KTM 1290 Super Adventure R EU 2020 Travel Bike ユーザーマニュアル

KTM 1290 Super Adventure R EU 2020 Travel Bike ユーザーマニュアル
OWNER'S MANUAL 2020
1290 Super Adventure R
ART. NO. 3214096ja
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
このたびは KTM のモーターサイクルをお買い上げ頂き、ありがとうございます。最新のスポーツモーターサイ
クルを手に入れられたお客様に、これを十分満喫頂くため、適切なメンテナンスと手入れを行う事をお願いして
います。
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
安全で楽しいライドをたっぷりお楽しみ下さい。
お持ちのモーターサイクルのシリアルナンバーを以下に記して下さい。
車両識別番号 (
頁 26)
エンジンナンバー (
キーナンバー (
正規ディーラー店スタンプ
頁 27)
頁 27)
本オーナーズマニュアルは、印刷時点現在、当該モデルシリーズの最新仕様に基づいて作成されています。しか
し、車両の構造が更に開発される事により、製品と若干の差異が生じる可能性があります。
ここに記載された内容について、当社は何ら義務を負わないものと致します。KTM Sportmotorcycle GmbH は、
記載された技術内容、価格、色、形、部品、サービス内容、構造、装備などにつき予告および理由の開示なく変
更、代替品なく抹消、地域の状況に合わせ変更、並びに特定モデルの生産を予告なく停止する権利を有するもの
とします。商品入手の可否、写真・イラスト並びに記載内容との差異、印刷ミス並びに誤記に対し、KTM は一切
の責任を負いかねます。写真に使用されているモデルには、一部量産製品にはない特殊装備が施されています。
© 2019 KTM Sportmotorcycle GmbH, Mattighofen オーストリア
無断複写・転載を禁じます。
一部または全部並びにその種類を問わず、複製・複写には必ず著作者の書面による許可を要します。
*3214096ja*
3214096ja
2019 年 09 月
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
ISO 9001(12 100 6061)
国際品質管理規格 ISO 9001 に基づき、KTM では、到達しうる最高の製品品質を実現するための
品質保証プロセスを導入しています。
発行: TÜV Management Service
KTM Sportmotorcycle GmbH
Stallhofnerstraße 3
5230 Mattighofen, オーストリア
以下のモデルがこの書類の内容に該当します。:
1290 Super Adventure R EU (F9903T6)
1290 Super Adventure R TKC EU (F9903T7)
1290 Super Adventure R TKC CN (F9987T7)
2
目次
1
目次
表示方法 .......................................................... 11
1.1
1.2
2
3
使用目的に応じた使用環境.................
誤使用 .................................................
安全の手引き ......................................
危険度と表示マーク ...........................
改造に関する警告 ...............................
使用時の安全性...................................
保護服 .................................................
作業上の決まり...................................
環境.....................................................
オーナーズマニュアル........................
13
13
13
14
15
15
17
17
18
18
重要な注意事項 ............................................... 19
3.1
3.2
3.3
3.4
3.5
3.6
メーカー保証、法定保証.....................
油脂類、ケミカル類............................
スペアパーツ、アクセサリー .............
サービス..............................................
写真.....................................................
カスタマーサービス ...........................
19
19
19
20
20
20
各部の名称 ...................................................... 22
4.1
4.2
本書の表示マークについて................. 11
使用文字種について ........................... 12
安全の手引き................................................... 13
2.1
2.2
2.3
2.4
2.5
2.6
2.7
2.8
2.9
2.10
4
5
シリアルナンバー............................................ 26
5.1
5.2
5.3
5.4
5.5
5.6
5.7
6
各部の名称 左前方 ( 代表写真)......... 22
各部の名称 右後方 ( 代表写真)......... 24
車両識別番号 ......................................
タイプラベル ......................................
キーナンバー ......................................
エンジンナンバー ...............................
フロントフォークタイプナンバー......
ショックアブソーバータイプナン
バー.....................................................
ステアリングダンパータイプナン
バー.....................................................
26
26
27
27
28
28
29
操作各部 .......................................................... 30
6.1
6.2
6.3
6.4
6.5
6.6
6.7
6.8
6.9
クラッチレバー...................................
ブレーキレバー...................................
スロットルグリップ ...........................
左のコンビネーションスイッチ .........
ライトスイッチ...................................
速度制御システムのスイッチ .............
メニューボタン...................................
ターンシグナルスイッチ ....................
ホーンスイッチ...................................
30
30
31
31
32
33
36
36
38
3
目次
6.10
6.11
6.12
6.13
6.14
6.15
6.16
6.17
6.18
6.19
6.20
6.21
6.22
6.23
6.24
6.25
6.26
6.27
6.28
6.29
6.30
6.31
6.32
4
右のコンビネーションスイッチ .........
警告フラッシャースイッチ.................
エマージェンシーOFFスイッチ
/E スタータースイッチ .......................
レースオンキー...................................
ハンドルロック(アンテナ)..............
盗難防止システム ...............................
レースオンキー...................................
電装系アクセサリー用コンセント......
USB ポート.........................................
フィラーキャップを開ける.................
フィラーキャップを閉める.................
燃料コック ..........................................
収納スペースを開く ...........................
収納スペースを閉める........................
シートロック ......................................
サイドグリップ...................................
キャリアプレート ...............................
ケースマウント...................................
同乗者用フットレスト........................
シフトレバー ......................................
ブレーキペダル...................................
サイドスタンド...................................
センタースタンド ...............................
38
39
40
41
42
43
44
45
45
46
48
49
50
50
51
51
52
52
53
54
55
55
56
7
コンビネーションインスツルメント............... 57
7.1
7.2
7.3
7.4
7.5
7.6
7.7
7.8
7.9
7.10
7.11
7.12
7.13
7.14
7.15
7.16
7.17
7.18
7.19
7.20
7.21
7.22
コンビネーションインスツルメン
ト ........................................................
起動とテスト ......................................
デイ / ナイトモード ............................
警告.....................................................
凍結警告..............................................
インジケーターランプ........................
ディスプレイ ......................................
回転.....................................................
シフトランプ ......................................
速度制御システムの表示 ....................
速度.....................................................
ABS 表示.............................................
MTC 表示 ............................................
Ride 表示 ............................................
グリップヒーター(オプション) ......
シートヒーター(オプション)..........
クーラント温度の表示........................
燃料レベル表示...................................
外気温度表示 ......................................
時刻.....................................................
Favourites 表示 ...................................
Quick Selector 1 表示 .........................
57
58
59
61
62
64
68
70
71
72
72
73
73
74
74
75
75
76
77
77
78
78
目次
7.23
Quick Selector 2 表示 ......................... 79
7.24
Navigation 表示 ( オプション)............. 79
7.25
メニュー.............................................. 80
7.25.1
KTM MY RIDE( オプション) .......... 80
7.25.2
Audio( オプション)......................... 81
7.25.3
Navigation( オプション) ................. 83
7.25.4
ナビゲーションの設定(オプショ
ン) ................................................ 85
7.25.5
ナビゲーション情報(オプショ
ン) ................................................ 86
7.25.6
音量(オプション) ....................... 87
7.25.7
Setup( オプション)......................... 89
7.25.8
Bluetooth( オプション)................... 90
7.25.9
Phone( オプション)........................ 91
7.25.10 Headset Rider( オプション) ........... 93
7.25.11 Headset Pass.( オプション)........... 95
7.25.12 Wireless Interface........................... 97
7.25.13 電話(オプション) ....................... 98
7.25.14 Info ................................................. 99
7.25.15 Trip 1 ............................................ 100
7.25.16 Trip 2 ............................................ 101
7.25.17 General Info.................................. 102
7.25.18 TPMS ........................................... 102
7.25.19 Warnings ...................................... 104
7.25.20 Service ......................................... 104
7.25.21
7.25.22
7.25.23
7.25.24
7.25.25
7.25.26
7.25.27
7.25.28
7.25.29
7.25.30
7.25.31
7.25.32
7.25.33
7.25.34
7.25.35
7.25.36
7.25.37
7.25.38
7.25.39
7.25.40
7.25.41
7.25.42
7.25.43
7.25.44
7.25.45
Extra Functions ............................
Motorcycle ....................................
Heated Grips( オプション)...........
Heated Seat( オプション) ............
Ride Mode ....................................
MTC..............................................
MTC+MSR( オプション) ..............
ABS ..............................................
HHC( オプション) ........................
Settings ........................................
Favourites.....................................
Navi Info Screen...........................
Quick Selector 1 ...........................
Quick Selector 2 ...........................
Preferences ..................................
Units .............................................
Distance .......................................
Temperature.................................
Pressure .......................................
Consumption ................................
Language .....................................
Shift Light .....................................
時刻と日付を設定.........................
DRL ..............................................
Quickshifter +( オプション) ..........
105
106
106
107
108
109
110
111
112
113
113
114
114
115
116
116
117
118
119
120
121
121
122
125
126
5
目次
7.25.46
7.25.47
7.25.48
7.25.49
8
126
127
127
128
エルゴノミクス ............................................. 130
8.1
8.2
8.3
8.4
8.5
8.6
8.7
8.8
8.9
8.10
8.11
8.12
6
Heated Grips( オプション)...........
Heated Seat Rid( オプション)......
Heated Seat Pas( オプション).....
Cornering Light Test.....................
ハンドルバーの位置 .........................
ハンドルバーの位置を調節する ....
ウインドシールドを調節する ...........
クラッチレバーの基本位置を調整
する...................................................
ブレーキレバーの基本位置を調整
する...................................................
フロントシート用フットレスト .......
フットレストを調節する ..............
シフトレバーの基本位置を点検す
る ......................................................
シフトレバーの基本位置を調整す
る ..................................................
シフトレバーステップを調節する....
ブレーキペダルの基本位置を調整
する ...............................................
コンビネーションインスツルメン
トの傾きを設定.................................
9
9.1
9.2
9.3
10
130
130
133
運転上の注意事項.......................................... 151
運転操作の前に必ず行う点検・メン
テナンス作業 ....................................
10.2
エンジン始動 ....................................
10.3
発進...................................................
10.4
クイックシフター・プラス(オプ
ション)............................................
10.5
HHC(オプション)での発進 ...........
10.6
シフト操作と走行 .............................
10.7
MSR( オプション).............................
10.8
ブレーキをかける。..........................
10.9
停止と駐車 ........................................
10.10 輸送...................................................
10.11 燃料を給油する.................................
135
135
136
139
140
142
11
144
初めて運転操作を行う際の注意 ....... 146
慣らし運転をする ............................. 148
車両に荷物を積む ............................. 148
10.1
134
143
運転操作の前に ............................................. 146
151
152
155
156
157
158
164
164
167
169
171
サービスプラン ............................................. 174
11.1
11.2
11.3
補足情報............................................ 174
必須作業............................................ 174
推奨作業............................................ 177
目次
12
シャーシの調整 ............................................. 178
12.1
12.2
12.3
12.4
12.5
12.6
12.7
178
178
180
181
182
183
184
13.10
13.11
13.12
13.13
186
13.14
13.15
187
13.16
サービス作業シャーシ .................................. 188
13.17
12.8
12.9
13
フロントフォーク / ショックアブ
ソーバー............................................
フロントフォークのコンプレッ
ションダンパーを調節する...............
フロントフォークのリバウンドダ
ンパーを調節する .............................
フロントフォークのスプリングプ
リロードを調節する .........................
ショックアブソーバーのコンプ
レッションダンパー .........................
ショックアブソーバーのコンプレ
ッションダンパー低速を調節する....
ショックアブソーバーのコンプレ
ッションダンパー高速を調節する....
ショックアブソーバーのリバウン
ドダンパーを調節する......................
ショックアブソーバーのスプリン
グプリロードを調節する ..................
13.4
13.5
13.6
13.7
13.8
13.9
13.1
13.2
13.3
車両をセンタースタンドで立てる.... 188
車両をセンタースタンドから降ろ
す ...................................................... 189
シートを取り外す ............................. 190
13.18
13.19
シートを取り付ける .........................
チェーンの汚れを点検する...............
チェーンを清掃する .........................
チェーンの遊びを点検する...............
チェーンの遊びを調節する...............
チェーン、リアスプロケット、フロ
ントスプロケットを点検する ...........
油圧式クラッチのフルードレベル
を点検・調節する .............................
ステアリングヘッドベアリングの
遊びを点検する.................................
ロアートリプルクランプのカバー
を取り外す ........................................
ロアートリプルクランプのカバー
を取り付ける ....................................
フロントサイドカバーを取り外す....
フロントサイドカバーを取り付け
る ......................................................
フロントマスクスポイラーを取り
外す ...............................................
フロントマスクスポイラーを取り
付ける ...........................................
フロントフェンダーを取り外す .......
フロントフェンダーを取り付ける....
190
191
191
193
195
197
202
204
206
207
208
208
209
213
216
217
7
目次
13.20 フォークレッグのダストシールを
清掃する ........................................
13.21 フューエルタンクのカバーを取り
外す...................................................
13.22 フューエルタンクのカバーを取り
付ける ...............................................
13.23 ウインドシールドを取り外す ...........
13.24 ウインドシールドを取り付ける .......
13.25 エンジンガードを取り外す...............
13.26 エンジンガードを取り付ける ...........
13.27 クラッシュバーを取り外す ...........
13.28 クラッシュバーを取り付ける .......
14
14.8
221
223
226
226
227
227
228
229
15
14.2
14.3
14.4
14.5
14.6
アンチロック・ブレーキシステ
ム (ABS)............................................
ブレーキディスクを点検する ...........
前輪ブレーキのブレーキフルード
のレベルを点検する .........................
前輪ブレーキのブレーキフルード
を補給する ....................................
前輪ブレーキのブレーキパッドを
点検する............................................
後輪ブレーキのブレーキフルード
のレベルを点検する .........................
232
235
236
237
240
241
16
後輪ブレーキのブレーキフルード
を補給する .................................... 242
後輪ブレーキのブレーキパッドを
点検する............................................ 245
車輪、タイヤ ................................................. 246
15.1
15.2
15.3
15.4
15.5
15.6
15.7
15.8
15.9
15.10
ブレーキシステム.......................................... 232
14.1
8
14.7
218
前輪を取り外す .............................
前輪を取り付ける .........................
後輪を取り外す .............................
後輪を取り付ける .........................
後輪のハブダンパーを点検する ....
タイヤの状態を点検する ..................
タイヤ空気圧を点検する ..................
スポークの張りを点検する...............
チューブレスタイヤシステム ...........
パンク修理剤の使用法......................
246
248
252
255
258
260
263
264
265
266
電装系............................................................ 268
16.1
16.2
16.3
16.4
16.5
16.6
16.7
デイライト (DRL) .............................
コーナリングライト .........................
12V バッテリーを取り外す ...........
12V バッテリーを取り付ける .......
12V バッテリーを充電する ...........
レースオンキーの電池を交換する....
メインヒューズを交換する...............
268
269
270
272
275
280
281
目次
16.8
16.9
16.10
16.11
16.12
16.13
17
17.2
288
289
289
290
調節タンクのクーラントのレベル
を点検する ........................................ 291
調節タンクでクーラントのレベル
を調整する ........................................ 293
エンジンを調整する ...................................... 296
18.1
18.2
19
19.3
284
287
20
21
Ride Mode......................................... 296
モーターサイクルトラクションコ
ントロール (MTC)............................. 297
エンジンで行うサービス作業........................ 298
19.1
19.2
エンジンオイルのレベルを点検す
る ...................................................... 298
エンジンオイルとオイルフィル
ターを交換し、オイルスクリーンを
清掃する ........................................ 299
エンジンオイルを補給する............... 306
清掃、手入れ ................................................. 309
20.1
20.2
洗車をする ........................................ 309
冬季運転における点検・メンテナン
ス作業 ............................................... 312
保管 ............................................................... 314
21.1
21.2
冷却システム................................................. 291
17.1
18
ヒューズボックス内のヒューズを
交換する............................................
ヘッドライトの設定を点検する .......
ヘッドライトの照明距離を調節す
る ......................................................
診断プラグ ........................................
ACC1 および ACC2 前方 ..................
ACC1 と ACC2 後方 .........................
保管................................................... 314
保管後、運転操作の前に。 ............... 315
22
トラブルシューティング............................... 316
23
仕様一覧 ........................................................ 321
23.1
23.2
23.3
23.3.1
23.3.2
23.3.3
23.4
23.5
23.6
23.7
23.8
23.9
エンジン............................................
締付けトルク、エンジン...................
容量...................................................
エンジンオイル ............................
クーラント ...................................
燃料 ..............................................
シャーシ............................................
電装系 ...............................................
タイヤ ...............................................
フロントフォーク .............................
ショックアブソーバー......................
締付けトルクシャーシ......................
321
323
328
328
328
329
329
331
332
332
334
335
9
目次
24
適合宣言 ........................................................ 342
24.1
24.2
25
適合宣言............................................ 342
各国適合宣言 .................................... 344
オープンソース ............................................. 345
25.1
オープンソースソフトウェアに関
する情報............................................ 345
26
油脂類............................................................ 346
27
ケミカル類 .................................................... 350
28
規格 ............................................................... 352
29
用語索引 ........................................................ 353
30
表示マーク索引 ............................................. 355
30.1
30.2
30.3
赤のマーク ........................................ 355
黄色とオレンジ色のマーク............... 355
緑と青のマーク................................. 356
索引 ....................................................................... 357
10
表示方法 1
1.1
本書の表示マークについて
以下、使用されている表示マークについて説明します。
予想される正常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果。
想定外の異常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果。
このマークが付いている作業は全て専門知識や技術的知識を必要とします。ご自身の安全の
ため、これら作業は KTM 正規ディーラーで実施するようにして下さい! 特別な訓練を受けた
専門技術者が必要な専用ツールを使って、お客様のモーターサイクルを最適な状態にメンテナ
ンス致します。
参照頁を示します ( 詳細については記載の頁を参照して下さい)。
補足情報や役に立つ情報を示します。
確認ステップの結果を示します。
11
1 表示方法
電圧の測定を示します。
電流の測定を示します。
必要に応じた再加工を含む作業の終わりについて示します。
1.2
使用文字種について
以下、使用されている文字種について説明します。
固有名詞
固有名詞を示します。
名前®
登録商標を示します。
マーク ™
トレードマークを示します。
下線を引いた用語
車両の技術的詳細を参照または用語解説にある専門用語を示します。
12
安全の手引き 2
2.1
使用目的に応じた使用環境
この車両は、通常の道路走行や柔らかな地面(未舗装道路)で想定される使用環境に耐えられるような設計・構
造となっています。この車両は、サーキットでの走行は想定されていません。
参考
本車両は承認を受けたモデルのみ公共道路での走行が許可されています。
埃が多い地域で使用する際はエアフィルターカバーが必要な場合があります。KTM 正規ディーラーまで
お気軽にお問い合わせ下さい。
2.2
誤使用
車両は使用目的に従った方法でのみ使用してください。
使用目的に従わない場合、人、車両、そして環境への危険の原因となります。
使用目的に従った使用、また定義されている使用環境の範囲外で車両を使用した場合、それは誤使用とみなされ
ます。
油脂類およびケミカル類がそれぞれの使用に適した仕様条件を満たしていない場合も誤使用とみなされます。
2.3
安全の手引き
記載された製品の安全な環境のために安全の手引きに留意して下さい。そのためにも本説明書および同梱され
たその他すべての説明書をよくお読み下さい。この安全の手引きは文章が見やすく記載され、重要箇所はリンク
が添付されています。
13
2 安全の手引き
参考
記載された製品のよく見える箇所に注意・警告表示が貼付されています。注意または警告表示をはがさ
ないで下さい。これら表示がないと危険が認識できず、お客様ご自身並びに周囲の方々が怪我をされる
恐れがあります。
2.4
危険度と表示マーク
危険
適切に対応しないと直接および確実に死亡や後遺症を残す重傷につながる危険を示します。
警告
適切に対応しないと死亡や後遺症を残す重傷につながる恐れのある危険を示します。
注意
適切に対応しないと場合によっては軽傷につながる恐れのある危険を示します。
情報
適切に対応しないと車両または部品に重大な損傷をもたらす危険を示します。
情報
適切に対応しないと環境汚染につながる危険を示します。
14
安全の手引き 2
2.5
改造に関する警告
ノイズダンパー部品の改造を行うことは禁じられています。以下の処置および該当する状態の製造は法的に禁
じられています:
1
防音のために取り付けられている装備や部品のいずれかを、新車がエンドユーザーに販売または引き渡され
る前に取り外したり、機能しないように変更したりする事。あるいは車両の使用期間中にメンテナンス、修
理、交換以外の目的で取り外したり、機能しないように変更したりする事。
2
そのように設置したり部品を取り外す、もしくは機能しないようにした車両の使用。
違法改造の例:
1
メインサイレンサー、バッフルプレート、マニホールド、その他排気系統の部品の取り外しもしくは穿孔。
2
インテークシステム部品の取り外しまたは穿孔。
3
非合法的なメンテナンス状態での使用。
4
車両の可動部品、あるいは排気装置またはインテークシステムの部品を製造者が承認していない部品と交換
する事。
2.6
使用時の安全性
危険
事故の危険性
運転能力および判断力が十分でない運転者は、自身および他の方への危険となります。
–
アルコール、薬物、薬品などにより運転能力が低下している場合、車両の運転をしないでください。
–
肉体的、精神的に運転能力が低下している場合も、車両の運転をしないでください。
15
2 安全の手引き
危険
中毒の危険性
排気ガスは毒性があり、意識不明や死亡の原因となる恐れがあります。
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるように常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用し
てください。
警告
火傷の危険性
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
–
車両部品が冷めるまで排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキシステムなどの部品
には触らないでください。
–
車両部品を十分に冷ましてから作業を実行してください。
車両が完璧に整備された状態である事を必ず確認し、法規定に則った安全で環境に優しい運転を心がけて下さ
い。
訓練を受けた人のみがこのモデルを運転できます。公道では適切な運転許可証が必要となります。
安全性を損なうような不具合がある場合は、すぐに KTM 正規ディーラーで処置を受けて下さい。
車両に貼付されている注意・警告表示に従って下さい。
16
安全の手引き 2
2.7
保護服
警告
怪我の危険性
不足および欠陥のある保護服の着用は安全面での危険性を高めます。
–
走行時は必ずヘルメット、ブーツ、手袋、プロテクターが取り付けられたズボンやジャケットなどの
保護服を着用してください。
–
損傷等がなく、かつ法規制に従った保護服を常に着用して下さい。
KTM ではお客様の安全性のためにも運転の際には適切な保護服を必ず着用するようお勧めしています。
2.8
作業上の決まり
特に断りのない限り、作業ごとにイグニッションをオフにするか(イグニッションスイッチまたはリモートキー
が装備されているモデル)
、エンジンを停止する(イグニッションスイッチまたはリモートキーが装備されてい
ないモデル)必要があります。
作業の中には専用ツールを必要とするものがあります。専用ツールは車両の付属品ではありませんが、()に記
載されている番号を指定して注文する事ができます。例:ベアリングプーラー(15112017000)
組み立ての際再利用できない部品(緩み止めスクリューとナット、ガスケット、O リング、割りピン、リテー
ナープレートなど)は新しい部品と交換します。
スクリュー脱落にはゆるみ止め材 ( 例、Loctite®)が必要になることがあります。使用の際にはメーカーの特別な
注意事項を参照して下さい。
新しい部品にゆるみ止め剤(Precote®など)が塗布されている場合、追加的にゆるみ止め剤を重ねて塗布する必
要はありません。
分解後も再度使用する部品は清掃し、磨耗や損傷がないかを点検します。摩耗・損傷した部品は交換します。
修理およびサービス終了後は、車両が安全に使用できる状態である事を確認して下さい。
17
2 安全の手引き
2.9
環境
責任感をもってモーターサイクルと接する事で問題や対立の発生を避ける事ができます。モーターサイクルの
明るい未来のためにも、法律で定められた範囲でモーターサイクルを使用し、環境意識を持ち、他人の権利を尊
重する事を常に心がけて下さい。
古い燃料、その他燃料およびケミカル類、古くなった部品の廃棄は各国の法律および規則を遵守して下さい。
モーターサイクルは古い車両の廃棄に関する EU 指令の対象ではないので、法的な規定はありません。KTM 正
規ディーラーにお気軽にお尋ね下さい。
2.10
オーナーズマニュアル
初めてツーリングに出る前に、必ずこのオーナーズマニュアルを全頁注意して読んで下さい。車両の操作や取り
扱い、メンテナンスのために有用なヒントや情報が盛り込まれています。車両を自分に合った最適な状態に調整
し、ご自身を怪我から守る対処法を知るにはこれ以外の方法はありません。
必要な時にはいつでも確認できるよう、オーナーズマニュアルはすぐに手の届く場所に保管しておいて下さい。
車両について、ここに記載されていない情報をお求めの場合やご不明な点がありましたら、KTM 正規ディー
ラーまでお問い合わせ下さい。
オーナーズマニュアルはモーターサイクルの重要な部品の一部です。転売する際は必ず車両と一緒に新しい所
有者に引き渡して下さい。
オーナーズマニュアルは KTM 正規ディーラーで、または KTM ホームページからダウンロードすることができ
ます。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
18
重要な注意事項 3
3.1
メーカー保証、法定保証
サービスプランに規定された作業は必ず KTM の正規ディーラーで行い、KTM Dealer.netで証明を受けて下さ
い。これをしないと一切の保証請求が無効となります。また、車両の変更・改造に起因する直接・間接の損害は
メーカー保証の対象外です。
3.2
油脂類、ケミカル類
情報
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
オーナーズマニュアルおよび仕様に応じた油脂類とケミカル類を使用して下さい。
3.3
スペアパーツ、アクセサリー
ご自身の安全のため、KTM により承認または推奨されたスペアパーツ並びにアクセサリーのみを使用し、また
これら部品の取り付けは KTM の正規ディーラーで行って下さい。それ以外の製品およびその使用に起因する損
害について、KTM は一切その責任を負いかねます。
関連する説明文で ( )内に記載されているスペアパーツやアクセサリーもあります。KTM 正規ディーラーまで
お気軽にお問い合わせ下さい。
お手持ちの製品でご使用になれる最新のKTM PowerPartsについては、KTM のホームページをご覧下さい。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
19
3 重要な注意事項
3.4
サービス
故障を避け、できるだけ摩耗を減らすには、オーナーズマニュアルの記載に従ってエンジンとシャーシのサービ
ス、お手入れ、調整作業を行わなければなりません。シャーシの調整が適切でないと、シャーシ部品の損傷や破
損を引き起こす恐れがあります。
ひどいぬかるみや水分を含んだ道路、あるいは埃が多かったり乾燥している地域など極端な環境で車両を使用す
ると、駆動系やブレーキなどの部品が平均以上に摩耗する原因となります。その結果、サービスプランで想定し
ているメンテナンスの前に、サービス作業や消耗部品の交換が必要になる事があります。
規定の慣らし運転時間とサービス時期を必ず守って下さい。これは、車両の寿命を長くするために非常に重要な
事です。
3.5
写真
注意事項に記載された写真には一部特別装備が施されています。
より分かりやすく表示および説明するために一部部品を取り外したり、記載していない場合があります。これら
の記述に関する取り外しは必ずしも必要ではありません。記載内容に留意して下さい。
3.6
カスタマーサービス
お手持ちの製品や KTM に関するご質問については、KTM 正規ディーラーまでお気軽にお問い合わせ下さい。
KTM 正規ディーラーの一覧は KTM のホームページに掲載されています。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
20
重要な注意事項 3
21
4 各部の名称
4.1
各部の名称
左前方 ( 代表写真)
F01727-10
22
各部の名称 4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
bk
bl
bm
電装系アクセサリー用コンセント (
クラッチレバー (
シートロック (
頁 45)
頁 30)
頁 51)
サイドグリップ (
頁 51)
キャリアプレート (
頁 52)
同乗者用フットレスト (
センタースタンド (
頁 53)
頁 56)
フロントシート用フットレスト (
シフトレバー (
頁 135)
頁 54)
サイドスタンド (
頁 55)
エンジンオイルの点検窓
燃料コック (
頁 49)
23
4 各部の名称
4.2
各部の名称
右後方 ( 代表写真)
F01728-10
24
各部の名称 4
1
2
3
4
5
6
7
8
9
bk
bl
フィラーキャップ
左のコンビネーションスイッチ (
頁 31)
フロントフォークのコンプレッションレベル調節
右のコンビネーションスイッチ (
頁 38)
フロントフォークのリバウンドレベル調節
ブレーキレバー (
頁 30)
収納スペース
冷却システムの調節タンク
ブレーキペダル (
頁 55)
ショックアブソーバーのコンプレッションレベル調節
ショックアブソーバーのリバウンドレベル調節
25
5 シリアルナンバー
5.1
車両識別番号
車両識別番号 はステアリングヘッド後方のフレーム右下に刻
印されています。
車両識別番号はタイプラベルにも記載されています。
1
402294-10
5.2
タイプラベル
タイプラベル はステアリングヘッド後方のフレーム左上に貼
付されています。
1
402293-10
26
シリアルナンバー 5
5.3
キーナンバー
キーナンバーCode number
います。
1はKEYCODECARDに記載されて
参考
予備のキーを注文する際にキーナンバーが必要となりま
す。KEYCODECARDは安全な場所に保管して下さい。
F01249-10
5.4
エンジンナンバー
エンジンナンバー
1はエンジンの右側に刻印されています。
402296-10
27
5 シリアルナンバー
5.5
フロントフォークタイプナンバー
フロントフォークタイプナンバー はフォークレッグアクスル
通し穴の内側に刻印されています。
1
402295-10
5.6
ショックアブソーバータイプナンバー
ショックアブソーバータイナンバー
上部に刻印されています。
402339-10
28
1はショックアブソーバー
シリアルナンバー 5
5.7
ステアリングダンパータイプナンバー
ステアリングダンパータイプナンバー
パーの下側に刻印されています。
1はステアリングダン
H02023-10
29
6 操作各部
6.1
クラッチレバー
クラッチレバー は左のハンドルバーに設置されています。
クラッチは油圧で作動し、自動調整されています。
1
K00797-10
6.2
ブレーキレバー
ブレーキレバー は右のハンドルバーに設置されています。
ブレーキレバーを握ると、前輪ブレーキと後輪ブレーキが同時に
作動します。
1
参考
K00798-10
30
ABSモードOffroadに切り替えられている場合には前輪ブ
レーキだけが作動します。
ABS がオフに切り替えられている場合には前輪ブレーキ
だけが作動します。
操作各部 6
6.3
スロットルグリップ
スロットルグリップ
1は右のハンドルバーに設置されています。
K00798-11
6.4
左のコンビネーションスイッチ
左のコンビネーションスイッチは左のハンドルバーに設置されて
います。
31
6 操作各部
左のコンビネーションスイッチ各部の名称
ライトスイッチ ( 頁 32)
1
2
3
4
5
速度制御システムのスイッチ (
メニューボタン (
ターンシグナルスイッチ (
ホーンスイッチ (
頁 33)
頁 36)
頁 36)
頁 38)
F00882-10
6.5
ライトスイッチ
ライトスイッチ
ています。
1は左のコンビネーションスイッチに設置され
確認すべき状態
ヘッドライト ( ロービーム)点灯– ライトスイッチ
が の位置にあります。この位置でヘッドライト (
ロービーム)とテールライトが点灯しています。
A
ヘッドライト ( ハイビーム)点灯– ライトスイッチを
の位置に入れます。この位置でヘッドライト ( ハ
イビーム)とテールライトが点灯しています。
B
K00799-10
パッシングライト– ライトスイッチを引いて
置に入れます。
32
Cの位
操作各部 6
6.6
速度制御システムのスイッチ
速度制御システムのスイッチ
チに設置されています。
K00800-10
1は左のコンビネーションスイッ
確認すべき状態
• 速度制御システムのスイッチ が基本位置にある。
• 速度制御システムのスイッチ が左位置にある。– この位置
では速度制御システムの機能が作動 / 解除することができま
す。稼動状況はコンビネーションインスツルメントに表示さ
れます。
• 速度制御システムのスイッチ を軽く上に押す。– 最近設定
された速度に再度達し、維持されています。軽く押す度に目
標速度が 1 km/h あるいは 1 mph ずつ上がります。
• 速度制御システムのスイッチ を上に押したままの状
態。– 目標速度が 5 km/h または 5 mph ずつ上がります。
• 速度制御システムのスイッチ を軽く下に押す。– 速度制御
システムは作動し、現在の速度が維持されます。軽く押す度
に目標速度が 1 km/h あるいは 1 mph ずつ下がります。
• 速度制御システムのスイッチ を下に押したままの状
態。– 目標速度が 5 km/h または 5 mph ずつ下がります。
33
6 操作各部
参考
速度制御システムをオンにした後、スロットルグリップを
基本位置に押し戻すことができます。設定した速度を維持
します。
スロットルグリップを回し目標速度の超過した時間が
30 秒未満の場合、速度制御システムは有効の状態を維持
します。
速度制御システムを解除するには速度制御システムのスイッ
チ を左に押します。
以下の場合、速度制御システムの機能は解除されます:
34
–
ブレーキレバーを作動した場合
–
ブレーキペダルを作動した場合
–
クラッチレバーを作動した場合
–
シフトチェンジした場合
–
スロットルグリップが基本位置から回転した場合
–
バイクトラクションコントロールの調節 (MTC (
–
後輪がスリップまたは前輪が浮いている場合
–
速度制御システムの機能性を損うような不具合が生じた場合
–
追い越しの際に 30 秒以上目標速度を超えた場合
頁 297))
操作各部 6
警告
事故の危険性 速度制御システムの機能はどの走行状況
にも適しているとは限りません。
エンジン出力が十分でない場合、設定した目標速度は下
回ります。
傾斜でのエンジンブレーキの作用が十分でない場合、設
定した目標速度は上回ります。
–
カーブの多い道路では速度制御システムは使用しない
で下さい。
–
滑りやすい路面 ( 例、雨や雪)または不安定な地面 (
例、砂地、石、砂利)では速度制御システムを使用しな
いで下さい。
–
渋滞で一定の速度で走行できない場合は速度制御シス
テムを使用しないで下さい。
速度制御システムはバイクトラクションコントロール(MTC
( 頁 297))がオンの状態でのみ使用することができます。
バイクトラクションコントロール(MTC ( 頁 297))がオフの場
合は、速度制御システムもオフになります。
速度制御システムは急加速した場合、作動しません。
速度制御システムは 3 速、4 速、5 速および 6 速で作動します。
制御範囲は 40~ 200 km/h または 25~ 125 mph です。
35
6 操作各部
6.7
メニューボタン
メニュースイッチは左のコンビネーションスイッチ中央に設置さ
れています。
メニュースイッチの各ボタンでコンビネーションインスツルメン
トのマトリクスディスプレイを操作します。
はUPボタンです。
はDOWNボタンです。
はSETボタンです。
はBACKボタンです。
1
2
3
4
K00801-10
6.8
ターンシグナルスイッチ
ターンシグナルスイッチ
設置されています。
1は左のコンビネーションスイッチに
確認すべき状態
ターンシグナルを停止– ターンシグナルスイッチをス
イッチボックスに向かって押します。
左のターンシグナルが作動– ターンシグナルスイッチ
を左に押します。ターンシグナルが作動し、スイッチ
は中央位置に戻ります。
K00802-10
36
操作各部 6
右のターンシグナルが作動– ターンシグナルスイッチ
を右に押します。ターンシグナルが作動し、スイッチ
は中央位置に戻ります。
参考
ソフトウェア機能としてオートマチックターンシグナルス
イッチ (ATIR) を利用できます。
このATIR機能はタイムカウンターおよび走行距離カウン
ターを使用します。
最低でも 10 秒あるいは走行距離にして 150 メートル、
ターンシグナルが作動していた場合、ターンシグナルは停
止されます。
車両が停止したら、カウンターは両方とも停止されます。
ターンシグナルスイッチを再度作動すると、両カウンター
はリセットされます。
37
6 操作各部
6.9
ホーンスイッチ
ホーンスイッチ
ています。
1は左のコンビネーションスイッチに設置され
確認すべき状態
• ホーンスイッチ
• ホーンスイッチ
ます。
が基本位置にある。
が押されている– この位置でホーンが鳴り
K00802-11
6.10
右のコンビネーションスイッチ
右のコンビネーションスイッチは右のハンドルバーに設置されて
います。
38
操作各部 6
コンビネーションスイッチ(右)の各部の名称
警告フラッシャースイッチ ( 頁 39)
エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータースイッチ
( 頁 40)
レースオンキー ( 頁 41)
1
2
3
K00803-10
6.11
警告フラッシャースイッチ
警告フラッシャースイッチ はコンビネーションスイッチ右に
設置されています。
警告フラッシャーは緊急状態を知らせるのに使用します。
1
参考
K00804-10
イグニッションがオンであるか、またはイグニッションを
オフにしてから 60 秒以内であれば、警告フラッシャーを
作動または停止できます。
警告フラッシャーは 12 V バッテリーを消費しますので、
必要以上に長く作動しないで下さい。
39
6 操作各部
確認すべき状態
警告フラッシャーがオン– 4 つのターンシグナル全て
と、コンビネーションインスツルメントの緑のターン
シグナルインジケーターランプが点滅します。
6.12
エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータースイッチ
エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータースイッチ
ンビネーションスイッチ右に設置されています。
1はコ
確認すべき状態
エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータース
イッチオフ(上位置)– この位置ではイグニッション
回路が接続されておらず、エンジン作動中はこれを停
止し、エンジンをかける事ができません。ディスプレ
イにメッセージが表示されます。
K00804-11
エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータース
イッチオン(中央位置)– 運転する際はこの位置に設
定します。イグニッション回路が接続されています。
セルフスターターモーターオン(下位置)– この位置
でセルフスターターモーターを作動します。
40
操作各部 6
6.13
レースオンキー
レースオンキー
います。
1はコンビネーションスイッチ右に設置されて
参考
この車両ではレースオンキーがイグニッションの役割を担
います。
ハンドルは左に最後まで切った状態にしてはじめてロック
することができます。
K00805-10
確認すべき状態
• レースオンキー が基本位置に入っている。
• レースオンキー を短く押す– キーを軽く押すとイグニショ
ンがオンになりハンドルロックが解除されるか、イグニショ
ンがオフになります。レースオンのインジケーターランプが
一度だけ点灯します。
• レースオンキー を長く押す– 長く押すことによりイグニ
ションがオフになりハンドルがロックされます。
41
6 操作各部
6.14
ハンドルロック(アンテナ)
この車両ではイグニションロックとハンドルロックの代わり
にトランスポンダの搭載されたリモートキー(レースオンキー
( 頁 44))が使用されています。
ハンドルロックをオンにするために、ハンドルバーを左に切りま
す。
このハンドルはレースオンキー ( 頁 41)でロック / ロック解
除を行います。
レースオンキーのバッテリー電圧が低過ぎる場合、レースオン
キーまたは黒いイグニションキーを車両 のエリアに当て、エン
ジン始動を再度試みます。
A
S02260-10
参考
エンジンがスタートしたら、レースオンキーまたは黒いイ
グニションキーを安全な場所にしまってください。
確認すべき状態
• イグニションがオフ、ハンドルがロックされている– この状
態ではイグニッション回路が接続されておらず、ハンドルは
ロックされています。
• イグニションがオフ、ハンドルのロックが解除されている
– この状態ではイグニッション回路が接続されておらず、
ハンドルのロックが解除されています。
42
操作各部 6
•
6.15
イグニションがオン、ハンドルのロックが解除されている
– この状態ではイグニッション回路が接続されており、ハン
ドルのロックが解除されています。
盗難防止システム
電子盗難防止システムは車両が不正に使用されるのを防ぎます。
レースオンキー ( 頁 41)を使ってイグニションを切ると盗難
防止システムがオンになり、エンジンコントロールがロックされ
ます。
レースオンのインジケーターランプ が点滅することでエラー
を知らせることができます。
オプションのアラーム装置が装備されている場合は、アラーム装
置がオンになっていると、レースオンインジケーターランプ が
点滅します。
1
1
F01329-01
43
6 操作各部
6.16
レースオンキー
この車両ではレースオンキー が従来のイグニッションキーを
代替します。
ボタンを押すと鍵が開き出ます。この鍵はシートロック解除
およびケース(オプション)を開く場合にのみ使用することがで
きます。
黒いイグニションキー はレースオンキーが使用できない場合、
または機能しない場合にのみ使用します。
黒いイグニションキーはレースオンキーのバッテリー電圧が低過
ぎる場合、車両のトランスポンダが認識されない場合に始動に使
用することができます。黒いイグニションキーを使ってシート
ロックを解除することやケース(オプション)を開けることもで
きます。
1
2
3
S01724-10
参考
イグニッションキーには電子部品が実装されています。
常にその他の電子部品の入った機器から数センチメーター
離れた位置にあることを確認してください。
イグニッションキーを紛失した場合、車両が不正に使用されるの
を防ぐため、紛失したキーを KTM の正規ディーラーで無効設定
する必要があります。
納車時、イグニッションキーは有効に設定されています。
KTM の正規ディーラーで全部で 4 個までのイグニッションキー
を同じキーナンバーで有効化することができます。
44
操作各部 6
6.17
電装系アクセサリー用コンセント
電装系アクセサリー用のコンセント はアッパートリプルクラ
ンプの手前に設置されています。
継続プラス極に接続されており、ヒューズで保護されています。
1
電装系アクセサリー用コンセント
電圧
12 V
最大消費電流
10 A
K00806-10
6.18
USB ポート
収納スペースに電気機器の充電のための USB ポート がありま
す。
イグニッションがオンの場合、USB ポートを使用することができ
ます。
1
USB ポート
電圧
5V
最大消費電流
2.1 A
F00974-10
45
6 操作各部
6.19
フィラーキャップを開ける
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
警告
中毒の危険性
46
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
–
燃料は適切なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所に保管して下さい。
操作各部 6
情報
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
条件
車両が停止している。
エンジンが停止している。
イグニションがオンまたはオフになってから 1 分間を経過してい
ない。
–
カバー
1をゆっくりと持ち上げます。
フィラーキャップのロックが解除されています。
–
フィラーキャップ
2を上に開きます。
K00826-10
47
6 操作各部
6.20
フィラーキャップを閉める
警告
火事の危険 燃料は発火性が高く、毒性で、健康に害
を及ぼします。
K00827-10
–
–
フィラーキャップを閉めた後には正しくロックさ
れているか点検してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてく
ださい。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってくだ
さい。
フィラーキャップ
1を下に閉じて押します。
カチッと音がしてフィラーキャップがはまります。
48
操作各部 6
6.21
燃料コック
フューエルタンクの両側に燃料コック
います。
1が 1 つずつ設けられて
参考
運転の際は必ず両側の燃料コックを開いて下さい。
燃料コックを閉じるのはフューエルタンクを取り外す場合
のみです。
S02261-10
確認すべき状態
• 両側の燃料コックが閉じている– 燃料レベルの調整は行われ
ず、スロットルバルブ本体へ通じる燃料コックは閉じた状態
にあります。
• 両側の燃料コックが開いている– 燃料レベルの調整が行わ
れ、スロットルバルブ本体へ通じる燃料コックは開いた状態
にあります。
49
6 操作各部
6.22
収納スペースを開く
–
ロック
–
収納スペースを開きます。
1を持ち上げ、Aの部分を外します。
参考
収納スペースに電気機器の充電のためのUSB ポート
( 頁 45) があります。
2
F00918-10
6.23
収納スペースを閉める
F00919-10
50
–
収納スペースを閉めます。
–
ロック
1をAの部分に掛け下に押します。
操作各部 6
6.24
シートロック
シートロック は車両の左側、シートの下に設置されています。
レースオンキーまたは黒いイグニションキーでロックを解除する
ことができます。
1
K00830-10
6.25
サイドグリップ
走行中、同乗者はサイドグリップ
きます。
1をつかんで体を支える事がで
K00807-10
51
6 操作各部
6.26
キャリアプレート
キャリアプレート はシートの後ろに設置されています。
キャリアプレートにハードケース ( オプション)のベースプレート
を固定できます。
キャリアプレートに規定の最大重量を超える荷重をかけないで下
さい。
1
キャリアプレートの
最大許容荷重
K00807-11
8 kg
参考
ハードケースメーカーの注意事項を守って下さい。
6.27
ケースマウント
ケースマウント はリアシート横の両側にあります。
ケースマウントにハードケース(オプション)を固定することが
できます。
KTM 認証および / または推奨のハードケースをご利用下さい。
付属のKTM PowerParts組立説明書の指示に従ってください。
1
S02262-10
52
操作各部 6
参考
その他のハードケースはなるべくご利用にならないで下さ
い。
そのようなハードケースをご利用の場合、ケースマウント
の許容最大荷重を超過しないようにご注意下さい。
他のハードケースを
利用した場合のケー
スマウントの許容最
大荷重(各側)
6.28
7 kg
同乗者用フットレスト
同乗者用フットレストは開閉式になっています。
確認すべき状態
• 同乗者用フットレストが収納された状態– 同乗者がいない場
合。
• 同乗者用フットレストが展開された状態– 同乗者がいる場
合。
K00808-01
53
6 操作各部
6.29
シフトレバー
シフトレバー
1はエンジンの左側に設置されています。
402299-10
各ギアのポジションは図の通りです。
ニュートラルは 1 速と 2 速の間にあります。
402299-11
54
操作各部 6
6.30
ブレーキペダル
ブレーキペダル は右のフットレストの前方にあります。
ブレーキペダルで後輪ブレーキを作動します。
1
402301-10
6.31
サイドスタンド
サイドスタンド は車両の左側に設置されています。
サイドスタンドは車両を立てるのに使用します。
1
参考
走行中はサイドスタンドを上に収納してください。
サイドスタンドは安全スタートシステムと連結していま
す。停止と駐車の項に記載された注意事項に従って下さ
い。
402029-10
55
6 操作各部
確認すべき状態
• サイドスタンドが開かれている– サイドスタンドで車両を立
てることができます。安全スタートシステムが作動していま
す。
• サイドスタンドが収納されている– 走行中は必ずこの位置に
して下さい。安全スタートシステムは作動していません。
6.32
センタースタンド
本モデルにはサイドスタンドに加え、センタースタンド
されています。
402031-10
56
1が装備
コンビネーションインスツルメント 7
7.1
コンビネーションインスツルメント
コンビネーションインスツルメントはハンドルバーの前方に設置
されています。
コンビネーションインスツルメントは 2 つの機能範囲を備えてい
ます。
インジケーターランプ ( 頁 64)
ディスプレイ
1
2
警告
F01734-10
火傷の危険性 コンビネーションインスツルメントの部
品は非常に高温な場合があります。
外気温ば 55 °C(131 °F)を超えている、信号待ちまたは
直射日光が当たる場所での長時間の停車では特にディス
プレイが加熱されます。
–
このような状況では素手でコンビネーションインスツ
ルメントに触れないで下さい。
–
適切な保護服を着用してください。
–
火傷をした場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸し
て下さい。
57
7 コンビネーションインスツルメント
7.2
起動とテスト
起動
イグニッションをオンにすると、コンビネーションインスツルメ
ントが起動します。
参考
ディスプレイの明るさは、コンビネーションインスツルメ
ントに装備された車両周辺の明るさを感知するセンサーに
より調整されます。
F01266-01
58
テスト
ディスプレイに起動時のメッセージが表示されると機能テストの
ためにインジケーターランプが瞬間的に点灯します。
コンビネーションインスツルメント 7
参考
エンジンが稼動していないと、不具合インジケーターラン
プは常に点灯しています。エンジンが稼動している状態
で、不具合インジケーターランプが点灯した場合、交通規
制に従った方法で速やかに停車し、KTM 正規ディーラー
に連絡して下さい。
エンジンが稼動していないとオイル圧力警告ランプは常に
点灯しています。エンジンが稼動している状態で、オイル
圧力警告ランプが点灯した場合、交通規制に従った方法で
速やかに停車し、エンジンを切ります。
ABS 警告ランプと TC インジケーターランプは時速約
6 km(約 4 mph)に達するまで点灯しています。
7.3
デイ / ナイトモード
デイモードでは明るい色で表示が行われます。
F01735-01
59
7 コンビネーションインスツルメント
ナイトモードでは暗い色で表示が行われます。
参考
F01736-01
60
コンビネーションインスツルメントにある周囲光センサー
が周囲の明るさを感知しディスプレイをデイ / ナイトモー
ドに自動的に切り替えます。周囲光センサーは感知した明
るさによって、ディスプレイの明暗を調整、または別の
モードに切り替えます。
表示モードは手動で切り替えることはできません。
コンビネーションインスツルメント 7
7.4
警告
警告はそのレベルにより黄または赤でディスプレイの下の縁に表
示されます。
黄の警告 はできるだけ早く対処すべき不具合または情報を表
示しているか、走行スタイルの適応を要請するものです。
赤の警告 は直ちに対処すべき不具合を示します。
1
2
参考
警告を非表示にするにはキーのどれか一つを押します。
現行の全ての警告はそれが解除されるまでメニュ
ーWarningsに表示されます。
F01737-10
61
7 コンビネーションインスツルメント
7.5
凍結警告
凍結警告 が表示されると、道路が凍結している危険性が高い事
を示します。
凍結警告 はディスプレイ上の に表示されます。
外気温が規定値を下回ると、ディスプレイに凍結警告 が表示さ
れます。
1
温度
≤ 4 °C
外気温が再び規定値を上回ると、ディスプレイの凍結警告
えます。
F01738-10
温度
が消
≥ 6 °C
参考
凍結警告
ます。
62
が点灯すると、警告ICE WARNINGも表示され
コンビネーションインスツルメント 7
63
7 コンビネーションインスツルメント
7.6
インジケーターランプ
F01267-01
64
コンビネーションインスツルメント 7
インジケーターランプは車両の作動状態に関する補足情報を示します。
イグニションをオンにすると全てのインジケーターランプが瞬間的に点灯します。
参考
エンジンが稼動していないと、不具合インジケーターランプは常に点灯しています。エンジンが稼動し
ている状態で、不具合インジケーターランプが点灯した場合、交通規制に従った方法で速やかに停車し、
KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
エンジンが稼動していないとオイル圧力警告ランプは常に点灯しています。エンジンが稼動している状
態で、オイル圧力警告ランプが点灯した場合、交通規制に従った方法で速やかに停車し、エンジンを切り
ます。
ABS 警告ランプと TC インジケーターランプは時速約 6 km(約 4 mph)に達するまで点灯しています。
確認すべき状態
レースオンインジケーターランプが点灯 / 黄色 / オレンジ / 赤に点滅– レースオンシステム
/ アラーム装置の状況またはエラーメッセージ。
左のターンシグナルインジケーターランプがターンシグナルと同様のリズムで緑に点滅– 左
のターンシグナルが作動しています。
ハイビームインジケーターランプが青く点灯– ハイビームが点灯しています。
一般警告ランプが黄色に点灯– 使用上の安全性に関する注意/警告事項が検出されました。
これはディスプレイにも表示されます。
ABS 警告ランプが黄色に点灯– ABSの状態メッセージまたはエラーメッセージ。ABS モード
Offroadがオンの場合、ABS 警告ランプが点滅します。
65
7 コンビネーションインスツルメント
TC インジケーターランプが黄色に点灯 / 点滅– MTC ( 頁 297)が作動していない、または制
御中です。TC インジケーターランプはエラーが検出された場合にも点灯します。KTM 正規
ディーラーに連絡して下さい。TC が稼動している、またはHHC ( 頁 157)(オプション)
が有効な場合、TC インジケーターランプが点滅します。
ニュートラルインジケーターランプが緑に点灯– ギアがニュートラルに入っています。
オイル圧力警告ランプが赤く点灯– 油圧が低過ぎます。交通規制に従った方法で速やかに停
車し、エンジンを止めます。
速度制御システムインジケーターランプが黄色に点灯– 速度制御システムの機能はオンに
なっていますが速度制御していません。
速度制御システムインジケーターランプが緑に点灯– 速度制御システムの機能はオンで、速
度制御しています。
不具合インジケーターランプが黄色に点灯– OBDが排気または安全関連で重大な不具合を検
出しました。
右のターンシグナルインジケーターランプがターンシグナルのリズムで緑に点滅– 右のター
ンシグナルが作動しています。
66
コンビネーションインスツルメント 7
67
7 コンビネーションインスツルメント
7.7
ディスプレイ
F01739-10
68
コンビネーションインスツルメント 7
参考
図はコンビネーションインスツルメントのスタート画面を示しています。メニューが開かれている場合、
速度はそのまま表示されます。
1
1
2
3
4
5
6
7
8
9
bk
bl
bm
bn
bo
bp
回転 (
頁 70)
シフトランプ (
頁 71)
シフトランプはタコメーターの表示に統合されています。
速度制御システムの表示 (
頁 72)
シフト表示
回転数表示の単位
速度 (
頁 72)
速度表示の単位
ABS表示 (
頁 73)
MTC表示 (
頁 73)
グリップヒーター(オプション) (
シートヒーター(オプション) (
Ride表示 (
頁 75)
頁 74)
クーラント温度の表示 (
燃料レベル表示 (
凍結警告 (
頁 74)
頁 75)
頁 76)
頁 62)
道路凍結の危険が高い場合にのみ表示されます。
外気温度表示 (
頁 77)
69
7 コンビネーションインスツルメント
bq
br
bs
bt
ck
7.8
Bluetooth®( オプション)
GPS( オプション)
時刻 (
頁 77)
SET
メニュー概要が閉まった状態でのみ表示されます。
Favourites表示 (
頁 78)
回転
回転はディスプレイ上の に表示されます。
回転では RPM が表示されます。
1
F01743-10
70
コンビネーションインスツルメント 7
7.9
シフトランプ
シフトランプはタコメーターの表示に統合されています。
メニューShift Lightで、シフトランプが点灯・点滅する回転数を設
定することができます。慣らし走行期間中(1000 km/621 mi ま
で)はシフトランプは常に有効です。慣らし走行を終了しては
じめてシフトランプを無効化しRPM1およびRPM2の数値を変更
することができます。RPM1ではシフトランプが赤く点灯し、
RPM2ではシフトランプが赤く点滅します。
参考
6 速ではエンジンが作動温度に達しており、初回サービス
後はシフトランプはオフになっています。
F01741-01
クーラントの温度
≤ 35 °C
ODO
< 1,000 km
シフトランプは常に
右に挙げた回転数で
点灯
6,500 rpm
クーラントの温度
> 35 °C
ODO
> 1,000 km
RPM1シフトランプ
点灯
RPM2シフトランプ
点滅
71
7 コンビネーションインスツルメント
7.10
速度制御システムの表示
有効化された速度制御システムの稼働状況はディスプレイ上
の に表示されます。
速度制御システムは速度制御システムスイッチ ( 頁 33)で操
作することができます。
1
F01742-10
7.11
速度
速度はディスプレイ上の に表示されます。
メニューDistanceで速度の単位を設定することができます。
速度には時速がキロメートルkm/hまたはマイルmphで表示されま
す。
1
参考
F01743-11
72
速度が 160 km/h (100 mph)を超えると速度に伴って表示
の文字が大きくなります。
200 km/h (124 mph)で文字のサイズが最大になり、それ以
降は背景のコントラストが弱くなります。
コンビネーションインスツルメント 7
7.12
ABS 表示
設定された ABS モードはディスプレイ上の に表示されます。
メニューABSではABSを設定することができます。
1
F01743-12
7.13
MTC 表示
MTCのオン / オフ状態はディスプレイの に表示されます。
メニューMTCでバイクトラクションコントロールをオン / オフに
切り替えることができます。
1
F01743-13
73
7 コンビネーションインスツルメント
7.14
Ride 表示
設定されたRide Modeはディスプレイ上の に表示されます。
メニューRide Modeでは走行モードを設定することができます。
1
F01743-14
7.15
グリップヒーター(オプション)
グリップヒーターがオンの場合ディスプレイの
の部分
にHeated Gripsマークが表示されます。
グリップヒーターはHeated Gripsメニューで設定することができ
ます。
1
F01743-16
74
コンビネーションインスツルメント 7
7.16
シートヒーター(オプション)
シートヒーターがオンの状態では、ディスプレイの の部分
にHeated Seatマークが表示されます。
シートヒーターはHeated Seatメニューで設定することができま
す。
1
参考
リアシートの暖房レベルはサイドグリップの右にあるス
イッチで設定することができます。
F01743-17
7.17
クーラント温度の表示
クーラント温度の表示はゲージで表示されます。点灯している
ゲージが多いほど、クーラントの温度が高い事を示します。
参考
全てのゲージが点滅すると、ENGINE TEMP HIGH警告も
表示されます。
F01740-01
確認すべき状態
• エンジンが冷えている場合– ゲージが 3 つまで点灯していま
す。
75
7 コンビネーションインスツルメント
•
•
•
7.18
エンジンが作動温度に達している– 4 つのゲージが点灯しま
す。
エンジンが熱くなっている– 5 つから 8 つのゲージが点灯し
ます。
エンジンが非常に熱くなっている– 8 つのゲージ全てが赤く
点滅。
燃料レベル表示
フューエルタンク容量はディスプレイ上の に表示されます。
燃料レベルの表示はゲージで表示されます。点灯しているゲージ
が多いほど、フューエルタンクの燃料量が多い事を示します。
1
参考
F01744-10
76
燃料レベルがゼロにちかくなると八つのゲージが全て赤く
点滅し、警告LOW FUELが表示されます。
走行中に常時表示が上下することを避けるために、燃料レ
ベルはほんの少し遅く表示されるようになっています。
サイドスタンドが展開された状態または非常停止スイッチ
が入っている状態では燃料レベル表示は更新されません。
サイドスタンドが収納され、非常停止スイッチがオンにな
るとその 2 分後に次の更新が行われます。
コンビネーションインスツルメントが燃料レベルセンサー
から信号を受信しないと燃料レベル表示が点滅します。
コンビネーションインスツルメント 7
7.19
外気温度表示
外気温度は に表示されます。
メニューTemperatureで外気温の単位を設定することができま
す。
外気温は°Cまたは°Fで表示されます。
1
F01743-19
7.20
時刻
時計はディスプレイ上の に表示されます。
英語以外の言語では時計は 24 時間制で表示されます。言語が
EN-US で設定される場合、時計は 12 時間制で表示されます。
メニューTime/Dateでは時計を設定することができます。
1
参考
12V バッテリーの接続を外した後やヒューズを交換した後
は時計を設定して下さい。
F01743-20
77
7 コンビネーションインスツルメント
7.21
Favourites 表示
Favouritesヒョウジでは 8 つまでの情報が表示されます。
メニューFavouritesでFavourites表示をお好みに設定することが
できます。
参考
選択された情報の 1~ 4 までは 2 行で表示されます。選択
された情報の 5~ 8 までは 1 行で表示されます。
F01746-01
7.22
Quick Selector 1 表示
メニューが閉じた状態でUPキーを押しQuick Selector 1を呼び出
します。
BACKキーを押すとQuick Selector 1が閉まります。
参考
メニューQuick Selector 1ではQuick Selector 1を設定する
ことができます。お好みの情報を選択することができま
す。
F01745-01
78
コンビネーションインスツルメント 7
7.23
Quick Selector 2 表示
メニューが閉じた状態でDOWNキーを押しQuick Selector 2を呼
び出します。
BACKキーを押すとQuick Selector 2が閉まります。
参考
メニューQuick Selector 2ではQuick Selector 2を設定する
ことができます。お好みの情報を選択することができま
す。
F01745-02
7.24
Navigation 表示 ( オプション)
ナビゲーション機能が有効化されるとNavigation表示が現れます。
Navigation表示では方向矢印、次の地点、道路の名前、ならびに
4 つまでの情報が表示されます。
メニューNavi Info ScreenでNavigation表示をお好みに設定する
ことができます。
参考
F01277-01
選択された情報の 1~ 2 までは 2 行で表示されます。選択
された情報の 3~ 4 までは 1 行で表示されます。
79
7 コンビネーションインスツルメント
7.25
メニュー
参考
メニューを開くにはスタート画面のSETキー を押して
ください。
UPキー またはDOWNキー を使ってメニューを選択
します。
BACKキー を押すことによって現行のメニューまたは
メニュー概要が閉じます。
メニューが開かれ、左コンビネーションスイッチのキー
が押されない場合、メニューは 20 秒後に自動的に閉じま
す。ここでもう一度SETキーを押すと最後に開かれたメ
ニューが開きます。
1
2
3
4
V01145-10
7.25.1
KTM MY RIDE( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01280-01
80
•
機能KTM MY RIDE(オプション)が有効です。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
KTM MY RIDEで 携 帯 電 話 や ヘ ッ ド セ ッ ト の 対 応 機 種
をBluetooth®を介してコンビネーションインスツルメントとペア
リングし、ナビゲーション機能で設定することができます。
コンビネーションインスツルメント 7
参考
携帯電話やヘッドセットの中にはコンビネーションインス
ツルメントとのペアリングに適していないものもありま
す。
Bluetooth®2.1 スタンダードをサポートする機器でなけれ
ばなりません。
7.25.2
Audio( オプション)
条件
• 機能KTM MY RIDE(オプション)が有効です。
F01288-01
•
機能Wireless Interface(オプション)が有効です。
•
コンビネーションインスツルメントが携帯電話対応機種に接
続されています。
•
コンビネーションインスツルメントがヘッドセット対応機種
に接続されています。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
81
7 コンビネーションインスツルメント
警告
事故の危険性 ヘッドフォンの音量が高すぎると交
通状況に集中することができません。
–
82
音声信号をはっきりと聞き取れる程度にヘッド
フォンの音量は十分に抑えられていなければなり
ません。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Audioをハイライト表示さ
せます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーを押し続けると音量が上がります。
–
DOWNキーを押し続けると音量が下がります。
–
UPキーを軽く押すと次のトラックに移動します。
–
DOWNキーを 1、2 回押すと前のトラックに、または現在再生
されているトラックの初めに移動します。この機能は携帯電
話のモデルにより異なります。
–
SETキーを押すとトラックを再生したり一時停止することが
できます。
コンビネーションインスツルメント 7
ヒント
携帯電話の中には、携帯電話にインストールされてい
る音楽プレイヤーが開かれていなければトラックの再
生が行われないものもあります。
操 作 を 簡 易 化 す る た め に Audio機 能
をQuick Selector 1またはQuick Selector 2に追加する
ことができます。
7.25.3
Navigation( オプション)
条件
• 機能KTM MY RIDE(オプション)がオンになっています。
•
KTM MY RIDEアプリ(オプション)を対応機種(Android®機
器 6.0 以降、iOS 10 以降)にインストールし、開きます。
•
コンビネーションインスツルメントが携帯電話の対応機種に
接続されています。
•
接続されている携帯電話の GPS 機能をオンにします。
•
ボイスナビゲーション:コンビネーションインスツルメント
に対応機種のヘッドセットが接続され、KTM MY RIDEアプリ
に適切な言語パッケージがダウンロードされている。
F01290-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
83
7 コンビネーションインスツルメント
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Navigationをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
Navigationメニューで異なる設定を行ったり、ナビゲーションに
関する一般情報を呼び出すことができます。
参考
Audio機能はナビゲーション機能稼働中にも使用すること
ができます。
通話時には現行のナビゲーション機能はコンビネーショ
ンインスツルメントのディスプレイ上部に表示されます。
通話中にはNavigationメニューでのナビゲーションはでき
ません。
ナビゲーション機能がオンの状態で、機器が接続されてい
る場合、GPSのマークがコンビネーションインスツルメン
トのディスプレイに表示されます。
84
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.4
ナビゲーションの設定(オプション)
条件
• 機能KTM MY RIDEが有効です(オプション)
。
F01333-01
•
KTM MY RIDEアプリ(オプション)を対応機種(Android®機
器 6.0 以降、iOS 10 以降)にインストールし、開きます。
•
コンビネーションインスツルメントが携帯電話の対応機種に
接続されています。
•
接続されている携帯電話の GPS 機能をオンにします。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Navigationをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Navigation Setupをハイラ
イト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーを押し、希望のNavigation Offまた
はTurn by Turnをハイライト表示させます。SETキーでは、
それぞれの項目をオン、オフすることができます。
85
7 コンビネーションインスツルメント
参考
メニューNavigation Offで視覚ナビゲーションのオン
/ オフを切り替えることができます。ボイスナビゲー
ションがオンになっている場合、その状態は維持され
ます。
Turn by Turnでは視覚ナビゲーションの方向矢印を変
更することができます。
項目Navigation Setupではナビゲーションモードを設定すること
ができます。
7.25.5
ナビゲーション情報(オプション)
条件
• 機能KTM MY RIDE(オプション)がオンになっています。
F01332-01
86
•
KTM MY RIDEアプリ(オプション)を対応機種(Android®機
器 6.0 以降、iOS 10 以降)にインストールし、開きます。
•
コンビネーションインスツルメントが携帯電話の対応機種に
接続されています。
•
接続されている携帯電話の GPS 機能をオンにします。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Navigationをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
コンビネーションインスツルメント 7
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Navigation Informationを
ハイライト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開
きます。
参考
Distance to Targetは目的地までの距離を示します。
Arrival Timeは到着予想時刻を示します。
項目Navigation Informationでは現行のナビゲーション情報を見
ることができます。
7.25.6
音量(オプション)
条件
• 機能KTM MY RIDE(オプション)がオンになっています。
•
KTM MY RIDEアプリ(オプション)を対応機種(Android®機
器 6.0 以降、iOS 10 以降)にインストールし、開きます。
•
コンビネーションインスツルメントが携帯電話の対応機種に
接続されています。
•
接続されている携帯電話の GPS 機能をオンにします。
•
ボイスナビゲーション:コンビネーションインスツルメント
に対応機種のヘッドセットが接続され、KTM MY RIDEアプリ
に適切な言語パッケージがダウンロードされている状態です。
F01335-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
87
7 コンビネーションインスツルメント
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Navigationをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
警告
事故の危険性 ヘッドフォンの音量が高すぎると交
通状況に集中することができません。
–
–
音声信号をはっきりと聞き取れる程度にヘッド
フォンの音量は十分に抑えられていなければなり
ません。
UPキーまたはDOWNキーを押し、Volumeをハイライト表示
させます。
参考
UPキーを押し続けると音量が上がります。
DOWNキーを押し続けると音量が下がります。
メニュー項目Volumeではナビゲーションの音量を設定すること
ができます。
88
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.7
Setup( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01327-01
•
機能KTM MY RIDE(オプション)が有効です。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Setupをハイライト表示さ
せます。SETキーを押すとメニューが開きます。
SetupでWireless Interfaceの設定を行うことができます。ここ
でBluetoothメニューのオン / オフを切り替えることができます。
参考
Bluetooth®機能はKTM MY RIDE(オプション)が搭載さ
れている場合にのみ使用することができます。
Bluetooth®機能がオンの場合、Bluetooth®マークがコンビ
ネーションインスツルメントのディスプレイに表示されま
す。
携帯電話やヘッドセットの中にはコンビネーションインス
ツルメントとのペアリングに適していないものもありま
す。
89
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.8
Bluetooth( オプション)
条件
• 車両が停止している。
•
機能KTM MY RIDE(オプション)がオンになっています。
•
機能Wireless Interface(オプション)がオンになっています。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Setupをハイライト表示さ
せます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Bluetoothをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
F01331-01
Bluetoothでは携帯電話やヘッドセットの対応機種をBluetooth®を
介してコンビネーションインスツルメントとペアリングすること
ができます。
90
コンビネーションインスツルメント 7
参考
機能Bluetooth®はKTM MY RIDE(オプション)が搭載さ
れている場合にのみ使用することができます。
Bluetooth®機能がオンの場合、Bluetooth®マークがコンビ
ネーションインスツルメントのディスプレイに表示されま
す。
携帯電話やヘッドセットの中にはコンビネーションインス
ツルメントとのペアリングに適していないものもありま
す。
7.25.9
Phone( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01336-01
•
機能KTM MY RIDE(オプション)がオンになっています。
•
機能Wireless Interface(オプション)がオンになっています。
•
ペアリングしたい機器のBluetooth®機能もオンにします。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Setupをハイライト表示さ
せます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Bluetoothをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
91
7 コンビネーションインスツルメント
–
UPまたはDOWNキーを押し、希望のメニュー項目Phoneをハ
イライト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開き
ます。
参考
携帯電話 2 台をコンビネーションインスツルメントに
同時にペアリングすることはできません。
–
もう一度SETキーを押してメニュー項目Pairingを確定します。
–
コンビネーションインスツルメントにペアリングの準備が
整ったことが表示されます。携帯電話とコンビネーションイ
ンスツルメントのPasskeyを確定するとペアリングが完了し
ます。
参考
正しくペアリングが行われた場合、ペアリングされた
携帯電話の名称がPhoneメニューに表示されます。
UPキーまたはDOWNキーを押し、ディスプレイで
ペアリングされた機器をハイライト表示させます。
SETキーを押すとペアリングされた機器を消去するこ
とができます。
携帯電話の中にはコンビネーションインスツルメント
とのペアリングに適していないものもあります。
–
92
Bluetooth®機能が稼動している場合、既にペアリングが行わ
れた機器を感知範囲内に置きます。
コンビネーションインスツルメント 7
この機器は自動的にコンビネーションインスツルメント
にペアリングされます。
機器が 30 秒以内に自動的にコンビネーションインスツル
メントにペアリングされない場合:
–
コンビネーションインスツルメントを改めて稼動する
かPairingの手順をもう一度繰り返します。
Phoneの項目では対応機種である携帯電話をコンビネーションイ
ンスツルメントにペアリングすることができます。
7.25.10 Headset Rider( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01337-01
•
機能KTM MY RIDE(オプション)がオンになっています。
•
機能Wireless Interface(オプション)がオンになっています。
•
ペアリングしたい機器のBluetooth®機能もオンにします。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Setupをハイライト表示さ
せます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Bluetoothをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Headset Riderをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
もう一度SETキーを押してメニュー項目Pairingを確定します。
93
7 コンビネーションインスツルメント
–
ライダーのヘッドセットの名称がコンビネーションインスツ
ルメントに表示されます。SETキーを押して機器を選択しま
す。もう一度SETキーを押してメニュー項目Confirmを確定
します。コンビネーションインスツルメントへのライダーの
ヘッドセットペアリングはこの時点で完了します。
参考
正しくペアリングが行われた場合、ペアリングされた
ヘッドセットの名称がHeadset Riderメニューに表示
されます。
UPキーまたはDOWNキーを押し、ディスプレイで
ペアリングされた機器をハイライト表示させます。
SETキーを押すとペアリングされた機器を消去するこ
とができます。
ヘッドセットの中にはコンビネーションインスツルメ
ントとのペアリングに適していないものもあります。
–
Bluetooth®機能が稼動している場合、既にペアリングが行わ
れた機器を感知範囲内に置きます。
この機器は自動的にコンビネーションインスツルメント
にペアリングされます。
機器が 30 秒以内に自動的にコンビネーションインスツル
メントにペアリングされない場合:
–
94
コンビネーションインスツルメントを改めて稼動する
かPairingの手順をもう一度繰り返します。
コンビネーションインスツルメント 7
Headset Riderの項目では対応機種であるライダーのヘッドセッ
トをコンビネーションインスツルメントにペアリングすることが
できます。
7.25.11 Headset Pass.( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01338-01
•
機能KTM MY RIDE(オプション)がオンになっています。
•
機能Wireless Interface(オプション)がオンになっています。
•
ペアリングしたい機器のBluetooth®機能もオンにします。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Setupをハイライト表示さ
せます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Bluetoothをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Headset Pass.をハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
もう一度SETキーを押してメニュー項目Pairingを確定します。
–
同乗者のヘッドセットの名称がコンビネーションインスツ
ルメントに表示されます。SETキーを押して機器を選択しま
す。もう一度SETキーを押してメニュー項目Confirmを確定し
95
7 コンビネーションインスツルメント
ます。コンビネーションインスツルメントへの同乗者のヘッ
ドセットペアリングはこの時点で完了します。
参考
正しくペアリングが行われた場合、ペアリングされた
ヘッドセットの名称がHeadset Pass.メニューに表示
されます。
UPキーまたはDOWNキーを押し、ディスプレイで
ペアリングされた機器をハイライト表示させます。
SETキーを押すとペアリングされた機器を消去するこ
とができます。
ヘッドセットの中にはコンビネーションインスツルメ
ントとのペアリングに適していないものもあります。
–
Bluetooth®機能が稼動している場合、既にペアリングが行わ
れた機器を感知範囲内に置きます。
この機器は自動的にコンビネーションインスツルメント
にペアリングされます。
機器が 30 秒以内に自動的にコンビネーションインスツル
メントにペアリングされない場合:
–
コンビネーションインスツルメントを改めて稼動する
かPairingの手順をもう一度繰り返します。
Headset Pass.の項目では対応機種である同乗者のヘッドセット
をコンビネーションインスツルメントにペアリングすることがで
きます。
96
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.12 Wireless Interface
条件
• 車両が停止している。
F01286-01
•
機能KTM MY RIDE(オプション)が有効です。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、KTM MY RIDEをハイライ
ト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Setupをハイライト表示さ
せます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Wireless Interfaceをハイ
ライト表示させます。Wireless InterfaceをSETキーでオン
/ オフします。
Wireless InterfaceでBluetooth®メニューのオン / オフを切り替え
ることができます。
参考
Bluetooth®機能はKTM MY RIDE(オプション)が搭載さ
れている場合にのみ使用することができます。
Bluetooth®機能がオンで機器が接続されている場合、
Bluetooth®マークがコンビネーションインスツルメントの
ディスプレイに表示されます。
携帯電話やヘッドセットの中にはコンビネーションインス
ツルメントとのペアリングに適していないものもありま
す。
97
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.13 電話(オプション)
条件
• 機能KTM MY RIDE(オプション)が有効です。
•
機能Wireless Interface(オプション)が有効です。
•
コンビネーションインスツルメントが携帯電話対応機種に接
続されています。
•
コンビネーションインスツルメントがヘッドセット対応機種
に接続されています。
警告
事故の危険性 ヘッドフォンの音量が高すぎると交
通状況に集中することができません。
–
F01289-01
98
音声信号をはっきりと聞き取れる程度にヘッド
フォンの音量は十分に抑えられていなければなり
ません。
–
受信の際SETキーを押すと通話することができます。
–
受信の際BACKキーを押し続けると受信拒否することができ
ます。
–
UPキーを押し続けると音量が上がります。
–
DOWNキーを押し続けると音量が下がります。
コンビネーションインスツルメント 7
参考
通話時間と通話相手が表示されます。携帯電話の設定
で通話相手の名前と画像が表示されます。
通話時には現行のナビゲーション機能はコンビネー
ションインスツルメントのディスプレイ上部に表示さ
れます。
7.25.14 Info
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Infoをハイライト表示させ
ます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
Infoでは一般情報を呼び出すことができます。
F01281-01
99
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.15 Trip 1
F01733-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Infoをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Trip 1をハイライト表示さ
せます。SETキーを押すとメニューが開きます。
Trip 1モードでは最後のリセットからの走行距離が表示されます
(例、給油の間隔)
。Trip 1は作動しており、9999までカウントし
ます。
Ø1ではTrip 1から求められた平均燃費が表示されます。
ØSpeed1ではTrip 1とTime1から求められた平均速度が表示され
ます。
Time1はTrip 1に基づいた走行時間を示し、速度信号を受けると
カウントを開始します。
Fuel Rangeは予備燃料で走行可能な距離を示します。
SETキーを
3~ 5 秒間押
し続けます。
100
メニューTrip 1のすべての項目で値がリセット
されます。
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.16 Trip 2
F01732-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Infoをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Trip 2をハイライト表示さ
せます。SETキーを押すとメニューが開きます。
Trip 2モードでは最後のリセットからの走行距離が表示されます
(例、給油の間隔)
。Trip 2は作動しており、9999までカウントし
ます。
Ø2ではTrip 2から求められた平均燃費が表示されます。
ØSpeed2ではTrip 2とTime2から求められた平均速度が表示され
ます。
Time2はTrip 2に基づいた走行時間を示し、速度信号を受けると
カウントを開始します。
Fuel Rangeは予備燃料で走行可能な距離を示します。
SETキーを
3~ 5 秒間押
し続けます。
メニューTrip 2のすべての項目で値がリセット
されます。
101
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.17 General Info
F01293-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Infoをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、General Infoをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
Dateは日付を示します。
ODOは走行した総距離を示します。
Batteryはバッテリーの電圧を示します。
Oil Tempはエンジンオイルの温度を示します。
7.25.18 TPMS
条件
• TPMS搭載車。
F01731-01
102
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Infoをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
コンビネーションインスツルメント 7
警告
事故の危険性 タイヤ空気圧コントロールシステム
は、走行前点検にとって代わるものではありません。
間違ってアラームが発生しないよう、タイヤ空気圧
の値の評価は数分にわたって実行されます。
–
–
走行前には必ずタイヤの空気圧を点検して下さい。
–
タイヤの空気圧が規定値と異なる場合には、空気
圧を調整して下さい。
–
タイヤの空気圧が正しい値であっても、タイヤの
圧力低下が疑われる車両挙動が見られたら、すぐ
に停止して下さい。
UPキーまたはDOWNキーを押し、TPMSをハイライト表示さ
せます。SETキーを押すとメニューが開きます。
規定
同乗者なし / 同乗者あり / 最大積載量でのタイヤの空気圧
前方: タイヤが冷えた状
態
2.6 bar
後輪: タイヤが冷えた状
態
2.9 bar
メニューTPMSは後輪および前輪のタイヤ空気圧を示します。
Press Frontは前輪のタイヤ空気圧を示します。
Press Rearは後輪のタイヤ空気圧を示します。
103
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.19 Warnings
条件
• メッセージまたは警告が出ている。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Infoをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Warningsをハイライト表
示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPボタンまたはDOWNボタンを使って警告項目の間を移動
します。
F01295-01
メニューWarningsには発生した警告事項が表示・保存されます。
7.25.20 Service
条件
• 車両が停止している。
F01296-01
104
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Infoをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Serviceをハイライト表示
させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
メニューServiceには次回予定されているサービスが表示されま
す。
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.21 Extra Functions
条件
• 車両が停止している。
F01297-01
•
オプションの追加機能が搭載されている車両。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Infoをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Extra Functionsをハイラ
イト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを使って追加機能項目の間を移動
します。
Extra Functionsではオプションの追加機能がリストアップされま
す。
参考
お手持ちの製品でご使用できる最新のKTM PowerPartsお
よびソフトウェアについては、KTM のホームページをご
覧下さい。
105
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.22 Motorcycle
条件
• 車両が停止している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Motorcycleをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
Motorcycleでは車両の走行モードを設定することができます。
F01282-01
7.25.23 Heated Grips( オプション)
条件
• 車両が停止している。
•
F01298-01
106
メニューHeated Gripsが稼動している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Motorcycleをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Heated Gripsをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押しヒーターのレベルを選択するか、グリップ
ヒーターをオン / オフします。
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.24 Heated Seat( オプション)
条件
• 車両が停止している。
•
メニューHeated Seat Rideが稼動している。
•
メニューHeated Seat Pasが稼動している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Motorcycleをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Heated Seatをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押しヒーターのレベルを選択するか、シートヒー
ターをオン / オフします。
F01299-01
参考
リアシートヒーターのヒーターレベルは右サイドグ
リップの横にあるスイッチで選択します。
107
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.25 Ride Mode
条件
• エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータースイッチオン
(中央位置)– 運転する際はこの位置に設定します。イグニッ
ション回路が接続されています。 ( 頁 40)
F01302-01
•
速度制御システムがオフになっている。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Motorcycleをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Ride Modeをハイライト表
示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーでメニュー項目を移動し、SETボタ
ンで確定します。SETキーを押すことで、エンジンとバイク
トラクションコントロール間の調整モードを選択できます。
SPORT -後輪のスリップに対するバイクトラクションコ
ントロールの許容範囲が通常より大きい、非常にダイレ
クトな反応の認可出力。
STREET -後輪のスリップに対するバイクトラクション
コントロールの許容範囲が標準の、安定した反応の認可
出力。
RAIN -後輪のスリップに対するバイクトラクションコン
トロールの許容範囲が標準の、ドライバビリティに優れ
た制限認可出力。
108
コンビネーションインスツルメント 7
OFFROAD -後輪のスリップに対するバイクトラクショ
ンコントロールの許容範囲が大きい、ドライバビリティ
に優れた制限認可出力。
参考
選択中にはスロットルは開かないで下さい。
7.25.26 MTC
条件
• 車両が停止している。
•
F01303-01
速度制御システムがオフになっている。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Motorcycleをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、MTCをハイライト表示さ
せます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
MTCをSETキーでオン / オフします。
参考
オン / オフ切り替えの際にはスロットルは開かないで
下さい。
イグニッションをオンにすると、モーターサイクルト
ラクションコントロールが再びオンになります。
109
7 コンビネーションインスツルメント
SETキーを
3~ 5 秒間押
し続けます。
バイクトラクションコントロールの起動。
7.25.27 MTC+MSR( オプション)
条件
• 車両が停止している。
•
F01305-01
速度制御システムがオフになっている。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Motorcycleをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、MTC+MSRをハイライト表
示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
MTC+MSRをSETキーでオン / オフします。
参考
オン / オフ切り替えの際にはスロットルは開かないで
下さい。
ABS がオフの場合や走行モードOffroadがオンの場合、
MSRは作動しません。
イグニッションを作動すると、バイクトラクションコ
ントロールとエンジンスリップコントロールは再びオ
ンに切り替えられます。
110
コンビネーションインスツルメント 7
SETキーを
3~ 5 秒間押
し続けます。
バイクトラクションコントロールとエンジン
スリップコントロールの起動。
7.25.28 ABS
条件
• 車両が停止している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Motorcycleをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
情報
道路走行許可と保険補償の失効 アンチロック・ブレーキシ
ステムが完全にオフ状態の場合、車両の道路走行許可ランプ
が消えます。
F01304-01
–
アンチロック・ブレーキシステムを完全にオフ状態にする
場合は、車両は公共道路以外での遮断された区間でのみ作
動させることができます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、ABSをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押し、ABSをオフにするか ABS モードを選択しま
す。
111
7 コンビネーションインスツルメント
参考
選択中にはスロットルは開かないで下さい。
ABS はイグニションを改めてオンにすることで再起動
することができます。
ABS モードRoadがオンの場合、ABS は前輪と後輪を
両方制御します。
ABS モードOffroadがオンの場合、ABS は前輪だけを
制御します。後輪は ABS に制御されず、ブレーキをか
けた際にロックする恐れがあります。
SETキーを
3~ 5 秒間押
し続けます。
異なる ABS モードの起動。
7.25.29 HHC( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01306-01
112
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Motorcycleをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、HHCをハイライト表示さ
せます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
HHCをSETキーでオン / オフします。
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.30 Settings
条件
• 車両が停止している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Settingsをハイライト表示
させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
Settingsではお気に入り項目とクイック選択を設定することがで
きます。
F01283-01
7.25.31 Favourites
条件
• 車両が停止している。
F01730-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Settingsをハイライト表示
させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Favouritesをハイライト表
示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーでメニュー項目を移動し、SETボタ
ンで確定します。
メニューFavouritesでは 8 つまでの情報を選択することができま
す。
113
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.32 Navi Info Screen
条件
• 車両が停止している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Settingsをハイライト表示
させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Navi Info Screenをハイラ
イト表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーでメニュー項目を移動し、SETボタ
ンで確定します。
F01729-01
メニューNavi Info Screenでは 4 つまでの情報を選択することが
できます。
7.25.33 Quick Selector 1
条件
• 車両が停止している。
F01309-01
114
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Settingsをハイライト表示
させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Quick Selector 1をハイラ
イト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーでメニュー項目を移動し、SETボタ
ンで確定します。
コンビネーションインスツルメント 7
メニューQuick Selector 1では直接選択したいメニューを設定す
ることができます。
メニューが閉じた状態でUPキーを押しQuick Selector 1で設定さ
れているメニューを呼び出します。
7.25.34 Quick Selector 2
条件
• 車両が停止している。
F01310-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Settingsをハイライト表示
させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Quick Selector 2をハイラ
イト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーでメニュー項目を移動し、SETボタ
ンで確定します。
メニューQuick Selector 2では直接選択したいメニューを設定す
ることができます。
メニューが閉じた状態でDOWNキーを押しQuick Selector 2で設
定されているメニューを呼び出します。
115
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.35 Preferences
条件
• 車両が停止している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
Preferencesではコンビネーションインスツルメントの表示を設
定することができます。単位を始め様々な値の設定を行うことが
できます。ここでオン / オフの切り替えができる機能もあります。
F01284-01
7.25.36 Units
条件
• 車両が停止している。
F01311-01
116
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Unitsをハイライト表示さ
せます。
–
SETキーを押すとメニューが開きます。
Unitsでは単位を始め様々な値の設定を行うことができます。
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.37 Distance
条件
• 車両が停止している。
F01312-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Unitsをハイライト表示さ
せます。
–
SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Distanceをハイライト表示
させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押すとご希望の単位を確定できます。
117
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.38 Temperature
条件
• 車両が停止している。
F01313-01
118
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Unitsをハイライト表示さ
せます。
–
SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Temperatureをハイライト
表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押すとご希望の単位を確定できます。
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.39 Pressure
条件
• 車両が停止している。
F01314-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Unitsをハイライト表示さ
せます。
–
SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Pressureをハイライト表示
させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押すとご希望の単位を確定できます。
119
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.40 Consumption
条件
• 車両が停止している。
F01315-01
120
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Unitsをハイライト表示さ
せます。
–
SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Consumptionをハイライト
表示させます。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押すとご希望の単位を確定できます。
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.41 Language
条件
• 車両が停止している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Languageをハイライト表
示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーでメニュー項目を移動し、SETボタ
ンで確定します。
F01316-01
メニュー言語には英語(US)
、英語(UK)
、ドイツ語、イタリア
語、フランス語、スペイン語があります。
7.25.42 Shift Light
条件
• 車両が停止している。
•
F01317-01
ODO > 1000 km (621 マイル)。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Shift Lightをハイライト表
示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
121
7 コンビネーションインスツルメント
–
SETキーを押しシフトランプをオン / オフする、またはシフト
ポイント推奨のための回転を設定します。
参考
エンジン回転数RPM 1に達すると、回転数表示が赤く
点灯します。
エンジン回転数RPM 2に達すると、回転数表示が赤く
点滅します。
7.25.43 時刻と日付を設定
条件
車両が停止している。
F01318-01
122
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesを表示させま
す。SETボタンを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Time/Dateをハイライト表
示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
コンビネーションインスツルメント 7
時刻を設定する
– UPキーまたはDOWNキーを押し、時計をハイライト表示
させます。
–
SETボタンを押します。
–
現在の時になるまでUPボタンまたはDOWNボタンを押し
ます。
–
SETボタンを押します。
Clock横の時が点滅します。
Clock横の分が点滅します。
F01319-01
–
現在の分になるまでUPボタンまたはDOWNボタンを押し
ます。
–
SETボタンを押します。
時計が保存されます。
日付を設定する
参考
設定されている言語に応じて日付表示方法は異なりま
す。
F01320-01
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、日付をハイライト表示
させます。
–
SETボタンを押します。
Date横の月が点滅します。
123
7 コンビネーションインスツルメント
–
現在の月になるまでUPボタンまたはDOWNボタンを押し
ます。
–
SETボタンを押します。
Date横の日が点滅します。
–
現在の日になるまでUPボタンまたはDOWNボタンを押し
ます。
–
SETボタンを押します。
–
現在の年になるまでUPボタンまたはDOWNボタンを押し
ます。
–
SETボタンを押します。
Date横の年が点滅します。
日付が保存されます。
124
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.44 DRL
条件
• 車両が停止している。
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
警告
事故の危険性 デイライトは視界が悪い場合ヘッド
ライトを代替するものではありません。
F01321-01
霧、降雪、雨により視界が極めて悪い場合、デイライ
トとヘッドライトの自動切換えがその機能を十分に
発揮できない場合があります。
–
常に適切な照明方法が選択されていることを確認
してください。
–
場合によっては走行前に、または静止状態で、ヘッ
ドライトが常に点灯状態であるようにメニューを
利用してデイライトをオフにしてください。
–
デイライトに関する法規定に従って下さい。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、DRLをハイライト表示させ
ます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押しでデイライトをオン / オフします。
125
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.45 Quickshifter +( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01322-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Quickshifter +をハイライ
ト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
SETキーを押しクイックシフター・プラスをオン / オフしま
す。
7.25.46 Heated Grips( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01323-01
126
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Heated Gripsをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
Heated GripsをSETキーでオン / オフします。
コンビネーションインスツルメント 7
7.25.47 Heated Seat Rid( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01324-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Heated Seat Ridをハイラ
イト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
Heated Seat RidをSETキーでオン / オフします。
7.25.48 Heated Seat Pas( オプション)
条件
• 車両が停止している。
F01325-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Heated Seat Pasをハイラ
イト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
–
Heated Seat PasをSETキーでオン / オフします。
127
7 コンビネーションインスツルメント
7.25.49 Cornering Light Test
条件
• 車両が停止している。
F01326-01
–
メニューが閉じた状態でSETキーを押します。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Preferencesをハイライト
表示させます。SETキーを押すとメニューが開きます。
–
UPキーまたはDOWNキーを押し、Cornering Light Testをハ
イライト表示させます。SETキーを押すとメニューが開きま
す。
–
UPまたはDOWNキーでメニュー項目を操作します。
参考
項 目 Leftで は 左 コ ー ナ リ ン グ ラ イ ト
のCornering Light Testが実行されます。
項 目 Rightで は 右 コ ー ナ リ ン グ ラ イ ト
のCornering Light Testが実行されます。
項目OffではCornering Light Testが終了します。
–
128
SETキーを押すとご希望のCornering Light Testを実行する
か、それをオフにすることができます。
コンビネーションインスツルメント 7
参考
該当するコーナリングライトのセグメントが下のセグ
メントから順次点灯します。
該当するコーナリングライトのボタンがオフになって
いない場合、上のセグメントは継続的に点灯します。
129
8 エルゴノミクス
8.1
ハンドルバーの位置
ハンドルアダプターの穴は中心から
す。
中心からの距離
A
Aの距離に配置されていま
3.5 mm
ハンドルバーは2つの異なったポジションニングで取り付けられ
ます。これにより、運転者に最適なポジショニングを選ぶ事がで
きます。
401666-11
8.2
ハンドルバーの位置を調節する
警告
事故の危険性
修正されたハンドルバーは安全面での危険を提示するものです。
ハンドルバーが曲げられたり、伸ばされたりすると素材が老化します。その結果ハンドルバーが折れて
しまうこともあります。
–
130
ハンドルバーが破損または曲がってしまった場合、ハンドルバーを交換してください。
エルゴノミクス 8
–
スクリュー を外します。ハンドルバーのクランプを取り外
します。ハンドルバーを取り外し、脇に置きます。
1
参考
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護します。
ケーブル、ホース、ワイヤー類は折り曲げないで下さ
い。
–
スクリュー
す。
–
ハンドルアダプターの向きを好みに応じて変更します。スク
リュー を取り付け、しっかりと締めます。
308080-01
2を外します。ハンドルアダプターを取り外しま
2
規定
ハンドルアダ
プター用スク
リュー
M10
40 Nm
Loctite®243™
参考
ハンドルアダプターの位置は左右で同じように調節し
て下さい。
131
8 エルゴノミクス
–
ハンドルバーの位置を調整します。
参考
ケーブル、ホース、ワイヤー類が正しく取り回されて
いるか注意して下さい。
–
ハンドルバーのクランプの位置を調整します。スクリュ
ー を取り付け、均等にしっかりと締めます。
1
F01342-10
規定
ハンドルバークラン
プ用スクリュー
M8
20 Nm
ハンドルバー上にある目盛のマーキング がハンドル
バークランプの中心と合うように調整します。
A
マーキング
Bが後ろにくるようにします。
参考
隙間の大きさが均等になっている事を確認して下さい。
132
エルゴノミクス 8
8.3
ウインドシールドを調節する
–
ウインドシールドの位置を好みに応じて調整するには設定ハ
ンドル を回します。
1
F00889-10
133
8 エルゴノミクス
8.4
クラッチレバーの基本位置を調整する
–
クラッチレバーの基本位置を調節スクリュー
に合わせて調整します。
1で手の大きさ
参考
K00810-10
134
調節スクリューを時計回りに回すと、クラッチレバー
はハンドルバーに近づきます。
調節スクリューを時計と反対回りに回すと、クラッチ
レバーはハンドルバーから遠ざかります。
設定範囲には限界があります。
調節スクリューは手で回し、無理な力をかけないで下
さい。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
エルゴノミクス 8
8.5
ブレーキレバーの基本位置を調整する
–
ブレーキレバーの基本位置を調節ダイヤル
合わせて調整します。
1で手の大きさに
参考
ブレーキレバーを前方に押して調節ダイヤルを回しま
す。
調節作業は運転中に行わないで下さい。
K00811-10
8.6
フロントシート用フットレスト
フロントシート用フットレストは 2 つの異なったポジションで取
り付ける事ができます。
確認すべき状態
• フロントシート用フットレストの低位置
• フロントシート用フットレストの高位置
A
B
M00621-10
135
8 エルゴノミクス
8.7
フットレストを調節する
参考
左右のフットレストサポートで作業手順は同じです。
–
スクリュー
1を外します。
ブレーキペダルが上の停止位置まで上がります。
M00622-10
–
–
ピン
2とワッシャー3を外します。
フットレストのピン4を慎重に取り外します。
参考
スプリングは押し縮められているので、ピンを取り外
す際に飛び出すことがあります。
–
S02263-10
136
フロントシート用フットレストをスプリング
外します。
5と一緒に取り
エルゴノミクス 8
–
スクリュー
–
フットレストサポートの位置を好みに応じて変更します。
6を外します。
S02264-10
S02265-01
137
8 エルゴノミクス
–
スクリュー
6を取り付け、しっかりと締めます。
規定
前方フットレス
トサポート用ス
クリュー
M8
25 Nm
Loctite®243™
S02264-10
–
フロントシート用フットレストをスプリング
ン で取り付けます。
5と一緒にピ
4
フットレストスプリング用ペンチ (58429083000)
–
S02266-10
138
ワッシャー
3とピン2を取り付けます。
エルゴノミクス 8
–
ブレーキペダルの位置を調整します。
–
スクリュー
1を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フットブレーキ
シリンダーの
プッシュロッド
ボールジョイン
ト用スクリュー
M6
10 Nm
Loctite®243™
M00622-10
8.8
シフトレバーの基本位置を点検する
参考
走行中、シフトレバーが基本位置にある状態でブーツに触れることがないよう調節して下さい。
シフトレバーが常時ブーツに接触していると、トランスミッションに過剰な負荷がかかり、クイックシフ
ターの不具合が発生することがあります。
139
8 エルゴノミクス
–
ライディングポジションで車両に乗り、ブーツの上端とシフ
トレバーの距離 を確認します。
A
シフトレバーからブーツ上
端までの距離
»
10 … 20 mm
距離が規定通りになっていない:
–
シフトレバーの基本位置を調整します。
(
頁 140)
400692-10
8.9
シフトレバーの基本位置を調整する
–
スクリュー
をワッシャーと一緒に取り外し、シフトレ
バー を取り外します。
1
2
402299-12
140
エルゴノミクス 8
–
シフトレバーとシフトシャフトの歯
–
シフトレバーを好みの位置でシフトシャフトに差し込み、
歯をかみ合わせます。
Aを清掃します。
参考
設定範囲には限界があります。
シフト操作の際にシフトレバーが車両の他の部品に触
れないように調節して下さい。
402300-10
–
スクリュー
めます。
1をワッシャーと一緒に取り付け、しっかりと締
規定
シフトレバー用
スクリュー
M6
18 Nm
Loctite®243™
141
8 エルゴノミクス
8.10
シフトレバーステップを調節する
–
スクリュー
す。
–
好みのレバー長さに応じ、シフトレバーステップとスクリュー
を穴 のいずれかに取り付けます。
1をシフトレバーステップと一緒に取り外しま
2
規定
標準
–
中央の穴
スクリューをしっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
F00890-10
142
M6
10 Nm
エルゴノミクス 8
8.11
ブレーキペダルの基本位置を調整する
–
スプリング
–
ナット
–
–
1を外します。
2を緩めます。
スクリュー3を外します。
ボールジョイント4を回し、ブレーキペダルの基本位置を好
みに合わせて調節します。
参考
設定範囲には限界があります。
ねじ部分がボールジョイントに最低 5 回転分はねじ込
まれているように調節して下さい。
S00283-10
–
ボールジョイント を動かないように押さえ、ナット
しっかりと締めます。
4
2を
規定
シャーシ用その他の
ナット
–
M6
10 Nm
スクリュー
3を取り付け、しっかりと締めます。
143
8 エルゴノミクス
規定
フットブレーキ
シリンダーの
プッシュロッド
ボールジョイン
ト用スクリュー
–
8.12
M6
10 Nm
Loctite®243™
スプリング
1を取り付けます。
コンビネーションインスツルメントの傾きを設定
–
固定レバー
1を矢印の方向に引きます。
コンビネーションインスツルメントはロックが解除され
ています。
K00857-10
144
エルゴノミクス 8
–
コンビネーションインスツルメントを希望の位置に調整する
ために、上下に動かします。
–
固定レバー
F00891-01
1を矢印の方向に引きます。
コンビネーションインスツルメントがロックされます。
K00857-11
145
9 運転操作の前に
9.1
初めて運転操作を行う際の注意
危険
事故の危険性
運転能力および判断力が十分でない運転者は、自身および他の方への危険となります。
–
アルコール、薬物、薬品などにより運転能力が低下している場合、車両の運転をしないでください。
–
肉体的、精神的に運転能力が低下している場合も、車両の運転をしないでください。
警告
怪我の危険性
不足および欠陥のある保護服の着用は安全面での危険性を高めます。
–
走行時は必ずヘルメット、ブーツ、手袋、プロテクターが取り付けられたズボンやジャケットなどの
保護服を着用してください。
–
損傷等がなく、かつ法規制に従った保護服を常に着用して下さい。
警告
転倒の危険性
前輪と後輪のトレッドが異なると走行性能に影響を及ぼします。
異なるトレッドのタイヤを使用すると車両のコントロールが大幅に難しくなります。
–
前輪と後輪に同様のトレッドのタイヤが装着されていることを確認してください。
警告
事故の危険性
ます。
–
146
承認または推奨されていないタイヤならびに車輪を装着した場合、走行性能が損なわれ
KTM により承認および推奨された適切な速度記号のタイヤならびに車輪のみを使用して下さい。
運転操作の前に 9
警告
事故の危険性
新しいタイヤのグリップ力はまだ十分なものではありません。
新しいタイヤの接地面はまだ十分に慣らされていません。
–
新しいタイヤの場合は傾きを変えて慎重に慣らし走行を行って下さい。
慣らし走行期間
200 km
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに足をかけたままにすると、ブレーキパッドが常にこすられる状態になります。
–
ブレーキを作動しないときはブレーキペダルに足をかけないで下さい。
参考
運転の際は、過度の騒音で周辺の人々の迷惑にならないよう心がけましょう。
–
KTM 正規ディーラーで納車前検査がきちんと行われた事を確認して下さい。
納車の際、納車証明書がお客様に手渡されます。
–
初めて運転をする前に、オーナーズマニュアルを全頁よく読んで下さい。
–
操作各部の扱いに慣れて下さい。
–
エルゴノミクスの項に記載された説明を参照し、ご自身の好みや体格に合わせて車両を調整して下さい。
–
ツーリングに出る前に、まず適切な路面で走行性能に慣れて下さい。一度、できるだけゆっくり走る練習や
スタンディング走行などで、車両の感覚をつかむようにして下さい。
–
走行中は両手でしっかりとハンドルバーを握り、フットレストに両足をのせて下さい。
147
9 運転操作の前に
–
慣らし運転をします。 (
9.2
–
頁 148)
慣らし運転をする
慣らし運転の段階では、以下に挙げたエンジン回転数を超えないようにして下さい。
規定
エンジンの最高回転数
–
走行開始から最初の: 1,000 km
6,500 rpm
右の距離走行後: 1,000 km
10,250 rpm
フルスロットルでの運転は避けて下さい!
参考
初回サービス実施前にエンジンの最高回転数を超えると、シフトランプが点滅します。
9.3
車両に荷物を積む
警告
事故の危険性
総重量および軸重は走行性能に影響を与えます。
総重量は運転準備が整い満タンに給油した状態の車両、保護服とヘルメットを着用したライダーと同乗
者、荷物の総重量です。
–
148
最大許容総重量と最大許容軸重を遵守して下さい。
運転操作の前に 9
警告
事故の危険性
–
ケースまたはタンクバッグを不適切に固定すると走行性能に影響を与えます。
ケースやバッグはメーカーの規定に従った方法で固定してください。
警告
事故の危険性
–
高速における不安定な走行状態。
速度を積載量に合わせて走行して下さい。車両にハードケースやその他荷物を載せている場合は、
通常よりゆっくり走行して下さい。
荷物を載せている場合の最高速度
150 km/h
警告
事故の危険性
–
キャリアシステムの過負荷は破損の原因となります。
ケースを取り付ける場合はメーカー規定の最大積載量を確認してください。
警告
事故の危険性
荷物のずれは視認性に影響を及ぼします。
テールライトが覆われてしまうと、暗がりでは特に後続の車両に認識されにくくなります。
–
車両に載せている荷物の固定状態を定期的に点検して下さい。
警告
事故の危険性
–
積載量が増加すると走行性能に影響を及ぼし制動距離が長くなります。
積載量に適した速度で走行して下さい。
149
9 運転操作の前に
警告
事故の危険性
–
荷物のずれは走行性能に影響を及ぼします。
車両に載せている荷物の固定状態を定期的に点検して下さい。
警告
火災の危険性
–
–
–
熱せられた排気装置により荷物に燃焼の危険があります。
荷物を載せる際は、熱せられた排気装置により燃焼したり焦げたりしないように固定して下さい。
荷物を載せる場合は、できるだけ車両中心付近にしっかり固定し、前輪と後輪にかかる重さを均等に配分し
てください。
許容最大総重量および許容最大軸重を守って下さい。
規定
150
最大許容重量
450 kg
前方許容最大軸重
165 kg
最大許容軸重 後輪
285 kg
運転上の注意事項 10
10.1
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業
参考
走行前には必ず車両の状態を点検し、道路交通で安全に使用できる事を確認して下さい。
運転の際は車両が技術的に完璧な状態でなければなりません。
H02217-01
–
エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁 298)
–
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検しま
す。 ( 頁 236)
–
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検しま
す。 ( 頁 241)
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 240)
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 245)
–
ブレーキシステムの機能を点検します。
–
調節タンクのクーラントのレベルを点検します。 (
–
チェーンの汚れを点検します。 (
–
チェーンの遊びを点検します。 (
–
タイヤの状態を点検します。 (
頁 260)
–
タイヤ空気圧を点検します。 (
頁 263)
–
スポークの張りを点検します。 (
–
操作各部が正しく調節されているか、スムーズに操作できる
かを点検します。
–
電装系部品の機能を点検します。
頁 291)
頁 191)
頁 193)
頁 264)
151
10 運転上の注意事項
10.2
–
荷物が正しく固定されているかを点検します。
–
バックミラーの位置を確認します。
–
燃料の残量を確認します。
エンジン始動
危険
中毒の危険性
排気ガスは毒性があり、意識不明や死亡の原因となる恐れがあります。
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるように常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用し
てください。
注意
事故の危険性 12V バッテリーがあがった状態、または 12V バッテリー無しでは電子部品および安全関
連装置を破損してしまいます。
–
12V バッテリーがあがった状態、もしくは 12V バッテリー無しで車両を運転する事は絶対に避けて
下さい。
情報
エンジン損傷
–
冷えた状態でのエンジンを高回転させるのは、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
常に低回転数でエンジンを暖機してください。
152
運転上の注意事項 10
–
車両をサイドスタンドから外し、車両に乗ります。
–
レースオンキーをアンテナの感知範囲内に置きます。
–
レースオンキーが走行中に感知範囲内にあることを確認して
ください。
規定
レースオンキーの最大感知
範囲はアンテナ付近です。
F00907-01
1.5 m
参考
バッテリー電圧の低下や電波障害は感知範囲を縮小さ
せることがあります。
レースオンキーのバッテリー電圧が低い場合はイグ
ニッションキーの一つをアンテナ ( 頁 42)の範囲に
当て、始動後に安全な場所にしまってください。
–
エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータースイッチが中
央位置 にあることを確認します。
–
レースオンキー
ンにします。
を軽く押し(最長 1 秒)
、イグニションをオ
ハンドルロックが解除されます。
コンビネーションインスツルメントの機能チェックが実
行されます。
ABS警告ランプは発進後に消えます。
153
10 運転上の注意事項
参考
ハンドルロックが解除されない場合はハンドルバーを
少し動かします。
–
ギアをニュートラル
に入れます。
緑のニュートラルインジケーターランプ
–
F00908-01
154
が点灯します。
エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータースイッチを押
して下位置 に入れます。
運転上の注意事項 10
参考
コンビネーションインスツルメントの機能点検が完了
してからエマージェンシーOFFスイッチ /E スター
タースイッチを下位置 に押します。
エンジン始動の際、スロットルは開かないで下さい。
エンジン始動時にスロットルを開くと、エンジン制御
システムから燃料が噴射されず、エンジンがかかりま
せん。
エマージェンシーOFFスイッチ /E スタータースイッ
チを下位置 で最長 5 秒間押し続けます。再度試みる
まで最低 5 秒は間隔をおいて下さい。
本モデルには安全スタートシステムが装備されてい
ます。ギアがニュートラルに入っているか、または
ニュートラル以外のポジションでクラッチレバーが握
られている場合にのみ、エンジンの始動が可能です。
サイドスタンドを開いた状態でギアを入れると、エン
ジンが停止します。
10.3
–
発進
クラッチレバーを握り、ギアを 1 速に入れ、クラッチレバーをゆっくりと離しながら慎重にスロットルを開
いていきます。
155
10 運転上の注意事項
10.4
クイックシフター・プラス(オプション)
クイックシフター・プラス(オプション)が有効化されていると
クラッチ操作無しで上下にシフトすることができます。
スロットルグリップを閉じる必要がないので、ギアシフトを中断
することなく行うことができます。
クイックシフター・プラスはシフトシャフト位置に応じシフトが
行われるべきか否かを感知し、エンジン制御に適切な信号を送り
ます。
コンビネーションインスツルメントでクイックシフター・プラス
が無効な場合は通常通りクラッチを作動しなければなりません。
H01989-10
156
運転上の注意事項 10
10.5
HHC(オプション)での発進
このHHCはブレーキシステムの補助機能(オプション)です。
このHHCは坂道で車両の後退を抑制します。
HHCは坂道での停止を検知すると、後輪ブレーキを作動させま
す。
ブレーキレバーを離した後、車両が前進してない間は最長で 5 秒
間制動力を維持します。
発進する際にはHHCが後輪ブレーキを自動的に解除します。
参考
402422-01
HHCが作動している際はTC インジケーターランプ が点
滅します。
エンジンが停止している場合も、イグニッションがオンで
あればHHCは作動しています。
HHCが作動しているのに後退する場合は、5 秒間待って
ニュートラルに入れるかイグニッションを切って下さい。
HHCが 5 秒経っても発進を検知しない場合、制動力は自動的に
ゆっくりと低減します。
ブレーキレバーが作動された場合、HHCはもう一度作動します。
157
10 運転上の注意事項
10.6
シフト操作と走行
警告
事故の危険性
左右の負荷バランスが突然変わると、車両は制御不可能な状態に陥ることがあります。
–
突然負荷バランスを変更したり強くブレーキを作動することは避けてください。
–
道路状態の変化に合わせた速度で走行して下さい。
警告
事故の危険性
–
エンジンが高回転中にシフトダウンすると後輪がロックされ、エンジンが過回転します。
エンジン回転数が高いままシフトダウンする事は避けて下さい。
警告
事故の危険性
–
走行中に車両での設定作業を行うと交通状況に集中することができません。
全ての設定作業は車両静止状態で行ってください。
警告
人体への危険
158
同乗者が誤った行動をとった場合、車両から落下する危険があります。
–
同乗者がリアシートに正しく乗り、足を同乗者用のフットレストに置いて、ライダーあるいはサイド
グリップにしっかりつかまっていることを確認してください。
–
同乗者の最低年齢に関する国内の規則を守って下さい。
運転上の注意事項 10
警告
事故の危険性
–
危険な走行は大きな危険の原因となります。
交通規則を守り、危険をできるだけ早く認識できるよう、安全かつ予見的な運転を心がけて下さい。
警告
事故の危険性
–
タイヤが冷えた状態である場合グリップ力が低下します。
タイヤが作動温度に達するまで、最初の数キロメートルは常に慎重に速度を抑えて走行して下さい。
警告
事故の危険性
新しいタイヤのグリップ力はまだ十分なものではありません。
新しいタイヤの接地面はまだ十分に慣らされていません。
–
新しいタイヤの場合は傾きを変えて慎重に慣らし走行を行って下さい。
慣らし走行期間
200 km
警告
事故の危険性
総重量および軸重は走行性能に影響を与えます。
総重量は運転準備が整い満タンに給油した状態の車両、保護服とヘルメットを着用したライダーと同乗
者、荷物の総重量です。
–
最大許容総重量と最大許容軸重を遵守して下さい。
警告
事故の危険性
–
荷物のずれは走行性能に影響を及ぼします。
車両に載せている荷物の固定状態を定期的に点検して下さい。
159
10 運転上の注意事項
警告
事故の危険性
–
転倒した場合、車両には一瞥で確認できる以上に大きな破損がある場合があります。
転倒後は初運転操作の前に実施するものと同様の点検を行って下さい。
情報
エンジン損傷
フィルターを通さずに吸い込んだ空気は、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
エアフィルターがないと埃や汚れがエンジンに侵入します。
–
車両はエアフィルターがない状態で決して始動しないでください。
情報
エンジン損傷
過熱でエンジンが損傷します。
–
クーラント温度の警告表示が点灯したら、すぐに他の交通の妨げにならないように停車して下さい。
–
エンジンと冷却システムの温度が下がるまでお待ち下さい。
–
冷却システムの温度が下がった時に、クーラントのレベルを調節ならびに調整して下さい。
情報
ギアの破損
クイックシフター・プラスを誤って使用するとギアに損傷をもたらします。
コンビネーションインスツルメント上で機能が有効化された場合にのみクイックシフター・プラスを使用する
ことができます。
クラッチレバーが引かれている場合クイックシフター・プラスは作動しません。
–
クイックシフター・プラスは指定され許可されている回転域のみで使用してください。
160
運転上の注意事項 10
参考
運転中に異常な音がする場合にはすぐに停止し、エンジンを切り、KTM 正規ディーラーに連絡して下さ
い。
–
状況(勾配、走行状態など)に応じて、シフトアップします。
–
スロットルを閉じ、同時にクラッチレバーを握り、次のギア
に入れ、クラッチレバーを離してスロットルを開きます。
参考
各ギアのポジションは図の通りです。ニュートラルは
1 速と 2 速の間にあります。1 速は発進または登り坂
で使用するギアです。
402299-11
–
スロットルグリップを全開にして最高速度に達したら、ス
ロットルを ¾ まで戻します。ほとんど減速する事なく燃費を
大幅に抑える事ができます。
–
常に車道や天候状態に合わせてスロットルを開くようにして
下さい。特にカーブではシフトチェンジをせず、細心の注意
を払ってスロットルを開くようにして下さい。
–
シフトダウンするには、必要に応じてブレーキをかけながら
スロットルを閉じます。
–
クラッチレバーを握り、低いギアに入れ、クラッチレバーを
ゆっくりと離しながらスロットルを開くか、再度ギアチェン
ジします。
161
10 運転上の注意事項
–
例えば交差点でエンストしてしまった場合は、クラッチレ
バーを握り、スタートキーを作動するだけで大丈夫です。ギア
をニュートラルに入れる必要はありません。
–
しばらくアイドリングや停止状態が続く場合は、エンジンを
停止します。
–
走行中にオイル圧力警告灯 が点灯し始めたら、すぐに停止
し、エンジンを切って下さい。KTM 正規ディーラーに連絡し
て下さい。
–
走行中に不具合インジケーターランプ が点灯し始めたら、
できるだけ早く KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
–
走行中に警告全般を示すランプ が点灯すると、ディスプレ
イにメッセージが 10 秒間表示されます。
参考
特に重要なメッセージについては、メニューWarningに
保存されます。
–
162
コンビネーションインスツルメントで凍結警告 が表示され
たら、道路が凍結している恐れがあります。道路状態の変化
に合わせた速度で走行して下さい。
運転上の注意事項 10
条件
Quickshifter +(オプション)がオンになっています。
–
コンビネーションインスツルメントでQuickshifter +がオ
ンになっている場合、指定された回転域でクラッチレバー
を引くことなくシフトアップすることができます。
参考
シフトアップ前の最低エンジン回転数は図に
RPM 単位で示されています。
スロットルグリップ位置を変えることなくシフト
レバーを最後までしっかりと引きます。
F01339-10
–
Quickshifter + がコンビネーションインスツルメント上で
有効化されている場合、指定されている回転域でクラッチ
レバーを引くことなくシフトダウンすることができます。
参考
H02032-01
シフトダウン前の最高エンジン回転数は図に
RPM 単位で示されています。
スロットルグリップ位置を変えることなくシフト
レバーを最後までしっかりと押します。
163
10 運転上の注意事項
10.7
MSR( オプション)
このMSRはエンジン制御の機能(オプション)です。
エンジンブレーキの作用が大きくなると、MSRが直進走行中に後
輪をブロックしたり、車輪が傾いた状態で滑るのを防ぎます。
後輪がスリップするのを防ぐために、絶対に必要なだけMSRがス
ロットルバルブを開きます。
このMSRは摩擦力が低減した路面でアンチホッピングクラッチを
開く際に使用されます。
走行安全性をさらに向上させるために、MSRは勾配に応じて異な
ります。
402423-01
参考
ABSがオフの場合、MTCがオフの場合または ABS モード
がOffroadの場合、MSRは作動しません。
10.8
ブレーキをかける。
警告
事故の危険性
–
164
水分や汚れはブレーキシステムに影響を及ぼします。
ブレーキパッドとブレーキディスクを乾燥させ汚れを落とすために何度か慎重にブレーキをかけて
ください。
運転上の注意事項 10
警告
事故の危険性
–
前輪または後輪ブレーキで圧点が安定していない場合、ブレーキ性能が低下します。
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
ブレーキシステムは過熱状態では稼動しません。
ブレーキペダルに足をかけたままにすると、ブレーキパッドが常にこすられる状態になります。
–
ブレーキを作動しないときはブレーキペダルに足をかけないで下さい。
警告
事故の危険性
–
総重量が高くなると制動距離が長くなります。
同乗者や荷物を乗せている場合は、制動距離が長くなる事にご注意下さい。
警告
事故の危険性
–
路上の撒き塩はブレーキシステムに影響を与えます。
ブレーキパッドとブレーキディスクから撒き塩を落とすために何度か慎重にブレーキをかけてくだ
さい。
警告
事故の危険性
–
ABS は特定の状況によって制動距離を伸ばすことがあります。
走行状態や路面状況に応じて適切にブレーキをかけてください。
165
10 運転上の注意事項
警告
事故の危険性
ブレーキを強くかけすぎると車輪がロックします。
ABS はスイッチが入れられてはじめてその効果を発揮することができます。
–
この安全機能を利用するために、ABS はオンの状態を維持してください。
警告
事故の危険性
運転支援システムは物理的限界範囲内のみで転倒を回避してくれるものであり、
重い荷物の積載、道路舗装の変化、急勾配での発進、クラッチを切らないままのフルブレーキなど極限
の走行状態では運転支援が行えない場合があります。
–
–
道路の状況、運転能力に応じた走行方法で運転しましょう。
ブレーキをかけるにはスロットルを閉じ、前輪ブレーキと後輪ブレーキを同時に作動します。
参考
ABSにより、フルブレーキングではもちろん、砂地、雨で濡れた地面やスリップしやすい場所でグ
リップ力が低下している場合にも、車輪のロックを心配する事なく制動力をフルに活用できます。
警告
事故の危険性
–
166
後輪はエンジンブレーキでロックされることがあります。
緊急ブレーキやフルブレーキをかける場合、または地面が滑りやすい場所でブレーキをかける場
合はクラッチを引いてください。
運転上の注意事項 10
警告
事故の危険性
できません。
–
斜面や横方向に地面が傾斜している場合、可能な減速力を最大限に発揮することは
可能な場合、カーブ開始前にブレーキングを終了してください。
–
ブレーキをかけるプロセスは必ずカーブが始まる前までに終了させます。その際、速度に合わせてシフトダ
ウンして下さい。
–
長い下り坂ではエンジンブレーキを利用して下さい。エンジンブレーキを利用するには、エンジンが過回転
しないよう注意しながら1段か2段シフトダウンします。これによりブレーキをかける回数がはるかに減
り、ブレーキシステムが過熱するのを防ぐ事ができます。
10.9
停止と駐車
警告
人体への危険
常識のない行動をとる人物は自身および他の方への危険となります。
有効なトランスポンダが範囲内にあれば、車両を始動することができます。
–
エンジン稼働中には決して車両から目を離さないでください。
–
レースオンキーや黒いイグニションキーが車両の付近にある場合、車両は決して放置しないで下さ
い。
–
権限のない人物が車両に近づかないよう注意してください。
–
車両を放置しなければならない場合はハンドルをロックしてください。
167
10 運転上の注意事項
警告
火傷の危険性
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
–
車両部品が冷めるまで排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキシステムなどの部品
には触らないでください。
–
車両部品を十分に冷ましてから作業を実行してください。
情報
火事の危険
高温になった車両部品は火傷や爆発の危険となります。
–
可燃性がある、または爆発の危険がある物付近に車両を設置しないでください。
–
車両を十分に冷ましてから、車両にカバーをかけてください。
情報
部品の損傷
誤った方法で駐車を行った場合、車両が破損する恐れがあります。
車両が動いたり倒れたりした場合、大きな破損につながる恐れがあります。
車両を立てる部品はその車両重量のみを考慮して設計されています。
–
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
–
車両がスタンド一本で駐車されている場合、車両に誰も乗っていないことを確かめて下さい。
–
車両にブレーキをかけます。
–
ギアをニュートラル
–
イグニションがオンの状態でレースオンキー
168
に入れます。
を軽く押し(最長 1 秒)
、イグニションをオフにします。
運転上の注意事項 10
参考
エンジンをエマージェンシーOFFスイッチで停止し、レースオンキーのイグニッションがまだ作動
している状態では、大部分の電装系部品への電源供給が中断されません。これにより 12V バッテリー
が放電します。エンジンは必ずレースオンキーで停止し、エマージェンシーOFFスイッチは非常の
場合にのみ使用するようにして下さい。
–
車両を安定した地面の上に駐車します。
ケース 1
– 足でサイドスタンドを前に押して完全に開き、車両の重量をかけます。
ケース 2
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
–
ハンドルバーを左に切り、レースオンキー
頁 188)
を長く押します(最短 2 秒)
。
ハンドルがロックされます。
参考
ハンドルロックがはまらない場合はハンドルバーを少し動かします。
10.10
輸送
情報
損傷の危険性
–
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあります。
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
169
10 運転上の注意事項
情報
火事の危険
高温になった車両部品は火傷や爆発の危険となります。
–
可燃性がある、または爆発の危険がある物付近に車両を設置しないでください。
–
車両を十分に冷ましてから、車両にカバーをかけてください。
401475-01
170
–
エンジンを停止します。
–
ラッシングベルトか適切な固定器具で、車両が倒れたり動い
たりしないよう固定します。
運転上の注意事項 10
10.11
燃料を給油する
危険
火事の危険
燃料は可燃性です。
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出てしまうことがあります。
–
炎や火のついたのタバコの近くで車両に給油しないでください。
–
給油の際にはエンジンを停止してください。
–
特に車両部品に燃料がこぼれることがないように注意してください。
–
こぼれた燃料はすぐに拭き取ってください。
–
給油の際には燃料給油に関する注意事項を参照してください。
警告
中毒の危険性
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
–
燃料が皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
燃料を飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
気化した燃料を吸い込まないでください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
燃料が目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
燃料が衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
情報
部品の損傷
低品質の燃料を使用すると燃料フィルターが早期に詰まってしまいます。
171
10 運転上の注意事項
国や地域によっては入手可能な燃料の品質が不十分であったり、また多くの不純物が混入していることがあり
ます。その結果燃料システムで問題を引き起こす事があります。
–
指定された規格に適合し不純物の少ない燃料のみを使用してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお
問い合わせ下さい。)
情報
環境汚染
–
172
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
運転上の注意事項 10
–
エンジンを停止します。
–
フィラーキャップを開けます。 (
–
注入口の下端 を超えないように注意しながらフューエルタ
ンクに燃料を注ぎます。
A
フューエルタンク総
容量 ( 約)
–
頁 46)
23 L
フィラーキャップを閉めます。 (
無鉛ハイオクガ
ソリン (ROZ 95)
( 頁 348)
頁 48)
F01718-10
173
11 サービスプラン
11.1
補足情報
必須項目や推奨項目の作業実施により発生した、これら項目以外の作業については、別途注文・請求となります。
現地における使用環境によってはサービス頻度が異なってくる場合もあります。
技術改良が行われていく中で、個々のサービス頻度および範囲が変わってくることがあります。最終的なサービ
スプランは KTM Dealer.net に表示されています。KTM 正規ディーラーまでお気軽にお問い合わせ下さい。
11.2
必須作業
24
12
走
走
走
行
行
行
ご
ご
後
と
と
カ
カ
月
月
毎
毎
30,000 km
15,000 km
1,000 km
KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読します。
○
●
●
●
●
電装系部品の機能を点検します。
○
●
●
●
●
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃します。
( 頁 299)
○
●
●
●
●
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 240)
○
●
●
●
●
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 245)
○
●
●
●
●
○
●
●
●
●
○
●
●
●
●
ブレーキディスクを点検します。 (
頁 235)
ブレーキホースに損傷や漏れがないかを点検します。
前輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。
174
●
サービスプラン 11
24
12
走
走
行
行
走
行
ご
ご
と
後
カ
カ
と
月
月
毎
毎
30,000 km
15,000 km
1,000 km
後輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。
●
油圧式クラッチのフルードを交換します。
●
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
油圧式クラッチのフルードレベルを点検・調節します。 (
頁 236)
○
●
●
●
頁 241)
○
●
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
●
●
○
●
●
●
●
頁 202)
ショックアブソーバーとフロントフォークに漏れがないか点検します。車両の使用目
的および必要に応じてサービス作業を実施します。
フォークレッグのダストシールを清掃します。
(
頁 218)
ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検します。 (
頁 204)
タイヤの状態を点検します。 (
頁 260)
○
●
●
●
●
タイヤ空気圧を点検します。 (
頁 263)
○
●
●
●
●
スポークを締め直します。
スポークの張りを点検します。 (
○
頁 264)
リムの歪みを点検します。
○
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケットを点検します。 (
チェーンの遊びを点検します。 (
頁 193)
頁 197)
○
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
175
11 サービスプラン
24
12
走
走
走
行
行
行
ご
ご
後
カ
カ
と
と
月
月
30,000 km
15,000 km
1,000 km
スパークプラグを交換します ( エアフィルターを取り外した状態)。
●
バルブの遊びを点検します ( エアフィルターとスパークプラグを取り外した状態)。
●
SLS ダイヤフラム弁を交換します。
●
ケーブルに破損がないか、折れがない配線になっているか点検します。( フューエルタ
ンクを取り外した状態)
調節タンクのクーラントのレベルを点検します。 (
毎
毎
頁 291)
○
エアフィルターを交換し、エアフィルターケースを清掃します。
燃圧を点検します。
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
●
○
●
●
冷却ファンの機能を点検します。
○
●
●
●
●
最終確認: 車両が交通上安全に使用できる状態である事を確認し、試験走行を行いま
す。
○
●
●
●
●
試験走行後に KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読します。
○
●
●
●
●
サービス時期の表示を設定します。
○
●
●
●
●
KTM Dealer.netでサービス登録を行います。
○
●
●
●
●
ヘッドライトの設定を点検します。 (
○
一度限りの実施時期
●
定期的な実施時期
176
頁 287)
サービスプラン 11
11.3
推奨作業
48
12
走
走
走
行
行
行
ご
ご
後
と
カ
カ
と
月
月
毎
毎
30,000 km
15,000 km
1,000 km
フレームを点検します。
●
スイングアームを点検します。
クラッチ潤滑用オイルジェットを点検・清掃します。
●
○
●
●
スイングアームのベアリングのガタを点検します。
●
●
ホーイルベアリングのガタを点検します。
●
●
全ての可動部品 ( サイドスタンド、ハンドレバー、チェーンなど)をグリースアップし、
これら部品がスムーズに動くかを点検します。
○
●
●
●
●
排水ホースを空にします。
○
●
●
●
●
●
●
●
●
●
ホース類 ( 燃料、クーラント、エア抜き、排水ホースなど)とワイヤーブーツの全てで、
ひびや漏れがないか、正しく取り回されているかを点検します。
簡単に確認することができ、安全上重要なスクリューとナットがきちんと締められてい
るかを点検します。
○
●
●
●
不凍液を点検します。
○
●
●
●
クーラントを交換します。
○
一度限りの実施時期
●
定期的な実施時期
●
177
12 シャーシの調整
12.1
フロントフォーク / ショックアブソーバー
フロントフォークとショックアブソーバーにより、走行スタイル
や積載量に合わせてシャーシを様々に調節する事ができます。
参考
シャーシ調整における推奨値が表 にまとめられていま
す。この表は左のインナーカバーに貼付されています。
1
F00972-10
12.2
この設定値を基準値とし、必ずこれらの値を基にしてシャーシ調
整を行います。基準値から外れた調整を行うと、特に高速での走
行特性に悪影響を与える恐れがあります。
フロントフォークのコンプレッションダンパーを調節する
参考
油圧式コンプレッションダンパーはフロントフォークのスプリングの縮み方を調節します。
178
シャーシの調整 12
–
白い調節スクリュー
1を時計回りに最後まで回し切ります。
参考
調節スクリュー は左のフォークレッグの上端にあり
ます。
コンプレッションダンパーは左のフォークレッ
グCOMP ( 白い調節スクリュー)に設置されています。
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB ( 赤い
調節スクリュー)に設置されています。
1
K00813-10
–
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリックす
るよう、時計と反対回りに回します。
規定
コンプレッションダンパー
コンフォート
17 クリック
スタンダード
12 クリック
スポーツ
7 クリック
最大積載時
7 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングが圧縮する際のダンパー
効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
179
12 シャーシの調整
12.3
フロントフォークのリバウンドダンパーを調節する
参考
油圧式リバウンドダンパーはフロントフォークのスプリングの伸び方を調節します。
–
赤い調節スクリュー
1を時計回りに最後まで回し切ります。
参考
調節スクリュー は右のフォークレッグの上端にあり
ます。
リバウンドダンパーは右のフォークレッグREB ( 赤い
調節スクリュー)に設置されています。コンプレッショ
ンダンパーは左のフォークレッグCOMP ( 白い調節ス
クリュー)に設置されています。
1
K00814-10
–
フロントフォークのタイプに応じた回数カチッとクリックす
るよう、時計と反対回りに回します。
規定
リバウンドダンパー
180
コンフォート
17 クリック
スタンダード
12 クリック
スポーツ
7 クリック
最大積載時
7 クリック
シャーシの調整 12
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際のダ
ンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
12.4
フロントフォークのスプリングプリロードを調節する
–
調節スクリュー
す。
1を時計と反対回りに最後まで回し切りま
参考
両側のフォークレッグで同じように調節します。
–
K00815-10
フロントフォークのタイプに応じた回数、時計回りに回し戻
します。
規定
スプリングプリロード-Preload Adjuster
コンフォート
2 回転
スタンダード
5 回転
スポーツ
5 回転
最大積載時
8 回転
181
12 シャーシの調整
参考
時計回りに回すとスプリングプリロードを高め、逆方
向に回すとこれを低減します。
スプリングプリロードを調節しても、リバウンドダン
パーの調節には影響を及ぼしません。
それでも、スプリングプリロードを大きくしたら、原則
としてリバウンドダンパーの設定も上げるようにして
下さい。
12.5
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパーは高速・低速の2つの領域に分けられています。
ここでいう高速・低速は、後輪のサスペンションが圧縮する際の速度を示しており、車両の走行速度とは関係が
ありません。
コンプレッションレベルの高速設定は、アスファルト舗装の端の部分を超えて走行する場合など、後輪のサスペ
ンションが素早く縮む際に有効となる設定です。
コンプレッションレベルの低速設定は、緩やかな凹凸のある道の走行など、後輪のサスペンションがゆっくりと
縮む際にその効果を発揮します。
これら2つの範囲は別々に設定できますが、低速設定と高速設定の切り替えは流動的に行われます。そのため、
高速範囲のコンプレッションレベルで設定を変更すると、低速範囲の設定にも影響を及ぼします。逆も同様で
す。
182
シャーシの調整 12
12.6
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー低速を調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
低速設定は、ショックアブソーバーが低速から通常速度で圧縮する際に有効となる設定です。
–
ドライバーで調節スクリュー を、最後のカチッというラッ
チ音が感じられるまで時計回りに回します。
1
参考
ナット留め
2は緩めないで下さい!
–
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
K00816-10
183
12 シャーシの調整
規定
コンプレッションダンパー低速
コンフォート
20 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
参考
時計回りに回すとダンパー効果を高め、逆方向に回す
とこれを低減します。
12.7
ショックアブソーバーのコンプレッションダンパー高速を調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
参考
高速設定は、ショックアブソーバーが高速で圧縮する際に有効となる設定です。
184
シャーシの調整 12
–
ボックススパナで調節スクリュー
し切ります。
1を時計回りに最後まで回
参考
ナット留め
2は緩めないで下さい!
–
K00816-11
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数、時計と反対回
りに回します。
規定
コンプレッションダンパー高速
コンフォート
1.5 回転
スタンダード
1.5 回転
スポーツ
1 回転
最大積載時
1 回転
参考
時計回りに回すとダンパー効果を高め、逆方向に回す
とこれを低減します。
185
12 シャーシの調整
12.8
ショックアブソーバーのリバウンドダンパーを調節する
注意
人体への危険
ショックアブソーバーの部品は不適切に分解した場合、様々な方向に動いてしまいます。
ショックアブソーバーには高圧縮窒素が充填されています。
–
注意事項に従ってください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
調節スクリュー を、最後のカチッというクリックが感じら
れるまで時計回りに回します。
–
ショックアブソーバーのタイプに応じた回数カチッとクリッ
クするよう、時計と反対回りに回します。
1
規定
リバウンドダンパー
コンフォート
K00817-10
20 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
参考
時計回りに回すとスプリングがリバウンドする際のダ
ンパー効果を高め、逆方向に回すとこれを低減します。
186
シャーシの調整 12
12.9
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節する
–
ハンドル
–
ショックアブソーバーのタイプと使用目的に応じた回数、
時計回りに回します。
1を時計と反対回りに最後まで回し切ります。
規定
スプリングプリロード
K00818-10
コンフォート
2 回転
標準
2 回転
スポーツ
2 回転
最大積載時
18 回転
参考
時計回りに回すとスプリングプリロードを高め、逆方
向に回すとこれを低減します。
187
13 サービス作業シャーシ
13.1
車両をセンタースタンドで立てる
情報
部品の損傷
誤った方法で駐車を行った場合、車両が破損する恐れがあります。
車両が動いたり倒れたりした場合、大きな破損につながる恐れがあります。
車両を立てる部品はその車両重量のみを考慮して設計されています。
–
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
–
車両がスタンド一本で駐車されている場合、車両に誰も乗っていないことを確かめて下さい。
–
車両の左に立ちます。
–
ハンドルバーに左手をかけ、右足でセンタースタンドを地面
に向かって押し下げます。
–
センタースタンドのアーム に全体重をかけながら、左のサ
イドグリップをつかんで車両を上に引き上げます。
1
センタースタンドは前に開き切った状態にあります。
402032-10
188
サービス作業シャーシ 13
13.2
車両をセンタースタンドから降ろす
情報
損傷の危険性
–
駐車中の車両が動き出たり倒れる恐れがあります。
車両は安定した平らな地面の上に立てます。
–
ハンドルロックが解除されている事を確認します。
–
ハンドルバーに両手をかけて車両を前に動かします。
–
車両がセンタースタンドから外れる際、前輪ブレーキを作動
して車両が動かないようにします。
–
センタースタンド が収納位置まできちんと上がり切ってい
るかを確認します。
1
402033-10
189
13 サービス作業シャーシ
13.3
シートを取り外す
–
レースオンキーまたは黒いイグニションキーをシートロッ
ク に差込み時計回りに回します。
–
シートの後部を持ち上げ、後ろに引き、上方向に取り外しま
す。
–
イグニッションキーを抜きます。
–
シートの突起部 をフューエルタンクにかけ、後方を下げ、
前に押し込みます。
–
ロックピン をロックケースに通し、カチッという音が聞こ
えてピンがはまるまでシートの後方を下に押します。
–
シートが正しく取り付けられているかを点検します。
1
H02022-10
13.4
シートを取り付ける
401677-10
190
1
2
サービス作業シャーシ 13
13.5
チェーンの汚れを点検する
–
チェーンに大きな汚れがついていないか点検します。
»
チェーンがひどく汚れている:
–
チェーンを清掃します。 (
頁 191)
400678-01
13.6
チェーンを清掃する
警告
事故の危険性
–
潤滑剤がタイヤに付着すると、タイヤの粘着力が低下します。
潤滑剤を適切な洗浄剤を利用してタイヤから拭き取ってください。
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
191
13 サービス作業シャーシ
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
チェーンの寿命は手入れの仕方で大きく変わってきます。
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
頁 188)
主な作業
– 大きな汚れは弱い水流で洗い流します。
–
使用済みグリースの残りはチェーン洗浄剤で落とします。
チェーン洗浄剤 (
–
頁 350)
乾かした後、チェーンスプレーを吹き付けます。
チェーンスプレー・Street (
頁 350)
400725-01
その後の作業
– 車両をセンタースタンドから降ろします。 (
192
頁 189)
サービス作業シャーシ 13
13.7
チェーンの遊びを点検する
警告
事故の危険性
不適切なチェーンの遊びは部品を破損し、事故の原因となります。
チェーンが貼りすぎているとチェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、そしてギアベアリ
ングおよび後輪ベアリングが早期磨耗してしまいます。部品の中には過負荷により切れたり壊れたり
するものもあります。
チェーンが緩すぎるとチェーンがフロントスプロケットまたはリアスプロケットから外れてしまいま
す。その結果、後輪ロック、またはエンジン破損の原因となります。
–
チェーンの遊びを定期的に点検してください。
–
チェーンの遊びを規定値に従って設定してください。
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
主な作業
– ギアをニュートラル
–
頁 188)
に入れます。
チェーンガイドを通る手前の辺りでチェーンを上に押し、
チェーンの遊び を確認します。
A
401664-10
193
13 サービス作業シャーシ
参考
その際、チェーン上部 がピンと張っている事を確認
して下さい。
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記
確認を何箇所か別の場所で繰り返し行って下さい。
B
チェーンの遊び
»
40 … 45 mm
チェーンの遊びが規定通りになっていない:
–
チェーンの遊びを調節します。 (
頁 195)
その後の作業
– 車両をセンタースタンドから降ろします。 (
194
頁 189)
サービス作業シャーシ 13
13.8
チェーンの遊びを調節する
警告
事故の危険性
不適切なチェーンの遊びは部品を破損し、事故の原因となります。
チェーンが貼りすぎているとチェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、そしてギアベアリ
ングおよび後輪ベアリングが早期磨耗してしまいます。部品の中には過負荷により切れたり壊れたり
するものもあります。
チェーンが緩すぎるとチェーンがフロントスプロケットまたはリアスプロケットから外れてしまいま
す。その結果、後輪ロック、またはエンジン破損の原因となります。
–
チェーンの遊びを定期的に点検してください。
–
チェーンの遊びを規定値に従って設定してください。
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
–
チェーンの遊びを点検します。 (
頁 188)
頁 193)
195
13 サービス作業シャーシ
主な作業
– ナット
–
–
1を緩めます。
ナット2を緩めます。
左右の調節スクリュー3を回し、チェーンの遊びを調節しま
す。
規定
チェーンの遊び
40 … 45 mm
左右の調節スクリュー を回し、両側のチェーンアジャス
ター のマーキングが目印 に対して同じ位置にくるよ
うに調節します。これにより後輪の位置が正しく調整され
ます。
3
4
A
参考
その際、チェーン上部がピンと張っている事を確認し
て下さい。
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、
チェーンの何箇所で調整を繰り返し確認して下さい。
K00819-10
–
–
ナット
2をしっかりと締めます。
チェーンアジャスター4が調節スクリュー3に接触してい
る事を確認します。
–
196
ナット
1をしっかりと締めます。
サービス作業シャーシ 13
規定
後輪アクスル
シャフト用ナッ
ト
M25x1.5
90 Nm
ねじ山にはグリースを
塗布
参考
チェーンアジャスター
きます。
4は 180 度回転させる事がで
その後の作業
– 車両をセンタースタンドから降ろします。 (
13.9
頁 189)
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケットを点検する
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
頁 188)
197
13 サービス作業シャーシ
主な作業
– チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケットの磨耗
を点検します。
»
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケットが磨
耗している場合:
–
駆動部品一式を交換します。
参考
100132-10
198
フロントスプロケット、リアスプロケット、
チェーンは必ず一緒に交換して下さい。
サービス作業シャーシ 13
–
ギアをニュートラル
–
に入れます。
チェーン下部を以下に記載した重量
Aで引っ張ります。
規定
チェーンの摩耗測定におけ
る重量
–
15 kg
チェーン上部でローラー 18 個分の長さ
Bを測定します。
参考
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記
確認を何箇所か別の場所で繰り返し行って下さい。
チェーンが最も長い部分で
のローラー 18 個分の長さ
の最大値
272 mm
B
»
長さ
Bが規定値より大きい:
–
駆動部品一式を交換します。
401665-10
199
13 サービス作業シャーシ
参考
新しいチェーンを取り付ける際は、同時にリア
スプロケットとフロントスプロケットも交換し
て下さい。
新しいチェーンを摩耗が進んだ古いリアスプロ
ケットまたはフロントスプロケットと一緒に使
用すると、早く摩耗してしまいます。
安全上の理由により、チェーンにはチェーン
ジョイントがありません。
–
チェーンスライダーガードのくぼみ部分で摩耗を点検します。
参考
チェーンスライダーガードが新しい状態では、くぼみ
の下端 からリベット が半分のぞいてます。
C
»
S02268-10
チェーンのリベットが、くぼみの下端から見えなくなって
いる:
–
–
チェーンスライダーガードを交換します。
チェーンスライダーガードがきちんと固定されているか確認
します。
»
チェーンスライダーガードがガタついている:
–
200
1
チェーンスライダーガードのスクリューをしっかりと
締めます。
サービス作業シャーシ 13
規定
チェーンスライ
ダーガード用スク
リュー
–
5 Nm
チェーンガイドの磨耗を点検します。
»
チェーンガイドが磨耗している:
–
–
M5
チェーンガイドを交換します。
チェーンガイドがきちんと固定されているか確認します。
»
チェーンガイドがガタついている:
–
チェーンガイドのスクリューをしっかりと締めます。
規定
401670-01
チェーンガイド用
スクリュー
M6
その後の作業
– 車両をセンタースタンドから降ろします。 (
5 Nm
頁 189)
201
13 サービス作業シャーシ
13.10
油圧式クラッチのフルードレベルを点検・調節する
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
情報
環境汚染
–
202
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
サービス作業シャーシ 13
参考
クラッチディスクの摩耗が進むにつれ、フルードレベルが高くなります。
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に
着色してあります。ガスケットとクラッチワイヤーはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していませ
ん。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
–
ハンドルバーに取り付けられている油圧式クラッチのリザー
バータンクを水平な状態にします。
–
スクリュー
–
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
–
フルードのレベルを確認します。
タンクの上端からフルード
レベルまで
»
K00825-10
4 mm
フルードのレベルが規定通りになっていない:
–
油圧式クラッチのフルードレベルを調節します。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁 348)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取
り付け、しっかりと締めます。
203
13 サービス作業シャーシ
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
13.11
ステアリングヘッドベアリングの遊びを点検する
警告
事故の危険性 ステアリングヘッドベアリングの遊びが不適切な場合、走行性能に影響を及ぼし構成部
品を破損させることがあります。
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びは速やかに修正してください。(お近くの KTM 正規ディー
ラーにお問い合わせ下さい。)
参考
ステアリングヘッドのベアリングにガタがある状態で長い間使用すると、まずベアリングが、続いてフ
レームのベアリングシートが損傷してしまいます。
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
204
頁 188)
サービス作業シャーシ 13
主な作業
– 車両のリアエンドに荷重をかけます。
前輪が地面から浮いています。
–
ハンドルバーを直進の状態にします。フォークレッグを進行
方向に向かって前後に動かします。
ステアリングヘッドのベアリングにガタが感じられる場合
はメンテナンスが必要です。
»
400738-11
ガタが感じられる:
–
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節しま
す。
ハンドルバーをハンドル限界全体にわたり左右に動かします。
ハンドルバーがハンドル限界全体にわたりスムーズに動か
せる事を確認して下さい。どこかで動きが止まると感じら
れる場合はメンテナンスが必要です。
»
動きの止まりが感じられる:
–
ステアリングヘッドベアリングの遊びを調節しま
す。
–
ステアリングヘッドのベアリングを点検し、必要に応
じて交換します。
その後の作業
– 車両をセンタースタンドから降ろします。 (
頁 189)
205
13 サービス作業シャーシ
13.12
ロアートリプルクランプのカバーを取り外す
–
スクリュー
–
1を外します。
トリプルクランプのカバー2を少し下に下げます。
–
ホーンのプラグ
K00834-10
K00835-10
206
–
3を抜きます。
温度センサー4の固定部を外します。
–
トリプルクランプのカバーを取り外します。
サービス作業シャーシ 13
13.13
ロアートリプルクランプのカバーを取り付ける
–
ホーンのプラグ
–
1を差し込みます。
温度センサー2の固定部を掛けます。
–
トリプルクランプのカバー
–
スクリュー
K00835-11
3の位置を調整します。
4を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
K00834-11
207
13 サービス作業シャーシ
13.14
フロントサイドカバーを取り外す
–
スクリュー
–
1を外します。
サイドカバー2を取り外します。
–
上記作業を反対側でも行います。
K00836-10
13.15
フロントサイドカバーを取り付ける
–
K00839-10
208
サイドカバーの
わせます。
Aの部分をフューエルタンクカバーの下に合
サービス作業シャーシ 13
–
–
サイドカバーを突起部
1を利用しホルダー2に掛けます。
サイドカバーの突起部3を固定部4に掛け、フューエルタ
ンクに対する位置を調整します。
K00840-10
–
スクリュー
5を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フェアリング用スク
リュー
–
M5x12
3.5 Nm
上記作業を反対側でも行います。
K00836-11
13.16
フロントマスクスポイラーを取り外す
準備作業
– シートを取り外します。 (
頁 190)
–
フロントサイドカバーを取り外します。 (
–
フューエルタンクのカバーを取り外します。 (
頁 208)
頁 221)
209
13 サービス作業シャーシ
主な作業
– スクリュー
1を外します。
F00883-10
–
F00884-10
210
スクリュー
2を外します。
サービス作業シャーシ 13
–
スクリュー
–
3を外します。
スクリュー4をブッシングと一緒に外します。
–
突起部
F00885-10
5をインナーカバーから外します。
F00886-10
211
13 サービス作業シャーシ
–
フロントマスクスポイラーを横方向に引いて、取り付け部か
ら外します。
参考
ターンシグナルケーブルに注意して下さい。
F00887-01
F00888-10
212
–
コネクター
–
フロントマスクスポイラーをターンシグナルと一緒に取り外
します。
–
上記作業を反対側でも行います。
6を外します。
サービス作業シャーシ 13
13.17
フロントマスクスポイラーを取り付ける
主な作業
– コネクター
1を接続します。
F00888-11
–
フロントマスクスポイラーを配置し横から取り付け部に押し
込みます。
参考
ターンシグナルケーブルが正しく取り回されるよう注
意して下さい。
F00887-02
213
13 サービス作業シャーシ
–
突起部
–
スクリュー
2を穴に差し込みます。
F00886-11
3を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フロントマスクスポ
イラー用スクリュー
–
スクリュー
めます。
M5x12
3.5 Nm
4をブッシングと一緒に取り付け、しっかりと締
規定
F00885-10
214
ブッシング用スク
リュー
M6
4 Nm
サービス作業シャーシ 13
–
スクリュー
5を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フロントマスクスポ
イラー用スクリュー
M5x12
3.5 Nm
F00884-11
–
スクリュー
6を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フロントマスクスポ
イラー用スクリュー
–
M5x12
3.5 Nm
上記作業を反対側でも行います。
F00883-11
その後の作業
– フューエルタンクのカバーを取り付けます。 (
–
フロントサイドカバーを取り付けます。 (
–
シートを取り付けます。 (
頁 223)
頁 208)
頁 190)
215
13 サービス作業シャーシ
13.18
フロントフェンダーを取り外す
(Super Adventure R EU)
– ホルダー を開き、ブレーキワイヤーとケーブルを外し
ます。
1
–
スクリュー
–
フェンダーを前方向に取り外します。
2を外します。
参考
ブレーキワイヤーとケーブルに注意します。
K00837-10
(1290 Super Adventure R TKC EU, 1290 Super
Adventure R TKC CN)
– ホルダー を開き、ブレーキワイヤーとケーブルを外し
ます。
1
–
スクリュー
–
フェンダーを前方向に取り外します。
2を外します。
参考
M01387-10
216
ブレーキワイヤーとケーブルに注意します。
サービス作業シャーシ 13
13.19
フロントフェンダーを取り付ける
(Super Adventure R EU)
– フェンダーの位置を調整します。
参考
ブレーキワイヤーとケーブルの配線に注意します。
–
スクリュー
1を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フェンダー用スク
リュー
K00837-11
–
M5x12
3.5 Nm
ブレーキホースとケーブルをホルダー
ダーを閉めます。
2にかけ、ホル
(1290 Super Adventure R TKC EU, 1290 Super
Adventure R TKC CN)
– フェンダーの位置を調整します。
参考
ブレーキワイヤーとケーブルの配線に注意します。
–
スクリュー
1を取り付け、しっかりと締めます。
M01387-11
217
13 サービス作業シャーシ
規定
フェンダー用スク
リュー
–
13.20
M5x12
3.5 Nm
ブレーキホースとケーブルをホルダー
ダーを閉めます。
2にかけ、ホル
フォークレッグのダストシールを清掃する
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
頁 188)
–
頁 216)
フロントフェンダーを取り外します。 (
主な作業
(Super Adventure R EU)
– 両側のフォークレッグで、ダストシール
ます。
1を下にずらし
参考
K00838-10
218
ダストシールはフォークインナーパイプのほこり
や汚れをこすり落とします。時間が経つにつれ、
汚れがダストシールの裏に入り込む事がありま
す。この汚れを取り除かないと、その後ろにあるオ
イルシールリングに漏れが生じる恐れがあります。
サービス作業シャーシ 13
警告
事故の危険性 オイルやグリースがブレーキディ
スクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースか
ら保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄
剤を使って清掃してください。
両側のフォークレッグのダストシールとインナーチュー
ブを清掃し、オイルを差します。
汎用オイルスプレー (
頁 351)
–
ダストシール
–
余分なオイルを取り除きます。
1を取付け位置に押し戻します。
(1290 Super Adventure R TKC EU, 1290 Super
Adventure R TKC CN)
– 両側のフォークレッグで、ダストシール を下にずらし
ます。
1
K00854-10
219
13 サービス作業シャーシ
参考
ダストシールはフォークインナーパイプのほこり
や汚れをこすり落とします。時間が経つにつれ、
汚れがダストシールの裏に入り込む事がありま
す。この汚れを取り除かないと、その後ろにあるオ
イルシールリングに漏れが生じる恐れがあります。
警告
事故の危険性 オイルやグリースがブレーキディ
スクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースか
ら保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄
剤を使って清掃してください。
両側のフォークレッグのダストシールとインナーチュー
ブを清掃し、オイルを差します。
汎用オイルスプレー (
頁 351)
–
ダストシール
–
余分なオイルを取り除きます。
1を取付け位置に押し戻します。
その後の作業
– フロントフェンダーを取り付けます。 (
220
頁 217)
サービス作業シャーシ 13
–
13.21
車両をセンタースタンドから降ろします。 (
頁 189)
フューエルタンクのカバーを取り外す
準備作業
– シートを取り外します。 (
–
頁 190)
フロントサイドカバーを取り外します。 (
頁 208)
主な作業
– スクリュー
–
1を外します。
スクリュー2を外します。
K00841-10
221
13 サービス作業シャーシ
–
スクリュー
–
3を外します。
スクリュー4を外します。
–
スクリュー
K00842-10
S02270-10
222
5を外します。
サービス作業シャーシ 13
–
フューエルタンクカバーの後部を持ち上げ、前方向に取り外
します。
S02271-01
13.22
フューエルタンクのカバーを取り付ける
主な作業
– フューエルタンクのカバーの位置を調整します。
突起部
1がタンク下2にはまります。
参考
シールリップと空気抜きホースに注意して下さい。
K00845-10
223
13 サービス作業シャーシ
–
スクリュー
3を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フェアリング用スク
リュー
M5x12
3.5 Nm
S02270-11
–
スクリュー
4を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フェアリング用スク
リュー
–
M6
6 Nm
スクリュー
5を取り付け、しっかりと締めます。
規定
K00842-11
224
フェアリング用スク
リュー
M5x12
3.5 Nm
サービス作業シャーシ 13
–
スクリュー
6を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フェアリング用スク
リュー
–
M6
6 Nm
スクリュー
7を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フェアリング用スク
リュー
K00841-11
M5x12
3.5 Nm
その後の作業
– フロントサイドカバーを取り付けます。 (
–
シートを取り付けます。 (
頁 208)
頁 190)
225
13 サービス作業シャーシ
13.23
ウインドシールドを取り外す
–
スクリュー をゴムブッシングと共に取り外し、ウインド
シールド を取り外します。
1
2
K00846-10
13.24
ウインドシールドを取り付ける
–
ウインドシールド
–
スクリュー
締めます。
1の位置を調整します。
2をゴムブッシングと共に取り付け、しっかりと
規定
ウインドシールド用
スクリュー
K00846-11
226
M5
3.5 Nm
サービス作業シャーシ 13
13.25
エンジンガードを取り外す
–
スクリュー
をブッシングと一緒に外し、エンジンガー
ド を取り外します。
1
2
F01725-10
13.26
エンジンガードを取り付ける
–
エンジンガード の位置決めをし、スクリュー
ングと共に取り付けてしっかりと締め付けます。
2をブッシ
1
規定
エンジンガード用ス
クリュー
M6
10 Nm
F01725-11
227
13 サービス作業シャーシ
13.27
クラッシュバーを取り外す
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
頁 188)
主な作業
– スクリューキャップ
1を取り外します。
F00893-10
–
–
–
F00894-10
228
スクリュー
2を外し、クランプブリッジを取り外します。
スクリュー3を外します。
スクリュー4を外し右クラッシュバーを取り出します。
サービス作業シャーシ 13
–
–
–
スクリュー
5を外し、クランプブリッジを取り外します。
スクリュー6を外します。
スクリュー7を外し左クラッシュバーを取り出します。
F00895-10
13.28
クラッシュバーを取り付ける
–
左クラッシュバーとフレームガードと共に位置調整し、クラ
ンプをフレームチューブに掛けます。
参考
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護します。
–
スクリュー
1を取り付け、締めないままにしておきます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
F00895-11
–
M10
45 Nm
スクリュー
2を取り付け、締めないままにしておきます。
229
13 サービス作業シャーシ
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
–
M6
10 Nm
スクリュー
3を取り付け、締めないままにしておきます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
–
M6
10 Nm
右クラッシュバーとフレームガードと共に位置調整し、クラ
ンプをフレームチューブに掛けます。
参考
部品を損傷させないよう、カバーをかけて保護します。
–
スクリュー
4を取り付け、締めないままにしておきます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
F00894-11
–
M10
45 Nm
スクリュー
5を取り付け、締めないままにしておきます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
–
230
スクリュー
M6
10 Nm
6を取り付け、締めないままにしておきます。
サービス作業シャーシ 13
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
–
M6
10 Nm
スクリューキャップ
7を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
クラッシュバーは均等に調整されています。
–
クラッシュバーのスクリューを全てしっかりと締めます。
規定
F00893-11
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
シャーシ用その他の
スクリュー
M10
45 Nm
231
14 ブレーキシステム
14.1
アンチロック・ブレーキシステム (ABS)
ABS モジュール は油圧ユニット、ABS コントロールユニッ
ト、リターンポンプから成り、シートの下に設置されています。
前輪と後輪に各 1 つの車輪速度センサー が取り付けられてい
ます。
1
2
警告
事故の危険性 車両を改造した場合、アンチロック・ブ
レーキシステムの機能に影響を及ぼします。
H02020-01
232
–
前輪にロックがかかっている場合、公共道路外の場所
で、アンチロック・ブレーキシステムをオフの状態に
し、後輪を回転させて下さい。
–
サスペンションストロークに影響を及ぼすような改造
を行わないで下さい。
–
ブレーキシステムには KTM 純正製品のスペアパーツ
のみをご使用下さい。
–
KTM により承認および推奨された適切な速度記号の
タイヤならびに車輪のみを使用して下さい。
–
タイヤの規定空気圧を遵守して下さい。
–
メンテナンス作業および修理が正しく行われているこ
とを確認して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
ブレーキシステム 14
ABSは、直進走行中に車輪がロックしてハンドルが効かなくなっ
てしまうのを防ぐ安全システムです。
警告
事故の危険性 運転支援システムは物理的限界範囲内の
みで転倒を回避してくれるものであり、
重い荷物の積載、道路舗装の変化、急勾配での発進、ク
ラッチを切らないままのフルブレーキなど極限の走行状
態では運転支援が行えない場合があります。
–
道路の状況、運転能力に応じた走行方法で運転しま
しょう。
ABS には、ABS モードRoadと ABS モードOffroadの 2 つの作動
モードがあります。
ABS モードRoadでは前輪ブレーキを作動すると、後輪にもブ
レーキがかかります。ABS は両車輪を制御できます。
ABS モードOffroadでは前輪ブレーキが前輪に作動します。後輪
ブレーキは後輪に作動します。後輪では ABS 制御が行われませ
ん。ABS 警告ランプ がゆっくりと点滅し、現在、ABS モード
がOffroadである事に注意を促します。
3
参考
ABS モードOffroadでは後輪がロックし、転倒する恐れが
あります。
233
14 ブレーキシステム
ABS は 2 つの独立したブレーキ回路で作動します ( 前輪ブレー
キと後輪ブレーキ)。車輪のいずれかがロックしている傾向を
ABS コントロールユニットで検出すると、ブレーキ圧の調整によ
り ABS が作動し始めます。調整プロセスによりブレーキペダル
またはブレーキレバーにわずかな振動が感じられます。
通常、イグニッションをオンにすると ABS 警告ランプ が点灯
し、発進すると消えます。発進後もランプが消えない場合や走行
中に点灯した場合は、ABS でエラーが発生した事を示します。
この場合には ABS は作動せず、ブレーキをかけた際に車輪がロッ
クする恐れがあります。その際、ABS による調整は行われません
が、ブレーキシステム自体は通常通り機能します。
ABS 警告ランプは、ウィリーや後輪の空転などの極端な走行状態
で、前輪と後輪の回転数に大きな差異がある場合にも点灯する事
があります。この場合、ABS はオフとなります。
ABS を再度オンにするには、車両を停止してイグニッションを
オフにします。車両を再び作動すると、ABS も再びオンになりま
す。ABS 警告ランプは発進後に消えます。
3
MSC
MSCは ABS の補助機能です。車輪が傾いた状態 ( カーブ走行中)
でブレーキを作動した際、物理的に可能な範囲で車輪のブロック
や滑りを防ぐことができます。
5D センサーにより、ABS 制御が前後左右の傾きにも左右される
ようになっています。
前後左右の傾きに左右される ABS 制御は、あらゆる走行状況で
走行安定性および制動性能を向上します。例えば、カーブで急ブ
レーキをかけた際に発生する復原力をMSCが抑制します。これに
234
ブレーキシステム 14
より、傾いた状態から車両が立ち直ってしまい、結果、コーナリ
ング半径が大きくなる事態を防ぎます。両車輪にかかる制動力を
電子的に制御することによって制動力が理想的な形で分配され、
これが車両のさらなる安定化へとつながります。
参考
MSCは ABS モードRoadの場合のみ有効です。
14.2
ブレーキディスクを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキディスクはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキディスクは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
–
前輪と後輪のブレーキディスクの何箇所かでディスクの厚
み を確認します。
A
参考
ブレーキディスクの厚みは、ブレーキパッドと接触す
る範囲 が摩耗により減っていきます。
1
ブレーキディスクの摩耗限界
400618-10
前方
4 mm
235
14 ブレーキシステム
後輪
»
–
ブレーキディスクの厚みが規定値を下回っている:
–
前輪ブレーキのブレーキディスクを交換します。
–
後輪ブレーキのブレーキディスクを交換します。
前輪と後輪のブレーキディスクでひび、損傷、変形がないか
を点検します。
»
14.3
4.5 mm
ブレーキディスクにひび、損傷、変形が見られる:
–
前輪ブレーキのブレーキディスクを交換します。
–
後輪ブレーキのブレーキディスクを交換します。
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキングを下回っていたら、ブレーキシステムに漏れがあるか、
ブレーキパッドが摩耗しています。
–
236
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
ブレーキシステム 14
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザー
バーを水平な状態にします。
–
ブレーキフルードリザーバー
を確認します。
1でブレーキフルードのレベル
»
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング
回っている:
–
Aを下
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
( 頁 237)
K00850-10
14.4
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキングを下回っていたら、ブレーキシステムに漏れがあるか、
ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
237
14 ブレーキシステム
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
情報
環境汚染
–
238
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
ブレーキシステム 14
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
準備作業
– 前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 240)
主な作業
– ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザー
バーを水平な状態にします。
–
–
–
スクリュー
1を外します。
カバー2をダイヤフラム3と一緒に外します。
ブレーキフルードをMAXのマーキングの位置Aまで注ぎま
す。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
K00851-10
–
–
頁 348)
カバー
2とダイヤフラム3の位置を調整します。
スクリュー1を取り付け、しっかりと締めます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
239
14 ブレーキシステム
14.5
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキパッドはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキパッドは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
破損したブレーキディスクはブレーキ性能を低下させます。
ブレーキパッドの交換が遅れると、ブレーキパッドサポートがブレーキディスクをこすります。その結
果、ブレーキ性能が大幅に低下し、ブレーキディスクを破損してしまいます。
–
ブレーキパッドを定期的に点検してください。
–
両側のブレーキキャリパーの全てのブレーキパッドで厚み最
小値 を確認します。
A
厚み最小値
A
»
厚みが最小値を下回っている:
–
–
S00957-10
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
両側のブレーキキャリパーの全てのブレーキパッドでひびや
損傷がないかを点検します。
»
ひびや損傷がある:
–
240
≥ 1 mm
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
ブレーキシステム 14
14.6
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキングを下回っていたら、ブレーキシステムに漏れがあるか、
ブレーキパッドが摩耗しています。
–
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
頁 188)
241
14 ブレーキシステム
主な作業
– ブレーキフルードリザーバー
を確認します。
1でブレーキフルードのレベル
»
フルードのレベルがMINのマーキング
る:
–
Aまで下がってい
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
( 頁 242)
K00852-10
14.7
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
警告
事故の危険性
ブレーキシステムはブレーキフルード・レベルが不十分であると稼動しません。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキングを下回っていたら、ブレーキシステムに漏れがあるか、
ブレーキパッドが摩耗しています。
–
242
ブレーキシステムを点検し、問題を解決するまでは車両を走行させないでください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
ブレーキシステム 14
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードに接触すると皮膚の炎症の原因となります。
–
ブレーキフルードは子供の手の届かないところに保管してください。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
ブレーキフルードを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は多量の水で洗ってください。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
ブレーキフルードが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
警告
事故の危険性
–
老化したブレーキフルードはブレーキ性能を低下させます。
前輪および後輪ブレーキのブレーキフルードがサービスプランに従って交換されていることを確認
してください。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
243
14 ブレーキシステム
参考
ブレーキフルード DOT 5 を絶対に使用しないで下さい! シリコンオイルをベースにしており、紫色に着
色してあります。ガスケットとブレーキホースはブレーキフルード DOT 5 での使用に適していません。
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
–
頁 188)
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁 245)
主な作業
– スクリューキャップ
–
1をダイヤフラム2と共に外します。
ブレーキフルードをMAXのマーキングの位置Aまで注ぎま
す。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
K00853-10
頁 348)
スクリューキャップ をダイヤフラム
しっかりと締めます。
1
2と一緒に取り付け、
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、
すぐに水で洗い流して下さい。
244
ブレーキシステム 14
14.8
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
警告
事故の危険性
–
磨耗したブレーキパッドはブレーキ性能を低下させます。
磨耗したブレーキパッドは速やかに交換しなければなりません。(お近くの KTM 正規ディーラーに
お問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
破損したブレーキディスクはブレーキ性能を低下させます。
ブレーキパッドの交換が遅れると、ブレーキパッドサポートがブレーキディスクをこすります。その結
果、ブレーキ性能が大幅に低下し、ブレーキディスクを破損してしまいます。
–
ブレーキパッドを定期的に点検してください。
–
ブレーキパッド厚み
Aの最小値を確認します。
厚み最小値
A
»
厚みが最小値を下回っている:
–
–
≥ 1 mm
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
ブレーキパッドにひびや破損がないか点検します。
»
ひびや損傷がある:
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
S00958-10
245
15 車輪、タイヤ
15.1
前輪を取り外す
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
頁 188)
主な作業
– 車両のリアエンドに荷重をかけます。
前輪が地面から浮いています。
–
スクリュー
す。
–
両側のブレーキキャリパーからスクリュー
–
ブレーキディスク上でブレーキキャリパーを軽く横に傾け、
ブレーキパッドを押し戻します。
–
ブレーキキャリパーを慎重に後ろへ引いてブレーキディスク
から外し、ホースが引っ張られないように注意して脇にかけ
ておきます。
1を外し、車輪速度センサー2を穴から抜きま
V00006-10
3を外します。
参考
S00959-10
246
ブレーキキャリパーを外した状態でブレーキレバーを
作動しないで下さい。
車輪、タイヤ 15
–
–
–
スクリュー
4を数回転分緩めます。
スクリュー5を緩めます。
スクリュー4を押し、アクスルシャフトをフォークレッグの
穴から押し出します。
–
スクリュー
4を外します。
警告
事故の危険性 破損したブレーキディスクはブレー
キ性能を低下させます。
K00540-10
–
–
ブレーキディスクが損傷する事のないよう、ホ
イールの取り外しには注意して下さい。
前輪を支え、アクスルシャフトを取り外します。前輪をフロ
ントフォークから取り外します。
参考
前輪を取り外した状態でブレーキレバーを作動しない
で下さい。
247
15 車輪、タイヤ
–
スペーサー
6を取り外します。
H02027-10
15.2
前輪を取り付ける
警告
事故の危険性
248
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
車輪、タイヤ 15
–
ホイールベアリングに磨耗や損傷がないかを点検します。
»
ホイールベアリングが磨耗または損傷している:
–
–
前方ホイールベアリングを交換します。
シャフトのラジアルシールリング
とスペーサーの接触
面 を清掃し、グリースアップします。
1
A
耐久性グリース (
頁 351)
H02026-10
(Super Adventure R EU)
– 幅が小さい方のスペーサー
取り付けます。
2を進行方向に向かって右に
参考
矢印 が前輪の進行方向を示しています。
車輪速度センサー付きホイールは進行方向に向
かって左側に設置されています。
B
S02273-10
–
厚い方のスペーサーを進行方向に向かって左に取り付け
ます。
249
15 車輪、タイヤ
(1290 Super Adventure R TKC EU, 1290 Super
Adventure R TKC CN)
– 幅が大きい方のスペーサー を進行方向に向かって左に
取り付けます。
2
参考
矢印 が前輪の進行方向を示しています。
車輪速度センサー付きホイールは進行方向に向
かって左側に設置されています。
B
M00611-10
–
幅が小さい方のスペーサーを進行方向に向かって右に取
り付けます。
警告
事故の危険性 オイルやグリースがブレーキディス
クに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保
護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤
を使って清掃してください。
S00962-10
–
スクリュー とアクスルシャフト
塗布します。
3
耐久性グリース (
250
頁 351)
4を清掃してグリースを
車輪、タイヤ 15
–
前輪をフロントフォークの高さまで持ち上げ、位置を調整し
てアクスルシャフトを差し込みます。
–
スクリュー
3を取り付け、しっかりと締めます。
規定
前方アクスル
シャフト用スク
リュー
M25x1.5
45 Nm
ねじ山にはグリースを
塗布
–
ブレーキキャリパーの位置を調整します。
–
両側のブレーキキャリパーにスクリュー
ないままにしておきます。
–
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感じら
れるまで、ブレーキレバーを何度か作動します。ブレーキレ
バーを作動した状態で固定します。
ブレーキパッドの位置が正しく調整されています。
5を取り付け、締め
ブレーキキャリパーの位置が調整されます。
S00959-11
–
両側のブレーキキャリパーのスクリュー
ます。
5をしっかりと締め
規定
前方ブレーキ
キャリパー用ス
クリュー
–
M10
45 Nm
Loctite®243™
ブレーキレバーの固定を解きます。
251
15 車輪、タイヤ
–
車輪速度センサー
–
スクリュー
6を穴に差し込み、位置を調整します。
7を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
M6
10 Nm
–
車両をセンタースタンドから降ろします。 (
–
前輪のブレーキを作動し、フロントフォークのスプリングを
何度か強く圧縮します。
頁 189)
V00006-11
フォークレッグの位置が調整されます。
–
スクリュー
8をしっかりと締めます。
規定
フォークレッグのア
クスル通し穴用スク
リュー
M8
15 Nm
K00540-11
15.3
後輪を取り外す
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
252
頁 188)
車輪、タイヤ 15
主な作業
– 手でブレーキキャリパーをブレーキディスクに向かって押
し、ブレーキピストンを押し戻します。
M00612-01
–
スクリュー
す。
1を外し、車輪速度センサー2を穴から抜きま
S00277-10
253
15 車輪、タイヤ
–
ナット
ます。
–
後輪が前方に動かせるところまで、アクスルシャフト
き出します。
–
後輪をできるだけ前方に押します。チェーンをリアスプロ
ケットから外し、チェーン掛け にかけます。
3を外します。チェーンアジャスター4を取り外し
S00276-10
5を引
6
警告
事故の危険性 破損したブレーキディスクはブレー
キ性能を低下させます。
–
M00613-10
–
254
ブレーキディスクが損傷する事のないよう、ホ
イールの取り外しには注意して下さい。
後輪を支え、アクスルシャフトを取り外します。スイングアー
ムから後輪を外します。
車輪、タイヤ 15
参考
後輪を取り外した状態でフットブレーキを作動しない
で下さい。
–
15.4
スペーサー
7を取り外します。
後輪を取り付ける
警告
事故の危険性
オイルやグリースがブレーキディスクに付着するとブレーキ性能が低下します。
–
ブレーキディスクを常にオイルやグリースから保護してください。
–
必要な場合、ブレーキディスクをブレーキ洗浄剤を使って清掃してください。
警告
事故の危険性
–
後輪取り付け直後には後輪ブレーキにはブレーキ性能がありません。
走行を開始する前にしっかりとした圧点を感じることができるようになるまでフットブレーキを何
回か作動させてください。
–
後輪のハブダンパーを点検します。
(
頁 258)
255
15 車輪、タイヤ
–
ホイールベアリングに磨耗や損傷がないかを点検します。
»
ホイールベアリングが磨耗または損傷している:
–
–
後輪のホイールベアリングを交換します。
シャフトのラジアルシールリング
とスペーサーの接触
面 を清掃し、グリースアップします。
1
A
耐久性グリース (
S01639-10
–
スペーサーを取り付けます。
–
アクスルシャフトとナットのねじ山を清掃してグリースアッ
プします。
耐久性グリース (
256
頁 351)
頁 351)
–
ハブダンパーとリアスプロケットサポートを後輪に取り付け
ます。
–
スイングアームの間で後輪を持ち上げ、ブレーキディスクを
ブレーキキャリパーにかみ合わせます。
車輪、タイヤ 15
–
アクスルシャフト
にしておきます。
–
後輪をできるだけ前に押し、チェーンをリアスプロケットに
かけます。
–
アクスルシャフトを最後まで押し込み、チェーンアジャス
ター とナット を取り付けます。
2を取り付け、最後まで押し込まないまま
M00615-10
4
5
参考
チェーンアジャスター
り付けて下さい。
–
M00631-10
3と4は同じポジションで取
チェーンアジャスターが調節スクリューに接触している事を
確認します。
規定
後輪の位置が正しく調整されるよう、左右のチェーンア
ジャスターに付けられたマーキングが目印 に対して同じ
位置にくるように取り付けて下さい。
B
–
ナット
5をしっかりと締めます。
257
15 車輪、タイヤ
規定
後輪アクスル
シャフト用ナッ
ト
M25x1.5
–
車輪速度センサー
–
スクリュー
90 Nm
ねじ山にはグリースを
塗布
6を穴に差し込み、位置を調整します。
7を取り付け、しっかりと締めます。
規定
シャーシ用その他の
スクリュー
–
M6
10 Nm
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して抵抗が感じら
れるまで、ブレーキペダルを何度か作動します。
S00289-10
15.5
後輪のハブダンパーを点検する
参考
エンジンの力はリアスプロケットから 6 つのハブダンパーを通して後輪に伝えられます。ハブダンパー
は使用により摩耗していきます。ハブダンパーを適時に交換しないと、リアスプロケットサポートと後
輪ハブを損傷してしまいます。
準備作業
– 車両をセンタースタンドで立てます。 (
–
258
後輪を取り外します。
(
頁 252)
頁 188)
車輪、タイヤ 15
主な作業
(Super Adventure R EU)
– 後輪のハブダンパー
1に破損・摩耗が無いか点検します。
»
後輪のハブダンパーが摩耗または損傷している:
–
後輪のハブダンパー全てを交換します。
S02272-10
(1290 Super Adventure R TKC EU, 1290 Super
Adventure R TKC CN)
– 後輪のハブダンパー に破損・摩耗が無いか点検します。
1
»
後輪のハブダンパーが摩耗または損傷している:
–
後輪のハブダンパー全てを交換します。
M00616-10
259
15 車輪、タイヤ
–
リアスプロケットを上にして後輪を作業台の上に置き、アク
スルシャフトをハブに差し込みます。
–
リアスプロケットの遊び
Aを確認します。
参考
遊びはリアスプロケットの外側で測定して下さい。
後輪のハブダンパーの遊び
K00823-10
»
遊び
Aが記載された値より大きい:
–
後輪のハブダンパー全てを交換します。
その後の作業
– 後輪を取り付けます。
15.6
≤ 5 mm
(
頁 255)
タイヤの状態を点検する
警告
事故の危険性
ります。
–
260
タイヤが走行中にパンクしてしまった場合、車両をコントロールすることができなくな
破損した、またはすり減ったタイヤが速やかに交換されていることを確認してください。(お近くの
KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
車輪、タイヤ 15
警告
転倒の危険性
前輪と後輪のトレッドが異なると走行性能に影響を及ぼします。
異なるトレッドのタイヤを使用すると車両のコントロールが大幅に難しくなります。
–
前輪と後輪に同様のトレッドのタイヤが装着されていることを確認してください。
警告
事故の危険性
ます。
–
承認または推奨されていないタイヤならびに車輪を装着した場合、走行性能が損なわれ
KTM により承認および推奨された適切な速度記号のタイヤならびに車輪のみを使用して下さい。
警告
事故の危険性
新しいタイヤのグリップ力はまだ十分なものではありません。
新しいタイヤの接地面はまだ十分に慣らされていません。
–
新しいタイヤの場合は傾きを変えて慎重に慣らし走行を行って下さい。
慣らし走行期間
200 km
参考
タイヤの種類、状態、空気圧は車両の制動性能および走行性能に影響を与えます。
タイヤがすり減っていると、路面が濡れている場合などは特に悪影響を与えます。
261
15 車輪、タイヤ
–
前輪・後輪のタイヤに亀裂がないか、異物が刺さっていない
か、その他損傷がないかを点検します。
»
タイヤに亀裂や損傷がある、または異物が刺さっている:
–
–
タイヤを交換します。
溝の深さを点検します。
参考
各国法律により定められている溝の深さの最小値を
守ってください。
400602-10
溝の深さ最小値
»
溝の深さが最小値を下回っている:
–
–
≥ 2 mm
タイヤを交換します。
タイヤの製造日を確認します。
参考
通常、タイヤの製造日はタイヤに記載されており、
DOTコードの下 4 桁の数字で表されています。最初の
2 桁が製造週を、残りの 2 桁が製造年を示しています。
KTM では、実際の磨耗状態にかかわらず、遅くとも製
造日から 5 年を経過したらタイヤ交換する事をお勧め
しています。
H01144-10
»
タイヤの製造日が 5 年以上前である:
–
262
タイヤを交換します。
車輪、タイヤ 15
15.7
タイヤ空気圧を点検する
参考
タイヤの空気圧が低過ぎると異常な磨耗が発生し、タイヤが過熱します。
適正な空気圧により快適な走行が可能となり、タイヤの寿命も延びます。
–
カバーキャップを外します。
–
タイヤが冷えた状態で空気圧を点検します。
同乗者なし / 同乗者あり / 最大積載量でのタイヤの空気圧
»
400695-01
2.6 bar
後輪: タイヤが冷えた状
態
2.9 bar
タイヤの空気圧が規定通りになっていない:
–
–
前方: タイヤが冷えた状
態
タイヤの空気圧を調節します。
カバーキャップを取り付けます。
263
15 車輪、タイヤ
15.8
スポークの張りを点検する
警告
事故の危険性 スポークの張りが不適切な場合、走行性能に影響を及ぼし、その結果として損害を招く
ことがあります。
スポークを張り過ぎた場合、過負荷によりスポークが折れます。スポークが緩すぎる場合、ホイールが
横または縦方向に歪みやすくなります。その結果その他のスポークが緩んでしまいます。
–
特に新しい車両など、スポークの張りを定期的に点検してください。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
–
ドライバーの刃先で各スポークを軽くたたきます。
参考
スポークの長さと太さによって音の響きが違います。
長さと太さが同じスポークで異なった響きがする場合
は、張り状態が異なっています。
明るい響きがすれば良い状態です。
400694-01
»
スポークの張りが均等でない:
–
264
スポークの張りを調整します。
車輪、タイヤ 15
15.9
チューブレスタイヤシステム
この車両は従来のタイヤのチューブの役目を果たすインナーライ
ナー を使ったチューブレスタイヤシステムを使用しています。
チューブレスシステムの特長はチューブ破損の危険性が軽減され
ることです。急激な減圧の危険性が大幅に減少します。
通常のワイヤースポークホイールを使用するよりも慣性や慣性
モーメントが小さくなります。その結果、ハンドリング性能や快
適性の向上につながります。
頑丈なリム設計によりワイヤースポークホイールはほぼメンテナ
ンスフリーです。
KTM では、実際の磨耗状態にかかわらず、遅くとも製造日から
5 年を経過したらインナーライナーを交換する事をお勧めしてい
ます。
1
310767-10
265
15 車輪、タイヤ
15.10
パンク修理剤の使用法
警告
事故の危険性 パンク修理剤を誤って使用すると、タイ
ヤの空気圧を低下させてしまいます。
パンク修理剤は全てのタイヤの損傷を修理できるもので
はありません。
H03319-01
–
パンク修理剤メーカーからの注意事項や指示に従って
ください。
–
パンク修理剤で修繕を行った場合、低速度で注意深く
走行してください。
–
修繕後は最寄の修理工場まで走行し、そこでタイヤを
交換してください。それ以上の距離は走行しないで下
さい。
パンク修理剤は緊急時のみに使用してください。
パンクした車両を修理剤を使って修理するよりも、できれば、
最寄の修理工場へ車両を輸送してください。
266
車輪、タイヤ 15
情報
部品の損傷
す。
–
パンク修理剤はタイヤ圧センサーに損傷を与えま
パンク修理剤使用後には、タイヤ圧センサーの交換しなけれ
ばならない場合がある点に注意してください。
267
16 電装系
16.1
デイライト (DRL)
警告
事故の危険性 デイライトは視界が悪い場合ヘッドライ
トを代替するものではありません。
霧、降雪、雨により視界が極めて悪い場合、デイライト
とヘッドライトの自動切換えがその機能を十分に発揮で
きない場合があります。
–
常に適切な照明方法が選択されていることを確認して
ください。
–
場合によっては走行前に、または静止状態で、ヘッド
ライトが常に点灯状態であるようにメニューを利用し
てデイライトをオフにしてください。
–
デイライトに関する法規定に従って下さい。
H02031-10
デイライト(DRL)/ ポジションライトはメインヘッドライトに統
合されています。デイライトはポジションライトよりも明るく照
射します。
デイライトは視界の良い状況でのみ使用できます。
制御はコンビネーションインスツルメントの周囲光センサーによ
り行われます。主に視界が良好な状態ではポジションライトと
ロービームが停止し、デイライトが作動します。
デイライトがオフの場合、ポジションライトとロービームが作動
します。
268
電装系 16
ハイビームまたはパッシングライトを使用する場合デイライトは
自動的にポジションライトに切り替わります。
16.2
コーナリングライト
コーナリングライトはメインヘッドライトに統合されています。
参考
コーナリングライトを作動させるには、ヘッドライト
(ロービーム)がオンでデイライトはオフにして下さい。
コーナリングライトが起動する条件:
H02031-11
LED(下)の傾斜角
≥ 12°
LED(中)の傾斜角
≥ 20°
LED(上)の傾斜角
≥ 28°
速度
≥ 6 km/h
269
16 電装系
16.3
12V バッテリーを取り外す
警告
人体への危険
ます。
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあり
–
12V バッテリーは子供の手の届かないところに保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスとの接触は避けてください。
–
12‑V バッテリーを火花や炎に近づけないで下さい。
–
12-V バッテリーの充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスが目にはいってしまった場合、少なくとも 15 分間水で洗
い落とし、速やかに受診してください。
注意
事故の危険性 12V バッテリーがあがった状態、または 12V バッテリー無しでは電子部品および安全関
連装置を破損してしまいます。
–
12V バッテリーがあがった状態、もしくは 12V バッテリー無しで車両を運転する事は絶対に避けて
下さい。
準備作業
– シートを取り外します。 (
270
頁 190)
電装系 16
主な作業
– ロック
–
1を矢印の方向に引きます。
カバー2を開きます。
–
12V バッテリーから 2 本のマイナスケーブル
S02274-10
–
–
3を外します。
12V バッテリーから 2 本のプラスケーブル4を外します。
12V バッテリーをバッテリーカバー5ごとバッテリーコン
パートメントから取り出します。
M00610-10
271
16 電装系
16.4
12V バッテリーを取り付ける
警告
人体への危険
ます。
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあり
–
12V バッテリーは子供の手の届かないところに保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスとの接触は避けてください。
–
12‑V バッテリーを火花や炎に近づけないで下さい。
–
12-V バッテリーの充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスが目にはいってしまった場合、少なくとも 15 分間水で洗
い落とし、速やかに受診してください。
注意
事故の危険性 12V バッテリーがあがった状態、または 12V バッテリー無しでは電子部品および安全関
連装置を破損してしまいます。
–
272
12V バッテリーがあがった状態、もしくは 12V バッテリー無しで車両を運転する事は絶対に避けて
下さい。
電装系 16
主な作業
– バッテリーカバー
す。
1内で 12V バッテリーの位置を調整しま
規定
バッテリーカバーの平らな方の面が電極と向き合うように
して下さい。
M00610-11
–
バッテリーカバーに入れた 12V バッテリーをバッテリーコン
パートメントに入れます。
–
2 本のプラスケーブル の位置を調整し、スクリューを取り
付けてしっかりと締めます。
2
規定
バッテリー電極用ス
クリュー
–
M6
4.5 Nm
2 本のマイナスケーブル の位置を調整し、スクリューを取
り付けてしっかりと締めます。
3
規定
バッテリー電極用ス
クリュー
M6
4.5 Nm
273
16 電装系
–
カバー
4を閉じ、上から軽く押します。
カチッと言う音がしてカバーがはまります。
S02275-10
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
–
274
時刻と日付を設定します。
頁 190)
電装系 16
16.5
12V バッテリーを充電する
警告
人体への危険
ます。
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあり
–
12V バッテリーは子供の手の届かないところに保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスとの接触は避けてください。
–
12‑V バッテリーを火花や炎に近づけないで下さい。
–
12-V バッテリーの充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
バッテリー液やバッテリーからの発生ガスが目にはいってしまった場合、少なくとも 15 分間水で洗
い落とし、速やかに受診してください。
情報
環境汚染
12V バッテリーには環境に悪影響を与える物質が含まれています。
–
12V バッテリーは家庭用ゴミとして廃棄しないで下さい。
–
12V バッテリーを廃棄する場合、使用済みバッテリーの回収場所に持ち込んで下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
275
16 電装系
参考
12V バッテリーは使用しなくても毎日放電しています。
12V バッテリーの寿命は充電量と充電方法に大きく左右されます。
大きな電流により短時間で充電すると寿命に悪影響を与えます。
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えると、電解液が安全バルブから漏れ出ます。これにより
12V バッテリーの容量が減ってしまいます。
エンジン始動で 12V バッテリーがあがってしまった場合は、すぐに充電して下さい。
放電し切った状態で長く放置すると過放電と硫酸化が起こり、12V バッテリー容量が失われ、バッテリー
が破損します。
この 12V バッテリーはメンテナンスフリーです。電解液レベルの点検を行う必要はありません。
KTM のバッテリー充電器を使用しない場合、12V バッテリーは取り外して充電して下さい。そうしない
と過電圧により電子部品を損傷する恐れがあります。12 V バッテリーケースの記載に従って充電を行っ
て下さい。
準備作業
– シートを取り外します。 (
276
頁 190)
電装系 16
主な作業
– ロック
–
1を矢印の方向に引きます。
カバー2を開きます。
S02274-10
–
車載電子部品を破損しないよう、12V バッテリーの 2 本のマ
イナスケーブル を外します。
3
S02276-10
277
16 電装系
–
充電器と 12V バッテリーを接続します。充電器のスイッチを
入れます。
バッテリー充電器 (58429074000)
参考
この充電器を使って 12 V バッテリーの静電圧、スター
ト能力、ジェネレーターのチェックをする事も可能で
す。また、この充電器では 12V バッテリーが過充電す
る心配がありません。
バッテリーケースに記載された容量の最大 10 %で 12
V バッテリーを充電します。
M00775-01
–
充電が終了したら充電器の電源を切り、12V バッテリーから
外します。
規定
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えないよう注
意して下さい。
車両を使用しないときは、
12V バッテリーを定期的に
充電して下さい
278
3 ヶ月
電装系 16
–
2 本のマイナスケーブル
3を 12V バッテリーに接続します。
規定
バッテリー電極用ス
クリュー
M6
4.5 Nm
S02276-10
–
カバー
4を閉じ、上から軽く押します。
カチッと言う音がしてカバーがはまります。
S02275-10
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
–
頁 190)
時刻と日付を設定します。
279
16 電装系
16.6
レースオンキーの電池を交換する
–
レースオンキーの鍵の部分を開きます。
–
レースオンキーの下半分を矢印の方向にスライドさせ取り出
します。
–
バッテリーカバー
S01740-10
–
–
1を外します。
レースオンキーの電池2を取り出します。
記載のある面を上にして、新しいレースオンキーの電池をは
めます。
レースオンキーの電池 (CR
–
S01739-10
280
バッテリーカバー
2032) (
1を取り付けます。
頁 331)
電装系 16
–
レースオンキーの下半分を載せ矢印の方向にはめます。
S01740-11
16.7
メインヒューズを交換する
警告
火災の危険性
不適切なヒューズは電気装置に過負荷をかけます。
–
指定されたアンペア値のヒューズのみを使用してください。
–
切れたヒューズをつないだり修理しないで下さい。
準備作業
– シートを取り外します。 (
頁 190)
281
16 電装系
主な作業
– スクリュー
–
1とスクリュー2を取り外します。
リアエンドカバー3を慎重に少し持ち上げます。
–
保護キャップ
E01072-10
E01073-10
282
4を外します。
電装系 16
–
損傷したメインヒューズ
5を取り外します。
参考
ヒューズワイヤが壊れている場合 はヒューズに欠陥
があります。
セルフスターターリレーにスペアヒューズ が差し
込んであります。
メインヒューズが車両上の全ての電装系部品を保護し
ています。
A
6
E01074-10
–
新しいメインヒューズを取り付けます。
ヒューズ (58011109130) (
頁 331)
–
電装系部品の機能を点検します。
–
保護キャップを取り付けます。
ヒント
新しいスペアヒューズをセルフスターターリレーに取
り付け、必要な場合に使用できるようにしておきます。
283
16 電装系
–
リアエンドカバー
–
スクリュー
3の位置を調整します。
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フェアリング用スク
リュー
–
M5x17
3.5 Nm
スクリュー
1を取り付け、しっかりと締めます。
規定
フェアリング用スク
リュー
E01072-10
M5x12
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
–
16.8
時刻と日付を設定します。
ヒューズボックス内のヒューズを交換する
警告
火災の危険性
284
不適切なヒューズは電気装置に過負荷をかけます。
–
指定されたアンペア値のヒューズのみを使用してください。
–
切れたヒューズをつないだり修理しないで下さい。
頁 190)
3.5 Nm
電装系 16
参考
各電装系部品のヒューズが設置されたヒューズボックスはシートの下に設置されています。
準備作業
– シートを取り外します。 (
頁 190)
主な作業
– ヒューズボックスのカバー
1を開きます。
F00897-10
–
ヒューズを点検します。
参考
ヒューズワイヤが壊れている場合
があります。
Aはヒューズに欠陥
–
損傷したヒューズを取り外します。
F00896-10
285
16 電装系
規定
ヒューズ1 - 10 A -コントロールユニットおよび部品の電
源
ヒューズ2‐10 A‐アクセサリー用継続プラス極(ACC1)
、
アクセサリー用のイグニッションで接続されるプラス極
(ACC2)
ヒューズ3 - 10 A -ヘッドライトコントロールユニット
ヒューズ4 - 10 A -ヘッドライトコントロールユニット
ヒューズ5 - 10 A - エンジン制御ユニット
ヒューズ6 -未使用
ヒューズ7 - 25 A - ABS リターンポンプ
ヒューズ8 - 15 A - ABS 油圧ユニット
–
対応する容量のスペアヒューズを取り付けます。
ヒューズ (58011109110) (
頁 331)
ヒューズ (58011109115) (
頁 331)
ヒューズ (58011109125) (
頁 331)
ヒント
新しいスペアヒューズを取り付け、必要な場合に使用
できるようにしておきます。
286
–
電装系部品の機能を点検します。
–
ヒューズボックスのカバーを閉じます。
電装系 16
その後の作業
– シートを取り付けます。 (
16.9
頁 190)
ヘッドライトの設定を点検する
–
明るい壁が前にある水平な地面の上に車両を立て、ロービー
ムヘッドライトの中心の高さで壁に印を付けます。
–
その印の下、
Bの距離にもう 1 つ印を付けます。
規定
5 cm
B
壁からAの距離に車両を垂直に立て、ロービームを点灯しま
距離
–
す。
規定
400726-10
距離
A
5m
–
ここでライダーが ( 必要に応じて荷物および同乗者と一緒に)
車両に乗ります。
–
ヘッドライトの設定を点検します。
走行準備の整った車両に運転者が ( 必要に応じて荷物およ
び同乗者と一緒に)乗った状態で、明暗の境界が下側のマー
キングとぴったり一致する事を確認して下さい。
»
明暗の境界が規定通りになっていない:
–
ヘッドライトの照明距離を調節します。 (
頁 288)
287
16 電装系
16.10
ヘッドライトの照明距離を調節する
準備作業
– ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁 287)
主な作業
– 調節スクリュー
1でヘッドライトの照明距離を調節します。
参考
時計回りに回すと照明距離が短くなり、逆方向に回す
と長くなります。
積載物があると、ヘッドライト照明距離の再調節が必
要となる事があります。
F00892-10
–
Bのマーキングに合わせてヘッドライトを調整します。
規定
走行準備の整った車両に運転者が ( 必要に応じて荷物およ
び同乗者と一緒に)乗った状態で、明暗の境界が下側の印
とぴったり一致する事を確認して下さい。
B
400726-11
288
電装系 16
16.11
診断プラグ
診断プラグ
1 はフロントシートの下に設置されています。
(1290 Super Adventure R TKC CN)
出荷時は、どのメーカーでも使用可能な診断インターフェー
スに接続するための診断アダプターが接続されています。
参考
H02029-10
16.12
KTM 診断ツールを使用する場合にはこの診断アダプ
ターを抜きます。
診断が終了したら診断アダプターを再び接続します。
ACC1 および ACC2 前方
取り付け位置
– 前方の電源 ACC1
ます。
1と ACC22はヘッドライトの裏にあり
参考
P00174-10
電源はヒューズで保護されており、またこのヒューズはそ
の他の電装系部品も保護しています。
これにより連続負荷はヒューズ値よりも格段に低くなって
います。
これより強いヒューズは決して使用しないで下さい。
289
16 電装系
16.13
ACC1 と ACC2 後方
取り付け位置
– 後方の電源 ACC1
あります。
1と ACC22はキャリアプレートの下に
参考
P00173-10
290
電源はヒューズで保護されており、またこのヒューズはそ
の他の電装系部品も保護しています。
これにより連続負荷はヒューズ値よりも格段に低くなって
います。
これより強いヒューズは決して使用しないで下さい。
冷却システム 17
17.1
調節タンクのクーラントのレベルを点検する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
条件
エンジンが冷えている。
ラジエーターがクーラントで満たされている。
291
17 冷却システム
–
車両を水平な地面の上に立てます。
–
調節タンク
す。
1に入っているクーラントのレベルを確認しま
クーラントのレベルがMINとMAXの間にある事を確認して
下さい。
»
調節タンクにクーラントが入っていない:
–
V00702-10
冷却システムに漏れがないか点検します。
参考
車両を使用しないで下さい!
–
»
調節タンクのクーラントのレベルは規定通りではないが、
タンクはまだ空になっていない:
–
292
冷却システムにクーラントを注入してエア抜きをしま
す。
調節タンクでクーラントのレベルを調整します。
( 頁 293)
冷却システム 17
17.2
調節タンクでクーラントのレベルを調整する
警告
火傷の危険性
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
–
エンジンまたは冷却システムが作動温度状態にある場合、ラジエーター、冷却管その他冷却システム
の構成部品を開けないでください。
–
冷却システムとエンジンを冷ましてから、ラジエーター、冷却管その他冷却システムの構成部品を開
けてください。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
–
クーラントは子供の手の届かないところに保管してください。
–
クーラントが皮膚、目、衣服に接触しないよう注意してください。
–
クーラントを飲み込んでしまった場合、即座に受診してください。
–
接触した部分の肌は即座に多量の水で洗ってください。
–
クーラントが目にはいってしまった場合、速やかに水で洗い落とし、受診してください。
–
クーラントが衣服に付着した場合、衣服を取り替えてください。
条件
エンジンが冷えている。
ラジエーターがクーラントで満たされている。
293
17 冷却システム
準備作業
– 調節タンクのクーラントのレベルを点検します。 (
–
フロントサイドカバーを取り外します。 (
参考
取り外すのは右側だけです。
主な作業
– カバー
1を外します。
V00703-10
294
頁 208)
頁 291)
冷却システム 17
–
調節タンクのキャップ
2を外します。
V00704-10
–
規定のレベルに達するまで、クーラントを注入します。
規定
クーラントのレベルがMINとMAXの間にある事を確認して
下さい。
クーラント (
V00702-01
頁 347)
–
調節タンクのキャップ
–
カバー
2を取り付けます。
を取り付けます。
1
その後の作業
– フロントサイドカバーを取り付けます。 (
頁 208)
295
18 エンジンを調整する
18.1
Ride Mode
F01302-01
確認すべき状態
• SPORT – 後輪のスリップに対するトラクションコントロー
ルの許容範囲が通常より大きい非常にダイレクトな反応の認
可出力。
• STREET – 後輪のスリップに対するトラクションコントロー
ルの許容範囲が標準の安定した反応の認可出力。
• RAIN – 後輪のスリップに対するトラクションコントロール
の許容範囲が標準のドライバビリティに優れた制限認可出
力。
• OFFROAD – 後輪のスリップに対するトラクションコント
ロールの許容範囲が大きい、ドライバビリティに優れた制限
認可出力
Ride Modeメニューでは様々な車両調整を選択することができま
す。SPORT、STREET、RAINとOFFROADがあります。
最後に選択した走行モードがコンビネーションインスツルメント
に表示されます。
スロットルグリップが閉じられた状態で、速度制御システムが解
除されている場合、走行中でも走行モードを切り替えることがで
きます。
296
エンジンを調整する 18
18.2
モーターサイクルトラクションコントロール (MTC)
後輪でトラクションが失われると、モーターサイクルトラクショ
ンコントロール (MTC)がエンジントルクを低減します。モーター
サイクルトラクションコントロールの設定に応じ、わざと後輪を
わずかにスリップさせる事もあります。例: オフロード。
参考
F01303-01
モーターサイクルトラクションコントロールがオフの状態
で、大きく加速した場合や路面へのグリップ力が低下して
いる場合では、後輪が空転し、転倒する恐れがあります。
イグニッションをオンにすると、モーターサイクルトラク
ションコントロールが再びオンになります。
バイクトラクションコントロールの操作は、コンビネーショ
ンインスツルメントのメニューMotorcycleから行います。メ
ニューMTCでバイクトラクションコントロールをオフにすること
ができます。
参考
バイクトラクションコントロールによる制御中は、TC ラ
ンプ が点滅します。
バイクトラクションコントロールがオフの状態ではTC イ
ンジケーターランプ が点灯します。
297
19 エンジンで行うサービス作業
19.1
エンジンオイルのレベルを点検する
参考
オイルの消費量は走行スタイルや使用環境に左右されます。
条件
エンジンが作動温度に達している。
準備作業
– 車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
主な作業
– エンジンオイルのレベルをエンジンオイルの点検窓で確認し
ます。
参考
エンジンを停止した後、1 分待ってから確認します。
401696-11
エンジンオイルのレベルがエンジンオイル点検窓の範囲
の上方にある事を確認して下さい。
B
»
エンジンオイルのレベルが点検窓の
–
»
エンジンオイルのレベルが点検窓の
–
»
298
Aの範囲にある:
エンジンオイルを補給しないで下さい。
Bの範囲にある:
エンジンオイルを補給しても構いません。
エンジンオイルのレベルが点検窓の
Cの範囲にある:
エンジンで行うサービス作業 19
–
19.2
エンジンオイルを補給します。 (
頁 306)
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃する
警告
火傷の危険性
エンジンオイル並びにミッションオイルは運転中非常に熱くなっています。
–
適切な保護服、保護手袋を着用して下さい。
–
火傷した場合、速やかにその部位をぬるま湯に浸して下さい。
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
準備作業
– エンジンガードを取り外します。 (
頁 227)
299
19 エンジンで行うサービス作業
主な作業
– 車両をサイドスタンドで水平な地面の上に立てます。
–
適切な容器をエンジンの下に置きます。
–
マグネットオイルドレインボルト
リーンと一緒に取り外します。
–
スクリュー を外します。オイルフィルターカバー
O リングと一緒に取り外します。
1を O リング、オイルスク
V00705-10
V00706-10
300
2
3を
エンジンで行うサービス作業 19
–
オイルフィルター
4をフィルターケースから取り出します。
ロックリング用ペンチ (51012011000)
–
エンジンオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
部品とシール面を念入りに清掃します。
–
新しいオイルフィルター
V00707-10
4を取り付けます。
参考
オイルフィルターは必ず手で取り付けて下さい。
–
オイルフィルターカバーの O リングにオイルを差します。
オイルフィルターカバー を取り付けます。
3
V00708-10
301
19 エンジンで行うサービス作業
–
スクリュー
2を取り付け、しっかりと締めます。
規定
その他エンジン用ス
クリュー
M5
6 Nm
V00706-11
–
オイルドレインボルトのマグネット
ン を念入りに清掃します。
B
100773-12
302
Aとオイルスクリー
エンジンで行うサービス作業 19
–
マグネットオイルドレインボルト を O リング、オイルスク
リーンと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
1
規定
オイルドレインボル
ト
M20x1.5
20 Nm
V00705-10
–
オイル全容量を準備しておきます。
エンジンオイル
外気温: ≥ 0 °C
3.60 L
エンジンオイル
外気温: < 0 °C
S02280-10
エン ジ ン オ イ
ル (SAE 10W/50)
( 頁 346)
エン ジ ン オ イ
ル (SAE 5W40)
( 頁 346)
–
記載したオイル量を 2 回に分けて注入します。
–
オイルフィラーボルト を O リングと一緒に取り外し、一回
目の注入量を注入します。
5
エンジンオイル(一
回目の注入量)約
外気温: ≥ 0 °C
3.0 L
エン ジ ン オ イ
ル (SAE 10W/50)
( 頁 346)
303
19 エンジンで行うサービス作業
エンジンオイル(一
回目の注入量)約
外気温: < 0 °C
–
3.0 L
エン ジ ン オ イ
ル (SAE 5W40)
( 頁 346)
オイルフィラーボルト
5を O リングと一緒に取り付けます。
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
304
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
–
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
–
エンジンを停止します。
エンジンで行うサービス作業 19
–
オイルフィラーボルトを O リングと一緒に外して二回目の
注入量をエンジンオイルの点検窓にある一番上のマーキン
グ まで注入します。
C
エンジンオイル(二
回目の注入量)約
外気温: ≥ 0 °C
0.60 L
エンジンオイル(二
回目の注入量)約
外気温: < 0 °C
F00973-10
–
エン ジ ン オ イ
ル (SAE 10W/50)
( 頁 346)
エン ジ ン オ イ
ル (SAE 5W40)
( 頁 346)
オイルフィラーボルトを O リングと一緒に取り付けます。
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
その後の作業
– エンジンオイルのレベルを点検します。 (
–
エンジンガードを取り付けます。 (
頁 298)
頁 227)
305
19 エンジンで行うサービス作業
19.3
エンジンオイルを補給する
参考
エンジンオイルが少な過ぎたり質が悪かったりすると、エンジンの摩耗を早める事になります。
エンジンオイルのレベルが高過ぎると、エンジンの損傷を招く恐れがあります。
条件
エンジンが作動温度に達している。
準備作業
– 車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
–
エンジンオイルのレベルを点検します。 (
主な作業
– オイルフィラーボルト
頁 298)
1を O リングと一緒に外します。
S02280-11
306
エンジンで行うサービス作業 19
–
エンジンオイルを、エンジンオイル点検窓にある一番上の
マーキング まで注入します。
A
条件
外気温: ≥ 0 °C
エンジンオイル (SAE 10W/50) (
頁 346)
条件
外気温: < 0 °C
エンジンオイル (SAE 5W40) (
V00710-10
頁 346)
参考
エンジンオイルの性能を最大限に引き出す上で、異
なったエンジンオイルを混ぜて使用する事は望ましく
ありません。
KTM では、必要に応じてエンジンオイルを交換する事
をお勧めしています。
–
オイルフィラーボルトを O リングと一緒に取り付けます。
307
19 エンジンで行うサービス作業
危険
中毒の危険性 排気ガスは毒性があり、意識不明や死
亡の原因となる恐れがあります。
–
–
エンジンを稼動する際は十分に換気が行えるよう
に常に確認してください。
–
閉め切った室内でエンジンを始動したり、稼動状
態にする場合は、適切な排気ガス抽出装置を使用
してください。
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
その後の作業
– エンジンオイルのレベルを点検します。 (
308
頁 298)
清掃、手入れ 20
20.1
洗車をする
情報
部品の損傷
高圧洗浄機の誤った使用により部品が破損することがあります。
高圧により水分が電気部品、プラグ、ケーブル、ベアリングに侵入します。
圧力が高すぎるとエラーや部品破損の原因となります。
–
水流が直接電気部品、プラグ、ケーブル、ベアリングにあたらないように注意してください。
–
高圧洗浄機のジェットと部品間の最低間隔を維持してください。
最低間隔
60 cm
情報
環境汚染
–
問題物資が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは、定められた規則に従い正
しく廃棄して下さい。
参考
品質や外観を長く保持するため、洗車は定期的に行って下さい。
洗車中は車両に直射日光が当たらないよう注意して下さい。
309
20 清掃、手入れ
–
水が入らないように排気装置をふさぎます。
–
大きな汚れはあらかじめ弱い水流で落としておきます。
–
汚れがひどい箇所には市販のモーターサイクル洗浄剤を吹き
つけ、ブラシで汚れを落とします。
モーターサイクル用洗浄剤 (
頁 350)
参考
洗車には市販のモーターサイクル洗浄剤を入れた温水
と柔らかいスポンジを使用して下さい。
乾燥した車両に直接モーターサイクル洗浄剤を付ける
ことは絶対にせず、必ず事前に車両を水ですすいで下
さい。
凍剤防止用の塩が散布された道路を走行した後は、
冷水で洗車して下さい。温水を使うと塩の作用を促進
してしまいます。
401061-01
310
–
弱い水流で念入りにすすいだ後、車両をよく乾燥させます。
–
排気装置をふさいでいる栓を外します。
清掃、手入れ 20
警告
事故の危険性 水分や汚れはブレーキシステムに影
響を及ぼします。
–
–
ブレーキパッドとブレーキディスクを乾燥させ汚
れを落とすために何度か慎重にブレーキをかけて
ください。
洗車後、エンジンが作動温度に達するまで短い距離を走行し
ます。
参考
熱によりエンジンやブレーキシステムの手の届かない
場所にある水分も蒸発します。
–
ハンドルまわりのカバーキャップをずらし、ここに入り込ん
だ水分も蒸発させます。
–
車両の温度が下がったら全てのスライド部とベアリング部を
グリースアップします。
–
チェーンを清掃します。 (
–
塗装されていない金属製部品 ( ブレーキディスクと排気装置
を除く)には、腐食防止剤を塗布します。
頁 191)
ラッカー塗装、金属、ゴム用手入れ剤 (
–
頁 351)
塗装されている部品に刺激の少ない塗装面用の手入れ剤を塗
布します。
311
20 清掃、手入れ
Perfect Finish およびラッカー塗装用光沢剤 (
頁 350)
参考
部品の品質が著しく損なわれるため、納車状態で光沢
のないプラスチック部品は磨かないで下さい。
–
プラスチック部品およびパウダーコーティングされている部
品は刺激の少ない洗剤・手入れ剤で手入れをします。
ラッカー塗装(光沢、非光沢)
、金属、プラスチック専用洗
浄剤 ( 頁 351)
–
イグニッション / ハンドルロック、タンクキャップロック、
シートロックにオイルを注します。
汎用オイルスプレー (
20.2
頁 351)
冬季運転における点検・メンテナンス作業
参考
冬季にも車両を使用する場合は、凍結防止のため路上に散布された塩の存在を考慮に入れなければなり
ません。刺激が強い塩に対する予防対策を講じておく必要があります。
車両が撒き塩のされた路上で使用された場合、走行後の清掃には冷水を使用します。温水の使用は塩の
作用を促進します。
312
清掃、手入れ 20
–
洗車をします。 (
–
ブレーキを清掃します。
頁 309)
参考
撒き塩された道路を走行する毎に、ブレーキキャリ
パーとブレーキパッド(冷えており、取り付けられた
ままの状態)を冷たい水で入念に洗浄し、よく乾かし
てください。
塩が撒かれた道路を走行した後は、車輌を必ず冷たい
水で洗浄し、良く乾かしてください。
401060-01
–
エンジンやスイングアームをはじめ、塗装されていない部品
や亜鉛メッキ加工された部品 ( ブレーキディスクを除く)には
全てワックス系腐食防止剤を塗布します。
参考
ブレーキディスクには腐食防止剤が付かないよう注意
して下さい。付着するとブレーキ性能が大幅に低下し
ます。
–
チェーンを清掃します。 (
頁 191)
313
21 保管
21.1
保管
参考
車両を長期にわたって使用しない場合は、以下に挙げた処置をご自身または正規ディーラーで行って下
さい。
車両の保管前に全ての部品が機能するか、摩耗していないかを点検します。サービス作業、修理、改造が
必要な場合は、ディーラーのサービスセンターが空いている保管時期に行う事をお勧めします。シーズ
ン開始の混雑時を避ける事ができます。
–
シーズンオフで使用を停止する前の最後の給油時に、燃料添
加剤を加えます。
燃料添加剤 (
401058-01
頁 351)
–
燃料を給油します。 (
–
洗車をします。 (
–
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスク
リーンを清掃します。 ( 頁 299)
–
クーラントのレベルと不凍液を点検します。
–
タイヤ空気圧を点検します。 (
–
頁 171)
頁 309)
頁 263)
12V バッテリーを取り外します。
(
頁 270)
規定
12V バッテリーの保管温度
( 直射日光を避ける)
–
314
12V バッテリーを充電します。
0 … 35 °C
(
頁 275)
保管 21
–
乾燥し、急激な温度変化のない場所に車両を駐車します。
–
車両をセンタースタンドで立てます。 (
–
通気性の良い防水シートかカバーで車両を覆います。
頁 188)
参考
空気を通さないカバーは湿気が逃げず、腐食の原因と
なりますので絶対に使用しないで下さい。
保管中にエンジンを短時間のみ作動すると、車両に非
常に悪い影響を与えます。エンジンが十分に暖まらな
いため、燃焼の際に生じた水蒸気が結露し、バルブや
排気装置のさびの原因となります。
21.2
保管後、運転操作の前に。
–
車両をセンタースタンドから降ろします。 (
–
12V バッテリーを取り付けます。
(
頁 189)
頁 272)
参考
12 V バッテリーを外していた場合には、時刻と日付を
設定する必要があります。
401059-01
–
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業を実施しま
す。 ( 頁 151)
–
試験走行を行います。
315
22 トラブルシューティング
レースオンのインジケーターランプ は点滅によりエラーを知
らせることができます。これはレースオンキーを押した後、5 秒
以内に表示されます。
1
参考
KTM RACE ONに関しては、点滅コード一度のみ表示さ
れ、繰り返し表示されません。
F01329-01
不具合
考えられる原因
対応
レースオンキーを押しても反
応がない
レースオンキーの故障
–
レースオンキーに損傷がないかを確認
します。
–
レースオンキーのケーブルとプラグに
損傷がないかを確認します。
316
トラブルシューティング 22
不具合
考えられる原因
対応
レースオンインジケーターラ
ンプが 2 回点滅
レースオンキーの応答信号が
ない
–
レースオンキーが感知範囲内にあるこ
とを確認してください。
–
レースオンアンテナのそばにあるその
他の電子機器を除去します。
–
レースオンキー内のバッテリーコン
パートメントがきちんとロックされて
いるか確認します。
–
レースオンキー内のバッテリーコン
パートメントに腐食が無いか確認しま
す。
–
レースオンキーの電池を交換しま
す。 ( 頁 280)
–
黒いイグニションキーを使用します。
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 275)
–
スタンバイ電流を点検します。
レースオンインジケーターラ
ンプが 3 回点滅
12V バッテリーが放電される
レースオンインジケーターラ
ンプが 4 回点滅
ハンドルロックバーがブロッ
クされているまたは歪んでい
る
–
ハンドルバーを少し動かします。
レースオンインジケーターラ
ンプが 5 回点滅
レースオンアンテナの故障
–
レースオンアンテナに損傷がないかを
確認します。
317
22 トラブルシューティング
不具合
考えられる原因
対応
コンビネーションインスツル
メントの画面に何も表示され
ない
ヒューズ1が飛んでいる
–
ヒューズボックス内のヒューズを交換
します。 ( 頁 284)
メインヒューズが飛んだ
–
メインヒューズを交換します。
( 頁 281)
12V バッテリーが放電される
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 275)
–
スタンバイ電流を点検します。
操作ミス
–
エンジン始動の作業ステップに従って
下さい。 ( 頁 152)
12V バッテリーが放電される
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 275)
–
スタンバイ電流を点検します。
安全スタートシステムが故障
している
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
電子系統エラー
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
クラッチレバーを握らないと
エンジンが回転しない
ギアが入っている
–
ギアをニュートラル
安全スタートシステムが故障
している
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
ギアが入っているのにエンジ
ンが回転する
安全スタートシステムが故障
している
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
非常停止スイッチ /E- スター
タースイッチが下位置に押さ
れている状態でエンジンが回
転しない
318
に入れます。
トラブルシューティング 22
不具合
考えられる原因
対応
エンジンが回転しているのに
かからない
クイックカップリングが差し
込まれていない
–
クイックカップリングを差し込みま
す。
電子フューエルインジェクショ –
ンに不具合があります
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
走行中にエンジンが停止する
燃料の品質が十分ではない
–
適切な燃料を給油します。
燃料不足
–
燃料を給油します。 (
頁 171)
電子フューエルインジェクショ –
ンに不具合があります
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
不具合インジケーターランプ
が点灯
電子フューエルインジェクショ –
ンに不具合があります
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
ABS 警告ランプが点灯してい
る
ABS のヒューズが飛んでいる
–
ヒューズボックス内のヒューズを交換
します。 ( 頁 284)
前輪と後輪の回転数に大きな
差がある
–
停車してイグニッションを停止し、再
スタートします。
ABS の不具合
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを
解読します。
エンジンオイルのレベルが高
過ぎる
–
エンジンオイルのレベルを点検しま
す。 ( 頁 298)
エンジンオイルの濃度 ( 粘度)
が低過ぎる
–
エンジンオイルとオイルフィルターを
交換し、オイルスクリーンを清掃しま
す。 ( 頁 299)
オイルの消費が多い
319
22 トラブルシューティング
不具合
考えられる原因
対応
12V バッテリーが放電される
電装系部品のいずれかがコン
セント /ACC1 に接続されてい
る
–
コンセント /ACC1 から接続されてい
る電装系部品を外します。
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 275)
警告フラッシャーが作動して
いる
–
警告フラッシャーを停止します。
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 275)
12V バッテリーがジェネレー
ターで充電されない
–
充電電圧を点検します。
車両を停止した際、イグニッ
ションをオフにしなかった
–
12V バッテリーを充電します。
( 頁 275)
320
仕様一覧 23
23.1
エンジン
型式
2 気筒 4 ストローク、75 度 V 型、水冷エンジン
排気量
1,301 cm³
ストローク
71 mm
ボア
108 mm
圧縮比
13.1:1
アイドリング回転数
1,280 … 1,480 rpm
駆動方式
DOHC、1 シリンダーにつき 4 バルブ、チェーンによ
る駆動
バルブ-バルブヘッドの直径
吸気
42 mm
排気
34 mm
バルブの遊び
排気: 20 °C
吸気: 20 °C
0.25 … 0.30 mm
0.10 … 0.15 mm
クランクシャフトベアリング
スライドベアリング
コンロッドベアリング
スライドベアリング
ピストン
軽合金、鍛造
ピストンリング
スクエアリング x1、テーパフェースリング x1、オイ
ルリング x1
エンジン潤滑方式
ローターポンプ 3 台による圧送式
321
23 仕様一覧
一次減速比
40:76
クラッチ
アンチホッピング湿式クラッチ、油圧作動
ギア
6 速ギア常時噛合式
変速比
1速
12:35
2速
15:32
3速
18:30
4速
20:27
5速
24:27
6速
35:32
混合気生成
電子フューエルインジェクション
イグニッション
非接触制御電子イグニッション、デジタルイグニッ
ションコントローラ
ジェネレーター
12 V, 450 W
スパークプラグ
内側のスパークプラグ
NGK LKAR9BI-10
外側のスパークプラグ
NGK LMAR7DI-10
スパークプラグ電極間のクリアランス
1.0 mm
冷却装置
水冷式、ウォーターポンプによるクーラントの常時循
環
スタート補助
セルフスターターモーター
322
仕様一覧 23
23.2
締付けトルク、エンジン
ダンパープレート用スクリュー
EJOT ALtracs® M6x14
10 Nm
バルブカバー後方の固定ブラケッ
ト用スクリュー
EJOT ALtracs® M6x12
10 Nm
インテークフランジのホースクラ
ンプ
M4
1.5 Nm
エンジンオイル点検窓用スク
リュー
M5
4 Nm
オイルジェット
M5
2 Nm
ギアセンサー用スクリュー
M5
5 Nm
クランクシャフト回転数センサー
用スクリュー
M5
6 Nm
スイングアーム角度センサー用ス
クリュー
M5
5 Nm
その他エンジン用スクリュー
M5
6 Nm
ベアリングシートへの固定ブラ
ケット用スクリュー
M5
6 Nm
ベアリングロック用スクリュー
M5
5 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
323
23 仕様一覧
レゾネータ用スクリュー
M5
8 Nm
ウォーターポンプカバー用スク
リュー
M6
10 Nm
ウォーターポンプホイール用スク
リュー
M6
10 Nm
エンジンケース用スクリュー
M6x60
10 Nm
エンジンケース用スクリュー
M6x80
10 Nm
エンジンケース用スクリュー
M6x90
10 Nm
オイルポンプカバー用スクリュー
M6
10 Nm
カムシャフトベアリングブラケッ
ト用スクリュー
M6 – 10.9
10 Nm
クラッチカバー用スクリュー
M6
10 Nm
クラッチスプリング用スクリュー
M6
12 Nm
ジェネレーターカバー用スク
リュー
M6
10 Nm
シフトレバー用スクリュー
M6
18 Nm
シフトロック用スクリュー
M6 – 12.9
15 Nm
シリンダーヘッドへのクーラント
接続部固定用スクリュー
M6
8 Nm
シリンダーヘッド用ナット
M6
9 Nm
324
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
仕様一覧 23
スターターギア用スクリュー
M6
10 Nm
セルフスターターモーター
M6
10 Nm
その他エンジン用スクリュー
M6
10 Nm
タイミングチェーンシャフト用埋
め込みボルト
M6
8 Nm
バルブカバー用スクリュー
M6
10 Nm
フリーホイールリング用スク
リュー
M6 – 10.9
15 Nm
ロックレバー用スクリュー
M6
10 Nm
陰圧接続部
M6
5 Nm
固定子用スクリュー
M6
10 Nm
ジェット 100
M6x0.75
3 Nm
エンジンケース用スクリュー
ジャックスクリュー M8
18 Nm
エンジンマウント用スクリュー
M8
20 Nm
ガイドレール用スクリュー
M8
15 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
325
23 仕様一覧
カムシャフトベアリングブラケッ
ト用スクリュー
M8 – 10.9
レベル 1
10 Nm
レベル 2
18 Nm
クランクシャフト固定用スク
リュープラグ
M8
15 Nm
テンショナーレール用スクリュー
M8
15 Nm
熱交換器用スクリュー
M8
15 Nm
排気管フランジ用埋め込みボルト
M8
10 Nm
エンジンマウント用スクリュー
M10
45 Nm
オイルホール用スクリュープラグ
M10x1
12 Nm
カムレバー用スクリュープラグ
M10x1
12 Nm
クラッチ潤滑用スクリュープラグ
M10x1
10 Nm
コンロッドベアリング用スク
リュー
M10x1
レベル 1
25 Nm
レベル 2
30 Nm
レベル 3
90°
スパークプラグ
M10x1
11 Nm
スプレッドギアロック用スク
リュープラグ
M10x1
12 Nm
326
Loctite®243™
仕様一覧 23
タイミングチェーンテンショナー
ロック解除ツール
M10x1
8 Nm
油圧スイッチ
M10x1
10 Nm
シリンダーヘッド用スクリュー
M11x1.5
締付け順序:
対角に
レベル 1
15 Nm
レベル 2
30 Nm
レベル 3
90°
レベル 4
90°
クーラント - 温度センサー
M12x1.5
スパークプラグ
M12x1.5
18 Nm
ローター用スクリュー
ジャックスクリュー M12x1.5
115 Nm
オイルドレインボルト
M20x1.5
20 Nm
フロントスプロケット用ナット
M20x1.5
100 Nm
クラッチハブ用ナット
M22x1.5
130 Nm
ジェネレーターカバー用スク
リュープラグ
M24x1.5
8 Nm
エンジンオイルで潤滑
12 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
327
23 仕様一覧
タイミングチェーンテンショナー
用スクリュープラグ
M24x1.5
25 Nm
第一ギア用ナット
M33LHx1.5
130 Nm
3.60 L
エンジンオイル (SAE 10W/50)
( 頁 346)
23.3
容量
23.3.1
エンジンオイル
エンジンオイル
外気温: ≥ 0 °C
エンジンオイル
外気温: < 0 °C
23.3.2
エン ジ ン オ イ ル (SAE 5W40)
( 頁 346)
クーラント
クーラント
328
Loctite®243™
2.40 L
クーラント (
頁 347)
仕様一覧 23
23.3.3
燃料
EU ガソリンスタンドのマーキングに注意してください。
A00420-10
フューエルタンク総容量 ( 約)
予備燃料 ( 約)
23.4
23 L
無鉛ハイオクガソリン (ROZ 95)
( 頁 348)
3.5 L
シャーシ
フレーム
クロムモリブデン鋼スペースフレーム、パウダーコー
ティング
フロントフォーク
WP Suspension 4860 ROTA SPLIT
ショックアブソーバー
WP Suspension 4618 DCC PA
サスペンションストローク
前方
220 mm
329
23 仕様一覧
後輪
220 mm
ブレーキシステム
前方
4 ピストン式固定ラジアルブレーキキャリパー付きダ
ブルディスクブレーキ、フローティングマウントブ
レーキディスク
後輪
2 ピストンブレーキキャリパー付きシングルディスク
ブレーキ、フローティングマウントブレーキディスク
ブレーキディスク直径
前方
320 mm
後輪
267 mm
ブレーキディスクの摩耗限界
前方
4 mm
後輪
4.5 mm
同乗者なし / 同乗者あり / 最大積載量でのタイヤの空気圧
前方: タイヤが冷えた状態
2.6 bar
後輪: タイヤが冷えた状態
2.9 bar
二次減速比
17:42
チェーン
5/8 x 5/16” (525) X リング
ステアリングヘッドアングル
64°
ホイールベース
1,580 ± 15 mm
負荷がない状態でのシート高
890 mm
負荷がない状態での最低地上高
250 mm
330
仕様一覧 23
燃料を除いた重量 ( 約)
229.3 kg
前方許容最大軸重
165 kg
最大許容軸重 後輪
285 kg
最大許容重量
450 kg
23.5
電装系
12V バッテリー
YTZ14S
バッテリー電圧: 12 V
定格容量: 11.2 Ah
メンテナンスフリー
レースオンキーの電池
CR
3V
ヒューズ
58011109110
10 A
ヒューズ
58011109115
15 A
ヒューズ
58011109125
25 A
ヒューズ
58011109130
30 A
2032
ロービーム
LED
ハイビーム
LED
ポジションライト
LED
コーナリングライト
LED
コンビネーションインスツルメントの照明及びイン
ジケーターランプ
LED
ターンシグナル
LED
331
23 仕様一覧
テールライト
LED
ブレーキライト
LED
ナンバープレートライト
LED
23.6
タイヤ
対象モデル
フロントタイヤ
リアタイヤ
(Super Adventure R EU)
90/90 - 21 M/C 54V TL
Pirelli SCORPION TRAIL II
150/70 R 18 M/C 70V TL
Pirelli SCORPION TRAIL II
(1290 Super
Adventure R TKC EU, 1290 Super
Adventure R TKC CN)
90/90 - 21 M/C 54T M+S TL
Continental TKC 80 Twinduro
150/70 B 18 M/C 70Q M+S TL
Continental TKC 80 Twinduro
ここに示されるタイヤは標準装備が予定されているタイヤの一例です。下記アドレスのサービスで詳細をご
確認下さい:
http://www.ktm.com
23.7
フロントフォーク
フロントフォークタイプナンバー
14.18.8Q.25
フロントフォーク
WP Suspension 4860 ROTA SPLIT
コンプレッションダンパー
332
コンフォート
17 クリック
スタンダード
12 クリック
仕様一覧 23
スポーツ
7 クリック
最大積載時
7 クリック
リバウンドダンパー
コンフォート
17 クリック
スタンダード
12 クリック
スポーツ
7 クリック
最大積載時
7 クリック
スプリングプリロード-Preload Adjuster
コンフォート
2 回転
スタンダード
5 回転
スポーツ
5 回転
最大積載時
8 回転
スプリング長 ( プリロードスペーサーを含む)
577 mm
ばね定数
ソフト
5.9 N/mm
ミドル ( 標準)
6.5 N/mm
ハード
7.0 N/mm
フロントフォーク長
920 mm
ガス室長さ
85 +− 35
0 mm
各フォークレッグのフロント
フォークオイル量
715 ml
フロントフォークオイル (SAE 4)
(48601166S1) ( 頁 348)
333
23 仕様一覧
23.8
ショックアブソーバー
ショックアブソーバータイプナンバー
15.18.7Q.25
ショックアブソーバー
WP Suspension 4618 DCC PA
コンプレッションダンパー低速
コンフォート
20 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
コンプレッションダンパー高速
コンフォート
1.5 回転
スタンダード
1.5 回転
スポーツ
1 回転
最大積載時
1 回転
リバウンドダンパー
コンフォート
20 クリック
標準
15 クリック
スポーツ
10 クリック
最大積載時
10 クリック
スプリングプリロード
コンフォート
334
2 回転
仕様一覧 23
標準
2 回転
スポーツ
2 回転
最大積載時
18 回転
スプリング係数
ソフト
170 N/mm
ミドル ( 標準)
180 N/mm
ハード
190 N/mm
スプリング長
205 mm
ガス圧
10 bar
空車サグ
25 mm
ライディングサグ
55 mm
全長
408 mm
ダンパーオイル (
23.9
頁 347)
SAE 2.5
締付けトルクシャーシ
タイヤ空気圧センサー用ナット
ISO 10V2
12 Nm
ヘッドライトサポート用スク
リュー
EJOT ALtracs® 50x12
7 Nm
ヘッドライト用スクリュー
EJOT ALtracs® 60x20
8 Nm
Loctite®2701™
335
23 仕様一覧
左コンビネーションスイッチ用ス
クリュー
5 Nm
サイドスタンドセンサー用スク
リュー
M4
2 Nm
固定グリップ用スクリュー 左
M4
2 Nm
ウインドシールド用スクリュー
M5
3.5 Nm
ケーブル溝用スクリュー
M5
5 Nm
コンビネーションインスツルメン
ト用スクリュー
M5
4.5 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M5
5 Nm
シャーシ用その他のナット
M5
5 Nm
スイングアームに取り付けるブ
レーキワイヤーホルダー用スク
リュー
M5
5 Nm
スポークニップル
M5
5 Nm
スロットルグリップ用スクリュー
M5
3.5 Nm
チェーンスライダーガード用スク
リュー
M5
5 Nm
フィラーキャップ用スクリュー
M5
3 Nm
フェアリング用スクリュー
M5x12
3.5 Nm
フェアリング用スクリュー
M5x17
3.5 Nm
336
仕様一覧 23
ブレーキペダルステップ用スク
リュー
M5
6 Nm
フレームへのブレーキワイヤーホ
ルダー用スクリュー
M5
2 Nm
フロントマスクスポイラー用スク
リュー
M5x12
3.5 Nm
メインサイレンサーへの断熱プ
レート固定用スクリュー
M5
4 Nm
右のコンビネーションスイッチ用
スクリュー
M5
3.5 Nm
後輪速度センサーケーブルガイド
用スクリュー
M5
3 Nm
燃料レベルセンサー用スクリュー
M5
3 Nm
ABS モジュール取り付け用ナット
M6
8 Nm
エンジンガード用スクリュー
M6
10 Nm
クラッチ操作部用スクリュー
M6
5 Nm
ケーブル溝用スクリュー
M6
5 Nm
サイドスタンドのマグネットホル
ダー用スクリュー
M6
6 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M6
10 Nm
シャーシ用その他のナット
M6
10 Nm
チェーンガイド用スクリュー
M6
5 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
337
23 仕様一覧
バッテリー電極用スクリュー
M6
4.5 Nm
ハンドプロテクタークランプ用ス
クリュー
M6
5 Nm
フェアリング用スクリュー
M6
6 Nm
ブッシング用スクリュー
M6
4 Nm
フットブレーキシリンダーのプッ
シュロッドボールジョイント用ス
クリュー
M6
10 Nm
フットブレーキシリンダー用スク
リュー
M6
10 Nm
フューエルタンク用スクリュー
M6
10 Nm
フレームへのアース接続用スク
リュー
M6
6 Nm
ラジエーター固定ブラケット用ス
クリュー
M6
7 Nm
リアエンド下部用スクリュー
M6
6 Nm
レギュレーター用スクリュー
M6
6 Nm
傾斜センサー固定プレート用スク
リュー
M6
10 Nm
傾斜センサー用スクリュー
M6
6 Nm
後輪ブレーキディスク用スク
リュー
M6
14 Nm
338
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
仕様一覧 23
後輪速度センサー用スクリュー
M6
10 Nm
前方ブレーキディスク用スク
リュー
M6
14 Nm
前輪速度センサー用スクリュー
M6
10 Nm
燃料コック用スクリュー
M6
6 Nm
燃料ポンプ用スクリュー
M6
6 Nm
排気管クランプ用スクリュー
M6
8 Nm
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
M8
20 Nm
イグニッション用スクリュー ( ワ
ンウェイスクリュー)
M8
25 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M8
25 Nm
シャーシ用その他のナット
M8
25 Nm
ステアリングステム用スクリュー
M8
20 Nm
ステアリングダンパークランプ用
スクリュー
M8
12 Nm
ステアリングダンパー用スク
リュー
M8
25 Nm
ハードケース脚部用スクリュー
M8
20 Nm
ハンドルバークランプ用スク
リュー
M8
20 Nm
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
339
23 仕様一覧
ハンドルバー末端部ハンドプロテ
クター用スクリュー
M8
25 Nm
フォークレッグのアクスル通し穴
用スクリュー
M8
15 Nm
ブレーキペダル用スクリュー
M8
25 Nm
ロアートリプルクランプ用スク
リュー
M8
12 Nm
後方フットレストサポート用スク
リュー
M8
25 Nm
前方フットレストサポート用スク
リュー
M8
25 Nm
排気管クランプ用スクリュー
M8
25 Nm
サイドスタンド取付けアーム用ス
クリュー
M10
45 Nm
サイドスタンド用スクリュー
M10
35 Nm
シャーシ用その他のスクリュー
M10
45 Nm
シャーシ用その他のナット
M10
45 Nm
ハンドルアダプター用スクリュー
M10
40 Nm
前方ブレーキキャリパー用スク
リュー
M10
45 Nm
340
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
Loctite®243™
仕様一覧 23
ブレーキホース用バンジョーボル
ト
M10x1
25 Nm
リアスプロケットスクリュー用
ナット
M10x1.25
50 Nm
ラムダセンサー
M12x1.25
25 Nm
ショックアブソーバ用下部スク
リュー
M14x1.5
80 Nm
ショックアブソーバ用上部スク
リュー
M14x1.5
80 Nm
コンセント用ナット
M18x1
4 Nm
スイングアームピボット用ナット
M19x1.5
130 Nm
シートロック用ナット
M22x1.5
4 Nm
ステアリングヘッド用上部スク
リュー
M22x1.5
18 Nm
後輪アクスルシャフト用ナット
M25x1.5
90 Nm
前方アクスルシャフト用スク
リュー
M25x1.5
45 Nm
Loctite®243™
ねじ山にはグリースを塗布
ねじ山にはグリースを塗布
ねじ山にはグリースを塗布
ねじ山にはグリースを塗布
ねじ山にはグリースを塗布
341
24 適合宣言
24.1
適合宣言
参考
機能および装備内容はモデルにより異なり、場合によっては記載されている無線装置や適用範囲が含ま
れない場合があります。
KTM AGは無線装置タイプKTM RACE ON systemが該当するガイドラインに適合していることを宣言します。
適合宣言の全文は以下のインターネットアドレスで閲覧することができます。
認定ウェブサイト: http://www.ktm.com/ktm-race-on-system
KTM AGは無線装置タイプLC8 DASHBOARDが該当するガイドラインに適合していることを宣言します。適合
宣言の全文は以下のインターネットアドレスで閲覧することができます。
認定ウェブサイト: http://www.ktm.com/lc8-dashboard
Schrader Electronics Ltdは無線装置タイプTyre Pressure Monitoring Systemが該当するガイドラインに適合し
ていることを宣言します。適合宣言の全文は以下のインターネットアドレスで閲覧することができます。
認定ウェブサイト: http://www.ktm.com/tpms
342
適合宣言 24
343
24 適合宣言
24.2
各国適合宣言
F01726-01
344
オープンソース 25
25.1
オープンソースソフトウェアに関する情報
いくつかの車両部品はオープンソースソフトウェアを使用しています。
使用しているソフトウェアのソースコードおよびその他の情報はオンラインで閲覧できます。
各部の名称: http://www.ktm.com/ktm-oss
参考
ファイルの容量に応じてダウンロード時間が長くなることがあります。
インターネットプロバイダーによってはファイル容量に応じて料金が発生することもあります。
345
26 油脂類
エンジンオイル (SAE 10W/50)
規格 / 分類
– JASO T903 MA2 (
–
SAE (
頁 352)
頁 352) (SAE 10W/50)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するエンジンオイルのみを使用して下
さい。
100%化学合成エンジンオイル
推奨製品
MOTOREX®
– Power Synt 4T
エンジンオイル (SAE 5W40)
規格 / 分類
– JASO T903 MA2 (
–
SAE (
頁 352)
頁 352) (SAE 5W40)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するエンジンオイルのみを使用して下
さい。
100%化学合成エンジンオイル
推奨製品
MOTOREX®
– Power Synt 4T
346
油脂類 26
クーラント
規定
– アルミニウム製エンジン用腐食防止剤が混合され珪酸を含有しない高品質のクーラントのみを使用してくだ
さい。低品質で不適切な不凍液は腐食、沈着、発泡の原因となります。
–
腐食防止や潤滑特性などはクーラントによってのみ可能なものですので、純水は使用しないでください。
–
指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するクーラントのみを使用して下さ
い。
耐凍結効果有効期間
−25 °C
必要となる耐凍結効果得るために配合割合を調整しなければなりません。クーラントを薄める必要がある場合
は蒸留水を使用してください。
事前調合されているクーラントの使用が推奨されています。
耐凍結効果、薄め方、他のクーラントとの混和性(互換性)に関してはクーラントメーカーの指示に従ってくだ
さい。
推奨製品
MOTOREX®
– COOLANT M3.0
ダンパーオイル (SAE 2.5) (50180751S1)
規格 / 分類
– SAE ( 頁 352) (SAE 2.5)
347
26 油脂類
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1
規格 / 分類
– DOT
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するブレーキフルードのみを使用して
下さい。
推奨製品
Castrol
– REACT PERFORMANCE DOT 4
MOTOREX®
– Brake Fluid DOT 5.1
フロントフォークオイル (SAE 4) (48601166S1)
規格 / 分類
– SAE ( 頁 352) (SAE 4)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。
無鉛ハイオクガソリン (ROZ 95)
規格 / 分類
– DIN EN 228 (ROZ 95)
348
油脂類 26
規定
– 指定された規格に適合する、または同等の無鉛ハイオクガソリンのみを使用して下さい。
–
最大 10%のエタノールを含む混合ガソリン (E10)を使用しても問題ありません。
参考
メタノール燃料 (M15、M85、M100 など)および 10%以上のエタノールを混合した燃料 (E15、E25、
E85、E100 など)は使用しないで下さい。
349
27 ケミカル類
Perfect Finish およびラッカー塗装用光沢剤
推奨製品
MOTOREX®
– Moto Shine
チェーンスプレー・Street
規定
推奨製品
MOTOREX®
– Chainlube Road Strong
チェーン洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Chain Clean
モーターサイクル用洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Moto Clean
350
ケミカル類 27
ラッカー塗装(光沢、非光沢)
、金属、プラスチック専用洗浄剤
推奨製品
MOTOREX®
– Quick Cleaner
ラッカー塗装、金属、ゴム用手入れ剤
推奨製品
MOTOREX®
– Moto Protect
耐久性グリース
推奨製品
MOTOREX®
– Bike Grease 2000
燃料添加剤
推奨製品
MOTOREX®
– Fuel Stabilizer
汎用オイルスプレー
推奨製品
MOTOREX®
– Joker 440 Synthetic
351
28 規格
JASO T903 MA2
多岐にわたる技術開発を受け、モーターサイクル専用の規格、JASO T903 MA2が生まれました。
以前はモーターサイクル専用の仕様がなく、モーターサイクルには乗用車用のエンジンオイルが使われていまし
た。
乗用車ではエンジンのサービス頻度を下げる事が重要である一方、モーターサイクルエンジンでは何よりも高回
転数で高い出力を引き出す事が要求されます。
モーターサイクルでは、ギアやクラッチにエンジンと同じオイルが使用される事が珍しくありません。
JASO T903 MA2規格はこれら特殊な事象を考慮に入れた内容となっています。
SAE
SAE 粘度は米国の自動車技術者協会 (Society of Automotive Engineers)によって定められたもので、オイルをそ
の粘度によってクラス分けするものです。粘度はオイルの一特性に過ぎず、その品質を表すものではありませ
ん。
352
用語索引 29
-
KTM RACE ON
イグニション、ハンドルロック、フィラーキャップを
トランスポンダを利用し有効化するシステム
ABS
アンチロック・ブレーキシステム
直進走行中に車輪がロックしてハンドルが効かなく
なってしまうのを防ぐ安全システム
MSR
エンジンスリップコントロール
エンジンブレーキの作用が大きい場合、スロットルバ
ルブを少し開けることで後輪のブロックを防ぐエン
ジン制御の補助機能
ATIR
オートマチックターンシグナルリ
セットスイッチ
タイムカウンターおよび走行距離カウンターに応じ
てターンシグナルを自動でオフにするソフトウェア
OBD( オン
ボード・ダイ
アグノーシス)
オンボード診断
車両の電気系統の数値を監視する車両システム
-
クイックシフター・プラス
クラッチ操作を必要としないシフトのためのエンジ
ン制御ユニットの機能
TPMS
タイヤ空気圧コントロールシステム
(Tire Pressure Monitoring System)
タイヤに装着されたセンサーでタイヤ空気圧を監視
し運転者に表示する安全システム
DRL
デイライト
日中での車両の視認性を高め、ヘッドライトのロー
ビームとは異なり、光が一点に集束することなく、路
面を照射しないライト
MSC
バイクスタビリティコントロール
車輪が傾いた状態でブレーキを作動した際、物理的に
可能な範囲で車輪のブロックや滑りを防ぐ ABS の補
助機能
353
29 用語索引
MTC
HHC
354
バイクトラクションコントロール
空転している後輪のエンジントルクを低減させるエ
(モーターサイクルトラクションコン ンジン制御の補助機能
トロール)
ヒルホールドコントロール
坂道での車両の後退を防ぐ走行支援システム
表示マーク索引 30
30.1
赤のマーク
赤のマークは直ちに対処すべきエラー状態を示します。
オイル圧力警告ランプが赤く点灯– 油圧が低過ぎます。交通規制に従った方法で速やかに停
車し、エンジンを止めます。
30.2
黄色とオレンジ色のマーク
黄色とオレンジ色のマークはできるだけ早く対処すべきエラー状態を示します。運転支援システムが作動して
いる場合も同様に黄色またはオレンジ色のマークが表示されます。
レースオンインジケーターランプが点灯 / 黄色 / オレンジ / 赤に点滅– レースオンシステム
/ アラーム装置の状況またはエラーメッセージ。
一般警告ランプが黄色に点灯– 使用上の安全性に関する注意/警告事項が検出されました。
これはディスプレイにも表示されます。
ABS 警告ランプが黄色に点灯– ABSの状態メッセージまたはエラーメッセージ。ABS モード
Offroadがオンの場合、ABS 警告ランプが点滅します。
TC インジケーターランプが黄色に点灯 / 点滅– MTC ( 頁 297)が作動していない、または制
御中です。TC インジケーターランプはエラーが検出された場合にも点灯します。KTM 正規
ディーラーに連絡して下さい。TC が稼動している、またはHHC ( 頁 157)(オプション)
が有効な場合、TC インジケーターランプが点滅します。
速度制御システムインジケーターランプが黄色に点灯– 速度制御システムの機能はオンに
なっていますが速度制御していません。
355
30 表示マーク索引
不具合インジケーターランプが黄色に点灯– OBDが排気または安全関連で重大な不具合を検
出しました。
30.3
緑と青のマーク
緑と青のマークは情報を表示しています。
左のターンシグナルインジケーターランプがターンシグナルと同様のリズムで緑に点滅– 左
のターンシグナルが作動しています。
ハイビームインジケーターランプが青く点灯– ハイビームが点灯しています。
ニュートラルインジケーターランプが緑に点灯– ギアがニュートラルに入っています。
速度制御システムインジケーターランプが緑に点灯– 速度制御システムの機能はオンで、速
度制御しています。
右のターンシグナルインジケーターランプがターンシグナルのリズムで緑に点滅– 右のター
ンシグナルが作動しています。
356
索引
索引
1
12V バッテリー
充電する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 275
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 272
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 270
A
ABS . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 232
ACC1
後方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 290
前方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 289
ACC2
後方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 290
前方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 289
D
DRL . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 268
M
MSR . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
MTC . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 297
U
USB ポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
あ
アクセサリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
アンチロック・ブレーキシステム . . . . . . . . . 232
い
インジケーターランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
う
ウインドシールド
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 226
運転操作の前に
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス
作業 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 151
保管後 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 315
え
エマージェンシーOFFスイッチ . . . . . . . . . . 40
エンジン
慣らし運転をする
. . . . . . . . . . . . . . . . . . 148
エンジンオイル
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 299
補給する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 306
357
索引
エンジンオイルのレベル
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 298
エンジンガード
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 227
エンジン始動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 152
エンジンスリップコントロール . . . . . . . . . . . 164
エンジンナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
お
オイルスクリーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 299
オイルフィルター
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 299
オーナーズマニュアル . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
オープンソース
情報 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 345
か
各部の名称
左前方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
右後方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
カスタマーサービス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
358
き
キーナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
キャリアプレート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 52
給油する
燃料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 171
く
クイックシフター・プラス . . . . . . . . . . . . . . 156
クーラントのレベル
( 調節タンク)調整する
( 調節タンク)点検する
. . . . . . . . . . . . . . . 293
. . . . . . . . . . . . . . . 291
クラッシュバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 229
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 228
クラッチ
フルードのレベルを点検・調節する . . . . . . 202
クラッチレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 134
け
警告フラッシャー . . . . . .
警告フラッシャースイッチ
ケースマウント . . . . . . . .
ケミカル類 . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
39
39
52
19
索引
こ
後輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 255
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 252
後輪のハブダンパー
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 258
コーナリングライト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 269
誤使用 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
コンビネーションインスツルメント
ABS . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Audio . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Bluetooth . . . . . . . . . . . . . . . .
Consumption . . . . . . . . . . . . .
Cornering Light Test . . . . . . . .
Distance . . . . . . . . . . . . . . . . .
DRL . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
Extra Functions . . . . . . . . . . . .
Favourites . . . . . . . . . . . . . . .
General Info . . . . . . . . . . . . . .
Headset Pass. . . . . . . . . . . . .
Headset Rider . . . . . . . . . . . . .
Heated Grips( オプション) . . . .
Heated Seat Pas( オプション) .
Heated Seat Rid( オプション) . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
....
....
....
....
....
....
....
....
....
....
....
....
....
....
....
....
57-129
. . . 111
. . . . 81
. . . . 90
. . . 120
. . . 128
. . . 117
. . . 125
. . . 105
. . . 113
. . . 102
. . . . 95
. . . . 93
106, 126
. . . 127
. . . 127
Heated Seat( オプション) .
HHC( オプション) . . . . . .
Info . . . . . . . . . . . . . . . .
KTM MY RIDE . . . . . . . .
Language . . . . . . . . . . . .
Motorcycle . . . . . . . . . . .
MTC . . . . . . . . . . . . . . .
MTC+MSR( オプション) . .
Navi Info Screen . . . . . . .
Phone . . . . . . . . . . . . . .
Preferences . . . . . . . . . .
Pressure . . . . . . . . . . . .
Quick Selector 1 . . . . . . .
Quick Selector 2 . . . . . . .
Quickshifter +( オプション)
Ride Mode . . . . . . . . . . .
Service . . . . . . . . . . . . . .
Settings . . . . . . . . . . . . .
Setup . . . . . . . . . . . . . . .
Temperature . . . . . . . . . .
TPMS . . . . . . . . . . . . . .
Trip 1 . . . . . . . . . . . . . . .
Trip 2 . . . . . . . . . . . . . . .
Units . . . . . . . . . . . . . . .
Warnings . . . . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . 107
. . . 112
. . . . 99
. . . . 80
. . . 121
. . . 106
. . . 109
. . . 110
. . . 114
. . . . 91
. . . 116
. . . 119
. . . 114
. . . 115
. . . 126
108, 296
. . . 104
. . . 113
. . . . 89
. . . 118
. . . 102
. . . 100
. . . 101
. . . 116
. . . 104
359
索引
Wireless Interface . . . . . . . . . .
インジケーターランプ . . . . . . .
音量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
外気温度表示 . . . . . . . . . . . . . .
回転 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
各部の名称 . . . . . . . . . . . . . . .
傾きの設定 . . . . . . . . . . . . . . .
起動とテスト . . . . . . . . . . . . . .
クーラント温度の表示 . . . . . . .
グリップヒーター(オプション)
警告 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
シートヒーター(オプション) .
時刻 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
シフトランプ . . . . . . . . . . . . . .
速度 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
速度制御システムの表示 . . . . . .
デイ / ナイトモード . . . . . . . . .
ディスプレイ . . . . . . . . . . . . . .
電話 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
凍結警告 . . . . . . . . . . . . . . . . .
ナビゲーション . . . . . . . . . . . .
ナビゲーションの設定 . . . . . . .
ナビゲーション情報 . . . . . . . . .
燃料レベル表示 . . . . . . . . . . . .
ABS表示 . . . . . . . . . . . . . . . . .
360
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
97
64
87
77
70
57
144
. 58
. 75
. 74
. 61
. 75
. 77
. 71
. 72
. 72
. 59
. 68
. 98
. 62
. 83
. 85
. 86
. 76
. 73
メニュー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 80
コンビネーションスイッチ
(右) . . . . . . . . . . . .
一覧(左) . . . . . . . . .
左 ...............
(右)の各部の名称 . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
38
32
31
39
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . . 20
174-177
. . . . 51
. . . . 55
. . . . 17
さ
サービス . . . . .
サービスプラン
サイドグリップ
サイドスタンド
作業上の決まり
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
し
シート
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190
を取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 190
シートロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 51
時刻
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
シフト操作
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
シフトレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 140
索引
基本位置を点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . 139
シフトレバーステップ
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 142
シャーシの調整 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 178-187
写真 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
車両
清掃する . . . . . . . . . . . . . .
センタースタンドから降ろす
センタースタンドで立てる .
荷物を積む . . . . . . . . . . . .
..
.
..
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
309
189
188
148
車両識別番号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
収納スペース
USB ポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
閉じる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
仕様一覧
エンジン . . . . . . . . . . .
締付けトルクシャーシ .
締付けトルク、エンジン
シャーシ . . . . . . . . . . .
ショックアブソーバー .
タイヤ . . . . . . . . . . . .
電装系 . . . . . . . . . . . .
フロントフォーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . 332
容量 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 328
使用開始
初めて運転操作を行う際の注意 . . . . . . . . . 146
使用環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
使用時の安全性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
使用目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
ショックアブソーバー . . . . . . . . . . . . . . . . .
コンプレッションダンパー . . . . . . . . . . . .
コンプレッションダンパー高速を調節する .
コンプレッションダンパー低速を調節する .
スプリングプリロードを調節する . . . . . . .
リバウンドダンパーを調節する . . . . . . . . .
178
182
184
183
187
186
ショックアブソーバータイプナンバー . . . . . . . 28
診断プラグ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 289
す
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
321-341
. . . 335
. . . 323
. . . 329
. . . 334
. . . 332
. . . 331
スタートキー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
ステアリングダンパータイプナンバー . . . . . . . 29
ステアリングヘッドベアリングの遊び
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 204
スペアパーツ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
スポークの張り
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 264
361
索引
スロットルグリップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 31
せ
センタースタンド
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 56
前輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 248
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 246
そ
走行 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 158
速度制御システム
条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 33
た
ターンシグナルスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . 36
タイプラベル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
タイヤ空気圧
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 263
タイヤの状態
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 260
ち
チェーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 191
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
汚れを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 191
362
チェーンの遊び
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 195
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 193
駐車 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167
チューブレスタイヤシステム . . . . . . . . . . . . 265
て
停止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 167
デイライト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 268
適合宣言 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 342-344
国別 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 344
電装系アクセサリー用コンセント . . . . . . . . . . 45
と
冬季運転
点検・メンテナンス作業 . . . . . . . . . . . . . . 312
凍結警告 . . . . . . . . . . .
同乗者用フットレスト .
盗難防止システム . . . .
トラブルシューティング
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
. . . . 62
. . . . 53
. . . . 43
316-320
に
荷物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 148
ね
燃料コック
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
索引
は
ブレーキシステム
パンク修理剤
使用法 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 266
ブレーキディスク
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 235
ハンドルバーの位置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 130
ブレーキパッド
( 後輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . 245
( 前輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . 240
ハンドルロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
ひ
日付
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 122
ヒューズ
( ヒューズボックス内)交換する . . . . . . . . . 284
ふ
フィラーキャップ
閉じる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
フットレスト
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 136
フューエルタンクのカバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 223
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 221
. . . . . . . . . . . . . . . . . 232-245
ブレーキフルード
( 後輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . 242
( 前輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . 237
ブレーキフルードのレベル
( 後輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . 241
( 前輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . 236
ブレーキペダル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 143
ブレーキレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 30
基本位置を調整する . . . . . . . . . . . . . . . . . 135
ブレーキをかける
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
フロントサイドカバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 208
フロントシート用フットレスト . . . . . . . . . . . 135
ブレーキ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 164
363
索引
フロントスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
フロントフェンダー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 217
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 216
フロントフォーク . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
コンプレッションレベルを調節する . . . . . .
スプリングプリロードを調節する . . . . . . .
ダストシールを清掃する . . . . . . . . . . . . . .
リバウンドレベルを調節する . . . . . . . . . .
178
178
181
218
180
ホーンスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
保管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 314
保護服 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
め
メインヒューズ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 281
メーカー保証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
も
モーターサイクルトラクションコントロール . 297
フロントフォークタイプナンバー . . . . . . . . . . 28
ゆ
フロントマスクスポイラー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 213
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 209
油脂類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
輸送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 169
へ
容量
エンジンオイル . . . . . . . . . . . . . . . . . 303, 328
クーラント . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 328
燃料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 173, 329
ヘッドライト
照明距離を調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . 288
デイライト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 268
ヘッドライトの設定
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 287
ほ
法定保証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
364
よ
ら
ライディング
HHC(オプション)での発進 . . . . . . . . . . 157
発進 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 155
索引
ライトスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 32
り
リアスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 197
れ
レースオンキー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41, 44
レースオンキーの電池の交換 . . . . . . . . . . 280
ろ
ロアートリプルクランプのカバー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 207
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 206
365
*3214096ja*
3214096ja
2019 年 09 月
KTM Sportmotorcycle GmbH
5230 Mattighofen/オーストリア
http://www.ktm.com
写 真:
Mitterbauer/KISKA/KTM
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals

Download PDF

advertisement