Shure | AXT630 | User guide | Shure AXT630 Antenna Distribution System ユーザーガイド

Shure AXT630 Antenna Distribution System ユーザーガイド
AXT630
概要
アンテナ分配システムは、1ペアのアンテナからのRF信号を複数の受信機
に送ります。ウルトラリニアアンプと調整式アッテネーションにより、難
しいRF環境でも性能を最適化します。選択式の入力フィルターは、送信機
で使用可能な周波数バンドに一致しており、強力な帯域外信号に対し強固
に保護します。BNCアンテナ出力ペアは、バンドフィルターされた信号を
最大4台の受信機に分配できます。ペアのワイドバンド・カスケードポート
は、ワイドバンドのRF信号をスペクトラムマネージャーまたは別のアンテ
ナ分配アンプに供給します。ネットワークはWireless Workbenchでフィル
タリングレンジとアッテネーションをコントロールすることができます。
さらなる柔軟性のために、Axientアンテナ分配システムはShure ULX-Dお
よびUHF-R受信機にも対応します。
:本システムガイドにおける説明事項はAxientアンテナ分配システムの全モ
デルに適用します。
機能
RFスペクトラムの使用を最大化するために、アンテナ分配システムは以下
の周波数範囲でご利用いただけます:
•
AXT630 (470-698 MHz)
•
AXT631 (606-814 MHz)
•
AXT632 (470-510 MHzおよび630-787 MHz)
•
選択可能な入力フィルタリングは、強力な帯域外信号からシステム全
体を保護します
•
ワイドバンドフィルタリングオプションは複数のバンドをカバー
•
最大15 dBの選択式RFアッテネーションによりS/Nを最適化
•
フロントパネルインターフェースとWireless Workbench 6ソフトウェ
アコントロールにより、フィルタリングコントロール、アンテナ出力、
アッテネーションの簡単なセットアップとコントロールができます
•
BNC出力:4ペアのアンテナ出力
•
ワイドバンドRFカスケードポートと選択式の3 dBメイクアップゲイン
により、広帯域な機器が接続できます。
•
イーサネットネットワーク:2つのPoE対応イーサネットポート
•
IEC電源ポートはAC電源をデイジーチェーン接続できます
取り付け方法
本ユニットはラックマウント用としてデザインされています。
警告:怪我防止のため機器は確実にラックに固定してください。
コントロールとコネクター
1
2
3
power
AXT631
606-814 MHz
SET
Antenna Distribution
5
4
6
7
9
12
AXT631
RF outputs
RF outputs
4B
3B
2B
1B
4A
3A
2A
antenna
in
1A
14
B
A
PoE Class 1
8
10
11
13
① LCDディスプレイ
メニューと設定を表示します。
② ナビゲーションボタン
•
矢印:メニューをスクロールし設定を変更します
•
セット:メニュー編集と変更の保存ができます
ヒント:Setボタンを1秒間押し続けて、ワイアレスワークベンチのハードウェア識別機能を起動します。
©2017 Shure Incorporated
1/10
AXT630
Shure Incorporated
③ 電源スイッチ
ユニットのオン/オフを切り替えます。
④ AC電源プライマリースイッチ
AC主電源スイッチ
⑤ AC電源イン
IEC コネクター 100-240 V AC
⑥ AC電源カスケード
IEC延長ケーブルを用いれば、最大5台のラックユニットを1つのAC電源に接続できます。
⑦ ネットワーク速度LED(オレンジ):
•
消灯 = 10 Mbps
•
点灯 = 100 Mbps
⑧ イーサネットポート(2ポート)
クラス1 PoE対応イーサネットネットワークに接続することでリモートコントロールとモニタリングが可能となります
⑨ ネットワークステータスLED(緑色)
•
消灯 = ネットワークリンクがありません
•
点灯 = ネットワークリンク有効
•
点滅 = ネットワークリンクが有効で、点滅速度はトラフィック量に対応します。
⑩ RF出力コネクター、チャンネルB
チャンネルBにRF信号を分配します
⑪ RF出力コネクター、チャンネルA
チャンネルAにRF信号を分配します
⑫ アンテナ入力ポート、チャンネルAとB
アンテナ入力は、アクティブアンテナまたはインラインアンプを使用するためのDCバイアスを備えています。
⑬ RFカスケードポート、チャンネルAとB
ひとつの機器から次の機器に広帯域RF信号を送り、最大5台までで1ペアのアンテナを共有することができます。
⑭ アンテナ入力ステータスLED
•
緑色 = DC電源オン
•
消灯 = DC電源オフ
•
赤色 = アンテナ故障または過電流
アンテナ
アンテナ分配システムはフロントマウントアンテナまたはリモートマウン
トアンテナが使用できます。
1. 付属のフロントマウント用ケーブルのバルクヘッドアダプターを両ラッ
クイヤーの穴に挿入し、付属の金具により前面側から固定します。
: 入力帯域フィルタリング機能を使用する場合、フィルターレンジをカバー
する帯域幅のアンテナを選択してください。
2. 付属アンテナケーブルをアンテナ入力BNCコネクターに接続します。
フロントマウントアンテナの設置
:信号のドロップアウトを最小限に抑えつつ性能を最適化するには、アンテ
ナを上に向けて縦方向でそれぞれ45°離してください。
フロントパネルにアンテナを設置すると、RF信号への信号パスがクリアに
なりシステムの性能が向上します。付属のバルクヘッドアダプターキット
を使用し、フロントパネルにアンテナを取り付けます。
3. アンテナをバルクヘッドアダプターに取り付けます。
リモートアンテナの設置
リモートアンテナは、アンテナの設置場所に柔軟性を与え、また、送信パ
スの妨害が少なくなりレンジも伸びることで性能を改善できます。リモー
トマウントアンテナに関するヒントとベストプラクティスについてはを参
照してください。
RF出力の分配
RF outputs
RF outputs
4B
2/10
3B
2B
1B
4A
3A
2A
1A
2017/10/12
AXT630
Shure Incorporated
RF出力は一組のアンテナからの信号を4つの受信機まで、または追加的アンテナ分配システムに分配します。ポート間を分離することで干渉を低下させるこ
とができるので、信号を他の機器に分配する際には分配ポートが最適なオプションとなります。
機器の接続
アンテナシステムのAとBのペアのRF出力を機器のAとB入力に接続します。
RF outputs
RF outputs
4B
3B
2B
4A
1B
3A
2A
antenna
in
1A
12.7V
OUT
150 mA
cascade
out
B
A
antenna
in
12.7V
OUT
150 mA
cascade
out
B
A
入力バンドフィルタリング
入力のバンドフィルターはRF分配ポートに働きますが、RFカスケードポートには影響しません。広帯域設定はアンテナ分配システムの最大周波数範囲を通
過させます。性能を最適化するには、接続した機器のチューニング範囲にもっとも近いバンドフィルターを選択します。
バンドフィルターが設定されると、選択したバンド内で、接続した機器を作動しチューニングをすることができます。
ゲインおよびアッテネーション
RFゲインメニューを使って接続した機器に送る信号レベルを一定に保ちます。調整範囲は、カスケードポートをオフにした場合-12~+3 dBで、有効にした
場合は-15~0 dBです。
RFカスケードポート
antenna
in
12.7V OUT
150 mA
cascade
out
B
A
RFカスケードポートは、追加受信機、スペクトラムマネージャー、アンテナ分配システムに接続ポイントを提供することで、アンテナ分配システムを拡張
します。
アンテナカスケードをオートに設定した場合、接続した機器のアンテナ入力からのDC 12 Vがポート接続部で検知されると、カスケードポートは自動的に有
効になります。カスケードポートが有効のとき、5 dB(最大)の信号分配損失が生じます。
RFカスケード出力を使用する受信機は、同じバンドの受信機にアンテナ信号を拡張することができます。
AXT600スペクトラムマネージャーをアンテナシステムに追加する
AXT600スペクトラムマネージャーをアンテナ分配システムのRFカスケードポートに接続します。
RF outputs
RF outputs
4B
3B
2B
1B
4A
3A
2A
antenna
in
1A
12.7V
OUT
150 mA
cascade
out
B
A
antenna
in
12.7V
OUT
150 mA
cascade
out
B
2017/10/12
A
3/10
AXT630
Shure Incorporated
アンテナ分配の複数のレベル
大きな設定のためには、複数のアンテナ分配システムを数層のレベルの信号分配をサポートするように重ねることができます。
•
レベル1とレベル2のアンテナ分配システムがカスケードポートをアクティブにすれば、二つのレベルのアンテナ分配が可能になります。
•
レベル1のアンテナ分配システムだけがカスケードポートをアクティブにすれば、三つのレベルまでのアンテナ分配が可能になります。
•
RFの最大の性能を発揮させるためには、追加的レベルをつくる前に、すべてのRF出力を一つのレベルで使用することです。
Cascade Ports
AXT630 (Wideband)
RF Outputs
AXT630 (G1 Filtered)
AXT630 (H4 Filtered)
Receiver (G1)
Receiver (H4)
Receiver (G1)
Receiver (H4)
Receiver (G1)
Receiver (H4)
Receiver (G1)
Receiver (H4)
AXT600
1:広帯域に設定されたアンテナ分配システム
2:同じバンドにチューニングされた4つの受信機をマッチするバンドフィルターに設定されたアンテナ分配システム。
AXT600スペクトラムマネジャーをレベル1アンテナ分配システムのRFカスケードポートに接続します。
トラブルシューティング
温度超過メッセージ
アンテナの故障
Antenna
Fault
Over
Temperature
SET
アンテナ入力ステータスLEDが赤く点滅ししている場合、アンテナポート
のショートまたは過電流を表しています。不具合を分離するには、DC電源
メニューにナビゲートします。メニューにはどのアンテナポートが不具合
の原因であるかが表示されます(A、B、またはA+B)。アンテナ接続を
チェックして不具合を除去します。
SET
ファンが効率的に冷却ができなくなると、 Over Temperature のメッセー
ジを表示し、昇温状態を示します。
•
いずれかのボタンを20秒間押すとメッセージが表示されなくなります
•
ユニットの通気を増やしてメッセージが出ないようにします
•
冷却ファンを High Speed に設定します。
メインメニュー
メインメニューを使って、バンドフィルターの選択、RFゲインの調整、ア
ンテナポートの設定を行います。
1. Bandメニューにナビゲートし、SETボタンを押して編集を有効にしま
す。
Band
2. 矢印を使用してバンドフィルターを選択するか、Wideband設定を選択
します。
RF出力に接続した機器がすべて同じバンドにあるとき、入力Bandフィル
ターを選択することで性能が最適化されます。選択したバンドフィルター
が、接続した機器のレンジ内の周波数のみを送ります。周波数バンドの送
信機と受信機に一致する、4種類の入力フィルターが選択できます。4つす
べてのバンドをサポートするWideband設定も選択できます。この設定で
は、異なるバンドで動作する受信機がRF出力を使用できるようになりま
す。
3. SETボタンを押して変更を保存します。
バンドフィルターを設定するには:
ゲイン調整範囲は、RFカスケードポートの接続ステータスにより異なりま
す:
4/10
RF Gain
RFゲインを調整してアンテナ信号をブーストまたは減衰し、一定したレベ
ルを維持してオーバーロードを防止します。ゲイン調整は1 dB単位で可能
です。
•
カスケードポート接続:調整範囲 = -15 dB~0 dB
•
カスケードポート非接続:調整範囲 = -12 dB~+3 dB
2017/10/12
AXT630
Shure Incorporated
Antenna Cascade
Network Status
Auto
接続した機器がポートへDC 12~15 Vを供給すると作動します。
Active
ネットワーク上の他の機器と接続していることを表します。
On
接続機器からの電圧に関係なくポートは継続的に有効となります。
Inactive
ネットワーク上の他の機器との接続がないことを表します。
Antenna Power
: ネットワークコントロールには正しいIPアドレスに設定することが必要
です。
ON
アンテナポートはアクティブアンテナ用にDC 12~15 Vを供給します。
OFF
アンテナポートのDC電圧をオフにします。
ユーティリティメニュー
両方の矢印キーを押したままにすると、ユーティリティメニューを表示/終
了できます。このメニューではネットワークと表示設定を変更することが
できます。
製造番号
製造番号を表示します。
Firmware
IPアドレスモード:Automatic
この機器にインストールされているファームウェアのバージョンを表示し
ます。
これはIPアドレスを自動的に割り当てるDHCPサーバーとともに使用する、
工場出荷時の設定です。
Brightness
1. IPモードメニューを開きSETキーを押します。
LCDの明るさを低、中、高に設定します。
2. 矢印キーを使用してAutomaticをハイライトします。
3. SETキーを押します。
4. 矢印キーを使って►を動かし、OKを選択して保存するか、Cancelを選
択して取りやめ、SETキーを押します。
Display Invert
LCDメニューを白文字で黒背景から黒文字で白背景に変更します。
Front Panel Lock
IPアドレスモード:Manual
DHCPサーバーが使用できない場合は、マニュアルIPアドレスを使用して
IPアドレスとサブネットマスクを設定します。
1. IPモードメニューを開きSETキーを押します。
2. 矢印キーを使用してManualをハイライトします。
3. SETキーを押してIPアドレスとサブネットマスクの編集を有効にしま
す。
ナビゲーションボタンをロック/ロック解除し、誤って設定を変更しないよ
うにします。
On
ナビゲーションボタンをロックします。
Off
ナビゲーションボタンのロックを解除します。
4. 矢印キーを使用して►を動かしIP:またはSub:を選択します
Power Switch Lock
5. 矢印キーとSETキーを使ってIPアドレスとサブネットマスクを編集し
ます。
電源スイッチをロックして電源が誤ってオフにならないようにします。
6. 矢印キーを使って►を動かし、OKを選択して保存するか、Cancelを選
択して取りやめ、SETキーを押します。
MAC(MACアドレス)
MACアドレスを表示します。これは埋め込まれた編集できない識別番号
で、各機器固有のものです。ネットワークとWWBソフトウェアによってユ
ニットの識別に使用されます。
On
電源スイッチをロックします。
Off
電源スイッチのロックを解除します。
ファンの速度を設定
冷却ファンには、以下の速度オプションがあります:
•
Low Speed = ファンは常時オン、静かな稼動のためのより低い速度
Device ID
•
High Speed = ファンは常時オン、最大限の冷却のため、より速い速度
この機器が他のネットワーク機器またはWWBソフトウェアで検出された場
合、この8文字の名前が表示されます。
•
Automatic = ファンは内部温度が高すぎる時のみ稼動する。
1. SETキーを押して編集を有効にします。
メモ:コンポーネントを保護するために追加的な冷却が必要な場合は、速
度はLow から High に変わることがあります。
2. 矢印キーを使って文字を変更します。
3. 編集を終了するには、どの文字もハイライトされなくなるまでSETキー
を押します。
2017/10/12
5/10
AXT630
Shure Incorporated
1. ▲ と ▼ のボタンを同時に押し続けて、ユーティリティメニューにアク
セスします。
2. 矢印ボタンを使ってFan 設定までスクロールします。
3. Set を押して編集を有効化し、それから矢印ボタンを使って速度オプ
ションを選択します。
4. Set を押して保存し、それから同時に▲ と ▼ ボタンを押し続けてメイ
ンメニューに戻ります。
ファームウェアアップデート
ファームウェアは各ユニットに組み込まれたソフトウェアで、動作をコン
トロールします。追加機能や改善点を取り入れた新しいファームウェアが
定期的に公開されます。改良された設計を適用するには、WWB6ソフトウェ
アのファームウェアアップデートマネージャーツールを使用して最新バー
ジョンのファームウェアをアップロードしインストールします。ファーム
ウェアはからダウンロードできます。
仕様
仕様 -- AXT630, AXT631, AXT632
寸法
44 mm x 483 mm x 366 mm (1.7 インチ x 19.0 インチ x 14.4 インチ), 高さ×幅×奥行き
質量
4.6 kg (10.1 lb),
外装
スチール、押出成型アルミニウム
動作温度範囲
-18°C (0°F) ~ 63°C (145°F)
保管温度範囲
-29°C (-20°F) ~ 74°C (165°F)
使用電源
100 ~ 240 V AC, 50-60 Hz
消費電流
1.0 A RMS (120 V AC基準)
6/10
2017/10/12
AXT630
Shure Incorporated
Antenna In
Cascade Out
50 Ω
Distro Out 1
50 Ω
0 dB
Distro Out 2
50 Ω
-3.5 dB
() Denotes gain when cascade is disabled
Distro Out 3
-15 dB to 0 dB
(-12 dB to +3 dB)
Distro Out 4
50 Ω
50 Ω
-15 dB to 0 dB
(-12 dB to +3 dB)
Passive Splitter
50 Ω
-15 dB to 0 dB
(-12 dB to +3 dB)
-15 dB to 0 dB
(-12 dB to +3 dB)
Passive Splitter
-3.5 dB
(Cascade Bypass)
Filter 2
Filter 3
Filter 4
Filter Select Switch
Passive Splitter
Filter Select Switch
Filter 1
User Gain Adjust
Passive Splitter
Wide Band
AXT630/AXT631/AXT632 Circuit Diagram
RF入力
コネクターの種
BNC
構成
アンバランス、アクティブ
帯域フィルター
AXT630
AXT631
AXT632
Wideband
470~698 MHz
Band G1
470~530 MHz
Band H4
518~578 MHz
Band J5
578~638 MHz
Band L3
638~698 MHz
Wideband
606~814 MHz
Band K4E
606~666 MHz
Band M8
666~730 MHz
Band P8, P9
710~790 MHz
Band Q5
740~814 MHz
Wideband
470~787 MHz
Band G7C
470~510 MHz
Band L3E
638~698 MHz
Band M8
666~730 MHz
Band P9
710~787 MHz
インピーダンス
50 Ω
バイアス電圧
12 V DC, 150 mA (300 mA maximum)
2017/10/12
7/10
AXT630
Shure Incorporated
RF周波数範囲
AXT 630
470~698 MHz
AXT 631
606~814 MHz
AXT 632
470~787 MHz
分配出力
コネクターの種
BNC (4ペア)
構成
アンバランス、アクティブ
インピーダンス
50 Ω
ゲイン調整範囲
カスケード有効
-15dB ~ 0dB (1 dB刻み)
カスケード無効
-12dB ~ +3dB (1 dB刻み)
出力インターセプトポイント
>25 dBm, 標準
カスケード出力
コネクターの種
BNC (1ペア)
構成
アンバランス、広帯域
インピーダンス
50 Ω
挿入損失
<5dB
アクセサリー
付属品
60cm同軸アンテナケーブル(RG- UA802
58)(12本)
IEC AC電源ケーブル(1本)
95A9128
IEC AC延長ケーブル(1本)
95A9129
シールド付90cmイーサネットケーブ C803
ル(1本)
シールド付20cmイーサネットジャン C8006
パーケーブル(1本)
ハードウェアキット(1個)
90XN1371
55cm同軸ケーブル*(1本)
95B9023
85cm同軸ケーブル*(1本)
95C9023
オプションのアクセサリー
1/2波長アンテナ
(744~865 MHz)
(690~746 MHz)
(554~590 MHz)
(606~666 MHz)
(638~698 MHz)
(694~758 MHz)
(740~814 MHz)
(710~790 MHz)
UA820G
UA820H4
UA820J
UA820K
UA820L3
UA820M
UA820Q
UA820P8
* フロント取り付けアンテナ用一体型バルクヘッド付き。
8/10
2017/10/12
AXT630
Shure Incorporated
ケーブル
インラインRFアンプ
同軸ケーブルRG8/X、7.5 m
UA825
同軸ケーブルRG8/X、15 m
UA850
アンテナ延長ケーブルRG213/U、30.4 UA8100
m
(470~900 MHz)
(470~698 MHz)
アンテナ
パッシブ無指向性アンテナ (470~ UA860SWB
1100 MHz)
パッシブ指向性アンテナ (470~952 PA805SWB
MHz)
PWSヘリカルアンテナ (480~900 HA-8089
MHz)
UA830WB
UA830USTV
アクティブ指向性アンテナ
470~698 MHz
470~790 MHz
470~900 MHz
925~952 MHz
UA874US
UA874E
UA874WB
UA874X
安全のための重要注意事項
1. この説明書をお読みください。
2. この説明書を保管しておいてください。
3. 警告事項すべてに留意してください。
4. すべての指示に従ってください。
5. この製品は水の近くで使用しないでください。
6. 掃除は、乾いた布でから拭きするだけにしてください。
7. 通風口を塞がないようにしてください。十分な換気ができるよう余裕
を持たせ、メーカーの指示に従って設置してください。
8. 炎、ラジエーターや暖房送風口、ストーブ、その他、熱を発生する機
器 (アンプなど) の近くには設置しないでください。炎が出る物を製品
の上に置かないでください。
9. 有極プラグやアース付きプラグは安全のために用いられていますので、
正しく接続してください。有極プラグは、2本のブレードのうち一方が
幅広になっています。アース付きプラグは、2本のブレードの他に、3
本目のアース端子がついています。幅広のブレードや3本目の棒は、安
全のためのものです。これらのプラグがコンセントの差し込み口に合
わない場合は、電気工事業者に相談し、コンセントを交換してもらっ
てください。
13. 雷を伴う嵐の際、または長期間使用しない場合は、プラグをコンセン
トから抜いてください。
14. 整備の際は、資格のある整備担当者に必ずご相談ください。電源コー
ドやプラグの損傷、液体や異物が装置内に入り込んだ場合、装置が雨
や湿気に曝された場合、正常に作動しない場合、装置を落とした場合
など、装置が何らかの状態で損傷した場合は、整備が必要です。
15. 水滴や水しぶきに曝さないでください。液体の入った花瓶などを装置
の上に置かないでください。
16. MAINSプラグまたはアプライアンスカップラーが使用できる状態にし
ておいてください。
17. 装置の空気伝播音は70 dB(A)を超えません。
18. クラスI構造の装置は保護接地接続のある主電源の壁コンセントに接続
してください。
19. 火災や感電の危険を避けるため、本機器は雨や湿気のある場所にさら
さないでください。
20. 本製品の改造は試みないでください。けがや製品の故障の原因となる
可能性があります。
21. 本製品は指定された動作温度範囲内で使用してください。
10. 電源コードは、特にプラグ差し込み部分、延長コード、機器から出て
いる部分において、引っかかって抜けたり挟まれたりしないように保
護してください。
この記号は、この装置内に感電の危険性のある高電圧があること
を示します。
11. アタッチメントや付属品は、必ずメーカー指定のものをご利用くださ
い。
この記号は、重要な操作・メンテナンスの説明が装置添付の文書
に記載されていることを示します。
12. カートやスタンド、三脚、ブラケット、テーブル等は、メーカー指定
のものか、この装置用に販売されているものを必ずご利用ください。
カートに装置を載せて動かす際は、つっかけて怪我をしないよう注意
してください。
: この装置内には、生命の危険を伴う高電圧が存在します。ユーザーは内
部の部品を保守できません。保守の際は、資格のある保守担当者に必ずご
相談ください。使用電圧の工場出荷時設定が変更された場合は、安全保証
は適用されません。
認証
AXT630、AXT63、AXT632
次の欧州指令の必須要件を満たします:
•
WEEE指令2002/96/EC(2008/34/EC改正)
•
RoHS指令2011/65/EC
:電池および電気製品の廃棄については地域のリサイクル方法に従って
ください
Shure Incorporatedは、無線機器が指令2014/53/EUを順守していることを
宣言します。EU適合宣言書の全文は以下のインターネットアドレスでご覧
いただけます:http://www.shure.com/europe/compliance
2017/10/12
9/10
AXT630
Shure Incorporated
ヨーロッパ認定代理店:
Shure Europe GmbH
ヨーロッパ、中東、アフリカ地域本部:
部門:EMEA承認
Jakob-Dieffenbacher-Str. 12
75031 Eppingen, Germany
TEL:+49-7262-92 49 0
FAX:+49-7262-92 49 11 4
Email: EMEAsupport@shure.de
AXT630
FCC規則第15章の適合宣言(DoC)規定による承認取得。
カナダ産業省RSS-123適合。
ICES-003
CAN ICES-3 (B)/NMB-3(B)
このデバイスは、カナダ産業省ライセンス免除RSS基準に適合しています。
ユーザー情報
本機器はテストされFCC規定パート15に従いクラスBデジタル機器に適合
しますが、制限があります。これらの制限は、住宅地域において設置する
際、有害な電波干渉から機器を適度に保護するためのものです。本機器は
電磁波を発生・使用し、放射する場合があります。取扱説明書に従って設
置しないと無線通信に電波干渉が起こります。また、設置状況に関わらず
妨害を引き起こす可能性もあります。本機器によりラジオやテレビの受信
に電波干渉が起こるようであれば(これは、機器の電源を一度切ってから
入れるとわかります)、次の手段を1つまたは複数用いて電波干渉を防いで
ください。
•
受信アンテナを別の方向に向けるか、別の場所に移す。
•
機器と受信機の設置間隔を広げる。
•
受信機を接続しているコンセントとは別の回路にあるコンセントに機
器を接続する。
•
販売店または熟練したラジオ/テレビ技術者に相談する。
: EMC適合性試験は同梱および推奨のケーブル使用に基づきます。別種の
ケーブルを使用した場合はEMC性能が低下する可能性があります。
Shure Incorporated 5800 West Touhy Avenue Niles, IL 60714-4608 USA Phone: +1-847-600-2000 Email: info@shure.com
10/10
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertising