Nikon | Z 6 | Nikon Z 7 活用ガイド:ファームウェア Ver2.00以上用

Nikon Z 7 活用ガイド:ファームウェア Ver2.00以上用
デ ジ タ ルカ メ ラ
活用ガイド
※ この説明書は、カメラのファームウェアが Ver.2.00 以上であることを前提に
操作の説明を行っています。
• 製品をお使いになる前に本書をよくお読みください。
•「安全上のご注意」(xvi ページ)も必ずお読みになり、
正しくお使いください。
• お読みになった後は、いつでも見られるところに保管
してください。
Jp
このカメラには、3 種類の説明書が用意されています。
 詳しい使い方を知りたいときは
活用ガイド(本書)
使用説明書(カメラ付属品)の内容に加え、メニュー
の説明や他の機器との接続などが詳しく記載されて
います。
※ 無線ネットワーク関連については「ネットワークガイド」をご覧ください。
■ 活用ガイドの主な内容
• 撮影と再生の基本操作
• 応用撮影
• カメラのメニューガイド
• パソコン、プリンター、
HDMI 機器との接続
• 別売スピードライトを使用した撮影
など
■ 活用ガイドの内容は、オンライン(HTML)でも閲覧できます。
ニコン
オンラインマニュアル
https://onlinemanual.nikonimglib.com/z7_z6/ja/
Z 7 Model Name: N1710
Z 6 Model Name: N1711
Z 7
Z 6
 基本的な撮影や再生が知りたいときは
使用説明書(カメラ付属品)
基本操作や特徴的な機能について説明しています。
• 目次
• 各部の名称と機能
• 準備をする
• 撮影と再生の基本操作
• カメラの基本機能と設定
• ボタンなどを使った応用撮影
• i メニューを使う
• メニュー一覧
• 困ったときは
 PC やスマホと無線接続したいときは
ネットワークガイド(PDF)
カメラをパソコンやスマートフォンと無線で接続す
る方法や、ワイヤレストランスミッター WT-7 を使
用してできることなどを説明しています。
•
•
■ ネットワークガイドは、ニコンダウンロードセンターから
ダウンロードできます。
ニコン
ダウンロードセンター
Z 7
Z 6
Z 7:https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/492/Z_7.html
Z 6:https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/493/Z_6.html
i
カメラと付属品を確認する
万一、付属品がそろっていない場合は、ご購入店にご連絡ください。
❏ ボディーキャップ BF-N1
❏ 接眼目当て DK-29
❏ カメラ本体
(カメラに装着済み)
(0 430)
❏ Li-ion リチャージャブルバッテリー
EN-EL15b(端子カバー付)
❏ バッテリーチャージャー MH-25a
❏ ストラップ AN-DC19
(0 26)
❏ 保証書
(電源プラグ(直付け型)付)
❏ 使用説明書
❏ 本体充電 AC アダプター EH-7P
❏ USB ケーブル UC-E24
(Z 7 のみ付属)(0 28)
(0 347)
❏ HDMI/USB ケーブルクリップ(0 432) ❏ アクセサリーシュー
カバー BS-1(0 433)
• メモリーカードは別売です。
• レンズキットの場合はレンズも付属しています。別紙でレンズの使用説明書が
入っている場合もあります。
• マウントアダプターキットの場合はマウントアダプターも付属しています。別紙
でマウントアダプターの使用説明書が入っている場合もあります。
• 日本国内でご購入いただいたカメラは、画面の表示言語を日本語または英語に設
定できます。
ニコンダウンロードセンターについて
デジタルカメラやニッコールレンズ、スピードライトなどの説明書、ファーム
ウェアおよび ViewNX-i などのソフトウェアをダウンロードできます。
https://downloadcenter.nikonimglib.com/
ii
本書について
❚❚ 文中のマークについて
本書では、次の記号を使用しています。必要な情報を探すときにご活用
ください。
D
カメラを使用する前に注意していただきたいことや守っていただきたい
A
カメラを使用する前に知っておいていただきたいことを記載しています。
0
本書で関連情報が記載されているページです。
ことなどを記載しています。
❚❚ 表記について
•
•
•
•
•
•
Z 7 と Z 6 の操作説明は共通です。本書では、カメラのイラストや画面表示
などは Z 7 を使用して説明しています。
このカメラでは XQD メモリーカードを使用します。本書では、XQD メモ
リーカードを「メモリーカード」と表記しています。
バッテリーチャージャーを「チャージャー」と表記しています。
撮影時の画像モニターとファインダーの表示を「撮影画面」と表記してい
ます。イラストは主に画像モニターの表示を使用しています。
本書では、スマートフォンおよびタブレットを「スマートフォン」と表記
しています。
ご購入時に設定されている機能やメニューの設定状態を「初期設定」と表
記しています。本書では、カメラの設定が初期設定であることを前提に操
作の説明を行っています。
A 安全上のご注意
安全にカメラをお使いいただくために守っていただきたい内容が記載さ
れています。カメラをお使いになる前に必ずお読みください。詳しくは
0 xvi 〜 xix をご覧ください。
iii
目 次
カメラと付属品を確認する.........................................................................
ii
xvi
ご確認ください .............................................................................. xx
安全上のご注意.............................................................................................
1
各部の名称と機能
各部の名称 ..........................................................................................................
1
1
表示パネル ........................................................................................... 5
画像モニター / ファインダー ..................................................... 6
各部の機能と基本的な操作......................................................................... 8
ファインダー ...................................................................................... 8
モニターモード切り換えボタン................................................ 8
タッチパネル ................................................................................... 10
DISP ボタン ....................................................................................... 15
サブセレクター .............................................................................. 16
AF-ON ボタン .................................................................................... 16
メインコマンドダイヤル / サブコマンドダイヤル ....... 17
G ボタン ...................................................................................... 17
i ボタン(i メニュー).............................................................. 21
Fn1/Fn2 ボタン................................................................................ 24
カメラ本体 ...........................................................................................
準備をする
26
ストラップを取り付ける ..........................................................................
26
27
チャージャーを使用して充電する ........................................ 27
本体充電 AC アダプターを使用して充電する ................ 28
バッテリーとメモリーカードを入れる.............................................. 30
レンズを取り付ける .................................................................................... 34
日付と時刻を設定する ............................................................................... 36
バッテリーを充電する ...............................................................................
iv
撮影と再生の基本操作
39
静止画を撮影する(b オート)............................................................. 39
動画を撮影する(b オート).................................................................. 43
動画モード中の静止画撮影 ...................................................... 45
撮影した画像を確認する........................................................................... 47
動画の再生 ........................................................................................ 47
画像の削除 ........................................................................................ 49
カメラの基本機能と設定
50
ピント合わせの設定 .................................................................................... 50
フォーカスモード.......................................................................... 50
AF エリアモード............................................................................ 52
タッチシャッター.......................................................................... 56
マニュアルフォーカスでのピントの合わせ方 ................ 57
ホワイトバランス ......................................................................................... 59
ホワイトバランスの設定方法.................................................. 59
サイレント撮影 .............................................................................................. 63
撮影した画像のレーティング設定 ....................................................... 65
撮影した画像のプロテクト ...................................................................... 66
ボタンなどを使った応用撮影
67
撮影モードダイヤル .................................................................................... 67
撮影モードの設定方法 ................................................................ 67
P(プログラムオート)................................................................ 68
S(シャッター優先オート)....................................................... 68
A(絞り優先オート)..................................................................... 69
M(マニュアル)............................................................................. 70
U1、U2、U3(ユーザーセッティングモード)................. 72
長時間露出で撮影する(撮影モード M のみ)................. 75
S ボタン ...................................................................................................... 77
ISO 感度の設定方法 ..................................................................... 77
感度自動制御機能.......................................................................... 79
v
E(露出補正)ボタン ............................................................................... 80
露出補正の設定方法..................................................................... 80
c(E)(レリーズモード、セルフタイマー)ボタン ............. 82
レリーズモードの設定方法 ...................................................... 82
セルフタイマー撮影..................................................................... 86
サブセレクター.............................................................................................. 87
フォーカスポイントの移動 ...................................................... 87
AE ロック .......................................................................................... 87
フォーカスロック ......................................................................... 87
AE ロック / フォーカスロックの方法................................. 88
i メニューを使う
90
i メニューについて .................................................................................... 90
静止画モード .................................................................................................. 91
ピクチャーコントロール ........................................................... 91
ホワイトバランス ......................................................................... 95
画質モード ..................................................................................... 101
画像サイズ ..................................................................................... 102
フラッシュモード ...................................................................... 103
測光モード ..................................................................................... 104
Wi-Fi 通信機能 ............................................................................ 105
アクティブ D- ライティング ................................................ 106
レリーズモード ........................................................................... 107
手ブレ補正 ..................................................................................... 108
AF エリアモード ........................................................................ 109
フォーカスモード ...................................................................... 109
vi
動画モード .................................................................................................... 110
ピクチャーコントロール ........................................................ 111
ホワイトバランス....................................................................... 111
画像サイズ / フレームレート / 画質 ................................. 111
マイク感度 ..................................................................................... 114
撮像範囲設定 ................................................................................ 115
測光モード ..................................................................................... 116
Wi-Fi 通信機能 ............................................................................ 116
アクティブ D- ライティング ................................................ 116
電子手ブレ補正 ........................................................................... 117
手ブレ補正 ..................................................................................... 117
AF エリアモード......................................................................... 117
フォーカスモード....................................................................... 118
撮影した画像を見る
119
画像を再生する ........................................................................................... 119
1 コマ表示モード ....................................................................... 119
サムネイル表示モード ............................................................. 119
画像情報を表示する ................................................................................. 121
i ボタン(再生時).................................................................................... 129
画像を拡大表示する ................................................................................. 136
画像を削除する ........................................................................................... 138
メニューガイド
141
初期設定一覧................................................................................................ 141
D 再生メニュー:再生で使える便利な機能 .............................. 152
削除 ................................................................................................... 153
再生フォルダー設定 .................................................................. 153
再生画面設定 ................................................................................ 153
撮影直後の画像確認 .................................................................. 154
削除後の次再生画像 .................................................................. 154
連続撮影後の再生画像 ............................................................. 155
vii
縦位置自動回転 ...........................................................................
155
156
レーティング ................................................................................ 158
スライドショー ...........................................................................
C 静止画撮影メニュー:
静止画撮影で使える便利な機能....................................................
159
160
記録フォルダー設定.................................................................. 161
ファイル名設定 ........................................................................... 164
撮像範囲設定 ................................................................................ 165
画質モード ..................................................................................... 165
画像サイズ ..................................................................................... 166
RAW 記録 ...................................................................................... 168
ISO 感度設定 ................................................................................ 169
ホワイトバランス ...................................................................... 170
ピクチャーコントロール ........................................................ 175
カスタムピクチャーコントロール ..................................... 177
色空間 .............................................................................................. 180
アクティブ D- ライティング ................................................ 180
長秒時ノイズ低減 ...................................................................... 181
高感度ノイズ低減 ...................................................................... 182
ヴィネットコントロール ........................................................ 182
回折補正.......................................................................................... 183
自動ゆがみ補正 ........................................................................... 183
フリッカー低減撮影.................................................................. 184
測光モード ..................................................................................... 185
フラッシュ発光 ........................................................................... 186
フラッシュモード ...................................................................... 188
フラッシュ調光補正.................................................................. 188
フォーカスモード ...................................................................... 189
AF エリアモード ........................................................................ 189
手ブレ補正 ..................................................................................... 189
オートブラケティング ............................................................. 190
多重露出.......................................................................................... 201
静止画撮影メニューのリセット..........................................
viii
HDR(ハイダイナミックレンジ)...................................... 208
インターバルタイマー撮影 ................................................... 213
タイムラプス動画....................................................................... 222
フォーカスシフト撮影 ............................................................. 230
サイレント撮影 ........................................................................... 237
1 動画撮影メニュー:動画撮影で使える便利な機能 ............ 238
動画撮影メニューのリセット............................................... 239
ファイル名設定 ........................................................................... 239
撮像範囲設定 ................................................................................ 239
画像サイズ / フレームレート ............................................... 239
動画の画質 ..................................................................................... 239
動画記録ファイル形式 ............................................................. 240
ISO 感度設定 ................................................................................ 240
ホワイトバランス....................................................................... 241
ピクチャーコントロール ........................................................ 241
カスタムピクチャーコントロール ..................................... 241
アクティブ D- ライティング ................................................ 241
高感度ノイズ低減....................................................................... 242
ヴィネットコントロール ........................................................ 242
回折補正 .......................................................................................... 242
自動ゆがみ補正 ........................................................................... 242
フリッカー低減 ........................................................................... 243
測光モード ..................................................................................... 243
フォーカスモード....................................................................... 243
AF エリアモード......................................................................... 244
手ブレ補正 ..................................................................................... 244
電子手ブレ補正 ........................................................................... 244
マイク感度 ..................................................................................... 245
アッテネーター ........................................................................... 245
録音帯域 .......................................................................................... 246
風切り音低減 ................................................................................ 246
ヘッドホン音量 ........................................................................... 246
タイムコード ................................................................................ 247
ix
A カスタムメニュー:撮影に関するさらに詳細な設定 ....... 248
カスタムメニューのリセット .............................................. 250
a:オートフォーカス ............................................................... 251
a1:AF-C モード時の優先............................................... 251
a2:AF-S モード時の優先 ............................................... 251
a3:AF ロックオン ............................................................. 252
a4:オートエリア AF 時の顔と瞳認識...................... 252
a5:AF 点数 ........................................................................... 253
a6:縦 / 横位置フォーカスポイント切換 ................ 253
a7:半押し AF レンズ駆動.............................................. 254
a8:AF エリアモードの限定 .......................................... 255
a9:フォーカスポイント循環選択 .............................. 255
a10:フォーカスポイント表示の設定 ...................... 256
a11:ローライト AF .......................................................... 256
a12:内蔵 AF 補助光の照射設定 ................................. 257
a13:AF 設定時のフォーカスリング操作 ............... 257
b:露出・測光 ............................................................................. 258
b1:露出設定ステップ幅................................................. 258
b2:露出補正簡易設定 ..................................................... 258
b3:中央部重点測光範囲................................................. 258
b4:基準露出レベルの調節 ............................................ 259
c:AE ロック・タイマー ....................................................... 260
c1:シャッターボタン AE ロック ............................... 260
c2:セルフタイマー ........................................................... 260
c3:パワーオフ時間 ........................................................... 261
d:撮影・記録・表示 .............................................................. 262
d1:低速連続撮影速度 ..................................................... 262
d2:連続撮影コマ数 .......................................................... 262
d3:連動レリーズモード設定 ....................................... 262
d4:露出ディレーモード................................................. 263
d5:シャッター方式 .......................................................... 263
d6:撮像範囲設定の限定................................................. 263
d7:連番モード .................................................................... 264
x
d8:Lv に撮影設定を反映 ............................................... 265
d9:格子線表示 .................................................................... 265
d10:ピーキング表示........................................................ 266
d11:連続撮影中の表示 ................................................... 266
e:フラッシュ・BKT 撮影..................................................... 267
e1:フラッシュ撮影同調速度........................................ 267
e2:フラッシュ時シャッタースピード制限 ........... 268
e3:フラッシュ使用時の露出補正 .............................. 268
e4:c 使用時の感度自動制御........................................ 269
e5:モデリング発光 ........................................................... 269
e6:BKT 変化要素(M モード).................................... 270
e7:BKT の順序 .................................................................... 271
f:操作 ............................................................................................. 272
f1:i メニューのカスタマイズ .................................. 272
f2:カスタムボタンの機能.............................................. 274
f3:OK ボタンの機能 ......................................................... 282
f4:シャッタースピードと絞り値のロック ............ 283
f5:コマンドダイヤルの設定 ......................................... 284
f6:ボタンのホールド設定.............................................. 287
f7:インジケーターの+ / −方向................................ 287
g:動画 ........................................................................................... 288
g1:i メニューのカスタマイズ ................................ 288
g2:カスタムボタンの機能 ............................................ 289
g3:OK ボタンの機能 ....................................................... 294
g4:AF 速度 ........................................................................... 295
g5:AF 追従感度.................................................................. 295
g6:ハイライト表示 .......................................................... 296
B セットアップメニュー:
カメラを使いやすくする基本設定 ............................................... 297
カードの初期化(フォーマット)....................................... 298
ユーザーセッティングの登録............................................... 298
ユーザーセッティングのリセット ..................................... 298
言語(Language).................................................................... 298
xi
地域と日時 .....................................................................................
299
299
モニターのカラーカスタマイズ.......................................... 300
ファインダーの明るさ ............................................................. 301
ファインダーのカラーカスタマイズ ................................ 301
表示パネルの明るさ.................................................................. 301
モニターモードの限定 ............................................................. 302
インフォ画面の表示設定 ........................................................ 302
AF 微調節 ....................................................................................... 303
レンズ情報手動設定.................................................................. 304
イメージセンサークリーニング.......................................... 305
イメージダストオフデータ取得.......................................... 306
画像コメント ................................................................................ 308
著作権情報 ..................................................................................... 309
電子音 .............................................................................................. 310
タッチ操作 ..................................................................................... 311
HDMI ............................................................................................... 311
位置情報.......................................................................................... 312
リモコン(WR)設定 .............................................................. 312
リモコン(WR)の Fn ボタンの機能 .............................. 314
機内モード ..................................................................................... 314
スマートフォンと接続 ............................................................. 315
PC と接続 ....................................................................................... 315
ワイヤレストランスミッター(WT-7)........................... 315
認証マークの表示 ...................................................................... 315
電池チェック ................................................................................ 316
カードなし時レリーズ ............................................................. 317
カメラ設定の保存と読み込み .............................................. 317
カメラの初期化 ........................................................................... 321
ファームウェアバージョン ................................................... 321
モニターの明るさ ......................................................................
xii
N 画像編集メニュー:撮影した画像に行う編集機能 ............ 322
RAW 現像(パソコンを使わずに RAW 画像
を JPEG 画像に変換する)................................................. 325
トリミング ..................................................................................... 328
リサイズ .......................................................................................... 329
D- ライティング ......................................................................... 331
赤目補正 .......................................................................................... 332
傾き補正 .......................................................................................... 332
ゆがみ補正 ..................................................................................... 333
アオリ効果 ..................................................................................... 334
画像合成 .......................................................................................... 335
動画編集(始点 / 終点設定)................................................. 338
編集前後の画像表示 .................................................................. 338
O マイメニュー /m 最近設定した項目 ......................................... 340
O マイメニュー:よく使うメニューを登録する....... 340
m 最近設定した項目:最近設定したメニュー
をたどる .................................................................................... 345
他の機器と接続する
346
スマートフォンと接続する ................................................................... 346
パソコンと接続する ................................................................................. 347
USB ケーブルで接続する ....................................................... 347
無線 LAN(Wi-Fi)で接続する .......................................... 351
プリンターと接続する ............................................................................ 352
1 コマだけプリントする ......................................................... 353
複数の画像をプリントする ................................................... 355
HDMI 対応機器と接続する .................................................................. 356
テレビと接続する....................................................................... 356
外部レコーダーと接続する ................................................... 357
xiii
スピードライトをカメラに装着して撮影する 360
フラッシュ撮影の方法 ............................................................................
360
360
増灯撮影.......................................................................................... 360
一灯撮影..........................................................................................
別売スピードライトをカメラに装着して撮影する
(一灯撮影)...............................................................................................
361
カメラに装着したスピードライトの発光モードを
設定する....................................................................................................
363
365
調光補正してフラッシュの発光量を変更する ............................ 367
FV ロックして調光量を固定する....................................................... 368
カメラに装着したスピードライトの設定を確認する .............. 370
各発光モードの表示について .............................................. 370
フラッシュモードを設定する ..............................................................
複数のスピードライトをワイヤレスで
373
制御する
増灯撮影の方法について .......................................................................
373
375
電波制御の準備をする ............................................................. 375
増灯発光モードを設定して撮影する ................................ 379
電波でリモートフラッシュを制御する ...........................................
電波制御したリモートフラッシュとカメラに
装着したスピードライトを同時に発光させる .......
385
386
SB-5000 または SB-500 を使用して撮影する............ 387
光でリモートフラッシュを制御する ...............................................
電波制御のリモートフラッシュと、
光制御のリモートフラッシュを同時に使用する ..................
395
フラッシュインフォ画面で増灯撮影時の
スピードライトの設定を確認する ...............................................
各発光モードの表示について ..............................................
xiv
396
396
困ったときは
399
故障かな?と思ったら ............................................................................ 400
警告メッセージ ........................................................................................... 407
413
資料
全画面表示 .................................................................................................... 413
画像モニター ................................................................................ 413
ファインダー ................................................................................ 418
表示パネル ..................................................................................... 421
使用できるスピードライト ................................................................... 422
ニコンクリエイティブライティングシステム
(CLS)について .................................................................... 422
使用できるアクセサリー........................................................................ 428
カメラとパワーコネクター、AC アダプター
の接続方法................................................................................ 434
カメラのお手入れについて ................................................................... 436
保管について ................................................................................ 436
クリーニングについて ............................................................. 436
撮像素子のお手入れについて............................................... 437
撮像素子前面をブロアーで掃除する ................................ 439
カメラとバッテリーの使用上のご注意 ........................................... 441
主な仕様 ......................................................................................................... 447
NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書 ....................................... 460
マウントアダプター FTZ 使用説明書 .............................................. 467
使用できるメモリーカード ................................................................... 474
記録可能コマ数と連続撮影可能コマ数 ........................................... 475
撮影可能コマ数(電池寿命)について ........................................... 477
索引 ................................................................................................................... 479
xv
安全上のご注意
あなたや他の人々への危害や財産への損害を未然に防止するため、ご使用の前に
「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。
この説明書をお読みになった後は、いつでも参照できるように保管してください。
危険
「死亡または重傷を負うおそれが大きい内
容」です。
警告
「死亡または重傷を負うおそれがある内
容」です。
注意
「軽傷を負うことや財産の損害が発生する
おそれがある内容」です。
お守りいただく内容を、以下の図記号で区分しています。
F は、してはいけない内容です。
C は、実行しなければならない内容です。
警告
F 禁止
E 分解
禁止
C 実行
F
禁止
F 禁止
xvi
歩きながらや運転・操縦しながらの操作はしない
事故やけがの原因になります。
分解、修理または改造をしない
落下などによる破損で内部が露出したら、露出部に触らない
感電やけがの原因になります。
熱くなる、煙が出る、こげ臭いなどの異常時は、直ちに電池や電
源を取り外す
放置すると、発火、やけどの原因になります。
水でぬらさない
ぬれた手で触らない
ぬれた手で電源プラグを抜き差ししない
感電や発火の原因になります。
電源を入れたまま長時間直接触らない
低温やけどの原因になります。
F 禁止
F 禁止
F 禁止
F
禁止
引火、爆発のおそれのある場所では使わない
プロパンガス、ガソリン、可燃性スプレーなどの引火性ガスや粉
塵の発生する場所で使うと、爆発や火災の原因になります。
レンズで直接太陽や強い光を見ない
失明や視力障碍の原因になります。
フラッシュや AF 補助光を運転者にむけて発光しない
事故の誘発につながります。
幼児の手の届くところに置かない
故障やけがの原因になります。
小さな付属品を誤って飲み込むと、身体に悪影響を及ぼします。
飲み込んだら、すぐに医師の診断を受けてください。
F 禁止
ストラップ類を首に巻きつけない
事故の原因になります。
F 禁止
指定外の電池、充電器、AC アダプターは使わない
指定の電池、充電器、AC アダプターを使う際は、以下の点に注
意する
• コードやケーブルを傷つけたり、加工したりしない
重いものを載せたり、加熱したり、引っぱったり、無理に曲げ
たりしない
• 海外旅行者用電子式変電圧器(トラベルコンバーター)や DC/
AC インバーターなどの電源に接続して使わない
発火、感電の原因になります。
F 禁止
G 接触
禁止
充電時や AC アダプター使用時に雷が鳴り出したら、電源プラグ
に触らない
感電の原因になります。
高温環境や低温環境では、直接触らない
やけどや低温やけど、凍傷の原因になることがあります。
注意
F
禁止
レンズを太陽や強い光源に向けたままにしない
集光して、内部部品の破損や発火の原因になることがあります。
逆光撮影では、太陽を画角から十分にずらしてください。
画角から太陽をわずかに外しても、発火の原因になります。
xvii
C 実行
C 実行
G 接触
禁止
F 禁止
F 禁止
F 禁止
使用が禁止されている場所では、電源を OFF にする
無線通信が禁止されている場所では、無線通信機能が作動しない
ようにする
医療機関や航空機内では、本機器が出す電磁波が、周囲の機器に
悪影響を与えるおそれがあります。
長時間使わないときは、電池や AC アダプターを取り外す
故障や発火の原因になります。
フラッシュを人体やものに密着させて発光させない
やけどや発火の原因になります。
夏場の車内や直射日光の当たる所など高温環境に放置しない
故障や発火の原因になります。
AF 補助光を直接見ない
視覚に悪影響を及ぼすことがあります。
三脚などにカメラやレンズを取り付けたまま移動しない
故障やけがの原因になります。
危険(電池について)
F 禁止
C 実行
C 実行
xviii
電池は誤った使いかたをしない
注意事項を無視してお使いになると、液もれ、発熱、破裂、発火
の原因になります。
• 充電池は、専用の充電池以外を使わない
• 電池を火の中に入れたり、加熱したりしない
• 電池を分解しない
• 電池をネックレスやヘアピンなどの金属類に接触させて
ショート(短絡)しない
• 電池、または電池の入った製品に強い衝撃を与えたり、投げた
りしない
• 電池に釘を刺したり、電池をハンマーで叩いたり、踏みつけた
りしない
指定の方法で充電する
液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
電池からもれた液が目に入ったときは、すぐにきれいな水で洗い
流し、医師の診察を受ける
放置すると、目に傷害を与える原因になります。
警告(電池について)
F 禁止
F 禁止
F 禁止
F
禁止
C 実行
C 実行
電池を乳幼児の手の届く所に置かない
飲み込んだら、すぐに医師の診断を受けてください。
電池をペットなどが触れる場所に置かない
噛みつきなどにより、液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
水につけたり、雨にぬらしたりしない
発火や故障の原因になります。
ぬれてしまったら、乾いたタオルなどで十分にふき取ってください。
変色・変形、そのほか異状に気づいたら使わない
リチャージャブルバッテリー EN-EL15b は、所定の時間を超えて
も充電が完了しなければ、充電を中止する
放置すると、液もれ、発熱、破裂、発火の原因になります。
使用済みの電池は、ビニールテープなどで接点部を絶縁する
他の金属と接触すると、発熱、破裂、発火の原因になります。
電池からもれた液が皮膚や衣服に付いたら、すぐにきれいな水で
洗い流す
放置すると、皮膚のかぶれなどの原因になります。
xix
ご確認ください
●保証書について
この製品には「保証書」が付いていますのでご確認ください。
「保証書」は、お買
い上げの際、ご購入店からお客様へ直接お渡しすることになっています。必ず「ご
購入年月日」
「ご購入店」が記入された保証書をお受け取りください。
「保証書」を
お受け取りにならないと、ご購入 1 年以内の保証修理が受けられないことになりま
す。お受け取りにならなかった場合は、直ちに購入店にご請求ください。
●カスタマーサポート
下記アドレスのホームページで、サポート情報をご案内しています。
http://www.nikon-image.com/support/
●大切な撮影の前には試し撮りを
大切な撮影(結婚式や海外旅行など)の前には、必ず試し撮りをしてカメラが正常
に機能することを事前に確認してください。本製品の故障に起因する付随的損害
(撮影に要した諸費用および利益喪失等に関する損害等)についての補償はご容赦
願います。
●本製品を安心してお使いいただくために
本製品は、当社製のアクセサリー(レンズ、スピードライト、バッテリー、チャー
ジャー、AC アダプターなど)に適合するように作られておりますので、当社製品
との組み合わせでお使いください。
•
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b には、ニコン純正
品であることを示すホログラムシールが貼られています。
• 模倣品のバッテリーをお使いになると、カメラの充分な性能が
発揮できないほか、バッテリーの異常な発熱や液もれ、破裂、発
火などの原因となります。
• 他社製品や模倣品と組み合わせてお使いになると、事故・故障などが起こる可能
性があります。その場合、当社の保証の対象外となりますのでご注意ください。
xx
●説明書について
• 使用説明書、本書およびオンラインマニュアルの一部または全部を無断で転載す
ることは、固くお断りいたします。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご承知ください。
• 説明書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
•「使用説明書」が破損などで判読できなくなったときは、PDF ファイルをニコン
ダウンロードセンターからダウンロードできます。
ニコンサービス機関で新しい使用説明書を購入することもできます(有料)
。
●著作権について
カメラで著作物を撮影または録音したものは、個人として楽しむなどの他は、著作
権法上、権利者に無断で使用できません。なお、個人として楽しむなどの目的で
あっても、実演や興行、展示物などは、撮影や録音が制限されている場合がありま
すのでご注意ください。
xxi
xxii
各部の名称と機能
各部の名称
カメラ本体
6
4
7
5
8
9
1
2
2
10
3
11
14
1
2
3
4
5
6
7
13
12
動画撮影ボタン .......................... 44
8 E ボタン ...................................... 80
9 S ボタン .................................. 77
10 E 距離基準マーク .................... 58
11 メインコマンドダイヤル ........... 17
12 スピーカー .................................. 48
13 表示パネル ......................... 5、421
14 フラッシュ取り付け部
電源スイッチ ...................... 36、39
(アクセサリーシュー)... 361、422
撮影モードダイヤル................... 67
ストラップ取り付け部
(吊り金具).................................. 26
撮影モードダイヤル
ロックボタン .............................. 67
マイク(ステレオ).................... 44
シャッターボタン ...................... 41
各部の名称と機能
1
カメラ本体(続き)
1
2
3
7
8
9
4
10
5
11
6
12
イメージセンサー
(撮像素子)................................ 437
モニターモード切り換えボタン
5 ヘッドホン / マイク端子カバー
6 レンズ着脱指標........................... 34
7 ヘッドホン出力端子 ................ 246
8 チャージ LED...................................... 29
9 USB 端子 ......................... 347、352
10 HDMI 端子 ................................ 356
11 アクセサリーターミナル
12 外部マイク入力端子 ................ 430
13 ボディーキャップ....................... 34
13
1
2
............................................. 8、302
3 AF 補助光ランプ .............. 41、257
赤目軽減ランプ ............. 103、365
セルフタイマーランプ............... 86
4 USB/HDMI/ アクセサリー
ターミナル端子カバー
D 撮像素子に触れない
撮像素子を押さえたり、突いたり、ブロアーなど
で強く吹くなどは、絶対にしないでください。傷
や破損などの原因となります。撮像素子のお手入
れについては 0 437 をご覧ください。
撮像素子
2
各部の名称と機能
1
2
3
7 8 9 10
11
12
13
14
15
16
4
5
6
20 19 18 17
1 アイセンサー ................................ 8
2 ファインダー ................................ 8
3 接眼目当て ................................ 430
4 K ボタン.......................... 47、119
5 O ボタン ........................... 49、138
6 画像モニター ...................... 10、56
7 視度調節ノブ ................................ 8
8 DISP ボタン .................................. 15
9 静止画 / 動画切り換えレバー
............................................. 39、43
12 i ボタン .............................. 21、90
13 メモリーカードカバー ............... 30
14 メモリーカード
15
16
17
18
19
20
アクセスランプ .................... 42、84
J ボタン ...................................... 18
マルチセレクター....................... 18
G ボタン....................... 17、141
c(E)ボタン................. 82、86
W(Q)ボタン .............. 20、119
X ボタン......... 48、57、119、136
10 AF-ON ボタン................................ 16
11 サブセレクター .................. 16、87
D 画像モニターについて
このカメラの画像モニターは、角度を変えて使用できます。
各部の名称と機能
3
カメラ本体(続き)
6
7
1
8
2
3
9
4
10
5
1 サブコマンドダイヤル............... 17
2 Fn1 ボタン............................ 24、59
3 Fn2 ボタン............................ 24、50
4 バッテリー室開閉ノブ
5 バッテリー室カバー
6
7
8
9
10
レンズマウント.................. 34、58
レンズ取り外しボタン ............... 35
レンズ信号接点
三脚ネジ穴
パワーコネクターカバー ........ 434
D 製品番号について
このカメラの製品番号は、画像モニターを開いて
確認できます。
4
各部の名称と機能
表示パネル
カメラの電源を ON にすると、表示パネルが点灯します。ここでは初期
設定で表示される内容のみ記載しています。表示パネルの全点灯画面に
ついては、0 421 をご覧ください。
1
2
3
7
4
6
1 シャッタースピード........... 68、70
2 絞り値.................................. 69、70
3 バッテリー残量表示................... 32
4 1000 コマ以上補助表示 ............. 32
5
5 記録可能コマ数................ 32、475
6 レリーズモード................ 82、107
7 ISO 感度........................................ 77
各部の名称と機能
5
画像モニター / ファインダー
❚❚ 静止画モードの場合
ここでは初期設定で表示される内容のみ記載
しています。撮影画面の全点灯画面について
は、0 413、418 をご覧ください。
画像モニター
ファインダー
21 25 23
1
3 4 5 6 7 8 11 10 9
23456 7 89
10
11
12
25
24
23
22
21
2
13
14
20 19 18 17 16 15
22 20 1 19 18 13 17 16 15 14
1 撮影モード .................................. 67
2 フォーカスポイント........... 40、52
3 レリーズモード .......................... 82
4 フォーカスモード ...................... 50
5 AF エリアモード ......................... 52
6 アクティブ D- ライティング .... 106
7 ピクチャーコントロール ... 91、175
8 ホワイトバランス ... 59、95、170
9 撮像範囲 .................................... 165
10 画像サイズ ................................ 102
11 画質モード ................................ 101
12 i メニュー ................................... 90
13 インジケーター
露出 ......................................... 71
露出補正.................................. 80
6
各部の名称と機能
14 1000 コマ以上補助表示.............. 32
15 記録可能コマ数................ 32、475
16 ISO 感度........................................ 77
17 ISO 感度マーク ............................ 77
ISO-AUTO マーク........................ 79
18 絞り値 ................................. 69、70
19 シャッタースピード .......... 68、70
20 測光モード ............................... 104
21 バッテリー残量表示 ................... 32
22 シャッター方式........................ 263
23 手ブレ補正 ............................... 108
24 タッチ撮影機能.................. 10、56
25 t マーク...................................... 38
❚❚ 動画モードの場合
画像モニター
ファインダー
1
34
1
2
3
4
10
9
8
7
10
6
6
5
7
1
2
3
4
動画撮影中マーク ...................... 44
動画撮影禁止マーク................... 45
動画撮影残り時間 ...................... 44
画像サイズ / フレームレート /
画質............................................ 111
ファイル名 ................................ 164
89
5 2
5 静止画撮影のレリーズモード ... 85
6 ターゲット追尾 AF .......................... 55
7 音声レベルインジケーター .... 114
8 マイク感度 ............................... 114
9 録音帯域 ................................... 246
10 AF エリアフレーム...................... 53
各部の名称と機能
7
各部の機能と基本的な操作
ファインダー
• ファインダーに顔を近づけると、アイセン
サーが反応して、画像モニターの表示が消
えてファインダー表示に切り替わります。
指などを近づけてもアイセンサーが反応し
ます。
• ファインダー表示時は、メニューや再生画 アイセンサー
面もファインダーで見ることができます。
モニターモード切り換えボタン
ファインダーと画像モニターの表示設定を切
り換えることができます。
D 視度調節ノブについて
• 視度調節ノブを引き出して回すと、ファイン
ダー内がはっきり見えるように調節できます。
• 爪や指先で目を傷つけないようにご注意ください。
• 調節が終わった後は、視度調節ノブを押し込ん
で戻してください。
ヒント:長時間ファインダー撮影をする場合
カスタムメニュー d8[Lv に撮影設定を反映]を[しない]に設定すると、撮影
画面が見やすい色味や明るさで表示されます。
ヒント:使用するモニターモードを限定する
セットアップメニュー[モニターモードの限定]で表示設定を限定できます。
8
各部の名称と機能
ボタンを押すたびに、次のようにモニターモードが切り替わります。
アイセンサーにより、ファインダーの表
自動表示切り換え 示と画像モニターの表示が自動的に切り
替わります。
ファインダーのみ
画像モニターには何も表示されなくなり
ます。メニューの設定や撮影した画像の
確認などもすべてファインダーで行って
ください。
モニターのみ
画像モニターのみを使用して撮影や設定
をする場合に選びます。ファインダーに
顔を近づけてもファインダーには何も表
示されません。
これまでのデジタル一眼レフカメラと似
た動作になります。
• 静止画モードの場合、ファインダーに
ファインダー優先
顔を近づけるとファインダーに撮影画
面が表示されますが、顔を離しても画
像モニターには撮影画面は表示されま
せん。
• メニュー画面や再生画面、動画モード
の撮影画面は、アイセンサーにより自
動的に切り替わります。
各部の名称と機能
9
タッチパネル
このカメラの画像モニターはタッチパネル
になっており、指で画面に触れて操作できま
す。ファインダーを見ながら撮影する場合は
タッチ操作は無効になり、ピント合わせなど
は行えません。
❚❚ ピントを合わせる / シャッターをきる
• 画像モニターをタッチすると、その場所に
。
ピントを合わせます(タッチ AF)
• 静止画モードの場合はピント合わせ後に指
を放すとシャッターがきれます(タッチ
シャッター)
。
• W をタッチすると、タッチ
AF やタッチ
シャッターの設定を変更できます(0 56)。
❚❚ 設定を変更する
• 枠が表示されたアイコンにタッチすると、
設定を変更できます。
• アイコンやスライドバーにタッチして項目
や数値を選びます。
• Z をタッチするか J ボタンを押すと設定を
決定して前の画面に戻ります。
10
各部の名称と機能
❚❚ 再生画面を切り換える
• 1 コマ表示時に左右にフリックすると、前後
の画像を表示します。
• 1 コマ表示時に画面下部をタッチすると、フ
レームアドバンスバーが表示されます。フ
レームアドバンスバーに触れたまま指を左
右にスライドすると、前後の画像を高速で
切り換えられます。
フレームアドバンスバー
• 1 コマ表示中に広げる操作をするか、画像モ
ニターを素早く 2 回タッチすると、拡大表示
します。
• さらに広げる操作をすると拡大率が上がり、
つまむ操作をすると拡大率が下がります。
• 画像モニターでスライド操作をすると、見
たい部分に移動できます。
• 画像モニターを素早く 2 回タッチすると、拡
大表示を解除します。
• 1 コマ表示中につまむ操作をすると、サムネ
イル表示します。
• 広げる / つまむ操作をすると、表示コマ数(4
コマ /9 コマ /72 コマ)が切り替わります。
各部の名称と機能
11
❚❚ 動画を再生する
• 1 が表示されている画像で、操作ガイドに
タッチすると再生します。
• 再生中に画像モニターをタッチすると一時
停止します。もう一度タッチすると再生を
再開します。
• 再生中に Z にタッチすると、再生を終了し
て 1 コマ表示モードに戻ります。
操作ガイド
❚❚ i メニューを設定する
• 撮影時に画像モニターの i をタッチする
と i メニュー(0 21、90)が表示されます。
• 設定したい項目をタッチすると、設定項目
の内容を変更できます。
❚❚ 文字を入力する
• 文字入力画面が表示された場合、キーボード
エリアで文字をタッチして入力できます。
入力エリア
• 入力エリアをタッチすると文字の入力位置
を移動できます。
• 文字種変更アイコンをタッチすると、アル
ファベット大文字 / 小文字 / 記号を切り換え
られます。
12
各部の名称と機能
キーボード
エリア
文字種変更
❚❚ メニューを設定する
• 上下にスライドすると、メニュー画面がス
クロールします。
• 画面左端のアイコンにタッチすると、選んだ
アイコンのメニュー画面が表示されます。
• メニュー項目にタッチすると、設定項目の
内容を変更できます。アイコンやスライド
バーにタッチして項目や数値を選びます。
• Z にタッチすると、設定を変更しないで前
の画面に戻ります。
各部の名称と機能
13
D タッチパネルについてのご注意
• このカメラのタッチパネルは静電式です。爪でタッチしたり、手袋などをはめ
たままタッチしたりすると反応しないことがあります。
• 先のとがった硬い物で押さないでください。
• タッチパネルを必要以上に強く押したり、こすったりしないでください。
• 市販の保護フィルムを貼ると反応しないことがあります。
• タッチパネルに指が触れたまま、別の指でタッチすると、適切に動作しないこ
とがあります。
ヒント:タッチ操作の有効 / 無効について
セットアップメニュー[タッチ操作]で、タッチ操作の有効 / 無効を切り換えら
れます。
14
各部の名称と機能
DISP ボタン
DISP ボタンを押すたびに、次のように画面の
表示が切り替わります。
❚❚ 静止画モードの場合
情報表示あり
シンプル表示
ヒストグラム ※1、2
フラッシュインフォ画面
インフォ画面(0 415)
水準器表示
(0 370、396)※3
※1 カスタムメニュー d8[Lv に撮影設定を反映]が[する]の場合に表示されます。
※2 多重露出撮影中で、[確認撮影]を[する]に設定している場合は表示されま
せん。
SB-5000、SB-500、SB-400、SB-300 をアクセサリー
シューに取り付けた場合、またはワイヤレスリモートコントローラー WR-R10
を使用してスピードライトを電波制御している場合に表示されます。
※3 別売のスピードライト
ヒント:ファインダーの表示について
ファインダー使用時も、DISP ボタンを押すと表示される情報が切り替わります。
ただし、インフォ画面およびフラッシュインフォ画面は表示されません。
各部の名称と機能
15
❚❚ 動画モードの場合
情報表示あり
シンプル表示
水準器表示
ヒストグラム
サブセレクター
サブセレクターを上下左右に倒すと、フォー
カスポイントを選べます。また、サブセレク
タ ーの 中央 を押 して いる 間、AE ロッ クと
フォーカスロックを同時に行います(0 87)。
AF-ON ボタン
オートフォーカス時に AF-ON ボタンを押すと
ピント合わせを行います。
16
各部の名称と機能
メインコマンドダイヤル / サブコマンドダイヤル
コマンドダイヤルを回すと、シャッタース
サブコマンドダイヤル
ピードや絞り値、カメラのボタンに割り当て
られた機能の設定を変更できます。
メインコマンドダイヤル
G ボタン
G ボ タン を押 すと、画 像モ ニタ ーに メ
ニュー画面を表示します。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
1 D
2 C
3 1
4 A
5 B
6 N
7 O
再生メニュー ................. 152
m
8 d
最近設定した項目 ※.......... 340
9
静止画撮影メニュー...... 159
動画撮影メニュー.......... 238
カスタムメニュー.......... 248
セットアップメニュー... 297
画像編集メニュー.......... 322
マイメニュー /
ヘルプあり表示
................... 20
各項目の現在の設定
※ どちらかに設定できます。初期設定は[マイメニュー]です。
各部の名称と機能
17
❚❚ メニュー項目の設定
メニューの操作には、マルチセレクターと J ボタンを使います。
上に移動
決定する
前の画面に戻る
次の画面に進む
(左を選択または
(右を選択または
取り消し)
決定)
下に移動
1 メニューのタブを選ぶ
4 を押して、タブのアイコン
を黄色く表示します。
2 メニューを切り換える
13 を押して、メニューのタブを切り換えます。
3 選んだメニューに入る
2 を押して、選んだメニュー
に入ります。
18
各部の名称と機能
4 メニュー項目を選ぶ
13 で項目を選びます。
5 設定内容を表示する
2 を押して設定内容を表示し
ます。
6 設定内容を選ぶ
13 で設定内容を選びます。
7 決定する
• J ボタンを押して決定します。
• メニュー操作をキャンセル(中止)する
には、G ボタンを押してください。
• メニュー画面から撮影に戻るには、シャッターボタンを半押しし
てください。
各部の名称と機能
19
D メニューについて
撮影モードやカメラの状態によって、設定できないメニュー項目があります。こ
の場合、その項目はグレーで表示されて選べません。
ヒント:d(ヘルプあり表示)
• ヘルプがある場合に W(Q)ボタンを押すと、その項目のヘルプ(説明)を
表示します。
• 説明が 2 ページ以上ある場合は、マルチセレクターの 3 を押して、次のページ
を表示してください。
• もう一度 W(Q)ボタンを押すと、メニュー画面に戻ります。
ヒント:タッチパネルでの設定について
メニューはタッチパネルで設定することもできます(0 10)
。
20
各部の名称と機能
i ボタン(i メニュー)
i ボタンを押すか画像モニターの i をタッチすると、i メニューが表示
されます。使用頻度の高い項目の設定を素早く変更できます。
• 静止画モードの場合(0 91)と動画モード
の場合(0 110)で表示される内容が異な
ります。
• 項目を選んで J ボタンを押すかタッチする
と、設定を変更できます。
• i メニューの項目にカーソルを置いてコマン
ドダイヤルを回しても設定を変更できます。
項目によってはメインコマンドダイヤルと
サブコマンドダイヤルで設定する場合があ
ります。
ヒント:再生時の i メニューについて
再生画面や動画再生時などに i ボタンを押すと、
状況に応じた i メニューが表示されます。
各部の名称と機能
21
❚❚ i メニュー項目のカスタマイズ
撮影時の i メニューで表示される項目は、カスタムメニュー f1[i メ
ニューのカスタマイズ]で変更できます。
1 カスタムメニュー f1[iメニュー
のカスタマイズ]を選んで J ボタン
を押す
メニューの選び方は 0 17 をご覧ください。
2 機能を割り当てたい場所を選んでJ
ボタンを押す
割り当てられる機能の一覧が表示されます。
3 割り当てたい機能を選んでJ ボタン
を押す
• 新しい機能が割り当てられ、手順 2 の画
面に戻ります。
• 他の場所にも機能を割り当てたい場合
は手順 2、3 を繰り返します。
4 G ボタンを押す
機能の割り当てが決定してメニュー画面に戻ります。
22
各部の名称と機能
ヒント:i メニューに割り当てられる機能について
静止画モードの場合に i メニューに割り当てられる機能は次の通りです。
• 撮像範囲設定
• 画質モード
• 測光モード
• フラッシュモード
• カスタムボタンの機能
• 露出ディレーモード
• 画像サイズ
• フラッシュ調光補正
• シャッター方式
• 露出補正
• フォーカスモード
•
•
•
•
ISO 感度設定
• ホワイトバランス
AF エリアモード
• 手ブレ補正
• ピクチャーコントロール • オートブラケティング
• 多重露出
• 色空間
• アクティブ D- ライティ •
Lv に撮影設定を反映
2 点拡大
• ピーキング表示
• モニター/ ファインダー
の明るさ
HDR(ハイダイナミッ • Bluetooth 通信機能
クレンジ)
• Wi-Fi 通信機能
ング
• 長秒時ノイズ低減
• サイレント撮影
• 高感度ノイズ低減
• レリーズモード
ヒント:動画モードの場合の i メニューについて
カスタムメニュー g1[i メニューのカスタマイズ]で設定できます。割り当て
られる機能は静止画モードの場合と異なります。
各部の名称と機能
23
Fn1/Fn2 ボタン
撮影時に Fn1 ボタンまたは Fn2 ボタンを押す
Fn1 ボタン
と、よく使う機能を素早く呼び出せます。
• Fn1 ボタンの初期設定はホワイトバランス
(0 59)、Fn2 ボタンの初期設定はフォーカ
スモード /AF エリアモード(0 50)です。
• Fn1 ボタンまたは Fn2 ボタンを押しながらコ
マンドダイヤルを回すと、割り当てた機能
Fn2 ボタン
の設定を変更できます。項目によってはメ
インコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルで設定する場合があ
ります。
❚❚ Fn1/Fn2 ボタン機能の割り当て変更
Fn1 ボタンまたは Fn2 ボタンの機能の割り当ては、カスタムメニュー f2
[カスタムボタンの機能]の[Fn1 ボタン]または[Fn2 ボタン]で変
更できます。
1 カスタムメニュー f2[カスタムボタ
ンの機能]を選んで J ボタンを押す
メニューの選び方は 0 17 をご覧ください。
2 機能を割り当てたいボタンを選んで
J ボタンを押す
割り当てられる機能の一覧が表示されます。
24
各部の名称と機能
3 割り当てたい機能を選んで J ボタン
を押す
• 新しい機能が割り当てられ、手順 2 の画
面に戻ります。
• 他のボタンにも機能を割り当てたい場
合は手順 2、3 を繰り返します。
4 G ボタンを押す
機能の割り当てが決定してメニュー画面に戻ります。
ヒント:Fn1/Fn2 ボタンに割り当てられる機能について
静止画モードの場合に Fn1/Fn2 ボタンに割り当てられる機能は次の通りです。
•
• 連動レリーズ切り換え
• フラッシュモード /
•
• プラス RAW 記録
• 格子線表示
調光補正
• フォーカスモード /
• 拡大画面との切り換え
• マイメニュー
AF エリアモード
• オートブラケティング
AF-ON
AF-L
• AE-L(ホールド)
• AE-L(レリーズで
リセット)
•
AE-L
AE-L/AF-L
• FV-L
• c 発光禁止 / 許可切換
• マイメニューのトップ • 多重露出
項目へジャンプ
• HDR(ハイダイナミッ
• 再生
• プロテクト
クレンジ)
• 露出ディレーモード
• プレビュー
• 撮像範囲選択
• シャッタースピードと
絞り値のロック
•
• マルチパターン測光簡易 • 画質モード/画像サイズ
• ピーキング表示
設定
• ホワイトバランス
• 中央部重点測光簡易設定 • ピクチャーコントロール • レーティング
• スポット測光簡易設定 • アクティブ D- ライティ • 手動設定済みレンズの
• ハイライト重点測光簡易
設定
•
ング設定
• 測光モード
選択
• 設定しない
BKT 自動連写
ヒント:動画モードの場合の Fn1/Fn2 ボタンの割り当てについて
カスタムメニュー g2[カスタムボタンの機能]で設定できます。割り当てられ
る機能は静止画モードの場合と異なります。
各部の名称と機能
25
準備をする
ストラップを取り付ける
付属または別売ストラップの取り付け手順は次の通りです。
26
準備をする
バッテリーを充電する
付属の Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b は、お使いになる
前にフル充電してください。
D バッテリーとチャージャーの使用上のご注意
お使いになる前に、必ず「安全上のご注意」
(0 xvi)、「カメラとバッテリーの
使用上のご注意」(0 441)をお読みになり、記載事項をお守りください。
チャージャーを使用して充電する
• 電源プラグ(直付け型)を取り付けた後(q)、電源プラグ回転ロッ
クを矢印の方向にスライドさせながら(w)
、電源プラグを 90° 回転さ
せ、しっかりと固定させます(e)
。
電源プラグ回転ロック
90°
• フル充電するには約 2 時間 35 分かかります(残量のないバッテリーの
場合)
。
充電中
(点滅)
充電完了
(点灯)
準備をする
27
D チャージャーの「CHARGE」ランプが速く(1 秒間に 8回)点滅する
場合の原因と対処方法
• バッテリーのセットミス:電源プラグをコンセントから抜いて、バッテリーを
取り外し、チャージャーにセットし直してください。
• 指定温度外での使用:チャージャーを指定温度範囲内(0 ℃〜 40 ℃)でお使い
ください。
上記の処置をしても不具合が続く場合は、直ちに電源プラグをコンセントから
抜いて、充電を中止してください。販売店またはニコンサービス機関にチャー
ジャーおよびバッテリーをお持ちください。
D 付属の電源プラグ(直付け型)についてのご注意
付属の電源プラグは、バッテリーチャージャー MH-25a 以外の機器に接続しな
いでください。この電源プラグは、日本国内専用(AC100V 対応)です。海外で
お使いになる場合は、別売の専用コードが必要です。別売の電源コードについ
ては、ニコンサービス機関にお問い合わせください。また、オンラインショッ
プ(ニコンダイレクト)https://shop.nikon-image.com/ でもお求めいただけ
ます。
本体充電 AC アダプターを使用して充電する
• 本体充電 AC アダプターEH-7P を使用すると、カメラに Li-ion リチャージャ
ブルバッテリー EN-EL15b を入れた状態で充電できます(Z 6 は別売)。
• EN-EL15a または EN-EL15 を使用している場合は、本体充電 AC アダプ
ターでの充電はできません。バッテリーチャージャー MH-25a をご使
用ください。
• フル充電するには約 2 時間 35 分かかります(残量のないバッテリーの
場合)
。
1 EN-EL15b をカメラに入れる
(0 30)
28
準備をする
2 本体充電 ACアダプターをカメラに接続し、カメラの電源が
OFF の状態で家庭用コンセントにつなぐ
チャージ LED
家庭用
コンセント
本体充電 AC アダプター
EH-7P
• プラグはまっすぐに抜き差ししてください。
• 充電中はチャージ LED がオレンジ色で点灯します。充電が終わる
と、チャージ LED が消灯します。
• カメラの電源が ON のときは充電しません。
• ケーブルを接続したままでも電源を ON にして操作できますが、
本体充電 AC アダプターからカメラへの電源の供給はできません。
3 充電が終わったら本体充電ACアダプターをコンセントから
外す
カメラからケーブルを外してください。
D 本体充電 AC アダプターを使用した充電時のご注意
本体充電ACアダプターでの充電に対応していないバッテリーを使用している場
合や、カメラが高温になった場合など、バッテリーを充電できない場合はチャー
ジ LED が 30 秒間素早く点滅してから消灯します。チャージ LED が消灯していて
も、充分に充電されているかどうかを確認してください。
準備をする
29
バッテリーとメモリーカードを入れる
• バッテリーやメモリーカードをカメラに入れたり、カメラから取り出
したりするときは、必ずカメラの電源スイッチが OFF の位置にあるこ
とを確認してください。
• オレンジ色のバッテリーロックレバーをバッテリー側面で押しなが
ら、バッテリーを奥まで入れると、バッテリーロックレバーがバッテ
リーに掛かって固定されます。
バッテリーロックレバー
64GB
• メモリーカードは正しい向きでカチッと音がするまで、まっすぐ挿入
してください。
30
準備をする
D バッテリーを取り出すには
電源を OFF にしてからバッテリー室カバーを開け
てください。バッテリーロックレバーを矢印の方
向に押すと、バッテリーが少し飛び出しますので、
引き抜いて取り出してください。
D メモリーカードを取り出すには
メモリーカードアクセスランプの消灯を確認し、
電源を OFF にしてからメモリーカードカバーを開
けてください。メモリーカードを奥に押し込んで
放すと(q)、カードが押し出されるので、引き抜
いて取り出してください(w)。
準備をする
31
バッテリー残量について
• カメラの電源を ON にすると、撮影画面または表示パネルでバッテリー
の残量を確認できます。
画像モニター
ファインダー
表示パネル
• バッテリー残量に応じて L、K、J、I、H のように表示さ
れます。H になったら残量が残りわずかのため、予備のバッテリー
を準備するか、充電してください。
• H が点滅表示すると撮影できなくなります。バッテリーを交換する
か、充電してください。
記録可能コマ数について
• カメラの電源を ON にすると、撮影画面または表示パネルでメモリー
カードの記録可能コマ数(これから撮影できる枚数)を確認できます。
• 記録可能コマ数が 1000 コマ以上あるときは、1000 を意味する「k」マー
クが点灯します。たとえば「[1.4]k」と表示されている場合、1400
枚以上の撮影が可能です。
画像モニター
32
準備をする
ファインダー
表示パネル
D メモリーカード取り扱い上のご注意
• カメラの使用後はメモリーカードが熱くなっていることがあります。取り出し
の際はご注意ください。
• メモリーカードの初期化中や画像の記録または削除中、パソコンとの通信時な
どには、次の操作をしないでください。記録されているデータの破損やカメラ
やメモリーカードの故障の原因となります。
- メモリーカードの着脱をしないでください
- カメラの電源を OFF にしないでください
- バッテリーを取り出さないでください
- AC アダプターを抜かないでください
• 端子部に手や金属を触れないでください。
• メモリーカードに無理な力を加えないでください。破損のおそれがあります。
• 曲げたり、落としたり、衝撃を与えたりしないでください。
• 熱、水分、直射日光を避けてください。
• パソコンで初期化しないでください。
D メモリーカードが入っていないときの表示について
撮影画面または表示パネルの記録可能コマ数表示部に[–E–]マークが、撮影画
面にカードなし警告が表示されます。
準備をする
33
レンズを取り付ける
• このカメラには Z マウントのレンズが使用できます。本書では、主に
NIKKOR Z 24-70mm f/4 S のレンズを使用して説明しています。
• ほこりなどがカメラ内部に入らないように注意してください。
• レンズをカメラに取り付けるときは、必ずカメラの電源スイッチが
OFF の位置にあることを確認してください。
• 撮影する前に、レンズキャップを取り外してください。
カメラのボディー
キャップを外す
レンズの裏ぶたを外す
カメラの指標
G
撮像素子や
レンズ信号接点
カメラの指標とレンズの
指標を合わせる
に指などが
触れないように
レンズの指標
ご注意ください
カチッと音がするまで矢印の方向にレンズを回す
34
準備をする
D F マウントレンズをご使用の場合
•
F マウントのレンズをご使用になる場合は、必ず付属または別売のマウントア
ダプター FTZ(0 467)を装着してから取り付けてください。
• F マウントレンズをカメラに直接取り付けようとすると、撮像素子やレンズが
破損する恐れがありますので、絶対にしないでください。
D レンズを取り外すには
• カメラの電源を OFF にしてから、カメラ前面の
レンズ取り外しボタンを押しながら(q)、レン
ズを矢印の方向にいっぱいまで回し(w)、引き
抜いてください。
• レンズを取り外した後は、カメラのボディー
キャップとレンズの裏ぶたをそれぞれ取り付け
てください。
準備をする
35
日付と時刻を設定する
カメラの内蔵時計を合わせます。画像に正しい日時を記録するために、
お使いになる前に次の手順で場所と日時を設定してください。
1 カメラの電源を ONにする
2 セットアップメニュー[地域と日
時]を選んでマルチセレクターの 2
を押す
• 購入後、初めて電源を ON にして G
ボタンを押したときは、セットアップ
メニュー画面で[地域と日時]が選ば
れています。
• メニューの操作方法については、「メ
ニュー項目の設定」をご覧ください
(0 18)
。
3 現在地を設定する
•[地域と日時]画面で[現在地の設定]
を選びます。
•[現在地の設定]画面で現在地のタイム
ゾーンを選んで J ボタンを押してくだ
さい。
• 世界地図の上に選択中のタイムゾーンに含まれる主な都市名や、
UTC(協定世界時)との時差が表示されます。
36
準備をする
4 夏時間を設定する
•[地域と日時]画面で[夏時間の設定]
を選びます。
• 現在地で夏時間(サマータイム)制を
実施しているときは、
[する]に、実施
していないときは[しない]にして、
J ボタンを押してください。
•[する]にすると、[しない]のときよりも時刻が 1 時間進みます。
5 日付と時刻を合わせる
•[地域と日時]画面で[日時の設定]を
選びます。
•[日時の設定]画面でマルチセレクター
を操作して現在地の日時に合わせてか
ら、J ボタンを押してください。
6 日付の表示順を選ぶ
•[地域と日時]画面で[日付の表示順]
を選びます。
• 再生画面に表示する日付の年、月、日
の表示順を選んで J ボタンを押します。
7 メニュー操作を終了する
• シャッターボタンを半押しする(軽く
押す)と、メニュー操作を終了して、
撮影できる状態になります。
準備をする
37
D t マークについて
撮影画面で t が点滅している場合、カメラの内蔵時計が初期化されています。
その場合は撮影日時が正しく記録されないため、セットアップメニュー[地域
と日時]
(0 299)の[日時の設定]で日時設定をしてください。カメラの内蔵
時計は、バッテリーとは別の時計用電池で作動します。カメラにバッテリーを
入れると、時計用電池が充電されます。フル充電するには約 2 日間かかります。
充電すると、約 1 カ月の間時計を動かすことができます。
ヒント:スマートフォンと日時を同期する
SnapBridge アプリを使用すると、カメラと接続したスマートフォンと日時を同
期することができます。詳しくは SnapBridge アプリのヘルプをご覧ください。
38
準備をする
撮影と再生の基本操作
静止画を撮影する(b オート)
撮影モード b(オート)を使うと、カメラまかせの簡単な操作で静止画
撮影を楽しむことができます。
1 カメラの電源を ONにする
画像モニターと表示パネルが点灯します。
2 静止画 / 動画切り換え
レバーを C に合わせて
静止画モードにする
3 カメラ上面の撮影モード
撮影モードダイヤル
ダイヤルロックボタンを
押しながら、撮影モード
ダイヤルを回して b に合
わせる
撮影モードダイヤルロックボタン
D 沈胴式のレンズをお使いの場合
沈胴機構を採用しているレンズをご使用の場合、
撮影するにはレンズを繰り出す必要があります。
ズームリングを矢印の方向にカチッと音がするま
で回すと、レンズが繰り出します。
撮影と再生の基本操作
39
4 カメラを構える
脇を軽く締め、右手でカメラのグリップを包み込むようにしっかり
と持ち、左手でレンズを支えます。
• ファインダーの撮影画面を見ながら撮影する場合:
横位置
縦位置
• 画像モニターの撮影画面を見ながら撮影する場合:
横位置
縦位置
5 構図を決める
サブセレクターまたはマルチセレクター
でフォーカスポイントを動かして、ピン
トを合わせたい被写体に重ねます。
フォーカスポイント
40
撮影と再生の基本操作
6 シャッターボタンを軽く押して(半
押しして)、ピントを合わせる
• フォーカスモードが AF-S の場合、ピント
が合うとフォーカスポイントが緑色で点
灯します。ピントが合わないと、フォー
カスポイントは赤色で点滅します。
• 暗い場所などでは、AF 補助光が光るこ
とがあります。
• AF-ON ボタンを押してもピント合わせが
できます。
D AF 補助光について
AF 補助光が照射される場合、手などで AF 補助光を遮らないようにご注意く
ださい。
撮影と再生の基本操作
41
7 シャッターボタンを半押ししたま
ま、さらに深く押し込んで(全押し
して)撮影する
• 画像モニターをタッチしても撮影でき
ます。タッチした位置でピント合わせ
を行い、指を放すとシャッターがきれ
ます。
• メモリーカードアクセスランプが点灯
している間は、画像を記録しています。
メモリーカードやバッテリーを取り出
さないでください。
メモリーカード
アクセスランプ
D 半押しタイマーについて
このカメラには、バッテリーの消耗を抑えるため
の「半押しタイマー」という機能があります。何
も操作が行われないまま約 30 秒経過すると半押
しタイマーがオフになり、画像モニター、ファイ
ンダー、表示パネルの全ての表示が消灯します。
消灯する数秒前には画像モニターとファインダー
の表示が暗くなります。シャッターボタンを半押
しすると、元の状態に戻ります。半押しタイマーの作動時間は、カスタムメ
ニュー c3[パワーオフ時間]の[半押しタイマー]で変更できます。
42
撮影と再生の基本操作
動画を撮影する(b オート)
撮影モード b(オート)を使うと、カメラまかせの簡単な操作で動画撮
影を楽しむことができます。
1 カメラの電源を ONにする
画像モニターと表示パネルが点灯します。
2 静止画 / 動画切り換え
レバーを 1 に合わせて
動画モードにする
動画モード時は別売スピード
ライトは発光しません。
3 カメラ上面の撮影モード
撮影モードダイヤル
ダイヤルロックボタンを
押しながら、撮影モード
ダイヤルを回して b に合
わせる
撮影モードダイヤルロックボタン
撮影と再生の基本操作
43
4 動画撮影ボタンを押して、動画の撮
影を始める
• 動画撮影中は、録画中マークが撮影画
面に表示されます。メモリーカードに
撮影できる残り時間の目安も確認でき
ます。
• 動画撮影中も、AF-ON ボタンを押すと
動画撮影ボタン
録画中マーク
被写体にピントを合わせられます。
• 内蔵マイクで音声を記録します。録画
中は、マイクを指でふさがないように
してください。
• 動画撮影中に画像モニターをタッチす
ると、タッチした位置にフォーカスポ
イントが移動してピントを合わせるこ
残り時間
とができます。
5 もう一度動画撮影ボタンを押して、
動画の撮影を終了する
メモリーカードアクセスランプが点灯し
ている間は、画像を記録しています。メ
モリーカードやバッテリーを取り出さな
いでください。
メモリーカード
アクセスランプ
44
撮影と再生の基本操作
動画モード中の静止画撮影
• 動画モードでも、シャッターボタンを全押
しすると静止画を撮影できます。静止画を
撮影すると、撮影画面の C アイコンが点滅
します。
• 動画撮影中でも撮影できます。動画の撮影
は途切れることなく継続します。
D 動画撮影について
0(動画撮影禁止)マークが表示されているときは、動画の撮影ができません。
D 動画撮影時のご注意
• 次のような場合は、動画撮影は自動的に終了します。
- 最長記録時間に達したとき
- メモリーカードの残量がなくなったとき
- 撮影モードを切り換えたとき
- 静止画 / 動画切り換えレバーを切り換えたとき
- レンズを取り外したとき
• 次のような場合は、動作音が録音されることがあります。
- オートフォーカス作動中
- 手ブレ補正機能作動中
- パワー絞り作動中
D 動画モード中の静止画撮影について
• 1 回の動画撮影中に撮影できる静止画は、最大 50 コマです。
• ピントが合っていなくても撮影されます。
• 撮影される静止画の画像サイズは動画の画像サイズと同じです。
• 画質モードは[FINE ★]に固定されます。
• レリーズモードが連続撮影になっている場合、連続撮影速度は設定している
[画像サイズ / フレームレート]により異なります。
• 動画を撮影している間は、レリーズモードを連続撮影にしていても 1 コマ撮影
になります。
撮影と再生の基本操作
45
D カメラで静止画および動画を撮影するときのご注意
• 撮影画面の表示に、次のような現象が発生する場合があります。これらの現象
は撮影した静止画および動画にも記録されます。
- 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が発
生する
- 動きのある被写体が歪む
- 電車や自動車など、高速で画面を横切る被写体が歪む
- カメラを左右に動かした場合、画面全体が歪む
- ジャギー、偽色、モアレ、輝点が発生する
- 周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光されたり、イルミネーション
などの点滅する光源がある場合、画面の一部が明るくなったり、明るい横帯
が発生する
- 動画撮影時のパワー絞り作動中、画面にちらつきが発生する
• 撮影画面を X ボタンで拡大表示した場合、ノイズ(ざらつき、むら、すじ)、
色の変化が発生しやすくなります。
• 撮影時、太陽など強い光源にカメラを向けないでください。内部の部品が破損
するおそれがあります。
46
撮影と再生の基本操作
撮影した画像を確認する
1 K ボタンを押す
撮影した画像をカメラ背面の画像モニ
ターまたはファインダーに表示します。
2 他の画像を確認するにはマルチセレ
クターの 42 を押す
• 画像モニターに表示した場合は画像モ
ニターをタッチ操作で左右にフリック
しても画像を切り換えられます。
• 撮影に戻るには、シャッターボタンを
半押ししてください。
動画の再生
動画には 1 マークが表示されています。J ボタンを押すか、または画
面上の a アイコンをタッチして動画を再生します(プログレスバーで
再生中の位置の目安を確認できます)
。
1 マーク
記録時間
a アイコン
再生時間 / 記録時間
プログレスバー
音量設定
操作ガイド
撮影と再生の基本操作
47
❚❚ 動画再生中の操作方法
一時停止する
再生を再開する
マルチセレクターの 3 を押すと一時停止します。
一時停止中または早戻し / 早送り中に J ボタンを押す
と動画再生を再開します。
• 動画の再生中に 4 を押すと早戻し、2 を押すと早送
りします。同じ方向のボタンを押すごとに、早戻し /
早送りの速度が 2 倍、4 倍、8 倍、16 倍に切り替わり
早戻しする / 早送りする
ます。
•
4 を押し続けると、先頭フレームに移動し、2 を押
し続けると、最終フレームに移動します。
• 先頭フレームには h アイコンが、最終フレームには
i アイコンが、画面右上に表示されます。
スロー再生する
コマ戻しする /
コマ送りする
10 秒進める /10 秒戻す
一時停止中に 3 を押すとスロー再生します。
• 一時停止中に 42 を押すと、コマ戻し / コマ送りし
ます。
•
42を押し続けると連続でコマ戻し/コマ送りします。
メインコマンドダイヤルを回すと、10 秒前または後に
移動します。
先頭フレームに移動する / サブコマンドダイヤルを回すと、先頭フレームまたは
最終フレームに移動する 最終フレームに移動します。
音量を調節する
X ボタンを押すと音量が大きくなり、W(Q)ボタン
を押すと小さくなります。
動画を編集する
一時停止中に i ボタンを押すと、
[動画編集]画面を
表示します。
再生終了
撮影に戻る
48
撮影と再生の基本操作
1 または K ボタンを押すと 1 コマ表示モードに戻り
ます。
シャッターボタンを半押しすると、すぐに撮影できます。
画像の削除
表示中の画像を削除します。削除した画像は元には戻せないのでご注意
ください。
1 削除したい画像を表示する
K ボタンを押して画像モニターに画像を
表示してから、マルチセレクターの 42
で削除したい画像を選びます。
2 画像を削除する
• O ボタンを押すと、削除確認画面が表
示されます。もう一度 O ボタンを押す
と、表示中の画像を削除して、再生画
面に戻ります。
• 削除確認画面で K ボタンを押すと、画
像の削除をキャンセルします。
ヒント:再生メニュー[削除]
再生メニューの[削除]では、次の操作ができます。
• 複数の画像を選んで削除
• 同じ日付の画像をまとめて削除
• 再生フォルダー内の全画像を一括して削除
撮影と再生の基本操作
49
カメラの基本機能と設定
ピント合わせの設定
フォーカスモード
ピントの合わせ方を選べます。
❚❚ フォーカスモードの設定方法
• i メニューまたは静止画撮影メニュー、動画
撮影メニューの[フォーカスモード]で変
更できます(0 109、189、243)。
• 初期設定では、Fn2 ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回
すとフォーカスモードを設定できます(0 24)
。
• 静止している被写体の撮影に適しています。シャッター
ボタンを半押しすると、ピントが合った時点でフォーカ
スポイントが赤色から緑色に変わって点灯し、フォーカ
AF-S
シングル AF
ス が ロ ッ ク さ れ ま す。ピ ン ト が 合 っ て い な い と き は
フォーカスポイントが赤に点滅してシャッターがきれま
せん。
• 初期設定はピントが合うとシャッターがきれるフォーカ
ス優先モードです。
50
カメラの基本機能と設定
• スポーツなど動きのある被写体の撮影に適しています。
AF-C
コンティニュ
アス AF
シャッターボタンの半押しを続けている間はフォーカス
ロックはされず、被写体の動きに合わせてピントを追い
続けます。
• 初期設定ではピントの状態に関係なく、いつでもシャッ
ターがきれるレリーズ優先モードです。
• カメラは常に被写体の動きや構図の変化に合わせてピン
トを合わせ続けます。
AF-F
フルタイム
AF
• シャッターボタンを半押しするとピント合わせを行って、
ピントが合った時点でフォーカスポイントが赤色から緑
色に変わって点灯し、フォーカスがロックされます。
• 動画モードの場合のみ選べます。
MF
マニュアル
ピントを自分で合わせたいときに選びます。ピントの状態
フォーカス
に関係なく、シャッターがきれます(0 57)
。
D オートフォーカスについてのご注意
• 次の被写体はオートフォーカスでピントが合わない場合がありますので、ご注
意ください。
- 画面の長辺側と平行な線の被写体
- 明暗差の少ない被写体
- フォーカスポイント内の被写体の輝度が著しく異なる場合
- イルミネーション、夜景などの点光源や、ネオンなど明るさが変化する被写体
- 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が見
える場合
- クロスフィルターなど、特殊なフィルターを使用した場合
- フォーカスポイントに対して被写体が小さい場合
- 連続した繰り返しパターンの被写体(ビルの窓やブラインドなど)
• オートフォーカス作動中は、画面の明るさが変わることがあります。
• ピントが合わなくてもフォーカスポイントが緑色で点灯する場合があります。
D 電源 OFF時のご注意
ピント合わせを行った後に、カメラの電源を OFF にして再び ON にするとピント
位置が変わることがあります。
ヒント:暗い場所でのピント合わせについて
フォーカスモードが AF-S のときにカスタムメニュー a11[ローライト AF]を[す
る]に設定すると、暗い場所でもピントが合いやすくなります。
カメラの基本機能と設定
51
AF エリアモード
オートフォーカス使用時に、フォーカスポイントをどのように選択する
か設定できます。
• フォーカスポイントはサブセレクター(0 87)またはマルチセレク
ターを使用して移動できます。
• 初期設定は[シングルポイント AF]です。
❚❚ AF エリアモードの設定方法
• i メニューまたは静止画撮影メニュー、動画
撮影メニューの[AF エリアモード]で変更
できます(0 109、189、244)。
• 初期設定では、Fn2 ボタンを押しながらサブコマンドダイヤルを回す
と AF エリアモードを設定できます(0 24)
。
• シングルポイント AF よりも小さいフォーカスポイントを使っ
て、より狭い範囲にピンポイントでピントを合わせることが
できます。
3
ピン
ポイント
AF
• シングルポイント AF よりもピント合わせに時間がかかること
があります。
• 建築物などの静止している被写体の撮影や、スタジオでの商
品撮影や接写に適しています。
• 静止画モードで、フォーカスモードが[シングル AF]の場合
のみ選べます。
d
シングル
• 撮影者が選んだフォーカスポイントでピント合わせを行います。
ポイント
• 静止している被写体の撮影に適しています。
AF
52
カメラの基本機能と設定
e
ダイナ
ミック
AF
f
g
h
• 撮影者が選んだフォーカスポイントでピント合わせを行いま
す。選んだフォーカスポイントから被写体が一時的に外れて
も、周辺のフォーカスポイントからのピント情報を利用して
ピントを合わせます。
• スポーツの撮影など、シングルポイント AF では被写体をとら
えにくい動きのある被写体の撮影に適しています。
• 静止画モードで、フォーカスモードが[コンティニュアス AF]
の場合のみ選べます。
• シングルポイント AF よりも広い範囲(エリア)で被写体をと
らえてピント合わせを行います。
エリア
• スナップ撮影や、動きのある被写体、シングルポイント AF で
AF(S) はとらえにくい被写体の撮影などに適しています。
• 動画撮影で、動きのある被写体を撮影する場合やパン・チルト
を行う場合にも、滑らかで安定したピント合わせが行えます。
ワイド
• フォーカスポイント内に複数の被写体がある場合、手前の被
写体を優先してピントを合わせます。
エリア
AF(L) •[ワイドエリア AF(L)]は[ワイドエリア AF(S)]よりも広
い範囲で被写体をとらえます。
ワイド
オート
エリア
AF
• カメラが自動的に全てのフォーカスポイントから被写体を判
別して AF エリアフレーム内でピントを合わせます。
• シャッターチャンスを優先した撮影、人物撮影、スナップ撮
影などに適しています。
• カメラが人物の顔を認識した場合、顔に黄色の枠(フォーカ
スポイント)が表示されます。瞳を認識できるときは、瞳に
。動きのあるポー
黄色の枠が表示されます(瞳 AF/ 顔認識 AF)
。
トレート撮影も構図や表情に集中して撮影できます(0 54)
• J ボタンを押すと、ターゲット追尾 AFを使用できます(0 55)。
ヒント:フォーカスポイントが s のように表示されている場合
[オートエリア AF]設定時を除き、フォーカスポイント中央に点が表示されて
いるときは、フォーカスポイントが画面の中央にあることを示しています。
ヒント:フォーカスポイントを素早く選ぶには
• カスタムメニュー a5[AF 点数]を[スキップ]に設定すると、サブセレクターや
マルチセレクターで選べるフォーカスポイントの数が約 1/4 になります。フォーカ
スポイントを素早く移動させることができます。[ワイドエリア AF(L)]の場合
は[スキップ]に設定しても選べるフォーカスポイントの数は変化しません。
• フォーカスポイントの移動を主にサブセレクターで行っている場合、カスタム
メニュー f2[カスタムボタンの機能]の[サブセレクター中央]で[フォー
カスポイント中央リセット]に設定しておくと、フォーカスポイントを素早く
画面中央に戻すことができます。
カメラの基本機能と設定
53
❚❚ 瞳 AF と顔認識 AF
カスタムメニュー a4[オートエリア AF 時の
顔と瞳認識]で、
[オートエリア AF]時に顔
と瞳の両方を認識するのか(瞳 AF/ 顔認識
AF)、顔のみを認識するのか(顔認識 AF)を
設定できます。
•[顔認識と瞳認識する]に設定していると、
カメラが人物の顔を認識した場合、顔に黄
色の枠(フォーカスポイント)が表示され
ます。瞳を認識できるときは、左右どちら
かの瞳に黄色の枠が表示されます。
•[顔認識する]に設定していると、人物の顔
フォーカスポイント
を認識した場合、顔に黄色の枠が表示され
ます。
• フォーカスモードが AF-S の場合、ピントが合うとフォーカスポイント
が緑色で点灯します。
• 複数の顔や瞳を認識した場合は、フォーカスポイントに e および f が
表示されます。マルチセレクターの 42 を押してピントを合わせたい
顔や瞳を選ぶことができます。
• カメラが顔を認識した人物が一時的に横や後ろを向いたりしても、追
尾してフォーカスポイントが移動します。
• 再生画面で J ボタンを押すと、ピントを合わせた顔や瞳を中心に画像
が拡大されます。
D 瞳 AF と顔認識 AF についてのご注意
• 動画モード時は瞳認識を行いません。
• 次のような場合は、瞳 AF および顔認識 AF が正常に行われないことがあります
ので、ご注意ください。
- 顔が画面に対して大きい / 小さい場合
- 顔が明るすぎる / 暗すぎる場合
- メガネやサングラスをかけている場合
- 髪の毛で目や顔が隠れている場合
- 人物の動きが大きすぎる場合
54
カメラの基本機能と設定
❚❚ ターゲット追尾 AF
[オートエリア AF]に設定している場合、フォーカスポイントを指定し
た被写体に追尾させることができます。
• J ボタンを押すと、フォーカスポイントの形
が変わってターゲット選択画面になります。
• 追尾させたい被写体にフォーカスポイントを合わせ、J ボタンを押す
か AF-ON ボタンを押すと被写体の追尾を開始し、被写体の動きに合わ
せてフォーカスポイントが移動します。人物の顔に追尾を設定した場
合、顔に合わせてフォーカスポイントが移動します。
• もう一度 J ボタンを押すと追尾を終了します。
• W(Q)ボタンを押すと、ターゲット追尾 AF を終了します。
D ターゲット追尾 AF についてのご注意
次のような場合は、追尾動作が正常に行われないことがありますので、ご注意
ください。
•
•
•
•
•
•
被写体の色、明るさが背景と似ている場合
被写体の大きさ、色、明るさが著しく変わる場合
被写体が大きすぎる / 小さすぎる場合
被写体が明るすぎる / 暗すぎる場合
被写体の動きが速すぎる場合
被写体が隠れたり、画面から外れた場合
カメラの基本機能と設定
55
タッチシャッター
タッチした位置にフォーカスポイントを移動
してピント合わせを行います。指を放すと
シャッターがきれます。
アイコンにタッチすると、画像モニターを
タッチしたときの機能を切り換えられます。
W
• タッチした位置にフォーカスポイントを移動してピント合わせを行い、
指を放すとシャッターがきれます。顔を認識している場合は、タッチし
た位置に近い人物の顔にピント合わせを行います。
• 静止画モードの場合のみ選べます。
V
• タッチした位置にフォーカスポイントを移動して、ピント合わせのみを
行います。指を放してもシャッターはきれません。
• AF エリアモードをオートエリア AF に設定している場合、タッチした位
置にある被写体の追尾を開始します。追尾中に画像モニターをタッチす
ると、追尾する被写体を変更します。顔を認識している場合は、タッチ
した位置に近い人物の顔にピント合わせを行います。
X
タッチ操作は無効になります。
D タッチ操作で撮影するときのご注意
• マニュアルフォーカス撮影時はタッチしてもピント合わせを行いません。
• 瞳認識している場合、タッチしても意図した人物の瞳にピントが合わないこと
があります。その場合、マルチセレクターで選んでください。
•
W に設定していても、シャッターボタンを押して撮影できます。
• タッチシャッターでは動画モード中に静止画の撮影はできません。
• レリーズモードを連続撮影に設定していても、1 コマしか撮影されません。連
続撮影するには、シャッターボタンを押して撮影してください。
• セルフタイマー設定時は、画面の被写体をタッチするとピントが固定され、指
を放してから約 10 秒後にシャッターがきれます。また、セルフタイマーの撮
影コマ数を 1 コマ以外に設定した場合、連続で撮影します。
56
カメラの基本機能と設定
マニュアルフォーカスでのピントの合わせ方
フォーカスモードをマニュアルフォーカスに設定すると、ピントを自分
で合わせられます。オートフォーカスの苦手な被写体を撮影する場合な
どに使用します。
• ピントを合わせたい場所にフォーカスポイ
ントを合わせ、レンズのフォーカスリング
またはコントロールリングを回します。
• ピントの状態を細部まで確認したい場合
は、X ボタンを押して被写体を拡大表示して
ください。
• 撮影画面のピント表示(I)でピントが合っ
ているか確認できます。また、ピントが合
うとフォーカスポイントが緑色で点灯しま
す。
フォーカス距離指標
ピント表示
ピント表示
I
意味
(点灯) 被写体にピントが合っています。
F
(点灯) 目的の被写体よりも手前にピントが合っています。
F
H(点灯) 目的の被写体よりも後方にピントが合っています。
H(点滅) ピント合わせができません。
• オートフォーカスの苦手な被写体をマニュアルフォーカスでピント
合わせした場合、ピントが合っていなくてもピント表示(I)が点灯
することがあります。撮影画面を拡大表示して、被写体にピントが
合っていることを確認してください。また、ピント合わせがしづらい
場合は、三脚のご使用をおすすめします。
カメラの基本機能と設定
57
D マニュアルフォーカスの切り換えについて
フォーカスモードが切り換えられるレンズを装着している場合、レンズでオー
トフォーカスとマニュアルフォーカスを切り換えることができます。
D 距離基準マークについて
距離基準マーク E は撮影距離の基準となる
マークで、カメラ内の撮像面の位置を示しま
す。マニュアルフォーカスや接写などでカメ
16mm
ラから被写体までの距離を実測する場合、こ
のマークが基準となります。レンズ取り付け
面(レンズマウント)から撮像面までの寸法
(フランジバック)は 16mm です。
距離基準マーク E
ヒント:ピーキング表示(フォーカスピーキング)
• マニュアルフォーカス時にカスタムメニュー
d10[ピーキング表示]を[しない]以外に設
定すると、ピントが合っている部分(ピーキン
グ)の輪郭に色を付けて表示できます。
• 被写体の輪郭を検出できない場合、ピントが
合っていてもピーキング表示ができないことが
あります。撮影画面でピントが合っていること
を確認してください。
58
カメラの基本機能と設定
ピントが合っている部分
ホワイトバランス
光源に合わせて、白いものを白く撮影するための機能です。初期設定の
オート(j)でほとんどの光源に対応できますが、撮影した画像が
思い通りの色にならないときは、天候や光源に合わせてホワイトバラン
スを変更してください。
ホワイトバランスの設定方法
• i メニューまたは静止画撮影メニュー、動画
撮影メニューの[ホワイトバランス]で設
定できます(0 95、170、241)。
• 初期設定では、Fn1 ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回
すとホワイトバランスを設定できます(0 24)。
• ホワイトバランスが 4(オート)および I(蛍光灯)のときに、Fn1
ボタンを押しながらサブコマンドダイヤルを回すと、4(オート)
および I(蛍光灯)の種類を設定できます。
カメラの基本機能と設定
59
項目(設定される色温度 ※)
内容
カメラが自動的にホワイトバランスを調節し、
ほとんどの光源に対応できます。別売のスピー
4
オート
ドライトの使用時は、フラッシュ発光時の条件
に応じて適したホワイトバランスに調整され
ます。
i 白を優先する
電球下の環境で撮影する場合、電球色を残さず
(約 3500 〜 8000K)
に白く補正します。
j 雰囲気を残す
(約 3500 〜 8000K)
k 電球色を残す
(約 3500 〜 8000K)
電球下の環境で撮影する場合、やや電球色を残
して暖かみのある画像に仕上げます。
電球下の環境で撮影する場合、電球色を残して
暖かみのある画像に仕上げます。
自然光下での撮影に適したホワイトバランス
に調整され、自然光下では 4(オート)より
D
自然光オート
(約 4500 〜 8000K)
H
G
M
J
I
晴天(約 5200K)
晴天の屋外での撮影に適しています。
曇天(約 6000K)
曇り空の屋外での撮影に適しています。
晴天日陰(約 8000K)
晴天の日陰での撮影に適しています。
電球(約 3000K)
白熱電球下での撮影に適しています。
見た目に近い色味で撮影できます。
蛍光灯
ナトリウム灯混合光
(約 2700K)
電球色蛍光灯(約3000K)
温白色蛍光灯(約3700K)
白色蛍光灯(約 4200K)
それぞれの光源下での撮影に適しています。
昼白色蛍光灯(約5000K)
昼光色蛍光灯(約6500K)
高色温度の水銀灯
(約 7200K)
5
60
フラッシュ(約 5400K)
カメラの基本機能と設定
スタジオ用大型ストロボなどを使って撮影す
る場合に適しています。
項目(設定される色温度 ※)
K
色温度設定
(約 2500 〜 10000K)
内容
• 色温度を直接指定できます。
•
Fn1 ボタンを押しながらサブコマンドダイヤ
ルを回すと、色温度を設定できます。
• 撮影者が被写体や光源を基準にホワイトバ
ランスを合わせたり、メモリーカード内の画
像と同じホワイトバランスで撮影したりで
きます。
L
プリセットマニュアル
•
Fn1 ボタンを押しながらサブコマンドダイヤ
ルを回すと、プリセットマニュアルデータの
保存場所を選べます。
•
Fn1 ボタンを長押しすると、プリセットマニュ
アル取得モードになります(0 98)。
※ 微調整が 0 の場合の値です。
ヒント:4 撮影時の色温度について
• ホワイトバランスを 4(オート)に設定して
撮影した場合、カメラが判断した色温度の値を
再生画面の撮影情報で確認できます。ホワイト
バランスの[色温度設定]で色温度を調整する
場合に参考にできます。
• 撮影情報を表示するには、再生メニュー[再生
画面設定]で[撮影情報]のチェックボックス
をオン M にしてください。
カメラの基本機能と設定
61
D D(自然光オート)について
人工光下で撮影するときに D(自然光オート)を選択していると、適正なホ
ワイトバランスが得られないことがあります。4(オート)または光源に合わ
せたホワイトバランスを選択してください。
D ホワイトバランスの微調整について
設定したホワイトバランスは微調整が可能です([色温度設定]以外)。微調整
は i メニューまたは静止画撮影メニュー、動画撮影メニューの[ホワイトバラン
ス]で行えます(0 96、170)。
D スタジオ用大型ストロボを使用する場合
スタジオ用大型ストロボを使用する場合は、4(オート)に設定していても適
正なホワイトバランスが得られないことがあります。その場合は、5(フラッ
シュ)モードにして微調整を行うか、プリセットマニュアルをお使いください。
ヒント:色温度について
光の色には、赤みを帯びたものや青みを帯びたものがあり、人間の主観で光の色
を表すと、見る人によって微妙に異なります。そこで、光の色を絶対温度(K:
ケルビン)という客観的な数字で表したのが色温度です。色温度が低くなるほど
赤みを帯びた光色になり、色温度が高くなるほど青みを帯びた光色になります。
赤みが強くなる
3000
青みが強くなる
4000
5000
6000
8000
10000 [ K ]
ヒント:色温度の設定について
一般的に、画像に赤みを感じた場合(撮影した画像に青みを帯びさせたい場合)
は低い数値を設定し、画像に青みを感じた場合(撮影した画像に赤みを帯びさ
せたい場合)は高い数値を選びます。
62
カメラの基本機能と設定
サイレント撮影
静止画撮影メニュー[サイレント撮影]を[す
る]に設定すると、電子シャッターを使用し
て、シャッター動作による振動とシャッター
音を出さずに撮影できます。
• サイレント撮影中は画面にアイコンが表示
されます。
• カスタムメニュー d5[シャッター方式]の
設定にかかわらず、電子シャッターを使用
します。
• レリーズモードが[高速連続撮影(拡張)]
以外の場合、シャッターがきれると、撮影画面が一瞬暗くなります。
撮影できているかどうかの目印になります。
• 次の機能など、サイレント撮影中は使用できなくなる機能があります。
- フラッシュ撮影
- 長秒時ノイズ低減
- フリッカー低減撮影
- 電子音
カメラの基本機能と設定
63
D サイレント撮影について
•[サイレント撮影]を[する]に設定していても、完全に無音にはなりません。
撮影時に絞りやオートフォーカスなどカメラの動作音がすることがあります。
• 撮影画面の表示に次のような現象が発生することがあり、これらの現象は静止
画にも記録されます。
- 蛍光灯、水銀灯、ナトリウム灯などの照明下で、画面にちらつきや横縞が発
生する
- 動きのある被写体が歪む
- 被写体に動きがある場合、被写体が歪む
- カメラ本体の動きによっては、画像が歪む
- ジャギー、偽色、モアレ、輝点が発生する - 周囲でスピードライトやフラッ
シュなどが発光されたり、イルミネーションなどの点滅する光源がある場
合、画面の一部が明るくなったり、明るい横帯が発生する
• レリーズモードが連続撮影の場合、[サイレント撮影]を[する]に設定する
と連続撮影速度が変更されます(0 83)
。
• 静止画撮影メニュー[手ブレ補正]を[しない]以外に設定すると、G ボタ
ンや K ボタンを押したときに動作音がします。
• サイレント撮影中はシャッター音を消して撮影できますが、被写体の肖像権や
プライバシーなどに充分ご配慮の上、お客様の責任においてお使いください。
64
カメラの基本機能と設定
撮影した画像のレーティング設定
選んだ画像にレーティングを設定します。画像に設定したレーティング
は、Capture NX-D または ViewNX-i にも反映されます。プロテクトした
画像にはレーティングを設定できません。
1 Kボタンを押して再生画面を表示する
2 レーティングを設定したい画像を選
んで i ボタンを押す
再生時の i メニューが表示されます。
3[レーティング]を選んで J を押す
4 レーティングを設定する
• メインコマンドダイヤルを回して、
ccccc 〜 c、なし、d(削除候
補)から選びます。
• J ボタンを押して決定します。
カメラの基本機能と設定
65
撮影した画像のプロテクト
大切な画像を誤って削除しないために、画像にプロテクト(保護)を設
定できます。ただし、メモリーカードを初期化すると、プロテクトを設
定した画像も削除されますのでご注意ください。
1 Kボタンを押して再生画面を表示する
2 プロテクトしたい画像を選んで i ボ
タンを押す
再生時の i メニューが表示されます。
3[プロテクト]を選んで J ボタンを
押す
• P アイコン が表示されます。
• プロテクトを解除するには、解除する
画像を選んで再度[プロテクト]を選
びます。
ヒント:プロテクトの一括解除について
i メニューで[プロテクト一括解除]を選ぶと、再生メニュー[再生フォルダー
設定]で設定されているフォルダー内の全ての画像のプロテクトを一括で解除
できます。
66
カメラの基本機能と設定
ボタンなどを使った応用撮影
撮影モードダイヤル
撮影モードを変更すると、シャッタースピードと絞りのそれぞれを自分
で設定したり、カメラまかせにしたりすることができます。
撮影モードの設定方法
カメラ上面の撮影モードダイヤ 撮影モードダイヤル
ルロックボタンを押しながら、撮
影モードダイヤルを回すと撮影
モードを変更できます。
撮影モードダイヤルロックボタン
b
P
S
オート
プログラム
オート
シャッター優先
オート
露出や色味など、すべてカメラまかせの簡単な操作で撮
影を楽しめます(0 39、43)
。
シャッターチャンスを逃したくないスナップ撮影などに
使います。シャッタースピードと絞り値の両方をカメラ
が自動制御します。
被写体の動きを強調して撮影したいときなどに使いま
す。シャッタースピードを自分で設定し、絞り値はカメ
ラが自動制御します。
A
背景のぼかし方を調節して撮影したいときなどに使いま
絞り優先オート す。絞り値を自分で設定し、シャッタースピードはカメ
ラが自動制御します。
M
マニュアル
U1
U2
U3
ユーザー
セッティング
モード
シャッタースピードと絞り値の両方を自分で設定しま
す。長時間露出(バルブ、タイム)撮影も、このモード
で行います。
よく使う機能(ユーザーセッティング)を登録できます。
撮影モードダイヤルを切り換えるだけで、登録した内容
で撮影できます。
ボタンなどを使った応用撮影
67
P(プログラムオート)
• 被写体の明るさに応じて露出が適正になるように、カメラがシャッ
タースピードと絞り値を自動的に決定します。
• メインコマンドダイヤルを回すと、適正露出のまま、シャッタース
ピードと絞り値の組み合わせを変えられる「プログラムシフト」が行
えます。
- プログラムシフト中は、プログラムシフト
マーク(U)が表示されます。
- プログラムシフトを解除するには、プログ
ラムシフトマークが消えるまでメインコ
マンドダイヤルを回してください。電源を
OFF にしたときや、他の撮影モードに切り
換えたときも、プログラムシフトは解除されます。
S(シャッター優先オート)
• シャッタースピードを自分で決めると、露
出が適正になるようにカメラが自動的に絞
り値を決定します。動きの速い被写体の撮
影や、遅いシャッタースピードで被写体の
動きを強調する撮影に適しています。
• シャッタースピードはメインコマンドダイ
ヤルを回して設定します。
• シャッタースピードは
画像モニター
1/8000 〜 30 秒、
x200 に設定できます。
• 設定したシャッタースピードはロックでき
ます(0 283)。
68
ボタンなどを使った応用撮影
表示パネル
A(絞り優先オート)
• 絞り値を自分で決めると、露出が適正にな
るようにカメラが自動的にシャッタース
ピードを決定します。
• 絞り値はサブコマンドダイヤルを回して設
定します。
• 設定できる最小絞り値、開放絞り値はレン
ズの種類によって異なります。
画像モニター
• 設定した絞り値はロックできます(0 283)。
表示パネル
ヒント:動画撮影時の絞り値やシャッタースピードなどについて
動画撮影時に絞り値、シャッタースピード、ISO 感度を設定できるかどうかは、
撮影モードによって異なります。
絞り値
シャッタースピード
ISO 感度 ※2
P、S※1
ー
ー
ー ※3
A
M
○
ー
ー ※3
○
○
○ ※4
※1 撮影モードが S の場合は、P に設定したときと同じ露出制御になります。
※2 動画撮影メニューの[電子手ブレ補正]が[する]のときに ISO 感度が高
感度(Hi 0.3 〜 Hi 2)になった場合は、ISO 25600(Z 6 は ISO 51200)に
制限されます。
※3 動画撮影メニュー[ISO 感度設定]の[制御上限感度]で ISO 感度の上限を
設定できます。
※4 動画撮影メニュー[ISO 感度設定]の[M モード時の感度自動制御]を[す
る]に設定した場合、[制御上限感度]で ISO 感度の上限を設定できます。
ボタンなどを使った応用撮影
69
M(マニュアル)
• シャッタースピードと絞り値の両方を自分で決定します。花火や星空
などを長時間露出(バルブ撮影、タイム撮影、0 75)で撮影する場合
にも使用します。
• 露出インジケーターを確認しながら、コマンドダイヤルを回して
シャッタースピードと絞り値を設定します。
• メインコマンドダイヤルを回すと、シャッタースピード表示が変化し
ます。シャッタースピードは 1/8000 〜 30 秒、Bulb(バルブ)、Time
(タイム)、x200 に設定できます。
画像モニター
表示パネル
• サブコマンドダイヤルを回すと絞り値が変化します。
画像モニター
表示パネル
• 設定できる最小絞り値、開放絞り値はレンズの種類によって異なります。
• 設定したシャッタースピードと絞り値はロックできます(0 283)。
70
ボタンなどを使った応用撮影
D 露出インジケーターについて
自分で設定した露出値と、カメラが測光した露出値との差が、画像モニターと
ファインダーに表示されます。この「露出インジケーター」の見方は次の通り
です(表示内容はカスタムメニュー b1[露出設定ステップ幅]の設定によって
変化します)。
[露出設定ステップ幅]が[1/3 段]のとき
適正露出の場合
1/3 段
3 1/3 段以上
アンダーの場合
オーバーの場合
画像モニター
ファインダー
D 露出の制御ができないときの警告について
光量がカメラの測光範囲を超えて露出の制御ができない場合は、露出インジ
ケーターが点滅して警告します。
ヒント:撮影モード M 時の感度自動制御機能について
感度自動制御機能(0 79)を使用すると、設定したシャッタースピードと絞り
値で適正露出になるように ISO 感度が自動的に制御されます。
ボタンなどを使った応用撮影
71
U1、U2、U3(ユーザーセッティングモード)
よく使う機能(ユーザーセッティング)を、あらかじめ撮影モードダイ
ヤル U1 〜 U3 に登録すると、撮影モードダイヤルを切り換えるだけで、登
録したユーザーセッティングの内容で撮影できます。
❚❚ ユーザーセッティングの登録
1 登録したい撮影モードを
選ぶ
2 登録したい撮影機能を設定する
次の撮影機能を登録できます。
• 静止画撮影メニュー項目
• 動画撮影メニュー項目
• カスタムメニュー項目
• 撮影モード、シャッタースピード(撮影モード S、M)、絞り値
(撮影モード A、M)、プログラムシフト(撮影モード P)、露出補
正、調光補正など
3 セットアップメニュー[ユーザー
セッティングの登録]を選ぶ
セットアップメニュー[ユーザーセッ
ティングの登録]を選んでマルチセレク
ターの 2 を押します。
4 設定を登録したいユーザーセッティングモードを選ぶ
[U1 に登録]
、[U2 に登録]または[U3 に登録]のいずれかを選ん
で、2 を押します。
72
ボタンなどを使った応用撮影
5 ユーザーセッティングを登録する
13 で[はい]を選んで J ボタンを押すと、選んだユーザーセッ
ティングモードに現在の設定内容が登録されます。
6 登録したユーザーセッ
ティングで撮影する
撮影モードダイヤルを U1 〜
U3 に合わせると、登録した
ユーザーセッティングの内容
で撮影できます。
D U1、U2、U3 に登録できない撮影メニュー項目
次のメニュー項目は登録できません。
• 静止画撮影メニュー
-[記録フォルダー設定]
-[撮像範囲設定]
-[カスタムピクチャーコントロール]
-[多重露出]
-[インターバルタイマー撮影]
-[タイムラプス動画]
-[フォーカスシフト撮影]
• 動画撮影メニュー
-[撮像範囲設定]
-[カスタムピクチャーコントロール]
ボタンなどを使った応用撮影
73
❚❚ 登録したユーザーセッティングのリセット
1 セットアップメニュー[ユーザー
セッティングのリセット]を選ぶ
セットアップメニュー[ユーザーセッ
ティングのリセット]を選んでマルチセ
レクターの 2 を押します。
2 リセットしたいユーザーセッティングモードを選ぶ
[U1 をリセット]
、[U2 をリセット]または[U3 をリセット]のい
ずれかを選んで、2 を押します。
3 ユーザーセッティングをリセットする
13 で[はい]を選んで J ボタンを押すと、選んだユーザーセッ
ティングモードに登録された設定内容が、初期設定(撮影モード
P)に戻ります。
74
ボタンなどを使った応用撮影
長時間露出で撮影する(撮影モード M のみ)
長時間露出撮影には、バルブ撮影とタイム撮影の 2 種類があります。花
火や夜景、星空の撮影や、自動車のライトの流れを表現したいときなど
に使います。
シャッタースピードを Bulb に設定し、
絞り値を F25 にして 35 秒間の長時間露出撮影した場合の画像
バルブ撮影
タイム撮影
シャッターボタンを押し続けている間シャッターが開いたままに
なり、シャッターボタンを放すとシャッターが閉じます。
シャッターボタンを全押しするとシャッターが開いたままにな
り、もう一度押すとシャッターが閉じます。
❚❚ 長時間撮影の手順
1 三脚などを使ってカメラを固定する
2 撮影モードダイヤルを M
に合わせる
ボタンなどを使った応用撮影
75
3 メインコマンドダイヤルを回して、シャッタースピードを
Bulb(バルブ)または Time(タイム)にする
バルブ撮影
タイム撮影
4 ピントを合わせて、長時間露出撮影を開始する
• バルブ撮影:シャッターボタンを全押しして、長時間露出撮影を
開始します。シャッターボタンは押し続けてください。
• タイム撮影:シャッターボタンを全押しすると、シャッターが開
き、長時間露出撮影を開始します。
5 長時間露出撮影を終了する
• バルブ撮影:シャッターボタンを放すと、長時間露出撮影は終了
します。
• タイム撮影:もう一度シャッターボタンを全押しします。
D 長時間露出について
• 露光時間が長くなると、画像にノイズ(ざらつき、むら、輝点)が発生するこ
とがあります。
• 静止画撮影メニュー[長秒時ノイズ低減]を[する]に設定すると、画像に発
生するむらや輝点が低減されます。
• 撮影中のバッテリー切れを防ぐため、電源としてフル充電した Li-ion リチャー
ジャブルバッテリー、または別売のパワーコネクターと AC アダプターをお使
いいただくことをおすすめします。
• 手ブレを抑えるために三脚、別売のリモートコードやワイヤレスリモートコン
トローラーなどの使用をおすすめします。
76
ボタンなどを使った応用撮影
S ボタン
撮影時の周辺の明るさに応じて、光に対する感度(ISO 感度)を変更で
きます。一般的に、ISO 感度を高くするほど、より高速のシャッタース
ピードで撮影できます(同じ被写体を同じ絞り値で撮影する場合)
。
ISO 感度の設定方法
• S ボタンを押しながらメインコマンドダ
イヤルを回します。
S ボタン
• ISO 感度は ISO 64 〜 25600(Z 6 は ISO 100 〜
51200)の間で設定できます。また、ISO 64
(Z 6 は ISO 100)から約 0.3 段〜約 1 段の範囲
での減感と、ISO 25600(Z 6 は ISO 51200)
から約 0.3 段〜約 2 段の範囲での増感ができ
ます。
• 撮影モードが b の場合、ISO-A(AUTO)も
選べます。
メインコマンドダイヤル
• 設定した ISO 感度は撮影画面と表示パネル
に表示されます。
ボタンなどを使った応用撮影
77
D ISO 感度を高く設定した場合
ISO 感度を高くするほど暗い場所での撮影や動いている被写体の撮影などに効
果的です。ただし、撮影した画像に多少ノイズ(ざらつき、むら、すじ)が発
生する場合があります。
D 増感域の高感度(Hi 0.3 〜 Hi 2)に設定した場合
ISO 感度を[Hi 0.3]に設定すると、Z 7 は ISO 25600、Z 6 は ISO 51200 に対し
、
[Hi 2]で
て約 0.3 段分増感し(Z 7 は ISO 32000 相当、Z 6 は ISO 64000 相当)
は約 2 段分の増感になります(Z 7 は ISO 102400 相当、Z 6 は ISO 204800 相当)。
これらの ISO 感度に設定したときは、ノイズ(ざらつき、むら、すじ)が発生し
やすくなります。
D 減感域の低感度(Lo 0.3 〜 Lo 1)に設定した場合
ISO 感度を[Lo 0.3]に設定すると、Z 7 は ISO 64、Z 6 は ISO 100 に対して約 0.3
段分減感します(Z 7 は ISO 50 相当、Z 6 は ISO 80 相当)
。
[Lo 1]では約 1 段分
の減感になります(Z 7 は ISO 32 相当、Z 6 は ISO 50 相当)
。明るい場所で絞りを
開きたい場合や、スローシャッターを使用したい場合などに使用してください。
これらの ISO 感度で撮影した画像は、ハイライト側に階調とびが発生することが
あります。通常の撮影では Z 7 は[64]
、Z 6 は[100]以上をお使いください。
78
ボタンなどを使った応用撮影
感度自動制御機能
撮影モード P、S、A、M で設定した ISO 感度で適正露出が得られない場合
に、カメラが自動的に ISO 感度を変更する機能です。撮影時に ISO 感度
が高くなりすぎないように、上限感度(Z 7 は 100 〜 Hi 2、Z 6 は 200 〜
Hi 2)を設定することもできます。
• S ボタンを押しながらサブコマンドダイ
ヤルを回すと ISO AUTO(感度自動制御する)
と ISO(感度自動制御しない)に切り換えら
れます。
サブコマンドダイヤル
S ボタン
• 感度自動制御する場合、撮影画面には ISO AUTO、表示パネルには ISO-A
が表示されます。感度が自動制御されると、制御された ISO 感度が表
示されます。
画像モニター
表示パネル
• 制御上限感度は静止画撮影メニュー[ISO 感度設定]で設定できます。
D 感度自動制御についてのご注意
•[制御上限感度]で設定した ISO 感度よりも[ISO 感度設定]で設定した ISO 感
度が高い場合、[ISO 感度設定]で設定した ISO 感度を制御上限感度として撮
影します。
• フラッシュ撮影時のシャッタースピードはカスタムメニュー e1[フラッシュ
撮影同調速度]と e2[フラッシュ時シャッタースピード制限]で設定した範
囲内に制限されます。
ボタンなどを使った応用撮影
79
E(露出補正)ボタン
カメラが制御する適正露出値を意図的にずらせます。画像全体を明るく
したり、暗くしたいときなどに使います。
− 1 段補正
露出補正なし
+ 1 段補正
露出補正の設定方法
• E ボタンを押しながらコマンドダイヤルを
回します。
E ボタン
• 露出補正は、1/3段ステップで±5段の範囲で
設定できます。動画の場合は ±3 段の範囲で
設定できます。
• 被写体を明るくしたいときは+側に、暗く
したいときは−側に補正してください。
• 撮影モードが b の場合、露出補正はできま
せん。
メインコマンドダイヤル
• 露出補正を設定すると、表示パネルに設定
した補正量が表示されます。
• 露出補正を解除するには、補正量を 0.0 にし
てください。カメラの電源を OFF にしても、
補正量の設定は解除されません。
80
ボタンなどを使った応用撮影
表示パネル
• 撮影画面には E アイコンとインジケーターが表示され、E ボタンを押
すと補正量を数字で確認できます。
画像モニター
ファインダー
D 撮影モード M での露出補正について
• 撮影モードが M のときは、露出のインジケーター表示が変わるだけで、設定し
たシャッタースピードと絞り値は変わりません。
•
E ボタンを押すと補正量を数字とインジケーターで確認できます。
D 別売スピードライト使用時の露出補正
別売スピードライト使用時に露出補正を行った場合は、背景露出とスピードラ
イトの発光量の両方に補正が行われ、画像全体の明るさが変わります。背景の
明るさだけを補正することもできます(カスタムメニュー e3[フラッシュ使用
時の露出補正])。
ボタンなどを使った応用撮影
81
c(E)(レリーズモード、
セルフタイマー)ボタン
シャッターをきる(レリーズする)ときの動作を設定できます。
レリーズモードの設定方法
• c(E)ボタンを押してからメインコマンドダイヤルを回してレリー
ズモードを設定し、J ボタンを押して決定します。
• 設定したレリーズモードは撮影画面と表示パネルに表示されます。
画像モニター
表示パネル
❚❚ 静止画モードの場合
U
1 コマ撮影
シャッターボタンを全押しするたびに 1 コマずつ撮影し
ます。
• シャッターボタンを全押ししている間、設定した速度
V
低速連続撮影
で連続撮影します。
• レリーズモード設定画面で低速連続撮影が選ばれてい
る状態でサブコマンドダイヤルを回すと、連続撮影速
度を設定できます。
• 連続撮影速度は1コマ/秒〜5コマ/秒の間で設定できます。
W
82
高速連続撮影
シャッターボタンを全押ししている間、最大約 5.5 コマ /
秒で連続撮影します。
ボタンなどを使った応用撮影
• シャッターボタンを全押ししている間、最大約9コマ/秒
X
高速連続撮影
(拡張)
(Z 6 は約 12 コマ / 秒)で連続撮影します。
• 別売のスピードライトは発光しません。
• フリッカー低減撮影の効果は無効になります。
E
セルフタイマー セルフタイマー撮影ができます(0 86)
。
D 連続撮影時の撮影画面について
低速連続撮影および高速連続撮影の場合、連続撮影中でも被写体の動きがリア
ルタイムに表示されます。
D 連続撮影速度について
連続撮影時の最大撮影速度は、カメラの設定により異なります。
レリーズ
記録ビット
画質モード
モード
モード
低速連続
撮影
JPEG/TIFF
サイレント撮影
しない
ー
RAW を含む 12 ビット 設定したコマ / 秒
画質モード 14 ビット
ー
JPEG/TIFF
約 5.5 コマ / 秒
高速連続
12 ビット
を含む
RAW
撮影
Z 7:約 5 コマ / 秒
画質モード 14 ビット
Z 6:約 5.5 コマ / 秒
ー
JPEG/TIFF
Z 7:約 9 コマ / 秒
高速連続
12 ビット Z 6:約 12 コマ / 秒
撮影
RAW を含む
Z 7:約 8 コマ / 秒
(拡張)
画質モード 14 ビット
Z 6:約 9 コマ / 秒
※1
する
設定したコマ / 秒※1
設定したコマ / 秒※2
Z 7:約 4 コマ / 秒
Z 6:約 4.5 コマ / 秒
Z 7:約 3.5 コマ / 秒
Z 6:約 4 コマ / 秒
Z 7:約 8 コマ / 秒
Z 6:約 12 コマ / 秒
Z 7:約 6.5 コマ / 秒
Z 6:約 8 コマ / 秒
5 コマ / 秒に設定している場合は約 4 コマ / 秒(Z 6 は約 4.5 コマ / 秒)になり
ます。
※2
Z 7 で 4 コマ / 秒以上に設定している場合は約 3.5 コマ / 秒になります。Z 6 で
5 コマ / 秒に設定している場合は約 4 コマ / 秒になります。
ボタンなどを使った応用撮影
83
D 連続撮影についてのご注意
• メモリーカードの性能や撮影条件によっては、数十秒から 1 分間程度メモリー
カードアクセスランプが点灯します。メモリーカードアクセスランプの点灯中
にカメラからメモリーカードを取り出さないでください。データが消失するだ
けでなく、カメラとメモリーカードに不具合が生じるおそれがあります。
• メモリーカードアクセスランプ点灯中に電源を OFF にすると、撮影された全て
の画像がメモリーカードに記録されてから電源が切れます。
• 連続撮影時にバッテリーの残量がなくなった場合は、撮影は行わず、撮影済み
の画像データがメモリーカードに記録されて終了します。
D 高速連続撮影(拡張)撮影時のご注意
カメラの設定によっては、連続撮影中に露出が安定しないことがあります。露
出の変化が気になる場合は、AE ロック(0 88)を行って連写中の露出を固定し
てください。
D 連続撮影可能コマ数について
• シャッターボタンを半押しすると、記録可能コマ数表示部に連続撮影可能コマ
数が表示されます。
画像モニター
表示パネル
• 表示される連続撮影可能コマ数は、おおよその目安です。カメラの設定や撮影
条件によって増減することがあります。
84
ボタンなどを使った応用撮影
❚❚ 動画モードの場合
動画モード中の静止画撮影(0 45)のレリーズモードを設定できます。
シャッターボタンを全押しするたびに 1 コマずつ撮影し
U 1 コマ撮影
ます。1 回の動画撮影中に撮影できる静止画は、最大 50
コマです。
• シャッターボタンを全押ししている間、最大 3 秒間(Z 6
は最大 2 秒間)連続撮影します。
c
連続撮影
• 連続撮影速度は動画撮影メニュー[画像サイズ / フレー
ムレート]で設定しているフレームレートにより異な
ります。
• 動画を撮影している間は 1 コマ撮影になります。
ボタンなどを使った応用撮影
85
セルフタイマー撮影
シャッターボタンを全押しした後、設定した時間が過ぎると、自動的に
シャッターがきれます。
1 c(E)ボタンを押し、メインコマ
ンドダイヤルを回して E(セルフタ
イマー)に合わせる
2 サブコマンドダイヤルを回して
シャッターがきれるまでの時間を設
定する
J ボタンを押して決定します。
3 構図を決め、ピントを合わせる
フォーカスモードが[AF-S]でピントが
合っていないときなど、カメラのシャッ
ターがきれない状態ではセルフタイマー
は作動しません。
4 セルフタイマー撮影を開始する
• セルフタイマー設定時は撮影画面に E
アイコンが表示されます。
• シャッターボタンを全押しすると、セ
ルフタイマーランプが点滅します。撮
影 2 秒前になると点滅から点灯に変わり
ます。
D セルフタイマーの撮影間隔と撮影コマ数について
カスタムメニュー c2[セルフタイマー]で撮影するコマ数、連続撮影するとき
の撮影間隔を設定できます。
86
ボタンなどを使った応用撮影
サブセレクター
サブセレクターを倒すと、フォーカスポイン
トを選ぶことができます。また、サブセレク
ターの中央を押すと AE ロックとフォーカス
ロックを同時に行います。
フォーカスポイントの移動
AF エリアモード(0 52)がオートエリア AF 以
外の場合、撮影画面でサブセレクターを倒した
方向にフォーカスポイントを移動できます。
フォーカスポイント
AE ロック
• 被写体の特定の部分を測光して露出を決め、そのまま構図を変えて撮
影できます。
• AE ロックする場合、測光モードは中央部重点測光またはスポット測光
に設定することをおすすめします。
フォーカスロック
• フォーカスモードが AF-C の場合にフォーカスを固定したいときに使
用します。
• フォーカスロックする場合、AF エリアモードをオートエリア AF 以外
に設定してください。
ボタンなどを使った応用撮影
87
AE ロック / フォーカスロックの方法
1 露出とピントを合わせたい被写体にフォーカスポイントを
重ね、シャッターボタンを半押しする
2 サブセレクターの中央を押す
シャッターボタン
• サブセレクターの中央を押している間
は、露出とピントが固定(ロック)さ
れます。構図を変えても露出は変わり
ません。
• 画像モニターなどに AE-L マークが点灯
します。
サブセレクター
3 サブセレクターの中央を押したま
ま、構図を決めて撮影する
被写体との距離は変えないでください。
AE ロック / フォーカスロック後に被写体
との距離が変化した場合は、いったん
ロックを解除し、ピントを合わせ直して
ください。
88
ボタンなどを使った応用撮影
D フォーカスモードが AF-S の場合のフォーカスロックについて
シャッターボタンを半押ししている間は、ピントが固定されます。サブセレク
ターの中央を押してピントを固定することもできます。
D シャッターボタンの半押しで露出を固定するには
カスタムメニュー c1[シャッターボタン AE ロック]を[する(半押し)]に設
定すると、シャッターボタンの半押しで露出を固定できます。
D ピントを固定したまま繰り返し撮影したいときは
• サブセレクターの中央を押してフォーカスロックを行った場合は、サブセレク
ターの中央を押したままもう一度シャッターボタンを全押ししてください。
• シャッターボタンの半押しでフォーカスロックした場合は、シャッターをきっ
た後にシャッターボタンを半押しの状態に戻し、そのままもう一度シャッター
ボタンを全押ししてください。
ボタンなどを使った応用撮影
89
i メニューを使う
i メニューについて
使用頻度の高い機能の設定を素早く変更でき
ます。i ボタンを押すと、i メニューが表示さ
れます。
• 設定したい項目をマルチセレクターで選んで J ボタンを押すと、選択
項目が表示されます。選択項目を選んで J ボタンを押すと、設定が変
更されて i メニュー画面に戻ります。
• 設定を変更せずに 1 つ前の画面に戻るには、i ボタンを押してください。
ヒント:コマンドダイヤルで設定する
•
i メニュー画面でメインコマンドダイヤルを回す
と、選んでいる項目の設定を変更できます。設定
した項目にさらに選択肢がある場合、サブコマン
ドダイヤルを回して設定を変更できます。
• 項目によってはメインコマンドダイヤルとサブ
コマンドダイヤルのどちらでも設定できるもの
があります。
•
J ボタンを押すと決定します。マルチセレクターで他の項目を選んだり、シャッ
ターボタンを半押ししても設定が決定されます。
90
i メニューを使う
静止画モード
1
2
3
4
5
6
1
3
5
7
9
11
2
4
6
8
10
12
ピクチャーコントロール........... 91
ホワイトバランス ...................... 95
画質モード ................................ 101
画像サイズ ................................ 102
フラッシュモード .................... 103
測光モード ................................ 104
7 Wi-Fi 通信機能 .......................... 105
8 アクティブ D- ライティング ... 106
9 レリーズモード........................ 107
10 手ブレ補正 ............................... 108
11 AF エリアモード....................... 109
12 フォーカスモード.................... 109
ピクチャーコントロール
記録する画像の仕上がり(ピクチャーコントロール)を、撮影シーンや
好みに合わせて選べます。
•[スタンダード]をもとに、色合いや階調をカメラが
自動的に調整します。
n
オート
• 人物を撮影するシーンでは、
[スタンダード]に比べ
て人物の肌を柔らかく表現した画像になります。
• 屋外のシーンでは、
[スタンダード]に比べて青空や
草木などの色が鮮やかな画像になります。
Q
スタンダード
鮮やかでバランスの取れた標準的な画像になります。
ほとんどの撮影状況に適しています。
R
ニュートラル
素材性を重視した自然な画像になります。撮影した画
像を調整、加工する場合に適しています。
i メニューを使う
91
メリハリのある生き生きとした色鮮やかな画像になり
S
ビビッド
ます。青、赤、緑など、原色を強調したいときに適し
ています。
白黒やセピアなど、単色の濃淡で表現した画像になり
T
モノクローム
o
p
ポートレート
人物の肌が滑らかで自然な画像になります。
風景
自然の風景や街並みが色鮮やかな画像になります。
q
フラット
ます。
シャドー部からハイライト部まで幅広く情報を保持し
た画像になります。撮影した画像を積極的に調整、加
工する場合に適しています。
• 色合いや階調、彩度などを細やかに作りこんだ多彩
k01
〜
k20
Creative
Picture
Control
な効果により、さまざまな雰囲気を表現して撮影で
きます。
•[ドリーム]
、
[モーニング]
、
[ポップ]
、
[サンデー]
、
[ソンバー]
、
[ドラマ]
、
[サイレンス]
、
[ブリーチ]
、
(クリエイティブ
[メランコリック]、
[ピュア]、[デニム]、[トイ]、
ピクチャー
[セピア]、
[ブルー]、
[レッド]、[ピンク]、[チャ
コントロール)
コール]、[グラファイト]、[バイナリー]、
[カーボ
ン]の 20 種類があります。
• ピクチャーコントロール選択画面で 3 を押
すと、好みに合わせて調整できます。撮影
画面を見ながら色味などを調整できます
(0 93)。
• 設定したピクチャーコントロールは、撮影
画面に表示されます。
92
i メニューを使う
❚❚ ピクチャーコントロールの微調整
i メニューで[ピクチャーコントロール]を
選んで J ボタンを押すと、ピクチャーコント
ロールの選択項目が表示されます。調整した
いピクチャーコントロールを選んで 3を押す
と撮影画面を見ながら調整できます。
• 13 で調整する項目を選びます。42 を押
すと 1 ステップ刻みで、サブコマンドダイヤルを回すと 0.25 ステップ
刻みで値を調整します。
• 調整できる項目は、選んだピクチャーコントロールによって異なります。
• O ボタンを押すと初期設定の内容に戻ります。
• J ボタンを押すと調整値を決定して i メニュー画面に戻ります。
• ピクチャーコントロールを微調整すると、
ピクチャーコントロールのアイコンにアス
タリスク(U)が表示されます。
D ピクチャーコントロール調整時の j マークについて
ピクチャーコントロール調整中に各項目に表示さ
れる j マークは、前回調整した値を示しています。
D 調整項目の[A](オート)について
•[A](オート)がある項目では、
[A]を選ぶと自動で調整されます。
• 同じような状況で撮影しても、被写体の位置や大きさ、露出によって、仕上が
り具合は変化します。
ヒント:[n オート]を選んでいる場合
オートの調整レベルを[A − 2]〜[A + 2]から
選べます。
i メニューを使う
93
❚❚ ピクチャーコントロールの調整項目
適用度
クイック
シャープ
輪郭強調
ミドルレン
Creative Picture Controlの効果をどれだけ適用するかを調整します。
[クイックシャープ]を調整すると、画像のシャープさを調整する
[輪郭強調]、
[ミドルレンジシャープ]
、
[明瞭度]の各項目をバラ
ンスよく調整します。各項目を個別に調整することも可能です。
•[輪郭強調]
:画像の精緻な部分や、被写体の輪郭部分のシャー
プさを調整します。
:
[輪郭強調]と[明瞭度]の中間の細
ジシャープ •[ミドルレンジシャープ]
かさの模様や線に対してシャープさを調整します。
明瞭度
•[明瞭度]:画像の階調や明るさを維持しながら、画像全体や太
めの線のシャープさを調整します。
コントラスト 画像のコントラストを調整できます。
明るさ
色の濃さ
(彩度)
白とびや黒つぶれを抑えながら画像の明るさを調整します。
画像の彩度(色の鮮やかさ)を調整できます。
色合い(色相) 画像の色合いを調整できます。
フィルター
白黒写真用カラーフィルターを使って撮影したときのような効果
効果
が得られます。
印画紙を調色したときのように、画像全体の色調を調整できます。
調色
調色の項目([B&W]以外)を選んで 3 を押すと、さらに色の濃
淡を選べます。
色の濃淡
適用する Creative Picture Control の色の濃さを調整できます。
D[フィルター効果]について
[フィルター効果]には、次のような効果があります。
Y(黄 ※)
コントラストを強調する効果があり、風景撮影で空の明るさ
O(オレンジ ※) を抑えたい場合などに使います。[Y]→[O]→[R]の順
にコントラストが強くなります。
R(赤 ※)
G(緑 ※)
肌の色や唇などを落ち着いた感じに仕上げます。ポートレー
ト撮影などに使います。
※ 市販の白黒写真用カラーフィルターの色です。
94
i メニューを使う
ホワイトバランス
ホワイトバランスを変更できます。ホワイトバランスの詳しい説明につ
いては「カメラの基本機能と設定」の「ホワイトバランス」
(0 59)も
ご覧ください。
項目
項目
4
オート
I
i 白を優先する
j 雰囲気を残す
k 電球色を残す
D
H
G
M
J
蛍光灯
ナトリウム灯混合光
電球色蛍光灯
温白色蛍光灯
自然光オート
白色蛍光灯
晴天
昼白色蛍光灯
昼光色蛍光灯
曇天
晴天日陰
電球
高色温度の水銀灯
5
K
L
フラッシュ
色温度設定
プリセットマニュアル
•[オート]または[蛍光灯]が選ばれている
状態で 3 を押すと、それぞれの種類が選べ
ます。
• 設定したホワイトバランスは、撮影画面に
表示されます。
i メニューを使う
95
❚❚ ホワイトバランスの微調整
i メニューで[ホワイトバランス]を選んで
J ボタンを押すと、ホワイトバランスの選択
項目が表示されます。設定したいホワイトバ
ランスを選び([色温度設定]以外)、調整画
面が出るまで 3 を押すと、ホワイトバランス
を調整できます。画像モニターを見ながら色
味を調整できます。
グリーンが強くなる
ブルーが
強くなる
アンバーが
強くなる
マゼンタが強くなる
• 画面上の矢印をタッチするか、マルチセレクターを押すと値を変更で
きます。
• J ボタンを押すと調整値を決定して i メニュー画面に戻ります。
• ホワイトバランスを微調整すると、ホワイ
トバランスのアイコンにアスタリスク(U)
が表示されます。
96
i メニューを使う
❚❚ 色温度の設定
i メニューで[ホワイトバランス]を選んで J ボタンを押すと、ホワイ
トバランスの選択項目が表示されます。
[色温度設定]を選んで 3 を押
すと、色温度を設定できます。
A(アンバー)および
B(ブルー)方向
G(グリーン)および
M(マゼンタ)方向
• 42 を押して A(アンバー)および B(ブルー)方向の色温度の桁を
選びます。また、G(グリーン)および M(マゼンタ)方向の色温度
にカーソルを移動できます。
• 13 を押して数値を設定します。
• J ボタンを押すと色温度を決定して i メニュー画面に戻ります。
• G(グリーン)、M(マゼンタ)方向の色温度を 0 以外に設定すると、
ホワイトバランスのアイコンにアスタリスク(U)が表示されます。
D 色温度設定についてのご注意
• 光源が蛍光灯のときは、色温度設定を使わず、I(蛍光灯)に設定してくだ
さい。
• ホワイトバランスの色温度を指定したときは、試し撮りをして、設定した色温
度が撮影状況に適しているかどうかを確認することをおすすめします。
i メニューを使う
97
❚❚ 基準となる白を取得して設定
(プリセットマニュアル)
カクテル照明や特殊照明下で撮影する場合、4(オート)や J(電
球)、色温度設定では望ましいホワイトバランスが得られないことがあ
ります。その場合、撮影する照明下で白またはグレーの被写体を撮影し
てプリセットマニュアルデータを取得し、それを基準にしてホワイトバ
ランスを設定します。プリセットマニュアルデータは最大 6 つまでカメ
ラに保存できます。
1 i メニューの[ホワイトバランス]
で[プリセットマニュアル]を選ん
でマルチセレクターの 3 を押す
2 新規取得するプリセットマニュアル
データの保存場所を選ぶ
• 保存場所は[d-1]〜[d-6]から選べ
ます。
• J ボタンを押して決定すると、i メ
ニュー画面に戻ります。
3 i メニューの[ホワイトバランス]
を選んだ状態で J ボタンを長押し
し、プリセットマニュアル取得モー
ドにする
• プリセットマニュアル取得モードにな
ると、撮影画面と表示パネルに L が
点滅します。
• フォーカスポイントがrに変更されます。
98
i メニューを使う
4 r を被写体の白またはグレーの部分
に重ね、プリセットマニュアルデー
タを取得する
• r はマルチセレクターで移動できます。
• シャッターボタンを全押しするか J ボ
タンを押すとプリセットマニュアルデータを取得できます。
• 画像モニターをタッチすると、その場所に r が移動してプリセッ
トマニュアルデータを取得できます。
• 別売のスピードライトを装着している場合は、r を移動できませ
ん。カメラを動かして画面の中央部分に被写体の白またはグレー
の部分を重ねてください。
• データが取得できなかった場合は、撮
影画面にメッセージが表示されてプリ
セットマニュアル取得モードの状態に
戻ります。r の位置を変えるなどして、
再度プリセットマニュアルデータを取
得してください。
5 i ボタンを押してプリセットマニュアル取得モードを終了
する
i メニューを使う
99
D プリセットマニュアルについて
静止画撮影メニュー[ホワイトバランス]で[プリセットマニュアル]を選ぶ
と、取得したプリセットマニュアルデータを管理できます。撮影済み画像のホ
ワイトバランスのデータをプリセットマニュアルとして使用することや、コメ
ントの記入およびプロテクト設定ができます。
D ホワイトバランスのプロテクト設定について
プロテクト設定されたプリセットマニュアルデータが選ばれている場合、プリ
セットマニュアルデータは新規取得できません(プリセットマニュアルのアイ
コンの横に g アイコンが表示されます)
。
D プリセットマニュアルデータについて
• ご購入時のプリセットマニュアルデータ d-1 〜 d-6 は、晴天モードと同じ色温
度 5200K に設定されています。
• 静止画撮影メニュー[ホワイトバランス]の[プ
リセットマニュアル]を選ぶと、取得したプリ
セットマニュアルデータが表示されます。マル
チセレクターでプリセットマニュアルデータを
選んで J ボタンを押すと、選んだプリセットマ
ニュアルを使って撮影できます。
D プリセットマニュアル取得モードの時間制限について
プリセットマニュアル取得モードの時間制限は、カスタムメニュー c3[パワー
オフ時間]の[半押しタイマー]で設定した時間になります。
D プリセットマニュアルデータ取得時の制限について
次の場合は、プリセットマニュアルデータを取得できません:
• HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影時
• 多重露出撮影時
100 i メニューを使う
画質モード
記録する画像の画質モードを選びます。
RAW+FINE ★
RAW+FINE
RAW+NORMAL ★
RAW+NORMAL
RAW+BASIC ★
RAW+BASIC
RAW
FINE ★
FINE
NORMAL ★
NORMAL
BASIC ★
BASIC
TIFF(RGB)
• RAW と JPEG の 2 種類の画像を同時に記録します。
• カメラでは JPEG 画像のみを再生します。JPEG 画像と同時
•
記録された RAW 画像はパソコンでのみ再生できます。
RAW 画像と同時記録された JPEG 画像をカメラ上で削除
すると、RAW 画像も削除されます。
RAW画像を記録します。
•
JPEG 画像を記録します。画質は FINE、NORMAL、BASIC
の順に高くなります。
• ★がある項目は画質優先となり、画質の劣化を抑えて圧縮
します。
• ★がない項目はサイズ優先となり、ファイルサイズがほぼ
一定になるように圧縮します。
8 ビット非圧縮の TIFF-RGB 形式で記録します。
設定した画質モードは、撮影画面に表示され
ます。
ヒント:RAW 画像について
•
RAW 画像は撮像素子から出力された生データです。ファイルの拡張子は NEF
になります。
• ニコンソフトウェアViewNX-iまたはCaptureNX-DでRAW画像を開くと、
露出
補正やホワイトバランスの設定を再調整できます。RAW 画像は、何度調整を
行っても画質が劣化しないため、調整を繰り返し行う場合に適しています。
ViewNX-i または CaptureNX-D はニコンダウンロードセンターから無料でダ
ウンロードできます。
•
RAW 画像を JPEG 画像など他のファイル形式に変換することを「RAW 現像」と
呼びます。RAW 現像は、パソコンで ViewNX-i または Capture NX-D を使用す
るか、カメラの画像編集メニュー[RAW 現像]で行えます。
i メニューを使う 101
画像サイズ
画像を記録するときの画像サイズを選びます。
RAW L
[画質モード]で RAW
RAW 画像のサイズを設定できます。
RAW M
を含む画質モードを選んでいる場合のみ設定できます。
RAW S
L
JPEG/TIFF M
JPEG/TIFF 画像のサイズを設定できます。
S
RAW
設定した画像サイズは、撮影画面に表示され
ます。
❚❚ 画像サイズのピクセル数
画像のピクセル数は、静止画撮影メニュー[撮像範囲設定]の設定に
よって異なります。
Z 7:
撮像範囲
FX(36×24)
DX(24×16)
5:4(30×24)
1:1(24×24)
16:9(36×20)
画像サイズ
L
8256×5504
5408×3600
6880×5504
5504×5504
8256×4640
M
6192×4128
4048×2696
5152×4120
4128×4128
6192×3480
S
4128×2752
2704×1800
3440×2752
2752×2752
4128×2320
Z 6:
撮像範囲
FX(36×24)
DX(24×16)
1:1(24×24)
16:9(36×20)
102 i メニューを使う
画像サイズ
L
6048×4024
3936×2624
4016×4016
6048×3400
M
4528×3016
2944×1968
3008×3008
4528×2544
S
3024×2016
1968×1312
2000×2000
3024×1696
フラッシュモード
別売スピードライトをカメラに装着した場合のフラッシュモードを設
定できます。設定できる項目は、撮影モードによって異なります。
項目
I
J
K
L
M
s
設定できる撮影モード
通常発光
b、P、S、A、M
赤目軽減発光
b、P、S、A、M
赤目軽減 + スローシャッター
P、A
通常発光 + スローシャッター
P、A
後幕発光
P、S、A、M
発光禁止
b、P、S、A、M
設定したフラッシュモードは、撮影画面に表
示されます。
i メニューを使う 103
測光モード
画面内のどの部分の明るさを、どのように測定するかを決めるための測
光モードを選びます。
画面の広い領域を測光して、被写体の輝度(明るさ)
L
マルチパターン測光 分布、色、距離や構図などさまざまな情報を瞬時に
分析するため、見た目に近い画像が得られます。
• 画面の中央部分を重点的に測光します。画面中央
にメインの被写体を大きく配置して撮影する場合
などに適しています。
M
中央部重点測光
• 露出倍数のかかるフィルターをお使いになるとき
は、中央部重点測光をおすすめします。
• 測光範囲はカスタムメニュー b3[中央部重点測光
範囲]で変更できます。
• フォーカスポイントに重なるφ4 mm 相当(全画面
の約 1.5%)の部分だけを測光します。逆光時や被
N
スポット測光
写体の明暗差が激しいときなど、狭い範囲での露出
を基準にして撮影したい場合に適しています。
• 測光エリアは、フォーカスポイントに連動します。
ただし、AF エリアモード(0 52)がオートエリ
ア AF のときは中央のフォーカスポイントに相当
する部分を測光します。
t
画面のハイライト部分を重点的に測光します。舞台
ハイライト重点測光 撮影など、ハイライト部分の白とびを軽減して撮影
したい場合に適しています。
設定した測光モードは、撮影画面に表示され
ます。
104 i メニューを使う
Wi-Fi 通信機能
Wi-Fi 通信機能のオン / オフを切り替えられます。
• Wi-Fi 通信機能をオンにすると、パソコンや SnapBridge アプリをイン
ストールしたスマートフォンと無線接続することができます。
• Wi-Fi 通信機能がオンになっていると、Wi-Fi
アイコンが撮影画面に表示されます。
• Wi-Fi 通信機能がオンの場合に i メニュー画面で[Wi-Fi 通信機能]を
選び、J ボタンを押すと[Wi-Fi 接続を停止]が表示されます。J ボ
タンを押すと、無線通信を終了します。
ヒント:ネットワーク接続について
• カメラをパソコンやスマートフォンと無線で接続する方法については、
「ネット
ワークガイド」をご覧ください。ネットワークガイドは、ニコンダウンロード
センターからダウンロードできます。
Z 7: https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/492/Z_7.html
Z 6: https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/493/Z_6.html
• SnapBridge アプリの詳しい使用方法などは SnapBridge アプリのヘルプをご
覧ください。
i メニューを使う 105
アクティブ D- ライティング
白とびや黒つぶれを軽減した、見た目のコントラストに近い画像を撮影
できます。暗い室内から外の風景を撮ったり、直射日光の強い海辺など
明暗差の激しい景色を撮影するのに効果的です。アクティブ D- ライティ
ングを設定したときは、測光モードをマルチパターン測光に設定して撮
影することをおすすめします。
[しない]
Y
オート
Z
P
Q
R
c
より強め
強め
標準
[Y オート]
撮影シーンに応じて自動的にアクティブ D- ライティングの効
果の度合いを設定します。
効果の度合いは、強い順に[より強め]
、
[強め]
、
[標準]
、
[弱
め]になります。
弱め
しない
アクティブ D- ライティングを設定しません。
設定したアクティブ D- ライティングの設定
は、撮影画面に表示されます。
D アクティブ D- ライティングについてのご注意
• アクティブ D- ライティングを設定して撮影をするとき、撮影シーンによって
は、ノイズ(ざらつき、むら、すじ)が強調される場合があります。
• 撮影モードが M のときは、
[Y オート]に設定していても[Q 標準]相当の
度合いに固定されます。
• 被写体によっては画像に階調とびが発生する場合があります。
• ISO 感度が高感度(Hi 0.3 〜 Hi 2)および感度自動制御で ISO 感度が高感度に制
御された場合は機能しません。
106 i メニューを使う
レリーズモード
シャッターをきる(レリーズする)ときの動作を設定できます。レリー
ズモードの詳細については「c(E)(レリーズモード、セルフタイ
マー)ボタン」(0 82)も合わせてご覧ください。
項目
項目
U 1 コマ撮影
V 低速連続撮影
W 高速連続撮影
X
E
高速連続撮影(拡張)
セルフタイマー
•[低速連続撮影]が選ばれている状態で 3 を
押すと、連続撮影速度を設定できます。
•[セルフタイマー]が選ばれている状態で 3
を押すと、シャッターボタンを全押しして
からシャッターがきれるまでの時間と、撮
影するコマ数を設定できます。
• 設定したレリーズモードは、撮影画面、表
示パネルに表示されます。
i メニューを使う 107
手ブレ補正
手ブレ補正を行うかどうかを設定できます。表示される項目は、カメラ
に装着しているレンズによって異なります。
C
する
手ブレ補正効果が高く、静止している被写体を撮影する場合
ノーマル
に適しています。
D
スポーツ
E
しない
スポーツなどの動きの変化が激しい被写体を撮影する場合に
適しています。
手ブレ補正を行いません。
[しない]以外に設定すると、アイコンが撮
影画面に表示されます。
D 手ブレ補正使用時のご注意
• 装着しているレンズによっては設定を変更できない場合があります。
• 撮影画面の表示が安定してから撮影することをおすすめします。
• 装着しているレンズによっては、手ブレ補正の原理上、シャッターレリーズ後
に撮影画面の表示がわずかに動くことがありますが、異常ではありません。
• 流し撮りする場合は[スポーツ]または[する]に設定することをおすすめし
ます。
[ノーマル]、[スポーツ]または[する]に設定して流し撮りなどでカ
メラの向きを大きく変えた場合、流した方向の手ブレ補正は機能しません。例
えば、横方向に流し撮りすると、縦方向の手ブレだけが補正されます。
• 誤作動を防ぐため、三脚を使用するときは[しない]を選んでください。ただ
し、三脚を使っても雲台を固定しないときや、一脚を使用するときには、
[ノー
マル]、
[スポーツ]または[する]に設定することをおすすめします。
108 i メニューを使う
AF エリアモード
フォーカスポイントをどのように選択するか設定できます。各項目の詳
しい説明については「カメラの基本機能と設定」にある「ピント合わせ
の設定」の「AF エリアモード」(0 52)も合わせてご覧ください。
項目
項目
3
d
e
ピンポイント AF
シングルポイント AF
ダイナミック AF
f
g
h
ワイドエリア AF(S)
ワイドエリア AF(L)
オートエリア AF
設定した AF エリアモードは、撮影画面に表示
されます。
フォーカスモード
ピントの合わせ方を選べます。各項目の詳しい説明については「カメラ
の基本機能と設定」にある「ピント合わせの設定」の「フォーカスモー
ド」(0 50)も合わせてご覧ください。
項目
AF-S
AF-C
MF
シングル AF
コンティニュアス AF
マニュアルフォーカス
設定したフォーカスモードは、撮影画面に表
示されます。
i メニューを使う 109
動画モード
1
2
3
4
5
6
1
3
5
7
9
11
2
4
6
8
10
12
ピクチャーコントロール......... 111
ホワイトバランス .................... 111
画像サイズ / フレームレート /
画質............................................ 111
マイク感度 ................................ 114
撮像範囲設定 ............................ 115
7 Wi-Fi 通信機能 .......................... 116
8 アクティブ D- ライティング ... 116
9 電子手ブレ補正........................ 117
10 手ブレ補正 ............................... 117
11 AF エリアモード....................... 117
12 フォーカスモード.................... 118
測光モード ................................ 116
ヒント:[静止画の設定と同じ]
動画撮影メニュー[ピクチャーコントロール]、
[ホワイトバランス]、
[アクティブ D- ライティン
グ]または[手ブレ補正]で[静止画の設定と同
じ]を選んでいる場合、i メニューの左上に h
アイコンが表示されます。i メニューから設定す
る場合、静止画モードのときにピクチャーコント
ロールやホワイトバランスを変更 すると動画
モードでも、動画モードで設定を変更すると静止
画モードでも同じ設定になります。
110 i メニューを使う
ピクチャーコントロール
ピクチャーコントロールを選べます。ピクチャーコントロールの詳しい
内容や設定方法などは「静止画モード」
(0 91)も合わせてご覧ください。
ホワイトバランス
ホワイトバランスを選べます。ホワイトバランスの詳しい内容や設定方
法などは「静止画モード」
(0 95)も合わせてご覧ください。
画像サイズ / フレームレート / 画質
動画を記録するときの画像サイズ(ピクセル)とフレームレート、動画
の画質を設定します。
❚❚ 動画の画質
[高画質]と[標準]があります。[高画質]を選ぶと[画像サイズ / フ
レームレート]のアイコンに★が表示されます。選んだ画像サイズ / フ
レームレートによっては[高画質]に固定される場合があります。
i メニューを使う 111
❚❚ 画像サイズ / フレームレート
[画像サイズ / フレームレート]の設定と、それぞれの最大ビットレート
および最長記録時間は次の通りです。ビットレートは画質の設定により
異なります。
項目※1
r
s
t
w
x
y/y
z/z
1/1
2/2
3/3
A
B
C
※1
最大ビットレート
高画質
標準
144Mbps
—※2
最長記録
時間
3840×2160(4K UHD)30p
3840×2160(4K UHD)25p
3840×2160(4K UHD)24p
1920×1080 120p※3
1920×1080 100p※3
1920×1080 60p
1920×1080 50p
29 分
59 秒 ※4
56Mbps
28Mbps
28Mbps
14Mbps
1920×1080 30p
1920×1080 25p
1920×1080 24p
1920×1080 30p 4倍スロー※3
1920×1080 25p 4倍スロー※3
36Mbps
—※2
3分
1920×1080 24p 5倍スロー※3 29Mbps
120p:119.88 コマ / 秒(fps)、100p:100 コマ / 秒、60p:59.94 コマ / 秒、
50p:50 コマ / 秒、30p:29.97 コマ / 秒、25p:25 コマ / 秒、24p:23.976 コマ / 秒
※2 画質は[高画質]に固定されます。
※3 撮像範囲は[DX]
(Z 6 は[FX]
)に固定されます。また、AF エリアモードが
オートエリア AF の場合に顔認識を行いません。
※4 動画は最大 8 個のファイルに分割されて記録されることがあります。その場
合、各ファイルのファイルサイズは最大で 4GB です。1 回の撮影で作成される
ファイルの数と 1 ファイルあたりの記録時間は[画像サイズ / フレームレート]
および[動画の画質]の設定によって異なります。ただしこのカメラで初期
化した 32GB を超えるカードを使用した場合は、1 回の動画撮影でファイルサ
イズが 4GB を超えた場合でもファイルは分割されず 1 つのファイルに記録さ
れます。
112 i メニューを使う
設定した[画像サイズ / フレームレート / 画質]
は、撮影画面に表示されます。
❚❚ スローモーション動画について
[画像サイズ / フレームレート]で[1920×1080 30p 4 倍スロー]、
[1920×1080 25p 4 倍スロー]、または[1920×1080 24p 5 倍ス
ロー]を選ぶとスローモーション動画を撮影できます。音声は記録され
ません。
• 例えば[1920×1080 30p 4 倍スロー]の場合、120p のフレームレー
トで読み出した画像を 30p の動画として記録します。約 10 秒間撮影し
た動画は、約 40 秒かけて再生されます。スポーツでのボールのインパ
クトの瞬間など、一瞬の出来事をゆっくりと見ることができます。
撮影
10 秒
40 秒
再生
• 画像を読み出すときのフレームレートと、動画を記録および再生する
ときのフレームレートは次の通りです。
画像サイズ / フレームレート
画像を読み出すときの
動画を記録・再生する
フレームレート ※
ときのフレームレート※
1920×1080 30p 4 倍スロー
120p
30p
1920×1080 25p 4 倍スロー
100p
25p
1920×1080 24p 5 倍スロー
120p
24p
※ 120p:119.88 コマ / 秒(fps)、100p:100 コマ / 秒、30p:29.97 コマ / 秒、
25p:25 コマ / 秒、24p:23.976 コマ / 秒
D スローモーション動画撮影時のご注意
次の機能など、スローモーション動画撮影中は使用できなくなる機能があります。
• フリッカー低減
• 電子手ブレ補正
• タイムコード出力
i メニューを使う 113
マイク感度
内蔵マイクまたは外部マイクの感度の程度を設定します。
bA
録音しない
b1 〜 b20
カメラが自動的にマイク感度を調整します。
音声は記録しません。
マイク感度を手動調整します。[1]〜[20]の調整ができます。
数字が大きいほど感度が高く、小さいほど低くなります。
• bA 以外に設定した場合、撮影画面にマイク
感度が表示されます。
• 音声レベルインジケーターの色が赤で表示
される場合、音量が大きすぎることを示し
ています。マイク感度を調節してください。
D 音声が記録されていない動画の表示について
マイク感度を[録音しない]にして撮影した動画
の場合、1 コマ表示モード時と再生中に 2(音声
なしマーク)が表示されます。
114 i メニューを使う
撮像範囲設定
動画を記録するときの撮像範囲を設定します。撮像範囲には[FX]と
[DX]があります。
[FX]に設定した場合は FX ベースの(動画)フォー
マットに、[DX]に設定した場合は DX ベースの(動画)フォーマット
になります。動画モード時の撮像範囲は次の図のようになります。
FX
DX
• 撮像範囲のサイズは、FX ベースの(動画)フォーマットと DX ベース
の(動画)フォーマットでは異なります。それぞれの撮像範囲のサイ
ズは次の通りです。
フォーマット
FX ベースの(動画)
フォーマット
DX ベースの(動画)
フォーマット
画像サイズ
サイズ
3840×2160
約 35.9×20.2 mm
1920×1080
3840×2160
1920×1080
Z 7:約 35.8×20.1 mm
Z 6:約 35.9×20.1 mm
Z 7:約 23.5×13.2 mm
Z 6:約 23.4×13.2 mm
Z 7:約 23.5×13.2 mm
Z 6:約 23.4×13.1 mm
i メニューを使う 115
• 設定した撮像範囲は、撮影画面に表示され
ます。
測光モード
測光モードを選べます。測光モードの詳しい内容や設定方法などは「静
止画モード」(0 104)も合わせてご覧ください。
D 測光モードのご注意
動画モードの場合、[スポット測光]は選べません。
Wi-Fi 通信機能
Wi-Fi 通信機能のオン / オフを切り替えられます。Wi-Fi 通信機能の詳し
い内容や設定方法などは「静止画モード」(0 105)も合わせてご覧く
ださい。
アクティブ D- ライティング
動画のアクティブ D- ライティングの設定を選べます。アクティブ D- ラ
イティングの詳しい内容や設定方法などは「静止画モード」
(0 106)
も合わせてご覧ください。
D[静止画の設定と同じ]
静止画撮影メニューのアクティブ D- ライティングが[オート]のときに、動画
撮影メニューで[静止画の設定と同じ]を選んだ場合は、
[標準]と同じ設定に
なります。
116 i メニューを使う
電子手ブレ補正
動画撮影時に電子手ブレ補正を行うかどうかを設定できます。
• 動画撮影時に電子手ブレ補正を行います。
• 動画の画像サイズを 1920×1080 120p、1920×1080
100p また
は 1920×1080 スローに設定している場合、電子手ブレ補正は機
する
能しません。
•[する]に設定すると、画角が小さくなり表示が少し拡大されます。
• 動画のISO感度の上限はZ 7では25600、Z 6では51200に制限され
ます。
しない
電子手ブレ補正を行いません。
[する]に設定すると、撮影画面にアイコン
が表示されます。
手ブレ補正
動画撮影時に手ブレ補正を行うかどうかを設定できます。手ブレ補正の
詳しい内容や設定方法などは「静止画モード」
(0 108)も合わせてご
覧ください。
AF エリアモード
フォーカスポイントをどのように選択するか設定できます。AF エリア
モードの詳しい説明については「カメラの基本機能と設定」にある「ピ
ント合わせの設定」の「AF エリアモード」(0 52)も合わせてご覧く
ださい。
項目
項目
d
f
シングルポイント AF
ワイドエリア AF(S)
g
h
ワイドエリア AF(L)
オートエリア AF
i メニューを使う 117
フォーカスモード
ピントの合わせ方を選べます。フォーカスモードの詳しい説明について
は「カメラの基本機能と設定」にある「ピント合わせの設定」の「フォー
カスモード」
(0 50)も合わせてご覧ください。
項目
項目
AF-S
AF-C
シングル AF
コンティニュアス AF
118 i メニューを使う
AF-F
MF
フルタイム AF
マニュアルフォーカス
撮影した画像を見る
画像を再生する
W
W
W
(Q)
(Q)
(Q)
X
X
X
1 コマ表示
モード
サムネイル表示モード
1 コマ表示モード
K ボタンを押すと、最後に撮影した画像が画像
モニターまたはファインダーに表示されます。
• マルチセレクターの 4 を押すと前の画像
が、2 を押すと次の画像が表示されます。
• 13 または DISP ボタンを押すと、表示中の
画像についての詳しい情報が表示されます
(0 121)。
サムネイル表示モード
1 コマ表示モードのときに W(Q)ボタンを
押すと、複数の縮小画像(サムネイル画像)
を表示する「サムネイル表示モード」に切り
替わります。
• 表示される画像の数は、W(Q)ボタンを
押すたびに 4 コマ、9 コマ、72 コマの順に増
え、X ボタンを押すたびに減ります。
• マルチセレクターの 1342 を押して画像を選びます。
撮影した画像を見る
119
D タッチパネルでの操作について
画像モニターで再生している場合、タッチ操作で再生画面を切り換えることが
できます(0 10)。
D 縦位置で撮影した画像の場合
再生メニュー[縦位置自動回転]を[する]に設
定している場合、縦位置で撮影された画像を縦位
置で再生します。
D 撮影直後の画像確認について
再生メニュー[撮影直後の画像確認]を[する]に設定している場合、K ボタ
ンを押さなくても、撮影した画像を自動的に画像モニターまたはファインダー
に表示します。
•[する(画像モニター表示のみ)]に設定している場合、ファインダーには撮影
画像は表示されません。
• 連続撮影時は、撮影終了後に最初のコマから順次画像を表示します。
• 再生メニュー[縦位置自動回転]を[する]に設定していても、撮影直後の画
像確認時は自動回転しません。
120 撮影した画像を見る
画像情報を表示する
1 コマ表示モードでは、画像についての詳しい情報を見ることができま
す。マルチセレクターの 13 または DISP ボタンを押すと、次のように
撮影情報の表示が切り替わります。
標準表示
画像のみ表示 ※1
露出情報 ※1
ハイライト表示 ※1
統合表示 ※1
位置情報表示 ※2
RGB ヒストグラム ※1
撮影情報 ※1
※1 再生メニュー[再生画面設定]で設定している場合のみ表示します。
※2 位置情報(0 312)が記録された画像の場合のみ表示します。
撮影した画像を見る
121
標準表示
12 3
4
5
13
12
11
6
10
1
2
3
4
5
6
8
9
..................66
画像編集の有無 .............................322
送信指定の有無 .............................131
フォーカスポイント ※ ...................39
コマ番号 /
プロテクト設定の有無
フォルダー内全画像数
画質モード .......................................101
7
8
9
10
11
12
13
7
.......................................102
............................................165
撮影時刻 ............................................299
撮影日付 ............................................299
レーティング .................................... 65
フォルダー名 ..................................161
ファイル名 .......................................164
画像サイズ
撮像範囲
※ 再生メニュー[再生画面設定]で[フォーカスポイント]を設定した場合のみ
表示します。
露出情報
1 2
1
2
3
3
4
5
..........................................67 4 露出補正値 .................................. 80
5 ISO 感度※ ............................................ 77
シャッタースピード ............ 68、70
絞り値 ........................................ 69、70
※ 撮影モード P、S、A で感度自動制御した画像の場合、ISO 感度を赤く表示します。
撮影モード
122 撮影した画像を見る
ハイライト表示
1
1
画像のハイライト部分(画像の中
の非常に明るい部分)を各色ごと
2
2
フォルダー番号 - ファイル名を表
す 4 桁の数字 ....................................161
に点滅表示します。
RGB ヒストグラム
1
2
1
2
フォルダー番号 - ファイル名を表
す 4 桁の数字 ...................................161
ホワイトバランス ...59、95、170
.............97
.............96
プリセットマニュアル ..................98
ホワイトバランス色温度
ホワイトバランス微調整
3
4
5
6
3 RGB のヒストグラム
4 赤色(R)のヒストグラム
5 緑色(G)のヒストグラム
6 青色(B)のヒストグラム
撮影した画像を見る
123
D 拡大ヒストグラム表示について
RGB ヒストグラム表示で X ボタンを押すと、ヒス
トグラム表示のまま拡大画面になります。拡大ヒ
ストグラム表示では、拡大領域のヒストグラムを
表示することができます。また、拡大表示中にマ
ルチセレクターを操作すると画面をスクロールし
て見たい部分に移動できます。W(Q)ボタンを
押すと画像を縮小表示します。
D ヒストグラムについて
ヒストグラムとは、画像の明るさ(輝度)の分布を表すグラフのことです。横
軸は明るさ、縦軸は明るさごとのピクセル数を示しています。
• いろいろな明るさの被写体が
写っている画像では、グラフの山
が全体的に分布したヒストグラ
ムになります。
• 暗い画像はヒストグラムの分布
が左側に寄った形になります。
• 明るい画像はヒストグラムの分
布が右側に寄った形になります。
露出補正を+側にすれば山が右側に寄り、−側にすれば山が左側に寄ります。
屋外などで周りが明るすぎて画像モニターでは画像の明るさが確認しにくいと
きでも、ヒストグラムから画像全体の露出傾向を確認することができます。
D ヒストグラム表示について
•
RGB ヒストグラムは明るさ(輝度)を表示しています。
• ヒストグラム表示は、画像加工アプリケーションで表示されるヒストグラムと
異なることがあります。目安としてお使いください。
124 撮影した画像を見る
撮影情報
撮影時の設定の詳細を表示します。
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
11
.......................................104
シャッター方式 .............................263
シャッタースピード ............ 68、70
絞り値 ........................................ 69、70
撮影モード ..........................................67
ISO 感度 ※1 ..........................................77
露出補正値 ..........................................80
基準露出レベルの調節値 ※2 ....259
測光モード
焦点距離
12 13
6
7
8
9
10
11
12
13
レンズ情報
フォーカスモード ........................... 50
手ブレ補正機能........................ 108
ホワイトバランス ※3
................................... 59、95、170
ホワイトバランス微調整 ............ 96
色空間
................................................180
カメラ名
撮像範囲
............................................165
フォルダー番号 - ファイル名を表
す 4 桁の数字
14
15
16
17
14
15
16
フラッシュの種類 ※4
リモートフラッシュの制御方法 ※4
17
フラッシュ発光モード ※4 .........363
調光補正値 ※4 .................................367
フラッシュモード ※4 ...................365
撮影した画像を見る
125
18
18
ピクチャーコントロール ※5
.......................................... 91、175
19
20
21
22
23
24
19
高感度ノイズ低減 ........................182
長秒時ノイズ低減 ........................181
アクティブ D- ライティング ....106
23
HDR のスムージング ...................208
ヴィネットコントロール ..........182
24
20
21 HDR の露出差 .................................208
22
126 撮影した画像を見る
画像編集メニュー(0 322)で行わ
れた画像編集の内容が一覧表示さ
れます。複数の画像編集が行われ
た場合は、順番に表示されます。
画像コメント ..................................308
25
26
25
撮影者名 ※6
......................................309
26
著作権者名 ※6
.................................309
※1 撮影モード P、S、A で感度自動制御した画像の場合、ISO 感度を赤く表示します。
※2 カスタムメニュー b4[基準露出レベルの調節]を 0 以外に設定している場合
のみ表示します。
※3
4(オート)で撮影した場合は、撮影時の色温度が表示されます。
※4 別売のスピードライト使用時にのみ表示します(0 360、373)
。
※5 表示される項目は、撮影時に設定したピクチャーコントロールによって異な
ります。
※6 セットアップメニュー[著作権情報]を設定して撮影した画像の場合のみ表
示します。
位置情報表示
緯度、経度など、スマートフォンまたは別売の GPS 機器で取得した位置
情報(0 312)を表示します。
• 表示される項目は、スマートフォンまたは対応する GPS 機器によって
異なります。
• 動画の場合は、動画撮影開始時に取得した情報を表示します。
撮影した画像を見る
127
統合表示
1 2 345
16
6
17 18 19 20 21
7
8 29
28
9
15
27
26 25
22
23
24
14 13 12 11 10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
※1
コマ番号 / フォルダー内全画像数
.............................131
プロテクト設定の有無 ..................66
画像編集の有無 .............................322
送信指定の有無
カメラ名
画像コメントの有無 ....................308
位置情報の有無
.............................312
18 撮影モード ......................................... 67
19 シャッタースピード ............68、70
20 絞り値 ........................................69、70
21 ISO 感度※1 .................................... 77
22 焦点距離
23 アクティブ D- ライティング ....106
24 ピクチャーコントロール
........................................... 91、175
................................................................124 25 色空間 ................................................180
画質モード .......................................101 26 フラッシュモード ※2 ............... 365
画像サイズ .......................................102 27 ホワイトバランス ....59、95、170
ホワイトバランス色温度 ............ 97
撮像範囲 ............................................165
ホワイトバランス微調整 ............ 96
ファイル名 .......................................164
プリセットマニュアル ................. 98
撮影時刻 ............................................299
撮影日付 ............................................299 28 調光補正値 ※2 ............................ 367
コマンダーモードの有無 ※2
フォルダー名 ..................................161
レーティング .....................................65 29 露出補正値 ......................................... 80
測光モード .......................................104
撮影モード P、S、A で感度自動制御された画像の場合、ISO 感度を赤く表示し
画像のヒストグラムを表示します
ます。
※2 別売のスピードライト使用時にのみ表示します(0 360、373)
。
128 撮影した画像を見る
i ボタン(再生時)
1 コマ表示モード、サムネイル表示モードまた
は拡大表示時に i ボタンを押すと、i メニュー
が表示されます。項目を選んで J ボタンまた
はマルチセレクターの 2 を押すと、選んだ項
目の設定画面が表示されます。
再生画面に戻るには、もう一度 i ボタンを押
してください。
静止画選択時
画像の拡大表示された部分だけを切り抜きます。RGB ヒス
トグラム表示(0 123)の場合は選べません。
簡易トリミング ※1
選んだ画像にレーティングを設定します(0 65)
。
レーティング
送信指定 / 解除
(スマートフォン)
。表示される項目は、
画像の送信指定を行えます(0 131)
送信指定 / 解除(PC) 現在カメラと接続している無線機器により異なります。
送信指定 / 解除(WT)
画像編集
フォルダー指定
プロテクト
選んだ静止画を編集できます(0 322)
。
フォルダーを切り換えられます。フォルダーを選んで J
ボタンを押すと、フォルダー内の画像が表示されます。
現在選ばれている画像を、削除しないようにプロテクト
(保護)します(0 66)
。
再生メニュー[再生フォルダー設定]で設定されている
プロテクト一括解除※2 フォルダー内の全ての画像のプロテクトを一括で解除で
きます。
※1 拡大表示している場合のみ表示されます。
※2 拡大表示している場合は表示されません。
撮影した画像を見る
129
動画選択時
レーティング
選んだ動画にレーティングを設定します(0 65)
。
送信指定 / 解除(PC) 動画の送信指定を行えます(0 131)
。表示される項目は、
送信指定 / 解除(WT) 現在カメラと接続している無線機器により異なります。
音量調節
動画再生時の音量を調節できます。
動画編集
選んだ動画の前半、後半、または前後両端を切り取って、
(始点 / 終点設定)
フォルダー指定
プロテクト
選択した範囲だけを残すことができます(0 132)。
フォルダーを切り換えられます。フォルダーを選んで J
ボタンを押すと、フォルダー内の画像が表示されます。
現在選ばれている画像を、削除しないようにプロテクト
。
(保護)します(0 66)
再生メニュー[再生フォルダー設定]で設定されている
プロテクト一括解除
フォルダー内の全ての画像のプロテクトを一括で解除で
きます。
動画再生一時停止時
9 始点 / 終点の設定
4 表示中のフレームを
保存
130 撮影した画像を見る
動画の必要な部分だけを残します(0 132)。
選択した 1 フレームを切り出して、JPEG 画像として保
存します(0 135)
。
❚❚ 送信指定 / 解除
スマートフォンやパソコン、FTP サーバーに取り込みたい画像をカメラ
で選んで送信指定することができます。
• i メニューに表示される項目は、現在カメラと接続している機器によって
異なります。
- カメラの Bluetooth または Wi-Fi 通信機能を使用して、セットアップ
メニュー[スマートフォンと接続]でスマートフォンと接続(0 315)
している場合:
[送信指定 / 解除(スマートフォン)
]
- カメラの Wi-Fi 通信機能を使用して、セットアップメニュー[PC と接
続]でパソコンと接続(0 315)している場合:
[送信指定 / 解除(PC)]
- 別売のワイヤレストランスミッター WT-7 を使用して、セットアップ
メニュー[ワイヤレストランスミッター(WT-7)]でパソコンまた
はFTPサーバーに接続(0 315)
している場合:
[送信指定/解除
(WT)]
• Bluetooth でスマートフォンと接続している場合、動画は送信指定で
きません。
• ファイル容量が 4GB を超える動画は送信指定できません。
1 送信指定する画像を選んで i ボタンを押す
2[送信指定/解除]を選んで Jボタ
ンを押す
• W アイコンが表示されます。
D 送信指定を解除するには
解除したい画像を選んで、手順 1 と 2 を行います。
撮影した画像を見る
131
❚❚ 始点 / 終点の設定
動画の必要な部分を残せます。
1 1コマ表示モードで編集したい動画を表示する
2 残したい範囲の冒頭部分(始点)で
動画を一時停止する
• J ボタンを押すと、動画が再生されま
す。再生中にマルチセレクターの 3 を
押すと、一時停止します。
• プログレスバーで再生中の位置の目安
を確認できます。
プログレスバー
• 42、メインコマンドダイヤルで再生中の位置を調整できます。
3[始点 / 終点の設定]を選ぶ
• i ボタンを押して、[始点 / 終点の設定]
を選んで J ボタンを押します。
132 撮影した画像を見る
4 始点を選ぶ
•[始点]を選んで J ボタンを押すと、
そこから後ろの部分が残ります。
始点
5 手順 4で選んだ位置を調整する
• 42 を押して、残したい部分の最初の
位置を調整します。
• メインコマンドダイヤルを回すと、
10 秒前または後に移動します。
• サブコマンドダイヤルを回すと、先頭
フレームまたは最終フレームに移動します。
6 残したい範囲の末尾の部分(終点)
を選ぶ
• サブセレクターの中央を押して x(終
点)に切り換え、手順 5 と同じ手順で x
(終点)の位置を調整します。
サブセレクター
終点
7 1 を押して決定する
撮影した画像を見る
133
8 保存する動画を確認する
•[プレビュー]を選んで J ボタンを押す
と、編集後の動画のプレビューが再生
されます(プレビューを終了するには
1 を押します)。
•[キャンセル]を選んで J ボタンを押す
と、手順 5 の画面に戻ります。
9 動画ファイルの保存方法を選ぶ
•[新規保存]を選ぶと、編集前の動画と
は別に、新しい動画として保存します。
•[上書き保存]を選ぶと、編集前の動画
が上書きされます。
10 動画ファイルを保存する
• J ボタンを押して決定します。
D 動画編集時のご注意
• メモリーカードに充分な空き容量がない場合、動画編集できません。
•[始点 / 終点の設定]では、2 秒未満の動画は編集できません。
• 動画編集で作成した動画の日時情報は、撮影時の日時になります。
D 動画の前半または後半だけを残すには
• 動画の前半だけを残したい場合は、手順 4 で[終点]を選んで J ボタンを押し
てから、手順 6 ではサブセレクターの中央を押さずに手順 7 に進みます。
• 動画の後半だけを残したい場合は、手順 6 でサブセレクターの中央を押さずに
手順 7 に進みます。
D 画像編集メニュー[動画編集(始点 / 終点設定)]
動画の切り出しおよび保存は、画像編集メニューの[動画編集(始点 / 終点設
定)]でも行えます。
134 撮影した画像を見る
❚❚ 表示中のフレームを保存
動画の 1 フレームを JPEG 画像として保存します。
1 保存したい位置で動画を一時停止する
• 動画の再生中にマルチセレクターの 3
を押すと、一時停止します。
• 42 を押すと、再生中の位置を調整で
きます。
2[表示中のフレームを保存]を選ぶ
• i ボタンを押して、
[表示中のフレーム
を保存]を選んで J ボタンを押すと
JPEG の画像として保存します。
D[表示中のフレームを保存]で作成した画像について
• 動画撮影メニュー[画像サイズ / フレームレート]で設定した画像サイズで記
録されます。
• 画像編集はできません。
• 再生時の画像情報で表示されない項目があります。
撮影した画像を見る
135
画像を拡大表示する
1 コマ表示モードのときに X ボタンまたは J
ボタンを押すと、拡大表示されます。拡大で
きる最大の大きさ(長さ比)は、画像サイズ
が L の場合は約 32 倍(Z 6 は 24 倍)、M では約
24 倍(Z 6 は 18 倍)、S では約 16 倍(Z 6 は 12
倍)です(撮像範囲が[FX(36×24)
]の場合)。
拡大表示中の操作方法
•
X ボタンを押すか、画
面で広げる操作をする
拡大率を上げる /
拡大率を下げる
ごとに拡大率が上がり
拡大表示中に拡大率を操作すると、
ます。
画面の右下にナビゲーションウィ
• W(Q)ボタンを押す
ンドウが表示され、拡大表示中の部
か、画面でつまむ操作
分が黄色い枠で囲んで示されます。
をするごとに拡大率が
ナビゲーションウィンドウの下に
下がります。
は拡大率を示すバーが表示され、拡
大率が 100% の場合、バーの色が緑
で表示されます。ナビゲーション
ウィンドウは数秒すると消えます。
マルチセレクターを押すか、画像モニターでスライド操作す
画面をスクロール
ると見たい部分に移動できます。マルチセレクターを押し続
(移動)させる
けると、高速で移動します。
136 撮影した画像を見る
拡大表示中に人物の顔を認識す
操作ガイド
ると、画面右下のナビゲーショ
ンウィンドウに白枠が表示され
人物の顔へ
ます。サブコマンドダイヤルを
移動させる
回すか、操作ガイドをタッチす
ると、認識した顔に順次移動し
ます。
前後の画像を見る
メインコマンドダイヤルを回すと、そのままの拡大率と表示
範囲で、前後の静止画を表示します(動画を選ぶと、拡大表
示を終了します)
。画面下部に表示される ef をタッチしても
画像を切り換えられます。
撮影に戻る
メニューに移る
シャッターボタンを半押しするか、K ボタンを押すと、画像
モニターが消灯し、すぐに撮影できます。
G ボタンを押すと、メニューが表示されます。
撮影した画像を見る
137
画像を削除する
メモリーカードに記録された画像を削除します。削除した画像は元には
戻せないのでご注意ください。ただし、プロテクトされている画像は削
除できません。
ボタン操作で画像を削除する
O ボタンを押すと、表示中の画像を 1 コマ削除できます。
1 マルチセレクターで削除する画像を
選んで O ボタンを押す
• 削除確認の画面が表示されます。
• K ボタンを押すと、画像の削除はキャ
ンセルされます。
2 もう一度 O ボタンを押す
• 表示中の画像が削除されます。
138 撮影した画像を見る
複数の画像をまとめて削除する
再生メニューの[削除]では、複数の画像を一括して削除できます。た
くさんの画像を削除するときは、時間がかかることがあります。
Q
i
R
選択画像削除 選んだ画像を削除します。
日付選択
全画像削除
選んだ日付に撮影した画像を一括で削除します(0 140)
。
[再生フォルダー設定]で設定したフォルダー内の全ての画
像を削除します。
❚❚ 選択画像削除
1 削除する画像を選ぶ
• マルチセレクターで画像を選び、W
(Q)ボタンを押すと、O が表示されて
削除設定されます。もう一度 W(Q)
ボタンを押すと解除されます。
• 削除する画像全てに設定してください。
• X ボタンを押している間、選択中の画
像を拡大表示します。
2 画像を削除する
• J ボタンを押すと、確認画面が表示さ
れます。
• 確認画面で[はい]を選んで J ボタン
を押すと、選んだ画像が全て削除され
ます。
撮影した画像を見る
139
❚❚ 日付選択
1 日付を選ぶ
• マルチセレクターで日付を選んで 2 を押
すと、日付の横にチェック M が入りま
す。もう一度 2 を押すと解除されます。
• 削除する日付全てにチェックを入れて
ください。
2 画像を削除する
• J ボタンを押すと、確認画面が表示さ
れます。
• 確認画面で[はい]を選んで J ボタン
を押すと、選んだ日付の画像が全て削
除されます。
140 撮影した画像を見る
メニューガイド
初期設定一覧
再生、静止画撮影、動画撮影、カスタム、セットアップの各メニューの
初期設定は次の通りです。
再生メニューの初期設定
再生メニュー項目
初期設定
[再生フォルダー設定]
全てのフォルダー
[撮影直後の画像確認]
しない
[削除後の次再生画像]
後ろのコマ
[連続撮影後の再生画像]
最後の画像
[縦位置自動回転]
する
[スライドショー]
[再生画像の種類]
静止画と動画
2秒
[インターバル設定]
静止画撮影メニューの初期設定
静止画撮影メニュー項目
初期設定
[記録フォルダー設定]
[フォルダーグループ名変更]
[フォルダー番号指定]
[ファイル名設定]
[撮像範囲設定]
[画質モード]
Z 7:NCZ_7、
Z 6:NCZ_6
100
DSC
FX(36×24)
NORMAL
[画像サイズ]
[JPEG/TIFF]
サイズ L
[RAW]
サイズ L
メニューガイド > 初期設定一覧
141
静止画撮影メニュー項目
初期設定
[RAW 記録]
[圧縮方式]
[記録ビットモード]
ロスレス圧縮 RAW
14 ビット記録
[ISO 感度設定]
[ISO 感度]
b
P、S、A、M
[感度自動制御]
[制御上限感度]
[c 使用時の制御上限感度]
[低速限界設定]
ISO-A
100
する
Z 7:25600、
Z 6:51200
フラッシュなしの設定と同じ
オート
[ホワイトバランス]
オート:雰囲気を残す
[微調整値]
A-B: 0、G-M: 0
5000K
d-1
[色温度設定]
[プリセットマニュアル]
[ピクチャーコントロール]
オート
[色空間]
sRGB
[アクティブ D- ライティング]
しない
[長秒時ノイズ低減]
しない
[高感度ノイズ低減]
標準
[ヴィネットコントロール]
標準
[回折補正]
する
[自動ゆがみ補正]
する
[フリッカー低減撮影]
[測光モード]
しない
マルチパターン測光
[フラッシュ発光]
[発光モード]
TTL 調光
[ワイヤレス設定]
しない
[増灯発光モード]
グループ発光
[フラッシュモード]
[フラッシュ調光補正]
[フォーカスモード]
142 メニューガイド > 初期設定一覧
通常発光
0.0
シングル AF
静止画撮影メニュー項目
初期設定
[AF エリアモード]
シングルポイント AF
(装着するレンズにより
[手ブレ補正]
異なります)
[オートブラケティング]
AE・フラッシュブラケティング
0
1.0
[オートブラケティングのセット]
[コマ数]
[補正ステップ]
[多重露出]※
[多重露出モード]
しない
2
[コマ数]
[合成モード]
加算平均
[全画像の保存]
する
[確認撮影]
する
[HDR(ハイダイナミックレンジ)]
[HDR モード]
しない
[露出差]
オート
[スムージング]
標準
[合成前の画像を保存(RAW)]
しない
[インターバルタイマー撮影]
[開始日時の設定]
即時
1分
0001×1
[撮影間隔]
[撮影回数×1 回のコマ数]
[露出平滑化]
しない
[サイレント撮影]
しない
[撮影間隔優先]
しない
[撮影開始時の記録フォルダー]
U
U
[新規フォルダー作成]
[ファイル番号リセット]
※ 多重露出撮影中は、1 コマ目を撮影してから設定したコマ数分撮影し終えるまで
静止画撮影メニューはリセットできません。
メニューガイド > 初期設定一覧
143
静止画撮影メニュー項目
初期設定
[タイムラプス動画]
[撮影間隔]
[撮影時間]
[露出平滑化]
[サイレント撮影]
[撮像範囲設定]
[画像サイズ / フレームレート]
[撮影間隔優先]
5秒
25 分
する
しない
FX
1920×1080 60p
しない
[フォーカスシフト撮影]
[撮影回数]
[フォーカスステップ幅]
[待機時間]
[露出固定]
[ピーキングスタック画像]
[サイレント撮影]
100
5
0
する
記録しない
しない
[撮影開始時の記録フォルダー]
[新規フォルダー作成]
[ファイル番号リセット]
[サイレント撮影]
U
U
しない
動画撮影メニューの初期設定
動画撮影メニュー項目
[ファイル名設定]
[撮像範囲設定]
[画像サイズ / フレームレート]
初期設定
DSC
FX
1920×1080 60p
[動画の画質]
高画質
[動画記録ファイル形式]
MOV
[ISO 感度設定]
[制御上限感度]
Z 7:25600、
Z 6:51200
[M モード時の感度自動制御]
する
[M モード時の ISO 感度]
100
144 メニューガイド > 初期設定一覧
動画撮影メニュー項目
初期設定
[ホワイトバランス]
静止画の設定と同じ
[微調整値]
A-B: 0、G-M: 0
5000K
d-1
[色温度設定]
[プリセットマニュアル]
[ピクチャーコントロール]
静止画の設定と同じ
[アクティブ D- ライティング]
しない
[高感度ノイズ低減]
標準
[ヴィネットコントロール]
標準
[回折補正]
する
[自動ゆがみ補正]
する
[フリッカー低減]
オート
[測光モード]
マルチパターン測光
[フォーカスモード]
フルタイム AF
[AF エリアモード]
オートエリア AF
[手ブレ補正]
静止画の設定と同じ
[電子手ブレ補正]
しない
[マイク感度]
オート
[アッテネーター]
無効
[録音帯域]
広帯域
[風切り音低減]
しない
15
[ヘッドホン音量]
[タイムコード]
[タイムコード記録]
しない
[カウントアップ方式]
レックラン
[ドロップフレーム]
する
カスタムメニューの初期設定
カスタムメニュー項目
a1
a2
a3
a4
初期設定
[AF-C モード時の優先]
レリーズ
[AF-S モード時の優先]
フォーカス
[AF ロックオン]
[オートエリア AF 時の顔と瞳認識]
3
顔認識と瞳認識する
メニューガイド > 初期設定一覧
145
カスタムメニュー項目
a5
a6
a7
a8
[AF 点数]
[縦 / 横位置フォーカスポイント切換]
[半押し AF レンズ駆動]
全点
しない
する
[AF エリアモードの限定]
[ピンポイント AF]
[シングルポイント AF]
[ダイナミック AF]
[ワイドエリア AF(S)
]
[ワイドエリア AF(L)
]
[オートエリア AF]
a9 [フォーカスポイント循環選択]
a10 [フォーカスポイント表示の設定]
[マニュアルフォーカス時の表示]
[ダイナミック AF 時のアシスト表示]
a11
a12
a13
b1
b2
b3
b4
初期設定
[ローライト AF]
M
M(固定)
M
M
M
M
しない
する
する
しない
[内蔵 AF 補助光の照射設定]
する
[AF 設定時のフォーカスリング操作]
有効
[露出設定ステップ幅]
1/3 段
[露出補正簡易設定]
しない
[中央部重点測光範囲]
φ12 mm
[基準露出レベルの調節]
[マルチパターン測光]
[中央部重点測光]
[スポット測光]
[ハイライト重点測光]
c1 [シャッターボタン AE ロック]
c2 [セルフタイマー]
[時間]
[撮影コマ数]
[連続撮影間隔]
146 メニューガイド > 初期設定一覧
0
0
0
0
しない
10 秒
1 コマ
0.5 秒
カスタムメニュー項目
初期設定
c3 [パワーオフ時間]
[連続撮影コマ数]
10 秒
1分
4秒
30 秒
3 コマ / 秒
200
[連動レリーズモード設定]
連動する
[画像の再生]
[メニュー表示]
[撮影直後の画像確認]
[半押しタイマー]
d1
d2
d3
d4
d5
d6
[低速連続撮影速度]
[露出ディレーモード]
しない
[シャッター方式]
オート
[撮像範囲設定の限定]
]
[FX(36×24)
]
[DX(24×16)
[5:4(30×24)
](Z 7 のみ)
[1:1(24×24)
]
[16:9(36×20)
]
d7 [連番モード]
d8 [Lv に撮影設定を反映]
d9 [格子線表示]
d10 [ピーキング表示]
M(固定)
M
M
M
M
する
する
しない
[ピーキングの検出]
しない
[ピーキング表示色]
赤
する
d11 [連続撮影中の表示]
e1 [フラッシュ撮影同調速度]
1/200 秒
e2 [フラッシュ時シャッタースピード制限]
1/60 秒
全体を補正
e3 [フラッシュ使用時の露出補正]
被写体と背景
e4 [c 使用時の感度自動制御]
する
e5 [モデリング発光]
フラッシュ・シャッタースピード
e6 [BKT 変化要素(M モード)]
[0]→[−]→[+]
e7 [BKT の順序]
メニューガイド > 初期設定一覧
147
カスタムメニュー項目
f1
[i メニューのカスタマイズ]
初期設定
ピクチャーコントロール
ホワイトバランス
画質モード
画像サイズ
フラッシュモード
測光モード
Wi-Fi 通信機能
アクティブ D- ライティング
レリーズモード
手ブレ補正
AF エリアモード
フォーカスモード
f2
[カスタムボタンの機能]
[Fn1 ボタン]
[Fn2 ボタン]
[AF-ON ボタン]
AF エリアモード
AF-ON
[サブセレクター]
フォーカスポイント選択
[サブセレクター中央]
AE-L/AF-L
[動画撮影ボタン]
設定しない
[レンズの Fn ボタン]
[レンズのコントロールリング]
f3
AE-L/AF-L
(装着するレンズにより
異なります)
[OK ボタンの機能]
[撮影モード]
[再生モード]
[拡大画面との切り換え]
f4
ホワイトバランス
フォーカスモード /
フォーカスポイント
中央リセット
拡大画面との切り換え
等倍(100%)
[シャッタースピードと絞り値のロック]
[シャッタースピードのロック]
しない
[絞り値のロック]
しない
148 メニューガイド > 初期設定一覧
カスタムメニュー項目
f5
初期設定
[コマンドダイヤルの設定]
露出補正の設定時:U、
シャッタースピード / 絞り値の
[回転方向の変更]
設定時:U
露出設定:しない、
[メインとサブの入れ換え]
f6
f7
AF 設定:しない
[再生 / メニュー画面で使用]
しない
[サブコマンドダイヤルで画像送り]
10 コマ
[ボタンのホールド設定]
しない
[インジケーターの+ / −方向]
g1 [i メニューのカスタマイズ]
ピクチャーコントロール
ホワイトバランス
画像サイズ / フレームレート / 画質
マイク感度
撮像範囲設定
測光モード
Wi-Fi 通信機能
アクティブ D- ライティング
電子手ブレ補正
手ブレ補正
AF エリアモード
フォーカスモード
g2 [カスタムボタンの機能]
[Fn1 ボタン]
ホワイトバランス
フォーカスモード /
AF エリアモード
[Fn2 ボタン]
[AF-ON ボタン]
AF-ON
AE-L/AF-L
[サブセレクター中央]
[シャッターボタン]
静止画撮影
[レンズのコントロールリング]
g3 [OK ボタンの機能]
(装着するレンズにより
異なります)
フォーカスポイント
中央リセット
メニューガイド > 初期設定一覧
149
カスタムメニュー項目
初期設定
g4 [AF 速度]
0
[作動条件]
常時有効
g5 [AF 追従感度]
g6 [ハイライト表示]
4
[表示パターン]
しない
248
[ハイライト表示のしきい値]
セットアップメニューの初期設定
セットアップメニュー項目
初期設定
[地域と日時]
[夏時間の設定]
[モニターの明るさ]
[モニターのカラーカスタマイズ]
[ファインダーの明るさ]
[ファインダーのカラーカスタマイズ]
[表示パネルの明るさ]
しない
0
A-B: 0、G-M: 0
オート
A-B: 0、G-M: 0
オート
[モニターモードの限定]
[ファインダー優先]
M
M
M
M
[インフォ画面の表示設定]
黒文字
[自動表示切り換え]
[ファインダーのみ]
[モニターのみ]
[AF 微調節]
]
[AF 微調節(する / しない)
しない
[イメージセンサークリーニング]
[電源スイッチに連動]
電源 OFF で実行
[電子音]
[電子音設定]
[音量]
[音の高さ]
150 メニューガイド > 初期設定一覧
無効
2
低音
セットアップメニュー項目
初期設定
[タッチ操作]
[タッチ操作の設定]
[1 コマ送り時のフリック操作]
有効
左→右
[HDMI]
[出力解像度]
オート
[詳細設定]
[出力レンジ]
オート
[外部記録制御]
しない
[出力ビット数]
8 ビット
[N-Log 設定]
しない
[ビューアシスト]
しない
[位置情報]
[半押しタイマー]
有効
[衛星による日時合わせ]
する
[リモコン(WR)設定]
[LED ランプの点灯]
[リンクモード]
[リモコン(WR)の Fn ボタンの機能]
[機内モード]
[カードなし時レリーズ]
する
ペアリング
設定しない
無効
レリーズ許可
メニューガイド > 初期設定一覧
151
D 再生メニュー:再生で使える便利な機能
メ ニュ ー画 面で D タ ブを 選ぶ と、再生 メ
ニューが表示されます。
再生メニューの項目は、次の通りです。
メニュー項目
削除
再生フォルダー設定
再生画面設定
撮影直後の画像確認
削除後の次再生画像
0
153
153
153
154
154
メニュー項目
連続撮影後の再生画像
縦位置自動回転
スライドショー
レーティング
D 関連ページ
「再生メニューの初期設定」(0 141)
152 メニューガイド > D 再生メニュー
0
155
155
156
158
削除
G ボタン ➜ D 再生メニュー
複数の画像を一括して削除できます。
Q
i
R
選択画像削除 選んだ画像を削除します。
日付選択
全画像削除
選択した日付に撮影した画像を一括で削除します。
[再生フォルダー設定]で設定したフォルダー内の全ての画
像を削除します。
再生フォルダー設定
G ボタン ➜ D 再生メニュー
画像の再生時に表示するフォルダーを設定します。
(フォルダー
グループ名)
表示されているフォルダーグループ名のフォルダー内の画
像を再生します。フォルダーグループ名は静止画撮影メ
ニュー[記録フォルダー設定]の[フォルダーグループ名
変更](0 161)で変更できます。
全てのフォルダー
記録中のフォルダー
メモリーカード内の全てのフォルダーの画像を再生します。
画像の記録に実際に使われているフォルダーの画像を再生
します。
再生画面設定
G ボタン ➜ D 再生メニュー
撮影時に使用したフォーカスポイントを再生画面の 1 コマ表示モードで
表示するかどうかを設定できます。また、1 コマ表示時の画像情報表示
の種類を追加します。
• 追加したい項目を選び、マルチセレクターの 2 を押すとオン M とオフ
U を切り換えられます。
• J ボタンを押すと、設定を完了します。
メニューガイド > D 再生メニュー
153
撮影直後の画像確認
G ボタン ➜ D 再生メニュー
撮影直後に画像を自動的に表示するかどうかを設定します。
画像モニターを見ながら撮影している場合は画像モニター
する
に、ファインダーを見ながら撮影している場合はファイン
ダーに撮影画像を表示します。
画像モニターを見ながら撮影している場合にのみ画像モニ
する(画像モニター ターに撮影画像を表示します。モニターモードが[ファイ
表示のみ)
ンダーのみ]の場合、ファインダーには撮影画像を表示し
しない
撮影画像を表示確認するには、K ボタンを押してください。
ません。
削除後の次再生画像
G ボタン ➜ D 再生メニュー
画像を削除した後に表示する画像を設定できます。
S
後ろのコマ
T
前のコマ
U
直前コマ送り
方向に従う
• 削除した画像の次に撮影した画像を表示します。
• 最後の画像を削除した場合は、1 つ前の画像を表示します。
• 削除した画像の前に撮影した画像を表示します。
• 最初の画像を削除した場合は、次に撮影した画像を表示
します。
• 直前のコマ送りが前の画像から後の画像の順番のとき
は、
[後ろのコマ]と同じ動作になります。
• 直前のコマ送りが後の画像から前の画像の順番のとき
は、
[前のコマ]と同じ動作になります。
154 メニューガイド > D 再生メニュー
連続撮影後の再生画像
G ボタン ➜ D 再生メニュー
最後に撮影した画像が連続撮影の場合、画像を再生したときに連続撮影
した最初のコマまたは最後のコマのどちらを表示するかを設定できま
す。再生メニュー[撮影直後の画像確認]
(0 154)が[しない]に設
定されている場合のみ有効です。
最後に撮影した画像(連続撮影)
DSC_0001.jpg
DSC_0002.jpg
DSC_0003.jpg
DSC_0004.jpg DSC_0014.jpg
DSC_0015.jpg
[先頭の画像]
[最後の画像]
設定時に表示
設定時に表示
縦位置自動回転
G ボタン ➜ D 再生メニュー
[する]に設定すると、縦位置で撮影した画像を自動的に回転して表示
します。
D 縦位置自動回転についてのご注意
[縦位置自動回転]を[する]に設定しても、撮影直後の画像確認時は自動回転
しません。
メニューガイド > D 再生メニュー
155
スライドショー
G ボタン ➜ D 再生メニュー
[再生フォ
撮影した画像を記録された順番に 1 コマずつ連続再生します。
ルダー設定]
(0 153)で設定されたフォルダー内の画像が記録された
順番で再生されます。
開始
スライドショーを開始します。
• スライドショーで再生する画像の種類を選べます。
•[レーティングの選択]を選ぶと、特定のレーティングの
再生画像の種類
画像のみを再生します。再生したいレーティングを選ん
でマルチセレクターの 2 を押すと、オン M とオフ U を切
り換えられます。
インターバル設定
1 コマの静止画を表示する時間を設定します。
156 メニューガイド > D 再生メニュー
スライドショーを再生する
[開始]を選んで J ボタンを押すと、スライド
ショーが始まります。スライドショーの再生
中は、次の操作が可能です。
1 コマ進む / 戻る
画像情報を
マルチセレクターの 4 を押すと前の画像が、2 を押すと
次の画像が表示されます。
13 を押すと、静止画再生時に画像情報の切り換えがで
切り換える
きます。画像情報を「画像のみ」に切り換えると、画像だ
けをスライドショーで再生できます。
一時停止する
[再開]を選んで J ボタンを押すと、スライドショーが再
J ボタンを押すと、スライドショーが一時停止します。
開します。
動画再生中に
音量を調節する
再生メニューに戻る
通常再生に戻る
撮影に戻る
X ボタンを押すと音量が大きくなり、W(Q)ボタンを押
すと小さくなります。
G ボタンを押すと、スライドショーを中止して、再生
メニューに戻ります。
K ボタンを押すと、スライドショーを中止して、1 コマ表
示モードまたはサムネイル表示モードに戻ります。
シャッターボタンを半押しすると、すぐに撮影できます。
再生が終わると、メニューが表示されます。
[再開]を選んで J ボタンを押すと、スライド
ショーが再開します。
[終了]を選んで J ボタ
ンを押すと、スライドショーが終了します。
メニューガイド > D 再生メニュー
157
レーティング
G ボタン ➜ D 再生メニュー
画像にレーティングを設定できます。
• マルチセレクターの 42 でレーティングを
設定したい画像を選びます。
• 13 を押して c5 〜 c1、なし、d(削除候
補)から選びます。
• X ボタンを押している間は、選択中の画像が
拡大表示されます。
• J ボタンを押して決定します。
158 メニューガイド > D 再生メニュー
C 静止画撮影メニュー:
静止画撮影で使える便利な機能
メニュー画面で C タブを選ぶと、静止画撮影
メニューが表示されます。
静止画撮影メニューの項目は次の通りです。
メニュー項目
静止画撮影メニューのリセット
記録フォルダー設定
ファイル名設定
撮像範囲設定
画質モード
画像サイズ
RAW 記録
ISO 感度設定
ホワイトバランス
ピクチャーコントロール
カスタムピクチャーコントロール
色空間
アクティブ D- ライティング
長秒時ノイズ低減
高感度ノイズ低減
ヴィネットコントロール
回折補正
0
160
161
164
165
165
166
168
169
170
175
177
180
180
181
182
182
183
0
183
フリッカー低減撮影
184
測光モード
185
フラッシュ発光
186
フラッシュモード
188
フラッシュ調光補正
188
フォーカスモード
189
AF エリアモード
189
手ブレ補正
189
オートブラケティング
190
多重露出
201
HDR(ハイダイナミックレンジ) 208
インターバルタイマー撮影
213
タイムラプス動画
222
フォーカスシフト撮影
230
サイレント撮影
237
メニュー項目
自動ゆがみ補正
D 関連ページ
「静止画撮影メニューの初期設定」
(0 141)
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
159
静止画撮影メニューのリセット
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
静止画撮影メニューをリセットして初期設定に戻します。
160 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
記録フォルダー設定
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
撮影した画像を保存するフォルダーについ
フォルダー名
ての設定を行います。
フォルダー
番号
フォルダー
グループ名
フォルダーグループ名変更
このカメラのフォルダーには、末尾に「NCZ_7」
(Z 6 は「NCZ_6」)と
いうフォルダーグループ名が付きます。[フォルダーグループ名変更]
では、新規フォルダーを作成する場合の「NCZ_7」または「NCZ_6」
の 5 文字を任意に変更できます。
• 既存のフォルダー名は変更できません。
• 文字入力画面で O ボタンを長押しすると、フォルダーグループ名を初
期設定に戻せます。
D 入力画面の操作方法について
ファイル名設定や画像コメントなど、文字を入力する
ときに表示される画面での操作方法は次の通りです。
入力エリア
• 入力 エリア に新 しい 文字 を入力 する 場合 は、
キーボードエリアで文字をタッチしてくださ
い。マルチセレクターを操作して入力するキー
ボードエリアの文字上にカーソルを移動させ、
J ボタンを押しても入力できます。
• 入力エリアのカーソルを左右に移動するには、
キーボードエリア
入力エリアをタッチするかメインコマンドダイ
ヤルを回します。
• 入力エリアからあふれた文字は削除されます。
• 1 文字削除するには、削除する文字の上にカーソルを移動させ、O ボタンを押
します。
• 内容を確定し、文字入力を終了する場合は、X ボタンを押します。
• 文字の入力をキャンセルするには、G ボタンを押します。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
161
フォルダー番号指定
画像を保存するフォルダーを、フォルダー番号を指定して変更します。
指定したフォルダーが存在しない場合、新規フォルダーを作成します。
1[フォルダー番号指定]を選ぶ
[フォルダー番号指定]を選んでマルチ
セレクターの 2 を押すと、
[フォルダー
番号指定]画面が表示されます。
2 フォルダー番号の桁を選び、番号を変更する
• 42 を押して、フォルダー番号の変更したい桁を選びます。
• 13 を押して、フォルダー番号の数値を変更します。
3 フォルダー番号を設定する
• 既存のフォルダー番号を指定すると、フォルダー番号の左にフォ
ルダーマーク(W、X、Y)が表示されます。W または X が表
示されたフォルダーを選んで J ボタンを押すと、指定したフォル
ダーを記録フォルダーに設定してメニューに戻ります。
• 既存のフォルダー番号以外の数値を入力して J ボタンを押すと、
入力したフォルダー番号で新規フォルダーを作成します。
• 次に撮影する画像は、指定したフォルダーまたは作成した新規
フォルダーに保存されます。
• キャンセルしたい場合は、G ボタンを押してください。
D フォルダーマークについて
[フォルダー番号指定]画面では、画像の入っていないフォルダーのときは W、
フォルダー内のファイル数が 5000 個またはファイル番号が 9999 に達している
フォルダーのときは Y、その他のフォルダーのときは X のフォルダーマークが
表示されます。Y が表示されているフォルダーには、画像は記録できません。
162 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
既存フォルダーから選択
既存のフォルダーの一覧から選びます。
1[既存フォルダーから選択]を選ぶ
[既存フォルダーから選択]を選んでマル
チセレクターの 2 を押すと、[既存フォ
ルダーから選択]画面が表示されます。
2 フォルダーを選ぶ
13 を押して、画像を記録するフォルダーを選びます。
3 画像を記録するフォルダーを設定する
• J ボタンを押すと、設定が有効になりメニュー画面に戻ります。
• 次に撮影する画像は、選んだフォルダーに保存されます。
D フォルダー番号およびファイル番号についてのご注意
• フォルダー番号が
999 になるとカメラが自動的にフォルダーを作成できない
ため、次のときに撮影ができなくなります。
- フォルダー内のファイル数が 5000 個に達したとき(動画モード時、最長記録
時間を記録するのに必要なファイルによってフォルダー内のファイル数が
5000個を超えるとカメラが判断した場合、動画の撮影はできなくなります)
- ファイル番号が 9999 に達したとき(動画モード時、最長記録時間を記録す
るのに必要なファイルによってフォルダー内のファイル番号が 9999 を超え
るとカメラが判断した場合、動画の撮影はできなくなります)
• ただし次の場合、メモリーカードにまだ空き容量があれば、さらに撮影を続け
られます。
- フォルダー番号が 999 未満のフォルダーを新規に作成し、それを記録フォル
ダーとして選んだ場合
- 動画モード時、動画撮影メニュー[画像サイズ / フレームレート]および[動
画の画質]の設定を変更した場合
D 多数のフォルダーや画像が記録されたメモリーカードを使用する場合
メモリーカードを挿入したときや、カメラの電源を ON にしたときなどに行われ
るファイル検索に時間がかかるため、撮影や再生ができるまでに時間がかかる
ことがあります。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
163
ファイル名設定
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
このカメラで撮影した画像には、自動的に DSC_nnnn.xxx というファイ
ル名が付きます。[ファイル名設定]では、
「DSC」の 3 文字を任意に変
更できます。入力画面での文字の入力方法については、「入力画面の操
作方法について」(0 161)をご覧ください。
D ファイル名について
• このカメラで撮影された画像には DSC_nnnn.xxx という名称が付きます。
nnnn には 0001 〜 9999 までの数字が入ります。xxx には選んだ画質モードに
よって、次の拡張子が入ります。
- NEF:RAW の場合
- TIF:TIFF(RGB)の場合
- JPG:FINE/NORMAL/BASIC の場合
- MOV:MOV 形式の動画の場合
- MP4:MP4 形式の動画の場合
- NDF:イメージダストオフデータの場合
• 静止画撮影メニュー[色空間]で[Adobe RGB]を選んだ場合は
_DSCnnnn.xxx という名称が付きます。
• 同時記録された RAW 画像と JPEG 画像のファイル名は同じですが、拡張子がそ
れぞれ NEF、JPG になります。
164 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
撮像範囲設定
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
このカメラで設定できる撮像範囲は次の通りです。
35mm 判カメラに準じた画角の FX フォーマットで画像を
c FX(36×24)
記録します。35mm 判カメラ用のニッコールレンズを装
着して撮影するときに設定します。
a DX(24×16)
b 5:4(30×24)
m 1:1(24×24)
Z 16:9(36×20)
DX フォーマットで画像を記録します。レンズに表記されて
いる焦点距離の約1.5倍のレンズに相当する画角になります。
アスペクト比(縦横比)が 5:4 の画像を記録します。Z 7
のみ選べます。
アスペクト比(縦横比)が 1:1 の画像を記録します。
アスペクト比(縦横比)が 16:9 の画像を記録します。
画質モード
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
画像を記録するときの画質モードを設定できます。画質モードの詳しい
説明については、
「i メニューを使う」の「画質モード」
(0 101)をご
覧ください。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
165
画像サイズ
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
画像を記録するときの画像サイズ(大きさ)を設定できます。[JPEG/
TIFF]では JPEG または TIFF の画像サイズ、[RAW]では RAW の画像サイ
ズを設定できます。画像サイズは撮像範囲との組み合わせで変わります。
Z 7:
撮像範囲
画像サイズ
プリント時の大きさ
(出力解像度 300dpi の場合)※
L (8256×5504 ピクセル)
FX(36×24) M(6192×4128 ピクセル)
S (4128×2752 ピクセル)
L (5408×3600 ピクセル)
DX(24×16) M(4048×2696 ピクセル)
S (2704×1800 ピクセル)
L (6880×5504 ピクセル)
5:4(30×24) M(5152×4120 ピクセル)
S (3440×2752 ピクセル)
L (5504×5504 ピクセル)
1:1(24×24) M(4128×4128 ピクセル)
S (2752×2752 ピクセル)
L (8256×4640 ピクセル)
16:9(36×20) M(6192×3480 ピクセル)
S (4128×2320 ピクセル)
約 69.9× 46.6 cm
約 52.4× 35.0 cm
約 35.0× 23.3 cm
約 45.8× 30.5 cm
約 34.3× 22.8 cm
約 22.9× 15.2 cm
約 58.3× 46.6 cm
約 43.6× 34.9 cm
約 29.1× 23.3 cm
約 46.6× 46.6 cm
約 35.0× 35.0 cm
約 23.3× 23.3 cm
約 69.9× 39.3 cm
約 52.4× 29.5 cm
約 35.0× 19.6 cm
※ ピクセル数÷出力解像度(dpi)×2.54 cm で計算しています。
166 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
Z 6:
撮像範囲
画像サイズ
L (6048×4024 ピクセル)
FX(36×24) M(4528×3016 ピクセル)
S (3024×2016 ピクセル)
L (3936×2624 ピクセル)
DX(24×16) M(2944×1968 ピクセル)
S (1968×1312 ピクセル)
L (4016×4016 ピクセル)
1:1(24×24) M(3008×3008 ピクセル)
S (2000×2000 ピクセル)
L (6048×3400 ピクセル)
16:9(36×20) M(4528×2544 ピクセル)
S (3024×1696 ピクセル)
プリント時の大きさ
(出力解像度 300dpi の場合)※
約 51.2× 34.1cm
約 38.3× 25.5cm
約 25.6× 17.1cm
約 33.3× 22.2cm
約 24.9× 16.7cm
約 16.7× 11.1cm
約 34.0× 34.0cm
約 25.5× 25.5cm
約 16.9× 16.9cm
約 51.2× 28.8cm
約 38.3× 21.5cm
約 25.6× 14.4cm
※ ピクセル数÷出力解像度(dpi)×2.54 cm で計算しています。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
167
RAW 記録
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
RAW 画像を記録するときの圧縮方式および記録ビットモードを設定で
きます。
圧縮方式
N
ロスレス
圧縮 RAW
可逆圧縮します(データを完全に復元できます)
。
[非圧縮
RAW]に対してファイルサイズが約 60 〜 80% になります。
記録した画像は[非圧縮 RAW]と同等の画質になります。
非可逆圧縮します(データは完全には復元できません)。
[非
O
圧縮 RAW
圧縮 RAW]に対してファイルサイズが約 45 〜 65% になりま
す。非可逆圧縮ですが、記録した画像は[非圧縮 RAW]と
ほぼ同等の画質になります。
非圧縮 RAW
圧縮しないため、
[ロスレス圧縮 RAW]や[圧縮 RAW]に
比べ、ファイルサイズが大きくなります。
記録ビットモード
q 12 ビット記録 RAW画像を 12ビットで記録します。
[12 ビット記録]の場
RAW 画像を 14 ビットで記録します。
r 14 ビット記録
合よりもさらに豊かな階調表現になります。画像のファイ
ルサイズは[12 ビット記録]よりも大きくなります。
168 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
ISO 感度設定
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
静止画撮影時の ISO 感度に関する設定ができます。
ISO 感度
ISO 64 〜 25600(Z 6 は ISO 100 〜 51200)から設定できます。ま
た、ISO 64(Z 6 は ISO 100)から約 0.3 段〜約 1 段の範囲での減感
と、ISO 25600(Z 6 は ISO 51200)から約 0.3 段〜約 2 段の範囲で
の増感ができます。撮影モードが b の場合、ISO-A(AUTO)も
選べます。
[する]を選んで J ボタンを押すと、カメラが自動的に ISO 感度を
変更するようになります。
[しない]を選ぶと、
[ISO 感度]で設
定した ISO 感度に固定されます。
[する]を選んだ場合、次の項目
をそれぞれ設定できます。
•[制御上限感度]
:ISO 感度が高くなりすぎないように制御上限感
度を設定します。
•[c 使用時の制御上限感度]
:別売スピードライトを使用した場
合の上限感度を設定します。
•[低速限界設定]:撮影モード P または A のときの感度自動制御が
働き始めるシャッタースピード(1/4000 〜 30 秒)を設定できま
感度自動制御
す。また、
[オート]に設定すると、レンズの焦点距離に応じて
シャッタースピードの低速限界をカメラが自動で設定します。
例えば、望遠レンズ使用時は手ブレが発生しやすくなるため、低
速限界が自動的に高速側に設定され、ブレを軽減できます。
-[オート]を選んで 2 を押すと、補正値の設定画面が表示され
ます。低速限界をカメラが自動で設定するときに、より高速側
または低速側になるように調整できます。高速で移動する被写
体を撮影する場合は、補正値を高速側に設定するとブレを軽減
できます。
- ISO 感度を[制御上限感度]まで上げても露出不足になる場合
は、適正露出を得るために、低速限界設定よりもさらにシャッ
タースピードが低速になります。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
169
ホワイトバランス
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
光源の種類に合わせてホワイトバランスを設
定します。ホワイトバランスの詳しい説明に
ついては、
「カメラの基本機能と設定」の「ホ
ワイトバランス」
(0 59)および「i メニュー
を使う」の「ホワイトバランス」(0 95)を
ご覧ください。
メニューからホワイトバランスを微調整する
1 静止画撮影メニュー[ホワイトバラ
ンス]で、設定したいホワイトバラ
ンスを選び、微調整画面が表示され
るまで 2 を押す
•[プリセットマニュアル]での微調整画
面の表示方法については、「プリセットマニュアルデータの微調
整について」(0 174)をご覧ください。
2 微調整値を設定する
• マルチセレクターを操作すると、A(ア
ンバー)、B(ブルー)、G(グリーン)
、
M(マゼンタ)の 4 方向で、設定段数を
各方向 6 段階まで微調整できます。
• A(アンバー)、B(ブルー)方向は、色 座標
設定段数
温度の高さを 0.5 段単位で微調整できま
す。1 段は約 5 ミレッドに相当します。
• G(グリーン)
、M(マゼンタ)方向は、色補正用(CC)フィル
ターと同じような微調整を 0.25 段単位で行えます。1 段は濃度約
0.05 に相当します。
170 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
3 微調整値を決定する
• J ボタンを押して微調整値を決定すると、メニューに戻ります。
• ホワイトバランスを微調整すると、ア
イコンにアスタリスク(U)が表示さ
れます。
D ホワイトバランスの微調整画面について
ホワイトバランスの微調整画面で表示されている色は、色温度方向の目安の色
を表しています。微調整画面で設定しても、設定したそのままの色の画像には
ならない場合があります。たとえば、ホワイトバランスを J(電球)に設定し
て B(ブルー)方向に微調整しても、青色が強い画像にはなりません。
D ミレッド(MIRED)について
色温度の逆数を百万(106)倍したものです。色温度は、同じ色温度差でも、色
温度の低い場合では色の変化が大きく、色温度の高い場合では、色の変化が小
さくなります。たとえば同じ 1000 ケルビンの違いでも 6000 ケルビン付近での変
化は比較的小さく、3000 ケルビン付近では 1000 ケルビンの違いで光色が大きく
変わります。ミレッドは、その変化幅をほぼ同じに表現する尺度であり、色温
度変換フィルターの単位としても利用されます。
例) 色温度の差(K:ケルビン): ミレッドの差(M:ミレッド)
4000K − 3000K = 1000K
7000K − 6000K = 1000K
:
:
83 M
24 M
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
171
メニューの色温度設定で色温度を指定する
A(アンバー)および B(ブルー)方向と G(グリーン)および M(マゼ
ンタ)方向の両方の色温度を設定できます。
1 静止画撮影メニュー[ホワイトバランス]で、[色温度設
定]を選んでマルチセレクターの 2 を押す
2 色温度を設定する
• 42 を押して A(アンバー)および B(ブルー)方向の色温度の
桁を選びます。また、G(グリーン)および M(マゼンタ)方向
の色温度にカーソルを移動できます。
• 13 を押して数値を設定します。
A(アンバー)および
B(ブルー)方向の色温度
G(グリーン)および
M(マゼンタ)方向の色温度
3 色温度を決定する
• J ボタンを押して色温度を決定すると、メニューに戻ります。
• G(グリーン)
、M(マゼンタ)方向の
色温度を 0 以外に設定すると、アイコン
にアスタリスク(U)が表示されます。
D 色温度設定についてのご注意
• 光源が蛍光灯のときは、色温度設定を使わず、I(蛍光灯)に設定してくだ
さい。
• ホワイトバランスの色温度を指定したときは、試し撮りをして、設定した色温
度が撮影状況に適しているかどうかを確認することをおすすめします。
172 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
撮影済み画像のホワイトバランスデータを
プリセットマニュアルデータとしてコピーする
撮影済みの画像で使用されたホワイトバランスを、プリセットマニュア
ルデータとして使用できます。プリセットマニュアルデータを新規に取
得する方法については「基準となる白を取得して設定(プリセットマ
ニュアル)」(0 98)をご覧ください。
1 静止画撮影メニュー[ホワイトバラン
ス]で[プリセットマニュアル]を選
んでマルチセレクターの 2 を押す
2 コピー先を選ぶ
• マルチセレクターで黄色い枠を移動して
d-1 〜 d-6 の中からコピー先を選びます。
• X ボタンを押すと設定画面が表示され
ます。
3[使用する画像の選択]を選ぶ
•[使用する画像の選択]を選んで 2 を押
すと、メモリーカード内の画像が一覧
表示されます。
4 ホワイトバランスデータをコピー
したい画像を選ぶ
• マルチセレクターで黄色い枠を移動
して画像を選びます。
• 画像は、X ボタンを押している間、拡
大して確認できます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
173
5 ホワイトバランスデータをコピーする
• J ボタンを押すとメモリーカード内の画像のホワイトバランス
データがコピーされます。
• 選んだ画像に画像コメントがある場合、画像コメントもコピーさ
れます。
D プリセットマニュアルデータの微調整について
設定画面で[微調整]を選ぶと、微調整画面が表
示され、選択中のプリセットマニュアルデータを
微調整できます(0 170)。
D プリセットマニュアルデータにコメントを入力する
設定画面で[コメント編集]を選ぶと、選択中の
プリセットマニュアルデータにコメント(最大 36
文字)を入力できます。
D プリセットマニュアルデータを保護する(プロテクト)
設定画面で[プロテクト]を選ぶと、選択中のプ
リセットマニュアルデータにプロテクト(保護)
を設定できます。プロテクトの設定画面で[する]
を選んで J ボタンを押すと、選んだプリセットマ
ニュアルデータがプロテクト設定されます。プロ
テクト設定されたプリセットマニュアルデータは
微調整やコメント編集ができなくなります。
174 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
ピクチャーコントロール
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
記録する画像の仕上がり(ピクチャーコントロール)を、撮影シーンや
好みに合わせて選べます。ピクチャーコントロールの詳しい説明につい
(0 91)を合
ては、
「i メニューを使う」の「ピクチャーコントロール」
わせてご覧ください。
メニューからピクチャーコントロールを
調整する
ピクチャーコントロールやカスタムピクチャーコントロールの設定は、
撮影目的や好みに合わせて調整できます。
1 調整したいピクチャーコントロール
を選ぶ
ピクチャーコントロールの一覧画面で、
マルチセレクターの 2 を押します。
2 ピクチャーコントロールを調整する
• 13 で調整する項目(0 94)を選びま
す。42 を押すと 1 ステップ刻みで、
サブコマンドダイヤルを回すと 0.25 ス
テップ刻みで値を設定します。
• 設定できる項目は、選んだピクチャー
コントロールによって異なります。
•[クイックシャープ]を選んで 42 を押すと、[輪郭強調]、[ミドル
レンジシャープ]、[明瞭度]のレベルをバランスよく調整します。
• O ボタンを押すと初期設定の内容に戻ります。
3 設定する
• J ボタンを押して設定します。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
175
D i メニューから調整する
•
i メニューで[ピクチャーコントロール]を選ん
で J ボタンを押すとピクチャーコントロールを
•
42 でピクチャーコントロールを選び、3 を押
選べます。
すと調整画面が表示されます。色味を確認しな
がら調整できます。
D[カスタムピクチャーコントロール]について
静止画撮影メニューまたは動画撮影メニューで[カスタムピクチャーコント
ロール]を選ぶと、調整したピクチャーコントロールに名前を付けて登録した
り、メモリーカードを使って、同じ機種のカメラやピクチャーコントロールに
対応するソフトウェアと共用することができます。
176 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
カスタムピクチャーコントロール
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
「ピクチャーコントロール」を好みに合わせて調整して、
「カスタムピク
チャーコントロール」として登録できます。
編集と登録
カスタムピクチャーコントロールを登録または編集します。
登録名変更
登録したカスタムピクチャーコントロールの名前を変更します。
削除
メモリーカード
を使用
登録したカスタムピクチャーコントロールを削除します。
登録したカスタムピクチャーコントロールをメモリーカードに
保存したり、メモリーカードに保存したカスタムピクチャーコ
ントロールをカメラに登録できます。
カスタムピクチャーコントロールの登録方法
1[編集と登録]を選ぶ
•[編集と登録]を選んで 2 を押すと、
[編集・登録対象を選択]画面が表示さ
れます。
2 元にするピクチャーコントロールを
選ぶ
• ピクチャーコントロールを選んで 2 を
押すと、編集画面が表示されます。
• 編集を行わない場合は J ボタンを押し
ます。
[登録先の選択]画面が表示され
ます(手順 4 へ)。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
177
3 ピクチャーコントロールを調整する
• 項目の内容や調整方法は[ピクチャー
コントロール]と同じです。
• J ボタンを押すと[登録先の選択]画
面が表示されます。
• O ボタンを押すと初期設定の内容に戻
ります。
4 登録先を選ぶ
• C-1 〜 9(カスタム 1 〜 9)の中から登録
先を選びます。
5 登録名を編集する
• 登録先を選んで 2 を押すと、
[登録名変
名前エリア
更]画面が表示されます。
• 初期状態では、「
(元になったピク
チャーコントロール名)-XX」が名前エ
リアに入力されています。XX には自動
的に数値が設定されます。
• 登録名は 19 文字まで入力できます。文
字はカーソル位置に挿入されます。
キーボード
文字種変更
エリア
• 文字種変更アイコンをタッチすると、
アルファベット大文字 / 小文字 / 記号を切り換えられます。
• 文字の入力方法については、「入力画面の操作方法について」
(0 161)をご覧ください。
178 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
D 元になったピクチャーコントロールの表示について
カスタムピクチャーコントロールの調整画面で
元になった
は、元になったピクチャーコントロールがアイコ
ピクチャーコントロール
ンで表示されます。
D カスタム 1 〜 9 で調整できる項目について
カスタム 1 〜 9 を選んだ場合は、元になったピクチャーコントロールと同じ項目
が調整できます。
D カメラで登録したカスタムピクチャーコントロールについて
[カスタムピクチャーコントロール]の[メモリー
カードを使用]を使うと、カメラで登録したカス
タムピクチャーコントロールをメモリーカードに
コピーできます。また、メモリーカード内のカス
タムピクチャーコントロールをカメラに登録した
り、削除したりできます。
•[カメラに登録]:メモリーカードに保存されて
いるカスタムピクチャーコントロールをカメラに登録(インポート)できます。
カメラに登録したいカスタムピクチャーコントロールと登録先(C-1 〜 9(カス
タム 1 〜 9))を選んで名前を付けると、選んだカスタムピクチャーコントロー
ルがカメラに登録されます。
•[メモリーカードから削除]:メモリーカードに保存されているカスタムピク
チャーコントロールを選んで削除できます。
•[メモリーカードにコピー]
:カメラで登録したカスタムピクチャーコントロー
ルをメモリーカードにコピー(エクスポート)できます。メモリーカードにコ
ピーしたいカスタムピクチャーコントロールとコピー先(1 〜 99)を選んで J
ボタンを押すと、選んだカスタムピクチャーコントロールがメモリーカードに
コピーされます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
179
色空間
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
記録する画像の色空間を指定します(色空間とは、モニターやプリン
ターで表現できる色の範囲のことです)。
[sRGB]色空間は、再生やプ
リントなど、一般的な用途で画像を楽しむのに適しています。
[Adobe
RGB]色空間は[sRGB]色空間に比べて色域が広いため、商業印刷な
どの業務用途に適しています。
D 色空間についてのご注意
Capture NX-D または ViewNX-i をお使いになると、正しい色空間での処理が自
動的に行われます。他社製の画像閲覧用または画像編集用ソフトウェアを使う
と、正しく色が表示されないことがあります。
D Adobe RGB 色空間について
適切な色再現には、カラーマネージメント機能に対応したアプリケーション、モ
ニター、プリンターなどの環境が必要です。
アクティブ D- ライティング
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
白とびや黒つぶれを軽減した、見た目のコントラストに近い画像を撮影
できます。アクティブ D- ライティングの詳しい説明については、「i メ
ニューを使う」の「アクティブ D- ライティング」
(0 106)をご覧くだ
さい。
180 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
長秒時ノイズ低減
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
低速シャッタースピードになったときに発生するノイズ(むら、輝点)
を低減します。
する
しない
シャッタースピードが 1 秒より低速になった場合に、長秒時ノイズの
低減処理を行います。
長秒時ノイズの低減処理を行いません。
長秒時ノイズ低減処理は、撮影後に行われま
す。処理中は、表示パネルに Job NR が点滅し、
撮影画面に「ノイズ低減処理中」と表示され
ます。この表示が消えるまで、撮影はできま
せん。長秒時ノイズの低減処理を行う場合、
画像を記録するまでの時間は、長秒時ノイズ
低減を行わない場合の約 2 倍になります。
D 長秒時ノイズ低減についてのご注意
• 連続撮影速度は遅くなり、連続撮影可能コマ数も少なくなります。
• 処理中に電源を OFF にすると、処理は行われず、長秒時ノイズの低減処理を行
う前の画像が保存されます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
181
高感度ノイズ低減
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
静止画撮影時に、感度が高くなるほど発生しやすいノイズ(ざらつき)
を低減します。
強め
全ての ISO 感度で高感度ノイズの低減処理を行います。ISO 感度が高
標準
くなるほど効果的です。ノイズ低減の効果は、強い順に[強め]、
[標
準]、[弱め]になります。
弱め
ノイズが発生しやすい条件で撮影する場合のみ、ノイズ低減処理を行
しない
います。この場合のノイズ低減効果は[弱め]に設定したときよりも
さらに弱くなります。
ヴィネットコントロール
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
ヴィネットコントロールは、レンズの特性による周辺光量の低下をレン
ズに応じて軽減します。特に開放絞り側で撮影した場合に効果的です。
e
g
f
強め
標準
効果が強い順に、[強め]
、[標準]
、
[弱め]になります。
弱め
しない
周辺光量の低下を補正しません。
D ヴィネットコントロールについてのご注意
TIFF および JPEG 画像の場合、使用するレンズ、撮影条件や撮影シーンの組み合
わせによっては、周辺光量が過剰に補正されて画像周辺部が明るくなることや
補正が不足して暗くなること、画像にノイズ(むら)が発生することがありま
す。また、調整したピクチャーコントロールやカスタムピクチャーコントロー
ルを設定している場合も、適切な補正ができない場合があります。試し撮りを
して、撮影状況に適した設定を選ぶことをおすすめします。
182 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
回折補正
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
[する]にすると、レンズの絞りを絞り込んだときに画像の解像感が低
下する、回折現象を補正します。
自動ゆがみ補正
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
[する]にすると、カメラが必要だと判断した場合に、広角レンズ使用
時のたる型のゆがみや望遠レンズ使用時の糸巻き型のゆがみを補正し
て撮影します。装着しているレンズによっては設定が[する]に固定さ
れ、メニューはグレーで表示されて選べません。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
183
フリッカー低減撮影
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
[する]にすると、蛍光灯や水銀灯などの光源下で発生する、照明の明
滅による明るさのちらつき(フリッカー現象)の影響を低減できます。
• フリッカー現象が発生している場合、撮影した画像の一部に露出ムラ
が生じたり、連続撮影時に露出や色みにばらつきが生じることがあり
ます。
•[する]に設定した場合、連続撮影時に撮影速度が遅くなったり、撮
影間隔が一定ではなくなることがあります。
D 静止画撮影メニュー[フリッカー低減]について
• フリッカー低減機能を使うと、光源によってシャッターのきれるタイミングが
少し遅れることがあります。
• 電源周波数が 50Hz の場合は 100Hzの点滅周期を、
また電源周波数が 60Hz の場
合は 120Hz の点滅周期を検出します。連続撮影中に光源の点滅周期が変化し
た場合、フリッカーの影響は低減できません。
• 背景が暗い場合や輝度が高い光源が含まれる場合など光源や撮影条件によっ
ては、フリッカーが検出できなかったり、フリッカー低減の効果が得られない
ことがあります。
• イルミネーションなどの特殊な光源下では、フリッカー低減機能の効果が得ら
れないことがあります。
D 静止画撮影メニュー[フリッカー低減]の制限について
次の場合など、静止画撮影メニュー[フリッカー低減]が無効になります。
• レリーズモードが[高速連続撮影(拡張)]の場合
• 静止画撮影メニュー[サイレント撮影]が[する]の場合
• HDR(ハイダイナミックレンジ)撮影時
• 露出ディレーモードが有効の場合
• シャッタースピードが 1/100 秒より低速の場合や、Bulb(バルブ)または Time
(タイム)の場合
184 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
測光モード
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
カメラが被写体の明るさを測るための測光モードを選べます。測光モー
ドの詳しい説明については、「i メニューを使う」の「測光モード」
(0 104)をご覧ください。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
185
フラッシュ発光
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
別売のスピードライトを取り付けた場合の発
光モードを設定したり、ワイヤレス増灯撮影
時の設定を行います。
• 別売スピードライトをカメラに取り付けた
場合の撮影については「スピードライトを
カメラに装着して撮影する」
(0 360)を合
わせてご覧ください。
• 別売スピードライトをワイヤレスで制御した場合の撮影については
「複数のスピードライトをワイヤレスで制御する」
(0 373)を合わせ
てご覧ください。
発光モード
SB-5000、SB-500、SB-400、または SB-300 を
カメラに装着した場合のスピードライトの発
光モードや補正量などを設定できます。
• 選んだ項目によって[発光モード]の下に
表示されるメニュー項目が変更されます。
• SB-5000、SB-500、SB-400、SB-300 以外の
スピードライトを装着した場合、発光モードなどの設定はスピードラ
イト本体で行ってください。
• SB-5000 はスピードライト本体でも設定できます。
TTL 調光
スピードライトの発光量は、撮影状況に応じて自動的に調節さ
れます。
外部自動調光
スピードライトの発光による被写体からの反射光を外部自動調光
用センサー窓で測光し、スピードライトが発光量を制御します。
スピードライトから被写体までの距離を設定すると、カメラの
距離優先
設定に合わせて適正な発光量をスピードライトが自動的に設定
マニュアル発光
します。
マニュアル発光 指定した発光量でスピードライトが発光します。
リピーティング 1 回の露光中に、スピードライトを連続発光させて、被写体の連
発光
続的な動きを多重露出のように写し込みます。
186 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
ワイヤレス設定
複数のスピードライトを同時に発光させて撮
影(ワイヤレス増灯撮影)する場合に、制御
方法を選びます。カメラに SB-5000、SB-500、
または WR-R10 を装着したときのみ表示され
ます。
Y
Y/Z
Z
光制御 AWL
光制御 /
電波制御 AWL
電波制御 AWL
しない
マスターフラッシュの微小発光で、リモートフラッ
シュを制御します(0 386)。
光で制御するリモートフラッシュと、電波で制御す
るリモートフラッシュを併用してフラッシュ撮影を
行います(0 395)
。
カメラに装着した WR-R10 を使用して、電波によって
リモートフラッシュを制御します(0 375)
。
リモートフラッシュの制御を行いません。
増灯発光モード
フラッシュの増灯発光モードを設定できま
す。選んだ項目によって[増灯発光モード]
の下に表示されるメニュー項目が変更され、
それぞれの増灯発光モードでの設定が変更で
きます。
グループ発光
クイック
ワイヤレス
グループごとに発光モードを設定できます(0 379、387)。
リモートフラッシュの A グループと B グループの光量比、および
C グループの発光量を設定します(0 381、390)。
増灯
1 回の露光中に、増灯したスピードライトを連続発光させて、被
リピーティング 写体の連続的な動きを多重露出のように写し込みます(0 383、
発光
392)。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
187
電波リモートフラッシュ情報
電波制御で接続されているスピードライトの
情報を表示します。
フラッシュモード
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
別売スピードライトを、カメラに装着またはワイヤレスで制御する場合
のフラッシュモードを設定できます。フラッシュモードの詳しい説明に
ついては、「スピードライトをカメラに装着して撮影する」の「フラッ
シュモードを設定する」(0 365)をご覧ください。
フラッシュ調光補正
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
別売スピードライトの発光量を意図的に変えて、背景に対する被写体の
明るさを調整できます。発光量を多くして被写体をより明るく照らした
り、発光量を少なくして被写体に光が強く当たりすぎないようにできま
す(0 367)。
188 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
フォーカスモード
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
ピントの合わせ方を選べます。フォーカスモードの詳しい説明について
は、
「カメラの基本機能と設定」にある「ピント合わせの設定」の「フォー
カスモード」(0 50)をご覧ください。
AF エリアモード
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
オートフォーカス使用時に、フォーカスポイントをどのように選択する
か設定できます。AF エリアモードの詳しい説明については、
「カメラの
基本機能と設定」にある「ピント合わせの設定」の「AF エリアモード」
(0 52)をご覧ください。
手ブレ補正
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
手ブレ補正を行うかどうかを設定できます。手ブレ補正の詳しい説明に
ついては、
「i メニューを使う」の「手ブレ補正」
(0 108)をご覧くだ
さい。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
189
オートブラケティング
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
明るさ(露出)、フラッシュの発光量、ホワイトバランス、アクティブ D-ラ
イティング(ADL)の設定をカメラが自動的に変えながら撮影します。画
像の明るさやフラッシュの発光量の調整が難しい場合や複数の光源が混
在していてホワイトバランスを決めにくい場合の撮影に効果的です。
オートブラケティングの種類を設定できます。
• AE・フラッシュブラケティング:露出値(AE)とフ
ラッシュの発光量を変えながら撮影します。
•
オートブラケティングの
セット
AE ブラケティング:露出値(AE)を変えながら撮影
します。
• フラッシュブラケティング:フラッシュの発光量を
変えながら撮影します。
•
WB ブラケティング:ホワイトバランスの色温度を変
•
ADL ブラケティング:アクティブ D- ライティングの
えながら撮影します。
効果の度合いを変えながら撮影します。
コマ数
オートブラケティングで撮影するコマ数を設定できます。
[オートブラケティングのセット]が[ADL ブラケティ
補正ステップ
ング]以外の場合、ブラケティングの変化の度合いを
設定できます。
[オートブラケティングのセット]が[ADL ブラケティ
効果の度合い
ング]の場合、アクティブ D- ライティングの効果の度
合いを設定できます。
190 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
AE ブラケティング、フラッシュブラケティング
の撮影方法
− 1 段補正
補正なし
+ 1 段補正
1[オートブラケティングのセット]で[AE・フラッシュブ
ラケティング]、[AE ブラケティング]または[フラッシュ
ブラケティング]を選ぶ
設定項目として[コマ数]と[補正ステップ]が表示されます。
2 撮影コマ数を設定する
•[コマ数]を選んでマルチセレクター
の 42 を押すと、撮影コマ数を設定で
きます。
•[0F]以外に設定すると、撮影画面に
アイコンが表示されます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
191
3 補正ステップを設定する
•[補正ステップ]を選んで 42 を押す
と、補正ステップを設定できます。
• 補正ステップは、露出設定ステップ幅
が「1/3 段」の場合、0.3(1/3 段)
、0.7
(2/3 段)
、1.0(1 段)
、2.0(2 段)、3.0
(3 段)から選ぶことができます。補正
ステップを 2.0 または 3.0 に設定した場合、撮影コマ数は最大 5 枚
です。手順 2 で撮影コマ数を 7 枚または 9 枚に設定していても、自
動的に 5 枚に変更されます。
• 補正ステップが 0.3 のときの撮影コマ数と撮影順序は次の表の通
りです。
[コマ数]
0F
オートブラケティング
インジケーター
撮影
コマ数
3F
5F
0
3
3
2
2
3
5
7F
7
9F
9
+ 3F
− 3F
+ 2F
− 2F
192 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
撮影順序
0
0/ + 0.3/ + 0.7
0/ − 0.7/ − 0.3
0/ + 0.3
0/ − 0.3
0/ − 0.3/ + 0.3
0/ − 0.7/ − 0.3/ + 0.3/ + 0.7
0/ − 1.0/ − 0.7/ − 0.3/
+ 0.3/ + 0.7/ + 1.0
0/ − 1.3/ − 1.0/ − 0.7/ − 0.3/
+ 0.3/ + 0.7/ + 1.0/ + 1.3
4 撮影する
• 設定した撮影コマ数を撮影してください。
• シャッタースピードと絞り値は補正さ
れた値が表示されます。
• 撮影画面に、オートブラケティングのアイコンと残りの撮影コマ
数、オートブラケティングインジケーターが表示されます。撮影
するたびに残りのコマ数表示が減少し、オートブラケティングイ
ンジケーター上からもコマ数を示す表示が消えます。
撮影コマ数:3
補正ステップ:0.7
1 コマ撮影した状態
• AE ブラケティングと露出補正を同時に設定すると、両方の補正値
が加算された AE ブラケティング撮影が行えます。
❚❚ AE、フラッシュブラケティング撮影をやめるには
[コマ数]を[0F]に設定してください。
D AE ブラケティング、フラッシュブラケティングについて
[AE・フラッシュブラケティング]では、AE ブラケティングとフラッシュブラ
ケティングを同時に行います。AE ブラケティングだけを行いたいときは[AE ブ
ラケティング]を、フラッシュブラケティングだけを行いたいときは[フラッ
シュブラケティング]を選びます。フラッシュブラケティングは i-TTL 調光時お
よび絞り連動外部自動調光(qA)時(別売の絞り連動外部自動調光対応スピー
ドライト使用時のみ)に使用できます(0 362、422)
。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
193
D AE・フラッシュブラケティング、AE ブラケティング、フラッシュ
ブラケティング撮影について
• レリーズモードを連続撮影に設定した場合、シャッターボタンを押し続ける
と、セットしたコマ数の撮影が終了した時点でいったん停止します。シャッ
ターボタンを押し直すと、次の連続撮影が可能になります。
• 撮影中に電源を OFF にしても、もう一度 ON にすれば撮影を再開できます。
• 撮影中にメモリーカードのメモリー残量がなくなっても、メモリー残量のある
他のメモリーカードに交換すれば残りを撮影できます。
D AE ブラケティング
AE ブラケティングでは、撮影モードによって補正される内容(シャッタースピー
ド、絞り値)が異なります。
撮影モード
変化する内容
P
S
A
M
シャッタースピードと絞り値 ※1
絞り値 ※1
シャッタースピード ※1
シャッタースピード ※2、3
※1 静止画撮影メニュー[ISO 感度設定]の[感度自動制御]が[する]のと
きは、シャッタースピードや絞り値が制御範囲を超えると自動的に ISO 感
度が変化します。
※2 静止画撮影メニュー[ISO 感度設定]の[感度自動制御]が[する]のと
きは、まず ISO 感度を変化させて基準となる露出を適正露出に近づけてか
ら、オートブラケティングでシャッタースピードを変化させます。
※3 カスタムメニュー e6[BKT 変化要素(M モード)]により変化する内容を
シャッタースピードと絞り値の両方、絞り値のみ、あるいはフラッシュの
調光量のみに変更できます。
194 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
WB ブラケティングの撮影方法
1[オートブラケティングのセット]で[WBブラケティン
グ]を選ぶ
設定項目として[コマ数]と[補正ステップ]が表示されます。
2 撮影コマ数を設定する
•[コマ数]を選んでマルチセレクター
の 42 を押すと、撮影コマ数を設定
できます。
•[0F]以外に設定すると、撮影画面に
アイコンが表示されます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
195
3 補正ステップを設定する
•[補正ステップ]を選んで 42 を押す
と、補正ステップを設定できます。
• 補正ステップは、1(1 段)
、2(2 段)
、
3(3 段)から選ぶことができます。
• ホワイトバランス補正ステップの 1 段
は、約 5 ミレッドに相当します。A 方向
に数が大きくなるごとにアンバーが強くなります。B 方向に数が
大きくなるごとにブルーが強くなります。
• 補正ステップが 1 のときの撮影コマ数と撮影順序は次の表の通り
です。
WB ブラケティング
撮影
補正
インジケーター
コマ数
ステップ
0F
B3F
A3F
B2F
A2F
3F
5F
0
3
3
2
2
3
5
1段
B 方向 1 段
A 方向 1 段
B 方向 1 段
A 方向 1 段
各方向 1 段
各方向 1 段
7F
7
9F
9
[コマ数]
撮影順序
0
0/B1/B2
0/A2/A1
0/B1
0/A1
0/A1/B1
0/A2/A1/B1/B2
0/A3/A2/A1/
各方向 1 段
B1/B2/B3
0/A4/A3/A2/A1/
各方向 1 段
B1/B2/B3/B4
196 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
4 撮影する
• シャッターボタンを 1 回全押しすると、
設定した全てのコマ数の画像が記録さ
れます。
• ホワイトバランスを微調整している場合は、微調整値に WB ブラ
ケティングの補正ステップが加算されます。
• WB ブラケティングの撮影コマ数が記録可能コマ数より多い場合、
シャッターがきれません。新しいメモリーカードに交換すると撮
影できます。
❚❚ WB ブラケティング撮影をやめるには
[コマ数]を[0F]に設定してください。
D WB ブラケティングの制限について
WB ブラケティングは、RAW を含む画質モードでは使用できません。
D WB ブラケティング撮影について
•
WB ブラケティングでは、色温度(A(アンバー)から B(ブルー)への横方
向)の補正のみを行います。G(グリーン)から M(マゼンタ)への縦方向の
補正は行いません。
• 撮影中に電源を OFF にした場合、全てのコマの記録が終了してから電源が切れ
ます。
• セルフタイマー撮影時には、シャッターボタンを全押しすると、カスタムメ
ニュー c2[セルフタイマー]の[撮影コマ数]で設定した撮影コマ数にかか
わらず、0 195 の手順 2 で設定した撮影コマ数が全て記録されます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
197
ADL ブラケティングの撮影方法
1[オートブラケティングのセット]で[ADLブラケティン
グ]を選ぶ
設定項目として[コマ数]と[効果の度合い]が表示されます。
2 撮影コマ数を設定する
•[コマ数]を選んでマルチセレクター
の 42 を押すと、撮影コマ数を設定で
きます。
•[0F]以外に設定すると、撮影画面に
アイコンが表示されます。
• 設定した撮影コマ数により、ブラケティングの内容が次のように
異なります。
撮影コマ数
ブラケティングの内容
2 コマ
[しない]→(手順 3 で設定するアクティブ D- ライティン
グの度合い)
3 コマ
4 コマ
5 コマ
[しない]→[弱め]→[標準]
[しない]→[弱め]→[標準]→[強め]
[しない]→[弱め]→[標準]→[強め]→[より強め]
• 撮影コマ数を 3 コマ以上に設定した場合は、手順 4 に進んでくだ
さい。
198 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
3 アクティブ D-ライティングの度合いを設定する
•[効果の度合い]を選んで 42 を押すと、撮影コマ数が 2 コマの
ときの 2 コマ目のアクティブ D- ライティングの度合いを設定でき
ます。
• アクティブ D- ライティングの度合いは、次のようになります。
[効果の度合い]
OFF L
OFF N
OFF H
OFF H*
OFF AUTO
ブラケティングの内容
[しない]→[弱め]
[しない]→[標準]
[しない]→[強め]
[しない]→[より強め]
[しない]→[オート]
4 撮影する
• 設定した撮影コマ数を撮影してくだ
さい。
• 撮影画面に、ADL ブラケティングのア
イコンと残りの撮影コマ数が表示され
ます。撮影するたびに残りのコマ数表
示が減少します。
❚❚ ADL ブラケティング撮影をやめるには
[コマ数]を[0F]に設定してください。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
199
D ADL ブラケティング撮影について
• レリーズモードを連続撮影に設定した場合、シャッターボタンを押し続ける
と、セットしたコマ数の撮影が終了した時点でいったん停止します。シャッ
ターボタンを押し直すと、次の連続撮影が可能になります。
• 撮影中に電源を OFF にしても、もう一度 ON にすれば撮影を再開できます。
• 撮影中にメモリーカードのメモリー残量がなくなっても、メモリー残量のある
他のメモリーカードに交換すれば残りを撮影できます。
200 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
多重露出
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
2〜10コマのRAWデータを重ねて写し込み、1つの画像として記録します。
• する(連続)
:解除するまで連続して多重露出撮影します。多
重露出撮影を解除するには、もう一度[多重露出モード]を
多重露出モード
選んで[しない]に設定してください。
• する(1 回):多重露出撮影を終了すると、多重露出が解除さ
れます。
• しない:多重露出撮影を解除します。
コマ数
コマ数(露光回数)を設定します。
• 加算:全ての露光結果をそのまま重ね合わせます。
• 加算平均:重ね合わせた画像の露出が適正になるように、露
光回数に合わせて自動的にゲイン(出力)を補正します。各
コマのゲインは、「1÷ 露光回数」となります。たとえば、露
光回数が「2 コマ」の場合は 1/2、
「3 コマ」の場合は 1/3 にな
ります。
• 比較明合成:撮影した各画像を比較し、最も明るい部分を選
択して合成します。
合成モード
+
• 比較暗合成:撮影した各画像を比較し、最も暗い部分を選択
して合成します。
+
全画像の保存
確認撮影
• する:多重露出で撮影した全てのコマを静止画として保存し
ます。
• しない:合成した画像のみ保存します。
[する]に設定すると、これまでに撮影したコマを合成して撮影
画面に半透明で表示します。
1 コマ目の画像 メモリーカード内の RAW 画像から 1 コマ目に使用する画像を選
(RAW)の指定 ぶことができます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
201
多重露出の撮影方法
1 静止画撮影メニュー[多重露出]を
選んでマルチセレクターの 2 を押す
2[多重露出モード]を設定する
•[多重露出モード]を選んで、2 を押し
ます。
• 13 を押して多重露出モードを設定
し、J ボタンを押します。
•[する(連続)]または[する(1 回)]
を選ぶと、多重露出の撮影待機状態に
なり、撮影画面にアイコンが表示され
ます。
3[コマ数](露光回数)を設定する
•[コマ数]を選んで、2 を押します。
• 13 を押して露光回数を設定し、J ボ
タンを押します。
4[合成モード]を設定する
•[合成モード]を選んで、2 を押しま
す。
• 13 を押して項目を選び、J ボタンを
押します。
202 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
5[全画像の保存]を設定する
•[全画像の保存]を選んで、2 を押し
ます。
• 13 を押して項目を選び、J ボタンを
押します。
•[する]を選ぶと、多重露出で撮影した
各コマの画像と合成後の画像を保存します。[しない]を選ぶと、
合成後の画像のみを保存します。
6[確認撮影]を設定する
•[確認撮影]を選んで、2 を押します。
• 13 を押して項目を選び、J ボタンを
押します。
•[する]を選ぶと、これまでに撮影した
コマを合成して撮影画面に半透明で表
示します。前のコマと構図を合わせやすくなります。
7[1コマ目の画像(RAW)の指定]
を設定する
• 撮影済みの画像に重ねて写し込みたい
場合は、
[1 コマ目の画像(RAW)の指
定]を選んで 2 を押し、メモリーカー
ド内の RAW 画像から 1 コマ目に使用す
る画像を選びます。
• 静止画撮影メニュー[画像サイズ]の[RAW]を[サイズ L]に
設定して撮影した RAW 画像のみ使用できます。
• マルチセレクターで黄色い枠を移動して画像を選びます。
• 画像は、X ボタンを押している間、拡大して確認できます。
• 画像を選択したら、J ボタンを押します。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
203
8 撮影を開始する
• 設定したコマ数を撮影してください。
手順 7 の[1 コマ目の画像(RAW)の
指定]でメモリーカード内の RAW 画像
から 1 コマ目に使用する画像を選んだ場合は、2 コマ目以降を撮
影します。
• 設定したコマ数を撮影すると、合成画像を作成して保存します。
•[する(連続)]の場合、[多重露出モード]で[しない]を選ん
で多重露出モードを解除するまで、多重露出撮影できます。
• 多重露出モードが[する(1 回)
]の場
合、手順 3 で設定したコマ数分の撮影を
すると、多重露出撮影が解除されます。
D 保存された合成画像について
画質モードを RAW に設定して撮影した場合、画質モード[FINE ★]の JPEG 画
像が保存されます。
204 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
i メニューを使う
多重露出撮影中に K ボタンを押してから i ボ
タンを押すと、次のメニューが表示されます。
項目を選んで J ボタンを押すと、選んだ項目
が実行されます。
合成画像の確認
それまでに撮影したコマで合成画像を作成してプレ
ビューします。
撮影画像の撮り直し
最後に撮影したコマを撮影し直せます。
保存して終了
保存せずに終了
それまでに撮影したコマで合成画像を作成し、保存して多
重露出撮影を終了します。
合成画像を保存しないで多重露出撮影を終了します。
[全
画像の保存]が[する]の場合は、撮影した画像を合成せ
ずに 1 コマずつ保存します。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
205
D 多重露出撮影時のご注意
• 多重露出の撮影途中に画像を再生したりメニューを表示して、操作をしないま
ま 40 秒程度(メニュー表示時は 90 秒程度)経過すると、画像が記録されて多
重露出が解除されます。撮影間隔が長くなる場合は、カスタムメニュー c3[パ
ワーオフ時間]の[画像の再生]または[メニュー表示]を長めに設定する
と、多重露出が解除されるまでの時間が延長されます。
• 多重露出で撮影する場合、ノイズ(ざらつき、むら、すじ)が発生しやすくな
ります。
• レリーズモードを連続撮影に設定した場合、多重露出モードが[する(1 回)]
のときは、多重露出で設定された撮影コマ数の撮影後、多重露出撮影を解除し
ます。
[する(連続)
]のときは、多重露出で設定された撮影コマ数で多重露出
撮影を繰り返し行えます。
• セルフタイマー撮影時には、シャッターボタンを全押しすると、カスタムメ
ニュー c2[セルフタイマー]の[連続撮影間隔]で設定した撮影間隔で撮影
します。ただし、c2 の[撮影コマ数]で設定した撮影コマ数にかかわらず、多
重露出で設定した撮影コマ数の撮影が終了した時点で画像が記録されます。
• 多重露出撮影中にカメラの設定を変更すると、多重露出撮影が終了する場合が
あります。
• 多重露出の撮影設定および撮影データは 1 コマ目の内容になります。
• 多重露出による撮影中は、メモリーカードを交換しないでください。
• 多重露出撮影中はメモリーカードの初期化はできません。また、一部のメ
ニュー項目がグレーで表示されて選択できません。
206 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
❚❚ 多重露出撮影を終了するには
設定したコマ数分を撮影する前に多重露出撮
影を終了するには、多重露出モードを[しな
い]に設定します。多重露出撮影を中断する
と、その時点までの露光結果だけを重ね合わ
せた画像が記録されます([合成モード]を
[加算平均]に設定していた場合は、露光回数
に合わせてゲイン補正が行われます)
。
このほか、次の場合も、多重露出は終了されます。
• 1 コマ目撮影後に半押しタイマーがオフになったとき
• 多重露出撮影中にKボタンを押してからiボタンを押し、
[保存して終
了]または[保存せずに終了]を選んだとき
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
207
HDR(ハイダイナミックレンジ)
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
1回の撮影で露出が異なる画像を2コマ撮影して合成することにより、輝
度範囲の広いシーンでも白とびや黒つぶれの少ない画像を記録します。
明暗差が著しい撮影シーンなどで、シャドー部からハイライト部まで幅
広く再現された画像になります。
+
露出暗めで撮影
露出明るめで撮影
HDR モードで合成
した画像
した画像
された画像
• する(連続):解除するまで連続して HDR 撮影します。HDR
HDR モード
モードを解除するには、もう一度[HDR モード]を選んで
[しない]に設定してください。
• する(1 回)
:1 回撮影を終了すると、HDR モードが解除されます。
• しない:HDR モードを解除します。
露出差
合成する 2 コマの露出差を設定できます。露出差が大きいほど、
階調の幅が広がります。
[オート]に設定すると、撮影シーンに
応じて自動的に露出差を設定します。
スムージング
合成する 2 コマの境界のなめらかさを設定できます。
[する]に設定すると、合成する 2 コマの画像をそれぞれ RAW 形
合成前の画像を
式で保存します。RAW 画像は静止画撮影メニュー[画像サイズ]
保存(RAW)
の[RAW]の設定にかかわらず、
[サイズ L]で保存されます。
208 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
HDR の撮影方法
HDR モードを設定したときは、測光モードをマルチパターン測光に設定
して撮影することをおすすめします。
1 静止画撮影メニュー[HDR(ハイ
ダイナミックレンジ)]を選んでマ
ルチセレクターの 2 を押す
2[HDRモード]を設定する
•[HDR モード]を選んで 2 を押します。
• 13 を押して HDR モードを設定し、
J ボタンを押します。
解除するまで連続して HDR 撮影します。HDR モード
0
する(連続) を解除するには、もう一度[HDR モード]を選んで
[しない]を選んでください。
する(1 回) 撮影を終了すると、HDR モードが解除されます。
しない
HDR モードを解除します。
•[する(連続)]または[する(1 回)
]
を選ぶと、HDR モードの撮影待機状態
になり、撮影画面にアイコンが表示さ
れます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
209
3[露出差]を設定する
•[露出差]を選んで 2 を押します。
• 13 を押して露出差を設定し、J ボタ
ンを押します。
• 露出差を大きく設定するほど、輝度範
囲のより広い被写体に対応できます。
• 被写体の輝度範囲に適した露出差以上
に設定すると、不自然な画像になる場
合があります。被写体の輝度範囲に合わせて選んでください。
•[オート]に設定すると、シーンに適した露出差が選ばれます。
4[スムージング]を設定する
•[スムージング]を選んで 2 を押します。
• 13 を押してスムージング(2 枚の画
像の境界のなめらかさ)の強さを設定
し、J ボタンを押します。
• スムージングを強めに設定するほど、
画像がよりなめらかに合成されます。
210 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
5[合成前の画像を保存(RAW)]を
設定する
•[合成前の画像を保存(RAW)]を選ん
で、2 を押します。
• 13 を押して項目を選び、J ボタンを
押します。
•[する]を選ぶと、合成する 2 コマの画像をそれぞれ RAW 形式で
保存します。
6 構図を決め、ピントを合わせて撮影する
• シャッターボタンを全押しすると、2 回連続してシャッターがき
れます。
• 合成処理中は、表示パネルに Job と HDR が点滅し
ます。この表示が消えるまで撮影できません。
•[する(連続)]の場合、
[HDR モード]で
[しない]を選んで HDR モードを解除するま
で、HDR モードで撮影できます。
• HDR モードが[する(1 回)
]の場合、1 回撮
影すると、HDR モードが解除されます。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
211
D RAW を含む画質モードについて
RAW を含む画質モードの場合、HDR 撮影はできません。
D HDR 撮影時のご注意
• 撮影した画像の画像周辺部は切り取られます。
• 動いている被写体を撮影する場合や撮影時の手ブレの量が大きい場合は、正し
く合成されない場合があります。撮影時は、三脚をお使いいただくことをおす
すめします。
• 撮影シーンによっては、明るい被写体の周辺に暗い影がでたり、暗い被写体の
周辺が明るくなったりします。[スムージング]の設定で調整できます。
• 被写体によっては画像に階調とびが発生する場合があります。
• 測光モードが中央部重点測光またはスポット測光のときに[露出差]を[オー
ト]に設定すると、露出差は[2 EV]相当の度合いに固定されます。
• 別売のスピードライトは発光しません。
• レリーズモードを連続撮影に設定した場合にシャッターボタンを全押しし続
けても連続撮影しません。
• シャッタースピードは、Bulb(バルブ)または Time(タイム)に設定できません。
D HDR モードの制限について
次の場合など、HDR モードとは同時に使用できない機能や設定があります。
• オートブラケティング撮影
• 多重露出撮影
• インターバルタイマー撮影
• タイムラプス動画撮影
• フォーカスシフト撮影
212 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
インターバルタイマー撮影
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
設定した撮影間隔(インターバル)と撮影回数で自動的に撮影するイン
ターバルタイマー撮影を行えます。インターバルタイマー撮影をすると
きは、レリーズモードを E 以外に設定してください。
撮影開始
インターバルタイマー撮影を開始します。
[開始日時の設定]で
[即時]を選んでいる場合は約 3 秒後に撮影を開始し、[日時指
定]を選んでいる場合は設定した日時に撮影を開始します。撮
影は、設定した撮影間隔とコマ数で繰り返されます。
インターバルタイマー撮影の開始方法を設定します。インター
開始日時の設定 バルタイマー撮影をすぐに開始する場合は[即時]を、開始日
時を設定する場合は[日時指定]を選びます。
撮影間隔
撮影回数×
1 回のコマ数
撮影間隔(時、分、秒)を設定します。
撮影回数と 1 回で撮影するコマ数を設定します。
[する]を選ぶと、1 コマ前に撮影した静止画と大きく明るさが
変化しないようにカメラが自動で露出を調整します。
露出平滑化
• 輝度の変化が大きい被写体を撮影するときは、露出が安定し
ないように見えることがあります。その場合は撮影間隔を短
くすることをおすすめします。
• 撮影モード M で静止画撮影メニュー[ISO 感度設定]の[感度
自動制御]が[しない]の場合、露出の平滑化は行いません。
サイレント撮影 [する]を選ぶと、シャッター音を出さずに撮影できます。
• する:撮影モードが P または A のときに、露光時間よりも撮影
間隔を優先して撮影します。
- フォーカスモードが AF-S の場合はカスタムメニューa2[AF-S
撮影間隔優先
モード時の優先]を、AF-C の場合はカスタムメニュー a1
[AF-C モード時の優先]を[レリーズ]に設定してください。
- 静止画撮影メニュー[ISO 感度設定]で[感度自動制御]の
[低速限界設定]を、撮影間隔よりも短くなるように設定し
てください。
• しない:撮影間隔よりも露光時間を優先して撮影します。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
213
項目を選んでマルチセレクターの 2 を押すと、オン M とオフ U
撮影開始時の
記録フォルダー
を切り換えられます。
• 新規フォルダー作成:インターバルタイマー撮影を開始するた
びに新しいフォルダーを自動的に作成して画像を保存します。
• ファイル番号リセット:新規フォルダーが作成されるたびに
ファイル番号が「0001」に戻ります。
インターバルタイマー撮影の撮影方法
1 静止画撮影メニュー[インターバル
タイマー撮影]を選ぶ
• マルチセレクターの 2 を押すと、イン
ターバルタイマー撮影の設定画面が表
示されます。
D インターバルタイマー撮影を開始する前に
• 試し撮りをすることをおすすめします。
• あらかじめセットアップメニュー[地域と日時]で日時が正確に設定されてい
ることを確認してください。
• インターバルタイマー撮影時は、カメラを三脚で固定し、静止画撮影メニュー
[手ブレ補正]を[しない]にすることをおすすめします。
• 撮影中のバッテリー切れを防ぐため、充分に充電されたバッテリー、または別
売のパワーコネクターと AC アダプターをお使いください。
214 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
2 インターバルタイマー撮影の設定をする
• 開始方法を選ぶ
[開始日時の設定]を選ん
で 2 を押す
開始方法を選んで J ボタン
を押す
- インターバルタイマー撮影をすぐに開始する場合は、[即時]を
選びます。
- インターバルタイマー撮影の開始日時を設定する場合は、[日時
指定]を選びます。表示される画面で開始日時を設定して J ボ
タンを押します。
• 撮影間隔(インターバル)を設定する
[撮影間隔]を選んで
2 を押す
撮影間隔(時、分、秒)を
設定して J ボタンを押す
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
215
• 撮影回数と 1 回のコマ数を設定する
[撮影回数×1 回のコマ数]
を選んで 2 を押す
撮影回数と 1 回で撮影する
コマ数を設定して、J ボタ
ンを押す
- レリーズモードが 1 コマ撮影の場合、撮影コマ数を 2 コマ以上に
設定すると、カスタムメニュー d1[低速連続撮影速度]で設定
された速度で撮影します。
-[サイレント撮影]を[する]に設定した場合、1 回のコマ数は
1 コマに固定されます。
• 露出平滑化をするかどうかを選ぶ
[露出平滑化]を選んで 2
を押す
露出平滑化をするかどうか
を選んで J ボタンを押す
• サイレント撮影を行うかどうかを選ぶ
[サイレント撮影]を選んで
2 を押す
サイレント撮影をするか
どうかを選んで J ボタンを
押す
216 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
• 露光時間よりも撮影間隔を優先して撮影するかどうかを選ぶ
[撮影間隔優先]を選んで
2 を押す
撮影間隔を優先して撮影す
るかどうかを選んで J ボタ
ンを押す
-[撮影間隔優先]が[する]のときは、被写体にピントが合わな
いなど撮影できない状態になると、自動的にインターバルタイ
マー撮影を終了します。
• 撮影開始時の記録フォルダーの設定をする
[撮影開始時の記録フォル
ダー]を選んで 2 を押す
各項目の設定をして J ボタ
ンを押す
3[撮影開始]を選んで J ボタンを押す
• 手順 2 の[開始日時の設定]で[即時]
を選んでいる場合は、約 3 秒後に撮影を
開始します。
• 手順 2 の[開始日時の設定]で[日時指
定]を選んでいる場合は、設定した日
時に撮影を開始します。
• 撮影中は撮影画面は消灯します。
• 設定した撮影間隔とコマ数で撮影を繰り返します。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
217
D インターバルタイマー撮影の待機状態について
• インターバルタイマー撮影の待機状態では、メ
モリーカードアクセスランプが点滅します。
• 待機状態でシャッターボタンを半押しすると、
撮影画面に[インターバル撮影中]と表示され、
Q アイコンが点滅します。
218 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
❚❚ インターバルタイマー撮影を一時停止するには
インターバルタイマー撮影を一時停止するには、次の操作を行います。
•[開始日時の設定]で[即時]を選んだ場合:撮影待機中に J ボタン
を押す
•[開始日時の設定]で[日時指定]を選んだ場合:撮影待機中に静止
画撮影メニュー[インターバルタイマー撮影]で[一時停止]を選び、
J ボタンを押す
❚❚ インターバルタイマー撮影を再開するには
インターバルタイマー撮影を再開する手順は次の通りです。
すぐに再開する場合
[再開]を選んで J ボタ
ンを押す
再開する日時を設定する場合
[開始日時の設定]画面
で[日時指定]を選び
開始日時を設定して
J ボタンを押す
[再開]を選んで J ボタ
ンを押す
2 を押す
❚❚ インターバルタイマー撮影を途中で終了するには
インターバルタイマー撮影を途中で終了するには、撮影待機中に静止画
撮影メニュー[インターバルタイマー撮影]で[終了]を選び、J ボタ
ンを押します。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
219
D インターバルタイマー撮影についてのご注意
• 撮影間隔は、想定されるシャッタースピードに 1 回の撮影コマ数を掛けた値よ
りも長い時間を設定してください。実際のインターバルタイマー撮影には、イ
ンターバル時間の他、シャッタースピードやカメラが処理を行う時間などが含
まれます。撮影間隔が充分な長さに設定されていない場合は、設定した撮影間
隔で撮影できず、その回の撮影がキャンセルされることがあります。
• 撮影間隔が充分な長さに設定されていない場合は、設定した[撮影回数×1 回
のコマ数]で撮影できないことがあります。
• スピードライトを使用する場合は、適正な発光を行うために必要な充電時間よ
りも長い時間を設定してください。撮影間隔が充分な長さに設定されていない
場合は、発光量が不足することがあります。
• 設定した開始日時が現在時刻後 1 分以内の場合や[撮影間隔]が[00:00'00"]
の場合、シャッタースピードが Bulb(バルブ)または Time(タイム)の場合
など、インターバルタイマー撮影を開始または設定できないときには警告メッ
セージを表示します。
•[サイレント撮影]と[撮影間隔優先]の両方が[する]に設定され、
[撮影間
隔]が[00:00'0.5"]の場合、インターバルタイマー撮影を開始できません。
• メモリーカードのメモリー残量がない場合、撮影時刻ごとにカウントは進みま
すが、実際の撮影は行われません。メモリー残量のあるメモリーカードに交換
。
し、インターバルタイマー撮影を再開してください(0 219)
• 次の場合はインターバルタイマー撮影が一時停止状態になります。
- 電源を OFF にして、再度 ON にしたとき(電源が OFF の間にバッテリーやメ
モリーカードを交換しても、一時停止状態が持続します)
- レリーズモードを E に切り換えたとき
• インターバルタイマー撮影中にカメラの設定を変更すると、インターバルタイ
マー撮影が終了する場合があります。
• フォーカスモードが AF-S の場合は、撮影ごとにピント合わせを行います。
• オートフォーカスで被写体にピントが合わないとき、
[撮影間隔優先]が[し
ない]の場合はその回の撮影をキャンセルして次の回から撮影を再開します
(撮影ごとにピントを合わせます)
。
D 撮影コマ数について
レリーズモードに関係なく、1 回の撮影ごとに設定された撮影コマ数が撮影され
ます。
D インターバルタイマー撮影待機中の各種設定について
インターバルタイマー撮影の待機中は、各種設定やメニュー画面の操作や、画
像の再生を行うことができます。ただし、撮影時刻の数秒前に画面の表示を消
灯して、撮影に入ります。
220 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
D オートブラケティングとインターバルタイマー撮影の組み合わせに
ついて
• インターバルタイマー撮影とオートブラケティングを同時に行う場合は、オー
トブラケティングを先にセットしてからインターバルタイマーを設定してく
ださい。
• インターバルタイマー撮影時にAE・フラッシュブラケティング、
AEブラケティ
ング、フラッシュブラケティングまたは ADL ブラケティングを行う場合は、撮
影時間ごとにオートブラケティングで設定したコマ数が撮影されます。
• インターバルタイマー撮影時に WB ブラケティングを行う場合は、撮影時間ご
とに 1 コマ撮影し、オートブラケティングで設定したコマ数が記録されます。
•[撮影間隔優先]で[する]を選んだ場合、インターバルタイマー撮影時にオー
トブラケティングは行えません。
D インターバルタイマー撮影の制限について
次の場合など、インターバルタイマー撮影とは同時に使用できない機能や設定
があります。
• 動画撮影
• 長時間露出(バルブまたはタイム)撮影
• HDR(ハイダイナミックレンジ)
• 多重露出撮影
• フォーカスシフト撮影
• タイムラプス動画撮影
D[サイレント撮影]を[する]にした場合の制限について
次の場合など、
[サイレント撮影]を[する]に設定すると使用できない機能や
設定があります。
•
ISO 感度の Hi 0.3 〜 Hi 2
• フラッシュ撮影
• 露出ディレーモード
• フリッカー低減
• オートブラケティング撮影
D インターバルタイマー撮影の設定について
電源を OFF にしたり、レリーズモードを切り換えたりした場合も、設定した内
容は記憶されています。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
221
タイムラプス動画
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
設定した撮影間隔で自動的に撮影を行い、撮影した静止画をつないで動
画として記録できます。
タイムラプス動画撮影を開始します。約 3 秒後に撮影を開始し、
撮影開始
設定した[撮影時間]内に設定した[撮影間隔]で撮影を繰り
返します。
撮影間隔
撮影間隔(分、秒)を設定します。
撮影時間
撮影時間(時、分)を設定します。
[する]を選ぶと、明るさの変化がなめらかになり、より自然な
動画を記録します。
• 輝度の変化が大きい被写体を撮影するときは、露出が安定し
露出平滑化
ないように見えることがあります。その場合は撮影間隔を短
くすることをおすすめします。
• 撮影モード M で静止画撮影メニュー[ISO 感度設定]の[感度
自動制御]が[しない]の場合、露出の平滑化は行いません。
サイレント撮影 [する]を選ぶと、シャッター音を出さずに撮影できます。
撮像範囲設定
画像サイズ /
フレームレート
タイムラプス動画撮影時の撮像範囲を[FX]または[DX]に
設定できます。
記録されるタイムラプス動画の画像サイズ(ピクセル)とフレー
ムレートを設定できます。設定できる項目は動画撮影メニュー
[画像サイズ / フレームレート]と同じです。
• する:撮影モードが P または A のときに、露光時間よりも撮影
間隔を優先して撮影します。
撮影間隔優先
- フォーカスモードが AF-S の場合はカスタムメニューa2[AF-S
モード時の優先]を、AF-C の場合はカスタムメニュー a1
[AF-C モード時の優先]を[レリーズ]に設定してください。
- 静止画撮影メニュー[ISO 感度設定]で[感度自動制御]の
[低速限界設定]を、撮影間隔よりも短くなるように設定し
てください。
• しない:撮影間隔よりも露光時間を優先して撮影します。
222 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
タイムラプス動画の撮影方法
1 静止画撮影メニュー[タイムラプス
動画]を選ぶ
• マルチセレクターの 2 を押すと、
[タイ
ムラプス動画]画面が表示されます。
D タイムラプス動画撮影を開始する前に
• タイムラプス動画撮影で撮影される静止画の画角は、動画撮影時と同じになり
ます。構図を確認してから撮影することをおすすめします。構図を確認するに
は、
[タイムラプス動画]画面で設定中に X ボタンを押します。W(Q)ボタ
ンを押すと元の画面に戻ります。
• 試し撮りをして、画像を再生して確認することをおすすめします。
• あらかじめセットアップメニュー[地域と日時]で日時が正確に設定されてい
ることを確認してください。
• タイムラプス動画撮影時は、カメラを三脚で固定し、静止画撮影メニュー[手
ブレ補正]を[しない]にすることをおすすめします。
• 撮影中のバッテリー切れを防ぐため、別売のパワーコネクターと
AC アダプ
ター、または充分に充電されたバッテリーをお使いください。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
223
2 タイムラプス動画の設定をする
• 撮影間隔(インターバル)を設定する
[撮影間隔]を選んで 2 を
押す
撮影間隔(分、秒)を設定
して J ボタンを押す
- 撮影間隔は、想定されるシャッタースピードよりも長い時間を
設定してください。
• 撮影時間を設定する
[撮影時間]を選んで 2 を
押す
撮影時間(時、分)を設定
して、J ボタンを押す
- 撮影時間は、最長で 7 時間 59 分まで設定できます。
• 露出平滑化をするかどうかを選ぶ
[露出平滑化]を選んで 2
を押す
露出平滑化をするかどうか
を選んで J ボタンを押す
224 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
• サイレント撮影を行うかどうかを選ぶ
[サイレント撮影]を選んで
2 を押す
サイレント撮影をするか
どうかを選んで J ボタンを
押す
• 撮像範囲を設定する
[撮像範囲設定]を選んで
2 を押す
撮像範囲を選んで J ボタン
を押す
• 画像サイズ / フレームレートを設定する
[画像サイズ / フレームレー
ト]を選んで 2 を押す
動画の画像サイズ / フレー
ムレートを選んで J ボタン
を押す
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
225
• 露光時間よりも撮影間隔を優先して撮影するかどうか選ぶ
[撮影間隔優先]を選んで
2 を押す
撮影間隔を優先して
撮影するかどうかを選んで
J ボタンを押す
-[撮影間隔優先]が[する]のときは、被写体にピントが合わな
いなど撮影できない状態になると、自動的にタイムラプス動画
撮影を終了します。
3[撮影開始]を選んで J ボタンを押す
• 約 3 秒後に撮影を開始します。
• 撮影中は撮影画面は消灯します。
• 手順 2 で設定した[撮影時間]内に、設
定した[撮影間隔]で撮影を繰り返し
ます。
226 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
❚❚ タイムラプス動画撮影を途中で終了するには
• タイムラプス動画撮影を途中で終了するには、撮影待機中に静止画撮
影メニュー[タイムラプス動画]で[終了]を選び、J ボタンを押し
ます。ただし[撮影間隔]の設定が短い場合、J ボタンを押しても途
中で終了できない場合があります。その場合はカメラの電源を OFF に
して終了してください。
• タイムラプス動画撮影を終了すると、終了時点までの動画がメモリー
カードに記録され、通常の撮影待機状態に戻ります。
D タイムラプス動画の記録コマ数(撮影回数)と動画の長さについて
• 手順 2 で設定する撮影時間を撮影間隔で割った数(小数点以下切り上げ)に 1
を足した数が、記録コマ数(撮影回数)になります。
• タイムラプス動画で記録される動画の長さは、上記の記録コマ数÷[画像サイ
ズ / フレームレート]で選んだフレームレートで計算できます(例えば、
[画像
サイズ / フレームレート]が[1920×1080 24p]のときに記録コマ数が 48
コマの場合、記録される動画の長さは約 2 秒になります)
。
• 最長 20 分の動画を記録できます。
動画の画像サイズ / フレームレート
メモリーカード
使用状況
記録時間 /
最長記録時間
D 撮影直後の画像確認について
タイムラプス動画撮影中は、K ボタンで画像を表示することはできません。た
だし、再生メニュー[撮影直後の画像確認]を[する]または[する(画像モ
ニター表示のみ)]にすると、撮影のたびに自動的に画像が数秒間表示されます
(表示だけを行い、通常の再生時の操作は無効になります。また、撮影間隔が短
い場合は表示されないことがあります)
。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
227
D タイムラプス動画撮影についてのご注意
• タイムラプス動画には音声は記録されません。
• 実際のタイムラプス動画撮影には、インターバル時間の他、シャッタースピー
ドやカメラが処理を行う時間が含まれます。そのため、設定した撮影間隔で撮
影できないことがあります。
• 次のような場合には、タイムラプス動画撮影を開始または設定できません。
- 設定した[撮影時間]が[撮影間隔]より短い場合
-[撮影時間]または[撮影間隔]が[00:00'00"]の場合
- メモリーカードのメモリー残量がない場合
• タイムラプス動画撮影中は、K ボタンを押しても画像の再生はできません。
G ボタンを押すと[タイムラプス動画]画面が表示され、その他のメニュー
は選択できません。
• タイムラプス動画を撮影する場合、ホワイトバランスを 4(オート)または
D(自然光オート)以外に設定すると色みを固定することができます。
• タイムラプス動画を撮影する場合、設定に関わらず[アクティブ D- ライティ
ング]は[しない]に固定されます。
• タイムラプス動画撮影中は、カスタムメニュー c3[パワーオフ時間]の[半
押しタイマー]の設定にかかわらず、半押しタイマーはオフになりません。
• タイムラプス動画撮影中にカメラの設定を変更したり、カメラの操作を行った
り、HDMI ケーブルを接続すると、撮影が終了することがあります。その場合
はその時点までの動画を記録してタイムラプス動画撮影を終了します。
• 次の場合は動画を記録せずに、タイムラプス動画撮影が終了します(タイムラ
プス動画撮影終了時の電子音は鳴りません)
。
- バッテリーや AC アダプターを取り外したとき
- メモリーカードを取り出したとき
• フォーカスモードが AF-S の場合は、撮影ごとにピント合わせを行います。
• オートフォーカスで被写体にピントが合わないとき、
[撮影間隔優先]が[し
ない]の場合はその回の撮影をキャンセルして次の回から撮影を再開します
(撮影ごとにピントを合わせます)
。
228 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
D タイムラプス動画撮影の待機状態について
• タイムラプス動画撮影の待機状態では、表示パ
ネルにタイムラプス動画撮影中マークが点灯し
ます。また、メモリーカードアクセスランプが
点灯します。
• 待機状態で G ボタンを押すと、画像モニター
の[タイムラプス動画]画面に撮影間隔と撮影
時間、露出平滑化などの設定が表示されます。
また、
[終了]を選んでタイムラプス動画撮影を
終了できます(0 227)。ただし撮影間隔が短い
場合は表示されないことがあります。
D タイムラプス動画の制限について
次の場合など、タイムラプス動画とは同時に使用できない機能や設定があります。
• 動画撮影
• 長時間露出(バルブまたはタイム)撮影
• セルフタイマー撮影
• オートブラケティング撮影
• HDR(ハイダイナミックレンジ)
• 多重露出撮影
• インターバルタイマー撮影
• フォーカスシフト撮影
D[サイレント撮影]を[する]にした場合の制限について
次の場合など、
[サイレント撮影]を[する]に設定すると使用できない機能や設
定があります。
•
ISO 感度の Hi 0.3 〜 Hi 2
• フラッシュ撮影
• 露出ディレーモード
• 長秒時ノイズ低減
• フリッカー低減
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
229
フォーカスシフト撮影
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
ピント位置を変えながら自動的に連続撮影を行います。ピント面の異な
る複数の画像を合成して被写界深度の深い画像を作成する、深度合成の
素材を撮影できます。フォーカスシフト撮影をするときは、フォーカス
モードを AF-S または AF-C に設定し、レリーズモードを E 以外に設定し
てください。
撮影開始
撮影回数
フォーカス
ステップ幅
撮影を開始します。撮影は、設定したフォーカスステップ幅で
繰り返されます。
撮影回数を最大 300 回まで設定できます。
フォーカスシフト撮影は、ピント位置を変更しながらステップ
撮影を行います。ピント位置の変更幅を設定します。
シャッターをきってから次にシャッターをきるまでの時間を秒
待機時間
単位で設定できます。
•[00]に設定すると、最大約5.5コマ/秒でシャッターがきれます。
• フラッシュを使用して撮影する場合は光量不足にならないよ
うに充電時間を考慮して設定してください。
露出固定
ピーキング
スタック画像
• する:露出を 1 コマ目撮影時の設定に固定します。
• しない:1 コマごとに露出を合わせます。
[記録する]に設定すると、フォーカスシフト撮影後、撮影した
画像からピントが合っている部分の輪郭を抽出し、簡易的に深度
合成したモノクロのピーキングスタック画像を記録します。意図
した被写体にピントが合っているかどうかを確認できます。
サイレント撮影 [する]を選ぶと、シャッター音を出さずに撮影できます。
項目を選んでマルチセレクターの 2 を押すと、オン M とオフ U
撮影開始時の
記録フォルダー
を切り換えられます。
• 新規フォルダー作成:フォーカスシフト撮影を開始するたびに
新しいフォルダーを自動的に作成して画像を保存します。
• ファイル番号リセット:新規フォルダーが作成されるたびに
ファイル番号が「0001」に戻ります。
230 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
フォーカスシフト撮影の撮影方法
1 静止画撮影メニュー[フォーカスシ
フト撮影]を選ぶ
• マルチセレクターの 2 を押すと、
フォーカスシフト撮影の設定画面が表
示されます。
D フォーカスシフト撮影を開始する前に
• 試し撮りをすることをおすすめします。
• フォーカスシフト撮影時は、カメラを三脚で固定し、静止画撮影メニュー[手
ブレ補正]を[しない]にすることをおすすめします。
• 撮影中のバッテリー切れを防ぐため、充分に充電されたバッテリー、または別
売のパワーコネクターと AC アダプターをお使いください。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
231
2 フォーカスシフト撮影の設定をする
• 撮影回数を設定する
[撮影回数]を選んで 2 を
押す
撮影回数を設定して、J ボ
タンを押す
• フォーカスステップ幅(ピント位置の間隔)を設定する
[フォーカスステップ幅]
を選んで 2 を押す
フォーカスステップ幅を
設定して、J ボタンを押す
- 2 を押すほどステップ間の幅が広くなり、4 を押すほど狭くな
ります。
D 近接撮影を行う場合
近接撮影では焦点深度が浅くなるため、近接被写体のフォーカスシフト撮影を
行う場合は、フォーカスステップ幅を狭めにし、撮影回数を多めにして撮影す
ることをおすすめします。
232 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
• 待機時間を設定する
[待機時間]を選んで 2 を
押す
待機時間を設定して、J ボ
タンを押す
- フラッシュを使用して撮影する場合は光量不足にならないよう
に充電時間を考慮して設定してください。
• 露出を固定するかどうかを選ぶ
[露出固定]を選んで 2 を
押す
露出を固定するかどうかを
選んで J ボタンを押す
• ピーキングスタック画像を記録するかどうかを選ぶ
[ピーキングスタック画像]
を選んで 2 を押す
ピーキングスタック画像を
記録するかどうかを選んで
J ボタンを押す
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
233
• サイレント撮影を行うかどうかを選ぶ
[サイレント撮影]を選んで
2 を押す
サイレント撮影をするか
どうかを選んで J ボタンを
押す
• 撮影開始時の記録フォルダーの設定をする
[撮影開始時の記録フォル
ダー]を選んで 2 を押す
各項目の設定をして J ボタ
ンを押す
3[撮影開始]を選んで J ボタンを押す
• 約 3 秒後に撮影を開始します。
• 撮影中は撮影画面は消灯します。
• 撮影開始時のピント位置から無限遠に
向かって連続撮影を行います。
• 設定した撮影回数に達するか、ピント
位置が無限遠に達すると撮影を終了します。
❚❚ フォーカスシフト撮影を途中で終了するには
フォーカスシフト撮影を途中で終了するには、次の撮影までの間に
シャッターボタンを半押しするか、J ボタンを押してください。
234 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
D ピーキングスタック画像を再生するには
•[ピーキングスタック画像]を[記録する]に設定して撮影した画像を再生す
ると、p マークが表示されます。i ボタンを押して[ピーキングスタック画像
の表示]を選ぶと、記録したピーキングスタック画像が表示されます。深度合
成をすると、白く映っている部分にピントが合った合成画像になります。
• ピーキングスタック画像は、フォーカスシフト撮影を行ったカメラでのみ再生
できます。
D フォーカスシフト撮影時の絞り値について
レンズの絞りを絞り込み過ぎることによる解像感の低下を防ぐため、絞り値を
f/8〜f/11よりも開いて(より小さい数値にして)撮影することをおすすめします。
D フォーカスシフト撮影の待機状態について
フォーカスシフト撮影の待機状態では、表示パネルのレリーズモードの表示が
非表示になります。また、メモリーカードアクセスランプが点滅します。
D フォーカスシフト撮影についてのご注意
• 実際のフォーカスシフト撮影には、待機時間の他、シャッタースピードやカメ
ラが処理を行う時間が含まれます。そのため、設定した待機時間で撮影できな
いことがあります。
• フォーカスシフト撮影中は、カスタムメニュー c3[パワーオフ時間]の[半
押しタイマー]の設定にかかわらず、半押しタイマーはオフになりません。
• スピードライトを使用する場合は、適正な発光を行うために必要な充電時間よ
りも長い時間を設定してください。待機時間が充分な長さに設定されていない
場合は、発光量が不足することがあります。
• シャッタースピードが Bulb(バルブ)または Time(タイム)の場合など、フォー
カスシフト撮影を開始できないときには警告メッセージを表示します。
• フォーカスシフト撮影中にカメラの設定を変更すると、フォーカスシフト撮影
が終了する場合があります。
• フォーカスシフト撮影中にピント合わせの動作を行うと、フォーカスシフト撮
影が終了します。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
235
D フォーカスシフト撮影の制限について
次の場合など、フォーカスシフト撮影とは同時に使用できない機能や設定があ
ります。
•
•
•
•
•
•
•
•
動画撮影
長時間露出(バルブまたはタイム)撮影
セルフタイマー撮影
オートブラケティング撮影
HDR(ハイダイナミックレンジ)
多重露出撮影
インターバルタイマー撮影
タイムラプス動画撮影
D[サイレント撮影]を[する]にした場合の制限について
次の場合など、
[サイレント撮影]を[する]に設定すると使用できない機能や
設定があります。
• ISO 感度の Hi 0.3 〜 Hi 2
• フラッシュ撮影
• 露出ディレーモード
• フリッカー低減
236 メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
サイレント撮影
G ボタン ➜ C 静止画撮影メニュー
。
シャッター音を出さずに撮影できます(0 63)
シャッターをきるときの振動をなくして撮影できます。風景や静物
など動きの少ない被写体を撮影する場合に適しています。撮影時は、
三脚をお使いいただくことをおすすめします。
• フラッシュ撮影はできません。
• 長秒時ノイズ低減は無効になります。
する
• カスタムメニュー d5[シャッター方式]の設定にかかわらず、電
子シャッターを使用します。
• セットアップメニュー[電子音]の設定にかかわらず、電子音は
鳴りません。
• レリーズモードが連続撮影の場合、連続撮影速度が変更されます
(0 83)。
しない
サイレント撮影を行いません。
メニューガイド > C 静止画撮影メニュー
237
1 動画撮影メニュー:
動画撮影で使える便利な機能
メニュー画面で 1 タブを選ぶと、動画撮影メ
ニューが表示されます。
動画撮影メニューの項目は次の通りです。
メニュー項目
動画撮影メニューのリセット
ファイル名設定
撮像範囲設定
画像サイズ / フレームレート
動画の画質
動画記録ファイル形式
ISO 感度設定
ホワイトバランス
ピクチャーコントロール
カスタムピクチャーコントロール
アクティブ D- ライティング
高感度ノイズ低減
ヴィネットコントロール
回折補正
0
239
239
239
239
239
240
240
241
241
241
241
242
242
242
メニュー項目
自動ゆがみ補正
フリッカー低減
測光モード
フォーカスモード
AF エリアモード
手ブレ補正
電子手ブレ補正
マイク感度
アッテネーター
録音帯域
風切り音低減
ヘッドホン音量
タイムコード
D 関連ページ
「動画撮影メニューの初期設定」(0 144)
238 メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
0
242
243
243
243
244
244
244
245
245
246
246
246
247
動画撮影メニューのリセット
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
[する]を選んで J ボタンを押すと、動画撮影メニューをリセットして
初期設定に戻します(0 144)。
ファイル名設定
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
このカメラで撮影した動画のファイル名 DSC_nnnn.mov の「DSC」の
3 文字を任意に変更できます(0 164)。
撮像範囲設定
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画撮影時の撮像範囲を FX と DX から選べます。
画像サイズ / フレームレート
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画を撮影するときの画像サイズ(ピクセル)とフレームレートを設定
します。画像サイズ / フレームレートの詳しい説明については、「i メ
ニューを使う」の「画像サイズ / フレームレート / 画質」
(0 111)をご
覧ください。
動画の画質
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画の画質を高画質と標準から選べます。
メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
239
動画記録ファイル形式
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画のファイル形式を MOV と MP4 から選べます。
ISO 感度設定
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時の ISO 感度に関する設定ができ
ます。
• 感度自動制御するときに
ISO 感度が高くなりすぎないように、
上限感度(200 〜 Hi 2)を設定できます。
制御上限感度
• 撮影モードが P、S、または A の場合と、撮影モード M で[M モー
ド時の感度自動制御]が[する]の場合は、ここで設定した感
度が自動制御の上限になります。
M モード時の
感度自動制御
• する:撮影モードが M のときもカメラが自動的に動画モード時
の ISO 感度を変更します。
• しない:撮影モードが M のときに、
[M モード時の ISO 感度]で
設定した ISO 感度に固定されます。
• 撮影モードが M 以外の場合は常に感度自動制御が動作します。
M モード時の 撮影モード M での動画モード時の ISO 感度(Z 7 は 64 〜 Hi 2、Z 6
は 100 〜 Hi 2)を設定できます。
ISO 感度
D 感度自動制御についてのご注意
•
ISO 感度が上がると、被写体によっては、ノイズ(ざらつき、むら、すじ)が
発生することがあります。
•
ISO 感度が上がると、ピントが合いにくくなることがあります。
• 上記の現象が発生する場合は、[ISO 感度設定]の[制御上限感度]を下げて
撮影してください。
240 メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
ホワイトバランス
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時のホワイトバランスを設定でき
ます。
[静止画の設定と同じ]を選ぶと、静止
。
画モード時と同じ設定になります(0 170)
ピクチャーコントロール
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時のピクチャーコントロールを設
定できます。
[静止画の設定と同じ]を選ぶ
と、静止画モード時と同じ設定になります
(0 175)
。
カスタムピクチャーコントロール
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
「ピクチャーコントロール」を好みに合わせて調整して、
「カスタムピク
チャーコントロール」として登録できます(0 177)
。
アクティブ D- ライティング
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時のアクティブD-ライティングを
設定できます。
[静止画の設定と同じ]を選ぶ
と、静止画モード時と同じ設定になります
(0 106、116)。
メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
241
高感度ノイズ低減
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画撮影時に、ISO 感度が高くなるほど発生しやすいノイズ(ざらつき)
を低減します(0 182)
。
ヴィネットコントロール
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時のヴィネットコントロールを設定できます。[静止画の設
定と同じ]を選ぶと、静止画モード時と同じ設定になります(0 182)
。
回折補正
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時の回折補正を設定できます(0 183)。
自動ゆがみ補正
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時の自動ゆがみ補正を設定できます(0 183)。
242 メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
フリッカー低減
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画撮影中に、蛍光灯や水銀灯などの光源下で画面に生じるちらつきや
横縞(フリッカー現象)を低減できます。通常はカメラが自動的に電源
周波数を選ぶ[オート]をお使いください。[オート]にしていても、
フリッカー低減効果が得られない場合は、お使いの地域の電源周波数に
応じて、[50 Hz]と[60 Hz]から選びます。東日本など電源周波数
が 50 Hz の地域では[50 Hz]を選び、西日本など電源周波数が 60 Hz
の地域では[60 Hz]を選んでください。
D 動画撮影メニュー[フリッカー低減]についてのご注意
•[オート]に設定してもフリッカー低減効果が得られない場合や電源周波数が
わからない場合は、設定を切り換えて試し撮りをすることをおすすめします。
• 被写体が非常に明るい場合、フリッカー低減効果が得られない場合がありま
す。絞りを絞り込んで(より大きい数値にして)ください。
• 撮影モードが
M 以外の場合、フリッカー低減効果が得られないことがありま
す。そのような場合は、撮影モードを M に設定し、シャッタースピードを次の
値にすることで、フリッカー現象を低減できます。
- 電源周波数が 50Hz の場合:1/100 秒、1/50 秒、1/25 秒
- 電源周波数が 60Hz の場合:1/125 秒、1/60 秒、1/30 秒
測光モード
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時の測光モードを設定できます。動画撮影メニューでは[ス
ポット測光]は選べません(0 104)
。
フォーカスモード
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時のフォーカスモードを設定できます(0 50)。
メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
243
AF エリアモード
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
。
動画モード時の AF エリアモードを設定できます(0 52)
手ブレ補正
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画モード時の手ブレ補正を設定できます。
[静止画の設定と同じ]を
選ぶと、静止画モード時と同じ設定になります(0 108)。
電子手ブレ補正
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
動画撮影時に電子手ブレ補正を行うかどうかを設定できます。
244 メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
マイク感度
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
内蔵マイクまたは外部マイクの感度の程度を設定します。
オート
カメラが自動的にマイク感度を調整します。
マイク感度を手動調整します。[1]
〜[20]の調整ができます。数字が
マニュアル
大きいほど感度が高く、小さいほど
低くなります。
録音しない
音声は記録しません。
D 音声が記録されていない動画の表示について
[マイク感度]を[録音しない]にして撮影した動
画の場合、1 コマ表示モード時と再生中に 2(音
声なしマーク)が表示されます。
アッテネーター
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
[有効]を選ぶと、大音量の環境下で動画撮影をするときに、マイク感度
を減衰させて音割れを抑えます。
メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
245
録音帯域
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
内蔵マイクまたは外部マイクの周波数特性を設定します。
S
広帯域
T
音声帯域
低音域から高音域まで録音します。楽器演奏や街のざわめき
の録音など、幅広いシーンに適しています。
主に人の声を録音したいときに適しています。
風切り音低減
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
[する]を選ぶと、ローカットフィルター機能により、内蔵マイクに吹
き付ける風の音を抑えて記録できます。ただし、風切り音以外の音も聞
こえにくくなることがあります。
別売のステレオマイクロホンをお使いの場合は、カメラ側で[風切り音
低減]を[する]に設定しても風切り音は低減されません。風切り音低
減機能のあるステレオマイクロホンをお使いの場合は、ステレオマイク
ロホン側で設定してください。
ヘッドホン音量
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
ヘッドホン音量を、13 を押して調整できます。
246 メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
タイムコード
G ボタン ➜ 1 動画撮影メニュー
フレームごとに「時・分・秒・フレーム」の情報(タイムコード)を記
録した動画を撮影できます。タイムコードはファイル形式が MOV の動
画にのみ記録できます。あらかじめセットアップメニュー[地域と日
時]で日時が正確に設定されていることを確認してください。
• する:動画にタイムコードを記録します。撮影画面にタイ
ムコードが表示されます。
タイムコード記録
• する(HDMI 外部出力あり):カメラと外部レコーダーを
HDMI ケーブルで接続している場合、外部レコーダーに記録
される動画にタイムコードを記録します。外部レコーダー
は Atomos 社 製 Monitor Recorder(SHOGUN、NINJA、
SUMO シリーズ)に対応しています。
• しない:タイムコードを記録しません。
カウントアップ
方式
• レックラン:動画撮影中のみタイムコードをカウントアッ
プします。
• フリーラン:常にタイムコードをカウントアップします。カ
メラの電源が OFF になっている場合もカウントアップして
います。
• リセット:現在表示されているタイムコードをリセットし
て「00:00:00.00」に戻します。
タイムコードの
起点
• 手動入力:時、分、秒、フレームをそれぞれ手動で設定で
きます。
• 現時刻:カメラに設定されている現在の時刻をそのままタ
イムコードとして使用します。
ドロップフレーム
[する]に設定すると、動画のフレームレートが 30fps または
60fps の場合に生じる実時間とタイムコードのずれを補正し
ます。
D HDMI 接続時のご注意
[タイムコード記録]が[す
HDMI 接続でテレビなどに外部出力している場合に、
る(HDMI 外部出力あり)]に設定されていると、画像が乱れることがあります。
メニューガイド > 1 動画撮影メニュー
247
A カスタムメニュー:
撮影に関するさらに詳細な設定
メニュー画面で A タブを選ぶと、カスタムメ
ニューが表示されます。
カメラの各種設定を撮影者の好み
に合わせて変更できます。カスタ
ムメニュー画面は、2 つの階層で
構成されています。
<第 1 階層>
248 メニューガイド > A カスタムメニュー
<第 2 階層>
カスタムメニューの項目は次の通りです。※1
メニュー項目
0
カスタムメニューのリセット
250
a オートフォーカス
a1 AF-C モード時の優先
a2 AF-S モード時の優先
a3 AF ロックオン
a4 オートエリア AF 時の顔と
251
251
252
瞳認識
a5 AF 点数
a6 縦 / 横位置フォーカス
ポイント切換
a7 半押し AF レンズ駆動
a8 AF エリアモードの限定
a9 フォーカスポイント循環
選択
a10 フォーカスポイント表示
の設定
a11 ローライト AF
a12 内蔵 AF 補助光の照射設定
a13 AF 設定時のフォーカス
リング操作 ※2
b 露出・測光
b1 露出設定ステップ幅
b2 露出補正簡易設定
b3 中央部重点測光範囲
b4 基準露出レベルの調節
c AE ロック・タイマー
c1 シャッターボタンAE ロック
c2 セルフタイマー
c3 パワーオフ時間
252
253
253
254
255
255
256
メニュー項目
d 撮影・記録・表示
d1 低速連続撮影速度
d2 連続撮影コマ数
d3 連動レリーズモード設定
d4 露出ディレーモード
d5 シャッター方式
d6 撮像範囲設定の限定
d7 連番モード
d8 Lv に撮影設定を反映
d9 格子線表示
d10 ピーキング表示
d11 連続撮影中の表示
e フラッシュ・BKT 撮影
e1 フラッシュ撮影同調速度
e2 フラッシュ時シャッター
スピード制限
256
257
e3 フラッシュ使用時の露出
257
e4
e5
e6
e7
258
258
258
259
補正
0
262
262
262
263
263
263
264
265
265
266
266
267
268
268
c 使用時の感度自動制御
269
269
BKT 変化要素(M モード) 270
BKT の順序
271
モデリング発光
260
260
261
メニューガイド > A カスタムメニュー
249
メニュー項目
0
f 操作
f1 i メニューのカスタマイズ 272
f2 カスタムボタンの機能
274
f3 OK ボタンの機能
282
f4 シャッタースピードと
283
絞り値のロック
f5
f6
f7
284
287
インジケーターの+/ −方向 287
コマンドダイヤルの設定
メニュー項目
0
g 動画
g1 i メニューのカスタマイズ
g2 カスタムボタンの機能
g3 OK ボタンの機能
g4 AF 速度
g5 AF 追従感度
g6 ハイライト表示
288
289
294
295
295
296
ボタンのホールド設定
※1 設定内容が初期設定と異なる場合、変更されたメニュー項目の左上にアスタ
リスク(U)を表示します。
※2 このメニューに対応したレンズを装着したときのみ表示されます。
D 関連ページ
「カスタムメニューの初期設定」(0 145)
カスタムメニューのリセット
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
カスタムメニューをリセットして初期設定に戻します。
250 メニューガイド > A カスタムメニュー
a
a:オートフォーカス
a1:AF-C モード時の優先
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
フォーカスモードが AF-C のときにシャッターボタンを押した場合の動
作を設定できます。
G
レリーズ
F
フォーカス
ピント状態に関係なく撮影優先でシャッターをきることがで
きます。
ピントが合うまで、シャッターボタンを全押ししてもシャッ
ターをきることができません。
フォーカスモードが AF-C のときは、[AF-C モード時の優先]の設定に
かかわらずにフォーカスロックは行われず、シャッターをきるまでピン
ト合わせの動作を続けます。
a2:AF-S モード時の優先
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
フォーカスモードが AF-S のときにシャッターボタンを押した場合の動
作を設定できます。
G
レリーズ
F
フォーカス
ピント状態に関係なく撮影優先でシャッターをきることがで
きます。
ピントが合うまで、シャッターボタンを全押ししてもシャッ
ターをきることができません。
フォーカスモードが AF-S のときは、
[AF-S モード時の優先]の設定にか
かわらず、フォーカスポイントが緑色に点灯した状態でシャッターボタ
ンの半押しを続けると、シャッターをきるまでフォーカスロックが行わ
れます。
メニューガイド > A カスタムメニュー
251
a3:AF ロックオン
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
フォーカスモードが AF-C のときに、カメラと
被写体の間を障害物や別の被写体が横切った
ときのピント動作を設定できます。
•[5(鈍感)
]に設定すると、元の被写体から
ピントが外れにくくなります。
•[1(敏感)
]に設定すると、横切った被写体
にピントが合いやすくなります。
• AF エリアモードがオートエリア AF の場合は、[2]、
[1(敏感)
]に設
定していても、
[3]を選んだときと同じ動作になります。
a4:オートエリア AF 時の顔と瞳認識
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
AF エリアモードがオートエリア AF の場合、カメラが人物の顔や瞳を認
識して顔や瞳にピントを合わせるかどうかを選べます。
顔認識と カメラが人物の顔を認識した場合、自動的に左右どちらかの瞳にピン
瞳認識する トを合わせます。瞳を認識できない場合は顔にピントを合わせます。
顔認識する 人物の顔を認識した場合、人物の顔にピントを合わせます。
しない
顔認識および瞳認識を行いません。
252 メニューガイド > A カスタムメニュー
a5:AF 点数
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
AF エリアモードがオートエリア AF 以外の場合、手動で選べるフォーカ
スポイントの数を設定できます。
R
全点
全てのフォーカスポイントを選べます。選べるフォーカスポイ
ントの数は AF エリアモードにより異なります。
[全点]に比べて約 1/4 のフォーカスポイントから選べます。
I
スキップ
フォーカスポイントの位置をすばやく動かせます。
[ワイドエ
リア AF(L)
]の場合は、選べるフォーカスポイントの数は変
化しません。
a6:縦 / 横位置フォーカスポイント切換
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
カメラを正位置(横位置)にしたときと、時計回りの縦位置と反時計回
りの縦位置にしたときで個別にフォーカスポイントを設定できます。
•[しない]に設定した場合、横位置と縦位置で同じフォーカスポイン
トを使います。
縦位置反時計回りに
90° 回転
横位置
縦位置時計回りに
90° 回転
メニューガイド > A カスタムメニュー
253
•[する]に設定すると、横位置と縦位置で個別にフォーカスポイント
を設定できます。
縦位置反時計回りに
横位置
90° 回転
縦位置時計回りに
90° 回転
a7:半押し AF レンズ駆動
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
シャッターボタンを半押ししたときに、ピント合わせをするかどうかを
設定できます。
[しない]を選んだ場合は、シャッターボタンを半押し
してもピントを合わせません。ピントを合わせるには、AF-ON ボタンま
たはカスタムメニュー f2[カスタムボタンの機能]で AF-ON 機能を割
り当てたボタンを押してください。
254 メニューガイド > A カスタムメニュー
a8:AF エリアモードの限定
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
i メニューやカスタムボタンに AF エリアモードを割り当てた場合に選
べる AF エリアモードを設定できます。
• 項目を選んでマルチセレクターの 2 を押す
と、オン M とオフ U を切り換えられます。
チェックボックスをオン M にした項目の
み、サブコマンドダイヤルで選べるように
なります。
• J ボタンを押すと、設定を完了します。
a9:フォーカスポイント循環選択
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
フォーカスポイントをサブセレクターやマルチセレクターで選ぶとき
に、上下左右端で循環するように設定できます。
[する]に設定すると、
たとえば画面の右端のフォーカスポイントを選んでいるときにサブセ
レクターを右に倒すと、フォーカスポイントが左端に移動します。
メニューガイド > A カスタムメニュー
255
a10:フォーカスポイント表示の設定
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
フォーカスポイントの表示に関する設定ができます。
マニュアルフォーカス時の表示
する
しない
マニュアルフォーカスでの撮影時にフォーカスポイントが常に点灯
します。
フォーカスポイントを移動したときのみ一瞬点灯します。
ダイナミック AF モード時のアシスト表示
ダイナミック AF モード時に、自分で選んだフォーカスポイントの周辺
のフォーカスポイントを表示するかどうかを設定できます。
する
しない
周辺のフォーカスポイントも同時に表示します。
自分で選んだフォーカスポイントのみ表示します。
a11:ローライト AF
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
[する]に設定すると、フォーカスモードが AF-S のときに暗い場所でも
ピントが合いやすくなります。
• 静止画モードの場合のみ有効になります。
• 撮影モードが b の場合は無効になります。
•[する]に設定している場合、ピント合わせの動作に時間がかかるこ
とがあります。
• ローライト AF 実行中は撮影画面に「Low-light」が表示されます。ま
た、撮影画面の画面がコマ落ちしたような表示になることがあります。
256 メニューガイド > A カスタムメニュー
a12:内蔵 AF 補助光の照射設定
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
シャッターボタンを半押ししたときに被写体が暗い場合、ピント合わせ
のために AF 補助光を自動的に照射するかどうかを設定できます。
する
静止画モードでフォーカスモードが AF-S の場合に、被写体が暗いと
AF 補助光を自動的に照射します。
しない
AF 補助光を照射しません。被写体が暗いときなどは、オートフォー
カスでのピント合わせはできなくなる場合があります。
D AF 補助光について
•
AF 補助光が届く距離範囲の目安は約 1 〜 3m です。
AF 補助光使用時は、レンズフードを取り外してください。
• AF 補助光が照射される場合、手などで AF 補助光を遮らないようにご注意くだ
•
さい。
a13:AF 設定時のフォーカスリング操作
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
レンズのフォーカスリングの操作を有効にするかどうかを設定できます。
有効
オートフォーカス時にレンズのフォーカスリングを回すとマニュア
ルフォーカスに切り替わります(M/A(マニュアル優先オートフォー
カスモード))。オートフォーカス時にシャッターボタンを半押しし
たままフォーカスリングを手で回転させると、マニュアルフォーカ
スでピントを調整できます。いったんシャッターボタンから指を放
し、再度半押しすると、オートフォーカスでピントを合わせます。
無効
フォーカスリングを回しても、オートフォーカスからマニュアル
フォーカスに切り替わりません。
メニューガイド > A カスタムメニュー
257
b:露出・測光
b1:露出設定ステップ幅
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
シャッタースピード、絞り値、ISO 感度、オートブラケティング補正値、
露出補正値、およびフラッシュ調光補正量のステップ幅を設定できます。
b2:露出補正簡易設定
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
E ボタンを使用せずに、コマンドダイヤルだけで露出補正できるように
設定を変更できます。
コマンドダイヤルだけで露出補正値を設定できます。コマンド
する
ダイヤルだけを使って設定した露出補正値は、電源を OFF にす
(自動リセット)
るか、半押しタイマーがオフになると、リセットされます。
コマンドダイヤルだけで露出補正値を設定できます。電源を
する
OFF にしても、半押しタイマーがオフになっても、設定した露
出補正値はリセットされません。
しない
E ボタンを押しながら、メインコマンドダイヤルを回して露出
補正を設定します。
• 撮影モード P、S、A の場合に有効です。撮影モード M の場合、露出補正
簡易設定は機能しません。
• 露出補正値を設定できるコマンドダイヤルは、撮影モードによって異
なります。
b3:中央部重点測光範囲
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
中央部重点測光は、撮影画面の中央部を重点的に測光して、露出値を決
定します。中央部重点測光の範囲を変更できます。
258 メニューガイド > A カスタムメニュー
b4:基準露出レベルの調節
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
適正露出の基準を撮影者の好みに合わせ、測
光モードごとに明るめ(+側)または暗め
(−側)に調節できます。1/6 段ステップ幅で
±1 段の範囲で設定できます。初期設定は 0
です。
D 基準露出レベルの調節について
カスタムメニュー b4[基準露出レベルの調節]を 0 以外に設定しても、E マー
クは表示されませんのでご注意ください。設定した基準露出レベルは、カスタ
ムメニュー b4 の画面でのみ確認できます。
メニューガイド > A カスタムメニュー
259
c:AE ロック・タイマー
c1:シャッターボタン AE ロック
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
シャッターボタンを押して AE ロックを行うかどうかを設定できます。
O
P
する(半押し)
する(連続撮影時)
シャッターボタンを半押ししたときに AE ロックを行
います。
シャッターボタンを半押ししたときには AE ロックを
行わず、全押ししたときに AE ロックを行います。
シャッターボタンを押してもAE ロックを行いません。
しない
c2:セルフタイマー
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
セルフタイマー撮影時にシャッターボタンを全押ししてからシャッ
ターがきれるまでの時間と、撮影するコマ数、連続撮影するときの撮影
間隔を設定できます。
時間
撮影コマ数
連続撮影間隔
シャッターがきれるまでの時間を選べます。
マルチセレクターの 13 を押して、1 コマ〜 9 コマの間で設
定できます。
[撮影コマ数]を 2 コマ以上に設定した場合に連続撮影すると
きの撮影間隔を選べます。
260 メニューガイド > A カスタムメニュー
c3:パワーオフ時間
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
画像モニターやファインダーが自動的に消灯するまでの時間を変更で
きます。
•[画像の再生]、[メニュー表示]、[撮影直後の画像確認]、
[半押しタ
イマー]で個別に設定できます。
•[半押しタイマー]では、シャッターボタンを半押ししてからどれく
らいの間カメラを操作しないと画像モニター、ファインダー、表示パ
ネルが消灯するかを設定できます。画像モニターとファインダーが消
灯する数秒前は、表示が暗くなります。
• 表示時間を延長すると、バッテリーの消耗が早くなります。
メニューガイド > A カスタムメニュー
261
d:撮影・記録・表示
d1:低速連続撮影速度
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
低速連続撮影時の連続撮影速度を、
[5 コマ / 秒]〜[1 コマ / 秒]の間で
設定できます。
d2:連続撮影コマ数
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
連続撮影を最大何コマまで継続できるか 1 コマ〜 200 コマの間で設定し
ます。
• 撮影モードが S または M のときにシャッタースピードが 1 秒または 1 秒
よりも遅い場合は、連続撮影のコマ数は制限されません。
D 連続撮影コマ数について
カスタムメニュー d2[連続撮影コマ数]で設定するコマ数は、連続撮影を継続
できる最大のコマ数です。ただし、連続撮影速度を維持したまま連続撮影でき
るコマ数には、画質モードなどによって上限があります。このコマ数を超える
と「r00」と表示され、連続撮影速度は低下します。
d3:連動レリーズモード設定
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
別売のワイヤレスリモートコントローラーを接続した場合に、マスター
カメラのレリーズに連動してリモートカメラをレリーズさせるかどう
かを設定できます。
262 メニューガイド > A カスタムメニュー
d4:露出ディレーモード
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
顕微鏡撮影時など、カメラブレを最小限に抑えたい場合に、シャッター
ボタンを押してから約 0.2 〜 3 秒後にシャッターがきれるように変更で
きます。
d5:シャッター方式
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
静止画を撮影するシャッター方式を設定できます。
シャッタースピードに応じて、カメラが自動でシャッター方式
O
オート
P
メカニカル
常にメカニカルシャッターで撮影します。
シャッター
x
電子先幕
を切り換えます。シャッタースピードが低速になった場合、電
子先幕シャッターに切り換わり、カメラブレを低減します。
シャッター
常に電子先幕シャッターで撮影します。
D 電子先幕シャッターについて
[電子先幕シャッター]に設定している場合は、シャッタースピードの上限が
1/2000 秒に制限されます。
d6:撮像範囲設定の限定
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
iメニューやカスタムボタンに撮像範囲を割り当ててコマンドダイヤル
を回して撮像範囲を設定する場合に、選べる撮像範囲を限定します。
• 項目を選んでマルチセレクターの 2 を押す
と、オン M とオフ U を切り換えられます。
チェックボックスをオンMにした項目のみ、
コマンドダイヤルで選べるようになります。
• J ボタンを押すと、設定を完了します。
メニューガイド > A カスタムメニュー
263
d7:連番モード
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
ファイル名に使われるファイル番号の連番について設定できます。
する
メモリーカードを交換したり、画像を記録するフォルダーを変更し
ても、連番でファイル番号を付けます。複数のカードを使って撮影
してもファイル番号が重複しないため、撮影後の画像ファイルを管
理しやすくなります。
メモリーカードや画像を記録するフォルダーを変更するたびに、
ファイル番号が「0001」に戻ります。画像を記録するフォルダー内
しない
にすでに画像ファイルがある場合は、次の番号からファイル番号が
付きます。
連番モードを[する]から[しない]に変更しても、カメラはファ
イル番号を記憶しています。次に[する]に切り換えたときは、以
前記憶した番号からの連番でファイル名が付きます。
[する]に設定したときのファイル番号をリセットします。リセット
した後に撮影を行うと、現在選択中のフォルダーに画像ファイルが
リセット
ない場合は 0001 から連番で画像が記録されます。すでにファイルが
ある場合には、そのファイル番号の次の番号からファイル番号が付
きます。
D ファイル番号について
• ファイル番号が 9999 に達したときに撮影を行うと、自動的に新規フォルダー
が作成され、ファイル番号が 0001 番に戻ります。
• フォルダー番号が 999 になるとカメラが自動的にフォルダーを作成できない
ため、次のときに撮影ができなくなります。
- フォルダー内のファイル数が 5000 個に達したとき(動画モード時、最長記録
時間を記録するのに必要なファイルによってフォルダー内のファイル数が
5000 個を超えるとカメラが判断した場合、動画の撮影はできなくなります)
- ファイル番号が 9999 に達したとき(動画モード時、最長記録時間を記録す
るのに必要なファイルによってフォルダー内のファイル番号が 9999 を超え
るとカメラが判断した場合、動画の撮影はできなくなります)
この場合は、カスタムメニュー d7[連番モード]を[リセット]した後、メ
モリーカードを初期化するか、交換してください。
264 メニューガイド > A カスタムメニュー
D フォルダーの自動作成について
• 記録フォルダー内に 5000 個のファイルが記録された後またはファイル番号が
9999 となった後に撮影すると、フォルダーを自動的に作成して、記録フォル
ダーとしてそのフォルダーを選びます。
• 自動で作成されるフォルダーの番号は、使用中のフォルダー番号 +1 になりま
す。ただし、既存フォルダーの番号と重複する場合、重複しない数字の中で最
も若い数字になります。
d8:Lv に撮影設定を反映
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
撮影の設定(色味や明るさ)を、ファインダーや画像モニターの撮影画
面(ライブビュー)に反映させるかどうかを設定できます。動画モード
の場合、設定にかかわらず常に撮影の設定を反映します。
する
しない
ホワイトバランスやピクチャーコントロール、露出補正などの設定
を変更すると、撮影画面の表示に反映されます。
• ホワイトバランスやピクチャーコントロール、露出補正などの設定
を変更しても、撮影画面の表示には反映されません。撮影画面が見
やすい色味や明るさで表示され、長時間の撮影に適しています。
• 撮影画面に g が表示されます。
d9:格子線表示
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
撮影画面内に構図用格子線を表示するかどうかを設定できます。
メニューガイド > A カスタムメニュー
265
d10:ピーキング表示
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
マニュアルフォーカスで撮影するときに、ピントが合っている部分の輪
郭を色付きで表示するかどうかを設定できます。色の変更も可能です。
ピーキングの検出
ピーキングの感度を[3(高感度)
]
、
[2(標準)
]、
[1(低感度)]
、また
は[しない]から選びます。感度を高くするとピントが合っていると判
断される範囲が広くなり、感度を低くすると範囲が狭くなります。
ピーキング表示色
ピーキング表示で強調する部分の色を変更できます。
d11:連続撮影中の表示
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
[しない]に設定すると、連続撮影中は撮影画面に何も表示されなくな
ります。
266 メニューガイド > A カスタムメニュー
e:フラッシュ・BKT 撮影
e1:フラッシュ撮影同調速度
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
フラッシュ撮影時の同調速度を設定できます。
フラッシュ撮影時の同調する最高速度を 1/200 秒に設定します
が、別売のオート FP ハイスピードシンクロ対応スピードライト使
用時は 1/200 秒より速いシャッタースピードになると自動的に FP
発光に切り替わります。
• 撮影モードが P または A で、撮影画面または表示パネルのシャッ
1/200 秒
(オート FP)
タースピードが 1/200 秒を示す場合、実際に制御されるシャッ
タースピードが 1/200 秒よりわずかでも高速側であれば、FP 発
光に切り替わります。オート FP ハイスピードシンクロ対応ス
ピードライトを装着した場合は、高速側のシャッタースピード
が 1/8000 秒まで制御されます。
• 撮影モードが S または M でオート FP ハイスピードシンクロ対応
スピードライトを装着した場合は、高速側のシャッタースピー
ドを 1/8000 秒まで設定できます。
1/200 秒
1/160 秒
1/125 秒
1/100 秒
1/80 秒
1/60 秒
フラッシュ撮影時の同調する最高速度を、1/200 〜 1/60 秒の範囲
で設定できます。
D シャッタースピードの同調速度を固定するには
撮影モードが S または M のときに、シャッタースピードの同調速度をカスタムメ
ニュー e1[フラッシュ撮影同調速度]で設定した値に固定するには、最も低速
側(30 秒または Time)の次の位置を選んでください。撮影画面と表示パネルに
X(フラッシュシンクロマーク)と設定した同調速度が表示されます。
メニューガイド > A カスタムメニュー
267
D FP 発光について
• フラッシュ撮影時のシャッタースピードをカメラの最高速度まで設定できま
す。
[1/200 秒(オート FP)]に設定すると、シャッタースピードがフラッシュ
撮影同調速度よりも高速側になった場合、自動的に FP 発光に切り替わります。
日中でも、レンズの絞りを開いて背景をぼかした撮影ができます。
•[1/200 秒(オート FP)
]に設定すると、フラッシュインフォ画面に「FP」が
表示されます。
e2:フラッシュ時シャッタースピード制限
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
撮影モードが P または A の場合のフラッシュ撮影時のシャッタースピー
ドの低速側の制限を設定できます。
スローシンクロモード、後幕シンクロモード、赤目軽減スローシンクロ
モード時や撮影モードが S、M の場合には、カスタムメニュー e2[フ
ラッシュ時シャッタースピード制限]の設定にかかわらず、シャッター
スピードの低速側の制限は 30 秒になります。
e3:フラッシュ使用時の露出補正
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
フラッシュ撮影時に露出補正を設定した場合のフラッシュの調光を設
定できます。
YE
E
全体を補正
露出と調光量を同時に補正します。全体の露出が変化し
ます。
背景のみ補正 背景の露出だけを補正します。
268 メニューガイド > A カスタムメニュー
e4:c 使用時の感度自動制御
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
フラッシュ撮影時に感度自動制御を行う場合の、露出を合わせる対象を
設定できます。
e
被写体と背景
f
被写体のみ
主な被写体以外の背景も適切な露出となるように、感度
自動制御を行います。
主な被写体が適切な露出となるように、感度自動制御を
行います。
e5:モデリング発光
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
別売のニコンクリエイティブライティングシステム対応スピードライ
ト使用時にカスタムメニュー f2[カスタムボタンの機能]で[プレ
ビュー]を割り当てたボタンを押したときに、ライティングの効果を確
認するためのモデリング発光を行わないように設定できます。
メニューガイド > A カスタムメニュー
269
e6:BKT 変化要素(M モード)
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
撮影モード M でオートブラケティングを行うときに変化する内容は、静
止画撮影メニュー[オートブラケティング]の[オートブラケティング
のセット]と、e6[BKT 変化要素(M モード)]との組み合わせによっ
て次のようになります。
静止画撮影メニュー
カスタムメニュー e6
[BKT 変化要素(M モード)]
[オートブラケティングのセット]
AE・フラッシュ
ブラケティング※
F
フラッシュ・
シャッタースピード
G
フラッシュ・
シャッタースピードと
フラッシュの調光レベル
シャッタースピード、
シャッタースピード・ 絞り値、フラッシュの調光
絞り値
レベル
H
I
フラッシュ・絞り値
フラッシュ
絞り値とフラッシュの調光
レベル
フラッシュの調光レベル
AE ブラケティング ※
シャッタースピード
シャッタースピード
と絞り値
絞り値
—
※ カスタムメニュー e6 が[フラッシュ・シャッタースピード]、[フラッシュ・
シャッタースピード・絞り値]、[フラッシュ・絞り値]のいずれかのときに、
[感度自動制御]が[する]に設定され、フラッシュを使用していない場合、ブ
ラケティング 1 コマ目の ISO 感度で固定されます。
D フラッシュ調光レベルについて
フラッシュブラケティング中は、フラッシュ調光レベルは、i-TTL 調光時または
絞り連動外部自動調光時(qA)のみ変化します。
270 メニューガイド > A カスタムメニュー
e7:BKT の順序
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
オートブラケティングの補正順序を変更できます。
H
[0]→[−]→[+]
I [−]→[0]→[+]
「補正なし」→「−側に補正」→「+側に補正」
の順になります。
「−側に補正」→「補正なし」→「+側に補正」
の順になります。
• 静止画撮影メニュー[オートブラケティングのセット]が[ADL ブラケティング]
の場合、e7 の設定を変更しても補正順序は変わりません。
メニューガイド > A カスタムメニュー
271
f:操作
f1:i メニューのカスタマイズ
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
静止画モードで i ボタンを押して表示される i メニューの項目を設定で
きます。
• 機能を設定したい i メニューの場所を選んで J ボタンを押し、割り当
てたい機能を選んでください。
• i メニューに割り当てられる機能は次の通りです。
J 撮像範囲設定
8 画質モード
o 画像サイズ
E 露出補正
9 ISO 感度設定
m ホワイトバランス
h ピクチャーコントロール
p 色空間
y アクティブ
D- ライティング
q
r 高感度ノイズ低減
w 測光モード
c フラッシュモード
Y フラッシュ調光補正
s フォーカスモード
t AF エリアモード
長秒時ノイズ低減
165
101
102
80
u 手ブレ補正
t オートブラケティング
$ 多重露出
2 HDR(ハイダイナミック
レンジ)
77
59
91
180
106
181
182
104
365
L サイレント撮影
v レリーズモード
w カスタムボタンの機能
z 露出ディレーモード
O シャッター方式
y Lv に撮影設定を反映
z 2 点拡大
W ピーキング表示
3 モニター / ファインダー
367
50
52
Z
U
272 メニューガイド > A カスタムメニュー
108
190
201
208
63
82
274
263
263
265
273
266
の明るさ
299、
301
Bluetooth 通信機能
315
Wi-Fi 通信機能
105
D 2 点拡大
i メニューに[2 点拡大]を割り当て、[2 点拡大]
を実行すると、左右に並んだ拡大表示画面が表示
されます(2 点拡大表示)。それぞれの画面には、
ナビゲーションウィンドウの 2 カ所の r 部分が拡
大されて表示されます。
• 同じ水平面上の異なる 2 カ所を同時に拡大表示
するため、建築物などの水平合わせの確認がし
やすくなります。
•
X ボタンを押すごとに拡大率が上がり、W(Q)
ボタンを押すごとに拡大率が下がります。
• マルチセレクターの 42 を押すと、左右それぞ
れの拡大表示画面を横方向にスクロールでき
ます。左右の画面を切り換える場合は J ボタン
を押します。
ナビゲーション
ウィンドウ
• マルチセレクターの 13 を押すと、左右の拡大
表示画面が縦方向に同時にスクロールします。
• シャッターボタンを半押しすると、選択されて
いる画面の中心点にピントが合います。
ピントが合う部分
•
i ボタンを押すと、2 点拡大表示を終了します。
メニューガイド > A カスタムメニュー
273
f2:カスタムボタンの機能
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
静止画モードでカメラのボタンやサブセレクター、レンズのコントロー
ルリングなどを操作したときの機能を設定できます。
• 機能を割り当てられるボタンは次の通りです。割り当てを設定したい
ボタンの項目を選んで、J ボタンを押してください。
w
V
8
Fn1 ボタン
Fn2 ボタン
サブセレクター中央
y
7
z
S
レンズの Fn ボタン
l
レンズの
AF-ON ボタン
274 メニューガイド > A カスタムメニュー
サブセレクター
動画撮影ボタン
コントロールリング
• 各ボタンに割り当てられる機能は次の通りです。
wyV 7 8 z S l
K
フォーカスポイント
中央リセット
— — ● — ● — —
—
A
F
E
D
C
B
r
h
q
L
M
N
t
1
c
4
b
p
O
3
AF-ON
●
●
●
— ● — ●
—
AF-L
●
●
●
— ● — ●
—
AE-L(ホールド)
●
●
●
— ● ● ●
—
AE-L(レリーズでリセット) ● ● ● — ● ● ●
—
K
g
J
8
AE-L
●
— ● — ●
—
AE-L/AF-L
● ● ● — ● — ●
—
FV-L
●
●
— — ● — ●
—
c 発光禁止 / 許可切換
●
●
— — ● — ●
—
プレビュー
●
●
— — ● ● ●
—
マルチパターン測光簡易設定 ●
●
— — ● — ●
—
中央部重点測光簡易設定
● ● — — ● — ●
—
スポット測光簡易設定
●
●
●
●
— — ● — ●
—
ハイライト重点測光簡易設定 ●
●
— — ● — ●
—
BKT 自動連写
●
●
— — ● — ●
—
連動レリーズ切り換え
●
●
— — ● — ●
—
プラス RAW 記録
● ● — — ● ● ●
—
格子線表示
●
●
— — ● ● ●
—
拡大画面との切り換え
●
●
●
— — ● ●
—
マイメニュー
●
●
— — — ● ●
—
マイメニューのトップ項目へ
ジャンプ
●
●
— — — ● ●
—
再生
●
●
— — — — ●
—
プロテクト
●
●
— — — — —
—
撮像範囲選択
●
●
— — ● ● —
—
画質モード / 画像サイズ
●
●
— — — ● —
—
メニューガイド > A カスタムメニュー
275
wyV 7 8 z S l
m
h
y
w
I/ Y
z
ホワイトバランス
●
●
— — — ● —
—
ピクチャーコントロール
●
●
— — — ● —
—
●
●
— — — ● —
—
測光モード
●
●
— — — ● —
—
フラッシュモード / 調光補正
● ● — — — ● —
—
アクティブ D- ライティング
設定
フォーカスモード /
AF エリアモード
t オートブラケティング
$ 多重露出
2 HDR
— — — ● —
—
●
●
— — — ● —
—
● ● — — — ● —
—
●
— — — ● —
—
●
●
— — — ● —
—
●
●
— — — ● —
—
ピーキング表示
●
●
— — — — —
—
レーティング
●
●
— — — — —
—
手動設定済みレンズの選択
● ● — — ● ● —
—
マルチセレクターと同じ
— — — ● — — —
—
フォーカスポイント選択
— — — ● — — —
—
フォーカス(M/A)
— — — — — — — ● ※1、2
絞り
— — — — — — —
● ※2
露出補正
— — — — — — —
● ※2
設定しない
●
— ● ● ●
● ※2
露出ディレーモード
シャッタースピードと
絞り値のロック
W
c
w
Y
x
X
q
E
●
●
(ハイダイナミックレンジ)
z
$
●
●
●
※1 このメニューに対応したレンズを装着したときのみ表示されます。
※2 フォーカスモードがマニュアルフォーカスの場合、設定にかかわらずコント
ロールリングを回すとマニュアルフォーカスでのピント合わせを行います。
276 メニューガイド > A カスタムメニュー
• 割り当てられる機能は次の通りです。
K
フォーカス
ポイント
中央リセット
A AF-ON
F
AF-L
ボタンを押すと、フォーカスポイントが中央に戻ります。
ボタンを押すと、AF-ON ボタンを押したときと同様にカ
メラが自動的に被写体にピントを合わせます。
ボタンを押している間、フォーカスロックを行います。
ボタンを 1 回押すと AE ロックを行い、AE ロック状態が
E AE-L
(ホールド)
維持されます。シャッターをきっても AE ロックは解除
されません。ただし、もう一度ボタンを押すか、半押
しタイマーがオフになると、AE ロックを解除します。
D AE-L(レリーズ
ボタンを 1回押すと AE ロックを行い、AE ロック状態が維持
でリセット)
されます。もう一度ボタンを押すか、シャッターをきるか、
半押しタイマーがオフになると、AE ロックを解除します。
C
AE-L
ボタンを押している間、AE ロックを行います。
B
AE-L/AF-L
r FV-L
ボタンを押している間、AE ロックとフォーカスロック
を同時に行います。
別売のスピードライト使用時は、FV ロックを行い、も
う一度ボタンを押すと解除します。
フラッシュモードが発光禁止以外の場合、ボタンを押
h c 発光禁止 /
許可切換
している間、フラッシュは発光禁止になります。フラッ
シュモードが発光禁止の場合は、ボタンを押している
間、先幕シンクロモードで撮影できます。
ボタンを押している間、現在設定している静止画の色
q
プレビュー
L
マルチパターン
ボタンを押している間、測光モードがマルチパターン
測光簡易設定
測光になります。
M
中央部重点測光
簡易設定
ボタンを押している間、測光モードが中央部重点測光
になります。
N
スポット測光
簡易設定
ボタンを押している間、測光モードがスポット測光に
なります。
t
ハイライト重点
測光簡易設定
ボタンを押している間、測光モードがハイライト重点
測光になります。
味や露出、被写界深度を撮影画面の表示に反映します。
メニューガイド > A カスタムメニュー
277
• 静止画撮影メニュー[オートブラケティング]の
[オートブラケティングのセット]が[WB ブラケティ
ング]以外の場合でレリーズモードが連続撮影のと
きは、ボタンを押しながらシャッターボタンを全押
ししている間、1 回分のブラケティング設定コマ数を
1 BKT 自動連写
撮影し終えた後も、引き続きオートブラケティング
撮影をします。また、レリーズモードが 1 コマ撮影の
ときは、ボタンを押しながらシャッターボタンを全
押しし続けると、1 回分のブラケティング設定コマ数
を連続撮影します。
•[オートブラケティングのセット]が[WB ブラケティ
ング]の場合は、ボタンを押しながらシャッターボ
タンを全押ししている間連続撮影して、各コマに対
して WB ブラケティングを行います。
別売のワイヤレスリモートコントローラーを接続して
撮影する場合の、連動レリーズの機能を切り換えます。
カスタムメニュー d3[連動レリーズモード設定]の設
定により、選択できる内容が異なります。
•[連動レリーズモード設定]が[連動する]の場合
c
ボタンを押している間、マ
マスターカメラ スターカメラのみ撮影を行
のみレリーズ
c
連動レリーズ
切り換え
d
い、リモートカメラでは撮
影を行いません。
ボタンを押している間、リ
リモートカメラ
モートカメラでのみ撮影を
のみレリーズ
行います。
•[連動レリーズモード設定]が[連動しない]の場合
6
マスターと
ボタンを押している間、マ
スターカメラとリモートカ
リモートが連動 メラが連動して撮影を行い
ます。
d
ボタンを押している間、リ
リモートカメラ
モートカメラでのみ撮影を
のみレリーズ
行います。
278 メニューガイド > A カスタムメニュー
• 画質モードが JPEG 形式に設定されている場合、ボタ
ンを押すと撮影画面の画質モードに「RAW」が表示
され、押してから 1 回の撮影のみ RAW 画像が JPEG 画
4
像と同時に記録されます。撮影後シャッターボタン
から指を放すか、もう一度ボタンを押すと[プラス
プラス RAW
記録
RAW 記録]を解除します。
RAW 画像は静止画撮影メニュー[画像サイズ]の
[RAW]で設定した画像サイズ、[RAW 記録]の設
•
定で記録されます。
ボタンを 1 回押すと、撮影画面に構図用格子線を表示し
b
格子線表示
ます。もう一度ボタンを押すと、格子線の表示を終了
します。
p
O
3
拡大画面との
ボタンを 1 回押すと、フォーカスポイントを中心にし
切り換え
て、設定した拡大率で拡大表示します。もう一度ボタ
ンを押すと、元の表示に戻ります。
マイメニュー
ボタンを押すと、マイメニューを表示します。
マイメニューの
トップ項目へ
マイメニューの最上位に登録してある項目へジャンプ
します。よく使うメニュー項目をマイメニューの最上
ジャンプ
位に登録して、この機能を使うと便利です。
K
再生
ボタンを押すと再生画面を表示します。
g
プロテクト
J
撮像範囲選択
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、撮像
範囲の設定を変更できます。
8
画質モード /
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
画質モード、サブコマンドダイヤルを回すと画像サイ
画像サイズ
画像再生時にボタンを押すと、表示されている画像を
プロテクトします。
ズの設定を変更できます。
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回す
m
ホワイト
バランス
と、ホワイトバランスを設定できます。ホワイトバラ
ンスの設定によっては、サブコマンドダイヤルを回し
h
ピクチャー
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、ピク
コントロール
チャーコントロールの設定を変更できます。
て種類を変更できます。
y
アクティブ D- ラ ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、アク
イティング設定
ティブ D- ライティングの設定を変更できます。
メニューガイド > A カスタムメニュー
279
w
I/ Y
測光モード
フラッシュモー
ド / 調光補正
z
フォーカス
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、測光
モードの設定を変更できます。
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
フラッシュモード、サブコマンドダイヤルを回すとフ
ラッシュ調光補正値の設定を変更できます。
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
モード/AF エリア フォーカスモード、サブコマンドダイヤルを回すと AF
モード
エリアモードの設定を変更できます。
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
t
オート
ブラケティング
撮影コマ数、サブコマンドダイヤルを回すと補正ス
テップまたはアクティブ D- ライティングの度合いを変
更できます。
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
$
多重露出
2 HDR(ハイ
z
多重露出モード、サブコマンドダイヤルを回すと、多
重露出のコマ数の設定を変更できます。
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
ダイナミック
HDR モード、サブコマンドダイヤルを回すと露出差の
レンジ)
設定を変更できます。
露出ディレー
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、露出
モード
ディレーモードの設定を変更できます。
シャッター
スピードと
絞り値のロック
インコマンドダイヤルを回すと、シャッタースピード
を固定します。撮影モードが A または M のとき、ボタン
撮影モードが S または M のとき、ボタンを押しながらメ
$
を押しながらサブコマンドダイヤルを回すと、絞り値
を固定します。
W
ピーキング表示
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
ピーキングの感度、サブコマンドダイヤルを回すと
ピーキング表示色の設定を変更できます。
画像再生時にボタンを押しながらメインコマンドダイ
c
レーティング
w
手動設定済み
レンズの選択
ヤルを回すと、表示されている画像のレーティングの
設定を変更できます。
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、現在
使用中のレンズの情報を、セットアップメニュー[レ
ンズ情報手動設定]で設定したレンズ No. のものに切り
換えます。
280 メニューガイド > A カスタムメニュー
サブセレクターを上下左右に倒したときの機能は、撮
影時も再生時もマルチセレクターの 1342 と同じ
になります。
[マルチセレクターと同じ]を選んで 2 を
Y
マルチセレク
ターと同じ
押すと、撮影時または再生時に拡大表示している場合
のサブセレクターの機能を設定できます。
•[拡大位置移動]を選ぶと、拡大表示する範囲を移動
します。
•[コマ送り]を選ぶと、そのままの拡大率と表示範囲
で前後の静止画を表示します。
撮影時にサブセレクターを上下左右に倒すとフォーカ
x
フォーカス
スポイントを移動できます。再生時でもサブセレク
ポイント選択
ターを倒すと、撮影画面に戻ってフォーカスポイント
を移動します。
オートフォーカス時にレンズのコントロールリングを
回すとマニュアルフォーカスに切り替わります(M/A
X
フォーカス
(M/A)
(マニュアル優先オートフォーカスモード))。オート
フォーカス時にシャッターボタンを半押ししたままコ
ントロールリングを手で回転させると、マニュアル
フォーカスでピントを調整できます。いったんシャッ
ターボタンから指を放し、再度半押しすると、オート
フォーカスでピントを合わせます。
レンズのコントロールリングを回すと、絞り値の設定
q
絞り
E
露出補正
レンズのコントロールリングを回すと、露出補正の設
定を変更します。
設定しない
ボタンは機能しません。
を変更します。
メニューガイド > A カスタムメニュー
281
f3:OK ボタンの機能
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
静止画撮影時または再生時に J ボタンを押し
たときの機能を設定できます。
撮影モード
AF エリアモードがオートエリア AF の場合、設定にかかわらずターゲッ
ト追尾 AF(0 55)の設定になります。
K
フォーカスポイント
中央リセット
J ボタンを押すと、中央のフォーカスポイントが
選ばれます。
撮影時に J ボタンを押すと、フォーカスポイント
を中心にして、設定した拡大率で拡大表示します。
p
拡大画面との切り換え もう一度 J ボタンを押すと、元の表示に戻ります。
[拡大画面との切り換え]を選んで 2 を押すと、拡
大率を選べます。
設定しない
J ボタンは機能しません。
282 メニューガイド > A カスタムメニュー
再生モード
1 コマ表示中の画像が動画の場合、設定にかかわらず J ボタンを押すと
動画を再生します。
n 1 コマとサムネイルの J ボタンを押すごとに、1 コマ表示とサムネイル
切り換え
表示(4 コマ、9 コマ、72 コマ)を切り換えます。
J ボタンを押している間、ヒストグラムを表示し
o
ヒストグラム表示
ます。サムネイル表示時もヒストグラム表示でき
ます。
J ボタンを押すと、撮影時のフォーカスポイント
p
拡大画面との切り換え
u
フォルダー指定
を中心にして、設定した拡大率で拡大表示します。
もう一度 J ボタンを押すと、元の表示に戻ります。
•[拡大画面との切り換え]を選んでマルチセレク
ターの 2 を押すと、拡大率を選べます。
• サムネイル表示時も拡大表示できます。
[フォルダー指定]画面が表示
J ボタンを押すと、
され、画像を再生するフォルダーを指定できます。
f4:シャッタースピードと絞り値のロック
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
[シャッタースピードのロック]を[する]にすると、撮影モード S また
は M ではシャッタースピードを現在の設定でロックします。
[絞り値の
ロック]を[する]にすると、撮影モード A または M では絞り値を現在
の設定でロックします。
• シャッタースピードまたは絞り値をロックすると撮影画面と表示パ
ネルに O アイコンが表示されます。
• 撮影モードが P の場合はシャッタースピードと絞り値のロックは使え
ません。
メニューガイド > A カスタムメニュー
283
f5:コマンドダイヤルの設定
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
メインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルに関する設定ができ
ます。
回転方向の変更
露出補正の設定時またはシャッタースピード /
絞り値の設定時に、メインコマンドダイヤルと
サブコマンドダイヤルを操作するときの回転
方向を逆方向に変更できます。
•[露出補正の設定時]または[シャッタース
ピード / 絞り値 設定時]を選んでマルチセレ
クターの 2 を押すと、オン M とオフ U を切り換えられます。
• J ボタンを押すと、設定が完了します。
メインとサブの入れ換え
メインコマンドダイヤルとサブコマンドダイ
ヤルの機能を入れ換えられます。
[する]を選ぶと、メインコマンドダイヤルで絞り値を、サブ
露出設定
コマンドダイヤルでシャッタースピードを設定します。
[する
(A モード)
]を選ぶと、撮影モード A のときのみ、メインコマ
ンドダイヤルで絞り値を設定します。
[する]を選ぶと、カスタムメニュー f2[カスタムボタンの
機能]で[フォーカスモード /AF エリアモード]を割り当て
AF 設定
たボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回して AF
エリアモードを、サブコマンドダイヤルを回してフォーカス
モードを設定します。
284 メニューガイド > A カスタムメニュー
再生 / メニュー画面で使用
画像のコマ送りやメニュー操作を、マルチセレクターでの操作から、メ
インコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルの操作でも行えるよう
に変更できます。
再生時:
•
1 コマ表示時には、メインコマンドダイヤルで撮影画像
をコマ送りします。サブコマンドダイヤルを回すと、
[サ
ブコマンドダイヤルで画像送り]で設定した方法でコマ
送りします。
する
• サムネイル表示時には、メインコマンドダイヤルを回す
と、黄色の枠(カーソル)が左右に移動し、サブコマン
ドダイヤルを回すと、ページを切り換えます。
メニュー画面表示時 ※:
メインコマンドダイヤルで選択項目を切り換えます。サブ
コマンドダイヤルを時計方向に回すと、サブメニューに移
動します。反時計回りに回すと、前の画面に戻ります。
2
する(撮影後 [する]と同じ内容ですが、撮影直後の画像確認時は操作で
確認時を除く) きません。
しない
再生時の表示画像の切り換え、画像の選択、およびメニュー
画面での項目の選択は、マルチセレクターで行います。
※ サブコマンドダイヤルでは項目を決定することはできません。項目を決定する
には、J ボタンかマルチセレクターの 2 を押してください。
メニューガイド > A カスタムメニュー
285
サブコマンドダイヤルで画像送り
[再生 / メニュー画面で使用]で[する]または[する(撮影後確認時を
除く)
]に設定した場合、1 コマ表示時にサブコマンドダイヤルを回した
ときのコマ送りの方法を設定できます。
10 コマ
50 コマ
10 コマずつコマ送りします。
50 コマずつコマ送りします。
レーティングが設定された画像だけをコマ送りして表示し
c
レーティング ます。マルチセレクターの 2 を押すと、表示するレーティ
ングを限定できます。
プロテクト(保護)した撮影画像だけをコマ送りして表示
P
プロテクト
C
1
u
静止画のみ
静止画だけをコマ送りして表示します。
動画のみ
動画だけをコマ送りして表示します。
フォルダー
再生フォルダーを切り換えます。
します。
286 メニューガイド > A カスタムメニュー
f6:ボタンのホールド設定
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
[する]に設定すると、ボタンを押しながらコマンドダイヤルを操作す
るときに、指を放してもコマンドダイヤル単独で設定できる状態が維持
できます。もう一度ボタンを押すか、シャッターボタンを半押しする
か、半押しタイマーがオフになると、解除されます。
•[ボタンのホールド設定]の対象ボタンは、E ボタン、S ボタン、
c(E)ボタンです。
、
[画質モー
• f2 または g2[カスタムボタンの機能]で[撮像範囲設定]
ド / 画像サイズ]、[ホワイトバランス]、[ピクチャーコントロール]、
[測光モード]、
[フラッシュモー
[アクティブ D- ライティング設定]、
ド / 調光補正]
、
[フォーカスモード /AF エリアモード]、
[オートブラケ
ティング]、[多重露出]、[HDR(ハイダイナミックレンジ)]、
[露出
ディレーモード]
、[シャッタースピードと絞り値のロック]
、
[ピーキ
ング表示]
、[手動設定済みレンズの選択]
、[マイク感度]を割り当て
たボタンも、[ボタンのホールド設定]の対象になります。
f7:インジケーターの+ / −方向
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
撮影画面でのインジケーターの+と−方向を入れ換えることができます。
V
インジケーターの+側を左に、−側を右に表示
します。
W
インジケーターの−側を左に、+側を右に表示
します。
メニューガイド > A カスタムメニュー
287
g:動画
g1:i メニューのカスタマイズ
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
動画モードで i ボタンを押して表示される i メニューの項目を設定でき
ます。
• 機能を設定したい i メニューの場所を選んで J ボタンを押し、割り当
てたい機能を選んでください。
• i メニューに割り当てられる機能は次の通りです。
J
G
撮像範囲設定
画像サイズ /
フレームレート / 画質
E 露出補正
9 ISO 感度設定
m ホワイトバランス
h ピクチャーコントロール
y アクティブ
D- ライティング
w 測光モード
s フォーカスモード
t AF エリアモード
u 手ブレ補正
115
111
80
77
111
111
116
116
118
117
4
H
5
6
7
8
W
9
3
Z
U
117
288 メニューガイド > A カスタムメニュー
電子手ブレ補正
117
マイク感度
114
アッテネーター
245
録音帯域
246
風切り音低減
246
ヘッドホン音量
246
ピーキング表示
266
ハイライト表示
296
モニター / ファインダー
の明るさ
299、
301
Bluetooth 通信機能
315
Wi-Fi 通信機能
116
g2:カスタムボタンの機能
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
動画モードでカメラのボタンやサブセレクター、レンズのコントロール
リングなどを操作したときの機能を設定できます。
• 機能を割り当てられるボタンは次の通りです。割り当てを設定したい
ボタンの項目を選んで、J ボタンを押してください。
w
V
Fn1 ボタン
Fn2 ボタン
AF-ON ボタン
y
8
G
シャッターボタン
l
レンズの
サブセレクター中央
コントロールリング
• 各ボタンに割り当てられる機能は次の通りです。
w y V 8 G
t
q
i
h
b
g
K
A
F
E
C
B
p
C
1
l
パワー絞り(開放絞り側)
●
—
—
—
—
パワー絞り(最小絞り側)
—
●
—
—
—
—
—
露出補正(+側)
●
—
—
—
—
—
露出補正(−側)
—
●
—
—
—
—
格子線表示
●
●
—
●
—
—
プロテクト
●
●
—
—
—
—
フォーカスポイント中央リセット
—
—
●
●
—
—
AF-ON
—
—
●
—
—
—
AF-L
—
—
●
●
—
—
AE-L(ホールド)
—
—
●
●
—
—
AE-L
—
—
●
●
—
—
AE-L/AF-L
—
—
●
●
—
—
拡大画面との切り換え
—
—
●
—
—
—
静止画撮影
—
—
—
—
●
—
動画撮影
—
—
●
●
●
—
メニューガイド > A カスタムメニュー
289
J
m
h
y
w
z
w y V 8 G
l
●
—
●
—
—
●
●
—
—
—
—
●
●
—
—
—
—
アクティブD-ライティング設定
●
●
—
—
—
—
測光モード
●
●
—
—
—
—
●
●
—
—
—
—
マイク感度
●
●
—
—
—
—
ピーキング表示
●
●
—
—
—
—
—
—
—
撮像範囲選択
●
ホワイトバランス
ピクチャーコントロール
フォーカスモード /
AF エリアモード
H
W
c
X
q
E
レーティング
●
●
—
フォーカス(M/A)
—
—
—
—
— ● ※1、2
パワー絞り
—
—
—
—
—
● ※2
露出補正
—
—
—
—
—
● ※2
設定しない
●
●
●
●
—
● ※2
※1 このメニューに対応したレンズを装着したときのみ表示されます。
※2 フォーカスモードがマニュアルフォーカスの場合、設定にかかわらずコント
ロールリングを回すとマニュアルフォーカスでのピント合わせを行います。
290 メニューガイド > A カスタムメニュー
• 割り当てられる機能は次の通りです。
Fn1 ボタンを押している間、開放絞り側に絞りが動きま
t
す。カスタムメニュー g2[カスタムボタンの機能]の
]のときは、
(開放絞り側) [Fn2 ボタン]が[パワー絞り(最小絞り側)
パワー絞り
自動的にこの項目が選ばれます。
q
Fn2 ボタンを押している間、最小絞り側に絞りが動きま
す。カスタムメニュー g2[カスタムボタンの機能]の
パワー絞り
(最小絞り側) [Fn1 ボタン]が[パワー絞り(開放絞り側)
]のときは、
自動的にこの項目が選ばれます。
i
露出補正
(+側)
Fn1 ボタンを押している間、+ 側に露出補正を行います。
カスタムメニュー g2[カスタムボタンの機能]の[Fn2
ボタン]が[露出補正(−側)]のときは、自動的にこの
項目が選ばれます。
h
露出補正
(−側)
Fn2 ボタンを押している間、−側に露出補正を行います。
カスタムメニュー g2[カスタムボタンの機能]の[Fn1
ボタン]が[露出補正(+側)]のときは、自動的にこの
項目が選ばれます。
ボタンを 1 回押すと、撮影画面に構図用格子線を表示し
b
格子線表示
g
プロテクト
K
フォーカス
ポイント
ます。もう一度ボタンを押すと、格子線の表示を終了し
ます。
画像再生時にボタンを押すと、表示されている画像をプ
ロテクトします。
ボタンを押すと、フォーカスポイントが中央に戻ります。
中央リセット
A AF-ON
F AF-L
ボタンを押すと、AF-ON ボタンを押したときと同様にカメ
ラが自動的に被写体にピントを合わせます。
ボタンを押している間、フォーカスロックを行います。
ボタンを 1 回押すと AE ロックを行い、AE ロック状態が維
E AE-L
(ホールド)
持されます。シャッターをきっても AE ロックは解除され
ません。ただし、もう一度ボタンを押すか、半押しタイ
マーがオフになると、AE ロックを解除します。
C AE-L
B AE-L/AF-L
ボタンを押している間、AE ロックを行います。
ボタンを押している間、AE ロックとフォーカスロックを
同時に行います。
メニューガイド > A カスタムメニュー
291
p
拡大画面との
C
静止画撮影
切り換え
ボタンを 1 回押すと、フォーカスポイントを中心にして、
設定した拡大率で拡大表示します。もう一度ボタンを押
すと、元の表示に戻ります。
シャッターボタンを全押しすると、アスペクト比 16:9
の静止画を撮影します。
オートフォーカス時にシャッターボタンを半押しすると
ピント合わせが行われます。全押しすると、動画撮影を
開始します。もう一度シャッターボタンを押すと、動画
撮影を終了します。
•[動画撮影]に設定すると、動画撮影以外にシャッター
1
動画撮影
ボタンを使う操作は行えません。
• 別売のワイヤレスリモートコントローラーまたはリ
モートコード使用時には、ワイヤレスリモートコント
ローラーやリモートコードのシャッターボタンを半押
ししてピント合わせを行ったり、全押しして動画撮影
の開始と終了を行えます。
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、動画
J
撮像範囲選択
m
ホワイト
モード時の撮像範囲の設定を切り換えられます。動画撮
影中は、撮像範囲の切り換えはできません。
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと、
動画のホワイトバランスを設定できます。ホワイトバラ
バランス
ンスの設定によっては、サブコマンドダイヤルを回して
種類を変更できます。
h
ピクチャー
コントロール
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、ピク
チャーコントロールの設定を変更できます。
y
アクティブ
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、動画の
D- ライティング
アクティブ D- ライティングの設定を変更できます。
設定
w
測光モード
z
フォーカス
モード /
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、動画の
測光モードの設定を変更できます。
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
フォーカスモード、サブコマンドダイヤルを回すと AF エ
AF エリアモード リアモードの設定を変更できます。
H
マイク感度
ボタンを押しながらコマンドダイヤルを回すと、マイク
感度の設定を変更できます。
292 メニューガイド > A カスタムメニュー
ボタンを押しながらメインコマンドダイヤルを回すと
W
ピーキング表示 ピーキングの感度、サブコマンドダイヤルを回すとピー
キング表示色の設定を変更できます。
画像再生時にボタンを押しながらメインコマンドダイヤ
c
レーティング
ルを回すと、表示されている画像のレーティングの設定
を変更できます。
X
フォーカス
(M/A)
q
パワー絞り
E
露出補正
設定しない
レンズのコントロールリングを回すと、フォーカスモー
ドの設定にかかわらずマニュアルフォーカス撮影が行え
ます。カメラのシャッターボタンの半押しや AF-ON ボタ
ンを再度操作するとオートフォーカスで撮影が可能とな
ります。
レンズのコントロールリングを回すと、絞り値の設定を
変更します。
レンズのコントロールリングを回すと、露出補正の設定
を変更します。
ボタンは機能しません。
D パワー絞りについて
• 撮影モード A または M のときのみ動作します。
•
6 マークが撮影画面に表示されているときは、パワー絞りは動作しません。
• パワー絞りの動作中は画面にちらつきが発生します。
メニューガイド > A カスタムメニュー
293
g3:OK ボタンの機能
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
動画モード時に J ボタンを押したときの機能
を設定できます。AF エリアモードがオートエ
リア AF の場合、設定にかかわらずターゲット
追尾 AF(0 55)の設定になります。
K
フォーカスポイント
中央リセット
J ボタンを押すと、中央のフォーカスポイントが
選ばれます。
J ボタンを押すと、撮影時のフォーカスポイント
p
を中心にして、設定した拡大率で拡大表示します。
拡大画面との切り換え もう一度 J ボタンを押すと、元の表示に戻ります。
[拡大画面との切り換え]を選んで 2 を押すと、拡
大率を選べます。
1
動画撮影
設定しない
動画撮影を開始します。もう一度 J ボタンを押す
と、動画撮影を終了します。
J ボタンは機能しません。
294 メニューガイド > A カスタムメニュー
g4:AF 速度
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
動画モードの場合のピント合わせの速度を設
定できます。
設定した AF 速度が有効な条件を[作動条件]で設定します。
D
常時有効
E
記録中のみ有効
動画モードの間は常に設定した AF 速度で動作し
ます。
動画撮影中のみ設定した AF 速度で動作します。そ
れ以外は最高速(+5)でピントを合わせます。
g5:AF 追従感度
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
動画モード時の被写体にピントを合わせる感
度を 1 〜 7 の範囲で設定できます。
•[7(鈍感)
]に設定すると、元の被写体から
ピントが外れにくくなります。
•[1(敏感)
]に設定すると、被写体がフォー
カスポイントから外れた場合、フォーカス
ポイントの範囲内にある他の被写体にすぐにピントを合わせます。
メニューガイド > A カスタムメニュー
295
g6:ハイライト表示
G ボタン ➜ A カスタムメニュー
動画モード時に、ハイライト部分(非常に明るい部分)を斜線で表示で
きます。
表示パターン
[パターン 1]または[パターン 2]を選ぶと、動画モード時にハイライ
ト部分(非常に明るい部分)を斜線で表示できます。
ハイライトされている部分
パターン 1
パターン 2
ハイライト表示のしきい値
ハイライト表示時に、どの程度の明るさをハイライトとして扱うかを設
定できます。値が小さいほど暗い部分もハイライトとして表示します。
[255]を選ぶと白とびする部分だけがハイライトされます。
D ハイライト表示について
フォーカスモードがマニュアルフォーカスの場合、ハイライト表示およびピー
キング表示の両方を有効にしているとピーキング表示のみ表示されます。マ
ニュアルフォーカス時にハイライト表示したい場合は、カスタムメニュー d10
[ピーキング表示]の[ピーキングの検出]を[しない]に設定してください。
296 メニューガイド > A カスタムメニュー
B セットアップメニュー:
カメラを使いやすくする基本設定
メニュー画面で B タブを選ぶと、セットアッ
プメニューが表示されます。
セットアップメニューの項目は次の通りです。
0
298
ユーザーセッティングの登録
298
ユーザーセッティングのリセット 298
言語(Language)
298
地域と日時
299
モニターの明るさ
299
モニターのカラーカスタマイズ 300
ファインダーの明るさ
301
ファインダーのカラーカスタマイズ 301
表示パネルの明るさ
301
モニターモードの限定
302
インフォ画面の表示設定
302
AF 微調節
303
レンズ情報手動設定
304
イメージセンサークリーニング 305
イメージダストオフデータ取得 306
画像コメント
308
著作権情報
309
メニュー項目
カードの初期化(フォーマット)
メニュー項目
電子音
タッチ操作
HDMI
位置情報
リモコン(WR)設定
リモコン(WR)の Fn ボタンの
機能
機内モード
スマートフォンと接続
PC と接続
ワイヤレストランスミッター
(WT-7)
認証マークの表示
電池チェック
カードなし時レリーズ
カメラ設定の保存と読み込み
カメラの初期化
ファームウェアバージョン
0
310
311
311
312
312
314
314
315
315
315
315
316
317
317
321
321
D 関連ページ
「セットアップメニューの初期設定」(0 150)
メニューガイド > B セットアップメニュー
297
カードの初期化(フォーマット)
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
メモリーカードを初期化(フォーマット)し
ます。初期化すると、カード内のデータは全
て削除されます。カード内に必要なデータが
残っている場合は、初期化の前にパソコンな
どに保存してください。
D カードの初期化についてのご注意
[カードの初期化(フォーマット)中です。]のメッセージが画像モニターに表示
されている間は、電源をOFF にしたり、メモリーカードを取り出さないでください。
ユーザーセッティングの登録
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
よく使う機能(ユーザーセッティング)を、あらかじめ撮影モードダイ
ヤル U1 〜 U3 に登録できます(0 72)
。
ユーザーセッティングのリセット
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
登録したユーザーセッティングをリセットします(0 74)。
言語(Language)
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
メニュー画面やメッセージの表示言語を設定できます。お買い上げの国
や地域によって、表示される言語は異なります。
298 メニューガイド > B セットアップメニュー
地域と日時
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
現在地と日時、年月日の表示順を設定します。定期的に日時設定を行う
ことをおすすめします。
現在地のタイムゾーンを選びます。現在地のタイムゾーンを
現在地の設定
変更すると、
[日時の設定]で設定された日時が、時差に合わ
せて自動的に更新されます。
日時の設定
日付の表示順
[現在地の設定]で選ばれているタイムゾーンの時刻を設定し
ます。
日付の年、月、日の表示順を選びます。
現在地で夏時間が実施されている場合は[する]に、そうで
夏時間の設定
ない場合は[しない]に設定します。
[する]にすると、時刻
が 1 時間進みます。初期設定は[しない]です。
カメラの内蔵時計の設定が初期化されている場合、撮影画面に t マーク
が表示されて警告します。
モニターの明るさ
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
画像モニターの明るさをマルチセレクターの 13 を押して調整できま
す。+ にすると明るく、−にすると暗くなります。
[モニターの明るさ]は、画像モニターが表示されている状態で調整し
てください。ファインダーを見ている状態や、モニターモードが[ファ
インダーのみ]の場合は調整できません。
メニューガイド > B セットアップメニュー
299
モニターのカラーカスタマイズ
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
画像モニターの色調を好みに合わせて変更できます。
•[モニターのカラーカスタマイズ]は、画像モニターが表示されてい
る状態で調整してください。ファインダーを見ている状態や、モニ
ターモードが[ファインダーのみ]の場合は調整できません。
• マルチセレクターで画像モニターの色みを
調整できます。1342 を押すたびに、画
像モニターの色みが次のように変わりま
す。J ボタンを押すと決定します。
グリーンが強くなる
ブルーが
アンバーが
強くなる
強くなる
マゼンタが強くなる
• 画像モニターの色みを調整すると、撮影画面やメニュー表示、画像再
生時の表示全てに反映されますが、撮影した画像または動画には反映
されません。
• 最後に撮影した画像または最後に再生した画像がサンプルとして表
示されます。撮影した画像がメモリーカード内にない場合、グレーで
表示されます。
• W(Q)ボタンを押すと、画像の選択画面
が表示されます。画像を選んで J ボタンを
押すと、選んだ画像がサンプルとして表示
されます。
• 画像の選択画面で X ボタンを押すと、
ボタン
を押している間、選んだ画像を拡大表示し
ます。
300 メニューガイド > B セットアップメニュー
ファインダーの明るさ
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
ファインダーの明るさを調整できます。[ファインダーの明るさ]は、
ファインダーを見ている状態で調整してください。画像モニターが表示
されている状態や、モニターモードが[モニターのみ]の場合は調整で
きません。
オート
マニュアル
周囲の明るさによってファインダーの明るさを自動で調整し
ます。
マルチセレクターの 13 を押して調整できます。+ にすると
明るく、−にすると暗くなります。
ファインダーのカラーカスタマイズ
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
ファインダーの色調を好みに合わせて変更できます。[ファインダーの
カラーカスタマイズ]は、ファインダーを見ている状態で調整してくだ
さい。画像モニターが表示されている状態や、モニターモードが[モニ
ターのみ]の場合は調整できません。調整方法は[モニターのカラーカ
スタマイズ](0 300)と同様です。
表示パネルの明るさ
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
表示パネルの明るさを調整できます。
オート
周囲の明るさによって表示パネルの明るさを自動で調整し
ます。
マニュアル
マルチセレクターの 13 を押して調整できます。
表示しない
表示パネルを常に消灯します。
メニューガイド > B セットアップメニュー
301
モニターモードの限定
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
モニターモード切り換えボタンを押して切り換えられるモニターモー
ドを設定できます。
• 項目を選んでマルチセレクターの 2 を押すと、オン M とオフ U を切り
換えられます。チェックボックスをオン M にした項目のみ選べるよう
になります。
• J ボタンを押すと、設定を完了します。
インフォ画面の表示設定
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
明るい場所や暗い場所で画像モニターが見づらいときにインフォ画面
の見え方を設定できます。
黒文字表示
w
黒文字
x
白文字
白文字表示
明るい場所で撮影するときにインフォ画面が見やすいように、
画像モニターが点灯し、文字を黒く表示します。
暗い場所で撮影するときにインフォ画面が見やすいように、画
像モニターの明るさを抑え、文字を白く表示します。
302 メニューガイド > B セットアップメニュー
AF 微調節
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
装着したレンズのピント位置を、好みなどに合わせて微調節できます。
• 必要な場合のみ AF 微調節を行ってください。
• AF 微調節は、普段の撮影でよく使用する撮影距離で行うことをおすす
めします。たとえば、近い距離で AF 微調節を行った場合、遠い被写体
に対しては AF 微調節の効果が低下することがあります。
AF 微調節
• する:AF 微調節の設定が有効になります。
(する / しない) • しない:AF 微調節を行いません。
装着しているレンズの微調節値を
登録できます。マルチセレクター
今回の微調節値
の 13 を押して、+ 20 〜− 20 の
範囲で調節できます。
個別レンズの
登録
• ピントの合う位置は、微調節値
が大きいほどカメラから遠ざか
り、微調節値が小さいほどカメ
ラに近づきます。
• 画面には今回の微調節値と、前
前回設定した微調節値
回設定した微調節値が表示され
ます。
• 最大 30 種類のレンズを登録できます。
• すでに登録してあるレンズと同じ種類のレンズを登録すると
微調節値が上書きされます。
その他レンズ
の登録
[個別レンズの登録]で登録していないレンズを装着したときに、
一律で微調節する値を設定します。13 を押して、+ 20 〜− 20
の範囲で調節できます。
メニューガイド > B セットアップメニュー
303
[個別レンズの登録]で登録したレ
ンズを一覧表示します。登録リス
トからレンズを選んで 2 を押す
と、
[識別番号入力]画面が表示さ
れます。
個別レンズ
登録リスト
•[識別番号入力]画面では、レン
ズの識別番号を変更できます。
13 を押して識別番号を選んで、J ボタンを押します。[個別
レンズの登録]は同じ種類のレンズを複数登録できないため、
たとえば、同じレンズを数本所有しているときに登録したレン
ズのシリアル番号の末尾 2 桁などを設定しておくと、どのレン
ズで登録したかを識別できるので便利です。
D 登録したレンズを削除するには
[個別レンズの登録]で登録したレンズを削除するには、[個別レンズ登録リス
ト]画面の一覧表示から削除したいレンズを選んで、O ボタンを押します。
レンズ情報手動設定
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
別売のマウントアダプターを使用して装着する非 CPU レンズの情報を
登録します。非 CPU レンズの焦点距離と開放絞り値をカメラに登録する
ことにより、手ブレ補正機能(ボディ手ブレ補正)などカメラの一部の
機能が使えるようになります。
レンズ No.
レンズ情報を登録するレンズ No. を選びます。
焦点距離(mm) レンズの焦点距離を選びます。
開放絞り値
レンズの開放絞り値を選びます。
304 メニューガイド > B セットアップメニュー
イメージセンサークリーニング
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
レンズを取り付けるときなどに、撮像素子前面にゴミやほこりが付くと、
画像に影が写り込むことがあります。イメージセンサークリーニングを
作動させると、撮像素子前面のゴミをふるい落とすことができます。
実行
イメージセンサークリーニングを実行します。
• 電源
電源スイッチに
連動
OFF で実行:電源 OFF と同時にイメージセンサーク
リーニングが作動します。
• 実行しない:電源 ON、OFF してもイメージセンサークリー
ニングは作動しません。
メニューガイド > B セットアップメニュー
305
イメージダストオフデータ取得
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
Capture NX-D の「イメージダストオフ機能」を使うためのデータを取
得します。イメージダストオフとは、カメラの撮像素子の前面に付いた
ゴミの写り込みを RAW 画像から取り除く機能です。イメージダストオ
フ機能については、Capture NX-D のヘルプをご覧ください。
イメージダストオフデータ取得の手順
1 イメージダストオフデータの取得方法を選ぶ
•[開始]を選んで J ボタンを押すと、
[イメージダストオフデータ取得]画面
が表示されます。
•[イメージセンサークリーニング後 開始]
を選んで J ボタンを押すと、すぐにイ
メージセンサークリーニングを実行しま
す。イメージセンサークリーニングの実
行後に、[イメージダストオフデータ取
得]画面が表示されます。
• データ取得を取り消したいときは、G ボタンを押してください。
2 レンズ先端から 10cm程度離れた、明るく白い無地の被写体
を画面いっぱいにとらえ、シャッターボタンを半押しする
• オートフォーカスのときは、カメラが自動的に無限遠にピントを
合わせます。
• マニュアルフォーカスのときは、手動で無限遠に合わせてください。
306 メニューガイド > B セットアップメニュー
3 シャッターボタンを全押しして撮影する
• シャッターボタンを押すと、画像モニターが消灯します。
• 被写体が明るすぎ、または暗すぎたた
めに、データが取得できなかった場合
は、画像モニターにメッセージが表示
されて手順 1 の状態に戻ります。被写体
の明るさを変えて、もう一度撮影して
ください。
D イメージセンサークリーニングについてのご注意
イメージセンサークリーニングを実行する前に取得したイメージダストオフ
データは、クリーニング実行後に撮影した画像とゴミの位置が一致しなくなる
ため、Capture NX-D のイメージダストオフ機能を使用できません。イメージセ
ンサークリーニング機能とイメージダストオフ機能を併用する場合は、
[イメー
ジセンサークリーニング後 開始]を選択後に撮影することをおすすめします。
D イメージダストオフデータ取得についてのご注意
• お使いになるレンズは、FX フォーマットで焦点距離が 50mm 以上のレンズを
おすすめします。
• ズームレンズは望遠側にしてください。
• 取得したイメージダストオフデータは、データ取得後にレンズや絞り値を変更
して撮影した画像にも適用できます。
•[サイズ M]または[サイズ S]で撮影した RAW 画像は、Capture NX-D のイ
メージダストオフ機能を使用できません。
• イメージダストオフデータは画像処理ソフトウェアなどで開けません。
• イメージダストオフデータをカメラで再生する
と、図のように表示されます。
メニューガイド > B セットアップメニュー
307
画像コメント
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
あらかじめコメントを登録しておき、撮影する画像に添付できます。添
付されたコメントは、Capture NX-D または ViewNX-i のメタデータで確
認できます。
コメント入力
36 文字までのコメントを登録できます。[コメント入力]を選んでマル
チセレクターの 2 を押すと、画像コメントの入力画面が表示されます。
入力画面での文字の入力方法については、「入力画面の操作方法につい
て」(0 161)をご覧ください。
コメント添付
登録したコメントを画像に添付したいときは、
[コメント添付]を選んで 2 を押し、チェック
ボックスをオン M にします。J ボタンを押す
と、設定が有効になり、その後撮影した画像に
は全てコメントが添付されます。
D 画像情報に表示される画像コメントについて
入力・添付された画像コメントは、
「撮影情報」の「画像コメント」に表示され
ます。
308 メニューガイド > B セットアップメニュー
著作権情報
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
撮影した画像に著作権情報を添付することができます。添付された著作
権情報は、Capture NX-D または ViewNX-i のメタデータで確認できます。
撮影者名入力、著作権者名入力
36 文字までの撮影者名と、54 文字までの著作権者名を登録できます。
[撮影者名入力]または[著作権者名入力]を選んでマルチセレクター
の 2 を押すと名前の入力画面が表示されます。入力画面での文字の入力
方法については、
「入力画面の操作方法について」
(0 161)をご覧くだ
さい。
著作権情報添付
登録した著作権情報を画像に添付したいとき
は、[著作権情報添付]を選んで 2 を押し、
チェックボックスをオン M にします。J ボタ
ンを押すと、設定が有効になり、その後撮影し
た画像には全て著作権情報が添付されます。
D 著作権情報に関するご注意
• カメラを貸したり譲渡したりする場合は、撮影者名や著作権者名の違法な使用
を防ぐため、[著作権情報添付]の設定を必ず解除してください。また、撮影
者名と著作権者名は空欄にしてください。
•[著作権情報]の使用によって生じたトラブルや損害など、当社は一切責任を
負いません。
D 画像情報に表示される著作権情報について
入力・添付された著作権情報は、
「撮影情報」に表示されます。
メニューガイド > B セットアップメニュー
309
電子音
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
電子音設定
電子音を鳴るようにしたり、鳴らないようにしたりできます。
•[電子音設定]を[有効]に設定すると、次の場合に電子音が鳴ります。
- セルフタイマー作動中
- タイムラプス動画撮影終了時
- 静止画モードでオートフォーカスのピントが合ったとき(ただし、
フォーカスモードが AF-C のとき、およびカスタムメニュー a2[AFS モード時の優先]が[レリーズ]の場合は、電子音は鳴りません)
- タッチパネルを使用して文字入力をしているとき
•[タッチ音無効]を選ぶと、タッチパネル操作時の電子音のみ鳴らない
ようにできます。
• 静止画撮影メニュー[サイレント撮影]が[する]の場合は、
[電子音]
の設定にかかわらず、ピントが合ったときの電子音は鳴りません。
音量
電子音の音量を設定できます。
音の高さ
電子音の音の高さを[高音]と[低音]から選べます。
310 メニューガイド > B セットアップメニュー
タッチ操作
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
画像モニターのタッチ操作の機能を設定できます。
タッチ操作の設定
タッチ操作の有効または無効を切り換えられます。[再生時のみ有効]
を選ぶと、再生画面でのみタッチ操作ができます。
1 コマ送り時のフリック操作
1 コマ表示モードで、次の画像を表示するフリック操作を設定できます。
S
左←右
T
左→右
画像モニターの右側から左側にフリックすると、次の画像が表示
されます。
画像モニターの左側から右側にフリックすると、次の画像が表示
されます。
HDMI
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
HDMI 対応機器との接続時の設定を変更できます(0 357)。
メニューガイド > B セットアップメニュー
311
位置情報
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
SnapBridge アプリを使用してスマートフォンから位置情報を取得した
ときや、GPS 機器と接続して位置情報を取得したときの設定を変更でき
ます。スマートフォンからの位置情報の取得方法については、詳しくは
SnapBridge アプリのヘルプをご覧ください。
GPS 機器を接続しているときに[有効]を選ぶと、カメラを操作し
半押し
ていないとき、カスタムメニュー c3[パワーオフ時間]の[半押
タイマー
しタイマー]で設定された時間で半押しタイマーがオフになりま
す。カメラのバッテリーの消耗を少なくすることができます。
情報表示
スマートフォンまたは GPS機器から取得した情報を表示します。
表
示される項目は、接続した機器によって異なります。
衛星による [する]を選ぶと、GPS 機器から取得した日時の情報でカメラの内
日時合わせ 蔵時計を合わせます。
リモコン(WR)設定
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
別売のワイヤレスリモートコントローラーWR-R10を装着している場合
に、LED ランプの点灯とリンクモードを設定できます。また、電波制御
アドバンストワイヤレスライティングに対応した別売スピードライト
とワイヤレス接続する場合にも使用できます。
LED ランプの点灯
カメラに装着したワイヤレスリモートコントローラーWR-R10の動作状
態を表す LED ランプを点灯させるかどうかを設定できます。LED ランプ
が表す動作状態については、ワイヤレスリモートコントローラーの使用
説明書をご覧ください。
312 メニューガイド > B セットアップメニュー
リンクモード
他のカメラに装着したワイヤレスリモートコントローラー WR-R10 や、
電波制御アドバンストワイヤレスライティングに対応したスピードラ
イトと接続する方法を選べます。接続する機器も、必ず同じ設定を選ん
でください。
カメラに装着したワイヤレスリモートコントローラー WR-R10
ペアリング
のペアリングボタンを押して、接続する機器とペアリングを行
います。
PIN コード
任意の数字 4 桁の PIN コードを入
力できます。マルチセレクターの
42 で桁を選んで、13 で数値
を変更します。J ボタンを押すと
設定が変更され、画面に設定した
PIN コードが表示されます。
• ペアリング済みのワイヤレスリモートコントローラーからの電波は、
[リンクモード]の設定にかかわらず WR-R10 で受信できます。ワイヤ
レスリモートコントローラー WR-1 をご使用の場合、WR-1 のリンク
モードをペアリングモードに設定してください。
D ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10 を使用するには
WR-R10 のファームウェアを Ver3.0 以降の最新版にバージョンアップしてお使
いください。ファームウェアのバージョンアップ方法については、当社のホー
ムページでご確認ください。
メニューガイド > B セットアップメニュー
313
リモコン(WR)の Fn ボタンの機能
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
Fn ボタンのある別売のワイヤレスリモートコントローラーで、Fn ボタン
を押したときの機能を以下の項目から設定できます。各項目についての
詳しい説明は、カスタムメニュー f2[カスタムボタンの機能]をご覧く
ださい。
項目
A
F
D
C
B
AF-ON
AF-L
AE-L(レリーズでリセット)
AE-L
AE-L/AF-L
項目
r FV-L
h c 発光禁止 / 許可切換
q プレビュー
4 プラス RAW 記録
設定しない
機内モード
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
[有効]にすると、Bluetooth および Wi-Fi を使った無線通信を OFF にす
ることができます。
• 内蔵無線機能以外の無線通信機器との接続を無効にする場合は、カメ
ラから無線通信機器を取り外してください。
314 メニューガイド > B セットアップメニュー
スマートフォンと接続
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラとスマートフォンの接続設定などを行えます。スマートフォンと
の接続方法は、SnapBridge アプリのヘルプや「ネットワークガイド」
をご覧ください。
p
PC と接続
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラに内蔵された Wi-Fi 機能を使用してパソコンと接続するときの設
定ができます。詳しくは「ネットワークガイド」をご覧ください。
ワイヤレストランスミッター(WT-7)
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
別売のワイヤレストランスミッター WT-7 を装着して有線 LAN または無
線 LAN でパソコンや FTP サーバーと通信する場合の設定を行います。こ
のメニュー項目は、WT-7 を装着したときのみ設定できます。詳しくは
WT-7 の使用説明書をご覧ください。
認証マークの表示
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
このカメラが取得している認証マークの一部を表示します。
ヒント:ネットワーク接続について
カメラをパソコンやスマートフォンと無線で接続する方法については、
「ネットワークガイド」をご覧ください。ネットワークガイドは、ニコン
ダウンロードセンターからダウンロードできます。
Z 7: https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/492/Z_7.html
Z 6: https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/493/Z_6.html
メニューガイド > B セットアップメニュー
315
電池チェック
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラに装着中のバッテリーの情報を表示し
ます。
残容量
撮影回数
バッテリーの残量を 1%単位で表示します。
充電後にシャッターをきった回数を表示します。
バッテリーの劣化度合いが 5 段階のバーグラフで表示されます。
• バーグラフが「0」
(k)のときは、バッテリーは劣化していま
劣化度
せん。
• バーグラフが「4」
(l)のときは、バッテリーの寿命です。新
しいバッテリーと交換してください。
D 撮影回数について
[撮影回数]に表示される回数は、シャッターをきった回数です。ホワイトバラ
ンスのプリセットマニュアルデータ取得など、実際に画像がメモリーカードに
記録されない場合でも、シャッターをきるごとに 1 ずつ加算されます。
D 低温で充電した場合の劣化度表示について
一般的な電池特性として、周囲の温度が下がるにつれ、バッテリーに充電できる
容量は少なくなります。新品のバッテリーでも、約 5 ℃以下の低温で充電した場
合、[電池チェック]で劣化度が「1」と表示されることがありますが、約 20 ℃
以上で再充電すると劣化度の表示は「0」に戻ります。
316 メニューガイド > B セットアップメニュー
カードなし時レリーズ
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラにメモリーカードを入れていないときのレリーズ操作を設定で
きます。
a
レリーズ禁止
メモリーカードを入れていないときは、シャッターはきれ
ません。
メモリーカードを入れていないときでも、シャッターがき
b
レリーズ許可 れます。再生時には[デモモード]と表示され、画像は記
録できません。
カメラ設定の保存と読み込み
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラの各機能の設定データをメモリーカードに保存できます。また、
メモリーカードに保存されている設定データをカメラで読み込むこと
もできるので、複数の同一機種を同じ設定で使う場合などに便利です。
設定を保存、読み込みできる機能は次の通りです。
再生画面設定
撮影直後の画像確認
再生メニュー
削除後の次再生画像
連続撮影後の再生画像
縦位置自動回転
メニューガイド > B セットアップメニュー
317
ファイル名設定
撮像範囲設定
画質モード
画像サイズ
RAW 記録
ISO 感度設定
ホワイトバランス
ピクチャーコントロール(登録されたカスタムピクチャー
コントロールは[オート]で保存します)
色空間
アクティブ D- ライティング
長秒時ノイズ低減
静止画撮影メニュー
高感度ノイズ低減
ヴィネットコントロール
回折補正
自動ゆがみ補正
フリッカー低減撮影
測光モード
フラッシュ発光
フラッシュモード
フラッシュ調光補正
フォーカスモード
AF エリアモード
手ブレ補正(設定は装着したレンズにより異なります)
オートブラケティング
サイレント撮影
318 メニューガイド > B セットアップメニュー
ファイル名設定
撮像範囲設定
画像サイズ / フレームレート
動画の画質
動画記録ファイル形式
ISO 感度設定
ホワイトバランス
ピクチャーコントロール(登録されたカスタムピクチャー
コントロールは[オート]で保存します)
アクティブ D- ライティング
高感度ノイズ低減
ヴィネットコントロール
動画撮影メニュー
回折補正
自動ゆがみ補正
フリッカー低減
測光モード
フォーカスモード
AF エリアモード
手ブレ補正(設定は装着したレンズにより異なります)
電子手ブレ補正
マイク感度
アッテネーター
録音帯域
風切り音低減
ヘッドホン音量
タイムコード([タイムコードの起点]を除く)
カスタムメニュー
d3[連動レリーズモード設定]を除く全メニュー
メニューガイド > B セットアップメニュー
319
言語(Language)
地域と日時(
[日時の設定]を除く)
モニターモードの限定
インフォ画面の表示設定
レンズ情報手動設定
イメージセンサークリーニング
セットアップ
メニュー
画像コメント
著作権情報
電子音
タッチ操作
HDMI
位置情報([情報表示]を除く)
リモコン(WR)設定
リモコン(WR)の Fn ボタンの機能
カードなし時レリーズ
保存
カメラの設定データをメモリーカードに保存します。メモリーカードに
空き容量がない場合は、エラーメッセージが表示され、設定データは保
存されません。保存された設定データは他機種のカメラとの互換性はあ
りません。
読み込み
メモリーカードからカメラの設定データを読み込みます。メモリーカー
ドが装着されていないときや、メモリーカードに設定データが記録され
ていないときは、[読み込み]は選べません。
D 設定データについてのご注意
メモリーカードに保存したカメラの設定データのファイル名は「NCSET***」で
す。「***」に入る文字はカメラの機種によって異なります。ファイル名を変更
すると、設定データを読み込めなくなるためご注意ください。
320 メニューガイド > B セットアップメニュー
カメラの初期化
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
]と[地域と日時]を除く、
セットアップメニュー[言語(Language)
全ての設定をリセットして初期設定に戻します。著作権情報などの撮影
者が入力したデータも初期化されます。初期化した設定は元には戻せな
いのでご注意ください。
あらかじめセットアップメニュー[カメラ設定の保存と読み込み]で設
定データを保存しておくことをおすすめします。
ファームウェアバージョン
G ボタン ➜ B セットアップメニュー
カメラを制御する「ファームウェア」のバージョンを表示します。
メニューガイド > B セットアップメニュー
321
N 画像編集メニュー:
撮影した画像に行う編集機能
メニュー画面で N タブを選ぶと、画像編集メ
ニューが表示されます。
画像編集メニューでは、メモリーカード内の撮影済み画像を編集するこ
とができます。
• カメラにメモリーカードが入っていない場合やメモリーカードに画
像が記録されていない場合は、画像編集メニューはグレーで表示され
て選択できません。
• 編集された画像は、元の画像とは別に、新しい画像としてメモリー
カードに記録されます。
• 画像編集メニューの項目は次の通りです。
メニュー項目
0
7 RAW 現像
k トリミング
8 リサイズ
i D- ライティング
j 赤目補正
Z 傾き補正
325
328
329
331
メニュー項目
ゆがみ補正
333
アオリ効果
334
画像合成 ※1
335
9
動画編集
332
332
0
a
e
o
(始点 / 終点設定)
p
編集前後の画像表示 ※2
338
338
※1 G ボタンを押して、タブの N アイコンを選んだときのみ表示されます。
※2 編集前または編集後の画像を 1 コマ表示して、i ボタンを押して[画像編集]
を選んだときのみ表示されます。
322 メニューガイド > N 画像編集メニュー
画像編集の操作方法
1 画像編集メニューでメニュー項目を
選ぶ
マルチセレクターの 13 でメニュー項目
を選び、2 を押します。
2 画像を選ぶ
• マルチセレクターで画像を選びます。
• X ボタンを押している間、選んだ画像
を拡大表示します。
• 画像を選んで J ボタンを押すと、編集画面が表示されます。
3 画像を編集する
• 画像の編集方法については、各項目の説明をご覧ください。
• 画像編集を途中でやめるには、G ボタンを押してください。画
像編集メニューに戻ります。
4 編集した画像を記録する
• J ボタンを押すと、編集した画像を記
録します。
• 画像編集した画像には p が付きます。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
323
D 選んだ画像を編集する
編集したい画像を再生し、i ボタンを押して[画像編集]を選ぶと、画像編集メ
ニューが表示され、選んだ画像を編集できます。
D 画像編集についてのご注意
• このカメラ以外で撮影または編集した画像やパソコンで編集した画像は、この
カメラでは再生または編集できないことがあります。
• 画像編集中に何も操作しないまましばらくすると、画像モニターが消灯し、編
集中の画像は保存されません。カスタムメニュー c3[パワーオフ時間]の[メ
ニュー表示]の時間を長く設定することをおすすめします。
D 繰り返し画像編集する場合のご注意
• 画像編集によって作成した画像に、さらに画像編集を行うこともできますが、
画像が粗くなったり、褪色したりする場合があります。
• 同じ画像編集を繰り返し行うことはできません(
[動画編集(始点 / 終点設定)]
を除く)。
• 画像編集の組み合わせによっては繰り返し編集できないものもあります。
• 選択中の画像に使用できない画像編集項目は、画像編集メニューでグレーで表
示されて選べません。
D 画質モードについて
• 元画像が TIFF(RGB)または RAW を含む画質モードで撮影された画像の場合、
[画質モード]が[FINE ★]の JPEG 画像になります。
• 元画像が JPEG の場合は、元画像と同じ画質モードになります。
•
RAW画像と JPEG画像を同時に記録した場合は、RAW画像が画像編集の対象に
なります。
D 画像サイズについて
画像編集した画像は、元画像と同じ画像サイズで記録されます([RAW 現像]、
[トリミング]および[リサイズ]を除く)
。
324 メニューガイド > N 画像編集メニュー
RAW 現像(パソコンを使わずに RAW 画像を
JPEG 画像に変換する)
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
RAW を含む画質モードで記録した RAW 画像を、カメラで RAW 現像して
JPEG 画像を作成できます。G ボタンを押して画像編集メニューを選
んだ場合、複数の画像を一度に RAW 現像できます。
1 画像編集メニュー画面で[RAW現
像]を選ぶ
[RAW 現像]を選んでマルチセレクター
の 2 を押します。
2 画像の選択方法を選ぶ
画像選択
選んだ RAW 画像を RAW 現
像します。複数の RAW 画像
を選んで一括で RAW 現像す
ることもできます。
選択した日付に撮影した
日付選択
RAW 画像を一括で RAW 現
像します。
メモリーカード内の全ての
全画像選択
RAW 画像を一括で RAW 現像
します。
[全画像選択]を選んだ場合は手順 4 にお進みください。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
325
3 RAW現像する画像を選ぶ
[画像選択]を選んだ場合:
• マルチセレクターで RAW 現像する画像
を選びます。
• X ボタンを押している間、選択中の画
像を拡大表示します。
• W(Q)ボタンを押して設定します。
設定すると L が表示されます。もう一度 W(Q)ボタンを押す
と、L が消えます。選んだ全ての RAW 画像を同じ設定で RAW 現
像します。
• J ボタンを押して決定します。
[日付選択]を選んだ場合:
• 日付を選んで 2 を押すと、チェック
ボックスのオン M とオフ U を切り換え
られます。
• チェックボックスがオン M になった日
付の全ての RAW 画像を同じ設定で
RAW 現像します。
• J ボタンを押して決定します。
326 メニューガイド > N 画像編集メニュー
4 表示されている項目をそれぞれ設定する
• プレビュー画像の下には、撮影時の設定が表示されています。
•[撮影時設定]がある項目で[撮影時設定]を選ぶと、それぞれ
の RAW 画像の撮影時の設定で RAW 現像します。
6
7
8
9
10
1
2
3
4
5
1
2
3
4
5
画質モード ................................ 165
画像サイズ ................................ 166
ホワイトバランス .................... 170
露出補正 ...................................... 80
ピクチャーコントロール......... 175
6
7
8
9
10
高感度ノイズ低減.................... 182
色空間 ....................................... 180
ヴィネットコントロール ........ 182
アクティブ D- ライティング ... 180
回折補正 ................................... 183
5 RAW現像する
•[現像]を選んで J ボタンを押すと、
JPEG 画像を保存します。
• 複数の画像を一度に処理する場合、
[現
像]を選んで J ボタンを押し、確認画
面で[はい]を選んで J ボタンを押す
と、JPEG 画像を保存します。
• キャンセルして画像編集メニューに戻るときは、K ボタンを押し
てください。
D RAW 現像についてのご注意
•
RAW 現像できる画像は、このカメラで撮影した RAW 画像だけです。機種の異
なるカメラで撮影した RAW 画像や RAW 以外の画質モードで撮影した画像は
選べません。
•[露出補正]で設定できる明るさ(− 2 〜+ 2)は、通常の露出補正の段数とは
異なります。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
327
トリミング
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
画像の必要な部分だけを切り抜きます。
編集画面では、トリミング範囲の黄色い枠が表示され、次の操作ができ
ます。
切り抜く範囲を狭くする
切り抜く範囲を広くする
画像のアスペクト比
(縦横比)を変更する
切り抜く範囲を移動する
トリミングを実行して
画像を保存する
W(Q)ボタンを押すごとにトリミングで切り抜か
れる範囲が狭くなります。
X ボタンを押すごとにトリミングで切り抜かれる範
囲が広くなります。
メインコマンドダイヤルを回すと、アスペクト比を
変更できます。
マルチセレクターを押してトリミングで切り抜く
範囲を移動します。
J ボタンを押すと、トリミングした画像が記録され
ます。
D トリミング画像についてのご注意
• トリミング画像は、拡大表示できないことがあります。
• トリミング画像の画像サイズは編集画面の左上
に表示されます。画像サイズは、トリミングす
る範囲とアスペクト比(横:縦)により変わり
ます。
328 メニューガイド > N 画像編集メニュー
リサイズ
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
サイズの小さい画像を作成します。
複数の画像を選んでリサイズ画像を作成する
G ボタンを押して画像編集メニューを選んだ場合、複数の画像のリサ
イズ画像を一度に作成できます。
1 画像編集メニュー画面で[リサイズ]
を選ぶ
[リサイズ]を選んでマルチセレクター
の 2 を押します。
2 画像サイズを設定する
•[画像サイズの設定]を選んで 2 を押し
ます。
• 13 で画像サイズを選び、J ボタンを
押します。
3[画像選択]を選ぶ
[画像選択]を選んで 2 を押すと、画像
の選択画面が表示されます。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
329
4 リサイズしたい画像を選ぶ
• マルチセレクターでリサイズしたい画
像を選びます。
• X ボタンを押している間、選んだ画像を
拡大表示します。
5 設定する
• W(Q)ボタンを押して設定します。
設定すると 8 が表示されます。もう一
度 W(Q)ボタンを押すと、8 が消え
ます。
• リサイズする画像全てに設定したら、
J ボタンを押します。
6 リサイズ画像を作成する
確認画面で[はい]を選んで J ボタンを
押すと、リサイズ画像が保存されます。
D リサイズ画像についてのご注意
• リサイズ画像は、拡大表示できないことがあります。
• 静止画撮影メニュー[撮像範囲設定]を[5:4(30×24)]
(Z 7 のみ)、
[1:1
(24×24)
]または[16:9(36×20)]にして撮影した画像は、リサイズでき
ません。
330 メニューガイド > N 画像編集メニュー
D- ライティング
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
画像の暗い部分を明るく補正できます。逆光で撮影したために顔の部分
だけが暗くなった画像や、フラッシュの光量不足で暗くなった画像など
に効果的です。
D- ライティング前
D- ライティング後
編集画面では、D- ライティング効果の適用前と適用後のプレビュー画像
を表示します。
• マルチセレクターの42 を押すと、効果の度
合いを選べます。効果の度合いは、設定画面
のプレビュー画像で確認できます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録さ
れます。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
331
赤目補正
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
フラッシュ撮影時の「赤目現象」によって人物の瞳の部分が赤くなって
しまった画像を、補正できます。
• フラッシュを発光しないで撮影した画像は選べません。
• カメラが赤目現象を検出できない画像は補正されません。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
D 赤目補正についてのご注意
• 赤目補正を行う場合は、次のことにご注意ください。
- 画像によっては、望ましい結果が得られないことがあります。
- ごくまれに赤目以外の部分が補正されることがあります。
• 赤目補正を行う場合は、画像を保存する前に、プレビュー画像で効果をよく確
認してください。
傾き補正
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
画像の傾きを ±5° の範囲(約 0.25° ステップ)
で補正できます。
• 編集画面では、プレビュー画像を表示します。
• 補正する傾きが大きくなるほど、画像周辺
部は切り取られます。
• マルチセレクターの 42 を押すと、傾きを
補正できます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
332 メニューガイド > N 画像編集メニュー
ゆがみ補正
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
広角レンズ使用時のたる型のゆがみや、望遠
レンズ使用時の糸巻き型のゆがみを補正でき
ます。
[オート]を選ぶと画像のゆがみを自動
的に判別して補正しますが、好みに応じて微
調整することもできます。
[マニュアル]を選
ぶと自分でゆがみを補正できます。
• 編集画面では、プレビュー画像を表示します。
•[自動ゆがみ補正]を行った画像の場合、
[マニュアル]のみ選べます。
• マルチセレクターの 4 を押すと糸巻き型のゆがみを、2 を押すとたる
型のゆがみを補正できます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
D ゆがみ補正についてのご注意
補正するゆがみが大きくなるほど、画像周辺部は切り取られます。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
333
アオリ効果
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
高層ビルを見上げて撮影したときなどに生じ
る、遠近感による被写体のゆがみを補正します。
• 編集画面では、プレビュー画像を表示します。
• アオリ効果が大きくなるほど、画像周辺部
は切り取られます。
• マルチセレクターの 1342 でアオリの
効果を調節できます。
• J ボタンを押すと、編集した画像が記録されます。
アオリ効果処理前
334 メニューガイド > N 画像編集メニュー
アオリ効果処理後
画像合成
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
メモリーカードに記録されている RAW 画像 2 コマを重ね合わせて 1 コマ
の画像に合成できます。RAW データを使用して合成するため、通常の
アプリケーションソフトウェアなどで画像を合成する場合と比べ、階調
特性に優れた画像になります。
+
1 画像編集メニュー画面で[画像合成]
を選ぶ
[画像合成]を選んでマルチセレクターの
2 を押すと、画像編集画面が表示され、
[画像 1]欄がハイライト表示されます。
2 合成する画像の 1コマ目を選ぶ
• J ボタンを押すと表示される RAW 画像
のサムネイル一覧から、1 コマ目の画像
を選びます。
• X ボタンを押している間、選択中の画
像を拡大表示します。
3 1 コマ目の画像を決定する
J ボタンを押すと、選んだ画像が 1 コマ
目に設定され、[画像 1]欄にプレビュー
が表示されます。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
335
4 2コマ目の画像を選ぶ
2 を押して[画像 2]を選び、手順 2 〜 3
と同じ手順で 2 コマ目の画像を選びます。
5 ゲインを調節する
• プレビュー欄に[画像 1]と[画像 2]
を合成した画像が表示されます。プレ
ビュー欄で確認しながら、合成画像の
明るさが適正になるように、[画像 1]
または[画像 2]を選んでから 13 を
押してゲイン(出力)を設定します。
• ゲインは 0.1 〜 2.0 の範囲で、0.1 ステップで設定できます。
• 各数値は初期設定の 1.0(補正なし)を基準にした比率です。た
とえば 0.5 にするとゲインは約半分になります。
6 プレビュー欄に移動する
• 42 を押して、プレビュー欄に移動し
ます。
• 合成画像を確認せずに画像を保存した
いときは、[保存]を選んで J ボタンを
押してください。
7 合成画像を確認する
•[合成]を選び、J ボタンを押すと、合
成画像の確認画面が表示されます。
• 設定をやり直したいときは、W(Q)
ボタンを押してください。手順 5 の画面
に戻ります。
336 メニューガイド > N 画像編集メニュー
8 合成画像を保存する
もう一度 J ボタンを押すと、合成画像が
保存され、合成画像が表示されます。
D 画像合成についてのご注意
• プレビュー画像と実際の合成画像では、色や明るさなどの見え方が異なること
があります。
• 合成できる画像は、このカメラで撮影した静止画撮影メニュー[画像サイズ]
の[RAW]が[サイズ L]の RAW 画像だけです。機種の異なるカメラや RAW
以外の画質モードで撮影した画像は選べません。
• 合成画像は[画質モード]が[FINE ★]の JPEG 画像になります。
• 次の項目の設定が同じ RAW 画像のみ合成できます。
-[撮像範囲設定]
-[RAW 記録]の[記録ビットモード]
• 合成画像のホワイトバランス、ピクチャーコントロール、撮影データ(撮影日
時、測光モード、シャッタースピード、絞り値、撮影モード、露出補正値、焦
点距離、縦横位置情報など)は、
[画像 1]で選んだ画像の内容を引き継ぎま
す。ただし、著作権情報は引き継ぎません。また、合成された画像には、画像
合成時にカメラに設定されている画像コメントが添付されます。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
337
動画編集(始点 / 終点設定)
G ボタン ➜ N 画像編集メニュー
撮影した動画の前半、後半、または前後両端を切り取って、選択した範
。
囲だけを残すことができます(0 132)
編集前後の画像表示
画像編集を行った画像を、元画像と並べて表示して、画像編集の効果を
確認できます。このメニュー項目は、編集元または編集後の画像を 1 コマ
表示して i ボタンを押して[画像編集]を選んだときのみ表示されます。
編集前後の画像表示方法
1 1コマ表示モードで画像を選ぶ
画像編集で作成した画像(p が表示され
ている画像)または画像編集の元画像を
選びます。
2 i ボタンを押して[画像編集]を選ぶ
i メニューから[画像編集]を選んで J
ボタンを押します。
3[編集前後の画像表示]を選ぶ
[編集前後の画像表示]を選んで J ボタ
ンを押すと、
[編集前後の画像表示]画
面を表示します。
338 メニューガイド > N 画像編集メニュー
4 編集前と編集後の画像を比較する
画像編集の内容
• 編集前の画像を左側、編集後の画像を右
側に表示します。
• 画像編集の内容は、2 つの画像の上に表
示されます。
• マルチセレクターの 42 で、編集前 / 編
集後の画像を切り換えられます。
• 画像合成の元画像の場合、13 で 2 枚
の元画像を切り換えられます。
編集前
の画像
編集後
の画像
• 1 枚の元画像から複数の画像編集を行った場合、13 で編集後の
画像を切り換えられます。
• X ボタンを押している間、選択中の画像を拡大表示します。
• J ボタンを押すと、黄色の枠で選択中の画像を 1 コマ表示します。
• K ボタンを押すと、再生画面に戻ります。
D 編集前後の画像表示についてのご注意
• プロテクトされている画像を編集した場合は、編集前の画像は表示されません。
• 編集元の画像を削除した場合、編集前の画像は表示されません。
メニューガイド > N 画像編集メニュー
339
O マイメニュー /m 最近設定した項目
メニュー画面で O タブを選ぶと、
[マイメ
ニュー]画面が表示されます。
O マイメニュー:よく使うメニューを登録
する
再生、静止画撮影、動画撮影、カスタム、セットアップ、画像編集の各メ
ニューから、よく使う項目だけを選んで、20 項目までマイメニューに登録
できます。登録した項目は、削除したり、表示順序を変えたりできます。
❚❚ マイメニューを登録する
1[O マイメニュー]画面で[マイメ
ニュー登録]を選ぶ
[マイメニュー登録]を選んで、マルチ
セレクターの 2 を押します。
2 登録したいメニューを選ぶ
登録したいメニューを選んで 2 を押すと、
選んだメニューが一覧表示されます。
3 マイメニューに登録する項目を選ぶ
マイメニューに登録する項目を選んで J
ボタンを押します。
340 メニューガイド > O マイメニュー /m 最近設定した項目
4 登録する項目の表示位置を選ぶ
13 で登録する項目の表示位置を選ん
で、J ボタンを押します。
5 マイメニューに表示したい全ての項
目を登録する
• L が表示されている項目は、すでにマ
イメニューに登録済みです。
• 左横に V が表示されている項目は、マ
イメニューに登録できません。
• 手順 1 〜 4 を繰り返して、マイメニューに表示したい項目を登録し
ます。
メニューガイド > O マイメニュー /m 最近設定した項目
341
❚❚ 登録した項目を削除する
1[Oマイメニュー]画面で[登録項目の削除]を選ぶ
[登録項目の削除]を選び、マルチセレクターの 2 を押します。
2 削除したいメニュー項目を選ぶ
• 2 を押すと、項目のチェックボックス
が M になります。
• 削除したい全ての項目に L を入れます。
3 選んだ項目を削除する
J ボタンを押すと、確認画面が表示され
ます。もう一度 J ボタンを押すと、選ん
だ項目が削除されます。
D 登録した項目をボタン操作で削除するには
[O マイメニュー]画面で削除したい項目を選んで O ボタンを押すと、確認画面
が表示されます。もう一度 O ボタンを押すと、選んだ項目を削除します。
342 メニューガイド > O マイメニュー /m 最近設定した項目
❚❚ 登録した項目の表示順序を変える
1[Oマイメニュー]画面で[登録項目の順序変更]を選ぶ
[登録項目の順序変更]を選び、マルチセレクターの 2 を押します。
2 順番を変えたい項目を選ぶ
順番を変えたい項目を選んで、J ボタン
を押します。
3 選んだ項目を移動したい位置を選ぶ
• 13 で移動したい位置を選んで、J ボ
タンを押すと、マイメニューの中で位
置が変わります。
• 必要に応じて手順2〜3を繰り返します。
4[Oマイメニュー]画面に戻る
G ボタンを押すと、[O マイメニュー]
画面に戻ります。
メニューガイド > O マイメニュー /m 最近設定した項目
343
❚❚ マイメニューの機能を「最近設定した項目」に変
更する
1[Oマイメニュー]画面で[このタ
ブの機能変更]を選ぶ
[このタブの機能変更]を選び、マルチ
セレクターの 2 を押します。
2[m 最近設定した項目]を選ぶ
•[このタブの機能変更]画面で[m 最近
設定した項目]を選んで、J ボタンを
押します。
•[マイメニュー]が[最近設定した項
目]に切り替わります。
344 メニューガイド > O マイメニュー /m 最近設定した項目
m 最近設定した項目:最近設定したメニュー
をたどる
❚❚「最近設定した項目」の設定方法
メニューを設定するたびに「最近設定した項
目」に追加されます。最大 20 項目まで登録さ
れます。
D 最近設定した項目を削除するには
[最近設定した項目]画面で削除したい項目を選んで O ボタンを押すと、確認画
面が表示されます。もう一度 O ボタンを押すと、選んだ項目を削除します。
D「最近設定した項目」からマイメニューに戻すには
「最近設定した項目」の[このタブの機能変更]を選ぶと、
「マイメニューの機
能を「最近設定した項目」に変更する」(0 344)の手順 2 と同じ画面が表示さ
れます。
[O マイメニュー]を選んで J ボタンを押すと、マイメニューに切り替
わります。
メニューガイド > O マイメニュー /m 最近設定した項目
345
他の機器と接続する
カメラと他の機器を接続すると、カメラの楽しみ方が広がります。
スマートフォンと接続する
SnapBridge アプリを使用して、カメラとスマートフォンを
無線で接続すると、カメラで撮影した画像をスマートフォ
ンに転送したり、スマートフォンでカメラをリモート操作
したりできます。
• SnapBridgeアプリはApple App Store®
または Google PlayTM でダウンロード
できます。
• SnapBridge アプリの最新情報について
は当社ホームページでご確認ください。
• SnapBridge アプリを使用したカメラと
スマートフォンの接続方法や詳しい使
い方は、アプリのヘルプをご覧ください。
ヒント:ネットワーク接続について
カメラをパソコンやスマートフォンと無線で接続する方法については、
「ネットワークガイド」をご覧ください。ネットワークガイドは、ニコン
ダウンロードセンターからダウンロードできます。
Z 7: https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/492/Z_7.html
Z 6: https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/493/Z_6.html
346 他の機器と接続する
パソコンと接続する
カメラをパソコンに接続すると、撮影した画像をパソコンに取り込めま
す。カメラとパソコンを接続するには、USB ケーブルを使用する方法と
無線 LAN で接続する方法があります。
USB ケーブルで接続する
付属の USB ケーブルでカメラとパソコンを接続できます。ニコンのソフ
トウェア ViewNX-i をインストールすると、画像の転送、閲覧、および
調整ができます。
❚❚ ViewNX-i をインストールする
ViewNX-i のインストールにはインターネットに接続できる環境が必要
です。ソフトウェアの最新情報、動作環境は、当社ホームページのサ
ポート情報でご確認ください。
• 下記のホームページから ViewNX-i の最新のインストーラーをダウン
ロードし、画面の指示に従ってインストールしてください。
https://downloadcenter.nikonimglib.com/
• 最新のバージョンではない場合、カメラの画像が転送できないことが
あります。
D Capture NX-Dについて
Capture NX-D は、カメラで撮影した画像を調整したり、RAW 現像したりでき
るニコンのソフトウェアです。Capture NX-D は下記ホームページからダウン
ロードしてインストールできます。
https://downloadcenter.nikonimglib.com/
他の機器と接続する
347
❚❚ ViewNX-i を使ってパソコンに画像を取り込む
ViewNX-i の詳しい使い方はヘルプをご覧ください。
1 パソコンに接続する
メモリーカードを入れたカメラの電源を OFF にしてから、付属の
USB ケーブルでカメラとパソコンを接続します。
2 カメラの電源を ONにする
• ViewNX-i の Nikon Transfer 2 が起動します。
• 起動するプログラム(ソフトウェア)を選ぶ画面がパソコンに表
示されたときは、Nikon Transfer 2 を選んでください。
• 自動で起動しない場合、ViewNX-i を起動して「取り込む」アイ
コンをクリックしてください。
3[転送開始]をクリック
する
記録されている画像がパソ
コンに取り込まれます。
[転送開始]
4 カメラの電源を OFFにする
USB ケーブルを抜いて接続を解除してください。
348 他の機器と接続する
D Windows 7 をお使いの場合
図のような画面が表示されたときは、次の手順で Nikon Transfer 2 を選びます。
1[画像とビデオのインポート]で使用するプログラムに Nikon Transfer 2 を選ぶ
[画像とビデオのインポート]の[プログラムの変更]をクリックすると表
•
示される画面で、Nikon Transfer 2 を選んで、[OK]をクリックします。
2
アイコンをダブルクリックする
D Windows 10 または Windows 8.1 をお使いの場合
パソコンの設定によっては、図のような
ダイアログが表示されます。この場合は
次の手順で Nikon Transfer 2 を選びます。
1 ダイアログをクリックする
2[画像ファイルを取り込む Nikon Transfer 2]をクリックする
D macOS/OS X をお使いの場合
Nikon Transfer 2 が自動起動しないときは、カメラとパソコンを接続した状態
で、Mac 付属アプリケーションのイメージキャプチャを起動し、カメラを接続
時に開くアプリケーションとして Nikon Transfer 2 を設定してください。
他の機器と接続する
349
D 動画を転送する場合のご注意
このカメラで使用したメモリーカードを他機種のカメラに入れて、そのカメラ
から動画を転送しないでください。動画が転送されないままファイルが削除さ
れるおそれがあります。
D パソコンとの接続時のご注意
• カメラとパソコンが通信している間は、カメラの電源を
ケーブルを抜いたりしないでください。
OFF にしたり、USB
• ケーブルを接続するときは、無理な力を加えずにまっすぐに差し込んでくださ
い。端子を引き抜くときも、まっすぐに引き抜いてください。
• ケーブルを抜き差しするときは、必ずカメラの電源が OFF になっていることを
確認してください。
• カメラとパソコンを接続するときは、充分に充電されたバッテリーをお使いに
なることをおすすめします。
D USB ハブについて
USB ハブを使ってカメラをパソコンやプリンターに接続すると、正しく動作し
ないことがあります。
350 他の機器と接続する
無線 LAN(Wi-Fi)で接続する
詳しい接続方法については、
「ネットワークガイド」をご覧ください。
❚❚ カメラの Wi-Fi 通信機能を使用して接続する
セットアップメニュー[PC と接続]を使用すると、カメラとパソコン
を Wi-Fi で接続できます。アクセスポイントにカメラを接続してネット
ワーク上のパソコンに画像を送信したり、カメラとパソコンを直接
Wi-Fi で接続できます。
アクセスポイントを経由した
ネットワーク接続
パソコンと無線接続
❚❚ WT-7 を使用して接続する
カメラに別売のワイヤレストランスミッター WT-7 を接続すると、セッ
トアップメニュー[ワイヤレストランスミッター(WT-7)]が使用でき
るようになります。別売の Camera Control Pro 2 でカメラをコントロー
ルしたり、撮影した画像をパソコンに保存することも可能です。
• WT-7 を使用すると、パソコンまたは FTP サーバーに接続できます。
• 有線 LAN で接続することもできます。
• カメラの Wi-Fi 通信機能よりも安定した接続が可能です。
他の機器と接続する
351
プリンターと接続する
PictBridge(ピクトブリッジ)対応プリンターをお使いの場合、パソ
コンを使わずに、カメラとプリンターを付属の USB ケーブルで直接接
続してメモリーカード内の画像をプリントできます(ダイレクトプリ
ント)。
• USB ケーブルは、無理な力を加えず、端子にまっすぐ差し込んでくだ
さい。
• カメラとプリンターの電源をONにすると、
画像モニターにPictBridge
のロゴが表示された後、撮影された画像が表示されます。
D ダイレクトプリントの前に
• ダイレクトプリント時は、残量が充分にあるバッテリーをお使いください。別売
のパワーコネクターと AC アダプターをお使いになることをおすすめします。
• 直接プリントする画像は、静止画撮影メニュー[色空間]を[sRGB]に設定
して撮影してください。
D USB ハブについて
USB ハブに接続した場合の動作は保証しておりません。
D ダイレクトプリントについてのご注意
•
RAW 画像および TIFF 画像はダイレクトプリントできません。RAW 画像の場合
は画像編集メニュー[RAW 現像]で作成した JPEG 画像をプリントしてくださ
い。
•[フチ設定]と[範囲指定]は、それぞれの機能に対応していないプリンター
では選べません。なお、
[範囲指定]で狭い範囲を大きくプリントした場合は、
画像が粗くプリントされる場合があります。
352 他の機器と接続する
1 コマだけプリントする
1 プリントしたい画像を選んで J ボタンを押す
• マルチセレクターの 42 を押してプリントしたい画像を選びます。
• 1 コマ表示中に X ボタンを押すと、表示中の画像を拡大表示しま
す。K ボタンを押すと、1 コマ表示に戻ります。
• W(Q)ボタンを押して 6 コマ表示に切り換えて、画像を選ぶこ
とができます。X ボタンを押すと、1 コマ表示に戻ります。
2 プリント設定の項目を設定する
[プリント設定]画面で設定したい項目を選んで 2 を押すと、それ
ぞれの設定画面が表示されます。設定方法については、「プリント
設定項目について」(0 354)をご覧ください。
3 プリントを開始する
•[プリント実行]を選んで、J ボタンを押すとプリントが始まり
ます。
• プリントを中断したいときは、もう一度 J ボタンを押してください。
他の機器と接続する
353
❚❚ プリント設定項目について
用紙設定 ※
枚数指定
フチ設定 ※
日付プリント ※
プリントする用紙のサイズを選んで J ボタンを押します。プリ
ンターが対応する用紙サイズのみが表示されます。
プリントする枚数(1 〜 99 枚)を設定して J ボタンを押します。
[あり]を選んで J ボタンを押すと、画像にフチを付けてプリ
ントします。
[あり]を選んで J ボタンを押すと、画像に日付をプリントし
ます。
[範囲指定]
[する]を選んでマルチセレクターの 2 を押すと、
画面が表示されます。プリント範囲(黄色の枠)は W(Q)ボ
範囲指定
タンを押すと狭くなり、X ボタンを押すと広くなります。マル
チセレクターを操作するとプリント範囲が移動します。プリン
ト範囲を決定するには J ボタンを押します。
※ プリンターの設定を優先したいときは、それぞれの設定時に[プリンターの設
定]を選んでください。
354 他の機器と接続する
複数の画像をプリントする
1 カメラとプリンターを接続し(0 352)、撮影した画像が
表示されたら G ボタンを押す
2 プリント方法を選んで、プリントする画像や枚数を設定する
プリント方法を選んでマルチセレクターの 2 を押します。
プリントする画像と枚数を選んでプリントします。
プリント
画像選択
•
42 を押してプリントする画像を選び、13 を押して枚数
(1 〜 99 枚)を設定して、J ボタンを押します。
•
X ボタンを押している間は、選択中の画像を拡大表示します。
• プリントしない画像は枚数を 0 にします。
メモリーカードの中の JPEG 画像を一覧できる「インデックス」を
プリントします。
INDEX
プリント
•[INDEX プリント]画面が表示されたら、J ボタンを押します。
• インデックスプリントできるのは 256 コマまでです。メモリー
カード内に 257 コマ以上の画像がある場合は、印刷されない画
像があります(確認画面が表示されます)
。
• 用紙サイズによってはプリントできない場合があります(警告
メッセージが表示されます)
。
3 プリント設定の項目を設定する
[プリント設定]画面で設定したい項目を選んで 2 を押すと、それ
ぞれの設定画面が表示されます。[用紙設定]
、[フチ設定]
、[日付
プリント]を設定できます。設定方法については、「プリント設定
項目について」(0 354)をご覧ください。
4 プリントを開始する
•[プリント実行]を選んで J ボタンを押すと、プリントが始まり
ます。
• プリントを中断したいときは、もう一度 J ボタンを押してください。
D 関連ページ
プリント時のエラーについては、
「警告メッセージ」
(0 407)をご覧ください。
他の機器と接続する
355
HDMI 対応機器と接続する
カメラをHDMI端子のあるテレビや外部レコーダーなどと接続すること
ができます。接続には、別売の HDMI 端子用ケーブル(0 428)または
市販の HDMI 端子用ケーブル(Type C)が必要です。別途お買い求めく
ださい。HDMI ケーブルを抜き差しするときは、必ずカメラの電源を OFF
にしてください。
HDMI 端子(カメラ側)
HDMI 端子 ※(外部機器側)
※ 使用する外部機器の端子に合ったケーブルをお使いください。
テレビと接続する
• テレビの入力を HDMI 入力に切り換え、カメラの電源を ON にして K
ボタンを押すと、撮影した画像がテレビの画面に表示されます。
• テレビで動画を再生するときは、音量をテレビ側で調節してくださ
い。カメラ側では音量調節できません。
356 他の機器と接続する
外部レコーダーと接続する
HDMI に対応した外部レコーダーに接続する
と、直接 HDMI 機器で録画することもできま
す。セットアップメニュー[HDMI]で、HDMI
対応機器との接続時の設定を変更できます。
一部の外部レコーダーと接続した場合、カメ
ラ側の操作に連動して外部レコーダーの録画
の開始および終了を行うこともできます。
項目
出力解像度
詳細設定
内容
HDMI 対応機器への出力解像度を設定できます。[オート]を
選んだ場合、出力先の映像信号形式を自動的に検出します。
HDMI 対応機器接続時の詳細設定を行えます。
ビデオ信号の色階調の入力範囲(RGB レンジ)は、HDMI 対応
機器によって異なります。通常は、HDMI 対応機器に合わせて
自動で出力レンジを切り換える[オート]をお使いください。
HDMI 対応機器の RGB レンジを識別できない場合は、次のいず
出力レンジ
れかを選んでください。
•[リミテッドレンジ]
:RGB レンジが 16 〜 235 の機器に適して
います。画面で黒色がつぶれて表示される場合に選びます。
•[フルレンジ]
:RGB レンジが 0 〜 255 の機器に適しています。
黒色が明るく表示されたり、薄く表示されたりする場合に選
びます。
他の機器と接続する
357
項目
内容
[する]に設定すると、Atomos Open Protocol に対応した市
販の外部レコーダーとカメラをHDMIケーブルで接続したとき
に、カメラ側の操作に連動して外部レコーダーの動画記録の開
始と終了を行えます。
•
Atomos 社製 Monitor Recorder(SHOGUN、NINJA、SUMO
シリーズ)に対応しています。機能や動作の詳細などについ
ては、外部レコーダーの使用説明書をご覧になるか、Atomos
社にお問い合わせください。
• カスタムメニュー c3[パワーオフ時間]の[半押しタイマー]
外部記録制御
で設定した時間が経過すると、画像モニターが自動的に消灯
して外部レコーダーにも映像が送られなくなります。[半押
しタイマー]の設定は、動画を撮影する時間よりも長い時間
を設定するか、
[制限なし]にすることをおすすめします。
•[する]に設定すると、カメラの画像モニターにアイコン(動
画記録待機中:A、動画記録中:B)が表示されま
す。動画を記録するときは、外部レコーダーの表示や、外部
レコーダーで動画が記録されていることをご確認ください。
•[する]に設定すると、テレビなどに外部出力している場合
に画像が乱れることがあります。
出力ビット数
HDMI の出力ビット数を設定できます。
[する(カード記録不可)]に設定すると、ハイライト側および
シャドウ側の階調とびを抑えた色飽和の少ない動画を撮影で
きます。カラーグレーディングすることを前提とした映像素材
に最適です。
N-Log 設定
• 動画は外部レコーダーにのみ記録されます。メモリーカード
には記録されません。
•[出力ビット数]の設定が[10 ビット]の場合のみ選べます。
• 動画撮影メニュー[ISO 感度設定]にある[制御上限感度]
は ISO 1600 〜 25600、
[M モード時の ISO 感度]は ISO 800
〜 25600(Z 6 は ISO 800 〜 51200)に制限されます。
[する]に設定すると、
[N-Log 設定]を[する(カード記録不
ビューアシスト
可)]にして記録している動画に簡易的な階調補正を適用して
カメラの画像モニターに表示します。実際に記録している動画
には影響ありません。
358 他の機器と接続する
D HDMI 出力できない場合
次の場合、HDMI 出力ができません。
• 動画の画像サイズを1920×1080 120p、1920×1080 100pまたは1920×1080
スローに設定している場合
•
Camera Control Pro 2 や SnapBridge と接続している場合
D[出力ビット数]で[10 ビット]を選んだ場合
• 接続している外部レコーダーが 10 ビットに対応している場合のみ、10 ビット
での伝送が可能です。
• モニターモードの設定に関わらず、カメラの画像モニターが表示され、ファイ
ンダーには何も表示されなくなります。
• 動画の画像サイズを 3840×2160 に設定している場合、次の制限があります。
- カメラ内のメモリーカードには動画は記録されません。
- 画像モニターの文字やアイコンが粗く表示されます。
- Z 7 の場合、撮像範囲を DX に設定すると画角が約 90% になります。Z 6 の場
合、常に画角が約 90% になります。
• シャッターボタンを全押ししても、静止画は撮影できません。
D 拡大表示をする場合
動画の画像サイズを 3840×2160 に設定している場合に表示を拡大すると、
1920×1080 サイズで表示されます。
他の機器と接続する
359
スピードライトをカメラに
装着して撮影する
このカメラでは、別売のスピードライトを使用したフラッシュ撮影が可
能です。
フラッシュ撮影の方法
このカメラで別売スピードライトを使用するには、次の方法があります。
一灯撮影
カメラに装着した別売スピードライトを発光させて撮影します。次ペー
ジ以降で詳しく説明します。
増灯撮影
カメラから離れた位置にあるスピードライト(リモートフラッシュ)を
ワイヤレスで制御して、増灯撮影ができます(アドバンストワイヤレス
。詳しくは「複数のスピードライトをワイヤレス
ライティング(AWL))
で制御する」
(0 373)をご覧ください。
360 スピードライトをカメラに装着して撮影する
別売スピードライトをカメラに
装着して撮影する(一灯撮影)
1 カメラのアクセサリーシューに
スピードライトを装着する
スピードライトの装着方法については、
お使いになる各スピードライトの使用説
明書をご覧ください。
2 カメラとスピードライトの電源を ONにする
スピードライトの充電が開始され、撮影ができる状態になると撮影
画面に c(レディーライト)が点灯します。
3 発光モード(0 363)とフラッシュモード(0 365)を設
定する
4 シャッタースピード、絞り値を設定する
5 撮影する
スピードライトをカメラに装着して撮影する
361
D 別売スピードライト使用時のシャッタースピード
別売のスピードライト使用時にカメラで設定できるシャッタースピードは次の
通りです。
撮影モード
設定可能なシャッタースピード
b
P、A
S
M
カメラが自動的に 1/200 〜 1/60 秒にセット
カメラが自動的に 1/200 〜 1/60 秒にセット ※
1/200 〜 30 秒
1/200 〜 30 秒、Bulb(バルブ)、Time(タイム)
※ フラッシュモードをスローシンクロモード、後幕シンクロモード、赤目軽減
スローシンクロモードに設定している場合は、シャッタースピードが最長 30
秒まで延長されます。
D 他社製フラッシュについてのご注意
他社製のフラッシュ(カメラの X 接点に 250V 以上の電圧がかかるものや、アク
セサリーシュー部の接点をショートさせてしまうもの)を使用しないでくださ
い。カメラの正常な機能が発揮できないだけでなく、カメラおよびフラッシュ
のシンクロ回路を破損することがあります。
D スピードライトの調光方式について
別売のニコンクリエイティブライティングシステム対応スピードライトをカメ
ラに装着し、スピードライトの発光モードを TTL にセットすると、モニター発光
を行う専用 TTL モード(i-TTL モード)になり、i-TTL-BL 調光などによるフラッ
シュ撮影ができます。ニコンクリエイティブライティングシステム非対応のス
ピードライトでは、i-TTL モードでの撮影はできません。i-TTL モード時は、次の
ような調光方式が利用できます。
主要被写体と背景光のバランスを考慮した BL(バランス)調
i-TTL-BL
調光
光を行います。シャッターボタンを押すと、シャッターの開
く直前にスピードライトがモニター発光を行い、被写体と背
景光のバランスを考慮した最適な発光量を決定します。
スタンダード
i-TTL 調光
背景の明るさは考慮されず、撮影画面が基準露光量となるよ
うに調光します。主要被写体のみを強調する場合や、フラッ
シュ撮影で露出補正する場合に適しています。
• カメラの測光モードがスポット測光に設定されている場合、自動的にスタン
ダード i-TTL 調光になります。
362 スピードライトをカメラに装着して撮影する
カメラに装着したスピードライトの
発光モードを設定する
ユニファイドフラッシュコントロールに対応
した別売スピードライト SB-5000、SB-500、
SB-400、または SB-300 をカメラに装着した場
合、スピードライトの発光モードや補正量な
どは、静止画撮影メニュー[フラッシュ発光]
の[発光モード]で設定できます。選べる発
光モードは装着したスピードライトによって異なります。選んだ項目に
よって[発光モード]の下に表示されるメニュー項目が変更されます。
• SB-5000、SB-500、SB-400、SB-300 以外のスピードライトを装着した
場合、発光モードなどの設定はスピードライト本体で行ってください。
• SB-5000 はスピードライト本体でも設定できます。
• スピードライトの発光量は、撮影状況に応じて自動的に調節
されます。
TTL 調光
•[TTL 調光補正]でスピードライトの調光補正値を設定します。
SB-500、SB-400 または SB-300 を装着した場合、調光補正は静
止画撮影メニュー[フラッシュ調光補正]で行えます。
• スピードライトの発光による被写体からの反射光を外部自動
外部自動調光
調光用センサー窓で測光し、スピードライトが発光量を制御
します。
•[外部自動調光補正]でスピードライトの調光補正値を設定し
ます。
•「絞り連動外部自動調光」(qA)と「外部自動調光」(A)が
あります。詳しくはご使用のスピードライトの使用説明書を
ご覧ください。
距離優先
マニュアル発光
• スピードライトから被写体までの距離を設定すると、カメラ
の設定に合わせて適正な発光量をスピードライトが自動的に
設定します。
•[距離優先マニュアル発光設定]の[距離]で被写体までの距離
を、[調光補正]でスピードライトの調光補正値を設定します。
マニュアル発光
• 指定した発光量でスピードライトが発光します。
•[マニュアル発光量]でスピードライトの発光量を設定します。
スピードライトをカメラに装着して撮影する
363
•
1 回の露光中に、スピードライトを連続発光させて、被写体の
連続的な動きを多重露出のように写し込みます。
•[リピーティング発光設定]の[発光量]でスピードライトの
リピーティング
発光
発光量を、[回数]で連続発光する回数を設定できます。[周
波数]で発光周波数(1 秒あたりの発光回数)を Hz(ヘルツ)
単位で設定できます。
• 最大連続発光回数は[発光量]と[周波数]の組み合わせに
より異なります。詳しくはご使用のスピードライトの使用説
明書をご覧ください。
D ユニファイドフラッシュコントロールについて
ユニファイドフラッシュコントロールは、フラッシュ発光に関する各種設定を
ス ピ ー ド ラ イ ト と カ メ ラ で 共 有 で き る 機 能 で す。カ メ ラ や 別 売 の
Camera Control Pro 2 からスピードライトの設定を変更したり、スピードライ
トで変更した設定をカメラや Camera Control Pro 2 に反映したりできます。カ
メラに装着するスピードライトは、ユニファイドフラッシュコントロールに対
応している必要があります。
364 スピードライトをカメラに装着して撮影する
フラッシュモードを設定する
静止画撮影メニュー[フラッシュモード]を設定すると、フラッシュの
効果を変えることができます。設定できるフラッシュモードは、撮影
モードにより異なります。
項目
内容
撮影
モード
撮影のたびにフラッシュが発光します。
撮影モードを P または A にセットしてフ
I
通常発光
(先幕シンクロ)
ラッシュ撮影すると、カメラが適正露出
となるようにシャッタースピードを
1/200 〜 1/60 秒(オート FP ハイスピード
b、P、S、
A、M
シンクロ時は 1/8000 〜 1/60 秒)に自動
的にセットします。
人物撮影に適しています。フラッシュが発
光する前に、カメラまたはスピードライト
の赤目軽減ランプが点灯して、人物の目が
赤く写る「赤目現象」を軽減します。
J
赤目軽減発光
(赤目軽減)
• 赤目軽減発光機能付きのスピードライ
トをご使用ください。
b、P、S、
A、M
• シャッターがきれるまで、カメラや被写
体の人物が動かないように注意してく
ださい(シャッターチャンスを優先する
ような撮影にはおすすめできません)。
夜景や夕景をバックにした人物撮影など
K
に適しています。赤目軽減発光に加え、
背景をきれいに写すために、自動的に
赤目軽減 +
スローシャッター シャッタースピードを遅くする「スロー
シャッター」が行われます。
(赤目軽減
スローシンクロ) • シャッタースピードが遅くなるため、
P、A
手ブレにご注意ください。
• 三脚の使用をおすすめします。
スピードライトをカメラに装着して撮影する
365
項目
内容
撮影
モード
通常発光に加え、背景をきれいに写すため
L
通常発光 +
スローシャッター
(スローシンクロ)
に、自動的にシャッタースピードを遅くす
る「スローシャッター」が行われます。
• シャッタースピードが遅くなるため、
P、A
手ブレにご注意ください。
• 三脚の使用をおすすめします。
通常発光時はシャッターが開くと同時に
フラッシュが発光しますが、後幕発光で
はシャッターが閉じる直前にフラッシュ
M
後幕発光
(後幕シンクロ)
が発光します。
• 撮影モードを P または A に設定した場
合、スローシンクロモードも自動的に
セットされます。
P、S、A、M
• シャッタースピードが遅くなるため、
手ブレにご注意ください。
• 三脚の使用をおすすめします。
s
発光禁止
発光しません。
b、P、S、
A、M
D スタジオ用大型ストロボ使用時について
スタジオ用大型ストロボでは正しい同調が行えないため、後幕発光は使用でき
ません。
366 スピードライトをカメラに装着して撮影する
調光補正してフラッシュの発光量を
変更する
調光補正とは、フラッシュの発光量を意図的
に変えることで、背景に対する被写体の明る
さを調整したいときなどに使います。静止画
撮影メニュー[フラッシュ調光補正]で発光
量を多くして被写体をより明るく照らした
り、発光量を少なくして被写体に光が強く当
たりすぎないようにするなど、発光量の微妙な調整ができます。
• 調光補正は、1/3 段ステップで− 3 段〜+ 1 段の範囲で設定できます。
• 被写体を明るくしたいときは+側に、暗くしたいときは−側に補正し
てください。
• 調光補正が設定されていると、撮影画面と表示パネルに Y マークが
表示されます。
• 調光補正を解除するには、補正量を 0.0 にしてください。カメラの電源
を OFF にしても、補正量の設定は解除されません。
スピードライトをカメラに装着して撮影する
367
FVロックして調光量を固定する
別売のニコンクリエイティブライティングシステム対応スピードライ
ト使用時は、調光量を固定(FV ロック)することにより、被写体に調光
量を合わせたまま構図を変えたり、同じ調光量を維持したまま撮影でき
ます。被写体が画面の中央にない場合など、自由な構図で適切な調光量
のフラッシュ撮影が可能です。
• FV ロック中にカメラの ISO 感度や絞り値を変更しても、フラッシュの
発光量が補正されることにより FV ロックは維持されます。
• 撮影モードが b の場合、FV ロックはできません。
1 カスタムメニュー f2[カスタムボタ
ンの機能]で任意のボタンに
[FV-L]を割り当てる
2 FV ロック対応スピードライトをカメラのアクセサリー
シューに装着する
3 スピードライトの電源を ONにし、発光モードを TTLまたは
「モニター発光あり」の qA または A のいずれかにセットする
• SB-5000、SB-500、SB-400、または SB-300 をカメラに装着した
場合、静止画撮影メニュー[フラッシュ発光]の[発光モード]
を[TTL 調光]または[外部自動調光]に設定します。
• SB-5000、SB-500、SB-400、または SB-300 以外のスピードライ
トをカメラに装着した場合の発光モードについては、スピードラ
イトの使用説明書をご覧ください。
368 スピードライトをカメラに装着して撮影する
4 被写体にピントを合わせる
• 発光量を合わせたい被写体
を画面の中央でとらえ、
シャッターボタンを半押し
して被写体にピントを合わ
せます。
5 モニター発光を行う
• 撮影画面に c が点灯していることを確認し、
[FV-L]を割り当て
たボタンを押すと、フラッシュがモニター発光を行い、調光量を
計算します。
• FV ロックが行われ、撮影画面に FV ロッ
クマーク(r)が表示されます。
6 構図を変更する
7 シャッターボタンを全押しして撮影する
FV ロック中は、被写体の露出を一定にしたまま複数のコマを撮影
できます。必要に応じて手順 6 〜 7 を繰り返してください。
8 FVロックを解除する
もう一度[FV-L]を割り当てたボタンを押すと、FV ロックが解除
され、撮影画面の FV ロックマーク(r)が消灯します。
スピードライトをカメラに装着して撮影する
369
カメラに装着したスピードライトの
設定を確認する
カメラのアクセサリーシューに、ユニファイドフラッシュコントロール
に対応した別売スピードライト SB-5000、SB-500、SB-400、SB-300 を
取り付けた場合、スピードライトの設定内容をカメラのフラッシュイン
フォ画面で確認できます。フラッシュインフォ画面は、静止画モードで
DISP ボタンを押して表示できます(0 15)。
各発光モードの表示について
❚❚ TTL 調光
123
4
5
6
7
8
1
2
3
4
5
6
7
8
レディーライト
.............................361
バウンスマーク(スピードライトの
フラッシュヘッドを上方向に設定し
ている場合に表示されます)
照射角不適合マーク(照射角の
設定が適切ではない場合に表示さ
れます)
発光モード
.......................................363
FP 発光表示 ......................................267
TTL 調光補正量 ..............................363
フラッシュモード .........................365
FV ロックマーク ............................368
フラッシュ調光補正量 ...............367
❚❚ 外部自動調光
1
1
2
2
発光モード .......................................363
FP 発光表示 ......................................267
外部自動調光補正量 ....................363
370 スピードライトをカメラに装着して撮影する
❚❚ 距離優先マニュアル発光
1
1
2
3
2
発光モード .......................................363
FP 発光表示 ......................................267
距離優先マニュアル発光
3
調光補正量 .......................................363
距離 .....................................................363
❚❚ マニュアル発光
1
1
2
2
発光モード .......................................363
FP 発光表示 ......................................267
発光量 ................................................363
❚❚ リピーティング発光
1
2
3
1
2
3
.......................................363
................................................363
回数 .....................................................363
周波数 ................................................363
発光モード
発光量
スピードライトをカメラに装着して撮影する
371
D フラッシュインフォ画面での撮影に関する情報について
フラッシュインフォ画面で、撮影モードやシャッ
タースピード、絞り値、ISO 感度など、撮影に関
する情報や設定の確認することもできます。
D 設定を変更する
フラッシュインフォ画面表示中に i ボタンを押す
と、フラッシュの設定を変更できます。表示される
項目は、接続しているスピードライトや設定によっ
て異なります。テスト発光することもできます。
372 スピードライトをカメラに装着して撮影する
複数のスピードライトを
ワイヤレスで制御する
カメラから離れた位置にあるスピードライト(リモートフラッシュ)を
ワイヤレスで制御して、増灯撮影ができます(アドバンストワイヤレス
ライティング(AWL)
)。カメラにスピードライトを装着して撮影する方
法については、
「スピードライトをカメラに装着して撮影する」
(0 360)
をご覧ください。
この章では、カメラおよびカメラに装着している機器での操作を C、
リモートフラッシュとして使用するスピードライトでの操作を f で
表しています。f の手順での詳しい設定方法などは、スピードライト
の使用説明書をご覧ください。
増灯撮影の方法について
増灯撮影には次の方法があります。
• 電波でリモートフラッシュを制御する ※(0 375)
• カメラに装着したスピードライトの光でリモート
フラッシュを制御する(0 386)
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
373
• 電波制御したリモートフラッシュとカメラに装着
したスピードライトを同時に発光させる ※
(0 385)
• 電波制御のリモートフラッシュと、光制御のリ
モートフラッシュを同時に使用する ※(0 395)
※ 電波でリモートフラッシュを制御するには、カメラに WR-R10 を装着する必要が
あります。
374 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
電波でリモートフラッシュを制御する
カメラに装着した WR-R10 からの電波によっ
て電波制御に対応したリモートフラッシュを
制御することを電波制御アドバンストワイヤ
レスライティングと呼びます。電波制御に対
応するスピードライトは SB-5000 です。
電波制御の準備をする
電波制御するには、カメラに装着した WR-R10 とリモートフラッシュを
無線接続する必要があります。
1 C:WR-R10をカメラに装着する
装着方法については、WR-R10 の使用説明書をご覧ください。
2 C:静止画撮影メニュー[フラッ
シュ発光]の[ワイヤレス設定]で
[電波制御 AWL]を選ぶ
D ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10 について
電波制御アドバンストワイヤレスライティングを行うためには、別売のワイヤ
レスリモートコントローラー WR-R10 のファームウェアを Ver.3.0 以降の最新版
にバージョンアップしてお使いください。ファームウェアのバージョンアップ
方法については、当社のホームページでご確認ください。
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
375
3 C:WR-R10 のチャンネルを設定
する
• WR-R10 のチャンネル切り換えスイッチ
を任意のチャンネルに設定します。
4 C:WR-R10 のリンクモードを設
定する
• カメラのセットアップメニュー[リモ
コン(WR)設定]の[リンクモード]
で次のどちらかを設定します。
ペアリングを実行した機器のみと通信を行うモードです。
ペアリング
• ペアリングを行っていない機材とは通信しないため、近
くで他の機材を使用した撮影が行われていても混信しま
せん。
• ペアリングの実行は 1 台ずつ行うため、使用する機材が多
い場合は PIN コードの使用をおすすめします。
同一の 4 桁の数字(PIN コード)が設定された機器同士で通
信を行うモードです。
• 使用する機材が多い場合などにおすすめします。
PIN コード
• 同じ PIN コードに設定したカメラが複数台ある場合、最初
にスピードライトと接続したカメラだけがそのスピード
ライトを制御できます(その他のカメラは未接続状態と
なり、WR-R10 の LED ランプが点滅します)
。
376 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
5 f:リモートフラッシュと WR-R10を接続する
• スピードライトを電波制御リモートモードにします。
• リモートフラッシュのチャンネルは必ず手順 3 で設定した
WR-R10 のチャンネルと同じものを設定してください。
• リモートフラッシュのリンクモードは手順 4 で設定した WR-R10
のリンクモードと同じものを設定してください。
-[ペアリング]を選んだ場合、リモートフラッシュでペアリング
を開始すると同時に WR-R10 のペアリングボタンを押します。
ペアリングが完了すると、WR-R10 とリモートフラッシュの
LINK ライトが緑とオレンジの点滅を行います。接続が完了する
と、リモートフラッシュの LINK ライトが緑色に点灯します。
-[PIN コード]を選んだ場合、カメラで入力したものと同じ PIN
コードをリモートフラッシュで入力します。PIN コードの入力が
完了すると、自動で接続を開始します。接続が完了すると、リ
モートフラッシュの LINK ライトが緑色に点灯します。
6 f:使用する全てのリモートフラッシュで手順 5を繰り返す
7 f:使用する全てのスピードライトのレディーライトが点
灯していることを確認する
• 電波制御の場合は、全てのスピードライトがフラッシュ撮影可能
な状態になると、撮影画面、フラッシュインフォ画面にレディー
ライトが点灯します。
D 電波制御で接続しているスピードライトをカメラで一覧表示する
カメラの静止画撮影メニュー[フラッシュ発光] 接続している
の[電波リモートフラッシュ情報]では、接続中 スピードライト
のスピードライトを一覧表示できます。
• 一覧表示するときの識別用の名前は、スピード
ライト側で設定できます(リモートフラッシュ
ネーム設定)。
グループ
レディーライト
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
377
D 一度接続したスピードライトと再度接続する場合
チャンネルやリンクモードの設定を変更していない場合、手順 3 〜 6 を行わずに
スピードライトをリモートモードにするだけで WR-R10 と接続できます。接続が
完了すると、スピードライトの LINK ライトが緑色に点灯します。
378 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
増灯発光モードを設定して撮影する
静止画撮影メニュー[フラッシュ発光]の[増
灯発光モード]を設定します。各増灯発光モー
ドの設定および撮影方法は次の通りです。
❚❚[グループ発光]で撮影する
リモートフラッシュのグループごとに発光モードを設定できます。
1 C:[フラッシュ発光]画面の[増
灯発光モード]で[グループ発光]
を選ぶ
2 C:[フラッシュ発光]画面で[グ
ループ発光設定]を選んでマルチセ
レクターの 2 を押す
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
379
3 C:発光モードと調光補正量(ま
たは発光量)を設定する
• リモートフラッシュグループの発光
モードと補正量(または発光量)を設
定します。
• 設定できる発光モードは次の通りです。
TTL
i-TTL 調光を行います。
qA
絞り連動外部自動調光を行います。ただし、絞り連動外部自動
M
––
調光に対応していないスピードライトは発光しません。
マニュアル発光を行います。
リモートフラッシュは発光しません。[補正量]は設定できま
(非発光) せん。
4 f:リモートフラッシュにグループの設定をする
• A 〜 F のグループを設定できます。
• リモートフラッシュの各グループに設定できる台数に制限はあり
ませんが、制御できるのは全グループ合計で 18 台までです。
5 C/f:構図を決め、カメラとリモートフラッシュを配置
する
• リモートフラッシュの配置などについては、スピードライトの使
用説明書をご覧ください。
• テスト発光を行って、使用する全てのスピードライトが正常に発
光するか確認してください。テスト発光をするには、フラッシュ
インフォ画面で i ボタンを押し、
[c テスト発光]を選んで J ボタ
ンを押します(0 398)。
6 C:撮影する
380 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
❚❚[クイックワイヤレス]で撮影する
リモートフラッシュの A グループと B グループの光量比、および C グルー
プの発光量を設定します。C グループはマニュアル発光のみ使用できます。
1 C:[フラッシュ発光]画面の[増
灯発光モード]で[クイックワイヤ
レス]を選ぶ
2 C:[フラッシュ発光]画面で[ク
イックワイヤレス発光設定]を選ん
でマルチセレクターの 2 を押す
3 C:クイックワイヤレスモードの設定をする
• A グループと B グループの光量比を設定
する
• A グループと B グループの調光補正量を
設定する
• C グループの設定をする
-[M]に設定すると発光し、[––]に
設定すると発光しません。
-[M]にした場合は設定した発光量で
C グループが発光します。
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
381
4 f:リモートフラッシュにグループの設定をする
• A 〜 C のグループを設定できます。
• リモートフラッシュの各グループに設定できる台数に制限はあり
ませんが、制御できるのは全グループ合計で 18 台までです。
5 C/f:構図を決め、カメラとリモートフラッシュを配置
する
• リモートフラッシュの配置などについては、スピードライトの使
用説明書をご覧ください。
• テスト発光を行って、使用する全てのスピードライトが正常に発
光するか確認してください。テスト発光をするには、フラッシュ
インフォ画面で i ボタンを押し、
[c テスト発光]を選んで J ボタ
ンを押します(0 398)。
6 C:撮影する
382 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
❚❚[増灯リピーティング発光]で撮影する
1 回の露光中に、増灯したリモートフラッシュを連続発光させて、被写
体の連続的な動きを多重露出のように写し込みます。
1 C:[フラッシュ発光]画面の[増
灯発光モード]で[増灯リピーティ
ング発光]を選ぶ
2 C:[フラッシュ発光]画面で[増
灯リピーティング発光設定]を選ん
でマルチセレクターの 2 を押す
3 C:増灯リピーティング発光モードの設定をする
• 発光量、発光回数、周波数を設定する
• 発光するかどうかをグループごとに設
定する
-[ON]に設定すると発光し、[––]に
設定すると発光しません。
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
383
4 f:リモートフラッシュにグループの設定をする
• A 〜 F のグループを設定できます。
• リモートフラッシュの各グループに設定できる台数に制限はあり
ませんが、制御できるのは全グループ合計で 18 台までです。
5 C/f:構図を決め、カメラとリモートフラッシュを配置
する
• リモートフラッシュの配置などについては、スピードライトの使
用説明書をご覧ください。
• テスト発光を行って、使用する全てのスピードライトが正常に発
光するか確認してください。テスト発光をするには、フラッシュ
インフォ画面で i ボタンを押し、
[c テスト発光]を選んで J ボタ
ンを押します(0 398)。
6 C:撮影する
384 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
電波制御したリモートフラッシュとカメラに
装着したスピードライトを同時に発光させる
電波制御でワイヤレス増灯をした場合
(0 375)に、電波制御で接続したリモートフ
ラッシュに加えてアクセサリーシューに装着
したスピードライトも発光させることができ
ます。
• SB-5000 の場合、スピードライトで電波制御マスターモード(画面左
上に d が表示されている状態)に設定し、グループ発光または増灯
リピーティング発光を選んで装着してください。装着した SB-5000 の
設定は、スピードライト本体またはカメラで行えます。カメラで行う
場合、グループ発光は[グループ発光設定]の[マスターフラッシュ]、
増灯リピーティング発光は[増灯リピーティング発光設定]の[M]
(マスターフラッシュ)で設定してください。
• SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600 の場合、1 灯で使用する
設定にして装着してください。発光モードや補正量はスピードライト
側で設定してください。
• SB-500、SB-400、SB-300 の場合、そのまま装着してください。発光
モードや補正量はカメラの[グループ発光設定]の[マスターフラッ
シュ]で設定してください。
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
385
光でリモートフラッシュを制御する
カメラに装着したスピードライトをマス
ターフラッシュとして使用し、リモートフ
ラッシュを光で制御することを光制御アド
バンストワイヤレスライティングと呼びま
す。光制御に対応するスピードライトについ
ては「使用できるスピードライト」(0 422)をご覧ください。
• SB-5000 または SB-500 をマスターフラッシュとして使用する場合は、
スピードライトの設定をカメラ側で行います。詳しくは「SB-5000 ま
たは SB-500 を使用して撮影する」(0 387)をご覧ください。リモー
トフラッシュの配置などについては、スピードライトの使用説明書を
ご覧ください。
• SB-5000 または SB-500 以外のスピードライトを使用する場合は、
スピードライト側で設定を行う必要があります。詳しくは、スピード
ライトの使用説明書をご覧ください。
386 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
SB-5000 または SB-500 を使用して撮影する
SB-5000 または SB-500 をカメラのアクセサ
リ ー シ ュ ー に 装 着 し ま す。静 止 画 撮 影 メ
ニュー[フラッシュ発光]の[ワイヤレス設
定]で[光制御 AWL]を選び、増灯発光モー
ド(SB-500 は[グループ発光]のみ)を設定
します。各増灯発光モードの設定および撮影
方法は次の通りです。
❚❚[グループ発光]で撮影する
リモートフラッシュのグループごとに発光モードを設定できます。
1 C:[フラッシュ発光]画面の[増
灯発光モード]で[グループ発光]
を選ぶ
2 C:[フラッシュ発光]画面で[グ
ループ発光設定]を選んでマルチセ
レクターの 2 を押す
D SB-5000 装着時の設定について
SB-5000 を装着している場合は、[フラッシュ発光]の設定をスピードライト側
でも変更できます。
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
387
3 C:発光モードと調光補正量(また
は発光量)、チャンネルを設定する
• マスターフラッシュおよびリモートフ
ラッシュグループそれぞれの発光モー
ドと補正量(または発光量)を設定し
ます。
• 設定できる発光モードは次の通りです。
TTL
i-TTL 調光を行います。
qA
絞り連動外部自動調光を行います。ただし、絞り連動外部自動
M
––
調光に対応していないスピードライトは発光しません。
マニュアル発光を行います。
リモートフラッシュは発光しません。[補正量]は設定できま
(非発光) せん。
•[チャンネル]で光制御のリモートフラッ
シュと通信を行うためのマスターフラッ
シュのチャンネル(1 〜 4)を選びます。
• SB-500 をリモートフラッシュとして使
用する場合は、チャンネルを[3]に設
定してください。
4 f:リモートフラッシュのチャンネルを設定する
手順 3 の[チャンネル]で設定したチャンネルと同じものに設定し
てください。
5 f:リモートフラッシュにグループの設定をする
• A 〜 C のグループを設定できます。
• SB-500 をマスターフラッシュにしている場合、設定できるグルー
プは A と B のみになります。
• 同時に使用できるリモートフラッシュの台数に制限はありません。
ただし、センサーに他のリモートフラッシュの強い光が入ると正
常に動作しない場合があるため、実用上は各グループ 3 台程度が目
安です。
388 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
6 C/f:構図を決め、カメラとリモートフラッシュを配置
する
• リモートフラッシュの配置などについては、スピードライトの使
用説明書をご覧ください。
• テスト発光を行って、使用する全てのスピードライトが正常に発
光するか確認してください。テスト発光をするには、マスターフ
ラッシュのテスト発光ボタンを押すか、フラッシュインフォ画面
で i ボタンを押して[c テスト発光]を選びます(0 398)
。
7 C/f:使用する全てのスピードライトのレディーライト
が点灯していることを確認してから撮影する
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
389
❚❚[クイックワイヤレス]で撮影する(SB-5000 のみ)
リモートフラッシュの A グループと B グループの光量比、および C グルー
プの発光量を設定して撮影します。C グループはマニュアル発光のみ使
用できます。
1 C:[フラッシュ発光]画面の[増
灯発光モード]で[クイックワイヤ
レス]を選ぶ
2 C:[フラッシュ発光]画面で[ク
イックワイヤレス発光設定]を選ん
でマルチセレクターの 2 を押す
3 C:クイックワイヤレスモードの設定をする
• A グループと B グループの光量比を設定
する
• A グループと B グループの調光補正量を
設定する
• C グループの設定をする
-[M]に設定すると発光し、[––]に
設定すると発光しません。
-[M]にした場合は設定した発光量で
C グループが発光します。
390 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
• チャンネルを設定する
-[チャンネル]で光制御のリモートフ
ラッシュと通信を行うためのマスター
フラッシュのチャンネル(1 〜 4)を
選びます。
- SB-500 をリモートフラッシュとして
使用する場合は、チャンネルを[3]に設定してください。
4 f:リモートフラッシュのチャンネルを設定する
手順 3 の[チャンネル]で設定したチャンネルと同じものに設定し
てください。
5 f:リモートフラッシュにグループの設定をする
• A 〜 C のグループを設定できます。
• 同時に使用できるリモートフラッシュの台数に制限はありませ
ん。ただし、センサーに他のリモートフラッシュの強い光が入る
と正常に動作しない場合があるため、実用上は各グループ 3 台程
度が目安です。
6 C/f:構図を決め、カメラとリモートフラッシュを配置
する
• リモートフラッシュの配置などについては、スピードライトの使
用説明書をご覧ください。
• テスト発光を行って、使用する全てのスピードライトが正常に発
光するか確認してください。テスト発光をするには、マスターフ
ラッシュのテスト発光ボタンを押すか、フラッシュインフォ画面
で i ボタンを押して[c テスト発光]を選びます(0 398)
。
7 C/f:使用する全てのスピードライトのレディーライト
が点灯していることを確認してから撮影する
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
391
❚❚[増灯リピーティング発光]で撮影する
(SB-5000 のみ)
1 回の露光中に、増灯したリモートフラッシュを連続発光させて、被写
体の連続的な動きを多重露出のように写し込みます。
1 C:[フラッシュ発光]画面の[増
灯発光モード]で[増灯リピーティ
ング発光]を選ぶ
2 C:[フラッシュ発光]画面で[増
灯リピーティング発光設定]を選ん
でマルチセレクターの 2 を押す
3 C:増灯リピーティング発光モードの設定をする
• 発光量、発光回数、周波数を設定する
• 発光するかどうかをグループごとに設
定する
-[ON]に設定すると発光し、[––]に
設定すると発光しません。
392 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
• チャンネルを設定する
-[チャンネル]で光制御のリモートフ
ラッシュと通信を行うためのマスター
フラッシュのチャンネル(1 〜 4)を
選びます。
- SB-500 をリモートフラッシュとして
使用する場合は、チャンネルを[3]に設定してください。
4 f:リモートフラッシュのチャンネルを設定する
手順 3 の[チャンネル]で設定したチャンネルと同じものに設定し
てください。
5 f:リモートフラッシュにグループの設定をする
• A 〜 C のグループを設定できます。
• 同時に使用できるリモートフラッシュの台数に制限はありません。
ただし、センサーに他のリモートフラッシュの強い光が入ると正
常に動作しない場合があるため、実用上は各グループ 3 台程度が
目安です。
6 C/f:構図を決め、カメラとリモートフラッシュを配置
する
• リモートフラッシュの配置などについては、スピードライトの使
用説明書をご覧ください。
• テスト発光を行って、使用する全てのスピードライトが正常に発
光するか確認してください。テスト発光をするには、マスターフ
ラッシュのテスト発光ボタンを押すか、フラッシュインフォ画面
で i ボタンを押して[c テスト発光]を選びます(0 398)
。
7 C/f:使用する全てのスピードライトのレディーライト
が点灯していることを確認してから撮影する
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
393
D 光制御で増灯撮影する場合のご注意
• リモートフラッシュは、マスターフラッシュの光がセンサー窓に入る位置に置
きます。特に、手持ちで撮影するときは、マスターフラッシュの光が確実にセ
ンサー窓に入るようにしてください。
• リモートフラッシュの直接光または強い反射光が、カメラの撮影レンズ([TTL]
設定時)や他のリモートフラッシュの外部自動調光用受光窓([qA]設定時)
に入らないようにしてください。光が入ると、適正露出が得られません。
•[マスターフラッシュ]の[発光モード]を[––]にした場合でも、リモート
フラッシュの発光タイミングを合わせるため、撮影中にマスターフラッシュが
微小発光を行います。近距離撮影を行う場合、この少量発光が画像に写り込む
場合があります。画像への影響を防ぐには、低い ISO 感度、または小さい絞り
(大きい絞り値)で撮影してください。
• 撮影準備と配置が終わったら、必ずテスト撮影を行って、画像を確認してくだ
さい。
394 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
電波制御のリモートフラッシュと、
光制御のリモートフラッシュを同時に
使用する
WR-R10 と、光制御でマスターフラッシュとし
て 使 う ス ピ ー ド ラ イ ト(SB-910、SB-900、
SB-800、SB-700、SB-500)または SU-800 を
カメラに装着すると、光制御と電波制御のリ
モートフラッシュを併用できます。
• 電波で制御するリモートフラッシュは、すべて WR-R10 と接続してく
ださい(0 375)
。
• SB-500を装着した場合は、
[ワイヤレス設定]で[光制御/電波制御AWL]
を選んでください。SB-500 以外のスピードライトまたは SU-800 を装着
した場合、[ワイヤレス設定]は[光制御 / 電波制御 AWL]に設定され
ます。
•[増灯発光モード]は[グループ発光]のみ
使用できます。
• リモートフラッシュのグループは、A 〜 F の
最大 6 グループまで構成できます。光で制御
するリモートフラッシュには A 〜 C、電波で
制御するリモートフラッシュには D 〜 F が設
定できます。D 〜 F グループの設定画面を表示するには、
[グループ発
光設定]画面でマルチセレクターの 13 を押します。
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
395
フラッシュインフォ画面で増灯撮影時の
スピードライトの設定を確認する
カメラのアクセサリーシューに SB-5000 または SB-500 を取り付けて光
制御でマスターフラッシュとして使う場合、または WR-R10 を使用して
電波でリモートフラッシュを制御している場合、スピードライトの設定
内容をカメラのフラッシュインフォ画面で確認できます。フラッシュイ
ン フォ 画面 は、静止 画モ ード で DISP ボタ ンを 押し て表 示で きま す
(0 15)
。
各発光モードの表示について
❚❚ グループ発光
1
3
4
2
5
1
2
6
3
4
レディーライト ※1
増灯発光モード .............................187
FP 発光表示 ......................................267
リモートフラッシュの
制御方法 ※2 ......................................187
各グループの制御方法 ※3
各グループの発光モード
......................................... 379、387
5
6
調光補正量(または発光量)
......................................... 379、387
チャンネル ※2 ................... 375、387
リンクモード ※4
396 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
............................313
❚❚ クイックワイヤレス
1
2
3
4
5
6
7
1
2
8
3
レディーライト ※1
増灯発光モード .............................187
FP 発光表示 ......................................267
リモートフラッシュの
制御方法 ※2
......................................187
4 A グループと B グループの
光量比
.................................. 381、390
5 調光補正量 ......................... 381、390
6 C グループの発光の有無と
7
8
発光量 .................................. 381、390
チャンネル ※2 ................... 375、390
リンクモード ※4
............................313
❚❚ 増灯リピーティング発光
1 2 3
4
5
6
7
8
1
2
3
4
レディーライト ※1
.............................187
.................................. 383、392
増灯発光モード
発光量
5
リモートフラッシュの
制御方法 ※2 ......................................187
回数 ....................................... 383、392
6
周波数 .................................. 383、392
各グループの発光の有無
7
8
......................................... 383、392
チャンネル ※2 ................... 375、392
リンクモード ※4
............................313
※1 電波制御時、レディーライトは全てのスピードライトがフラッシュ撮影可能
な状態になると表示されます。
※2 光制御時は Y、電波制御時は Z、併用時は両方のアイコンが表示されます。
併用時に光制御のチャンネルが表示されるのは、SB-500 をマスターフラッ
シュとして使用している場合のみです。
※3 光制御と電波制御を併用している場合のみ、各グループの制御方法がアイコ
ンで表示されます。
※4 電波制御時、または光制御と電波制御を併用している場合のみ表示されます。
複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
397
D フラッシュインフォ画面での撮影に関する情報について
フ ラ ッ シ ュ イ ン フ ォ 画 面 で、撮 影 モ ー ド や
シャッタースピード、絞り値、ISO 感度など、撮
影に関する情報や設定の確認をすることもでき
ます。
D フラッシュインフォ画面表示中に i ボタンで設定を変更する
フラッシュインフォ画面表示中に i ボタンを押す
と、フラッシュの設定を変更できます。表示される
項目は、接続しているスピードライトや設定によっ
て異なります。テスト発光することもできます。
398 複数のスピードライトをワイヤレスで制御する
困ったときは
カメラの動作がおかしいときは、次の手順を行うことで問題が解決する
場合があります。ご購入店やニコンサービス機関にお問い合わせになる
前にお試しください。
STEP
1
400 〜 412 ページの項目を確認して、カメラを点検する。
次のページで対処方法が確認できます。
• 故障かな?と思ったら(0 400)
• 警告メッセージ(0 407)
電源を OFF にしてバッテリーを取り出し、約 1 分後に再度バッテリー
を入れてカメラの電源を ON にする。
STEP
2
D 撮影直後はメモリーカードに画像の記録を行っている場合が
あります。バッテリーを取り出すまで、撮影後は 1 分以上お待
ちください。
ニコンのホームページを確認する。
• サポートサイトの Q&A などで解決方法を探すことができます。
STEP
3
http://www.nikon-image.com/support/
• ニコンダウンロードセンターで、カメラの最新のファームウェアを
確認してください。
https://downloadcenter.nikonimglib.com/
STEP
4
ニコンサービス機関に問い合わせる。
D カメラの初期化について
• 機能の組み合わせによって、使用したい機能(メニュー項目)が設定できない
場合があります。使用したいメニュー項目がグレーアウトしているときなどに
セットアップメニュー[カメラの初期化]
(0 321)を実行すると、メニュー
が選べるようになることがあります。
• カメラを初期化すると、無線接続設定や著作権情報などの撮影者が入力した
データも初期化されます。初期化した設定は元に戻せないのでご注意ください。
困ったときは
399
故障かな?と思ったら
次のような症状が発生した場合の対処法については、こちらをご覧くだ
さい。
電源・表示関連
● 電源 ON の状態で、カメラの操作ができない
• 画像の記録などの処理が終わるまでお待ちください。
• 操作できない状態が続くときは、電源を OFF にする操作をしてください。
• 電源が OFF にならない場合は、バッテリーを入れ直してください。
•
AC アダプター使用時は付け直してください。
- 記録中であったデータは保存されません。
- 保存済みのデータはバッテリーや AC アダプターの取り外しでは失われま
せん。
● ファインダーまたは画像モニターが表示されない
• モニターモードを変更していませんか? モニターモード切り換えボタン
を押して、適切な表示設定に切り換えてください。
• セットアップメニュー[モニターモードの限定]で表示設定を限定していま
せんか?
適切な表示設定に変更してください。
• アイセンサーにゴミやほこりなどが付着していると、アイセンサーが正しく
反応しない場合があります。ブロアーで軽く吹き払ってください。
● ファインダー内がはっきり見えない
• ファインダー内の見え方は、視度調節ノブを回して調節できます。
• 視度調節しても被写体がはっきり見えない場合は、フォーカスモードを
AF-S、AF エリアモードをシングルポイント AF に設定します。次に、中央の
フォーカスポイントを選んで、コントラストの高い被写体にオートフォーカ
スでピントを合わせます。その状態で被写体が最もはっきり見えるように調
節してください。
● ファインダー内や表示パネル、画像モニターの表示が、すぐに消えてしまう
カスタムメニュー c3[パワーオフ時間]で、表示が消えるまでの時間を設定
できます。
● 表示パネルの表示が薄い、表示が遅い
低温や高温のときは表示の濃度が変わったり、応答速度が遅くなることがあり
ます。
400 困ったときは
撮影関連
● 電源を ON にしてから、撮影できる状態になるまでに時間がかかる
メモリーカード内にフォルダーや画像が大量にあるときは、ファイル検索のた
め時間がかかる場合があります。
● シャッターがきれない
• 残量のあるメモリーカードが入っていますか?
• 撮影モード M でシャッタースピードを Bulb(バルブ)または Time(タイム)
に設定し、そのまま撮影モードを S に変更した場合は、シャッタースピード
を再設定してから撮影してください。
• セットアップメニュー[カードなし時レリーズ]が[レリーズ禁止]になっ
ていませんか?
● シャッターがきれるのが遅い
カスタムメニュー d4[露出ディレーモード]を[しない]にしてください。
● 連続撮影できない
HDR 撮影時は、連続撮影できません。
● ピントが合わない
• マニュアルフォーカスになっていませんか? オートフォーカスで撮影す
るには、フォーカスモードを AF-S、AF-C または AF-F に設定してください。
• 次のような被写体では、オートフォーカスではピントが合わせづらい場合が
あります。マニュアルフォーカス、フォーカスロックを利用して撮影してく
ださい。明暗差がはっきりしない / 遠くのものと近くのものが混在する / 連続
した繰り返しパターン / 輝度差が著しく異なる / 背景に対して主要被写体が
小さい / 絵柄が細かい
● 電子音が鳴らない
• 静止画撮影メニュー[サイレント撮影]が[する]になっていませんか?
• フォーカスモードが AF-C の場合、ピントが合ったときの電子音は鳴りません。
• セットアップメニュー[電子音]の[電子音設定]を[無効]以外に設定す
ると電子音が鳴ります。
• 動画モード時は電子音は鳴りません。
● 設定できるシャッタースピードの範囲が狭い
フラッシュ撮影時は、シャッタースピードが制限されます。フラッシュ撮影時
の同調シャッタースピードは、カスタムメニュー e1[フラッシュ撮影同調速
度]で、1/200 〜 1/60 秒の範囲で設定できます。
[1/200 秒(オート FP)]に
設定して、別売のオート FP ハイスピードシンクロ対応スピードライトを使用
すると、全シャッタースピードに同調可能なオート FP ハイスピードシンクロ
が可能です。
困ったときは
401
● シャッターボタンを半押ししても、フォーカスロックされない
フォーカスモードが AF-C に設定されている場合、サブセレクターの中央を押
してフォーカスをロックしてください。
● フォーカスポイントを選べない
AF エリアモードがオートエリア AF のときは、選べません。
● 画像の記録に時間がかかる
静止画撮影メニュー[長秒時ノイズ低減]が[する]になっていませんか?
● 撮影画面に表示された明るさと、撮影した画像の明るさ(露出)が違う
• カスタムメニュー d8[Lv に撮影設定を反映]を[しない]に設定すると、露
出補正などを行っても画像モニターの表示には反映されません。
• セットアップメニュー[モニターの明るさ]または[ファインダーの明るさ]
で撮影画面の明るさを調整しても、撮影した画像には反映されません。
● 動画モード時に画面にちらつきや横縞が生じる
動画撮影メニュー[フリッカー低減]の設定を、カメラをお使いになる地域の
電源周波数に合わせてください。
● 横帯状の明るい部分が生じる
撮影している周囲でスピードライトやフラッシュなどが発光されたり、イルミ
ネーションなどの点滅する光源がある場合には、画面の一部が明るくなった
り、明るい横帯が発生することがあります。
● 画像にゴミが写り込む
• レンズの前面または背面(マウント側)が汚れていませんか?
• 撮像素子の前面にゴミが付着していませんか?
ニングを行ってください。
イメージセンサークリー
● 撮影が開始されなかったり、自動的に終了する
• 次のような場合は、高温によるカメラへの損傷を抑えるために、自動的に終
了することがあります。
- 撮影時の気温が高い場合
- 動画撮影を長時間行った場合
- 連続撮影を行った直後など
• カメラが熱くなって撮影できない場合は、カメラ内部の温度が下がるまで電
源を OFF にしてください。このとき、カメラボディー表面が熱くなることが
ありますが故障ではありません。
402 困ったときは
● 撮影画面にノイズ(ざらつき、むら、すじ、輝点)が発生する
•
ISO 感度やシャッタースピード、アクティブ D- ライティングなどのカメラの
設定を変更してください。
• 長時間露出撮影や、カメラが高温になるような環境で撮影をする場合、ISO
感度を高く設定しているとノイズが強調されることがあります。
• 長時間カメラを使用すると、カメラ内部の温度が上昇することがあるため、
ざらつき、むら、輝点が発生する場合があります。撮影時以外は、電源を
OFF にしてください。
• 撮影時、X ボタンで表示を拡大すると、ざらつき、むら、すじや色の変化が
発生しやすくなります。
• 撮影した画像に発生するノイズは、撮影画面で表示されたノイズと見え方が
異なることがあります。
● ホワイトバランスのプリセットマニュアルのデータが取得できない
被写体が明るすぎるか、暗すぎます。
● ホワイトバランスのプリセットマニュアルのデータとして設定できない画像
がある
この機種以外のカメラで撮影した画像は、プリセットマニュアルデータとして
設定することはできません。
● ホワイトバランス(WB)ブラケティング撮影ができない
•
RAW または RAW を含む画質モードの場合、ホワイトバランスブラケティン
グ撮影はできません。
• ホワイトバランスブラケティングと多重露出または HDR(ハイダイナミック
レンジ)による撮影を同時に行うことはできません。
●[ピクチャーコントロール]の効果が安定しない
[ピクチャーコントロール]、
[カスタムピクチャーコントロール]が[オート]
に設定されているか、それぞれの調整画面で[クイックシャープ]
、
[コントラ
スト]
、
[色の濃さ(彩度)]のいずれかが[A]
(オート)に設定されています。
ピクチャーコントロールの効果を一定にするには、これらの項目を[A]
(オー
ト)以外に設定してください。
● 測光モードが変更できない
AE ロック中は、測光モードを変更できません。
● 露出補正ができない
撮影モードが M の場合、露出補正を行っても、露出インジケーターの表示が変
わるだけで、シャッタースピードと絞り値は変化しません。
困ったときは
403
● 長時間露出撮影時に色むらが発生する
シャッタースピードを Bulb(バルブ)または Time(タイム)にした場合など、
長時間露出で撮影すると、画像に色むらが発生することがあります。この現象
は、静止画撮影メニュー[長秒時ノイズ低減]を[する]に設定することで低
減できます。
●
AF 補助光ランプが光らない
• カスタムメニュー a12[内蔵 AF 補助光の照射設定]が[しない]になって
いませんか?
• 動画モード時は AF 補助光は照射しません。
• フォーカスモードが AF-C および MF の場合、AF 補助光は照射しません。
● 動画に音声が録音されない
動画撮影メニュー[マイク感度]が[録音しない]になっていませんか?
再生関連
● RAW 画像が表示されない
[画質モード]を[RAW + FINE ★]、[RAW + FINE]、
[RAW + NORMAL
★]
、
[RAW + NORMAL]、[RAW + BASIC ★]、
[RAW + BASIC]にして撮
影した画像は、JPEG 画像しか再生されません。
● 他のカメラで撮影した画像が表示されない
この機種以外のカメラで撮影した画像は、正常に表示されないことがあります。
● 全ての画像が表示されない
再生メニュー[再生フォルダー設定]を[全てのフォルダー]にしてください。
● 画像の縦位置・横位置が正しく表示されない
• 再生メニュー[縦位置自動回転]が[しない]になっていませんか?
• 撮影直後の画像確認では自動回転はしません。
• カメラを上向き・下向きにして撮影すると、縦横位置情報が正しく得られな
い場合があります。
● 画像が削除できない
画像にプロテクトが設定されていませんか?
● 画像が編集できない
このカメラでは編集できない画像です。
● 画像を記録したのに[撮影画像がありません]と表示される
再生メニュー[再生フォルダー設定]を[全てのフォルダー]にしてください。
● ダイレクトプリントができない
RAW 画像や TIFF 画像はダイレクトプリントできません。
404 困ったときは
●
RAW 画像をプリントできない
• 画像編集メニューの[RAW 現像]などで RAW 画像から JPEG 画像を作成して
からプリントしてください。
•
RAW 画像はパソコンに転送してから、Capture NX-D などのソフトウェアを
使ってプリントしてください。
● 画像が HDMI 対応機器で再生できない
HDMI ケーブルが正しく接続されているか確認してください。
● 画像が HDMI 対応機器で正しく表示されない
•
HDMI ケーブルが正しく接続されているか確認してください。
• セットアップメニュー[HDMI]にある[詳細設定]の[外部記録制御]が
[する]になっていませんか?
• セットアップメニュー[カメラの初期化]を実行すると正しく表示されるこ
とがあります。
●
Capture NX-D でイメージダストオフ機能が動作しない
次の場合は、イメージセンサークリーニングにより、撮像素子前面のゴミの位置
が変わってしまうため、イメージダストオフ機能を使用できません。
• イメージセンサークリーニングを実行する前に撮影した画像に対して、ク
リーニング後に取得したイメージダストオフデータを使ってゴミの写り込
みを取り除こうとしたとき
• イメージセンサークリーニングを実行する前に取得したイメージダストオ
フデータを使って、クリーニング後に撮影した画像に対してゴミの写り込み
を取り除こうとしたとき
●[ピクチャーコントロール]、[アクティブ D- ライティング]、
[ヴィネットコ
ントロール]などの効果がパソコンで確認できない
RAW 画像で記録した場合、当社製ソフトウェア以外では機能しません。RAW
画像の現像は Capture NX-D または ViewNX-i をお使いください。
● 画像をパソコンに転送できない
お使いのパソコンの OS によっては、カメラをパソコンに接続して画像を転送
できないことがあります。カードリーダーなどの機器を使って、メモリーカー
ドの画像をパソコンに保存してください。
困ったときは
405
Wi-Fi(無線 LAN)および Bluetooth 関連
● スマートフォンにカメラの SSID(ネットワーク名)が表示されない
• セットアップメニューの[機内モード]が[無効]になっていること、およ
び[スマートフォンと接続]にある[ペアリング(Bluetooth)]の[Bluetooth
通信機能]が[有効]になっていることを確認してください。
• スマートフォンの無線機能を OFF にしてから ON にし直してください。
● プリンターなどの無線通信機器と接続できない
このカメラは、スマートフォンやパソコン以外の機器とは無線接続できません。
その他
● 撮影日時が正しく表示されない
カメラの内蔵時計は合っていますか?
カメラの内蔵時計は腕時計などの一
般的な時計ほど精度は高くないため、定期的に日時設定を行うことをおすすめ
します。
● 表示されているメニュー項目が選べない
一部のメニュー項目は、カメラの設定状況によって選べない場合があります。
406 困ったときは
警告メッセージ
表示パネル、撮影画面に表示される警告メッセージの意味は次の通りです。
こんなとき
撮影画面
原因
表示パネル
H
対処方法
バッテリー残量は残り バッテリー交換の準備をしてく
わずかです。
ださい。
• バッテリーを交換してくだ
バッテリーが消耗して
います。
さい。
• バッテリーを充電してくだ
さい。
このバッテリーは使用できませ
H
(点滅)
バッテリーとの情報通
ん。ニコンサービス機関にご相
信ができません。
談ください。
カメラと通信できないバッテ
カメラと通信できない
リーを使用している場合は、ニ
バッテリーを使用して
コン純正品のバッテリーと交換
います。
してください。
バッテリーをカメラから取り出
バッテリーの温度が高
して、バッテリーの温度が下が
くなっています。
るまでお待ちください。
• レンズを正しく装着してくだ
さい。
• 沈胴式のレンズをご使用の場
F––
レンズが正しく装着さ
れていません。
合、レンズを繰り出してくだ
さい。
• マウントアダプターを使用し
て非 CPU レンズを装着すると
表示されますが、異常ではあ
りません。
困ったときは
407
こんなとき
撮影画面
原因
表示パネル
Bulb
(点滅)
対処方法
撮影モードが S のとき
• シャッタースピードを変えて
にシャッタースピード
が Bulb(バルブ)に
ください。
• 撮影モード M で撮影してくだ
セットされています。
撮影モードが S のとき
Time
さい。
• シャッタースピードを変えて
(点滅)
ください。
にシャッタースピード
• 撮影モード M で撮影してくだ
が Time(タイム)に
Busy
カメラが処理を行って カメラが処理を終えるまでお待
セットされています。
(点滅)
います。
さい。
ちください。
撮影に必要な光量が不足してい
c
(点滅)
—
スピードライトがフル る可能性があります。撮影距
発光しました。
離、絞り値、調光範囲、ISO 感
度などをご確認ください。
•
ISO 感度を低くしてください。
• 撮影モードが P のときは市販
の ND フィルター(光量調節
(シャッタースピード
用)を使用してください(S、
A のときに下記の操作を行っ
ても警告表示が消えない場合
被写体が明るすぎてカ
表示、絞り値表示のい
も同様に対応してください)。
メラの制御範囲を超え
ずれかと、露出インジ
ています。
• 撮影モードが S のときは
ケーターが点滅)
シャッタースピードをより高
速側にセットしてください。
• 撮影モードが A のときは絞り
を絞り込んでください(より
大きい数値)
。
408 困ったときは
こんなとき
撮影画面
表示パネル
原因
対処方法
•
ISO 感度を高くしてください。
• 撮影モードが P のときは別売
スピードライトを使用してく
ださい(S、A のときに下記の
操作を行っても警告表示が消
えない場合も同様に対応して
被写体が暗すぎて、
表示、絞り値表示のい
ください)
。
カメラの制御範囲を超
ずれかと、露出インジ
• 撮影モードが S のときは
えています。
ケーターが点滅)
シャッタースピードをより低
速側にセットしてください。
(シャッタースピード
• 撮影モードが A のときは絞り
を開いてください(より小さ
い数値)
。
• 画像を記録する空き
• メモリーカードに記録されて
容量がありません。
いる画像を削除して、カード
に画像ファイルが保存可能な
• カメラが扱えるファ
Full
(点滅)
イル数をオーバーし
ています。
状態にしてください。必要な
画像はパソコンなどに転送し
てバックアップしてください。
• 新しいメモリーカードに交換
してください。
Err
(点滅)
もう一度シャッターボタンを押
してください。警告表示が解除
撮影中に何らかの異常
されない場合や、頻繁に警告が
を検出しました。
表示される場合は、ニコンサー
ビス機関にご相談ください。
困ったときは
409
こんなとき
画像モニター
表示
原因
対処方法
パネル
メモリーカードが
メモリーカードが
入っていないか、 メモリーカードを正しくセット
[–E–]
入っていません。
正しくセットされ してください。
ていません。
• このカメラ用のメモリーカー
ドであるかどうかを確認して
ください。
メモリーカード
• 繰り返し抜き差ししてもエ
へのアクセス異常
ラーが解消しない場合は、メ
です。
モリーカードが壊れている可
メモリーカードに
アクセス
できません。
能性があります。ニコンサー
Card、
Err
ビス機関までご連絡願います。
• メモリーカードに記録されて
いる画像を削除して、メモ
カードを交換して (点滅)
ください。
新規フォルダーが
作成できません。
リーカードに画像ファイルが
保存可能な状態にしてくださ
い。必要な画像はパソコンな
どに転送してバックアップし
てください。
• 新しいメモリーカードに交換
してください。
• メモリーカードを初期化して
このメモリーカー
ください。
メモリーカードが • 正しく初期化されたメモリー
正しく初期化され
カードに交換してください。
されていません。 (点滅)
ていません。
フォーマットして
ドは初期化
(フォーマット)
For
ください。
ライブビューを開
始できません。
しばらくお待ちく
ださい。
410 困ったときは
カメラ内部の
—
カメラ内部の温度が下がるまで、
温度が高くなって
撮影を一時休止してください。
います。
こんなとき
画像モニター
原因
表示
対処方法
パネル
撮影画像がありま 画像が記録されているメモリー
撮影画像が
ありません。
—
せん。
カードを入れてください。
再生するフォル
再 生 メ ニ ュ ー の[再 生 フ ォ ル
ダー設定]で、表示可能な画像
ダーの指定に問題
があるフォルダーを選んでくだ
があります。
さい。
• アプリケーショ
ンソフトで編集
された画像や
DCF 規格外の
このファイルは
表示できません。
—
アプリケーションソフトで編集
画像ファイルの
された画像を上書き保存しない
ため再生できま
でください。
せん。
• 画像ファイルに
異常があるため
再生できません。
このファイルは
選択できません。
この動画は
編集できません。
—
—
編集できない画像 このカメラで撮影または編集し
です。
た画像しか画像編集できません。
• このカメラで撮影した動画
編集できない画像 しか編集できません。
です。
•
2 秒未満の動画は編集できま
せん。
困ったときは
411
こんなとき
画像モニター
対処方法
用紙切れなどエラーの原因を取
り除いた後、
[継続]を選んで J
プリンターの
状態を確認して
ください。※
原因
表示
パネル
—
プリンターに異常 ボタンを押すと、プリントが再
があります。
開されます(エラー内容によっ
ては、
[継続]を選べない場合が
あります)
。
用紙を確認して
ください。※
指定したサイズの
—
用紙がセットされ
ていません。
指定したサイズの用紙をセット
した後、[継続]を選んで J ボ
タンを押して、プリントを再開
してください。
詰まった用紙を取り除いた後、
紙詰まりです。※
—
用紙が詰まりま
した。
[継続]を選んで J ボタンを押
して、プリントを再開してくだ
さい。
指定したサイズの用紙をセット
用紙が
ありません。※
—
用紙がセットされ した後、[継続]を選んで J ボ
ていません。
タンを押して、プリントを再開
してください。
インクを確認して
ください。※
インクが
ありません。※
—
インクに異常が
あります。
インクを確認した後、
[継続]を
選んで J ボタンを押して、プリ
ントを再開してください。
インクを交換した後、
[継続]
—
インクがなくなり
を選んで J ボタンを押して、
ました。
プリントを再開してください。
※ プリンターの使用説明書も併せてご覧ください。
412 困ったときは
資 料
このカメラで使えるアクセサリーやカメラの主な仕様など、カメラを使
うときに役立つ情報を記載しています。
全画面表示
説明のため、全ての表示を点灯させています。
画像モニター
❚❚ 静止画モードの場合
2 4 6 8 10
15
1 3 5 7 9 11 12 13 14 16
17
18
19
20
21
47
46
45
44
43
42
41
40
39
22
23
38 37 35 33 31 29 27 26 25 24
36 34 32 30 28
1 撮影モード .................................. 67
2 プログラムシフトマーク........... 68
3 ユーザーセッティングモード ... 72
4 AF エリアフレーム ..................... 53
5 インターバルタイマー設定
マーク........................................ 213
6
7
t マーク ..................................... 38
フラッシュモード .................... 365
ピント表示 .................................. 57
8 レリーズモード................ 82、107
9 フォーカスポイント .......... 40、52
10 フォーカスモード....................... 50
11 AF エリアモード............... 52、109
12 アクティブ D- ライティング ... 106
13 ピクチャーコントロール ........... 91
14 ホワイトバランス.... 59、95、170
15 画質モード ............................... 101
16 撮像範囲 ................................... 165
資料
413
17 画像サイズ ................................ 102
18 Wi-Fi 通信マーク....................... 105
19 i メニュー ................................... 90
20 オートブラケティングマーク ... 191
WB ブラケティングマーク ...... 195
ADL ブラケティングマーク..... 198
HDR マーク ............................... 209
多重露出マーク ........................ 202
21
オートブラケティング
撮影コマ数表示 ........................ 191
WB ブラケティング
撮影コマ数表示 ........................ 195
ADL ブラケティング
度合い表示 ................................ 198
HDR 露出差 ............................... 209
多重露出撮影コマ数................. 202
22
インジケーター
露出 ......................................... 71
露出補正.................................. 80
26 記録可能コマ数................ 32、475
27 ISO 感度........................................ 77
28 ISO 感度マーク ............................ 77
29
30
31
32
33
34
35
36
ISO-AUTO マーク........................ 79
露出補正マーク........................... 80
調光補正マーク........................ 367
ターゲット追尾 AF .......................... 55
絞り値 ................................. 69、70
絞り値ロックマーク ................ 283
シャッタースピード .......... 68、70
フラッシュシンクロマーク .... 267
シャッタースピードロック
マーク ....................................... 283
37 FV ロックマーク ....................... 368
38 測光モード ............................... 104
39 AE-L マーク ................................... 87
40 バッテリー残量表示 ................... 32
41 FLICKER アイコン ...................... 184
42 シャッター方式........................ 263
オートブラケティング ........ 191
サイレント撮影........................... 63
WB ブラケティング.............. 195
ADL ブラケティング ............ 198
23 Bluetooth 通信マーク.............. 315
機内モード ................................ 314
24 レディーライト ........................ 361
25 1000 コマ以上補助表示 ............. 32
43 露出ディレーモード ................ 263
44 手ブレ補正 ............................... 108
45 タッチ撮影機能.................. 10、56
46 Lv に撮影設定を反映................ 265
47 温度上昇警告
D 温度上昇警告について
• カメラ内部の温度が上昇すると、温度上昇警告が表示され、カウントダウンが
表示されます。カウントダウンが 0 になると、撮影画面の表示が消灯します。
• 消灯する 30 秒前から赤字で表示されます。撮影条件によっては、電源を ON に
した後すぐにカウントダウンが始まることがあります。
414 資料
インフォ画面
12 3 4 5 6
7 8
19
18
17
16
15
14
1
2
3
4
5
6
7
8
9
撮影モード .................................. 67
9
10
11
12
13
12
インジケーター
プログラムシフトマーク........... 68
露出.......................................... 71
ユーザーセッティングモード ... 72
露出補正 .................................. 80
オートブラケティング ........ 191
シャッタースピードロック
マーク........................................ 283
フラッシュシンクロマーク ..... 267
シャッタースピード........... 68、70
絞り値ロックマーク................. 283
絞り値.................................. 69、70
オートブラケティングマーク ... 191
WB ブラケティングマーク ...... 195
ADL ブラケティングマーク..... 198
HDR マーク ............................... 209
多重露出マーク ........................ 202
10 1000 コマ以上補助表示 ............. 32
11 記録可能コマ数 ............... 32、475
13
14
15
16
17
18
19
WB ブラケティング ............. 195
ADL ブラケティング............ 198
i メニュー ................................... 90
ISO 感度........................................ 77
ISO 感度マーク ............................ 77
ISO-AUTO マーク........................ 79
FV ロックマーク ....................... 368
AE-L マーク ................................... 87
調光補正マーク........................ 367
露出補正マーク........................... 80
露出補正値 .................................. 80
資料
415
20 21 22 23 24 25 26
27 28
41
40
39
38
37
36
35
20 Bluetooth 通信マーク.............. 315
21
22
23
24
25
機内モード ................................ 314
Wi-Fi 通信マーク....................... 105
長秒時ノイズ低減マーク......... 181
シャッター方式 ........................ 263
サイレント撮影 .......................... 63
露出ディレーモード................. 263
インターバルタイマー設定
マーク........................................ 213
t マーク ..................................... 38
26 発光モード ................................ 363
27 電子音マーク ............................ 310
28 バッテリー残量表示................... 32
29 Wi-Fi 通信機能........................... 105
416 資料
29
30
31
32
33
34
30 レリーズモード................ 82、107
31 AF エリアモード............... 52、109
32 フォーカスモード....................... 50
33 手ブレ補正 ............................... 108
34 アクティブ D- ライティング ... 106
35 測光モード ............................... 104
36 画像サイズ ............................... 102
37 ホワイトバランス.............. 59、95
38 ピクチャーコントロール ........... 91
39 画質モード ............................... 101
40 フラッシュモード.................... 103
41 温度上昇警告............................ 414
❚❚ 動画モードの場合
1
2
3
4
5
6
13
12
11
10
7
8
9
1
2
3
4
5
6
動画撮影中マーク ...................... 44
動画撮影禁止マーク................... 45
外部記録制御 ............................ 357
画像サイズ / フレームレート /
画質............................................ 111
動画撮影残り時間 ...................... 44
タイムコード ............................ 247
7
8
9
10
11
12
13
風切り音低減マーク ................ 246
ヘッドホン音量........................ 246
静止画撮影のレリーズモード ... 85
音声レベルインジケーター .... 114
マイク感度 ............................... 245
録音帯域 ................................... 246
電子手ブレ補正マーク ............ 117
ファイル名 ................................ 164
資料
417
ファインダー
❚❚ 静止画モードの場合
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13
45
44
43
14
15
42
41
40
39
38
37
16
17
18
19
20
21
22
36 35 33 31 29 28 27 26 24 23
34 32 30
25
1 バッテリー残量表示................... 32
2 Lv に撮影設定を反映 ................ 265
3 手ブレ補正 ................................ 108
4 フラッシュモード .................... 365
5 レリーズモード ............... 82、107
6 フォーカスモード ...................... 50
7 AF エリアモード .............. 52、109
8 アクティブ D- ライティング .... 106
9 ピクチャーコントロール........... 91
10 ホワイトバランス ... 59、95、170
11 画質モード ................................ 101
12 画像サイズ ................................ 102
13 撮像範囲 .................................... 165
14 Bluetooth 通信マーク.............. 315
機内モード ................................ 314
15 Wi-Fi 通信マーク....................... 105
418 資料
16
17
18
フォーカスポイント .......... 40、52
オートブラケティングマーク.... 191
WB ブラケティングマーク...... 195
ADL ブラケティングマーク .... 198
HDR マーク............................... 209
多重露出マーク........................ 202
オートブラケティング
撮影コマ数表示........................ 191
WB ブラケティング
撮影コマ数表示........................ 195
ADL ブラケティング
度合い表示 ............................... 198
HDR 露出差............................... 209
多重露出撮影コマ数 ................ 202
19 ターゲット追尾 AF .......................... 55
20 調光補正マーク........................ 367
❚❚ 静止画モードの場合(続き)
21 1000 コマ以上補助表示 ............. 32
22 レディーライト ........................ 361
23 記録可能コマ数 ............... 32、475
24 ISO 感度 ....................................... 77
25 ISO 感度マーク............................ 77
26
27
ISO-AUTO マーク ....................... 79
露出補正マーク .......................... 80
インジケーター
露出 ......................................... 71
露出補正.................................. 80
28
29
30
31
32
オートブラケティング ........ 191
WB ブラケティング.............. 195
ADL ブラケティング ............ 198
絞り値.................................. 69、70
絞り値ロックマーク................. 283
シャッタースピード........... 68、70
フラッシュシンクロマーク ..... 267
FV ロックマーク ....................... 368
33 AE-L マーク ................................... 87
34 ユーザーセッティングモード ... 72
35 測光モード ............................... 104
36 ピント表示 .................................. 57
37 露出ディレーモード ................ 263
38 シャッター方式........................ 263
サイレント撮影........................... 63
39 撮影モード .................................. 67
40 プログラムシフトマーク ........... 68
41 FLICKER アイコン ...................... 184
42 シャッタースピードロック
43
マーク ....................................... 283
インターバルタイマー設定
マーク ....................................... 213
t マーク...................................... 38
44 AF エリアフレーム...................... 53
45 温度上昇警告............................ 414
資料
419
❚❚ 動画モードの場合
1
2
3
4
13
12
11
10
9
8
5
6
7
1
2
3
4
5
6
画像サイズ / フレームレート /
画質............................................ 111
ファイル名 ................................ 164
外部記録制御 ............................ 357
動画撮影中マーク ...................... 44
動画撮影禁止マーク................... 45
タイムコード ............................ 247
動画撮影残り時間 ...................... 44
420 資料
7
8
9
10
11
12
13
静止画撮影のレリーズモード ... 85
音声レベルインジケーター .... 114
マイク感度 ............................... 245
録音帯域 ................................... 246
風切り音低減マーク ................ 246
ヘッドホン音量........................ 246
電子手ブレ補正マーク ............ 117
表示パネル
1
2
3 4
5
12
11
6
10
7
9
1
2
3
4
5
6
シャッタースピードロック
マーク........................................ 283
シャッタースピード........... 68、70
露出補正マーク .......................... 80
露出補正値 .................................. 80
絞り値ロックマーク................. 283
絞り値.................................. 69、70
8
7 1000 コマ以上補助表示.............. 32
8 記録可能コマ数................ 32、475
9 レリーズモード........................... 82
10 ISO 感度........................................ 77
11 調光補正マーク........................ 367
12
発光禁止マーク........................ 103
フラッシュシンクロマーク .... 267
バッテリー残量表示................... 32
資料
421
使用できるスピードライト
ニコンクリエイティブライティングシステム
(CLS)について
ニコンクリエイティブライティングシステム(CLS)は、ニコンのス
ピードライトとカメラのデータ通信方式を改良したシステムで、スピー
ドライト撮影に新たな可能性を開く、さまざまな機能を提供します。
❚❚ ニコンクリエイティブライティングシステム対応
1灯
422 資料
SB-700
SB-600
SB-500
SU-800
SB-R200
SB-400
SB-300
i-TTL-BL 調光 ※1 ○
i-TTL スタンダード
○ ※2
i-TTL 調光
SB-910
SB-900
SB-800
SB-5000
スピードライトとの組み合わせで使用できる機能
○
○
○
○
ー
ー
○
○
○ ※2
○ ○ ※2 ○
ー
ー
○
○
qA
絞り連動外部
自動調光
○
○ ※3
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
A
外部自動調光
ー
○ ※3
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
GN
距離優先
マニュアル発光
○
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
M
マニュアル発光
○
○
○
○ ○ ※4
ー
ー ○ ※4 ○ ※4
RPT
リピーティング
フラッシュ
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
SB-910
SB-900
SB-800
SB-700
SB-600
SU-800
SB-R200
SB-400
SB-300
○
ー ○※4
○
ー
ー
ー
i-TTL i-TTL 調光
○
○
○
ー ○※4
ー
ー
ー
ー
クイック
[A : B]ワイヤレス
コントロール
○
ー
○
ー
ー
○ ※5
ー
ー
ー
qA
絞り連動外部
自動調光
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
SB-500
SB-5000
○
マスターフラッシュ
○
A
外部自動調光
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
M
マニュアル発光
○
○
○
ー ○ ※4
ー
ー
ー
ー
RPT
リピーティング
フラッシュ
○
○
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
i-TTL i-TTL 調光
○
○
○
○
○
ー
○
ー
ー
クイック
[A : B]ワイヤレス
コントロール
○
○
○
○
○
ー
○
ー
ー
○ ※6
○ ※6
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
リモートフラッシュ
光制御アドバンストワイヤレスライティング
リモートフラッシュへ
の発光指示
絞り連動外部
qA/A 自動調光 /
外部自動調光
M
マニュアル発光
○
○
○
○
○
ー
○
ー
ー
RPT
リピーティング
フラッシュ
○
○
○
○
○
ー
ー
ー
ー
○ ※7
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
ー
発光色温度情報伝達
(フラッシュ)
○
○
○
○
○
ー
ー
○
○
発光色温度情報伝達
(LED ライト)
ー
ー
ー
ー
○
ー
ー
ー
ー
○
○
○
○
○
○
○
ー
ー
○
電波制御アドバンスト
ワイヤレスライティング
オート FP ハイスピード
シンクロ ※8
FV
ロック ※9
○
○
○
○
○
○
○
○
赤目軽減発光
○
○
○
○
○
ー
ー
○
ー
カメラ起動モデリング発光
○
○
○
○
○
○
○
ー
ー
資料
423
SB-5000
SB-910
SB-900
SB-800
SB-700
SB-600
SB-500
SU-800
SB-R200
SB-400
SB-300
ユニファイドフラッシュ
コントロール
○
ー
ー
ー
○
ー
ー
○
○
カメラからのスピードライト
ファームアップ
○
○ ※10
○
ー
○
ー
ー
ー
○
※1
※2
※3
※4
※5
※6
※7
スポット測光時は設定できません。
スピードライト側でも設定できます。
qA と A の選択は、スピードライトのカスタム設定で行います。
カメラの[フラッシュ発光]で設定できます。
クローズアップ撮影時のみ設定できます。
qA と A の選択は、マスターフラッシュの設定に準じます。
使用できる機能は、光制御アドバンストワイヤレスライティングのリモートフラッ
シュと同じです。
※8 発光モードが i-TTL、qA、A、GN、M の場合のみ動作します。
※9 発光モードが i-TTL、「モニター発光あり」の qA または「モニター発光あり」の A
の場合のみ動作します。
※10 SB-910 と SB-900 のみカメラからのスピードライトファームアップが可能です。
❚❚ SU-800 について
ワイヤレススピードライトコマンダーSU-800 は、ワイヤレスで SB-5000、
SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600、SB-500、SB-R200 を制御
するコマンダーです。スピードライトを 3 つのグループに分けて光制御で
きます。SU-800 には発光機能はありません。
424 資料
D その他のスピードライトとの組み合わせで利用できる機能
次のスピードライトを使用する場合、外部自動調光(A)あるいはマニュアル発
光撮影となります。装着レンズによって機能が変わることはありません。
]
区分
スピードライト
A
M
G
REAR※2
SB-28
SB-26
SB-80DX
SB-50DX
SB-25
SB-28DX
SB-24
SB-30
SB-27※1
SB-22S
SB-22
SB-20
SB-16B
SB-15
SB-23
SB-29
SB-21B
SB-29S
外部自動調光
○
ー
○
○
ー
マニュアル発光
○
○
○
○
○
マルチフラッシュ
○
ー
○
ー
ー
後幕シンクロ
○
○
○
○
○
※1 このカメラと SB-27 を組み合わせると自動的に TTL モードになりますが、
TTL モードでは使えません。SB-27 を A モードに設定し直してください。
※2 カメラ側のフラッシュモードで設定してください。
D 別売スピードライトの FV ロックについて
• 別売のスピードライトの発光モードが TTL、
「モニター発光あり」の qA または
「モニター発光あり」の A のいずれかにセットされている場合は、FV ロックを
行えます(別売スピードライトの発光モードについては、スピードライトの使
用説明書をご覧ください)。
• 増灯時に FV ロックを使用する場合は、主灯(マスターフラッシュ)または補
助灯(リモート)グループのうち、少なくとも 1 グループの発光モードを TTL、
qA または A のいずれかにセットしてください。
資料
425
D スピードライトの FV ロック時の測光エリアについて
スピードライトを使用した FV ロック時の測光エリアは次のようになります。
撮影状態
1 灯撮影時
アドバンストワイヤレス
ライティングによる
増灯時
発光モード
測光エリア
i-TTL モード
画面中央φ6 mm 相当
絞り連動外部自動調光
スピードライトの
(qA)
外部測光エリア
i-TTL モード
全画面
絞り連動外部自動調光
(qA)
スピードライトの
外部自動調光(A)
外部測光エリア
D スピードライト使用時のご注意
• 詳細はお使いになる各スピードライトの使用説明書をご覧ください。
• ニコンクリエイティブライティングシステム対応のスピードライトの使用説
明書にカメラ分類表が記載されている場合は、ニコンクリエイティブライティ
ングシステム対応デジタル一眼レフに該当する箇所をお読みください。なお、
このカメラは SB-80DX、SB-28DX、SB-50DX の使用説明書に記載のデジタル
一眼レフカメラには該当しません。
• ニコンクリエイティブライティングシステム対応スピードライト使用時には、
i-TTL や外部自動調光モードにおいて、フル発光でも露出不足になる可能性の
ある場合に、発光直後に c(レディーライト)が約 3 秒間点滅して露出アンダー
警告を行います。
•
i-TTL モード時の ISO 感度連動範囲は ISO 64 〜 12800(Z 6 は ISO 100 〜 12800)
相当です。
•
ISO 感度を 12800 よりも増感した場合には、距離や絞り値によっては適正な発
光量にならない場合があります。
• 撮影モードが P の場合、下表の絞り値よりも絞りを開くことはできません。
64
3.5
100
4
ISO 感度と開放側の限界絞り(F)
200
400
800
1600 3200
5
5.6
7.1
8
10
6400
11
12800
13
※ 制御される絞り値よりも開放絞りが暗い場合は、装着レンズの開放絞りに
よって制御されます。
• スピードライト SB-5000、SB-910、SB-900、SB-800、SB-700、SB-600、SB-500、
SB-400 の使用時に、フラッシュモードが赤目軽減、赤目軽減スローシンクロ
モードの場合は、スピードライト側で赤目軽減発光が行われます。
426 資料
• パワーアシストパック
SD-8A または SD-9 をカメラに固定した状態でフラッ
シュ撮影をすると、筋状のノイズが写り込むことがあります。その場合は、
ISO 感度を下げるか、SD-8A または SD-9 をカメラから離してお使いください。
AF 補助光の照射条件が満たされると、カメラの AF 補助光を自動的に照射しま
す。スピードライトの AF 補助光は照射されません。
• i-TTL モード時に、調光コード SC-17、SC-28、SC-29 を使用してカメラからス
ピードライトを離して撮影する場合、スタンダード i-TTL 調光以外では適正露
出を得られない場合があります。この場合は、スタンダード i-TTL 調光に切り
•
換えて撮影してください。また、あらかじめテスト撮影を行ってください。
•
i-TTL モード時に、発光面に内蔵パネルまたは付属のバウンスアダプター以外
の部材(拡散板など)を装着しないでください。カメラ内の演算に誤差が生
じ、適正露出とならない場合があります。
D 別売スピードライトの調光補正について
i-TTL 調光時および絞り連動外部自動調光(qA)時に、静止画撮影メニュー[フ
ラッシュ調光補正]で設定した調光補正と、スピードライト本体または静止画
撮影メニュー[フラッシュ発光]で設定した調光補正を同時に行う場合、両方
の補正値を加算します。
ヒント:モデリング発光について
• 別売のニコンクリエイティブライティングシステム対応スピードライト装着
時には、カスタムメニュー f2[カスタムボタンの機能]で[プレビュー]を
割り当てたボタンを押すとモデリング発光が行われます。
• アドバンストワイヤレスライティングによる増灯時には、使用する全てのス
ピードライトのモデリング発光が行われ、照射光の効果を簡単に確認できます。
• 照射光による影の効果は、撮影画面よりも被写体を見て確認することをおすす
めします。
• プレビュー時にモデリング発光を行わないようにするには、カスタムメニュー
e5[モデリング発光]を[しない]に設定してください。
ヒント:スタジオ用フラッシュを使う場合
カスタムメニュー d8[Lv に撮影設定を反映]を[しない]に設定すると、撮影
画面が見やすい色味や明るさで表示され、構図の確認などがしやすくなります。
資料
427
使用できるアクセサリー
このカメラには撮影領域を拡げるさまざまなアクセサリーが用意され
ています。
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b
ニコンデジタルカメラ Z 7/Z 6 用のバッテリーです。
• EN-EL15b の代わりに EN-EL15a/EN-EL15 も使えます。ただ
し、EN-EL15b を使用したときよりも撮影可能コマ数(電池寿
命)が減少する場合があります(0 477)
。
バッテリーチャージャー MH-25a
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b 用のチャージャー
です。
• MH-25a の代わりにバッテリーチャージャー MH-25 も使えます。
本体充電 AC アダプター EH-7P
バッテリーを挿入したカメラ本体に接続して、バッテリーを充
電源
電できます。
• カメラの電源が ON の場合は充電できません。
•
EN-EL15a または EN-EL15 を使用している場合は、本体充電
AC アダプターでの充電はできません。
パワーコネクター EP-5B、AC アダプター EH-5c/EH-5b ※
AC アダプターを使用すると、長時間カメラを使用するときに安
定して電源を供給できます。
• このカメラは、カメラ本体と AC アダプターを接続するために
パワーコネクター EP-5B が必要です。カメラとパワーコネク
ター、AC アダプターを接続する方法については、「カメラと
パワーコネクター、AC アダプターの接続方法」(0 434)を
ご覧ください。
※ 日本国外でお使いになるには、別売の電源コードが必要です。
D 使用できるアクセサリーについて
• 国または地域によって、販売していないまたは販売が終了している場合があり
ます。
• アクセサリーの最新情報は、当社ホームページやカタログなどでご確認ください。
428 資料
• フィルターをレンズ保護のために常用する場合は、ニュート
ラルカラー NC をお使いください。
• 逆光撮影や、輝度の高い光源を画面に入れて撮影する場合は、
フィルターによって画像上にゴーストが発生するおそれがあ
ります。このような場合は、フィルターを外して撮影するこ
とをおすすめします。
• 露出倍数のかかるフィルター(Y44、Y48、Y52、O56、R60、
フィルター
X0、X1、C-PL(円偏光フィルター)、ND2S、ND4S、ND4、
ND8S、ND8、ND400、A2、A12、B2、B8、B12)を使用す
る場合、マルチパターン測光の効果が得られない場合があり
ます。その場合、測光モードを中央部重点測光に切り換えて
撮影することをおすすめします。詳しくは、各フィルターの
使用説明書をご覧ください。
• 特殊フィルターなどを使用する場合は、オートフォーカスや
ピント表示(I)が行えないことがありますのでご注意くだ
さい。
リモートコード MC-DC2(長さ:約 1m)
リモートコード リモートコード MC-DC2 をカメラのアクセサリーターミナルに
接続すると、カメラから離れてレリーズ操作ができます。
GPS ユニット
GPS ユニット GP-1/GP-1A
GP-1/GP-1A をカメラのアクセサリーターミナルに接続するこ
とにより、撮影時の緯度、経度、標高、UTC(協定世界時)を
画像データに記録することができます。
※ 販売は終了しています。
USB ケーブル UC-E24
カメラ側が Type-C、USB 機器側が Type-A の USB ケーブルです。
USB ケーブル
USB ケーブル UC-E25
両端が Type-C の USB ケーブルです。
HDMI ケーブル HC-E1
HDMI ケーブル
カメラ側がType C、HDMI機器側がType AのHDMIケーブルです。
ホットシューアダプター AS-15
ホットシュー
アダプター
アクセサリー
シューカバー
アクセサリーシューに装着すると、シンクロターミナルを利用
してスタジオ用フラッシュなどを接続できます。
アクセサリーシューカバー BS-1
スピードライトを取り付けるアクセサリーシューを保護するた
めのカバーです。
資料
429
ボディー
キャップ
ボディーキャップ BF-N1
レンズを取り外したカメラボディーに取り付けることにより、
ゴミやほこりの付着を防ぎ、カメラ内部を保護します。
接眼目当て DK-29
接眼部に取り付けて使用する、ゴム製の接眼目当てです。ファ
インダー視野がよりはっきり確認でき、目の疲れを軽減します。
ファインダー用
アクセサリー
マウント
アダプター
マウントアダプター FTZ(0 467)
ステレオマイクロホン ME-1
外部マイク
ステレオマイクロホン ME-1 を外部マイク入力端子に接続する
と、ステレオ録音ができます。また、動画撮影中にオートフォー
カスでピント合わせをしたときに生じるレンズの動作音などが
録音されるのを軽減できます。
ワイヤレスマイクロホン ME-W1
Bluetooth 無線通信技術を搭載したワイヤレスマイクロホンで
す。カメラの動画撮影時に離れた場所の音声を収音できます。
ワイヤレストランスミッター WT-7 ※
カ メラ で撮 影し た画 像 をワ イヤ レス で転 送し た り、別 売の
ワイヤレス
トランスミッ
ター
430 資料
Camera Control Pro 2を使ってパソコンからカメラを遠隔操作
できます。さらに、パソコンやスマートフォンの Web ブラウザ
から画像の閲覧やリモート撮影ができます。
※ ワイヤレストランスミッターをお使いいただく場合は、LAN の知
識および環境が必要です。ワイヤレストランスミッターで使用す
るソフトウェアは、必ず最新版にバージョンアップしてお使いく
ださい。
ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10/WR-T10
• ワイヤレスリモートコントローラー WR-R10 をカメラのアク
セサリーターミナルに装着すると、ワイヤレスリモートコント
ローラー WR-T10 からの操作で無線での遠隔撮影を行えます。
•
WR-R10 を使用して、電波制御に対応したスピードライトを制
•
WR-R10 を装着したカメラを複数台用意して WR-R10 をペア
御することもできます。
リングすると、複数のカメラを連動してシャッターをきる連
動レリーズを行えます。
ワイヤレス
※ WR-R10 を装着するときは、USB/HDMI/ アクセサリーターミナル
端子カバーをすべて開けてください。
リモートコント ワイヤレスリモートコントローラー WR-1
ローラー
WR-1 は、他の WR-1 や WR-R10 または WR-T10 と組み合わせて、
送信機または受信機として使います。WR-R10 または受信機に
設定した WR-1 をカメラのアクセサリーターミナルに取り付け
ると、送信機に設定した WR-1 からの操作で、遠隔撮影したりカ
メラの設定を変更したりすることができます。
※ ワイヤレスリモートコントローラーをお使いいただく場合は、WR-R10
のファームウェアをVer.3.0 以降、WR-1 のファームウェアをVer1.0.1以
降の最新版にバージョンアップしてください。ファームウェアのバー
ジョンアップ方法については、当社のホームページでご確認ください。
WR-R10 のファームウェアを Ver.2.0 以前から Ver.3.0 以降にバージョン
アップする場合は、ニコンサービス機関にお問い合わせください。
Camera Control Pro 2
パソコンからカメラを操作して静止画や動画を撮影したり、撮
影した画像を直接ハードディスクなどへ保存したりできる、カ
メラコントロール用ソフトウェアです。Camera Control Pro 2
で画像の記録先の設定が[PC]になっている場合、カメラとパ
ソコンを接続して Camera Control Pro 2 を起動すると、表示パ
ニコンデジタル ネルに PC 接続中マーク PC が表示されます。
カメラ専用
• ソフトウェアは必ず最新版にバージョンアップしてお使いく
ソフトウェア
ださい。ご使用のパソコンがインターネットに接続されてい
る場合、OS ログオン後に所定時間を経過すると、ニコンメッ
セージセンター 2 はソフトウェアの更新情報などを確認しま
す(初期設定)。更新情報がある場合は、
「通知の画面」が自
動的に表示されます。
• 対応 OS については、当社ホームページのサポート情報でご確
認ください。
資料
431
D HDMI/USB ケーブルクリップについて
付属の HDMI/USB ケーブルクリップを取り付けると、カメラから別売の HDMI
ケーブルや USB ケーブルが不用意に外れることを防ぐことができます(HDMI/
USB ケーブルクリップは、市販の HDMI 端子用ケーブルで使用できない場合があ
ります)
。
• ここでは USB ケーブルを使って説明しています。
•
HDMI/USB ケーブルクリップを使用するときは、画像モニターを収納してく
ださい。
HDMI ケーブルの場合
HDMI ケーブルの場合
はここに通します。
はここに通します。
HDMI ケーブルの場合
ケーブルクリップの突
はここに差し込みます。
起部をカメラのくぼみ
に引っかけてから取り
付けます。
432 資料
USB ケーブルを使用する
HDMI ケーブルと USB ケー
場合
ブルを同時に使用する場合
D アクセサリーシューカバーの取り付けおよび取り外し方
アクセサリーシューカバー BS-1 を取り付けるには、カバーを図のようにカメラ
のアクセサリーシューに差し込みます。取り外すときは、カメラをしっかりと
支えて、カバー全体を親指で押さえながら矢印の方向にスライドさせます。
資料
433
カメラとパワーコネクター、AC アダプターの
接続方法
カメラとパワーコネクター、AC アダプターを接続する前に、カメラ本
体の電源が OFF になっていることを確認してください。
1 カメラのバッテリー室
カバー(q)とパワーコ
ネクターカバー(w)を
開ける
2 パワーコネクター EP-5Bを入れる
• パワーコネクターは、接点の向きに注
意しながら入れてください。
• オレンジ色のバッテリーロックレバー
をパワーコネクター側面で押しながら、
パワーコネクターを奥まで入れると、
バッテリーロックレバーがパワーコネ
クターに掛かり、パワーコネクターが
ロックされます。
3 カメラのバッテリー室
カバーを閉じる
• パワーコネクターのコード
がパワーコネクターカバー
を開けた部分から出るよう
に注意して、バッテリー室
カバーを閉じます。
434 資料
4 パワーコネクターと ACアダプター EH-5c/EH-5bを接続する
• 電源コードの AC プラグを、AC アダプターの AC プラグ差し込み口
に差し込みます(e)。
• パワーコネクターの DC プラグコネクターに AC アダプターの DC プ
ラグを差し込みます(r)。
• パワーコネクターと AC アダプターの使用時には、撮影画面上の
バッテリー残量表示が P に変わります。
資料
435
カメラのお手入れについて
保管について
長期間カメラを使用しないときは、必ずバッテリーを取り出してくださ
い。バッテリーを取り出す前には、カメラの電源が OFF になっているこ
とを確認してください。
カメラを保管するときは、下記の場所は避けてください。
• 換気の悪い場所や湿度が 60%を超える場所
• テレビやラジオなど強い電磁波を出す装置の周辺
• 温度が 50 ℃以上、または− 10 ℃以下の場所
クリーニングについて
ほこりや糸くずをブロアーで払い、柔らかい乾いた布で軽く拭き
ます。海辺でカメラを使用した後は、砂や塩を真水で湿らせた布
カメラ本体
で軽く拭き取り、よく乾かします。
ご注意:カメラ内部にゴミ、ほこりや砂などが入り込むと故障の
原因となります。この場合、当社の保証の対象外となりますので
ご注意ください。
レンズ・
レンズ面は傷つきやすいので、ほこりや糸くずをブロアーで払い
ます。スプレー缶タイプのブロアーは、缶を傾けずにお使いくだ
さい(中の液体が気化されずに吹き出し、レンズやファインダー
ファインダー を傷つけることがあります)
。指紋や油脂などの汚れは、柔らかい
布にレンズクリーナーを少量付けて、レンズ面を傷つけないよう
に注意して拭きます。
ほこりや糸くずをブロアーで払います。指紋や油脂などの汚れは、
画像モニター 表面を柔らかい布かセーム革で軽く拭き取ります。強く拭くと、
破損や故障の原因となることがありますのでご注意ください。
アルコール、シンナーなど揮発性の薬品はお使いにならないでください。
436 資料
撮像素子のお手入れについて
レンズを取り付けるときなどに、撮像素子の前面にゴミやほこりが付く
と、画像に影が写り込むことがあります。イメージセンサークリーニン
グを作動させると、撮像素子前面のゴミをふるい落とすことができます。
イメージセンサークリーニングは、メニューから操作する方法と、電源
の OFF 時に自動的に行う方法があります。イメージセンサークリーニン
グでゴミやほこりを取りきれないときは、ニコンサービス機関にクリー
ニングをお申し付けくださることをおすすめします。
❚❚ セットアップメニューの[イメージセンサー
クリーニング]から操作する
• 効果的にゴミをふるい落とせるように、正
位置(カメラを横位置で構えるときの向き)
にしてください。
• セットアップメニューの[イメージセン
サークリーニング]を選び、
[実行]を選ん
で J ボタンを押すと、イメージセンサーク
リーニングが開始されます。実行中は撮像
素子のチェックも行われます。
• イメージセンサークリーニング実行中は、
カメラの操作はできません。バッテリーや
AC アダプターを取り外さないでください。
• クリーニングが完了すると、セットアップ
メニュー画面に戻ります。
資料
437
❚❚ 電源 OFF 時にイメージセンサークリーニングする
6
電源 OFF で実行
実行しない
電源 OFF と同時にイメージセンサークリーニングが作
動します。
電源を OFF にしてもイメージセンサークリーニングは
作動しません。
1[イメージセンサークリーニング]
画面で[電源スイッチに連動]を
選ぶ
•[電源スイッチに連動]を選んでマルチ
セレクターの 2 を押すと、[電源ス
イッチに連動]画面が表示されます。
2 イメージセンサークリーニングの方
法を選ぶ
• J ボタンを押して設定します。
D イメージセンサークリーニングについてのご注意
• 電源スイッチに連動してイメージセンサークリーニングが作動しているとき
にカメラを操作すると、イメージセンサークリーニングは中断します。
• イメージセンサークリーニングを連続して行うと、内部の回路を保護するた
め、一時的に作動しなくなる場合があります。少し時間をおくと再び作動する
ようになります。
438 資料
撮像素子前面をブロアーで掃除する
イメージセンサークリーニングでゴミやほこりを取りきれないときは、
撮像素子前面を次の手順でクリーニングできます。ただし、カメラ内部
の撮像素子は非常に傷つきやすいため、ニコンサービス機関にクリーニ
ングをお申し付けくださることをおすすめします。
1 カメラの電源を OFFにしてからレンズを取り外す
2 カメラの内部に光が当たるようにカ
メラを持ち、ゴミやほこりが付いて
いないかどうかを点検する
ゴミやほこりが付いていない場合は、手
順 4 にお進みください。
3 撮像素子前面に付いたゴミやほこり
をブロアーで払う
• ブラシの付いていないブロアーをお使
いください。ブラシで撮像素子の表面
に傷が付くことがあります。
• ブロアーで取り除けない汚れがある場合
は、ニコンサービス機関にクリーニングをお申し付けください。
絶対に、手でこすったり、布で拭き取ったりしないでください。
4 付属のボディーキャップを付ける
資料
439
D 撮像素子前面に付着するゴミなどについて
撮像素子前面には、カメラからレンズまたはボディーキャップを取り外した際
に外部からカメラ内に入ったゴミや、まれにカメラ内部の潤滑剤や細粉などが
付着することがあり、撮影条件によっては撮像素子前面に付着したゴミや潤滑
剤、細粉などが撮影画像に写り込む場合があります。カメラ内へのゴミの侵入
を防止するため、ほこりの多い場所でのレンズ交換やボディーキャップの着脱
は避け、カメラ本体のマウント部およびレンズのマウント部、ボディーキャッ
プのゴミを除去してからカメラに取り付けてください。レンズを外してカメラ
を保管するときは、必ず付属のボディーキャップを装着してください。撮像素
子前面に付着したゴミなどをイメージセンサークリーニング(0 437)で取り
除ききれないときは、「撮像素子前面をブロアーで掃除する」(0 439)の手順
でクリーニングしていただくか、ニコンサービス機関にクリーニングをお申し
付けください。なお、ゴミの写り込みは、画像加工アプリケーションなどで修
正できます。
D 定期点検、オーバーホールのおすすめ
カメラは精密機械ですので、1 〜 2 年に 1 度は定期点検を、3 〜 5 年に 1 度はオー
バーホールすることをおすすめします(有料)
。
• 特に業務用にお使いの場合は、早めに点検整備を受けてください。
• より安心してご愛用いただけるよう、お使いのレンズやスピードライトなども
併せて点検依頼されることをおすすめします。
440 資料
カメラとバッテリーの使用上のご注意
カメラの取り扱い上のご注意
● 強いショックを与えない
カメラやレンズを落としたり、ぶつけたりしないようにご注意ください。強い衝撃
や振動を加えると、破損したり精密に調整された部分に悪影響を及ぼします。
● 水にぬらさない
カメラは水にぬらさないようにご注意ください。カメラ内部に水滴が入ったりする
と部品がさびついてしまい、修理費用が高額になるだけでなく、修理不能になるこ
とがあります。
● 急激な温度変化を与えない
極端に温度差のある場所に急にカメラを持ち込むと、カメラ内外に水滴が生じ、故
障の原因となります。カメラをバッグやビニール袋などに入れて、周囲の温度にな
じませてからお使いください。
● 強い電波や磁気の発生する場所で撮影しない
強い電波や磁気を発生するテレビ塔などの周囲や、静電気が発生する環境では、記
録データが消滅したり、撮影画像へのノイズ混入等、カメラが正常に機能しないこ
とがあります。
● 長時間、太陽に向けて撮影または放置しない
太陽などの高輝度被写体に向けて長時間直接撮影したり、放置したりしないでくだ
さい。過度の光照射は撮像素子の褪色、焼き付き、破損を起こすおそれがありま
す。また、その際撮影された画像に、真っ白くにじみが生じることがあります。
● カメラ本体のお手入れについて
カメラ本体のお手入れの際は、ブロアーでゴミやほこりを軽く吹き払ってから、乾
いた柔らかい布で軽く拭いてください。特に、海辺で使った後は、真水を数滴たら
した柔らかい清潔な布で塩分を拭き取ってから、乾いた柔らかい布で軽く拭いて乾
かしてください。まれに、ブラシなどで表示パネルを拭いた場合に、静電気で表示
パネルが点灯したり、黒く変色したりすることがありますが、故障ではありませ
ん。しばらくすると元に戻ります。
資料
441
● レンズやファインダーのお手入れについて
レンズやファインダーは傷が付きやすいので、ゴミやほこりが付いているときは、
ブロアーで軽く吹き払う程度にしてください。なお、スプレー缶タイプのブロアー
の場合、スプレー缶を傾けずにお使いください(中の液体が気化されずに吹き出
し、レンズやファインダーを傷つける場合があります)。レンズに万一指紋などが
付いてしまった場合は、柔らかい清潔な布に市販のレンズクリーナーを少量湿らせ
て、軽く拭き取ってください。
● 撮像素子に触れない
撮像素子を押さえたり、突いたり、ブロアーなどで
強く吹くなどは、絶対にしないでください。傷や破
損などの原因となります。
撮像素子
● 撮像素子の手入れ方法について
撮像素子のクリーニングの方法については 0 437 をご覧ください。
● レンズの信号接点について
レンズの信号接点を汚さないようにご注意ください。指などが触れないようにご注
意ください。
● 風通しのよい場所に保管する
カビや故障などを防ぐため、風通しのよい乾燥した場所を選んでカメラを保管して
ください。防虫剤のあるところ、磁気を発生する器具のそば、高温となる夏季の車
内、使用しているストーブの前などにカメラを置かないでください。故障の原因に
なります。
● 長期間使用しないときは、バッテリーを取り出し、乾燥剤と一緒に保管する
カメラを長期間使用しないときは、バッテリーの液もれなどからカメラを保護する
ために、必ずカメラからバッテリーを取り出しておいてください。保管する際は、
カメラをポリエチレン袋などに乾燥剤と一緒に入れておくとより安全です。ただ
し、皮ケースをビニール袋に入れると、変質することがありますので避けてくださ
い。バッテリーは高温、多湿となる場所を避けて保管してください。乾燥剤(シリ
カゲル)は湿気を吸うと効力がなくなるので、ときどき交換してください。カメラ
を長期間使用しないまま放置しておくと、カビや故障の原因となることがあるの
で、月に一度を目安にバッテリーを入れ、カメラを操作することをおすすめします。
442 資料
● バッテリーや AC アダプターを取り外すときは、必ずカメラの電源を OFF にする
カメラの電源が ON の状態で、バッテリーを取り出したり、AC アダプターを取り外
すと、故障の原因となります。特に撮影中や記録データの削除中に前記の操作は行
わないでください。
● 画像モニターとファインダーについて
• 画像モニター(ファインダー含む)は、非常に精密度の高い技術で作られており、
99.99% 以上の有効ドットがありますが、0.01% 以下でドット抜けするものがあ
ります。そのため、常時点灯(白、赤、青、緑)あるいは非点灯(黒)の画素が
一部存在することがありますが、故障ではありません。また、記録される画像に
は影響ありません。あらかじめご了承ください。
• 屋外では日差しの加減で画像モニターが見えにくい場合があります。
• 画像モニター表面を強くこすったり、強く押したりしないでください。画像モニ
ターの故障やトラブルの原因になります。もしゴミやほこり等が付着した場合
は、ブロアーで吹き払ってください。汚れがひどいときは、柔らかい布やセーム
革等で軽く拭き取ってください。万一、画像モニターが破損した場合、ガラスの
破片などでケガをするおそれがあるので充分ご注意ください。中の液晶が皮膚や
目に付着したり、口に入ったりしないよう、充分ご注意ください。
• ファインダーを見ながら撮影をしている場合に、次のいずれかの症状を感じた時
は、使用をやめ、回復するまで休んでください。
- 吐き気・目の痛み、目の疲れ
- めまい・頭痛・首の痛み、肩こり
- 気分が悪い・手と目の感覚のずれ
- 乗り物酔いの症状
• 連続撮影時に、撮影画面が素早く点灯と消灯を繰りかえすことがあります。この
とき、撮影画面を見続けることで体調不良などの症状が起きる恐れがあります。
その場合は使用をやめ、回復するまで休んでください。
● 線状のノイズについて
逆光撮影や輝度の高い光源に向けて撮影する場合、まれに撮影した画像上に線状の
ノイズが発生することがあります。
資料
443
バッテリーの使用上のご注意
● 使用上のご注意
• バッテリーの使用方法を誤ると液もれにより製品が腐食したり、バッテリーが破
裂したりするおそれがあります。次の使用上の注意をお守りください。
- バッテリーはカメラの電源を OFF にしてから入れる。
- バッテリーを長時間使用した後は、バッテリーが発熱していることがあるので
注意する。
- バッテリーの端子は、汚さないように注意する。
- 必ず指定のバッテリーを使う。
- バッテリーを火の中に投入したり、ショートさせたり、分解したりしない。
- カメラやチャージャーから取り外したバッテリーには、必ず端子カバーを付ける。
• カメラの使用直後など、バッテリーの温度が高くなっている場合は、温度が下が
るのを待ってから充電してください。バッテリー内部の温度が高い状態では、充
電ができなかったり、または不完全な充電になるばかりでなく、バッテリーの性
能が劣化する原因になります。
• しばらく使わない場合は、カメラでバッテリーを使い切った状態でカメラから取
り外し、涼しいところで保管してください。周囲の温度が 15 ℃ 〜 25 ℃くらいの
乾燥したところをおすすめします。暑いところや極端に寒いところは避けてくだ
さい。
• 使用後のバッテリーは半年以内に充電するようおすすめします。長期間保管する
場合は、半年に一回程度充電した後、カメラでバッテリーを使い切ってから涼し
いところで保管してください。
• 使用しないときは必ずバッテリーをカメラやチャージャーから取り外してくだ
さい。付けたままにしておくと、電源が切れていても微少電流が流れていますの
で、過放電になり使えなくなるおそれがあります。
• バッテリーは
0 ℃〜 40 ℃の範囲を超える場所ではお使いにならないでください。
バッテリーの性能が劣化したり、故障の原因となります。周囲の温度が 5 ℃〜 35 ℃
の室内で充電してください。バッテリーの温度が 0 ℃以下、60 ℃以上のときは、充
電をしません。
• バッテリーの温度が 0 ℃〜 15 ℃、45 ℃〜 60 ℃のときは、充電できる容量が少なく
なる、または充電時間が長くなることがあります。
• 一般的な電池特性として、周囲の温度が下がるにつれ、バッテリーに充電できる
容量は少なくなります。新品のバッテリーでも、約 5 ℃以下の低温で充電した場
合、セットアップメニューの[電池チェック]で劣化度が「1」と表示されるこ
とがありますが、約 20 ℃以上で再充電すると劣化度の表示は「0」に戻ります。
444 資料
• 一般的な電池特性として、周囲の温度が下がるにつれ、使用できるバッテリー容
量は少なくなります。このカメラでは、温度変化に対して使用できる容量も的確
にバッテリー残量として表示します。そのため、充分に充電したバッテリーでも、
充電したときよりも温度が低くなると、充電直後から残量が減り始めた表示にな
ることがあります。
• カメラの使用後は、バッテリーが熱くなっていることがあります。取り出しの際
はご注意ください。
● 撮影前にバッテリーをあらかじめ充電する
撮影前にバッテリーを充電してください。付属のバッテリーは、ご購入時にはフル
充電されていません。
● 予備バッテリーを用意する
撮影の際は、充電された予備のバッテリーをご用意ください。特に、海外の地域に
よってはバッテリーの入手が困難な場合があるので、ご注意ください。
● 低温時にはフル充電したバッテリーを使用し、予備のバッテリーを用意する
低温時に消耗したバッテリーを使用すると、カメラが作動しないことがあります。
低温時にはフル充電したバッテリーを使用し、保温した予備のバッテリーを用意し
て暖めながら交互に使用してください。低温のために一時的に性能が低下して使え
なかったバッテリーでも、常温に戻ると使えることがあります。
● バッテリーの残量について
• 電池残量がなくなったバッテリーをカメラに入れたまま、何度も電源の ON/OFF
を繰り返すと、バッテリーの寿命に影響をおよぼすおそれがあります。電池残量
がなくなったバッテリーは、充電してお使いください。
• 充分に充電したにもかかわらず、室温での使用状態でバッテリーの使用時間が
極端に短くなってきた場合は、バッテリーの寿命です。新しいリチャージャブ
ルバッテリーをお求めください。
● 充電が完了したバッテリーを、続けて再充電しない
バッテリー性能が劣化します。
● 小型充電式電池のリサイクル
不要になった充電式電池は、接点部をビニールテープなどで
絶縁しリサイクル協力店へお持ちください。
詳しくは一般社団法人 JBRC ホームページ
(https://www.jbrc.com)をご覧ください。
数字の有無と数値は、
電池によって異なり
ます。
資料
445
チャージャーの使用上のご注意
• 充電中にチャージャーをゆすったり、充電中のバッテリーに触れたりすると、振
動や静電気の影響により、きわめてまれではありますが、未充電にもかかわらず
充電完了表示になる場合があります。このような場合にはバッテリーを取り外
し、再度セットして充電を再開してください。
• チャージャーの端子をショートさせないでください。発熱、破損の原因となります。
• チャージャーを使用しないときは、電源プラグをコンセントから抜いてください。
• バッテリーチャージャー MH-25a に対応していないバッテリーは、バッテリー
チャージャー MH-25a で充電しないでください。
本体充電 AC アダプターの使用上のご注意
• 充電中にカメラをゆすったり、充電中のバッテリーに触れたりすると、振動や静
電気の影響により、きわめてまれではありますが、未充電にもかかわらず充電完
了表示になる場合があります。このような場合にはカメラを取り外し、再度セッ
トして充電を再開してください。
• 本体充電 AC アダプターの端子をショートさせないでください。発熱、破損の原
因となります。
• 本体充電 AC アダプターを使用しないときは、電源プラグをコンセントから抜い
てください。
446 資料
主な仕様
ニコンデジタルカメラ Z 7/Z 6
型式
型式
レンズマウント
レンズ交換式デジタルカメラ
ニコン Z マウント
使用レンズ
•
使用レンズ
Z マウント用 NIKKOR レンズ
• F マウント用 NIKKOR レンズ(マウントアダプター使用時、
一部機能制限あり)
有効画素数
有効画素数
撮像素子
方式
総画素数
ダスト低減機能
•
•
Z 7:4575 万画素
Z 6:2450 万画素
35.9×23.9 mmサイズCMOSセンサー(ニコンFXフォーマット)
• Z 7:4689 万画素
• Z 6:2528 万画素
イメージセンサークリーニング、イメージダストオフデータ
取得(Capture NX-D が必要)
記録形式
Z 7:
• 撮像範囲[FX(36×24)
]の場合:
記録画素数
8256×5504 ピクセル(サイズ L:45.4 M)
6192×4128 ピクセル(サイズ M:25.6 M)
4128×2752 ピクセル(サイズ S:11.4 M)
• 撮像範囲[DX(24×16)
]の場合:
5408×3600 ピクセル(サイズ L:19.5 M)
4048×2696 ピクセル(サイズ M:10.9 M)
2704×1800 ピクセル(サイズ S:4.9 M)
• 撮像範囲[5:4(30×24)
]の場合:
6880×5504 ピクセル(サイズ L:37.9 M)
5152×4120 ピクセル(サイズ M:21.2 M)
3440×2752 ピクセル(サイズ S:9.5 M)
資料
447
記録形式
• 撮像範囲[1:1(24×24)]の場合:
5504×5504 ピクセル(サイズ L:30.3 M)
4128×4128 ピクセル(サイズ M:17.0 M)
2752×2752 ピクセル(サイズ S:7.6 M)
]の場合:
• 撮像範囲[16:9(36×20)
8256×4640 ピクセル(サイズ L:38.3 M)
6192×3480 ピクセル(サイズ M:21.5 M)
4128×2320 ピクセル(サイズ S:9.6 M)
• 動画の画像サイズを 3840×2160 に設定し、
動画モード中に静止画撮影した場合:
3840×2160 ピクセル
• 動画の画像サイズを 3840×2160 以外に設定し、
動画モード中に静止画撮影した場合:
記録画素数
1920×1080 ピクセル
Z 6:
• 撮像範囲[FX(36×24)]の場合:
6048×4024 ピクセル(サイズ L:24.3 M)
4528×3016 ピクセル(サイズ M:13.7 M)
3024×2016 ピクセル(サイズ S:6.1 M)
• 撮像範囲[DX(24×16)
]の場合:
3936×2624 ピクセル(サイズ L:10.3 M)
2944×1968 ピクセル(サイズ M:5.8 M)
1968×1312 ピクセル(サイズ S:2.6 M)
• 撮像範囲[1:1(24×24)
]の場合:
4016×4016 ピクセル(サイズ L:16.1 M)
3008×3008 ピクセル(サイズ M:9.0 M)
2000×2000 ピクセル(サイズ S:4.0 M)
• 撮像範囲[16:9(36×20)
]の場合:
6048×3400 ピクセル(サイズ L:20.6 M)
4528×2544 ピクセル(サイズ M:11.5 M)
3024×1696 ピクセル(サイズ S:5.1 M)
• 動画の画像サイズを 3840×2160 に設定し、
動画モード中に静止画撮影した場合:
3840×2160 ピクセル
• 動画の画像サイズを 3840×2160 以外に設定し、
動画モード中に静止画撮影した場合:
1920×1080 ピクセル
448 資料
記録形式
•
RAW 12 ビット /14 ビット(ロスレス圧縮、圧縮、非圧縮)、
サイズ L/M/S 選択可能(サイズ M/S は 12 ビット、ロスレス
圧縮に固定)
画質モード
•
TIFF(RGB)
:FINE(1/4)
、NORMAL
• JPEG-Baseline 準拠、圧縮率(約)
(1/8)、BASIC(1/16)サイズ優先または画質優先選択可能
• RAW と JPEG の同時記録可能
オート、スタンダード、ニュートラル、ビビッド、モノクロー
ム、ポートレート、風景、フラット、Creative Picture Control
ピクチャー
コントロール
システム
(ドリーム、モーニング、ポップ、サンデー、ソンバー、ドラ
マ、サイレンス、ブリーチ、メランコリック、ピュア、デニ
ム、トイ、セピア、ブルー、レッド、ピンク、チャコール、
グラファイト、バイナリー、カーボン)、いずれも調整可能、
記録媒体
対応規格
カスタムピクチャーコントロール登録可能
XQD カード
DCF 2.0、Exif 2.31、PictBridge
ファインダー
電子ビューファインダー、0.5 型 Quad-VGA OLED、約 369 万
ファインダー
ドット、明るさ調整可能(オート、マニュアル 11 段階)、カ
視野率
倍率
アイポイント
視度調節範囲
アイセンサー
ラーカスタマイズ可能
上下左右とも約 100%(対実画面)
約 0.8 倍 (50mm レンズ使用時、∞、− 1.0 m − 1 のとき)
接眼レンズ面中央から 21mm(− 1.0 m − 1 のとき)
− 4 〜+ 2 m − 1
ファインダー表示と画像モニター表示の自動切り換え
画像モニター
画像モニター
チルト式 3.2 型 TFT 液晶モニター(タッチパネル)、約 210 万
ドット、視野角 170°、視野率約 100%、明るさ調整可能(マ
ニュアル 11 段階)
、カラーカスタマイズ可能
シャッター
型式
シャッター
スピード
電子制御上下走行式フォーカルプレーンシャッター、電子先
幕シャッター、電子シャッター
1/8000 〜 30 秒(1/3、1/2 ステップに変更可能)、Bulb、Time、
X200
資料
449
シャッター
フラッシュ同調
シャッター
スピード
X=1/200 秒、1/200 秒以下の低速シャッタースピードで同調
• オート FP ハイスピードシンクロ可能
レリーズ機能
レリーズモード
1 コマ撮影、低速連続撮影、高速連続撮影、高速連続撮影(拡
張)、セルフタイマー撮影
Z 7:
• 低速連続撮影:約 1 〜 5 コマ / 秒
• 高速連続撮影:約 5.5 コマ / 秒(14 ビット RAW 設定時:約 5 コ
マ / 秒)
• 高速連続撮影(拡張)
:約 9 コマ / 秒(14 ビット RAW 設定時:
連続撮影速度
約 8 コマ / 秒)
Z 6:
• 低速連続撮影:約 1 〜 5 コマ / 秒
• 高速連続撮影:約 5.5 コマ / 秒
• 高速連続撮影(拡張):約 12 コマ / 秒(14 ビット RAW 設定
セルフタイマー
露出制御
測光方式
測光モード
時:約 9 コマ / 秒)
※ ニコン試験条件での最大撮影速度
作動時間:2、5、10、20 秒、撮影コマ数:1 〜 9 コマ、
連続撮影間隔:0.5、1、2、3 秒
撮像素子による TTL 測光方式
• マルチパターン測光
• 中央部重点測光:φ12 mm 相当を測光(中央部重点度
約 75%)、画面全体の平均に変更可能
• スポット測光:約φ4 mm 相当(全画面の約 1.5%)を測光、
フォーカスポイントに連動して測光位置可動
• ハイライト重点測光
• Z 7:− 3 〜 17 EV
測光範囲
撮影モード
露出補正
AE ロック
450 資料
• Z 6:− 4 〜 17 EV
※ ISO 100、f/2.0 レンズ使用時、常温 20 ℃
b:オート、P:プログラムオート(プログラムシフト可能)、
S:シャッター優先オート、A:絞り優先オート、M:マニュアル
ユーザーセッティング U1 〜 U3 に登録可能
P、S、A、M 時に設定可能、範囲:±5 段、補正ステップ:1/3、
1/2 ステップに変更可能
輝度値ロック方式
露出制御
•
ISO 感度
(推奨露光指数) •
Z 7:ISO 64 〜 25600(1/3、1/2 ステップ)、ISO 64 に対し
約 0.3、0.5、0.7、1 段(ISO 32 相当)の減感、
ISO 25600 に対し約 0.3、0.5、0.7、1 段、2 段(ISO 102400
相当)の増感、感度自動制御が可能
Z 6:ISO 100 〜 51200(1/3、1/2 ステップ)、ISO 100 に対
し約 0.3、0.5、0.7、1 段(ISO 50 相当)の減感、
ISO 51200 に対し約 0.3、0.5、0.7、1 段、2 段(ISO 204800
相当)の増感、感度自動制御が可能
アクティブ
D- ライティング
多重露出
その他の機能
オート、より強め 、強め、標準、弱め、しない
加算、加算平均、比較明合成、比較暗合成
HDR(ハイダイナミックレンジ)、静止画フリッカー低減撮影
オートフォーカス
方式
ハイブリッド AF(位相差 AF/ コントラスト AF)
、AF 補助光付
• Z 7:− 2 〜 19 EV(ローライト AF 時:− 4 〜 19 EV)
• Z 6:− 3.5 〜 19 EV(ローライト AF 時:− 6 〜 19 EV)
検出範囲
※ 静止画モード、シングル AF サーボ(AF-S)
、ISO 100、
レンズサーボ
フォーカス
ポイント
f/2.0 レンズ使用時、常温 20 ℃
• オートフォーカス:シングル AF サーボ(AF-S)またはコン
(動画モー
ティニュアス AF サーボ(AF-C)、常時 AF(AF-F)
ドのみ)、予測駆動フォーカスあり
• マニュアルフォーカス(M):フォーカスエイド可能
• Z 7:493 点
•
Z 6:273 点
※ 静止画モード、撮像範囲 FX、シングルポイント AF 時
、シングルポイント AF、
ピンポイント AF(静止画モードのみ)
AF エリアモード ダイナミック AF(静止画モードのみ)、ワイドエリア AF(S)、
ワイドエリア AF(L)
、オートエリア AF
サブセレクターの中央押し、またはシングル AF サーボ(AF-S)
フォーカスロック
時にシャッターボタン半押し
手ブレ補正機能
カメラ内手ブレ
イメージセンサーシフト方式 5 軸補正
補正
レンズ手ブレ補正 レンズシフト方式(VR レンズ使用時)
資料
451
フラッシュ
調光方式
フラッシュ
TTL 調光制御:i-TTL-BL 調光(マルチパターン測光、中央部重
点測光またはハイライト重点測光)、スタンダード i-TTL 調光
(スポット測光)可能
先幕シンクロ、スローシンクロ、後幕シンクロ、赤目軽減、
モード
赤目軽減スローシンクロ、発光禁止
調光補正
P、S、A、M 時に設定可能、範囲:− 3 〜 +1 段、補正ステッ
プ:1/3、1/2 ステップ
レディーライト
別売スピードライト使用時に充電完了で点灯、フル発光によ
アクセサリー
る露出不足警告時は点滅
ホットシュー(ISO 518)装備:シンクロ接点、通信接点、
シュー
ニコン
i-TTL 調光、電波制御アドバンストワイヤレスライティング、
クリエイティブ
ライティング
光制御アドバンストワイヤレスライティング、モデリング発
光、FV ロック、発光色温度情報伝達、オート FP ハイスピード
システム
シンクロ、ユニファイドフラッシュコントロール
セーフティーロック機構(ロック穴)付
ホワイトバランス
オート(3 種)、自然光オート、晴天、曇天、晴天日陰、電球、
ホワイトバランス
蛍光灯(7 種)
、フラッシュ、色温度設定(2500K 〜 10000K)
、
プリセットマニュアル(6 件登録可)、色温度設定以外は微調
整可能
ブラケティング
ブラケティング
AE ブラケティング、フラッシュブラケティング、ホワイトバ
ランスブラケティング、アクティブ D- ライティングブラケ
ティング
動画機能
測光方式
測光モード
記録画素数 /
フレームレート
ファイル形式
映像圧縮方式
音声記録方式
452 資料
撮像素子による TTL 測光方式
マルチパターン測光、中央部重点測光、ハイライト重点測光
• 3840×2160(4K UHD)
:30p/25p/24p
•
•
1920×1080:120p/100p/60p/50p/30p/25p/24p
1920×1080 スロー:30p(4 倍)/25p(4 倍)/24p(5 倍)
※ 120p:119.88fps、100p:100fps、60p:59.94fps、50p:
50fps、30p:29.97fps、25p:25fps、24p:23.976fps
※ 標準 / ★高画質選択可能
(3840×2160、1920×1080 120p/
100p、1920×1080 スローは★高画質のみ)
MOV、MP4
H.264/MPEG-4 AVC
リニア PCM、AAC
動画機能
録音装置
露出補正
内蔵ステレオマイク、外部マイク使用可能、マイク感度設定
可能、アッテネーター機能
P、S、A、M 時に設定可能、範囲:±3 段、補正ステップ:1/3、
1/2 ステップに変更可能
Z 7:
、ISO 25600 に対
• M:ISO 64 〜 25600(1/3、1/2 ステップ)
し約 0.3、0.5、0.7、1 段、2 段(ISO 102400 相当)の増感、
感度自動制御(ISO 64 〜 Hi 2)が可能、制御上限感度が設
定可能
• P、S、A:感度自動制御(ISO 64 〜 Hi 2)、制御上限感度が
設定可能
ISO 感度
(推奨露光指数)
•
b:感度自動制御(ISO 64 〜 25600)
Z 6:
• M:ISO 100 〜 51200(1/3、1/2 ステップ)
、ISO 51200 に対
し約 0.3、0.5、0.7、1 段、2 段(ISO 204800 相当)の増感、
感度自動制御(ISO 100 〜 Hi 2)が可能、制御上限感度が設
定可能
• P、S、A:感度自動制御(ISO 100 〜 Hi 2)
、制御上限感度が
設定可能
•
アクティブ
D- ライティング
その他の機能
b:感度自動制御(ISO 100 〜 51200)
静止画の設定と同じ、より強め、強め、標準、弱め、しない
タイムラプス動画、電子手ブレ補正、タイムコード、動画 Log
(N-Log)出力
再生機能
再生機能
1 コマ再生、サムネイル(4、9、72分割)、拡大再生、拡大再生
中のトリミング、動画再生、スライドショー(静止画 / 動画選択
再生可能)、ヒストグラム表示、ハイライト表示、撮影情報表
示、位置情報表示、撮影画像の縦位置自動回転、レーティング
インターフェース
USB
HDMI 出力
アクセサリー
ターミナル
Type-C 端子(SuperSpeed USB)(標準装備された USB ポー
トへの接続を推奨)
HDMI 端子(Type C)装備
あり(別売リモートコード MC-DC2 など使用可能)
資料
453
インターフェース
外部マイク入力
ヘッドホン出力
ステレオミニジャック(φ3.5mm)、プラグインパワーマイ
ク対応
ステレオミニジャック(φ3.5 mm)
Wi-Fi(無線 LAN)・Bluetooth
• 準拠規格:IEEE802.11b/g/n/a/ac
• 周波数範囲(中心周波数):2412 〜 2472 MHz(13ch)
、
5180 〜 5700 MHz
• 出力(EIRP):
Wi-Fi
-Z7
7.0 dBm(2.4 GHz)
12.1 dBm(5 GHz)
-Z6
7.4 dBm(2.4 GHz)
12.2 dBm(5 GHz)
• 認証方式:オープンシステム、WPA2-PSK
• 通信方式:Bluetooth 標準規格 Ver.4.2
• 周波数範囲(中心周波数):
Bluetooth
通信距離
(見通し)
Bluetooth:2402 〜 2480 MHz
Bluetooth Low Energy:2402 〜 2480 MHz
• 出力(EIRP):
-Z7
Bluetooth:1.5 dBm
Bluetooth Low Energy:0 dBm
-Z6
Bluetooth:1.9 dBm
Bluetooth Low Energy:0.4 dBm
約 10 m※
※ 電波干渉がない場合。通信距離は遮蔽物や電波状態などに
より影響されます。
電源
使用電池
本体充電
AC アダプター
454 資料
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b※ 1 個使用
※ EN-EL15b の代わりに EN-EL15a/EN-EL15 も使えます。ただ
し、EN-EL15b を使用したときよりも撮影可能コマ数(電池
寿命)が減少する場合があります(0 477)。本体充電 AC
アダプターを使用した充電は EN-EL15b 使用時のみ可能。
本体充電 AC アダプター EH-7P(Z 7 のみ付属)
電源
AC アダプター
三脚ネジ穴
三脚ネジ穴
AC アダプター EH-5c/EH-5b(パワーコネクター EP-5B と組
み合わせて使用)(別売)
1/4(ISO 1222)
寸法・質量
寸法(W×H×D)約 134×100.5×67.5 mm
約 675 g(バッテリーおよびメモリーカードを含む、ボディー
質量
キャップを除く)、約 585 g(本体のみ)
動作環境
温度
湿度
0 ℃〜 40 ℃
85%以下(結露しないこと)
• 仕様中のデータは特に記載のある場合を除き、CIPA(カメラ映像機器工業会)規
格またはガイドラインに準拠しています。
• 仕様中のデータは、フル充電バッテリー使用時のものです。
• カメラに表示されるサンプル画像、および説明書内の画像やイラストは、機能を
説明するためのイメージです。
• 製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承くださ
い。使用説明書の誤りなどについての補償はご容赦ください。
資料
455
❚❚ バッテリーチャージャー MH-25a
AC 100–240 V、50/60 Hz、0.23–0.12 A
21–28VA
充電出力
DC 8.4 V、1.2 A
適応充電池
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b
約 2 時間 35 分
充電時間
※ 残量のない状態からの充電時間(周囲温度 25 ℃)
使用温度
0 ℃〜 40 ℃
寸法(W×H×D) 約 95×33.5×71 mm(突起部除く)
質量
約 115 g(電源プラグ(直付け型)を除く)
電源
定格入力容量
製品に表示されている記号の意味は下記の通りです。
m AC(交流)、p DC(直流)、q クラスⅡ機器(二重絶縁構造)
❚❚ 本体充電 AC アダプター EH-7P(Z 7のみ付属)
AC 100–240 V、50/60 Hz、MAX 0.5 A
40–50VA
定格出力
DC 5.0 V、3.0 A
適応充電池
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b
使用温度
0 ℃〜 40 ℃
寸法(W×H×D) 約 65.5×26.5×58.5 mm
質量
約 125 g
電源
定格入力容量
製品に表示されている記号の意味は下記の通りです。
m AC(交流)、p DC(直流)、q クラスⅡ機器(二重絶縁構造)
❚❚ Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b
形式
リチウムイオン充電池
7.0 V、1900 mAh
使用温度
0 ℃〜 40 ℃
寸法(W×H×D) 約 40×56×20.5 mm
質量
約 80 g(端子カバーを除く)
定格容量
456 資料
A カメラやメモリーカードを譲渡 / 廃棄するときのご注意
メモリーカード内のデータはカメラやパソコンで初期化または削除しただけでは、
完全には削除されません。譲渡 / 廃棄した後に市販のデータ修復ソフトなどを使っ
てデータが復元され、重要なデータが流出してしまう可能性があります。メモリー
カード内のデータはお客様の責任において管理してください。
メモリーカードを譲渡 / 廃棄する際は、市販のデータ削除専用ソフトなどを使って
データを完全に削除するか、初期化後にメモリーカードがいっぱいになるまで、空
や地面などの画像で置き換えることをおすすめします。メモリーカードを物理的に
破壊して廃棄する場合は、周囲の状況やケガなどに充分ご注意ください。
本製品を譲渡 / 廃棄する際は、使用者によって本製品内に登録または設定された、
無線 LAN 接続設定などの個人情報を含む内容を、カメラのセットアップメニュー
[カメラの初期化]を行って削除してください。
A 電波障害自主規制について
この装置は、クラス B 機器です。この装置は、住宅環境で使用することを目的とし
ていますが、この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受
信障害を引き起こすことがあります。
使用説明書に従って正しい取り扱いをして下さい。
VCCI-B
A このカメラの準拠規格
•
Design rule for Camera File system(DCF)Version 2.0:各社のデジタル
カメラで記録された画像ファイルを相互に利用し合うための記録形式です。
•
Exif Version 2.31:(Exif = Exchangeable image file format for digital still
cameras):デジタルカメラとプリンターの連携を強化し、高品質なプリント出
力を簡単に得ることを目指した規格です。この規格に対応したプリンターをお使
いになると、撮影時のカメラ情報を活かして最適なプリント出力を得ることがで
きます。詳しくはプリンターの使用説明書をご覧ください。
•
PictBridge:デジタルカメラとプリンターメーカーの各社が相互接続を保証す
るもので、デジタルカメラの画像をパソコンを介さずプリンターで直接印刷する
ための標準規格です。
•
HDMI(High-Definition Multimedia Interface):家庭用電化製品および AV
機器用のマルチメディアインターフェース規格です。1 本のケーブルをつなぐだ
けで、画像、音声、制御信号を HDMI 対応機器に送信できます。
資料
457
A 商標説明
•
•
XQD はソニー株式会社の商標です。
Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録
商標です。
•
Apple®、App Store®、Apple ロゴ、iPhone®、iPad®、iPod touch®、Mac、macOS
および OS X は米国およびその他の国々で登録された、Apple Inc. の商標です。
• iPhone の商標は、アイホン株式会社(https://www.aiphone.co.jp/)のライセ
ンスに基づき使用しています。
•
Android と Google Play および Google Play ロゴは、Google LLC の商標です。
Android ロボットは、Google が作成および提供している作品から複製または変
更したものであり、Creative Commons 3.0 Attribution ライセンスに記載され
た条件に従って使用しています。
IOSの商標は、米国およびその他の国における Ciscoのライセンスに基づき使用し
ています。
• PictBridge は、CIPA(カメラ映像機器工業会)の商標です。
• HDMI、HDMI ロゴ、および High-Definition Multimedia Interface は、HDMI
Licensing LLC の商標または登録商標です。
•
•
Bluetooth® のワードマークおよびロゴは、Bluetooth SIG, Inc. が所有する登録商標
であり、株式会社ニコンはこれらのマークをライセンスに基づいて使用しています。
• Wi-Fi および Wi-Fi ロゴは、Wi-Fi Alliance の商標または登録商標です。
• その他の会社名、製品名は各社の商標、登録商標です。
Use of the Made for Apple badge means that an accessory has been
designed to connect specifically to the Apple products identified in the
badge, and has been certified by the developer to meet Apple performance
standards. Apple is not responsible for the operation of this device or its
compliance with safety and regulatory standards. Please note that the use
of this accessory with an Apple product may affect wireless performance.
A FreeType License(FreeType2)
本製品のソフトウェアの著作権の一部は、© 2012 The FreeType Project
(https://www.freetype.org)のものです。すべての権利はその所有者に帰属します。
A MIT License(HarfBuzz)
本製品のソフトウェアの著作権の一部は、© 2018 The HarfBuzz Project
(https://www.freedesktop.org/wiki/Software/HarfBuzz)のものです。すべ
ての権利はその所有者に帰属します。
458 資料
A AVC Patent Portfolio License に関するお知らせ
本製品は、お客様が個人使用かつ非営利目的で次の行為を行うために使用される場
合に限り、AVC Patent Portfolio License に基づきライセンスされているものです。
(i)AVC 規格に従い動画をエンコードすること(以下、エンコードしたものを AVC
ビデオといいます)
(ii)個人利用かつ非営利目的の消費者によりエンコードされた AVC ビデオ、または
AVC ビデオを供給することについてライセンスを受けている供給者から入手し
た AVC ビデオをデコードすること
上記以外の使用については、黙示のライセンスを含め、いかなるライセンスも許諾
されていません。
詳細情報につきましては、MPEG LA, LLC から取得することができます。
http://www.mpegla.com をご参照ください。
資料
459
NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書
このカメラと NIKKOR Z 24–70mm f/4 S をレンズキットでご購入の場
合は、こちらをレンズの使用説明書としてお使いください。
国または地域によっては、レンズキットを販売していない場合があります。
レンズの使い方
❚❚ 各部の名称と機能
各部の名称と機能は以下の通りです。
1
2
4
5
6
7 8
9
12
3
13
460 資料 ➜ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書
14
10 11
1 フード
画像に悪影響を及ぼす光線をカットします。
レンズ面の保護にも役立ちます。
2 フードセット指標
3 フード取り付け レンズにフードを取り付けるときの指標です。
指標
4 フード着脱指標
5 ズームリング
レンズにフードを取り付けるときの指標です。
回転させるとズーミングができます。
撮影前にレンズを繰り出してください。
6 焦点距離目盛
ズーミング時の焦点距離の目安として使用します。
7 焦点距離目盛指標
• オートフォーカス時:回転させると、カメラで設定し
8 コントロール
リング
た機能を利用することができます。
• マニュアルフォーカス時:回転させると、マニュアル
でピント合わせを行うことができます。
9 レンズ着脱指標
10 レンズマウント
カメラにレンズを取り付けるときの指標です。
—
ゴムリング
11 CPU 信号接点
12 フォーカスモード
切り換えスイッチ
カメラとレンズの間で情報を伝達します。
[M]を選ぶとマ
[A]を選ぶとオートフォーカスになり、
ニュアルフォーカスになります。
カメラのフォーカスモードがマニュアルフォーカスのと
きは、レンズで[A]を選んでいてもマニュアルフォーカ
スになります。
13 レンズキャップ
14 裏ぶた
—
—
資料 ➜ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書
461
❚❚ カメラへの取り付け方・取り外し方
取り付け方
1 カメラの電源を OFFにして、レンズの裏ぶたとカメラのボ
ディーキャップを外す
2 カメラとレンズのレンズ着脱指標を合わせ、反時計回りに
カチッと音がするまでレンズを回す
取り外し方
1 カメラの電源を OFFにする
2 レンズ取り外しボタンを押しながら、時計回りにレンズを
回して取り外す
❚❚ 撮影前の準備
このレンズは沈胴機構を採用しており、撮影するにはレンズを繰り出す
必要があります。ズームリングを矢印の方向にカチッと音がするまで回
すと、レンズが繰り出します。焦点距離目盛が 24–70 の範囲内でのみ撮
影できます。
この範囲で撮影可能
• レンズを収納するときは、レンズを繰り出すときと逆の方向に(I)
の位置までズームリングを回してください。
• レンズを繰り出さずに電源を ON にすると、警告メッセージが表示さ
れます。撮影するときはレンズを繰り出してください。
462 資料 ➜ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書
❚❚ フードの取り付け方・取り外し方
• フード着脱指標(I)とフード取り付け指標(I)を合わせて(q)、
フードを矢印(w)の方向に回転させ、フード着脱指標とフードセッ
ト指標(K)を合わせてください(e)。
• フード先端を強くつかむと着脱が困難になります。着脱の際は、フー
ド取り付け指標(I)付近を持って回転させてください。
• 取り外しは、取り付けと逆の手順で行ってください。
• 収納時はフードを逆向きにしてレンズに取り付けられます。
❚❚ カメラに取り付けたときのご注意
ピント合わせを行った後に、カメラの電源を OFF にして再び ON にする
とピント位置が変わることがあります。撮影時に再度ピント合わせを
行ってください。ピントをあらかじめ合わせておいて被写体を待つ置き
ピン撮影などでは、ピントを合わせてからシャッターをきるまでにカメ
ラの電源を OFF にしないことをおすすめします。
取り扱い上のご注意
• フードをレンズに装着した状態で、フードだけを持たないでください。
• CPU 信号接点は汚さないようにご注意ください。
• レンズマウントゴムリングが破損した場合は、そのまま使用せず販売
店またはニコンサービス機関に修理を依頼してください。
• レンズをカメラに装着していないときは、必ずレンズキャップと裏ぶ
たを取り付けてください。
• レンズを保管するときは、レンズ内部を保護するために太陽光のあた
らない所に保管してください。
資料 ➜ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書
463
• レンズを水にぬらすと、部品がサビつくなどして故障の原因になりま
すのでご注意ください。
• ストーブの前など、高温になるところに置かないでください。極端に
温度が高くなると、外観の一部に使用している強化プラスチックが変
形することがあります。
• 極端に温度差のある場所に急にレンズを持ち込むと、レンズ内外に水
滴が生じ、故障の原因となります。レンズをバッグやビニール袋など
に入れて、周囲の温度になじませてからお使いください。
• レンズを傷から守るために、持ち運ぶときはレンズケースに入れるこ
とをおすすめします。
レンズのお手入れ
• レンズ面を清掃する場合、通常はほこりを払う程度にしてください。
• フッ素コート加工されたレンズ面に指紋など油分を含む汚れがつい
たときは、柔らかい清潔な木綿の布または市販のレンズクリーニング
ペーパーでレンズの中心から外周へ渦巻き状に拭いてください。汚れ
がひどいときは、少量の真水、無水アルコール(エタノール)、また
は市販のレンズクリーナーで湿らせた柔らかい布を使って軽く拭い
てください。フッ素コート加工されたレンズ面は、撥水性、撥油性が
高いため、水滴状の拭き残りが生じることがあります。その場合は、
乾いた布で拭き取ってください。
• フッ素コート加工されていないレンズ面に指紋など油分を含む汚れ
がついたときは、少量の無水アルコール(エタノール)や市販のレン
ズクリーナーで湿らせた柔らかい清潔な木綿の布または市販のレン
ズクリーニングペーパーを使って、レンズの中心から外周へ渦巻き状
に拭いてください。その場合、拭きムラや拭き残りがないように注意
してください。
• シンナーやベンジンなどの有機溶剤は絶対に使用しないでください。
• レンズ表面の汚れや傷を防ぐには、
別売のニュートラルカラーNC フィ
ルターなどの使用をおすすめします。
• レンズを長期間使用しないときは、カビやサビを防ぐために、高温多
湿のところを避けて風通しのよい場所に保管してください。また、直
射日光のあたるところ、防虫剤のあるところも避けてください。
464 資料 ➜ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書
アクセサリー
❚❚ 付属アクセサリー
• 72 mm スプリング式レンズキャップ LC-72B
• 裏ぶた LF-N1
• バヨネットフード HB-85
• レンズケース CL-C1
D レンズケースのお取り扱いについて
• レンズケースはレンズを傷から守ることを目的としており、落下や衝撃からレ
ンズを保護する機能はありません。
• レンズケースに撥水機能はありません。
• レンズケースは材質の特性上、雨や水などで濡れた場合や摩擦によって、色落
ち、変色、色移り、伸縮することがあります。
• ほこりは柔らかいブラシで払い落としてください。
• 表面に付着した汚れや水分は、乾いた柔らかい布で拭き取ってください。アル
コール、ベンジン、シンナーなどの溶剤は使わないでください。
• 直射日光があたる場所や、温度、湿度の高い場所に放置しないでください。
• レンズ面や液晶画面などを拭くクリーニングクロスとしては使用できません。
• レンズを収納して持ち運ぶ際、レンズが転がり出ないようご注意ください。
レンズケースの素材:ポリエステル
❚❚ 使用できるアクセサリー
72 mm ネジ込み式フィルター
D フィルターを使用する場合
• フィルターは 1 枚で使用してください。
• フィルターは、フードを取り外してから装着してください。また、円偏光フィ
ルターの偏光効果の調節も、フードを取り外した状態で行ってください。
資料 ➜ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書
465
仕様
マウント
ニコン Z マウント
焦点距離
24 mm–70mm
最大口径比
1:4
11 群 14 枚(ED レンズ 1 枚、ED 非球面レンズ 1 枚、非球
面レンズ 3 枚、ナノクリスタルコートあり、最前面のレ
レンズ構成
ンズ面にフッ素コートあり)
画角
焦点距離目盛
フォーカシング方式
最短撮影距離
絞り羽根枚数
絞りの範囲
•
84°–34° 20′(撮像範囲 FX)
61°–22° 50′(撮像範囲 DX)
24、28、35、50、70 mm
IF(インターナルフォーカス)方式
撮像面から 0.3m (ズーム全域)
7 枚(円形絞り)
f/4–22
•
アタッチメントサイズ
72 mm(P=0.75 mm)
寸法
約 77.5 mm(最大径)×88.5 mm(レンズマウント基
準面からレンズ先端まで、沈胴時)
質量
約 500 g
製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。
466 資料 ➜ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S 使用説明書
マウントアダプター FTZ 使用説明書
このカメラとマウントアダプター FTZ をマウントアダプターキットで
ご購入の場合は、こちらをマウントアダプターの使用説明書としてお使
いください。
• 国または地域によっては、マウントアダプターキットを販売していな
い場合があります。
• このマウントアダプターをニコン Z マウントのミラーレスカメラに装着す
ると、ニコン F マウント用の NIKKOR レンズを取り付けることができます。
• このマウントアダプターは、ニコン F マウントのデジタル一眼レフカメ
ラおよびニコン 1 マウントのレンズ交換式デジタルカメラ(Nikon 1)
に装着することはできません。
• このマウントアダプターに 1 ニッコールレンズを取り付けることはで
きません。
• お使いのレンズによっては、オートフォーカスなどカメラの機能に制限
が生じる場合があります。
ヒント:使用できる F マウントレンズについて
マウントアダプター FTZ に装着して Z マウント用カメラで使用できる F マウントレ
ンズの詳しい情報については、「使用できる F マウントレンズについて」をご覧く
ださい。「使用できる F マウントレンズについて」はニコンダウンロードセンター
からダウンロードできます。
https://downloadcenter.nikonimglib.com/ja/products/491/FTZ.html
資料 ➜ マウントアダプター FTZ 使用説明書
467
マウントアダプターの使い方
❚❚ 各部の名称
レンズ側
3
2
4
1
1
2
3
4
5
ニコン F マウント面
レンズ信号接点
レンズ取り付け指標
レンズ取り外しレバー
三脚用ネジ穴
5
カメラボディー側
6
7
6 カメラ取り付け指標
7 ニコン Z マウント面
8 CPU 信号接点
8
468 資料 ➜ マウントアダプター FTZ 使用説明書
❚❚ 取り付け方・取り外し方
マウントアダプターをカメラに取り付けたり取り外すとき、レンズをマ
ウントアダプターに取り付けたり取り外すときは、ほこりなどがそれぞ
れの内部に入らないように注意してください。
• 取り付け・取り外しは、必ずカメラの電源を OFF にし、直射日光を避
けて行ってください。
• レンズを取り付けるときは、マウントアダプターのレンズ取り外しレバー
やカメラのレンズ取り外しボタンを押さないようにご注意ください。
取り付け方
1 マウントアダプターからボディーキャップと裏ぶたを、カ
メラからボディーキャップを取り外す
2 マウントアダプターを
カメラに取り付ける
マウントアダプターのカ
メラ取り付け指標とカメ
ラのレンズ着脱指標を合
わせ(q)
、反時計回りに
カチッと音がするまでマウントアダプターを回します(w)。
3 レンズの裏ぶたを取り外す
4 マウントアダプターに
レンズを取り付ける
マウントアダプターのレ
ンズ取り付け指標とレン
ズのレンズ着脱指標を合
わせ(e)
、反時計回りに
カチッと音がするまでレ
ンズを回します(r)
。
資料 ➜ マウントアダプター FTZ 使用説明書
469
取り外し方
1 マウントアダプターか
らレンズを取り外す
• マウントアダプターのレ
ンズ取り外しレバーを押
しながら(q)、時計回
りにレンズを回して取り
外します(w)。
• 取り外したレンズには、
レンズキャップと裏ぶた
を取り付けてください。
2 マウントアダプターをカメラ
から取り外す
• カメラのレンズ取り外しボタン
を押しながら(e)、時計回りに
マウントアダプターを回して取
り外します(r)。
• 取り外したマウントアダプターには、ボディーキャップと裏ぶた
を取り付けてください。また、カメラにボディーキャップを取り
付けてください。
470 資料 ➜ マウントアダプター FTZ 使用説明書
D 絞りリングのある CPUレンズについてのご注意
絞りリングのある CPU レンズをマウントアダプターに取り付ける場合は、最小
絞り(最大 F 値)にしてから取り付けてください。
D 使用できないレンズおよびアクセサリー
このマウントアダプターに次のレンズおよびアクセサリーは使用できません。
無理に装着しようとすると、マウントアダプターやレンズが破損する恐れがあ
りますのでご注意ください。次のレンズ以外でも、個体の状態によっては装着
できないことがあります。装着時にきつく感じる場合などは、無理に装着しな
いでください。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
AI 改造をしていないレンズ(AI 方式以前の連動爪を使用するタイプ)
IX ニッコール
AF テレコンバーター TC-16AS
フォーカシングユニット AU-1 を必要とするレンズ(400mm f/4.5、600mm
f/5.6、800mm f/8、1200mm f/11)
フィッシュアイ(6mm f/5.6、7.5mm f/5.6、8mm f/8、OP10mm f/5.6)
2.1cm f/4
K2 リング
ED 180–600mm f/8(製品 No.174041 〜 174180)
ED 360–1200mm f/11(製品 No.174031 〜 174127)
200–600mm f/9.5(製品 No.280001 〜 300490)
F3AF 用(AF 80mm f/2.8、AF ED 200mm f/3.5、テレコンバーター TC-16S)
PC 28mm f/4(製品 No.180900 以前の製品)
PC 35mm f/2.8(製品 No.851001 〜 906200)
旧 PC 35mm f/3.5
旧レフレックス 1000mm f/6.3
NIKKOR-H Auto 2.8cm f/3.5(28mm f/3.5)(No.361999 以前の製品)
NIKKOR-S Auto 3.5cm f/2.8(35mm f/2.8)(No.927999 以前の製品)
NIKKOR-S Auto 5cm f/2(50mm f/2)
NIKKOR-Q Auto 13.5cm f/3.5(135mm f/3.5)(No.752999 以前の製品)
Micro-NIKKOR 5.5cm f/3.5
Medical-NIKKOR Auto 200mm f/5.6
Auto NIKKOR Telephoto-Zoom 85–250mm f/4–4.5
Auto NIKKOR Telephoto-Zoom 200–600mm f/9.5–10.5
資料 ➜ マウントアダプター FTZ 使用説明書
471
撮影時のご注意
• このマウントアダプターと F マウント用 NIKKORレンズを使ってオート
フォーカスで撮影するときは、ピントが甘くなることがあります。ピ
ントを合わせにくいときは、カメラの AF エリアモードをシングルポイ
ントAFに設定し、中央のフォーカスポイントでピント合わせを行うか、
マニュアルフォーカスでピント合わせを行って撮影してください。
• お使いのレンズによっては、カメラの手ブレ補正機能が有効のとき
に、画像周辺部に減光やケラレが生じたり、手ブレ補正の効果が充分
に得られない場合があります。
取り扱い上のご注意
• 質量が 1300g を超えるレンズをカメラに装着した状態で、カメラだけ
を持ったり、カメラのストラップを使ったりしないでください。カメ
ラのマウント部分が破損するおそれがありますので、必ずレンズを
持ってください。
• マウントアダプターには三脚用ネジ穴がありますが、三脚座のある望
遠レンズをお使いの場合は、レンズの三脚座に三脚を取り付けてくだ
さい。
• CPU 信号接点、レンズ信号接点は汚さないようにご注意ください。
• マウントアダプターを水にぬらすと、部品がサビつくなどして故障の
原因になりますのでご注意ください。
• ストーブの前など、高温になるところに置かないでください。極端に
温度が高くなると、外観の一部に使用している強化プラスチックが変
形することがあります。
472 資料 ➜ マウントアダプター FTZ 使用説明書
マウントアダプターのお手入れ
• マウントアダプターの内部に触らないでください。ゴミやほこりがつ
いた場合は、ブロアーで吹き払うか、柔らかい刷毛で払うようにし、
内部をこすらないでください。
• マウントアダプターのお手入れの際は、ブロアーでゴミやほこりを軽
く吹き払ってから、乾いた柔らかい布で軽く拭いてください。
• シンナーやベンジンなどの有機溶剤は絶対に使用しないでください。
• マウントアダプターを長期間使用しないときは、カビやサビを防ぐた
めに、高温多湿のところを避けて風通しのよい場所に保管してくださ
い。また、直射日光のあたるところ、防虫剤のあるところも避けてく
ださい。
アクセサリー
❚❚ 付属アクセサリー
• ボディーキャップ BF-1B
• 裏ぶた LF-N1
仕様
型式
マウントアダプター
対応カメラ
ニコン Z マウントのミラーレスカメラ
寸法
約 70 mm(最大径、突起部除く)×80 mm
質量
約 135 g
製品の外観・仕様・性能は予告なく変更することがありますので、ご了承ください。
資料 ➜ マウントアダプター FTZ 使用説明書
473
使用できるメモリーカード
• このカメラは XQD カードを使用できます。
• 動画撮影には、最大
45MB/s(300 倍速)以上の転送速度を持つメモ
リーカードをおすすめします。転送速度が遅いメモリーカードでは、
動画の記録が途中で終了することがあります。また、カメラでの動画
再生がスムーズに行われないことや途中で終了することがあります。
• メモリーカードの機能、動作の詳細、動作保証などについては、メモ
リーカードメーカーにご相談ください。
474 資料
記録可能コマ数と連続撮影可能コマ数
画質モード(0 101)、画像サイズ(0 102)の組み合わせによって、
[撮像範囲設定]が[FX(36×24)]の場合に 64GB のメモリーカード
に記録できるコマ数、および連続撮影できるコマ数は、次のようになり
ます ※1。ただし、カードの種類や撮影条件によって、コマ数は増減する
ことがあります。
Z 7:
画質モード
RAW(ロスレス圧縮 RAW/
12 ビット記録)
RAW(ロスレス圧縮 RAW/
14 ビット記録)
RAW(圧縮 RAW/
12 ビット記録)
RAW(圧縮 RAW/
14 ビット記録)
RAW(非圧縮 RAW/
12 ビット記録)
RAW(非圧縮 RAW/
14 ビット記録)
TIFF(RGB)
FINE※4
NORMAL※4
BASIC※4
1 コマあたりの
記録可能
連続撮影可能
サイズ ファイルサイズ
コマ数 ※2
コマ数 ※2、3
23 コマ
19 コマ
19 コマ
画像
L
M
S
約 44.7 MB
約 24.5 MB
748 コマ
1000 コマ
1400 コマ
L
約 55.8 MB
654 コマ
19 コマ
L
約 40.7 MB
1000 コマ
23 コマ
L
約 49.4 MB
845 コマ
19 コマ
L
約 74.1 MB
748 コマ
23 コマ
L
約 85.1 MB
654 コマ
18 コマ
L
M
S
L
M
S
L
M
S
L
M
S
約 134.6 MB
412 コマ
723 コマ
1500 コマ
1900 コマ
3200 コマ
6500 コマ
3700 コマ
6400 コマ
12700 コマ
7500 コマ
12300 コマ
24100 コマ
21 コマ
22 コマ
25 コマ
25 コマ
25 コマ
25 コマ
25 コマ
25 コマ
25 コマ
25 コマ
25 コマ
25 コマ
約 31.5 MB
約 76.5 MB
約 34.8 MB
約 17.2 MB
約 11.7 MB
約 6.8 MB
約 11.8 MB
約 7.0 MB
約 3.5 MB
約 3.8 MB
約 2.6 MB
約 1.6 MB
資料
475
Z 6:
画質モード
RAW(ロスレス圧縮 RAW/
12 ビット記録)
RAW(ロスレス圧縮 RAW/
14 ビット記録)
RAW(圧縮 RAW/
12 ビット記録)
RAW(圧縮 RAW/
14 ビット記録)
RAW(非圧縮 RAW/
12 ビット記録)
RAW(非圧縮 RAW/
14 ビット記録)
TIFF(RGB)
FINE※4
NORMAL※4
BASIC※4
画像 1 コマあたりの
サイズ ファイルサイズ
記録可能
コマ数※2
連続撮影可能
コマ数 ※2、3
35 コマ
26 コマ
26 コマ
L
M
S
約 22.5 MB
約 12.7 MB
1300 コマ
1900 コマ
2500 コマ
L
約 28.2 MB
1100 コマ
43 コマ
L
約 20.4 MB
1800 コマ
37 コマ
L
約 24.8 MB
1500 コマ
43 コマ
L
約 38.5 MB
1300 コマ
33 コマ
L
約 44.1 MB
1100 コマ
34 コマ
L
M
S
L
M
S
L
M
S
L
M
S
約 69.3 MB
759 コマ
1300 コマ
2800 コマ
3400 コマ
5600 コマ
10400 コマ
6700 コマ
10900 コマ
19900 コマ
13000 コマ
20800 コマ
35200 コマ
27 コマ
31 コマ
35 コマ
44 コマ
50 コマ
51 コマ
44 コマ
50 コマ
51 コマ
46 コマ
50 コマ
50 コマ
約 16.1 MB
約 39.5 MB
約 18.4 MB
約 9.4 MB
約 6.6 MB
約 4.0 MB
約 6.4 MB
約 3.9 MB
約 2.1 MB
約 2.3 MB
約 1.7 MB
約 1.2 MB
※1 SONY QD-G64E のメモリーカードを使用した場合(2018 年 7 月現在)
※2 撮影条件により、記録可能コマ数と連続撮影可能コマ数は増減することがあります。
※3 ISO 感度が ISO 100 の場合の、連続撮影速度を維持して撮影できるコマ数です。
次のような場合などには、連続撮影可能コマ数は減少します。
•[画質モード]で画質を優先した([★]が付いた)項目に設定して JPEG 画
像を撮影した場合
•[自動ゆがみ補正]を[する]に設定した場合
※4 1 コマあたりのファイルサイズおよび記録可能コマ数は、
[画質モード]でサ
イズを優先した([★]が付いていない)項目に設定されている場合です。画質
を優先した([★]が付いた)項目に設定した場合、記録可能コマ数は減少します。
476 資料
撮影可能コマ数(電池寿命)について
■ 静止画モード:撮影可能コマ数 ※1
• モニターモード[ファインダーのみ]時:約 330 枚(Z 6 は約 310 枚)
• モニターモード[モニターのみ]時:約 400 枚(Z 6 は約 380 枚)
■ 動画モード:動画撮影可能時間 ※2
• モニターモード[ファインダーのみ]時:約 85 分
• モニターモード[モニターのみ]時:約 85 分
※1 CIPA(カメラ映像機器工業会)基準準拠。初期設定条件で 30 秒間
隔ごとに撮影する。装着レンズ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S、温度
23(±2)℃。
※2 電池寿命測定方法を定めた CIPA 規格による実撮影電池寿命。装着レ
ンズ NIKKOR Z 24–70mm f/4 S、温度 23(±2)℃。カメラは初期
設定状態。
- 1 回の動画撮影で記録可能な最長時間は 29 分 59 秒です。
- カメラが熱くなった場合、連続撮影時間内でも動画撮影が終了す
ることがあります。
※ Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b 使用時の電池寿命で
す。EN-EL15b の代わりに EN-EL15a/EN-EL15 も使えます。ただし、
EN-EL15b を使用したときよりも撮影可能コマ数(電池寿命)が減少
する場合があります。
※ バッテリーの充電状態、撮影間隔やメニュー画面からの設定条件など
の使用環境によって電池寿命は異なります。
資料
477
次の場合などは、バッテリーの消耗が早くなります。
• シャッターボタンの半押しを続けた場合
• オートフォーカスのレンズ駆動を繰り返し行った場合
• 画質モードを RAW に設定して撮影した場合
• 低速シャッタースピードで撮影した場合
• Bluetooth および Wi-Fi(無線 LAN)機能を使用した場合
• アクセサリーを装着して使用した場合
• レンズ使用時にズーム操作を繰り返した場合
Li-ion リチャージャブルバッテリー EN-EL15b の性能を最大限に発揮さ
せるため、次のことに注意してください。
• バッテリーの端子を汚さないでください。端子が汚れていると、充分
な性能が発揮できません。
• 充電が完了したバッテリーは、なるべく早いうちにお使いください。
使用しないまま放置していると、自己放電によって、バッテリー残量
が減ってしまいます。
478 資料
索 引
マーク・英数字
b(オート)............................................. 39, 43
P(プログラムオート).............................. 68
S(シャッター優先オート).................... 68
A(絞り優先オート).................................... 69
M(マニュアル)............................................. 70
U1、U2、U3
(ユーザーセッティングモード).... 72
U(1 コマ撮影)..................................... 82, 85
V(低速連続撮影).................................. 82
W(高速連続撮影).................................. 82
X(高速連続撮影(拡張)).............. 83
E(セルフタイマー)................................. 83
c(連続撮影)................................................ 85
L(サイレント撮影)................................. 63
x(電子先幕シャッター)................... 263
P(メカニカルシャッター).............. 263
3(ピンポイント AF).............................. 52
d(シングルポイント AF).................. 52
e(ダイナミック AF)............................. 53
f(ワイドエリア AF(S))................. 53
g(ワイドエリア AF(L))................. 53
h(オートエリア AF)............................. 53
L(マルチパターン測光)................... 104
M(中央部重点測光).............................. 104
N(スポット測光)................................... 104
t(ハイライト重点測光).................104
G ボタン ........................................................ 17
i ボタン ....................................................... 21, 90
K ボタン ............................................................. 47
O ボタン................................................................ 49
S ボタン ......................................................... 77
E(露出補正)ボタン............................... 80
c(レリーズモード)ボタン ............. 82
E(セルフタイマー)ボタン .............. 82
d(ヘルプあり表示)................................. 20
i メニュー ................................................. 21, 90
i メニューのカスタマイズ
....................................................... 22, 272, 288
c 使用時の感度自動制御 ....................... 269
1 コマ撮影 .................................................. 82, 85
1 コマ表示 ........................................................ 119
2 点拡大.............................................................. 273
AC アダプター .............................................. 434
ADL ブラケティング ................................ 198
AE・フラッシュブラケティング .... 191
AE ブラケティング .................................... 191
AE ロック ............................................................. 88
AF-C(コンティニュアス AF)................ 51
AF-C モード時の優先 ............................... 251
AF-F(フルタイム AF)................................ 51
AF-ON ボタン ...................................................... 16
AF-S(シングル AF)...................................... 50
AF-S モード時の優先 ............................... 251
AF エリアモード ............................................. 52
AF エリアモードの限定.......................... 255
AF 設定時のフォーカスリング
操作 .................................................................. 257
AF 速度 ............................................................... 295
AF 追従感度..................................................... 295
AF 点数 ...................................................... 53, 253
AF 微調節 .......................................................... 303
AF ロックオン ............................................... 252
BKT の順序 ....................................................... 271
BKT 変化要素(M モード).................... 270
Creative Picture Control
(クリエイティブピクチャー
コントロール)............................................ 92
DISP ボタン ......................................................... 15
資料
479
D- ライティング .......................................... 331
Fn1 ボタン ................................................... 24, 59
Fn2 ボタン ................................................... 24, 50
FV ロック .......................................................... 368
HDMI ...................................................... 311, 356
HDR(ハイダイナミックレンジ).. 208
Hi(ISO)...............................................................78
ISO 感度 .................................................................77
ISO 感度設定 ..............................79, 169, 240
Li-ion リチャージャブルバッテリー
................................................................................27
Lo(ISO)..............................................................78
Lv に撮影設定を反映................................ 265
MF(マニュアルフォーカス)................51
OK ボタンの機能............................. 282, 294
PC と接続 ......................................................... 315
PictBridge(ピクトブリッジ)......... 352
RAW 記録 ......................................................... 168
RAW 現像 ......................................................... 325
RGB ヒストグラム...................................... 123
SnapBridge ................................................... 346
USB ケーブル........................................................ ii
WB ブラケティング .................................. 195
Wi-Fi 通信機能 .................................. 105, 116
WR-R10................................................. 312, 375
ア
イメージセンサークリーニング
................................................................. 305, 437
イメージダストオフデータ取得 ......306
色合い(色相)(ピクチャー
コントロール)............................................. 94
色温度 ............................................... 62, 97, 172
色温度設定(ホワイトバランス)...... 61
色空間 .................................................................180
色の濃さ(彩度)
(ピクチャー
コントロール)............................................. 94
インジケーターの+ / −方向 ..............287
インターバルタイマー撮影 .................213
インフォ画面の表示設定 ......................302
ヴィネットコントロール ..........182, 242
オート(ピクチャーコントロール)
................................................................................ 91
オート(ホワイトバランス)................. 60
オートエリア AF ............................................. 53
オートエリア AF 時の顔と瞳認識 ....252
オートブラケティング............................190
カ
カードなし時レリーズ............................317
カードの初期化(フォーマット)...298
回折補正 ................................................ 183, 242
顔認識 AF ............................................................. 54
拡大表示 ............................................................136
アオリ効果 ...................................................... 334
赤目軽減発光 .................................... 103, 365
風切り音低減 .................................................246
画質モード........................................... 101, 165
赤目補正 ........................................................... 332
明るさ(ピクチャーコントロール)
カスタムピクチャーコントロール
................................................................................94
アクティブ D- ライティング ............... 106
アッテネーター ........................................... 245
後幕発光 ............................................... 103, 366
位置情報 ........................................................... 312
位置情報表示 ................................................ 127
一灯撮影 ........................................................... 360
480 資料
................................................................. 177, 241
カスタムボタンの機能................274, 289
カスタムメニュー ......................................248
カスタムメニューのリセット ...........250
画像合成 ............................................................335
画像コメント .................................................308
画像サイズ........................................... 102, 166
画像サイズ / フレームレート
撮影情報............................................................ 125
................................................................. 111, 239
撮影直後の画像確認 ................................. 154
画像情報 ............................................................ 121
撮影モードダイヤル ........................... 39, 67
画像編集メニュー ...................................... 322
撮影モードダイヤルロックボタン ... 67
傾き補正 ............................................................ 332
カメラ設定の保存と読み込み ........... 317
撮像範囲設定 ..................................... 115, 165
撮像範囲設定の限定 ................................. 263
カメラの初期化 ............................................ 321
簡易トリミング ............................................ 129
サブコマンドダイヤル .............................. 17
サブセレクター ..................................... 16, 87
感度自動制御機能 ......................................... 79
基準露出レベルの調節............................ 259
サムネイル表示 ........................................... 119
自然光オート(ホワイトバランス)
機内モード ...................................................... 314
............................................................................... 60
距離基準マーク ............................................... 58
始点 / 終点の設定......................................... 132
記録可能コマ数 ............................................ 475
自動ゆがみ補正 ............................... 183, 242
記録フォルダー設定 ................................. 161
視度調節ノブ ....................................................... 8
クイックシャープ(ピクチャー
絞り値 ........................................................... 69, 70
コントロール)............................................. 94
蛍光灯(ホワイトバランス)................. 60
言語(Language)..................................... 298
高感度 .................................................................... 78
絞り優先オート .............................................. 69
シャッタースピード ........................... 68, 70
高感度ノイズ低減 .......................... 182, 242
シャッタースピードと絞り値の
ロック ............................................................ 283
シャッター方式 ........................................... 263
格子線表示 ...................................................... 265
シャッターボタン AE ロック............... 260
高速連続撮影 .................................................... 82
シャッター優先オート .............................. 68
高速連続撮影(拡張)................................. 83
シングル AF........................................................ 50
コマンドダイヤル ......................................... 17
シングルポイント AF .................................. 52
コマンドダイヤルの設定 ...................... 284
コンティニュアス AF .................................. 51
水準器 ........................................................... 15, 16
スタンダード(ピクチャー
コントラスト(ピクチャー
コントロール)............................................. 94
コントロールリング .................................... 57
スポット測光 ................................................. 104
スマートフォンと接続 ........................... 315
サ
最近設定した項目 .......................... 340, 345
再生画面設定 ................................................. 153
再生フォルダー設定 ................................. 153
再生メニュー ................................................. 152
サイレント撮影 ................................... 63, 237
削除.................................................. 49, 138, 153
削除後の次再生画像 ................................. 154
コントロール)............................................ 91
スライドショー ........................................... 156
スローシャッター .......................... 103, 365
スローモーション動画 ........................... 113
静止画 / 動画切り換えレバー ........ 39, 43
静止画撮影メニュー ................................. 159
静止画撮影メニューのリセット ...... 160
晴天(ホワイトバランス)...................... 60
晴天日陰(ホワイトバランス)........... 60
セットアップメニュー ........................... 297
セルフタイマー ......................... 83, 86, 260
資料
481
全押し(シャッターボタン).................42
電池チェック .................................................316
選択画像削除 ................................................ 139
動画記録ファイル形式............................240
送信指定 / 解除.............................................. 131
動画撮影ボタン ............................................... 44
増灯撮影 ........................................................... 373
動画撮影メニュー ......................................238
測光モード ...................................................... 104
動画撮影メニューのリセット ...........239
動画の画質........................................... 111, 239
タ
ターゲット追尾 AF ........................................55
ダイナミック AF .............................................53
タイムコード ................................................ 247
タイム撮影 ..........................................................75
動画編集(始点 / 終点設定).................338
統合表示 ............................................................128
トリミング.......................................................328
曇天(ホワイトバランス)....................... 60
ナ
タイムラプス動画...................................... 222
多重露出 ........................................................... 201
内蔵 AF 補助光の照射設定 ....................257
タッチシャッター..........................................56
内蔵マイク.......................................................... 44
タッチ操作 ...................................................... 311
タッチパネル ....................................................10
日付と時刻を設定する............................... 36
ニュートラル(ピクチャー
縦 / 横位置フォーカスポイント切換
............................................................................ 253
縦位置自動回転 ........................................... 155
地域と日時 ..............................................36, 299
チャージャー ....................................................27
中央部重点測光 ........................................... 104
中央部重点測光範囲 ................................ 258
調光補正 ........................................................... 367
長時間露出 ..........................................................75
調色(ピクチャーコントロール).......94
長秒時ノイズ低減...................................... 181
著作権情報 ...................................................... 309
通常発光 ............................................... 103, 365
低感度.....................................................................78
低速連続撮影 ....................................................82
低速連続撮影速度...................................... 262
コントロール)............................................. 91
認証マークの表示 ......................................315
ハ
ハイライト重点測光 .................................104
ハイライト表示 ................................123, 296
発光禁止 ................................................ 103, 366
発光モード.......................................................363
バッテリー................................................. 27, 30
バッテリーチャージャー ......................... 27
バルブ撮影.......................................................... 75
パワーオフ時間 ................................... 42, 261
パワーコネクター ......................................434
半押し AF レンズ駆動 ...............................254
半押し(シャッターボタン)................. 41
................................................................................94
半押しタイマー ............................................... 42
ピーキング表示
手ブレ補正 ...................................................... 108
電球(ホワイトバランス).......................60
ピクチャーコントロール ............. 91, 175
適用度(ピクチャーコントロール)
電子音................................................................. 310
電子手ブレ補正 ............................... 117, 244
482 資料
(フォーカスピーキング)......... 58, 266
ヒストグラム ........................................... 15, 16
日付選択(削除).........................................140
瞳 AF ........................................................................ 54
フリッカー低減撮影 ................................. 184
ビビッド(ピクチャー
フルタイム AF .................................................. 51
コントロール)............................................. 92
プログラムオート ......................................... 68
表示中のフレームを保存 ...................... 135
プログラムシフト ......................................... 68
表示パネルの明るさ ................................. 301
標準表示 ............................................................ 122
プロテクト ......................................................... 66
ヘッドホン音量 ........................................... 246
ピント表示 ......................................................... 57
ピンポイント AF ............................................. 52
編集前後の画像表示 ................................. 338
ポートレート(ピクチャー
ファームウェアバージョン ................. 321
コントロール)............................................ 92
ファイル名設定 ................................ 164, 239
ボタンのホールド設定 ........................... 287
ファインダー ....................................................... 8
ホワイトバランス .................... 59, 95, 170
ファインダーの明るさ............................ 301
本体充電 AC アダプター ............................ 28
ファインダーの
カラーカスタマイズ ............................ 301
フィルター効果(ピクチャー
コントロール)............................................. 94
風景(ピクチャーコントロール)...... 92
フォーカスシフト撮影............................ 230
フォーカスポイント循環選択 ........... 255
マ
マイク感度 .......................................... 114, 245
マイメニュー ................................................. 340
マウントアダプター ................................. 467
マニュアル(撮影モード)...................... 70
フォーカスモード ................. 50, 109, 118
マニュアルフォーカス ..................... 51, 57
マルチパターン測光 ................................. 104
フォーカスリング ......................................... 57
ミドルレンジシャープ
フォーカスポイント表示の設定 ...... 256
フォーカスロック ......................................... 88
(ピクチャーコントロール)............... 94
フラッシュ(ホワイトバランス)...... 60
明瞭度(ピクチャーコントロール)
フラッシュインフォ画面 .......... 370, 396
フラッシュ撮影同調速度 ...................... 267
メインコマンドダイヤル ......................... 17
フラッシュ時シャッタースピード
制限 .................................................................. 268
フラッシュ使用時の露出補正 ........... 268
フラッシュ調光補正 ..................... 188, 367
フラッシュ発光 ............................................ 186
フラッシュブラケティング ................. 191
フラッシュモード .......................... 103, 365
フラット(ピクチャー
コントロール)............................................. 92
フランジバック ............................................... 58
プリセットマニュアル
(ホワイトバランス).......... 61, 98, 173
フリッカー低減 ............................................ 243
............................................................................... 94
メモリーカード .................................. 30, 474
モデリング発光 ........................................... 269
モニターの明るさ ...................................... 299
モニターのカラーカスタマイズ ...... 300
モニターモード切り換えボタン ............ 8
モニターモードの限定 ........................... 302
モノクローム(ピクチャー
コントロール)............................................ 92
ヤ
ユーザーセッティングの登録
................................................................... 72, 298
資料
483
ユーザーセッティングのリセット
....................................................................74, 298
ユーザーセッティングモード ...............72
ゆがみ補正 ...................................................... 333
ラ
リサイズ ........................................................... 329
リモコン(WR)設定 ............................. 312
リモコン(WR)の Fn ボタンの
機能 ................................................................. 314
輪郭強調(ピクチャー
コントロール).............................................94
レーティング ........................................65, 158
レリーズモード ...................................82, 107
レンズ情報手動設定 ................................ 304
レンズの取り付け..........................................34
レンズの取り外し..........................................35
連続撮影 ...............................................................85
連続撮影可能コマ数 ....................................84
連続撮影後の再生画像 ........................... 155
連続撮影コマ数 ........................................... 262
連続撮影中の表示...................................... 266
連動レリーズモード設定...................... 262
連番モード ...................................................... 264
ローライト AF ............................................... 256
録音帯域 ........................................................... 246
露出インジケーター ....................................71
露出設定ステップ幅 ................................ 258
露出ディレーモード ................................ 263
露出補正 ...............................................................80
露出補正簡易設定...................................... 258
ワ
ワイドエリア AF(L)..................................53
ワイドエリア AF(S)..................................53
ワイヤレストランスミッター
(WT-7)......................................................... 315
484 資料
ニコンイメージング会員「製品登録」のご案内
http://www.nikon-image.com/enjoy/
membership/about/
ニコンでは製品を安全に、安心してご使用いただくため「製品登
録」へのご協力をお願いしております。
「ニコンイメージング会
員のご案内」ページからお手続きいただけます。
ニコンイメージング会員とは登録製品に関するサポート情報や、
お得で便利な会員特典 ※ などフォトライフをよりお楽しみいただ
くための会員サービスです。この機会にぜひご登録ください。
※特典は登録製品ごとに異なります。
ニコンイメージングサポートページのご案内
http://www.nikon-image.com/support/
最新の製品テクニカル情報や、ソフトウェアのアップデート情報
をご覧いただけます。製品をより有効にご利用いただくために、
定期的なアクセスをおすすめします。
製品の使い方に関するお問い合わせ先
http://www.nikon-image.com/support/contact/
ニコン カスタマーサポートセンター
0570-02-8000
ナビダイヤル
営業時間:9:30 〜 18:00( 年末年始、夏期休業日等を除く毎日)
• ナビダイヤルをご利用いただけない場合は、ニコンカスタマーサポートセンター
(03)6702-0577 におかけください。
• ファクシミリは、(03)5977-7499 にお送りください。
お問い合わせ時のお願い
• おわかりになる範囲で「製品名」、「製品番号」、「ご購入日」、問題が発生した場
合は「手順」
、
「現象(表示されたメッセージ)
」
、
「発生頻度」などをご確認のうえ、
お問い合わせください。
SB9E03(10)
6MOA1010-03
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising