Nikon | D5300 | Nikon D5300 使用説明書

Nikon D5300 使用説明書
デ ジ タ ル一 眼 レ フ カ メ ラ
使用説明書
Printed in Thailand
6MB30410-01
「Nikon Manual Viewer 2」アプリ
いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで
説明書を見ることができます。
Jp
お使いになる前に、使用説明書(本書)と活用ガイド(PDF 形式、活用ガイド CD-ROM
に収録)をよくお読みになり、内容を充分に理解してから正しくお使いください。お読
みになった後は、お使いになる方がいつでも見られるところに保管し、撮影を楽しむた
めにお役立てください。
カメラの基本的な使い方を
カメラの詳しい使い方を
知りたいとき:
知りたいとき:
使用説明書(本書)をお読み
活用ガイド CD-ROM に収録さ
ください。
れている活用ガイドをお読み
ください。
活用ガイドをご覧いただくためには、Adobe Reader または Adobe Acrobat Reader
5.0 以降が必要です。
1 パソコンを起動し、活用ガイド CD-ROM を CD-ROM ドライブに入れる
2
Windows の場合:[コンピュータ](Windows XP の場合は[マイコンピュータ])ウィンドウ
を開き、CD-ROM(Nikon D5300)アイコンをダブルクリックする
Macintosh の場合:デスクトップの CD-ROM(Nikon D5300)アイコンをダブルクリックする
3 [INDEX.pdf]のアイコンをダブルクリックする
言語選択の画面が表示されます。言語をクリックすると、活用ガイドが表示されます。
表記について
•
SD メモリーカード、SDHC メモリーカード、および SDXC メモリーカードを「SD カード」と表記
しています。
• バッテリーチャージャーを「チャージャー」と表記しています。
• ご購入時に設定されている機能やメニューの設定状態を「初期設定」と表記しています。
• 本書では、カメラの設定が初期設定であることを前提に操作の説明を行っています。
「Nikon Manual Viewer 2」アプリ
ニコンデジタルカメラの説明書をスマートフォンやタブレットで見ることができるアプ
リです。App Store または Google Play から無料でダウンロードできます。
* アプリおよび使用説明書をダウンロードするには、インターネットに接続できる環境
が必要です(通信料が発生します)
。
A 安全上のご注意
安全にカメラをお使いいただくために守っていただきたい内容が記載されてい
ます。カメラをお使いになる前に必ずお読みください。詳しくは 0 vii 〜 xiii をご
覧ください。
カメラと付属品を確認する
お使いになる前に、カメラと付属品が全てそろっていることを確認してください。
❏ アクセサリーシューカバー BS-1
❏ 接眼目当て DK-25
❏ ボディーキャップ BF-1B
❏ D5300 カメラ本体
❏ Li-ion リチャージャブル
バッテリー EN-EL14a
❏ バッテリーチャージャー
❏ ストラップ AN-DC3
MH-24
(端子カバー付)
❏ USB ケーブル UC-E17
❏ オーディオビデオケーブル
❏ アイピースキャップ DK-5
EG-CP16
❏ ViewNX 2 CD-ROM
❏ 使用説明書(本書)
❏ 活用ガイド CD-ROM(活用ガイド収録)
❏ 保証書
• レンズキットの場合はレンズも付属しています。
• SD カードは付属していません。このカメラで使える SD カードについては、0 72 をご覧ください。
• 日本国内でご購入いただいたカメラは、画面の表示言語を日本語または英語に設定できます。
• 万一、不足のものがありましたら、ご購入店にご連絡ください。
本文中のマークについて
本書は、次の記号を使用しています。必要な情報を探すときにご活用ください。
D
カメラを使用する前に注意していただきたいことや守っていただきたいことを記載して
A
カメラを使用する前に知っておいていただきたいことを記載しています。
0
本書上で関連情報が記載されているページです。
います。
i
すぐに撮影する方のために
次の手順で操作すると、すぐに撮影ができます。
ii
1
カメラにストラップを取り付ける(2 カ所)(0 9)
2
バッテリーをバッテリーチャージャーで充電する(0 9)
3
カメラにバッテリーと SD カードを入れる(0 9)
4
レンズを取り付ける(0 10)
5
液晶モニターを開く(0 6、11)
6
カメラの電源を ON にして日付と時刻を設定する(0 11)
7
カメラを構えて構図を決める(0 18)
8
シャッターボタンを軽く押して(半押しして)、ピントを合わせる(0 19)
9
シャッターボタンを半押ししたまま、さらに深く押し込んで(全押しして)
、
撮影する(0 19)
iii
目 次
カメラと付属品を確認する............................................................................................................... i
すぐに撮影する方のために............................................................................................................. ii
安全上のご注意 .................................................................................................................................. vii
ご確認ください ...................................................................................................................... xii
位置情報機能について ..................................................................................................... xiv
Wi-Fi(無線 LAN)機能について ................................................................................ xv
1
お使いになる前に
各部の名称 ..............................................................................................................................................
撮影前の準備をする
1
9
かんたんに静止画 / 動画を撮影する(i オート /j 発光禁止オート)17
ファインダーをのぞいて静止画を撮影する ........................................................................
撮影した画像を再生する(1 コマ表示モード).....................................................
不要な画像を削除する ......................................................................................................
液晶モニターを見ながら静止画を撮影する(ライブビュー撮影)..........................
撮影した画像を再生する( 1 コマ表示モード)...................................................
不要な画像を削除する ......................................................................................................
動画を撮影する .................................................................................................................................
撮影した動画を再生する .................................................................................................
不要な動画を削除する ......................................................................................................
被写体や状況に合わせて撮影する(シーンモード)
k (ポートレート)...........................................................................................................
l (風景)..............................................................................................................................
p (こどもスナップ)......................................................................................................
m (スポーツ).....................................................................................................................
n (クローズアップ)......................................................................................................
o (夜景ポートレート).................................................................................................
r (夜景)..............................................................................................................................
s (パーティー)................................................................................................................
t (海・雪).........................................................................................................................
u (夕焼け).........................................................................................................................
v (トワイライト)...........................................................................................................
w (ペット).........................................................................................................................
x (キャンドルライト)...................................................................................................
y (桜)...................................................................................................................................
z (紅葉)..............................................................................................................................
0 (料理)................................................................................................................................
iv
18
20
21
23
26
26
27
30
31
32
33
33
33
33
33
34
34
34
34
34
35
35
35
35
35
35
特殊効果をつけて撮影する(スペシャルエフェクトモード)
36
% (ナイトビジョン)....................................................................................................... 36
g (カラースケッチ)...................................................................................................... 37
' (トイカメラ風)............................................................................................................ 37
( (ミニチュア効果)...................................................................................................... 37
3 (セレクトカラー)...................................................................................................... 37
1 (シルエット)................................................................................................................ 38
2 (ハイキー)..................................................................................................................... 38
3 (ローキー)..................................................................................................................... 38
) (HDR ペインティング)........................................................................................... 38
P、S、A、M モードで撮影する
46
P:プログラムオート ......................................................................................................... 47
S:シャッター優先オート................................................................................................ 47
A:絞り優先オート .............................................................................................................. 47
M:マニュアル ...................................................................................................................... 47
画像の明るさを調整する(露出補正)........................................................................ 49
位置情報機能を使う
50
位置情報を記録しながら撮影する ...............................................................................
Wi-Fi を使う
50
53
Wi-Fi を使ってできること ........................................................................................................... 53
カメラとスマートデバイスを接続する .................................................................................. 54
WPS プッシュボタン接続でスマートデバイスと接続する
(Android OS のみ)....................................................................................................... 55
スマートデバイスのPIN コードをカメラに入力して接続する
(Android OS のみ)....................................................................................................... 56
カメラのSSIDをスマートデバイスで選んで接続する
(Android OS/iOS) ........................................................................................................ 57
メニューを使う
59
メニュー項目の一覧 ........................................................................................................................ 60
ViewNX 2
64
ViewNX 2 をインストールする ................................................................................................ 64
ViewNX 2 を使う ............................................................................................................................. 66
パソコンに画像を取り込む ............................................................................................. 66
画像を見る ............................................................................................................................... 67
v
68
資料
使用できるレンズ .............................................................................................................................
使用できるアクセサリー ..............................................................................................................
SD カード ................................................................................................................................
カメラのお手入れについて..........................................................................................................
保管について .........................................................................................................................
クリーニングについて ......................................................................................................
カメラとバッテリーの取り扱い上のご注意 ........................................................................
カメラの取り扱い上のご注意 ........................................................................................
バッテリーの取り扱いについて ...................................................................................
警告メッセージ .................................................................................................................................
主な仕様 ................................................................................................................................................
ニコンプラザについて ...................................................................................................................
修理サービスのご案内 ...................................................................................................................
修理に関するお問い合わせ先 .....................................................................................................
製品の使い方に関するお問い合わせ先..................................................................................
vi
68
69
72
73
73
73
74
74
75
76
79
91
92
93
93
安全上のご注意
お使いになる前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。この「安全上の
ご注意」は、製品を安全に正しく使用し、あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止
するために重要な内容を記載しています。お読みになった後は、お使いになる方がいつでも見られ
るところに必ず保管してください。
表示と意味は、次のようになっています。
A危険
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可
A警告
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が死亡または重傷を負う可
A注意
この表示を無視して、誤った取り扱いをすると、人が傷害を負う可能性が想定
能性が高いと想定される内容を示しています。
能性が想定される内容を示しています。
される内容および物的損害の発生が想定される内容を示しています。
お守りいただく内容の種類を、次の絵表示で区分し、説明しています。
絵表示の例
I
L 記号は、注意(警告を含む)を促す内容を告げるものです。図の中や近くに具体的
E
F 記号は、禁止の行為(してはいけないこと)を告げるものです。図の中や近くに具体
な注意内容(左図の場合は感電注意)が描かれています。
的な禁止内容(左図の場合は分解禁止)が描かれています。
M
D 記号は、行為を強制すること(必ずすること)を告げるものです。図の中や近くに具体的
な強制内容(左図の場合はプラグをコンセントから抜く)が描かれています。
A 警告(カメラとレンズについて)
E
G
C
K
C
J
F
分解禁止
接触禁止
分解したり修理や改造をしないこと
感電したり、異常動作をしてケガの原因となります。
落下などによって破損し、内部が露出したときは、露出部に手を触れないこと
感電したり、破損部でケガをする原因となります。
すぐに修理依頼を バッテリー、電源を抜いて、ニコンサービス機関に修理を依頼してください。
バッテリーを取る
すぐに修理依頼を
水かけ禁止
熱くなる、煙が出る、こげ臭いなどの異常時は、すみやかにバッテリーを取り出すこと
そのまま使用すると火災、やけどの原因となります。
バッテリーを取り出す際、やけどに充分注意してください。
バッテリーを抜いて、ニコンサービス機関に修理を依頼してください。
水につけたり、水をかけたり、雨にぬらしたりしないこと
発火したり感電の原因となります。
引火、爆発のおそれのある場所では使わない
使用禁止
プロパンガス、ガソリン、可燃性スプレーなどの引火性ガスや粉塵の発生する場所で使用
すると、爆発や火災の原因になります。
vii
A 警告(カメラとレンズについて)
F
F
使用禁止
発光禁止
レンズまたはカメラで直接太陽や強い光を見ないこと
失明や視力障害の原因となります。
車の運転者等に向けてフラッシュを発光しないこと
事故の原因となります。
フラッシュを人の目に近づけて発光しない
F
発光禁止
視力障害の原因になります。
撮影時には、1m 以上離れてください。
特に乳幼児の撮影には注意してください。
A
保管注意
幼児の口に入る小さな付属品は、幼児の手の届くところに置かない
幼児の飲み込みの原因となります。
万一飲み込んだときは直ちに医師にご相談ください。
A
ストラップが首に巻き付かないようにすること
F
AC アダプター使用時に雷が鳴り出したら、電源プラグに触れないこと
警告
特に幼児・児童の首にストラップをかけないこと
首に巻き付いて窒息の原因となります。
使用禁止
感電の原因となります。
雷が鳴り止むまで機器から離れてください。
A
警告
指定のバッテリーまたは専用 AC アダプターを使用すること
指定以外のものを使用すると、火災や感電の原因となります。
A 注意(カメラとレンズについて)
I
A
A
感電注意
使用注意
保管注意
A
使用注意
ぬれた手でさわらないこと
感電の原因になることがあります。
カメラの電源が ON の状態で、長時間直接触れないこと
使用中に温度が高くなる部分があり、低温やけどの原因になることがあります。
製品は、幼児の手の届くところに置かない
ケガの原因になることがあります。
逆光撮影では、太陽を画角から充分にずらすこと
太陽光がカメラ内部で焦点を結び、火災の原因になることがあります。画角から太陽をわ
ずかに外しても火災の原因になることがあります。
A
A
保管注意
移動注意
使用しないときは、レンズにキャップを付けるか、太陽光のあたらない所に保管すること
太陽光が焦点を結び、火災の原因になることがあります。
三脚にカメラやレンズを取り付けたまま移動しないこと
転倒したりぶつけたりして、ケガの原因となることがあります。
航空機内では、離着陸時に電源を OFF にする
また、搭乗前に GPS の位置情報機能も OFF にする
A
使用注意
飛行中は無線通信機能を使わない
病院では、病院の指示に従う
本機器が出す電磁波などが、航空機の計器や医療機器に影響を与えるおそれがあります。
Eye-Fi カードは、あらかじめカメラから取り外してください。
viii
A 注意(カメラとレンズについて)
K
M
F
F
バッテリーを取る
プラグを抜く
発光禁止
禁止
F
放置禁止
F
禁止
長期間使用しないときは電源(バッテリーや AC アダプター)を外すこと
バッテリーの液もれにより、火災、ケガや周囲を汚損する原因となることがあります。
AC アダプターをご使用の際には、AC アダプターを取り外し、その後電源プラグをコンセ
ントから抜いてください。火災の原因となることがあります。
内蔵フラッシュの発光窓を人体やものに密着させて発光させないこと
やけどや発火の原因になることがあります。
布団でおおったり、つつんだりして使用しないこと
熱がこもりケースが変形し、火災の原因になることがあります。
窓を閉め切った自動車の中や直射日光が当たる場所など、異常に温度が高くなる場所に放
置しない
故障や火災の原因になることがあります。
付属の CD-ROM を音楽用 CD プレーヤーで使用しないこと
機器に損傷を与えたり大きな音がして聴力に悪影響を及ぼすことがあります。
A 危険(専用リチウムイオン充電池について)
F
E
A
A
バッテリーを火に入れたり、加熱しないこと
A
ネックレス、ヘアピンなどの金属製のものと一緒に持ち運んだり、保管しないこと
F
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a に対応していない機器には使用しないこと
禁止
分解禁止
危険
危険
危険
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
バッテリーを分解しない
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
電池、または電池を入れたカメラに強い衝撃を与えたり、投げたりしないこと
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
専用の充電器を使用すること
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
ショートして液もれ、発熱、破裂、発火の原因になりますので、端子カバーを付けて絶縁
してください。
使用禁止
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a は、D5300 に対応しています。
A
危険
バッテリーからもれた液が目に入ったときはすぐにきれいな水で洗い、医師の治療を受けること
そのままにしておくと、目に傷害を与える原因となります。
A 警告(専用リチウムイオン充電池について)
A
保管注意
バッテリーは、幼児の手の届くところに置かない
幼児の飲み込みの原因となります。
万一飲み込んだ場合は直ちに医師にご相談ください。
J
A
水かけ禁止
警告
水につけたり、ぬらさないこと
液もれ、発熱の原因となります。
変色・変形、そのほか今までと異なることに気づいたときは、使用しないこと
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
ix
A 警告(専用リチウムイオン充電池について)
A
警告
充電の際に所定の充電時間を超えても充電が完了しないときは、充電をやめること
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
バッテリーをリサイクルするときや、やむなく廃棄するときはビニールテープなどで接点
A
警告
部を絶縁すること
他の金属と接触すると、発熱、破裂、発火の原因となります。ニコンサービス機関やリサ
イクル協力店にご持参くださるか、お住まいの自治体の規則に従って廃棄してください。
A
警告
バッテリーからもれた液が皮膚や衣服に付いたときはすぐにきれいな水で洗うこと
そのままにしておくと、皮膚がかぶれたりする原因となります。
A 注意(専用リチウムイオン充電池について)
A
充電中のバッテリーに長時間直接触れないこと
E
G
C
分解したり修理や改造をしないこと
使用注意
充電中に温度が高くなる部分があり、低温やけどの原因になることがあります。
A 警告(チャージャーについて)
M
C
分解禁止
接触禁止
感電したり、異常動作をしてケガの原因となります。
落下などによって破損し、内部が露出したときは、露出部に手を触れないこと
感電したり、破損部でケガをする原因となります。
すぐに修理依頼を チャージャーをコンセントから抜いて、ニコンサービス機関に修理を依頼してください。
熱くなる、煙が出る、こげ臭いなどの異常時は、速やかにチャージャーをコンセントから抜く
プラグを抜く
こと
そのまま使用すると火災、やけどの原因となります。
すぐに修理依頼を チャージャーをコンセントから抜く際、やけどに充分注意してください。ニコンサービス
機関に修理を依頼してください。
J
水かけ禁止
F
使用禁止
水につけたり、水をかけたり、雨にぬらしたりしないこと
発火したり感電の原因となります。
引火、爆発のおそれのある場所では使わない
プロパンガス、ガソリン、可燃性スプレーなどの引火性ガスや粉塵の発生する場所で使用
すると、爆発や火災の原因になります。
A
電源プラグの金属部やその周辺にほこりが付着している場合は、乾いた布で拭き取ること
F
雷が鳴り出したらチャージャーに触れないこと
警告
使用禁止
そのまま使用すると火災の原因になります。
感電の原因となります。
雷が鳴り止むまで機器から離れてください。
I
ぬれた手でチャージャーをコンセントから抜き差ししないこと
F
チャージャーを海外旅行者用電子式変圧器(トラベルコンバーター)や DC/AC インバー
感電注意
禁止
感電の原因になることがあります。
ターなどの電源に接続して使わないこと
発熱、故障、火災の原因となります。
x
A 注意(チャージャーについて)
I
A
A
F
感電注意
使用注意
放置注意
禁止
ぬれた手でさわらないこと
感電の原因になることがあります。
通電中のチャージャーに長時間直接触れないこと
通電中に温度が高くなる部分があり、低温やけどの原因になることがあります。
製品は、幼児の手の届くところに置かない
ケガの原因になることがあります。
布団でおおったり、つつんだりして使用しないこと
熱がこもりケースが変形し、火災の原因になることがあります。
xi
ご確認ください
● 保証書について
この製品には「保証書」が付いていますのでご確認ください。
「保証書」は、お買い上げの際、ご購入店
からお客様へ直接お渡しすることになっています。必ず「ご購入年月日」
「ご購入店」が記入された保証
書をお受け取りください。「保証書」をお受け取りにならないと、ご購入 1 年以内の保証修理が受けられ
ないことになります。お受け取りにならなかった場合は、ただちに購入店にご請求ください。
● カスタマーサポート
下記アドレスのホームページで、サポート情報をご案内しています。
http://www.nikon-image.com/support/
● 大切な撮影の前には試し撮りを
大切な撮影(結婚式や海外旅行など)の前には、必ず試し撮りをしてカメラが正常に機能することを事
前に確認してください。本製品の故障に起因する付随的損害(撮影に要した諸費用および利益喪失等に
関する損害等)についての補償はご容赦願います。
● 本製品を安心してお使いいただくために
本製品は、当社製のアクセサリー(レンズ、スピードライト、バッテリー、チャージャー、AC アダプター
など)に適合するように作られておりますので、当社製品との組み合わせでお使いください。
•
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a には、ニコン純正品であることを示すホロ
グラムシールが貼られています。
• 模倣品のバッテリーをお使いになると、カメラの充分な性能が発揮できないほか、バッ
テリーの異常な発熱や液もれ、破裂、発火などの原因となります。
• 他社製品や模倣品と組み合わせてお使いになると、事故・故障などが起こる可能性があります。その場
合、当社の保証の対象外となりますのでご注意ください。
● 使用説明書および活用ガイドについて
• 使用説明書および活用ガイドの一部または全部を無断で転載することは、固くお断りいたします。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご承知ください。
• 使用説明書および活用ガイドの誤りなどについての補償はご容赦ください。
• 使用説明書および活用ガイドの内容が破損などによって判読できなくなったときは、下記のホームペー
ジから使用説明書および活用ガイドの PDF ファイルをダウンロードできます。
http://downloadcenter.nikonimglib.com/
ニコンサービス機関で新しい使用説明書を購入することもできます(有料)。
● 著作権についてのご注意
あなたがカメラで撮影したものは、個人として楽しむなどの他は、著作権上、権利者に無断で使うこと
ができません。なお、実演や興行、展示物の中には、個人として楽しむなどの目的であっても、撮影を
制限している場合がありますのでご注意ください。また、著作権の対象となっている画像は、著作権法
の規定による範囲内で使用する以外は、ご利用いただけませんのでご注意ください。
xii
● カメラやメモリーカードを譲渡 / 廃棄するときのご注意
SD カード内のデータはカメラやパソコンで初期化または削除しただけでは、完全には削除されません。
譲渡 / 廃棄した後に市販のデータ修復ソフトなどを使ってデータが復元され、重要なデータが流出してし
まう可能性があります。SD カード内のデータはお客様の責任において管理してください。
• SD カードを譲渡 / 廃棄する際は、市販のデータ削除専用ソフトなどを使ってデータを完全に削除する
か、初期化後に、セットアップメニュー[位置情報]の[位置情報記録]
(0 50)を[しない]にして
から、SD カードがいっぱいになるまで、空や地面などの画像で置き換えることをおすすめします。な
お、ホワイトバランスのプリセットマニュアル画像も、同様に別の画像で置き換えてから譲渡 / 廃棄し
てください。SD カードを物理的に破壊して廃棄する場合は、周囲の状況やケガなどに充分ご注意くだ
さい。
• セットアップメニュー[位置情報]の[ログリスト]では、SD カード内の全てのログファイルを削除
できます。
•
Wi-Fi 接続設定は、セットアップメニュー[Wi-Fi]→[接続設定]→[接続設定のリセット]で工場出
荷時の設定にリセットしてください(0 58)。
● 電波障害自主規制について
この装置は、クラス B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的としています
が、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすことが
あります。
使用説明書に従って正しい取り扱いをしてください。
VCCI-B
●
AVC Patent Portfolio License に関するお知らせ
本製品は、お客様が個人使用かつ非営利目的で次の行為を行うために使用される場合に限り、AVC Patent
Portfolio License に基づきライセンスされているものです。
(i)AVC 規格に従い動画をエンコードすること(以下、エンコードしたものを AVC ビデオといいます)
(ii)個人利用かつ非営利目的の消費者によりエンコードされた AVC ビデオ、または AVC ビデオを供給する
ことについてライセンスを受けている供給者から入手した AVC ビデオをデコードすること
上記以外の使用については、黙示のライセンスを含め、いかなるライセンスも許諾されていません。
詳細情報につきましては、MPEG LA, LLC から取得することができます。
http://www.mpegla.com をご参照ください。
D アクセサリーについてのご注意
このカメラには、当社製のアクセサリーをお使いいただくことをおすすめします。他社製アクセサリー
は、カメラの故障や不具合の原因となることがあります。他社製アクセサリー使用によるカメラの不
具合については、保証の対象となりませんので、ご了承ください。なお、このカメラに使用できる別
売アクセサリーについての最新情報は、最新のカタログや当社のホームページなどでご確認ください
(0 xii)。
xiii
位置情報機能について
• セットアップメニュー[位置情報]の[位置情報記録]を[する]にしているときやログの取得中は、
カメラの電源を OFF にした後も位置情報機能やログ取得機能が作動します(0 50)
。航空機内や病院な
どの使用禁止・制限区域では、必ず[位置情報記録]を[しない]にしてからカメラの電源を OFF にし
てください。カメラが出す電磁波などが、航空機の計器や医療機器に影響を与えるおそれがあります。
• 位置情報を記録した静止画や動画などから、個人を特定できることがあります。位置情報を記録した静
止画、動画、ログファイルを、他人へ譲渡したりインターネットなど複数の人が閲覧できる環境に掲載
(0 xiii)
したりする場合はご注意ください。「カメラやメモリーカードを譲渡 / 廃棄するときのご注意」
も必ずお読みください。
• このカメラが計測する情報は、あくまでも目安です。航空機、車、人などの航法用途、および測量用途
には使わないでください。
• 登山やトレッキングなどでお使いの際は、地図や航法機器、計測機器を必ず携帯してください。
• 中国および中国の周辺国の国境付近などでは、位置情報機能が正常に機能しない場合があります(2013
年 11 月現在)
。
• 位置情報機能付きカメラを外国に持ち込む前に、使用規制の有無を旅行代理店や大使館などでお確かめ
ください。中国など、国によっては、政府の許可なしに位置情報機能を使用できないことがあります。
[位置情報記録]を[しない]にしてご使用ください。
xiv
Wi-Fi(無線 LAN)機能について
● 電波に係わるご注意
• 本製品の Wi-Fi の無線機能は、ご購入された国の法令に準拠し、ご購入された国以外では使用できません。
ご購入された国以外での使用について、当社は一切の責任を負いません。ご購入された国がわからない
ときは、本書の裏表紙に記載のニコン カスタマーサポートセンターへお問い合わせください。
●
Wi-Fi(無線 LAN)機能のご注意
Wi-Fi(無線 LAN)機能:2.4DS4/OF4
本製品の使用周波数は 2.4 GHz 帯、変調方式は DSSS、OFDM、与干
渉距離は約 40 m です。
• 本製品は、「電波法」に基づく技術基準適合認証を受けた無線設備を内蔵し、証明ラベルは無線設備上
に表示しています。
以下の行為は法令で罰せられることがあります。
- 本製品の分解 / 改造
- 本製品から証明ラベルをはがす
• 本製品の使用周波数帯は、以下の機器や無線設備と同じです。
- 電子レンジなどの産業・科学・医療用機器
- 工場の製造ライン等の移動体識別用の
q 構内無線局(免許を要する無線局)
w 特定小電力無線局(免許を要しない無線局)
- アマチュア無線局(免許を要する無線局)
これらの無線設備の近くでは、電波干渉で通信速度の低下、通信距離の短縮、通信の途絶が双方に生じ
ることがあります。
• 本製品で電波干渉を起こさないよう、以下にご注意ください。
- 使用周波数帯が同じ無線設備が近くにないか、事前に確認する
- 万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に電波干渉を生じたら、Wi-Fi アクセスポイントのチャ
ンネル番号を変更して使用周波数を変える
• その他、本製品から移動体識別用の特定小電力無線局あるいはアマチュア無線局に対して電波干渉の事
例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、本書の裏表紙に記載されているニコンカスタ
マーサポートセンターへお問い合わせください。
• データの送受信は、第三者に傍受される危険性にご留意ください。
データ送受信による情報漏洩には、当社は一切の責任を負いません。
• 本製品は、電子レンジなどの電気製品、AV 機器、OA 機器などの電磁波や磁気の発生源の周辺で使わな
いでください。
- 雑音が増大したり、通信が途絶したりします。
- AV 機器、OA 機器などの受信障害の原因になります。
● 本製品の使用上のご注意
本製品は、Wi-Fi(無線 LAN)機器としてお使いください。
Wi-Fi 機器以外としての使用による損害は、当社では一切の責任を負いません。
• 医療機器や人命に直接的または間接的に係わるシステムなど、高い安全性が要求される用途には使わな
いでください。
•
Wi-Fi 機器よりも高い信頼性が要求される機器や電算機システムなどの用途では、使用システムの安全
設計や故障に対する適切な処置をしてください。
xv
● セキュリティーについて
• 本製品は電波を利用して情報を交換するため、電波の届く範囲で自由に無線接続が可能であるという利
点がありますが、セキュリティーに関する設定を行っていない場合、以下のような問題が発生する可能
性があります。
- 情報の漏洩:悪意ある第三者が電波を故意に傍受し、ID やパスワードなどの個人情報が漏洩する可
能性があります。
- 不正アクセス:悪意ある第三者が無断でネットワークにアクセスして、なりすまし、情報の改ざんな
どの行為を行う可能性があります。また、本製品にセキュリティーを設定したにもかかわらず、無線
LAN の仕様上、特殊な方法によりセキュリティーが破られることもありますので、ご理解の上ご使
用ください。
• セキュリティー設定は、専用ソフトウェア「Wireless
Mobile Utility」(0 54)を使って行うことがで
きます。
• 液晶モニターやスマートデバイスに使用権限のないネットワークが表示されても、接続しようとしない
でください。接続しようとすると、不正アクセスとみなされる恐れがあります。使用権限のあるネット
ワークだけをお使いください。
● 本製品の輸出、持ち出しに係わるご注意
本製品は、米国輸出規制(EAR)を含む米国法の対象であり、米国政府指定の輸出規制国(キューバ、イ
ラン、北朝鮮、スーダン、シリア)への輸出や持ち出しには、米国政府の許可が必要になりますので、ご
注意ください。なお、輸出規制国は変更されている可能性がありますので、詳しくは米国商務省へお問
い合わせください。
● 個人情報の管理および免責事項
• 使用者によって本製品内に登録または設定された、Wi-Fi(無線 LAN)接続設定等の個人情報を含む情
報は、誤操作、静電気の影響、事故、故障、修理、その他の取り扱いで変化、消失する場合があります。
必要な内容は、お客さまの責任において控えを必ずおとりください。
当社の責によらない内容の変化、消失、それらに起因する直接または間接の損害および逸失利益には、
当社は一切の責任を負いません。
• 本製品を譲渡 / 廃棄するときは、使用者によって本製品内に登録または設定された、Wi-Fi 接続設定等
の個人情報を含む内容を、セットアップメニュー[Wi-Fi]→[接続設定]→[接続設定のリセット]
で工場出荷時の設定にリセットしてください(0 58)
。
• 本製品の盗難や紛失などで、第三者による不正使用の被害が発生しても、当社は一切の責任を負いません。
xvi
お使いになる前に
各部の名称
カメラ本体
3 2 1
13
24
4
5
6
7
8
11
25
14
15
4
16
9
17
10
18
19
20
12
22
23
1
2
撮影モードダイヤル ...................
ライブビュースイッチ
ライブビュー ..........................
動画 .............................................
3 10 AF 補助光ランプ
12
30
22
23
24
25
ミラー
レンズマウント..........................
10
アクセサリーシューカバー
フラッシュ取り付け部
(アクセサリーシュー)
26 マイク(ステレオ).................. 29
27 外部マイク入力端子 ................ 71
17
シャッターボタン........... 19、22
28 USB/ オーディオビデオ出力端子
ボタン
Fn
.......................................
60
18
電源スイッチ ................................. 2
パソコンと接続する ............ 66
19 レンズ着脱指標 ......................... 10
動画撮影ボタン ......................... 27
アクセサリーターミナル ...... 70
29
20 レンズ取り外しボタン ........... 16
ML-L3 用リモコン受光部
30 HDMI ミニ端子
フラッシュ調光補正
6
7
8
9
29
連写で撮影する ......................... 4
セルフタイマーを使って撮影
する ............................................. 4
リモコン撮影する .................... 4
レンズ信号接点
7 13 内蔵フラッシュ ......................... 22
4 ストラップ取り付け部
14 スピーカー ...................................... 2
(吊り金具)............................... 9
15 E 距離基準マーク
5 E(N)ボタン
16 M(Y)ボタン .............. 35、46
露出補正 .................................... 49
フラッシュモード
絞り値の設定 .......................... 47
フラッシュ調光補正
28
21 s(E/#)ボタン ...................... 4
23
27 11 ボディーキャップ
インフォ画面表示 ....................
27
21
セルフタイマーランプ
赤目軽減ランプ
3 R ボタン
26
(前面)......................................
端子カバー
71
1
カメラ本体(つづき)
1
7
8 9
10
2
11
12
3
4
13
14
15
16
5
17
21
20
18
19
6
1 ファインダー接眼窓 ......... 5、12 9
2 接眼目当て
10
3 G ボタン
メニュー .................................... 59 11
4 ML-L3 用リモコン受光部
(背面)...................................... 71 12
5 液晶モニター
13
撮影時の設定を確認する ..... 7 14
ライブビューで撮影する ... 23
15
撮影した画像を確認する
22
A(L)ボタン ..................... 60 19 バッテリー室カバー .......... 9、14
画像を保護する(プロテクト) 20 W(Q)ボタン
コマンドダイヤル
縮小 / サムネイル表示.......... 20
ヘルプ ......................................... 59
K ボタン
再生.............................................. 20 21 X ボタン ....................................... 20
拡大表示
SD カードカバー........................... 9
バッテリーロックレバー
22
ボタン
............................... 62
J OK
.............................................. 9、14
マルチセレクター..................... 62
O 削除ボタン
................................................... 20
再生中の画像を削除する
................................................... 21
6 三脚ネジ穴
16 SD カードアクセスランプ
7 視度調節ダイヤル..................... 12
.................................................... 19
8 P ボタン
17 パワーコネクターカバー
撮影時の設定を変更する ..... 8 18 バッテリー室カバー開閉ノブ
............................................... 9、14
D スピーカーについてのご注意
スピーカーに磁気カードなどの磁気製品を近づけると、記録内容が壊れることがあります。スピーカー
に磁気製品を近づけないでください。
A 電源スイッチ
2
電源スイッチを矢印の方向に回して「ON」のマー
電源スイッチを矢印の方向に回して「OFF」のマー
クを指標に合わせると、カメラの電源が ON にな
クを指標に合わせると、カメラの電源が OFF にな
ります。
ります。
撮影モードダイヤル
撮影モードダイヤルを回すと、次の各モードに切り換えられます。
P、S、A、M モード
スペシャルエフェクトモード
シャッタースピードや絞り値、各種設定
特殊効果をつけて撮影できる撮影モードです。
を自分で決めて、より本格的な撮影を楽
%:ナイトビジョン(0 36)
g:カラースケッチ(0 37、40)
':トイカメラ風(0 37、41)
(:ミニチュア効果(0 37、42)
3:セレクトカラー(0 37、44)
1:シルエット(0 38)
2:ハイキー(0 38)
3:ローキー(0 38)
):HDR ペインティング(0 38)
しむことができる撮影モードです。
P:プログラムオート(0 46、47)
S:シャッター優先オート(0 46、47)
A:絞り優先オート(0 46、47)
M:マニュアル(0 46、47)
オートモード
撮影状況に合わせて、各種設定をカメラが自動的にコント
ロールするので、カメラまかせで簡単に撮影することがで
きます。デジタル一眼レフカメラを初めてお使いになる方
におすすめの撮影モードです。
i:オートモード(0 18)
j:発光禁止オートモード(0 18)
シーンモード
撮影シーンに合わせて、各種設定をカメラが自動的にコントロールするので、撮影シーンが決
まっているときにおすすめの撮影モードです。
k:ポートレートモード(0 33)
l:風景モード(0 33)
p:こどもスナップモード(0 33)
m:スポーツモード(0 33)
n:クローズアップモード(0 33)
h:その他のシーンモード(0 34)
3
s(E/#)(レリーズモード)ボタン
s(E/#)ボタンを押すと、シャッターをきる(レ
リーズする)ときの動作(レリーズモード)の選択
画 面 が 表 示 さ れ ま す。マ ル チ セ レ ク タ ー の
1342 を押してカーソルを動かし、J ボタンを
押して決定します。
8
!
9
J
E
1 コマ撮影
シャッターボタンを全押しするたびに 1 コマずつ撮影できます。
低速連続撮影
シャッターボタンを全押ししている間、低速連続撮影します。
高速連続撮影
シャッターボタンを全押ししている間、高速連続撮影します。
静音撮影
1 コマ撮影に比べて静かに撮影できます。
セルフタイマー
2 秒リモコン
"
(ML-L3)
#
4
s(E/#)ボタン
瞬時リモコン
(ML-L3)
セルフタイマー撮影ができます。シャッターボタンを全押しすると、カ
ウントダウンが始まり、約 10 秒後にシャッターがきれます。
別売のリモコン ML-L3 の送信ボタンを押すと、2 秒後にシャッターがき
れます。
別売のリモコン ML-L3 の送信ボタンを押すと、すぐにシャッターがきれ
ます。
ファインダー (説明のため、全ての表示を点灯させています)
1
2
3
78
4
5
6
9
10
16
6 カードなしマーク .................... 9
7 ピント表示 ............................... 19
8 AE ロックマーク
9 シャッタースピード ................ 48
2 フォーカスポイント表示....... 19 10 絞り値 ............................................. 48
3 AF エリアフレーム ......... 12、18 11 スペシャルエフェクト
モード表示 ............................. 36
4 バッテリー警告表示 .............. 14
12 オートブラケティングマーク...
5 白黒マーク(撮影モードが % の
...................................................... 8
1
構図用格子線
(カスタムメニュー d2[ファ
インダー内格子線表示]を
[する]に設定している場合
のみ表示されます)
場合、ピクチャーコントロー
ルが[モノクローム]の場合
または[モノクローム]を元
にしたカスタムピクチャー
コントロールの場合にのみ
表示されます)............. 8、36
11 12
17
18
19
20
13 14 15
21
14 1000 コマ以上補助表示........ 12
15 レディーライト .......................... 22
16 プログラムシフトマーク
17 インジケーター
露出 ........................................... 48
露出補正.................................. 49
フォーカスエイド
18 フラッシュ調光補正マーク
19 露出補正マーク .......................... 49
13 記録可能コマ数....................... 12 20 ISO-AUTO マーク
連続撮影可能コマ数 .............. 19 21 警告表示 ........................................ 76
ホワイトバランスプリセット
マニュアルデータ取得
モード表示
露出補正値 ................................... 49
フラッシュ調光補正値
ISO 感度....................................... 8
A ファインダーについて
ファインダー内の表示の応答速度や明るさは、温度によって変化しますが、故障ではありません。
5
液晶モニター
このカメラの液晶モニターは、向きや角度を変えて使えます。
180°
90°
180°
通常の撮影
通常の撮影では、モニター画面を外側にしてカメ
ラ本体に収納した状態でお使いいただくことをお
すすめします。
ローアングル撮影
ライブビュー撮影時、低い位置にある被写体の撮
影に便利です。
ハイアングル撮影
ライブビュー撮影時、高い位置にある被写体や人
越しの撮影に便利です。
セルフポートレート撮影
• ライブビュー撮影でのセルフポートレートの撮
影に便利です。
• 液晶モニターには鏡に映ったような状態(鏡像)
で表示されますが、画像はカメラから見た状態
(正像)で記録されます。
D 液晶モニター取り扱い上のご注意
• 液晶モニターを回転させる場合は、回転範囲内でゆっくりと回してください。無理な力がかかると、
カメラ本体との接続部の破損の原因となります。
• 液晶モニターを使用しないときは、傷や汚れを防ぐためにモニター画面を内側にしてカメラ本体に収
納することをおすすめします。
6
液晶モニター表示
❚❚ インフォ画面(説明のため、全ての表示を点灯させています)
R ボタンを押すと、液晶モニターに次のようなインフォ画面が表
示されます。
1
8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
R ボタン
2
19
3
4
5
6
7
20
21
22
24
23
1
撮影モード
i(オート)またはj(発光禁止
オート)で撮影する .......... 17
シーンに合わせて撮影する ... 32
特殊効果をつけて撮影する
7 レリーズモード ............................ 4 19 ISO 感度............................................. 8
ISO 感度イメージ
8 Eye-Fi 通信マーク
マーク
ISO-AUTO
9 Wi-Fi 通信表示 ........................ 58
ブラケティング度合い
ADL
20
10 ログ取得表示
表示
.................................................... 36 11 衛星受信状態マーク ................ 51 21 記録可能コマ数.......................... 12
12 露出ディレーモードマーク
撮影モード P、S、A、M を使う
ホワイトバランスプリセット
2
絞り値 ............................................ 48
絞りイメージ ......................... 48
3
シャッタースピード ..................
シャッタースピードイメージ
.................................................... 46
4
13
14
48
15
.................................................... 48 16
オートブラケティングマーク
.................................................... 60
60
多重露出マーク .........................
デート写し込み設定マーク
.................................................... 60
手ブレ補正マーク .................. 16
フラッシュ発光方式マーク
スピードライト調光補正
マーク
マニュアルデータ取得モー
ド表示
PC カメラモード表示
22 1000 コマ以上補助表示 ......... 12
23 インジケーター
露出 ...........................................
露出補正 .................................
AE ブラケティング
WB ブラケティング
48
49
........................................................ 8
ロックマーク
17 電子音マーク .............................. 60
AE
5
18 バッテリー残量表示 ................ 14 24 ヘルプあり表示.......................... 76
6 オートエリアAF 設定マーク
3D- トラッキング設定マーク
フォーカスポイント ................ 19
A 液晶モニター(インフォ画面)を消灯するには
• シャッターボタンを半押しする
• インフォ画面の表示中に、R ボタンを押す
操作を行わないまま約 8 秒経過したときも、インフォ画面は消灯します(液晶モニターが消灯するまで
の時間は、カスタムメニュー c2[パワーオフ時間](0 60)で変更できます)。
7
❚❚ 撮影時の設定を変更する
P ボタンを押すと、インフォ画面下部に表示されている撮影時の
設定を変更できる画面に切り替わります。マルチセレクターの
1342 を押してカーソルを動かし、項目を選んで J ボタンを押
すと、選んだ項目の設定画面が表示されます。
1
2
3
4
5
6
7
14
13
12
11
10
9
8
P ボタン
1 画質モード
2 画像サイズ
3 オートブラケティング
画像を記録するときのファイル形式と画質を設定できます。
画像を記録するときの画像サイズを設定できます。
4 HDR(ハイダイナミック
露出が異なる 2 枚の画像を撮影して合成することにより、シャ
明るさ(露出)、ホワイトバランス、またはアクティブ D- ライ
ティングの設定をカメラが自動的に変えながら撮影します。
レンジ)
ドー部からハイライト部まで幅広く再現された画像を記録で
きます。
5 アクティブ D- ライティング 白とびや黒つぶれを軽減した、見た目のコントラストに近い画
像になります。
6
7
8
9
10
11
ホワイトバランス
光源の種類に合わせてホワイトバランスを設定できます。
ISO 感度
ISO 感度を設定できます。
露出補正
画像全体を意図的に明るくしたり、暗くしたりできます。
フラッシュ調光補正
フラッシュの発光量を補正できます。
フラッシュモード
フラッシュのモードを設定できます。
測光モード
12 AF エリアモード
適正な露出を得るためにカメラが被写体の明るさを測る方法
(測光モード)を設定できます。
オートフォーカスでピントを合わせるフォーカスポイントの
選び方を設定できます。
13 フォーカスモード
14 ピクチャーコントロール
フォーカスモード ( ピントの合わせ方 ) を選べます。
記録する画像の仕上がり(ピクチャーコントロール)を、撮影
シーンや好みに合わせて選べます。
8
撮影前の準備をする
バッテリーや SD カードをカメラに入れたり、カメラから取り出したりするときは、必
ずカメラの電源を OFF にしてください。
1
カメラにストラップを取り付ける(2 カ所)
2
バッテリーをバッテリーチャージャーで充電する
• フル充電するには約 1 時間 50 分かかります(残量の無いバッテリーの場合)。
コンセントへ
差し込む
カメラにバッテリーと SD カードを入れる
• バッテリーと SD カードは、図のように正しい向きで入れてください。
• オレンジ色のバッテリーロックレバーをバッテリー側面で押しながら、バッテリーを
奥まで入れると、バッテリーロックレバーがバッテリーに掛かって固定されます。
バッテリーロックレバー
• SD カードは、カチッと音がするまで挿入してください。
16GB
3
充電中 充電完了
(点滅) (点灯)
9
4
レンズを取り付ける
• ほこりなどがカメラ内部に入らないように注意してください。
カメラのボディー
キャップを外す
レンズの裏ぶたを外す
カメラの指標
カメラの指標とレンズの
指標を合わせる
レンズの指標
カチッと音がするまで矢印の方向にレンズを回す
• 撮影する前に、レンズキャップを取り外してください。
10
5
液晶モニターを開く
• 液晶モニターは、無理な力を加えずにゆっくりと回してください。
6
カメラの電源を ON にする
7
日付と時刻を設定する
• ご購入後、初めて電源を ON にすると、カメラの内蔵時計の日付と時刻を設定する画面
が表示されます。日時の設定が完了するまで、撮影や他の設定はできません。
• マルチセレクターの 1 または 3 を押して、選択中
の項目の数値を合わせ、4 または 2 で項目を移動
します。
• 日付と時刻の設定を完了したら、J ボタンを押し
ます。
A ズームリングボタンの付いたレンズをお使いの場合
ズームリングボタンを押しながら(q)、ズームリン
グを矢印の方向に回してください(w)。ズームリン
グのロックが解除され、レンズが繰り出します。
ズームリングボタン
• レンズを収納した状態では撮影できません。レン
ズを繰り出さずに電源を ON にして警告メッセー
ジが表示された場合、撮影できる位置までズーム
リングを回すと、警告メッセージが消えます。
11
8
バッテリーと SD カードを確認する
• R ボタンを押すと、バッテリーの残量と SD カードの記録可
能コマ数(これから撮影できる枚数)を液晶モニターで確認
できます。
R ボタン
バッテリー残量
(0 14)
• 記録可能コマ数が 1000 コマ以上あるときは、1000 を意味す
る「k」マークが点灯します。
記録可能コマ数
9
ファインダーを見やすくする
• ファインダーで構図を決めながら撮影する場合は、
あらかじめ、ファインダー内がはっきり見えるよう
に視度調節ダイヤルを回して調節してください。
• 爪や指先で目を傷つけないようにご注意ください。
• レンズキャップを取り外し、ファインダーをのぞきながら視度調節ダイヤルを回し、
AF エリアフレームが最もはっきり見えるように調節してください。
AF エリアフレーム
視度調節前
12
視度調節後
D チャージャーの使用上のご注意
• 充電中にチャージャーをゆすったり、充電中のバッテリーに触れたりすると、振動や静電気の影響に
より、きわめてまれではありますが、未充電にもかかわらず充電完了表示になる場合があります。こ
のような場合にはバッテリーを取り外し、再度セットして充電を再開してください。
• チャージャーの端子をショートさせないでください。発熱、破損の原因となります。
• チャージャーを使用しないときは、チャージャーをコンセントから抜いてください。
• バッテリーチャージャー MH-24 対応のバッテリー以外は充電しないでください。
D チャージャーの「CHARGE」ランプが速く(1 秒間に 8 回)点滅する場合
• バッテリーのセットミス:チャージャーをコンセントから抜いて、バッテリーを取り外し、チャー
ジャーにセットし直してください。
• 指定温度外での使用:チャージャーを指定温度範囲内(0 ℃〜 40 ℃)でお使いください。
• さらに不具合が続く場合は、ただちにチャージャーをコンセントから抜いて、充電を中止してくださ
い。販売店またはニコンサービス機関にチャージャーおよびバッテリーをお持ちください。
D バッテリーの使用上のご注意
• お使いになる前に、必ず「安全上のご注意」
(0 vii 〜 xi)、
「カメラとバッテリーの取り扱い上のご注
意」
(0 74 〜 75)をお読みになり、記載事項をお守りください。
• バッテリーは 0 ℃〜 40 ℃の範囲を超える場所ではお使いにならないでください。バッテリーの性能が
劣化したり、故障の原因となります。
• 周囲の温度が 5 ℃〜 35 ℃の室内で充電してください。バッテリーの温度が 0 ℃以下、60 ℃以上のとき
は、充電をしません。
• バッテリーの温度が 0 ℃〜 15 ℃、45 ℃〜 60 ℃のときは、充電できる容量が少なくなる、または充電
時間が長くなることがあります。
13
A バッテリーを取り出すときは
電源を OFF にしてから、バッテリー室カバーを開けてください。バッテリー
ロックレバーを矢印の方向に押すと、バッテリーが少し飛び出しますので、
引き抜いて取り出してください。
A バッテリー残量
バッテリー残量は、インフォ画面で確認できます。残量が少なくなると、
ファインダーにバッテリー警告が表示されます。
•
R ボタンを押してもインフォ画面が表示されない場合、バッテリー残量
がありません。
液晶モニター ファインダー
14
L
K
H
H
(点滅)
(点滅)
意味
―
残量は充分に残っています。
―
残量が減り始めました。
d
d
残量は残りわずかです。
残量がなくなりました。バッテリーを充電してください。
D SD カード取り扱い上のご注意
• カメラの使用後は、SD カードが熱くなっていることがあります。取り出しの際はご注意ください。
•
SD カードの初期化中や画像の記録または削除中、パソコンとの通信時などには、次の操作をしない
でください。記録されているデータの破損や SD カードの故障の原因となります。
-
SD カードの着脱をしないでください
カメラの電源を OFF にしないでください
バッテリーを取り出さないでください
AC アダプターを抜かないでください
• 端子部に手や金属で触れないでください。
• 無理な力を加えないでください。破損のおそれがあります。
• 曲げたり、落としたり、衝撃を与えたりしないでください。
• 熱、水分、直射日光を避けてください。
• パソコンで初期化しないでください。
D SD カードのフォーマット
このカメラに初めて入れるSDカードや、
他の機器でフォーマットされたSD
カードは、セットアップメニュー[カードの初期化(フォーマット)]
(0 61)
で、画面の指示に従ってフォーマットしてください。SD カードを初期化す
ると、カード内のデータは全て削除されます。必要なデータがある場合は、
初期化する前にパソコンなどに保存してください。
16GB
A SD カードを取り出すときは
SD カードカバーを開ける前に、SD カードアクセスランプの消灯を確認して、
電源を OFF にしてください。SD カードカバーを開けて、SD カードを奥に押
し込むと(q)
、カードが押し出されるので、引き抜いて取り出してください
(w)。
•
SD カードには、書き込み禁止スイッチが付いています。この
スイッチを「LOCK」の位置にすると、データの書き込みや削
B
16G
A SD カードの書き込み禁止スイッチについて
除が禁止され、カード内の画像を保護できます。
•「LOCK」した SD カードをカメラに入れてシャッターをきろう
とすると、警告音が鳴り、撮影できません。撮影時や、画像を
書き込み禁止
スイッチ
削除するときは「LOCK」を解除してください。
15
A レンズのフォーカスモードについて
レンズのフォーカスモードが切り換えられる場合は、オートフォーカス(A、
M/A、または A/M)に設定してください(使用できるレンズについては、
0 68 をご覧ください)。
A 手ブレ補正機能について
手ブレ補正機能が ON のときは、インフォ画面に手ブレ補正マークが表示さ
れます。
• 撮影メニュー[光学手ブレ補正]に対応したレンズの装着時には、
[光学手ブレ補正]を[する]に設定すると、手ブレ補正機能が ON
になります。
• レンズに手ブレ補正スイッチがある場合は、手ブレ補正スイッチを
ON にすると、手ブレ補正機能が ON になります。
A レンズを取り外すには
カメラの電源を OFF にしてから、カメラ前面のレンズ取り外しボタンを押
しながら(q)、レンズを矢印の方向にいっぱいまで回し(w)、引き抜い
てください。
• レンズを取り外した後は、カメラのボディーキャップとレンズの裏
ぶたをそれぞれ取り付けてください。
A ズームリングボタンの付いたレンズの収納方法
• カメラを使わないときは、レンズを収納してコンパクトにすることが
できます。レンズを収納するには、ズームリングボタンを押しながら
(q)、ズームリングを矢印の方向に回してください(w)。ズームリン
(ロック)の位置に合わせると、ズームリングがロッ
グ上の指標を「L」
クされてレンズが収納されます。
• レンズの着脱時にズームリングボタンを押さないようご注意ください。
• レンズを取り外す前にレンズを収納してください。
A カメラの内蔵時計について
カメラの内蔵時計は、一般的な時計(腕時計など)ほど精度は良くありません。定期的に日時設定を
行うことをおすすめします。
A 時計用電池について
カメラの内蔵時計は、バッテリーとは別の時計用電池で作動します。カメラにバッテリーを入れると、
時計用電池が充電されます。フル充電するには約 3 日間かかります。充電すると、約 1 カ月の間時計を
動かすことができます。液晶モニターに[日時未設定]と表示された場合は、内蔵時計の設定が初期
化されているため、撮影日時が正しく記録されません。もう一度日時設定を行ってください。
16
かんたんに静止画 / 動画を撮影
する(i オート/j 発光禁止オート)
撮影モード i(オート)と j(発光禁止オート)を使うと、
カメラまかせの簡単な操作で静止画撮影と動画撮影を楽し
むことができます。i の場合は、必要に応じてフラッシュが
光ります。フラッシュを光らせずに撮影したいときは、j で
撮影してください。
カメラの電源を ON にして、カメラ上面の撮影
撮影モードダイヤル
モードダイヤルを i または j に合わせます。
ファインダーを
のぞいて撮影する
静止画を撮影するには
• 再生するには
• 削除するには
液晶モニターを
見ながら撮影する
静止画を撮影するには
• 再生するには
• 削除するには
動画を撮影するには
• 再生するには
• 削除するには
0 18
0 20
0 21
0 23
0 26
0 26
0 27
0 30
0 31
17
ファインダーをのぞいて静止画を撮影する
1
カメラを構える
• 脇を軽く締め、右手でカメラのグリップ
を包み込むようにしっかりと持ち、左手
でレンズを支えます。
• 人物などを縦位置で撮影する場合は、
カメラを縦位置に構えます。
2
構図を決める
• ファインダーをのぞいて、構図を決めてください。
• 被写体を AF エリアフレーム内に配置します。
AF エリアフレーム
A ズームレンズの使い方
被写体を大きく写したいときはズームリングを望遠側(焦点距離目
盛の大きい数値側)に、広い範囲を写したいときはズームリングを
望遠側
ズームリング
広角側(焦点距離目盛の小さい数値側)に回してください。
• 撮影するときは、ズーミングして構図を決めてからピント合わせ
を行ってください。
広角側
• ズームリングボタンの付いたレンズの場合(0 11)は、ズームリ
ングボタンを押しながら、右図の警告メッセージが表示されなく
なるまでズームリングを回してロックを解除してから、ズーム操
作を行ってください。
18
3
シャッターボタンを軽く押して(半押し
して)、ピントを合わせる
フォーカスポイント
• 暗い場所などでは、AF 補助光が光ったり内蔵
フラッシュが上がることがあります。
ピント表示
連続撮影
可能コマ数
• ピントが合うと、ピピッという電子音が鳴り、ファインダー内のピント表示(●)が
点灯します(被写体が動いているときは、電子音が鳴らない場合があります)。
ファインダー内ピント表示
意味
●(点灯)
被写体にピントが合っています。
●(点滅)
。
オートフォーカスでのピント合わせができません(0 77)
• ピントが合った位置には、フォーカスポイントが表示されます。
4
シャッターボタンを半押ししたまま、さらに
深く押し込んで(全押しして)撮影する
• SD カードアクセスランプが点灯している間は、画像
を記録しています。SD カードやバッテリーを取り出
さないでください。
SD カード
アクセスランプ
• 撮影した画像が液晶モニターに数秒間表示されます。
19
撮影した画像を再生する(1 コマ表示モード)
K ボタンを押すと、撮影した画像が表示されます。
K ボタン
• マルチセレクターの 4 または 2 を押すと、他の
画像を表示できます。
❚❚ 複数の画像を一覧表示する(サムネイル表示モード)
• 1 コマ表示モードで W(Q)ボタンを押すと、ボ
タンを押すたびに 4 コマ表示、12 コマ表示、80 コ
マ表示の順に切り換えられます。
• Xボタンを押すと、表示コマ数が少なくなります。
• 1342 を押すかコマンドダイヤルを回して画 W(Q)ボタン
像を選び、J ボタンを押すと 1 コマ表示モードで
画像を表示します。
❚❚ 撮影した日付ごとに画像を表示する(カレンダー表示モード)
• 80 コマ表示時に W(Q)ボタンを押すと、撮影した日付ごとに縮小画像を表示する
「カレンダー表示モード」に切り替わります。
• 1342 を押して「カレンダー表示」上の日付を
撮影日サムネイル表示
選んで、W(Q)ボタンを押すと、指定した日付
に撮影した画像を選べます。
•「カレンダー表示」上の日付を選んでXボタンを押
すと、80 コマ表示のサムネイル表示に切り替わり
ます。
20
カレンダー表示
不要な画像を削除する
1
削除したい画像を表示する
K ボタン
2 O ボタンを押す
O ボタン
3
もう一度 O ボタンを押す
• 表示中の画像が削除されます。
21
A シャッターボタンの半押し
シャッターボタンは、2 段階に押し込むようになっています。まず、シャッターボタンを軽く抵抗を感じ
るところまで押して、そのまま指を止めることを、
「シャッターボタンを半押しする」といいます。次に、
そのまま深く押し込む(これを「シャッターボタンを全押しする」といいます)と、シャッターがきれます。
半押しして
ピントを合わせる
全押しして
撮影する
• 再生中にシャッターボタンを半押しすると、すぐに次の撮影ができます。
A 半押しタイマーについて
このカメラには、バッテリーの消耗を抑えるための「半押しタイマー」という機能があります。シャッ
ターボタンを半押しすると、半押しタイマーがオンになります。何も操作が行われないまま約 8 秒経過
すると半押しタイマーがオフになり、ファインダー内表示が消灯します。もう一度シャッターボタン
を半押しすると、半押しタイマーがオンになり、元の状態に戻ります。半押しタイマーの作動時間は、
カスタムメニュー c2[パワーオフ時間](0 60)で変更できます。
半押しタイマーオン
半押しタイマーオフ
A 内蔵フラッシュについて
撮影モード i では、シャッターボタンを半押しすると必要に応じて自動的
に内蔵フラッシュが上がります。
• ファインダー内に N(レディーライト)が点灯しているとき:シャッター
ボタンを全押しすると、内蔵フラッシュが発光します。
• 内蔵フラッシュが上がっている状態で N が点灯していないとき:フラッ
シュが充電中のため、撮影できません。
内蔵フラッシュを収納するときは、カチッと音がするまで手で軽く押し下
げます。フラッシュを使わないときは常に収納してください。
22
半押しタイマーオン
液晶モニターを見ながら静止画を撮影する
(ライブビュー撮影)
1
ライブビュースイッチを回す
• 液晶モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2
カメラを構える
• 右手でカメラのグリップを包み込むよ
うにしっかりと持ち、左手でレンズを支
えます。
• 人物などを縦位置で撮影する場合は、カ
メラを縦位置に構えます。
3
シャッターボタンを軽く押して(半押しして)、
ピントを合わせる
• フォーカスポイントは、オートフォーカス作動中は緑
色で点滅し、ピントが合うと緑色で点灯します。ピン
トが合わないと赤色で点滅します。
フォーカスポイント
23
4
シャッターボタンを半押ししたまま、さらに
深く押し込んで(全押しして)撮影する
• 撮影時は液晶モニターが消灯します。
• SD カードアクセスランプが点灯している間は、画像
を記録しています。SD カードやバッテリーを取り
出さないでください。
SD カード
アクセスランプ
• 撮影後は、撮影した画像が液晶モニターに数秒間
表示されます。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回
します。
A おまかせシーン
撮影モードダイヤルが i または j のときにライブビューに切り換えると、オートフォーカスに設定し
ている状態では、「おまかせシーン」になります。
• おまかせシーンでは、カメラが撮影シーンや被写体に合わせて最適な撮影モードを決定します。
• 液晶モニターの左上に、カメラが選んだ撮影モードのアイコンが表示さ
れます。
c
d
e
f
Z
b
24
ポートレート
人物を認識した場合
風景
自然の風景や街並みを認識した場合
クローズアップ
近接位置の被写体を認識した場合
夜景ポートレート
夕景や夜景をバックに人物を認識した場合
オート
上記のシーンを認識しなかった場合
発光禁止オート
i または j に適したシーンの場合
D ライブビュー撮影時のご注意
• ライブビュー表示中は、液晶モニターの表示に次のような現象が発生することがありますが、実際に
記録される画像に影響はありません。
-
電車や自動車など、高速で画面を横切る被写体が歪んで表示される
カメラを左右に動かした場合、画面全体が歪んで見える
カメラを動かした場合、照明などの明るい部分に残像が発生する
輝点が発生する
• 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、ライブビュー表示中に画面にちらつきや横縞が生じ
る「フリッカー現象」は、セットアップメニューの[フリッカー低減](0 61)で低減できますが、
設定しているシャッタースピードによっては、撮影した静止画に記録されることがあります。
• 液晶モニターを閉じると(テレビやハイビジョンテレビなどの外部モニターでの表示中は除く)、ラ
イブビュー撮影を終了します。
• 長時間ライブビューで撮影すると、カメラ内部の温度が上昇することがあるため、ノイズ(ざらつ
き、むら、輝点)が発生する場合があります。撮影時以外は、ライブビューを終了してください。
• 次のような場合は、高温によるカメラへの損傷を抑えるために、ライブビューの開始を制限したり自
動的に終了したりすることがあります。
- 撮影時の気温が高い場合
- ライブビュー撮影や動画撮影を長時間行った場合
- 連続撮影を行った直後など
カメラが熱くなってライブビューを開始できない場合は、カメラ内部の温度が下がるまでライブ
ビューを一時休止してください。このとき、カメラボディー表面が熱くなることがありますが故障で
はありません。
• ライブビュー表示中は、太陽など強い光源にカメラを向けないでください。内部の部品が破損するお
それがあります。
A ライブビュー残り時間のカウントダウンについて
自動的にライブビューを終了する 30 秒前から、液晶モニターの左上にカウントダウンを表示します。
• カスタムメニュー c2[パワーオフ時間]
(0 60)の設定により終了する場合は、終了 30 秒前から黒
字で表示し、終了 5 秒前から赤字で表示します。
• カメラ内部の温度上昇により終了する場合は、終了 30 秒前から赤字で表示します。撮影条件によっ
ては、ライブビュー開始後すぐにカウントダウンが始まることがあります。
25
撮影した画像を再生する( 1 コマ表示モード)
K ボタンを押すと、撮影した画像が表示されます。
K ボタン
• マルチセレクターの 4 または 2 を押すと、他の
画像を表示できます。
不要な画像を削除する
1
削除したい画像を表示する
K ボタン
2 O ボタンを押す
O ボタン
3
もう一度 O ボタンを押す
• 表示中の画像が削除されます。
26
動画を撮影する
ライブビューにすると動画を撮影できます。
1
ライブビュースイッチを回す
• 液晶モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2
カメラを構える
• 右手でカメラのグリップを包み込むよ
うにしっかりと持ち、左手でレンズを支
えます。
3
シャッターボタンを軽く押して(半
押しして)
、ピントを合わせる
フォーカスポイント
4
動画撮影ボタンを押して、撮影を始める
動画撮影ボタン
• 録画中は録画中マークが液晶モニターに表示されます。SD
録画中マーク
カードに記録できる残り時間の目安も液晶モニターで確認で
きます。
残り時間
27
5
もう一度動画撮影ボタンを押して、撮影を終了する
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回
します。
A 動画撮影について
• 使用している SD カードの書き込み速度によっては、最長記録時間に満たないで撮影が自動的に終了
する場合があります。
• 動画撮影時は、内蔵フラッシュと別売のスピードライトは発光しません。
•
•
0(動画記録禁止)マークが表示されているときは、動画撮影できません。
1 つの動画ファイルで記録可能な最大ファイルサイズは 4GB です。
A 最長記録時間
1 回の撮影で記録できる動画の最長記録時間は、撮影メニュー[動画の設定]の[画像サイズ / フレー
ムレート]と[動画の画質]の組み合わせによって異なります。
画像サイズ / フレームレート
L/t
M/u
N/r
O/s
P/k
Q/l
R/o
S/n
T/p
解像度(ピクセル)
フレームレート※ 1,2
1920 × 1080
1920 × 1080
1920 × 1080
1920 × 1080
1920 × 1080
1280 × 720
1280 × 720
640 × 424
640 × 424
60p
50p
30p
25p
24p
60p
50p
30p
25p
最長記録時間
(
[動画の画質]※ 3 の設定:
★高画質 / 標準)※ 4
10 分 /20 分
20 分 /
29 分 59 秒
29 分 59 秒 /
29 分 59 秒
※ 1 60p:59.94 コマ / 秒(fps)
、50p:50 コマ / 秒、30p:29.97 コマ / 秒、25p:25 コマ / 秒、
24p:23.976 コマ / 秒
※ 2 60p/30p は、セットアップメニューの[ビデオ出力](0 61)が[NTSC]の場合に選べます。
50p/25p は、[ビデオ出力]が[PAL]の場合に選べます。
※ 3[動画の画質]が高画質の場合は、アイコンに★が表示されます。
※ 4 ( の場合、最長記録時間は 3 分です。
A ライブビュー残り時間のカウントダウンについて
• 自動的に動画撮影を終了する 30 秒前から、液晶モニターの左上にカウントダウンを表示します。
• 撮影条件によっては、動画撮影を開始後すぐにカウントダウンが始まることがあります。
• 動画記録中にカウントダウンが始まった場合は、液晶モニターの右上に表示されている動画残り記録
時間にかかわらず、ライブビュー残り時間のカウントダウン時間で動画撮影を自動的に終了します。
28
D 動画撮影時のご注意
• 動画撮影中の液晶モニターの表示に、次のような現象が発生する場合があります。これらの現象は撮
影した動画にも記録されます。
-
蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が発生する
電車や自動車など、高速で画面を横切る被写体が歪む
カメラを左右に動かした場合、画面全体が歪む
カメラを動かした場合、照明などの明るい部分に残像が発生する
ジャギー、偽色、モアレ、輝点が発生する
周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光された場合、画面の一部が明るくなったり、明るい
横帯が発生する
• 次のような場合は、動画撮影は自動的に終了します。
-
最長記録時間に達した場合
SD カードの残量がなくなった場合
撮影モードダイヤルを回した場合
液晶モニターを閉じた場合(テレビやハイビジョンテレビなどの外部モニターでの表示中は除く)
• 長時間ライブビューで撮影すると、カメラ内部の温度が上昇することがあるため、ノイズ(ざらつ
き、むら、輝点)が発生する場合があります。撮影時以外は、ライブビューを終了してください。
• 次のような場合は、高温によるカメラへの損傷を抑えるために、カメラは自動的に動画撮影を終了す
ることがあります。
- 撮影時の気温が高い場合
- ライブビュー撮影や動画撮影を長時間行った場合
- 連続撮影を行った直後など
カメラが熱くなってライブビューまたは動画撮影を開始できない場合は、カメラ内部の温度が下がる
までライブビューおよび動画撮影を一時休止してください。このとき、カメラボディー表面が熱くな
ることがありますが故障ではありません。
• 動画撮影時、太陽など強い光源にカメラを向けないでください。内部の部品が破損するおそれがあり
ます。
• マイク(0 1)を指などでふさがないようにしてください。音声が記録できない場合があります。
• 次の場合は、レンズの動作音が録音されることがあります。
- オートフォーカス作動中
- VR レンズ使用時に VR(手ブレ補正)を ON にした場合
29
撮影した動画を再生する
K ボタンを押して、1 マークが表示されている画
像を表示します(1 コマ表示モード)。
K ボタン
• J ボタンを押して動画を再生します。
1 マーク
再生時間 / 記録時間
記録時間
音量設定
プログレスバー
操作ガイド
❚❚ 動画再生時の操作方法
一時停止する
マルチセレクターの 3 を押すと、一時停止します。
再生を再開する
一時停止中または早送り / 巻き戻し中に J ボタンを押すと、動
画再生を再開します。
• 再生中に 4 を押すと巻き戻し、2 を押すと早送りします。同
じ方向のボタンを押すごとに、巻き戻し/早送りの速度が2倍、
巻き戻しする /
早送りする
•
4 倍、8 倍、16 倍に切り替わります。
4 を押し続けると、最初のコマに移動し、2 を押し続けると、
最後のコマに移動します。
• 先頭フレームには h アイコンが、最終フレームには i アイコ
ンが、画面右上に表示されます。
30
コマ戻しする /
• 一時停止中に4または2を押すと、コマ戻し/コマ送りします。
コマ送りする
•
4または2を押し続けると連続でコマ戻し/コマ送りします。
10 秒進める /
10 秒戻す
音量を調節する
コマンドダイヤルを回すと、10 秒前または後ろに移動します。
X ボタンを押すと音量が大きくなり、W(Q)ボタンを押すと
X / W(Q)小さくなります。
再生を終了する
/ K 1 または K ボタンを押すと、1 コマ表示モードに戻ります。
不要な動画を削除する
1
削除したい動画を表示する
• 1 マークが表示されている画像が動画です。
K ボタン
2 O ボタンを押す
O ボタン
3
もう一度 O ボタンを押す
• 表示中の動画が削除されます。
31
被写体や状況に合わせて撮影
する(シーンモード)
撮影するシーンが決まっているときは、シーンに合わせて撮影モードを選ぶだけで、美
しく撮影できます。
• 撮影モードダイヤルを回して
設定できるシーンモード
k
l
p
m
n
ポートレート
風景
こどもスナップ
スポーツ
クローズアップ
• 撮影モードダイヤルを h にしてからコマンドダイヤルを回して設定できる
シーンモード
o
r
s
t
u
v
w
x
y
z
0
32
夜景ポートレート
夜景
パーティー
海・雪
夕焼け
トワイライト
ペット
キャンドルライト
桜
紅葉
料理
撮影モードダイヤルを回して設定できるシーンモード
撮影モードダイヤルを回して設定します。
撮影モードダイヤル
k (ポートレート)
人物を美しく撮影したいときに使います。人物の肌をなめらかで自然な感じに仕上げ
ます。
• 被写体と背景が離れているときや、望遠レンズを使って撮影したときは、背景がぼ
けて立体感のある画像になります。
l (風景)
自然の風景や街並みを、色鮮やかに撮影したいときに使います。
D ご注意
内蔵フラッシュと AF 補助光は光りません。
p (こどもスナップ)
子供の撮影に向いています。肌の色を美しく表現すると同時に、服装や背景も鮮やか
に仕上げます。
m (スポーツ)
運動会などスポーツ写真の撮影に向いています。動きのある被写体の一瞬の動きを鮮
明にとらえ、躍動感のある画像に仕上げます。
D ご注意
内蔵フラッシュと AF 補助光は光りません。
n (クローズアップ)
草花や昆虫などの小さな被写体に近づき、大きく写したいときに使います。
• マイクロレンズを使用すると、より被写体に近づいて撮影することができます。
33
撮影モードダイヤルを h にしてからコマンド
ダイヤルを回して設定できるシーンモード
撮影モードダイヤルを h に合わせた後、コマンドダイヤルを回して設定します。
撮影モードダイヤル
コマンドダイヤル
液晶モニター
o (夜景ポートレート)
夕景や夜景をバックに、人物を撮影したいときに使います。人物と背景の両方を美しく
表現します。
r (夜景)
夜景の撮影に適しています。ノイズや不自然な発色を抑え、外灯やネオンなどの光を鮮
やかにして夜景の雰囲気を表現します。
D ご注意
内蔵フラッシュと AF 補助光ランプは光りません。
s (パーティー)
パーティーなどでの撮影に適しています。パーティー会場の光の雰囲気も表現します。
t (海・雪)
晴天の海や湖、砂浜、雪景色などの撮影に適しています。
D ご注意
内蔵フラッシュと AF 補助光ランプは光りません。
u (夕焼け)
夕焼けや朝焼けの撮影に適しています。
D ご注意
内蔵フラッシュと AF 補助光ランプは光りません。
34
v (トワイライト)
夜明け前や日没後の風景の撮影に適しています。わずかな自然光での風景をきれいに表
現します。
D ご注意
内蔵フラッシュと AF 補助光ランプは光りません。
w (ペット)
動き回るペットなどの撮影に適しています。
D ご注意
AF 補助光ランプは光りません。
x (キャンドルライト)
キャンドルライトでの撮影に適しています。
D ご注意
内蔵フラッシュは光りません。
y (桜)
桜、花畑などの花がたくさん咲いている風景の撮影に適しています。
D ご注意
内蔵フラッシュは光りません。
z (紅葉)
紅葉の撮影に適しています。紅葉の赤色や黄色を鮮やかに表現します。
D ご注意
内蔵フラッシュは光りません。
0 (料理)
料理の撮影に適しています。料理を鮮やかに表現します。
D ご注意
M(Y)ボタンを押して内蔵フラッシュを上げて、フラッシュ撮影することもできます。
A 三脚の使用について
暗いときや手ブレが気になるときは、三脚の使用をおすすめします。
35
特殊効果をつけて撮影する
(スペシャルエフェクトモード)
特殊な効果のついた画像を撮影できます。
%
g
'
(
3
ナイトビジョン
カラースケッチ
トイカメラ風
ミニチュア効果
セレクトカラー
1
2
3
)
シルエット
ハイキー
ローキー
HDR ペインティング
撮影モードダイヤルを q に合わせた後、コマンドダイヤルを回して設定します。
撮影モードダイヤル
コマンドダイヤル
液晶モニター
% (ナイトビジョン)
意図的に高感度で撮影して、モノトーン(白黒)で表現します。暗闇での撮影に適して
います。
D ご注意
• オートフォーカスはライブビュー撮影時のみ使えます。
(マニュアルフォー
• オートフォーカスでピントが合いにくい場合は、フォーカスモードを[MF]
カス)に設定してください。
• 撮影した画像にノイズ(ざらつき、むら、すじ)が発生する場合があります。
• 内蔵フラッシュと AF 補助光ランプは光りません。
36
g (カラースケッチ)
輪郭を抽出して色をつけることで、スケッチ風に表現します。
• 効果はライブビュー表示中に設定できます(0 40)。
D ご注意
• オートフォーカス中は効果が一時解除されます。
• 動画撮影の場合は、コマ送りのような動画として記録されます。
• 動画撮影中はオートフォーカスは作動しません。
' (トイカメラ風)
色の濃さと周辺減光量を調整し、トイカメラで撮影したように表現します。
• 効果はライブビュー表示中に設定できます(0 41)。
( (ミニチュア効果)
ミニチュア(模型)を接写したように表現します。高いところから見下ろして撮影する
場合に適しています。
• 効果はライブビュー表示中に設定できます(0 42)。
D ご注意
• 内蔵フラッシュと AF 補助光ランプは光りません。
• オートフォーカス中は効果が一時解除されます。
• 動画撮影の場合は、早送り動画として記録されます。
• 動画撮影に音声は記録されません。
• 動画撮影中はオートフォーカスは作動しません。
3 (セレクトカラー)
選んだ色のみを残し、それ以外の色をモノトーン(白黒)で表現します。
• 効果はライブビュー表示中に設定できます(0 44)。
D ご注意
内蔵フラッシュは光りません。
37
1 (シルエット)
背景が明るいシーンで、被写体を意図的にシルエットで表現します。
D ご注意
内蔵フラッシュは光りません。
2 (ハイキー)
全体的に明るめの被写体の撮影に適しています。画像全体を意図的に明るいトーンで表
現します。光に満ちた華やいだ雰囲気になります。
D ご注意
内蔵フラッシュは光りません。
3 (ローキー)
全体的に暗めの被写体の撮影に適しています。画像全体を意図的に暗いトーンで表現し
ます。深く落ち着き、ハイライト部分が引き立った雰囲気になります。
D ご注意
内蔵フラッシュは光りません。
) (HDR ペインティング)
絵画のように色彩やディティールが強調された仕上がりになります。
• 1 回の撮影で露出が異なる画像を連続 2 コマ撮影して合成します。
D ご注意
• 合成処理中は、液晶モニターにメッセージが表示され、表示が消えるまで次の撮影はできません。
• 動いている被写体を撮影する場合や撮影時の手ブレの量が大きい場合は、正しく合成されないこ
とがあります。
• 効果はライブビュー表示時には確認できません。動画撮影時には、撮影モード j として動作し
ます。
• 内蔵フラッシュは光りません。
• レリーズモードを[!](低速連続撮影)または[9](高速連続撮影)に設定していても、
連続撮影はできません。
A 三脚の使用について
暗いときや手ブレが気になるときは、三脚の使用をおすすめします。
38
A スペシャルエフェクトモードについて
• 撮影モード %、g、'、(、3 または ) の場合に画質モード[RAW]で撮影すると、画質モード FINE
で画像が記録されます。RAW と JPEG を同時に記録した場合は、JPEG 画像のみが記録されます。
• 撮影モードが g または ( のときにレリーズモードを[!]
(低速連続撮影)または[9]
(高速連
続撮影)に設定した場合、連続撮影速度が遅くなります。
• 撮影モードが g または ( のときは、ライブビュー時の表示の更新は遅くなります。
39
❚❚ g(カラースケッチ)の効果の設定方法
スペシャルエフェクトモードで g を選んだ後、効果を設定します。
1
ライブビュースイッチを回す
• 液晶モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2 J ボタンを押す
• カラースケッチの設定画面が表示されます。
3
色の濃さを設定する
• マルチセレクターの 1 または 3 を押して[色の濃
さ]を選びます。
• 2 を押すと濃くなり、4 を押すと薄くなります。
4
線の濃さを設定する
• 1 または 3 を押して[線の濃さ]を選びます。
• 2 を押すと濃くなり、4 を押すと薄くなります。
•[線の濃さ]を濃くすると、画像全体の色も濃くな
ります。
5
決定する
• J ボタンを押して決定します。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回します。ライブビューを
終了しても、設定した効果は維持されます。設定した効果は、ファインダー撮影でも
適用されます。
40
❚❚ '(トイカメラ風)の効果の設定方法
スペシャルエフェクトモードで ' を選んだ後、効果を設定します。
1
ライブビュースイッチを回す
• 液晶モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2 J ボタンを押す
• トイカメラ風の設定画面が表示されます。
3
色の濃さを設定する
• マルチセレクターの 1 または 3 を押して[色の濃
さ]を選びます。
• 2 を押すと濃くなり、4 を押すと薄くなります。
4
周辺減光を設定する
• マルチセレクターの 1 または 3 を押して[周辺減
光]を選びます。
• 2 を押すと減光効果が強くなり、4 を押すと減光効
果が弱くなります。
5
決定する
• J ボタンを押して決定します。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回します。ライブビューを
終了しても、設定した効果は維持されます。設定した効果は、ファインダー撮影でも
適用されます。
41
❚❚ ((ミニチュア効果)の効果の設定方法
スペシャルエフェクトモードで ( を選んだ後、効果を設定します。
1
ライブビュースイッチを回す
• 液晶モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2
フォーカスポイントを被写体に重ねる
• マルチセレクターの1342ボタンを押して、ぼか
さないではっきりと見せたい部分にフォーカスポ
イントを移動します。
• シャッターボタンを半押しして、ピントを合わせます。
• X ボタンを押すと、被写体が拡大表示され、ピント
を細部まで確認できます。W(Q)ボタンを押すと画像を縮小表示します。
• 拡大表示中は効果が一時解除されます。
3 J ボタンを押す
• ミニチュア効果の設定画面が表示されます。
4
効果をかける方向と幅を設定する
• 4 または 2 を押すと、効果をかける方向を縦と横か
ら選べます。
• 1 または 3 を押すと、効果をかける幅を設定でき
ます。
5
決定する
• J ボタンを押して決定します。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回します。ライブビューを
終了しても、設定した効果は維持されます。設定した効果は、ファインダー撮影でも
適用されます。
42
A ミニチュア効果での動画撮影について
動画の記録時間は撮影にかかる時間よりも短くなります。たとえば、撮影メニュー[動画の設定]の
[画像サイズ / フレームレート]が 1920 × 1080、30p の場合(0 60)
、約 3 分の動画ファイルを作成す
るためには、約 45 分の撮影時間が必要です。
43
❚❚ 3(セレクトカラー)の効果の設定方法
スペシャルエフェクトモードで 3 を選んだ後、効果を設定します。
1
ライブビュースイッチを回す
• 液晶モニターに被写体が表示されます。
ライブビュースイッチ
2 J ボタンを押す
• セレクトカラーの設定画面が表示されます。
3
残したい色を抽出する
色
• カメラを動かして画面中央の枠を残したい色の被
写体に重ねます。
• X ボタンを押すと、被写体が拡大表示され、残した
い色を細部まで確認できます。W(Q)ボタンを押
すと画像を縮小表示します。
• マルチセレクターの 1 を押すと、画面中央の枠に重ねた被写体の色が抽出され、色の
枠に表示されます。
• 抽出した色以外の色は、モノトーン(白黒)で表示されます。
4
抽出する色の感度を設定する
• 1 または 3 を押して、抽出する色の感度を[1]〜
[7]から設定します。数値が大きいほど抽出する色
の色相が広くなり、小さいほど狭くなります。
44
色の感度
5
抽出する色を追加する
• コマンドダイヤルを回して別の色の枠を選び、手順
3 〜 4 と同じ手順で色を抽出し、色の感度を設定し
ます。
• 最大 3 色まで設定できます。
• 抽出した色を選んで O ボタンを押すと、抽出した色をリセットします。
• 抽出した全ての色を削除したい場合は、O ボタンを押し続けます。確認画面で[はい]
を選んで J ボタンを押すと、全ての色をリセットします。
6
決定する
• J ボタンを押して決定します。
• ライブビューを終了する場合は、ライブビュースイッチを回します。ライブビューを
終了しても、設定した効果は維持されます。設定した効果は、ファインダー撮影でも
適用されます。
D セレクトカラー設定時のご注意
• 残したい色の彩度によっては、抽出しにくい場合があります。彩度の高い色の抽出をおすすめします。
• 色の感度を高く設定しすぎると、選択した色に近い色相の色も抽出されます。
45
P、S、A、M モードで撮影する
撮影モードダイヤルを回して撮影モード P、S、A、M を選ぶと、撮影の
意図に応じて、シャッタースピードと絞り値のそれぞれを自分で設定し
たり、カメラまかせにしたりすることができます。
P (0 47)
プログラムオート
S (0 47)
シャッターチャンスを逃したくないスナップ撮影などに使います。
シャッタースピードと絞り値の両方をカメラが自動制御します。
シャッター優先オート 被写体の動きを強調して撮影したいときなどに使います。シャッ
タースピードを自分で設定し、絞り値はカメラが自動制御します。
A (0 47)
背景のぼかし方を調節して撮影したいときなどに使います。絞り値
M
シャッタースピードと絞り値の両方を自分で設定します。長時間露
絞り優先オート
マニュアル(0 47)
を自分で設定し、シャッタースピードはカメラが自動制御します。
出(バルブ、タイム)撮影も、このモードで行います。
A 内蔵フラッシュを使った撮影について
M(Y)ボタンを押して内蔵フラッシュを上げて、フラッシュ撮影することもできます。
46
P:プログラムオート
シャッターチャンスを逃したくないスナップなど幅広い撮影に適しています。被写体の
明るさに応じて、露出が適正になるようにカメラがシャッタースピードと絞り値を自動
的に決定します。
S:シャッター優先オート
動きを写し止めて撮影したいときや、被写体の動
きを強調する撮影に適しています。シャッタース
ピードを自分で決めると、露出が適正になるよう
にカメラが自動的に絞り値を決定します。
• コマンドダイヤルを右に回すとシャッタースピー
ドが速くなり、左に回すとシャッタースピードが
コマンド
ダイヤル
遅くなります。
A:絞り優先オート
背景をぼかしてメインとなる被写体を浮き立た
せたい場合や、近くから遠くまでピントの合った
写真を撮影したい場合に適しています。絞り値を
自分で決めると、露出が適正になるようにカメラ
が自動的にシャッタースピードを決定します。
• コマンドダイヤルを左に回すと絞りが開き(絞り
コマンド
ダイヤル
値が小さくなり)、右に回すと絞りが絞り込まれ
(絞り値が大きくなり)ます。
M:マニュアル
露出インジケーター(0 48)を確認しながら、 E(N)ボタン
シャッタースピードと絞り値の両方を自分で設定
します。
• シャッタースピードの設定:コマンドダイヤルを
右に回すとシャッタースピードが速くなり、左に回
すとシャッタースピードが遅くなります。
• 絞り値の設定:E(N)ボタンを押しながらコマ
ンドダイヤルを左に回すと絞りが開き(絞り値が小
さくなり)、右に回すと絞りが絞り込まれ(絞り値
コマンドダイヤル
が大きくなり)ます。
47
A シャッタースピードと絞り値について
シャッタースピードと絞り値は、ファインダー内とインフォ画面に表示されます。
シャッタースピード
絞り値
動きの速い被写体を撮影したいときは、
速いシャッタースピードに設定する
(シャッタースピード:1/1600 秒)
被写体の動きを強調したいときは、
遅いシャッタースピードに設定する
(シャッタースピード:1 秒)
メインとなる被写体を浮き立たせたいときは、
絞りを開く
(絞り値:F5.6)
近くから遠くまでピントの合った写真を
撮影するには、絞りを絞りこむ
(絞り値:F22)
A 露出インジケーターの見方
適正露出
48
1/3 段アンダー
2 段以上オーバー
画像の明るさを調整する(露出補正)
露出補正とは、カメラが制御する適正露出値を意図的に変えることです。画像全体を明
るくしたり、暗くしたいときなどに使います(撮影モード P、S、A、% のみ)。
− 1 段補正
+ 1 段補正
露出補正なし
露出補正値を変える
• E(N)ボタンを押しながらコ
マンドダイヤルを回すと、ファ
インダー内とインフォ画面の
露出補正値が変わります。
• 被写体を明るくしたいときは
+側に、暗くしたいときは
E(N)ボタン
コマンド
ダイヤル
インフォ画面
−側に補正します。
− 0.3 段補正
+ 2 段補正
A 露出補正の設定について
露出補正は、インフォ画面でも設定できます(0 8)。
A 露出補正の解除について
露出補正を解除するには、補正値を 0.0 にしてください。カメラの電源を OFF にしても、補正値の設定
は解除されません。
49
位置情報機能を使う
位置情報を記録しながら撮影する
カメラの位置情報機能を使って、現在の位置情報(緯度、経度、標高)と時刻(UTC
(協定世界時))を取得します。取得した位置情報は、撮影する画像に記録できます。位
置情報を取得するときは、空のひらけた屋外でカメラを操作してください。
1 [位置情報]を選ぶ
• G ボタンを押して、セットアップメニューの
[位置情報]を選んでマルチセレクターの 2 を押
します。
G ボタン
2 [位置情報記録]を選ぶ
•[位置情報記録]を選んで 2 を押します。
3 [する]を選ぶ
•[する]を選んで J ボタンを押すと、位置情報機能が
有効になり、衛星から電波を受信して測位が始まり
ます。
A 位置情報機能をお使いの前に
•「位置情報機能について」
(0 xiv)をお読みください。
• セットアップメニューの[地域と日時]
(0 61)で日時が正しく設定されていることを確認し
てください。
• 操作中のバッテリー切れを防ぐため、充分に充電されたバッテリーをお使いください。
50
4
インフォ画面で衛星受信状態を確認する
• R ボタンを押して、インフォ画面の衛星受信状態マークを確認
します。
5
撮影する
• 衛星から受信した位置情報が画像に記録されます。
• 画像に記録した位置情報は、再生画面の情報表示または ViewNX
2(0 67)で確認で
きます。
6
測位を終了する
• セットアップメニュー[位置情報]の[位置情報記録]を[し
ない]にすると、位置情報機能が無効になり、測位を終了します。
A
衛星受信状態マークについて
• 衛星受信状態マークは、
[位置情報]画面でも確認できます。
• 衛星受信状態マークの見方は次の通りです。
- #(点灯):衛星から測位した緯度、経度、標高の情報が画像に記録さ
れます。
- $(点灯):衛星から測位した緯度、経度の情報が画像に記録されます。
標高は記録されません。
- %(点滅):測位できていません。画像に位置情報は記録されません。
51
D 位置情報機能についてのご注意
• 初めて測位したときや、測位できない状態が長時間経過したとき、バッテリーの交換をしたときな
ど、測位情報を取得するまで時間がかかることがあります。
• 航法衛星の位置は常に変化しています。お使いになる場所や時間などによっては、測位に時間がか
かったり、測位できないこともあります。
• 次のような電波を遮断、反射してしまう場所では、測位できなかったり、測位した位置が実際にいた
場所と異なることがあります。
-
建物の中や地下
高層ビルの間
高架の下
トンネルの中
高圧電線などの近く
密集した樹木の間
入れ物の中(金属製のカバンなど)
• 携帯電話など、近くに同じ周波数帯の電波を発生するものや、磁気を発生するものがある場合は、測
位できないことがあります。
• 航法衛星からの電波の誤差が大きい場合、最大で数百メートルの誤差を生じることがあります。
• 測位するときは、周りの状況や足元にご注意ください。
• 動画の場合は、動画撮影開始時に取得した情報を記録します。
• 画像ファイルに記録されている位置情報は、取得した位置情報の精度および測地系の違いなどによっ
て、実際の撮影地点と異なる場合があります。
• カメラの電源を OFF にしても、位置情報機能は無効になりません。
52
Wi-Fi を使う
Wi-Fi を使ってできること
このカメラと専用ソフトウェア Wireless Mobile Utility をインストールしたスマートデバ
イスを接続すると、スマートデバイスにカメラの撮影画面を表示し、カメラをリモートで
操作できます。また、リモートで撮影した画像やカメラの SDカードに保存されている画像
をスマートデバイスに取り込んだり、スマートデバイスに取り込んだ画像をインターネッ
ト経由で共有することができます。
画像を取り込み
画像を共有
リモート操作
詳しい操作方法については、Wireless Mobile Utility の使用説明書(0 54)をご覧くだ
さい。
53
カメラとスマートデバイスを接続する
Wi-Fi(無線 LAN)を使う前に、Android OS または iOS のスマートデバイスに専用ソフ
トウェア Wireless Mobile Utility をインストールしてから、スマートデバイスとカメラ
を接続してください。スマートデバイスとカメラを接続する方法は、お使いのスマート
デバイスの種類によって異なります。
WPS プッシュボタン方式:スマートデバイスが WPS 接続に対応
している場合(スマートデバイスの[Wi-Fi 設定]に[WPS ボタ
ン接続]がある場合)、簡単な操作でカメラとスマートデバイス
0 55
を接続できます。
Android OS
WPS PIN コード方式:スマートデバイスが WPS 接続に対応して
いる場合、スマートデバイスの PIN コードをカメラに入力するこ
0 56
とで、カメラとスマートデバイスを接続できます。
SSID の表示:スマートデバイスが WPS 接続に対応していなくて
も、カメラに表示される SSID をスマートデバイス側で選ぶこと
0 57
で、カメラとスマートデバイスを接続できます。
SSID の表示:カメラに表示される SSID をスマートデバイス側で
選ぶことで、カメラとスマートデバイスを接続できます。
iOS
A
0 57
スマートデバイスにソフトウェアをインストールする
最初にスマートデバイスで Google Play サービスや App Store などに接続して「Wireless Mobile
Utility」を検索し、スマートデバイスにインストールしてください。ソフトウェアの検索方法に
ついては、お使いのスマートデバイスの説明書をご覧ください。
• ソフトウェアの詳しい操作方法は、下記のホームページから使用説明書(PDF 形式)をダウンロード
してご覧ください。
- Android OS:http://nikonimglib.com/ManDL/WMAU/
- iOS:http://nikonimglib.com/ManDL/WMAU-ios/
A
WPS について
「WPS(Wi-Fi Protected Setup)
」とは,無線 LAN 機器の接続とセキュリティーの設定を簡単に
実行するための規格です。スマートデバイスによって、設定方法や待ち受け時間が異なります。
[WPS プッシュボタン接続]の詳細については、お使いのスマートデバイスの説明書をご覧くだ
さい。
54
WPS プッシュボタン接続でスマートデバイスと
接続する(Android OS のみ)
1
Wi-Fi の[通信機能]を[有効]にする
• G ボタンを押して、セットアップメニューの
[Wi-Fi]を選んでマルチセレクターの 2 を押し
ます。
G ボタン
•[通信機能]を選んで 2 を押し、[有効]を選ん
で J ボタンを押します(通信機能が有効になるまで、
数秒間かかります)。
2
カメラ側とスマートデバイス側で同時に WPS ボタン接続操作をする
• カメラ側:
-[接続設定]を選んで 2 を押します。
-[WPS プッシュボタン方式]を選んで 2 を押すと、
カメラが約 2 分間接続待機状態になります。
- 接続待機状態を延長するには、J ボタンを押して
ください。
• スマートデバイス側:
- スマートデバイスの[Wi-Fi 設定]から[WPS ボタン接続]を選びます。
3
スマートデバイスにインストールした Wireless Mobile Utility を起動する
• スマートデバイスに Wireless Mobile Utility のトップ画面が表示されます。
55
スマートデバイスのPINコードをカメラに入力して
接続する(Android OS のみ)
1
Wi-Fi の[通信機能]を[有効]にする
• G ボタンを押して、セットアップメニューの
[Wi-Fi]を選んでマルチセレクターの 2 を押し
ます。
G ボタン
•[通信機能]を選んで 2 を押し、[有効]を選ん
で J ボタンを押します(通信機能が有効になるまで、
数秒間かかります)。
2 [接続設定]で[WPS PINコード方式]を選ぶ
•[接続設定]を選んで 2 を押します。
•[WPS PIN コード方式]を選んで 2 を押します。
3
スマートデバイスの PIN コードを入力する
• 4 または 2 を押して桁を選び、1 または 3 を押して数値を設定し、J ボタンを押し
ます。
4
スマートデバイスにインストールした Wireless Mobile Utility を起動する
• スマートデバイスに Wireless Mobile Utility のトップ画面が表示されます。
56
カメラの SSID をスマートデバイスで選んで接続する
(Android OS/iOS)
1
Wi-Fi の[通信機能]を[有効]にする
• G ボタンを押して、セットアップメニューの
[Wi-Fi]を選んでマルチセレクターの 2 を押し
ます。
G ボタン
•[通信機能]を選んで 2 を押し、[有効]を選ん
で J ボタンを押します(通信機能が有効になるまで、
数秒間かかります)。
2
カメラの SSID を表示する
•[接続設定]を選んで 2 を押します。
•[SSID の表示]を選んで 2 を押します。
3
スマートデバイスの Wi-Fi 設定でカメラの SSID を選ぶ
• スマートデバイスの Wi-Fi 接続に関連する設定メニューで、カメラの液晶モニターに表
示されている SSID を選びます。
4
スマートデバイスにインストールした Wireless Mobile Utility を起動する
• スマートデバイスに Wireless Mobile Utility のトップ画面が表示されます。
57
❚❚ Wi-Fi 接続設定をリセットするには
[Wi-Fi]の[接続設定]で[接続設定のリセット]を選んで 2 を
押すと、確認画面が表示されます。
[はい]を選んで J ボタンを
押すと、接続先などの接続設定が、工場出荷時の設定にリセット
されます。
A Wi-Fi 通信表示について
Wi-Fi の[通信機能]を[有効]にすると、インフォ画面で c(Wi-Fi 通信
表示)が点滅します。スマートデバイスとカメラの接続が完了し、Wireless
Mobile Utility で通信している間は、c が点灯します。
D Wi-Fi 接続についてのご注意
•
Wi-Fi(無線 LAN)をお使いの前に、「Wi-Fi(無線 LAN)機能について」(0 xv)をお読みください。
• 電波の出力が禁止されている場所では、
[Wi-Fi]の[通信機能]を[無効]にしてください。
• カメラの Wi-Fi 機能は、SD カードを挿入していないと使えません。USB ケーブルまたは HDMI ケーブ
ルを接続しているときも使えません。
• スマートデバイスから Wireless
Mobile Utility でカメラと通信している間は、半押しタイマーはオ
フになりません(通信を行わずに約 5 分経過すると、半押しタイマーがオフになります)。
•
Wi-Fi 接続中は、Eye-Fi カードでデータを送信できません。
• 操作中のバッテリー切れを防ぐため、充分に充電されたバッテリーをお使いください。
• 次の場合に、Wi-Fi の通信機能が無効になります。
- セットアップメニュー[Wi-Fi]の[通信機能]で[無効]を選んだとき
- カメラの電源を OFF にしたとき
- 動画撮影を開始したとき
58
メニューを使う
再生や撮影、カメラの基本的な設定をするときは、主にメニュー
画面を使います。
G ボタンを押すと、液晶モニターに次のようなメニュー画面
(例:セットアップメニュー)を表示します。
G ボタン
メニュー切り換えタブ
次の各メニューのアイコンのタブを選ぶと、選んだメニュー画面が表示されます。
D
C
再生メニュー
撮影メニュー
B
N
A
カスタムメニュー
m
セットアップメニュー
画像編集メニュー
最近設定した項目 /
O マイメニュー※
※ どちらかに設定できます。初期設定は[最近設定した項目]です。
各項目の現在の設定をアイコンで表
示します
メニュー項目
タブで選んだメニュー内にある設定
項目を一覧表示します
d
ヘルプがある場合に W(Q)ボタンを押すと、その
項目のヘルプ(説明)を表示します。
• 説明が 2 ページ以上ある場合は、マルチセレクター
の 3 を押して、次のページを表示してください。
• もう一度 W(Q)ボタンを押すと、メニュー画面に
戻ります。
W(Q)ボタン
59
メニュー項目の一覧
❚❚ K 再生メニュー:再生で使える便利な機能
削除
スライドショー
再生フォルダー設定
プリント指定(DPOF)
再生画面設定
レーティング
撮影直後の画像確認
スマートデバイスへの送信指定
縦位置自動回転
❚❚ C 撮影メニュー:撮影で使える便利な機能
撮影メニューのリセット
アクティブ D- ライティング
記録フォルダー設定
HDR(ハイダイナミックレンジ)
画質モード
長秒時ノイズ低減
画像サイズ
高感度ノイズ低減
RAW 記録
ISO 感度設定
ホワイトバランス
レリーズモード
ピクチャーコントロール
多重露出
カスタムピクチャーコントロール
インターバルタイマー撮影
自動ゆがみ補正
光学手ブレ補正※
色空間
動画の設定
※ このメニューに対応したレンズを装着したときのみ表示されます。
❚❚ A カスタムメニュー:撮影に関するさらに詳細な設定
カスタムメニューのリセット
a オートフォーカス
a1:AF-C モード時の優先
a2:AF 点数切り換え
a3:内蔵 AF 補助光の照射設定
a4:フォーカスエイドインジケーター
b 露出
b1:露出設定ステップ幅
c AE ロック・タイマー
c1:半押し AE ロック
c2:パワーオフ時間
c3:セルフタイマー
c4:リモコン待機時間(ML-L3)
60
d 撮影・記録・表示
d1:電子音設定
d2:ファインダー内格子線表示
d3:ISO 感度表示
d4:連番モード
d5:露出ディレーモード
d6:デート写し込み設定
e フラッシュ・BKT 撮影
e1:内蔵フラッシュ発光
e2:オートブラケティングのセット
f 操作
f1:Fn ボタンの機能
f2:AE/AF ロックボタンの機能
f3:コマンドダイヤル回転方向の変更
f4:カードなし時レリーズ
f5:インジケーターの+ / −方向
❚❚ B セットアップメニュー:カメラを使いやすくする基本設定
カードの初期化(フォーマット)
縦横位置情報の記録
液晶モニターの明るさ
画像コメント
インフォ画面デザイン
位置情報
インフォ画面の自動表示
ビデオ出力
イメージセンサークリーニング
HDMI
クリーニングミラーアップ
リモート操作
イメージダストオフデータ取得
Wi-Fi
Eye-Fi 送信機能※
フリッカー低減
地域と日時
言語(Language)
認証マークの表示
ファームウェアバージョン
※ この機能に対応した Eye-Fi カードを挿入したときのみ表示されます。
❚❚ N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能
D- ライティング
傾き補正
赤目補正
ゆがみ補正
トリミング
魚眼効果
モノトーン
塗り絵
フィルター効果
カラースケッチ
カラーカスタマイズ
アオリ効果
画像合成
ミニチュア効果
RAW 現像
セレクトカラー
リサイズ
動画編集
簡単レタッチ
編集前後の画像表示※
※ 編集前または編集後の画像を 1 コマ表示して P ボタンを押して、[画像編集]を選んだときのみ表示さ
れます。
❚❚ m 最近設定した項目 /O マイメニュー
[最近設定した項目]を選ぶと、最後に設定したメニュー項目から順番に最新の 20 項目が自動的に
表示されます。
[マイメニュー]を選ぶと、よく使うメニュー項目だけを選んで、20 項目までマイ
メニューに登録できます。
A メニューについて
各メニュー項目の機能については、カメラのヘルプ(0 59)をお使いください。
61
❚❚ メニュー項目の設定方法
メニューの操作には、マルチセレクターと J ボタンを使います。
上に移動
決定する
前の画面に戻る
(左を選択または
取り消し)
次の画面に進む
(右を選択
または決定)
下に移動
1
メニュー画面を表示する
• G ボタンを押します。
G ボタン
2
メニューのタブを選ぶ
• マルチセレクターの 4 を押して、タブのアイコンを
黄色く表示します。
3
メニューを切り換える
• 1 または 3 を押して、メニューのタブを切り換えます。
62
4
選んだメニューに入る
• 2 を押して、選んだメニューに入ります。
5
メニュー項目を選ぶ
• 1 または 3 で項目を選びます。
6
設定内容を表示する
• 2 を押して設定内容を表示します。
7
設定内容を選ぶ
• 1 または 3 で設定内容を選びます。
8
決定する
• J ボタンを押して決定します。
• メニュー操作をキャンセル(中止)するには、G ボタンを
押してください。
• 撮影モードやカメラの状態によって、設定できないメニュー項目があります。この場合、その項
目はグレーで表示されて選べません。
•
J ボタンの代わりに 2 を押しても決定できますが、画像の削除や SD カードの初期化などの重要
な設定項目については、J ボタンしか使えないことがあります。
• メニュー画面から撮影に戻るには、シャッターボタンを半押し(0 22)してください。
63
ViewNX 2
ViewNX 2 をインストールする
付属のソフトウェアをインストールして、画
ViewNX 2TM
像をパソコンに取り込めば、静止画や動画の
表示、編集ができます。インストールを始め
る前に、お使いのパソコンの環境が 0 65 の動
作環境に合っているか確認してください。
写真を楽しむ道具箱
1
パ ソ コ ン を 起 動 し、ViewNX 2
CD-ROMをCD-ROMドライブに
入れ、インストーラーを起動する
q言語を選ぶ
• 右の画面で言語を選びます。
w[次へ]を
クリック
2
インストールを開始する
• 画面の指示に従ってインストールし
[インストール]
をクリック
てください。
3
インストールを終了する
Windows
[はい]をクリック
4
64
Mac OS
[OK]をクリック
CD-ROM を CD-ROM ドライブから取り出す
A ViewNX 2 の動作環境について
Windows
Mac OS
• 静止画:Intel Celeron/Pentium4/Core • 静止画:Intel Core シリーズ /Xeon シ
シリーズ 1.6GHz 以上
リーズ
• 動画:
• 動画:
- 再生時:Pentium D 3.0GHz 以上
- 再生時:Core Duo 2GHz 以上
プロセッサー
- 編集時:Intel Core i5 以上
- 編集時:Intel Core i5 以上
(CPU)
• 1280 × 720 ピクセル以上でフレームレー • 1280 × 720 ピクセル以上でフレームレー
ト 30fps 以上、または 1920 × 1080 ピク
ト 30fps 以上、または 1920 × 1080 ピク
セル以上で動画再生をする場合:Intel
セル以上で動画再生をする場合:Intel
Core i5 以上を推奨
Core i5 以上を推奨
• OS X 10.8、10.7
Windows 8、Windows 7、
Windows Vista、Windows XP
• Mac OS X 10.6
• 全てプリインストールされているモデル
OS
に対応
• 64 ビット版 Windows XP 上では動作しま
せん。
• 32 ビット版 Windows 8、Windows 7、 • OS X 10.8、10.7:2 GB 以上(4 GB 以
Windows Vista :1 GB 以上(2 GB 以上 上推奨)
• Mac OS X 10.6:1 GB 以上(4 GB 以上
推奨)
実装メモリー • 64 ビット版 Windows 8、Windows 7、 推奨)
(RAM)
Windows Vista :2 GB 以上(4 GB 以上
推奨)
• Windows XP:512 MB 以上(2 GB 以上
推奨)
ハードディスク OS 起動ディスクの空き容量が 1 GB 以上(3 GB 以上推奨)
解像度:1024 × 768 ピクセル(XGA)以上 解像度:1024 × 768 ピクセル(XGA)
モニター (1280 × 1024 ピクセル以上推奨)
、表示色 以上(1280 × 1024 ピクセル以上推奨)、
数:24 ビットカラー以上
表示色数:1670 万色以上
※ 対応 OS に関する最新情報は、当社ホームページのサポート情報(0 xii)でご確認ください。
D 必ず最新バージョンのソフトウェアをお使いください
• お使いのカメラに対応していないバージョンのソフトウェアを使用すると、RAW 画像をカメラか
らパソコンへ正常に転送できないことがあります。必ず最新バージョンの ViewNX 2 をお使いくだ
さい。
• 最新版の ViewNX 2 は、当社ホームページ(0 xii)からダウンロードしてインストールすることも
できます。
A ニコンホームページへのアクセスについて(Windows のみ)
ViewNX 2 をインストールした後、Windows の[スタート]メニューから[すべてのプログラム]→
[Link to Nikon]の順にクリックすると、当社のホームページにアクセスできます(インターネット
に接続できる環境が必要です)
。
65
ViewNX 2 を使う
パソコンに画像を取り込む
1
パソコンに接続する
• SD カードを入れたカメラの電源を OFF にしてから、付属の USB ケーブルでカメラとパ
ソコンを接続し、カメラの電源を ON にする。
2
ViewNX 2 の Nikon Transfer 2 が起動する
• 起動するプログラム(ソフトウェア)を選ぶ画面がパソコンに表示されたときは、
Nikon Transfer 2 を選びます。
3
画像をパソコンに取り込む
•[転送開始]をクリックすると、記録されている画
像がパソコンに取り込まれます(ViewNX 2 の初期
設定)。
[転送開始]
4
接続を解除する
• カメラの電源を OFF にして、USB ケーブルを抜きます。
A Windows 7 をお使いの場合
右の画面が表示されたときは、次の手順で Nikon Transfer 2 を
選びます。
1[画像とビデオのインポート]で使用するプログラムに
Nikon Transfer 2 を選ぶ
•[画像とビデオのインポート]の[プログラムの変更]を
クリックすると表示される画面で、[画像ファイルを取り
込む -Nikon Transfer 2 使用]を選んで、
[OK]をクリッ
クします。
2[画像ファイルを取り込む]をダブルクリックする
66
画像を見る
画像の取り込みが終わると、ViewNX 2 が自動的に起
動し、取り込んだ画像が表示されます。
❚❚ 静止画を編集する
ViewNX 2 のツールバーで[エディット]をクリックします。
階調の補正、シャープネスの調整、画像の切り抜き(クロップ)な
どの編集ができます。
❚❚ 動画を編集する
ViewNX 2 のツールバーで[Movie Editor]をクリックします。
このカメラで撮影した動画の不要な部分を削除するなどの編集が
できます。
❚❚ 画像をプリントする
ViewNX 2 のツールバーで[印刷]をクリックします。
ダイアログが表示され、パソコンにつないだプリンターから、画
像をプリントできます。
❚❚ 取得した位置情報をパソコンで地図上に表示する
ViewNX 2 のツールバーで[地図]をクリックします。画像に記録
した位置情報を地図上に表示したり、カメラで取得したログを
使って地図上に移動ルートを表示できます。
A ViewNX 2を手動で起動するには
•
•
Windows:デスクトップの[ViewNX 2]のショートカットアイコンをダブルクリックする
Mac OS:Dock の[ViewNX 2]アイコンをクリックする
A ViewNX 2 の詳しい使い方は
ViewNX 2 のヘルプを参照してください。
67
資料
このカメラで使えるアクセサリーやカメラの主な仕様など、カメラを使うときに役立つ
情報を記載しています。また、カメラの動作がおかしいときや警告メッセージが表示さ
れたときの対処方法についても説明しています。
使用できるレンズ
このカメラでオートフォーカスでピントを合わせるには、AF-S、AF-P、AF-I のいずれ
かのレンズが必要です。AF-S、AF-P、AF-I は、レンズ名の次の部分に明示されています。
AF-S DX NIKKOR 18-55 m m f / 3 . 5 - 5 . 6 G V R I I
レンズ名のこの部分が AF-S、AF-P、または AF-I であることをご確認ください。
このカメラで使用できる CPU レンズとレンズの仕様によるファインダー撮影時の制限
は次の通りです。
モード
フォーカスモード
レンズ
撮影モード
MF
AF
フォーカス
(オート
(マニュアル
エイド
フォーカス)
フォーカス)
M
M 以外
測光モード
マルチパターン
測光
3D-RGB
RGB
中央部重点
測光 /
スポット測光
AF-S レンズ、AF-P レンズ、AF-I レンズ
○
○
○
○
○
○
×
○※ 1
G タイプレンズ、D タイプの AF レンズ
×
○
○
○
○
○
×
○※ 1
PC-E NIKKOR シリーズ※ 2, 3
×
○※ 4
○
○
○
○
×
○※ 1
PC マイクロ 85mm F2.8D ※ 5
×
○※ 4
○
○
×
○
×
○※ 1
AF-S/AF-I テレコンバーター
○※ 6
○※ 6
○
○
○
○
×
○※ 1
×
○※ 7
○
○
○
×
○
○※ 1
×
○※ 8
○
○
○
×
○
○※ 1
G タイプ、D タイプ以外の AFレンズ
(F3AF 用を除く)
AI-P ニッコール
※ 1 フォーカスポイントの選択によりスポット測光エリアの移動が可能。
※ 2 PC-E NIKKOR 24mm f/3.5D ED の装着時にアオリ操作をすると、レンズとカメラボディーが接触してキズが
付いたり、ケガをする可能性があります。充分ご注意の上、お使いください。
※ 3 アオリ操作をしているときは適正露出になりません。
※ 4 アオリ操作をしていない場合のみ可能。
※ 5 アオリ操作をしているとき、または開放絞り以外のときは適正露出になりません。
※ 6 合成絞り値が F5.6 以上明るい場合に使用可能。
、AF28–85mm
※ 7 AF80–200mm f/2.8S、AF35–70mm f/2.8S、AF28–85mm f/3.5–4.5S(New)
f/3.5–4.5S レンズを使用し、ズームの望遠側かつ至近距離で撮影した場合、ファインダースクリーンのマッ
ト面の像とフォーカスエイドのピント表示が合致しない場合があります。このような場合は、ファインダー
スクリーンのマット面を利用してピントを合わせて撮影してください。
※ 8 開放 F 値が F5.6 以上明るいレンズのみ使用可能。
• 高感度で動画撮影を行う場合、オートフォーカスの作動中にノイズ(すじ)が発生することがありま
す。この場合は、マニュアルフォーカスまたはフォーカスロックを利用して撮影してください。
D 使用できるレンズについてのご注意
AF-S、AF-P、AF-I 以外のオートフォーカス(AF)レンズを装着しても、このカメラではオートフォー
カス撮影できません。また、IX ニッコールレンズは装着できません。
68
使用できるアクセサリー
このカメラには撮影領域を拡げるさまざまなアクセサリーが用意されています。詳しく
は最新のカタログや当社のホームページなどでご確認ください。
• Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a(0 9)
ニコンデジタルカメラ D5300 用のバッテリーです。
- EN-EL14a の代わりに EN-EL14 も使えます。
• バッテリーチャージャー MH-24 ※ 1(0 9)
Li-ion リチャージャブルバッテリーEN-EL14a および EN-EL14 用のチャージャーです。
• パワーコネクター EP-5A、AC アダプター EH-5b ※ 2
AC アダプターを使用すると、長時間カメラを使用するときに安定して電源を供給で
きます。
電源
- このカメラは、カメラ本体と AC アダプターを接続するためにパワーコネクター EP-5A
が必要です。
- EH-5b の代わりに AC アダプター EH-5/EH-5a も使えます。
※ 1 家庭用電源の AC 100 〜 240 V、50/60 Hz に対応しています。日本国外では、必要に
応じて市販の変換プラグアダプターを装着してお使いください。変換プラグアダプ
ターは、あらかじめ旅行代理店などでお確かめの上、お買い求めください。
※ 2 日本国内専用電源コード(AC 100V 対応)付属。日本国外でお使いになるには、別
売の電源コードが必要です。
• フィルターをレンズ保護のために常用する場合は、NC フィルターをお使いください。
• カメラ測光系の特性上、従来の偏光フィルター(Polar)は使用できません。円偏光
フィルター(C-PL、C-PL Ⅱ)をお使いください。
• 逆光撮影や、輝度の高い光源を画面に入れて撮影する場合は、フィルターによって画
像上にゴーストが発生するおそれがあります。このような場合は、フィルターを外し
て撮影することをおすすめします。
フィルター
• 露出倍数のかかるフィルター(Y44、Y48、Y52、O56、R60、X0、X1、C-PL(円偏
光フィルター)
、ND2S、ND4S、ND4、ND8S、ND8、ND400、A2、A12、B2、B8、
B12)を使用する場合、[測光モード]を[M](中央部重点測光)にして撮影するこ
とをおすすめします。
[L]
(マルチパターン測光)では、充分な効果が得られない場
合があります。詳しくは、フィルターの使用説明書をご覧ください。
• 特殊フィルターなどを使用する場合は、オートフォーカスやフォーカスエイドが行え
ないことがありますのでご注意ください。
• USB ケーブル UC-E17、UC-E6(0 66)
USB/ オーディオ USB ケーブル UC-E17 は、単体では販売しておりません。UC-E6 をお買い求めくだ
ビデオ出力端子
ボディー
キャップ
さい。
• オーディオビデオケーブル EG-CP16
• ボディーキャップ BF-1B、BF-1A
レンズを取り外したカメラボディーに取り付けることにより、ミラーや撮像素子、ファ
インダースクリーンなどへのゴミやほこりの付着を防ぎ、カメラ内部を保護します。
69
• Capture NX 2
画像を詳細に編集できる、画像編集用ソフトウェアです。ホワイトバランス調整やカ
ラーコントロールポイントなどさまざまな機能を備えています。
ニコンデジタル
カメラ専用
ソフトウェア
• Camera Control Pro 2
パソコンからカメラを操作して静止画や動画を撮影したり、撮影した画像を直接ハー
ドディスクなどへ保存したりできる、カメラコントロール用ソフトウェアです。
• ソフトウェアは、必ず最新版にバージョンアップしてお使いください。お使いのパソ
コンがインターネットに接続されていれば、ソフトウェアの起動時にニコンメッセー
ジセンター 2(Nikon Message Center 2)が自動的に更新情報をチェックします。
• 対応 OS については、当社ホームページのサポート情報(0 xii)でご確認ください。
• 接眼補助レンズ DK-20C
遠視、近視の方のための補助レンズで、接眼部に差し込むだけで簡単に取り換えるこ
とができます。− 5、− 4、− 3、− 2、0、+ 0.5、+ 1、+ 2、+ 3m − 1 の 9 種類が用
意されていますが、いずれもこのカメラの視度調節ダイヤルが基準位置(− 1m − 1)
の場合の値です。視度補正は個人差が大きいので店頭で実際に取り付けてお選びくだ
さい。このカメラには視度調節機能が付いています(− 1.7 〜+ 1.0m − 1)ので、この
範囲外の視度補正が必要なときにお使いください。なお、接眼補助レンズを使用して
ファインダー用
アクセサリー
いる場合は、接眼目当ては使用できません。
• マグニファイヤー DG-2
ファインダー中央部の像を拡大します。より厳密なピント合わせが必要なときに使用
します。
• アイピースアダプター DK-22※ 1
上記 DG-2 を取り付けるためのアダプターです。
• 角窓用変倍アングルファインダー DR-6 ※ 1
カメラの接眼部に取り付けると、撮影レンズと直角の方向(水平方向に向けたカメラ
の真上など)からファインダー内の画像を確認できます。
アクセサリーターミナルに次のアクセサリーを接続することができます。
• ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10※ 2(0 71)
• ワイヤレスリモートコントローラー WR-1(0 71)
• リモートコード MC-DC2
アクセサリー • GPS ユニット GP-1/GP-1A
ターミナル
図のようにアクセサリーターミナルのZマークとコネク
ターのY マークを合わせて、コネクターをアクセサリー
ターミナルに接続します。
使用しないときは、必ず端子カバーを閉じてください。ゴ
ミ等が入ると、誤作動の原因となることがあります。
※ 1 装着時には、カメラの液晶モニターを回転できません。
※ 2 ワイヤレスリモートコントローラー は、ステレオマイクロホン ME-1 と同時に装着できません。無理
に取り付けようとすると、カメラやアクセサリーの破損や故障の原因となります。
70
• リモコン ML-L3(0 4)
リモコン用電池(CR2025 型 3V リチウム電池)の交換方法
電池室のノブを右側に押しながら(q)、隙間に爪などを差し込んで手前に引き出し
て(w)ください。リチウム電池を入れる際は、
「+」と「−」の向きをよくご確認く
ださい(r)
。
• ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10 ※ /WR-T10
リモコン /
ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10 をカメラのアクセサリーターミナルに
ワイヤレス
装着すると、ワイヤレスリモートコントローラー WR-T10 からの操作で無線での遠隔
リモ ートコ ン
撮影を行えます。
トローラー
WR-T10 用電池(CR2032 型 3V リチウム電池)の交換方法
電池室のノブの隙間に爪などを差し込んで手前に引き出して(①)ください。リチウ
ム電池を入れる際は、
「+」と「−」の向きをよくご確認ください(③)
。
• ワイヤレスリモートコントローラー WR-1
WR-1 は 2 台以上を組み合わせて送信機と受信機として使います。受信機に設定した
WR-1 をカメラのアクセサリーターミナルに取り付けると、送信機に設定した WR-1 か
らの操作で、無線での遠隔撮影を行えます。
外部マイク
• ステレオマイクロホン ME-1 ※
※ ワイヤレスリモートコントローラー は、ステレオマイクロホン ME-1 と同時に装着できません。無理に
取り付けようとすると、カメラやアクセサリーの破損や故障の原因となります。
A 使用できるアクセサリーについて
• 国または地域によって、販売していない場合があります。
• アクセサリーの最新情報は、当社ホームページやカタログなどでご確認ください。
71
SD カード
• SD メモリーカード、SDHC メモリーカード、および SDXC メモリーカードが使用でき
ます。
• UHS-I に対応しています。
• 動画の撮影には、SD スピードクラス 6 以上のカードをおすすめします。
転送速度が遅いカードでは、動画の記録が途中で終了することがあります。
• カードリーダーなどをお使いの場合は、お使いのメモリーカードに対応していること
をご確認ください。
• メモリーカードの機能、動作の詳細、動作保証などについては、各カードメーカーに
お問い合わせください。
72
カメラのお手入れについて
保管について
長期間カメラを使用しないときは、必ずバッテリーを取り出してください。
カメラを保管するときは、次の場所は避けてください。
• 換気の悪い場所や湿度が 60%を超える場所
• テレビやラジオなど強い電磁波を出す装置の周辺
• 温度が 50 ℃以上、または− 10 ℃以下の場所
クリーニングについて
ほこりや糸くずをブロアーで払い、柔らかい乾いた布で軽く拭きます。海辺で
カメラを使用した後は、砂や塩を真水で湿らせた布で軽く拭き取り、よく乾か
カメラ本体
します。
ご注意:カメラ内部にゴミ、ほこりや砂などが入り込むと故障の原因となります。
この場合、当社の保証の対象外となりますのでご注意ください。
レンズ・
ガラスは傷つきやすいので、ほこりや糸くずをブロアーで払います。スプレー缶
タイプのブロアーは、缶を傾けずにお使いください(中の液体が気化されずに吹
ミラー・
き出し、レンズ・ミラー・ファインダーを傷つけることがあります)。指紋や油脂
ファインダー などの汚れは、柔らかい布にレンズクリーナーを少量付けて、ガラスを傷つけな
いように注意して拭きます。
ほこりや糸くずをブロアーで払います。指紋や油脂などの汚れは、表面を柔らか
液晶モニター い布かセーム革で軽く拭き取ります。強く拭くと、破損や故障の原因となること
がありますのでご注意ください。
アルコール、シンナーなど揮発性の薬品はお使いにならないでください。
D 定期点検、オーバーホールのおすすめ
カメラは精密機械ですので、1 〜 2 年に 1 度は定期点検を、3 〜 5 年に 1 度はオーバーホールすることを
おすすめします(有料)。
• 特に業務用にお使いの場合は、早めに点検整備を受けてください。
• より安心してご愛用いただけるよう、お使いのレンズやスピードライトなども併せて点検依頼される
ことをおすすめします。
73
カメラとバッテリーの取り扱い上のご注意
カメラの取り扱い上のご注意
● 強いショックを与えない
● 撮像素子前面の手入れ方法について
カメラやレンズを落としたり、ぶつけたりしないよ 撮像素子前面のクリーニングの方法については活用
うにご注意ください。強い衝撃や振動を加えると、 ガイドをご覧ください。
破損したり精密に調整された部分に悪影響を及ぼ ● シャッター幕に触れない
します。
シャッター幕は非常に薄いため、押さえたり、突い
● 水にぬらさない
たり、ブロアーなどで強く吹くなどは、絶対にしな
カメラは水にぬらさないようにご注意ください。カ いでください。傷や変形、破損などの原因となりま
メラ内部に水滴が入ったりすると部品がさびつい す。
てしまい、修理費用が高額になるだけでなく、修理 ● 風通しのよい場所に保管する
不能になることがあります。
カビや故障などを防ぐため、風通しのよい乾燥した
● 急激な温度変化を与えない
場所を選んでカメラを保管してください。防虫剤の
極端に温度差のある場所に急にカメラを持ち込む あるところ、磁気を発生する器具のそば、高温とな
と、カメラ内外に水滴が生じ、故障の原因となりま る夏季の車内、使用しているストーブの前などにカ
す。カメラをバッグやビニール袋などに入れて、周 メラを置かないでください。故障の原因になります。
囲の温度になじませてからお使いください。
● 長期間使用しないときは、バッテリーを取り
● 強い電波や磁気の発生する場所で撮影しない
出し、乾燥剤と一緒に保管する
強い電波や磁気を発生するテレビ塔などの周囲や、 カメラを長期間使用しないときは、バッテリーの液
強い静電気の周囲では、記録データが消滅したり、 もれなどからカメラを保護するために、必ずカメラ
撮影画像へのノイズ混入等、カメラが正常に機能し からバッテリーを取り出しておいてください。保管
ないことがあります。
する際は、カメラをポリエチレン袋などに乾燥剤と
● 長時間、太陽に向けて撮影または放置しない 一緒に入れておくとより安全です。ただし、皮ケー
スをビニール袋に入れると、変質することがありま
太陽などの高輝度被写体に向けて長時間直接撮影
すので避けてください。バッテリーは高温、多湿と
したり、放置したりしないでください。過度の光照
なる場所を避けて保管してください。乾燥剤(シリ
射は撮像素子の褪色・焼き付きを起こすおそれがあ
カゲル)は湿気を吸うと効力がなくなるので、とき
ります。また、その際撮影された画像に、真っ白く
どき交換してください。カメラを長期間使用しない
にじみが生じることがあります。
まま放置しておくと、カビや故障の原因となること
● カメラ本体のお手入れについて
があるので、月に一度を目安にバッテリーを入れ、
カメラ本体のお手入れの際は、ブロアーでゴミやほ カメラを操作することをおすすめします。
こりを軽く吹き払ってから、乾いた柔らかい布で軽 ● バッテリーや AC アダプターを取り外すとき
く拭いてください。特に、海辺で使った後は、真水
は、必ずカメラの電源を OFF にする
を数滴たらした柔らかい清潔な布で塩分を拭き
カメラの電源が ON の状態で、バッテリーを取り出
取ってから、乾いた柔らかい布で軽く拭いて乾かし
したり、AC アダプターを取り外すと、故障の原因
てください。
となります。特に撮影中や記録データの削除中に前
● ミラーやレンズの手入れ方法について
記の操作は行わないでください。
ミラーやレンズは傷が付きやすいので、ゴミやほこ ● 液晶モニターについて
りが付いているときは、ブロアーで軽く吹き払う程
• モニター画面は、非常に精密度の高い技術で作られ
度にしてください。なお、スプレー缶タイプのブロ
ており、99.99% 以上の有効ドットがありますが、
アーの場合、スプレー缶を傾けずにお使いください
0.01% 以下でドット抜けするものがあります。その
(中の液体が気化されずに吹き出し、ミラーやレン
ため、常時点灯(白、赤、青、緑)あるいは非点灯
ズを傷つける場合があります)。レンズに万一指紋
(黒)の画素が一部存在することがありますが、故
などが付いてしまった場合は、柔らかい清潔な布に
障ではありません。また、記録される画像には影響
市販のレンズクリーナーを少量湿らせて、軽く拭き
ありません。あらかじめご了承ください。
取ってください。
• 屋外では日差しの加減で液晶モニターが見えにく
い場合があります。
74
• 液晶モニター表面を強くこすったり、強く押した ● モアレについて
りしないでください。液晶モニターの故障やトラ モアレは、被写体の模様と撮像素子の配列とが干渉
ブルの原因になります。もしゴミやほこり等が付 して起きる現象で、連続するパターンのある画像
着した場合は、ブロアーで吹き払ってください。(建物の格子や格子模様、格子状に並んだビルの窓
汚れがひどいときは、柔らかい布やセーム革等で など)や、規則的に繰り返す細かい模様を持つ被写
軽く拭き取ってください。万一、液晶モニターが 体(カーテンレースの網目や衣類など)を撮影した
破損した場合、ガラスの破片などでケガをするお ときに発生することがあります。
それがあるので充分ご注意ください。中の液晶が
モアレが発生しやすい被写体を撮影するときは、撮影
皮膚や目に付着したり、口に入ったりしないよう、
距離を変える、ズームレンズをご使用の場合はズーミ
充分ご注意ください。
ングして焦点距離を変える、被写体に対する角度を変
えて撮影する、などの方法をおすすめします。
バッテリーの取り扱いについて
● 使用上のご注意
● 撮影前にバッテリーをあらかじめ充電する
• バッテリーの使用方法を誤ると液もれにより製品が 撮影前にバッテリーを充電してください。付属のバッ
腐食したり、バッテリーが破裂したりするおそれが テリーは、ご購入時にはフル充電されていません。
あります。次の使用上の注意をお守りください。
● 予備バッテリーを用意する
- バッテリーはカメラの電源を OFF にしてから入 撮影の際は、充電された予備のバッテリーをご用意
れる。
ください。特に、海外の地域によってはバッテリー
- バッテリーを長時間使用した後は、バッテリー の入手が困難な場合があるので、ご注意ください。
が発熱していることがあるので注意する。
● 低温時にはフル充電したバッテリーを使用
- バッテリーの端子は、汚さないように注意する。 し、予備のバッテリーを用意する
- 必ず指定のバッテリーを使う。
低温時に消耗したバッテリーを使用すると、カメラ
- バッテリーを火の中に投入したり、ショートさ が作動しないことがあります。低温時にはフル充電
したバッテリーを使用し、保温した予備のバッテ
- カメラやチャージャーから取り外したバッテ リーを用意して暖めながら交互に使用してくださ
い。低温のために一時的に性能が低下して使えな
リーには、必ず端子カバーを付ける。
かったバッテリーでも、常温に戻ると使えることが
• カメラの使用直後など、バッテリーの温度が高く
あります。
なっている場合は、温度が下がるのを待ってから
充電してください。バッテリー内部の温度が高い ● バッテリーの残量について
状態では、充電ができなかったり、または不完全 • 電池残量がなくなったバッテリーをカメラに入れ
な充電になるばかりでなく、バッテリーの性能が たまま、何度も電源の ON/OFF を繰り返すと、バッ
劣化する原因になります。
テリーの寿命に影響を及ぼすおそれがあります。
• しばらく使わない場合は、カメラでバッテリーを 電池残量がなくなったバッテリーは、充電してお
使い切った状態で涼しいところで保管してくださ 使いください。
せたり、分解したりしない。
い。周囲の温度が 15 ℃ 〜 25 ℃くらいの乾燥した • 充分に充電したにもかかわらず、室温での使用状
ところをおすすめします。暑いところや極端に寒 態でバッテリーの使用時間が極端に短くなってき
いところは避けてください。
た場合は、バッテリーの寿命です。新しいリチャー
• 使用後のバッテリーは半年以内に充電するようお ジャブルバッテリー EN-EL14a をお求めください。
すすめします。長期間保管する場合は、半年に一 ● 充電が完了したバッテリーを続けて再充電し
回程度充電した後、カメラでバッテリーを使い
ない
切ってから涼しいところで保管してください。
バッテリー性能が劣化します。
• 使 用 し な い と き は 必 ず バ ッ テ リ ー を カ メ ラ や ● 小型充電式電池のリサイクル
チャージャーから取り外してください。付けたま
不要になった充電式電池は、貴
まにしておくと、電源が切れていても微少電流が
重な資源を守るために、廃棄し
流れていますので、過放電になり使えなくなるお
ないで充電式電池リサイクル協
それがあります。
力店へお持ちください。
数字の有無と数値
は、電池によって
異なります。
75
警告メッセージ
液晶モニターとファインダーに表示される警告メッセージの意味は次の通りです。
A 警告表示について
液晶モニターに d、またはファインダー内に s が点滅している場合に W(Q)ボタンを押すと、警告
の内容を確認することができます。
こんなとき
液晶モニター
レンズの絞りリングを
最小絞り(一番大きい
数字)にしてください。
レンズ未装着
ファインダー
対処方法
内表示
B
(点滅)
F/s
レンズの絞りリングを最小絞り(最も大きい値)にしてください。
• レンズを装着してください。
(点滅)
• 非 CPU レンズを装着しているときは、撮影モード M で撮影し
F
レンズが収納されています。ズームリングボタンを押しながら
てください。
撮影するには
ズームリングを
回してレンズを
繰り出して
(点滅)
ズームリングを回して、ロックを解除してください。
ください。
撮影できません。
バッテリーを交換
してください。
d/s
(点滅)
残量のあるバッテリーに交換してください。
このバッテリーは
使用できません。
d
専用バッテリーに
(点滅)
専用バッテリーに交換してください。
交換してください。
起動エラーが発生
しました。復旧には
電源スイッチを OFF に
して再度 ON にして
d/k 電源を一度 OFF にしてから、バッテリーを入れ直し、もう一度
(点滅) 電源を ON にしてください。
ください。
バッテリーが
残り少なくなりました。
ただちに作業を終了し、
—
クリーニングを中止し、電源を OFF にしてください。
電源スイッチを OFF に
してください。
日時未設定
メモリーカード未挿入
76
—
S/s
(点滅)
メモリーカードが書き込
(
み禁止になっています。
(点滅)
日時を設定してください。
SD カードを正しく入れてください。
SD カードのロックを解除してください。
こんなとき
液晶モニター
ファインダー
内表示
対処方法
• このカメラで使用できる
このメモリーカードは
壊れている可能性がある
ため、使用できません。
カードを交換して
SD カードであるかどうかを確認し
てください。
• SD カードを初期化し直してください。状況が改善しない場合
( /k
(点滅)
は、SD カードが壊れている可能性があります。ニコンサービ
ス機関にご相談ください。
• 新規フォルダー作成時にこのメッセージが表示された場合
ください。
は、不要な画像を削除してください。
• 新しい SD カードに交換してください。
• SD カードをカメラで初期化してください。
このメモリーカードは
初期化(フォーマット)
されていません。
フォーマットしてくだ
T
(点滅)
• 電源を OFF にしてから、正しく初期化された SD カードに交換
してください。
さい。
• SD カードに記録されている画像を削除して、SD カードに画像
メモリーカード
j/A/s
空き容量不足
(点滅)
ファイルが保存可能な状態にしてください。必要な画像はパ
ソコンなどに転送してバックアップしてください。
• 新しい SD カードに交換してください。
—
●
(点滅)
構図を変えるか、マニュアル(手動)でピントを合わせてくだ
さい。
• ISO 感度を低くしてください。
被写体が明るすぎます
s
(点滅)
• シャッタースピードをより高速側にセットしてください。
• 絞りを絞り込んで(より大きい数値にして)ください。
• 市販の ND(光量調節用)フィルターをお使いください。
• % の場合は、撮影モードを切り換えてください。
• ISO 感度を高くしてください。
被写体が暗すぎます
s
(点滅)
• フラッシュをお使いください。
• シャッタースピードをより低速側にセットしてください。
• 絞りを開いて(より小さい数値にして)ください。
S モード時 Bulb 制御不可
S モード時 Time 制御不可
—
A
(点滅)
&
• シャッタースピードを変えてください。
• 撮影モード M で撮影してください。
(点滅)
M
(点滅)
フラッシュがフル発光しました。撮影に必要な光量が不足してい
る可能性があります。撮影距離、絞り、フラッシュ調光範囲、ISO
感度などをご確認ください。
• フラッシュをお使いください。
—
M/ s
• 撮影距離、絞り値、調光範囲、ISO 感度などを確認してください。
(点滅)
• レンズの焦点距離が 18mm より広角になっています。焦点距
離を 18mm 以上にしてください。
77
こんなとき
液晶モニター
ファインダー
内表示
対処方法
何らかの異常を
検出しました。
復旧にはシャッター
ボタンをもう一度
O
(点滅)
もう一度シャッターボタンを押してください。警告表示が解除
されない場合や、頻繁に警告が表示される場合は、ニコンサー
ビス機関にご相談ください。
押してください。
起動エラーが
発生しました。
O
サービス機関に
(点滅)
ニコンサービス機関にご相談ください。
お問い合わせください。
測光機能エラー
O
(点滅)
ニコンサービス機関にご相談ください。
ライブビューを
開始できません。
カメラ内部の温度が
—
下がるまで
カメラ内部の温度が下がるまで、ライブビュー撮影または動画
撮影を一時休止してください。
しばらくお待ちください。
• 画像が記録されている SD カードを入れてください。
• 再生メニューの[再生フォルダー設定]を[記録中のフォル
撮影画像がありません。
—
ダー]にした後、SD カードを交換してから、撮影を行わずに
画像を再生しました。
[再生フォルダー設定]を[全てのフォ
ルダー]にすると、SD カード内の画像を再生できます。
このファイルは
表示できません。
このファイルは
選択できません。
• パソコンで編集した画像など、DCF 規格の画像ファイルでは
—
• 画像ファイルに異常があるため再生できません。
—
複数の接続先を検出した
ため接続を中止しました。
で通信機能は使えません。
78
出したため接続を中止しました。
しばらくしてから、接続をやり直してください。
をやり直してください。
カメラの温度が下がるま
このカメラで撮影または編集した画像しか画像編集できません。
スマートデバイスからの通信信号を受信中、複数の接続先を検
—
しばらくしてから、接続
エラーが発生しました。
ないため、再生できません。
—
—
セットアップメニュー[Wi-Fi]の[通信機能]を[無効]に
してから、もう一度[有効]にしてください。
カメラの電源を OFF にして、カメラ内部の温度が下がるまでし
ばらく待ってから接続をやり直してください。
主な仕様
❚❚ ニコンデジタルカメラ D5300
型式
型式
レンズ交換式一眼レフレックスタイプデジタルカメラ
レンズマウント
ニコン F マウント(AF 接点付)
実撮影画角
ニコン DX フォーマット、焦点距離が約 1.5 倍のレンズの FX フォーマットでの画
角に相当
有効画素数
有効画素数
撮像素子
方式
総画素数
ダスト低減機能
2416 万画素
23.5 × 15.6 mm サイズ CMOS センサー
2478 万画素
イメージセンサークリーニング、
イメージダストオフデータ取得(別売 Capture NX 2 必要)
記録形式
•
記録画素数
•
•
•
画質モード
•
•
ピクチャー
6000 × 4000 ピクセル(サイズ L)
4496 × 3000 ピクセル(サイズ M)
2992 × 2000 ピクセル(サイズ S)
RAW 12 ビット /14 ビット(圧縮)
:FINE(1/4)、NORMAL(1/8)、BASIC(1/16)
JPEG-Baseline 準拠、圧縮率(約)
RAW と JPEG の同時記録可能
スタンダード、ニュートラル、ビビッド、モノクローム、ポートレート、風景、
コントロールシステム いずれも調整可能、カスタムピクチャーコントロール登録可能
記録媒体
対応規格
SD メモリーカード、SDHC メモリーカード、SDXC メモリーカード(SDHC メモ
リーカード、SDXC メモリーカードは UHS-I 規格に対応)
DCF 2.0(Design rule for Camera File system)、
DPOF(Digital Print Order Format)、
Exif 2.3(Exchangeable image file format for digital still cameras)、
PictBridge
ファインダー
ファインダー
アイレベル式ペンタミラー使用一眼レフレックス式ファインダー
視野率
上下左右とも約 95%(対実画面)
倍率
約 0.82 倍(50mm f/1.4 レンズ使用、∞、–1.0 m–1 のとき)
アイポイント
接眼レンズ面中央から 18mm(–1.0 m–1 のとき)
視度調節範囲
–1.7 〜+ 1.0m–1
ファインダー
スクリーン
B 型クリアマットスクリーン VII
ミラー
クイックリターン式
レンズ絞り
瞬間復元式、電子制御式
79
レンズ
• オートフォーカス可能レンズ:AF-S、AF-P、AF-I レンズ
• オートフォーカス不可レンズ:AF-S、AF-P、AF-I 以外の G または D タイプレン
交換レンズ
ズ、G または D タイプ以外の AF レンズ(IX 用レンズ、F3AF 用レンズは使用不
可)、P タイプレンズ、非 CPU レンズ(撮影モード M(マニュアル)で使用可
能、ただしカメラで測光は不可)
※ 開放 F 値が F5.6 以上明るいレンズでフォーカスエイド可能
シャッター
型式
電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター
シャッタースピード
1/4000 〜 30 秒(1/3 ステップ、1/2 ステップに変更可能)、Bulb、Time
フラッシュ同調
シャッタースピード
X=1/200 秒以下の低速シャッタースピードで同調
レリーズ機能
• 8:1 コマ撮影、!:低速連続撮影、9:高速連続撮影、J:静音撮影、
レリーズモード
E:セルフタイマー、":2 秒リモコン(ML-L3)、#:瞬時リモコン(ML-L3)
• インターバルタイマー撮影可能
• !:最高約 3 コマ / 秒※
• 9:最高約 5 コマ / 秒(JPEG 画像撮影時または、12 ビットの RAW 画像撮影時)
連続撮影速度
または最高約 4 コマ / 秒(14 ビットの RAW 画像撮影時)※
※ フォーカスモードが AF-C で、カスタムメニュー a1[AF-C モード時の優先]
が [レリーズ]、撮影モードが S(シャッター優先オート)または M(マニュア
ル)
、1/250 秒以上の高速シャッタースピード、その他が初期設定時
セルフタイマー
作動時間:2、5、10、20 秒、撮影コマ数:1 〜 9 コマ
露出制御
測光方式
2016 分割 RGB センサーによる TTL 開放測光方式
• マルチパターン測光:3D-RGB マルチパターン測光Ⅱ(G、E、または D タイプ
レンズ使用時)、RGB マルチパターン測光Ⅱ(その他の CPU レンズ使用時)
測光モード
• 中央部重点測光:φ8 mm 相当を測光(中央部重点度約 75%)
• スポット測光:φ3.5 mm 相当(全画面の約 2.5%)を測光、フォーカスポイン
トに連動して測光位置可動
測光範囲
露出計連動
撮影モード
• マルチパターン測光、中央部重点測光:0 〜 20 EV
• スポット測光:2 〜 20 EV(ISO 100、f/1.4 レンズ使用時、常温 20 ℃)
CPU 連動方式
i:オート、j:発光禁止オート、P:マルチプログラムオート(プログラムシ
フト可能)
、S:シャッター優先オート、A:絞り優先オート、M:マニュアル
• シーンモード:k:ポートレート、l:風景、p:こどもスナップ、
m:スポーツ、n:クローズアップ、o:夜景ポートレート、r:夜景、
s:パーティー、t:海・雪、u:夕焼け、v:トワイライト、w:ペット、
x:キャンドルライト、y:桜、z:紅葉、0:料理
• スペシャルエフェクトモード:%:ナイトビジョン、g:カラースケッチ、
':トイカメラ風、(:ミニチュア効果、3:セレクトカラー、1:シルエッ
ト、2:ハイキー、3:ローキー、):HDR ペインティング
80
露出制御
露出補正
P、S、A、M モード時に設定可能、範囲:± 5 段、補正ステップ:1/3、1/2 ステッ
プに変更可能
• AE ブラケティング時、撮影コマ数:3 コマ、補正ステップ:1/3、1/2 ステップ
オートブラケティング
• ホワイトバランスブラケティング時、撮影コマ数:3 コマ、補正ステップ:
1 ステップ
• アクティブ D- ライティングブラケティング時、撮影コマ数:2 コマ
AE ロック
ISO 感度
(推奨露光指数)
アクティブ
D- ライティング
A(L)ボタンによる輝度値ロック方式
ISO 100 〜 12800(1/3 ステップ)、ISO 12800 に対し約 0.3、0.7、1 段(ISO 25600
相当)の増感、感度自動制御が可能
Y オート、Z より強め、P 強め、Q 標準、R 弱め、! しない
オートフォーカス
方式
検出範囲
レンズサーボ
TTL 位相差検出方式:フォーカスポイント 39 点(うち、クロスタイプセンサー
9 点)、マルチ CAM 4800DX オートフォーカスセンサーモジュールで検出、AF
補助光(約 0.5 〜 3 m)付
–1 〜+ 19 EV(ISO 100、常温(20 ℃))
• オートフォーカス(AF):シングル AF サーボ(AF-S)、コンティニュアス AF
サーボ(AF-C)、AF サーボモード自動切り換え(AF-A)を選択可能、被写体
条件により自動的に予測駆動フォーカスに移行
• マニュアルフォーカス(MF)
:フォーカスエイド可能
フォーカスポイント
AF エリアモード
フォーカスロック
•
AF39 点設定時:39 点のフォーカスポイントから 1 点を選択
AF11 点設定時:11 点のフォーカスポイントから 1 点を選択
シングルポイント AF、ダイナミック AF(9 点、21 点、39 点)
、オートエリア AF、
3D- トラッキング
A(L)ボタン、またはシングル AF サーボ(AF-S)時にシャッターボタン半押し
•
フラッシュ
i、k、p、n、o、s、w、g、' 時:オートポップアップ方式による自動発光
内蔵フラッシュ
P、S、A、M、0 時:押しボタン操作による手動ポップアップ方式
ガイドナンバー:約 12(マニュアルフル発光時約 13)(ISO 100・m、20 ℃)
調光方式
2016 分割 RGB センサーによる TTL 調光制御:内蔵フラッシュ、SB-910、SB-900、
SB-800、SB-700、SB-600、SB-400 または SB-300 で i-TTL-BL 調光(マルチパ
ターン測光または中央部重点測光)、
スタンダード i-TTL 調光
(スポット測光)可能
通常発光オート、赤目軽減オート、通常発光オート+スローシャッター、赤目
フラッシュモード
軽減オート+スローシャッター、通常発光、赤目軽減発光、通常発光+スロー
シャッター、赤目軽減発光+スローシャッター、後幕発光+スローシャッター、
後幕発光、発光禁止
調光補正
レディーライト
アクセサリーシュー
範囲:–3 〜 +1 段、補正ステップ:1/3、1/2 ステップ
内蔵フラッシュ、別売スピードライト使用時に充電完了で点灯、フル発光によ
る露出警告時は点滅
ホットシュー(ISO 518)装備:シンクロ接点、通信接点、セーフティーロック
機構(ロック穴)付
81
フラッシュ
•
ニコンクリエイティブ
SB-910、SB-900、SB-800 または SB-700 を主灯、SU-800 をコマンダーとした
アドバンストワイヤレスライティングに対応
ライティングシステム • ニコンクリエイティブライティングシステム対応スピードライトとの組み合
わせで発光色温度情報伝達に対応
シンクロターミナル
ホットシューアダプター AS-15(別売)
ホワイトバランス
ホワイトバランス
オート、電球、蛍光灯(7 種)、晴天、フラッシュ、曇天、晴天日陰、プリセッ
トマニュアル。プリセットマニュアル以外はいずれも微調整可能
ライブビュー撮影機能
レンズサーボ
AF エリアモード
フォーカス
おまかせシーン
(シーン自動判別)
• オートフォーカス(AF)
:シングル AF サーボ(AF-S)
、常時 AF サーボ(AF-F)
• マニュアルフォーカス(MF)
顔認識 AF、ワイドエリア AF、ノーマルエリア AF、ターゲット追尾 AF
コントラスト AF 方式、全画面の任意の位置で AF 可能(顔認識 AF またはターゲッ
ト追尾 AF のときは、カメラが決めた位置で AF 可能)
撮影モード i、j で使用可能
動画機能
測光方式
撮像素子による TTL 測光方式
測光モード
マルチパターン測光
• 1920 × 1080:60p/50p/30p/25p/24p
• 1280 × 720:60p/50p
記録画素数 /
• 640 × 424:30p/25p
音声記録方式
60p:59.94fps、50p:50fps、30p:29.97fps、25p:25fps、24p:23.976fps
30p/60p は[ビデオ出力]が[NTSC]の場合に選択可能
※ 25p/50p は[ビデオ出力]が[PAL]の場合に選択可能
※ 標準 / 高画質選択可能
MOV
H.264/MPEG-4 AVC
リニア PCM
録音装置
内蔵ステレオマイク、外部マイク使用可能(ステレオ録音)、マイク感度設定可能
感度
ISO 100 〜 12800、ISO 12800 に対し約 0.3、0.7、1 段(ISO 25600 相当)の増感
フレームレート
ファイル形式
映像圧縮方式
※
※
液晶モニター
液晶モニター
3.2 型(3:2)TFT 液晶モニター、約 104 万ドット(720 × 480 × 3 = 1,036,800)、
バリアングル方式、視野角 170°、視野率約 100%、明るさ調整可能
再生機能
1 コマ再生、サムネイル再生(4、12、80 分割またはカレンダーモード)、拡大
再生機能
再生、動画再生、スライドショー(静止画 / 動画選択再生可能)、ヒストグラム
表示、ハイライト表示、撮影画像の縦位置自動回転、レーティング、画像コメ
ント入力可能(英数字 36 文字まで)
インターフェース
USB
ビデオ出力
82
Hi-Speed USB
NTSC、PAL
インターフェース
HDMI 出力
アクセサリー
ターミナル
外部マイク入力
HDMI ミニ端子(Type C)装備
• ワイヤレスリモートコントローラー WR-1、WR-R10(別売)
• リモートコード:MC-DC2(別売)
•
GPS ユニット:GP-1/GP-1A(別売)
ステレオミニジャック(φ3.5mm)装備、ステレオマイクロホン ME-1(別売)
使用可能
Wi-Fi(無線 LAN)
準拠規格
伝送方式
周波数範囲
(中心周波数)
通信距離(見通し)
データ転送速度
(規格値)
セキュリティー
IEEE802.11b、IEEE802.11g
• IEEE802.11b:DSSS/CCK
• IEEE802.11g:OFDM
2412 〜 2462 MHz(1 〜 11ch)
約 30 m ※
※ 電波干渉が無い場合。通信距離は遮蔽物や電波状態などにより影響されます。
54 Mbps※
※ 表示の数値は、規格の理論上の最大値であり、実際のデータ転送速度を示す
ものではありません。
認証方式:オープンシステム、WPA2-PSK
暗号方式:AES
無線設定
WPS 対応
アクセス方式
インフラストラクチャーモード
位置情報機能
位置情報機能
受信周波数 1575.42 MHz(C/A コード)、測地系 WGS 84
表示言語
表示言語
日本語、英語
電源
使用電池
AC アダプター
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a(1 個使用)
AC アダプター EH-5b(パワーコネクター EP-5A と組み合わせて使用)(別売)
三脚ネジ穴
三脚ネジ穴
1/4(ISO 1222)
寸法・質量
寸法(W × H × D)
質量
約 125 × 98 × 76 mm
約 530 g(バッテリーおよび SD メモリーカードを含む、ボディーキャップを除く)
約 480 g(本体のみ)
動作環境
温度
湿度
0 ℃〜 40 ℃
85%以下(結露しないこと)
• 仕様中のデータは特に記載のある場合を除き、CIPA(カメラ映像機器工業会)規格またはガイド
ラインに準拠しています。
• 仕様中のデータは、フル充電バッテリー使用時のものです。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。
• 本書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
83
❚❚ バッテリーチャージャー MH-24
電源
AC 100–240 V、50/60 Hz、MAX 0.2 A
定格入力容量
18–24 VA
充電出力
DC 8.4 V、0.9 A
適応電池
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a
充電時間
EN-EL14a 充電時:約 1 時間 50 分
※残量のない状態からの充電時間(周囲温度 25 ℃)
使用温度
0 ℃〜 40 ℃
寸法(W × H × D)
約 70 × 26 × 97 mm
質量
約 96 g
製品に表示されている記号の意味は下記の通りです。
m AC(交流)、p DC(直流)、q クラスⅡ機器(二重絶縁構造)
❚❚ Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a
84
形式
リチウムイオン充電池
定格容量
7.2 V、1230 mAh
使用温度
0 ℃〜 40 ℃
寸法(W × H × D)
約 38 × 53 × 14 mm
質量
約 49 g(端子カバーを除く)
❚❚ レンズ AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR/
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G
型式
ニコン F マウント CPU 内蔵 G タイプ、AF-P DX レンズ
焦点距離
18 mm–55 mm
最大口径比
1:3.5–5.6
レンズ構成
9 群 12 枚(非球面レンズ 2 枚)
画角
76º – 28º 50′
焦点距離目盛
18、24、35、45、55 mm
撮影距離情報
カメラへの撮影距離情報を出力可能
ズーミング
ズームリングによる回転式
ピント合わせ
ステッピングモーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
手ブレ補正(AF-P DX
NIKKOR 18–55mm ボイスコイルモーター(VCM)によるレンズシフト方式
f/3.5–5.6G VR のみ)
最短撮影距離※ 1
撮像面から 0.25 m(ズーム全域)
絞り羽根枚数
7 枚(円形絞り)
絞り方式
自動絞り
絞りの範囲※ 2
• 焦点距離 18 mm 時:f/3.5–22
• 焦点距離 55 mm 時:f/5.6–38
測光方式
開放測光
アタッチメントサイズ
55 mm(P=0.75 mm)
寸法
約 64.5 mm(最大径)× 62.5 mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで、
沈胴時)
質量
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR:約 205 g
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G:約 195 g
※ 1 距離基準マークは撮像面の位置を示します。
※ 2 カメラの露出値設定のステップ幅により、最小絞り値の表示が異なる場合があります。
85
A AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR/
AF-P DX NIKKOR18–55mm f/3.5–5.6G について
AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR、AF-P DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G の各部名称は次
の通りです。
焦点距離目盛指標
焦点距離目盛
レンズ着脱指標(0 10)
CPU 信号接点
裏ぶた
レンズキャップ
ズームリングボタン(0 11)
フォーカスリング
ズームリング(0 18)
86
❚❚ レンズ AF-S DX NIKKOR 18–140mm f/3.5–5.6G ED VR
型式
ニコン F マウント CPU 内蔵 G タイプ、AF-S DX レンズ
焦点距離
焦点距離目盛
18 mm–140 mm
1:3.5–5.6
12 群 17 枚(ED レンズ 1 枚、非球面レンズ 1 枚)
76º– 11º 30′
18、24、35、50、70、140 mm
撮影距離情報
カメラへの撮影距離情報を出力可能
ズーミング
ズームリングによる回転式
ピント合わせ
IF(ニコン内焦)方式、超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアル
最大口径比
レンズ構成
画角
フォーカス可能
手ブレ補正
ボイスコイルモーター(VCM)によるレンズシフト方式
最短撮影距離※ 1
撮像面から 0.45 m(ズーム全域)
絞り羽根枚数
7 枚(円形絞り)
絞り方式
自動絞り
絞りの範囲※ 2
• 焦点距離 18 mm 時:f/3.5–22
• 焦点距離 140 mm 時:f/5.6–38
測光方式
開放測光
アタッチメントサイズ
67 mm(P=0.75 mm)
約 78 mm(最大径)× 97 mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで)
約 490 g
寸法
質量
※ 1 距離基準マークは撮像面の位置を示します。
※ 2 カメラの露出値設定のステップ幅により、最小絞り値の表示が異なる場合があります。
A AF-S DX NIKKOR 18–140mm f/3.5–5.6G ED VR について
本書では、主に AF-S DX NIKKOR 18–140mm f/3.5–5.6G ED VR のレンズを使用して説明しています。
AF-S DX NIKKOR 18–140mm f/3.5–5.6G ED VR の各部名称は次の通りです。
焦点距離目盛指標
レンズ着脱指標(0 10)
焦点距離目盛
CPU 信号接点
レンズキャップ
裏ぶた
ズームリング(0 18)
A-M 切り換えスイッチ
手ブレ補正スイッチ
フォーカスリング
87
❚❚ レンズ AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II
型式
ニコン F マウント CPU 内蔵 G タイプ、AF-S DX レンズ
焦点距離
焦点距離目盛
18 mm–55 mm
1:3.5–5.6
8 群 11 枚(非球面レンズ 1 枚)
76º– 28º 50′
18、24、35、45、55 mm
撮影距離情報
カメラへの撮影距離情報を出力可能
ズーミング
ズームリングによる回転式
ピント合わせ
超音波モーターによるオートフォーカス、マニュアルフォーカス可能
手ブレ補正
ボイスコイルモーター(VCM)によるレンズシフト方式
最大口径比
レンズ構成
画角
最短撮影距離※ 1
• オートフォーカス時:撮像面から 0.28 m(ズーム全域)
• マニュアルフォーカス時:撮像面から 0.25 m(ズーム全域)
絞り羽根枚数
7 枚(円形絞り)
絞り方式
自動絞り
• 焦点距離 18 mm 時:f/3.5–22
絞りの範囲※ 2
• 焦点距離 55 mm 時:f/5.6–38
測光方式
開放測光
アタッチメントサイズ
52 mm(P=0.75 mm)
約 66 mm(最大径)× 59.5 mm(レンズマウント基準面からレンズ先端まで、沈胴時)
約 195 g
寸法
質量
※ 1 距離基準マークは撮像面の位置を示します。
※ 2 カメラの露出値設定のステップ幅により、最小絞り値の表示が異なる場合があります。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。
• 本書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
A AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II について
AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II の各部名称は次の通りです。
焦点距離目盛指標
レンズ着脱指標(0 10)
焦点距離目盛
ズームリングボタン(0 11)
CPU 信号接点
裏ぶた
レンズキャップ
フォーカスリング
A-M 切り換えスイッチ
手ブレ補正スイッチ
ズームリング(0 18)
•
88
AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II は沈胴機構を採用しています。
A 商標説明
•
PictBridge ロゴは商標です。
SD ロゴ、SDHC ロゴ、および SDXC ロゴは、SD-3C, LLC. の商標です。
• Microsoft、Windows および Windows Vista は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国
•
における登録商標です。
•
Mac OS および OS X は米国およびその他の国々で登録された Apple Inc. の商標です。
• IOS の商標は、米国およびその他の国における Cisco のライセンスに基づき使用しています。
• HDMI、HDMI ロゴ、および High-Definition Multimedia Interface は、HDMI Licensing LLC の商標
または登録商標です。
•
Wi-Fi および Wi-Fi ロゴは、Wi-Fi Alliance の商標または登録商標です。
• その他の会社名、製品名は各社の商標、登録商標です。
A 認証マークの表示
セットアップメニューの[認証マークの表示]
(0 61)では、このカメラが取得している認証
マークの一部を確認できます。
A FreeType License(FreeType2)
本製品のソフトウェアの著作権の一部は、© 2013 The FreeType Project
(http://www.freetype.org)のものです。すべての権利はその所有者に帰属します。
A MIT License(HarfBuzz)
本製品のソフトウェアの著作権の一部は、© 2013 The HarfBuzz Project
(http://www.freedesktop.org/wiki/Software/HarfBuzz)のものです。すべての権利はその
所有者に帰属します。
89
A 電池寿命について
充電した Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a(1230mAh)による電池寿命は、次の通りです。
• 撮影可能コマ数(1 コマ撮影モード)
:約 600 コマ(CIPA 基準準拠※ 1)
• 撮影可能コマ数(連続撮影モード)
:約 2000 コマ(当社試験条件※ 2)
• 動画撮影可能時間:約 50 分※ 3
※ 1 初期設定条件で 30 秒間隔ごとに撮影レンズを無限遠から至近に 1 往復フォーカシング動作をさせ
て 1 コマ撮影する。ライブビュー撮影なし。1 回レリーズ(2 回に 1 回は内蔵フラッシュをフル発光)
した後、液晶モニターを 4 秒間点灯。消灯後半押しタイマーがオフになるまで放置。以後同じ動作
を繰り返す。装着レンズ AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II、温度 23(± 2)℃。
※ 2 レリーズモード 9、フォーカスモード AF-C、画質モード BASIC、画像サイズ M、ホワイトバラ
ンス AUTO、ISO 100、シャッタースピード 1/250 秒、シャッターボタンの半押しを 3 秒間持続後、
撮影レンズを無限遠から至近間を 3 往復フォーカシング動作させ 6 回連続レリーズした後、液晶モ
ニターを 4 秒間点灯させ、消灯後半押しタイマーがオフになるまで放置。以後同じ動作を繰り返す。
装着レンズ AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II(VR 機能 OFF)、温度 20 ℃。
※ 3 電池寿命測定方法を定めた CIPA(カメラ映像機器工業会)規格による実撮影電池寿命です。装着
レンズ AF-S DX NIKKOR 18–55mm f/3.5–5.6G VR II、温度 23(± 2)℃。カメラは初期設定状態。
- 1 回の動画撮影で記録可能な最長時間は 20 分(1080/60p または 1080/50p)です。
- 1 つの動画ファイルで記録可能な最大ファイルサイズは 4GB です。
- カメラが熱くなった場合、連続撮影時間内でも動画撮影が終了することがあります。
※ バッテリーの充電状態、撮影間隔やメニュー画面からの設定条件などの使用環境によって電池寿命
が異なります。
次の場合はバッテリーの消耗が早くなります。
• ライブビュー撮影などで液晶モニターを使用した場合
• シャッターボタンの半押しを続けた場合
• オートフォーカスのレンズ駆動を繰り返し行った場合
• 画質モードを RAW に設定して撮影した場合
• 低速シャッタースピードで撮影した場合
•
Wi-Fi(無線 LAN)機能を使用した場合
• 位置情報機能を使用した場合
•
GPS ユニットを使用した場合
Eye-Fi カードを使用した場合
• VR レンズ使用時に VR(手ブレ補正)機能を ON にした場合
• AF-P レンズ使用時にズーム操作を繰り返した場合
•
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL14a の性能を最大限に発揮させるため、次のことに注意して
ください。
• バッテリーの端子を汚さないでください。端子が汚れていると、充分な性能が発揮できません。
• 充電が完了したバッテリーは、なるべく早いうちにお使いください。使用しないまま放置している
と、自己放電によって、バッテリー残量が減ってしまいます。
90
ニコンプラザについて
ニコンプラザは、ショールーム、サービスセンター、ギャラリーを統合したニコン映像製品の総合情報
拠点です。
※ ニコンプラザサービスセンターでは持ち込み修理の受け付けも行っています。
ニコンプラザショールーム
ナビダイヤル
0570-02-8080
ニコンプラザサービスセンター
ナビダイヤル
0570-02-8060
• 音声ガイダンスにしたがってご利用ください。
• ナビダイヤルは一般電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
• ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、ニコンカスタマーサポートセンター(03)6702-0577 に
おかけください。
ニコンプラザの所在地、営業時間などについては、下記 URL をご覧ください。
http://www.nikon-image.com/support/showroom/
91
修理サービスのご案内
■インターネットでのお申込み
ニコンイメージングジャパン修理センターで承ります。
下記のホームページからお申込みいただけます。
http://www.nikon-image.com/support/repair/
• ニコン ピックアップサービスで発送する場合
梱包資材のお届け・修理センターへのお引き取り、修理後のお届け・集金までをニコン指定の配送業者
(ヤマト運輸)が一括して代行するサービスです。全国一律の料金にて承ります(大きさや重さには制
限があり、取り扱いできない製品もあります)。
• ご自身で発送する場合
インターネットでお申込みいただいた後、お客様ご自身で修理品を梱包し、修理センターまで発送して
ください。
株式会社ニコンイメージングジャパン修理センター
〒 230-0052 横浜市鶴見区生麦 2-2-26 修理センターナビダイヤル
0570-02-8200
※ 修理センターでは、宅配便、郵送をお受けします。ご来所の方の受付はしておりません。
■お電話でのお申込み
お電話でのお申込みの場合は、ニコンピックアップサービスをご利用いただけます。
ニコン ピックアップサービス専用 フリーダイヤル(ヤマト運輸にて承ります)
0120-02-8155
営業時間:9:00 〜 18:00 (年末年始 12/29 〜 1/4 を除く毎日)
※ 上記フリーダイヤルは、ニコン指定の配送業者(ヤマト運輸)にて承ります。修理内容に関するお問
い合わせにはお答えできません。修理内容に関するお問い合わせは修理センターへお願いします。
■サービスセンターでのお手続き
ニコンプラザのサービスセンター窓口でお見積り・受付をいたします。
D 修理品をお預けいただく場合のご注意
• ボディーキャップやレンズキャップが付属している製品の場合は、製品保護のため、装着してお預けく
ださい。
• 修理に必要と思われるもの以外の付属品は、ご自身で保管ください。
• カメラなどの修理では、受付や修理の過程で撮影データをやむを得ず消去する場合があります。大切な
データは必ずバックアップをお取りください。
92
補修用性能部品と修理可能期間について
補修用性能部品(機能維持に必要な部品)の保有期間内(製造打ち切り後 7 年を目安)を、修理可能期間
とさせていただきます。なお、部品保有期間の経過後も修理できる場合もありますので、ニコンサービ
ス機関、ご購入店または最寄りの販売店にお問い合わせください。また、水没、火災、落下等による故
障または破損で全損と認められる場合は、保有期間内であっても修理できません。この故障や破損の程
度の判定は、ニコンサービス機関にお任せください。
修理に関するお問い合わせ先
株式会社ニコンイメージングジャパン修理センター
修理センター
ナビダイヤル
0570-02-8200
営業時間:9:30 〜 18:00 (土曜日、日曜日、祝日、年末年始、夏期休業日など弊社定休日を除く毎日)
• ナビダイヤルは一般電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
• ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、ニコンカスタマーサポートセンター(03)6702-0577 に
おかけください。
製品の使い方に関するお問い合わせ先
■インターネットでのお問い合わせ
http://www.nikon-image.com/support/contact/
■お電話でのお問い合わせ
お電話でお問い合わせいただく前に本説明書の「困ったときは」をご参照ください。
ニコンカスタマーサポートセンター
ナビダイヤル
0570-02-8000
営業時間:9:30 〜 18:00(年末年始、夏期休業日等を除く毎日)
• ナビダイヤルは一般電話からは市内通話料金でご利用いただけます。
• ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、ニコンカスタマーサポートセンター(03)6702-0577 に
おかけください。
• ファクシミリは、(03)5977-7499 にお送りください。
お問い合わせ時のお願い
• おわかりになる範囲で「製品名」
、「製品番号」
、「ご購入日」
、問題が発生した場合は「手順」、
「現象(表示されたメッセージ)」
、「発生頻度」などをご確認のうえ、お問い合わせください。
93
ニコンイメージング会員「製品登録」のご案内
ニコンでは製品を安全に、安心してご使用いただくため「製品登録」へのご協力をお願いしております。
ご登録いただいた製品に関するファームアップ情報や重要なお知らせなどをメールでご案内いたします。
■製品登録方法
製品は、
「ニコンイメージング会員」(無料)の「製品登録」ページからご登録いただけます。
ニコンイメージング会員登録および製品登録は以下ニコンホームページからお手続きください。
ニコンイメージング会員のご案内
http://www.nikon-image.com/enjoy/membership/about/
■ニコンイメージング会員とは
登録製品に関するサポート情報・ニコン製品情報や、お得で便利な会員特典※などフォトライフ
をよりお楽しみいただくための会員サービスです。
※ 特典は登録製品ごとに異なります。
■ご注意
• ご登録にはメールアドレスとインターネットに接続できる環境が必要です。
• 登録製品の製品番号(製品本体および保証書に記載)が必要です。
デ ジ タ ル一 眼 レ フ カ メ ラ
• 特典の内容は、予告なく変更される場合があります。あらかじめご了承ください。
ニコンイメージングサポートページのご案内
http://www.nikon-image.com/support/
最新の製品テクニカル情報や、ソフトウェアのアップデート情報をご覧いただけます。
製品をより有効にご利用いただくために、定期的なアクセスをおすすめします。
使用説明書
Printed in Thailand
6MB22010-05
「Nikon Manual Viewer 2」アプリ
いつでもどこでもスマートフォンやタブレットで
説明書を見ることができます。
Jp
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising