Barco XLite Toolset ユーザーガイド

Barco XLite Toolset ユーザーガイド
XLite ToolSet
ユーザ手引書
R9850042
R5976380J/13
06/09/2004
製品改訂
ソフトウェア バージョン: 2.5
Barco nv Events
Noordlaan 5, B-8520 Kuurne
Tel: +32 56.36.89.70
Fax: +32 56.36.88.24
電子メール: events@barco.com
Barco Webサイト: www.barco.com
Printed in Belgium
ソフトウェア使用許諾契約書
XLite ToolSet ソフトウェア ユーザー契約
重要: 本ソフトウェア契約書はエンド ユーザーと上記ソフトウェア製品の作成者との間に交わされる法的
な契約書です。 この製品には、コンピュータ ソフトウェア、関連するメディア、印刷物、オンラインま
らは電子的ドキュメントが含まれます。 本ソフトウェア製品のインストール、コピー、使用を行うと、本
契約書の条項に従うことに同意したものとみなされます。
本ソフトウェア製品は著作権法および国際著作権条項、およびその他の知的所有権に関する法律および条
項によって保護されています。
システム ソフトウェア - 本ソフトウェア製品のインストールと使用は、本ソフトウェア製品を使用するこ
とができる Barco 製品と共に使用する場合のみに限定されます。
本ソフトウェアを製品購入の際に取得している場合、Barco System の認定オフライン トレーニングに使
用する目的でのみ、本ソフトウェア製品のコンピュータ ソフトウェア部分のコピーを複数作成すること
ができます。
権利および制限。本ソフトウェア製品のリバース エンジニアリング、逆コンパイル、逆アセンブルは行え
ません。
間接的損害の免責。 いかなる特定、偶発的、間接的、結果的損害(営業利益の遺失に対する損害、事業中
断、企業情報の喪失、その他の金銭的損失を含み、これに限定しない)が本ソフトウェア製品の使用ある
いは使用不能により発生した場合、作成者がこのような損害が発生しうることを通知されていた場合にお
いても、準拠法により許可される最大限の範囲において、作成者および提供者は責任を負いません。
Copyright (C)
All rights reserved. 本文書のいかなる部分もコピー、複製、翻訳が禁止されています。 BARCO から事前
の書面による通知がある場合を除いて、他の方法で、記録、転送、検索システムへの保存も認められてい
ません。
商標
このマニュアルで紹介されているブランドや製品名は、それぞれの所有者に帰属する商標、登録商標、著
作権である場合があります。 このマニュアルで紹介されているブランドや製品名は、説明や例として引用
されており、製品やそれぞれのメーカーを宣伝するものとして理解されないものとします。
目次
目次
1. 導入 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
1.1 全般情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
2. インストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
2.1
2.2
2.3
2.4
2.5
2.6
全般要件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11
ソフトウェアのインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .11
起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13
トラブルシューティング ガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13
XLite ToolSet のアップデート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .13
XLite ToolSet のアンインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .14
3. ログオン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
3.1 ログオン ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15
3.1.1 ユーザーのログオン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .15
3.1.2 ユーザーの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16
3.1.3 ユーザーの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .16
3.2 起動ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .17
4. 自動検出ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
4.1
4.2
4.3
4.4
4.5
自動検出ページの起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .21
RS232 通信設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .22
自動検出の開始 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .23
デバイスからパラメータの再読込 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .27
シリアル ナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .27
5. 壁の配置ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
5.1 起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .29
5.2 グリッド配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .30
5.2.1 グリッド配置の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .30
5.2.2 グリッドの寸法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .33
5.2.3 タイル リンクの定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .34
5.2.4 DLite、SLite、ILite の壁を対象とした壁の配置. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .34
5.2.5 MiPix を対象とした壁の配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .36
5.2.6 MiPix の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .37
5.3 マニュアル配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .40
5.3.1 マニュアル配置の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .41
5.3.2 選択モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .42
5.3.3 DLite/SLite/ILite を対象としたカットアウト座標 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .44
5.3.4 MiPix を対象としたカットアウト座標. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .45
5.3.5 MiPiX のストリング機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .47
5.3.6 カットアウト座標のエクスポート. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .47
5.4 MiPix 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .48
5.4.1 MiPix 構成の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .49
5.4.2 保存されたデザインのプレビュー表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .50
5.4.3 新規デザインの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .50
5.4.3.1 起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .51
5.4.3.2 新規ブロック構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .51
5.4.3.3 グリッドでアウトライン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .51
5.4.3.4 自動フィル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .52
5.4.3.5 自動フィルの詳細設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .53
5.4.3.6 自動フィルが非常に役立つ一般的な例 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .56
5.4.3.7 マニュアル フィル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .56
5.4.3.8 アウトラインの境界線のオンとオフ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .57
5.4.3.9 デザイン ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .58
5.4.3.10 デザインの保存. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .59
5.4.4 デザインへブロックの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .59
5.4.5 既存デザインの編集 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .61
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
1
目次
5.4.5.1 デザインの読み込み. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .61
5.4.5.2 デザインの現バージョンの保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .62
5.4.5.3 現デザインを別名で保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .62
5.4.6 ブロック操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .63
5.4.6.1 1 ブロックを選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .63
5.4.6.2 複数ブロックの選択. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .63
5.4.6.3 ストリング全体の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .64
5.4.6.4 全ブロックの選択解除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .64
5.4.6.5 1 つまたは複数ブロックの移動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .65
5.4.6.6 選択されたブロックの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .66
5.4.6.7 2 つのストリングのスワップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .66
5.4.6.8 選択したブロックの回転 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .67
5.4.6.9 自動回転 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .68
5.4.6.10 ストリングのワイヤ方向の表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .69
5.4.6.11 回転の表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .69
5.4.6.12 ワイヤ方向のシミュレーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .70
5.4.7 デザインの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .71
5.4.8 ズームイン - ズームアウト. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .71
5.4.9 デザインのデバイスへの関連づけ. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .72
5.4.10 内部パターン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .72
6. スタック マネージャ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
6.1
6.2
6.3
6.4
6.5
6.6
6.7
6.8
スタッキングの基本原則 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .73
スタッキングの制限 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .76
スタック マネージャを使用する前に . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .76
スタックの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .76
スタック マネージャの起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .78
ディスプレイ レイアウトの構築 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .78
追加ディスプレイの作成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .80
スクリーンのディスプレイへの割り当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .82
6.8.1 単一スクリーンのディスプレイへの割り当て . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .82
6.8.2 スクリーンすべての同一ディスプレイへの割り当て. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .83
6.9 ディスプレイの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .83
6.10 既存ディスプレイのプロパティ変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .84
6.11 スクリーンのレイアウト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .84
6.12 ディスプレイ位置の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .85
6.13 タイミング概要マスター デジタイザー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .87
6.13.1 タイミングによる出力モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .87
6.13.2 タイミング概要の起動方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .88
6.13.3 LED 壁出力のタイミング概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .88
6.13.4 デジタル出力のタイミング概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .89
6.13.5 アナログ出力のタイミング概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .90
6.14 スクリーン表示ウィンドウでのズーム/パン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .90
6.15 構成の再読込 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .90
6.16 設定適用の表示/非表示. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .90
6.16.1 設定適用の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .91
6.16.2 スタック適用後のリセット ウィンドウ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .91
6.17 適用レベル設定の調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .91
7. システム構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
7.1 システム構成の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .95
7.2 入力 & ディスプレイ構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .97
7.3 ウィンドウ設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .99
7.3.1 全般表示 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .99
7.3.2 ウィンドウの選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
7.3.3 ウィンドウ名の変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
7.3.4 ウィンドウのロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
7.3.5 ウィンドウ - サイズ変更なし . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
7.3.6 ウィンドウの移動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
7.3.7 ウィンドウのサイズ変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
2
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
目次
7.3.8 ウィンドウへのグループ変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
7.3.9 Z 順序づけ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
7.3.10 アスペクト比 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
7.3.11 ビューポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
7.3.11.1 全般 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
7.3.11.2 ビューポートの作成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
7.3.11.3 グループ変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
7.3.11.4 ビューポート設定をソース A からソース B に適用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
7.3.12 ソースの表示設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
7.3.13 カラー キー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 109
7.3.14 アルファ ブレンド. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111
7.3.15 すべてアップデート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
7.3.16 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
7.3.17 プリセット構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
7.3.17.1 構成の保存. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
7.3.17.2 構成の読み込み - 方法 1 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114
7.3.17.3 構成の読み込み - 方法 2 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
7.3.17.4 事前定義構成の削除. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
7.4 作業スペースの解像度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 116
7.5 壁設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
7.5.1 壁設定の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
7.5.2 ガンマ (非線形色トラッキング) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
7.5.2.1 ガンマ調整の開始 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
7.5.2.2 ガンマ曲線の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
7.6 デバイス構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120
7.7 構成マネージャ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
7.7.1 構成マネージャの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
7.7.2 構成の保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123
7.7.3 構成の別名保存 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124
7.7.4 構成の削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 125
7.7.5 構成の読み込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
8. D310 構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .129
8.1 D310 構成の起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.1 選択されたソース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.2 入力設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.2.1 入力設定の起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.2.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.2.3 ビデオ イコライジング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.2.4 ダイナミック画像安定化 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.2.5 カラー マトリックス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.3 デジタイザー設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.3.1 デジタイザー設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.3.2 詳細設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.2.3.3 全般詳細設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.3 デバイス プロパティ ウィンドウ設定オプション. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8.4 デバイス プロパティー デジタイザー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
129
129
130
130
130
131
132
132
132
132
132
133
134
134
134
9. D320 構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .135
9.1 D320 構成の起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9.2 デジタイザー設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9.2.1 動作モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9.2.2 同期ジェネレーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9.2.2.1 起動方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9.2.2.2 同期ジェネレーターのタイミング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9.2.2.3 タイミング ウィザード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9.2.2.4 同期ジェネレーターのタイミングの完了 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
135
135
136
136
136
138
139
142
3
目次
10.D320PL 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .143
10.1 D320PL 構成の起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2 デジタイザー設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.1 動作モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.2 出力選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.3 LED 壁の画像のモニター プレビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.3.1 導入と起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.3.2 アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.3.3 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.4 タイミング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.4.1 デジタルまたはアナログ出力における事前定義タイミングの使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.4.2 デジタルまたはアナログ出力における詳細タイミング設定の使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.4.3 デジタルおよびアナログ出力における同期ジェネレーターのタイミング . . . . . . . . . . . . .
10.2.4.4 デジタルおよびアナログ出力におけるディスプレイ インタフェースのタイミング . .
10.2.4.5Barco LED 壁出力におけるロック モード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.4.6Barco LED 壁出力における同期ジェネレーターのタイミング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.5 パターン生成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.5.1 概要と起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10.2.5.2 テスト パターン設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
143
144
144
146
147
147
148
149
149
150
150
152
154
155
157
157
157
159
11.D320L 構成. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .161
11.1 D320L 構成の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2 デジタイザー設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.1 動作モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.2 同期ジェネレーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.2.1 起動方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.2.2 同期ジェネレーターのタイミング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.2.3 タイミング ウィザード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.2.4 ロック モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.3 LED 壁の画像のモニター プレビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.3.1 導入と起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.3.2 アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.3.3 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.4 パターン ジェネレーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.4.1 概要と起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11.2.4.2 テスト パターン設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
161
162
162
163
163
164
165
166
167
167
168
169
170
170
172
12.D320Lite 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .173
12.1 D320Lite 構成の起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.2 動作モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.3 同期ジェネレーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.3.1 起動方法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.3.2 同期ジェネレーターのタイミング. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.3.3 タイミング ウィザード. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.3.4 ロック モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.4 LED 壁の画像のモニター プレビュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.4.1 導入と起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.4.2 アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.4.3 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.5 パターン ジェネレーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.5.1 概要と起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12.5.2 テスト パターン設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
173
174
174
174
176
177
178
179
179
180
181
182
182
184
13.D320 シリーズの入力スロット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .185
13.1 全般情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
13.2 入力 D320 DVI-D . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
13.2.1 設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
13.2.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
13.3 入力 D320 YUV/RG(s)B . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
13.3.1 設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4
185
186
186
186
187
187
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
目次
13.3.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 188
13.3.3 入力ゲイン イコライザー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189
13.3.4 ダイナミック画像安定化 (DIS) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190
13.4 入力 D320 SDI . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190
13.4.1 設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190
13.4.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190
13.4.3 ダイナミック画像安定化 (DIS) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 191
13.5 入力 D320 HDSDI . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
13.5.1 設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
13.5.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
13.6 入力 D320 CVBS/S-Vid . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193
13.6.1 設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193
13.6.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 194
13.6.3 入力ゲイン イコライザー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 196
13.6.4 ダイナミック画像安定化 (DIS) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
13.7 入力 D320 RGB アナログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
13.7.1 設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
13.7.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 198
13.7.3 解像度設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 199
13.7.4 RGB コントラスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
13.7.5 RGB 輝度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
13.8 入力 D320 RGB アナログ (UXGA) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
13.8.1 設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 200
13.8.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 201
13.8.3 解像度設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 201
13.8.4 RGB コントラスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 202
13.8.5 RGB 輝度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203
13.9 入力 D320 RGB UXGA 2 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203
13.9.1 設定の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 203
13.9.2 画像処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204
13.9.3 ブラック バランス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205
13.9.4 ホワイト バランス. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205
13.9.5 AMD システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205
13.9.5.1 自動測定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 205
13.9.5.2 マニュアル ファイル選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206
13.9.5.3 新規アイテムのリストへの追加 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206
13.9.5.4 アイテムのリストからの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207
13.9.5.5 全アイテムのリストからの削除 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208
13.9.5.6 最適 ADC 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208
13.9.5.7 デフォルト リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209
13.9.5.8 ラインあたりの合計ピクセル数 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 210
14.FiberLink 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .211
14.1
14.2
14.3
14.4
14.5
14.6
14.7
起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211
FiberLink の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212
パターン ジェネレーター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212
再構成フィルター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212
キー参照 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213
LED 壁電源 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213
デバイス プロパティ FiberLink . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213
15.DLite Display 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .215
15.1 構成の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
15.2 スクリーン設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
15.2.1 概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
15.2.2 タイル設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
215
216
216
217
16.ILite Display 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .221
16.1 構成の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221
16.2 スクリーン設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 222
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5
目次
16.2.1 概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16.2.2 ILite 6/8/10/12 の OSD 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16.2.2.1ILite 6/8/10/12 の OSD 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16.2.2.2OSD スクリーンの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16.2.2.3OSD コントロール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16.2.3 ILite 3 の OSD 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
16.2.4 タイル設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
222
224
224
225
227
227
230
17.ILite MD Display 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .233
17.1 構成の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
17.2 スクリーン設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
17.2.1 概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
17.2.2 OSD 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
17.2.3 タイル設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
233
234
234
236
237
18.SLite Display 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .241
18.1 構成の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
18.2 スクリーン設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
18.2.1 概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
18.2.2 OSD 機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
18.2.3 タイル設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
241
242
242
243
247
19.MiPix Display 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .251
19.1 構成の起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
19.2 スクリーン設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
19.2.1 概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
19.2.2 タイル設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
251
252
252
253
20.AEC 構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .257
20.1 起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 257
20.2 AEC 設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 258
20.3 デバイス プロパティ AEC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 258
21.メンテナンス ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .259
21.1 起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 259
21.2 アップデート ソフトウェア . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 259
21.2.1 ソフトウェア アップデートの起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 259
21.2.2 ILite Display. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 261
21.2.3 DLite Display . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 262
21.2.4 SLite Display. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 263
21.2.5 ウィンドウ設定オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 264
21.2.6 FiberLink オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 265
21.2.7 AEC. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 266
21.3 色補正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 266
21.3.1 DLite、SLite、ILite (埋め込みソフト < 2.05) (例外: ILite3 および MiPiX) を対象とした色補
正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 267
21.3.2 ILite の色補正 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 270
21.3.2.1 起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 271
21.3.2.2 図のプレビュー設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 273
21.3.2.3 色ポイントの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 274
21.3.2.4 色温度 (ホワイト ポイント) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 275
21.3.2.5 デフォルト ターゲットの読み込み . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277
21.3.2.6 補正レベル. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 277
21.3.2.7 実行モード LED 壁 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 278
21.3.2.8 補正手順の起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 279
22.モニタリング ページ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .281
22.1 モニタリング ページの起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.2 モニタリング ステータス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.3 モニタリングを対象としたモニター設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.3.1 温度コントロール設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6
281
281
282
282
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
目次
22.3.2 モニタリングを対象とした周囲環境コントロール設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.3.2.1 モニター設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.3.2.2AEC 設定. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.3.3 モニタリング設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.4 モニター リマインダー メッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.5 ログ データ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.5.1 診断チェック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.5.2 温度履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.5.3 コントラスト履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
22.5.4 AEC ライト履歴 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
282
282
283
284
284
285
285
286
287
288
索引 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .291
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7
目次
8
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
1. 導入
1. 導入
1.1 全般情報
概要
表示および設定「Xlite ToolSet Software」はおもにユーザー インタフェース (GUI) として設計されて
います。
このソフトウェアは以下の既存のものと組み合わせて動作します:
• Barco Digitizers D310
• Barco Digitizers D320 シリーズ
• Barco DLite, ILite および SLite ディスプレイ
• Barco MiPix ディスプレイ
• FiberLink
• AEC
• Barco プロジェクター (D320PL)
ソフトウェアの動作環境は、Windows (Windows NT/2000) です。
"Xlite ToolSet Software" は、DHTML ベースのアプリケーションで、Microsoft Internet Explorer 5.5 以
降で動作します。 このソフトウェアは、ログオンした後、6 つの主要作業セクションに分かれてい
ます。
Control Software (コントロール ソフトウェア) は、ローカルまたはネットワーク (LAN、WAN または
インターネット経由) 経由で Barco ILite システム、SLite システム、DLite システム、MiPix システム
の制御および設定で使用できます。
接続設定
シリアル RS232 で接続されている場合。
RS232
Digitizer
310/320
D/ILite Display
PC
Client +
WebServer +
Local Server
画像 1-1
1 台の PC 上でのクライアント & サーバー設定
接続設定は、PC から直接 Digitizer に対して、またはローカル エリア ネットワーク (LAN) 上にある
ローカル サーバーに接続された PC を介して行うことができます。 Digitizer がローカル サーバーに
接続されている場合。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
9
1. 導入
Web Server +
Local Server
RS232
TCP/IP
Digitizer
310/320
D/ILite Display
Client
画像 1-2
異なる PC 上のクライアント & サーバーでの設定。
10
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
2. インストール
2. インストール
概要
•
•
•
•
•
•
全般要件
ソフトウェアのインストール
起動
トラブルシューティング ガイド
XLite ToolSet のアップデート
XLite ToolSet のアンインストール
2.1 全般要件
始める前に
Windows オペレーティング システムに精通していることが前提となります。
梱包にある CD-ROM には、Windows ベースのインストール プログラムが収録されています。 ソフ
トウェアのインストールは、CD-ROM から実行できます。
システム要件
最低構成は、Pentium II プロセッサ、160 MHz および RAM 128 MB です。
少なくとも 50 MB の空き容量。 CD-ROM ドライブ。
必要なオペレーティング システムは、以下の 32 ビットの Windows バージョンです:
• Windows NT 4.0、サービス パック 4.0
• Windows 2000
• Windows XP
Microsoft Internet Explorer 5.5 以降
ソフトウェアの画面解像度は、優れた作業環境を対象として、1024×768です。
2.2 ソフトウェアのインストール
インストール方法
ソフトウェアのインストール プロセスには、以下の基本的な手順が含まれます:
1. CD-ROM ドライブに CD-ROM を挿入します。
2. PC で自動再生が有効になっている場合。
「はい」の場合は、 手順 7 で続行します。
「いいえ」の場合は、 Windows 環境で [Start (スタート)] メニューから始めます。 メニューから
[Run... (ファイル名を指定して実行)] を選択し、次のステップに進みます。
3. Windows エクスプローラーを開きます。
4. CD-ROM ドライブ を選択します。
5. 「setup.exe」 ファイルをダブル クリックします。
6. 「OK」を押して、インストールを始めます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
11
2. インストール
7. 新規インストールの場合、「Typical (一般)」を選択します。
「Typical (一般)」では、プログラムの起動で必要なものはすべて (Tomcat ウェブサーバー、Java
環境変数、アプレット用のプラグイン)、インストールされます。
「Custom (カスタム)」では、Xlite のみや Java のみなどのインストールを選択できます。
8. 「Enter」 キーを押してインストール プログラムを開始します。
9. インストールは自動的に完了します。
’XLite ToolSet’ アイテムがプログラム リストに追加されます。
確認
ソフトウェアを起動する前に、PC の設定の以下の点を確認する必要があります:
1. PC で Java Virtual マシン (VM) が有効になっているか確認します。
2. Internet Explorer を開きます。
[Tools (ツール)] → [Internet Options (インターネット オプション)] → [Temporary Internet Files (一時
インターネット ファイル)] → [Settings (設定)] を選択します。
3. 「Every visit to the page (ページを表示するごとに確認する)」にチェックマークを入れて、OK を
押します。 (画像 2-1)
画像 2-1
インターネット オプションの設定
12
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
2. インストール
2.3 起動
起動
XLite ToolSet ソフトウェアを起動するには、以下の手順を実行します:
1. [Start (スタート)] メニューから [Programs (プログラム)] を選択します。
2. マウスを右側にドラッグして、 XLite ToolSet v2 を選択します。 さらにマウスを右側にドラッグ
し、 XLite ToolSet を選択します。 (画像 2-2)
この処理によって、以下のプロセスを含む、サービス ランチャーがはじめに起動します:
- Tomcat ウェブサーバー
- ドライバー
- 管理エンジン
- sysid
その後、XLite ToolSet がスタートします。
画像 2-2
XLite ToolSet の起動
2.4 トラブルシューティング ガイド
概要
よく見受けられる問題を含めたトラブルシューティング ガイドが、CD-ROM 上で利用できます。
2.5 XLite ToolSet のアップデート
アップデートの検索場所
随時、インターネットの PartnerZone で、XLite ToolSet のアップデートまたは新バージョンがリリー
スされます。
登録したパートナーとして、ユーザーは、これらのアップデートのダウンロードが可能です。
まだパートナー登録がお済みでない場合、新規パートナーとして登録できます。 詳細については、
http://events.barco.com をごらんいただき、 Services (サービス) -> Secure Zone (セキュア ゾーン) の
順にリンクをたどってください。
PartnerZone のアクセスしたら、XLite ToolSet の最新バージョンをダウンロードし、ローカル ハード
ディスクに保存します。 ファイルは、自己解凍 zip ファイルです。
アップデート方法
1. Windows エクスプローラーで、zip ファイルを保存したディレクトリを参照します。
2. 目的のディレクトリに zip ファイルを解凍します。
3. zip ファイルを解凍したディレクトリに移動し、 setup.exe をダブル クリックします。
セットアップ ファイルが自動的に、XLite ToolSet の現行バージョンをアップデートします。
該当するアップデートがすでにインストールされている場合、アップデートをアンインストールす
るかどうか、メッセージが表示されます。 アップデートをアンインストールすると、進行中のイ
ンストールが失敗する場合があります。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13
2. インストール
アップデートをアンインストールしても、以前のバージョンに戻すことはできません。
アップデートをアンインストールすると、ファイルが削除され、XLite ToolSet は適切に動
作しなくなります。
古いバージョンに戻す場合、元々のバージョン (デジタイザーとともに同梱されている CD
にあるものです) をインストールし、その上にアップデートをインストールしてください。
2.6 XLite ToolSet のアンインストール
XLite ToolSet でアップデートもインストール済みの場合、XLite ToolSet そのものをアンイ
ンストールする前に、アップデートを削除する必要があります。
アンインストール方法
1. Windows の Control Panel ( コ ン ト ロ ー ル パ ネ ル ) を 開 き ま す ([Start (ス タ ー ト )] →[Settings ( 設
定)]→[Control Panel (コントロール パネル)])。
2. リストから XLite ToolSet を選択し、Change/Remove (変更/削除) ボタンをクリックします。
XLite ToolSet のアンインストールが始まります。
3. アンインストール ウィザードが確認を表示します。 (画像 2-3)
4. No (いいえ) をクリックすると、完全に削除されます。
5. Do you want to remove the data files too? (データ ファイルも削除しますか?) Data files are the user
files, preset files, configuration, etc. (データ ファイルとは、ユーザー ファイル、プリセット ファイ
ル、設定などです。)
「はい」の場合は、Yes (はい) をクリックします。 すべて削除されます。 (画像 2-4)
「いいえ」の場合は、No を押します。XLite ToolSet は、後で再インストールした際に、同じ設定
で動作します。
画像 2-3
アンインストールの確認
画像 2-4
アンインストール中のデータ ファイルの削除
14
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
3. ログオン
3. ログオン
概要
•
•
ログオン ページ
起動ページ
3.1 ログオン ページ
概要
•
•
•
3.1.1
ユーザーのログオン
ユーザーの追加
ユーザーの削除
ユーザーのログオン
概要
ソフトウェアを起動した後、最初の GUI ページがログイン ページです。
画像 3-1
ログオン ページ
このページでできることには、以下の 3 つの処理があります:
• check (確認)
• add (追加)
• delete (削除)
3 つのラジオ ボタンで指定します (ログイン画面の右隅にあります)。
ユーザー名とパスワードを入力した後、
す。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンを使用すると両方のボックスをクリアできま
15
3. ログオン
確認
1. ラジオ ボタンをチェックします。 (画像 3-2)
2. ユーザー名とパスワードを入力します。
3. [submit (送信)] をクリックしてログインします。
ソフトウェアによって、入力内容の検証が行われます。
画像 3-2
3.1.2
ユーザーの追加
追加
1. 特定のユーザー名とパスワードを入力します。
2. 追加ラジオ ボタンをチェックします。 (画像 3-3)
3. [submit (送信)] をクリックして、新規ユーザーを追加します。
確認画面が表示されます。 (画像 3-4)
4. Click here to return to the logon page (ログオン ページに戻るにはここをクリックします) を押し
て、ログオン ページに戻ります。
画像 3-3
画像 3-4
3.1.3
ユーザーの削除
削除
1. ユーザー名とパスワードを入力します。
2. 削除ラジオ ボタンをチェックします。 (画像 3-5)
3. [submit (送信)] をクリックして、ユーザーを削除します。
確認画面が表示されます。 (画像 3-6)
4. Click here to return to the logon page (ログオン ページに戻るにはここをクリックします) を押し
て、ログオン ページに戻ります。
16
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
3. ログオン
画像 3-5
画像 3-6
3.2 起動ページ
起動メニュー
ログインに成功すると、以下の起動メニューが表示されます。
1. 設定が検出されない場合、ソフトウェアは Autodetect (自動検出) ウィンドウを起動します。
画像 3-7
Autodetect (自動検出) 起動ページ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
17
3. ログオン
2. 設定が既知でも、壁の位置が入力されていない場合、ソフトウェアは Wall Positioning (壁の配置)
ウィンドウを起動します。
画像 3-8
Wall Positioning (壁の配置) 起動ページ
18
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
3. ログオン
3. すべてが設定されている場合 (たとえば、すでに設置されているものについて)、ソフトウェアは
System Config (システム設定) ウィンドウを起動します。
画像 3-9
メニュー構造の概要
基本メニューは、以下の 4 つのフレームから構成されています:
• ソフトウェアのナビゲーションを行うトップ フレーム。
• アプリケーション ウィンドウのメイン フレーム。
• 接続されたデバイスを表示する概要フレーム。
• 進捗バー。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
19
3. ログオン
画像 3-10
メニュー構造の概要ページ
20
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
4. 自動検出ページ
4. 自動検出ページ
概要
•
•
•
•
•
自動検出ページの起動
RS232 通信設定
自動検出の開始
デバイスからパラメータの再読込
シリアル ナンバー
4.1 自動検出ページの起動
起動
1. Autodetect (自動検出) をクリックします。
注記: 自動検出は、ログオンするたびに、行う必要があります。
このウィンドウは、ローカル PC に接続されたデバイスの初期検出で使用されます。
自動検出の最中、すべてのデバイスは、データ リンクで検出された順番にアドレス設定されます。
(画像 4-1)
画像 4-1
Autodetect (自動検出) 起動ページ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21
4. 自動検出ページ
進捗
進捗バーには、以下の 3 つの状態があります:
• Busy (ビジー): デバイスの検索中、または計算でビジー
• Loading (読み込み中): デバイス情報の取得中
• Ready (レディ): すべての読み込みが完了
検出されたデバイス
検出されたデバイスは、「概要」フレームに表示されます。
検出されたデバイスが、システム設定で接続されている場合、それらのアイコンが表示されます。
以下のアイコンが使用されます:
画像 4-2
画像 4-3
画像 4-4
画像 4-10
画像 4-11
画像 4-12
画像 4-5
画像 4-6
画像 4-7
画像 4-8
画像 4-9
4.2 RS232 通信設定
起動
1.
をクリックして、RS232 パラメータ ボックスを表示させます。 (画像 4-13)
画像 4-13
RS232 通信設定
パラメータ値
パラメータ値を調整して、ローカル PC とデジタイザーの間のシリアル RS232 通信値を一致させま
す。
22
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
4. 自動検出ページ
デフォルト値がすでに設定されています。
通信ポート
PC を Digitizer に接続する場合、通信ポートをシリアルポートに変更し
ます。
Baudrate (ボーレート)
読み出し専用の値です。 19200 に設定します。
Databits (データビッ
ト)
読み出し専用の値です。 8 に設定します。
Parity (パリティ)
読み出し専用の値です。 Parity (パリティ) は none (なし) に設定します。
パリティ チェックは使用されません。
Stopbits (ストップ
ビット)
読み出し専用の値です。 ストップビットは 1 に設定します。
ステータス
ソフトウェア コマンドが、XLite ToolSet ソフトウェアによって伝えられ
るシステムに対して影響を及ぼすかどうか決定するため、この設定は非
常に重要です。 オンラインの場合、コマンドはすべて送信され、処理さ
れます。オフラインの場合、すべてのコマンドがシステム デバイスに
送信されるわけではありません。
ステータスが「オフライン」に設定されている場合、システム設定の調整によっては、オフラインの
まま作業を続けるかどうかメッセージが表示されることがあります。(画像 4-14)
画像 4-14
オフラインのまま作業を続けるには、OK をクリックします。 オンラインに戻るには、Cancel (キャ
ンセル) をクリックします。
通信設定の終了方法:
•
値を入力したら、
•
をクリックすると、アップデートや変更を行わず、既存の値を設定として残したまま終
了します。
をクリックし、変更をアップデートします
RS232 のクイック ステータス変更
RS232 の選択範囲外をクリックして、ステータスを変更します。
画像 4-15
RS232 のステータス変更
緑の正方形が表示される場合: オンライン
赤の正方形が表示される場合: オフライン
4.3 自動検出の開始
実行されること
ダウンロード モードによって、自動検出の際には、以下が実行されます:
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
23
4. 自動検出ページ
ノーマル ダウンロード モード (デフォルト):
• 全デバイスの検出
• 全デバイスのアドレス設定
• デバイス パラメータのダウンロード
シンプル ダウンロード モード:
• 全デバイスの検出
• 全デバイスのアドレス設定
ダウンロードの際、 Log Info View (ログ情報表示) フィールドにステータス情報が表示されます。
画像 4-16
次の操作を行う前に、進捗バーに「Ready (レディ)」と表示されるまで待機してください。 次の操作
を行うと、通信の送受信間の競合のため、プログラムがクラッシュする場合があります。
「Log Info View (ログ情報表示)」を確認し、検出が完了したか確認します。問題なければ、 続行し、
「Wall Positioning Page (壁の配置ページ)」に移動し、問題がある場合、 システム デバイスとそれら
の配線接続を確認します。 さらに、すべてのデバイスの電源がオンになっており、完全な動作モー
ドにあることを確認してください。
問題を修正したことで、当初検出されたものに以上がある場合、
順をもう一度繰り返します。
の手
開始アドレスの設定
開始アドレスは、テンキーで入力できます。 デフォルト = 1 です。
24
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
4. 自動検出ページ
ダウンロード モードの設定
1. Start address (開始アドレス) のすぐしたにある + ボタンをクリックします。 (画像 4-17)
以下のダウンロード オプションが利用できます。 (画像 4-18)
2. 希望のラジオ ボタンをクリックし、ダウンロード モードを選択します。
Normal
download (通
常ダウンロー
ド)
Simple
download (シ
ンプル ダウン
ロード)
デフォルトで選択されています。
デバイスは、検出され、アドレス設定され、必要なパラメータはすべて自動
検出の際にダウンロードされます。
デバイスは、検出され、アドレス設定され、基本的なパラメータのみがこれ
らのデバイスからダウンロードされます。 このオプションはより高速です
が、特定の設定で未定義の値が生じることもあります。
実用: タイルのホット スワップ。 タイルが検出され、アドレス設定されま
す。 その後、タイルは補正など最初に行われ、すべてのデバイスのパラ
メーターをダウンロードできます。
画像 4-17
ダウンロード オプションを選択します
画像 4-18
ダウンロード オプション
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
25
4. 自動検出ページ
自動検出の起動
1.
をクリックして、検出プロセスを開始します。
検出されたデバイスは、「概要」フレームに表示されます。
使用できるアイコン
検出されたデバイスが、システム設定で接続されている場合、以下のアイコンが表示されます。
Digitizer D310
Digitizer D320
Digitizer D320L
Digitizer D320Lite
Digitizer D320PL
DLite Display
ILite Display
Slite Display
MD Display
MiPix Display
FiberLink
26
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
4. 自動検出ページ
AEC
4.4 デバイスからパラメータの再読込
適用できる場合
シンプル ダウンロード モードで自動検出を行った後、再読込は最も役立ちます。
デバイス パラメータはローカルでダウンロードされます。
再読込の方法
1.
ボタンをクリックします。
全デバイスのパラメータが再読込されます。
4.5 シリアル ナンバー
起動
1.
をクリックして、シリアル検出プロセスを起動します。
2. 情報を表示するよう個別のウィンドウでポップ アップ画面が開きます。 (画像 4-19)
3. Do you want the overview in a separate window? (個別のウィンドウで表示しますか?)
「はい」の場合は、OK をクリックします (画像 4-20)
注記: このページは印刷するか、テキスト ファイルに保存して、後で参照できるようにしておいて
ください。
「いいえ」の場合は、Cancel (キャンセル) をクリックします。 (画像 4-21)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
27
4. 自動検出ページ
画像 4-19
画像 4-20
個別ページのシリアル ナンバー
画像 4-21
自動検出ページのシリアル ナンバー
28
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
5. 壁の配置ページ
概要
•
•
•
•
起動
グリッド配置
マニュアル配置
MiPix 構成
5.1 起動
理由
自動検出 の次のステップは、壁の配置です。
これは、LED 壁をビデオ出力フィールド全体に配置するために必要になります。
タイルの配置には以下の 2 つの方法があります:
• タイルのグリッド配置、自動配置。
• マニュアル配置。
起動
1.
をクリックし、壁の配置ページを起動します。 (画像 5-1)
Grid positioning (グリッド配置) と Manual positioning (マニュアル配置) は、DLite、ILite、ILite MD、
SLite ディスプレイで可能です。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
29
5. 壁の配置ページ
画像 5-1
Wall Positioning (壁の配置) 起動ページ
5.2 グリッド配置
概要
•
•
•
•
•
•
5.2.1
グリッド配置の選択
グリッドの寸法
タイル リンクの定義
DLite、SLite、ILite の壁を対象とした壁の配置
MiPix を対象とした壁の配置
MiPix の設定
グリッド配置の選択
理由
グリッド配置では、自動的にタイルが自動的に配置されます。 これによって、スタート位置 (左上の
隅) と、LED 壁のタイル解像度を定義できます。
30
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
起動
1. Grid positioning (グリッド配置) をクリックし、壁の配置ページを起動します。 (画像 5-2, 画像 5-3,
画像 5-4)
注記: 「Tile Linkage (タイルのリンク)」に「include (含む)」がチェックされていない場合、暗い
オレンジ色の正方形はタイルではありません。
暗いオレンジ色のフィールドは、データ リンクの開始に対応しています。
壁の配置画面上にあるオレンジ色の正方形は、壁にあるタイルまたは、MiPix の場合はストリング
に対応しています。
ILite 6/8/10/12、DLite、SLite の場合
画像 5-2
グリッド配置の後、壁の配置起動ページになります (DLite、SLite、ILite 6/8/10/12 の場合)。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
31
5. 壁の配置ページ
ILite 3 の場合:
画像 5-3
グリッド配置の後、壁の配置起動ページになります (ILite 3 の場合)。
32
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
MiPix の場合:
画像 5-4
グリッド配置の後、壁の配置起動ページになります (MiPix の場合)。
5.2.2
グリッドの寸法
積み重ね構成の場合、ディスプレイの各スクリーンについて壁の配置を行う必要がありま
す。
水平方向 (行)
ディスプレイ エリアを形成する水平方向のタイル数を入力します。
画像 5-5
垂直方向 (列)
ディスプレイ エリアを形成する垂直方向のタイル数を入力します。画像 5-5
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
33
5. 壁の配置ページ
5.2.3
タイル リンクの定義
開始
これは、データ リンクの方向に関連します。 スクリーンを正面から見て、データ ケーブルの開始
コーナーを選択します。 これが、ディスプレイでは最初のタイル (Digitizer または FiberLink RX に直
接接続されるタイルです) の位置になります。
可能な位置:
• 左下
• 右下
• 左上
• 右上
画像 5-6
方向
方向では、LED 壁のタイルをどのようにリンクさせるかを指定します。画像 5-6
データ ケーブルの配線に応じて、水平方向または垂直方向のいずれかにデータ リンクの方向を選択
します。 トラブルシューティングを容易にするためには、通常水平方向の設定が推奨されます。
GUI の暗いオレンジ色のフィールドは、データ リンクの開始ポイントに対応しています。
Include (含める) にチェックマークが入っている場合、最初のタイルが取り込まれます。
タイルのアドレス設定
自動検出で検出されたデバイス順に、個別のアドレスが設定されます。 このため、アドレスはデジ
タイザーから開始し、データ ケーブルをたどってその他すべてのデバイスに順次アドレスが設定さ
れます。 アドレスを手作業で操作することはできません。
5.2.4
DLite、SLite、ILite の壁を対象とした壁の配置
開始
壁の左上の隅から、水平および垂直の開始位置をピクセルで座標指定します。
通常の値は以下のとおりです:
• 水平 = 52
• 垂直 = 36
34
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
ILite 6/8/10/12、DLite、
SLite の場合
ILite 3 の場合
画像 5-8
画像 5-7
タイルの解像度
タイル解像度をピクセル表示します。 (画像 5-7)
タイル解像度は、壁のタイプによります。
接続されたディスプレイについては、最大デフォルト値がすでに設定されています。 解像度を変更
するには、 horizontal (水平) または vertical (垂直) の隣にある + または - ボタンをクリックします。 +
または - ボタンをクリックすると、スライド バーが変化します。
寸法
壁の寸法の概要。(画像 5-7)
回転 (ILite 3 のみ)
ILite 3 のタイルは、ランドスケープまたはポートレイト モデルで取り付けできますが、入力信号は
つねに同じ方向で処理されます。 このため、通常以外の位置で使用する場合、コンテンツは、回転
する必要があります。
コンテンツを機転するには、Rotation (回転) の隣にあるドロップ ダウン ボックスをクリックし、希
望の回転を選択します。
画像 5-9
ILite3 を対象としたコンテンツの回転
以下の回転が選択できます:
• 通常
• 90°時計回り
• 180°
• 90°反時計回り
アップデート
をクリックして、壁の配置を適用します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
35
5. 壁の配置ページ
5.2.5
MiPix を対象とした壁の配置
開始
MiPix の壁の左上の隅から、水平および垂直の開始位置をピクセルで座標指定します。
通常の値は以下のとおりです:
• 水平 = 52
• 垂直 = 36
画像 5-10
タイルの解像度
タイル解像度は、MiPix の選択した動作モードによります。
接続されたディスプレイについては、最大デフォルト値がすでに設定されています。 解像度を変更
するには、 horizontal (水平) または vertical (垂直) の隣にある + または - ボタンをクリックします。 +
または - ボタンをクリックすると、スライド バーが変化します。
MiPix 設定
詳細については、37 ページ、 MiPix の設定 をご参照ください。 を参照してください。
ピクセル ギャップ
MiPix 2 台間のピクセル数。
グリッド ギャップ
MiPix 2 ストリング (チェーン) 間のピクセル数。 列方向と行方向。
寸法
壁の寸法の概要。
アップデート
をクリックして、壁の配置を適用します。
Only start pos (開始位置のみ) にチェックマークが入っている場合、各 MiPix モジュールの開始位置
のみ送信されます。 ピクセルのマッピングが MiPix モジュールに送信されないため、アップデート
がより高速になります。
36
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
5.2.6
MiPix の設定
起動と導入
1.
ボタンをクリックします。
デバイス設定ウィンドウが開きます。 (画像 5-11)
デバイス設定ウィンドウの特定部分についての概要:
1
作業モード選択
2
ストリング設定 (チェーン)
3
方向ストリング (チェーン)
4
ストリング (チェーン) あたりのブロック数。 最大対応数: 32
5
プレビュー エリア
6
色インデックスのプレビュー
チェーン構成については、1 つのモジュールは最大 4 つのチェーンを含めることができ、各チェー
ンは 32 ブロックを含めることができます。 各ブロックは 4 ピクセルです。
タイル構成については、1 つのモジュールは 1 タイル、その中に 4 つのチェーンを入れ子にするこ
とができます。 各チェーンは 32 ブロックを含みます。 各ブロックは 4 ピクセルです。
カスタム構成については、1 つのモジュールは最大ブロックの 4 ストリングを含めることができ、ラ
ンダムに配置できます。 各ストリングは 32 ブロックを含みます。 各ブロックは 4 ピクセルです。
画像 5-11
MiPix デバイス設定ウィンドウ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
37
5. 壁の配置ページ
作業モード
1. ドロップ ダウン ボックスをクリックし、対応する作業モードを選択します。
利用できる作業モード:
ピクセルブロックの 4 つの直列チェーン: 1 つのモジュールは、方向に応じて 2×2、4×1、1×4に配
置可能な、ブロックの異なるチェーン 4 つを含めることができます。
タイル: 11×11ブロック
カスタム ピクセル マッピング: ブロックは、作業フィールドで希望に応じて配置可能です。
作業モード: ピクセルブロックの 4 つのチェーン
1. ドロップ ダウン ボックスをクリックし、 4 linear chains of pixelblocks (ピクセルブロックの 4 つの
直列チェーン) を選択します。 (画像 5-12)
2. ドロップ ダウン ボックスをクリックし、 String setup (ストリング設定) を選択します。
垂直と水平で選択は個別になります:
• 垂直
o 2x2
o 1x4
o 4x1
• 水平
o 2x2
o 1x4
3. ドロップ ダウン ボックスをクリックして、 String direction (ストリングの方向) を選択します。
可能な選択:
- 水平
- 垂直
概要図: (画像 5-13)
画像 5-12
直列チェーン設定
38
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
1
2
3
4
1x4H
A
1
3
2x2H
2
4
1x4V
1
B
N
C
C
2
4x1V
2x2V
1 2 3 4
1 2
3
3 4
4
画像 5-13
構成の概要
A チェーン
B ポート番号 (詳細については設置ガイドを参照)
C データ接続で考えられる開始位置
作業モード: 11×11タイル
1. ドロップ ダウン ボックスをクリックし、 tile : 11 x 11 (タイル: 11×11) を選択します。
対応するプレビュー ウィンドウが表示されます。 (画像 5-14)
画像 5-14
11×11 タイルの設定
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
39
5. 壁の配置ページ
作業モード: カスタム ピクセル マッピング
1. ドロップ ダウン ボックスをクリックし、 Custom pixel-mapping (カスタム ピクセルのマッピング)
を選択します。
対応するプレビュー ウィンドウが表示されます。 (画像 5-15)
2. OK をクリックします。
MiPix 構成アプレットが読み込まれます (詳細については 48 ページ、 MiPix 構成 をご参照くださ
い。 を参照)。
画像 5-15
MiPix カスタム ピクセルのマッピング選択
5.3 マニュアル配置
概要
•
•
•
•
•
•
40
マニュアル配置の選択
選択モード
DLite/SLite/ILite を対象としたカットアウト座標
MiPix を対象としたカットアウト座標
MiPiX のストリング機能
カットアウト座標のエクスポート
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
5.3.1
マニュアル配置の選択
理由
Manual positioning (マニュアル配置) では、タイルを好みの方法に配置することができます。
起動
1. Manual positioning (マニュアル配置) をクリックし、壁の配置ページを起動します。 (画像 5-16, 画
像 5-17)
注記: 「Tile Linkage (タイルのリンク)」に「include (含む)」がチェックされていない場合、MiPix
では、暗いオレンジ色の正方形はタイルやストリングではありません。
暗いオレンジ色のフィールドは、データ リンクの開始に対応しています。
壁の配置画面上にあるオレンジ色の正方形は、壁にあるタイルに対応しています。
画像 5-16
D/I/SLite を対象としたマニュアル配置の壁の配置ページ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
41
5. 壁の配置ページ
画像 5-17
MiPix を対象としたマニュアル配置の壁のは一ページ
5.3.2
選択モード
考えられること
タイルの選択は、単一ベースまたは複数ベースで実行できます。 複数のタイル (または MiPix の場合
ストリング) が選択されている場合、一度にタイルが移動できます。
選択モードの起動
1. 選択モードのすぐ下にあるドロップ ダウン ボックスをクリックします。 (画像 5-18)
ドロップ ダウン ボックスが開きます。 Single (単一) または Multiple (複数) が選択できます。
2. 希望のモードを選択します。
画像 5-18
選択モード
複数選択する方法
1. 選択したいタイル (MiPix の場合ストリング) がモジュール リストで上下に隣り合っている場合、
Shift (シフト) ボタンを押しながら、マウスで最初と最後の選択をクリックします。 (画像 5-19)
選択されたタイル (MiPix の場合ストリング) はオレンジ色になります。
2. 選択したいタイル (MiPix の場合ストリング) がモジュール リストで上下に隣り合っていない場合、
CTRL ボタンを押しながら、マウスで最初と最後のタイル (MiPix の場合ストリング) をクリックし
ます。 (画像 5-20)
選択されたタイル (MiPix の場合ストリング) はオレンジ色になります。
42
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
画像 5-19
シフト ボタンによる複数選択
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
43
5. 壁の配置ページ
画像 5-20
CTRL ボタンによる複数選択
壁でどのタイルが選択されているか確認するには、 Internal Patterns (内部パターン) を Off
(オフ) から On (オン) に切り替えます。 選択されたタイルが、内部パターンで表示されま
す。
ファイル リストのスクロールでは、モジュール リスト ウィンドウの右下の隅にある赤い
上向きおよび下向きの矢印を使用します。
5.3.3
DLite/SLite/ILite を対象としたカットアウト座標
設定できること
開始座標は、壁における各タイルの位置を決定します。 これらの座標は、各タイルについて入力す
る必要があります。
サイズ値は、画像の表示解像度を決定します。 これらの値を算出するには、ネイティブのタイル解
像度から、以下の計算式を使用します:
垂直サイズ = (画像の幅÷ディスプレイの幅)×タイルの最大解像度
水平サイズ = (画像の高さ÷ディスプレイの高さ)×タイルの最大解像度
計算結果は、最終桁を切り捨てる必要があります。 垂直サイズおよび水平サイズの結果は、各タイ
ルについて入力する必要があります。 この値がタイル解像度よりも小さい場合、画像は画面全体に
合わせて (拡大されて) 表示されます。
計算された値ではなく、タイルのネイティブ解像度を使用する場合 (壁のタイプによります)、画像
は壁全体ではなく、壁の一部のみに表示されます。
44
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
カットアウト座標の設定方法
1. 入力フィールドをクリックし、キーボードで値を入力して、タイルの開始位置 (水平および垂直)
を設定します。 (画像 5-21)
または、
Horizontal (水平) または Vertical (垂直) の隣にある - や + ボタンをクリックします。
2. 上記の計算式でピクセル サイズを算出します。
3. インプット フィールドをクリックし、キーボードで適切な値を入力します。
または、
Size Hor. (水平サイズ) または Size Vert (垂直サイズ) の隣にある - や + ボタンをクリックします。
画像 5-21
カットアウト座標
スクリーンの寸法
壁の寸法の概要は、ピクセル単位です。
モードの適用
Auto apply (自動適用) にチェックマークが入っている場合、変更は直ちに壁に適用されます (オンラ
イン モード)。
Auto apply (自動適用) にチェックマークが入っていない場合、オフラインの作業ができます。 すべて
をクリックし、すべての変更を壁に送信します。
変更可能です。 次に、
5.3.4
MiPix を対象としたカットアウト座標
設定できること
開始座標は、壁における各ストリングの位置を決定します。 これらの座標は、各ストリングについ
て入力する必要があります。
サイズ値は、画像の表示解像度を決定します。 これらの値は、作業モードが選択される際、設定さ
れます。
ピクセル ギャップ: MiPix の 2 つのブロック間の水平および垂直距離。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
45
5. 壁の配置ページ
カットアウト座標の設定方法
1. 入力フィールドをクリックし、キーボードで値を入力して、ストリングの開始位置 (水平および垂
直) を設定します。 (画像 5-22)
または、
Horizontal (水平) または Vertical (垂直) の隣にある - や + ボタンをクリックします。
ボタンを最初にクリックしま
2. サイズやピクセル ギャップの値を変更する前に、
す。
MiPix の設定に関する詳細については、37 ページ、 MiPix の設定 をご参照ください。 を参照して
ください。
MiPix の設定が終わると、Size (サイズ) および Pixel gap (ピクセル ギャップ) が入力されます。
3. サイズがすでに入力されているため、水平および垂直サイズには、微調整を行うことができます。
4. ピクセル ギャップはストリング構成に合わせて自由に適応させることができます。
タイル モードのピクセル ギャップは、デフォルトでは 2 ピクセルです。
画像 5-22
MiPix のカットアウト座標
スクリーンの寸法
壁の寸法の概要は、ピクセル単位です。
モードの適用
Auto apply (自動適用) にチェックマークが入っている場合、変更は直ちに壁に適用されます (オンラ
イン モード)。
Auto apply (自動適用) にチェックマークが入っていない場合、オフラインの作業ができます。 すべて
変更可能です。 次に、
をクリックし、すべての変更を壁に送信します。
Only start pos. (開始位置のみ) にチェックマークが入っている場合、
ジュールの開始位置のみ送信されます。
46
をクリックすると、モ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
5.3.5
MiPiX のストリング機能
ストリング コントロール
1.
をクリックします。
ストリングあたり固定した色が設定された内部パターンが生成され、ストリング接続が確認でき
ます。
ストリング 1 = 赤、ストリング 2 = 緑、ストリング 3 = 青、ストリング 4 = 黄です。
ストリングの方向
1.
をクリックします。
動作中のライト パターンが起動されるため、ストリングの方向を確認できます。
5.3.6
カットアウト座標のエクスポート
エクスポート方法
1. モジュール リスト ウィンドウでエクスポート アイコンをクリックします。 (画像 5-23)
個別のウィンドウでカットアウト座標が表示されます。 (画像 5-24)
2. このウィンドウは、印刷するかテキスト ファイルに保存し、今後参照できるようにしてください。
画像 5-23
エクスポート データ選択
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
47
5. 壁の配置ページ
画像 5-24
カットアウト座標エクスポート
5.4 MiPix 構成
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
MiPix 構成の概要
保存されたデザインのプレビュー表示
新規デザインの作成
デザインへブロックの追加
既存デザインの編集
ブロック操作
デザインの削除
ズームイン - ズームアウト
デザインのデバイスへの関連づけ
内部パターン
はじめて MiPix 構成を起動すると、セキュリティ警告が表示されます。 今後この警告を表
示しないようにするには、Always (つねに) を選択します。
48
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
5.4.1
MiPix 構成の概要
ピクセル ブロック
1 つのブロックにはいくつかのピクセルが含まれます。たとえば、4 ピクセルなどです。
各ピクセルは、4 つの異なる色で表示できます。
MiPix 構成の目的
MiPix 構成を使用すると、ユーザーは構成のデザイナー部分の範囲で、作業スペース上ピクセル ブ
ロックの配置をカスタマイズし、デザイン (テンプレート) 構成を作成することができます。 このた
め、作業スペースにピクセル ブロックを配置する方法には 2 とおりあります。
•
•
マニュアル: 作業スペースの任意の場所に特定のストリングからブロックを配置できます。
自動フィル: ソフトウェアが、作業スペース上の視点から、ブロックの最適位置を計算します。
ブロックがいずれかの方法で配置されると、
• 各ブロックを移動して
• ブロックの物理的なマウントを容易にするために回転したり、物理的なマウントに適合するよう
にすることができます。
• 配置するブロックがまだ残っている場合、ブロックの削除や追加も可能です。
デザイン (テンプレート) 構成が完了すると、保存することができます。 このデザインは、この時点で
1 つまたは複数のコントローラー モジュール (デバイス) と関連づけることができるようになります。
MiPix 構成ウィンドウ
画像 5-25
MiPix 構成起動ウィンドウ
1.
2.
3.
4.
5.
6.
7.
ツール バー
保存されたデザイン (テンプレート)
デバイス リスト (コントローラー モジュール)
構成のアップデート
デザイン プレビュー ウィンドウ
進捗バー
実際の壁との物理的な確認。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
49
5. 壁の配置ページ
5.4.2
保存されたデザインのプレビュー表示
できること
保存されたデザインはそれぞれ、プレビュー ウィンドウで表示させることができます。
プレビューの表示方法
1. Stored designs (保存されたデザイン) ウィンドウ (1) にあるデザイン名をクリックします。 (画像
5-26)
プレビュー ウィンドウ (2) にプレビューが表示されます。
画像 5-26
プレビューの表示
5.4.3
新規デザインの作成
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
50
起動
新規ブロック構成
グリッドでアウトライン
自動フィル
自動フィルの詳細設定
自動フィルが非常に役立つ一般的な例
マニュアル フィル
アウトラインの境界線のオンとオフ
デザイン ウィンドウ
デザインの保存
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
5.4.3.1 起動
起動方法
1. Create a new design (新規デザインの作成) アイコン (
) をクリックします。
New control block configuration (新規コントロール ブロック構成) ウィンドウが開きます。 (画像
5-27)
画像 5-27
新規コントロール ブロック構成
5.4.3.2 新規ブロック構成
名前
新規構成の名前を入力します。
作業スペース寸法 (読み出し専用)
作業スペースとは、デザイン (テンプレート) が作成できるエリアです。
作業スペースの寸法は、コントローラー ユニットのハードウェアによって制限されます。
利用できるコントローラー ユニットは 1 台 (同時使用の場合) のみであるため、128×128 ピクセルの
みが可能です。
ストリング数 (読み出し専用)
ストリング数は、使用されているコントローラーによって制限されます。 ストリングは、このコン
トロールに取り付けられている出力ポート数と同じ数だけコントローラーに接続できます。
ストリングあたりのブロック数 (読み出し専用)
ストリングあたりのブロック数は、使用されているコントローラー、およびブロックあたりのピクセ
ル数によって処理される最大ピクセル数に左右されます。
たとえば、出力ポート 1 つあたり 128 ピクセルの最大出力、および MiPix ブロックが 4 ピクセルの
コントローラーを強い擁する場合、128÷4で 32 ブロックのみが 1 つのストリングに接続できます。
ブロック解像度 (読み出し専用)
ブロック解像度は、1 ブロックで利用できるピクセル数です。たとえば、2×2
ブロック解像度は、ストリングあたりのブロック数に影響を与えます。
5.4.3.3 グリッドでアウトライン
定義
グリッドでアウトライン は、ユーザーがデザインじょうにブロックを配置しやすくしたり、自動フィ
ルを実行したりできるようにするため、作業スペースで定義されたエリアです。 アウトラインは、
表示および非表示の切り替えができる境界線で示されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
51
5. 壁の配置ページ
グリッドでアウトラインの定義
アウトラインは、開始位置、幅、高さで定義されます。
画像 5-28
グリッド設定でのビューポート
最初の X および Y 座標を入力して開始位置を定義します。 これには、入力フィールドをクリックし、
値を入力するか、希望の値になるまで座標の値の隣にある上下の矢印をクリックします。
幅と高さを入力し、グリッドのビューポートを定義します。 これには、入力フィールドをクリック
し、値を入力するか、希望の値になるまで座標の値の隣にある上下の矢印をクリックします。
5.4.3.4 自動フィル
自動フィルは、 Outline in Grid (グリッドでアウトライン) が定義されている場合のみ、利
用できます。
設定方法
1. Auto fill (自動フィル) (1) の前にあるチェック ボックスにチェックマークを入れます。 (画像 5-29)
自動フィル機能が起動しています。
2. 自動フィルの処理方法を選択します。 ドロップ ダウン ボックス (2) をクリックし、方法 (3) を選
択します。
- Snake wise (スネーク): ソフトウェアは、デフォルトで左上の隅からアウトラインを開始し、ア
ウトラインの境界線に達するまで左から右に移動します。 その後、一つ下に降りて、右から左
に続きます。 最初のストリングから始まり、2 番目、3 番目と続き、4 番目のストリングで終
了します。 アウトラインが完了した場合、またはブロック (4×32) が配置されている場合、自動
フィルは中断します。 (画像 5-30)
スネークのフィルが 4 つのストリングについてつねに同じ側から開始する特別な場合もありま
す。 たとえば、アウトライン設定が、ギャップなしで 64 のようにピクセル ブロック数と完全
に一致している場合などです。 行と列は、同じ側から開始し、このためコントローラーへの接
続が容易になります。
- By quadrant (クワドラントごと): ソフトウェアは、ビューポートのクワドラントの交点から開始
します。 各クワドラントは、別のストリングでフィルされ、大半の場合、各ストリングは同じ
数ののブロックを含むことになります。 これは、アウトラインの幅および高さ設定によって左
右されます。 たとえば、幅 = 5、高さ = 7 の場合、ストリングはすべて、同じ数のブロックを含
むことになります。 (画像 5-31)
各ストリングで同じ数のブロックが使用されるかどうかは、幅、高さ、水平ギャップ、垂直
ギャップ、ブロックの寸法に左右されます。たとえば、幅 = 27、高さ = 35、水平ギャップ = 1、
垂直ギャップ = 1 の MiPix ブロック (2×2) でアウトラインし自動フィルを行うと、この方法で
は、各ストリングについて同じ数のブロックでエリアがフィルされることはありません。
52
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
画像 5-29
自動フィルの設定
3
1
3
1
1
2
1
0
1
0
1
0
1
0
1
3
3
2
3
2
3
2
3
2
3
3
2
3
2
3
2
3
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
2
3
2
3
2
3
2
3
2
3
0
2
3
2
3
3
0
2
1
2
0
2
1
3
0
0
2
3
2
3
2
3
2
3
2
3
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
1
1
3
0
3
0
2
1
2
1
3
2
0
2
0
1
3
3
0
1
2
1
1
0
3
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
2
3
2
3
2
3
2
3
2
3
2
0
1
2
0
1
0
3
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
2
3
2
3
2
3
2
3
2
3
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
1
3
0
2
1
2
3
0
1
3
0
2
1
3
0
1
3
1
3
2
1
0
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
2
3
1
0
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
画像 5-30
自動フィル - スネーク。ビューポート エリア 22×22
2
2
3
1
1
2
0
2
0
0
3
3
3
1
1
2
1
2
0
0
3
2
2
1
1
1
0
3
1
2
3
2
0
0
1
3
1
3
2
1
1
2
0
3
0
0
3
0
2
1
1
2
3
3
0
0
3
1
2
1
1
2
2
3
0
0
3
0
2
1
1
2
3
3
0
3
0
3
1
2
1
3
0
1
1
2
2
3
0
2
0
0
0
1
3
1
0
2
0
1
3
1
0
2
0
1
3
1
0
2
0
1
1
1
0
0
0
1
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
3
0
3
2
3
1
2
2
3
0
3
2
0
2
3
3
2
2
3
3
1
2
0
2
1
3
2
3
2
1
3
3
1
3
0
1
2
0
2
1
0
3
1
1
2
0
3
0
1
2
1
0
3
0
1
1
2
2
1
0
3
3
0
1
2
0
2
1
1
3
1
3
0
0
3
0
2
0
2
1
2
2
1
3
1
3
0
0
3
0
2
0
2
3
2
3
1
3
1
1
1
2
0
2
0
0
2
3
1
3
1
1
0
2
0
2
0
0
3
3
1
1
3
0
3
1
2
0
2
3
0
3
1
3
1
2
1
2
0
2
0
3
0
3
1
3
1
2
1
2
0
2
0
3
0
1
2
3
3
1
3
0
3
0
1
1
2
1
1
2
0
2
0
3
0
0
1
2
2
1
3
0
3
1
1
1
0
0
3
2
0
0
2
1
2
2
1
1
0
0
3
0
3
1
1
1
2
1
2
2
3
0
0
3
0
3
0
2
1
1
2
1
2
3
3
0
0
3
0
3
1
2
1
1
2
1
2
2
3
0
0
3
0
3
0
2
1
1
2
1
2
3
3
0
0
0
1
2
1
2
2
3
0
0
0
2
1
3
3
3
0
1
2
2
2
1
0
3
3
3
0
1
2
2
1
3
0
3
2
2
0
3
2
3
0
1
2
3
2
0
3
0
3
2
3
1
1
1
2
1
2
0
2
0
3
0
3
1
0
1
2
2
2
0
2
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
0
3
2
1
1
2
0
0
0
1
3
0
2
1
3
1
3
0
2
0
2
1
3
1
3
0
2
0
2
3
3
1
3
2
2
0
2
3
3
1
3
2
2
0
2
3
3
1
3
1
2
2
2
0
2
0
3
3
3
1
3
1
2
2
2
0
2
0
3
0
3
1
3
1
2
1
2
0
2
0
3
0
3
1
3
1
2
1
2
0
2
0
3
0
3
1
3
1
2
1
2
0
2
0
0
3
1
1
1
2
0
0
0
3
1
1
0
2
1
0
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
1
0
2
1
0
0
画像 5-31
自動フィル - クワドラントごと。アウトライン エリア 22×22
注意
自動フィルでは、ブロックの最適回転を検索します。 ソフトウェアで最適な回転を計算できないブ
ロックは、水色の背景で示されます。 これらのブロックは、適切な位置になるよう手作業で回転す
る必要があります。 詳細は、67 ページ、 選択したブロックの回転 をご参照ください。 を参照して
ください。
自動フィルが終了しても、デザインにブロックを追加配置することができ、これはブロッ
クが利用できる間はつねに可能になります。
5.4.3.5 自動フィルの詳細設定
詳細設定でできること
以下のアイテムが定義できます:
• 水平および垂直ピクセル ギャップ。
• ストリングの方向、水平または垂直
• スネーク フィルを使用する場合、最初のストリングの開始位置。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
53
5. 壁の配置ページ
デフォルト:
• 水平および垂直ギャップ = 0
• ストリングの方向 = 水平
• 開始位置 = 左上
詳細設定の起動
1. Advanced (詳細) >> ボタンをクリックします。 (画像 5-32)
注記: Viewport in Grid (グリッドデビューポート) および Auto fill (自動フィル) にチェックマークが
入っている場合にのみ有効です。
オプション ウィンドウが追加表示されます。
画像 5-32
自動フィルの詳細設定
ギャップ設定
1. Horizontal gap (水平ギャップ) を設定する場合、 Horizontal gap (水平ギャップ) の隣にある入力
フィールドをクリックし、使用するピクセル ギャップを入力します。
または、
Horizontal gap (水平ギャップ) の隣にある上下の矢印をクリックして、希望の値に設定します。 (
画像 5-33)
2. Vertical gap (垂直ギャップ) を設定する場合、 Vertical gap (垂直ギャップ) の隣にある入力フィール
ドをクリックし、使用するピクセル ギャップを入力します。
または、
Vertical gap (垂直ギャップ) の隣にある上下の矢印をクリックして、希望の値に設定します。
54
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
2
0
2
3
2
3
2
3
2
3
2
3
3
2
1
0
3
1
0
1
0
1
0
1
0
1
0
1
1
0
1
0
1
0
1
2
3
2
3
2
3
2
3
3
1
2
3
2
3
2
3
2
3
2
3
2
2
0
0
1
0
1
3
0
1
1
0
1
2
3
2
3
3
0
0
3
2
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
1
1
0
1
0
1
0
1
2
3
2
3
2
3
2
3
3
2
1
0
3
1
2
3
0
2
1
0
3
2
1
3
0
2
1
0
3
2
1
0
2
3
0
1
3
2
1
0
2
1
3
0
3
2
1
2
0
0
1
1
1
2
2
0
0
3
0
1
1
2
3
0
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
1
3
1
0
0
0
2
1
3
0
3
2
1
2
0
0
3
0
1
画像 5-33
自動フィル、ビューポート 22×22。水平および垂直ギャップ 1
ストリングの方向
1. ラジオ ボタンをクリックして、ストリングの方向を設定します。
注記: コントローラーに接続されたブロックは、背景に影がつけられます。
水平
ブロックは水平方向に配置されます。 左から右、または右から左です。
垂直
ブロックは垂直方向に配置されます。 上から下、または下から上です。
2
3
2
1
0
1
0
3
2
3
2
3
1
0
1
0
1
2
3
2
3
2
3
0
1
0
1
0
1
2
3
2
0
1
0
3
2
3
2
1
0
1
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
0
1
3
2
2
2
1
2
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
3
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
1
3
2
2
3
0
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
1
1
3
2
1
0
0
3
0
2
3
1
0
3
1
2
0
3
2
1
2
0
2
0
1
3
1
0
0
3
3
3
3
1
3
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
2
3
0
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
1
1
2
1
2
0
1
2
1
2
2
0
0
0
3
1
0
2
0
0
3
3
1
0
3
1
2
3
2
0
1
0
2
0
3
2
2
0
1
3
2
0
1
2
1
3
3
1
1
3
2
0
3
2
2
0
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
3
0
2
1
2
3
0
1
3
0
2
1
3
0
1
1
3
0
2
3
3
1
0
2
1
0
2
3
1
2
0
2
0
2
3
1
0
2
0
3
3
1
1
2
0
2
3
1
0
2
0
3
3
1
1
2
0
2
3
1
0
2
0
3
3
1
1
2
0
2
3
1
0
2
3
1
0
2
0
3
3
1
1
2
0
2
3
1
0
2
0
3
3
1
1
2
0
2
3
1
0
2
0
3
3
1
1
2
0
2
3
1
0
2
0
3
3
1
1
2
0
2
3
1
0
2
0
3
1
3
2
0
1
3
1
2
2
0
0
3
1
3
2
0
1
3
1
2
2
0
0
3
1
3
2
2
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
1
1
2
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
3
0
3
3
0
1
1
2
1
2
0
0
2
3
0
1
2
3
0
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
3
0
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
3
0
3
1
1
2
2
0
0
3
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
3
0
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
3
0
3
1
3
1
1
2
2
2
0
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
0
2
3
0
1
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
2
3
0
2
3
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
3
0
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
3
0
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
3
1
0
3
1
0
1
2
2
0
0
3
3
1
1
2
2
0
3
0
1
2
3
3
1
0
1
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
3
1
2
1
0
3
2
1
2
0
0
3
2
1
2
0
0
3
画像 5-34, 画像 5-35 をご参照ください。
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
2
0
3
1
画像 5-34
画像 5-35
自動フィル、ビューポート 22×22、ストリングの方向 = 水平 自動フィル、ビューポート 22×22、ストリングの方向 = 水平
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
55
5. 壁の配置ページ
開始位置
1. ドロップ ダウン ボックスをクリックします。
選択肢が表示されます。
- 左上
- 右上
- 右下
- 左下
2. 希望の開始位置を選択します。
スネークの自動フィルが選択されている場合にのみ、開始位置が使用されます。
5.4.3.6 自動フィルが非常に役立つ一般的な例
ストリングの方向が水平の場合
幅が配置するブロック数と完全に一致する場合、高さは無関係になります:
たとえば、幅 = 64、ギャップなし: 各行は、1 つのストリングでフィルされます。
たとえば、幅 = 32、ギャップなし: 最初のストリングは、最初の 2 行に分割されます。 2 つ目のスト
リングは、3 行目から開始します。以下同様です。
たとえば、幅 = 95、ギャップ = 1: 各行は、1 つのストリングでフィルされます。 各ブロックの間に
は、ピクセル ギャップが 1 になります。
たとえば、幅 = 126 または 127 または 128、ギャップ = 2: 各行は、1 つのストリングでフィルされま
す。 各ブロックの間には、ピクセル ギャップが 2 になります。
ストリングの方向が垂直の場合
高さが配置するブロック数と完全に一致する場合、幅は無関係になります:
たとえば、高さ = 64、ギャップなし: 各列は、1 つのストリングでフィルされます。
たとえば、高さ = 32、ギャップなし: 最初のストリングは、最初の 2 列に分割されます。 2 つ目のス
トリングは、3 列目から開始します。以下同様です。
たとえば、高さ = 95、ギャップ = 1: 各列は、1 つのストリングでフィルされます。 各列の間には、
ピクセル ギャップが 1 になります。
たとえば、高さ = 126 または 127 または 128、ギャップ = 2: 各列は、1 つのストリングでフィルされ
ます。 各列の間には、ピクセル ギャップが 2 になります。
5.4.3.7 マニュアル フィル
Outline in Grid (グリッドでアウトライン) が選択されていない場合、マニュアル フィルが
自動的に起動されます。
設定方法
1. Outline in Grid (グリッドでアウトライン) のチェックマークをはずします (画像 5-36)
または、
Outline in Grid (グリッドでアウトライン) にチェックマークを入れ、 Auto fill (自動フィル) にチェッ
クマークを入れます。 (画像 5-37)
これで、手作業で作業スペース上にブロックの配置が可能になります。
ブロックの配置については、59 ページ、 デザインへブロックの追加 をご参照ください。 を参照
してください。
56
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
画像 5-36
ビューポートは選択されていません
画像 5-37
自動フィルなし
5.4.3.8 アウトラインの境界線のオンとオフ
この機能は、デザイン構成の際、アウトラインが定義されている場合にのみ起動されます。
切り替え方法
1. 作業スペース内で右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-38)
2. View (表示) を選択肢、マウスを右側に移動します。
3. アウトラインの表示の選択。
- チェックマークが入っている場合: アウトラインは、構成設定で選択された寸法で表示されます。
- チェックマークが入っていない場合: アウトラインは表示されません。
画像 5-38
アウトラインの表示
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
57
5. 壁の配置ページ
5.4.3.9 デザイン ウィンドウ
概要
画像 5-39
デザインの結果ウィンドウ
以下の部分が認識されます:
• 構成設定 (1)
• ストリングあたりのブロック (2)。 各ストリングは、ストリングによって色づけされた受信側で
示されます。 背景色が受信側について増えるにつれて、より多くのブロックが配置できます。 受
信側の値は、プレビューで配置されていないブロックの数を表します。 ブロック数のリストは、
これらの受信側のすぐ下に表示されます。
- 0.x は、最初のストリングのブロックを表します (赤)
- 1.x は、2 つ目のストリングのブロックを表します (緑)
- 2.x は、3 つ目のストリングのブロックを表します (青)
- 3.x は、4 つ目のストリングのブロックを表します (黄)
• 構成のプレビュー (3)。
できること。
•
•
•
•
•
58
ブロックがまだ利用できる場合、手作業で構成に追加することができます。
ブロックは作業スペース内で移動できます。
ブロックは、左右に回転できます。
ブロックは、構成から削除できます。
マウスをブロック上で移動すると、ブロック数と角度がポップ アップします。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
5.4.3.10 デザインの保存
保存方法
1. Save this design (デザインの保存) (
) アイコンをクリックします。
デザインに名前が設定されている場合。 デザインは、その名前で保存されます。
それ以外の場合、ポップ アップ ウィンドウが開きます。 (画像 5-40)
2. デザインの名前を入力します。
3. OK をクリックします。
デザインが保存されます。
画像 5-40
ファイルの保存、名前の入力
5.4.4
デザインへブロックの追加
できること
4 つの受信側の 1 つでブロックが利用できる間、作業スペース内の自由な場所にブロックを配置でき
ます。
ブロックごとの配置方法
1. 受信側をクリックして、ストリングを選択します (1)。 (画像 5-41)
注記: 背景色があり、値が 1 以上の受信側のみ可能です。
選択されたストリングで最初のフリー ブロックが選択されます。
または、
特定のブロックについては、受信側の下にあるリストをクリックします。
2. Shift (シフト) ボタンを押しながら、ブロックを配置するグリッドの中心または中心付近 (影がつけ
られた部分) でマウスの左ボタンをクリックします (2)。 このグリッドの外をクリックすると、ブ
ロックは別のポイントが中心になります。
選択されたストリングで最初のフリー ブロックが選択された位置に配置されます (画像 5-41 にあ
る青のアウトラインを参照)。
ブロックがその中心には位置できない場合、ソフトウェアは次のフリー位置を検索します。
たとえば、示された位置をクリックすると (画像 5-42)、ソフトウェアはブロックを赤のアウトラ
インの場所に配置すべきですが、青のブロックのためこれが実行できません。 この場合、ソフト
ウェアは、考えられる最初のフリー位置を検索します (赤の影の部分)。
ソフトウェアは、フリー位置を検索する際、定義された手順に従います (緑のループ)。 (画像 5-43)
3. 同じストリングのブロック配置を続けるには、Shift (シフト) ボタンを押しながら、次の中心をク
リックします。
別のストリングのブロック配置については、手順 1 に戻ります。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
59
5. 壁の配置ページ
画像 5-41
ブロックの追加
画像 5-42
最初のフリー位置
画像 5-43
フリー位置の検索
複数ブロックを一度に配置する方法
1. 受信側をクリックして、ストリングを選択します。
2. Ctrl ボタンを押しながら、作業エリアをクリックし開始位置を定義します。 (画像 5-44)
3. 作業エリアをクリックし、開始位置を定義し、マウス ボタンを押しながら、終了位置までドラッ
グします。
4. マウス ボタンを放します。
デフォルトでスネーク パターンを使用して、選択されたエリア内で考えられる位置に、ピクセル
ブロックがフィルされます。
60
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
画像 5-44
複数ブロックの配置
A 配置エリアをドラッグします
B フィルされたエリア
5.4.5
既存デザインの編集
5.4.5.1 デザインの読み込み
最初の方法
1. load design (デザインの読み込み) アイコン (
) をクリックします。
Choose design (デザインの選択) ウィンドウが開きます。 (画像 5-45)
2. リストから対象のデザインを選択します。
3. OK をクリックします。
選択されたデザインが、デザイナー ウィンドウに読み込まれます。
これでこのデザイン上では、あらゆるブロック操作が可能になりました。 63 ページ、 ブロック操
作 にある手順に従ってください。
画像 5-45
デザインの選択
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
61
5. 壁の配置ページ
2 番目の方法
1. stored designs (保存されたデザイン) ウィンドウにあるデザインを右クリックします。 (画像 5-46)
ポップアップ ウィンドウが表示されます。
2. Load design (デザインの読み込み) を選択します。
選択されたデザインが、デザイナー ウィンドウに読み込まれます。
これでこのデザイン上では、あらゆるブロック操作が可能になりました。 63 ページ、 ブロック操
作 にある手順に従ってください。
画像 5-46
デザインの読み込み
3 番目の方法
1. stored designs (保存されたデザイン) ウィンドウにあるデザインをダブル クリックします。 (画像
5-47)
選択されたデザインが、デザイナー ウィンドウに読み込まれます。
これでこのデザイン上では、あらゆるブロック操作が可能になりました。 63 ページ、 ブロック操
作 にある手順に従ってください。
画像 5-47
ダブル クリックによるデザインの読み込み
5.4.5.2 デザインの現バージョンの保存
現デザインの保存方法
1. Save this design (デザインの保存) アイコンをクリックします。
現在のデザインは、その名前で保存されます。 メッセージがステータス バーに表示されます。
5.4.5.3 現デザインを別名で保存
別名での保存方法
1. Save design as (デザインを別名で保存) アイコン (
) をクリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-48)
2. デザインの名前を入力します。
3. OK をクリックします。
デザインは、新しい名前で保存されます。
62
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
画像 5-48
新しい名前を入力します
5.4.6
ブロック操作
5.4.6.1 1 ブロックを選択
選択方法
1. ブロックをクリックします。
そのブロックの背景色が、淡いグレーに変わります。 (画像 5-49)
画像 5-49
ブロックを選択します
5.4.6.2 複数ブロックの選択
最初の方法
1. 最初のブロックをクリックして、選択します。
背景色が、淡いグレーに変わります。
2. Ctrl を押したままの状態にします。 次のブロックをクリックして選択します。
背景色が再び変わります。
2 番目の方法
1. ブロックの外側をクリックし、マウス ボタンを押します。 (画像 5-50)
2. 選択するブロック上でマウスのポインタをドラッグします。
選択されたブロックの背景色が、淡いグレーに変わります。
画像 5-50
複数ブロックの選択
全ブロックの選択、最初の方法
1. Select all bocks (全ブロックを選択) アイコン (
) をクリックします。
全ブロックが選択されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
63
5. 壁の配置ページ
全ブロックの選択、2 番目の方法
1. プレビュー ウィンドウで右クリックします。
ポップアップの選択メニューが表示されます。 (画像 5-51)
2. Select (選択) を選択し、マウスを右側へ移動します。
3. Select all (全選択) を選択します。
全ブロックが選択されます。
画像 5-51
右クリックで全選択
5.4.6.3 ストリング全体の選択
選択方法
1. プレビュー ウィンドウで右クリックします。
ポップアップの選択メニューが表示されます。 (画像 5-52)
2. Select (選択) を選択し、マウスを右側へ移動します。
3. ストリングの内容を選択します。
以下のストリングが考えられます:
- ストリング 0 の選択 (赤のストリング)
- ストリング 1 の選択 (緑のストリング)
- ストリング 2 の選択 (青のストリング)
- ストリング 3 の選択 (黄のストリング)
画像 5-52
ストリングの選択
5.4.6.4 全ブロックの選択解除
最初の方法
1. Deselect all bocks (全ブロックの選択解除) アイコン (
64
) をクリックします。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
2 番目の方法
1. プレビュー ウィンドウで右クリックします。
ポップアップの選択メニューが表示されます。 (画像 5-53)
2. Deselect all (全ての選択を解除) を選択します。
画像 5-53
全ブロックの選択解除
3 番目の方法
1. グリッドで左クリックします。
全ブロックの選択が解除されます。
5.4.6.5 1 つまたは複数ブロックの移動
移動方法
1. 移動する最初のブロックを選択します (A)。 63 ページ、 1 ブロックを選択 または 63 ページ、 複
数ブロックの選択 を参照してください。 (画像 5-54)
2. 選択されたブロックをクリックし、マウス ボタンを押したままにします。
3. 移動先までドラッグし (B)、マウス ボタンを放します (C)。
注記: 移動可能な場所にのみドラッグできます。
選択されたブロックが新しい場所に移動します。
画像 5-54
ブロックを新しい場所に移動
A ブロックの選択
B ブロックのドラッグ
C 新しいロケーションでマウスを放す
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
65
5. 壁の配置ページ
5.4.6.6 選択されたブロックの削除
最初の方法
1. 削除する必要のあるブロックを選択します。 63 ページ、 1 ブロックを選択 または 63 ページ、 複
数ブロックの選択 を参照してください。
2. Delete all selected blocks (選択された全ブロックを削除) アイコン (
) をクリックします。
選択されたブロックが作業スペースから削除されます。
2 番目の方法
1. 削除する必要のあるブロックを選択します。 63 ページ、 1 ブロックを選択 または 63 ページ、 複
数ブロックの選択 を参照してください。
2. 作業スペース内で右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-55)
3. Delete (削除) を選択します。
選択されたブロックが作業スペースから削除されます。
画像 5-55
選択された全ブロックの削除
5.4.6.7 2 つのストリングのスワップ
できること
場合によっては、たとえば赤いストリングを黄色のストリングと入れ替えると便利なことがありま
す。 この機能では、マウスを 1 回クリックするだけで処理が完了します。 赤いブロックはすべて、
黄色のものに置き換えられ、黄色のブロックは、赤いものと入れ替えられます。
ストリングのスワップ方法方法
1. 作業スペース内で右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-56)
2. Switch strings (ストリングの入れ替え) を選択し、マウスを右側へ移動します。
3. 希望の入れ替え機能を選択します。
選択されたストリングの組み合わせでスワップが行われます。 デザインにおいて特定ストリング
のブロックが使用されていない場合でも、スワップは実行されます。
たとえば、ストリング 0 (赤のストリング) に ストリング 2 (青のストリング) よりも多くのブロッ
クが含まれる場合、青のストリングは、赤のストリングを取り込み、青の受信側から余分なブロッ
クが自動的に取り込まれます。 赤のストリングでブロックが多い分だけ、赤の受信側で切り捨て
られます。
66
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
画像 5-56
ストリングの入れ替え
5.4.6.8 選択したブロックの回転
ブロックを回転する理由
ハードウェアの観点から、MiPix の壁を構築する際、一部のブロックやストリングを部分的に左、右
に90度または180度回転すると便利なことがあります。 これを行わないと、ケーブルがねじれたり、
入力ケーブルが出力に重なって、容易な配線が不可能になることも考えられます。
回転方法、最初の方法
1. 回転する必要のあるブロックを選択します (複数の選択もできます) (1)。 63 ページ、 1 ブロック
を選択 または 63 ページ、 複数ブロックの選択 を参照してください。 (画像 5-57)
2. 左へ回転 (
a) または右へ回転 (
) ボタンをクリックします。
選択されたブロックは、90度左または右に回転されます。
同じブロックについて、2 度目の回転も可能です。
画像 5-57
右への回転
回転方法、他の方法
この方法は、コンピュータにマウス ホイール付きのマウスが接続されている場合にのみ使用できま
す。
1. 回転する必要のあるブロックを選択します (複数の選択もできます)。 63 ページ、 1 ブロックを選
択 または 63 ページ、 複数ブロックの選択 を参照してください。
2. Shift キーを押しながら、マウスのホイールを上下にスクロールしてブロックを左または右に回転
させます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
67
5. 壁の配置ページ
5.4.6.9 自動回転
できること
ブロックがデザインに配置されると、ソフトウェアは、各ブロックについて、ストリング内でどのよ
うに回転させるかソフトウェアは推奨することができます。 ソフトウェアで最適なソリューション
を見つけ出すことのできないブロックは、水色の背景で示されます。 これらのブロックは、確認し
た上で、必要に応じて手作業で回転する必要があります。
ブロックは、推奨された配置に設定されます。 取り消しも可能です。
最初の方法
1. Auto rotate icon (自動回転) (
) アイコンをクリックします。
ブロックはすべて、配線に応じて自動的に回転されます。 ソフトウェアで最適なソリューション
を複数個見つけ出すことのできないブロックは、水色の背景で示されます。 これらのブロックの
マニュアル回転も可能です。 (画像 5-58)
画像 5-58
自動回転の結果
2 番目の方法
1. 作業スペース内で右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-59)
2. Auto rotate (自動回転) を選択します。
ソフトウェアは、ブロックの最適回転を実行します。 同程度適切な回転が複数あるブロックは、
水色の背景で示されます。 マニュアル回転も可能です。 (画像 5-58)
画像 5-59
自動回転
68
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
5.4.6.10 ストリングのワイヤ方向の表示
表示方法
1. 作業スペース内で右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-60)
2. View (表示) を選択し、マウスを右側へ移動します。
3. Show wiring (配線の表示) を選択します。
チェックマークが入っている場合、ブロックは、ブロックがハードウェア接続されているのと同様
に接続されます。 コントローラー ユニットに接続されたブロックである開始ブロックには、背景
に色がつけられます。 (画像 5-61)
この機能は切り替えることができるため、非表示にされるまで配線の表示はアクティブのままにな
ります。
画像 5-60
配線の表示
画像 5-61
ワイヤ方向の表示 - 結果
5.4.6.11 回転の表示
できること
各ブロックの回転を簡単に確認するには、各ブロックの回転ピクセル 1 および 3 を点灯させること
ができます。
回転のの表示方法
1. 作業スペース内で右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-62)
2. View (表示) を選択し、マウスを右側へ移動します。
3. Show rotation (回転の表示) を選択します。
各ブロックのピクセル 1および 3 が同時に点灯します。 (画像 5-63)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
69
5. 壁の配置ページ
画像 5-62
回転の表示
画像 5-63
回転の表示 - 結果ウィンドウ
5.4.6.12 ワイヤ方向のシミュレーション
できること
各ブロックのワイヤ方向は、ブロックの入力側に対応しており、コントローラーに接続されている
最初のブロックから、ストリング配線の方向でストリング全体に向かって、ライト移動によってシ
ミュレーションすることができます。 ブロックの入力側にある各ブロックのピクセル 1 および 3は、
シミュレーションの最中、次々と点灯します。 このライト移動シミュレーションは、壁自体で実行
される内部パターンのストリング方向の機能と全く同じものです。 この比較を使用すると、ブロッ
クの適切な回転が設定できます。
この機能を有効にすると、無効にされるまでアクティブのままになります。
シミュレーション方法方法
1. 作業スペース内で右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-64)
2. Simulation (シミュレーション) を選択し、マウスを右側へ移動します。
3. Simulate string direction (ストリング方向のシミュレーション) にチェックマークをいれます。
チェックマークが入っている場合、ライト移動が開始します。 (画像 5-65)
この機能を有効にすると、無効にされるまでアクティブのままになります。
70
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
5. 壁の配置ページ
画像 5-64
ストリング方向のシミュレーション
画像 5-65
ストリング方向のシミュレーション - 結果
5.4.7
デザインの削除
デザインの削除方法
1. 削除するデザインのある stored designs (保存されたデザイン) を右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 5-66)
2. Delete design (デザインの削除) を選択します。
選択したデザインが削除されます。
画像 5-66
デザインの削除
5.4.8
ズームイン - ズームアウト
ズームの方法
1. ズームインするには、ズームイン アイコン (
) をクリックします。
ズームアウトするには、ズームアウト アイコン (
) をクリックします。
または、
Ctrl ボタンを押しながら、ズームアウトの場合は上へ、ズームインの場合は下へマウスのホイール
をスクロールします。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
71
5. 壁の配置ページ
5.4.9
デザインのデバイスへの関連づけ
関連づけの方法
1. Stored designs (保存されたデザイン) ウィンドウにあるデザインをクリックします (1)。
2. Device list (デバイス リスト) ウィンドウにある、1 つまたは複数のデバイスを Shift ボタンを押し
ながらクリックします (2)。
3. Update Configuration (構成のアップデート) をクリックします (3)。
設定 (デザイン) に関する情報が、コントローラー モジュールに読み込まれます。
5.4.10 内部パターン
内部または外部パターン
1. ドロップ ダウン ボックスをクリックし、内部または外部を選択します。
内部
内部パターンを利用して、ストリングの確認が行われます
外部
内部パターンを利用して、ストリングの確認が行われます
ストリング色
1.
をクリックします。
パターンが生成され、ハードウェアのストリング接続が確認されます。
ストリングの方向
1.
をクリックします。
移動ライト パターンが起動され、ストリングのハードウェア方向が確認できます。
72
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
6. スタック マネージャ
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
スタッキングの基本原則
スタッキングの制限
スタック マネージャを使用する前に
スタックの概要
スタック マネージャの起動
ディスプレイ レイアウトの構築
追加ディスプレイの作成
スクリーンのディスプレイへの割り当て
ディスプレイの削除
既存ディスプレイのプロパティ変更
スクリーンのレイアウト
ディスプレイ位置の変更
タイミング概要マスター デジタイザー
スクリーン表示ウィンドウでのズーム/パン
構成の再読込
設定適用の表示/非表示
適用レベル設定の調整
6.1 スタッキングの基本原則
スタック
スタックとは、いくつかのデジタイザーがスタック コネクタによってお互いに接続されて
いる構成のことです。 この構成では、大きな画像を作成することができます。
スクリーン
スクリーンとは、1 つのデジタイザーの出力のことです。
ディスプレイ
ディスプレイとは、個別のデジタイザーをスタックすることで組み合わされた一連のスク
リーンのことです。
全般的な概要
単一のデジタイザーで制御するにはディスプレイが大きすぎる場合、このディスプレイで、異なる画
面上に分割することができます。なお各スクリーンは全体像の一部分を担当するデジタイザーで制御
可能です。 この原則は、スタッキングと呼ばれています。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
73
6. スタック マネージャ
Display (a)
Source In (d)
Screen 2 (c)
Screen 1 (b)
Output 1 (e)
Output 2
RS232 loop through (f)
RS232 (g)
画像 6-1
スタッキングの原則
a
b
c
d
e
f
g
ディスプレイ
スクリーン 1
スクリーン 2
ソース
出力 1
RS232 ループ スルー
RS232
ディスプレイは、スクリーン 1 とスクリーン 2 の 2 つのスクリーンに分割されます。スタック構成
された 2 台のデジタイザーが、ディスプレイで画像を表示しています。 スタッキング デジタイザー
の詳細については、使用しているデジタイザーの設置マニュアルを参照してください。
スタッキングの別な例:
74
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
Displays (a)
Output 2
Output 3
Source In (d)
Output 1 (e)
Source In
RS232 loop through (f)
Source In
Output 4
Output 5
RS232 (g)
画像 6-2
3 つのディスプレイのスタッキング例
a
c
d
e
f
g
ディスプレイ
ソース
ソース
出力
RS232 ループ スルー
RS232
この構成では、3 つのディスプレイが含まれています。 最初のディスプレイは 1 つのスクリーン、
2 番目のディスプレイは隣り合わせになった 2 つのスクリーン、3 番目のディスプレイは上下になっ
た 2 つのスクリーンで構成されています。
この組み合わせを行うには、それぞれスタックされたデジタイザー 5 台が必要です。
顧客は、この組み合わせを 3 つの個別のディスプレイで閲覧することになります。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
75
6. スタック マネージャ
6.2 スタッキングの制限
概要
•
•
スタック マネージャは、LED ディスプレイのみで動作します。
各スクリーンは、同じタイプのタイルを含む必要があります。
6.3 スタック マネージャを使用する前に
新しい構成のために行うステップ
1. 自動検出に移動し、
をクリックします。
ソフトウェアが、利用できるハードウェアの構成をスキャンし、設定を読み出します。 スタック
構成が使用されている場合、「概要」フレームに新しいウィンドウが追加されます。 検出された
スクリーンはすべて、デフォルトのディスプレイに追加されます。 (画像 6-3)
2.
をクリックします。
3. スクリーンの横にあるポップ ダウンをクリックして、スクリーン 1 を選択します。
スクリーン 1 の構成アイコンが、「概要」フレームに表示されます。
4. 選択されたスクリーンについて、グリッド寸法、タイル リンク、タイル解像度を入力します。
ご注意: スタック マネージャでは、今後の計算のため入力された値が必要になるため、この手順
は十分慎重に行ってください。
詳細については、壁の配置の章を参照してください。
グリッド寸法
33 ページ、 グリッドの寸法 をご参照ください。
タイル リンク
34 ページ、 タイル リンクの定義 をご参照ください。
壁の配置 (開始、タイル解像
度)
34 ページ、 DLite、SLite、ILite の壁を対象とした壁の配置 を
ご参照ください。
5. さらに設定するスクリーンが残っている場合、まだ設定の行われていないスクリーンについて 手
順 3 から手順を繰り返します。 それ以外の場合、構成の用意が整い、スタック マネージャが起動
できます。
画像 6-3
スタック構成アイコン
6.4 スタックの概要
スタックの概要の内容
スタックの概要では、スタックの異なるディスプレイおよびスクリーンをグループ分けします。 こ
の概要から、異なるディスプレイや異なるスクリーンを 1 つのディスプレイにおいて管理でき、全体
的な取り付けの設定が行えます。
ディスプレイの選択
最初のドロップ ダウン リストをクリックすることで、利用できるディスプレイが表示されます。 設
定するディスプレイを選択します。
76
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
ディスプレイを変更することで、XLite ToolSet の設定はすべて、そのディスプレイにある選択された
スクリーンの設定に変更されます。 「overview (概要)」フレームにあるアイコンは、選択されたディ
スプレイで選択されたスクリーンのハードウェア構成に応じて変化します。 ディスプレイの新たな
構成を表示するようウィンドウで対応がとられます。
画像 6-4
ディスプレイの選択
デフォルト ディスプレイはつねに利用可能です。
ディスプレイ名
マウスを i の上に移動すると、ディスプレイ フィールドで示されたディスプレイの名前がポップ アッ
プします。
画像 6-5
ディスプレイ名の取得name
ディスプレイ内のスクリーンの選択
2 番目のドロップ ダウン リストをクリックすることで、選択されたディスプレイで利用できるスク
リーンが表示されます。 XLite ToolSet の構成設定は、各スクリーンで異なります。 アイコンと、ア
イコンの後にある設定は、その特定スクリーンのハードウェア構成によって、各スクリーンで異な
ります。
画像 6-6
スクリーンの選択
たとえば、スクリーン 1 について、デジタイザーと壁のアイコンは、スクリーン 1 のハードウェア
構成に対応します。 スクリーン 2 について、デジタイザーと壁のアイコンは、スクリーン 2 のハー
ドウェア構成に対応します。 アイコンは同じように見えますが、それぞれは設定の異なる可能性が
ある、別のハードウェア デバイスを指し示しています。
ディスプレイ全体の構成
ディスプレイ全体を構成するには、そのディスプレイの個別のスクリーンを構成するか、または 1 つ
のディスプレイを構成した後、
をクリックします。 質問のウィンドウが表示されます。
画像 6-7
質問ウィンドウ スタッカー
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
77
6. スタック マネージャ
ここでスタック マネージャに移動する場合は、OK を押します。
自分で構成する場合、Cancel (キャンセル) を押します。
6.5 スタック マネージャの起動
起動方法
1. 壁の配置ウィンドウで、
をクリックします。
スタッカー アプレットが読み込まれます。 読み込みプロセスの間、情報ウィンドウが表示されま
す。 (画像 6-8)
スクリーンはすべて、デフォルトのディスプレイにまとめてグループ化され、ラインで示されま
す。 (画像 6-9)
画像 6-8
スタック マネージャの読み込み
画像 6-9
スタック マネージャー起動ウィンドウ
6.6 ディスプレイ レイアウトの構築
目的
スタック マネージャを使用すると、異なるスクリーンをディスプレイの実際の場所に移動 (ディスプ
レイのブロックを構築) することで、ディスプレイのバーチャル表現が作成できます。
78
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
スクリーンの移動方法
1. スクリーンをクリックします。
背景がグレーに変化し、カーソルは 4 方向の矢印カーソルになります。 (画像 6-10)
2. マウスの左ボタンを押しながら、選択したスクリーンを希望の場所まで移動します。
選択したスクリーンの移動を始めると、元々のスクリーン位置のアウトラインが赤になります。
別の場所にドラッグすると、一番近い位置のアウトラインが赤になります。 マウス ボタンを放す
と、スクリーンは赤のアウトラインのある位置にジャンプします。 (画像 6-11)
次のスクリーンが前の画面と隣り合っていれば (同じディスプレイにおいて)、どのような組み合わ
せも可能です。
考えられる組み合わせの例: (画像 6-12, 画像 6-13)
画像 6-10
選択されたスクリーン
画像 6-11
スクリーンの移動
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
79
6. スタック マネージャ
画像 6-12
2×3 ディスプレイ
画像 6-13
特殊形状のディスプレイ
同じディスプレイに、スクリーンすべてが少なくとも 1 変が隣り合うように接続されてい
る必要があります。
マウスをクリックして、選択したいスクリーン上にマウスをドラッグすることで、複数の
スクリーンを選択することもできます。
6.7 追加ディスプレイの作成
概要
デフォルトで、デフォルト ディスプレイにグループ化されている利用可能なスクリーンは、異なる
ディスプレイ上に再編成することができます。
80
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
スクリーンの作成方法
1. Settings (設定) を選択し、Display Properties (ディスプレイ プロパティ) を選択します。 (画像 6-14)
Disply Properties (ディスプレイ プロパティ) ウィンドウが表示されます。 (画像 6-15)
2. Add (追加) をクリックします。 (画像 6-16)
Create display (ディスプレイの作成) ウィンドウが開きます。
3. ディスプレイ ID はすでに設定されています。 この ID は、インプット フィールドをクリックし、
希望の値に設定することで変更可能です。
名前フィールドをクリックし、作成されたディスプレイの名前を入力します。
ソフトウェアによって、このディスプレイに対するスクリーンへの表現について背景色も割り当
てられます。
4. OK をクリックして、ディスプレイを作成します。
画像 6-14
ディスプレイ プロパティの
選択
画像 6-15
ディスプレイ プロパティ ウィンドウ
画像 6-16
新規ディスプレイの追加
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
81
6. スタック マネージャ
6.8 スクリーンのディスプレイへの割り当て
概要
•
•
6.8.1
単一スクリーンのディスプレイへの割り当て
スクリーンすべての同一ディスプレイへの割り当て
単一スクリーンのディスプレイへの割り当て
単一スクリーンの割り当て方法
1. ディスプレイに割り当てるスクリーンをクリックします。複数選択も可能です。
スクリーンが選択され、背景色がグレーになります。
2. 選択されたスクリーンで右クリックします。
ディスプレイ選択ウィンドウがポップ アップします。 (画像 6-17)
3. スクリーンを割り当てるディスプレイ名の前にあるチェック ボックスをクリックします。
ポップアップ ウィンドウが消え、スクリーンの背景色がそのディスプレイの色になります。 (画像
6-18)
4. このディスプレイにさらにスクリーンを追加する必要がある場合、この手順を繰り返します。
画像 6-17
スクリーンのディスプレイへの割り当て
画像 6-18
同一ディスプレイに追加されたスクリーン 4 & 5
82
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
6.8.2
スクリーンすべての同一ディスプレイへの割り当て
スクリーンすべての同一ディスプレイへの割り当て方法
1. スクリーン表示ウィンドウ (スクリーン上ではありません) を右クリックします。 (画像 6-19)
ポップアップ ウィンドウが表示されます。
2. Assign to.. (次に割り当て) を選択し、マウスを右側へ移動します。
3. すべてのスクリーンを含むディスプレイを選択します。
画像 6-19
スクリーンすべてのディスプレイへの割り当て
6.9 ディスプレイの削除
ディスプレイを削除する前に、そのディスプレイのスクリーンをすべて他のディスプレイ
に割り当ててください。
デフォルト ディスプレイ (0) は、削除できません。
削除方法
1. Settings (設定) を選択し、 Display Properties (ディスプレイ プロパティ) を選択します。(画像 6-14)
Disply Properties (ディスプレイ プロパティ) ウィンドウが表示されます (画像 6-15)。
2. リストからディスプレイを選択し、Remove (削除) をクリックします。 (画像 6-20)
そのディスプレイに割り当てられているスクリーンがない場合、ディスプレイは削除されます。
これ以外の場合、メッセージが表示されます。 (画像 6-21)
OK をクリックすると、削除プロセスが中止されます。 ディスプレイを再び削除する前に、スク
リーンにべつのディスプレイをまず割り当ててください。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
83
6. スタック マネージャ
画像 6-20
画像 6-21
スクリーンを含んだディスプレイのメッセージ
6.10 既存ディスプレイのプロパティ変更
変更方法
1. Settings (設定) を選択し、 Display Properties (ディスプレイ プロパティ) を選択します。(画像 6-14)
Disply Properties (ディスプレイ プロパティ) ウィンドウが表示されます (画像 6-15)。
ID フィールドおよび名前フィールドは変更することができます。
2. 変更する入力フィールドをクリックし、実際の値を削除します。
キーボードで新しい値を入力します。
6.11 スクリーンのレイアウト
目的
プレビュー ウィンドウの全体に配置されたディスプレイでグループ化されているスクリーンは、左
側から再編成することができます。
処理方法
1. プレビュー ウィンドウを右クリックし、 Layout Screens (スクリーンのレイアウト) を選択します。
(画像 6-22)
スクリーンは、プレビュー ウィンドウの左側で再編成されます。 (画像 6-23)
84
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
画像 6-22
スクリーンのレイアウト
画像 6-23
スクリーンのレイアウト - 結果
6.12 ディスプレイ位置の変更
位置の変更方法
1. まずディスプレイ ID ドロップ ダウン ボックスをクリックし、ディスプレイを選択します。 (画像
6-24)
2. 選択したディスプレイについて、水平および垂直の開始位置を設定します。
3. 必要に応じて、その他のディスプレイについても両者の手順を繰り返します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
85
6. スタック マネージャ
画像 6-24
ディスプレイの位置
例
以下の座標に設定された、幅 800、高さ 800 の 2 つのディスプレイがあるとします:
ディスプレイ 1: X-座標 = 0、Y-座標 = 0
ディスプレイ 2: X-座標 = 800、Y-座標 = 0
ディスプレイ 3: X-座標 = 0、Y-座標 = 0
ディスプレイ 4: X-座標 = 0、Y-座標 = 0
以下の画像が、異なるディスプレイに表示されます:
86
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
Display 1 (0,0)
Display 3 (0,0)
Display 2 (800,0)
Display 4 (0,0)
画像 6-25
6.13 タイミング概要マスター デジタイザー
概要
•
•
•
•
•
タイミングによる出力モード
タイミング概要の起動方法
LED 壁出力のタイミング概要
デジタル出力のタイミング概要
アナログ出力のタイミング概要
6.13.1 タイミングによる出力モード
概要
マスター デジタイザーのタイミングは、デジタイザー設定で設定される出力モードに左右されます。
D320 の場合、出力モードは以下のように設定できます:
• Barco LED 壁
D320PL の場合、出力モードは以下のように設定できます:
• Barco LED 壁
• デジタル
• アナログ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
87
6. スタック マネージャ
6.13.2 タイミング概要の起動方法
処理方法
1. ディスプレイの最初のスクリーンをクリックします。
スクリーンのプロパティは、出力モードを含めて右側のウィンドウに表示されます。 (画像 6-26)
2. 右側のウィンドウで、Timing (タイミング) をクリックします。
選択した出力モードのデフォルト タイミングに設定されます。
画像 6-26
スクリーン プロパティの表示
6.13.3 LED 壁出力のタイミング概要
タイミング概要
画像 6-27
LED 壁出力のタイミング
88
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
水平タイミング
開始
水平開始のアクティブ ピクセル。アクティブ画像エリアの水平開始位置。HSync が参照
します。 この値は、HSync Width よりも大きく設定する必要があります。
アク
ティブ
幅のアクティブ ピクセル。すでに使用されているピクセル数 (= 表示される画像や
ビデオの
実際の幅)
合計
ラインあたりの合計ピクセル数 (= 最大幅)
合計 = (水平開始アクティブ ピクセル) + (幅のアクティブ ピクセル) + (後に続くブラ
ンク ピクセル数)
垂直タイミング
開始
垂直開始のアクティブ ピクセル。アクティブ画像エリアの垂直開始位置。VSync が参照
します。 この値は、VSync Width よりも大きく設定する必要があります。
アク
ティブ
高さのアクティブ ピクセル。すでに使用されているピクセル数 (= 表示される画像や
ビデオの実際の幅)
合計
フィールドあたりの合計ピクセル数 (= 最大高さ)
合計 = (垂直開始アクティブ ピクセル) + (高さのアクティブ ピクセル) + (後に続くブ
ランク ライン数)
フレーム レート
垂直周波数。
周波数
デュアル
パス
ピクセル クロックは以下の 2 とおりで動作可能です: シングルまたはデュアルです。
デュアル モードで作業する場合には、このボックスにチェックマークを入れます。
ピクセル
クロック
デジタイザーのクロック スピード。 一般的に、シングル モードでは 32 MHz。
H-sync
水平同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
V-sync
垂直同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
6.13.4 デジタル出力のタイミング概要
概要
タイミング概要は、LED 壁出力モードの場合と同様です。 詳細については、88 ページ、 LED 壁出
力のタイミング概要 をご参照ください。 を参照してください。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
89
6. スタック マネージャ
6.13.5 アナログ出力のタイミング概要
タイミング概要
画像 6-28
アナログ出力のタイミング概要
各アイテムの説明は、LED 壁出力モードの場合と同様です88 ページ、 LED 壁出力のタイミング概要
をご参照ください。。
タブ ページをクリックすることで、アナログ出力と LED/デジタル出力を切り替えることができます。
6.14 スクリーン表示ウィンドウでのズーム/パン
概要
スクリーン表示ウィンドウのすぐ下にあるボタンで、ズーム/パンが実行できます。
ズーム/パンは、スクリーン表示ウィンドウを右クリックし、Zoom in (ズームイン) または Zoom out (
ズームアウト) をクリックするか、Custom zoom (カスタム ズーム) を選択し事前にプログラミングさ
れた値から 1 つ選択することでも実行できます。
6.15 構成の再読込
再読み込み方法
1. Select (選択) をクリックし、 Reload configuration (構成の再読込) を選択します。
構成全体が、表示ウィンドウの左の隅から再読込されます。
6.16 設定適用の表示/非表示
概要
•
•
90
設定適用の起動
スタック適用後のリセット ウィンドウ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
6.16.1 設定適用の起動
できること
設定適用の表示/非表示をクリックすると、追加設定が追加されたり、削除されたりします。 これら
の設定適用では、構成の実行 (読み込み) 方法を決定します。
設定適用の表示/非表示
1. Show apply settings (設定適用の表示) をクリックします。 (画像 6-29)
すぐ下に設定適用チェック リストが表示されます。
画像 6-29
設定適用の表示
6.16.2 スタック適用後のリセット ウィンドウ
できること
スタック構成が適用されている場合、デフォルトでウィンドウすべてがリセットされます (壁にカス
ケード配置されます)。 場合によって、この設定をオフにすると興味深くなることがあります。たと
えば、新しいタイルを壁に挿入する場合などです。 スタック構成は処理されますが、ウィンドウは
リセットされません。
起動方法
1. Reset windows after apply stack (スタック適用後のリセット) の前にあるチェック ボックスをクリッ
クします。
これで、この機能がアクティブになりました。
この機能はデフォルトでアクティブになっています。
6.17 適用レベル設定の調整
概要
複数のスクリーンやディスプレイが使用されている場合、設定の変更は異なる意味で解釈することが
できます。 たとえば、マスター デジタイザーの入力設定の変更は、特定の入力に関する設定、また
はスタッキングされた入力、または同様の入力すべてを対象とした設定の変更として解釈可能です。
スクリーンやタイルについても同様です。
考えられる設定:
入力に対する変更
の適用
選択された入力のみ
設定が変更される入力のみ、適用されます。
スタッキングされた入力
選択された入力およびそのスタッキングされ
た入力が、選択された入力 (同一ディスプレイ
内において) に応じて、変更されます。
同様の入力すべて
スタッキングされたデジタイザの同様の入力
すべてについて、変更が行われます (同じディ
スプレイではないものも対象になります)。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
91
6. スタック マネージャ
スクリーンに対す
る変更の適用
タイルへの変更の
適用
選択されたスクリーンのみ
選択されたスクリーンにのみ、変更が適用さ
れます。
ディスプレイのスクリー
ンすべて
変更は、ディスプレイのスクリーンすべてに
適用されます。
すべてのスクリーン
スタックにあるスクリーンが、他のディスプ
レイにリンクされている場合でも、変更が適
用されます。
選択されたタイルのみ
変更は選択されたタイルのみに適用されます。
同じスクリーンにあるタ
イルすべて
変更は、スクリーンにあるタイルすべてに適
用されます。
同じディスプレイにある
タイルすべて
変更は、ディスプレイにあるタイルすべてに
適用されます。
すべてのタイル
変更は、スタックに接続されたタイルすべて
に適用されます。
これらの設定の使用方法
1. 調整を始める前に、適用レベルを適切に設定します。
2. Apply options (適用オプション) をクリックします。 (画像 6-30)
適用レベル設定ウィンドウが開きます。 (画像 6-31)
3. まずドロップ ダウン ボックスをクリックし、適切な設定を選択します。
4.
をクリックして、設定を適用します。
5. 次に、変更したい設定について進めます。
画像 6-30
適用オプションを
クリック
画像 6-31
適用レベル設定
ディスプレイから変更
1. ディスプレイを表示している最初のドロップ ダウン ボックスをクリックします。
2. 利用できるディスプレイのリストから、対象ディスプレイを選択します。
92
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
6. スタック マネージャ
特定のディスプレイ内のスクリーンから変更
1. 表示される必要のあるスクリーンに対応したディスプレイをまず選択します。
2. ディスプレイを表示している 2 番目のドロップ ダウン ボックスをクリックします。
3. その特定ディスプレイについて、利用できるスクリーンのリストから、対象スクリーンを選択し
ます。
選択肢の横にあるアイコンは、選択されたスクリーンのハードウェア構成によって変化します。
たとえば、スクリーン 2 が選択されている場合、スクリーン 2 のデジタイザー アイコンが示され
ます。 そのデジタイザー アイコンをクリックすると、スクリーン 2 のみを対象とした入力設定が
表示されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
93
6. スタック マネージャ
94
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
7. システム構成
概要
•
•
•
•
•
•
•
システム構成の起動
入力 & ディスプレイ構成
ウィンドウ設定
作業スペースの解像度
壁設定
デバイス構成
構成マネージャ
概要
これには、システムに接続されたデバイスの操作、またデジタイザーに接続されたソースの微調整
が含まれます。
起動ウィンドウでデバイスをクリックする前に、まず System configuration (システム構成)
をクリックします。
7.1 システム構成の起動
起動
1.
をクリックします。
デフォルトで、ウィンドウ ページが読み込まれます。 (画像 7-1, 画像 7-2)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
95
7. システム構成
画像 7-1
システム構成起動ページ
96
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
スタック構成が使用されている場合、ウィンドウ ページは若干異なります。
画像 7-2
スタック構成でのシステム構成起動ページ
7.2 入力 & ディスプレイ構成
この構成でできること
このページでは、以下が可能になります:
• 様々な入力に対するウィンドウ表示の変更。
• 壁の設定
• 壁の配置
• デバイス構成
• スタイル マネージャ
• スタック マネージャ (スタック構成のみ対象)
ウィンドウの情報ボックス
青の四角形 : 境界線が青で、塗りつぶされていない四角形は、作業スペースのディスプレイ中のスク
リーンを表します (スタック構成ではない場合、スクリーン = ディスプレイです)。
赤の四角形: 赤の (点線の) 四角形は、デジタイザーのタイミング ウィンドウを表します (スタック構
成では、スクリーンの数と同じタイミング ウィンドウが利用できます)。 この四角形の情報のみが、
壁に表示されます。
たとえば、単一の壁で、壁にすべての情報を表示させたい場合、青の四角形 (壁の表示) は、赤の四
角形 (アクティブ フィールド) と一致させる必要があります。
作業スペース内のその他のボックスは、入力ソースを示し、塗りつぶされています。 現在選択され
ている入力は、白の境界線で、選択されていないソースは黒の境界線になります。
入力ソースはすべて、番号付けと色で識別されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
97
7. システム構成
例:
XLite Toolset setup
Real display
Info
Timing window = display
Timing window > display
Windows inside display
area
Timing window < display
Windows inside timing
window
Timing window < display
Windows outside timing
window > images cropt
Timing window > display
Windows outside display
> images cropt
Timing window digitizer
Display representation in XLite Toolset
Real display
画像 7-3
ウィンドウ表示の結果
右側のツールボックスを使用すると、入力の特定の変化や効果が得られます。
これには以下が含まれます:
• 入力の配置
• 入力のビューポート設定
• 入力の表示
• 入力のキー色設定
• 入力のアルファ ブレンド設定
作業スペースによって、ソースの配置、移動、拡大/縮小、ソースの有効/無効の切り替え、ディスプ
レイやソース環境の調整を行うことができます。 片側にあるディスプレイや入力のツールボックス
との操作で、さらに機能が追加されます。
98
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
「Windowing (ウィンドウ設定)」ボタンは、ウィンドウ設定環境が開きます。
ボタンは、Configuration Style Manager (構成スタイル マネージャ) 環境を開きます。
これは、システムのダイナミック構成パラメータの保存や読み込みで利用されます。
スタック構成での注意
構成例: 2 つのスクリーンが 1 つのディスプレイを構成しています (画像 7-2)。 つまり、2 つのデジタ
イザーがスタッキングされています。 入力はスタッキングされた入力として構成されているため、
ディスプレイ上には、4 つの入力ボックスのみ表示されます。
これらのボックスは、単一構成 (移動、Z-順、サイズ変更、アスペクト比など) として管理できます
が、各ボックスは両方のスクリーン上に配置し、画像の一部分が、スクリーン 1、残りがスクリーン
2 に表示されるようにする必要がある点に注意してください。
7.3 ウィンドウ設定
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
7.3.1
全般表示
ウィンドウの選択
ウィンドウ名の変更
ウィンドウのロック
ウィンドウ - サイズ変更なし
ウィンドウの移動
ウィンドウのサイズ変更
ウィンドウへのグループ変更
Z 順序づけ
アスペクト比
ビューポート
ソースの表示設定
カラー キー
アルファ ブレンド
すべてアップデート
設定
プリセット構成
全般表示
概要
以下は、作業スペース (ウィンドウ) の表示で、ここから接続されたソースすべてが、ディスプレイ
のスクリーンに対して、グラフィカルに表示されます。 ディスプレイ ボックスに重なったウィンド
ウ ボックス (暗い青のアウトライン) のみが、スクリーン上に表示されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
99
7. システム構成
画像 7-4
画像 7-5
ウィンドウの変更には 3 つの方法があります:
• マウスによるもの (102 ページ、 ウィンドウの移動 および 102 ページ、 ウィンドウのサイズ変
更 を参照)
• 入力ボックスで - および + ボタンを押すことによるもの。
•
7.3.2
入力ボックスで
よるもの。
を選択し、すべての値を変更し、再び
アイコンをクリックすることに
ウィンドウの選択
ウィンドウの選択
ウィンドウ (ソース) の選択方法には 2 つあります:
• クリック ダウン メニューをスクロールしながら、選択可能なウィンドウをすべて表示させて、
ウィンドウを選択します。 ウィンドウは、ニックネームまたはデフォルト名で示されます。
• または、作業エリアでウィンドウを選択すると、選択されたウィンドウのパラメータは、 Window
Input Box (ウィンドウ入力ボックス) で自動的にアップデートされます。
画像 7-6
ウィンドウが選択されている場合、対応する入力が、入力ボックスに表示されます。 通常、1 つの
ウィンドウにつき入力は 1 つですが、ウィンドウが背景ウィンドウの場合、いくつかの入力が組み合
わされて、その背景ウィンドウを構成することもあります。
7.3.3
ウィンドウ名の変更
概要
各ウィンドウには、特定の名前を設定することができます。 この名前は、構成の設定中に入力する
ことができますが、ウィンドウの作業スペースで作業中であれば随時変更可能です。
変更方法
1. 名前を変更するウィンドウ (ソース) をまず選択します。
2. 名前変更アイコンをクリックします。 (画像 7-7)
ユーザー プロンプト ウィンドウが表示されます。 (画像 7-8)
3. キーボードから新しい名前を入力します。
4. OK をクリックして、選択したディスプレイの名前を変更します。
100
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
画像 7-7
名前変更アイコンをク
リック
7.3.4
画像 7-8
名前変更プロンプト ウィンドウ
ウィンドウのロック
理由
ウィンドウは、寸法やディスプレイでの相対位置が変更されないように、ロックすることができま
す。 Z-順序づけは、この場合も可能です。
ロック方法
1. 入力 (ウィンドウ) を選択します。
2. パッドロック アイコンをクリックします。 (画像 7-9)
選択されたウィンドウは、実際の位置でロックされます。
画像 7-9
ウィンドウのロック
7.3.5
ウィンドウ - サイズ変更なし
できること
サイズ変更されたウィンドウは、1/1 ウィンドウ、つまりサイズ変更なしとして表示することができ
ます。
サイズ変更を戻す方法
1. 入力 (ウィンドウ) を選択します。
2. サイズ変更なしボタン (1/1) をクリックします。 (画像 7-10)
ウィンドウは、1/1 ウィンドウとして表示されます。
画像 7-10
サイズ変更なし
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
101
7. システム構成
7.3.6
ウィンドウの移動
作業スペースで移動
1. ウィンドウをクリックし、マウスボタンを押したまま、選択したウィンドウをドラッグします。
2. 必要に応じてウィンドウを移動します。 (画像 7-11, 画像 7-12)
画像 7-11
画像 7-12
ウィンドウの移動
ウィンドウ入力ボックスから移動
1. 移動するウィンドウを選択します。
2. X および Y の値を変更します。この際、+ または - キーをクリックして、ウィンドウの開始位置を
指定します
または、
キーボードで新しい値を入力します。 (画像 7-13)
画像 7-13
入力ボックスでの移動
7.3.7
ウィンドウのサイズ変更
作業スペースで作業変更
1. マウス ボタンを押したまま、ウィンドウの隅をクリックします。 (画像 7-14)
2. 必要に応じて、マウスを選択されたソースの拡大または縮小のため移動します。 選択されたウィ
ンドウの座標は、任意のサイズ変更または動きに合わせて、ウィンドウ設定メニュー ボックスで
自動的に調整されます。 (画像 7-15)
選択されたウィンドウの座標は、任意のサイズ変更または動きに合わせて、ウィンドウ設定メ
ニュー ボックスで自動的に調整されます。
102
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
画像 7-14
画像 7-15
ウィンドウのサイズ変更
ウィンドウ入力ボックスからサイズ変更
1. ウィンドウをまず選択します。
2. + または - ボタンを押して、幅および高さを変更します。
または、
キーボードで新しい値を入力します。 (画像 7-16)
注記: サイズ変更の際、左上の隅は固定されます。
画像 7-16
入力ボックスからサイズ変更
選択されたウィンドウと一般的なアスペクト比が関連づけられている場合、高さと幅は相
互にリンクされています。 一方を変更すると、他方もそれに応じて変化します。
7.3.8
ウィンドウへのグループ変更
できること
ウィンドウの寸法や相対位置は、入力ボックスに新しい値を入れることで変更できますが、この変
更は、変更を適用した後に実際のウィンドウに適用されます。 作業スペースのプレビューでは、値
が適用されるごとに変更が反映されます。
グループ変更の方法
1. 入力 (ウィンドウ) を選択します。
2. グループ変更アイコンをクリックします。 (画像 7-17)
調整可能フィールドの背景色が白に変わります。 グループ変更アイコンが点滅します。 (画像 7-18)
3. X、Y、W、H を希望の値に変更します。
4. 点滅しているグループ変更アイコンをクリックします。
変更が、ディスプレイに適用されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
103
7. システム構成
画像 7-17
グループ変更の選択
7.3.9
画像 7-18
グループ変更
Z 順序づけ
Z-order
各ウィンドウが表示される際の重ね順。
Z 順序の変更
ウィンドウは、他のウィンドウに対する Z 順序づけや重ね順スキームを変更することができます。
1. 特定のソース上でマウス ボタンを右クリックします。 (画像 7-19)
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 7-20)
2. 重ね順を変更するには、4 つの選択肢から選択します。
One Up (1 つ上)
選択されたソースを 1 レイヤー上へ移動
One down (1 つ
下)
選択されたソースを 1 つ下へ移動
To front (前面へ)
選択されたソースを最前面に移動
To back (背面へ)
選択されたソースを最背面に移動
画像 7-20
Z 順序づけウィンドウ
画像 7-19
7.3.10 アスペクト比
アスペクト比
ウィンドウが表示される、水平 & 垂直寸法。たとえば、4×3 または 16×9。
104
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
変更方法
ウィンドウのアスペクト比は、調整可能です。
1. ソース上でマウス ボタンを右クリックします。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。
2. 比率を選択し、マウスを右側に移動します。
異なる比率でメニューが拡大されます。 (画像 7-21)
3. 希望の比率を選択します。
注記: 一般的なアスペクト比を選択する場合、ウィンドウの幅と高さは関連づけられています。
以下の比率が利用できます:
- 3/2
- 4/3
- 14/9
- 16/9
- 21/9
- Snap to : set ratio to current dimensions (スナップ: 現在の寸法に比率を設定)
- None : no typical aspect ratio installed (なし: 一般的なアスペクト比が未インストール)
画像 7-21
ウィンドウのアスペクト比
7.3.11 ビューポート
ビューポート
ウィンドウに表示される入力信号全体 (信号全体のカットアウト) における一部分。
7.3.11.1 全般
概要
ビューポートとは、入力画像の配置ポイントを意味します (X & Y 座標)。 このポイントに関連づけら
れているのは、横方向の水平距離と縦方向の垂直距離です。 そして、これによって、特定の入力に
対するビューポートやカットアウトが定義されます。
画像 7-22
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
105
7. システム構成
X
入力ソースの参照によって参照される、入力ウィンドウの水平開始位置 (ピクセル)。
Y
入力ソースの参照によって参照される、入力ウィンドウの垂直開始位置 (ピクセル)。
W
ソース ウィンドウの水平サイズ (ピクセル - 幅)。
H
ソース ウィンドウの垂直サイズ (ピクセル - 高さ)。
画像 7-23
ビューポート
A 入力信号
B ビューポートの作成
C ウィンドウに表示される結果信号
7.3.11.2 ビューポートの作成
座標入力によるもの
1. X、Y、W、H の横にある + または - ボタンをクリックし、希望のビューポートを作成します。
マウスのドラッグによるもの
1. view Control (ビュー コントロール) アイコンをクリックします。 (画像 7-24)
ビュー コントロール ウィンドウが表示されます。 (画像 7-25)
- 色の付けられたウィンドウは、示されたソースに対応する実際のビューポートを表します。 こ
のウィンドウの色は、システム構成ウィンドウのソースの色と同じです。
- 「Input Source (入力ソース)」と示されたグレーの背景が、入力ソースの実際のサイズになりま
す。
2. ビューポートをサイズ変更するには、色の付いた四角形の隅をマウスで移動します。 カーソルが白
の矢印に変化します。 マウスの左ボタンを押しながら、希望の場所まで移動します。 (画像 7-26)
3. ビューポートをサイズ変更するには、色の付いた四角形の中央部分にカーソルを移動し、マウスの
左ボタンを押しながら、四角形全体を入力ソースの希望位置まで移動します。 (画像 7-27)
106
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
画像 7-24
画像 7-25
ビューポート コントロール ウィンドウ
画像 7-26
ビューポートのサイズ変更
画像 7-27
ビューポートの移動
Viewport Control (ビューポート コントロール) ウィンドウでは、直接値を入力することも
可能です。
デフォルト値に戻す
1.
をクリックします。
デフォルト設定が読み込まれたことを示すメッセージが表示されます。 (画像 7-28)
2.
をクリックして、デフォルト設定を読み込みます。
画像 7-28
デフォルト設定が読み込まれたというメッセージ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
107
7. システム構成
7.3.11.3 グループ変更
グループ変更
ビューポートでグループ変更を行うには、
ボタンを選択します。 調整可能フィールドの背景色
が白に変わります。 これらのフィールドに適宜変更を加えます。 変更を適用するには、点滅している
ボタンをクリックします。これらのフィールドの変更すべてが、同時にアップデートされます。
画像 7-29
画像 7-30
7.3.11.4 ビューポート設定をソース A からソース B に適用
適用方法
1. ビューポート コントロールをクリックし、マウス ボタンを押したままにします。 (画像 7-31)
2. システム構成ウィンドウにある目的のソースの四角形にアイコンをドラッグします (たとえば、
ソース 4 など)。
3. 目的のソースの四角形で、マウス ボタンを放します。
これで設定は、元々のソースから新しいソースへコピーされます (画像例では、ソース 2 からソー
ス 4 へのコピーです)。
画像 7-31
ビューポートの設定を別のソースにコピー
7.3.12 ソースの表示設定
設定方法
1. 特殊入力ボックスの Visible (表示) の隣にあるチェックボックスのチェックマークをはずします。 (
画像 7-32)
選択されたソースは、今度表示されなくなります。 作業スペースでこのソースの表示は、コンテ
ンツが非表示を意味するグレーの影つきになります。
デフォルト: チェックボックスにはチェックマークが入っています。
108
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
画像 7-32
表示の選択
7.3.13 カラー キー
カラー キー
クロム キーとも呼ばれます。 2 つのビデオ画像を組み合わせる方法です。 クロム キーの
例として、テレビの天気予報で大きな天気図の前にアナウンサーが立っているシーンがあ
げられます。 実際には、アナウンサーは青または緑の背景の前に立っており、コンピュー
タで天気図の画像と組み合わせて放映しているのです。 このしかけは、まずテレビカメラ
でアナウンサーを撮影し、天気図の画像とともに「箱」に読み込ませます。 「箱」の中で
はある判断が行われます。 すなわち、青または緑の背景を認知すると天気図を表示し、 そ
れ以外の場合はアナウンサーを表示します。 これにより、人がいるところは「箱」によっ
て常に認知されて、そこにはアナウンサーが表示されます。
カラー キー設定の画像例
たとえば、2 つの画像をもとにします。 1 つはフルカラー背景を持つ画像、もう 1 つは普通の画像に
します。 背景は、カラー キーの規則にしたがって 2 つ目の画像で置き換えられます。
画像 7-33
単色の縞柄
画像 7-34
フル カラー画像
画像 7-35
カラー キー設定後の画像
起動
1. ウィンドウ入力ボックスの
または
切り替えボタンをクリックして、カラー キー操作の
有効または無効を設定します。 (画像 7-36, 画像 7-37)
注記: a. Digitizer D310 でウィンドウ設定オプションがない場合、カラー キーは利用できません。
b. Digitizer D310 でウィンドウ設定オプションがある場合、カラー キーは入力 2 でのみ利用
可能です。
c. Digitizer D320 は、入力すべてについてカラー キーが利用できます。でウィンドウ設定オ
プションがない場合、カラー キーは利用できません。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
109
7. システム構成
画像 7-36
カラー キー入力ウィンドウ
画像 7-37
ステータス
は、カラー キーのステータスがアクティブであることを意味します
は、カラー キーのステータスが無効になっていることを表します。
色の値
赤、青 & 青について、0~255 の値を手作業で入力します。
これによって、入力されたキーの色が生成されます。
カラー キーの色は、画像 7-37 にある値の上のボックスに表示されます。
範囲
カラー キーの値の範囲の定義。 この範囲は、特定の一色の値をカラー キー設定しないように使用す
ることができます。
アルゴリズム
ビデオ挿入のアルゴリズム。 このカラー値を基準に、それを上回る色、またはそれを下回る色、範
囲の中、あるいは外にある、ビデオを挿入できます。
考えられる選択:
higher (高)
範囲よりも高い色が挿入されます
lower (低)
範囲よりも低い色が挿入されます
equal (同等)
カラー値と同じ色が挿入されます
inside range (範囲
内)
範囲内の色が挿入されます
outside range (範
囲外)
範囲外の色が挿入されます
Color Palette (色パレット)
赤、緑 & 青をまとめてキー設定します
赤、緑、青のいずれかについてキー設定: 画像上で部分的に (白の) ノイズがある場合に役立ちます。
110
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
変更の適用
をクリックして、変更を保存し、必要な処理を起動します。
をクリックすると、加えられた変更を保存せずに終了します。
7.3.14 アルファ ブレンド
アルファ ブレンド
アルファ ブレンドを使用すると、選択したソースに透明効果を追加できます。
概要
アルファ ブレンドは、0~255 のスケールで実行可能です。 255 では透明になって見えなくなり、0
ではべたとなります。
画像 7-38
画像 7-39
画像 7-40
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
111
7. システム構成
起動
1. ウィンドウ入力ボックスの
または
切り替えボタンをクリックして、アルファ ブレンド
操作の有効または無効を設定します。 (画像 7-41, 画像 7-42)
注記: a. Digitizer D310 でウィンドウ設定オプションがない場合、アルファ ブレンドは利用できま
せん。
b. Digitizer D320 は、入力すべてについてアルファ ブレンドが利用できます。
画像 7-41
アルファ ブレンド入力ウィンドウ
画像 7-42
ステータス
は、アルファ ブレンドのステータスがアクティブであることを意味します
は、アルファ ブレンドのステータスが無効になっていることを表します。
アルファ値
値が小さくなるほど、画像はべたになります。
0 = べた画像 (不透明)
255 = 透明または不可視
スライダー バーを移動し、透明度を変更します。
変更の適用
をクリックして、変更を保存し、必要な処理を起動します。
をクリックすると、加えられた変更を保存せずに終了します。
7.3.15 すべてアップデート
このボタンを使う場合
XLite ツールセットに壁の制御が含まれているかぎり、設定はすべて、プリセットとして保存される
ため、すべてアップデートは不必要です。
XLite ツールセットによる壁の設定の後、他のアプリケーションが制御する場合、最新の設定は、こ
の外部アプリケーションに送信する必要があります。 この場合、Update All (すべてアップデート) を
押して、実際の設定を構成ファイルに保存します。 外部アプリケーションは、この構成ファイルを
使用して、壁の制御を行います。
画像 7-43
すべてアップデート
112
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
7.3.16 設定
調整
1. 入力 (ウィンドウ) を選択します。
をクリックします。 (画像 7-44)
2.
選択されたソースの設定ウィンドウが表示されます。
画像 7-44
7.3.17 プリセット構成
概要
•
•
•
•
構成の保存
構成の読み込み - 方法 1
構成の読み込み - 方法 2
事前定義構成の削除
7.3.17.1 構成の保存
保存方法
1. 上で説明したとおり、構成を作成します。
2.
をクリックします
プリセット ウェブ ダイアログ ボックスが開きます。 (画像 7-45)
3. マウスでプリセット 10 個のうちから 1 つ選択します。 最初の 5 つはスクリーンに表示されます。
スクロール バーを使用して、次の 5 つのプリセットを表示させます。
選択されたプリセット ラインは青になります。 (画像 7-46)
4.
をクリックして、構成を保存します。
プリセットが空の場合、構成が保存されます。
プリセットが空ではない場合、メッセージが表示されます。 (画像 7-47)
プリセット レイアウト構成を保存する前に、プリセット情報ウィンドウがポップ アップします。
(画像 7-48)
5. 入力フィールドをクリックし、プリセットについての名前や情報を入力します。 OK をクリック
します。
6.
をクリックして、古い設定を上書きします。
または、
をクリックして、空のプリセットを選択します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
113
7. システム構成
画像 7-45
プリセット構成ウィンドウ
画像 7-46
画像 7-47
画像 7-48
情報プリセット レイアウト構成
7.3.17.2 構成の読み込み - 方法 1
方法 1
1. システム構成スクリーンで、4 つのプリセット ボタンのうち 1つをクリックします。 (画像 7-49)
選択されたボタンについて構成が保存されている場合、その構成が読み込まれます。 選択された
ボタンについて何も保存されていない場合、スクリーン上での変化はありません。
画像 7-49
プリセット ボタン上でマウスを移動すると、このプリセットに関する情報がボタンの隣に
ある情報ウィンドウに表示されます。
画像 7-50
マウスを移動した際のプリセット情報。
114
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
7.3.17.3 構成の読み込み - 方法 2
プリセット ボタン上でマウスを移動すると、このプリセットに関する情報がボタンの隣に
ある情報ウィンドウに表示されます。
画像 7-51
マウスを移動した際のプリセット情報。
方法 2
1.
をクリックします
プリセット ウェブ ダイアログ ボックスが開きます。 (画像 7-52)
2. プリセット 1 から 5 に保存されている場合、システム構成スクリーンで希望のプリセット ボタン
をクリックします。 プリセット 6 から 10 に保存されている場合、最初に + をクリックして、次の
5 つのプリセットを表示してから、希望のプリセット ボタンをクリックします。
選択されたプリセット ラインは青になります。 (画像 7-53)
3.
をクリックして、事前に定義された構成を読み込みます。
読み込みメッセージ スクリーンが表示されます。 (画像 7-54)
4.
をクリックして、選択された構成を読み込みます。
または、
をクリックすると、読み込み処理が中止されます。
画像 7-52
画像 7-53
画像 7-54
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
115
7. システム構成
7.3.17.4 事前定義構成の削除
削除方法
1.
をクリックします
プリセット ウェブ ダイアログ ボックスが開きます。
2. 使用されているプリセットをマウスで選択します。 必要に応じて、スクロール バーを使用して、
プリセット 6~10を表示させます。
選択されたプリセット ラインは青になります。 (画像 7-55)
3.
をクリックして、選択したプリセットを削除します。
4. 警告メッセージが表示されます。 (画像 7-56)
画像 7-56
画像 7-55
7.4 作業スペースの解像度
起動方法
1. ウィンドウ入力ボックスにある Options (オプション) をクリックし、ウィンドウ設定オプション
ページを表示させます。 (画像 7-57)
画像 7-57
作業スペース解像度入力ウィンドウ
116
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
解像度のサイズ調整
1. ウィンドウおよびディスプレイ ボックスのズームインやズームアウトでは、
使用して、作業エリアのかいぞうどのサイズを調整します。
ボタンを
調整に応じて、幅、高さ、アスペクト比が同時に変更されます。
画像 7-58, 画像 7-59 をご参照ください。
2.
ボックスをクリックすると、変更が直ちにアップデートされます。
をクリックすると、変更が適用されます
3.
4.
をクリックすると、変更を適用せずに、終了します
画像 7-58
画像 7-59
7.5 壁設定
7.5.1
壁設定の概要
起動
をクリックすると、コントロールが拡張されます。 (画像 7-60)
1.
ここから、重要な 3 つのディスプレイ変数を編集可能になります。
- コントラスト
- ちらつき調整
- ガンマ
画像 7-60
コントラスト
Nit 値でのスクリーンのライト出力は、壁のタイプに左右されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
117
7. システム構成
ILite 最大 2000 Nit
DLite 最大 5000 Nit
ちらつき調整
マスター クロック設定は、フレーム レートによって異なります。 デフォルト値がすでに設定されて
います。 これらのデフォルト値は、壁のタイプ、およびデジタイザーの出力フレーム レートによっ
て異なります。 これらのデフォルト値の概要については、特定のディスプレ構成に関する章にある
「Screen Settings (スクリーン設定)」の「Flicker adjustment (ちらつき調整)」を参照してください。
7.5.2
ガンマ (非線形色トラッキング)
7.5.2.1 ガンマ調整の開始
起動
1.
をクリックして、ガンマ調整環境ウィンドウを読み込みます。
可能な処理:
- 特性ガンマ曲線の 6 つの場所とは独立してガンマを調整するか、
- 10 個のプリセット コントロールから選択します
ガンマ曲線の変更方法
1. ガンマ曲線は、4 点と 2 本のスロープで表現されます。 これらの点やスロープを変更すると、異な
るガンマになります。 点の変更は、ガンマ曲線の下にある矢印をクリックすることで行えます。
または、
マウスで十字 (4 点を表したものです) を移動することで行えます。
黒の曲線は、変更されたガンマ曲線の参照として選択された最後のプリセットを表します。
2.
を押すと、直ちにガンマがアップデートされます。
7.5.2.2 ガンマ曲線の概要
ガンマ プリセット曲線
General Gamma (全般ガンマ) オプションでは、表示されたソースのガンマの制御が可能になります。
この曲線は、そのソースについて選択されたガンマ曲線を表示します。 10 個のガンマ プリセットが
あり、ここから選択できます。
ボタンの数は、ILite または ILite XP タイルを使用している場合、異なることがあります。
画像 7-61
ガンマ曲線選択ボタン。
ガンマ プリセットに対応するボタンを押します
118
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
新しい設定を適用する場合、この環境を終了する場合、それぞれ
す。
ボタンをクリックしま
平坦なガンマ曲線
F (平坦) ではガンマは使用されません
画像 7-62
G1-G4 (一般曲線) 一般的なガンマ調整です
例: G1 ガンマ曲線
画像 7-63
D1-D3 (S-曲線) 暗い = より暗く & 明るい = より明るく、このため相対コントラスト
が増加します
例: D1 ガンマ曲線
画像 7-64
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
119
7. システム構成
WS (ホワイト ストレッチ) では、高いライトのガンマを増加させるため、明るい印
象になります
WS ガンマ曲線
画像 7-65
BS (ブラック ストレッチ) では、低いライトのガンマを増加させるため、暗い印象
になります
BS ガンマ曲線
画像 7-66
7.6 デバイス構成
できること
概要にあるアイコンを押すことで、そのデバイス固有の新たなメニューにアクセスすることができま
す。 検出されたデバイスのアイコンは、直ちに「概要」フレームに表示され、自動検出の際、表示
が行われます。
システム動作を向上させるために、デバイスすべてが適切に接続されていることを確認し
ます。
個別のデバイスについては、以下の章を参照してください。
考えられるデバイス
表示される可能性のあるデバイスは以下のとおりです:
120
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
D310 Digitizer
最大 1 つのビデオ出力ソースおよび 1 つのデータ出力ソース (ウィンドウ設定オプション インストー
ル済み) から構成されます
D320 Digitizer
最大 4 つのビデオ/データ出力ソース (D320 デジタイザーは、チェーンが可能なため、追加された
D320 のそれぞれには、独立した出力ウィンドウ 4 つが追加されます) から構成されます
D320L Digitizer
最大 4 つのビデオ/データ出力ソース (D320L デジタイザーは、チェーンが可能なため、追加された
D320L のそれぞれには、独立した出力ウィンドウ 4 つが追加されます) から構成されます
D320Lite Digitizer
最大 2 つのビデオ/データ出力ソースから構成されます。
D320PL Digitizer
最大 4 つのビデオ/データ出力ソース (D320PL デジタイザーは、チェーンが可能なため、追加された
D320PL のそれぞれには、独立した出力ウィンドウ 4 つが追加されます) から構成されます
最大 2 つのビデオ/データ出力ソースから構成されます。
DLite Display
DLite ディスプレイは、D7/10/14/28 ディスプレイ タイルから構成されます。
ILite Display
ILite ディスプレイは、I3/6/8/10 ディスプレイ タイルから構成されます。
SLite Display
SLite ディスプレイは、S10/14/22 ディスプレイ タイルから構成されます。
MD Display
MD ディスプレイは、ILite MD タイルから構成されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
121
7. システム構成
MiPix Display
MiPix ディスプレイは、MiPix ピクセル ブロックから構成されます。
FiberLink
デジタイザーおよび LED ディスプレイの長距離伝送です。
周囲環境制御 (AEC)。
周囲の光の状況を監視し、ディスプレイの光出力を補正します。
7.7 構成マネージャ
概要
•
•
•
•
•
7.7.1
構成マネージャの概要
構成の保存
構成の別名保存
構成の削除
構成の読み込み
構成マネージャの概要
起動
1.
をクリックします。 (画像 7-67)
構成マネージャ環境が起動します。
画像 7-67
構成マネージャ起動ウィンドウ
構成マネージャとは
構成マネージャは、特定の構成名として保存できる一連のシステム設定です。
122
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
構成マネージャで保存できる設定は以下のとおりです:
• ディスプレイ設定のすべて: コントラスト、ガンマ、ちらつき調整
• ディスプレイの位置
• デジタイザーの入力設定
•
デジタイザーの設定 (選択されたソースも含む)
現在の構成名は、Current config. (現在の構成) の隣に表示されます。
Config List. (構成リスト) の下には、保存されている構成のリストも表示されます。
構成では、Load (読み込み)、Save (保存)、Delete (削除) が可能です。
7.7.2
構成の保存
保存方法
1. 構成マネージャ ページの
をクリックして、構成を同じ名前で保存します。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 7-68)
2. 構成名を入力します
構成名
構成名はすでに入力されています。
説明
必要に応じて、この構成の説明を入力するスペースです
3.
をクリックすると、保存動作が中止されます。
をクリックすると、構成が保存されます。
保存に成功すると、確認ページが表示されます (画像 7-69)
4. テキストをクリックすると、構成マネジメント ページに戻ります。
画像 7-68
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
123
7. システム構成
画像 7-69
7.7.3
構成の別名保存
別名保存の方法
1. 構成マネージャ ページの
をクリックして、構成を異なる名前で保存します。
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 7-70)
2. 構成名を入力します
構成名
保存する構成の名前を入力します。
説明
必要に応じて、この構成の説明を入力するスペースです
3.
をクリックすると、保存動作が中止されます。
をクリックすると、構成が保存されます。
保存に成功すると、確認ページが表示されます (画像 7-71)
4. テキストをクリックすると、構成マネジメント ページに戻ります。
画像 7-70
124
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
画像 7-71
7.7.4
構成の削除
削除方法
構成を削除するには、以下の手順で作業します:
1. 削除する構成をリストで選択します。 (画像 7-72)
をクリックします。
2.
確認ボックスが表示され、この構成を削除するかメッセージが表示されます。 (画像 7-73)
3.
をクリックすると中止します。
をクリックすると続行します。
その特定構成の削除を確認する「Style xxx was successfully deleted (スタイル xxx は削除されまし
た)」というメッセージが表示されます。 (画像 7-74)
4. テキストをクリックすると、構成マネジメント ページに戻ります。
5. メイン セクション ページに戻るには、
をクリックします。
画像 7-72
画像 7-73
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
125
7. システム構成
画像 7-74
7.7.5
構成の読み込み
読み込み方法
構成を読み込むには、以下のように取り扱います:
1. マウスでリストの構成を選択します。
2.
をクリックします。 (画像 7-75)
注記: 対応していない構成についてこの構成が読み込まれる場合 (たとえば、デバイスが取り外さ
れている場合など)、非対応の表示がデバイスの隣に追加されます。 このデバイスは、選択
できません。
Update Config (構成のアップデート) のページには、読み込まれるスタイルの名前および説明が表
示されます。
このページでは、選択をアップデート可能です。 (画像 7-76)
3. 選択ボックスをクリックすると、選択がアップデートできます。
以下の選択肢が利用できます:
- 壁設定
- 壁の配置
- デジタイザー設定
- 入力設定
4.
ボタンをクリックすると、読み込まれた設定が適用されます。
アップデートの際、ログ情報は、Log Info View (ログ情報表示) ウィンドウで確認できます。 完了
すると、以下の確認ページが表示されます。 (画像 7-77)
5. テキストをクリックすると、構成マネージャ ページに戻ります。
6. メイン セクション ページに戻るには、
をクリックします。
画像 7-75
126
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
7. システム構成
画像 7-76
画像 7-77
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
127
7. システム構成
128
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
8. D310 構成
8. D310 構成
概要
•
•
•
•
D310 構成の起動
設定
デバイス プロパティ ウィンドウ設定オプション
デバイス プロパティー デジタイザー
8.1 D310 構成の起動
D310 アイコンをクリックする前に、Wall Positioning (壁の配置) が実行されていることを
確認します。
起動
1. D310 アイコンをクリックすると、以下のポップ アップが表示されます。 (画像 8-1)
画像 8-1
D310 の設定ウィンドウ
8.2 設定
概要
•
•
•
選択されたソース
入力設定
デジタイザー設定
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
129
8. D310 構成
8.2.1
選択されたソース
概要
デジタイザー D310 の背面にある入力ソースに対応したソースを選択します。
以下の選択肢が利用できます:
• YUV
• VID1
• VID2
• SVID1
• SVID2
• RGsB
• SDI
• DATA
8.2.2
入力設定
概要
•
•
•
•
•
入力設定の起動
画像処理
ビデオ イコライジング
ダイナミック画像安定化
カラー マトリックス
8.2.2.1 入力設定の起動
選択方法
1.
をクリックして、入力設定パラメータにアクセスします。 (画像 8-2)
画像 8-2
D310 の入力設定ウィンドウ
130
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
8. D310 構成
8.2.2.2 画像処理
彩度
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。 彩度は、色強度を表し、0 は黒 & 白になります。
濃淡
対応するスライダーで 0~127 まで調整可能です。
濃淡 (色調 は、色を識別する際のパラメータで、0 は赤みがかった画像、127 は緑に近くなります。
NTSC ビデオ/S-ビデオ入力のみに対応しています。
輝度
対応するスライダーで -31~+31 まで調整可能です。
輝度は、表示される信号の強度です。 輝度は、信号の明るい部分を増減させます。
輝度遅延
対応するスライダーで -7~+7 まで調整可能です。
輝度遅延は、入力ビデオの Luma および Chroma 信号間のフェーズを調整し、ソースの (色情報がシ
フトされたもの) Luma-Chrome タイミング エラー が補正されます。
Luma トラッキング
対応するスライダーで -15~0 まで調整可能です。
Luma トラッキングは、暗い緑のかすみが生じないようにします。
サブブラックへのクリップ
対応するスライダーで -15~0 まで調整可能です。
サブブラックへのクリップでは、黒レベルにおいて疑似 LSB をフィルタリングし、Dynamic Image
Stabilization (ダイナミック画像安定化) の後でも黒の平面に表示される疑似ピクセルを回避します。
ダイナミック画像安定化 (DIS)
対応するスライダーで 0~7 まで調整可能です。
DIS によって画像はより安定します。 Dlite Display など高ゲイン ディスプレイで、これは非常に重要
です。 DIS はビデオを時間に応じてフィルタリングし、0 はフィルタリングなし、7 はフィルタリン
グ強を意味します。 あまりにもフィルがリングが強すぎると、高速で移動するビデオには残像が残
ります。 このため、DIS は最適性能を得るように調整可能です。 DIS では、暗い疑似ピクセルを最
小化し、高コントラストの性能を実現し、表示に関してクォリティが低いソースをクリーンアップ
します。
RGB ガンマ
ふらっと/-1/-2/-3 で調整可能。
RGB ガンマでは、R、G、B 出力上のガンマ曲線を調整し、相対的高コントラストを逆転させ、暗い
部分でも同様です。 RGB ガンマはデジタイザーで処理されます。
一般ガンマが使用されている場合、RGB ガンマは、平坦な位置にきます。
一般ガンマ
一般ガンマは、より正確なガンマ調整で、画像の相対コントラストを高めるためにタイルに対して適
用され、より充実な色の再現を行います。 一般ガンマを参照
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
131
8. D310 構成
フィルムモード
ON/OFF
検出、フィルムから生成されたビデオの処理を有効にするには、ON を選択します。 (2 ~ 2 / 3 まで
プルダウン 2)
8.2.2.3 ビデオ イコライジング
全般
3 つの周波数範囲における画像のシャープネスの調整。
シャープネス全体の調整は、独自の設定または事前定義プリセットを使用します。
8.2.2.4 ダイナミック画像安定化
DIS 感度
DIS の感度の強度を選択します。
ビデオソースのクォリティが低い場合、Luma Low/ Chroma Low を選択し、ハイ クォリティ ビデオ
ソースでは、Luma High/ Chroma High (推奨) を選択します
DIS フィルター
DIS の周波数感度を選択します。
ビデオソースのクォリティが低い場合、Luma On/ Chroma On (推奨) を選択し、ハイ クォリティ ビ
デオ ソースでは、Luma Off/ Chroma Off を選択します
8.2.2.5 カラー マトリックス
概要
カラー マトリックスの選択:
• AUTO (自動): 測定されたラスタリング周波数に応じて、入力ソースに対して自動的に適用されます
• EBU : 欧州規格 (PAL/SECAM)
• ANSI : 米国規格 (NTSC)
8.2.3
デジタイザー設定
8.2.3.1 デジタイザー設定の起動
起動方法
1.
をクリックして、デジタイザー パラメータにアクセスします画像 8-1。
デジタイザー設定ウィンドウが表示されます。 (画像 8-3)
132
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
8. D310 構成
画像 8-3
デジタイザー D310 の設定
設定はすべて、ソース固有のものです。
8.2.3.2 詳細設定
クランプゲート (ON/OFF)
クランプゲートは、Macrovision Protection および Time Base Correction が ON になっているビデオで
使用されます。 Macrovision Protection: 疑似同期パルスおよび変調 AGC パルスで、クランプゲート
を ON にすると、クランプは、垂直フライバックの間、オフに設定され、Macrovision AGC パルスの
クランプドリフトを回避します。
H フィルター (ON/OFF)
H-フィルターは、2 倍以上の比率で画像圧縮を行う際に使用されます。
ダイナミック画像安定化フラッシュ (ON/OFF)
素早く変化する画像の補整にあたって、DIS フラッシュは、フレームごとにこのような変化を検出
し、自動的に DIS レスポンスを調整します。
ダイナミック画像安定化 3D スライド (ON/OFF)
DIS 3D スライドは、DIS と同様の特性を保持しますが、効果が強められます。
Vref Origin (From PLL/ From Direct Composite) (V参照 起点 (PLL から/直接コンポジッ
トから))
Vref Origin で可能な選択肢:
• From PLL (PLL から)
• From Direct Composite (直接コンポジットから)
VCR についてのみ、この VCR が早送りモード、またはフリーズ モードにある場合、直接コンポジッ
トを使用します。
その他の場合はすべて、PLL を使用します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
133
8. D310 構成
Insert Blanking (ブランク挿入) (ON/OFF)
Dlite Display で表示されない画像の部分をモニター上でブランクにします。
Sync Speed (Automatic/Fast) (同期速度 (自動/高速))
低クォリティの VHS-ビデオ ソースでは同期が劣化するのを回避するため、FAST (高速) を選択しま
す。 AUTOMATIC (自動) の場合、これは自動的に検出されません。
Sync Restore (同期回復) (Automatic (自動)/Off)
Macrovision コピー保護のため、画像のゆがみがある場合、AUTOMATIC (自動) を選択します。
Time Base Correction (タイムベース補正) (On/Off)
タイムベース補正については、低クォリティのビデオテープ ノイズをクリーンアップし、より安定し
た画像を得るために、ON を選択します。 タイムベース補正がオンになっている場合、クランプゲー
トもオンにしておくと最適です。
8.2.3.3 全般詳細設定
Full Frame Freeze (フル フレーム フリーズ) (On/Off)
フル フレームの定義が保存され、表示されます。
Monitor Sync (モニター同期) (On/Off)
モニター同期をオフにすると、緑の認証済みモニターがスタンバイに入ります。
Start system LED Wall (開始システム LED 壁) (On/Off)
開始システムの起動、無効を設定します。
8.3 デバイス プロパティ ウィンドウ設定オプション
概要
D310 のウィンドウ設定オプション固有の表示可能な静的情報が、ここで確認できます。
パラメーターには以下が含まれます:
• アドレス
• シリアル ナンバー
• ランタイム
• PCB ID
• ソフトウェア バージョン
• ファームウェア バージョン
8.4 デバイス プロパティー デジタイザー
概要
D310 固有の表示可能な静的情報が、ここで確認できます。
パラメーターには以下が含まれます:
• アドレス
• ソフトウェア バージョン
• ファームウェア バージョン
134
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
9. D320 構成
9. D320 構成
概要
•
•
D320 構成の起動
デジタイザー設定
9.1 D320 構成の起動
D320 アイコンをクリックする前に、Wall Positioning (壁の配置) が実行されていることを
確認します。
起動
1. D320 アイコンをクリックすると、以下のポップ アップが表示されます。 (画像 9-1)
画像 9-1
構成ウィンドウ D320 デジタイザー
デフォルト設定に戻すには、
ボタンをクリックします。
9.2 デジタイザー設定
概要
•
•
動作モード
同期ジェネレーター
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
135
9. D320 構成
9.2.1
動作モード
概要
以下の 3 つの動作モードが可能です:
• マスター: アドレス設定されているデバイスは、複数デバイスのチェーンの最初にきます。
• スレーブ ダイレクト
• スレーブ再同期
画像 9-2
画像 9-3
画像 9-4
スレーブ ダイレクト
スレーブは 前のデジタイザーの同期クロックを使用して、これに直接接続されているもの
です。
スレーブ再同期
スレーブは、前のデジタイザーに直接接続されていますが、同期クロックは復元されてい
ます。
例
RS232
Digitizer 1
Digitizer 2
Digitizer 3
D/ILite Display
PC
画像 9-5
デジタイザー 1: マスター
デジタイザー 2 & 3: スレーブ
9.2.2
同期ジェネレーター
9.2.2.1 起動方法
タイミング ウィンドウ
1.
をクリックして、D320 タイミング ウィンドウにアクセスします。
画像 9-6 をご参照ください。
136
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
9. D320 構成
画像 9-6
同期ジェネレーター ウィンドウのタイミング
タイミングの入力方法
同期ジェネレーターのタイミングを入力する場合、以下の方法が可能です:
• カスタマイズ: 手作業で値を入力します。
• ウィザード: 値の入力を案内します。
• デフォルト: デフォルト値を入力します。
壁の設定
以下の図で、壁の設定を説明します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
137
9. D320 構成
1
3
7
4
6
2
5
画像 9-7
1
2
3
4
5
6
7
水平開始アクティブ ピクセル
幅アクティブ ピクセル
垂直開始アクティブ ピクセル
高さアクティブ ピクセル
ラインあたりの合計ピクセル数
フィールドあたりの合計ライン数
アクティブ エリア
9.2.2.2 同期ジェネレーターのタイミング
モード
ピクセル クロックは、以下の 2 とおりで作業できます: シングルまたはデュアル パスです。 この切
り替えボタンでは、クロック モードを変更することができます。
デュアル パスで作業すると、ピクセル クロックのスピードは倍増します。
水平開始アクティブ ピクセル
アクティブ画像エリアの水平開始位置。HSync が参照します。 この値は、HSync Width よりも大き
く設定する必要があります。
画像 9-8
幅アクティブ ピクセル
実際に使用されているピクセル数 (= 表示される画像/ビデオの実際の幅) です。
垂直開始アクティブ ピクセル
アクティブ画像エリアの垂直開始位置。VSync が参照します。 この値は、VSync Width よりも大き
く設定する必要があります。
高さアクティブ ピクセル
実際に使用されているライン数 (= 表示される画像/ビデオの実際の高さ) です。
138
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
9. D320 構成
ラインあたりの合計ピクセル数。
ラインあたりの合計ピクセル数 (= 最大幅) です。
合計 = (水平開始アクティブ ピクセル) + (幅アクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ピクセル数)
です。
フィールドあたりの合計ライン数。
フィールドあたりの合計ライン数 (= 最大高さ) です。
合計 = (垂直開始アクティブ ピクセル) + (高さアクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ライン数) です
ピクセル クロック (kHz)
デジタイザーのクロック スピード。 一般的に、32 MHz (シングル モード)。
H Sync Width
水平同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
V Sync Width
垂直同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
9.2.2.3 タイミング ウィザード
起動方法
1.
をクリックして、タイミング ウィザードを起動します。
タイミング ウィザード起動画面が表示されます。 (画像 9-9)
2. 変更せずにウィザードを中止するには、
押して、次の画面に移動します。
をクリックします。 または、
を
画像 9-9
タイミング ウィザード起動
入力タイプ
1. ラジオ ボタンを選択し、マウスをクリックします。 (画像 9-10)
以下の入力タイプが利用できます:
- モーション センシティブ ビデオ (動画の多いビデオ)
- 静的または準静的画像 (グラフィックなど)
2.
をクリックすると、タイミング ウィザードを中止します。
ボタンを使用すると、前のページに戻ることができます。
を選択して、次のページに移動します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
139
9. D320 構成
画像 9-10
フレーム レート (モーション センシティブ ビデオが選択されている場合)
1. ビデオ入力ソースに対応するラジオ ボタンをマウスでクリックします。 (画像 9-11)
ビデオ ソースのフレーム レート (垂直周波数) の入力では、以下のオプションがあります:
- PAL/SECAM (50Hz)
- NTSC (60Hz)
- その他: 10~64 Hz の範囲であれば任意の周波数を設定できます。
をクリックすると、タイミング ウィザードを中止します。
ボタンを使用すると、前のページに戻ることができます。
を選択して、次のページに移動します。
2.
画像 9-11
壁の解像度 (静的または準静的画像が選択されている場合)
1. 壁の解像度を設定します。 (画像 9-12)
水平解像度: ピクセル
垂直解像度: ライン
2.
140
をクリックすると、タイミング ウィザードを中止します。
ボタンを使用すると、前のページに戻ることができます。
を選択して、次のページに移動します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
9. D320 構成
画像 9-12
タイミング ウィザードの終了
最後の画面には、入力されたデータに基づいて計算されたタイミングの概要が表示されます。 必要
に応じて、解像度やブランク設定を調整することもできます。
1. 希望の設定が入力されたフィールドをマウスでクリックします。 (画像 9-13)
2. 新しい値を入力します。
3.
をクリックすると、タイミング ウィザードを中止します。
ボタンを使用すると、前のページに戻ることができます。
を選択すると、タイミング ウィザードを終了し、設定を適用することができます。
画像 9-13
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
141
9. D320 構成
9.2.2.4 同期ジェネレーターのタイミングの完了
完了方法
1. Timings of the Sync Generator (同期ジェネレーターのタイミング) ウィンドウにある
リックします 画像 9-6。
をク
ポップアップ ウィンドウが表示されます。 (画像 9-14)
ソフトウェアは、LED ディスプレイでの表示を向上させるため、以下の設定を自動調整できます:
- 壁の Ma-clock: リフレッシュ レート
- 壁の配置
2. 両方をアップデートする場合は、アップデートをクリックします。
片方のみアップデートする場合、ボックスのチェックマークをはずし、アップデートをクリック
します。
自動アップデートしない場合、キャンセルをクリックします。
画像 9-14
142
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
10. D320PL 構成
概要
•
•
D320PL 構成の起動
デジタイザー設定
10.1 D320PL 構成の起動
D320PL アイコンをクリックする前に、Wall Positioning (壁の配置) が実行されていること
を確認します。
起動
1. D320PL アイコンをクリックすると、以下のポップ アップが表示されます。 (画像 10-1, 画像 10-2)
注記: Lay out of Configuration windows depends on the Output Selection choice. (構成ウィンドウの
配置は、出力選択の設定によって異なります。)
画像 10-1
構成ウィンドウ D320PL デジタイザー - デジタルまたはアナログ出力が選択されている場合
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
143
10. D320PL 構成
画像 10-2
構成ウィンドウ D320PL デジタイザー - Barco LED 壁出力が選択されている場合
デフォルト設定に戻すには、
ボタンをクリックします。
10.2 デジタイザー設定
概要
•
•
•
•
•
動作モード
出力選択
LED 壁の画像のモニター プレビュー
タイミング
パターン生成
10.2.1 動作モード
概要
以下の 3 つの動作モードが可能です:
• マスター: アドレス設定されているデバイスは、複数デバイスのチェーンの最初にきます。
•
スレーブ ダイレクト
•
スレーブ再同期
144
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
画像 10-3
画像 10-4
画像 10-5
例
チェーン構成でのマスター-スレーブ
Display
Input 1
Input 7
Local Control PC
with Control Software
Input 9
Video Inputs
Control
Data
RS232
1
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
2
3
Video Inputs
4
LOOP OUT
D320 - 1
(Master)
TO DISPLAY
5
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
6
7
Video Inputs
8
LOOP OUT
D320 - 2
(Slave)
TO DISPLAY
9
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
10
11
12
LOOP OUT
D320 - 3
(Slave)
TO DISPLAY
画像 10-6
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
145
10. D320PL 構成
スタック構成でのマスター-スレーブ
Display
Input 1
Input 4
Local Control PC
with Control Software
Input 2
Input 3
Video Inputs
Control
Data
RS232
RS232
RS232
1
2
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
D320 - 1
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
D320 - 2
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
D320 - 3
3
4
LOOP OUT
(Master)
TO DISPLAY
LOOP OUT
(Slave)
TO DISPLAY
LOOP OUT
(Slave)
TO DISPLAY
画像 10-7
10.2.2 出力選択
概要
以下の異なる 3 つの出力が可能です:
• Barco LED 壁。Barco LED 壁でのみ使用できます。
• デジタル出力。デジタル入力を備えたディスプレイ デバイスであれば使用できます。
• アナログ出力。アナログ入力を備えたディスプレイ デバイスであれば使用できます。
出力選択を、Barco LED 壁からデジタル出力へ切り替えなければ、アナログ出力が Barco
LED 壁に切り替えられます。
画像 10-8
146
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
10.2.3 LED 壁の画像のモニター プレビュー
概要
•
•
•
導入と起動
アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動
設定
10.2.3.1 導入と起動
できるとき
モニター プレビューは、デジタイザーが Barco LED 壁にスプリット ケーブルで接続されている場合
にのみ可能です。
使用するケーブル: Z3499213
DLite、SLite の場合
Z3499213
ILite の場合
Z3499211
LED の内容は、モニター スクリーン上に表示されます。 ウィンドウ表示は、LED 壁のアクティブ エ
リア全体に移動可能です。
起動方法
1. LED WALL モードで、Barco LED 壁の隣にある赤いモニター アイコンをクリックします。
Pannning control (パン コントロール) ウィンドウが開きます。 (画像 10-9)
緑の点線が、LED 壁のアクティブ エリアを表します。
色が付けられたエリアは、モニター表示の対象を意味します。
画像 10-9
パン コントロール
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
147
10. D320PL 構成
10.2.3.2 アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動
マウスによる移動
1. 色の付いたエリアでマウスを移動します。
カーソルが 4 方向のマウスに変化します。 (画像 10-10)
2. 色の付いたウィンドウをクリックし、アクティブ エリア内の任意の位置までドラッグします。
画像 10-10
モニター プレビューの移動
座標による移動
1. + または - ボタンを押して、モニター プレビューの X および Y 座標を変更します
または、
キーボードから新しい値を入力します。 (画像 10-11)
画像 10-11
位置の変更
モニター プレビュー ウィンドウの幅および高さは、800×600 ピクセルに固定されていま
す。
148
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
10.2.3.3 設定
設定方法
1. 確認 FRC (フレーム レート変換)、ビデオ信号が範囲外の場合。 (画像 10-12)
チェックマークが入っている場合、遅延のある連続同期を生成します。
この Frame Rate Conversion (フレーム レート変換) オプションでは、 Lock on HSync (水平同期の
ロック) は対象外です。
2. 特に、動画の場合をはじめ、その他の場合はすべて、 Lock on HSync (水平同期のロック) にチェッ
クマークを入れます。
チェックマークが入っている場合、最小遅延の不連続同期が生成されます。 画像のぶれを避ける
ことができます。
この Lock on HSync (水平同期のロック) オプションでは、 Frame Rate Conversion (フレーム レー
ト変換) は対象外です。
3. 水平同期の極性は、正と負が可能です。 位置は、モニターによって変わります。
4. 垂直同期の極性は、正と負が可能です。 位置は、モニターによって変わります。
画像 10-12
設定
10.2.4 タイミング
概要
•
•
•
•
•
•
デジタルまたはアナログ出力における事前定義タイミングの使用
デジタルまたはアナログ出力における詳細タイミング設定の使用
デジタルおよびアナログ出力における同期ジェネレーターのタイミング
デジタルおよびアナログ出力におけるディスプレイ インタフェースのタイミング
Barco LED 壁出力におけるロック モード
Barco LED 壁出力における同期ジェネレーターのタイミング
タイミング メニューは、出力の選択によって変わります。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
149
10. D320PL 構成
10.2.4.1 デジタルまたはアナログ出力における事前定義タイミングの使用
選択方法
1. ドロップ ダウン ボックスをクリックします。 (画像 10-13)
2. 対応する設定を選択します。
以下の設定が可能です
- SVGA
- XGA
- SXGA
- SXGA+
- UXGA
3. 手作業で選択されたリフレッシュ レート (50 または 60Hz)、または入力のロック (マスターの入力
のみ選択可能) のいずれかを選択します。
画像 10-13
プリセット タイミングの選択
10.2.4.2 デジタルまたはアナログ出力における詳細タイミング設定の使用
選択方法
1. 事前定義設定をまず選択します。150 ページ、 デジタルまたはアナログ出力における事前定義タ
イミングの使用 をご参照ください。 を参照してください。
をクリックします。
2.
タイミング メニューが拡張されます。 (画像 10-14)
以下のとおり異なるタイミング設定が利用できます:
アナログ出力
同期ジェネレーターおよびディスプレイ インタフェース タイミング
が利用できます
デジタル出力
同期ジェネレーター タイミングのみ利用できます
3. Sync Generator (同期ジェネレーター) の隣にある
をクリックします。
同期ジェネレーター タイミング ウィンドウが表示されます。 (画像 10-15)
詳細については、152 ページ、 デジタルおよびアナログ出力における同期ジェネレーターのタイ
ミング をご参照ください。 を参照してください。
4. Display Interface (ディスプレイ インタフェース) の隣にある
をクリックします。
Display Interface timing window (ディスプレイ インタフェース タイミング ウィンドウ) が表示され
ます。 (画像 10-16)
詳細については、152 ページ、 デジタルおよびアナログ出力における同期ジェネレーターのタイ
ミング をご参照ください。 を参照してください。
5. CRT プロジェクトで作業している場合、 Frame Rate Conversion (フレーム レート変換) にチェック
マークを入れます。
チェックマークが入っている場合、遅延のある連続同期を生成します。
この Frame Rate Conversion (フレーム レート変換) オプションでは、 Lock on HSync (水平同期の
ロック) は対象外です。
150
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
6. 特に、動画の場合をはじめ、その他の場合はすべて、 Lock on HSync (水平同期のロック) にチェッ
クマークを入れます。
チェックマークが入っている場合、最小遅延の不連続同期が生成されます。 画像のぶれを避ける
ことができます。
この Lock on HSync (水平同期のロック) オプションでは、 Frame Rate Conversion (フレーム レー
ト変換) は対象外です。
7. 水平同期の極性は、正と負が可能です。 位置は、ディスプレイによって変わります。
8. 垂直同期の極性は、正と負が可能です。 位置は、ディスプレイによって変わります。
9. Lock on input (入力のロック) にチェックマークをいれましたか?
「はい」の場合は、画像全体が表示されるまで、ラインあたりのフレーム遅延を適応させます。
画像 10-14
詳細タイミング メニュー
画像 10-15
同期ジェネレーター タイミング ウィンドウ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
151
10. D320PL 構成
画像 10-16
ディスプレイ インタフェース タイミング ウィンドウ
Tune last line length (最終ライン長さの微調整): Frame rate conversion (フレーム レート変
換) および H sync lock (水平同期ロック) にチェックマークが入っていない場合にのみ、ア
クティブになります。 場合によって、画像の最終ラインが、完全なラインではなく、ロッ
クの問題が生じることがあるため、画像は表示されません。 この場合、Tune last line (最
終ラインの微調整) ボタンを押すと、クロックの微調整が行われ、最終ラインがその他の
ラインと同様の長さになります。
10.2.4.3 デジタルおよびアナログ出力における同期ジェネレーターのタイミング
設定されている値が、選択されたプリセットについてデフォルト値です。
152
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
スキーマ概要
Hor. line
Width Active pixels
Hor. Sync width
Trailing blanking pixels
Total number of pixels
Field
Height Active lines
Vert. Sync width
Trailing blanking lines
Total number of lines
画像 10-17
用語の説明
モード
ピクセル クロックは、以下の 2 とおりで作業できます: シングルまたはデュアル パスです。 この切
り替えボタンでは、クロック モードを変更することができます。
デュアル パスで作業すると、ピクセル クロックのスピードは倍増します。
水平開始アクティブ ピクセル
アクティブ画像エリアの水平開始位置。HSync が参照します。 この値は、HSync Width よりも大き
く設定する必要があります。
画像 10-18
垂直開始アクティブ ピクセル
アクティブ画像エリアの垂直開始位置。VSync が参照します。 この値は、VSync Width よりも大き
く設定する必要があります。
幅アクティブ ピクセル
実際に使用されているピクセル数 (= 表示される画像/ビデオの実際の幅) です。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
153
10. D320PL 構成
高さアクティブ ピクセル
実際に使用されているライン数 (= 表示される画像/ビデオの実際の高さ) です。
ラインあたりの合計ピクセル数。
ラインあたりの合計ピクセル数 (= 最大幅) です。
合計 = (水平開始アクティブ ピクセル) + (幅アクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ピクセル数)
です。
フィールドあたりの合計ライン数。
フィールドあたりの合計ライン数 (= 最大高さ) です。
合計 = (垂直開始アクティブ ピクセル) + (高さアクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ライン数) です
ピクセル クロック (kHz)
デジタイザーのクロック スピード。 一般的に、32 MHz (シングル モード)。
H Sync Width
水平同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
V Sync Width
垂直同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
フレーム レート
入力信号の垂直周波数。
選択されたプリセットのデフォルト
選択されたプリセットについてデフォルトに戻すには、Defaults for xxxx (xxx のデフォルト) を押しま
す。 ここで、xxxx はプリセット入力フィールドに入力された値です。
10.2.4.4 デジタルおよびアナログ出力におけるディスプレイ インタフェースのタイミング
設定されている値が、選択されたプリセットについてデフォルト値です。
モード
ピクセル クロックは、以下の 2 とおりで作業できます: シングルまたはデュアル パスです。 この切
り替えボタンでは、クロック モードを変更することができます。
デュアル パスで作業すると、ピクセル クロックのスピードは倍増します。
水平開始アクティブ ピクセル
アクティブ画像エリアの水平開始位置。HSync によって参照されます (入力信号の開始およびビデオ
情報の開始の間のピクセル数)。 この値は、HSync Width よりも大きく設定する必要があります。
垂直開始アクティブ ピクセル
アクティブ画像エリアの垂直開始位置。VSync によって参照されます (入力信号の開始およびスク
リーン上の画像の開始の間のピクセル数)。 この値は、VSync Width よりも大きく設定する必要があ
ります。
154
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
幅アクティブ ピクセル
実際に使用されているピクセル数 (= 表示される画像/ビデオの実際の幅) です。この値は一般的に、
ソース仕様で設定されています。 画像が正しく表示されない場合、画像全体 (ピクセルの欠けている
部分がないように) が表示されるまで調整します。
高さアクティブ ピクセル
実際に使用されているライン数 (= 表示される画像/ビデオの実際の高さ) です。 通常、この値は、
ソース仕様から得られます。 画像が正しく表示されない場合、画像全体 (ラインの欠けている部分が
ないように) が表示されるまで調整します。
ラインあたりの合計ピクセル数。
ラインあたりの合計ピクセル数 (= 最大幅) です。
合計 = (水平開始アクティブ ピクセル) + (幅アクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ピクセル数)
です。
フィールドあたりの合計ライン数。
フィールドあたりの合計ライン数 (= 最大高さ) です。
合計 = (垂直開始アクティブ ピクセル) + (高さアクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ライン数) です
ピクセル クロック (kHz)
処理ユニットのクロック スピード。
H Sync Width
水平同期信号の幅。
V Sync Width
垂直同期信号の幅。
フレーム レート
入力信号の垂直周波数。
選択されたプリセットのデフォルト
選択されたプリセットについてデフォルトに戻すには、Defaults for xxxx (xxx のデフォルト) を押しま
す。 ここで、xxxx はプリセット入力フィールドに入力された値です。
10.2.4.5 Barco LED 壁出力におけるロック モード
デジタイザーのファームウェア バージョンが 2.5.00 以降の場合にのみ利用できます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
155
10. D320PL 構成
選択方法
1. 希望のロック モードのラジオ ボタンをクリックします。 (画像 10-19)
内部ロック
デジタイザーの内部クロックが使用されます (ノーマル モード)
入力のロック
選択された入力のクロックが使用されます。
2. Lock to Input (入力のロック) が選択されている場合、 Lock to Input (入力のロック) の隣にあるド
ロップ ダウン ボックスから入力を選択します。
適用し、ロックが行われると、Lockmode (ロックモード) ウィンドウが表示されます。 (画像 10-20)
ソースの垂直周波数が情報として使用されます。
3. 新しいタイミングについてアルゴリズムを選択します。
以下の選択肢が利用できます:
フィールドあたりのライン数
を調整
プロセッサがマスター デジタイザーのタイミングを計算し
ます。 ライン数で計算された値が、アクティブ ライン数よ
りも小さい場合、 Adjust the number of pixels per line (ライン
あたりのピクセル数の調整) の方法で再試行するように警
告ボックスが表示されます。
ラインあたりのピクセル数を
調整
プロセッサがマスター デジタイザーのタイミングを計算しま
す。 ラインあたりのピクセル数で計算された値が、ラインあ
たりのアクティブなライン数よりも小さい場合、 Adjust the
number of lines per field (フィールドあたりのライン数の調整)
の方法で再試行するように警告ボックスが表示されます。
両方の方法で警告ボックスが表示される場合、選択されたソースでのロックは行えません。
New timings on Master Digitizer (マスター デジタイザー上の新しいタイミング) は情報として使用さ
れます。
4. OK をクリックして続行します。
画像 10-19
タイミング LED 壁
156
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
画像 10-20
ロックモード ウィンドウ
10.2.4.6 Barco LED 壁出力における同期ジェネレーターのタイミング
選択方法
これは、D320 と手順が同じであるため、詳細については、136 ページ、 9. D320 構成 章、 同期ジェ
ネレーター をご参照ください。 を参照してください。
10.2.5 パターン生成
概要
•
•
概要と起動
テスト パターン設定
10.2.5.1 概要と起動
概要
デジタイザーは、テスト実施の目的でパターンの生成ができます。
以下の異なるパターンが利用できます:
• Bytelevel (バイトレベル): 1 色のパターン
• Crosshatch (クロスハッチ)
• HRamp (水平ランプ): 水平バー
• Multiburst (マルチバースト): ピクセルのオン、オフによるパターン
• Blocks (ブロック): ブロック パターン
• VRamp (垂直ランプ): 垂直バー
「パターン」ボタンを使用すると、パターン ページに移動できます。 このページでは、パターン生
成を起動し、パターン設定を変更できます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
157
10. D320PL 構成
テスト パターンの起動方法
1.
をクリックして、テスト パターン ジェネレーターを起動します。
テスト パターン ジェネレーター ウィンドウが開きます。 (画像 10-21)
2. ON/OFF ボタンをクリックすると、ステータスを切り替えることができます。
- ON : テスト パターンが生成されます
- OFF : テスト パターンは生成されません
画像 10-21
テスト パターン ジェネレーター ウィンドウ
158
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
10. D320PL 構成
10.2.5.2 テスト パターン設定
テストパターンの構成方法
1. 利用できる 6 つのパターンをクリックします。
選択されたパターン名は、Current pattern (現在のパターン) ボックスに表示されます。 (画像 10-22)
選択されたパターンにより、入力ボックスが追加表示されます。
パターン
追加入力ボックス
バイトレベ
ル
強度: パターンの強度 (輝度)。
クロスハッ
チ
ピクセル幅: : ピクセルの幅 (ライン)。 値は 1~4 です。
HRamp
追加入力ボックスなし
マルチバー
スト
タイプ: マルチバースト パターンのタイプ (ピクセルの幅)。 0~7 の値が設
定可能です。
ブロック
追加入力ボックスなし
VRamp
追加入力ボックスなし
2. パターン生成で使用する色を選択します。
以下のオプションが利用できます:
- 赤
- 緑
- 青
- 黄 (R + G)
- シアン (G + B)
- マゼンダ (R + B)
- 白 (R+ G + B)
- すべてループ
「LOOP ALL (すべてループ)」を選択すると、利用できるすべての色がループされます。
3. パターンをスクリーン上で移動する必要がある場合、Vertical (垂直) や Horizontal (水平) にチェッ
クマークを入れ、方向を選択します。
注記: クロスハッチ、HRamp、VRamp パターンでのみ利用できます。
注記: バーンインを避けるために重要です。
画像 10-22
パターンの選択
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
159
10. D320PL 構成
160
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
11. D320L 構成
11. D320L 構成
概要
•
•
D320L 構成の起動
デジタイザー設定
11.1 D320L 構成の起動
D320L アイコンをクリックする前に、Wall Positioning (壁の配置) が実行されていることを
確認します。
起動
1. D320L アイコンをクリックすると、以下のポップ アップが表示されます。 (画像 11-1)
画像 11-1
構成ウィンドウ D320L デジタイザー
デフォルト設定に戻すには、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンをクリックします。
161
11. D320L 構成
11.2 デジタイザー設定
概要
•
•
•
•
動作モード
同期ジェネレーター
LED 壁の画像のモニター プレビュー
パターン ジェネレーター
11.2.1 動作モード
概要
以下の 3 つの動作モードが可能です:
• マスター: アドレス設定されているデバイスは、複数デバイスのチェーンの最初にきます。
•
スレーブ ダイレクト
•
スレーブ再同期
画像 11-2
画像 11-3
画像 11-4
例
チェーン構成でのマスター-スレーブ
Display
Input 1
Input 7
Local Control PC
with Control Software
Input 9
Video Inputs
Control
Data
RS232
1
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
2
3
Video Inputs
4
LOOP OUT
D320 - 1
(Master)
TO DISPLAY
5
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
6
7
Video Inputs
8
LOOP OUT
D320 - 2
(Slave)
TO DISPLAY
9
LOOP IN
COM1
COM2
COM3
10
11
12
LOOP OUT
D320 - 3
(Slave)
TO DISPLAY
画像 11-5
162
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
11. D320L 構成
11.2.2 同期ジェネレーター
概要
•
•
•
•
起動方法
同期ジェネレーターのタイミング
タイミング ウィザード
ロック モード
11.2.2.1 起動方法
タイミング ウィンドウ
1.
をクリックして、D320L タイミング ウィンドウにアクセスします。
画像 11-6 をご参照ください。
画像 11-6
同期ジェネレーター ウィンドウのタイミング
タイミングの入力方法
同期ジェネレーターのタイミングを入力する場合、以下の方法が可能です:
• カスタマイズ: 手作業で値を入力します。
• ウィザード: 値の入力を案内します。
• デフォルト: デフォルト値を入力します。
壁の設定
以下の図で、壁の設定を説明します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
163
11. D320L 構成
1
3
7
4
6
2
5
画像 11-7
1
2
3
4
5
6
7
水平開始アクティブ ピクセル
幅アクティブ ピクセル
垂直開始アクティブ ピクセル
高さアクティブ ピクセル
ラインあたりの合計ピクセル数
フィールドあたりの合計ライン数
アクティブ エリア
11.2.2.2 同期ジェネレーターのタイミング
モード
ピクセル クロックは、以下の 2 とおりで作業できます: シングルまたはデュアル パスです。 この切
り替えボタンでは、クロック モードを変更することができます。
デュアル パスで作業すると、ピクセル クロックのスピードは倍増します。
水平開始アクティブ フィールド
アクティブ画像エリアの水平開始位置。HSync が参照します。 この値は、HSync Width よりも大き
く設定する必要があります。
画像 11-8
垂直開始アクティブ フィールド
アクティブ画像エリアの垂直開始位置。VSync が参照します。 この値は、VSync Width よりも大き
く設定する必要があります。
アクティブ フィールドのピクセル数
実際に使用されているピクセル数 (= 表示される画像/ビデオの実際の幅) です。
アクティブ フィールドのライン数
実際に使用されているライン数 (= 表示される画像/ビデオの実際の高さ) です。
164
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
11. D320L 構成
ラインあたりの合計ピクセル数。
ラインあたりの合計ピクセル数 (= 最大幅) です。
合計 = (水平開始アクティブ ピクセル) + (幅アクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ピクセル数)
です。
フィールドあたりの合計ライン数。
フィールドあたりの合計ライン数 (= 最大高さ) です。
合計 = (垂直開始アクティブ ピクセル) + (高さアクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ライン数) です
ピクセル クロック (kHz)
デジタイザーのクロック スピード。 一般的に、32 MHz (シングル モード)。
H Sync Width
水平同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
V Sync Width
垂直同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
フレーム レート
入力信号の垂直周波数。
11.2.2.3 タイミング ウィザード
起動方法
これは D320 デジタイザーと手順が同じであるため、詳細については 139 ページ、 9. D320 構成 章、
タイミング ウィザード をご参照ください。 を参照してください。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
165
11. D320L 構成
11.2.2.4 ロック モード
選択方法
1. 希望のロック モードのラジオ ボタンをクリックします。 (画像 11-9)
内部ロック
デジタイザーの内部クロックが使用されます (ノーマル モード)
入力のロック
選択された入力のクロックが使用されます。
2. Lock to Input (入力のロック) が選択されている場合、 Lock to Input (入力のロック) の隣にあるド
ロップ ダウン ボックスから入力を選択します。
適用し、ロックが行われると、Lockmode (ロックモード) ウィンドウが表示されます。 (画像 11-10)
ソースの垂直周波数が情報として使用されます。
3. 新しいタイミングについてアルゴリズムを選択します。
以下の選択肢が利用できます:
フィールドあたりのライン数
を調整
プロセッサがマスター デジタイザーのタイミングを計算し
ます。 ライン数で計算された値が、アクティブ ライン数よ
りも小さい場合、 Adjust the number of pixels per line (ライン
あたりのピクセル数の調整) の方法で再試行するように警
告ボックスが表示されます。
ラインあたりのピクセル数を
調整
プロセッサがマスター デジタイザーのタイミングを計算しま
す。 ラインあたりのピクセル数で計算された値が、ラインあ
たりのアクティブなライン数よりも小さい場合、 Adjust the
number of lines per field (フィールドあたりのライン数の調整)
の方法で再試行するように警告ボックスが表示されます。
両方の方法で警告ボックスが表示される場合、選択されたソースでのロックは行えません。
New timings on Master Digitizer (マスター デジタイザー上の新しいタイミング) は情報として使用さ
れます。
4. OK をクリックして続行します。
画像 11-9
D320L 同期ジェネレーター、ロック モード
166
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
11. D320L 構成
画像 11-10
ロックモード ウィンドウ
デジタイザーのファームウェア バージョンが 2.5.00 以降の場合にのみ利用できます。
11.2.3 LED 壁の画像のモニター プレビュー
概要
•
•
•
導入と起動
アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動
設定
11.2.3.1 導入と起動
できるとき
モニター プレビューは、デジタイザーが Barco LED 壁にスプリット ケーブルで接続されている場合
にのみ可能です。
使用するケーブル: Z3499213
DLite、SLite の場合
Z3499213
ILite の場合
Z3499211
LED の内容は、モニター スクリーン上に表示されます。 ウィンドウ表示は、LED 壁のアクティブ エ
リア全体に移動可能です。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
167
11. D320L 構成
起動方法
1. Monitor preview (モニター プレビュー) の隣にある赤いモニター アイコンをクリックします。
Pannning control (パン コントロール) ウィンドウが開きます。 (画像 11-11)
緑の点線が、LED 壁のアクティブ エリアを表します。
色が付けられたエリアは、モニター表示の対象を意味します。
画像 11-11
パン コントロール
11.2.3.2 アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動
マウスによる移動
1. 色の付いたエリアでマウスを移動します。
カーソルが 4 方向のマウスに変化します。 (画像 11-12)
2. 色の付いたウィンドウをクリックし、アクティブ エリア内の任意の位置までドラッグします。
画像 11-12
モニター プレビューの移動
168
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
11. D320L 構成
座標による移動
1. + または - ボタンを押して、モニター プレビューの X および Y 座標を変更します
または、
キーボードから新しい値を入力します。 (画像 11-13)
画像 11-13
位置の変更
モニター プレビュー ウィンドウの幅および高さは、800×600 ピクセルに固定されていま
す。
11.2.3.3 設定
設定方法
1. ビデオ信号が範囲外の場合、 FRC (フレーム レート変換) を確認します。 (画像 11-14)
チェックマークが入っている場合、遅延のある連続同期を生成します。
この Frame Rate Conversion (フレーム レート変換) オプションでは、 Lock on HSync (水平同期の
ロック) は対象外です。
2. 特に、動画の場合をはじめ、その他の場合はすべて、 Lock on HSync (水平同期のロック) にチェッ
クマークを入れます。
チェックマークが入っている場合、最小遅延の不連続同期が生成されます。 画像のぶれを避ける
ことができます。
この Lock on HSync (水平同期のロック) オプションでは、 Frame Rate Conversion (フレーム レー
ト変換) は対象外です。
3. 水平同期の極性は、正と負が可能です。 位置は、モニターによって変わります。
4. 垂直同期の極性は、正と負が可能です。 位置は、モニターによって変わります。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
169
11. D320L 構成
画像 11-14
設定
11.2.4 パターン ジェネレーター
概要
•
•
概要と起動
テスト パターン設定
11.2.4.1 概要と起動
概要
デジタイザーは、テスト実施の目的でパターンの生成ができます。
以下の異なるパターンが利用できます:
• Bytelevel (バイトレベル): 1 色のパターン
• Crosshatch (クロスハッチ)
• HRamp (水平ランプ): 水平バー
• Multiburst (マルチバースト): ピクセルのオン、オフによるパターン
• Blocks (ブロック): ブロック パターン
• VRamp (垂直ランプ): 垂直バー
「パターン」ボタンを使用すると、パターン ページに移動できます。 このページでは、パターン生
成を起動し、パターン設定を変更できます。
テスト パターンの起動方法
1.
をクリックして、テスト パターン ジェネレーターを起動します。
テスト パターン ジェネレーター ウィンドウが開きます。 (画像 11-15)
2. ON/OFF ボタンをクリックすると、ステータスを切り替えることができます。
- ON : テスト パターンが生成されます
- OFF : テスト パターンは生成されません
170
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
11. D320L 構成
画像 11-15
テスト パターン ジェネレーター ウィンドウのタイミング
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
171
11. D320L 構成
11.2.4.2 テスト パターン設定
テストパターンの構成方法
1. 利用できる 6 つのパターンをクリックします。
選択されたパターン名は、Current pattern (現在のパターン) ボックスに表示されます。 (画像 11-16)
選択されたパターンにより、入力ボックスが追加表示されます。
パターン
追加入力ボックス
バイトレベ
ル
強度: パターンの強度 (輝度)。
クロスハッ
チ
ピクセル幅: : ピクセルの幅 (ライン)。 値は 1~4 です。
HRamp
追加入力ボックスなし
マルチバー
スト
タイプ: マルチバースト パターンのタイプ (ピクセルの幅)。 0~7 の値が設
定可能です。
ブロック
追加入力ボックスなし
VRamp
追加入力ボックスなし
2. パターン生成で使用する色を選択します。
以下のオプションが利用できます:
- 赤
- 緑
- 青
- 黄 (R + G)
- シアン (G + B)
- マゼンダ (R + B)
- 白 (R+ G + B)
- すべてループ
「LOOP ALL (すべてループ)」を選択すると、利用できるすべての色がループされます。
3. パターンをスクリーン上で移動する必要がある場合、Vertical (垂直) や Horizontal (水平) にチェッ
クマークを入れ、方向を選択します。
注記: クロスハッチ、HRamp、VRamp パターンでのみ利用できます。
注記: バーンインを避けるために重要です。
画像 11-16
パターンの選択
172
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
12. D320Lite 構成
12. D320LITE 構成
概要
•
•
•
•
•
D320Lite 構成の起動
動作モード
同期ジェネレーター
LED 壁の画像のモニター プレビュー
パターン ジェネレーター
12.1 D320Lite 構成の起動
D320Lite アイコンをクリックする前に、Wall Positioning (壁の配置) が実行されていること
を確認します。
起動
1. D320Lite アイコンをクリックすると、以下のポップ アップが表示されます。 (画像 12-1)
画像 12-1
構成ウィンドウ D320Lite デジタイザー
デフォルト設定に戻すには、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンをクリックします。
173
12. D320Lite 構成
12.2 動作モード
概要
スタンドアローン デジタイザー (=マスター) またはチェーンの最後 (スレーブ)としてのみ利用可能
です。
画像 12-2
画像 12-3
画像 12-4
例
Display
Input 2
Input 1
Local Control PC
with Control Software
Video Inputs
Control
Data
1
RS232
LOOP IN
COM1
2
D320
Video Data / Communication Data
TO DISPLAY
画像 12-5
12.3 同期ジェネレーター
概要
•
•
•
•
起動方法
同期ジェネレーターのタイミング
タイミング ウィザード
ロック モード
12.3.1 起動方法
タイミング ウィンドウ
1.
をクリックして、D320Lite タイミング ウィンドウにアクセスします。
画像 12-6 をご参照ください。
174
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
12. D320Lite 構成
画像 12-6
同期ジェネレーター ウィンドウのタイミング
タイミングの入力方法
同期ジェネレーターのタイミングを入力する場合、以下の方法が可能です:
• カスタマイズ: 手作業で値を入力します。
• ウィザード: 値の入力を案内します。
• デフォルト: デフォルト値を入力します。
壁の設定
以下の図で、壁の設定を説明します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
175
12. D320Lite 構成
1
3
7
4
6
2
5
画像 12-7
1
2
3
4
5
6
7
水平開始アクティブ ピクセル
幅アクティブ ピクセル
垂直開始アクティブ ピクセル
高さアクティブ ピクセル
ラインあたりの合計ピクセル数
フィールドあたりの合計ライン数
アクティブ エリア
12.3.2 同期ジェネレーターのタイミング
モード
ピクセル クロックは、以下の 2 とおりで作業できます: シングルまたはデュアル パスです。 この切
り替えボタンでは、クロック モードを変更することができます。
デュアル パスで作業すると、ピクセル クロックのスピードは倍増します。
水平開始アクティブ フィールド
アクティブ画像エリアの水平開始位置。HSync が参照します。 この値は、HSync Width よりも大き
く設定する必要があります。
画像 12-8
垂直開始アクティブ フィールド
アクティブ画像エリアの垂直開始位置。VSync が参照します。 この値は、VSync Width よりも大き
く設定する必要があります。
アクティブ フィールドのピクセル数
実際に使用されているピクセル数 (= 表示される画像/ビデオの実際の幅) です。
アクティブ フィールドのライン数
実際に使用されているライン数 (= 表示される画像/ビデオの実際の高さ) です。
176
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
12. D320Lite 構成
ラインあたりの合計ピクセル数。
ラインあたりの合計ピクセル数 (= 最大幅) です。
合計 = (水平開始アクティブ ピクセル) + (幅アクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ピクセル数)
です。
フィールドあたりの合計ライン数。
フィールドあたりの合計ライン数 (= 最大高さ) です。
合計 = (垂直開始アクティブ ピクセル) + (高さアクティブ ピクセル) + (後に続くブランク ライン数) です
ピクセル クロック (kHz)
デジタイザーのクロック スピード。 一般的に、32 MHz (シングル モード)。
H Sync Width
水平同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
V Sync Width
垂直同期信号の幅。 これはつねに 10 ピクセルに設定する必要があります。
フレーム レート
入力信号の垂直周波数。
12.3.3 タイミング ウィザード
起動方法
これは D320 デジタイザーと手順が同じであるため、詳細については 139 ページ、 9. D320 構成 章、
タイミング ウィザード をご参照ください。 を参照してください。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
177
12. D320Lite 構成
12.3.4 ロック モード
選択方法
1. 希望のロック モードのラジオ ボタンをクリックします。 (画像 12-9)
内部ロック
デジタイザーの内部クロックが使用されます (ノーマル モード)
入力のロック
選択された入力のクロックが使用されます。
2. Lock to Input (入力のロック) が選択されている場合、 Lock to Input (入力のロック) の隣にあるド
ロップ ダウン ボックスから入力を選択します。
適用し、ロックが行われると、Lockmode (ロックモード) ウィンドウが表示されます。 (画像 12-10)
ソースの垂直周波数が情報として使用されます。
3. 新しいタイミングについてアルゴリズムを選択します。
以下の選択肢が利用できます:
フィールドあたりのライン数
を調整
プロセッサがマスター デジタイザーのタイミングを計算し
ます。 ライン数で計算された値が、アクティブ ライン数よ
りも小さい場合、 Adjust the number of pixels per line (ライン
あたりのピクセル数の調整) の方法で再試行するように警
告ボックスが表示されます。
ラインあたりのピクセル数を
調整
プロセッサがマスター デジタイザーのタイミングを計算しま
す。 ラインあたりのピクセル数で計算された値が、ラインあ
たりのアクティブなライン数よりも小さい場合、 Adjust the
number of lines per field (フィールドあたりのライン数の調整)
の方法で再試行するように警告ボックスが表示されます。
両方の方法で警告ボックスが表示される場合、選択されたソースでのロックは行えません。
New timings on Master Digitizer (マスター デジタイザー上の新しいタイミング) は情報として使用さ
れます。
4. OK をクリックして続行します。
画像 12-9
D320Lite 同期ジェネレーター、ロック モード
178
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
12. D320Lite 構成
画像 12-10
ロックモード ウィンドウ
デジタイザーのファームウェア バージョンが 2.5.00 以降の場合にのみ利用できます。
12.4 LED 壁の画像のモニター プレビュー
概要
•
•
•
導入と起動
アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動
設定
12.4.1 導入と起動
できるとき
モニター プレビューは、デジタイザーが Barco LED 壁にスプリット ケーブルで接続されている場合
にのみ可能です。
使用するケーブル: Z3499213
DLite、SLite の場合
Z3499213
ILite の場合
Z3499211
LED の内容は、モニター スクリーン上に表示されます。 ウィンドウ表示は、LED 壁のアクティブ エ
リア全体に移動可能です。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
179
12. D320Lite 構成
起動方法
1. Monitor preview (モニター プレビュー) の隣にある赤いモニター アイコンをクリックします。
Pannning control (パン コントロール) ウィンドウが開きます。 (画像 12-11)
緑の点線が、LED 壁のアクティブ エリアを表します。
色が付けられたエリアは、モニター表示の対象を意味します。
画像 12-11
パン コントロール
12.4.2 アクティブ エリアでのモニター プレビューの移動
マウスによる移動
1. 色の付いたエリアでマウスを移動します。
カーソルが 4 方向のマウスに変化します。 (画像 12-12)
2. 色の付いたウィンドウをクリックし、アクティブ エリア内の任意の位置までドラッグします。
画像 12-12
モニター プレビューの移動
180
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
12. D320Lite 構成
座標による移動
1. + または - ボタンを押して、モニター プレビューの X および Y 座標を変更します
または、
キーボードから新しい値を入力します。 (画像 12-13)
画像 12-13
位置の変更
モニター プレビュー ウィンドウの幅および高さは、800×600 ピクセルに固定されていま
す。
12.4.3 設定
設定方法
1. ビデオ信号が範囲外の場合、 FRC (フレーム レート変換) を確認します。 (画像 12-14)
チェックマークが入っている場合、遅延のある連続同期を生成します。
この Frame Rate Conversion (フレーム レート変換) オプションでは、 Lock on HSync (水平同期の
ロック) は対象外です。
2. 特に、動画の場合をはじめ、その他の場合はすべて、 Lock on HSync (水平同期のロック) にチェッ
クマークを入れます。
チェックマークが入っている場合、最小遅延の不連続同期が生成されます。 画像のぶれを避ける
ことができます。
この Lock on HSync (水平同期のロック) オプションでは、 Frame Rate Conversion (フレーム レー
ト変換) は対象外です。
3. 水平同期の極性は、正と負が可能です。 位置は、モニターによって変わります。
4. 垂直同期の極性は、正と負が可能です。 位置は、モニターによって変わります。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
181
12. D320Lite 構成
画像 12-14
設定
12.5 パターン ジェネレーター
概要
•
•
概要と起動
テスト パターン設定
12.5.1 概要と起動
概要
デジタイザーは、テスト実施の目的でパターンの生成ができます。
以下の異なるパターンが利用できます:
• Bytelevel (バイトレベル): 1 色のパターン
• Crosshatch (クロスハッチ)
• HRamp (水平ランプ): 水平バー
• Multiburst (マルチバースト): ピクセルのオン、オフによるパターン
• Blocks (ブロック): ブロック パターン
• VRamp (垂直ランプ): 垂直バー
「パターン」ボタンを使用すると、パターン ページに移動できます。 このページでは、パターン生
成を起動し、パターン設定を変更できます。
テスト パターンの起動方法
1.
をクリックして、テスト パターン ジェネレーターを起動します。
テスト パターン ジェネレーター ウィンドウが開きます。 (画像 12-15)
2. ON/OFF ボタンをクリックすると、ステータスを切り替えることができます。
- ON : テスト パターンが生成されます
- OFF : テスト パターンは生成されません
182
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
12. D320Lite 構成
画像 12-15
テスト パターン ジェネレーター ウィンドウのタイミング
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
183
12. D320Lite 構成
12.5.2 テスト パターン設定
テストパターンの構成方法
1. 利用できる 6 つのパターンをクリックします。
選択されたパターン名は、Current pattern (現在のパターン) ボックスに表示されます。 (画像 12-16)
選択されたパターンにより、入力ボックスが追加表示されます。
パターン
追加入力ボックス
バイトレベ
ル
強度: パターンの強度 (輝度)。
クロスハッ
チ
ピクセル幅: : ピクセルの幅 (ライン)。 値は 1~4 です。
HRamp
追加入力ボックスなし
マルチバー
スト
タイプ: マルチバースト パターンのタイプ (ピクセルの幅)。 0~7 の値が設
定可能です。
ブロック
追加入力ボックスなし
VRamp
追加入力ボックスなし
2. パターン生成で使用する色を選択します。
以下のオプションが利用できます:
- 赤
- 緑
- 青
- 黄 (R + G)
- シアン (G + B)
- マゼンダ (R + B)
- 白 (R+ G + B)
- すべてループ
「LOOP ALL (すべてループ)」を選択すると、利用できるすべての色がループされます。
3. パターンをスクリーン上で移動する必要がある場合、Vertical (垂直) や Horizontal (水平) にチェッ
クマークを入れ、方向を選択します。
注記: クロスハッチ、HRamp、VRamp パターンでのみ利用できます。
注記: バーンインを避けるために重要です。
画像 12-16
パターンの選択
184
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
13. D320 シリーズの入力スロット
概要
•
•
•
•
•
•
•
•
•
全般情報
入力 D320
入力 D320
入力 D320
入力 D320
入力 D320
入力 D320
入力 D320
入力 D320
DVI-D
YUV/RG(s)B
SDI
HDSDI
CVBS/S-Vid
RGB アナログ
RGB アナログ (UXGA)
RGB UXGA 2
D320 デジタイザーのスタック構成を使用する際に重要です。
入力の調整を始める前に、 Apply Level Settings (適用レベル設定) を確認します。 適用レベ
ル設定の詳細については、91 ページ、 適用レベル設定の調整 をご参照ください。 を参照
してください。
13.1 全般情報
リフレッシュ/アップデート入力検出
1. 入力検出プロセスをアップデート/リフレッシュするには、構成スクリーンの Input slots (入力ス
をクリックします。 (画像 13-1)
ロット) にある
注記: 新しい入力スロットが挿入された場合のみ、検出ボタンを使用します。
確認ウィンドウが表示されます。 (画像 13-2)
2.
をクリックすると、続行します。
をクリックすると、中止します。
画像 13-1
画像 13-2
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
185
13. D320 シリーズの入力スロット
入力タイプ
入力タイプ、および D320 にしたがって接続された入力ポートが示されます。
D320 では以下の入力が利用できます:
• DVI
• YUV/RG(s)B
• SDI
• CVBS/S-ビデオ
• RGB アナログ (SXGA)
• RGB アナログ (UXGA)
特定の入力で
をクリックすると、その入力のパラメータ調整ウィンドウにアクセスできます。
13.2 入力 D320 DVI-D
13.2.1 設定の起動
DVI
Digital Visual Interface (デジタル ビジュアル インタフェース)。 DVI (デジタル ビジュアル
インタフェース) は、デジタル フラット パネル ディスプレイの急増に伴って開発された高
速シリアル ディスプレイ インタフェースです。
起動方法
1. メニューの Input slots (入力スロット) にある DVI 入力で
タ ウィンドウが表示されます。 (画像 13-3)
2.
をクリックすると、DVI パラメー
をクリックすると、全般 D320 ウィンドウに戻ります。
3.
をクリックすると、デフォルト設定にリセットします。
画像 13-3
DVI 入力スロット D320 の設定
13.2.2 画像処理
DDC 解像度
DDC 設定を使用すると、VESA 規格またはカスタムで作成されたファイルに応じて、RGB 入力を構
成することができます。 DDC 通信およびカスタム設定 1 つを使用したグラフィック カードによって
認識される解像度設定値は、7 つの選択肢から決定可能です。
DDC 設定は、No DDC を選択することで無効にできます。
186
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
No DDC
グラフィック カードと入力モジュールで、DDC 通信は行われません
カスタ
ム
グラフィック カードを強制的に特定の解像度にするために、カスタム ファイルが
使用されます
VGA
85Hz リフレッシュ レート
SVGA
60Hz リフレッシュ レート
XGA
60Hz リフレッシュ レート
SXGA
60Hz リフレッシュ レート
SXGA
75Hz リフレッシュ レート
SXGA
85Hz リフレッシュ レート
UXGA
60Hz リフレッシュ レート
選択されたディスプレイ モードが、グラフィック カードの性能範囲内であれば、選択されたディス
プレイ モードで起動します。
Custom (カスタム) を選択する前に、対応するファイルを以下のディレクトリに置いてください: [イ
ンストール ドライブ]:\Program Files\Barco\XLite Toolset V2\LSToolset\Driver\DDCfiles。
ファイル名は、以下のように一般化されています:
• RGB アナログ モジュール: D320rgban_custom.txt
• DVI モジュール: D320dvi_custom.txt
13.3 入力 D320 YUV/RG(s)B
13.3.1 設定の起動
起動方法
1. メニューの Input slots (入力スロット) にある YUV/RG(s)B 入力で
YUV/RG(s)B パラメータ ウィンドウが表示されます。 (画像 13-4)
2.
3.
をクリックすると、
をクリックすると、全般 D320 ウィンドウに戻ります。
をクリックすると、デフォルト設定にリセットします。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
187
13. D320 シリーズの入力スロット
画像 13-4
YUV/RG(s)B 入力スロット D320 の設定
調整できること
ウィンドウは、以下の 3 つの部分から構成されています:
• 画像処理
• 入力ゲイン イコライザー
• ダイナミック画像安定化
13.3.2 画像処理
ビデオ フィード
以下の 2 つの選択肢が可能です:
• YUV
• RGsB
表示する必要のある入力タイプを選択します。
彩度
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
彩度は、色強度を表し、0 は黒 & 白になります。
輝度
対応するスライダーで 0~63 まで調整可能です。
輝度は、表示される信号の強度です。
輝度は、信号の明るい部分を増減させます。
Luma トラッキング
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
Luma トラッキングは、暗い緑のかすみが生じないようにします。
サブブラックへのクリップ
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
188
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
サブブラックへのクリップでは、黒レベルにおいて疑似 LSB をフィルタリングし、Dynamic Image
Stabilization (ダイナミック画像安定化) の後でも黒の平面に表示される疑似ピクセルを回避します。
インターレース解除モード
以下から選択します:
• SMDI (スマート モーション インターレース解除): ソース信号が、フレーム間でインターレースさ
れたフィールドになっている場合、効果的です。
• SMDI + Filmmode (フィルムモード): ソース信号が、フレーム間でインターレースされたフィール
ドになっている場合、効果的で、2~2/3 プルダウン処理が有効になります。
• Line Repetition (ライン繰り返し): インターレースされていない フィールド ソース (静的な画像)
で効果的です。 画像全体を表示するため、奇数フィールドのラインが 2 倍になります。
• Field Insertion (フィールド挿入): インターレースされた画像の両方のフィールドが、1 つのイン
ターレース解除画像にまとめられます。
通常のビデオでは、 SMDI を選択してください。
Banner Protect (バナー プロテクト)
バナー プロテクトの ON、OFF を切り替えます。 SMDI + Filmmode が De-interlacing mode (インター
レース解除モード) で選択されている場合、効果的です。
バナー プロテクトを ON にすると、ラインの下 1/4 は、フィルムモード検出で処理されません。 こ
れによって、FILM モード エラーの原因となるスクロール バナー、つまり「紙吹雪」を避けること
ができます。
Color Transient Improvement (カラー トランジエント向上) (CTI)
CTI は、隣り合った投影色 2 つのトランジエントを向上させます。 向上度合いは、スライダーで調
整可能です。
0 の場合、画像は CTI なしで表示されます。 7 では、CTI が最も高くなります。
Luma Transient Improvement (Luma トランジエント向上) (LTI)
LTI は、画像において異なる強度の 2 つの部分のトランジエントを強調します。 向上度合いは、スラ
イダーで調整可能です。
0 の場合、画像は LTI なしで表示されます。 7 では、LTI が最も高くなります。
シャープネス
3 つの周波数範囲における画像のシャープネスの調整 (低、中、高)。 シャープネス全体の調整は、独
自の設定または事前定義プリセットを使用します。
13.3.3 入力ゲイン イコライザー
概要
各ゲインは、0~255 の間で調整可能です (-3dB および +6dB)。
値の入力は、
• まず桁ボックスをクリックして、値を入力するか、
• または、対応するスライダーを使用して設定します。
-3dB、0dB、+6dB の 3 つの値、または事前設定は、対応する表示をクリックすることで選択可能で
す。
スライダーは、適切な値に直ちにジャンプします。
入力ゲイン調整は、以下のものが可能です:
• 輝度ゲイン
• 赤ゲイン
• 青ゲイン
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
189
13. D320 シリーズの入力スロット
13.3.4 ダイナミック画像安定化 (DIS)
値
0~14 の間です。
画質
以下の選択が可能です:
• 通常: 入力信号が通常信号の場合、通常を選択します
• ノイジー: 入力信号にノイズが含まれる場合、ノイジーを選択して出力信号を確認します。
13.4 入力 D320 SDI
SDI
シリアル デジタル インタフェース
13.4.1 設定の起動
起動方法
1. メニューの Input slots (入力スロット) にある SDI 入力で
タ ウィンドウが表示されます。 (画像 13-5)
2.
をクリックすると、SDI パラメー
をクリックすると、全般 D320 ウィンドウに戻ります。
3.
をクリックすると、デフォルト設定にリセットします。
画像 13-5
SDI 入力スロット D320 の設定
調整できること
ウィンドウは、以下の 2 つの部分から構成されています:
• 画像処理
• ダイナミック画像安定化
13.4.2 画像処理
彩度
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
190
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
彩度は、色強度を表し、0 は黒 & 白になります。
輝度
対応するスライダーで 0~63 まで調整可能です。
輝度は、表示される信号の強度です。
輝度は、信号の明るい部分を増減させます。
Luma トラッキング
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
Luma トラッキングは、暗い緑のかすみが生じないようにします。
サブブラックへのクリップ
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
サブブラックへのクリップでは、黒レベルにおいて疑似 LSB をフィルタリングし、Dynamic Image
Stabilization (ダイナミック画像安定化) の後でも黒の平面に表示される疑似ピクセルを回避します。
インターレース解除モード
以下から選択します:
• SMDI (スマート モーション インターレース解除): ソース信号が、フレーム間でインターレースさ
れたフィールドになっている場合、効果的です。
• SMDI + Filmmode (フィルムモード): ソース信号が、フレーム間でインターレースされたフィール
ドになっている場合、効果的で、2~2/3 プルダウン処理が有効になります。
• Line Repetition (ライン繰り返し): インターレースされていない フィールド ソース (静的な画像)
で効果的です。 画像全体を表示するため、奇数フィールドのラインが 2 倍になります。
• Field Insertion (フィールド挿入): インターレースされた画像の両方のフィールドが、1 つのイン
ターレース解除画像にまとめられます。
通常のビデオでは、 SMDI を選択してください。
シャープネス
3 つの周波数範囲における画像のシャープネスの調整 (低、中、高)。 シャープネス全体の調整は、独
自の設定または事前定義プリセットを使用します。
13.4.3 ダイナミック画像安定化 (DIS)
値
0~14 の間です。
画質
以下の選択が可能です:
• 通常: 入力信号が通常信号の場合、通常を選択します
• ノイジー: 入力信号にノイズが含まれる場合、ノイジーを選択して出力信号を確認します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
191
13. D320 シリーズの入力スロット
13.5 入力 D320 HDSDI
13.5.1 設定の起動
起動方法
1. メニューの Input slots (入力スロット) にある HDSDI 入力で
ラメータ ウィンドウが表示されます。 (画像 13-6)
2.
をクリックすると、HDSDI パ
をクリックすると、全般 D320 シリーズ ウィンドウに戻ります。
3.
をクリックすると、デフォルト設定にリセットします。
画像 13-6
D320 シリーズの HDSDI 入力スロット設定
調整できること
ウィンドウは、以下の 1 つの部分から構成されています:
• 画像処理
13.5.2 画像処理
彩度
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
彩度は、色強度を表し、0 は黒 & 白になります。
輝度
対応するスライダーで 0~63 まで調整可能です。
輝度は、表示される信号の強度です。
輝度は、信号の明るい部分を増減させます。
Luma トラッキング
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
Luma トラッキングは、暗い緑のかすみが生じないようにします。
サブブラックへのクリップ
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
192
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
サブブラックへのクリップでは、黒レベルにおいて疑似 LSB をフィルタリングし、Dynamic Image
Stabilization (ダイナミック画像安定化) の後でも黒の平面に表示される疑似ピクセルを回避します。
Fast Lock (高速ロック)
同期ジェネレーターの PLL をロックする方法です。
デフォルト位置: ON
干渉が画像上でみられる場合、OFF に設定します。 それでも画像が向上しない場合、Fly Wheel (フ
ライ ホイール) へと続行し、OFF に設定します。
Fly Wheel (フライ ホイール)
ロック パルスがない場合、同期ジェネレーターの PLL のロックを継続します。
デフォルト位置: ON
高速ロックを OFF にしても干渉が画像上でみられる場合、Fly Wheel (フライ ホイール) も OFF に設
定します。
Color Transient Improvement (カラー トランジエント向上) (CTI)
CTI は、ある色から別の色への推移を向上させます。
0~7 の範囲で調整可能です。 0 は向上なしで、7 は向上が最大になります。
シャープネス
3 つの周波数範囲における画像のシャープネスの調整 (低、中、高)。 シャープネス全体の調整は、独
自の設定または事前定義プリセットを使用します。
13.6 入力 D320 CVBS/S-Vid
13.6.1 設定の起動
起動方法
1. メニ ュー の Input slots (入 力ス ロッ ト) に ある CVBS/S-Vid 入 力で
CVBS/S-Vid パラメータ ウィンドウが表示されます。 (画像 13-7)
2.
3.
を クリ ック すると 、
をクリックすると、全般 D320 ウィンドウに戻ります。
をクリックすると、デフォルト設定にリセットします。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
193
13. D320 シリーズの入力スロット
画像 13-7
CVBS/S-Vid 入力スロット D320 の設定
調整できること
ウィンドウは、以下の 3 つの部分から構成されています:
• 画像処理
• ダイナミック画像安定化
• ビデオ イコライザー
13.6.2 画像処理
CVBS
コンポジット ビデオ ブロードキャスト システム。 D320 CVBS モジュールについては、Sビデオおよびコンポジット ビデオが利用できます。
ビデオ フィード
以下の 2 つの選択肢が可能です:
• ビデオ
• S-ビデオ
表示する必要のある入力タイプを選択します。
Vide Feed (ビデオ フィード) の隣にあるアイコンをクリックすると、接続に関する情報が表示されま
す。 ポップアップ ウィンドウが表示されます。
194
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
画像 13-8
画像 13-9
接続情報
彩度
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
彩度は、色強度を表し、0 は黒 & 白になります。
濃淡
入力ソースが NTSC の場合、NTSC をクリックします。 スライダーが利用できます。 ソースが、
PAL/Secam の場合、PAL をクリックします。 スライダーが非表示になります。
対応するスライダーで 0~255 まで調整可能です。
NTSC 4.43 または NTSC 3.58 のみを対象
輝度
対応するスライダーで 0~63 まで調整可能です。
輝度は、表示される信号の強度です。
輝度は、信号の明るい部分を増減させます。
Luma トラッキング
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
Luma トラッキングは、暗い緑のかすみが生じないようにします。
サブブラックへのクリップ
対応するスライダーで 0~15 まで調整可能です。
サブブラックへのクリップでは、黒レベルにおいて疑似 LSB をフィルタリングし、Dynamic Image
Stabilization (ダイナミック画像安定化) の後でも黒の平面に表示される疑似ピクセルを回避します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
195
13. D320 シリーズの入力スロット
インターレース解除モード
以下から選択します:
• SMDI (スマート モーション インターレース解除): ソース信号が、フレーム間でインターレースさ
れたフィールドになっている場合、効果的です。
• SMDI + Filmmode (フィルムモード): ソース信号が、フレーム間でインターレースされたフィール
ドになっている場合、効果的で、2~2/3 プルダウン処理が有効になります。
• Line Repetition (ライン繰り返し): インターレースされていない フィールド ソース (静的な画像)
で効果的です。 画像全体を表示するため、奇数フィールドのラインが 2 倍になります。
• Field Insertion (フィールド挿入): インターレースされた画像の両方のフィールドが、1 つのイン
ターレース解除画像にまとめられます。
通常のビデオでは、 SMDI を選択してください。
Banner Protect (バナー プロテクト)
バナー プロテクトの ON、OFF を切り替えます。 SMDI + Filmmode が De-interlacing mode (インター
レース解除モード) で選択されている場合、効果的です。
バナー プロテクトを ON にすると、ラインの下 1/4 は、フィルムモード検出で処理されません。 こ
れによって、FILM モード エラーの原因となるスクロール バナー、つまり「紙吹雪」を避けること
ができます。
Color Transient Improvement (カラー トランジエント向上) (CTI)
CTI は、隣り合った投影色 2 つのトランジエントを向上させます。 向上度合いは、スライダーで調
整可能です。
0 の場合、画像は CTI なしで表示されます。 7 では、CTI が最も高くなります。
Luma Transient Improvement (Luma トランジエント向上) (LTI)
LTI は、画像において異なる強度の 2 つの部分のトランジエントを強調します。 向上度合いは、スラ
イダーで調整可能です。
0 の場合、画像は LTI なしで表示されます。 7 では、LTI が最も高くなります。
シャープネス
3 つの周波数範囲における画像のシャープネスの調整 (低、中、高)。 シャープネス全体の調整は、独
自の設定または事前定義プリセットを使用します。
13.6.3 入力ゲイン イコライザー
概要
各ゲインは、0~255 の間で調整可能です (-3dB および +6dB)。
値の入力は、
• まず桁ボックスをクリックして、値を入力するか、
• または、対応するスライダーを使用して設定します。
-3dB、0dB、+6dB の 3 つの値、または事前設定は、対応する表示をクリックすることで選択可能で
す。
スライダーは、適切な値に直ちにジャンプします。
196
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
入力ゲイン調整は、以下のものが可能です:
• S-ビデオの場合
- Luma ゲイン
•
ビデオの場合
- ゲイン
13.6.4 ダイナミック画像安定化 (DIS)
値
0~14 の間です。
画質
以下の選択が可能です:
• 通常: 入力信号が通常信号の場合、通常を選択します
• ノイジー: 入力信号にノイズが含まれる場合、ノイジーを選択して出力信号を確認します。
13.7 入力 D320 RGB アナログ
13.7.1 設定の起動
起動方法
1. メニューの Input slots (入力スロット) にある RGB 入力で
メータ ウィンドウが表示されます。 (画像 13-10)
2.
3.
をクリックすると、RGB パラ
をクリックすると、全般 D320 ウィンドウに戻ります。
をクリックすると、デフォルト設定にリセットします。
画像 13-10
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
197
13. D320 シリーズの入力スロット
調整できること
ウィンドウは、以下の 4 つの部分から構成されています:
• 画像処理
• 解像度設定
• RGB コントラスト
• RGB 輝度
13.7.2 画像処理
DDC 解像度
DDC 設定を使用すると、VESA 規格またはカスタムで作成されたファイルに応じて、RGB 入力を構
成することができます。 DDC 通信およびカスタム設定 1 つを使用したグラフィック カードによって
認識される解像度設定値は、7 つの選択肢から決定可能です。
DDC 設定は、No DDC を選択することで無効にできます。
No DDC
グラフィック カードと入力モジュールで、DDC 通信は行われません
カスタ
ム
グラフィック カードを強制的に特定の解像度にするために、カスタム ファイルが
使用されます
VGA
85Hz リフレッシュ レート
SVGA
60Hz リフレッシュ レート
XGA
60Hz リフレッシュ レート
SXGA
60Hz リフレッシュ レート
SXGA
75Hz リフレッシュ レート
SXGA
85Hz リフレッシュ レート
UXGA
60Hz リフレッシュ レート
選択されたディスプレイ モードが、グラフィック カードの性能範囲内であれば、選択されたディス
プレイ モードで起動します。
Custom (カスタム) を選択する前に、対応するファイルを以下のディレクトリに置いてください: [イ
ンストール ドライブ]:\Program Files\Barco\XLite Toolset V2\LSToolset\Driver\DDCfiles。
ファイル名は、以下のように一般化されています:
• RGB アナログ モジュール: D320rgban_custom.txt
• DVI モジュール: D320dvi_custom.txt
ピクセル フェーズ
信号のサンプリングに関する微調整です。
クランプ位置
入力信号を適切にデジタル化するために、入力の DC オフセットでは、A/D コンバーターの範囲に適
合するよう調整する必要があります。 大半のグラフィック システムでは、黒をアース、白を +0.75V
で RGB 信号を生成します。 この設定を使用すると、クランプ設定開始前に、HSYNC の後に続くエッ
ジを通過するピクセル時間数をプログラミングできるようになります。
範囲 0~255
クランプ時間
これは、クランプの時間を設定します。 これら両方の調整は、大幅な柔軟性を提供し、画質が向上
します。
198
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
範囲 0~255
13.7.3 解像度設定
解像度ソース
解像度ソースの設定は、ソースの解像度によって変わります。 グラフィック カードに DCC 通信が搭
載されている場合、解像度ソース設定は、DCC 解像度と同じにする必要があります。
以下の設定が考えられます:
VGA
SVGA
XGA
SXGA 60Hz
SXGA 75Hz
VCO 範囲
この設定は、「Resolution source (解像度ソース)」設定が入力されたとき、自動的に設定されます。
15~30 MHz
30~60 MHz
60~120 MHz
110~140 MHz
VCO ゲイン
デフォルト値で設定されます。画質を向上させるには、この値を増加/減少させてください。
50
100
150
250
350
500
750
1500
ラインあたりの合計ピクセル数
デフォルト値。 値を上下に変更することで、加増の微調整が可能です。 桁を 1 つ増減させて、さら
に変化する前に結果を確認してください。
ラインあたりの合計ピクセル数を変更すると、水平同期の値が変更されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
199
13. D320 シリーズの入力スロット
13.7.4 RGB コントラスト
コントラストの変更
スライダーを利用して、赤、緑 & 青で適切な色のバランスを決定します。 それぞれの範囲は、0~
255 の値が設定可能です。
13.7.5 RGB 輝度
輝度の変更
スライダーを利用して、赤、緑 & 青で適切な輝度を決定します。 それぞれの範囲は、0~126 の値が
設定可能です。
13.8 入力 D320 RGB アナログ (UXGA)
13.8.1 設定の起動
起動方法
1. メニューの Input slots (入力スロット) にある RGB 入力で
メータ ウィンドウが表示されます。 (画像 13-11)
2.
をクリックすると、RGB パラ
をクリックすると、全般 D320 ウィンドウに戻ります。
3.
をクリックすると、デフォルト設定にリセットします。
画像 13-11
調整できること
ウィンドウは、以下の 4 つの部分から構成されています:
• 画像処理
• 解像度設定
• RGB コントラスト
• RGB 輝度
200
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
13.8.2 画像処理
DDC 解像度
DDC 設定を使用すると、VESA 規格またはカスタムで作成されたファイルに応じて、RGB 入力を構
成することができます。 DDC 通信およびカスタム設定 1 つを使用したグラフィック カードによって
認識される解像度設定値は、7 つの選択肢から決定可能です。
DDC 設定は、No DDC を選択することで無効にできます。
No DDC
グラフィック カードと入力モジュールで、DDC 通信は行われません
カスタ
ム
グラフィック カードを強制的に特定の解像度にするために、カスタム ファイルが
使用されます
VGA
85Hz リフレッシュ レート
SVGA
60Hz リフレッシュ レート
XGA
60Hz リフレッシュ レート
SXGA
60Hz リフレッシュ レート
SXGA
75Hz リフレッシュ レート
SXGA
85Hz リフレッシュ レート
UXGA
60Hz リフレッシュ レート
選択されたディスプレイ モードが、グラフィック カードの性能範囲内であれば、選択されたディス
プレイ モードで起動します。
Custom (カスタム) を選択する前に、対応するファイルを以下のディレクトリに置いてください: [イ
ンストール ドライブ]:\Program Files\Barco\XLite Toolset V2\LSToolset\Driver\DDCfiles。
ファイル名は、以下のように一般化されています:
• RGB アナログ モジュール: D320rgban_custom.txt
• DVI モジュール: D320dvi_custom.txt
ピクセル フェーズ
信号のサンプリングに関する微調整です。
クランプ位置
入力信号を適切にデジタル化するために、入力の DC オフセットでは、A/D コンバーターの範囲に適
合するよう調整する必要があります。 大半のグラフィック システムでは、黒をアース、白を +0.75V
で RGB 信号を生成します。 この設定を使用すると、クランプ設定開始前に、HSYNC の後に続くエッ
ジを通過するピクセル時間数をプログラミングできるようになります。
範囲 0~255
クランプ時間
これは、クランプの時間を設定します。 これら両方の調整は、大幅な柔軟性を提供し、画質が向上
します。
範囲 0~255
13.8.3 解像度設定
解像度ソース
解像度ソースの設定は、ソースの解像度によって変わります。 グラフィック カードに DCC 通信が搭
載されている場合、解像度ソース設定は、DCC 解像度と同じにする必要があります。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
201
13. D320 シリーズの入力スロット
以下の設定が考えられます:
VGA
SVGA
XGA
SXGA 60Hz
SXGA 75Hz
SXGA 85Hz
UXGA 60Hz
VCO 範囲
この設定は、「Resolution source (解像度ソース)」設定が入力されたとき、自動的に設定されます。
15~30 MHz
30~60 MHz
60~120 MHz
110~140 MHz
VCO ゲイン
デフォルト値で設定されます。画質を向上させるには、この値を増加/減少させてください。
50
100
150
250
350
500
750
1500
ラインあたりの合計ピクセル数
デフォルト値。 値を上下に変更することで、加増の微調整が可能です。 桁を 1 つ増減させて、さら
に変化する前に結果を確認してください。
PLL ディバイダーを変更すると、水平同期の値が変更されます。
13.8.4 RGB コントラスト
コントラストの変更
スライダーを利用して、赤、緑 & 青で適切な色のバランスを決定します。 それぞれの範囲は、0~
255 の値が設定可能です。
202
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
13.8.5 RGB 輝度
輝度の変更
スライダーを利用して、赤、緑 & 青で適切な輝度を決定します。 それぞれの範囲は、0~126 の値が
設定可能です。
13.9 入力 D320 RGB UXGA 2
13.9.1 設定の起動
起動方法
1. メニューの Input slots (入力スロット) にある RGB 入力で
メータ ウィンドウが表示されます。 (画像 13-12)
2.
をクリックすると、RGB パラ
をクリックすると、全般 D320 ウィンドウに戻ります。
3.
をクリックすると、デフォルト設定にリセットします。
画像 13-12
D320 シリーズの RGB UXGA 入力設定
調整できること
ウィンドウは、以下の 4 つの部分から構成されています:
• 画像処理
• ブラック バランス
• ホワイト バランス
• AMD システム
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
203
13. D320 シリーズの入力スロット
13.9.2 画像処理
DDC 解像度
DDC 設定を使用すると、VESA 規格またはカスタムで作成されたファイルに応じて、RGB 入力を構
成することができます。 DDC 通信およびカスタム設定 1 つを使用したグラフィック カードによって
認識される解像度設定値は、7 つの選択肢から決定可能です。
DDC 設定は、No DDC を選択することで無効にできます。
No DDC
グラフィック カードと入力モジュールで、DDC 通信は行われません
カスタ
ム
グラフィック カードを強制的に特定の解像度にするために、カスタム ファイルが
使用されます
VGA
85Hz リフレッシュ レート
SVGA
60Hz リフレッシュ レート
XGA
60Hz リフレッシュ レート
SXGA
60Hz リフレッシュ レート
SXGA
75Hz リフレッシュ レート
SXGA
85Hz リフレッシュ レート
UXGA
60Hz リフレッシュ レート
選択されたディスプレイ モードが、グラフィック カードの性能範囲内であれば、選択されたディス
プレイ モードで起動します。
Custom (カスタム) を選択する前に、対応するファイルを以下のディレクトリに置いてください: [イ
ンストール ドライブ]:\Program Files\Barco\XLite Toolset V2\LSToolset\Driver\DDCfiles。
ファイル名は、以下のように一般化されています:
• RGB アナログ モジュール: D320rgban_custom.txt
• DVI モジュール: D320dvi_custom.txt
輝度
スライダーを使用して、適切な輝度を決定するか (全体的な光出力)、または入力フィールドをクリッ
クし、希望の値を入力します。 範囲は、0~255 です。
コントラスト
スライダーを使用して、適切な色の表現 (表示画像の明るい部分と暗い部分)、または入力フィールド
をクリックし、希望の値を入力します。 範囲は、0~255 です。
ピクセル フェーズ
信号のサンプリングに関する微調整です。
クランプ位置
入力信号を適切にデジタル化するために、入力の DC オフセットでは、A/D コンバーターの範囲に適
合するよう調整する必要があります。 大半のグラフィック システムでは、黒をアース、白を +0.75V
で RGB 信号を生成します。 この設定を使用すると、クランプ設定開始前に、HSYNC の後に続くエッ
ジを通過するピクセル時間数をプログラミングできるようになります。
範囲 0~255
クランプ時間
これは、クランプの時間を設定します。 これら両方の調整は、大幅な柔軟性を提供し、画質が向上
します。
204
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
範囲 0~255
13.9.3 ブラック バランス
概要
画像 13-13
ブラック バランス
入力バランスは、工場出荷時に調整されているため、ブラックバランスは、入力信号の不一致の補正
の際に使用できます。 緑が参照として利用されます。 赤および青について、適切なブラック バラン
スが得られるまで調整します (緑との比較で相対的なカットオフ調整)。 各色のスライダーを使用す
るか、または入力フィールドをクリックし、希望の値を入力します (範囲は -127~+127)。
13.9.4 ホワイト バランス
概要
画像 13-14
ホワイト バランス
入力バランスは、工場出荷時に調整されているため、ホワイト バランスは、入力信号の不一致の補
正の際に使用できます。 緑が参照として利用されます。 赤および青について、適切なホワイト バラ
ンスが得られるまで調整します (緑との比較で相対的なカットオフ調整)。 各色のスライダーを使用
するか、または入力フィールドをクリックし、希望の値を入力します (範囲は -127~+127)。
13.9.5 AMD システム
13.9.5.1 自動測定
できること
システムは、最適なファイルを検索します (解像度およびフレーム レート)。 このファイルが読み込
まれます。
設定
1. Auto Measurement (自動測定) の隣にあるチェックボックスにチェックマークを入れます
チェック
マークが
入っている
場合
自動測定が有効です
チェック
マークが
入っていな
い場合
ファイルのマニュアル選択がアクティブです。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
205
13. D320 シリーズの入力スロット
13.9.5.2 マニュアル ファイル選択
選択方法
1. 希望のファイルをダブル クリックします (1)。 (画像 13-15)
このファイルが読み込まれます。 ファイル名は、ファイル リストの下にあるボックスに表示され
ます (3)。
画像 13-15
ファイルの選択
13.9.5.3 新規アイテムのリストへの追加
追加方法
1. new item (新規アイテム) アイコンをクリックします (1)。 (画像 13-16)
ファイル入力ボックスに「enter a name (名前を入力)」 が表示されます (2)。
2. 新しいアイテムについて名前を設定します (3)。
3. Save (保存) をクリックします (4)。
新しいファイルが、ファイル リストに保存、追加されます。
206
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
画像 13-16
カスタム ファイルの追加
13.9.5.4 アイテムのリストからの削除
アイテムの削除方法
1. リストからアイテムを選択します (1)。 (画像 13-17)
洗濯されたアイテムの背景が、暗い青に変わります。
2. Remove from list (リストから削除) アイコンをクリックします (2)。
アイテムがリストから削除されます (3)。
画像 13-17
1 ファイルの削除
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
207
13. D320 シリーズの入力スロット
13.9.5.5 全アイテムのリストからの削除
全アイテムの削除方法
1. Remove all items from list (全アイテムをリストから削除) アイコンをクリックします (1)。 (画像
13-18)
削除を確認するメッセージが表示されます。
2. OK をクリックして全アイテムを削除します。
全ファイルが削除されます。
画像 13-18
リストの全ファイルを削除
13.9.5.6 最適 ADC 設定
できること
ファイルが選択されていない場合、またはどのファイルが最適かわからない場合。 システムは、入
力ソースを測定し、自動測定で確認するのと同じ方法で、最適ファイルを選択することができます。
選択方法
1. Suggest best ADC setting (最適 ADC 設定の推奨) アイコンをクリックします。 (画像 13-19)
システムが、入力信号を測定し、最適ファイルを推奨します。
208
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
13. D320 シリーズの入力スロット
画像 13-19
最適 ADC 設定の推奨
13.9.5.7 デフォルト リスト
デフォルト リストへの戻し方
1. Default list (デフォルト リスト) アイコンをクリックします (1)。 (画像 13-20)
すべてのカスタム設定が失われることを警告する確認メッセージが表示されます (2)。
2. OK をクリックして、デフォルト リストに戻します (3)。
画像 13-20
デフォルト リストに戻す
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
209
13. D320 シリーズの入力スロット
13.9.5.8 ラインあたりの合計ピクセル数
概要
画像 13-21
合計ピクセル数
ラインあたりの合計ピクセル数は、ファイルを選択することで設定できますが、必要に応じて、 Total
pixels/line (ラインあたりの合計ピクセル数) の隣にある + または - を押すことで調整できます。
210
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
14. FiberLink 構成
14. FIBERLINK 構成
FiberLink
長距離リンク
概要
•
•
•
•
•
•
•
起動
FiberLink の選択
パターン ジェネレーター
再構成フィルター
キー参照
LED 壁電源
デバイス プロパティ FiberLink
14.1 起動
概要
FiberLink は、デジタイザーから D/ILite Diplay へのデジタル ファイバー 光伝送システムです。 非常
に長距離を網羅し、広帯域に設定されています (1.5 GB/s)。 このため、エンドユーザーは、リモート
のコントロール ルームで直ちにデジタイザーを設定することができます。 FiberLink 伝送は、ビデオ
信号の伝送だけではなく、ディスプレイとも通信できます。 これによって、考えられる伝送エラー
について、広範にわたる自己診断システムを実装することができます。
起動
1. FiberLink アイコンをクリックします
。
FiberLink 構成ウィンドウが表示されます。 (画像 14-1)
画像 14-1
FiberLink 設定ウィンドウ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
211
14. FiberLink 構成
14.2 FiberLink の選択
選択方法
1. Selection (選択) の隣にあるドロップ ダウン ボックスをクリックします。
2. 設定する FiberLink を選択します。
14.3 パターン ジェネレーター
概要
ステータス トランスミッター: On/Off
ステータス レシーバー: On/Off
トランスミッターの選択肢:
• Multiburst (マルチバースト): タイプ 0~7
• HRamp (水平ランプ)
•
VRamp (垂直ランプ)
• Crosshatch (クロスハッチ): パターンの幅。ピクセル単位 (ピクセル幅 1~4)
• バイトレベル: バイトレベルの強度
レシーバーの選択肢:
• Multiburst (マルチバースト): タイプ 0~7
• HRamp (水平ランプ)
•
VRamp (垂直ランプ)
• Crosshatch (クロスハッチ): パターンの幅。ピクセル単位 (ピクセル幅 1~4)
• バイトレベル: バイトレベルの強度
色トランスミッター & レシーバーの選択肢:
• 赤
• 緑
• 青
• すべて
モーション トランスミッター & レシーバーの選択肢:
• Vertical (垂直): 上下
• Horizontal (水平): 左右
14.4 再構成フィルター
水平
水平同期は、再構成アルゴリズムでレシーバー側にて再構成されます。 これは、信号劣化 (たとえば
ケーブルの品質が低い場合など) が発生したときに役立ちます。
垂直
垂直同期は、再構成アルゴリズムでレシーバー側にて再構成されます。 これは、信号劣化 (たとえば
ケーブルの品質が低い場合など) が発生したときに役立ちます。
データ有効
データ有効は、再構成アルゴリズムでレシーバー側にて再構成されます。 これは、信号劣化 (たとえ
ばケーブルの品質が低い場合など) が発生したときに役立ちます。
212
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
14. FiberLink 構成
FiberLink レシーバーが上部で選択されると、Receiver Controls (レシーバー コントロール) タブが表
示されます。 このタブでは、伝送品質が低い場合、レシーバー コントロールを調整可能です。 以下
の 3 つのスイッチを入れることができます: 水平再構成フィルター、垂直再構成フィルター、データ
有効再構成フィルターです。
14.5 キー参照
ステータス
合成、または伝送キー参照から選択できます。 本来のキー参照または伝送キー参照をフィン質した
場合、伝送品質の向上で合成キー参照を使用することができます。
14.6 LED 壁電源
ステータス
「Power off (電源オフ)」は、DLite Display の電源を切り、同じボタン (今度は「Power ON」となりま
すが) を押すと、DLite Display を再起動できます。
14.7 デバイス プロパティ FiberLink
概要
このボックスには、FiberLink Transmit (FiberLink 伝送) タブおよび FiberLink Receive (FiberLink レシー
ブ) タブが含まれます。
FiberLink Info (FiberLink 情報) タブにあるアドレス、シリアル ナンバー、ソフトウェア バージョン、
ランタイムなど、対応する読み込み専用情報が提供されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
213
14. FiberLink 構成
214
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
15. DLite Display 構成
15. DLITE DISPLAY 構成
概要
•
•
構成の起動
スクリーン設定
ディスプレイで複数スクリーンが使用される際の重要な注意点 (スタック構成)。
DLite ディスプレイまたはタイルに対して調整を行う前に、適用レベル設定をまず確認し
ます。 適用レベル設定の詳細については、91 ページ、 適用レベル設定の調整 をご参照く
ださい。 を参照してください。
15.1 構成の起動
起動
1. DLite アイコン
をクリックすると、以下のポップ アップが表示されます。 (画像 15-1)
画像 15-1
I/DLite ディスプレイ スクリーン設定ウィンドウ
デフォルト設定に戻すには、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンをクリックします。
215
15. DLite Display 構成
15.2 スクリーン設定
15.2.1 概要
タイプ
LED 壁のタイプは、以下のように示されます: DLite。
測定システム
製造の際の測定システムのタイプを示します。
コントラスト
Nit 値でのスクリーンのライト出力は、壁のタイプに左右されます。
コントラストの変更方法:
• マウスでスライダーを移動します。 スライダーの隣にある値が変更します。または、
• スライダーの隣にある桁ウィンドウをクリックして、キーボードから直接値を入力して変更しま
す。
- DLite Display: 0~5000 Nit
ちらつき調整
フレーム レートに応じたマスター クロックの設定。
50Hz または 60Hz をクリックすると、デフォルト値で設定されます。 このデフォルト値は、壁のタ
イプによります。
ディスプレイ タイプ
50Hz
60Hz
DLite7
13
3
DLite10
18
5
DLite14
13
3
DLite28
13
3
桁エリアをクリックして、希望の値をキーボードから直接入力することで、他の値に設定すること
もできます。
モード
モードは、内部または外部のいずれかです。
内部
内部テスト パターンが表示されます。
色は選択可能です (R-G-B)。
外部
デジタイザーの画像が表示されます。
色の選択はグレー アウトされます。
解像度モード
DLite ディスプレイの場合、「Resolution mode (解像度モード)」は、 Real (リアル) または Virtual (
バーチャル) に設定できます。
216
リアル
1 ピクセルに 5 つの LED (2 赤、2 緑、1 青) が含まれます。
バー
チャル
1 ピクセルに 3 つの LED (1 赤、1 緑、1 青) が含まれます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
15. DLite Display 構成
ガンマ
をクリックして、ガンマ調整環境ウィンドウを読み込みます。
画像 15-2
ガンマの変更、または事前設定曲線に関する詳細については、118 ページ、 ガンマ (非線形色トラッ
キング) を参照してください。
壁の配置
開始位置およびタイル解像度についての静的情報が示されます。
タイル
をクリックして、タイル プロパティ ウィンドウを起動します。
詳細については、217 ページ、 タイル設定 を参照してください。
15.2.2 タイル設定
起動方法
1. スクリーン設定ウィンドウにある
をクリックします (画像 15-1)。
タイル概要ウィンドウが表示されます。 (画像 15-3)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
217
15. DLite Display 構成
画像 15-3
タイル プロパティの表示
1. 四角形のオレンジ色の部分の 1 つをクリックして、タイル プロパティ ページを開きます。
このページは主に読み込み専用プロパティから構成されています。ただし、モード (内部/外部) は
切り替え可能で例外です。
示された値はすべて、以下のとおりタイル固有のものです: (画像 15-4)
画像 15-4
タイル設定ウィンドウ
利用できるタイル設定
PWM リピート
PWM ピーク
218
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
15. DLite Display 構成
モード: これは、内部および外部で切り替え可能です。
内部
特定のタイルについて内部テスト パターンが表示されます。
外部
特定のタイルについて、デジタイザーの外部ソースが表示されます。
タイル カットアウト
アナログ コントラスト
デジタル コントラスト
測定システム: タイルあたりの補正システム。通常補正またはマルチ補正。
Chroma 測定: タイルあたりの Chroma 測定概要。
一時補正: 一時的に編集可能な、タイルあたりの色の概要。
デバイス プロパティ
アドレス
タイルのアドレス。各タイルは個別にアドレス設定されます
シリアル ナンバー
タイルのシリアル ナンバー。各タイルは、個別のシリアル ナンバーが
設定されます。
ランタイム
タイルの使用回数。
PCB 識別
使用されるコントローラー プリント基板のバージョン。
ソフトウェア識別
タイルが使用する埋め込み型ソフトウェアのバージョン。
ファームウェア識別
タイルが使用するファームウェアのバージョン。
前の画面に戻る
ボタンを選択すると、前の画面に戻ることができます。
前または次のタイルを表示
ボタンを選択すると、前のファイルに戻ります。
ボタンを選択すると、次のタイルに移動します。
Chroma 測定
す。
をクリックすると、各タイルのクワドラントあたりの色設定の概要が表示されま
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
219
15. DLite Display 構成
画像 15-5
タイルの Chroma 測定
タイル概要ウィンドウの全体に戻るには、
をクリックします。
一時補正データ
をクリックすると、各タイルのクワドラントあたりの色設定の概要が表示されます。
これらの設定は、新しい値を入力するか (0~255)、- または + ボタンを押すことで、変更可能です。
画像 15-6
タイルの一時補正データ:
タイル概要ウィンドウの全体に戻るには、
220
をクリックします。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
16. ILite Display 構成
16. ILITE DISPLAY 構成
概要
•
•
構成の起動
スクリーン設定
ディスプレイで複数スクリーンが使用される際の重要な注意点 (スタック構成)。
ILite ディスプレイまたはタイルに対して調整を行う前に、適用レベル設定をまず確認しま
す。 適用レベル設定の詳細については、91 ページ、 適用レベル設定の調整 をご参照くだ
さい。 を参照してください。
16.1 構成の起動
起動
1. ILite アイコン
をクリックすると、以下のポップ アップが表示されます。 (画像 16-1)
画像 16-1
ILite ディスプレイ スクリーン設定ウィンドウ
デフォルト設定に戻すには、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンをクリックします。
221
16. ILite Display 構成
16.2 スクリーン設定
概要
•
•
•
•
概要
ILite 6/8/10/12 の OSD 機能
ILite 3 の OSD 機能
タイル設定
16.2.1 概要
タイプ
LED 壁のタイプは、ILite と示されます。
測定システム
製造の際の測定のタイプ。
コントラスト
Nit 値でのスクリーンのライト出力は、壁のタイプに左右されます。
コントラストの変更方法:
• マウスでスライダーを移動します。 スライダーの隣にある値が変更します。または、
• スライダーの隣にある桁ウィンドウをクリックして、キーボードから直接値を入力して変更しま
す。
- ILite Display: 0~2000 Nit
RGB のコントラスト
コントラスト選択で、RGB をクリックします。 スライダーが、各色を表す 3 つのスライダーに変化
します。
コントラストは、各色個別に調整可能です。
画像 16-2
RGB コントラスト設定
ちらつき調整
フレーム レートに応じたマスター クロックの設定。
50Hz または 60Hz をクリックすると、デフォルト値で設定されます。 このデフォルト値は、壁のタ
イプによります。
50Hz
60Hz
Ma-clock
Ma-clock
ILite3
4444
37703
ILite6
47
37
ILite8
61
51
ディスプレイ タイプ
222
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
16. ILite Display 構成
50Hz
60Hz
Ma-clock
Ma-clock
ILite10
94
78
ILite 12
138
115
ディスプレイ タイプ
他の値は、桁エリアをクリックして、キーボードで希望の値を入力することで、設定可能です。
モード
モードは、内部または外部のいずれかです。
内部
内部テスト パターンが表示されます。
色は選択可能です (R-G-B)。
外部
デジタイザーの画像が表示されます。
色の選択はグレー アウトされます。
解像度モード
ILite ディスプレイの場合、固定されています。
ガンマ
をクリックして、ガンマ調整環境ウィンドウを読み込みます。
画像 16-3
ガンマの変更、または事前設定曲線に関する詳細については、118 ページ、 ガンマ (非線形色トラッ
キング) を参照してください。
ILite3 および ILite XP のガンマ
をクリックして、ガンマ調整環境ウィンドウを読み込みます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
223
16. ILite Display 構成
画像 16-4
ガンマは、すべての色について同時に、または色ごとに調整可能です。 このため、ガンマの調整の
前に、まず色を選択してください。
ガンマの変更、または事前設定曲線に関する詳細については、118 ページ、 ガンマ (非線形色トラッ
キング) を参照してください。
OSD 機能
ILite 6/8/10/12 の場合、224 ページ、 ILite 6/8/10/12 の OSD 機能 をご参照ください。 を参照してく
ださい。
ILite 3 の場合、227 ページ、 ILite 3 の OSD 機能 をご参照ください。 を参照してください。
壁の配置
開始位置およびタイル解像度についての静的情報が示されます。
タイル
をクリックして、タイル プロパティ ウィンドウを起動します。
詳細については、230 ページ、 タイル設定 を参照してください。
16.2.2 ILite 6/8/10/12 の OSD 機能
16.2.2.1 ILite 6/8/10/12 の OSD 機能
起動方法
1.
224
をクリックすると、OSD 機能のすべての概要が表示されます。 (画像 16-5)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
16. ILite Display 構成
画像 16-5
OSD 機能の概要
16.2.2.2 OSD スクリーンの概要
概要
以下の機能が利用できます:
アドレ
ス
タイルのアドレスの概要を表示
ランタ
イム
壁の合計ランタイムを表示
シリア
ル ナン
バー
タイルのシリアル ナンバーの概要を表示
水平
ウィン
ドウ
水平開始カットアウト ウィンドウ タイル
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
225
16. ILite Display 構成
226
垂直
ウィン
ドウ
垂直開始カットアウト ウィンドウ タイル
最大
ピーク
最大 PWM (変調パルス) ピーク
ソフ
トウェ
ア バー
ジョン
インストールされているソフトウェアのバージョン
温度
ドライ
バー左
上
タイルの左上にあるドライバーの温度
温度
ドライ
バー右
下
タイルの右下にあるドライバーの温度
温度
ドライ
バー右
上
タイルの右上にあるドライバーの温度
温度
ドライ
バー左
下
タイルの左下にあるドライバーの温度
温度
コン
トロー
ラー
コントローラの温度
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
16. ILite Display 構成
ファー
ムウェ
ア バー
ジョン
インストールされている ファームウェアのバージョ
ン
アナロ
グ コン
トラス
ト
コントラスト値を各色ごとに表示
デジタ
ル コン
トラス
ト
コントラスト値を各色ごとに表示
電圧
コント
ロール
および
リンク
電圧
電圧
LED
各色ごとの LED の電圧
リンク
の方向
タイルがリンクされている方向。たとえば、左から
右、上から下など。
16.2.2.3 OSD コントロール
OSD コントロール
選択の保持
選択された設定をタイルで表示したままにします。
選択されていない場合、10 秒後に OSD 設定は表示されなくなります。
すべてループ
選択されている場合、設定はすべて、10 秒間隔で次々に表示されます。
スクリーン設定に戻る
戻るには、
をクリックします。
16.2.3 ILite 3 の OSD 機能
起動方法
1.
をクリックすると、OSD 機能のすべての概要が表示されます。 (画像 16-6)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
227
16. ILite Display 構成
画像 16-6
OSD パラメータ ILite 3
OSD スクリーンの概要
以下の機能が利用できます:
228
アドレ
ス
タイルのアドレスの概要を表示
ランタ
イム
壁の合計ランタイムを表示
シリア
ル ナン
バー
タイルのシリアル ナンバーの概要を表示
ソフ
トウェ
ア バー
ジョン
インストールされているソフトウェアのバージョン
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
16. ILite Display 構成
ファー
ムウェ
ア バー
ジョン
インストールされているファームウェアのバージョン
最大
ピーク
温度
コン
トロー
ラー
コントローラーの温度
リンク
の方向
タイルがリンクされている方向。たとえば、左から
右、上から下など。
デジタ
ル コン
トラス
ト
コントラスト値を各色ごとに表示
水平
ウィン
ドウ
水平開始カットアウト ウィンドウ タイル
垂直
ウィン
ドウ
垂直開始カットアウト ウィンドウ タイル
補正
各色の補正ステータス
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
229
16. ILite Display 構成
測定シ
ステム
スキャ
ンの方
向
ビデオ信号のスキャンの方向を表示。 通常、+90°、
-90°、180°。
OSD 無効 – 有効
ランタイムで OSD メッセージを有効にするには、 Disable system OSD message (システム OSD メッ
セージを無効) の隣にあるチェックボックスにチェックマークを入れます。 チェックマークが入って
いない場合、メッセージが表示されます。
画像 16-7
OK をクリックすると、OSD メッセージが OFF になります。
OSD メッセージを再表示するには、OSD アイテムをクリックします。または、タイルを再起動する
と、OSD は自動的に ON になります。
スクリーン設定に戻る
戻るには、
をクリックします。
16.2.4 タイル設定
起動方法
1. スクリーン設定ウィンドウにある
をクリックします (画像 16-1)。
タイル概要ウィンドウが表示されます。 (画像 16-8)
230
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
16. ILite Display 構成
画像 16-8
タイル プロパティの表示
1. 四角形のオレンジ色の部分の 1 つをクリックして、タイル プロパティ ページを開きます。
このページは主に読み込み専用プロパティから構成されています。ただし、モード (内部/外部) は
切り替え可能で例外です。
示された値はすべて、以下のとおりタイル固有のものです: (画像 16-9)
画像 16-9
タイル設定ページ
利用できるタイル設定
PWM リピート
PWM ピーク
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
231
16. ILite Display 構成
モード: これは、内部および外部で切り替え可能です。
内部
特定のタイルについて内部テスト パターンが表示されます。
外部
特定のタイルについて、デジタイザーの外部ソースが表示されます。
タイル カットアウト
アナログ コントラスト
デジタル コントラスト
測定システム: タイルあたりの補正システム。通常補正またはマルチ補正。
Chroma 測定: タイルあたりの Chroma 測定概要。
一時補正: 一時的に編集可能な、タイルあたりの色の概要。
デバイス プロパティ
アドレス
タイルのアドレス。各タイルは個別にアドレス設定されます
シリアル ナンバー
タイルのシリアル ナンバー。各タイルは、個別のシリアル ナンバーが
設定されます。
ランタイム
タイルの使用回数。
PCB 識別
使用されるコントローラー プリント基板のバージョン。
ソフトウェア識別
タイルが使用する埋め込み型ソフトウェアのバージョン。
ファームウェア識別
タイルが使用するファームウェアのバージョン。
前の画面に戻る
ボタンを選択すると、前の画面に戻ります。
前または次のタイルを表示
ボタンを選択すると、前のファイルに戻ります。
ボタンを選択すると、次のタイルに移動します。
232
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
17. ILite MD Display 構成
17. ILITE MD DISPLAY 構成
概要
•
•
構成の起動
スクリーン設定
ディスプレイで複数スクリーンが使用される際の重要な注意点 (スタック構成)。
SLite ディスプレイまたはタイルに対して調整を行う前に、適用レベル設定をまず確認し
ます。 適用レベル設定の詳細については、91 ページ、 適用レベル設定の調整 をご参照く
ださい。 を参照してください。
17.1 構成の起動
起動
1. MD アイコン
17-1)
をクリックすると、以下のポップ アップ メニューが表示されます。 (画像
画像 17-1
ILite MD ディスプレイ スクリーン設定ウィンドウ
デフォルト設定に戻すには、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンをクリックします。
233
17. ILite MD Display 構成
17.2 スクリーン設定
概要
•
•
•
概要
OSD 機能
タイル設定
17.2.1 概要
タイプ
MD ディスプレイのタイプは、ILite MD と示されます。
測定システム
製造の際の測定のタイプ。
コントラスト
Nit 値でのスクリーンのライト出力は、壁のタイプに左右されます。
コントラストの変更方法:
• マウスでスライダーを移動します。 スライダーの隣にある値が変更します。または、
• スライダーの隣にある桁ウィンドウをクリックして、キーボードから直接値を入力して変更しま
す。
- ILite Display: 0~1500 Nit
RGB のコントラスト
コントラスト選択で、RGB をクリックします。 スライダーが、各色を表す 3 つのスライダーに変化
します。
コントラストは、各色個別に調整可能です。
画像 17-2
RGB コントラスト設定
ちらつき調整
フレーム レートに応じたマスター クロックの設定。
50Hz または 60Hz をクリックすると、デフォルト値で設定されます。 このデフォルト値は、壁のタ
イプによります。
50Hz
60Hz
Ma-クロック
Ma-クロック
ILite6 MD
47
37
ILite8 MD
61
51
ILite10 MD
94
78
ILite 12 MD
138
115
ディスプレイ タイプ
桁エリアをクリックして、希望の値をキーボードから直接入力することで、他の値に設定すること
もできます。
234
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
17. ILite MD Display 構成
モード
モードは、内部または外部のいずれかです。
内部
内部テスト パターンが表示されます。
色は選択可能です (R-G-B)。
外部
デジタイザーの画像が表示されます。
色の選択はグレー アウトされます。
解像度モード
ILite ディスプレイの場合、固定されています。
ILite8/10/12 MD のガンマ
をクリックして、ガンマ調整環境ウィンドウを読み込みます。
画像 17-3
ガンマの変更、または事前設定曲線に関する詳細については、118 ページ、 ガンマ (非線形色トラッ
キング) を参照してください。
ILite6 MD のガンマ
をクリックして、ガンマ調整環境ウィンドウを読み込みます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
235
17. ILite MD Display 構成
画像 17-4
ガンマは、すべての色について同時に、または色ごとに調整可能です。 このため、ガンマの調整の
前に、まず色を選択してください。
ガンマの変更、または事前設定曲線に関する詳細については、118 ページ、 ガンマ (非線形色トラッ
キング) を参照してください。
OSD 機能
ILite MD の場合、236 ページ、 OSD 機能 をご参照ください。 を参照してください。
壁の配置
開始位置およびタイル解像度についての静的情報が示されます。
タイル
をクリックして、タイル プロパティ ウィンドウを起動します。
詳細については、 この章にある「Tile Settings (タイル設定)」を参照してください。
17.2.2 OSD 機能
起動方法
1.
236
をクリックすると、OSD 機能のすべての概要が表示されます。 (画像 17-5)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
17. ILite MD Display 構成
画像 17-5
OSD 機能の概要
概要 OSD スクリーン
概要については、225 ページ、 OSD スクリーンの概要 をご参照ください。 を参照してください。
OSD コントロール
選択の保持
選択された設定をタイルで表示したままにします。
選択されていない場合、10 秒後に OSD 設定は表示されなくなります。
すべてループ
選択されている場合、設定はすべて、10 秒間隔で次々に表示されます。
スクリーン設定に戻る
戻るには、
をクリックします。
17.2.3 タイル設定
起動方法
1. スクリーン設定ウィンドウにある
をクリックします (画像 16-1)。
タイル概要ウィンドウが表示されます。 (画像 17-6)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
237
17. ILite MD Display 構成
画像 17-6
タイル プロパティの表示
1. 四角形のオレンジ色の部分の 1 つをクリックして、タイル プロパティ ページを開きます。
このページは主に読み込み専用プロパティから構成されています。ただし、モード (内部/外部) は
切り替え可能で例外です。
示された値はすべて、以下のとおりタイル固有のものです: (画像 17-7)
画像 17-7
ILite MD タイル設定ページ
利用できるタイル設定
PWM リピート
238
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
17. ILite MD Display 構成
PWM ピーク
モード: これは、内部および外部で切り替え可能です。
内部
特定のタイルについて内部テスト パターンが表示されます。
外部
特定のタイルについて、デジタイザーの外部ソースが表示されます。
タイル カットアウト
アナログ コントラスト
デジタル コントラスト
測定システム: タイルあたりの補正システム。通常補正またはマルチ補正。
デバイス プロパティ
アドレス
タイルのアドレス。各タイルは個別にアドレス設定されます
シリアル ナンバー
タイルのシリアル ナンバー。各タイルは、個別のシリアル ナンバーが
設定されます。
ランタイム
タイルの使用回数。
PCB 識別
使用されるコントローラー プリント基板のバージョン。
ソフトウェア識別
タイルが使用する埋め込み型ソフトウェアのバージョン。
ファームウェア識別
タイルが使用するファームウェアのバージョン。
前の画面に戻る
ボタンを選択すると、前の画面に戻ります。
前または次のタイルを表示
ボタンを選択すると、前のファイルに戻ります。
ボタンを選択すると、次のタイルに移動します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
239
17. ILite MD Display 構成
240
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
18. SLite Display 構成
18. SLITE DISPLAY 構成
概要
•
•
構成の起動
スクリーン設定
ディスプレイで複数スクリーンが使用される際の重要な注意点 (スタック構成)。
SLite ディスプレイまたはタイルに対して調整を行う前に、適用レベル設定をまず確認し
ます。 適用レベル設定の詳細については、91 ページ、 適用レベル設定の調整 をご参照く
ださい。 を参照してください。
18.1 構成の起動
起動
1. ILite アイコン
をクリックすると、以下のポップ アップが表示されます。 (画像 18-1)
画像 18-1
SLite ディスプレイ スクリーン設定ウィンドウ
デフォルト設定に戻すには、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンをクリックします。
241
18. SLite Display 構成
18.2 スクリーン設定
概要
•
•
•
概要
OSD 機能
タイル設定
18.2.1 概要
タイプ
LED 壁のタイプは、SLite と示されます。
測定システム
製造の際の測定のタイプ。
コントラスト
Nit 値でのスクリーンのライト出力は、壁のタイプに左右されます。
コントラストの変更方法:
• マウスでスライダーを移動します。 スライダーの隣にある値が変更します。または、
• スライダーの隣にある桁ウィンドウをクリックして、キーボードから直接値を入力して変更しま
す。
- SLite Display: 0~5000 Nit
ちらつき調整
フレーム レートに応じたマスター クロックの設定。
50Hz または 60Hz をクリックすると、デフォルト値で設定されます。 このデフォルト値は、壁のタ
イプによります。
ディスプレイ タイ
プ
50Hz
SLite10
SLite14
121
121
PWM
Ma-クロック
60Hz
PWM
Ma-クロック
6
6
60
60
6
6
桁エリアをクリックして、希望の値をキーボードから直接入力することで、他の値にも設定できます。
モード
モードは、内部または外部のいずれかです。
内部
内部テスト パターンが表示されます。
色は選択可能です (R-G-B)。
外部
デジタイザーの画像が表示されます。
色の選択はグレー アウトされます。
解像度モード
SLite ディスプレイの場合、「Resolution mode (解像度モード)」は、Real (リアル) または Virtual (バー
チャル) に設定できます。
242
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
18. SLite Display 構成
リアル
1 ピクセルに 5 つの LED (2 赤、2 緑、1 青) が含まれます。
バー
チャル
1 ピクセルに 3 つの LED (1 赤、1 緑、1 青) が含まれます。
ガンマ
をクリックして、ガンマ調整環境ウィンドウを読み込みます。
画像 18-2
ガンマの変更、または事前設定曲線に関する詳細については、118 ページ、 ガンマ (非線形色トラッ
キング) を参照してください。
OSD 機能
OSD 機能の詳細については、243 ページ、 OSD 機能 をご参照ください。 を参照してください。
壁の配置
開始位置およびタイル解像度についての静的情報が示されます。
タイル
をクリックして、タイル プロパティ ウィンドウを起動します。
詳細については、247 ページ、 タイル設定 を参照してください。
18.2.2 OSD 機能
起動方法
1.
をクリックし、OSD の全機能の概要を表示します。 (画像 18-3)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
243
18. SLite Display 構成
画像 18-3
OSD 機能の概要
OSD スクリーン表示
概要:
244
アドレス
タイルのアドレスについて概要を表示
ランタイム
壁の合計ランタイムを表示
シリアル ナ
ンバー
タイルのシリアル ナンバーについて概要を表示
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
18. SLite Display 構成
ソフトウェ
ア バージョ
ン
インストールされているソフトウェアのバージョン
ファーム
ウェア バー
ジョン
インストールされているファームウェアのバー
ジョン
アナログ コ
ントラスト
デジタル コ
ントラスト
測定システ
ム
使用される測定システムのタイプ
温度コント
ローラー
コントローラの温度
PWM リ
ピート
値は摂氏と華氏で表示されます。
パルス幅変調
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
245
18. SLite Display 構成
水平ウィン
ドウ
垂直ウィン
ドウ
水平開始カットアウト ウィンドウ タイル
水平の開始および終了位置がウィンドウに表示さ
れます
垂直開始カットアウト ウィンドウ タイル
垂直の開始および終了位置がウィンドウに表示さ
れます
ファンの状
態
ファンの状態について情報を表示。ON または OFF
ボーレート
ボーレートについての情報を表示
再同期状況
補正状況
246
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
18. SLite Display 構成
フレーム カ
ウント ドラ
イバー 1-6
LED ボード
ドライバー
一致
LED ボードが本来のものである場合に、チェック
マークを入れます
OSD コントロール
選択を保持
タイルで見える選択された設定を保持します。
選択されていない場合、10 秒後に OSD 設定は表示されなくなります。
すべてループ
選択されている場合、設定はすべて、10 秒間隔で次々に表示されます。
スクリーン設定に戻る
戻るには、
をクリックします。
18.2.3 タイル設定
起動方法
1. スクリーン設定ウィンドウにある
をクリックします (画像 18-1)。
タイル概要ウィンドウが表示されます。 (画像 18-4)
画像 18-4
タイルの概要
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
247
18. SLite Display 構成
タイル プロパティの表示
1. 四角形のオレンジ色の部分の 1 つをクリックして、タイル プロパティ ページを開きます。
このページは主に読み込み専用プロパティから構成されています。ただし、モード (内部/外部) は
切り替え可能で例外です。
示された値はすべて、以下のとおりタイル固有のものです: (画像 18-5)
画像 18-5
タイル設定ウィンドウ
利用できるタイル設定
PWM リピート
PWM ピーク
モード: これは、内部および外部で切り替え可能です。
内部
特定のタイルについて内部テスト パターンが表示されます。
外部
特定のタイルについて、デジタイザーの外部ソースが表示されます。
タイル カットアウト
アナログ コントラスト
デジタル コントラスト
測定システム: タイルあたりの補正システム。通常補正またはマルチ補正。
Chroma 測定: タイルあたりの Chroma 測定概要。
デバイス プロパティ
248
アドレス
タイルのアドレス。各タイルは個別にアドレス設定されます
シリアル ナンバー
タイルのシリアル ナンバー。各タイルは、個別のシリアル ナンバーが
設定されます。
ランタイム
タイルの使用回数。
PCB 識別
使用されるコントローラー プリント基板のバージョン。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
18. SLite Display 構成
ソフトウェア識別
タイルが使用する埋め込み型ソフトウェアのバージョン。
ファームウェア識別
タイルが使用するファームウェアのバージョン。
前の画面に戻る
ボタンを選択すると、前の画面に戻ります。
前または次のタイルを表示
ボタンを選択すると、前のファイルに戻ります。
ボタンを選択すると、次のタイルに移動します。
Chroma 測定
す。
をクリックすると、各タイルのクワドラントあたりの色設定の概要が表示されま
画像 18-6
タイルの Chroma 測定
タイル概要ウィンドウの全体に戻るには、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
をクリックします。
249
18. SLite Display 構成
250
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
19. MiPix Display 構成
19. MIPIX DISPLAY 構成
概要
•
•
構成の起動
スクリーン設定
19.1 構成の起動
起動
1. MiPix アイコン
像 19-1)
をクリックすると、以下のポップ アップ メニューが表示されます。 (画
画像 19-1
MiPix ディスプレイ スクリーン設定ウィンドウ
デフォルト設定に戻すには、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンをクリックします。
251
19. MiPix Display 構成
19.2 スクリーン設定
概要
•
•
概要
タイル設定
19.2.1 概要
タイプ
LED 壁のタイプは、MiPix と示されます。
測定システム
製造の際の測定のタイプ。
コントラスト
Nit 値でのスクリーンのライト出力は、壁のタイプに左右されます。
コントラストの変更方法:
• マウスでスライダーを移動します。 スライダーの隣にある値が変更します。または、
• スライダーの隣にある桁ウィンドウをクリックして、キーボードから直接値を入力して変更しま
す。
- MiPix Display: 0~1300 Nit
ちらつき調整
フレーム レートに応じたマスター クロックの設定。
50Hz または 60Hz をクリックすると、デフォルト値で設定されます。 このデフォルト値は、壁のタ
イプによります。
ディスプレイ タイ
プ
50Hz
MiPix20
150
PWM
Ma-クロック
60Hz
PWM
Ma-クロック
10
305
8
桁エリアをクリックして、希望の値をキーボードから直接入力することで、他の値にも設定できます。
モード
モードは、内部または外部のいずれかです。
内部
内部テスト パターンが表示されます。
色は選択可能です (R-G-B)。
外部
デジタイザーの画像が表示されます。
色の選択はグレー アウトされます。
ストリン
グ色
ストリングあたり固定した色が設定された内部パターンが生成され、ストリング
接続が確認できます。
ストリング 1 = 赤、ストリング 2 = 緑、ストリング 3 = 青、ストリング 4 = 黄です。
ストリン
グの方向
252
動作中のライト パターンが起動されるため、ストリングの方向を確認できます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
19. MiPix Display 構成
解像度モード
MiPix ディスプレイの場合、「Resolution mode (解像度モード)」は、 Real (リアル) のみに設定でき
ます。
リアル
1 ピクセルに 1 つのフルカラー LED (1 赤、1 緑、1 青) が含まれます。
ガンマ
をクリックして、ガンマ調整環境ウィンドウを読み込みます。
画像 19-2
ガンマの変更、または事前設定曲線に関する詳細については、118 ページ、 ガンマ (非線形色トラッ
キング) を参照してください。
壁の配置
開始位置およびタイル解像度についての静的情報が示されます。
タイル
をクリックして、タイル プロパティ ウィンドウを起動します。
詳細については、253 ページ、 タイル設定 をご参照ください。 を参照してください。
19.2.2 タイル設定
起動方法
1. スクリーン設定ウィンドウにある
をクリックします (画像 19-1)。
タイル (モジュール) 概要ウィンドウが表示されます。 (画像 19-3)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
253
19. MiPix Display 構成
画像 19-3
タイル プロパティの表示
1. 四角形のオレンジ色の部分の 1 つをクリックして、タイル プロパティ ページを開きます。
このページは主に読み込み専用プロパティから構成されています。ただし、モード (内部/外部) は
切り替え可能で例外です。
示された値はすべて、以下のとおりタイル固有のものです: (画像 19-4)
画像 19-4
モジュール設定
利用できるモジュール設定
PWM リピート
PWM ピーク
温度読みだし
254
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
19. MiPix Display 構成
モード: これは、内部および外部で切り替え可能です。
内部
特定のタイルについて内部テスト パターンが表示されます。
外部
特定のタイルについて、デジタイザーの外部ソースが表示されます。
タイル カットアウト
デジタル コントラスト
測定システム
デバイス プロパティ
アドレス
タイルのアドレス。各タイルは個別にアドレス設定されます
シリアル ナンバー
タイルのシリアル ナンバー。各タイルは、個別のシリアル ナンバーが
設定されます。
ランタイム
タイルの使用回数。
PCB 識別
使用されるコントローラー プリント基板のバージョン。
ソフトウェア識別
タイルが使用する埋め込み型ソフトウェアのバージョン。
ファームウェア識別
タイルが使用するファームウェアのバージョン。
前の画面に戻る
ボタンを選択すると、前の画面に戻ります。
前または次のタイルを表示
ボタンを選択すると、前のファイルに戻ります。
ボタンを選択すると、次のタイルに移動します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
255
19. MiPix Display 構成
256
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
20. AEC 構成
20. AEC 構成
AEC
周囲環境コントローラー。温度およびライト環境を測定。
概要
•
•
•
起動
AEC 設定
デバイス プロパティ AEC
20.1 起動
Overview
周囲環境コントローラー (AEC) は、温度センサー 1 つと、ライト センサー 4 つを含むデバイスで、
周囲環境の測定に使用されます。
AEC は 1 台または複数台を、D/ILite Display の隣に配置し、日中の環境ライトを測定することができ
ます。 各 AEC には、重要度に応じて、重みのパーセンテージを割り当てます。 (たとえば、AEC が
ライト スポットの隣にあり、ライトの変化に大きな影響を受ける場合など。) 重みのパーセンテー
ジは、ライト センサーのレベルでも割り当て可能です。 加重平均は、すべての測定で算出され、ソ
フトウェアは特定の反応スロープに応じて応答します。 この反応スロープは、ライト測定のピーク
をふるい分けするための、応答時間を決定します。 ライト出力は、AEC が補正されている値に応じ
て、変更されます。
起動
1. AEC アイコン
をクリックします。
AEC 構成ウィンドウが開きます。 (画像 20-1)
画像 20-1
AEC 構成ウィンドウ
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
257
20. AEC 構成
20.2 AEC 設定
重み
AEC には、重要度に応じて、重みのパーセンテージを割り当てます。 利用できる AEC が 1 台のみの
場合、この値は 100% になります。
値
補正値
ステータスおよび重みタブのあるセンサー
AEC の各センサーは、ON または OFF に設定でき、AEC 測定システムで重みが設定できます。
20.3 デバイス プロパティ AEC
概要
値はすべて、静的情報です。
258
アドレス
AEC のアドレス。
シリアル ナンバー
AEC のシリアル ナンバー。
ランタイム
AEC の使用回数。
PCB 識別
使用されるコントローラー プリント基板のバージョン。
ソフトウェア識別
AEC が使用する埋め込み型ソフトウェアのバージョン。
ファームウェア識
別
AEC が使用するファームウェアのバージョン。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
21. メンテナンス ページ
概要
•
•
•
起動
アップデート ソフトウェア
色補正
21.1 起動
導入
このページでは、以下の実行するかどうかを選択します:
• 接続されたデバイスすべてについてソフトウェア/ファームウェアのアップデート (フラッシュ
アップデート)。
• 色補正調整
起動
1.
をクリックし、メンテナンス ページを起動します。 (画像 21-1)
画像 21-1
21.2 アップデート ソフトウェア
概要
•
•
•
•
•
•
•
ソフトウェア アップデートの起動
ILite Display
DLite Display
SLite Display
ウィンドウ設定オプション
FiberLink オプション
AEC
21.2.1 ソフトウェア アップデートの起動
起動
1. Flash update (フラッシュ アップデート) を起動します。 (画像 21-2)
Flash Update (フラッシュ アップデート) ページが開きます。 (画像 21-3)
2. アップデートする必要のあるソフトウェアのデバイス アイコンをクリックします。
対応するデバイスのポップ アップ ウィンドウが表示されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
259
21. メンテナンス ページ
画像 21-2
画像 21-3
アップデート ファイルの保存場所
1. PC で Barco ディレクトリを検索します。
2. 以下のパスをたどります: BARCO → XLite ToolSet → LSToolset → driver → FlashFile.
3. 新しいフラッシュ ファイルをすべてこのディレクトリにドロップします。
ポップ アップ ウィンドウが設定されている場合
アップデート手順を中止するには、
適用するには、
をクリックします。
をクリックします。
以下の画面が表示されます:
画像 21-4
ログ情報では、以下のメッセージが表示されます: Flash update started, please wait... (フラッシュ
アップデートを開始しました。しばらくお待ちください...)
ステータスバーに、ビジーが示されます。
これが、レディに変わったら、以下の画面が表示されます:
260
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
画像 21-5
ログ情報では、以下のメッセージが表示されます: Update process finished successfully. Flash update
done. (アップデート プロセスが完了しました。フラッシュ アップデートは終了しました。)
タイル バージョンの確認
Tile versions overview (タイル バージョン概要) をクリックすると、タイル概要ウィンドウが表示さ
れます。
画像 21-6
タイル バージョン概要
Get Versions (バージョンの取得) をクリックします。
タイル、プログラム ナンバー、ファームウェア Ctrl バージョン、ファームウェア再同期バージョン
を含む概要が記録されます。
21.2.2 ILite Display
概要
ILite ディスプレイでは、以下のポップ アップ ウィンドウが表示されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
261
21. メンテナンス ページ
画像 21-7
ILite ソフト/ファームウェア アップデート ウィンドウ
以下のソフトウェアが、アップデート可能です:
• プログラム ソフトウェア
• ファームウェア ドライバー
• ファームウェア コントローラー
• ファームウェア再同期
実行方法
いずれの場合も手順は同じです。
1. 「New version」 の隣に新しいバージョン ナンバー (たとえば、2.1) を入力します (現在のバージョ
ンは、「Current version (現在のバージョン)」の隣に示されてます)。
注記: バージョン ナンバーのみが必要です。 システムが自動的に適切なファイルを選択し、新し
いソフトウェアをインストールします。
2. アップデートは全範囲対象ですか?
「はい」の場合は、「Apply to all tile (すべてのタイルに適用)」のみにチェックマークを入れます。
「いいえ」の場合は、デバイス ボックスに範囲を指定し、「Apply to all tiles (すべてのタイルに適
用)」の選択を解除します。
注記: デフォルトでは、範囲全体が、デバイス範囲ボックスに示されます。
21.2.3 DLite Display
概要
DLite ディスプレイでは、以下のポップ アップ ウィンドウが表示されます。
262
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
画像 21-8
DLite ソフト/ファームウェア アップデート
以下のソフトウェアが、アップデート可能です:
• プログラム ソフトウェア
• ファームウェア
実行方法
いずれの場合も手順は同じです。
1. 「New version」 の隣に新しいバージョン ナンバー (たとえば、2.1) を入力します (現在のバージョ
ンは、「Current version (現在のバージョン)」の隣に示されてます)。
注記: バージョン ナンバーのみが必要です。 システムが自動的に適切なファイルを選択し、新し
いソフトウェアをインストールします。
2. アップデートは全範囲対象ですか?
「はい」の場合は、「Apply to all tile (すべてのタイルに適用)」のみにチェックマークを入れます。
「いいえ」の場合は、デバイス ボックスに範囲を指定し、「Apply to all tiles (すべてのタイルに適
用)」の選択を解除します。
注記: デフォルトでは、範囲全体が、デバイス範囲ボックスに示されます。
21.2.4 SLite Display
概要
SLite ディスプレイでは、以下のポップ アップ ウィンドウが表示されます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
263
21. メンテナンス ページ
画像 21-9
SLite ソフト/ファームウェア アップデート
以下のソフトウェアが、アップデート可能です:
• プログラム ソフトウェア
• ファームウェア フロント
• ファームウェア バック
実行方法
いずれの場合も手順は同じです。
1. 「New version」 の隣に新しいバージョン ナンバー (たとえば、2.1) を入力します (現在のバージョ
ンは、「Current version (現在のバージョン)」の隣に示されてます)。
注記: バージョン ナンバーのみが必要です。 システムが自動的に適切なファイルを選択し、新し
いソフトウェアをインストールします。
2. アップデートは全範囲対象ですか?
「はい」の場合は、「Apply to all tile (すべてのタイルに適用)」のみにチェックマークを入れます。
「いいえ」の場合は、デバイス ボックスに範囲を指定し、「Apply to all tiles (すべてのタイルに適
用)」の選択を解除します。
注記: デフォルトでは、範囲全体が、デバイス範囲ボックスに示されます。
21.2.5 ウィンドウ設定オプション
概要
ウィンドウ設定オプションでは、以下のポップ アップ ウィンドウが表示されます。
264
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
画像 21-10
ウィンドウ設定オプション ソフト/ファームウェア アップデート
以下のソフトウェアが、アップデート可能です:
• プログラム ソフトウェア
• ファームウェア
実行方法
いずれの場合も手順は同じです。
1. 「New version」 の隣に新しいバージョン ナンバー (たとえば、2.1) を入力します (現在のバージョ
ンは、「Current version (現在のバージョン)」の隣に示されてます)。
注記: バージョン ナンバーのみが必要です。 システムが自動的に適切なファイルを選択し、新し
いソフトウェアをインストールします。
21.2.6 FiberLink オプション
概要
FiberLink オプションでは、以下のポップ アップ ウィンドウが表示されます。
画像 21-11
FiberLink ソフト/ファームウェア アップデート
以下のソフトウェアが、アップデート可能です:
• プログラム ソフトウェア トランスミッター
• プログラム ソフトウェア レシーバー
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
265
21. メンテナンス ページ
実行方法
いずれの場合も手順は同じです。
1. 「New version」 の隣に新しいバージョン ナンバー (たとえば、2.1) を入力します (現在のバージョ
ンは、「Current version (現在のバージョン)」の隣に示されてます)。
注記: バージョン ナンバーのみが必要です。 システムが自動的に適切なファイルを選択し、新し
いソフトウェアをインストールします。
21.2.7 AEC
概要
FiberLink オプションでは、以下のポップ アップ ウィンドウが表示されます。
画像 21-12
AEC ソフト/ファームウェア アップデート
以下のソフトウェアが、アップデート可能です:
• プログラム ソフトウェア
• ファームウェア
実行方法
いずれの場合も手順は同じです。
1. 「New version」 の隣に新しいバージョン ナンバー (たとえば、2.1) を入力します (現在のバージョ
ンは、「Current version (現在のバージョン)」の隣に示されてます)。
注記: バージョン ナンバーのみが必要です。 システムが自動的に適切なファイルを選択し、新し
いソフトウェアをインストールします。
21.3 色補正
概要
•
•
266
DLite、SLite、ILite (埋め込みソフト < 2.05) (例外: ILite3 および MiPiX) を対象とした色補正
ILite の色補正
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
21.3.1 DLite、SLite、ILite (埋め込みソフト < 2.05) (例外: ILite3 および MiPiX) を対
象とした色補正
概要
補正を使用すると、D/I/SLite ディスプレイを再び補正することができます。 通常、タイルはすべて
補正されており、これは、D/I/SLite ディスプレイで 1 つまたは複数のタイルが他のタイルと一致し
ない場合のみ実行するものです。
タイルにはすべて、個別のシステム色署名が設定されており、スクリーン全体、また時間全体にわ
たって、色の統一性が保証されています。 タイルは、壁全体で色の統一性を得るために、何らかの
温度色に補正できます。
MiPiX では、色補正は行われません。 色温度のみが設定されます。
1 つのスクリーンのみをもつディスプレイから、色補正を起動します。
1. Color Calibration (色補正) をクリックします。 (画像 21-13)
壁のタイプによって、異なる色補正ページが表示されます。 (画像 21-14, 画像 21-15, 画像 21-16)
2. 壁全体に補正を行う場合
「はい」の場合は、壁全体に補正を行う場合、「Apply to all tiles (タイルすべてに適用)」を選択し
ます。
「いいえ」の場合は、補正する必要のあるタイルの範囲を入力するか、または除外するタイルをデ
バイスリストで選択します。
タイルを除外するには、タイルをクリックします。複数を選択する場合、Ctrl キーを押しながら選
択します。 背景が赤に変わります。 Exclude from calibration (補正の対象外) にチェックマークを入
れます。
3. 壁を補正する色温度を「Color temperature (色温度)」コンボ ボックスから選択します。
4. 第 2 世代 ILite 8 および ILite 10 タイルのみについて、レベル 2 の補正を使用する場合 (より精密で
正確な補正)、前にあるボックスにチェックマークを入れます。
注記: 壁全体で同じタイルが使用されている必要があります。
このアイテムの詳細については、i ボタンをクリックします。 (画像 21-17)
5. SLite タイルのみについては、 White balance (ホワイト バランス) または RGB + white balance (RGB
+ ホワイトバランス) を選択します。
6.
をクリックして、補正を開始します。
画像 21-13
画像 21-14
DLite タイルの色補正
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
267
21. メンテナンス ページ
画像 21-15
ILite 8 および ILite 10 タイルの色補正 (埋め込みソフト < 2.05)
画像 21-16
SLite タイルの色補正ウィンドウ
268
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
画像 21-17
情報ウィンドウ レベル 2 補正 ILite 8 および ILite 10
スタック構成で色補正起動
1. Color Calibration (色補正) をクリックします。 (画像 21-18)
スタック構成で色補正ページが表示されます。 (画像 21-19)
2. 補正範囲を選択します。
From / to アドレス
下にある from/to アドレスに設定します。 この範囲のみが補正
されます。
All tiles in selected screen (
選択されたスクリーンのタ
イルすべて)
選択されたスクリーンのタイルすべてが補正されます。
All tiles in selected screen (
選択されたディスプレイの
タイルすべて)
選択されたディスプレイのタイルすべてが補正されます。
All similar tiles (類似したタ
イルすべて)
類似したタイルすべてが補正されます。
タイルを除外するには、タイルをクリックします。複数を選択する場合、Ctrl キーを押しながら選
択します。 背景が赤に変わります。 Exclude from calibration (補正の対象外) にチェックマークを入
れます。
3. タイルを補正する色温度を「Color temperature (色温度)」コンボ ボックスから選択します。
4. SLite タイルのみについては、 White balance (ホワイト バランス) または RGB + white balance (RGB
+ ホワイトバランス) を選択します。
5.
をクリックして、補正を開始します。
画像 21-18
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
269
21. メンテナンス ページ
画像 21-19
スタック構成での色補正ウィンドウ
21.3.2 ILite の色補正
アプリケーション
•
•
•
•
270
ILite 3
ILite8、ILite10、ILite12 (埋め込みソフト > 2.05)
ILite XP
ILite MD
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
21.3.2.1 起動
色補正の起動
1. Color Calibration (色補正) をクリックします。 (画像 21-20)
色補正ページが表示されます。 (画像 21-21)
2. 補正範囲を選択します。
From / to アドレス
下にある from/to アドレスに設定します。 この範囲のみが補正
されます。
All tiles in selected screen (
選択されたスクリーンのタ
イルすべて)
選択されたスクリーンのタイルすべてが補正されます。
All tiles in selected screen (
選択されたディスプレイの
タイルすべて)
選択されたディスプレイのタイルすべてが補正されます。
All similar tiles (類似したタ
イルすべて)
類似したタイルすべてが補正されます。
タイルを除外するには、タイルをクリックします。複数を選択する場合、Ctrl キーを押しながら選
択します。 背景が赤に変わります。 Exclude from calibration (補正の対象外) にチェックマークを入
れます。
3. Next (次) をクリックします。
Download Measurement Data (測定データのダウンロード) ウィンドウが表示されます。 (画像 21-22)
ソフトウェアが、測定されたターゲットおよびデフォルト ターゲットを算出します。
4. Next (次) を押して、補正を実行します。
Color calibration chart (色補正チャート) が、ターゲット タブに表示されます。 (画像 21-23)
画像 21-20
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
271
21. メンテナンス ページ
画像 21-21
ILite3 および ILite XP の色補正
画像 21-22
測定データのダウンロード ウィンドウ
272
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
画像 21-23
色補正チャート
21.3.2.2 図のプレビュー設定
起動方法
1. View (表示) タブをクリックします。
異なる選択肢が表示されます。 (画像 21-24)
グリッド ライン
XY 座標系の背景にあるグリッド ライン。
CIE 図
XY 座標系の色の表示。 色度図
波長値
波長値が表示されますが、色度図のまわりは対象外です。
グローバル リー
ジョン
壁で再現できる全色、最大色。
ターゲット リー
ジョン
色の終了点の変動範囲。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
273
21. メンテナンス ページ
画像 21-24
図のプレビュー
21.3.2.3 色ポイントの変更
ドラッグアンドドロップによる
1. 色ポイントをクリックし、マウスの左ボタンを押したままにします。
2. 色終了ポイントを希望の位置までドラッグします。 (画像 21-25)
あらかじめ描かれた四角形エリア内でのみドラッグは可能です。
X および Y の値がそれに応じて変わります。
274
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
画像 21-25
色終了ポイントの移動
座標による
1. 色ポイントをクリックして選択します。
2. ’+’ または ’-’ キーをクリックして、X および Y の値を変更します。
または、
インプット フィールドをクリックし、キーボードで適切な値を入力します。
21.3.2.4 色温度 (ホワイト ポイント)
色温度軌道曲線による色温度
1. Use colortemp. traject (色温度軌道の使用) の前にあるチェック ボックスのチェックマークをはず
します (1)。 (画像 21-26)
2. ホワイト ポイントをクリックして選択します。
3. マウスの左ボタンを押しながら、ポイントを曲線に沿って希望の値まで移動します (2)。
または、
ホワイト座標フィールドをクリックし、+ または - ボタンをクリックすることで座標を変更します
(4)。
または、
インプット フィールドをクリックし、キーボードで適切な値を入力します。
または、
スライダー ボタンをクリックし、ホワイト ポイントが希望の位置に来るまで左右に移動します (5)。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
275
21. メンテナンス ページ
画像 21-26
曲線によるホワイト ポイント調整
カスタム色温度設定
1. Use colortemp. traject (色温度軌道の使用) の前にあるチェック ボックスでチェックマークが外れて
いることを確認します (1)。 (画像 21-27)
2. 終了ポイントをクリックして選択します。
3. マウスの左ボタンを押しながら、ホワイト ポイントを希望の位置までドラッグします (2)。
注記: ホワイト ポイントは、事前定義の四角形の範囲外には移動できません。
または、
希望の値になるまで、ホワイトの X および Y 座標の + または - ボタンをクリックします (3)。
または、
インプット フィールドをクリックし、キーボードで適切な値を入力します (3)。
276
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
画像 21-27
ホワイト ポイント調整
21.3.2.5 デフォルト ターゲットの読み込み
読み込み方法
1. Defaults Targets (デフォルト ターゲット) ボタンをクリックします。
色終了ポイントが、計算されたデフォルト ターゲットにジャンプします。
21.3.2.6 補正レベル
異なるレベルについて
レベル 1 は、LMT ライト メーターによる補正です。
レベル 2 は、カメラによる補正です。
選択方法
1. Options (オプション) タブをクリックします。
レベル選択ウィンドウが開きます。 レベルは、各色個別に設定可能です。 (画像 21-28)
2. ドロップ ダウン ボックスをクリックし、希望のレベルを選択します。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
277
21. メンテナンス ページ
画像 21-28
補正レベル
21.3.2.7 実行モード LED 壁
実行モードの選択方法
1. Run mode LED wall (実行モード LED 壁) の隣にあるドロップ ダウン ボックスをクリックし、希望
の設定を選択します。
画像 21-29 をご参照ください。
外部
プロジェクターの補正には、外部ソースが使用されます
内部
壁には内部テスト パターンが表示されます。
3 色すべてにチェックマークが入っている場合、白のテスト パターンが表示されます。
3 色のいずれか 1 つが選択されている場合、対応したテスト パターンが表示されます。
278
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
21. メンテナンス ページ
画像 21-29
実行モード LED 壁
21.3.2.8 補正手順の起動
起動方法
1. 設定がすべて終わったら、
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
ボタンをクリックします。
279
21. メンテナンス ページ
280
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
22. モニタリング ページ
22. モニタリング ページ
概要
•
•
•
•
•
モニタリング ページの起動
モニタリング ステータス
モニタリングを対象としたモニター設定
モニター リマインダー メッセージ
ログ データ
22.1 モニタリング ページの起動
起動
1.
をクリックします (画像 22-1)
このページには、AEC モニタリング設定が表示されます。
画像 22-1
モニタリング設定ウィンドウ
AEC が接続されていない場合、「No AEC’s connected (AEC が接続されていません)」とい
うメッセージが表示されます。
22.2 モニタリング ステータス
概要
すべての概要ページには、モニタリング ステータスが、小さな概要ウィンドウに表示されます。
画像 22-2
モニタリング概要
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
281
22. モニタリング ページ
LED ステータス:
• LED 点滅: モニタリングが稼働中
• LED 非点滅: モニタリングは停止中
22.3 モニタリングを対象としたモニター設定
22.3.1 温度コントロール設定
目的
タイルで認められた最高温度を設定します。 この温度に達した場合、壁のコントラストは低減され
るため、温度は下がります。
起動方法
1.
をクリックします。
温度設定コントロール ウィンドウが開きます。 (画像 22-3)
2. + または - ボタンをクリックして、最低コントラストを入力します。
3. + または - ボタンをクリックして、タイルの最大温度を入力します。
4.
をクリックします。
をクリックして、モニタリング起動ページに戻ります。
5.
画像 22-3
22.3.2 モニタリングを対象とした周囲環境コントロール設定
概要
•
•
モニター設定
AEC 設定
22.3.2.1 モニター設定
設定方法
1. + または - キーを押して、最大コントラストを選択します。
2. + または - キーを押して、最小コントラストを選択します。
3. + または - キーを押して、反応スロープを選択します。
4.
282
をクリックします
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
22. モニタリング ページ
22.3.2.2 AEC 設定
設定方法
1. 設定を適用する AEC デバイスの 1 つをコンボ ボックスから選択します。 (画像 22-4)
2. Weight (重み) の隣にあるフィールドをクリックし、キーボードのテンキーで入力することにより、
選択された AEC の重みを入力します。
注記: 利用できる AEC が 1 台のみの場合、この値は 100% になります。
3. On または Off キーをクリックし、センサー 1~4 を起動します。
4. センサーの入力フィールドをクリックし、キーボードのテンキーで値を入力することにより、各セ
ンサーの重みを入力します。
5.
をクリックして、センサーを起動します。
6. Init AEC (AEC の初期化) をクリックして、AEC の補正を行います。
注記: インストール時のみ
画像 22-4
AEC モニタリング概要
最適動作のための AEC の初期化方法
AEC の初期化とは、環境ライトに応じて、ディスプレイのコントラストを設定することです。
1. AEC の動作制限を以下のように設定します: これらは、最小および最大コントラストです。 (これ
らの限界は、ディスプレイのコントラストを制限するもので、AEC 測定を制限するものではあり
ません。)
2. 壁の画像が現在の環境ライトで表示されるように、壁のコントラストを設定します。
一般的な晴れの日で、壁は 3000 nit に設定します。 改正の場合、壁を 4500 nit に設定してもかま
いません。
3. Init AEC を押すと、AEC は環境ライトを測定し、設定されたディスプレイ コントラストを取得し
ます。 両方の値はその後、環境ライトの変更に応じて、新たなディスプレイ コントラストの算出
で使用されます。
AEC が適切に動作するよう、初期化の前に設定されたディスプレイ コントラストが、AEC
の動作制限内であることを確認してください。 不適切な場合、AEC モニタリングが開始さ
れると、ディスプレイ コントラストは、制限の 1 つを直接採用してしまうため、壁には不
適切なコントラストが設定されます。 このため、AEC の初期化は、一般的な日 (極度の曇
りや晴れを避け) に行う必要があります。 たとえば、ディスプレイ コントラストを 4000、
制限を 3500 および 500 にした場合、AEC モニタリング起動の時点で、ディスプレイ コン
トラストには直接 3500 が採用されます。 この結果、この場合の環境ライトにとって画像
は暗くなるため、見にくくなります。
ご注意: AEC の初期化が終わると、今後初期化の必要はありません。XLite ToolSet ソフ
トウェアがアップデートされた場合も不要です。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
283
22. モニタリング ページ
22.3.3 モニタリング設定
設定方法
1. 時間、分、秒の + または - ボタンをクリックし、間隔時間を入力します。
または、
インプット フィールドをクリックし、キーボードのテンキーで時間、分、秒を入力します。
2. チェック ボックスにチェックマークを入れることで、モニタリング コントロールをクリックしま
す。
以下のアイテムがコントロールできます:
- 温度コントロール
- 診断
- 周囲環境コントロール
3. Start Monitoring (モニタリングの開始) をクリックすると、モニタリングが始まります。 ボタンが、
「Stop Monitoring (モニタリングの停止)」に変わります。
Stop Monitoring (モニタリングの停止) をクリックすると、モニタリングが停止します。
注記: 開始されると、スクリーンのコントラストがアップデートされます。
22.4 モニター リマインダー メッセージ
XLite ToolSet 終了の際のリマインダー
XLite ToolSet の実際の稼働中にモニタリングが開始され、同じセッション中に停止された場合、 XLite
ToolSet の終了の際に、モニタリングが停止されていることを示すメッセージが表示されます。 モニ
タリングを再開する場合、XLite ToolSet にログインし、モニタリングを再起動する必要があります。
画像 22-5
終了時のモニタリング メッセージ
XLite ToolSet 起動時のリマインダー
XLite ToolSet の前回のセッションでモニタリングがオフにされた場合、ログインの際、モニタリン
グを再開するかどうかメッセージが表示されます。
画像 22-6
ログイン時のモニタリング メッセージ
OK をクリックすると、モニタリング ページが自動的に表示されるため、モニタリングを ON にする
ことができます。
モニタリングをオンにしない場合、Cancel をクリックします。
284
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
22. モニタリング ページ
22.5 ログ データ
概要
•
•
•
•
診断チェック
温度履歴
コントラスト履歴
AEC ライト履歴
22.5.1 診断チェック
表示方法
1.
をクリックします。
診断概要ウィンドウが表示されます。 (画像 22-7)
2.
をクリックします。
ログ情報表示ウィンドウには、概要が表示されます。
3. Save (保存) をクリックすると、個別のウィンドウにログが表示されます。
注記: このウィンドウは、印刷したり、ファイル システム上に保存したりすることができます。
画像 22-7
ログのクリア方法
1.
をクリックします。
ログ メッセージがクリアされます。
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
285
22. モニタリング ページ
22.5.2 温度履歴
表示方法
1.
をクリックします。
温度履歴ウィンドウが開きます。 (画像 22-8)
2. タイルの隣にある上下の矢印キーを押して、タイル ナンバーを選択します。
または、
インプット フィールドをクリックし、キーボードでタイル ナンバーな値を入力します。
3.
をクリックします。
ログ情報表示ウィンドウには、概要が表示されます。
4. Save (保存) をクリックすると、個別のウィンドウにログが表示されます。
注記: このウィンドウは、印刷したり、ファイル システム上に保存したりすることができます。
画像 22-8
ログのクリア方法
1.
をクリックします。
ログ メッセージがクリアされます。
温度履歴チャートの表示方法
1.
をクリックします。
チャートが表示されます。 (画像 22-9)
286
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
22. モニタリング ページ
画像 22-9
温度履歴チャート
22.5.3 コントラスト履歴
表示方法
1.
をクリックします。
コントラスト履歴ウィンドウが開きます。 (画像 22-10)
2.
をクリックします。
ログ情報表示ウィンドウには、概要が表示されます。
3. Save (保存) をクリックすると、個別のウィンドウにログが表示されます。
注記: このウィンドウは、印刷したり、ファイル システム上に保存したりすることができます。
画像 22-10
コントラスト履歴ウィンドウ
ログのクリア方法
1.
をクリックします。
ログ メッセージがクリアされます。
コントラスト履歴チャートの表示方法
1.
をクリックします。
チャートが表示されます。 (画像 22-11)
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
287
22. モニタリング ページ
画像 22-11
コントラスト履歴チャート
22.5.4 AEC ライト履歴
表示方法
1.
をクリックします。
AEC ライト履歴ウィンドウが開きます。 (画像 22-12)
2.
をクリックします。
ログ情報表示ウィンドウには、概要が表示されます。
3. Save (保存) をクリックすると、個別のウィンドウにログが表示されます。
注記: このウィンドウは、印刷したり、ファイル システム上に保存したりすることができます。
画像 22-12
AEC ライト履歴ウィンドウ
ログのクリア方法
1.
をクリックします。
ログ メッセージがクリアされます。
AEC ライト履歴チャートの表示方法
1.
をクリックします。
チャートが表示されます。 (画像 22-13)
288
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
22. モニタリング ページ
画像 22-13
AEC ライト履歴チャート
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
289
22. モニタリング ページ
290
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
索引
索引
ENGLISH TERMS
構成 51
自動フィル デザイン ウィンドウ 58
Digitizer 設定 D320L 165, 177
自動フィルの詳細設定 53
同期ジェネレーター 165, 177
自動フィルの例 56
タイミング ウィザード 165, 177
自動フィル 52
Digitizer 設定 D320 139
デザインの保存
59
同期ジェネレーター 139
マニュアル
フィル
56
タイミング 139
ズームアウト
71
DLite Display 215–217
ズームイン 71
構成 215–217
デザインの削除 71
起動 215
デザインの表示 50
スクリーン設定 216
デバイスの関連づけ 72
タイル設定 217
内部パターン 72
スクリーン設定 216
ブロック操作
63–67
FiberLink 構成 211–213
1
ブロックを選択
63
LED 壁電源 213
ストリングの選択
64
起動 211
全ブロックの選択解除 64–65
キー参照 213
全ブロックの選択 63–64
再構成フィルター 212
複数ブロックの選択 63
選択 212
ブロックの回転 67
デバイス プロパティ FiberLink 213
ブロックの削除 66
パターン ジェネレーター 212
ブロック操作
66, 68–69
ILite Display 221–222, 224–225, 227, 230, 234
自動回転
68
構成 234
ストリングのスワップ 66
スクリーン設定 234
ワイヤ方向 69
構成 221–222, 230
ブロック操作 69–70
起動 221
回転の表示 69
スクリーン設定 222
ワイヤ方向 70
タイル設定 230
ブロックの追加
59
スクリーン設定 222, 224–225, 227
MiPix
設定
48–50
ILite 3 の OSD 機能 227
MiPix 構成 48–50
ILite 6/8/10/12 OSD 機能の概要 225
概要 49
ILite 6/8/10/12 の OSD 機能 224
新規デザインの作成 50
ILite 6/8/10/12 の OSD 機能の起動 224
デザインの表示 50
OSD 機能 ILite 6/8/10/12 OSD コントロール 227
MiPix ディスプレイ 251–253
ILite MD Display 233–234, 236–237
起動 251
構成 233, 237
構成 253
起動 233
タイル設定 253
タイル設定 237
スクリーン設定
252
スクリーン設定 234, 236
MiPix
50–57,
59,
61–72
OSD 機能 ILite MD 236
1 ブロックを選択 63
MiPix Display 252
現デザインの保存 62
構成 252
回転の表示 69
スクリーン設定 252
既存デザインの編集
61
MiPix 構成 48–53, 56–59, 61–72
構成
59,
61–62,
64–67,
69–72
概要 49
現デザインの保存
62
既存デザインの編集 62
回転の表示 69
デザインを別名で保存 62
ストリングのスワップ
66
既存デザインの編集 62
ストリングの選択 64
現デザインの保存 62
ズームアウト 71
既存デザインの編集 61
ズームイン 71
既存のデザインの編集 61
全ブロックの選択解除
64–65
デザインの読み込み 61
デザインの削除
71
新規デザインの作成 50–53, 56–59
デザインの保存 59
アウトラインの境界線 57
デザインの読み込み 61
起動 51
デザインを別名で保存 62
グリッドでアウトライン 51
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
291
索引
デバイスの関連づけ 72
ブロックの回転 67
ブロックの削除 66
ブロックの追加 59
ワイヤ方向のシミュレーション 70
ワイヤ方向 69
構成 68, 72
自動回転 68
内部パターン 72
自動回転 68
新規デザインの作成 50–57
アウトラインの境界線 57
開始位置 56
起動 51
ギャップ設定 54
グリッドでアウトライン 51
構成 51
自動フィルの詳細設定 53
自動フィル 52
ストリングの方向 55
マニュアル フィル 56
ストリングの選択 64
スワップのストリング 66
ズームアウト 71
ズームイン 71
全ブロックの選択解除 64–65
全ブロックの選択 63–64
デザインの削除 71
デザインの表示 50
デザインの保存 59
デザインの読み込み 61
デザインを別名で保存 62
デバイスの関連づけ 72
内部パターン 72
複数ブロックの選択 63
ブロック操作 63
ブロックの回転 67
ブロックの削除 66
ブロックの追加 59
ワイヤ方向 69–70
SLite Display 241
構成 241
SLite Display 241–242, 247
構成 241–242, 247
起動 241
スクリーン設定 242
タイル設定 247
スクリーン設定 242
SLite ディスプレイ 243
構成 243
OSD 機能 243
あ
アップデート ソフトウェア 259, 261–266
DLite Display 262
FiberLink オプション 265
ILite Display 261
SLite Display 263
292
AEC 266
ウィンドウ設定オプション 264
アルファ ブレンド 111
AEC 構成 257–258
起動 257
設定 258
デバイス プロパティ 258
RS232 通信 22
設定 22
RGB UXGA 設定 204–210
AMD システム 205–210
アイテムの削除 207
最適 ADC 設定 208
自動測定 205
新規アイテムの追加 206
全アイテムの削除 208
デフォルト リスト 209
マニュアル選択 206
ラインあたりの合計ピクセル数 210
画像処理 204
ブラック バランス 205
ホワイト バランス 205
い
色補正 266–267, 270–271, 273–275, 277–279
DLite 267
ILite MD 270
ILite XP 270–271, 273–275, 277–279
色温度 275
色ポイント 274
起動 271, 279
実行モード 278
デフォルト ターゲット 277
プレビュー設定 273
補正レベル 277
ILite10 (埋め込みソフト >2.05) 270
ILite12 (埋め込みソフト >2.05) 270
ILite3 をのぞく ILite 267
ILite3 270–271, 273–275, 277–279
色温度 275
色ポイント 274
起動 271, 279
実行モード 278
デフォルト ターゲット 277
プレビュー設定 273
補正レベル 277
ILite8 (埋め込みソフト >2.05) 270
MiPiX 267
SLite 267
インストール 11
ソフトウェア 11
う
ウィンドウ設定 100–101, 103, 108–109, 111–116
アルファ ブレンド 111
ウィンドウのロック 101
ウィンドウ名 100
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
索引
変更 100
カラー キー 109
グループ変更 103
作業スペースの解像度 116
すべてアップデート 112
設定 113
表示設定 108
プリセット構成 113–116
削除 116
保存 113
読み込み 114–115
ウィンドウ名 100
変更 100
え
LED 壁 147
モニター プレビュー 147
お
温度コントロール 282
設定 282
か
壁設定 117–118
概要 117
ガンマ 118
壁の配置 34, 36–37, 40–42, 44–45, 47–48
DLite、SLite、ILite の壁 34
開始 34
MiPix 設定 48
MiPix 構成 48
MiPix 36
開始 36
MiPix の設定 37
タイル リンクの定義 34
マニュアル配置 40–42, 44–45, 47
DLite/SLite/ILite を対象としたカットアウト座
標 44
MiPiX のストリング機能 47
MiPix を対象としたカットアウト座標 45
カットアウト座標のエクスポート 47
選択 41
選択モード 42
壁の配置 29–30, 33
起動 29
グリッドの寸法 33
グリッド配置 30
選択 30
カラー キー 109
ガンマ 118
曲線の概要 118
き
起動ページ 17
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
く
グリッドの寸法 33
こ
構成マネージャ 123–124
別名保存 124
保存 123
し
システム構成 101–102, 104–105, 117, 120, 122,
125–126, 257–258
AEC 構成 257–258
起動 257
設定 258
デバイス プロパティ 258
ウィンドウ設定 101–102, 104–105
アスペクト比 104
移動 102
サイズ変更 102
サイズ変更なし 101
Z 順序づけ 104
ビューポート 105
壁設定 117
構成マネージャ 122, 125–126
起動 122
削除 125
読み込み 126
デバイス構成 120
システム構成 95, 97, 99–100
ウィンドウ設定 99–100
ウィンドウの選択 100
表示 99
起動 95
入力 & ディスプレイ構成 97
自動検出 23, 27
開始 23
シリアル ナンバー 27
パラメータの再読込 27
自動検出ページ 21
起動 21
周囲環境コントロール 282–283
AEC 設定 283
設定 282
モニター設定 282
す
スクリーン 77
選択 77
スクリーン設定 216, 222, 224–225, 227, 236, 242,
252
DLite Display 216
ILite Display 222, 224–225, 227
ILite 3 の OSD 機能 227
ILite 6/8/10/12 OSD 機能の概要 225
ILite 6/8/10/12 の OSD 機能 224
ILite 6/8/10/12 の OSD 機能の起動 224
293
索引
た
OSD 機能 ILite 6/8/10/12 OSD コントロール 227
ILite MD Display 236
タイミング デジタイザー 89
OSD 機能 ILite MD 236
LED 壁出力 89
MiPix ディスプレイ 252
周波数 89
SLite Display 242
垂直タイミング 89
スタック マネージャ 73, 76, 78, 80, 82–85, 87–91
水平タイミング 89
起動 78
タイル バージョン 261
原則 73
ソフトウェア 261
構成の再読込 90
タイル リンク 34
スクリーン 84
開始位置 34
スタックの概要 76
方向 34
ズーム/パン 90
タイル リンクの定義 34
制限 76
タイル設定 253
設定適用の非表示 90–91
MiPix ディスプレイ 253
設定適用の表示 90–91
起動 91
タイミング概要 87–90
アナログ出力 90
ディスプレイ 76–77, 82–83
LED 壁出力 88
スクリーンの割り当て 82–83
起動 88
すべて 83
出力モード 87
単一 82
デジタル出力 89
選択
76
ディスプレイ 78, 80, 82–83, 85
名前
77
位置の変更 85
ディスプレイの選択
76
削除 83
ディスプレイ名
77
作成 80
名前の取得 77
スクリーンの割り当て 82
適用レベル設定
91
レイアウト 78
デジタイザー構成
147, 157, 159, 170, 172, 182, 184
適用レベル設定 91
出力
147
始める前に 76
モニター プレビュー 147
表示 84
パターン生成
157, 159, 182, 184
プロパティ 84
概要
157,
182
レイアウト 84
起動 157, 182
設定 159, 184
パターン生成 170, 172
概要 170
設定適用の非表示 90–91
起動 170
設定適用の表示 90
設定 172
設定適用の表示 91
デジタイザー設定 D320Lite 174, 176, 178
起動 91
同期ジェネレーター 174, 176, 178
設定適用の表示 91
起動 174
スタック適用後のリセット ウィンドウ 91
タイミング 176
全般要件 11
ロック モード 178
システム 11
デジタイザー設定 D320L 163–164, 166
同期ジェネレーター 163–164, 166
起動 163
タイミング 164
操作 9
ロック モード 166
全般 9
デジタイザー設定 D320 142
ソフトウェア アップデート 259
同期ジェネレーター 142
起動 259
完了 142
ソフトウェア 11, 13–14
デジタイザー設定 D320 136, 138
アップデート 13
同期ジェネレーター 136, 138
アンインストール 14
起動 136
インストール 11
タイミング 138
起動 13
デジタイザー設定 144, 149–150, 152, 154–155,
157, 162, 170, 174
タイミング 150, 155
Barco LED 壁におけるロック モード 155
て
せ
そ
294
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
索引
詳細 150
プリセット 150
ディスプレイ インタフェース 154
タイミング 154
D320L 162, 170, 174
同期ジェネレーター 174
パターン ジェネレーター 170
D320Lite 174
動作モード 174
D320PL 144, 149
タイミング 149
動作モード 144
同期ジェネレーター 152, 157
タイミング 152, 157
デジタイザー設定 162–163
D320L 162–163
同期ジェネレーター 163
動作モード 162
デジタイザー設定 135–136
D320 135–136
同期ジェネレーター 136
動作モード 136
デバイス構成 120
D320L 構成 161
D320L 構成 162
デジタイザー設定 162
D320Lite 構成 173–174
起動 173
デジタイザー設定 D320Lite 174
同期ジェネレーター 174
デジタイザー設定 174
動作モード 174
D320Lite 構成 179
モニター プレビュー 179
D310 構成 129–134
ウィンドウ設定オプション 134
起動 129
設定 132
デジタイザー設定 132
デジタイザー設定の起動 132
設定 129–130
選択されたソース 130
入力設定 130
入力設定の起動 130
デジタイザー設定 133–134
詳細 133
全般詳細 134
デジタイザー 134
入力設定 131–132
画像処理 131
カラー マトリックス 132
ダイナミック画像安定化 132
ビデオ イコライジング 132
D320L 構成 167
モニター プレビュー 167
D320L 構成 161
起動 161
D320L 構成 162–163
デジタイザー設定 D320L 163
同期ジェネレーター 163
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
デジタイザー設定 162
動作モード 162
D320 構成 135, 185–191, 193–194, 196–203
起動 135
デジタイザー設定 135
入力スロット D320 186, 198, 200–203
RGB 画像処理 198, 201
RGB 輝度 200, 203
RGB コントラスト 200, 202
画像処理 186
入力スロット 185–191, 193–194, 196–197,
199–201, 203
CVBS/S-Vid 193
YUV/RG(s)B 設定の起動 187
YUV/RG(s)B 設定の起動 193
YUV/RG(s)B 187
RGB アナログ (UXGA) 200
RGB アナログ 197
RGB 解像度設定 199, 201
RGB 設定の起動 197, 200
RGB UXGA 2 203
RGB UXGA 設定の起動 203
SDI 設定の起動 190
SDI 190
画像処理 188
画像処理 D320 CVBS/S-Vid 194
ダイナミック画像安定化 SDI 191
ダイナミック画像安定化 D320 CVBS/S-Vid 197
ダイナミック画像安定化 190
DVI 設定の起動 186
DVI 186
入力ゲイン イコライザー D320 CVBS/S-Vid 196
入力ゲイン イコライザー 189
リフレッシュ/アップデート 185
入力設定 190
画像処理 SDI 190
D320 構成 136
デジタイザー設定 136
同期ジェネレーター 136
動作モード 136
D320PL 構成 144, 146, 149, 157
出力 146
選択 146
デジタイザー設定 144
動作モード 144
デジタイザー設定 149
タイミング 149
パターン生成 157
D320PL 構成 143
起動 143
と
導入 9
トラブルシューティング 13
に
入力 192
295
索引
D320 シリーズ 192
HDSDI 192
入力スロット 185, 192
HDSDI 192
HDSDI 設定の起動 192
画像処理 192
D320 シリーズ 185
は
パターン ジェネレーター 170, 182
D320L 170
概要 170
起動 170
D320Lite 182
概要 182
起動 182
ひ
ビューポート 105–106, 108
概要 105
グループ変更 108
作成 106
適用 108
ふ
フラッシュ アップデート 259
プリセット構成 113–116
削除 116
保存 113
読み込み 114–115
め
メンテナンス ページ 259, 266–267, 270
アップデート ソフトウェア 259
色補正 266–267, 270
DLite 267
ILite MD 270
ILite XP 270
ILite10 (埋め込みソフト >2.05) 270
ILite12 (埋め込みソフト >2.05) 270
ILite3 をのぞく ILite ILite3 267
ILite3 270
ILite8 (埋め込みソフト >2.05) 270
MiPiX 267
SLite 267
起動 259
ソフトウェア アップデート 259
起動 259
296
も
モニタリング ページ 281
起動 281
ステータス 281
モニタリング設定 284
設定 284
モニタリング 282–288
温度コントロール 282
設定 282
周囲環境コントロール 282–283
AEC 設定 283
設定 282
モニター設定 282
モニタリング設定 284
設定 284
モニター設定 282
リマインダー メッセージ 284
ログ データ 285–288
AEC ライト履歴 288
温度履歴 286
コントラスト履歴 287
診断チェック 285
モニター プレビュー D320L 167–169
設定 169
プレビューの移動 168
モニター プレビュー D320Lite 179–181
設定 181
プレビューの移動 180
モニター プレビュー 147–149, 167, 179
起動 147, 167, 179
設定 149
導入 147, 167, 179
プレビューの移動 148
モニター設定 282
ゆ
ユーザー 16
削除 16
追加 16
ろ
ログ データ 285–288
AEC ライト履歴 288
温度履歴 286
コントラスト履歴 287
診断チェック 285
ログオン ページ 15
ログオン 15
ユーザー 15
R5976380J XLITE TOOLSET 06/09/2004
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement