Omega | UWBT Series | Owner Manual | Omega UWBT Series ユーザーマニュアル

Omega UWBT Series ユーザーマニュアル
ユーザーガイド
www.jp.omega.com
でオンライン
購入できます
Eメール: esales@jp.omega.com
最新版製品マニュアル:
www.omegamanual.info
UWBT
ハンドへルドBluetooth
ワイヤレス温度、湿度、
pHトランスミッタシリーズ
®
www.jp.omega.com esales@jp.omega.com
日本でのサービス拠点:
日本:
スペクトリス株式会社 オメガエンジニアリング事業部
135-0042 東京都江東区木場2-17-12 SAビルディング1F
フリーダイヤル: ​0120-040-572 (平日 AM9:00 ~ PM5:00)
TEL: 03-5620-1880 FAX: 03-5620-1350
Eメール: info@jp.omega.com
その他の地域については、omega.com/worldwideをご覧ください
本書に含まれる内容は万全を期しておりますが、OMEGAは本書に含まれる誤りに一切責任を負わず、通知なしで仕様を変更する権限を留保します。
UWBT
ハンドへルドBluetooth®ワイヤレス温度、湿度、
pHトランスミッタシリーズ
UWBT-TC、UWBT-RTD、UWBT-RH、UWBT-pH
目次
内容
項
ページ
第 1 項 - 準備.......................................................................................... 1-1
1.1 はじめに.................................................................................................................... 1-1
1.2 UWBTアプリをダウンロードする場所.................................................................... 1-1
1.3 UWBTの開封........................................................................................................... 1-1
1.3.1 UWBTトランスミッタのモデル...................................................................... 1-2
第 2 項 - トランスミッタの説明 (ハードウェア)............................................... 2-1
2.1 ハンドル図................................................................................................................ 2-1
2.2 トランスミッタを壁に取り付ける............................................................................. 2-2
2.3 センサ接続................................................................................................................ 2-2
2.3.1 UST接続 (UWBT-TCモデル)......................................................................... 2-2
2.3.2 M12接続 (UWBT-TC-M12またはUWBT-RTD-M12)................................. 2-3
2.3.3 端子ブロック (RTDモデル)............................................................................ 2-4
2.3.4 M12接続 (RHモデル)..................................................................................... 2-6
2.3.5 BNCおよび端子ブロック (pHモデル)........................................................... 2-6
2.4 LED表示................................................................................................................... 2-8
2.5 ラベルおよびシリアル番号情報.............................................................................. 2-9
2.6 電池と電源.............................................................................................................. 2-10
2.6.1 UWBTトランスミッタの再充電.................................................................... 2-10
2.6.2 単三電池の交換と充電................................................................................. 2-10
2.6.3 電源スイッチを使用して初期設定に復元................................................... 2-11
第 3 項 - ソフトウェアの説明 (iOSとAndroid™)............................................ 3-1
3.1 UWBTトランスミッタへの接続............................................................................... 3-1
3.2 UWBTアプリでクラウドサービスを利用................................................................. 3-1
3.2.1 Google Drive™............................................................................................... 3-1
3.2.2 SugarSync........................................................................................................ 3-3
3.2.3 Dropbox........................................................................................................... 3-4
3.2.4 OneDrive™..................................................................................................... 3-6
第 4 項 - ソフトウェアの説明 (iOS)............................................................. 4-1
4.1 ペアリング................................................................................................................. 4-1
4.1.1 スマートデバイス設定メニューでペアリング (iOSのみ)............................... 4-1
4.1.2 UWBTアプリでペアリング.............................................................................. 4-2
4.1.3 トランスミッタが [検索されたトランスミッタ]
リストにないときにペアリング........................................................................ 4-3
4.1.4 複数のトランスミッタを1つのスマートデバイスとペアリング...................... 4-4
4.1.5 トランスミッタとスマートデバイスとのペアリング解除................................ 4-4
4.1.6 接続の切断 - タイムアウト.............................................................................. 4-4
4.1.7 トランスミッタBluetoothワイヤレスRFレンジ............................................... 4-5
4.2 UWBTアプリの表示................................................................................................. 4-6
4.2.1 デジタル形式................................................................................................... 4-6
4.2.2 グラフ形式....................................................................................................... 4-7
4.2.3 ゲージ形式..................................................................................................... 4-13
4.2.4 電池量表示.................................................................................................... 4-15
4.3 UWBTアプリのログ............................................................................................... 4-16
4.4 UWBTアプリの設定............................................................................................... 4-21
4.4.1 設定メニュー.................................................................................................. 4-21
4.4.2 トランスミッタのペアリング.......................................................................... 4-21
i
目次
内容
UWBT
ハンドへルドBluetooth®ワイヤレス温度、湿度、
pHトランスミッタシリーズ
UWBT-TC、UWBT-RTD、UWBT-RH、UWBT-pH
項 ページ
第 4 項 - ソフトウェアの説明 (iOS) の続き..........................................................
4.4.3 センサ設定..................................................................................................... 4-22
4.4.4 アラーム&オフセット.................................................................................... 4-31
4.4.5 言語................................................................................................................ 4-37
4.4.6 初期値に戻す................................................................................................. 4-37
4.4.7 全ての設定を保存......................................................................................... 4-39
第 5 項 - ソフトウェアの説明 (Android)...................................................... 5-1
5.1 最初のペアリングの説明 ......................................................................................... 5-1
5.1.1 UWBTアプリでペアリング.............................................................................. 5-1
5.1.2 トランスミッタが [検索されたトランスミッタ]
リストにないときにペアリング................................................................................... 5-2
5.1.3 複数のトランスミッタを1つのスマートデバイスとペアリング...................... 5-3
5.1.4 トランスミッタとスマートデバイスとのペアリング解除................................ 5-3
5.1.5 接続の切断 - タイムアウト.............................................................................. 5-3
5.1.6 トランスミッタBluetoothワイヤレスRFレンジ............................................... 5-3
5.2 UWBTアプリの表示................................................................................................. 5-5
5.2.1 デジタル形式................................................................................................... 5-5
5.2.2 グラフ形式....................................................................................................... 5-6
5.2.3 ゲージ形式..................................................................................................... 5-11
5.2.4 電池量表示.................................................................................................... 5-12
5.3 UWBTアプリのログ............................................................................................... 5-13
5.4 UWBTアプリの設定............................................................................................... 5-18
5.4.1 設定メニュー.................................................................................................. 5-18
5.4.2 センサのペアリング....................................................................................... 5-18
5.4.3 センサ設定..................................................................................................... 5-19
5.4.4 アラーム&オフセット.................................................................................... 5-26
5.4.5 言語................................................................................................................ 5-32
5.4.6 初期値に戻す................................................................................................. 5-32
5.4.7 全ての設定を保存......................................................................................... 5-33
第 6 項 - ソフトウェアの説明 (PC App)....................................................... 6-1
6.1 PCアプリケーションのインストール........................................................................ 6-1
6.2 ホーム画面の説明.................................................................................................... 6-1
6.3 設定の説明............................................................................................................. 6-10
第 7 項 - トラブルシューティング/ヘルプ .................................................... 7-1
7.1 アプリ表示の問題..................................................................................................... 7-1
7.2 アプリログの問題..................................................................................................... 7-2
7.3 アプリ設定の問題..................................................................................................... 7-5
7.4 PCアプリの問題....................................................................................................... 7-5
第 8 項 - 仕様 .......................................................................................... 8-1
第 9 項 - 承認および規制遵守..................................................................... 9-1
9.1 EMC異常.................................................................................................................. 9-1
9.2 電源アダプタ............................................................................................................ 9-2
9.3 ワイヤレス認定......................................................................................................... 9-2
ii
UWBT
ハンドへルドBluetooth®ワイヤレス温度、湿度、
pHトランスミッタシリーズ
UWBT-TC、UWBT-RTD、UWBT-RH、UWBT-pH
目次
内容
第 10 項 - 通信プロトコル........................................................................ 10-1
10.1 はじめに................................................................................................................. 10-1
10.1.1 目的..................................................................................................................... 10-1
10.2 略語........................................................................................................................ 10-1
10.3 通信インタフェース............................................................................................... 10-1
10.3.1 スマートフォンとUWBTプローブ間の通信..................................................... 10-5
10.3.2 デバイス設定の読み出し.................................................................................. 10-6
10.3.3 デバイス設定の書き込み................................................................................ 10-11
10.3.4 ライブデータの読み出し................................................................................. 10-12
10.3.5 レコードのダウンロード – 5ブロック.............................................................. 10-14
10.3.6 レコードのダウンロード................................................................................... 10-14
10.3.7 工場出荷時設定の復元................................................................................... 10-14
10.3.8 MACアドレスとエイリアス名の取得.............................................................. 10-14
10.3.9 ログメモリの消去.............................................................................................. 10-15
10.3.10 デバイス名の設定.......................................................................................... 10-15
10.3.11 デバイス状態の取得...................................................................................... 10-16
10.3.12 メモリ終了ステータス.................................................................................... 10-17
10.3.13 PCアプリケーション切断............................................................................... 10-17
第11項 - データロギング........................................................................ 11-1
11.1 データロギング(LOG)....................................................................................... 11-1
11.1.1 EEPROMメモリ割り当てとレコードフォーマット............................................ 11-1
11.1.2 レコードの記憶空間と時間計算........................................................................ 11-4
11.1.3 データロギングDFD........................................................................................... 11-5
11.1.4 ログデータ復旧通信フレーム........................................................................... 11-6
11.1.4.1 レコードのダウンロード.................................................................................. 11-6
11.1.4.2 レコードブロックのダウンロード
(5ブロック)...................................................... 11-6
11.1.4.3 レコードブロックのダウンロード
(3ブロック).............................................. 11-6
11.1.5 ダウンロード時間計算を見積もる.................................................................... 11-7
11.1.6 リングバッファ.................................................................................................... 11-7
11.1.6.1 リングバッファオフ-シングルセッション...................................................... 11-7
11.1.6.2 リングバッファオフ-マルチセッション......................................................... 11-8
11.1.6.3 リングバッファオン-シングルセッション-メモリオーバーラップなし...... 11-8
11.1.6.4 リングバッファオン-シングルセッション-メモリオーバーラップ.............. 11-8
11.1.6.5 リングバッファオン-マルチセッション-メモリオーバーラップなし......... 11-9
11.1.6.6 リングバッファオン-マルチセッション-メモリオーバーラップ................. 11-9
11.1.6.7 EEPROMの消去およびメモリ終了表示...................................................... 11-10
付録A: UWBT-RHセンサ情報 .................................................................... 9-5
付録B: UWBT-PHのpHおよび温度表 ........................................................... 9-7
iii
図のリスト
UWBT
ハンドへルドBluetooth®ワイヤレス温度、湿度、
pHトランスミッタシリーズ
UWBT-TC、UWBT-RTD、UWBT-RH、UWBT-pH
図のリスト
iv
項
2-1
2-1
2-2
2-3
2-3
2-3
2-3
2-3
2-3
2-3
2-3
2-3
2-5
2-5
2-6
3-2
3-2
3-2
3-2
3-2
3-2
3-2
3-2
3-2
3-2
4-1
4-1
4-1
4-1
4-2
4-2
4-2
4-2
4-2
4-2
4-2
4-2
4-2
4-2
4-2
4-2
図
2-1
2-2
2-3
2-4
2-5
2-6
2-7
2-8
2-9
2-10
2-11
2-12
2-13
2-14
2-15
3-1
3-2
3-3
3-4
3-5
3-6
3-7
3-8
3-9
3-10
4-1
4-2
4-3
4-4
4-5
4-6
4-7
4-8
4-9
4-10
4-11
4-12
4-13
4-14
4-15
4-16
詳細....................................................................................ページ
ハンドル図.............................................................................. 2-1
ハンドル底面図...................................................................... 2-1
UWBTトランスミッタ寸法..................................................... 2-2
UWBT熱電対プローブ接続.................................................. 2-2
M12プローブをUWBTに接続............................................... 2-3
熱電対モデルの標準ピン接続............................................... 2-3
RTDモデル配線オプション1.................................................. 2-4
端子ブロック接続................................................................... 2-4
RTDモデル配線..................................................................... 2-5
M12接続(RHモデル).......................................................... 2-6
BNCおよび端子ブロック
(pHモデル)................................ 2-6
BNCおよび端子ブロック
(RTDモデル)............................. 2-7
UWBT表面ラベル.................................................................. 2-9
UWBT裏面ラベル.................................................................. 2-9
再充電可能な単三電池の交換............................................ 2-10
Gmail™アカウントの作成..................................................... 3-2
Google認証............................................................................. 3-2
SugarSyncサインイン............................................................ 3-3
SugarSyncアカウント情報..................................................... 3-3
Dropboxサインイン............................................................... 3-4
Dropboxアカウント情報.........................................................3-5
Dropbox認証.......................................................................... 3-5
OneDriveサインイン............................................................. 3-6
OneDriveアカウント情報.......................................................3-7
OneDrive認証........................................................................ 3-7
iOSタブレット設定メニュー................................................... 4-2
デバイスを検索するときのUWBTアプリ............................. 4-2
ペアリング画面........................................................................ 4-3
Bluetoothワイヤレス信号強度............................................... 4-5
デジタル温度表示.................................................................. 4-6
デジタルRH表示.................................................................... 4-7
ライブ温度グラフおよび上限下限アラーム......................... 4-8
ライブRHグラフおよび上限下限アラーム........................... 4-9
温度センサデータ再生グラフ.............................................. 4-10
pHセンサデータ再生グラフ................................................ 4-10
トランスミッタからログファイルをダウンロードする......... 4-11
トランスミッタからダウンロードされたファイル................. 4-12
サンプルCSVファイル.......................................................... 4-12
サンプルTXTファイル.......................................................... 4-13
温度ゲージ............................................................................ 4-14
RHおよび温度ゲージ.......................................................... 4-14
UWBT
ハンドへルドBluetooth ®ワイヤレス温度、湿度、
pHトランスミッタシリーズ
UWBT-TC、UWBT-RTD、UWBT-RH、UWBT-pH
図のリスト
図のリスト (続き)
項
4-2
4-2
4-2
4-3
4-3
4-3
4-3
4-3
4-3
4-3
4-3
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
4-4
5-1
5-1
5-1
5-2
5-2
5-2
5-2
図
4-17
4-18
4-19
4-20
4-21
4-22
4-23
4-24
4-24A
4-25
4-26
4-27
4-28
4-29
4-30
4-31
4-32
4-33
4-34
4-35
4-36
4-37
4-38
4-39
4-40
4-41
4-42
4-43
4-44
4-45
4-46
4-47
4-48
4-49
5-1
5-2
5-3
5-4
5-5
5-6
5-7
詳細....................................................................................ページ
電池残量が92%の表示........................................................ 4-15
電池残量が29%の表示........................................................ 4-15
電池残量が14%の表示........................................................ 4-15
ログレートオプション........................................................... 4-16
送信するログファイルの表示............................................... 4-17
Eメールアドレスの入力........................................................ 4-17
クラウドサービスオプション................................................. 4-18
内部ログオプション.............................................................. 4-19
内部ログオプション (内部ログがオンのときに無効)......... 4-19
内部ログレートオプション.................................................... 4-20
内部メモリの消去................................................................. 4-20
設定メニュー......................................................................... 4-21
熱電対センサ設定画面........................................................ 4-22
時間軸オプション.................................................................. 4-23
日付形式オプション.............................................................. 4-24
センサ名とセンサタイプの表示.......................................... 4-24
表示頻度オプション.............................................................. 4-25
デバイスの日時設定............................................................ 4-26
トランスミッタ名の変更....................................................... 4-27
熱電対センサのエレメントタイプとサブタイプの表示...... 4-28
RTD値の選択....................................................................... 4-29
RTDサブタイプの選択......................................................... 4-29
溶液の固定温度の設定........................................................ 4-30
温度単位の設定................................................................... 4-31
アラーム条件の表示............................................................. 4-31
アラーム音声オプション....................................................... 4-32
温度値の入力....................................................................... 4-33
1°Fの温度不感帯...................................................................4-34
pH1.0のpH不感帯................................................................4-35
RH1%のRH不感帯...............................................................4-36
オフセットオプション............................................................ 4-36
言語オプション...................................................................... 4-37
初期値に戻す........................................................................ 4-38
全ての設定を保存................................................................ 4-39
デバイスを検索するときのUWBTアプリ............................. 5-1
Bluetoothワイヤレスペアリング申請画面.............................. 5-2
Bluetoothワイヤレス信号強度............................................... 5-4
デジタル温度表示.................................................................. 5-5
デジタルRH表示.................................................................... 5-6
ライブ温度グラフおよび上限下限アラーム........................... 5-7
ライブRHグラフおよび上限下限アラーム............................. 5-7
v
図のリスト
UWBT
ハンドへルドBluetooth®ワイヤレス温度、湿度、
pHトランスミッタシリーズ
UWBT-TC、UWBT-RTD、UWBT-RH、UWBT-pH
図のリスト (続き)
項
図
詳細....................................................................................ページ
5-2
5-8
温度センサデータ再生グラフ.................................................. 5-8
5-2
5-9
pHセンサデータ再生グラフ.................................................... 5-8
5-2
5-10
トランスミッタからログデータをダウンロードする............... 5-9
5-2
5-11
トランスミッタからダウンロードされたファイル.................... 5-9
5-2
5-12
サンプルCSVファイル............................................................. 5-10
5-2
5-13
サンプルTXTファイル............................................................. 5-10
5-2
5-14
温度ゲージ............................................................................... 5-11
5-2
5-15
pHおよび温度ゲージ.............................................................. 5-12
5-2
5-16
電池残量が92%の表示........................................................... 5-12
5-2
5-17
電池残量が29%の表示........................................................... 5-12
5-2
5-18
電池残量が14%の表示........................................................... 5-12
5-3
5-19
ロギングレートオプション....................................................... 5-13
5-3
5-20
送信するログファイルの表示................................................. 5-14
5-3
5-21
Eメールアドレス用のカスタムキーボード入力.................... 5-14
5-3
5-22
クラウドサービスオプション................................................... 5-15
5-3
5-23
内部ロギングオプション.......................................................... 5-15
5-3
5-23A 内部ロギングオプション
(内部ロギングがオンのときに無効)...................................... 5-16
5-3
5-24
内部ロギングレートオプション............................................... 5-16
5-3
5-25
内部メモリの消去.................................................................... 5-17
5-4
5-26
設定メニュー............................................................................ 5-18
5-4
5-27
熱電対センサ設定画面........................................................... 5-19
5-4
5-28
時間軸オプション..................................................................... 5-19
5-4
5-29
日付形式オプション................................................................. 5-20
5-4
5-30
トランスミッタ名の表示.......................................................... 5-21
5-4
5-31
表示頻度オプション................................................................ 5-21
5-4
5-32
デバイスの日時設定............................................................... 5-22
5-4
5-33
トランスミッタ名の変更.......................................................... 5-23
5-4
5-34
熱電対センサのエレメントタイプとサブタイプの表示....... 5-24
5-4
5-35
RTD値の選択........................................................................... 5-24
5-4
5-36
RTDサブタイプの選択............................................................ 5-25
5-4
5-37
溶液の固定温度の設定.......................................................... 5-25
5-4
5-38
温度単位の設定....................................................................... 5-26
5-4
5-39
アラーム条件の表示............................................................... 5-26
5-4
5-40
アラーム音声オプション......................................................... 5-27
5-4
5-41
温度値の入力........................................................................... 5-28
5-4
5-42
1°Fの温度不感帯...................................................................... 5-28
5-4
5-43
pH1.0のpH不感帯................................................................... 5-29
5-4
5-44
RH1%のRH不感帯.................................................................. 5-30
5-4
5-45
オフセットオプション............................................................... 5-31
vi
UWBT
ハンドへルドBluetooth®ワイヤレス温度、湿度、
pHトランスミッタシリーズ
UWBT-TC、UWBT-RTD、UWBT-RH、UWBT-pH
図のリスト
図のリスト (続き)
項
5-4
5-4
5-4
5-4
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
6-1
7-2
7-2
10-3
10-3
10-3
11-1
11-1
11-1
11-1
11-1
11-1
11-1
図
5-46
5-47
5-48
5-49
6-1
6-2
6-3
6-4
6-5
6-6
6-7
6-8
6-9
6-10
6-11
6-12
6-13
7-1
7-2
10-1
10-2
10-3
11-1
11-2
11-3
11-4
11-5
11-6
11-7
詳細....................................................................................ページ
言語オプション......................................................................... 5-32
工場での初期設定................................................................... 5-32
初期値に戻す........................................................................... 5-33
全ての設定を保存................................................................... 5-33
UWBT PCアプリ起動画面....................................................... 6-2
UWBT PCアプリホーム画面.................................................... 6-2
デジタル表示 - 熱電対トランスミッタ..................................... 6-3
デジタル表示 - RH/温度トランスミッタ................................ 6-4
ファームウェアのアップデート................................................. 6-5
プローブからのダウンロード画面........................................... 6-6
熱電対センサ設定画面............................................................. 6-7
pHセンサ設定画面................................................................... 6-7
熱電対アラーム&オフセット画面............................................ 6-8
pHアラームおよびオフセット画面........................................ 6-10
ログ設定画面........................................................................... 6-11
初期値に戻す........................................................................... 6-12
全ての設定の保存画面........................................................... 6-13
AndroidタブレットのUWBTファイル.................................... 7-2
iTunesのUWBTファイル.......................................................... 7-3
スレーブACK応答(肯定応答................................................. 10-5
スレーブからの応答がない場合............................................ 10-6
スレーブがビジー/NACK応答(否定応答)を送信する場合...... 10-6
データロギングデータフロー図.............................................. 11-5
リングバッファオフ-シングルセッション ................................... 11-7
リングバッファオフ-マルチセッショ..................................... 11-8
リングバッファオン-シングルセッション-メモリオーバーラップな..... 11-8
リングバッファオン-シングルセッション-メモリオーバーラップ.... 11-8
リングバッファオン-マルチセッション-メモリオーバーラップなし..... 11-9
リングバッファオン-マルチセッション-メモリオーバーラップ .... 11-9
vii
1
準備
第 1 項 - 準備
1.1 はじめに
B l u e t o o t h ® ワ イ ヤ レ ストラ ン ス ミッタ は 、産 業 用 セ ン サ の 精 度 を 最
新 技 術 の 利 便 性 と 組 み 合 わ せ ま す 。 U W B T トラ ン ス ミッタ ハ ンド
ル は デ ー タ を 読 み 、 U W B T ア プ リと の B l u e t o o t h ワ イ ヤ レ ス 通 信 で 、
スマートフォンまたはタブレットに送 信します。 無 料 の P C アプリも使 用 可
能 で、構 成 、記 録 デ ータをダウンロード、 U W B T ファームウェアをアップグ
レードできます。 UWBTアプリを使用すると、複数のトランスミッタをペアリン
グして、デジタル、ゲージ、
グラフ形式のいずれかでデータを表示できます。 また、
UWBTによって、10サンプル/秒から1サンプル/分の範囲の速度で、ハンドへルドト
ランスミッタまたはタブレットのメモリへロギングできます。 付属のUSBケーブル
で、
または、単三電池を交換することによって、付属のUWBTトランスミッタを簡単に
再充電できます。 品目はパッケージに含まれています。
1.2 UWBTアプリをダウンロードする場所
UWBTモバイルアプリは、iOSおよびAndroid™オペレーティングシステムを実行
するスマートフォンおよびタブレットの両方で利用できます。 PCアプリケーションは
WindowsおよびMac両方のオペレーティングシステムで利用できます。 すべてのア
プリは無料です。以下の場所で、
「Omega UWBT」を検索することで、UWBTアプリ
を見つけられます。
• Google Play Store (Androidモバイルアプリ)
• iTunes (iOSモバイルアプリ)
• Omega.com (PC - WindowsおよびMac OSソフトウェア)
• Amazon Appstore (Amazon Fireスマートフォンまたはタブレット用のAndroid
モバイルアプリ)
1.3 UWBTの開封
梱包リストを取り出し、すべての装置が入っていることを確認します。 出荷に関して
何かご質問がありましたら、当社のカスタマーサービス (0120-040-572) にご連絡くだ
さい。
インターネットでは www.jp.omega.com、
または、Eメールesales@jp.omega.
com にご連絡ください。 商品を受け取り次第、
コンテナおよび機器に損傷が無い事
を確認してください。
注:
輸送中に雑に扱った痕跡、または故障があれば、即座に運送会
社に報告してください。 点検のためにすべての梱包材を保管
しなければ、運送会社は損害賠償請求に応じません。 中身を
検査し、取り出した後、再出荷が必要な場合に備えて、梱包材
料と段ボールは保管してください。
1-1
準備
1
以下の品目は、UWBTパッケージに付属します。
• UWBTトランスミッタハンドル×1 (注文したセンサタイプに対応)
• 単2再充電可能NiMH電池×2 (取り付け済み)
• AC電源アダプタ×1
• USBケーブル×1 (mini-B to A接続)
• UWBTクイックスタートマニュアル
1.3.1 UWBTトランスミッタのモデル
以下はUWBTトランスミッタモデルに対し提供される異なるセンサ接続です。
熱電対
• UWBT-TC-UST: 標準オス型 (OSTWシリーズ) または小型オス型 (SMWPシリー
ズ) 組み合わせコネクタに対応する、汎用メス型コネクタ
• UWBT-TC-M12: 4ピンM12コネクタ
RTD
• UWBT-RTD-TB: 簡単なプラグイン接続の3位置端子ブロック
• UWBT-RTD-M12: 4ピンM12コネクタ
pH
• UWBT-pH: pH電極用のBNCコネクタおよび温度用の2位置端子ブロック。
RH
• UWBT-RH: 8ピンM12コネクタ
注:
RHモデルには、8ピンM12接続の組み合わせRHセンサが付属し
ています。
1-2
2
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
第 2 項– - トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2.1 ハンドル図
赤色/黄色LED
緑色LED
ペアボタン
MINI-B USB
電源スイッチ
図 2-1: ハンドル図
MINI-B USB
コネクタ
スライドスイッチ
(電源)
図 2-2: ハンドル底面図
2-1
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2
2.2 トランスミッタを壁に取り付ける
UWBTは簡単に壁に取り付けられるように設計されています。 ケースの後方には、
4番ネジに適合する鍵穴があります (M3メトリック)。 ケース全体の寸法については
下の図を参照してください。
154.3 (6.07)
30.1 (1.19)
22.0 (0.87)
55.8
(2.20)
29.1
(1.15)
寸法 mm (in)
直径 8.1(0.32")
最大ネジ頭
図 2-3: UWBTトランスミッタ寸法
2.3 センサ接続
2.3.1 UST接続 (UWBT-TCモデル)
プローブをUWBT-TC-USTトランスミッタに接続するには、
プローブをコネクタヘッ
ドに差し込みます。 標準および小型サイズの接続については、下の図を参照してく
ださい。
小型オス (SMPW)
コネクタに対応するプローブを
ここに接続します。
–
+
標準オス (OSTW)
コネクタに対応するプローブを
ここに接続します。
図 2-4: UWBT熱電対プローブ接続
2-2
2
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2.3.2 M12接続 (UWBT-TC-M12またはUWBT-RTD-M12)
UWBTの熱電対およびRTDモデルの両方でM12接続が利用できます。
M12プローブをUWBTに接続するには、下の図を参照してください。
2. プローブをUWBTハンドル
へ回転させながら、外側の
ナットを掴みます。
図 2-5: M12プローブをUWBTに接続
UWBT-TC-M12配線
UWBT熱電対モデルは、以下に示したような標準ピン接続を使用します。
–
TC#1
+
+
TC#1
–
TC#2
(オプション)
TC#2
(オプション)
図 2-6: 熱電対モデルの標準ピン接続
2-3
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2
UWBT-RTD-M12配線
下の図が示している通り、RTDモデルは配線オプション1 (米国式) を使用します。
ピン #4
ピン #1
ピン #1
ピン #2
ピン #3
ピン #3
ピン #2
図 2-7: RTDモデル配線オプション1
2.3.3 端子ブロック (RTDモデル)
UWBT-RTD-TBには3線端子ブロックが付属しています。 端子ブロックはトランスミ
ッタ本体から外せるため、配線をより簡単に取り扱うことができます。 以下を参照し
てください。
1. RTD端子ブロックをUWBT
ハンドルから外します。
2. 配線が入るように、端子の先
端のネジを緩めます。
3. 配線を以下に表示されている
適切な端子に挿入します。
端子に挿入する前に、RTDリー
ド線の被覆を1.6 mm (0.25")
剥がします。これにより、
電気接触が良くなります。
正 (+)
負 (–)
負 (–)
図 2-8: 端子ブロック接続
2-4
2
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
ANSIおよびIEC: 赤色
ANSI: 黒色 (IEC: 白色)
ANSI: 黒色 (IEC: 白色)
+
–
–
3-線 RTD
ANSIおよびIEC: 赤色
+
ANSI: 黒色 (IEC: 白色)
–
2-線 RTD
図 2-9: RTDモデル配線
2-5
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2
2.3.4 M12接続 (RHモデル)
UWBT-RHモデルは組み合わせM12 RHセンサプローブに付属しています。
プローブの接続に関する説明については、以下を参照してください。
1. プローブをUWBTに引きます。
ピンを操作して合わせます。
2. ハンドルを固定しながらプローブの
銀色のナットを回し、しっかりフィッ
トさせます。
このナットを回します
ステンレス鋼製のチューブを
掴みながら回さないようにしてください。
これにより、センサが露出します。
図 2-10: M12接続 (RHモデル)
2.3.5 BNCおよび端子ブロック (pHモデル)
UWBT-pHモデルは、BNCコネクタ (pH電極用) および2線RTD端子ブロック
(溶液温度補正用) と接続します。
pHおよびRTDセンサの接続に関する説明については、以下を参照してください。
丸型タブが所定の位置に来るまで、
プラグを回転させます。
pH 電極
図 2-11: BNCおよび端子ブロック (pHモデル)
2-6
2
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
1. RTD端子ブロックをUWBT
ハンドルから外します。
2. 配線が入るように、端子の先端
のネジを緩めます。
3. 配線を適切な端子に挿入します。
端子に挿入する前に、RTDリー
ド線の被覆を1.6 mm (0.25")
剥がします。これにより、
電気接触が良くなります。
図 2-12: BNCおよび端子ブロック (RTDモデル)
2-7
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2
2.4 LED表示
UWBTトランスミッタは、前面に2つのLEDがあります。これらのLEDはアプリ
に関するトランスミッタのステータスを示します。 LEDの各信号の意味につい
ては、下の情報を参照してください。
R
(LEDは赤色および
黄色の光を発します)
緑色
LED動作
LED
赤色LED 黄色LED
状態
状態
トランスミッタステータス
赤色および緑色のLEDが交互に点滅する。
点滅
-
点滅
センサが範囲外
赤色および緑色のLEDが交互に点滅する。
点滅
-
点滅
センサがオープン
赤色LEDが2秒おきに点滅する。
点滅
-
-
下限アラームまたは上限アラーム
赤色LEDが5秒おきに点滅する。
点滅
-
-
電池残量低下
緑色LEDが1秒おきに点滅する。
-
-
点滅
緑色LEDが3秒おきに3回点滅する。
点滅
送信中
緑色LEDが3秒おきに2回点滅する。
-
-
点滅
プローブからデータをダウンロード中
Bluetooth Wireless Paired/ Data
内部ロギング
緑色LEDが3秒おきに1回点滅する。
点滅
トランスミッタがオンでセンサ
に接続されているが、スマートデ
バイスとペアリングしていない。
赤色LEDが2分間、1秒おきに点滅し、
点滅
装置のスイッチがオフになる。 -
Bluetoothワイヤレスが
ペアリングされていない。
赤色LEDが2分間、1秒おきに点滅
点滅
して停止する。 -
Bluetoothワイヤレス有効
(ペアリングのために検索)
赤色と緑色LEDが同時に2回点滅した後、 点滅
点滅
れた。工場設定が消える。
トランスミッタに再インストールさ
黄色のLEDが連続的にオンになる。
-
オン
-
電池充電中
黄色のLEDが1秒おきに点灯する。
-
点灯
-
電池の充電が完了した。
緑色と赤色のLEDが0.5秒間点灯し、
オン
オン
トランスミッタの電源がオ
消える。
ンになった。
赤色LEDが0.5秒間オンになり、
消える。
オン
トランスミッタの電源が
オンにならなかった。
緑色のLEDが3回点滅し、
点灯
トランスミッタが 電源
トランスミッタがオフになる。
オフになった。
黄色と赤色のLEDが相互に点滅する。
点滅
点滅
-
トランスミッタの内部メモリが一杯。
2-8
2
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2.5 ラベルおよびシリアル番号情報
UWBTトランスミッタハンドルには、筐体に取り付けられた2つのラベルが付
属しています。 前方ラベルには、操作のための情報が表示され、後方ラベルに
は、モデルおよび部品に固有の情報が表示されています。
左のLEDは、電源とアラームステータス
に関するインジケーターです。
UWBT SERIES
WIRELESS TRANSMITTER
PWR/
TX/
ALARM LOG
右のLEDは、データ送信とロギングに関
するインジケーターです。
ペアキーはトランスミッタを検索モードにするため
に使用されます。
PAIR
This device complies with Part 15 of the FCC rules.
Operation is subject to the following conditions:
1. This device may not cause harmful interference;
2. This device must accept any interference received,
including interference that may cause undesired operation.
このラベルには以下が含まれます
FCC通知:FCC規則のパート15
動作は以下の条件に従います。
1. 本装置は有害な干渉を引き起こしません。
2. 本装置は予期せぬ無線干渉により誤作
動を受ける可能性があります。
POWER
Bluetooth® という単語のマークとロゴは、
Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標
であり、OMEGA Engineeringはライセン
スに基づき当該マークを使用していま
す。その他の商標は、該当する所有者
の商標および商標名です。
USB
図 2-13: UWBT表面ラベル
この装置は、IEC 基準に従い、国際安全・危険記号が付いています。 本マニュ
アルは安全およびEMC(電磁互換性)に関連する重要な情報を含むため、本デバ
イスを操作あるいは、始動する前に本マニュアルをお読みになり、すべての注
意事項や指示に従うことが重要です。 安全上の注意に従わない場合、怪我や装
置の故障の原因となる場合があります。 指定された方法で本装置を使用しない
場合、製品保証が無効になります。
IEC 記号:
EU の電気・電子機器の廃棄に関するコンプ
ライアンス
IEC 記号:
付属の文書をご参照ください
図 2-14: UWBT裏面ラベル
2-9
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2
2.6 電池と電源
2.6.1 UWBTトランスミッタの再充電
使用時に電池が最大まで充電されるように、トランスミッタを使用する前
に、UWBTを最大まで充電してください。 黄色LEDが1秒おきに1回点滅する
とき、トランスミッタの充電が完了したことを表します。
UWBTトランスミッタハンドルは2本の単三NiMH再充電可能電池が取り付けら
れた状態で提供されます。 付属のUSBケーブルをハンドルに差し込み、付属の
ACアダプタに接続することで、簡単に電池を再充電できます。 また、USBケー
ブルをPC/ラップトップのUSBポートに接続することで、装置を充電できます。
注:
UWBTトランスミッタには再充電可能なNiMH電池のみ使用
可能です。 アルカリ電池を使用しないでください。
2.6.2 単三電池の交換と再充電
2本のNiMH電池を再充電するために電源に接続できない場合、他の2本の再充
電可能なNiMH電池に交換できます。 電池を交換するには、下の図に示されて
いるように、プラスドライバーを使用して電池の蓋を開けます。 図のように電
池を外し、交換します。
2本のネジを
プラスドライバーで外します。
電池を簡単に外すには、一番上
の電池を最初に外します。
その後、小さなマイナスドライ
バーで2番目の電池を外します。
+
–
–
+
図 2-15: 再充電可能な単三電池の交換
2-10
2
トランスミッタの説明 (ハードウェア)
2.6.3 電源スイッチを使用して初期設定に復元
UWBTトランスミッタには、
アプリケーションに影響を与えることなく工場での初期設
定に復元するオプションがあります。 以下の指示に従い、
トランスミッタで初期値に
戻します。
1. UWBTトランスミッタのスイッチをオフにします。
2. トランスミッタがオフの間、[PAIR] キーを押してホールドにします。
3. [PAIR] キーを押したまま、スイッチをオンの位置にスライドさせます。 [PAIR]
ボタンを5秒間押し続けます。
4. 赤色と緑色のLEDが同時に2回点滅して消えることで、工場での初期値が復元
されたことを表します。
2-11
3
ソフトウェアの説明 (iOSとAndroid)
第 3 項 - ソフトウェアの説明 (iOSとAndroid)
UWBTモバイルアプリはスマートフォンとタブレットの両方で動作します。 タ
ブレットの場合、アプリは縦向きモードと横向きモードの両方で動作します。
スマートフォンの場合、アプリは縦向きモードだけで動作します。
注:
テストされたiOSおよびAndroid対応デバイスの一覧については、
jp.omega.comのUWBT仕様書を参照してください。
3.1 UWBTトランスミッタへの接続
Omega UWBTアプリをダウンロード後、トランスミッタをスマートデバイスに
接続できます。 アプリケーションが見つかるオンラインの場所については、第
1 項を参照してください。
3.2 UWBTアプリでクラウドサービスを利用
UWBTアプリを利用すれば、大部分の主要なクラウドサービスに直接接続で
き、データを簡単に保存および送信できます。 以下ではこれらのサービスを
UWBTアプリで使用するためにセットアップする方法を説明しています。
注:
iCloudのアップロードはUWBT iOSアプリのみで可能です。
iCloudは、UWBT iOSアプリを使用する場合、ログインの
必要がありません。
3.2.1 Google Drive
Googleアカウントが無い場合、https://accounts.google.com/signupに移動し、
登録フォームに記入し、Googleチームから送信された以下の説明に従ってアカ
ウントをアクティブ化してください。 UWBTアプリケーションを使用する装置
に対し、新しく作成されたGoogleアカウントを追加する必要があります。 デバ
イス設定に移動し、[Acount] を選択し、[add account]、[Google]、[existing] の
順でクリックし、Google アカウント証明書を追加します。 また、オンライン
登録をとばして、装置へ直接移動し、[add account] を選択した後 [Google] ->
[new account] を指定すると、新しいアカウントが自動的に作成されます。
すでにアカウントがある場合、UWBTアプリケーションへ移動し、[ログ設定]
メニューから送信するファイルを選択し、クラウド選択スピナーボックスから
[Google Drive] を選択し、[送信] を押します。 その後、装置にGmailアカウント
が登録された新しいペインが表示されます。
注:
3-1
UWBTアプリからのGoogle Driveのアップロードは、
Amazon Fireスマートデバイスではできません。
ソフトウェアの説明 (iOS and Android)
3
図 3-1: Gmailアカウントの作成
ファイルを送信したいアカウントを選択し、[OK] を押します。 その後、UWBT
アプリの「サインイン、ファイルアップロード、サインアウト」メニューに戻り
ます。 この画面には、Googleがサインイン情報を認証するタイミングに遅延が
あります。 情報が処理されるまで5~10秒間待ちます。「サインイン」を2回目に
押すと、不必要にGoogleログインページに移動します。
この機能を初めて使用するとき、申請するアクションの確認を求められます。
図 3-2: Google認証
[OK] をクリックすると、ファイルが「UWBT LogFiles」ディレクトリの下の
Google Driveにアップロードされます。
3-2
3
ソフトウェアの説明 (iOS and Android)
3.2.2 SugarSync
SugarSyncアカウントが無い場合、https://www.sugarsync.com/ のウェブサイト
に移動します。 トライアルプランを利用したい場合、登録フォーム上部の [Try Free
for 30 Days] を選択し、名前と電子メールアドレスを入力します。 有料プランを選択
する場合、
スピナーメニューからプランを選択し、名前と電子メールアドレスを入力し
ます。 いずれの場合も、登録フォームを送信後、登録中に入力する電子メールアドレ
スでアカウントをアクティブ化する方法に関する次の説明を受け取ります。
すでにアカウントがある場合、UWBTアプリケーションへ移動し、[ログ設定]
メニューから送信するファイルを選択し、クラウド選択スピナーボックスから
[Sugar Sync] を選択します。 [送信] を押した後、以下のオプションを備えた新
しい画面が表示されます。
図 3-3: SugarSyncサインイン
まずサインインする必要があります。ボタンを押すと、SugarSyncサインインペ
ージが表示され、ここにアクティブなSugarSyncアカウント証明書を入力する必
要があります。
3-3
図 3-4: SugarSyncアカウント情報
ソフトウェアの説明 (iOS and Android)
3
認証できたら、[File upload] ボタンが有効になっている状態で前の画面が表示
されます。 選択したログファイルをSugarSyncクラウドドライブにアップロー
ドできるようになりました。 ファイルが [Mobile Photos/UWBTLOGFILES] デ
ィレクトリに表示されます。
注:
SugarSyncでは、ユーザーはファイルがアップロードされる度
に、ユーザー名とパスワードでサインインする必要があります。
3.2.3 Dropbox
Dropboxアカウントが無い場合、https://www.dropbox.com/のウェブサイト
に移動します。 [登録する] ボタンをクリックし、登録フォームに記入し、ウェ
ブサイトのその後の説明に従ってアカウントを有効化します。
注:
iOSユーザーの場合、スマートデバイスにDropboxアプリをダ
ウンロードすることを推奨します。 これにより、ファイル送
信時にUWBTアプリとDropbox間の通信が簡単になります。
すでにアカウントがある場合、UWBT アプリケーションへ移動し、[ログ設定]
メニューから送信するファイルを選択し、クラウド選択スピナーボックスから
[Dropbox] を選択し、[送信] を押します。 その後、以下のオプションを備えた
新しい画面が表示されます。
図 3-5: Dropboxサインイン
3-4
3
ソフトウェアの説明 (iOS and Android)
まずサインインする必要があります。初めてUWBTでログファイルをアップ
ロードする場合、Dropboxサインインページが表示され、ここにアクティブな
Dropboxアカウント証明書を入力する必要があります。
図 3-6: Dropboxアカウント情報
初めてログインできた場合、その後はファイルをアップロード中に証明書を入
力する必要ありません。 最後に使用したアカウントで申請されたアカウントを
確認するか、または他のアカウントでサインインする必要があります。
図 3-7: Dropbox認証
3-5
ソフトウェアの説明 (iOS and Android)
3
認証できたら、[File upload] ボタンが有効になっている状態で前の画面が表示
されます。 選択したログファイルをDropboxクラウドドライブにアップロード
できるようになりました。 ファイルは「Apps/UWBT-ANDROID」ディレクト
リの下に自動的に保存されます。
3.2.4 OneDrive
OneDriveアカウントが無い場合、https://onedrive.live.com/のウェブサイトに
移動します。 [新規登録] ボタンをクリックし、登録フォームに記入し、ウェブ
サイトのその後の説明に従ってアカウントを有効化します。
すでにOneDriveアカウントがある場合、UWBTアプリケーションへ移動し、[ロ
グ設定] メニューから送信するファイルを選択し、クラウド選択スピナーボック
スから [OneDrive] を選択します。 [送信] を押した後、以下のオプションを備え
た新しい画面が表示されます。
図 3-8: OneDriveサインイン
3-6
3
ソフトウェアの説明 (iOS and Android)
まずサインインする必要があります。初めてUWBTでログファイルをアップロ
ードする場合、OneDriveサインインページが表示され、ここにアクティブな
OneDriveアカウント証明書を入力する必要があります。
図 3-9: OneDriveアカウント情報
初めてログインできた場合、その後はファイルをアップロード中に証明書を入
力する必要ありません。 最後に使用したアカウントで申請されたアカウントを
確認するか、または他のアカウントでサインインするだけで済みます。
図 3-10: OneDrive認証
認証できたら、[File upload] ボタンが有効になっている状態で前の画面が表示
されます。 選択したログファイルをOneDriveアカウントにアップロードできま
す。 ファイルは「UWBT LogFiles」ディレクトリの下に自動的に保存されます。
3-7
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
第 4 項 - ソフトウェアの説明 (iOS)
注:
iOS 8.0以降のバージョンにアップグレードした場合、スマー
トフォンまたはタブレットの設定で設定をリセットする必要が
あります。 スマートフォンの場合、[設定] ➞ [一般] ➞ [リセッ
ト] ➞ [ネットワーク設定をリセット] の順で選択します。 タブ
レットの場合、[設定] ➞ [リセット] ➞ [ネットワーク設定をリ
セット] の順で選択します。 これにより、UWBTアプリがオペ
レーティングシステムで適切に動作するようになります。 こ
のとき、すべてのWi-Fi接続のパスワードをリセットしなけれ
ばならない可能性があることに注意してください。
4.1 ペアリング
UWBTトランスミッタとの通信を開始するには、Bluetoothワイヤレスでスマ
ートデバイスとペアリングする必要があります。 iOSデバイスの場合、UWBT
アプリでペアリングする前に、iOS設定でペアリングする必要があります。
Androidデバイスでは、UWBTアプリからのペアリングのみ必要です。
注:
同じ名前の複数のトランスミッタが検出される場合、スマート
デバイスはUWBTトランスミッタとペアリングできません。 た
とえば、「Chemistry Lab」というトランスミッタが2つあって
スイッチがオンである場合、スマートデバイスは互いにペアリ
ングしません。 適切にペアリングするには、1つのトランスミ
ッタの名前を最初に変更する必要があります。
4.1.1 スマートデバイス設定メニューでペアリング (iOSのみ)
1. UWBTトランスミッタのスイッチをオンにします。
2. トランスミッタの [RAIR] ボタンとデバイス設定の [ペア] を2秒間押し続けま
す。–これにより、センサが検索モードになります。
3. スマートデバイスの [設定] ページに移動します。
4. Bluetoothワイヤレスセクションを選択します。
5. B luetoothワイヤレス機能がオンになっていることを確認してください。–
Bluetoothワイヤレススライダーには緑色の背景が表示されている必要があり
ます。
6. Bluetoothワイヤレスでペアリングする装置をタップします。
4-1
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-1: iOSタブレット設定メニュー
4.1.2 UWBTアプリでペアリング
以下の指示に従ってペアリングしてください。
1. UWBTトランスミッタのスイッチがオンになっていることを確認してください。
2. UWBTアプリを開きます。
3. UWBTアプリで、[ペアリング] 設定へ移動します。
4-2
図 4-2: デバイスを検索するときのUWBTアプリ
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
4. [検索されたトランスミッタ] リストで、ペアリングしたいトランスミッタを
選択します。
5. [ペア] ボタンをクリックします。
図 4-3: ペアリング画面
6. データを表示しロギングする準備ができました。
4.1.3 トランスミッタが [検索されたトランスミッタ] リストにないときにペアリング
iOS設定でペアリングしたが、UWBTトランスミッタが [検索されたトランスミッタ] リ
ストにないとき、以下の説明に従ってください。
1. 終了してUWBTアプリを再起動します。
2. UWBTアプリで、[ペアリング] 設定へ移動します。
3. [トランスミッタの検索] ボタンをクリックします。
4. トランスミッタが [トランスミッタの検索] リストに表示されます。
5. [検索されたトランスミッタ] リストで、ペアリングしたいトランスミッタを
選択します。
6. [ペア] ボタンをクリックします。
7. データを表示しロギングする準備ができました。
4-3
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
4.1.4 複数のトランスミッタを1つのスマートデバイスとペアリング
UWBT iOSアプリを最大で3つの異なるトランスミッタとペアリングできます。
最初のトランスミッタとペアリングした後、使用したい新しいトランスミッタ
それぞれについて上記の手順を繰り返します。
注:
1度に1つのトランスミッタとペアリングしてください。 複数
のトランスミッタと同時にペアリングしようとすると、ペアリ
ングのエラーにつながります。
注:
同じトランスミッタを複数のスマートフォンまたはタブレット
とペアリングできません。 異なるタブレットでトランスミッタ
の情報を見るには、トランスミッタとUWBTアプリとのペアリ
ングを解除する必要があります。
4.1.5 トランスミッタとスマートデバイスとのペアリング解除
トランスミッタのペアリングを解除するには、以下の説明に従ってください。
1. UWBTアプリで、[ペアリング] 設定へ移動します。
2. [ペアリングされたトランスミッタ] リストでトランスミッタをハイライトします。
3. [ペアリング解除] ボタンをクリックします。
4. [ペアリング解除してもよろしいですか?] というプロンプトが表示されます。 –
[はい] をクリックします。
5. UWBTトランスミッタを切断できました。 スライドスイッチを使用して装置
をオフにするか、他のタブレット/スマートフォンとペアリングできます。
4.1.6 接続の切断 - タイムアウト
トランスミッタの電池寿命を節約するために、UWBTは2分間で接続がタイムア
ウトするように設計されています。 つまり、トランスミッタのスイッチがオン
で、スマートデバイスと2分以上通信しない (ペアリングしない) 場合、検索モー
ドを終了します。 これが発生した場合、この章の最初に説明したように、装置
を再ペアリングする必要があります。
注:
4-4
UWBTトランスミッタとの接続が繰り返し切断される場合、以下
の方法を試してください。 まず、[ホーム] キーをダブルクリッ
クし、UWBTアプリをページからスワイプすることで、アプリを
完全に閉じます。 UWBTアプリを閉じた後、 UWBTトランスミ
ッタをBluetooth設定で破棄します– [設定] ➞ [Bluetooth] へ移動
し、トランスミッタの情報アイコンを選択し、[このデバイスの
登録を解除] をクリックします。
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
4.1.7 トランスミッタBluetoothワイヤレスRFレンジ
タブレットを推奨されるBluetoothワイヤレスRFレンジから出す場合も、UWBT
トランスミッタはペアリングを解除される可能性があります。 トランスミッタ
とスマートデバイス間の壁など、障害がある場合、この範囲は狭くなります。
トランスミッタが切断された場合、この章の最初に説明したように、スマート
デバイスを再ペアリングする必要があります。
設定画面には、Bluetoothワイヤレス信号強度を示すバー表示があります。 5つの
バーは100%の信号強度、4つのバーは80%の信号強度を示します。 このグラフ
ィックを見れば、RFレンジにあるかどうか分かります。
Bluetoothワイヤレス信号強度インジケーターは、[センサ設定] メニューだけでア
クティブになります。他の画面からは見られません。 また、スマートデバイス
にログオンするとき、信号強度は表示されません。
図 4-4: Bluetoothワイヤレス信号強度
注:
Bluetoothワイヤレス信号強度バーは、スマートデバイスとロ
ーカルアンテナ (WiFi、4Gなど) との接続を示しません。 信号
強度はUWBTアプリの外で、スマートデバイスだけで表示され
ます。
4-5
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
4.2 UWBTアプリの表示
トランスミッタセンサ値は3つの異なる形式で表示されます。
• デジタル
• グラフ
• ゲージ
4.2.1 デジタル形式
デジタル形式は測定値を大きな数値形式で表示します。 相対湿度の値の分解能
は整数です。 温度については、値の分解能は小数点第1位、pHについては、値
の分解能は小数点第2位です。
相対湿度測定値の場合、デジタル形式で3つの値、すなわちRH値、周囲温度、
結露点温度が表示されます。
値が設定した上限アラーム値以上になった場合、数値は赤色で表示されます。
値が設定した下限アラーム値以下になった場合、テキストは青色で表示されま
す。 アラーム音声が選択された場合、現在の値が上限アラームを上回るか下限
アラームを下回ったときに、音声はアクティブになります。
複数のUWBTトランスミッタに接続されているとき、どのトランスミッタを見
ているかを、デジタルスクリーンから直接選択できます。 [トランスミッタ1] の
ように表示されたボタンをクリックすると、選択したトランスミッタのデータ
を見ることができます。
図 4-5: デジタル温度表示
4-6
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
図 4-6: デジタルRH表示
4.2.2 グラフ形式
トランスミッタデータはグラフ形式で表示できます。 グラフ形式には3つのオプ
ションがあります。
• ライブグラフ
• 再生データグラフ
• トランスミッタからダウンロードする
ライブトランスミッタデータ
ライブグラフは、データがトランスミッタでキャプチャされたときに同時に
表示します。 測定値は白い線で表示されます。 RHグラフの場合、温度は白い
栓 (左のY軸)、RHの割合は緑色の線 (右のY軸) で表示されます。
上限アラーム値は赤色の水平方向の線で表示されます。 下限アラーム値は青色
の水平方向の線で表示されます。 アラーム音声が選択された場合、現在の値が
上限アラーム値を上回るか下限アラーム値を下回ったときに、音声はアクティ
ブになります。
複数のUWBTトランスミッタに接続されているとき、どのトランスミッタを見
ているかを、現在のデジタルスクリーンから直接選択できます。 [トランスミッ
タ1] のように表示されたボタンをクリックすると、選択したトランスミッタの
データを見ることができます。
4-7
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
ライブグラフ画面の下に、アプリケーションに自動でY軸のスケールを調整させ
るか、または自分でパラメータを設定するかのオプションがあります。 自動ス
ケールを使えば、データラインを常に画面上に表示できます。 Y軸のスケール
をマニュアルで設定するには、[Y軸自動スケーリング] と表示されたチェックボ
ックスの選択を解除して、任意の値を入力するだけです。
この画面から直接ライブデータを記録できます。 ライブグラフ画面の下半分
で、[ロギング開始] ボタンを押します。 データはスマートフォンまたはタブレ
ットに記録されます。 記録中、画面の左上には、それを示すために [REC] が表
示されます。
注:
ローカルでロギングしたデータについては、ログファイルの最
初のレコードはファイル名に表示された時間を1定数時間超えた
時間になります。 たとえば、1:00:00に開始した、1回/30秒の
ログの場合、.csvファイルの最初のエントリーは1:00:30です。
図 4-7: ライブ温度グラフおよび上限下限アラーム
4-8
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
図 4-8: ライブRHグラフおよび上限下限アラーム
再生データグラフ
再生データグラフのオプションでは、すでにスマートフォンやタブレットのデ
バイスに保存されているグラフファイルを表示できます。 これらはスマートフ
ォンやタブレットに直接記録されたか、または内部ロギングの使用後にトラン
スミッタからダウンロードされたファイルです。
[トランスミッタデータを再生] を選択後、表示したいファイルを選択する必要
があります。 選択するファイル名は、センサ名+ログ開始日+ログ開始時間にな
ります。
再生データグラフは1つの画面上ですべてのデータを表示します。 ここから、画
面右上にある虫眼鏡のアイコンを押すことによって、グラフにズームインする
か、ズームアウトできます。 グラフ上の任意の場所で左右に指をドラッグする
と、タイムスタンプを通じてスクロールすることもできます。
グラフの縦線はクロスヘアです。 詳細なデータポイント情報のグラフを通じて
クロスヘアをドラッグできます。 十字線の上にあるとき、グラフの上には、そ
の点のデータ値とタイムスタンプが表示されます。
4-9
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-9: 温度センサデータ再生グラフ
図 4-10: pHセンサデータ再生グラフ
4-10
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
トランスミッタからダウンロードする
情報を記録するためにUWBTトランスミッタ上で内部ロギング設定を使用後、
トランスミッタからスマートデバイスにデータをダウンロードする必要があり
ます。 その後、再生データグラフを見るか、ログデータをEメール/クラウドサ
ービスに送信できます。
[トランスミッタからダウンロード] を選択すると、UWBTアプリケーションは
トランスミッタに保存されているログファイルすべてのダウンロードを即時に
開始します。 この処理には最大で2分かかります。
図 4-11: トランスミッタからログファイルをダウンロードする
4-11
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-12: トランスミッタからダウンロードされたファイル
注:
スマートフォンまたはタブレットにロギングしている場合、ダ
ウンロードしたファイルを見ることができません。 ログファ
イルを見るには、ログを停止する必要があります。
図 4-13: サンプルCSVファイル
4-12
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
図 4-14: サンプルTXTファイル
4.2.3 ゲージ形式
ダイアル上の現在値を指すことで、ゲージ形式で測定値が表示されます。 値
が変化すると、ダイアルは新しい数値の点に向かって、左または右に移動しま
す。 また、値はゲージ下にデジタル形式で表示されます。
UWBT-RHモデルの場合、画面上に2つのゲージがあります。 右のゲージは相対
湿度 (%単位)、左のゲージは周囲温度 (設定メニューで選択された単位) を表示
します。
UWBT-pHモデルの場合、画面上に2つのゲージがあります。 右のゲージはpH
値、左のゲージは溶液温度 (設定メニューで選択された単位) を表示します。
ゲージの内周には、青、緑、赤に変わるバーがあります。これらのエリアはそ
れぞれ、下限アラーム、通常、上限アラームの測定値を示します。 値が上限ア
ラーム値以上になると、デジタルの測定値は赤色で表示され、値が下限アラー
ム値以下になると、デジタルの測定値は青色で表示されます。 アラーム音声が
選択された場合、現在の値が上限アラームを上回るか下限アラームを下回った
ときに、音声はアクティブになります。
ゲージの範囲は自動的に設定されます。ゲージの境界の数字は変更できません。
複数のUWBTトランスミッタに接続されているとき、どのトランスミッタを見
ているかを、現在のデジタルスクリーンから直接選択できます。 [トランスミッ
タ1] のように表示されたボタンをクリックすると、選択したトランスミッタの
データを見ることができます。
4-13
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-15: 温度ゲージ
図 4-16: RHおよび温度ゲージ
4-14
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
4.2.4 電池量表示
トランスミッタの電池残量が50%より多い場合、電池の図は緑色で表示され、
電池残量の割合も図の横に表示されます。
図 4-17: 電池残量が92%の表示
トラン
スミッ
タの電
池残量
が20~49%の場合、電池の図は黄色で表示され、電池残量の割合も図の横に表
示されます。
図 4-18: 電池残量が29%の表示(充電中)
トラン
スミッ
タの電
池残量
が20%より少ない場合、電池の図は赤色で表示され、電池残量の割合も図の横
に表示されます。
図 4-19: 電池残量が14%の表示(充電中)
電池ア
イコン
の中に
ある稲妻の記号は、2本の単三電池が再充電中であることを示しています。
電池残量が20%以下になった場合、トランスミッタの充電を推
注:
奨します。 電池残量が20%以下になったトランスミッタを使用
すると、UWBTアプリケーションとの組み合わせが難しくなる
場合があります。
4-15
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
4.3 UWBTアプリのログ
ログ設定とは、以下のパラメータを含むスマートフォン/タブレットのログを指します。
ログサンプルレート
ログサンプリングレートとは、2つのオプションの1つである、スマートフォン/
タブレットのログを指します。 1回/秒から1回/分まで、4つのロギングレート
が利用可能です。
図 4-20: ログレートオプション
txt/csvファイル形式でファイルを選択
ファイルをEメールで送信するか、クラウドサービスに送信するときに、テキス
ト (TXT) またはExcel (CSV) 形式で選択できます。
注:
スマートフォンまたはタブレットにロギングするとき、単一ファイルに
保存できるデータポイントの最大数は、熱電対およびRTDプローブの場
合100,000、pHプローブの場合200,000 (pHおよび温度)、RHプローブの
場合300,000 (RH、温度、結露点) です。 ロギングセッションがこれらの
限度を超えた場合、UWBTアプリはファイルを閉じ、新しいファイルを
作成し、ロギングを継続します。
送信するファイルの選択
4-16
スマートフォンまたはタブレットにログされた、
またはトランスミッタの内部メモリから
ダウンロードされたファイルは、上記の通り、txt/csvファイル形式で、Eメールまた
はクラウドサービスのアカウントに送信されることがあります。 ダウンロードされたフ
ァイルは [送信するログファイル] フィールドで見ることができます。
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
図 4-21: 送信するログファイルの表示
Eメールアドレスを入力
カスタムキーボード入力を使用して有効なEメールアドレスを入力します。
図 4-22: Eメールアドレスの入力
4-17
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
クラウドサービスへ送信
ログファイルの送信に利用できるクラウドサービスが5つあります。 Dropbox、
SugarSync、OneDrive、Google Drive、iCloudです。 ファイルの送信時に、ク
ラウドサービスアカウントはアクティブになっていなければなりません。 クラ
ウドサービスの詳細については、第 3 項を参照してください。
図 4-23: クラウドサービスオプション
注:
[ファイルのアップロード] を選択した後、ファイルが実際に送
信されたときに関して遅延があります。 データがアップロー
ドされるまで5~10秒待機します。[送信] ボタンを複数回押す
と、Eメールが複数回送信されます。
内部ログ
内部ログタブを切り替えることで、UWBTトランスミッタの内部メモリにデー
タをログできるようになります。 その後、データはトランスミッタに直接記録
されます。スマートフォンまたはタブレットのメモリを消費する必要はありま
せん。 内部ログを設定したら、既存のデータをトランスミッタからダウンロー
ドできないので注してください。
4-18
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
図 4-24: 内部ログオプション
注:
内部ログオンをオンにした場合、その機能の設定オプションが
グレイアウトします。 設定を変更するために、内部ログをオ
フにする必要があります。
図 4-24A: 内部ログオプション (内部ログがオンのときに無効)
内部ログの頻度
5つの異なるログ頻度で、トランスミッタの内部メモリにデータをログできま
す。 内部ロギングの頻度は10回/秒~1回/分の範囲で設定できます。 RHトラン
スミッタの場合、データを10回/秒の頻度でログを取ることはできません。
4-19
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-25: 内部ログレートオプション
リングバッファ
リングバッファは非常に便利な機能で、トランスミッタの内部メモリが一杯の
ときに、もっとも古いデータを上書きします。 上記のスライダーを使用するこ
とで、リングバッファをオンかオフに設定できます。 リングバッファをオフに
設定すると、内部ロギングは内部メモリが一杯になったときに停止します。
内部メモリの消去
内部ログ機能をオンに設定することで、トランスミッタの内部メモリを消去
し、データフレッシュの記録を開始できます。 内部メモリを消去しても、タブ
レットまたはスマートフォンで利用できるファイルに影響はありません。
4-20
図 4-26: 内部メモリの消去
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
4.4 UWBTアプリの設定
アプリケーションから1つまたは複数のUWBT Bluetoothトランスミッタと組み
合わせることができます。 組み合わせると、デバイスのさまざまな設定を変更
し、デバイスに保存できます。 以下は設定メニューのオプションの一覧です。
• センサのペアリング
• センサ設定
• アラーム&オフセット
• ログ設定 (情報については「ログ設定」の項をご覧ください。)
• 言語
• 初期値に戻す
• 全ての設定を保存
4.4.1 設定メニュー
設定には以下に示すようなパラメータが含まれます。 マニュアルのこの項に各
設定の説明があります。
設定メニュー
図 4-27: 設定メニュー
4.4.2 トランスミッタのペアリング
詳細なペアリングの説明については、第 4.1 項 (ペアリング) を参照してくだ
さい。
4-21
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
4.4.3 センサ設定
センサ設定では、希望する時間軸、日付形式、ライブデータの表示頻度、工学
単位などを設定できます。 以下は熱電対センサの設定例です。
時間軸
図 4-28: 熱電対センサ設定画面
時間軸には2種類あります。 時間軸は経過時間またはリアルタイムモードに
設定できます。 経過時間は、データポイントの間に一定の時間間隔を設定し
て、0:00からデータログの任意時間までのデータを表示します。 リアルタイム
は、データポイントの間に一定のリアルタイム間隔を設定してデータを表示し
ます。 ライブデータはリアルタイムまたは経過時間の形式で表示できます。再
生データはリアルタイム形式で表示できます。
4-22
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
図 4-29: 時間軸オプション
日付形式
個人の希望に応じて日付形式を選択できます。 形式はDD-MM-YYまたは
MM-DD-YYです。 UWBTでの内部ロギングおよびタブレットでのログは、選択
された日付形式に従います。
注:
日付時間形式は、トランスミッタをスマートデバイスと再ペア
リングするたびに、リセットする必要があります。
4-23
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-30: 日付形式オプション
センサタイプ
センサには4つのタイプがあります (T/C、RTD、pH、RH)。 センサ設定ペー
ジの上部に、現在表示しているセンサの情報があります。 複数のセンサに接続
していて、異なるセンサの情報が必要なときは、[表示] 画面に移動して、見た
いセンサを選択します。 その後、[センサ設定] 画面に戻ると、新しいセンサ情
報を見ることができます。
図 4-31: センサ名とセンサタイプの表示
4-24
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
表示頻度
画面に表示できる表示頻度には5種類あります。 頻度は10回/秒~1サンプル/分
の範囲となります。 複数のセンサに接続している場合、10回/秒の頻度は利用
できません。 また、10回/秒をRHセンサに利用することはできません。
図 4-32: 表示頻度オプション
トランスミッタの日時設定
UWBTトランスミッタは、スマートデバイスに選択された日時設定を採用でき
ます。 トランスミッタ上の日時を変更するには、最初にスマートデバイスで変
更する必要があります。
1. タブレット設定に進み、[設定]⇒[一般]を選択します。
2. 国と時刻の基本設定に応じて[日付と時刻]を設定します。
3. UWBT ソフトウェアアプリに進みます。
4. [設定] ➞ [センサ設定] をクリックします。
5. [トランスミッタの日時設定] と [全ての設定を保存] のチェックボックスを
選択します。
6. [設定] に移動し、[全ての設定を保存] をクリックします。
4-25
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-33: デバイスの日時設定
Bluetoothワイヤレス信号
Bluetoothワイヤレス信号強度はセンサ設定画面で見ることができます。 詳細に
ついては、「UWBTアプリケーションに接続」という項を参照してください。
注:
Bluetooth信号強度が [センサ設定] 画面に表示されるまで、最大
で30秒かかります。
トランスミッタの名前
UWBT Bluetoothワイヤレストランスミッタには、工場出荷時設定のデフォル
トセンサ名が付いています。 以下に示したフィールドに新しい名前を入力
し、[OK] ボタンをクリックすることで、任意のセンサ名に変更できます。 ア
プリケーション上の [全ての設定を保存] をクリックし、新しい名前をトランス
ミッタに保存してください。 新しいセンサ名に設定した後、センサ名の設定は
トランスミッタハンドルに内部的に保存されます。 新しい名前が反映されるよ
う、トランスミッタとのペアリングを解除するか再設定してください。 タブレ
ットまたはトランスミッタをオフにする必要はありません。
4-26
トランスミッタの名前を変更後、以下の手順を用いて、新しく名前を付けたトランスミ
ッタで再度ペアリングします。
1. [トランスミッタのペアリング] のセクションに従って、UWBTトランスミッタのペアリ
ングを解除します。
2. スマートデバイスの [設定] メニュー → [Bluetooth] セクションを選択します。
3. ト
ランスミッタの以前の名前を選択し、[このデバイスの登録を解除] を選択します。
4. 接続するためにトランスミッタの新しい名前を選択します。
5. UWBTアプリに戻り、標準のペアリングプロセスを続行します。
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
注:
トランスミッタ名を英数字以外の文字で保存することはできま
せん。 特殊文字 (!@#. など) も利用することはできません。
注:
トランスミッタ名は15文字以内に限定されます。
図 4-34: トランスミッタ名の変更
4-27
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
熱電対エレメントタイプ
接続しているトランスミッタによっては、センサを [トランスミッタの設定]
画面で設定できる場合があります。 以下は各エレメントタイプのカスタマイ
ズ可能な設定です。 たとえば、 熱電対エレメントの校正には9種類あります
(J、K、E、T、R、S、N、C、B)。[サブタイプ] ドロップダウンメニューから選
択することで、機能の熱電対タイプを選択できます。
図 4-35: 熱電対エレメントのセンサタイプとサブタイプの表示
4-28
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
RTD設定
RTDの選択には、PT100 (100オームRTD) とPT1000 (1000オームRTD) の2種類が
あります。
図 4-36: RTD値の選択
サブタイプ: ドロップダウンメニューから選択できる、RTDセンサの曲線には2種類
あります (アメリカ曲線またはヨーロッパ曲線)。
図 4-37: RTDサブタイプの選択
4-29
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
pH固定溶液温度
固定溶液温度タブに温度を入力することで、固定溶液温度を選択できます。 こ
の選択は、pH電極に内蔵RTD温度センサが無いときに行います。 RTDセンサを
備えたpH電極では固定温度オプションを選択する必要はありません。 pHセン
サのRTD部分をUWBTに接続するだけで、トランスミッタは溶液の温度を測定
し、測定された温度に対しpH値を補償します。
図 4-38: 溶液の固定温度の設定
単位
UWBT Bluetoothワイヤレストランスミッタで使用できる温度工学単位には4種類
あります (華氏、摂氏、ランキン、ケルビン)。 ドロップダウンメニューから
°F、°C、°R、K (ケルビン) を選択できます。
4-30
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
図 4-39: 温度単位の設定
4.4.4 アラーム&オフセット
アラーム&オフセット設定では、ライブデータに対するアラームのオン/オフ、
上限アラーム、下限アラーム、不感帯などを設定できます。
図 4-40: アラーム条件の表示
pHのアラーム設定
ライブデータグラフ上で希望のアラーム条件に従ってpHまたは温度のボタンを
交換できます。
4-31
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
注:
RTD温度センサがUWBT-PH機器に接続されていない場合、温
度アラームがグレイアウトします。
RHのアラーム設定
ライブデータグラフ上で希望のアラーム条件に従ってRHまたは温度のボタンを
交換できます。
アラーム音声
アラームのトーンには5種類あります。 特定の音声を選択するためにメニューを
ドロップダウンすると、サンプルのトーンが2秒間再生されます。
注:
アラーム音声が有効のとき、アラーム条件を入力後、サイレン
が5秒間鳴ります。 5秒後に音が停止しますが、アラーム条件
の間、測定値は指定された色を維持します (下限アラームは青
色、上限アラームは赤色)。
図 4-41: アラーム音声オプション
温度アラーム上限値
カスタムキーボード入力により、このアラーム値を特定のセンサの最高値に設
定できます。 たとえば、Kタイプの熱電対の場合、2300°Fまで設定できます。
センサの上限を超える値を入力した場合、UWBTアプリケーションは自動的に
上限アラームをそのセンサで可能な最高の値に設定します。
4-32
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
温度アラーム下限値
カスタムキーボード入力により、このアラーム値を特定のセンサの最低値に設
定できます。 たとえば、Kタイプの熱電対の場合、-148°Fまで設定できます。
センサの下限を超える値を入力した場合、UWBTアプリケーションは自動的に
下限アラームをそのセンサで可能な最低の値に設定します。
図 4-42: 温度値の入力
温度不感帯
不感帯とは、警報状態を変更することなく、センサの測定値が変動可能な範囲
のことです。 センサが高または低警報状態に達すると、測定値が「アラーム上
限値 - 不感帯値」または「アラーム下限値 + 不感帯値」に達するまで、アラー
ムはアクティブな状態を維持します。 温度不感帯は常に正の値です。 以下は温
度トランスミッタの不感帯設定例です。
1. 高警報状態 - 温度の不感帯を10°F、アラーム上限値を250°Fに設定すると、
温度測定値が250°F以上になったときに、デバイスは高警報状態 (2秒ごとに
赤色LEDが2回点滅) になります。 温度測定値が240°F (アラーム上限値 - 不
感帯値、250°F - 10°F) 以下になるまで、デバイスは警報状態を維持します。
2. 低警報状態 - 温度の不感帯を10°F、アラーム下限値を50°Fに設定すると、
温度測定値が50°F以下になったときに、デバイスは低警報状態 (2秒ごとに赤
色LEDが2回点滅) になります。 温度測定値が60°F (アラーム下限値 + 不感帯
値、50°F + 10°F) 以上になるまで、デバイスは警報状態を維持します。
4-33
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-43: 1°
Fの温度不感帯
pHアラーム上限値
pHで測定可能な最高値にアラーム値を設定できます。 たとえば、pHアラーム
上限値として設定できる最高値はpH14です。
pHアラーム下限値
pHで測定可能な最低値にアラーム値を設定できます。 たとえば、pHアラーム
下限値として設定できる最低値はpH0です。
pH不感帯
pH不感帯の値は常に正の値です。 以下はpHトランスミッタの不感帯設定例
です。
1. 高警報状態 - pHの不感帯を2、アラーム上限値をpH10に設定すると、
pH測定値がpH10以上になったときに、デバイスは高警報状態 (2秒ごとに赤
色LEDが2回点滅) になります。 pH測定値がpH8 (アラーム上限値 – 不感帯
値) 以下になるまで、デバイスは警報状態を維持します。
2. 低警報状態 - pHの不感帯を2、アラーム下限値をpH7に設定すると、pH測定
値がpH7以下になったときに、デバイスは低警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが
2回点滅) になります。 pH測定値がpH9 (アラーム下限値 + 不感帯値) 以上に
なるまで、デバイスは警報状態を維持します。
4-34
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
図 4-44: pH1.0のpH不感帯
RHアラーム上限値
カスタムキーボード入力により、測定可能な最高のRHの割合にアラーム値を設定で
きます。 たとえば、RHアラーム上限値の場合、最高98%まで設定できます。
RHアラーム下限値
カスタムキーボード入力により、測定可能な最低のRHの割合にアラーム値を設定で
きます。 たとえば、RHアラーム下限値の場合、最低2%まで設定できます。
RH不感帯
RH不感帯の値は常に正の値にする必要があります。 RH不感帯はRHの上限下限
アラームのヒステリシスを形成するのに役立ちます。 以下はRH/温度トランスミッタ
の不感帯設定例です。
1.高警報状態 - RHの不感帯を5%、
アラーム上限値を90%に設定すると、RH測定
値が90%以上になったときに、デバイスは高警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが2回
点滅) になります。 RH測定値が85% (アラーム上限値 – 不感帯値) 以下になるま
で、
デバイスは警報状態を維持します。
2.低警報状態 - RHの不感帯を5%、
アラーム下限値を20%に設定すると、RH測定
値が20%以下になったときに、デバイスは低警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが2回
点滅) になります。 RH測定値が25% (アラーム下限値 + 不感帯値) 以上になるま
で、
デバイスは警報状態を維持します。
4-35
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
図 4-45: RH1%のRH不感帯
オフセット補正
センサ入力データの読み取りに、オフセット補正数値に値を設定できます。 こ
れは正の値と負の値のいずれにも設定できます。 オフセット補正が測定データ
に追加され、合計がトランスミッタに表示され、ロギングされます。
図 4-46: オフセットオプション
注:
新しい変更がデバイスメモリに保存されるようにするには、ア
ラーム&オフセット設定の変更後、[全ての設定を保存] ボタン
を押す必要があります。
4-36
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
4.4.5 言語
UWBTアプリケーションは9言語 (英語、中国語簡体字、韓国語、日本語、ポル
トガル語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語) で利用できます。
英語はアプリケーションにデフォルトで選択されている言語です。
言語の切り替えは簡単です。 iOSアプリでは、新しい言語を選択したら、即座
に変更されます。 この言語変更が実行された後、新しい設定がトランスミッタ
内部で保存されます。
図 4-47: 言語オプション
4.4.6 初期値に戻す
「初期値に戻す」オプションでは、UWBTトランスミッタの状態を工場出荷時
設定の初期状態に戻せます。 以下は工場での初期設定の表です。
4-37
4
ソフトウェアの説明 (iOS)
工場での初期設定
設定
初期値
温度単位°F
グラフX軸 経過時間
表示頻度1回/秒
ロギング頻度
1回/秒
ログファイル形式CSV
アラーム上限値
センサ範囲の最大値
アラーム下限値
センサ範囲の最小値
アラーム不感帯1°F、1% RH、pH1.0
アラーム音声
オフ
オフセット補正0
言語
英語
日付形式MM-DD-YY
図 4-48: 初期値に戻す
4-38
ソフトウェアの説明 (iOS)
4
4.4.7 全ての設定を保存
設定 (センサ、ログなど) を変更するたびに、設定が有効になるようにするに
は、タブレットとトランスミッタ中の新しい設定をすべて保存する必要があり
ます。
図 4-49: 全ての設定を保存
4-39
5
ソフトウェアの説明 (Android)
第 5 項 - ソフトウェアの説明 (Android)
5.1 ペアリング (Android)
最初のペアリングの説明
UWBTトランスミッタとの通信を開始するには、Bluetoothワイヤレスでスマートデ
バイスとペアリングする必要があります。 Androidデバイスでは、UWBTアプリ
からのペアリングだけが必要です。
注:
同じ名前の複数のトランスミッタが検出される場合、スマート
デバイスはUWBTトランスミッタとペアリングできません。 た
とえば、「Chemistry Lab」というトランスミッタが2つあって
スイッチがオンである場合、スマートデバイスは互いにペアリ
ングしません。 適切にペアリングするには、1つのトランスミ
ッタの名前を最初に変更する必要があります。
5.1.1 UWBTアプリでペアリング
以下の指示に従ってペアリングしてください。
1.UWBTトランスミッタのスイッチがオンになっていることを確認してくだ
さい。
2. UWBTアプリを開きます。
3. UWBTアプリで、[ペアリング] 設定へ移動します。
4. トランスミッタの [PAIR] ボタンを2秒間押し続けます。–これにより、センサ
が検索モードになります。
5. [トランスミッタの検索] ボタンをクリックします。
図 5-1: デバイスを検索するときのUWBTアプリ
6.[検索されたトランスミッタ] リストで、ペアリングしたいトランスミッタを
選択します。
5-1
ソフトウェアの説明 (Android)
5
7. [PAIR] ボタンをクリックします。
8.
スマートデバイスは、特定のトランスミッタとペアリングさせたいかどうか
尋ねるプロンプトを生成します。 [OK] をクリックします。 (このプロンプト
は、初めてトランスミッタとペアリングするときだけ表示されます。)
図 5-2: Bluetoothワイヤレスペアリング申請画面
9. データを表示しロギングする準備ができました。
注:
トランスミッタをUWBTアプリとペアリングさせても、送信が
アクティブになるわけではありません。 Bluetooth送信をアク
ティブにするには、[表示/設定] 画面にするかデータをロギン
グする必要があります。 それ以外の場合、トランスミッタは
2分後にペアリングを解除します。
5.1.2 トランスミッタが [検索されたトランスミッタ] リストにないときにペアリング
UWBTトランスミッタが [検索されたトランスミッタ] リストにないとき、以下
の説明に従ってください。
1. UWBTトランスミッタのスイッチがオンになっていることを確認してください。
2. UWBTアプリで、[ペアリング] 設定へ移動します。
3.
トランスミッタの [Pair] ボタンを2秒間押し続けます。–これにより、セン
サが検索モードになります。
4. [トランスミッタの検索] ボタンをクリックします。
5. トランスミッタが [トランスミッタの検索] リストに表示されます。
6.[検索されたトランスミッタ] リストで、ペアリングしたいトランスミッタを
選択します。
7. [PAIR] ボタンをクリックします。
8. データを表示しロギングする準備ができました。
5-2
5
ソフトウェアの説明 (Android)
5.1.3 複数のトランスミッタを1つのスマートデバイスとペアリング
UWBT Androidアプリを最大で4つの異なるトランスミッタとペアリングできます。
最初のトランスミッタとペアリングした後、使用したい新しいトランスミッタそれぞれ
について前の手順を繰り返します。
注:
1度に1つのトランスミッタとペアリングしてください。 複数
のトランスミッタと同時にペアリングしようとすると、ペアリ
ングのエラーにつながります。
注:
同じトランスミッタを複数のスマートフォンまたはタブレット
とペアリングできません。 異なるスマートデバイスでトラン
スミッタの情報を見るには、トランスミッタとUWBTアプリと
のペアリングを解除する必要があります。
5.1.4 トランスミッタとスマートデバイスとのペアリング解除
トランスミッタのペアリングを解除するには、以下の説明に従ってください。
1. UWBTアプリで、[ペアリング] 設定へ移動します。
2.[ペアリングされたトランスミッタ] リストでトランスミッタをハイライトし
ます。
3. [ペアリング解除] ボタンをクリックします。
4.[ペアリング解除してもよろしいですか?] というプロンプトが表示されま
す。 – [はい] をクリックします。
5.UWBTトランスミッタを切断できました。 スライドスイッチを使用して装置
をオフにするか、他のタブレット/スマートフォンとペアリングできます。
5.1.5 接続の切断 - タイムアウト
トランスミッタの電池寿命を節約するために、UWBTは2分間で接続がタイムア
ウトするように設計されています。 つまり、トランスミッタのスイッチがオン
で、スマートデバイスと2分以上通信しない (ペアリングしない) 場合、検索モー
ドを終了します。 これが発生した場合、この章の最初に説明したように、装置
を再ペアリングする必要があります。
5.1.6 トランスミッタBluetoothワイヤレスRFレンジ
タブレットを推奨されるBluetoothワイヤレスRFレンジから出す場合も、UWBT
トランスミッタはペアリングを解除される可能性があります。 トランスミッタ
とスマートデバイス間の壁など、障害がある場合、この範囲は狭くなります。
トランスミッタが切断された場合、この章の最初に説明したように、スマート
デバイスを再ペアリングする必要があります。
設定画面には、Bluetoothワイヤレス信号強度を示すバー表示があります。 5つの
バーは100%の信号強度、4つのバーは80%の信号強度を示します。 このグラフ
ィックを見れば、RFレンジにあるかどうか分かります。
5-3
ソフトウェアの説明 (Android)
5
Bluetoothワイヤレス信号強度インジケーターは、[センサ設定] メニューだけで
アクティブになります。他の画面からは見られません。 また、スマートデバイ
スにログオンするとき、信号強度は表示されません。
図 5-3: Bluetoothワイヤレス信号強度
注:
Bluetoothワイヤレス信号強度バーは、スマートデバイスとローカ
ルアンテナ (WiFi、4Gなど) との接続を示しません。 信号強度
はUWBTアプリの外で、スマートデバイスだけで表示されます。
5-4
5
ソフトウェアの説明 (Android)
5.2 UWBTアプリの表示
トランスミッタセンサ値は3つの異なる形式で表示されます。
• デジタル
• グラフ
• ゲージ
5.2.1 デジタル形式
デジタル形式は測定値を大きな数値形式で表示します。 相対湿度の値の分解能
は整数です。 温度については、値の分解能は小数点第1位、pHについては、値
の分解能は小数点第2位です。
RH測定値の場合、デジタル形式で3つの値、すなわちRH値、周囲温度、結露点
温度が表示されます。
値が設定した上限アラーム値以上になった場合、数値は赤色で表示されます。
値が設定した下限アラーム値以下になった場合、テキストは青色で表示され
ます。 アラーム音声が選択された場合、現在の値が上限アラームを上回るか下
限アラームを下回ったときに、音声はアクティブになります。
複数のUWBTトランスミッタに接続されているとき、どのトランスミッタを見
ているかを、デジタルスクリーンから直接選択できます。 [トランスミッタ 1]
のように表示されたボタンをクリックすると`、選択したトランスミッタのデー
タを見ることができます。
図 5-4: デジタル温度表示
5-5
ソフトウェアの説明 (Android)
5
図 5-5: デジタルRH表示
5.2.2 グラフ形式
トランスミッタデータはグラフ形式で表示できます。 グラフ形式には3つのオプ
ションがあります。
• ライブグラフ
• 再生データグラフ
• トランスミッタからダウンロードする
ライブトランスミッタデータ
ライブグラフは、データがトランスミッタでキャプチャされたときに同時に表
示します。 測定値は白い線で表示されます。 RHグラフの場合、温度は白い栓
(左のY軸)、RHの割合は緑色の線 (右のY軸) で表示されます。
上限アラーム値は赤色の水平方向の線で表示されます。 下限アラーム値は青色
の水平方向の線で表示されます。 アラーム音声が選択された場合、現在の値が
上限アラーム値を上回るか下限アラーム値を下回ったときに、音声はアクティ
ブになります。
複数のUWBTトランスミッタに接続されているとき、どのトランスミッタを見ているか
を、現在のデジタルスクリーンから直接選択できます。 [トランスミッタ 1] のように表
示されたボタンをクリックすると、選択したトランスミッタのデータを見ることができ
ます。
ライブグラフ画面の下に、アプリケーションに自動でY軸のスケールを調整させ
るか、または自分でパラメータを設定するかのオプションがあります。 自動ス
ケールを使えば、データラインを常に画面上に表示できます。 Y軸のスケール
をマニュアルで設定するには、[Y軸自動スケーリング] と表示されたチェックボ
ックスの選択を解除して、任意の値を入力するだけです。
この画面から直接ライブデータを記録できます。 ライブグラフ画面の下半分
で、[ロギング開始] ボタンを押します。 データはスマートフォンまたはタブレ
ットに記録されます。 記録中、画面の左上には、それを示すために [REC] が表
示されます。
5-6
5
ソフトウェアの説明 (Android)
図 5-6: ライブ温度グラフおよび上限下限アラーム
図 5-7: ライブRHグラフおよび上限下限アラーム
再生データグラフ
再生データグラフのオプションでは、すでにスマートフォンやタブレットのデ
バイスに保存されているグラフファイルを表示できます。 これらはスマートフ
ォンやタブレットに直接記録されたか、または内部ロギングの使用後にトラン
スミッタからダウンロードされたファイルです。
[トランスミッタデータを再生] を選択後、表示したいファイルを選択する必要
があります。 ファイル名は、センサ名+ログ開始日+ログ開始時間になります。
再生データグラフは1つの画面上ですべてのデータを表示します。 ここから、画
面右上にある虫眼鏡のアイコンを押すことによって、グラフにズームインする
か、ズームアウトできます。 タイムスタンプ軸を左右にドラッグすると、グラ
フ全体をスクロールできます。
指を使用してグラフの十字線を選択できます。 グラフ画面の任意の場所をタッ
プすると、垂直線が指に近づきます。
5-7
ソフトウェアの説明 (Android)
5
より精密に動かすには、
グラフ上で垂直線をホールドしてドラッグします。 十字線の
上にあるとき、
グラフの上には、その点のデータ値とタイムスタンプが表示されます。
図 5-8: 温度センサデータ再生グラフ
図 5-9: pHセンサデータ再生グラフ
トランスミッタからダウンロードする
情報を記録するためにUWBTトランスミッタ上で内部ロギング設定を使用後、
トランスミッタからスマートデバイスにデータをダウンロードする必要があり
ます。 その後、再生データグラフを見るか、ログデータをEメール/クラウドサ
ービスに送信できます。
[トランスミッタからダウンロードする] を選択すると、UWBTアプリケーショ
ンはトランスミッタに保存されているログファイルすべてのダウンロードを即
時に開始します。 この処理には最大で2分かかります。
5-8
5
ソフトウェアの説明 (Android)
図 5-10: トランスミッタからログデータをダウンロードする
図 5-11: トランスミッタからすでにダウンロードされたファイル
注:
スマートフォンまたはタブレットにロギングしている場合、
ダウンロードしたファイルを見ることができません。 ログフ
ァイルを見るには、ログを停止する必要があります。
5-9
ソフトウェアの説明 (Android)
5
図 5-12: サンプルCSVファイル
図 5-13: サンプルTXTファイル
5-10
5
ソフトウェアの説明 (Android)
5.2.3 ゲージ形式
ダイアル上の現在値を指すことで、ゲージ形式で測定値が表示されます。
値が変化すると、ダイアルは新しい数値の点に向かって、左または右に移動し
ます。 また、値はゲージ下にデジタル形式で表示されます。
UWBT-RHモデルの場合、画面上に2つのゲージがあります。 右のゲージは相対
湿度 (%単位)、左のゲージは周囲温度 (設定メニューで選択された単位) を表示
します。
UWBT-pHモデルの場合、画面上に2つのゲージがあります。 右のゲージはpH
値、左のゲージは溶液温度 (設定メニューで選択された単位) を表示します。
ゲージの内周には、青、緑、赤に変わるバーがあります。これらのエリアはそ
れぞれ、下限アラーム、通常、上限アラームの測定値を示します。 値が上限ア
ラーム値以上になると、デジタルの測定値は赤色で表示され、値が下限アラー
ム値以下になると、デジタルの測定値は青色で表示されます。 アラーム音声が
選択された場合、現在の値が上限アラームを上回るか下限アラームを下回った
ときに、音声はアクティブになります。
ゲージの範囲は自動的に設定されます。ゲージの境界の数字は変更できません。
複数のUWBTトランスミッタに接続されているとき、どのトランスミッタを見
ているかを、現在のデジタルスクリーンから直接選択できます。 [トランスミッ
タ 1] のように表示されたボタンをクリックすると、選択したトランスミッタの
データを見ることができます。
図 5-14: 温度ゲージ
5-11
ソフトウェアの説明 (Android)
5
図 5-15: pHおよび温度ゲージ
5.2.4 電池量表示
トランスミッタの電池残量が50%より多い場合、電池の図は緑色で表示され、電池残
量の割合も図の横に表示されます。
図 5-16: 電池残量が92%の表示
トランスミッタの電池残量が20~49%の場合、電池の図は黄色で表示され、電池残量
の割合も図の横に表示されます。
図 5-17: 電池残量が29%の表示
トランスミッタの電池残量が20%より少ない場合、電池の図は赤色で表示され、電池残
量の割合も図の横に表示されます。
図 5-18: 電池残量が14%の表示
電池アイコンの中にある稲妻の記号は、2本の単三電池が再充電中であることを示
しています。
注:
電池残量が20%以下になった場合、トランスミッタの充電を推
奨します。 電池残量が20%以下になったトランスミッタを使用
すると、UWBTアプリケーションとの組み合わせが難しくなる
場合があります。
5-12
5
ソフトウェアの説明 (Android)
5.3 UWBTアプリのログ
ログ設定とは、以下のパラメータを含むスマートフォン/タブレットのログを指
します。
ログサンプルレート
ログサンプリングレートとは、2つのオプションの1つである、スマートフォン/
タブレットのログを指します。 1回/秒から1回/分まで、4つのロギングレート
が利用可能です。
図 5-19: ログレートオプション
txt/csvファイル形式でファイルを選択
ファイルをEメールで送信するか、クラウドサービスに送信するときに、テキス
ト (TXT) またはExcel (CSV) 形式で選択できます。
注:
スマートフォンまたはタブレットにロギングするとき、単一フ
ァイルに保存できるサンプルの最大数は、熱電対およびRTDプ
ローブの場合100,000、pHプローブの場合200,000、RHプロー
ブの場合300,000です。 ロギングセッションがこれらの限度を
超えた場合、UWBTアプリはファイルを閉じ、新しいファイル
を作成し、ロギングを継続します。
送信するファイルの選択
スマートフォンまたはタブレットにログされた、
またはトランスミッタの内部メモリから
ダウンロードされたファイルは、上記の通り、txt/csvファイル形式で、Eメールまた
はクラウドサービスのアカウントに送信されることがあります。 ダウンロードされたフ
ァイルは [送信するログファイル] フィールドで見ることができます。
5-13
ソフトウェアの説明 (Android)
5
図 5-20: 送信するログファイルの表示
Eメールアドレスを入力
カスタムキーボード入力を使用して有効なEメールアドレスを入力します。
図 5-21: Eメールアドレス用のカスタムキーボード入力
クラウドサービスへ送信
ログファイルの送信に利用できるクラウドサービスが4つあります (Dropbox、
SugarSync、OneDrive、Google Driveです。 ファイルの送信時に、クラウドサ
ービスアカウントはアクティブになっていなければなりません (クラウドサービ
スに関する詳細については第 3 項を参照してください)。
5-14
5
ソフトウェアの説明 (Android)
図 5-22: クラウドサービスオプション
注:
[ファイルのアップロード] を選択した後、ファイルが実際に送
信されたときに関して遅延があります。 データがアップロー
ドされるまで5~10秒待機します。[送信] ボタンを複数回押す
と、Eメールが複数回送信されます。
内部ログ
内部ログタブを切り替えることで、UWBTトランスミッタの内部メモリにデータをロ
グできるようになります。 その後、データはトランスミッタハンドルに直接記録され
ます。
スマートフォンまたはタブレットのメモリを消費する必要はありません。 内部ロ
ギングを設定したら、既存のデータをダウンロードできないので注意してください。
図 5-23: 内部ログオプション
5-15
ソフトウェアの説明 (Android)
5
注:
内部ロギングをオンにした場合、その機能の設定オプションが
グレイアウトします。 設定を変更するために、内部ログをオ
フにする必要があります。
図 5-23A: 内部ログオプション (内部ログがオンのときに無効)
内部ログの頻度
5つの異なるログ頻度で、トランスミッタの内部メモリにデータをログできま
す。 内部ロギングの頻度は10回/秒~1回/分の範囲で設定できます。 RHトラン
スミッタの場合、データを10回/秒の頻度でログを取ることはできません。
図 5-24: 内部ログレートオプション
5-16
5
ソフトウェアの説明 (Android)
リングバッファ
リングバッファは非常に便利な機能で、トランスミッタの内部メモリが一杯の
ときに、もっとも古いデータを上書きします。 上記のスライダーを使用するこ
とで、リングバッファをオンかオフに設定できます。 リングバッファをオフに
設定すると、内部ロギングは内部メモリが一杯になったときに停止します。
内部メモリの消去
内部ロギング機能をオンに設定することで、トランスミッタの内部メモリを
消去し、データフレッシュの記録を開始できます。 内部メモリを消去しても、
タブレットまたはスマートフォンで利用できるファイルに影響はありません。
図 5-25: 内部メモリの消去
5-17
ソフトウェアの説明 (Android)
5
5.4 UWBTアプリの設定
アプリケーションから1つまたは複数のUWBT Bluetoothトランスミッタと組み
合わせることができます。 組み合わせると、デバイスのさまざまな設定を変更
し、デバイスに保存できます。 以下は設定メニューのオプションの一覧です。
• センサのペアリング
• センサ設定
• アラーム&オフセット
• ログ設定 (情報については「ログ設定」の項をご覧ください。)
• 言語
• 初期値に戻す
• 全ての設定を保存
5.4.1 設定メニュー
設定には以下に示すようなパラメータが含まれます。 マニュアルのこの項に各
設定の説明があります。
図 5-26: 設定メニュー
5.4.2 センサのペアリング
組み合わせの詳細については、「UWBTトランスミッタに接続」の項を参照し
てください。
5-18
5
ソフトウェアの説明 (Android)
5.4.3 センサ設定
センサ設定では、希望する時間軸、日付形式、ライブデータの表示頻度、工学
単位などを設定できます。 以下は熱電対センサの設定例です。
図 5-27: 熱電対センサ設定画面
時間軸
時間軸には2種類あります。 時間軸は経過時間またはリアルタイムモードに設
定できます。 経過時間は、データポイントの間に一定の時間間隔を設定して、
0:00からデータログの任意時間までのデータを表示します。 リアルタイムは、
データポイントの間に一定のリアルタイム間隔を設定してデータを表示しま
す。 ライブデータはリアルタイムまたは経過時間の形式で表示できます。 再生
データはリアルタイム形式で表示できます。
図 5-28: 時間軸オプション
5-19
ソフトウェアの説明 (Android)
5
日付形式
個人の希望に応じて日付形式を選択できます。 形式はDD-MM-YYまたは
MM-DD-YYです。 UWBTでの内部ロギングおよびタブレットでのログは、選択
された日付形式に従います。
注:
日付時間形式は、トランスミッタをスマートデバイスと再ペア
リングするたびにリセットする必要があります。
図 5-29: 日付形式オプション
センサタイプ
センサには4つのタイプがあります (T/C、RTD、pH、RH)。 センサ設定ペー
ジの上部に、現在表示しているセンサの情報があります。 複数のセンサに接続
していて、異なるセンサの情報が必要なときは、[表示] 画面に移動して、見た
いセンサを選択します。 その後、[センサ設定] 画面に戻ると、新しいセンサ情
報を見ることができます。
5-20
5
ソフトウェアの説明 (Android)
図 5-30: トランスミッタ名の表示
表示頻度
画面に表示できる表示頻度には5種類あります。 頻度は10回/秒~1回/分の範囲
となります。 複数のセンサに接続している場合、10回/秒の頻度は利用できま
せん。 また、10回/秒をRHセンサに利用することはできません。
図 5-31: 表示頻度オプション
5-21
ソフトウェアの説明 (Android)
5
トランスミッタの日時設定
UWBTトランスミッタは、スマートデバイスに選択された日時設定を採用でき
ます。トランスミッタ上の日時を変更するには、最初にスマートデバイスで変
更する必要があります。
1. タブレット設定へ移動します。
2. 国と時刻の基本設定に応じて日付と時刻を設定します。
3. UWBTソフトウェアアプリに進みます。
4. [設定] メニューへ移動し、[センサ設定] をクリックします。
5. [トランスミッタの日時設定] のチェックボックスを選択します。
6. [設定] メニューへ移動し、[全ての設定を保存] をクリックします。
図 5-32: デバイスの日時設定
Bluetoothワイヤレス信号
Bluetoothワイヤレス信号強度はセンサ設定画面で見ることができます。 詳細に
ついては、「UWBTアプリケーションに接続」の項を参照してください。
注:
Bluetooth信号強度が [センサ設定] 画面に表示されるまで、
最大で30秒かかります。
5-22
5
ソフトウェアの説明 (Android)
トランスミッタの名前
UWBT Bluetoothワイヤレストランスミッタには、工場出荷時設定のデフォル
トセンサ名が付いています。 以下に示したフィールドに新しい名前を入力
し、[Done] ボタンをクリックすることで、任意のセンサ名に変更できます。 ア
プリケーション上の [全ての設定を保存] をクリックし、新しい名前をトランス
ミッタに保存してください。 新しいセンサ名に設定した後、センサ名の設定は
トランスミッタハンドルに内部的に保存されます。 新しい名前が反映されるよ
う、トランスミッタとのペアリングを解除するか再設定してください。タブレ
ットまたはトランスミッタをオフにする必要はありません。
注:
センサ名を英数字以外の文字で保存することはできません。
トランスミッタ名の設定に特殊文字 (例: !@#) を使用することは
できません。
注:
トランスミッタ名は15文字以内に限定されます。
トランスミッタの名前を変更後、以下の手順を用いて、新しく名前を付けたト
ランスミッタで再度ペアリングします。
1. [トランスミッタのペアリング] のセクションに従って、UWBTトランスミッ
タのペアリングを解除します。
2. スマートデバイスの [設定] メニュー → [Bluetooth] セクションを選択しま
す。
3. トランスミッタの以前の名前を選択し、[ペアリング解除] を選択します。
4. UWBTアプリに戻り、標準のペアリングプロセスを続行します。
5-23
図 5-33: トランスミッタ名の変更
ソフトウェアの説明 (Android)
5
熱電対エレメントタイプ
接続しているトランスミッタによっては、センサを [トランスミッタの設定] 画面
で 設 定できる場 合 が あります。 以 下 は 各 エレメントタイプ のカスタマイズ
可 能 な 設 定です。 たとえば、 熱 電 対 エレメントの 校 正 には 9 種 類あります
(J、K、E、T、R、S、N、C、B)。[サブタイプ] ドロップダウンメニューから選択す
ることで、機能の熱電対タイプを選択できます。
図 5-34: 熱電対センサのエレメントタイプとサブタイプの表示
RTD設定
RTDの選択には、PT100 (100オームRTD) とPT1000 (1000オームRTD) の2種類が
あります。
図 5-35: RTD値の選択
5-24
5
ソフトウェアの説明 (Android)
サブタイプ: ドロップダウンメニューから選択できる、RTDセンサの曲線には2種類
あります (アメリカ曲線またはヨーロッパ曲線)。
図 5-36: RTDサブタイプの選択
pH固定溶液温度
固定溶液温度タブに温度を入力することで、固定溶液温度を選択できます。 この選
択は、pH電極に内蔵RTD温度センサが無いときに行います。 RTDセンサを備えた
pH電極では固定温度オプションを選択する必要はありません。 pHセンサのRTD部
分をUWBTに接続するだけで、
トランスミッタは溶液の温度を測定し、測定された温
度に対しpH値を補償します。
図 5-37: 溶液の固定温度の設定
5-25
ソフトウェアの説明 (Android)
5
単位
UWBT Bluetoothワイヤレストランスミッタで使用できる温度工学単位には4種
類あります (華氏、摂氏、ランキン、ケルビン)。 ドロップダウンメニューから
°F、°C、°R、K (ケルビン) を選択できます。
図 5-38: 温度単位の設定
5.4.4 アラーム&オフセット
アラーム&オフセット設定では、
ライブデータに対するアラームのオン/オフ、上限ア
ラーム、下限アラーム、不感帯などを設定できます。
図 5-39: アラーム条件の表示
5-26
5
ソフトウェアの説明 (Android)
pHのアラーム設定
ライブデータグラフ上で希望のアラーム条件に従ってpHまたは温度のボタンを
交換できます。
RHのアラーム設定
ライブデータグラフ上で希望のアラーム条件に従ってRHまたは温度のボタンを
交換できます。
アラーム音声
アラームのトーンには5種類あります。 特定の音声を選択するためにメニューを
ドロップダウンすると、サンプルのトーンが2秒間再生されます。
注:
アラーム音声が有効のとき、アラーム条件を入力後、サイレン
が5秒間鳴ります。 5秒後に音が停止しますが、アラーム条件
の間、測定値は指定された色を維持します (下限アラームは青
色、上限アラームは赤色)。
図 5-40: アラーム音声オプション
温度アラーム上限値
カスタムキーボード入力により、このアラーム値を特定のセンサの最高値に設
定できます。 たとえば、Kタイプの熱電対の場合、2300°Fまで設定できます。
センサの上限を超える値を入力した場合、UWBTアプリケーションは自動的に
上限アラームをそのセンサで可能な最高の値に設定します。
温度アラーム下限値
カスタムキーボード入力により、このアラーム値を特定のセンサの最低値に設
定できます。 たとえば、Kタイプの熱電対の場合、-148°Fまで設定できます。
5-27
センサの下限を超える値を入力した場合、UWBTアプリケーションは自動的に
下限アラームをそのセンサで可能な最低の値に設定します。
ソフトウェアの説明 (Android)
5
図 5-41: 温度値の入力
温度不感帯
不感帯とは、警報状態を変更することなく、センサの測定値が変動可能な範囲
のことです。 センサが高または低警報状態に達すると、測定値が「アラーム上
限値 - 不感帯値」または「アラーム下限値 + 不感帯値」に達するまで、アラー
ムはアクティブな状態を維持します。 温度不感帯は常に正の値です。 以下は温
度トランスミッタの不感帯設定例です。
高警報状態 - 温度の不感帯を10°F、アラーム上限値を250°Fに設定すると、温度測
定値が250°F以上になったときに、デバイスは高警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが
2回点滅) になります。 温度測定値が240°F (アラーム上限値 - 不感帯値、250°F 10°F) 以下になるまで、デバイスは警報状態を維持します。
警報状態 - 温度の不感帯を10°F、アラーム下限値を50°Fに設定すると、温度測
低
定値が50°F以下になったときに、デバイスは低警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが
2回点滅) になります。 温度測定値が60°F (アラーム下限値 + 不感帯値、50°F +
10°F) 以上になるまで、デバイスは警報状態を維持します。
図 5-42: 1°Fの温度不感帯
5-28
5
ソフトウェアの説明 (Android)
pHアラーム上限値
pHで測定可能な最高値にアラーム値を設定できます。 たとえば、pHアラーム
上限値に設定できる最高値はpH14です。
pHアラーム下限値
pHで測定可能な最低値にアラーム値を設定できます。 たとえば、pHアラーム
下限値に設定できる最低値はpH0です。
pH不感帯
pH不感帯の値は常に正の値です。 以下はpHトランスミッタの不感帯設定例です。
高警報状態 - pHの不感帯を2、アラーム上限値をpH10に設定すると、pH測定
値がpH10以上になったときに、デバイスは高警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが2
回点滅) になります。 pH測定値がpH8 (アラーム上限値 – 不感帯値) 以下になる
まで、デバイスは警報状態を維持します。
低警報状態 - pHの不感帯を2、アラーム下限値をpH7に設定すると、pH測定
値がpH7以下になったときに、デバイスは低警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが2
回点滅) になります。 pH測定値がpH9 (アラーム下限値 + 不感帯値) 以上になる
まで、デバイスは警報状態を維持します。
図 5-43: pH1.0のpH不感帯
5-29
ソフトウェアの説明 (Android)
5
RHアラーム上限値
カスタムキーボード入力により、測定可能な最高のRHの割合にアラーム値を設
定できます。 たとえば、RH上限アラームの場合、最高98%まで設定できます。
RHアラーム下限値
カスタムキーボード入力により、測定可能な最低のRHの割合にアラーム値を設
定できます。 たとえば、RH下限アラームの場合、最低2%まで設定できます。
RH不感帯
RH不感帯の値は常に正の値にする必要があります。 RH不感帯はRHの上限下限
アラームのヒステリシスを形成するのに役立ちます。 以下はRH/温度トランス
ミッタの不感帯設定例です。
高警報状態 - RHの不感帯を5%、アラーム上限値を90%に設定すると、RH測定
値が90%以上になったときに、デバイスは高警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが2
回点滅) になります。 RH測定値が85% (アラーム上限値 – 不感帯値) 以下になる
まで、デバイスは警報状態を維持します。
低警報状態 - RHの不感帯を5%、アラーム下限値を20%に設定すると、RH測定
値が20%以下になったときに、デバイスは低警報状態 (2秒ごとに赤色LEDが2回
点滅) になります。 RH測定値が25% (アラーム下限値 + 不感帯値) 以上になる
まで、デバイスは警報状態を維持します。
図 5-44: RH1%のRH不感帯
5-30
5
ソフトウェアの説明 (Android)
オフセット補正
センサ入力データの読み取りに、オフセット補正数値に値を設定できます。
これは正の値と負の値のいずれにも設定できます。 オフセット補正値が測定デ
ータに追加され、合計がトランスミッタに表示され、ロギングされます。
図 5-45: オフセットオプション
注:
新しい変更がデバイスメモリに保存されるようにするに
は、アラーム&オフセット設定の変更後、[全ての設定を
保存] ボタンを押す必要があります。
5-31
ソフトウェアの説明 (Android)
5
5.4.5 言語
UWBTアプリケーションは9言語 (英語、中国語簡体字、韓国語、日本語、ポルト
ガル語、ドイツ語、フランス語、イタリア語、スペイン語) で利用できます。 英
語はアプリケーションにデフォルトで選択されている言語です。
言語の切り替えは簡単です。 新しい言語を選択したら、アプリケーションは変更
を適用するためにアプリケーションを閉じるように指示します。 その後、UWBT
アプリケーションを再起動して、センサを修復する必要があります。 この言語変
更が実行された後、新しい設定がトランスミッタ内部で保存されます。
図 5-46: 言語オプション
5.4.6 初期値に戻す
「初期値に戻す」
オプションでは、UWBTトランスミッタの状態を工場出荷時設定の
初期状態に戻せます。 以下は工場での初期設定の表です。
工場での初期設定
設定
初期値
温度単位°F
グラフX軸 経過時間
表示頻度1回/秒
ロギング頻度
1回/秒
ログファイル形式CSV
アラーム上限値
センサ範囲の最大値
アラーム下限値
センサ範囲の最小値
アラーム不感帯
1°F、1% RH、0.1pH
アラーム音声
オフ
オフセット補正0
言語
英語
日付形式MM-DD-YY
図 5-47: 工場での初期設定
5-32
5
ソフトウェアの説明 (Android)
図 5-48: 初期値に戻す
5.4.7 全ての設定を保存
設定 (センサ、
ログなど) を変更するたびに、設定が有効になるようにするには、
タブ
レットとトランスミッタ中の新しい設定をすべて保存する必要があります。
図 5-49: 全ての設定を保存
5-33
ソフトウェアの説明 (PC App)
6
第 6 項 - ソフトウェアの説明 (PC App)
UWBT PCによって、4つの異なるUWBTモデルと通信できます。 このアプリケ
ーションによって、以下が可能です。
・ USB 2.0ポートを使用してUWBTトランスミッタと接続する
・ 熱電対、RTD、pH、RHトランスミッタを構成する
・ トランスミッタのファームウェアをアップデートする
・ 上限/下限アラームおよびオフセット、センサのサブタイプ、ならびにトラ
ンスミッタ名など、トランスミッタの設定を変更する
・トランスミッタ内部メモリへのロギングを開始/停止し、トランスミッタの
メモリに保存されたデータをPCにダウンロードする
注:
このアプリケーションは、Java Runtime Environment (JRE) バー
ジョン1.6 (32ビットのみ) 以降がインストールされたWindows
オペレーティングシステム (Windows 7およびWindows 8)
およびMac オペレーティングシステム (Leopard、Mountain
Lion、およびLion) をサポートします。 このアプリケーショ
ンは、Windows 8.1が稼働するWindows Surfaceなど、完全な
Windows OSが稼働するタブレットにインストールできます。
このアプリケーションはWindows RTをサポートしません。
6.1 PCアプリケーションのインストール
UWBT PCアプリケーションをコンピュータにインストールするには以下の手順
に従います。
1. 最新のUWBT PCアプリケーションのリリースノートをOMEGAのウェブサイ
トからダウンロードします。
2. ダウンロードが完了したら、ダウンロードが保存されたディレクトリを開きます。
3. UWBT PCアプリの実行ファイル (.exe) をクリックし実行します。 アプリケー
ションとそのドライバは自動でインストールされます。
4. アプリケーションのインストールが完了したら、ショートカットがコンピュ
ータのデスクトップに作成され、「UWBT Libusb」ディレクトリがPCのC:ド
ライブに作成されます。 ディレクトリにはすべてのUWBTトランスミッタモ
デルに対するドライバが含まれます。
6.2 ホーム画面の説明
[ホーム] では、UMBTトランスミッタを接続/切断、トランスミッタのセンサの
ライブデータの表示、ファームウェアのアップデート、トランスミッタからPC
へログ済みデータのダウンロードが可能です。
トランスミッタの検索 :
[トランスミッタの検索] ボタンをクリックして、PCのUSBポートに接続されて
いるUWBTトランスミッタを検索します。 検索できるUMBTトランスミッタの
最大数は4個です。
6-1
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
図 6-1: UWBT PCアプリ起動画面
図 6-2: UWBT PCアプリホーム画面
検索した後、1個のUWBTトランスミッタのみ同時にPCアプリに接続できます。
トランスミッタ名の隣にある [選択] ボタンをクリックすることで、検索したト
ランスミッタに接続できます。 選択する新しいトランスミッタの隣にある [選
択] ボタンをクリックすることで、接続するトランスミッタを切り替えることが
できます。 アプリケーションは前のトランスミッタから自動的に切断され、新
しいトランスミッタに接続されます。
6-2
ソフトウェアの説明 (PC App)
6
注:
UWBTトランスミッタを接続すると、[トランスミッタの検
索]ボタンの名前は [トランスミッタを切断] に変更されます
デジタル表示 :
[デジタル表示] ボタンをクリックして、デジタル形式でリアルタイムのセンサ
データを表示します。 UWBTトランスミッタ入力にセンサが接続されていない
場合、[センサオープン] が表示されます。
図 6-3: デジタル表示 - 熱電対用トランスミッタ
6-3
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
図 6-4: デジタル表示 - RH/温度トランスミッタ
ファームウェアのアップデート :
[ファームウェアアップデート] ボタンをクリックすることで、接続された
UWBTトランスミッタのファームウェアをアップデートできます。 [ファームウ
ェアアップデート] ボタンをクリックすると、接続されているUWBTトランスミ
ッタのタイプが[状況] ボックスに表示されます。 ファームウェアファイルが [状
況] ボックスに表示されている [検索されたトランスミッタ] のタイプと互換性が
あることを確認してください。
ファームウェアをアップデートする方法 :
1. [選択] ボタンをクリックして、.HEXファームウェアファイルを探します。
2. [ファームウェアの更新] をクリックして、UWBTトランスミッタに新しいファ
ームウェアをフラッシュします。
3. 画
面には次のメッセージが表示されるはずです。 [プログラミング完了] およ
び [検証完了(Verify Successful)] (次の画像を参照)
6-4
ソフトウェアの説明 (PC App)
6
図 6-5: ファームウェアのアップデート:
トランスミッタからダウンロードする
この機能では、UWBTトランスミッタ内部メモリからPCへ、ログ済みデータを
ダウンロードできます。 このデータは.txtまたは.csv形式でダウンロードできま
す。 トランスミッタ内部メモリに保存されている各ロギングセッションは、PC
アプリによって独自のファイル名でダウンロードされます。 ログ済み内部デー
タをダウンロードする方法:
1. [トランスミッタからダウンロード] ボタンをクリックします。
2. 次の画像のように、PCのデータを保存するディレクトリを探します。
3. ダウンロードするファイルに「ファイル名」を入力します。 アプリケーショ
ンはこの名前を使用して、すべてのログ済みデータファイルが保存されるフ
ォルダを作成します。 フォルダの内のファイル名として、タイムスタンプと
ともに接頭辞で同じ名前が使われます。
4. ログ済みファイルを保存するファイル形式を選択します(.txtまたは.csv)。
5. [保存] をクリックして、PCの指定の場所に保存されたデータをダウンロード
します。
6-5
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
図 6-6: プローブからのダウンロード画面
トランスミッタの校正
PCアプリケーション (Windows、Mac) を利用することでトランスミッタをフィ
ールドで校正できます。トランスミッタを以下のように校正できます。
注:
UWBT-RHトランスミッタセンサはフィールドで校正でき
ませんが、RHセンサをフィールドで交換できます。交換
用センサのOmega部品番号は TH-SP です。
熱電対モデル – UWBT-TC:
これは3点校正です。Kタイプ熱電対の入力を校正する必要があります。4種類
の工学単位、華氏、ケルビン、摂氏、ランキンを使用して機器を校正できま
す。工学単位を変更するには、設定画面に行き、工学単位を選択して、[全ての
設定を保存] ボタンをクリックします。次の手順では、熱電対シミュレータを使
用して、工学単位を摂氏として、UWBT-TCの校正例を示しています。
• [センサ設定] 画面からKタイプの熱電対を選択します。
• [ 下限設定温度] オプションを選択します。熱電対入力とテキストボックス
を-96°Cに設定します。[校正] ボタンを押します。
• [ 上限設定温度] オプションを選択します。熱電対入力とテキストボックスを
1093 °Cに設定します。[校正] ボタンを押します。
• [冷接点温度精度] オプションを選択します。熱電対の冷接点付近の周囲温度を
測定し、熱電対の入力を測定温度に設定し、その値をテキストボックスに入力
します。[校正] ボタンを押します。
6-6
単位はすべての熱電対入力に対して校正されました。[初期値に戻す] ボタンを
押して、工場校正状態にいつでも戻せます。
ソフトウェアの説明 (PC App)
6
図 6-7: 熱電対モデル校正
RTDモデル – UWBT-RTD:
これは2点校正です。4種類の工学単位、華氏、ケルビン、摂氏、ランキンを使
用して機器を校正できます。下の例では、工学単位として摂氏を使用していま
す。工学単位を変更するには、設定画面に行き、工学単位を選択して、[全ての
設定を保存] ボタンをクリックします。Pt100 European曲線の入力を校正する必
要があります。高精度ディケードボックスの使用:
• [センサ設定] 画面からPt100とヨーロッパ曲線を選択します。
• [下限設定温度] オプションを選択します。ディケードボックスを48Ωに設定
し、テキストボックスを-130°Cに設定します。[校正] ボタンを押します。
• [上限設定温度] オプションを選択します。ディケードボックスを389Ωに設定
し、テキストボックスを845°Cに設定します。[校正] ボタンを押します。
高精度ディケードボックスでPT1000 RTD ヨーロッパ曲線を校正する方法:
• [センサ設定] 画面からPt1000とヨーロッパ曲線を選択します。
• [下限設定温度] オプションを選択します。ディケードボックスを480Ωに設定
し、テキストボックスを-130°Cに設定します。[校正] ボタンを押します。
• [上限設定温度] オプションを選択します。ディケードボックスを3890Ωに設
定し、テキストボックスを845°Cに設定します。[校正] ボタンを押します。
単位はすべてのRTD入力に対して校正されました。[初期値に戻す] ボタンを押し
て、工場校正状態にいつでも戻せます。
6-7
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
図 6-8: RTDモデル校正
pH/ 温度モデル – UWBT-PH:
pHとRTD温度入力を校正する必要があります。4種類の温度の工学単位で機器
を校正できます。華氏、ケルビン、摂氏、ランキンを使用して機器を校正でき
ます。下の例では、工学単位として摂氏を使用しています。工学単位を変更す
るには、設定画面に行き、工学単位を選択して、[全ての設定を保存] ボタンを
クリックします。RTDセンサが機器に接続されていない場合、校正を開始する
前に、設定メニューの溶液温度を変更し、機器の変更をすべて保存してくださ
い (デフォルトの溶液温度は22.2°C)。pH入力とは、pH電極と2つのバッファ
溶液 (pH4 および pH10) またはDC mVソース (177mV および -177mV) を使用
する2点校正です。
• [pH下限値] オプションを選択します。pH電極をpH4溶液に置き (またはDCソ
ースを 177mVに設定)、測定値が安定するまで、少なくとも1分間待ち、[pH
下限値] テキストボックスに [pH4] と入力します。[校正] ボタンを押します。
• [ pH上限値] オプションを選択します。pH電極をpH10溶液に置き (または
DCソースを -177mVに設定)、測定値が安定するまで、少なくとも1分間待
ち、[pH上限値] テキストボックスに [pH10] と入力します。[校正] ボタンを
押します。
pH7、10など、他のバッファ溶液のpH入力を校正できます。校正はpH4 およ
び pH10の値だけに限定されません。RTD温度校正については、高精度ディケ
ードボックスを使用してください。
• [下限設定温度] オプションを選択します。ディケードボックスを101Ωに設
定し、[下限設定温度] テキストボックスに [3°C] と入力します。[校正] ボタ
ンを押します。
• [上限設定温度] オプションを選択します。ディケードボックスを127Ωに設
定し、[上限設定温度] テキストボックスに [70°C] と入力します。[校正] ボ
タンを押します。
6-8
単位はpH、RTD入力に対して校正されました。[初期値に戻す] ボタンを押し
て、工場校正状態にいつでも戻せます。
ソフトウェアの説明 (PC App)
6
図 6-9A: pH/温度モデル校正
図 6-9B: pH/温度モデル校正
6-9
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
6.3 設定の説明
[設定] 画面では、センサ名、センササブタイム、工学単位、アラーム設定、内
部メモリロギングの開始/停止、工場出荷時設定の復元など、UWBTトランス
ミッタ設定を変更できます。 PCアプリケーション画面の下にある [設定] ボタ
ンをクリックすれば、これらの機能にアクセスできます。
センサ設定:
UWBTトランスミッタが接続しているタイプによっては、[センサ設定] ボタ
ンでデバイス設定を変更できます。 この画面でトランスミッタ名と工学単位
(°F、°C、°R、K)の変更や、UWBT内部リアルタイム時計の日付を設定可能で
す。
熱電対用トランスミッタについては、下の画像で示されるように、熱電対 [サ
ブタイプ] ドロップダウンメニューを設定できます。
RTDトランスミッタについては、RTD入力タイプ(PT100またはPT1000)およ
びRTD校正曲線(ヨーロッパまたはアメリカ)を設定できます。
pH用トランスミッタについては、pH用トランスミッタのRTD入力にRTDPT100センサが接続されていない場合、[溶液温度] を設定できます(内蔵RTD
センサを備えていないpH電極)。
図 6-10: プローブからのダウンロード画面
6-10
ソフトウェアの説明 (PC App)
6
図 6-11: pHセンサ設定画面
注:
センサ入力、アラーム、ログ設定に変更をすべて加えた後、
[全ての設定を保存] ボタンをクリックして、トランスミッタの
内部メモリで新しい変更を保存/アップデートする必要があり
ます。
6-11
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
アラーム&オフセット
[アラーム&オフセット] 画面では、上限/下限アラーム設定ポイント値、不感
帯、センサオフセット補正を設定できます。 下の画像は、サーモカプルおよび
pHトランスミッタのボタンをクリックしたときの [アラーム&オフセット] 画面
を示しています。 RTD用トランスミッタの画面は、熱電対用トランスミッタと
同じです。 pH用トランスミッタの画面はRH用トランスミッタのものと同じで
す。唯一の違いは、RH値がpH値に置き換わっていることです。
図 6-12: 熱電対アラーム&オフセット画面
• 上限アラームセットポイント :
特定のUWBTセンササブタイプに、最高測定入力のアラーム下限値を設定でき
ます。 たとえば、Kタイプの熱電対の場合、2300°Fまで設定できます。
• 下限アラームセットポイント :
特定のセンササブタイプに、最低測定入力のアラーム下限値を設定できます。
例えば、Kタイプ熱電対に最低-148°Fのアラームを設定できます。
• アラーム不感帯 :
センサが上限/下限警報状態に到達したとき、読み取り値が「アラーム上限値不感帯値」を下回るか、「アラーム下限値+不感帯値」を上回るまで、デバイス
は警報状態を維持します。 アラーム不感帯は常に正の値です。 以下はトランス
ミッタの不感帯設定例です。
1. 高警報状態 - 温度の不感帯を10°F、アラーム上限値を250°Fに設定すると、
温度測定値が250°F以上になったときに、トランスミッタは警報状態 (2秒
ごとに赤色LEDが2回点滅) になります。 トランスミッタは、 温度の測定値
が240°F以下 (アラーム上限値 – 不感帯値) になるまで、警報状態を維持し
ます。
6-12
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
2. 低警報状態 - 温度不感帯を10°Fに設定し、アラーム下限値を50°Fに設定する
と、温度の測定値が50°Fまたはそれを下回ったとき、トランスミッタは警報
状態を維持します。 温度測定値(アラーム下限値 + 不感帯値)が60°Fまたは
それを上回るまで、トランスミッタは警報状態を維持します。
• RH上限アラームセットポイント :
98% RHであるRH/Tempトランスミッタの最高測定値に対してアラーム上限値
を設定できます。
• RH下限アラームセットポイント :
2% RHであるRH/Tempトランスミッタの最低測定値に対してアラーム下限値を
設定できます。
• RHアラーム不感帯 :
以下はRH/温度トランスミッタの不感帯設定例です。
1. 高警報状態 - RH不感帯を5%に設定し、アラーム上限値を90%に設定すると、
RH測定値が90%またはそれを上回ったとき、トランスミッタは警報状態を維
持します。 温度測定値が85%またはそれを下回るまで、トランスミッタは警
報状態を維持します(アラーム上限値–不感帯値)。
2. 低
警報状態 - RH不感帯を5%に設定し、アラーム下限値を20%に設定すると、
RH測定値が20%またはそれを下回ったとき、トランスミッタは警報状態を維
持します。 測定値が25%またはそれを上回るまで、トランスミッタは警報状
態を維持します(アラーム下限値-不感帯値)。
• pH上限アラームセットポイント :
アラーム値をpH 14であるpHトランスミッタの最高測定値に設定できます。
• pH下限アラームセットポイント :
アラーム値をpH 0であるpHトランスミッタの最低測定値に設定できます。
• pHアラーム不感帯 :
pHトランスミッタの不感帯設定の例 :
1. 高警報状態 - pH不感帯を2に設定し、アラーム上限値をpH 10に設定すると、
測定値がpH 10またはそれを上回ったとき、トランスミッタは警報状態を維
持します。 温度測定値がpH 8またはそれ(アラーム上限値–不感帯値)を下
回るまで、トランスミッタは警報状態を維持します。
2. 低警報状態 - pH不感帯を2に設定し、アラーム下限値をpH 7に設定すると、
測定値がpH 7またはそれを下回ったとき、トランスミッタは警報状態を維持
します。 測定値がpH 9またはそれ(アラーム下限値-不感帯値)を上回るま
で、トランスミッタは警報状態を維持します。
6-13
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
• オフセット補正 :
センサ入力データの読み取りに、オフセット補正の値を設定できます。 このオ
フセットはプラスまたはマイナスの数字にできます。
図 6-14: pHアラームおよびオフセット画面
ログ設定
[ログ設定] 画面では、トランスミッタ内部メモリのロギングを開始/停止した
り、ロギングレートを設定できるほか、循環バッファを有効/無効化できます。
5つの内部ロギングレートが選択できます。
• 10回/秒
• 1回/秒
• 1回/10秒
• 1回/30秒
• 1回/分
6-14
ソフトウェアの説明 (PC App)
6
図 6-15: ログ設定画面
内部ログセッションを開始する手順 :
1. [内部ログ] をオンにします。
2. ドロップダウンメニューから [内部ログレート] を設定します
3. [リングバッファ] のオン/オフを選択します。
• リングバッファがオンの場合、トランスミッタ内部メモリがいっぱいになっ
た後、一番古く保存されたデータポイントから、以前保存された測定値が
新しい測定値で上書きされます。 これは、ロギングがオフになるまで続き
ます。
• リングバッファがオフの場合、メモリがいっぱいになるとトランスミッタは
ロギングを停止します。 トランスミッタの黄色と赤のLEDが交互に点滅し、
メモリがいっぱいになっていることを示します。
4. [全ての設定を保存] をクリックします。 トランスミッタが内部でログを開始
するとき、トランスミッタの緑のLEDが3秒ごとに2回点滅します。
初期値に戻す :
[初期値に戻す] ボタンを使えば、UWBTトランスミッタの工場出荷時の初期設
定を復元できます。 復元される設定は、センササブタイプ、工学単位、アラー
ムおよびオフセット、ならびにログ設定です。 例えば、熱電対用トランスミッ
タの初期設定は次のようなものです。
• サブタイプ: K校正
• 工学単位: °F
• 温度上限アラーム: 2300°F
• 温度下限アラーム: -148°F
• 温度不感帯: 1°F
6-11
6
ソフトウェアの説明 (PC App)
• 温度オフセット補正 : 0°F
• デバイス内部ログ : オフ
• 内部ログサンプリングレート: 1回/10秒
• リングバッファ : オフ
図 6-16: 初期値に戻す
全ての設定を保存 :
[全ての設定を保存] ボタンで、トランスミッタの内部メモリにあるすべてのア
ップデートされた設定を保存できます。 新しい設定は、次回トランスミッタを
PCアプリに接続したときに表示されます。
6-16
ソフトウェアの説明 (PC App)
6
図 6-17: 全ての設定を保存画面
6-17
7
トラブルシューティング/ヘルプ
第 7 項 - トラブルシューティング/ヘルプ
この項では、UWBTトランスミッタを操作する際に起こり得る一般的な問題の
大部分を解決できます。 ここで問題が解決しない場合は、OMEGAのカスタ
マーサービスにご連絡ください。 連絡先は本マニュアルの最終ページまたは
jp.omega.comに記載されています。
7.1 アプリ表示の問題
1. Q: トランスミッタとペアリングしましたが、ディスプレイの測定値フィール
ドが空白です。
A: これは、トランスミッタがスマートデバイスと同期できていないことを示
しています。 UWBTトランスミッタのスイッチをオフにして、オンに戻
した後、「UWBTトランスミッタに接続」という章で説明されているよう
に、アプリで再度トランスミッタをペアリングします。
2. Q: デ
ィスプレイに「センサオープン」と表示されます。 どのような意味で
しょうか?
A: 「センサオープン」は、UWBTトランスミッタハンドルに接続されたプロ
ーブが無いか、またはプローブの測定用の接続ができていないことを表し
ます。 トランスミッタハンドルをチェックして、しっかり接続しているこ
とを確認してください。
3. Q: 特定のセンサの最大範囲をアプリで見ることはできますか?
A: はい。 [表示] ➞ [ゲージ] ビューにある、ゲージの最低値と最高値がセン
サタイプ/サブタイプの全範囲を表しています。
4. Q: グラフの十字線はどこですか?
A: 再生データグラフ (前に記録したファイルのグラフ) のみで十字線を使用
できます。 表示したい再生データグラフを選択し、グラフをクリックす
ると、十字線が表示されます。
5.Q: デ ータ収集中にアラームを鳴らしたくないですが、設定アラーム条件に
到達したかどうか確認したいです。 この情報を確認する方法はありま
すか?
A: はい。 デジタル表示では、警報状態に到達した場合にテキストが変化しま
す (赤色テキスト = 上限アラーム、青色テキスト = 下限アラーム)。 ゲージ
表示では、ゲージ輪郭線の青色バー部分が下限アラーム領域を示し、赤色
バー部分が上限アラームを示します。 グラフ表示では、グラフに追加さ
れる2つの線があり、青色の線は下限アラーム、赤色の線は上限アラーム
を示します。
6. Q: スマートフォンまたはタブレットに再生データグラフが保存されています
が、アプリケーションで見られません。 ファイルはどこですか?
A: 現在、データをトランスミッタまたはスマートデバイスに記録していない
ことを確認してください。 記録中は再生データファイルを表示できませ
ん。 ログを停止したら、ファイルを見られるようになります。
7-1
トラブルシューティング/ヘルプ
7
7.2 アプリログの問題
1. Q: 保存したログファイル、またはトランスミッタからダウンロードしたログ
ファイルは、どこにありますか?
A: ファイルは [表示] ➞ [グラフ] ➞ [トランスミッタデータを再生] にありま
す。 利用可能な全ログファイルの一覧が表示され、選択すると、その画
面で表示されます。
2. Q: グラフ上のタイムスタンプを経過時間 (0:00:00から開始) からリアルタイ
ム (ロギング開始時の実際の時計時間から開始) へ変更するにはどうすれ
ば良いですか?
A: グラフのタイムスタンプの表示方法を変更するには、[センサ設定] ➞ [時
間軸] へ移動して、希望のタイムスタンプを選択します。 経過時間を選択
すると、最初のタイムスタンプが0:00:00になり、リアルタイムを選択する
と、タイムスタンプが実際の時計時間になります。 再生データグラフの
時間軸を変更できないことに注意してください。
3. Q: 記録したすべてのデータをタブレット/スマートフォンから消去したいで
す。 どうすれば良いですか?
A: Androidデバイス :
1. デバイスの [設定] メニューに移動します。
2. [ストレージ] ➞ [その他] をクリックします。
3. このフォルダで、UWBTファイルを選択して削除できます。
図 7-1: AndroidタブレットのUWBTファイル
7-2
7
トラブルシューティング/ヘルプ
A: Amazon Kindle Fireデバイス :
1. デバイスの [設定] メニューに移動します。
2. [デバイスオプション] ➞ [ストレージ] をクリックします。
3. [その他] をクリックします。
4. このフォルダで、UWBTファイルを選択して削除できます。
A: iOSデバイス :
1. スマートデバイスをPCに接続して、iTunesを開きます。
2. メニューバーでデバイスをクリックし、[Apps] セクションをクリッ
クします。
3. [Apps] 画面の下部近くに、[File Sharing] セクションがあります。
UWBTアプリを選択すると、右のボックスが [UWBT Documents] を
表示し、これらは保存されたログファイルです。
4. フ ァイルを選択し、キーボードの [Backspace] ボタンを選択する
と、削除されます。
図 7-2: iTunesのUWBTファイル
Q: 1 言語でトランスミッタへ内部的にデータを記録しました。ログファイル
をタブレット/スマートフォンにダウンロードしたとき、同じ言語ではあ
りませんでした。 これはどのように発生しましたか?
A: 内 部的にデータをトランスミッタへ記録した場合、ログファイルは常
に、ダウンロード時にUWBTアプリで使用する言語でロードします。 た
とえば、内部的にデータをUWBTトランスミッタに英語で記録できま
す。 しかし、アプリの言語をフランス語に変更して、ログファイルのダ
ウンロードに進んだ場合、フランス語でダウンロードされます。
5. Q: 内部メモリが一杯であるにも関わらずリングバッファの使用を選択した
場合、何が起きますか?
A: 新しいデータのログを開始したとき、UWBTアプリがそのうちに既存の
メモリを削除して上書きします。 一度にすべてのデータを失うことはあ
りません。
4.
7-3
トラブルシューティング/ヘルプ
7
トランスミッタのメモリが一杯のときにリングバッファをアクティブ化するに
は、以下の手順に従ってください。
1.
[ログ設定] メニューで、リングバッファをオンにします。
2.
[全ての設定を保存] を選択します。
3.
ディスプレイ画面から、[記録開始] を選択します。
注:
異なる言語で同じログファイルを選択する場合、保存した
現在のファイルを上書きします (同じファイル名を使用す
るため)。
6. C SV形式で1サンプル/秒の速度で記録したデータをダウンロードしまし
た。CSVファイルを開くと、タイムスタンプが秒ではなく、分で表示されて
います。この問題を解決するにはどうすれば良いですか?
A: サンプリング速度が1サンプル/秒より高い場合、CSVファイルの時間列のフ
ォーマットがMM/DD/YY hh:mm:ssss (month/day/year hour:minute:second)
と表示されていることを確認してください。そうすればデータが正しく表示
されます。
7.3 アプリ設定の問題
1. Q: トランスミッタとUWBTアプリとの接続が切れ、検出されていません。
A: ト ラ ン ス ミ ッ タ の ス イ ッ チ を オ フ に し た 後 、 オ ン に し ま す 。 再 起 動
後、UWBTアプリで修復すれば、動くはずです。
2. Q: アプリでトランスミッタの名前を変更しましたが、[設定] セクションに新
しい名前が表示されません。 何が起きたのでしょうか?
A: アプリで変更後の名前を表示させるには、トランスミッタとのペアリング
を解除して、再度ペアリングする必要があります。
3. Q: ア
プリが同時に3つのトランスミッタとペアリングするように指示するの
はなぜですか?
A: UWBTアプリでは、同時に複数のトランスミッタからの表示データとペア
リングできます (iOSアプリでは3、Androidアプリでは4)。 しかし、トラ
ンスミッタとのペアリング処理を個別に実行する必要があります。 最初の
トランスミッタとペアリング後、次のトランスミッタを検出しペアリング
します。必要なトランスミッタすべてとペアリングするまで、1度に1回、
これを繰り返します。
4. Q: アプリが値/トランスミッタ名のテキスト入力を受け付けないのはなぜで
すか?
A: 変 更を確認するために、テキスト入力後、[Done] ボタンを押してくださ
い。
• [Next] をクリックするとドライバがアップデートされます。 この手順の
後、UWBTトランスミッタはコンピュータによって検出されます。
5. Q: ト ラ ン ス ミ ッ タ と ペ ア リ ン グ し よ う と す る と 、 i O S デ バ イ ス が
[IncompatibleAccessory]メッセージを表示します。この問題を解決するにはど
うすれば良いですか?
A: iOSデバイスと適切にペアリングするには、[Incompatible Accessory] メッ
セージを受信後、以下の手順を実行してください。
7-4
1. UWBTトランスミッタをオフにします。
7
トラブルシューティング/ヘルプ
2. iOSデバイスの設定メニューで、UWBTトランスミッタを「破棄」
します。
a. [設定] ➞ [Bluetooth]へ移動し、トランスミッタの情報アイコンを
選択し、[このデバイスの登録を解除] をクリックします。
3. iOSデバイスのBluetooth機能を再起動します。
a. B luetooth設定にいる間、スライダーを [オフ] 位置に移動させ、
[オン] に戻します。
4. UWBTトランスミッタをオンにし、ペアリング処理を再開します。
7.4 PCアプリの問題
注:
UWBT PC Applicationのインストール後、場合によってはいく
つかの追加のソフトウェアをインストールする必要があります
(MAC ポートなど)。 必要な場合、MAC PCに関する説明に従っ
てソフトウェアをインストールしてください。
1.Q: ト
ランスミッタをUSBポートでPCに接続するとき、Windowsポップアッ
プメッセージに、[USBデバイスが認識されません] と表示されます。 この
問題を解決するにはどうすれば良いですか?
A: これはWindows 7オペレーティングシステムのUSB 3.0ポートに共通の問題
です。 問題を解決するには、以下の手順に従います。
• トランスミッタをPCから外します。
• 電源スイッチをOFF位置にスライドさせます。
• トランスミッタをUSBポートでPCに再接続します (電源スイッチがOFF
位置の状態)。
2. Q: UWBT-PCがトランスミッタを検出しないのはなぜですか?トランスミッ
タはコンピュータのUSBポートへ接続されています。
A: UWBTトランスミッタのドライバをインストール中に干渉があった可能性
があります。 これらのドライバは、インストール時に、コンピュータのC:
ドライブに作成されるUWBT Libusbにインストールされます。 手動でド
ライバをインストールするには、以下の手順に従います。
• UWBTトランスミッタをコンピュータのUSBポートに接続した状態で、
[コンピューター] を右クリックします。
• [管理] をクリックし、[コンピューターの管理] ウィンドウから、[デバイ
スマネージャー] をクリックします。
• 接続したデバイスの一覧からUWBTデバイスを見つけます。
• UWBTデバイス名を右クリックし、[ドライバーのアップデート] を選択
します。
• [ UWBT Libusb] フォルダの場所まで手動で参照し (デフォルトでは
C:\UWBT Libusb)、その中のdriverフォルダを選択します。
7-5
仕様
8
第 8 項 - 仕様
UWBT仕様については、OMEGAのウェブサイトにアクセスしてください。
http://www.jp.omega.com/uwbt
8-1
9
承認および規制遵守
第 9 項 - 承認および規制順守
本装置の動作注意点
1. 本装置は有害な干渉を引き起こしません。
2. 本装置は予期せぬ無線干渉により誤動作を受ける可能性があります。
CEマーク: OMEGA®では、世界中の安全およびEMI/EMC規制の全てを遵守
するように定めています。 また、OMEGAでは、欧州で新たに追加される指令
に製品が認証されるよう努めています。 OMEGAは認証された全てのデバイス
にCEマークを付けています。
9.1 EMCの異常
標準: 61326-1, 300 489-1
モデル: UWBT-pH
AC電源アダプタ回線上のRFノイズ
AC電源アダプタでBluetoothモードでの動作時: 220V/60Hz、3 Vrms、
900 KHz~50 MHzでテストし、pH測定値は4.23から10.48まで変更。50 MHzか
ら80 MHzまで、 pHセンサの状態がオープンになる場合があります。
9-1
承認および規制順守
9
UWBTトランスミッタに付属の電源アダプタは、 北アメリカ、ヨーロッパ、オ
ーストラリア、ブラジル、中国、日本、韓国、メキシコ、シンガポール、南ア
メリカ、インド、台湾での使用が承認されています。
警告:
UWBTにはUSB 2.0 A to Mini-B 5ピンUSBケーブルが付属しま
す。UWBT装置に付属のケーブルを使用してください。異なる
USBケーブルを使用すると、センサから読み取りノイズが発生
し、データが不正確になる可能性があります。
9.3 認証取得
UWBTは次の政府機関によってワイヤレス機器として認定されています。北
米、EU、メキシコ、ブラジル、韓国、日本、中国、シンガポール、オーストラリア
UWBT裏面のラベルは、トランスミッタが認可された国を示しています。
OMEGA ENGINEERING, INC.
UWBT-TC-M12-NA
Serial No.
FCC ID: T9JRN41-3
図 9-1、背面ラベル UWBT-*-NA、北米での使用を認可
図 9-2、背面ラベル UWBT-*-EU、EUでの使用を認可
OMEGA ENGINEERING, INC.
UWBT-TC-M12-UK
Serial No.
FCC ID: T9JRN41-3
図 9-3、背面ラベル UWBT-*-UK、英国での使用を認可
OMEGA ENGINEERING, INC.
UWBT-TC-M12-BR
Serial No.
Anatel: 1139-15-5603
図 9-4、背面ラベル UWBT-**-BR、
ブラジルでの使用を認可
9-2
9
承認および規制順守
OMEGA ENGINEERING, INC.
UWBT-TC-M12-MX
IFETEL: RCPOMUW15-0375
Serial No.
図 9-5、背面ラベル UWBT-**-MX、
メキシコでの使用を認可
OMEGA ENGINEERING, INC.
UWBT-TC
Serial No.
FCC ID: T9JRN41-3
図 9-6、背面ラベル UWBT-**-SN、
シンガポールでの使用を認可
OMEGA ENGINEERING, INC.
UWBT-TC
Serial No.
FCC ID: T9JRN41-3
図 9-7、背面ラベル UWBT-**-SAA、
オーストラリアでの使用を認可
OMEGA ENGINEERING, INC.
UWBT-TC-M12-CN
Serial No.
CMIIT ID: 2015DJ2861
Portable Wireless
Bluetooth Transmitter
Shahin Baghai
X7896
図 9-8、背面ラベル UWBT-**-CN、中国での使用を認可
04/07/15
OMEGA ENGINEERING, INC.
NC.
UWBT-PH-JapaneseRearLabel.eps
UWBT-TC-M12-KR
Serial No.
FCC ID: T9JRN41-3
MSIP-REI-OMG-UWBT-TC
図 9-9、背面ラベル UWBT-**-KR、韓国での使用を認可
OMEGA ENGINEERING, INC.
UWBT-PH
Serial No.
R 201-125709
図 9-10、背面ラベル UWBT-**-JP、
日本での使用を認可
9-3
TYPE, RULES, AND LOGO BLACK 100%
承認および規制順守
9
Bluetooth ® というワードマークとロゴは、Bluetooth SIG, Inc.が所有する登録商標であり、
OMEGA Engineering, Inc.はライセンスに基づき当該マークを使用しています。
Android、Google Play、Gmail、Google DriveはGoogle, Inc.の商標です。
Apple、Appleロゴ、Mac OS、Mac、iTunes、iPad、iPhoneは、Apple Inc.の商標であり、米国
およびその他の国で登録されています。 iCloudはApple Inc.のサービスマークであり、米国およ
びその他の国で登録されています。 App StoreはApple Inc.のサービスマークです。 iOSは米国
およびその他の国のCiscoの商標または登録商標であり、ライセンスの下でAppleが使用します。
Microsoft、Windows、OneDriveは米国および/またはその他の国にあるMicrosoft Corporation
の登録商標または商標です。
Samsung、Galaxy TabはSamsung Electronics Co., Ltdの商標または登録商標です。
SugarSyncはSugarSyncの商標であり、法律で保護されています。
記載されている、その他の会社名および/または製品名は、各所有者の所有物であり、商標また
は登録商標です。 デバイスの画面イメージは模擬的なものです。 実際のデバイスの外観は異な
る場合があります。
Amazon、Kindle、Fire、その他関連するロゴはAmazon.com, Incまたは関連企業の商標です。
9-2
10
通信プロトコル
第10項 通信プロトコル
10.1 はじめに
10.1.1 目的
本書は、UWBTデバイスがスマートフォンおよびPCアプリケーションと通信す
る場合の詳細設計を定義します。
10.2 略語
UWBT Universal Bluetooth Wireless Transmitter (ユニバーサルBluetoothワイ
ヤレストランスミッタ)
EOF End of Frame(フレーム終了)
CR Carriage return(キャッリッジリターン)
NACK Negative Acknowledgement(否定応答)
SA Source Address(ソースアドレス)
DA Destination Address(送信先アドレス)
10.3 通信インタフェース
UWBTデバイスは、スマートフォン通信にBluetooth 2.1 Class1タイプを使用
し、Bluetoothバージョン2.0、1.2、1.1と後方互換性があります。
PC通信インタフェースは、UWBTデバイスとの通信に汎用USBスタックを
使用します。PC通信はUSB2.0通信に準拠し、チェックサムおよびEOFフレ
ームは、USBプロトコルのトランスポート層で処理されます。このため、デ
ータ層では、チェックサムとEOFが処理されません。
マスターからスレーブへの通信は、長さが256文字までの単一文字列となります。
文字列引数は、SPACE文字で区切られ、最後(そして唯一の)文字は、
CR(キャリッジリターン)文字です。
ここでは、 マスターはPC/スマートフォンです。
スレーブはUWBTデバイスです。
マスターとスレーブが通信に使う各種コマンドが以下の表に示されています。
マスター
Sl No. 要求コマン
ド スレーブ
応答コマンド
1
501
0x01F5
2
502
0x03E8
3
503
0x01F7
4
504
0x01F8
5
505
0x01F9
6
506
0x01FA
説明
デバイス設定の読み出し
デバイス設定の書き込み
ライブデータの読み出し
用途
PCおよびスマートフォン
PCおよびスマートフォン
スマートフォンのみ
レコードのダウンロード
- 5ブロック
レコードのダウンロード
工場出荷時設定の復元
スマートフォンのみ
PCおよびスマートフォン
PCおよびスマートフォン
表10-1 マスター/スレーブ・コマンドのリスト
10-1
通信プロトコル
Sl No
マスター
要求コマン
ド スレーブ
応答コマンド
8
508
10
説明
用途
0x01FC
MACアドレスとエイ
リアス名の取得
PCのみ
512
0x0200
ログメモリの消去
PCおよびスマートフ
ォン
11
513
0x03E8
デバイス名の設定
12
514
0x0202
メモリ終了ステータス
PCおよびスマートフ
ォン
13
515
0x0203
PCアプリケーション
切断
17
5001
0x1389
デバイス状態の取得
19
–
0x03E8
肯定応答
10
PCのみ
PCのみ
スマートフォンのみ
スレーブからPCおよ
びスマートフォン
表10-1 マスター/スレーブ・コマンドのリスト(続き)
マスターからスレーブへの一般的な通信
マスターは、長さが256文字までの単一の文字列を送信します。文字列引数は、
データの本体に応じて、
スペースまたはセミコロンのいずれかで区切られます。
データはASCIIでエンコードされます。通信がポイントからポイントの場合、
SAとDAのアドレスはどちらもゼロになります。
パケットエントリー
Start
SA
DA
Command
Arg1
Arg2
Arg3
Arg n-1
説明
パケットヘッダー(“%”)
備考
フレーム識別子の開始
送信先アドレス
(スレーブ)
オプション – 0...255
ソースアドレス
(マスター)
コマンドのタイプ(0…65535)
引数1
引数2
引数3
引数n
Arg n
チェックサムまたはCRC
End
CR
オプション – 0...255
オプション
オプション
オプション
オプション
オプション
キャリッジリターン
表10-2 マスター/スレーブ通信
10-2
10
通信プロトコル
スレーブからマスターへの一般的な通信フレームフォーマットを以下に説明します。
スレーブはマスターへ応答を送信します。
データは、
スペースまたはセミコロン
で区切られています。
データはASCIIでエンコードされます。
パケットエントリー
説明
Start
パケットヘッダー(0xA5)
SA
ソースアドレス
(マスター)
DA
送信先アドレス
(PCまたは別のデ
バイス)
Command
コマンドのタイプ(0…65535)
Length
データパケット長(1…255)
備考
フレーム識別子の開始(ストリー
ミングデータの場合は必須)
オプション
オプション
マスターから送信されたコマンド
と同じコマンド
(該当する場合)
– オプション
パケット内のバイト数
Data 0
Data 1
Data 2
Data n
チェックサムまたはCRC
End
CR
オプション
キャリッジリターン
表10-3 マスター/スレーブ通信フレームフォーマット
コマンドフィールドは、マスターが送信したコマンド文字列に相当する16進数
(HEX)
です。
チェックサム = 完全フレームのチェックサム。チェックサムは、パケットヘッダーからデ
ータNまでのフレームバイトを合計し、16ビット値に切り捨てることにより計算されます。
10-3
通信プロトコル
10
スレーブは、マスターからリクエストを受信すると、以下の応答のいずれか1つ
を送信します。
1.スレーブがリクエストしたデータ
通常のスレーブ応答
2.スレーブ応答:データなしの肯定応答
0xA5
0x00
0x00
0x01
0x01
チェックサム
0x03
0xE8
0x03
0xE8
0x01
0x02
チェックサム
0x03
0xE8
0x01 0x03
チェックサム
0xE8
0x01
0x04
チェックサム
0xE8
0x01
0x05
チェックサム
3.スレーブ応答:ビジー
0xA5
0x00
0x00
4.スレーブ応答:否定応答
0xA5
0x00
0x00
5.スレーブ応答:内部ロギング・オンを表す
0xA5
0x00
0x00
0x03
6.スレーブ応答:ログメモリ終了
0xA5
0x00
0x00
0x03
7.スレーブ応答:ログデータなし
(ログが消去されている)
0xA5
0x00
0x00
0x03
0xE8
0x01
0x06
チェックサム
0x01
0x07
チェックサム
8.スレーブ応答:別のマスターへの接続を表す
0xA5
0x00
0x00
0x03
0xE8
この応答は、両方のマスター(PCとスマートフォン)がUWBTデバイスに接続されて
おり、いずれかのマスターが以下のいずれかのリクエストを送信する場合に送信され
ます。
a. ユーザー設定の書き込み
b. 初期値の復元
c. ログメモリの消去
d. シリアル番号の設定
e. デバイス名の設定
f. ファームウェアのアップデート
10-4
10
通信プロトコル
チェックサムの計算:チェックサムは、
フレーム全体に対して、パケットヘッダ
ーからバイトNまでのバイトを合計して計算されます。チェックサム値が16ビッ
トを超える
(0xFFFFより大きい)場合、MSB16ビットがゼロになるまで、
MSB16ビットがLSB16ビットに加算されます。
例
1.計算したチェックサムが0x0000A1B2の場合、最終チェックサムは0xA1B2にな
ります。
2. 計算したチェックサムが0x0F1FFEECの場合、最終チェックサムは以下のよう
に計算されます。
16ビットのMSBを16ビットのLSBに加算する
0xFEEC +
0x0F1F
-------0x10E0B(中間結果1)
---------
中間結果1は0xFFFFより大きいため、MSB 16ビットをもう一度LSBの16ビッ
トに加算する。
0x0E0B +
0x0001
-----------0x0E0C(中間結果2)
------------
中間結果2は0xFFFFより小さいため、最終チェックサムは0x0E0Cになります。
10.3.1 スマートフォンとUWBTプローブ間の通信
マスターは、
リクエストを文字列として送信することで、
データ転送を開始します。
スレーブは、
リクエストを受信すると、適切なフレームを使用して応答します。
スレーブがリクエストに応答しない場合、マスターは100ミリ秒間待機して
から同じ文字列を再送信します。
マスターは、同じリクエストを5回送信しても
スレーブから返信がない場合、
「通信失敗」
を示すメッセージを表示します。
スレーブが否定応答またはビジー応答を送信した場合、マスターは同じリクエス
トを5回送信します。
マスターは、
デバイスから肯定的な応答を受信しないと、
ユーザーに対して
「通信失敗」
を表示します。
Slave
Master
Data request
ACK
10-5
図10-1 – スレーブのACK応答(肯定応答
通信プロトコル
Slave
スレーブ
Master
マスター
Slave
スレーブ
10
Master
マスター
データリ
Data クエスト
request
ビジー/NACK
100
msリ秒
100ミ
Busy/NACK
データリ
クエスト
Data request
ビジー/NACK
100ミ
100
msリ秒
Busy/NACK
データリ
クエスト
Data request
ビジー/NACK
100ミ
100
msリ秒
Busy/NACK
データリクエスト
Data request
ビジー/NACK
Busy/NACK
データリ
クエスト
Data request
100
msリ秒
100ミ
ビジー/NACK
Busy/NACK
データリ
クエスト
図10-2 – スレーブからの応答がない場合
10.3.2 デバイス設定の読み出し
図10-3 – スレーブがビジー/NACK応答
(否定応答)を 送信する場合
このフレームはデバイス設定の読み出しに使用され、
スマートフォン/PCがこのフレ
ームを以下の条件下で送信します。
1.スマートフォンは、
アプリケーションがUWBTデバイスとの接続プロセスを完了した
ら、
このリクエストを送信します。
2.PCは、UWBTデバイスに接続されると、
このリクエストを送信します。
デバイス設定の読み出し:文字列フォーマット
(PC/スマートフォン)
%0 0 501<CR>
デバイス設定の読み出し文字列に対するUWBTデバイスの応答
UWBTデバイスは、
スマートフォンからこの文字列を受信すると、
デバイス設定フレー
ムを送信します。
パケット
ヘッダー
0xA5
バイト10 ~
バイト11
温度下限ア
ラーム値
SA
DA
0x00 0x00
コマンド
長さ
0x2F
バイト1
~バイ バイト
ト2
3
ファー UWBT
ムウェ デバイ
アバー スモデ
ジョン
ル
バイト12 ~ バイト14~ バイト 16~
バイト 13 バイト15
バイト 17
RHまたはpH 温度上限ア RHまたはpH
下限アラー ラーム値
上限アラー
ム値値
ム値
バイト
4
センサ
タイプ
バイト6 バイト
~バイ 8~ バ
バイト5
ト7
イト 9
センサ 温度ゼ pH/RH
サブタ ロオフ ゼロオ
イプ
セット フセッ
修正
ト修正
値
バイト18 ~ バイト 20~ バイト22
バイト19
バイト 21 バイト23 バイト24
温度不感
帯値
RHまたはpH 工学単
位&RTC設
不感帯値
定ステー
タス
サンプリン
グ レート
RTD/温度モ
デルの温度
係数タイプ
10-6
10
通信プロトコル
バイト25
pH/温度モ
デルのRTD
センサ存在
ステータス
バイト26~
バイト27
pH/温度モ
デルのRTD
温度値
バイト
28
予約
バイト
29
UWBT-L
デバイス
内部ロギ
ング間隔
値
バイト30
バイト31
UWBT-Lデ
バイス内部
ロギングス
テータス
UWBT-Lデ
バイス
(ロ
グ)
リングバ
ッファ有効/
無効
バイト32~
バイト47
デバイスシ
リアル番号
表10-4 デバイス設定読み出し-フレームフォーマット(続き)
フィールド説明:
フィールド
値と説明
バイト3
1 - UWBTデバイス
バイト1~
バイト2
バイト4
バイト5
バイト6~
バイト7
これらの2つのバイトは、UWBTデバイスのファームウェアバー
ジョンを表します。
たとえば、
ファームウェアバージョンを1.01とします。
1.01に100を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算し
ます。
この場合、16進法(HEX)値は0x0065です。
1 - 熱電対
2 - RTD
3 - pH
4 - RH
熱電対モデルの場合、値は、センササブタイプJ、K、T、
E、R、S、B、C、N に対応する1~9となります。
RTDモデルの場合、値は、センササブタイプPT100とPT1000に対応す
る1~2となります。
pH/温度モデルおよびRH/温度モデルの場合、値は0です。
温度ゼロオフセット修正値。
このオフセット修正は、熱電対、 RTD、
pH/温度モデル(RTDがある場合)
で共通しています。
たとえば、ユーザーがゼロオフセット温度を-1.6°Fに設定したとしま
す。
-1.6に10をかけて整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算しま
す。
この場合、16進法(HEX)値は0xFFF0です。
表10-5 デバイス設定読み出し-フレームフィールド説明
10-7
チェック
サム
–
通信プロトコル
フィールド
バイト8~
バイト9
バイト10~
バイト11
バイト12~
バイト13
バイト14~
バイト15
10
値と説明
pH/RHモデルのデータバイトは以下の例に示されるように計算します。
(注:1を参照)
例:pHモデルの場合、
ユーザーがpH値を12.01と設定したとします。
12.01に100を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場合、
16進法(HEX)値は0x4B1です。
例:RHモデルの場合、
ユーザーがRH値を25.2と設定したとします。
25.2に10を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場合
16進法(HEX)値は0x00FCです。
温度モデルの場合、
これらのバイトは常にゼロです。
これらのバイトは、熱電対モデル、RTDモデル、RH/温度モデル、pH/温度モデルの温度下限
アラーム値で共通しています。
注:RH/温度モデルおよびpH/温度モデルは、温度関係補正に対する温度測定があります。
たとえば、ユーザーがアラーム温度下限を100.0°Fに設定したとします。
100.0に10を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場合、
16進法(HEX)値は0x03E8です。
pH下限アラーム値(注:1を参照)
例:pHモデルの場合、
ユーザーがアラームpH下限値を10.50と設定したとします。
100.5に100を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場合、
16進法(HEX)値は0x041Aです。
例:RHモデルの場合、
ユーザーがアラームpH下限値を30.5と設定したとします。
30.5に10を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場合、
16進法(HEX)値は0x0131です。
これらのバイトは、熱電対モデル、RTDモデル、RH/温度モデル、pH/温度モデルの温度上
限アラーム値で共通しています。
注:RH/温度モデルおよびpH/温度モデルには、温度関係補正に対する温度測定があります。
たとえば、ユーザーがアラーム温度上限を100.0° Fに設定したとします。
100.0に10を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場合、
16進法(HEX)値は0x03E8です。
表10-5 デバイス設定読み出し-フレームのフィールド説明(続き)
10-8
10
通信プロトコル
フィールド
値と説明
バイト16~バイト17 pH上限アラーム
(注:1を参照)
例:pHモデルの場合、
ユーザーがアラームpH下限値を12.50と設定したとします。
12.50に100を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この
場合、16進法(HEX)値は0x04E2です。
例:RHモデルの場合、
ユーザーがアラームpH下限値を80.4と設定したとします。
80.4に10を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場
合、16進法(HEX)値は0x0324です。
バイト18~バイト19 これらのバイトは、熱電対モデル、RTDモデル、RH/温度モデル、pH/温度モデル
のセンサ温度不感帯値で共通しています。
たとえば、ユーザーが温度不感帯値を10.0°Fに設定したとします。
10.0に10を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場
合、16進法(HEX)値は0x0064です。
バイト20~バイト21 pH/RHの不感帯値
ph/RHモデルの不感帯は以下で説明されているように2バイトの値です。
例:pHモデルの場合、
ユーザーが不感帯値を10と設定したとします。
10に100を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場
合、16進法(HEX)値は0x03E8です。
例:RHモデルの場合、
ユーザーが不感帯値を13と設定したとします。
13に10を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計算します。
この場
合、16進法(HEX)値は0x0082です。
バイト22
ビット2~ビット0
001-工学単位:F
010-工学単位:C
011-工学単位:R
100-工学単位:K
ビット3
0 – RTC未更新
1 – RTC更新済み
表10-5 デバイス設定読み出し-フレームのフィールド説明(続き)
10-9
通信プロトコル
フィールド
10
値と説明
サンプリング間隔
1 - 10回/1秒
2 - 1回/1秒
3 - 1回/10秒
4 - 1回/30秒
5 - 1回/60秒
バイト23
バイト24
熱電対モデル、RH/温度モデル、pH/温度モデルでは値0になります。
RTDモデルの場合は以下の値が可能です。
1 - アメリカン曲線
2 - ヨーロッパ曲線
バイト25
バイト26~バイト27
熱電対モデル、RTDモデル、RH/温度モデルでは値0になります。
pH/温度モデルでは以下の値が可能です。
0 - RTD センサなし
1 - RTD センサあり
熱電対モデル、RTDモデル、RH/温度モデルでは値0になります。
pH/温度モデルでは、RTDセンサがない場合、
これらのバイトはユーザー設定の
温度値になります。
予約
バイト28
バイト29
UWBT内部ロギング間隔
1 - 10回/1秒
2 - 1回/1秒
3 - 1回/10秒
4 - 1回/30秒
5 - 1回/60秒
バイト30
UWBT-Lデバイスの内部ロギングステータスに関する情報を示します。
0 - 内部ロギング:オフ
1 - 内部ロギング:オン
UWBTデバイス
(基本モデル)
の場合、
このバイトは0となります。
このバイトはスマ
ートフォンでは読み込まれません。
バイト31
バイト32~バイト47
リングバッファ有効/無効のログ
0 - リングバッファ無効
1 - リングバッファ有効(デフォルト状態)
デバイスシリアル番号
これらのフィールドには英数字の値が含まれます。
表10-5 デバイス設定読み出し-フレームのフィールド説明(続き)
注1:pHモデルの場合、例えば、ユーザーが不感帯/pH下限アラーム値/pH上限
アラームの値を12に設定すると、アプリケーションはこの値を12.00として送
信します。
10-10
10
通信プロトコル
10.3.3 デバイス設定の書き込み
このフレームは、UWBTデバイスにユーザー設定を書き込むためにスマートフォン/
PCによって使用されます。
デバイス設定の書き込みの文字列フォーマット(PC/スマートフォン)
%0 0 502 <18要素><CR>
例:
要素1
- センササブタイプ
(1バイト)
要素2
- 温度ゼロオフセット修正値
(2バイト)
要素3
- pH/温度モデルゼロオフセット修正値
(2バイト)
要素4
- 温度下限アラーム値
(2バイト)
要素5
- RHまたはpH下限アラーム値値
(2バイト)
要素6
- 温度上限アラーム値
(2バイト)
要素7
- RHまたはpH上限アラーム値
(2バイト)
要素8
-温度不感帯値
(2バイト)
要素9
- RHまたはpH不感帯値
(2バイト)
要素10
- 工学単位&RTC設定ステータス
(1バイト)
要素11
- サンプリングレート
(1バイト)
要素12
- RTDの温度係数タイプ
(1バイト)
要素13
- pH/温度モデルのRTDセンサ存在ステータス
(1バイト)
要素14
- pH/温度モデルのRTD温度値
(2バイト)
要素15
- 予約
(1バイト)
要素16
- UWBT-Lデバイス内部ロギング間隔値
(1バイト)
要素17
- UWBT-Lデバイス内部ロギング:オン/オフ
(1バイト)
要素18
- UWBT-Lリングバッファ有効/無効
(1バイト)
要素19
-日
(1バイト)
要素20
-月
(1バイト)
要素21
-年
(1バイト)
要素22
- 時間
(1バイト)
要素23
-分
(1バイト)
要素24
-秒
(1バイト)
注:要素値P1.に関しては、
デバイス設定の読み出しフレームのフィールド説明を参照
のこと。
デバイス設定の書き込み文字列に対するUWBTデバイスの応答
UWBTデバイスは、
この文字列を受信すると肯定応答を送信します。
10-11
10
通信プロトコル
10.3.4 ライブデータの読み出し
このフレームは、
デバイスにライブデータの送信を開始させるために使用します。
この
フレームを連続して送信すると、UWBTデバイスはスマートフォンにライブデータを
送信します。
ライブデータの読み出し文字列フォーマット(スマートフォン)
%0 0 503<CR>
ライブデータの読み出し文字列に対するUWBTデバイスの応答
パケッ
ト ヘッ
ダー
0xA5
SA
コマンド
DA
長さ
バイト
1
バイト
2
バイト
3~ バ
イト 4
バイト5
~ バイ
ト6
バイト
7~ バ
イト 8
バイト
9
チェッ
クサム
0x00 0x00
表10-6 ライブデータの読み出し-フレームフォーマット
[長さ]
フィールドの値はデバイスタイプに応じて以下のように変化します。
熱電対ボード
- 0x05
RTDボード
- 0x05
pHとRTD
- 0x07
RHボード
- 0x09
フィールドの説明:
フィール
ド
バイト1
値と説明
ビット0 – 温度値の下限アラームを示します(すべてのセンサモデル)
ビット1 – 温度値の上限アラームを示します(すべてのセンサモデル)
ビット2 – pHまたはRH値のpH/RH下限アラームを示します(熱電対モデルおよびRTDモデ
ルは0の値になります)
ビット3 – pHまたはRH値のpH/RH上限アラームを示します(熱電対モデルおよびRTDモデ
ルは0の値になります)
ビット4 – 温度センサの値が範囲外であることを示します。
可能な値
0 – アラームは検出されていません
1 – アラームが検出されました
ビット5 – 温度センサのオープンステータスを示します。
可能な値
0 – センサがオープンではありません
1 – センサがオープンです
ビット6 - pH/RHセンサのオープンステータスを示します。
可能な値
0 – pH/RHセンサがオープンではありません
1 – pH/RHセンサがオープンです
ビット7 – pH/RHセンサの値が範囲外であることを示します。
可能な値
0 – pH/RHセンサの値は範囲外ではありません
1 – pH/RHセンサの値が範囲外です
表10-7 ライブデータフレームのフィールド説明
10-12
10
通信プロトコル
フィールド
バイト2
バイト3~バイト4
バイト5~バイト6
バイト7~バイト8
バイト9
値と説明
ビット6~ビット0
このバイトは、充電率を%で示します。
ビット7 – 充電器のステータスを示します。
可能な値
0 – 充電器が接続されていません
1 – 充電器が接続されています
これらのバイトには、熱電対モデルとRTDモデルの測定温度デー
タ、
またはRH/温度モデルとpH/温度モデルの補正温度が設定されます。
TC & RTDボード
バイト6は存在しません。
バイト5 – メモリ終了ステータスを示します。
可能な値
0x80 - メモリ終了
0x00 - レコードの記憶にメモリが利用できます。
pHボード
pH/温度モデルの場合、16ビットのpH値を含みます。
RHボード
RH/温度モデルの場合、8ビットのRH値を含みます。MSBバイト
(バイト5)は常に
0です。
TC & RTDボード
これらのバイトは存在しません。
pHボード
バイト8は存在しません。
バイト7 – メモリ終了ステータスを示します。
可能な値
0x80 - メモリ終了
0x00 - レコードの記憶にメモリが利用できます。
RHボード
RHボードの場合、露点を含みます。
TC、RTD、pHボード
これらのバイトは存在しません。
RHボード
バイト9 – メモリ終了ステータスを示します。
可能な値
0x80 - メモリ終了
0x00 - レコードの記憶にメモリが利用できます。
表10-7 ライブデータフレームのフィールド説明(続き)
10-13
通信プロトコル
10
センサの値が範囲外であるというメッセージがスマートフォンに送信される場合、そ
のメッセージは、センサ値が本当に範囲外になっているのか、
またはその原因がセン
サオープン/ショート状態によるものなのかをデバイスヘルスフレームが示すよう要
求しなければなりません。
10.3.5 レコードのダウンロード – 5ブロック
レコードのダウンロードの文字列フォーマット
(PC/スマートフォン)
%0 0 504 <ブロック番号><CR>
パケット
ヘッダー
0xA5
レコードのダウンロードの文字列に対するUWBTデバイスの応答
コマンド
長さ
バイト
SA
DA
バイト1
バイト2
1280
チェック
サム
0x00 0x00
–
–
–
–
表10-8 レコードのダウンロード-フレームフォーマット-5ブロック
このフレームでは、長さは5ページを表します。
[長さ]
フィールド0x05は、5ページのデ
ータ、すなわち、1280バイトを示します。
10.3.6 レコードのダウンロード
UWBTデバイスは、128キロバイトまでの内部ロギングをサポートします。
スマートフ
ォン/PCは、
このフレームを使用して、UWBTデバイスの内部ログデータをダウンロ
ードできます。
レコードのダウンロード-文字列フォーマット
(PC/スマートフォン)
%0 0 505<ブロック番号><CR>
パケット
ヘッダー
0xA5
レコードのダウンロード-文字列に対するUWBTデバイスの応答
コマンド
長さ
バイト
SA
DA
バイト1
バイト2
256
0x00
チェック
サム
0x00
表10-9 ダウンロードレコード-フレームフォーマット
このフレームでは、長さはページを表します。長さフィールド0x01は、1ページのデー
タ、すなわち、256バイトを示します。
10.3.7 工場出荷時設定の復元
工場出荷時設定の復元が必要な場合、
スマートフォンがこのフレームを送信します。
工場出荷時設定の復元-文字列フォーマット
(PC/スマートフォン)
%0 0 506<CR>
工場出荷時設定の復元-文字列に対するUWBTデバイスの応答
このリクエストに対する応答は、
デバイス設定の読み出し文字列に対するUWBTデバ
イスの応答に類似しています。
10.3.8 MACアドレスとエイリアス名の取得
このフレームは、UWBTデバイスのエイリアス名とMACアドレスを読み出すために使
用されます。
MACアドレスとエイリアス名の取得の文字列フォーマット
(PC)
%0 0 508<CR>
10-14
10
通信プロトコル
デバイス名およびMACアドレスの文字列に対するUWBTの応答
パケット
ヘッダー
SA
DA
0xA5
0x00
0x00
コマンド
長さ
バイト1~
バイト12
0x20
MACアドレス
チェックサム
バイト13~
バイト 33
デバイスの
エイリアス名
表10-10 MACアドレスとエイリアス名の取得-フレームフォーマット
フィールド説明:
フィールド
バイト1~バイト12
値と説明
バイト13~バイト33
MACアドレスは12桁の英数字の値を保持します。
デバイスのエイリアス名には、20桁までの英数字の値を設定できます。
表10-11 MACアドレスとエイリアス名の取得-フィールド説明
10.3.9 ログメモリの消去
このフレームは、UWBTデバイスのログメモリを消去するために使われます。
ログメモリの消去-文字列フォーマット
(PC)
%0 0 512<CR>
ログメモリの消去に対するUWBTの応答
パケット
ヘッダー
SA
DA
0xA5
0x00
0x00
コマンド
長さ
バイト1
0x01
–
チェックサム
表10-12 ログメモリ消去-フレームフォーマット
UWBTデバイスは、
この文字列を受信した後、肯定応答を送信します。
10.3.10 デバイス名の設定
このフレームは、UWBTデバイスに対してデバイス名を入力するためにスマートフ
ォン/PCによって使用されます。
デバイス名の設定-文字列フォーマット
(PC/スマートフォン)
%0 0 513 <20 Elements><CR>
要素1~20は英数字の値になります。
例:%0 0 513 T h e r m o c o u p l e <CR>
デバイス名の設定-文字列に対するUWBTの応答
UWBTデバイスは、
この文字列を受信した後、肯定応答を送信します。
10-15
通信プロトコル
10
10.3.11 デバイス状態の取得
マスターは、
このリクエストを30秒毎に送信して、電池のステータスとBluetoothの信
号強度を取得します。
デバイス状態の取得-文字列フォーマット
(スマートフォン)
%0 0 5001 2<CR> - UWBTデバイスが有効なRSSI値を送信するデバイスヘルスリク
エスト
デバイス状態の取得-文字列に対するUWBTの応答
パケット
ヘッダー
SA
DA
コマンド
0xA5
0x00
0x00
バイト4
長さ
バイト1
バイト2
バイト3
0x07
電池電圧
電池充電%
電池充電ステ
ータス
バイト5~バイト6
バイト7
チェックサム
PCによって変
–
Bluetooth信号強度
更されたデバ
イス設定
表10-13 デバイス状態の取得-フレームフォーマット
フィールド説明:
フィールド
バイト1
バイト2
バイト3
バイト4
値と説明
このフィールドは電池電圧を示します。
たとえば、電池電圧を3.3Vとします。
3.3に10を乗算して整数に変換してから、16進法(HEX)値を計
算します。この場合、16進法(HEX)値は0x21です。
このバイトは、充電率を%で示します。
このフィールドは電池ステータスを示します。
ビット3からビット0は充電状態を示します。
0xX1 – 充電中
0xX2 – 充電完了
0xX3 – 放電中
ビット7
0 - ロギングにメモリを使えます。
1 - ログメモリの終了
0x00 – デバイス設定はPCによって変更されていません。
0x01 – デバイス設定はPCによって変更されています。
表10-14 フィールド説明
10-16
10
通信プロトコル
フィールド
バイト5~バイト6
バイト7
値と説明
0x00、0x00 – エラーなし
0x00、0x01 – 電池障害
0x00、0x02 – 温度センサオープン(すべてのセンサモデルに対して
(pH/温度およびRH/温度モデルに対しても)補正用の温度センサがあります。)
0x00、0x04 – 温度センサショート
(すべてのセンサモデルに対して
(pH/温度およびRH/温度モデルに対しても)補正用の温度センサがあります。)
0x00、0x08 – pHまたはRHセンサオープン(pH/温度モデルおよび
RH/温度モデルのみ)
0x00、0x10 – pHまたはRHセンサショート
(pH/温度モデルおよび
RH/温度モデルのみ)
0x00、0x20 – Bluetoothモジュール障害(ヘルスステータスをログ
できますが、
スマー
トフォンへ情報を送信することはできません。)
0x00、0x40 – EEPROM障害
0x00、0x80 – リアルタイムクロック障害
0x01、0x00 – 充電器障害
0x02、0x00 – 充電器障害
このフィールドは、Bluetooth信号強度を%で示します。
表10-14 フィールド説明(続き)
10.3.12 メモリ終了ステータス
メモリ終了ステータスを取得するために内部ロギングを有効にする場合、PCアプリケ
ーションはこの文字列を送信します。
メモリ終了ステータスフレームフォーマット
(PC)
%0 0 514<CR>
メモリ終了ステータス文字列に対するUWBTの応答
UWBTデバイスはこの文字列を受信すると肯定応答を送信します。
10.3.13 PCアプリケーション切断
PCアプリケーションが切断されると、PCアプリケーション切断文字列がUWBTデバイ
スへ送信されます。
PCアプリケーション切断-フレームフォーマット
(PC)
%0 0 515<CR>
PCアプリケーション切断文字列に対するUWBTの応答
UWBTデバイスは、
この文字列を受信すると肯定応答を送信します。
10-17
データロギング
11
第11項 - データロギング
11.1. データロギング(LOG)
データロギングモジュールは、UWBTデバイスのEEPROM内にデータを記録
します。
ログされたデータは、その後、エンドユーザー処理のためにUSP(ユー
ザースマートフォン)
またはPCを通じて呼び出すことができます。
このモジュール
は、RTC&EADCドライバと直接やりとりして、それぞれ日付/タイムスタンプおよび
処理されたセンサデータを取得します。
このため、記憶されたデータは、USPまたは
PCへ送信される必要がある場合、SIA(スマートフォンインタフェースアプリケーシ
ョン)
またはPIA(PCインタフェースアプリケーション)
モジュールによって呼び出され
ます。
UWBTは、それにインタフェースするセンサのタイプに基づいて、4つのタイプに分類
されます。センサ入力は、DAL(データ取得およびロギング)
アプリケーションによっ
て処理されます。センサインタフェース
(デバイスが設計されるのに可能な)は以下の
とおりです。
熱電対
RTD
pH
RH
センサのサンプリングレートは、最大10回/秒から最小1回/分までです。
11.1.1 EEPROMメモリ割り当てとレコードフォーマット
UWBTデバイスは、センサ固有データおよびデバイス設定パラメータを記録するため
に、128KBのシリアルEEPROMを利用します。EEPROMデータは、長時間のデータ
を記憶するために、
レコードのブロックとしてまとめられます。128K EEPROMのレコ
ードブロック
(256バイト)のフォーマットは、以下の表に示されています。
0x01
ブロック
タスンプ高
0x01
レコード
間隔:
ブロック
スタンプ低
0x02
R
R
R
R
R
R
R
R
0x03
R
R
R
R
R
R
R
R
0x04
R
R
R
R
R
R
R
R
…
R
R
R
R
R
R
R
R
0x1F
R
R
R
R
R
R
CRC
CRC
0x00
0x00
レコード数
0x02
日
0x03
月
0x04
年
0x05
時
0x06
分
0x07
秒
レコード
サイズ
R
R
R
R
R
表11-1: 各レコードブロックの場所の割り当て
・各レコードブロック
(256バイトのサイズ)は、後の段階でのレコード再構築のため
に、
日付およびタイムスタンプ、
レコード数、
レコード間隔、
ブロックスタンプ、
レコー
ドサイズのヘッダーを含みます。
・計算されたCRCは最後の2バイトに配置されます。
11-1
11
データロギング
「レコード間隔」には、
デバイスの構成設定に基づいて、熱電対またはRTDの
センササブタイプが格納されます。
レコード間隔バイトの詳細は以下の表に示
されています。
ビット7 ビット6 ビット5 ビット4 ビット3 ビット2 ビット1 ビット0
説明
X
X
X
X
X
0
0
1
10回/1秒
X
X
X
X
X
0
1
0
1回/1秒
X
X
X
X
X
0
1
1
1回/10秒
X
X
X
X
X
1
0
0
1回/30秒
X
X
X
X
X
1
0
1
X
X
X
X
1
X
X
X
1回/60秒
新しいロギング
開始を示す
TCボードのみ
0
0
0
1
X
X
X
X
J型熱電対
0
0
1
0
X
X
X
X
K型熱電対
0
0
1
1
X
X
X
X
T型熱電対
0
1
0
0
X
X
X
X
E型熱電対
0
1
0
1
X
X
X
X
R型熱電対
0
1
1
0
X
X
X
X
S型熱電対
0
1
1
1
X
X
X
X
B型熱電対
1
1
0
0
0
0
0
1
X
X
X
X
X
X
X
X
C型熱電対
N型熱電対
RTDボードのみ
0
1
X
X
X
X
X
X
PT100タイプRTD
1
0
X
X
X
X
X
X
X
X
0
1
X
X
X
X
PT1000タイプRTD
アメリカン曲線
X
X
1
0
X
X
X
X
表11-2: レコード間隔でのフィールドビットの割り当て
11-2
ヨーロッパ曲線
11
データロギング
128K EEPROMのレコードブロック数は、以下の表に示されています。
256
256
0x00 システム変数 システム変数
予約
256
256
256
256
R_Block5
R_Block6
256
256
0x01
R_Block1
R_Block2
R_Block3
R_Block4
0x02
R_Block9
R_Block10
R_Block11
R_Block12 R_Block13 R_Block14 R_Block15 R_Block16
0x03
R_Block17
R_Block18
R_Block19
R_Block20 R_Block21 R_Block22 R_Block23 R_Block24
…
R_Block..
R_Block..
R_Block..
R_Block..
0x3F
R_Block7 R_Block8
R_Block.. R_Block.. R_Block.. R_Block..
保留
リングバッ
予約
予約
R_Block 497 R_Block498 R_Block499 R_Block500
ファのエン
ドポイント
表11-3: 128K EEPROMでのブロックの割り当て
• ブロック1および2(512バイト)は、UWBTシステム変数に割り当てられます。
• ブロック510(256バイト)は、最後に記憶したログデータのリングバッファエン
ドポイントを記憶するために使用されます。
• ブロック3~8、および509、511、512(2.25KB)は、将来の拡張のために予約さ れています。
• 熱電対は、温度データを記憶するために2バイトを使用します(レコードサイズ=2)。
• RTDセンサは、温度を記憶するために2バイトを使用します(レコードサイズ=2)。
•R
Hセンサは、RH、露点、温度データを記憶するために6バイトを使用します
(レコードサイズ=6)
。
• pHセンサは、pHと温度データを記憶するために4バイトを使用します(レコードサイズ=4)。
• たとえば、@RecordInterval_10Secおよび@RecordSize_2では、各R-Blockは約20分のレコー
ドを記憶できます。500のR_Blockは約(500x20=10000分=166.6時間=)6.94日分のデー
タを記憶できます。
• たとえば、@RecordInterval_1Minおよび@RecordSize_2では、各R_Blockは、
約120分のレコード記憶できます。500のR_Blockは約(500x120=60000分=1000時
間)41.66日分のデータを記憶できます。
• レコードは、ユーザー設定時間間隔で収集され、記憶されます
(最小=10回/秒、最大1回/分)
。
• レコードブロックは、
リングバッファのフォーマットであることが必要で、ENDリングバッファポイ
ンタはEEPROMに記憶することが必要です。
• 別のフィールドは、
「デバイス書き込み設定」通信フレームに割り当てられ、
リングバッファ
を有効/無効にするオプションを提供します。
リングバッファが無効の場合、
ファームウェアは
EPPROMブロックでデータを上書きしません。
• デバイスメモリはリングバッファを保持しています。
デバイス上のメモリ空間がなくなった場
合、最新データをユーザーに提供するために、最も古いデータポイントが上書きされます。
• ロギングは、
スマートフォンまたはPCから停止リクエストが送られるまで有効です。EEPROMメ
モリがレベルを超えると、
データは、
リングバッファ概念を使って、開始場所から上書きされま
す。
したがって、EEPROMには最新センサデータが記憶されることになります。
• UWBTデバイスのリングバッファがオフの場合、
データロギングは、EEPROMメモリの500番目
のブロックに書き込んだ後、停止します。
11-3
11
データロギング
11.1.2. レコードの記憶空間と時間計算
レコードの記憶空間および時間計算は以下の表に示されています。
TC/RTDセンサ
サンプル
100ミリ秒
レコード サ レコード 1 500ブロッ
イズ
ブロックあ ク レコード
たり
時間(秒) 時間(分)
時間(時)
日
2
120
60000
6000
100
1.67
0.069
1秒
2
120
60000
60000
1000
16.67
0.694
10秒
2
120
60000
600000
10000
166.67
6.944
30秒
2
120
60000
1800000
30000
500.00
20.833
1分
2
120
60000
3600000
60000
1000.00
41.667
時間(秒)
時間(分)
時間(時)
日
RHセンサ
サンプル
100ミリ秒
レコード サ レコード 1 500ブロッ
イズ
ブロックあ ク レコード
たり
6
40
20000
2000
33
0.56
0.023
1秒
6
40
20000
20000
333
5.56
0.231
10秒
6
40
20000
200000
3333
55.56
2.315
30秒
6
40
20000
600000
10000
166.67
6.944
1分
6
40
20000
1200000
20000
333.33
13.889
時間(分)
時間(時)
日
pHセンサ
サンプル
100ミリ秒
レコード サ レコード 1 ˚500ブロッ 時間(秒)
イズ
ブロックあ ク レコード
たり
4
60
30000
3000
50
0.83
0.035
1秒
4
60
30000
30000
500
8.33
0.347
10秒
4
60
30000
300000
5000
83.33
3.472
30秒
4
60
30000
900000
15000
250.00
10.417
1分
4
60
30000
1800000
30000
表11-4: レコードの記憶空間と時間
500.00
20.833
11-4
データロギング
11
11.1.3 データロギングDFD
通信
フレームを
処理する
取得した
センサデータ
ユーザー設定間隔
回 秒
最小
最大 回 分
レコード
ブロック
レコード
メモリ
ページ
書き込み
循環バッ
ファ
センサデ
ータをロ
グする
の日時を変更する
レコードブロックが満杯である
レコード間隔で変更がある
レコード記録を停止する
タイムス
タンプを読み
出す
図11-1: データロギングデータフロー図
・レコードブロックが満杯となった場合、
または電源切断イベントが発生したり、
ある
いはレコード記録の停止が発生した場合は、
ファームウェアが現在のレコードブロ
ックをEEPROMに書き込みます。
・また、
レコード記録イベントが開始された場合、
アプリケーションは新しいレコード
ブロックから実行します。
・UWBTデバイスは、電源が入れられたら
「内部ログオフ」状態で起動します。
11-511-5
11
データロギング
11.1.4. ログデータ復旧通信フレーム
EEPROMからデータを復旧するために、2種類のコマンドフレームが定義されていま
す。
それはダウンロードレコードブロック
(504)
とダウンロードレコード
(505)
です。
11.1.4.1. レコードのダウンロード
UWBTデバイスは、125キロバイトまでの内部ロギングをサポートしています。PCアプ
リケーションは、
このフレームを使用して、UWBTデバイスから、内部ログデータをダウ
ンロードできます。
レコードのダウンロード-文字列フォーマット
(スマートフォンから)
%0 0 505 <Block_Number><CR>
レコードのダウンロードに対するUWBTデバイスの応答
0xA5
0x00
0x00
0x01 0xF9
0x01
B1
B2
…
B256 チェックサム
・このフレームでは、長さはページを表します。
[長さ]
フィールド0x01は、1ページのデ
ータ、すなわち、256バイトを示します。
注:ダウンロードレコードとダウンロードレコードブロック
(5ブロックまたは3ブロック)
では、以下の条件と応答が共通しています。
• UWBTは、
スマートフォンのコマンドリクエストに対して1回しか応答しません。
ホスト
デバイスからのリクエストはすべて肯定応答で応答されます。
• スマートフォンは、
タイムスタンプ、
レコード数、
ブロックスタンプ、
レコードサイズに基
づいて、センサがログしたレコードを再構築します。
11.1.4.2. レコードブロックのダウンロード
(5ブロック)
スマートフォン(Androidアプリケーション)は、
このフレームを使用して、5ブロック毎
に、UWBTデバイスから内部にログしたデータをダウンロードできます。
レコードブロックのダウンロード-文字列フォーマット
(スマートフォンから)
%0 0 504 <数字><CR>
レコードのダウンロードに対するUWBTデバイスの応答
0xA5
0x00
0x00
0x01
0xF8
0x05
B1
B2
… B1280 チェックサム
• このフレームでは、長さは5ページです。
[長さ]
フィールド 0x05は、5ページのレコー
ド、すなわち、1280バイトを示します。
11.1.4.3. レコードブロックのダウンロード
(3ブロック)
スマートフォン(iOSアプリケーション)は、
このフレームを使用して、
3ブロック毎に、UWBTデバイスから内部でログしたデータをダウンロードできます。
レコードブロックのダウンロード-文字列フォーマット
(スマートフォンから)
%0 0 509 <数字><CR>
0xA5
0x00 0x00 0x01 0xFD 0x03 B1
B2
…
B768
チェックサム
レコードのダウンロードに対するUWBTデバイスの応答
11-6
このフレームでは、長さは3ページです。
[長さ]
フィールド0x03は、3ページのレコー
ド、すなわち、768バイトを示します。
データロギング
11
11.1.5. ダウンロード時間計算を見積もる
・データは、8N1では、ボードレート115200bpsでダウンロードされます。
• バイトあたりの通信時間は(9ビット)=78.125uS
• ブロックあたりの通信時間は(256+8=264バイト)= 20625 uS = 20.625ミリ秒
• 500ブロックあたりの通信時間は = 10312.5ミリ秒 = 10.3125秒
• スマートフォン側およびUWBTデバイス内のおよその処理時間は、
データ通信にか
かる時間の約150%です。
・およそのデータダウンロード時間= 10.3125+15.46875=25.78125秒
11.1.6. リングバッファ
・リングバッファには500ブロックのデータがあります。
• 内部ログメモリを消去しない場合、USP/PCアプリケーションからの「ダウンロード
リクエスト」は必ず、500ブロックのUWBTがログしたデータをダウンロード/受信し
ます。
• そうでなければ、UWBTは、
「デバイスメモリが空」の肯定応答を返信します。
• USP/PCアプリケーションは、
ログセッションに応じて、UWBTがログしたデータを
デコードしてから、
ファイルに分割します。
11.1.6.1. リングバッファオフ-シングルセッション
1
2
START
END
A
B
…. …. 100
101 …. …. 499
500
図11-2: リングバッファオフ-シングルセッション
• セッションは、ポイントA(100番目のブロック)
で開始し、ポイントB(500番目のブロ
ック)
で終了します。
START
END START
END
1
1
2
2
• データがダウンロードされている間、USPは、
最初に1番目のブロック
(最も古いデ
ータ)
を受信し、
最後に200番目のブロック
(最新データ)
を受信します。
受信するブ
A
B
C
D
ロックの順序は、1から500です。
• リングバッファがオフであるため、
ログはポイントBで終了し、ポイントBに
「メモリの
終了」が示されます。
1
2
…. …. 100
101 …. …. 340
341 …. …. 499
500
11-7
END
START
1
11
2
…. …. 100
101 …. …. 499
500
データロギング
11.1.6.2. リングバッファオフ-マルチセッション
START
1
A
1
2
END
1
START
START
2
B
A
END
2
END
C
D
B
…. …. 100
…. 100
…. 340
341…. ….499…. 500
499
1
2101
…. ….
101 ….
500
図11-3: リングバッファオフ-マルチセッション
START
END
• マルチセッションの例に対して、セッションはポイントAおよびCで開始し、ポイントB
A
B
およびDで終了します。
START
END
START
END
• データがダウンロードされている間、
最初に1番目のブロック
(最も
1 スマートフォンは、
2
2
END 1
START
古いデータ)
を受信し、
最後に500番目のブロック
(最新データ)
を受信します。
受信
A
B
C
D
するブロックの順序は、
1から500です。
B
1
2 …. …. 100 A101 …. …. 499 500
1
1
• リングバッファがオフであるため、
ログはポイントDで終了し、ポイントDには「メモリ
終了」が示されます。
2 …. …. 100 101 …. …. 340 341 …. …. 499 500
・セッションはポイントA(341番目のブロック)
で開始し、ポイントB(100番目のブロッ
2
….
….
100
101
….
….
340
341START…. …. 499 END
500
START
END
ク)
で終了します。
1
1
2
2
11.1.6.3. リングバッファオン-シングルセッシ
ョBン-メモリオーバーラ
ップなし
A
C
D
END
1
2
START
B
…. …. 100
A
101 …. …. 340
START
1
2
A
…. …. 100
341 …. …. 499
500
END
101 …. …. 340 B 341 …. …. 499
END
500
START
図11-4: リングバッファオン-シングルセッシ
ョン-メモリオーバーラ
ップなし
B
A
1
スマートフォンは、
最初に101番目のブロック
(最
2・データがダウンロードされている間、
…. …. 100 101 …. …. 141
142 …. ….
499 500
も古いデータ)
を受信し、最後に100番目のブロック
(最新データ)
を受信します。受信す
START
END
るブロックの順序は、
101から500、
1から100です。
1
2 …. …. 100 101 …. …. 340 341 …. …. 499 500
A
B
・ブロック101~340には古いデータが含まれます。
・リングバッファがオンになっているため、
ログは500番目のブロックでは終了しません。
1
11.1.6.4. リングバッファオン-シングルセッション-メモリオーバーラップ
2 …. …. 100 101 …. …. 141 142 …. …. 499 500
START
END
2
END
1
START
B2
A
B
C
…. …. 100
101 …. …. 141
D
1
1
2
END
2
…. …. 502 51 …. …. 100
11-8
D
END
START
1 A
START
1101
END
START
142 …. …. 499
…. ….1 3402 341 …. …. 499
500
500
図11-5: リングバッファオン-シングルセッシ
A
B
C ョン-メモリオーバーラップ
1
1
2
2
A
B
C
D
データロギング
START
11
END
1
2 …. …. 100 101 …. ….で開始し、
340 341 ポイントB
…. …. 499
500
・セッションはポイントA
(100番目のブロック)
(141番目のブロ
A
B
ック)
で終了します。
・データがダウンロードされている間、
スマートフォンは、最初に142番目のブロック
(
END
START
最も古いデータ)
最後に141番目のブロック
を受信します。
1
2 を受信し、
…. …. 100
101 …. …. 141 142 (最新データ)
…. …. 499 500
B
A
受信するブロックの順序は、142から500、
1から141です。
・リングバッファがオンであるため、
ログは500番目のブロックでは終了しません。
・ブロック100~140は、
1
2新しいデータによって上書きされます。
…. …. 100 101 …. …. 340 341 …. …. 499
500
11.1.6.5 リングバッファオン-マルチセッション-メモリオーバーラップなし
END
2
START
1
END
1
D
START
A
B
A
1
2
…. …. 50
51 …. …. 100
1
2
START
2
END
B
101 …. …. 340
…. …. 100
C
341 …. …. 499
101 …. …. 141
142 …. …. 499
500
500
図11-6: リングバッファオン-マルチセッション-メモリオーバーラップなし
・セッションはポイントAおよびCで開始し、ポイントB、Dで終了します。
START
END
END START
・データがダウンロードされている間、
スマートフォンは、
最初に51番目のブロック
1
2
1
2
END
START
END START
(最も古いデータ)
受信し、最後に50番目のブロック
(最新データ)
を受信します。受
1
A2
D
B1 C2
信するブロックの順序は、
51から500、
D
A 1から50です。
B
C
・リングバッファがオンであるため、
ログは500番目のブロックでは終了しません。
1
2・最
….初のセッションは、
…. 100 101 …. ブロック101~340に配置されます。
…. 200 201 …. …. 340 341 …. …. 499
1
2
…. …. 50
51 …. …. 100
101 …. …. 340
341 …. …. 499
500
500
・2番目のセッションは、
ブロック341~500、および1~50に配置されます。
・ブロック51~100には古いデータが含まれます。
11.1.6.6. リングバッファオン-マルチセッション-メモリオーバーラップ
1
2
…. …. 100
START
1
END
2
END
1
START
2
A
D
B
C
101 …. …. 200
201 …. …. 340
341 …. …. 499
500
図11-7: リングバッファオン-マルチセッション-メモリオーバーラップ
・セッションはポイントA、Cで開始し、ポイントB、Dで終了します。
・データがダウンロードされている間、
スマートフォンは最初に201番目のブロック
(最も古いデータ)
を受信し、最後に200番目のブロック
(最新データ)
を受信します。
受信するブロックの順序は、201から500、1から200です。
・リングバッファがオンであるため、
ログは500番目のブロックでは終了しません。
・最初のセッションは、
ブロック101~340に配置されます。
・最初のセッションブロック101~200は、2番目のセッションによって上書きされます。
・2番目のセッションは、
ブロック341~500、および1~200に配置されます。
11-9
11
データロギング
11.1.6.7. EEPROMの消去およびメモリ終了表示
・USP/PCアプリケーションが「内部ロギング-オン」および「リングバッファ-オフ」
を
書き込むと、UWBTデバイスはデバイス内部ロギングを開始します。内部メモリが満
杯の場合は、
「メモリ終了」が示されます。
この状況で、UWBTデバイスは「内部ロギ
ング-オフ」
を設定します。
・USP/PCアプリケーションがUWBT EEPROMログメモリの消去をリクエストすると、
「内部ロギングがオフ」の場合に限って、UWBTデバイスはメモリを消去します。
そ
の後、UWBTデバイスは「メモリ終了」
をクリアします。
・USP/PCアプリケーションが「リングバッファ-オン」
オプションを選択すると、
UWBTデバイスは「メモリ終了」
をクリアします。
・USP/PCアプリケーションが「内部ロギング-オン」および「リングバッファ-オン」
を書き込むと、UWBTデバイスは「メモリ終了」
をクリアし、
デバイス内部ロギングを
開始します。
11-10
12
付録A:
付録A: UWBT-RHセンサ情報
A.1 精度
精度は製
造 元 の
Outgoing
Quality
Control
に よ っ
て、25°C
(77°F)
、3.3Vでテ
図 A-2:温度精度表
図 A-1:RH
ストされて
精度表
います。値はヒステリシス、非線形性を除いたものであり、
結露の無い環境のみに適用されます。
H.2 動作条件
センサは推奨された通常範囲内で安定して動作します。図を参照してください。通常
範囲外、特に相対湿度が80%以上の環境に長期間さらすと、RH信号が一時的にオ
フセットされる場合があります (60時間後に+3%R)。通常範囲に戻った後で、徐々に
校正状態に戻ります。
オフセットの除外を高速化させるには、セクションH.4「手順の
調整」
を参照してください。苛酷な環境に長時間さらされると、寿命が短くなる危険性
があります。
図 A-3:通常範囲
H.3 保管条件と取り扱いの説明
湿度センサは通常の電子部品ではなく、注意深く取り扱う必要があることを理解す
ることは非常に重要です。
12-1
12
承認および規制順守
高濃度の化学物質の気体と、長時間の暴露が組み合わさると、センサの測定値がオ
フセットされる場合があります。
この理由から、次の条件で、
シールされたESDバッグを
含め、元の梱包に保管しておくことを推奨します。温度は10°
C ~ 50°
C (短時間の場
合は0 ~ 80°
Cも可能)、湿度は20 ~ 60%RHです (ESDバッグに保管されていないセ
ンサ)。元の梱包から出したセンサについては、PE-HD8製のESDバッグに保管するこ
とを推奨します。
センサの製造と輸送の際は、高濃度の化学溶剤と長期間の暴露を避ける必要があり
ます。糊、粘着テープ、ステッカーからの気体の放出、
または気泡緩衝材、スポンジな
ど、気体を含む梱包材は避ける必要があります。製造場所は十分に換気する必要があ
ります。
H.4 調整手順
上記のように、過酷な環境に長期間さらされると、溶剤の気体によってセンサがオフ
セットされる場合があります。次の調整手順によって、センサが校正状態に戻ります。
焼き付け: 100 ~ 105°
C、5%RH未満、10時間
再水和: 20 ~ 30°
C、約75%RH、12時間
(75%RHは飽和NaCl溶液によって簡単に実現できます。100 ~ 105°
Cは212 ~
221°
F、20 ~ 30°
Cは68 ~ 86°
Fに相当します)
H.5 温度効果
相対湿度の測定値は温度によって大きく変わります。
したがって、相対湿度を測定す
る空気と同じ温度に湿度センサを維持することは重要です。試験または認定の場合、
基準センサと試験センサは、湿度の測定値を比較できるように、同じ温度を示す必要
があります。
センサの梱包は、
ピンからセンサへの熱の伝導を最小限に抑えるように設計されてい
ます。
また、センサが、熱を発生させる電子部品とPCBを共有している場合、熱伝導を
抑えるような形でマウントするか、可能な限り低温にするようにしてください。測定頻
度が高い場合、
自己加熱効果があります。
H.6 光
センサは光に反応しません。直射日光または紫外線に長時間さらすと、ハウジングの
寿命が短くなる場合があります。
H.7 シールとマウントに使用される材料
多くの 材 料 は 空 気 中 の 水 分 を 吸 収して バッファとして 機 能し、応 答 時 間と
ヒステリシスを高めます。そのため、センサ近くの材料は慎重に選択する必要が
あります。推奨される材料: 金属すべて、LCP、POM (デルリン)、PTFE (テフロン)
、PE、PEEK、PP、PB、PPS、PSU、PVDF、PVF。
シールと糊 (別に使用): 電子部品のパッ
ケージには高密度エポキシ (グロブトップ、
アンダーフィルなど)、
シリコンを使用して
ください。
これらの材料から発生する気体によって、センサに影響を与える可能性があります (
セクションH.3を参照)。そのため、センサは製造の最後の手順でアセンブリに追加す
るか、製造後にアセンブリを十分に換気された場所で保管するか、梱包前に気体を放
出させるために50°
Cで24時間焼きつけるなどの手順を実施してください。
12-2
付録B: 12
付録B: UWBT-PHのpHおよび温度表
温度
0°C
10°C
20°C
25°C
30°C
40°C
50°C
60°C
70°C
80°C
90°C
pH
mV
mV
mV
mV
mV
mV
mV
mV
mV
mV
mV
0
379.4
393.3
407.1
414
421
434.9
448.8
462.7
476.6
490.5
504.4
0.5
352.3
365.2
378.1
384.4
391
403.9
416.8
429.7
442.5
455.5
468.3
1
325.2
337.1
349
354.9
360.9
372.8
384.7
396.6
408.5
420.4
432.3
1.5
298.1
309
319.9
325.3
330.8
341.7
352.6
363.6
374.5
385.4
396.3
2
271
280.9
290.8
295.8
300.7
310.7
320.6
330.5
340.4
350.3
360.3
2.5
243.9
252.8
261.7
266.2
270.7
279.6
288.5
297.5
306.4
315.3
324.2
3
216.8
224.7
232.7
236.6
240.6
248.5
256.5
264.4
272.3
280.3
288.2
3.5
189.7
196.6
203.6
207
210.5
217.5
224.4
231.4
238.3
245.2
252.2
4
162.6
168.5
174.5
177.5
180.4
186.4
192.3
198.3
204.3
210.2
216.2
4.5
135.5
140.5
145.4
147.9
150.4
155.3
160.3
165.3
170.2
175.2
180.1
5
108.4
112.4
116.3
118.3
120.3
124.3
128.2
132.2
136.2
140.1
144.1
5.5
81.3
84.3
87.2
88.7
90.2
93.2
96.2
99.2
102.1
105.1
108.1
6
54.2
56.2
58.2
59.15
60.1
62.1
64.1
66.1
68.1
70.1
72.1
6.5
27.1
28.1
29.1
29.6
30.1
31.1
32.1
33.1
34
35
36
7
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
0
7.5
-27.1
-28.1
-29.1
-29.6
-31.1
-31.1
-32.1
-33.1
-34
-35
-36
8
-54.2
-56.2
-58.2
-59.15
-60.1
-62.1
-64.1
-66.1
-68.1
-70.1
-72.1
8.5
-81.3
-84.3
-87.2
-88.7
-90.2
-93.2
-96.2
-99.2
-102.1
-105.1
-108.1
9
-108.4
-112.4
-116.3
-118.3
-120.3
-124.3
-128.2
-132.2
-136.2
-140.1
-144.1
9.5
-135.5
-140.5
-145.4
-147.9
-150.4
-155.3
-160.3
-165.3
-170.2
-175.2
-180.1
10
-162.6
-168.5
-174.5
-177.5
-180.4
-186.4
-192.3
-198.3
-204.3
-210.2
-216.2
10.5
-189.7
-196.6
-203.6
-207
-210.5
-217.5
-224.4
-231.4
-238.3
-245.2
-252.2
11
-216.8
-224.7
-232.7
-236.6
-240.6
-248.5
-256.5
-264.4
-272.3
-280.3
-288.2
11.5
-243.9
-252.8
-261.7
-266.2
-270.7
-279.6
-288.5
-297.5
-306.4
-315.3
-324.2
12
-271
-280.8
-290.8
-295.8
-300.7
-310.7
-320.6
-330.5
-340.4
-250.3
-360.3
12.5
-298.1
-309
-319.9
-325.3
-330.8
-341.7
-352.6
-363.6
-374.5
-385.4
-393.3
13
-325.2
-337.1
-349
-354.9
-360.9
-372.8
-384.7
-396.6
-408.5
-420.4
-432.3
13.5
-352.3
-365.2
-378.1
-384.4
-391
-403.9
-416.8
-429.7
-442.5
-455.4
-468.3
14
-379.4
-393.3
-407.1
-414
-421
-434.9
-448.8
-462.7
-276.6
-490.5
-504.4
12-3
ノート:
保証および免責事項
OMEGA ENGINEERING, INC.は、 当該製品のご購入の日から13ヶ月間、本製品に材料および製造上の欠陥が
生じた場合に保証いたします。OMEGAの保証は、通常の1年間の製品保証に加え、出荷と配送作業に要する
猶予期間として、さらに1カ月が付加されます。これにより、OMEGAのお客様は最大限の製品保証期間を確
保できます。
製品に不具合が認められた場合、査定のため工場に送り返していただく必要があります。OMEGAカスタマー
サービスは、電話または書面で要請があった場合、ただちに返送確認番号を発行いたします。OMEGAでの査
定の結果、製品に欠陥があることが認められた場合は、無償で修理または交換いたします。OMEGAの保証は、
誤った取り扱い、不適切な接続、設計上の限界を超えた運用、不適切な修理、無許可の改造などを含めて、お
客様の行為の結果生じた不具合については適用されません。本保証は、装置が無断で改造された証拠が発見さ
れた場合や、過度な腐食、電流、熱、湿気または振動、不適切な使用、誤用、乱用、その他OMEGAの想定し
得ない使用条件の結果として損傷が生じた証拠が発見された場合は無効になります。また、接点、ヒューズ、
トライアックを含む消耗品の保証はいたしません。
OMEGAは、種々の製品の利用目的に合わせたご提案をさせて頂きます。しかしながら、OMEGAが口頭も
しくは文書で提供する情報に従って製品を利用した結果生じたいかなる不作為、過失、破損における責任を負
うものではありません。OMEGAは弊社で製造された部品が規定品で、欠陥がないということのみを保証致
します。OMEGAはその権原外では明示的であれ黙示的であれ、一切他の表明および保証を致しません。商
品適合性と特定目的適合性を含む全ての黙示的保証は本書面をもって免責されます。責任制限:本書面に定め
るお客様の救済措置は限定的であり、当注文に関するOMEGAの全責任は契約、保証、過失、賠償、厳格責
任などの有無に関係なく、賠償責任を問われている製品の購入価格を超えることはございません。いかなる場
合でも、OMEGAは間接、偶発、もしくは特別損害賠償の責任を負うものではありません。
条件:OMEGAにより販売される製品は以下の目的での使用を意図しておらず、使用してはなりません。(1)
10CR21(NRC)に基づく「基本構成部品」として、原子力施設、および活動のための使用。または(2)医
療用途、人体への使用。本製品が、仮に原子力施設またはその活動のために使用されたり、医療用途のため人
体に使用されたり、いかなる方法でも濫用された場合、OMEGAは基本保証/免責約款で定められている責任
を負うものではありません。また、お客様はOMEGAに対し賠償責任があり、そのような方法で製品を使用し
たことから生ずる責任や損害がOMEGAに及ばないことを保証するものとします。
製品の返送とお問い合わせ
保証および修理に関する依頼とお問い合わせにつきましては、OMEGAカスタマーサービスへご連絡ください。
OMEGAへ製品を返送いただく場合は、OMEGAカスタマーサービスから返送確認番号を取得していただく必
要があります。発行する返送確認番号は、返送用梱包の見える場所に明記していただき、各種連絡文書にも必
ずご記入をお願いいたします。
お客様には梱包費用、送料、保険料をご負担いただく他、輸送中の損傷を防止するため、適切な梱包をしていただく
ようお願いいたします。
保証対象の返送の場合は、OMEGAにご連絡いただく
前に 次の情報をお手元にご用意ください。
1.
製品を購入した際の注文書の番号
2.
保証対象製品のモデル名とシリアル番号
3. 製品の修理に関する指示事項および具体的な不具合
保証外で修理を依頼される場合の費用については
OMEGAカスタマーサービスへお問い合わせください。
また、ご連絡いただく前に、次の情報をお手元にご用
意ください。
1. 修理費の支払いに使用する注文書の番号
2. 製品のモデル名とシリアル番号
3. 製品の修理に関する指示事項および具体的な不具合
OMEGAは製品の改良が可能である限り、モデルチェンジではなく、常に改良を重ねる方針をとっています。これにより、
お客様には最新の技術とエンジニアリングを享受していただくことができます。
OMEGAはOMEGA ENGINEERING, INC.の登録商標です。
© Copyright 2016 OMEGA ENGINEERING, INC. All rights reserved.
本書はOMEGA ENGINEERING, INC.の書面による事前の同意を得ることなく、全部または一部を複製、写真複写、模写、
翻訳、または電子媒体もしくは機械可読な形態に変換してはなりません。
特許取得済み: 米国および国際特許を受けており、特許取得中です。
プロセス計測と制御用の製品は
OMEGAで見つかります
www.jp.omega.com でオンライン購入できます。
温度
M
U
M
U
M
U
M
U
M
U
熱電対、RTD & サーミスタプローブ、コネクタ、パネル、アセンブリ
配線: 熱電対、RTDとサーミスタ
キャリブレータとアイスポイントリファレンス
レコーダー、コントローラー&プロセスモニター
赤外線パイロメーター
圧力、ひずみ、力
M
U
M
U
M
U
M
U
トランスデューサーとひずみゲージ
負荷セルと圧力ゲージ
変位トランスデューサ
計測と付属品
流量/レベル
M
U
M
U
M
U
M
U
ロータメーター、ガス質量フローメーター、フローコンピュータ
気流速度インジケーター
タービン/パドルホイールシステム
多回路総合計器とバッチコントローラー
pH/導電率
M
U
M
U
M
U
M
U
pH電極、テスター、付属品
ベンチトップ/ラボ用メーター
コントローラー、キャリブレータ、シミュレーターとポンプ
産業用pH & 導電率計
データ収集
M
U
M
U
M
U
M
U
M
U
データ取得と工業用ソフトウェア
通信ベースの取得システム
Apple、IBMおよび互換機用プラグインカード
データロギングシステム
レコーダー、プリンター、プロッター
ヒーター
M
U
M
U
M
U
M
U
M
U
ヒーターケーブル
カートリッジとストリップヒーター
浸漬式とバンドヒーター
フレキシブルヒーター
ラボ用ヒーター
環境監視と制御
M
U
M
U
M
U
M
U
M
U
M
U
測定と制御機器
レフラクトメーター
ポンプと配管
空気、土壌、水のモニター
工業用の水と排水処理
pH、導電率、溶存酸素計
M5417/0716
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising