Roland TD-25KVX, TD-25K, TD-25, TD-25KV Owner's manual

Roland TD-25KVX, TD-25K, TD-25, TD-25KV Owner's manual
キット・エディット
基本操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
リバーブを選ぶ(Reverb Type)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
リバーブを調節する(Reverb Level)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
キットの音量を調節する(Kit Volume). . . . . . . . . . . . . . . . . 3
ハイハット・ペダルの音量を調節する(Pedal Hi-Hat Volume)
.3
クロス・スティックの音量を調節する(Cross Stick Volume)
. . 3
マルチエフェクトを選ぶ(Multi Effects)
. . . . . . . . . . . . . . . . . 4
マルチエフェクトを調節する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4
キット名を変更する(Kit Name)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
Pad Panning. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
各パッドの定位を調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Pad Note Number. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
各パッドのノート・ナンバーを調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . .
MIDI. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
MIDI に関する設定をする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Audio. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
AUDIO INPUT や USB の音量を調節する. . . . . . . . . . . . . . . .
TONE の周波数を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オーディオ REC の設定をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Save 1 Kit. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1 つのキットだけを USB メモリーに保存する. . . . . . . . . . . . . . .
Load 1 Kit . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB メモリーに保存した 1 つのキットを読み込む. . . . . . . . . . . .
Load Backup. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB メモリーのバックアップを読み込む. . . . . . . . . . . . . . . . .
Save Backup . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB メモリーにバックアップする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Delete Backup. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB メモリーのバックアップを削除する. . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB Memory Info. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB メモリーの情報を見る. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB Memory Format. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB メモリーをフォーマットする. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
System Info . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
本体の情報を見る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Factory Reset. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
工場出荷時の設定に戻す. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
アンドゥ/リストア
キットの変更を取り消す(UNDO)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5
工場出荷時のキットに戻す(RESTORE CURRENT KIT)
. . . . . . 5
オーディオ REC
録音内容を書き出す(EXPORT)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
コーチ・モードで練習する
練習メニューを選ぶ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ビートに合わせて正確に叩く(TIME CHECK)
. . . . . . . . . . . . .
身体でテンポを覚える(QUIET COUNT)
. . . . . . . . . . . . . . .
ウォーム・アップ(WARM UPS)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6
7
7
8
ソング・メニュー
ソングごとの設定を変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
A-B リピートを設定する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
TD-25
V-Drums Sound Module
パラメーター・ガイド
バージョン 1.10 対応
取扱説明書
最初に読んでください。使いかたの基本操作を説明しています。
PDF マニュアル(Web からダウンロード)
55 パラメーター・ガイド
本機のすべてのパラメーターについて解説しています。
55 サウンド・リスト
本機に収録されている音色のリストです。
© 2015 ローランド株式会社
セットアップ
基本操作. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Options. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ディスプレイを調節する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オート・オフの設定を変更する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
USB オーディオを使う(USBドライバー・モード)
...........
Click. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
クリックを調節する. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Trigger Settings. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パッド(トリガー)の調節をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Hi-Hat Setting. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ハイハットを調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
PDF マニュアルの入手方法
1. パソコンなどで下記の URL を入力します。
http://www.roland.co.jp/manuals/
I
2. 製品名「TD-25」を選んでください。
10
11
11
11
11
11
11
12
12
13
13
13
13
13
13
14
14
14
14
14
14
15
15
15
15
16
16
16
16
16
16
17
17
17
17
17
17
17
17
マルチエフェクト
パラメーター一覧. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
資料
表示されるメッセージ一覧 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
エラー・メッセージ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
その他のメッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
バージョンアップのご案内
TD-25 は、ファームウェアのアップデートを通じて新機能をリリー
スします。
http://www.roland.co.jp/support/ から、
「TD-25」を検索し
て、最新の「TD-25 システム・プログラム」をダウンロードして
ください。
本書の読みかた
バージョン 1.10 から追加された機能には
が付いています。
のアイコン
01
キット・エディット
基本操作
リバーブを選ぶ(Reverb Type)
キット・エディットでは、ドラム・キットの詳細を設定します。
ドラム・キットにかけるリバーブの種類を選びます。
(MENU)ボタンを押します。
1. キット画面で、[F3]
エディット・メニュー画面が表示されます。
(KIT)ボタンを押します。
2.[F2]
キット・エディット画面が表示されます。
[INSTRUMENT]つまみ
と[KICK]
(ENTER)ボ
タンの役割が表示され
ます。
パラメーター
設定値
リバーブ・タイプ
OFF
BOOTH
STUDIO 1
STUDIO 2
STAGE
ARENA
GATE
LONG REVERB
パラメーター
[INSTRUMENT]つまみで
設定値を変更します。
ページを抜けます。
リバーブを調節する(Reverb Level)
ページを移動します。
リバーブの量を調節します。
(C)
[F3]
(A)ボタンで、ページを移動します。
3.[F2]
Reverb Type
Reverb Level
Kit Volume
Pedal Hi-Hat Volume
Cross Stick Volume
Multi Effects
Kit Name
P.2
P.2
P.3
P.3
P.3
P.4
P.5
4.[INSTRUMENT]つまみで、値を変更します。
(ENTER)ボタンを押すと、別の画面へ移動します。
5. 画面によっては、[KICK]
6. キット・セレクターを押して、キット画面に戻ります。
※ 変更した内容は、自動的に保存されます。
※ キットの変更を取り消したり、キットごとに工場出荷時の状態に戻したりすることができます(P.5)
。
2
キット・エディット
キットの音量を調節する(Kit Volume)
クロス・スティックの音量を調節する
(Cross Stick Volume)
ドラム・キット全体の音量を調節します。
スネアで、クロス・スティック奏法をしたときの音量を調節します。
特定のスネア音色で、リム・ショット奏法時にはリム音色、クロス・
スティック奏法時にはクロス・スティック音色というように、各奏法に
対応した音色を鳴らし分けることができます。
※ 専用接続ケーブルの「SNR」にスネア・パッドを接続して、クロス・スティック奏法が可能な音色を選んでおく
必要があります。
※ クロス・スティック奏法が可能な音色について、詳しくは『サウンド・リスト』
(PDF)をご覧ください。
ハイハット・ペダルの音量を調節する
(Pedal Hi-Hat Volume)
ハイハットで、フット・クローズ、フット・スプラッシュをしたときの音
量を調節します。
3
キット・エディット
マルチエフェクトを選ぶ(Multi Effects)
マルチエフェクトを調節する
詳細パラメーターを調節する(MFX)
ドラム・キットにかけるエフェクトの種類を選びます。
Multi Effects 画面で、
[KICK]
(ENTER)ボタンを押すと、MFX
画面が表示されます。
選んだエフェクト・タイプに応じて、詳細パラメーターを設定します。
エフェクト・タイプ
エフェクト・タイプ
OFF
STEREO DELAY
REVERSE DELAY
TAPE ECHO
CHORUS
PHASER
STEP PHASER
FLANGER
REVERB
LONG REVERB
SATURATOR
SUPER FILTER
FILTER+DRIVE
AUTO WAH
LO-FI COMPRESS
DISTORTION
OVERDRIVE
ISOLATOR
RING MODULATOR
STEP RINGMOD
PITCH SHIFT
AUTO PAN
説明
※ 各エフェクトの詳細パラメーターについては、P.18 をご覧ください。
エフェクトはかかりません。
ステレオ仕様のディレイです。
入力された音のリバース音をディレイ音として付加するリバース・ディレイです。リバー
ス・ディレイの直後にはコーラスが接続されています。
往年のテープ式エコーの効果です。
ステレオ仕様のコーラスです。フィルターを使ってコーラス音の音質を調節できます。
ステレオ仕様のフェイザーです。原音に位相をずらした音を加えてうねらせます。
ステレオ仕様のフェイザーです。フェイザー効果が段階的に変化します。
ステレオ仕様のフランジャーです(LFO は左右同相)
。ジェット機の上昇音/下降音の
ような金属的な響きが得られます。
原音に残響を加え、空間の広さなどをシミュレートします。
より豊かな残響成分を持つリバーブです。
音を歪ませるサチュレーターと、並列に入ったコンプレッサーにより、音質を荒くし、音
圧を出します。入力音の低音域はカットします。
非常に急しゅんな傾き(減衰特性)を持つフィルターです。カットオフ周波数を周期的
に変化させることもできます。
オーバードライブ付きのロー・パス・フィルターです。高音域をカットし、歪みを加えます。
フィルターを周期的に動かすことで、ワウ効果(音色が周期的に変化する効果)を得る
エフェクターです。
音質を荒くします。
音を激しく歪ませます。フィルターを使って歪み音の音質を調節できます。
音をマイルドに歪ませます。フィルターを使って歪み音の音質を調節できます。
音量をカットする度合いが非常に大きなイコライザーで、各音域の音量をカットすること
により特殊な効果が得られます。
入力信号に振幅変調(AM 変調)をかけることによりベルのような音を出すことができ
ます。入力音の音量により、変調周波数を変化させることもできます。
変調をかける周波数を 8 ステップのシーケンスにしたがって変化させるリング・モジュ
レーターです。
原音のピッチをずらします。ピッチをずらした 2 つの音を原音に重ねて鳴らすことができ
ます。
音の定位を周期的に変化させます。
ルーティングとレベルを設定する(MFX ROUTING)
MFX 画面で、
[KICK]
(ENTER)ボタンを押すと、MFX
ROUTING 画面が表示されます。
パッドごとに、マルチエフェクトをかける量や、原音をミックスするか
どうか、などを設定します。
パラメーター
DRY+MFX/
MFX ONLY
Send Level
MFX Level
※ 各エフェクトの詳細パラメーターについては、P.18 をご覧ください。
4
説明
MFX を通った音に加え、MFX を通さない音
(DRY 音)も出力します。
MFX を通った音だけが出力されます。
MFX ONLY Send Level が小さいと、音量が小さくなり
ます。
MFX に送るレベル
MFX の出力レベル
DRY+MFX
アンドゥ/リストア
キット・エディット
キット名を変更する(Kit Name)
キットの変更を取り消す(UNDO)
キット名を変更します。
現在のキットへの変更を取り消します。
※ 現在のキットを選んだときの状態に戻ります。
(ENTER)ボタンを押します。
1. Kit Name 画面で、[KICK]
※ キットを切り替えると、これまでの変更は取り消しできません。
DRUM KIT NAME 画面が表示されます。
(UNDO)ボタンを押します。
1. キット画面で、[F2]
文字入力操作
操作
[F2]
(C)
[F3]
(A)ボタン
[INSTRUMENT]つまみ
[KICK]
(ENTER)+[F2]
[KICK]
(ENTER)+[F3]
UNDO SELECT 画面が表示されます。
機能
(UNDO)ボタンを押します。
2.[F2]
カーソル移動
文字変更
デリート
インサート
確認画面が表示されます。
(OK)ボタンを押します。
3.[F3]
UNDO が実行されます。
実行したくないときは、
[F1]
(CANCEL)ボタンを押します。
工場出荷時のキットに戻す(RESTORE CURRENT KIT)
現在のキットを、工場出荷時の状態に戻します。
(UNDO)ボタンを押します。
1. キット画面で、[F2]
UNDO SELECT 画面が表示されます。
(RESTORE)ボタンを押します。
2.[F3]
RESTORE CURRENT KIT 画面が表示されます。
3.[INSTRUMENT]つまみで、工場出荷時のキットを選びます。
(RESTORE)ボタンを押します。
4.[F3]
確認画面が表示されます。
(OK)ボタンを押します。
5.[F3]
RESTORE CURRENT KIT が実行されます。
実行したくないときは、
[F1]
(CANCEL)ボタンを押します。
5
コーチ・モードで練習する
オーディオREC
TD-25 には、練習の効果を最大限に引き出すために用意された、大変ユニークな練習用モード「コー
チ・モード」があります。
スピードのコントロール能力や、精度、持久力を鍛えるとともに、タイミングをうまくとる練習に大変
適しています。
コーチ・モードには、調整可能なパラメーターがいくつか用意されているため、それぞれのレベルに
応じた練習をすることができます。
録音内容を書き出す(EXPORT)
オーディオ REC(TD-25 取扱説明書「演奏を録音する」
)で録音した内容を、USB メモリーに書き出
すことができます。
書き出し形式:WAV(44.1kHz、16 ビット)
練習メニューを選ぶ
(EXPORT)ボタン
1. オーディオ REC したデータを再生中に、[F3]
を押します。
1. キット画面で[CLICK]ボタンを押して、クリックを鳴らします。
EXPORT 画面が表示されます。
書き出しファイル名を確認します。
2.
[F1]
(COACH)ボタンを押します。
COACH MENU 画面が表示されます。
※ バージョン 1.00 では、
[F1]
(T.CHECK)ボタンを押します。
[F2]
(=)
[F3]
(?)ボタンで練習メニューを選んで、
[KICK]
(ENTER)ボタンを押します。
3.
[KICK]
(ENTER)ボタンを押すと、すぐに練習がスタートします。
メニュー
(EXECUTE)ボタンを押します。
2.[F3]
TIME CHECK(P.7)
QUIET COUNT(P.7)
WARM UPS(P.8)
USB メモリーにファイルが書き出されます。
※ WAV ファイルは、USB メモリーのルート(一番上の階層)に保存されます。
クリックを録音しない
セットアップの「Click Record」
(P.14)を[OFF]にします。
6
説明
正確なリズムを叩く力をつけます。
体感でテンポを覚える力をつけます。
練習前に、軽く腕ならししたいとき。
コーチ・モードで練習する
ビートに合わせて正確に叩く(TIME CHECK)
身体でテンポを覚える(QUIET COUNT)
メトロノームに合わせて、正確にタイミングよく叩く練習をするためのモードです。
身体でテンポを覚えるためのモードです。最初の数小節は設定された音量でメトロノームが鳴ります
が、次の数小節は音量が小さくなり、ほとんど聴こえなくなります。停止させるまで、この数小節間
隔のサイクルが続きます。
練習
練習
1. メトロノームに合わせてパッドを叩きます。
55 キックとスネアについて、打撃タ
イミングが評価されます。
55 8 小節で自動的に終了し、それま
での演奏の採点結果が表示され
ます。
1. メトロノームのテンポに合わせて、パッドを叩きます。
正確なタイミングで叩いた割
合が「%」で表示されます。
55 最初の数小節はメトロノームが鳴ります。メトロノームが発音する
最後の小節になると、画面に「Ready」と表示されます。
パッドを叩いたタイミングが
クリックに合っているかどうか
を、画面に表示します。
BEHIND :遅い
AHEAD :早い
55メトロノームが鳴り終わると、画面の表示が「Quiet」に変わりま
す。この間もパッドを叩き続けます。
※[F2]
(SETUP)ボタンを押すと、評価するパッドや、採点する小節数を変更することができます。
※[F3]
(CLICK)ボタンを押すと、クリックの設定(P.11)をすることができます。
(EXIT)ボタンを押して終了します。
2.[F1]
55 Quiet の区間のあと、正確なテンポで叩いた割合が「%」で表
示されます。
※[F3]
(CLICK)ボタンを押すと、クリックの設定(P.11)をすることがで
きます。
設定
TIME CHECK 画面で[F2]
(SETUP)ボタンを押すと設定画面が表示されます。
パラメーター 設定値
Score
Grade
Display 1
Display 2
(EXIT)ボタンを押して終了します。
2.[F1]
説明
設定
採点の結果を、画面に表示させるかどうかを設定します。
採点しません。タイミングのチェックだけをし
OFF
ます。
ON
採点の結果を画面に表示します。
(4、8、
また、採点までの間に練習する小節数を指定し
16、32
ます。
meas)
採点基準を設定します。
EASY
標準
HARD
より厳しくタイミングをチェックします。
QUIET COUNT 画面で[F2]
(SETUP)ボタンを押すと設定画面が表示されます。
パラメー
ター
Measures
画面にタイミング・グラフを表示するパッドを選びます。
Gauge
LEFT
BEHIND
LEFT
AHEAD
※
[KICK]
(ENTER)ボタンを押すと、クリックの設定(P.11)をすることができます。
Quiet
タイミング・グラフの左が BEHIND(遅い)で
表示されます。
タイミング・グラフの左が AHEAD(早い)で表
示されます。
設定値
説明
「メトロノーム発音」と「Quiet」の
2、4、8、16(小節) 繰り返し区間の長さ(小節)を設定
します。
Measures で設定した小節のうち、Quiet にする小節の長さ
を設定します。
Quiet の区間が毎回ランダムに設定
RANDOM
されます。
設定した長さ(小節)が Quiet の区
間に設定されます。
1、2、4
※ Measures で設定した値の半分より大
きい値を設定することはできません。
※[KICK]
(ENTER)ボタンを押すと、クリックの設定(P.11)をすることができます。
7
コーチ・モードで練習する
設定
ウォーム・アップ(WARM UPS)
WARM UPS 画面で[F2]
(SETUP)ボタンを押すと設定画面が表示されます。
パラメーター
このモードでは、ステップ 1 ~ 3 まで順番に練習し、各ステップでの演奏を採点して、総合評価をし
ます。
軽めの練習からハードな練習まで、3 つのコースが選べます。また、演奏の上達度に合わせて、テ
ンポの調節もできます。
メモ
Duration
WARM UPS をスタートさせたあとで[F3]
(PAUSE)ボタンを
押すと、WARM UPS を一時停止させることができます。
練習を再開するときは、
[F3]
(START)ボタンを押します。
WARM UPS を終了するときは、
[F1]
(EXIT)ボタンを押します。
ステップ 1:Change-Up
Grade
このステップでは、リズム・タイプが 2 小節ごとに変化していきます。
2 分音符から始まって徐々に音符が細かくなっていき、また 2 分音
符まで戻るというリズムの変化を繰り返します。
設定値
説明
時間を選びます。
所要時間:5 分
5 MINS
Change-Up:2 分
Time Check:3 分
所要時間:10 分
Change-Up:3 分
10 MINS
Auto Up/Down:3 分
Time Check:4 分
所要時間:15 分
Change-Up:5 分
15 MINS
Auto Up/Down:5 分
Time Check:5 分
採点基準を設定します。
EASY
標準
HARD
より厳しくタイミングをチェックします。
ステップ 1:Change-Up での、リズム変化のパターンを設
定します。
ステップ 2:Auto Up/Down
テンポを徐々に上げ下げします。
メトロノームが上限値になるまで、テンポが 1 ずつ上がっていき、上
限値になったらテンポが 1 ずつ下がって最初のテンポに戻ります。そ
の後、同じ動作を繰り返します。
Change-Up
※ Auto Up/Down は、Duration が 10 MINS または 15 MINS のときに実行されます。
※ Auto Up/Down では、
[TEMPO]つまみでテンポを変更できません。
※ 現在のテンポ設定値が、テンポ下限値になります。
Max Tempo
メモ
※[KICK]
(ENTER)ボタンを押すと、クリックの設定(P.11)をすることができます。
練習中に[F1]
(SET MAX)ボタンを押すと、現在のテンポがテンポ上限値となり、
[F1]
(CLR
MAX)ボタンを押すとテンポ上限値が 260 に戻ります。
ステップ 3:Time Check
このステップでは、メトロノームに合わせて正確にタイミングよく叩
く練習をします。
パッドを叩いたタイミングがメトロノームの拍子に合っているかどうか
を画面に表示します。
総合評価
各ステップでの演奏を採点し、総合評価を表示します。
評価(表示)
ステップ 2:Auto Up/Down での、テンポの上限値を設
定します。
EXCELLENT!(最高)
、VERY GOOD!(優秀)
、GOOD
(良)
、AVERAGE(標準)
、START OVER(やり直し)
8
ソング・メニュー
ソングごとの設定を変更する
A-B リピートを設定する
ソングの一部区間をリピートすることができます。
ソング・メニューでは、オーディオ・ファイルごとの音量やループ再生などを設定します。
A
B
(MENU)ボタンを押します。
1. USB SONG 画面で、[F3]
SONG MENU 画面が表示されます。
パラメーター
Song Speed
Play Type
Song Volume
(MENU)ボタンを押して表示される
1. ソング再生中に、[F3]
説明
SONG MENU 画面で[KICK]
(ENTER)ボタンを押します。
曲の再生スピードを変更します。
LOOP:繰り返し再生します。
1SHOT:1 度だけ再生して、停止します。
オーディオ・ファイルの音量を調節します。
A-B REPEAT 画面が表示されます。
(SET A)ボタンを押します。
2. リピートを始めたい位置で、[F3]
※[F1]
(x)
[F2]
(y)ボタンで、5 秒戻し/ 5 秒送りができます。長
押しすると、早戻し/早送りができます。
USB メモリーを差さずに[USB SONG]ボタンを押すと、内蔵デモ・ソングが選ばれます。
内蔵デモ・ソングは以下の制約があります。
55 Play Type は LOOP 固定になります。
55 Song Volume は 100 固定になります。
(SET B)ボタンを押します。
3. リピートの終了位置で、[F3]
A 点と B 点の間をリピート再生します。
キット画面で[USB SONG]ボタンを押しながら[q/p]ボタンを押すと、キット画面のまま
ソングを再生できます。
※[F3]
(RESET)ボタンを押すと、A 点/ B 点を設定し直すことができます。
A-B リピートを取り消す
(CANCEL)ボタンを押します。
1.[F1]
A-B REPEAT 画面が閉じ、通常の再生に戻ります。
9
セットアップ
(ENTER)ボタンを押して、決定します。
4.[KICK]
基本操作
選んだページが表示されます。
セットアップでは、TD-25 全体の設定をします。
[INSTRUMENT]つま
みで値を変更します。
(MENU)ボタンを押します。
1. キット画面で、[F3]
エディット・メニュー画面が表示されます。
(SETUP)ボタンを押します。
2.[F3]
セットアップ画面が表示されます。
[KICK]
(ENTER)ボタンで決定します。
パラメーターを選びます。
(=)
[F3]
(?)ボタンで、パラメーターを選びます。
5.[F2]
6.[INSTRUMENT]つまみで、値を変更します。
(ENTER)ボタンを押すと、別の画面へ移動します。
7. 画面によっては、[KICK]
ページを抜けます。
8. キット・セレクターを押して、キット画面に戻ります。
項目を選びます。
※ 変更した内容は、自動的に保存されます。
(=)
[F3]
(?)ボタンで、設定する項目を選びます。
3.[F2]
Options
Click
Trigger Settings
Hi-Hat Setting
Pad Panning
Pad Note Number
MIDI
Audio
P.11
P.11
P.12
P.13
P.13
P.13
P.14
P.14
Load 1 Kit
P.15
Save 1 Kit
P.15
Load Backup
Save Backup
Delete Backup
USB Memory Info
USB Memory Format
System Info
Factory Reset
P.16
P.16
P.16
P.17
P.17
P.17
P.17
10
セットアップ
Options
Click
TD-25 全体の一般的な設定をします。
クリックの設定をします。
ディスプレイを調節する
パラメーター
LCD Contrast
LCD Brightness
クリックを調節する
説明
パラメーター
Beat
Pattern
Sound
Volume
Pan
ディスプレイのコントラストを調節します(初期値:12)
。
ディスプレイの明るさを調節します(初期値:8)
。
オート・オフの設定を変更する
TD-25 は、操作や演奏をやめてから一定時間経過すると、自動的に電源が切れます。
工場出荷時は「4 HOURS」に設定されています。
※ 電源が切れる 30 分前に、ディスプレイにメッセージが表示されます。
パラメーター
Auto Off
説明
OFF
4 HOURS
電源は自動的に切れません。
4 時間経過すると、自動的に電源が切れます。
USB オーディオを使う(USBドライバー・モード)
USB でパソコンと接続するときの、USBドライバー・モードを切り替えます。
設定変更後は、必ず TD-25 の電源を入れ直してください。
パラメーター
USB Driver
値
動作
ドライバー
GENERIC
USB-MIDI
不要
VENDOR
USB-AUDIO
USB-MIDI
必要
説明
パソコンや iPad と MIDI 信号をやり
とりするときに選びます。
パソコンとオーディオ信号をやりとり
するときに選びます。
USBドライバーは、ローランドのホームページからダウンロードできます。
http://www.roland.co.jp/support/
動作条件については、ローランドのホームページをご覧ください。
USBドライバーはご使用の環境によって、
インストールするプログラムや手順が異なります。詳しくは、
ダウンロードしたファイルにある「Readme.htm」をご覧ください。
11
説明
拍子
クリックの間隔
音色
音量
左右の定位
セットアップ
Trigger Settings
パラメーター
Head/Rim Adj
接続した各パッドのタイプや、詳細パラメーターを設定します。
XStick Thre
パッド(トリガー)の調節をする
パラメーター
Type
Sensitivity
Threshold
Rim Gain
説明
接続したパッド/ドラム・トリガーのタイプを選びます。
※ タイプを変更すると、以下のパラメーターはタイプに応じた値に変更されます(XTalk Cancel を除く)
。
Retrig Cancel
パッド/ドラム・トリガーの感度を調節し、叩く強さと音量のバランスを調節します。値を大き
くすると感度が高くなり、弱く叩いても大きな音で鳴ります。値を小さくすると感度が低くなり、
強く叩いても小さな音で鳴ります。
パッド/ドラム・トリガーが周囲の振動で誤発音す
る場合に、値を大きくします。
スレッショルド
値をあまり大きくすると、弱く叩いたときに音が鳴
らなくなるので、誤発音しない範囲でなるべく小
さな値にします。
右の図で、B は発音しますが、A、C は発音しません。
以下のパッド/ドラム・トリガーの、リムの感度を調節します。
値を大きくすると、リムを弱く叩いても大きな音で鳴ります。
PD シリーズ、PDX シリーズ、CY シリーズ、RT-10S、
パッド/ドラム・トリガーを叩く強さに対する音量変化を調節します。
ScanTime (ms)
MaskTime (ms)
Pos Detect H
Pos Detect R
RT-30HR
音量
LINEAR
LINEAR
音量
EXP1
EXP2
EXP2
叩く
強さ
LOG2
叩く
強さ
LINEAR に比べ、強めに叩くときの音量変化が
大きくなります。
XTalk Cancel
音量
LOG1
LINEAR に比べ、弱めに叩くときの音量変化が
大きくなります。
音量
SPLINE
SPLINE
音量
LOUD1
LOUD2
LOUD1
RT-30HR
PD シリーズ(PD-8 を除く)
、PDX シリーズ、RT-10S、
RT-30HR
以下のパッド/ドラム・トリガーで、クロス・スティックとリム・ショット(オープン・リム・ショッ
ト)の切り替わる強さを調節します。
値を大きくするとクロス・スティックが鳴らしやすくなります。
「0」
に設定すると、
クロス・スティッ
ク奏法をしたときにも、リム・ショットが鳴ります。
1 度の打撃で、重ねて 2 回発音する(リトリガー)のを防ぎます。
A:リトリガー
特にドラム・トリガーでは波形が乱れているため、図の A 点でも発音
することがあります。この現象は、特に波形の消え際で起こりやすく、
この波形の乱れを検出し誤発音を防止します。
パッド/ドラム・トリガーを叩きながら値を上げていき、リトリガーがな
くなるように調節します。値をあまり大きくすると、連打やロールで音
抜けが発生します。
打撃信号の検出時間を設定します。
パッドを同じ強さで叩きながら値を上げていき、一番大きな音量で安定して発音する値に調節
します。値をあまり大きくすると、打撃から発音までの時間が長くなり、演奏性能が下がります。
打撃直後に、スティックやビーターが反動で打面に触れると、2 度鳴りが発生します。
打撃直後の一定時間、打撃を無視することにより、この 2 度鳴りを防止します。パッドを叩き
ながら値を上げていき、2 度鳴りがなくなるように調節します。値をあまり大きくすると、連
打やロールで音抜けが発生します。
ヘッド(H)またはリム(R)の打点位置検出をオン/オフします。
※ 打点位置検出に対応する TRIGGER INPUT 端子:スネア、ライド、AUX
ドラム・トリガーを取り付けていないドラムを叩いたときの音、または外部からの音や振動に
よってドラム・トリガーが誤って発音することを防ぎます(ノイズ・キャンセル)
。
※「RT-30H」はノイズ・キャンセル機能に対応していません。
EXP1
LOG1
LOG2
PD シリーズ(PD-8 を除く)
、PDX シリーズ、RT-10S、
いだ当社推奨のステレオ・ケーブルを、ドラム・トリガー「RT-30K」や「RT-30HR」につないだとき、こ
のノイズ・キャンセル機能を使うことができます。
音量
音量
Curve
以下のパッド/ドラム・トリガーで、ヘッド ・ ショットとリム・ショット(オープン・リム・ショット)
の鳴りやすさを調節します。
ヘッドを強打したときにリム・ショットの音が鳴ってしまう場合は、値を大きくします。リム・ショッ
トをしたときにヘッドの音が鳴ってしまう場合は、値を小さくします。リムを弱く叩いたときに
ヘッドの音が鳴ってしまう場合は、値を小さくします。
ExtNoiseCancel ※ 専用接続ケーブルの「SNR」、「TOM1」、「TOM2」、「TOM3」や、TRIGGER IN 端子(AUX)につな
標準的な設定です。叩く強さと音量の変化が
最も自然になります。
叩く
強さ
説明
叩く強さによる音量変化が極端になります。
叩く
強さ
音量
LOUD2
叩く
強さ
叩く強さによる音量変化が少なく、演奏しやす
い音量を保つことができます。
12
同じスタンドにパッド(またはドラム・トリガーを取り付けたアコースティック・ドラム)を複数
取り付けたとき、叩いた振動で、
ほかのパッド(またはドラム・トリガー)が誤発音(クロストーク)
するのを防ぎます。たとえば、
パッド A を叩いたときにパッド B が誤発音してしまうときは、
パッ
ド B の XTalk Cancel 値を大きくして、クロストークがなくなるように調節します。値をあま
り大きくすると、
パッドA とパッドB を同時に叩いたときに、
パッドB の音が抜けやすくなります。
セットアップ
Hi-Hat Setting
Pad Note Number
ハイハットを調節する
各パッドのノート・ナンバーを調節する
パラメーター
Foot Splash Sens
VH-11 CALIB
説明
パラメーター
Kick
Snare Head
Snare Rim
Snare Brush
Snare XStick
Tom1 Head
Tom1 Rim
Tom2 Head
Tom2 Rim
Tom3 Head
Tom3 Rim
HH Open Bow
HH Open Edge
HH Close Bow
HH Close Edge
HH Pedal
Crash1 Bow
Crash1 Edge
Crash2 Bow
Crash2 Edge
Ride Bow
Ride Edge
Ride Bell
AUX Head
AUX Rim
フット・スプラッシュの鳴りやすさを調節します。
このメーターを見ながら、VH-11 のオフセットを調節します。
詳しくは、TD-25 取扱説明書「ハイハットを調節する」をご覧ください。
Pad Panning
各パッドの定位を調節する
パラメーター
Kick
Snare
Tom1
Tom2
Tom3
Hi-Hat
Crash1
Crash2
Ride
AUX
説明
各パッドの左右の定位を設定します。
すべてのドラム・キットに共通の設定です。
13
説明
各パッドが送受信するノート・ナンバーを設定します。
すべてのドラム・キットに共通の設定です。
※ 他と同じノート・ナンバーを選ぶと、ノート・ナンバーの右側に「*」が表示されます。
セットアップ
MIDI
Audio
MIDI に関する設定をする
AUDIO INPUT や USB の音量を調節する
※ すべてのドラム・キットに共通の設定です。
パラメーター
MIDI Channel
Local Control
Program Change Tx
Program Change Rx
HHPedal CC
Snare CC
Ride CC
AUX CC
HH Note# Border
パラメーター
AUDIO IN Gain (dB)
USB Input Gain (dB)
USB Output Gain (dB)
説明
ドラム・キットの送受信チャンネルを設定します(初期値:CH10)
。
「OFF」にすると、TD-25 のパッドと内部音源を切り離します。通常は「ON」にしてお
きます(初期値:ON)
。
「ON」にすると、ドラム・キットを切り替えたとき、プログラム・チェンジ情報を送信
します(初期値:ON)
。
「ON」にすると、プログラム・チェンジ情報を受信し、ドラム・キットが切り替わります
(初期値:ON)
。
ハイハット・ペダルを踏む深さを送受信する、コントロール・チェンジ・メッセージです。
説明
AUDIO INPUT 端子の音量を調節します。
USB-Audio で、パソコンからの音声の音量を調節します。
USB-Audio で、パソコンへ送る音声の音量を調節します。
TONE の周波数を設定する
パラメーター
TONE BASS Freq (Hz)
TONE TREBLE Freq
(Hz)
スネア、ライド、AUX の打点位置を送受信するコントロール・チェンジ・メッセージです。
使用する MIDI 音源に適した MIDI メッセージを送信するための設定です。
ハイハットを叩いたときに送信されるノート・ナンバーは、ハイハット・ペダルの踏み
込み位置で切り替えることができます。
HH Note# Border で、オープン・ハイハットからクローズド・ハイハットにノート・ナ
ンバーが切り替わるペダル位置(コントロール・チェンジの値)を設定します。TD-25
が送信するノート・ナンバーとコントロール・チェンジの値を確認しながら、お好みの
ペダル位置でノート・ナンバーが切り替わるように設定してください(初期値:90)
。
説明
TONE[BASS]つまみで調節する周波数を設定します。
TONE[TREBLE]つまみで調節する周波数を設定します。
オーディオ REC の設定をする
パラメーター
AUDIO REC Click
Record
※ この値を変更すると、実際のハイハットの演奏と、録音した MIDI データを再生したときの演奏
が異なることがあります。
AUDIO REC Backing
Record
14
説明
「OFF」にすると、クリックを録音しません(初期値:ON)
。
「Backing Record」が「OFF」のときには強制的に「OFF」になります。
「OFF」にすると、バッキングの音を録音しません(初期値:ON)
。
セットアップ
Load 1 Kit
Save 1 Kit
USB メモリーに保存した 1 つのキットを読み込む
1 つのキットだけを USB メモリーに保存する
※ 初めて USB メモリーを使うときは、必ず TD-25 で初期化してください(P.17)
。
1. USB メモリーを TD-25 に接続します。
1. USB メモリーを TD-25 に接続します。
2. キット画面で読み込み先のキットを選びます。
2. キット画面で保存したいキットを選びます。
3. セットアップ(P.10)で「Load 1 Kit」を選びます。
3. セットアップ(P.10)で「Save 1 Kit」を選びます。
LOAD 1 KIT 画面が表示されます。
SAVE 1 KIT 画面が表示されます。
4.[INSTRUMENT]つまみで読み込みたいキットの番号を選びます。
4.[INSTRUMENT]つまみで、保存先の番号(1 〜 999)を選びます。
(LOAD)ボタンを押します。
5.[F3]
[F2]
(NEW)ボタンを押すと、キットが保存されていない最も若い番号が選ばれます。
999 個(1 〜 999)保存することができます。
確認画面が表示されます。
(OK)ボタンを押します。
6.[F3]
(SAVE)ボタンを押します。
5.[F3]
USB メモリーから読み込んだキットの設定が、手順 2 で選んだキッ
トに上書きされます。
[F1]
(EXIT)ボタンを押すと、読み込みが中止されます。
確認画面が表示されます。
(OK)ボタンを押します。
6.[F3]
手順 2 で選んだドラム・キットの設定が、USB メモリーに保存され
ます。
※ キット・ファイルは、USB メモリー内の Roland/TD-25/Kit フォルダーに保存されます。
15
セットアップ
(OK)ボタンを押します。
4.[F3]
Load Backup
※ 初めて USB メモリーを使うときは、必ず TD-25 で初期化してください(P.17)
。
※ バックアップ・ファイルは、USB メモリー内の Roland/TD-25/Backup フォルダーに保存されます。
Delete Backup
USB メモリーのバックアップを読み込む
USB メモリーに保存したバックアップを読み込みます。
ご注意 !
USB メモリーのバックアップを削除する
バックアップを読み込むと、TD-25 本体内の設定はすべて消去されます。
1.[INSTRUMENT]つまみで、読み込むバックアップを選びます。
USB メモリーに保存したバックアップを削除します。
(LOAD)ボタンを押します。
2.[F3]
1.[INSTRUMENT]つまみで、削除したいバックアップを選びます。
(OK)ボタンを押します。
3.[F3]
(DELETE)ボタンを押します。
2.[F3]
(OK)ボタンを押します。
3.[F3]
Save Backup
バックアップは、99 個(1 〜 99)保存することができます。
USB メモリーにバックアップする
USB メモリーに TD-25 のすべての設定をバックアップします。
1.[INSTRUMENT]つまみで、バックアップ先の番号を選びます。
[F2]
(NEW)ボタンを押すと、空の番号が選ばれます。
(SAVE)ボタンを押します。
2.[F3]
(NAME)ボタンを押して名前を入力
3. 名前を変更するときは、[F2]
し、
[F1]
(EXIT)ボタンを押します。
操作
[F2]
(C)
[F3]
(A)ボタン
[INSTRUMENT]つまみ
[KICK]
(ENTER)+[F2]
[KICK]
(ENTER)+[F3]
機能
カーソル移動
文字変更
デリート
インサート
16
セットアップ
USB Memory Info
System Info
USB メモリーの情報を見る
本体の情報を見る
パラメーター
Backup All
Backup 1 Kit
Audio File
Size Used
TD-25 本体についての情報を表示します。
説明
保存されているバックアップの数
保存されているドラム・キットの数
保存されているオーディオ・ファイルの数
USB メモリーの使用量
パラメーター
Program Version
説明
プログラム・バージョン
Factory Reset
USB Memory Format
工場出荷時の設定に戻す
USB メモリーをフォーマットする
本機に記憶されている設定値を、工場出荷時の状態に戻します。
これをファクトリー・リセットと呼びます。
USB メモリーを初期化します。
ご注意!
ご注意 !
USB メモリーを初期化すると、USB メモリー内のデータはすべて消去されます。
ファクトリー・リセットを実行すると、本機に記憶されている設定値はすべて消去されます。
必要な設定は、USB メモリーにバックアップしてください(P.16)
。
(FORMAT)ボタンを押します。
1.[F3]
(RESET)ボタンを押します。
1.[F3]
(OK)ボタンを押します。
2.[F3]
(OK)ボタンを押します。
2.[F3]
17
マルチエフェクト
エフェクト・タイプ
OFF
STEREO DELAY
REVERSE DELAY
TAPE ECHO
CHORUS
PHASER
STEP PHASER
FLANGER
ページ
エフェクト・タイプ
ページ
エフェクト・タイプ
ページ
P.18
P.18
P.18
P.18
P.18
P.18
P.19
REVERB
LONG REVERB
SATURATOR
SUPER FILTER
FILTER+DRIVE
AUTO WAH
LO-FI COMPRESS
DISTORTION
P.19
P.19
P.19
P.20
P.20
P.20
P.20
P.20
OVERDRIVE
ISOLATOR
RING MODULATOR
STEP RINGMOD
PITCH SHIFT
AUTO PAN
P.21
P.21
P.21
P.21
P.21
P.21
TAPE ECHO
往年のテープ式エコーの効果です。
パラメーター
設定値
説明
Rate
Intensity
0 〜 127
0 〜 127
テープ・スピード
エコー音の繰り返し量
CHORUS
ステレオ仕様のコーラスです。フィルターを使ってコーラス音の音質を調節できます。
パラメーター一覧
STEREO DELAY
ステレオ仕様のディレイです。
パラメーター
設定値
Time Left
0 ~ 1300 msec
Time Right
0 ~ 1300 msec
Feedback
-98 〜 +98 %
Phase Left
NORMAL、INVERSE
Phase Right
NORMAL、INVERSE
Wet Gain Low
Wet Gain High
-15 〜 +15 dB
-15 〜 +15 dB
説明
原音が鳴ってから左のディレイ音が鳴るまでの遅
延時間
原音が鳴ってから右のディレイ音が鳴るまでの遅
延時間
ディレイ音を入力に戻す割合(マイナス:逆相)
左のディレイ音の位相
NORMAL:非反転
INVERSE:反転
右のディレイ音の位相
NORMAL:非反転
INVERSE:反転
エフェクト音の低域の増幅/減衰量
エフェクト音の高域の増幅/減衰量
設定値
説明
0 〜 127
DlyTime
0 ~ 1300 msec
Feedback
-98 〜 +98 %
リバース・ディレイがかかり始める音量
リバース・ディレイに音が入力されてからディレ
イ音が鳴るまでの遅延時間
ディレイ音をリバース・ディレイの入力に戻す割
合(マイナス:逆相)
PreDelay
0.0 〜 100 msec
Rate
Depth
Phase
0 〜 127
0 〜 127
0 〜 180 deg
Filter Type
OFF、LPF、HPF
Cutoff
200 〜 8000 Hz
説明
原音が鳴ってからコーラス音が鳴るまでの遅延
時間
揺れの周期
揺れの深さ
コーラス音の広がり具合
フィルターの種類
OFF:フィルター未使用
LPF:低域をカット
HPF:高域をカット
フィルターで特定の周波数帯をカットする場合の
基準周波数
ステレオ仕様のフェイザーです。原音に位相をずらした音を加えてうねらせます。
パラメーター
Mode
Manual
Rate
Depth
Resonance
入力された音のリバース音をディレイ音として付加するリバース・ディレイです。リバース・ディレイ
の直後にはコーラスが接続されています。
Threshold
設定値
PHASER
REVERSE DELAY
パラメーター
パラメーター
設定値
4-STAGE、8-STAGE、
12-STAGE
0 〜 127
0 〜 127
0 〜 127
0 ~ 127
説明
フェイザーの段数
音をうねらせる基準周波数
うねりの周期
うねりの深さ
フィードバック量
STEP PHASER
ステレオ仕様のフェイザーです。フェイザー効果が段階的に変化します。
パラメーター
Mode
Manual
Rate
Depth
Resonance
Step Rate
18
設定値
4-STAGE、8-STAGE、
12-STAGE
0 〜 127
0 〜 127
0 〜 127
0 〜 127
0 〜 127
説明
フェイザーの段数
音をうねらせる基準周波数
うねりの周期
うねりの深さ
フィードバック量
フェイザー効果の段階的変化の周期
マルチエフェクト
FLANGER
LONG REVERB
ステレオ仕様のフランジャーです(LFO は左右同相)
。ジェット機の上昇音/下降音のような金属的
な響きが得られます。
パラメーター
設定値
PreDelay
0.0 〜 100 msec
Rate
Depth
Phase
0 〜 127
0 〜 127
0 〜 180 deg
Feedback
-98 〜 +98 %
より豊かな残響成分を持つリバーブです。
説明
原音が鳴ってからフランジャー音が鳴るまでの遅
延時間
揺れの周期
揺れの深さ
フランジャー音の広がり具合
フランジャー音を入力に戻す割合(マイナス:逆
相)
REVERB
原音に残響を加え、空間の広さなどをシミュレートします。
パラメーター
設定値
Reverb Type
ROOM1、ROOM2、
STAGE1、STAGE2
Reverb Time
0 〜 127
PreDelay
0.0 〜 100 msec
HF Damp
200 〜 8000 Hz、BYPASS
Wet Gain Low
Wet Gain High
-15 〜 +15 dB
-15 〜 +15 dB
説明
リバーブの種類
ROOM1:余韻が短く高密度
ROOM2:余韻が短く低密度
STAGE1:後部残響音多め
STAGE2:初期反射強め
リバーブ音の余韻の長さ
原音が鳴ってからリバーブ音が鳴るまでの遅延
時間
リバーブ音の高域成分をカットする周波数
周波数を低くするほどやわらかなリバーブ音にな
ります。(BYPASS:カットしない)
エフェクト音の低域の増幅/減衰量
エフェクト音の高域の増幅/減衰量
パラメーター
設定値
Character
Reverb Time
0〜5
0 〜 127
PreLPF
16 ~ 15000 Hz、BYPASS
PreHPF
BYPASS、16 〜 15000 Hz
Pre EQ Freq
200 〜 8000 Hz
Pre EQ Gain
-15 〜 +15 dB
Depth
0 〜 127
HF Damp
16 〜 15000 Hz、BYPASS
LF Damp
BYPASS、16 〜 15000 Hz
EQ Lo
EQ Hi
-15 〜 +15 dB
-15 〜 +15 dB
説明
リバーブの種類
リバーブ音の余韻の長さ
入力音の高域成分をカットするフィルターの基準
周波数
(BYPASS:カットしない)
入力音の低域成分をカットするフィルターの基準
周波数
(BYPASS:カットしない)
入力音の特定の周波数帯を増減するフィルター
の基準周波数
入力音の特定の周波数帯を増減するフィルター
の増幅/減衰量
効果の深さ
リバーブ音の高域成分をカットする基準周波数
(BYPASS:カットしない)
リバーブ音の低域成分をカットする基準周波数
(BYPASS:カットしない)
低域の増幅/減衰量
高域の増幅/減衰量
SATURATOR
音を歪ませるサチュレーターと、並列に入ったコンプレッサーにより、音質を荒くし、音圧を出します。
入力音の低音域はカットします。
19
パラメーター
設定値
説明
Saturator Gain
Saturator Drive
0 ~ 127
0 ~ 127
サチュレーターへの入力音量
歪み具合
Saturator Level
0 ~ 127
サチュレーターの出力音量
Comp Depth
0 ~ 127
音の圧縮具合
Comp Level
0 ~ 127
コンプレッサーの出力音量
EQ Hi Gain
-12 〜 +6 dB
高域の増幅/減衰量
マルチエフェクト
SUPER FILTER
AUTO WAH
非常に急しゅんな傾き(減衰特性)を持つフィルターです。カットオフ周波数を周期的に変化させる
こともできます。
パラメーター
Filter Type
設定値
LPF、BPF、HPF、NOTCH
フィルターを周期的に動かすことで、ワウ効果(音色が周期的に変化する効果)を得るエフェクター
です。
説明
パラメーター
フィルターの種類
各フィルターを通過する周波数
LPF:Cutoff 以下の周波数
BPF:Cutoff 付近の周波数
HPF:Cutoff 以上の周波数
NOTCH:Cutoff 付近以外の周波数
フィルターのカットオフ周波数
値を大きくするほど高い周波数になります。
フィルターの共振レベル
値を大きくするほどカットオフ周波数付近が強調
されます。
Filter Cutoff
0 ~ 127
Filter Resonance
0 ~ 127
Modulation Switch
OFF、ON
周期的な変化のオン/オフ
Modulation Rate
Modulation Depth
0 ~ 127
0 ~ 127
揺れの周期
揺れの深さ
Cutoff
0 ~ 127
Resonance
0 ~ 127
Drive
0 ~ 127
Filter Type
LPF、BPF
Manual
0 ~ 127
Peak
0 ~ 127
Polarity
UP、DOWN
Rate
Depth
0 ~ 127
0 ~ 127
パラメーター
設定値
説明
PreFilter
Type1 〜 3
Lo-Fi
Type1 〜 9
Post Filter Type
OFF、LPF、HPF
Post Filter Cutoff
Gain Low
Gain High
200 〜 8000 Hz
-15 〜 +15 dB
-15 〜 +15 dB
LoFi を通る前のフィルターの種類
音質を粗くします。値が大きいほど音質が粗く
なります。
LoFi を通ったあとのフィルターの種類
OFF:フィルター未使用
LPF:高域をカット
HPF:低域をカット
Post Filter の基準周波数
低域の増幅/減衰量
高域の増幅/減衰量
音質を荒くします。
オーバードライブ付きのロー・パス・フィルターです。高音域をカットし、歪みを加えます。
設定値
説明
フィルターの種類
LPF:広い周波数範囲でワウ効果が得られます。
BPF:狭い周波数範囲でワウ効果が得られます。
ワウ効果を与える基準周波数
ワウ効果のかかる周波数帯の幅
値を大きくするほど周波数帯の幅が狭くなり
ます。
フィルターの動く方向
UP:高い周波数方向
DOWN:低い周波数方向
揺れの周期
ワウ効果の揺れの深さ
LO-FI COMPRESS
FILTER+DRIVE
パラメーター
設定値
説明
フィルターのカットオフ周波数
値を大きくするほど高い周波数になります。
フィルターの共振レベル
値を大きくするほどカットオフ周波数付近が強
調されます。
歪み具合
DISTORTION
音を激しく歪ませます。フィルターを使って歪み音の音質を調節できます。
20
パラメーター
設定値
Pre HPF
BYPASS、16 〜 1000 Hz
Drive
Tone
0 〜 127
0 〜 127
説明
入力音の低域成分をカットするフィルターの基準
周波数
(BYPASS:カットしない)
歪み具合
歪み音の音質
マルチエフェクト
OVERDRIVE
STEP RINGMOD
音をマイルドに歪ませます。フィルターを使って歪み音の音質を調節できます。
変調をかける周波数を 8 ステップのシーケンスにしたがって変化させるリング・モジュレーターです。
パラメーター
パラメーター
設定値
Mode
RING MOD、ENV OSC
Freq Modify
Attack
Rate
Freq Step 1 〜 8
-64 〜 +63
0 〜 127
0 〜 127
0 〜 127
設定値
Pre HPF
BYPASS、16 〜 1000 Hz
Drive
Tone
0 〜 127
0 〜 127
説明
入力音の低域成分をカットするフィルターの基準
周波数
(BYPASS:カットしない)
歪み具合
歪み音の音質
ISOLATOR
音量をカットする度合いが非常に大きなイコライザーで、各音域の音量をカットすることにより特殊な
効果が得られます。
パラメーター
設定値
Boost/Cut Low
-64 〜 +63
Boost/Cut Mid
-64 〜 +63
Boost/Cut High
-64 〜 +63
説明
RING MOD:入力信号に AM 変調をかけます。
ENV OSC:入力信号に応じたオシレータを出力
します。
全ステップの値を増減する
変調の周波数がステップ間で変化する速さ
8 ステップのシーケンスを繰り返す周期
各ステップにおけるリング変調の周波数
PITCH SHIFT
原音のピッチをずらします。ピッチをずらした 2 つの音を原音に重ねて鳴らすことができます。
説明
低域の増幅/減衰量
-64 でその帯域は聴こえなくなります。0 で入
力音と同じレベルです。
中域の増幅/減衰量
-64 でその帯域は聴こえなくなります。0 で入
力音と同じレベルです。
高域の増幅/減衰量
-64 でその帯域は聴こえなくなります。0 で入
力音と同じレベルです。
RING MODULATOR
入力信号に振幅変調(AM 変調)をかけることによりベルのような音を出すことができます。入力音
の音量により、変調周波数を変化させることもできます。
パラメーター
設定値
説明
Pitch1
Pitch1 Level
Pitch2
Pitch2 Level
-24 〜 +12 semi
0 〜 127
-24 〜 +12 semi
0 〜 127
DlyTime
0 ~ 1300 msec
Feedback
-98 〜 +98 %
Wet Gain Low
Wet Gain High
-15 〜 +15 dB
-15 〜 +15 dB
ピッチ・シフト 1 のピッチ・シフト量(半音単位)
ピッチ・シフト 1 の音量
ピッチ・シフト 2 のピッチ・シフト量(半音単位)
ピッチ・シフト 2 の音量
原音が鳴ってからピッチ・シフトの音が鳴るまで
の遅延時間
ピッチ・シフト音を入力に戻す割合(マイナス:
逆相)
エフェクト音の低域の増幅/減衰量
エフェクト音の高域の増幅/減衰量
AUTO PAN
説明
音の定位を周期的に変化させます。
パラメーター
設定値
説明
0 〜 127
RING MOD:入力信号に AM 変調をかけます。
ENV OSC:入力信号に応じたオシレータを出力
します。
変調をかける周波数
Rate
Depth
0 〜 127
0 〜 127
エフェクトのかかる周期
エフェクトのかかる深さ
Sensitivity
0 〜 127
周波数の変調のかかり具合
Polarity
UP、DOWN
周波数の変調を動かす方向
UP:高い周波数方向
DOWN:低い周波数方向
パラメーター
設定値
Mode
RING MOD、ENV OSC
Frequency
21
資料
表示されるメッセージ一覧
その他のメッセージ
メッセージ
エラー・メッセージ
メッセージ
意味
解決方法
Data Damaged!
USB メモリーの内容が壊れています。
このファイルは使わないでください。
Empty Backup!
指定されたバックアップが USB メモリーにあ
ー
りません。
MIDI Buffer Full!
大量の MIDI メッセージを短時間に受信した
ため、処理できません。
外部 MIDI 機器を正しく接続している
ことを確認してください。それでも直
らないときは、TD-25 へ送信する MIDI
メッセージの量を少なくしてください。
No empty backup
area remains.
空のバックアップが USB メモリーにありま
せん。
不要なバックアップを削除してくだ
さい。
Song is too long!
オーディオ・ファイルが長すぎるため再生で
きません。
Song is too short!
System Error!
System Initialize
USB drive is too busy.
2GB 以下のオーディオ・ファイルを再
生してください。
1 秒以上のオーディオ・ファイルを再
オーディオ・ファイルが短すぎるため再生で 生してください。
きません。
1 秒未満のオーディオ・ファイルは再
生できない場合があります。
お買い上げ店またはローランドお客
内部システムに異常があります。
様相談センターにお問い合わせくだ
さい。
お買い上げ店またはローランドお客
本体メモリーの内容が壊れている可能性があ
様相談センターにお問い合わせくだ
ります。
さい。
データの読み出しまたは書き込みが間に合い ローランドが販売している USB メモ
ませんでした。
リーを使用してください。
USB メモリーの内容が壊れています。
このファイルは使わないでください。
USB メモリーがフォーマットされていません。
USB メモリーをフォーマットしてくだ
さい。
USB Memory Full!
USB メモリーに空き容量がありません。
不要なデータを削除してください。
USB memory is not
connected!
USB メモリーを正しく挿入してくだ
USB メモリーが USB MEMORY 端子に差し さい。
込まれていません。
ローランドが販売している USB メモ
リーを使用してください。
USB Memory Error!
No AUDIO REC Data!
録音データが存在しません。
AUDIO REC Memory
Full!
AUDIO REC Memory
Error!
オーディオ REC 用の容量がいっぱいになり、
–
録音を停止しました。
USB メモリーを正しく挿入してくだ
録音中にエラーが発生しました。
さい。
意味
解決方法
Cannot GROUP
[F2]
(GROUP)ボタンをオンにして、タム
MUFFLING. Select
タム 1 〜 3 のマフリングがすべて
のマフリングをまとめて変更するには、タム
INSTRUMENT with
MUFFLING もしくは DECAY になる
1 〜 3 のマフリングがすべて MUFFLING も
same parameter.
ようにインストを変更してください。
しくは DECAY である必要があります。
(MUFFLING or DECAY)
Clear current TOMS
INSTRUMENT assign,
タム 1 〜 3 に設定されているインストは破
プリセットのタムの設定に変えるときは、
(OK)を押します。中止する場
and change to preset 棄されて、プリセットのタムの設定に変わり [F3]
assign. Press [OK] to
ます。
合は[F1]
(CANCEL)を押します。
Execute.
The modified settings
will become effective USB Driver の設定は、本体の電源を入れ直
本体の電源を入れ直してください。
after power off and
すと有効になります。
restart.
–
22
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement