Barco F70-4K6 ユーザーガイド

Barco F70-4K6 ユーザーガイド
F70 Series
ユーザーマニュアル
ENABLING BRIGHT OUTCOMES
Barco Fredrikstad AS
Habornveien 53, N-1630 Gamle Fredrikstad, Norway
Support.fre@barco.com
www.barco.com
Registered address: Barco NV
President Kennedypark 35, 8500 Kortrijk, Belgium
www.barco.com/en/support
www.barco.com
変更点
Barco は、このマニュアルを「現状のまま」で提供し、暗黙的保証または特定の目的に対する商業性および
適合性を含むがそれに限定されない、明示的または暗黙的に、いかなる保証も適用されません。Barco は、
この出版物に記述されている製品やプログラムに対する改良や変更を事前通知なしでいつでも実施できま
す。
この出版物には、技術的な誤りや誤植が含まれている可能性があります。この出版物への変更は定期的に行
われます。このようは変更は新版に組み込まれます。
Barco マニュアルの最新版は、Barco ウェブ サイト www.barco.com または安全な Barco ウェブ サイト
https://www.barco.com/en/signin からダウンロードできます。
アメリカ連邦通信委員会(FCC宣言)
この装置は、FCC 規則の第 15 章に準じてテストが行われ、デジタル デバイスのクラス A の制限に準拠する
ことが確認されています。これらの制限は、機器が商業的環境で使用される際の妨害からの適切な保護を目
的として確立されました。この機器は無線エネルギーを生成、利用し、発散することがあるため、操作マ
ニュアルにしたがって取り付け、使用が行われない場合、無線通信に有害な干渉を引き起こす場合がありま
す。機器を住宅地で使用すると、有害な干渉を引き起こすおそれがあり、この場合ユーザーは、干渉を補正
する責任を自身で有することになります。
コンプライアンスに責任を持つ者によって明示的に承認されていない変更または修正を行うと、装置を操作
するユーザーの権限が無効になる可能性があります
FCC 担当者:
Barco Inc.
3059 Premiere Parkway Suite 400
30097 Duluth GA, United States
電話: +1 678 475 8000
商標
本書に記載されているブランド名と製品名は、各所有者の商標、登録商標、または著作権である場合があり
ます。これらのブランド名および製品名は、いずれも説明上、または例として挙げたものであり、その製品
やメーカーを宣伝するものではありません。
特許保護
www.barco.com/about-barco/legal/patents を参照してください
トルコ Rohs 指令対応
Türkiye Cumhuriyeti: AEEE Yönetmeliğine Uygundur.
[トルコ共和国:WEEE 規格準拠]
廃棄に関する情報
廃電気電子機器
製品上のこの記号は、廃電気電子機器を統制する欧州指令 2012/19/EU に基づき、本製品がその他の
一般廃棄物と共に廃棄できないことを示しています。不要になった機器は、廃電気電子機器のリサイクル向
けに指定されている収集場所にて処分してください。無制御の廃棄物処理から環境または人体への危険の可
能性を防止するために、その他の廃棄物からこれらのものを分離し、物的資源の持続可能な再利用を促進す
るために責任を持ってリサイクルしてください。
本製品のリサイクルに関する詳細情報は、地域の役所または地方自治体の廃棄物処理サービスにお問い合わ
せください。
詳細に関しては、Barco ウェブサイトを参照してください: http://www.barco.com/AboutBarco/weee
製品の電池の破棄
本製品では、一般廃棄物から分別して収集および処理する必要がある 2006/66/EC 指定の対象となる
電池を使用しています。
指定した値を超える鉛 (Pb)、水銀 (Hg)、またはカドミウム (Cd) が電池に含まれる場合は、これらの化学物
質のアイコンがバツ印付き車輪容器アイコンの下に表示されます。
電池の分別収集に参加することにより、適切な廃棄を行って、環境および人体に悪影響を及ぼす可能性を回
避できます。
保証と補償
Barco は、法的に規定された保証条件の一部として、いかなる問題もなく製造されていることを保証しま
す。受領時に、購入者は、輸送中に発生した損傷、ならびに材料および製造上の欠陥に関して直ちに出荷さ
れたすべての製品を点検しなければなりません。Barco に対しては、いかなる苦情も書面で直ちに通知しな
ければなりません。
保証期間は、リスクの転送日に開始しますが、特別なシステムおよびソフトウェアの場合、リスクの転送か
ら30日以内の使用開始日に開始します。正当な不平の通知があった場合、Barco は、適切な期間内に自らの
裁量により故障を修理するか、交換することができます。この措置が不可能である、またはうまくいかない
ことが判明した場合、購入者は、購入価格の値引きまたは契約の解除を要求することができます。他のすべ
ての請求、特に直接的または間接的な損害賠償に関連するもの、および Barco が提供するソフトウェアおよ
び他のサービスは、システムまたは独立したサービスの構成要素であり、これらの操作に起因する損害は、
書面で保証された特性の不在、または Barco の意図または重大な過失またはその一部に損害が起因すること
が証明されなければ無効とみなされます。
購入者または第三者が Barco から納品された商品の改造または修理を行った場合、または商品が誤って取り
扱われた場合、特にシステムが誤って操作された場合、またはリスク転送後に商品が契約で合意されていな
い影響を受ける可能性がある場合、購入者のすべての保証請求は無効になります。保証範囲に含まれていな
いものは、購入者が提供するプログラムや特殊な電子回路に起因するシステム障害、例えばインタフェース
です。通常の損耗や通常のメンテナンスも Barco の保証の対象ではありません。
このマニュアルで規定されている環境条件およびサービス・保守規則は、お客様が遵守しなければなりませ
ん。
Copyright ©
All rights reserved.本文書のいかなる部分もコピー、複製、翻訳が禁止されています。Barco から事前の書面
による通知がある場合を除いて、他の方法で、記録、転送、検索システムへの保存も認められていません。
ソフトウェア ライセンス契約書
本ソフトウェアをご使用になる前に以下の契約条件を注意してお読みください。本ソフトウェアをご使用に
なると、本ライセンス契約書と保証に同意したものと見なされます。
契約条件:
1. 本ソフトウェアの再販は禁止されています。
2. リバース エンジニアリング。本ソフトウェア製品をリバース エンジニア、逆コンパイル、逆アセンブ
ル、または改変することは許可されていません。
保証についての免責:
本ソフトウェアと付属のファイルは、「現状のまま」で販売され、明示的または暗黙的な、性能、商業性、
または他の保証は一切適用されません。本製品の直接的または間接的な利用によるあらゆる損害、データの
損失、利益の損失、事業の中断、または他の金銭的損害について、Barco は一切の責任を負わないものとし
ます。販売者の法的責任は、本製品の交換または本製品の購入代金の払い戻しに限られます。
目次
1 安全..............................................................................................................................................................................................................................9
1.1 全体的な考慮事項.............................................................................................................................................................................10
1.2 安全上の重要な注意........................................................................................................................................................................ 11
1.3 プロジェクターの危険距離.........................................................................................................................................................14
1.4 高輝度に関するご注意: .................................................................................................................................................................15
1.5 全密閉型投影システムの危険距離..........................................................................................................................................17
1.6 レンズ投影比率 (TR) 機能における HD...............................................................................................................................18
1.7 安全記号.................................................................................................................................................................................................19
1.8 廃棄に関する情報.............................................................................................................................................................................21
1.9 トルコのRoHSを順守 ....................................................................................................................................................................21
1.10 中国 RoHS 対応.................................................................................................................................................................................22
1.11 台湾 RoHS 対応.................................................................................................................................................................................23
1.12 連絡先情報............................................................................................................................................................................................24
1.13 製品情報.................................................................................................................................................................................................24
1.14 声明文......................................................................................................................................................................................................24
2 プロジェクターを知る...................................................................................................................................................................................25
2.1 主要コンポーネント........................................................................................................................................................................26
2.2 サービスとメンテナンス..............................................................................................................................................................27
2.3 LED の状態ライト............................................................................................................................................................................27
2.4 電源オン/スタンバイ ボタンのバックライト表示 .........................................................................................................27
2.5 LCDパネル............................................................................................................................................................................................27
2.6 準備完了モードでの LCD 機能 .................................................................................................................................................28
2.7 ローカルキーパッド........................................................................................................................................................................28
2.8 リモートコントロール...................................................................................................................................................................29
2.8.1
リモコン、バッテリー設置......................................................................................................................................29
2.8.2
リモコン、プロトコルのセットアップ.............................................................................................................31
2.8.3
機能概要..............................................................................................................................................................................32
2.8.4
リモコン、オン/オフ ボタン ...................................................................................................................................32
2.8.5
RGB フィルターボタンの機能...............................................................................................................................33
2.8.6
リモート コントロールを有効/無効にする .....................................................................................................33
2.8.7
有線 RC 接続....................................................................................................................................................................34
2.9 プロジェクターアドレス..............................................................................................................................................................34
2.9.1
プロジェクターのコントロール............................................................................................................................34
2.10 コネクタ パネル ................................................................................................................................................................................35
2.11 カラー ホイール ................................................................................................................................................................................36
2.12 カラー ホイールのタイプ ............................................................................................................................................................36
2.13 別売りアクセサリー........................................................................................................................................................................36
3 レンズ......................................................................................................................................................................................................................39
3.1 承認されたレンズ.............................................................................................................................................................................40
601–426JA /06 F70 Series
5
3.2
3.3
3.4
3.5
3.6
3.7
レンズの範囲.......................................................................................................................................................................................40
レンズの交換.......................................................................................................................................................................................43
レンズの移動.......................................................................................................................................................................................44
レンズ中央位置..................................................................................................................................................................................44
ズームとフォーカスの調整.........................................................................................................................................................45
アイリスの調整..................................................................................................................................................................................46
4 物理的設置............................................................................................................................................................................................................47
4.1 設置プロセス.......................................................................................................................................................................................48
4.2 設置条件.................................................................................................................................................................................................48
4.3 初期検査.................................................................................................................................................................................................49
4.4 プロジェクターの位置決め.........................................................................................................................................................49
4.5 プロジェクターの取り付け、一般的な考慮事項............................................................................................................50
4.6 プロジェクターの安全な取り付けポイント......................................................................................................................52
4.7 投影距離.................................................................................................................................................................................................52
4.8 Scheimpflug (照準) 調整 ...............................................................................................................................................................55
4.9 Scheimpflug 調整手順....................................................................................................................................................................56
5 紹介...........................................................................................................................................................................................................................59
5.1 プロジェクターのソースとコントロールの接続............................................................................................................60
5.1.1
接続を行う.........................................................................................................................................................................60
5.1.2
コネクタ仕様....................................................................................................................................................................60
5.1.2.1
DVI-I ............................................................................................................................................................60
5.1.2.2
ディスプレイ ポート 1.2 .................................................................................................................61
5.1.2.3
HDMI 2.0 ..................................................................................................................................................61
5.1.2.4
SDI ...............................................................................................................................................................61
5.1.2.5
HDBase T.................................................................................................................................................62
5.1.3
制御インタフェース.....................................................................................................................................................62
5.1.3.1
RS-232.......................................................................................................................................................62
5.1.3.2
LAN/イーサネット ..............................................................................................................................63
5.1.3.3
USB A ポート ........................................................................................................................................63
5.2 プロジェクターの電源を入れる...............................................................................................................................................63
5.3 プロジェクターの電源を切る....................................................................................................................................................63
5.4 電源モード移行..................................................................................................................................................................................64
5.4.1
一般........................................................................................................................................................................................64
5.4.2
プロジェクターの電源投入......................................................................................................................................64
5.4.3
準備環境からオンへ移動...........................................................................................................................................65
5.4.4
オンから準備完了に移る...........................................................................................................................................65
5.4.5
準備完了から ECO スタンバイへ移行 ..............................................................................................................65
5.4.6
ECO からオンへ移動...................................................................................................................................................65
5.4.7
ウェイク オン LAN(WOL) ..................................................................................................................................65
5.5 電源モード............................................................................................................................................................................................65
5.6 プロジェクター設定をカスタマイズする...........................................................................................................................66
5.7 ユーザー インターフェイス .......................................................................................................................................................66
5.7.1
オン スクリーン ディスプレイ(OSD) ................................................................................................................66
6 ソース メニュー ................................................................................................................................................................................................69
6.1 コネクタの選択..................................................................................................................................................................................70
6.2 コネクタの設定..................................................................................................................................................................................70
6.3 デュアル入力の使用........................................................................................................................................................................72
7 画像メニュー.......................................................................................................................................................................................................73
7.1 コントラスト.......................................................................................................................................................................................75
7.2 輝度...........................................................................................................................................................................................................75
7.3 彩度...........................................................................................................................................................................................................75
6
601–426JA /06 F70 Series
7.4
7.5
7.6
シャープネス.......................................................................................................................................................................................76
ガンマ調整............................................................................................................................................................................................76
アドバンスド画像調整...................................................................................................................................................................77
7.6.1
P7 Realcolor .....................................................................................................................................................................77
7.6.2
RealColor プリセットの編集。 .............................................................................................................................79
7.6.3
出力解像度 4K .................................................................................................................................................................80
7.6.4
スミア低減.........................................................................................................................................................................81
7.6.5
Brilliantcolor ......................................................................................................................................................................81
7.6.6
HDR コンテンツの表示 - 知覚量子化器 (PQ)................................................................................................83
7.6.7
HDR ステータス。........................................................................................................................................................84
8 設置メニュー.......................................................................................................................................................................................................85
8.1 IR /ナイト ビジョン機能...............................................................................................................................................................86
8.2 レンズ......................................................................................................................................................................................................88
8.3 向き...........................................................................................................................................................................................................88
8.4 スケーリング モード ......................................................................................................................................................................89
8.5 ワーピング............................................................................................................................................................................................92
8.5.1
ワーピングについて.....................................................................................................................................................92
8.5.2
ワーピング - オン/オフ ...............................................................................................................................................92
8.5.3
ワーピング – スクリーンサイズ............................................................................................................................93
8.5.4
ワープ - 4 コーナー調整.............................................................................................................................................95
8.5.5
ワーピング - ボー...........................................................................................................................................................96
8.5.6
ワーピング - ワープ ファイル ............................................................................................................................. 100
8.5.7
ワーピング - マルチプロジェクター設定における遅延制御.............................................................. 102
8.6 ブレンディング............................................................................................................................................................................... 103
8.6.1
基本ブレンド................................................................................................................................................................. 103
8.6.2
システムのセットアップ........................................................................................................................................ 104
8.6.3
調整手順........................................................................................................................................................................... 104
8.6.4
黒レベルの調整............................................................................................................................................................ 105
8.6.5
黒レベル ファイル ..................................................................................................................................................... 106
8.6.6
RGB 調整......................................................................................................................................................................... 107
8.6.7
ブレンド ファイル ..................................................................................................................................................... 108
8.6.8
アドバンスト ブレンド ........................................................................................................................................... 109
8.7 照明........................................................................................................................................................................................................ 109
8.8 CLO - 一定の光出力 ......................................................................................................................................................................110
8.9 ディスプレイ設定...........................................................................................................................................................................111
8.9.1
IG ピクセル シフト.....................................................................................................................................................111
9 システム設定メニュー.................................................................................................................................................................................113
9.1 通信.........................................................................................................................................................................................................114
9.2 DMX........................................................................................................................................................................................................114
9.3 メニュー テーマの適用 ...............................................................................................................................................................116
9.4 スタンバイ ECO..............................................................................................................................................................................116
9.5 メンテナンス.....................................................................................................................................................................................116
9.6 リセット...............................................................................................................................................................................................117
9.7 レンズ機能..........................................................................................................................................................................................119
9.8 LCD ディスプレイのバックライトの制御 .......................................................................................................................119
10 状態メニュー ................................................................................................................................................................................................... 121
10.1 状態メニューの概要..................................................................................................................................................................... 122
11 3D ........................................................................................................................................................................................................................... 125
11.1 3D モードの設定。 ....................................................................................................................................................................... 126
12 ユーザー メンテナンス.............................................................................................................................................................................. 129
601–426JA /06 F70 Series
7
12.1 プロジェクターのファームウェアを更新........................................................................................................................ 130
13 プロジェクターの清掃 ............................................................................................................................................................................... 131
13.1 プロジェクター レンズ .............................................................................................................................................................. 132
13.2 プロジェクター キャビネット ............................................................................................................................................... 132
13.3 フィルター......................................................................................................................................................................................... 132
14 技術仕様 ............................................................................................................................................................................................................. 133
14.1 F70 — 4K6C ..................................................................................................................................................................................... 134
14.2 F70 — W6 .......................................................................................................................................................................................... 135
14.3 FS70 — 4K6 ..................................................................................................................................................................................... 136
14.4 FS70 — W6....................................................................................................................................................................................... 138
8
601–426JA /06 F70 Series
1
安全
この章について
プロジェクターを設置または操作を行おうとする前に、この章をよく読んでください。
プロジェクターの設置および使用の間のユーザーのけがまたはプロジェクターの物理的損傷を防ぐために、
本章と本マニュアルに記載されている安全ガイド、注意および警告を理解してそれに従うことを確実にして
ください。
このドキュメントで使用される F70 / F90 series という用語の明確化
このドキュメントで F70 / F90 series という用語を使用している場合、その内容が次の製品に適用されるこ
とを意味しています。
•
•
•
•
F90–W13WUXGA
F90–4K13 4KUHD/WQXGA
F70 — 4K6
F70 — W6
GP6 プラットフォームの定義
F90 シリーズ 製品全般は、Barco GP6 プラットフォーム内のすべての製品です。
GP7 プラットフォームの定義
F70 シリーズ 製品全般は、Barco GP7 プラットフォーム内のすべての製品です
601–426JA /06 F70 Series
9
安全
1.1 全体的な考慮事項
F90 シリーズ光学放射に関する注意
•
•
•
•
•
•
プロジェクターは、IEC EN 60825-1:2014 に準拠したクラス 1 レーザー製品です。北米では、プロジェ
クターは最大投影比 2.33 のクラス 3R レーザー製品です。プロジェクターは、IEC 60825–1:2007、21
CFR 1040 で定められるレーザー製品の性能基準に適合しています (2017年3月6日有効の、不一致番号
2016-V-0144 で認めらる項目を除く)。
ビームを直視しないでください。
プロジェクターは、IEC EN 62471-5 のリスクグループ 2 (RG2) です。
プロジェクターは、投影比が 3.15 より大きいの交換レンズを取り付ける場合、リスクグループ 3 (RG3)
になる可能性があります。北米では、投影比が 2.33 より大きい交換レンズを取り付ける場合、リスクグ
ループ 3 (RG3) の設置要件に従う必要があります。
操作前に、レンズリストおよび投影比のマニュアルをお読みください。
プロジェクターおよびレンズのそのような組み合わせは、専門家による使用専用であり、一般消費者向
けではありません。
RG3 については、ビームへ直接さらされることがないようにしてください。
RG3 については、オペレーターは危険距離内の光へのアクセスを制御するか、観客の目を危険距離に入
るのを防ぐような高さに製品を取り付ける必要があります。
本プロジェクターは、2 つの内蔵クラス 4 レーザークラスターを搭載しています。分解または改造は非常
に危険であり、絶対に実行しないでください。
ユーザーガイドに記載されていない操作や調整を行うと、有害なレーザー放射にさらされる危険があり
ます。
レーザー放射への露出による損傷が生じる恐れがあるため、プロジェクターを開けたり分解したりしな
いでください。
F70 シリーズ光学放射に関する注意
•
•
•
•
•
•
プロジェクターは、IEC EN 60825-1:2014 に準拠したクラス 1 レーザー製品です。北米では、プロジェ
クターは最大投影比 2.5 のクラス 3R レーザー製品です。プロジェクターは、IEC 60825–1:2007、21
CFR 1040 で定められるレーザー製品の性能基準に適合しています (2017年3月6日有効の、不一致番号
2016-V-0144 で認めらる項目を除く)。
ビームを直視しないでください。
プロジェクターは、IEC EN 62471-5 のリスクグループ 2 (RG2) です。
プロジェクターは、投影比が 4.7 より大きいの交換レンズを取り付ける場合、リスクグループ 3 (RG3)
になる可能性があります。北米では、スローレシオが 2.5 より大きい交換レンズを取り付ける場合、リ
スクグループ 3 (RG3) の設置要件に従う必要があります。
操作前に、レンズリストおよび投影比のマニュアルをお読みください。
プロジェクターおよびレンズのそのような組み合わせは、専門家による使用専用であり、一般消費者向
けではありません。
RG3 については、ビームへ直接さらされることがないようにしてください。
RG3 については、オペレーターは危険距離内の光へのアクセスを制御するか、観客の目を危険距離に入
るのを防ぐような高さに製品を取り付ける必要があります。
本プロジェクターは、1 つの内蔵クラス 4 レーザークラスターを搭載しています。分解または改造は非常
に危険であり、絶対に実行しないでください。
ユーザーガイドに記載されていない操作や調整を行うと、有害なレーザー放射にさらされる危険があり
ます。
レーザー放射への露出による損傷が生じる恐れがあるため、プロジェクターを開けたり分解したりしな
いでください。
全体的な安全上の注意
•
10
F90 プロジェクターのカラーホイールを除き、本製品にはユーザーによる修理点検が可能な部品は含ま
れていません。
プロジェクターが RG3 になると、カラーホイールの交換は、必ず認定されたサービス担当者が行う必要
があります。
外装または構成部品内の機械部品や電子部品の改造や交換を行うと、危険であり、かつ保証は無効にな
ります。
カラーホイール以外の部品の取り外しや交換は行わないでください。その他の部品、当社認定のサービ
ス担当員のみ、取り外し時保証無効カラーホイールの交換については、ユーザーガイドの指示に従って
ください。
601–426JA /06 F70 Series
安全
•
•
•
•
•
•
•
プロジェクターのスイッチがオンになっている場合は、ビームを直視しないでください。明るい光によ
り、目に永久的な傷を被る恐れがあります。
規定の制御、調整または操作手順に従わなかった場合、レーザー放射への露出による損傷が発生する恐
れがあります。
この機器を使用する前にこのマニュアルをよく読み、また今後参照できるように保管しておいてくださ
い。
設置および初期調整は、トレーニングを受けた当社認定の技術サービス担当員が実行する必要がありま
す。
プロジェクターに記載されている警告やマニュアルに記載されている注意は、必ず守ってください。
この機器の操作や使用に関する指示には、正確に従ってください。
また、使用する地域の設置規則にも従う必要があります。
安全上の注意
本装置は、国の安全規定の基準として、国際安全規格 IEC60950-1 の要件に従って組み立てられています。
安全規格は、「通常の」環境 (オフィスおよび家庭) で使用されることを意図した電気ビジネス機器を含む情
報技術機器を対象としています。これらの安全規格では、感電、エネルギー ハザード、および帯電部への接
触などの危険からユーザーやオペレーターを保護するために、安全に対して十分な注意が必要なコンポーネ
ント、物質、および絶縁体の使用について、重要な要件を課しています。安全規格では、内部および外部の
温度の上限、放射レベル、機械的安定度および強度、筐体の構造、および火災のリスクに対する保護につい
ても規定しています。単一故障状態をシミュレートしたテストにより、装置の通常動作に障害が発生した場
合でもユーザーに対して装置が安全であることが確認されています。
ユーザー定義
このマニュアルでは、サービスマンとは適切な技術的訓練を受け、作業をする際に遭遇する可能性のある危
険 (高圧電流、電子回路、高輝度プロジェクターを含むがそれに限定しない) を認識するに十分な知識と経験
を持ち、当人および他者に対してこのようなリスクを最小限に抑えることのできる、Barco に認定された人
物を指します。これらの危険に関する知識を持つ Barco 認定のサービスマンだけが、製品筐体内の保守点検
作業を行うことができます。また、ユーザーおよびオペレーターとは、サービスマン以外の人物を指しま
す。
プロジェクターを RG3 ユニットにする投影比の交換レンズを取り付ける場合(ユーザーマニュアルの「承認
レンズ」章参照)、事前の注意事項の情報として第 15 ページ、 高輝度に関するご注意: 章を参照してくださ
い。
操作前に、レンズリストおよび危険距離について、ユーザーマニュアルを参照してください。プロジェク
ターおよびレンズのそのような組み合わせは、専門家による使用専用であり、一般消費者向けではありませ
ん。
専門家による使用専用とは、取り付けが、高輝度光ビームに関連する危険についての知識を有する Barco 認
定の人物のみにより実行可能なことを意味します。
1.2 安全上の重要な注意
感電の危険を避けるために
•
•
•
•
•
本製品は単相 AC 電源で作動させてください。
本装置は、付属の 3 導体 AC 電源ケーブルを使用して接地 (アース) してください。付属の電源コードが
適切なタイプでない場合は、販売元にお問い合わせください。
プラグをコンセントに差し込めない場合は、電気工事技師に連絡し、古いコンセントを新しいものに交
換してください。接地型プラグを使用することは非常に重要です。
決して、ニ又の電源コードは使用しないでください。これは危険であり、感電の原因となる恐れがあり
ます。
電源コードの上には何ものせないでください。本製品のコードを人に踏まれないように配置してくださ
い。コードを取り外す場合は、プラグの部分を持って引き抜いてください。コード自体を持って引き抜
くことは避けてください。
装置に付属の電源コードまたはオリジナルの交換コードのみを使用してください。他の電源コードは、
外観上類似している場合でも、工場における安全性テストが実施されていないため、本装置への電源供
給には使用できません。交換用の電源コードについては、販売元にお問い合わせください。
破損したコードを使用して、プロジェクターを操作しないでください。コードを交換します。
このプロジェクターを落とすか、破損した場合にはこのプロジェクターを当社認定のサービスマンが検
査して許可するまでは操作しないでください。
601–426JA /06 F70 Series
11
安全
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
コードを、つまずいたり、ひっぱったり、あるいは熱いものに触れるようなことがない場所に配置して
ください。
延長コードが必要な場合、少なくともこのプロジェクターのものと同等の定格電流のコードを使用して
ください。このプロジェクターより少ないアンペア数に対応しているコードを使用するとオーバーヒー
トすることがあります。
本装置のキャビネット スロットには、いかなる物体も押し込まないでください。危険な電圧ポイントま
たはショートする部品に触れて火災、あるいは感電の危険があります。
物体が本体の通気口や開口部から入らないようにしてください。
プロジェクターを雨や水分にさらさないでください。
プロジェクターは、屋内での使用のみのために設計されています。決して、ユニットを室外で操作しな
いでください。
このプロジェクターに水などの液体がかぶることのないように注意してください。
このプロジェクターにいかなる液体も絶対にこぼさないでください。
液体をこぼしたり、硬い物体をキャビネットに落とした場合には、プラグを外して、当社認定のサービ
ス担当員が点検してから操作を再開してください。
このプロジェクターは分解しないでください。保守や修理作業が必要な場合には、トレーニングを受け
た認定のサービス担当員が常に作業を行うようにしてください。
メーカーが推奨していないアクセサリや部品は使用しないでください。
雷 - 雷が発生している場合、または長期間留守にするなどで使用しない場合、本ビデオ製品を保護するた
めに、コンセントからプラグを抜いてください。これにより、雷と AC 電源ライン サージによる損傷を
防ぐことができます。
けがを防ぐために
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
けがや身体への影響を防ぐため、電源コンセントに接続し、プロジェクターを調整する前に、このマ
ニュアルとシステム上のすべてのマニュアルを読むようにしてください。
けがを防ぐため、プロジェクターの重量に注意してください。
けがを防ぐために、レンズおよび他のすべてのカバーが正しく取り付けられていることを確認してくだ
さい。詳しくは、設置手順を参照してください。
警告: 高輝度の光ビームが放出されます。決して、レンズをのぞき込まないでください。高輝度のために
眼を負傷することがあります。
警告: 超高輝度レーザー:このプロジェクターは、超高輝度レーザーを使用しています。決して、レンズを
のぞき込んだり、レーザーを直視しないでください。
プロジェクターカバーを取り外したり、プロジェクター内部の部品にアクセスする前に、必ずプロジェ
クターの電源を切り、主電源から切断してください。
カラーホイールを除き、本製品にはユーザーによる修理点検が可能な部品は含まれていません。外装ま
たは構成部品内の機械部品や電子部品の改造や交換を行うと、危険であり、かつ保証は無効になりま
す。
カラーホイール以外の部品の取り外しや交換は行わないでください。その他の部品、当社認定のサービ
ス担当員のみ、取り外し時保証無効
本装置を不安定なカート、スタンドまたはテーブルの上に置かないでください。装置が落下し、重大な
破損の原因となるほか、ユーザーが負傷する可能性があります。
プロジェクターは、安定した場所にのみ設置するか、承認されている天井固定器具を使用してしっかり
と取り付けてください。
レンズまたはレンズキャップなしでの使用は危険です。レンズまたはシールドに、ひび割れや大きな傷
など明らかに機能を損なうレベルの損傷がある場合は、それらを交換する必要があります。
火災の危険を避けるために
•
•
•
•
•
12
Barco プロジェクション製品は、最も厳格な規制に適合するように設計および製造されています。通常動
作時に、本プロジェクターは本体外面と通気ダクトから排熱します。これらはいずれも通常の状態であ
り、安全です。本プロジェクターのすぐ近くに可燃性物質が置かれていると、その物質が自然発火して
火災を引き起こす可能性があります。このため、プロジェクターのすべての外面の周囲には必ず「立ち
入り禁止区域」を設け、この区域内にはいかなる可燃性物質も置かないようにしてください。排気エリ
アの立ち入り禁止区域は 100 cm (40 インチ) 以上とする必要があります。吸気エリアの立ち入り禁止区
域は 50 cm (20 インチ) 以上とする必要があります。
プロジェクターの近くに可燃性物質を置かないでください。
F90 プロジェクターについて、ビーム内のレンズの両側 1.5 m 以内には立ち入らないでください。
F70 プロジェクターについて、ビーム内のレンズの両側 1.0 m 以内には立ち入らないでください。
注意!熱気が背面の通気口から排気されます。熱に敏感な物体を、排気口まで 100 cm / 40” より近くに置
かないでください。
601–426JA /06 F70 Series
安全
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
この機器にあるスロットと開口部は通気のために設けられています。プロジェクターを安定して動作さ
せ、オーバーヒートを防ぐために、これらのスロットと開口部は塞いだり覆ったりしないでください。
開口部が塞がれないように、プロジェクターを壁の近くや、ベッド、ソファ、じゅうたんなどの柔らか
い素材の表面上に置かないでください。壁と天井への距離を十分に保つようにして、オーバーヒートを
防止してください。本体の排気エリアへの最小安全距離は 100 cm (40") 以上、吸気エリアへは 50 cm
(20") 以上にする必要があります。
ラジエータや温風の吹出口の近くや上には、決してこのプロジェクターを配置しないでください。
適切な通気が確保されない限り、本プロジェクターを他の装置内に組み込んだり、他の筐体内に配置し
たりしないでください。
プロジェクターの動作時には、プロジェクターやレンズにいかなる素材の覆いもかぶせないようにして
ください。このプロジェクターが設置されている付近に可燃性物質を絶対に近づけないでください。
このプロジェクターは、換気の良い場所に、発火物や直射日光を避けて設置してください。必ずアンプ
ルの空気の流れがプロジェクターを通るようにしてください。
プロジェクターを雨や水分にさらさないでください。火災が発生したら、砂、二酸化炭素 (CO2)、また
は粉末の消火器を使用してください。
漏電による火災には水を使用してはいけません。
プロジェクターの保守点検はかならず当社認定のサービス担当員に依頼してください。必ず正規の Barco
の交換部品を使用してください。プロジェクターの安全性が損なわれる恐れがありますので、当社指定
の交換部品を必ず使用してください。
熱がこもるのを防ぐため、投影を行う場合は通気のよい部屋や冷房している部屋で使用する必要があり
ます。
このプロジェクターは、完全に冷却してから格納してください。その際、コードはプロジェクターから
取り外してください。
プロジェクターの損傷を避けるために
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
適切な空気の流れを保つため、プロジェクターの使用時には、すべてのカバーが正しく設置されている
ことを確認してください。
必ず、レンズキャップを外してから、プロジェクターのスイッチをオンにしてください。レンズキャッ
プが外れない場合、レンズを通って放射される高エネルギーの光によってレンズキャップが溶解してい
る場合があります。レンズキャップの溶解により、投影レンズの表面が深刻に破損する場合がありま
す。
プロジェクターは、技術仕様書に記載されている信号ソースおよび電圧にのみ接続してください。仕様
外の信号ソースまたは電圧への接続により、ユニットの不具合および深刻な破損を引き起こす場合があ
ります。
適切な空気の流れを保つため、使用時には、すべてのカバーが正しく設置されていることを確認してく
ださい。
プロジェクターは、空気取込口への自由な空気の流れを確保し、冷却システムから排気される熱気が滞
りなく排出されるように取り付けてください。
キャビネットにあるスロットと開口部は通気のために設けられています。プロジェクターを安定して動
作させ、オーバーヒートを防ぐために、これらのスロットと開口部は塞いだり覆ったりしないでくださ
い。開口部が塞がれないように、本製品をベッド、ソファ、じゅうたんなどの柔らかい素材の表面上に
置かないでください。ラジエータや温風の吹出口の近くや上には、決して本製品を配置しないでくださ
い。適切な通気が確保されない限り、本製品を他の装置内に組み込んだり、他の筐体内に配置したりし
ないでください。プロジェクター上、または内部に何も漏れがないことを確認してください。これが見
つかった場合、スイッチをオフにして、メインの電源を直ちに切断してください。Barcoの資格を持った
スタッフが確認するまで、プロジェクターは使用しないようにしてください。
プロジェクターの冷却ファンや、プロジェクター周囲の空気の自由な流れを妨げないようにしてくださ
い。本体の排気エリアへの最小安全距離は 100 cm (40") 以上、吸気エリアへは 50 cm (20") 以上にする必
要があります。
本装置を水の近くで使用しないでください。
プロジェクターを温度および湿度の仕様外で操作しないでください。それにより、オーバーヒートや不
具合を引き起こす場合があります。
直射日光の下に絶対にプロジェクターを置かないでください。レンズに直射日光が直接当たると、Digital
Mirror Devices™ に重大な損傷をまねく場合があります。この場合、保証が適用されなくなります。
梱包用のダンボールと梱包材は保管しておいてください。将来、この装置を梱包して発送する必要性が
生じた場合に使用できます。発送する場合は、本装置の保護のため工場出荷時と同様に梱包してくださ
い。
クリーニングの際には電源コンセントから本製品のコードを抜いてください。液体クリーナーや洗剤や
エアゾール クリーナーは使用しないでください。クリーニングの際には、湿らせた布を使用してくださ
601–426JA /06 F70 Series
13
安全
•
い。シンナー、ベンジンなど強力な液体や研磨剤は、キャビネットを損傷するため使用しないでくださ
い。がんこな汚れは、中性洗剤で軽く湿らせた布を使用することで取り除くことができます。
最高の光学パフォーマンスと解像度を確保するため、投影レンズには特別に反射防止コーティングが施
されています。このため、レンズには触れないようにしてください。レンズのほこりを取り除く場合に
は、柔らかい乾燥した布を使用してください。湿らせた布、溶剤、シンナーは使用しないでください。
修理点検が必要な場合
•
•
•
•
•
•
設置した製品のカバーを開けて、ご自分で修理点検しようとしないでください。カバーをあけると、感
電などの危険があります。
あらゆる修理点検について、Barco認定の修理センターに問い合わせてください。
このマニュアルで説明していない内部設定やその他のコントロール設定を出荷時の設定から変更する
と、プロジェクターの深刻な破損を引き起こす可能性があり、また保証も行われなくなる恐れがありま
すので、ご注意ください。
次のような場合には、本製品の電源プラグをコンセントから抜き、Barco認定のサービス技術員に修理点
検を依頼してください。
- 本装置に液体をこぼした場合。
- 本製品が雨や水に濡れた場合。
- 本製品を指示にしたがって操作しても正しく動作しない場合。操作についての説明がないコントロー
ルは、調節しないでください。誤った調節をすると破損する恐れがあり、当社認定の技術員による大
規模な修理や再調整が必要となることがあります。
- 本製品を落としたり、キャビネットが破損した場合。
- 本製品のパフォーマンスに大きな変化があり、修理点検が必要であると表示された場合。
- 電源コードやプラグが破損したり擦り切れている場合。
部品交換:部品交換が必要な場合は、サービス担当者がオリジナルのBarco交換部品を使用しているか確
認してください。認定外の部品を使用すると、パフォーマンスや信頼性が低下し、また火災や感電など
の危険が生じる場合があります。認定外の部品を使用した場合、保証が無効となることがあります。
安全確認:このプロジェクターの修理点検が終了したら、この装置が正常に動作するかどうか、サービス
担当者に安全確認を依頼してください。
1.3 プロジェクターの危険距離
F90 シリーズについて:警告。本製品は、使用するレンズによっては、RG3 レーザー製品
になります。
プロジェクターは、スローレシオが 3.15 より大きいの交換レンズを取り付ける場合、リスクグループ 3
(RG3) になる可能性があります。北米では、スローレシオが 2.33 より大きい交換レンズを取り付ける場
合、リスクグループ 3 (RG3) の設置要件に従う必要があります。
使用前に、レンズリストおよび投影比率について製品マニュアルを読んでください。
プロジェクターレンズからのビームを直視しないでください。
ビームを直視しないでください。
オペレーターは危険距離内の光へのアクセスを制御するか、観客の目を危険距離に入るのを防ぐような高さ
に製品を取り付ける必要があります。
レンズのスローレシオに対する危険距離については、以下の表を参照してください。
F70 シリーズについて:警告。本製品は、使用するレンズによっては、RG3 レーザー製品
になります。
プロジェクターは、スローレシオが 4.7 より大きいの交換レンズを取り付ける場合、リスクグループ 3
(RG3) になる可能性があります。北米では、スローレシオが 2.5 より大きい交換レンズを取り付ける場合、
リスクグループ 3 (RG3) の設置要件に従う必要があります。
使用前に、レンズリストおよび投影比率について製品マニュアルを読んでください。
プロジェクターレンズからのビームを直視しないでください。
ビームを直視しないでください。
オペレーターは危険距離内の光へのアクセスを制御するか、観客の目を危険距離に入るのを防ぐような高さ
に製品を取り付ける必要があります。
14
601–426JA /06 F70 Series
安全
レンズのスローレシオに対する危険距離については、以下の表を参照してください。
1.4 高輝度に関するご注意:
HD (危険距離) に基づく制限ゾーン (RZ)
HD は、プロジェクターが放出するルーメン数および取り付けられたレンズの種類によって異なります。8
ページの次章「レンズ投影比率 (TR) 機能における HD」を参照してください。
訓練を受けていないエンドユーザー (映画館訪問者) を保護するために、設置場所は、以下の設置要件に適合
しなければなりません。オペレーターは、危険距離内のビームへのアクセスを制御するか、観客の目が危険
距離内にならないようにする高さに製品を設置すること。制限を超える放射レベルはオペレーター、パ
フォーマー、従業員以外の人間が上に立つことを許されるあらゆる表面上 2.0 メートル 未満 (SH)、または
そのような人間がいることの許可されるあらゆる場所から横方向に1.0 メートル (SH) 未満の場所では許可さ
れません。抑制のない振る舞いが合理的に予測できる非映画館環境では、例えば、HD範囲内である個人が
別の個人の肩に乗ることによる暴露の可能性を防ぐために、最低分離高は 3.0 メートル以上高くする必要が
あります。
これらの値は最小値で、IEC 62471-5:2015 section 6.6.5 で提供されたガイダンスに基づいています。
エンドユーザーはリスクを理解し、ラベルとユーザー情報に示された危険距離に基づいて防護手段を講じる
必要があります。取り付け方法、バリア、検出システム、その他の適用できる規制措置は、目が危険距離内
部で放射に晒されないようにする必要があります。
例えば、1 メートル以上のHDがあり人が存在する可能性のある非管理区域に光を放射するプロジェクター
は、「固定されたプロジェクターの取り付け」パラメーターに従って配置する必要があります。その結果、
光が床面から 2 メートル以上高いところを通らない限り、HDは観客区域に向かって伸びることはありませ
ん。抑制のない振る舞いが合理的に予測できる非映画館環境では、例えば、HD範囲内である個人が別の個
人の肩に乗ることによる暴露の可能性を防ぐために、最低分離高は 3.0 メートル以上高くする必要がありま
す。例えば、十分に大きな分離高は画像プロジェクターを天井にまたは物理的バリアの使用を通して取り付
けることで達成できます。
米国市場における用途の場合、映画館のような環境における上記の制限は適用されません。関連最小分離高
さは、FDA CDRH で 2.5 m (8.2 ft) です。映画館とは異なる環境で、動作が制限されると思われる場所で
は、2.5 m (8.2 ft) の分離高さおよび 1.0 m (3.3 ft) の分離幅を必要とします。それ以外のすべての場所では、
3.0 m (9.9 ft) の分離高さを必要とします。
RA
TH
TH
SW
PR
RZ
HD
SW
RA
SH
RZ
PR
HD
SH
1m
SW
EXIT
SW
(A) SIDE VIEW
(B) TOP VIEW
画像 1-1
A 側面ビュー
B 上面ビュー
RA 制限エリア
PR プロジェクター
TH シアター
RZ シアター内の制限ゾーン
SH 分離高
SW分離幅
SH 距離について: シネマでの使用については、距離は 2 m 未満にしてください。コンサートでの
使用については、距離は 3m 未満にしてください。
601–426JA /06 F70 Series
15
安全
国の既定により、投影レンズと関連危険距離 (HD) 間のゾーン内の投影された光の中に立ち入ることは禁じ
られています。十分な分離高を作り出したり、バリアを置いたりするなどして、その行為が物理的に不可能
になるようにするものとします。最低分離高は、オペレーター、パフォーマー、または従業員以外の人間が
上に立つことの許可される表面を考慮に入れます。
イメージ 1-2 に、一般的な設置方法を示します。これらの最低要件が満たされるかどうかを確認しなければ
なりません。必要に応じて、シアター内の制限ゾーン (RZ) を設定しなければなりません。この場合は、イ
メージ 1-2 に示す赤いロープなど、物理的なバリアを使用します。
制限区域のステッカーは、アイコンのみのあるステッカーに置き換えることができます。
PR
RESTRICTED
AREA
RESTRICTED
AREA
画像 1-2
米国市場
米国市場において取り付けた LIP (レーザー点灯式プロジェクター) の場合、他の制限ゾーンの条件が適用さ
れます。
制限環境(映画館)に設置するための LIP は、危険距離ゾーンの底面が床上 2.5 メートル以上になるように、
床の垂直方向上の高さに設置すること。危険距離ゾーンまでの水平クリアランスは 1 メートル以上とするこ
と。
非制限環境 (大会場等) に設置するための LIP は、危険距離ゾーンの底面が床上 3 メートル以上になるよう
に、床の垂直方向上の高さに設置すること。危険距離ゾーンまでの水平クリアランスは 2.5 メートル以上と
すること。危険ゾーンへの水平方向での人の接近は、該当する場合、バリアによって制限すること。管理さ
れていない環境で人がアクセスできる場合は、危険距離ゾーンへの暴露を防ぐために、水平または垂直方向
のクリアランスを大きくすること。
一時的な設置 (レンタルやステージング、リース、イベントなど) の場合は、次の要件がさらに適用されま
す:
•
•
•
•
•
本製品は、Barco によってのみ設置するか、有効なレーザー光ショー特例的認可の保持者にのみ販売や
リースすることができます。つまり、当社製品の設置者は、承認を受けたレーザー光ショーの特例的認
可が必要です。これらの設置者は、現在、クラス IIIb および IV レーザー光ショーの制作および / または
ショーへの RG3 LIP の組み込みのために、有効な特例的認可を保持することができます。ディーラーと
ディストリビューターについても、有効なレーザー光の特例的認可を取得する必要があります。
本製品は、規制ゾーン内のすべての伝搬ビーム経路と聴衆が常に直接観察できるように配置すること。
フロントまたはリアのスクリーン投写以外のエフェクトは実行しないこと。
LIP プロジェクションの監視を補助する他の要員とのコミュニケーションを維持すること。
安全でない状態が発生した場合、直ちに LIP 投影光を終了 (または終了を指定) してください。
1 つ以上のすぐにアクセス可能な制御装置を設置して、LIP 投影光を直ちに終了します。プロジェクター側
の電源入力は、信頼できる切断デバイスと考えられています。プロジェクターのスイッチをオフにする必要
がある場合、プロジェクター側の電源コードを取り外してください。プロジェクター側の電源入力部に手が
届かない場合 (トラス構成の場合など) は、プロジェクターに電力を供給するソケット コンセントを近くに
16
601–426JA /06 F70 Series
安全
設置して手が届きやすくなるようにするか、または、容易に手が届く位置に断路器を配置するように配線し
ます。
レーザー光のショーは、FDA のオンライン eSubmitter ポータルまたは Barco の特例的認可承認 2016-V0144 を参照する FDA Form FDA Form 3147 で要求できます。
レーザ照射された RG3 プロジェクターのインストールチェックリストは、インストール後にすべて完了
し、pvg@barco.com に送信する必要があります。このチェックリストは、Barco ウェブサイトからダウン
ロードできます。インストーラが有効なレーザーライトショーの特例ホルダーである場合のみ、チェックリ
ストを Barco に送る必要はありません。
1.5 全密閉型投影システムの危険距離
HD
危険距離 (HD) は、輝度 (表面単位あたりのエネルギー) が角膜または皮膚で最大適用曝露制限未満
になる投影レンズから測定された距離です。人間から光源までの距離が HD 未満である場合は、
光ビームが暴露に安全でないとされます。
HD に基づく制限ゾーン (RZ)
RESTRICTED
AREA
sw
プロジェクターは、拡散コーティングされた投影画面にビームを投影する、背面投影の用途にも適していま
す。イメージ 1-3 に示すように、制限密閉投影領域 (RA) および観察領域 (TH) という 2 つの領域について考
慮する必要があります。
RA
TH
RESTRICTED
AREA
sw
HDDIFFUSE
RZ
PD
PR
sw
HD
sw
REFLECTION
画像 1-3
RA 立ち入り制限区域 (密閉投影領域)。
PR プロジェクター。
TH シアター (観察領域)。
RZ 制限ゾーン
PD 投影距離
SW分離幅:最低 1 メートル。
HD に基づく制限ゾーン (RZ)。
このタイプのセットアップでは、以下の 3 種類の HD
•
•
•
イントラビーム曝露に関するページ 6 の「高輝度に関するご注意: 危険距離 (HD)」で説明される HD。
HDreflection: 背面投影画面からの反射光について、常に制限対象としなければならない距離。
HDdiffuse: 拡散表面の背面投影画面を観察する際に考慮すべき関連距離。
イントラビーム曝露に関するページ 6 の「高輝度に関するご注意: 危険距離 (HD)」で説明される通り、
NOHD のいずれかより近いビーム領域内には制限ゾーンを設けなければなりません。密閉投影領域には 2 つ
の制限ゾーンを組み合わせるのが適切です。1 つは、ビーム前方 1 m の分離幅 (SW) を考慮した、画面に向
けて投影されるビームの制限ゾーンです。もう 1 つは、横方向に 1 メートルの場所を考慮した、画面からの
背面反射に関する制限ゾーン (HD反射) です。
HD反射距離は、決められた HD 距離と背面投影画面までの投影距離との差の 25% に当たります。使用する
レンズおよびプロジェクター モデルの HD 距離を決めるには、8 ページの「レンズ投影比率 (TR) 機能にお
ける HD」のグラフを参照してください。
601–426JA /06 F70 Series
17
安全
HD反射 = 25% (HD – PD)
観察中に画面から放射される光は、10 cm とされる RG2 暴露を超過してはなりません。画面表面での測定
されたライトが 5000 cd/m² または 15000 ルクス未満の場合、HD拡散は無視できます。
1.6 レンズ投影比率 (TR) 機能における HD
TR (投影比率)
画面までの距離と画面の幅の比率。
スローレシオに対する HD
画像 1-4: F90 プロジェクターについて、レンズの投影比率に対する危険距離のメートル表示
18
601–426JA /06 F70 Series
安全
Hazard Distance Thermal Acidental Exposure
1,8
1,6
1,4
Hazard Distance [m]
1,2
1
0,8
0,6
0,4
0,2
0
0,5
0,9
1,3
1,7
2,0
2,3
2,7
3,1
3,5
3,9
4,3
4,7
5,1
5,5
5,9
6,3
6,7
7,1
7,5
Throw Ra!o
画像 1-5: F70 プロジェクターについて、レンズの投影比率に対する危険距離のメートル表示
グラフは、レンズの投影比率に対する危険距離をメートルで表しています。
1.7 安全記号
製品文書および製品で使用される安全記号の説明
画像
説明
詳細情報については、ユーザーマ
ニュアルを参照してください!
注意! RG2 製品では、ビームを直視
しないでください。
電話に接続しないでください! 電話
回線に接続しないでください。
F90 シリーズの場合: 警告ラベル
For North America, this projector may become RG3 when an interchangeable lens with throw ratio greater than
2.33 is installed. Refer to the manual for the lens list and hazard distance before operation. Such combinations of
projector and lens are intended for professional use only, and are not intended for consumer use.
This projector may become RG3 when an interchangeable lens with throw ratio greater than 3.15 is
installed. Refer to the manual for the lens list and hazard distance before operation. Such combinations
of projector and lens are intended for professional use only, and are not intended for consumer use.
Ce projecteur peut devenir un projecteur RG3 en cas d'installation d'un objectif interchangeable
dont le rapport de projection est supérieur à 3,15. Veuillez vous reporter au manuel pour en savoir
plus sur la liste des objectifs et la distance de sécurité avant toute utilisation. De telles combinaisons
entre projecteur et objectif sont conçues pour des applications professionnelles uniquement et pas
pour des applications grand public.
3.15
RG3
注意! 北米の場合: 2.33 より大きいス
ローレシオの交換レンズを使用する
場合、RG3 製品の危険距離および取
り付け要件を考慮してください。
ユーザーマニュアルを参照してくだ
さい。
注意! 3.15 より大きい投影比の交換
レンズを使用する場合、RG3 製品の
危険距離および取り付け要件を考慮
してください。ユーザーマニュアル
を参照してください。
F90 シリーズの場合: FDA ラベル
601–426JA /06 F70 Series
19
安全
画像
説明
THIS PRODUCT IS IN CONFORMITY
WITH PERFORMANCE STANDARDS
FOR LASER PRODUCTS UNDER 21
CFR 1040, EXCEPT WITH RESPECT TO
THOSE CHARACTERISTICS
AUTHORIZED BY VARIANCE NUMBER
2016-V-0144 EFFECTIVE
MARCH 6, 2017.
F70 シリーズの場合: 警告ラベル
For North America, this projector may become RG3 when an interchangeable lens with throw ratio
greater than 2.5 is installed. Refer to the manual for the lens list and hazard distance before operation.
Such combinations of projector and lens are intended for professional use only, and are not intended
for consumer use.
This projector may become RG3 when an interchangeable lens with throw ratio greater than 4.7 is
installed. Refer to the manual for the lens list and hazard distance before operation. Such
combinations of projector and lens are intended for professional use only, and are not intended
for consumer use.
Ce projecteur peut devenir un projecteur RG3 en cas d'installation d'un objectif interchangeable
dont le rapport de projection est supérieur à 4.7. Veuillez vous reporter au manuel pour en savoir
plus sur la liste des objectifs et la distance de sécurité avant toute utilisation. De telles combinaisons
entre projecteur et objectif sont conçues pour des applications professionnelles uniquement et pas
pour des applications grand public.
4.7
F70 シリーズの場合: FDA ラベル
THIS PRODUCT IS IN CONFORMITY WITH
PERFORMANCE STANDARDS FOR LASER
PRODUCTS UNDER 21 CFR 1040, EXCEPT
WITH RESPECT TO THOSE CHARACTERISTICS
AUTHORIZED BY VARIANCE NUMBER
2016-V-0144 EFFECTIVE MARCH 6, 2017.
F70 EMC ラベル
EMC: This is a class A product. In a domestic environment this product
may cause radio Interference in which case the user may be
required to take adequate measures.
RG2 IEC EN 62471-5
CLASS 1 LASER PRODUCT
IEC EN 60825-1
FCC: This device complies with part 15 of the FCC Rules, Operation is subject to the following
conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must
accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.
CANADA: This Class A digital apparatus complies with Canadian ICES-003, / Cet appareil numerique
de Ia classe est conforme à Ia norme NMB-003 du Canada.
F90 EMC ラベル
EMC: This is a class A product. In a domestic environment this product may
cause radio Interference in which case the user may be required
to take adequate measures.
FCC: This device complies with part 15 of the FCC Rules, Operation is subject to the following
conditions: (1) This device may not cause harmful interference, and (2) this device must
accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.
CANADA: This Class A digital apparatus complies with Canadian ICES-003, / Cet
appareil numerique de Ia classe est conforme à Ia norme NMB-003 du
Canada.
RG2 IEC EN 62471-5
CLASS 1 LASER PRODUCT
IEC EN 60825-1
20
601–426JA /06 F70 Series
RG3
注意! 北米の場合: 2.5 より大きいス
ローレシオの交換レンズを使用する
場合、RG3 製品の危険距離および取
り付け要件を考慮してください。
ユーザーマニュアルを参照してくだ
さい
注意! 4.7 より大きい投影比の交換レ
ンズを使用する場合、RG3 製品の危
険距離および取り付け要件を考慮し
てください。ユーザーマニュアルを
参照してください。
安全
安全ラベルの位置
9
8
EMC Label
Warning Label
画像 1-6: F90 プロジェクター
Warning and EMC labels
画像 1-7: F70 プロジェクター
注意: この製品は、カリフォルニア州で出生異常または生殖への危害の原因として知られている鉛
などの化学物質を含有しています。正しくリサイクルしてください。一般廃棄物として廃棄しな
いでください!
1.8 廃棄に関する情報
廃棄に関する情報
廃電気電子機器
製品上のこの記号は、廃電気電子機器を統制する欧州指令 2012/19/EU に基づき、本製品がその他の
一般廃棄物と共に廃棄できないことを示しています。不要になった機器は、廃電気電子機器のリサイクル向
けに指定されている収集場所にて処分してください。無制御の廃棄物処理から環境または人体への危険の可
能性を防止するために、その他の廃棄物からこれらのものを分離し、物的資源の持続可能な再利用を促進す
るために責任を持ってリサイクルしてください。
本製品のリサイクルに関する詳細情報は、地域の役所または地方自治体の廃棄物処理サービスにお問い合わ
せください。
詳細に関しては、Barco ウェブサイトを参照してください: http://www.barco.com/AboutBarco/weee
WEEE 情報
本製品は、廃電気電子機器の EU 指令 (WEEE) のすべての要件に準拠しています。本製品は、適切にリサイ
クルしてください。個々の部品の適切なリサイクルを行うため、本製品は分解可能です。
WEEEの回収用のドロップオフポイントについては、ディーラーまたは関連公共団体に問い合わせてくださ
い。詳細に関しては、Barcoウェブサイトを参照してください: http://www.barco.com/en/ AboutBarco/weee.
1.9 トルコのRoHSを順守
トルコのRoHSを順守
Türkiye Cumhuriyeti: AEEE Yönetmeliğine Uygundur.
[トルコ共和国: WEEE Regulationに準拠]
601–426JA /06 F70 Series
21
安全
1.10 中国 RoHS 対応
中国大陆 RoHS (中国 ROHS 指令への対応情報)
根据中国大陆《电器电子产品有害物质限制使用管理办法》(也称为中国大陆RoHS), 以下部分列出了
Barco产品中可能包含的有毒和/或有害物质的名称和含量。中国大陆RoHS指令包含在中国信息产业部MCV标
准:“电子信息产品中有毒物质的限量要求”中。
「電子情報製品の危険物質の使用制限管理方法」(別名、中国本土の RoHS) に従い、Barco 社製品に含まれ
ている可能性がある有毒/有害性物質の名称と成分を以下の表に示します。中国本土の RoHS は、中国信息
産業部の MCV 基準、「電子情報製品の有毒物質の適用要件」の項に含まれています。
零件项目(名称)
成分名
有毒有害物质或元素
有害性物質および成分
铅
(Pb)
汞
(Hg)
镉
(Cd)
六价铬
(Cr6+)
多溴联苯
(PBB)
多溴二苯
醚
(PBDE)
印制电路配件
プリント回路実装品
X
O
X
O
O
O
外接电(线)缆
外部ケーブル
X
O
O
O
O
O
內部线路
内部配線
X
O
O
O
O
O
镜头支架
レンズホルダー
X
O
O
O
O
O
螺帽,螺钉(栓),螺旋(钉),垫圈, 紧固
件
ナット、ボルド、ネジ、ワッ
シャー、留め具
X
O
O
O
O
O
激光发生器
レーザー
X
O
O
O
O
O
电源供应器
電源装置
X
O
O
O
O
O
风扇
ファン
X
O
O
O
O
O
附電池遙控器
リモートコントロール
X
O
O
O
O
O
本表格依据SJ/T 11364的规定编制
この表は、SJ/T 11364 の規定に従って作成されています。
O: 表示该有毒有害物质在该部件所有均质材料中的含量均在 GB/T 26572 标准规定的限量要求以下.
O: この部品のすべての均質物質内に含まれている有毒または危険物質が、GB/T 26572 件で定められる上
限よりも低いことを示します。
X: 表示该有毒有害物质至少在该部件的某一均质材料中的含量超出 GB/T 26572 标准规定的限量要求.
X: この部品の少なくとも 1 つの均質物質内に含まれている有毒または危険物質が、GB/T 26572 要件で定
められる上限よりも高いことを示します。
10
22
在中国大陆销售的相应电子信息产品(EIP)都必须遵照中国大陆《电子电气产品有害物质
限制使用标识要求》标准贴上环保使用期限(EFUP)标签。Barco产品所采用的EFUP标签
(请参阅实例,徽标内部的编号使用于指定产品)基于中国大陆的《电子信息产品环保使用
期限通则》标准。
601–426JA /06 F70 Series
安全
中国本土で販売されている電子情報製品 (EIP) はすべて、中国政府発布の「電気電子機器
製品に含まれる危険物質の使用規制マーク」に準拠している必要があります。基準を満た
している製品には、環境に優しい使用の期限 (EFUP) のロゴマークがあります。Barco が
使用する EFUP ロゴ内の番号 (写真を参照) は、中国政府発布の「電気電子機器製品の環
境に優しい使用の期限に関する一般ガイドライン」を基にしています。
1.11 台湾 RoHS 対応
限用物質含有情況標示聲明書 (規制物質標識の有無状況の宣言書)
限用物質及其化學符號
規制物質およびその化学記号
單元
単位
鉛
鉛
(Pb)
汞
水銀
(Hg)
鎘
カドミ
ウム
(Cd)
六價鉻
六価クロ
ム
(Cr6+)
多溴聯苯
ポリ臭化ビ
フェニル
(PBB)
多溴二苯醚
ポリ臭素ジ
フェニルエー
テル
(PBDE)
印製電路板配件
プリント回路実装品
—
O
—
O
O
O
外接電 (線)纜
外部ケーブル
—
O
O
O
O
O
內部線路
内部配線
—
O
O
O
O
O
鏡頭支架
レンズホルダー
—
O
O
O
O
O
螺絲組件
ナット、ボルド、ネジ、ワッ
シャー、留め具
—
O
O
O
O
O
雷射
レーザー
—
O
O
O
O
O
電源供應器
電源装置
—
O
O
O
O
O
風扇
ファン
—
O
O
O
O
O
遙控器
リモートコントロール
—
O
O
O
O
O
備考1.〝超出0.1 wt %〞及〝超出0.01 wt %〞係指限用物質之百分比含量超出百分比含量基準值。
注1:「Exceeding 0.1 wt %」および「exceeding 0.01 wt %」は、制限される物質の含有量の割合が、条件
である参照値を超えていることを示します。
備考2.〝〇〞係指該項限用物質之百分比含量未超出百分比含量基準值。
注2:「〇」は、制限される物質の含有量の割合が参照値を超えていないことを示します。
備考3.〝—〞係指該項限用物質為排除項目。
注3:「-—」は、制限される物質の免除項目であることを示します。
備註: 此RoHS表格適用於以下產品型號: GP6,GP7,GP8,GPC
ヒント: この RoHS の表は、次のモデルに適しています: GP6,GP7,GP8,GPC
601–426JA /06 F70 Series
23
安全
1.12 連絡先情報
Barco連絡先情報
登録拠点住所: President Kennedypark 35, 8500 Kortrijk, Belgium
連絡先住所: Beneluxpark 21, 8500 Kortrijk, Belgium
連絡先住所 (台湾):
公司名稱 (Company Name):巴可股份有限公司
地址 (Address):新北市板橋區新站路16號33樓
傳真 (Fax):02-7715 0298
電話 (Tel):02-7715 0299
E-mail: service.taiwan@barco.com
輸入元連絡先情報
お住まいの地域の輸入元については、Barco に直接お問い合わせいただくか、各地にある Barco のオフィス
のいずれかにご連絡ください。各オフィスの連絡先情報は、Barco のウェブ サイト www.barco.com に記載
されています。
連絡先情報: ノルウェー工場
Barco Fredrikstad as
Habornveien 53, N1630 Gamle Fredrikstad, Norway
電話: +476930 4550
サポート: Support.fre@barco.com
1.13 製品情報
製品情報
画像 1-8
製品名
プロジェクター
モデルGP6 / GP7
1.14 声明文
EN55032/CISPR32 クラス A MME (マルチメディア装置)
警告: 本装置は、CISPR 32 のクラス A に準拠しています。居住環境において、本装置は、無線干渉を生じる
恐れがあります。
Class A ITE (情報技術装置)
警告: これは、クラス A の製品です。国内環境では、本製品は無線干渉を引き起こす場合があり、ユーザー
は適切な手段を講じる必要があります。
警告使用者: 此為甲類資訊技術設備,於居住環境中使用時,可能會造成射頻擾動,在此種情況下,使用者會
被要求採取某些適當的對策。
24
601–426JA /06 F70 Series
プロジェクターを知
る
2
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
主要コンポーネント
サービスとメンテナンス
LED の状態ライト
電源オン/スタンバイ ボタンのバックライト表示
LCDパネル
準備完了モードでの LCD 機能
ローカルキーパッド
リモートコントロール
プロジェクターアドレス
コネクタ パネル
カラー ホイール
カラー ホイールのタイプ
別売りアクセサリー
601–426JA /06 F70 Series
25
プロジェクターを知る
2.1 主要コンポーネント
命名規則
Top
Back
Left
Right
Front
画像 2-1
プロジェクター項目の概要
1
5
2
5
4
8
9
3
6
7
画像 2-2
項目番号
1
項目の説明
LED 警告インジケータ
1
調整脚
2
1
レンズ
3
1
レンズ ホルダー
4
1
IR 受信装置リモコン信号受信用
5
1
LCD ディスプレイ
6
1
キーパッド パネルプロジェクターのローカル操作用に使用します。
7
1
26
601–426JA /06 F70 Series
プロジェクターを知る
項目番号
8
項目の説明
コネクタ パネルプロジェクターの制御および通信インタフェース
1
フロント USB とトリガーボード
9
1
2.2 サービスとメンテナンス
一般
F70 シリーズには、ユーザーが修理できる部品がありません。
すべての修理点検作業は、必ず、メーカーまたは Barco 認定のサービス担当者または技術者によって実施さ
れなければなりません。
2.3 LED の状態ライト
一般情報
F70 状態 LED は、プロジェクターの背面上部にあります。
通常動作中は、LED は点灯しません。重大なエラーまたは高温の場合、LED は赤色で点灯します。
重大なエラーでは、プロジェクターを電源から切断して、再接続するまで、プロジェクターは再起動できま
せん。エラーの原因が解消されない場合、プロジェクターは重大なエラー状態に戻ります。
高温では、プロジェクターは冷却されると再起動し、温度は通常の動作制限内に戻ります。
2.4 電源オン/スタンバイ ボタンのバックライト表示
インジケータ
プロジェクターは、LED インジケータの他に、電源/スタンバイ ボタンのバックライトにもステータス イン
ジケーションを表示します。
下の表は、この表示に関する詳細を示します。
動作ステータス
オン(アクティブ)
オンを待機
スタンバイ(オフ)
待つ
過熱
設定/アップグレード
スタンバイ ECO
表示色/動作
青
青色の点滅
ホワイト
白の短い点滅
赤の点滅
白の高速点滅
白の鼓動
2.5 LCDパネル
一般情報
LCD パネル(2.6 章、ローカル キーパッド参照)は、プロジェクターの右側にあり、 OSD のミラー、また
は情報ディスプレイの 2 つの表示モードがあります。
キーパッド上、またはリモコン上の [メニュー] ボタンを使用し、2 つの指示内容の間でトグルを行います
1.
OSD をミラーリングすると、LCD にメニューと調整情報が表示されます。
2.
601–426JA /06 F70 Series
27
プロジェクターを知る
情報モードのときに、プロジェクターの状態に関するこの情報を表示します。
• プロジェクターの状態
• ネットワーク アドレスと状態
• アクティブなソース
• 照明状態
• 現在のファームウェアバージョン
• アクティブな機能 (有効になっている機能)。
• 輸送遅延を含む表示情報
• 環境情報
ナビゲーション キー(矢印)を使用して、情報メニューをスクロールします。
情報モードのときは、OK(選択(✓)を確認)を押し、通知と警告を表示します。
最後の主要オペレーションから 15 秒が経過すると、LCD ディスプレイがフェードアウトします。
2.6 準備完了モードでの LCD 機能
プロジェクターが準備完了モードのときは、ランプの電源を入れる前に値や設定値を設定または確認するた
めに、LCD ディスプレイのプロジェクター メニューを起動して移動することができます。
電源ケーブルが接続されているとき(起動シーケンス後)、またはプロジェクターがオン モードの際に電源
オフを 3 秒間押すと、準備完了モードが有効になります。準備完了モードの図表示については、5.4 章電力
モードの移行を参照してください。
手順
準備完了モードになっているときに、リモコンのキー、またはキーパッドのどちらかを押してメニューに入
ります。リモコンまたはキーパッドの矢印キーと OK キーを使用して移動します。
2.7 ローカルキーパッド
一般情報
キーパッドの使用により、メニューシステムにアクセスできるほか、いくつかの機能に直接アクセスするこ
とができます。キーパッドとリモコンの機能は同じです。
キーパッドには、自動で電源を入れたり切ったりできるバックライトがついています。事前に設定された時
間が過ぎると、ライトは自動的に消えます。
スタンバイ キーには、プロジェクターの状態に応じて、白、青、赤のバックライトが装備されています。こ
れに関する情報は、27 ページ、 電源オン/スタンバイ ボタンのバックライト表示 の表を参照してくださ
い。
28
601–426JA /06 F70 Series
プロジェクターを知る
2
1
3
4
5
6
10
9
8
7
画像 2-3
項目
番号
名前
説明
1
LCD ディスプレイ プロジェクター ステータスとナビゲーション メニューを表示します。
2
ナビゲーション
キー
ナビゲーション矢印(上、下、左、右)、選択の確認(✓)
3
メニュー ボタン
OSD/情報メニューを切り替えます。
4
スタンバイ
電源オン/スタンバイ
5
戻る
操作を元に戻す/前の画面に戻る。
6
OSD オン/オフ
オン スクリーン表示 (OSD) を無効にする。重大な警告だけが表示されます。
7
入力
LCD にソース メニューを入力するためのショートカット。ナビゲーション
キーを使用して、入力を選択して有効にします。
8
シャッター
レンズ シャッター機能を有効または無効にします。これはメカニカル シャッ
ターではありませんが、レーザー ソースのオンとオフを切り替えます。
シャッターが有効になるとバックライトが赤色に点灯します。
9
テストパターン
LCD のテスト パターンへのショートカット。ナビゲーション キーを使用して
希望のパターンを選択します。
10
レンズ
レンズ機能へのショートカット。テスト パターンが OSD に表示されます。
LCD 画面には、操作を管理および確認するためのナビゲーション キーが表示
されます。
2.8 リモートコントロール
2.8.1 リモコン、バッテリー設置
リモコンの電池の場所
輸送時にリモコンが作動して電池の寿命が短くなるのを防ぐために、リモコンには電池が装着されていませ
ん。プロジェクターを開梱すると、リモコン装置に添付されている袋に電池が入っています。リモコンを使
用する前に、この電池を装着してください。
取り付け方法
1.
電池カバーのつまみを爪で少し反対方向に押して (1) から、上方向に引っ張りながら同時にカバーを上に持
ち上げます (2)。
601–426JA /06 F70 Series
29
プロジェクターを知る
1
2
画像 2-4
2.
単三電池 2 本を挿入します。このとき、電池の方向と、電池ケースの内部に表記されている + マークと マークとが一致していることを確認してください。
Tip: 最適なレンジと寿命のために、アルカリ電池を使用してください。
+
+
-
画像 2-5
3.
電池カバーの下部のツメを両方リモコンの底部の溝に挿しこみ (1)、カチッという音がするまでカバーを押
し込みます (2)。
2
+
1
+
-
画像 2-6
電池交換時には、RCU のブロードキャストアドレスがデフォルト値の「0」にリセットされま
す。
注意: 適切な種類の電池と交換してください。 AA サイズの電池 2 個を使用します。 不適切な種類
の電池を使用すると、爆発する危険があります。
注意: 上記の説明に従って、電池を交換してください。 電池が正しく取り付けられていないと、
爆発する危険があります。
30
601–426JA /06 F70 Series
プロジェクターを知る
2.8.2 リモコン、プロトコルのセットアップ
使用されるプロトコルについて
プロトコルとは、遠隔操作でボタンが押された際に送信されるコードです。このコードによって、プロジェ
クターは信号をデコードすることができます。遠隔操作は、2 種類の異なるプロトコル (RC5 および NEC)
で使用することができます。制御するプロジェクターに応じて、遠隔操作はこれらのプロトコル間で切り替
わることがあります。
使用するプロトコル
•
•
NEC プラットフォームは、パルス プラットフォーム (Loki、Balder、F70、F80、F90、HDX 4K、
UDX、...) に基づく Barco プロジェクターで使用する必要があります。
RC5 プロトコルは、その他のすべての Barco プロジェクター (HDX W、HDF W、HDQ 2K、...) で使用す
る必要があります。
設定方法
1.
カバーを取り外します。取り外し方の詳細については、29 ページ 、リモコン、バッテリー設置 をご参照く
ださい。。
2.
NEC の位置にスイッチを合わせます。
画像 2-7
RC5 プロトコルの備考
パルス RCU のすべてのボタンが、従来の Barco RCU と 1 対 1 で対応しているわけではありません。従来の
RCU はシャッター用に 1 つのボタンとスタンバイ用に 1 つのボタンしかなかったため、ボタンのペア
SHUTTER の開閉と POWER のオン/オフは RC5 モードのときに同じコードを (ペア毎に) 出します。
601–426JA /06 F70 Series
31
プロジェクターを知る
2.8.3 機能概要
リモコンユニットのボタン
1
2
24
3
23
4
22
5
21
6
20
7
19
8
18
9
1
押されたボタンのイン
ジケーター。
14
バックスペース (値の入
力中)
2
シャッター開。
15
XLR コントローラー。
3
シャッター閉。
16
小数点記号 (値の入力
中)
タッチ パネル オン/オ
フ。(使用していな
い)
17
4
マクロ ボタン。(使用
していない)
5
OSD オン/オフ。
18
メニュー バック。
6
レンズ ズーム。
19
デフォルト ボタン。
(使用していない)
7
レンズ位置変更。
20
レンズ焦点。
8
メニュー有効化。
21
RGB ボタン
9
メニュー選択、[OK] ボ
タン。
22
テスト パターン。
10
メニュー ナビゲーショ
ン。
23
電源オン。
11 入力選択。
24
電源オフ。
12 アドレス
25
ステレオ ジャック。
26
RCU オン/オフ。
10
11
12
17
13
14
16
15
ボタン。
13 数値ボタン。
25
26
プロジェクターのリモコンは完全な機能をもった無線リモコンで、2 つの標準 AA バッテリーで動作しま
す。バッテリー収納部は、リモコンの裏側にあります。
暗い環境で使用する場合に、リモコンのバックライトを使用することができます。また、プロジェクターと
無線通信を確立するためにジャックコネクタが備え付けられています。通信が接続されると、IR ビームが消
えます。
2.8.4 リモコン、オン/オフ ボタン
リモコン オン/オフ ボタンの目的
パルス リモート コントロール ユニットには、フロント側にオン/オフ スイッチ (事例 1 画像 2-8) がありま
す。リモコンの電源を切ると、誤ってキーを押すことにより不要なコマンドが送信されることがなくなりま
す。さらに、RCU をオフにすると、リモコンのバッテリー寿命が長くなります。
リモコンを有効にするには、オン/オフ ボタンを押します。
リモコンを無効にするには、オン/オフ ボタンを再度押します。
電池を (再度) 入れるときのデフォルトは「オン」です。
32
601–426JA /06 F70 Series
プロジェクターを知る
1
画像 2-8
2.8.5 RGB フィルターボタンの機能
投影された画像の色をフィルタリング
RCU の RGB フィルターボタンを押すと、プロジェクターの出力に色フィルターを置くことができます。こ
の機能は、マルチ プロジェクターまたはマルチチャネル設定の設置および設定時に役立ちます。1 台のプロ
ジェクターに赤い画像を投写させ、もう 1 台のプロジェクターに緑色の画像を投写させることにより、オー
バーラップ セクションを見つけて調整することが容易になります。
このボタンを複数回押すと、次のサイクルで、異なるアクティブフィルターが使用されます。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
赤 + 緑 + 青 (デフォルト)
赤のみ
緑のみ
青のみ
赤+緑
緑+青
赤+青
赤+緑+青
など
電源を入れると、色は常時フル RGB に戻ります。
2.8.6 リモート コントロールを有効/無効にする
一般情報
この機能は、リモコン用の IR センサーを無効にするためのものです。前面または背面、あるいはその両方
画像 2-9
•
•
•
メニューパスホーム/システム設定/通信/IR コントロールを選択します。
無効にするセンサーを選択します。
適用ボタンを押して、操作を確定します
601–426JA /06 F70 Series
33
プロジェクターを知る
すべてのセンサーがオフになると、プロジェクターは、リモコンの信号を受け取らなくなりま
す。センサーを再び有効にするには、プロジェクターのキーパッドを使用します。
2.8.7 有線 RC 接続
一般情報
リモコンは、リモコンのステレオ ジャック コネクタからプロジェクターに(32 ページ、 機能概要 参照)、
プロジェクターの背面パネルの RC コネクタに(「コネクタ パネル」の項を参照)直接接続することもでき
ます。
このモードでは、プロジェクターは、他の有線ではないリモコンからの信号の影響を受けません。
有線リモコンを使用する場合は、ブロードキャスト アドレスを「一般 ID(0)」に設定する必要がありま
す。33 ページ、 リモート コントロールを有効/無効にする のメニューを参照してください。
有線モードでリモコンをプログラムすることはできません。(直接接続されており、プログラミングの意味
がありません)。
2.9 プロジェクターアドレス
プロジェクターアドレス
プロジェクターに設定されるアドレスは、個別にコントロールされます。
ブロードキャストアドレス
プロジェクターは常に、ブロードキャストアドレスでプログラミングされた RCU からのコマンド
を処理します。
2.9.1 プロジェクターのコントロール
プロジェクター アドレスの目的
同じ部屋に複数のプロジェクターを設置する場合は、プロジェクターにアドレスを設定して、RCU または
コンピュータで各プロジェクターを区別して操作できるようにします。そうすることで、各プロジェクター
に固有のアドレスが設定されます。
個別のプロジェクター アドレスの設定方法
プロジェクター アドレスのセットアップは、ソフトウェアを使って実行します。
プロジェクターのコントロール
アドレスを設定すると、プロジェクターのコントロールが可能になります:
• RCU では: 1 ~ 31 のアドレスのみ。
ブロードキャスト アドレス
各プロジェクターには、ブロードキャスト (共通) アドレス「0」または「1」があります。デフォルトのアド
レスは 「0」 です。
「0」 と 「1」 の選択は、GUIの [システム設定] → [通信] → [IR コントロール] で選択できます。
34
601–426JA /06 F70 Series
プロジェクターを知る
新しいバッテリーをリモコンに入れたり、ケーブルを使ってリモコンをプロジェクターに接続し
たりすると、アドレスがデフォルト値の「0」に自動的にリセットされます。
2.10 コネクタ パネル
一般
ソース入力パネルはプロジェクターの背面にあります。ソース仕様については、以下の表を参照してくださ
い。
画像 2-10
名前
Pcs
説明
目的
DMX IN
1
DMX 512 入力
プロジェクター コントロールの場合
DMX OUT
1
DMX 512 出力
プロジェクター コントロールの場合
RS-232
1
9 ピン DB9 コネクタ
プロジェクター コントロールの場合。設置環境で
使用される多くのプロジェクター機能の有線リモ
コンと監視が可能
同期
3
BNC 同期ポート IN/OUT;双
方向ミニ DIN(1x 3D 同期出
力、2x同期入力/出力)
プロジェクター コントロールについて、主に複数
のプロジェクターの設置で使用され、ユニット間
の同期が必要です
トリガー
3(前面 12VDC - 0.5A (6W)
に1
つ、背面
に2
つ)
電動スクリーン、カーテンなどの周辺機器の制御
用。プロジェクターの電源を入れたときに 12V の
出力を与えます。注記:プロジェクターの電源
ケーブルを外してから、トリガー ケーブルを接続
または取り外してください
RC
1
有線リモート用ジャックコネ
クタ
プロジェクター コントロールの場合
USB
3
USB 2.0 タイプ A、4 ピン(リ
ア×2、フロント×1)
ソフトウェアのアップグレードの場合
LAN
1
標準 RJ45 コネクタ
プロジェクター コントロールの場合
DP
2
標準ディスプレイ ポート
プロジェクター入力の場合
DL-DVI-D
2
デュアル DVI-I 1.0(DVI_D 機
能)。
プロジェクター入力の場合。これらのコネクタ
は、画像の半分を各コネクタに供給することに
よって、1 つの均一な画像を形成するためにも使
用できます。最高 165 Mhz のソースで HDCP 準
拠
HDMI
1
標準 HDMI 2.0
プロジェクター入力の場合
HDBaseT
1
標準 RJ45 8P8C コネクタ
プロジェクター コントロールの場合
SDI
2
SDI1 は入力、SDI2 はパスス
ルーです。(出力)
プロジェクター入力の場合
601–426JA /06 F70 Series
35
プロジェクターを知る
2.11 カラー ホイール
一般情報
F70 プロジェクターには、標準のカラー ホイールが付属しており、ほとんどの用途に適しています。
他のカラー ホイールは、ご要望に応じてご利用いただけます。
特定の用途に最も適したカラー ホイールを見つけるには、Barco の営業所またはサービス パートナーにご相
談ください。
2.12 カラー ホイールのタイプ
取り付けられているカラー ホイールの確認
取り付けられているカラー ホイールは、ホーム/ステータスメニューで確認できます。
画像 2-11
2.13 別売りアクセサリー
リギング フレーム
項目番号
R9802224
項目の説明
F70/F90 多機能フレーム
F70 リギング フレームは、1 つ以上のプロジェクターの設置プロセスを合理化するように設計された堅牢で
取り付けが簡単なフレームです。
フレームに取り付けると、プロジェクターは、
•
•
•
x 軸、y 軸および z 軸の周りを回転させ、複数のプロジェクターを使った用途でシームレスな調整を得る
ことができます。
トラスから、またはペデスタルに取り付けることができます。
デュアル チャネルまたはマルチ チャネルの設置など、簡単に相互に積み重ねることができます。
フライト ケース
F70 は F90 シリーズ プロジェクターと同じフライト ケースを使用します。
項目番号
R9801195
36
601–426JA /06 F70 Series
項目の説明
F90 フライト ケース
プロジェクターを知る
画像 2-12
F70 フライト ケースは、フライト フレーム、信号および電源コード、最大 2 つのレンズを含むプロジェク
ターを出荷するのに適したように特注設計された容器です。
このケースは、輸送中および保管中にプロジェクターとレンズを保護するために完全に裏打ちされていま
す。
601–426JA /06 F70 Series
37
プロジェクターを知る
38
601–426JA /06 F70 Series
レンズ
3
一般情報
概要
•
•
•
•
•
•
•
承認されたレンズ
レンズの範囲
レンズの交換
レンズの移動
レンズ中央位置
ズームとフォーカスの調整
アイリスの調整
601–426JA /06 F70 Series
39
レンズ
3.1 承認されたレンズ
承認されたレンズ
部品番号
R9801214
R9801218
R9801228
R9801209
R9801225
R9801249
説明
FLD 1.6 - 2.32 : 1 (EN11)
FLD 0.74 : 1 (EN12)
FLD 1.24 - 1.6 : 1 (EN13)
FLD 2.37 - 3.79 : 1 (EN14)
FLD 1:16 : 1 (EN15)
FLD 3.8 - 6.5 : 1 (EN16)
北米
承認
承認
承認
承認 - プロの使用のみ
承認
承認 - プロの使用のみ
北米外
承認
承認
承認
承認 - プロの使用のみ
承認
承認 - プロの使用のみ
R9801216
R9801226
R9801230
R9801211
R9801220
FLD+ 1.7 - 2.5 : 1 (EN41)
FLD+ 0.8 : 1 (EN42)
FLD+ 1.2 - 1.7 : 1 (EN43)
FLD+ 2.5 - 4.6 : 1 (EN44)
FLD+ Long Focus 0.8 1.21 : 1 (EN45)
FLD+ Short Focus 0.8 1.21 : 1 (EN46)
FLD+ 0.65 : 1 (EN47)
FLD+ 0.28 : 1 (EN58)
承認
承認
承認
承認 - プロの使用のみ
承認
承認
承認
承認
承認 - プロの使用のみ
承認
承認
承認
承認
承認
承認
承認
R9801221
R9801295
PN_EN58
プロジェクターは、投影比が 4.7 より大きいの交換レンズを取り付ける場合、リスクグループ 3 (RG3) にな
る可能性があります。北米では、スローレシオが 2.5 より大きい交換レンズを取り付ける場合、リスクグ
ループ 3 (RG3) の設置要件に従う必要があります。
操作前に、投影比率と危険距離について、マニュアル第 1.7 章を参照してください。
3.2 レンズの範囲
注意: プロジェクターを移動または輸送する前に、必ずレンズをレンズ ホルダーから取り外しま
す。そうしないと、レンズ ホルダーとプリズムが損傷する場合があります。
利用可能なレンズ - WUXGA
FLD レンズ範囲は、WUXGA および 1080 プロジェクター向けにカスタム設計されています。
レンズ モーターへの電気接続は、バヨネット マウント上のスプリング プローブ コンタクト(pogo)ピン
アレイを介して行います。
プロジェクターは、レンズが取り付けられているときにレンズを自動的に検出して識別します。サード パー
ティのレンズでは、自動検出は利用できません。
EN11
EN12
画像 3-1
40
601–426JA /06 F70 Series
EN13
EN14
EN15
EN16
EN33
レンズ
名前
説明
FLD レンズ 1.6 - 2.32 1.6-2.32 : 1 (WUXGA)
: 1 (EN11)
FLD レンズ 0.74 : 1
(EN12)
0.74:1 (WUXGA)
FLD レンズ 1.24 - 1.6 1.24 - 1.6 : 1 (WUXGA)
: 1 (EN13)
部品番号
重量
R9801214
2.2 kg
R9801218
1.9 kg
R9801228
2.6 kg
FLD レンズ 2.37 3.79 : 1 (EN14)
2.37 - 3.79 : 1 (WUXGA)
R9801209
2.5 kg
FLD レンズ 1.16:1
(EN15)
1.16 : 1 (WUXGA)
R9801225
2.4 kg
FLD レンズ 3.80 6.50 : 1 (EN16)
3.8 - 6.5 : 1 (WUXGA)
R9801249
2.5 kg
名前
動作 F#
アイリス/アイ
リス F#
ズーム比
焦点距離
(mm)
焦点範囲
(m)
はい 2.1-6.5
1.45
33.2-48.1
2.0-15
はい 2.1-6.5
-
16.35
0.5-5
FLD レンズ 1.24 - 1.6 2.1-2.22
: 1 (EN13)
はい 2.1-6.5
1.3
25.59-33.24
1.0-15
FLD レンズ 2.37 3.79 : 1 (EN14)
2.1-2.72
はい 2.1-6.5
1.6
49.1-78.6
3.0-30
FLD レンズ 1.16:1
(EN15)
2.1
はい 2.1-6.5
-
23.98
1.5-15
FLD レンズ 3.80 6.50 : 1 (EN16)
2.1-2.66
はい 2.1-6.5
1.74
78.3-136.2
4.0-40
FLD レンズ 1.6 - 2.32 2.1-2.52
: 1 (EN11)
FLD レンズ 0.74 : 1
(EN12)
2.1
利用可能なレンズ - 4K、WUXGA、WQXGA
FLD + (EN4X) レンズ範囲は、WQXGA プロジェクター向けにカスタム設計されています。
レンズ モーターへの電気接続は、バヨネット マウント上のスプリング プローブ コンタクト(pogo)ピン
アレイを介して行います。プロジェクターは、レンズが取り付けられているときにレンズを自動的に検出し
て識別します。サード パーティのレンズでは、自動検出は利用できません。
EN41
EN42
EN43
EN44
EN45
EN46
画像 3-2
601–426JA /06 F70 Series
41
レンズ
部品番号
名前
説明
FLD+ レンズ 1.7 - 2.5 : 1
(EN41)
1.58 - 2.33 : 1 (WUXGA) / 1.7 - 2.5 R9801216
: 1 (WQXGA)
2.54 kg
FLD+ NV レンズ 1.7 - 2.5 :
1 (NV41)
IR 最適化、1.58 - 2.33 : 1
(WUXGA) / 1.7 - 2.5 : 1 (WQXGA)
R9801216
2.54 kg
FLD+ レンズ 0.8 : 1 (EN42)
0.75 : 1 (WUXGA) / 0.8 : 1
(WQXGA)
R9801226
2.7 kg
FLD+ レンズ 1.2 - 1.7 : 1
(EN43)
1.12 - 1.58 : 1 (WUXGA) / 1.2 - 1.7 R9801230
: 1 (WQXGA)
2.84 kg
FLD+ NV レンズ 1.2 - 1.7 :
1 (NV43)
IR 最適化、1.12 - 1.58 : 1
(WUXGA) / 1.2 - 1.7 : 1 (WQXGA)
R9801286
2.84 kg
FLD+ レンズ 2.5 - 4.6 : 1
(EN44)
2.33 - 4.3 : 1 (WUXGA) / 2.5 - 4.6 : R9801211
1 (WQXGA)
3.08 kg
FLD+ レンズ 0.75 - 1.13 : 1
(EN45)
0.75 - 1.13 : 1 (WUXGA) / 0.8 1.21 : 1 (WQXGA)
R9801220
3.04 kg
FLD+ レンズ 0.75 - 1.13 : 1
(EN46)
0.75 - 1.13 : 1 (WUXGA) / 0.8 1.21 : 1 (WQXGA)
R9801221
3.14 kg
R9801287
3.14 kg
R9801295
5.4 kg
FLD+ NV レンズ 0.8 - 1.21 : IR 最適化、0.75 - 1.13 : 1
(WUXGA) / 0.8 - 1.21 : 1
1 (NV46)
(WQXGA)
FLD+ レンズ 0.65 : 1
(EN47)
42
0.61 : 1 (WUXGA) / 0.65 : 1
(WQXGA)
重量
名前
動作 F#
アイリス/アイ
リス F#
ズーム比
焦点距離
(mm)
焦点範囲(m)
FLD+ レンズ
1.7 - 2.5 : 1
(EN41)
2.1-2.5
はい 2.1-6.5
1.47
33.70-49.54
1.5 - 15
FLD+ NV レン
ズ 1.7 - 2.5 : 1
(NV41)
2.1-2.5
はい 2.1-6.5
1.47
33.70-49.54
1.5 - 15
FLD+ レンズ
0.8 : 1 (EN42)
2.1
はい 2.1-6.5
-
16.12
0.7 - 7
FLD+ レンズ
1.2 - 1.7 : 1
(EN43)
2.4-2.7
はい 2.4-6.5
1.42
23.95-34.02
1.5 - 15
FLD+ NV レン
ズ 1.2 - 1.7 : 1
(NV43)
2.4-2.7
はい 2.4-6.5
1.42
23.95-34.02
1.5 - 15
FLD+ レンズ
2.5 - 4.6 : 1
(EN44)
2.1-2.93
はい 2.1-6.5
1.85
49.52-91.60
2.5-25
FLD+ レンズ
0.75 - 1.13 : 1
(EN45)
2.4-3.29
はい 2.4-6.5
1.51
15.85-23.93
5.0 - 30
FLD+ レンズ
0.75 - 1.13 : 1
(EN46)
2.4-3.29
はい 2.4-6.5
1.51
15.98-23.99
0.7 - 7
601–426JA /06 F70 Series
レンズ
名前
動作 F#
アイリス/アイ
リス F#
ズーム比
焦点距離
(mm)
焦点範囲(m)
FLD+ NV レン
ズ 0.8 - 1.21 : 1
(NV46)
2.4-3.29
はい 2.4-6.5
1.51
15.98-23.99
0.7 - 7
FLD+ レンズ
0.65 : 1 (EN47)
2.1
はい 2.1-6.0
-
12.6
0.5 - 4.0
3.3 レンズの交換
レンズ レバー
F70 レンズ マウントとレンズ レバーは、レンズ ボードへの損傷を防ぎながら、簡単で安定したレンズ交換
手順を行うように設計されています。
レンズ マウントの底部にあるレンズ レバーは、左端(デフォルト位置 - ロック解除)と右端(ロック)の 2
つの位置の間をスライドします。
レンズを取り外したり取り付けたりする前に、必ずプロジェクターのシャッターを作動させてく
ださい。
これを行うには、キーパッドのシャッター ボタンを押すか、リモコンのシャッターを閉じて
シャッターを有効にします。シャッターが作動すると、キーパッド ボタンが赤く点灯します。
シャッター ボタンをもう一度押すか、リモコンのシャッターを開くと、シャッターがオフにな
り、通常の操作が再開されます。シャッターがオフになると、キーパッド ボタンが白色に点灯し
ます。
画像 3-3
レンズの取り付け
1.
プロジェクターのシャッターが有効になっていることを確認します(プロジェクターのキーパッドのシャッ
ター アイコンが赤の場合、シャッターは有効になります)。
2.
図のように、レンズ リリース レバーがスライドの左端のデフォルト位置にあることを確認します。
3.
レンズ バヨネット端の保護キャップを外します
601–426JA /06 F70 Series
43
レンズ
4.
バヨネットの赤い印が上を向くようにレンズを合わせます。
5.
レンズ バヨネットをプロジェクターのレンズ マウントに配置し、片手で固定します。
6.
レンズ レバーを一番右にスライドさせます。
7.
レンズから手を離す前に、レバーが所定位置で固定されていることを確認します。
画像 3-4
レンズの取り外し
1.
片手でレンズを支えます。
2.
もう一方の手でレンズ リリース レバーを左端までスライドさせます。
3.
プロジェクター レンズ マウントからレンズをまっすぐに引き出します。
4.
別のレンズと交換するか、プロジェクターのレンズ キャップを取り付けます。
画像 3-5
3.4 レンズの移動
一般
プロジェクターのリモコンまたはキーパッドを使用して、レンズ シフト機構を調整します。
レンズは、1 つまたは複数のプロジェクター システムで正確な画像の位置決めを容易に行うために、垂直お
よび水平に移動させることができます。プロジェクターは、両方向の水平および垂直シフトが可能です。常
にプロジェクターを画面に対して垂直に置き、レンズ シフトを使用して画像を整列させます。
他の環境のために、プロジェクターを画面に対して垂直に配置できない場合は、95 ページ、 ワープ - 4 コー
ナー調整 章を参照してください。
EN 68 レンズがプロジェクターに取り付けられている場合、レンズの損傷を避けるために、レン
ズ シフト範囲にはいくつかの制限があります。
この制限は、シフト位置が定義された範囲を超えると、プロジェクターからの出力光が減少する
ことで識別されます。その後、出力光は最大の 20% まで減少します。
3.5 レンズ中央位置
リモコンから
この機能は、レンズの位置を機械的な中央位置に調整します。
44
601–426JA /06 F70 Series
レンズ
メニューホーム/設置/レンズ/中央にシフトに入ります。
リモコンの✔ボタンで確認すると、「レンズを中央位置に移動しますか?」というポップ アップ ウィンドウ
が表示されます。
強調表示された長方形を「OK」に移動し、✔キーで確定します。
EN68 レンズが取り付けられている場合:
EN 68 レンズの光出力の制限により、このレンズの中央位置は、機械的な中央位置ではなく、最
大の光出力が許容される領域の中央位置になります。
画像 3-6
キーパッドから
キーパッドのレンズ ボタンを押します。以下のようなメニュー画像が表示されます。
✔ボタンを 3 秒間押します。
画像 3-7
3.6 ズームとフォーカスの調整
一般
ズームでは、投影画像のサイズを調整します。
フォーカスでは、投影画像のシャープネスを調整します。
レンズ ズームとフォーカス調整は電動化されています。リモコン、ローカル キーパッド、OSD、および/ま
たは RS-232 コマンドを使用して、レンズのズームとフォーカスの位置を調整できます。
601–426JA /06 F70 Series
45
レンズ
すべてのレンズに、ズームまたはアイリス制御があるものではありません。以下の表は、レンズ
ごとにどの制御が利用できるかを示します。
EN11
EN12
EN13
EN14
EN15
EN16
EN33
EN41
EN42
EN43
EN44
EN45
EN46
EN47
アイリ
ス
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✖
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
ズーム
✔
✖
✔
✔
✖
✔
✖
✔
✖
✔
✔
✔
✔
✖
フォー
カス
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
最良の結果を得るには、レンズ調整を以下の順に行う必要があります:ズーム、フォーカス、次にアイリス
(該当する場合)。
3.7 アイリスの調整
一般
アイリスでは、画像のコントラストと焦点深度を調整します。アイリスを小さくすると、コントラストと焦
点深度が大きくなり、同時に輝度が減少します。
アイリス制御は、ズームおよびフォーカス制御と同様に、電動化されており、リモコンまたはローカル キー
パッドによって操作されます。
アイリスは、カラー タイプのカラーホイールのユニットでのみ使用できます。
アイリス制御に入るには、ホーム/設置/レンズ/アイリスメニューに入ります。
画像 3-8
優先レンダリングが得られるまで、矢印キーを使用してアイリスを調整します。
46
601–426JA /06 F70 Series
物理的設置
4
一般情報
この章では、F70 プロジェクターを設置するときに必要な物理的条件と手順について説明します。また、設
置の設計および設定時に考慮すべき概要と考慮事項についても説明します。
それぞれのプロジェクターの設置は独自のものであり、この章での情報はガイドとしてのみ提供されます。
同様に、ここで示される画像またはグラフィック表現は、イラスト目的のみのものです。
設置プロセスの間に詳細な情報と支援が必要な場合は、アドバイスについて、認定された投影技術者または
お近くのサポートオフィスにお問い合わせください。
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
設置プロセス
設置条件
初期検査
プロジェクターの位置決め
プロジェクターの取り付け、一般的な考慮事項
プロジェクターの安全な取り付けポイント
投影距離
Scheimpflug (照準) 調整
Scheimpflug 調整手順
601–426JA /06 F70 Series
47
物理的設置
4.1 設置プロセス
推奨設置手順
項目
1
2
3
手順
設置エリアがすべての技術要件および環
境要件を満たしていることを確認してく
ださい。
プロジェクターの取り付け位置を決定
4
プロジェクターを梱包から取り出し、す
べての機器が入っていて、すぐ作業がで
きる状態であることを確認します。
プロジェクターの取り付け
5
プロジェクター レンズの設置
6
ソースへ接続
7
プロジェクターの電源を入れる
8
画像の設定
次章でさらに読む
48 ページ、 設置条件を参照してください。
49 ページ、 プロジェクターの位置決めを参
照してください。
49 ページ、 初期検査を参照してください。
50 ページ、 プロジェクターの取り付け、一
般的な考慮事項を参照してください。
43 ページ、 レンズの交換を参照してくださ
い。
60 ページ、 プロジェクターのソースとコン
トロールの接続を参照してください。
63 ページ、 プロジェクターの電源を入れる
を参照してください。
73 ページ、 画像メニューを参照してくださ
い。
4.2 設置条件
環境条件
Barco プロジェクターは、環境条件も含む特別な設計標準に従って製造されています。この章に
記載されている条件に従わない場合、製品保証を失う原因となる可能性があります。
以下の表は、プロジェクターを安全に稼働および保管するための物理的な環境条件について要約したもので
す。
環境
0~500m
環境温度
+10~+45°C
相対湿度
10~80% RH
500~1,500m
+10~+40 °C
10~80% RH
1,500~3,000m
+10~+35°C
10~80% RH
最大空気流量
900m3/時
10~80% RH
保管条件
–20~+60°C、10~90 %
RH
–20~+60°C、10~90 %
RH
–20~+60°C、10~90 %
RH
適用外
主電源要件
プロジェクター
F70
電源要件
100~240V50~60 Hz
作業員の安全のため、National Electrical Manufacturers Association (NEMA) は、機器パネルおよびキャビ
ネットを接地することを推奨しています。
キャビネットを適切に接地することなく、このプロジェクターを操作しないでください。
AC 電源は、現地の規則に基づいて資格を取得した電気技師によって設置する必要があります。ハードウェ
ア、ワイヤー サイズおよび導管のタイプは、現地の規則に準拠する必要があります。
換気
吸気口と排気口の間に必要な空きスペースを以下に示します。
48
601–426JA /06 F70 Series
1000 mm
物理的設置
500 mm
画像 4-1
4.3 初期検査
一般
各プロジェクターは、機械的または電気的欠陥がないことを確実にするために、当社の製造施設で検査され
厳格に試験されています。
プロジェクターを受領したときは、顧客は輸送中に発生した可能性がある破損の兆候がないかプロジェク
ターを検査することをお勧めします。破損している箇所を発見した場合は、すぐに配送業者に連絡してくだ
さい。破損が見つかった場合は、すぐに Barco の販売・サービス部門、またはお近くの Barco 代理店に連絡
してください。
箱の同梱品
プロジェクターの箱には以下が入っています:
•
•
•
•
•
プロジェクター ユニット
電源コード (地域に適合したもの)
クイック スタート ガイド
安全マニュアル
リモートコントロール
プロジェクターのレンズは別の箱で配送されます。
4.4 プロジェクターの位置決め
注意: プロジェクターの位置と物理的固定は、プロジェクターが偶発的または意図しない動きをし
ないように十分なものでなければなりません。プロジェクターを正しく固定することは、設置者
とユーザーの責任です。プロジェクターは重いため、落下すると重大な損傷や怪我を招く恐れが
あります。
601–426JA /06 F70 Series
49
物理的設置
全般ガイド
プロジェクターを適切に配置すると、ピクチャの設定時間が短縮され、アーティファクトの少ない良好な画
像が得られます。
レンズの軸が投影面に対して完全に垂直になっていない場合、画像のフォーカスとシャープネス
に悪影響を及ぼす場合があります。
長いケーブル長を使用することにより、画像品質が低下し、EDID (拡張ディスプレイ情報データ)
などの制御情報を失う場合があります。
以下のガイドは、プロジェクターのための最良の物理的な位置を決定する際の助けとなります
•
•
•
•
•
•
•
•
プロジェクターは、必ず頑丈な平らな面または承認されたリギング フレームに設置してください。
通行する場所や、押し込まれる危険がある場所にはプロジェクターを設置しないでください。
セクション 4.2 で説明しているように、換気と排気のために、プロジェクターの周りには十分な空きス
ペースを確保してください
スクリーンからのプロジェクターの物理的距離についてのガイドの通りに、取り付けたレンズの投影比
を使用してください。
可能な限り、プロジェクターのレンズ表面をスクリーンの中心に対して完全に垂直になるように位置決
めします。
物理的な角度調整ではなく、プロジェクターのオフセット(レンズシフト)を使用して、中心から外れ
た位置を修正します。
ソース ケーブルの長さをできるだけ短くしてください。
一般に、HDBaseT および 3G-SDI は長距離インタフェースであり、比較的長いケーブルを使用する別売
の設置に適しています。
DP、HDMI、および DVI は、ケーブル長が制限された事前組み立てケーブルを使用する短距離インタ
フェースです。
可能な限り、電源ケーブルの延長線の使用を制限してください。物理的な制限が必要な場合は、延長
コードが適切なサージ保護を備え、接続の電気的要件をすべて満たしていることを確認してください。
プロジェクターは、モーター、変圧器、エレベーターなどの電磁エネルギーを放出する機器から遠ざけ
てください。
4.5 プロジェクターの取り付け、一般的な考慮事項
取り付け安全
プロジェクターをリグに取り付けるときは、必ず安全ワイヤーまたは他の安全機構を備えたインタフェース
プレートを(プロジェクターとマウントの間に)使用して、インタフェース プレートがマウントから緩んで
もプロジェクターが外れないようにしてください。
プロジェクターが地面に着いている間は、必ずインタフェース プレートをプロジェクター本体にしっかりと
固定してください(落下防止のため)。プロジェクターをリグに取り付ける前に、インタフェース プレート
とリグの間に適切な安全ワイヤーを取り付けてください。
サードパーティーの取り付け装置の使用
このプロジェクターは、サードパーティー製マウントを使用してさまざまなシステム環境に取り付けるため
の機能を備えています。
4 つの取り付け用インサートがプロジェクターの底面にあります。天井取り付けインサートは、プロジェク
ターの重量の 4 倍を超える引っ張り強度を備えています。
脚部を取り外すことができ、ネジを追加の取り付け箇所で使用できます。寸法については下の表をご覧くだ
さい。
パラメーター
ネジ サイズ
長さ最大 18mm
値
M12
最大 18mm
可能な限り、プロジェクターのレンズを画面の中心に対して完全に垂直になるように位置決めす
る必要があります。物理的な角度調整ではなく、プロジェクターのオフセット(レンズシフト)
を使用して、中心から外れた位置を修正します。
50
601–426JA /06 F70 Series
物理的設置
注意: プロジェクターの位置と物理的固定は、プロジェクターが偶発的または意図しない動きをし
ないように十分なものでなければなりません。プロジェクターを正しく固定することは、設置者
とユーザーの責任です。
注意: プロジェクターを平らな面の上で、脚部上以外の方法で取り付けるときは、必ずリギング
フレームを使用してください。
プロジェクターの後端下部のネジ穴は、持ち上げや重い作業には適していません。調整目的のみ
です。
リギングフレームの取り付けと使用については、ドキュメント R5906768 多機能フレーム - 取り
付けマニュアルに記載されています。
平らな表面への取り付け
1.
プロジェクターを希望の場所に配置します。
2.
プロジェクターの電源を入れます。
3.
メイン メニュー/テストパターンに進み、画面に表示する内部ハッチング パターンを選択します。
4.
投影されたハッチング パターンが水平で完璧な長方形になるまでプロジェクターの脚部を調整します。
調整脚
調節脚を左右どちらかの方向に捩じると、正確な垂直方向の機械的調整のためにプロジェクターの位置を微
調整できます。
Raise
Lower
画像 4-2
天井への取り付け
1.
プロジェクターを承認されたリギング フレームに取り付けます。
2.
リギング フレームを必要な場所に設置します。
3.
プロジェクターの電源を入れます。
4.
メインメニュー/設置/向きに進み、セットアップに適した正しい向きを選択します。
5.
メイン メニュー/テストパターンに進み、画面に表示する内部ハッチング パターンを選択します。
6.
投影されたハッチング パターンが水平で完璧な長方形になるまでリギング フレームの位置(高さと角度)
を調整します。
モーション リグに適用する場合は、振動や衝撃に対して環境仕様内に収まるように注意する必要
があります。投影画像が確実に定位置に留まり、適切に焦点が合うようにするために、投影レン
ズを安定させるための追加のカスタム手段を使用することも必要かもしれません。
601–426JA /06 F70 Series
51
物理的設置
4.6 プロジェクターの安全な取り付けポイント
一般情報
リギング フレームやその他の機器を使用するため、プロジェクターには、使用するアンカー ポイントがい
くつか定義されています。下図を参照してください。
ユニットのアンカー ポイントとして承認されているのは、この 4 つの選択された接続ポイントだけです。
1
Anchorpoints.
For attaching to rigging frame or similar.
画像 4-3
項目
1
ねじ寸法
M6
最大穴深さ
15mm
用途
アンカーポイント/天井/リ
グ マウント
4.7 投影距離
設置での投影距離の計算
投影は、プロジェクターのレンズからスクリーンまでの測定距離 (D) です。設置での投影距離を計算するに
は、2 つのデータが必要です:選択したレンズの投影比 (L) とスクリーンの水平幅 (W)。例えば、スクリー
ン幅 (W) が 2.4 メートルで、プロジェクターのレンズの投影比 (L) が 0.99:1 の場合は、投影距離 (D) は 2.38
メートルになります。
計算: 2.4 x 0.99 = 2.38
52
601–426JA /06 F70 Series
物理的設置
以下のグラフは、それぞれのプロジェクターのレンズでの映像サイズ (W) と投影の距離 (D) を示します。
許容範囲は、光学系のバリエーションのため、通常は +/- 5% です。
投影距離、FLD WUXGA
Image width
Screen diagonal
m
14.00
12.00
7.50
13.00
7.00
11.00
6.50
12.00
10.00
6.00
11.00
9.00
5.50
10.00
8.00
5.00
9.00
4.50
7.00
8.00
4.00
1.5
)(
3.50
)
5m
-1
6.00
6.00
15
EN
1(
:
.16
3.00
D
FL
1
ns
Le
1
.6 :
-
s
Len
1.2
-5
m
)
FLD
:1
(
EN
12
)(
0.5
2.00
s
Len
2
1.6 -
Le
ns
FL
D
.32
4.00
) (2.0
N11
: 1 (E
4.00
m)
- 15
3.00
3.00
m)
.0 - 30
0.7
4
1.50
FLD
5.00
5.00
1
4-
2.50
1.00
(1.0
13)
(EN
)
15m
N14) (3
9 : 1 (E
7 - 3.7
ns 2.3
FLD Le
2.00
2.00
m)
) (4.0 - 40
FLD
- 6.50
Lens 3.80
: 1 (EN16
1.00
1.00
0.50
0.00
0.00
0.00
Projection distance
画像 4-4
601–426JA /06 F70 Series
53
物理的設置
投影距離、FLD + WQXGA / 4K UHD
Image height
Image width
Screen diagonal
m
14.00
12.00
7.50
7.00
13.00
11.00
6.50
12.00
10.00
6.00
11.00
9.00
5.50
10.00
5.00
8.00
7m
)
4.50
)(
0.
7
-
1:
N4
2
4.00
:1
(E
s
s0
.8
D+
FL
Le
n
3.50
0.8
1
(EN
) (5
45
-3
)
0m
9.00
7.00
1.2
8.00
n
Le
6.00
-4
m
)
FL
D+
.5 -
)
EN
47
) (0
.5
3.00
0.6
5:
1(
2.50
Le
ns
.8
FL
D
+
2.00
D
FL
+
0
ns
Le
-1
.21
:1
)
46
(EN
7(0.
7m
s
Len
LD+
1.2
1.7
:
N4
1 (E
5.00
5.00
F
5m)
.5 - 1
ns
+ Le
FLD
1.7 -
1
2.5 :
0.50
0.00
4.00
1) (1
(EN4
4.00
3.00
3.00
1.50
1.00
6.00
)
15m
1
3) (
- 4.6 : 1
ns 2.5
FLD+ Le
(2.5 (EN44)
25 m)
2.00
2.00
1.00
1.00
0.00
Projection distance
画像 4-5
54
601–426JA /06 F70 Series
0.00
物理的設置
投影距離、FLD + WUXGA
Image width
Screen diagonal
m
14.00
12.00
7.50
13.00
7.00
11.00
6.50
12.00
10.00
6.00
11.00
9.00
(0
.7
-7
m
)
5.50
2)
5.00
W
UX
GA
)(
EN
4
Le
ns
0
.75
:
.75
s0
F
-
3
1.1
:
(E
A)
XG
WU
(
1
9.00
8.00
1.5
N4
)
4m
.5
) (0
N4
7
UX
GA
) (E
:1
.65
2.00
FL
1.50
D+
Le
ns
0
.75
s0
1.00
D+
n
Le
- 15
m)
6.00
3) (
6.00
) (E
GA
UX
(W
2.50
10.00
8.00
en
+L
LD
3.50
3.00
)
0m
7.00
FL
D+
4.00
-3
N
1(
4.50
) (5
45
-
1
3:
1.1
)
GA
UX
(W
) (0
46
(EN
.7
7m
8:
)
FLD
s
en
+L
2
1.1
W
1(
5.00
- 1.5
:1
2.33
.58 ns 1
5.00
)
XGA
( WU
5m
.5 - 1
41) (1
4.00
(EN
4.00
3.00
+ Le
FLD
3.00
FL
ns 2.33
FLD+ Le
)
- 4.3 : 1
A) (EN
(WUXG
- 25
44) (2.5
m)
2.00
2.00
1.00
1.00
0.50
0.00
0.00
0.00
Projection distance
画像 4-6
4.8 Scheimpflug (照準) 調整
Scheimpflug とは
レンズ ホルダーを調整して、投影される画像の「鮮明フォーカス プレーン」がスクリーンのプレーンと一
致するようにする必要があります (Fp1→Fp2)。そのためには、DMD プレーンとレンズ プレーンの距離を変
えます (Lp1→Lp2)。レンズ プレーンを DMD プレーンに近づけると、鮮明フォーカス プレーンは遠くなりま
す。レンズ プレーンが DMD プレーンに対して傾いている (または揺れがある) ために、スクリーン上の画像
のフォーカスを完全に合わせることができないことがあります。これは、Sheimpflug の法則とも呼ばれま
す.これを解決するには、レンズ プレーンを DMD プレーンと平行にする必要があります。そのためには、レ
ン ズ ホ ル ダー を 回 し て レ ン ズ プ レー ン と DMD プ レー ン の 間 の 傾 き (ま た は 揺 れ) を な く し ま す
(Lp3→Lp4)。
画像 4-7: Scheimpflug の原理
601–426JA /06 F70 Series
55
物理的設置
Scheimpflug の原理
「鮮明フォーカスのプレーン」を変更して、任意のプレーンが鮮明フォーカスになるようにでき
ます。DMD プレーンとレンズ プレーンが平行であれば、鮮明フォーカスのプレーンもこの 2 つ
のプレーンに対して平行になります。ただし、レンズ プレーンが DMD プレーンに対して傾斜し
ていると、鮮明フォーカスのプレーンも幾何学プロパティおよび光学プロパティに対応して傾斜
します。DMD プレーン、プリンシパル レンズ プレーン、および鮮明フォーカス プレーンは、下
方向にレンズが傾斜している場合に、プロジェクターの下のラインで交差します。
Scheimpflug 調整点
Scheimpflug 調整ポイントはレンズ マウントにあります。F70 には 3 本の止めねじと 3 本の調整ねじがあり
ます。
Scheimpflug の適用時
Scheimpflug 補正手順は、必ず適切に訓練された経験豊富な技術者が実施してください。
Scheimpflug 補正は、投影された画像の全体的なフォーカスが均等に鮮明ではない場合 (例えば、プロジェク
ターが画面と平行ではないことや Scheimpflug の調整が正しく行われていなかった場合) にのみ適用しま
す。プロジェクターに平行でない画面に Scheimpflug 修正を適用すると、投影された画面が長方形の画面と
異なることに注意してください。言い換えると、投影された画面に「ゆがみ」が発生します。ゆがみを解決
するには、マスキングが必要となります。
マスキングをすると、コンテンツが失われるという欠点があります。したがって、投影画面と並行にプロ
ジェクターを設置するように強く推奨します。また、レンズ ホルダーの シフト 機能を使って、投影画像と
投影画面を一致させてください。シフト 範囲が十分でない場合は、プロジェクターを傾けて Scheimpflug を
適用できます。
4.9 Scheimpflug 調整手順
注意: Scheimpflug 調整は、当社認定の経験を有する投影の専門家によってのみ行われる必要があ
ります。適切でない Scheimpflug 調整は、非常に劣化した映像の原因となる場合があり、工場で
のプロジェクターの修理点検が必要となります。
必要なツール
•
•
アレンキー、六角サイズ 4
アレンキー、六角サイズ 6
準備
1.
テストエリアを準備します。Barco は、すべての Scheimpflug 調整について、プロジェクターとスクリーン
間の距離を 2 メートルとすることを推奨します。
取り付けたレンズの投影比率が設置エリアの要件 (投影距離およびスクリーン サイズ) に一致していること
を確認してください。
2.
レンズが正しく取り付けられ、レンズ シフトが中心位置にあることを確認してください。
3.
取り付けたレンズにアイリス制御がある場合、アイリスを最大に開いてください。
4.
フォーカス リングを最大に開きます。
5.
メインメニュー/テストパターン/全画面に移動し、フォーカス テスト パターンを表示するように選択しま
す。
6.
レンズを最も広い開度までズームします (スクリーンの最大映像サイズ)。
Scheimpflug 補正を適用する
1.
56
3 本の位置合わせネジを緩めます (参照 1b、2b、3b)。それを行うには、サイズ 6 の六角キーを使用します。
601–426JA /06 F70 Series
物理的設置
3b
1b
2b
画像 4-8
2.
左側の Scheimpflug 調整ネジ (参照 1) を、スクリーンの右上端のテスト映像のフォーカスが合うまで調整し
ます。それを行うには、サイズ 4 の六角キーを使用します。
Note: このプロセスにより、映像のその他のエリアがフォーカスから外れてしまう場合があります。
これは、ごく通常のことです。
F
1
画像 4-9
3.
右側の Scheimpflug 調整ネジ (参照 2) を、スクリーンの左上端のテスト映像のフォーカスが合うまで調整し
ます。それを行うには、サイズ 4 の六角キーを使用します。
Note: このプロセスにより、映像のその他のエリアがフォーカスから外れてしまう場合があります。
これは、ごく通常のことです。
F
2
画像 4-10
4.
上側の Scheimpflug 調整ネジ (参照 3) を、スクリーンの下中央のテスト映像のフォーカスが合うまで調整し
ます。それを行うには、サイズ 4 の六角キーを使用します。
Note: このプロセスにより、映像のその他のエリアがフォーカスから外れてしまう場合があります。
これは、ごく通常のことです。
601–426JA /06 F70 Series
57
物理的設置
3
F
画像 4-11
5.
テスト映像がディスプレイのすべてのエリアで均一にシャープになるまでネジを一度に調整します
6.
ズームアウトして (スクリーンの最小映像サイズ) 次に再度ズームインすることでフォーカスのテストを行い
ます。映像が依然シャープであることを確認します。シャープネスに偏差がある場合、ステップ 2 から 6 を
映像が正常になるまで繰り返します、
7.
3 本の位置合わせネジを以下の順に締めます:左 (1b)、右 (2b)、そして次に上 (3b)。それを行うには、サイ
ズ 6 の六角キーを使用します。
58
601–426JA /06 F70 Series
紹介
5
この章について
この章では、物理的な設置処理が完了したときに、プロジェクターのセットアップを設定して最適化する方
法について説明します。
概要
•
•
•
•
•
•
•
プロジェクターのソースとコントロールの接続
プロジェクターの電源を入れる
プロジェクターの電源を切る
電源モード移行
電源モード
プロジェクター設定をカスタマイズする
ユーザー インターフェイス
601–426JA /06 F70 Series
59
紹介
5.1 プロジェクターのソースとコントロールの接続
概要
• 接続を行う
• コネクタ仕様
• 制御インタフェース
5.1.1 接続を行う
ソースの切り替え時間は可変であり、数秒かかることがあります。
ソース信号の接続
プロジェクターの背面にあるコネクタ パネルは、すべてのソース接続で使用されます。
プロジェクターのソース信号の接続は次のとおりです。
•
•
•
•
•
2x デュアル リンク (DVI-D 機能)
2x コネクタ:DisplayPort 1.2
1x HDMI 2.0
1x HDBaseT
1x SDI 入力(当初は 3G-SDI 入力信号用に設計されていましたが、現在は 12G-SDI 信号がサポートされ
ています)
5.1.2 コネクタ仕様
概要
•
•
•
•
•
DVI-I
ディスプレイ ポート 1.2
HDMI 2.0
SDI
HDBase T
5.1.2.1 DVI-I
仕様
60
パラメーター
値
コネクタ
DVI-I メス デジタル RGB
信号特性
DVI 1.0、デジタル、TMDS
最大ケーブル長さ
25 m (24 AWG)
最大ピクセルレート
330 MHz (デュアルリンク)、165 MHz (シングルリ
ンク)
スキャン フォーマット
プログレッシブ
最大入力データ解像度
1920x1200 60Hz (シングル リンク)、2560x1600
60Hz (デュアル リンク).1920x2400 @60Hz
ビット深さ
8 ビット
EDID
サポートされています
HDCP
サポートされています
601–426JA /06 F70 Series
紹介
5.1.2.2 ディスプレイ ポート 1.2
仕様
パラメーター
値
コネクタ
標準ディスプレイ ポート
信号特性
DP 1.2
機能
必須
最大ケーブル長さ
2 m (24 AWG) - RBR;
2 m (24 AWG) – HBR1, HBR2
サポートされるリンク レート
RBR, HBR1, HBR2
スキャン フォーマット
プログレッシブ
最大入力データ解像度
2560x1600@120Hz WQXGA / 3840x2400 @60Hz
(4K ) 最大
ビット深さ
8、10、12 ビット
EDID
サポートされています
5.1.2.3 HDMI 2.0
仕様
HDMI 2.0について:このユニットでは、復号プロトコル HDCP 2.2 が有効です。
パラメーター
値
コネクタ
標準 HDMI
信号特性
デジタル、TMDS
最大ケーブル長さ
2 m (24 AWG)
最大ピクセルレート
594MHz
最大入力データ解像度
3840x2160 @60Hz
ビット深さ
8、10、12 ビット
EDID
サポートされています
HDCP
サポートされています
イーサネット
なし
オーディオ リターン
なし
5.1.2.4 SDI
仕様
パラメーター
12G-SDI
3G-SDI
標準
SMPTE ST-2082-1 および ST-2082-10
標準
SMPTE 424M-2006 10bit レベル A
コネクタ
Samtec BNC7T-J-P-HN-RA-BH1
1x) BNC 75 オーム タイプ IEC 60169-8、修
正 2 1997年、A
帯域幅
12GHz
>3 GHz
リターン ロス
-6dB @ 12GHz
>10dB (3Ghz)
インピーダンス
抵抗 75 オーム
抵抗 75 オーム
601–426JA /06 F70 Series
61
紹介
5.1.2.5 HDBase T
仕様
パラメーター
値
参照仕様
HDBaseT 1.0 仕様、2010 年 6 月
コネクタ
標準 RJ-45、8P8C
信号特性
HDBaseT
最大ケーブル長 (1080p/48b/60Hz)
100 m (Cat5e/6)、ピクセル クロック <=225Hhz、ビ
デオデータレート <=5.3Gbps
70 m(Cat5e/6)、ピクセルク ロック >225Hhz、ビ
デオ データレート >5.3Gbps
100 m(Cat6a/7)、ピクセルク ロック >225Hhz、
ビデオ データレート >5.3Gbps
最大 TMDS クロック周波数
270 MHz
サポートされる最大ビデオ解像度
1920x1200 @60Hz (WUXGA 60Hz)
HDCP パススルー
あり、ソースからプロジェクター
IR 拡張
サポートされていません
RS-232 拡張
サポートされていません
10/100Mbps Ethernet パススルー
サポートされていません
100BaseTx へのフォールバック、IEEE 802.3u
サポートされていません
USB オーバー中間タップ
サポートされていません
パワー オーバー Ethernet
サポートされていません
オーディオ
サポートされていません
LED - HD ベース ステータス
操作:緑、左
リンク/モード:黄、右
5.1.3 制御インタフェース
一般情報
プロジェクターでは、以下の制御インタフェースが使用できます。
•
•
•
1x RS-232 (プロジェクター制御用)
1x LAN/イーサネット (プロジェクター制御用)
3x USB-A ポート
概要
• RS-232
• LAN/イーサネット
• USB A ポート
5.1.3.1 RS-232
仕様
62
パラメーター
値
RS-232 コネクタ
プロジェクター制御およびデバッグ用のメス DB9
コネクタ (RS232 入力) 1 個
601–426JA /06 F70 Series
紹介
5.1.3.2 LAN/イーサネット
仕様
パラメーター
値
Ethernet コネクタ
プロジェクター制御用 1 RJ45 コネクター
プロトコル
DHCP, TCP/IP, UDP/P
速度
10/100 Mbit/1000Mbit
5.1.3.3 USB A ポート
仕様
パラメーター
値
USB 端子
タイプ A
機能
USB スティックを用いたファームウェアのアップグ
レード
電源
電源 5V、最大 1.5 A(出力)
標準
USB 2.0
5.2 プロジェクターの電源を入れる
注意: プロジェクターの電源を入れる前に、必ずソースを接続する必要があります
注意: 主電源コードが、装置が使用されている国の規制に準拠していることを確認してください。
不正な交換品は使用しないでください。
損傷している電源コードは使用しないでください。
キーパッドまたはリモコンを使用してプロジェクターの電源を入れます
1.
ライン ケーブルをプロジェクターに接続します。
2.
三又コードを、アース付き交流コンセントに差し込みます。
プロジェクターがウォームアップを開始し、スタンバイ/電源ボタンのバックライトが白く点滅します。
3.
スタンバイ ボタンのバックライトが白色の場合、プロジェクターはスタンバイ モードであり、電源を入れ
る準備ができています。
4.
キーパッドのスタンバイ ボタンまたはリモコンの電源ボタンを押して、プロジェクターをオン モードにし
ます。
プロジェクターのウォームアップ中は、キーパッドの電源ボタンのバックライトが青く点滅します。
5.
電源ボタンのバックライトが青色で点灯している場合、プロジェクターは使用できる状態です。
5.3 プロジェクターの電源を切る
キーパッドまたはリモコンを使用して電源を切ります
1.
キーパッドまたはリモコンの電源ボタンを 4 秒間押し続けます。
ここで、プロジェクターは冷却段階になります。
2.
2 分待ってから電源コードを外します。(切断が必要な場合)
601–426JA /06 F70 Series
63
紹介
警告:
デバイスのシャットダウン シーケンスが原因で、電源コードの取り外しが早すぎると、プロジェ
クターの DMD デバイスの予想寿命が短くなる危険性があります。
5.4 電源モード移行
5.4.1 一般
移行図
この図は、プロジェクターで使用可能なすべてのモード(電源を抜く、オン、準備完了、ECO)、および
モードを変更するために必要な操作を示しています。
ECO
1%
50%
READY
2
50%
ON
画像 5-1
プロジェクターの電源入り
ECO モードが有効な場合は x 分後に自動移行
電源オン/オフ ボタン、リモート オン/オフ ボタン
5.4.2 プロジェクターの電源投入
まだ接続されていない場合、電源コードのメス側をプロジェクターの電源入力ソケットにつなぎ
ます。詳細については、電源コードの設置専用セクションを参照してください。
起動画面の背景画像と情報画面は、F70 / F90 series プラグインでインストールされるプロジェク
ター ツールセットで変更できます。
説明
電源コードの 3 芯プラグを接地された AC コンセントに差し込みます。プロジェクターは準備完了モードに
なります。この段階で、システムは起動し、ボードの内部チェックを実行します。電源 オン/オフ ボタン
は、準備完了モードになるまで白く点滅します。準備完了モードになると、 電源オン/オフ ボタンが白く
点灯します。
64
601–426JA /06 F70 Series
紹介
5.4.3 準備環境からオンへ移動
説明
プロジェクターの 電源オン/オフボタンを押すか、リモコンの 電源オン 確認できます。プロジェクターの
電源がオンになります。[ 電源オン/オフ ボタンは、準備完了からオンへの移行中に青く点滅します。プロ
ジェクターがオンになると、 電源オン/オフボタンが青く点灯します。
5.4.4 オンから準備完了に移る
説明
プロジェクターの 電源オン/オフボタンを 3 秒間長押しするか、 電源オフ 確認できます。プロジェクター
はクール ダウン フェーズでパワー ダウンします。[ 電源オン/オフボタンは、オンから準備完了への移行中
に白く点滅します。プロジェクターが準備完了になると、電源オン/オフ ボタンが白く点灯します。
5.4.5 準備完了から ECO スタンバイへ移行
説明
サービス メニューで ECO スタンバイ モードが有効になっていると(「ユーザー ガイド」の「GUI システ
ム設定/スタンバイ ECO」セクションを参照)、プロジェクターは、タイムアウト(既定で 15 分)後に、自
動的に ECO スタンバイ モードになります。極小さなウェイクアップ コントローラを除き、すべての電子機
器(ファン、ポンプなど)を停止します。[ 電源オン/オフ ボタンが毎秒、白で点滅します。
5.4.6 ECO からオンへ移動
説明
ここで、 電源オン/オフボタンを押すか、リモコンの 電源オン 確認できます。プロジェクターは、ECOか
ら直接オンになります。プロジェクターは、電源プラグイン時と同じ起動フェーズを経て、準備完了からオ
ンに移行します。当然ながら、起動時間は、準備完了からオンまでより長くなります。
5.4.7 ウェイク オン LAN(WOL)
一般情報
このプロジェクターには WOL 機能があり、これを使用して ECO モードから準備完了モードに切り替える
ことができます。準備完了からおnへの移行には、json コマンドを使用します。
WOL は、Magic Packet に続いてプロジェクターの MAC アドレスを送信することによって実行されます。
MAC アドレスは、メニューホーム/システム設定/通信/LAN にあります。MAC アドレスは、このメニュー パ
スで表示されている HW アドレスに似ています。
5.5 電源モード
一般
以下の表は、F70電源モードの詳細を示します。
モード
説明
通常
プロジェクターが起動し、光源がオンになります
準備完了
プロジェクターは起動していますが、光源はオフで
す
ECO スタンバイ
光源がオフになり、プロジェクターの電子機器がパ
ワーダウンされます
601–426JA /06 F70 Series
65
紹介
5.6 プロジェクター設定をカスタマイズする
一般情報
プロジェクターの表示、動作、およびユーザー インタフェースは、個々の要件に合わせて調整できます。
オプションは次のとおりです。ホーム/システム設定/テーマ
•
OSD メニューの色の調整
5.7 ユーザー インターフェイス
概要
• オン スクリーン ディスプレイ(OSD)
5.7.1 オン スクリーン ディスプレイ(OSD)
一般情報
オン スクリーン ディスプレイ (OSD) のプロジェクターが、主要ユーザーインターフェース (UI) です。ここ
から、プロジェクターおよびディスプレイ設定をすべて見直し、調整することができます。
OSD インターフェイスは、メインメニューの表示にタブを使用します。トピックはその後さらにソートさ
れ、メイン (トピック) — サブ (トピック) — サブ 機能) で機能が表示されます。
ソース、画像、設置、システム設定、テスト パターン、ステータスの 6 つのメイン メニュー タブがありま
す。
OSD は、OSD オン / オフボタンを押して無効にできます。
OSD を表示するには、OSD オン/オフボタンを無効にする必要があります。(ボタン上の白い
バックライト)。ボタンに青い照明がある場合、OSD は表示されず、表示情報は LCD ディスプ
レイにのみ表示されます。重大な警告だけが表示されます。
ユーザー アクセス レベル
プロジェクターのソフトウェア プラットフォームは、各ユーザーが行えることを規定するためのアクセス
レベルを使用しています。
標準ユーザーとパワーユーザーの 2 つのユーザー アクセス レベルがあります。また、認定されたサービス
担当者には、サービス ユーザーのアクセス権があります。
標準ユーザーは、すべてのプロジェクター機能および OSD メニュー項目にアクセスできます。パワー ユー
ザーは、すべてのプロジェクター機能と OSD メニュー項目にアクセスできるだけでなく、複数の高度な機
能にアクセスできます。パワー ユーザーの機能は、パスワード保護されています。詳細な情報については、
お近くのプロジェクター サプライヤーに連絡してください。
ナビゲーション
ローカル キーパッドまたはリモコンを使用して OSD を移動できます。
OSD を表示するには、メニュー ボタンを押します。(OSD を有効にする必要があります。OSD ボタンを
押して有効にしてください。)
上下左右に移動するには、矢印キーを使用します。
OK ボタンを押してメニュー トピックを選択し、さらにオプションを取得します。
数字キーを使用して値を入力するか、矢印キーで尺度図を上下に動かします。
メニュー システムを終了するには、メニューを再度押します。
OSD ボタンを押すと、画面上の OSD が無効になります。重大な警告だけが表示されます。
一部のメニュー オプションは、パワー ユーザーまたはサービス ユーザー用に予約されています。
これらはグレー表示され、標準ユーザー モードでは選択できません。これらの機能にアクセスす
るには、サービス メニューにパワー コードまたはサービス コードを入力するか、サポート担当者
に詳細をお問い合わせください。
66
601–426JA /06 F70 Series
紹介
値の定義
メニュー設定は、チェックボックス、尺度図スライダー、およびドロップダウンリストを使用して表示でき
ます。
値を設定するには:
•
•
•
OK を押して、チェックボックスを選択または選択解除します (機能のオン / オフ)。
矢印キーを使用し、バースケールを値の線上で上下にスライドします。0~9 のバースケールに関して、
各ステップは合計値の 10% と同じになります。
直接数として値を入力する場合は [ENTER] を押して数字を入力し、再度 [ENTER] を押してカーソル
モードを実行および終了します (例:ENTER 79 ENTER)。
値への変更は動的に実装されます。
メニュー メモリ
OSD メニューは、プロジェクターが動作している限り、最後に選択されたサブアイテムを記憶します。プ
ロジェクターをスタンバイモードから再起動すると、メニューのメモリはリセットされます。
601–426JA /06 F70 Series
67
紹介
68
601–426JA /06 F70 Series
6
ソース メニュー
ソース メニューについて
このメニューは、プロジェクターに対するソースの選択、レビュー、および構成で使用します。ソース メ
ニューまたはショートカット キーを使用して有効にします。
ホーム/ソース メニューをナビゲートすると、OSD にも表示されます。
ショートカット キーを使用すると、LCD ディスプレイ上でのみメニューが表示されます。
概要
• コネクタの選択
• コネクタの設定
• デュアル入力の使用
601–426JA /06 F70 Series
69
ソース メニュー
6.1 コネクタの選択
一般情報
ホーム/ソース
画像 6-1: ソース メニュー。(選択肢を増やすにはスクロールします。)
関連する入力コネクタ アイコンをクリックして、ソースを交換または有効にします。
アクティブ ソースのアイコンが強調表示されます。
表示されるソースのリストは、他のコネクタを含むように調整することができます。
表示されるデフォルトのコネクタの選択は次のとおりです。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ディスプレイ ポート 1
ディスプレイ ポート 2
デュアル Displayport 列
デュアル Displayport シーケンシャル
DVI 1
DVI 2
デュアル DVI 列
デュアル DVI シーケンシャル
HDBaseT
HDMI
SDI
6.2 コネクタの設定
コネクタの設定について
コネクタの設定メニューにより、プロジェクターの各入力コネクタの設定を変更できます。
デフォルトでは、すべてのコネクタのすべてのオプションは、ネイティブの拡張ディスプレイ識別データ
(EDID) と共に自動的に設定されます。
各入力コネクタのメニューに入力すると、以下を変更することができます。
•
•
•
色スペース
信号範囲
EDID
コネクタの構成方法
1.
70
Menu (メニュー) を押してメニューを有効化し、ソース (Source) を選択します。
601–426JA /06 F70 Series
ソース メニュー
画像 6-2: ソース選択
2.
OK を押します。
ソース選択 (Select Source) メニューが、実際に使用できるソースが入力された状態で表示されます。
3.
利用可能なソースのリストの下までスクロールし、コネクタ設定を選択します。
画像 6-3: ソースメニュー、コネクタ設定
使用可能な入力コネクタが表示されます。
画像 6-4: ソース選択
4.
希望するコネクタを選択します。
このコネクタに該当するコネクタ設定メニューが表示されます。
画像 6-5: HDMI コネクタのコネクタ設定例
5.
以下を変更することができます:
•
色空間に制限を適用するには、使用可能な色空間にて 1 つを選択します。
601–426JA /06 F70 Series
71
ソース メニュー
•
•
使用する信号範囲に制限を適用するには、使用可能な信号範囲にて 1 つを選択します。
コネクタのネイティブ以外のビデオタイミングを設定するには、編集 (EDID) にあるオプションの 1 つを
選択します。
Note: SDI コネクタの編集 (EDID) は変更できません。
6.3 デュアル入力の使用
デュアル入力
高解像度のソースを 330 Mhz を超えるピクセル クロックに接続するように柔軟性を高めるために、プロ
ジェクターはデュアル入力モードをサポートしています。このモードでは、画像の左半分と右半分をそれぞ
れ DVI-1 と DVI-2、または DP1 と DP2 に接続できます。
このモードを有効にするには、メニューホーム/ソースに合うソースを選択してください。
デュアル入力モード
デュアル入力を接続する方法は 4 つあります。
•
•
•
•
デュアル Displayport 列
デュアル Displayport シーケンシャル
デュアル DVI 列
デュアル DVI シーケンシャル
このモードで画像を表示するには、解像度が両方のチャンネルで同じである必要があります。
信号ソースのセットアップ
デュアル入力を使用するときは、信号ソースが正しい解像度で正しく設定されていることが重要です。正し
いセットアップを得るには、ソース自体のマニュアル(PC、グラフィック ドライバ カードなど)を参照し
てください。セットアップが間違っていると、デュアル モードで画像が表示されません。
各デュアル カラム チャネルの解像度は、最大 1920x2400 ピクセルです。
各デュアル シーケンシャル チャネルの解像度は、最大 3840x2400 ピクセルです。(4K)
各チャネルの EDID を正しい値に変更してください。EDID セットアップについては、70 ペー
ジ、 コネクタの設定 を参照してください。
Dual Sequential Input1
3840
3840
1920
1920
2400
Dual Column Input1
Dual Column Input 2
画像 6-6: デュアル カラムのセットアップ
72
2400
2400
2400
601–426JA /06 F70 Series
3840
Dual Sequential Input 2
画像 6-7: デュアル カラムのセットアップ
画像メニュー
7
概要
•
•
•
•
•
•
コントラスト
輝度
彩度
シャープネス
ガンマ調整
アドバンスド画像調整
画像調整メニューについて
LCD ディスプレイと OSD では異なるメニュー画像が表示されます。LCD ディスプレイの場合は、以下のメ
ニューが表示されます。OSD メニューは、以下のさまざまなトピックで表示され、画面の左下隅に表示さ
れます。メニューの操作は、リモコンまたはキーパッドの矢印の両方で行うことができます。1 つのメ
ニューを終了してから次のメニューに入る代わりに、上下の矢印を使用してさまざまな調整を切り替えるこ
ともできます。
画像 7-1: メイン画像メニュー
601–426JA /06 F70 Series
73
画像メニュー
画像 7-2: LCD に表示される画像サブメニュー。
74
601–426JA /06 F70 Series
画像メニュー
7.1 コントラスト
一般情報
イメージ / コントラスト
赤、緑、青の信号にゲインをかけることで、表示画像のコントラスト比を調整します。
使用可能範囲:0.00~2.00
既定値:1.00
画像 7-3: コントラスト OSD メニュー
このメニューの中では、リモコンまたはキーパッドの上下の矢印を使って、他の画像調整(明る
さ、彩度、シャープネス、ガンマ)に変更を行うことができます。
7.2 輝度
一般情報
イメージ / 輝度
輝度機能を使用して、入力画像の黒のレベルを調整します。輝度機能では、オフセットの加減、または、
赤、緑、青のシグナルのバイアスが行われます。
使用可能範囲:-1.00~1.00
既定値:0.00
画像 7-4: 輝度 OSD メニュー
7.3 彩度
一般情報
イメージ / 彩度
彩度レベルは、カラーディスプレイのレベルと強度に影響を与えます;値が高いほど、カラーディスプレイ
はより鮮明になります。
使用可能範囲:—1.00~2.00
601–426JA /06 F70 Series
75
画像メニュー
既定値:1.00
画像 7-5: 彩度 OSD メニュー
7.4 シャープネス
一般情報
シャープネス調整によりピクチャの高周波コンポーネントが増幅されるため、シャープネスを上げることに
より、画像がシャープに認識され、下げると、画像がよりぼやけて認識されます。
シャープネスを上げると、高コントラストの画像 (テキストや枠線を含むテーブルなど) で最適な効果が得ら
れます。
自然な画像では、画像のすべての細部が増幅されるため、高シャープネスはノイズとして認識されます。
使用可能な範囲 -2~8
既定値:0
画像 7-6: シャープネス OSD メニュー
画像 7-7: シャープネス調整の効果
7.5 ガンマ調整
ガンマ補正について
ガンマ補正は、眼の感度を異なる光レベルに適合させ、ディスプレイの非線形性について補正するために、
信号出力をディスプレイまたはプロジェクターの光出力特性に合わせて調整する方法です。ガンマ補正なし
では、映像が非常に暗く、または非常に明るくなって、詳細や深みに欠ける場合があります。ガンマ補正の
変更量を調整することで、知覚される輝度レベルのみ変更します。
76
601–426JA /06 F70 Series
画像メニュー
異なるタイプのディスプレイには、異なるガンマ係数があり、同じように見えて感知されるように修正する
必要があります。例えば、MS Windows で生成した CRT モニターに表示される画像では、脱色や色焼けを
防ぐために約 2.5 のガンマ補正値が必要です。
ガンマ曲線の補正式は、出力レベル ∝ 入力レベル ^ ガンマに基づきます。
1.
メニューホーム/イメージに入り、ガンマを選択します。
2.
色が正しく認識されるまで、矢印キーを使用してガンマ値を調整します。デフォルト値は 2.2 です。
画像 7-8: ガンマ OSD メニュー
7.6 アドバンスド画像調整
7.6.1 P7 Realcolor
目的
複数のプロジェクターからの画像をブレンドする場合、各プロジェクターの知覚される色座標を必要な共通
レベルに変更することができるため、投影される色は使用されるすべてのプロジェクターで同一となりま
す。
また、色を特定の設定に調整する方法に慣れていない場合は、一定の数のプリセットを使用することもでき
ます。これにより、色出力を特定の色標準に適用します。
プリセットの選択は、プロジェクターの種類、取り付けられている色ホイールによって異なります。
P7 プリセットの 1 つを選択する方法
1.
メインメニューから、イメージ → 詳細 → P7 Realcolorを選択します。
画像 7-9: 詳細メニュー — P7 Realcolor
画像 7-10
P7 メニューが表示されます。
601–426JA /06 F70 Series
77
画像メニュー
画像 7-11
2.
あらかじめ定義されたプリセットの 1 つを選択します。
•
•
•
•
ネイティブ: プロジェクターのネイティブ色設定。デフォルト設定
EBU: ヨーロッパの放送用色規格
SMPTE-C: アメリカの放送用色規格。
Rec.709: ハイビジョンテレビ (HDTV) 用色標準。
画像 7-12
Note: プリセットの 1 つを選択すると、P7 メニューの他のすべてのオプションが無効になります。
カスタム P7 値を設定する方法
1.
メインメニューから、イメージ → 詳細 → P7 Realcolorを選択します。
画像 7-13: 詳細メニュー — P7 Realcolor
P7 メニューが表示されます。
78
601–426JA /06 F70 Series
画像メニュー
画像 7-14
2.
希望するモードを選択します。次のカスタムオプションのいずれかを選択します。
•
•
•
3.
カスタム RGB: 3-ポイントカラー構成。
RGB モードでは、R、G、および B 座標に基づき、C、M、および Y 座標が自動的に計算されます。
カスタム RGBCMY: 6-ポイントカラー構成 (RGB および CMY の両方)。
RGBCMY モードでは、測定カラートライアングル内で、それぞれのカラーに特定の座標を割り当てるこ
とができます。
カスタムホワイトt: 白色度の設定のみを行います。
使用可能なカラーのそれぞれの座標を定義します。
座標値をクリックし、現在の値を選択します。数字キーで、希望数値を入力します。
Note: 測定カラートライアングル内の座標のみを選択できます。
4.
カスタムホワイトについては、白色度 (White point) をクリックし、以下の中から 1 つ選択します:
•
•
座標: 座標を指定し、白色度を設定します。
白色度は、CIE 1931のグラフのx、y座標を使用して指定します。
温度: 色温度スライダーで、白色度を設定します。
白色度は、ケルビン目盛で黒体曲線に沿い、3200K~13000Kの間で指定します。
リセット (Reset) モードを選択すると、すべての座標をデフォルト値 (特定システム用) にリセッ
トできます。OK ボタンを押してリセットします。
7.6.2 RealColor プリセットの編集。
プリセットの編集
リアル カラー メニューのさまざまなプリセットを編集して、画像を最適にレンダリングすることができま
す。
メニューホーム/画像/アドバンス/P7 リアルカラーに入ります。
希望のプリセット モード(EBU、Rec709 または SMPTE-C)を選択し、補正する必要がある各色成分内の
座標を選択します。リモコンの数字キーまたは矢印キーで必要な値を入力します。
「リセット」ボタンが有効になるまで、または工場出荷時の状態にリセットされるまで、値はプリセットに
保存されます。
カスタム プリセットに値を保存することも可能です。「プリセットをカスタムにコピー」ボタンを押して保
存します。
リセット ボタンを押すと、編集したプリセットを元の値にリセットできます。カスタム プリセットに値を
コピーすることも可能です。
カスタム プリセットの値をリセットするには、カスタム モードのときに「ネイティブにリセット」ボタン
を押します。
601–426JA /06 F70 Series
79
画像メニュー
画像 7-15: 座標値を変更します。
画像 7-16: 編集した値を元の値にリセット
画像 7-17: カスタム値を元の値にリセット
7.6.3 出力解像度 4K
一般情報
この機能により、プロジェクターの出力解像度は、4K UHD 解像度と WQXGA 解像度の間で変更できます。
4Kモードでの入力ソースの使用に関しては、60 ページ、 プロジェクターのソースとコントロールの接続 を
参照してください。
80
601–426JA /06 F70 Series
画像メニュー
画像 7-18: 出力解像度メニュー
7.6.4 スミア低減
一般情報
スミアは、画像内のオブジェクトが画面上を高速で移動するときに通常発生する現象です。オブジェクトの
後ろに「尾」があるように見えます。または、画像の動いている部分に遅れが発生します。
これを回避するために、この知覚されるレンダリングを低減するスミア低減プロセス(SRPTM)が開発され
ました。最良の結果をもたらすオプションを選択します。
SRP
TM
画像 7-19: WQXGA 用の SRP メニュー
Half Plus
画像 7-20: WQXGA 用の SRP メニュー
画像 7-21: 4K および WQXGA@120Hz 用の SRP メニュー。
このメニューは、COLOR カラーホイール搭載のプロジェクターにのみ有効です。BRIGHT カラーホイール
の場合、SRP メニューにはメニューの選択項目はなく、SRP-Off しかありません。
(下表参照)
7.6.5 Brilliantcolor
一般情報
セカンダリ カラーを追加して、カラー レンダリングを変更します。これは、色の輝度を増加させる効果が
あり、それにより、知覚される光の輝度もまた増加します。
メニューに入り、最良の結果をもたらすオプションを選択します。
601–426JA /06 F70 Series
81
画像メニュー
画像 7-22
このメニューは、WQXGA@60Hz モードの COLOR カラーホイールに対してのみ有効です。BRIGHT カ
ラーホイールの場合、メニューにはオフとネイティブの 2 つの選択しかありません。
(下表参照)
COLOR カラーホイールを設置した SRP とブリリアント カラー マトリックスのメニュー
選択。
COLOR カラーホイールが取り付けられている場合に有効です。
モード
SRP
SRP オフ
SRP Half
WQXGA @60Hz
SRP Full
SRP Half Plus
SRP オフ
WQXGA@120Hz / 4K モード
SRP Half
SRP Half Plus
BSI(黒サブフレーム挿入)
4K @ 60Hz
SRP Half BSI
SRP Half Plus BSI
鮮やかな色
オフ
ネイティブ
ビデオ
オフ
ネイティブ
オフ
ネイティブ
ネイティブ
オフ
オフ
ネイティブ
ビデオ
グラフィックス
オフ
ネイティブ
オフ
ネイティブ
ビデオ
ネイティブ
オフ
ビデオ
グラフィックス
ネイティブ
オフ
ネイティブ
オフ
ビデオ
82
モード
WQXGA
SRP
オフ
WQXGA@120Hz / 4K モード
オフ
601–426JA /06 F70 Series
鮮やかな色
オフ
ネイティブ
オフ
画像メニュー
モード
SRP
4K @ 60 Hz
BSI
鮮やかな色
ネイティブ
ネイティブ
オフ
メニューの選択
BRIGHT カラーホイールを設置した SRP とブリリアント カラー マトリックスのメニュー
選択。
モード
SRP
WQXGA @60Hz
オフ
WQXGA@120Hz / 4K モード
オフ
4K @ 60Hz
BSI
鮮やかな色
オフ
ネイティブ
オフ
ネイティブ
ネイティブ
オフ
7.6.6 HDR コンテンツの表示 - 知覚量子化器 (PQ)
PQ について
知覚量子化器 (PQ) は、最大輝度レベル 10,000 cd/m² の高ダイナミック レンジ (HDR) コンテンツの表示が
できる電気光学伝達機能 (EOTF) であり、Rec. 2020 色スペースで使用できます。
HDR コンテンツを正しく表示する方法
提供された HDR コンテンツが PQ (例えば、HDR10 と Dolby Vision) でマスターされている場合、目的のマ
スタリングをスクリーンに投影するためにいくつかの変更を行うことができます。これらの変更は、HDR
コンテンツが居間で視聴される HDR 対応ディスプレイのために特にマスターされているために必要です。
これらの条件は、HDR 以外のプロジェクター暗い映画館のような環境とは異なります。
投影される HDR のコンテンツは、次の要因によって決まります。
•
•
•
輝度のマスタリング: これはコンテンツ固有であり、変更できません。
画面輝度: すべてのプロジェクション画面は、特定の輝度を有します(ニットまたはフット ランバートで
測定)。プロジェクターにこの輝度を入力すると、目的の HDR 結果にコンテンツが適応されます。
HDR ブースト: HDR 出力を増幅または減衰する可変「ブースター」。
PQ の設定方法
1.
メイン メニューから、[イメージ] → [詳細] → [PQ] を選択します。
画像 7-23
PQ メニューが表示されます。
601–426JA /06 F70 Series
83
画像メニュー
画像 7-24
2.
必要な単位 (nit またはランベルト) を選択します。
3.
画面の輝度を入力します (nit またはランベルトのいずれか)。
4.
必要に応じて HDR ブーストを変更します。この値は 0.8~1.2 の間で変更できます。
7.6.7 HDR ステータス。
アクティブなソースが HDR の場合、ステータス メニューにアイコンが表示されます。
HDR アイコンは、画面右下の「ソース信号のポップアップ」アイコンにも表示されます。
画像 7-25: HDR アイコン。
84
601–426JA /06 F70 Series
画像 7-26: ソース信号のポップアップ アイコン。
設置メニュー
8
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
IR /ナイト ビジョン機能
レンズ
向き
スケーリング モード
ワーピング
ブレンディング
照明
CLO - 一定の光出力
ディスプレイ設定
601–426JA /06 F70 Series
85
設置メニュー
8.1 IR /ナイト ビジョン機能
一般情報
IR /ナイト ビジョン機能は、プロジェクターの FS タイプでのみ使用可能です。
ナイト ビジョン ゴーグル(NVG)と組み合わせると、現実的な環境のレンダリングが得られます。これに
より、現実的な方法で、夜間、夕暮れと夜明け、さらに限られた可視性のシナリオで視覚化できます。
IR 光源の波長は 740 nm です。
IR/ナイト ビジョンを有効にする方法。
メニューホーム/設置/表示設定に入り、スクロール ダウン メニューでナイトビジョンを選択します。
画像 8-1
IR 照明を設定するには、メニューホーム/設置/照明/電源を入力します。このメニューには 2 つのスライダが
表示されます。 1 つはレーザー用、もう 1 つは IR LED 用です。スライダは、0 から 100% の倍率まで拡大
縮小されます。
86
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-2
画像 8-3
レーザー スライダを選択し、矢印キーでスライダを約 0% まで左に動かすと、レーザー強度が下がります。
(昼光可視性)。これにより、IR LED が優勢になり、ナイト ビジョン ゴーグルで画面上の画像が見えるよ
うになります。ゴーグルを着用して、IRLED スライダを調整して最適な暗視レンダリングを得てください。
画像 8-4
レーザーと IR LED の両方の強度(パワー)を混ぜることで、夕方/夜間の視覚など、他の可視性シナリオを
シミュレートすることも可能です。
601–426JA /06 F70 Series
87
設置メニュー
画像 8-5
8.2 レンズ
一般情報
設置/レンズ
レンズ機能の管理:フォーカス、ズーム、シフト、アイリス
すべての変更は動的に行われます。
フォーカスとズーム
設置/レンズ/ズーム
ズームを調整するには、上下のナビゲーション矢印を使用します。
フォーカスを調整するには、左右のナビゲーション矢印を使用します。
移動
設置/レンズ/シフト
4 方向のレンズシフトを調整するには、左、右、上、下のナビゲーション矢印を使用します。
アイリス
設置/レンズ/アイリス
開位置と閉位置の間でアイリスを無期限に閉じる/開くには、左右の矢印を使用します。調整するには長押し
します
8.3 向き
一般情報
設置 / 向き
ユニットの物理的設置状態に応じて、イメージング デバイス上の画像を回転させます。
以下に示すように、4 つの設置オプションがあります。
•
•
•
•
前面/テーブル
前面/天井
背面/テーブル
背面/天井
デフォルト:テーブル フロント。
88
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-6
正しい方向の設定方法
メニューから向きを選択します。
画像 8-7
向きメニューが表示されます。
画像 8-8: 向きメニュー
矢印キーを使用して取り付け・投影位置を選択し、[OK] ボタンを押して有効化します。
8.4 スケーリング モード
一般
スクリーンの塗りつぶしとストレッチのモードでは、画面サイズを定義する必要があります。
「画面サイズのワーピング」の章を参照してください。
スケーリング モード機能には 4 つの異なるプリセットがあります:
•
•
•
塗りつぶしアスペクト
1:1
全画面
601–426JA /06 F70 Series
89
設置メニュー
•
拡大
以下の図は WQXGA の解像度を示していますが、原則は、他の解像度でも同じです。(4K, WUXGA)
モード塗りつぶしアスペクト
このモードでは、DMD のネイティブサイズをできるだけ多く使用し、アスペクト比を維持します。
Input signal (Source): 4 : 3
DMD Capacity: 1,6 : 1 (2560 x 1600 pixels)
Screen: 2,35 : 1 (Cinamascope)
画像 8-9
1:1
このモードでは、ソース信号をピクセルごとに正確にレンダリングします
Input signal (Source): 4 : 3
DMD Capacity: 1,6 : 1 (2560 x 1600 pixels)
Screen: 2,35 : 1 (Cinamascope)
画像 8-10
全画面
このモードでは、定義された画面サイズを使用し、アスペクト比を維持します。
90
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
Input signal (Source): 4 : 3
DMD Capacity: 1,6 : 1 (2560 x 1600 pixels)
Screen: 2,35 : 1 (Cinamascope)
画像 8-11
拡大
このモードでは、レンダリングされた画像を拡大して、定義された画面サイズを使用します。レンダリング
された画像は、ソース信号と比較して、拡大/歪みを生じさせます。
Input signal (Source): 4 : 3
DMD Capacity: 1,6 : 1 (2560 x 1600pixels)
Screen: 2,35 : 1 (Cinamascope)
画像 8-12
入る方法。
ホーム/設置/スケーリングメニューに入ります
目的のモードを選択し、リモコンまたはキーパッドの OK ボタンを押します。
画像 8-13
601–426JA /06 F70 Series
91
設置メニュー
8.5 ワーピング
8.5.1 ワーピングについて
一般情報
画像ワーピングは、スクリーンの歪みを補正するために、通常は、プロジェクターと画面の垂直でない位置
合わせによって画像をデジタル処理するプロセスです。画像は、その後、通常は、画像 8-14で表示されま
す。
画像の変形にはさまざまな方法がありますが、純粋なワープ設定は、色には影響しません。
Distorted Picture
Ideal Picture
画像 8-14
8.5.2 ワーピング - オン/オフ
ワーピングオン/オフについて
オンとオフを切り替えることで、ワーピング機能を有効または無効にすることができます。
切り替え方法
1.
92
メインメニューから、取り付け → ワープを選択します。
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-15: 設置メニュー、ワープ
ワープメニューが表示されます。
画像 8-16
2.
ワープメニューから、ワープをクリックし、オンとオフを切り替えます。
画像 8-17
画像 8-18
8.5.3 ワーピング – スクリーンサイズ
(ワーピング) スクリーン サイズの調整について
使用する画面アスペクト比がプロジェクターのアスペクト比と異なる場合 (たとえば、ソースが 16:9でプロ
ジェクターが 16:10)、黒いバーが投影されます。この例では、画像の上下に黒いバーが投影されます。ワー
ピング エリアには、画像情報だけでなく、黒いバーも含まれています。たとえば、4 つのコーナーワーピン
グを使用して、有効な左上隅を画面上に正確に配置する場合は、黒い左上隅を移動しているときにそれを行
うのは非常に難しく、画像の左上隅の正確な位置をコントロールすることができません。ワーピング画面サ
イズのアウトラインを有効な画像情報に移動することで、ワーピングエリアの隅の点が有効な画像情報の隅
の点に正確に合わされ、ワーピングがはるかに容易になります。
601–426JA /06 F70 Series
93
設置メニュー
画像 8-19: ワーピングのアウトラインの例
画像の調整方法?
1.
メイン メニューから、[取り付け → ワープ → 画面サイズ] を選択します。
画像 8-20: ワープメニュー、スクリーンサイズ
スクリーンサイズメニューが表示されます。
画像 8-21
2.
[スクリーン幅] または [スクリーン高さ] を選択します。
3.
画面の大きさに合わせて画面の幅と高さを設定します。
Note: 使用するのは幅と高さの比だけなので、値は、画面の縦横比、または cm、インチ、その他の
単位での実測値として入力できます。
Tip: 現在の画像とともに、赤い枠がプロジェクターに表示されます。この枠は、オンライン調整の
結果を示す視覚ツールです。
Tip: この値は、リモコンのテンキーでも入力できます。既存の数字を削除するには*を押し、テン
キーで新しい値を入力します。
4.
94
[適用] をクリックします。
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
8.5.4 ワープ - 4 コーナー調整
4 コーナー調整について
基本的に、このタイプのワープは、下図のように画面の典型的な台形の画像がある場合、4 つの画像コー
ナーのそれぞれを X 方向と Y 方向に調整します。
ワープ補正を正しく行うには、画面のサイズを入力する必要があります。93 ページ、 ワーピング – スク
リーンサイズを参照してください。
プロジェクターの軸が画面に対して垂直でない場合の写真の例:
画像 8-22
画像の調整方法
1.
ワープ メニューから、4 コーナー メニューを選択します。黄色いフレームが表示されます。
画像 8-23
2.
4 コーナー ワープを有効にするには、ワープ スライダを正しい位置に設定します。(選択して入力)
3.
ワープしなければならないコーナーを選択します。複数の角をワープする必要がある場合は、角を 1 つずつ
選択して調整します。
矢印キーで値を調整します。値は、各コーナーの X 座標と Y 座標の移動を表します。ワープが完了したら、
「戻る」ボタンを使用してメニューを終了します。
601–426JA /06 F70 Series
95
設置メニュー
画像 8-24
4.
それでも画像が台形の形状をしている場合は、ワープは有効になりません。設置/ワープメニューを選択し、
Enter キーを押します。スライダが右に移動し、ワープ ステータスが「オン」に変わります。
画像 8-25
8.5.5 ワーピング - ボー
ボーの調整について
ボーの歪みは、通常の画像が表示されるように調整できます。正の調整角度により、外側のボーの歪みがよ
り大きくなります。負の調整により、内側のボーの歪みがより大きくなります。
96
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-26: ボーの歪み
対称ボー補正
1.
メインメニューから、取り付け → ワープを選択します。
画像 8-27: 設置メニュー、ワープ
2.
ワープメニューから、ボーを選択します。
画像 8-28: ワープメニュー、ボー
右下のチェックマークは、ボー機能が有効になっていることを示します。
3.
ボー補正を有効化する場合は、ワボースライダーがオンになっていること確認してください。
スライダが右にセットされ、強調表示されると有効になります。
601–426JA /06 F70 Series
97
設置メニュー
画像 8-29: 対称ボー補正。
4.
対称調整を有効化する場合は、対称スライダーがオンになっていること確認してください。
スライダが右にセットされ、青になると有効になります。
5.
ボー補正する画像の辺を選択し、Enter キーを押して確定し、矢印キーを使用してベクトルの角度と線形性
(長さ) を調整します。
角度はリモコンの上下の矢印で調整し、直線性は左右の矢印で調整します。
補正は、強調表示された面の中心の両側で対称に行われます。
上記の画像の値で補正すると、画像は以下のようになります。
修正する必要がある画像のすべての面に対してこの手順を繰り返します。
画像 8-30: 対称ボー補正
非対称ボー補正
1.
ボーメニューに入り、対称スライダを無効にします。
2.
ここで画像の両側には、個別に調整できる 2 つのベクトルができます。それぞれを選択し、正しい補正を行
うために角度と直線性 (長さ) を個別に調整します。
角度はリモコンの上下の矢印で調整し、直線性は左右の矢印で調整します。
98
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-31: 画像の上側の左のベクトル。
画像 8-32: 画像の上側の右のベクトル。
3.
上記の画像の値で補正すると、画像は以下のようになります。画像の上側に非対称補正が適用されているこ
とを確認します。
画像 8-33: 非対称ボー補正
4.
補正する必要がある画像のすべての面に対して手順を繰り返します。
601–426JA /06 F70 Series
99
設置メニュー
ボーワープ手順における角度と直線性 (長さ) の定義
画像 8-34
ボー調整をリセットするには、リセットを選択し、OK ボタンを押します。
8.5.6 ワーピング - ワープ ファイル
カスタム ワープ ファイルについて
GUI で特定のワープ構成を設定した後に、プロジェクターとの間でカスタム ワープ グリッドを XML 形式で
アップロードまたはダウンロードすることもできます。これは、複数のプロジェクターで同じワープ構成を
必要とする場合に時間の節約となるオプションです。
ワープ ファイルをアップロードまたはダウンロードするには、プロジェクター・ツールセットかプロスペク
ター・ツールを使用して、XML ファイルの形式でワープ グリッドをアップロード/ダウンロードできます。
あるいは、カールプログラムまたは http アップロードをサポートする他のツールを介して、直接「ファイル
エンドポイント」にアクセスすることもできます。
プロジェクター・ツールセットを使用したワープ ファイルのアップロード/ダウンロードの詳細について
は、プロジェクター・ツールセットのユーザーマニュアルを参照してください。
カールまたは HTTP アップロードをサポートするその他のツールを使用してワープ ファイルをアップロー
ド/ダウンロードする方法の詳細については、「パルス API 参照ガイド」を参照してください。
アップロードされたワープ グリッドをアクティブにする方法
1.
メイン メニューから、[取り付け] → [ワープ] を選択します。
画像 8-35: 設置メニュー、ワープ
2.
100
ワープ メニューから、[ファイル] を選択します。
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-36: ワープ メニュー、ファイル
ワープ ファイル メニューが表示されます。
画像 8-37
3.
任意のカスタム ワープ ファイルが利用可能な場合は、目的のワープ ファイルを選択します。
画像 8-38
4.
選択したワープ ファイルを有効にするには、上部のオン/オフ ボタンをクリックします。
画像 8-39
601–426JA /06 F70 Series
101
設置メニュー
8.5.7 ワーピング - マルチプロジェクター設定における遅延制御
輸送遅延
画像処理チェーンに追加された遅延。値は、出力解像度に対する行数です。
遅延
最初のピクセルを表す最初のライトが画面上に表示されるまで、そのピクセルからの合計時間が
入力源に入ります。これには輸送遅延が含まれます。値の単位は通常ミリ秒です。
機能の説明
マルチプロジェクター設定におけるすべてのプロジェクターは、異なる遅延となります。この遅延は、歪み
の量および投影される画像の周波数に依存します。全体の投影画像で目に見える差異を生じないために、
ユーザーは、各プロジェクターの遅延を制御することができなければなりません。
遅延の値は、個々のプロジェクターの状態メニューで読み取ることができます。
輸送遅延の設定方法
1.
マルチプロジェクター設定で各プロジェクターの遅延を読み取り、メモします。この遅延は、各プロジェク
ターの状態メニューの輸送遅延で確認できます。
画像 8-40: 遅延読み取りの例
2.
最長の遅延のプロジェクターを特定します。
3.
設定中の各プロジェクターについて、メインメニューで設置 → ワープを選択します。
画像 8-41: 設置メニュー、ワープ
4.
ワープメニューから、輸送遅延を選択します。
画像 8-42: ワープメニュー、輸送遅延
輸送メニューが表示されます。
102
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-43
5.
矢印キー (一度に 1 ステップずつ) またはリモコンのテンキーで直接値を入力します。
6.
「適用」をクリックして値を確定します。
7.
設定中のすべてのプロジェクターに対してこのプロセスを繰り返します。
8.6 ブレンディング
8.6.1 基本ブレンド
一般情報
2 台のプロジェクターを一緒に使用して画面上に 1 つのピクチャを作成する場合は、ブレンド機能を有効に
する必要があります。このブレンド機能により、2 台のプロジェクター間で画像をシームレスに切り替える
ことができます。
原則として、各プロジェクターのブレンドゾーン内の光の強さは個別に調整されるため、スクリーン上のレ
ンダリングは 1 台のプロジェクターから見えるようになります。
上下のピクチャと左右のピクチャの両方でブレンド機能を有効にすることができます。
このブレンドは、プロジェクターの WARP の影響を受けません。
Width, Projector 1
Width, Projector 2
Picture frame
Projector 1
Picture frame
Projector 2
Overlap / Blend Zone
画像 8-44
マスク調整。
オフセット調整は、両側の画像をカットするために使用します。通常、画面に表示すべきではない画像の一
部を非表示にするために使用します。たとえば、ソースが PC の場合は、画面の下部にあるメニュー バーを
非表示にできます。
601–426JA /06 F70 Series
103
設置メニュー
8.6.2 システムのセットアップ
システムの設定方法
この章では、プロジェクターの設定手順について説明しますが、設定手順は、ピクチャ ソースに対しても実
行する必要があります。
ブレンディング機能により満足な結果を得るには、重なっている、またはブレンドを行う領域
が、画像の幅の 10% 以上であることが推奨されます。
ソース内におけるオーバーラップの設定が、プロジェクターのブレンド幅の設定に合うことが基本原則で
す。これはつまり、ソースにおけるオーバーラップ領域が 500 ピクセルに設定されている場合、プロジェク
ターでブレンディングを行う領域も 500 ピクセルである必要があるということです。
初めのステップは、プロジェクターから投影される画像を、機械的な方法でできる限り正確に並べることで
す。ここでは、工学的な修正は行いません。同時に、2 つの画面間で画像のオーバーラップを確立します。
それから、プロジェクターのシフトおよびワープ機能を使用し、その他調整が必要な部分を整えて位置の最
終調整を行います。
画面上のプリセット オーバーラップに対応するブレンドにソースを設定します。ソースに応じて、これを行
うさまざまな方法があります。この問題については、ソース ユニットのマニュアルを参照してください。
以下の説明に従って、プロジェクターのブレンドを調整します。
8.6.3 調整手順
ブレンド調整手順
リモコンまたはプロジェクターのキーパッドのいずれかで、[ホーム] メニューから [ブレンド調整] に入りま
す。ホーム/設置/ブレンドとマスク/ブレンド マスクOSD に以下のメニューが表示されます。
「有効」ボタンにより、ブレンド機能を有効/無効にします。「ラインの表示」により、オーバーラップ/ブ
レンド ゾーンを視覚化するために、画面上のアライメント ラインを有効にします。
画像 8-45: ブレンド調整メニュー
メニュー内を移動するには、リモコンまたはキーパッドの上/下/左/右矢印キーを使用します。
ブレンド調整手順左右に並んだ構成
1.
左の画像から:矢印キーを使って、ディスプレイ カーソルをそれぞれ「有効」ゾーンと「ラインを表示」
ゾーンに合わせ、Enter を押してそれらを有効にします。
2.
右矢印キーを使用して、メニュー内の「トップ マスク」の位置にカーソルを移動します。Enter を押しま
す。この位置からカーソルを目的の調整オプションに移動できます。
3.
カーソルを「右幅」位置に移動して、リモコンの Enter を押します。
4.
矢印キーを上下に 1 回ずつ使用して幅の値を調整します。キー矢印を押し続けると、ブレンド値が急激に増
加します。幅の数値は、アライメント ラインの隣の画面に表示されます。(入力した数字は、ピクセル数で
表したブレンド幅を表します)。Enter を押して位置を確定します。
5.
右側の画像についても同じ手順を繰り返しますが、右幅ではなく左幅を調整します。左の幅の数値は、理想
的には上のステップの左の画像の右の幅と同じになります。
104
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
6.
リモコンの終了ボタンを使用してメニューを終了します。
オーバー/アンダー構成の調整手順。
オーバー/アンダー構成でのブレンド調整の場合も、手順は左右に並んでいるものと同じですが、代わりに、
上部と下部の高さを使用して、同様の手順を実行します。
値を設定するには、矢印キーの代わりに数字キーを使用します。
矢印キーで行を調整する代わりに、リモコンの数字キーを使用して値を直接入力することもできます。
入力した番号を削除または元に戻すには、リモコンの * キーを使用します。
8.6.4 黒レベルの調整
黒レベルの調整について
黒レベルの調整の目的は、重なりある領域の黒レベルで、重なり合わない領域の黒レベルを調整することで
す (ブレンド ゾーン)。
これは、複数のプロジェクターがこれらのゾーンに光を追加するため、黒レベルがブレンド ゾーンで明るく
なるため、必要な機能です。
理想的には、黒レベル領域の幅は、「鏡の海」現象を補正するために、ブレンド ゾーンの幅よりもわずかに
大きくする必要があります。
以下の図は、黒レベルの修正なしで、並んだ構成でこれがどのように発生するかを示します。
Picture Left
Blend Zone
Picture Right
画像 8-46
レベルの手動調整方法
1.
メイン メニューで、基本黒レベル メニューを選択します。
画像 8-47
2.
「黒レベル」と「線を表示」ボタンを有効にします。
601–426JA /06 F70 Series
105
設置メニュー
画像 8-48
3.
重なった領域が発生する側にカーソルを移動します。(左/右/上/下)左のプロジェクターの場合は、これが
メニューの右側になります。Enter キーを押し、矢印キーで値を調整します。先に述べたように、値はブレ
ンド ゾーンのオフセットよりわずかに大きくなります。「線を表示」が有効になっていると、ゾーンを示す
線も表示されます。黒レベル ゾーンが最適なときは、Enter を押します。
この値は、リモコンのテンキーでも入力できます。
4.
カーソルを「レベル」に移動し、[Enter] を押して黒レベルがブレンド域のレベルに等しくなるまで、このレ
ベルを調整します。
この値は、リモコンのテンキーでも入力できます。
5.
他のプロジェクターで同じ手順を繰り返し、
6.
黒レベルの調整が完了したら、「線を表示」を無効にします。
8.6.5 黒レベル ファイル
カスタム黒レベル ファイルについて
GUI で特定の黒レベル調整を設定した後に、プロジェクターとの間でカスタム黒レベル調整ファイルを
png、jpeg、tiff 形式でアップロードまたはダウンロードすることもできます。
黒レベル マスクをアップロードまたはダウンロードするには、Prospector ツールを使用します。あるいは、
カールプログラムまたは http アップロードをサポートする他のツールを介して、直接「ファイル エンドポ
イント」にアクセスすることもできます。
Prospector を使用した黒レベル ファイルのアップロード/ダウンロードの詳細については、Prospector の
ユーザー マニュアルを参照してください。
カールまたは HTTP アップロードをサポートするその他のツールを使用して黒レベル ファイルをアップロー
ド/ダウンロードする方法の詳細については、「パルス API 参照ガイド」を参照してください。
アップロードされた黒レベル調整ファイルを有効にする方法
1.
メイン メニューで、[設置] → [ブレンドとマスク] → [黒レベル] → [黒レベルファイル] を選択します。
画像 8-49: ブレンドとマスク メニュー、黒レベル ファイル
黒レベル ファイル メニューが表示されます。
106
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-50
2.
任意のカスタム黒レベル調整ファイルが利用可能な場合は、目的のファイルを選択します。
画像 8-51
3.
選択した黒レベル調整ファイルを有効にするには、上部のオン/オフ ボタンをクリックします。
8.6.6 RGB 調整
RGB 調整について
黒レベル補正の目的は、マルチ プロジェクター設定で均一な黒レベルを確保することです。2 台のプロジェ
クターが同じタイプであっても、光学部品のわずかな違いにより、プロジェクターごとに黒の色がわずかに
異なります。したがって、投影されたプロジェクターの画像が重なっている場合、3 つの異なる黒レベルが
あります。1 つは、左側のプロジェクターの画像だけのゾーン(ゾーン 1)、1 つはブレンド ゾーン(ゾー
ン 2)、1 つは右側のプロジェクターの画像だけのゾーン(ゾーン 3)です。
Picture Left
Blend Zone
Picture Right
画像 8-52
ゾーン 1 およびゾーン 3 の黒レベルは、通常、各プロジェクターの画像に適用される黒レベルのマスクを定
義することによって補正されます。このシステムはすでに設置されていますが、適用されるマスクはモノク
ロです。
601–426JA /06 F70 Series
107
設置メニュー
基本黒レベルメ ニューを使用すると、マスクの領域とそのコンテンツを指定することができます。しかし、
RGB 調整ページを使って、赤、緑、青の各色の倍率(ゲイン)を個別に指定することができます。
RGB 調整を行う方法
1.
メイン メニューで、[設置] → [ブレンドとマスク → 黒レベル] → [RGB 調整] を選択します。
画像 8-53: 黒レベルメニュー、RGB 調整
RGB 調整メニューが表示されます。
画像 8-54
2.
3 つのスライダの内の1 つを選択します。
3.
左右の矢印キーを使用して、選択した色のゲインを変更します。
4.
画面上で目的の結果が得られるまで、スライダごとに繰り返します。
8.6.7 ブレンド ファイル
カスタム ブレンド ファイルについて
GUI で特定のブレンディング構成を設定した後に、プロジェクターとの間でカスタム ブレンド構成ファイル
を png、jpg、tiff 形式でアップロードまたはダウンロードすることもできます。これは、複数のプロジェク
ターで同じブレンディング構成を必要とする場合に時間の節約となるオプションです。
ブレンド マスクをアップロードまたはダウンロードするには、Prospector ツールを使用します。
あるいは、カールプログラムまたは http アップロードをサポートする他のツールを介して、直接「ファイル
エンドポイント」にアクセスすることもできます。
Prospector を使用したブレンド ファイルのアップロード/ダウンロードの詳細については、Prospector の
ユーザー マニュアルを参照してください。
カールまたは HTTP アップロードをサポートするその他のツールを使用してブレンド ファイルをアップロー
ド/ダウンロードする方法の詳細については、「パルス API 参照ガイド」を参照してください。
アップロードされたブレンド構成ファイルを有効にする方法
1.
108
メイン メニューから、[設置] → [ブレンドとマスク] → [ブレンド ファイル] を選択します。
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-55: ブレンド メニュー、ブレンド ファイル
ブレンド ファイル メニューが表示されます。
画像 8-56
2.
任意のカスタム ブレンド ファイルが利用可能な場合は、目的のブレンド ファイルを選択します。
画像 8-57
3.
選択したブレンド ファイルを有効にするには、上部のオン/オフ ボタンをクリックします。
8.6.8 アドバンスト ブレンド
説明
アドバンスト ブレンド機能は、マルチプロジェクターの設置で、複雑な形状にブレンドすることを目的とし
ています。
複雑さのために、この主題のために別のマニュアルが用意されており、許可された設置者によってのみ実行
できます。この機能のためのユーザーインタフェースはありません。
8.7 照明
一般情報
ホーム/設置/照明/電源
光源の状態を確認し、暗レーザー出力を 0~100% に調整します。
規定値: 100%
601–426JA /06 F70 Series
109
設置メニュー
出力光の低減方法
メニューで、次の項目を選択します。
画像 8-58: 照明メニュー。
実際の照明設定がメニューに表示されます。
メニューに入り、スライダを使って調整します。
画像 8-59
8.8 CLO - 一定の光出力
一般情報
この機能では、プロジェクターが光源の使用期間中に同じレベルの出力光を維持するように照明出力を調整
できるようにします。これには、レーザー出力が最初から 100% に設定されず、より低い値に設定されてい
なければなりません。この値を低く設定すると、プロジェクターがレベルを維持する時間が長くなります。
これは、光源が時間の経過とともに強度が自然に減少することによります。
CLO 機能は、アイリス調整を補正するようには設計されていません。つまり、CLO が設定され、
アイリスが調整されると、出力光に影響します。
CLO の有効化
メニューホーム/設置/照 明/電源に入り、レーザー出力スライダを適切な値に設定して、[Constant Light
Output(一定光出力)]ボタンをオンにします。
110
601–426JA /06 F70 Series
設置メニュー
画像 8-60
画像 8-61
CLO が作動すると、LCD と OSD の両方のステータス メニューに表示されます。
CLO
画像 8-62
調光 CLO
これにより、ユーザーは、シングル チャネルとマルチ チャネルの両方の設定でレーザー出力だけでなく、
輝度も調整できます。これにより、CLO が光出力を維持して調整することができます。マルチ チャネル
設定では、これにより、すべてのチャネルで同じスケール値を使用して画像全体を暗くすることができま
す。
この機能は、マルチ チャネル設置で特に役立ちます。API コマンドを介してのみ利用可能であり、プロジェ
クターのユーザー インタフェースを介してアクセスすることはできません。
8.9 ディスプレイ設定
一般情報
IG ピクセル シフト以外のすべてのサブメニューは、当然属するこのマニュアルの他のトピックで説明して
います。
8.9.1 IG ピクセル シフト
一般
IG ピクセル シフトは、Image Generator が 2 つのチャネルで画像を処理できる機能です。この 2 つのチャ
ネルはピクセル シフト モジュールと同期します。チャネル 1 は位置 1 のピクセルシフト モジュールでレン
ダリングされ、チャネル 2 は位置 2 のピクセルシフト モジュールでレンダリングされます。これにより、プ
ロジェクターは画面上で 4K のレンダリングを得ることができます。
最大周波数 PR チャネルは 60 Hz です。
このためには、プロジェクターの DVI またはディスプレイポート入力のみを使用できます。
601–426JA /06 F70 Series
111
設置メニュー
Pixelshift Module
DVI 1 / Displayport 1
1:1
Multiplex
Image Generator
DMD
1:1
DVI 2 / Displayport 2
画像 8-63: IG ピクセルシフト。動作原理。
有効化の方法
外部画像ソースの必要な設定を行います。(Image Generator)。
DVI 1/2 またはディスプレイポート 1/2 に接続します。
メニューホーム/設置/ディスプレイ設定に入ります。
ドロップダウン メニューから IG ピクセルシフトを選択します。
画像 8-64: ディスプレイ設定メニュー
画像 8-65: ドロップダウン メニューの選択
IG ピクセル シフトが有効になっていると、ステータス メニューに表示されます。(これを見るには、少し
スクロール ダウンしてください)。
画像 8-66
112
601–426JA /06 F70 Series
システム設定メ
ニュー
9
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
通信
DMX
メニュー テーマの適用
スタンバイ ECO
メンテナンス
リセット
レンズ機能
LCD ディスプレイのバックライトの制御
601–426JA /06 F70 Series
113
システム設定メニュー
9.1 通信
一般情報
システム設定 / バックライト
LAN またはインターネット経由でプロジェクターと通信するには、ネットワーク接続が必要です。
現在のイーサネット通信情報が提供され、このメニューで編集することができます。
イーサネット通信の既定モードは、自動オン/IP バージョン 4 DHCP モードです。
設定
自動
ON
オフ
IP バージョン 4
静的モード
DHCP モード
説明
DHCP 有効化
静的
ネットワーク仕様に従って、アドレス、サブネット マスク、デフォルト
ゲートウェイを設定します。
割り当てられた IP アドレス、サブネット マスク、およびゲートウェイ。
画像 9-1
IP アドレスの手動設定
システム設定/通信/LAN メニューに移動します
ディスプレイ上で自動ゾーンを有効にして、Enter キーを押します。オートゾーンが「手動」に変わりま
す。
スクロールダウンして、目的のフィールドを変更します。希望のフィールドで、「Enter」を押して仮想
キーボードを有効にし、希望の値を入力してから、「Enter」を押して変更を確定します。
9.2 DMX
DMX 経由でプロジェクターをコントロールする方法について
XLR コネクタを装備した標準 DMX ケーブルを使用する場合、DMX 信号をコミュニケーター インターフェ
イスの DMX 入力ポートに接続できます。DMX 出力は、DMX デバイス チェーンを作成するために使用でき
ます。1 つのユニバースで、最大で 512 チャンネルをコントロールできます。
DMX コンソールと、Art-Net と互換性のあるその他の自動照明製品を使用している場合、Ethernet ネット
ワークが、DMX コントロールのリンクとして動作します。すべての DMX コントロールは、Ethernet ケーブ
ル経由で送信できます。複数のユニバースを使用できます。
114
601–426JA /06 F70 Series
システム設定メニュー
DMX メニューについて
DMX 機能
可能な操作
DMX アドレ
ス
(開始チャネ
ル)
プロジェクターで DMX コマンドを実行するには、「開始チャネル」と呼ばれる一意のア
ドレスをプロジェクターに指定する必要があります。
このアドレスは、1 ~ 512 の範囲になります。
DMX モード
DMX では 2 つの異なるモードが利用可能です。
• 基本: 2 つのチャネルが実装される基本構成。
• 拡張: フル構成で、14 超チャネルで広がっています。
DMX モニ
ター
DMX デバイスが接続されている場合、チャネルごとの設定をモニター ボタンにより表示
できます。
Art-Net DMX
DMX は、従来の DMX コネクタではなく、イーサネットコネクタを介してプロジェクター
に送信できます。この機能を、有効または無効にできます。Art-Net は、設定で 512 を超
えるアドレスが使用される場合に一般的に使用されます。
DMX ユニ
バース
注意: Art-Net DMX が有効な場合のみ、DMX ユニバースを使用できます。
Art-Net が有効な場合、このプロジェクターが属する DMX ユニバースを指定できます。
DMX 電源ダ
ウン
使用可能な DMX 信号がない場合は、一定のタイムアウト時間 (分) 後にプロジェクターを
強制的にシャットダウンできます。
DMX の設定方法
1.
メイン メニューで、[システム設定] → [通信] → [DMX] を選択します。
画像 9-2: 通信メニュー、DMX
DMX メニューが表示されます。
画像 9-3: DMX メニュー
2.
希望の DMX モードを選択します。
3.
希望の開始チャンネルを選択します。
4.
自動パワー ダウン機能を有効にするかどうかを選択します。有効になっている場合は、タイムアウトを決定
します。
5.
必要に応じて Art-Net を有効にします。有効になっている場合、希望の Art-Net ユニバースおよび Art-Net
チャネルを決定します。
601–426JA /06 F70 Series
115
システム設定メニュー
9.3 メニュー テーマの適用
一般情報
システム設定 / テーマ
テーマは、OSD表示に対し事前に定義されている機能目的を適用するために使用します。テーマには、ライ
ト (デフォルト) またはダークの2つのオプションがあります。(ソフトウェア バージョン 1.5 より、「ダー
ク」テーマがデフォルトです。)
より軽快なレンダリングが得られるように、このマニュアルのメニュー スクリーンショットに示されている
のは「ライト」オプションです。
9.4 スタンバイ ECO
スタンバイ ECO について
ECO モードを有効にすると、プロジェクターは、タイムアウト(既定では 15 分)後に、自動的にECO ス
タンバイモードになります。極小さなウェイクアップ コントローラを除き、すべての電子機器(ファン、ポ
ンプなど)を停止します。詳細については、パワー モード遷移専用セクションを参照してください。
最近まで、レディ モードの間は、プロジェクターのオンスクリーン ディスプレイ(OSD)を移動
できませんでした。この機能は、ソフトウェア バージョン 1.7 以降に実装されています。
ECO モードを有効化する方法
1.
メイン メニューで、[システム設定] → [スタンバイ ECO] を選択します。
画像 9-4: システム設定メニュー - スタンバイ ECO
2.
ECO モードを有効化する場合は、スライダがオンになっていること確認してください。スライダが右に
セットされ、青になると有効になります。
ECO モードを無効化する方法
1.
メイン メニューで、[システム設定] → [スタンバイ ECO] を選択します。
画像 9-5
2.
エコモードを無効化する場合は、スライダがオフになっていることを確認してください。スライダが左に設
定され、灰色になると無効になります。
9.5 メンテナンス
一般情報
システム設定 /メンテナンス
116
601–426JA /06 F70 Series
システム設定メニュー
メンテナンス メニューは、サービス担当者および/または上級ユーザー専用です。サブメニューは、リセッ
ト、レンズ較正、電子収束の設定です。
サービス コード(または高度なユーザー コード)を入力することで、より多くの機能を利用できます。こ
の機能は、コードを入力した後に表示される新しいタイルを介して視覚化されます。
サービスの問題に関する詳細は、サービス マニュアルを参照してください。
画像 9-6: メンテナンス メニュー
画像 9-7: メンテナンス サブメニュー
9.6 リセット
可能な操作
プロジェクターのすべての設定および値を、デフォルト値へリセットできます。1 つ以上の設定に対し別々
に行うか、すべての設定を一度にリセット (工場出荷時リセット) できます。
デフォルト設定
以下の設定がデフォルト設定です:
トピック
設定
既定値
ユーザー インタフェース
テーマ
ライト
ネットワーク
通信
LAN、自動設定
システム
エコ モード (適用可能な場合)
使用可能
画面
画面輝度 - 単位
nit
光学
高コントラスト
オフ
照明
電源
100%
画像コネクタ
色スペース
自動
信号範囲
自動
画像解像度
出力解像度 (該当する場合)
4K UHD
画像ワーピング
スクリーン サイズ
5120x3200 / 2560x1600
4 コーナー
ボー
ワーピング オフ、ワーピングなし
ワープ ファイル
画像ブレンディング
画像の実際色
無効、ファイルが選択されていま
せん
ブレンド / マスク サイズ
ブラックレベル
無効、すべての値が 0
黒レベル ファイル
ブレンド ファイル
無効、ファイルが選択されていま
せん
P7 Realcolor
すべてネイティブ設定
601–426JA /06 F70 Series
117
システム設定メニュー
トピック
設定
既定値
ImageStereo
同期遅延
0 µs
スワップ アイ
オフ
ダーク タイム
利用可能な最小値
画像表示
ディスプレイ モード
オートステレオ
画像の向き
向き
表、フロント
画像ソース
ソースファイル
標準
画像特徴
コントラスト
中央値
輝度
中央値
彩度
中央値
シャープネス
中央値
ガンマ
中央値
トリミング (該当する場合)
オフ
アスペクト比 (該当する場合)
16:9
すべてのプロジェクター設定のリセット方法
1.
メイン メニューから、[システム設定] → [リセット] を選択します。
2.
リセット メニューから、[すべてをリセット] を選択し、[OK] をクリックします。
1 つまたは複数のプロジェクター設定のリセット方法
1.
メイン メニューから、[システム設定] → [リセット] を選択します。
画像 9-8: システム設定メニュー、リセット
リセット メニューが表示されます。
画像 9-9: リセット メニュー
2.
リセットする設定の隣にあるチェックボックスを選択し、[OK] を押します。
複数の選択が可能です。
3.
118
選択したすべての設定をリセットするには、[RESET (リセット)] を選択し、[OK] クリックします。
601–426JA /06 F70 Series
システム設定メニュー
9.7 レンズ機能
一般情報
意図しないレンズ調整を防ぐために、特に、セットアップや調整が完了した後などは、特定のレンズ調整機
能が無効になる可能性があります。これらの機能は、リモートコントロールから直接アクセスでき、偶然
に、容易に調整されることがあります。
以下に示すメニューに入り、目的のボタンを切り替え、目的の機能を無効にします。以下のメニューは、有
効な位置にあるすべてのレンズ オプションを示します。
画像 9-10
9.8 LCD ディスプレイのバックライトの制御
制御できる照明
LCD のバックライトの消灯速度を選択できます。デフォルト値のいずれかを選択するか、カスタム値を入力
できます。
代わりに、ステルスモードをオンにすることもできます。このモードを有効にすると、LCD のバックライト
とキーパッドのすべての Buttons のバックライトが完全に無効になります。
制御方法
1.
メインメニューから、システム設定 → バックライトを選択します。
画像 9-11: システム設定、バックライト
バックライトメニューが表示されます。
601–426JA /06 F70 Series
119
システム設定メニュー
画像 9-12: バックライトメニュー
2.
120
希望するバックライトの設定を選択します。所定のオプションまたはカスタム値のいずれかを選択します。
601–426JA /06 F70 Series
状態メニュー
10
これはステータスメニューのみです。このメニューからは、設定の変更を行うことはできませ
ん。
概要
• 状態メニューの概要
601–426JA /06 F70 Series
121
状態メニュー
10.1 状態メニューの概要
状態メニュー
メインメニューで、状態を押します。
画像 10-1: 状態メニューの入力
画像 10-2: 状態の概要
画像 10-3: 状態の概要 (メニューをスクロールダウン)..
122
601–426JA /06 F70 Series
状態メニュー
画像 10-4: 有効な機能の例。
ソースの状態
有効なソース情報を表示します
製品
有効なソース情報を表示します:
• 製品番号: プロジェクター製品/部品番号
• シリアル番号: プロジェクターのシリアル番号
• ファームウェア: プロジェクターソフトウェアパッケージバージョン
• モデル名: プロジェクターモデル名
照明
使用する光源出力 (% 単位) とランタイムを表示します。
通信
プロジェクターのネットワークアドレス、リモコンのブロードキャストアドレス、リモコンのプロジェク
ターアドレスをリスト表示します。
ワーピング
ワープの状態と使用されたワープのタイプを表示します。
ブレンド
ワープの状態と使用されたブレンドのタイプを表示します。
環境
周囲温度を表示します。
ディスプレイ
ディスプレイ設定を表示します
アクティブな機能
有効な機能を表示します。
601–426JA /06 F70 Series
123
状態メニュー
124
601–426JA /06 F70 Series
3D
11
3D セットアップ
プロジェクターは、アクティブとパッシブの両方の立体 3D 入力モードで 3D 画像と動画を表示することが
できます。
3D 設置のセットアップでは、プロジェクターと信号ソースの両方について、3D システムの高度な理解が必
要です。
信号ソースの設定に関しては、特定のユニットのユーザー マニュアルを参照してください。
3D セットアップでは、投影された画像が、3D ゴーグルで見て信号源から映像までの信号経路全体を通して
完全に同期されることが重要です。
この機能についてプロジェクターを設定するには、この章の手順を参照してください。
アクティブなステレオ入力
1 チャネル入力(ケーブル 1 本)更新周波数 @ 120 Hz.DVIソースを使用するときは、追加同期信号を使用
する必要があります。ディスプレイ ポート ソースの場合、同期信号は信号ケーブルにありますが、必要に
応じて外部同期も使用できます。
パッシブなステレオ入力
それぞれの目に 1 つずつ、2 つのチャネル入力(2 本のケーブル)を使用してください。各チャネルの更新
周波数は 60 Hz に制限されています。デュアル シーケンシャル入力ソース(DVI またはディスプレイ ポー
ト)を使用する必要があります。外部同期信号は不要です。
601–426JA /06 F70 Series
125
3D
11.1 3D モードの設定。
3D モードの設定。
1.
ソース メニューに入り、目的の入力ソースを選択します。
•
•
アクティブ ステレオ入力の場合は、Displayport 1、DVI-1、HD BaseT または HDMI を選択します。
パッシブ ステレオ入力の場合は、デュアル ディスプレイポート シーケンシャルまたはデュアル DVI
シーケンシャルを選択します
画像 11-1
2.
メニューホーム/設置/表示設定に入り、ドロップダウン メニューで AutoStereo を選択します。
(ドロップダウン メニューの他の選択肢は該当しません)。
「自動ステレオ」表示モードでは、本製品は、自動的に「アクティブ ステレオ」モードに切り替わり、入力
周波数の n 倍で同期して投影します(n は個々の製品でできるだけ高い値になります)。
画像 11-2
3.
HDMI 3D ソースが検出されると、3D ソースであることがソース ステータスで示されます。
画像 11-3
126
601–426JA /06 F70 Series
3D
4.
メニューホーム/設置/3D 設定に入り、ダーク タイム ドロップダウン メニューが選択されたときに表示され
るダーク タイムを選択します。プロジェクターはカラー ホイールを検出し、カラー ホイールに応じて、1
つのオプションしか使用できません。
それぞれのダーク タイムのある使用可能なカラー ホイールは次のとおりです。
•
•
•
5.
DCI: 1600us
高輝度: 1660us
カラー: 1850us
ソースから 3D 画像または動画を実行します。
3D ゴーグルを着用し、各眼で 1 つの画像しか見えない時に、1 つの眼でゴーグルを通して見ることによっ
て確認します。他の側からの二重の写真または写真の影は観察されてはなりません。両側の操作を繰り返
し、「きれいな」画像が各眼で見えるようになるまで、同期遅延スライダを調整します。
3D 画像が 3D ゴーグルで少し「奇妙」に見える場合、解決策は、メニューの「スワップ アイ」ボタンを有
効にして眼を入れ替えることです。
Note: 利用可能な 3D テスト パターンもあります。メニューホーム/テスト パターン/内部に移動し、
3DSTEREO パターンを選択します。
テスト パターン メニューには、リモコンとキーパッドのショートカット キーもあります。
3D 設定を変更する理由
Barco は 3D エミッタとアクティブシャッター眼鏡をこのプロジェクターのオプションとして提供できます
が、3D エミッタとアクティブシャッター眼鏡は自由に使用できます。眼鏡やエミッタは、 Barco が提供で
きるものと比較してさまざまな仕様を持つ可能性があるため、3D 設定メニューにより、出力画像を眼鏡と
エミッタの仕様に合わせて設定できます。以下を構成できます:
•
•
•
•
•
スワップ アイ: ステレオ同期出力信号を反転させるよう選択できます (選択した 3D エミッタと眼鏡に応
じて)。
スワップ フレーム ペア: ステレオ入力信号を反転させるよう選択できます (選択したソース入力に応じ
て)。
ダーク タイム:事前に定義され、設置されているカラー ホイールによります。上記の 11.1.4 項を参照し
てください。
ステレオ メガネ:アクティブな 3D メガネを使用する必要があります。
同期遅延: 同期遅延を増減できます。このスケールは、100μs ステップで -10,000μs から +10,000μs にな
ります。
画像 11-4
601–426JA /06 F70 Series
127
3D
128
601–426JA /06 F70 Series
ユーザー メンテナン
ス
12
概要
• プロジェクターのファームウェアを更新
601–426JA /06 F70 Series
129
ユーザー メンテナンス
12.1 プロジェクターのファームウェアを更新
注意: アップグレードが進行中は、電源を切らない、または電源を抜かないでください。
開始すると、更新手順を完了するのに最大 20 分掛かる場合があります。
LCD ディスプレイには、プロセス中のアップグレードの進行状況とステータスが表示されます。
更新
•
•
•
•
•
130
www.barco.com に進み、お持ちの製品を選択します。利用可能なファームウェアのダウンロードはすべ
て Technical Downloads タブにあります。
ファームウェアをダウンロードします。FAT ファイル システムが付いた USB スティックにファイルを抽
出して保存します。PC のイジェクト機能を使用して、コンピュータから安全にデバイスを外します。
プロジェクターを準備モードにします(ステータス インジケータが白く点灯します)。
USB スティックをプロジェクターの背面 USB ポートに挿入します。
数秒後に、ステータス インジケータが点滅します。(速さ:3 Hz/180 FPM)。これは、アップグレード
が進行中であることを示します。アップグレード ファイルが破損している、または不正である場合、ス
テータス インジケータは赤に変わり、アップグレード プロセスは停止します。注記: この例ではアップ
グレードはインストールされないため、アップグレード プロセスを完全で正しいファイルを用いて再開
しなければなりません。プロジェクターは、アップグレードの間に何回か再起動する場合があります。
LCD ディスプレイには、アップデート手順の進捗状況が表示され、USB スティックをいつ取り外すかも
表示します。アップグレードが正常に完了すると、プロジェクターはスタンバイ モードに戻ります(ス
テータス インジケータはオレンジ色に点灯します)。
601–426JA /06 F70 Series
プロジェクターの清
掃
13
601–426JA /06 F70 Series
131
プロジェクターの清掃
13.1 プロジェクター レンズ
プロジェクター レンズの清掃に関する一般的指針
きれいな圧縮空気 (または圧縮空気缶) を使用して埃を吹き飛ばします。
レンズ クリーナーおよびきれいなレンズ清掃用布を使用して、埃や汚れを取り除きます。
幅広いストロークで一方向にのみ拭きます。
警告: レンズ表面を前後に拭かないでください。コーティング部分が研磨される恐れがあります。
乾燥しているきれいなレンズ清掃用布を使用して、残っている液体や縞模様を取り除きます。小さい円を描
くように磨きます。
表面に指紋がまだ残っている場合は、レンズ クリーナーときれいなレンズ クリーニング クロスで繰り返
し、乾いた布で再度磨きます。
レンズの清掃中に汚れが吸着する場合には、布を交換します。汚れが吸着する場合には、布が汚
れています。
13.2 プロジェクター キャビネット
警告: プロジェクターキャビネットを清掃する前に、必ずメイン電源ネットからプロジェクターを
取り外してください。
プロジェクター キャビネットの清掃に関する一般的指針(外装のみ)
湿った布でプロジェクターの外装を清掃します。がんこな汚れは、中性洗剤で軽く湿らせた布を使用するこ
とで取り除くことができます。
13.3 フィルター
空気取り入れ口およびフィルターに関する一般情報。
製品はデフォルトではフィルターなしで出荷され、フィルターを使わないことで、フィルターの目詰まりが
なくなり、システム内を通過する空気の量が増え、時間とともに動作温度が低下するため、換気システムが
メンテナンス間で長期間動作します。空気取り入れ口は、メッシュによって保護されています。このメッ
シュは、必要に応じて時々掃除機で掃除する必要があります。この操作に特定の間隔はありませんが、必要
に応じて実行します。
より過酷な環境では、内部の汚れを防ぐために、煙と埃の両方のフィルターをシステムの外側に適用するこ
とができます。
プロジェクター フィルター(外部)の清掃に関する一般的指針
プロジェクターからフィルターを取り外し、次に、掃除機でフィルターから余分な埃を取り除きます。フィ
ルターを濡らしたり浸清させたりしないでください。
プロジェクターのフィルターの清掃は、埃の混入を防ぐために別の部屋で行ってください。
132
601–426JA /06 F70 Series
技術仕様
14
一般情報
この項の情報は、事前通知なしで変更される場合があります。現在の技術仕様については、製品ウェブサイ
トをご覧いただくか、セールス サポート担当者に連絡してください。
601–426JA /06 F70 Series
133
技術仕様
14.1 F70 — 4K6C
F70 — 4K6C
134
輝度
5,000 ルーメン
コントラスト比
1800:1 シーケンシャル、50,000:1 ダイナミック
NVG 用 IR
あり
輝度均一性
90%
アスペクト比
16:10
プロジェクタータイプ
1DLP レーザー蛍光体
解像度
3,840 x 2,400 (4K UHD) / 2,560 x 1,600 (ネイティブ)
レンズタイプ
FLD/FLD+
光学レンズシフト
最大 134% レンズ・シフト (レンズで異なる)。
モーター駆動ズーム、フォーカス、垂直および水平シフト、アイリス*、
シャッター。
色補正
P7 RealColorTM
CLO (コンスタント照明出力)
あり*
光源
レーザー蛍光体
光源寿命
最大 60,000* 時間、動作モードに依存
シールドエンジン
あり
方向
360° 回転、制限なし
3D
アクティブ 3D 立体画像*
画像処理
埋め込みワープ & ブレンドボックス*
キーストーン補正
あり
入力
HDSDI
2x DP1.2
2x デュアル・リンク DVI-I
HDBaseT アップグレード可能
HDMI2.0 アップグレード可能
RJ 45 イーサネット
DMX 入力/出力*(アップグレード可能)
RS232 入力
2x USB
12v 出力
入力解像度
内容 (最大):
3,840 x 2,400 @ 60 Hz
3,840 x 2,160 @ 60 Hz
4,096 x 2,160 @ 60 Hz
2,560 x 1,600 @ 120 Hz
ソフトウェア・ツール
プロジェクター・ツールセット
制御
IR, RS232, RJ45
ネットワーク接続
IR, RS232, RJ45
601–426JA /06 F70 Series
技術仕様
電源要件
100-240V/50-60Hz
消費電力
743 W (公称)、1,100 W (最大)
BTU / 時間
最大 4,000 BTU/h
ノイズ・レベル (25°C/77°F で
の標準時)
36 dB(A)
動作温度
10 - 40 °C (海抜)
保管温度
-20 ~ 60 °C
動作湿度
20 - 80% RH
保管湿度
10 - 90% RH
寸法
475 x 593 x 286 mm / 18.7 x 23.3 x 11.2 インチ
幅×長さ×高さ
重量
37 kg / 81.5 lbs
標準アクセサリ
電源コード、ワイヤレスリモート・コントロール
認証規格
CE、FCC Class A および cNus
保証
3 年間の部品・修理保証。5 年まで延長可能
注記
* SW アップグレード可能。詳細については、正規 Barco 代理店にお問い
合わせください。
14.2 F70 — W6
輝度
5,500 ルーメン
コントラスト比
1,800:1 シーケンシャル、50,000:1 ダイナミック
NVG 用 IR
なし
輝度均一性
90%
アスペクト比
16:10
プロジェクタータイプ
1DLP レーザー蛍光体
解像度
1,920 x 1,200 (WUXGA)
レンズタイプ
FLD/FLD+
光学レンズシフト
最大 134% レンズ・シフト (レンズで異なる)。
モーター駆動ズーム、フォーカス、垂直および水平シフト、アイリス*、
シャッター。
色補正
P7 RealColorTM
CLO (コンスタント照明出力)
あり*
光源
レーザー蛍光体
光源寿命
最大 60,000* 時間、動作モードに依存
シールドエンジン
あり
方向
360° 回転、制限なし
3D
アクティブ 3D 立体画像*
画像処理
埋め込みワープ & ブレンドボックス*
キーストーン補正
あり
601–426JA /06 F70 Series
135
技術仕様
入力
HDSDI
2x DP1.2
2x デュアル・リンク DVI-I
HDBaseT アップグレード可能
HDMI2.0 アップグレード可能
RJ 45 イーサネット
DMX 入力/出力* (アップグレード可能)
RS232 入力
2x USB
12v 出力
入力解像度
内容 (最大):
1,920 x 1200 @ 60Hz
2,560 x 1,600 @ 120 Hz
ソフトウェア・ツール
プロジェクター・ツールセット
制御
IR, RS232, RJ45
ネットワーク接続
IR, RS232, RJ45
電源要件
100-240V/50-60Hz
消費電力
743 W (公称)、1,100 W (最大)
BTU / 時間
最大 4,000 BTU/h
ノイズ・レベル (25°C/77°F で
の標準時)
36 dB(A)
動作温度
10 - 40 °C (海抜)
保管温度
-20 ~ 60 °C
動作湿度
20 - 80% RH
保管湿度
10 - 90% RH
寸法
475 x 593 x 286 mm / 18.7 x 23.3 x 11.2 インチ
幅×長さ×高さ
重量
37 kg / 81.5 lbs
標準アクセサリ
電源コード、ワイヤレスリモート・コントロール
認証規格
CE, FCC Class A および cCSAus
保証
3 年間の部品・修理保証。
5 年まで延長可能
注記
* SW アップグレード可能。詳細については、正規 Barco 代理店にお問い
合わせください。
14.3 FS70 — 4K6
136
輝度
5,000 中央ルーメン
コントラスト比
1800:1 シーケンシャル、50,000:1 ダイナミック
NVG 用 IR
あり
輝度均一性
90%
アスペクト比
16:10
601–426JA /06 F70 Series
技術仕様
プロジェクタータイプ
1DLP レーザー蛍光体
解像度
3,840 x 2,400 (4K UHD) / 2,560 x 1,600 (ネイティブ)
レンズタイプ
FLD/FLD+
光学レンズシフト
最大 134% レンズ・シフト (レンズで異なる)。
モーター駆動ズーム、フォーカス、垂直および水平シフト、アイリス**、
シャッター。
色補正
P7 RealColorTM
CLO (コンスタント照明出力)
あり*
光源
レーザー蛍光体
光源寿命
最大 60,000** 時間、動作モードに依存
シールドエンジン
あり
方向
360° 回転、制限なし
3D
アクティブ 3D 立体画像*
画像処理
埋め込みワープ & ブレンドボックス*
キーストーン補正
あり
入力
HDSDI
2x DP1.2
2x デュアル・リンク DVI-I
HDBaseT** (アップグレード可能)
HDMI1.4 **(2.0 アップグレード可能)
RJ 45 イーサネット
DMX 入力/出力 **(アップグレード可能)
RS232 入力
2x USB
12v 出力
入力解像度
内容 (最大):
3,840 x 2,400 @ 60 Hz
3,840 x 2,160 @ 60 Hz
4,096 x 2,160 @ 60 Hz
2,560 x 1,600 @ 120 Hz
ソフトウェア・ツール
プロジェクター・ツールセット
制御
IR, RS232, RJ45
ネットワーク接続
IR, RS232, RJ45
電源要件
100-240V/50-60Hz
消費電力
743 W (公称)、1,100 W (最大)
BTU / 時間
最大 4,000 BTU/h
ノイズ・レベル (25°C/77°F で
の標準時)
36 dB(A)
動作温度
10 - 40 °C (海抜)
保管温度
-20 ~ 60 °C
動作湿度
20 - 80% RH
601–426JA /06 F70 Series
137
技術仕様
保管湿度
10 - 90% RH
寸法 幅×長さ×高さ
475 x 593 x 286 mm / 18.7 x 23.3 x 11.2 インチ
重量
37 kg / 81.5 lbs
標準アクセサリ
電源コード、ワイヤレスリモート・コントロール
認証規格
CE, FCC Class A および cCSAus
保証
3 年間の部品・修理保証。5 年まで延長可能
注記
* SW アップグレード可能機能、2017 年第 2 四半期に利用可能
**HDMI2.0、HDBaseT イーサネットおよび DMX が 2017 年第 2 四半期に
ソフトウェア・アップグレードとして利用可能
14.4 FS70 — W6
138
輝度
5,500 中央ルーメン
コントラスト比
1,800:1 シーケンシャル、50,000:1 ダイナミック
NVG 用 IR
あり
輝度均一性
90%
アスペクト比
16:10
プロジェクタータイプ
1DLP レーザー蛍光体
解像度
1,920 x 1,200 (WUXGA)
レンズタイプ
FLD/FLD+
光学レンズシフト
最大 134% レンズ・シフト (レンズで異なる)。
モーター駆動ズーム、フォーカス、垂直および水平シフト、アイリス**、
シャッター。
色補正
P7 RealColorTM
CLO (コンスタント照明出力)
あり*
光源
レーザー蛍光体
光源寿命
最大 60,000** 時間、動作モードに依存
シールドエンジン
あり
方向
360° 回転、制限なし
3D
アクティブ 3D 立体画像*
画像処理
埋め込みワープ & ブレンドボックス*
キーストーン補正
あり
入力
HDSDI
2x DP1.2
2x デュアル・リンク DVI-I
HDBaseT** (アップグレード可能)
HDMI1.4 **(2.0 アップグレード可能)
RJ 45 イーサネット
DMX 入力/出力 **(アップグレード可能)
RS232 入力
2x USB
601–426JA /06 F70 Series
技術仕様
12v 出力
入力解像度
内容 (最大):
1,920 x 1200 @ 60Hz
2,560 x 1,600 @ 120 Hz
ソフトウェア・ツール
プロジェクター・ツールセット
制御
IR, RS232, RJ45
ネットワーク接続
IR, RS232, RJ45
電源要件
100-240V/50-60Hz
消費電力
743 W (公称)、1,100 W (最大)
BTU / 時間
最大 4,000 BTU/h
ノイズ・レベル (25°C/77°F で
の標準時)
36 dB(A)
動作温度
10 - 40 °C (海抜)
保管温度
-20 ~ 60 °C
動作湿度
20 - 80% RH
保管湿度
10 - 90% RH
寸法
475 x 593 x 286 mm / 18.7 x 23.3 x 11.2 インチ
幅×長さ×高さ
重量
37 kg / 81.5 lbs
標準アクセサリ
電源コード、ワイヤレスリモート・コントロール
認証規格
CE, FCC Class A および cCSAus
保証
3 年間の部品・修理保証。
5 年まで延長可能
注記
* SW アップグレード可能機能、2017 年第 2 四半期に利用可能
**HDMI2.0、HDBaseT イーサネットおよび DMX が 2017 年第 2 四半期に
ソフトウェア・アップグレードとして利用可能
601–426JA /06 F70 Series
139
601–426JA /06 | 2018-12-17
Barco Fredrikstad AS | Habornveien 53, N-1630 Gamle Fredrikstad, Norway
Registered address: Barco NV | President Kennedypark 35, 8500 Kortrijk, Belgium
www.barco.com
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement