KTM 125 EXC Six Days EU 2011 Enduro Bike ユーザーマニュアル

KTM 125 EXC Six Days EU 2011 Enduro Bike ユーザーマニュアル
OWNER'S MANUAL 2011
125 EXC EU
125 EXC Factory Edition EU
125 EXC SIX DAYS EU
200 EXC EU
200 EXC AUS
200 XC‑W USA
250 EXC EU
250 EXC Factory Edition EU
250 EXC AUS
250 EXC SIX DAYS EU
250 XC‑W USA
300 EXC EU
300 EXC Factory Edition EU
300 EXC AUS
300 EXC SIX DAYS EU
300 XC‑W USA
ART. NO. 3211688ja
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
1
このたびは KTM のモーターサイクルをお買い上げ頂き、ありがとうございます。最新のスポーツモーターサイクルを手に入れられ
たお客様に、これを十分満喫頂くため、適切なメンテナンスと手入れを行う事をお願いしています。
KTM
をお買い上げ頂いた皆様に
快適な走行をお楽しみ下さい!
お持ちのモーターサイクルのシリアルナンバーを以下に記して下さい。
シャーシナンバー (
頁10)
エンジンナンバー (
頁11)
正規ディーラー店スタンプ
キーナンバー(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
( 頁10)
本オーナーズマニュアルは、印刷時点現在、当該モデルシリーズの最新仕様に基づいて作成されています。しかし、車両の構造が更
に開発される事により、製品と若干の差異が生じる可能性があります。
ここに記載された内容について、当社は何ら義務を負わないものと致します。KTM-Sportmotorcycle AG は、記載された技術内容、
価格、色、形、部品、サービス内容、構造、装備などにつき予告または理由の開示無く変更、代替品無く抹消、地域の状況に合わせ
変更、または特定モデルの生産を予告無く停止する権利を有するものとします。商品入手の可否、写真・イラスト並びに記載内容と
の差異、印刷ミス並びに誤記に対し、KTM は一切の責任を負いかねます。写真に使用されているモデルには、一部量産製品には無
い特殊装備が施されています。
© 2010 KTM-Sportmotorcycle AG、 Mattighofen オーストリア
無断複写・転載を禁じます。
一部または全部ならびにその種類を問わず、複製・複写には必ず著作者の書面による許可を要します。
ISO 9001(12 100 6061)
国際品質管理規格 ISO 9001 の観点から、KTM では到達しうる最高の生産品質を実現するための品質保証プロセスを
導入しています。
発行: TÜV Management Service
KTM-Sportmotorcycle AG
5230 Mattighofen、 オーストリア
目次
表示方法 .................................................................................... 5
重要な注意事項 ......................................................................... 6
各部の名称 ................................................................................ 8
各部の名称 左前方(代表写真)........................................ 8
各部の名称 右後方(代表写真)........................................ 9
シリアルナンバー.................................................................... 10
シャーシナンバー ............................................................... 10
タイプラベル ...................................................................... 10
キーナンバー(EXC, EXC Factory Edition,
EXC SIX DAYS) ............................................................... 10
エンジンナンバー ............................................................... 11
フロントフォークタイプナンバー...................................... 11
ショックアブソーバータイプナンバー............................... 11
操作各部 .................................................................................. 12
クラッチレバー................................................................... 12
チョーク(EXC EU, EXC SIX DAYS,
EXC Factory Edition)........................................................ 12
ブレーキレバー................................................................... 12
スロットルグリップ ........................................................... 12
エンジンストップスイッチ(EXC, EXC Factory Edition,
EXC SIX DAYS) ............................................................... 13
エンジンストップスイッチ(XC-W)................................ 13
ライトスイッチ(EXC, EXC Factory Edition,
EXC SIX DAYS) ............................................................... 13
ターンシグナルスイッチ(EXC, EXC Factory Edition,
EXC SIX DAYS) ............................................................... 13
ホーンスイッチ(EXC, EXC Factory Edition,
EXC SIX DAYS) ............................................................... 13
エマージェンシーOFFスイッチ(200 EXC AUS)........ 14
エマージェンシーOFFスイッチ(250/300 EXC AUS)
............................................................................................ 14
スタータースイッチ(250/300 EXC EU モデル,
250/300 XC-W)................................................................. 14
スタータースイッチ(250/300 EXC AUS) ...................... 14
ライトスイッチ(XC-W).................................................. 14
インジケーターランプの表示(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)............................. 15
メーター ............................................................................. 15
メーターの作動とテスト .................................................... 15
トリップマスタースイッチ................................................. 15
キロメーターかマイルを選択する...................................... 16
時計を設定する................................................................... 16
メーターの機能を設定する................................................. 16
ラップタイムを確認する .................................................... 17
SPEED モード ( 速度) ........................................................ 17
SPEED/H モード (作動時間)......................................... 18
SPEED/CLK モード (時計) ........................................... 18
SPEED/LAP モード ( ラップタイム) .................................. 18
SPEED/ODO モード ( 走行距離計) .................................... 19
SPEED/TR1 モード ( トリップマスター 1)........................ 19
SPEED/TR2 モード ( トリップマスター 2)........................ 19
SPEED/A1 モード (平均速度 1) .................................... 20
SPEED/A2 モード (平均速度 2) .................................... 20
SPEED/S1 モード (ストップウォッチ 1) ..................... 20
SPEED/S2 モード ( ストップウォッチ 2) .......................... 21
燃料コック .......................................................................... 22
フィラーキャップを開く .................................................... 22
フィラーキャップを閉じる................................................. 23
チョーク(EXC AUS、XC-W) ......................................... 23
シフトレバー ...................................................................... 23
キックスターター ............................................................... 23
目次
2
ブレーキペダル...................................................................
サイドスタンド...................................................................
ハンドルロック(EXC, EXC Factory Edition,
EXC SIX DAYS) ...............................................................
ハンドル操作をロックする(EXC, EXC Factory Edition,
EXC SIX DAYS) ...............................................................
ハンドル操作のロックを解除する(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS).............................
運転操作の前に .......................................................................
初めて運転操作を行う際の注意 .........................................
慣らし運転をする ...............................................................
過酷な環境で車両を使用するための準備をする ................
乾燥した砂地での走行に備えた準備 ..................................
濡れた砂地での走行に備えた準備......................................
濡れた道路や泥道での走行に備えた準備 ...........................
高温や低速での走行に備えた準備......................................
低温や雪上での走行に備えた準備......................................
運転上の注意事項....................................................................
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス項目 ..............
エンジン始動 ......................................................................
発進.....................................................................................
シフト操作とライディング.................................................
ブレーキをかける ...............................................................
停止と駐車 ..........................................................................
給油する .............................................................................
サービスプラン .......................................................................
サービスプラン...................................................................
サービス項目(別途作業依頼)............................................
シャーシを調整する ................................................................
シャーシの基本設定を運転者の体重に応じて確認する .....
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー .........
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー高速
設定を調節する...................................................................
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー低速
設定を調節する...................................................................
ショックアブソーバーのリバウンドダンパーを調節する
............................................................................................
後輪に負荷をかけない状態で寸法を測定する....................
ショックアブソーバーの空車サグを点検する....................
ショックアブソーバーのライディングサグを点検する .....
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節す
る
...................................................................................
ライディングサグを調節する
........................................
フロントフォークの基本設定を確認する ...........................
フロントフォークのコンプレッションダンパーを調節す
る ........................................................................................
フロントフォークのリバウンドダンパーを調節する .........
フロントフォークのスプリングプリロードを調節する .....
ハンドルバーの位置 ...........................................................
ハンドルバーの位置を調節する
....................................
シャーシで行うサービス作業..................................................
車両をリフトスタンドでジャッキアップする....................
車両をリフトスタンドから降ろす......................................
フォークレッグの空気を抜く .............................................
フォークレッグのダストシールを清掃する .......................
フォークカバーをずらす ....................................................
フォークカバーの位置を調整する......................................
フォークレッグを取り外す
...........................................
フォークレッグを取り付ける
........................................
フォークカバーを取り外す
...........................................
フォークカバーを取り付ける
........................................
x
x
x
x
x
x
x
24
24
24
24
25
26
26
27
27
27
28
29
30
30
31
31
31
32
32
32
33
33
35
35
36
37
37
37
37
38
38
39
39
40
40
41
41
41
42
43
43
43
45
45
45
45
46
46
46
47
47
48
48
目次
3
ロアートリプルクランプを取り外す (EXC EU/AUS)
............................................................................................
ロアートリプルクランプを取り外す
(EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition, XC‑W) ...............
ロアートリプルクランプを取り付ける
(EXC EU/AUS).................................................................
ロアートリプルクランプを取り付ける
(EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition, XC‑W) ...............
ステアリングヘッドのベアリングのガタを点検する .........
ステアリングヘッドのベアリングのガタを調節する ....
ステアリングヘッドのベアリングをグリースアップする
........................................................................................
レースナンバープレートを取り外す(XC-W) .................
レースナンバープレートを取り付ける(XC-W)..............
フロントフェンダーを取り外す .........................................
フロントフェンダーを取り付ける......................................
ショックアブソーバーを取り外す .................................
ショックアブソーバーを取り付ける
.............................
シートを取り外す ...............................................................
シートを取り付ける ...........................................................
エアフィルターケースのカバーを取り外す .......................
エアフィルターケースのカバーを取り付ける....................
エアフィルターを取り外す
...........................................
エアフィルターを取り付ける
........................................
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃する ....
メインサイレンサーを取り外す .........................................
メインサイレンサーを取り付ける......................................
メインサイレンサーのグラスファイバーを交換する ....
フューエルタンクを取り外す
........................................
フューエルタンクを取り付ける
....................................
チェーンの汚れを点検する.................................................
チェーンを清掃する ...........................................................
チェーンの遊びを点検する.................................................
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、
チェーンガイドを点検する.................................................
チェーンの遊びを調節する.................................................
チェーンガイドを調節する
...........................................
アクセルワイヤーの取り回しを点検する ...........................
クラッチレバーの基本位置を調整する...............................
油圧式クラッチのフルードレベルを点検する....................
油圧式クラッチのフルードを交換する
.........................
ブレーキ ..................................................................................
ブレーキレバーの遊びを点検する......................................
ブレーキレバーの基本位置を調整する(XC-W)..............
ブレーキレバーの遊びを調節する(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS).............................
ブレーキディスクを点検する .............................................
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する .....
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給する ...............
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検する .......................
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換する
..................
ブレーキペダルの遊びを点検する......................................
ブレーキペダルの基本位置を調整する
.........................
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する .....
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給する ...............
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検する .......................
後輪ブレーキのブレーキパッドを取り外す
..................
後輪ブレーキのブレーキパッドを取り付ける ...............
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換する
..................
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
49
49
50
51
53
53
54
54
55
55
55
55
56
56
56
57
57
57
58
58
58
59
59
60
60
61
61
62
62
64
65
65
66
66
67
69
69
69
69
70
70
70
71
72
73
74
74
75
75
76
76
77
車輪、タイヤ........................................................................... 78
前輪を取り外す
............................................................. 78
前輪を取り付ける
.......................................................... 78
後輪を取り外す
............................................................. 79
後輪を取り付ける
.......................................................... 79
タイヤの状態を点検する .................................................... 80
タイヤの空気圧を点検する................................................. 81
スポークの張りを点検する................................................. 81
電装系...................................................................................... 83
バッテリーを取り外す (250/300 シリーズ)................ 83
バッテリーを取り付ける (250/300 シリーズ) ............ 83
バッテリーを充電する (250/300 シリーズ)................ 83
メインヒューズを取り外す(250/300 シリーズ)............. 84
メインヒューズを取り付ける(250/300 シリーズ) ......... 84
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外す(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)............................. 85
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付ける(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)............................. 85
ヘッドライトバルブを交換する(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)............................. 85
ヘッドライトの設定を点検する(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)............................. 86
ヘッドライトの照明距離を調節する(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)............................. 86
メーターの電池を交換する................................................. 87
冷却システム........................................................................... 88
冷却システム ...................................................................... 88
不凍液とクーラントのレベルを点検する ........................... 88
クーラントのレベルを点検する ......................................... 89
クーラントを排出する ................................................... 89
クーラントを注入する ................................................... 90
エンジンを調整する ................................................................ 92
アクセルワイヤーの遊びを点検する .................................. 92
アクセルワイヤーの遊びを調節する
............................. 92
キャブレター ...................................................................... 92
キャブレター-アイドリングを調節する
...................... 93
キャブレターのフロートチャンバーを空にする
........... 94
シフトレバーの基本位置を点検する .................................. 94
シフトレバーの基本位置を調整する
............................. 95
エンジン特性-補助スプリング(250/300 シリーズ) ..... 95
エンジン特性-補助スプリングを調節する (250/300
シリーズ) .......................................................................... 95
エンジンで行うサービス作業.................................................. 97
ミッションオイルのレベルを点検する............................... 97
ミッションオイルを交換する
........................................ 97
ミッションオイルを排出する
........................................ 98
ミッションオイルを注入する
........................................ 98
ミッションオイルを補給する
........................................ 99
清掃、手入れ......................................................................... 100
洗車をする ........................................................................ 100
冬季運転における保全...................................................... 101
保管 ....................................................................................... 102
保管................................................................................... 102
保管後、運転操作の前に .................................................. 102
トラブルシューティング....................................................... 103
仕様一覧-エンジン .............................................................. 105
125 シリーズ .................................................................... 105
200 シリーズ .................................................................... 105
250 シリーズ .................................................................... 106
300 シリーズ .................................................................... 107
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
目次
4
容量-ミッションオイル ..................................................
容量-クーラント .............................................................
仕様一覧-エンジン締付けトルク ........................................
125/200 シリーズ .............................................................
250/300 シリーズ .............................................................
仕様一覧-キャブレター.......................................................
125 シリーズ ....................................................................
200 EXC EU .....................................................................
200 EXC AUS ...................................................................
200 XC‑W USA .................................................................
250 EXC モデル................................................................
250 EXC AUS ...................................................................
250 XC‑W USA .................................................................
300 EXC モデル................................................................
300 EXC AUS ...................................................................
300 XC‑W USA .................................................................
キャブレター設定(125 シリーズ)
...........................
キャブレター設定(200 シリーズ)
...........................
キャブレター設定(250 シリーズ)
...........................
キャブレター設定(300 シリーズ)
...........................
キャブレターの設定について
......................................
仕様一覧-シャーシ ..............................................................
ライトバルブ ( 電球).........................................................
タイヤ ...............................................................................
容量-燃料 ........................................................................
仕様一覧-フロントフォーク................................................
125/200 シリーズ .............................................................
250/300 シリーズ .............................................................
仕様一覧-ショックアブソーバー ........................................
125/200 シリーズ .............................................................
250/300 シリーズ .............................................................
仕様一覧-シャーシ締付けトルク ........................................
油脂類....................................................................................
ケミカル類 ............................................................................
規格 .......................................................................................
索引 .......................................................................................
x
x
x
x
x
107
107
108
108
109
110
110
110
110
110
111
111
111
111
112
112
112
114
115
116
117
118
119
119
119
120
120
120
122
122
122
124
126
128
130
131
表示方法
5
本書の表示マークについて
以下、使用されている表示マークについて説明します。
予想される正常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果
想定外の異常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果
このマークがついている作業は全て専門並びに技術知識を必要とします。ご自身の安全のため、これら作業は
KTM 正規ディーラーで行って下さい! 特別な訓練を受けた専門技術者が必要な専用ツールを使って、お客様
のモーターサイクルを最適な状態にメンテナンス致します。
参照頁を示します(詳細については記載の頁を参照して下さい)。
使用文字種
以下、使用されている文字種について説明します。
固有名詞
固有名詞を示します。
商標®
登録商標を示します。
マーク ™
トレードマークを示します。
重要な注意事項
6
使用環境(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
KTM のスポーツモーターサイクルは、通常のレースで想定される使用環境に耐えられるような設計・構造となっています。モーター
サイクルスポーツの国際上位団体・協会が取り決めている最新の競技規定・カテゴリーに対応しています。
参考
承認を受けた(出力制限された)モデルのみ、公共道路での走行を許可されています。
出力制限されていないモデルは公共道路から隔たれた場所でのみ運転可能です。
本モデルはオフロード耐久レース(エンデューロ)用に設計されており、モトクロスを主としたスポーツには適していませ
ん。
使用環境(XC-W)
KTM のスポーツモーターサイクルは、通常のレースで想定される使用環境に耐えられるような設計・構造となっています。モーター
サイクルスポーツの国際上位団体・協会が取り決めている最新の競技規定・カテゴリーに対応しています。
参考
本モデルは公共道路から隔たれた場所でのみ運転可能です。
本モデルはオフロード耐久レース(エンデューロ)用に設計されており、モトクロスを主としたスポーツには適していませ
ん。
サービス
故障を避け、早期摩耗を防ぐには、オーナーズマニュアルの記載に従ってエンジンとシャーシのサービス、手入れ、調整作業をする
事が必要です。シャーシの調整が適切でないと、シャーシ部品の損傷・破損を引き起す恐れがあります。
砂地、ひどいぬかるみや湿気の多いオフロードなど過酷な環境で車両を使用すると、駆動装置やブレーキなどの部品が平均以上に摩
耗する原因となります。その結果、サービスプランで想定している摩耗限界に達する前に、サービスや摩耗部品の交換が必要になる
事があります。
規定の慣らし運転時間とサービス時期を必ず守って下さい。これは、車両の寿命を長くするために非常に重要な事です。
保証
サービスプランに規定された作業は必ず KTM の正規ディーラーで行い、カスタマーサービスブックに証明を受けて下さい。これを
しないと一切の保証請求が無効となります。また、車両の変更および改造に起因する直接・間接の損害は保証対象外です。
油脂類
オーナーズマニュアルに記載された燃料・潤滑剤、または仕様に応じた油脂類を使用して下さい。
スペアパーツ、アクセサリー
ご自身の安全のため、KTM により承認または推奨されたスペアパーツ並びにアクセサリーのみを使用し、またこれら部品の取付け
は KTM の正規ディーラーで行って下さい。それ以外の製品、またその使用に起因する損害について、KTM は一切その責任を負い
かねます。
関連する説明文で( )内に記載されているスペアパーツやアクセサリーもあります。KTM ディーラーにお気軽にお問い合わせ下
さい。
最新のKTM PowerPartsについては、KTM のホームページをご覧下さい。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
作業上の決まり
作業の中には専用ツールを必要とするものがあります。専用ツールは車両の付属品ではありませんが、( )に記載された番号を指
定して注文することができます。例: ベアリングプーラー(15112017000)
組み立ての際、再使用できない部品 ( ゆるみ止めスクリューとナット、ガスケット、シールリング、O リング、ピン、ロックプレー
トなど)は新しい部品と交換して下さい。
スクリュー接合部にゆるみ止め剤(Loctite®など)を使用する場合は、メーカーの使用上の注意に従って下さい。
分解後も再度使用する部品については清掃し、破損・磨耗が無いか点検します。破損・磨耗した部品は交換します。
修理およびメンテナンス終了後は、車両が道路交通で安全に使用できる状態である事を確認して下さい。
重要な注意事項
7
輸送
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
注意
火災の危険性
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
–
可燃性並びに引火性の物質近くに車両をとめないで下さい。走行で暖まった車両の上に物を置かないで下さい。必ず車両が十分
に冷えるまで待って下さい。
–
エンジンを停止します。
–
燃料コックの切替レバーをOFFの位置に回します。
–
テンションベルトか適切な固定器具で、車両が倒れたり動いたりしないよう固定します。
環境
モーターサイクルの運転は素晴らしいスポーツであり、お客様がこれを満喫される事を願っています。しかしこのスポーツには、環
境問題や周囲の人々との対立をもたらす可能性も潜んでいます。責任感をもってモーターサイクルと接する事で、これら問題や対
立を起こさずに済ます事ができます。モーターサイクルスポーツの明るい未来のためにも、法律で定められた範囲でモーターサイ
クルを使用し、環境意識を持ち、他人の権利を尊重するライダーである事を常に心がけて下さい。
注意・警告表示
注意・警告表示には必ず従って下さい。
参考
車両には様々な注意・警告表示が貼付されています。注意・警告表示をはがさないで下さい。これら表示がないと危険が認識
できず、お客様ご自身並びに周囲の方々が怪我をされる恐れがあります。
危険度
危険
適切に対応しないと直接および確実に死亡や後遺症を残す重傷につながる危険を示します。
警告
適切に対応しないと死亡や後遺症を残す重傷につながる恐れのある危険を示します。
注意
適切に対応しないと場合によっては軽傷につながる恐れのある危険を示します。
注意
適切に対応しないと車両または部品に重大な損傷をもたらす危険を示します。
警告
適切に対応しないと環境汚染につながる危険を示します。
Owner's manual
–
初めてツーリングに出る前に、必ずこのオーナーズマニュアルを全頁注意して読んで下さい。車両の操作や取り扱いのために有
用なヒントや情報が盛り込まれています。車両を自分に合った最適な状態に調整し、ご自身を怪我から守る方法を知るにはこれ
以外の道はありません。本オーナーズマニュアルには、また、メンテナンスに関する重要な情報が記載されています。
–
オーナーズマニュアルはモーターサイクルの重要な部品の一部です。転売する際は必ず車両と一緒に新しい所有者に引き渡して
下さい。
各部の名称
各部の名称
3.1
8
左前方(代表写真)
601153-01
1
ブレーキレバー
2
エンジンストップスイッチ
3
クラッチレバー
4
エアフィルターケースのカバー
5
燃料コック
6
シフトレバー
7
チェーンガイド
8
サイドスタンド
各部の名称
各部の名称
3.2
9
右後方(代表写真)
601154-10
1
ショックアブソーバーのリバウンドレベル調節
2
後輪ブレーキフルードの点検窓
3
ブレーキペダル
4
キックスターター
5
フォークレッグのエアブリーダー
6
スロットルグリップ
7
シャーシナンバー
8
フィラーキャップ
シリアルナンバー
10
シャーシナンバー
4.1
(XC-W)
シャーシナンバーはステアリングヘッドの右に刻印されています。
B00015-10
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
シャーシナンバーはステアリングヘッドの右に刻印されています。
303438-10
タイプラベル
4.2
(XC-W)
タイプラベルはステアリングヘッドの前方に貼付されています。
400284-10
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
タイプラベルはステアリングヘッドの前方に貼付されています。
303439-10
キーナンバー(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
4.3
ハンドルロックのキーナンバーはキー接合部に刻印されています。
500125-10
シリアルナンバー
11
エンジンナンバー
4.4
エンジンナンバーはエンジンの左側、フロントスプロケットの下に刻印されていま
す。
B00016-10
フロントフォークタイプナンバー
4.5
フロントフォークタイプナンバーはフォークレッグアクスル通し穴の内側に刻印さ
れています。
B00265-01
ショックアブソーバータイプナンバー
4.6
ショックアブソーバータイプナンバーはショックアブソーバー上部、調節リングの
上、エンジン側に刻印されています。
500083-10
操作各部
12
クラッチレバー
5.1
(125/200 シリーズ)
クラッチレバーは左のハンドルバーに設置されています。
クラッチは油圧で作動し、自動調整されています。
B00001-10
(250/300 シリーズ)
クラッチレバーは左のハンドルバーに設置されています。
クラッチは油圧で作動し、自動調整されています。
B00009-10
チョーク(EXC EU, EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition)
5.2
チョークレバーは左のハンドルバーに設置されています。
チョーク機能がオンの時にはキャブレター内の穴が開き、これを通してエンジンに追
加で燃料が吸い取られます。これにより、エンジンが冷えているときのスタートに必
要な燃料配分の多い混合気が発生します。
参考
エンジンが運転で暖まっている場合は、チョーク機能は解除して下さい。
500136-10
確認すべき状態
• チョーク機能オン - チョークレバーがいっぱいに引かれています。
• チョーク機能オフ - チョークレバーが最後まで押し戻されています。
ブレーキレバー
5.3
ブレーキレバーは右のハンドルバーに設置されています。
ブレーキレバーで前輪ブレーキを作動します。
400196-10
スロットルグリップ
5.4
スロットルグリップは右のハンドルバーに設置されています。
B00060-10
操作各部
13
エンジンストップスイッチ(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
5.5
エンジンストップスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• エンジンストップスイッチ が基本位置にある - この位置ではイグニッション
回路が接続されており、エンジンをかける事ができます。
• エンジンストップスイッチ が押されている - この位置ではイグニッション回
路が接続されておらず、エンジン作動中はこれを停止し、停止中の場合はエンジ
ンをかける事ができません。
B00078-10
エンジンストップスイッチ(XC-W)
5.6
エンジンストップスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• エンジンストップスイッチ が基本位置にある - この位置ではイグニッション
回路が接続されており、エンジンをかける事ができます。
• エンジンストップスイッチ が押されている - この位置ではイグニッション回
路が接続されておらず、エンジン作動中はこれを停止し、停止中の場合はエンジ
ンをかける事ができません。
B00002-10
ライトスイッチ(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
5.7
ライトスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
ライトが消えている - ライトスイッチが右に押されています。この
位置でライトが消えています。
ヘッドライト(ロービーム)点灯 - ライトスイッチが中央位置にあり
ます。この位置でヘッドライト(ロービーム)とテールライトが点灯
しています。
B00082-10
ヘッドライト(ハイビーム)点灯 - ライトスイッチが左に押されてい
ます。この位置でヘッドライト(ハイビーム)とテールライトが点灯
しています。
ターンシグナルスイッチ(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
5.8
ターンシグナルスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
ターンシグナル停止 - ターンシグナルスイッチが中央に位置してい
ます。
左のターンシグナルが作動 - ターンシグナルスイッチを左に押しま
す。
右のターンシグナルが作動 - ターンシグナルスイッチを右に押しま
す。
B00088-10
ホーンスイッチ(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
5.9
ホーンスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• ホーンスイッチ
• ホーンスイッチ
B00083-10
が基本位置にある
が押されている - この位置でホーンが鳴ります。
操作各部
14
エマージェンシーOFFスイッチ(200 EXC AUS)
5.10
エマージェンシーOFFスイッチは右のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
イグニッション停止 - この位置ではイグニッション回路が接続され
ておらず、エンジン作動中はこれを停止し、停止中の場合はエンジン
をかける事ができません。
イグニッション作動 - この位置ではイグニッション回路が接続され
ており、エンジンをかける事ができます。
B00087-10
エマージェンシーOFFスイッチ(250/300 EXC AUS)
5.11
エマージェンシーOFFスイッチは右のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
イグニッション停止 - この位置ではイグニッション回路が接続され
ておらず、エンジン作動中はこれを停止し、停止中の場合はエンジン
をかける事ができません。
イグニッション作動 - この位置ではイグニッション回路が接続され
ており、エンジンをかける事ができます。
B00079-10
スタータースイッチ(250/300 EXC EU モデル, 250/300 XC-W)
5.12
スタータースイッチは右のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• スタータースイッチ が基本位置にある
• スタータースイッチ が押されている - この位置でセルフスターターが作動し
ます。
B00080-10
スタータースイッチ(250/300 EXC AUS)
5.13
スタータースイッチは右のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• スタータースイッチ が基本位置にある
• スタータースイッチ が押されている - この位置でセルフスターターが作動し
ます。
B00081-10
ライトスイッチ(XC-W)
5.14
ライトスイッチはメーターの右横に設置されています。
確認すべき状態
• 納車時、ライトスイッチは機能しません。 - 照明装置を後付けで装備する場合
に使用します。
500146-10
操作各部
15
インジケーターランプの表示(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
5.15
確認すべき状態
ハイビームインジケーターランプが青く点灯している - ハイビーム
が点灯しています。
緑のターンシグナルインジケーターランプが点滅している - ターン
シグナルが作動しています。
500147-01
メーター
5.16
–
ボタン
でモードの変更、設定メニューの表示を行います。
–
ボタン
で機能の設定を行います。
–
ボタン
で機能の設定を行います。
参考
納車時はSPEED/HとSPEED/ODOモードだけが選択されています。
400312-01
メーターの作動とテスト
5.17
メーターを作動する
どれかキーを押すか、車輪速度センサーから信号を受けるとメーターが作動します。
ディスプレイテスト
画面の機能テストのため、全表示アイテムを短く表示します。
400313-01
WS ( ホイールサイズ)
画面の機能テストの後、ホイール外周WS( ホイールサイズ)を表示します。
参考
「2205 」は量産モデルの 21 インチ前輪の外周に相当します。
その後表示は最後に選択したモードに変更します。
400314-01
トリップマスタースイッチ
5.18
(選択オプション: トリップマスタースイッチ)
トリップマスタースイッチを使えば、ハンドルバーからメーターの設定を行う事ができます。
参考
トリップマスターはオプションです。
操作各部
16
キロメーターかマイルを選択する
5.19
参考
単位を変更してもODOの値は保持され、選択単位に合わせて換算されます。
TR1、TR2、A1、A2、S1の値は単位を変更すると消去されます。
条件
車両が停止している。
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右下にHを表示させます。
–
ボタン
を 3~ 5 秒間押し続けます。
設定メニューが現れ、選択されている機能を表示します。
–
ボタン
を何度か押して、Km/h/Mphを点滅させます。
Km/hを選択する
– ボタン を押します。
Mphを選択する
– ボタン を押します。
400329-01
–
ボタン
を 3~ 5 秒間押し続けます。
設定内容を保存し、設定メニューを閉じます。
参考
20 秒間ボタン操作をしないか、または車輪速度センサーから信号を受ける
と、自動的に設定内容を保存して設定メニューを閉じます。
時計を設定する
5.20
条件
車両が停止している。
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右下にCLKを表示させます。
–
ボタン
を 3~ 5 秒間押し続けます。
時間表示が点滅します。
–
時間表示をボタン
–
ボタン
かボタン
で設定します。
を短く押します。
次のセグメントが点滅し、変更可能になります。
–
ボタン
とボタン
を使って時間表示と同様に設定します。
参考
400330-01
秒数はゼロ以外には設定できません。
–
ボタン
を 3~ 5 秒間押し続けます。
設定内容を保存し、設定メニューを閉じます。
参考
20 秒間ボタン操作をしないか、または車輪速度センサーから信号を受ける
と、自動的に設定内容を保存して設定メニューを閉じます。
メーターの機能を設定する
5.21
参考
納車時はSPEED/HとSPEED/ODOモードだけが選択されています。
条件
車両が停止している。
操作各部
17
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右下にHを表示させます。
–
ボタン
を 3~ 5 秒間押し続けます。
設定メニューが現れ、選択されている機能を表示します。
–
ボタン
を短く押して、設定したい機能を選択します。
選択された機能が点滅します。
機能をオンにする
– ボタン を押します。
400318-01
シンボルを表示したまま、次の機能に移動します。
機能をオフにする
– ボタン を押します。
シンボルが消え、次の機能に移動します。
–
設定したい各機能のオン・オフを選びます。
–
ボタン
を 3~ 5 秒間押し続けます。
設定内容を保存し、設定メニューを閉じます。
参考
20 秒間ボタン操作をしないと、または車輪速度センサーから信号を受ける
と、自動的に設定内容を保存して設定メニューを閉じます。
ラップタイムを確認する
5.22
参考
本機能はラップタイムを測定してからでないと作動できません。
条件
車両が停止している。
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右下にLAPを表示させます。
–
ボタン
を短く押します。
–
ラップ 1 から 10 のタイムをボタン
–
ボタン
は機能しません。
–
ボタン
を短く押します。
ディスプレイ左にLAP 1が表示されます。
で表示できます。
次のモードに切り替わります
400321-01
参考
車輪速度センサーから信号を受けると、ディスプレイ左の表示が
SPEEDモードに戻ります。
SPEED モード ( 速度)
5.23
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ左にSPEEDを表示させます。
SPEEDモードでは現在の速度を表示します。
現在の速度をKm/hまたはMphで表示する事ができます。
参考
国に応じた設定を選択して下さい。
前輪から信号を受けるとメーターディスプレイ左の表示がSPEEDモードに変
更し、現在の速度を表示します。
400317-02
操作各部
18
SPEED/H モード (作動時間)
5.24
条件
• 車両が停止している。
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右下にHを表示させます。
Hモードではエンジンの作動時間を表示します。
作動時間計で総走行時間を記録しています。
参考
作動時間計はメンテナンス実施時期を守るために必要です。
メーターがHモードに設定された状態で走り出すと、自動的にODOモードに変
わります。
Hモードは走行中作動しません。
400316-01
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン を 3~ 5
メーター機能の設定メニューが表示されます。
秒間押し続けます。
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
SPEED/CLK モード (時計)
5.25
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右下にCLKを表示させます。
CLKモードでは時計を表示します。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン を 3~ 5
時計の設定メニューが表示されます。
秒間押し続けます。
400319-01
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
SPEED/LAP モード ( ラップタイム)
5.26
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右下にLAPを表示させます。
LAPモードではストップウォッチで 10 ラップまでタイムを記録できます。
参考
ボタン を押してもラップタイムが止まらない場合、すでに9ラップが記録さ
れています。
10 ラップ目はボタン でストップして下さい。
400320-01
ボタン
す。
を押しま
ストップウォッチをスタートまたはストップします。
ボタン
す。
を押しま
記録中のラップタイムをストップ / 記録し、次のラップをス
タートします。
ボタン を 3~ 5
ストップウォッチとラップタイムをリセットします。
秒間押し続けます。
ボタン を短く押
します。
次のモードに切り替わります。
操作各部
19
SPEED/ODO モード ( 走行距離計)
5.27
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右下にODOを表示させます。
ODOモードでは全走行距離を表示します。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン を 3~ 5
–
秒間押し続けます。
400317-01
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
SPEED/TR1 モード ( トリップマスター 1)
5.28
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右上にTR1を表示させます。
TR1( トリップマスター 1)は常に作動しており、999,9 までカウントします。
ツーリングの際にルートの距離を測ったり、給油の間隔を距離で確認する事ができま
す。
TR1はA1 ( 平均速度 1) とS1 ( ストップウォッチ 1)と連動しています。
参考
999,9 までカウントすると、TR1、A1、S1の表示を自動的にゼロにリセットし
ます。
400323-01
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン を 3~ 5
TR1、A1、S1の表示をゼロにリセットします。
秒間押し続けます。
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
SPEED/TR2 モード ( トリップマスター 2)
5.29
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右上にTR2を表示させます。
TR2( トリップマスター 2)は常に作動しており、999,9 までカウントします。
表示されている値はボタン とボタン を使いマニュアルで変更する事ができます。
ロードブックに従って走行する際、とても便利な機能です。
参考
TR2の値は走行中もボタン とボタン で修正可能です。
999,9 までカウントするとTR2の値を自動的にリセットします。
400324-01
ボタン
す。
を押しま
TR2の値を増やします。
ボタン
す。
を押しま
TR2の値を減らします。
ボタン を 3~ 5
TR2の値を削除します。
秒間押し続けます。
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
操作各部
20
SPEED/A1 モード (平均速度 1)
5.30
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右上にA1を表示させます。
A1(平均速度 1)は、TR1(トリップマスター 1)とS1(ストップウォッチ 1)から算出
した平均速度を表示します。
車輪速度センサーから信号を受けると計測を開始し、3 秒間信号が無いと計測を終了
します。
400325-01
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン を 3~ 5
TR1、A1、S1の表示をゼロにリセットします。
秒間押し続けます。
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
SPEED/A2 モード (平均速度 2)
5.31
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右上にA2を表示させます。
A2(平均速度 2)は、ストップウォッチS2(ストップウォッチ 2)の作動中、現在の速
度を基にした平均速度を表示します。
参考
走行後にS2を停止しないと、表示値が実際の平均速度と異なる場合がありま
す。
400326-01
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン を 3~ 5
–
秒間押し続けます。
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
SPEED/S1 モード (ストップウォッチ 1)
5.32
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右上にS1を表示させます。
S1(ストップウォッチ 1)はTR1を基に走行時間を表示し、車輪速度計から信号を受
けるとまた作動開始します。
車輪速度センサーから信号を受けると計測を開始し、3 秒間信号が無いと計測を終了
します。
400327-01
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン を 3~ 5
TR1、A1、S1の表示をゼロにリセットします。
秒間押し続けます。
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
操作各部
21
SPEED/S2 モード ( ストップウォッチ 2)
5.33
–
ボタン
を何度か短く押して、ディスプレイ右上にS2を表示させます。
S2( ストップウォッチ 2)はマニュアルのストップウォッチです。
S2がバックグラウンドで作業中の場合、メーターディスプレイでS2の表示が点滅し
ています。
400328-01
ボタン
す。
を押しま
S2をスタートまたはストップします。
ボタン
す。
を押しま
作動しません。
ボタン を 3~ 5
S2とA2の表示をゼロにリセットします。
秒間押し続けます。
ボタン を短く押
します。
次の表示モード
機能一覧表
表示画面
ボタン
SPEED/Hモード (作
動時間)
作動しません。
作動しません。
メーター機能の設定メ 次の表示モード
ニューが表示されます。
作動しません。
作動しません。
時計の設定メニューが
表示されます。
SPEED/LAPモード (
ラップタイム)
ストップウォッチをス
タートまたはストップ
します。
記録中のラップタイム ストップウォッチと
をストップ / 記録し、次 ラップタイムをリセッ
のラップをスタートし トします。
ます。
次のモードに切り替わ
ります。
SPEED/ODOモード (
走行距離計)
作動しません。
作動しません。
–
次の表示モード
SPEED/TR1モード ( ト
リップマスター 1)
作動しません。
作動しません。
TR1、A1、S1の表示を 次の表示モード
ゼロにリセットします。
SPEED/TR2モード ( ト
リップマスター 2)
TR2の値を増やします。 TR2の値を減らします。 TR2の値を削除します。 次の表示モード
SPEED/A1モード (平
均速度 1)
作動しません。
作動しません。
TR1、A1、S1の表示を 次の表示モード
ゼロにリセットします。
SPEED/A2モード (平
均速度 2)
作動しません。
作動しません。
–
SPEED/S1モード (ス
トップウォッチ 1)
作動しません。
作動しません。
TR1、A1、S1の表示を 次の表示モード
ゼロにリセットします。
SPEED/S2モード ( ス
トップウォッチ 2)
S2をスタートまたはス
トップします。
作動しません。
S2とA2の表示をゼロに
リセットします。
SPEED/CLKモード
(時計)
を押します。
ボタン
を押します。
ボタン を 3~ 5 秒間
押し続けます。
ボタン
す。
を短く押しま
次の表示モード
次の表示モード
次の表示モード
作動機能と条件の一覧表
表示画面
SPEED/Hモード (作動時間)
車両が停止してい
る。
メニュー表示可能
•
SPEED/CLKモード (時計)
•
SPEED/LAPモード ( ラップタイム)
•
SPEED/TR1モード ( トリップマスター 1)
•
SPEED/TR2モード ( トリップマスター 2)
•
SPEED/A1モード (平均速度 1)
•
SPEED/A2モード (平均速度 2)
•
SPEED/S1モード (ストップウォッチ 1)
•
SPEED/S2モード ( ストップウォッチ 2)
•
操作各部
22
燃料コック
5.34
燃料コックはフューエルタンクの左に設置されています。
燃料コックの切替レバーでキャブレターへの燃料供給の開閉ができます。
確認すべき状態
• 燃料コックオフOFF - タンクからキャブレターへの燃料供給が停止します。
• 燃料コックオンON - タンクからキャブレターへ燃料が供給されます。予備量を
除いたタンク内の燃料が消費されます。
• 燃料コックリザーブRES - タンクからキャブレターへ燃料が供給されます。
タンク内の燃料が完全に消費されます。
601157-10
フィラーキャップを開く
5.35
危険
火災の危険性
燃料は可燃性です。
–
給油の際は炎や吸いかけのタバコの近くを避け、エンジンを必ず停止して下さい。また、熱せられた部品には特に燃料が
かからないよう注意して下さい。こぼれた燃料はすぐに拭き取って下さい。
–
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出る恐れがあります。給油に関する注意事項をよく守って下さい。
警告
中毒の危険性
–
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
燃料が皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。燃料から発生するガスを吸い込まないで下さい。目に入った場合
はすぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さ
い。燃料を飲み込んでしまった場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。燃料が衣服についた場合は着替えて下さい。
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所で正しく保管して下さい。
警告
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
–
303520-10
リリースボタンを押し、フィラーキャップを時計と反対回りに回して取り外し
ます。
操作各部
23
フィラーキャップを閉じる
5.36
–
フィラーキャップをかぶせ、リリースボタンがロックするまで時計回りに回し
ます。
参考
フューエルタンクのエア抜き穴のホースが折れ曲がらないように注意し
て下さい。
303521-10
チョーク(EXC AUS、 XC-W)
5.37
チョークノブはキャブレターの左側に設置されています。
チョーク機能がオンの時にはキャブレター内の穴が開き、これを通してエンジンに追
加で燃料が吸い取られます。これにより、エンジンが冷えているときのスタートに必
要な燃料配分の多い混合気が発生します。
参考
エンジンが運転で暖まっている場合は、チョーク機能は解除して下さい。
B00004-10
確認すべき状態
• チョーク機能オン - チョークノブがいっぱいに引かれています。
• チョーク機能オフ - チョークノブが最後まで押し込まれています。
シフトレバー
5.38
シフトレバーはエンジンの左側に設置されています。
B00005-10
各ギアのポジションは図の通りです。
ニュートラル / アイドリングは 1 速と 2 速の間にあります。
B00005-12
キックスターター
5.39
キックスターターはエンジンの右側に設置されています。上部は開閉式になってい
ます。
B00006-10
操作各部
24
ブレーキペダル
5.40
ブレーキペダルは右のフットレストの前方に設置されています。
ブレーキペダルで後輪ブレーキを作動します。
B00007-10
サイドスタンド
5.41
サイドスタンドは車両の左側に設置されています。
B00085-10
サイドスタンドは車両を立てるのに使用します。
参考
走行中はサイドスタンドを上に閉じ、ゴムベルトで固定して下さい。
B00086-10
ハンドルロック(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
5.42
ハンドルロックはステアリングヘッドの左側に設置されています。
ハンドルロックをかけるとハンドルを固定する事ができます。これによりハンドルを
動かす事ができず、よって走行不可能となります。
B00084-10
ハンドル操作をロックする(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
5.43
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
操作各部
25
–
車両をとめます。
–
ハンドルバーを右に回し切ります。
–
ハンドルロックにキーを差し込み左に回し、中に押してから今度は右に回します。
キーを抜きます。
これでハンドルバーは固定されます。
参考
ハンドルロックにキーを差し込んだままにする事は絶対にやめて下さい。
400732-01
ハンドル操作のロックを解除する(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
5.44
–
ハンドルロックにキーを差し込み左に回し、少し引いてから今度は右に回します。
キーを抜きます。
これでまたハンドルバーを動かす事ができます。
参考
ハンドルロックにキーを差し込んだままにする事は絶対にやめて下さい。
400731-01
運転操作の前に
26
初めて運転操作を行う際の注意
6.1
危険
事故の危険性
–
不十分な運転技能による危険性。
飲酒および薬剤やドラッグを摂取した状態、または精神的・肉体的理由により道路交通で正常な運転ができない恐れがあ
る場合は、運転をしないで下さい。
警告
人体への危険性
–
不足および欠陥のある保護服の着用は安全面での危険性を高めます。
走行の際は必ず保護服 ( ヘルメット、ブーツ、手袋、ズボン、プロテクター付きジャケット)を着用して下さい。損傷等が
無くかつ法規則に従った保護服を常に着用して下さい。
警告
転倒の危険性
–
前輪と後輪でタイヤのプロフィールが異なっていると、安定した走行が妨げられます。
制御不能な状況にならないよう、前輪・後輪には必ず同種プロフィールのタイヤを装着して下さい。
警告
事故の危険性
–
不適切な運転操作による危険な走行状態。
道路の状況、運転能力応じた走行速度で運転しましょう。
警告
事故の危険性
–
同乗者による事故の恐れ。
本モデルは同乗者を乗せるように設計されていません。同乗者は乗せないで下さい。
警告
事故の危険性
–
ブレーキがきかない。
ブレーキペダルに足をかけたままにすると、ブレーキパッドが常にこすられている状態になります。後輪ブレーキが過熱
によりきかなくなる恐れがあります。ブレーキを作動しないときはブレーキペダルに足をかけないで下さい。
警告
事故の危険性
–
不安定な走行状態。
許容最大重量、軸重を超える事が無いようご注意下さい。
警告
盗難の危険性
–
第三者による不法な使用。
エンジンをかけたまま車両を放置するのは絶対にやめて下さい。不法な第三者が車両に近づかないよう注意して下さい。
参考
運転の際は、過度の騒音で周辺の人々の迷惑にならないよう心がけましょう。
–
KTM 正規ディーラーで納車前検査がきちんと行われた事を確認して下さい。
–
初めて運転をする前に、オーナーズマニュアルを全頁よく読んで下さい。
–
操作各部の扱いに慣れて下さい。
–
クラッチレバーの基本位置を調整します。 (
納車の際、納車証明書とカスタマーサービスブックがお客様に手渡されます。
頁66)
(XC-W)
– ブレーキレバーの基本位置を調整します。 (
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ブレーキレバーの遊びを調節します。 (
頁69)
頁69)
–
ブレーキペダルの基本位置を調整します。
–
シフトレバーの基本位置を調整します。
–
ツーリングに出る前に、まず適切なオフロードで車両の取り扱いに慣れて下さい。
x ( 頁74)
x ( 頁95)
参考
オフロードではお互いに助け合えられるよう、2 台で行動する事をお勧めします。
–
できるだけゆっくり走ったりスタンディング走行もして、車両の感覚をつかむようにして下さい。
運転操作の前に
27
–
自分の能力や経験を超えた、無理なオフロード走行はしないで下さい。
–
走行中は両手でしっかりとハンドルバーを握り、フットレストに両足をのせます。
–
荷物を積む場合はできるだけ車両の中心にしっかりと固定し、前輪・後輪均等に重量がかかるよう注意して下さい。
参考
重量のかかり方によって車両の反応が大きく違ってきます。
–
最大許容重量並びに最大許容軸重を守って下さい。
規定
–
最大許容重量
335 kg
最大許容軸重 前輪
145 kg
最大許容軸重 後輪
190 kg
スポークの張りを点検します。 (
頁81)
参考
スポークの張りは半時間走行してから点検して下さい。
–
慣らし運転をします。
慣らし運転をする
6.2
–
慣らし運転の段階では、以下に挙げたエンジン出力を超えないようにして下さい。
規定
エンジンの最大出力
–
最初の 3 運転時間まで
< 70 %
最初の 5 運転時間まで
< 100 %
フルスロットルでの運転は避けて下さい!
過酷な環境で車両を使用するための準備をする
6.3
–
過酷な環境で車両を使用すると、駆動装置やブレーキなどの部品が平均以上に摩耗する原因となります。その結果、サービスプ
ランで想定している摩耗限界に達する前に、メンテナンスや摩耗部品の交換が必要になることがあります。
過酷な使用環境:
– 乾燥した砂地での走行 (
頁27)
–
濡れた砂地での走行 (
–
濡れた道路や泥道での走行 (
頁28)
–
高温や低速での走行 (
頁30)
–
低温や雪上での走行 (
頁30)
頁29)
乾燥した砂地での走行に備えた準備
6.4
–
ラジエーターキャップを点検します。
ラジエーターキャップの値
»
1.8 bar
表示された値が規定通りになっていない:
警告
火傷の危険性
います。
–
600872-10
–
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかって
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジ
エーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下さ
い。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷
した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
ラジエーターキャップを交換します。
エアフィルターケースをシールします。
x
ヒント
汚れが侵入しないよう、エアフィルターケースの縁をシールして下さい。
運転操作の前に
28
–
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃します。
x(
頁58)
参考
エアフィルターは約 30 分ごとに点検して下さい。
–
エアフィルター用の防塵カバーを取り付けます。
エアフィルター用の防塵カバー(59006019000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書に従って下さい。
600869-01
–
エアフィルター用の防砂カバーを取り付けます。
エアフィルター用の防砂カバー(59006022000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書に従って下さい。
–
キャブレターの噴射と設定を調節します。
参考
600871-01
キャブレターの推奨調節値については KTM 正規ディーラーまでお問い合
わせ下さい。
–
チェーンを清掃します。
チェーン洗浄剤 (
–
頁128)
スチール製のリアスプロケットを取り付けます。
ヒント
チェーンは潤滑しないで下さい。
600868-01
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
–
曲がっているラジエーターのフィンを慎重に直します。
–
定期的に砂地で走行する場合は、10 時間走行するごとにピストンを交換します。
–
ラジエーターキャップを点検します。
濡れた砂地での走行に備えた準備
6.5
ラジエーターキャップの値
»
1.8 bar
表示された値が規定通りになっていない:
警告
火傷の危険性
います。
–
600872-10
–
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかって
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジ
エーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下さ
い。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷
した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
ラジエーターキャップを交換します。
エアフィルターケースをシールします。
x
ヒント
汚れが侵入しないよう、エアフィルターケースの縁をシールして下さい。
–
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃します。
x(
参考
エアフィルターは約 30 分ごとに点検して下さい。
頁58)
運転操作の前に
29
–
エアフィルター用の防水カバーを取り付けます。
エアフィルター用の防水カバー(59006021000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書に従って下さい。
–
キャブレターの噴射と設定を調節します。
参考
600870-01
キャブレターの推奨調節値については KTM 正規ディーラーまでお問い合
わせ下さい。
–
チェーンを清掃します。
チェーン洗浄剤 (
–
頁128)
スチール製のリアスプロケットを取り付けます。
ヒント
チェーンは潤滑しないで下さい。
600868-01
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
–
曲がっているラジエーターのフィンを慎重に直します。
–
定期的に砂地で走行する場合は、10 時間走行するごとにピストンを交換します。
濡れた道路や泥道での走行に備えた準備
6.6
–
エアフィルターケースをシールします。
x
ヒント
汚れが侵入しないよう、エアフィルターケースの縁をシールして下さい。
–
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃します。
x(
頁58)
参考
エアフィルターは約 30 分ごとに点検して下さい。
–
エアフィルター用の防水カバーを取り付けます。
エアフィルター用の防水カバー(59006021000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書に従って下さい。
–
参考
600870-01
600868-01
キャブレターの噴射と設定を調節します。
キャブレターの推奨調節値については KTM 正規ディーラーまでお問い合
わせ下さい。
–
スチール製のリアスプロケットを取り付けます。
–
洗車をします。 (
–
曲がっているラジエーターのフィンを慎重に直します。
頁100)
運転操作の前に
30
高温や低速での走行に備えた準備
6.7
–
ラジエーターキャップを点検します。
ラジエーターキャップの値
»
1.8 bar
表示された値が規定通りになっていない:
警告
火傷の危険性
います。
–
600872-10
–
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかって
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジ
エーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下さ
い。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷
した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
ラジエーターキャップを交換します。
エアフィルターケースをシールします。
x
ヒント
汚れが侵入しないよう、エアフィルターケースの縁をシールして下さい。
–
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃します。
x(
頁58)
参考
エアフィルターは約 30 分ごとに点検して下さい。
–
走行道路に応じ、二次減速比を調節します。
参考
二次減速比が小さすぎるとクラッチの作動回数が増え、エンジンオイルが
すぐに加熱されてしまいます。
–
チェーンを清掃します。
チェーン洗浄剤 (
600868-01
頁128)
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
–
曲がっているラジエーターのフィンを慎重に直します。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
–
エアフィルターケースをシールします。
頁89)
低温や雪上での走行に備えた準備
6.8
x
ヒント
汚れが侵入しないよう、エアフィルターケースの縁をシールして下さい。
–
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃します。
x(
頁58)
参考
エアフィルターは約 30 分ごとに点検して下さい。
–
エアフィルター用の防水カバーを取り付けます。
エアフィルター用の防水カバー(59006021000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書に従って下さい。
–
600870-01
キャブレターの噴射と設定を調節します。
参考
キャブレターの推奨調節値については KTM 正規ディーラーまでお問い合
わせ下さい。
運転上の注意事項
31
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス項目
7.1
参考
走行前には必ず車両の状態を点検し、安全に操作できる事を確認して下さい。
運転の際は車両が完璧に整備された状態でなければなりません。
–
ミッションオイルのレベルを点検します。 (
–
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
頁97)
頁70)
–
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
頁74)
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁71)
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁75)
–
ブレーキシステムの機能を点検します。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
–
チェーンの汚れを点検します。 (
–
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、チェーンガイドを点検します。 (
–
チェーンの遊びを点検します。 (
–
タイヤの状態を点検します。 (
–
タイヤの空気圧を点検します。 (
–
フォークレッグのダストシールを清掃します。 (
–
フォークレッグの空気を抜きます。 (
–
エアフィルターを点検します。
–
操作各部が正しく調節されているか、スムーズに操作できるか確認します。
–
全てのスクリュー、ナット、ホースクランプがきちんと締められているか、定期的に点検します。
–
燃料の残量を確認します。
頁89)
頁61)
頁62)
頁62)
頁80)
頁81)
頁46)
頁45)
エンジン始動
7.2
危険
中毒の危険性
–
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがあります。
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のない閉め切った室内でエンジンをかけたり、かけたま
まにする事はやめて下さい。
注意
エンジン損傷
–
エンジンが冷えた状態で高回転させるのは、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
必ず低回転での暖機運転を行って下さい。
参考
エンジンがかかりにくい場合、フロートチャンバー内の古い燃料が原因である可能性があります。長い間放置すると燃料内
の可燃成分が蒸発します。
フロートチャンバーに発火しやすい新しい燃料を注入すると、すぐにエンジンがかかります。
エンジン停止状態が 1 週間を超えている場合
– キャブレターのフロートチャンバーを空にします。
x(
頁94)
–
燃料コックの切替レバーをONの位置に回します。 (図 601157-10
–
車両をスタンドから降ろします。
–
ギアをニュートラルに入れます。
フューエルタンクからキャブレターへ燃料が供給されます。
(200 EXC AUS)
– エマージェンシーOFFスイッチを押して
の位置に入れます。
(250/300 EXC AUS)
– エマージェンシーOFFスイッチを押して
の位置に入れます。
エンジンが冷えている場合
(EXC EU, EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition)
– チョークレバーをいっぱいに引きます。
頁22)
運転上の注意事項
32
(EXC AUS、 XC-W)
– チョークノブをいっぱいに引きます。
–
スタータースイッチを押すか、キックスターターを勢いよく最後まで踏み切ります。
参考
スロットルは開かないで下さい。
発進
7.3
参考
照明が装備されている場合は走行前に照明を点灯して下さい。これにより、他の車から認識されやすくなります。
走行中はサイドスタンドを上に閉じ、ゴムベルトで固定して下さい。
–
クラッチレバーを握り、ギアを 1 速に入れ、クラッチレバーをゆっくりと離しながら慎重にスロットルを開いていきます。
シフト操作とライディング
7.4
警告
事故の危険性
–
エンジン回転数が高い状態でシフトダウンすると、後輪がロックする原因となります。
エンジン回転数が高いままシフトダウンする事は避けて下さい。エンジンが過回転し、後輪がロックする恐れがありま
す。
参考
運転中に異常な音がする場合はすぐに停止し、エンジンを切り、KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
1 速は発進または登り坂で使用するギアです。
–
状況(勾配、走行状態など)に応じてシフトアップできます。スロットルを閉じ、同時にクラッチレバーを握り、次のギアに入
れ、クラッチレバーを離しながらスロットルを開きます。
–
チョーク機能が作動している場合、エンジンが暖まったらこれを解除して下さい。
–
スロットルグリップを全開にして最高速度に達したら、スロットルを ¾ まで戻します。ほとんど減速する事無く燃費を大幅に
抑える事ができます。
–
エンジンが消費できる分だけの燃料を供給する事が大切です。急激にスロットルを開くと燃費が悪くなります。
–
シフトダウンするには、ブレーキをかけながらスロットルを閉じます。
–
クラッチレバーを握り、低いギアに入れ、クラッチレバーをゆっくりと離しながらスロットルを開くか、再度シフトチェンジし
ます。
–
しばらくアイドリングや停止状態が続く場合は、エンジンを停止して下さい。
規定
≥2分
–
長く、また頻繁に半クラッチを使用しないで下さい。エンジンオイルが熱せられ、エンジン並びに冷却システム過熱の原因とな
ります。
–
高回転・半クラッチは避け、エンジン回転数を抑えた走行をしましょう。
ブレーキをかける
7.5
警告
事故の危険性
–
ブレーキを強くかけすぎると車輪がロックします。
ブレーキは、走行状況や道路の状態に応じたかけ方をするよう注意して下さい。
警告
事故の危険性
–
前輪または後輪ブレーキで圧点が安定していない事によるブレーキ性能の低下。
この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
ブレーキの濡れ・汚れによるブレーキ性能の劣化。
ブレーキを慎重に作動し、ブレーキの汚れ・濡れを解消して下さい。
運転上の注意事項
33
–
砂地、雨で濡れた地面やスリップしやすい場所では、主に後輪のブレーキを作動するようにします。
–
ブレーキをかけるプロセスは常にカーブが始まる前までに終了させます。その際、速度に合わせてシフトダウンして下さい。
停止と駐車
7.6
警告
盗難の危険性
–
第三者による不法な使用。
エンジンをかけたまま車両を放置するのは絶対にやめて下さい。不法な第三者が車両に近づかないよう注意して下さい。
警告
火傷の危険性
–
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキなど、熱くなった部品には触れないで下さい。これら部品で作
業を行う際は、部品が冷えるまで待って下さい。
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
注意
火災の危険性
–
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
可燃性並びに引火性の物質近くに車両をとめないで下さい。走行で暖まった車両の上に物を置かないで下さい。必ず車両が十分
に冷えるまで待って下さい。
注意
部品の損傷
過重負荷による部品の破損や損傷。
–
サイドスタンドは車両の重量のみを支えるように設計されています。サイドスタンドを立てた状態で車両に乗らないで下さい。
サイドスタンドやフレームを損傷したり、車両が転倒する恐れがあります。
–
ブレーキをかけます。
–
ギアをニュートラルに入れます。
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止まるまでエンジンストップスイッチ
を押し続けます。
(XC-W)
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止まるまでエンジンストップスイッチ
を押し続けます。
–
燃料コックの切替レバーをOFFの位置に回します。
–
車両を安定した地面の上に立てます。
給油する
7.7
危険
火災の危険性
燃料は可燃性です。
–
給油の際は炎や吸いかけのタバコの近くを避け、エンジンを必ず停止して下さい。また、熱せられた部品には特に燃料が
かからないよう注意して下さい。こぼれた燃料はすぐに拭き取って下さい。
–
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出る恐れがあります。給油に関する注意事項をよく守って下さい。
警告
中毒の危険性
–
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
燃料が皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。燃料から発生するガスを吸い込まないで下さい。目に入った場合
は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下
さい。燃料を飲み込んでしまった場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。燃料が衣服についた場合は、着替えて下さ
い。
警告
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
–
エンジンを停止します。
–
フィラーキャップを開きます。 (
頁22)
運転上の注意事項
34
–
で示した範囲を超えないように注意してフューエルタンクに燃料を注ぎます。
規定
寸法
A
400382-10
35 mm
フューエルタ
9.5 L
ンク総容量
(約)(EXC EU,
EXC SIX DAYS,
EXC Factory Edition)
無鉛ハイオクガソリン、2 ストロー
クエンジンオイルを混合(1:60)
( 頁127)
フューエルタン
ク総容量(約)
(EXC AUS、 XCW)
無鉛ハイオクガソリン、2 ストロー
クエンジンオイルを混合(1:60)
( 頁127)
11.5 L
2 ストロークエンジンオイル (
–
フィラーキャップを閉じます。 (
頁126)
頁23)
サービスプラン
35
サービスプラン
8.1
S20A
S40A
•
•
バッテリーを点検し、充電します。
•
•
ミッションオイルを交換します。
•
•
電装系部品の機能を点検します。
x(250/300 シリーズ)
x ( 頁97)
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁71)
•
•
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁75)
•
•
頁70)
•
•
ブレーキホースの破損・漏れを点検します。
•
•
•
•
•
•
•
•
ブレーキディスクを点検します。 (
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
ブレーキペダルの遊びを点検します。 (
頁74)
頁73)
フレームとスイングアームを点検します。
x
スイングアームのベアリングを点検します。 x
•
ショックアブソーバーの上下ピボットベアリングを点検します。
タイヤの状態を点検します。 (
頁80)
タイヤの空気圧を点検します。 (
頁81)
ホーイルベアリングのガタを点検します。
ハブを点検します。
x
x
x
リムの歪みを点検します。
x
スポークの張りを点検します。 (
頁81)
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、チェーンガイドを点検します。 (
チェーンの遊びを点検します。 (
頁62)
頁62)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
すべての可動部品 ( サイドスタンド、ハンドレバー、チェーンなど)をグリースアップし、部品がスムーズに動
くか確認します。
•
•
油圧式クラッチのフルードレベルを点検します。 (
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
x
頁66)
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
ブレーキレバーの遊びを点検します。 (
頁70)
頁69)
ステアリングヘッドのベアリングのガタを点検します。 (
頁53)
スパークプラグとスパークプラグのコネクターを交換します。
インテークダイヤフラムを点検します。
x
x
排気デバイスが正しく機能するか、スムーズに動くか点検します。
クラッチを点検します。
•
x
•
x
ホース類 ( 燃料、クーラント、エア抜き、排水ホースなど)とワイヤーブーツの全てで、ひびや漏れが無いか、
正しく配置されているかを確認します。
•
•
不凍液とクーラントのレベルを点検します。 (
•
•
x
•
•
ワイヤーに破損が無いか、折れが無く配線・調節されているか確認します。
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃します。
x
頁88)
ケーブルに破損が無いか、折れが無い配線になっているか確認します。
•
•
x(
メインサイレンサーのグラスファイバーを交換します。 x (
頁58)
•
•
頁59)
•
•
スクリューとナットがきちんと締められているか確認します。
x
•
•
•
•
•
•
最終確認: 車両が安全に使用できる状態である事を確認し、試験走行を行います。
•
•
KTM DEALER.NETとカスタマーサービスブックでサービス登録を行います。
•
•
ヘッドライトの設定を点検します。(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS) (
アイドリングを点検します。
S20A: 20 時間走行ごと
S40A: 40 時間走行ごと / 毎レース後
x
頁86)
サービスプラン
36
サービス項目(別途作業依頼)
8.2
S10N
S40A
S80A
•
前輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。
x
後輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。 x
フットブレーキシリンダーのシールキャップを交換します。 x
油圧式クラッチのフルードを交換します。 x ( 頁67)
ステアリングヘッドのベアリングをグリースアップします。 x ( 頁54)
キャブレターの部品を点検・調節します。 x
フロントフォークを整備します。 x
ショックアブソーバーの整備を行います。 x
セルフスターター駆動装置を点検します。 x(250/300 シリーズ)
ピストンを交換し、シリンダーを点検します。 x(125 シリーズ)
ピストンを交換し、シリンダーを点検します。 x(200/250/300 シリーズ)
コンロッド、コンロッドベアリング、クランクピンを交換します。 x
ギアとシフトを点検します。 x
エンジンのベアリングを全て交換します。 x
S10N: 10 時間走行後に 1 回
S40A: 40 時間走行ごと
S80A: 80 時間走行ごと / 競技走行においては 40 時間走行ごと
J1A: 毎年
J1A
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
シャーシを調整する
37
シャーシの基本設定を運転者の体重に応じて確認する
9.1
参考
シャーシの基本設定はまずショックアブソーバーを、次にフロントフォークを調節して下さい。
–
最適な走行性能を実現し、フロントフォーク、ショックアブソーバー、スイング
アーム、フレームを損傷しないため、サスペンション各部の基本設定を運転者の
体重に合わせる事が必要です。
–
KTM オフロードモーターサイクルは納車時、標準体重 ( 保護服完全着用の状態)に
合わせて設定してあります。
規定
運転者の標準体重
75… 85 kg
–
運転者の体重がこの範囲外の場合、サスペンション各部の基本設定を適宜変更す
る必要があります。
–
体重偏差が小さい場合、スプリングプリロードの調節で対応可能ですが、偏差が
大きい場合は対応するスプリングの取付けが必要となります。
401030-01
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー
9.2
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパーは高速、低速の 2 つの領域に分けられています。
ここでいう低速・高速は、後輪でショックアブソーバーが圧縮する際の速度を示しており、車両の走行速度とは関係がありません。
高速設定は、ジャンプ後の着地など、後輪のサスペンションが素早く縮む際に有効となる設定です。
低速設定は、凹凸のある道での走行など、後輪のサスペンションがゆっくりと縮む際に有効となる設定です。
これら 2 つの範囲は別々に設定できますが、低速設定と高速設定の切り替えは流動的に行われます。そのため、高速範囲のコンプ
レッションレベルで設定を変更すると、低速範囲の設定にも影響を及ぼします。逆も同様です。
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー高速設定を調節する
9.3
注意
事故の危険性
–
圧力がかかった部品の分解により怪我をする恐れがあります。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。記載された説明に従って下さい。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
高速設定は、ショックアブソーバーが高速で圧縮する際に有効となる設定です。
–
ボックスレンチで調節スクリューを時計回りに最後まで回し切ります。
参考
ナット留めはゆるめないで下さい!
–
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数、時計と反対回りに回し戻します。
規定
(125/200 シリーズ)
100867-10
コンプレッションダンパー高速設定
コンフォート
2 回転
スタンダード
1.5 回転
スポーツ
1.25 回転
シャーシを調整する
38
(250/300 シリーズ)
コンプレッションダンパー高速設定
コンフォート
2 回転
スタンダード
1.5 回転
スポーツ
1.25 回転
参考
時計回りに回すとダンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー低速設定を調節する
9.4
注意
事故の危険性
–
圧力がかかった部品の分解により怪我をする恐れがあります。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。記載された説明に従って下さい。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
低速設定は、ショックアブソーバーが低速および通常速度で圧縮する際に有効となる設定です。
–
調節スクリューをドライバーで、最後のカチッというクリックが感じられるま
で時計回りに回します。
参考
ナット留めはゆるめないで下さい!
–
400209-10
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数カチッとクリックするよう、時計と
反対回りに回し戻します。
規定
(125/200 シリーズ)
コンプレッションダンパー低速設定
コンフォート
22 クリック
スタンダード
20 クリック
スポーツ
15 クリック
(250/300 シリーズ)
コンプレッションダンパー低速設定
コンフォート
22 クリック
スタンダード
20 クリック
スポーツ
15 クリック
参考
時計回りに回すとダンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
ショックアブソーバーのリバウンドダンパーを調節する
9.5
注意
事故の危険性
–
圧力がかかった部品の分解により怪我をする恐れがあります。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。記載された説明に従って下さい。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
シャーシを調整する
39
–
調節スクリューを最後のカチッというクリックが感じられるまで時計回りに回
します。
参考
ナット留めはゆるめないで下さい!
–
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数カチッとクリックするよう、時計と
反対回りに回し戻します。
規定
(125/200 シリーズ)
400210-10
リバウンドダンパー
コンフォート
26 クリック
スタンダード
24 クリック
スポーツ
22 クリック
(250/300 シリーズ)
リバウンドダンパー
コンフォート
26 クリック
スタンダード
24 クリック
スポーツ
22 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際のダンパー効果を高め、
逆方向に回すとこれを低減します。
後輪に負荷をかけない状態で寸法を測定する
9.6
A
0
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
–
後輪アクスルと基準点 ( サイドカバーに印をつけるなど)の間の距離を、できるだ
け垂直に測ります。
–
測定値を寸法として書きとめます。
–
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
頁45)
400988-10
ショックアブソーバーの空車サグを点検する
9.7
A
0
–
後輪に負荷をかけない状態で寸法を測定します。 (
–
誰かに車両を垂直に支えてもらいます。
–
後輪アクスルと基準点の距離を再度測定します。
–
測定値を寸法として書きとめます。
頁39)
参考
空車サグとは値と値の差を示します。
–
空車サグを確認します。
(125/200 シリーズ)
空車サグ
35 mm
(250/300 シリーズ)
B
0
空車サグ
»
空車サグが規定値より大きいまたは小さい:
–
400989-10
35 mm
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節します。
( 頁40)
x
シャーシを調整する
40
ショックアブソーバーのライディングサグを点検する
9.8
–
後輪に負荷をかけない状態で寸法を測定します。 (
–
誰かに車両を支えてもらい、運転者が保護服を完全着用の上、通常のライディン
グポジション ( 両足をフットレストにのせた状態)で車両に乗り、身体を上下に何
回か動かします。
A
0
頁39)
後輪サスペンションの位置が安定します。
–
さらにもう一人が後輪アクスルと基準点の距離を再度測定します。
–
測定値を寸法として書きとめます。
参考
ライディングサグとは値と値の差を示します。
–
ライディングサグを確認します。
規定
(125/200 シリーズ)
C
0
ライディングサグ
105 mm
(250/300 シリーズ)
ライディングサグ
»
400990-10
105 mm
ライディングサグの値が規定通りになっていない:
–
ライディングサグを調節します。
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節する
9.9
x(
頁41)
x
注意
事故の危険性
–
圧力がかかった部品の分解により怪我をする恐れがあります。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。記載された説明に従って下さい。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
スプリングプリロードを変更する前に、スプリング長を計測するなどして現在の設定状態を書きとめておいて下さい。
2
1
–
ショックアブソーバーを取り外します。
–
ショックアブソーバーを、取り外した状態で念入りに清掃します。
–
スクリューをゆるめます。
–
調節リングを回し、スプリングを完全にゆるめます。
x(
頁55)
コンビキー(50329080000)
A
フックレンチ(T106S)
–
ゆるめた状態でスプリングの全長を測ります。
–
調節リングを回し、スプリングをで規定された分だけ縮めます。
規定
(125/200 シリーズ)
スプリングプリロード
6 mm
(250/300 シリーズ)
スプリングプリロード
8 mm
参考
空車サグおよびライディングサグに応じて、規定値より大きいまたは小さ
いスプリングプリロードの設定が必要になる事もあります。
–
400216-10
スクリューをしっかりと締めます。
規定
–
ショックアブソーバー調節リング用ス
クリュー
M6
ショックアブソーバーを取り付けます。
x(
5 Nm
頁56)
シャーシを調整する
ライディングサグを調節する
9.10
41
x
–
ショックアブソーバーを取り外します。
–
ショックアブソーバーを、取り外した状態で念入りに清掃します。
–
x(
頁55)
適当なスプリングを選び、これを取り付けます。
規定
(125/200 シリーズ)
スプリング係数
運転者の体重: 65… 75 kg
63 N/mm
運転者の体重: 75… 85 kg
66 N/mm
運転者の体重: 85… 95 kg
69 N/mm
(250/300 シリーズ)
B00292-10
スプリング係数
運転者の体重: 65… 75 kg
66 N/mm
運転者の体重: 75… 85 kg
69 N/mm
運転者の体重: 85… 95 kg
72 N/mm
参考
スプリング係数はスプリングの外側に記載してあります。
–
ショックアブソーバーを取り付けます。
–
ショックアブソーバーの空車サグを点検します。 (
–
ショックアブソーバーのライディングサグを点検します。 (
–
ショックアブソーバーのリバウンドダンパーを調節します。 (
x(
頁56)
頁39)
頁40)
頁38)
フロントフォークの基本設定を確認する
9.11
参考
様々な理由により、フロントフォークでは正確なライディングサグを確定する事ができません。
–
ショックアブソーバーと同様、体重偏差が小さい場合はスプリングのプリロード
で調節可能です。
–
しかし、フロントフォークがしばしば最後まで沈み切ってしまうような場合 ( ス
プリングが圧縮する際、底を強打する)には、より強力なスプリングを取り付け、
フロントフォークやフレームを損傷しないようにする必要があります。
401000-01
フロントフォークのコンプレッションダンパーを調節する
9.12
参考
油圧式コンプレッションダンパーはフロントフォークのスプリングの圧縮を調節します。
–
カバーキャップを外します。
–
調節スクリューを時計回りに最後まで回し切ります。
参考
調節スクリュー はフォークレッグの下端にあります。
両側のフォークレッグを同じように調節します。
–
100020-10
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリックするよう、時計と反対
回りに回し戻します。
シャーシを調整する
42
規定
(125/200 シリーズ)
コンプレッションダンパー
コンフォート
26 クリック
スタンダード
22 クリック
スポーツ
18 クリック
(250/300 シリーズ)
コンプレッションダンパー
コンフォート
26 クリック
スタンダード
22 クリック
スポーツ
18 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングが圧縮する際のダンパー効果を高め、逆方向
に回すとこれを低減します。
–
カバーキャップを取り付けます。
フロントフォークのリバウンドダンパーを調節する
9.13
参考
油圧式リバウンドダンパーはフロントフォークのスプリングの伸び方を調節します。
–
調節スクリューを時計回りに最後まで回し切ります。
参考
調節スクリュー はフォークレッグの上端にあります。
両側のフォークレッグを同じように調節します。
–
800017-10
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリックするよう、時計と反対
回りに回し戻します。
規定
(125/200 シリーズ)
リバウンドダンパー
コンフォート
24 クリック
スタンダード
20 クリック
スポーツ
20 クリック
(250/300 シリーズ)
リバウンドダンパー
コンフォート
24 クリック
スタンダード
20 クリック
スポーツ
20 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際のダンパー効果を高め、
逆方向に回すとこれを低減します。
シャーシを調整する
43
フロントフォークのスプリングプリロードを調節する
9.14
–
調節スクリューを時計と反対回りに最後まで回し切ります。
参考
両側のフォークレッグを同じように調節します。
–
フロントフォークのタイプに応じた回数、時計回りに回し戻します。
規定
(125/200 シリーズ)
スプリングプリロード - プリロードアジャスター
800015-10
コンフォート
0 回転
スタンダード
2 回転
スポーツ
4 回転
(250/300 シリーズ)
スプリングプリロード - プリロードアジャスター
コンフォート
0 回転
スタンダード
2 回転
スポーツ
4 回転
参考
時計回りに回すとスプリングプリロードを高め、逆方向に回すとこれを低
減します。
スプリングプリロードを調節してもリバウンドダンパーの設定には影響を
与えません。
しかし、スプリングプリロードを増やしたらリバウンドダンパーの設定も
上げるのが基本です。
ハンドルバーの位置
9.15
アッパートリプルクランプにはの間隔で 2 つの穴があいています。
穴間の距離 A
15 mm
ハンドルアダプターの穴は中心からの距離に配置されています。
0
A
B
0
A
0
中心からの距離 B
B
0
3.5 mm
ハンドルバーは 4 つの異なったポジションニングで取り付けられます。これにより運
転手に最適なポジショニングを選ぶ事ができます。
400223-11
ハンドルバーの位置を調節する
9.16
x
警告
事故の危険性
–
ハンドルバーの破損
ハンドルバーを曲げたり元に戻そうとするとハンドルバーの材質を疲労させ、ハンドルバーが折れる恐れがあります。
ハンドルバーは必ず交換して下さい。
0
1
2
0
1
0
0
2
400223-10
–
スクリューを外します。ハンドルバーのクランプを取り外します。ハンドル
バーを取り外し、脇におきます。
参考
車両本体と部品は破損しないようカバーをかけて保護して下さい。
ケーブル、ワイヤー類は折り曲げないで下さい。
–
スクリューを外します。ハンドルアダプターを取り外します。
–
ハンドルアダプターの位置を好みに応じて変更します。スクリューを取り付け、
しっかりと締めます。
規定
ハンドルアダプター用ス
クリュー
M10
40 Nm
Loctite® 243™
シャーシを調整する
44
参考
左右のハンドルアダプターの位置は同じように調節して下さい。
–
ハンドルバーの位置を調整します。
参考
ケーブル、ワイヤー類が正しい位置に納まっているか注意して下さい。
–
ハンドルバーのクランプの位置を調整します。スクリューを取り付け、均等に
しっかりと締め付けます。
規定
ハンドルバークランプ用スクリュー
M8
20 Nm
シャーシで行うサービス作業
45
車両をリフトスタンドでジャッキアップする
10.1
注意
損傷の危険性
–
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
エンジン下のフレーム部分で車両をジャッキアップします。
リフトスタンド(54829055000)
車輪が地面に接触しない位置まで持ち上がります。
B00011-10
–
車両が倒れないよう支えをします。
車両をリフトスタンドから降ろす
10.2
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
–
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。
–
リフトスタンドを取り外します。
–
サイドスタンドで車両を立てるには、足でスタンドを地面に向かって押し開い
て車両の重量をかけます。
参考
走行中はサイドスタンドを上に閉じ、ゴムベルトで固定して下さい。
B00085-10
フォークレッグの空気を抜く
10.3
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– エアブリーダーを短時間取り外します。
過圧状態の場合、フォーク内部から過剰な圧力が抜けていきます。
–
エアブリーダーを取り付け、しっかりと締めます。
303391-10
(XC-W)
– エアブリーダーを短時間取り外します。
過圧状態の場合、フォーク内部から過剰な圧力が抜けていきます。
–
–
303637-10
エアブリーダーを取り付け、しっかりと締めます。
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
頁45)
シャーシで行うサービス作業
46
フォークレッグのダストシールを清掃する
10.4
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
–
フォークカバーをずらします。 (
–
両側のフォークレッグのダストシールを下にずらします。
頁46)
参考
ダストシールはフォークチューブのほこりや汚れをこすり落とします。時
間が経つと、汚れがダストシールの裏に入り込む事があります。この汚れ
を取り除かないと、その後ろにあるオイルシールに漏れが生じる恐れがあ
ります。
警告
500088-10
事故の危険性 ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブ
レーキ性能の劣化。
–
–
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、
必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
両側のフォークレッグでダストシールとインナーチューブを清掃し、オイルを差
します。
汎用オイルスプレー (
頁129)
–
ダストシールを取付け位置に押し戻します。
–
余分なオイルを取り除きます。
–
フォークカバーの位置を調整します。 (
–
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
–
スクリューを外し、クランプを取り外します。
–
左のフォークレッグのスクリューを外します。フォークカバーを下にずらしま
す。
–
右のフォークレッグのスクリューを外します。フォークカバーを下にずらします。
–
左のフォークレッグのカバーの位置を調整します。スクリュー を取り付け、
しっかりと締めます。
頁46)
頁45)
フォークカバーをずらす
10.5
B00013-11
フォークカバーの位置を調整する
10.6
規定
その他シャーシ用スクリュー
B00013-10
M6
10 Nm
–
ブレーキワイヤーの位置を調整します。クランプをかぶせ、スクリューを取り
付け、しっかりと締めます。
–
右のフォークレッグのカバーの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっ
かりと締めます。
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
シャーシで行うサービス作業
フォークレッグを取り外す
10.7
47
x
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。 (
頁85)
–
前輪を取り外します。
–
スクリューを外し、クランプを取り外します。
–
ケーブル留めを外します。
–
スクリューを外し、ブレーキキャリパーを取り外します。
–
ブレーキホースが引っ張られないようにして、ブレーキキャリパーを脇にかけて
おきます。
x(
頁78)
303390-10
(EXC EU/AUS)
– スクリューをゆるめます。左のフォークレッグを取り外します。
–
スクリューをゆるめます。右のフォークレッグを取り外します。
303392-10
(EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition, XC‑W)
– スクリューをゆるめます。左のフォークレッグを取り外します。
–
スクリューをゆるめます。右のフォークレッグを取り外します。
303394-10
フォークレッグを取り付ける
10.8
x
(XC-W)
– フォークレッグの位置を調整します。
参考
フォークレッグの一番上の溝をアッパートリプルクランプの上縁と揃
えて下さい。
エアブリーダーの位置は前方に合わせます。
303637-10
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– フォークレッグの位置を調整します。
参考
フォークレッグの一番上の溝をアッパートリプルクランプの上縁と揃
えて下さい。
エアブリーダーの位置は前方に合わせます。
303391-10
シャーシで行うサービス作業
48
(EXC EU/AUS)
– スクリューをしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
–
M8
20 Nm
M8
15 Nm
スクリューをしっかりと締めます。
規定
ロアートリプルクランプ用スク
リュー
303392-11
(EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition, XC‑W)
– スクリューをしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
–
M8
17 Nm
M8
12 Nm
スクリューをしっかりと締めます。
規定
ロアートリプルクランプ用スク
リュー
303394-11
–
ブレーキキャリパーの位置を調整し、スクリューを取り付け、しっかりと締め
ます。
規定
前輪ブレーキキャリパー
用スクリュー
303390-11
M8
25 Nm
–
ケーブル留めを取り付けます。
–
ブレーキホースとワイヤーハーネスの位置を調整しますクランプをかぶせ、スク
リューを取り付け、しっかりと締めます。
–
前輪を取り付けます。
x(
頁78)
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。 (
フォークカバーを取り外す
10.9
Loctite® 243™
頁85)
x
–
フォークレッグを取り外します。
–
左のフォークレッグのスクリューを外します。フォークカバーを上方向に取り
外します。
–
右のフォークレッグのスクリューを外します。フォークカバーを上方向に取り外
します。
–
左のフォークレッグのカバーの位置を調整します。スクリュー を取り付け、
しっかりと締めます。
x(
頁47)
500105-10
フォークカバーを取り付ける
10.10
x
規定
その他シャーシ用スクリュー
–
M6
10 Nm
右のフォークレッグのカバーの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっ
かりと締めます。
規定
500105-10
その他シャーシ用スクリュー
–
フォークレッグを取り付けます。
M6
x(
頁47)
10 Nm
シャーシで行うサービス作業
49
ロアートリプルクランプを取り外す (EXC EU/AUS)
x
10.11
–
フォークレッグを取り外します。
–
フロントフェンダーを取り外します。 (
–
スクリューを外し、CDI コントロールユニットを脇にかけておきます。
x(
頁47)
頁55)
参考
CDI コントロールユニットは外さないで下さい。
–
スクリューを外します。スクリューをゆるめます。アッパートリプルクラン
プをハンドルバーと一緒に取り外し、脇におきます。
参考
車両本体と部品は破損しないようカバーをかけて保護して下さい。
ケーブル、ホース、ワイヤー類は折り曲げないで下さい。
303533-10
–
保護リングを取り外します。
–
ロアートリプルクランプをステアリングステムと一緒に取り外します。
–
ステアリングヘッドの上側のベアリングを取り外します。
500150-10
ロアートリプルクランプを取り外す (EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition, XC‑W)
x
10.12
(XC-W)
– レースナンバープレートを取り外します。 (
頁54)
–
フォークレッグを取り外します。
–
フロントフェンダーを取り外します。 (
–
スクリューを外し、CDI コントロールユニットを脇にかけておきます。
x(
頁47)
頁55)
参考
CDI コントロールユニットは外さないで下さい。
–
スクリューを外します。スクリューを外し、アッパートリプルクランプをハ
ンドルバーと一緒に取り外し、脇におきます。
参考
車両本体と部品は破損しないようカバーをかけて保護して下さい。
ケーブル、ホース、ワイヤー類は折り曲げないで下さい。
303519-10
303531-10
–
O リングを取り外します。保護リングを取り外します。
–
ロアートリプルクランプをステアリングステムと一緒に取り外します。
–
ステアリングヘッドの上側のベアリングを取り外します。
シャーシで行うサービス作業
50
ロアートリプルクランプを取り付ける (EXC EU/AUS)
x
10.13
–
ベアリングとシール類を清掃し、破損が無いか点検してグリースアップします。
高粘度グリース (
2
0
1
0
頁128)
–
ロアートリプルクランプをステアリングステムと一緒に取り付けます。ステアリ
ングヘッドの上側のベアリングを取り付けます。
–
ステアリングヘッドの上側のガスケットが正しい位置にあるか確認します。
–
保護リングをはめます。
–
アッパートリプルクランプとハンドルバーの位置を調整します。
–
スクリューを取り付け、締めないままにしておきます。
–
クラッチホース、ワイヤーハーネス、CDI コントロールユニットの位置を調整し
ます。スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
500151-10
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
303533-11
–
フォークレッグの位置を調整します。
参考
フォークレッグの一番上の溝をアッパートリプルクランプの上縁と揃えて
下さい。
エアブリーダーの位置は前方に合わせます。
303524-10
–
スクリューをしっかりと締めます。
規定
ロアートリプルクランプ用スクリュー
M8
15 Nm
M20x1.5
10 Nm
303527-10
–
スクリューをしっかりと締めます。
規定
ステアリングヘッド用上部スクリュー
303525-10
シャーシで行うサービス作業
–
51
スクリューをしっかりと締めます。
規定
ステアリングステム用上部スクリュー
M8
20 Nm
M8
20 Nm
303526-10
–
スクリューをしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
303528-10
–
ブレーキキャリパーの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかりと
締めます。
規定
前輪ブレーキキャリパー
用スクリュー
–
–
303390-12
M8
25 Nm
Loctite® 243™
ケーブル留めを取り付けます。
ブレーキホース、ワイヤーハーネス、クランプの位置を調整します。スクリュー
を取り付け、しっかりと締めます。
–
フロントフェンダーを取り付けます。 (
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。 (
–
前輪を取り付けます。
–
ワイヤーハーネス、アクセルワイヤー、ブレーキホース、クラッチホースが自由
に動けるようになっているか、正しい場所に納まっているか確認します。
–
ステアリングヘッドのベアリングのガタを点検します。 (
x(
頁55)
頁85)
頁78)
頁53)
ロアートリプルクランプを取り付ける (EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition, XC‑W)
x
10.14
–
ベアリングとシール類を清掃し、破損が無いか点検してグリースアップします。
高粘度グリース (
3
0
2
0
1
0
303408-01
頁128)
–
ロアートリプルクランプをステアリングステムと一緒に取り付けます。ステアリ
ングヘッドの上側のベアリングを取り付けます。
–
ステアリングヘッドの上側のガスケットが正しい位置にあるか確認します。
–
保護リングと O リングをはめます。
シャーシで行うサービス作業
52
–
アッパートリプルクランプとハンドルバーの位置を調整します。
–
スクリューを取り付け、締めないままにしておきます。
–
クラッチホース、ワイヤーハーネス、CDI コントロールユニットの位置を調整し
ます。スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
303518-10
–
フォークレッグの位置を調整します。
参考
フォークレッグの一番上の溝をアッパートリプルクランプの上縁と揃えて
下さい。
エアブリーダーの位置は前方に合わせます。
303517-10
–
スクリューをしっかりと締めます。
規定
ロアートリプルクランプ用スクリュー
M8
12 Nm
M20x1.5
10 Nm
303532-10
–
スクリューをしっかりと締めます。
規定
ステアリングヘッド用上部スクリュー
303529-10
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
ステアリングステム用上
部スクリュー
M8
17 Nm
Loctite® 243™
303530-10
–
スクリューをしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
303532-11
M8
17 Nm
シャーシで行うサービス作業
–
53
ブレーキキャリパーの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかりと
締めます。
規定
前輪ブレーキキャリパー
用スクリュー
–
–
303390-13
–
M8
25 Nm
Loctite® 243™
ケーブル留めを取り付けます。
ブレーキホース、ワイヤーハーネス、クランプの位置を調整します。スクリュー
を取り付け、しっかりと締めます。
フロントフェンダーを取り付けます。 (
頁55)
(EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition)
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。 (
(XC-W)
– レースナンバープレートを取り付けます。 (
頁85)
頁55)
–
前輪を取り付けます。
–
ワイヤーハーネス、アクセルワイヤー、ブレーキホース、クラッチホースが自由
に動けるようになっているか、正しい場所に納まっているか確認します。
–
ステアリングヘッドのベアリングのガタを点検します。 (
x(
頁78)
頁53)
ステアリングヘッドのベアリングのガタを点検する
10.15
警告
事故の危険性
–
ステアリングヘッドのベアリングのガタによる不安定な走行。
すぐにステアリングヘッドのガタを調節して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
ステアリングヘッドのベアリングにガタがある状態で長い間運転すると、ベアリングおよびフレームのベアリングシートが
更に損傷します。
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
–
ハンドルバーを直進の状態にします。フォークレッグを進行方向に向かって前後
に動かします。
ステアリングヘッドのベアリングにガタが感じられる場合はメンテナンスが必
要です。
»
ガタが感じられる:
–
–
ステアリングヘッドのベアリングのガタを調節します。
x(
頁53)
ハンドルバーをハンドル限界全体にわたり左右に動かします。
ハンドルバーがハンドル限界全体にわたりスムーズに動かせる事を確認して下
さい。どこかで動きが止まると感じられる場合はメンテナンスが必要です。
400738-11
»
–
動きの止まりが感じられる:
–
ステアリングヘッドのベアリングのガタを調節します。
–
ステアリングヘッドのベアリングを点検し、場合によっては交換します。
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
ステアリングヘッドのベアリングのガタを調節する
10.16
–
x(
頁53)
頁45)
x
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
(EXC EU/AUS)
– スクリューとをゆるめます。
–
スクリューをゆるめ、また締め直します。
規定
ステアリングヘッド用上部スク
リュー
–
303523-10
M20x1.5
10 Nm
プラスチックのハンマーでアッパートリプルクランプを軽くたたき、ゆがみを
なくします。
シャーシで行うサービス作業
–
54
スクリューをしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
–
M8
20 Nm
M8
20 Nm
スクリューをしっかりと締めます。
規定
ステアリングステム用上部スク
リュー
(EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition, XC‑W)
– スクリューをゆるめます。スクリューを外します。
–
スクリューをゆるめ、また締め直します。
規定
ステアリングヘッド用上部スク
リュー
303522-10
M20x1.5
10 Nm
–
プラスチックのハンマーでアッパートリプルクランプを軽くたたき、ゆがみを
なくします。
–
スクリューをしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
–
M8
17 Nm
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
ステアリングステム用上
部スクリュー
–
M8
17 Nm
ステアリングヘッドのベアリングのガタを点検します。 (
ステアリングヘッドのベアリングをグリースアップする
10.17
Loctite® 243™
頁53)
x
(EXC EU/AUS)
– ロアートリプルクランプを取り外します。
x(
– ロアートリプルクランプを取り付けます。 x (
(EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition, XC‑W)
– ロアートリプルクランプを取り外します。 x (
– ロアートリプルクランプを取り付けます。 x (
頁49)
頁50)
頁49)
頁51)
800010-10
レースナンバープレートを取り外す(XC-W)
10.18
500123-10
–
スクリューを外し、クランプを取り外します。
–
スクリューを外します。レースナンバープレートを取り外します。
シャーシで行うサービス作業
55
レースナンバープレートを取り付ける(XC-W)
10.19
–
レースナンバープレートの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっか
りと締めます。
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
参考
フェンダーの突起部がきちんと差し込まれるよう注意して下さい。
500123-11
–
ブレーキワイヤーの位置を調整します。クランプをかぶせ、スクリューを取り
付け、しっかりと締めます。
–
スクリューを外します。フロントフェンダーを取り外します。
–
スペーサーがついている事を確認して下さい。
–
スペーサーがフェンダーに取り付けられている事を確認して下さい。
–
フロントフェンダーの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかりと
締めます。
フロントフェンダーを取り外す
10.20
500092-10
フロントフェンダーを取り付ける
10.21
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
参考
突起部がレースナンバープレートにきちんと差し込まれるよう注意して下
さい。
500092-10
ショックアブソーバーを取り外す
10.22
x
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
(125/200 シリーズ)
– スクリューを外し、まだ後輪を回転できる範囲でスイングアームと一緒に後
輪をできるだけ下に下げます。後輪をこの位置で固定します。
–
スクリューを外し、スプラッシュガードを横によけ、ショックアブソー
バーを取り外します。
601156-10
(250/300 シリーズ)
– スクリューを外し、まだ後輪を回転できる範囲でスイングアームと一緒に後
輪をできるだけ下に下げます。後輪をこの位置で固定します。
–
303393-10
スクリューを外し、スプラッシュガードを横によけ、ショックアブソー
バーを取り外します。
シャーシで行うサービス作業
ショックアブソーバーを取り付ける
10.23
56
x
(125/200 シリーズ)
– スプラッシュガードを横によけ、ショックアブソーバーの位置を調整しま
す。スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
ショックアブソーバー用
上部スクリュー
–
M12
80 Nm
Loctite® 2701
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
601156-11
ショックアブソーバー用
下部スクリュー
M12
80 Nm
Loctite® 2701
参考
ショックアブソーバーとスイングアーム間のベアリング部分はテフロ
ン加工してあります。グリースを始め、その他潤滑剤は使用しないで
下さい。潤滑剤がテフロン層を分解し、寿命を極端に縮めることにな
ります。
(250/300 シリーズ)
– スプラッシュガードを横によけ、ショックアブソーバーの位置を調整しま
す。スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
ショックアブソーバー用
上部スクリュー
–
M12
80 Nm
Loctite® 2701
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
303393-11
ショックアブソーバー用
下部スクリュー
M12
80 Nm
Loctite® 2701
参考
ショックアブソーバーとスイングアーム間のベアリング部分はテフロ
ン加工してあります。グリースを始め、その他潤滑剤は使用しないで
下さい。潤滑剤がテフロン層を分解し、寿命を極端に縮めることにな
ります。
–
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
頁45)
–
スクリューを外します。シートの後部を持ち上げ、後ろに引き、上方向に取り
外します。
–
シートの前方をフューエルタンクのブッシングにかけ、シート後部を下げながら
前方に押し入れます。
–
シートが正しくロックされているか確認します。
シートを取り外す
10.24
500080-10
シートを取り付ける
10.25
500068-01
シャーシで行うサービス作業
–
57
シートの固定用スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
500080-10
エアフィルターケースのカバーを取り外す
10.26
–
エアフィルターケースのカバーを、で示された範囲で横に引き、前方に取り外
します。
B00038-10
エアフィルターケースのカバーを取り付ける
10.27
–
エアフィルターケースカバーの後ろ側をかけ、前方にはめ込みます。
B00038-11
エアフィルターを取り外す
10.28
x
注意
エンジン損傷
–
フィルターを通さずに吸い込んだ空気は、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
エアフィルターをつけずに運転すると、ほこりや汚れがエンジンに入り込み摩耗を早めますので、絶対にやめて下さい。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
B00039-10
–
エアフィルターケースのカバーを取り外します。 (
–
エアフィルター固定フレームの下を外し、横に開きます。エアフィルターをホ
ルダーごと取り外します。
頁57)
–
ホルダーからエアフィルターを取り外します。
シャーシで行うサービス作業
エアフィルターを取り付ける
10.29
58
x
–
きれいなエアフィルターをホルダーに取り付けます。
–
エアフィルターのの部分をグリースアップします。
耐久性グリース (
頁128)
301262-10
–
両部品を一緒にはめ入れ、位置を調整し、エアフィルター固定フレームで固定
します。
参考
エアフィルターが正しく取り付けられていないと、ほこりや汚れがエンジ
ン内に入り、破損の原因となる恐れがあります。
–
エアフィルターケースのカバーを取り付けます。 (
頁57)
B00039-10
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃する
10.30
x
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
発泡材を損傷しますので、エアフィルターを燃料や灯油で洗浄しないで下さい。
–
エアフィルターを取り外します。
–
エアフィルターを専用の洗浄液で念入りに洗浄し、よく乾燥させます。
エアフィルター洗浄剤 (
x(
頁57)
頁128)
参考
エアフィルターの水分は押し出し、決して絞らないで下さい。
–
乾燥したエアフィルターに高品質のフィルターオイルを差します。
発泡材エアフィルター用オイル (
B00325-01
頁128)
–
エアフィルターケースを清掃します。
–
インテークマニホールドに破損がないか、きちんと固定されているかを確認しま
す。
–
エアフィルターを取り付けます。
x(
メインサイレンサーを取り外す
10.31
警告
火傷の危険性
–
排気装置は運転中非常に熱くなります。
排気装置が冷えるまで待って下さい。熱した部品には触れないで下さい。
頁58)
シャーシで行うサービス作業
59
–
スクリューを外します。
–
メインサイレンサーをゴムスリーブのところでマニホールドから抜きます。
–
メインサイレンサーをゴムスリーブと一緒に取り付けます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
601155-10
メインサイレンサーを取り付ける
10.32
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
601155-11
メインサイレンサーのグラスファイバーを交換する
10.33
x
警告
火傷の危険性
–
排気装置は運転中非常に熱くなります。
排気装置が冷えるまで待って下さい。熱した部品には触れないで下さい。
参考
時間がたつと繊維が消失し、防音材が 「焼け切って」しまいます。
これにより騒音レベルが高くなるだけでなく、出力特性にも変化が現れます。
0
4
1
0
2
0
3
0
401045-10
–
メインサイレンサーを取り外します。 (
–
スクリューを外します。インナーパイプを取り出します。
頁58)
–
グラスファイバーをインナーパイプから取り外します。
–
再度使用する部品を清掃します。
–
新しいグラスファイバーをインナーパイプに取り付けます。
–
新しいグラスファイバーを取り付けたインナーパイプに、アウターパイプをか
ぶせます。
–
スクリューをすべて取り付け、しっかりと締めます。
–
メインサイレンサーを取り付けます。 (
頁59)
シャーシで行うサービス作業
フューエルタンクを取り外す
10.34
60
x
危険
火災の危険性
燃料は可燃性です。
–
給油の際は炎や吸いかけのタバコの近くを避け、エンジンを必ず停止して下さい。また、熱せられた部品には特に燃料が
かからないよう注意して下さい。こぼれた燃料はすぐに拭き取って下さい。
–
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出る恐れがあります。給油に関する注意事項をよく守って下さい。
警告
中毒の危険性
–
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
燃料が皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。燃料から発生するガスを吸い込まないで下さい。目に入った場合
はすぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さ
い。燃料を飲み込んでしまった場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。燃料が衣服についた場合は着替えて下さい。
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所で正しく保管して下さい。
–
シートを取り外します。 (
頁56)
–
燃料コックの切替レバーをOFFの位置に回します。 (図 601157-10
–
燃料ホースを抜きます。
頁22)
参考
燃料ホースから残りの燃料が流れ出る事があります。
–
スクリューをブッシングと一緒に取り外します。
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ホーンをホーンホルダーと一緒に脇にかけておきます。
B00090-10
–
スクリューをブッシングと一緒に取り外します。
–
フューエルタンクのエア抜き穴からホースを抜き取ります。
–
ラジエーター取付け部の横にある両側のスポイラーを引き、フューエルタンク
を上方向に取り外します。
B00033-10
B00032-10
フューエルタンクを取り付ける
10.35
x
危険
火災の危険性
燃料は可燃性です。
–
給油の際は炎や吸いかけのタバコの近くを避け、エンジンを必ず停止して下さい。また、熱せられた部品には特に燃料が
かからないよう注意して下さい。こぼれた燃料はすぐに拭き取って下さい。
–
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出る恐れがあります。給油に関する注意事項をよく守って下さい。
警告
中毒の危険性
–
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
燃料が皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。燃料から発生するガスを吸い込まないで下さい。目に入った場合
は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下
さい。燃料を飲み込んでしまった場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。燃料が衣服についた場合は、着替えて下さ
い。
シャーシで行うサービス作業
61
–
アクセルワイヤーの取り回しを点検します。 (
頁65)
–
フューエルタンクの位置を調整し、ラジエーター取付け部の横に両側のスポイ
ラーをはめます。
–
ケーブルやワイヤー類をはさんだり、破損しないよう注意して下さい。
–
フューエルタンクのエア抜き穴にホースを差し込みます。
–
スクリューをブッシングと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
B00032-01
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ホーンとホーンホルダーの位置を調整します。
B00033-11
–
スクリューをブッシングと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
規定
その他シャーシ用スクリュー
M6
–
燃料ホースをつなぎます。
–
シートを取り付けます。 (
–
チェーンに大きな汚れがついていないか点検します。
10 Nm
頁56)
B00090-11
チェーンの汚れを点検する
10.36
»
チェーンがひどく汚れている:
–
チェーンを清掃します。 (
頁61)
400678-01
チェーンを清掃する
10.37
警告
事故の危険性
–
潤滑剤がタイヤに付着すると、タイヤの粘着力が損なわれます。
適切な洗浄剤で潤滑剤を取り除いて下さい。
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
チェーンの寿命は手入れの仕方で大きく変わってきます。
シャーシで行うサービス作業
–
62
チェーンは定期的に清掃し、チェーンスプレーで潤滑して下さい。
チェーン洗浄剤 (
頁128)
オフロード用チェーンスプレー (
頁128)
400725-01
チェーンの遊びを点検する
10.38
警告
事故の危険性
–
不適切なチェーンの遊びによる危険。
チェーンの張りが強すぎると、二次減速関係パーツ ( チェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、ギア並びに
後輪のベアリング)に不要な負荷がかかります。磨耗しやすくなるのに加え、極端な場合にはチェーンが切れたり、カウ
ンターシャフトが折れたりする恐れがあります。反対にチェーンに遊びがあり過ぎると、フロントまたはリアスプロケッ
トから落ちたり、後輪をブロックしたり、エンジンを破損する恐れがあります。チェーンの遊びが適切であるか注意し、
必要な場合は調節して下さい。
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
–
スライド部の端でチェーンを上に押し、チェーンの遊びを確認します。
参考
その際、チェーン上部がピンと張っている事を確認して下さい。
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記確認を何箇所か別の
場所で繰り返し行って下さい。
チェーンの遊び
»
400213-10
チェーンの遊びが規定通りになっていない:
–
–
8… 10 mm
チェーンの遊びを調節します。 (
頁64)
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
頁45)
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、チェーンガイドを点検する
10.39
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
頁45)
リアスプロケットとフロントスプロケットの磨耗を点検します。
»
リアスプロケットまたはフロントスプロケットが摩耗している:
–
リアスプロケットまたはフロントスプロケットを交換します。
x
参考
フロントスプロケット、リアスプロケット、チェーンは必ず一緒に
交換して下さい。
400227-01
シャーシで行うサービス作業
–
63
チェーン上部を以下に記載した重量で引っ張ります。
規定
チェーンの磨耗測定における重量
0
A
–
10… 15 kg
チェーン下部でローラー 18 個分の長さを測定します。
参考
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記確認を何箇所か別の
場所で繰り返し行って下さい。
チェーンが最も長い部分での長さの
最大値
»
長さが規定値より大きい:
–
チェーンを交換します。
B
0
1 2 3
272 mm
x
参考
新しいチェーンを取り付ける際は、同時にリアスプロケットとフロ
ントスプロケットも交換して下さい。
新しいチェーンを摩耗が進んだ古いリアスプロケットまたはフロン
トスプロケットと一緒に使用すると、早く摩耗してしまいます。
16 17 18
400987-10
–
チェーンスライダーガードの磨耗を点検します。
»
チェーンのピンの下端が、チェーンスライダーガードの高さ、またはそれより
下にある:
–
–
チェーンスライダーガードを交換します。
x
チェーンスライダーガードがきちんと固定されているか確認します。
»
チェーンスライダーガードがガタついている:
–
チェーンスライダーガードのスクリューをしっかりと締めます。
規定
チェーンスライダー
ガード用スクリュー
M6
6 Nm
Loctite® 243™
400983-01
–
チェーンスライダーの摩耗を点検します。
»
チェーンのピンの下端が、チェーンスライダーの高さ、またはそれより下にあ
る:
–
–
チェーンスライダーを交換します。
x
チェーンスライダーがきちんと固定されているか確認します。
»
チェーンスライダーがガタついている:
–
チェーンスライダーのスクリューをしっかりと締めます。
規定
チェーンスライダー用スクリュー
400986-01
M8
15 Nm
シャーシで行うサービス作業
–
64
チェーンガイドの磨耗を点検します。
参考
チェーンガイドの摩耗は前面の状態を見て判断します。
»
チェーンガイドの色の薄い部分が摩耗している:
–
チェーンガイドを交換します。
x
400985-01
–
チェーンガイドがきちんと固定されているか確認します。
»
チェーンガイドがガタついている:
–
チェーンガイドのスクリューをしっかりと締めます。
規定
–
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
その他シャーシ用ナット
M6
15 Nm
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
頁45)
100865-10
チェーンの遊びを調節する
10.40
警告
事故の危険性
–
不適切なチェーンの遊びによる危険。
チェーンの張りが強すぎると、二次減速関係パーツ ( チェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、ギア並びに
後輪のベアリング)に不要な負荷がかかります。磨耗しやすくなるのに加え、極端な場合にはチェーンが切れたり、カウ
ンターシャフトが折れたりする恐れがあります。反対にチェーンに遊びがあり過ぎると、フロントまたはリアスプロケッ
トから落ちたり、後輪をブロックしたり、エンジンを破損する恐れがあります。チェーンの遊びが適切であるか注意し、
必要な場合は調節して下さい。
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
–
スライド部の端でチェーンを上に押し、チェーンの遊びを確認します。
参考
その際、チェーン上部がピンと張っている事を確認して下さい。
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記確認を何箇所か別の
場所で繰り返し行って下さい。
400213-10
–
ナットをゆるめます。
–
ナットをゆるめます。
–
左右の調節スクリューを回し、チェーンの遊びを調節します。
規定
チェーンの遊び
8… 10 mm
左右の調節スクリューを回し、両側のチェーンアジャスターのマーキングが
目印に対して同じ位置にくるように調節します。これにより後輪が正しく調
整されます。
–
ナットをしっかりと締めます。
–
チェーンアジャスターが調節スクリューに接触している事を確認します。
–
ナットをしっかりと締めます。
規定
後輪アクスルシャフト用ナット
M20x1.5
80 Nm
参考
400225-10
チェーンアジャスターの調整幅が大きく(32mm)、同じチェーン長で異
なった二次減速比を実現する事が可能です。
チェーンアジャスターは 180 度回転させる事ができます。
シャーシで行うサービス作業
チェーンガイドを調節する
10.41
65
–
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
頁45)
–
スクリューのナットを外します。
–
スクリューとを外します。チェーンガイドを取り外します。
x
条件
歯数: ≤ 44 T
–
ナットを穴に差し込みます。チェーンガイドの位置を調整します。
–
スクリューとを取り付け、しっかりと締めます。
規定
その他シャーシ用スクリュー
–
M6
10 Nm
スクリューのナットを取り付け、しっかりと締めます。
規定
その他シャーシ用ナット
M6
15 Nm
条件
歯数: ≥ 45 T
–
ナットを穴に差し込みます。チェーンガイドの位置を調整します。
–
スクリューとを取り付け、しっかりと締めます。
規定
その他シャーシ用スクリュー
400252-10
–
M6
10 Nm
スクリューのナットを取り付け、しっかりと締めます。
規定
その他シャーシ用ナット
M6
15 Nm
アクセルワイヤーの取り回しを点検する
10.42
–
フューエルタンクを取り外します。
x(
頁60)
(125/200 シリーズ)
– アクセルワイヤーの取り回しを点検します。
アクセルワイヤーがハンドルバーの後ろから、上部フレームパイプの左手を
通って、キャブレターに取り回されている事を確認して下さい。
»
アクセルワイヤーの取り回しが規定通りになっていない:
–
601158-01
アクセルワイヤーの取り回しを修正します。
シャーシで行うサービス作業
66
(250/300 シリーズ)
– アクセルワイヤーの取り回しを点検します。
アクセルワイヤーがハンドルバーの後ろから、上部フレームパイプの左手を
通って、キャブレターに取り回されている事を確認して下さい。
»
アクセルワイヤーの取り回しが規定通りになっていない:
–
–
アクセルワイヤーの取り回しを修正します。
フューエルタンクを取り付けます。
x(
頁60)
303403-10
クラッチレバーの基本位置を調整する
10.43
(125/200 シリーズ)
– クラッチレバーの基本位置を調節スクリューで手の大きさに合わせて調節し
ます。
参考
調節スクリューを時計と反対回りに回すと、クラッチレバーはハンド
ルバーから遠ざかります。
調節スクリューを時計回りに回すと、クラッチレバーはハンドルバー
に近づきます。
調節範囲には限界があります。
調節スクリューは手で回し、無理な力をかけないで下さい。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
B00001-11
(250/300 シリーズ)
– クラッチレバーの基本位置を調節スクリューで手の大きさに合わせて調節し
ます。
参考
調節スクリューを時計と反対回りに回すと、クラッチレバーはハンド
ルバーに近づきます。
調節スクリューを時計回りに回すと、クラッチレバーはハンドルバー
から遠ざかります。
調節範囲には限界があります。
調節スクリューは手で回し、無理な力をかけないで下さい。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
B00009-11
油圧式クラッチのフルードレベルを点検する
10.44
参考
クラッチディスクの摩耗が進むにつれフルードレベルが高くなります。
(125/200 シリーズ)
– ハンドルバーに取り付けられている油圧式クラッチのリザーバータンクを水
平な状態にします。
–
スクリューを外します。
–
カバーをダイヤフラムと一緒に取り外します。
–
フルードレベルを確認します。
タンクの上縁からフルードのレベル
まで
400245-10
4 mm
シャーシで行うサービス作業
»
67
フルードのレベルが規定通りになっていない:
–
油圧式クラッチのフルードレベルを調節します。
油圧オイル(15) (
–
頁127)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかり
と締めます。
(250/300 シリーズ)
– ハンドルバーに取り付けられている油圧式クラッチのリザーバータンクを水
平な状態にします。
–
スクリューを外します。
–
カバーをダイヤフラムと一緒に取り外します。
–
フルードレベルを確認します。
タンクの上縁からフルードのレベル
まで
B00040-10
»
4 mm
フルードのレベルが規定通りになっていない:
–
油圧式クラッチのフルードレベルを調節します。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
油圧式クラッチのフルードを交換する
10.45
頁126)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかり
と締めます。
x
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
(125/200 シリーズ)
– ハンドルバーに取り付けられている油圧式クラッチのリザーバータンクを水
平な状態にします。
–
スクリューを外します。
–
カバーをダイヤフラムと一緒に取り外します。
–
エア抜き用注射器に適切なフルードを注入します。
400245-10
エア抜き用注射器(50329050000)
油圧オイル(15) (
頁127)
–
クラッチスレーブシリンダーのエアブリーダーを取り外し、注射器を差し
込みます。
–
クラッチマスターシリンダーの穴から、フルードが気泡の無い状態で出てく
るまで注入します。
–
時々クラッチマスターシリンダーのリザーバータンクからフルードを吸い取
り、フルードがあふれ出るのを防ぎます。
–
注射器を取り外します。エアブリーダーを取り付け、しっかりと締めます。
–
油圧式クラッチのフルードレベルを調節します。
B00041-10
規定
タンクの上縁からフルードのレベル
まで
400247-10
–
4 mm
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかり
と締めます。
シャーシで行うサービス作業
68
(250/300 シリーズ)
– ハンドルバーに取り付けられている油圧式クラッチのリザーバータンクを水
平な状態にします。
–
スクリューを外します。
–
カバーをダイヤフラムと一緒に取り外します。
–
エア抜き用注射器に適切なフルードを注入します。
B00040-10
エア抜き用注射器(50329050000)
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
頁126)
–
クラッチスレーブシリンダーのエアブリーダーを取り外し、注射器を差し
込みます。
–
クラッチマスターシリンダーの穴から、フルードが気泡の無い状態で出てく
るまで注入します。
–
時々クラッチマスターシリンダーのリザーバータンクからフルードを吸い取
り、フルードがあふれ出るのを防ぎます。
–
注射器を取り外します。エアブリーダーを取り付け、しっかりと締めます。
–
油圧式クラッチのフルードレベルを調節します。
303440-10
規定
タンクの上縁からフルードのレベル
まで
B00042-10
–
4 mm
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかり
と締めます。
ブレーキ
69
ブレーキレバーの遊びを点検する
11.1
警告
事故の危険性
–
ブレーキがきかない。
ブレーキレバーに遊びがないと、ブレーキシステム内で前輪ブレーキに圧力がかかります。前輪ブレーキが過熱によりき
かなくなる恐れがあります。ブレーキレバーの遊びは規定通りに調節して下さい。
(XC-W)
– ブレーキレバーを前に押し、遊びを確認します。
ブレーキレバーの遊び
»
≥ 3 mm
遊びが規定通りになっていない:
–
ブレーキレバーの基本位置を調整します。 (
頁69)
400196-11
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ブレーキレバーを握り、遊びを確認します。
ブレーキレバーの遊び
»
≥ 3 mm
遊びが規定通りになっていない:
–
ブレーキレバーの遊びを調節します。 (
頁69)
400196-13
ブレーキレバーの基本位置を調整する(XC-W)
11.2
–
ブレーキレバーの遊びを点検します。 (
–
ブレーキレバーの基本位置を調節スクリューで手の大きさに合わせて調整しま
す。
頁69)
参考
調節スクリューを時計回りに回すと、ブレーキレバーはハンドルバーから
遠ざかります。
調節スクリューを時計と反対回りに回すと、ブレーキレバーはハンドル
バーに近づきます。
調節範囲には限界があります。
調節スクリューは手で回し、無理な力をかけないで下さい。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
400196-12
ブレーキレバーの遊びを調節する(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
11.3
–
ブレーキレバーの遊びを点検します。 (
頁69)
–
ブレーキレバーの遊びを調節スクリューで調節します。
参考
400196-12
調節スクリューを時計回りに回すと遊びが小さくなります。ブレーキ作動
点がハンドルバーから遠ざかります。
調節スクリューを時計と反対回りに回すと遊びが大きくなります。ブレー
キ作動点がハンドルバーに近づきます。
調節範囲には限界があります。
調節スクリューは手で回し、無理な力をかけないで下さい。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
ブレーキ
70
ブレーキディスクを点検する
11.4
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクの磨耗によるブレーキ性能の低下。
摩耗したブレーキディスクはすぐに交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
前輪と後輪のブレーキディスクの何箇所かでディスクの厚みを確認します。
参考
ブレーキディスクの厚みは、ブレーキパッドと接触する範囲が摩耗により
減っていきます。
A
ブレーキディスク磨耗限界
400257-10
»
前輪
2.5 mm
後輪
3.5 mm
ブレーキディスクの厚みが規定値以下である:
–
–
ブレーキディスクを交換します。
前輪と後輪のブレーキディスクでひび、損傷、変形が無いかを確認します。
»
ブレーキディスクにひび、損傷、変形が見られる:
–
ブレーキディスクを交換します。
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
11.5
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング以下になっていたら、ブレーキシステムに漏れがあるかブレーキパッドが
完全に摩耗している事が考えられます。この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM
正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
–
ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザーバーを水平な状態に
します。
–
ブレーキフルードのレベルを点検窓で確認します。
»
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキングを下回っている:
–
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
x(
頁70)
B00070-10
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
11.6
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング以下になっていたら、ブレーキシステムに漏れがあるかブレーキパッドが
完全に摩耗している事が考えられます。この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM
正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードは皮膚に触れると炎症の原因となる恐れがあります。
–
皮膚や目にはつかないよう注意し、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまったら、よく水で洗い流し、すぐに医師の診断を受けて下さい。
ブレーキ
71
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 は絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着色してあります。
ガスケットとブレーキワイヤーはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
–
ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザーバーを水平な状態に
します。
–
スクリューを外します。
–
カバーをダイヤフラムと一緒に取り外します。
–
ブレーキフルードをの位置まで注ぎます。
規定
–
寸法(タンクの上縁からブレーキフ
ルードのレベルまで)
5 mm
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
頁126)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかりと
締めます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、すぐに水で洗い流し
て下さい。
600706-10
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
11.7
警告
事故の危険性
–
ブレーキパッドの摩耗によるブレーキ性能の低下。
摩耗したブレーキパッドはすぐに交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
ブレーキパッド厚みの最小値を確認します。
厚み最小値
»
厚みが規定の最小値を下回っている:
–
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
x(
頁72)
x(
頁72)
ブレーキパッドにひびや破損が無いか点検します。
»
ひびや破損が見られる:
–
100394-10
≥ 1 mm
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
ブレーキ
72
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換する
11.8
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
メンテナンスおよび修理作業は正しく実施して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードは皮膚に触れると炎症の原因となる恐れがあります。
–
皮膚や目にはつかないよう注意し、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまったら、よく水で洗い流し、すぐに医師の診断を受けて下さい。
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
警告
事故の危険性
–
指定外のブレーキパッドの使用によるブレーキ性能の劣化。
部品販売店で取り扱われているブレーキパッドは、KTM モーターサイクルでの使用検査・認可を受けていないものである
事がよくあります。これらブレーキパッドの構造・摩擦係数は、KTM 純正部品のブレーキパッドと大きく違っている事が
あり、これによりブレーキ性能も大きく違ってきます。納車時の純正部品と違うブレーキパッドを使用した場合、これが
認可された KTM 純正部品のブレーキパッドに相当するかどうかは保証されません。この場合、車両は納車時の状態では
ないと見なされ、保証は無効となります。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 は絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着色してあります。
ガスケットとブレーキワイヤーはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
–
ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザーバーを水平な状態に
します。
–
スクリューを外します。
–
カバーをダイヤフラムと一緒に取り外します。
–
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押し、ブレーキピストン
を押し戻します。ブレーキフルードがブレーキフルードリザーバーから溢れてい
ないか確認し、必要な場合は吸い取ります。
参考
100395-10
100396-10
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパーがスポークに当らな
いよう注意して下さい。
–
ピンを外し、ボルトを抜き、ブレーキパッドを取り出します。
–
ブレーキキャリパーとキャリパーサポートを清掃します。
ブレーキ
73
7
0
06
–
ブレーキキャリパーのリーフスプリングとキャリパーサポートのスライディン
グメタルスチールが正しい位置にあるか確認します。
–
ブレーキパッドを入れ、ボルト差し込み、ピンを取り付けます。
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して圧点が感じられるまで、ブレーキ
レバーを何度か作動します。
–
ブレーキフルードのレベルがで示した位置にくるよう調節します。
100397-01
100398-10
規定
–
寸法(タンクの上縁からブレーキフ
ルードのレベルまで)
5 mm
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
頁126)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかりと
締めます。
100399-10
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、すぐに水で洗い流し
て下さい。
ブレーキペダルの遊びを点検する
11.9
警告
事故の危険性
–
ブレーキがきかない。
ブレーキペダルに遊びがないと、ブレーキシステム内で後輪ブレーキに圧力がかかります。後輪ブレーキが過熱によりき
かなくなる恐れがあります。ブレーキペダルの遊びは規定通りに調節して下さい。
–
スプリングを外します。
–
ブレーキペダルを、ペダルが上がり切った状態とフットブレーキシリンダーのピ
ストンに触れる間で何度か動かし、遊びを確認します。
規定
ブレーキペダルの遊び
»
遊びが規定通りになっていない:
–
B00028-10
–
3… 5 mm
ブレーキペダルの基本位置を調整します。
スプリングを取り付けます。
x(
頁74)
ブレーキ
74
ブレーキペダルの基本位置を調整する
11.10
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキがきかない。
ブレーキペダルに遊びがないと、ブレーキシステム内で後輪ブレーキに圧力がかかります。後輪ブレーキが過熱によりき
かなくなる恐れがあります。ブレーキペダルの遊びは規定通りに調節して下さい。
–
スプリングを外します。
–
ナットを緩め、プッシュロッドと一緒に回し戻して、遊びが最大になるよう
に調節します。
–
ナットを緩め、スクリューを回して、ブレーキペダルの基本位置を好みに合
わせて調節します。
参考
調節範囲には限界があります。
B00008-10
–
プッシュロッドを回して、遊びが得られるように調節します。場合によって
は、ブレーキペダルの基本位置を調整します。
規定
ブレーキペダルの遊び
–
3… 5 mm
スクリューを押さえ、ナットをしっかりと締めます。
規定
ブレーキペダルストッパー用ナット
–
M8
20 Nm
プッシュロッドを押さえ、ナットをしっかりと締めます。
規定
その他シャーシ用ナット
–
M6
15 Nm
スプリングを取り付けます。
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
11.11
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング以下になっていたら、ブレーキシステムに漏れがあるかブレーキパッドが
完全に摩耗している事が考えられます。この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM
正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
–
–
車両を垂直に立てます。
ブレーキフルードのレベルを点検窓で確認します。
»
点検窓から気泡が見える:
–
400234-10
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
x(
頁75)
ブレーキ
75
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
11.12
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング以下になっていたら、ブレーキシステムに漏れがあるかブレーキパッドが
完全に摩耗している事が考えられます。この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM
正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードは皮膚に触れると炎症の原因となる恐れがあります。
–
皮膚や目にはつかないよう注意し、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまったら、よく水で洗い流し、すぐに医師の診断を受けて下さい。
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 は絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着色してあります。
ガスケットとブレーキワイヤーはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
–
車両を垂直に立てます。
–
スクリューキャップをダイヤフラム、O リングと一緒に外します。
–
ブレーキフルードをマーキングの位置まで注ぎます。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁126)
スクリューキャップをダイヤフラム、O リングと一緒に取り付けます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、すぐに水で洗い流し
て下さい。
400233-10
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
11.13
警告
事故の危険性
–
ブレーキパッドの摩耗によるブレーキ性能の低下。
摩耗したブレーキパッドはすぐに交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
ブレーキパッド厚みの最小値を確認します。
厚み最小値
»
厚みが規定の最小値を下回っている:
–
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
x(
頁77)
x(
頁77)
ブレーキパッドにひびや破損が無いか点検します。
»
ひびや破損が見られる:
–
400238-10
≥ 1 mm
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
ブレーキ
76
後輪ブレーキのブレーキパッドを取り外す
11.14
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
メンテナンスおよび修理作業は正しく実施して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押し、ブレーキピストン
を押し戻します。
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパーがスポークに当らな
いよう注意して下さい。
–
ピンを外し、ボルトを抜き、ブレーキパッドを取り出します。
–
ブレーキキャリパーとキャリパーサポートを清掃します。
400236-10
後輪ブレーキのブレーキパッドを取り付ける
11.15
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
警告
事故の危険性
–
指定外のブレーキパッドの使用によるブレーキ性能の劣化。
部品販売店で取り扱われているブレーキパッドは、KTM モーターサイクルでの使用検査・認可を受けていないものである
事がよくあります。これらブレーキパッドの構造・摩擦係数は、KTM 純正部品のブレーキパッドと大きく違っている事が
あり、これによりブレーキ性能も大きく違ってきます。納車時の純正部品と違うブレーキパッドを使用した場合、これが
認可された KTM 純正部品のブレーキパッドに相当するかどうかは保証されません。この場合、車両は納車時の状態では
ないと見なされ、保証は無効となります。
–
ブレーキディスクを点検します。 (
頁70)
–
ブレーキキャリパーのリーフスプリングとキャリパーサポートのスライディン
グメタルスチールが正しい位置にあるか確認します。
参考
リーフスプリング上の矢印は、ブレーキディスクの回転方向を示します。
500122-10
–
ブレーキパッドを入れ、ボルト差し込み、ピンを取り付けます。
参考
デカップリングプレートが、ピストン側のブレーキパッドに取り付けら
れている事を確認して下さい。
–
400237-10
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して圧点が感じられるまで、ブレーキ
ペダルを何度か作動します。
ブレーキ
77
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換する
11.16
x
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードは皮膚に触れると炎症の原因となる恐れがあります。
–
皮膚や目にはつかないよう注意し、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまったら、よく水で洗い流し、すぐに医師の診断を受けて下さい。
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 は絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着色してあります。
ガスケットとブレーキワイヤーはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを取り外します。
–
車両を垂直に立てます。
–
スクリューキャップをダイヤフラム、O リングと一緒に外します。
–
ブレーキピストンを基本位置に押し戻し、ブレーキフルードがブレーキフルード
リザーバーから溢れていないか確認し、必要な場合は吸い取ります。
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを取り付けます。
–
ブレーキフルードをマーキングの位置まで注ぎ、レベルを調節します。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
400233-10
–
x(
x(
頁76)
頁76)
頁126)
スクリューキャップをダイヤフラム、O リングと一緒に取り付けます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、すぐに水で洗い流し
て下さい。
車輪、タイヤ
前輪を取り外す
12.1
78
x
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
–
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押し、ブレーキピストン
を押し戻します。
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパーがスポークに当らな
いよう注意して下さい。
B00055-10
–
スクリューを外します。
–
スクリューを緩めます。
–
前輪を支え、アクスルシャフトを抜きます。前輪をフロントフォークから取り外
します。
500084-10
参考
前輪を取り外した状態でブレーキレバーを作動しないで下さい。
ブレーキディスクが破損する事の無いよう、車輪の保管には注意して下さ
い。
500085-10
–
スペーサーを取り外します。
500086-10
前輪を取り付ける
12.2
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
–
ホイールベアリングに破損・磨耗が無いか点検します。
»
ホイールベアリングが破損または磨耗している:
–
–
ホイールベアリングを交換します。
耐久性グリース (
–
500086-11
x
シャフトのシールリングとスペーサーの接触面を清掃してグリースアップし
ます。
頁128)
スペーサーを取り付けます。
車輪、タイヤ
79
–
前輪をフロントフォークの位置まで持ち上げ、位置を調整し、アクスルシャフト
を差し込みます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
前輪アクスルシャフト用スクリュー
500084-11
M24x1.5
45 Nm
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触するまで、ブレーキレバーを何度か作
動します。
–
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
–
前輪ブレーキを作動し、フロントフォークのスプリングを何度か強く圧縮して
フォークレッグを調整します。
–
頁45)
スクリューをしっかりと締めます。
規定
フォークレッグのアクスル通し穴用ス
クリュー
後輪を取り外す
12.3
M8
15 Nm
x
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押し、ブレーキピストン
を押し戻します。
頁45)
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパーがスポークに当らな
いよう注意して下さい。
–
ナットを外します。
–
チェーンアジャスターを取り外します。後輪が前方に動かせるところまで、ア
クスルシャフトを引き出します。
–
後輪をできるだけ前方に押します。チェーンをリアスプロケットから外します。
–
後輪を支え、アクスルシャフトを抜きます。後輪をスイングアームから取り外し
ます。
参考
後輪を取り外した状態でブレーキペダルを作動しないで下さい。
ブレーキディスクが破損する事の無いよう、車輪の保管には注意して下さ
い。
400258-10
–
スペーサーを取り外します。
400260-11
後輪を取り付ける
12.4
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
車輪、タイヤ
80
–
ホイールベアリングに破損・磨耗が無いか点検します。
»
ホイールベアリングが破損または磨耗している:
–
–
ホイールベアリングを交換します。
シャフトのシールリングとスペーサーの接触面を清掃してグリースアップし
ます。
耐久性グリース (
–
x
頁128)
スペーサーを取り付けます。
400260-10
–
後輪をスイングアームの位置まで持ち上げ、位置を調整し、アクスルシャフト
を差し込みます。
–
チェーンを取り付けます。
–
チェーンアジャスターの位置を調整します。ナットを取り付け、締めないま
まにしておきます。
–
チェーンアジャスターが調節スクリューに接触している事を確認します。
–
チェーンの遊びを点検します。 (
–
ナットをしっかりと締めます。
400259-10
頁62)
規定
後輪アクスルシャフト用ナット
M20x1.5
80 Nm
参考
チェーンアジャスターの調整幅が大きく(32mm)、同じチェーン長で異
なった二次減速比を実現する事が可能です。
チェーンアジャスターは 180 度回転させる事ができます。
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して圧点が感じられるまで、ブレーキ
ペダルを何度か作動します。
–
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
頁45)
400225-12
タイヤの状態を点検する
12.5
参考
KTM により承認または推奨されたタイヤのみを使用して下さい。
それ以外のタイヤは走行性能に悪影響を与える恐れがあります。
タイヤの種類、状態、空気圧は車両の走行性能に影響を与えます。
前輪・後輪には必ず同種プロファイルのタイヤを使用して下さい。
タイヤがすり減っていると、路面が濡れている場合などは特に走行性能に悪影響を与えます。
–
前輪・後輪のタイヤに亀裂が無いか、異物が刺さっていないか、その他破損が無い
かを点検します。
»
タイヤに亀裂や破損がある、または異物が刺さっている:
–
–
タイヤを交換します。
溝の深さを点検します。
参考
各国法律により定められている溝の深さの最小値を守ってください。
400602-10
溝の深さ最小値
≥ 2 mm
車輪、タイヤ
81
»
溝の深さが最小値を下回っている:
–
–
タイヤを交換します。
タイヤの製造日を確認します。
参考
タイヤの製造日は通常タイヤに刻印されており、DOT記号の下 4 桁の数字
で表されています。最初の 2 桁が製造週を、残りの 2 桁が製造年を示して
います。
KTM では磨耗状態にかかわらず、製造日から最高 5 年を経過する前にタイ
ヤ交換する事をお勧めしています。
»
タイヤの製造日が 5 年以上前である:
–
タイヤを交換します。
タイヤの空気圧を点検する
12.6
参考
タイヤの空気圧が低過ぎると磨耗がひどくなり、タイヤが過熱します。
適正な空気圧により快適な走行が可能となり、タイヤの寿命も延びます。
–
ダストキャップを取り外します。
–
タイヤが冷えた状態で空気圧を点検します。
タイヤ空気圧(オフロード)
前輪
1.0 bar
後輪
1.0 bar
タイヤ空気圧(道路走行時)(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
400695-01
»
1.5 bar
後輪
2.0 bar
タイヤの空気圧が規定値と一致していない:
–
–
前輪
タイヤの空気圧を調節します。
ダストキャップを取り付けます。
スポークの張りを点検する
12.7
警告
事故の危険性
–
不適切なスポークの張りによる不安定な走行。
スポークの張りが正しく調整されているか注意して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
スポークの一本が緩んでいると車輪がしっかり安定せず、すぐに他のスポークを緩める原因となります。
スポークが張りすぎているとそこにだけ負荷がかかり過ぎ、折れる原因となります。
スポークの張りは(新しい車両では特に)定期的に点検して下さい。
–
ドライバーの刃先で各スポークを軽くたたきます。
参考
スポークの長さと太さによって音の響きが違います。
長さと太さが同じスポークで異なった響きがする場合は、張り状態が異
なっています。
明るい響きがすれば良い状態です。
»
400694-01
スポークの張りが均等でない:
–
–
スポークの張りを調節します。
x
スポークのトルクを点検します。
規定
前輪スポークニップル
M4.5
5… 6 Nm
後輪スポークニップル
M5
5… 6 Nm
車輪、タイヤ
82
異なったサイズの交換ヘッドがセットになったトルクレンチ(58429094000)
電装系
83
バッテリーを取り外す (250/300 シリーズ)
x
13.1
警告
怪我の危険性
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあります。
–
バッテリーはお子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液、バッテリーから発生する気体には触れないようにして下さい。
–
火花や炎をバッテリーに近づけないで下さい。充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
皮膚についた場合は、水で十分に洗い流して下さい。バッテリー液が目に入ってしまったら、最低 15 分間水で洗浄した
後、医師の診断を受けて下さい。
–
電装系部品はすべてスイッチを切り、エンジンを止めます。
–
シートを取り外します。 (
–
バッテリーのマイナスケーブルを外します。
–
プラス極のカバーを後ろへずらし、バッテリーのプラスケーブルを外します。
–
ゴムベルトを下に外します。
–
バッテリーを上方向に取り外します。
頁56)
500069-10
バッテリーを取り付ける (250/300 シリーズ)
x
13.2
–
バッテリーをバッテリーコンパートメントに入れます。
バッテリー(YTX4L-BS) (
頁118)
–
ゴムベルトをかけます。
–
プラスのケーブルを接続し、プラス極のカバーを取り付けます。
–
マイナスのケーブルを接続します。
–
シートを取り付けます。 (
頁56)
500069-11
バッテリーを充電する (250/300 シリーズ)
x
13.3
警告
怪我の危険性
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあります。
–
バッテリーはお子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液、バッテリーから発生する気体には触れないようにして下さい。
–
火花や炎をバッテリーに近づけないで下さい。充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
皮膚についた場合は、水で十分に洗い流して下さい。バッテリー液が目に入ってしまったら、最低 15 分間水で洗浄した
後、医師の診断を受けて下さい。
警告
環境汚染
–
バッテリーに使用されている部品・酸は環境に悪影響を及ぼします。
バッテリーは家庭用ゴミに入れないで下さい。破損したバッテリーは環境上適切な方法で廃棄して下さい。バッテリーは
お近くの KTM ディーラーか使用済みバッテリーの回収場所にお持ち下さい。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
電装系
84
参考
バッテリーは使用しなくても毎日放電しています。
バッテリーの寿命は充電量と充電方法に大きく影響されます。
高い電流で早く充電すると寿命に悪影響を与えます。
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えると、電解液が安全バルブから漏れ出ます。これによりバッテリー容量が減っ
てしまいます。
エンジン始動でバッテリーがあがってしまった場合は、すぐに充電して下さい。
放電し切った状態で長く放置すると過放電が起こり、硫酸化物が形成され、バッテリーが壊れてしまいます。
バッテリーはメンテナンスフリーで、電解液レベルの点検を行う必要はありません。
–
電装系部品はすべてスイッチを切り、エンジンを止めます。
–
シートを取り外します。 (
–
車載電子部品を破損しないよう、バッテリーのマイナスケーブルを外します。
–
充電器をバッテリーに接続します。充電器のスイッチを入れます。
頁56)
バッテリー充電器(58429074000)
この充電器を使ってバッテリーの静電圧、スタート能力、ジェネレーターのチェッ
クをする事も可能です。更に、この充電器では過充電の心配がありません。
参考
カバーは絶対に取り外さないで下さい。
バッテリーケースに記載された容量の最大 10%でバッテリーを充電しま
す。
400240-10
–
充電後、充電器のスイッチを切ります。バッテリーを接続します。
規定
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えないよう注意して下さい。
車両を使用しないときも、バッテリー
の充電は定期的に行って下さい。
–
シートを取り付けます。 (
3 ヶ月
頁56)
メインヒューズを取り外す(250/300 シリーズ)
13.4
–
電装系部品はすべてスイッチを切り、エンジンを止めます。
–
エアフィルターケースのカバーを取り外します。 (
–
カバーキャップを取り外します。
頁57)
参考
メインヒューズはフィルターケースカバーの下、セルフスターターリ
レーの中にあります。
–
メインヒューズを取り外します。
400270-10
メインヒューズを取り付ける(250/300 シリーズ)
13.5
警告
火災の危険性
–
不適切なヒューズを使用すると、電気装置に過重な負荷がかかる恐れがあります。
規定電流値のヒューズのみをご使用下さい。切れたヒューズをつないだり、修理する事は絶対にやめて下さい。
–
メインヒューズを取り付けます。
ヒューズ(58011109110)
参考
セルフスターターリレーにスペアヒューズが差し込んであります。
溶けたヒューズを交換する際は、必ず同仕様のヒューズを使用して下さ
い。
400273-10
電装系
85
–
カバーキャップをかぶせます。
–
エアフィルターケースのカバーを取り付けます。 (
頁57)
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外す(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
13.6
–
電装系部品はすべてスイッチを切ります。
–
スクリューを外し、クランプを取り外します。
–
ゴムバンドを外します。ヘッドライトマスクを上にずらし、前に倒します。
–
電気の接続プラグを外し、ヘッドライトマスクをヘッドライトと一緒に取り外
します。
303401-10
303402-10
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付ける(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
13.7
–
電気の接続プラグをつなぎます。
–
ヘッドライトマスクの位置を調整し、ゴムバンドで固定します。
303402-11
参考
フェンダーの突起部がきちんと差し込まれるよう注意して下さい。
–
ブレーキワイヤーとワイヤーハーネスの位置を調整します。クランプをかぶせ、
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁86)
303401-11
ヘッドライトバルブを交換する(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
13.8
注意
反射板の損傷
–
輝度の低下。
ライトバルブに油脂類が付着していると熱により気化し、反射板に付着します。取り付け前にバルブを清掃し、油脂類が付かな
いよう注意して下さい。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。 (
頁85)
電装系
86
–
ゴムキャップを、その下にあるバルブソケットと一緒に時計と反対回りに最後
まで回し切り、取り外します。
–
ポジションライトのバルブソケットを反射板から抜いて外します。
–
ヘッドライトバルブを軽くバルブソケットに向って押し、時計と反対回りに最
後まで回し切り、取り外します。
–
新しいヘッドライトバルブを取り付けます。
100861-10
ヘッドライト(S2 / ソケット BA20d) (
–
頁119)
ゴムキャップをバルブソケットと一緒に反射板に取り付け、時計回りに最後まで
回し切ります。
参考
O リングがきちんとはまっているか確認して下さい。
100862-10
–
ポジションライトのバルブソケットを反射板に差し込みます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。 (
頁85)
ヘッドライトの設定を点検する(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
13.9
–
A
0
–
明るい壁が前にある水平な地面の上に車両を立て、ヘッドライトの中心の高さで
壁に印を付けます。
その印の下、の距離にもう 1 つ印をつけます。
規定
0
B
距離
–
5 cm
壁からの距離に車両を垂直に立てます。
規定
距離
400726-10
–
ここで運転者が車両に乗ります。
–
ロービームを点灯します。
–
ヘッドライトの設定を確認します。
5m
走行準備の整った車両に運転者が乗った状態で、明暗の境界が下側の印と一致
する事を確認して下さい。
»
明暗の境界が規定通りになっていない:
–
ヘッドライトの照明距離を調節します。 (
頁86)
ヘッドライトの照明距離を調節する(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
13.10
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
–
スクリューをゆるめます。
頁86)
–
ヘッドライトを上下に動かして照明距離を調節します。
規定
走行準備の整った車両に運転者が乗った状態で、明暗の境界が下側の印(「ヘッ
ドライトの設定を点検する」で付けた印)と一致する事を確認して下さい。
参考
積載物があると、ヘッドライト照明距離の再調節が必要となる事がありま
す。
301251-10
–
スクリューをしっかりと締めます。
電装系
87
メーターの電池を交換する
13.11
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。 (
(XC-W)
– レースナンバープレートを取り外します。 (
頁85)
頁54)
–
スクリューを外します。
–
メーターを上に引っ張り、ホルダーから取り外します。
–
コインを使ってスクリューキャップを時計と反対回りに最後まで回し切り、外
します。
–
メーターの電池を取り出します。
–
記載のある面を上にして、新しいバッテリーをはめます。
100859-10
メーターの電池(CR 2430)
–
スクリューキャップの O リングがきちんとはまっているか確認します。
–
スクリューキャップをかぶせ、コインで時計回りに最後まで回し切ります。
–
メーターのボタンをどれか押します。
–
ホルダー内でメーターの位置を調整します。
–
スクリューをワッシャーと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
100860-10
メーターが作動します。
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。 (
100864-10
(XC-W)
– レースナンバープレートを取り付けます。 (
–
キロメーターかマイルを選択します。 (
–
メーターの機能を設定します。 (
–
時計を設定します。 (
頁16)
頁16)
頁16)
頁55)
頁85)
冷却システム
88
冷却システム
14.1
(125/200 シリーズ)
エンジン内のウォーターポンプによりクーラントが強制循環します。
熱により発生した冷却システム内の圧力は、ラジエーターキャップにあるバル
ブで調整されます。これにより不具合を起こす事無く、クーラントの規定温度が
保たれます。
120 °C
冷却は走行風によって行われます。
速度が遅いほど冷却効果は低くなります。同様に、ラジエータのフィンが汚れて
いると冷却効果が低くなります。
B00043-10
(250/300 シリーズ)
エンジン内のウォーターポンプによりクーラントが強制循環します。
熱により発生した冷却システム内の圧力は、ラジエーターキャップにあるバル
ブで調整されます。これにより不具合を起こす事無く、クーラントの規定温度が
保たれます。
120 °C
冷却は走行風によって行われます。
速度が遅いほど冷却効果は低くなります。同様に、ラジエータのフィンが汚れて
いると冷却効果が低くなります。
B00044-10
不凍液とクーラントのレベルを点検する
14.2
警告
火傷の危険性
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジエーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下
さい。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
–
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
クーラントが皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。目に入った場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受
けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。クーラントを飲み込んでしまった場
合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。クーラントが衣服についた場合は、着替えて下さい。クーラントは子供の手の
届かない場所に保管して下さい。
条件
エンジンが冷えている。
–
車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
–
ラジエーターキャップを外します。
–
クーラントの不凍効果を点検します。
−25… −45 °C
»
クーラントの不凍効果が規定通りになっていない:
–
–
400243-10
クーラントの不凍効果を調節します。
ラジエーターのクーラントのレベルを点検します。
ラジエーターのフィンからクーラント
のレベルまで
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調節します。
ケース 1
クーラント (
頁126)
ケース 2
クーラント混合液 (
–
10 mm
頁126)
ラジエーターキャップを取り付けます。
冷却システム
89
クーラントのレベルを点検する
14.3
警告
火傷の危険性
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジエーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下
さい。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
–
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
クーラントが皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。目に入った場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受
けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。クーラントを飲み込んでしまった場
合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。クーラントが衣服についた場合は、着替えて下さい。クーラントは子供の手の
届かない場所に保管して下さい。
条件
エンジンが冷えている。
–
車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
–
ラジエーターキャップを外します。
–
ラジエーターのクーラントのレベルを点検します。
ラジエーターのフィンからクーラント
のレベルまで
»
10 mm
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調節します。
ケース 1
400243-10
クーラント (
頁126)
ケース 2
クーラント混合液 (
–
クーラントを排出する
14.4
頁126)
ラジエーターキャップを取り付けます。
x
警告
火傷の危険性
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジエーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下
さい。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
–
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
クーラントが皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。目に入った場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受
けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。クーラントを飲み込んでしまった場
合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。クーラントが衣服についた場合は、着替えて下さい。クーラントは子供の手の
届かない場所に保管して下さい。
条件
エンジンが冷えている。
–
車両を垂直に立てます。
–
ウォーターポンプのカバーの下に、適当な容器を用意します。
(125/200 シリーズ)
– スクリューを外します。ラジエーターキャップを外します。
–
クーラントが完全に流れ出るまで待ちます。
–
スクリューを新しいシールリングと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
規定
ウォーターポンプカバーのドレイン
ボルト
B00043-11
M10x1
15 Nm
冷却システム
90
(250/300 シリーズ)
– スクリューを外します。ラジエーターキャップを外します。
–
–
クーラントが完全に流れ出るまで待ちます。
スクリューを新しいシールリングと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
規定
ウォーターポンプカバーのドレイン
ボルト
M10x1
15 Nm
B00044-11
クーラントを注入する
14.5
x
警告
中毒の危険性
–
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
クーラントが皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。目に入った場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受
けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。クーラントを飲み込んでしまった場
合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。クーラントが衣服についた場合は、着替えて下さい。クーラントは子供の手の
届かない場所に保管して下さい。
(125/200 シリーズ)
– スクリューがしっかりと締まっている事を確認します。
–
車両を垂直に立てます。
–
ラジエーターをクーラントで満たします。
クーラント
1.2 L
クーラント (
頁126)
クーラント混合液 (
頁126)
B00071-10
–
スクリューを外し、クーラントが気泡の無い状態で出てくるまで待ちます。
スクリューを再度取り付け、しっかりと締めます。
規定
シリンダーヘッドのエアブリーダー
M6
10 Nm
B00091-10
(250/300 シリーズ)
– スクリューがしっかりと締まっている事を確認します。
–
車両を垂直に立てます。
–
ラジエーターをクーラントで満たします。
クーラント
1.2 L
クーラント (
頁126)
クーラント混合液 (
頁126)
B00072-10
–
車両を図のような状態にし、動かないよう固定します。高さが以下に示した
値になるようにします。
規定
高さ
75 cm
参考
A
0
400677-10
冷却システムの空気を全て排出するためには車両の前方を持ち上げる
必要があります。冷却システムのエア抜きがきちんと行われていない
と、冷却性能が低下してエンジンが過熱する恐れがあります。
冷却システム
91
–
B00073-10
車両を再び水平な地面に立てます。
–
ラジエーターをクーラントで満たします。
–
ラジエーターキャップを取り付けます。
–
エンジンが暖かくなるまで作動します。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
頁89)
エンジンを調整する
92
アクセルワイヤーの遊びを点検する
15.1
–
ハンドルバーを直進の状態にします。
–
ワイヤーブーツを後ろへずらします。
–
抵抗なく動かせるところまで、アクセルワイヤーのスリーブを後ろへずらします。
–
この状態でアクセルワイヤーの遊びを確認します。
アクセルワイヤーの遊び
»
アクセルワイヤーの遊びが規定通りになっていない:
–
B00026-10
アクセルワイヤーの遊びを調節する
15.2
–
3… 5 mm
アクセルワイヤーの遊びを調節します。
x(
頁92)
ワイヤーブーツをかぶせます。スロットルグリップがスムーズに動くか確認し
ます。
x
–
ハンドルバーを直進の状態にします。
–
ワイヤーブーツを後ろへずらします。
–
ナットを緩めます。調節スクリューを最後まで締めます。
–
調節スクリューを回し、アクセルワイヤーのスリーブで遊びがあるように調節
します。
規定
アクセルワイヤーの遊び
B00026-11
3… 5 mm
–
ナットをしっかりと締めます。
–
ワイヤーブーツをかぶせます。スロットルグリップが簡単に動くか点検します。
キャブレター
15.3
キャブレターのアイドリング調節はエンジンのかかり方、アイドリングの安定性、ア
クセルを開いたときの反応に大きな影響を与えます。つまり、アイドリング調節がき
ちんと行われていると、そうでない場合に比べ、エンジンがかかりやすくなります。
参考
キャブレター並びに部品はエンジンの振動にさらされているため、摩耗しやす
くなっています。摩耗が進むと、不具合の原因となる恐れがあります。
B00048-11
工場出荷時のキャブレター設定は以下の条件に対応しています。
標高
500 m
周囲温度
20 °C
無鉛ハイオクガソリン、2 ストロークエンジンオイルを混合(1:60) (
頁127)
アイドリング回転数は調節スクリューで調節します。
混合気の配分はパイロットエアスクリューで調節します。
D
0
0
C
0
B
A
0
500282-01
アイドリング範囲A
スロットルスライドを閉じた状態。この範囲は調節スクリューとパイロットエアス
クリューにより変化します。
移行範囲B
スロットルスライドを開いたときのエンジン挙動。この範囲はアイドリングジェット
とスロットルスライドの形状により変化します。
アイドリング範囲と部分負荷範囲が適切に調節されているのに、スロットルスライド
を開くとエンジンがガタついて多量の煙を吐き、また回転数が高くなると急激にフル
出力となる場合は、キャブレターの調節で燃料配分が多すぎるかフロートレベルが高
すぎる、またはニードルバルブで漏れが発生しています。
部分負荷範囲C
スロットルスライドが一部開かれた状態。この範囲はジェットニードルの形状と状態
により変化します。範囲下側ではアイドリング調節が、上側ではメインジェットがエ
ンジン調整を左右します。
スロットルスライドを一部開いた状態で加速している際にエンジンがガタつく場合
は、ジェットニードルを 1 段下げて下さい。特に加速中、回転数がフル出力範囲に入
るとエンジンがノッキングを起こす場合は、ジェットニードルを上げて下さい。上述
の現象がアイドリングまたはアイドリングをわずかに超えた範囲で起こる場合、ガタ
つきではアイドリングでの燃料配分を減らし、ノッキングでは燃料配分を増やすよう
に調節して下さい。
エンジンを調整する
93
全負荷範囲D
スロットルスライドを全開にした状態(フルスロットル)。この範囲はメインジェッ
トとジェットニードルにより変化します。
新しいスパークプラグの絶縁体の色がフルスロットルで少し走行した後に非常に明る
いか白である場合、またはエンジンでノッキングが起こる場合は、メインジェットを
大きいものに交換して下さい。絶縁体が濃い茶色を帯びているかすすけている場合
は、メインジェットを小さいものに交換して下さい。
キャブレター-アイドリングを調節する
15.4
–
x
パイロットエアスクリューを最後まで締め、規定の基本設定値まで開きます。
規定
パイロットエアスクリュー(125 シリーズ)
開放
2.5 回転
パイロットエアスクリュー(XC-W)
開放
2.0 回転
パイロットエアスクリュー(200 EXC EU)
開放
B00048-11
1.5 回転
パイロットエアスクリュー(200 EXC AUS)
開放
1.0 回転
パイロットエアスクリュー(250/300 EXC AUS)
開放
3.5 回転
パイロットエアスクリュー(250 EXC モデル)
開放
1.75 回転
パイロットエアスクリュー(300 EXC モデル)
開放
–
1.75 回転
エンジンの暖機運転を行います。
規定
暖機運転の時間
≥5分
危険
中毒の危険性
ります。
–
–
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがあ
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のな
い閉め切った室内でエンジンをかけたり、かけたままにする事はやめ
て下さい。
調節スクリューでアイドリング回転数を調節します。
規定
チョーク機能オフ - チョークノブが最後まで押し込まれています。
(EXC AUS、 XC-W) ( 頁23)
チョーク機能オフ - チョークレバーが最後まで押し戻されています。
(EXC EU, EXC SIX DAYS, EXC Factory Edition) ( 頁12)
アイドリング回転数
1,400… 1,500 rpm
–
アイドリング回転数が下がり始めるまで、パイロットエアスクリューをゆっく
りと時計回りに回します。
–
その位置を覚えておき、アイドリング回転数がまた下がり始めるまで、今度は時
計と反対回りにパイロットエアスクリューをゆっくりと回します。
–
この 2 つの位置の間でアイドリング回転数が一番高くなるポイントに合わせます。
エンジンを調整する
94
参考
その際、回転数の増加が大き過ぎる場合はアイドリング回転数を通常のレ
ベルに下げ、上記作業を再度行って下さい。
上記方法で満足のいく設定が得られない場合、アイドリングジェットのサ
イズが適切でないというケースが考えられます。
パイロットエアスクリューを最後まで締めても回転数が変わらない場合、
小さなアイドリングジェットに交換する必要があります。
ジェットを交換した後は、調節作業を最初のステップから始めて下さい。
気温の変化が激しい場合や、海抜の高低が極端に変わる場所では、アイド
リングの再調節が必要になります。
キャブレターのフロートチャンバーを空にする
15.5
x
危険
火災の危険性
燃料は可燃性です。
–
給油の際は炎や吸いかけのタバコの近くを避け、エンジンを必ず停止して下さい。また、熱せられた部品には特に燃料が
かからないよう注意して下さい。こぼれた燃料はすぐに拭き取って下さい。
–
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出る恐れがあります。給油に関する注意事項をよく守って下さい。
警告
中毒の危険性
–
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
燃料が皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。燃料から発生するガスを吸い込まないで下さい。目に入った場合
はすぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さ
い。燃料を飲み込んでしまった場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。燃料が衣服についた場合は着替えて下さい。
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所で正しく保管して下さい。
警告
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
参考
この作業はエンジンが冷えている状態で行って下さい。
フロートチャンバー内に水があると不具合の原因となります。
–
燃料コックの切替レバーをOFFの位置に回します。
–
流れ出た燃料が吸い取られるよう、キャブレターの下に布を敷きます。
–
スクリュープラグを外します。
–
燃料が完全に流れ出るまで待ちます。
–
スクリュープラグを取り付け、しっかりと締めます。
–
ライディングポジションで車両に乗り、ブーツの上端とシフトレバーの距離を
確認します。
タンクからキャブレターへの燃料供給が停止します。
B00047-10
シフトレバーの基本位置を点検する
15.6
シフトレバーからブーツ上端までの距
離
»
A
0
距離が規定通りになっていない:
–
400692-10
10… 20 mm
シフトレバーの基本位置を調整します。
x(
頁95)
エンジンを調整する
シフトレバーの基本位置を調整する
15.7
95
x
–
スクリューを外し、シフトレバーを取り外します。
–
シフトレバーとシフトシャフトの歯を清掃します。
–
シフトレバーを好みの位置でシフトシャフトに差し込み、歯をかみ合わせます。
B00065-10
参考
調節範囲には限界があります。
シフトチェンジの際にシフトレバーが車両の他の部品に当たらないように
調節して下さい。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
B00066-10
シフトレバー用スク
リュー
M6
14 Nm
Loctite® 243™
エンジン特性-補助スプリング(250/300 シリーズ)
15.8
補助スプリングはエンジンの右側、ウォーターポンプカバーの下に取り付けられてい
ます。
確認すべき状態
• 黄色のマーキングが付いた補助スプリング - 納車時に取り付けられている補助
スプリングで、操縦性が良い中間(標準)仕様です。
• 緑色のマーキングが付いた補助スプリング - 付属品として同梱されている補助
スプリングで、よりソフトな出力特性が得られます。
• 赤色のマーキングが付いた補助スプリング - 付属品として同梱されている補助
スプリングで、アグレッシブな出力特性が得られます。
1
0
B00056-10
強さの異なる補助スプリングを使用することにより、エンジン特性を変更できます。
エンジン特性-補助スプリングを調節する (250/300 シリーズ)
x
15.9
警告
火傷の危険性
–
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキなど、熱くなった部品には触れないで下さい。これら部品で作
業を行う際は、部品が冷えるまで待って下さい。
B00057-10
–
車両を左に約 45 度傾け、この状態で倒れないよう車両に支えをします。
–
スクリューを外します。
エンジンを調整する
0
2
3
0
96
–
リアキャップ、調節スプリング、補助スプリング、スプリングインサート
をクラッチカバーから取り外します。
–
両スプリングをスプリングインサートから引いて外します。
–
取り付けたい補助スプリングと調節スプリングを合わせ、一緒にクラッチカ
バーへ押し込みます。
4
0
0
5
B00056-11
黄色のマーキングが付いた補助スプリング(54637072300)
緑色のマーキングが付いた補助スプリング(54837072100)
赤色のマーキングが付いた補助スプリング(54837072000)
スプリングインサートの溝が角度付きレバーとかみ合います。
参考
B00058-10
エンジン特性に悪影響を与えますので、スクリューは絶対に回さないよ
う注意して下さい。
–
リアキャップの O リングを点検します。
–
リアキャップの位置を調整します。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
排気デバイスカバー用スクリュー
M5
5 Nm
エンジンで行うサービス作業
97
ミッションオイルのレベルを点検する
16.1
参考
ミッションオイルのレベルはエンジンが冷えた状態で点検して下さい。
–
車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
(125/200 シリーズ)
– ミッションオイル点検用スクリューを外します。
–
ミッションオイルのレベルを確認します。
穴からミッションオイルが少量流れ出したら正常です。
»
ミッションオイルが流れ出ない:
–
–
ミッションオイルを補給します。
x(
頁99)
ミッションオイル点検用スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
B00049-10
ミッションオイル点検用スクリュー
M6
10 Nm
(250/300 シリーズ)
– ミッションオイル点検用スクリューを外します。
–
ミッションオイルのレベルを確認します。
穴からミッションオイルが少量流れ出したら正常です。
»
ミッションオイルが流れ出ない:
–
–
ミッションオイルを補給します。
ミッションオイル点検用スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
ミッションオイル点検用スクリュー
ミッションオイルを交換する
M6
x
–
ミッションオイルを排出します。
x(
頁98)
–
ミッションオイルを注入します。
x(
頁98)
400721-01
400722-01
頁99)
規定
B00050-10
16.2
x(
10 Nm
エンジンで行うサービス作業
ミッションオイルを排出する
16.3
98
x
警告
火傷の危険性
–
エンジンオイル並びにミッションオイルは運転中非常に熱くなっています。
適切な保護服、保護手袋を着用して下さい。火傷した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
エンジンが運転で暖まった状態でミッションオイルを排出します。
–
車両を水平な地面の上に立てます。
–
エンジンの下に適当な容器を用意します。
(125/200 シリーズ)
– マグネット付きミッションオイルドレインボルトを外します。
–
ミッションオイルドレインボルトを外します。
–
ミッションオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
ミッションオイルドレインボルトを念入りに清掃します。
–
エンジン側のシール面を清掃します。
–
マグネット付きミッションオイルドレインボルトをシールリングと一緒に取
り付け、しっかりと締めます。
B00051-10
規定
マグネット付きミッションオイルド
レインボルト
–
M12x1.5
20 Nm
ミッションオイルドレインボルトをシールリングと一緒に取り付け、しっか
りと締めます。
規定
ミッションオイルドレインボルト
M10x1
15 Nm
(250/300 シリーズ)
– マグネット付きミッションオイルドレインボルトを外します。
–
ミッションオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
マグネット付きミッションオイルドレインボルトを念入りに清掃します。
–
エンジン側のシール面を清掃します。
–
マグネット付きミッションオイルドレインボルトをシールリングと一緒に取
り付け、しっかりと締めます。
規定
B00052-10
ミッションオイルを注入する
16.4
マグネット付きミッションオイルド
レインボルト
M12x1.5
20 Nm
x
参考
ミッションオイルが少な過ぎたり質が悪いと、ギアの摩耗を早める事になります。
–
–
B00053-10
スクリューキャップを外し、ミッションオイルを注入します。
ミッションオイル
(125/200 シリー
ズ)
0.70 L
エンジンオイル(15W/50) (
頁126)
ミッションオイル
(250/300 シリー
ズ)
0.80 L
エンジンオイル(15W/50) (
頁126)
スクリューキャップを取り付け、しっかりと締めます。
エンジンで行うサービス作業
99
危険
中毒の危険性
ります。
–
ミッションオイルを補給する
16.5
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがあ
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のな
い閉め切った室内でエンジンをかけたり、かけたままにする事はやめ
て下さい。
–
エンジンをかけ、漏れが無いか確認します。
–
ミッションオイルのレベルを点検します。 (
頁97)
x
参考
ミッションオイルが少な過ぎたり質が悪いと、ギアの摩耗を早める事になります。
ミッションオイルはエンジンが冷えた状態で補給して下さい。
–
車両を水平な地面の上に立てます。
(125/200 シリーズ)
– ミッションオイル点検用スクリューを外します。
B00049-10
(250/300 シリーズ)
– ミッションオイル点検用スクリューを外します。
B00050-10
–
スクリューキャップを外します。
–
ミッションオイル点検用スクリュー穴からオイルが流れ出すまで注入します。
エンジンオイル(15W/50) (
–
頁126)
ミッションオイル点検用スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
ミッションオイル点検用スクリュー
B00053-11
–
M6
10 Nm
スクリューキャップを取り付け、しっかりと締めます。
危険
中毒の危険性
ります。
–
–
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがあ
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のな
い閉め切った室内でエンジンをかけたり、かけたままにする事はやめ
て下さい。
エンジンをかけ、漏れが無いか確認します。
清掃、手入れ
100
洗車をする
17.1
注意
部品の損傷
–
高圧洗車機による部品の破損や損傷。
高圧洗車機や高圧水流を使用して洗車するのは絶対にやめて下さい。高圧により電気部品、プラグ、ケーブル、ベアリングなど
に水が入り、不具合の原因になったり、これら部品が破損する恐れがあります。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
品質や外観を長く保持するため、洗車は定期的に行って下さい。
洗車中は車両に直射日光が当たらないよう注意して下さい。
–
水が入らないように排気装置をふさぎます。
–
弱い水流で大きな汚れを落とします。
–
汚れがひどい箇所には市販のモーターサイクル洗浄剤を吹きつけ、ブラシで汚れ
を落とします。
モーターサイクル用洗浄剤 (
頁128)
参考
市販のモーターサイクル洗浄剤を入れた温水と柔らかいスポンジを使用し
て洗車して下さい。
401061-01
–
弱い水流で念入りに洗い流した後、車両をよく乾燥させて下さい。
–
キャブレターのフロートチャンバーを空にします。
x(
頁94)
警告
事故の危険性
–
–
ブレーキの濡れ・汚れによるブレーキ性能の劣化。
ブレーキを慎重に作動し、ブレーキの汚れ・濡れを解消して下さい。
洗車後、エンジンが作動温度に達するまで短い距離を走行します。
参考
エンジンやブレーキの手の届かない場所にある水分も、熱により蒸発しま
す。
–
ハンドルまわりのカバーキャップを開き、ここに入り込んだ水分も蒸発させます。
–
車両が冷えたら、スライド部とベアリング部の全てをグリースアップします。
–
チェーンを清掃します。 (
–
塗装がされていない金属製部品(ブレーキディスクと排気装置を除く)には、腐
食防止剤を塗布します。
頁61)
金属・ゴム用の洗浄・手入れ剤 (
–
頁128)
プラスチックおよびパウダーコーティングされた部品には全て刺激の少ない洗浄・
手入れ剤を塗布します。
金属・ゴム用の洗浄・手入れ剤 (
頁128)
(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
– ハンドルロックにオイルを差します。
汎用オイルスプレー (
頁129)
清掃、手入れ
101
冬季運転における保全
17.2
参考
冬季にも車両を使用する際は、凍結防止のため路上に散布された塩の存在を考慮に入れなければなりません。刺激が強い塩
に対する予防対策を講じておく必要があります。
凍結防止用の塩が散布された道路を走行した後は、水で洗車して下さい。温水を使うと塩の作用を促進してしまいます。
–
洗車をします。 (
頁100)
–
エンジンやスイングアームをはじめ、塗装されていない部品や亜鉛メッキされた
部品 ( ブレーキディスクを除く)には全てワックス系腐食防止剤を塗布します。
参考
ブレーキディスクに腐食防止剤が付かないよう注意して下さい。ブレーキ
性能が大幅に低下します。
凍結防止用の塩が散布された道路を走行した後は、水で車両を念入りに洗
い、よく乾かして下さい。
401060-01
–
チェーンを清掃します。 (
頁61)
保管
102
保管
18.1
警告
中毒の危険性
–
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
燃料が皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。燃料から発生するガスを吸い込まないで下さい。目に入った場合
はすぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さ
い。燃料を飲み込んでしまった場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。燃料が衣服についた場合は着替えて下さい。
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所で正しく保管して下さい。
参考
車両を長期保管する場合は、以下に挙げた処置をご自身または KTM の正規ディーラーで行って下さい。
車両の保管前に全ての部品が機能するか、摩耗していないか点検します。整備、修理、改修作業が必要な場合は、ディーラー
の工場が空いている保管時期に行う事をお勧めします。シーズン開始の混雑時を避ける事ができます。
401058-01
–
洗車をします。 (
頁100)
–
ミッションオイルを交換します。
–
不凍液とクーラントのレベルを点検します。 (
x(
頁97)
頁88)
–
適当な容器を用いて燃料をタンクから排出します。
–
キャブレターのフロートチャンバーを空にします。
–
タイヤの空気圧を点検します。 (
x(
頁94)
頁81)
(250/300 シリーズ)
– バッテリーを取り外します。
–
x ( 頁83)
バッテリーを充電します。 x ( 頁83)
規定
バッテリーの保管温度 ( 直射日光を
避ける)
–
0… 35 °C
乾燥し、急激な温度変化の無い場所に車両を立てます。
参考
KTM では車両をジャッキアップして保管する事をお勧めしています。
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁45)
–
通気性の良い防水シートかカバーで車両をおおいます。
参考
空気を通さないカバーは湿気が逃げず腐食の原因となりますので、絶対に
使用しないで下さい。
保管中にエンジンを短時間のみ稼動するのは、車両に非常に悪い影響を与
えます。エンジンが十分暖まらず、結果、燃焼の際に生じた水蒸気が結露
し、エンジン部品や排気管のさびの原因となります。
保管後、運転操作の前に
18.2
–
リフトスタンドにのった車両を持ち上げます。 (
(250/300 シリーズ)
– バッテリーを取り付けます。
401059-01
x(
頁45)
頁83)
–
給油します。 (
–
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス項目を実施します。 (
頁33)
–
試験走行を行います。
頁31)
トラブルシューティング
不具合
エンジンが回転しない(セルフス
ターター)
(250/300 シリーズ)
考えられる原因
対応
操作ミス
–
エンジン始動方法の作業ステップに従って下
さい。 ( 頁31)
バッテリーがあがっている
–
バッテリーを充電します。
–
x(
充電電圧を点検します。 x
–
スタンバイ電流を点検します。
頁83)
–
x
ジェネレーターを点検します。 x
–
メインヒューズを取り外します。 (
頁84)
–
メインヒューズを取り付けます。 (
頁84)
セルフスターターリレーが故障して
いる
–
セルフスターターリレーを点検します。
セルフスターターモーターが故障し
ている
–
操作ミス
–
エンジン始動方法の作業ステップに従って下
さい。 ( 頁31)
車両を長く使用していなかったので、 –
フロートチャンバーの燃料が古く
なっている
キャブレターのフロートチャンバーを空にし
ます。
( 頁94)
燃料供給が停止した
–
フューエルタンクのエア抜き穴を点検します。
–
燃料コックを清掃します。
メインヒューズが切れている
エンジンが回転しているのにかから
ない
103
x
セルフスターターモーターを点検します。 x
x
–
キャブレターの部品を点検・調節します。
スパークプラグにすすが溜まってい
るまたは濡れている
–
スパークプラグを清掃・乾燥し、必要に応じて
交換します。
スパークプラグの電極間のクリアラ
ンスが大き過ぎる
–
電極間のクリアランスを調節します。
規定
(125/200 シリーズ)
スパークプラグ電極間のクリアランス
0.60 mm
(250/300 シリーズ)
スパークプラグ電極間のクリアランス
0.60 mm
エンジンがアイドリングしない
イグニッションシステムの故障
–
イグニッションシステムを点検します。
ワイヤーハーネスのエンジンストッ
プスイッチ用ケーブルが擦り切れて
いる、エンジンストップスイッチが
故障している
–
エンジンストップスイッチを点検します。
接続プラグまたはイグニッションコ
イルが緩んでいる、または酸化して
いる
–
接続プラグを清掃し、コンタクトスプレーを
塗布します。
x
x
キャブレター内に水が溜まっている、 –
ジェットが詰まっている
キャブレターの部品を点検・調節します。
アイドリングジェットが詰まってい
る
–
キャブレターの部品を点検・調節します。
キャブレターの調節スクリューの設
定が不適切
–
キャブレター-アイドリングを調節します。
( 頁93)
スパークプラグが故障している
–
スパークプラグを交換します。
イグニッションが故障している
–
イグニッションコイルを点検します。
–
スパークプラグのコネクターを点検します。
x
x
x
エンジンの回転数が上がらない
エンジンの出力が低過ぎる
ニードルバルブが汚れているか摩耗
しているため、キャブレターが溢れ
ている
–
キャブレターの部品を点検・調節します。
キャブレターのジェットが緩んでい
る
–
キャブレターの部品を点検・調節します。
イグニッションシステムの故障
–
イグニッションシステムを点検します。
燃料供給が停止した
–
フューエルタンクのエア抜き穴を点検します。
–
燃料コックを清掃します。
–
キャブレターの部品を点検・調節します。
x
トラブルシューティング
104
不具合
考えられる原因
対応
エンジンの出力が低過ぎる
エアフィルターがひどく汚れている
–
エアフィルターとエアフィルターケースを清
掃します。
( 頁58)
x
エンジンが停止する、またはキャブ
レターから液体の跳ねる音がする
エンジンが異常に熱くなる
排気装置に漏れがある・変形してい
る、メインサイレンサーのグラス
ファイバーが少な過ぎる
–
排気装置に破損が無いか確認します。
–
メインサイレンサーのグラスファイバーを交
換します。
( 頁59)
イグニッションシステムの故障
–
イグニッションシステムを点検します。
ダイヤフラムまたはダイヤフラム
ケースが破損している
–
ダイヤフラムとダイヤフラムケースを点検し
ます。
燃料不足
–
燃料コックの切替レバーをONの位置に回し
ます。
–
給油します。 (
エンジンに不適切な空気が送られて
いる
–
インテークフランジとキャブレターがきちん
と固定されているかを確認します。
接続プラグまたはイグニッションコ
イルが緩んでいる、または酸化して
いる
–
接続プラグを清掃し、コンタクトスプレーを
塗布します。
冷却システムのクーラントが少な過
ぎる
–
冷却システムに漏れが無いか確認します。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
走行風が少な過ぎる
–
車両を止め、エンジンを停止します。
ラジエーターのフィンがひどく汚れ
ている
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
冷却システム内に気泡が発生してい
る
–
クーラントを排出します。
シリンダーヘッドまたはシリンダー
ヘッドのガスケットが破損している
–
シリンダーヘッドとシリンダーヘッドのガス
ケットを点検します。
ラジエーターホースが折れ曲がって
いる
–
ラジエーターホースを交換します。
固定子が緩み、点火タイミングが
狂っている
x
–
x
頁33)
x(
クーラントを注入します。 x (
頁89)
頁89)
頁90)
(125/200 シリーズ)
– イグニッションを調節します。
x
x
白煙が出る(排気ガスに蒸気)
シリンダーヘッドまたはシリンダー
ヘッドのガスケットが破損している
–
シリンダーヘッドとシリンダーヘッドのガス
ケットを点検します。
エア抜きホースからミッションオイ
ルが漏れる
ミッションオイルの入れ過ぎ
–
ミッションオイルのレベルを点検します。
( 頁97)
ミッションオイルに水が混じってい
る
シャフトシールリングかウォーター
ポンプが破損している
–
シャフトシールリングとウォーターポンプを
点検します。
仕様一覧-エンジン
105
125 シリーズ
20.1
型式
単気筒 2 ストローク水冷エンジン、ダイヤフラム吸気、排気デ
バイス
排気量
124.8 cm³
ストローク
54.5 mm
ボア
54 mm
クランクシャフトベアリング
深溝ボールベアリング 1 個 / 円筒ローラーベアリング 1 個
コンロッドベアリング
ニードルベアリング
ピストンピンベアリング
ニードルベアリング
ピストン
鋳造アルミニウム
ピストンリング
キーストンリング 2 個
寸法 X(ピストン上端からシリンダー上端まで)
0… 0.10 mm
寸法 Z(制御バルブの高さ)
43.7 mm
一次減速比
23:73
クラッチ
湿式多板クラッチ、油圧作動
ギア
6 速常時噛合式
変速比
1速
12:33
2速
15:31
3速
17:28
4速
19:26
5速
21:25
6速
20:20
イグニッション
非接触制御電子イグニッション、デジタルイグニッションコン
トローラー、型式: Kokusan
点火タイミング(上死点の手前)
1.4 mm
スパークプラグ
NGK BR9 ECMVX
スパークプラグ電極間のクリアランス
0.60 mm
エンジンスタート装置
キックスターター
200 シリーズ
20.2
型式
単気筒 2 ストローク水冷エンジン、ダイヤフラム吸気、排気デ
バイス
排気量
193 cm³
ストローク
60 mm
ボア
64 mm
クランクシャフトベアリング
深溝ボールベアリング 1 個 / 円筒ローラーベアリング 1 個
コンロッドベアリング
ニードルベアリング
ピストンピンベアリング
ニードルベアリング
ピストン
鋳造アルミニウム
ピストンリング
角リング 2 個
寸法 X(ピストン上端からシリンダー上端まで)
0… 0.10 mm
寸法 Z(制御バルブの高さ)
47 mm
一次減速比
23:73
クラッチ
湿式多板クラッチ、油圧作動
ギア
6 速常時噛合式
変速比
1速
13:33
2速
15:31
3速
17:28
4速
19:26
仕様一覧-エンジン
106
5速
17:19
6速
22:20
イグニッション
非接触制御電子イグニッション、デジタルイグニッションコン
トローラー、型式: Kokusan
点火タイミング(上死点の手前)
1.6 mm
スパークプラグ
NGK BR 8 EG
スパークプラグ電極間のクリアランス
0.60 mm
エンジンスタート装置
キックスターター
250 シリーズ
20.3
型式
単気筒 2 ストローク水冷エンジン、ダイヤフラム吸気、排気デ
バイス
排気量
249 cm³
ストローク
72 mm
ボア
66.4 mm
排気デバイス-調節範囲下限
5,600 rpm
排気デバイス-赤色の補助スプリングを使用した場合の調節範
囲上限
7,200 rpm
排気デバイス-黄色の補助スプリングを使用した場合の調節範
囲上限
7,900 rpm
排気デバイス-緑色の補助スプリングを使用した場合の調節範
囲上限
8,400 rpm
クランクシャフトベアリング
深溝ボールベアリング 1 個 / 円筒ローラーベアリング 1 個
コンロッドベアリング
ニードルベアリング
ピストンピンベアリング
ニードルベアリング
ピストン
鋳造アルミニウム
ピストンリング
キーストンリング 2 個
寸法 X(ピストン上端からシリンダー上端まで)
0… 0.10 mm
寸法 Z(制御バルブの高さ)
48 mm
一次減速比
26:72
クラッチ
湿式多板クラッチ、油圧作動
ギア
6 速常時噛合式
変速比
1速
14:32
2速
16:26
3速
20:25
4速
22:23
5速
25:22
6速
26:20
イグニッション
非接触制御電子イグニッション、デジタルイグニッションコン
トローラー、型式: Kokusan
点火タイミング(上死点の手前)
1.9 mm
スパークプラグ
NGK BR 7 ES
スパークプラグ電極間のクリアランス
0.60 mm
エンジンスタート装置
キックスターター / セルフスターター併用
仕様一覧-エンジン
107
300 シリーズ
20.4
型式
単気筒 2 ストローク水冷エンジン、ダイヤフラム吸気、排気デ
バイス
排気量
293 cm³
ストローク
72 mm
ボア
72 mm
排気デバイス-調節範囲下限
5,600 rpm
排気デバイス-赤色の補助スプリングを使用した場合の調節範
囲上限
7,200 rpm
排気デバイス-黄色の補助スプリングを使用した場合の調節範
囲上限
7,900 rpm
排気デバイス-緑色の補助スプリングを使用した場合の調節範
囲上限
8,400 rpm
クランクシャフトベアリング
深溝ボールベアリング 1 個 / 円筒ローラーベアリング 1 個
コンロッドベアリング
ニードルベアリング
ピストンピンベアリング
ニードルベアリング
ピストン
鋳造アルミニウム
ピストンリング
角リング 2 個
寸法 X(ピストン上端からシリンダー上端まで)
0… 0.10 mm
寸法 Z(制御バルブの高さ)
48 mm
一次減速比
26:72
クラッチ
湿式多板クラッチ、油圧作動
ギア
6 速常時噛合式
変速比
1速
14:32
2速
16:26
3速
20:25
4速
22:23
5速
25:22
6速
26:20
イグニッション
非接触制御電子イグニッション、デジタルイグニッションコン
トローラー、型式: Kokusan
点火タイミング(上死点の手前)
1.9 mm
スパークプラグ
NGK BR 7 ES
スパークプラグ電極間のクリアランス
0.60 mm
エンジンスタート装置
キックスターター / セルフスターター併用
容量-ミッションオイル
20.5
ミッションオイル(125/200 シ 0.70 L
リーズ)
エンジンオイル(15W/50) (
頁126)
ミッションオイル(250/300 シ 0.80 L
リーズ)
エンジンオイル(15W/50) (
頁126)
容量-クーラント
20.6
クーラント
1.2 L
クーラント (
頁126)
クーラント混合液 (
頁126)
仕様一覧-エンジン締付けトルク
108
125/200 シリーズ
21.1
ダイヤフラム用スクリュー
M4
2 Nm
Loctite® 243™
イグニッション / 固定子用スクリュー
M5
6 Nm
Loctite® 222
ウォーターポンプホイール用スク
リュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
ジェネレーターカバー用スクリュー
M5
5 Nm
-
ベアリングロック用スクリュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
ロックレバー用スクリュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
制御バルブシャフトロックプレート用
スクリュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
排気デバイスカバー用スクリュー
M5
5 Nm
-
排気管フランジ用スクリュー
M5
6 Nm
-
インテークフランジ / ダイヤフラム
ケース用スクリュー
M6
10 Nm
-
ウォーターポンプカバー用スクリュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
エンジンケース用スクリュー
M6
10 Nm
-
キックスターターストッパープレート
用スクリュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
クラッチカバー用スクリュー
M6
10 Nm
-
クラッチスプリング用スクリュー
M6
10 Nm
-
クラッチスレーブシリンダー用スク
リュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
シフトゲート用スクリュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
シフトレバー用スクリュー
M6
14 Nm
Loctite® 243™
シリンダーヘッドのエアブリーダー
M6
10 Nm
-
ミッションオイル点検用スクリュー
M6
10 Nm
-
排気デバイス用スクリュー
M6
10 Nm
-
シリンダーヘッド用スクリュー(125
シリーズ)
M7
18 Nm
-
キックスターター用スクリュー
M8
25 Nm
Loctite® 243™
シリンダーバレル用スクリュー
M8
35 Nm
-
シリンダーバレル用ナット
M8
30 Nm
-
排気デバイス制御バルブシャフト
M8
レベル 1
3 Nm
レベル 2 ( 時計と反対回り
に緩める)
1/4 回転
-
ウォーターポンプカバーのドレインボ
ルト
M10x1
15 Nm
-
ミッションオイルドレインボルト
M10x1
15 Nm
-
ローター用ナット
M12x1
60 Nm
-
マグネット付きミッションオイルドレ
インボルト
M12x1.5
20 Nm
-
スパークプラグ
M14x1.25
25 Nm
-
第 1 ギア用ナット
M16LHx1.5
130 Nm
Loctite® 243™
インナークラッチハブ用ナット
M18x1.5
130 Nm
Loctite® 243™
排気デバイスベアリングホルダー用
ナット
M26x1
35 Nm
-
仕様一覧-エンジン締付けトルク
109
250/300 シリーズ
21.2
ウォーターポンプホイール用スク
リュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
パルスジェネレーター用スクリュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
ロックレバー用スクリュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
排気デバイスカバー用スクリュー
M5
5 Nm
-
排気デバイス角度付きレバー用スク
リュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
排気デバイス固定ブラケット用スク
リュー
M5
7 Nm
Loctite® 243™
インテークフランジ / ダイヤフラム
ケース用スクリュー
M6
10 Nm
-
ウォーターポンプカバー用スクリュー
M6
10 Nm
-
エンジンケース用スクリュー
M6
10 Nm
-
キックスターターストッパープレート
用スクリュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
キックスタータースプリング用スク
リュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
クラッチカバー用スクリュー
M6
10 Nm
-
クラッチスプリング用スクリュー
M6
10 Nm
-
クラッチスレーブシリンダー用スク
リュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
シフトドラムのベアリングロック用ス
クリュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
シフトレバー用スクリュー
M6
14 Nm
Loctite® 243™
シフトロック用スクリュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
セルフスターターモーター用スク
リュー
M6
8 Nm
-
ミッションオイル点検用スクリュー
M6
10 Nm
-
固定子用スクリュー
M6
8 Nm
Loctite® 243™
排気デバイス制御バルブ用スクリュー
M6
10 Nm
Loctite® 243™
排気管フランジ用スクリュー
M6
8 Nm
-
キックスターター用スクリュー
M8
25 Nm
Loctite® 2701
シフトロック用スクリュー
M8
25 Nm
Loctite® 243™
シリンダーヘッド用スクリュー
M8
27 Nm
-
シリンダーバレル用ナット
M10
35 Nm
-
ウォーターポンプカバーのドレインボ
ルト
M10x1
15 Nm
-
ローター用ナット
M12x1
60 Nm
-
マグネット付きミッションオイルドレ
インボルト
M12x1.5
20 Nm
-
スパークプラグ
M14x1.25
25 Nm
-
インナークラッチハブ用ナット
M18x1.5
100 Nm
Loctite® 2701
第 1 ギア用ナット
M18LHx1.5
150 Nm
Loctite® 243™
仕様一覧-キャブレター
110
125 シリーズ
22.1
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
FK0191
ニードルポジション
上から 5 番目のポジション
ジェットニードル
N84I (NOZF / NOZG / NOZH)
メインジェット
140 (168 / 170 / 172)
アイドリングジェット
38X38 (45)
スタータージェット
50 (85)
パイロットエアスクリュー
開放
2.5 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
-
200 EXC EU
22.2
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
FK0211
ニードルポジション
上から 4 番目のポジション
ジェットニードル
N84I (NOZH / NOZI / NOZJ)
メインジェット
100 (160 / 162)
アイドリングジェット
35x35 (42)
スタータージェット
50 (85)
パイロットエアスクリュー
開放
1.5 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
有り
200 EXC AUS
22.3
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
FK0121
ニードルポジション
上から 3 番目のポジション
ジェットニードル
R1475J (NOZH / NOZI / NOZJ)
メインジェット
162 (160)
アイドリングジェット
35 (42)
スタータージェット
85
パイロットエアスクリュー
開放
1.0 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
有り
200 XC‑W USA
22.4
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
BC2 0
ニードルポジション
上から 4 番目のポジション
ジェットニードル
NOZI (NOZH / NOZJ)
メインジェット
160 (162)
アイドリングジェット
42
スタータージェット
85
パイロットエアスクリュー
開放
スライド
2.0 回転
7、カット入り
仕様一覧-キャブレター
スライドストップ
111
-
250 EXC モデル
22.5
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
FK0251
ニードルポジション
上から 3 番目のポジション
ジェットニードル
N84K (N8RW / N8RJ / N8RK)
メインジェット
115 (162 / 165)
アイドリングジェット
38X38 (35)
スタータージェット
50 (85)
パイロットエアスクリュー
開放
1.75 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
有り
250 EXC AUS
22.6
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
3600C
ニードルポジション
1 番上のポジション
ジェットニードル
N3CJ (N8RW / N8RJ / N8RK / N2ZK / N2ZJ / N2ZL)
メインジェット
160 (162 / 165)
アイドリングジェット
35
スタータージェット
85
パイロットエアスクリュー
開放
3.5 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
有り
250 XC‑W USA
22.7
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
BC4 0
ニードルポジション
上から 4 番目のポジション
ジェットニードル
N8RJ (N8RW / N8RK)
メインジェット
165 (162)
アイドリングジェット
35
スタータージェット
85
パイロットエアスクリュー
開放
2.0 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
-
300 EXC モデル
22.8
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
FK0261
ニードルポジション
上から 3 番目のポジション
ジェットニードル
N84K (N2ZJ / N2ZK / N2ZL)
メインジェット
115 (162 / 165)
アイドリングジェット
38X38 (35)
スタータージェット
50 (85)
パイロットエアスクリュー
仕様一覧-キャブレター
開放
112
1.75 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
有り
300 EXC AUS
22.9
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
3600C
ニードルポジション
1 番上のポジション
ジェットニードル
N3CJ (N8RW / N8RJ / N8RK / N2ZK / N2ZJ / N2ZL)
メインジェット
160 (162 / 165)
アイドリングジェット
35
スタータージェット
85
パイロットエアスクリュー
開放
3.5 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
有り
300 XC‑W USA
22.10
キャブレター型式
KEIHIN PWK 36S AG
キャブレターナンバー
BC5 0
ニードルポジション
上から 4 番目のポジション
ジェットニードル
N2ZK (N2ZJ / N2ZL)
メインジェット
165 (162)
アイドリングジェット
35
スタータージェット
85
パイロットエアスクリュー
開放
2.0 回転
スライド
7、カット入り
スライドストップ
-
キャブレター設定(125 シリーズ)
22.11
x
危険
道路走行許可と保険補償の失効
–
承認を受けた(出力制限された)モデルのみ、公共道路での走行を許可されています。
出力制限されていないモデルは公共道路から隔たれた場所でのみ運転可能です。
仕様一覧-キャブレター
113
401041-01
M/FT ASL
標高
TEMP
温度
ASO
パイロットエアスクリュー開放
IJ
アイドリングジェット
NDL
ニードル
POS
ニードルポジション(上から 1~)
MJ
メインジェット
砂地には適用されません。
仕様一覧-キャブレター
キャブレター設定(200 シリーズ)
22.12
114
x
危険
道路走行許可と保険補償の失効
–
承認を受けた(出力制限された)モデルのみ、公共道路での走行を許可されています。
出力制限されていないモデルは公共道路から隔たれた場所でのみ運転可能です。
401042-01
M/FT ASL
標高
TEMP
温度
ASO
パイロットエアスクリュー開放
IJ
アイドリングジェット
NDL
ニードル
POS
ニードルポジション(上から 1~)
MJ
メインジェット
砂地には適用されません。
仕様一覧-キャブレター
キャブレター設定(250 シリーズ)
22.13
115
x
危険
道路走行許可と保険補償の失効
–
承認を受けた(出力制限された)モデルのみ、公共道路での走行を許可されています。
出力制限されていないモデルは公共道路から隔たれた場所でのみ運転可能です。
401043-01
M/FT ASL
標高
TEMP
温度
ASO
パイロットエアスクリュー開放
IJ
アイドリングジェット
NDL
ニードル
POS
ニードルポジション(上から 1~)
MJ
メインジェット
砂地には適用されません。
仕様一覧-キャブレター
キャブレター設定(300 シリーズ)
22.14
116
x
危険
道路走行許可と保険補償の失効
–
承認を受けた(出力制限された)モデルのみ、公共道路での走行を許可されています。
出力制限されていないモデルは公共道路から隔たれた場所でのみ運転可能です。
401044-01
M/FT ASL
標高
TEMP
温度
ASO
パイロットエアスクリュー開放
IJ
アイドリングジェット
NDL
ニードル
POS
ニードルポジション(上から 1~)
MJ
メインジェット
砂地には適用されません。
仕様一覧-キャブレター
キャブレターの設定について
22.15
x
1~ 5
0
1
30
5
0
117
ニードルポジション(上から 1~)
設定可能な 5 つのニードルポジションを図に示します。
キャブレターの設定は想定されている使用環境と条件に応じて異なります。
0
2
4
0
B00075-10
仕様一覧-シャーシ
118
フレーム
クロームモリブデン鋼メインパイプフレーム
フロントフォーク
WP Suspension Up Side Down 4860 MXMA PA
サスペンションストローク
前輪
300 mm
後輪
335 mm
フォークオフセット(125/200 EXC モデル)
22 mm
フォークオフセット(250/300 EXC AUS、 250 EXC EU、
300 EXC EU)
20 mm
フ ォ ー ク オ フ セ ッ ト( 250/300 EXC SIX DAYS,
250/300 EXC Factory Edition)
19 mm
フォークオフセット(200 XC‑W USA)
22 mm
フォークオフセット(250/300 XC‑W)
19 mm
ショックアブソーバー
WP Suspension PDS 5018 DCC
ブレーキシステム
ディスクブレーキ、フローティングマウントブレーキキャリ
パー
ブレーキディスク直径
前輪
260 mm
後輪
220 mm
ブレーキディスク磨耗限界
前輪
2.5 mm
後輪
3.5 mm
タイヤ空気圧(道路走行時)(EXC, EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
前輪
1.5 bar
後輪
2.0 bar
タイヤ空気圧(オフロード)
前輪
1.0 bar
後輪
1.0 bar
二次減速比(125 シリーズ)
14:42 (13:50)
二次減速比(200 EXC EU、 200 EXC AUS)
14:42 (14:45)
二次減速比(250/300 EXC モデル)
13:40 (13:50)
二次減速比(250/300 XC‑W)
13:50
二次減速比(200 XC‑W USA)
14:48
チェーン
5/8 x 1/4 インチ
納品可能なリアスプロケット
38、 40、 42、 45、 48、 49、 50、 51、 52
ステアリングヘッドアングル
63.5°
ホイールベース(125/200 シリーズ)
1,471±10 mm
ホイールベース(250/300 シリーズ)
1,475±10 mm
負荷が無い状態でのシート高
985 mm
負荷が無い状態での最低地上高(125/200 シリーズ)
390 mm
負荷が無い状態での最低地上高(250/300 シリーズ)
385 mm
燃料を除いた重量(約)(125/200 EXC モデル)
97 kg
燃料を除いた重量(約)(200 XC‑W USA)
94.8 kg
燃料を除いた重量(約)(250 EXC モデル、 250 EXC AUS)
103 kg
燃料を除いた重量(約)(300 EXC モデル、 300 EXC AUS)
103.1 kg
燃料を除いた重量(約)(250/300 XC‑W)
100.4 kg
最大許容軸重 前輪
145 kg
最大許容軸重 後輪
190 kg
最大許容重量
335 kg
バッテリー(250/300 シリーズ)
YTX4L-BS
バッテリー電圧: 12 V
定格容量: 3 Ah
メンテナンスフリー
仕様一覧-シャーシ
119
ライトバルブ ( 電球)
23.1
ヘ ッ ド ラ イ ト ( EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
S2 / ソケット BA20d
12 V
35/35 W
ポ ジ シ ョ ン ラ イ ト( EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
W5W / ソケット W2,1x9,5d
12 V
5W
イン ジ ケ ー タ ー ラン プ( EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
W2.3W / ソケット W2x4,6d
12 V
2.3 W
タ ー ン シ グ ナ ル ( EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
R10W / ソケット BA15s
12 V
10 W
ブレーキライト / テールライト(EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
LED
ナン バ ー プ レ ー ト ラ イ ト( EXC,
EXC Factory Edition, EXC SIX DAYS)
W5W / ソケット W2,1x9,5d
12 V
5W
前輪タイヤ
後輪タイヤ
(125/200 EXC モデル)
90/90 - 21 M/C 54M M+S TT
Metzeler MCE 6 DAYS EXTREME
120/90 - 18 M/C 65M M+S TT
Metzeler MCE 6 DAYS EXTREME
(250/300 EXC モデル)
90/90 - 21 M/C 54M M+S TT
Metzeler MCE 6 DAYS EXTREME
140/80 - 18 M/C 70M M+S TT
Metzeler MCE 6 DAYS EXTREME
(200 XC‑W USA)
80/100 - 21 51M TT
Bridgestone M59
100/100 - 18 59M TT
Bridgestone M402
(250/300 XC‑W)
80/100 - 21 51M TT
Bridgestone M59
110/100 - 18 64M TT
Bridgestone M402
タイヤ
23.2
対象モデル
下記アドレスのサービスで、詳細を確認して下さい。
http://www.ktm.com
容量-燃料
23.3
フューエルタンク総容量(約) 9.5 L
(EXC EU, EXC SIX DAYS,
EXC Factory Edition)
無鉛ハイオクガソリン、2 ストロークエンジンオイルを混合
(1:60) ( 頁127)
フューエルタンク総容量(約) 11.5 L
(EXC AUS、 XC-W)
無鉛ハイオクガソリン、2 ストロークエンジンオイルを混合
(1:60) ( 頁127)
予備燃料(約)
2L
仕様一覧-フロントフォーク
120
125/200 シリーズ
24.1
フロントフォークタイプナンバー
14.18.7J.02
フロントフォーク
WP Suspension Up Side Down 4860 MXMA PA
コンプレッションダンパー
コンフォート
26 クリック
スタンダード
22 クリック
スポーツ
18 クリック
リバウンドダンパー
コンフォート
24 クリック
スタンダード
20 クリック
スポーツ
20 クリック
スプリングプリロード - プリロードアジャスター
コンフォート
0 回転
スタンダード
2 回転
スポーツ
4 回転
スプリング長 ( プリロードスペーサーを含む)
運転者の体重: 65… 75 kg
510 mm
運転者の体重: 75… 85 kg
513 mm
運転者の体重: 85… 95 kg
510 mm
スプリング係数
運転者の体重: 65… 75 kg
3.8 N/mm
運転者の体重: 75… 85 kg
4.0 N/mm
運転者の体重: 85… 95 kg
4.2 N/mm
フロントフォーク長
940 mm
ガス室長さ
110+20
mm
−30
フロントフォークオイル(各
フォークレッグ)
628 ml
フロントフォークオイル(SAE 5) (
頁127)
250/300 シリーズ
24.2
フロントフォークタイプナンバー
14.18.7J.04
フロントフォーク
WP Suspension Up Side Down 4860 MXMA PA
コンプレッションダンパー
コンフォート
26 クリック
スタンダード
22 クリック
スポーツ
18 クリック
リバウンドダンパー
コンフォート
24 クリック
スタンダード
20 クリック
スポーツ
20 クリック
スプリングプリロード - プリロードアジャスター
コンフォート
0 回転
スタンダード
2 回転
スポーツ
4 回転
スプリング長 ( プリロードスペーサーを含む)
運転者の体重: 65… 75 kg
510 mm
運転者の体重: 75… 85 kg
513 mm
運転者の体重: 85… 95 kg
510 mm
スプリング係数
運転者の体重: 65… 75 kg
4.0 N/mm
運転者の体重: 75… 85 kg
4.2 N/mm
仕様一覧-フロントフォーク
運転者の体重: 85… 95 kg
121
4.4 N/mm
フロントフォーク長
940 mm
ガス室長さ
110+20
mm
−30
フロントフォークオイル(各
フォークレッグ)
626 ml
フロントフォークオイル(SAE 5) (
頁127)
仕様一覧-ショックアブソーバー
125/200 シリーズ
25.1
ショックアブソーバータイプナンバー
12.18.7J.02
ショックアブソーバー
WP Suspension PDS 5018 DCC
コンプレッションダンパー低速設定
コンフォート
22 クリック
スタンダード
20 クリック
スポーツ
15 クリック
コンプレッションダンパー高速設定
コンフォート
2 回転
スタンダード
1.5 回転
スポーツ
1.25 回転
リバウンドダンパー
コンフォート
26 クリック
スタンダード
24 クリック
スポーツ
22 クリック
スプリングプリロード
6 mm
スプリング係数
運転者の体重: 65… 75 kg
63 N/mm
運転者の体重: 75… 85 kg
66 N/mm
運転者の体重: 85… 95 kg
69 N/mm
スプリング長
250 mm
スロットル圧
10 bar
空車サグ
35 mm
ライディングサグ
105 mm
全長
411 mm
ダンパーオイル (
頁126)
SAE 2,5
250/300 シリーズ
25.2
ショックアブソーバータイプナンバー
12.18.7J.04
ショックアブソーバー
WP Suspension PDS 5018 DCC
コンプレッションダンパー低速設定
コンフォート
22 クリック
スタンダード
20 クリック
スポーツ
15 クリック
コンプレッションダンパー高速設定
コンフォート
2 回転
スタンダード
1.5 回転
スポーツ
1.25 回転
リバウンドダンパー
コンフォート
26 クリック
スタンダード
24 クリック
スポーツ
22 クリック
スプリングプリロード
8 mm
スプリング係数
運転者の体重: 65… 75 kg
66 N/mm
運転者の体重: 75… 85 kg
69 N/mm
運転者の体重: 85… 95 kg
72 N/mm
スプリング長
250 mm
スロットル圧
10 bar
空車サグ
35 mm
ライディングサグ
105 mm
122
仕様一覧-ショックアブソーバー
全長
ダンパーオイル (
411 mm
頁126)
SAE 2,5
123
仕様一覧-シャーシ締付けトルク
124
前輪スポークニップル
M4.5
5… 6 Nm
-
スポイラーのフューエルタンク固定用
スクリュー(XC-W)
M5x12
1.5 Nm
-
後輪スポークニップル
M5
5… 6 Nm
-
ショックアブソーバー調節リング用ス
クリュー
M6
5 Nm
-
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
-
その他シャーシ用ナット
M6
15 Nm
-
チェーンスライダーガード用スク
リュー
M6
6 Nm
Loctite® 243™
フットブレーキシリンダープッシュ
ロッドボールジョイント用スクリュー
M6
10 Nm
-
後輪ブレーキディスク用スクリュー
M6
14 Nm
Loctite® 243™
前輪ブレーキディスク用スクリュー
M6
14 Nm
Loctite® 243™
アッパートリプルクランプ用スク
リュー(EXC EU/AUS)
M8
20 Nm
-
アッパートリプルクランプ用
ス ク リ ュ ー( EXC SIX DAYS,
EXC Factory Edition, XC‑W)
M8
17 Nm
-
エンジンブレースバー用スクリュー
M8
33 Nm
-
サイドスタンド取付け用スクリュー
M8
40 Nm
Loctite® 2701
サブフレーム用スクリュー
M8
35 Nm
Loctite® 2701
M8
20 Nm
-
ステアリングステム用上部
ス ク リ ュ ー( EXC SIX DAYS,
EXC Factory Edition, XC‑W)
M8
17 Nm
Loctite® 243™
その他シャーシ用スクリュー
M8
25 Nm
-
その他シャーシ用ナット
M8
30 Nm
-
チェーンスライダー用スクリュー
M8
15 Nm
-
ハンドルバークランプ用スクリュー
M8
20 Nm
-
フォークレッグのアクスル通し穴用ス
クリュー
M8
15 Nm
-
ブレーキペダルストッパー用ナット
M8
20 Nm
-
リアスプロケットスクリュー用ナット
M8
35 Nm
Loctite® 2701
リムロック用ナット
M8
10 Nm
-
M8
15 Nm
-
ロアートリプルクランプ用
ス ク リ ュ ー( EXC SIX DAYS,
EXC Factory Edition, XC‑W)
M8
12 Nm
-
前輪ブレーキキャリパー用スクリュー
M8
25 Nm
Loctite® 243™
エンジン取付けスクリュー
M10
60 Nm
-
その他シャーシ用スクリュー
M10
45 Nm
-
その他シャーシ用ナット
M10
50 Nm
-
ハンドルアダプター用スクリュー
M10
40 Nm
Loctite® 243™
ショックアブソーバー用下部スク
リュー
M12
80 Nm
Loctite® 2701
ショックアブソーバー用上部スク
リュー
M12
80 Nm
Loctite® 2701
シート取付け用ナット
M12x1
20 Nm
-
スイングアームピボット用ナット
M16x1.5
100 Nm
-
ステアリングヘッド用上部スクリュー
M20x1.5
10 Nm
-
後輪アクスルシャフト用ナット
M20x1.5
80 Nm
-
冷却システム用スクリューインアダプ
ター
M20x1.5
12 Nm
Loctite® 243™
ステアリングステム用上部スクリュー
(EXC EU/AUS)
ロアートリプルクランプ用スクリュー
(EXC EU/AUS)
仕様一覧-シャーシ締付けトルク
前輪アクスルシャフト用スクリュー
M24x1.5
125
45 Nm
-
油脂類
126
2 ストロークエンジンオイル
以下の規格に準ずる
– JASO FC ( 頁130)
規定
– 有名メーカーの高品質 2 ストロークエンジンオイルのみをご使用下さい。KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
100%化学合成
推奨製品
Motorex®
– Cross Power 2T
エンジンオイル(15W/50)
以下の規格に準ずる
– JASO T903 MA (
–
SAE (
頁130)
頁130)(15W/50)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するエンジンオイルのみを使用して下さい。KTM では
Motorex®社の製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Top Speed 4T
クーラント
規定
– 適切なクーラントのみをご使用下さい ( 気温が高い地域でも)。品質の悪い不凍液を使用すると、腐食や気泡が発生する恐れがあ
ります。KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
配合割合
耐凍結効果: −25… −45 °C
50 % 腐食防止不凍液
50 % 蒸留水
クーラント混合液
耐凍結効果
−40 °C
推奨製品
Motorex®
– Anti Freeze
ダンパーオイル(SAE 2,5)(50180342S1)
以下の規格に準ずる
– SAE ( 頁130)(SAE 2,5)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1
以下の規格に準ずる
– DOT
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するブレーキフルードのみを使用して下さい。KTM では
Castrol社とMotorex®社の製品をお勧めしています。
推奨製品
Castrol
– RESPONSE BRAKE FLUID SUPER DOT 4
Motorex®
– Brake Fluid DOT 5.1
油脂類
127
フロントフォークオイル(SAE 5)
以下の規格に準ずる
– SAE ( 頁130)(SAE 5)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。KTM ではMotorex®社
の製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Racing Fork Oil
無鉛ハイオクガソリン、2 ストロークエンジンオイルを混合(1:60)
以下の規格に準ずる
– DIN EN 228
–
JASO FC (
頁130)(1:60)
配合割合
1:60
2 ストロークエンジンオイル ( 頁126)
無鉛ハイオクガソリン(ROZ 95)
油圧オイル(15)
以下の規格に準ずる
– ISO VG(15)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有する油圧オイルのみを使用して下さい。KTM では
Motorex®社の製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Hydraulic Fluid 75
ケミカル類
エアフィルター洗浄剤
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Twin Air Dirt Bio Remover
オフロード用チェーンスプレー
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Chainlube Offroad
チェーン洗浄剤
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Chain Clean
モーターサイクル用洗浄剤
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Moto Clean 900
金属・ゴム用の洗浄・手入れ剤
規定
– KTM ではMotorex®社の製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Protect & Shine
高粘度グリース
規定
– KTM ではSKF®社の製品をお勧めしています。
推奨製品
SKF®
– LGHB 2
耐久性グリース
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Bike Grease 2000
発泡材エアフィルター用オイル
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Twin Air Liquid Bio Power
128
ケミカル類
汎用オイルスプレー
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Joker 440 Synthetic
129
規格
130
JASO FC
JASO FC は、レースでの厳しい条件を満たすよう特別開発された 2 ストロークエンジンオイル用の規格です。化学合成された最高
級エステルと特別配合の添加剤により、厳しい条件下でも優れた燃焼性を示します。
JASO T903 MA
多岐にわたる技術開発を受け、4 ストロークエンジン搭載モーターサイクル専用の仕様規格、JASO T903 MA が生まれました。以
前はモーターサイクル専用の仕様が無く、4 ストロークモーターサイクルには乗用車用のエンジンオイルが使われていました。乗用
車ではエンジンのメンテナンス頻度を下げる事が重要である一方、モーターサイクルエンジンでは何よりも高回転数で高い出力を
引き出す事が要求されます。更にモーターサイクルでは、ギアやクラッチにもエンジンと同じオイルが使用される事が珍しくあり
ません。JASO MA 規格はこれら特殊な需要を考慮に入れた内容となっています。
SAE
SAE 粘度は米国の自動車技術者協会 (Society of Automotive Engineers)によって定められたもので、オイルをその粘度によってクラ
ス分けするものです。粘度はオイルの一特性に過ぎず、その品質を表すものではありません。
索引
131
フロートチャンバーを空にする . . . . . . . . . . . . . . . . . 94
索引
あ
アクセサリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
アクセルワイヤーの遊び
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
アクセルワイヤーの取り回し
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
い
インジケーターランプの表示
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
う
運転操作の前に
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス項目 . . . . . 31
初めて運転操作を行う際の注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
保管後 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
給油する
燃料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
く
クーラント
注入する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 90
排出する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89
クーラントのレベル
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88-89
クラッチ
フルードレベルを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
フルードを交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67
クラッチレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
え
こ
エアフィルター
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
後輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
エアフィルターケース
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
エアフィルターケースのカバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
コンプレッションダンパー
( フロントフォーク)調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
コンプレッションダンパー高速設定
( ショックアブソーバー)調節する
. . . . . . . . . . . . . . . 37
コンプレッションダンパー低速設定
( ショックアブソーバー)調節する
. . . . . . . . . . . . . . . 38
エマージェンシーOFFスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
さ
エンジン
慣らし運転をする
サービス . . . . .
サービスプラン
サイドスタンド
作業上の決まり
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
エンジン始動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
エンジンストップスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
エンジン特性
補助スプリング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
補助スプリングを調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
エンジンナンバー
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
お
Owner's manual . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
か
各部の名称
右後方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
過酷な使用環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
乾燥した砂地 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
高温 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
雪上 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
低温 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
低速走行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
泥道 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
濡れた砂地 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
濡れた道路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
27
27
30
30
30
30
29
28
29
環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
き
キーナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
キックスターター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
キャブレター . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
アイドリングを調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
... 6
35-36
. . 24
... 6
し
シート
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
シフトレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
基本位置を点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 94
シャーシナンバー
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
シャーシの基本設定
運転者の体重に応じて確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
車両
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
リフトスタンドから降ろす . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
リフトスタンドでジャッキアップする . . . . . . . . . . . . 45
仕様一覧
エンジン . . . . . . . . . .
キャブレター . . . . . . .
締付けトルクエンジン
締付けトルクシャーシ
シャーシ . . . . . . . . . .
ショックアブソーバー
フロントフォーク . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
105-107
110-117
108-109
124-125
118-119
122-123
120-121
使用環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
ショックアブソーバー
空車サグを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
索引
132
コンプレッションダンパー、全般 . . . . . . . . . . . . . . .
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節す
る .....................................
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ライディングサグを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . .
37
40
56
55
40
ショックアブソーバータイプナンバー . . . . . . . . . . . . . . 11
す
スタータースイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
ステアリングヘッドのベアリング
グリースアップする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ステアリングヘッドベアリングのガタ
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
スプリングプリロード
(フロントフォーク)調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
スペアパーツ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
スポークの張り
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
スロットルグリップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
せ
清掃、手入れ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100-101
前輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
た
ハンドル操作
ロックする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
ロックを解除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
ハンドルバーの位置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
ひ
ヒューズ
メインヒューズを取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
メインヒューズを取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
ふ
フィラーキャップ
閉じる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
フォークカバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
フォークレッグ
空気を抜く . . . . . . . . .
ダストシールを清掃する
取り付ける . . . . . . . . .
取り外す . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
45
46
47
47
不凍液
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
フューエルタンク
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
ターンシグナルスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
タイプラベル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
ブレーキディスク
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
タイヤの空気圧
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
ブレーキパッド
(後輪ブレーキ)交換する . .
(後輪ブレーキ)点検する . .
(後輪ブレーキ)取り付ける
(後輪ブレーキ)取り外す . .
(前輪ブレーキ)交換する . .
(前輪ブレーキ)点検する . .
タイヤの状態
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
ち
チェーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
チェーンガイド
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
チェーンの遊び
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
チョーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12, 23
と
冬季運転における保全 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103-104
ね
燃料コック
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
は
バッテリー
充電する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
77
75
76
76
72
71
ブレーキフルード
(後輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
(前輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
ブレーキフルードのレベル
(後輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
(前輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
ブレーキペダル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
遊びを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 73
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
ブレーキレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
遊びを調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
遊びを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
12
69
69
69
フロントスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
フロントフェンダー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
フロントフォーク
基本設定を確認する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
索引
133
フロントフォークタイプナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
へ
ヘッドライト
照明距離を調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
ヘッドライトの設定
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
ヘッドライトバルブ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
ヘッドライトマスクとヘッドライト
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
ほ
ホーンスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
保管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
保証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
み
ミッションオイル
交換する . . . .
注入する . . . .
排出する . . . .
補給する . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
97
98
98
99
ミッションオイルのレベル
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97
め
メインサイレンサー
グラスファイバーを交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 59
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
メインヒューズ
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
メーター
機能説明 . . . . . . . . . . . . . . . . .
キロメーターかマイルを選択する
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . .
電池を交換する . . . . . . . . . . . .
時計を設定する . . . . . . . . . . . .
..
.
..
..
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
15
16
16
87
16
ゆ
油脂類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6
輸送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
ら
ライディングサグ
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
ライトスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13-14
り
リアスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
リバウンドダンパー
( ショックアブソーバー)調節する . . . . . . . . . . . . . . . 38
( フロントフォーク)調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
れ
冷却システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
レースナンバープレート
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ろ
ロアートリプルクランプ
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50-51
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
*3211688ja*
3211688ja
2010年9月
写真: ミッターバウワー
KTM-Sportmotorcycle AG
5230 Mattighofen/オーストリア
http://www.ktm.com
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement