Miller AUTO-CONTINUUM 500 W/INSIGHT CORE ユーザーマニュアル

Miller AUTO-CONTINUUM 500 W/INSIGHT CORE ユーザーマニュアル
OM‐273473H/jpn
2019-07
プロセス
MIG(GMAW)溶接
パルス MIG(GMAW‐P)
フラックスコアード(FCAW)
溶接
エアカーボンアーク(CAC‐A)
断およびガウジング
アーク溶接源
Auto-Continuum
350 および 500
®
Insight Coreき
製情報、扱説明書の翻訳、
等につきましてはを
ご覧ください。
www.MillerWelds.com
ファイル:
アドバンスト・マニュファクチュアリング・システム
Millerからお$
へ
Millerをおびいただき誠にありがとうございます。これであな
たは*すぐ&+を終わらせることができます。しかも適 に終
わらせることができます。の方法でそれを行う時間がないこ
とは,かっています。
そのような理由で、Niels Millerは1929年に最-にアーク溶接機
の製造を始めたとき、彼の製が長期にわたる./と0れた
質を提1することを確2しました。あなたと3様に、彼のお客
様も質が4るものにかける5算はありませんでした。弊社製
は最7をさらに89る必要があり、お客様が購:できる最7の
ものである必要がありました。
*日も、弊社製を製造して販売する%々はその;統を継承し
ています。彼らはただ、1929年に確立した水準の質と./
を満たす装置やサービスを提1するために尽>しているだけで
す。
本扱説明書は弊社製を最大活用できるように?られてい
ます。安@5措置は時間をかけてよく読んでください。?業
場の潜A的なB から自,をC護するのに役立ちます。弊社は
素早く簡Dに設置および操?を行いま
す。Eらかの理由で装置のF理が必要な
場 は、 の解明に役立つトラブルシ
ューティングの章および のF正に役
立つ幅広いサービスネットワークをごO
用いただけます。特定のモデルにはC証
およびメンテナンス情報も提1されてい
ます。
弊社はISO 9001質システム
規格に登録した、米Uで最の溶接装置製造V社です。
Miller Electricは溶接機と溶接連装置の
あらゆる製を製造しています。
そのの質な弊社製にする情報は、
お近くのMiller販売理店におい わせいただき、最新の製カ
タログや$%用の&様書をお'けりください。おくの
またはサービスの"#を するには、1‐800‐4‐A‐Miller
にお
いただくか、www.MillerWelds.com にアクセスしてく
ださい。
Mil_Thank1 2019‐01
熱心にり組むこと 弊社のパワーの源はビ
ジネスにおいて最も簡
DなC証によって支え
られています。
1 - %&'( – ご)*におみください . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1‐1. シンボルマークのX用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1‐2. アーク溶接のB . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1‐3. 設置、操?およびメンテナンス用追Yシンボルマーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1‐4. カリフォルニア州有害物質規]法(プロポジション 65) 警a . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1‐5. b要安@規格 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1‐6. EMF 情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2 - + . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2‐1. 追Yの安@シンボルと定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2‐2. そののシンボルと定義 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3 - , . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3‐1. シリアル番cと定格ラベルの場所 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3‐2. 350モデルの&様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3‐3. 500モデルの&様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3‐4. 寸法と重量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3‐5. 環境&様 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3‐6.
的特性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3‐7. デューティサイクルとオーバーヒート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4 - . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐1. 設置場所の選択 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐2. 溶接i>端子とケーブルサイズの選択* . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐3. 溶接i>ケーブルの接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐4. 10 ワイヤフィーダリモートコントロールソケットRC2の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐5. o検知ソケットRC3の詳細 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐6. p辺機q用ソケットRC22の機能 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐7. 補rプロテクタCB1、通2パネル、緊急s止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐8. 補r源およびCB2 (オプション) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐9. デバイスネット用ソケット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐10. 気設tガイド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
4‐11. u相:>源の接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5 - -.セットアップ0 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5‐1. 溶接9路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5‐2. 溶接9路のインダクタンスを減らすための溶接ケーブルの配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5‐3. 複数の溶接源のX用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5‐4. 複数の溶接アークに対するo検知リード線およびワークケーブルの接続 . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5‐5. 接v . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5‐6. MIG溶接における>学の30のポイント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5‐7. アークブロー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5‐8. w本的な溶接トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6 - 12 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6‐1. オペレータ]御 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6‐2. ユーザーインターフェイス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6‐3. フロントパネル]御の説明 (第6‐2章を}照) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
1
1
1
3
4
4
4
5
5
7
8
8
8
8
9
9
9
10
11
11
12
13
14
14
15
15
16
16
17
18
20
20
21
22
23
26
28
29
30
33
33
34
35
7 - + . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7‐1. 設定ウェブページへのアクセス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7‐2. ホーム画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7‐3. セットアップ画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7‐4. セットアップ画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7‐5. アーク管理画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7‐6. データ管理画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7‐7. ヘルプ画 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8 - メンテナンスおよびトラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8‐1. 定期メンテナンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8‐2. 装置部のブローアウト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8‐3. エラーコードのトラブルシューティング説明および表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8‐4. エラーコードのトラブルシューティング説明および表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8‐5. トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9 - INSIGHT CORETMのインストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐1. ライセンス契約 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐2. 接続性調査のダウンロード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐3. システムIPアドレスの得 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐4. ContinuumのウェブページからInsight Coreを有‚にする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐5. ネットワーク接続の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐6. ネットワーク接続の確認 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐7. 装置のシリアル番cとライセンスキーを決める . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐8. -期装置の登録とアカウントの?成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
9‐9. 追Y装置の登録 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
10 - 78 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
11- 350および500モデルの;リスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
<
36
36
36
37
38
39
40
40
41
41
41
42
43
46
47
47
47
47
48
50
55
56
58
59
60
68
1 − %&'(
–
ご)*におみください
som 2018-01_jpn
7
2=および>を?@から< — な%&'(および12をよくんで、Aい、<してください。
1-1. シンボルマークの)
C !- 7"しなかった"Dに#Eまたは@をFくC
な$%を&します。'(するGれのあるC はシンボ
ルマークの)に*+、またはテキストでされていま
す。
7"しなかった"Dに#Eまたは@をFくI,Jがあ
るC な$%を&します。'(するGれのあるC はシ
ンボルマークの)に*+、またはテキストでされて
います。
- にしないを します。
.
な
を
します。
このグループのシンボルマークは、警a!、注意!、感、„
部、温部のB を意†しています。?業‡には、B を
止するためシンボルマークを確認し、かつの連の説明を読
んでください。
1-2. アーク-KのC
LMのシンボルマークは、'(するGれのあるC について.
NをO/するとPQに、C を0+するためRを1して
)されています。マークのある2#では、0に「.N」し、
34するを5しC 6にSめてください。LMでは、
1‐5に*+の%&T7にある89な%&UVの:のみを*
+しています。すべての%&T7をみ、それにAうようにし
てください。
;WをXするのみが、R<のりけ、12、メンテナン
スおよびYを=うようにしてください。;WをXするものと
は、 +されたZ[、、または\>な]^をXするこ
とによって、または_?な@A、BCおよびDEによって、`
F、2=またはプロジェクトに3するbFをGHする,cをd
できる、および34するC を Aし7"するための%&
BCをeけているとして+されています。
12fは、g(0にhi)をけないでください。
j により#Eklが'(するGれが
あります。
„ ˆの気系部に触れると、致‰的な感ま
たは重大な火Šを生じさせる„能性があります。
溶接棒および ?9路はi>がONの場 通状態
にあり、:>源9路および装置の部9路も
源がオンの時には通しています。‹自 または
自 ワイヤ溶接では、溶接ワイヤに接触している
ワイヤ、ワイヤリール、ドライブロールハウジン
グおよびすべての金属部は通しています。装
置りけが正しく行われていないか、または接
vがŽ適 な場 はB です。
D
?ˆの気系部に触らないでください。
D 燥した、穴の開いていない絶縁手袋および護服を着用して
ください。
D 絶縁マット、または?業場、床との物理的接触を止できる程
度の大きさのカバーをX用して?業場または床から?業者を絶
縁します。
D 湿気のある、濡れている、狭い場所、または落のB がある
場 ではAC溶接i>をX用しないでください。
D 溶接方法で必要な場 のみ、AC i>をX用するようにしてく
ださい。
D AC i>が必要な時は、リモコンi>]御をX用してください
(]御機能のある装置の場 )。
D 次のような気的にB な状況のいずれかが存Aする場 、追
Yの安@5措置が必要です。湿った場所にいる、または濡れ
た衣服を着ている。床、格子、足場などの金属構造物の8にい
る。座る、ˆ腰、横たわるなど窮屈な姿になっている。対象
物またはv との避けられないまたは‘然の接触のB 性が
い。このような状況の場 、次の装置をのにX用します
。1) ‹自 DC定o(ワイヤ)溶接機、2) DC手 (スティック)
溶接機、3) 開9路oを減少させたAC溶接機。ほとんどの
状況で、DC定oワイヤ溶接機をX用することをお’めしま
す。“%で?業をしないでください。
D 装置のりけ、またはサービス実施‡には:>源接続を外
すか、またはエンジンをs止させます。:>源のロックアウ
トまたはタグアウトは、OSHA 29 CFR 1910.147(安@w準を}
照)に従って行ってください。
D 装置のりけ、接v、操?は、本扱説明書、Uおよび自治
”の法•に従って正しく行ってください。
D 常に源接vを確認 - :>源接vコードが 断ボックスの接
v端子に、またコードプラグが端子に正しく接続されているか
点検、確認します。
D :>接続工+を行う場 は、まず最-に接v配線が正しくり
けられているか確認してから、接続をしてください。
D コードをいた状態にCち、油やグリースがかないようにし
て、熱い金属や火花からC護します。
D :>源コードと接v配線が損Šしていないか、または配線が
–きiしになっていないかを定期的に点検します。損Šしてい
る場 は直ちに—換してください。配線が–きiしの場 、接
触により死˜+故が発生する„能性があります。
D 装置をX用しない時は、すべての源をOFFにしてください。
D 摩耗、損Šがある、サイズが小さい、またはF理されたケーブ
ルをX用しないでください。
D ケーブルを”に掛けないでください。
D 溶接対象物を接vする必要がある場 は、$™のケーブルをX
用して直接接vしてください。
D ?業場、床またはの装置の溶接棒に接触している状態で溶接
棒に触れないでください。
D 開9路oが2šになるため、2›の溶接機に接続されている
極ホルダに3時に触れないでください。
D œ,メンテナンスを行った装置のみをX用するようにしてくだ
さい。破損した部は直ちにF理または—換してください。説
明書に従ってメンテナンスを実施してください。
D 床 よりい場所で?業する場 は、安@ハーネスを着用して
ください。
D すべてのパネルおよびカバーは所定の置にりけてくださ
い。
D ワークケーブルは、良質の金属間接触を用いて溶接?業が„能
な近さで溶接対象物または?業›にž定します。
D 溶接対象物に接続されていない場 は、の金属物との接触を
避けるためワーククランプを絶縁します。
D 1つの溶接i>端子に複数の溶接棒またはワークケーブルを接
続しないでください。X用していないケーブルを外します。
D 湿気の多い場所や濡れた場所で補r装置を操?するときは、G
FCIC護をX用してください。
mc Iをりnしたoのインバータ-K
は、かなりのDC qがrsします。
Iに
D 部に触れる‡に、必ず説明書の指示に従ってユニットの源
をオフにし、:>源を外して、:>コンデンサを放させま
す。
JKの;によってL@するI,Jが
あります。
D 素手で温状態の部に触らないでくださ
い。
D 機qのメンテナンス?業を行う‡には、Ÿ
期間を置くようにします。
D 温の部の扱い時には、火Š止のために、扱に適し
た工¡や、重みと断熱‚果のある溶接用手袋・衣を着用し
てください。
OM‐273473 ページ 1
ヒュームおよびガスはC
です。
溶接によりヒュームおよびガスが発生します。こ
のようなヒュームおよびガスを£い込むと、¤康
を害する„能性があります。
D をヒュームに近けないでください。ヒュームを£い込まな
いようにしてください。
D ヒュームが発生した場 は?業場所の換気を行うか、またはア
ーク点で局所強]排気装置をX用して溶接ヒュームとガスを排
気します。換気がœ,であることを¥断するために推奨される
方法は、?業¦がさらされるヒュームおよびガスの成,と量を
サンプリングすることです。
D 換気がœ,でない場 は、認定済みの送空気マスクを着用する
ようにしてください。
D 安@データシート(SDS)および接着§、コーティング、クリ
ーナー、消耗、Ÿ §、脱脂§、フラックス、金属にする
製造¨の説明書をよく読み、理解してください。
D 狭い場所で?業する場 は、必ずœ,換気を行うか、または送
空気マスクを着用し、訓練を'けた監視¦を配置するようにし
てください。溶接により発生するヒュームおよびガスは空気を
o排し、これによる酸素レベルの©は%身+故または死˜+
故を引き起こします。ª£用の空気が安@であることを確認し
てください。
D 脱脂、洗浄または塗装?業ˆは、その近くで溶接?業を行わな
いでください。アーク熱および«線は、水蒸気と¬応し極めて
有害かつ­激性の強いガスを発生させます。
D ®鉛、鉛またはカドミウムメッキ鋼等のコーティング°理さ
れた金属を溶接する場 は、溶接部からコーティングを±
し、換気をœ,に行って送空気マスクを着用してください。
コーティングまたは、コーティング°理された金属を溶接する
と、有害なヒュームが発生する恐れがあります。
アークvMにより およびNOがPけ
るGれがあります。
アーク溶接により生ずるアーク«線は、強烈な„
視およびŽ„視の(紫外および赤外)«線を発生さ
せ、これにより目および皮膚が焼ける恐れがあり
ます。溶接部から火花が散します。
D 溶接または目視時に目およびをアーク«線や火花からC護
できる、フィルターレンズの適 なシェードきの認定済み
溶接ヘルメットを着用してください(安@w準のANSIZ49.1お
よびZ87.1 }照)。
D 認定済みのサイドシールドき安@眼鏡を着用した8で、ヘ
ルメットを着けてください。
D C護スクリーンまたはバリヤをX用し、閃«、«線、火花か
ら?業者外の者をC護します。?業者外の者がアークを
目視しないように警aを行ってください。
D ²夫で燃性の素材(、³手のコットン、ウール)で?ら
れた身”C護¡を着用してください。身”C護¡には、皮手
袋、³手のシャツ、裾折り返し無しのズボン、長、および
帽子などのオイル­フリーの衣が¶まれます。
-KによりLQまたはR'が'(する
Gれがあります。
タンク、ドラム缶またはパイプのような密閉され
た容qを溶接すると爆発する恐れがあります。溶
接アークから火花が散する恐れがあります。
散した火花、温状態の溶接対象物、および温
状態の装置により火災または火Šが発生する恐れがあります。溶
接棒が誤って金属物に接触すると、スパーク、爆発、オーバーヒ
ートまたは火災が発生する恐れがあります。·種溶接?業を行う
‡には、?業場所の点検を行い
安@を確認するようにしてください。
D 溶接アークから35 ft (10.7 m) の距にあるすべての„燃物
は移 するようにしてください。これがŽ„能な場 は、認定
済みのカバーで„燃物をしっかりと覆ってください。
D 火花が„燃性物質に散する恐れのある場所では溶接?業を行
わないでください。
D 散する火花および温状態の金属から?業者およびそのの
者をC護してください。
D 溶接火花および溶接から生じた温状態の物質は、微細なクラ
ックおよび穴を通って接部,に達します。
OM‐273473 ページ 2
D 火災に注意し、消火qを手¨に置くようにしてください。
D 天¸裏、床、壁または遮断壁などで溶接?業を行った場 、
見えない場所で火災が発生する恐れがあることに注意してくだ
さい。
D タイヤのリムやホイールを 断したり溶接したりしないでくだ
さい。タイヤをY熱すると爆発する恐れがあります。F理した
リムとホイールでは故する„能性があります。安@w準のO
SHA 29 CFR 1910.177を}照してください。
D „燃性のある容q、またはタンク、ドラム缶、パイプのような
密閉された容qの溶接は、AWS F4.1およびAWS A6.0 (安@w
準を}照)に従って適 な準tを行ってから実施するようにし
てください。
D „燃性の¹、ガス、液”蒸気(ガソリンなど)が大気に¶まれ
る„能性がある場所では溶接を行わないでください。
D Ž明な長距経路による溶接流の1給、および感、火花、
火災のB を避けるため、感溶接点にi来るだけ近い場所に
ワークケーブルを接続します。
D º結したパイプを溶接機で解かさないでください。
D 装置をX用しない時は、極棒をホルダからり外し、また溶
接ワイヤをコンタクトチップの所で 断します。
D ²夫で燃性の素材(、³手のコットン、ウール)で?られ
た身”C護¡を着用してください。身”C護¡には、皮手袋、
³手のシャツ、裾折り返し無しのズボン、長、および帽子な
どのオイル­フリーの衣が¶まれます。
D 溶接?業の‡には、ガスライターまたはマッチ等のすべての„
燃物を?業者の”からしてください。
D ?業が完¼したら、その½を点検して火花、燃えさし、炎が
ないことを確認します。
D 正しいヒューズまたは9路遮断qのみX用してください。大き
すぎるものをX用したり、無視したりしないでください。
D 温?業の場 は、 OSHA 1910.252 (a) (2) (iv) およびNFPA
51Bの要¾に従い、近くに火災監視装置と消火qを用意してく
ださい。
D 安@データシート(SDS)および接着§、コーティング、クリ
ーナー、消耗、Ÿ §、脱脂§、フラックス、金属にする
製造¨の説明書をよく読み、理解してください。
SwしたTxやUVにより
Gれがあります。
をW@する
D 溶接、チッピング、ワイヤブラッシングおよ
び研磨により火花および金属の散が発生し
ます。溶接部がŸえると、8記?業により
スラグが発生します。
D 認定済み安@眼鏡を着用した8で、溶接ヘルメットを着ける
ようにしてください。
ガスのyXにより、gYklまたは#
Eklが'(するGれがあります。
D o縮ガスをX用しない時は、1給を止めてく
ださい。
D 狭い場所で?業を行う場 は、常に換気を行うか、または認
定済み送空気マスクを着用するようにしてください。
Zおよび[Z (EMF) がzめ\み{]^|
に}_を~えるI,Jがあります。
D ペースメーカーやそののÀめ込みÁ療機q
の装着者は近づかないようにしてください。
D Àめ込みÁ療機qの装着者は、アーク溶接、スポット溶接、
ガウジング、プラズマアーク Â、誘導Y熱操?の近くに行
く‡に、Á師と装置の製造¨に相談する必要があります。
`aによりbcにdが'(するGれ
があります。
溶接方法または溶接装置から発生するに
より聴覚に害が発生する恐れがあります。
D レベルがい場 は、認定済み耳
用護¡を着用してください。
e?しているボンベはefするGれが
あります。
o縮ガスボンベにはoガスが¶まれます。損Š
すると、ボンベが破裂する恐れがあります。ガス
ボンベは溶接工程でX用される重要な機材です。
扱にはœ,注意してください。
D 過熱、衝撃、物理的損Š、スラグ、裸火、火花およびアークか
らo縮ガスボンベをC護してください。
D ボンベをž定支持¡またはボンベラックに直立置にž定し、
落転Ãをいでください。
D ボンベを溶接?業またはの気9路に近けないでくださ
い。
D 絶対にガスボンベ8に溶接トーチを掛けないでください。
D 絶対に溶接棒をボンベに接触させないでください。
D 絶対にYoされたボンベを溶接しないでください。破裂しま
す。
D 溶接用に設計された適正なo縮ガスボンベ、レギュレータ、ホ
ース、りけ金¡のみをX用するようにしてください。これ
等の部および連部を良好な状態にCつようにしてくださ
い。
D ボンベのバルブを開く時は、バルブiÅからをしてくださ
い。バルブ開くときにレギュレータの‡後に立たないでくださ
い。
D バルブをX用しているか、またはX用のため接続している場
をき、C護キャップをりけるようにしてください。
D 適 な装置と正しい手をX用して、œ,な%数でボンベの持
ち8げ、移 、輸送を行ってください。
D o縮ガスボンベ、連装置にする説明、および安@w準に記
載のo縮ガスÆV (CGA) 発行P-1を読み、これに従うようにし
てください。
1-3. 、12およびメンテナンスgシンボルマーク
LQまたはR'のC
D 装置を„燃性物の表 、8部またはその近く
にりけたり、置いたりしないでくださ
い。
D 装置を引火性物の近くにりつけないでくだ
さい。
D 屋配線を過負荷状態にしない - 源システムのサイズ、定
格が適正であること、および本装置のX用時に源システム
のC護機能が ?することを確認してください。
<をhとすとW@するI,Jがあり
ます。
D フック用穴はユニットをÇり8げる時のみX
用するようにしてください。ギヤ、ガスシリ
ンダまたはそののアクセサリを ?させな
いでください。
D 装置のÇり8げおよび支持には正しい手と適 なÇり8げ
機をX用してください。
D 装置の移 にフォークリフトをX用する場 、フォーク長さ
が装置の¬対Èの までの距よりもœ,長いことを確認し
てください。
D 空ˆで?業するときは、装置(ケーブルやコード)を移 ˆ
の車Éから遠ざけてください。
D 重い部や装置を手 で持ち8げる場 は、改正されたNIO
SH持ち8げ計算式のアプリケーションマニュアル
(Publication No. 94-110) のガイドラインに従ってください。
i‚に)するとオーバーヒートする
Gれがあります。
D Ÿ 期間を設けるようにします。定格X用率
に従ってください。
D Ê度溶接?業を開始する‡には、流を減少
させるか、またはX用率をげてください。
D 装置への空気の流れを妨げたり、フィルタをかけたりしない
でください。
SwするLjによりW@するI,Jが
あります。
D 目やをC護するためフェイスシールドを着
用してください。
D 適 な 、手、および身”のC護¡を着
用し、安@な場所にある適 な安@装置き
の研磨機にのみタングステン極を形成しま
す。
D 火花が火災につながる„能性があります - „燃物を近づけ
ないでください。
k (ESD) によりPC ボードがe?
するGれがあります。
D ボードまたは部をり扱う‡には、接vさ
れたリストストラップを装着してください。
D PCボードをC管、移 または発送する場
は、適 な 止バックをX用するように
してください。
I„;によりW@するI,Jがあり
ます。
D „ 部に触らないでください。
D ドライブロール等のピンチポイントに触らな
いでください。
-KワイヤによりW@するI,Jがあ
ります。
D 指示がiるまでは、溶接トーチスイッチを押
さないでください。
D 溶接ワイヤの装着時に、溶接トーチを?業者
の”、?業者外の者または金属にËけない
でください。
バッテリーのR'によりW@するI,
Jがあります。
D バッテリーのÌ、または車のジャンプスタ
ートのために溶接機をX用するには、その目
的のために設計されたバッテリーÌ機能が
必要です。
I„;によりW@するI,Jがあり
ます。
D ファンのような„ 部に近づかないでくだ
さい。
D すべてのドア、パネル、カバーおよびガード
を閉じてž定します。
D メンテナンスやトラブルシューティングのため、必要に応
じてドア、パネル、カバー、または安@装置をり外す場
は、必ず資格を有する?業¦が行ってください。
D メンテナンスが終¼し、:>源をÊ接続する‡に、ドア、
パネル、カバー、または安@装置をÊ度りけてくださ
い。
をんでください。
D 装置を設置、操?、またはF理する‡に、す
べてのラベルと扱説明書をよく読んでそれ
に従ってください。説明書の始めと·章にあ
る安@にする情報をお読みください。
D 製造業者の純正の—換部のみをX用してください。
D 扱説明書、業界w準、Uおよび自治”の法•に従って、設
置、メンテナンス、およびF理を行ってください。
OM‐273473 ページ 3
J‡lˆ‰によりŠmが'(するGれが
あります。
D p波(H.F.) は、無線ナビゲーション、コン
ピュータ、通2機q、その·種子機qに
干渉する恐れがあります。
D 子機qに精通した、資格を有する者のみにこの装置のり
けを行わせるようにしてください。
D りけにより干渉が発生した場 は、お客様Èで資格を
有する気技術者に の改7をÏするようにしてくださ
い。
D 当局から干渉が発生している旨の通aを'けた場 は、直ち
に装置のX用をˆ止してください。
D 定期的にりけ状態をチェックし、良好なりけ状態を
維持するようにしてください。
D p波源のドアおよびパネルをしっかり閉め、スパークギ
ャップを正しく設定するとÐに、干渉の発生を最小に抑え
るため接vおよびシールドを行ってください。
アーク-KによりŠmが'(するGれが
あります。
D 磁エネルギーにより、コンピュータ、ロボ
ット等のコンピュータ]御による装置を¶む
精密子機qが干渉を
'ける恐れがあります。
D 溶接?業を行う場所にあるすべての装置が磁的に適 した
ものであるかを確認してください。
D 干渉の„能性を減らすため、溶接ケーブルはi来るだけ短く
して束ね、床等の©置に置くようにしてください。
D 精密子機qから100メートルれた場所で溶接?業を行う
ようにしてください。
D 本説明書に従って溶接機がりけられていることを確認し
てください。
D 干渉が継続する場 は、お客様Èで溶接機を移 する、シー
ルドケーブル、ラインフィルタをX用する、または?業場所
をシールドする等の対策を講じるようにしてください。
1-4. カリフォルニアXVnoŽp(プロポジション 65) q‘
q‘: Rr;によって、sなどを’Xする“ZVnにさらされ
るI,Jがあります。これはt、”•Ju–その>の(v^,
に—する˜}_を™き/こすことがカリフォルニアにおいて
されています。
89については、www.P65Warnings.ca.gov をごwください。
1-5. `%&oW
、、およびにおける、ANSI規格Z49.1、米
U溶接ÆV(http://www.aws.org)から無料でダウンロード、また
は、Global Engineering Documents (話: 1‐877‐413‐5184、Web
サイト: www.global.ihs.com) から購:できます。
およびコンテナおよびのにするな、
米U溶接ÆV規格AWS F4.1、Global Engineering Documents (話:
1‐877‐413‐5184、Webサイト:www.global.ihs.com) から購:できま
す。
!のある およびコンテナにするな、米U溶
接ÆV規格AWS A6.0、Global Engineering Documents (話:
1‐877‐413‐5184、Webサイト:www.global.ihs.com) から購:できま
す。
"#$%&'(、NFPA 規格 70、@U火ÆV (所Av: Quincy,
MA 02169、話: 1‐800‐344‐3555、Webサイト: www.nfpa.org and
www. sparky.org)。
シリンダ,の-.ガスの12、CGAパンフレットP‐1、o縮ガ
スÆV (所Av: 14501 George Carter Way, Suite 103, Chantilly, VA
20151、話: 703‐788‐2700、Webサイト: www.global.ihs.com)。
、、およびにおける、CSA規格W117.2、
カナダ規格ÆV、規格販売 (所Av: 5060 Spectrum Way, Suite 100,
Mississauga, Ontario, Canada L4W 5NS、話: 800‐463‐6727、Web
サイト: www.csagroup.org)。
34および5678における9およびの:;、ANSI規格Z87.1
、米U規格ÆV (所Av: 25 West 43rd Street, New York, NY
10036、話: 212‐642‐4900、Webサイト: www.ansi.org)。
、、およびその<の=,の:>にする'?、NFP
A規格51B、@U火ÆV(所Av: Quincy, MA 02169、話:
1‐800‐344‐3555、Webサイト:www.nfpa.org)。
“般産業ËけÑÒ安@衛生 (OSHA) w準、連邦規Ó (CFR)
第29編、1910.177節N、1910節Q、1926節J、 衆U連邦政
府ÔÕ所文書統括管理局 (所Av: P.O.Box 371954, Pittsburgh, PA
15250‐7954、話: 1‐866‐512‐1800) (OSHAv方+Ö所が10ヶ所あ
ります。シカゴのv½5の話番cは312‐353‐2220、Webサイト:
www.osha.gov です。)
@AされたNIOSHBちCげDEFのアプリケーションマニュアル、
U立ÑÒ安@衛生研究所(NIOSH) (所Av: 1600 Clifton Rd, Atlanta,
GA 30329‐4027、話: 1‐800‐232‐4636、Webサイト: www.cdc.gov/
NIOSH)。
1-6. EMF UV
導”を流れる流は局所的な界および磁界(EMF)を引き起こし
ます。アーク溶接(およびスポット溶接、ガウジング、プラズマア
ーク Â、および誘導Y熱操?を¶む連工法)からの流は、溶
接9路p辺にEMFを発生させます。EMFは、ペースメーカーなどの
“部のÀめ込みÁ療機qに干渉する„能性があります。Àめ込みÁ
療機qの装着者をC護するための対策を講じる必要があります。た
とえば、通行%のアクセスを]したり、溶接機に対して$™のリ
スク評.を実施したりします。すべての溶接機は、溶接9路からの
EMFのばく!を最小に抑えるために、次の手をX用する必要が
あります。
1. ケーブルを撚る、テープで束ねる、またはケーブルカバーをX
用してケーブルをまとめます。
2. 溶接ケーブルの間に”を置かないでください。ケーブルを片È
にまとめて、?業者からすようにしてください。
OM‐273473 ページ 4
3. ケーブルを”に巻きつけたり、掛けたりしないでください。
4. できるり溶接9路の装置から"や胴”をすようにしてくだ
さい。
5. ワーククランプを溶接対象物のi来るだけ近くに接続します。
6. 溶接源の横で?業をしたり、座ったり、寄り掛かったりしな
いでください。
7. 溶接源またはワイヤフィーダを運びながら溶接を行わないで
ください。
zめ\み{]^|について:
Àめ込みÁ療機qの装着者は、アーク溶接、スポット溶接、ガウ
ジング、プラズマアーク Â、誘導Y熱操?を行うまたは近づく‡
に、Á師と装置の製造¨に相談する必要があります。Á師の許„が
ある場 、8記の手に従うことが推奨されます。
2 - +
2-1. gの%&シンボルと+
. OPのシンボルはCERSにのみTされています。
警a!注意!シンボルが示すようなB
が発生する„能性があります。
Safe1 2012-05
燥した絶縁手袋を着用してください。素手で溶接棒に触らないでください。濡れた、または破れた手袋を
着用しないでください。
Safe2 2017-04
?業場やv
から自,自身を絶縁することで感からC護してください。
Safe3 2017-04
装置で?業する‡に:>プラグまたは源を外してください。
Safe5 2017-04
をヒュームに近けないでください。
Safe6 2017-04
強]排気装置、または局所排気装置をX用してヒュームを排気してください。
Safe8 2012-05
換気扇をX用してヒュームを排気してください。
Safe10 2012-05
„燃物を溶接ˆに近づけないでください。„燃物の近くで溶接を行わないでください。
Safe12 2012-05
溶接火花が火災のÙÚとなる„能性があります。近くに消火qを用意し、いつでもそれをX用できる監視¦
を配置してください。
Safe14 2012-05
ドラム缶や密閉された容qで溶接を行わないでください。
Safe16 2017-04
OM‐273473 ページ 5
ラベルをはがしたり、塗りつぶしたり(カバーしたり)しないでください。
Safe20 2017-04
>をYえると、損Šした部が破裂するまたはの部を破裂させる恐れがあります。
Safe26 2012-05
部の破片が散して負Šする恐れがあります。装置のF理を行う#は必ずフェイスシールドを着用してく
ださい。
Safe27 2012-05
装置のF理を行う#は必ず長袖で襟をボタンを締められる服を着用してください。
Safe28 2012-05
Ûのように適
な5措置を講じてから、源を装置に接続してください。
Safe29 2012-05
ドライブロールで指を負Šする„能性があります。
Safe32 2012-05
溶接ワイヤと$
部は
?ˆ、溶接oになっています。手や金属物を近づけないでください。
Safe33 2017-04
製(該当する場
)を“般廃棄物と“緒に廃棄しないでください。
指定されたÜ施設に廃棄することで、廃気子機q(WEEE)をÊO用またはリサイクルしてください。
詳細についてはお近くのリサイクル+Ö局または販売理店におい
わせください。
Safe37 2017-04
帽子と安@眼鏡を着用してください。耳用C護¡と襟きボタン
シャツを着用してください。適 なフィルターシェードき溶接
ヘルメットを着用してください。完@な身”護¡を着用してく
ださい。
Safe38 2012-05
装置での?業または溶接を行う‡に、トレーニングを'け説明書を
よく読んでください。
Safe40 2012-05
V
V
>5min
OM‐273473 ページ 6
V
源を った後も:>コンデンサにはB なoが残っています。
フルÌされたコンデンサに触らないでください。源を ってか
ら必ず5,待って装置での?業を行うか、または:>コンデンサの
oをチェックして、その/がほぼ0であることを確認してから部に
触ってください。
Safe43 2017-04
2-2. その>のシンボルと+
. OPのシンボルはCERSにのみTされています。
V
o
U1
“次o
IP
S
I1eff
C護の程度
オン
o:>
C護接v
アーク>
“部のB な場所
Ëけ
最大有‚1給流
定流
X
%
デューティサイク
ル
I1
“次流
ワイヤの種
溶接対象物に対す
るコールドジョグ
(インチ)
I1max
定格最大1給流
ガスによるパージ
ロック
プロセス
アーク]御
直流流 (DC)
パーセント
u相
溶接対象物から
れるコールドジョ
グ(インチ)
:>
トリガーホールド
オンインジケータ
ーライト
プラス
i>
定o
説明書を読む
ワイヤフィード
プログラム
9線接続
トリガーホールド
オフ
時間
シーケンス
—流
流(AC)
ガスの種
リモート
トリガーホールド
オフインジケータ
ーライト
マイナス
„変インダクタン
ス
A
ガスメタルアーク
溶接(GMAW)
流
オフ
アーク>
U2
I2
従来の負荷o
増Y
定格溶接流
u相 的p波数変
換q-変oq-整流
q
U0
Hz
定格無負荷o
(OCV)
ヘルツ
OM‐273473 ページ 7
3 − ,
3-1. シリアルxšと+Wラベルの"#
本製のシリアル番cと定格情報は背 にあります。定格ラベルをX用して:>源の要¾と定格i>を決めます。*後の}照のため、本説
明書の裏表紙にあるスペースにシリアル番cを書き込んでください。
3-2. 350モデルの,
. UVのWXYのZ[をTって、$%\の]^を_めないでください。`a$bのcにするdeについては、4‐10fと4‐11fをgh
してください。
. iUVは、jk405C (1045F )のlm=nで(?oaをpqします。
mc
I
u相
+W-K›c
350 A @
34 V DC、
100%のデュ
ーティサイク
ル
CVモード
の q?œ
10~44 V
CCモードの
y?œ
20~400 A
*アイドリングˆ::>アンペア数はアイドリングˆに変
+WW{›c60 Hz、Ÿ|でのmcアンペア¡
z7の
ž qDC
75
230 V
380 V
400 V
460 V
575 V
36.7
(0~1A*)
21.8
(0~1A*)
20.8
(0~1A*)
18.8
(0~1A*)
14.6
(0~1A*)
mc
kVA
mc
KW
14.4
(0.8*)
13.8
(0.17*)
しますが、常に1アンペア未満です。>‚率の計算には1アンペアをX用します。
3-3. 500モデルの,
. UVのWXYのZ[をTって、$%\の]^を_めないでください。`a$bのcにするdeについては、4‐10fと4‐11fをgh
してください。
. iUVは、jk405C (1045F )のlm=nで(?oaをpqします。
mc
u相
I
+W-K›c
500 A @
40 V DC、
100%のデュ
ーティサイク
ル
CVモード
の q?œ
10~44 V
CCモードの
y?œ
20~600 A
*アイドリングˆ::>アンペア数はアイドリングˆに変
OM‐273473 ページ 8
z7の
ž qDC
75
+WW{›c60 Hz、Ÿ|でのmcアンペア¡
230 V
380 V
400 V
460 V
575 V
58.7
(0~1A*)
34.9
(0~1A*)
33.2
(0~1A*)
28.9
(0~1A*)
23.3
(0~1A*)
mc
kVA
mc
KW
23.1
(0.8*)
21.9
(0.17*)
しますが、常に1アンペア未満です。>‚率の計算には1アンペアをX用します。
3-4. ¢pと}
ホールレイアウトの¢p
A
445 mm (17.52インチ)
B
441 mm (17.33インチ)
C
665 mm (26.17インチ)
D
409 mm (16.09インチ)
E
58 mm (2.28インチ)
F
12 mm (0.47インチ)
G
12 x 25mm
(0.47 x 1インチ)
}
**717 mm
(28.22インチ)
*691 mm
(27.19インチ)
A
D
E
632 mm
(24.89インチ)
G
C
B
350モデル:
59.4 kg (130 lb)
350 モデル、~¥ Iき:
63.5 kg (139 lb)
462 mm
(18.19インチ)
500モデル:
69 kg (151 lb)
F
500 モデル、~¥ Iき:
73.1 kg (160 lb)
*フック用穴を¶むさ
**長さは緊急s止カバーを¶む
フック€の}¦:
453 kg (1000 lb)最大
278352‐B
3-5. ‚§,
A. IP+W
IP+W
IP23S
本装置は屋外用に設計されています。C管はできますが、C護されていないり、&'時に屋外での溶接にX用することを目的としていま
せん。
IP23S 2014-06
B. K‚,
„2QK‚?œ*
-10~40°C (14~104°F )
*i>は、40°C (104°F) を超える範Ýでは、ディレーティングされ
ます。
<Q/ƒ„QK‚?œ
-20~55°C (-4~131°F)
Temp_2016‐07
3-6. k>0J
溶接源の 的 (i>) 特性は、GMAWプロセスˆはrs として、CAC-Aプロセスˆはtu として説明できます。 的特性は、
コントロール設定(ソフトウェアを¶む)、溶接棒、シールドガス、溶接材料、そのの要Úによっても影(を'けます。溶接源の 的特性
にする¡”的な情報については、工場におい わせください。
OM‐273473 ページ 9
3-7. デューティサイクルとオーバーヒート
デューティサイクルとは、装置が
オーバーヒートすることなく定格
荷重で溶接できる10,間のÞ で
す。
350モデル
装置がオーバーヒートすると、温
度自 調節qが開き、i>がs止
し、Ÿ ファンが実行されます。
装置がŸえるまで15,待ちます。
溶接を行う‡に流量またはデュ
ーティサイクルをげます。
- vnなデューティサイクル
は、UVをzし{|が}~にな
る があります。
350Aで100%のデューティサイクル
400Aで60%のデューティサイクル
連続溶接
オーバーヒート
6,間溶接
4,間ß憩
A/V
0
15
または
デューティサイクルを
げる
,
500モデル
500Aで100%のデューティサイクル
600Aで50%のデューティサイクル
連続溶接
6,間溶接
4,間ß憩
A/V
0
15
,
または
デューティサイクルを
げる
duty1 4/95 - SA‐268 499‐A / 268 498‐A
OM‐273473 ページ 10
4 − 4-1. "#のŠ¯
‹„
!
®れるI,Jのある"#で
<を‹„させたり12し
たりしないでください。
3
1
または
または
2
"#とy
4
460 mm
(18インチ)
!
ガソリンや©'Jの†ªがrsする"
#では、0«なが¬になること
があります - NEC Article 511または
CEC Section 20を­‡してください。
!
<をˆみねないでください。‰®
には.Nしてください。
1
2
フック用穴
リフティングフォーク
フック用穴とリフティングフォークをX用
して装置を移 させます。
リフティングフォークをX用している場
は、フォークを装置の¬対Èを超えるまで
àばします。
3
ハンドカート
カートまたは3様の機qをX用して装置を
移 させます。
460 mm
(18インチ)
4
9線
断装置
適 な:>源の近くに装置を配置しま
す。
Loc_continuum 2015‐07
OM‐273473 ページ 11
4-2. -K›cŒhとケーブルサイズのŠ¯*
- €のケーブルのƒ (uのYをgh) は、2iの ケーブルのƒさを„み わせています。†えば、$bが ‡ˆ‰から100 ft
(30m) Šれている4 、 €のケーブルのƒは 200 ft (100 ftのケーブル×2) です。200 ft (60 m) の‹をŒてケーブルのサイズを_めます。
-Kケーブルのサイズ**と-K7のケーブル(M) の&Ž
iし***
100 ft (30 m) LM
150 ft
(45 m)
200 ft
(60 m)
250 ft
(70 m)
300 ft
(90 m)
350 ft
(105 m)
400 ft
(120 m)
10~60%の
デューティ
サイクル
60~100%
のデューテ
ィサイクル
AWG (mm2)
AWG (mm2)
100
4 (20)
4 (20)
4 (20)
3 (30)
2 (35)
1 (50)
1/0 (60)
1/0 (60)
150
3 (30)
3 (30)
2 (35)
1 (50)
1/0 (60)
2/0 (70)
3/0 (95)
3/0 (95)
200
3 (30)
2 (35)
1 (50)
1/0 (60)
2/0 (70)
3/0 (95)
4/0 (120)
4/0 (120)
250
2 (35)
1 (50)
1/0 (60)
2/0 (70)
3/0 (95)
4/0 (120)
2x2/0 (2x70)
2x2/0 (2x70)
300
1 (50)
1/0 (60)
2/0 (70)
3/0 (95)
4/0 (120)
2x2/0 (2x70)
2x3/0 (2x95)
2x3/0 (2x95)
350
1/0 (60)
2/0 (70)
3/0 (95)
4/0 (120)
2x2/0 (2x70)
2x3/0 (2x95)
2x3/0 (2x95)
2x4/0 (2x120)
400
1/0 (60)
2/0 (70)
3/0 (95)
4/0 (120)
2x2/0 (2x70)
2x3/0 (2x95)
2x4/0 (2x120) 2x4/0 (2x120)
500
2/0 (70)
3/0 (95)
4/0 (120)
2x2/0 (2x70)
2x3/0 (2x95)
2x4/0 (2x120)
3x3/0 (3x95)
600
3/0 (95)
4/0 (120)
2x2/0 (2x70)
2x3/0 (2x95)
2x4/0 (2x120)
3x3/0 (3x95)
3x4/0 (3x120) 3x4/0 (3x120)
-K
y
10~100%のデューティサイクル
AWG (mm2)
* このÛは“般的なガイドラインであり、すべての用途に適しているわけではありません。ケーブルがオーバーヒートした場
3x3/0 (3x95)
は、次に大
きいサイズのケーブルをX用してください。
** 溶接ケーブルのサイズ (AWG) は4Vのo&、または1Aあたり少なくとも300CMの流密度のいずれかにwづいています。
( ) = mm2 (メートル法をX用する場 )
*** 本ガイドに示す距より長い距の場 は、米U溶接ÆV (http://www.aws.org) から:手できるAWS Fact Sheet No 39の溶接ケーブルを
}照してください。
Ref. S‐0007‐L 2017-08
メモ
OM‐273473 ページ 12
4-3. -K›cケーブルのK’
!
Iをオフにしてから-K›cŒhま
たはソケットにK’します。
!
²“、?@がある、サイズが³さい、
またはYされたケーブルを)しな
いでください。
!
-Kケーブルを”しくK’しないと、
i‚なJKになって›Lしたり、<
を?@したりする"Dがあります。
必要なツール:
19 mm (3/4インチ)
(i>端子の接続の場
)
すべての接続が緩んでいないことを確認
します。
.
ケーブルŽとoaŽのに‘
もVかないでください。 ケーブル
ŽとoaŽのYがきれいである
ことを’“します。
1
2
3
負 (-) i>端子 (スタッドカバーの)
正 (+) i>端子 (スタッドカバーの)
D“フィーダの場 の正しい溶接ケー
ブル接続
2/08のá重ケーブルの場 の正し
い溶接ケーブル接続
間違った溶接ケーブル接続
溶接i>端子ボルト
ナット
溶接ケーブル端子
i>端子
4
5
6
7
8
9
溶接i>端子から属のナットとボルト
をり外します。ボルトを溶接ケーブル
端子の穴と溶接i>端子の穴に挿:しま
す。溶接ケーブル端子がi>端子に対し
てしっかり締まるまでナットをボルトに
ねじ込みます。45~55 ft lb (61‐75 N·m)の
トルク。
1
2
”•8
4
3
5
7
6
7
8
9
8
9
6
8
2/0L´の2ケーブル
278352‐B/259120‐C
OM‐273473 ページ 13
4-4. 10 ワイヤフィーダリモートコントロールソケットRC2の89
ソケット
C
D
A
+50 V DC 3相
B
+50 V DC 3相
C
o検知
D
+50 V DC 源
E
+50 V DC 源
F
ENET Rx -
G
ENET Tx -
H
ドレイン
I
ENET Tx +
J
ENET Rx +
H
A
B
ソケットUV
I
G
J
F
E
278352‐B
4-5.
q·@ソケットRC3の89
ソケット
278352‐B
OM‐273473 ページ 14
ソケットUV
A
X用されない
B
マイナスo検知
C
X用されない
D
X用されない
4-6. ‡–^|ソケットRC22の^,
B
A
M
P
E
T
R S
F
G
ソケット情報
A
3相i>
B
デジタルi>1 (DO1)
C
デジタルi>2 (DO2)
D
デジタルi>3 (DO3)
E
X用されない
F
X用されない
G
3相:>
H
接触検知オン要求 (DI1)
J
デジタル:>2 (DI2)
K
デジタル:>3 (DI3)
L
X用されない
M
X用されない
N
X用されない
P
X用されない
R
X用されない
S
X用されない
T
X用されない
L
N
C
D
ソケット
K
J
H
278352‐B
4-7. ~¥プロテクタCB1、1¸パネル、—»¼6
1
Ethernetソケット
コンピュータを直接源に接続し
て設定ウェブページにアクセスす
るためにX用されます。
2
2
4
5
Ethernetソケット
ロボットを直接源に接続するた
めにX用されます。
3
補rプロテクタCB1
CB1はワイヤフィードモーター
がオーバーヒートするのをぎま
す。CB1が開いているとワイヤフ
ィーダが機能しません。
1
. ボタンを•してブレーカーを
リセットします。ブレーカー
が›cしてれる4 は、
4“(のサービスにおž
い わせください。
4
3
ワイヤレス (WiFi) アンテナ
設定ˆに選択された場 に (WiFi)
ワイヤレス接続でインターネット
に接続するためのアンテナ。
5
緊急s止ソケットRC24
2つのソケットを横 ってショー
トすると装置は溶接できます。
278352‐B
OM‐273473 ページ 15
4-8. ~¥
IおよびCB2 (オプション)
1
2
115 VACレセプタクル
補rプロテクタCB2
CB2は115 VACレセプタクルをC
護します。
. ボタンを•してブレーカーを
リセットします。ブレーカー
が›cしてれる4 は、
4“(のサービスにおž
い わせください。
2
1
Ref. 907641-TP1 / 278352‐B
4-9. デバイスネットソケット
ソケット
ソケットUV
A
シャーシ接v
B
+24 V DC、有‚流は1アンペアです。
C
+24 V DC 3相
D
CAN H
E
CAN L
C
D
B
A
E
Ref. 277971‐B
OM‐273473 ページ 16
4-10.
½ガイド
Elec Serv 2014-01
½ガイドの-.k˜にAわないとj またはLQのC が'(するGれがあります。LMの-.k˜は、-K Iの+W›cおよ
びデューティサイクルにDわせた\7¾けです。
\7のでは、™¿ Àko+ (NEC) により、ソケットまたはÁªの+Wを7<<の+WよりÂくすることができます。
7のすべてのコンポーネントはV>にÃÄJがある¬があります。NECの210.21Å、630.11Å、630.12Åを­‡してくださ
い。
- Ÿった`a$bは $bをzする があります。この $bには、(?l ¡(+10%)および(?$-(+10%)で›c¢な`
a$bのq£が¤]です。‡¥$-は、(?`a$-の+10%を¦えないものとします。この $bに`a$bをq£するために、§¨ア
イドルUV(ªが«¬されないときにエンジンをアイドリングさせる)をえたジェネレータをTしないでください。
. °±の`a$-が、Y
をTできない4
されている¤]な`a$-の ±10%を¦えないようにしてください。°±の`a$-がこの²mを¦えると、oa
があります。
60 Hz Ÿ|
350モデル
mc q (V)
230
380
400
460
575
+W›cでのmc y (A)
34.1
20.4
19.2
16.7
13.3
›Æヒューズ 2
50
30
30
25
20
1–„2ヒューズ 3
ž-.š7ヒューズ+W (A) 1
70
40
35
30
25
mcÁªの³サイズ: AWG 4
8
10
12
12
14
-.mcÁªのžŽ: ft (m)
119
(36)
215
(66)
146
(44)
193
(59)
196
(60)
KÇÁªの³サイズ: AWG 4
8
10
12
12
14
60 Hz Ÿ|
500モデル
mc q (V)
230
380
400
460
575
+W›cでのmc y (A)
58.7
34.9
33.2
28.9
23.3
›Æヒューズ 2
70
40
40
35
25
1–„2ヒューズ 3
90
50
50
45
35
ž-.š7ヒューズ+W (A) 1
mcÁªの³サイズ:
AWG 4
6
8
8
10
10
-.mcÁªのžŽ: ft (m)
142
(43)
247
(75)
273
(83)
237
(72)
371
(113)
KÇÁªの³サイズ: AWG 4
8
10
10
10
10
1
2
3
4
}照:2014 米U気工+規定 (NEC) (第630条を¶む)
9路遮断qをヒューズのわりにX用する場 は、推奨ヒューズに相当する時間-流曲線を有する9路遮断qを選択します。
「遅延」ヒューズはULクラス「RK5」です。UL 248 を}照してください。
「通常 ?」(汎用 - 意Û的な遅延なし)ヒューズは、ULクラス「K5」(60A)、およびULクラス「H」(65A8)です。
本章の導”データは、NECの表310.15(B)(16)に従ってパネルボードと装置の間の導”サイズ („とうコードまたはケーブルをく) を指定し
ます。„とうコードまたはケーブルをX用すると、最小導”サイズが8がる場 があります。„とうコードおよびケーブルの要¾について
は、NECの表400.5(A) を}照してください。
OM‐273473 ページ 17
4-11. Ÿ|mc
IのK’
3
3
L1 (U)
6
8
L2 (V)
5
L3 (W)
= GND/PE接v
10
7
4
4
L1
L2
9
6
mc
3
IコンタクタK’
L3
1
2
<のȕ8
必要なツール:
3/8インチ
3/16インチ
input5 2013-04 / 274300‐B / 278352‐B
OM‐273473 ページ 18
4‐11. Ÿ|mc
IのK’ (’き)
!
は¿およびžªのすべてのpÉ
をXたす¬があります。また、この
は;WをXするのみが=うよう
にしてください。
!
<からmcÁªをK’する*に、m
c IをÊËしロックアウト/タグアウ
トします。ロックアウト/タグアウト<
のりけおよびりnしに3して
Ÿされた0にAってください。
!
Ìめにmc
す。
!
¡または ¡/¢¡のÁªは¬ずKÇ
ŒhにK’し、ラインŒhにはK’し
ないでください。
Iを-K
IにK’しま
- このUVのオートライン€は、
µ¶されているO·$-に§¨¢に$bを
¸ させます。¹4でT な`a$を’“します。このUVは、$bをºc
するためにカバーを1り¼すことなく、
230〜575 VACの½¾`a$bにcでき
ます。
装置の定格ラベルを}照して現場でX用„
能な:>oを確認します。
1 :>源導” (コードはお客様提1)
第4‐10章をX用して導”のサイズと長さを
選択します。導”はUおよび自治”の気
工+規定に準拠する必要があります。該当
する場 は、適 なアンペア容量と正しい
穴サイズのラグをX用してください。
-K Iのmc IK’
2 装置に属される張>緩âキット274
563
装置と:>導”に適 なサイズの張>緩â
キットをりけます。導” (コード) を張
>緩âキットを通して配線します。張>緩
âキットをしっかり締めます。
3 溶接源の接v端子
4 緑色または緑色/*色の接v導”
緑色または緑色/*色の接v導”を流変換
qに通し、最-に溶接源の接v
端子に接続します。
5 溶接源のライン端子
6 :>導”L1、L2、L3
:>導”L1、L2、L3を溶接源のライン端
子に接続します。
トップカバーを溶接源にÊ度りけま
す。
<のmc IK’のÊË
7 装置(OFFの置で表示されるスイッ
チ)を外す
8 装置の接v端子を外す
9 装置のライン端子を外す
緑色または緑色/*色の接v導”を接続し
て、装置の接v端子を外します。
:>導”L1、L2、L3を接続して装置のライ
ン端子を外します。
10 過流C護
第4‐10章をX用して過流C護の種とサ
イズを選択します (ヒューズ 断スイッチ
を表示)。
断装置のドアを閉じてž定します。確立
されたロックアウト/タグアウト手に従っ
て装置を稼Òさせます。
Input5 2013-04
メモ
プロのように2=
できます!
プロは%&に-K
およびÊÍを=い
ます。Rの
Ìめの%&oÎを
おみください。
OM‐273473 ページ 19
5 − -.セットアップ0
5-1. -K7
.
€のループをj¿Àにすることで、Áい
をÂみoすÎな$-Äuを:ぐことができます。
. °±のUVの¼ÅはÆとŸう4
があります。
š7の-K7
ECL
1
2
3
4
5
6
7
溶接源
極ケーブル
フィーダケーブル
ワークケーブル
o検知リード線
ロボット
溶接対象物
インバータ源をX用するパルス溶
接アプリケーションでは、ケーブル
抵抗によって満足できる性能を9
る„能性があります。ほとんどの場
、15 m (50 ft) の長さの溶接9
路であれば、標準的な溶接9路接続
でœ,な性能が得られます。
溶接トーチの
移
溶接9路の長さはの通り決定さ
れます。
WCL
溶接9路 = 極ケーブルの長さ (ECL)
+ ワークケーブルの長さ (WCL) + 溶接
対象物の長さ (WL)
溶接ケーブルのサイズについては、
第4‐2章を}照してください。
溶接プロセスおよび溶接9路抵抗
の変 は、溶接アークでの見かけの
oに影(をãえる„能性がありま
す。o検知は、溶接源に正確な
フィードバックを提1することによ
って溶接性能を改7することができ
ます。
WL
流流路
o検知リード線はできるだけ溶接
の近くに接続することが重要です
が、リターン流経路には接続しな
いでください。
žÏ-KУ
ECL
WCL
WL
流流路
OM‐273473 ページ 20
250489‐B / 278352‐B
5-2. -K7のインダクタンスを¥らすための-Kケーブルの¦
. °±のUVの¼ÅはÆとŸう4
1
2
3
4
5
6
7
があります。
˜い
1
6
ケーブルの配置は溶接特性にとって
重要な影(をãえます。äとして、
AccupulseおよびRMDの溶接プロセ
スは、ケーブルの長さと配置によっ
て、い溶接9路インダクタンスを
生みiす„能性があります。これに
より、液滴が溶接パドルに移 する
間の流8昇が]される„能性が
あります。
3
2
5
4
7
§い
1
Vsenseオプションは、設定メニュー
またはウェブページをX用してオン
またはオフにできます。極検知リ
ード線はフィーダ]御ケーブルに¶
まれ、Vsenseオプションがオンの場
、すべての‹自 プロセスでo
&を補います。ワーク検知リード
線は、マイナスi>端子の8にある
Axcess溶接源の4ピンコネクタに
接続します。このワーク検知リード
線は、Vsenseオプションがオンのと
きに溶接源に接続されていると、
ワークケーブルのo&を補いま
す。
ÑÒなケーブルを¤$にÓかないで
ください。用途に わせた適 な長
さのケーブルをX用してください。
長い溶接ケーブル[15 m (50 ft) 8]を
X用するときは必ず、プラスとマイ
ナスの溶接ケーブルを“緒に配置し
て、ケーブルのpÝの磁界を減らす
ようにしてください。フィーダとワ
ーク検知リード線を溶接ケーブルに
つながないようにします。
6
3
溶接源
極ケーブル
フィーダケーブル
ワークケーブル
o検知リード線
ロボット
溶接対象物
2
4
5
7
§
1
6
3
2
4
5
7
250503‐B / 278352‐B
OM‐273473 ページ 21
5-3. ¨¡の-K
Iの)
. °±のUVの¼ÅはÆとŸう4
があります。
1
1
2
3
5
3
2
4
4
6
5
6
溶接トーチ
の移
流流路
250504‐B / 278352‐B
1
2
3
4
5
6
7
溶接源
極ケーブル
フィーダケーブル
ワークケーブル
o検知リード線
ロボット
溶接対象物
·溶接源は、溶接対象物に$™のワ
ークケーブルを接続する必要がありま
す。溶接対象物でワークケーブルを重ね
たり、まとめたりしないでください。こ
れは、パルス溶接アプリケーションにと
って+常に重要です。
o検知リード線をできるだけ溶接の近
OM‐273473 ページ 22
くに接続することが重要ですが、リター
ン流経路には接続しないでください。
溶接継手の終端にo検知リード線を接
続します。
溶接経路の方Ëは、ワークケーブル接続
かられている必要があります。
溶接継手の始端にワーククランプを接続
します。
·溶接トーチには独自のシールドガス源
が必要です。·溶接トーチごとに$™の
シールドガスレギュレータとシールドガ
ス接続をX用します。
アークブローとは、磁>によって溶接ア
ークが通常の経路からそれることです。
それは溶接の外観に悪影(をåぼし、過
度のスパッターを引き起こし、溶接の
質を損ないます。アークブローはbに鋼
鉄または強磁性金属の溶接ˆに発生しま
す。溶接流は最も抵抗の少ない経路を
たどりますが、必ずしも溶接対象物から
ワークリード線接続に至る最も直接的な
経路であるとはりません。最も強い磁
>は、母材の磁路の抵抗が異なるため
にアークのpりに発生します。ワークク
ランプ接続は重要で溶接の開始点に配置
する必要があります。磁>に]御される
アークが少なくなるように、できるだけ
短いアークをX用することをお’めしま
す。アークに?用する磁>に影(する条
¾は多様であるため、ここではケーブル
接続とアークの設定にすることのみ言
åします。
5-4. ¨¡の-Kアークに—する
q·@リードMおよびワークケーブルのK’
A. ˜いÔ
. °±のUVの¼ÅはÆとŸう4
があります。
1
1
5
2
3
4
5
2
3
4
6
6
7
流流路
250512‐B / 278352‐B
1
2
3
4
5
溶接源
極ケーブル
フィーダケーブル
ワークケーブル
o検知リード線
6 ロボット
7 溶接対象物
この配置は、検知リード線が溶接アーク
の流流路8に直接あるため、悪いäで
す。溶接9路間の相æ?用は溶接対象物
でのo&に影(をãえます。溶接対
象物を通したo&は、oフィード
バック2cでは正しく測定されません。
溶接源へのoフィードバックはどち
らの検知リード線でも正しくないため、
アークスタートŽ良とアーク質の©
につながります。
OM‐273473 ページ 23
B. §いÔ
. °±のUVの¼ÅはÆとŸう4
があります。
1
3
2
1
4
5
6
3
7
2
6
4
5
流流路
250513‐B / 278352‐B
1
2
3
4
溶接源
極ケーブル
フィーダケーブル
ワークケーブル
OM‐273473 ページ 24
5
6
7
o検知リード線
ロボット
溶接対象物
この配置は、溶接源への$™のoフ
ィードバックをサポートするためのより
良いäです。溶接対象物でのo&に
より、最も正確なo検知が行われない
場 があります。このため溶接パラメー
タの補çが必要な場 があります。
C. §なÔ
. °±のUVの¼ÅはÆとŸう4
があります。
1
2
3
1
4
6
5
3
7
2
4
6
5
流流路
250515‐B / 278352‐B
1
2
3
4
溶接源
極ケーブル
フィーダケーブル
ワークケーブル
5
o検知リード線
6
ロボット
7
溶接対象物
この配置は、溶接対象物での適 なo
検知において最良のäです。溶接源
へのoフィードバックはより正確にな
り、2性のいアークスタートとより
良いアーク質につながります。
OM‐273473 ページ 25
5-5. KÇ
ロボットやそののプログラム„能な]御装置をX用するときは、機qを正しく接vする必要があります。接vすると、°理データの破損や
敏感な気部への潜A的な損Šから気的に発生したノイズを±するのに役立ちます。そのp辺で、p波TIG装置またはインバータタ
イプの源がX用されていると、気ノイズが になります。良い接vの確認方法をに示しています。また、必ず接vへの接続を行っ
てください。
110 V AC
100W の ª
fJ
V
1 V 1 W
©+されている KÇ
½の (アース) KÇÕÖの©+
接vの抵抗は、100Wの球、—流o計、110V AC気ドロップをX用して測定できます。9路に示すように、接vを行うことで球9路が
完成すると、110 V AC (ホット) 源と100Wの球は1アンペアの流源に近づきます。ACˆ性線をw準にしたACo計をX用して、接v点
を流れる1アンペアの流源によるo8昇を測定できます。接v8の·8昇oは1オームの抵抗を示します。接vでは10オーム未満の抵抗
でœ,です。
OM‐273473 ページ 26
OM‐273473 ページ 27
Iライン
I
1.5 m
(5 ft)
-K
-Kケーブル
4.5 m
(15 ft)
±$àiのKÇãまたはâ«のKÇK’、
äVのKÇに—して100オームÞX
3 m (10 ft) ³
ロボットのMの
«¬プレート
mc
Üサポートチャンネ
ルのMの«¬ライナ
ーストリップ
ロボット
Ž×
アースMを1.5 m
(5 ft) から3 m (10 ft)
にしてロボットŽ×
Ýで¤$にする
mc
Iライ
ン
Ú+された½;の[お
よび‡–<へのmc
Iの7MÊËスイッチボ
ックス
1.5 m
(5 ft)
コンポーネントK’とアースMの®に100ΩÞX
のÕÖßをàiする³の3xゲージの¯°
ケーブルを)して、â«の<をする
Figure 9‐1. Ú+ロボットシステムコンポーネントへのKÇK’
mc Iライン qの­Êなサイズ
のmcおよびKÇÁªを)する
Ûrの
mc
IKÇ
mc
7MÊËスイ
ッチボックス
: ロボットŽ×キャビネットにÙもりけないでください。
コンジット
を)して
いる"Dは
、ロボット
Ž×キャビ
ネットから
«¬します
Ûrのmc
IKÇ
7MÊËス
イッチボッ
クス
SB 10136 221 10
mc Iライン qの­Êな
サイズのmcおよびKÇÁªを
)する
Iライン
Ûrのmc
IKÇ
5-6. MIG-KにおけるcZの30のポイント
å
I
S
9線
S
溶接源の“次源接続を確認します。
æ
30 Pts MIG - 2014‐09
断スイッチまたはソケットおよび/またはコードプラグの“次源を確認します。
I
S
溶接源でá次溶接i>接続を確認します。
S
プラスの溶接ケーブルの状態と配線を点検し$
S
プラスの溶接ケーブルの接続を確認して$
S
フィクスチャへのマイナスの溶接ケーブルの状態と配線を点検します。
S
フィクスチャへのマイナスの溶接ケーブルの接続を確認します。
S
9転接v、接vシューズ、そのの補r接vの状態を点検します。
S
溶接トーチの設置、配線、状態を確認します。
モーターを配線します。
モーターを配線します。
シールドガス
S
シールドガス1給レギュレータへのガスホースの接続を確認します。
S
シールドガスの流量を確認します。
S
ガスホースの配線を確認します。
S
ワイヤドライブハウジングでガスホースの接続を確認します。
S
ワイヤドライブでトーチの接続を確認し、ドライブハウジングでOリングシールを確認します。
S
ガスディフューザの状態を確認します。
S
ノズルの状態を確認します。
S
ノズルの適
な密封用Oリングを確認します。
-Kワイヤ
S
デリーラーの状態を点検します。クイックコネクトカップリングの摩耗を確認し、必要な場
S
é滑な1給経路のためにペイオフパックまたはドラムの配置を確認します。
S
:>コンジットの状態と配線を確認します。
S
ワイヤドライブの背 のクイックコネクトカップリングのりけを確認し、ドライブロールに接触しないようにします。
摩耗を確認し、必要な場 は—換します。
S
ドライブロールを確認し摩耗している場
S
ドライブロールの張>設定を確認します。
S
ˆ間ガイドのサイズがワイヤのサイズに
S
É端のライナーの長さが適
S
ライナーのサイズがワイヤのサイズに
は—換します。
は—換します。
っているかを確認し、磨耗している場
は—換します。
かどうかを確認し、バリがないことを確認します。
っていることを確認します。
S
ライナーの摩耗を確認し、詰まらないように洗浄します。
S
コンタクトチップのサイズがワイヤのサイズに
S
コンタクトチップの摩耗を確認し、定期的に—換します。
S
コンタクトチップがぴったりとはまっていることを確認し、トーチにしっかりりけます。
OM‐273473 ページ 28
っていることを確認します。
5-7. アークブロー
アークブローとは、磁>によって溶接アークが通常の経路からそれることです。この状態は通常、鉄やニッケルなどの磁性材料の直流溶接で
発生します。アークブローは、特定の条¾での—流溶接で発生する„能性がありますが、そのようなケースはまれであり、アークブローの
強度は常にそれほどひどくありません。極と母材を通って流れる直流流は、極のpりに磁場を生じさせます。この磁界は時々アークを
横にêËさせるëËがありますが、通常アークは継手に沿って‡方または後方のいずれかにêËします。
継手の端部近くまたはコーナーで溶接対象物のワークケーブル接続にËかって溶接を行うと、後方ブローが発生します。継手の始点で溶接対
象物のワークケーブル接続かられて溶接を行うと、‡方ブローが発生します。“般に、アークブローは2つのw本的な条¾の結果です。
1.
?業に:りワークケーブルに流れる#に流の流れの方Ëが変わる。
2.
溶接が強磁性材料の端部近くで行われるときに通常存Aする条¾として、アークpÝの磁性材料が+対称に配置される。
アークブローは必ずしも完@に排できるわけではありませんが、8に挙げた2つの条¾の知識を通して許容„能なレベルに]御または減少さ
せることができます。
アークブローが異常に激しい場 をいて、その重度を排または©減するために特定の措置を講じることができます。次の手の“部また
はすべてが必要になる場 があります。
*
ワークケーブルの接続部を溶接される継手からできるだけします。
*
後方ブローが
になる場
は、ワークケーブル接続部を溶接する継手の始点に配置し、大変なタック溶接にËけて溶接します。
*
‡方ブローが
になる場
は、ワークケーブル接続部を溶接する継手の終点に配置します。
*
アーク>がアークブローに対抗できるように極角度を調整します。
*
良好な溶接の実施を維持する„能なり最短のアークをX用します(これはアーク>がアークブローに対抗するのに役立ちます)。
*
„能な場
*
大変なタック溶接またはランオフタブにËかって溶接します。
*
溶接のバックステップシーケンスをX用します。
*
極,の変更が必要な場
*
アークブローのÙÚとなる磁界をâらげるように磁界を設定する方Ëに、ワークケーブルを溶接対象物に巻きけます。
は溶接流を減らします。
のあるAC溶接操?に変更します。
メモ
OM‐273473 ページ 29
5-8. TR>な-Kトラブルシューティング
に、溶接?業に連するいくつかの 、ÙÚ、および解決策を示します。ただし、このリストには溶接で発生する„能性のあるすべて
の状態が¶まれているわけではありません。
bF
²えられるçè
溶接i>がない。 ライン 断スイッチがOFFの置にある。
装置が完@に ?
源スイッチがOFFの場所にある。
Ž能である。
“次源のヒューズが
いる。
GH³
スイッチをONの置にします。
スイッチをONの置にします。
れているか、9路遮断qが落ちて
ヒューズを—換するか9路遮断qをリセットして:>o
を確認します。
溶接i>はある
ワイヤフィーダC護のヒューズが れているか、9路遮断
が、溶接ˆにワイ qが落ちている。
ヤが1給をs止す
ワイヤフィーダのドライブロールが調整されていない。
る。
ドライブロールのサイズが間違っている。
ヒューズを—換するか9路遮断qをリセットして過負荷状
態を見つけます。
ドライブロールを調整します。
適
なサイズのドライブロールと—換します。
ドライブロールのo>が大きすぎるか小さすぎる。
ドライブロールのo>を調整します。
ワイヤスプールに設定されている張>が強すぎる。
ワイヤスプールの張>を©させます。
アンスプーラーまたはドラムアダプタが]されている。
アンプスーラーを—換するか]をF正しま
す。
フィーダモーターが焼きついている。
モーターを試,し必要があれば—換します。
トーチライナーが汚れているか]されている。
トーチライナーをり外して洗浄するか—換します。
ライナーの種またはサイズが間違っている。
適
ガンまたはトーチが破損しているまたは損Šしている。
故部を—換します。
コンタクトチップの開Å部が]されている。
コンタクトチップを—換します。
コンタクトチップのサイズまたは種が間違っている。
適 なサイズと種のコンタクトチップと—換しま
す。
トーチケーブルまたはライナーが鋭角に曲がっているまた
はねじれている。
トーチケーブルを真っ直ぐにするか、ライナーを—換しま
す。
トーチがオーバーヒートしている。
適
ワイヤのサイズが間違っている。
ワイヤのサイズをライナーとコンタクトチップに
す。
ドライブロール8のガイドがこすれている。
ガイドを適
ドライブロールが詰まっている。
ギアから異物をりきます。
モーターケーブルが外れているまたは損Šしている。
モーターケーブルを接続、F理、または—換します。
OM‐273473 ページ 30
なサイズのライナーをりけます。
な定格流でトーチをX用します。
に調整または置
わせま
わせします。
bF
²えられるçè
GH³
溶接部にポロシ
母材の汚れ、重い酸ì物、ミルスケール、オイルなど。
ティが発生してい
る。
レギュレータ/流量計が故している。
過íなスパッタ
ー。
溶接する‡に母材を、ブラッシング、研磨またはì学クレ
ンジングをX用して洗浄します。
レギュレータ/流量計を調整するか、—換します。
ガスシリンダのバルブが閉じている。
ガスシリンダのバルブを開きます。
ガスレギュレータのダイヤフラムに欠-がある。
レギュレータを—換します。
流量計がひびÞれしているか、破損している。
流量計をF理するか、—換します。
ガスホースが外れているか、漏れている。
ガスホースを接続するか、—換します。
ガスの流量が多すぎるか、少なすぎる。
適
シールドガスに水,が¶まれている。
ガスシリンダまたは1給装置を—換します。
ワイヤの種または移
正しいシールドガスをX用します。
モードのガスが間違っている。
なガス流量に調整します。
フィーダガスのソレノイドが故している。
ソレノイドを—換します。
トーチまたは排iケーブルが漏れている。
故部をF理または—換します。
ワイヤフィードの速度設定がすぎる。
ワイヤフィードの速度をげます。
コンタクトチップがノズルからはみiし過ぎている。
部を調整または—換します (最大で3.2 mm (1/8インチ)
を超えないようにします)。
ノズルの
ノズルの
?距が大きすぎる。
?距をげます。
ガンまたはトーチの角度が間違っている。
適 ながンの角度に設定します (溶接部のポロシティま
たは汚れはガンの角度が大きすぎることを意†していま
す)。
ノズルが]されている。
スパッターを±するか、]をりきます。
溶接部に微.または/間.が:ってくる。
溶接部を/間.からC護します。
シールドガスシリンダのo>が©い。
ガスシリンダを—換します。
トーチからフィーダ接続部へのガス漏れ。
トーチを適 にりけるか、トーチコネクタのOリング
を—換します。
oの設定が過ぎる。
oの設定をげます(トリムを減らすか、パルス溶接の
アークを調整する)。
ガンまたはトーチの角度が間違っている。
適
なガンの角度を設定します。
ガスの流量が多すぎるか、少なすぎる。
適
なガス流量に調整します。
ワイヤの種または移
正しいシールドガスをX用します。
モードのガスが間違っている。
極線の種またはサイズが間違っている。
適
インダクタンスの設定が間違っている。
インダクタンスを調整します。
極線が汚れているか、îくなっている。
新しい極線と—換します。
母材に油がいているか、汚れている。
溶接する‡に母材を、ブラッシング、研磨またはì学クレ
ンジングをX用して洗浄します。
ワイヤが過íに突きiしている、またはノズルの
が大きすぎる。
?距
な極線をX用します。
ワイヤの突きiし部,を調整するか、ノズルの
減少させます。
移
モードが間違っている。
適
移
速度が遅すぎる。
アークが溶接パドルの‡縁にくるように移
す。
な移
?距を
モードを設定します。
速度を8げま
OM‐273473 ページ 31
bF
²えられるçè
GH³
アークが移 す
アンスプーラーまたはドラムアダプタが]されている。
る、ïれる、また
トーチライナーまたはインレットケーブルが汚れている、
は“定しない。
または摩耗している。
アンプスーラーを—換するか]をF正します。
トーチライナーまたはインレットケーブルをり外して洗
浄するか—換します。
トーチケーブルまたはライナーが鋭角に曲がっているまた
はねじれている。
トーチケーブルを真っ直ぐにするか、ライナーを—換しま
す。
コンタクトチップが緩んでいる、または摩耗している。
コンタクトチップを締める、または—換します。
コンタクトチップのサイズまたは種が間違っている。
適
なサイズと種のコンタクトチップと—換します。
トーチがオーバーヒートしている。
適
な定格流でトーチをX用します。
源ケーブルまたはそのの気接続が緩んでいる。
接続またはケーブルを締める、F理する、または—換し、
さらにすべての9転ðまたはブラシðの接続を確認しま
す。
ガンまたはトーチの角度が間違っている。
適
なガンの角度を設定します。
ガスの流量が多すぎるか、少なすぎる。
適
なガス流量に調整します。
シールドガスに水,が¶まれている。
ガスシリンダまたは1給装置を—換します。
ワイヤの種または移
正しいシールドガスをX用します。
モードのガスが間違っている。
パルス溶接のプログラム選択が間違っている。
ロボットコントローラからのアナログコマンドがŽ適
たはŽ安定。
適
ま
なプログラム選択を行います。
ロボットコントローラからの2cを確認します (トラブル
シューティングの補rとして、oおよびワイヤ速度の
源]御に進む)。
トーチまたは排iケーブルが漏れている。
故部をF理または—換します。
ノズルの
適 な距に設定します [短いアークの場 は9.5~
15.9 mm (3/8インチ~5/8インチ)、パルス溶接の場 は
15.9~25.4 mm (5/8インチ~1インチ)、スプレー溶接の
場 は19.1~31.8 mm (3/4インチ~1‐1/4インチ)]。
?距が間違っている。
o検知リード線が開いているまたはショートしている。
o検知リード線をF理または—換します。
½にp波ノイズが発生している。
TIGまたはプラズマ装置がX用されている½では、適
な接v方法に従うようにします。
アークブローが発生している。
第5‐7章を}照してください。
ドライブモーターのタコメーターまたはモーターケーブル
が開いている、またはショートしている。
ドライブモーターのタコメーターとケーブルを確認して、
F理または—換します。
ドライブロールのサイズが間違っている。
適
ドライブロールのo>が大きすぎるか小さすぎる。
ドライブロールのo>を調整します。
溶接ワイヤが溶接 ワイヤフィードシステムが]されている。
の開始時にコンタ
クトチップにバー
ドライブロールが摩耗している。
ンバックする。
ドライブロールのサイズが間違っている。
開始パラメータがŽ適
である。
なサイズのドライブロールと—換します。
インレットケーブル、トーチライナー、ワイヤガイドを確
認します。
ドライブロールを—換します。
適
なサイズのドライブロールと—換します。
開始パラメータを調整します。
コンタクトチップが摩耗している。
コンタクトチップを—換します。
コンタクトチップのサイズまたは種が間違っている。
適
溶接ワイヤのキャストがŽœ,。
ストレートナーを追Yしてワイヤにキャストを:れます。
溶接ワイヤが溶接 ワイヤフィードシステムが]されている。
ˆにコンタクトチ
ップにバーンバッ
ドライブロールが摩耗している。
クする。
ドライブロールのサイズが間違っている。
なサイズと種のコンタクトチップと—換します。
インレットケーブル、トーチライナー、ワイヤガイドを確
認します。
ドライブロールを—換します。
適
なサイズのドライブロールと—換します。
ドライブロールのo>が大きすぎるか小さすぎる。
ドライブロールのo>を調整します。
コンタクトチップが摩耗している。
コンタクトチップを—換します。
コンタクトチップのサイズまたは種が間違っている。
適
溶接ワイヤのキャストがŽœ,。
ストレートナーを追Yしてワイヤにキャストを:れます。
溶接ワイヤが溶接 溶接源i>が遮断されていない。
の終¼時にコンタ
クトチップにバー
バーンバック設定が過ぎるまたは長すぎる。
ンバックする。
OM‐273473 ページ 32
なサイズと種のコンタクトチップと—換します。
すべてのスイッチが正しい置にあることを確認し、必要
な場 は源をF理します。
バーンバック設定を調整して、完@に源を
ります。
6 − 12
6-1. オペレータŽ×
1
源スイッチ
装置をONまたはOFFにします。
2
源ON LED
源LEDは装置が起
します。
3
すると点灯
i>ON LED
i>LEDは溶接i>が起
点灯します。
4
すると
エラーLED
点灯装置がオーバーヒートしたため溶
接i>が無‚になりました。装置
を ?温度までŸ できます。エ
ラーLEDが消灯し溶接をÊ開でき
ます。
1
点滅 システムエラーが発生しました。
ユーザーインターフェイスをX用
して、エラーのÙÚと„能な解決
策を¥断します。画 8の指示に
従ってエラーをクリアします。エ
ラーがクリアされると、エラー
LEDの点滅が止まり溶接をÊ開で
きます。
. UVの$bをオフにしたら、
$bON LEDがÈえるのを
ÉってからºnUVをオンに
します。$bをってあまり
にもすぐに`れÊすと、˨
ÌにソフトウェアのžをÎ
きËこす があります。
2
3
4
Ref. 257195‐G
OM‐273473 ページ 33
6-2. ユーザーインターフェイス
1
10
13
12
18
14
15
16
8
17
2
9
11
20
4
7
6
3
19
Ref. 266 061‐B
5
OM‐273473 ページ 34
6-3. フロントパネルŽ×の (6‐2を­‡)
1 メモリディスプレイ
メモリディスプレイは活 ˆの溶接プロ
グラムを示します。範Ýは0001から9999
です。
2 メモリ/変数調整ノブ
このノブをX用して、プログラムの番c
を選択したり、メモリディスプレイに示
される変数を増減させたりします。
3 アーク]御ボタン
アーク]御ボタンはプロセスにÏ存して
います。ユーザーはインダクタンス、
DIG、RMD (ボールサイズ)、トリムな
ど、//パラメータディスプレイに表示さ
れる変数を変更できます。範Ýはプロセ
スに応じて +/- できます。
4 メモリ1‐8ボタンおよびLED
これらのボタンをX用して、溶接プログ
ラムライブラリデータからC存したプロ
グラムを選択します。LEDはどのプログ
ラムが選択されているか、アクティブな
のかを示します。
変数/パラメータディスプレイには、選択
したプログラムの溶接プログラムライブ
ラリ要約データが表示されます。
5 ソフトキーボタン
これらのボタンをX用して、液晶ディス
プレイに表示されるメニューを移 しま
す。
6 スクロールノブおよび[選択/C存]ボ
タン
このノブを9転させて、X用„能なオプ
ションをスクロールしたり、液晶ディス
プレイに表示される変数を増減させたり
します。
このノブを押すと[選択/C存]ボタンとし
て機能します。ボタンを押して液晶ディ
スプレイでX用„能なオプションを選択
します。
7
//パラメータ液晶ディスプレイ
このディスプレイには、ソフトキーボタ
ン、スクロールノブ、および[C存/選択]
ボタンをX用して選択されたすべての/
とパラメータが表示されます。
8
流量/ワイヤフィード速度ディスプ
レイ
このディスプレイには、選択したプロセ
スに応じて、流量たはワイヤフィード
速度が表示されます。
9
流量/ワイヤフィード速度/材料³の
調整ノブ
このノブをX用して、プロセス選択に
応じて、流量、ワイヤフィード速度、
または材料³を増減します。これらの/
は、流量/ワイヤフィード速度/材料³デ
ィスプレイに表示されます。
10 o量/アーク長/インダクタンス/ア
ーク調整/RMDディスプレイ
このディスプレイには、選択されたプロ
セスに応じて、o量、アーク長、イン
ダクタンス、アーク調整またはRMDが表
示されます。
11 o量/アーク]御調整の部
このノブをX用して、プロセス選択に応
じて、o量またはアーク長を増減しま
す。これらの/は、o量/アーク長/イン
ダクタンス/アーク調整/RMDディスプレ
イに表示されます。
12 アーク長インジケータ
LEDが点灯するとアーク長機能がアクテ
ィブであることを示します。
13 o量インジケータ
LEDが点灯するとo量機能がアクティ
ブであることを示します。
14 相ñモードアクティブインジケータ
LEDが点灯すると相ñ溶接プロセスがア
クティブであることを示します。
15 流量インジケータ
LEDが点灯するとSMAW、GMAW、また
はCAGプロセスが選択されていることを
示します。/が、o量/アーク長/インダ
クタンス/アーク調整/RMDディスプレイ
に表示されます。
16 ワイヤフィード速度インジケータ
LEDが点灯するとGMAWまたはGMAW‐P
溶接プロセスが選択されていることを示
します。/が、流量/ワイヤフィード速
度/材料³ディスプレイに表示されます。
17 材料³インジケータ
この機能は*後リリースされるソフトウ
ェアで機能します。
18 i>ONインジケータ
LEDが点灯すると開9路oが溶接i>
端子にあることを示します。
19 USBポート
すべてのUSB連機能に対してこのポー
トをX用します。
20 パラメータロックインジケータ
LEDが点灯すると溶接パラメータが
ロックされアクティブであることを示し
ます。
* 無‚またはX用できません。
OM‐273473 ページ 35
7 − +
7-1. +ウェブページへのアクセス
源設定ウェブページにアクセスするには、オプションの通2パネルが必要になります(第4‐7章を}照)。CAT5またはCAT6 Ethernetケーブル
をX用して、PCを通2パネルのジャックに直接接続します。
ウェブブラウザにデフォルトのIPアドレス169.254.0.2を:>すると、溶接機設定ウェブページがホーム画
で開きます。
7-2. ホーム´•
1
2
3
5
4
6
8
9
1
ナビゲーションバー
ホーム画 、セットアップ画 、アーク管
理画 、データ管理画 、ヘルプ画 を選
択します。
2
情報バー
源、場所、アセット番c、シリアル番
c、表示言語にする“般情報を表示しま
す。
3
源情報
源情報を表示します。[編]ボタンでこ
れらのパラメータを変更できます。
OM‐273473 ページ 36
7
4 アクティブプログラム
プログラム番c、プロセス、ワイヤのサイ
ズ、 金、ガスを表示します。[編]ボタ
ンでこれらのパラメータを変更できます。
5 溶接i> (ライブ)
源およびフィーダの溶接i>状況をリア
ルタイムで表示します。
6 コマンド
現Aのユーザーが変更„能なコマンドを表
示します。X用される溶接プロセスに応じ
て、これらのコマンドは異なります。[編
]ボタンでパラメータを変更できます。
7
最後の溶接
最後に行われた溶接ˆにX用したo量と
流量を表示します。
8
生産性
アーク時間、X用されたワイヤの量、残っ
ているワイヤの量を表示します。
9
アクティブエラー
アクティブエラーメッセージを表示しま
す。[エラーログの表示]ボタンを押すと、
‡のエラーとその発生時òのリストが表
示されます。
7-3. セットアップ´•
2
1
3
5
4
6
8
7
9
11
10
12
13
14
1 情報バー
源、場所、アセット番c、シリアル番
c、言語にする情報を表示します。
2 パージ時間
[パージ]ボタンを押したときにガスが流れる
時間の長さを表示します。[編]ボタンで時
間の長さを変更できます。
3 有‚なエラー
どのシステムエラーが有‚になっているか
を表示します。[編]をクリックしてシステ
ムエラーを有‚または無‚にします。
4 ジョグ速度
最小および最大ジョグ速度を1,あたりのイ
ンチ数 (IPM) で表示します。[編]ボタンで
最小および最大ジョグ速度設定を変更でき
ます。
5 Ethernet設定
[編]ボタンで接続設定を変更できます。
6 データ接続
どのデータ接続が有‚であるかを表示しま
す。
7 v½
現Aのv½を表示します。[編]ボタンでv
½を変更できます。
8 ステータス
の·種システム選択のステータスを表
示します。英語とメートル法の表示/、ス
ロープ調整の有‚ì/無‚ì、相ñMIGの有
‚ì/無‚ì、CEと英語の溶接ライブラリ
の„用性、アーク長コマンドのスケーリン
グ。
9 WiFi設定
[編]ボタンでWiFi設定を変更できます。
10 自 ねじ り
自 ねじ り時間の長さを決定するため
に、1,あたりのインチ数 (IPM) の負荷率と
トーチの長さ (インチ) を表示します。[編]
ボタンでこれらのパラメータを変更できま
す。
11 ワイヤスプール
ワイヤの種、スプールのサイズ、スプ
ール8に残っているワイヤの量を表示しま
す。[編]ボタンでワイヤ情報を変更または
リセットできます。
12 溶接ケーブルのセットアップ
選択されているプラスとマイナスの溶接リ
ード線の長さと直径、トーチ、およびo
フィードバック (VFB) 方法を表示します。
[編]ボタンでこれらのパラメータを変更で
きます。
13 ロボットオプション
現Aのロボット接続のオプションを表示し
ます。[編]ボタンでロボットオプションを
変更できます。
14 ドライラン
溶接セルに戻るアーク検i2cをシミュレ
ートすることで、自 溶接セルをアークを
生じさせることなく繰り返すことができま
す
OM‐273473 ページ 37
7-4. セットアップ´•
2
1
3
5
4
6
8
7
9
11
10
12
13
14
15
1 情報バー
溶接源、場所、アセット番c、シリアル
番c、表示言語にする“般情報を表示し
ます。
2 パージ時間
[パージ]ボタンを押したときにガスが流れる
時間の長さを表示します。[編]ボタンで時
間の長さを変更できます。
3 有‚なエラー
どのシステムエラーが有‚になっているか
を表示します。[編]をクリックしてシステ
ムエラーを有‚または無‚にします。
4 ジョグ速度
最小および最大ジョグ速度を1,あたりのイ
ンチ数 (IPM) で表示します。[編]ボタン
で最小および最大ジョグ速度設定を‡Ëき
および後ろËきジョグ用に変更できます。
5 Ethernet設定
[編]ボタンでユーザーは接続設定を変更で
きます。
6 データ接続
どのデータ接続が有‚または無‚であるか
OM‐273473 ページ 38
を表示します。
7 v½
現Aのv½を表示します。[編]ボタンでv
½を変更できます。
8 ステータス
の·種システム選択のステータスを表
示します。英語とメートル法の表示/、ス
ロープ調整の有‚ì/無‚ì、相ñMIGの有
‚ì/無‚ì、CEと英語の溶接ライブラリ
の„用性、アーク長コマンドのスケーリン
グ
9 WiFi設定
[編]ボタンでユーザーはWiFi設定を変更で
きます。
10 自 ねじ り
自 ねじ り時間の長さを決定するため
に、1,あたりのインチ数 (IPM) の負荷率と
トーチの長さ (インチ) を表示します。[編]
ボタンでこれらのパラメータを変更できま
す。
11 ワイヤスプール
ワイヤの種、スプールのサイズ、スプ
ール8に残っているワイヤの量を表示しま
す。[編]ボタンでワイヤ情報を変更または
リセットできます。
12 溶接ケーブルのセットアップ
選択されているプラスとマイナスの溶接リ
ード線の長さと直径、トーチ、およびo
フィードバック (VFB) 方法を表示します。
[編]ボタンでこれらのパラメータを変更で
きます。
13 ロボットオプション
現Aのロボット接続のオプションを表示し
ます。[編]ボタンでロボットオプションを
変更できます。
14 ドライラン
溶接セルに戻るアーク検i2cをシミュレ
ートすることで、自 溶接セルをアークを
生じさせることなく繰り返すことができま
す
15 自 キャリブレーション
[編]ボタンを押すと、最後の自 キャリブ
レーションが表示され、自 キャリブレー
ション/のライブフィードバックが得られ
ます。
7-5. アーク´•
1
3
2
5
4
6
7
1 アクティブプログラム
プログラム番c、プロセス、ワイヤのサイ
ズ、 金、ガスを表示します。[編]ボタン
でこれらのパラメータを変更できます。
2 コマンド
現Aのユーザーが変更„能なコマンドを表
示します。X用される溶接プロセスに応じ
て、これらのコマンドは異なります。[編]
ボタンでパラメータを変更できます。
3 溶接シーケンス
アクティブな溶接シーケンスのパラメータ
を表示します。[編]ボタンでこれらのパラ
メータを変更できます。このメニューから
パラメータの]も設定されます。
4 ロックステータス
システムロックの現Aのステータスを表示
します。[編]ボタンでロック設定を変更で
きます。
5 プログラムの有‚ì
[編]ボタンでユーザーはどのプログラムを
X用„能にするかを選択できます。
6 溶接プロセス
X用„能な溶接プロセスを表示します。[編
]ボタンでプロセスを有‚または無‚にで
きます。
7
プログラムの‰ô
[編]ボタンでユーザーは溶接プログラム
の短い$™ôとプログラムの目的にする
詳細な説明を:>できます。É方のフィー
ルドにデータを:>する必要があります。
短いô‡は、Continuumのユーザーインタ
ーフェイスの液晶画 で見ることができま
す。
OM‐273473 ページ 39
7-6. データ´•
1
2
3
5
4
6
7
1
生産性
アーク時間とX用されるワイヤをインチと
ポンドで表示します。[データのリセット]を
クリックして生産性データをリセットしま
す。
2
寿‰情報
計アーク時間、アーク開始点、および装
置の寿‰にわたってX用されたワイヤを表
示します。
3
ソフトウェア情報
[ファクトリーリセット]ボタンでファクトリ
ーリセット画 に移 します。ファクトリ
ーリセット画 のすべての指示をよく読ん
で従い、ファクトリーリセットを実行して
ください。
4
システムで最後に発生したエラーを表示し
ます。
[表示]ボタンを押すと、‡のエラーとその
発生時òのリストが表示されます。
5
ソフトウェアのリビジョンを表示します。
エラーログ
システムログ
システムログの最後の:>を表示します。
[表示]ボタンを押すと、システムログへの:
>とそれが行われた時òのリストが表示さ
れます。
6 ワイヤのX用
X用されたワイヤの量、残っている量、ス
プールが開始された日が表示されます。
新しいスプールを開始するときは[データの
リセット]をクリックします。
7 セカンダリログ
[表示]ボタンを押すと、実行されたá次補
正試,のリスト、 õステータス、試,が
実行された日/時間、トーチ抵抗、トーチ
o、溶接ケーブル抵抗、溶接ケーブル
o、および溶接ケーブル流が表示されま
す。
7-7. ヘルプ´•
. ヘルプÐには、セット
1
OM‐273473 ページ 40
2
アップÐ、アークÑ
Ð、データÑÐの
ÒをÓむ3つのドロップ
ダウンメニューがありま
す。
3
1
セットアップ情報のドロ
ップダウンメニュー
2
アーク管理のドロップダ
ウンメニュー
3
データ管理のドロップダ
ウンメニュー
8 − メンテナンスおよびトラブルシューティング
8-1. +ìメンテナンス
!
. Öしい×ØにあるÌはより
メンテナンスを=う*に
IをÊります。
ÙにメンテナンスをÚい
ます。
n = チェック
Z = 変更 ~ = 洗浄 l = —換
* 工場認定のサービス業者が行う
3カ月
ごと
6カ月
ごと
}照
l 読めないラベル
~ 溶接端子
nl 溶接ケーブル
nl トーチケーブル
nl コード
nl ひびÞれた部
~ 溶接接続
n しっかり締まった溶接
ケーブル接続
または
~ 装置部
8-2. <Ýのブローアウト
!
<Ýのブローアウトを=
うときはケースをりnさな
いでください。
装置のブローアウトを行うには、
‡ ルーバーと背 ルーバーに直
接空気を送り込みます。
278352‐B
OM‐273473 ページ 41
8-3. エラーコードのトラブルシューティングおよびµ
1
ERR
BTN
2
STUK
ERROR
3
4
Button on UI stuck
Make sure all buttons are clear
If error persists, please contact support.
Logs
5
Ref. 266 061‐B
1
LED表示のメッセージ
エラーまたはそのエラーがどこで発生し
ているかを示す短いメッセージが表示さ
れます。“部のメッセージは複数の異な
るエラーを示す場 があります。より¡
”的なエラー情報については、「液晶デ
ィスプレイのメッセージ」を}照してく
ださい。
2
エラー‐ システムに、X用を続ける‡に
対°しなければならない害が発生しま
した。
メッセージ‐ 害は発生していません
が、溶接システムのX用をÊ開する‡に
Eらかの措置を講じる必要があります。
äえば、新しいソフトウェアをロードし
た後に:>源を“旦 って:れ直す必
要がある場 があります。
メッセージのタイプ
表示されるメッセージには3つのタイプ
があります。
OM‐273473 ページ 42
q‘‐ 続行する‡に対°する必要がある
ことがあります。たとえば、o検知リ
ード線の接続が失われました。
3 液晶ディスプレイのメッセージ
表示されているメッセージにする詳細
が表示されます。
4 液晶ディスプレイのソリューション
メッセージ
メッセージまたは発生している害を
クリアするために必要な°置を説明しま
す。
5 ログソフトキー
ログソフトキーを押すとログメニューに
移 します。ログメニューからエラーロ
グにアクセスすることができます。液晶
ディスプレイのエラーログメッセージは
エラーログにC存されています。
8-4. エラーコードのトラブルシューティングおよびµ
¶¡のLEDµ&
†íディスプレイ
のメッセージ
BOOT ERROR
またはBOOT
FAIL
システムの起
ˆ
表示なし
液晶ディスプレイ
は空白
ステータスバーが
1%、2%、3%、
または4%でs止
²えられるçè
I,なGH³
コンポーネントの1つがネッ 相æ接続ケーブルのワイヤが スイングアークシステムの場 は、
トワークまたはシステムの
断されている。
源からワイヤフィーダ、またはROIと
の部,に接続されていませ
ワイヤドライブ間の相æ接続ケーブル
ん。
破損した通2レセプタクルの を—換します。
1つにピンまたはソケットが
ある。
源、ROI、ワイヤドライブ、また
はワイヤフィーダを—換してF理しま
部の9路w板にŽ¡ があ す。
る。
フィーダが起 していない、 通2ケーブルŽ良。
白色の源ランプが点灯して
いる、源コンタクタが起
しています。
部の9路w板にŽ¡
る。
源とワイヤフィーダ間の通2ケーブ
ルを—換します。
があ 源、ROI、ワイヤドライブ、また
はワイヤフィーダを—換してF理しま
す。
エラー
源がオーバーヒートしてい ファンルーバー/.洞の開Å
熱システムの
ます。
部が塞がれている。
溶接源がオーバ 過熱ライトが点灯していま
ーヒートした
す。
ファンモーターがオンになっ
装置をŸ する。
ていないか、9転できない。
源を:れ直す。
ヒートシンクが汚れている。
源とそのの物との間に最©18イン
チの距があることを確認します。
適 な操?の‡に源をC守/F理す
る必要があります。
CYCLE
POWER
装置の源を:れ このメッセージは、システム
直す必要がある。 の設定に変更があった場 に
源を:れ直す。 表示される場 があります。
源を:れ直します。
ERR COMMS
エラー
システムの通2ロ
ス。
ERR THERM
またはERR
OVERTEMP
5メンテナンスの章に従って.洞の
部のブローアウトを行います。
ユーザーインターフェイスが フィーダと源の間の通2ケ 相æ接続ケーブルを—換します。
システムのの部,に接続さ ーブルŽ良。
れていません。
源を:れ直しま
す。
ERR COMMS
エラー
部通2ロス:
どこで が発生している
„能性があるのかを示す多く
の通2エラーがあります。
源、ワイヤフィーダ、ROI、
またはワイヤドライブからの
通2が失われた„能性があり
ます。液晶ディスプレイ画
の詳細メッセージは、サービ
ス技術者に適 な詳細を提1
します。
ERR WIRSTUK
エラー
溶接の最後に溶接対象物にワ
ワイヤの張りき イヤが張りいています。
エラー
溶接の最後に溶接
対象物にワイヤが
張りいている。
ERR ARC
エラー
アークエラーが発
生した。
ワイヤフィーダと
源を確認する。
ERR TRG
STUK
生成されたアークは有‚なア
ークではなく、溶接oがユ
ーザーインターフェースで設
定されたパラメーターに対し
てすぎるか©すぎます。
ワイヤフィーダと源間の通
2ケーブルの接続がŽ良。
源、ワイヤフィーダ、
ROI、ワイヤドライブの背
の相æ接続ケーブルの接続が
れている。
システムのデータベースが破
損している„能性がある。
通2ケーブルを—換します。
適 な操?の‡に源、ROI、ワイヤ
ドライブ、またはワイヤフィーダをC
守/F理する必要があります。
システムソフトウェアをÊインストー
ルします。
溶接対象物から–がす/
す。
りしま
ワイヤケーブルが破損してい 溶接ケーブルをF理または—換しま
るか、 断されている。
す。
ワーククランプまたはケーブル接続を
ワイヤのデリバリーが遅過ぎ F理または—換します。
る。アーク長が長すぎる。
トーチライナーを確認/—換します。
ドライブロールのo>が用途に対して
適 に設定されていることを確認しま
す。
エラー
フィーダの源投:時にトリ ミグガンのトリガまたはトリ ミグガンをF理または—換します。
源投:時にトリ ガがC留されると、トリガス ガワイヤが“緒にショートし
ガがC留された。 タックエラーが発生します。 ている„能性がある。
トリガを解して エラーはトリガを解するこ
ボタンを押しエラ とでクリアできます。
ーをクリアする。
OM‐273473 ページ 43
¶¡のLEDµ&
†íディスプレイ
のメッセージ
システムの™のコンポーネン
トのソフトウェアによってソ
フトウェアのŽ“致が発生し
ています。
ワイヤフィーダと源のソフ
トウェアのリビジョンが異な
っています。
²えられるçè
I,なGH³
WRN SOFT­
WARE
警a
æ換性のないソフ
トウェアが検iさ
れた。
Sys SW RevŽ“
致エラー
システムのコンポーネントが システムソフトウェアを更新します。
のコンポーネントより新し
い。
異なるワイヤフィーダと源
が-めて“緒に配置された。
ERR INPUT
PWR
エラー
ERR INPUT
PWR
エラー
お客様提1の“次oが過
“次:>oが ぎます。
過ぎる。
b要接続を確認す
る。
ERR INPUT
PWR
エラー
お客様提1の“次oが©過 u相プラグの接続がŽ良また 資格を有する気技師に連絡して、“
“次:>oが© ぎます。
は 断されている。
次源と„能な解決策を確認してくだ
過ぎる。
さい。
b要接続を確認す
る。
ERR BTN
STUK
エラー
UIスタックのボタ
ン
すべてのボタンが
透明であることを
確認する。
ERR ARC
STRT
エラー
ERR REL TRIG
エラー
トリガがあまりに
も長くC留されて
いる。トリガを解
してボタンを押
しエラーをクリア
する。
システムはD相状態にあり、 u相プラグの接続がŽ良また 資格を有する気技師に連絡して、“
b要レグがありません。
は 断されている。
次源と„能な解決策を確認してくだ
u相“次源を
開放ヒューズまたは9路遮断 さい。
X用する必要があ
qがある。
る。
資格を有する気技師に連絡して、“
次源と„能な解決策を確認してくだ
さい。
UIのボタンを長く押しすぎて 適 な操?の‡にワイヤフィーダま
いる。
たはROIをC守/F理する必要がありま
オーバーレイのメンブレンボ す。
タンが損Šしている。
アークが生じる‡に溶接i> ドライブロールが開いていて 適 なドライブロールo>がかかって
があまりにも長くアクティブ ワイヤが かない。
いることを確認します。
アークなしでト
になっていました。
フィーダと源の間の溶接ケ 部にドライブロールキャリアサポー
リガがあまりにも
ーブルがない。
トプレートがりけられていること
長くC留されてい
を確認します。
る。
溶接ケーブルをりけます。
OM‐273473 ページ 44
ユーザーがアークを生じさせ ミグガンのトリガがショート ミグガンをF理または—換します。
ることなくトリガを2,8 しているか閉じた置で か
C留している場 、またはユ なくなっている。
ーザーがその時の溶接でポス
トフロー段0を過ぎてもトリ
ガをC留している場 、トリ
ガ解エラーが発生します。
ジョグボタンを長く押しすぎ
た場 も、このエラーが発生
する場 があります。
¶¡のLEDµ&
WRN OVER­
AVER
†íディスプレイ
のメッセージ
警a
デューティサイク
ルを超えた
間もなく溶接準t
が完¼する。
²えられるçè
源のデューティサイクルを 溶接i>があまりにも長い
超えました。温度をげるた 間、過ぎだった。
め源がシャットダウンしま
す。エラーはしばらくの間ア
クティブです。
I,なGH³
溶接機の源を投:して、エラーがク
リアされるまで (通常は15,間) アイ
ドル状態にしておきます。
ERR AUX PWR
エラー
115 VAC補r源の9路w板
補r源の 。 に が発生しています。
源を:れ直す。
115 VACレセプタクルに接続
されている装置の負荷が大き
すぎる。
補r源が故している。
115 VACレセプタクルから装置をり
外します。
適 な操?の‡に源をC守/F理す
る必要があります。
ERR THERM
エラー
熱システムの
源を:れ直す。
ファンがオンになっていな
い。
]御源w板 (PC13) からのファンi
>を確認します。
1次または2次ヒートシンクが
オーバーヒートしています。
ERR THERM 1、2、または
3のメッセージもご覧くださ
い。
アーク]御ボード (PC4) か
ファンイネーブルワイヤが正しく終端
らのファンイネーブル2cが されていることを確認してください。
ない。
—換します(PC4)。
ERR PWR SRC
エラー
“次流変換qセンサのフィ “次AC:>が1つ8のレグ 資格を有する気技師に連絡して、“
ブーストCS1、
ードバックが、:>“次源 で過ぎるまたは©すぎる„ 次源と„能な解決策を確認してくだ
CS2、CS3、また の流量がすぎる、または 能性がある。
さい。
はCS4の流エラ ©すぎることを報aしていま
ー
す。
源を:れ直す。
WRN VSNS
LOS
警a
源が、部接続または外部 フィードバック設定がo検 o検知リード線を—換します。
o検知フィード のo感知リード線からの 知用に設定されており、ケー
バックの警a
oフィードバック:>を' ブルが断線しているか 断さ
o検知リード線 っていません。
れています。
o-検知リード線を—換します。
のフィードバック
o感知リード線に破損がな
が失われた。
いか点検する。
相æ接続ケーブルに、oフ 相æ接続ケーブルを—換します。
ィードバック:>をもたらす
オープンワイヤがある。
ERR COOL
TEMP
エラー
Ÿ 装置の温度が
い
Ÿ 装置の温度センサーは、
Ÿ §の温度がすぎること
を報aしており、温度がœ,
に©くなるまでシステムをシ
ャットダウンします。
ERR COOL
FLOW
エラー
Ÿ 装置の流量が
©い
Ÿ ラインにクーラントが流 Ÿ ラインの空気がまだパー
れていません。
ジされていない。
フィルターにゴミが詰まって
いる。
トーチまたはトーチのŸ ラ
インに詰まりがある。
トーチまたはトーチのŸ ラ トーチを—換するか、Ÿ ラインの詰
インに詰まりがある。
まりをりきます。
溶接アプリケーションがŸ
装置の性能を89っている。 溶接i>を減らします。
ロードバンクモードで溶接i>を数9
オンにして、クーラントがフローイン
ジケータに:ってフロースイッチを?
させるまで、毎9エラーをクリアし
ます。
Ÿ 装置の扱説明書のクーラントメ
ンテナンス手に従います。
トーチを—換するか、Ÿ ラインの詰
まりをりきます。
OM‐273473 ページ 45
8-5. トラブルシューティング
bF
溶接i>がない。完@に
る。
GH³
?Ž能であ
ライン 断をONの置に置きます (第4‐11章を}照)。
ラインヒューズを確認して必要な場
(第4‐11章を}照)。
は—換する、または9路遮断qをリセットします
:>源接続が適 であるか確認します (第4‐11章を}照)。
溶接i>がない。エラーが表示されな
いのにメーター表示がオンになる。
コンタクタラインがアクティブになったときに、コンタクタインジケータライトが点灯しているか
どうかを確認します。
エラーが表示されないのに溶接i>が
Ž安定またはŽ適 である。
適
ワイヤが送給しない。
補rプロテクタCB1を確認して、必要な場
なサイズと種の溶接ケーブルをX用します(第4‐2章を}照)。
すべての溶接接続をきれいにしてしっかり締めます。
は、リセットします。
モーター]御ケーブル接続を確認します。
ワイヤの送給がŽ安定。
ハブの張>をÊ調整します。
ドライブロールのo>をÊ調整します。
汚れたまたは摩耗したドライブロールを洗浄または—換します。
ノズル開Å部p辺の溶接スパッターを±します。
コンタクトチップまたはライナーを—換します。トーチの扱説明書を}照してください。
モーター]御ケーブル接続を確認します。
>が1給されるとすぐにワイヤが送
給する。
トーチのトリガを確認します。トーチの扱説明書を}照してください。
定流源をX用するとローエンドで
ワイヤスタッビングが発生する。
源のi>設定を増Yさせます。
ガスが流れない、または流れが止まら
ない。ワイヤが送給する。
ガスのバルブと流量計を確認します。
o検知リード線接続を確認して、必要な場
はきれいにしてきつく締めます。
極のマイナス (正極性) プロセスをX o検知リード線が溶接対象物に接続されていることを確認します。
用すると、ワイヤがトーチのコンタク
トチップにバーンバックする。
OM‐273473 ページ 46
9 − INSIGHT CORETMのインストール
7
9-1. ライセンスî:
Miller Electric Mfg.Co にライセンスされたソフトウェアを¶む装置 (Insight Core) を得しました。かかるソフトウェア製、ならにび連
メディア、ÔÕ物、およびソフトウェアの「オンライン」または子文書は、U#的な知的財産法および条約によってC護されます。ソフト
ウェアはライセンスされており、販売されていません。無断複ö・転載を禁じます。
9-2. K’J·ïのダウンロード
適 な接続を確Cするため、Insight Coreダウンロードページ(https://insight.millerwelds.com/download)にアクセスします。
ネットワーク接続性調査フォームをダウンロードしてÔÕします。
V社のIT部門に調査を完¼するように求めます。
9-3. システムIPアドレスのð
. すべてのContinuumシステムの4oªÌ\(IPアドレスは169.254.0.2です。
. EthernetおよびWiFicにはそれぞれܧのIPアドレスがあります。
. $bは、ContinuumのウェブページへのアクセスにTされるコンピュータとßじサブネットにする¤]があります。
1.
源の扱説明書の指示に従って、Continuum溶接システムを接続します。
2.
コンピュータと源の間にEthernetケーブルを接続します。
3.
溶接源をオンにします。
4.
フィーダ (つりげ) メインメニュー画 から、Ethernet設定画 に進みます。スクロールノブをX用して、[システム]、[ネットワーク
+]、[Ethernet+]のに選択します。IPアドレスをメモします。
Home
Internet
WiFi
Home > System
Ethernet
System Menu
Program # 1
MIG
.035 Steel ER70
Ar 90 CO2 10
35ST MIG
Setup
Logs
Status
Factory Reset
USB Functions
System Software Revision
Network Settings
System
Home
Back
Home > System > Network > Ethernet
Home > System > Network
Ethernet Settings
Network Menu
Item
MAC
IP Mode
IP Address
Subnet Mask
Network Gateway
DHCP Server
DNS Server
Port
Ethernet Settings
WiFi Settings
Home
System
Value
7C:66:9D:49:30:F3
Dynamic
169.254.0.2
255.255.0.0
10.43.254.250
10.50.10.2
10.50.10.5
80
Back
Home
System
Back
89‐1. IPアドレスのð
OM‐273473 ページ 47
9-4. ContinuumのウェブページからInsight CoreをXñにする
1.
コンピュータをEthernetケーブルで溶接源に接続しブラウザを開きます。
2.
アドレスバーにシステムIPアドレス (第9‐3章を}照) を:>します。デフォルトのIPアドレスは169.254.0.2です。
3.
[Enter]を押します。
89‐2. ContinuumウェブページへのK’
4.
Continuumシステムのウェブページが表示されます。ページのトップで[セットアップ]をクリックします。
89‐3. Continuumウェブページ
OM‐273473 ページ 48
5.
[データK’]で[¯¸]をクリックします。
89‐4. セットアップページ
6.
選択目をクリックしてInsight Coreを有‚または無‚にします。選択を行ったら[すべて<r]をクリックします。
7.
装置の源を
ってすぐに:れ直し、源オンのライトが消灯してÊ度点灯するまで待ちます。
89‐5. データK’ページ
OM‐273473 ページ 49
9-5. ネットワークK’の+
. UVのàáインストールの4 は、どのタイプのインストールが¤]かを_(します。InsightCoreRSをâしくインストールするたびに
cZ[が¤]です。
. ã¡のContinuumシステムをセットアップするには、またはContinuumäくのコンピュータをTできない4
は、·のInsightCoreダウン
ロードウェブページで`åできるInsight Core\(ユーティリティをTするとさらに~ç¢です。
https://insight.millerwelds.com/download
1.
コンピュータをEthernetケーブルで源に接続しブラウザを開きます。
2.
アドレスバーにIPアドレス (第9‐3章を}照) を:>します。デフォルトのIPアドレスは169.254.0.2です。Û9‐2を}照してください。
3.
[Enter]を押します。
4.
Continuumシステムのウェブページが表示されます。ページのトップで[セットアップ]をクリックします。
S
DHCP ( 的IPアドレス)をX用してWiFi接続を設定するには、セクションに進みます A.
S
的WiFiアドレッシングをX用してWiFi接続を設定するには、セクションに進みます B.
S
DHCP ( 的IPアドレス)をX用して有線Ethernet接続を設定するには、セクションに進みます C.
S
的IPアドレッシングをX用して有線Ethernet接続を設定するには、セクションに進みます D.
A. DHCP („>アドレッシング)を)したWiFiK’
1.
セットアップページの[WiFi+]で[¯¸]をクリックします。
89‐6. WiFi+の¯¸
OM‐273473 ページ 50
2.
表示された画 の[セキュリティ+]に、ネットワークô (SSID)、セキュリティのタイプ、セキュリティキーを:>します。この情報
は、IT部門が完¼したネットワーク接続性調査にあります (第9‐2章を}照)。
3.
[セキュリティ+を<r]をクリックしてワイヤレスネットワーク設定をC存します。
4.
[WiFiアドレス]で[„>]を選択します。
5.
[DNSアドレス]で[DHCP„]を選択します。
6.
終¼したら、[すべて<r]をクリックします。
7.
装置の源を
ってすぐに:れ直し、源オンのライトが消灯してÊ度点灯するまで待ちます。
89‐7. DHCPを)したWiFiK’の+
OM‐273473 ページ 51
B. k>アドレッシングを)したWiFiK’
1.
セットアップページの[WiFi+]で[¯¸]をクリックします(Û9‐6を}照)。
2.
表示された画 の[セキュリティ+]に、ネットワークô (SSID)、セキュリティのタイプ、セキュリティキーを:>します。この情報
は、IT部門が完¼したネットワーク接続性調査にあります (第9‐2章を}照)。
3.
[セキュリティ+を<r]をクリックしてワイヤレスネットワーク設定をC存します。
4.
[WiFiアドレス]で[k>]を選択します。
5.
[ネットワークUV]にIPアドレス、サブネットマスク、ネットワークゲートウェイを:>します。この情報は、IT部門が完¼したネット
ワーク接続性調査にあります (第9‐2章を}照)。
6.
[DNSアドレス]で[DNSサーバ]を選択します。IT部門が完¼したネットワーク接続性調査からのDNSアドレスを:>します
(第9‐2章を}照)。
7.
終¼したら、[すべて<r]をクリックします。
8.
装置の源を
ってすぐに:れ直し、源オンのライトが消灯してÊ度点灯するまで待ちます。
89‐8. k>アドレッシングを)したWiFiK’の+
OM‐273473 ページ 52
C. DHCP („>アドレッシング)を)したXM(Ethernet)K’
1.
セットアップページの[Ethernet+]で[¯¸]をクリックします。
2.
表示される画
3.
[DNSアドレス]で[DHCP„]を選択します。
4.
終¼したら、[すべて<r]をクリックします。
5.
装置の源を
8部のIPアドレスのにある[„>]を選択します。記のネットワーク情報が自
的に:>されます。
ってすぐに:れ直し、源オンのライトが消灯してÊ度点灯するまで待ちます。
89‐9. DHCPを)したEthernetK’の+
メモ
OM‐273473 ページ 53
D. k>アドレッシングを)したXM(Ethernet)K’
1.
セットアップページの[Ethernet+]で[¯¸]をクリックします。
2.
表示される画
3.
[ネットワークUV]にIPアドレス、サブネットマスク、ネットワークゲートウェイを:>します。この情報は、IT部門が完¼したネット
ワーク接続性調査にあります (第9‐2章を}照)。
4.
[DNSアドレス]で[DNSサーバ]を選択します。IT部門が完¼したネットワーク接続性調査からのDNSアドレスを:>します
(第9‐2章を}照)。
8部のIPアドレスのにある[k>]を選択します。
. {èするéに¡êをº’“します。¡êをŸえるとëAがìしい4
5.
終¼したら、[すべて<r]をクリックします。
6.
装置の源を
があります。
ってすぐに:れ直し、源オンのライトが消灯してÊ度点灯するまで待ちます。
89‐10. k>アドレッシングを)したEthernetK’の+
メモ
OM‐273473 ページ 54
9-6. ネットワークK’の
. WiFiネットワークでàめてcするのにjkで5îかかる4
があります。
ネットワーク接続を確認するには、フィーダ(またはつりげ)表示を}照します。WiFi接続がX用されている場 は、
WiFiの横のボックス
が*色になっています。Ethernet接続がX用されている場 は、Ethernetの横のボックスが*色になっています。ネットワーク接続を確立する
にはどちらか“方(EthernetまたはWiFi)のみ必要です。ネットワークを特定したら、インターネットの横のボックスが緑になります。
1
1
Home
Internet
WiFi
2
3
2
3
Ethernet
Program # 1
インターネット接続インジ
ケータ(接続すると緑)
WiFi接続インジケータ(接続
すると*色)
Ethernet接続インジケータ
(接続すると*色)
MIG
.035 Steel ER70
Ar 90 CO2 10
35ST MIG
Setup
Logs
Status
System
89‐11. ネットワークK’の
フィーダから設定をレビューするには、Ethernet設定画 に進みます。スクロールノブをX用して、[
システム]、[ネットワーク+]のに選
択し、次に[Ethernet+]または[WiFi+]のどちらかを選択します。
Home
Internet
WiFi
Home > System
Ethernet
System Menu
Program # 1
MIG
.035 Steel ER70
Ar 90 CO2 10
35ST MIG
Setup
Logs
Status
Factory Reset
USB Functions
System Software Revision
Network Settings
Home
System
Back
ここで設定をレビューします。
Item
MAC
IP Mode
IP Address
Subnet Mask
Network Gateway
DHCP Server
DNS Server
WiFi Port
Home > System > Network
Network Menu
Ethernet Settings
WiFi Settings
Home
System
Value
7C:66:9D:49:30:F3
static
192.168.1.2
255.255.255.0
192.168.1.2
192.168.1.1
8.8.8.8
80
Back
Home
System
Back
89‐12. ネットワークK’の
OM‐273473 ページ 55
9-7. <のシリアルxšとライセンスキーをHめる
. RSïðをÚうためUVのシリアルñòとライセンスキーを1ôする¤]があります。ïðすることでInsightCoreのアカウントを
õ~öし、すべてのInsight Coreデータにアクセスできます。
1.
USBドライブをContinuumフィーダの‡
ポートに挿:します。
1
USBポート
1
Ref. 259144‐D
89‐13. ContinuumフィーダのUSBの"#
2.
フィーダ(またはつりげ)メインメニューから[システム]を選択してシステムメニューを開きます。スクロールノブをX用して、
[USB^,]、[USBへのき\み]、[ライセンスキー]、[はい]のに選択して、ライセンスキーとシリアル番cのデータをC存します。
このプロセスで、IP_MACファイルをシステムの独自のライセンスキーを¶むUSBドライブにロードします。
Home
Internet
WiFi
MIG
.035 Steel ER70
Ar 90 CO2 10
35ST MIG
Logs
USB Functions
System Menu
Program # 1
Setup
Home > System > USB
Home > System
Ethernet
Write to System
Write to USB
Factory Reset
USB Functions
System Software Revision
Network Settings
Status
Home
System
Home > System > USB > Write to USB
Home System
Back
Back
Home > System > USB > Write to USB > License
License File
Write to USB Functions
Write License File to USB?
System Settings
License Key
Diagnostic File
No
Yes
Warning: save license file will be lost.
Home
System
Back
Home
System
89‐14. シリアルxšとライセンスキーのð
OM‐273473 ページ 56
Back
3.
4.
USBドライブをフィーダからり外してコンピュータに挿:します。コンピュータがUSBドライブを認識する時間をります。
USBドライブで装置のライセンスキーというô‡のフォルダを見つけて開きます。
89‐15. <のライセンスキーフォルダ
5.
テキストエディタ (ノートパッド) で「IP_MAC_ADDR_LIC...…」とªばれる .txtファイルを開いて、装置の登録に必要なモジュール/
装置のシリアル番cとライセンスキーを見つけます。
89‐16. <のライセンスキーファイル
6.
登録用のシリアル番cとライセンスキーを書き留めるか、またはコピー&ペーストします。
89‐17. <のライセンスキーUV
. このファイルでcZ[も’“します。ファイルにあるA’なZ[はcのタイプとUVによって÷なります。
. UVのïðをcÚするには、9‐8fにøみます。
OM‐273473 ページ 57
9-8. òì<の¹ºとアカウントの2ó
1.
ウェブブラウザを開いてhttps://insight.millerwelds.com/registrationにアクセスします。
2.
Û9‐18に表示されるすべての情報を記:します。第9‐7章のシリアル番cとライセンスキーをX用します。
. このUVがすでにïðされているùèのフリートにú¶されるú¶モジュールの4
は、[ログイン]ボタンをクリックしてü
9‐9fにøみ
ます。
シリアルxš
MC10001Z
AC1000000X1X1X00XX00X0XX
0#2のライ
センスキー
89‐18. ôしいアカウントの¹º
3.
[登録]ボタンをクリックすると、?成したV社のホームページが表示されます(Û9‐19を}照)。
89‐19. Insight Coreõ»のダッシュボード
. ú¶のUVをïðするには9‐9fにøみます。
OM‐273473 ページ 58
9-9. g<の¹º
1.
Insight Coreのウェブサイト (https://insight.millerwelds.com/) にログインします。
2.
[設定]タブをクリックします (Û9‐20を}照)。
3.
[設定]タブで [新しい装置の登録] ボタンをクリックします。
89‐20. 4.
登録5定の新しい装置の情報を:>します。
5.
確認画
が表示されます。情報が正しい場
´•
は、[C存]ボタンをクリックします(Û9‐21を}照)。
MC10001Z
AC1000000X1X1X00XX00X0XX
89‐21. ¹º<の
6.
´•
登録すると、装置がコーポレートアセットツリーに表示され、オペレータがこの源をXって溶接を開始するとアクディビティを表
示し始めます。
OM‐273473 ページ 59
10 −
78
8 10-1. Auto‐Continuum 350モデルの78 (1/2ページ)
OM‐273473 ページ 60
273905-D
OM‐273473 ページ 61
TO PC2 RC6(SHEET 1)
TO PC3 RC1 (SHEET 1)
8 10-2. Auto‐Continuum 350モデルの78 (2/2ページ)
OM‐273473 ページ 62
273905-D
OM‐273473 ページ 63
8 10-3. Auto‐Continuum 500モデルの78 (1/2ページ)
OM‐273473 ページ 64
273490-D
OM‐273473 ページ 65
TO PC2 RC6(SHEET 1)
TO PC3 RC1 (SHEET 1)
8 10-4. Auto‐Continuum 500モデルの78 (2/2ページ)
OM‐273473 ページ 66
273490-D
OM‐273473 ページ 67
11− 350および500モデルの;リスト
4
5 Û12‐7
11 Û12‐6
19
2
18
12
20
13 Û12‐2
22
14 Û12‐3
15
23
20
7 Û12‐4
17
9
3
10
1
16
21
6
8
Û12‐5
274585-D
812‐1. メインアセンブリ
OM‐273473 ページ 68
Item
No.
Dia.
Mkgs.
Part
No.
Description
Quantity
500
350
812‐1. メインアセンブリ
Model Model
. . 1 . . . . . . . . . . . . . +265236 . . Base ,Continuum . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 219844 . . . . Label, Warning Electric Shock/Exploding Parts Wdles . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 2 . . . . . . . . . . . . . . 265245 . . Panel, Rh . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 3 . . . . . . . . . . . . . . 265246 . . Panel, Lh . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 4 . . . . . . . . . . . . . +265240 . . Cover, Top . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 274964 . . . . Label, Warning General Precautionary (En/Fr/Sp) . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 274966 . . . . Label, Warning Falling Equipment (En/Fr/Sp-Sym) . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 5 . . . . . . . . . . . . . . Û12‐7 . . Rear Panel Assy, Continuum . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 6 . . . . . . . . . . . . . . 283172 . . Output Terminal Assy, (See 12-5) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 7 . . . . . . . . . . . . . . . Û12‐4 . . Fan Panel Assy, . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 8 . . . . . . . . . . . . . . . Û12‐5 . . Front Panel Assy, Continuum . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 9 . . . . . . . . . . . . . . 269472 . . Gasket, Sealing 17.000L x .250w x .063t . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 10 . . . . . . . . . . . . . . 273390 . . Assy, UI Auto . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 11 . . . . . . . . . . . . . . . Û12‐6 . . Penthouse Assy . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 12 . . . . . . . . . . . . . . 270511 . . Insulator,.010 Thick X 4.500 X 8.000 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 13 . . . . . . . . . . . . . . . Û12‐2 . . Windtunnel, Rh W/Cmpnts . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 14 . . . . . . . . . . . . . . . Û12‐3 . . Windtunnel, Lh W/Cmpnts . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 15 . . . . PC1 . . . . 248915 . . Circuit Card Assy, Input . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 16 . . . . PC4 . . . . 279801 . . Circuit Card Assy, Inverter - Arc Control Auto W/Prog . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 17 . . . . PC14 . . . . 281972 . . Circuit Card Assy, Power Supply . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 275235 . . . . Fuse, Crtg 3 Amp 1000V AC/DC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 18 . . . . . . . . . . . . . . 271671 . . Circuit Card Assy, AIM Continuum w/Prog . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 19 . . . . HD2 . . . . 182918 . . Transducer, Current 400A Module Supply V +/− 15V . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 20 . . . . . . . . . . . . . . 266420 . . Plate, Lift Eye Mtg . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2 . . . . . 2
. . 21 . . . . . . . . . . . . . . 267407 . . Plate, Shielding . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 22 . . . . . . . . . . . . . . 273487 . . Bus Bar, Output . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 23 . . . . . . . . . . . . . . 269271 . . Insulator, Windtunnel/Bus Bar . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 262913 . . Kit, Strain Relief 1.250 (Including) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 255675 . . . . Bushing, Strain Relief .865/1.26 Id x 1.250 Mtg Hole . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 263092 . . . . Nut, Conduit 1.250 Npsm Knurled . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 602177 . . . . Screw, Set 250−20 x .25 Knrlpt Sch stl Pln . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1 . .
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223930 . . . . Cable, E-Stop 30 Ft . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1 . .
+ 最-に5ラベルが表示されているコンポーネントを注文するときは、ラベルも注文する必要があります。
<のÀ"›{QのòìJ,を¼öするには、r£÷-.のøÄ;のみ)してください。おくの
から;を.ùする½は、モデルxšとシリアルxšが¬です。
OM‐273473 ページ 69
21
. ハードウェアはþ通であるた
めリストにない4
きません。
20
4
22
6
は`åで
7
14
19
1
16
3
17
13
15
18
5
2
8
11
9
12
10
Ref. 269 780-C
812‐2. コンポーネントú+ûȾ¿
Item
No.
Dia.
Mkgs.
Part
No.
Description
812‐2. コンポーネントú+ûȾ¿ (812‐1, Item 13)
Quantity
500
350
Model Model
. . 1 . . . . . . . . . . . . . . 265243 . . Windtunnel, Rh . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 2 . . . . T1-T2 . . . 252442 . . Xfmr, Hf Litz (500) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 0 . . . . . 2
. . 2 . . . . . T1 . . . . . 267776 . . Xfmr, Hf Litz (350) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 0
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 263299 . . Heat Sink Assy, Output Diode (500)(Includes Items 3-7) . . . . . . 0 . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 267924 . . Heat Sink Assy, Output Diode (350)(Includes Items 3-7) . . . . . . 1 . . . . . 0
. . 3 . . . . . . . . . . . . . . 213029 . . . . Thermistor, Ntc 30k Ohm @ 25 Deg C 26.00in Lead . . . . . 1 . . . . . 1
. . 4 . . . . . . . . . . . . . . 199840 . . . . Bus Bar, Diode . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2 . . . . . 4
. . 5 . . . . . . . . . . . . . . 272416 . . . . Heat Sink, Diode . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 6 . . . . . . . . . . . . . . 233052 . . . . Resistor/Capacitor, . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 2
. . 7 . . . D1−D4 . . . 201531 . . . . Kit, Diode Power Module . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2 . . . . . 4
. . 8 . . . . . . . . . . . . . . 196355 . . Insulator, Screw . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4 . . . . . 4
. . 9 . . . . . . . . . . . . . . 025248 . . Stand-off, Insul .250-20 X 1.250 Lg X .437 Thd . . . . . . . . . . . . . 2 . . . . . 2
. . 10 . . . . . . . . . . . . . . 236727 . . Insulator, Heat Sink . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 11 . . . . . . . . . . . . . . 179276 . . Bushing, Snap-in Nyl 1.000 Id X 1.375 Mtg Hole Cent . . . . . . . 2 . . . . . 2
. . 12 . . . . . . . . . . . . . . 253547 . . Bus Bar, Xfmr Current . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 13 . . . . . . . . . . . . . . 245520 . . Bushing, Snap-in Nyl 1.062 Id X 1.500 Mtg Hole Cent . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 14 . . . . . L5 . . . . . 273683 . . Inductor, Output . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 15 . . . . . . . . . . . . . . 223343 . . Clip, Wire Stdf .40-.50 Bndl .156hole .031-.078thk . . . . . . . . . . . 2 . . . . . 2
. . 16 . . . . . . . . . . . . . . 267438 . . Plate, Blank Aux . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 17 . . . . . C5 . . . . . 265285 . . Capacitor,Polyp Met Film 30. Uf 550 Vdc . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 0
. . 18 . . . . . . . . . . . . . . 057360 . . Blank, Snap-In Nyl 1.375 Mtg Hole Black . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 0
. . 19 . . . . . . . . . . . . . . 267870 . . Plate, Mtg Capacitor . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 0
. . 20 . . . . PC20 . . ♦282024 . . Circuit Card Assy, 115v Aux Power w/Prog & Potted . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 21 . . . . . . . . . . . . ♦271483 . . Bracket, Mtg Choke . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
. . 22 . . . . . . . . . . . . ♦271775 . . Inductor, Output Continuum Aux Module . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1 . . . . . 1
♦オプション
+ 最-に5ラベルが表示されているコンポーネントを注文するときは、ラベルも注文する必要があります。
<のÀ"›{QのòìJ,を¼öするには、r£÷-.のøÄ;のみ)してください。おくの
から;を.ùする½は、モデルxšとシリアルxšが¬です。
OM‐273473 ページ 70
. ハードウェアはþ通であるた
めリストにない4
きません。
は`åで
7
2
10
1
9
8
12
3
6
11
3
5
4
269 781-A
812‐3. コンポーネントú+üȾ¿
Item
No.
Dia.
Mkgs.
Part
No.
Description
812‐3. コンポーネントú+üȾ¿ (812‐1, Item 14)
. . 1 . . . . L1-L4 . . . .
.. 2 ..............
. . 3 . . PC2-PC3 . .
. . 3 . . PC2-PC3 . .
.. 4 ..............
.. 4 ..............
.. 5 ..............
.. 5 ..............
.. 6 ..............
.. 7 ..............
.. 8 ..............
.. 9 ..............
. . 10 . . . . . . . . . . . . . .
. . 11 . . . . . . . . . . . . . .
. . 12 . . . . . . . . . . . . . .
...................
...................
252375
265242
248920
265947
284838
284839
284836
284837
252449
173632
262497
153403
266939
266940
184260
047838
267386
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
Quantity
500
350
Model Model
Inductor, Input . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Windtunnel, Lh . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Circuit Card Assy, Capacitor (500) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Circuit Card Assy, Capacitor (350) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Kit, Transistor IGBT Module 500 (Inverter) . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Kit, Transistor IGBT Module 350 (Inverter) . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Kit, Transistor IGBT Module 500 (Boost) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Kit, Transistor IGBT Module 350 (Boost) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Thermistor, Ntc 30k Ohm @ 25 Deg C 8.00in Lead . . . . . . . . . .
Thermistor, Ntc 30k Ohm @ 25 Deg C 12.00in Lead . . . . . . . . .
Stand-off Support, PC Card .156 Dia W/P&L 1.125 . . . . . . . . . .
Bushing, Snap-in Nyl .750 Id X 1.000 Mtg Hole Cent . . . . . . . . .
Heat Sink, Igbt Upper . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Heat Sink, Igbt Lower . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Kit, Diode Power Module . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Blank, Snap-In Nyl 1.000 Mtg Hole Black . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Plate, Input Inductor Blank . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2
1
0
2
0
1
0
1
1
1
1
4
1
1
1
2
1
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
.....
4
1
2
0
1
0
1
0
1
1
1
6
1
1
1
0
0
+ 最-に5ラベルが表示されているコンポーネントを注文するときは、ラベルも注文する必要があります。
<のÀ"›{QのòìJ,を¼öするには、r£÷-.のøÄ;のみ)してください。おくの
から;を.ùする½は、モデルxšとシリアルxšが¬です。
OM‐273473 ページ 71
. ハードウェアはþ通であるた
めリストにない4
きません。
は`åで
4
4
5
1
3
5
4
2
269 782-B
812‐4. ファンパネルアセンブリ
Item
No.
Dia.
Mkgs.
Part
No.
Description
Quantity
812‐4. ファンパネルアセンブリ (812‐1, Item 7)
. . 1 . . . . . . . . . . . . . . 265241 . . Panel, Fan Motor . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 2 . . FM1-FM2 . . 213072 . . Fan, Muffin 115v 60hz 3400 Rpm 6.378 Mtg Holes . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . 3 . . . . HD1 . . . . 168829 . . Transducer, Current 1000a Module Max Open Loop . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 4 . . . . . . . . . . . . . . 245520 . . Bushing, Snap-in Nyl 1.062 Id X 1.500 Mtg Hole Cent . . . . . . . . . . . . . . . . 3
. . 5 . . . . . . . . . . . . . . 153403 . . Bushing, Snap-in Nyl .750 Id X 1.000 Mtg Hole Cent . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
+ 最-に5ラベルが表示されているコンポーネントを注文するときは、ラベルも注文する必要があります。
<のÀ"›{QのòìJ,を¼öするには、r£÷-.のøÄ;のみ)してください。おくの
から;を.ùする½は、モデルxšとシリアルxšが¬です。
OM‐273473 ページ 72
メモ
OM‐273473 ページ 73
. ハードウェアはþ通であるた
めリストにない4
きません。
3
2
は`åで
5
4
1
24
7
22
21
19
17
16
17
15
14
25
20
8
11
10
23
13
12
9
21
22
18
6
274588B
812‐5. フロントパネルアセンブリ
OM‐273473 ページ 74
Item
No.
Dia.
Mkgs.
Part
No.
Description
Quantity
812‐5. フロントパネルアセンブリ (812‐1, Items 6, 8)
. . 1 . . . . . . . . . . . . . . 252825 . . Bezel, Upper . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 2 . . . . . . . . . . . . . . 253548 . . Panel, Top Front . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 3 . . . . PC18 . . . . 256859 . . Circuit Card Assy, LED . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 4 . . . . . . . . . . . . . . 261870 . . Cover, Switch . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 5 . . . . . S1 . . . . . 252445 . . Switch, Rotary On/Off 3PH 20Amp 600V 2 Layer . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 6 . . . . . . . . . . . . . . 265467 . . Upright, Front . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . 7 . . . . . . . . . . . . . . 252821 . . Enclosure, Handle . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . 8 . . . . . . . . . . . . . . 262325 . . Panel, Front Grill . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . 9 . . . . . . . . . . . . . . 282956 . . Panel, Output Terminal . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269799 . . . Terminal Pwr Assy, Output Tabbed (Includes) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 10 . . . . . . . . . . . . . . 260223 . . . . Terminal, Pwr Output Tabbed . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 11 . . . . . . . . . . . . . . 186228 . . . . O-ring, 0.739 Id X 0.070 H . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 12 . . . . . . . . . . . . . . 250037 . . . . Insulator, Bulkhead Front .890 Od . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 13 . . . . . . . . . . . . . . 185718 . . . . O-ring, 0.989 Id X 0.070 H . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 14 . . . . . . . . . . . . . . 250039 . . . . Insulator, Bulkhead Rear .890 Od . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 15 . . . . . . . . . . . . . . 185714 . . . . Washer, Tooth 22mmid X 31.5mmod 1.310-1mmt Intern . . . . . . . . . . . . 1
. . 16 . . . . . . . . . . . . . . 178548 . . . . Terminal, Connector Friction . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 17 . . . . . . . . . . . . . . 185717 . . . . Nut, M20-1.5 1.00hex .19h Brs Locking . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269800 . . . Terminal Pwr Assy, Output Front Bolted Rear (Includes) . . . . . . . . . . . . . 1
. . 18 . . . . . . . . . . . . . . 252830 . . . . Terminal, Pwr Output Front Bolted Rear Int Thread . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . 11 . . . . . . . . . . . . . . 186228 . . . . O-ring, 0.739 Id X 0.070 H . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . 12 . . . . . . . . . . . . . . 250037 . . . . Insulator, Bulkhead Front .890 Od . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . 13 . . . . . . . . . . . . . . 185718 . . . . O-ring, 0.989 Id X 0.070 H . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . 14 . . . . . . . . . . . . . . 250039 . . . . Insulator, Bulkhead Rear .890 Od . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . 15 . . . . . . . . . . . . . . 185714 . . . . Washer, Tooth 22mmid X 31.5mmod 1.310-1mmt Intern . . . . . . . . . . . . 1
. . . 16 . . . . . . . . . . . . . . 178548 . . . . Terminal, Connector Friction . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . 17 . . . . . . . . . . . . . . 185717 . . . . Nut, M20-1.5 1.00hex .19h Brs Locking . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . 19 . . . . . . . . . . . . . . 198447 . . Screw, M10-1.5x 20 Hex Hd-pln 8.8 Pld Sems . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 20 . . . . . . . . . . . . . . 256961 . . Lead List, Large . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 21 . . . C3, C4 . . . 138695 . . Capacitor, Cer Disc .01 Uf 1000 Vdc W/Terms . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . . 22 . . VR1, VR2 . . 269178 . . . Varistor, W/Terminals . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . 23 . . . . . . . . . . . . . . 057359 . . Blank, Snap-in Nyl .375 Mtg Hole Black . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 24 . . . . . . . . . . . . . . 273488 . . Bus Bar, Output . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 25 . . . . . . . . . . . . . . 183337 . . Washer, Cone .380Id x .860 Od x .109 Thk . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 605603 . . . Tubing, Gl Acryl 1.000−1.036 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1.33
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Label, Nameplate Continuum (Order By Model & Serial No.) . . . . . . . . . . 1
+ 最-に5ラベルが表示されているコンポーネントを注文するときは、ラベルも注文する必要があります。
<のÀ"›{QのòìJ,を¼öするには、r£÷-.のøÄ;のみ)してください。おくの
から;を.ùする½は、モデルxšとシリアルxšが¬です。
OM‐273473 ページ 75
. ハードウェアはþ通であるた
めリストにない4
きません。
10
は`åで
2
11
9
6
3
4
8
1
7
5
12
13
269784-F
812‐6. ペントハウスアセンブリ
Item
No.
Dia.
Mkgs.
Part
No.
Description
Quantity
812‐6. ペントハウスアセンブリ (812‐1, Item 11)
. . 1 . . . . . . . . . . . . . . 170647
. . 2 . . . . . W1 . . . . . 180270
. . 3 . . . . . . . . . . . . . . 275142
. . 4 . . . . . . . . . . . . . . 145743
. . 5 . . . . . . . . . . . . . +265238
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155436
. . 6 . . . . . R3 . . . . . 136076
. . 7 . . . . . . . . . . . . . +265261
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 273338
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 274418
. . 8 . . . . . . . . . . . . . . 266232
. . 9 . . . . . . . . . . . . . . 256975
. . 10 . . . . PC19 . . . . 273411
. . 11 . . . . . . . . . . . . . . 262090
. . . . . . . . . PC14 . . . . 281663
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 275235
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 262089
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 276453
. . 12 . . . . . . . . . . . . . . 006086
. . 13 . . . . . . . . . . . . ♦245520
♦オプション
. . Bushing, Snap-in Nyl 1.312 Id X 1.500 Mtg Hole . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Contactor, Def Prp 40a 3p 24vac Coil W/Boxlug . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Bracket, Mtg Contactor . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Lug, Univ W/Scr 600V 2-14 Wire .250 Stud . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Panel, Upper Windtunnel . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . Label, Ground/Protective Earth . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Resistor, Ww Fxd 30 W 200 Ohm Faston Te . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Lift Eye, Formed . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . Label, Warning Hot Surfaces Wordless . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . Label, Warning Input Connections/Electric Shock . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Lift Eye . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Seal, Lift Eye . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Assy, Communication Package Auto . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Feeder Power Board Assy (Includes) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . Circuit Card Assy, Control Feeder Power Pri . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . . . Fuse, Crtg 3 Amp 1000V AC/DC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . Bracket, Feeder Power Board . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . . . Circuit Card Assy, Devicenet Interface Continuum . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Blank, Snap-In Nylon 1.500 Mtg Hole Black . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
. . Blank, Snap-In Nyl1.062 Id X 1.500 Mtg Hole Cent . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8
1
1
1
1
1
1
2
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1
+ 最-に5ラベルが表示されているコンポーネントを注文するときは、ラベルも注文する必要があります。
<のÀ"›{QのòìJ,を¼öするには、r£÷-.のøÄ;のみ)してください。おくの
から;を.ùする½は、モデルxšとシリアルxšが¬です。
OM‐273473 ページ 76
. ハードウェアはþ通であるた
めリストにない4
きません。
7
は`åで
1
6
5
4
3
10
9
8
11
2
14
13
12
Ref. 274763-E
Item
No.
Dia.
Mkgs.
Part
No.
812‐7. リヤパネルアセンブリ
Description
Quantity
812‐7. リヤパネルアセンブリ (812‐1, Item 5)
. . 1 . . . . . . . . . . . . . . 273395 . . Panel, Rear . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 274436 . . . . Label, E−Stop−Peripherals Auto−Continuum . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269416 . . . . Label,Ethernet/Wireless . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . Label, Nameplate Rear (Order By Model And Serial Number) . . . . . . . . 1
. . 2 . . . . . . . . . . . . . . 257290 . . Panel, Rear Blank . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 3 . . . . PC16 . . . . 261838 . . Circuit Card Assy, Power Source 10 Pin Filter . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 4 . . . . CB1 . . . . 083432 . . Supplementary Pro, Man Reset 1p 10a 250vac Frict . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 5 . . . . . . . . . . . . . . 269208 . . Plugs, W/Leads . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 6 . . . . . . . . . . . . . . 271543 . . Cable Assy, Rf Antenna . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 7 . . . . . . . . . . . . . . 280153 . . Cable Assy, Rj45 Male/M12 Female .4m Lg Shielded . . . . . . . . . . . . . . . . . 2
. . 8 . . . . . . . . . . . . . . 274551 . . Bracket, Guard Antenna . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 9 . . . . . . . . . . . . . . 260822 . . Antenna, Rf Monopole 2.4ghz Screw Mount . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 10 . . . . RC15 . . ♦214918 . . Rcpt, Str Dx Grd 2p3w 20a 125v 5−20r . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 11 . . . . . . . . . . . . ♦257289 . . Panel, Rear Aux Power . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 12 . . . . . . . . . . . . ♦154022 . . Cover, Receptacle Duplex GFCI . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . . . . . . . . CB2 . . ♦093995 . . Supplementary Pro, Man Reset 1p 15a 250Vac . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 13 . . . . . . . . . . . . . . 224012 . . Plate, Rotation Lock . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
. . 14 . . . . . . . . . . . . . . 198956 . . Receptacle, Devicenet . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1
♦オプション
+ 最-に5ラベルが表示されているコンポーネントを注文するときは、ラベルも注文する必要があります。
<のÀ"›{QのòìJ,を¼öするには、r£÷-.のøÄ;のみ)してください。おくの
から;を.ùする½は、モデルxšとシリアルxšが¬です。
OM‐273473 ページ 77
メモ
2019年1月1日発‚
(シリアル番cが「MK」で始まるか、
またはそれ&に製造された装置が対象となります)
{|にするご質ž
は
お近くの弊社販売
理店(1‐800‐4‐A‐
MILLER)までご連
絡ください。
弊社販売理店では
のサービスおよびサポー
トをご提1しています...
サービス
お客様のニーズに応じた
確かなレスポンスを素早
くご提1致します。
ほとんどの—換部が24
時間にお手¨に届き
ます。
サポート
ýþな溶接の質への素
早い9答が必要ですか?
お近くの販売理店にご
連絡ください。迅速にお
答え致します。弊社およ
び弊社販売理店は、溶
接のあらゆる場 でお客
様をサポート致します。
本]C証は、本C証‡に行われたすべてのミラー社によるC証に0÷し、の明示または2示のC証は排されます。
]C証
– 5 6 ヶ月 - 部
米Uウィスコンシン州アップルトンに所Avを有するMiller
Electric
6
Mfg.社(「弊社」と称します)は記条に従い、本
]C証の‚>発生日&に
新しい弊社製を販売した認定販売理店に対し、弊社に
よる製i荷時において製に物理的、質的瑕疵のない
ことをC証致します。本C証は、ø業目的性および適 性等の
の明示または2示のC証に完@にってわるものです。
弊社は記C証期間において、製の物理的、質的瑕疵
にwづく故にしC証を行ったすべての部、コンポーネン
トのF理または—換を行います。お客様は弊社に対し故また
はŽ¡ が発生した日から30日に文書で故またはŽ¡
が発生した旨ご通知3く必要があります。
弊社は、記のC証対象期間においてŽ¡ が発生した
場 、記のC証を行った装置にするC証請求に応じる
ものとします。C証期間は、製をお買い8げ3いたお客
様に装置が引き渡された日、または装置がù米の販売
理店に発送されてから1年経過後、あるいは装置が海外の販
売理店に発送されてから18ヶ月間経過後のいずれか早い
日より開始されます。
1 部5 年 - 工費3 年
* SCR、ダイオード、ディスクリート整流qモジュー
ルのみを¶むオリジナルのb>整流q
2 3 年 - 部および工費(指定がある場 をく)
* 自 遮«ヘルメットレンズ(工費なし)(記のク
ラシックシリーズのä外を}照)
* エンジン$ 溶接機/ジェネレータ
(.N: エンジンは、エンジンr£÷によりâ«に
<されています。)
* Insight溶接インテリジェンス製
* インバータ源
* プラズマアーク Â源
* プロセスコントローラ
* ‹自 および自 ワイヤフィーダ
* トランス/整流q源
3 2 年 - 部および工費
* 自 遮«ヘルメットレンズ - クラシックシリーズ
のみ(工費なし)
* 自 遮«溶接マスク(工費なし)
* ヒューム排i機 - Capture 5、Filtair 400、
産業用コレクターシリーズ
4 1 年 - 指定のない場 は部および工費
* AugmentedArcおよびLiveArc溶接システム
* 自 モーション装置
* 空Ÿ式Bernard BTB MIGガン (工費なし)
* CoolBeltおよびCoolBand送.機ユニット (工費なし)
* デシカント空気燥システム
* 外部モニタリング装置およびセンサー
* フィールドオプション
(.N: フィールドオプションは、りけられた r
;のÀÑ<ì®f、またはÂ 1þのいずれかŽ
ìのì®Ýにおいて<—Áとなっています。)
* RFCSフットコントロール (RFCS‐RJ45をく)
* ヒューム排i機 - Filtair 130、MWXおよびSWX
シリーズ
* HF ユニット
* ICE/XTプラズマ Âトーチ (工費なし)
* 誘導Y熱源、Ÿ 装置
(.N: デジタルレコーダーはr£÷によりâ«に
<されています。)
* ロードバンク
* モータ$ ガン (スプールメイト スプールガンを
く)
* PAPR送.機ユニット (工費なし)
* ポジショナおよびコントローラ
* ラック (ú宅用複数源の場 )
* $ 装置/トレーラ
* スポット溶接機
* サブアークワイヤ$ アセンブリ
* TIGトーチ (工費なし)
* Tregaskissガン (工費なし)
* 水Ÿシステム
* ワイヤレス遠フット/ハンドコントロールおよび'
2機
* ワークステーション/溶接› (工費なし)
* バッテリ
90 日 - 部
* アクセサリ (キット)
* キャンバスカバー
* 誘導Y熱コイルおよびブランケット、ケーブル、+
子]御
* Mガン
* MIGガン、サブアーク (SAW) トーチ、外部クラッ
ディングヘッド
* 遠]御およびRFCS‐RJ45
* —換部 (工費なし)
* スプールメイトスプールガン
弊社のTrue Blue®]C証はの場
1
2
3
4
には適用されません:
コンタクトチップ、ÊÍノズル、コンタクタ、ブラ
シ、リレー、ワークステーションテーブルトップ、KカーテンÂのÓ;コンポーネントまたは1–²“
によりldした;。(Ôn:ブラシとリレーがすべての
エンジンĄr;に’まれている。)
エンジンまたはトレードアクセサリ等の社により製
造され、弊社がご提1した目。これらについては、
製造¨によりC証が行われます(C証がある場 )。
装置が弊社外の第u者により改造された場 、装置
が正しくりけ、操?されなかった場 、または業
界w準に照らして誤ったX用を行った場 、装置に対
し 理的かつ必要なメンテナンスを行わなかったか、
または装置の性能を超えて操?を行った場 。
+故、許„されていないF理、またはŽ適 な試,に
よって生じたŽ¡ 。
弊社製は、溶接装置のX用およびメンテナンスに習熟された
お客様がø用および業Ö用としてごX用になるため製造されて
います。
C証請求のû“の法的救済として、弊社の自由裁量により
のいずれかを行います: (1) F理、または (2) —換、あるいは弊
社による書 での承認がある場 は、(3) 弊社認定サービスステ
ーションでの+‡に承認されたF理または—換の費用、または
(4) 購:.格の支払いまたは控(X用にwづく 理的な減.ç
後の.格)。製を弊社の書 による承認なく返 すること
はできません。返送はお客様のご負担で行うものとします。
8記の救済措置は F.O.B.Appleton、WI、または弊社認定のサー
ビス施設で行われます。輸送はお客様の責üとなります。法律
で認められている範݁で、ここに記載されている救済措置は
、法的理論にわらずû“の排的救済措置です。弊社は、法
的理論にわらず直接的、間接的、特殊的、4的またはá次
的損害(O益の損失を¶む)について、いかなる場 もその責üを
負いません。市販性または特定用途への適 性の2示C証を¶
む ここに記載されていないC証および2示的C証または表明に
ついて、弊社は拒õし責üを負いません。
“部の米Uの州では、2示のC証期間、または特定の損Šの
外を]することが許„されていないため、8記の]が適用
されない場 があります。本C証は法律8の特™の権Oをã
するものであり、そのの権O行Xは州により異なります。カ
ナダの“部の州では、追YC証または救済措置が提1されてい
ますが、法律によって権Oの放棄が禁止されているり、8記
の]が適用されない場 があります。本]C証は法律8の
特™の権Oをãするものであり、本C証契約8の権O外の
権Oを行Xすることも„能ですが、いかなる権O行Xが„能か
は州により異なる場 があります。
miller_dom warranty_2019−01_jpn
え
お$
ご記:の8お客様$%用控えと“緒にC管してください。
モデルô
シリアル/スタイル番c
ご購:日
(直接ご購:3いたお客様装置を'けった日)
販売理店
ú所
市町村
都道府県
郵便番c
サービス
おくの
ださい。
またはサービスにおいわせく
モデルôおよびシリアル/スタイル番cが必要です
右のご用‰はお近くの販売
理店までおい わせく
ださい。
溶接機材および消耗
オプションおよびt
身”C護¡
サービスおよびF理
—換部
Miller Electric Mfg.LLC
訓練 (溶接学校、ビデオ、書籍)
Illinois Tool Works Company
1635 West Spencer Street
Appleton, WI 54914 USA
テクニカルマニュアル
(サービス情報および部)
インターナショナルR»-™¿
米U 話: 920‐735‐4505 自 応答
米U & カナダ FAX: 920‐735‐4134
インターナショナル
FAX: 920‐735‐4125
9路Û
溶接プロセスハンドブック
販売理店またはサービス部門の場所を確認するには、
www.millerwelds.com をご覧いただくか、1‐800‐4‐A‐Miller
にご連絡ください。
の+については運送業者
におい わせください。
運送ˆに発生した装置の滅失毀損にす
る補ç支払請求
補ç支払請求または損害賠ç支払についての支援が
必要な場 は、お近くの販売理店または装置製造
¨の配送部門にご相談ください。
説明書Ù文 - 米UでÔÕ
© 2019 Miller Electric Mfg.LLC
2019-01
海外店舗については
www.MillerWelds.com をご覧ください。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement