270)
電源を OFF にしてバッテリーを取り出し、約 1 分後に再度バッテリー
を入れてカメラの電源を ON にする。
STEP
2
D
撮影直後は SD カードに画像の記録を行っている場合があり
ます。バッテリーを取り出すまで、撮影後は 1 分以上お待ち
ください。
ニコンのホームページを確認する。
• サポートサイトの Q&A などで解決方法を探すことができます。
STEP
3
http://www.nikon-image.com/support/
• ニコンダウンロードセンターで、カメラの最新のファームウェアを
確認してください。
http://downloadcenter.nikonimglib.com/
STEP
4
ニコンサービス機関に問い合わせる。
A カメラの初期化について
• 機能の組み合わせによって、使用したい機能(メニュー項目)が設定できない
場合があります。使用したいメニュー項目がグレーアウトしているときなどに
セットアップメニュー[カメラの初期化]
(0 232)を実行すると、メニュー
が選べるようになることがあります。
• カメラを初期化すると、無線接続設定や著作権情報などの撮影者が入力した
データも初期化されます。初期化した設定は元に戻せないのでご注意ください。
困ったときは
261
故障かな?と思ったら
次のような症状が発生した場合の対処法については、こちらをご覧くだ
さい。
電源・表示関連
● 電源 ON の状態で、カメラの操作ができない
• 画像や動画の記録などの処理が終わるまでお待ちください。
• 操作できない状態が続くときは、電源を OFF にする操作をしてください。
• 電源が OFF にならない場合は、バッテリーを入れ直してください。
• AC アダプター使用時は付け直してください。
- 記録中であったデータは保存されません。
- 保存済みのデータはバッテリーや AC アダプターの取り外しでは失われま
せん。
● カメラの電源が OFF になるのに時間がかかる
撮像素子のチェックを行っています。カメラの電源が完全に OFF になるまで、
バッテリーや AC アダプターを取り外さないでください。
● ファインダー内がはっきり見えない
• フ ァ イ ン ダ ー 内 の 見 え 方 は、視 度 調 節 ダ イ ヤ ル を 回 し て 調 節 で き ま す
(0 20)。
• 視度調節しても被写体がはっきり見えない場合は、フォーカスモード(0 63)
を[AF-S]、AF エリアモード(0 67)を[c]
(シングルポイント AF)に
設定します。次に、中央のフォーカスポイントを選んで、コントラストの高
い被写体にオートフォーカスでピントを合わせます。その状態で被写体が最
もはっきり見えるように調節してください。
• 視度調節ダイヤルの範囲を超える補正が必要な場合は、別売の接眼補助レン
ズをお使いになることをおすすめします(0 293)
。
● ファインダー内や画像モニターの表示が、すぐに消えてしまう
セットアップメニュー[パワーオフ時間]で、表示が消えるまでの時間を設定
できます(0 213)。
● インフォ画面が表示されない
• シャッターボタンの半押し中はインフォ画面は表示されません。
• シャッターボタンを半押しして指を放してください。それでもインフォ画面
が表示されない場合は:
- セットアップメニューの[インフォ画面の自動表示]が[しない]になっ
ています(0 213)。
- バッテリー残量がありません(0 12、25)。
262 困ったときは
● ファインダー内の表示が薄い、表示が遅い
低温や高温のときは表示の濃度が変わったり、応答速度が遅くなることがあり
ます。
● ファインダー内に模様が見える
液晶の特性上、フォーカスポイントを照明するときにファインダー内が赤くな
ることがありますが、故障ではありません。
撮影関連(全撮影モード共通)
● 電源を ON にしてから、撮影できる状態になるまでに時間がかかる
SD カード内にフォルダーや画像が大量にあるときは、ファイル検索のため時
間がかかる場合があります。
● シャッターがきれない
• 残量のある SD カードが入っていますか?(0 14、25、272)
• SD カードがロックされていませんか?(0 271)
• 内蔵フラッシュの充電中はシャッターがきれません(0 32)
。
• ピント表示(●)は点灯していますか?(0 29)
• E タイプまたは G タイプ以外のレンズが装着されていませんか?
E タイプま
たは G タイプ以外のレンズは撮影モード M 以外ではお使いになれません
(0 278)。
• セットアップメニュー[カードなし時レリーズ]が[レリーズ禁止]になっ
ていませんか?(0 232)
● 連続撮影できない
内蔵フラッシュが発光する場合は、連続撮影できません(0 59)
。
● ファインダーで見た視野と、撮影される画像の範囲が違う
このカメラのファインダー視野率は上下左右とも約 95% です。このため、ファ
インダーで見た視野よりも、やや広い範囲が撮影されます(0 311)
。
● ピントが合わない
• オートフォーカス可能なレンズ(0 278)以外のレンズを装着した場合、オー
トフォーカス撮影はできません。
• 次のような被写体では、オートフォーカスではピントが合わせづらい場合が
あります。マニュアルフォーカス、フォーカスロックを利用して撮影してく
ださい(0 72、75)。
- 明暗差がはっきりしない / 遠くのものと近くのものが混在する / 連続した繰
り返しパターン/ 輝度差が著しく異なる/ 背景に対して主要被写体が小さい/
絵柄が細かい
(マニュアルフォーカス)になっていませんか?
• フォーカスモードが[MF]
(0 63)
困ったときは
263
● シャッターボタンを半押ししても、フォーカスロックされない
ファインダー撮影時の[フォーカスモード]が[AF-C]のとき、または[AF-A]
で自動的に AF-C が選ばれたときは、A(L)ボタンでフォーカスをロック
してください(0 63、72)。
● フォーカスポイントを選べない
•[AF エリアモード]が[e]
(オートエリア AF)のときは、選べません(0 67)
。
•[AF エリアモード]を[顔認識 AF]にしてライブビュー撮影を行っている場
合は、選べません(0 68)。
• 画像の再生時またはメニューの操作時には、フォーカスポイントを選べませ
ん(0 21、140)。
• 半押しタイマーがオフになっていませんか?フォーカスポイントを選ぶに
は、シャッターボタンを半押しして半押しタイマーをオンにしてください
(0 33)。
AF エリアモードを変更できない
フォーカスモードが[MF]
(マニュアルフォーカス)になっていませんか?
(0 63)
● AF 補助光ランプが光らない
• 次の場合、AF 補助光を照射しません。
- ファインダー撮影時の[フォーカスモード]が[AF-C]または[AF-A]で
自動的に AF-C が選ばれたとき(0 63)
- ライブビュー時
-[e](オートエリア AF)以外の[AF エリアモード]で中央以外のフォー
●
カスポイントが選択された場合
• 撮影メニュー[内蔵 AF 補助光の照射設定]が[しない]になっていません
か?(0 202)
• AF 補助光ランプを連続して使うと、保護機能が働いて一時的に照射が制限さ
れます。少し時間をおくと再び照射するようになります。また、短時間に何
回も使うと、AF 補助光ランプが熱くなることがあるのでご注意ください。
● 画像サイズを変更できない
[画質モード]が[RAW]のときは、画像サイズを変更できません(0 79)
。
● 画像の記録に時間がかかる
• 連続撮影が終了しても、SD カードの性能や撮影条件によっては、最大で 1 分
間程度、SD カードアクセスランプが点灯し続ける場合があります。
• 撮影メニュー[ノイズ低減]が[する]になっていませんか?(0 200)
264 困ったときは
● 画像にノイズ(ざらつき、むら、すじ、輝点)が発生する
• ISO 感度を低く設定して撮影すると、ざらつき、むら、すじ、輝点を低減で
きます(0 198)。
• シャッタースピードが 1 秒より低速な場合は、撮影メニュー[ノイズ低減]を
[する]にして撮影すると、むら、輝点を低減できます(0 200)。
• 高温となる場所での撮影や長時間露出撮影などでカメラが熱くなっている場
合は、むら、輝点が強調されることがあります。カメラの電源を OFF にして
カメラ内部の温度が下がるまで涼しいところにしばらく置いてから撮影する
と、むら、輝点を低減できます。
• 一部のスピードライトを使用したときに ISO 感度を高く設定して撮影すると、す
じが発生することがあります。この場合、ISO 感度を下げて撮影してください。
• 次の場合、撮影メニューの[ノイズ低減]を[する]に設定すると、ざらつ
きを低減できます(0 200)。
- ISO 感度を高く設定している場合
-[感度自動制御]を[する]にして ISO 感度が高くなった場合
• 次の条件で撮影する場合、ISO 感度を高く設定しているとざらつき、むら、す
じ、輝点が強調されることがあります。
- アクティブ D- ライティングを[する](0 106)に設定して撮影する場合
(0 119)を選んで撮影する場合
-[ピクチャーコントロール]で[フラット]
- ピクチャーコントロール調整で調整する値が大きい場合(0 121)
- 長時間露出撮影する場合(0 94)
- 高温となる場所で撮影する場合
• 撮影モード % で暗い被写体を撮影する場合、ざらつき、むら、すじが強調さ
れることがあります。
● 電子音が鳴らない
• セットアップメニュー[電子音設定]が[電子音なし]になっていませんか?(0 219)
• レリーズモードが[J](静音撮影)になっていませんか?(0 60)
• ファインダー撮影時のフォーカスモードが[AF-C]のとき、または[AF-A]
で自動的に AF-C が選ばれたとき、[MF](マニュアルフォーカス)のときは
電子音は鳴りません(0 63)
。
• 動画撮影中は電子音は鳴りません(0 124)
。
● 画像にゴミが写り込む
• レンズの前面または背面(マウント側)が汚れていませんか?
• 撮像素子前面にゴミが付着していませんか?「撮像素子前面をブロアーで掃
除する」
(0 301)をご覧いただくか、ニコンサービス機関にご相談ください。
● 日付写し込みができない
RAW を含む画質モードに設定されていませんか?(0 78、209)
困ったときは
265
● 動画に音声が録音されない
撮影メニュー[動画の設定]の[録音設定]が[録音しない]になっていませ
んか?(0 130)
● ライブビューが開始されなかったり、自動的に終了する
• 次のような場合は、高温によるカメラへの損傷を抑えるために、ライブビュー
の開始を制限したり自動的に終了したりすることがあります。
- 撮影時の気温が高い場合
- ライブビュー撮影や動画撮影を長時間行った場合
- 連続撮影を行った直後など
• カメラが熱くなってライブビューを開始できない場合は、カメラ内部の温度
が下がるまでライブビューを一時休止してください。このとき、カメラボ
ディー表面が熱くなることがありますが故障ではありません。
● ライブビューで画面にノイズ(ざらつき、むら、すじ、輝点)が発生する
• ライブビューで長時間カメラを使用すると、カメラ内部の温度が上昇するこ
とがあるため、ざらつき、むら、輝点が発生する場合があります。撮影時以
外は、ライブビューを終了してください。
• ライブビュー時、X ボタンで画面を拡大すると(0 33)、ざらつき、むら、
すじや色の変化が発生しやすくなります。
• 撮影メニューの[動画の設定]の[画像サイズ
/ フレームレート]の設定に
よっては(0 129)、撮影した動画のざらつき、むら、輝点の見え方が異なり
ます。
● ライブビュー時に画面にちらつきや横縞が生じる
セットアップメニュー[フリッカー低減]の設定を、カメラをお使いになる地
域の電源周波数に合わせてください(0 219)
。
● ライブビューで横帯状の明るい部分が生じる
撮影している周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光されたり、イルミ
ネーションなどの点滅する光源がある場合には、画面の一部が明るくなった
り、明るい横帯が発生することがあります。
● 選択または設定できないメニュー項目がある
撮影モードによっては、設定できない機能があります。この場合、その項目は
選べません(0 309)。
266 困ったときは
撮影関連(撮影モード P、S、A、M)
● シャッターがきれない
• E タイプまたは G タイプ以外のレンズが装着されていませんか?
E タイプま
たは G タイプ以外のレンズは撮影モード M 以外ではお使いになれません
(0 278)。
• 撮影モード M でシャッタースピードを Bulb または Time に設定し、
そのまま撮
影モードを S に変更した場合は、シャッタースピードを再設定してから撮影
してください(0 90)。
● 設定できるシャッタースピードの範囲が狭い
• フラッシュ撮影時は、シャッタースピードが制限されます(0 85)
。
• 撮影メニュー[動画の設定]の[動画のマニュアル設定]が[する]のとき
は、フレームレートによってシャッタースピードは制限されます(0 130)
。
● 設定したい絞り値が選べない
• 設定できる最小絞り、開放絞りはレンズによって異なります。
● 画像の色合いがおかしい
• ホワイトバランスは正しく設定されていますか?(0 108)
• ピクチャーコントロールは正しく設定されていますか?(0 119)
● ホワイトバランスのプリセットマニュアルのデータが取得できない
被写体が明るすぎるか、暗すぎます(0 113)
。
● ホワイトバランスのプリセットマニュアルのデータとして設定できない画像
がある
この機種以外のカメラで撮影した画像は、プリセットマニュアルデータとして
設定することはできません(0 117)。
●[ピクチャーコントロール]の効果が安定しない
[ピクチャーコントロール]の調整画面で、
[輪郭強調]
、
[明瞭度]
、
[コントラ
スト]
、
[色の濃さ(彩度)]のいずれかが[A]
(オート)に設定されています。
ピクチャーコントロールの効果を一定にするには、これらの項目を[A]
(オー
ト)以外に設定してください(0 122)
。
● 測光モードが変更できない
AE ロック中は測光モードを変更できません(0 99)。
● 露出補正ができない
撮影モードが M の場合、露出補正を行っても、露出インジケーターの基準値が
変わるだけで、シャッタースピードと絞り値は変化しません(0 103)。
困ったときは
267
● 画像の一部が赤っぽくなる
シャッタースピードを Bulb(バルブ)または Time(タイム)にした場合など、
長時間露出で撮影すると、画像の一部が赤っぽくなることがあります。この現
象は、撮影メニュー[ノイズ低減]を[する]に設定することで低減できます
(0 200)。
● 画像にむらが出る
シャッタースピードを Bulb(バルブ)または Time(タイム)にした場合など、
長時間露出で撮影すると、画像の一部にむらが出ることがあります。この現象
は、撮影メニュー[ノイズ低減]を[する]に設定することで低減できます
(0 200)。
再生関連
●
RAW 画像が表示されない
[画質モード]を[RAW + FINE]にして撮影した画像は、JPEG 画像しか再生
されません(0 78)。
● 他のカメラで撮影した画像が表示されない
この機種以外のカメラで撮影した画像は、正常に表示されないことがあります。
● 全ての画像が表示されない
再生メニュー[再生フォルダー設定]を[全てのフォルダー]にしてください
(0 193)。
● 画像の縦位置・横位置が正しく表示されない
• 再生メニュー[縦位置自動回転]が[しない]になっていませんか?(0 194)
• 再生メニュー[縦横位置情報の記録]が[しない]になっていませんか?
(0 194)
• 撮影直後の画像確認時は、自動回転しません(0 194)
。
• カメラを上向き・下向きにして撮影すると、縦横位置情報が正しく得られな
い場合があります(0 194)。
● 画像を削除できない
• SD カードがロックされていませんか?(0 271)
• 画像にプロテクトが設定されていませんか?(0 154)
● 画像が編集できない
このカメラでは編集できない画像です(0 235)
。
●
RAW 画像をプリントできない
• 画像編集メニューの[RAW 現像]などで RAW 画像から JPEG 画像を作成して
からプリントしてください(0 236)
。
• RAW 画像はパソコンに転送してから、Capture NX-D などのソフトウェアを
使ってプリントしてください(0 180、181)
。
268 困ったときは
● 画像が HDMI 機器で再生できない
●
HDMI ケーブルが正しく接続されているか確認してください(0 189)。
HDMI-CEC 対応機器のリモコンから制御できない
• セットアップメニューの[HDMI]の[機器制御]が[する]になっている
か確認してください(0 190)
。
• テレビ側の HDMI-CEC の設定については、テレビの使用説明書などをご覧く
ださい。
● 画像をパソコンに転送できない
お使いのパソコンの OS によっては、カメラをパソコンに接続して画像を転送
できないことがあります。カードリーダーなどの機器を使って、SD カードの
画像をパソコンに保存してください。
●[ピクチャーコントロール]、[アクティブ D- ライティング]
、[ヴィネットコ
ントロール]の効果がパソコンで確認できない
RAW 画像で記録した場合、当社製ソフトウェア以外では機能しません。RAW
画像の現像は Capture NX-D をお使いください(0 180)。
Bluetooth 関連
● カメラの電源を OFF にしても SD カードアクセスランプが点滅する
カメラの電源が OFF になっていてもカメラからスマートフォンへ画像が送信
されている間は、SD カードアクセスランプ(0 3)が点滅します。故障では
ありません。
● プリンターなどの無線通信機器と接続できない
このカメラは、SnapBridge がインストールされたスマートフォン以外の機器
とは無線接続できません。
その他
● 撮影日時が正しく表示されない
カメラの内蔵時計は合っていますか?カメラの内蔵時計は腕時計などの一般
的な時計ほど精度は高くないため、定期的に日時設定を行うことをおすすめし
ます(0 19、211)。
● 表示されているメニュー項目が選択できない
• SD カードをカメラに挿入していないときは、選択できない項目があります
(0 14、233)。
• 一部のメニュー項目は、カメラの設定状況によって選択できない場合があり
ます(0 24、309)。
困ったときは
269
警告メッセージ
画像モニターとファインダーに表示される警告メッセージの意味は次
の通りです。
A 警告表示について
画像モニターに d、またはファインダー内に s が点滅している場合に W(Q)
ボタンを押すと、警告の内容を確認することができます。
こんなとき
画像モニター
対処方法
ファインダー
内表示
• レンズを装着してください(0 16)。
レンズ未装着
撮影するには
ズームリングを
回してレンズを
繰り出して
F/s
(点滅)
F
(点滅)
•
E タイプまたは G タイプ以外のレンズを装
着しているときは、撮影モード M で撮影し
てください(0 278)。
レンズが収納されています。ズームリングボ
タンを押しながらズームリングを回して、
ロックを解除してください(0 17)。
ください。
撮影できません。
バッテリーを交換し
てください。
残量のあるバッテリーに交換してください
d/s
(点滅) (0 12)
。
お使いのバッテリー
と正しく通信ができ
ないためカメラの
動作を停止します。
安全にお使いいた
だくために専用
バッテリーと交換
してください。
270 困ったときは
d
(点滅)
専用バッテリーに交換してください(0 293)。
こんなとき
画像モニター
ファインダー
内表示
対処方法
起動エラーが発生し
ました。復旧には電
源スイッチを OFF に
して再度 ON にして
電源を一度 OFF にしてから、バッテリーを入
れ直し、もう一度電源を ON にしてください
(点滅)
(0 14、19)
。
d/k
ください。
バッテリーが残り少
なくなりました。た
だちに作業を
終了し、電源
スイッチを OFF にし
—
クリーニングを中止し、電源を OFF にしてく
ださい(0 303)
。
てください。
日時未設定
s
(点滅)
メモリーカード
S/s
未挿入
(点滅)
メモリーカードが
書き込み禁止になっ
ています。
Eye-Fi カードは
書き込み禁止の
状態では使用できま
せん。
(
(点滅)
(/k
(点滅)
日時を設定してください(0 19、211)
。
SD カードを正しく入れてください(0 14)。
SD カードのロックを解除してください。
Eye-Fi カードのロックを解除してください。
困ったときは
271
こんなとき
画像モニター
対処方法
ファインダー
内表示
• このカメラで使用できる
SD カードである
か ど う か を 確 認 し て く だ さ い(0 14、
•
297)。
。
SDカードを初期化し直してください(0 208)
状況が改善しない場合は、SD カードが壊れ
ている可能性があります。ニコンサービス
機関にご相談ください(0 348)
。
メモリーカードに
アクセスできません。
(/k
カードを交換して
(点滅)
ください。
• 新規フォルダー作成時にこのメッセージが
表示された場合は、不要な画像を削除して
。
ください(0 159)
• 新 し い SD カ ー ド に 交 換 し て く だ さ い
(0 14、297)
。
• セットアップメニューの[Eye-Fi 送信機
能]を[無効]にしても、電波が出力され
る場合があります(0 230)
。カメラの電源
を OFF にしてから Eye-Fi カードを取り出
し、SD カードに交換してください。
このメモリー
カードは初期化
(フォーマット)
されていません。
フォーマットして
T
• SD カードをカメラで初期化してください
。
(0 208)
(点滅)
• 電源を OFF にしてから、正しく初期化され
た SD カードに交換してください(0 14)
。
ください。
•
メモリーカード
j/A/s
空き容量不足
(点滅)
SD カードに記録されている画像を削除し
て、SD カードに画像ファイルが保存可能な
状態にしてください。必要な画像はパソコ
ンなどに転送してバックアップしてくださ
い(0 159、181)
。
• 新 し い SD カ ー ド に 交 換 し て く だ さ い
(0 14)
。
—
272 困ったときは
●
(点滅)
構図を変えるか、マニュアル(手動)でピン
トを合わせてください(0 65、72、75)
。
こんなとき
画像モニター
対処方法
ファインダー
内表示
•
ISO 感度を低くしてください(0 87)。
• シャッタースピードをより高速側にセット
。
してください(0 90、92)
被写体が
s
明るすぎます
(点滅)
• 絞りを絞り込んで(より大きい数値にして)
。
ください(0 91、92)
• 市販の ND(光量調節用)フィルターをお使
いください(0 293)
。
•
% の場合は、撮影モードを切り換えてくだ
さい(0 5)
。
•
ISO 感度を高くしてください(0 87)。
。
• フラッシュをお使いください(0 81)
被写体が
暗すぎます
s
(点滅)
• シャッタースピードをより低速側にセット
してください(0 90、92)
。
• 絞りを開いて(より小さい数値にして)く
ださい(0 91、92)
。
S モード時 Bulb
A/s
制御不可
(点滅)
S モード時 Time
& /s
制御不可
(点滅)
• シャッタースピードを変えてください
(0 90)。
• 撮影モード Mで撮影してください(0 92)
。
フラッシュがフル発光しました。撮影に必要
—
M
(点滅)
な光量が不足している可能性があります。撮
影距離、絞り、フラッシュ調光範囲、ISO 感
度などをご確認ください。
困ったときは
273
こんなとき
画像モニター
対処方法
ファインダー
内表示
。
• フラッシュをお使いください(0 81)
• 撮影距離、絞り値、調光範囲、ISO 感度な
。
どを確認してください(0 86、87、91 )
• 別売スピードライト SB-400 または SB-300
を お 使 い の 場 合 に、装 着 し た SB-400、
SB-300 の位置がバウンス位置になってい
ると、この警告表示になります。バウンス
—
M/s
(点滅)
で撮影するときは、そのまま撮影を続けて
ください。
• レ ン ズ の 焦 点 距 離 が 18mm よ り 広 角 に
なっています。焦点距離を 18mm 以上にし
てください。
• 別売スピードライト SB-400 または SB-300
をお使いの場合に、レンズの焦点距離が短
すぎると、この警告表示になり、画像の周
辺が暗くなることを警告します。この場合、
レンズの焦点距離を長くしてください。
何らかの異常を
検出しました。
復旧には
シャッターボタンを
もう一度
O
(点滅)
もう一度シャッターボタンを押してくださ
い。警告表示が解除されない場合や、頻繁に
警告が表示される場合は、ニコンサービス機
関にご相談ください(0 348)
。
押してください。
起動エラーが
発生しました。
サービス機関に
お問い合わせ
ください。
測光機能エラー
274 困ったときは
ニコンサービス機関にご相談ください
O
(点滅) (0 348)
。
ニコンサービス機関にご相談ください
O
(点滅) (0 348)
。
こんなとき
画像モニター
対処方法
ファインダー
内表示
ライブビューを
開始できません。
カメラ内部の温度が
下がるまで
—
カ メ ラ 内 部 の 温 度 が 下 が る ま で、ラ イ ブ
ビューを一時休止してください(0 10)。
しばらくお待ち
ください。
• 画像が記録されている SD カードを入れて
撮影画像が
ありません。
ください(0 14)
。
—
• 再生メニューの[再生フォルダー設定]で、
表示可能な画像があるフォルダーを選んで
ください(0 193)。
• アプリケーションソフトで編集された画像
このファイルは
表示できません。
この動画は
編集できません。
このファイルは
選択できません。
処理できる画像が
ありません。
カメラの温度が
下がるまで通信
機能は使えません。
やDCF規格外の画像ファイルのため再生で
—
きません。
• 画像ファイルに異常があるため再生できま
せん。
—
• このカメラで撮影した動画しか編集できま
せん。
• 2 秒未満の動画は編集できません(0 137)
。
—
—
—
このカメラで撮影または編集した画像しか
画像編集できません(0 235)
。
[RAW 現像]で画像編集できるのは RAW 画
像だけです(0 236)
。
カメラの電源を OFF にして、カメラ内部の温
度が下がるまでしばらく待ってから接続を
やり直してください。
困ったときは
275
こんなとき
画像モニター
プリンターの
状態を確認して
対処方法
ファインダー
内表示
インク交換してください。インクに残量があ
—
ください。※
る場合は、プリンターの状態を確認してくだ
さい。
指定したサイズの用紙がセットされていま
用紙を確認して
ください。※
—
せん。指定したサイズの用紙をセットした
後、
[継続]を選んで J ボタンを押して、プ
リントを再開してください。
紙詰まりです。※
—
用紙が詰まりました。詰まった用紙を取り除
いた後、
[継続]を選んで J ボタンを押して、
プリントを再開してください。
用紙が
ありません。※
—
用紙がセットされていません。指定したサイ
ズの用紙をセットした後、[継続]を選んで
J ボタンを押して、プリントを再開してくだ
さい。
インクを確認して
ください。※
インクが
ありません。※
—
インクに異常があります。インクを確認した
後、
[継続]を選んで J ボタンを押して、プ
リントを再開してください。
—
インクがなくなりました。インクを交換した
後、
[継続]を選んで J ボタンを押して、プ
リントを再開してください。
※プリンターの使用説明書も併せてご覧ください。
276 困ったときは
資料
このカメラで使えるアクセサリーやカメラの主な仕様など、カメラを使
うときに役立つ情報を記載しています。
使用できるレンズ
このカメラで使用できる CPU レンズとレンズの仕様によるファイン
ダー撮影時の制限は次の通りです。レンズのタイプについては、「CPU
レンズ、G タイプレンズ、E タイプレンズ、D タイプレンズの確認方法に
ついて」(0 278)をご覧ください。
モード
フォーカスモード
AF
レンズ※1
(オート
フォーカス)
撮影モード
MF
フォーカス
(マニュアル
エイド
フォーカス)
M
M
以外
測光モード
L
M/N
E タイプのレンズ
○
○
○
○
○
○
○ ※2
G タイプのAF-S レンズ、
AF-P レンズ
○
○
○
○
○
○
○ ※2
G タイプの AF レンズ
×
○
○
○
○
○
○ ※2
D タイプレンズ
×
○
○
○ ※3
×
×
×
×
○ ※6
○
○
○
○
○ ※2
PC マイクロ 85mm
f/2.8D※7
×
○ ※6
○
○ ※3
×
○
○ ※2
G タイプ、D タイプ
以外の AF レンズ
(F3AF 用を除く)
×
○ ※8
○
○ ※3
×
×
×
×
○ ※9
○
○ ※3
×
×
×
PC-E NIKKOR
シリーズ ※4、5
AI-P ニッコール
※1 AF-S テレコンバーター装着時は、合成絞り値が F5.6 以上明るい場合。
※2 フォーカスポイントの選択によりスポット測光エリアの移動が可能(0 97)
。
※3 露出インジケーターは使用不可。
※4 PC-E
NIKKOR 24mm f/3.5D ED を装着してレボルビング操作をすると、レン
ズのシフトノブがカメラボディーに接触する場合があります。
※5 アオリ操作をしているときは適正露出になりません。
資料
277
※6 アオリ操作をしていない場合のみ可能。
※7 アオリ操作をしているとき、または開放絞り以外のときは適正露出になりません。
※8 AF80–200mm f/2.8S、AF35–70mm f/2.8S、AF28–85mm f/3.5–4.5S(New)
、
AF28–85mm f/3.5–4.5S レンズを使用し、ズームの望遠側かつ至近距離で撮影
した場合、ファインダースクリーンのマット面の像とフォーカスエイドのピン
ト表示が合致しない場合があります。このような場合は、ファインダースク
リーンのマット面を利用してピントを合わせて撮影してください。
※9 開放 F 値が F5.6 以上明るいレンズのみ使用可能。
A オートフォーカス可能なレンズについて
• このカメラでオートフォーカスでピントを合わせるには、E タイプ /G タイプの
AF-S、または AF-P レンズが必要です。AF-S、AF-P は、レンズ名の次の部分に
明示されています。
AF-P DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
レンズ名のこの部分が AF-S または AF-P であることをご確認ください。
• E タイプ /G タイプの AF-S、または AF-P レンズ以外のオートフォーカス(AF)レ
ンズを装着しても、このカメラではオートフォーカス撮影できません。
A CPU レンズ、G タイプレンズ、E タイプレンズ、D タイプレンズの
確認方法について
CPU レンズには CPU 信号接点があります。G タイプレンズには「G」マークが、
E タイプレンズには「E」マークが、D タイプレンズには「D」マークが付いてい
ます。G タイプレンズと E タイプレンズには、絞りリングがありません。
CPU 信号接点
CPU レンズ
絞りリング
G タイプレンズ /
E タイプレンズ
D タイプレンズ
D 使用できない CPU レンズ
IX ニッコールレンズは装着できません。無理に装着しようとすると、カメラや
レンズを破損しますのでご注意ください。
278 資料
D 高感度で動画撮影を行う場合のご注意
オートフォーカスの作動中にノイズ(すじ)が発生することがあります。この
場合は、マニュアルフォーカスまたはフォーカスロックを利用して撮影してく
ださい。
D D タイプレンズについてのご注意
• D タイプレンズ装着時は、撮影モード M で撮影してください。M 以外の撮影モー
ドでは、シャッターがきれません。
• 絞り値の設定や確認はレンズの絞りリングで行ってください。
• カメラの露出計は使えません。
• 測光モードは設定できません。
• i-TTL モードでのフラッシュ撮影などの機能は使えません。
A レンズの画角と焦点距離について
D3500 ではさまざまなニコン一眼レフカメラ用レンズが使えます。ただし、こ
れらのレンズを D3500 に装着したときの画角は、レンズに表記されている焦点
距離の 1.5 倍のレンズに相当する画角になります。これは 35mm 判カメラの撮影
画面サイズ(36×24mm)に対して、D3500 の撮影画面(23.5×15.6mm)が小
さいためです。
例:D3500 に 24mm のレンズを装着した場合の画角は、35mm 判カメラ換算で
おおよそ 36mm の焦点距離となります。
2
3
1
4
6 5
1
2
3
4
5
6
レンズ
35mm 判撮影画面サイズ(36×24mm)
D3500 の撮影画面サイズ(23.5×15.6mm)
画面対角線
35mm 判の画角
D3500 の画角
資料
279
D 赤目軽減モードについてのご注意
レンズの種類によっては、赤目軽減ランプの光がさえぎられ、フラッシュ撮影
時に充分な赤目軽減効果が得られない場合があります。
D AF 補助光撮影(0 66)に制限のあるレンズについてのご注意
使用できる AF レンズの焦点距離は 18 〜 200mm、AF 補助光が届く距離範囲の目安
は約 0.5m から 3m です。AF 補助光使用時は、レンズフードを取り外してください。
AF 補助光を使ってオートフォーカス撮影ができないレンズ
• AF-S NIKKOR 14–24mm f/2.8G ED
• AF-S NIKKOR 28–300mm f/3.5–5.6G ED VR
• AF-S DX NIKKOR 55–300mm f/4.5–5.6G ED VR
• AF-S VR Zoom-Nikkor 70–200mm f/2.8G IF-ED
• AF-S NIKKOR 70–200mm f/2.8G ED VR II
• AF-S Zoom-Nikkor 80–200mm f/2.8D IF-ED
• AF-S NIKKOR 80–400mm f/4.5–5.6G ED VR
• AF-S NIKKOR 180–400mm f/4E TC1.4 FL ED VR
• AF-S VR Nikkor 200mm f/2G IF-ED
• AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II
• AF-S VR Zoom-Nikkor 200–400mm f/4G IF-ED
• AF-S NIKKOR 200–400mm f/4G ED VR II
• AF-S NIKKOR 200–500mm f/5.6E ED VR
次のレンズでは、撮影距離 1m 以内で AF 補助光がレンズによってさえぎられる場
合があります。この場合、AF 補助光を使ったオートフォーカス撮影はできません。
• AF-S DX NIKKOR 10–24mm f/3.5–4.5G ED
• AF-S NIKKOR 16–35mm f/4G ED VR
• AF-S Zoom-Nikkor 17–35mm f/2.8D IF-ED
• AF-S DX Zoom-Nikkor 17–55mm f/2.8G IF-ED
• AF-S DX NIKKOR 18–105mm f/3.5–5.6G ED VR
• AF-S DX VR Zoom-Nikkor 18–200mm f/3.5–5.6G IF-ED
• AF-S DX NIKKOR 18–200mm f/3.5–5.6G ED VR II
• AF-S DX NIKKOR 18–300mm f/3.5–5.6G ED VR
• AF-S DX NIKKOR 18–300mm f/3.5–6.3G ED VR
• AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED
• AF-S NIKKOR 24–70mm f/2.8G ED
• AF-S NIKKOR 24–70mm f/2.8E ED VR
• AF-S VR Zoom-Nikkor 24–120mm f/3.5–5.6G IF-ED
• AF-S NIKKOR 24–120mm f/4G ED VR
• AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E ED
• AF-S NIKKOR 28mm f/1.8G
• AF-S Zoom-Nikkor 28–70mm f/2.8D IF-ED
280 資料
• AF-S NIKKOR 35mm f/1.4G
• AF-S NIKKOR 70–200mm f/4G ED VR
• AF-S NIKKOR 70–200mm f/4G ED
• AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED VR
• AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED
• AF-S NIKKOR 85mm f/1.4G
• AF-S NIKKOR 85mm f/1.8G
• AF-S VR Micro-Nikkor 105mm f/2.8G IF-ED
D 内蔵フラッシュ撮影についてのご注意
• 内蔵フラッシュで調光できる最短撮影距離は約 0.6m です。
• マクロ付きズームレンズはマクロ領域では使用できません。
• ケラレ ※ を防止するため、レンズフードは取り外して使用してください。
※ケラレとは、内蔵フラッシュの光がレンズの先端でさえぎられて影になり、
写真に写り込む現象です。
影
D
ケラレ
内蔵フラッシュ撮影に制限のあるレンズについて
内蔵フラッシュ撮影には焦点距離が 18mm から 300mm までのレンズが使えま
すが、次の CPU レンズではケラレが発生する可能性があるため、下記の焦点距
離や撮影距離で使用してください。
レンズ
AF-S DX NIKKOR 10–24mm
f/3.5–4.5G ED
AF-S DX Zoom-Nikkor
12–24mm f/4G IF-ED
AF-S NIKKOR 16–35mm
f/4G ED VR
AF-S DX NIKKOR 16–80mm
f/2.8–4E ED VR
AF-S DX NIKKOR 16–85mm
f/3.5–5.6G ED VR
ケラレなく撮影できる焦点距離と撮影距離
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1.5m 以上
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 35mmでは撮影距離 1m以上
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 35mm 以上は制約なし
• 焦点距離 24mm 以上は制約なし
資料
281
レンズ
AF-S Zoom-Nikkor
17–35mm f/2.8D IF-ED
AF-S DX Zoom-Nikkor
17–55mm f/2.8G IF-ED
AF-S NIKKOR 18–35mm
f/3.5–4.5G ED
AF Zoom-Nikkor 18–35mm
f/3.5–4.5D IF-ED
AF-P DX NIKKOR 18–55mm
f/3.5–5.6G VR
AF-P DX NIKKOR 18–55mm
f/3.5–5.6G
AF-S DX Zoom-Nikkor
18–70mm f/3.5–4.5G IF-ED
AF-S DX NIKKOR 18–105mm
f/3.5–5.6G ED VR
AF-S DX Zoom-Nikkor
18–135mm f/3.5–5.6G IF-ED
AF-S DX NIKKOR 18–140mm
f/3.5–5.6G ED VR
AF-S DX VR Zoom-Nikkor
18–200mm f/3.5–5.6G IF-ED
AF-S DX NIKKOR 18–200mm
f/3.5–5.6G ED VR II
ケラレなく撮影できる焦点距離と撮影距離
• 焦点距離 28mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 35mm では制約なし
• 焦点距離 28mm では撮影距離 1.5m 以上
• 焦点距離 35mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 45mm 以上は制約なし
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1.5m 以上
• 焦点距離 28mm 以上は制約なし
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 28mm 以上は制約なし
• 焦点距離 18mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 24mm 以上は制約なし
• 焦点距離 18mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 24mm 以上は制約なし
• 焦点距離 18mm では撮影距離 2.5m 以上
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 35mm 以上は制約なし
• 焦点距離 18mm では撮影距離 2m 以上
• 焦点距離 24mm 以上は制約なし
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 35mm 以上は制約なし
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 35mm 以上は制約なし
• 焦点距離 35mm では撮影距離 1.5m 以上
AF-S DX NIKKOR 18–300mm
• 焦点距離 50mm では撮影距離 1m 以上
f/3.5–5.6G ED VR
• 焦点距離 105mm 以上は制約なし
AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G
• 撮影距離 1.5m 以上
ED
• 焦点距離 24mm では撮影距離 2.5m 以上
AF Zoom-Nikkor 20–35mm
• 焦点距離 28mm では撮影距離 1m 以上
f/2.8D IF
• 焦点距離 35mm では制約なし
282 資料
レンズ
AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G
ED
AF-S NIKKOR 24–70mm
f/2.8G ED
AF-S NIKKOR 24–70mm
f/2.8E ED VR
AF-S VR Zoom-Nikkor
24–120mm f/3.5–5.6G IF-ED
AF-S NIKKOR 24–120mm
f/4G ED VR
AF-S NIKKOR 28mm f/1.4E
ED
AF-S Zoom-Nikkor
28–70mm f/2.8D IF-ED
AF-S NIKKOR 28–300mm
f/3.5–5.6G ED VR
ケラレなく撮影できる焦点距離と撮影距離
• 撮影距離 1m以上
• 焦点距離 35mm では撮影距離 1.5m 以上
• 焦点距離 50mm 以上は制約なし
• 焦点距離 50mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 70mm は制約なし
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 28mm 以上は制約なし
• 焦点距離 24mm では撮影距離 1.5m以上
• 焦点距離 28mm では撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 35mm 以上は制約なし
• 撮影距離 1m 以上
• 焦点距離 35mm では撮影距離 1.5m 以上
• 焦点距離 50mm 以上は制約なし
• 焦点距離 28mmでは撮影距離 1.5m以上
• 焦点距離 35mmでは撮影距離 1m以上
• 焦点距離 50mm 以上は制約なし
内蔵テレコンバーター非使用時:
• 焦点距離 250mm では撮影距離 3m 以上
• 焦点距離 300mm では撮影距離 2.5m 以上
AF-S NIKKOR 180–400mm
f/4E TC1.4 FL ED VR
内蔵テレコンバーター使用時:
• 焦点距離目盛 180mm(焦点距離 252mm)
では撮影距離 3m 以上
• 焦点距離目盛 200mm(焦点距離 280mm)
では撮影距離 3m 以上
AF-S VR Zoom-Nikkor
200–400mm f/4G IF-ED
AF-S NIKKOR 200–400mm
f/4G ED VR II
PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D
ED
• 焦点距離 200mm では撮影距離 4m 以上
• 焦点距離 250mm では撮影距離 3m 以上
• 焦点距離 300mm では撮影距離 2.5m 以上
• アオリ操作をしていない状態で撮影距離
3m 以上
• AF-S NIKKOR 14–24mm f/2.8G ED 使用時は、全ての撮影距離でケラレが発生
します。
資料
283
使用できる非 CPU レンズ※1
モード
フォーカスモード
AF
レンズ
AI-S、AI、シリーズE レンズ、
AI 改造レンズ
メディカル 120mm f/4
レフレックスレンズ
PC ニッコール
AI-S、AIテレコンバーター
ベローズアタッチメント
PB-6 ※7
オート接写リング
(PK-11A、12、13、PN-11)
(オート
フォーカス)
フォーカス
エイド
撮影モード
MF
(マニュアル
フォーカス)
M
M以外
○
○ ※3
×
×
○ ※2
×
×
×
×
○
○
○ ※4
×
○
○ ※3
○ ※5
○
○ ※3
○ ※6
○
○ ※3
×
×
×
×
×
○ ※2
○
○ ※3
×
×
○ ※2
○
○ ※3
×
※1 一部装着不可能なレンズがあります(0 278)
。
※2 開放 F 値が F5.6 以上明るいレンズのみ使用可能。
※3 露出インジケーターは使用不可。
※4 フラッシュ同調シャッタースピードより 1 段以上低速のシャッタースピードで
使用可。露出インジケーターは使用不可。
※5 アオリ操作をしていない場合のみ可能。
※6 合成絞り値が F5.6 以上明るい場合に使用可能。
※7 縦位置にして装着してください(装着後、横位置に戻すことは可能です)
。
D 非 CPU レンズについてのご注意
• 非 CPU レンズ装着時は、撮影モード M で撮影してください。M 以外の撮影モー
ドでは、シャッターがきれません。
• 絞り値の設定や確認はレンズの絞りリングで行ってください。
• カメラの露出計は使えません。
• 測光モードは設定できません。
• i-TTL モードでのフラッシュ撮影などの機能は使えません。
284 資料
D 使用できない非 CPU レンズ
次の非 CPU レンズは使用できません。無理に装着しようとすると、カメラやレ
ンズを破損しますのでご注意ください。
• AF テレコンバーター TC-16AS
• AI 改造をしていないレンズ(AI 方式以前の連動爪を使用するタイプ)
• フォーカシングユニット AU-1 を必要とするレンズ(400mm f/4.5、600mm
f/5.6、800mm f/8、1200mm f/11)
• フィッシュアイ(6mm f/5.6、7.5mm f/5.6、8mm f/8、OP10mm f/5.6)
• 2.1cm f/4
• K2 リング
• ED180–600mm f/8(製品 No.174041〜174180)
• ED360–1200mm f/11(製品 No.174031 〜 174127)
• 200–600mm f/9.5(製品 No.280001 〜 300490)
• F3AF 用(AF80mm f/2.8、AF ED200mm f/3.5、テレコンバーター TC-16S)
• PC28mm f/4(製品 No.180900 以前の製品)
• PC35mm f/2.8(製品 No.851001 〜 906200)
• 旧 PC35mm f/3.5
• 旧レフレックス 1000mm f/6.3
• レフレックス 1000mm f/11(製品 No.142361 〜 143000)
• レフレックス 2000mm f/11(製品 No.200111 〜 200310)
資料
285
使用できるスピードライト
ニコンクリエイティブライティングシステム
(CLS)対応スピードライト
ニコンクリエイティブライティングシステムは、ニコンのスピードライ
トとカメラのデータ通信方式を最適化したニコン独自のスピードライ
トシステムです。詳しくは、お使いになるスピードライトの使用説明書
をご覧ください。
❚❚ ニコンクリエイティブライティングシステム対応
1灯
286 資料
SB-700
SB-600
SB-500
SU-800
SB-R200
SB-400
SB-300
i-TTL-BL 調光 ※1 ○
i-TTL スタンダード
○
※2
i-TTL 調光
SB-910
SB-900
SB-800
SB-5000
スピードライトとの組み合わせで使用できる機能
○
○
○
○
ー
ー
○
○
○ ※2
○
○ ※3
○
※2
○
ー
ー
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
%A
絞り連動外部
自動調光
○
A
外部自動調光
※4
○ ※3
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
GN
距離優先
マニュアル発光
○
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
M
マニュアル発光
○
○
○
○
ー
ー
○
○
※5
※5
※5
RPT
リピーティング
フラッシュ
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
○
マスターフラッシュ
SB-5000
SB-910
SB-900
SB-800
SB-700
SB-600
SB-500
SU-800
SB-R200
SB-400
SB-300
○
○
○
ー
ー
○
ー
ー
ー
i-TTL i-TTL 調光
ー
ー
ー
○
○
○
ー
ー
ー
[A : B]
クイック
ワイヤレス
コントロール
○
ー
○
ー
ー
※6
ー
ー
ー
%A
絞り連動外部
自動調光
○
○ ※7
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
○
A
外部自動調光
ー
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
M
マニュアル発光
○
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
RPT
リピーティング
フラッシュ
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
○
○
○
○
○
ー
○
ー
ー
○
○
○
○
○
ー
○
ー
ー
※8
○ ※7
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
i-TTL i-TTL 調光
リモートフラッシュ
光制御アドバンストワイヤレスライティング
リモートフラッシュへの
発光指示
[A : B]
クイック
ワイヤレス
コントロール
絞り連動外部
%A/
自動調光 /
A
○
外部自動調光
M
マニュアル発光
○
○
○
○
○
ー
○
ー
ー
RPT
リピーティング
フラッシュ
○
○
○
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
発光色温度情報伝達
(フラッシュ)
○
○
○
○
○
ー
ー
○
○
発光色温度情報伝達
(LED ライト)
ー
ー
ー
ー
○
ー
ー
ー
ー
マルチポイント AF 補助光
○
○
○
○
ー
※9
ー
ー
ー
赤目軽減発光
○
○
○
○
○
ー
ー
○
ー
電波制御アドバンスト
ワイヤレスライティング
○
資料
287
SB-5000
SB-910
SB-900
SB-800
SB-700
SB-600
SB-500
SU-800
SB-R200
SB-400
SB-300
カメラからの発光モード設定
ー
ー
ー
ー
○
ー
ー
○
○
カメラからのスピードライト
ファームアップ
○
○ ※10
○
ー
○
ー
ー
ー
○
※1
※2
※3
スポット測光時は設定できません。
スピードライト側でも設定できます。
%AモードとAモードの選択は、スピードライトのカスタム設定で行います。
また、E タイプまたは G タイプ以外のレンズを装着した場合は外部自動調光
になります。
※4
E タイプまたは G タイプ以外のレンズを装着した場合は外部自動調光にな
※5
ります。
カメラ側でのみ設定できます(0 203)
。
※6
※7
クローズアップ撮影時のみ設定できます。
スピードライトのカスタム設定にかかわらず、E タイプまたは G タイプ以外
のレンズを装着した場合は外部自動調光になります。
※8
%A と A の選択は、マスターフラッシュの設定に準じます。
※9
コマンダー撮影時のみ設定できます。
※10
SB-910 と SB-900 のみカメラからのスピードライトファームアップが可能
です。
❚❚ SU-800 について
ワイヤレススピードライトコマンダー SU-800 は、ニコンクリエイティ
ブ ラ イ テ ィ ン グ シ ス テ ム 対 応 カ メ ラ に 装 着 す る と、ワ イ ヤ レ ス で
SB-5000、SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600、SB-500、SB-R200
を制御するコマンダーです。スピードライトを 3 つのグループに分けて
制御できます。SU-800 には発光機能はありません。
288 資料
その他のスピードライト
次のスピードライトを使用する場合、外部自動調光(A)あるいはマニュ
アル発光撮影となります。装着レンズによって機能が変わることはあり
ません。
• 撮影モードを S または M にして 1/200 秒より遅いシャッタースピード
に設定してから撮影してください。
スピードライト
区分
A
M
G
SB-28/
SB-80DX/
SB-26/
SB-50DX※1
SB-28DX
SB-25/
SB-24
SB-30/
SB-27※2
SB-22S/
SB-22/
SB-20/
SB-16B/
SB-15
SB-23/
SB-29※3/
SB-21B※3/
SB-29S※3
外部自動調光
○
ー
○
○
ー
マニュアル発光
○
○
○
○
○
マルチ
フラッシュ
○
ー
○
ー
ー
○
○
○
○
○
REAR ※4 後幕シンクロ
※1 撮影モードを P、S、A、M に設定し、内蔵フラッシュを収納した状態にして内
蔵フラッシュが光らないようにしてください。内蔵フラッシュが自動的に上
がって光ることがあるため、その他の撮影モードは使用しないでください。
※2 このカメラと SB-27 を組み合わせると自動的に TTL モードになりますが、TTL
モードでは使えません。SB-27 を A モードに設定し直してください。
※3 SB-29・21B・29S でオートフォーカスができるレンズは、AF-S VR Micro-Nikkor
105mm f/2.8G IF-ED と AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED のみです。
※4 カメラ側のフラッシュモードで設定してください。
資料
289
A ホットシューアダプター AS-15
別売のホットシューアダプター AS-15 を装着すると、シンクロターミナルが利
用できます。
D スピードライト使用時のご注意
• 詳細はお使いになる各スピードライトの使用説明書をご覧ください。
• ニコンクリエイティブライティングシステム対応のスピードライトの使用説
明書にカメラ分類表が記載されている場合は、ニコンクリエイティブライティ
ングシステム対応デジタル一眼レフに該当する箇所をお読みください。なお、
このカメラは SB-80DX、SB-28DX、SB-50DX の使用説明書に記載のデジタル
一眼レフカメラには該当しません。
• スピードライト装着時は、内蔵フラッシュは発光しません。
• フラッシュモード(0 81)の AUTO(オート:自動発光)機能は解除され、常
に外付けのスピードライトが発光します。
• スピードライトを使うと j、%、3 を除く全ての撮影モードでフラッシュ撮影
できます。
• スピードライト SB-5000、SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600、また
はワイヤレススピードライトコマンダー SU-800 装着時に外付けスピードライ
ト側で調光補正をしたときは、インフォ画面に Y マークが点灯します。
• ニコンクリエイティブライティングシステム対応スピードライト使用時には、
i-TTL や外部自動調光モードにおいて、フル発光でも露出不足になる可能性の
ある場合に、発光直後に N(レディーライト)が約 3 秒間点滅して露出アンダー
警告を行います。その他のスピードライトの場合、充電完了表示と露出アン
ダー警告は、スピードライト側で確認してください。詳細はお使いになる各ス
ピードライトの使用説明書をご覧ください。
• i-TTL モード時の ISO 感度連動範囲は ISO 100 〜 12800 相当です。
• 高感度撮影時に一部のスピードライトを使用するとノイズ(すじ)が発生する
ことがあります。この場合、ISO 感度を下げて撮影してください。
• スピードライト SB-5000、SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600、SB-500、
SB-400 の使用時に、フラッシュモードが赤目軽減、赤目軽減スローシャッター
の場合は、スピードライト側で赤目軽減発光が行われます。
• i-TTL モード時に、調光コード SC-17、SC-28、SC-29 を使用してカメラからス
ピードライトを離して撮影する場合、スタンダード i-TTL 調光以外では適正露
出を得られない場合があります。この場合は、スタンダード i-TTL 調光に切り
換えて撮影してください。また、あらかじめテスト撮影を行ってください。
• i-TTL モード時に、発光面に内蔵パネルまたは付属のバウンスアダプター以外
の部材(拡散板など)を装着しないでください。カメラ内の演算に誤差が生
じ、適正露出とならない場合があります。
290 資料
• スピードライト SB-5000、SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600、ワイ
ヤレススピードライトコマンダー SU-800 の使用時に、AF 補助光の発光条件が
満たされると、スピードライト側の AF 補助光を自動的に照射します。
• スピードライトSB-5000 の AF 補助光は、24 〜 135mmまでのAF レンズに対応し
ています。AF 補助光が照射されるフォーカスポイントは、次の図の通りです。
AF レンズの焦点距離が 24mm から
37mm の場合
AF レンズの焦点距離が 38mm から
135mm の場合
• スピードライト SB-910、SB-900 の AF 補助光は、17 〜 135mm までの AF レンズ
に対応しています。AF 補助光が照射されるフォーカスポイントは、次の図の
通りです。
AF レンズの焦点距離が 17mm から 135mm の場合
• スピードライト SB-800、SB-600、ワイヤレススピードライトコマンダーSU-800
の AF 補助光は、24 〜 105mm までの AF レンズに対応しています。AF 補助光が
照射されるフォーカスポイントは、次の図の通りです。
AF レンズの焦点距離が 24mm の場
合
AF レンズの焦点距離が 25mm から
105mm の場合
資料
291
• スピードライト SB-700 の AF 補助光は、24 〜 135mm までの AF レンズに対応し
ています。AF 補助光が照射されるフォーカスポイントは、次の図の通りです。
AF レンズの焦点距離が 24mm から 135mm の場合
• 使用するレンズや撮影シーンによっては、オートフォーカスによるピント合わ
せができずにシャッターがきれなかったり、ピントが合わなくてもピント表示
(●)が点灯してシャッターがきれることがあります。
D 他社製フラッシュについてのご注意
他社製のフラッシュ(カメラの X 接点に 250V 以上の電圧がかかるものや、アク
セサリーシュー部の接点をショートさせてしまうもの)を使用しないでくださ
い。カメラの正常な機能が発揮できないだけでなく、カメラおよびフラッシュ
のシンクロ回路を破損することがあります。
292 資料
使用できるアクセサリー
このカメラには撮影領域を拡げるさまざまなアクセサリーが用意され
ています。詳しくは最新のカタログや当社のホームページなどでご確認
ください。
•
電源
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a(0 12)
ニコンデジタルカメラ D3500 用のバッテリーです。
- EN-EL14a の代わりに EN-EL14も使えます。
• バッテリーチャージャー MH-24※1(0 12)
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a および EN-EL14
用のチャージャーです。
• パワーコネクター EP-5A、AC アダプター EH-5b※2
AC アダプターを使用すると、長時間カメラを使用するときに
安定して電源を供給できます。
- このカメラは、カメラ本体と AC アダプターを接続するために
パワーコネクター EP-5A が必要です。カメラとパワーコネク
ター、AC アダプターを接続する方法については、「カメラと
パワーコネクター、AC アダプターの接続方法」(0 298)を
ご覧ください。
- EH-5b の代わりに AC アダプター EH-5c も使えます。
※1 家庭用電源の AC 100 〜 240 V、50/60 Hz に対応しています。
日本国外では、必要に応じて市販の変換プラグアダプターを
装着してお使いください。変換プラグアダプターは、あらか
じめ旅行代理店などでお確かめの上、お買い求めください。
※2 日本国内専用電源コード(AC
100V 対応)付属。日本国外で
お使いになるには、別売の電源コードが必要です。
ボディー
キャップ
• ボディーキャップ BF-1B、BF-1A
レンズを取り外したカメラボディーに取り付けることによ
り、ミラーや撮像素子、ファインダースクリーンなどへのゴ
ミやほこりの付着を防ぎ、カメラ内部を保護します。
A 使用できるアクセサリーについて
• 国または地域によって、販売していないまたは販売が終了している場合があり
ます。
• アクセサリーの最新情報は、当社ホームページやカタログなどでご確認ください。
資料
293
アクセサリー
シューカバー
USB ケーブル
HDMI
ケーブル
• アクセサリーシューカバー BS-1
スピードライトを取り付けるアクセサリーシューを保護する
ためのカバーです。
•
USB ケーブル UC-E20(0 181、184)
カメラ側が Micro-B 端子の USB ケーブルです。
• HDMI ケーブル HC-E1
カメラ側が Type C、HDMI 機器側が Type A の HDMI ケーブル
です。
• フィルターをレンズ保護のために常用する場合は、ニュート
ラルカラー NC をお使いください。
• カメラ測光系の特性上、従来の偏光フィルター(Polar)は使
用できません。円偏光フィルター(C-PL、C-PL Ⅱ)をお使い
ください。
• 逆光撮影や、輝度の高い光源を画面に入れて撮影する場合は、
フィルターによって画像上にゴーストが発生するおそれがあ
ります。このような場合は、フィルターを外して撮影するこ
フィルター
とをおすすめします。
• 露出倍数のかかるフィルター(Y44、Y48、Y52、O56、R60、
X0、X1、C-PL(円偏光フィルター)、ND2S、ND4S、ND4、
ND8S、ND8、ND400、A2、A12、B2、B8、B12)を使用す
る場合、
[測光モード]
(0 97)を[M]
(中央部重点測光)に
して撮影することをおすすめします。
[L]
(マルチパターン
測光)では、充分な効果が得られない場合があります。詳し
くは、フィルターの使用説明書をご覧ください。
• 特殊フィルターなどを使用する場合は、オートフォーカスや
フォーカスエイドが行えないことがありますのでご注意くだ
さい。
294 資料
• アイピースキャップ DK-5(0 62)
カメラの接眼部に取り付けると、適正露出や画像に影響を与
える接眼部からの逆入射光を防ぎます。
• 接眼補助レンズ DK-20C
遠視、近視の方のための補助レンズで、接眼部に差し込むだ
けで簡単に取り換えることができます。− 5、− 4、− 3、
− 2、0、+ 0.5、+ 1、+ 2、+ 3m − 1 の 9 種類が用意されてい
ますが、いずれもこのカメラの視度調節ダイヤルが基準位置
(− 1m − 1)の場合の値です。視度補正は個人差が大きいので
ファインダー用
アクセサリー
店頭で実際に取り付けてお選びください。このカメラには視
度調節機能が付いています(− 1.7 〜+ 0.5m − 1)ので、この
範囲外の視度補正が必要なときにお使いください。なお、接
眼補助レンズを使用している場合は、接眼目当ては使用でき
ません。
• マグニファイヤー DG-2
ファインダー中央部の像を拡大します。より厳密なピント合
わせが必要なときに使用します。
• アイピースアダプター DK-22
上記 DG-2 を取り付けるためのアダプターです。
• 角窓用変倍アングルファインダー DR-6
カメラの接眼部に取り付けると、撮影レンズと直角の方向(水
平方向に向けたカメラの真上など)からファインダー内の画
像を確認できます。
資料
295
A アクセサリーシューカバーの取り付けおよび取り外し方
アクセサリーシューカバーを取り付けるには、カバーを図のようにカメラのア
クセサリーシューに差し込みます。取り外すときは、カメラをしっかりと支え
て、カバー全体を親指で押さえながら矢印の方向にスライドさせます。
A ファインダー用アクセサリーの取り付けおよび取り外し方
ファインダー用アクセサリーを取り付けるには、接眼目当てを取り外し(①)、
図②のように取り付けます。
ファインダー用アクセサリーの取り外しは、図③のように行います。取り外し
た後は、接眼目当てを取り付けてください(④)
。
• ファインダー用アクセサリーまたは接眼目当ての取り外しは、カメラをしっか
りと支えてから行ってください。
• ファインダー用アクセサリーを装着している間、接眼目当てをなくさないよう
に保管してください。
296 資料
❚❚ SD カード
• SD メモリーカード、SDHC メモリーカード、および SDXC メモリーカー
ドが使用できます。
• UHS-I に対応しています。
• 動画の撮影には、SDスピードクラス6以上のカードをおす
すめします。転送速度が遅いカードでは、動画の記録が途中で終了す
ることがあります。
• カードリーダーなどをお使いの場合は、お使いのメモリーカードに対
応していることをご確認ください。
• メモリーカードの機能、動作の詳細、動作保証などについては、各
カードメーカーにお問い合わせください。
資料
297
カメラとパワーコネクター、AC アダプターの
接続方法
カメラとパワーコネクター、AC アダプターを接続する前に、カメラ本
体の電源を OFF にしてください。
1 カメラのバッテリー室カ
バー(q)とパワーコネ
クターカバー(w)を開
ける
2 パワーコネクター EP-5A を入れる
• パワーコネクターは、接点の向きに注
意しながら入れてください。
• オレンジ色のバッテリーロックレバー
をパワーコネクター側面で押しながら、
パワーコネクターを奥まで入れてくだ
さい。
3 カメラのバッテリー室カ
バーを閉じる
• パワーコネクターのコード
がパワーコネクターカバー
を開けた部分から出るよう
に注意して、バッテリー室
カバーを閉じます。
298 資料
4 パワーコネクターと ACアダプター EH-5bを接続する
• 電源コードの AC プラグを、AC アダプターの AC プラグ差し込み口
に差し込みます(e)。
• パワーコネクターの DC プラグコネクターに AC アダプターの DC
プラグを差し込みます(r)。
• パワーコネクターと AC アダプターの使用時には、画像モニター
上のバッテリー残量表示が P に変わります。
資料
299
カメラのお手入れについて
保管について
長期間カメラを使用しないときは、必ずバッテリーを取り出してくだ
さい。
カメラを保管するときは、次の場所は避けてください。
• 換気の悪い場所や湿度が 60%を超える場所
• テレビやラジオなど強い電磁波を出す装置の周辺
• 温度が 50 ℃以上、または− 10 ℃以下の場所
クリーニングについて
カメラ本体
ほこりや糸くずをブロアーで払い、柔らかい乾いた布で軽く拭
きます。海辺でカメラを使用した後は、砂や塩を真水で湿らせ
た布で軽く拭き取り、よく乾かします。
ご注意:カメラ内部にゴミ、ほこりや砂などが入り込むと故障
の原因となります。この場合、当社の保証の対象外となります
のでご注意ください。
レンズ・
ミラー・
ファインダー
ガラスは傷つきやすいので、ほこりや糸くずをブロアーで払い
ます。スプレー缶タイプのブロアーは、缶を傾けずにお使いく
ださい(中の液体が気化されずに吹き出し、レンズ・ミラー・
ファインダーを傷つけることがあります)
。指紋や油脂などの汚
れは、柔らかい布にレンズクリーナーを少量付けて、ガラスを
傷つけないように注意して拭きます。
画像モニター
ほこりや糸くずをブロアーで払います。指紋や油脂などの汚れ
は、表面を柔らかい布かセーム革で軽く拭き取ります。強く拭
くと、破損や故障の原因となることがありますのでご注意くだ
さい。
アルコール、シンナーなど揮発性の薬品はお使いにならないでください。
300 資料
カメラ内部のお手入れについて
レンズを取り付けるときなどに、撮像素子前面にゴミやほこりが付く
と、画像に影が写り込むことがあります。
❚❚ 撮像素子前面をブロアーで掃除する
撮像素子前面を次の手順でクリーニングできます。作業中のバッテリー
切れを防ぐため、充分に充電されたバッテリー、または別売のパワーコ
ネクターと AC アダプターを組み合わせてお使いください。なお、カメ
ラ内部の撮像素子は非常に傷つきやすいため、ニコンサービス機関にク
リーニングをお申し付けくださることをおすすめします。
1 カメラの電源を OFFにしてからレンズを取り外す
• レンズを取り外したら、カメラの電源を ON にしてください。
2 セットアップメニューの[クリーニ
ングミラーアップ]を選んで、マル
チセレクターの 2 を押す
※ スマートフォンと接続しているとき、
またはバッテリー残量が H 以下の場合、
このメニュー項目は操作できません。
3 J ボタンを押す
• メッセージが表示され、クリーニング
ミラーアップの待機状態になります。
4 シャッターボタンを全押しする
• ミラーが上がり、シャッターが開いた
状態になります。
資料
301
5 カメラの内部に光が当たるようにカ
メラを持ち、ゴミやほこりが付いて
いないかどうかを点検する
• ゴミやほこりが付いていない場合は、
手順 7 にお進みください。
6 撮像素子前面に付いたゴミやほこり
をブロアーで払う
• ブラシの付いていないブロアーをお使
いください。ブラシで撮像素子の表面
に傷が付くことがあります。
• ブロアーで取り除けない汚れがある場合
は、ニコンサービス機関にクリーニングをお申し付けください。
絶対に、手でこすったり、布で拭き取ったりしないでください。
7 カメラの電源を OFFにし、付属のボディーキャップを付ける
• ミラーがダウンしてシャッター幕が閉じます。
302 資料
D 作業中のシャッター幕の破損を防ぐために
カメラのシャッター幕は非常に破損しやすい部品です。シャッター幕はカメラに
電源の供給がなくなると、自動的に閉じる構造になっています。作業中に不意に
シャッター幕が閉じて破損することを防ぐために、次の点にご注意ください。
• 作業中に電源を OFF にしないでください。
• 作業中にバッテリーや AC アダプターを取り外さないでください。
• ミラーアップ中にバッテリー残量が少なくなった場合、電子音が鳴り、セルフ
タイマーランプが点滅してお知らせします。約 2 分経過するとシャッター幕が
閉じてミラーがダウンするので、ただちに作業を終了してください。
D 撮像素子前面に付着するゴミなどについて
撮像素子前面には、カメラからレンズまたはボディーキャップを取り外した際
に外部からカメラ内に入ったゴミや、まれにカメラ内部の潤滑剤や細粉などが
付着することがあり、撮影条件によっては撮像素子前面に付着したゴミや潤滑
剤、細粉などが撮影画像に写り込む場合があります。カメラ内へのゴミの侵入
を防止するため、ほこりの多い場所でのレンズ交換やボディーキャップの着脱
は避け、カメラ本体のマウント部およびレンズのマウント部、ボディーキャッ
プのゴミを除去してからカメラに取り付けてください。レンズを外してカメラ
を保管するときは、必ず付属のボディーキャップを装着してください。撮像素
子前面に付着したゴミなどは、
「撮像素子前面をブロアーで掃除する」
(0 301)
をご覧いただくか、ニコンサービス機関にクリーニングをお申し付けください。
なお、ゴミの写り込みは、画像加工アプリケーションなどで修正できます。
D 定期点検、オーバーホールのおすすめ
カメラは精密機械ですので、1 〜 2 年に 1 度は定期点検を、3 〜 5 年に 1 度はオー
バーホールすることをおすすめします(有料)
。
• 特に業務用にお使いの場合は、早めに点検整備を受けてください。
• より安心してご愛用いただけるよう、お使いのレンズやスピードライトなども
併せて点検依頼されることをおすすめします。
資料
303
カメラとバッテリーの取り扱い上の
ご注意
カメラの使用上のご注意
● 強いショックを与えない
カメラやレンズを落としたり、ぶつけたりしないようにご注意ください。強い衝撃
や振動を加えると、破損したり精密に調整された部分に悪影響を及ぼします。
● 水にぬらさない
カメラは水にぬらさないようにご注意ください。カメラ内部に水滴が入ったりする
と部品がさびついてしまい、修理費用が高額になるだけでなく、修理不能になるこ
とがあります。
● 急激な温度変化を与えない
極端に温度差のある場所に急にカメラを持ち込むと、カメラ内外に水滴が生じ、故
障の原因となります。カメラをバッグやビニール袋などに入れて、周囲の温度にな
じませてからお使いください。
● 強い電波や磁気の発生する場所で撮影しない
強い電波や磁気を発生するテレビ塔などの周囲や、強い静電気の周囲では、記録
データが消滅したり、撮影画像へのノイズ混入等、カメラが正常に機能しないこと
があります。
● 長時間、太陽に向けて撮影または放置しない
太陽などの高輝度被写体に向けて長時間直接撮影したり、放置したりしないでくだ
さい。過度の光照射は撮像素子の褪色、焼き付き、破損を起こすおそれがありま
す。また、その際撮影された画像に、真っ白くにじみが生じることがあります。
● カメラ本体のお手入れについて
カメラ本体のお手入れの際は、ブロアーでゴミやほこりを軽く吹き払ってから、乾
いた柔らかい布で軽く拭いてください。特に、海辺で使った後は、真水を数滴たら
した柔らかい清潔な布で塩分を拭き取ってから、乾いた柔らかい布で軽く拭いて乾
かしてください。
304 資料
● ミラーやレンズの手入れ方法について
ミラーやレンズは傷が付きやすいので、ゴミやほこりが付いているときは、ブロ
アーで軽く吹き払う程度にしてください。なお、スプレー缶タイプのブロアーの場
合、スプレー缶を傾けずにお使いください(中の液体が気化されずに吹き出し、ミ
ラーやレンズを傷つける場合があります)。レンズに万一指紋などが付いてしまっ
た場合は、柔らかい清潔な布に市販のレンズクリーナーを少量湿らせて、軽く拭き
取ってください。
● 撮像素子前面の手入れ方法について
撮像素子前面のクリーニングの方法については「撮像素子前面をブロアーで掃除す
る」
(0 301)をご覧ください。
● シャッター幕に触れない
シャッター幕は非常に薄いため、押さえたり、突いたり、ブロアーなどで強く吹く
などは、絶対にしないでください。傷や変形、破損などの原因となります。
● 風通しのよい場所に保管する
カビや故障などを防ぐため、風通しのよい乾燥した場所を選んでカメラを保管して
ください。防虫剤があるところ、磁気を発生する器具のそば、高温となる夏季の車
内、使用しているストーブの前などにカメラを置かないでください。故障の原因に
なります。
● 長期間使用しないときは、バッテリーを取り出し、乾燥剤と一緒に保管する
カメラを長期間使用しないときは、バッテリーの液もれなどからカメラを保護する
ために、必ずカメラからバッテリーを取り出しておいてください。保管する際は、
カメラをポリエチレン袋などに乾燥剤と一緒に入れておくとより安全です。ただ
し、皮ケースをビニール袋に入れると、変質することがありますので避けてくださ
い。バッテリーは高温、多湿となる場所を避けて保管してください。乾燥剤(シリ
カゲル)は湿気を吸うと効力がなくなるので、ときどき交換してください。カメラ
を長期間使用しないまま放置しておくと、カビや故障の原因となることがあるの
で、月に一度を目安にバッテリーを入れ、カメラを操作することをおすすめします。
● バッテリーや AC アダプターを取り外すときは、
必ずカメラの電源を OFF にする
カメラの電源が ON の状態で、バッテリーを取り出したり、AC アダプターを取り外
すと、故障の原因となります。特に撮影中や記録データの削除中に前記の操作は行
わないでください。
資料
305
● 画像モニターについて
• 画像モニターは、非常に精密度の高い技術で作られており、99.99% 以上の有効
ドットがありますが、0.01% 以下でドット抜けするものがあります。そのため、
常時点灯(白、赤、青、緑)あるいは非点灯(黒)の画素が一部存在することが
ありますが、故障ではありません。また、記録される画像には影響ありません。
あらかじめご了承ください。
• 屋外では日差しの加減で画像モニターが見えにくい場合があります。
• 画像モニター表面を強くこすったり、強く押したりしないでください。画像モニ
ターの故障やトラブルの原因になります。もしゴミやほこり等が付着した場合
は、ブロアーで吹き払ってください。汚れがひどいときは、柔らかい布やセーム
革等で軽く拭き取ってください。万一、画像モニターが破損した場合、ガラスの
破片などでケガをするおそれがあるので充分ご注意ください。中の液晶が皮膚や
目に付着したり、口に入ったりしないよう、充分ご注意ください。
● モアレについて
モアレは、被写体の模様と撮像素子の配列とが干渉して起きる現象で、連続するパ
ターンのある画像(建物の格子や格子模様、格子状に並んだビルの窓など)や、規
則的に繰り返す細かい模様を持つ被写体(カーテンレースの網目や衣類など)を撮
影したときに発生することがあります。
モアレが発生しやすい被写体を撮影するときは、撮影距離を変える、ズームレンズ
をご使用の場合はズーミングして焦点距離を変える、被写体に対する角度を変えて
撮影する、などの方法をおすすめします。
306 資料
バッテリーの使用上のご注意
● 使用上のご注意
• バッテリーの使用方法を誤ると液もれにより製品が腐食したり、バッテリーが破
裂したりするおそれがあります。次の使用上の注意をお守りください。
- バッテリーはカメラの電源を OFF にしてから入れる。
- バッテリーを長時間使用した後は、バッテリーが発熱していることがあるので
注意する。
- バッテリーの端子は、汚さないように注意する。
- 必ず指定のバッテリーを使う。
- バッテリーを火の中に投入したり、ショートさせたり、分解したりしない。
- カメラやチャージャーから取り外したバッテリーには、必ず端子カバーを付ける。
• カメラの使用直後など、バッテリーの温度が高くなっている場合は、温度が下が
るのを待ってから充電してください。バッテリー内部の温度が高い状態では、充
電ができなかったり、または不完全な充電になるばかりでなく、バッテリーの性
能が劣化する原因になります。
• しばらく使わない場合は、カメラでバッテリーを使い切った状態でカメラから取
り外し、涼しいところで保管してください。周囲の温度が 15 ℃〜 25 ℃くらいの
乾燥したところをおすすめします。暑いところや極端に寒いところは避けてくだ
さい。
• 使用後のバッテリーは半年以内に充電するようおすすめします。長期間保管する
場合は、半年に一回程度充電した後、カメラでバッテリーを使い切ってから涼し
いところで保管してください。
• 使用しないときは必ずバッテリーをカメラやチャージャーから取り外してくだ
さい。付けたままにしておくと、電源が切れていても微少電流が流れていますの
で、過放電になり使えなくなるおそれがあります。
• バッテリーは 0 ℃〜 40 ℃の範囲を超える場所ではお使いにならないでください。
バッテリーの性能が劣化したり、故障の原因となります。
• 周囲の温度が 5 ℃〜 35 ℃の室内で充電してください。バッテリーの温度が 0 ℃以
下、60 ℃以上のときは、充電をしません。
• バッテリーの温度が 0 ℃〜 15 ℃、45 ℃〜 60 ℃のときは、充電できる容量が少なく
なる、または充電時間が長くなることがあります。
● 撮影前にバッテリーをあらかじめ充電する
撮影前にバッテリーを充電してください。付属のバッテリーは、ご購入時にはフル
充電されていません。
資料
307
● 予備バッテリーを用意する
撮影の際は、充電された予備のバッテリーをご用意ください。特に、海外の地域に
よってはバッテリーの入手が困難な場合があるので、ご注意ください。
● 低温時にはフル充電したバッテリーを使用し、予備のバッテリーを用意する
低温時に消耗したバッテリーを使用すると、カメラが作動しないことがあります。
低温時にはフル充電したバッテリーを使用し、保温した予備のバッテリーを用意し
て暖めながら交互に使用してください。低温のために一時的に性能が低下して使え
なかったバッテリーでも、常温に戻ると使えることがあります。
● バッテリーの残量について
• 電池残量がなくなったバッテリーをカメラに入れたまま、何度も電源の ON/OFF
を繰り返すと、バッテリーの寿命に影響を及ぼすおそれがあります。電池残量が
なくなったバッテリーは、充電してお使いください。
• 充分に充電したにもかかわらず、室温での使用状態でバッテリーの使用時間が極
端に短くなってきた場合は、バッテリーの寿命です。新しいリチャージャブル
バッテリーをお求めください。
● 充電が完了したバッテリーを続けて再充電しない
バッテリー性能が劣化します。
● 小型充電式電池のリサイクル
不要になった充電式電池は、接点部をビニールテープ
などで絶縁し、リサイクル協力店へお持ちください。
詳しくは一般社団法人 JBRC ホームページ
(http://www.jbrc.com)をご覧ください。
数字の有無と数値は、
電池によって異なります。
チャージャーの使用上のご注意
• 充電中にチャージャーをゆすったり、充電中のバッテリーに触れたりすると、振
動や静電気の影響により、きわめてまれではありますが、未充電にもかかわらず
充電完了表示になる場合があります。このような場合にはバッテリーを取り外
し、再度セットして充電を再開してください。
• チャージャーの端子をショートさせないでください。発熱、破損の原因となり
ます。
• チャージャーを使用しないときは、チャージャーをコンセントから抜いてくだ
さい。
• バッテリーチャージャーMH-24 対応のバッテリー以外は充電しないでください。
308 資料
撮影モードによって設定に制限がある
機能一覧
撮影メニュー
次の機能については、z が付いている撮影モードでのみ設定が可能です。
ISO 感度
k
S
i j PS n m %
U ' ( 3
T
AM o
z z
z z z z z
− − z ※1 ※1 − ※1 ※1 ※1 ※1 ※1
ホワイトバランス
− −
※1
ピクチャーコントロール
z − − − − − − − − −
− − z − − − − − − − − −
アクティブ D- ライティング
※2 ※2
ノイズ低減
zz z z z − z z z z zz
ファインダー撮影時の
フォーカスモード
zz z z z − z z z z zz
ファインダー撮影時の
AF エリアモード
zz z z z − z z z − zz
ライブビュー時の
フォーカスモード
zz z z z zz z z z zz
ライブビュー時の
AF エリアモード
− −
内蔵 AF 補助光の照射設定
測光モード
内蔵フラッシュ発光 /
外付けフラッシュ発光
撮影関連
の設定
1
2
3
z
調光補正
露出補正
フラッシュモード
− −
z
− −
※2 ※2
z z z
− −
−
※2
− − − −
z zz z
z
※3
※ 3 ※3 − ※3 z
zz z z − − z z z − zz
− − z − − − − − − − − −
− −
z − − − − − − − − −
z z z − − − − − − −
z z z z − − − − − −
z − z z − − z z z − − −
− −
− −
※1[感度自動制御]は設定できません。
※2 アクティブ D- ライティングは、常に[する]になります。
※3 ターゲット追尾 AF には設定できません。
A 撮影モードによって設定に制限がある機能について
上記以外にも、組み合わせによっては設定できない機能があります。
資料
309
主な仕様
❚❚ ニコンデジタルカメラ D3500
型式
型式
レンズ交換式一眼レフレックスタイプデジタルカメラ
レンズマウント
ニコン F マウント(AF 接点付)
実撮影画角
ニコン DX フォーマット、焦点距離が約 1.5 倍のレンズの
FX フォーマットでの画角に相当
有効画素数
有効画素数
2416 万画素
撮像素子
方式
総画素数
ダスト低減機能
23.5×15.6 mm サイズ CMOS センサー
2478 万画素
イメージダストオフデータ取得(Capture NX-D が必要)
記録形式
記録画素数
画質モード
•
•
6000×4000 ピクセル(サイズ L: 24.0M)
4496×3000 ピクセル(サイズ M: 13.5M)
• 2992×2000 ピクセル(サイズ S: 6.0M)
• RAW 12 ビット(圧縮)
• JPEG-Baseline 準拠、圧縮率(約)
:FINE(1/4)
、
NORMAL(1/8)、BASIC(1/16)
• RAW と JPEG の同時記録可能
ピクチャー
スタンダード、ニュートラル、ビビッド、モノクローム、
コントロールシステム ポートレート、風景、フラット、いずれも調整可能
記録媒体
対応規格
310 資料
SD メモリーカード、SDHC メモリーカード、SDXC メモ
リーカード(SDHC メモリーカード、SDXC メモリーカー
ドは UHS-I 規格に対応)
DCF 2.0、Exif 2.3、PictBridge
ファインダー
ファインダー
アイレベル式ペンタミラー使用一眼レフレックス式
ファインダー
視野率
上下左右とも約 95%(対実画面)
倍率
約 0.85 倍(50mm f/1.4 レンズ使用、∞、–1.0 m–1 のとき)
アイポイント
接眼レンズ面中央から 18mm(–1.0 m–1 のとき)
視度調節範囲
–1.7 〜+ 0.5m–1
ファインダー
スクリーン
B 型クリアマットスクリーン VII
ミラー
クイックリターン式
レンズ絞り
瞬間復元式、電子制御式
レンズ
オートフォーカス可能
レンズ
AF-S の E タイプ、AF-S の G タイプ、または AF-P レンズ
シャッター
型式
電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード
1/4000 〜 30 秒(1/3 ステップ)、Bulb、Time
フラッシュ同調シャッ
タースピード
X=1/200 秒以下の低速シャッタースピードで同調
レリーズ機能
レリーズモード
連続撮影速度
8:1 コマ撮影、I:連続撮影、J:静音撮影、E:セ
ルフタイマー
最高約 5 コマ / 秒 ※
※ フォーカスモードがマニュアルフォーカスで、撮影
モードが S(シャッター優先オート)または M(マ
ニュアル)
、
1/250 秒以上の高速シャッタースピード、
その他が初期設定時
セルフタイマー
作動時間:2、5、10、20 秒、撮影コマ数:1 〜 9 コマ
資料
311
露出制御
測光方式
420 分割 RGB センサーによる TTL 開放測光方式
• マルチパターン測光:3D-RGB マルチパターン測光Ⅱ
• 中央部重点測光:φ8
測光モード
mm 相当を測光(中央部重点度
約 75%)
• スポット測光:φ3.5 mm 相当(全画面の約 2.5%)を
測光、フォーカスポイントに連動して測光位置可動
• マルチパターン測光、中央部重点測光:0 〜 20 EV
測光範囲
露出計連動
撮影モード
露出補正
AE ロック
ISO 感度
(推奨露光指数)
アクティブ
D- ライティング
312 資料
• スポット測光:2 〜 20 EV(ISO 100、f/1.4 レンズ使用
時、常温 20 ℃)
CPU 連動方式
i:オート、j:発光禁止オート、P:マルチプログラ
ムオート(プログラムシフト可能)
、S:シャッター優先
オート、A:絞り優先オート、M:マニュアル
• シーンモード:k:ポートレート、m:スポーツ、
n:クローズアップ、o:夜景ポートレート
• スペシャルエフェクトモード:%:ナイトビジョン、
S:極彩色、T:ポップ、U:フォトイラスト、
':トイカメラ風、(:ミニチュア効果、
3:セレクトカラー、1:シルエット、
2:ハイキー、3:ローキー
P、S、A、M、シーン、% モード時に設定可能、
範囲:±5 段、補正ステップ:1/3 ステップ
A(L)ボタンによる輝度値ロック方式
ISO 100 〜 25600(1 段ステップ)、感度自動制御が可能
する、しない
オートフォーカス
TTL 位相差検出方式:フォーカスポイント 11 点(うち、
方式
検出範囲
レンズサーボ
クロスタイプセンサー 1 点)、マルチ CAM 1000 オート
フォーカスセンサーモジュールで検出、AF 補助光(約
0.5 〜 3 m)付
–1 〜+ 19 EV(ISO 100、常温(20 ℃))
:シングル AF サーボ(AF-S)
、
• オートフォーカス(AF)
コンティニュアス AF サーボ(AF-C)
、AF サーボモード
自動切り換え(AF-A)を選択可能、被写体条件により
自動的に予測駆動フォーカスに移行
• マニュアルフォーカス(MF):フォーカスエイド可能
フォーカスポイント
AF エリアモード
フォーカスロック
11 点のフォーカスポイントから選択可能
シングルポイント AF、ダイナミック AF、オートエリア
AF、3D- トラッキング(11 点)
A(L)ボタン、またはシングル AF サーボ(AF-S)時
にシャッターボタン半押し
フラッシュ
i、k、n、o、S、T、U、' 時:オートポップアッ
プ方式による自動発光
内蔵フラッシュ
P、S、A、M 時:押しボタン操作による手動ポップアッ
プ方式
ガイドナンバー:約 7(マニュアルフル発光時約 8)
(ISO 100・m、20 ℃)
420 分割 RGB センサーによる TTL 調光制御:i-TTL-BL 調
調光方式
光(マルチパターン測光または中央部重点測光)、スタ
ンダード i-TTL 調光(スポット測光)可能
通常発光オート、赤目軽減オート、通常発光オート+ス
フラッシュモード
ローシャッター、赤目軽減オート+スローシャッター、
通常発光、赤目軽減発光、通常発光+スローシャッター、
赤目軽減発光+スローシャッター、後幕発光+スロー
シャッター、後幕発光、発光禁止
調光補正
レディーライト
アクセサリーシュー
P、S、A、M、シーンモード時に設定可能、
範囲:–3 〜 +1 段、補正ステップ:1/3 ステップ
内蔵フラッシュ、別売スピードライト使用時に充電完了
で点灯、フル発光による露出警告時は点滅
ホットシュー(ISO 518)装備:シンクロ接点、通信接
点、セーフティーロック機構(ロック穴)付
資料
313
フラッシュ
ニコンクリエイティブ
i-TTL 調光、光制御アドバンストワイヤレスライティン
ライティングシステム グ、発光色温度情報伝達、マルチポイント AF 補助光
シンクロターミナル
ホットシューアダプター AS-15(別売)
ホワイトバランス
オート、電球、蛍光灯(7 種)、晴天、フラッシュ、曇
ホワイトバランス
天、晴天日陰、プリセットマニュアル。プリセットマ
ニュアル以外はいずれも微調整可能
ライブビュー機能
:シングル AF サーボ(AF-S)
、
• オートフォーカス(AF)
常時 AF サーボ(AF-F)
レンズサーボ
• マニュアルフォーカス(MF)
AF エリアモード
顔認識 AF、ワイドエリア AF、ノーマルエリア AF、
ターゲット追尾 AF
コントラスト AF 方式、全画面の任意の位置で AF 可能(顔
フォーカス
認識 AF またはターゲット追尾 AF のときは、カメラが決
めた位置で AF 可能)
おまかせシーン
(シーン自動判別)
撮影モード i、j で使用可能
動画機能
測光方式
撮像素子による TTL 測光方式
測光モード
マルチパターン測光
•
•
音声記録方式
1920 × 1080:60p/50p/30p/25p/24p
1280 × 720:60p/50p
※ 60p:59.94fps、50p:50fps、30p:29.97fps、
25p:25fps、24p:23.976fps
※ 標準 / 高画質選択可能
MOV
H.264/MPEG-4 AVC
リニア PCM
録音装置
内蔵モノラルマイク、マイク感度設定可能
感度
ISO 100 〜 25600
記録画素数 /
フレームレート
ファイル形式
映像圧縮方式
314 資料
画像モニター
画像モニター
3 型 TFT 液晶、約 92 万ドット(VGA)、視野角 170°、
視野率約 100%、明るさ調整可能
再生機能
1 コマ再生、サムネイル再生(4、9、72 分割またはカレ
ンダーモード)、拡大再生、顔拡大再生、拡大再生中のト
再生機能
リミング、動画再生、スライドショー(静止画 / 動画選択
再生可能)
、ヒストグラム表示、ハイライト表示、撮影情
報表示、位置情報表示、撮影画像の縦位置自動回転、レー
ティング、画像コメント入力可能(英数字 36 文字まで)
インターフェース
USB
HDMI 出力
(標準装備された USB
Hi-Speed USB(Micro-USB 端子)
ポートへの接続を推奨)
HDMI 端子(Type C)装備
Bluetooth®
通信方式
周波数範囲
(中心周波数)
出力
通信距離(見通し)
Bluetooth® 標準規格 Ver.4.1
Bluetooth:2402 〜 2480 MHz
• Bluetooth Low Energy:2402 〜 2480 MHz
• Bluetooth:1.2 dBm(EIRP)
• Bluetooth Low Energy:1.2 dBm(EIRP)
約 10 m※
•
※ 電波干渉がない場合。通信距離は遮蔽物や電波状態
などにより影響されます。
電源
使用電池
AC アダプター
Li-ion リチャージャブルバッテリーEN-EL14a(1個使用)
AC アダプター EH-5c/EH-5b(パワーコネクター EP-5A
と組み合わせて使用)
(別売)
三脚ネジ穴
三脚ネジ穴
1/4(ISO 1222)
寸法・質量
寸法(W×H×D)
約 124×97×69.5 mm
約 415 g(バッテリーおよび SD メモリーカードを含む、
質量
ボディーキャップを除く)
約 365 g(本体のみ)
資料
315
動作環境
0 ℃〜 40 ℃
85%以下(結露しないこと)
• 仕様中のデータは特に記載のある場合を除き、CIPA(カメラ映像機器工業会)規
温度
湿度
格またはガイドラインに準拠しています。
• 仕様中のデータは、フル充電バッテリー使用時のものです。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承くださ
い。本書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
• カメラに表示されるサンプル画像、および説明書内の画像やイラストは、機能を
説明するためのイメージです。
❚❚ バッテリーチャージャー MH-24
電源
定格入力容量
充電出力
適応電池
充電時間
使用温度
寸法(W×H×D)
質量
AC 100–240 V、50/60 Hz、MAX 0.2 A
18–24 VA
DC 8.4 V、0.9 A
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a
EN-EL14a 充電時:約 1 時間 50 分
※残量のない状態からの充電時間(周囲温度 25 ℃)
0 ℃〜 40 ℃
約 70×26×97 mm
約 96 g
製品に表示されている記号の意味は下記の通りです。
m AC(交流)、p DC(直流)、q クラスⅡ機器(二重絶縁構造)
❚❚ Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a
形式
リチウムイオン充電池
定格容量
7.2 V、1230 mAh
0 ℃〜 40 ℃
約 38×53×14 mm
約 49 g(端子カバーを除く)
使用温度
寸法(W×H×D)
質量
316 資料
A このカメラの準拠規格
• Design rule for Camera File system (DCF) Version 2.0:各社のデジタ
ルカメラで記録された画像ファイルを相互に利用し合うための記録形式です。
• Exif Version 2.3:(Exif = Exchangeable image file format for digital still
cameras):デジタルカメラとプリンターの連携を強化し、高品質なプリント
出力を簡単に得ることを目指した規格です。この規格に対応したプリンターを
お使いになると、撮影時のカメラ情報を活かして最適なプリント出力を得るこ
とができます。詳しくはプリンターの使用説明書をご覧ください。
• PictBridge:デジタルカメラとプリンターメーカーの各社が相互接続を保証
するもので、デジタルカメラの画像を、パソコンを介さずプリンターで直接印
刷するための標準規格です。
• HDMI (High-Definition Multimedia Interface):家庭用電化製品および
AV 機器用のマルチメディアインターフェース規格です。1 本のケーブルをつな
ぐだけで、画像、音声、制御信号を HDMI 対応機器に送信できます。
資料
317
A 商標説明
• SD ロゴ、SDHC ロゴ、および SDXC ロゴは、SD-3C, LLC. の商標です。
• Windows は米国 Microsoft
Corporation の米国およびその他の国における登
録商標です。
• Apple®、App Store®、Apple ロゴ、iPhone®、iPad®、iPod touch®、Mac、macOS
および OS X は米国およびその他の国々で登録された、Apple Inc. の商標です。
• iPhone の商標は、アイホン株式会社(http://www.aiphone.co.jp/)のライ
センスに基づき使用しています。
• Android と Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。
Android ロボットは、Google が作成および提供している作品から複製または
変更したものであり、Creative Commons 3.0 Attribution ライセンスに記載
された条件に従って使用しています。
• IOS の商標は、米国およびその他の国におけるCisco のライセンスに基づき使用
しています。
• PictBridge ロゴは商標です。
• HDMI、HDMI ロゴ、および High-Definition Multimedia Interface は、HDMI
Licensing LLC の商標または登録商標です。
• Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc. が所有する登録
商標であり、株式会社ニコンはこれらのマークをライセンスに基づいて使用し
ています。
• その他の会社名、製品名は各社の商標、登録商標です。
Use of the Made for Apple badge means that an accessory has been
designed to connect specifically to the Apple products identified in the
badge, and has been certified by the developer to meet Apple
performance standards. Apple is not responsible for the operation of
this device or its compliance with safety and regulatory standards.
Please note that the use of this accessory with an Apple product may
affect wireless performance.
A 認証マークの表示
セットアップメニューの[認証マークの表示]では、このカメラが取得してい
る認証マークの一部を確認できます(0 232)
。
318 資料
A 認証
A FreeType License(FreeType2)
本製品のソフトウェアの著作権の一部は、© 2012 The FreeType Project
(http://www.freetype.org)のものです。すべての権利はその所有者に帰属し
ます。
A MIT License(HarfBuzz)
本製品のソフトウェアの著作権の一部は、© 2018 The HarfBuzz Project
(http://www.freedesktop.org/wiki/Software/HarfBuzz)のものです。すべ
ての権利はその所有者に帰属します。
資料
319
記録可能コマ数と連続撮影可能コマ数
画質モード(0 78)と画像サイズ(0 80)の組み合わせによって、
16GB の SD カードに記録できるコマ数、および連続撮影できるコマ数
は、次のようになります ※1。ただし、カードの種類や撮影条件によっ
て、コマ数は増減することがあります。
画質モード
画像サイズ
RAW+FINE※3
RAW
L
—
L
M
S
L
M
S
L
M
S
FINE
NORM
BASIC
1 コマあたりの
ファイルサイズ
記録可能
コマ数
連続撮影可能
コマ数 ※2
約 33.3 MB
329 コマ
511 コマ
929 コマ
1500 コマ
2900 コマ
1800 コマ
3000 コマ
5600 コマ
3500 コマ
5700 コマ
10300 コマ
6 コマ
16 コマ
100 コマ
100 コマ
100 コマ
100 コマ
100 コマ
100 コマ
100 コマ
100 コマ
100 コマ
約 20.4 MB
約 12.9 MB
約 7.7 MB
約 4.0 MB
約 6.4 MB
約 3.9 MB
約 2.1 MB
約 2.6 MB
約 1.8 MB
約 1.2 MB
※1 SanDisk 社製 16GB の Extreme Pro SDHC UHS-1 メモリーカードを使用した
場合。
※2 ISO 感度が ISO 100 の場合の、連続撮影速度を維持して撮影できるコマ数です。
次のような場合、連続撮影可能コマ数は減少します。
• 撮影メニュー[ノイズ低減](0 200)を[する]に設定した場合
• 撮影メニュー[自動ゆがみ補正]
(0 202)を[する]に設定した場合
• セットアップメニュー[日付写し込み設定]
(0 209)を[しない]以外に
設定した場合
※3 画像サイズは JPEG 画像のものです。ファイルサイズは RAW 画像と JPEG 画像
の合計です。
320 資料
電池寿命について
充電した Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a(1230mAh)に
よる電池寿命は、次の通りです。
• 撮影可能コマ数(1 コマ撮影モード)
:約 1550 コマ(CIPA 基準準拠 ※1)
• 動画撮影可能時間:約 75 分 ※2
※1 初期設定条件で 30 秒間隔ごとに撮影レンズを無限遠から至近に 1 往復フォー
カシング動作をさせて 1 コマ撮影する。ライブビュー撮影なし。1 回レリーズ
(2 回に 1 回は内蔵フラッシュをフル発光)した後、画像モニターを 4 秒間点灯。
消灯後半押しタイマーがオフになるまで放置。以後同じ動作を繰り返す。装着
レンズ AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR、温度 23(±2)℃。
※2 電池寿命測定方法を定めた
CIPA(カメラ映像機器工業会)規格による実撮影
電池寿命です。装着レンズ AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR、温度
23(±2)℃。カメラは初期設定状態。
- 1 回の動画撮影で記録可能な最長時間は 20 分(1080/60p)です。
- 1 つの動画ファイルで記録可能な最大ファイルサイズは 4GB です。
- カメラが熱くなった場合、連続撮影時間内でも動画撮影が終了することがあ
ります。
※ バッテリーの充電状態、撮影間隔やメニュー画面からの設定条件などの使用環
境によって電池寿命が異なります。
資料
321
次の場合などは、バッテリーの消耗が早くなります。
• ライブビュー撮影などで画像モニターを使用した場合
• シャッターボタンの半押しを続けた場合
• オートフォーカスのレンズ駆動を繰り返し行った場合
• 画質モードを RAW に設定して撮影した場合
• 低速シャッタースピードで撮影した場合
• Bluetooth 機能を使用した場合
• アクセサリーを装着して使用した場合
• VR レンズ使用時に VR(手ブレ補正)機能を ON にした場合
• AF-P レンズ使用時にズーム操作を繰り返した場合
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a の性能を最大限に発揮さ
せるため、次のことに注意してください。
• バッテリーの端子を汚さないでください。端子が汚れていると、充分
な性能が発揮できません。
• 充電が完了したバッテリーは、なるべく早いうちにお使いください。
使用しないまま放置していると、自己放電によって、バッテリー残量
が減ってしまいます。
322 資料
レンズキットのレンズについて
AF-P DX NIKKOR 18–55mm
f/3.5–5.6G VRについて
こ の カ メ ラ と AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR を レ ン ズ
キットでご購入の場合は、こちらをレンズの使用説明書としてお使い
ください。
• 国または地域によっては、レンズキットを販売していない場合があり
ます。
❚❚ 各部名称
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR の各部名称は次の通りです。
1
2
3
4
5
レンズキャップ
フード着脱指標
ズームリングボタン .........
焦点距離目盛
焦点距離目盛指標
6
7
17、18 8
9
10
レンズ着脱指標 ............................. 16
CPU 信号接点 .............................. 278
フォーカスリング ........................ 75
ズームリング....................... 17、28
裏ぶた
レンズキットのレンズについて
323
• このレンズは DX フォーマットのニコンデジタル一眼レフカメラ専用
です。
• このレンズは、デジタル一眼レフカメラの D3 シリーズ、D2 シリーズ、
D1 シリーズ、D700、D300 シリーズ、D200、D100、D90、D80、
D70 シリーズ、D60、D50、D40 シリーズ、D7000、D5100、D5000、
D3200、D3100、D3000、およびフィルム一眼レフカメラには対応
していません。
• このレンズを D5、D4 シリーズ、D810 シリーズ、D800 シリーズ、Df、
D750、D610、D600、D7200、D7100、D5500、D5300、D3300 で
お使いの場合は、カメラのファームウェアを最新版にバージョンアッ
プしてください。
• このレンズは沈胴機構を採用しています。
324 レンズキットのレンズについて
❚❚ ピント合わせの方法
ピント合わせの方法は、カメラのフォーカスモードで設定できます
。
(0 63)
• このレンズを D5200 に装着してお使いの場合、ピント合わせを行った
後にカメラの半押しタイマーがオフになると、再び半押しタイマーが
オンになったときにピント位置が変わります。撮影時に再度ピント合
わせを行ってください。マニュアルフォーカスでピント合わせから
シャッターをきるまでに時間がかかる場合は、カメラの半押しタイ
マーを長めに設定しておくことをおすすめします。
オートフォーカス
カメラのフォーカスモードをオートフォーカスに設定すると、カメラが
自動でピント合わせを行います(0 63)。
• カメラのフォーカスモードがオートフォーカスに設定されていても、
カメラのシャッターボタンを半押ししたまま、あるいはカメラの
AF-ON ボタンを保持したまま、レンズのフォーカスリングを回転させ
ると手動でピント合わせができます(M/A(マニュアル優先オート
フォーカスモード))。カメラのシャッターボタンを再度半押しした
り、カメラの AF-ON ボタンを再度操作すると、オートフォーカス撮影
が可能になります。
• オートフォーカス撮影を行っているときにフォーカスリングに触れ
ると、ピントを合わせていた位置がずれますのでご注意ください。
マニュアルフォーカス
カメラのフォーカスモードを[MF]
(マニュアルフォーカス)に設定す
ると、レンズのフォーカスリングを回して手動でピントを合わせること
ができます(0 63)。
• カメラの電源が OFF のときやカメラの半押しタイマーがオフになった
ときは、フォーカスリングを回してもピント合わせはできません。ま
た、ズームリングを回すとピントずれが生じます。ピント合わせをす
るときは、カメラの電源を ON にするかシャッターボタンを半押しし
て半押しタイマーをオンにしてから行ってください。
レンズキットのレンズについて
325
❚❚ カメラの内蔵フラッシュ使用時のご注意
このレンズの装着時にカメラの内蔵フラッシュを使用する場合は、次の
ことにご注意ください。
• 撮影距離 0.6 m 以上で使用してください。
• ケラレを防止するために、レンズのフードは取り外して使用してくだ
さい。
※カメラの内蔵フラッシュのケラレとは、フラッシュの光がレンズの先端でさえぎ
られて影になり、写真に映り込む現象です。
影
ケラレ
• 次のカメラに装着するとケラレが発生する可能性があるため、下記の
焦点距離や撮影距離で使用してください。
デジタル一眼レフカメラ
ケラレなく撮影できる焦点距離と撮影距離
D5600/D5500/D5300/D5200/
D3500/D3400/D3300
• 焦点距離 18mm では撮影距離 1 m 以上
• 焦点距離 24、35、45、55mm では制約なし
❚❚ 手ブレ補正機能
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR をカ メラ に装 着す ると、
シャッターボタンを半押ししたときに手ブレを補正します。撮影メ
ニュー[光学手ブレ補正](0 204)でレンズの手ブレ補正機能の ON/
OFF を切り換えられます。手ブレ補正機能を使用すると、使わないとき
と比べて 4.0 段※ シャッタースピードを遅くして撮影できるため、シャッ
タースピードの選択範囲が広がります。
※ CIPA 規格準拠。ただし、FX フォーマット対応レンズは FX フォーマットデジタル
一眼レフ使用時、DX レンズは DX フォーマットデジタル一眼レフ使用時。ズーム
レンズは最も望遠側で測定。
326 レンズキットのレンズについて
D 手ブレ補正使用時のご注意
• シャッターボタンを半押し後、ファインダー像が安定してから撮影することを
おすすめします。
• 手ブレ補正の原理上、シャッターレリーズ後にファインダー像がわずかに動く
ことがありますが、異常ではありません。
• 流し撮りなどでカメラの向きを大きく変えた場合、流した方向の手ブレ補正は
機能しません。例えば、横方向に流し撮りすると、縦方向の手ブレだけが補正
されます。
• 内蔵フラッシュ搭載のカメラで、内蔵フラッシュの充電中は、手ブレ補正は行
いません。
• 三脚を使用するときは、手ブレ補正機能を有効にすることをおすすめします。
ただし、三脚の種類や撮影条件により、手ブレ補正機能を使用しない方がよい
場合があります。
• 一脚を使用するときは、手ブレ補正機能を有効にすることをおすすめします。
レンズキットのレンズについて
327
❚❚ AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR
の付属アクセサリー
• 55mm スプリング式レンズキャップ LC-55A
• 裏ぶた
❚❚ AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR
で使用できるアクセサリー
• 55mm ネジ込み式フィルター
• レンズケース CL-0815
• 裏ぶた LF-4
• バヨネットフード HB-N106
レンズフードの取り付け方
)を合わせて(①)、
フード着脱指標(●)とフード取り付け指標(
フードを矢印の方向に回転させ、フード着脱指標とフードセット指標
(—)を合わせてください(②)。
- フード先端を強くつかむと着脱が困難になります。着脱の際は、フー
ド取り付け指標(
)付近を持って回転させてください。
- フードが正しく取り付けられないと画像にケラレを生じますのでご
注意ください。
- 収納時はフードを逆向きにしてレンズに取り付けられます。
328 レンズキットのレンズについて
❚❚ 仕様
画角
ニコン F マウント CPU 内蔵 G タイプ、AF-P DX レンズ
18 mm–55 mm
1:3.5–5.6
9 群 12 枚(非球面レンズ 2 枚)
76º– 28º 50′
焦点距離目盛
18、24、35、45、55 mm
撮影距離情報
カメラへの撮影距離情報を出力可能
ズーミング
ズームリングによる回転式
型式
焦点距離
最大口径比
レンズ構成
ピント合わせ
ステッピングモーターによるオートフォーカス、
マニュアルフォーカス可能
手ブレ補正
ボイスコイルモーター(VCM)によるレンズシフト方式
最短撮影距離 ※1
撮像面から 0.25 m(ズーム全域)
絞り羽根枚数
7 枚(円形絞り)
絞り方式
自動絞り
絞りの範囲 ※2
• 焦点距離 18 mm 時:f/3.5–22
• 焦点距離 55 mm 時:f/5.6–38
測光方式
開放測光
アタッチメントサイズ
55 mm(P=0.75 mm)
約 64.5 mm(最大径)×62.5 mm(レンズマウント基準
寸法
質量
面からレンズ先端まで、沈胴時)
約 205 g
※1 距離基準マーク(0 77)は撮像面の位置を示します。
※2 カメラの露出値設定のステップ幅により、最小絞り値の表示が異なる場合があ
ります。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承くだ
さい。
• 本書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
レンズキットのレンズについて
329
AF-P DX NIKKOR 70–300mm
f/4.5–6.3G ED VR、
AF-P DX NIKKOR 70–300mm
f/4.5–6.3G ED について
このカメラと AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED VR または
AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED をレンズキットでご購入
の場合は、こちらをレンズの使用説明書としてお使いください。
• 国または地域によっては、レンズキットを販売していない場合があり
ます。
❚❚ 各部名称
AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED VR、AF-P DX NIKKOR
70–300mm f/4.5–6.3G ED の各部名称は次の通りです(イラストは、
AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED VR)。
1
2
3
4
5
レンズキャップ
フード着脱指標
フォーカスリング .......................
ズームリング .................................
焦点距離目盛
75
28
330 レンズキットのレンズについて
6
7
8
9
焦点距離目盛指標
レンズ着脱指標 ............................. 16
CPU 信号接点 .............................. 278
裏ぶた
• このレンズは DX フォーマットのニコンデジタル一眼レフカメラ専用
です。
• このレンズは、デジタル一眼レフカメラの D3 シリーズ、D2 シリーズ、
D1 シリーズ、D700、D300 シリーズ、D200、D100、D90、D80、D70
シリーズ、D60、D50、D40 シリーズ、D7000、D5100、D5000、D3200、
D3100、D3000、およびフィルム一眼レフカメラには対応していません。
• このレンズを D5、D4 シリーズ、D810 シリーズ、D800 シリーズ、Df、
D750、D610、D600、D7200、D7100、D5500、D5300、D3300 で
お使いの場合は、カメラのファームウェアを最新版にバージョンアッ
プしてください。
レンズキットのレンズについて
331
❚❚ ピント合わせの方法
ピント合わせの方法は、カメラのフォーカスモードで設定できます(0 63)。
• このレンズは、カメラの使用説明書でオートフォーカスおよびフォー
カスエイドの説明に開放 F 値が F5.6 を超えた場合の使用制限が記載さ
れていても、すべての焦点距離でカメラのオートフォーカスおよび
フォーカスエイドの制限はありません。
• このレンズを D5200 に装着してお使いの場合、ピント合わせを行った
後にカメラの半押しタイマーがオフになると、再び半押しタイマーが
オンになったときにピント位置が変わります。撮影時に再度ピント合
わせを行ってください。マニュアルフォーカスでピント合わせから
シャッターをきるまでに時間がかかる場合は、カメラの半押しタイ
マーを長めに設定しておくことをおすすめします。
オートフォーカス
カメラのフォーカスモードをオートフォーカスに設定すると、カメラが
自動でピント合わせを行います(0 63)。
• カメラのフォーカスモードがオートフォーカスに設定されていても、カ
メラのシャッターボタンを半押ししたまま、あるいはカメラの AF-ON ボ
タンを保持したまま、レンズのフォーカスリングを回転させると手動で
ピント合わせができます(M/A(マニュアル優先オートフォーカスモー
ド))。カメラのシャッターボタンを再度半押ししたり、カメラの AF-ON
ボタンを再度操作すると、オートフォーカス撮影が可能になります。
• オートフォーカス撮影を行っているときにフォーカスリングに触れ
ると、ピントを合わせていた位置がずれますのでご注意ください。
マニュアルフォーカス
カメラのフォーカスモードを[MF]
(マニュアルフォーカス)に設定す
ると、レンズのフォーカスリングを回して手動でピントを合わせること
ができます(0 63)。
• カメラの電源が OFF のときやカメラの半押しタイマーがオフになった
ときは、フォーカスリングを回してもピント合わせはできません。ま
た、ズームリングを回すとピントずれが生じます。ピント合わせをす
るときは、カメラの電源を ON にするかシャッターボタンを半押しし
て半押しタイマーをオンにしてから行ってください。
332 レンズキットのレンズについて
❚❚ 手ブレ補正機能(AF-P DX NIKKOR 70–
300mm f/4.5–6.3G ED VR のみ)
AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED VR をカメラに装着する
と、シャッターボタンを半押ししたときに手ブレを補正します。撮影メ
ニュー[光学手ブレ補正](0 204)でレンズの手ブレ補正機能の ON/
OFF を切り換えられます。手ブレ補正機能を使用すると、使わないとき
シャッ
と比べて 4.0 段※ シャッタースピードを遅くして撮影できるため、
タースピードの選択範囲が広がります。
※ CIPA 規格準拠。ただし、FX フォーマット対応レンズは FX フォーマットデジタル
一眼レフ使用時、DX レンズは DX フォーマットデジタル一眼レフ使用時。ズーム
レンズは最も望遠側で測定。
D 手ブレ補正使用時のご注意
• シャッターボタンを半押し後、ファインダー像が安定してから撮影することを
おすすめします。
• 手ブレ補正の原理上、シャッターレリーズ後にファインダー像がわずかに動く
ことがありますが、異常ではありません。
• 流し撮りなどでカメラの向きを大きく変えた場合、流した方向の手ブレ補正は
機能しません。例えば、横方向に流し撮りすると、縦方向の手ブレだけが補正
されます。
• 内蔵フラッシュ搭載のカメラで、内蔵フラッシュの充電中は、手ブレ補正は行
いません。
• 三脚を使用するときは、手ブレ補正機能を有効にすることをおすすめします。
ただし、三脚の種類や撮影条件により、手ブレ補正機能を使用しない方がよい
場合があります。
• 一脚を使用するときは、手ブレ補正機能を有効にすることをおすすめします。
レンズキットのレンズについて
333
❚❚ AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED
VR、AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–
6.3G ED の付属アクセサリー
• 58mm スプリング式レンズキャップ LC-58
• 裏ぶた
❚❚ AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED
VR、AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–
6.3G ED で使用できるアクセサリー
• 58mm ネジ込み式フィルター
• レンズケース CL-1020
• 裏ぶた LF-4
• バヨネットフード HB-77
レンズフードの取り付け方
フード着脱指標(●)とフード取り付け指標(
)を合わせて(①)、
フードを矢印の方向に回転させ、フード着脱指標とフードセット指標
(—)を合わせてください(②)。
- フード先端を強くつかむと着脱が困難になります。着脱の際は、フー
ド取り付け指標(
)付近を持って回転させてください。
- フードが正しく取り付けられないと画像にケラレを生じますのでご
注意ください。
- 収納時はフードを逆向きにしてレンズに取り付けられます。着脱の
際は、フードセット指標(—)付近を持って回転させてください。
334 レンズキットのレンズについて
❚❚ 仕様
型式
ニコン F マウント CPU 内蔵 G タイプ、AF-P DX レンズ
焦点距離
画角
70 mm–300 mm
1:4.5–6.3
10 群 14 枚(ED レンズ 1 枚)
22º 50′– 5º 20′
焦点距離目盛
70、100、135、200、300 mm
撮影距離情報
カメラへの撮影距離情報を出力可能
ズーミング
ズームリングによる回転式
最大口径比
レンズ構成
ピント合わせ
ステッピングモーターによるオートフォーカス、
マニュアルフォーカス可能
手ブレ補正(AF-P DX
NIKKOR 70–300mm ボイスコイルモーター(VCM)によるレンズシフト方式
f/4.5–6.3G ED VRのみ)
最短撮影距離 ※1
撮像面から 1.1 m(ズーム全域)
絞り羽根枚数
7 枚(円形絞り)
絞り方式
自動絞り
絞りの範囲 ※2
• 焦点距離 70 mm 時:f/4.5–22
• 焦点距離 300 mm 時:f/6.3–32
測光方式
開放測光
アタッチメントサイズ
58 mm(P=0.75 mm)
約 72 mm(最大径)×125 mm(レンズマウント基準面
寸法
質量
からレンズ先端まで)
AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED VR:約 415 g
AF-P DX NIKKOR 70–300mm f/4.5–6.3G ED:約 400 g
※1 距離基準マーク(0 77)は撮像面の位置を示します。
※2 カメラの露出値設定のステップ幅により、最小絞り値の表示が異なる場合があ
ります。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承くだ
さい。
• 本書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
レンズキットのレンズについて
335
D レンズのお手入れと取り扱い上のご注意
• CPU 信号接点は汚さないようにご注意ください。
• レンズマウントゴムリングが破損した場合は、そのまま使用せず販売店または
ニコンサービス機関に修理を依頼してください。
• レンズ面の清掃は、ほこりを拭う程度にしてください。指紋がついたときは、
柔らかい清潔な木綿の布に無水アルコール(エタノール)または市販のレンズ
クリーナーを少量湿らせ、レンズの中心から外周へ渦巻き状に、拭きむら、拭
き残りのないように注意して拭いてください。
• シンナーやベンジンなどの有機溶剤は絶対に使用しないでください。
• レンズ表面の汚れや傷を防ぐためには、ニュートラルカラー NC をお使いいた
だけます。また、レンズのフードも役立ちます。
• レンズをケースに入れるときは、必ずレンズキャップと裏ぶたを取り付けてく
ださい。
• フードをレンズに装着した状態で、フードだけを持たないでください。
• レンズを長期間使用しないときは、カビやサビを防ぐために、高温多湿のとこ
ろを避けて風通しのよい場所に保管してください。また、直射日光の当たると
ころ、防虫剤のあるところも避けてください。
• レンズを水にぬらすと、部品がサビつくなどして故障の原因となりますのでご
注意ください。
• ストーブの前など、高温になるところに置かないでください。極端に温度が高く
なると、外観の一部に使用している強化プラスチックが変形することがあります。
336 レンズキットのレンズについて
A 広角・超広角レンズのオートフォーカス撮影について
次のような被写体に対して、特に広角・超広角レンズではオートフォーカスに
よるピント合わせができないことがあります。このような場合は、マニュアル
フォーカスでピントを合わせるか、フォーカスロックを利用してください。
1 背景に対してメインの被写体が小さい場合
〈人物〉
フォーカスポイント内に遠くの建物と近くの人物
が混在する場合は、背景にピントが合い、人物のピ
ント精度が低下することがあります。
2 絵柄が細かい場合
〈花畑〉
被写体が小さい場合は、オートフォーカスによるピ
ント合わせができないことがあります。
。
「オートフォーカスが苦手な被写体」の説明も参照してください(0 65)
レンズキットのレンズについて
337
索 引
マーク・英数字
i(オート)................................................. 5, 26
j(発光禁止オート)........................... 5, 26
k(ポートレート)................................. 5, 43
m(スポーツ)............................................ 5, 44
n(クローズアップ)........................... 5, 44
o(夜景ポートレート)...................... 5, 44
q(スペシャルエフェクト). 5, 45
%(ナイトビジョン)..................................46
S(極彩色)........................................................46
T(ポップ)......................................................46
U(フォトイラスト)......................... 47, 51
'(トイカメラ風).............................. 47, 52
((ミニチュア効果)........................ 48, 53
3(セレクトカラー)........................ 48, 55
1(シルエット)............................................49
2(ハイキー)..................................................49
3(ローキー)..................................................49
g(ガイドモード)..............................37
P(プログラムオート).................5, 88, 89
S(シャッター優先オート)......5, 88, 90
A(絞り優先オート)......................5, 88, 91
M(マニュアル)................................5, 88, 92
U(プログラムシフト).............................89
m(ホワイトバランス)....................... 108
8(1 コマ撮影).............................................57
I(連続撮影)....................................... 57, 58
J(静音撮影)....................................... 57, 60
E(セルフタイマー)........................ 57, 61
c(シングルポイント AF)..................67
d(ダイナミック AF).............................67
f(3D- トラッキング(11 点)).......67
e(オートエリア AF).............................67
338
6(顔認識 AF)............................................... 68
7(ワイドエリア AF)................................ 68
8(ノーマルエリア AF).......................... 68
9(ターゲット追尾 AF)....................... 68
L(マルチパターン測光)...................... 97
M(中央部重点測光)................................. 97
N(スポット測光)...................................... 97
Y(フラッシュ調光補正).................104
E(露出補正)...............................................101
o(フラッシュモード).................. 82
q(フラッシュモード)................. 84
p(フラッシュモード)........ 82, 84
P(アイ)ボタン ................... 11, 128, 142
●(ピント表示)...........................29, 72, 76
Q(ヘルプ)............................................ 22, 270
N(レディーライト).................4, 32, 290
3(電子音).....................................................219
t(連続撮影可能コマ数)............ 59, 320
1 コマ撮影............................................................ 57
1 コマ表示.........................................................140
3D- トラッキング(11 点)....................... 67
AC アダプター ................................... 293, 298
Adobe RGB(色空間)............................200
AE ロック ............................................................. 99
AF-A(AF サーボモード自動切り換
え)........................................................................ 63
AF-C(コンティニュアス AF サーボ)....
63
AF-F(常時 AF サーボ)............................... 63
AF-P レンズ ............................................ 76, 278
AF-S(シングル AF サーボ).................... 63
AF-S レンズ .....................................................278
AF エリアモード ............................................. 67
AF サーボモード自動切り換え ............. 63
AF 設定時のフォーカスリング操作 ........
222
AF 補助光 ..................................... 66, 202, 280
AF ロック ............................................................. 72
A-M 切り換えスイッチ .............................. 75
BASIC ..................................................................... 78
Bluetooth ........................................................ 229
Bulb(バルブ撮影)...................................... 95
Capture NX-D...................... 180, 194, 215
CEC ....................................................................... 190
CPU 信号接点................................................. 278
CPU レンズ .......................................... 277, 278
D- ライティング ........................................... 241
DCF Version 2.0 ......................................... 317
D タイプレンズ............................................. 278
Exif Version 2.3 ........................................... 317
Eye-Fi 送信機能 ............................................ 230
E タイプレンズ ..............................................278
FINE ......................................................................... 78
G タイプレンズ ............................................. 278
HDMI ....................................................... 189, 317
HDMI-CEC ......................................................190
H.264 ................................................................... 314
INDEX プリント ........................................... 187
ISO 感度..................................................... 87, 198
i-TTL-BL 調光 .................................................. 203
i-TTL 調光 .......................................................... 286
JPEG ............................................................ 78, 227
L(画像サイズ).............................................. 80
M(画像サイズ)............................................ 80
MF(マニュアルフォーカス).... 63, 75,
77
MOV ......................................................... 227, 314
NORMAL ............................................................. 78
PictBridge(ピクトブリッジ)........ 184,
317
PRE(プリセットマニュアル)......... 108,
113
RAW ............................................................ 78, 236
RAW 現像 .......................................................... 236
RGB ヒストグラム表示 ............... 145, 193
S(画像サイズ).............................................. 80
SD カード.............................................. 208, 297
SnapBridge ................................................... 165
sRGB(色空間)............................................ 200
Time(タイム撮影).................................... 96
USB ケーブル ..........................181, 184, 294
ViewNX-i ....................... 180, 181, 194, 217
ア
アイピースキャップ .................................... 62
アオリ効果 ...................................................... 245
赤目軽減発光(フラッシュモード)82,
84
赤目補正............................................................ 242
明るさ(ピクチャーコントロール).......
122
アクセサリー(使用できるアクセサ
リー)............................................................... 293
アクティブ D- ライティング ............... 106
後幕発光(フラッシュモード)........... 84
位置情報................................................ 150, 228
位置情報表示 ................................................. 150
イメージダストオフ ................................. 215
色合い(色相)
(ピクチャーコント
ロール).......................................................... 122
色温度 ................................................................. 110
色空間 ................................................................. 200
色の濃さ(彩度)
(ピクチャーコント
ロール).......................................................... 122
印刷(プリント)......................................... 184
インデックスプリント ........................... 187
インフォ画面 ................................ 6, 212, 213
ヴィネットコントロール ...................... 201
339
ウォームトーン(フィルター効果).......
247
オート(撮影モード)..................................26
記録フォルダー設定 .................................224
クール(モノトーン)..............................248
クイック調整(ピクチャーコントロー
オート(ホワイトバランス)............. 108
ル).....................................................................122
オートエリア AF .............................................67
クラシックデザイン .................................212
オートフォーカス..........................................63
グラフィックデザイン............................212
オートモード .............................................. 5, 26
クリーニングミラーアップ .................301
おまかせシーン ...............................................31
クリエイティブライティングシステム
音量 ...................................................................... 133
カ
カードなし時レリーズ ........................... 232
カードの初期化 ( フォーマット )....... 208
絵画調................................................................. 257
ガイドモード ....................................................37
顔拡大機能 ...................................................... 153
画角 ...................................................................... 279
拡大表示 ................................................... 33, 151
拡大表示中のトリミング...................... 152
画質モード ..........................................................78
風切り音低減 ................................................ 130
286
クロススクリーン(フィルター効果)..
247
蛍光灯(ホワイトバランス)..............108
言語(Language).....................................211
現在地の設定(地域と日時)..............211
格子線表示............................................................. 8
極彩色(スペシャルエフェクト)...... 46
コマ送り ............................................................133
コンティニュアス AF サーボ .................. 63
コントラスト(ピクチャーコントロー
ル).....................................................................122
サ
画像合成 ........................................................... 249
画像コメント ................................................ 217
最近設定した項目 ......................................260
画像サイズ ..........................................................80
サイズ ........................................................ 80, 238
画像情報 ................................................143, 193
再生.......................................................................140
画像ファイル ................................................ 227
再生画面設定 .................................................193
画像編集メニュー...................................... 233
再生フォルダー設定 .................................193
画像モニター ........................................... 6, 211
再生メニュー .................................................192
傾き補正 ........................................................... 243
先幕発光(フラッシュモード)............ 84
カメラの初期化 ........................................... 232
削除.......................................................................159
カラースケッチ ........................................... 253
撮影画面サイズ ............................................279
簡単レタッチ ................................................ 242
撮影情報 ............................................................147
感度自動制御 .....................................198, 199
撮影直後の画像確認 .................................193
機内モード ...................................................... 228
撮影メニュー .................................................195
魚眼効果 ........................................................... 246
撮影メニューのリセット ......................197
距離基準マーク ...............................................77
撮像素子前面をブロアーで掃除する ....
記録可能コマ数 ........................................... 320
340
301
サマータイム(夏時間)......................... 211
スローシャッター(フラッシュモー
サムネイル ...................................................... 141
ド)...............................................................82, 84
シーンモード .................................................... 43
静音撮影.......................................................57, 60
自動発光(フラッシュモード)............ 82
制御上限感度(感度自動制御)........ 198
自動ゆがみ補正 ............................................ 202
晴天(ホワイトバランス)................... 108
視度調節 ................................................... 20, 295
晴天日陰(ホワイトバランス)........ 108
絞り値 ........................................................... 91, 92
接眼補助レンズ ........................................... 295
絞り優先オート ............................................... 91
接眼目当て ......................................................... 62
シャッタースピード ........................... 90, 92
セットアップメニュー ........................... 205
シャッターボタン ................................ 29, 32
セットアップメニューのリセット 207
シャッター優先オート............................... 90
セピア(モノトーン).............................. 248
常時 AF サーボ .................................................. 63
セルフタイマー .......................... 57, 61, 214
焦点距離 ............................................................ 279
セレクトカラー ........................................... 255
焦点距離目盛 ..................................... 323, 330
セレクトカラー(スペシャルエフェク
初期化(フォーマット)......................... 208
ト)...............................................................48, 55
初期設定一覧 ......................... 192, 195, 205
全押し(シャッターボタン)................. 32
シルエット(スペシャルエフェクト)..
全画像削除 ...................................................... 160
49
選択画像削除 ................................................. 160
白黒(モノトーン).................................... 248
測光モード ......................................................... 97
シングル AF サーボ ....................................... 63
外付けフラッシュ発光 ........................... 203
シングルポイント AF .................................. 67
ソフト(フィルター効果)................... 247
シンクロターミナル ................................. 290
ズームリングボタン ................17, 18, 323
推奨 SD カード ............................................... 297
スカイライト(フィルター効果)... 247
スタンダード(ピクチャーコントロー
ル)..................................................................... 119
スタンダード i-TTL 調光.............. 203, 286
スピーカー ............................................................ 2
スピードライト ............................................ 286
スペシャルエフェクトモード .............. 45
スポット測光(測光モード)................. 97
スマートフォンと接続................ 167, 173
スマートフォンへの自動送信 ........... 229
スマートフォンへの送信指定 ........... 158
スマートフォンへの送信指定 / 解除 .......
157
スライドショー ............................................ 162
タ
タイマー................................................... 61, 213
タイム撮影(長時間露出)..............94, 96
ダイレクトプリント ................................. 184
縦位置自動回転 ........................................... 194
縦横位置情報の記録 ................................. 194
誕生日カウンター ...................................... 209
地域と日時 ...................................................... 211
チャージャー ........................................ 12, 293
着脱指標........................................16, 323, 330
中央部重点測光(測光モード)........... 97
調光範囲............................................................... 86
調光補正............................................................ 104
調色(ピクチャーコントロール).. 122,
123
341
著作権情報 ...................................................... 218
発光禁止(フラッシュモード)............ 82
通常発光オート(フラッシュモード)..
発光禁止オート(撮影モード)...... 5, 26
82
バルブ(長時間露出)撮影 .................... 94
テレビ................................................................. 189
パワーオフ時間 ............................................213
電球(ホワイトバランス)................... 108
パワーコネクター .......................... 293, 298
電子音設定 ...................................................... 219
範囲指定(PictBridge)..........................186
トイカメラ風(スペシャルエフェク
半押し(シャッターボタン)................. 29
ト)............................................................... 47, 52
半押しタイマー ................................... 33, 213
動画 ................................... 124, 129, 132, 134
非 CPU レンズ ................................................285
動画撮影ボタン ........................................... 125
ピクチャーコントロール ......................119
動画の設定 ...................................................... 129
ヒストグラム表示 .............. 145, 146, 193
動画の編集 ...................................................... 134
日付写し込み設定 ......................................209
統合表示 ........................................................... 149
日付選択(PictBridge)..........................187
時計用電池 ..........................................................19
日付と時刻を設定する................... 19, 211
トリミング ...........................................152, 238
日付の表示順(地域と日時)..............211
曇天(ホワイトバランス)................... 108
日付プリント(PictBridge)...............186
ナ
内蔵 AF 補助光の照射設定.................... 202
内蔵フラッシュ ...............................................81
内蔵フラッシュ発光 ................................ 203
夏時間の設定(地域と日時)............. 211
ニコンクリエイティブライティングシ
ステム ............................................................ 286
日時の設定(地域と日時)................... 211
ニュートラル(ピクチャーコントロー
ル).................................................................... 119
認証マークの表示...................................... 232
塗り絵................................................................. 252
ノイズ低減 ...................................................... 200
ハ
342
バッテリー.............................................. 12, 293
低速限界設定(感度自動制御)........ 198
ビビッド(ピクチャーコントロール)..
119
標準表示 ............................................................144
ピント表示.........................................29, 72, 76
ファームウェアバージョン .................232
ファイル名設定 ............................................227
ファインダー(視度調節)........... 20, 295
フィルター効果 ................................ 122, 247
風景(ピクチャーコントロール)...119
フォーカスエイド ......................................... 76
フォーカスエイドインジケーター .221
フォーカスポイント .......... 28, 67, 69, 76
フォーカスポイントを選ぶ .................... 69
フォーカスモード ................................ 63, 75
フォーカスモード切り換えスイッチ ....
75
フォーカスリング ................. 75, 323, 330
ハイキー(スペシャルエフェクト).49
フォーカスロック ......................................... 72
ハイビジョンテレビと接続する ..... 189
フォーマット(カードの初期化)...208
ハイライト表示 ................................144, 193
フォトイラスト ............................................252
フォトイラスト(スペシャルエフェク
マルチセレクター ....................................3, 22
ト)............................................................... 47, 51
マルチパターン測光(測光モード). 97
フチ設定(PictBridge).......................... 186
ミニチュア効果 ........................................... 254
フラッシュ ................................. 81, 104, 286
ミニチュア効果(スペシャルエフェク
フラッシュ(ホワイトバランス)... 108
ト)...............................................................48, 53
フラッシュ調光補正 ................................. 104
ミラー ............................................................1, 301
フラッシュ発光量制御................ 104, 203
ミレッド............................................................ 112
フラッシュモード ................................ 82, 84
明瞭度(ピクチャーコントロール).......
フラット(ピクチャーコントロール)..
119
122
メモリーカード ........................................... 297
プリセットマニュアル(ホワイトバラ
モードダイヤル ................................................. 5
ンス)................................................... 108, 113
モノクローム(ピクチャーコントロー
フリッカー低減 ............................................ 219
ル).................................................................... 119
プリント ............................................................ 184
モノトーン ...................................................... 248
プリント画像選択(PictBridge).... 187
プリント実行(PictBridge)... 185, 188
プリント設定(PictBridge)... 185, 188
プログラムオート ......................................... 89
プログラムシフト ......................................... 89
プロテクト(保護).................................... 154
ヘルプ .................................................................... 22
編集前後の画像表示 ................................. 258
ヤ
ゆがみ補正 ...................................................... 244
用紙設定(PictBridge)......................... 186
予測駆動フォーカス .................................... 64
ラ
ポートレート(ピクチャーコントロー
ライブビュー ........................................ 26, 124
ル)..................................................................... 119
ライブビュースイッチ ........................... 124
ボタン動作のオプション ...................... 220
リセット................................................ 197, 207
ポップ(スペシャルエフェクト)...... 46
輪郭強調(ピクチャーコントロール).
ボディーキャップ ................................ 1, 293
122
ホワイトバランス ...................................... 108
レーティング ................................................. 155
ホワイトバランスの微調整 ................. 111
レディーライト ............................. 4, 32, 290
マ
マイク ................................................................. 130
枚数指定(PictBridge).......................... 186
マニュアル(露出)....................................... 92
マニュアル発光モード(内蔵フラッ
シュ発光).................................................... 203
マニュアルフォーカス.............. 63, 75, 77
レリーズモード .............................................. 57
レンズ ................................. 16, 277, 323, 330
レンズマウント ......................................... 1, 77
連続撮影.......................................................57, 58
連続撮影可能コマ数 ................................. 320
連番モード ...................................................... 223
ローキー(スペシャルエフェクト). 49
録音設定............................................................ 130
343
露出インジケーター ....................................93
露出補正 ........................................................... 101
344
345
346
ニコンプラザについて
ニコンプラザは、ショールーム、サービスセンター、ギャラリーを統合したニコン
映像製品の総合情報拠点です。
※ニコンプラザサービスセンターでは持ち込み修理の受け付けも行っています。
ニコンプラザショールーム
ナビダイヤル
0570-02-8080
ニコンプラザサービスセンター
ナビダイヤル
0570-02-8060
• 音声ガイダンスにしたがってご利用ください。
• ナビダイヤルは一般電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
• ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、ニコンカスタマーサポートセンター
(03)6702-0577 におかけください。
ニコンプラザの所在地、営業時間などについては、下記 URL
をご覧ください。
http://www.nikon-image.com/support/showroom/
347
修理サービスのご案内
■インターネットでのお申込み
ニコンイメージングジャパン修理センターで承ります。
下記のホームページからお申込みいただけます。
http://www.nikon-image.com/support/repair/
• ニコン ピックアップサービスで発送する場合
梱包資材のお届け・修理センターへのお引き取り、修理後のお届け・集金までを
ニコン指定の配送業者(ヤマト運輸)が一括して代行するサービスです。全国一
律の料金にて承ります(大きさや重さには制限があり、取り扱いできない製品も
あります)
。
• ご自身で発送する場合
インターネットでお申込みいただいた後、お客様ご自身で修理品を梱包し、修理
センターまで発送してください。
株式会社ニコンイメージングジャパン修理センター
〒230-0052 横浜市鶴見区生麦2-2-26 修理センターナビダイヤル 0570-02-8200
※修理センターでは、宅配便、郵送をお受けします。ご来所の方の受付はしており
ません。
■お電話でのお申込み
お電話でのお申込みの場合は、ニコンピックアップサービスをご利用いただけます。
ニコン ピックアップサービス専用 フリーダイヤル(ヤマト運輸にて承ります)
0120-02-8155
営業時間:9:00 〜 18:00 (年末年始 12/29 〜 1/4 を除く毎日)
※上記フリーダイヤルは、ニコン指定の配送業者(ヤマト運輸)にて承ります。修
理内容に関するお問い合わせにはお答えできません。修理内容に関するお問い合
わせは修理センターへお願いします。
■サービスセンターでのお手続き
ニコンプラザのサービスセンター窓口でお見積り・受付をいたします。
D 修理品をお預けいただく場合のご注意
• ボディーキャップやレンズキャップが付属している製品の場合は、製品保護のた
め、装着してお預けください。
• 修理に必要と思われるもの以外の付属品は、ご自身で保管ください。
• カメラなどの修理では、受付や修理の過程で撮影データをやむを得ず消去する場
合があります。大切なデータは必ずバックアップをお取りください。
348
補修用性能部品と修理可能期間について
補修用性能部品(機能維持に必要な部品)の保有期間内(製造打ち切り後 5 年を目
安)を、修理可能期間とさせていただきます。なお、部品保有期間の経過後も修理
できる場合もありますので、ニコンサービス機関、ご購入店または最寄りの販売店
にお問い合わせください。また、水没、火災、落下等による故障または破損で全損
と認められる場合は、保有期間内であっても修理できません。この故障や破損の程
度の判定は、ニコンサービス機関にお任せください。
修理に関するお問い合わせ先
株式会社ニコンイメージングジャパン修理センター
修理センター
ナビダイヤル
0570-02-8200
営業時間:9:30 〜 18:00 (土曜日、日曜日、祝日、年末年始、夏期休業日など
弊社定休日を除く毎日)
• ナビダイヤルは一般電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
• ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、ニコンカスタマーサポートセンター
(03)6702-0577 におかけください。
製品の使い方に関するお問い合わせ先
■インターネットでのお問い合わせ
http://www.nikon-image.com/support/contact/
■お電話でのお問い合わせ
お電話でお問い合わせいただく前に本説明書の「故障かな?と思ったら」をご参照
ください。
ニコンカスタマーサポートセンター
ナビダイヤル
0570-02-8000
営業時間:9:30 〜 18:00(年末年始、夏期休業日等を除く毎日)
• ナビダイヤルは一般電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
• ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、ニコンカスタマーサポートセンター
(03)6702-0577 におかけください。
• ファクシミリは、(03)5977-7499 にお送りください。
お問い合わせ時のお願い
• おわかりになる範囲で「製品名」、「製品番号」、「ご購入日」、問題が発生した場
合は「手順」、「現象(表示されたメッセージ)」、「発生頻度」などをご確認のう
え、お問い合わせください。
349
ニコンイメージング会員「製品登録」のご案内
ニコンでは製品を安全に、安心してご使用いただくため「製品登録」へのご協力
をお願いしております。ご登録いただいた製品に関するファームアップ情報や重
要なお知らせなどをメールでご案内いたします。
■製品登録方法
製品は、「ニコンイメージング会員」(無料)の「製品登録」ページからご登録い
ただけます。ニコンイメージング会員登録および製品登録は以下ニコンホーム
ページからお手続きください。
ニコンイメージング会員のご案内
http://www.nikon-image.com/enjoy/membership/about/
■ニコンイメージング会員とは
登録製品に関するサポート情報・ニコン製品情報や、お得で便利
な会員特典 ※ などフォトライフをよりお楽しみいただくための会
員サービスです。
※特典は登録製品ごとに異なります。
■ご注意
• ご登録にはメールアドレスとインターネットに接続できる環境が必要です。
• 登録製品の製品番号(製品本体および保証書に記載)が必要です。
• 特典の内容は、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
ニコンイメージングサポートページのご案内
http://www.nikon-image.com/support/
最新の製品テクニカル情報や、ソフトウェアのアップデート情報
をご覧いただけます。製品をより有効にご利用いただくために、
定期的なアクセスをおすすめします。
SB8L03(10)
6MB44010-03
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising