KTM 500 XCF-W US 2020 Cross Country Bike ユーザーマニュアル

KTM 500 XCF-W US 2020 Cross Country Bike ユーザーマニュアル
OWNER'S MANUAL 2020
450 EXC‑F
450 EXC‑F Six Days
500 EXC‑F
500 EXC‑F Six Days
500 XCF‑W
ART. NO. 3214012ja
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
このたびは KTM のモーターサイクルをお買い上げ頂き、ありがとうございます。最新のスポーツモーターサイ
クルを手に入れられたお客様に、これを十分満喫頂くため、適切なメンテナンスと手入れを行う事をお願いして
います。
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
安全で楽しいライドをたっぷりお楽しみ下さい。
お持ちのモーターサイクルのシリアルナンバーを以下に記入して下さい。
車両識別番号 (
頁 14)
エンジンナンバー (
正規ディーラー店スタンプ
頁 14)
キーナンバー (全ての EU シリーズ) (
頁 14)
本オーナーズマニュアルは、印刷時点現在、当該モデルシリーズの最新仕様に基づいて作成されています。しか
し、車両の更なる改良により、製品と若干の差異が生じる可能性があります。
ここに記載された内容について、当社は何ら義務を負わないものと致します。KTM Sportmotorcycle GmbH は、
記載された技術内容、価格、色、形、部品、サービス内容、構造、装備などにつき予告および理由の開示なく変
更、代替品なく抹消、地域の状況に合わせ変更、並びに特定モデルの生産を予告なく停止する権利を有するもの
とします。商品入手の可否、写真・イラスト並びに記載内容との差異、印刷ミス並びに誤記に対し、KTM は一切
の責任を負いかねます。写真に使用されているモデルには、一部量産製品にはない特殊装備が施されています。
© 2019 KTM Sportmotorcycle GmbH, Mattighofen オーストリア
無断複写・転載を禁じます。
一部または全部並びにその種類を問わず、複製・複写には必ず著作者の書面による許可を要します。
ISO 9001(12 100 6061)
国際品質管理規格 ISO 9001 に基づき、KTM では、到達しうる最高の製品品質を実現するための
品質保証プロセスを導入しています。
発行: TÜV Management Service
KTM Sportmotorcycle GmbH
Stallhofnerstraße 3
5230 Mattighofen, オーストリア
以下のモデルがこの書類の内容に該当します。:
450 EXC‑F EU (F8403T9)
450 EXC‑F Six Days EU (F8403T2)
500 EXC‑F EU (F8503T9)
500 EXC‑F Six Days EU (F8503T2)
500 XCF-W US (F8575T1)
*3214012ja*
3214012ja
2019 年 05 月
目次
1
目次
2
表示方法 ............................................................ 6
6.12
1.1
1.2
6.13
6.14
6.15
6.16
6.17
6.18
6.19
6.20
6.21
安全の手引き..................................................... 7
2.1
2.2
2.3
2.4
2.5
2.6
2.7
2.8
2.9
2.10
3
7
7.2
7.3
7.4
7.5
7.6
7.7
7.8
7.9
7.10
7.11
7.12
7.13
7.14
7.15
7.16
各部の名称 左前方 ( 代表写真)......... 12
各部の名称 右後方 ( 代表写真)......... 13
車両識別番号 ......................................
タイプラベル ......................................
キーナンバー (全ての EU シリーズ) ...
エンジンナンバー ...............................
フロントフォークタイプナンバー......
ショックアブソーバータイプナン
バー.....................................................
14
14
14
14
15
15
6.6
6.7
6.8
6.9
6.10
6.11
クラッチレバー...................................
ブレーキレバー...................................
スロットルグリップ ...........................
オフスイッチ ......................................
ホーンスイッチ (全ての EU シリー
ズ) .......................................................
ライトスイッチ (全ての EU シリー
ズ) .......................................................
ライトスイッチ (XCF‑W)....................
ターンシグナルスイッチ (全ての
EU シリーズ) ......................................
エマージェンシーOFFスイッチ......
スタートキー ......................................
コンビネーションスイッチ (全ての
EXC‑F Six Days, XCF‑W) ...................
7.17
16
16
16
16
7.18
7.19
7.20
7.21
17
7.22
17
17
7.23
7.24
18
18
18
19
8
19
20
20
21
21
22
22
23
23
23
24
24
コンビネーションインスツルメント............... 25
7.1
11
11
11
11
11
11
操作各部 .......................................................... 16
6.1
6.2
6.3
6.4
6.5
2
6.23
シリアルナンバー............................................ 14
5.1
5.2
5.3
5.4
5.5
5.6
6
メーカー保証、法定保証.....................
油脂類、ケミカル類............................
スペアパーツ、アクセサリー .............
サービス..............................................
写真.....................................................
カスタマーサービス ...........................
6.22
各部の名称 ...................................................... 12
4.1
4.2
5
使用目的に応じた使用環境................... 7
誤使用 ................................................... 7
安全の手引き ........................................ 7
危険度と表示マーク ............................. 8
改造に関する警告 ................................. 8
使用時の安全性..................................... 8
保護服 ................................................... 9
作業上の決まり..................................... 9
環境....................................................... 9
オーナーズマニュアル........................ 10
重要な注意事項 ............................................... 11
3.1
3.2
3.3
3.4
3.5
3.6
4
本書の表示マークについて................... 6
使用文字種について ............................. 6
インジケーターランプ (全ての EU シ
リーズ) ................................................
インジケーターランプ (XCF‑W).........
フィラーキャップを開ける.................
フィラーキャップを閉める.................
チョークノブ ......................................
アイドリング調整スクリュー .............
シフトレバー ......................................
ブレーキペダル...................................
サイドスタンド...................................
ハンドルロック (全ての EU シリー
ズ) .......................................................
ハンドル操作をロックする (全ての
EU シリーズ) ......................................
ハンドル操作のロックを解除する
(全ての EU シリーズ) .........................
コンビネーションインスツルメント
-一覧 .................................................
起動とテスト ......................................
キロメートルかマイルを設定する......
コンビネーションインスツルメント
を設定する ..........................................
時刻を設定する...................................
ラップタイムを表示する ....................
SPEED モード ( 速度).........................
SPEED/H モード ( 作動時間)..............
設定メニュー ......................................
単位を設定する...................................
SPEED/CLK モード ( 時刻).................
時刻を設定する...................................
SPEED/LAP モード ( ラップタイム) ...
ラップタイムを表示する ....................
SPEED/ODO モード ( 走行距離計).....
SPEED/TR1 モード ( トリップマス
ター 1).................................................
SPEED/TR2 モード ( トリップマス
ター 2).................................................
TR2 ( トリップマスター 2)の設定 ......
SPEED/A1 モード ( 平均速度 1) .........
SPEED/A2 モード ( 平均速度 2) .........
SPEED/S1 モード ( ストップウォッ
チ 1) ....................................................
SPEED/S2 モード ( ストップウォッ
チ 2) ....................................................
機能一覧表 ..........................................
作動機能と条件の一覧表 ....................
25
25
25
26
26
27
27
28
28
29
30
30
30
31
31
32
32
33
33
34
34
34
35
36
運転操作の前に ............................................... 38
8.1
8.2
8.3
初めて運転操作を行う際の注意 ......... 38
慣らし運転をする ............................... 39
低温でのリチウムイオンバッテリー
の始動出力 .......................................... 40
目次
8.4
8.5
8.6
8.7
8.8
8.9
9
9.2
9.3
9.4
9.5
9.6
9.7
9.8
9.9
40
41
42
42
43
44
44
45
46
46
46
47
48
48
サービスプラン ............................................... 50
10.1
10.2
10.3
11
運転操作の前に必ず行う点検・メン
テナンス作業 ......................................
車両を始動する...................................
トラクションコントロールを有効化
する (全ての EXC‑F Six Days,
XCF‑W) ...............................................
発進.....................................................
シフト操作と走行 ...............................
ブレーキをかける ...............................
停止と駐車 ..........................................
輸送.....................................................
燃料を給油する...................................
11.13 フロントフォークのリバウンドダン
パーを調節する...................................
11.14 フロントフォークのスプリングプリ
ロードを調節する (全ての
EXC‑F Six Days).................................
11.15 ハンドルバーの位置 ...........................
11.16 ハンドルバーの位置を調節する ......
40
運転上の注意事項............................................ 44
9.1
10
過酷な環境での使用に備えて車両の
準備をする ..........................................
車両を乾燥した砂地での走行に備え
る ........................................................
車両を濡れた砂地での走行に備え
る ........................................................
車両を濡れた道路や泥道での走行に
備える .................................................
車両を高温または低速走行に備え
る ........................................................
車両を低温または雪道に備える .........
補足情報.............................................. 50
必須作業.............................................. 50
推奨作業.............................................. 51
12
シャーシの基本設定を運転者の体重
に応じて確認する ...............................
11.2
ショックアブソーバーのコンプレッ
ションダンパー...................................
11.3
ショックアブソーバーのコンプレッ
ションダンパー低速を調節する .........
11.4
ショックアブソーバーのコンプレッ
ションダンパー高速を調節する .........
11.5
ショックアブソーバーのリバウンド
ダンパーを調節する ...........................
11.6
後輪に負荷をかけない状態で寸法を
測定する..............................................
11.7
ショックアブソーバーの空車サグを
点検する..............................................
11.8
ショックアブソーバーのライディン
グサグを点検する ...............................
11.9
ショックアブソーバーのスプリング
プリロードを調節する ....................
11.10 ライディングサグを調節する .........
11.11 フロントフォークの基本設定を確認
する.....................................................
11.12 フロントフォークのコンプレッショ
ンダンパーを調節する........................
12.1
12.2
12.3
12.4
12.5
12.6
12.7
12.8
12.9
12.10
12.11
12.12
12.13
12.14
12.15
53
53
12.16
54
12.17
12.18
12.19
55
12.20
55
56
12.21
12.22
12.23
56
12.24
57
58
12.25
12.26
12.27
53
58
12.28
59
61
62
62
サービス作業シャーシ .................................... 65
シャーシを調整する ........................................ 53
11.1
60
車両をリフトスタンドでジャッキ
アップする ..........................................
車両をリフトスタンドから降ろす......
フォークレッグの空気を抜く .............
フォークレッグのダストシールを清
掃する .................................................
フォークカバーを取り外す.................
フォークカバーを取り付ける .............
フォークレッグを取り外す .............
フォークレッグを取り付ける .........
ロアートリプルクランプを取り外
す (EXC‑F EU, XCF‑W) ..................
ロアートリプルクランプを取り外
す (全ての EXC‑F Six Days) ...........
ロアートリプルクランプを取り付け
る (EXC‑F EU, XCF‑W) ..................
ロアートリプルクランプを取り付け
る (全ての EXC‑F Six Days) ...........
ステアリングヘッドベアリングの遊
びを点検する ......................................
ステアリングヘッドベアリングの遊
びを調節する (EXC‑F EU,
XCF‑W) ...............................................
ステアリングヘッドベアリングの遊
びを調節する (全ての
EXC‑F Six Days).................................
ステアリングヘッドのベアリングを
グリスアップする ...........................
フロントフェンダーを取り外す .........
フロントフェンダーを取り付ける......
ショックアブソーバーを取り外
す ....................................................
ショックアブソーバーを取り付け
る ....................................................
シートを取り外す ...............................
シートを取り付ける ...........................
エアフィルターボックスカバーの取
り外し .................................................
エアフィルターボックスカバーの取
り付け .................................................
エアフィルターを取り外す .............
エアフィルターを取り付ける .........
エアフィルターとエアフィルター
ケースを清掃する ...........................
エアフィルターケースカバーに
ヒューズ孔を加工する ....................
65
65
65
66
66
67
67
68
69
70
71
73
75
76
76
77
77
78
79
79
80
80
81
81
82
83
83
84
3
目次
12.29 メインサイレンサーを取り外す ......... 84
12.30 メインサイレンサーを取り付ける...... 85
12.31 スパークアレスターの清掃
(XCF‑W).............................................. 85
12.32 メインサイレンサーのグラスファイ
バーを交換する ............................... 86
12.33 フューエルタンクを取り外す ......... 88
12.34 フューエルタンクを取り付ける ...... 89
12.35 チェーンの汚れを点検する................. 91
12.36 チェーンを清掃する ........................... 91
12.37 チェーンの遊びを点検する................. 92
12.38 チェーンの遊びを調節する................. 93
12.39 チェーン、リアスプロケット、フロン
トスプロケット、チェーンガイドを
点検する.............................................. 94
12.40 フレームを点検する ........................ 96
12.41 スイングアームを点検する ............. 96
12.42 ガスボーデンケーブルの取り回しの
点検..................................................... 96
12.43 グリップゴムを点検する .................... 97
12.44 クラッチレバーの基本位置を調整す
る ........................................................ 98
12.45 油圧式クラッチのフルードレベルを
点検・調節する ................................... 98
12.46 油圧式クラッチのフルードを交換す
る .................................................... 99
12.47 エンジンガードを取り外す (全ての
EXC‑F Six Days, XCF‑W) ................. 100
12.48 エンジンガードを取り付ける (全て
の EXC‑F Six Days, XCF‑W) ............ 101
13
14
13.3
13.4
13.5
13.6
13.7
13.8
13.9
13.10
13.11
13.12
13.13
ブレーキレバーの遊びを点検する....
ブレーキレバーの遊びを調節する
(全ての EU シリーズ) .......................
ブレーキレバーの基本位置を調整
する (XCF‑W)....................................
ブレーキディスクを点検する ...........
前輪ブレーキのブレーキフルード
のレベルを点検する .........................
前輪ブレーキのブレーキフルード
を補給する ....................................
前輪ブレーキのブレーキパッドを
点検する............................................
前輪ブレーキのブレーキパッドを
交換する ........................................
ブレーキペダルの遊びを点検する....
ブレーキペダルの基本位置を調整
する ...............................................
後輪ブレーキのブレーキフルード
のレベルを点検する .........................
後輪ブレーキのブレーキフルード
を補給する ....................................
後輪ブレーキのブレーキパッドを
点検する............................................
102
15
15.6
15.7
15.8
15.9
15.10
15.11
15.12
15.13
16
16.3
16.4
16.5
104
17
17.1
106
110
17.2
111
12V バッテリーを取り外す ...........
12V バッテリーを取り付ける .......
12V バッテリーを充電する ...........
メインヒューズを交換する...............
各電装系部品のヒューズを交換す
る ......................................................
ヘッドライトマスクとヘッドライ
トを取り外す ....................................
ヘッドライトマスクとヘッドライ
トを取り付ける.................................
ヘッドライトバルブを交換する .......
ヘッドライトの設定を点検する .......
ヘッドライトの照明距離を調節す
る ......................................................
ターンシグナルのバルブを交換す
る (全ての EU シリーズ) ...................
コンビネーションインスツルメン
トの電池を交換する .........................
診断プラグ ........................................
123
124
125
127
128
129
130
131
132
132
132
133
134
冷却システム ....................................
不凍液とクーラントのレベルを点
検する ...............................................
クーラントのレベルを点検する .......
クーラントを排出する ..................
クーラントを注入する ..................
135
135
136
137
138
エンジンを調整する ...................................... 139
106
111
117
118
118
119
121
121
122
冷却システム................................................. 135
16.1
16.2
103
103
前輪を取り外す .............................
前輪を取り付ける .........................
後輪を取り外す .............................
後輪を取り付ける .........................
タイヤの状態を点検する ..................
タイヤ空気圧を点検する ..................
スポークの張りを点検する...............
電装系............................................................ 123
15.1
15.2
15.3
15.4
15.5
102
104
車輪、タイヤ ................................................. 117
14.1
14.2
14.3
14.4
14.5
14.6
14.7
ブレーキシステム.......................................... 102
13.1
13.2
4
13.14 後輪ブレーキのブレーキパッドを
交換する ........................................ 113
17.3
17.4
112
17.5
17.6
113
17.7
アクセルワイヤーの遊びを点検す
る ......................................................
アクセルワイヤーの遊びを調節す
る ..................................................
スロットルからの吸気特性を調節
する ...............................................
マッピングを変更する (全ての
EXC‑F Six Days, XCF‑W) .................
アイドリング回転数を調節する ....
スロットルバルブ位置をプログラ
ミング ...............................................
シフトレバーの基本位置を点検す
る ......................................................
139
139
140
141
142
143
143
目次
17.8
18
エンジンで行うサービス作業........................ 145
18.1
18.2
18.3
18.4
19
燃料スクリーンを交換する ...........
エンジンオイルのレベルを点検す
る ......................................................
エンジンオイルとオイルフィル
ターを交換し、オイルスクリーンを
清掃する ........................................
エンジンオイルを補給する...............
145
146
146
149
清掃、手入れ ................................................. 150
19.1
19.2
20
シフトレバーの基本位置を調整す
る .................................................. 144
洗車をする ........................................ 150
冬季運転における点検・メンテナン
ス作業 ............................................... 151
保管 ............................................................... 152
20.1
20.2
保管................................................... 152
保管後、運転操作の前に................... 153
21
トラブルシューティング............................... 154
22
仕様一覧 ........................................................ 157
22.1
22.2
22.3
22.3.1
22.3.2
22.3.3
22.4
22.5
22.6
22.7
22.7.1
22.7.2
22.8
22.9
エンジン............................................
締付けトルク、エンジン...................
容量...................................................
エンジンオイル ............................
クーラント ...................................
燃料 ..............................................
シャーシ............................................
電装系 ...............................................
タイヤ ...............................................
フロントフォーク .............................
EXC‑F EU, XCF‑W.......................
全ての EXC‑F Six Days................
ショックアブソーバー......................
締付けトルクシャーシ......................
157
158
160
160
160
160
160
161
162
162
162
162
163
164
23
油脂類............................................................ 166
24
ケミカル類 .................................................... 168
25
規格 ............................................................... 170
26
用語索引 ........................................................ 171
27
表示マーク索引 ............................................. 172
27.1
27.2
黄色とオレンジ色のマーク............... 172
緑と青のマーク................................. 172
索引 ....................................................................... 173
5
1 表示方法
1.1
本書の表示マークについて
以下、使用されている表示マークについて説明します。
予想される正常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果。
想定外の異常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果。
このマークが付いている作業は全て専門知識や技術的知識を必要とします。ご自身の安全の
ため、これら作業は KTM 正規ディーラーで実施するようにして下さい! 特別な訓練を受けた
専門技術者が必要な専用ツールを使って、お客様のモーターサイクルを最適な状態にメンテナ
ンス致します。
参照頁を示します ( 詳細については記載の頁を参照して下さい)。
補足情報や役に立つ情報を示します。
確認ステップの結果を示します。
電圧の測定を示します。
電流の測定を示します。
必要に応じた再加工を含む作業の終わりについて示します。
1.2
使用文字種について
以下、使用されている文字種について説明します。
固有名詞
固有名詞を示します。
名前®
登録商標を示します。
マーク ™
トレードマークを示します。
下線を引いた用語
車両の技術的詳細を参照または用語解説にある専門用語を示します。
6
安全の手引き 2
2.1
使用目的に応じた使用環境
(全ての EU シリーズ)
この車両は、通常レースで想定される使用環境に耐えられるような設計・構造となっています。この車両
は、モーターサイクルスポーツの国際上位団体・協会が取り決めている最新の競技規定・カテゴリーに対応
しています。
参考
車両は認可を受けた(出力制限された)仕様でのみ、公共道路での走行が許可されています。
出力制限が解除された車両は、公共道路から隔たれた場所でしか使用することができません。
本車両はオフロード耐久レース用に設計されており、主要なモトクロスレースでの使用のために設計
されてはいません。
(XCF‑W)
この車両は、通常レースで想定される使用環境に耐えられるような設計・構造となっています。この車両
は、モーターサイクルスポーツの国際上位団体・協会が取り決めている最新の競技規定・カテゴリーに対応
しています。
参考
本車両はオフロード耐久レース用に設計されており、主要なモトクロスレースでの使用のために設計
されてはいません。
2.2
誤使用
車両は使用目的に従った方法でのみ使用してください。
使用目的に従わない場合、人、車両、そして環境への危険の原因となります。
使用目的に従った使用、また定義されている使用環境の範囲外で車両を使用した場合、それは誤使用とみなされ
ます。
油脂類およびケミカル類がそれぞれの使用に適した仕様条件を満たしていない場合も誤使用とみなされます。
2.3
安全の手引き
記載された製品の安全な環境のために安全の手引きに留意して下さい。そのためにも本説明書および同梱され
たその他すべての説明書をよくお読み下さい。この安全の手引きは文章が見やすく記載され、重要箇所はリンク
が添付されています。
参考
記載された製品のよく見える箇所に注意・警告表示が貼付されています。注意または警告表示をはがさ
ないで下さい。これら表示がないと危険が認識できず、お客様ご自身並びに周囲の方々が怪我をされる
恐れがあります。
7
2 安全の手引き
2.4
危険度と表示マーク
危険
適切に対応しないと直接および確実に死亡や後遺症を残す重傷につながる危険を示します。
警告
適切に対応しないと死亡や後遺症を残す重傷につながる恐れのある危険を示します。
注意
適切に対応しないと場合によっては軽傷につながる恐れのある危険を示します。
情報
適切に対応しないと車両または部品に重大な損傷をもたらす危険を示します。
情報
適切に対応しないと環境汚染につながる危険を示します。
2.5
改造に関する警告
ノイズダンパー部品の改造を行うことは禁じられています。以下の処置および該当する状態の製造は法的に禁
じられています:
1
防音のために取り付けられている装備や部品のいずれかを、新車がエンドユーザーに販売または引き渡され
る前に取り外したり、機能しないように変更したりする事。あるいは車両の使用期間中にメンテナンス、修
理、交換以外の目的で取り外したり、機能しないように変更したりする事。
2
そのように設置したり部品を取り外す、もしくは機能しないようにした車両の使用。
違法改造の例:
1
メインサイレンサー、バッフルプレート、マニホールド、その他排気系統の部品の取り外しもしくは穿孔。
2
インテークシステム部品の取り外しまたは穿孔。
3
非合法的なメンテナンス状態での使用。
4
車両の可動部品、あるいは排気装置またはインテークシステムの部品を製造者が承認していない部品と交換
する事。
(XCF‑W)
アクセサリーパーツまたは改造部品は、蒸発性排出物の制限において適用される ARB 規格に準拠していな
ければなりません。この規定に違反すると、民法および / または刑法によって処罰される可能性があります。
2.6
使用時の安全性
危険
事故の危険性
運転能力および判断力が十分でない運転者は、自身および他の方への危険となります。
–
アルコール、薬物、薬品などにより運転能力が低下している場合、車両の運転をしないでください。
–
肉体的、精神的に運転能力が低下している場合も、車両の運転をしないでください。
危険
中毒の危険性
8
排気ガスは毒性があり、意識不明や死亡の原因となる恐れがあります。
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるように常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用し
てください。
安全の手引き 2
警告
火傷の危険性
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
–
車両部品が冷めるまで排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキシステムなどの部品
には触らないでください。
–
車両部品を十分に冷ましてから作業を実行してください。
車両が完璧に整備された状態である事を必ず確認し、法規定に則った安全で環境に優しい運転を心がけて下さ
い。
公道では適切な運転許可証が必要となります。
安全性を損なうような不具合がある場合は、すぐに KTM 正規ディーラーで処置を受けて下さい。
車両に貼付された注意および警告表示に留意して下さい。
2.7
保護服
警告
怪我の危険性
不足および欠陥のある保護服の着用は安全面での危険性を高めます。
–
走行時は必ずヘルメット、ブーツ、手袋、プロテクターが取り付けられたズボンやジャケットなどの
保護服を着用してください。
–
損傷等がなく、かつ法規制に従った保護服を常に着用して下さい。
KTM ではお客様の安全性のためにも運転の際には適切な保護服を必ず着用するようお勧めしています。
2.8
作業上の決まり
作業の中には専用ツールを必要とするものがあります。専用ツールは車両の付属品ではありませんが、()に記
載されている番号を指定して注文する事ができます。例:ベアリングプーラー(15112017000)
組み立ての際再利用できない部品(緩み止めスクリューとナット、ガスケット、O リング、割りピン、リテー
ナープレートなど)は新しい部品と交換します。
スクリュー脱落にはゆるみ止め材 ( 例、Loctite®)が必要になることがあります。使用の際にはメーカーの特別な
注意事項を参照して下さい。
新しい部品にゆるみ止め剤(Precote®など)が塗布されている場合、追加的にゆるみ止め剤を重ねて塗布する必
要はありません。
分解後も再度使用する部品は清掃し、磨耗や損傷がないかを点検します。摩耗・損傷した部品は交換します。
修理およびサービス終了後は、車両が安全に使用できる状態である事を確認して下さい。
2.9
環境
責任感をもってモーターサイクルと接する事で問題や対立の発生を避ける事ができます。モーターサイクルの
明るい未来のためにも、法律で定められた範囲でモーターサイクルを使用し、環境意識を持ち、他人の権利を尊
重する事を常に心がけて下さい。
古い燃料、その他燃料およびケミカル類、古くなった部品の廃棄は各国の法律および規則を遵守して下さい。
モーターサイクルは古い車両の廃棄に関する EU 指令の対象ではないので、法的な規定はありません。KTM 正
規ディーラーにお気軽にお尋ね下さい。
9
2 安全の手引き
2.10
オーナーズマニュアル
初めてツーリングに出る前に、必ずこのオーナーズマニュアルを全頁注意して読んで下さい。車両の操作や取り
扱い、メンテナンスのために有用なヒントや情報が盛り込まれています。車両を自分に合った最適な状態に調整
し、ご自身を怪我から守る対処法を知るにはこれ以外の方法はありません。
必要な時にはいつでも確認できるよう、オーナーズマニュアルはすぐに手の届く場所に保管しておいて下さい。
車両について、ここに記載されていない情報をお求めの場合やご不明な点がありましたら、KTM 正規ディー
ラーまでお問い合わせ下さい。
オーナーズマニュアルはモーターサイクルの重要な部品の一部です。転売する際は必ず車両と一緒に新しい所
有者に引き渡して下さい。
オーナーズマニュアルは KTM 正規ディーラーで、または KTM ホームページからダウンロードすることができ
ます。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
10
重要な注意事項 3
3.1
メーカー保証、法定保証
サービスプランに規定された作業は必ず KTM の正規ディーラーで行い、KTM Dealer.netで証明を受けて下さ
い。これをしないと一切の保証請求が無効となります。また、車両の変更・改造に起因する直接・間接の損害は
メーカー保証の対象外です。
3.2
油脂類、ケミカル類
情報
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
オーナーズマニュアルおよび仕様に応じた油脂類とケミカル類を使用して下さい。
3.3
スペアパーツ、アクセサリー
ご自身の安全のため、KTM により承認または推奨されたスペアパーツ並びにアクセサリーのみを使用し、また
これら部品の取り付けは KTM の正規ディーラーで行って下さい。それ以外の製品およびその使用に起因する損
害について、KTM は一切その責任を負いかねます。
関連する説明文で ( )内に記載されているスペアパーツやアクセサリーもあります。KTM 正規ディーラーまで
お気軽にお問い合わせ下さい。
お手持ちの製品でご使用になれる最新のKTM PowerPartsについては、KTM のホームページをご覧下さい。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
3.4
サービス
故障を避け、早期摩耗を防ぐには、オーナーズマニュアルの記載に従ってエンジンとシャーシのサービス、手入
れ、調整作業を行う事が必要です。シャーシの調整を間違うと、シャーシ部品の損傷や破損を引き起こす恐れが
あります。
砂地やぬかるみ、濡れたコースやオフロードなど、過酷な環境で車両を使用すると、駆動装置やブレーキシステ
ム、サスペンションなどで部品の磨耗を大幅に早める原因となります。その結果、次回サービス実施時期に達す
る前に点検や部品の交換が必要になる事があります。
規定の慣らし運転時間とサービス時期を必ず守って下さい。これは、車両の寿命を長くするために非常に重要な
事です。
走行距離と時間間隔は最初のインターバルで決定します。
3.5
写真
注意事項に記載された写真には一部特別装備が施されています。
より分かりやすく表示および説明するために一部部品を取り外したり、記載していない場合があります。これら
の記述に関する取り外しは必ずしも必要ではありません。記載内容に留意して下さい。
3.6
カスタマーサービス
お手持ちの製品や KTM に関するご質問については、KTM 正規ディーラーまでお気軽にお問い合わせ下さい。
KTM 正規ディーラーの一覧は KTM のホームページに掲載されています。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
11
4 各部の名称
4.1
各部の名称
左前方 ( 代表写真)
V01746-10
1
2
3
4
5
6
12
クラッチレバー (
頁 16)
フィラーキャップ
エアフィルターケースカバー
サイドスタンド (
頁 23)
エンジンナンバー (
シフトレバー (
頁 14)
頁 22)
各部の名称 4
4.2
各部の名称
右後方 ( 代表写真)
V01747-10
1
1
1
1
2
3
4
5
6
7
8
オフスイッチ (
頁 16)
ホーンスイッチ (
頁 17) (全ての EU シリーズ)
ライトスイッチ (
頁 17) (全ての EU シリーズ)
ターンシグナルスイッチ (
スタートキー (
頁 18) (全ての EU シリーズ)
頁 18)
エマージェンシーOFFスイッチ (
スロットルグリップ (
ブレーキレバー (
頁 16)
フロントフォークタイプナンバー (
ブレーキペダル (
頁 18)
頁 16)
頁 15)
頁 23)
後輪ブレーキフルードの点検窓
13
5 シリアルナンバー
5.1
車両識別番号
シャリョウシキベツバンゴウ
印されています。
1はステアリングヘッドの右に刻
401945-10
5.2
タイプラベル
(全ての EU シリーズ)
欧州向け車両のタイプラベル はステアリングヘッドの前方
に貼付されています。
オーストラリア向け車両のタイプラベル はフロントパイプ
の前方に貼付されています。
1
2
V01808-10
5.3
キーナンバー (全ての EU シリーズ)
ハンドルロックのためのキーナンバー
に刻印されています。
1は 2 つのキーの接合部
402247-10
5.4
エンジンナンバー
エンジンナンバー
されています。
1はエンジンの左側、シフトレバー後方に刻印
H00940-10
14
シリアルナンバー 5
5.5
フロントフォークタイプナンバー
フロントフォークタイプナンバー はフォークレッグアクスル
通し穴の内側に刻印されています。
1
401947-10
5.6
ショックアブソーバータイプナンバー
ショックアブソーバータイプナンバー は、ショックアブソー
バー上部、調節リングの上、エンジン側に刻印されています。
1
H02222-10
15
6 操作各部
6.1
クラッチレバー
クラッチレバー は左のハンドルバーに設置されています。
クラッチは油圧で作動し、自動調整されています。
1
E00817-10
6.2
ブレーキレバー
ブレーキレバー は右のハンドルバーに設置されています。
ブレーキレバーで前輪ブレーキを作動します。
1
E01205-10
6.3
スロットルグリップ
スロットルグリップ
1は右のハンドルバーに設置されています。
E01206-10
6.4
オフスイッチ
(全ての EU シリーズ)
オフスイッチ は左のハンドルバーに設置されています。
1
S01302-10
16
操作各部 6
(XCF‑W)
オフスイッチ
1は左のハンドルバーに設置されています。
E00821-10
6.5
確認すべき状態
• オフスイッチ が基本位置にある– この位置ではイグニッ
ション回路が接続されており、エンジンをかける事ができま
す。
• オフスイッチ が押されている– この位置ではイグニッショ
ン回路が接続されておらず、エンジン作動中はこれを停止
し、停止中の場合はエンジンをかける事ができません。
ホーンスイッチ (全ての EU シリーズ)
ホーンスイッチ
1は左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• ホーンスイッチ
• ホーンスイッチ
ます。
が基本位置にある
が押されている– この位置でホーンが鳴り
S01303-10
6.6
ライトスイッチ (全ての EU シリーズ)
ライトスイッチ
1は左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
ヘッドライト ( ロービーム)点灯– ライトスイッチが
中央位置にあります。この位置でヘッドライト ( ロー
ビーム)とテールライトが点灯しています。
ヘッドライト ( ハイビーム)点灯– ライトスイッチが
反時計回りに回されています。この位置でヘッドラ
イト ( ハイビーム)とテールライトが点灯しています。
S01307-10
6.7
ライトスイッチ (XCF‑W)
ライトスイッチ はコンビネーションインスツルメントの左横
に設置されています。
1
確認すべき状態
• ライトが消えている– ライトスイッチがいっぱいに押されて
います。この位置でライトが消えています。
• ライトが点灯している– ライトスイッチがいっぱいに引かれ
ています。この位置でヘッドライト ( ロービーム)とテールラ
イトが点灯しています。
V01748-10
17
6 操作各部
6.8
ターンシグナルスイッチ (全ての EU シリーズ)
ターンシグナルスイッチ
ます。
1は左のハンドルバーに設置されてい
確認すべき状態
ターンシグナル停止– ターンシグナルスイッチが中央
に位置しています。
左のターンシグナルが作動– ターンシグナルスイッチ
は左側に向けられています。
右のターンシグナルが作動– ターンシグナルスイッチ
は右側に向けられています。
S01304-10
6.9
エマージェンシーOFFスイッチ
(全ての EU シリーズ)
エマージェンシーOFFスイッチ
置されています。
1は右のハンドルバーに設
確認すべき状態
イグニッションがオフ– この位置ではイグニッション
回路が接続されておらず、エンジン作動中はこれを停
止し、停止中の場合はエンジンをかける事ができませ
ん。
V01749-10
6.10
イグニッションがオン– この位置ではイグニッション
回路が接続されており、エンジンをかける事ができま
す。
スタートキー
(全ての EU シリーズ)
スタートキー は右のハンドルバーに設置されています。
1
V01749-11
(XCF‑W)
スタートキー
1は右のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• スタートキー が基本位置にある
• スタートキー が押されている– この位置でセルフスター
ターモーターを作動します。
V01750-10
18
操作各部 6
6.11
コンビネーションスイッチ (全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
コンビネーションスイッチは左のハンドルバーに設置されていま
す。
確認すべき状態
1
スタンダード– LED1が点灯している場合、マッピン
グはスタンダードモードです。
1TC
TC が有効なスタンダードモード– LED1とTCが点灯
している場合、マッピングはトランクションコント
ロールが有効化されたスタンダードモードです。
2
アドバンスドモード– LED2が点灯している場合、
マッピングはアドバンスドモードです。
2TC
TC が有効なアドバンスドモード– LED2とTCが点灯
している場合、マッピングはトランクションコント
ロールが有効化されたアドバンスドモードです。
警告
H02887-01
道路走行許可と保険補償の失効 コンビネーションス
イッチが装備されている場合、車両の道路走行許可はすべ
て失効します。
–
コンビネーションスイッチが装備されている場合、
車両は公共道路以外での遮断された区間でのみ作動さ
せることができます。
コンビネーションスイッチのボタンMAPでエンジン特性を変更す
ることができます。
また、コンビネーションスイッチでトラクションコントロールを
有効化することができます。
6.12
インジケーターランプ (全ての EU シリーズ)
確認すべき状態
ハイビームインジケーターランプが青く点灯– ハイ
ビームが点灯しています。
不具合インジケーターランプが黄色に点灯 / 点滅
– OBDが車両の電気系統で不具合を検出しました。
交通規制に従った方法で速やかに停車し、KTM 正規
ディーラーに連絡して下さい。
V01752-10
燃料レベル警告ランプが黄色に点灯– 燃料レベルがリ
ザーブマークに達しています。
ターンシグナルインジケーターランプが緑に点滅
– ターンシグナルが作動しています。
19
6 操作各部
6.13
インジケーターランプ (XCF‑W)
確認すべき状態
不具合インジケーターランプが黄色に点灯 / 点滅
– OBDが車両の電気系統で不具合を検出しました。
停車し、KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
燃料レベル警告ランプが黄色に点灯– 燃料レベルがリ
ザーブマークに達しています。
V01751-10
6.14
フィラーキャップを開ける
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
–
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所に保管して下さい。
情報
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
–
K01334-10
20
リリースボタン を押し、フィラーキャップを時計と反対回
りに回して上に取り外します。
1
操作各部 6
6.15
フィラーキャップを閉める
–
フィラーキャップをかぶせ、リリースボタン
まで時計回りに回します。
1がロックする
参考
フューエルタンクのエア抜きホース
いように注意して下さい。
2が折れ曲がらな
K01334-11
6.16
チョークノブ
チョークノブ はスロットルバルブ本体下に設置されています。
エンジンが冷えた状態で外気温が低い場合、電子フューエルイン
ジェクションが噴射時間を延長します。より多くの燃料を燃焼さ
せるために、チョークノブを押して追加でエンジンに酸素を供給
します。
少しスロットルを開き、スロットルグリップを離す、またはス
ロットルグリップを前に回した場合、チョークノブは元の位置に
戻ります。
1
参考
チョークノブが基本位置に戻っているか確認します。
確認すべき状態
• チョークノブがオン– チョークノブが最後まで押し込まれて
います。
• チョークノブがオフ– チョークノブが基本位置にあります。
H02253-10
21
6 操作各部
6.17
アイドリング調整スクリュー
スロットルバルブ本体のアイドリング調節は、エンジンのかかり
方、アイドリング回転数の安定性、アクセルを開いたときの反応
に大きな影響を与えます。
アイドリング回転数の調節がきちんと行われていると、そうでな
い場合に比べてエンジンがかかりやすくなります。
アイドリング回転数はアイドリング調節スクリュー で調節し
ます。
アイドリング調整スクリューを時計回りに回すと、アイドリング
回転数が上がります。
アイドリング調整スクリューを時計と反対回りに回すと、アイド
リング回転数が下がります。
1
H02254-10
6.18
シフトレバー
シフトレバー
1はエンジンの左側に設置されています。
401950-10
各ギアのポジションは図の通りです。
ニュートラル / アイドリングは 1 速と 2 速の間にあります。
401950-11
22
操作各部 6
6.19
ブレーキペダル
フットブレーキレバー は右フットレストに設置されています。
ブレーキペダルで後輪ブレーキを作動します。
1
401956-10
6.20
サイドスタンド
サイドスタンド
1は車両の左側に設置されています。
401943-10
サイドスタンドは車両を立てるのに使用します。
参考
走行中はサイドスタンド
固定して下さい。
1を上に閉じ、ゴムベルト2で
401944-10
6.21
ハンドルロック (全ての EU シリーズ)
ハンドルロック はステアリングヘッドの左側に設置されてい
ます。
ハンドルロックをかけるとハンドルを固定する事ができます。
これによりハンドル操作ができず、よって走行不可能となります。
1
S01311-10
23
6 操作各部
6.22
ハンドル操作をロックする (全ての EU シリーズ)
情報
損傷の危険性
–
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあります。
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
–
車両を停めます。
–
ハンドルバーを右に回し切ります。
–
ハンドルロックは定期的にグリースアップします。
汎用オイルスプレー (
–
頁 169)
ハンドルロックにハンドルロック ( 頁 23)用キーを差し込ん
で時計と反対回りに回し、押しながら今度は右に回します。
ハンドルロック用キーを抜き取ります。
これで、もうハンドルバーを動かすことはできません。
400732-01
参考
ハンドルロック用キーをハンドルロックに差し込んだ
ままにしないで下さい。
6.23
ハンドル操作のロックを解除する (全ての EU シリーズ)
–
ハンドルロック ( 頁 23)にハンドルロック用キーを差し込ん
で時計と反対回りに回し、少し引き出してから今度は右に回
します。ハンドルロック用キーを抜き取ります。
これでまたハンドルバーを動かす事ができます。
参考
ハンドルロック用キーをハンドルロックに差し込んだ
ままにしないで下さい。
400731-01
24
コンビネーションインスツルメント 7
7.1
コンビネーションインスツルメント-一覧
–
ボタンでさまざまな機能の操作を行います。
–
ボタンでさまざまな機能の操作を行います。
参考
納車時はSPEED/HモードとSPEED/ODOモードだけが選
択されています。
V00799-01
7.2
起動とテスト
コンビネーションインスツルメントを起動する
いずれかのキーを押すか、または車輪速度センサーからパルスを
受信すると、コンビネーションインスツルメントが起動します。
ディスプレイテスト
画面の機能テストのため、全表示アイテムを短く表示します。
400313-01
WS ( ホイールサイズ)
画面の機能テストの後、ホイール外周WS(ホイールサイズ)を表
示します。
参考
「2205 」は量産モデルの 21 インチ前輪の外周に相当しま
す。
その後、最後に選択したモードが表示されます。
400314-01
7.3
キロメートルかマイルを設定する
参考
単位を変更してもODOの値は保持され、選択単位に合わせて換算されます。
TR1、TR2、A1、A2、S1の値は単位を変更すると削除されます。
条件
車両が停止している。
–
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にHを表示
させます。
ボタンを 2~ 3 秒間押し続けます。
設定メニューが現れ、選択されている機能を表示します。
–
ボタンを何度か短く押して、Km/h / Mphを点滅させます。
Km/hを選択する
–
ボタンを押します。
400329-01
Mphを選択する
–
ボタンを押します。
25
7 コンビネーションインスツルメント
–
3~ 5 秒間待ちます。
設定が保存されます。
参考
10~ -12 秒間キーを押さなかったか、または車輪速度
センサーからパルスを受信した場合、設定は自動的に
保存され、セットアップメニューは終了します。
7.4
コンビネーションインスツルメントを設定する
参考
納車時はSPEED/HモードとSPEED/ODOモードだけが選択されています。
条件
車両が停止している。
–
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にHを表示
させます。
ボタンを 2~ 3 秒間押し続けます。
設定メニューが現れ、選択されている機能を表示します。
参考
10~ 12 秒間ボタンを押さなかった場合、設定が自動
的に保存されます。
20 秒間ボタンを操作しない、または車輪速度センサー
から信号を受けると、自動的に設定内容を保存して設
定メニューを閉じます。
400318-01
–
ボタンを何度か短く押して、選択したい機能を点滅させま
す。
選択された機能が点滅します。
機能をオンにする
–
ボタンを押します。
シンボルを表示したまま、次の機能に移動します。
機能をオフにする
–
ボタンを押します。
シンボルが消え、次の機能に移動します。
7.5
時刻を設定する
条件
車両が停止している。
26
コンビネーションインスツルメント 7
–
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にCLKを表
示させます。
ボタンを 2~ 3 秒間押し続けます。
時間表示が点滅します。
–
時間表示をボタン
か ボタン
–
3~ 5 秒間待ちます。
で設定します。
次のセグメントが点滅し、変更可能になります。
400330-01
–
残るセグメントをボタン
様に設定します。
とボタン
を使って時間表示と同
参考
秒数はゼロ以外の値には設定できません。
15~ -20 秒間ボタンを操作しない、または車輪速度セ
ンサーから信号を受けると、自動的に設定内容を保存
して設定メニューを閉じます。
7.6
ラップタイムを表示する
参考
本機能はラップタイムを測定してからでないと作動できません。
条件
車両が停止している。
–
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にLAPを表
示させます。
ボタンを短く押します。
ディスプレイ左にLAP 1が表示されます。
–
ラップ 1 から 10 のタイムをボタン
–
ボタン
で表示できます。
を 3~ 5 秒間押し続けます。
ラップタイプが消去されます。
400321-01
–
ボタンを短く押します。
次のモードに切り替わります。
参考
車輪速度センサーから信号を受けると、ディスプレイ
左の表示がSPEEDモードに戻ります。
7.7
SPEED モード ( 速度)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ左にSPEEDを
表示させます。
SPEEDモードでは現在の速度を表示します。
現在速度はKm/hまたはMphで表示する事ができます。
400317-02
27
7 コンビネーションインスツルメント
参考
国に応じた設定を選択して下さい。
前輪から信号を受けるとディスプレイ左の表示
がSPEEDモードに切り替わり、現在の速度を表示し
ます。
7.8
SPEED/H モード ( 作動時間)
条件
• 車両が停止している。
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にHを表示
させます。
Hモードではエンジンの作動時間を表示します。
作動時間計で総走行時間を記録しています。
参考
作動時間計はサービス作業の実施時期を守るために必要で
す。
コンビネーションインスツルメントがHモードに設定され
た状態で走り出すと、自動的にODOモードに切り替わり
ます。
Hモードは走行中作動しません。
400316-01
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能の設定メニューが表示されます。
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能なし
ボタンを短 機能なし
く押します。
7.9
設定メニュー
条件
• 車両が停止している。
–
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にHを表示
させます。
ボタンを 2~ 3 秒間押し続けます。
設定メニューは選択されている機能を表示します。
参考
400344-01
希望の機能になるまで、 ボタンを短く押します。
20 秒間ボタンを押さなかった場合、設定が自動的に保存
されます。
ボタンを短 点滅している機能をオンに設定し、次の表示に
く押します。 移動します。
28
コンビネーションインスツルメント 7
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能なし
ボタンを短 点滅している機能をオフに設定し、次の表示に
く押します。 移動します。
7.10
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能なし
3~ 5 秒間待
ちます。
設定を変更せずに次の表示に移動します。
10~ 12 秒間
待ちます。
設定メニューを終了し、設定内容を保存して
HモードまたはODOモードに移動します。
単位を設定する
条件
• 車両が停止している。
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にHを表示
させます。
–
ボタンを 2~ 3 秒間押し続けます。
–
ボタンを何度か短く押して、Km/h / Mphを点滅させます。
単位モードでは、単位を切り替える事ができます。
400329-01
参考
5 秒間ボタンを押さなかった場合、設定が自動的に保存さ
れます。
ボタンを短 選択モードを開始し、Km/h表示を選択します。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能なし
ボタンを短 Mph表示を選択します。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能なし
3~ 5 秒間待
ちます。
次の表示に切り替わり、選択モードから設定メ
ニューに移動します。
10~ 12 秒間
待ちます。
設定内容を保存し、設定メニューを閉じます。
29
7 コンビネーションインスツルメント
7.11
SPEED/CLK モード ( 時刻)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にCLKを表
示させます。
CLKモードでは時刻を表示します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
時計の設定メニューが表示されます。
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
400319-01
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
作動しません。
ボタンを短 作動しません。
く押します。
7.12
時刻を設定する
条件
• 車両が停止している。
–
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にCLKを表
示させます。
ボタンを 2~ 3 秒間押し続けます。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
400319-01
数値を増やします。
ボタンを短 数値を増やします。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
数値を減らします。
ボタンを短 数値を減らします。
く押します。
7.13
3~ 5 秒間待
ちます。
次の数値に移動します。
10~ 12 秒間
待ちます。
設定メニューを終了します。
SPEED/LAP モード ( ラップタイム)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にLAPを表
示させます。
LAPモードでは、ストップウォッチで 10 ラップまでタイムを記
録できます。
参考
400320-01
30
ボタンを押してもラップタイムが止まらない場合、すで
に 9 ラップが記録されています。
10 ラップ目は ボタンでストップして下さい。
コンビネーションインスツルメント 7
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
ストップウォッチとラップタイムをリセット
します。
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
ストップウォッチをストップします。
ボタンを短 ストップウォッチをスタートするか記録中の
く押します。 ラップタイムをストップして記録し、次のラッ
プをスタートします。
7.14
ラップタイムを表示する
条件
• 車両が停止している。
–
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にLAPを表
示させます。
ボタンを短く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
400321-01
ストップウォッチとラップタイムをリセット
します。
ボタンを短 ラップ 1 から 10 を選択します。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
作動しません。
ボタンを短 次のラップタイムを表示します。
く押します。
7.15
SPEED/ODO モード ( 走行距離計)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右下にODOを表
示させます。
ODOモードでは走行した総距離を表示します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
400317-01
作動しません。
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
作動しません。
ボタンを短 作動しません。
く押します。
31
7 コンビネーションインスツルメント
7.16
SPEED/TR1 モード ( トリップマスター 1)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右上にTR1を表
示させます。
TR1 ( トリップマスター 1)は常に作動しており、999.9 までカウ
ントします。
ツーリングの際にルートの距離を測ったり、給油の間隔を距離で
確認する事ができます。
TR1はA1 ( 平均速度 1)とS1 ( ストップウォッチ 1)と連動してい
ます。
参考
400323-01
999.9 までカウントすると、TR1、A1、S1の表示を自動的
に「0.0」にリセットします。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
TR1、A1、S1の表示を「0.0」にリセットしま
す。
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
作動しません。
ボタンを短 作動しません。
く押します。
7.17
SPEED/TR2 モード ( トリップマスター 2)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右上にTR2を表
示させます。
TR2 ( トリップマスター 2)は常に作動しており、999.9 までカウ
ントします。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
400324-01
TR2とA2の値を削除します。
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
TR2の値を減らします。
ボタンを短 TR2の値を減らします。
く押します。
32
コンビネーションインスツルメント 7
7.18
TR2 ( トリップマスター 2)の設定
条件
• 車両が停止している。
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右上にTR2を表
示させます。
–
TR2が点滅するまで、
ボタンを 2~ 3 秒間押し続けます。
表示されている値は、 ボタンと ボタンを使ってマニュアル
で変更できます。ロードブックに従って走行する際、とても便利
な機能です。
400324-01
参考
TR2の値は走行中も ボタンと ボタンで修正可能です。
999.9 までカウントすると、TR2の値を自動的に「0.0」
にリセットします。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
TR2の値を増やします。
ボタンを短 TR2の値を増やします。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
TR2の値を減らします。
ボタンを短 TR2の値を減らします。
く押します。
10~ 12 秒間
待ちます。
7.19
設定内容を保存し、設定メニューを閉じます。
SPEED/A1 モード ( 平均速度 1)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右上にA1を表示
させます。
A1 ( 平均速度 1)はTR1 ( トリップマスター 1)とS1 ( ストップ
ウォッチ 1)から算出した平均速度を表示します。
車輪速度センサーから信号を受けると計測を開始し、3 秒間信号
がないと計測を終了します。
400325-01
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
TR1、A1、S1の表示を「0.0」にリセットしま
す。
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能なし
ボタンを短 機能なし
く押します。
33
7 コンビネーションインスツルメント
7.20
SPEED/A2 モード ( 平均速度 2)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右上にA2を表示
させます。
A2 ( 平均速度 2)は、ストップウォッチS2 ( ストップウォッチ 2)
の作動中、現在の速度を基にした平均速度を表示します。
参考
走行後にS2を停止しないと、表示値が実際の平均速度と異
なる場合があります。
400326-01
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
作動しません。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
作動しません。
ボタンを短 作動しません。
く押します。
7.21
SPEED/S1 モード ( ストップウォッチ 1)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右上にS1を表示
させます。
S1 ( ストップウォッチ 1)はTR1を基に走行時間を表示し、車輪速
度センサーから信号を受けるとまた作動開始します。
車輪速度センサーから信号を受けると計測を開始し、3 秒間信号
がないと計測を終了します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
400327-01
TR1、A1、S1の表示を「0.0」にリセットしま
す。
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能なし
ボタンを短 機能なし
く押します。
7.22
SPEED/S2 モード ( ストップウォッチ 2)
–
ボタンを何度か短く押して、ディスプレイ右上にS2を表示
させます。
S2 ( ストップウォッチ 2)はマニュアルのストップウォッチです。
S2がバックグラウンドで作動中の場合、ディスプレイでS2の表
示が点滅します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
400328-01
34
S2とA2の表示を「0.0」にリセットします。
コンビネーションインスツルメント 7
ボタンを短 次のモードに切り替わります。
く押します。
ボタンを
2~ 3 秒間押
し続けます。
機能なし
ボタンを短 S2をスタートまたはストップします。
く押します。
7.23
機能一覧表
表示画面
ボタンを
ボタンを
2~ 3 秒間押 短く押しま
し続けます。 す。
ボタンを
ボタンを
2~ 3 秒間押 短く押しま
し続けます。 す。
3~ 5 秒間待
ちます。
10~ 12 秒間
待ちます。
SPEED/Hモー
ド ( 作動時間)
機能の設定
メニューが
表示されま
す。
次のモード
に切り替わ
ります。
機能なし
設定メニュー
機能なし
点滅してい
機能なし
る機能をオ
ンに設定し、
次の表示に
移動します。
点滅してい
る機能をオ
フに設定し、
次の表示に
移動します。
設定を変更
せずに次の
表示に移動
します。
設定メニュー
を終了し、
設定内容
を保存して
Hモードまた
はODOモー
ドに移動し
ます。
単位を設定す
る
機能なし
選択モード
機能なし
を開始し、
Km/h表示を
選択します。
Mph表示を
次の表示に
選択します。 切り替わり、
選択モード
から設定メ
ニューに移
動します。
SPEED/CLKモ
ード ( 時刻)
時計の設定
メニューが
表示されま
す。
次のモード
に切り替わ
ります。
作動しませ
ん。
作動しませ
ん。
時刻を設定す
る
数値を増や
します。
数値を増や
します。
数値を減ら
します。
数値を減ら
します。
SPEED/LAPモ
ード ( ラップタ
イム)
ストップ
ウォッチと
ラップタイ
ムをリセッ
トします。
次のモード
に切り替わ
ります。
ストップ
ウォッチを
ストップし
ます。
ストップ
ウォッチを
スタートす
るか記録中
のラップタ
イムをストッ
プして記録
し、次のラッ
プをスター
トします。
機能なし
設定内容を
保存し、設定
メニューを
閉じます。
次の数値に
設定メニュー
移動します。 を終了しま
す。
35
7 コンビネーションインスツルメント
表示画面
ボタンを
ボタンを
2~ 3 秒間押 短く押しま
し続けます。 す。
ボタンを
ボタンを
2~ 3 秒間押 短く押しま
し続けます。 す。
ラップタイム
を表示する
ストップ
ウォッチと
ラップタイ
ムをリセッ
トします。
ラップ 1 か
ら 10 を選択
します。
作動しませ
ん。
次のラップ
タイムを表
示します。
SPEED/
ODOモード
( 走行距離計)
作動しませ
ん。
次のモード
に切り替わ
ります。
作動しませ
ん。
作動しませ
ん。
SPEED/TR1モ TR1、A1、
ード ( トリップ S1の表示を
マスター 1)
「0.0」にリ
セットしま
す。
次のモード
に切り替わ
ります。
作動しませ
ん。
作動しませ
ん。
SPEED/TR2モ
ード ( トリップ
マスター 2)
TR2とA2の
値を削除し
ます。
次のモード
に切り替わ
ります。
TR2の値を減
らします。
TR2の値を減
らします。
TR2 ( トリップ
マスター 2)の
設定
TR2の値を増
やします。
TR2の値を増
やします。
TR2の値を減
らします。
TR2の値を減
らします。
SPEED/A1モ
TR1、A1、
ード ( 平均速度 S1の表示を
1)
「0.0」にリ
セットしま
す。
次のモード
に切り替わ
ります。
機能なし
機能なし
SPEED/A2モ
ード ( 平均速度
2)
作動しませ
ん。
次のモード
に切り替わ
ります。
作動しませ
ん。
作動しませ
ん。
SPEED/S1モ
TR1、A1、
ード ( ストップ S1の表示を
ウォッチ 1)
「0.0」にリ
セットしま
す。
次のモード
に切り替わ
ります。
機能なし
機能なし
S2とA2の表 次のモード
示を「0.0」に に切り替わ
リセットし
ります。
ます。
機能なし
S2をスター
トまたはス
トップしま
す。
SPEED/S2モ
ード ( ストップ
ウォッチ 2)
7.24
3~ 5 秒間待
ちます。
設定内容を
保存し、設定
メニューを
閉じます。
作動機能と条件の一覧表
表示画面
車両が停止してい
る。
SPEED/Hモード ( 作動時間)
•
設定メニュー
•
単位を設定する
•
時刻を設定する
•
SPEED/LAPモード ( ラップタイム)
ラップタイムを表示する
36
10~ 12 秒間
待ちます。
メニュー表示可能
•
•
コンビネーションインスツルメント 7
表示画面
車両が停止してい
る。
メニュー表示可能
SPEED/TR1モード ( トリップマスター 1)
•
SPEED/TR2モード ( トリップマスター 2)
•
TR2 ( トリップマスター 2)の設定
•
SPEED/A1モード ( 平均速度 1)
•
SPEED/A2モード ( 平均速度 2)
•
SPEED/S1モード ( ストップウォッチ 1)
•
SPEED/S2モード ( ストップウォッチ 2)
•
37
8 運転操作の前に
8.1
初めて運転操作を行う際の注意
危険
事故の危険性
運転能力および判断力が十分でない運転者は、自身および他の方への危険となります。
–
アルコール、薬物、薬品などにより運転能力が低下している場合、車両の運転をしないでください。
–
肉体的、精神的に運転能力が低下している場合も、車両の運転をしないでください。
警告
怪我の危険性
不足および欠陥のある保護服の着用は安全面での危険性を高めます。
–
走行時は必ずヘルメット、ブーツ、手袋、プロテクターが取り付けられたズボンやジャケットなどの
保護服を着用してください。
–
損傷等がなく、かつ法規制に従った保護服を常に着用して下さい。
警告
転倒の危険性
前輪と後輪のトレッドが異なると走行性能に影響を及ぼします。
異なるトレッドのタイヤを使用すると車両のコントロールが大幅に難しくなります。
–
前輪と後輪に同様のトレッドのタイヤが装着されていることを確認してください。
警告
事故の危険性
–
不適切な走行スタイルは走行性能に影響を与えます。
道路の状況、運転能力に応じた走行速度で運転しましょう。
警告
事故の危険性
–
本車両は同乗者を乗せるように設計されていません。
同乗者を乗せないで下さい。
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに足をかけたままにすると、ブレーキパッドが常にこすられる状態になります。
–
ブレーキを作動しないときはブレーキペダルに足をかけないで下さい。
警告
事故の危険性
–
総重量および軸重は走行性能に影響を与えます。
最大許容総重量と最大許容軸重を遵守して下さい。
警告
盗難の危険性
常識のない行動をとる人物は自身および他の方への危険となります。
–
エンジン稼働中には決して車両から目を離さないでください。
–
権限のない人物が車両に近づかないよう注意してください。
参考
運転の際は、過度の騒音で周辺の人々の迷惑にならないよう心がけましょう。
–
KTM 正規ディーラーで納車前検査がきちんと行われた事を確認して下さい。
納車の際、納車証明書がお客様に手渡されます。
–
初めて運転をする前に、オーナーズマニュアルを全頁よく読んで下さい。
–
操作各部の扱いに慣れて下さい。
–
クラッチレバーの基本位置を調整します。 (
38
頁 98)
運転操作の前に 8
(全ての EU シリーズ)
– ブレーキレバーの遊びを調節します。 (
頁 102)
(XCF‑W)
– ブレーキレバーの基本位置を調整します。 (
(
頁 103)
–
ブレーキペダルの基本位置を調整します。
–
シフトレバーの基本位置を調整します。
–
難しい走行に出る前に、まず適切な路面で車両の走行性能に慣れて下さい。
(
頁 111)
頁 144)
参考
オフロードではお互いに助け合えるよう、2 台で行動する事をお勧めします。
–
一度、できるだけゆっくり走る練習やスタンディング走行などで、車両の感覚をつかむようにして下さい。
–
自分の能力や経験を超えた、無理なオフロード走行はしないで下さい。
–
走行中は両手でしっかりとハンドルバーを握り、フットレストに両足をのせて下さい。
–
荷物を載せる場合は、できるだけ車両中心付近にしっかり固定し、前輪と後輪にかかる重さを均等に分配し
てください。
参考
重量のかかり方によって車両の反応が大きく違ってきます。
–
許容最大総重量および許容最大軸重を守って下さい。
規定
–
許容最大重量
335 kg
前方許容最大軸重
145 kg
許容最大軸重 後輪
190 kg
スポークの張りを点検します。 (
頁 122)
参考
スポークの張りを、30 分走行した後に点検して下さい。
–
慣らし運転をして下さい。 (
8.2
–
頁 39)
慣らし運転をする
慣らし運転の段階では、以下に挙げたエンジン回転数と出力を超えないようにして下さい。
規定
エンジンの最高回転数
走行開始から最初の 1 時間
7,000 rpm
エンジンの最大出力
走行開始から最初の 3 時間
–
≤ 75 %
フルスロットルでの運転は避けて下さい!
39
8 運転操作の前に
8.3
低温でのリチウムイオンバッテリーの始動出力
402555-01
8.4
リチウムイオンバッテリーは鉛バッテリーより遥かに軽量で、
自己放電が少なく、15°C 以上(60°F)の気温での始動出力が大き
い点が特徴です。気温がそれ以下の場合、リチウムイオンバッテ
リーの始動時の出力は鉛バッテリーのそれよりも低くなります。
何度も始動をしなければならない場合もあります。そのために
はスタートキーを 5 秒間押し、再度行う場合には 30 秒間待ちま
す。この待ち時間は発生した熱をリチウムイオンバッテリー内で
分配し、リチウムイオンバッテリーに損傷を与えないために必要
なものです。
充電されたリチウムイオンバッテリーが 15 °C (60 °F)以下の気温
でスターターをしっかりと起動しない、または弱い場合は、故障
ではなく、始動出力(電流出力)を向上させるために内側を暖機
します。
暖機に伴い、始動出力は向上します。
過酷な環境での使用に備えて車両の準備をする
参考
砂地やぬかるみ、濡れたコースやオフロードなど、過酷な環境で車両を使用すると、駆動装置やブレーキ
システム、サスペンションなどで部品の磨耗を大幅に早める原因となります。その結果、次回サービス実
施時期に達する前に点検や部品の交換が必要になる事があります。
–
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃します。
(
頁 83)
参考
エアフィルターは約 30 分ごとに点検して下さい。
–
–
エアフィルターケースをシールします。
プラグに水分が付着していないか、プラグが腐食していないか、きちんと接続されているかを確認します。
»
水分の付着、腐食、損傷が見られる:
–
コネクターを洗浄して乾かし、必要に応じて交換します。
過酷な使用環境:
– 乾燥した砂地での走行。 (
頁 40)
–
濡れた砂地での走行。 (
–
濡れた道路や泥道での走行。 (
–
高温または低速での走行。 (
–
低温や雪上での走行。 (
8.5
頁 41)
頁 42)
頁 42)
頁 43)
車両を乾燥した砂地での走行に備える
–
エアフィルター防塵カバーを取り付けます。
エアフィルター防塵カバー (79006920000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書を参照してください。
102136-01
40
運転操作の前に 8
–
エアフィルター防砂カバーを取り付けます。
エアフィルター防砂カバー (79006922000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書を参照してください。
102138-01
–
チェーンを清掃します。
チェーン洗浄剤 (
頁 168)
–
スチール製のリアスプロケットを取り付けます。
–
チェーンをグリースアップして下さい。
汎用オイルスプレー (
600868-01
頁 169)
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
–
曲がっているラジエーターのフィンを慎重に直します。
(全ての 450 シリーズ)
– インナークラッチハブを交換します。
インナークラッチハブ 硬 (78932005000)
M01459-01
8.6
車両を濡れた砂地での走行に備える
–
エアフィルター防水カバーを取り付けます。
エアフィルター防水カバー (79006921000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書を参照してください。
102137-01
–
チェーンを清掃します。
チェーン洗浄剤 (
頁 168)
–
スチール製のリアスプロケットを取り付けます。
–
チェーンをグリースアップして下さい。
汎用オイルスプレー (
600868-01
頁 169)
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
–
曲がっているラジエーターのフィンを慎重に直します。
41
8 運転操作の前に
(全ての 450 シリーズ)
– インナークラッチハブを交換します。
インナークラッチハブ 硬 (78932005000)
M01459-01
8.7
車両を濡れた道路や泥道での走行に備える
–
エアフィルター防水カバーを取り付けます。
エアフィルター防水カバー (79006921000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書を参照してください。
102137-01
–
スチール製のリアスプロケットを取り付けます。
–
洗車をします。 (
–
曲がっているラジエーターのフィンを慎重に直します。
頁 150)
600868-01
(全ての 450 シリーズ)
– インナークラッチハブを交換します。
インナークラッチハブ 硬 (78932005000)
M01459-01
8.8
車両を高温または低速走行に備える
–
走行道路に応じ、二次減速比を変更します。
参考
二次減速比が小さすぎるとクラッチの作動回数が増
え、エンジンオイルがすぐに加熱してしまいます。
–
チェーンを清掃します。
チェーン洗浄剤 (
600868-01
42
頁 168)
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
–
曲がっているラジエーターのフィンを慎重に直します。
運転操作の前に 8
–
8.9
クーラントのレベルを点検します。 (
頁 136)
車両を低温または雪道に備える
–
エアフィルター防水カバーを取り付けます。
エアフィルター防水カバー (79006921000)
参考
KTM PowerPartsの組立説明書を参照してください。
102137-01
43
9 運転上の注意事項
9.1
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業
参考
走行前には必ず車両の状態を点検し、安全に操作できることを確認して下さい。
運転の際は車両が技術的に完璧な状態でなければなりません。
H02217-01
–
エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁 146)
–
電装系部品を点検します。
–
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検しま
す。 ( 頁 104)
–
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検しま
す。 ( 頁 111)
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 106)
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 113)
–
ブレーキシステムの機能を点検します。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
–
チェーンの汚れを点検します。 (
–
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、チェー
ンガイドを点検します。 ( 頁 94)
–
チェーンの遊びを点検します。 (
–
タイヤの状態を点検します。 (
頁 121)
–
タイヤ空気圧を点検します。 (
頁 121)
–
スポークの張りを点検します。 (
頁 136)
頁 91)
頁 92)
頁 122)
参考
スポークの張りが適切でない場合には走行安定性に大
きく影響を及ぼすため、スポークの張りは定期的に点
検しなければなりません。
9.2
–
フォークレッグのダストシールを清掃します。 (
–
フォークレッグでエア抜きをします。 (
頁 66)
–
エアフィルターを点検します。
–
操作各部が正しく調節されているか、スムーズに操作できる
かを点検します。
–
全てのスクリュー、ナット、ホースクランプがきちんと締め
られているか、定期的に点検します。
–
燃料の残量を確認します。
頁 65)
車両を始動する
危険
中毒の危険性
44
排気ガスは毒性があり、意識不明や死亡の原因となる恐れがあります。
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるように常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用し
てください。
運転上の注意事項 9
情報
エンジン損傷
–
冷えた状態でのエンジンを高回転させるのは、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
常に低回転数でエンジンを暖機してください。
–
車両を立ててスタンド
タンドを固定します。
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
エマージェンシーOFFスイッチを押しての位置
す。
1を上げ、ゴムバンド2でサイドス
に入れま
条件
外気温: < 20 °C
–
チョークノブを最後まで押し込みます。
401944-10
–
スタートキーを押します。
参考
スタートキーは 5 秒以上押し続けないで下さい。再度
試みるまで最低 30 秒は間隔をおいて下さい。
気温 15 °C (60 °F) ではリチウムイオンバッテリーを暖
機し、始動出力を向上するために、何度も始動しなけ
ればならない場合があります。
エンジン始動中、不具合インジケーターランプが点灯
します。
400733-01
9.3
トラクションコントロールを有効化する (全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
警告
道路走行許可と保険補償の失効
可はすべて失効します。
–
コンビネーションスイッチが装備されている場合、車両の道路走行許
コンビネーションスイッチが装備されている場合、車両は公共道路以外での遮断された区間でのみ
作動させることができます。
参考
トラクションコントロールは、特に路面が濡れている場合に確実に車両を制御し、前進させるための後輪
の過剰なスリップを低減します。
トラクションコントロールがオフになっていると、大きく加速した場合や路面へのグリップ力が低下し
ている場合に後輪が空転してしまうことがあります。
トラクションコントロールは走行中にもオン / オフすることができます。
始動の際、前回選択された設定が再びオンになります。
–
ボタンTCを押し、トラクションコントロールをオン / オフす
ることができます。
規定
エンジン回転数
≤ 4,000 rpm
トラクションコントロールが有効化されるとTCLED が点
灯します。
H02885-01
45
9 運転上の注意事項
9.4
発進
参考
走行中はサイドスタンドを上に閉じ、ゴムベルトで固定して下さい。
–
クラッチレバーを握り、ギアを 1 速に入れ、クラッチレバーをゆっくりと離しながら慎重にスロットルを開
いていきます。
9.5
シフト操作と走行
警告
事故の危険性
–
エンジンが高回転中にシフトダウンすると後輪がロックされ、エンジンが過回転します。
エンジン回転数が高いままシフトダウンする事は避けて下さい。
参考
運転中に異常な音がする場合はすぐに停止し、KTM 正規ディーラーに連絡してください。
1 速は発進または登り坂で使用するギアです。
–
状況 ( 勾配や走行状況など)に応じてシフトアップできます。シフトアップするにはスロットルを閉じながら
クラッチレバーを握り、次のギアに入れ、クラッチレバーを離しながらスロットルを開きます。
–
スロットルグリップを全開にして最高速度に達したら、スロットルを ¾ まで戻します。ほとんど減速する事
なく燃費を大幅に抑える事ができます。
–
エンジンが消費できる分だけの燃料を供給する事が大切です。急激にスロットルを開くと燃費が悪くなりま
す。
–
シフトダウンするにはブレーキをかけながらスロットルを閉じます。
–
クラッチレバーを握り、低いギアに入れ、クラッチレバーをゆっくりと離しながらスロットルを開くか、
再度シフトチェンジします。
–
しばらくアイドリングや停止状態が続く場合は、エンジンを停止します。
規定
≥ 2 min
–
クラッチを頻繁に、長時間スリップさせることは避けて下さい。これにより、エンジンオイルが熱せられ、
エンジン並びに冷却システム過熱の原因となります。
–
高回転・半クラッチは避け、エンジン回転数を抑えた走行をしましょう。
9.6
ブレーキをかける
警告
事故の危険性
–
ブレーキを強くかけすぎると車輪がロックします。
走行状態や路面状況に応じて適切にブレーキをかけてください。
警告
事故の危険性
–
46
前輪または後輪ブレーキで圧点が安定していない場合、ブレーキ性能が低下します。
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
運転上の注意事項 9
警告
事故の危険性
–
水分や汚れはブレーキシステムに影響を及ぼします。
ブレーキパッドとブレーキディスクを乾燥させ汚れを落とすために何度か慎重にブレーキをかけて
ください。
–
砂地、雨で濡れた地面やスリップしやすい場所では、主に後輪のブレーキを作動するようにします。
–
ブレーキをかけるプロセスは、カーブが始まる前に終了しているのが望ましい状況です。スピードに合わせ
てシフトダウンを行って下さい。
–
長い下り坂ではエンジンブレーキを利用して下さい。エンジンが過回転しないよう注意しながら 1 段か 2 段
シフトダウンします。これによりブレーキをかける回数がはるかに減り、ブレーキシステムが過熱するのを
防ぐ事ができます。
9.7
停止と駐車
警告
盗難の危険性
常識のない行動をとる人物は自身および他の方への危険となります。
–
エンジン稼働中には決して車両から目を離さないでください。
–
権限のない人物が車両に近づかないよう注意してください。
警告
火傷の危険性
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
–
車両部品が冷めるまで排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキシステムなどの部品
には触らないでください。
–
車両部品を十分に冷ましてから作業を実行してください。
情報
火事の危険
高温になった車両部品は火傷や爆発の危険となります。
–
可燃性がある、または爆発の危険がある物付近に車両を設置しないでください。
–
車両を十分に冷ましてから、車両にカバーをかけてください。
情報
部品の損傷
誤った方法で駐車を行った場合、車両が破損する恐れがあります。
車両が動いたり倒れたりした場合、大きな破損につながる恐れがあります。
車両を立てる部品はその車両重量のみを考慮して設計されています。
–
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
–
車両がスタンド一本で駐車されている場合、車両に誰も乗っていないことを確かめて下さい。
–
車両にブレーキをかけます。
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止まるまでオフスイッチ
–
車両を安定した地面の上に立てます。
を押し続けます。
47
9 運転上の注意事項
9.8
輸送
情報
損傷の危険性
–
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあります。
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
情報
火事の危険
高温になった車両部品は火傷や爆発の危険となります。
–
可燃性がある、または爆発の危険がある物付近に車両を設置しないでください。
–
車両を十分に冷ましてから、車両にカバーをかけてください。
–
エンジンを停止します。
–
ラッシングベルトか適切な固定器具で、車両が倒れたり動い
たりしないよう固定します。
401475-01
9.9
燃料を給油する
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
情報
部品の損傷
低品質の燃料を使用すると燃料フィルターが早期に詰まってしまいます。
国や地域によっては入手可能な燃料の品質が不十分であったり、また多くの不純物が混入していることがあり
ます。その結果燃料システムで問題を引き起こす事があります。
–
48
指定された規格に適合し不純物の少ない燃料のみを使用してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお
問い合わせ下さい。)
運転上の注意事項 9
情報
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
–
エンジンを停止します。
–
フィラーキャップを開けます。 (
–
Aで示した範囲を超えないように注意してフューエルタンク
頁 20)
に燃料を注ぎます。
規定
35 mm
寸法
A
フューエルタンク総
容量 (約)(全ての
EU シリーズ)
9L
フューエルタンク総 8.5 L
容量 (約)(XCF‑W)
401226-10
–
フィラーキャップを閉めます。 (
無鉛ハイオクガ
ソリン (ROZ 95)
( 頁 167)
無鉛ハイオクガ
ソリン (ROZ 95)
( 頁 167)
頁 21)
49
10 サービスプラン
10.1
補足情報
必須項目や推奨項目の作業実施により発生した、これら項目以外の作業については、別途注文・請求となります。
現地における使用環境によってはサービス頻度が異なってくる場合もあります。
技術改良が行われていく中で、個々のサービス頻度および範囲が変わってくることがあります。最終的なサービ
スプランは KTM Dealer.net に表示されています。KTM 正規ディーラーまでお気軽にお問い合わせ下さい。
10.2
必須作業
競
技
走
行
で
は
45
30
10
時
時
間
15
時
間
1
時
間
時
間
走
走
走
行
行
走
間
行
行
ご
ご
走
行
ご
と
毎
と
と
後
KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読します。
○
●
●
●
●
電装系部品の機能を点検します。
○
●
●
●
●
12V バッテリーを点検し、充電します。
●
●
●
●
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 106)
●
●
●
●
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 113)
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
ブレーキディスクを点検します。 (
頁 103)
ブレーキホースに損傷や漏れがないかを点検します。
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
ブレーキペダルの遊びを点検します。 (
フレームを点検します。
(
頁 111)
頁 110)
頁 96)
スイングアームを点検します。
(
頁 96)
スイングアームのベアリングのガタを点検します。
●
ピボットベアリングのガタを点検します。
●
●
●
タイヤの状態を点検します。 (
頁 121)
○
●
●
●
●
タイヤ空気圧を点検します。 (
頁 121)
○
●
●
●
●
●
●
●
●
●
ホーイルベアリングのガタを点検します。
ハブを点検します。
●
●
●
○
●
●
●
○
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
全ての可動部品 ( サイドスタンド、ハンドレバー、チェーンなど)をグリースアップし、
これら部品がスムーズに動くかを点検します。
●
●
●
●
油圧式クラッチのフルードレベルを点検・調節します。 (
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
リムの歪みを点検します。
スポークの張りを点検します。 (
頁 122)
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、チェーンガイドを点検しま
す。 ( 頁 94)
チェーンの遊びを点検します。 (
頁 92)
○
頁 98)
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
ブレーキレバーの遊びを点検します。 (
頁 104)
頁 102)
ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検します。 (
頁 75)
バルブの遊びを点検します。
○
○
●
クラッチを点検します。
●
●
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃します。
( 頁 146)
○
●
●
●
●
ホース類 ( 燃料、クーラント、エア抜き、排水などの各ホース)とワイヤーブーツの全て
で、ひびや漏れがないか、正しく取り回されているかを点検します。
○
●
●
●
●
50
サービスプラン 10
競
技
走
行
で
は
45
30
不凍液とクーラントのレベルを点検します。 (
10
時
時
間
15
時
間
1
時
間
時
間
走
走
走
行
行
走
間
行
○
ケーブルに損傷がないか、そして配線折れがないか点検します。
ワイヤーが損傷していないか、折れがなく配線・調節されているかを点検します。
(
頁 83)
メインサイレンサーのグラスファイバーを交換します。
(
頁 86)
と
毎
と
と
後
頁 135)
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃します。
行
ご
ご
行
走
ご
○
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
フロントフォークの整備を行います。
●
ショックアブソーバーの整備を行います。
●
簡単に確認することができる、安全性に関係するスクリューとナットがきちんと締めら
れているかを点検します。
○
●
●
●
●
ヘッドライトの設定を点検します。 (
○
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
●
●
●
●
燃料スクリーンを交換します。
(
頁 132)
頁 145)
燃圧を点検します。
アイドリング回転数を点検します。
○
●
●
●
冷却ファンの機能を点検します。
○
●
●
●
インテークダイヤフラムを点検します。
(XCF‑W)
●
最終確認: 車両が交通上安全に使用できる状態である事を確認し、試験走行を行いま
す。
○
●
●
●
●
試験走行後に KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読します。
○
●
●
●
●
KTM Dealer.netでサービス登録を行います。
○
●
●
●
●
○
一度限りの実施時期
●
定期的な実施時期
10.3
推奨作業
135
競
技
走
行
で
は
20
10
時
時
時
12
間
70
時
間
間
カ
走
間
走
走
月
行
行
●
後輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。
●
油圧式クラッチのフルードを交換します。
●
頁 99)
ステアリングヘッドのベアリングをグリスアップします。
スパークアレスターを清掃します。(XCF‑W)
フロントフォークの整備を行います。
ショックアブソーバーの整備を行います。
燃料フィルターを交換します。
(
頁 85)
(
頁 77)
ご
行
と
毎
後
後
毎
前輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。
(
行
走
●
●
○
○
●
51
10 サービスプラン
135
競
技
走
行
で
は
20
10
時
時
時
12
間
70
間
間
カ
走
時
間
走
走
月
エンジン取り外し / 取り付けを含むエンジン整備を実施します。(スパークプラグとス
パークプラグのコネクターを交換します。ピストンを交換します。シリンダーを点検・
測定します。シリンダーヘッドを点検します。バルブ、バルブスプリング、バルブスプ
リングシートを交換します。カムシャフト、ロッカーレバー、ロッカーレバー軸を点検
します。コンロッド、コンロッドベアリング、クランクピンを交換します。ウォーター
ポンプにあるシャフトのシールリングを交換します。ギアとシフトを点検します。油圧
制御バルブを点検します。サクションポンプを交換します。圧力ポンプと潤滑システム
を点検します。タイミングチェーンの部品を点検します。タイミングチェーンを交換し
ます。エンジンのベアリングを全て交換します。フリーホイールを交換します。
)
○
一度限りの実施時期
●
定期的な実施時期
52
行
走
行
行
ご
行
と
毎
後
後
毎
●
●
シャーシを調整する 11
11.1
シャーシの基本設定を運転者の体重に応じて確認する
参考
シャーシの基本設定はまずショックアブソーバーを、次にフロントフォークを調節して下さい。
–
最適な走行性能を実現し、フロントフォーク、ショックアブ
ソーバー、スイングアーム、フレームを損傷させないため、
サスペンション各部品の基本設定を運転者の体重に合わせる
事が必要です。
–
KTM オフロードモーターサイクルは納車時、標準体重 ( 保護
服を完全に着用した状態)に合わせて設定してあります。
規定
運転者の標準体重
75 … 85 kg
–
運転者の体重がこの範囲外の場合、サスペンション各部品の
基本設定を適宜変更する必要があります。
–
偏差が小さい場合はスプリングプリロードの調節で対応可能
ですが、偏差が大きい場合は対応するスプリングの取付けが
必要となります。
401030-01
11.2
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパーは高速・低速の2つの領域に分けられています。
ここでいう高速・低速は、後輪のサスペンションが圧縮する際の速度を示しており、車両の走行速度とは関係が
ありません。
高速コンプレッションレベル設定は、ジャンプ後の着地など、後輪のサスペンションが素早く縮む際にその効果
を発揮します。
低速コンプレッションレベル設定は、緩やかな凹凸のある道の走行など、後輪のサスペンションがゆっくりと縮
む際にその効果を発揮します。
これら2つの範囲は別々に設定できますが、低速設定と高速設定の切り替えは流動的に行われます。そのため、
高速範囲のコンプレッションレベルで設定を変更すると、低速範囲の設定にも影響を及ぼします。逆も同様で
す。
11.3
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー低速を調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
低速コンプレッションレベル設定は、ショックアブソーバーが低速から通常速度で圧縮する際にその効
果を発揮します。
53
11 シャーシを調整する
–
ドライバーで調節スクリュー を、最後のカチッというラッ
チ音が感じられるまで時計回りに回します。
1
参考
ナット留め
2は緩めないで下さい!
–
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
規定
K01335-10
コンプレッションダンパー低速
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
参考
時計回りに回すとダンパー効果を高め、逆方向に回す
とこれを低減します。
11.4
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー高速を調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
高速コンプレッションレベル設定は、ショックアブソーバーが高速で圧縮する際にその効果を発揮しま
す。
–
調節スクリュー
す。
1をスパナで時計回りに最後まで回し切りま
参考
ナット留め
2は緩めないで下さい!
–
K01341-10
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数、時計と反対回
りに回します。
規定
コンプレッションダンパー高速
コンフォート
2.5 回転
標準
2 回転
スポーツ
1 回転
参考
時計回りに回すとスプリングが圧縮する際のダンパー
効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
54
シャーシを調整する 11
11.5
ショックアブソーバーのリバウンドダンパーを調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
調節スクリュー を、最後のカチッというクリックが感じら
れるまで時計回りに回します。
–
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
1
規定
リバウンドダンパー
V00331-10
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際のダ
ンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
11.6
後輪に負荷をかけない状態で寸法を測定する
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– サグ測定定規を後輪アクスルに合わせ、後輪フェンダーの
マーキングSAG までの距離を測定します。
サグ測定定規 (00029090100)
サグ測定定規ピン (00029990010)
–
測定値を寸法
Aとして書きとめます。
402415-10
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
頁 65)
55
11 シャーシを調整する
11.7
ショックアブソーバーの空車サグを点検する
–
後輪に負荷をかけない状態で寸法
( 頁 55)
–
誰かに車両を垂直に支えてもらいます。
–
あらためて、サグ測定定規で後輪アクスルと後輪フェンダー
のマーキング SAG の距離を測定します。
–
測定値を寸法
Aを 測 定 し ま す 。
Bとして書きとめます。
参考
空車サグとは値
Aと値Bの差を示します。
–
空車サグを確認します。
空車サグ
»
37 mm
空車サグが規定値より大きいまたは小さい:
–
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節
します。 ( 頁 57)
402416-10
11.8
ショックアブソーバーのライディングサグを点検する
–
後輪に負荷をかけない状態で寸法
( 頁 55)
–
誰かに車両を支えてもらい、運転者が保護服を完全着用の上、
通常のライディングポジション ( 両足をフットレストにのせ
た状態)で車両に乗り、身体を上下に何回か動かします。
Aを 測 定 し ま す 。
後輪サスペンションの位置が安定します。
–
もう一人が改めてサグ測定定規で後輪アクスルと後輪フェン
ダーのマーキングSAG までの距離を測定します。
–
測定値を寸法
Cとして書きとめます。
参考
ライディングサグとは値
Aと値Cの差を示します。
–
ライディングサグを確認します。
ライディングサグ
»
ライディングサグの値が規定通りになっていない:
–
402417-10
56
110 mm
ライディングサグを調節します。
(
頁 58)
シャーシを調整する 11
11.9
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
スプリングプリロードを変更する前に、スプリング長を計測するなどして現在の設定状態を書きとめて
おいて下さい。
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
(
頁 65)
–
ショックアブソーバーを取り外します。
頁 79)
–
ショックアブソーバーを取り外した状態で念入りに清掃しま
す。
主な作業
– スクリュー
–
1を緩めます。
調節リング2を回し、スプリングを完全に緩めます。
フックレンチ (90129051000)
参考
スプリングの張りを緩めることができない場合は、
スプリング長の測定のためにスプリングを取り外さな
ければなりません。
–
緩めた状態でスプリングの全長を測ります。
–
調節リング
縮めます。
2を回し、スプリングをAで規定された分だけ
規定
スプリングプリロード
8 mm
参考
空車サグおよびライディングサグに応じて、規定値よ
り大きいまたは小さいスプリングプリロードの設定が
必要になる事もあります。
402659-10
–
スクリュー
1をしっかりと締めます。
規定
ショックアブソー
バー調節リング用ス
クリュー
M5
5 Nm
その後の作業
– ショックアブソーバーを取り付けます。
–
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
(
頁 79)
頁 65)
57
11 シャーシを調整する
11.10
ライディングサグを調節する
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
(
頁 65)
–
ショックアブソーバーを取り外します。
頁 79)
–
ショックアブソーバーを取り外した状態で念入りに清掃しま
す。
主な作業
– 適切なスプリングを選び、これを取り付けます。
規定
スプリング係数
B00292-10
運転者の体重: 65 …
75 kg
60 … 66 N/mm
運転者の体重: 75 …
85 kg
63 … 69 N/mm
運転者の体重: 85 …
95 kg
66 … 72 N/mm
参考
ばね定数はスプリングの外側に記載されています。
標準体重との偏差が小さい場合は、スプリングプリ
ロードの調節で対応可能です。
その後の作業
– ショックアブソーバーを取り付けます。
11.11
(
頁 79)
–
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
頁 65)
–
ショックアブソーバーの空車サグを点検します。 (
–
ショックアブソーバーのライディングサグを点検しま
す。 ( 頁 56)
–
ショックアブソーバーのリバウンドダンパーを調節しま
す。 ( 頁 55)
頁 56)
フロントフォークの基本設定を確認する
参考
様々な理由により、フロントフォークでは正確なライディングサグを特定する事ができません。
401000-01
58
–
ショックアブソーバーと同様、運転者体重の偏差が小さい場
合はスプリングのプリロードで調節可能です。
–
フロントフォークがしばしば最後まで沈み切ってしまう ( ス
プリングが圧縮する際、底を強打する)ような場合には、より
強力なスプリングを取り付け、フロントフォークやフレーム
を損傷しないようにする必要があります。
–
長時間走行後フロントフォークが通常異常に硬く感じられる
場合、フォークレッグの空気を抜く必要があります。
シャーシを調整する 11
11.12
フロントフォークのコンプレッションダンパーを調節する
参考
油圧式コンプレッションダンパーはフロントフォークのスプリングの縮み方を調節します。
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– 白い調節部品
1を時計回りに最後まで回し切ります。
参考
調節部品 は左のフォークレッグの上端にありま
す。
コンプレッションダンパーは左のフォークレッ
グCOMP ( 白い調節部品)に設置されています。
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB
( 赤い調節部品)に設置されています。
1
S03470-10
–
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
規定
コンプレッションダンパー
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングが圧縮する際のダン
パー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減しま
す。
(全ての EXC‑F Six Days)
– 白い調節部品 を時計回りに最後まで回し切ります。
1
参考
調節部品 は左のフォークレッグの上端にありま
す。
コンプレッションダンパーは左のフォークレッ
グCOM ( 白い調節部品)に設置されています。リバ
ウンドダンパーは右のフォークレッグREB ( 赤い
調節部品)に設置されています。
1
S03471-10
–
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
規定
コンプレッションダンパー
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
59
11 シャーシを調整する
参考
時計回りに回すとスプリングが圧縮する際のダン
パー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減しま
す。
11.13
フロントフォークのリバウンドダンパーを調節する
参考
油圧式リバウンドダンパーはフロントフォークのスプリングの伸び方を調節します。
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– 赤い調節部品
1を時計回りに最後まで回し切ります。
参考
調節部品 は右のフォークレッグの上端にありま
す。
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB
( 赤い調節部品)に設置されています。コンプレッ
ションダンパーは左のフォークレッグCOMP ( 白
い調節部品)に設置されています。
1
V01754-10
–
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
規定
リバウンドダンパー
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際
のダンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減
します。
(全ての EXC‑F Six Days)
– 赤い調節部品 を時計回りに最後まで回し切ります。
1
参考
調節部品 は右のフォークレッグの上端にありま
す。
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB
( 赤い調節部品)に設置されています。コンプレッ
ションダンパーは左のフォークレッグCOM ( 白い
調節部品)に設置されています。
1
V01753-10
–
60
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
シャーシを調整する 11
規定
リバウンドダンパー
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際
のダンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減
します。
11.14
フロントフォークのスプリングプリロードを調節する (全ての EXC‑F Six Days)
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– T ハンドル
1を時計と反対回りに最後まで回し切ります。
マーキング+0と右のつまみが揃っています。
参考
設定は手で行って下さい。工具は使用しないで下さい。
両側のフォークレッグで同じように調節します。
–
V01755-10
T ハンドルを時計回りに回します。
規定
スプリングプリロード-Preload Adjuster
コンフォート
+0
標準
+0
スポーツ
+3
T ハンドルが数値にはまるとカチッと感じ取ることがで
きます。
参考
スプリングプリロードは数値に合わせてのみ設定する
ことができ、数値と数値の間ではプリロードがカチッ
とはまることがありません。
時計回りに回すとスプリングプリロードを高め、逆方
向に回すとこれを低減します。
スプリングプリロードを調節しても、リバウンドダン
パーの調節には影響を及ぼしません。
それでも、スプリングプリロードを大きくしたら、原則
としてリバウンドダンパーの設定も上げるようにして
下さい。
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
頁 65)
61
11 シャーシを調整する
11.15
ハンドルバーの位置
(EXC‑F EU, XCF‑W)
アッパートリプルクランプには
います。
Aの間隔で 2 つの穴があいて
穴間の距離
A
15 mm
ハンドルアダプターの穴は中心から
ます。
Bの距離に配置されてい
穴間の距離
B
3.5 mm
ハンドルアダプターは 4 つの異なったポジションニングで取
り付け可能です。
M00993-10
(全ての EXC‑F Six Days)
アッパートリプルクランプには
います。
Aの間隔で 2 つの穴があいて
穴間の距離
A
15 mm
ハンドルアダプターの穴は中心から
ます。
Bの距離に配置されてい
穴間の距離
B
3.5 mm
ハンドルアダプターは 4 つの異なったポジションニングで取
り付け可能です。
M00987-10
11.16
ハンドルバーの位置を調節する
警告
事故の危険性
修正されたハンドルバーは安全面での危険を提示するものです。
ハンドルバーが曲げられたり、伸ばされたりすると素材が老化します。その結果ハンドルバーが折れて
しまうこともあります。
–
62
ハンドルバーが破損または曲がってしまった場合、ハンドルバーを交換してください。
シャーシを調整する 11
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– スクリュー を外します。ハンドルバーのクランプを取
り外します。ハンドルバーを取り外し、脇に置きます。
1
参考
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護して
下さい。
ケーブル、ホース、ワイヤー類は折り曲げないで下
さい。
–
スクリュー
します。
–
ハンドルアダプターの向きを好みに応じて変更します。
スクリュー を取り付け、しっかりと締めます。
2を外します。ハンドルアダプターを取り外
2
規定
ハンドルアダ
プター用スク
リュー
M00993-11
M10
40 Nm
Loctite®243™
参考
ハンドルアダプターの位置は左右で同じように調
節して下さい。
–
ハンドルバーの位置を調整します。
参考
ケーブル、ホース、ワイヤー類が正しく取り回され
ているか注意して下さい。
–
ハンドルバーのクランプの位置を調整します。スク
リュー を取り付け、均等にしっかりと締めます。
1
規定
ハンドルバークラ
ンプ用スクリュー
M8
20 Nm
参考
隙間の大きさが均等になっている事を確認して下
さい。
63
11 シャーシを調整する
(全ての EXC‑F Six Days)
– スクリュー を外します。ハンドルバーのクランプを取
り外します。ハンドルバーを取り外し、脇に置きます。
1
参考
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護して
下さい。
ケーブル、ホース、ワイヤー類は折り曲げないで下
さい。
–
スクリュー
します。
–
ハンドルアダプターの向きを好みに応じて変更します。
スクリュー を取り付け、しっかりと締めます。
2を外します。ハンドルアダプターを取り外
2
規定
ハンドルアダ
プター用スク
リュー
M00987-11
M10
40 Nm
Loctite®243™
参考
ハンドルアダプターの位置は左右で同じように調
節して下さい。
–
ハンドルバーの位置を調整します。
参考
ケーブル、ホース、ワイヤー類が正しく取り回され
ているか注意して下さい。
–
ハンドルバーのクランプの位置を調整します。スク
リュー を取り付け、均等にしっかりと締めます。
1
規定
ハンドルバークラ
ンプ用スクリュー
M8
20 Nm
参考
隙間の大きさが均等になっている事を確認して下
さい。
64
サービス作業シャーシ 12
12.1
車両をリフトスタンドでジャッキアップする
情報
損傷の危険性
ます。
–
–
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあり
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
エンジン下部のフレーム部分をスタンドにのせます。
リフトスタンド (78129955100)
両方のホイールは接地していません。
401942-01
–
12.2
車両が倒れないように支えます。
車両をリフトスタンドから降ろす
情報
損傷の危険性
–
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあります。
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
–
車両をリフトスタンドから降ろします。
–
リフトスタンドを片付けます。
–
車両を立てるには、足でサイドスタンド
押し下げ、車両の重量をかけます。
1を地面に向かって
参考
走行中はサイドスタンドを上に閉じ、ゴムベルトで固
定して下さい。
401943-10
12.3
フォークレッグの空気を抜く
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– エアブリーダー
1を緩めます。
過圧状態の場合、フォーク内部から過剰な圧力が抜けて
いきます。
–
エアブリーダーをしっかりと締めます。
402556-10
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
頁 65)
65
12 サービス作業シャーシ
12.4
フォークレッグのダストシールを清掃する
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
フォークカバーを取り外します。 (
頁 65)
頁 66)
主な作業
– 両側のフォークレッグで、ダストシール
1を下にずらします。
参考
ダストシールはフォークインナーパイプのほこりや汚
れをこすり落とします。時間が経つにつれ、汚れがダ
ストシールの裏に入り込む事があります。この汚れを
取り除かないと、その後ろにあるオイルシールリング
に漏れが生じる恐れがあります。
K00070-10
警告
事故の危険性 オイルやグリースがブレーキディス
クに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保
護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤
を使って清掃してください。
両側のフォークレッグのダストシールとインナーチューブを
清掃し、オイルを差します。
汎用オイルスプレー (
頁 169)
–
ダストシールを取付け位置に押し戻します。
–
余分なオイルを取り除きます。
その後の作業
– フォークカバーを取り付けます。 (
12.5
頁 67)
–
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
–
スクリュー
頁 65)
フォークカバーを取り外す
–
1を外し、クランプを取り外します。
左のフォークレッグのスクリュー2を外し、左のフォークカ
バーを取り外します。
–
V00332-10
66
右のフォークレッグのスクリュー
バーを取り外します。
3を外し、右のフォークカ
サービス作業シャーシ 12
12.6
フォークカバーを取り付ける
–
左のフォークレッグのカバーの位置を調整します。スク
リュー を取り付け、しっかりと締めます。
1
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
–
ブレーキホース、ワイヤーハーネス、クランプの位置を調整
します。スクリュー を取り付け、しっかりと締めます。
–
右のフォークレッグでカバーの位置を調整します。スク
リュー を取り付け、しっかりと締めます。
2
V00332-11
3
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
12.7
M6
10 Nm
フォークレッグを取り外す
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 129)
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
前輪を取り外します。
(
頁 65)
頁 117)
主な作業
– スクリュー
1を外し、クランプを取り外します。
–
ケーブル留めを外します。
–
スクリュー
–
ブレーキワイヤーが引っ張られない状態にし、ブレーキキャ
リパーを脇にかけておきます。
2を外し、ブレーキキャリパーを取り外します。
K00545-10
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– スクリュー を緩めます。左のフォークレッグを取り外
します。
3
–
スクリュー
します。
4を緩めます。左のフォークレッグを取り外
V01756-10
67
12 サービス作業シャーシ
(全ての EXC‑F Six Days)
– スクリュー を緩めます。左のフォークレッグを取り外
します。
3
–
スクリュー
します。
4を緩めます。左のフォークレッグを取り外
V01784-10
12.8
フォークレッグを取り付ける
主な作業
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– フォークレッグの位置を調整します。
エアブリーダー
1の位置を前方に合わせます。
参考
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB
( 赤い調節スクリュー)に設置されています。コンプ
レッションダンパーは左のフォークレッグCOMP
( 白い調節スクリュー)に設置されています。
フォークレッグ上端の横手に溝が加工してありま
す。上から 2 番目の溝とアッパートリプルクラン
プの上端を揃えて下さい。
402556-10
–
スクリュー
2をしっかりと締めます。
規定
アッパートリプ
ルクランプ用スク
リュー
–
M8
20 Nm
スクリュー
3をしっかりと締めます。
規定
V01756-11
ロアートリプル
クランプ用スク
リュー
M8
15 Nm
(全ての EXC‑F Six Days)
– フォークレッグの位置を調整します。
エアブリーダー
1の位置を前方に合わせます。
参考
402556-10
68
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB
( 赤い調節スクリュー)に設置されています。コン
プレッションダンパーは左のフォークレッグCOM
( 白い調節スクリュー)に設置されています。
フォークレッグ上端の横手に溝が加工してありま
す。上から 2 番目の溝とアッパートリプルクラン
プの上端を揃えて下さい。
サービス作業シャーシ 12
–
スクリュー
2をしっかりと締めます。
規定
アッパートリプ
ルクランプ用スク
リュー
–
M8
17 Nm
スクリュー
3をしっかりと締めます。
規定
ロアートリプル
クランプ用スク
リュー
V01784-11
–
M8
15 Nm
ブレーキキャリパーの位置を調整し、スクリュー
け、しっかりと締めます。
4を取り付
規定
前方ブレーキ
キャリパー用ス
クリュー
K00546-10
M8
Loctite®243™
–
ケーブル留めを取り付けます。
–
ブレーキホース、ワイヤーハーネス、クランプの位置を調整
します。スクリュー を取り付け、しっかりと締めます。
5
その後の作業
– 前輪を取り付けます。
12.9
25 Nm
(
頁 118)
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 130)
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
ロアートリプルクランプを取り外す
頁 132)
(EXC‑F EU, XCF‑W)
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 129)
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
前輪を取り外します。
–
フォークレッグを取り外します。
–
フロントフェンダーを取り外します。 (
–
バーパッドを取り外します。
(
頁 65)
頁 117)
(
頁 67)
頁 77)
主な作業
– 左のラジエーターの前でケーブルホルダーを開き、ワイヤー
ハーネスを緩めます。
–
–
–
スクリュー
1を緩めます。
スクリュー2を外します。
アッパートリプルクランプをハンドルバーと一緒に取り外
し、かけて置きます。
V01785-10
69
12 サービス作業シャーシ
参考
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護します。
ケーブル、ホース、ワイヤー類は折り曲げないで下さ
い。
–
O リング
–
ロアートリプルクランプをステアリングステムと一緒に取り
外します。
–
ステアリングヘッドの上側のベアリングを取り外します。
3と保護リング4を取り外します。
V01757-10
12.10
ロアートリプルクランプを取り外す
(全ての EXC‑F Six Days)
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 129)
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
前輪を取り外します。
–
フォークレッグを取り外します。
–
フロントフェンダーを取り外します。 (
–
バーパッドを取り外します。
(
頁 65)
頁 117)
(
頁 67)
頁 77)
主な作業
– 左のラジエーターの前でケーブルホルダーを開き、ワイヤー
ハーネスを緩めます。
–
–
–
スクリュー
1を外します。
スクリュー2を外します。
アッパートリプルクランプをハンドルバーと一緒に取り外
し、かけて置きます。
参考
V01787-10
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護します。
ケーブル、ホース、ワイヤー類は折り曲げないで下さ
い。
V01788-10
70
–
O リング
–
ロアートリプルクランプをステアリングステムと一緒に取り
外します。
–
ステアリングヘッドの上側のベアリングを取り外します。
3と保護リング4を取り外します。
サービス作業シャーシ 12
12.11
ロアートリプルクランプを取り付ける
(EXC‑F EU, XCF‑W)
主な作業
– ベアリングとシーリング要素を清掃し、損傷がないかどうか
を確認してグリースを塗布します。
高粘度グリース (
頁 168)
–
ロアートリプルクランプをステアリングステムと一緒に取り
付けます。ステアリングヘッドの上側のベアリングを取り付
けます。
–
ステアリングヘッドの上側のガスケット
るか確認します。
–
保護リング
–
アッパートリプルクランプとハンドルバーの位置を調整しま
す。
–
スクリュー
–
ワイヤーハーネスとクラッチワイヤーをケーブルホルダーで
固定します。
–
フォークレッグの位置を調整します。
1が正しい位置にあ
2と O リング3をはめます。
B01605-10
4を取り付け、締めないままにしておきます。
V01785-11
エアブリーダー
5の位置を前方に合わせます。
参考
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB ( 赤い
調節部品)に設置されています。コンプレッションダン
パーは左のフォークレッグCOMP ( 白い調節部品)に設
置されています。
フォークレッグ上端の横手に溝が加工してあります。
上から 2 番目の溝とアッパートリプルクランプの上端
を揃えて下さい。
V01791-10
–
スクリュー
6をしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルク
ランプ用スクリュー
M8
20 Nm
V01790-10
71
12 サービス作業シャーシ
–
スクリュー
4をしっかりと締めます。
規定
ステアリングヘッド
上部用スクリュー
–
M20x1.5
12 Nm
スクリュー
7をしっかりと締めます。
規定
ステアリングステム
用上部スクリュー
V01789-10
–
M8
20 Nm
スクリュー
8をしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルク
ランプ用スクリュー
M8
20 Nm
V01790-11
–
ブレーキキャリパーの位置を調整し、スクリュー
け、しっかりと締めます。
9を取り付
規定
前方ブレーキ
キャリパー用ス
クリュー
V01792-10
M8
25 Nm
Loctite®243™
–
ケーブル留めを取り付けます。
–
ブレーキホース、ワイヤーハーネス、クランプの位置を調整
します。スクリュー を取り付け、しっかりと締めます。
bk
その後の作業
– バーパッドを取り付けます。
72
–
フロントフェンダーを取り付けます。 (
–
前輪を取り付けます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 130)
–
ワイヤーハーネス、アクセルワイヤー、ブレーキホース、ク
ラッチホースが自由に動けるようになっているか、正しく取
り回されているかを確認します。
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検します。
( 頁 75)
–
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
(
頁 78)
頁 118)
頁 65)
頁 132)
サービス作業シャーシ 12
12.12
ロアートリプルクランプを取り付ける
(全ての EXC‑F Six Days)
主な作業
– ベアリングとシーリング要素を清掃し、損傷がないかどうか
を確認してグリースを塗布します。
高粘度グリース (
頁 168)
–
ロアートリプルクランプをステアリングステムで位置を調整
します。ステアリングヘッドの上側のベアリングを取り付け
ます。
–
ステアリングヘッドの上側のガスケット
るか確認します。
–
保護リング
–
アッパートリプルクランプとハンドルバーの位置を調整しま
す。
–
スクリュー
–
ワイヤーハーネスとクラッチワイヤーをケーブルホルダーで
固定します。
–
フォークレッグの位置を調整します。
1が正しい位置にあ
2と O リング3を取り付けます。
B01604-10
4を取り付け、締めないままにしておきます。
V01787-11
エアブリーダー
5の位置を前方に合わせます。
参考
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB ( 赤い
調節部品)に設置されています。コンプレッションダン
パーは左のフォークレッグCOM ( 白い調節部品)に設
置されています。
フォークレッグ上端の横手に溝が加工してあります。
上から 2 番目の溝とアッパートリプルクランプの上端
を揃えて下さい。
V01791-10
–
スクリュー
6をしっかりと締めます。
規定
ロアートリプルクラ
ンプ用スクリュー
M8
15 Nm
V01793-10
73
12 サービス作業シャーシ
–
スクリュー
4をしっかりと締めます。
規定
ステアリングヘッド
上部用スクリュー
–
M20x1.5
12 Nm
スクリュー
7を取り付け、しっかりと締めます。
規定
ステアリングス
テム用上部スク
リュー
V01794-10
–
M8
17 Nm
Loctite®243™
スクリュー
8をしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルク
ランプ用スクリュー
M8
17 Nm
V01793-11
–
ブレーキキャリパーの位置を調整し、スクリュー
け、しっかりと締めます。
9を取り付
規定
前方ブレーキ
キャリパー用ス
クリュー
V01792-10
M8
25 Nm
Loctite®243™
–
ケーブル留めを取り付けます。
–
ブレーキホース、ワイヤーハーネス、クランプの位置を調整
します。スクリュー を取り付け、しっかりと締めます。
bk
その後の作業
– バーパッドを取り付けます。
74
–
フロントフェンダーを取り付けます。 (
–
前輪を取り付けます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 130)
–
ワイヤーハーネス、アクセルワイヤー、ブレーキホース、ク
ラッチホースが自由に動けるようになっているか、正しく取
り回されているかを確認します。
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検します。
( 頁 75)
–
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
(
頁 78)
頁 118)
頁 65)
頁 132)
サービス作業シャーシ 12
12.13
ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検する
警告
事故の危険性 ステアリングヘッドベアリングの遊びが不適切な場合、走行性能に影響を及ぼし構成部
品を破損させることがあります。
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びは速やかに修正してください。(お近くの KTM 正規ディー
ラーにお問い合わせ下さい。)
参考
ステアリングヘッドのベアリングにガタがある状態で長い間使用すると、まずベアリングが、続いてフ
レームのベアリングシートが損傷してしまいます。
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– ハンドルバーを直進の状態にします。フォークレッグを進行
方向に向かって前後に動かします。
ステアリングヘッドのベアリングにガタが感じられる場合
はメンテナンスが必要です。
»
ガタが感じられる:
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節しま
す。 ( 頁 76)
H01167-01
(全ての EXC‑F Six Days)
– ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節しま
す。 ( 頁 76)
–
ハンドルバーをハンドル限界全体にわたり左右に動かします。
ハンドルバーがハンドル限界全体にわたりスムーズに動か
せる事を確認して下さい。どこかで動きが止まると感じら
れる場合はメンテナンスが必要です。
»
動きの止まりが感じられる:
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節しま
す。 ( 頁 76)
(全ての EXC‑F Six Days)
– ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節しま
す。 ( 頁 76)
–
ステアリングヘッドベアリングを点検し、必要に応じ
て新品に交換します。
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
頁 65)
75
12 サービス作業シャーシ
12.14
ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節する
(EXC‑F EU, XCF‑W)
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
(EXC‑F EU)
– スクリュー
–
1と2を緩めます。
スクリュー3を緩め、また締め直します。
規定
ステアリングヘッ
ド上部用スクリュ
ー
K01336-10
M20x1.5
12 Nm
–
プラスチックのハンマーでアッパートリプルクランプを
軽く叩き、歪みをなくします。
–
スクリュー
1をしっかりと締めます。
規定
アッパートリプ
ルクランプ用スク
リュー
–
M8
20 Nm
スクリュー
2をしっかりと締めます。
規定
ステアリングス
テム用上部スク
リュー
M8
20 Nm
その後の作業
– ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検します。
( 頁 75)
–
12.15
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節する
頁 65)
(全ての EXC‑F Six Days)
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– スクリュー
–
–
1を緩めます。
スクリュー2を外します。
スクリュー3を緩め、また締め直します。
規定
ステアリングヘッド
上部用スクリュー
V01795-10
M20x1.5
12 Nm
–
プラスチックのハンマーでアッパートリプルクランプを軽く
叩き、歪みをなくします。
–
スクリュー
1をしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルク
ランプ用スクリュー
–
76
スクリュー
M8
17 Nm
2を取り付け、しっかりと締めます。
サービス作業シャーシ 12
規定
ステアリングス
テム用上部スク
リュー
M8
17 Nm
Loctite®243™
その後の作業
– ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検します。
( 頁 75)
–
12.16
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
頁 65)
ステアリングヘッドのベアリングをグリスアップする
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– ロアートリプルクランプを取り外します。
(
頁 69)
ロアートリプルクランプを取り付けます。
(
頁 71)
(全ての EXC‑F Six Days)
– ロアートリプルクランプを取り外します。
(
頁 70)
(
頁 73)
–
–
ロアートリプルクランプを取り付けます。
H02387-01
12.17
フロントフェンダーを取り外す
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 129)
主な作業
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– スクリュー を外します。
1
V00340-10
–
スクリュー
します。
2を外します。フロントフェンダーを取り出
V00341-10
77
12 サービス作業シャーシ
(全ての EXC‑F Six Days)
– スクリュー を外します。
1
K00576-10
–
スクリュー
します。
2を外します。フロントフェンダーを取り出
S01321-10
12.18
フロントフェンダーを取り付ける
主な作業
(EXC‑F EU, XCF‑W)
– フロントフェンダーを配置します。スクリュー
付け、しっかりと締めます。
1を取り
規定
シャーシ用その他
のスクリュー
M6
10 Nm
V00340-10
–
スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他
のスクリュー
M6
10 Nm
V00341-10
(全ての EXC‑F Six Days)
– フロントフェンダーを配置します。スクリュー
付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他
のスクリュー
K00576-10
78
M6
10 Nm
1を取り
サービス作業シャーシ 12
–
スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他
のスクリュー
M6
10 Nm
S01321-10
その後の作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 130)
–
12.19
ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁 132)
ショックアブソーバーを取り外す
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– スクリュー を外し、まだ後輪を回転できる範囲で後輪をス
イングアームと共にできるだけ下に下げます。後輪をこの位
置で固定します。
1
–
スクリュー を外し、スプラッシュガード
ショックアブソーバーを取り外します。
2
3を横によけ、
K01337-10
12.20
ショックアブソーバーを取り付ける
主な作業
– スプラッシュガード を脇によけ、ショックアブソーバーの
位置を調整します。スクリュー を取り付け、しっかりと締
めます。
1
2
規定
ショックアブ
ソーバー用上部
スクリュー
K01337-11
–
M12
80 Nm
Loctite®2701™
スクリュー
3を取り付け、しっかりと締めます。
規定
ショックアブ
ソーバー用下部
スクリュー
M12
80 Nm
Loctite®2701™
参考
スイングアームにあるショックアブソーバー用のピ
ボットベアリングはテフロン加工されています。グ
リースその他、潤滑剤は使用しないで下さい。潤滑剤
はテフロン層を分解し、寿命を極端に縮めることにな
ります。
79
12 サービス作業シャーシ
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
12.21
頁 65)
シートを取り外す
–
左側のスクリュー
–
シートの後部を持ち上げ、後ろに引き、上方向に取り外しま
す。
–
シートの前方をフューエルタンクのブッシングにかけ、後部
を下げながら前方に押し入れます。
–
シートが正しくロックされているか確認します。
–
スクリュー
1を外します。
S03480-10
H02218-10
12.22
シートを取り付ける
H02218-11
1を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
S03480-10
80
M6
10 Nm
サービス作業シャーシ 12
12.23
エアフィルターボックスカバーの取り外し
条件
エアフィルターボックスカバーは固定されています。
–
シートを取り外します。 (
–
スクリュー
頁 80)
1を外します。
V01759-10
–
エアフィルターボックスカバーの
外します。
A横側を外し、前方へ取り
V01759-11
条件
エアフィルターボックスカバーは固定されています。
–
エアフィルターボックスカバーの
取り外します。
A横側を外し、前方へ
V01760-10
12.24
エアフィルターボックスカバーの取り付け
条件
エアフィルターボックスカバーは固定されています。
–
エアフィルターボックスカバーを
部分にはめます。
Aの部分にかけ、Bの
V01759-12
81
12 サービス作業シャーシ
–
スクリュー
1を取り付け、しっかりと締めます。
規定
エアフィルター
ボックスカバー用
スクリュー
–
EJOT PT®
K60x20-Z
シートを取り付けます。 (
3 Nm
頁 80)
V01759-10
条件
エアフィルターボックスカバーは固定されています。
–
–
エアフィルターボックスカバーを
部分にはめます。
エアフィルターボックスカバーを
分にはめます。
Aの部分にかけ、Bの
Aの部分にかけ、Bの部
V01760-11
12.25
エアフィルターを取り外す
情報
エンジン損傷
フィルターを通さずに吸い込んだ空気は、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
エアフィルターがないと埃や汚れがエンジンに侵入します。
–
車両はエアフィルターがない状態で決して始動しないでください。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
準備作業
– エアフィルターボックスカバーを取り外します。 (
頁 81)
主な作業
– 固定用金具
を外します。エアフィルターをホルダーと一
緒に取り出します。
1
–
K01338-10
82
エアフィルターをホルダーから取り出します。
サービス作業シャーシ 12
12.26
エアフィルターを取り付ける
主な作業
– きれいなエアフィルターをホルダーに取り付けます。
–
エアフィルターの
Aの範囲にグリースを塗布します。
耐久性グリース (
頁 168)
H02459-01
–
エアフィルターを入れ、固定用の突起部
の位置で調整します。
1 をブッシングB
エアフィルターを正しい位置に調整します。
–
下方にある固定用の突起部
2 を固定します。
参考
エアフィルターが正しく取り付けられていないと、
ほこりや汚れがエンジン内に入り、損傷の原因となる
恐れがあります。
V01761-10
その後の作業
– エアフィルターボックスカバーを取り付けます。 (
12.27
頁 81)
エアフィルターとエアフィルターケースを清掃する
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
発泡材を損傷しますので、エアフィルターを燃料や灯油で洗浄しないで下さい。
準備作業
– エアフィルターボックスカバーを取り外します。 (
–
エアフィルターを取り外します。
(
頁 81)
頁 82)
主な作業
– エアフィルターを専用の洗浄液で念入りに洗浄し、よく乾燥
させます。
エアフィルター洗浄剤 (
頁 168)
参考
エアフィルターは決して絞らず、水分は押し出すよう
にして下さい。
F01027-01
–
乾燥したエアフィルターに高品質のエアフィルターオイルを
差します。
発泡材エアフィルター用オイル (
–
頁 169)
エアフィルターケースを清掃します。
83
12 サービス作業シャーシ
–
インテークマニホールドに損傷がないか、きちんと固定され
ているかを確認します。
その後の作業
– エアフィルターを取り付けます。
–
12.28
(
頁 83)
エアフィルターボックスカバーを取り付けます。 (
頁 81)
エアフィルターケースカバーにヒューズ孔を加工する
準備作業
– エアフィルターボックスカバーを取り外します。 (
頁 81)
主な作業
– マーキング
A にドリルで穴をあけます。
規定
直径
6 mm
S03499-10
その後の作業
– エアフィルターボックスカバーを取り付けます。 (
12.29
頁 81)
メインサイレンサーを取り外す
警告
火傷の危険性
–
排気装置は運転中非常に熱くなります。
排気装置を十分に冷ましてから作業を実行してください。
–
スプリング
1を外します。
スプリングフック (50305017000C1)
–
K01339-10
84
スクリュー
2を外し、メインサイレンサーを取り外します。
サービス作業シャーシ 12
12.30
メインサイレンサーを取り付ける
–
メインサイレンサーの位置を調整します。スクリュー
り付け、締めないままにしておきます。
–
スプリング
1を取
2を取り付けます。
スプリングフック (50305017000C1)
–
スクリュー
1をしっかりと締めます。
規定
K01339-11
12.31
スパークアレスターの清掃
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
(XCF‑W)
警告
火傷の危険性
–
排気装置は運転中非常に熱くなります。
排気装置を十分に冷ましてから作業を実行してください。
参考
時間の経過につれて、スパークアレスターのストレーナーにすす粒子が堆積します。
これにより、パフォーマンス特性が変化します。
準備作業
– メインサイレンサーを取り外します。 (
頁 84)
V01736-10
主な作業
– スクリュー
1を取り外し、リアキャップ2を O リング3と共に取り外します。
85
12 サービス作業シャーシ
参考
グラスファイバーを取り除きません。
注意
健康を害する危険
–
すす粒子は眼および粘膜を刺激します。
メインサイレンサーおよびカーボンストレーナーを清掃する時は、適切なマスク/保護メガネを
着用してください。
–
スパークアレスターのメインサイレンサーのカバー
–
新品の O リング
–
4とストレーナー5を圧縮空気で清掃します。
3をリアキャップ2に取り付けます。
リアキャップ2の位置を調整します。スクリュー1を取り付け、しっかりと締めます。
規定
メインサイレンサー用スクリュー
その後の作業
– メインサイレンサーを取り付けます。 (
12.32
M5
7 Nm
頁 85)
メインサイレンサーのグラスファイバーを交換する
警告
火傷の危険性
–
排気装置は運転中非常に熱くなります。
排気装置を十分に冷ましてから作業を実行してください。
参考
時間が経つとガラス繊維が空気中に消失し、防音材が「焼け切って」しまいます。
これにより騒音レベルが高くなるだけでなく、出力特性にも変化が現れます。
準備作業
– メインサイレンサーを取り外します。 (
86
頁 84)
サービス作業シャーシ 12
主な作業
(全ての EU シリーズ)
– スクリュー を外します。
1
2を O リング3と一緒に外します。
–
リアキャップ
–
古いグラスファイバーを外します。
–
再度使用する部品を清掃し、破損がないか点検します。
–
新しいグラスファイバー
付けます。
–
リアキャップに O リングを取り付けます。
–
リアキャップの位置を調整します。
–
全てのスクリューを取り付け、しっかりと締めます。
4をメインサイレンサーに取り
規定
メインサイレン
サー用スクリュー
M5
7 Nm
V01734-10
(XCF‑W)
– スクリュー
–
1を外します。
リアキャップ2を O リング3と一緒に外します。
–
古いグラスファイバーを外します。
–
再度使用する部品を清掃し、破損がないか点検します。
–
新しいグラスファイバー
付けます。
–
リアキャップに O リングを取り付けます。
–
リアキャップの位置を調整します。
–
全てのスクリューを取り付け、しっかりと締めます。
4をメインサイレンサーに取り
規定
メインサイレン
サー用スクリュー
M5
7 Nm
V01735-10
その後の作業
– メインサイレンサーを取り付けます。 (
頁 85)
87
12 サービス作業シャーシ
12.33
フューエルタンクを取り外す
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
–
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所に保管して下さい。
準備作業
– シートを取り外します。 (
頁 80)
主な作業
– 燃料ポンプのプラグ
–
1を外します。
2を圧縮空気で念入りに清掃しま
燃料ホースのコネクター
す。
参考
燃料ホースに汚れが絶対に入らないよう注意して下さ
い。汚れが入り込むとインジェクションバルブが詰ま
る原因となります。
V01762-10
–
燃料ホースのコネクターを外します。
参考
燃料ホースから残りの燃料が流れ出る事があります。
–
洗浄用キャップセット
3を取り付けます。
洗浄用キャップセット (81212016100)
V01763-10
88
サービス作業シャーシ 12
(全ての EU シリーズ)
– スクリュー を外します。
4
–
ホーンをホーンホルダーと一緒に脇にかけておきます。
V01764-10
(XCF‑W)
– スクリュー
4を外します。
V01765-10
–
スクリュー
–
フューエルタンクのエア抜きホースを抜き取ります。
–
ラジエーターの横にある両側のスポイラーを引き、フューエ
ルタンクを上から取り外します。
5をゴムブッシングと一緒に外します。
V01766-10
V01767-10
12.34
フューエルタンクを取り付ける
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
89
12 サービス作業シャーシ
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
主な作業
– ガスボーデンケーブルの取り回しを点検します。 (
頁 96)
–
フューエルタンクを位置決めし、両側のスポイラーをラジ
エーター前のサイドに取り付けます。
–
ケーブルやアクセルワイヤーを挟んだり、損傷しないよう注
意します。
V01767-11
–
フューエルタンクのエア抜き穴にホースを差し込みます。
–
スクリュー をゴムブッシングと一緒に取り付け、しっかり
と締めます。
1
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
V01766-11
(全ての EU シリーズ)
– ホーンとホーンホルダーの位置を調整します。
–
スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他
のスクリュー
M6
10 Nm
V01764-11
(XCF‑W)
– スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他
のスクリュー
V01765-11
90
M6
10 Nm
サービス作業シャーシ 12
–
燃料ポンプのプラグ
–
洗浄用キャップセットを取り外します。
–
燃料ホースのコネクターを圧縮空気で念入りに清掃します。
3を差し込みます。
参考
燃料ホースに汚れが絶対に入らないよう注意して下さ
い。汚れが入り込むとインジェクションバルブが詰ま
る原因となります。
V01762-11
–
O リングを潤滑し、燃料ホースのコネクター
4を接続します。
参考
ケーブルと燃料ホースは、排気装置から安全な距離を
確保して配線して下さい。
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
12.35
頁 80)
チェーンの汚れを点検する
–
チェーンに大きな汚れがついていないか点検します。
»
チェーンがひどく汚れている:
–
チェーンを清掃します。 (
頁 91)
400678-01
12.36
チェーンを清掃する
警告
事故の危険性
–
潤滑剤がタイヤに付着すると、タイヤの粘着力が低下します。
潤滑剤を適切な洗浄剤を利用してタイヤから拭き取ってください。
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
チェーンの寿命は手入れの仕方で大きく変わってきます。
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
91
12 サービス作業シャーシ
主な作業
– 大きな汚れは弱い水流で洗い流します。
–
使用済みグリースの残りはチェーン洗浄剤で落とします。
チェーン洗浄剤 (
–
頁 168)
乾かした後、チェーンスプレーを吹き付けます。
オフロード用チェーンスプレー (
頁 168)
400725-01
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
12.37
頁 65)
チェーンの遊びを点検する
警告
事故の危険性
不適切なチェーンの遊びは部品を破損し、事故の原因となります。
チェーンが貼りすぎているとチェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、そしてギアベアリ
ングおよび後輪ベアリングが早期磨耗してしまいます。部品の中には過負荷により切れたり壊れたり
するものもあります。
チェーンが緩すぎるとチェーンがフロントスプロケットまたはリアスプロケットから外れてしまいま
す。その結果、後輪ロック、またはエンジン破損の原因となります。
–
チェーンの遊びを定期的に点検してください。
–
チェーンの遊びを規定値に従って設定してください。
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– チェーンスライダーの端でチェーンを上に引き、チェーンの
遊び を確認します。
A
参考
その際、チェーン下部 がピンと張っている事を確認
して下さい。
チェーンガードを取り付けた状態で、チェーンが少な
くともチェーンガードのストッパー の位置まで上に
引ける状態でなければなりません。
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記
確認を何箇所か別の場所で繰り返し行って下さい。
1
B
チェーンの遊び
»
55 … 58 mm
チェーンの遊びが規定通りになっていない:
–
チェーンの遊びを調節します。 (
頁 93)
V00354-10
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
92
頁 65)
サービス作業シャーシ 12
12.38
チェーンの遊びを調節する
警告
事故の危険性
不適切なチェーンの遊びは部品を破損し、事故の原因となります。
チェーンが貼りすぎているとチェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、そしてギアベアリ
ングおよび後輪ベアリングが早期磨耗してしまいます。部品の中には過負荷により切れたり壊れたり
するものもあります。
チェーンが緩すぎるとチェーンがフロントスプロケットまたはリアスプロケットから外れてしまいま
す。その結果、後輪ロック、またはエンジン破損の原因となります。
–
チェーンの遊びを定期的に点検してください。
–
チェーンの遊びを規定値に従って設定してください。
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
チェーンの遊びを点検します。 (
頁 65)
頁 92)
主な作業
– ナット
–
–
1を緩めます。
ナット2を緩めます。
左右の調節スクリュー3を回し、チェーンの遊びを調節しま
す。
規定
チェーンの遊び
55 … 58 mm
左右の調節スクリュー を回し、両側のチェーンアジャス
ターのマーキングが目印 に対して同じ位置に来るように
調節します。これにより後輪の位置が正しく調整されます。
3
A
–
ナット
–
チェーンアジャスター
る事を確認します。
–
ナット
2をしっかりと締めます。
4が調節スクリュー3に接触してい
1をしっかりと締めます。
規定
E00330-10
後輪アクスルシャフ
ト用ナット
M20x1.5
80 Nm
参考
チェーンアジャスターの調整幅が大きく (32 mm)、
同じチェーン長さで異なる二次減速比を実現する事が
可能です。
チェーンアジャスター は 180 度回転させる事がで
きます。
4
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
頁 65)
93
12 サービス作業シャーシ
12.39
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、チェーンガイドを点検
する
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– ギアをニュートラルに入れます。
–
リアスプロケットとフロントスプロケットの磨耗を点検しま
す。
»
リアスプロケットまたはフロントスプロケットが摩耗し
ている:
–
駆動部品一式を交換します。
参考
400227-01
フロントスプロケット、リアスプロケット、
チェーンは必ず一緒に交換して下さい。
–
チェーン上部を以下に記載した重量
Aで引っ張ります。
規定
チェーンの摩耗測定の重量
–
10 … 15 kg
チェーン下部でローラー 18 個分の長さ
Bを測定します。
参考
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記
確認を何箇所か別の場所で繰り返し行って下さい。
チェーンが最も長い部分で
のローラー 18 個分の長さ
の最大値
272 mm
B
»
長さ
Bが規定値より大きい:
–
駆動部品一式を交換します。
参考
400987-10
94
新しいチェーンを取り付ける際は、同時にリア
スプロケットとフロントスプロケットも交換し
て下さい。
新しいチェーンを摩耗が進んだ古いリアスプロ
ケットまたはフロントスプロケットと一緒に使
用すると、早く摩耗してしまいます。
サービス作業シャーシ 12
–
チェーンスライダーガードの磨耗を点検します。
»
チェーンのピンの下端が、チェーンスライダーガードの高
さ、またはそれより下にある:
–
–
チェーンスライダーガードを交換します。
チェーンスライダーガードがきちんと固定されているか確認
します。
»
チェーンスライダーガードがガタついている:
–
チェーンスライダーガードのスクリューをしっかりと
締めます。
規定
チェーンスラ
イダーガード
用スクリュー
M6
6 Nm
Loctite®243™
E00805-10
–
チェーンスライダーの摩耗を点検します。
»
チェーンのピンの下端が、チェーンスライダーの高さ、
またはそれより下にある:
–
–
チェーンスライダーを交換します。
チェーンスライダーがきちんと固定されているか確認します。
»
チェーンスライダーがガタついている:
–
チェーンスライダーのスクリューをしっかりと締めま
す。
規定
チェーンスライ
ダー用スクリュー
M8
15 Nm
E00806-10
–
チェーンガイドの磨耗を点検します。
参考
チェーンガイドの摩耗は前面の状態を見て判断します。
»
チェーンガイドの色の明るい部分が摩耗している:
–
チェーンガイドを交換します。
401760-01
95
12 サービス作業シャーシ
–
チェーンガイドがきちんと固定されているか確認します。
»
チェーンガイドがガタついている:
–
チェーンガイドのスクリューをしっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他
のスクリュー
M6
10 Nm
シャーシ用その他
のナット
M6
10 Nm
E00333-01
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
12.40
頁 65)
フレームを点検する
–
フレームにひびや変形がないか確認します。
»
フレームに機械的な力の作用によるひびや変形が見られ
る:
–
フレームを交換します。
参考
機械的な力の影響によって損傷したフレーム
は、必ず交換してください。KTM ではフレーム
の修理を禁止しています。
S01316-10
12.41
スイングアームを点検する
–
スイングアームに損傷、ひび、変形がないか確認します。
»
スイングアームにひび、損傷、変形が見られる:
–
スイングアームを交換します。
参考
破損が見られるスイングアームは必ず交換して
下さい。KTM ではスイングアームの修理を禁
止しています。
S01317-10
12.42
ガスボーデンケーブルの取り回しの点検
準備作業
– シートを取り外します。 (
–
96
頁 80)
フューエルタンクを取り外します。
(
頁 88)
サービス作業シャーシ 12
主な作業
– ガスボーデンケーブルの取り回しを点検します。
2 本のアクセルワイヤーが揃って、ハンドルバーの後ろか
らフューエルタンク取付け部の上を通り、スロットルバル
ブ本体に取り回されている事を確認して下さい。アクセル
ワイヤーは両方ともフューエルタンク取り付け部分のゴム
バンドの後ろに取り回されている事を確認して下さい。
»
ガスボーデンケーブルの取り回しが規定通りでない場合:
–
ガスボーデンケーブルの取り回しを修正してくださ
い。
H01695-10
その後の作業
– フューエルタンクを取り付けます。
12.43
(
頁 89)
–
シートを取り付けます。 (
頁 80)
–
ハンドルバーのグリップゴムに損傷や摩耗がないか、グリッ
プゴムがきちんと固定されているかを確認します。
グリップゴムを点検する
参考
グリップゴムは左ではスリーブ上、右ではスロットル
グリップのグリップパイプで硬化されています。左ス
リーブはハンドルバーに固定されています。
グリップゴムはスリーブもしくはスロットルパイプと
一緒にのみ交換することができます。
401197-01
»
グリップゴムが摩耗・損傷している、きちんと固定されて
いない:
–
グリップゴムを交換します。
(全ての EU シリーズ)
– スクリュー
がきちんと固定されているか確認します。
1
規定
固定グリップ
用スクリュー
M4
5 Nm
Loctite®243™
ひし形のマーク は図のようにはっきりと見える状態
でなければなりません。
A
K01340-10
97
12 サービス作業シャーシ
(XCF‑W)
– スクリュー
1 がきちんと固定されているか確認します。
規定
固定グリップ
用スクリュー
M4
5 Nm
Loctite®243™
ひし形のマーク は図のようにはっきりと見える状態
でなければなりません。
A
V01768-10
12.44
クラッチレバーの基本位置を調整する
–
クラッチレバーの基本位置を調節スクリュー
に合わせて調整します。
1で手の大きさ
参考
E00842-10
12.45
調節スクリューを時計回りに回すと、クラッチレバー
はハンドルバーから遠ざかります。
調節スクリューを時計と反対回りに回すと、クラッチ
レバーはハンドルバーに近づきます。
設定範囲には限界があります。
調節スクリューは必ず手で回し、無理な力をかけない
で下さい。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
油圧式クラッチのフルードレベルを点検・調節する
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
クラッチディスクの摩耗が進むにつれ、フルードレベルが高くなります。
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に
着色してあります。ガスケットとクラッチワイヤーはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していませ
ん。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
98
サービス作業シャーシ 12
–
ハンドルバーに取り付けられている油圧式クラッチのリザー
バータンクを水平な状態にします。
–
スクリュー
–
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
–
フルードのレベルを確認します。
タンクの上端からフルード
レベルまで
»
V00456-10
4 mm
フルードのレベルが規定通りになっていない:
–
油圧式クラッチのフルードレベルを調節します。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 166)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取
り付け、しっかりと締めます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
12.46
油圧式クラッチのフルードを交換する
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に
着色してあります。ガスケットとクラッチワイヤーはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していませ
ん。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
99
12 サービス作業シャーシ
–
ハンドルバーに取り付けられている油圧式クラッチのリザー
バータンクを水平な状態にします。
–
スクリュー
–
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
–
エア抜き用注射器
V00456-10
4を適切なフルードで満たします。
注射器 (50329050000)
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 166)
クラッチスレーブシリンダーのカバーキャップを外し、エア
ブリーダー を取り除き、エア抜き用注射器 を取り付け
ます。
5
4
K01342-10
–
マスターシリンダーの開口部 から、フルードが気泡のない
状態で出てくるまで注入します。
–
時々マスターシリンダーのリザーバータンクからフルードを
吸い取り、フルードが溢れ出るのを防ぎます。
–
エア抜き用注射器を取り外します。エアブリーダーを取り付
け、しっかりと締めます。カバーキャップを取り付けます。
–
油圧式クラッチのフルードレベルを調節します。
6
規定
E01224-10
タンクの上端からフルード
レベルまで
–
4 mm
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取
り付け、しっかりと締めます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
12.47
エンジンガードを取り外す (全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
–
H01638-10
100
スクリュー
1を外し、エンジンガードを取り外します。
サービス作業シャーシ 12
12.48
エンジンガードを取り付ける (全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
–
エンジンガードの後方をフレームにかけ、前方を上に上げま
す。
–
スクリュー
1を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
H01638-10
101
13 ブレーキシステム
13.1
ブレーキレバーの遊びを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキレバーに遊びがないと、ブレーキシステム内で前輪ブレーキに圧力がかかります。
–
ブレーキレバーの遊びを規定値に従って設定してください。
(全ての EU シリーズ)
– ブレーキレバーをハンドルバーに向かって押し、遊び
確認します。
Aを
ブレーキレバーの遊び
»
≥ 3 mm
遊びが規定通りになっていない:
–
ブレーキレバーの遊びを調節します。 (
頁 102)
K01343-10
(XCF‑W)
– ブレーキレバーを前に押し、遊び
ブレーキレバーの遊び
»
Aを確認します。
≥ 3 mm
遊びが規定通りになっていない:
–
ブレーキレバーの基本位置を調整します。
( 頁 103)
K01344-10
13.2
ブレーキレバーの遊びを調節する (全ての EU シリーズ)
–
ブレーキレバーの遊びを点検します。 (
–
ブレーキレバーの遊びを調節スクリュー
頁 102)
1で調節します。
参考
K01343-11
102
調節スクリューを時計回りに回すと遊びが小さくなり
ます。ブレーキ作動点がハンドルバーから遠ざかりま
す。
調節スクリューを時計と反対回りに回すと遊びが大き
くなります。ブレーキ作動点がハンドルバーに近づき
ます。
設定範囲には限界があります。
調節スクリューは必ず手で回し、無理な力をかけない
で下さい。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
ブレーキシステム 13
13.3
ブレーキレバーの基本位置を調整する (XCF‑W)
–
ブレーキレバーの遊びを点検します。 (
–
頁 102)
ブレーキレバーの基本位置を調節スクリュー
に合わせて調整します。
1で手の大きさ
参考
調節スクリューを時計回りに回すと、ブレーキレバー
はハンドルバーから遠ざかります。
調節スクリューを時計と反対回りに回すと、ブレーキ
レバーはハンドルバーに近づきます。
設定範囲には限界があります。
調節スクリューは必ず手で回し、無理な力をかけない
で下さい。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
K01343-11
13.4
ブレーキディスクを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキディスクはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキディスクは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
–
前輪と後輪のブレーキディスクの何箇所かでディスクの厚
み を確認します。
A
参考
ブレーキディスクの厚みは、ブレーキパッドと接触す
る範囲が摩耗により減っていきます。
ブレーキディスク磨耗限界 (EXC‑F EU, XCF‑W)
400257-10
前方
2.5 mm
後輪
3.5 mm
ブレーキディスク磨耗限界 (全ての EXC‑F Six Days)
»
–
前方
2.5 mm
後輪
3.7 mm
ブレーキディスクの厚みが規定値を下回っている:
–
前輪ブレーキのブレーキディスクを交換します。
–
後輪ブレーキのブレーキディスクを交換します。
前輪と後輪のブレーキディスクでひび、損傷、変形がないか
を点検します。
»
ブレーキディスクにひび、損傷、変形が見られる:
–
前輪ブレーキのブレーキディスクを交換します。
–
後輪ブレーキのブレーキディスクを交換します。
103
13 ブレーキシステム
13.5
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルが規定のマーキングもしくは規定値を下回っていたら、ブレーキシステムに
漏れがあるか、ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
(全ての EU シリーズ)
– ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリ
ザーバーを水平な状態にします。
–
ブレーキフルードのレベルを点検窓
»
1で確認します。
Aを下回っ
ブレーキフルードのレベルがマーキング
ている:
–
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給しま
す。 ( 頁 104)
V01775-10
(XCF‑W)
– ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリ
ザーバーを水平な状態にします。
–
ブレーキフルードのレベルを点検窓
»
1で確認します。
ブレーキフルードのレベルがマーキングAを下回っ
ている:
–
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給しま
す。 ( 頁 104)
K01345-10
13.6
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルが規定のマーキングもしくは規定値を下回っていたら、ブレーキシステムに
漏れがあるか、ブレーキパッドが摩耗しています。
–
104
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
ブレーキシステム 13
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
準備作業
– 前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 106)
主な作業
(全ての EU シリーズ)
– ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリ
ザーバーを水平な状態にします。
–
–
–
スクリュー
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
ブレーキフルードをAの位置まで注ぎます。
規定
寸法
( タンクの上縁か
らブレーキフルードのレ
ベルまで)
A
5 mm
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 166)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを
取り付け、しっかりと締めます。
参考
V01770-10
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合
は、すぐに水で洗い流して下さい。
105
13 ブレーキシステム
(XCF‑W)
– ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリ
ザーバーを水平な状態にします。
–
スクリュー
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
ブレーキフルードをAの位置まで注ぎます。
–
–
規定
5 mm
寸法
( タンクの上縁か
らブレーキフルードのレ
ベルまで)
A
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 166)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを
取り付け、しっかりと締めます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合
は、すぐに水で洗い流して下さい。
V01771-10
13.7
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキパッドはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキパッドは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
–
ブレーキパッド厚み
Aの最小値を確認します。
厚み最小値
A
»
厚みが最小値を下回っている:
–
–
13.8
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
( 頁 106)
ブレーキパッドにひびや破損がないか点検します。
»
E00342-10
≥ 1 mm
ひびや破損が見られる:
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
( 頁 106)
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換する
警告
事故の危険性
–
106
メンテナンスが不適切な場合、ブレーキシステムが稼動しなくなります。
メンテナンス作業および修理が正しく行われていることを確認してください。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
ブレーキシステム 13
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
警告
事故の危険性
認可されていないブレーキパッドではブレーキ性能が異なります。
ブレーキパッドのなかには KTM 車両のためにテストおよび認可されていないものがあります。これら
ブレーキパッドの構造・摩擦係数は、純正部品のブレーキパッドと大きく異なる場合があり、これによ
りブレーキ性能も大きく異なることになります。
納車時のブレーキパッドと異なるものが使用される場合、これが認可された純正部品のブレーキパッド
に相当するものであるという法定保証は無効になります。このような場合、この車両は納車時の状態で
はないものと判断され、メーカー保証は無効となります。
–
ブレーキパッドは KTM により認可され推奨されているもののみをご使用下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
(全ての EU シリーズ)
– ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリ
ザーバーを水平な状態にします。
–
–
–
V01772-10
スクリュー
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって
押し、ブレーキピストンを押し戻します。ブレーキフルー
ドがブレーキフルードリザーバーから溢れていないか確
認し、必要な場合は吸い取ります。
107
13 ブレーキシステム
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリ
パーがスポークに当らないよう注意して下さい。
–
スナップピン を外し、ボルト
ドを取り出します。
–
ブレーキキャリパーとキャリパーサポートを清掃します。
–
ブレーキキャリパーのリーフスプリング とキャリパー
サポートのスライディングメタルスチール が正しい位
置にあるか確認します。
–
新しいブレーキパッドを入れ、ボルトを差し込み、スナッ
プピンを取り付けます。
4
5を抜き、ブレーキパッ
E00344-10
6
7
100397-01
参考
ブレーキパッドは必ずセットで交換して下さい。
–
E00345-10
108
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感
じられるまで、ブレーキレバーを何度か作動します。
ブレーキシステム 13
–
ブレーキフルードのレベルが
調節します。
Aで示した位置にくるよう
規定
寸法
( タンクの上縁か
らブレーキフルードのレ
ベルまで)
A
5 mm
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 166)
カバー
リュー
2とダイヤフラム3の位置を調整します。スク
1を取り付け、しっかりと締めます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合
は、すぐに水で洗い流して下さい。
V01770-10
(XCF‑W)
– ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリ
ザーバーを水平な状態にします。
–
–
–
V01773-10
スクリュー
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって
押し、ブレーキピストンを押し戻します。ブレーキフルー
ドがブレーキフルードリザーバーから溢れていないか確
認し、必要な場合は吸い取ります。
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリ
パーがスポークに当らないよう注意して下さい。
–
スナップピン を外し、ボルト
ドを取り出します。
–
ブレーキキャリパーとキャリパーサポートを清掃します。
–
ブレーキキャリパーのリーフスプリング とキャリパー
サポートのスライディングメタルスチール が正しい位
置にあるか確認します。
4
5を抜き、ブレーキパッ
E00344-10
6
7
100397-01
109
13 ブレーキシステム
–
新しいブレーキパッドを入れ、ボルトを差し込み、スナッ
プピンを取り付けます。
参考
ブレーキパッドは必ずセットで交換して下さい。
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感
じられるまで、ブレーキレバーを何度か作動します。
–
ブレーキフルードのレベルが
調節します。
E00345-10
Aで示した位置にくるよう
規定
5 mm
寸法
( タンクの上縁か
らブレーキフルードのレ
ベルまで)
A
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 166)
カバー
リュー
2とダイヤフラム3の位置を調整します。スク
1を取り付け、しっかりと締めます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合
は、すぐに水で洗い流して下さい。
V01771-10
13.9
ブレーキペダルの遊びを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに遊びがないと、ブレーキシステム内で後輪ブレーキに圧力がかかります。
–
ブレーキペダルの遊びを規定値に従って設定してください。
–
スプリング
–
ブレーキペダルをペダルが上がり切った状態とフットブ
レーキシリンダーのピストンに触れる間で何度か動かし、
遊び を確認します。
1を外します。
A
規定
ブレーキペダルの遊び
»
–
110
遊びが規定通りになっていない:
–
402026-10
3 … 5 mm
ブレーキペダルの基本位置を調整します。
( 頁 111)
スプリング
1を取り付けます。
ブレーキシステム 13
13.10
ブレーキペダルの基本位置を調整する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに遊びがないと、ブレーキシステム内で後輪ブレーキに圧力がかかります。
–
ブレーキペダルの遊びを規定値に従って設定してください。
–
スプリング
–
ナット を緩め、プッシュロッド
大になるように調整します。
–
ナット を緩め、スクリュー を回し、ブレーキペダルの基
本位置を好みに合わせて調節します。
1を外します。
5と回し戻して、遊びが最
4
2
3
参考
設定範囲には限界があります。
–
プッシュロッド を回し、遊び が得られるように調節し
ます。場合によっては、ブレーキペダルの基本位置を調整し
ます。
5
A
規定
ブレーキペダルの遊び
–
3 … 5 mm
スクリュー を動かないように押さえ、ナット
りと締めます。
3
2をしっか
規定
ブレーキペダルス
トッパー用ナット
K00563-10
–
プッシュロッド
す。
M8
20 Nm
5を押さえ、ナット4をしっかりと締めま
規定
シャーシ用その他の
ナット
–
13.11
M6
10 Nm
スプリング
1を取り付けます。
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルが規定のマーキングもしくは規定値を下回っていたら、ブレーキシステムに
漏れがあるか、ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
111
13 ブレーキシステム
–
車両を垂直に立てます。
–
ブレーキフルードのレベルを点検窓
»
ブレーキフルードのレベルが
いる:
–
1で確認します。
Aのマーキングを下回って
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
( 頁 112)
K01346-10
13.12
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルが規定のマーキングもしくは規定値を下回っていたら、ブレーキシステムに
漏れがあるか、ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
準備作業
– 後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
112
頁 113)
ブレーキシステム 13
主な作業
– 車両を垂直に立てます。
–
スクリューキャップ
に外します。
–
ブレーキフルードを
1をダイヤフラム2、O リングと一緒
Aのマーキングの位置まで注ぎます。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 166)
スクリューキャップをダイヤフラム、O リングと一緒に取り
付けます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
K01347-10
13.13
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキパッドはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキパッドは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
–
ブレーキパッド厚み
Aの最小値を確認します。
厚み最小値
A
»
厚みが最小値を下回っている:
–
–
13.14
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
( 頁 113)
ブレーキパッドにひびや破損がないか点検します。
»
E00349-10
≥ 1 mm
ひびや破損が見られる:
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
( 頁 113)
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換する
警告
事故の危険性
–
メンテナンスが不適切な場合、ブレーキシステムが稼動しなくなります。
メンテナンス作業および修理が正しく行われていることを確認してください。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
113
13 ブレーキシステム
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
警告
事故の危険性
認可されていないブレーキパッドではブレーキ性能が異なります。
ブレーキパッドのなかには KTM 車両のためにテストおよび認可されていないものがあります。これら
ブレーキパッドの構造・摩擦係数は、純正部品のブレーキパッドと大きく異なる場合があり、これによ
りブレーキ性能も大きく異なることになります。
納車時のブレーキパッドと異なるものが使用される場合、これが認可された純正部品のブレーキパッド
に相当するものであるという法定保証は無効になります。このような場合、この車両は納車時の状態で
はないものと判断され、メーカー保証は無効となります。
–
ブレーキパッドは KTM により認可され推奨されているもののみをご使用下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
V01774-10
114
–
車両を垂直に立てます。
–
スクリューキャップ
に外します。
–
ブレーキピストンを基本位置に押し戻し、ブレーキフルード
リザーバーからブレーキフルードが溢れていないか確認し、
必要な場合は吸い取ります。
1をダイヤフラム2、O リングと一緒
ブレーキシステム 13
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパー
がスポークに当らないよう注意して下さい。
–
スナップピン を外し、ボルト
取り出します。
–
ブレーキキャリパーとキャリパーサポートを清掃します。
–
ブレーキキャリパーのリーフスプリング
ポートのスライディングメタルスチール
るか確認します。
–
新しいブレーキパッドを入れ、ボルトを差し込み、スナップ
ピンを取り付けます。
3
4を抜き、ブレーキパッドを
E00351-10
5とキャリパーサ
6が正しい位置にあ
E00352-10
参考
ブレーキパッドは必ずセットで交換して下さい。
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感じら
れるまで、ブレーキペダルを何度か作動します。
E00353-01
115
13 ブレーキシステム
–
ブレーキフルードのレベルがマーキング
るよう調節します。
Aで示した位置に来
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
スクリューキャップ
に取り付けます。
頁 166)
1をダイヤフラム2、O リングと一緒
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
K01347-10
116
車輪、タイヤ 14
14.1
前輪を取り外す
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
主な作業
– 手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押
し、ブレーキピストンを押し戻します。
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパー
がスポークに当らないよう注意して下さい。
V00363-10
–
–
–
スクリュー
1を数回転分緩めます。
スクリュー2を緩めます。
スクリュー1を押し、アクスルシャフトをフォークレッグの
穴から押し出します。
–
スクリュー
1を外します。
V00364-10
警告
事故の危険性 破損したブレーキディスクはブレー
キ性能を低下させます。
–
–
V00365-10
ブレーキディスクが損傷する事のないよう、ホ
イールの取り外しには注意して下さい。
前輪を支え、アクスルシャフトを取り外します。前輪をフロ
ントフォークから取り外します。
参考
前輪を取り外した状態でブレーキレバーを作動しない
で下さい。
–
スペーサー
3を取り外します。
H00934-10
117
14 車輪、タイヤ
14.2
前輪を取り付ける
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
–
ホイールベアリングに磨耗や損傷がないかを点検します。
»
ホイールベアリングが磨耗または損傷している:
–
–
前方ホイールベアリングを交換します。
シャフトのシールリング とスペーサーの接触面
してグリースアップします。
1
耐久性グリース (
H00935-10
Aを清掃
頁 168)
–
スペーサーを取り付けます。
–
アクスルシャフトを清掃し、軽くグリースアップします。
耐久性グリース (
–
頁 168)
前輪の位置を調整し、アクスルシャフトを取り付けます。
ブレーキパッドの位置が正しく調整されています。
–
スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
前方アクスルシャフ
ト用スクリュー
V00364-11
M20x1.5
35 Nm
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触するまで、ブレー
キレバーを何度か作動します。
–
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
–
前輪のブレーキを作動し、フロントフォークのスプリングを
何度か強く圧縮します。
–
スクリュー
頁 65)
フォークレッグの位置が調整されます。
3をしっかりと締めます。
規定
フォークレッグのア
クスル通し穴用スク
リュー
14.3
M8
15 Nm
後輪を取り外す
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
118
頁 65)
車輪、タイヤ 14
主な作業
– 手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押
し、ブレーキピストンを押し戻します。
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパー
がスポークに当らないよう注意して下さい。
–
–
–
ナット
1を外します。
チェーンアジャスター2を取り外します。後輪が前方に動か
せるところまで、アクスルシャフト3を引き出します。
後輪をできるだけ前方に押します。チェーンをリアスプロ
ケットから外します。
参考
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護します。
警告
事故の危険性 破損したブレーキディスクはブレー
キ性能を低下させます。
V00366-10
–
–
ブレーキディスクが損傷する事のないよう、ホ
イールの取り外しには注意して下さい。
後輪を支え、アクスルシャフトを取り外します。スイングアー
ムから後輪を外します。
参考
後輪を取り外した状態でブレーキペダルを作動しない
で下さい。
–
スペーサー
4を取り外します。
H03002-10
14.4
後輪を取り付ける
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
119
14 車輪、タイヤ
主な作業
– ホイールベアリングに磨耗や損傷がないかを点検します。
»
ホイールベアリングが磨耗または損傷している:
–
–
後輪のホイールベアリングを交換します。
シャフトのシールリング とスペーサーの接触面
してグリースアップします。
1
耐久性グリース (
H03001-10
Aを清掃
頁 168)
–
スペーサーを取り付けます。
–
アクスルシャフトを清掃し、軽くグリースアップします。
耐久性グリース (
–
頁 168)
後輪の位置を調整し、アクスルシャフト
2を差し込みます。
ブレーキパッドの位置が正しく調整されています。
–
チェーンを取り付けます。
–
チェーンアジャスター の位置を調整します。ナット
取り付け、締めないままにしておきます。
–
チェーンアジャスター
る事を確認します。
–
チェーンの遊びを点検します。 (
–
ナット
V00367-10
3
4を
3が調節スクリュー5に接触してい
頁 92)
4をしっかりと締めます。
規定
後輪アクスルシャフ
ト用ナット
M20x1.5
80 Nm
参考
チェーンアジャスターの調整幅が大きく (32 mm)、
同じチェーン長さで異なる二次減速比を実現する事が
可能です。
チェーンアジャスター は 180 度回転させる事がで
きます。
3
–
V00368-10
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感じら
れるまで、ブレーキペダルを何度か作動します。
その後の作業
– 車両をリフトスタンドから降ろします。 (
120
頁 65)
車輪、タイヤ 14
14.5
タイヤの状態を点検する
参考
KTM により承認または推奨されたタイヤのみを使用して下さい。
それ以外のタイヤは走行性能に悪影響を与える恐れがあります。
タイヤの種類、状態、空気圧は車両の走行性能に影響を与えます。
前輪・後輪には必ず同種プロファイルのタイヤを使用して下さい。
タイヤがすり減っていると、路面が濡れている場合などは特に走行性能に悪影響を与えます。
–
前輪・後輪のタイヤに亀裂がないか、異物が刺さっていない
か、その他損傷がないかを点検します。
»
タイヤに亀裂や損傷がある、または異物が刺さっている:
–
–
タイヤを交換します。
溝の深さを点検します。
参考
各国法律により定められている溝の深さの最小値を
守ってください。
400602-10
溝の深さ最小値
»
溝の深さが最小値を下回っている:
–
–
≥ 2 mm
タイヤを交換します。
タイヤの製造日を確認します。
参考
通常、タイヤの製造日はタイヤに記載されており、
DOTコードの下 4 桁の数字で表されています。最初の
2 桁が製造週を、残りの 2 桁が製造年を示しています。
KTM では、実際の磨耗状態にかかわらず、遅くとも製
造日から 5 年を経過したらタイヤ交換する事をお勧め
しています。
H01144-01
»
タイヤの製造日が 5 年以上前である:
–
14.6
タイヤを交換します。
タイヤ空気圧を点検する
参考
タイヤの空気圧が低過ぎると異常な磨耗が発生し、タイヤが過熱します。
適正な空気圧により快適な走行が可能となり、タイヤの寿命も延びます。
–
カバーキャップを外します。
–
タイヤが冷えた状態で空気圧を点検します。
タイヤの空気圧オフロード
前方
1.0 bar
後輪
1.0 bar
タイヤの空気圧道路走行時 (全ての EU シリーズ)
400695-01
前方
2.0 bar
後輪
2.0 bar
121
14 車輪、タイヤ
タイヤの空気圧道路走行時 (XCF‑W)
»
14.7
1.8 bar
後輪
1.8 bar
タイヤの空気圧が規定通りになっていない:
–
–
前方
タイヤの空気圧を調節します。
カバーキャップを取り付けます。
スポークの張りを点検する
警告
事故の危険性 スポークの張りが不適切な場合、走行性能に影響を及ぼし、その結果として損害を招く
ことがあります。
スポークを張り過ぎた場合、過負荷によりスポークが折れます。スポークが緩すぎる場合、ホイールが
横または縦方向に歪みやすくなります。その結果その他のスポークが緩んでしまいます。
–
特に新しい車両など、スポークの張りを定期的に点検してください。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
–
ドライバーの刃先で各スポークを軽くたたきます。
参考
スポークの長さと太さによって音の響きが違います。
長さと太さが同じスポークで響きが異なる場合は、
張りにばらつきがある事を示します。
明るい響きがすれば良い状態です。
»
400694-01
スポークの張りが均等でない:
–
–
スポークの張りを調節します。
スポークのトルクを点検します。
規定
前輪スポークニップ
ル
M4.5
5 Nm
後輪スポークニップ
ル
M4.5
5 Nm
トルクレンチキット (58429094000)
122
電装系 15
15.1
12V バッテリーを取り外す
警告
人体への危険
12V バッテリーには有害物質が含まれています。
–
12V バッテリーは子供の手の届かないところに保管して下さい。
–
12V バッテリーを火花や炎に近づけないで下さい。
–
12V バッテリー充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
12V バッテリーを充電する際は可燃性のあるものとの最低間隔を守って行って下さい。
最低間隔
–
1m
最小電圧が既に下回っている場合、過放電した 12V バッテリーは充電しないで下さい。
充電開始前の最小電圧
–
9V
最小電圧を下回った 12V バッテリーは適切な方法で廃棄して下さい。
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
シートを取り外します。 (
頁 80)
主な作業
– 12V バッテリーからマイナスケーブル
1を外します。
–
プラス極のカバー を後ろへずらし、12V バッテリーからプ
ラスケーブルを外します。
–
セルフスターターリレー とヒューズボックス をバッテ
リーコンパートメントから抜き取り、脇にかけておきます。
–
ワイヤーハーネス
おきます。
2
V01776-10
3
4
V01777-10
5を外し、リレー6を抜いて脇にかけて
V01778-10
123
15 電装系
–
スクリュー
す。
–
12V バッテリーを上から取り外します。
7を外し、バッテリーコンパートメントを外しま
V01779-10
15.2
12V バッテリーを取り付ける
主な作業
– 電極が前にくるようにして、12V バッテリーをバッテリーコ
ンパートメントに入れ、固定ブラケット
で固定します。
1
12V バッテリー (HJTZ5S-FP‑C) (
–
頁 161)
スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
V01779-11
M6
–
リレー
–
セルフスターターリレー
取り付けます。
10 Nm
3 を取り付け、ワイヤーハーネス 4 を掛けます。
V01778-11
V01777-11
124
5 および ヒューズボックス6 を
電装系 15
–
プラスケーブルと 12V バッテリーを接続します。
規定
バッテリー極用スク
リュー
M5
2.5 Nm
参考
導電性ワッシャー は爪のある方をバッテリーの電極
に向けて、スクリュー と圧着端子 の下に取り付
けて下さい。
A
7
–
プラス極のカバー
–
マイナスケーブル
8
9をプラス極にかぶせます。
bkと 12V バッテリーを接続します。
規定
バッテリー極用スク
リュー
M5
2.5 Nm
参考
導電性ワッシャー は爪のある方をバッテリーの電極
に向けて、スクリュー と圧着端子 の下に取り付
けて下さい。
A
V01780-10
7
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
15.3
8
頁 80)
12V バッテリーを充電する
情報
環境汚染
12V バッテリーには環境に悪影響を与える物質が含まれています。
–
12V バッテリーは家庭用ゴミとして廃棄しないで下さい。
–
12V バッテリーを廃棄する場合、使用済みバッテリーの回収場所に持ち込んで下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
12V バッテリーは使用しなくても毎日放電しています。
12V バッテリーの寿命は充電量と充電方法に大きく左右されます。
大きな電流により短時間で充電すると寿命に悪影響を与えます。
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えると 12V バッテリーは破損します。
12V バッテリーが空になったら、直ちに充電して下さい。
放電し切った状態で長く放置すると過放電が起こり、12V バッテリー容量が失われ、バッテリーが破損
します。
この 12V バッテリーはメンテナンスフリーです。
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
シートを取り外します。 (
–
12V バッテリーを取り外します。
頁 80)
(
頁 123)
125
15 電装系
主な作業
警告
人体への危険
れています。
S00863-10
12V バッテリーには有害物質が含ま
–
12V バッテリーは子供の手の届かないところに保
管して下さい。
–
12V バッテリーを火花や炎に近づけないで下さい。
–
12V バッテリー充電は必ず換気の良い場所で行っ
て下さい。
–
12V バッテリーを充電する際は可燃性のあるもの
との最低間隔を守って行って下さい。
最低間隔
–
最小電圧が既に下回っている場合、過放電した
12V バッテリーは充電しないで下さい。
充電開始前の最小電圧
–
–
1m
9V
最小電圧を下回った 12V バッテリーは適切な方法
で廃棄して下さい。
バッテリーの電圧を点検します。
»
»
バッテリー電圧: < 9 V
–
12V バッテリーを充電しないで下さい。
–
12V バッテリーを交換し、古いバッテリーは規定に
従って廃棄します。
規定に達している:
バッテリー電圧: ≥ 9 V
–
充電器と 12V バッテリーを接続します。充電器のス
イッチを入れます。
規定
最大充電電圧
14.4 V
最大電流
3.0 A
最長充電時間
24 時間
車両を使用しないとき
は、12V バッテリーを定
期的に充電して下さい
6 ヶ月
リチウムイオンバッテ
リーに最適な充電および
保管温度
10 … 20 °C
バッテリー充電器 (79629974000)
この充電器は 12V バッテリーが電圧に対応している
かをテストします。また、この充電器では 12V バッテ
リーが過充電される心配がありません。気温が低い場
合、充電時間が長くなることがあります。
126
電装系 15
この充電器はリン酸鉄系リチウムバッテリー専用で
す。同梱のKTM PowerPartsの説明書に従って下さい。
参考
カバー
1は絶対に取り外さないで下さい。
–
充電が終了したら充電器の電源を切り、12V バッテリーから
外します。
その後の作業
– 12V バッテリーを取り付けます。
–
15.4
シートを取り付けます。 (
(
頁 124)
頁 80)
メインヒューズを交換する
警告
火災の危険性
不適切なヒューズは電気装置に過負荷をかけます。
–
指定されたアンペア値のヒューズのみを使用してください。
–
切れたヒューズをつないだり修理しないで下さい。
参考
メインヒューズが車両上の全ての電装系部品を保護しています。
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
シートを取り外します。 (
頁 80)
主な作業
– セルフスターターリレー
1 をホルダーから取り外します。
V01776-11
127
15 電装系
–
–
保護キャップ
2を外します。
損傷したメインヒューズ3を取り外します。
参考
ヒューズワイヤが壊れている場合 はヒューズに欠陥
があります。
セルフスターターリレーにスペアヒューズ が差し
込んであります。
A
4
–
新しいメインヒューズを取り付けます。
ヒューズ (58011109120) (
–
頁 161)
電装系部品の機能を点検します。
ヒント
新しいスペアヒューズを取り付け、必要な場合に使用
できるようにしておきます。
–
セルフスターターリレーをホルダーに差し込み、ケーブルを
整えます。
–
保護キャップをかぶせます。
V01781-10
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
15.5
頁 80)
各電装系部品のヒューズを交換する
参考
各電装系部品のヒューズが設置されたヒューズボックスはシートの下に設置されています。
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
シートを取り外します。 (
頁 80)
主な作業
– ヒューズボックスのカバー
1を開きます。
–
損傷したヒューズを取り外します。
規定
(全ての EU シリーズ)
V01801-10
ヒューズ1‐10 A‐EFI コントロールユニット、ラムダセ
ンサー、コンビネーションインスツルメント、コンビ
ネーションスイッチ(オプション)
、電子フューエルイ
ンジェクション、診断プラグ、ヒューズ4
ヒューズ2 - 10 A - ヘッドライトのハイビームとロー
ビーム、ポジションライト、テールライト、ナンバープ
レートライト
ヒューズ3 - 10 A - 冷却ファン、ホーン、ブレーキライ
ト、ターンシグナル
ヒューズ4 - 5 A - 燃料ポンプ
ヒューズres - 10 A -スペアヒューズ
128
電装系 15
(XCF‑W)
ヒューズ1‐10 A‐EFI コントロールユニット、コンビネー
ションインスツルメント、コンビネーションスイッチ
(オプション)
、電子フューエルインジェクション、診断
プラグ、燃料蒸発システム、ヒューズ4
ヒューズ2 - 10 A -ヘッドライトのロービーム、ポジ
ションライト、テールライト
ヒューズ3 - 10 A -冷却ファン
ヒューズ4 - 5 A - 燃料ポンプ
ヒューズres - 10 A -スペアヒューズ
参考
ヒューズワイヤが壊れている場合
があります。
Aはヒューズに欠陥
警告
火災の危険性 不適切なヒューズは電気装置に過負
荷をかけます。
–
–
指定されたアンペア値のヒューズのみを使用して
ください。
–
切れたヒューズをつないだり修理しないで下さい。
対応する容量のスペアヒューズを取り付けます。
ヒューズ (75011088010) (
頁 161)
ヒューズ (75011088005) (
頁 161)
ヒント
新しいスペアヒューズをヒューズボックスに取り付
け、必要な場合に使用できるようにしておきます。
–
電装系部品の機能を点検します。
–
ヒューズボックスのカバーを閉じます。
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
15.6
頁 80)
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外す
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
主な作業
– ヘッドライトマスクにあるブレーキワイヤーとワイヤーハー
ネスを外します。
–
固定ゴムバンド を緩めます。ヘッドライトマスクを上にず
らし、前に倒します。
1
V01782-10
129
15 電装系
(全ての EU シリーズ)
– コネクター を外し、ヘッドライトマスクをヘッドライ
トと一緒に取り外します。
2
S01328-10
(XCF‑W)
– コネクター を外し、ヘッドライトマスクをヘッドライ
トと一緒に取り外します。
2
V01802-10
15.7
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付ける
主な作業
(全ての EU シリーズ)
– コネクター を接続します。
1
S01328-11
(XCF‑W)
– コネクター
1を接続します。
V01802-11
–
ヘッドライトマスクの位置を調整し、ゴムバンド
ます。
2で固定し
突起部をフェンダーにはめます。
–
ブレーキホースとワイヤーハーネスをブレーキホースガイド
の中に収納します。
V01782-11
その後の作業
– ヘッドライトの設定を点検します。 (
130
頁 132)
電装系 15
15.8
ヘッドライトバルブを交換する
情報
反射板の損傷
反射板に油脂類が付着すると光度が低下します。
ランプのバルブに油脂類が付着していると熱により気化し、反射板に付着します。
–
取り付け前にバルブを清掃し、油脂類を取り除きます。
–
素手でバルブに触れないで下さい。
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 129)
主な作業
– 保護キャップ を、その下にあるバルブソケットと一緒に時
計と反対回りに最後まで回し切り、取り外します。
1
–
ポジションライトのバルブソケット
します。
–
ヘッドライトバルブ
–
新しいヘッドライトバルブを取り付けます。
2を反射板から抜いて外
V01783-10
3を抜き取ります。
ヘッドライト (HS1 / ソケット PX43t) (
–
頁 161)
保護キャップをバルブソケットと一緒に反射板に取り付け、
時計回りに最後まで回し切ります。
参考
O リング
い。
E00359-10
–
4がきちんとはまっているか確認して下さ
ポジションライトのバルブソケットを反射板に差し込みます。
その後の作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 130)
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁 132)
131
15 電装系
15.9
ヘッドライトの設定を点検する
–
明るい壁が前にある水平な地面の上に車両を立て、ヘッドラ
イトの中心の高さで壁に印を付けます。
–
その印の下、
Bの距離にもう 1 つ印を付けます。
規定
5 cm
B
壁からAの距離に車両を垂直に立てます。
距離
–
規定
5m
距離
A
400726-10
–
ここで運転者が車両に乗ります。
–
ロービームを点灯します。
–
ヘッドライトの設定を点検します。
走行準備の整った車両に運転者が乗った状態で、明暗の境
界が下側の印と一致する事を確認して下さい。
»
明暗の境界が規定通りになっていない:
–
15.10
ヘッドライトの照明距離を調節します。 (
頁 132)
ヘッドライトの照明距離を調節する
準備作業
– ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁 132)
主な作業
– スクリュー
1を緩めます。
–
ヘッドライトを上下に動かして照明距離を調節します。
規定
走行準備の整った車両に運転者が乗った状態で、明暗の境
界が下側のマーキング ( 「ヘッドライトの設定を点検する」
で付けたマーキング)と一致する事を確認して下さい。
参考
V00369-10
積載重量が変わると、ヘッドライト照明距離の再調節
が必要となる事があります。
–
15.11
スクリュー
1をしっかりと締めます。
ターンシグナルのバルブを交換する (全ての EU シリーズ)
情報
反射板の損傷
反射板に油脂類が付着すると光度が低下します。
ランプのバルブに油脂類が付着していると熱により気化し、反射板に付着します。
–
取り付け前にバルブを清掃し、油脂類を取り除きます。
–
素手でバルブに触れないで下さい。
132
電装系 15
主な作業
– ターンシグナルケースの後ろにあるスクリューを外します。
–
–
ターンシグナルレンズ
1を慎重に取り外します。
オレンジ色のキャップ2を固定用の突起部の辺りで両側から
軽くはさみ、キャップを取り外します。
–
ターンシグナルのバルブを軽くソケットに向かって押し、
時計と反対回りに約 30 度ほど回してソケットから抜きます。
参考
反射板には指で触れず、油脂類が付着しないように注
意して下さい。
–
ターンシグナル用の新しいバルブをソケットに差し込んで軽
く押し、時計回りに最後まで回します。
ターンシグナル (R10W / ソケット BA15s) (
E00360-10
頁 161)
–
オレンジ色のキャップを取り付けます。
–
ターンシグナルレンズの位置を調整します。
–
スクリューを差し込み、ねじ山にカチっとはまるまで、まず
時計と反対回りに回します。スクリューを軽く締めます。
その後の作業
– ターンシグナルが正しく機能するか点検します。
15.12
コンビネーションインスツルメントの電池を交換する
準備作業
– エンジンがアイドリング回転数に達したら、エンジンが止ま
るまでオフスイッチ を押し続けます。
–
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 129)
主な作業
– スクリュー
1をワッシャーと一緒に外します。
–
コンビネーションインスツルメントを上に引いて、ホルダー
から取り外します。
–
コインを使って保護キャップ
回し切り、外します。
–
コンビネーションインスツルメントの電池
す。
–
記載のある面を上にして、新しいコンビネーションインスツ
ルメントの電池をはめます。
V01807-10
2を時計と反対回りに最後まで
3を取り外しま
コンビネーションインスツルメントの電池 (CR
( 頁 161)
V00371-10
–
2430)
カバーキャップの O リングが正しく装着されているか点検し
ます。
133
15 電装系
–
保護キャップ
切ります。
–
コンビネーションインスツルメントのボタンをどれか押しま
す。
2をかぶせ、コインで時計回りに最後まで回し
コンビネーションインスツルメントが起動します。
–
ホルダー内でコンビネーションインスツルメントの位置を調
整します。
–
スクリューをワッシャーと一緒に取り付け、しっかりと締め
ます。
V00372-10
その後の作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 130)
15.13
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
–
キロメートルかマイルを選択します。 (
頁 132)
–
コンビネーションインスツルメントを設定します。 (
–
時刻を設定します。 (
頁 25)
頁 26)
頁 26)
診断プラグ
診断プラグ
1 はフロントシートの下に設置されています。
H00933-12
134
冷却システム 16
16.1
冷却システム
(全ての EU シリーズ)
エンジン内のウォーターポンプ により、クーラントが強制
循環します。
熱により発生した冷却システム内の圧力は、ラジエーター
キャップ にあるバルブにより調整されます。これにより、
クーラントが記載された温度まで上昇しても不具合を起こす
事がありません。
1
2
120 °C
V01798-10
(XCF‑W)
エンジン内のウォーターポンプ により、クーラントが強制
循環します。
熱により発生した冷却システム内の圧力は、ラジエーター
キャップ にあるバルブにより調整されます。これにより、
クーラントが記載された温度まで上昇しても不具合を起こす
事がありません。
1
2
120 °C
V01799-11
16.2
冷却は走行風によって行われます。
速度が遅いほど冷却効果は低くなります。同様に、ラジエータの
フィンが汚れていると冷却効果が低くなります。
温度に応じて、冷却ファンがオンになり追加的に冷却が行われま
す。
不凍液とクーラントのレベルを点検する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
条件
エンジンが冷えている。
135
16 冷却システム
–
車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
–
ラジエーターキャップを外します。
–
クーラントの不凍効果を点検します。
−25 … −45 °C
»
クーラントの不凍効果が規定通りになっていない:
–
–
クーラントの不凍効果を調整します。
ラジエーター内のクーラントのレベルを確認します。
400243-10
ラジエーターのフィンから
クーラントのレベル まで
10 mm
A
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調整します。
クーラント (
–
16.3
頁 166)
ラジエーターキャップを取り付けます。
クーラントのレベルを点検する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
条件
エンジンが冷えている。
–
車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
–
ラジエーターキャップを外します。
–
ラジエーター内のクーラントのレベルを確認します。
ラジエーターのフィンから
クーラントのレベル まで
10 mm
A
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラント (
400243-10
–
136
クーラントのレベルを調整します。
頁 166)
ラジエーターキャップを取り付けます。
冷却システム 16
16.4
クーラントを排出する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
条件
エンジンが冷えている。
準備作業
(全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
– エンジンガードを取り外します。 (
頁 100)
主な作業
(全ての EU シリーズ)
– 車両を垂直に立てます。
–
適切な容器をウォーターポンプカバーの下に置きます。
–
スクリュー
します。
–
クーラントが完全に流れ出るまで待ちます。
–
スクリュー を新しいシールリングと一緒に取り付け、
しっかりと締めます。
V01798-11
1を外します。ラジエーターキャップ2を外
1
規定
ウォーターポン
プカバー用スク
リュー
M6
10 Nm
(XCF‑W)
– 車両を垂直に立てます。
–
適切な容器をウォーターポンプカバーの下に置きます。
–
スクリュー
します。
–
クーラントが完全に流れ出るまで待ちます。
–
スクリュー を新しいシールリングと一緒に取り付け、
しっかりと締めます。
1を外します。ラジエーターキャップ2を外
1
V01799-10
137
16 冷却システム
規定
ウォーターポン
プカバー用スク
リュー
16.5
M6
10 Nm
クーラントを注入する
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
主な作業
– スクリュー
1がしっかりと締まっている事を確認します。
–
車両を垂直に立てます。
–
クーラントをラジエーターのフィンの上、
入れます。
Aの位置まで注ぎ
規定
10 mm
クーラント
H01698-10
–
1.2 L
ラジエーターキャップを取り付けます。
その後の作業
(全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
– エンジンガードを取り付けます。 (
138
クーラント
( 頁 166)
–
短時間、試験走行を行います。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
頁 101)
頁 136)
エンジンを調整する 17
17.1
アクセルワイヤーの遊びを点検する
–
スロットルグリップがスムーズに動くか確認します。
–
ハンドルバーを直進の状態にします。スロットルグリップを
軽く両方向に回し、アクセルワイヤーの遊び
を確認しま
す。
A
アクセルワイヤーの遊び
»
アクセルワイヤーの遊びが規定通りになっていない:
–
400192-11
–
3 … 5 mm
アクセルワイヤーの遊びを調節します。
(
頁 139)
チョークノブを最後まで押し込みます。
スロットルグリップを前方へ回転させると、チョークノブ
は元の位置に戻ります。
»
チョークノブが元の位置に戻らない場合:
–
アクセルワイヤーの遊びを調節します。
(
頁 139)
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
エンジンをかけ、アイドリングさせます。ハンドルバーをハ
ンドル限界全体にわたり左右に動かします。
アイドリング回転数は一定でなければなりません。
»
アイドリング回転数が一定でない:
–
17.2
アクセルワイヤーの遊びを調節します。
(
頁 139)
アクセルワイヤーの遊びを調節する
参考
アクセルワイヤーが正しく取り回されている場合、フューエルタンクを取り外す必要はありません。
準備作業
– シートを取り外します。 (
頁 80)
–
フューエルタンクを取り外します。
(
頁 88)
–
ガスボーデンケーブルの取り回しを点検します。 (
頁 96)
139
17 エンジンを調整する
主な作業
– ハンドルバーを直進の状態にします。
–
ワイヤーブーツ
–
ナット
–
–
–
1を後ろへずらします。
2を緩めます。
調節スクリュー3を最後までねじ込みます。
ナット4を緩めます。
チョークノブ6 を最後まで押し込みます。
–
スロットルグリップが前に回されている場合、チョークノブ
が基本位置に戻るように調節スクリュー
を回します。
–
ナット
–
5
4をしっかりと締めます。
調節スクリュー3を回し、スロットルグリップでアクセルワ
イヤーの遊びがあるように調節します。
規定
アクセルワイヤーの遊び
V01804-10
3 … 5 mm
–
ナット
–
ワイヤーブーツ
–
スロットルグリップがスムーズに動くか確認します。
2をしっかりと締めます。
1をかぶせます。
その後の作業
– アクセルワイヤーの遊びを点検します。 (
17.3
頁 139)
スロットルからの吸気特性を調節する
参考
スロットルグリップの連結リンクを交換することでスロットルからの吸気特性を変えることができます。
他の特性を調節する連結リンクが一つ同梱されています。
主な作業
– ワイヤーブーツ
V01758-10
140
–
1を後ろへずらします。
スクリュー2 と半割りリング3 を取り外します。
–
アクセルワイヤーを外し、グリップパイプを取り外します。
エンジンを調整する 17
–
–
連結リンク
4 をグリップパイプ5 から取り外します。
適切な連結リンクをグリップパイプで位置を調整します。
規定
OUTSIDE が見えるようにします。マーキング
ング の位置に合わせます。
A はマーキ
B
連結リンク グレー (79002014000)
ケース 1
連結リンク 黒 (79002014100)
参考
グレーの連結リンクでスロットルバルブをゆっくりと
開きます。
黒い連結リンクではスロットルバルブを素早く開きま
す。
納品時にはグレーの連結リンクが取り付けられていま
す。
102246-10
–
ハンドルバーの外側とグリップパイプの内側を清掃します。
グリップパイプをハンドルバーに差し込みます。
–
アクセルワイヤーを連結リンクにかけ、正しく取り回します。
–
半割りリング
の位置を調整し、スクリュー
け、しっかりと締めます。
3
2 を取り付
規定
スロットルグリップ
用スクリュー
V01803-10
–
M6
5 Nm
ワイヤーブーツ をはめ、スロットルグリップのスムーズな
動きを確認します。
1
その後の作業
– アクセルワイヤーの遊びを点検します。 (
17.4
頁 139)
マッピングを変更する (全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
警告
道路走行許可と保険補償の失効
可はすべて失効します。
–
コンビネーションスイッチが装備されている場合、車両の道路走行許
コンビネーションスイッチが装備されている場合、車両は公共道路以外での遮断された区間でのみ
作動させることができます。
参考
コンビネーションスイッチのボタンMAPを利用して希望のエンジン特性を有効化することができます。
始動の際、前回選択された設定が再びオンになります。
またボタンTCで、どのマッピングでもトラクションコントロールを有効化することができます。
マッピングは走行中に変更することもできます。
141
17 エンジンを調整する
スタンダードモードの有効化:
– LED1が点灯するまでボタンMAPを押します。
規定
エンジン回転数
< 4,000 rpm
スタンダード– 安定した反応特性
H02889-01
アドバンスドモードの有効化:
– LED2が点灯するまでボタンMAPを押します。
規定
エンジン回転数
< 4,000 rpm
アドバンスドモード– ダイレクトな反応特性
H02886-01
17.5
アイドリング回転数を調節する
警告
事故の危険性
–
アイドリング回転数が低過ぎる場合、エンジンが突然停止することがあります。
アイドリング回転数を規定値になるように設定します。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合
わせ下さい。)
–
エンジンの暖機運転を行います。
チョークノブがオフ– チョークノブが基本位置にありま
す。 ( 頁 21)
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
アイドリング調整スクリュー
に調節します。
1を回し、アイドリング回転数
規定
アイドリング回転数
H02254-10
1,800 … 1,900 rpm
タコメーター (45129075000)
参考
時計と反対回りに回すとアイドリング回転数が下がり
ます。
時計回りに回すとアイドリング回転数が上がります。
142
エンジンを調整する 17
17.6
スロットルバルブ位置をプログラミング
参考
コントロールユニットがアイドリング回転数でのスロットルバルブの位置を新たにプログラムしなけれ
ばならない場合、不具合インジケーターランプが毎秒 2 回点灯します。
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
車両のアイドリング状態を維持します。
不具合インジケーターランプが点滅しなくなったらプロ
グラミングは終了です。
参考
車両の温度が高過ぎる場合、冷却のために中回転域で
走行します。
プログラミングが終了するまで車両を停止することな
くアイドリング回転数を維持します。
H02263-10
17.7
シフトレバーの基本位置を点検する
参考
走行中、シフトレバーが基本位置にある状態でブーツに触れることがないよう調節して下さい。
シフトレバーが常時ブーツに接触していると、トランスミッションに過剰な負荷がかかります。
–
ライディングポジションで車両に乗り、ブーツの上端とシフ
トレバーの距離 を確認します。
A
シフトレバーからブーツ上
端までの距離
»
10 … 20 mm
距離が規定通りになっていない:
–
シフトレバーの基本位置を調整します。
(
頁 144)
400692-10
143
17 エンジンを調整する
17.8
シフトレバーの基本位置を調整する
–
スクリュー
をワッシャーと一緒に取り外し、シフトレ
バー を取り外します。
1
2
401950-12
–
シフトレバーとシフトシャフトの歯
–
シフトレバーを好みの位置でシフトシャフトに差し込み、
歯をかみ合わせます。
Aを清掃します。
参考
設定範囲には限界があります。
シフト操作の際にシフトレバーが車両の他の部品に触
れないように調節して下さい。
401951-10
–
スクリューをワッシャーを一緒に取り付け、締め付けます。
規定
シフトレバー用
スクリュー
144
M6
14 Nm
Loctite®243™
エンジンで行うサービス作業 18
18.1
燃料スクリーンを交換する
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
情報
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
–
燃料ホースのコネクター
す。
1を圧縮空気で念入りに清掃しま
参考
燃料ホースに汚れが絶対に入らないよう注意して下さ
い。汚れが入り込むとインジェクションバルブが詰ま
る原因となります。
–
燃料ホースのコネクターを外します。
参考
燃料ホースから残りの燃料が流れ出る事があります。
V01800-10
–
接続部から燃料スクリーン
–
新しい燃料スクリーンを接続部に差し込み、最後まで押し込
みます。
–
O リングを潤滑し、燃料ホースのコネクターを接続します。
2を取り出します。
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
145
18 エンジンで行うサービス作業
–
18.2
エンジンをかけ、きちんと作動するか点検します。
エンジンオイルのレベルを点検する
条件
エンジンが作動温度に達している。
準備作業
– 車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
主な作業
– エンジンオイルのレベルを点検します。
参考
エンジンを停止した後、1 分待ってから確認します。
エンジンオイルはサイトグラス下端
の間にあります。
Aとサイトグラス中央
B
»
V01805-10
エンジンオイルのレベルが点検窓の下端
い:
–
18.3
エンジンオイルを補給します。 (
Aに達していな
頁 149)
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃する
警告
火傷の危険性
エンジンオイル並びにミッションオイルは運転中非常に熱くなっています。
–
適切な保護服、保護手袋を着用して下さい。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
エンジンオイルをエンジン暖機状態で排出します。
準備作業
(全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
– エンジンガードを取り外します。 (
–
頁 100)
車両を水平な地面の上に立てます。
主な作業
– 適切な容器をエンジンの下に置きます。
–
H01703-10
146
マグネットオイルドレインボルト
外します。
1をシールリングと一緒に
エンジンで行うサービス作業 18
–
スクリュープラグ
外します。
2をオイルスクリーン、O リングと一緒に
参考
スクリュー
Aは外さないで下さい。
H01704-10
–
スクリュープラグ を長いオイルスクリーン
と一緒に外します。
–
エンジンオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
部品とシール面を念入りに清掃します。
–
スクリュープラグ を短いオイルスクリーン、O リングと一
緒に取り付け、しっかりと締めます。
3
4、O リング
H01705-10
2
規定
オイルスクリーン用
スクリュープラグ
M20x1.5
15 Nm
H01706-10
–
長いオイルスクリーン
位置を調整します。
–
エンジンケースの反対側にあるスクリュープラグの穴にピン
スパナを通して位置を調整します。
–
オイルスクリーンをエンジンケースに最後まで押し込みます。
–
スクリュープラグ
と締めます。
4を O リングと一緒にシフトキーで
H01707-10
3を O リングと一緒に取り付け、しっかり
規定
オイルスクリーン用
スクリュープラグ
–
H01708-10
M20x1.5
15 Nm
マグネットオイルドレインボルト を新しいシールリングと
一緒に取り付け、しっかりと締めます。
1
規定
マグネットオイルド
レインボルト
M12x1.5
20 Nm
147
18 エンジンで行うサービス作業
–
スクリュー を外します。オイルフィルターカバーを O リン
グと一緒に取り外します。
–
オイルフィルター
5
H01709-10
6をフィルターケースから取り出します。
ロックリング用ペンチ (51012011000)
–
エンジンオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
部品とシール面を念入りに清掃します。
–
車両を横に寝かせ、オイルフィルターケースの約⅓までエンジ
ンオイルを注入します。
–
オイルフィルターケースに新しいオイルフィルターを差し込
みます。
–
オイルフィルターカバーの O リングにオイルを差し、オイル
フィルターキャップ と一緒に取り付けます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
H01710-10
7
規定
オイルフィルターカ
バー用スクリュー
H01711-10
M6
10 Nm
–
車両を立てます。
–
オイルフィラースクリュー を O リングと一緒に取り外し、
エンジンオイルを注入します。
8
エンジンオイル
1.2 L
エン ジ ン オ イ
ル (SAE 10W/50)
( 頁 166)
参考
エンジンオイルが少な過ぎる場合やエンジンオイルの
質が悪いと、エンジンの摩耗を早める事になります。
H01713-10
–
148
オイルフィラースクリューを O リングと一緒に取り付け、
しっかりと締めます。
エンジンで行うサービス作業 18
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
その後の作業
(全ての EXC‑F Six Days, XCF‑W)
– エンジンガードを取り付けます。 (
–
18.4
頁 101)
エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁 146)
エンジンオイルを補給する
参考
エンジンオイルが少な過ぎる場合やエンジンオイルの質が悪いと、エンジンの摩耗を早める事になりま
す。
主な作業
– オイルフィラーボルト
–
1を O リングと一緒に外します。
エンジンオイルを点検窓の中心Aまで注入します。
エンジンオイル (SAE 10W/50) (
頁 166)
参考
エンジンオイルの性能を最大限に引き出すには、異
なったエンジンオイルを混ぜて使用する事は望ましく
ありません。
必要に応じてエンジンオイルを交換する事をお勧めし
ます。
–
オイルフィラースクリューを O リングと一緒に取り付け、
しっかりと締めます。
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
V01806-10
–
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
その後の作業
– エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁 146)
149
19 清掃、手入れ
19.1
洗車をする
情報
部品の損傷
高圧洗浄機の誤った使用により部品が破損することがあります。
高圧により水分が電気部品、プラグ、ケーブル、ベアリングに侵入します。
圧力が高すぎるとエラーや部品破損の原因となります。
–
水流が直接電気部品、プラグ、ケーブル、ベアリングにあたらないように注意してください。
–
高圧洗浄機のジェットと部品間の最低間隔を維持してください。
最低間隔
60 cm
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
品質や外観を長く保持するため、洗車は定期的に行って下さい。
洗車中は車両に直射日光が当たらないよう注意して下さい。
–
水が入るのを防止するため、エキゾーストシステムを密封し
ます。
–
弱い水流で大きな汚れを落とします。
–
汚れがひどい箇所には市販のモーターサイクル洗浄剤を吹き
つけ、ブラシで汚れを落とします。
モーターサイクル用洗浄剤 (
頁 168)
参考
401061-01
洗車には市販のモーターサイクル洗浄剤を入れた温水
と柔らかいスポンジを使用して下さい。
乾燥した車両に直接モーターサイクル洗浄剤を付ける
ことは絶対にせず、必ず事前に車両を水ですすいで下
さい。
–
弱い水流で念入りにすすいだ後、車両をよく乾燥させます。
–
排気装置をふさいでいる栓を外します。
警告
事故の危険性 水分や汚れはブレーキシステムに影
響を及ぼします。
–
–
ブレーキパッドとブレーキディスクを乾燥させ汚
れを落とすために何度か慎重にブレーキをかけて
ください。
洗車後、エンジンが作動温度に達するまで短い距離を走行し
ます。
参考
熱によりエンジンやブレーキシステムの手の届かない
場所にある水分も蒸発します。
150
清掃、手入れ 19
–
車両の温度が下がったら全てのスライド部とベアリング部を
グリースアップします。
–
チェーンを清掃します。 (
–
塗装されていない金属製部品 ( ブレーキディスクと排気装置
を除く)には、腐食防止剤を塗布します。
頁 91)
ラッカー塗装、金属、ゴム用手入れ剤 (
–
頁 168)
プラスチック部品およびパウダーコーティングされている部
品は全て刺激の少ない洗浄・手入れ剤で手入れをします。
ラッカー塗装(光沢、非光沢)
、金属、プラスチック専用洗
浄剤 ( 頁 168)
(全ての EU シリーズ)
– ハンドルロックをグリースアップします。
汎用オイルスプレー (
19.2
頁 169)
冬季運転における点検・メンテナンス作業
参考
冬期にも車両を利用する場合、路上の撒き塩を考慮する必要があります。刺激が強い塩に対する予防対
策を講じておく必要があります。
凍結防止用の塩が散布された道路を走行した後は、水で洗車して下さい。温水を使うと塩の作用を促進
してしまいます。
–
洗車をします。 (
頁 150)
–
ブレーキシステムを清掃します。
参考
撒き塩された道路を走行する毎に、ブレーキキャリ
パーとブレーキパッド(冷えており、取り付けられた
ままの状態)を冷たい水で入念に洗浄し、よく乾かし
てください。
塩が撒かれた道路を走行した後は、必ず冷たい水で洗
浄し、良く乾かしてください。
401060-01
–
エンジンやスイングアームをはじめ、塗装されていない部品
や亜鉛メッキ加工された部品 ( ブレーキディスクを除く)には
全てワックス系腐食防止剤を塗布します。
参考
ブレーキディスクには腐食防止剤が付かないよう注意
して下さい。ブレーキ性能が大幅に低下します。
–
チェーンを清掃します。 (
頁 91)
151
20 保管
20.1
保管
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
–
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所に保管して下さい。
参考
車両を長期にわたって使用しない場合は、以下に挙げた処置をご自身または正規ディーラーで行って下
さい。
車両の保管前に全ての部品が機能するか、摩耗していないかを点検します。サービス作業、修理、改造が
必要な場合は、ディーラーのサービスセンターが空いている保管時期に行う事をお勧めします。シーズ
ン開始の混雑時を避ける事ができます。
–
シーズンオフで使用を停止する前の最後の給油時に、燃料添
加剤を加えます。
燃料添加剤 (
401058-01
頁 168)
–
燃料を給油します。 (
頁 48)
–
洗車をします。 (
–
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスク
リーンを清掃します。 ( 頁 146)
–
不凍液とクーラントのレベルを点検します。 (
–
タイヤ空気圧を点検します。 (
–
12V バッテリーを取り外します。
–
12V バッテリーを充電します。
頁 150)
頁 135)
頁 121)
(
(
頁 123)
頁 125)
規定
リチウムイオンバッテリー
に最適な充電および保管温
度
–
10 … 20 °C
乾燥し、急激な温度変化のない場所に車両を駐車します。
参考
KTM では車両をジャッキアップして保管する事をお勧
めしています。
152
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 65)
–
できれば、空気を通すカバーまたはシーリングで車両を覆っ
てください。空気を通さないカバーは湿気が逃げず、腐食の
原因となりますので絶対に使用しないで下さい。
保管 20
参考
保管中にエンジンを短時間のみ作動すると、車両に非
常に悪い影響を与えます。エンジンが十分に暖まらな
いため、燃焼の際に生じた水蒸気が結露し、バルブや
排気装置のさびの原因となります。
20.2
保管後、運転操作の前に
–
車両をリフトスタンドから降ろします。 (
–
12V バッテリーを取り付けます。
–
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業を実施しま
す。 ( 頁 44)
–
試験走行を行います。
(
頁 65)
頁 124)
401059-01
153
21 トラブルシューティング
不具合
考えられる原因
対応
エンジンが回転しない ( セルフ
スターターモーター)
操作ミス
–
エンジン始動の作業ステップに従って
下さい。 ( 頁 44)
12V バッテリーが放電される
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 125)
–
充電電圧を点検します。
–
スタンバイ電流を点検します。
–
ジェネレーターの固定子コイルを点検
します。
メインヒューズが切れている
–
メインヒューズを交換します。
( 頁 127)
セルフスターターリレーが故
障している
–
セルフスターターリレーを点検しま
す。
セルフスターターモーターが
故障している
–
セルフスターターモーターを点検しま
す。
操作ミス
–
エンジン始動の作業ステップに従って
下さい。 ( 頁 44)
燃料ホースのコネクターが外
れている
–
燃料ホースのコネクターを接続しま
す。
ヒューズ1が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 128)
ヒューズ4が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 128)
アイドリング回転数の設定が
適切でない
–
アイドリング回転数を調節します。
( 頁 142)
エンジンが回転しているのに
かからない
スパークプラグにすすが溜まっ –
ている・濡れている
エンジンの回転数が上がらな
い
エンジンの出力が低過ぎる
154
スパークプラグの電極間のク
リアランスが大き過ぎる
–
イグニッションが故障してい
る
–
スパークプラグを清掃・乾燥し、必要
に応じて交換します。
電極間のクリアランスを調節します。
規定
スパークプラグ電極間のクリアランス
1.0 mm
イグニッションシステムを点検しま
す。
ワイヤーハーネスのエンジン
–
ストップスイッチ用ケーブル
が擦り切れている、オフスイッ –
チまたはエマージェンシーO
FFスイッチが故障している
ワイヤーハーネスを点検します。( 目
視確認)。
電子フューエルインジェクショ –
ンの不具合
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
電子フューエルインジェクショ –
ンの不具合
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
イグニッションが故障してい
る
–
イグニッションコイルの二次コイルを
点検します。
–
スパークプラグのコネクターを点検し
ます。
–
ジェネレーターの固定子コイルを点検
します。
–
エアフィルターとエアフィルターケー
スを清掃します。 ( 頁 83)
エアフィルターがひどく汚れ
ている
電装系部品を点検します。
トラブルシューティング 21
不具合
考えられる原因
対応
エンジンの出力が低過ぎる
燃料フィルターがひどく汚れ
ている
–
燃料フィルターを交換します。
燃料スクリーンがひどく汚れ
ている
–
燃料スクリーンを交換します。
( 頁 145)
走行中にエンジンが停止する
エンジンが異常に熱くなる
不具合インジケーターランプ
が点灯または点滅
電子フューエルインジェクショ –
ンの不具合
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
エキゾーストシステムの漏れ、 –
変形、またはメインサイレン
サーのグラスファイバー不足
–
エキゾーストシステムに損傷がないか
点検します。
バルブの遊びが小さすぎる
–
バルブの遊びを調節します。
イグニッションが故障してい
る
–
イグニッションコイルの二次コイルを
点検します。
–
スパークプラグのコネクターを点検し
ます。
–
ジェネレーターの固定子コイルを点検
します。
燃料不足
–
燃料を給油します。 (
ヒューズ1が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 128)
ヒューズ4が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 128)
冷却システムのクーラントが
少な過ぎる
–
冷却システムに漏れがないか点検しま
す。
–
クーラントのレベルを点検しま
す。 ( 頁 136)
走行風が少な過ぎる
–
車両をとめ、エンジンを停止します。
ラジエーターのフィンがひど
く汚れている
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
冷却システム内に気泡が発生
している
–
クーラントを排出します。
( 頁 137)
–
クーラントを注入します。
( 頁 138)
ラジエーターホースが折れ曲
がっている
–
ラジエーターホースを交換します。
サーモスタットが故障してい
る
–
冷却ファン装置が故障してい
る
–
冷却ファンのヒューズを点検します。
–
ヒューズ4を点検します。
–
冷却ファンを点検します。
メインサイレンサーのグラスファイ
バーを交換します。 ( 頁 86)
頁 48)
サーモスタットを点検します。
規定
作動温度: 70 °C
電子フューエルインジェクショ –
ンの不具合
停車し、点滅コードから不具合のある
部品を特定します。
–
配線に破損がないか、コネクターに腐
食や破損がないか点検します。
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
155
21 トラブルシューティング
不具合
考えられる原因
対応
オイルの消費が多い
エンジンのエア抜きホースが
折れ曲がっている
–
エア抜きホースを折れのないように配
置し、必要に応じて交換します。
エンジンオイルのレベルが高
すぎる
–
エンジンオイルのレベルを点検しま
す。 ( 頁 146)
エンジンオイルの濃度 ( 粘度)
が低すぎる
–
エンジンオイルとオイルフィルターを
交換し、オイルスクリーンを清掃しま
す。 ( 頁 146)
ピストンまたはシリンダーが
磨耗している
–
ピストンとシリンダー間の取り付けク
リアランスを確認します。
12V バッテリーがジェネレー
ターで充電されない
–
充電電圧を点検します。
–
ジェネレーターの固定子コイルを点検
します。
不要な電力消費
–
スタンバイ電流を点検します。
コンビネーションインスツル
メントの数値(時計、ストップ
ウォッチ、ラップタイム)が削
除されました
コンビネーションインスツル
メントの電池が消耗している
–
コンビネーションインスツルメントの
電池を交換します。 ( 頁 133)
ヘッドライトのハイビームと
ロービーム、テールライト、
ポジションライトおよびナン
バープレートライトが機能し
ない
ヒューズ2が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 128)
ホーン、ブレーキライト、ター ヒューズ3が飛んでいる
ンシグナル、冷却ファンが機能
しない
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 128)
12V バッテリーが放電される
156
仕様一覧 22
22.1
エンジン
構造
単気筒、4 ストローク、水冷エンジン
排気量 (全ての 450 シリーズ)
449.9 cm³
排気量 (全ての 500 シリーズ)
510.9 cm³
ストローク (全ての 450 シリーズ)
63.4 mm
ストローク (全ての 500 シリーズ)
72 mm
ボア
95 mm
圧縮比
12.7:1
アイドリング回転数
1,800 … 1,900 rpm
駆動方式
OHC、4 バルブをロッカーアームにより制御
吸気バルブ直径
40 mm
排気バルブ直径
33 mm
バルブの遊び
吸気: 20 °C
0.10 … 0.15 mm
排気: 20 °C
0.12 … 0.17 mm
クランクシャフトベアリング
2 ローラーベアリング
コンロッドベアリング
スライドベアリング
ピストンピンベアリング
ベアリングブッシュなし - DLC コーディングのピス
トンピン
ピストン
軽合金、鍛造
ピストンリング
コンプレッションリング×1、オイルリング×1
エンジン潤滑方式
歯車ポンプ 2 台による圧送式潤滑
一次減速比
31:76
クラッチ
湿式多板クラッチ、油圧作動
変速比
1速
14:36
2速
17:32
3速
19:28
4速
22:26
5速
23:24
6速
26:21
ジェネレーター
12 V, 70 W
イグニッション
非接触制御電子イグニッション、デジタルイグニッ
ションコントローラー
スパークプラグ
NGK LZMAR8BI-19
スパークプラグ電極間のクリアランス
1.0 mm
冷却システム
水冷式、ウォーターポンプによるクーラントの常時循
環
エンジンスタート装置
セルフスターターモーター
157
22 仕様一覧
22.2
締付けトルク、エンジン
ピストン冷却用オイルジェット
M4
2 Nm
ギアセンサー用スクリュー
M5
5 Nm
クラッチスプリングリテーナー用
スクリュー
M5
6 Nm
クラッチ潤滑用オイルジェット
M5
2 Nm
クランクシャフト回転センサー用
スクリューとケーブルホルダープ
レート
M5
6 Nm
サクションポンプカバー用スク
リュー
M5
6 Nm
タイミングチェーンのグリース
アップ用オイルジェット
M5
2 Nm
ピストン冷却用オイルジェット
M5
2 Nm
ベアリングロック用スクリュー
M5
6 Nm
ロッカーアーム潤滑用オイル
ジェット
M5
2 Nm
ロックレバー用スクリュー
M5
6 Nm
固定子用スクリュー
M5
6 Nm
EVAP キャップ用スクリュー (全
ての EU シリーズ)
M6
5 Nm
ウォーターポンプカバー用スク
リュー
M6
10 Nm
ウォーターポンプホイール用ナッ
ト
M6
6 Nm
エンジンケース用スクリュー
M6
10 Nm
オイルフィルターカバー用スク
リュー
M6
10 Nm
クラッチカバー用スクリュー
M6
10 Nm
クラッチスレーブシリンダー用ス
クリュー
M6
10 Nm
ジェネレーターカバー用スク
リュー
M6
10 Nm
シフトレバー用スクリュー
M6
14 Nm
シフトロック用スクリュー
M6
10 Nm
シリンダーヘッド用スクリュー
M6
10 Nm
セルフスターターモーター用スク
リュー
M6
10 Nm
タイミングチェーンテンショナー
レール用スクリュー
M6
10 Nm
158
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
仕様一覧 22
タイミングチェーンテンショナー
用スクリュー
M6
10 Nm
タイミングチェーン脱落防止用ス
クリュー
M6
10 Nm
トルクリミッター用スクリュー
M6
10 Nm
バルブカバー用スクリュー
M6
10 Nm
圧縮ポンプカバー用スクリュー
M6
10 Nm
排気管フランジ用スクリュー
M6
10 Nm
コンロッドベアリング潤滑用オイ
ルジェット
M6x0.75
2 Nm
オイルダクト用スクリュープラグ
M7
9 Nm
ロッカーアームベアリング用スク
リュー
M7
15 Nm
クランクシャフトロック用スク
リュープラグ
M8
10 Nm
タイミングチェーンテンショナー
用スクリュープラグ
M8
8 Nm
オイルダクト用スクリュープラグ
M10
15 Nm
フロントスプロケット用スク
リュー
M10
60 Nm
スパークプラグ
M10x1
10 … 12 Nm
クーラント - 温度センサー
M10x1.25
12 Nm
シリンダーヘッド用スクリュー
M10x1.25
レベル 1
10 Nm
レベル 2
30 Nm
レベル 3
50 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®2701™
フランジとねじ山に注油
ローター用ナット
M12x1
60 Nm
ねじをエンジンオイルで潤滑 / テー
パーのグリースを除去
セカンダリーエアインジェクショ
ン調節用スクリュープラグ
M12x1.5
20 Nm
マグネットオイルドレインボルト
M12x1.5
20 Nm
油圧制御バルブ用スクリュープラ
グ
M12x1.5
20 Nm
インナークラッチハブ用ナット
M18x1.5
80 Nm
オイルスクリーン用スクリュープ
ラグ
M20x1.5
15 Nm
第一ギア用ナット
M20LHx1.5
100 Nm
Loctite®243™
159
22 仕様一覧
22.3
容量
22.3.1
エンジンオイル
エンジンオイル
22.3.2
エンジンオイル (SAE 10W/50)
( 頁 166)
1.2 L
クーラント (
クーラント
クーラント
22.3.3
1.2 L
頁 166)
燃料
フューエルタンク総容量 (約)(全 9 L
ての EU シリーズ)
無鉛ハイオクガソリン (ROZ 95)
( 頁 167)
フューエルタンク総容量 (約)
(XCF‑W)
無鉛ハイオクガソリン (ROZ 95)
( 頁 167)
8.5 L
予備燃料 ( 約)
22.4
1.5 L
シャーシ
フレーム
クロームモリブデン鋼製メインパイプフレーム
フロントフォーク (EXC‑F EU, XCF‑W)
WP SuspensionXplor 5348
フロントフォーク (全ての EXC‑F Six Days)
WP XPLOR 5548
サスペンションストローク
前方
300 mm
後輪
310 mm
フォークオフセット
22 mm
ショックアブソーバー
WP Suspension 5018 PDS DCC
ブレーキシステム
ディスクブレーキ、フローティングマウントブレーキ
キャリパー
ブレーキディスク直径
前方
260 mm
後輪
220 mm
ブレーキディスク磨耗限界 (EXC‑F EU, XCF‑W)
前方
2.5 mm
後輪
3.5 mm
ブレーキディスク磨耗限界 (全ての EXC‑F Six Days)
前方
2.5 mm
後輪
3.7 mm
タイヤの空気圧オフロード
前方
1.0 bar
後輪
1.0 bar
タイヤの空気圧道路走行時 (全ての EU シリーズ)
前方
2.0 bar
後輪
2.0 bar
二次減速比 (全ての 450 シリーズ)
14:52 (13:52)
二次減速比 (500 EXC‑F EU, 500 EXC‑F Six Days EU) 14:50 (13:50)
160
仕様一覧 22
二次減速比 (XCF‑W)
14:48
チェーン
5/8 x 1/4 インチ
納品可能なリアスプロケット
48, 50, 52
ステアリングヘッドアングル
63.5°
ホイールベース
1,482 ± 10 mm
シート高 ( 負荷がない状態)
960 mm
最低地上高 ( 負荷がない状態)
355 mm
燃料を除いた重量 ( 約) (450 EXC‑F EU)
105.5 kg
燃料を除いた重量 ( 約) (500 EXC‑F EU)
105.6 kg
燃料を除いた重量 ( 約) (450 EXC‑F Six Days EU)
106 kg
燃料を除いた重量 ( 約) (500 EXC‑F Six Days EU)
106 kg
燃料を除いた重量 ( 約) (XCF‑W)
109.5 kg
前方許容最大軸重
145 kg
許容最大軸重 後輪
190 kg
許容最大重量
335 kg
22.5
電装系
12V バッテリー
HJTZ5S-FP‑C
リチウムイオンバッテリー
バッテリー電圧: 12 V
定格容量: 2.0 Ah
メンテナンスフリー
コンビネーションインスツルメン
トの電池
CR
バッテリー電圧: 3 V
ヒューズ
75011088005
5A
ヒューズ
75011088010
10 A
ヒューズ
58011109120
20 A
ヘッドライト
HS1 / ソケット PX43t
12 V
35/35 W
ポジションライト
W5W / ソケット W2.1x9.5d
12 V
5W
インジケーターランプ
W2.3W / ソケット W2x4.6d
12 V
2.3 W
2430
ターンシグナル (全ての EU シリー R10W / ソケット BA15s
ズ)
ブレーキライト / テールライト
LED
ナンバープレートライト
LED
12 V
10 W
161
22 仕様一覧
22.6
タイヤ
対象モデル
フロントタイヤ
リアタイヤ
(EXC‑F EU)
80/100 - 21 M/C 51M TT
Maxxis Maxx EnduPro
140/80 - 18 M/C 70R M+S TT
Maxxis Maxx EnduPro
(XCF‑W)
90/90 - 21 54M TT
Dunlop GEOMAX AT81F
110/100 - 18 64M TT
Dunlop GEOMAX AT81
(全ての EXC‑F Six Days)
90/90 - 21 M/C 54M M+S TT
Metzeler MCE 6 Days Extreme
140/80 - 18 M/C 70M M+S TT
Metzeler MCE 6 Days Extreme
ここに示されるタイヤは標準装備が予定されているタイヤの一例です。下記アドレスのサービスで詳細をご
確認下さい:
http://www.ktm.com
22.7
フロントフォーク
22.7.1
EXC‑F EU, XCF‑W
フロントフォークタイプナンバー
14.18.8T.69
フロントフォーク
WP SuspensionXplor 5348
コンプレッションダンパー
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
リバウンドダンパー
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
スプリング長 ( プリロードスペーサーを含む)
477 mm
スプリング係数
運転者の体重: 65 … 75 kg
4.0 N/mm
運転者の体重: 75 … 85 kg
4.2 N/mm
運転者の体重: 85 … 95 kg
4.4 N/mm
フロントフォーク長
フロントフォークオイル(各
フォークレッグ)
22.7.2
928 mm
610 ± 10 ml
フロントフォークオイル (SAE 4)
(48601166S1) ( 頁 167)
全ての EXC‑F Six Days
フロントフォークタイプナンバー
14.18.8T.68
フロントフォーク
WP XPLOR 5548
コンプレッションダンパー
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
リバウンドダンパー
162
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
仕様一覧 22
スプリングプリロード-Preload Adjuster
コンフォート
+0
標準
+0
スポーツ
+3
スプリング長 ( プリロードスペーサーを含む)
477 mm
スプリング係数
運転者の体重: 65 … 75 kg
4.0 N/mm
運転者の体重: 75 … 85 kg
4.2 N/mm
運転者の体重: 85 … 95 kg
4.4 N/mm
フロントフォーク長
フロントフォークオイル(各
フォークレッグ)
22.8
928 mm
610 ± 10 ml
フロントフォークオイル (SAE 4)
(48601166S1) ( 頁 167)
ショックアブソーバー
ショックアブソーバータイプナンバー
12.18.7T.69
ショックアブソーバー
WP Suspension 5018 PDS DCC
コンプレッションダンパー低速
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
12 クリック
コンプレッションダンパー高速
コンフォート
2.5 回転
標準
2 回転
スポーツ
1 回転
リバウンドダンパー
コンフォート
18 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
スプリングプリロード
12 クリック
8 mm
スプリング係数
運転者の体重: 65 … 75 kg
60 … 66 N/mm
運転者の体重: 75 … 85 kg
63 … 69 N/mm
運転者の体重: 85 … 95 kg
66 … 72 N/mm
スプリング長
225 mm
スロットル圧
10 bar
空車サグ
37 mm
ライディングサグ
110 mm
全長
415 mm
ダンパーオイル
ダン パ ー オ イ ル (SAE 2.5)
(50180751S1) ( 頁 166)
163
22 仕様一覧
22.9
締付けトルクシャーシ
インテークエア温度センサー用ス
クリュー (全ての EU シリーズ)
EJOT DELTA PT® 45x12‑Z
0.7 Nm
コンビネーションスイッチ用スク
リュー (全ての EXC‑F Six Days,
XCF‑W)
EJOT PT® K50x18
2 Nm
シート取付け用スクリュー
EJOT EJOFORM PT® K60x23/18
2.5 Nm
PT®
シャーシ用その他のスクリュー
EJOT
K60x25‑Z
2 Nm
プレッシャーコントローラー用ス
クリュー
EJOT PT® K60x25‑Z
2 Nm
エマージェンシーOFFスイッチ
用スクリュー
M4
1 Nm
固定グリップ用スクリュー
M4
5 Nm
後輪スポークニップル
M4.5
5 Nm
前輪スポークニップル
M4.5
5 Nm
インテークエア温度センサー用ス
クリュー (XCF‑W)
M5
3 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M5
5 Nm
シャーシ用その他のナット
M5
5 Nm
ターンシグナルスイッチ用スク
リュー
M5
1 Nm
バッテリー極用スクリュー
M5
2.5 Nm
ライトスイッチ用スクリュー
M5
1 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M6
10 Nm
シャーシ用その他のナット
M6
10 Nm
スロットルグリップ用スクリュー
M6
5 Nm
セルフスターターモーター用ナッ
ト
M6
4 Nm
チェーンスライダーガード用スク
リュー
M6
6 Nm
フットブレーキシリンダーのプッ
シュロッドボールジョイント用ス
クリュー
M6
10 Nm
後輪ブレーキディスク用スク
リュー
M6
14 Nm
前方ブレーキディスク用スク
リュー
M6
14 Nm
アッパートリプルクランプ用スク
リュー (全ての EXC‑F Six Days)
M8
17 Nm
アッパートリプルクランプ用スク
リュー (EXC‑F EU, XCF‑W)
M8
20 Nm
エンジンブレースバーへの取付け
用スクリュー
M8x20
25 Nm
サイドスタンド取付け用スク
リュー
M8
35 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M8
25 Nm
164
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®2701™
仕様一覧 22
シャーシ用その他のナット
M8
25 Nm
ステアリングステム用上部スク
リュー (全ての EXC‑F Six Days)
M8
17 Nm
ステアリングステム用上部スク
リュー (EXC‑F EU, XCF‑W)
M8
20 Nm
スプロケットスクリュー用ナット
M8
35 Nm
チェーンスライダー用スクリュー
M8
15 Nm
ハンドルバークランプ用スク
リュー
M8
20 Nm
フォークレッグのアクスル通し穴
用スクリュー
M8
15 Nm
ブレーキペダルストッパー用ナッ
ト
M8
20 Nm
フレームへのエンジンブレース
バーの取付け用スクリュー
M8x15
25 Nm
マニホールド用スクリュー
M8
15 Nm
リムロック用ナット
M8
12 Nm
ロアートリプルクランプ用スク
リュー (全ての EXC‑F Six Days)
M8
15 Nm
ロアートリプルクランプ用スク
リュー (EXC‑F EU, XCF‑W)
M8
15 Nm
下サブフレーム用スクリュー
M8
30 Nm
上サブフレーム用スクリュー
M8
35 Nm
前方ブレーキキャリパー用スク
リュー
M8
25 Nm
燃料ポンプの燃料コネクター
M8
10 Nm
エンジン取付けスクリュー
M10
60 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M10
45 Nm
シャーシ用その他のナット
M10
45 Nm
ハンドルアダプター用スクリュー
M10
40 Nm
ショックアブソーバー用下部スク
リュー
M12
80 Nm
ショックアブソーバー用上部スク
リュー
M12
80 Nm
燃料ポンプ固定用ナット
M12
15 Nm
スイングアームピボット用ナット
M16x1.5
100 Nm
ステアリングヘッド上部用スク
リュー
M20x1.5
12 Nm
後輪アクスルシャフト用ナット
M20x1.5
80 Nm
前方アクスルシャフト用スク
リュー
M20x1.5
35 Nm
冷却システム用スクリューインア
ダプター
M24x1.5
15 Nm
Loctite®243™
Loctite®2701™
Loctite®2701™
Loctite®2701™
Loctite®2701™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®2701™
Loctite®2701™
Loctite®243™
165
23 油脂類
エンジンオイル (SAE 10W/50)
規格 / 分類
– JASO T903 MA2 (
–
SAE (
頁 170)
頁 170) (SAE 10W/50)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するエンジンオイルのみを使用して下
さい。
100%化学合成エンジンオイル
推奨製品
MOTOREX®
– Cross Power 4T
クーラント
規定
– アルミニウム製エンジン用腐食防止剤が混合され珪酸を含有しない高品質のクーラントのみを使用してくだ
さい。低品質で不適切な不凍液は腐食、沈着、発泡の原因となります。
–
腐食防止や潤滑特性などはクーラントによってのみ可能なものですので、純水は使用しないでください。
–
指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するクーラントのみを使用して下さ
い。
耐凍結効果有効期間
−25 °C
必要となる耐凍結効果得るために配合割合を調整しなければなりません。クーラントを薄める必要がある場合
は蒸留水を使用してください。
事前調合されているクーラントの使用が推奨されています。
耐凍結効果、薄め方、他のクーラントとの混和性(互換性)に関してはクーラントメーカーの指示に従ってくだ
さい。
推奨製品
MOTOREX®
– COOLANT M3.0
ダンパーオイル (SAE 2.5) (50180751S1)
規格 / 分類
– SAE ( 頁 170) (SAE 2.5)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1
規格 / 分類
– DOT
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するブレーキフルードのみを使用して
下さい。
推奨製品
Castrol
– REACT PERFORMANCE DOT 4
MOTOREX®
– Brake Fluid DOT 5.1
166
油脂類 23
フロントフォークオイル (SAE 4) (48601166S1)
規格 / 分類
– SAE ( 頁 170) (SAE 4)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。
無鉛ハイオクガソリン (ROZ 95)
規格 / 分類
– DIN EN 228 (ROZ 95)
規定
– 指定された規格に適合する、または同等の無鉛ハイオクガソリンのみを使用して下さい。
–
最大 10%のエタノールを含む混合ガソリン (E10)を使用しても問題ありません。
参考
メタノール燃料 (M15、M85、M100 など)および 10%以上のエタノールを混合した燃料 (E15、E25、
E85、E100 など)は使用しないで下さい。
167
24 ケミカル類
エアフィルター洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Racing Bio Dirt Remover
オフロード用チェーンスプレー
推奨製品
MOTOREX®
– Chainlube Offroad
チェーン洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Chain Clean
モーターサイクル用洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Moto Clean
ラッカー塗装(光沢、非光沢)
、金属、プラスチック専用洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Quick Cleaner
ラッカー塗装、金属、ゴム用手入れ剤
推奨製品
MOTOREX®
– Moto Protect
高粘度グリース
推奨製品
SKF®
– LGHB 2
耐久性グリース
推奨製品
MOTOREX®
– Bike Grease 2000
燃料添加剤
推奨製品
MOTOREX®
– Fuel Stabilizer
168
ケミカル類 24
発泡材エアフィルター用オイル
推奨製品
MOTOREX®
– Racing Bio Liquid Power
汎用オイルスプレー
推奨製品
MOTOREX®
– Joker 440 Synthetic
169
25 規格
JASO T903 MA2
多岐にわたる技術開発を受け、モーターサイクル専用の規格、JASO T903 MA2が生まれました。
以前はモーターサイクル専用の仕様がなく、モーターサイクルには乗用車用のエンジンオイルが使われていまし
た。
乗用車ではエンジンのサービス頻度を下げる事が重要である一方、モーターサイクルエンジンでは何よりも高回
転数で高い出力を引き出す事が要求されます。
モーターサイクルでは、ギアやクラッチにエンジンと同じオイルが使用される事が珍しくありません。
JASO T903 MA2規格はこれら特殊な事象を考慮に入れた内容となっています。
SAE
SAE 粘度は米国の自動車技術者協会 (Society of Automotive Engineers)によって定められたもので、オイルをそ
の粘度によってクラス分けするものです。粘度はオイルの一特性に過ぎず、その品質を表すものではありませ
ん。
170
用語索引 26
OBD( オン
ボード・ダイ
アグノーシス)
オンボード診断
車両の電気系統の数値を監視する車両システム
171
27 表示マーク索引
27.1
黄色とオレンジ色のマーク
黄色とオレンジ色のマークはできるだけ早く対処すべきエラー状態を示します。運転支援システムが作動して
いる場合も同様に黄色またはオレンジ色のマークが表示されます。
不具合インジケーターランプが黄色に点灯 / 点滅– OBDが車両の電気系統で不具合を検出し
ました。交通規制に従った方法で速やかに停車し、KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
燃料レベル警告ランプが黄色に点灯– 燃料レベルがリザーブマークに達しています。
27.2
緑と青のマーク
緑と青のマークは情報を表示しています。
ハイビームインジケーターランプが青く点灯– ハイビームが点灯しています。
ターンシグナルインジケーターランプが緑に点滅– ターンシグナルが作動しています。
172
索引
索引
お
1
12V バッテリー
始動出力 . . .
充電する . . .
取り付ける .
取り外す . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 40
125
124
123
あ
アイドリング回転数
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142
アイドリング調整スクリュー . . . . . . . . . . . . . 22
アクセサリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
アクセルワイヤーの遊び
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 139
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 139
い
インジケーターランプの表示
. . . . . . . . . . . 19-20
う
運転操作の前に
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作
業 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
初めて運転操作を行う際の注意 . . . . . . . . . . 38
保管後 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 153
オイルフィルター
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 146
オーナーズマニュアル . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
オフスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
か
各部の名称
左前方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
右後方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
過酷な使用環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
乾燥した砂地 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
高温 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
雪上 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
低温時の走行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
低速走行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
泥道 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
濡れた砂地 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
濡れた道路 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
40
40
42
43
43
42
42
41
42
カスタマーサービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
ガスボーデンケーブルの取り回し
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
え
エアフィルター
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
エアフィルターケース
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
エアフィルターケースカバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
にヒューズ孔を加工 . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
エマージェンシーOFFスイッチ . . . . . . . . . . 18
エンジン
慣らし運転をする
オイルスクリーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 146
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
エンジンオイル
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 146
補給する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 149
エンジンオイルのレベル
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 146
き
キーナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
給油する
燃料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
く
クーラント
注入する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
排出する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
不凍液とクーラントのレベルを点検する
レベルを点検する . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
138
137
135
136
クラッチ
フルードのレベルを点検・調節する . . . . . . . 98
フルードを交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
クラッチレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
グリップゴム
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 97
け
エンジンガード
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
ケミカル類
エンジン始動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
エンジンナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
後輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
こ
173
索引
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
誤使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
コンビネーションインスツルメント
各部の名称 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
キロメートルかマイルを選択する . . . . . . . . 25
コンビネーションインスツルメントの電池を
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133
時刻を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
ラップタイムを表示する . . . . . . . . . . . . . . . 27
コンプレッションダンパー
( フロントフォーク)調節する . . . . . . . . . . . . 59
使用目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
ショックアブソーバー
空車サグを点検する . . . . . . . . .
スプリングプリロードを調節する
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . .
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . .
ライディングサグを点検する . .
診断プラグ
..
.
..
..
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
56
57
79
79
56
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 134
す
スイングアーム
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
スタートキー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
コンプレッションダンパー高速
( ショックアブソーバー)調節する
. . . . . . . . 54
コンプレッションダンパー低速
( ショックアブソーバー)調節する
ステアリングヘッドのベアリング
潤滑剤を塗布する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
. . . . . . . . 53
ステアリングヘッドベアリングの遊び
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
さ
サービス . . . . .
サービスプラン
サイドスタンド
作業上の決まり
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . 11
50-52
. . 23
... 9
し
シート
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
を取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
シフトレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 144
基本位置を点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
スペアパーツ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
スポークの張り
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
スロットルからの吸気特性
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 140
スロットルグリップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
スロットルバルブの位置
学習させる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
せ
シャーシの基本設定
運転者の体重に応じて確認する . . . . . . . . . . 53
前輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 118
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 117
写真 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
た
車両
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 150
リフトスタンドから降ろす . . . . . . . . . . . . . 65
リフトスタンドでジャッキアップする . . . . . 65
ターンシグナルスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
車両識別番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
仕様一覧
エンジン . . . . . . . . . . .
締付けトルクシャーシ .
締付けトルク、エンジン
シャーシ . . . . . . . . . . .
ショックアブソーバー .
タイヤ . . . . . . . . . . . .
電装系 . . . . . . . . . . . .
フロントフォーク . . . .
容量 . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
157
164
158
160
163
162
161
162
160
使用環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
使用時の安全性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
174
ターンシグナルのバルブ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 132
タイプラベル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
タイヤ空気圧
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121
タイヤの状態
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 121
ち
チェーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 94
チェーンガイド
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 94
チェーンの遊び
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
索引
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
チョークノブ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
て
低温でのリチウムイオンバッテリーの始動出力
40
と
冬季運転
点検・メンテナンス作業 . . . . . . . . . . . . . . 151
トラクションコントロール
作動する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . 154-156
ね
燃料フィルター
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 145
は
ハンドル操作
ロックする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
ロックを解除する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
ハンドルバーの位置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
ひ
ヒューズ
( 各電装系部品)交換する . . . . . . . . . . . . . . 128
メインヒューズを交換する . . . . . . . . . . . . 127
ふ
フィラーキャップ
閉める . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
フォークカバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 67
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
フォークレッグ
エア抜きをする . . . . . . . . . . . .
基本設定を確認する . . . . . . . . .
スプリングプリロードを調節する
ダストシールを清掃する . . . . . .
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . .
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . .
...
...
..
...
...
...
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
65
58
61
66
68
67
不凍液
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135
フューエルタンク
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
ブレーキシステム
. . . . . . . . . . . . . . . . . 102-116
ブレーキディスク
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
ブレーキパッド
( 後輪ブレーキ)交換する
( 後輪ブレーキ)点検する
( 前輪ブレーキ)交換する
( 前輪ブレーキ)点検する
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
113
113
106
106
ブレーキフルード
( 後輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . 112
( 前輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . 104
ブレーキフルードのレベル
( 後輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . 111
( 前輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . 104
ブレーキペダル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
遊びを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 110
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 111
ブレーキレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
遊びを調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
遊びを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . .
16
102
102
103
フレーム
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
フロントスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 94
フロントフェンダー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77
へ
ヘッドライト
照明距離を調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . 132
ヘッドライトの設定
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 132
ヘッドライトバルブ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 131
ヘッドライトマスクとヘッドライト
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
ほ
法定保証 . . . . .
ホーンスイッチ
保管 . . . . . . . .
保護服 . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . . 11
. . . . 17
152-153
..... 9
ま
マッピング
変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 141
め
メインサイレンサー
グラスファイバーを交換する . . . . . . . . . . . 86
スパークアレスターの清掃 . . . . . . . . . . . . . 85
175
索引
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
メインヒューズ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 127
メーカー保証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
ゆ
油脂類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
輸送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
よ
容量
エンジンオイル . . . . . . . . . . . . . . . . . 148, 160
クーラント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 138, 160
燃料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49, 160
ら
ライディングサグ
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
ライトスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
り
リアスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 94
リバウンドダンパー
( ショックアブソーバー)調節する . . . . . . . . 55
( フロントフォーク)調節する . . . . . . . . . . . . 60
れ
冷却システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135
ろ
ロアートリプルクランプ
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71, 73
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69-70
176
*3214012ja*
3214012ja
2019 年 05 月
KTM Sportmotorcycle GmbH
5230 Mattighofen/オーストリア
http://www.ktm.com
写真: Mitterbauer/KISKA/KTM
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement