KTM 690 Enduro R EU 2019 Travel Bike ユーザーマニュアル

KTM 690 Enduro R EU 2019 Travel Bike ユーザーマニュアル
OWNER'S MANUAL 2019
690 Enduro R
ART. NO. 3213909ja
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
このたびは KTM のモーターサイクルをお買い上げ頂き、ありがとうございます。最新のスポーツモーターサイ
クルを手に入れられたお客様に、これを十分満喫頂くため、適切なメンテナンスと手入れを行う事をお願いして
います。安全で楽しいライドをたっぷりお楽しみ下さい。
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
お持ちのモーターサイクルのシリアルナンバーを下記に記して下さい。
車両識別番号 (
頁 24)
エンジンナンバー (
キーナンバー (
正規ディーラースタンプ
頁 25)
頁 25)
本オーナーズマニュアルは、印刷時点現在、当該モデルシリーズの最新仕様に基づいて作成されています。しか
し、車両の構造が更に開発される事により、製品と若干の差異が生じる可能性があります。
ここに記載された内容について、当社は何ら義務を負わないものと致します。KTM Sportmotorcycle GmbH は、
記載された技術内容、価格、色、形、部品、サービス内容、構造、装備などにつき予告および理由の開示なく変
更、代替品なく抹消、地域の状況に合わせ変更、並びに特定モデルの生産を予告なく停止する権利を有するもの
とします。商品入手の可否、写真・イラスト並びに記載内容との差異、印刷ミス並びに誤記に対し、KTM は一切
の責任を負いかねます。写真に使用されているモデルには、一部量産製品にはない特殊装備が施されています。
© 2019 KTM Sportmotorcycle GmbH, Mattighofen オーストリア
無断複写・転載を禁じます。
一部または全部並びにその種類を問わず、複製・複写には必ず著作者の書面による許可を要します。
*3213909ja*
3213909ja
2019 年 08 月
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
ISO 9001(12 100 6061)
国際品質管理規格 ISO 9001 に基づき、KTM では、到達しうる最高の製品品質を実現するための
品質保証プロセスを導入しています。
発行: TÜV Management Service
KTM Sportmotorcycle GmbH
Stallhofnerstraße 3
5230 Mattighofen, オーストリア
以下のモデルがこの書類の内容に該当します。:
690 Enduro R EU (F9703S8)
2
目次
1
目次
表示方法 ............................................................ 9
1.1
1.2
2
3
使用目的に応じた使用環境.................
誤使用 .................................................
安全の手引き ......................................
危険度と表示マーク ...........................
改造に関する警告 ...............................
使用時の安全性...................................
保護服 .................................................
作業上の決まり...................................
環境.....................................................
オーナーズマニュアル........................
11
11
11
12
13
13
15
15
16
16
重要な注意事項 ............................................... 17
3.1
3.2
3.3
3.4
3.5
3.6
メーカー保証、法定保証.....................
油脂類、ケミカル類............................
スペアパーツ、アクセサリー .............
サービス..............................................
写真.....................................................
カスタマーサービス ...........................
17
17
17
18
18
18
各部の名称 ...................................................... 20
4.1
4.2
本書の表示マークについて................... 9
使用文字種について ........................... 10
安全の手引き................................................... 11
2.1
2.2
2.3
2.4
2.5
2.6
2.7
2.8
2.9
2.10
4
5
シリアルナンバー............................................ 24
5.1
5.2
5.3
5.4
5.5
5.6
6
各部の名称 左前方 ( 代表写真)......... 20
各部の名称 右後方 ( 代表写真)......... 22
車両識別番号 ......................................
タイプラベル ......................................
キーナンバー ......................................
エンジンナンバー ...............................
フロントフォークのタイプナン
バー.....................................................
ショックアブソーバータイプナン
バー.....................................................
24
24
25
25
26
26
操作各部 .......................................................... 27
6.1
6.2
6.3
6.4
6.5
6.6
6.7
6.8
6.9
6.10
クラッチレバー...................................
ブレーキレバー...................................
スロットルグリップ ...........................
ホーンスイッチ...................................
ライトスイッチ...................................
ターンシグナルスイッチ ....................
エマージェンシーOFFスイッチ......
スタートキー ......................................
ABS キー.............................................
コンビネーションスイッチ.................
27
27
28
28
29
29
30
31
31
32
3
目次
6.11
6.12
6.13
6.14
6.15
6.16
6.17
6.18
6.19
6.20
6.21
6.21.1
6.21.2
6.21.3
6.21.4
6.21.5
6.21.6
6.21.7
6.21.8
4
イグニッション / ハンドルロック.......
インジケーターランプ........................
シートリリース...................................
サイドグリップ...................................
同乗者用フットレスト........................
シフトレバー ......................................
ブレーキペダル...................................
サイドスタンド...................................
フィラーキャップを開ける.................
フィラーキャップを閉める.................
コンビネーションインスツルメン
ト ........................................................
各部の名称 .....................................
起動 ................................................
コンビネーションインスツルメン
トの表示 .........................................
コンビネーションインスツルメン
トを設定する..................................
キロメートルかマイルを設定す
る....................................................
時刻を設定する ..............................
サービス表示を設定する................
速度、時計およびDST の走行距
離 1.................................................
34
35
36
37
37
38
39
39
40
42
42
42
43
43
44
44
45
46
48
6.21.9
速度、時計およびDST2 の走行距
離 2................................................. 49
6.21.10 AVG モード(平均速度)
、ART モー
ド(走行時間)およびODO モード
(総距離)........................................ 50
7
運転操作の前に ............................................... 51
7.1
7.2
7.3
8
初めて運転操作を行う際の注意 ......... 51
慣らし運転をする ............................... 53
車両に荷物を積む ............................... 54
運転上の注意事項............................................ 57
8.1
8.2
8.3
8.4
8.5
8.6
8.7
8.8
8.9
8.10
運転操作の前に必ず行う点検・メン
テナンス作業 ......................................
車両を始動する...................................
発進.....................................................
シフト操作と走行 ...............................
クイックシフター・プラス .................
モーターサイクルトラクションコン
トロール (MTC) ..................................
ブレーキをかける ...............................
停止と駐車 ..........................................
輸送.....................................................
燃料を給油する...................................
57
58
61
62
68
69
70
72
74
75
目次
9
サービスプラン ............................................... 78
9.1
9.2
9.3
10
シャーシを調整する ........................................ 82
10.1
10.2
10.3
10.4
10.5
10.6
10.7
11
補足情報.............................................. 78
必須作業.............................................. 78
推奨作業.............................................. 81
フロントフォーク / ショックアブ
ソーバー..............................................
フロントフォークのコンプレッショ
ンダンパーを調節する........................
フロントフォークのリバウンドダン
パーを調節する...................................
ショックアブソーバーのコンプレッ
ションダンパー...................................
ショックアブソーバーのコンプレッ
ションダンパー低速を調節する .........
ショックアブソーバーのコンプレッ
ションダンパー高速を調節する .........
ショックアブソーバーのリバウンド
ダンパーを調節する ...........................
82
82
84
85
86
87
89
サービス作業シャーシ .................................... 90
11.1
車両をリフトスタンドでジャッキ
アップする .......................................... 90
11.2
11.3
11.4
11.5
11.6
11.7
11.8
11.9
11.10
11.11
11.12
11.13
11.14
11.15
11.16
11.17
11.18
11.19
11.20
11.21
11.22
バイクをリフトスタンドから降ろ
す ........................................................ 90
フォークレッグのダストシールを清
掃する ................................................. 91
フォークカバーを取り外す................. 93
フォークカバーを取り付ける ............. 93
フォークレッグのエア抜きをする...... 94
ステアリングヘッドベアリングの遊
びを点検する ...................................... 95
ステアリングヘッドベアリングの遊
びを調節する .................................. 96
シートを取り外す ............................... 98
シートを取り付ける ........................... 98
車載工具を取り外す ........................... 99
車載工具を収納する ......................... 100
サイドカバーを取り外す .................. 102
サイドカバーを取り付ける............... 103
フロントフェンダーを取り外す ....... 104
フロントフェンダーを取り付ける.... 105
エアフィルターを取り外す ........... 105
エアフィルターを取り付ける ....... 107
チェーンの汚れを点検する............... 108
チェーンを清掃する ......................... 108
チェーンの遊びを点検する............... 111
チェーンの遊びを調節する............... 113
5
目次
11.23 チェーン、リアスプロケット、フロ
ントスプロケット、チェーンガイド
を点検する ........................................
11.24 チェーンガイドを調節する ...........
11.25 クラッチレバーの基本位置を調整
する...................................................
11.26 油圧式クラッチのフルードレベル
を点検・調節する .............................
11.27 エンジンガードを取り外す...............
11.28 エンジンガードを取り付ける ...........
12
115
120
12.10
121
12.11
122
124
125
12.12
12.13
ブレーキシステム.......................................... 126
12.1
12.2
12.3
12.4
12.5
12.6
12.7
6
12.8
12.9
アンチロック・ブレーキシステ
ム (ABS)............................................
ブレーキレバーの基本位置を調整
する...................................................
ブレーキディスクを点検する ...........
前輪ブレーキのブレーキフルード
のレベルを点検する .........................
前輪ブレーキのブレーキフルード
を補給する ....................................
前輪ブレーキのブレーキパッドを
点検する............................................
前輪ブレーキのブレーキパッドを
交換する ........................................
13
126
131
132
134
135
14
140
141
143
144
146
147
車輪、タイヤ ................................................. 152
13.1
13.2
13.3
13.4
13.5
13.6
13.7
13.8
13.9
129
130
ブレーキペダルの遊びを点検する....
ブレーキペダルの基本位置を調整
する ...............................................
後輪ブレーキのブレーキフルード
のレベルを点検する .........................
後輪ブレーキのブレーキフルード
を補給する ....................................
後輪ブレーキのブレーキパッドを
点検する............................................
後輪ブレーキのブレーキパッドを
交換する ........................................
前輪を取り外す .............................
前輪を取り付ける .........................
後輪を取り外す .............................
後輪を取り付ける .........................
後輪のハブダンパーを点検する ....
タイヤの状態を点検する ..................
タイヤ空気圧を点検する ..................
スポークの張りを点検する...............
パンク修理剤の使用法......................
152
154
156
158
162
164
166
168
169
電装系............................................................ 170
14.1
12V バッテリーを取り外す
........... 170
目次
14.2
14.3
14.4
14.5
14.6
14.7
14.8
14.9
14.10
14.11
14.12
14.13
172
175
178
180
15.3
15.4
15.5
15.6
182
16
16.1
16.2
185
186
187
189
191
192
16.3
16.4
17
冷却システム................................................. 197
17.3
冷却システム .................................... 197
不凍液とクーラントのレベルを点
検する ............................................... 198
17.2
18
201
203
205
207
走行モードを変更する......................
トラクションコントロールを設定
する...................................................
シフトレバーの基本位置を点検す
る ......................................................
シフトレバーの基本位置を調整す
る ..................................................
211
212
213
214
エンジンで行うサービス作業........................ 216
17.1
15.1
15.2
クーラントのレベルを点検する .......
クーラントを排出する ..................
冷却システムにクーラントを注入
してエア抜きをする ......................
クーラントを交換する ..................
エンジンを調整する ...................................... 211
192
195
196
196
14.14
14.15
14.16
15
12V バッテリーを取り付ける .......
12V バッテリーを充電する ...........
メインヒューズを交換する...............
ABS のヒューズを交換する..............
各電装系部品のヒューズを交換す
る ......................................................
ヘッドライトマスクとヘッドライ
トを取り外す ....................................
ヘッドライトマスクとヘッドライ
トを取り付ける.................................
ヘッドライトバルブを交換する .......
ポジションライトバルブの交換 .......
ヘッドライトの設定を点検する .......
ヘッドライトの照明距離を調節す
る ......................................................
コンビネーションインスツルメン
トの電池を交換する .........................
USB ポート.......................................
ACC1 と ACC2 .................................
診断プラグ ........................................
エンジンオイルのレベルを点検す
る ...................................................... 216
エンジンオイルとオイルフィル
ターを交換し、オイルスクリーンを
清掃する ........................................ 217
エンジンオイルを補給する............... 223
清掃、手入れ ................................................. 226
18.1
洗車をする ........................................ 226
7
目次
18.2
19
冬季運転における点検・メンテナン
ス作業 ............................................... 229
保管 ............................................................... 231
19.1
19.2
保管................................................... 231
保管後、運転操作の前に................... 233
20
トラブルシューティング............................... 234
21
仕様一覧 ........................................................ 239
21.1
21.2
21.3
21.3.1
21.3.2
21.3.3
21.4
21.5
21.6
21.7
21.8
21.9
エンジン............................................
締付けトルク、エンジン...................
容量...................................................
エンジンオイル ............................
クーラント ...................................
燃料 ..............................................
シャーシ............................................
電装系 ...............................................
タイヤ ...............................................
フロントフォーク .............................
ショックアブソーバー......................
締付けトルクシャーシ......................
239
241
246
246
246
247
247
249
250
251
252
253
22
油脂類............................................................ 261
23
ケミカル類 .................................................... 264
8
24
規格 ............................................................... 266
25
用語索引 ........................................................ 267
26
表示マーク索引 ............................................. 268
26.1
26.2
26.3
赤のマーク ........................................ 268
黄色とオレンジ色のマーク............... 268
緑と青のマーク................................. 269
索引 ....................................................................... 270
表示方法 1
1.1
本書の表示マークについて
以下、使用されている表示マークについて説明します。
予想される正常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果。
想定外の異常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果。
このマークが付いている作業は全て専門知識や技術的知識を必要とします。ご自身の安全の
ため、これら作業は KTM 正規ディーラーで実施するようにして下さい! 特別な訓練を受けた
専門技術者が必要な専用ツールを使って、お客様のモーターサイクルを最適な状態にメンテナ
ンス致します。
参照頁を示します ( 詳細については記載の頁を参照して下さい)。
補足情報や役に立つ情報を示します。
確認ステップの結果を示します。
9
1 表示方法
電圧の測定を示します。
電流の測定を示します。
必要に応じた再加工を含む作業の終わりについて示します。
1.2
使用文字種について
以下、使用されている文字種について説明します。
固有名詞
固有名詞を示します。
名前®
登録商標を示します。
マーク ™
トレードマークを示します。
下線を引いた用語
車両の技術的詳細を参照または用語解説にある専門用語を示します。
10
安全の手引き 2
2.1
使用目的に応じた使用環境
この車両は、通常の道路走行や柔らかな地面(未舗装道路)で想定される使用環境に耐えられるような設計・構
造となっています。
この車両は、サーキットでの走行は想定されていません。
参考
本車両は承認を受けたモデルのみ公共道路での走行が許可されています。
埃が多い地域で使用する際はエアフィルターカバーが必要な場合があります。KTM 正規ディーラーまで
お気軽にお問い合わせ下さい。
2.2
誤使用
車両は使用目的に従った方法でのみ使用してください。
使用目的に従わない場合、人、車両、そして環境への危険の原因となります。
使用目的に従った使用、また定義されている使用環境の範囲外で車両を使用した場合、それは誤使用とみなされ
ます。
油脂類およびケミカル類がそれぞれの使用に適した仕様条件を満たしていない場合も誤使用とみなされます。
2.3
安全の手引き
記載された製品の安全な環境のために安全の手引きに留意して下さい。そのためにも本説明書および同梱され
たその他すべての説明書をよくお読み下さい。この安全の手引きは文章が見やすく記載され、重要箇所はリンク
が添付されています。
11
2 安全の手引き
参考
記載された製品のよく見える箇所に注意・警告表示が貼付されています。注意または警告表示をはがさ
ないで下さい。これら表示がないと危険が認識できず、お客様ご自身並びに周囲の方々が怪我をされる
恐れがあります。
2.4
危険度と表示マーク
危険
適切に対応しないと直接および確実に死亡や後遺症を残す重傷につながる危険を示します。
警告
適切に対応しないと死亡や後遺症を残す重傷につながる恐れのある危険を示します。
注意
適切に対応しないと場合によっては軽傷につながる恐れのある危険を示します。
情報
適切に対応しないと車両または部品に重大な損傷をもたらす危険を示します。
情報
適切に対応しないと環境汚染につながる危険を示します。
12
安全の手引き 2
2.5
改造に関する警告
ノイズダンパー部品の改造を行うことは禁じられています。以下の処置および該当する状態の製造は法的に禁
じられています:
1
防音のために取り付けられている装備や部品のいずれかを、新車がエンドユーザーに販売または引き渡され
る前に取り外したり、機能しないように変更したりする事。あるいは車両の使用期間中にメンテナンス、修
理、交換以外の目的で取り外したり、機能しないように変更したりする事。
2
そのように設置したり部品を取り外す、もしくは機能しないようにした車両の使用。
違法改造の例:
1
メインサイレンサー、バッフルプレート、マニホールド、その他排気系統の部品の取り外しもしくは穿孔。
2
インテークシステム部品の取り外しまたは穿孔。
3
非合法的なメンテナンス状態での使用。
4
車両の可動部品、あるいは排気装置またはインテークシステムの部品を製造者が承認していない部品と交換
する事。
2.6
使用時の安全性
危険
事故の危険性
運転能力および判断力が十分でない運転者は、自身および他の方への危険となります。
–
アルコール、薬物、薬品などにより運転能力が低下している場合、車両の運転をしないでください。
–
肉体的、精神的に運転能力が低下している場合も、車両の運転をしないでください。
13
2 安全の手引き
危険
中毒の危険性
排気ガスは毒性があり、意識不明や死亡の原因となる恐れがあります。
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるように常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用し
てください。
警告
火傷の危険性
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
–
車両部品が冷めるまで排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキシステムなどの部品
には触らないでください。
–
車両部品を十分に冷ましてから作業を実行してください。
車両が完璧に整備された状態である事を必ず確認し、法規定に則った安全で環境に優しい運転を心がけて下さ
い。
公道では適切な運転許可証が必要となります。
安全性を損なうような不具合がある場合は、すぐに KTM 正規ディーラーで処置を受けて下さい。
車両に貼付されている注意・警告表示に従って下さい。
14
安全の手引き 2
2.7
保護服
警告
怪我の危険性
不足および欠陥のある保護服の着用は安全面での危険性を高めます。
–
走行時は必ずヘルメット、ブーツ、手袋、プロテクターが取り付けられたズボンやジャケットなどの
保護服を着用してください。
–
損傷等がなく、かつ法規制に従った保護服を常に着用して下さい。
KTM ではお客様の安全性のためにも運転の際には適切な保護服を必ず着用するようお勧めしています。
2.8
作業上の決まり
作業の中には専用ツールを必要とするものがあります。専用ツールは車両の付属品ではありませんが、()に記
載されている番号を指定して注文する事ができます。例:ベアリングプーラー(15112017000)
組み立ての際再利用できない部品(緩み止めスクリューとナット、ガスケット、O リング、割りピン、リテー
ナープレートなど)は新しい部品と交換します。
スクリュー脱落にはゆるみ止め材 ( 例、Loctite®)が必要になることがあります。使用の際にはメーカーの特別な
注意事項を参照して下さい。
新しい部品にゆるみ止め剤(Precote®など)が塗布されている場合、追加的にゆるみ止め剤を重ねて塗布する必
要はありません。
分解後も再度使用する部品は清掃し、磨耗や損傷がないかを点検します。摩耗・損傷した部品は交換します。
修理およびサービス終了後は、車両が安全に使用できる状態である事を確認して下さい。
15
2 安全の手引き
2.9
環境
責任感をもってモーターサイクルと接する事で問題や対立の発生を避ける事ができます。モーターサイクルの
明るい未来のためにも、法律で定められた範囲でモーターサイクルを使用し、環境意識を持ち、他人の権利を尊
重する事を常に心がけて下さい。
古い燃料、その他燃料およびケミカル類、古くなった部品の廃棄は各国の法律および規則を遵守して下さい。
モーターサイクルは古い車両の廃棄に関する EU 指令の対象ではないので、法的な規定はありません。KTM 正
規ディーラーにお気軽にお尋ね下さい。
2.10
オーナーズマニュアル
初めてツーリングに出る前に、必ずこのオーナーズマニュアルを全頁注意して読んで下さい。車両の操作や取り
扱い、メンテナンスのために有用なヒントや情報が盛り込まれています。車両を自分に合った最適な状態に調整
し、ご自身を怪我から守る対処法を知るにはこれ以外の方法はありません。
必要な時にはいつでも確認できるよう、オーナーズマニュアルはすぐに手の届く場所に保管しておいて下さい。
車両について、ここに記載されていない情報をお求めの場合やご不明な点がありましたら、KTM 正規ディー
ラーまでお問い合わせ下さい。
オーナーズマニュアルはモーターサイクルの重要な部品の一部です。転売する際は必ず車両と一緒に新しい所
有者に引き渡して下さい。
オーナーズマニュアルは KTM 正規ディーラーで、または KTM ホームページからダウンロードすることができ
ます。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
16
重要な注意事項 3
3.1
メーカー保証、法定保証
サービスプランに規定された作業は必ず KTM 正規ディーラーで実施し、カスタマーサービスブック並び
にKTM Dealer.netに証明を受けて下さい。これをしないと、一切の保証請求が無効となります。また、車両の変
更・改造に起因する直接・間接の損害はメーカー保証の対象外です。
メーカー保証および法定保証に関する詳細とその手続きについては、カスタマーサービスブックを参照して下さ
い。
3.2
油脂類、ケミカル類
情報
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
オーナーズマニュアルおよび仕様に応じた油脂類とケミカル類を使用して下さい。
3.3
スペアパーツ、アクセサリー
ご自身の安全のため、KTM により承認または推奨されたスペアパーツ並びにアクセサリーのみを使用し、また
これら部品の取り付けは KTM の正規ディーラーで行って下さい。それ以外の製品およびその使用に起因する損
害について、KTM は一切その責任を負いかねます。
関連する説明文で ( )内に記載されているスペアパーツやアクセサリーもあります。KTM 正規ディーラーまで
お気軽にお問い合わせ下さい。
17
3 重要な注意事項
お手持ちの製品でご使用になれる最新のKTM PowerPartsについては、KTM のホームページをご覧下さい。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
3.4
サービス
故障を避け、早期摩耗を防ぐには、オーナーズマニュアルの記載に従ってエンジンとシャーシのサービス、手入
れ、調整作業を行う事が必要です。シャーシの調整を間違うと、シャーシ部品の損傷や破損を引き起こす恐れが
あります。
強い雨や厳しい暑さの中、あるいは重い荷物を積むなど、過酷な条件で車両を使用すると、駆動装置、ブレーキ
システム、サスペンションなどで部品の磨耗を大幅に早める原因となります。その結果、次回サービス実施時期
に達する前に点検や部品の交換が必要になる事があります。
規定の慣らし運転時間とサービス時期を必ず守って下さい。これは、車両の寿命を長くするために非常に重要な
事です。
走行距離と時間間隔は最初のインターバルで決定します。
3.5
写真
注意事項に記載された写真には一部特別装備が施されています。
より分かりやすく表示および説明するために一部部品を取り外したり、記載していない場合があります。これら
の記述に関する取り外しは必ずしも必要ではありません。記載内容に留意して下さい。
3.6
カスタマーサービス
お手持ちの製品や KTM に関するご質問については、KTM 正規ディーラーまでお気軽にお問い合わせ下さい。
18
重要な注意事項 3
KTM 正規ディーラーの一覧は KTM のホームページに掲載されています。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
19
4 各部の名称
4.1
各部の名称
左前方 ( 代表写真)
S03366-10
20
各部の名称 4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
bk
ブレーキレバー (
頁 27)
クラッチレバー (
頁 27)
サイドグリップ (
頁 37)
フィラーキャップ
同乗者用フットレスト (
シートリリース (
頁 37)
頁 36)
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー (
サイドスタンド (
エンジンナンバー (
シフトレバー (
頁 85)
頁 39)
頁 25)
頁 38)
21
4 各部の名称
4.2
各部の名称
右後方 ( 代表写真)
S03367-10
22
各部の名称 4
1
2
3
3
3
4
5
6
6
7
8
9
bk
bl
bm
bn
イグニッション / ハンドルロック (
頁 34)
フロントフォークのコンプレッションレベル調節
ライトスイッチ (
頁 29)
ターンシグナルスイッチ (
ホーンスイッチ (
頁 29)
頁 28)
コンビネーションスイッチ (
インジケーターランプ (
頁 32)
頁 35)
エマージェンシーOFFスイッチ (
スタートキー (
頁 30)
頁 31)
スロットルグリップ (
頁 28)
フロントフォークのリバウンドレベル調節
車両識別番号 (
頁 24)
エンジンオイル点検窓
ブレーキペダル (
タイプラベル (
頁 39)
頁 24)
ショックアブソーバーのリバウンドレベル調節
23
5 シリアルナンバー
5.1
車両識別番号
シャリョウシキベツバンゴウ
印されています。
1はステアリングヘッドの右に刻
401945-10
5.2
タイプラベル
タイプラベル
1は右側のフレームに貼付されています。
H01049-10
24
シリアルナンバー 5
5.3
キーナンバー
キーナンバー
1はKEYCODECARDに記載してあります。
参考
予備のキーを注文する際にキーナンバーが必要となりま
す。KEYCODECARDは安全な場所に保管して下さい。
402241-10
5.4
エンジンナンバー
エンジンナンバー はエンジンの左側、フロントスプロケットの
下に刻印されています。
1
401949-10
25
5 シリアルナンバー
5.5
フロントフォークのタイプナンバー
フロントフォークのタイプナンバー はフォークレッグのアク
スル通し穴の内側に刻印されています。
1
401947-10
5.6
ショックアブソーバータイプナンバー
ショックアブソーバータイプナンバー
示されています。
402025-10
26
1はダンパーの左側に表
操作各部 6
6.1
クラッチレバー
クラッチレバー は左のハンドルバーに設置されています。
クラッチは油圧で作動し、自動調整されています。
1
S03355-10
6.2
ブレーキレバー
ブレーキレバー は右のハンドルバーに設置されています。
ブレーキレバーで前輪ブレーキを作動します。
1
S03356-10
27
6 操作各部
6.3
スロットルグリップ
スロットルグリップ
1は右のハンドルバーに設置されています。
S03357-10
6.4
ホーンスイッチ
ホーンスイッチ
1は左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• ホーンスイッチ
• ホーンスイッチ
ます。
S03358-10
28
が基本位置にある
が押されている– この位置でホーンが鳴り
操作各部 6
6.5
ライトスイッチ
ライトスイッチ
1は左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
ヘッドライト ( ロービーム)点灯– ライトスイッチの
下が押されています。この位置でヘッドライト ( ロー
ビーム)とテールライトが点灯しています。
ヘッドライト ( ハイビーム)点灯– ライトスイッチの
上が押されています。この位置でヘッドライト ( ハイ
ビーム)とテールライトが点灯しています。
S03358-11
6.6
ターンシグナルスイッチ
ターンシグナルスイッチ
ます。
1は左のハンドルバーに設置されてい
確認すべき状態
ターンシグナル停止
左のターンシグナルを作動– ターンシグナルスイッチ
を左に押します。ターンシグナルが作動し、スイッチ
は中央位置に戻ります。
S03358-12
右のターンシグナルを作動– ターンシグナルスイッチ
を右に押します。ターンシグナルが作動し、スイッチ
は中央位置に戻ります。
29
6 操作各部
ターンシグナルを停止するには、ターンシグナルスイッチをス
イッチボックスに向かって押します。
6.7
エマージェンシーOFFスイッチ
エマージェンシーOFFスイッチ
されています。
1は右のハンドルバーに設置
確認すべき状態
エマージェンシーOFFスイッチがオフ– この位置で
はイグニッション回路が接続されておらず、エンジン
作動中はこれを停止し、停止中の場合はエンジンをか
ける事ができません。
S03359-10
30
エマージェンシーOFFスイッチがオン– 運転する際
はこの位置に設定します。イグニッション回路が接
続されています。
操作各部 6
6.8
スタートキー
スタートキー
1は右のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• スタートキー が基本位置にある
• スタートキー が押されている– この位置でセルフスター
ターモーターを作動します。
S03359-11
6.9
ABS キー
ABS キー はコンビネーションインスツルメントの左横に設置
されています。
1
参考
ABS キーはABS 警告ランプ (
す。
頁 126)としても機能しま
S02157-10
31
6 操作各部
6.10
コンビネーションスイッチ
コンビネーションスイッチは左のハンドルバーに設置されていま
す。
確認すべき状態
1
ROAD – LED1が点灯している場合、走行モード
ROADとトラクションコントロールがオンになって
います。
1TC
ROAD、TC 無効– 1とTCの LED が点灯している場
合、走行オードROADは有効で、トラクションコント
ロールはオフになっています。
2
OFFROAD – LED2が点灯している場合、走行モー
ドOFFROADとトラクションコントロールがオンに
なっています。
2TC
OFFROAD、TC 無効– 2とTCの LED が点灯している
場合、走行オードOFFROADは有効で、トラクション
コントロールはオフになっています。
S03270-01
32
操作各部 6
コンビネーションスイッチは現行の走行モードとトラクションコ
ントロールの設定を表示します。
コンビネーションスイッチのMAPキーでは走行モードを変更する
ことができます。
コンビネーションスイッチのTCキーではトラクションコント
ロールをオン/オフすることができます。
参考
イグニションをオンにすると、機能点検のため 3 つのス
イッチの LED 全てが点灯します。
走行中に 3 つ全ての LED が点灯した場合、エンジン制御
ユニットが不具合を検出しています。早急に KTM 正規
ディーラーで点検を行って下さい。
H02887-01
33
6 操作各部
6.11
イグニッション / ハンドルロック
イグニッション / ハンドルロックはシートの前方に設置されてい
ます。
確認すべき状態
イグニッションがオフ– この位置ではイグニッション
回路が接続されておらず、エンジン作動中はこれを停
止し、停止中の場合はエンジンをかける事ができませ
ん。イグニッションキーを抜く事ができます。
S03271-01
イグニッションがオン– この位置ではイグニッション
回路が接続されており、エンジンをかける事ができま
す。
ハンドルのロック– この位置ではイグニッション回路
が接続されておらず、ハンドルはロックされていま
す。イグニッションキーを抜く事ができます。
34
操作各部 6
6.12
インジケーターランプ
確認すべき状態
ABS 警告ランプが黄色に点灯 / 点滅– ABS警告ラン
プが点灯している場合、ABS はオンになっていませ
ん。ABS 警告ランプは不具合が検出された場合にも
点灯します。KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
ハイビームインジケーターランプが青く点灯– ハイ
ビームが点灯しています。
燃料レベル警告ランプがオレンジに点灯– 燃料レベル
がリザーブマークに達しています。
不具合インジケーターランプがオレンジに点灯
– OBDが車両の電気系統で不具合を検出しました。
交通規制に従った方法で速やかに停車し、KTM 正規
ディーラーに連絡して下さい。
クーラント温度警告ランプが赤く点灯– クーラントの
温度が危険な値に達しています。交通規制に従った
方法で速やかに停止し、エンジンを切り、冷却させて
からフルードレベルを点検します。
S03254-01
ニュートラルインジケーターランプが緑に点灯– ギア
がニュートラルに入っています。
ターンシグナルインジケーターランプが緑に点滅
– ターンシグナルが作動しています。
35
6 操作各部
オイル圧力警告ランプが赤く点灯– 油圧が低過ぎま
す。交通規制に従った方法で速やかに停車し、エンジ
ンを止めます。
TC インジケーターランプが黄色に点灯 / 点滅– TC イ
ンジケーターランプが点灯している場合、MTC
( 頁 69)はオンになっていません。TC インジケー
ターランプと両走行モードが同時に点灯している場
合、不具合が検出されています。KTM 正規ディー
ラーに連絡して下さい。TC インジケーターランプは
MTCが稼動すると点滅します。
6.13
シートリリース
シートロックはベルト
1で解除することができます。
S03336-10
36
操作各部 6
6.14
サイドグリップ
サイドグリップ は車両を移動する際に使用します。
同乗者を乗せている場合、同乗者はサイドグリップをつかんで身
体を支える事ができます。
1
S03277-10
6.15
同乗者用フットレスト
同乗者用フットレストは開閉式になっています。
確認すべき状態
• 同乗者用フットレストが収納された状態– 同乗者がいない場
合。
• 同乗者用フットレストが展開された状態– 同乗者がいる場
合。
S03360-01
37
6 操作各部
6.16
シフトレバー
シフトレバー
1はエンジンの左側に設置されています。
401950-10
各ギアのポジションは図の通りです。
ニュートラルは 1 速と 2 速の間にあります。
401950-11
38
操作各部 6
6.17
ブレーキペダル
ブレーキペダル は右のフットレストの前方にあります。
ブレーキペダルで後輪ブレーキを作動します。
1
401956-10
6.18
サイドスタンド
サイドスタンド は車両の左側にあります。
サイドスタンドは車両を停車させるのに使用します。
1
参考
運転中はサイドスタンドを閉じます。
サイドスタンドは安全スタートシステムと連動していま
す。運転上の注意事項の説明に従って下さい。
401943-10
確認すべき状態
• サイドスタンドを出している– サイドスタンドで車両を立て
る事ができます。安全スタートシステムが作動しています。
39
6 操作各部
•
6.19
サイドスタンドが折りたたまれている– 走行中は必ずこの位
置にして下さい。安全スタートシステムは作動していませ
ん。
フィラーキャップを開ける
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
40
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
操作各部 6
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
–
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所に保管して下さい。
情報
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
–
フィラーキャップ のカバーを上に開け、イグニッション
キーを差し込みます。
–
イグニッションキーを時計と反対回りに 90 度回し、フィラー
キャップを外します。
1
参考
フィラーキャップにはフューエルタンクのエア抜き
ホースが装備されています。
S03278-10
41
6 操作各部
6.20
フィラーキャップを閉める
–
フィラーキャップを取り付け、イグニッションキーを時計回
りに 90 度回します。
–
イグニッションキーを抜き、カバーを閉めます。
S03279-10
6.21
コンビネーションインスツルメント
6.21.1
各部の名称
1
2
3
4
S02155-10
42
インジケーターランプ (
左のボタン
ディスプレイ
右のボタン
頁 35)
操作各部 6
6.21.2
起動
コンビネーションインスツルメントを起動する
いずれかのキーを押すか、または車輪速度センサーから信号を受
信すると、コンビネーションインスツルメントが起動します。
S02156-10
6.21.3
コンビネーションインスツルメントの表示
確認すべき状態
コンビネーションインスツルメントのバッテリー電
圧– コンビネーションインスツルメントのバッテリー
電圧が低すぎます。コンビネーションインスツルメ
ントの電池を交換します。
401901-01
43
6 操作各部
6.21.4
コンビネーションインスツルメントを設定する
条件
車両が停止している。
–
両方のキーを 3~ 5 秒間押し続けます。
セットアップメニューが表示されます。UNITモードが点
滅します。
参考
セットアップメニューがオンになると、コンビネー
ションインスツルメントの設定を行うことができま
す。設定が行われない場合、セットアップメニューは
5 秒後に自動的に次のメニュー項目に切り替わります。
401909-01
6.21.5
キロメートルかマイルを設定する
参考
単位を変更しても値は保存され、選択単位に合わせて換算されます。
国に応じた設定を選択して下さい。
条件
車両が停止している。
44
操作各部 6
–
両方のキーを 3~ 5 秒間押し続けます。
セットアップメニューが表示されます。UNITモードが点
滅します。
–
左または右のキーで表示モードをKM/HからM/Hに、また
はM/HからKM/Hに変更します。
–
5 秒間待ちます。
変更された設定が適用され、コンビネーションインスツ
ルメントは自動で次のメニュー項目に切り替わります。
401909-01
6.21.6
時刻を設定する
条件
車両が停止している。
–
両方のキーを 3~ 5 秒間押し続けます。
セットアップメニューが表示されます。UNITモードが点
滅します。
401911-01
–
時間
–
右または左のキーを押して時計の表示を 24 時間もしくは
12 時間表記にするかを選択します。
メニューが点滅するまで待ちます。
–
5 秒間待ちます。
設定が適用され、コンビネーションインスツルメントは
自動で次のメニュー項目に切り替わります。時刻 の
マークが点滅します。
45
6 操作各部
–
左右のキーで時計の設定を行います。
時刻をリセットする
– 左のボタンを押します。
数値が減ります。
時計を進める
– 右のボタンを押します。
数値が増えます。
–
401912-01
6.21.7
5 秒間待ちます。
設定が適用され、コンビネーションインスツルメント
は自動で次のメニュー項目に切り替わります。
サービス表示を設定する
条件
車両が停止している。
46
操作各部 6
–
両方のキーを 3~ 5 秒間押し続けます。
設定メニューが表示されます。UNITモードが点滅しま
す。
–
–
サービス表示
のメニューが点滅したらボタンを離します。
サービスを設定します。
規定
サービス表示オフ
401913-01
サービス実施時期を短縮する
– 左のボタンを押します。
数値が減ります。
サービス実施時期を延長する
– 右のボタンを押します。
数値が増えます。
サービス実施時期が表示されない
– 左のボタンを長押しします。
offがディスプレイに表示されます。
401914-01
47
6 操作各部
6.21.8
速度、時計およびDST の走行距離 1
–
いずれかのキーを押して、DSTモードをコンビネーションイ
ンスツルメントに表示させます。
KM/HもしくはM/Hで速度が表示されます。
は時計を表示します。
DSTモードでは最後のリセットからの走行距離が表示されます
(例、給油の間隔)
。
参考
401901-01
48
39999.9 までカウントされると、DSTの値が自動的にゼロ
にリセットされます。
左のボタン
を短く押しま
す。
次のモードに切り替わります
左のボタンを
3~ 5 秒間押
し続けます。
DSTモードではキーを押して 0.0~ 39999.9 ま
での数値をあらかじめ設定することが出来ま
す。
右のボタン
を短く押しま
す。
次のモードに切り替わります
右のボタンを
3~ 5 秒間押
し続けます。
DSTの表示をゼロにリセットします。
操作各部 6
6.21.9
速度、時計およびDST2 の走行距離 2
–
いずれかのキーを押して、DST2モードをコンビネーションイ
ンスツルメントに表示させます。
KM/HもしくはM/Hで速度が表示されます。
は時計を表示します。
DST2モードでは最後のリセットからの走行距離 2 が表示されま
す(例、給油の間隔)
。
参考
401902-01
39999.9 までカウントされると、DST2の値が自動的にゼ
ロにリセットされます。
左のボタン
を短く押しま
す。
次のモードに切り替わります
左のボタンを
3~ 5 秒間押
し続けます。
DST2モ ー ド で は キ ー を 押 し て 0.0~
39999.9 までの数値をあらかじめ設定すること
が出来ます。
右のボタン
を短く押しま
す。
次のモードに切り替わります
右のボタンを
3~ 5 秒間押
し続けます。
DST2の表示をゼロにリセットします。
49
6 操作各部
6.21.10 AVG モード(平均速度)
、ART モード(走行時間)およびODO モード(総距離)
–
AVGモード、ARTモードとODOモードがコンビネーションイ
ンスツルメントで表示されまでキーのいずれかを押します。
AVGモードでは最後にリセットされてからの平均速度が表示され
ます。
ARTモードで走行時間が表示されます。
ODOモードでは総距離が表示されます。
401903-01
50
左のボタン
を短く押しま
す。
次のモードに切り替わります
左のボタンを
3~ 5 秒間押
し続けます。
レンチシンボルでは次のサービスまでの残り
の走行時間が表示されます。
右のボタン
を短く押しま
す。
次のモードに切り替わります
右のボタンを
3~ 5 秒間押
し続けます。
AVGの表示をゼロにリセットします。
運転操作の前に 7
7.1
初めて運転操作を行う際の注意
危険
事故の危険性
運転能力および判断力が十分でない運転者は、自身および他の方への危険となります。
–
アルコール、薬物、薬品などにより運転能力が低下している場合、車両の運転をしないでください。
–
肉体的、精神的に運転能力が低下している場合も、車両の運転をしないでください。
警告
怪我の危険性
不足および欠陥のある保護服の着用は安全面での危険性を高めます。
–
走行時は必ずヘルメット、ブーツ、手袋、プロテクターが取り付けられたズボンやジャケットなどの
保護服を着用してください。
–
損傷等がなく、かつ法規制に従った保護服を常に着用して下さい。
警告
転倒の危険性
前輪と後輪のトレッドが異なると走行性能に影響を及ぼします。
異なるトレッドのタイヤを使用すると車両のコントロールが大幅に難しくなります。
–
前輪と後輪に同様のトレッドのタイヤが装着されていることを確認してください。
警告
事故の危険性
ます。
–
承認または推奨されていないタイヤならびに車輪を装着した場合、走行性能が損なわれ
KTM により承認および推奨された適切な速度記号のタイヤならびに車輪のみを使用して下さい。
51
7 運転操作の前に
警告
事故の危険性
新しいタイヤのグリップ力はまだ十分なものではありません。
新しいタイヤの接地面はまだ十分に慣らされていません。
–
新しいタイヤの場合は傾きを変えて慎重に慣らし走行を行って下さい。
慣らし走行期間
200 km
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに足をかけたままにすると、ブレーキパッドが常にこすられる状態になります。
–
ブレーキを作動しないときはブレーキペダルに足をかけないで下さい。
参考
運転の際は、過度の騒音で周辺の人々の迷惑にならないよう心がけましょう。
–
KTM 正規ディーラーで納車前検査がきちんと行われた事を確認して下さい。
納車の際、納車証明書とカスタマーサービスブックがお客様に手渡されます。
–
初めて運転をする前に、オーナーズマニュアルを全頁よく読んで下さい。
–
操作各部の扱いに慣れて下さい。
–
クラッチレバーの基本位置を調整します。 (
頁 121)
–
ブレーキレバーの基本位置を調整します。 (
頁 129)
–
ブレーキペダルの基本位置を調整します。
52
(
頁 141)
運転操作の前に 7
–
ツーリングに出る前に、まず適切な路面で車両の取り扱いに慣れて下さい。一度、できるだけゆっくり走る
練習やスタンディング走行などで、車両の感覚をつかむようにして下さい。
–
自分の能力や経験を超えた、無理な走行はしないで下さい。
–
走行中は両手でしっかりとハンドルバーを握り、フットレストに両足をのせて下さい。
–
慣らし運転をします。 (
7.2
–
頁 53)
慣らし運転をする
慣らし運転の段階では、各速に定められている走行速度を超えないように注意して下さい。
規定
走行開始から最初の
1,000 km
各速の最高速度
–
1速
45 km/h
2速
65 km/h
3速
85 km/h
4速
105 km/h
5速
120 km/h
6速
130 km/h
フルスロットルでの運転は避けて下さい!
53
7 運転操作の前に
7.3
車両に荷物を積む
警告
事故の危険性
総重量および軸重は走行性能に影響を与えます。
総重量は運転準備が整い満タンに給油した状態の車両、保護服とヘルメットを着用したライダーと同乗
者、荷物の総重量です。
–
最大許容総重量と最大許容軸重を遵守して下さい。
警告
事故の危険性
–
ケースまたはタンクバッグを不適切に固定すると走行性能に影響を与えます。
ケースやバッグはメーカーの規定に従った方法で固定してください。
警告
事故の危険性
–
高速における不安定な走行状態。
速度を積載量に合わせて走行して下さい。車両にハードケースやその他荷物を載せている場合は、
通常よりゆっくり走行して下さい。
荷物を載せている場合の最高速度
130 km/h
警告
事故の危険性
–
54
キャリアシステムの過負荷は破損の原因となります。
ケースを取り付ける場合はメーカー規定の最大積載量を確認してください。
運転操作の前に 7
警告
事故の危険性
荷物のずれは視認性に影響を及ぼします。
テールライトが覆われてしまうと、暗がりでは特に後続の車両に認識されにくくなります。
–
車両に載せている荷物の固定状態を定期的に点検して下さい。
警告
事故の危険性
–
積載量が増加すると走行性能に影響を及ぼし制動距離が長くなります。
積載量に適した速度で走行して下さい。
警告
事故の危険性
–
荷物のずれは走行性能に影響を及ぼします。
車両に載せている荷物の固定状態を定期的に点検して下さい。
警告
火災の危険性
–
熱せられた排気装置により荷物に燃焼の危険があります。
荷物を載せる際は、熱せられた排気装置により燃焼したり焦げたりしないように固定して下さい。
–
荷物を積む場合は、できるだけ車両の中心にしっかりと固定し、前輪と後輪に均等に重量がかかるように注
意して下さい。
–
最大許容総重量と最大許容軸重を遵守して下さい。
55
7 運転操作の前に
規定
56
最大許容重量
350 kg
前方許容最大軸重
150 kg
最大許容軸重後輪
200 kg
運転上の注意事項 8
8.1
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業
参考
走行前には必ず車両の状態を点検し、道路交通で安全に使用できる事を確認して下さい。
運転の際は車両が技術的に完璧な状態でなければなりません。
H02217-01
–
エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁 216)
–
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検しま
す。 ( 頁 131)
–
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検しま
す。 ( 頁 143)
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 134)
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 146)
–
ブレーキシステムの機能を点検します。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
–
チェーンの汚れを点検します。 (
–
チェーンの遊びを点検します。 (
–
タイヤの状態を点検します。 (
頁 164)
–
タイヤ空気圧を点検します。 (
頁 166)
–
操作各部が正しく調節されているか、スムーズに操作できる
かを点検します。
–
電装系部品の機能を点検します。
–
荷物が正しく固定されているかを点検します。
–
車両に乗り、バックミラーの位置を確認します。
頁 201)
頁 108)
頁 111)
57
8 運転上の注意事項
–
8.2
燃料の残量を確認します。
車両を始動する
危険
中毒の危険性
排気ガスは毒性があり、意識不明や死亡の原因となる恐れがあります。
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるように常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用し
てください。
注意
事故の危険性 12V バッテリーがあがった状態、または 12V バッテリー無しでは電子部品および安全関
連装置を破損してしまいます。
–
12V バッテリーがあがった状態、もしくは 12V バッテリー無しで車両を運転する事は絶対に避けて
下さい。
情報
エンジン損傷
–
58
冷えた状態でのエンジンを高回転させるのは、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
常に低回転数でエンジンを暖機してください。
運転上の注意事項 8
–
エマージェンシーOFFスイッチを押して
す。
–
イグニッションキーをの位置
ンにします。
の位置に入れま
に回してイグニッションをオ
イグニッションをオンにすると、約 2 秒間、燃料ポンプ
の作動音が聞こえます。同時にコンビネーションインス
ツルメントの機能チェックが実行されます。
ABS警告ランプが点灯し、発進するとまた消えます。
B00103-10
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
スタートキー
緑のニュートラルインジケーターランプNが点灯します。
を押します。
59
8 運転上の注意事項
参考
コンビネーションインスツルメントの機能チェックが
終了するまで、スタータースイッチを押さないで下さ
い。
エンジン始動の際、スロットルは開かないで下さい。
エンジン始動時にスロットルを開くと、エンジン制御
システムから燃料が噴射されず、エンジンがかかりま
せん。
5 秒以上連続してエンジンをかけようとしないで下さ
い。再度試みるまで最低 5 秒は間隔をおいて下さい。
本モデルには安全スタートシステムが装備されてい
ます。ギアがニュートラルに入っているか、または
ニュートラル以外のポジションでクラッチレバーが握
られている場合にのみ、エンジンの始動が可能です。
サイドスタンドが開いた状態でギアを入れ、クラッチ
レバーを離すとエンジンが停止します。
–
バイクを立ててサイドスタンドを自由にし、足で上方向に最
後まで押して閉じます。
ABS を停止する
KTM では常に ABS を作動した状態で走行する事をお勧めし
ています。しかし、走行状況によって ABS の作動が好ましく
ない場合もあります。
60
運転上の注意事項 8
条件
車両が停止している。
エンジンが停止する前の走行速度: ≥ 5 km/h
情報
道路走行許可と保険補償の失効 アンチロック・ブ
レーキシステムが完全にオフ状態の場合、車両の道路
走行許可ランプが消えます。
–
S02157-10
–
アンチロック・ブレーキシステムを完全にオフ状
態にする場合は、車両は公共道路以外での遮断さ
れた区間でのみ作動させることができます。
1ボタンを 3~ 5 秒間押し続けます。
ABS警告ランプが点灯し、ABS がオフになりま
す。
8.3
–
発進
クラッチレバーを握り、ギアを 1 速に入れ、クラッチレバーをゆっくりと離しながら慎重にスロットルを開
いていきます。
61
8 運転上の注意事項
8.4
シフト操作と走行
警告
事故の危険性
左右の負荷バランスが突然変わると、車両は制御不可能な状態に陥ることがあります。
–
突然負荷バランスを変更したり強くブレーキを作動することは避けてください。
–
道路状態の変化に合わせた速度で走行して下さい。
警告
事故の危険性
–
エンジンが高回転中にシフトダウンすると後輪がロックされ、エンジンが過回転します。
エンジン回転数が高いままシフトダウンする事は避けて下さい。
警告
事故の危険性
–
イグニションキーが誤った位置にある場合、不具合の原因となります。
走行中にイグニションキーの位置を変えないで下さい。
警告
事故の危険性
–
62
走行中に車両での設定作業を行うと交通状況に集中することができません。
全ての設定作業は車両静止状態で行ってください。
運転上の注意事項 8
警告
人体への危険
同乗者が誤った行動をとった場合、車両から落下する危険があります。
–
同乗者がリアシートに正しく乗り、足を同乗者用のフットレストに置いて、ライダーあるいはサイド
グリップにしっかりつかまっていることを確認してください。
–
同乗者の最低年齢に関する国内の規則を守って下さい。
警告
事故の危険性
–
危険な走行は大きな危険の原因となります。
交通規則を守り、危険をできるだけ早く認識できるよう、安全かつ予見的な運転を心がけて下さい。
警告
事故の危険性
–
タイヤが冷えた状態である場合グリップ力が低下します。
タイヤが作動温度に達するまで、最初の数キロメートルは常に慎重に速度を抑えて走行して下さい。
警告
事故の危険性
新しいタイヤのグリップ力はまだ十分なものではありません。
新しいタイヤの接地面はまだ十分に慣らされていません。
–
新しいタイヤの場合は傾きを変えて慎重に慣らし走行を行って下さい。
慣らし走行期間
200 km
63
8 運転上の注意事項
警告
事故の危険性
総重量および軸重は走行性能に影響を与えます。
総重量は運転準備が整い満タンに給油した状態の車両、保護服とヘルメットを着用したライダーと同乗
者、荷物の総重量です。
–
最大許容総重量と最大許容軸重を遵守して下さい。
警告
事故の危険性
–
荷物のずれは走行性能に影響を及ぼします。
車両に載せている荷物の固定状態を定期的に点検して下さい。
警告
事故の危険性
–
転倒した場合、車両には一瞥で確認できる以上に大きな破損がある場合があります。
転倒後は初運転操作の前に実施するものと同様の点検を行って下さい。
情報
エンジン損傷
フィルターを通さずに吸い込んだ空気は、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
エアフィルターがないと埃や汚れがエンジンに侵入します。
–
64
車両はエアフィルターがない状態で決して始動しないでください。
運転上の注意事項 8
情報
エンジン損傷
過熱でエンジンが損傷します。
–
クーラント温度の警告表示が点灯したら、すぐに他の交通の妨げにならないように停車して下さい。
–
エンジンと冷却システムの温度が下がるまでお待ち下さい。
–
冷却システムの温度が下がった時に、クーラントのレベルを調節ならびに調整して下さい。
参考
運転中に異常な音がする場合はすぐに停止してエンジンを切り、車両を他の交通の妨げにならないよう
に停車した後、KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
–
状況(勾配、走行状態など)に応じて、シフトアップします。
–
スロットルを閉じ、同時にクラッチレバーを握り、次のギア
に入れ、クラッチレバーを離してスロットルを開きます。
参考
各ギアのポジションは図の通りです。ニュートラル
/ アイドリングは 1 速と 2 速の間にあります。1 速は発
進または登り坂で使用するギアです。
401950-11
–
スロットルグリップを全開にして最高速度に達したら、ス
ロットルを ¾ まで戻します。ほとんど減速する事なく燃費を
大幅に抑える事ができます。
65
8 運転上の注意事項
66
–
常に車道や天候状態に合わせてスロットルを開くようにして
下さい。特にカーブではシフトチェンジをせず、細心の注意
を払ってスロットルを開くようにして下さい。
–
シフトダウンするには、必要に応じてブレーキをかけながら
スロットルを閉じます。
–
クラッチレバーを握り、低いギアに入れ、クラッチレバーを
ゆっくりと離しながらスロットルを開くか、再度ギアチェン
ジします。
–
例えば交差点でエンストしてしまった場合は、クラッチレ
バーを握り、スタータースイッチを作動する以外の操作は必
要ありません。ギアをニュートラルに入れる必要はありませ
ん。
–
しばらくアイドリングや停止状態が続く場合は、エンジンを
停止します。
–
クラッチを頻繁に、長時間スリップさせることは避けて下さ
い。これにより、エンジンオイルが熱せられ、エンジン並びに
冷却システム過熱の原因となります。
–
高回転・半クラッチは避け、エンジン回転数を抑えた走行を
しましょう。
–
オイル圧力警告ランプ が点灯した場合、交通規制に従っ
た方法で速やかに停車し、エンジンを切ります。KTM 正規
ディーラーに連絡して下さい。
–
走行中に不具合インジケーターランプ が点灯したら、でき
るだけ早く KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
運転上の注意事項 8
–
Quickshifter +では、指定されている回転域でクラッチレバー
を引くことなくシフトアップすることができます。
規定
ギアシフト前の最低速度
–
1 速から 2 速へ
30 km/h
2 速から 3 速へ
40 km/h
3 速から 4 速へ
45 km/h
4 速から 5 速へ
50 km/h
5 速から 6 速へ
55 km/h
クイックシフター・プラスでは、指定されている回転域でク
ラッチレバーを引くことなくシフトダウンすることができま
す。
規定
ギアシフト前の最高速度
6 速から 5 速へ
165 km/h
5 速から 4 速へ
145 km/h
4 速から 3 速へ
120 km/h
3 速から 2 速へ
90 km/h
2 速から 1 速へ
60 km/h
67
8 運転上の注意事項
8.5
クイックシフター・プラス
Quickshifter +がオンになっていると、クラッチを操作することな
く上下にシフトすることができます。
スロットルグリップを閉じる必要がないので、ギアシフトを中断
することなく行うことができます。
クイックシフター・プラスはシフトシャフト位置に応じシフトが
行われるべきか否かを感知し、エンジン制御に適切な信号を送り
ます。
V01270-10
68
運転上の注意事項 8
8.6
モーターサイクルトラクションコントロール (MTC)
後輪でトラクションが失われると、モーターサイクルトラクショ
ンコントロール (MTC)がエンジントルクを低減します。
参考
H02885-01
モーターサイクルトラクションコントロールがオフの状態
で、大きく加速した場合や路面へのグリップ力が低下して
いる場合では、後輪が空転し、転倒する恐れがあります。
イグニッションをオンにすると、モーターサイクルトラク
ションコントロールが再びオンになります。
バイクトラクションコントロールMTCはコンビネーションスイッ
チの左にあるTCキーでオン/オフします。
参考
バイクトラクションコントロールによる制御中は、TC ラ
ンプ が点滅します。
バイクトラクションコントロールがオフになっていると、
TC インジケーターランプ が点灯します。
69
8 運転上の注意事項
8.7
ブレーキをかける
警告
事故の危険性
–
水分や汚れはブレーキシステムに影響を及ぼします。
ブレーキパッドとブレーキディスクを乾燥させ汚れを落とすために何度か慎重にブレーキをかけて
ください。
警告
事故の危険性
–
前輪または後輪ブレーキで圧点が安定していない場合、ブレーキ性能が低下します。
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに足をかけたままにすると、ブレーキパッドが常にこすられる状態になります。
–
ブレーキを作動しないときはブレーキペダルに足をかけないで下さい。
警告
事故の危険性
–
70
総重量が高くなると制動距離が長くなります。
同乗者や荷物を乗せている場合は、制動距離が長くなる事にご注意下さい。
運転上の注意事項 8
警告
事故の危険性
–
路上の撒き塩はブレーキシステムに影響を与えます。
ブレーキパッドとブレーキディスクから撒き塩を落とすために何度か慎重にブレーキをかけてくだ
さい。
警告
事故の危険性
–
ABS は特定の状況によって制動距離を伸ばすことがあります。
走行状態や路面状況に応じて適切にブレーキをかけてください。
警告
事故の危険性
ブレーキを強くかけすぎると車輪がロックします。
ABS はスイッチが入れられてはじめてその効果を発揮することができます。
–
この安全機能を利用するために、ABS はオンの状態を維持してください。
警告
事故の危険性
–
–
後輪はエンジンブレーキでロックされることがあります。
緊急ブレーキやフルブレーキをかける場合、または地面が滑りやすい場所でブレーキをかける場合
はクラッチを引いてください。
ブレーキをかけるにはスロットルを閉じ、前輪ブレーキと後輪ブレーキを同時に作動します。
71
8 運転上の注意事項
参考
ABSにより、フルブレーキングではもちろん、砂地、雨で濡れた地面やスリップしやすい場所でグ
リップ力が低下している場合にも、車輪のロックを心配する事なく制動力をフルに活用できます。
警告
事故の危険性
できません。
–
斜面や横方向に地面が傾斜している場合、可能な減速力を最大限に発揮することは
可能な場合、カーブ開始前にブレーキングを終了してください。
–
ブレーキをかけるプロセスは必ずカーブが始まる前までに終了させます。その際、速度に合わせてシフトダ
ウンして下さい。
–
長い下り坂ではエンジンブレーキを利用して下さい。エンジンブレーキを利用するには、エンジンが過回転
しないよう注意しながら 1 段か 2 段シフトダウンします。これによりブレーキをかける回数がはるかに減
り、ブレーキシステムが過熱するのを防ぐ事ができます。
8.8
停止と駐車
警告
人体への危険
72
常識のない行動をとる人物は自身および他の方への危険となります。
–
エンジン稼働中には決して車両から目を離さないでください。
–
権限のない人物が車両に近づかないよう注意してください。
–
車両を放置する場合はハンドルをロックし、イグニッションキーを抜いてください。
運転上の注意事項 8
警告
火傷の危険性
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
–
車両部品が冷めるまで排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキシステムなどの部品
には触らないでください。
–
車両部品を十分に冷ましてから作業を実行してください。
情報
部品の損傷
誤った方法で駐車を行った場合、車両が破損する恐れがあります。
車両が動いたり倒れたりした場合、大きな破損につながる恐れがあります。
車両を立てる部品はその車両重量のみを考慮して設計されています。
–
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
–
車両がスタンド一本で駐車されている場合、車両に誰も乗っていないことを確かめて下さい。
情報
火事の危険
高温になった車両部品は火傷や爆発の危険となります。
–
可燃性がある、または爆発の危険がある物付近に車両を設置しないでください。
–
車両を十分に冷ましてから、車両にカバーをかけてください。
–
車両にブレーキをかけます。
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
イグニッションキーをの位置
に回してイグニッションをオフにします。
73
8 運転上の注意事項
参考
エンジンをエマージェンシーOFFスイッチで停止し、イグニッションがまだ作動している状態で
は、大部分の電装系部品への電源供給が中断されません。これにより 12V バッテリーが放電します。
エンジンは必ずイグニッションで停止し、エマージェンシーOFFスイッチは非常の場合にのみ使用
するようにして下さい。
–
車両を安定した地面の上に駐車します。
–
足でサイドスタンドを前に押して完全に開き、車両の重量をかけます。
–
ハンドルバーを左に切り、イグニッションキーを の位置で押し込み、 の位置まで回し入れてハンドルを
ロックします。ハンドルを少し左右に動かすとロックがはまりやすくなります。イグニッションキーを抜き
ます。
8.9
輸送
情報
損傷の危険性
–
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあります。
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
情報
火事の危険
高温になった車両部品は火傷や爆発の危険となります。
–
可燃性がある、または爆発の危険がある物付近に車両を設置しないでください。
–
車両を十分に冷ましてから、車両にカバーをかけてください。
74
運転上の注意事項 8
–
エンジンを停止し、イグニッションキーを抜きます。
–
ラッシングベルトか適切な固定器具で、車両が倒れたり動い
たりしないよう固定します。
401448-01
8.10
燃料を給油する
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
75
8 運転上の注意事項
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
情報
部品の損傷
低品質の燃料を使用すると燃料フィルターが早期に詰まってしまいます。
国や地域によっては入手可能な燃料の品質が不十分であったり、また多くの不純物が混入していることがあり
ます。その結果燃料システムで問題を引き起こす事があります。
–
指定された規格に適合し不純物の少ない燃料のみを使用してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお
問い合わせ下さい。)
情報
環境汚染
–
76
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
運転上の注意事項 8
–
エンジンを停止します。
–
フィラーキャップを開けます。 (
–
Aで示した範囲を超えないように注意してフューエルタンク
頁 40)
に燃料を注ぎます。
規定
20 mm
寸法
A
フューエルタンク総
容量 ( 約)
–
13.5 L
フィラーキャップを閉めます。 (
無鉛ハイオクガ
ソリン (ROZ 95)
( 頁 263)
頁 42)
S03345-10
77
9 サービスプラン
9.1
補足情報
必須項目や推奨項目の作業実施により発生した、これら項目以外の作業については、別途注文・請求となります。
現地における使用環境によってはサービス頻度が異なってくる場合もあります。
技術改良が行われていく中で、個々のサービス頻度および範囲が変わってくることがあります。最終的なサービ
スプランは KTM Dealer.net に表示されています。KTM 正規ディーラーまでお気軽にお問い合わせ下さい。
9.2
必須作業
競
技
走
行
24
12
走
走
走
行
行
行
ご
ご
後
カ
と
と
後
カ
毎
月
月
回
毎
毎
20,000 km
10,000 km
1,000 km
KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読します。
○
●
●
●
●
●
電装系部品の機能を点検します。
○
●
●
●
●
●
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃します。
( 頁 217)
○
●
●
●
●
●
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 134)
○
●
●
●
●
●
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 146)
○
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
ブレーキディスクを点検します。 (
頁 130)
ブレーキホースに損傷や漏れがないかを点検します。
78
サービスプラン 9
競
技
走
行
24
12
走
走
行
行
走
ご
ご
行
後
と
カ
と
後
カ
毎
月
月
毎
20,000 km
10,000 km
1,000 km
前輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。
●
後輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。
●
油圧式クラッチのフルードを交換します。
●
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
油圧式クラッチのフルードレベルを点検・調節します。 (
ブレーキペダルの遊びを点検します。 (
頁 131)
○
●
●
●
●
頁 143)
○
●
●
●
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
頁 122)
頁 140)
ショックアブソーバーとフロントフォークに漏れがないか点検します。車両の使
用目的および必要に応じてショックアブソーバーとフロントフォークでサービス
作業を実施します。
フォークレッグのダストシールを清掃します。 (
回
毎
頁 91)
ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検します。 (
頁 95)
●
タイヤの状態を点検します。 (
頁 164)
○
●
●
●
●
●
タイヤ空気圧を点検します。 (
頁 166)
○
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
スポークの張りを点検します。 (
リムの歪みを点検します。
頁 168)
79
9 サービスプラン
競
技
走
行
24
12
走
走
行
行
走
行
ご
ご
後
カ
と
と
毎
月
月
回
毎
毎
20,000 km
10,000 km
1,000 km
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、チェーンガイドを点検しま
す。 ( 頁 115)
チェーンの遊びを点検します。 (
後
カ
頁 111)
○
燃料スクリーンを交換します。
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
○
スパークプラグを交換します。
●
バルブの遊びを点検します。
●
●
●
●
●
●
●
ケーブルに損傷がないか、そして配線折れがないか点検します。
●
●
●
●
●
エアフィルターを交換します。エアフィルターケースを清掃します。
●
●
燃料ストレーナを交換し、燃圧を点検します。
●
●
●
●
●
○
●
●
冷却ファンの機能を点検します。
○
●
●
●
●
●
最終確認: 車両が交通上安全に使用できる状態である事を確認し、試験走行を行い
ます。
○
●
●
●
●
●
試験走行後に KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読します。
○
●
●
●
●
●
KTM Dealer.netにあるカスタマーサービスブックでサービス登録を行います。
○
●
●
●
●
●
不凍液とクーラントのレベルを点検します。 (
ヘッドライトの設定を点検します。 (
80
頁 198)
頁 191)
○
●
●
●
サービスプラン 9
○
一度限りの実施時期
●
定期的な実施時期
9.3
推奨作業
競
技
走
行
48
12
走
走
行
行
走
行
ご
ご
後
と
カ
カ
と
毎
●
●
全ての可動部品 ( サイドスタンド、ハンドレバー、チェーンなど)をグリースアップ
し、これら部品がスムーズに動くかを点検します。
○
ホース類 ( 燃料、クーラント、エア抜き、排水などの各ホース)とワイヤーブーツの
全てで、ひびや漏れがないか、正しく取り回されているかを点検します。
スクリューとナットがきちんと締められているかを点検します。
定期的な実施時期
毎
10,000 km
ホーイルベアリングのガタを点検します。
一度限りの実施時期
回
1,000 km
スイングアームのベアリングのガタを点検します。
●
月
月
スイングアームを点検します。
○
毎
30,000 km
フレームを点検します。
クーラントを交換します。
後
(
頁 207)
○
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
81
10 シャーシを調整する
10.1
フロントフォーク / ショックアブソーバー
フロントフォークとショックアブソーバーにより、走行スタイル
や積載量に合わせてシャーシを調節する事ができます。
参考
シャーシ調整における推奨値が表 にまとめられていま
す。表はフロントシートの内側に貼付されています。
1
S03280-10
10.2
この設定値を基準値として理解し、ここからお好みのシャーシ調
整を行います。設定は自由に変更しないで下さい。特に高速での
走行性能に悪影響を与える恐れがあります。
フロントフォークのコンプレッションダンパーを調節する
参考
油圧式コンプレッションダンパーはフロントフォークのスプリングの縮み方を調節します。
82
シャーシを調整する 10
–
白い調節スクリュー
1を時計回りに最後まで回し切ります。
参考
調節スクリュー は左のフォークレッグの上端にあり
ます。
コンプレッションダンパーは左のフォークレッ
グCOMP ( 白い調節スクリュー)に設置されています。
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB ( 赤い
調節スクリュー)に設置されています。
1
S03361-10
–
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリックす
るよう、時計と反対回りに回します。
規定
コンプレッションダンパー
コンフォート
20 クリック
スタンダード
15 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングが圧縮する際のダンパー
効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
83
10 シャーシを調整する
10.3
フロントフォークのリバウンドダンパーを調節する
参考
油圧式リバウンドダンパーはフロントフォークのスプリングの伸び方を調節します。
–
赤い調節スクリュー
1を時計回りに最後まで回し切ります。
参考
調節スクリュー は右のフォークレッグの上端にあり
ます。
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB ( 赤い
調節スクリュー)に設置されています。コンプレッショ
ンダンパーは左のフォークレッグCOMP ( 白い調節ス
クリュー)に設置されています。
1
S03362-10
–
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリックす
るよう、時計と反対回りに回します。
規定
リバウンドダンパー
84
コンフォート
20 クリック
スタンダード
15 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
シャーシを調整する 10
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際のダ
ンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
10.4
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパーは高速・低速の2つの領域に分けられています。
ここでいう高速・低速は、後輪のサスペンションが圧縮する際の速度を示しており、車両の走行速度とは関係が
ありません。
高速設定は、アスファルト舗装の端の部分を超えて走行する場合など、後輪のサスペンションが素早く縮む際に
有効となる設定です。
低速設定は、緩やかな凹凸のある道の走行など、後輪のサスペンションがゆっくりと縮む際に有効となる設定で
す。
これら2つの範囲は別々に設定できますが、低速設定と高速設定の切り替えは流動的に行われます。そのため、
高速範囲のコンプレッションレベルで設定を変更すると、低速範囲の設定にも影響を及ぼします。逆も同様で
す。
85
10 シャーシを調整する
10.5
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー低速を調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
低速設定は、ショックアブソーバーが低速から通常速度で圧縮する際に有効となる設定です。
–
ドライバーで調節スクリュー を、最後のカチッというラッ
チ音が感じられるまで時計回りに回します。
1
参考
ナット留め
2は緩めないで下さい!
–
S03335-10
86
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
シャーシを調整する 10
規定
コンプレッションダンパー低速
コンフォート
25 クリック
標準
20 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
参考
時計回りに回すとダンパー効果を高め、逆方向に回す
とこれを低減します。
10.6
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー高速を調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
高速設定は、ショックアブソーバーが高速で圧縮する際に有効となる設定です。
87
10 シャーシを調整する
–
ボックススパナで調節スクリュー
し切ります。
1を時計回りに最後まで回
参考
ナット留め
2は緩めないで下さい!
–
S03335-11
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数、時計と反対回
りに回します。
規定
コンプレッションダンパー高速
コンフォート
2.5 回転
標準
2 回転
スポーツ
1 回転
最大積載時
1 回転
参考
時計回りに回すとダンパー効果を高め、逆方向に回す
とこれを低減します。
88
シャーシを調整する 10
10.7
ショックアブソーバーのリバウンドダンパーを調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
調節スクリュー を、最後のカチッというクリックが感じら
れるまで時計回りに回します。
–
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
1
規定
リバウンドダンパー
コンフォート
100247-10
25 クリック
標準
20 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際のダ
ンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
89
11 サービス作業シャーシ
11.1
車両をリフトスタンドでジャッキアップする
情報
損傷の危険性
–
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあります。
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
–
エンジン下のエンジンガードの部分で車両をジャッキアップ
します。
–
車両が倒れないように支えます。
両方のホイールは接地していません。
401942-01
11.2
バイクをリフトスタンドから降ろす
情報
損傷の危険性
–
90
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあります。
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
サービス作業シャーシ 11
–
バイクをリフトスタンドから降ろし、サイドスタンド
てます。
–
リフトスタンドを外します。
1 で立
401943-10
11.3
フォークレッグのダストシールを清掃する
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
フォークカバーを取り外します。 (
頁 90)
頁 93)
主な作業
– 両側のフォークレッグで、ダストシール
1を下にずらします。
参考
S03371-10
ダストシールはフォークインナーパイプのほこりや汚
れをこすり落とします。時間が経つにつれ、汚れがダ
ストシールの裏に入り込む事があります。この汚れを
取り除かないと、その後ろにあるオイルシールリング
に漏れが生じる恐れがあります。
91
11 サービス作業シャーシ
警告
事故の危険性 オイルやグリースがブレーキディス
クに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保
護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤
を使って清掃してください。
両側のフォークレッグのダストシールとインナーチューブを
清掃し、オイルを差します。
汎用オイルスプレー (
頁 265)
–
ダストシールを取付け位置に押し戻します。
–
余分なオイルを取り除きます。
その後の作業
– フォークカバーを取り付けます。 (
–
92
頁 93)
バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
頁 90)
サービス作業シャーシ 11
11.4
フォークカバーを取り外す
–
–
スクリュー
1を外し、クランプを取り外します。
左のフォークレッグのスクリュー2を外します。フォークカ
バーを取り外します。
–
右のフォークレッグのスクリュー
バーを取り外します。
2を外します。フォークカ
S03364-10
11.5
フォークカバーを取り付ける
–
左のフォークカバーの位置を調整します。スクリュー
り付け、しっかりと締めます。
1を取
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
–
ブレーキホース、ワイヤーハーネス、クランプの位置を調整
します。スクリュー を取り付け、しっかりと締めます。
–
右のフォークカバーの位置を調整します。スクリュー
り付け、しっかりと締めます。
2
S03364-11
1を取
93
11 サービス作業シャーシ
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
11.6
M6
10 Nm
フォークレッグのエア抜きをする
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 90)
主な作業
– エアブリーダー
1を緩めます。
過圧状態の場合、フォーク内部から過剰な圧力が抜けて
いきます。
–
エアブリーダーをしっかりと締めます。
参考
この作業は両方のフォークレッグで行って下さい。
M01576-10
その後の作業
– バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
94
頁 90)
サービス作業シャーシ 11
11.7
ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検する
警告
事故の危険性 ステアリングヘッドベアリングの遊びが不適切な場合、走行性能に影響を及ぼし構成部
品を破損させることがあります。
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びは速やかに修正してください。(お近くの KTM 正規ディー
ラーにお問い合わせ下さい。)
参考
ステアリングヘッドのベアリングにガタがある状態で長い間使用すると、まずベアリングが、続いてフ
レームのベアリングシートが損傷してしまいます。
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 90)
主な作業
– ハンドルバーを直進の状態にします。フォークレッグを進行
方向に向かって前後に動かします。
ステアリングヘッドのベアリングにガタが感じられる場合
はメンテナンスが必要です。
»
ガタが感じられる:
–
400738-11
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節しま
す。 ( 頁 96)
ハンドルバーをハンドル限界全体にわたり左右に動かします。
95
11 サービス作業シャーシ
ハンドルバーがハンドル限界全体にわたりスムーズに動か
せる事を確認して下さい。どこかで動きが止まると感じら
れる場合はメンテナンスが必要です。
»
動きの止まりが感じられる:
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節しま
す。 ( 頁 96)
–
ステアリングヘッドのベアリングを点検し、必要に応
じて交換します。
その後の作業
– バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
11.8
頁 90)
ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節する
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
96
頁 90)
サービス作業シャーシ 11
主な作業
– スクリュー
–
1を緩めます。スクリュー2を緩めます。
スクリュー3を緩め、また締め直します。
規定
ステアリングヘッド
用上部スクリュー
R05381-10
M20x1.5
12 Nm
–
プラスチックのハンマーでアッパートリプルクランプを軽く
叩き、歪みをなくします。
–
スクリュー
1をしっかりと締めます。
規定
アッパートリプルク
ランプ用スクリュー
–
M8
17 Nm
スクリュー
2をしっかりと締めます。
規定
ステアリングステム
用スクリュー
M8
20 Nm
その後の作業
– ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検します。
( 頁 95)
–
バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
頁 90)
97
11 サービス作業シャーシ
11.9
シートを取り外す
–
ベルト
–
シートを後ろへずらし、上方向に取り外します。
1を引き、シート後方を持ち上げます。
S03336-10
11.10
シートを取り付ける
S03282-10
–
98
シートの突起部
1をブッシング2に掛け、後部を下げながら前に押します。
サービス作業シャーシ 11
–
ロックピン
押します。
–
シートが正しく取り付けられているかを点検します。
11.11
3を対応する穴4に通し、カチッという音が聞こえてロックがはまるまで、シート後部を下に
車載工具を取り外す
準備作業
– シートを取り外します。 (
頁 98)
99
11 サービス作業シャーシ
主な作業
– 左側サイドカバーを
–
A部分でゴムブッシングから引きます。
左側サイドカバーをB部分でブッシングから上に向かって引
きます。
–
左側サイドカバーを前に向かって取り出します。
–
車載工具の収納部を開け、車載工具
S03285-11
11.12
車載工具を収納する
準備作業
– シートを取り外します。 (
100
頁 98)
1を取り出します。
サービス作業シャーシ 11
主な作業
– 車載工具の収納部に車載工具を収納します。
–
左側サイドカバーの突起部 をブッシング に合わせ後方
に向かって、後方部では下に向かってスライドさせます。
–
サイドカバーを
す。
1
2
Aの部分でゴムブッシング3に押し入れま
S03288-10
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
頁 98)
101
11 サービス作業シャーシ
11.13
サイドカバーを取り外す
準備作業
– シートを取り外します。 (
頁 98)
主な作業
– 左側サイドカバーを
–
A部分でゴムブッシングから引きます。
左側サイドカバーをB部分でブッシングから上に向かって引
きます。
S03283-10
102
–
左側サイドカバーを前に向かって取り出します。
–
上記作業を反対側でも行います。
サービス作業シャーシ 11
11.14
サイドカバーを取り付ける
主な作業
– 左側サイドカバーの突起部 をブッシング に合わせ後方
に向かって、後方部では下に向かってスライドさせます。
1
–
左側サイドカバーを
れます。
–
上記作業を反対側でも行います。
2
Aの部分でゴムブッシング3に押し入
S03288-10
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
頁 98)
103
11 サービス作業シャーシ
11.15
フロントフェンダーを取り外す
準備作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 185)
主な作業
– スクリュー
–
S03291-10
104
1を外します。
スクリュー2を外し、フェンダーを取り外します。
サービス作業シャーシ 11
11.16
フロントフェンダーを取り付ける
主な作業
– フロントフェンダーを配置します。スクリュー
け、しっかりと締めます。
1を取り付
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
–
M6
10 Nm
スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
S03292-10
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
その後の作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 186)
–
11.17
ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁 191)
エアフィルターを取り外す
準備作業
– シートを取り外します。 (
頁 98)
105
11 サービス作業シャーシ
主な作業
– スクリュー
1を外します。
–
エアフィルターケースの上部
2を取り外します。
S03338-10
情報
エンジン損傷 フィルターを通さずに吸い込んだ空気は、
エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
エアフィルターがないと埃や汚れがエンジンに侵入します。
–
S03339-10
106
–
車両はエアフィルターがない状態で決して始動しないで
ください。
エアフィルター
3を取り外します。
サービス作業シャーシ 11
11.18
エアフィルターを取り付ける
主な作業
– エアフィルターケースを清掃します。
–
エアフィルター
1を取り付けます。
参考
エアフィルターのシール部分 全体がエアフィルター
ケースにのっている事を確認して下さい。
エアフィルターが正しく取り付けられていないと、
ほこりや汚れがエンジン内に入り、損傷の原因となる
恐れがあります。
A
S03340-10
–
エアフィルターケース上部 の前方をエアフィルターケース
にはめ、下向きに倒します。
–
スクリュー
2
3を取り付け、しっかりと締めます。
規定
エアフィルターケー
ス上部用スクリュー
M6
2 Nm
S03338-11
107
11 サービス作業シャーシ
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
11.19
頁 98)
チェーンの汚れを点検する
–
チェーンに大きな汚れがついていないか点検します。
»
チェーンがひどく汚れている:
–
チェーンを清掃します。 (
400678-01
11.20
チェーンを清掃する
警告
事故の危険性
–
108
潤滑剤がタイヤに付着すると、タイヤの粘着力が低下します。
潤滑剤を適切な洗浄剤を利用してタイヤから拭き取ってください。
頁 108)
サービス作業シャーシ 11
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
チェーンの寿命は手入れの仕方で大きく変わってきます。
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 90)
109
11 サービス作業シャーシ
主な作業
– 大きな汚れは弱い水流で洗い流します。
–
使用済みグリースの残りはチェーン洗浄剤で落とします。
チェーン洗浄剤 (
–
頁 264)
乾かした後、チェーンスプレーを吹き付けます。
オフロード用チェーンスプレー (
頁 264)
400725-01
その後の作業
– バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
110
頁 90)
サービス作業シャーシ 11
11.21
チェーンの遊びを点検する
警告
事故の危険性
不適切なチェーンの遊びは部品を破損し、事故の原因となります。
チェーンが貼りすぎているとチェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、そしてギアベアリ
ングおよび後輪ベアリングが早期磨耗してしまいます。部品の中には過負荷により切れたり壊れたり
するものもあります。
チェーンが緩すぎるとチェーンがフロントスプロケットまたはリアスプロケットから外れてしまいま
す。その結果、後輪ロック、またはエンジン破損の原因となります。
–
チェーンの遊びを定期的に点検してください。
–
チェーンの遊びを規定値に従って設定してください。
111
11 サービス作業シャーシ
–
車両をサイドスタンドで立てます。
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
チェーンスライダーガードから の距離でチェーンを上に押
し、チェーンの遊び を確認します。
B
A
参考
その際、チェーン上部 がピンと張っている事を確認
して下さい。
チェーンは均等に擦り切れるとは限りません。チェー
ンの位置を変えて何回か測定を繰り返して下さい。
C
チェーンの遊び
5 mm
チェーン滑り止めからの距
離
30 mm
»
チェーンの遊びが規定通りになっていない:
–
S02193-10
112
チェーンの遊びを調節します。 (
頁 113)
サービス作業シャーシ 11
11.22
チェーンの遊びを調節する
警告
事故の危険性
不適切なチェーンの遊びは部品を破損し、事故の原因となります。
チェーンが貼りすぎているとチェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、そしてギアベアリ
ングおよび後輪ベアリングが早期磨耗してしまいます。部品の中には過負荷により切れたり壊れたり
するものもあります。
チェーンが緩すぎるとチェーンがフロントスプロケットまたはリアスプロケットから外れてしまいま
す。その結果、後輪ロック、またはエンジン破損の原因となります。
–
チェーンの遊びを定期的に点検してください。
–
チェーンの遊びを規定値に従って設定してください。
準備作業
– チェーンの遊びを点検します。 (
頁 111)
113
11 サービス作業シャーシ
主な作業
– ナット
–
–
1を緩めます。
ナット2を緩めます。
左右の調節スクリュー3を回し、チェーンの遊びを調節しま
す。
規定
チェーンの遊び
5 mm
左右の調節スクリュー を回し、両側のチェーンアジャス
ター のマーキングが目印 に対して同じ位置にくるよ
うに調節します。これにより後輪の位置が正しく調整され
ます。
3
4
A
参考
その際、チェーン上部がピンと張っている事を確認し
て下さい。
チェーンは均等に擦り切れるとは限りません。チェー
ンの位置を変えて何回か測定を繰り返して下さい。
V00509-10
–
–
ナット
2をしっかりと締めます。
チェーンアジャスター4が調節スクリュー3に接触してい
る事を確認します。
–
114
ナット
1をしっかりと締めます。
サービス作業シャーシ 11
規定
後輪アクスルシャフ
ト用ナット
11.23
M25x1.5
90 Nm
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケット、チェーンガイドを点検
する
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 90)
主な作業
– ギアをニュートラルに入れます。
–
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケットの磨耗
を点検します。
»
スプロケットまたはチェーンピニオンがスムーズに動く
場合:
–
100132-10
駆動部品一式を交換します。
参考
フロントスプロケット、リアスプロケット、
チェーンは必ず一緒に交換して下さい。
115
11 サービス作業シャーシ
–
チェーン上部を以下に記載した重量
Aで引っ張ります。
規定
チェーンの摩耗測定の重量
–
15 kg
チェーン下部でローラー 18 個分の長さ
Bを測定します。
参考
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記
確認を何箇所か別の場所で繰り返し行って下さい。
チェーンが最も長い部分で
のローラー 18 個分の長さ
の最大値
272 mm
B
»
長さ
Bが規定値より大きい:
–
駆動部品一式を交換します。
参考
400987-10
116
新しいチェーンを取り付ける際は、同時にリア
スプロケットとフロントスプロケットも交換し
て下さい。
古いスプロケットまたはチェーンピニオンに新
しいチェーンを使用すると消耗が早くなりま
す。
サービス作業シャーシ 11
–
チェーンスライダーガードの磨耗を点検します。
»
チェーンのピンの下端が、チェーンスライダーガードの高
さ、またはそれより下にある:
–
–
チェーンスライダーガードを交換します。
チェーンスライダーガードがきちんと固定されているか確認
します。
»
チェーンスライダーガードがガタついている:
–
チェーンスライダーガードのスクリューをしっかりと
締めます。
規定
チェーンスラ
イダーガード
用スクリュー
M6
8 Nm
Loctite®243™
S02194-01
117
11 サービス作業シャーシ
–
チェーンスライダーの摩耗を点検します。
»
チェーンのピンの下端が、チェーンスライダーの高さ、
またはそれより下にある:
–
–
チェーンスライダーを交換します。
チェーンスライダーがきちんと固定されているか確認します。
»
チェーンスライダーがガタついている:
–
チェーンスライダーのスクリューをしっかりと締めま
す。
規定
チェーンスライ
ダー用スクリュー
S02195-01
118
M8
15 Nm
サービス作業シャーシ 11
–
チェーンガイドの磨耗を点検します。
参考
チェーンガイドの摩耗は前面の状態を見て判断します。
»
チェーンガイドの色の明るい部分が摩耗している:
–
チェーンガイドを交換します。
400985-01
–
チェーンガイドがきちんと固定されているか確認します。
»
チェーンガイドがガタついている:
–
チェーンガイドのスクリューをしっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他
のスクリュー
M6
10 Nm
101068-01
その後の作業
– バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
頁 90)
119
11 サービス作業シャーシ
11.24
チェーンガイドを調節する
–
スクリュー
ます。
1と2を外します。チェーンガイドを取り外し
条件
歯数: ≤ 44 歯
–
ナット を穴 に差し込みます。チェーンガイドの位置
を調整します。
–
スクリュー
3
A
1と2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
チェーンガイド用
スクリュー
M6
8 Nm
条件
歯数: ≥ 45 歯
–
ナット を穴 に差し込みます。チェーンガイドの位置
を調整します。
–
スクリュー
3
B
1と2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
S02196-10
120
チェーンガイド用
スクリュー
M6
8 Nm
サービス作業シャーシ 11
11.25
クラッチレバーの基本位置を調整する
–
クラッチレバーの基本位置を調節スクリュー
に合わせて調整します。
1で手の大きさ
参考
調節作業は運転中に行わないで下さい。
クラッチレバーを前方に押して調節ダイヤルを回します。
設定範囲には限界があります。
調節スクリューは手で回し、無理な力をかけないで下さ
い。
S03355-11
–
車両上の他の部品との間に最低距離が確保されるようにシフ
トレバーを調節します。
規定
最低間隔
5 mm
121
11 サービス作業シャーシ
11.26
油圧式クラッチのフルードレベルを点検・調節する
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
情報
環境汚染
–
122
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
サービス作業シャーシ 11
参考
クラッチディスクの摩耗が進むにつれ、フルードレベルが高くなります。
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に
着色してあります。ガスケットとクラッチワイヤーはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していませ
ん。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
–
ハンドルバーに取り付けられている油圧式クラッチのリザー
バータンクを水平な状態にします。
–
スクリュー
–
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
–
フルードのレベルを確認します。
タンクの上端からフルード
レベルまで
»
フルードのレベルが規定通りになっていない:
–
S02197-10
4 mm
油圧式クラッチのフルードレベルを調節します。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 262)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取
り付け、しっかりと締めます。
123
11 サービス作業シャーシ
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
11.27
エンジンガードを取り外す
S03365-10
124
–
両側でスクリュー
–
ホルダーからエンジンガードを前方に引いて取り外します。
1を外します。
サービス作業シャーシ 11
11.28
エンジンガードを取り付ける
–
–
エンジンガードの後部をホルダー
1にはめます。
エンジンガードの位置を調整します。スクリュー2を両側か
ら取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
S03365-11
125
12 ブレーキシステム
12.1
アンチロック・ブレーキシステム (ABS)
ABSユニット は油圧ユニット、ABS コントロールユニット、
リターンポンプから成り、シートの下に設置されています。前輪
と後輪に各 1 つの車輪速度センサー が取り付けられています。
1
2
警告
事故の危険性 車両を改造した場合、アンチロック・ブ
レーキシステムの機能に影響を及ぼします。
H01077-10
126
–
前輪にロックがかかっている場合、公共道路外の場所
で、アンチロック・ブレーキシステムをオフの状態に
し、後輪を回転させて下さい。
–
サスペンションストロークに影響を及ぼすような改造
を行わないで下さい。
–
ブレーキシステムには KTM 純正製品のスペアパーツ
のみをご使用下さい。
–
KTM により承認および推奨された適切な速度記号の
タイヤならびに車輪のみを使用して下さい。
–
タイヤの規定空気圧を遵守して下さい。
–
メンテナンス作業および修理が正しく行われているこ
とを確認して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
ブレーキシステム 12
ABSは安全システムの一つであり、物理的に可能な範囲で車輪の
ブロックや滑りを防きます。
警告
事故の危険性 運転支援システムは物理的限界範囲内の
みで転倒を回避してくれるものであり、
重い荷物の積載、道路舗装の変化、急勾配での発進、ク
ラッチを切らないままのフルブレーキなど極限の走行状
態では運転支援が行えない場合があります。
–
道路の状況、運転能力に応じた走行方法で運転しま
しょう。
ABSは 2 つの独立したブレーキ回路で作動します ( 前輪ブレーキ
と後輪ブレーキ)。通常運転ではブレーキシステムは ABS が装備
されていない従来型ブレーキとして機能します。車輪のいずれか
がロックしている傾向を ABS コントロールユニットが検出する
と、ブレーキ圧の調整により ABS が作動し始めます。調整プロセ
スによりブレーキペダルまたはブレーキレバーにわずかな振動が
感じられます。
通常、イグニッションをオンにすると ABS 警告ランプ が点灯
し、発進すると消えます。発進後もランプが消えない場合や走行
中に点灯した場合は、ABS でエラーが発生した事を示します。
この場合には ABS は作動せず、ブレーキをかけた際に車輪がロッ
クする恐れがあります。その際、ABS による調整は行われません
が、ブレーキシステム自体は通常通り機能します。
3
127
12 ブレーキシステム
ABS 警告ランプは、ウィリーや後輪の空転などの極端な走行状態
で、前輪と後輪の回転数に大きな差異がある場合にも点灯する事
があります。この場合、ABS はオフとなります。
ABS を再度オンにするには、車両を停止してイグニッションを
オフにします。車両を再び作動すると、ABS も再びオンになりま
す。ABS 警告ランプは発進後に消えます。
ボタン を使用して ABS をオフにできます ( エンジン始動の項
を参照)。
3
参考
バイクにはさらに 5-D センサーが搭載されています。
5-D センサーは前後左右の傾きを検知する ABS の補助機
能です。車輪が傾いた状態 ( カーブ走行中)でブレーキを作
動した際、物理的に可能な範囲で車輪のブロックや滑りを
防ぐことができます。
128
ブレーキシステム 12
12.2
ブレーキレバーの基本位置を調整する
–
ブレーキレバーの基本位置を調節ダイヤル
合わせて調整します。
1で手の大きさに
参考
調節作業は運転中に行わないで下さい。
ブレーキレバーを前方に押して調節ダイヤルを回しま
す。
設定範囲には限界があります。
調節スクリューは手で回し、無理な力をかけないで下
さい。
S03356-11
–
車両上の他の部品との間に最低間隔が確保されるようにブ
レーキペダルを調節します。
規定
最低間隔
5 mm
129
12 ブレーキシステム
12.3
ブレーキディスクを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキディスクはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキディスクは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
–
前輪と後輪のブレーキディスクの何箇所かでディスクの厚
み を確認します。
A
参考
ブレーキディスクの厚みは、ブレーキパッドと接触す
る範囲 が摩耗により減っていきます。
1
ブレーキディスク磨耗限界
400406-10
»
後輪
4.5 mm
ブレーキディスクを交換します。
前輪と後輪のブレーキディスクでひび、損傷、変形がないか
を点検します。
»
ブレーキディスクにひび、損傷、変形が見られる:
–
130
4.5 mm
ブレーキディスクの厚みが規定値を下回っている:
–
–
前方
ブレーキディスクを交換します。
ブレーキシステム 12
12.4
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルが規定のマーキングもしくは規定値を下回っていたら、ブレーキシステムに
漏れがあるか、ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
–
ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザー
バーを水平な状態にします。
ブレーキフルードのレベルを点検窓で確認します。
»
ブレーキフルードのレベルがマーキング
る:
–
Aを下回ってい
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
( 頁 132)
B01957-10
131
12 ブレーキシステム
12.5
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルが規定のマーキングもしくは規定値を下回っていたら、ブレーキシステムに
漏れがあるか、ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
132
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
ブレーキシステム 12
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
準備作業
– 前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 134)
主な作業
– ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザー
バーを水平な状態にします。
–
–
–
スクリュー
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
ブレーキフルードをAの位置まで注ぎます。
規定
S03342-10
寸法
( タンクの上縁から
ブレーキフルードのレベル
まで)
A
5 mm
133
12 ブレーキシステム
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 262)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取
り付け、しっかりと締めます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
12.6
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキパッドはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキパッドは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
破損したブレーキディスクはブレーキ性能を低下させます。
ブレーキパッドの交換が遅れると、ブレーキパッドサポートがブレーキディスクをこすります。その結
果、ブレーキ性能が大幅に低下し、ブレーキディスクを破損してしまいます。
–
134
ブレーキパッドを定期的に点検してください。
ブレーキシステム 12
–
ブレーキパッド厚み
Aの最小値を確認します。
厚み最小値
A
»
厚みが最小値を下回っている:
–
–
12.7
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
( 頁 135)
ブレーキパッドにひびや破損がないか点検します。
»
B01959-01
≥ 1 mm
ひびや破損がある:
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
( 頁 135)
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換する
警告
事故の危険性
–
メンテナンスが不適切な場合、ブレーキシステムが稼動しなくなります。
メンテナンス作業および修理が正しく行われていることを確認してください。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
135
12 ブレーキシステム
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
136
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
ブレーキシステム 12
警告
事故の危険性
認可されていないブレーキパッドではブレーキ性能が異なります。
ブレーキパッドのなかには KTM 車両のためにテストおよび認可されていないものがあります。これら
ブレーキパッドの構造・摩擦係数は、純正部品のブレーキパッドと大きく異なる場合があり、これによ
りブレーキ性能も大きく異なることになります。
納車時のブレーキパッドと異なるものが使用される場合、これが認可された純正部品のブレーキパッド
に相当するものであるという法定保証は無効になります。このような場合、この車両は納車時の状態で
はないものと判断され、メーカー保証は無効となります。
–
ブレーキパッドは KTM により認可され推奨されているもののみをご使用下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
137
12 ブレーキシステム
–
ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザー
バーを水平な状態にします。
–
スクリュー
–
–
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押
し、ブレーキピストンを押し戻します。ブレーキフルードがブ
レーキフルードリザーバーから溢れていないか確認し、必要
な場合は吸い取ります。
S03342-11
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパー
がスポークに当らないよう注意して下さい。
400418-11
138
–
スナップピン を外してボルト
キパッドを外します。
–
ブレーキキャリパーとキャリパーサポートを清掃します。
4
5を右に打ち出し、ブレー
ブレーキシステム 12
–
ブレーキキャリパーのリーフスプリング
ポートのスライディングメタルスチール
るか確認します。
–
新しいブレーキパッドを入れ、ボルトを差し込み、スナップ
ピンを取り付けます。
6とキャリパーサ
7が正しい位置にあ
参考
ブレーキパッドは必ずセットで交換して下さい。
400418-10
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感じら
れるまで、ブレーキレバーを何度か作動します。
–
ブレーキフルードのレベルが
します。
Aで示した位置にくるよう調節
規定
寸法
A
5 mm
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 262)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取
り付け、しっかりと締めます。
S03342-12
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
139
12 ブレーキシステム
12.8
ブレーキペダルの遊びを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに遊びがないと、ブレーキシステム内で後輪ブレーキに圧力がかかります。
–
ブレーキペダルの遊びを規定値に従って設定してください。
–
ブレーキペダルを、ペダルが上がり切った状態とフットブ
レーキシリンダーのピストンに触れる間で何度か動かし、
遊び を確認します。
A
規定
ブレーキペダルの遊び
3 … 5 mm
参考
ブレーキペダルを作動した際、抵抗が大きくなったら
フットブレーキシリンダーのピストンに触れています。
402027-10
»
遊びが規定通りになっていない:
–
140
ブレーキペダルの基本位置を調整します。
( 頁 141)
ブレーキシステム 12
12.9
ブレーキペダルの基本位置を調整する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに遊びがないと、ブレーキシステム内で後輪ブレーキに圧力がかかります。
–
ブレーキペダルの遊びを規定値に従って設定してください。
141
12 ブレーキシステム
–
フットブレーキシリンダー
す。
–
ナット を緩め、スクリュー を回し、ブレーキペダルの基
本位置を好みに合わせて調節します。
4にあるスクリュー3を緩めま
1
2
参考
設定範囲には限界があります。スクリューは、最低
4 回転分フットレストサポートにねじ込まれた状態に
して下さい。
–
ブレーキペダルで遊びがあるように、フットブレーキシリン
ダー の位置を調整します。
–
スクリューキャップ
4
3を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フットブレーキシリ
ンダー用スクリュー
B01291-10
142
M6
–
ブレーキペダルの遊びを点検します。 (
–
ナット
をしっかりと締めます。
1
10 Nm
頁 140)
ブレーキシステム 12
12.10
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキングを下回っていたら、ブレーキシステムに漏れがあるか、
ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
車両を垂直に立てます。
–
ブレーキフルードリザーバーでブレーキフルードのレベルを
確認します。
»
フルードのレベルがMINのマーキング
る:
–
1まで下がってい
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
( 頁 144)
S03343-10
143
12 ブレーキシステム
12.11
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキングを下回っていたら、ブレーキシステムに漏れがあるか、
ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
144
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
ブレーキシステム 12
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
準備作業
– 後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 146)
主な作業
– 車両を垂直に立てます。
–
スクリューキャップ
緒に外します。
–
ブレーキフルードをMAXのマーキング位置まで注ぎます。
1をワッシャー、ダイヤフラム2と一
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
S03344-10
頁 262)
スクリューキャップをワッシャーとダイヤフラムと一緒に取
り付けます。
145
12 ブレーキシステム
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
12.12
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキパッドはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキパッドは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
破損したブレーキディスクはブレーキ性能を低下させます。
ブレーキパッドの交換が遅れると、ブレーキパッドサポートがブレーキディスクをこすります。その結
果、ブレーキ性能が大幅に低下し、ブレーキディスクを破損してしまいます。
–
146
ブレーキパッドを定期的に点検してください。
ブレーキシステム 12
–
ブレーキパッド厚み
Aの最小値を確認します。
厚み最小値
A
»
厚みが最小値を下回っている:
–
–
12.13
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
( 頁 147)
ブレーキパッドにひびや破損がないか点検します。
»
B01962-01
≥ 1 mm
ひびや破損がある:
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
( 頁 147)
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換する
警告
事故の危険性
–
メンテナンスが不適切な場合、ブレーキシステムが稼動しなくなります。
メンテナンス作業および修理が正しく行われていることを確認してください。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
147
12 ブレーキシステム
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
148
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
ブレーキシステム 12
警告
事故の危険性
認可されていないブレーキパッドではブレーキ性能が異なります。
ブレーキパッドのなかには KTM 車両のためにテストおよび認可されていないものがあります。これら
ブレーキパッドの構造・摩擦係数は、純正部品のブレーキパッドと大きく異なる場合があり、これによ
りブレーキ性能も大きく異なることになります。
納車時のブレーキパッドと異なるものが使用される場合、これが認可された純正部品のブレーキパッド
に相当するものであるという法定保証は無効になります。このような場合、この車両は納車時の状態で
はないものと判断され、メーカー保証は無効となります。
–
ブレーキパッドは KTM により認可され推奨されているもののみをご使用下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
149
12 ブレーキシステム
–
車両を垂直に立てます。
–
スクリューキャップ
緒に外します。
–
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押
し、ブレーキピストンを押し戻します。ブレーキフルードがブ
レーキフルードリザーバーから溢れていないか確認し、必要
な場合は吸い取ります。
参考
S03344-10
B01962-10
150
1をワッシャー、ダイヤフラム2と一
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパー
がスポークに当らないよう注意して下さい。
–
スナップピン を外してボルト
キパッドを外します。
–
ブレーキキャリパーとキャリパーサポートを清掃します。
3
4を左に打ち出し、ブレー
ブレーキシステム 12
–
ブレーキキャリパーのリーフスプリング
ポートのスライディングメタルスチール
るか確認します。
–
新しいブレーキパッドを入れ、ボルトを差し込み、スナップ
ピンを取り付けます。
5とキャリパーサ
6が正しい位置にあ
参考
ブレーキパッドは必ずセットで交換して下さい。
400419-11
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感じら
れるまで、ブレーキペダルを何度か作動します。
–
ブレーキフルードのレベルがMAXのマーキング位置にくるよ
う調整します。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 262)
スクリューキャップをワッシャーとダイヤフラムと一緒に取
り付けます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
151
13 車輪、タイヤ
13.1
前輪を取り外す
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
頁 90)
主な作業
– 手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押
し、ブレーキピストンを押し戻します。
参考
ブレーキピストンを押し戻す際、ブレーキキャリパー
がスポークに当らないよう注意して下さい。
R05359-10
–
–
–
スクリュー
1を数回転分緩めます。
スクリュー2を緩めます。
スクリュー1を押し、アクスルシャフトをフォークレッグの
穴から押し出します。
–
S03369-10
152
スクリュー
1を外します。
車輪、タイヤ 13
警告
事故の危険性 破損したブレーキディスクはブレー
キ性能を低下させます。
–
–
S03370-10
ブレーキディスクが損傷する事のないよう、ホ
イールの取り外しには注意して下さい。
前輪を支え、アクスルシャフトを取り外します。前輪をフロ
ントフォークから取り外します。
参考
前輪を取り外した状態でブレーキレバーを作動しない
で下さい。
–
スペーサー
3を取り外します。
S03368-10
153
13 車輪、タイヤ
13.2
前輪を取り付ける
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
–
ホイールベアリングに磨耗や損傷がないかを点検します。
»
ホイールベアリングが破損または磨耗している:
–
–
前方ホイールベアリングを交換します。
シャフトのシールリング とスペーサーの接触面
してグリースアップします。
1
耐久性グリース (
–
H00935-10
154
頁 265)
スペーサーを取り付けます。
Aを清掃
車輪、タイヤ 13
–
アクスルシャフトを清掃し、軽くグリースアップします。
耐久性グリース (
–
頁 265)
前輪をフロントフォークの高さまで持ち上げ、位置を調整し
てアクスルシャフトを差し込みます。
ブレーキパッドの位置が正しく調整されています。
–
スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
前方アクスルシャフ
ト用スクリュー
R05362-10
M24x1.5
45 Nm
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触するまで、ブレー
キレバーを何度か作動します。
–
バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
–
前輪のブレーキを作動し、フロントフォークのスプリングを
何度か強く圧縮します。
頁 90)
フォークレッグの位置が調整されます。
–
スクリュー
3をしっかりと締めます。
規定
フォークレッグのア
クスル通し穴用スク
リュー
M8
15 Nm
155
13 車輪、タイヤ
13.3
後輪を取り外す
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
主な作業
– ブレーキワイヤーをガイドから取り外します。
R05230-10
156
頁 90)
車輪、タイヤ 13
–
手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押
し、ブレーキピストンを押し戻します。
–
スクリュー
す。
–
ナット
ます。
–
チェーンアジャスターが調節スクリューから離れるまで、
アクスルシャフト を引き出します。
–
後輪をできるだけ前に押し、チェーンをリアスプロケットか
ら外します。
1を外し、車輪速度センサー2を穴から抜きま
3を外します。チェーンアジャスター4を取り外し
5
参考
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護します。
–
後輪を支え、アクスルシャフトを取り外します。
警告
事故の危険性 破損したブレーキディスクはブレー
キ性能を低下させます。
V00509-11
–
–
ブレーキディスクが損傷する事のないよう、ホ
イールの取り外しには注意して下さい。
スイングアームから後輪を外します。
157
13 車輪、タイヤ
参考
後輪を取り外した状態でフットブレーキを作動しない
で下さい。
–
スペーサー
6を取り外します。
R04972-10
13.4
後輪を取り付ける
警告
事故の危険性
158
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
車輪、タイヤ 13
警告
事故の危険性
–
後輪取り付け直後には後輪ブレーキにはブレーキ性能がありません。
走行を開始する前にしっかりとした圧点を感じることができるようになるまでフットブレーキを何
回か作動させてください。
主な作業
– 後輪のハブダンパーを点検します。
–
ホイールベアリングが破損または磨耗している:
–
後輪のホイールベアリングを交換します。
シャフトのシールリング とスペーサーの接触面
してグリースアップします。
1
耐久性グリース (
–
頁 162)
ホイールベアリングに磨耗や損傷がないかを点検します。
»
–
(
Aを清掃
頁 265)
スペーサーを取り付けます。
V01510-10
159
13 車輪、タイヤ
–
アクスルシャフトとナット
アップします。
耐久性グリース (
–
2のねじ山を清掃してグリース
頁 265)
アクスルシャフトを清掃し、軽くグリースアップします。
耐久性グリース (
頁 265)
–
ハブダンパーとリアスプロケットサポートを後輪に取り付け
ます。
–
後輪の位置を調整します。
–
後輪をできるだけ前に押し、チェーンをリアスプロケットに
かけます。
–
アクスルシャフト とチェーンアジャスター を取り付け
ます。ナット を取り付け、締めないままにしておきます。
ブレーキパッドの位置が正しく調整されています。
3
4
2
–
チェーンアジャスター
る事を確認します。
4が調節スクリュー5に接触してい
規定
V00510-10
後輪の位置が正しく調整されるよう、左右のチェーンア
ジャスターに付けられたマーキングが目印 に対して同じ
位置にくるように取り付けて下さい。
B
160
車輪、タイヤ 13
参考
左右のチェーンアジャスター
て下さい。
4は同じ向きで取り付け
–
ナット
2をしっかりと締めます。
規定
後輪アクスルシャフ
ト用ナット
–
車輪速度センサー
–
スクリュー
M25x1.5
90 Nm
6を穴に差し込み、位置を調整します。
7を取り付け、しっかりと締めます。
規定
車輪速度センサー用
スクリュー
M6
6 Nm
–
ブレーキワイヤーをガイドの位置で調整します。
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感じら
れるまで、ブレーキペダルを何度か作動します。
R05230-10
161
13 車輪、タイヤ
その後の作業
– バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
–
13.5
チェーンの遊びを点検します。 (
頁 90)
頁 111)
後輪のハブダンパーを点検する
参考
エンジンの力はリアスプロケットから 6 つのハブダンパーを通して後輪に伝えられます。車両の使用に
よりハブダンパーは摩耗していきます。ハブダンパーを適時に交換しないと、リアスプロケットサポー
トと後輪ハブを損傷してしまいます。
準備作業
– 車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
後輪を取り外します。
(
頁 90)
頁 156)
主な作業
– ベアリング
1を点検します。
»
ベアリングが破損または磨耗している:
–
–
後輪のハブダンパー
2に破損・摩耗が無いか点検します。
»
V00512-10
162
リアスプロケットサポートのベアリングを交換しま
す。
後輪のハブダンパーが摩耗または損傷している:
–
後輪のハブダンパー全てを交換します。
車輪、タイヤ 13
–
リアスプロケットを上にして後輪を作業台の上に置き、アク
スルシャフトをハブに差し込みます。
–
遊び を確認するため、後輪を押さえた状態でリアスプロ
ケットを手で回してみます。
A
参考
遊びはリアスプロケットの外側で測定して下さい。
後輪のハブダンパーの遊び
V00511-10
»
≤ 5 mm
遊び
Aが記載された値より大きい:
–
後輪のハブダンパー全てを交換します。
その後の作業
– 後輪を取り付けます。
(
頁 158)
–
バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
–
チェーンの遊びを点検します。 (
頁 90)
頁 111)
163
13 車輪、タイヤ
13.6
タイヤの状態を点検する
警告
事故の危険性
ります。
–
タイヤが走行中にパンクしてしまった場合、車両をコントロールすることができなくな
破損した、またはすり減ったタイヤが速やかに交換されていることを確認してください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
転倒の危険性
前輪と後輪のトレッドが異なると走行性能に影響を及ぼします。
異なるトレッドのタイヤを使用すると車両のコントロールが大幅に難しくなります。
–
前輪と後輪に同様のトレッドのタイヤが装着されていることを確認してください。
警告
事故の危険性
ます。
–
164
承認または推奨されていないタイヤならびに車輪を装着した場合、走行性能が損なわれ
KTM により承認および推奨された適切な速度記号のタイヤならびに車輪のみを使用して下さい。
車輪、タイヤ 13
警告
事故の危険性
新しいタイヤのグリップ力はまだ十分なものではありません。
新しいタイヤの接地面はまだ十分に慣らされていません。
–
新しいタイヤの場合は傾きを変えて慎重に慣らし走行を行って下さい。
慣らし走行期間
200 km
参考
タイヤの種類、状態、空気圧は車両の走行性能に影響を与えます。
タイヤがすり減っていると、路面が濡れている場合などは特に走行性能に悪影響を与えます。
–
前輪・後輪のタイヤに亀裂がないか、異物が刺さっていない
か、その他損傷がないかを点検します。
»
タイヤに亀裂や損傷がある、または異物が刺さっている:
–
–
タイヤを交換します。
溝の深さを点検します。
参考
各国法律により定められている溝の深さの最小値を
守ってください。
400602-10
溝の深さ最小値
»
≥ 2 mm
溝の深さが最小値を下回っている:
–
タイヤを交換します。
165
13 車輪、タイヤ
–
タイヤの製造日を確認します。
参考
通常、タイヤの製造日はタイヤに記載されており、
DOTコードの下 4 桁の数字で表されています。最初の
2 桁が製造週を、残りの 2 桁が製造年を示しています。
KTM では、実際の磨耗状態にかかわらず、遅くとも製
造日から 5 年を経過したらタイヤ交換する事をお勧め
しています。
H01144-10
»
タイヤの製造日が 5 年以上前である:
–
13.7
タイヤを交換します。
タイヤ空気圧を点検する
参考
タイヤの空気圧が低過ぎると異常な磨耗が発生し、タイヤが過熱します。
適正な空気圧により快適な走行が可能となり、タイヤの寿命も延びます。
166
車輪、タイヤ 13
–
カバーキャップを外します。
–
タイヤが冷えた状態で空気圧を点検します。
同乗者なしでのタイヤ空気圧 オフロード
前方
1.5 bar
後輪
1.5 bar
同乗者なしでのタイヤ空気圧 道路走行時
400695-01
前方
1.8 bar
後輪
1.8 bar
同乗者あり / 最大積載量でのタイヤの空気圧
»
2.2 bar
後輪
2.2 bar
タイヤの空気圧が規定通りになっていない:
–
–
前方
タイヤの空気圧を調節します。
カバーキャップを取り付けます。
167
13 車輪、タイヤ
13.8
スポークの張りを点検する
警告
事故の危険性 スポークの張りが不適切な場合、走行性能に影響を及ぼし、その結果として損害を招く
ことがあります。
スポークを張り過ぎた場合、過負荷によりスポークが折れます。スポークが緩すぎる場合、ホイールが
横または縦方向に歪みやすくなります。その結果その他のスポークが緩んでしまいます。
–
特に新しい車両など、スポークの張りを定期的に点検してください。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
–
ドライバーの刃先で各スポークを軽くたたきます。
参考
スポークの長さと太さによって音の響きが違います。
長さと太さが同じスポークで異なった響きがする場合
は、張り状態が異なっています。
明るい響きがすれば良い状態です。
400694-01
»
スポークの張りが均等でない:
–
168
スポークの張りを調節します。
車輪、タイヤ 13
13.9
パンク修理剤の使用法
警告
事故の危険性 パンク修理剤を誤って使用すると、タイ
ヤの空気圧を低下させてしまいます。
パンク修理剤は全てのタイヤの損傷を修理できるもので
はありません。
H03319-01
–
パンク修理剤メーカーからの注意事項や指示に従って
ください。
–
パンク修理剤で修繕を行った場合、低速度で注意深く
走行してください。
–
修繕後は最寄の修理工場まで走行し、そこでタイヤを
交換してください。それ以上の距離は走行しないで下
さい。
パンク修理剤は緊急時のみに使用してください。
パンクした車両を修理剤を使って修理するよりも、できれば、
最寄の修理工場へ車両を輸送してください。
169
14 電装系
14.1
12V バッテリーを取り外す
警告
人体への危険
ます。
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあり
–
12V バッテリーは子供の手の届かないところに保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスとの接触は避けてください。
–
12‑V バッテリーを火花や炎に近づけないで下さい。
–
12-V バッテリーの充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスが目にはいってしまった場合、少なくとも 15 分間水で洗
い落とし、速やかに受診してください。
準備作業
– イグニッションキーをの位置
フにします。
–
170
シートを取り外します。 (
に回してイグニッションをオ
頁 98)
電装系 14
主な作業
– エンジン制御ユニット
ます。
1をホルダーから抜き取り、脇に置き
S03290-10
–
スクリュー
–
固定ブラケットを前方に引いて外します。
–
12V バッテリーからマイナスケーブル
–
プラス極のカバー
2を外します。
3を外します。
4を取り外します。
S03293-10
171
14 電装系
–
ABS 接続ケーブル
から外します。
–
12V バッテリーを上から取り外します。
5とプラスケーブル6を 12V バッテリー
参考
12V バッテリーがあがった状態で、または 12V バッテ
リー無しに車両を運転する事は絶対にやめて下さい。
どちらの場合も電気部品や安全関連装置を損傷させる
恐れがあります。これにより、車両は道路交通に不適
切な状態となります。
S03294-10
14.2
12V バッテリーを取り付ける
主な作業
– 電極が後ろに来るようにして、12V バッテリーをバッテリー
コンパートメントに入れます。
12V バッテリー (YTZ10S) (
S03294-01
172
頁 249)
電装系 14
–
スクリュー 、プラスケーブル
位置を調整します。
–
スクリュー
2と ABS 接続ケーブル3の
1
4を取り付け、しっかりと締めます。
規定
バッテリー電極用ス
クリュー
M6
4.5 Nm
S03295-10
–
–
プラス極のカバー
5の位置を調整します。
スクリュー6とマイナスケーブル7の位置を調整し、スク
リューを取り付けてしっかりと締めます。
規定
バッテリー電極用ス
クリュー
–
S03296-10
M6
4.5 Nm
固定ブラケット の位置を調整し、スクリュー
けてしっかりと締めます。
8
9 を取り付
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
173
14 電装系
–
エンジン制御ユニット
bkの位置を調整します。
S03297-10
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
–
174
時刻を設定します。 (
頁 98)
頁 45)
電装系 14
14.3
12V バッテリーを充電する
警告
人体への危険
ます。
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあり
–
12V バッテリーは子供の手の届かないところに保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスとの接触は避けてください。
–
12‑V バッテリーを火花や炎に近づけないで下さい。
–
12-V バッテリーの充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスが目にはいってしまった場合、少なくとも 15 分間水で洗
い落とし、速やかに受診してください。
情報
環境汚染
12V バッテリーには環境に悪影響を与える物質が含まれています。
–
12V バッテリーは家庭用ゴミとして廃棄しないで下さい。
–
12V バッテリーを廃棄する場合、使用済みバッテリーの回収場所に持ち込んで下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
175
14 電装系
参考
12V バッテリーは使用しなくても毎日放電しています。
12V バッテリーの寿命は充電量と充電方法に大きく左右されます。
大きな電流により短時間で充電すると寿命に悪影響を与えます。
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えると、電解液が安全バルブから漏れ出ます。これにより
12V バッテリーの容量が減ってしまいます。
エンジン始動で 12V バッテリーがあがってしまった場合は、すぐに充電して下さい。
放電し切った状態で長く放置すると過放電と硫酸化が起こり、12V バッテリー容量が失われ、バッテリー
が破損します。
この 12V バッテリーはメンテナンスフリーで、電解液レベルの点検を行う必要はありません。
準備作業
– イグニッションキーをの位置
フにします。
176
に回してイグニッションをオ
–
シートを取り外します。 (
–
12V バッテリーを取り外します。
頁 98)
(
頁 170)
電装系 14
主な作業
– 充電器と 12V バッテリーを接続します。充電器のスイッチを
入れます。
バッテリー充電器 (58429074000)
この充電器を使って 12 V バッテリーの静電圧、スタート能
力、ジェネレーターのチェックをする事も可能です。また、
この充電器では 12V バッテリーが過充電する心配がありませ
ん。
参考
カバー は絶対に取り外さないで下さい。
バッテリーケース に記載された容量の最大 10%で
12V バッテリーを充電します。
1
2
–
充電が終了したら充電器の電源を切り、12V バッテリーから
外します。
規定
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えないよう注
意して下さい。
S01013-10
車両を使用しないときは、
12V バッテリーを定期的に
充電して下さい
3 ヶ月
その後の作業
– 12V バッテリーを取り付けます。
–
シートを取り付けます。 (
(
頁 172)
頁 98)
177
14 電装系
–
14.4
時刻を設定します。 (
頁 45)
メインヒューズを交換する
警告
火災の危険性
不適切なヒューズは電気装置に過負荷をかけます。
–
指定されたアンペア値のヒューズのみを使用してください。
–
切れたヒューズをつないだり修理しないで下さい。
参考
メインヒューズが車両上の全ての電装系部品を保護しています。12V バッテリー横、セルフスターター
リレーのケースに設置されています。
準備作業
– イグニッションキーをの位置
フにします。
–
178
シートを取り外します。 (
に回してイグニッションをオ
頁 98)
電装系 14
主な作業
– 保護キャップ
1を外します。
S03298-10
–
損傷したメインヒューズ
2をラジオペンチで取り外します。
参考
ヒューズワイヤが壊れている場合 はヒューズに欠陥
があります。
セルフスターターリレーにスペアヒューズ が差し
込んであります。
A
3
S03299-10
–
新しいメインヒューズを取り付けます。
ヒューズ (58011109130) (
頁 249)
参考
新しいスペアヒューズをセルフスターターリレーに取
り付け、必要な場合に使用できるようにしておきます。
179
14 電装系
–
電装系部品の機能を点検します。
–
保護キャップをかぶせます。
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
–
14.5
時刻を設定します。 (
頁 98)
頁 45)
ABS のヒューズを交換する
警告
火災の危険性
不適切なヒューズは電気装置に過負荷をかけます。
–
指定されたアンペア値のヒューズのみを使用してください。
–
切れたヒューズをつないだり修理しないで下さい。
参考
ABS 用の 2 つのヒューズはシートの下にあります。この 2 つのヒューズで ABS のリターンポンプと油圧
ユニットを保護します。ABS コントロールユニットを保護している 3 つ目のヒューズは、ヒューズボッ
クス内に設置されています。
準備作業
– イグニッションキーをの位置
フにします。
–
180
シートを取り外します。 (
に回してイグニッションをオ
頁 98)
電装系 14
–
エンジン制御ユニットをホルダーから抜き取り、脇に置きま
す。
–
固定ブラケットを外します。
ABS 油圧ユニットのヒューズを交換する:
– カバーキャップ を外し、ヒューズを取り外します。
1
–
新しいヒューズを取り付けます。
ヒューズ (58011109115) (
–
頁 249)
カバーキャップを取り付けます。
S03300-10
ABS リターンポンプのヒューズを交換する:
– カバーキャップ を外し、ヒューズを取り外します。
2
–
新しいヒューズを取り付けます。
ヒューズ (58011109125) (
–
頁 249)
カバーキャップを取り付けます。
S03300-11
その後の作業
– 固定ブラケットを取り付けます。
–
エンジン制御ユニットの位置を調整します。
181
14 電装系
–
14.6
シートを取り付けます。 (
頁 98)
各電装系部品のヒューズを交換する
参考
各電装系部品のヒューズが設置されたヒューズボックスはシートの下に設置されています。
準備作業
– イグニッションキーをの位置
フにします。
–
シートを取り外します。 (
に回してイグニッションをオ
頁 98)
主な作業
– ヒューズボックスのカバー
1を開きます。
S03301-10
182
電装系 14
–
損傷したヒューズを取り外します。
規定
ヒューズ1 - 10 A -イグニッション、コンビネーションイ
ンスツルメント、時計、エンジン制御ユニット
ヒューズ2 - 10 A -イグニッション、コンビネーションイ
ンスツルメント、エンジン制御ユニット
ヒューズ3 - 10 A -燃料ポンプ
S03302-01
ヒューズ4 - 10 A -冷却ファン
ヒューズ5 - 10 A -ホーン、ブレーキライト、ターンシグ
ナル
ヒューズ6 - 15 A -ヘッドライトのハイビームとロービー
ム、ポジションライト、テールライト、ナンバープレートラ
イト
ヒューズ7 - 10 A -アクセサリー用 ACC 1(継続プラス
極)
ヒューズ8 - 10 A -アクセサリー用 ACC 2(電源プラス
極)
、USB 充電ポート
ヒューズ9 - 10 A - ABS
ヒューズ10 -未使用
ヒューズSPARE - 10 A/15 A -スペアヒューズ
183
14 電装系
参考
ヒューズワイヤが壊れている場合
があります。
Aはヒューズに欠陥
警告
火災の危険性 不適切なヒューズは電気装置に過負
荷をかけます。
–
–
指定されたアンペア値のヒューズのみを使用して
ください。
–
切れたヒューズをつないだり修理しないで下さい。
対応する容量のスペアヒューズを取り付けます。
ヒューズ (75011088010) (
頁 250)
ヒューズ (75011088015) (
頁 249)
ヒント
新しいスペアヒューズをヒューズボックスに取り付
け、必要な場合に使用できるようにしておきます。
–
電装系部品の機能を点検します。
–
ヒューズボックスのカバーを閉じます。
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
184
頁 98)
電装系 14
14.7
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外す
–
イグニッションキーをの位置
フにします。
に回してイグニッションをオ
–
フェンダーを布でカバーします。
–
両側でスクリュー
–
ヘッドライトマスクを前に倒します。
–
ヘッドライトのコネクター
–
ヘッドライトマスクを取り外します。
1を外します。
S03303-10
2を外します。
S03304-10
185
14 電装系
14.8
ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付ける
主な作業
– ヘッドライトのコネクター
1を接続します。
–
照明の機能を点検します。
–
フェンダーから布を外し、ヘッドライトマスクの位置を調整
します。
S03304-11
ヘッドライトマスクはフェンダーのブッシング
ります。
2にはま
S03305-10
186
電装系 14
–
ヘッドライトマスクの位置を調整します。
参考
ブレーキワイヤーの取り回しに注意して下さい。
–
スクリュー
3を取り付け、しっかりと締めます。
規定
ヘッドライトマスク
用スクリュー
S03303-12
M5
その後の作業
– ヘッドライトの設定を点検します。 (
14.9
5 Nm
頁 191)
ヘッドライトバルブを交換する
情報
反射板の損傷
反射板に油脂類が付着すると光度が低下します。
ランプのバルブに油脂類が付着していると熱により気化し、反射板に付着します。
–
取り付け前にバルブを清掃し、油脂類を取り除きます。
–
素手でバルブに触れないで下さい。
187
14 電装系
準備作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 185)
主な作業
– プラグ
1を抜きます。
–
ヘッドライトバルブの保護キャップ
–
スプリングフレーム
2を外します。
S03306-10
–
–
3を外します。
ヘッドライトバルブ4を取り外します。
新しいヘッドライトバルブをヘッドライトケースに差し込み
ます。
ヘッドライト (H4 / ソケット P43t) (
S03307-10
188
頁 250)
–
スプリングフレームでバルブをヘッドライトに固定します。
–
カバーキャップを取り付けます。プラグを差し込みます。
電装系 14
その後の作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 186)
–
14.10
ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁 191)
ポジションライトバルブの交換
情報
反射板の損傷
反射板に油脂類が付着すると光度が低下します。
ランプのバルブに油脂類が付着していると熱により気化し、反射板に付着します。
–
取り付け前にバルブを清掃し、油脂類を取り除きます。
–
素手でバルブに触れないで下さい。
準備作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 185)
189
14 電装系
主な作業
– バルブソケット
1を外します。
S03308-10
–
ポジションライトバルブ
–
新しいポジションライトバルブをバルブソケットに差し込み
ます。
2をバルブソケットから抜きます。
ポジションライト (W5W / ソケット W2、1x9.5d) (
–
頁 250)
バルブソケットを反射板に取り付けます。
S03309-10
その後の作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 186)
–
190
ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁 191)
電装系 14
14.11
ヘッドライトの設定を点検する
–
明るい壁が前にある水平な地面の上に車両を立て、ヘッドラ
イトの中心の高さで壁に印を付けます。
–
その印の下、
Bの距離にもう 1 つ印を付けます。
規定
5 cm
B
壁からAの距離に車両を垂直に立てます。
距離
–
規定
距離
A
400726-10
5m
–
ここでライダーが ( 必要に応じて荷物および同乗者と一緒に)
車両に乗ります。
–
ロービームを点灯します。
–
ヘッドライトの設定を点検します。
走行準備の整った車両に運転者が ( 必要に応じて荷物およ
び同乗者と一緒に)乗った状態で、明暗の境界が下側のマー
キングとぴったり一致する事を確認して下さい。
»
明暗の境界が規定通りになっていない:
–
ヘッドライトの照明距離を調節します。 (
頁 192)
191
14 電装系
14.12
ヘッドライトの照明距離を調節する
準備作業
– ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁 191)
主な作業
– スクリュー
1を緩めます。
–
ヘッドライトを上下に動かして照明距離を調節します。
規定
走行準備の整った車両に運転者が乗った状態で、明暗の境
界が下側のマーキング ( 「ヘッドライトの設定を点検する」
で付けたマーキング)と一致する事を確認して下さい。
参考
S03310-10
積載物があると、ヘッドライト照明距離の再調節が必
要となる事があります。
–
14.13
スクリュー
1をしっかりと締めます。
コンビネーションインスツルメントの電池を交換する
準備作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り外します。
( 頁 185)
192
電装系 14
主な作業
– ケーブル留め
–
–
1を取り外します。
コネクター2を外します。
スクリュー3を外します。
S03312-10
193
14 電装系
S03313-10
–
コインを使って保護キャップ
回し切り、外します。
–
コンビネーションインスツルメントの電池
す。
–
記載のある面を外側にして、新しいコンビネーションインス
ツルメントの電池をはめます。
4を時計と反対回りに最後まで
5を取り外しま
コンビネーションインスツルメントの電池 (CR 2430)
( 頁 249)
–
カバーキャップの O リングが正しく装着されているか点検し
ます。
–
保護キャップ
切ります。
–
コンビネーションインスツルメントのボタンをどれか押しま
す。
–
ホルダー内でコンビネーションインスツルメントの位置を調
整します。
–
スクリューをワッシャーと一緒に取り付け、しっかりと締め
ます。
–
コネクター
–
ワイヤーハーネスの位置を調整し、ケーブル留め
ます。
4をかぶせ、コインで時計回りに最後まで回し
コンビネーションインスツルメントが起動します。
S03314-10
194
2を接続します。
1で固定し
電装系 14
その後の作業
– ヘッドライトマスクとヘッドライトを取り付けます。
( 頁 186)
14.14
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
–
キロメートルかマイルを選択します。 (
–
時刻を設定します。 (
頁 191)
頁 44)
頁 45)
USB ポート
ヘッドライトマスク左側に電気機器を充電するための USB ポー
ト があります。
イグニッションがオンの場合、USB ポートを使用することができ
ます。
1
USB ポート
電圧
5V
最大消費電流
2.1 A
S03315-10
195
14 電装系
14.15
ACC1 と ACC2
取り付け位置
– 電源 ACC1
ます。
1と ACC22はヘッドライトマスクの裏にあり
参考
S03334-10
14.16
電源はヒューズで保護されており、またこのヒューズはそ
の他の電装系部品も保護しています。
これにより連続負荷はヒューズ値よりも格段に低くなって
います。
これより強いヒューズは決して使用しないで下さい。
診断プラグ
診断プラグ
1はエンジン制御ユニットの下に設置されています。
S02172-10
196
冷却システム 15
15.1
冷却システム
エンジン内のウォーターポンプ により、クーラントが強制循環
します。
熱により発生した冷却システム内の圧力は、ラジエーターキャッ
プ にあるバルブにより調整されます。熱膨張により余分と
なったクーラントが調節タンク に流れ込みます。流れ込んだ
クーラントは、温度が下がるとまた冷却システムに吸い込まれま
す。これにより、クーラントが記載された温度まで上昇しても不
具合を起こす事がありません。
1
2
3
S02207-10
125 °C
冷却は走行風と温度を検知して稼動する冷却ファン によって
行われます。
速度が遅いほど冷却効果は低くなります。同様に、ラジエータの
フィンが汚れていると冷却効果が低くなります。
4
400407-10
197
15 冷却システム
15.2
不凍液とクーラントのレベルを点検する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
条件
エンジンが冷えている。
198
冷却システム 15
–
車両をサイドスタンドで水平な地面の上に立てます。
–
調節タンク
–
クーラントの不凍効果を点検します。
1のキャップを外します。
−25 … −45 °C
»
クーラントの不凍効果が規定通りになっていない:
–
–
S03316-10
クーラントの不凍効果を調整します。
調節タンクのクーラントのレベルを点検します。
クーラントのレベルが両マーキングの間にあることを確認
して下さい。
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調整します。
クーラント (
–
頁 261)
調節タンクのキャップを取り付けます。
199
15 冷却システム
–
ラジエーターキャップ
–
クーラントの不凍効果を点検します。
2を外します。
−25 … −45 °C
»
クーラントの不凍効果が規定通りになっていない:
–
–
クーラントの不凍効果を調整します。
ラジエーター内のクーラントのレベルを確認します。
ラジエーターがクーラントで満たされている事を確認して
下さい。
S03317-10
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調節し、クーラントが減少した
原因を突き止めます。
クーラント (
–
200
頁 261)
ラジエーターキャップを取り付けます。
冷却システム 15
15.3
クーラントのレベルを点検する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
条件
エンジンが冷えている。
201
15 冷却システム
–
車両をサイドスタンドで水平な地面の上に立てます。
–
調節タンク
す。
1に入っているクーラントのレベルを確認しま
クーラントのレベルが両マーキングの間にあることを確認
して下さい。
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調整します。
クーラント (
S03316-10
–
頁 261)
ラジエーターキャップ を取り外し、ラジエーター内のクー
ラントのレベルを点検します。
2
ラジエーターがクーラントで満たされている事を確認して
下さい。
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラント (
S03317-10
–
202
クーラントのレベルを調節し、クーラントが減少した
原因を突き止めます。
頁 261)
ラジエーターキャップを取り付けます。
冷却システム 15
15.4
クーラントを排出する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
準備作業
– エンジンガードを取り外します。 (
頁 124)
203
15 冷却システム
主な作業
– 車両を垂直に立てます。
600616-10
–
適切な容器をエンジンの下に置きます。
–
スクリュー
す。
1を外します。ラジエーターキャップを外しま
–
クーラントが完全に流れ出るまで待ちます。
–
スクリュー を新しいシールリングと一緒に取り付け、しっ
かりと締めます。
1
規定
ウォーターポンプ排
水口用スクリュープ
ラグ
204
M10x1
15 Nm
冷却システム 15
15.5
冷却システムにクーラントを注入してエア抜きをする
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
主な作業
– 車両をサイドスタンドで水平な地面の上に立てます。
–
ラジエーターキャップ
–
クーラントを注入します。
1を外します。
クーラント (
頁 261)
–
ラジエーターをクーラントで満たします。
–
ラジエーターキャップ
1を取り付けます。
601800-10
205
15 冷却システム
–
調節タンクのキャップを外します。
–
クーラントを
–
調節タンクのキャップを取り付けます。
Aのマーキングの位置まで注ぎます。
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
S03316-11
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
–
エンジンをかけ、暖気運転します。
–
エンジンを停止して冷めるのを待ちます。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
その後の作業
– エンジンガードを取り付けます。 (
206
頁 201)
頁 125)
冷却システム 15
15.6
クーラントを交換する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
準備作業
– エンジンガードを取り外します。 (
頁 124)
207
15 冷却システム
主な作業
– 車両を垂直に立てます。
–
適切な容器をエンジンの下に置きます。
–
スクリュー
–
ラジエーターキャップ
–
クーラントが完全に流れ出るまで待ちます。
1をシールリングと一緒に外します。
600616-10
S03318-11
208
2を外します。
冷却システム 15
–
スクリュー を新しいシールリングと一緒に取り付け、しっ
かりと締めます。
1
規定
ウォーターポンプ排
水口用スクリュープ
ラグ
M10x1
15 Nm
600616-10
–
車両をサイドスタンドで水平な地面の上に立てます。
–
クーラントを注入します。
クーラント
1.20 L
クーラント
( 頁 261)
–
ラジエーターをクーラントで満たします。
–
ラジエーターキャップ
2を取り付けます。
S03317-10
209
15 冷却システム
–
調節タンクのキャップ
–
クーラントを上のマーキングの位置まで注ぎます。
–
調節タンクのキャップを取り付けます。
3を外します。
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
S03316-12
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
–
エンジンをかけ、暖気運転します。
–
エンジンを停止して冷めるのを待ちます。
その後の作業
– クーラントのレベルを点検します。 (
–
210
エンジンガードを取り付けます。 (
頁 201)
頁 125)
エンジンを調整する 16
16.1
走行モードを変更する
参考
コンビネーションスイッチのキーMAPを利用して希望の走行モードに切り替えることができます。
始動の際、前回選択された設定が再びオンになります。
走行モードは走行中に変更することもできます。
条件
スロットルグリップが開いていない状態です。
–
LED が希望の走行モードを表示するまでキーMAPを
押します。走行モード1はROADを意味し、走行モー
ド2はOFFROADを意味します。
ROAD – 安定した反応特性
OFFROAD – ダイレクトな反応特性
H02886-01
参考
走行モードは吸気特性のみを変更するものです。
両走行モードでは認可出力を利用することができ
ます。
走行モード2ではトラクションコントロールによ
り、前輪のスリップおよび上昇が増加します。
211
16 エンジンを調整する
16.2
トラクションコントロールを設定する
参考
トラクションコントロールはイグニションがオンになると有効化されます。
後輪でトラクションが失われると、トラクションコントロールがエンジントルクを下げます。
トラクションコントロールがオフになっていると、大きく加速した場合や路面へのグリップ力が低下し
ている場合に後輪が空転し、転倒する恐れがあります。
トラクションコントロールは走行中にも設定することができます。
トラクションコントロールは、最低速度に達し、セルフテストが終了した場合にのみ無効化することがで
きます。
トラクションコントロールをオフ:
条件
スロットルグリップが開いていない状態です。
無効化する前の走行速度: ≥ 4 km/h
–
TCキーを 5 秒間押し続けます。
トラクションコントロールがオフになる
とTCLED が点灯します。
S03255-01
トラクションコントロールをオン:
条件
スロットルグリップが開いていない状態です。
–
TCキーを 5 秒間押し続けます。
トラクションコントロールがオンになる
とTCLED が点灯しません。
212
エンジンを調整する 16
参考
TC インジケーターランプと両走行モードが
同時に点灯している場合、トラクションコン
トロールの不具合が検出されます。KTM 正規
ディーラーに連絡して下さい。
16.3
シフトレバーの基本位置を点検する
参考
走行中、シフトレバーが基本位置にある状態でブーツに触れることがないよう調節して下さい。
シフトレバーが常時ブーツに接触していると、ギアに過剰な負荷がかかり、クイックシフター・プラス
(オプション)の不具合が発生することがあります。
–
ライディングポジションで車両に乗り、ブーツの上端とシフ
トレバーの距離 を確認します。
A
シフトレバーからブーツ上
端までの距離
»
10 … 20 mm
距離が規定通りになっていない:
–
シフトレバーの基本位置を調整します。
(
頁 214)
400692-10
213
16 エンジンを調整する
16.4
シフトレバーの基本位置を調整する
–
スクリュー
をワッシャーと一緒に取り外し、シフトレ
バー を取り外します。
1
2
401950-12
–
シフトレバーとシフトシャフトの歯
–
シフトレバー を好みの位置でシフトシャフトに差し込み、
歯をかみ合わせます。
Aを清掃します。
2
参考
設定範囲には限界があります。
シフト操作の際にシフトレバーが車両の他の部品に触
れないように調節して下さい。
401951-10
214
–
スクリュー
めます。
1をワッシャーと一緒に取り付け、しっかりと締
エンジンを調整する 16
規定
シフトレバー用
スクリュー
M6
14 Nm
Loctite®243™
215
17 エンジンで行うサービス作業
17.1
エンジンオイルのレベルを点検する
参考
エンジンオイルのレベルはエンジンが運転で暖まった状態で点検して下さい。
条件
エンジンが運転で暖まっている。
準備作業
– 車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
主な作業
– エンジンオイルのレベルを点検します。
参考
エンジンを停止した後、1 分待ってからレベルを確認
します。
S02208-10
エンジンオイルのレベルが点検窓の上端と下端の間に位置
している事を確認して下さい。
»
エンジンオイルのレベルが規定の範囲にない:
–
216
エンジンオイルを補給します。 (
頁 223)
エンジンで行うサービス作業 17
17.2
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃する
警告
火傷の危険性
エンジンオイル並びにミッションオイルは運転中非常に熱くなっています。
–
適切な保護服、保護手袋を着用して下さい。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
エンジンオイルをエンジン暖機状態で排出します。
準備作業
– エンジンガードを取り外します。 (
頁 124)
217
17 エンジンで行うサービス作業
主な作業
– 適切な容器をエンジンの下に置きます。
–
マグネットオイルドレインボルト
外します。
–
エンジンオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
マグネットオイルドレインボルトを念入りに清掃します。
–
マグネットオイルドレインボルトをシールリングと一緒に取
り付け、しっかりと締めます。
1をシールリングと一緒に
S02210-10
規定
マグネットオイルド
レインボルト
S02209-01
218
M12x1.5
20 Nm
エンジンで行うサービス作業 17
–
スクリュー を外します。オイルフィルターカバー
O リングと一緒に取り外します。
–
オイルフィルター
2
3を
4をフィルターケースから取り出します。
ロックリング用ペンチ (51012011000)
S03320-10
–
スクリュー を外します。オイルフィルターカバー
O リングと一緒に取り外します。
–
オイルフィルター
5
6を
7をフィルターケースから取り出します。
ロックリング用ペンチ (51012011000)
–
エンジンオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
部品とシール面を念入りに清掃します。
S03321-10
219
17 エンジンで行うサービス作業
–
スクリュープラグ をオイルスクリーン
と一緒に取り外します。
–
スクリュープラグ をオイルスクリーン
と一緒に取り外します。
–
エンジンオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
部品とシール面を念入りに清掃します。
8
9および O リング
S03322-10
S03323-10
220
bk
blおよび O リング
エンジンで行うサービス作業 17
–
–
オイルスクリーン
bmと O リングの位置を調整します。
スクリュープラグbnを O リングと一緒に取り付けて締め付
けます。
規定
オイルスクリーン用
スクリュープラグ
M20x1.5
15 Nm
S03324-10
–
–
オイルスクリーン
boと O リングの位置を調整します。
スクリュープラグbpを O リングと一緒に取り付けて締め付
けます。
規定
オイルスクリーン用
スクリュープラグ
M20x1.5
15 Nm
S03325-10
221
17 エンジンで行うサービス作業
–
オイルフィルター
–
オイルフィルターカバーの O リングにオイルを差します。
オイルフィルターカバー と を取り付けます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
bqとbrを取り付けます。
bs bt
規定
オイルフィルターカ
バー用スクリュー
M5
6 Nm
S03326-10
–
オイルフィラースクリュー を O リングと一緒に取り外し、
エンジンオイルを注入します。
ck
エンジンオイル
–
S03327-10
222
1.70 L
オイルフィラーボルト
かりと締めます。
エン ジ ン オ イ
ル (SAE 10W/50)
( 頁 261)
ckを O リングと一緒に取り付け、しっ
エンジンで行うサービス作業 17
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
その後の作業
– エンジンガードを取り付けます。 (
17.3
頁 125)
エンジンオイルを補給する
参考
エンジンオイルが少な過ぎる場合やエンジンオイルの質が悪いと、エンジンの摩耗を早める事になりま
す。
223
17 エンジンで行うサービス作業
主な作業
– オイルフィラースクリュー を O リングと一緒に取り外し、
エンジンオイルを注入します。
1
–
エンジンオイルを点検窓の中心まで注入します。
エンジンオイル (SAE 10W/50) (
頁 261)
参考
エンジンオイルの性能を最大限に引き出す上で、異
なったエンジンオイルを混ぜて使用する事は望ましく
ありません。
必要に応じてエンジンオイルを交換する事をお勧めし
ます。
H01066-10
–
オイルフィラーボルト
かりと締めます。
1を O リングと一緒に取り付け、しっ
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
224
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
エンジンで行うサービス作業 17
その後の作業
– エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁 216)
225
18 清掃、手入れ
18.1
洗車をする
情報
部品の損傷
高圧洗浄機の誤った使用により部品が破損することがあります。
高圧により水分が電気部品、プラグ、ケーブル、ベアリングに侵入します。
圧力が高すぎるとエラーや部品破損の原因となります。
–
水流が直接電気部品、プラグ、ケーブル、ベアリングにあたらないように注意してください。
–
高圧洗浄機のジェットと部品間の最低間隔を維持してください。
最低間隔
60 cm
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
品質や外観を長く保持するため、洗車は定期的に行って下さい。
洗車中は車両に直射日光が当たらないよう注意して下さい。
226
清掃、手入れ 18
–
水が入らないように排気装置をふさぎます。
–
大きな汚れはあらかじめ弱い水流で落としておきます。
–
汚れがひどい箇所には市販のモーターサイクル洗浄剤を吹き
つけ、ブラシで汚れを落とします。
モーターサイクル用洗浄剤 (
頁 264)
参考
洗車には市販のモーターサイクル洗浄剤を入れた温水
と柔らかいスポンジを使用して下さい。
乾燥した車両に直接モーターサイクル洗浄剤を付ける
ことは絶対にせず、必ず事前に車両を水ですすいで下
さい。
凍剤防止用の塩が散布された道路を走行した後は、
冷水で洗車して下さい。温水を使うと塩の作用を促進
してしまいます。
401061-01
–
弱い水流で念入りにすすいだ後、車両をよく乾燥させます。
–
排気装置をふさいでいる栓を外します。
227
18 清掃、手入れ
警告
事故の危険性 水分や汚れはブレーキシステムに影
響を及ぼします。
–
–
ブレーキパッドとブレーキディスクを乾燥させ汚
れを落とすために何度か慎重にブレーキをかけて
ください。
洗車後、エンジンが作動温度に達するまで短い距離を走行し
ます。
参考
熱によりエンジンやブレーキシステムの手の届かない
場所にある水分も蒸発します。
–
ハンドルまわりのカバーキャップをずらし、ここに入り込ん
だ水分も蒸発させます。
–
車両の温度が下がったら全てのスライド部とベアリング部を
グリースアップします。
–
チェーンを清掃します。 (
–
塗装されていない金属製部品 ( ブレーキディスクと排気装置
を除く)には、腐食防止剤を塗布します。
頁 108)
ラッカー塗装、金属、ゴム用手入れ剤 (
–
228
頁 265)
ラッカー塗装されている全部品に刺激の少ないラッカー専用
の手入れ剤を塗布します。
清掃、手入れ 18
Perfect Finish およびラッカー塗装用光沢剤 (
頁 264)
参考
部品の品質が著しく損なわれるため、納車状態で光沢
のないプラスチック部品は磨かないで下さい。
–
プラスチック部品およびパウダーコーティングされている部
品は全て刺激の少ない洗浄・手入れ剤で手入れをします。
ラッカー塗装(光沢、非光沢)
、金属、プラスチック専用洗
浄剤 ( 頁 264)
–
イグニッション / ハンドルロックをグリースアップします。
汎用オイルスプレー (
18.2
頁 265)
冬季運転における点検・メンテナンス作業
参考
冬季にも車両を使用する場合は、凍結防止のために路上に散布された塩の存在を考慮しなければなりま
せん。刺激が強い塩に対する予防対策を講じておく必要があります。
塩が撒かれた道路を走行した後は、必ず冷たい水で洗浄し、良く乾かしてください。温水の使用は塩の作
用を促進します。
229
18 清掃、手入れ
–
洗車をします。 (
–
ブレーキシステムを清掃します。
頁 226)
参考
撒き塩された道路を走行する毎に、ブレーキキャリ
パーとブレーキパッド(冷えており、取り付けられた
ままの状態)を冷たい水で入念に洗浄し、よく乾かし
てください。
塩が撒かれた道路を走行した後は、車輌を必ず冷たい
水で洗浄し、良く乾かしてください。
401060-01
–
エンジンやスイングアームをはじめ、塗装されていない部品
や亜鉛メッキ加工された部品 ( ブレーキディスクを除く)には
全てワックス系腐食防止剤を塗布します。
参考
ブレーキディスクには腐食防止剤が付かないよう注意
して下さい。ブレーキ性能が大幅に低下します。
–
230
チェーンを清掃します。 (
頁 108)
保管 19
19.1
保管
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
–
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所に保管して下さい。
参考
車両を長期にわたって使用しない場合は、以下に挙げた処置をご自身または正規ディーラーで行って下
さい。
車両の保管前に全ての部品が機能するか、摩耗していないかを点検します。サービス作業、修理、改造が
必要な場合は、ディーラーのサービスセンターが空いている保管時期に行う事をお勧めします。シーズ
ン開始の混雑時を避ける事ができます。
231
19 保管
–
シーズンオフで使用を停止する前の最後の給油時に、燃料添
加剤を加えます。
燃料添加剤 (
401058-01
頁 265)
–
燃料を給油します。 (
–
洗車をします。 (
–
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスク
リーンを清掃します。 ( 頁 217)
–
不凍液とクーラントのレベルを点検します。 (
–
タイヤ空気圧を点検します。 (
–
12V バッテリーを取り外します。
–
頁 75)
頁 226)
12V バッテリーを充電します。
頁 198)
頁 166)
(
(
頁 170)
頁 175)
規定
12V バッテリーの保管温度
( 直射日光を避ける)
–
0 … 35 °C
乾燥し、急激な温度変化のない場所に車両を駐車します。
参考
KTM では車両をジャッキアップして保管する事をお勧
めしています。
232
–
車両をリフトスタンドでジャッキアップします。 (
–
通気性の良い防水シートかカバーで車両を覆います。
頁 90)
保管 19
参考
空気を通さないカバーは湿気が逃げず、腐食の原因と
なりますので絶対に使用しないで下さい。
保管中にエンジンを短時間のみ作動すると、車両に非
常に悪い影響を与えます。エンジンが十分に暖まらな
いため、燃焼の際に生じた水蒸気が結露し、バルブや
排気装置のさびの原因となります。
19.2
保管後、運転操作の前に
–
バイクをリフトスタンドから降ろします。 (
–
12V バッテリーを充電します。
–
12V バッテリーを取り付けます。
–
時刻を設定します。 (
–
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業を実施しま
す。 ( 頁 57)
–
試験走行を行います。
(
頁 90)
頁 175)
(
頁 172)
頁 45)
401059-01
233
20 トラブルシューティング
不具合
考えられる原因
対応
スタータースイッチを作動し
てもエンジンが回転しない
操作ミス
–
エンジン始動の作業ステップに従って
下さい。 ( 頁 58)
12V バッテリーが放電される
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 175)
–
スタンバイ電流を点検します。
ヒューズ1、2、3のいずれかが
飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 182)
メインヒューズが飛んだ
–
メインヒューズを交換します。
( 頁 178)
正しくアース接続されていな
い
–
アース接続を点検します。
クラッチレバーを握らないと
エンジンが回転しない
ギアが入っている
–
ギアをニュートラルに入れます。
ギアが入っており、サイドスタ –
ンドが出ている
ギアをニュートラルに入れます。
エンジンが回転しているのに
かからない
操作ミス
–
エンジン始動の作業ステップに従って
下さい。 ( 頁 58)
ヒューズ3が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 182)
燃料ホースのコネクターが外
れている
–
燃料ホースのコネクターを接続しま
す。
電子フューエルインジェクショ –
ンに不具合があります
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
234
トラブルシューティング 20
不具合
考えられる原因
対応
エンジンが回転しているのに
かからない
エンジン始動時にスロットル
グリップを開いた
–
エンジン始動の際、スロットルは開か
ないで下さい。
–
エンジン始動の作業ステップに従って
下さい。 ( 頁 58)
–
エアフィルターを取り外します。
( 頁 105)
–
エアフィルターを取り付けます。
( 頁 107)
燃料スクリーンがひどく汚れ
ている
–
燃料スクリーンを交換します。
燃料フィルターがひどく汚れ
ている
–
燃圧を点検します。
エンジンの出力が低過ぎる
エンジンが異常に熱くなる
エアフィルターがひどく汚れ
ている
電子フューエルインジェクショ –
ンに不具合があります
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
冷却システムのクーラントが
少な過ぎる
–
冷却システムに漏れが無いか確認しま
す。
–
クーラントのレベルを点検しま
す。 ( 頁 201)
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
ラジエーターのフィンがひど
く汚れている
235
20 トラブルシューティング
不具合
考えられる原因
対応
エンジンが異常に熱くなる
冷却システム内に気泡が発生
している
–
クーラントを排出します。
( 頁 203)
–
冷却システムにクーラントを注入して
エア抜きをします。 ( 頁 205)
ラジエーターホースが折れ曲
–
がっている、または損傷してい
る
ラジエーターホースを交換します。
サーモスタットが故障してい
る
–
サーモスタットを点検します。
ヒューズ4が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 182)
冷却ファン装置が故障してい
る
–
冷却ファン装置を点検します。
冷却システムに空気が入って
いる
–
冷却システムにクーラントを注入して
エア抜きをします。 ( 頁 205)
不具合インジケーターランプ
が点灯
電子フューエルインジェクショ –
ンに不具合があります
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
走行中にエンジンが停止する
燃料不足
–
燃料を給油します。 (
ヒューズ1、2、3のいずれかが
飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 182)
ABS のヒューズが飛んでいる
–
ABS の ヒ ュ ー ズ を 交 換 し ま す 。
( 頁 180)
ABS 警告ランプが点灯してい
る
236
頁 75)
トラブルシューティング 20
不具合
考えられる原因
対応
ABS 警告ランプが点灯してい
る
前輪と後輪の回転数に大きな
差がある
–
停車してイグニッションを停止し、再
スタートします。
ABS の不具合
–
KTM 診断ツールで ABS エラーメモ
リーを解読します。
エンジンの空気抜きホースが
折れ曲がっている
–
空気抜きホースが折れ曲がらないよう
に配置し、必要に応じて交換します。
エンジンオイルのレベルが高
すぎる
–
エンジンオイルのレベルを点検しま
す。 ( 頁 216)
エンジンオイルの濃度 ( 粘度)
が低すぎる
–
エンジンオイルとオイルフィルターを
交換し、オイルスクリーンを清掃しま
す。 ( 頁 217)
ヒューズ6が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 182)
ターンシグナル、ブレーキライ ヒューズ5が飛んでいる
ト、ホーンが機能しない
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 182)
時計が表示されないまたは正
しく表示されない
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 182)
–
時刻を設定します。 (
車両を停止した際、イグニッ
ションをオフにしなかった
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 175)
12V バッテリーがジェネレー
ターで充電されない
–
充電電圧を点検します。
–
スタンバイ電流を点検します。
オイルの消費が多い
ヘッドライトとパーキングラ
イトが機能しない
12V バッテリーが放電される
ヒューズ1が飛んでいる
頁 45)
237
20 トラブルシューティング
不具合
考えられる原因
コンビネーションインスツル
メントのディスプレイに何も
表示されない
ヒューズ1、2のいずれかが飛ん –
でいる
コンビネーションインスツル
メントの速度表示が機能しな
い
速度表示のワイヤーハーネス
–
が損傷している、または接続プ
ラグが酸化している
238
対応
–
各電装系部品のヒューズを交換しま
す。 ( 頁 182)
時刻を設定します。 (
頁 45)
ワイヤーハーネスと接続プラグを点検
します。
仕様一覧 21
21.1
エンジン
構造
単気筒、4 ストローク、水冷エンジン
排気量
692.7 cm³
ストローク
80 mm
ボア
105 mm
圧縮比
12.7:1
アイドリング回転数
クーラントの温度: ≥ 70 °C
1,600 ± 50 rpm
駆動方式
OHC、吸気はカムレバーで、排気はロッカーレバーで
制御、チェーン駆動
吸気バルブ直径
42 mm
排気バルブ直径
34 mm
冷えた状態でのバルブの遊び
吸気: 20 °C
排気: 20 °C
0.10 … 0.15 mm
0.22 … 0.27 mm
クランクシャフトベアリング
2 シリンダーローラーベアリング
コンロッドベアリング
スライドベアリング
ピストンピンベアリング
DLCコーティングのピストンピン
ピストン
軽合金、鍛造
ピストンリング
1 コンプレッションリング、1 テーパフェースリン
グ、1 コイルスプリング付きオイルリング
239
21 仕様一覧
エンジン潤滑方式
ローターポンプ 2 台によるセミドライサンプ潤滑
一次減速比
36:79
クラッチ
APTC™アンチホッピング湿式クラッチ、油圧作動
ギア
6 速ギア常時噛合式
変速比
1速
14:35
2速
16:28
3速
20:27
4速
21:23
5速
23:22
6速
23:20
混合気生成
電子フューエルインジェクション
イグニッション
非接触制御電子イグニッション、デジタルイグニッ
ションコントローラー
ジェネレーター
12 V, 300 W
スパークプラグ
内側のスパークプラグ
NGK LKAR9BI‑10
外側のスパークプラグ
NGK LMAR7DI‑10
スパークプラグ電極間のクリアランス
1.0 mm
冷却システム
水冷式、ウォーターポンプによるクーラントの常時循
環
240
仕様一覧 21
エンジンスタート装置
21.2
セルフスターターモーター、オートデコンプ
締付けトルク、エンジン
ダイアフラム取り付け用スク
リュー
M3
2 Nm
インテークフランジのホースクラ
ンプ
M4
2.5 Nm
コンロッドベアリング潤滑用オイ
ルジェット
M4
0.8 Nm
オイルフィルターカバー用スク
リュー
M5
6 Nm
オイルポンプカバー上部スク
リュー
M5
6 Nm
オイルリターンのカバープレート
用スクリュー
M5
6 Nm
カムシャフトの軸ロック用スク
リュー
M5
6 Nm
ギアセンサー用スクリュー
M5
5 Nm
クラッチスプリング用スクリュー
M5
8 Nm
その他エンジン用スクリュー
M5
6 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
241
21 仕様一覧
ベアリングロック用スクリュー
M5
6 Nm
イグニッションコイル用スク
リュー
M6
10 Nm
ウォーターポンプカバー用スク
リュー
M6
10 Nm
ウォーターポンプホイール用スク
リュー
M6
10 Nm
エンジンケース用スクリュー
M6
10 Nm
クラッチカバー用スクリュー
M6
10 Nm
クラッチスレーブシリンダー用ス
クリュー
M6x20
10 Nm
クラッチスレーブシリンダー用ス
クリュー
M6x35
10 Nm
クランクシャフト回転数センサー
用スクリュー
M6
10 Nm
サーモスタットケース用スク
リュー
M6
10 Nm
ジェネレーターカバー ( タイミン
グチェーンシャフトの貫通穴)用ス
クリュー
M6
10 Nm
ジェネレーターカバー用スク
リュー
M6
10 Nm
242
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
仕様一覧 21
シフトレバー用スクリュー
M6
14 Nm
シフトロック用スクリュー
M6
10 Nm
シリンダーヘッド用スクリュー
M6
10 Nm
シリンダー用スクリュー
M6
10 Nm
セルスターターモーター用スク
リュー
M6
10 Nm
その他エンジン用スクリュー
M6
10 Nm
タイミングチェーンガイドレール
用スクリュー
M6x30
10 Nm
タイミングチェーンテンショナー
レール用スクリュー
M6x30
10 Nm
バルブカバー用スクリュー
M6
10 Nm
ロックレバー用スクリュー
M6
10 Nm
固定子用スクリュー
M6
10 Nm
ピストン冷却用オイルジェット
M6x0.75
4 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®2701™
Loctite®2701™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
243
21 仕様一覧
陰圧接続部 吸気チャンネル
M6x0.75
2.5 Nm
ロッカーレバー軸用スクリュー
M8
15 Nm
ロックスクリュー用スクリュープ
ラグ
M8
15 Nm
排気管フランジ用ナット
M8
20 Nm
排気管フランジ用埋め込みボルト
M8
10 Nm
シリンダーヘッド用スクリュー
M10
締付け順序:
タイミングチェーンシャフト側の
後方のスクリューから順に、対角に
締めていきます。
レベル 1
15 Nm
レベル 2
30 Nm
レベル 3
45 Nm
レベル 4
60 Nm
エンジンオイルで潤滑
ウォーターポンプ排水口用スク
リュープラグ
M10x1
15 Nm
244
Loctite®243™
コパペースト
Loctite®243™
仕様一覧 21
オイルクーラー用オイルホールの
スクリュープラグ
M10x1
15 Nm
オイルホール用スクリュープラグ
M10x1
15 Nm
スパークプラグ、外側
M10x1
11 Nm
タイミングチェーンテンショナー
ロック解除ツール
M10x1
10 Nm
油圧スイッチ
M10x1
10 Nm
油圧スイッチ用オイルホース
M10x1
10 Nm
スパークプラグ、内側
M12x1.25
18 Nm
シリンダーヘッドにあるクーラン
ト温度センサー
M12x1.5
12 Nm
マグネットオイルドレインボルト
M12x1.5
20 Nm
油圧制御バルブ用スクリュープラ
グ
M12x1.5
20 Nm
オイルホール用スクリュープラグ
M14x1.5
15 Nm
エンジンケースのスクリューイン
アダプター
M16x1.5
25 Nm
ローター用ナット
M18x1.5
100 Nm
オイルスクリーン用スクリュープ
ラグ
M20x1.5
15 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
245
21 仕様一覧
クラッチハブ用ナット
M20x1.5
120 Nm
フロントスプロケット用ナット
M20x1.5
80 Nm
第一ギア用ナット
M20LHx1.5
90 Nm
オイルサーモスタット用スク
リュープラグ
M24x1.5
15 Nm
ジェネレーターカバー用スク
リュープラグ
M24x1.5
8 Nm
タイミングチェーンテンショナー
用スクリュープラグ
M24x1.5
25 Nm
1.70 L
エンジンオイル (SAE 10W/50)
( 頁 261)
1.20 L
クーラント (
21.3
容量
21.3.1
エンジンオイル
エンジンオイル
21.3.2
Loctite®243™
Loctite®243™
クーラント
クーラント
246
Loctite®243™
頁 261)
仕様一覧 21
21.3.3
燃料
EU ガソリンスタンドのマーキングに注意してください。
A00420-10
フューエルタンク総容量 ( 約)
予備燃料 ( 約)
21.4
13.5 L
無鉛ハイオクガソリン (ROZ 95)
( 頁 263)
1.8 L
シャーシ
フレーム
クロムモリブデン鋼スペースフレーム、パウダーコー
ティング
フロントフォーク
WP SuspensionXPLOR 5448
ショックアブソーバー
WP SuspensionXPLOR 5746
サスペンションストローク
前輪
250 mm
247
21 仕様一覧
後輪
250 mm
ブレーキシステム
前方
ディスクブレーキ、2 ピストンブレーキキャリパー、
フローティングマウント
後輪
ディスクブレーキ、シングルピストンブレーキキャリ
パー、フローティングマウント
ブレーキディスク直径
前方
300 mm
後輪
240 mm
ブレーキディスク磨耗限界
前方
4.5 mm
後輪
4.5 mm
同乗者なしでのタイヤ空気圧 道路走行時
前方
1.8 bar
後輪
1.8 bar
同乗者あり / 最大積載量でのタイヤの空気圧
前方
2.2 bar
後輪
2.2 bar
同乗者なしでのタイヤ空気圧 オフロード
248
前方
1.5 bar
後輪
1.5 bar
仕様一覧 21
二次減速比
15:46
チェーン
5/8 x 1/4” X リング
ステアリングヘッドアングル
62.3°
ホイールベース
1,504 ± 15 mm
負荷がない状態でのシート高
910 mm
負荷がない状態での最低地上高
270 mm
燃料を除いた重量 ( 約)
149 kg
前方許容最大軸重
150 kg
最大許容軸重後輪
200 kg
最大許容重量
350 kg
21.5
電装系
12V バッテリー
YTZ10S
バッテリー電圧: 12 V
定格容量: 8.6 Ah
メンテナンスフリー
コンビネーションインスツルメン
トの電池
CR 2430
バッテリー電圧: 3 V
ヒューズ
58011109130
30 A
ヒューズ
58011109125
25 A
ヒューズ
58011109115
15 A
ヒューズ
75011088015
15 A
249
21 仕様一覧
ヒューズ
75011088010
10 A
ヘッドライト
H4 / ソケット P43t
12 V
60/55 W
ポジションライト
W5W / ソケット W2、1x9.5d
12 V
5W
コンビネーションインスツルメン
トの照明及びインジケーターラン
プ
LED
ターンシグナル
LED
ブレーキライト / テールライト
LED
ナンバープレートライト
LED
21.6
タイヤ
フロントタイヤ
リアタイヤ
90/90 - 21 M/C 54T M+S TT
Mitas E‑07
140/80 - 18 M/C 70T M+S TT
Mitas E‑07
ここに示されるタイヤは標準装備が予定されているタイヤの一例です。下記アドレスのサービスで詳細をご
確認下さい:
http://www.ktm.com
250
仕様一覧 21
21.7
フロントフォーク
フロントフォークタイプナンバー
14.18.8S.10
フロントフォーク
WP SuspensionXPLOR 5448
コンプレッションダンパー
コンフォート
20 クリック
スタンダード
15 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
リバウンドダンパー
コンフォート
20 クリック
スタンダード
15 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
スプリング長 ( プリロードスペーサーを含む)
435 mm
ばね定数
ミドル ( 標準)
5.9 N/mm
フロントフォーク長
各フォークレッグのフロント
フォークオイル量
895 mm
640 ml
フロントフォークオイル (SAE 4)
(48601166S1) ( 頁 263)
251
21 仕様一覧
21.8
ショックアブソーバー
ショックアブソーバータイプナンバー
15.18.7S.10
ショックアブソーバー
WP SuspensionXPLOR 5746
コンプレッションダンパー高速
コンフォート
2.5 回転
標準
2 回転
スポーツ
1 回転
最大積載時
1 回転
コンプレッションダンパー低速
コンフォート
25 クリック
標準
20 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
リバウンドダンパー
コンフォート
25 クリック
標準
20 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
全長
ダンパーオイル (
252
395 mm
頁 262)
SAE 2.5
仕様一覧 21
21.9
締付けトルクシャーシ
コンビネーションインスツルメン
ト用スクリュー
EJOT
1 Nm
コンビネーションスイッチ用スク
リュー
EJOT PT®K50x18 (T20)
2 Nm
サイドスタンドスイッチ用スク
リュー
EJOT
2 Nm
スポイラーへのサイドカバー固定
用スクリュー
EJOT
1 Nm
チェーンガード用スクリュー
EJOT
2 Nm
サイドスタンドスイッチ用スク
リュー
M4
2 Nm
前輪スポークニップル
M4.5
4 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M5
4 Nm
シャーシ用その他のナット
M5
4 Nm
スイングアームに取り付けるブ
レーキワイヤーホルダー用スク
リュー
M5
4 Nm
スロットルグリップ用スクリュー
M5
3.5 Nm
セルフスターターモーターのケー
ブル用スクリュー
M5
3 Nm
253
21 仕様一覧
フューエルタンクのフランジ
キャップ用スクリュー
M5
2.5 Nm
フューエルタンクへの燃料ホース
クランプ固定用スクリュー
M5
5 Nm
ブレーキペダルステップ用スク
リュー
M5
6 Nm
ヘッドライトマスク用スクリュー
M5
5 Nm
ラジエーターガード用スクリュー
M5
4 Nm
圧力コントローラ用スクリュー
M5
4 Nm
後輪スポークニップル
M5
4 Nm
左コンビネーションスイッチ用ス
クリュー
M5
3.5 Nm
電気装置ホルダー用スクリュー
M5
3 Nm
燃料ポンプ用スクリュー
M5
4 Nm
燃料レベルセンサー用スクリュー
M5
3 Nm
排気管断熱プレート用スクリュー
M5
8 Nm
ABS コントロールユニット用スク
リュー
M6
5 Nm
SLS バルブ用スクリュー
M6
4 Nm
イグニッション用スクリュー
M6
10 Nm
254
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
仕様一覧 21
エアフィルターケース上部用スク
リュー
M6
2 Nm
クラッチ操作部用スクリュー
M6
5 Nm
サイドカバー用スクリュー
M6
5 Nm
サイドスタンドのマグネットホル
ダー用スクリュー
M6
6 Nm
シートロック用スクリュー
M6
5 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M6
10 Nm
シャーシ用その他のナット
M6
10 Nm
その他フューエルタンク用スク
リュー
M6
5 Nm
チェーンガード用スクリュー
M6
2 Nm
チェーンガイド用スクリュー
M6
8 Nm
チェーンスライダーガード用スク
リュー
M6
8 Nm
ナンバープレートホルダー用下部
スクリュー
M6
8 Nm
ナンバープレートホルダー用上部
スクリュー
M6
8 Nm
バッテリー電極用スクリュー
M6
4.5 Nm
ハンドブレーキフィッティング用
スクリュー
M6
5 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
255
21 仕様一覧
フットブレーキシリンダーのプッ
シュロッドボールジョイント用ス
クリュー
M6
10 Nm
フットブレーキシリンダー用スク
リュー
M6
10 Nm
フレームへの ABS モジュール固
定ブラケット取付け用スクリュー
M6
10 Nm
メインサイレンサークランプ用ス
クリュー
M6
8 Nm
ラジエーター(上部)取り付け用
スクリュー
M6
10 Nm
ラジエーターの空気抜き用スク
リュー
M6
8 Nm
ラジエーター下部取り付け用スク
リュー
M6
8 Nm
レギュレーター用スクリュー
M6
8 Nm
後輪ブレーキディスク用スク
リュー
M6
14 Nm
後輪ブレーキのブレーキフルード
リザーバー用スクリュー
M6
5 Nm
車輪速度センサー用スクリュー
M6
6 Nm
前方ブレーキディスク用スク
リュー
M6
14 Nm
256
Loctite®243™
コパペースト
Loctite®243™
Loctite®243™
仕様一覧 21
冷却ファン用スクリュー
M6
4 Nm
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
M8
17 Nm
サイドグリップ用スクリュー
M8
10 Nm
サイドスタンド取り付けアーム用
スクリュー
M8
25 Nm
サイドスタンド取付けアームのス
プリングホルダー用スクリュー
M8
25 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M8
25 Nm
シャーシ用その他のナット
M8
25 Nm
シリンダーヘッドへのマニホール
ド取り付け用ナット
M8
20 Nm
ステアリングステム用スクリュー
M8
20 Nm
チェーンスライダー用スクリュー
M8
15 Nm
ハンドルバークランプ用スク
リュー
M8
20 Nm
ヒールプロテクター用スクリュー
M8x12
5 Nm
フォークレッグのアクスル通し穴
用スクリュー
M8
15 Nm
フューエルタンクに取り付けるメ
インサイレンサーホルダー用スク
リュー
M8
25 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
コパペースト
Loctite®243™
257
21 仕様一覧
フューエルタンクベアリング用ス
クリュー
M8
15 Nm
フューエルタンク用下部スク
リュー
M8
25 Nm
フューエルタンク用上部スク
リュー
M8
25 Nm
ブレーキペダル用スクリュー
M8
25 Nm
フレームのコネクションレバー用
スクリュー
M8
30 Nm
フロントスプロケットスクリュー
用ナット
M8
35 Nm
メインサイレンサーホルダー用ス
クリュー
M8
25 Nm
ロアートリプルクランプ用スク
リュー
M8
12 Nm
後部フットレストサポート用スク
リュー
M8x16
25 Nm
前方フットレストサポート用スク
リュー
M8
25 Nm
前方ブレーキキャリパー用スク
リュー
M8
25 Nm
258
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®2701™
Loctite®243™
Loctite®243™
仕様一覧 21
エンジン取り付けスクリュー
M10
45 Nm
サイドスタンド用スクリュー
M10
35 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M10
45 Nm
シャーシ用その他のナット
M10
45 Nm
ショックアブソーバ用下部スク
リュー
M10
45 Nm
ショックアブソーバ用上部スク
リュー
M10
45 Nm
ハンドルアダプター用スクリュー
M10
45 Nm
フレームのエンジンホルダー用ス
クリュー
M10
45 Nm
ブレーキホース用バンジョーボル
ト
M10x1
25 Nm
スイングアームピボット用スク
リュー
M12
80 Nm
ラムダセンサー
M12x1.25
25 Nm
スイングアームの角度付きレバー
用ナット
M14x1.5
100 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
コパペースト
259
21 仕様一覧
角度付きレバーのコネクションレ
バー用ナット
M14x1.5
100 Nm
ラジエーター温度センサー用スク
リュー
M18
20 Nm
ステアリングヘッド用下部スク
リュー
M20x1.5
60 Nm
ステアリングヘッド用上部スク
リュー
M20x1.5
12 Nm
前方アクスルシャフト用スク
リュー
M24x1.5
45 Nm
後輪アクスルシャフト用ナット
M25x1.5
90 Nm
260
Loctite®243™
油脂類 22
エンジンオイル (SAE 10W/50)
規格 / 分類
– JASO T903 MA2 (
–
SAE (
頁 266)
頁 266) (SAE 10W/50)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するエンジンオイルのみを使用して下
さい。
100%化学合成エンジンオイル
推奨製品
MOTOREX®
– Power Synt 4T
クーラント
規定
– アルミニウム製エンジン用腐食防止剤が混合され珪酸を含有しない高品質のクーラントのみを使用してくだ
さい。低品質で不適切な不凍液は腐食、沈着、発泡の原因となります。
–
腐食防止や潤滑特性などはクーラントによってのみ可能なものですので、純水は使用しないでください。
–
指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するクーラントのみを使用して下さ
い。
耐凍結効果有効期間
−25 °C
261
22 油脂類
必要となる耐凍結効果得るために配合割合を調整しなければなりません。クーラントを薄める必要がある場合
は蒸留水を使用してください。
事前調合されているクーラントの使用が推奨されています。
耐凍結効果、薄め方、他のクーラントとの混和性(互換性)に関してはクーラントメーカーの指示に従ってくだ
さい。
推奨製品
MOTOREX®
– COOLANT M3.0
ダンパーオイル (SAE 2.5) (50180751S1)
規格 / 分類
– SAE ( 頁 266) (SAE 2.5)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1
規格 / 分類
– DOT
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するブレーキフルードのみを使用して
下さい。
262
油脂類 22
推奨製品
Castrol
– REACT PERFORMANCE DOT 4
MOTOREX®
– Brake Fluid DOT 5.1
フロントフォークオイル (SAE 4) (48601166S1)
規格 / 分類
– SAE ( 頁 266) (SAE 4)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。
無鉛ハイオクガソリン (ROZ 95)
規格 / 分類
– DIN EN 228 (ROZ 95)
規定
– 指定された規格に適合する、または同等の無鉛ハイオクガソリンのみを使用して下さい。
–
最大 10%のエタノールを含む混合ガソリン (E10)を使用しても問題ありません。
参考
メタノール燃料 (M15、M85、M100 など)および 10%以上のエタノールを混合した燃料 (E15、E25、
E85、E100 など)は使用しないで下さい。
263
23 ケミカル類
Perfect Finish およびラッカー塗装用光沢剤
推奨製品
MOTOREX®
– Moto Shine
オフロード用チェーンスプレー
推奨製品
MOTOREX®
– Chainlube Offroad
チェーン洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Chain Clean
モーターサイクル用洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Moto Clean
ラッカー塗装(光沢、非光沢)
、金属、プラスチック専用洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Quick Cleaner
264
ケミカル類 23
ラッカー塗装、金属、ゴム用手入れ剤
推奨製品
MOTOREX®
– Moto Protect
耐久性グリース
推奨製品
MOTOREX®
– Bike Grease 2000
燃料添加剤
推奨製品
MOTOREX®
– Fuel Stabilizer
汎用オイルスプレー
推奨製品
MOTOREX®
– Joker 440 Synthetic
265
24 規格
JASO T903 MA2
多岐にわたる技術開発を受け、モーターサイクル専用の規格、JASO T903 MA2が生まれました。
以前はモーターサイクル専用の仕様がなく、モーターサイクルには乗用車用のエンジンオイルが使われていまし
た。
乗用車ではエンジンのサービス頻度を下げる事が重要である一方、モーターサイクルエンジンでは何よりも高回
転数で高い出力を引き出す事が要求されます。
モーターサイクルでは、ギアやクラッチにエンジンと同じオイルが使用される事が珍しくありません。
JASO T903 MA2規格はこれら特殊な事象を考慮に入れた内容となっています。
SAE
SAE 粘度は米国の自動車技術者協会 (Society of Automotive Engineers)によって定められたもので、オイルをそ
の粘度によってクラス分けするものです。粘度はオイルの一特性に過ぎず、その品質を表すものではありませ
ん。
266
用語索引 25
ABS
アンチロック・ブレーキシステム
直進走行中に車輪がロックしてハンドルが効かなく
なってしまうのを防ぐ安全システム
OBD( オン
ボード・ダイ
アグノーシス)
オンボード診断
車両の電気系統の数値を監視する車両システム
-
クイックシフター・プラス
クラッチ操作を必要としないシフトのためのエンジ
ン制御ユニットの機能
MTC
バイクトラクションコントロール
空転している後輪のエンジントルクを低減させるエ
(モーターサイクルトラクションコン ンジン制御の補助機能
トロール)
267
26 表示マーク索引
26.1
赤のマーク
赤のマークは直ちに対処すべきエラー状態を示します。
クーラント温度警告ランプが赤く点灯– クーラントの温度が危険な値に達しています。交通
規制に従った方法で速やかに停止し、エンジンを切り、冷却させてからフルードレベルを点
検します。
オイル圧力警告ランプが赤く点灯– 油圧が低過ぎます。交通規制に従った方法で速やかに停
車し、エンジンを止めます。
26.2
黄色とオレンジ色のマーク
黄色とオレンジ色のマークはできるだけ早く対処すべきエラー状態を示します。運転支援システムが作動して
いる場合も同様に黄色またはオレンジ色のマークが表示されます。
ABS 警告ランプが黄色に点灯 / 点滅– ABS警告ランプが点灯している場合、ABS はオンに
なっていません。ABS 警告ランプは不具合が検出された場合にも点灯します。KTM 正規
ディーラーに連絡して下さい。
燃料レベル警告ランプがオレンジに点灯– 燃料レベルがリザーブマークに達しています。
不具合インジケーターランプがオレンジに点灯– OBDが車両の電気系統で不具合を検出しま
した。交通規制に従った方法で速やかに停車し、KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
268
表示マーク索引 26
TC インジケーターランプが黄色に点灯 / 点滅– TC インジケーターランプが点灯している場
合、MTC ( 頁 69)はオンになっていません。TC インジケーターランプと両走行モードが同
時に点灯している場合、不具合が検出されています。KTM 正規ディーラーに連絡して下さ
い。TC インジケーターランプはMTCが稼動すると点滅します。
26.3
緑と青のマーク
緑と青のマークは情報を表示しています。
ハイビームインジケーターランプが青く点灯– ハイビームが点灯しています。
ニュートラルインジケーターランプが緑に点灯– ギアがニュートラルに入っています。
ターンシグナルインジケーターランプが緑に点滅– ターンシグナルが作動しています。
269
索引
索引
1
12V バッテリー
充電する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 175
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 172
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 170
A
ABS . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
ABS キー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
ABS のヒューズ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 180
ACC1
前方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 196
ACC2
前方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 196
M
MTC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
U
USB
USB ポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195
USB ポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195
270
あ
アクセサリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
アンチロック・ブレーキシステム . . . . . . . . . 126
い
イグニッション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
インジケーターランプの表示 . . . . . . . . . . . . . 35
う
運転操作の前に
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作
業 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
初めて運転操作を行う際の注意 . . . . . . . . . . 51
保管後 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 233
え
エアフィルター
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 107
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
エマージェンシーOFFスイッチ . . . . . . . . . . 30
エンジン
慣らし運転をする
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
エンジンオイル
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217
補給する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223
索引
エンジンオイルのレベル
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216
給油する
燃料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 75
エンジンガード
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 125
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124
クイックシフター・プラス . . . . . . . . . . . . . . . 68
エンジン始動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
エンジンナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
お
オイルスクリーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217
オイルフィルター
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217
オーナーズマニュアル . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
か
各部の名称
左前方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
右後方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
カスタマーサービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
き
キーナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 25
く
クーラント
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
排出する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
不凍液とクーラントのレベルを点検する
レベルを点検する . . . . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
207
203
198
201
クラッチ
フルードのレベルを点検・調節する . . . . . . 122
クラッチレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 121
け
ケミカル類
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
こ
後輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 156
後輪のハブダンパー
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 162
誤使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
271
索引
コンビネーションインスツルメント
各部の名称 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
キロメートルかマイルを選択する . . . . . . . . 44
コンビネーションインスツルメントの電池を
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
サービス表示を設定する . . . . . . . . . . . . . . . 46
時刻を設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
メッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
さ
サービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
サービスプラン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78-81
サイドカバー
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
を取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 103
サイドグリップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
サイドスタンド . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
作業上の決まり . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
し
シート
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
リリース . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
272
を取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
シフト操作
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
シフトレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 214
基本位置を点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . 213
車載工具
収納する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 99
写真 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
車両
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226
リフトスタンドでジャッキアップする . . . . . 90
車両識別番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
車両に荷物を積む . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
仕様一覧
エンジン . . . . . . . . . . .
締付けトルクシャーシ .
締付けトルク、エンジン
シャーシ . . . . . . . . . . .
ショックアブソーバー .
タイヤ . . . . . . . . . . . .
電装系 . . . . . . . . . . . .
フロントフォーク . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
239
253
241
247
252
250
249
251
索引
容量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 246
せ
使用環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
使用時の安全性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
使用目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
前輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 154
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 152
ショックアブソーバー . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コンプレッションダンパー、全般 . . . . . . . .
コンプレッションダンパー高速を調節する . .
コンプレッションダンパー低速を調節する . .
リバウンドダンパーを調節する . . . . . . . . . .
そ
82
85
87
86
89
ショックアブソーバータイプナンバー . . . . . . . 26
診断プラグ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 196
す
スタートキー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
ステアリングヘッドベアリングの遊び
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
スペアパーツ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
スポークの張り
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 168
スロットルグリップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 28
走行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 62
発進 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 61
走行モード
変更する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 211
た
ターンシグナルスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
タイプラベル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
タイヤ空気圧
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 166
タイヤの状態
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
ち
チェーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
汚れを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
273
索引
チェーンガイド
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 120
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
パンク修理剤
使用法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 169
チェーンの遊び
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 113
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111
ひ
駐車 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
て
停止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
と
冬季運転
点検・メンテナンス作業 . . . . . . . . . . . . . . 229
同乗者用フットレスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . 37
トラクションコントロール
調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 212
トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . 234-238
に
荷物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
は
バイク
リフトスタンドから降ろす . . . . . . . . . . . . . 90
274
ハンドルロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
ヒューズ
( 各電装系部品)交換する . . . . . . . . . . . . . . 182
ふ
フィラーキャップ
閉じる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
フォークカバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
ブレーキ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
ブレーキディスク
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
ブレーキパッド
( 後輪ブレーキ)交換する
( 後輪ブレーキ)点検する
( 前輪ブレーキ)交換する
( 前輪ブレーキ)点検する
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
147
146
135
134
索引
ブレーキフルード
( 後輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . 144
( 前輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . 132
ブレーキフルードのレベル
( 後輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . 143
( 前輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . 131
ブレーキペダル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
遊びを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 140
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 141
ブレーキレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
ブレーキをかける
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
フロントスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
フロントフェンダー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 105
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
フロントフォーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コンプレッションレベルを調節する . . . . . . .
ダストシールを清掃する . . . . . . . . . . . . . . .
フォークレッグでエア抜きをする . . . . . . . .
リバウンドレベルを調節する . . . . . . . . . . .
フロントフォークのタイプナンバー
82
82
91
94
84
. . . . . . . . 26
へ
ヘッドライト
照明距離を調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . 192
調整を点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 191
ヘッドライトバルブを交換する . . . . . . . . . . . 187
ヘッドライトマスクとヘッドライト
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 186
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 185
ほ
法定保証 . . . . .
ホーンスイッチ
保管 . . . . . . . .
保護服 . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. 17
. 28
231
. 15
ポジションライトバルブ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 189
め
メインヒューズ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 178
メーカー保証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
も
モーターサイクルトラクションコントロール . . 69
275
索引
ゆ
油脂類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
輸送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
よ
容量
エンジンオイル . . . . . . . . . . . . . . . . . 222, 246
クーラント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209, 246
燃料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 77, 247
ら
ライトスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 29
り
リアスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
れ
冷却システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
クーラントを注入してエア抜きをする . . . . 205
276
*3213909ja*
3213909ja
2019 年 08 月
KTM Sportmotorcycle GmbH
5230 Mattighofen/オーストリア
http://www.ktm.com
写 真:
Mitterbauer/KISKA/KTM
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement