Roland SD-20 Studio Canvas Owner's manual

Roland SD-20 Studio Canvas Owner's manual
MIDI インプリメンテーション
Model SD-20 2002.06.01 Version 1.00
1. 受信データ
■チャンネル・ボイス・メッセージ
●ノート・オフ
ステータス
8nH
9nH
第 2 バイト
kkH
kkH
第 3 バイト
vvH
00H
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH(ch.1-ch.16)
kk = ノート・ナンバー:
00H-7FH(0-127)
vv = ノート・オフ・ベロシティー: 00H-7FH(0-127)
※ ドラム・パートでは、各インストゥルメントについて Rx.NOTE OFF = ON のと
き受信します。
※ ノート・オフ・メッセージのベロシティーの値は無視します。
●ノート・オン
ステータス
9nH
第 2 バイト
kkH
第 3 バイト
vvH
※ Rx.BANK SELECT = OFF のときは受信しません。
※ "GM1 システム・オン " を受信すると Rx.BANK SELECT = OFF になり、バン
ク・セレクトを受信しません。
※ "GM2 システム・オン " を受信すると Rx.BANK SELECT=ON になります。
※ "GS リセット " を受信すると Rx.BANK SELECT = ON になります。
※ " ネイティブ・リセット " を受信すると Rx.BANK SELECT = ON になります。
※ Rx.BANK SELECT LSB = OFF のときは、バンク・ナンバーの下位バイト(llH)
は無視します(llH は 00H として処理します)
。しかし、この場合でもバンク・
セレ クトを送 信すると きは必 ず上位バ イト(mmH)と下位バ イト(llH;値は
00H としてください)の両方を送信してください。
※ プログラム・チェンジを受信するまで、バンク・セレクトの処理は保留されます。
○モジュレーション(コントローラー・ナンバー 1)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
01H
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = モジュレーション・デプス:
vvH
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127)
※ Rx.MODULATION = OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
※ 効果の内容は システム・エクスクルーシブ・メ ッセージで設定します。初 期設
定はピッチ・モジュレーション・デプスです。
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH(ch.1-ch.16)
kk = ノート・ナンバー:
00H-7FH(0-127)
vv = ノート・オン・ベロシティー: 01H-7FH(1-127)
○ポルタメント・タイム(コントローラー・ナンバー 5)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
05H
vvH
※ Rx.NOTE MESSAGE = OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
※ ドラム・パートでは、各インストゥルメントについて Rx.NOTE ON = OFF のと
きは受信しません。
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = ポルタメント・タイム:
●ポリフォニック・キー・プレッシャー
ステータス
AnH
第 2 バイト
kkH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
kk = ノート・ナンバー:
vv = キー・プレッシャー:
第 3 バイト
vvH
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127)
00H-7FH(0-127)
※ Rx.POLY PRESSURE(PAf)= OFF のときは受信しません。
(初期設定値は ON)
※ 効果の内容はシ ステム・エクスクルーシブ・メッ セージで設定します。初期設
定では効果が発生しません。
●コントロール・チェンジ
※ Rx.CONTROL CHANGE = OFF のときは、チャンネル・モード・メッセージ以
外のコントロール・チェンジを受信しません。
※ コントロール・チェ ンジで設定された値は、プロ グラム・チェンジ等を受信し
ても初期設定値にリセットされません。
○バンク・セレクト(コントローラー・ナンバー 0, 32)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
00H
mmH
BnH
20H
llH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
mm = バンク・ナンバー上位バイト
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H - 7FH
(GS:バリエーション・ナンバー 0 - 127)
(GM2:79H インスト、78H ドラム)
(Native:60H-62H、79H:インスト、
68H-6AH、78H:ドラム)
(XGlite :00H インスト、40H SFX トーン、
7EH SFX セット、7FH ドラム)
ll = バンク・ナンバー下位バイト:
00H - 7FH(GS:無効)
(GM2、Native、XGlite:
バリエーション・ナンバー 0 - 127)
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127)
、初期設定値 = 00H(0)
※ ポルタメント・オ ンのとき、またはポルタメン ト・コントロール使用時の ピッ
チ変化速度を調節できます。0 の時に最も速くなります。
○データ・エントリー(コントローラー・ナンバー 6, 38)
第 2 バイト
第 3 バイト
ステータス
BnH
06H
mmH
BnH
26H
llH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH(ch.1-ch.16)
mm, ll = RPN / NRPN で指定されたパラメーターに対する値
mm = 上位バイト(MSB)、ll = 下位バイト(LSB)
○ボリューム(コントローラー・ナンバー 7)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
07H
vvH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = ボリューム:
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH
(0-127)、初期設定値 = 64H(100)
※ ボリューム・メッセージは、各パートの音量バランスを設定するのに使います。
※ Rx.VOLUME = OFF のときは受信しません。
(初期設定値は ON)
○パンポット(コントローラー・ナンバー 10)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
0AH
vvH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = パンポット:
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-40H-7FH(左 - 中央 - 右)、
初期設定値 = 40H(中央)
※ リズム・パートで は、各インストゥルメントのパ ン設定を相対的に変化さ せま
す。
※ Rx.PANPOT = OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
1
MIDI インプリメンテーション
○エクスプレッション(コントローラー・ナンバー 11)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
0BH
vvH
○アタック・タイム(コントローラー・ナンバー 73)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
49H
vvH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = エクスプレッション:
n=MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH (ch.1-ch16)
vv= アタック・タイム値(相対変化):00H-7FH (-64 - 0 - +63)
初期設定値 =40H(変化なし)
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127)、初期設定値 = 7FH(127)
※ パートの音量を 調節します。ボリューム・メッセー ジとは独立して使用できま
す。エクスプレッション・メッセージは、エクスプレッション・ペダル、クレッ
シェンド、デクレッシェンドなど、演奏中の抑揚表現に使用します。
※ Rx.EXPRESSION = OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
○カットオフ(コントローラー・ナンバー 74)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
4AH
vvH
○ホールド 1(コントローラー・ナンバー 64)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
40H
vvH
n=MIDI チャンネル・ナンバー:
vv= カットオフ値(相対変化)
:
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = コントロール値:
○ディケイ・タイム(コントローラー・ナンバー 75)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
4BH
vvH
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127)
0H-FH (ch.1-ch16)
00H-7FH (-64 - 0 - +63)
初期設定値 =40H(変化なし)
※ Rx.HOLD1 = OFF のときは受信しません。
(初期設定値は ON)
○ポルタメント(コントローラー・ナンバー 65)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
41H
vvH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = コントロール値:
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127) 0-63 = OFF、
64-127 = ON
※ Rx.PORTAMENTO = OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
○ソステヌート(コントローラー・ナンバー 66)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
42H
vvH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = コントロール値:
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127) 0-63 = OFF、
64-127 = ON
※ Rx.SOSTENUTO = OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
○ソフト(コントローラー・ナンバー 67)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
43H
vvH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = コントロール値:
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127) 0-63 = OFF、
64-127 = ON
※ Rx.SOFT = OFF のときは受信しません。
(初期設定値は ON)
○レゾナンス(コントローラー・ナンバー 71)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
47H
vvH
n=MIDI チャンネル・ナンバー:
vv= レゾナンス値(相対変化)
:
0H-FH (ch.1-ch16)
00H-7FH (-64 - 0 - +63)
初期設定値 =40H(変化なし)
○リリース・タイム(コントローラー・ナンバー 72)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
48H
vvH
n=MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH (ch.1-ch16)
vv= リリース・タイム値(相対変化):
00H-7FH(-64 - 0 - +63)
初期設定値 =40H(変化なし)
2
n=MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH (ch.1-ch16)
vv= ディケイ・タイム値(相対変化):
00H-7FH(-64 - 0 - +63)
初期設定値 =40H(変化なし)
○ビブラート・レイト(コントローラー・ナンバー 76)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
4CH
vvH
n=MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH (ch.1-ch16)
vv= ビブラート・レイト値(相対変化):
00H-7FH(-64 - 0 - +63)
初期設定値 =40H(変化なし)
○ビブラート・デプス(コントローラー・ナンバー 77)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
4DH
vvH
n=MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH (ch.1-ch16)
vv= ビブラート・デプス値(相対変化):
00H-7FH(-64 - 0 - +63)
初期設定値 =40H(変化なし)
○ビブラート・ディレイ(コントローラー・ナンバー 78)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
4EH
vvH
n=MIDI チャンネル・ナンバー:
0H-FH (ch.1-ch16)
vv= ビブラート・ディレイ値(相対変化):
00H-7FH(-64 - 0 - +63)
初期設定値 =40H(変化なし)
○ポルタメント・コントロール(コントローラー・ナンバー 84)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
54H
kkH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
kk = ソース・ノート・ナンバー:00H-7FH(0-127)
※ ポルタメント・コントロール直後に受信したノート・オンは、ソース・ノート・
ナンバーのピッチから連続的にピッチが変化して発音します。
※ ソース・ノート・ナン バーと等しいノート・ナンバ ーですでに発音してい るボ
イスがある場合、このボイスはポルタメント・コントロール直後に受信したノー
ト・オンで新たな 音程にピッチが変化して発 音が継続され(レガート演奏 が行
なわれ)ます。
※ ポルタメント・コ ントロールによるピッチ 変化の速さは、ポルタメン ト・タイ
ムの設定値で決まります。
MIDI インプリメンテーション
<例 1 >
MIDI メッセージ(説明)
90 3C 40(Note on C4)
B0 54 3C(Portamento Control from C4)
90 40 40(Note on E4)
80 3C 40(Note off C4)
80 40 40(Note off E4)
01H 09H
mmH
01H 0AH
mmH
01H 20H
mmH
01H 21H
mmH
01H 63H
mmH
01H 64H
mmH
01H 66H
mmH
18H rrH
mmH
1AH rrH
mmH
○エフェクト 3(コーラス・センド・レベル)(コントローラー・ナンバー 93)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
5DH
vvH
1CH rrH
mmH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
vv = コーラス・センド・レベル:00H-7FH(0-127)
、初期設定値 = 00H(0)
1DH rrH
mmH
1EH rrH
mmH
41H00H
mmH
<例 2 >
MIDI メッセージ(説明)
B0 54 3C(Portamento Control from C4)
90 40 40(Note on E4)
80 40 40(Note off E4)
変化
C4 オン
変化なし
C4 から E4 にピッチが変化する
変化なし
E4 オフ
変化
変化なし
C4 から E4 にピッチ変化しながら
発音開始
E4 オフ
○エフェクト 1(リバーブ・センド・レベル)(コントローラー・ナンバー 91)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
5BH
vvH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
vv = リバーブ・センド・レベル:00H-7FH(0-127)
、初期設定値 = 28H(40)
※ 各パートのリバーブ・センド・レベルを調節します。
※ 各パートのコーラス・センド・レベルを調節します。
○ NRPN MSB /
ステータス
BnH
BnH
LSB(コントローラー・ナンバー99, 98)
第 2 バイト
第 3 バイト
63H
mmH
62H
llH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
mm = NRPN で指定するパラメーター・ナンバーの上位バイト(MSB)
ll = NRPN で指定するパラメーター・ナンバーの下位バイト(LSB)
※ NRPN で設定された値は、プログラム・チェンジやリセット・オール・コント
ローラーなどを受信してもリセットされません。
**NRPN**
コントロール・チェンジには、NRPN(ノン・レジスタード・パラメーター・ナン
バー)と呼ばれる、機器固有の機能を設定できる拡張領域が用意されています。SD20 では NRPN の使用によって、音色のパラメーターなどを変化させることができ
ます。
実際の使用にあたっては、まず NRPN(コントローラー・ナンバー 98 および 99、
順 番はどちらか らでもよい)を送 信して制御す るパラメータ ーを指定し、その後
データ・エントリー(コントローラー・ナンバー 6)で指定パラメーターの値を設
定します。一旦 NRPN のパラメーターが指定されると、その後同一チャンネルで
受信するデータ・エントリーは全てそのパラメーターに対する変更値とみなされま
す。誤動 作を防止するために、必要なパラメー ターとその値の設定が終わったら、
RPN ヌル(RPN 7FH 7FH)を設定することをお勧めします。4. 参考資料●実際の
MIDI メッセージの例<例 4 >(P.16) の RPN メッセージの例を参照してくださ
い。なお、SD-20 では NRPN に対するデータ・エントリーの下位バイト(コント
ローラー・ナンバー 38)は無視します。これらの NRPN に対応するデータ・エン
トリーは上位バイト(コントローラー・ナンバー 6)のみを送信すればよいです。
ビブラート・デプス(相対変化)
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63)
ビブラート・ディレイ(相対変化)
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63)
TVF カットオフ周波数(相対変化)
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63)
TVF レゾナンス(相対変化)
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63)
TVF&TVA エンベロープ・アタック・タイム
(相対変化)
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63)
TVF&TVA エンベロープ・ディケイ・タイム
(相対変化)
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63)
TVF&TVA エンベロープ・リリース・タイム
(相対変化)
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63)
ドラム・インストゥルメント・ピッチ・コース
(相対変化)
rr:ドラム・インストゥルメントのノート・ナンバー
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63 半音)
ドラム・インストゥルメントTVAレベル
(絶対変化)
rr:ドラム・インストゥルメントのノート・ナンバー
mm:00H-7FH(0- 最大)
ドラム・インストゥルメント・パンポット
(絶対変化)
rr:ドラム・インストゥルメントのノート・ナンバー
mm:00H、01H-40H-7FH(ランダム、
左 - 中央 - 右)
ドラム・インストゥルメント・リバーブ・センド・
レベル(絶対変化)
rr:ドラム・インストゥルメントのノート・ナンバー
mm:00H-7FH(0- 最大)
ドラム・インストゥルメント・コーラス・センド・
レベル(絶対変化)
rr:ドラム・インストゥルメントのノート・ナンバー
mm:00H-7FH(0- 最大)
GM2 音色セット選択
mm:00H-02H(0:クラシカル・セット、
1:コンテンポラリ・セット、2:ソロ・セット)
※ 相対変化の パラメーターは、プリセッ トされている値を基準(40H)とし て相
対的に変化します。相対変化のパラメーターは、GS 機種同士でも、機種により
音色などの変化の仕方や変化範囲が異なる場合があります。
※ 絶対変化のパラ メーターは、プリセットされて いる値に関わらず絶対値で 設定
します。
※ 1 つのドラム・インストゥルメントで「コーラス・センド・レベル」と「ディレ
イ・センド・レベル」の両方を同時に使用することはできません。
※ デ−タ・エントリーの下位バイト(llH)は無視します。
○ RPN MSB / LSB(コントローラー・ナンバー 101, 100)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
65H
mmH
BnH
64H
llH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-h.16)
mm = RPN で指定するパラメーター・ナンバーの上位バイト(MSB)
ll = RPN で指定するパラメーター・ナンバーの下位バイト(LSB)
※ Rx.RPN = OFF のときは受信しません。
※ RPN で設定された値は、プログラム・チェンジやリセット・オール・コントロー
ラーなどを受信してもリセットされません。
SD-20 は、以下に示す NRPN を受信します。
NRPN
MSB LSB
01H 08H
Data entry
MSB
パラメーター名と値の範囲
mmH
ビブラート・レイト(相対変化)
mm:00H-40H-7FH(-64 - 0 - +63)
3
MIDI インプリメンテーション
**RPN**
コン トロール・チェンジには、RPN(レジスタード・パラメーター・ナンバー)、
すなわち MIDI 規格で機能が定義されている拡張パラメーターがあります。
実際の使用にあたっては、まず RPN(コントローラー・ナンバー 100 および 101、
順 番はどちらか らでもよい)を送 信して制御す るパラメータ ーを指定し、その後
データ・エン トリー(コントローラー・ナンバー 6, 38)で指定パラメーターの値
を設定します。一旦 RPN のパラメーターが指定されると、その後同一チャンネル
で受信するデータ・エントリーは全てそのパラメーターに対する値の変更とみなさ
れます。誤動作を防止するために、必要なパラメーターとその値の設定が終わった
ら、RPN ヌル(RPN 7FH 7FH)を設定することをお勧めします。4.参考資料●実
際の MIDI メッセージの例<例 4 >(P.16)を参照してください。
●ピッチ・ベンド・チェンジ
SD-20 は、以下に示す RPN を受信します。
■チャンネル・モード・メッセージ
RPN
MSB LSB
00H 00H
Data entry
MSB LSB
mmH ---
解説
ピッチ・ベンド・センシティビティー
mm:00H-18H(0-24 半音)、
初期設定値 = 02H(2 半音)
ll:無視します(00H として処理します)
半音ステップで 2 オクターブまで指定可能
です。
00H 01H
mmH llH
チャンネル・ファイン・チューニング
mm、ll:00 00H - 40 00H - 7F 7FH
(-100 - 0 - +99.99 セント)、
初期設定値 = 40 00H
(+/- 0 セント)
4. 参考資料●チューニングについて(P.17)を参照してください。
00H 02H
00H 05H
mmH ---
mmH llH
チャンネル・コース・チューニング
mm:28H-40H-58H(-24 - 0 - +24 半音)
初期設定値 = 40 H(+/- 0 半音)
ll:無視します(00H として処理します)
モジュレーション・デプス・レンジ
mm: 00H - 04H (0 - 4 半音)
ll: 00H - 7FH
(0 - 100 セント)
100/128 セント / 値
RPN ヌル
RPN および NRPN が指定されていない状態
に します。RPN ヌルに設定後受信したデー
タ・エントリーは無視します。
(RPN ヌルの設定にはデータ・エントリーの送
信は不要です。)既に設定済みの設定値は変化
しません。
mm、ll:無視します。
ステータス
EnH
第 2 バイト
llH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
mm, ll = ピッチ・ベンド値:
+8191)
第 3 バイト
mmH
0H-FH(ch.1-ch.16)
00 00H - 40 00H - 7F 7FH(-8192 - 0 -
※ Rx.PITCH BEND = OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
※ 効果の内容は システム・エクスクルーシブ・メ ッセージで設定します。初 期設
定はピッチ・ベンドです。
●オール・サウンド・オフ(コントローラー・ナンバー
120)
ステータス
BnH
第 2 バイト
78H
第 3 バイト
00H
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
※ このメッセージを受信すると、該当チャンネルの発音中の音を全て消音します。
●リセット・オール・コントローラー(コントローラー・
ナンバー 121)
ステータス
BnH
第 2 バイト
79H
第 3 バイト
00H
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
※ このメッセージ を受信すると、以下のコントロ ーラーがリセット値に設定 され
ます。
●プログラム・チェンジ
コントローラー
ピッチ・ベンド・チェンジ
ポリフォニック・キー・プレッシャー
チャンネル・プレッシャー
モジュレーション
エクスプレッション
ホールド 1
ポルタメント
ソステヌート
ソフト
RPN
ステータス
CnH
NRPN
7FH 7FH
--- ---
第 2 バイト
ppH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
pp = プログラム・ナンバー:
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(prog.1-prog.128)
※ Rx.PROGRAM CHANGE = OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
※ プログラム・チェン ジ受信後の新たなノート・オ ンから音色が変わります。プ
ログラム・チェンジ受信前からすでに発音中のボイスは影響を受けません。
※ ドラム・パートで は、バンク・ナンバーの上位 バイト(コントローラー・ナン
バー0 の値が 0(00H)以外)
のバンクではプログラム・チェンジを受信しません。
リセット値
± 0(中点)
0(オフ)
0(オフ)
0(オフ)
127(最大)
0(オフ)
0(オフ)
0(オフ)
0(オフ)
未設定状態、設定済みのデータは変
化しません
未設定状態、設定済みのデータは変
化しません
●オール・ノート・オフ(コントローラー・ナンバー123)
ステータス
BnH
第 2 バイト
7BH
第 3 バイト
00H
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
●チャンネル・プレッシャー
※ オール・ノート・オフ を受信すると、該当チャンネ ルのオンになっている ノー
トをすべてオフします。ただし、ホールド 1 またはソステヌートがオンの場合
は、それらがオフになるまで発音は終了しません。
ステータス
DnH
● OMNI OFF(コントローラー・ナンバー 124)
第 2 バイト
vvH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:
vv = チャンネル・プレッシャー:
0H-FH(ch.1-ch.16)
00H-7FH(0-127)
ステータス
BnH
第 2 バイト
7CH
第 3 バイト
00H
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
※ Rx.CH PRESSURE(CAf)= OFF のときは受信しません。(初期設定値は ON)
※ 効果の内容はシ ステム・エクスクルーシブ・メッ セージで設定します。初期設
定では効果が発生しません。
4
※ オール・ノート・オフを受信したときと同じ処理を行ないます。
MIDI インプリメンテーション
● OMNI ON(コントローラー・ナンバー 125)
ステータス
第 2 バイト
第 3 バイト
BnH
7DH
00H
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
※ オール・ノート・オフを受信したときと同じ処理を行ないます。OMNI ON には
なりません。
● MONO(コントローラー・ナンバー 126)
ステータス
BnH
第 2 バイト
7EH
第 3 バイト
mmH
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
mm = モノ数
:00H-10H(0-16)
※ オール・サウンド・オフ およびオール・ノート・オフを 受信したときと同じ処
理を行ない、該当チャンネルを Mode4(M = 1)にします。受信した mm(モ
ノ数)の値にかかわらず、M = 1 になります。
● POLY(コントローラー・ナンバー 127)
ステータス
BnH
第 2 バイト
7FH
第 3 バイト
00H
n = MIDI チャンネル・ナンバー:0H-FH(ch.1-ch.16)
※ オール・サウンド・オフ およびオール・ノート・オフを 受信したときと同じ処
理を行ない、該当チャンネルを Mode3 にします。
■システム・リアルタイム・メッセージ
●アクティブ・センシング
ステータス
FEH
※ アクティブ・センシ ングを受信すると、それ以降の すべてのメッセージ間隔を
監視する状態になります。監視している状態では、メッセージ間隔が 420ms を
超えると、オール・サ ウンド・オフ/オール・ノ ート・オフ/リセット・オー
ル・コントローラー を受信したときと同じ処理 をして、メッセージ間隔を監視
しない状態に戻ります。
■システム・エクスクルーシブ・メッセージ
ステータス
F0H
データ・バイト ステータス
iiH, ddH, ......, eeH F7H
F0H:
システム・エクスクルーシブ・メッセージのステータス
ii = ID ナンバー: ど のメーカーのエクスクルーシ ブ・メッセージであるかの識別
をするための ID ナンバー(マニファクチャラー ID)です。ロー
ランドのマニファクチャラー ID は 41H です。
7EH と 7FH の ID ナンバーは、ユニバーサル・ノンリアルタイ
ム・メ ッセージ(7EH)、ユニバーサ ル・リアルタイム・メッ
セージ(7FH)として MIDI 規格の拡張として使用されます。
dd,..., ee = データ:
00H-7FH(0-127)
F7H:
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
SD-20 が受信するシステム・エクスクルーシブ・メッセージには、モード設定に関
す るメッセ ージ、ユニバ ーサル・リア ルタイム・シ ステム・エク スクルー シブ・
メッセージ、データ要求(RQ1)、データ・セット(DT1)があります。
●モー ド設定 に関す るシ ステム・エ クスク ルーシ ブ・
メッセージ
機器を GS や GM のモードに初期化したり、動作モードの変更をする場合に使用す
るメッセージです。曲データ作成の際には、GM1 スコアでは「GM1 システム・オ
ン」を、GM2 スコアでは、
「GM2 システム・オン」を、GS ミュージック・データ
では「GS リセット」を、曲 データの先頭に置くことをお勧め します。ただし、1
つの曲には、その曲にあったモード・メッセージを 1 つだけ入れるようにしてくだ
さい(複数個のモード設定メッセージを 1 つの曲中に入れないでください)
。
「GM1 システム・オン」
、「GM2 システム・オン」はユニバーサル・ノンリアルタ
イム・メッセージのフォーマットを使用しています。
「GS リセット」、
「ネイティ
ブ・リセット」はローランドのエクスクルーシブ・フォーマット「データ・セット
1(DT1)
」を使用しています。
○ GM1 システム・オン
「GM1 システム・オン」は、機器の内部設定を GM の初期状態にリセットするコマ
ンド・メッセージです。これを受信した GM 機器は、GM スコアを正しく演奏でき
る状態に自動的になります。
ステータス
F0H
データ・バイト
7EH, 7FH, 09H, 01H
ステータス
F7H
バイト
F0H
7EH
7FH
09H
01H
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・ノンリアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(General MIDI Message)
サブ ID#2(General MIDI1 On)
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ このメッセージ受信により、Rx.BANK SELECT = OFF になります。
※ このメッセージとその次のメッセージの間には、50ms 以上の間隔を空けてくだ
さい。
○ GM2 システム・オン
ステータス
データ・バイト
F0H
7EH,7FH,09H,03H
バイト
F0H
7EH
7FH
09H
03H
F7H
ステータス
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・ノンリアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(General MIDI Message)
サブ ID#2(General MIDI 2 On)
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ このメッセージを受信すると GM2 で規定されているメッセージを受信したり、
音色配列が GM2 で規定されているものになります。
※ このメッセージとその次のメッセージの間には、50ms 以上の間隔を空けてくだ
さい。
○ GM システム・オフ
「GM システム・オフ」は、機器の内部状態を GM の状態から機器本来の状態にリ
セットするコマンド・メッセージです。SD-20 ではネイティブ・モードにリセット
します。
ステータス
F0H
データ・バイト
7EH,7FH,09H,02H
ステータス
F7H
バイト
F0H
7EH
7FH
09H
02H
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・ノンリアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(General MIDI Message)
サブ ID#2(General MIDI Off)
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ このメッセージを受信するとネイティブ・モードにリセットします。
※ このメッセージとその次のメッセージの間には、50ms 以上の間隔を空けてくだ
さい。
5
MIDI インプリメンテーション
○ GS リセット
GS リセットは、機器の内部設定を GS の初期状態にリセットするコマンド・メッ
セージです。GS ミュージックデータの先頭にはこのメッセージが入っており、そ
れを受信した GS 機器は、GS ミュージックデータを正しく演奏できる状態に自動
的になります。
ステータス
F0H
データ・バイト
41H, dev, 42H, 12H, 40H, 00H, 7FH, 00H, 41H
バイト
F0H
41H
10H
42H
12H
40H
00H
7FH
00H
41H
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(Roland)
デバイス ID
モデル ID(GS)
コマンド ID(DT1)
アドレス上位バイト
アドレス
アドレス下位バイト
データ(GS リセット)
チェックサム
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
ステータス
F7H
ステータス
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(Roland)
デバイス ID
モデル ID(SD-20)
モデル ID(SD-20)
コマンド ID
アドレス 1
アドレス 2
アドレス 3
アドレス 4
データ(ネイティブ・リセット)
チェックサム
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ このメッセージとその次のメッセージの間には、50ms以上の間隔を空けてくだ
さい。
● ユニバ ーサル・リア ルタイ ム・システ ム・エクスク
ルーシブ・メッセージ
○マスター・ボリューム
ステータス
データ・バイト
F0H
7FH, 7FH, 04H, 01H, llH, mmH
バイト
F0H
7FH
7FH
04H
01H
llH
mmH
F7H
ステータス
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・リアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(Device Control messages)
サブ ID#2(Master Volume)
マスター・ボリュームの下位バイト
マスター・ボリュームの上位バイト
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ マスター・ボリュームの下位バイト(llH)は、00H として処理します。
6
データ・バイト
7FH,7FH,04H,03H,llH,mmH
バイト
F0H
7FH
7FH
04H
03H
llH
mmH
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・リアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(Device Control)
サブ ID#2(Master Fine Tuning)
マスター・ファイン・チューニングの下位バイト
マスター・ファイン・チューニングの上位バイト
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
ステータス
○ネイティブ・リセット
ネイティブ・リセットは、機器の内部設定をネイティブの初期状態にリセットする
コマンド・メッセージです。
バイト
F0H
41H
10H
00H
48H
12H
00H
00H
00H
00H
00H
00H
F7H
ステータス
F0H
ステータス
F7H
mm,ll:00 00H - 40 00H - 7F 7FH(-100 - 0 - +99.9 セント)
○マスター・コース・チューニング
※ このメッセージ受信により、Rx.NRPN = ON になります。
※ このメッセージとその次のメッセージの間には、50ms以上の間隔を空けてくだ
さい。
ステータス データ・バイト
F0H
41H,dev,00H,48H,12H,00H,00H,00H,00H,00H,00H
○マスター・ファイン・チューニング
F0H
データ・バイト
7FH,7FH,04H,04H,llH,mmH
ステータス
F7H
バイト
F0H
7FH
7FH
04H
04H
llH
mmH
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・リアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(Device Control)
サブ ID#2(Master Coarse Tuning)
マスター・コース・チューニングの下位バイト
マスター・コース・チューニングの上位バイト
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
llH:
mmH:
無視します。
(00H として処理します。
)
28H - 40H - 58H(-24 - 0 - +24 半音)
●グローバル・パラメーター・コントロール
グローバル・パラメーター・コントロールに記載されている以下のパラメーターは、
GM2 で規定されているものです。
○リバーブ・パラメーター
ステータス データ・バイト
ステータス
F0H
7FH,7FH,04H,05H,01H,01H,01H,01H,01H,ppH,vvH
F7H
バイト
F0H
7FH
7FH
04H
05H
01H
01H
01H
01H
01H
ppH
vvH
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・リアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(Device Control)
サブ ID#2(Global Parameter Control)
スロット・パス・レングス
パラメーター ID ウィドゥス
バリュー・ウィドゥス
スロット・パスの上位バイト
スロット・パスの下位バイト (Effect 0101: Reverb)
パラメーター
バリュー
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
pp=0
Reverb Type
vv = 00H
vv = 01H
vv = 02H
vv = 03H
vv = 04H
vv = 08H
Small Room
Medium Room
Large Room
Medium Hall
Large Hall
Plate
Reverb Time
vv = 00H - 7FH
0 - 127
pp=1
MIDI インプリメンテーション
○コーラス・パラメーター
ステータス
データ・バイト
F0H
7FH,7FH,04H,05H,01H,01H,01H,01H,02H,ppH,vvH
ステータス
F7H
バイト
F0H
7FH
7FH
04H
05H
01H
01H
01H
01H
02H
pp
vv
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・リアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(Device Control)
サブ ID#2(Global Parameter Control)
スロット・パス・レングス
パラメーター ID ウィドゥス
バリュー・ウィドゥス
スロット・パスの上位バイト
スロット・パスの下位バイト (Effect 0102: Chorus)
パラメーター
バリュー
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
pp=0
Chorus Type
vv=0
vv=1
vv=2
vv=3
vv=4
vv=5
○コントローラー
ステータス
データ・バイト
F0H
7FH,7FH,09H,03H,0nH,ccH,ppH,rrH...
バイト
F0H
7FH
7FH
09H
03H
0nH
ccH
ppH
rrH
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・リアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(Controller Destination Setting)
サブ ID#2(Control Change)
MIDI チャンネル (00-0FH)
コントローラー (01-1FH,40-5FH)
パラメーター
レンジ
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
pp=0
Pitch Control
rr = 28H - 58H
-24 - +24 半音
Filter Cutoff Control
rr = 00H - 7FH
-9600 - +9450 セント
Amplitude Control
rr = 00H - 7FH
0 - 200%
LFO Pitch Depth
rr = 00H - 7FH
0 - 600 セント
LFO Filter Depth
rr = 00H - 7FH
0 - 2400 セント
LFO Amplitude Depth
rr = 00H - 7FH
0 - 100 %
pp=1
Chorus1
Chorus2
Chorus3
Chorus4
FB Chorus
Flanger
pp=2
pp=3
pp=4
pp=5
pp=1
pp=2
pp=3
pp=4
Mod Rate
vv= 00H - 7FH
Mod Depth
vv = 00H - 7FH
Feedback
vv = 00H - 7FH
Send To Reverb
vv = 00H - 7FH
0 - 127
○スケール/オクターブ・チューニング
ステータス
データ・バイト
F0H
7EH,7FH,08H,08H,ffH,ggH,hhH,ssH...
0 - 127
0 - 127
ステータス
F7H
バイト
F0H
7FH
7FH
09H
01H
0nH
ppH
rrH
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・リアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(Controller Destination Setting)
サブ ID#2(Channel Pressure)
MIDI チャンネル (00-0F)
パラメーター
レンジ
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
pp=0
Pitch Control
rr = 28H - 58H
-24 - +24 半音
Filter Cutoff Control
rr = 00H - 7FH
-9600 - +9450 セント
Amplitude Control
rr = 00H - 7FH
0 - 200%
LFO Pitch Depth
rr = 00H - 7FH
0 - 600 セント
LFO Filter Depth
rr = 00H - 7FH
0 - 2400 セント
LFO Amplitude Depth
rr = 00H - 7FH
0 - 100%
バイト
F0H
7EH
7FH
08H
08H
ffH
ggH
hhH
ssH
F7H
pp=2
pp=3
pp=4
pp=5
ステータス
F7
0 - 127
○チャンネル・プレッシャー
ステータス
データ・バイト
F0H
7FH,7FH,09H,01H,0nH,ppH,rrH...
pp=1
ステータス
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・ノンリアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(MIDI Tuning Standard)
サブ ID#2(scale/octave tuning 1-byte form)
チャンネル/オプション・バイト 1
bits 0 to 1 = channel 15 to 16
bit 2 to 6 = 未定義
チャンネル・バイト 2
bits 0 to 6 = channel 8 to 14
チャンネル・バイト 3
bits 0 to 6 = channel 1 to 7
12 byte tuning offset of 12 semitones from C to B
00H = -64 セント
40H = 0 セント(平均律)
7FH = +63 セント
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
○キー・ベースド・インスト・コントローラー
ステータス
データ・バイト
F0H
7FH,7FH,0AH,01H,0nH,kkH,nnH,vvH...
バイト
F0H
7FH
7FH
0AH
01H
0nH
kkH
nnH
vvH
F7
ステータス
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・リアルタイム・メッセージ)
デバイス ID(Broadcast)
サブ ID#1(Key-Based Instrument Control)
サブ ID#2(Controller)
MIDI チャンネル(00 - 0FH)
キー・ナンバー
コントロール・ナンバー
バリュー
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
7
MIDI インプリメンテーション
nn=07H
nn=0AH
nn=5BH
nn=5D
Level
vv = 00H - 7FH
Pan
vv = 00H - 7FH
Reverb Send
vv = 00H - 7FH
Chorus Send
vv = 00H - 7FH
0 - 200%(相対値)
Left - Right(絶対値)
0 - 127(絶対値)
0 - 127(絶対値)
※ ドラム・インストゥルメントにのみ有効なパラメーターです。
●ユニバーサル・ノンリアルタイム・システム・エクス
クルーシブ・メッセージ
○アイデンティティー・リクエスト・メッセージ
ステータス
データ・バイト
F0H
7EH, dev, 06H, 01H
バイト
F0H
7EH
dev
06H
01H
F7H
ステータス
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・ノンリアルタイム・メッセージ)
デバイス ID
サブ ID#1(General Information)
サブ ID#2(Identity Request)
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ dev は 10H(自分のデバイス ID と一致するもの)
、および 7FH(Broadcast)
。
SD-20 は、エクスクルーシブ・メッセージを使用して、機器内部のさまざまな設定
や機器間のデータ転送を行なうことができます。エクスクルーシブ・メッセージを
使用してのデータ転送には、各パラメーターを 1 つ 1 つ転送するインディビデュア
ル・パラメーター転送(P.9) があります。
GS フォーマットのデータ転送に使用するエクスクルーシブ・メッセージのモデル
ID は 42H、デバイス ID は 10H です。
(SD-20 ではデバイス ID の設定を変更する
ことができません。
)
○データ要求 1
RQ1(11H)
相手の機器に対して「データを送れ」という要求をするメッセージです。アドレス
とサイズで要求するデータの種類や量を指示します。1つ1つのパラメーターを指
定し てデータ送信を要求するインディビ デュアル・パラメーター要求があります。
「データ要求 1(RQ1)
」のメッセージ形式を使い、メッセージに含まれるアドレス
とサイズで要求するデータの種類や量を指定します。
インディビデュアル・パラメーター要求については 3. インディビデュアル・パラ
メーター転送(P.9) を参照してください。
データ要求メッセージを受信した場合、その機器がデータを送ることのできる状態
にあり、アドレス とサイズが適当なものであれば、要求されたデータを「データ・
セット 1(DT1)
」メッセージで送信します。
そうでない場合は何も送信されません。
ステータス
F0H
データ・バイト
41H, dev, 42H, 11H, aaH, bbH,
ccH, ssH, ttH, uuH, sum
バイト
F0H
41H
10H
42H
11H
aaH
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(Roland)
デバイス ID
モデル ID(GS)
コマンド ID(RQ1)
アドレス上位バイト:
要求するデータの先頭アドレスの上位バイト
アドレス中位バイト:
要求するデータの先頭アドレスの中位バイト
アドレス下位バイト:
要求するデータの先頭アドレスの下位バイト
サイズ上位バイト
サイズ中位バイト
サイズ下位バイト
ccH
ssH
ttH
uuH
8
○データ・セット 1DT1(12H)
実際のデータの転送を行なうメッセージで、機器に対してデータを設定したい場合
に使用します。
ステータス
F0H
バイト
F0H
41H
10H
42H
12H
aaH
bbH
ccH
ddH
●データ転送
bbH
sum
チェックサム
F7H
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ データの種類に より一度に転送するデータ の量は決まっており、決められ た先
頭アドレスとサイズ でデータ要求をする必要があります。3. インディビデ ュア
ル・パラメーター転送(P.9)に記載されたアドレスとサイズを参照してくださ
い。
※ チェックサムについては P.17 を参照してください。
ステータス
F7H
:
eeH
sum
F7H
データ・バイト
41H, dev, 42H, 12H, aaH, bbH,
ccH, ddH, ... eeH, sum
ステータス
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(Roland)
デバイス ID
モデル ID(GS),45H
コマンド ID(DT1)
アドレス上位バイト:
送信するデータの先頭アドレスの上位バイト
アドレス中位バイト:
送信するデータの先頭アドレスの中位バイト
アドレス下位バイト:
送信するデータの先頭アドレスの下位バイト
データ:送信するデータの本 体。複数バイトのデータはア ドレ
ス順に送信します
:
データ
チェックサム
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ データの種類に より一度に転送するデータ の量は決まっており、決められ た先
頭アドレスとサイズ のデータ以外は受信しません。3. インディビデュ アル・パ
ラメーター転送(P.9)に記載されたアドレスとサイズを参照してください。
※ 128 バイトを越えるサイズのデータは 128 バイト以下のパケットに区切って送
信してください。
「データ・セット 1」を続けて送る場合、パケット間は 40ms
以上の時間間隔をあけてください。
※ チェックサムについては P.17 を参照してください。
MIDI インプリメンテーション
3. インディビデュアル・パラメーター転送
2. 送信データ
(Model ID=42H)
■システム・エクスクルーシブ・メッセージ
GS フォーマッ トの音源が送信するシステ ム・エクスクルーシブ・メッセージは、
アイデンティティー・リプライとデータ・セット(DT1)のみです。
適正な「アイデンティティー・リクエスト・メッセージ」と「データ要求 1(RQ1)
」
メッセージを受信したときに機器内部の要求されたデータを送信します。
○アイデンティティー・リプライ
ステータス
F0H
データ・バイト
バイト
F0H
7EH
10H
06H
02H
41H
42H
00H
00H
07H
ssH
ssH
ssH
ssH
F7H
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(ユニバーサル・ノンリアルタイム・メッセージ)
デバイス ID
サブ ID#1(General Information)
サブ ID#1(Identity Reply)
ID ナンバー(Roland)
デバイス・ファミリー・コード(LSB)
デバイス・ファミリー・コード(MSB)
デバイス・ファミリー・ナンバー・コード(LSB)
デバイス・ファミリー・ナンバー・コード(MSB)
ソフトウェアー・リビジョン・レベル
ソフトウェアー・リビジョン・レベル
ソフトウェアー・リビジョン・レベル
ソフトウェアー・リビジョン・レベル
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
7EH, dev, 06H, 02H, 41H, 42H,
00H, 00H, 06H, ssH, ssH, ssH, ssH
ステータス
F7H
インディビデュアル・パラメーター転送では、1 つのエクスクルーシブ・メッセー
ジ(「F0 ..... F7」の1 パケット)で 1 つのパラメーターのデータ送信(またはデー
タ送信要求)をします。
インディビデュアル・パラメーター転送には、下記のパラメーター・アドレス・
マップ記載のアドレスおよびサイズを使用してください。
「#」の付いているアドレ
スは先頭アドレスとして使用できません。
■アドレス・ブロック・マップ
インディビデュアル・パラメーター転送のアドレス・マップの概略は以下の通りで
す。
<Model ID = 42H>
● Port-A
fig.11-15j
アドレス(H)
00 00 00
40 00 00
40 10 00
41 00 00
ブロック
システム
パッチ・コモン
#A
パッチ・パート
(ブロック 00-0F)
A
ドラム・セットアップ
A
※ Broadcast でアイデンティティー・リクエスト・メッセージを受信した場合で
も、返答は自己のデバイス ID で行なう。
○データ・セット 1 DT1(12H)
ステータス
F0H
データ・バイト
41H, dev, 42H, 12H, aaH, bbH,
ccH, ddH, ... eeH, sum
ステータス
F7H
バイト
F0H
41H
10H
42H
12H
aaH
解説
エクスクルーシブ・ステータス
ID ナンバー(Roland)
デバイス ID
モデル ID(GS)
コマンド ID(DT1)
アドレス上位バイト:
送信するデータの先頭アドレスの上位バイト
bbH
アドレス中位バイト:
送信するデータの先頭アドレスの中位バイト
ccH
アドレス下位バイト:
送信するデータの先頭アドレスの下位バイト
ddH
デ ータ:送信するデータの本体。複 数バイトのデータはアドレ
ス順に送信します。
:
:
eeH
データ
sum
チェックサム
F7H
EOX(エンド・オブ・エクスクルーシブ)
※ データの種類に より、一度に転送するデータの 量が決まっており、定められた
先頭アドレスとサイズでデータ送信をします。3. インディビデュアル・パラメー
ター転送(P.9)に記載されたアドレスとサイズを参照してください。
※ サイズの大きなデータは 128 バイト以下のパケットに区切り、約 40msの時間
間隔をあけて送信します。
※ チェックサムについては P.17 を参照してください。
GS のデータ転送方法には、各パラメーターを 1 つ 1 つ転送するインディビデュア
ル・パラメーター転送(P.9) があります。
9
MIDI インプリメンテーション
■パラメーター・アドレス・マップ
このマップは、エクスクルーシブ・メッセージの「データ要求 1」
「データ・セット 1」によりデータ転送を行なう際の、アドレス、サイズ、データの設定できる範囲、パ
ラメーター(データの種類)
、説明、初期設定値を記述したものです。
アドレス、サイズ、データ、初期設定値の記述は全て 16 進表示、説明の欄は 10 進表記です。
●システム・パラメーター
機器全体にかかわるパラメーターをシステム・パラメーターといいます。
<MODEL ID = 42H>
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
00 00 7F
00
SYSTEM MODE SET
00 00 01
説明
初期設定値 (H)
説明
00
MODE-1
00:MODE-1(シングル・モジュール・モード)
(受信のみ)
※ データ値 00 受信の場合には GS Reset と同じ処理を行ないます。それ以外の値は無視します。
00
:
00
00
:
00
01 00
01 0F
01 10
01 1F
00 00
:
00 00
00 00
:
00 00
01
01
01
01
00 - 03
:
00 - 03
00 - 03
:
00 - 03
CHANNEL MSG RX PORT
BLOCK00
PORT
:
:
BLOCK0F
PORT
BLOCK10
PORT
:
:
BLOCK1F
PORT
A, B
00
:
A, B
A, B
00
01
A, B
01
:
PORT
:
PORT
PORT
:
PORT
A
A
B
B
※ 各 BLOCK のチャンネル・メッセージの受信 MIDI ポートを変更できます。通常は BLOCK00-0F を PORT A、BLOCK10-1F を PORT B で使用することをお勧めしま
す。
(その場合は設定を変更する必要はありません。
)
※ BLOCK については P.11 を参照してください。
●パッチ・パラメーター
○パッチ・コモン・パラメーター
各パートに共通するパラメーターを、パッチ・コモン・パラメーターといいます。
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
40
40
40
40
00 00 04
0018 - 07E8
MASTER TUNE
00
00
00
00
00
01#
02#
03#
初期設定値 (H)
説明
-100.0 - +100.0 [ セント ]
(ニブル・データを使用)
説明
00 04 00 00
0 [ セント ]
0 - 127
(= F0 7F 7F 04 01 00 vv F7
-24 - +24 [ 半音 ]
-63(左)- +63(右)
00 = GS リセット
(受信のみ)
7F
)
40
40
127
0 [ 半音 ]
0(中央)
04
Hall 2
04
00
40
40
4
0
64
64
※ 5. 参考資料●チューニングについて(P.17)を参照してください。
40 00 04
00 00 01
00 - 7F
MASTER VOLUME
40 00 05
40 00 06
40 00 7F
00 00 01
00 00 01
00 00 01
28 - 58
01 - 7F
00
MASTER KEY-SHIFT
MASTER PAN
MODE SET
40
40
40
40
01
01
01
01
00
: #
0F#
30
00 00 10
20 - 7F
PATCH NAME
16 ASCII Characters
00 00 01
00 - 0C
REVERB MACRO
40
40
40
40
01
01
01
01
31
32
33
34
00
00
00
00
00
00
00
00
REVERB
REVERB
REVERB
REVERB
00:Room 1
01:Room 2
02:Room 3
03:Hall 1
04:Hall 2
05:Plate
06:Delay
07:Panning Delay
08:Small Room
09:Medium Room
0A:Large Room
0B:Medium Hall
0C:Large Hall
0 - 12
0-7
0 - 127
0 - 127
10
00
00
00
00
01
01
01
01
-
0C
07
7F
7F
CHARACTER
PRE-LPF
LEVEL
TIME
MIDI インプリメンテーション
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
説明
40 01 35
00 00 01
00 - 7F
40 01 37
00 00 01
00 - 7F
REVERB DELAY FEEDBACK
0 - 127
REVERB PREDELAY TIME
0 - 127[ms]
初期設定値 (H)
説明
00
0
00
0
※ REVERB MACRO はリバーブの各パラメーターを一括して設定するマクロ・パラメーターです。REVERB MACRO でリバーブの種類を選択すると、各マクロに対応し
たプリセット値が各リバーブ・パラメーターにセットされます。
※ REVERB CHARACTER は、リバーブのアルゴリズムを変えるパラメーターです。その値は、同じ番号の REVERB MACRO に対応しています。
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
説明
初期設定値 (H)
説明
40 01 38
00 00 01
00 - 07
CHORUS MACRO
00:Chorus 1
01:Chorus 2
02:Chorus 3
03:Chorus 4
04:Feedback Chorus
02
Chorus 3
00
40
08
50
03
13
0
64
8
80
3
19
00
0
40
40
40
40
40
40
40
01
01
01
01
01
01
01
39
3A
3B
3C
3D
3E
3F
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
01
01
01
00
00
00
00
00
00
00
-
07
7F
7F
7F
7F
7F
7F
CHORUS
CHORUS
CHORUS
CHORUS
CHORUS
CHORUS
CHORUS
05:Flanger
06:Short Delay
07:Short Delay(FB)
PRE-LPF
0-7
LEVEL
0-127
FEEDBACK
0-127
DELAY
0-127
RATE
0-127
DEPTH
0-127
SEND LEVEL TO REVERB
0-127
※ CHORUS MACRO はコーラスの各パラメーターを一括して設定するマクロ・パラメーターです。CHORUS MACRO でコーラスの種類を選択すると、各マクロに対応
したプリセット値が各コーラス・パラメーターにセットされます。
40
40
40
40
02
02
02
02
00
01
02
03
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
00
34
00
34
-
01
4C
01
4C
EQ
EQ
EQ
EQ
LOW FREQ
LOW GAIN
HIGH FREQ
HIGH GAIN
200Hz, 400Hz
-12 - +12dB
3kHz, 6kHz
-12 - +12dB
00
40
00
40
200Hz
0
3kHz
0
○パッチ・パート・パラメーター
SD-20 は、A グループ、B グループそれぞれ 16 個のパートを持っており、これらのパートごとに様々な設定を行なうパラメータをパッチ・パート・パラメーターといいま
す。A グループのパートを指定する場合には、PORT A(通常は MIDI IN)からパートに対応するブロック・ナンバーを使って 40 ** ** のアドレスを指定します。B グルー
プのパートを指定する場合には、PORT B からパートに対応するブロック・ナンバーを使って 40 ** ** のアドレスを指定します。
エクスクルーシブ・メッセージでパッチ・パート・パラメーター情報の通信をする場合、パート・ナンバー(通常は MIDI チャンネルと同じ番号)ではなく、ブロック・ナ
ンバーによりアドレスを指定します。ブロック・ナンバーは 0 (H) から F (H) まで、16 個のブロックを指定できるようになっています。
パート・ナンバーとブロック・ナンバーの関係は以下の通りです。
x... ブロック・ナンバー(0 - F),
Part 1
Part 2
:
Part 9
Part10
Part11
Part12
:
Part16
(default
(default
::
(default
(default
(default
(default
::
(default
MIDIch = 1)x=1
MIDIch = 2)x=2
MIDIch = 9)x=9
MIDIch =10) x=0
MIDIch =11) x=A
MIDIch =12) x=B
MIDIch =16) x=F
n... ブロックの MIDI チャンネル・ナンバー(0 - F)
以下のマップでは、コントロール・チェンジのコントロール・ナンバーを CC# で表しています。
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
40 1x 00
00 00 02
00 - 7F
TONE NUMBER
40
40
40
40
00 00 01
00 00 01
00 00 01
00
00
00
00
1x
1x
1x
1x
01#
02
03
04
-
7F
10
01
01
説明
初期設定値 (H)
説明
GS: CC#00
Native, GM2: CC#32
VALUE 0 - 127
00
0
プログラム・チェンジ 1 - 128 00
1
Rx. CHANNEL
1 - 16, OFF
(パート・ナンバーと同じ)
Rx. PITCH BEND
OFF / ON
01
ON
Rx. CH PRESSURE(CAf)
OFF / ON
01
ON
11
MIDI インプリメンテーション
40 1x 05
アドレス (H)
00 00 01
サイズ (H)
00 - 01
データ (H)
Rx. PROGRAM CHANGE OFF / ON
パラメーター
説明
01
初期設定値 (H)
ON
説明
40 1x 06
40 1x 07
00 00 01
00 00 01
00 - 01
00 - 01
/ ON
01
ON
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
Rx. CONTROL CHANGE OFF
Rx. POLY PRESSURE(PAf)
OFF
Rx. NOTE MESSAGE
OFF
Rx. RPN
OFF
Rx. NRPN
OFF
Rx. MODULATION
OFF
Rx. VOLUME
OFF
Rx. PANPOT
OFF
Rx. EXPRESSION
OFF
Rx. HOLD1
OFF
Rx. PORTAMENTO
OFF
Rx. SOSTENUTO
OFF
Rx. SOFT
OFF
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
/
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
08
09
0A
0B
0C
0D
0E
0F
10
11
12
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
-
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
40 1x 13
00 00 01
00 - 01
MONO/POLY MODE
40 1x 14
00 00 01
00 - 02
ASSIGN MODE
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
ON
Mono / Poly
01
(=CC# 126 01 / CC# 127 00)
0 = SINGLE
1 = LIMITED-MULTI
01
2 = FULL-MULTI
Poly
LIMITED-MULTI
Single ・・・・同じ音を連続して鳴らした場合、前に鳴った音を完全に消去して新しい音を発音します。
LimitedMulti ・・・・同じ音を連続して鳴らした場合、前に鳴っている音を新しい音が鳴ってもある程度保持して発音します。
(初期値)
FullMulti ・・・・同じ音を連続して鳴らした場合、新しい音が鳴っても、前に鳴っている音を鳴り終わるまで発音します。
※ ASSIGN MODE は、同一チャンネル同一ノート・ナンバーの音が重なった場合(同音連打と言います)のボイス・アサイン処理の仕方に関するパラメーターです。あら
かじめ各パートに最適なモードに初期設定されていますから、一般的な演奏では設定を変更する必要はありません。
40 1x 15
00 00 01
00 - 02
USE FOR RHYTHM PART0 = OFF
1 = MAP1
2 = MAP2
x ≠ 0 のとき 00
x = 0 のとき 01
OFF(Normal Part)
MAP1(Drum Part)
※ ドラム・パートとして使用するパートの、ドラム・マップを設定するパラメーターです。SD-20 では最大 2 つのドラム・マップ(MAP1, MAP2)を同時に(異なった
パートで)使用することができます。初期設定では Part10(MIDI CH=10, x=0)が MAP1(1)に、その他のパートは通常の楽器音のパート(OFF(0)
)になっています。
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
40 1x 16
40 1x 17
40 1x 18#
00 00 01
00 00 02
28 - 58
08 - F8
PITCH KEY SHIFT
PITCH OFFSET FINE
説明
-24 - +24 [ 半音 ]
-12.0 - +12.0 [Hz]
(ニブル・データを使用)
初期設定値 (H)
説明
40
08 00
0 [ 半音 ]
0 [Hz]
※ 発音ピッチを指定した周波数だけずらすパラメーターです。一般的なファイン・チューニング(RPN# 1)とは異なり、どの音域でもずらす周波数(Hz) は一定になりま
す。PITCH OFFSET FINE を異なる設定にした複数のパートを同一のノート・ナンバーで鳴らすと、どの音域でも一定のうねりのあるセレステ効果が得られます。
40 1x 19
0 - 127
64
100
(=CC# 7)
40 1x 1A
00 00 01
00 - 7F
VELOCITY SENSE DEPTH
0 - 127
40
64
40 1x 1B
00 00 01
00 - 7F
VELOCITY SENSE OFFSET
0 - 127
40
64
40 1x 1C
00 00 01
00 - 7F
PART PANPOT
-64(ランダム),
40
0(中央)
-63(左)- +63(右)
(=CC# 10, ただしランダムの場合を除く)
40 1x 1D
00 00 01
00 - 7F
KEYBOARD RANGE LOW
(C-1)-(G9)
00
C-1
40 1x 1E
00 00 01
00 - 7F
KEYBOARD RANGE HIGH
(C-1)-(G9)
7F
G9
40 1x 1F
00 00 01
00 - 5F
CC1 CONTROLLER NUMBER
0 - 95
10
16
40 1x 20
00 00 01
00 - 5F
CC2 CONTROLLER NUMBER
0 - 95
11
17
40 1x 21
00 00 01
00 - 7F
CHORUS SEND LEVEL 0 - 127
00
0
(=CC# 93)
40 1x 22
00 00 01
00 - 7F
REVERB SEND LEVEL
0 - 127
28
40
(=CC# 91)
40 1x 23
00 00 01
00 - 01
Rx.BANK SELECT
OFF / ON
01(00 ※)
ON(OFF ※)
※ "GM1 システム・オン " を受信すると、Rx.BANK SELECT = OFF になります。"GS リセット " および "GM2 システム・オン " を受信すると ON になります。
12
00 00 01
00 - 7F
PART LEVEL
MIDI インプリメンテーション
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
説明
初期設定値 (H)
40 1x 24
00 00 01
00 - 01
RX BANK SELECT LSB
OFF / ON
01
※ RX BANK SELECT LSB = OFF のときは、Bank Select LSB(Bn 20 11)を、その値にかかわらず、00H として認識します。
40 1x 2A
40 1x 2B#
00 00 02
40 1x 30
00 00 01
00 - 7F
40 1x 31
00 00 01
00 - 7F
40 1x 32
00 00 01
00 - 7F
40 1x 33
00 00 01
00 - 7F
40 1x 34
00 00 01
00 - 7F
40 1x 35
00 00 01
00 - 7F
40 1x 36
00 00 01
00 - 7F
40 1x 37
00 00 01
00 - 7F
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
00 00 0C
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
1x
40
41#
42#
43#
44#
45#
46#
47#
48#
49#
4A#
4B#
00 00 - 40 00 - 7F 7F
PITCH FINE TUNE
-
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
説明
ON
40 00
0
TONE MODIFY1
Vibrato Rate
TONE MODIFY2
Vibrato Depth
TONE MODIFY3
TVF Cutoff Freq
TONE MODIFY4
TVF Resonance
TONE MODIFY5
TVF&TVA Env.attack
-100 - 0 - +100[セント]
(= RPN#1)
-64 - +63
(=NRPN# 8/CC#76)
-64 - +63
(=NRPN# 9/CC#77)
-64 - +63
(=NRPN# 32/CC#74)
-64 - +63
(=NRPN# 33/CC#71)
-64 - +63
(=NRPN# 99/CC#73)
40
0
40
0
40
0
40
0
40
0
TONE MODIFY6
TVF&TVA Env.decay
TONE MODIFY7
TVF&TVA Env.release
TONE MODIFY8
Vibrato Delay
-64 - +63
(=NRPN# 100/CC#75)
-64 - +63
(=NRPN# 102/CC#72)
-64 - +63
(=NRPN# 10/CC#78)
40
0
40
0
40
0
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
SCALE
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
TUNING
C
C#
D
D#
E
F
F#
G
G#
A
A#
B
-64 -64 -64 -64 -64 -64 -64 -64 -64 -64 -64 -64 -
+63
+63
+63
+63
+63
+63
+63
+63
+63
+63
+63
+63
[
[
[
[
[
[
[
[
[
[
[
[
セント
セント
セント
セント
セント
セント
セント
セント
セント
セント
セント
セント
]
]
]
]
]
]
]
]
]
]
]
]
[
[
[
[
[
[
[
[
[
[
[
[
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
セント ]
※ SCALE TUNING は、オクターブ内の各音名のピッチを微調整する機能です。全オクターブの同一音名のピッチが同時に変わります。± 0 セント(40H)で平均律です。
(P.18)
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
00
01
02
03
04
05
06
07
08
09
0A
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
28
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
-
58
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
MOD
MOD
MOD
MOD
MOD
MOD
MOD
MOD
MOD
MOD
MOD
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
1A
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
40
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
-
58
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
BEND
BEND
BEND
BEND
BEND
BEND
BEND
BEND
BEND
BEND
BEND
40 2x 20
40 2x 21
40 2x 22
00 00 01
00 00 01
00 00 01
28 - 58
00 - 7F
00 - 7F
PITCH CONTROL
TVF CUTOFF CONTROL
AMPLITUDE CONTROL
LFO1 RATE CONTROL
LFO1 PITCH DEPTH
LFO1 TVF DEPTH
LFO1 TVA DEPTH
LFO2 RATE CONTROL
LFO2 PITCH DEPTH
LFO2 TVF DEPTH
LFO2 TVA DEPTH
PITCH CONTROL
TVF CUTOFF CONTROL
AMPLITUDE CONTROL
LFO1 RATE CONTROL
LFO1 PITCH DEPTH
LFO1 TVF DEPTH
LFO1 TVA DEPTH
LFO2 RATE CONTROL
LFO2 PITCH DEPTH
LFO2 TVF DEPTH
LFO2 TVA DEPTH
CAf PITCH CONTROL
CAf TVF CUTOFF CONTROL
CAf AMPLITUDE CONTROL
-24 - +24 [ 半音 ]
-9600 - +9600 [ セント ]
-100.0 - +100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
40
40
40
40
0A
00
00
40
00
00
00
0 [ 半音 ]
0 [ セント ]
0 [%]
0 [Hz]
10 [ セント ]
0 [ セント ]
0 [%]
0 [Hz]
0 [ セント ]
0 [ セント ]
0 [%]
0 - 24 [ 半音 ]
-9600 - +9600 [ セント ]
-100.0 - +100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
42
40
40
40
00
00
00
40
00
00
00
2
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
-24 - +24 [ 半音 ]
-9600 - +9600 [ セント ]
-100.0 - +100.0 [%]
40
40
40
0 [ 半音 ]
0 [ セント ]
0 [%]
[ 半音 ]
[ セント ]
[%]
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
13
MIDI インプリメンテーション
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
説明
初期設定値 (H)
説明
40
40
40
40
40
40
40
40
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
23
24
25
26
27
28
29
2A
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
01
01
01
01
00
00
00
00
00
00
00
00
-
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
CAf
CAf
CAf
CAf
CAf
CAf
CAf
CAf
LFO1
LFO1
LFO1
LFO1
LFO2
LFO2
LFO2
LFO2
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
40
00
00
00
40
00
00
00
0
0
0
0
0
0
0
0
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
40
40
40
40
40
40
40
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
30
31
32
33
34
35
36
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
01
01
01
28
00
00
00
00
00
00
-
58
7F
7F
7F
7F
7F
7F
PAf
PAf
PAf
PAf
PAf
PAf
PAf
PITCH CONTROL
TVF CUTOFF CONTROL
AMPLITUDE CONTROL
LFO1 RATE CONTROL
LFO1 PITCH DEPTH
LFO1 TVF DEPTH
LFO1 TVA DEPTH
-24 - +24 [ 半音 ]
-9600 - +9600 [ セント ]
-100.0 - +100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
40
40
40
40
00
00
00
0
0
0
0
0
0
0
[ 半音 ]
[ セント ]
[%]
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
40
40
40
40
2x
2x
2x
2x
37
38
39
3A
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
00
00
00
00
-
7F
7F
7F
7F
PAf
PAf
PAf
PAf
LFO2
LFO2
LFO2
LFO2
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
40
00
00
00
0
0
0
0
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
4A
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
28
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
-
58
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
CC1
CC1
CC1
CC1
CC1
CC1
CC1
CC1
CC1
CC1
CC1
PITCH CONTROL
TVF CUTOFF CONTROL
AMPLITUDE CONTROL
LFO1 RATE CONTROL
LFO1 PITCH DEPTH
LFO1 TVF DEPTH
LFO1 TVA DEPTH
LFO2 RATE CONTROL
LFO2 PITCH DEPTH
LFO2 TVF DEPTH
LFO2 TVA DEPTH
-24 - +24 [ 半音 ]
-9600 - +9600 [ セント ]
-100.0 - +100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
40
40
40
40
00
00
00
40
00
00
00
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
[ 半音 ]
[ セント ]
[%]
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
40
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
2x
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
5A
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
01
28
00
00
00
00
00
00
00
00
00
00
-
58
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
7F
CC2
CC2
CC2
CC2
CC2
CC2
CC2
CC2
CC2
CC2
CC2
PITCH CONTROL
TVF CUTOFF CONTROL
AMPLITUDE CONTROL
LFO1 RATE CONTROL
LFO1 PITCH DEPTH
LFO1 TVF DEPTH
LFO1 TVA DEPTH
LFO2 RATE CONTROL
LFO2 PITCH DEPTH
LFO2 TVF DEPTH
LFO2 TVA DEPTH
-24 - +24 [ 半音 ]
-9600 - +9600 [ セント ]
-100.0 - +100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
-10.0 - +10.0 [Hz]
0 - 600 [ セント ]
0 - 2400 [ セント ]
0 - 100.0 [%]
40
40
40
40
00
00
00
40
00
00
00
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
[ 半音 ]
[ セント ]
[%]
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
[Hz]
[ セント ]
[ セント ]
[%]
01
ON
RATE CONTROL
PITCH DEPTH
TVF DEPTH
TVA DEPTH
RATE CONTROL
PITCH DEPTH
TVF DEPTH
TVA DEPTH
RATE CONTROL
PITCH DEPTH
TVF DEPTH
TVA DEPTH
※ LFO1、LFO2 のパラメーターを変化させても、希望通りの効果が得られない場合があります。
40 4x 20
00 00 01
00 - 01
※ EQ(イコライザー)のオン/オフを設定します。
14
EQ ON/OFF
OFF / ON
MIDI インプリメンテーション
●ドラム・セットアップ・パラメーター
m:マップ・ナンバー(0 = MAP1, 1 = MAP2)
rr:ドラム・パートのノート・ナンバー(00H - 7FH : 0 - 127)
アドレス (H)
サイズ (H)
データ (H)
パラメーター
説明
41 m0 00
¦ #
41 m0 0B#
41 m1 rr
41 m2 rr
00 00 0C
20 - 7F
DRUM MAP NAME
ASCII Character
00 00 01
00 00 01
00 - 7F
00 - 7F
PLAY NOTE NUMBER
LEVEL
41 m3 rr
41 m4 rr
00 00 01
00 00 01
00 - 7F
00 - 7F
41 m5 rr
00 00 01
00 - 7F
41 m6 rr
00 00 01
00 - 7F
41 m7 rr
41 m8 rr
00 00 01
00 00 01
00 - 01
00 - 01
ピッチ・コース
TVA レベル
(=NRPN# 26)
ASSIGN GROUP NUMBERNon, 1 - 127
PANPOT
-64(ランダム),
-63(左)- +63(右)
(=NRPN# 28, ただしランダムの場合を除く)
REVERB SEND LEVEL
0.0 - 1.0
ドラム・パートのリバーブ・レベルに掛けられる
(=NRPN# 29)
CHORUS SEND LEVEL 0.0 - 1.0
ドラム・パートのコーラス・レベルに掛けられる
(=NRPN# 30)
Rx. NOTE OFF
OFF / ON
Rx. NOTE ON
OFF / ON
※ ドラム・セットを切り替えるとドラム・セットアップ・パラメーターの値はすべて初期化されます。
15
MIDI インプリメンテーション
4. 参考資料
● 10 進数と 16 進数の対応表
● (16 進数表記の数字の後ろにはHをつけています。)
MIDI では、データ値や、エクスクルーシブ・メッセージのアドレスやサイズには、
7 ビットごとの 16 進表記が使用されます。10 進表記との対応表は次の通りです。
前表より 0 = 00H、4 = 04H、14 = 0EH、10 = 0AH ですから
00 04 0E 0AH
となります。
●実際の MIDI メッセージの例
fig.11-22j([SK-88 Pro̲J P.219] の図)
10進
16進
10進
16進
10進
16進
10進
16進
0
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
00H
01H
02H
03H
04H
05H
06H
07H
08H
09H
0AH
0BH
0CH
0DH
0EH
0FH
10H
11H
12H
13H
14H
15H
16H
17H
18H
19H
1AH
1BH
1CH
1DH
1EH
1FH
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
58
59
60
61
62
63
20H
21H
22H
23H
24H
25H
26H
27H
28H
29H
2AH
2BH
2CH
2DH
2EH
2FH
30H
31H
32H
33H
34H
35H
36H
37H
38H
39H
3AH
3BH
3CH
3DH
3EH
3FH
64
65
66
67
68
69
70
71
72
73
74
75
76
77
78
79
80
81
82
83
84
85
86
87
88
89
90
91
92
93
94
95
40H
41H
42H
43H
44H
45H
46H
47H
48H
49H
4AH
4BH
4CH
4DH
4EH
4FH
50H
51H
52H
53H
54H
55H
56H
57H
58H
59H
5AH
5BH
5CH
5DH
5EH
5FH
96
97
98
99
100
101
102
103
104
105
106
107
108
109
110
111
112
113
114
115
116
117
118
119
120
121
122
123
124
125
126
127
60H
61H
62H
63H
64H
65H
66H
67H
68H
69H
6AH
6BH
6CH
6DH
6EH
6FH
70H
71H
72H
73H
74H
75H
76H
77H
78H
79H
7AH
7BH
7CH
7DH
7EH
7FH
※ MIDI チャンネル、バンク・セレクト、プログラム・チェンジなどの 10 進表記
は、前表の 10 進数に 1 を足した値になっています。
※ 7 ビットごとの 16 進表記では、
1 バイトのデータで表せる値は最大 128 段階で
す。それ以上の分解能のデータは複数のバイトを使います。たとえば、aa bbH
と 2 バイトの 7 ビットごとの 16 進表記された値は、
aa x 128 + bb となります。
※ ±の符号のある値は、00H = -64、40H = ± 0、7FH = +63 となり、10 進表記
には上表の 10 進数から 64 引いた値を使います。2 バイトの場合は、00 00H
= -8192、40 00H = ± 0、7F 7FH = +8191 となり、たとえば aa bbH を 10
進表記すると aa bbH - 40 00H = aa x 128 + bb - 64 x 128 となります。
※「ニブル・データを使用」と書かれたデータの場合は、4 ビットごとの 16 進表
記が使用されます。0a 0bH と 2 バイトのニブル表記された値は、a x 16 + b と
なります。
<例 1 > 5AH の 10 進表記は ?
前表より 5AH = 90 なります。
<例 2 > 7 ビットごとの 16 進表記された値 12 34H の 10 進表記は ?
前表より 12H = 18、34H = 52 ですから
18 x 128 + 52 = 2356
となります。
<例 3 > 0A 03 09 0D とニブル表記された値の 10 進表記は ?
前表より 0AH = 10、03H = 3、09H = 9、0DH = 13 ですから
((10 x 16 + 3)x 16 + 9)x 16 + 13 = 41885
となります。
<例 4 > 10 進数表記の 1258 をニブル表記すると ?
16
16
16
16
)1258
) 78
)
4
0
... 10
... 14
... 4
<例 1 > 92 3E 5F
9n はノート・オンのステータスで、n は MIDI チャンネル・ナンバーです。2H =
2、3EH = 62、5FH = 95 ですから、これは MIDI CH = 3、ノート・ナンバー 62
(音名は D4)
、ベロシティー 95 のノート・オン・メッセージです。
<例 2 > CE 49
CnH はプログラム・チェンジのステータスで、n は MIDI チャンネル・ナンバーで
す。EH = 14、49H = 73 ですから、これは MIDI CH = 15、プログラム・ナンバー
74(GS では Flute)のプログラム・チェンジ・メッセージです。
<例 3 > EA 00 28
EnH はピッチ・ベンド・チェンジのステータスで、n は MIDI チャンネル・ナンバー
です。第 2 バイト(00H = 0)がピッチ・ベンド値の下位バイト、第 3 バイト(28H
= 40)が上位バイトですが、ピッチ・ベンド値は 40 00H(= 64 x 128 + 0 = 8192)
を 0 とする符号のある値ですから、この場合のピッチ・ベンド値は、
28 00H - 40 00H = 40 x 128 + 0 -(64 x 128 + 0)= 5120 - 8192 = -3072
ピッチ・ベンド・センシティビティーが 2 半音になっているとすると、-8192(00
00H)で -200 セントだけピッチを変化させますから、この場合は -200 x(-3072)
÷(-8192)= -75 セントのピッチ・ベンドを MIDI CH = 11 に指示していること
になります。
<例 4 > B3 64 00 65 00 06 0C 26 00 64 7F 65 7F
BnH はコントロール・チェンジのステータスで、n は MIDI チャンネル・ナンバー
です。コントロール・チェンジは、第 2 バイトがコントローラー・ナンバー、第 3
バイトはそのパラメーターの値です。MIDI では、ランニング・ステータス といっ
て、同じステータスのメッセージが連続する場合は、2 つめ以降のステータスを省
略してもよいことになっていますから、このメッセージは以下の情報が順番に送ら
れています。
B3 64 00
(B3)65 00
(B3)06 0C
(B3)26 00
(B3)64 7F
(B3)65 7F
MIDI
MIDI
MIDI
MIDI
MIDI
MIDI
CH =
CH =
CH =
CH =
CH =
CH =
4 に RPN パラメーター・ナンバーの下位バイト:00H
4 に RPN パラメーター・ナンバーの上位バイト:00H
4 にパラメーター値の上位バイト:0CH
4 にパラメーター値の下位バイト:00H
4 に RPN パラメーター・ナンバーの下位バイト:7FH
4 に RPN パラメーター・ナンバーの上位バイト:7FH
つまり、MIDI CH = 4 の RPN パラメーター・ナンバー 00 00H に 0C 00H のパラ
メーター値を送り、その後 RPN パラメーター・ナンバー 7F 7FH に設定するメッ
セージです。
RPN パラメータ ー・ナンバー 00 00H の機能は ピッチ・ベンド・セ ンシティ ビ
ティーで、パラメーター値の上位バイトが半音単位を示しています。この例ではパ
ラメーター値の上位バイトは 0CH = 12 ですから、ピッチベンドの最大変化幅を±
12 半音(1 オクターブ)に設定しています。
(GS 音源ではピッチ・ベンド・セン
シティビティーの下位バイトは無視されますが、どの機器でも正しく動作させるた
めに下位バイト(パラメーター値は 0)も一緒に送りましょう。)
RPN や NRPN は一度パラメーター・ナンバーを設定すると、その後同一チャンネ
ルに送られたデータ・エントリーが全て有効になってしまうため、必要なパラメー
ター値を送った後でパラメーター・ナンバーを 7F 7FH に設定して誤動作を防止す
ることが推奨されています。
最後の
(B3)
64 7F(B3)
65 7F はそのためのものです。
曲データ(たとえばスタンダード MIDI ファイルのデータ)中では<例 4 >のよう
に多くのイベン トをランニン グ・ステータスで記 述することは 好ましくありま せ
ん。曲中で、ポーズ/早送り/巻き戻し、などの操作を行なった場合に、シーケン
サーが正しいステータスを出力できず、音源が誤った解釈をしてしまう可能性があ
ります。すべてのイベントにそれぞれステータスをつけるようにしてください。
また、RPN や NRPN はパラメーター・ナンバーの設定とパラメーター値の送信が
正しい順序で行なわれなければなりません。シーケンサーによっては、同一(また
MIDI インプリメンテーション
は近 接した)クロックに記述されたイベントの送 信順序がデータに記載されている
順序と変わってしまうものもありますから、各イベントの時刻を(TPQN = 96 で 1Tick、TPQN = 480 なら 5-Ticks 程度)ずらして記述するのがよいでしょう。
※ TPQN:Ticks Per Quarter Note(4 分音符あたりのティック数)
F0
(1)
41
(2)
10
(3)
42
(4)
12
(5)
40 01 33
アドレス
0C
??
F7
データ
チェックサム(6)
(1) エクスクルーシブ・ステータス(2) ID ナンバー (Roland)(3) デバイス ID (17)
(4) モデル ID (GS) (5) コマンド ID (DT1)(6) EOX
●エクスクルーシブ・メッセージの例とチェックサムの
計算
次にチェックサムの計算をします。
ローランドのエクスクルーシブ・メッセージ(RQ1, DT1)では、メッセージが正し
く受信できているかどうかのチェックを行なうために、データの後ろ(F7 の前)に
チェ ックサムを付けてメッセージを送りま す。チェックサムの値は、送られるエク
スクルーシブ・メッセージのアドレス、データ(またはサイズ)によって決まります。
40H + 01H + 33H + 0CH = 64 + 1 + 51 + 12 = 128(sum)
128(合計)÷ 128 = 1(商)… 0(余り)
チェックサム= 128 - 0(余り)= 128 = 80H
○チェックサムの計算のしかた(16 進表記の数字の後ろには H をつけています。
)
チェ ックサムは、アドレス、サイズ、およびチェック サム自身を加算した値の下位
7 ビットがゼロになる値です。
具体的な計算は、送りたいエクスクルーシブ・メッセージのアドレスは aa bb ccH、
データまたはサイズが dd ee ffH とすると、以下のようになります。
aa + bb + cc + dd + ee + ff = 合計
合計 ÷ 128 = 商 … 余り
128 - 余り = チェックサム
<例 1 > REVERB MACRO を ROOM 3 に設定する場合
パ ラメーター・アドレス・マッ プ(P.10)より、REVERB MACRO のアドレスは
40 01 30H、ROOM 3 はパラメーター値 02H ですから
F0
41
10
42
12
(1) (2) (3) (4) (5)
40 01 30
アドレス
02
データ
??
F7
チェックサム (6)
(1) エクスクルーシブ・ステータス、
(2) ID ナンバー (Roland)、(3) デバイス ID (17)
(4) モデル ID (GS)(5) コマンド ID (DT1)、
(6) EOX
次にチェックサムの計算をします。
40H + 01H + 30H + 02H = 64 + 1 + 48 + 2 = 115(sum)
115(合計)÷ 128 = 0(商)… 115(余り)
チェックサム = 128 - 115(余り)= 13 = 0DH
したがって、F0 41 10 42 12 40 01 30 02 0D F7 が送信するメッセージです。
<例 2 > ドラム・マップ 1 のノート・ナンバー 75(D#5; Claves)の LEVEL の送
信要求をする場合
ノート・ナンバー 75(D#5)は 16 進表示で 4BH です。
パラメーター・アドレス・マップ(P.15) より、ドラム・マップ 1 のノート・ナン
バー 75(D#5; Claves)の LEVEL のアドレスは 41 02 4BH、サイズは00 00 01H
ですから、
F0
41
10
42
11
(1) (2) (3) (4) (5)
41 02 4B
アドレス
00 00 01??
F7
サイズ チェックサム (6)
(1) エクスクルーシブ・ステータス、
(2) ID ナンバー (Roland)、(3) デバイス ID (17)
(4) モデル ID (GS)(5) コマンド ID (RQ1)、(6) EOX
次にチェックサムの計算をします。
しかしながら例外的に、余りが 0 となる場合のチェックサムは、80H ではなく、00H
になります。
したがって、F0 41 10 42 12 40 01 33 0C 00 F7 が送信するメッセージです。
●チューニングについて
MIDI で、パー トごとのチューニングをす るには、RPN #1(マスター・ファイン・
チューニング)を必要な MIDI CH に送ります。
MIDI で、
全パートのチューニングをするには、使用している全部の MIDI CH に RPN
#1 をそれぞれ送るか、またはシステム・エクスクルーシブで MASTER TUNE(ア
ドレス 40 00 00H)を送ります。
RPN #1 は、約 0.012 セント(正確には 100 / 8192 セント)の、システム・エク
スクルーシブの MASTER TUNE は 0.1 セントの細かさでチューニングの指定がで
きます。
セントとは、
1つの半音の音程の間を 100 等分したチューニングの単位です。
RPN #1(マスター・ファ イン・チューニン グ)とシステム・エク スクルーシブ で
MASTER TUNE の値は、それぞれのパートで加算されて各パートの実際の発音ピッ
チが決まります。
よく使うチューニングの値は下の表を参照してください。値は 16 進表記(カッコ内
は十進表記)になっています。
+--------+--------+--------------+-------------------+
|Hz in A4| cent |
RPN #1
| Sys.Ex. 40 00 00 |
+--------+--------+--------------+-------------------+
| 445.0 | +19.56 | 4C 43 (+1603)| 00 04 0C 04 (+196)|
| 444.0 | +15.67 | 4A 03 (+1283)| 00 04 09 0D (+157)|
| 443.0 | +11.76 | 47 44 (+ 964)| 00 04 07 06 (+118)|
| 442.0 | + 7.85 | 45 03 (+ 643)| 00 04 04 0F (+ 79)|
| 441.0 | + 3.93 | 42 42 (+ 322)| 00 04 02 07 (+ 39)|
| 440.0 |
0.00 | 40 00 (
0)| 00 04 00 00 (
0)|
| 439.0 | - 3.94 | 3D 3D (- 323)| 00 03 0D 09 (- 39)|
| 438.0 | - 7.89 | 3A 7A (- 646)| 00 03 0B 01 (- 79)|
+--------+--------+--------------+-------------------+
<例> MIDI channel 3 のチューニングを A4 = 442.0Hz にする場合
MIDI CH = 3 に R PN#1 に送ります。値は、上表から 45 03H です。
B2 64 00
(B2)65 01
(B2)06 45
(B2)26 03
(B2)64 7F
(B2)65 7F
MIDI
MIDI
MIDI
MIDI
MIDI
MIDI
CH
CH
CH
CH
CH
CH
= 3 に RPN パラメーター・ナンバーの下位バイト:00H
= 3 に RPN パラメーター・ナンバーの上位バイト:01H
= 3 にパラメーター値の上位バイト:45H
= 3 にパラメーター値の下位バイト:03H
= 3 に RPN パラメーター・ナンバーの下位バイト:7FH
= 3 に RPN パラメーター・ナンバーの上位バイト:7FH
41H + 02H + 4BH + 00H + 00H + 01H = 65 + 2 + 75 + 0 + 0 + 1 = 143(sum)
143(合計)÷ 128 = 1(商)… 15(余り)
チェックサム = 128 - 15(余り)= 113 = 71H
したがって、F0 41 10 42 11 41 02 4B 00 00 01 71 F7 が送信するメッセージで
す。
<例 3 > REVERB LEVEL を 12 に設定する場合
パラメーター・アドレス・マップ(P.10)より、REVERB LEVEL のアドレスは 40
01 33H、パラメーター値は 0CH ですから
17
MIDI インプリメンテーション
●スケール・チューン機能(アドレス:40 1x 40)
スケール・チューンは、C 〜 B それぞれのピッチを微調整する機能です。1 オク
タ ーブ 分の設 定で すべて のオ クター ブの ピッ チが微 調整 されま す。スケ ール・
チューンを設定することで、平均律以外のさまざまな音律で演奏することができま
す。ここでは、例として 3 種類の設定を説明します。
○平均律
1 オクターブを 12 等分した音律で、現在、西洋音楽を中心に最も広く使われてい
ます。SD-20 のスケール・チューン機能の初期設定は平均律になっています。
○純正律(主音が C)
平均律と比べると、主要 3 和音がとても美しく響きます。しかし 1 つの調でしかそ
の効果は得られず、転調すると和音が濁ってしまいます。ここでは主音を C とする
調の設定を紹介します。
○アラビア風音階
スケール・チューン機能を使うことで、さまざまな民族音楽のチューニングができ
ます。ここでは、代表的なアラビア風音階のデータを紹介します。
設定例
音名
C
C#
D
D#
E
F
F#
G
G#
A
A#
B
平均律
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
純正律(主音が C)
0
-8
+4
+16
-14
-2
-10
+2
+14
-16
+14
-12
アラビア風音階
-6
+45
-2
-12
-51
-8
+43
-4
+47
0
-10
-49
表の値の単位はセントです。P.13 の SCALE TUNING の記述を参照して 16 進数に
変換し、エクスクルーシブ・データとして送信してください。
例えば、パート 1 のスケール・チューンをアラビア風にするには、以下のデータを
送ってください。
F0 41 10 42 12 40 11 40 3A 6D 3E 34 0D 38 6B 3C 6F 40 36 0F 76 F7
fig.MIDI Chart.e
18
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement