KTM 125 Duke EU 2011 Naked Bike ユーザーマニュアル

KTM 125 Duke EU 2011 Naked Bike ユーザーマニュアル
OWNER'S MANUAL 2011
125 Duke EU
ART. NO. 3211668ja
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
1
このたびは KTM のモーターサイクルをお買い上げ頂き、ありがとうございます。最新のスポーツモーターサイクルを手に入れられたお
客様に、これを十分満喫頂くため、適切なメンテナンスと手入れを行う事をお願いしています。
KTM
をお買い上げ頂いた皆様に
快適な走行をお楽しみ下さい!
お持ちのモーターサイクルのシリアルナンバーを以下に記して下さい。
シャーシナンバー / タイプラベル (
エンジンナンバー (
キーナンバー (
頁16)
正規ディーラー店スタンプ
頁16)
頁17)
本オーナーズマニュアルは、印刷時点現在、当該モデルシリーズ最新仕様に基づいて作成されています。しかし、車両の構造が更に開
発される事により、製品と若干の差異が生じる可能性があります。
ここに記載された内容について、当社は何ら義務を負わないものと致します。KTM-Sportmotorcycle AG は、記載された技術内容、価
格、色、形、部品、サービス内容、構造、装備などにつき予告または理由の開示なく変更、代替品なく抹消、地域の状況に合わせ変更、
または特定モデルの生産を予告なく停止する権利を有するものとします。商品入手の可否、写真・イラスト並びに記載内容との差異、印
刷ミス並びに誤記に対し、KTM は一切の責任を負いかねます。写真に使用されているモデルには、一部量産製品にはない特殊装備が施
されています。
© 2011 KTM-Sportmotorcycle AG、 Mattighofen オーストリア
無断複写・転載を禁じます。
一部または全部ならびにその種類を問わず、複製・複写には必ず著作者の書面による許可を要します。
KTM をお買い上げ頂いた皆様に
2
ISO 9001(12 100 6061)
国際品質管理規格 ISO 9001 の観点から、KTM では到達しうる最高の生産品質を実現するための品質保証プロセスを導入
しています。
発行: TÜV Management Service
KTM-Sportmotorcycle AG
5230 Mattighofen、 オーストリア
目次
表示方法 ........................................................................................ 6
重要な注意事項 ............................................................................. 7
各部の名称 .................................................................................. 12
各部の名称 左前方 ( 代表写真)............................................. 12
各部の名称 右後方 ( 代表写真)............................................. 14
シリアルナンバー........................................................................ 16
シャーシナンバー / タイプラベル .......................................... 16
エンジンナンバー ................................................................... 16
キーナンバー .......................................................................... 17
操作各部 ...................................................................................... 18
クラッチレバー....................................................................... 18
ブレーキレバー....................................................................... 18
スロットルグリップ ............................................................... 19
ライトスイッチ....................................................................... 19
パッシングライトスイッチ..................................................... 20
ターンシグナルスイッチ ........................................................ 20
ホーンスイッチ....................................................................... 21
エマージェンシーOFFスイッチ.......................................... 21
スタータースイッチ ............................................................... 22
イグニッション / ハンドルロック .......................................... 22
コンビネーションインスツルメント-一覧 ........................... 23
コンビネーションインスツルメント-起動とテスト ............. 24
コンビネーションインスツルメント-機能ボタン................. 25
コンビネーションインスツルメント-インジケーターラン
プ ............................................................................................ 26
コンビネーションインスツルメント-ディスプレイ ............. 27
コンビネーションインスツルメント-フューエルタンクの
残量表示 ................................................................................. 28
目次
3
コンビネーションインスツルメント- TRIP F 表示 ..............
コンビネーションインスツルメント-クーラントの温度表
示 ............................................................................................
コンビネーションインスツルメント-インフォメーション
ディスプレイ ..........................................................................
コンビネーションインスツルメント-警告通知 ....................
走行時間 / 平均速度メニュー..................................................
平均速度 / サービスメニュー..................................................
サービス / 走行時間メニュー..................................................
総走行距離 ODO メニュー .....................................................
走行距離 1 TRIP 1 メニュー...................................................
走行距離 2 TRIP 2 メニュー...................................................
キロメートルかマイルを選択する..........................................
時計を設定する.......................................................................
シフト回転数 RPM 1 を設定する ...........................................
シフト回転数 RPM 2 を設定する ...........................................
フィラーキャップを開く ........................................................
フィラーキャップを閉じる.....................................................
シートロック ..........................................................................
車載工具 .................................................................................
サイドグリップ.......................................................................
リアシート用フットレスト.....................................................
シフトレバー ..........................................................................
ブレーキペダル.......................................................................
サイドスタンド.......................................................................
運転操作の前に ...........................................................................
初めて運転操作を行う際の注意 .............................................
慣らし運転をする ...................................................................
車両に荷物を積む ...................................................................
29
30
31
32
34
35
35
36
37
38
38
39
40
41
42
43
43
44
44
45
45
46
47
48
48
49
50
目次
運転上の注意事項........................................................................
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業 ................
エンジン始動 ..........................................................................
発進.........................................................................................
シフト操作とライディング.....................................................
ブレーキをかける ...................................................................
停止と駐車 ..............................................................................
燃料を給油する.......................................................................
サービスプラン ...........................................................................
サービスプラン.......................................................................
シャーシを調整する ....................................................................
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節する
............................................................................................
シフトレバーを調節する ........................................................
シャーシで行うサービス作業......................................................
車両をフロントスタンドでジャッキアップする ....................
車両をフロントスタンドから降ろす ......................................
車両をリアスタンドでジャッキアップする ...........................
車両をリアスタンドから降ろす .............................................
リアシートを取り外す............................................................
リアシートを取り付ける ........................................................
シートを取り外す ...................................................................
シートを取り付ける ...............................................................
チェーンの汚れを点検する.....................................................
チェーンを清掃する ...............................................................
チェーンの遊びを点検する.....................................................
チェーンの遊びを調節する.....................................................
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケットを点
検する .....................................................................................
x
4
52
52
53
54
55
57
58
60
62
62
64
64
65
66
66
66
67
68
68
69
69
70
71
71
72
74
76
フロントスポイラーを取り外す ............................................. 78
フロントスポイラーを取り付ける.......................................... 79
ブレーキ ...................................................................................... 81
ブレーキディスクを点検する ................................................. 81
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する ......... 82
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
.................. 83
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検する ........................... 84
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する ......... 85
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
.................. 86
ブレーキペダルの遊びを点検する.......................................... 87
ブレーキペダルの遊びを調節する
.................................... 88
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検する ........................... 89
車輪、タイヤ............................................................................... 91
前輪を取り外す
................................................................. 91
前輪を取り付ける
.............................................................. 91
後輪を取り外す
................................................................. 92
後輪を取り付ける
.............................................................. 93
後輪のハブダンパーを点検する
........................................ 95
タイヤの状態を点検する ........................................................ 96
タイヤの空気圧を点検する..................................................... 98
電気系統 .................................................................................... 100
バッテリーを取り外す
.................................................... 100
バッテリーを取り付ける
................................................. 101
バッテリーを充電する
.................................................... 102
各電装系部品のヒューズを交換する .................................... 104
ヘッドライトバルブを交換する ........................................... 106
ポジションライトのバルブを交換する................................. 108
ヘッドライトの設定を点検する ........................................... 111
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
x
目次
5
ヘッドライトの照明距離を調節する ....................................
冷却システム.............................................................................
冷却システム ........................................................................
不凍液とクーラントのレベルを点検する .............................
クーラントのレベルを点検する ...........................................
クーラントを排出する
....................................................
冷却システムにクーラントを注入してエア抜きをする
..........................................................................................
エンジンを調整する ..................................................................
アクセルワイヤーの遊びを点検する ....................................
アクセルワイヤーの遊びを調節する
...............................
クラッチレバーの遊びを点検する........................................
クラッチワイヤーの遊びを調節する
...............................
エンジンで行うサービス作業....................................................
エンジンオイルのレベルを点検する ....................................
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルス
クリーンを清掃する
........................................................
エンジンオイルを補給する...................................................
清掃、手入れ.............................................................................
洗車をする ............................................................................
冬季運転における点検・メンテナンス作業 .........................
保管 ...........................................................................................
保管.......................................................................................
保管後、運転操作の前に ......................................................
トラブルシューティング...........................................................
仕様一覧-エンジン ..................................................................
容量-エンジンオイル..........................................................
容量-クーラント .................................................................
x
x
x
x
x
112
114
114
115
117
119
120
123
123
124
124
125
126
126
126
129
130
130
132
133
133
134
135
138
139
139
仕様一覧-エンジン締付けトルク ............................................
仕様一覧-シャーシ ..................................................................
ライトバルブ ( 電球).............................................................
タイヤ ...................................................................................
容量-燃料 ............................................................................
仕様一覧-フロントフォーク....................................................
仕様一覧-ショックアブソーバー ............................................
仕様一覧-シャーシ締付けトルク ............................................
油脂類........................................................................................
ケミカル類 ................................................................................
規格 ...........................................................................................
索引 ...........................................................................................
140
143
144
145
145
146
147
148
152
155
157
158
表示方法
6
本書の表示マークについて
以下に、本書で使用されている表示マークについて説明します。
予想される正常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果
想定外の異常な反応を示します。例: 特定の作業ステップや機能実行の結果
このマークがついている作業は全て専門知識や技術的知識を必要とします。ご自身の安全のため、これら作業は
KTM 正規ディーラーで行うようにして下さい! 特別な訓練を受けた専門技術者が必要な専用ツールを使って、お
客様のモーターサイクルを最適な状態にメンテナンス致します。
参照頁を示します ( 詳細については記載の頁を参照して下さい)。
使用文字種について
以下に、本書で使用されている文字種について説明します。
固有名詞
固有名詞を示します。
商標®
登録商標を示します。
マーク ™
トレードマークを示します。
重要な注意事項
7
使用環境
KTM のスポーツモーターサイクルは、通常の道路走行で考えられる使用環境に耐えられるような設計・構造となっています。サーキッ
トやアスファルト舗装されていない場所での走行は想定されていません。
参考
承認を受けたモデルのみ、公共道路での走行が許可されています。
サービス
故障を避け、早期摩耗を防ぐには、オーナーズマニュアルの記載に従ってエンジンとシャーシのサービス、手入れ、調整作業をする事が
必要です。シャーシの調整が適切でないと、シャーシ部品の損傷や破損を引き起こす恐れがあります。
ひどいぬかるみや湿気の多い道路など極端な環境で車両を使用すると、駆動系やブレーキなどの部品が平均以上に摩耗する原因となり
ます。その結果、サービスプランで想定している摩耗限界に達する前に、サービス作業や消耗部品の交換が必要になる事があります。
規定の慣らし運転時間とサービス時期を必ず守って下さい。これは車両の寿命を長くするために非常に重要な事です。
保証
サービスプランに規定された作業は必ず KTM の正規ディーラーで実施し、カスタマーサービスブックとKTM dealer.netに証明を受けて
下さい。これをしないと、一切の保証請求が無効となります。また、車両の変更・改造に起因する直接・間接の損害は保証対象外です。
油脂類
オーナーズマニュアルに記載された燃料・潤滑剤、または仕様に応じた油脂類を使用して下さい。
スペアパーツ、アクセサリー
ご自身の安全のため、KTM により承認または推奨されたスペアパーツ並びにアクセサリーのみを使用し、またこれら部品の取り付けは
KTM の正規ディーラーで行って下さい。それ以外の製品、またその使用に起因する損害について、KTM は一切その責任を負いかねま
す。
関連する説明文で ( )内に記載されているスペアパーツやアクセサリーもあります。KTM ディーラーにお気軽にお問い合わせ下さい。
重要な注意事項
8
最新のKTM PowerPartsについては、KTM のホームページをご覧下さい。
KTM インターナショナルサイト: http://www.ktm.com
作業上の決まり
作業の中には専用ツールを必要とするものがあります。専用ツールは車両の付属品ではありませんが、( )に記載されている番号を指
定して注文する事ができます。例: フライホイール用プーラー (90129009000)
組み立ての際、再使用できない部品 ( ゆるみ止めスクリューとナット、ガスケット、シールリング、O リング、ピン、ロックプレートな
ど)は新しい部品と交換して下さい。
スクリュー接合部にゆるみ止め剤 (Loctite®など)を使用する場合は、メーカーの使用上の注意に従って下さい。
分解後も再度使用する部品については清掃し、破損・磨耗がないか点検します。破損・磨耗した部品は交換します。
修理およびメンテナンス終了後は、車両が道路交通で安全に使用できる状態である事を確認して下さい。
輸送
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
注意
火災の危険性
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
–
可燃性並びに引火性の物質近くに車両をとめないで下さい。走行で暖まった車両の上に物を置かないで下さい。必ず車両が十分に冷
えるまで待って下さい。
–
エンジンを停止し、イグニッションキーを抜きます。
–
テンションベルトか適切な固定器具で、車両が倒れたり動いたりしないよう固定します。
重要な注意事項
9
環境
責任感をもってモーターサイクルと接する事で問題や対立の発生を避ける事ができます。モーターサイクルの明るい未来のためにも、
法律で定められた範囲でモーターサイクルを使用し、環境意識を持ち、他人の権利を尊重する事を常に心がけて下さい。
注意・警告表示
注意・警告表示には必ず従って下さい。
参考
車両には様々な注意・警告表示が貼付されています。注意・警告表示をはがさないで下さい。これら表示がないと危険が認識でき
ず、お客様ご自身並びに周囲の方々が怪我をする恐れがあります。
危険度
危険
適切に対応しないと直接および確実に死亡や後遺症を残す重傷につながる危険を示します。
警告
適切に対応しないと死亡や後遺症を残す重傷につながる恐れのある危険を示します。
注意
適切に対応しないと場合によっては軽傷につながる恐れのある危険を示します。
注意
適切に対応しないと車両または部品に重大な損傷をもたらす危険を示します。
警告
適切に対応しないと環境汚染につながる危険を示します。
重要な注意事項
10
OWNER'S MANUAL
–
初めてツーリングに出る前に、必ずこのオーナーズマニュアルを全頁注意して読んで下さい。車両の操作や取り扱いのために有用な
ヒントや情報が盛り込まれています。車両を自分に合った最適な状態に調整し、ご自身を怪我から守る方法を知るにはこれ以外の道
はありません。本オーナーズマニュアルには、メンテナンスに関する重要な情報が記載されています。
–
オーナーズマニュアルはモーターサイクルの重要な部品の一部です。転売する際は、必ず車両と一緒に新しい所有者に引き渡して下
さい。
11
各部の名称
各部の名称
3.1
12
左前方 ( 代表写真)
B00778-10
各部の名称
13
1
コンビネーションインスツルメント
2
バックミラー
3
クラッチレバー (
4
シート
5
リアシート
6
シートロック (
7
サイドグリップ (
8
エンジンナンバー (
9
サイドスタンド (
10
シフトレバー (
頁18)
頁43)
頁44)
頁16)
頁47)
頁45)
各部の名称
各部の名称
3.2
14
右後方 ( 代表写真)
B00779-10
各部の名称
15
1
車載工具 (
頁44)
2
ライトスイッチ (
2
パッシングライトスイッチ (
2
ターンシグナルスイッチ (
2
ホーンスイッチ (
3
フィラーキャップ
4
イグニッション / ハンドルロック (
頁22)
5
エマージェンシーOFFスイッチ (
頁21)
6
ブレーキレバー (
7
スタータースイッチ (
8
シャーシナンバー / タイプラベル (
9
リアシート用フットレスト (
10
ブレーキペダル (
頁19)
頁20)
頁20)
頁21)
頁18)
頁22)
頁46)
頁45)
頁16)
シリアルナンバー
16
シャーシナンバー / タイプラベル
4.1
シャーシナンバーはステアリングヘッドの右に刻印されています。
タイプラベルはステアリングヘッド右後方のフレームに貼付されています。
B00699-10
エンジンナンバー
4.2
エンジンナンバーはエンジンの左側、フロントスプロケットの下に刻印されています。
B00700-10
シリアルナンバー
17
キーナンバー
4.3
キーナンバーはKEYCODECARDに記載されています。
参考
予備のキーを注文する際にキーナンバーが必要となります。KEYCODECARDは安
全な場所に保管して下さい。
B00755-10
操作各部
18
クラッチレバー
5.1
クラッチレバーは左のハンドルバーに設置されています。
B00701-10
ブレーキレバー
5.2
ブレーキレバーは右のハンドルバーに設置されています。
ブレーキレバーで前輪ブレーキを作動します。
B00702-10
操作各部
19
スロットルグリップ
5.3
スロットルグリップは右のハンドルバーに設置されています。
B00703-10
ライトスイッチ
5.4
ライトスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
ヘッドライト ( ロービーム) 点灯 - ライトスイッチを下に押します。この
位置でヘッドライト ( ロービーム)とテールライトが点灯しています。
ヘッドライト ( ハイビーム) 点灯 - ライトスイッチを上に押します。この
位置でヘッドライト ( ハイビーム)とテールライトが点灯しています。
B00704-10
操作各部
20
パッシングライトスイッチ
5.5
パッシングライトスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• パッシングライトスイッチが基本位置にある
• パッシングライトスイッチが押されている - この位置でパッシングライト ( ハイ
ビーム)が作動します。
B00705-10
ターンシグナルスイッチ
5.6
ターンシグナルスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
ターンシグナル停止
左のターンシグナルが作動 - ターンシグナルスイッチを左に押します。
ターンシグナルが作動し、スイッチは中央位置に戻ります。
右のターンシグナルが作動 - ターンシグナルスイッチを右に押します。
ターンシグナルが作動し、スイッチは中央位置に戻ります。
B00706-10
ターンシグナルを停止するには、ターンシグナルスイッチをスイッチボックスに向かって
押します。
操作各部
21
ホーンスイッチ
5.7
ホーンスイッチは左のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• ホーンスイッチ
• ホーンスイッチ
が基本位置にある
が押されている - この位置でホーンが鳴ります。
B00706-11
エマージェンシーOFFスイッチ
5.8
エマージェンシーOFFスイッチは右のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
エマージェンシーOFFスイッチがオフ - この位置ではイグニッション
回路が接続されておらず、エンジン作動中はこれを停止し、エンジンをか
ける事ができません。
エマージェンシーOFFスイッチがオン - 運転する際はこの位置に設定
します。イグニッション回路が接続されています。
B00707-10
操作各部
22
スタータースイッチ
5.9
スタータースイッチは右のハンドルバーに設置されています。
確認すべき状態
• スタータースイッチ
• スタータースイッチ
が基本位置にある
が押されている - この位置でセルフスターターが作動します。
B00708-10
イグニッション / ハンドルロック
5.10
イグニッション / ハンドルロックはアッパートリプルクランプの前方に設置されています。
確認すべき状態
イグニッション停止OFF - この位置ではイグニッション回路が接続され
ておらず、エンジン作動中はこれを停止し、停止中の場合はエンジンをか
ける事ができません。イグニッションキーを抜く事ができます。
イグニッション作動ON - この位置ではイグニッション回路が接続されて
おり、エンジンをかける事ができます。
B00709-01
ハンドルのロック - この位置ではイグニッション回路が接続されておら
ず、ハンドルはロックされています。イグニッションキーを抜く事ができ
ます。
操作各部
23
コンビネーションインスツルメント-一覧
5.11
401289-10
1
コンビネーションインスツルメント-ディスプレイ (
2
コンビネーションインスツルメント-機能ボタン (
頁27)
3
コンビネーションインスツルメント-インフォメーションディスプレイ
( 頁31)
4
コンビネーションインスツルメント-インジケーターランプ (
頁25)
頁26)
操作各部
24
コンビネーションインスツルメント-起動とテスト
5.12
起動
イグニッションをオンにすると、コンビネーションインスツルメントが起動します。
テスト
タコメーターのセグメントとギア表示が順番に点灯し、再び消えます。
速度表示が 0 から 199 までカウントし、また 0 に戻ります。
インフォメーションディスプレイの範囲外にある、それ以外の表示セグメントが短く点灯
します。
インフォメーションディスプレイにREADY TO RACE >>の文字列が表示されます。
その後、最後に選択したモードが表示されます。
401290-01
操作各部
25
コンビネーションインスツルメント-機能ボタン
5.13
MODEボタンでモードを切り替えます。
選択できるモードには総走行距離 (ODO)、走行距離 1 (TRIP 1)、走行距離 2 (TRIP 2)があ
ります。
SETボタンを長押しすると走行距離 1 (TRIP 1)と走行距離 2 (TRIP 2) が0.0にリセット
され、SETボタンを短く押すとインフォメーションディスプレイが次のモードに切り替
わります。
401289-12
操作各部
26
コンビネーションインスツルメント-インジケーターランプ
5.14
確認すべき状態
ターンシグナルインジケーターランプがターンシグナルのリズムで緑に点
滅 - ターンシグナルが作動しています。
エンジン診断警告ランプ (MIL)が赤く点灯 - OBD (On-Board-Diagnose (
オンボード診断))が排気または安全関連で重大な不具合を検出しました。
シフトランプが赤く点灯 / 点滅 - 設定した回転数に達しました。
ニュートラルインジケーターランプが緑に点灯 - ギアがニュートラルに
入っています。
ハイビームインジケーターランプが青く点灯 - ハイビームが点灯してい
ます。
盗難防止システムのインジケーターランプが赤く点灯 / 点滅 - 盗難防止
システム / アラーム装置で状態メッセージまたはエラーメッセージが発生
しました。( オプション)
警告全般を示すランプが黄色に点灯 - 操作安全上の注意 / 警告事項が検
出されました。この場合、関連情報がインフォメーションディスプレイに
も表示されます。
401290-01
操作各部
27
コンビネーションインスツルメント-ディスプレイ
5.15
速度には時速がキロメートル (km/h)またはマイル (mph)で表示されます。
タコメーターは分単位のエンジン回転数を示します。
ギア表示は現在選択されているギアを示します。
クーラントの温度はに表示されます。
時計はに表示されます。
フューエルタンク内の残量はに表示されます。
インフォメーションディスプレイには補足情報が表示されます。
参考
バッテリーの接続を外した後やヒューズを交換した後は時計を設定して下さい。
401289-11
操作各部
28
コンビネーションインスツルメント-フューエルタンクの残量表示
5.16
ディスプレイの残量表示には 9 つのゲージがあります。点灯しているゲージが多いほど、
フューエルタンクの燃料量が多い事を示します。
401292-01
操作各部
29
コンビネーションインスツルメント-TRIP F 表示
5.17
燃料レベルがリザーブマークに達すると、選択されているモードに関係なく表示が自動的
にTRIP Fに切り替わり、0.0からカウントし始めます。
参考
モードがTRIP Fに切り替わると、同時に警告全般を示す が点灯し、インフォメー
ションディスプレイにLow Fuel Levelの警告通知が表示されます。
401293-01
操作各部
30
コンビネーションインスツルメント-クーラントの温度表示
5.18
ディスプレイの温度表示には 13 のゲージがあります。点灯しているゲージが多いほど、
クーラントの温度が高い事を示します。全てのゲージが点灯すると、インフォメーション
ディスプレイにHigh Coolant Temperatureという警告通知も表示されます。
確認すべき状態
• エンジンが冷えている - ゲージが 3 つまで点灯しています。
• エンジンが作動温度に達している - 4 つから 6 つのゲージが点灯しています。
• エンジンが熱くなっている - 11 個から 13 個のゲージが点灯しています。
401292-01
操作各部
31
コンビネーションインスツルメント-インフォメーションディスプレイ
5.19
インフォメーションディスプレイには様々な警告通知が表示されます。
警告全般を示す が点灯したら、対応する警告通知がインフォメーションディスプレイに
表示されます。
401291-10
操作各部
32
コンビネーションインスツルメント-警告通知
5.20
油圧が低過ぎると、インフォメーションディスプレイにLow Oil Pressureが表示されます。
401309-01
燃料レベルがリザーブマークに達すると、インフォメーションディスプレイに
Low Fuel Levelが表示されます。
401310-01
操作各部
33
ク ー ラ ン ト の 温 度 が 規 定 値 を 上 回 る と 、イン フ ォ メ ー シ ョ ン デ ィ ス プ レ イ に
High Coolant Temperatureが表示されます。
クーラントの温度
125 °C
401311-01
サイドスタンドが出ていると、インフォーメーションディスプレイにSide Stand Downが
表示されます。
401312-01
バッテリー電圧が規定値を下回ると、インフォメーションディスプレイにLow Batteryが
表示されます。
バッテリー電圧
401313-01
10.80 V
操作各部
34
走行時間 / 平均速度メニュー
5.21
条件
ケース 1
• イグニッションがオンである。
•
車両が停止している。
ケース 2
• イグニッションがオンである。
401334-01
•
車両が走行中である。
–
SETボタンを何度か短く押して、選択したいモードをインフォメーションディスプレ
イに表示させます。
このメニューでは走行時間と平均速度が表示されます。
参考
イグニッションをオフにして 60 分が経過すると、表示は再び 0 にリセットされま
す。
SETボタンを短く押
します。
インフォメーションディスプレイが次のモードに切り替わります
操作各部
35
平均速度 / サービスメニュー
5.22
条件
ケース 1
• イグニッションがオンである。
•
車両が停止している。
ケース 2
• イグニッションがオンである。
•
車両が走行中である。
–
SETボタンを何度か短く押して、選択したいモードをインフォメーションディスプレ
イに表示させます。
401314-01
このメニューでは平均速度と次回サービス実施までの走行距離が表示されます。
SETボタンを短く押
します。
インフォメーションディスプレイが次のモードに切り替わります
サービス / 走行時間メニュー
5.23
条件
ケース 1
• イグニッションがオンである。
•
車両が停止している。
ケース 2
• イグニッションがオンである。
401315-01
•
車両が走行中である。
–
SETボタンを何度か短く押して、選択したいモードをインフォメーションディスプレ
イに表示させます。
このメニューでは次回サービス実施までの走行距離、そして走行時間が表示されます。
操作各部
36
SETボタンを短く押
します。
インフォメーションディスプレイが次のモードに切り替わります
総走行距離ODO メニュー
5.24
条件
ケース 1
• イグニッションがオンである。
•
車両が停止している。
ケース 2
• イグニッションがオンである。
401303-01
•
車両が走行中である。
–
MODEボタンを何度か短く押して、ディスプレイにODOを表示させます。
ODOは走行した総距離を示します。
参考
この値はバッテリーの接続を外しても、またヒューズが飛んでも保持されます。
MODEボタンを押
します。
ディスプレイが次のモードに切り替わります
操作各部
37
走行距離 1 TRIP 1 メニュー
5.25
条件
ケース 1
• イグニッションがオンである。
•
車両が停止している。
ケース 2
• イグニッションがオンである。
401304-01
•
車両が走行中である。
–
MODEボタンを何度か短く押して、ディスプレイにTRIP 1を表示させます。
TRIP 1は最後にリセットしてからの走行距離を示します。給油から給油までの距離など
を確認できます。TRIP 1は常に作動しており、999.9までカウントします。
SETボタンを 5~
10 秒間押し続けま
す。
TRIP 1の表示をリセットします
MODEボタンを押
します。
ディスプレイが次のモードに切り替わります
操作各部
38
走行距離 2 TRIP 2 メニュー
5.26
条件
ケース 1
• イグニッションがオンである。
•
車両が停止している。
ケース 2
• イグニッションがオンである。
401305-01
•
車両が走行中である。
–
MODEボタンを何度か短く押して、ディスプレイにTRIP 2を表示させます。
TRIP 2は最後にリセットしてからの走行距離を示します。給油から給油までの距離など
を確認できます。TRIP 2は常に作動しており、999.9までカウントします。
SETボタンを 5~
10 秒間押し続けま
す。
TRIP 2の表示をリセットします
MODEボタンを押
します。
ディスプレイが次のモードに切り替わります
キロメートルかマイルを選択する
5.27
参考
国に応じた設定を選択して下さい。
条件
イグニッションがオンである。
車両が停止している。
操作各部
39
–
MODEボタンを何度か短く押して、ディスプレイにODOを表示させます。
–
MODEボタンを 5~ 10 秒間押し続けます。
表示がkm/hからmphに、またはmphからkm/hに切り替わります。
401303-01
時計を設定する
5.28
条件
イグニッションがオンである。
車両が停止している。
–
MODEボタンを何度か短く押して、ディスプレイにODOを表示させます。
–
MODEボタンとSETボタンを 5~ 10 秒間押し続けます。
–
MODEボタンで時間表示を設定します。
–
SETボタンで分表示を設定します。
–
MODEボタンとSETボタンを 5~ 10 秒間押し続けます。
時計表示が点滅し始めます。
時計が設定されました。
401303-01
操作各部
40
シフト回転数RPM 1 を設定する
5.29
条件
イグニッションがオンである。
車両が停止している。
–
MODEボタンを何度か短く押して、ディスプレイにTRIP 2を表示させます。
–
MODEボタンを 5~ 10 秒間押し続けます。
RPM 1が表示されます。
参考
回転数は 50 単位で設定できます。
RPM 1はシフトランプが作動・点滅を始める回転数を示します。
–
401307-01
MODEボタンとSETボタンを使って回転数を設定します。
参考
MODEボタンは値を増やします。
SETボタンは値を減らします。
–
どちらのボタンも押さずに約 15 秒間待ちます。
RPM 1の表示が消え、設定した回転数が保存されます。
参考
納車時、RPM 1の回転数は 10000 に設定されています。
操作各部
41
シフト回転数RPM 2 を設定する
5.30
条件
イグニッションがオンである。
車両が停止している。
–
MODEボタンを何度か短く押して、ディスプレイにTRIP 2を表示させます。
–
SETボタンを 5~ 10 秒間押し続けます。
RPM 2が表示されます。
参考
回転数は 50 単位で設定できます。
RPM 2はシフトランプが点灯したままになり始める回転数を示します。
回転数RPM 2には必ず回転数RPM 1より大きな値を設定して下さい。
401308-01
–
MODEボタンとSETボタンを使って回転数を設定します。
参考
MODEボタンは値を増やします。
SETボタンは値を減らします。
–
どちらのボタンも押さずに約 15 秒間待ちます。
RPM 2の表示が消え、設定した回転数が保存されます。
参考
納車時、RPM 2の回転数は 11000 に設定されています。
操作各部
42
フィラーキャップを開く
5.31
危険
火災の危険性
燃料は可燃性です。
–
給油の際は炎や吸いかけのタバコの近くを避け、エンジンを必ず停止して下さい。また、熱せられた部品には特に燃料がかか
らないよう注意して下さい。こぼれた燃料はすぐに拭き取って下さい。
–
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出る恐れがあります。給油に関する注意事項をよく守って下さい。
警告
中毒の危険性
–
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
燃料が皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。燃料から発生するガスを吸い込まないで下さい。目に入った場合はす
ぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。燃料
を飲み込んでしまった場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。燃料が衣服についた場合は着替えて下さい。燃料は適切
なキャニスターに入れ、子供の手の届かない場所で正しく保管して下さい。
警告
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
–
フィラーキャップのカバーを上に開き、イグニッションキーを鍵穴に差し込みます。
注意
損傷の危険性
–
B00710-10
イグニッションキーの破損。
イグニッションキーに負担がかからないよう、フィラーキャップを上から押しま
す。イグニッションキーが破損した場合は交換して下さい。
–
イグニッションキーを時計回りに 90 度回します。
–
フィラーキャップを上に開きます。
操作各部
43
–
イグニッションキーを抜きます。
フィラーキャップを閉じる
5.32
警告
火災の危険性
–
燃料は可燃性で毒性があり、健康に害を及ぼします。
フィラーキャップを閉じた後は、きちんとロックされているか確認して下
さい。燃料が衣服についた場合は着替えて下さい。皮膚についた場合は、
すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。
–
フィラーキャップを閉じます。
–
ロックがはまるまで、フィラーキャップを下に押します。
B00711-01
シートロック
5.33
シートロックはシートの左横に設置されています。
イグニッションキーでロックできます。
B00712-01
操作各部
44
車載工具
5.34
リアシートの下に車載工具が収納されています。
B00758-10
サイドグリップ
5.35
サイドグリップは車両を移動する際に使用します。
同乗者を乗せている場合、同乗者はサイドグリップをつかんで身体を支える事ができま
す。
B00717-10
操作各部
45
リアシート用フットレスト
5.36
リアシート用フットレストは開閉式になっています。
確認すべき状態
• リアシート用フットレストが閉じられている - 同乗者がいない場合。
• リアシート用フットレストが開かれている - 同乗者がいる場合。
B00713-01
シフトレバー
5.37
シフトレバーはエンジンの左側に設置されています。
B00715-10
操作各部
46
各ギアのポジションは図の通りです。
ニュートラル / アイドリングは 1 速と 2 速の間にあります。
B00716-10
ブレーキペダル
5.38
ブレーキペダルは右のフットレストの前方に設置されています。
ブレーキペダルで後輪ブレーキを作動します。
B00718-10
操作各部
47
サイドスタンド
5.39
サイドスタンドは車両の左側に設置されています。
サイドスタンドは車両を立てるのに使用します。
参考
走行中はサイドスタンドを上に閉じてください。
サイドスタンドは安全スタートシステムと連結しています。運転上の注意事項の説
明に従って下さい。
B00714-10
確認すべき状態
• サイドスタンドが開かれている - サイドスタンドで車両を立てる事ができます。安
全スタートシステムが作動しています。
• サイドスタンドが閉じられている - 走行中は必ずこの位置にして下さい。安全ス
タートシステムは作動していません。
運転操作の前に
48
初めて運転操作を行う際の注意
6.1
危険
事故の危険性
–
不十分な運転技能による危険性。
飲酒および薬剤やドラッグを摂取した状態、または精神的・肉体的理由により道路交通で正常な運転ができない恐れがある場
合は、運転をしないで下さい。
警告
人体への危険性
–
不足および欠陥のある保護服の着用は安全面での危険性を高めます。
走行の際は必ず保護服 ( ヘルメット、ブーツ、手袋、ズボン、プロテクター付きジャケット)を着用して下さい。損傷等がな
く、かつ法規則に従った保護服を常に着用して下さい。
警告
転倒の危険性
–
前輪と後輪でタイヤのプロフィールが異なっていると、安定した走行が妨げられます。
制御不能な状況にならないよう、前輪・後輪には必ず同種プロフィールのタイヤを装着して下さい。
警告
事故の危険性
–
承認または推奨されていないタイヤや車輪の使用による制御不可能な走行状態。
KTM により承認または推奨された、適切な速度記号のタイヤならびに車輪のみを使用して下さい。
警告
事故の危険性
–
新しいタイヤでの粘着力の低下。
新しいタイヤは接地面が滑らかで、粘着力が完全ではありません。最初の 200 km は穏やかに、傾きを変えて走行し、接地面
全体を粗くします。タイヤは 「走り込み」によりはじめてその粘着力をフルに発揮できます。
参考
運転の際は、過度の騒音で周辺の人々の迷惑にならないよう心がけましょう。
運転操作の前に
–
49
KTM 正規ディーラーで納車前検査がきちんと行われた事を確認して下さい。
納車の際、納車証明書とカスタマーサービスブックがお客様に手渡されます。
–
初めて運転をする前に、オーナーズマニュアルを全頁よく読んで下さい。
–
操作各部の扱いに慣れて下さい。
–
ツーリングに出る前に、まず適切なオフロードで車両の取り扱いに慣れて下さい。一度できるだけゆっくり走る練習もし、車両の感
覚をつかむようにして下さい。
–
走行中は両手でしっかりとハンドルバーを握り、フットレストに両足をのせます。
–
慣らし運転をします。 (
頁49)
慣らし運転をする
6.2
–
慣らし運転の段階では、以下に挙げたエンジン回転数を超えないようにして下さい。
規定
エンジンの最高回転数
走行開始から最初の: 1,000 km
7,500 rpm
ヒント
慣らし運転の段階では、シフトランプを上に挙げたエンジン回転数に設定します。
–
シフト回転数RPM 1を設定します。 (
頁40)
–
シフト回転数RPM 2を設定します。 (
頁41)
–
フルスロットルでの運転は避けて下さい!
運転操作の前に
50
車両に荷物を積む
6.3
警告
事故の危険性
–
不安定な走行状態。
最大許容重量ならびに軸重を超える事がないようご注意下さい。総重量は、運転準備が整い満タンに給油した車両、保護服と
ヘルメットを着用した運転者と同乗者、荷物の重量合計です。
警告
事故の危険性
–
ハードケースやタンクバッグの不適切な取り付けによる不安定な走行状態。
ハードケースやタンクバッグはメーカーの規定に従って取り付けの上、固定して下さい。
警告
事故の危険性
–
ハードケースが破損する危険性。
ハードケースを車両に取り付けている場合は、メーカーの最大積載量に関する規定を守って下さい。
警告
事故の危険性
–
荷物がずれて他の運転者から良く見えない。
テールライトが覆われていると、暗がりでは特に後続の交通に認識されにくくなります。車両に載せている荷物の固定状態を
定期的に点検して下さい。
警告
事故の危険性
–
積載量の増加による走行状態の変化と制動距離の増加。
速度を積載量に合わせて走行して下さい。
警告
事故の危険性
–
荷物のすべりによる不安定な走行状態。
車両に載せている荷物の固定状態を定期的に点検して下さい。
運転操作の前に
51
–
荷物を積む場合はできるだけ車両の中心にしっかりと固定し、前輪・後輪均等に重量がかかるよう注意します。
–
最大許容総重量並びに最大許容軸重を守って下さい。
規定
最大許容総重量
282 kg
最大許容軸重 ( 前輪)
125 kg
最大許容軸重 ( 後輪)
210 kg
運転上の注意事項
52
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業
7.1
参考
走行前には必ず車両の状態を点検し、道路交通で安全に使用できる事を確認して下さい。
運転の際は車両が技術的に完璧な状態でなければなりません。
–
エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁126)
–
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
頁82)
–
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
頁85)
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁84)
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁89)
–
ブレーキシステムの機能を点検します。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
–
チェーンの汚れを点検します。 (
–
チェーンの遊びを点検します。 (
–
タイヤの状態を点検します。 (
–
タイヤの空気圧を点検します。 (
–
操作各部が正しく調節されているか、スムーズに操作できるか点検します。
–
電装系部品の機能を点検します。
–
荷物が正しく固定されているか確認します。
–
車両に乗り、バックミラーの位置を確認します。
–
燃料の残量を確認します。
頁117)
頁71)
頁72)
頁96)
頁98)
運転上の注意事項
53
エンジン始動
7.2
危険
中毒の危険性
–
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがあります。
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のない閉め切った室内でエンジンをかけたり、かけたままに
する事はやめて下さい。
注意
事故の危険性 バッテリーがあがった状態、もしくはバッテリーなしで車両を運転すると、電子部品と安全関連装置を損傷する
恐れがあります。
–
バッテリーがあがった状態、もしくはバッテリーなしで車両を運転する事は絶対に避けて下さい。
注意
エンジン損傷
–
フィルターを通さずに吸い込んだ空気は、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
エアフィルターをつけずに運転すると、ほこりや汚れがエンジンに入り込み摩耗を早めますので、絶対にやめて下さい。
注意
エンジン損傷
–
エンジンが冷えた状態で高回転させるのは、エンジンの耐久性に悪影響を与えます。
必ず低回転での暖機運転を行って下さい。
運転上の注意事項
54
–
車両に乗ってサイドスタンドに重量をかけないようにし、サイドスタンドを足で押し
上げて完全に閉じます。
–
エマージェンシーOFFスイッチを押して
–
イグニッションキーを
の位置に入れます。
の位置に回して、イグニッションを作動します。
イグニッションをオンにすると、燃料ポンプの作動音が約 2 秒間聞こえます。同
時にコンビネーションインスツルメントの機能テストが実行されます。
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
スタータースイッチ
緑のニュートラルインジケーターランプNが点灯します。
B00782-10
を押します。
参考
コンビネーションインスツルメントの機能テストが終了するまで、スターター
スイッチを押さないで下さい。
始動の際、スロットルは開かないで下さい。エンジン始動時にスロットルを開
くとエンジン制御から燃料が噴射されず、エンジンがかかりません。
5 秒以上連続してエンジンをかけようとしないで下さい。再度試みるまで最低
5 秒は間隔をおいて下さい。
本モデルには安全スタートシステムが装備されています。ギアがニュートラル
に入っているか、またはニュートラル以外のポジションでクラッチレバーが握
られている場合にのみ、エンジンの始動が可能です。サイドスタンドを開いた
状態でギアを入れ、クラッチレバーを離すとエンジンが停止します。
発進
7.3
–
クラッチレバーを握り、ギアを 1 速に入れ、クラッチレバーをゆっくりと離しながら慎重にスロットルを開いていきます。
ヒント
発進の際にエンストしてしまった場合は、クラッチレバーを握ってスタータスイッチを作動するだけで大丈夫です。ギアを
ニュートラルに入れる必要はありません。
運転上の注意事項
55
シフト操作とライディング
7.4
警告
事故の危険性
–
左右の負荷バランスが突然変わると、車両は制御不可能な状態に陥ることがあります。
突然負荷を変更したり強くブレーキを作動することは避け、速度は道路の状態に合わせて下さい。
警告
事故の危険性
–
エンジン回転数が高い状態でシフトダウンすると、後輪がロックする原因となります。
エンジン回転数が高いままシフトダウンする事は避けて下さい。エンジンが過回転し、後輪がロックする恐れがあります。
警告
事故の危険性
–
間違ったイグニッションキーの設定による不具合の発生。
走行中はイグニッションキーの設定を変更しないで下さい。
警告
事故の危険性
–
車両での設定作業による交通状態への不注意。
すべての設定作業は車両が停止している状態で行って下さい。
警告
怪我の危険性
–
同乗者の落下。
同乗者はリアシートで正しく身体を支えるか、または運転者かサイドグリップにつかまり、足を同乗者用のフットレストに乗
せる事ができる状態でなければなりません。同乗者の最低年齢に関する国内の規則を守って下さい。
警告
事故の危険性
–
危険な運転マナーによる事故の危険性。
交通規則を守り、危険をできるだけ早く認識できるよう、安全かつ予見的な運転を心がけて下さい。
運転上の注意事項
56
警告
事故の危険性
–
タイヤが冷たい場合の粘着力の低下。
タイヤが作動温度に達し、最適な粘着力が得られるまで、走行時は必ず最初の数キロメートルを慎重に速度を抑えて走行して
下さい。
警告
事故の危険性
–
新しいタイヤでの粘着力の低下。
新しいタイヤは接地面が滑らかで、粘着力が完全ではありません。最初の 200 km は穏やかに、傾きを変えて走行し、接地面
全体を粗くします。タイヤは 「走り込み」によりはじめてその粘着力をフルに発揮できます。
警告
事故の危険性
–
荷物のすべりによる不安定な走行状態。
車両に載せている荷物の固定状態を定期的に点検して下さい。
警告
事故の危険性
–
転倒後は車両を点検して下さい。
転倒後は、運転操作をする前に必ず実施するのと同様の点検を行って下さい。
注意
エンジン損傷
–
エンジンの過熱。
クーラント温度の警告ランプが点灯したら、車両を停止してエンジンを止めます。エンジンが冷えるまで待ち、ラジエーター内の
クーラントのレベルを点検・調節します。クーラント温度の警告ランプが点灯した状態で走行を続けると、エンジンの損傷につなが
ります。
参考
運転中に異常な音がする場合はすぐに停止してエンジンを切り、KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
運転上の注意事項
57
–
状況 ( 勾配、走行状態など)に応じてシフトアップできます。
–
スロットルを閉じ、同時にクラッチレバーを握り、次のギアに入れ、クラッチレバー
を離しながらスロットルを開きます。
参考
6 つの前進ギアのポジションは図の通りです。ニュートラル / アイドリングは
1 速と 2 速の間にあります。1 速は発進または登り坂で使用するギアです。
作動温度に達したら温度表示のゲージが 4 つ点灯します。
B00716-10
–
常に車道並びに天候状態に合わせてスロットルを開くようにして下さい。特にカーブ
ではシフトチェンジをせず、細心の注意を払ってスロットルを開くようにして下さい。
–
シフトダウンするには、必要に応じてブレーキをかけながらスロットルを閉じます。
–
クラッチレバーを握り、低いギアに入れ、クラッチレバーをゆっくりと離しながらス
ロットルを開くか、再度ギアチェンジします。
–
しばらくアイドリングや停止状態が続く場合は、エンジンを停止して下さい。
–
運転中にエンジン診断警告ランプ が点灯し始めたら、すぐに停止してエンジンを切
り、KTM 正規ディーラーに連絡して下さい。
ブレーキをかける
7.5
警告
事故の危険性
–
ブレーキを強くかけすぎると車輪がロックします。
ブレーキは、走行状況や道路の状態に応じたかけ方をするよう注意して下さい。
警告
事故の危険性
–
ブレーキの濡れ・汚れによるブレーキ性能の劣化。
ブレーキを慎重に作動し、ブレーキの汚れ・濡れを解消して下さい。
運転上の注意事項
58
警告
事故の危険性
–
前輪または後輪ブレーキで圧点が安定していない事によるブレーキ性能の低下。
この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
総重量の増加による制動距離の増加。
同乗者や荷物を乗せている場合は、制動距離が長くなる事にご注意下さい。
警告
事故の危険性
–
凍結防止剤がまかれた道路でのブレーキ作用の遅れ。
凍結防止剤がブレーキディスクに堆積する恐れがあります。通常のブレーキ性能を得るには、あらかじめブレーキを作動しブ
レーキディスクをきれいな状態にしておきます。
–
ブレーキをかけるにはスロットルを閉じ、前輪ブレーキと後輪ブレーキを同時に作動します。
–
砂地、雨で濡れた地面やスリップしやすい場所では、主に後輪のブレーキを作動するようにします。
–
ブレーキをかけるプロセスは常にカーブが始まる前までに終了させます。その際、速度に合わせてシフトダウンして下さい。
–
長い下り坂ではエンジンブレーキを利用して下さい。エンジンが過回転しないよう注意しながら 1 段か 2 段シフトダウンします。
こうするとブレーキをかける回数がはるかに減り、ブレーキが過熱するのを防ぐ事ができます。
停止と駐車
7.6
警告
盗難の危険性
–
第三者による不法な使用。
エンジンをかけたまま車両を放置する事は絶対にやめて下さい。不法な第三者が車両に近づかないよう注意して下さい。車
両を離れる場合はハンドル操作をロックし、イグニッションキーを抜きます。
運転上の注意事項
59
警告
火傷の危険性
–
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
排気装置、ラジエーター、エンジン、ダンパー、ブレーキなど、熱くなった部品には触れないで下さい。これら部品で作業を
行う際は、部品が冷えるまで待って下さい。
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
注意
火災の危険性
–
一部の部品は運転中非常に熱くなります。
可燃性並びに引火性の物質近くに車両をとめないで下さい。走行で暖まった車両の上に物を置かないで下さい。必ず車両が十分に冷
えるまで待って下さい。
注意
部品の損傷
過重負荷による部品の破損や損傷。
–
サイドスタンドは車両の重量のみを支えるように設計されています。サイドスタンドを立てた状態で車両に乗らないで下さい。サイ
ドスタンドやフレームを損傷したり、車両が転倒する恐れがあります。
–
ブレーキをかけます。
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
イグニッションキーを
の位置に回して、イグニッションを停止します。
参考
エンジンをエマージェンシーOFFスイッチで停止し、イグニッションがまだ作動している状態では、電装系部品の大部分に
まだ電気が供給されており、これによりバッテリーが消費されます。エンジンは必ずイグニッションで停止し、エマージェン
シーOFFスイッチは非常の場合にのみ使用するようにして下さい。
–
車両を安定した地面の上に駐車します。
運転上の注意事項
60
–
足でサイドスタンドを前方に押して完全に開き、車両の重量をかけます。
–
ハンドルを左に切り、イグニッションキーを の位置で押し込み、 の位置に回し入れ、ハンドルをロックします。ハンドルを少し
左右に動かすとロックがはまりやすくなります。イグニッションキーを抜きます。
燃料を給油する
7.7
危険
火災の危険性
燃料は可燃性です。
–
給油の際は炎や吸いかけのタバコの近くを避け、エンジンを必ず停止して下さい。また、熱せられた部品には特に燃料がかか
らないよう注意して下さい。こぼれた燃料はすぐに拭き取って下さい。
–
フューエルタンク内の燃料は熱により膨張し、溢れ出る恐れがあります。給油に関する注意事項をよく守って下さい。
警告
中毒の危険性
–
燃料は毒性で、健康に害を及ぼします。
燃料が皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。燃料から発生するガスを吸い込まないで下さい。目に入った場合は、
すぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。燃
料を飲み込んでしまった場合は、すぐに医師の診断を受けて下さい。燃料が衣服についた場合は、着替えて下さい。
注意
部品の損傷
–
–
燃料フィルターの早期目詰まり。
国または地域によって、入手可能な燃料の品質および純度が十分ではありません。燃料システムで問題を引き起こす事があります。
(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
指定された規格に適合した、きれいな燃料のみを使用して下さい。
警告
環境汚染
–
燃料の不適切な取り扱いは、環境汚染の原因となります。
燃料を地下水、土壌、下水道に流してはいけません。
運転上の注意事項
61
–
エンジンを停止します。
–
フィラーキャップを開きます。 (
–
注入口の下端を超えないように注意しながらフューエルタンクに燃料を注ぎます。
フューエルタンク
総容量 ( 約)
–
B00719-10
頁42)
10.5 L
フィラーキャップを閉じます。 (
無鉛ハイオクガソリン(ROZ 95)
( 頁154)
頁43)
サービスプラン
62
サービスプラン
8.1
電装系部品の機能を点検します。
KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読します。
x
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃します。
x(
頁126)
K10N
K50A
K100A
•
•
•
•
•
•
•
•
•
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁84)
•
•
•
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
頁89)
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
ブレーキディスクを点検します。 (
頁81)
ブレーキホースの破損・漏れを点検します。
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
頁85)
ショックアブソーバーとフロントフォークに漏れがないか点検します。車両の使用目的と必要に応じて
ショックアブソーバーとフロントフォークのサービス作業を実施します。
スイングアームのベアリングを点検します。
x
ホーイルベアリングのガタを点検します。 x
タイヤの状態を点検します。 (
頁96)
タイヤの空気圧を点検します。 (
頁98)
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケットを点検します。 (
チェーンの遊びを点検します。 (
頁76)
頁72)
全ての可動部品 ( サイドスタンド、ハンドレバー、チェーンなど)をグリースアップし、部品がスムーズに
動くか確認します。
x
フォークレッグのダストシールを清掃します。
ステアリングヘッドのベアリングのガタを点検します。
スパークプラグを交換します。
x
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
x
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検します。 (
x
頁82)
サービスプラン
63
K10N
K50A
K100A
•
•
ホース類 ( 燃料、クーラント、エア抜き、排水ホースなど)とワイヤーブーツの全てで、ひびや漏れがない
か、正しく配置されているかを確認します。
•
•
不凍液とクーラントのレベルを点検します。 (
•
バルブの遊びを点検します。
x
x
頁115)
ケーブルに破損がないか、折れがない配線になっているか確認します。
x
ワイヤーに破損がないか、折れがなく配線・調節されているか確認します。 x
エアフィルターを交換します。エアフィルターケースを清掃します。 x
スクリューとナットがきちんと締められているか確認します。 x
前輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。 x
後輪ブレーキのブレーキフルードを交換します。 x
ヘッドライトの設定を点検します。 ( 頁111)
冷却ファンが正しく機能するか確認します。 x
最終確認: 車両が道路交通で安全に使用できる状態である事を確認し、試験走行を行います。
試験走行後に KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読します。 x
KTM DEALER.NETとカスタマーサービスブックでサービス登録を行います。 x
K10N: 1,000 km 走行後に 1 回
K50A: 5,000 km 走行ごとまたは 1 年に 1 回
K100A: 10,000 km 走行ごとまたは 2 年に 1 回
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
シャーシを調整する
64
ショックアブソーバーのスプリングプリロードを調節する
9.1
x
警告
事故の危険性
–
シャーシの設定変更により走行挙動が大きく変化する事があります。
変更後はまずゆっくり走行し、走行挙動を把握するようにして下さい。
参考
スプリングプリロードはショックアブソーバーが伸び縮みする際の基本状態を決定します。
スプリングプリロードを最適に調節する事により、運転者の体重 ( 場合によってさらに荷物と同乗者)に合わせて操作性と安定性
のバランスを取る事ができます。
–
調節部を回し、スプリングプリロードを調節します。
規定
スプリングプリロード
スタンダード
3 クリック
最大積載時
6 クリック
フックレンチ(T106S)
B00720-10
参考
スプリングプリロードは 10 の異なったポジションに調節する事ができます。
シャーシを調整する
65
シフトレバーを調節する
9.2
参考
シフトレバーの調節範囲には限界があります。
–
ナットを緩めます。
–
シフトロッドを回転してシフトレバーを調節します。
規定
シフトロッドの調節範囲
100… 112 mm
参考
両端が同じになるように調節します。
シフトロッドが支持部に最低 5 回転分、ねじ込まれているようにして下さい。
–
ナットをしっかりと締めます。
参考
ベアリングシート内で自由に動けるよう、ナットを締め付けた状態でシフト
シャフトのベアリングが中心から均等に調整されている事を確認して下さい。
–
B00780-10
シフトレバーが機能するか、自由に動けるかを確認します。
シャーシで行うサービス作業
66
車両をフロントスタンドでジャッキアップする
10.1
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
–
車両をリアスタンドでジャッキアップします。 (
–
ハンドルバーを直進の状態にします。スタンドをステアリングステムにセットします。
頁67)
アダプター(61029955620)
フロントスタンド(61029055500)
参考
車両は必ず後方から先に持ち上げて下さい。
–
車両の前方を持ち上げます。
B00721-01
車両をフロントスタンドから降ろす
10.2
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
シャーシで行うサービス作業
–
車両が倒れないように支えます。
–
フロントスタンドを取り外します。
67
B00781-01
車両をリアスタンドでジャッキアップする
10.3
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
–
スタンド用のサポートを取り付けます。
–
アダプターをリアスタンドに差し込みます。
アダプター(61029055120)
リフトスタンド 後方(61029055400)
–
B00722-01
車両を垂直に立て、スタンドをスイングアームとアダプターに合わせて車両を持ち上
げます。
シャーシで行うサービス作業
車両をリアスタンドから降ろす
10.4
注意
損傷の危険性
–
停車中の車両が動いたり倒れる恐れがあります。
車両は必ず安定した平らな場所にとめて下さい。
–
車両が倒れないように支えます。
–
リアスタンドを外し、車両をサイドスタンドで立てます。
–
スタンドのアダプターを取り外します。
–
イグニッションキーをシートロックに差し込み、時計回りに回します。
–
シート後部を持ち上げ、リアエンドの方に押し、上向きに取り外します。
–
イグニッションキーをシートロックから抜きます。
B00714-10
リアシートを取り外す
10.5
B00712-01
68
シャーシで行うサービス作業
69
リアシートを取り付ける
10.6
–
リアシートにあるフックをサブフレームの固定フレームにはめ、後部を下げなが
ら前に押します。
–
リアシートがロックするまで下に押します。
警告
事故の危険性 リアシートが正しく取り付けられていないと、固定部から飛び
出す恐れがあります。
–
B00724-10
リアシートの取り付け後はリアシートを上に引っぱり、きちんとロックさ
れている事を確認して下さい。
–
最後にリアシートが正しく取り付けられているか点検します。
–
リアシートを取り外します。 (
–
スクリューを外します。
–
シート後部を持ち上げ、リアエンドの方に引っぱり、上向きに取り外します。
シートを取り外す
10.7
B00725-10
頁68)
シャーシで行うサービス作業
70
シートを取り付ける
10.8
–
シートのくぼみ部分をスクリューにはめ、後部を下げます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
シート用スクリュー
–
B00727-10
リアシートを取り付けます。 (
M6
頁69)
15 Nm
シャーシで行うサービス作業
71
チェーンの汚れを点検する
10.9
–
チェーンに大きな汚れが付着していないか点検します。
»
チェーンがひどく汚れている:
–
チェーンを清掃します。 (
頁71)
400678-01
チェーンを清掃する
10.10
警告
事故の危険性
–
潤滑剤がタイヤに付着すると、タイヤの粘着力が損なわれます。
適切な洗浄剤で潤滑剤を取り除いて下さい。
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
シャーシで行うサービス作業
72
参考
チェーンの寿命は手入れの仕方に大きく左右されます。
–
チェーンを定期的に清掃します。
–
大きな汚れは弱い水流で洗い落とします。
–
使用済みグリースの残りはチェーン洗浄剤で落とします。
チェーン洗浄剤 (
–
頁155)
乾かした後、チェーンスプレーを吹き付けます。
チェーンスプレー Onroad (
頁155)
400725-01
チェーンの遊びを点検する
10.11
警告
事故の危険性
–
不適切なチェーンの遊びによる危険。
チェーンの張りが強すぎると、二次減速関係パーツ ( チェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、ギア並びに後
輪のベアリング)に不要な負荷がかかります。磨耗しやすくなるのに加え、極端な場合にはチェーンが切れたり、カウンター
シャフトが折れたりする恐れがあります。反対にチェーンに遊びがあり過ぎると、フロントまたはリアスプロケットから落ち
たり、後輪をブロックしたり、エンジンを破損する恐れがあります。チェーンの遊びが適切であるか注意し、必要な場合は調
節して下さい。
シャーシで行うサービス作業
73
–
車両をサイドスタンドで立てます。
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
チェーンスライダーガードの後ろ辺りでチェーンをスイングアームの方向に押し上げ、
チェーンの遊びを確認します。
参考
その際、チェーン上部がピンと張っている事を確認して下さい。
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記確認を何箇所か別の場所
で繰り返し行って下さい。
チェーンの遊び
»
チェーンの遊びが規定通りになっていない:
–
B00731-10
5… 7 mm
チェーンの遊びを調節します。 (
頁74)
シャーシで行うサービス作業
74
チェーンの遊びを調節する
10.12
警告
事故の危険性
–
不適切なチェーンの遊びによる危険。
チェーンの張りが強すぎると、二次減速関係パーツ ( チェーン、フロントスプロケット、リアスプロケット、ギア並びに後
輪のベアリング)に不要な負荷がかかります。磨耗しやすくなるのに加え、極端な場合にはチェーンが切れたり、カウンター
シャフトが折れたりする恐れがあります。反対にチェーンに遊びがあり過ぎると、フロントまたはリアスプロケットから落ち
たり、後輪をブロックしたり、エンジンを破損する恐れがあります。チェーンの遊びが適切であるか注意し、必要な場合は調
節して下さい。
–
チェーンの遊びを点検します。 (
頁72)
シャーシで行うサービス作業
75
–
ナットを緩めます。
–
ナットを緩めます。
–
左右の調節スクリューを回し、チェーンの遊びを調節します。
規定
チェーンの遊び
5… 7 mm
左右の調節スクリューを回し、両側のチェーンアジャスターに付けられたマー
キングが目印に対して同じ位置にくるように調節します。これにより後輪の位置
が正しく調整されます。
参考
その際、チェーン上部がピンと張っている事を確認して下さい。
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、チェーンの何箇所か別の場所
で調整を確認して下さい。
–
ナットをしっかりと締めます。
–
チェーンアジャスターが調節スクリューに接触している事を確認します。
–
ナットをしっかりと締めます。
規定
B00732-10
後輪アクスルシャフト用ナット
M14x1.5
60 Nm
参考
チェーンアジャスターの調整幅が大きく、同じチェーン長さで異なった二次減
速比を実現する事が可能です。
チェーンアジャスターは 180 度回転させる事ができます。
シャーシで行うサービス作業
76
チェーン、リアスプロケット、フロントスプロケットを点検する
10.13
–
リアスプロケットとフロントスプロケットの磨耗を点検します。
»
リアスプロケットまたはフロントスプロケットが磨耗している:
–
リアスプロケットまたはフロントスプロケットを交換します。
x
参考
フロントスプロケット、リアスプロケット、チェーンは必ず一緒に交換
して下さい。
100132-10
シャーシで行うサービス作業
77
–
ギアをニュートラルに入れます。
–
チェーン下部を以下に挙げた重量で引っ張ります。
規定
チェーンの磨耗測定における重量
–
15 kg
チェーン下部でローラー 20 個分の長さを測定します。
参考
チェーンは均等に擦り切れるとは限らないので、上記確認を何箇所か別の場所
で繰り返し行って下さい。
A
0
チェーンが一番長い部分での長さの最
大値
»
B
0
1 2 3
301.6 mm
長さが記載された値より大きい:
–
チェーンを交換します。
x
参考
18 19 20
401288-10
新しいチェーンを取り付ける際は、リアスプロケットとフロントスプロ
ケットも同時に交換して下さい。
新しいチェーンを摩耗が進んだ古いリアスプロケットまたはフロントス
プロケットと一緒に使用すると、早く摩耗してしまいます。
シャーシで行うサービス作業
–
チェーンスライダーガードの磨耗を点検します。
»
チェーンスライダーガードのの範囲でブッシングが見えている:
–
–
チェーンスライダーガードを交換します。
チェーンスライダーガードがガタついている:
–
チェーンスライダーガードのスクリューをしっかりと締めます。
B00738-10
フロントスポイラーを取り外す
10.14
B00770-10
x
チェーンスライダーガードがきちんと固定されているか点検します。
»
–
78
スクリューを外します。
シャーシで行うサービス作業
79
–
スクリューを外します。
–
フロントスポイラーを取り外します。
–
フロントスポイラーの位置を調整します。スクリューを取り付け、締めないままに
しておきます。
B00771-10
フロントスポイラーを取り付ける
10.15
B00770-10
シャーシで行うサービス作業
B00771-10
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
–
スクリュー をしっかりと締めます。
80
ブレーキ
81
ブレーキディスクを点検する
11.1
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクの磨耗によるブレーキ性能の低下。
摩耗したブレーキディスクはすぐに交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
–
前輪と後輪のブレーキディスクの何箇所かでディスクの厚みを確認します。
参考
ブレーキディスクの厚みは、ブレーキパッドと接触する範囲が摩耗により
減っていきます。
ブレーキディスク磨耗限界
400480-10
»
3.6 mm
後輪
3.5 mm
ブレーキディスクの厚みが規定値を下回っている:
–
–
前輪
ブレーキディスクを交換します。
x
前輪と後輪のブレーキディスクでひび、損傷、変形がないかを確認します。
»
ブレーキディスクにひび、損傷、変形が見られる:
–
ブレーキディスクを交換します。
x
ブレーキ
82
前輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
11.2
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング以下になっていたら、ブレーキシステムに漏れがあるかブレーキパッドが完
全に摩耗している事が考えられます。この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問
い合わせ下さい。)
–
ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザーバーを水平な状態にしま
す。
–
ブレーキフルードのレベルを点検窓で確認します。
»
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキングを下回っている:
–
B00734-10
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
x(
頁83)
ブレーキ
83
前輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
11.3
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング以下になっていたら、ブレーキシステムに漏れがあるかブレーキパッドが完
全に摩耗している事が考えられます。この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードは皮膚に触れると炎症の原因となる恐れがあります。
–
皮膚や目にはつかないよう注意し、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまったら、よく水で洗い流し、すぐに医師の診断を受けて下さい。
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問
い合わせ下さい。)
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
ブレーキ
84
–
ハンドルバーに取り付けられているブレーキフルードリザーバーを水平な状態にしま
す。
–
スクリューを外します。
–
カバーをダイヤフラムと一緒に外します。
–
ブレーキフルードをで示した位置まで注ぎます。
規定
寸法
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
B00733-10
–
5 mm
頁153)
カバーとダイヤフラムの位置を調整します。スクリューを取り付け、しっかりと締め
ます。
参考
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、すぐに水で洗い流して下
さい。
前輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
11.4
警告
事故の危険性
–
ブレーキパッドの摩耗によるブレーキ性能の低下。
摩耗したブレーキパッドはすぐに交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
注意
事故の危険性
–
ブレーキディスクの損傷によるブレーキ性能の低下。
ブレーキパッドの交換が遅れると、スチール製のブレーキパッドサポートがブレーキディスクを擦ります。ブレーキ性能が大幅に低
下し、ブレーキディスクを破損してしまいます。ブレーキパッドは定期的に点検して下さい。
ブレーキ
85
–
ブレーキパッド厚みの最小値を確認します。
厚み最小値
»
厚みが最小値を下回っている:
–
–
≥ 1 mm
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
x
ブレーキパッドにひびや破損がないか点検します。
»
ひびや破損がある:
–
前輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
x
B00739-10
後輪ブレーキのブレーキフルードのレベルを点検する
11.5
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング以下になっていたら、ブレーキシステムに漏れがあるかブレーキパッドが完
全に摩耗している事が考えられます。この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問
い合わせ下さい。)
ブレーキ
86
–
車両を垂直に立てます。
–
ブレーキフルードリザーバーのブレーキフルードのレベルを確認します。
»
フルードのレベルがMINのマーキングに達している:
–
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給します。
x(
頁86)
B00740-10
後輪ブレーキのブレーキフルードを補給する
11.6
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキシステムの故障。
ブレーキフルードのレベルがMINのマーキング以下になっていたら、ブレーキシステムに漏れがあるかブレーキパッドが完
全に摩耗している事が考えられます。この状態で運転はせず、ブレーキシステムを点検して下さい。(お近くの KTM 正規
ディーラーにお問い合わせ下さい。)
警告
皮膚の炎症
ブレーキフルードは皮膚に触れると炎症の原因となる恐れがあります。
–
皮膚や目にはつかないよう注意し、お子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
ブレーキフルードが目に入ってしまったら、よく水で洗い流し、すぐに医師の診断を受けて下さい。
警告
事故の危険性
–
古いブレーキフルードの使用によるブレーキ性能の低下。
前輪・後輪ブレーキのブレーキフルードはサービスプランに従って交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問
い合わせ下さい。)
ブレーキ
87
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
塗装された部品にブレーキフルードがつかないよう注意して下さい。塗装がはげます!
密閉された容器に保存された、きれいなブレーキフルードのみを使用して下さい!
–
車両を垂直に立てます。
–
スクリューキャップをダイヤフラムと一緒に外します。
–
ブレーキフルードをのマーキングまで注ぎます。
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1 (
–
頁153)
スクリューキャップをダイヤフラムと一緒に取り付けます。
参考
B00741-10
ブレーキフルードが溢れたりこぼれたりした場合は、すぐに水で洗い流して下
さい。
ブレーキペダルの遊びを点検する
11.7
警告
事故の危険性
–
ブレーキがきかない。
ブレーキペダルに遊びがないと、ブレーキシステム内で後輪ブレーキに圧力がかかります。後輪ブレーキが過熱によりきかな
くなる恐れがあります。ブレーキペダルの遊びは規定通りに調節して下さい。
ブレーキ
88
–
スプリングを外します。
–
ブレーキペダルを、ペダルが上がり切った状態とフットブレーキシリンダーのピスト
ンに触れる間で何度か動かし、遊びを確認します。
規定
ブレーキペダルの遊び
»
遊びが規定通りになっていない:
–
–
3… 5 mm
ブレーキペダルの遊びを調節します。
x(
頁88)
スプリングを取り付けます。
B00735-10
ブレーキペダルの遊びを調節する
11.8
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキがきかない。
ブレーキペダルに遊びがないと、ブレーキシステム内で後輪ブレーキに圧力がかかります。後輪ブレーキが過熱によりきかな
くなる恐れがあります。ブレーキペダルの遊びは規定通りに調節して下さい。
ブレーキ
89
–
スプリングを外します。
–
ナットを緩め、スクリューで遊びを規定通りに調節します。
規定
ブレーキペダルの遊び
3… 5 mm
参考
調節範囲には限界があります。
–
スクリューを動かないように押さえ、ナットをしっかりと締めます。
–
スプリングを取り付けます。
B00737-10
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検する
11.9
警告
事故の危険性
–
ブレーキパッドの摩耗によるブレーキ性能の低下。
摩耗したブレーキパッドはすぐに交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラーにお問い合わせ下さい。)
ブレーキ
90
注意
事故の危険性
–
ブレーキディスクの損傷によるブレーキ性能の低下。
ブレーキパッドの交換が遅れると、スチール製のブレーキパッドサポートがブレーキディスクを擦ります。ブレーキ性能が大幅に低
下し、ブレーキディスクを破損してしまいます。ブレーキパッドは定期的に点検して下さい。
–
ブレーキパッド厚みの最小値を確認します。
厚み最小値
»
厚みが最小値を下回っている:
–
–
後輪ブレーキのブレーキパッドを点検します。 (
ブレーキパッドにひびや破損がないか点検します。
»
ひびや破損がある:
–
B00742-10
≥ 1 mm
後輪ブレーキのブレーキパッドを交換します。
x
頁89)
車輪、タイヤ
前輪を取り外す
12.1
91
x
–
車両をリアスタンドでジャッキアップします。 (
–
車両をフロントスタンドでジャッキアップします。 (
頁67)
–
スクリューとスクリューを緩めます。
–
スクリューを約 6 回転回して緩め、手でスクリューを押してアクスルシャフトを
フォークレッグの穴から押し出します。スクリューを外します。
頁66)
警告
事故の危険性
–
B00743-10
–
ブレーキディスクの損傷によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクが破損する事のないよう、車輪の保管には注意して下さ
い。
前輪を支え、アクスルシャフトを抜きます。前輪をフロントフォークから取り外しま
す。
参考
前輪を取り外した状態でブレーキレバーを作動しないで下さい。
前輪を取り付ける
12.2
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
車輪、タイヤ
92
–
ホイールベアリングに破損・磨耗がないか点検します。
»
ホイールベアリングが破損または磨耗している:
–
–
ホイールベアリングを交換します。
x
シャフトのシールリングとスペーサーの接触面を清掃してグリースアップします。
耐久性グリース (
頁156)
–
アクスルシャフトとスクリューのねじ山を清掃します。
–
前輪をフロントフォークの位置まで持ち上げ、位置を調整し、アクスルシャフトを差
し込みます。スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
前輪アクスルシャフト用スクリュー
ブレーキパッドがブレーキディスクに接触して圧点が感じられるまで、ブレーキレ
バーを何度か作動します。
–
車両をフロントスタンドから降ろします。 (
–
前輪ブレーキを作動し、フロントフォークのスプリングを何度か強く圧縮してフォー
クレッグを調整します。
–
スクリュー をしっかりと締めます。
頁66)
規定
フォークレッグのアクスル通し穴用スク
リュー
後輪を取り外す
25 Nm
–
B00744-10
12.3
M8
M8
–
車両をリアスタンドから降ろします。 (
–
車両をリアスタンドでジャッキアップします。 (
15 Nm
頁68)
x
頁67)
車輪、タイヤ
93
–
ナットとワッシャーを外します。チェーンアジャスターを取り外します。
–
後輪を支え、アクスルシャフトを抜きます。
–
後輪をできるだけ前に押し、チェーンをリアスプロケットから外します。
警告
事故の危険性
–
–
ブレーキディスクの損傷によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクが破損する事のないよう、車輪の保管には注意して下さ
い。
後輪を後ろに引き、スイングアームから取り外します。
参考
後輪を取り外した状態でフットブレーキを作動しないで下さい。
B00745-10
後輪を取り付ける
12.4
x
警告
事故の危険性
–
ブレーキディスクへのオイル、グリースの付着によるブレーキ性能の劣化。
ブレーキディスクにオイルやグリースが絶対に付着しないよう注意し、必要な場合はブレーキ洗浄剤で清掃して下さい。
車輪、タイヤ
94
警告
事故の危険性
–
後輪ブレーキを作動してもブレーキがかからない。
後輪を取り付けた後は必ず、圧点を感じるまでフットブレーキを作動して下さい。
–
後輪のハブダンパーを点検します。
–
ホイールベアリングに破損・磨耗がないか点検します。
»
ホイールベアリングを交換します。
x
シャフトのシールリングとスペーサーの接触面を清掃してグリースアップします。
耐久性グリース (
B00748-10
頁95)
ホイールベアリングが破損または磨耗している:
–
–
x(
頁156)
–
アクスルシャフトとナットのねじ山を清掃します。
–
キャリパーサポートとスイングアームのかみ合わせ部分を清掃します。
–
ハブダンパーとリアスプロケットサポートを後輪に取り付けます。
–
後輪をスイングアームの間に立て、ブレーキキャリパーをブレーキディスクにかぶせ
ます。
–
スイングアームの支持面で後輪の位置を調整します。
–
後輪をできるだけ前に押し、チェーンをリアスプロケットにかけます。
車輪、タイヤ
95
–
後輪を後ろに引き、アクスルシャフトを取り付けます。
参考
左右のチェーンアジャスターを同じポジションで取り付けます。
–
ナットとワッシャーを取り付けます。
–
チェーンアジャスターがスクリューに触れるまで後輪を前に押し、ナットをしっか
りと締めます。
規定
後輪の位置が正しく調整されるよう、左右のチェーンアジャスターに付けられた
マーキングが目印に対して同じ位置にくるように取り付けます。
後輪アクスルシャフト用ナット
–
車両をリアスタンドから降ろします。 (
M14x1.5
60 Nm
頁68)
B00745-11
後輪のハブダンパーを点検する
12.5
x
参考
エンジンの力はリアスプロケットから 6 つのハブダンパーを通して後輪に伝えられます。ハブダンパーは使用により摩耗してい
きます。ハブダンパーを適時に交換しないと、リアスプロケットサポートと後輪ハブを損傷してしまいます。
–
後輪を取り外します。
x(
頁92)
車輪、タイヤ
96
–
ベアリングを点検します。
»
ベアリングが破損または磨耗している:
–
–
ベアリングを交換します。
x
後輪のハブダンパーに破損・摩耗がないか点検します。
»
後輪のハブダンパーが破損または摩耗している:
–
後輪のハブダンパー全てを交換します。
B00746-10
–
リアスプロケットを上にして後輪を作業台の上に置き、アクスルシャフトをハブに差
し込みます。
–
遊びを確認するため、後輪を押さえた状態でリアスプロケットを回してみます。
参考
遊びはリアスプロケットの外側で測定します。
後輪ハブダンパーの遊び
»
B00747-10
遊びが記載された値より大きい:
–
–
≤ 5 mm
後輪のハブダンパー全てを交換します。
後輪を取り付けます。
x(
頁93)
タイヤの状態を点検する
12.6
警告
事故の危険性
–
タイヤの破裂による制御不可能な走行状態。
タイヤが破損もしくはすり減っている場合は、安全を図るためにも即座に交換して下さい。(お近くの KTM 正規ディーラー
にお問い合わせ下さい。)
車輪、タイヤ
97
警告
転倒の危険性
–
前輪と後輪でタイヤのプロフィールが異なっていると、安定した走行が妨げられます。
制御不能な状況にならないよう、前輪・後輪には必ず同種プロフィールのタイヤを装着して下さい。
警告
事故の危険性
–
承認または推奨されていないタイヤや車輪の使用による制御不可能な走行状態。
KTM により承認または推奨された、適切な速度記号のタイヤならびに車輪のみを使用して下さい。
参考
タイヤの種類、状態、空気圧は車両の走行性能に影響を与えます。
タイヤがすり減っていると、路面が濡れている場合などは特に走行性能に悪影響を与えます。
–
前輪・後輪のタイヤに亀裂がないか、異物が刺さっていないか、その他損傷がないかを
点検します。
»
タイヤに亀裂や損傷がある、または異物が刺さっている:
–
–
タイヤを交換します。
溝の深さを点検します。
参考
各国法律により定められている溝の深さの最小値を守ってください。
400602-10
溝の深さ最小値
»
溝の深さが最小値を下回っている:
–
–
タイヤを交換します。
タイヤの製造日を確認します。
≥ 2 mm
車輪、タイヤ
98
参考
通常、タイヤの製造日はタイヤに記載されており、DOTコードの下 4 桁の数字
で表されています。最初の 2 桁が製造週を、残りの 2 桁が製造年を示していま
す。
KTM では、実際の磨耗状態にかかわらず、遅くとも製造日から 5 年を経過した
らタイヤ交換する事をお勧めしています。
»
タイヤの製造日が 5 年以上前である:
–
タイヤを交換します。
タイヤの空気圧を点検する
12.7
参考
タイヤの空気圧が低過ぎると磨耗がひどくなり、タイヤが過熱します。
適正な空気圧により快適な走行が可能となり、またタイヤの寿命も延びます。
–
ダストキャップを外します。
–
タイヤが冷えた状態で空気圧を点検します。
タイヤの空気圧 ( 同乗者なし)
前輪
2.0 bar
後輪
2.0 bar
タイヤ空気圧 ( 同乗者有り / 最大積載量)
400695-01
»
前輪
2.0 bar
後輪
2.2 bar
タイヤの空気圧が規定値と一致していない:
–
タイヤの空気圧を調節します。
車輪、タイヤ
99
–
ダストキャップを取り付けます。
電気系統
100
バッテリーを取り外す
13.1
x
警告
怪我の危険性
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあります。
–
バッテリーはお子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液、バッテリーから発生する気体には触れないようにして下さい。
–
火花や炎をバッテリーに近づけないで下さい。充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
皮膚についた場合は、水で十分に洗い流して下さい。バッテリー液が目に入ってしまったら、最低 15 分間水で洗浄した後、
医師の診断を受けて下さい。
B00750-10
–
シートを取り外します。 (
頁69)
–
マイナス極のカバーを後ろへずらします。
–
バッテリーのマイナスケーブルを外します。
電気系統
101
–
プラス極のカバーを後ろへずらします。
–
バッテリーのプラスケーブルを外します。
–
ゴムバンドを外します。
–
バッテリーを上に引いてバッテリーホルダーから外します。
参考
バッテリーがあがった状態で、またはバッテリーなしに車両を運転する事は絶
対にやめて下さい。どちらの場合も電気部品や安全関連装置を破損する恐れが
あります。これにより、車両は道路交通に不適切な状態となります。
B00751-10
バッテリーを取り付ける
13.2
x
–
バッテリーホルダー内でバッテリーの位置を調整します。
参考
バッテリーの電極が上にくるようにして下さい。
B00751-11
–
ゴムバンドをかけます。
–
バッテリーのプラスケーブルを接続します。
–
プラス極のカバーの位置を調整します。
電気系統
102
–
バッテリーのマイナスケーブルを接続します。
–
マイナス極のカバーの位置を調整します。
–
シートを取り付けます。 (
–
時計を設定します。 (
頁70)
頁39)
B00750-11
バッテリーを充電する
13.3
x
警告
怪我の危険性
バッテリー液、バッテリーから発生する気体は重大な化学火傷を引き起こす恐れがあります。
–
バッテリーはお子様の手の届かない場所に保管して下さい。
–
適切な保護服、保護メガネを着用して下さい。
–
バッテリー液、バッテリーから発生する気体には触れないようにして下さい。
–
火花や炎をバッテリーに近づけないで下さい。充電は必ず換気の良い場所で行って下さい。
–
皮膚についた場合は、水で十分に洗い流して下さい。バッテリー液が目に入ってしまったら、最低 15 分間水で洗浄した後、
医師の診断を受けて下さい。
警告
環境汚染
–
バッテリーに使用されている部品や物質は環境に悪影響を及ぼします。
バッテリーは家庭用ゴミとして廃棄しないで下さい。破損したバッテリーは環境上適切な方法で廃棄して下さい。バッテ
リーはお近くの KTM ディーラーか使用済みバッテリーの回収場所に持ち込んで下さい。
電気系統
103
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
バッテリーは使用しなくても毎日放電しています。
バッテリーの寿命は充電量と充電方法に大きく影響されます。
大きな電流により短時間で充電すると寿命に悪影響を与えます。
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えると、電解液が安全バルブから漏れ出ます。これによりバッテリー容量が減って
しまいます。
エンジン始動でバッテリーがあがってしまった場合は、すぐに充電して下さい。
放電し切った状態で長く放置すると過放電が起こり、硫酸化物が形成され、バッテリーが壊れてしまいます。
バッテリーはメンテナンスフリーで、電解液レベルの点検を行う必要はありません。
–
電装系部品は全てスイッチを切り、エンジンを止めます。
–
シートを取り外します。 (
–
車載電子部品を破損しないよう、バッテリーのマイナス極からケーブルを外します。
頁69)
電気系統
104
–
充電器をバッテリーに接続します。充電器のスイッチを入れます。
バッテリー充電器(58429074000)
この充電器を使ってバッテリーの静電圧、スタート能力、ジェネレーターのチェック
をする事も可能です。また、この充電器では過充電の心配がありません。
参考
カバーは絶対に取り外さないで下さい。
バッテリーケースに記載された容量の最大 10%でバッテリーを充電します。
–
充電後、充電器のスイッチを切ります。バッテリーを接続します。
規定
充電電流、充電電圧、充電時間が規定値を超えないよう注意して下さい。
車両を使用しないときも、バッテリーの
充電は定期的に行って下さい。
–
シートを取り付けます。 (
–
時計を設定します。 (
3 ヶ月
頁70)
頁39)
B00752-10
各電装系部品のヒューズを交換する
13.4
参考
メインヒューズと各電装系部品のヒューズが設置されたヒューズボックスは、リアシートの下にあります。
–
電装系部品は全てスイッチを切り、エンジンを止めます。
–
リアシートを取り外します。 (
頁68)
電気系統
105
–
ヒューズボックスのカバーを開きます。
–
損傷したヒューズを取り外します。
B00753-10
規定
ヒューズ1 - 30 A -メインヒューズ
ヒューズ2 - 15 A -コンビネーションインスツルメント
ヒューズ3 - 10 A -コントロールユニット、メインリレー
ヒューズ4 - 15 A -イグニッションコイル、アラーム装置 ( オプション)
ヒューズ5 - 15 A -冷却ファン
B00754-10
ヒューズ6 - 15 A -ホーン、ブレーキライト、ターンシグナル、ヘッドライトのハ
イビームとロービーム、ポジションライト、テールライト、ナンバープレートライト
参考
ヒューズのワイヤーがのように切れていればヒューズは損傷しています。
電気系統
106
警告
火災の危険性 不適切なヒューズを使用すると、電気装置に過重な負荷がかか
る恐れがあります。
–
–
規定電流値のヒューズのみをご使用下さい。切れたヒューズをつないだり、
修理する事は絶対にやめて下さい。
適切な容量のスペアヒューズを取り付けます。
ヒューズ(75011088010) (
頁144)
ヒューズ(75011088015) (
頁144)
ヒューズ(75011088030) (
頁144)
ヒント
新しいスペアヒューズをヒューズボックスに取り付け、必要な場合に使用でき
るようにしておきます。
–
電装系部品の機能を点検します。
–
ヒューズボックスのカバーを閉じます。
–
リアシートを取り付けます。 (
頁69)
ヘッドライトバルブを交換する
13.5
注意
反射板の損傷
–
輝度の低下。
ライトバルブに油脂類が付着していると熱により気化し、反射板に付着します。取り付け前にバルブを清掃し、油脂類が付かないよ
う注意して下さい。
–
電装系部品は全てスイッチを切り、エンジンを止めます。
電気系統
107
–
スクリューを外します。
–
両側の足割リベットを外します。
–
ヘッドライトマスクを前方に倒します。
–
ゴムキャップを外します。
–
コネクターを外します。
–
固定フレームを外します。
–
ヘッドライトバルブを取り外します。
–
ヘッドライトケースに新しいヘッドライトバルブを取り付けます。
B00759-10
B00760-10
ヘッドライト(H4 / ソケット P43t) (
頁144)
参考
ヘッドライトのバルブを差し込む際は、凸部を凹部にはめて下さい。
B00761-10
電気系統
108
–
固定フレームをはめます。
–
コネクターを接続します。
–
ゴムキャップを取り付けます。
–
ヘッドライトマスクを上に閉じます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
B00760-10
規定
ヘッドライトマスク用スクリュー
–
両側の足割リベットを取り付けます。
–
照明の機能を点検します。
M6
14 Nm
B00759-10
ポジションライトのバルブを交換する
13.6
注意
反射板の損傷
–
輝度の低下。
ライトバルブに油脂類が付着していると熱により気化し、反射板に付着します。取り付け前にバルブを清掃し、油脂類が付かないよ
う注意して下さい。
電気系統
109
–
電装系部品は全てスイッチを切り、エンジンを止めます。
–
スクリューを外します。
–
両側の足割リベットを外します。
–
ヘッドライトマスクを前方に倒します。
–
スクリューを外します。
–
カバーを外します。
B00759-10
B00762-10
電気系統
110
–
ポジションライトをホルダーから抜きます。
–
バルブを取り外します。
–
ソケットに新しいバルブを取り付けます。
ポジションライト(W5W / ソケット W2.1x9.5d) (
–
ヘッドライト内のホルダーで、バルブを取り付けたソケットの位置を調整します。
–
カバーの位置を調整します。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
B00763-10
B00762-10
頁144)
電気系統
111
–
ヘッドライトマスクを上に閉じます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
ヘッドライトマスク用スクリュー
M6
14 Nm
–
両側の足割リベットを取り付けます。
–
照明の機能を点検します。
–
明るい壁が前にある水平な地面の上に車両を立て、ヘッドライトの中心の高さで壁に
印を付けます。
–
その印の下、の距離にもう 1 つ印を付けます。
B00759-10
ヘッドライトの設定を点検する
13.7
A
0
規定
0
B
距離
–
5 cm
壁からの距離に車両を垂直に立て、ロービームを点灯します。
規定
距離
400726-10
5m
–
ここで運転者が ( 必要に応じて荷物および同乗者と一緒に)車両に乗ります。
–
ヘッドライトの設定を確認します。
走行準備の整った車両に運転者 ( 場合によってさらに荷物と同乗者)が乗った状態
で、明暗の境界が下側の印と一致する事を確認して下さい。
»
明暗の境界が規定通りになっていない:
–
ヘッドライトの照明距離を調節します。 (
頁112)
電気系統
112
ヘッドライトの照明距離を調節する
13.8
–
スクリューを外します。
–
両側の足割リベットを外します。
–
ヘッドライトマスクを前方に倒します。
–
スクリューを回して、ヘッドライトの照明距離を調節します。
B00759-10
規定
走行準備の整った車両に運転者 ( 場合によってさらに荷物と同乗者)が乗った状態
で、明暗の境界が下側の印 ( 「ヘッドライトの設定を点検する」で付けた印)と一致す
る事を確認して下さい。
参考
時計回りに回すと照明距離が短くなり、逆方向に回すと長くなります。
B00764-10
電気系統
113
–
ヘッドライトマスクを上に閉じます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
ヘッドライトマスク用スクリュー
B00759-10
M6
–
両側の足割リベットを取り付けます。
–
ヘッドライトの設定を点検します。 (
頁111)
14 Nm
冷却システム
114
冷却システム
14.1
エンジン内のウォーターポンプによりクーラントが強制循環します。
熱により発生した冷却システム内の圧力は、ラジエーターキャップにあるバルブで調整
されます。熱膨張により余分となったクーラントが調節タンクに流れ込みます。流れ
込んだクーラントは、温度が下がるとまた冷却システムに吸い込まれます。これにより、
クーラントが記載された温度まで上昇しても不具合を起こす事はありません。
125 °C
B00765-10
冷却システム
115
冷却は走行風と、サーモスイッチで制御されている冷却ファンによって行われます。
速度が遅いほど冷却効果は低くなります。同様に、ラジエーターのフィンが汚れていると
冷却効果が低くなります。
401287-10
不凍液とクーラントのレベルを点検する
14.2
警告
火傷の危険性
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジエーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下さ
い。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
冷却システム
116
警告
中毒の危険性
–
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
クーラントが皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。目に入った場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて
下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。クーラントを飲み込んでしまった場合は、す
ぐに医師の診断を受けて下さい。クーラントが衣服についた場合は、着替えて下さい。クーラントは子供の手の届かない場
所に保管して下さい。
条件
エンジンが冷えている。
–
車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
–
調節タンクのキャップを外します。
–
クーラントの不凍効果を点検します。
−25… −45 °C
»
クーラントの不凍効果が規定通りになっていない:
–
–
B00766-10
クーラントの不凍効果を調整します。
調節タンクのクーラントのレベルを確認します。
クーラントのレベルがMINとMAXの間にある事を確認して下さい。
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調整します。
ケース 1
クーラント (
頁153)
ケース 2
クーラント混合液 (
–
頁153)
調節タンクのキャップを取り付けます。
冷却システム
117
–
ラジエーターキャップを回して外します。
–
クーラントの不凍効果を点検します。
−25… −45 °C
»
クーラントの不凍効果が規定通りになっていない:
–
–
クーラントの不凍効果を調整します。
ラジエーターのクーラントのレベルを確認します。
ラジエーターがいっぱいに満たされている事を確認して下さい。
B00767-10
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調整し、クーラントが減少した原因を突き止めます。
ケース 1
クーラント (
頁153)
ケース 2
クーラント混合液 (
»
以下に示した規定値以上のクーラントを追加する必要があった:
> 0.20 L
–
–
頁153)
冷却システムにクーラントを注入してエア抜きをします。
x(
頁120)
ラジエーターキャップを取り付けます。
クーラントのレベルを点検する
14.3
警告
火傷の危険性
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジエーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下さ
い。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
冷却システム
118
警告
中毒の危険性
–
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
クーラントが皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。目に入った場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて
下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。クーラントを飲み込んでしまった場合は、す
ぐに医師の診断を受けて下さい。クーラントが衣服についた場合は、着替えて下さい。クーラントは子供の手の届かない場
所に保管して下さい。
–
車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
–
調節タンクのクーラントのレベルを確認します。
クーラントのレベルがMINとMAXの間にある事を確認して下さい。
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調整します。
ケース 1
クーラント (
B00766-10
頁153)
ケース 2
クーラント混合液 (
–
頁153)
ラジエーターキャップを回して外し、ラジエーター内のクーラントのレベルを点検
します。
ラジエーターがいっぱいに満たされている事を確認して下さい。
»
クーラントのレベルが規定通りになっていない:
–
クーラントのレベルを調整し、クーラントが減少した原因を突き止めます。
ケース 1
クーラント (
B00767-10
頁153)
冷却システム
119
ケース 2
クーラント混合液 (
»
以下に示した規定値以上のクーラントを追加する必要があった:
> 0.20 L
–
–
クーラントを排出する
14.4
頁153)
冷却システムにクーラントを注入してエア抜きをします。
x(
頁120)
ラジエーターキャップを取り付けます。
x
警告
火傷の危険性
–
クーラントは運転中、非常に熱く、圧力がかかっています。
エンジンが運転で暖まっているときは、ラジエーター、ラジエーターホース、その他冷却システムの部品を開かないで下さ
い。エンジンと冷却システムが冷めるのを待って下さい。火傷した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
中毒の危険性
–
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
クーラントが皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。目に入った場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて
下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。クーラントを飲み込んでしまった場合は、す
ぐに医師の診断を受けて下さい。クーラントが衣服についた場合は、着替えて下さい。クーラントは子供の手の届かない場
所に保管して下さい。
–
フロントスポイラーを取り外します。 (
頁78)
冷却システム
120
–
車両を垂直に立てます。
–
エンジンの下に適当な容器を用意します。
–
スクリューを外します。
–
ラジエーターキャップを外します。
–
クーラントが完全に流れ出るまで待ちます。
–
スクリューを新しいシールリングと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
規定
B00768-10
ウォーターポンプ排水口用スクリュープ
ラグ
冷却システムにクーラントを注入してエア抜きをする
14.5
M6
8 Nm
x
警告
中毒の危険性
–
クーラントは毒性で、健康に害を及ぼします。
クーラントが皮膚、目、衣服につかないよう注意して下さい。目に入った場合は、すぐに水で洗い流し、医師の診断を受けて
下さい。皮膚についた場合は、すぐにその部分を水と石鹸で良く洗って下さい。クーラントを飲み込んでしまった場合は、す
ぐに医師の診断を受けて下さい。クーラントが衣服についた場合は、着替えて下さい。クーラントは子供の手の届かない場
所に保管して下さい。
冷却システム
121
–
ラジエーターキャップを外します。
–
エアブリーダーを外します。
–
車両を少し右に傾けます。
–
クーラントがエア抜き穴から気泡のない状態で出てくるまでクーラントを注入し、そ
の後すぐにエアブリーダーを取り付け、しっかりと締めます。
B00767-11
ケース 1
クーラント (
頁153)
ケース 2
クーラント混合液 (
B00769-10
頁153)
–
ラジエーターをクーラントで満たします。ラジエーターキャップを取り付けます。
–
車両をサイドスタンドで立てます。
危険
中毒の危険性
す。
–
–
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがありま
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のない閉
め切った室内でエンジンをかけたり、かけたままにする事はやめて下さい。
エンジンをかけ、暖気運転します。
冷却システム
122
B00766-11
–
エンジンを停止して冷めるのを待ちます。
–
エンジンが冷めたらラジエーター内のクーラントのレベルを再度点検し、必要に応じ
てクーラントを補給します。
–
調節タンクのキャップを外し、クーラントをMAXのマーキングまで注入します。
–
調節タンクのキャップを取り付けます。
–
フロントスポイラーを取り付けます。 (
頁79)
エンジンを調整する
123
アクセルワイヤーの遊びを点検する
15.1
–
スロットルグリップがスムーズに動くか確認します。
–
ハンドルバーを直進の状態にします。スロットルグリップを軽く両方向に回し、アク
セルワイヤーの遊びを確認します。
アクセルワイヤーの遊び
»
3… 5 mm
アクセルワイヤーの遊びが規定通りになっていない:
–
アクセルワイヤーの遊びを調節します。
x(
頁124)
危険
400192-10
中毒の危険性
す。
–
–
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがありま
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のない閉
め切った室内でエンジンをかけたり、かけたままにする事はやめて下さい。
エンジンをかけ、アイドリングさせます。ハンドルバーをハンドル限界全体にわたり
左右に動かします。
アイドリング回転数は一定でなければなりません。
»
アイドリング回転数が一定でない:
–
アクセルワイヤーの取り回しを点検します。
エンジンを調整する
アクセルワイヤーの遊びを調節する
15.2
124
x
–
ハンドルバーを直進の状態にします。
–
ワイヤーブーツを後ろへずらします。
–
カウンターナットを緩めます。
–
調節スクリューでアクセルワイヤーの遊びを調節します。
規定
アクセルワイヤーの遊び
B00728-10
3… 5 mm
–
カウンターナットをしっかりと締めます。
–
ワイヤーブーツをかぶせます。
–
クラッチレバーがスムーズに動くか確認します。
–
ハンドルバーを直進の状態にします。クラッチレバーを軽く握り、クラッチレバーの
遊びを確認します。
クラッチレバーの遊びを点検する
15.3
クラッチレバーの遊び
»
1… 3 mm
クラッチレバーの遊びが規定通りになっていない:
–
クラッチワイヤーの遊びを調節します。
x(
頁125)
注意
B00729-10
クラッチの損傷
–
–
クラッチレバーに遊びがないとクラッチが滑り出します。
車両を運転する際は必ずクラッチレバーの遊びを点検して下さい。
ハンドルバーをハンドル限界全体にわたり左右に動かします。
クラッチレバーの遊びは一定でなければなりません。
エンジンを調整する
125
»
クラッチレバーの遊びが一定でない:
–
クラッチワイヤーの遊びを調節する
15.4
クラッチワイヤー取り回しを点検します。
x
–
ハンドルバーを直進の状態にします。
–
ワイヤーブーツを後ろへずらします。
–
カウンターナットを緩めます。
–
調節スクリューでクラッチワイヤーの遊びを調節します。
規定
クラッチレバーの遊び
B00730-10
1… 3 mm
–
カウンターナットをしっかりと締めます。
–
ワイヤーブーツをかぶせます。
エンジンで行うサービス作業
126
エンジンオイルのレベルを点検する
16.1
条件
エンジンが作動温度に達している。
–
車両を水平な地面の上で垂直に立てます。
–
エンジンオイルのレベルを点検します。
参考
エンジンを停止した後、1 分待ってから点検します。
エンジンオイルのレベルが点検窓の上端と下端の間に位置している事を確認して下
さい。
»
B00772-01
エンジンオイルのレベルが規定の範囲にない:
–
エンジンオイルを補給します。 (
頁129)
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃する
16.2
x
警告
火傷の危険性
–
エンジンオイル並びにミッションオイルは運転中非常に熱くなっています。
適切な保護服、保護手袋を着用して下さい。火傷した場合、その部位をぬるま湯に浸して下さい。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
エンジンオイルは、エンジンが作動温度に達した状態で排出します。
エンジンで行うサービス作業
127
–
フロントスポイラーを取り外します。 (
頁78)
–
車両をサイドスタンドで水平な地面の上に立てます。
–
エンジンの下に適当な容器を用意します。
–
オイルドレインボルトとオイルスクリーンを外します。
–
エンジンオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
オイルドレインボルトとオイルスクリーンを念入りに清掃します。
–
オイルスクリーンの位置を調整し、オイルドレインボルトを O リングと一緒に取
り付け、しっかりと締めます。
規定
オイルドレインボルト
B00774-10
M24
–
スクリューを外します。オイルフィルターのカバーを O リングと一緒に取り外し
ます。
–
オイルフィルターをフィルターケースから取り出します。
サークリップ用ペンチ ( 逆作用)(51012011000)
B00775-10
20 Nm
–
エンジンオイルが完全に流れ出るまで待ちます。
–
部品とシール面を念入りに清掃します。
エンジンで行うサービス作業
128
–
オイルフィルターを取り付けます。
–
オイルフィルターカバーの O リングにオイルを差します。オイルフィルターカバー
を取り付けます。
–
スクリューを取り付け、しっかりと締めます。
規定
オイルフィルターカバー用
スクリュー
M5
12 Nm
Loctite® 243™
参考
B00776-10
エンジンオイルが少な過ぎたり質が悪いと、エンジンの摩耗を早める事になり
ます。
–
クラッチカバーにあるオイルフィラーボルトを O リングと一緒に取り外し、エンジ
ンオイルを注入します。
エンジンオイル
B00773-11
–
1.50 L
外気温: 0… 50 °C
エンジンオイル
(SAE 15W/50)
( 頁152)
外 気 温 : −10…
40 °C
エンジンオイル
(SAE 10W/40)
( 頁152)
オイルフィラーボルトを O リングと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
危険
中毒の危険性
す。
–
–
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがありま
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のない閉
め切った室内でエンジンをかけたり、かけたままにする事はやめて下さい。
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
エンジンで行うサービス作業
129
–
フロントスポイラーを取り付けます。 (
–
エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁79)
頁126)
エンジンオイルを補給する
16.3
参考
エンジンオイルが少な過ぎたり質が悪いと、エンジンの摩耗を早める事になります。
–
クラッチカバーにあるオイルフィラーボルトを O リングと一緒に外し、エンジンオ
イルを注入します。
エンジンオイル(SAE 15W/50) (
頁152)
エンジンオイル(SAE 10W/40) (
頁152)
参考
エンジンオイルの性能を最大限に引き出すには、異なったエンジンオイルを混
ぜて使用する事は望ましくありません。
必要に応じてエンジンオイルを交換する事をお勧めします。
B00773-10
–
オイルフィラーボルトを O リングと一緒に取り付け、しっかりと締めます。
危険
中毒の危険性
す。
–
排気ガスは毒性で、意識不明や死亡の原因となる恐れがありま
エンジンをかけているときは必ず十分に換気し、適切な排気設備のない閉
め切った室内でエンジンをかけたり、かけたままにする事はやめて下さい。
–
エンジンをかけ、漏れがないか確認します。
–
エンジンオイルのレベルを点検します。 (
頁126)
清掃、手入れ
130
洗車をする
17.1
注意
部品の損傷
–
高圧洗車機による部品の破損や損傷。
高圧洗車機や高圧水流を使用して洗車するのは絶対にやめて下さい。高圧により電気部品、プラグ、ケーブル、ベアリングなどに水
が入り、不具合の原因になったり、これら部品が破損する恐れがあります。
警告
環境汚染
–
問題物質が環境汚染の原因となります。
オイル、グリース、フィルター、燃料、洗浄剤、ブレーキフルードなどは定められた規則に従って正しく廃棄して下さい。
参考
品質や外観を長く保持するため、洗車は定期的に行って下さい。
洗車中は車両に直射日光が当たらないよう注意して下さい。
–
水が入らないように排気装置をふさぎます。
–
大きな汚れはあらかじめ弱い水流で落としておきます。
–
汚れがひどい箇所には市販のモーターサイクル洗浄剤を吹きつけ、ブラシで汚れを落
とします。
モーターサイクル用洗浄剤 (
頁155)
参考
401061-01
市販のモーターサイクル洗浄剤を入れた温水と柔らかいスポンジを使用して車
両を清掃します。
凍結防止用の塩が散布された道路を走行した後は、水で洗車して下さい。温水
を使うと塩の作用を促進してしまいます。
清掃、手入れ
131
–
車両を弱い水流で念入りに洗い流した後、車両をよく乾燥させます。
警告
事故の危険性
–
–
ブレーキの濡れ・汚れによるブレーキ性能の劣化。
ブレーキを慎重に作動し、ブレーキの汚れ・濡れを解消して下さい。
洗車後、エンジンが作動温度に達するまで短い距離を走行し、ブレーキも作動します。
参考
熱によりエンジンやブレーキの手の届かない場所にある水分も蒸発します。
–
ハンドルまわりのワイヤーブーツをずらし、ここに入り込んだ水分も蒸発させます。
–
車両が冷えたら全てのスライド部とベアリング部をグリースアップします。
–
チェーンを清掃します。 (
–
塗装されていない金属製部品 ( ブレーキディスクと排気装置を除く)には、腐食防止剤
を塗布します。
頁71)
金属・ゴム用の洗浄・手入れ剤 (
–
ラッカー塗装されている部品には全て刺激の少ないラッカー専用の手入れ剤を塗布し
ます。
ラッカー塗装用光沢剤 (
–
頁156)
頁156)
プラスチックおよびパウダーコーティングされている部品は全て刺激の少ない洗浄・手
入れ剤で手入れをします。
ラッカー塗装、金属、プラスチック用洗浄剤および光沢剤 (
–
イグニッション / ハンドルロックにオイルを差します。
汎用オイルスプレー (
頁156)
頁155)
清掃、手入れ
132
冬季運転における点検・メンテナンス作業
17.2
参考
冬季にも車両を使用する際は、凍結防止のため路上に散布された塩の存在を考慮に入れなければなりません。刺激が強い塩に対
する予防対策を講じておく必要があります。
凍結防止用の塩が散布された道路を走行したら、走行後、水で洗車して下さい。温水を使うと塩の作用を促進してしまいます。
–
洗車をします。 (
–
ブレーキを清掃します。
頁130)
参考
凍結防止用の塩が散布された道路を走行した後は、毎回必ずブレーキキャリ
パーとブレーキパッドを清掃して下さい。ブレーキキャリパーとブレーキパッ
ドが冷めるのを待ち、取り付けたままの状態で念入りに水で洗い、良く乾燥さ
せます。
凍結防止用の塩が散布された道路を走行した後は、車両を水で念入りに洗浄し、
よく乾燥させて下さい。
401060-01
–
エンジンやスイングアームをはじめ、塗装されていない部品や亜鉛メッキが施された
部品 ( ブレーキディスクを除く)には全てワックス系腐食防止剤を塗布します。
参考
ブレーキディスクには腐食防止剤が付かないよう注意して下さい。ブレーキ性
能が大幅に低下します。
–
チェーンを清掃します。 (
頁71)
保管
133
保管
18.1
参考
車両を長期に渡って使用しない場合は、以下に挙げた処置をご自身または KTM の正規ディーラーで行って下さい。
車両の保管前に全ての部品が機能するか、摩耗していないか点検します。サービス作業、修理、改修作業が必要な場合は、ディー
ラーの工場が空いている保管時期に行う事をお勧めします。シーズン開始の混雑時を避ける事ができます。
401058-01
–
次回運転を開始する前に新しい燃料を給油できるよう、走行してフューエルタンクを
できるだけ空にしておきます。
–
洗車をします。 (
–
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、オイルスクリーンを清掃します。
( 頁126)
–
不凍液とクーラントのレベルを点検します。 (
–
タイヤの空気圧を点検します。 (
–
バッテリーを取り外します。
–
頁130)
頁115)
頁98)
x ( 頁100)
バッテリーを充電します。 x ( 頁102)
規定
バッテリーの保管温度 ( 直射日光を避け
る)
–
0… 35 °C
乾燥し、急激な温度変化のない場所に車両を立てます。
参考
KTM では車両をジャッキアップして保管する事をお勧めしています。
–
車両をリアスタンドでジャッキアップします。 (
–
車両をフロントスタンドでジャッキアップします。 (
頁67)
–
通気性の良い防水シートかカバーで車両を覆います。
頁66)
x
保管
134
参考
空気を通さないカバーは湿気が逃げず、腐食の原因となりますので絶対に使用
しないで下さい。
保管中にエンジンを短時間のみ作動すると、車両に非常に悪い影響を与えます。
エンジンが十分に暖まらないため、燃焼の際に生じた水蒸気が結露し、バルブ
や排気管のさびの原因となります。
保管後、運転操作の前に
18.2
401059-01
–
車両をフロントスタンドから降ろします。 (
–
車両をリアスタンドから降ろします。 (
–
バッテリーを充電します。
頁66)
頁68)
–
x ( 頁102)
バッテリーを取り付けます。 x ( 頁101)
–
時計を設定します。 (
頁39)
–
燃料を給油します。 (
頁60)
–
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業を実施します。 (
–
試験走行を行います。
頁52)
トラブルシューティング
135
不具合
考えられる原因
対応
スタータースイッチを作動してもエン
ジンが回転しない
操作ミス
–
バッテリーがあがっている
–
エンジン始動方法の作業ステップに従って下さ
い。 ( 頁53)
バッテリーを充電します。
x(
頁102)
ヒューズ1、2、3、4のいずれかが飛ん –
でいる
各電装系部品のヒューズを交換します。
( 頁104)
正しくアース接続されていない
–
アース接続を点検します。
クラッチレバーを握らないとエンジン
が回転しない
ギアが入っている
–
ギアをニュートラルに入れます。
ギアが入っており、サイドスタンドが
出ている
–
ギアをニュートラルに入れます。
エンジンが回転しているのにかからな
い
操作ミス
–
エンジン始動方法の作業ステップに従って下さ
い。 ( 頁53)
燃料噴射システムの不具合
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読しま
す。
x
エンジンの出力が低過ぎる
エアフィルターがひどく汚れている
–
燃料フィルターがひどく汚れている
–
エアフィルターを交換します。
燃圧を点検します。
燃料噴射システムの不具合
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読しま
す。
x
x
エンジンが異常に熱くなる
冷却システムのクーラントが少な過ぎ
る
–
冷却システムに漏れがないか点検します。
–
クーラントのレベルを点検します。 (
ラジエーターのフィンがひどく汚れて
いる
–
ラジエーターのフィンを清掃します。
冷却システム内に気泡が発生している
–
クーラントを排出します。
–
冷却システムにクーラントを注入してエア抜き
をします。
( 頁120)
–
サーモスタットを点検します。
x(
頁119)
x
サーモスタットが故障している
頁117)
x
トラブルシューティング
136
不具合
考えられる原因
対応
エンジンが異常に熱くなる
ヒューズ5が飛んでいる
–
冷却ファン装置が故障している
–
冷却ファン装置を点検します。
エンジン診断警告ランプ (MIL)が赤く
点灯
燃料噴射システムの不具合
–
KTM 診断ツールでエラーメモリーを解読しま
す。
走行中にエンジンが停止する
燃料不足
オイルの消費が多い
各電装系部品のヒューズを交換します。
( 頁104)
x
x
–
燃料を給油します。 (
頁60)
ヒューズ1、2、3、4のいずれかが飛ん –
でいる
各電装系部品のヒューズを交換します。
( 頁104)
エンジンのエア抜きホースが折れ曲
がっている
–
エア抜きホースを折れのないように配置し、必
要に応じて交換します。
エンジンオイルのレベルが高過ぎる
–
エン ジ ン オ イ ル の レ ベ ル を 点 検 し ま す 。
( 頁126)
エンジンオイルの濃度 ( 粘度)が低過ぎ –
る
エンジンオイルとオイルフィルターを交換し、
オイルスクリーンを清掃します。
( 頁126)
ヘッドライトとパーキングライトが機
能しない
ヒューズ6が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換します。
( 頁104)
ターンシグナル、ブレーキライト、
ホーンが機能しない
ヒューズ6が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換します。
( 頁104)
時計が表示されない、または正しく表
示されない
ヒューズ2が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換します。
( 頁104)
–
時計を設定します。 (
車両を停止した際、イグニッションを
オフにしなかった
–
バッテリーを充電します。
バッテリーがジェネレーターで充電さ
れない
–
x(
充電電圧を点検します。 x
–
スタンバイ電流を点検します。
バッテリーがあがっている
x
頁39)
頁102)
x
トラブルシューティング
137
不具合
考えられる原因
対応
コンビネーションインスツルメントの
画面に何も表示されない
ヒューズ2が飛んでいる
–
各電装系部品のヒューズを交換します。
( 頁104)
–
時計を設定します。 (
–
ワイヤーハーネスとコネクターを点検します。
コンビネーションインスツルメントの
速度表示が機能しない
速度表示のワイヤーハーネスが損傷し
ている、またはコネクターが酸化して
いる
頁39)
仕様一覧-エンジン
138
構造
単気筒、4 ストローク、水冷エンジン
排気量
124.7 cm³
ストローク
47.2 mm
ボア
58 mm
圧縮比
12.8:1
駆動方式
4 バルブ DOHC、カムレバーによる制御、チェーンによる駆動
吸気バルブ直径
22.5 mm
排気バルブ直径
19 mm
吸気バルブ遊び ( 冷えた状態)
0.08… 0.12 mm
排気バルブ遊び ( 冷えた状態)
0.13… 0.17 mm
クランクシャフトベアリング
ボールベアリング x 2
コンロッドベアリング
スライドベアリング
ピストン
軽合金、鋳造
ピストンリング
L リング x 1、テーパフェースリング x 1、オイルリング x 1
エンジン潤滑方式
ローターポンプ 1 台による圧送式
一次減速比
22:72
クラッチ
湿式クラッチ、機械式作動
ギア
6 速常時噛合式
変速比
1速
12:34
2速
15:31
3速
18:28
4速
21:26
5速
22:23
仕様一覧-エンジン
6速
139
24:22
フューエルマネージメント
電子制御による燃料噴射
イグニッション
非接触制御電子イグニッション、デジタルイグニッションコント
ローラー
ジェネレーター
12 V、 238 W
スパークプラグ
BOSCH VR 5 NC
スパークプラグ電極間のクリアランス
0.8 mm
冷却システム
水冷式、ウォーターポンプによるクーラントの常時循環
アイドリング回転数
1,350… 1,450 rpm
エンジンスタート装置
セルフスターター
容量-エンジンオイル
20.1
エンジンオイル
1.50 L
外気温: 0… 50 °C
エンジンオイル(SAE 15W/50)
( 頁152)
外気温: −10… 40 °C
エンジンオイル(SAE 10W/40)
( 頁152)
容量-クーラント
20.2
クーラント
0.85 L
クーラント (
頁153)
クーラント混合液 (
頁153)
仕様一覧-エンジン締付けトルク
140
エンジンエア抜きプレート用スク
リュー
M5
7 Nm
Loctite® 243™
オイルジェット
M5
6 Nm
Loctite® 243™
オイルフィルターカバー用スクリュー
M5
12 Nm
Loctite® 243™
固定ブラケット用スクリュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
固定子ケーブル固定ブラケット用スク
リュー
M5
8 Nm
Loctite® 243™
固定子用スクリュー
M5
8 Nm
Loctite® 243™
ウォーターポンプカバー用スクリュー
M6
12 Nm
-
ウォーターポンプホイール用ナット
M6
8 Nm
-
ウォーターポンプ排水口用スクリュー
プラグ
M6
8 Nm
-
エンジンケース用スクリュー
M6x40
12 Nm
-
エンジンケース用スクリュー
M6x60
12 Nm
Loctite® 243™
オイルポンプ用スクリュー
M6
12 Nm
Loctite® 243™
カムシャフトベアリングブラケット用
スクリュー
M6
11 Nm
-
クラッチカバーのシャフトシールリン
グ固定ブラケット用スクリュー
M6
11 Nm
Loctite® 243™
クラッチカバー用スクリュー
M6
12 Nm
-
ジェネレーターカバー用スクリュー
M6
12 Nm
-
シフトロック用スクリュー
M6
12 Nm
Loctite® 243™
シリンダーヘッド用ナット
M6
12 Nm
-
スターターギア固定ブラケット用スク
リュー
M6
12 Nm
Loctite® 243™
仕様一覧-エンジン締付けトルク
141
セルフスターターモーター用スク
リュー
M6
12 Nm
-
タイミングチェーンテンショナーレー
ル用スクリュー
M6
12 Nm
Loctite® 243™
タイミングチェーンテンショナー用ス
クリュー
M6
12 Nm
-
バルブカバー用スクリュー
M6
12 Nm
-
フロントスプロケット保護プレート用
スクリュー
M6
11 Nm
Loctite® 243™
ベアリングロック用スクリュー
M6
12 Nm
Loctite® 243™
ロックレバー用スクリュー
M6
12 Nm
Loctite® 243™
コンロッドボルト用ナット
M7
24 Nm
-
カムシャフトギア用スクリュー
M8
20 Nm
Loctite® 243™
シフトアシストリターンスプリング用
スクリュー
M8
12 Nm
Loctite® 243™
バランサーシャフトギア用スクリュー
M8
20 Nm
Loctite® 243™
排気管フランジ用スタッドボルト
M8
22 Nm
-
排気管フランジ用ナット
M8
22 Nm
-
シリンダーヘッド用ナット
M10
40 Nm
ねじ山にはオイルを差し、
ヘッド接触面はグリースアッ
プ
ローター用スクリュー
M10
46 Nm
Loctite® 243™
水温センサー
M10
14 Nm
-
油圧スイッチ
M10
14 Nm
-
スパークプラグ
M12
15 Nm
-
インナークラッチハブ用ナット
M14
60 Nm
Loctite® 243™
仕様一覧-エンジン締付けトルク
142
タイミングチェーンギア用ナット
M14
55 Nm
Loctite® 243™
オイルドレインボルト
M24
20 Nm
-
第 1 ギア用ナット
M28
60 Nm
-
仕様一覧-シャーシ
143
フレーム
鋼管スペースフレーム、パウダーコーティング
フロントフォーク
WP Suspension
ショックアブソーバー
WP Suspension
ブレーキシステム
前輪
ディスクブレーキ、ダブルピストンキャリパー
後輪
ディスクブレーキ、シングルピストンキャリパー、フローティン
グマウント
サスペンションストローク
前輪
150 mm
後輪
150 mm
ブレーキディスク直径
前輪
280 mm
後輪
230 mm
ブレーキディスク磨耗限界
前輪
3.6 mm
後輪
3.5 mm
タイヤの空気圧 ( 同乗者なし)
前輪
2.0 bar
後輪
2.0 bar
タイヤ空気圧 ( 同乗者有り / 最大積載量)
前輪
2.0 bar
後輪
2.2 bar
二次減速比
14:45
チェーン
5/8 x 1/4” (520) O リング
仕様一覧-シャーシ
144
ステアリングヘッド角度
65°
ホイールベース
1,361±15 mm
シート高 ( 負荷がない状態)
810 mm
最低地上高 ( 負荷がない状態)
170 mm
燃料を除いた重量 ( 約)
125 kg
バッテリー
FTZ-7
バッテリー電圧: 12 V
定格容量: 6 Ah
メンテナンスフリー
ヒューズ
75011088010
10 A
ヒューズ
75011088015
15 A
ヒューズ
75011088030
30 A
ヘッドライト
H4 / ソケット P43t
12 V
60/55 W
ポジションライト
W5W / ソケット W2.1x9.5d
12 V
5W
ライトバルブ ( 電球)
22.1
インスツルメントの照明とインジケーター LED
ランプ
ターンシグナル
LED
ブレーキライト / テールライト
LED
ナンバープレートライト
LED
仕様一覧-シャーシ
145
タイヤ
22.2
前輪タイヤ
後輪タイヤ
110/70 R 17 M/C 54S TL
MRF revz FC
150/60 R 17 M/C 66S TL
MRF revz C
下記アドレスのサービスで、詳細を確認して下さい。
http://www.ktm.com
容量-燃料
22.3
フューエルタンク総容量 ( 約)
予備燃料 ( 約)
10.5 L
無鉛ハイオクガソリン(ROZ 95) (
1.5 L
頁154)
仕様一覧-フロントフォーク
146
フロントフォークタイプナンバー
90101000044
フロントフォーク
WP Suspension
フロントフォーク長
736 mm
フロントフォークオイル
フロントフォークオイル(SAE 5) (
頁154)
仕様一覧-ショックアブソーバー
147
ショックアブソーバータイプナンバー
90104010033
ショックアブソーバー
WP Suspension
スプリングプリロード
スタンダード
3 クリック
最大積載時
6 クリック
空車サグ
25 mm
ライディングサグ
45… 50 mm
取り付け時の全長
300 mm
仕様一覧-シャーシ締付けトルク
148
ヘッドライト用スクリュー
EJOT
4 Nm
-
コントロールユニット用スクリュー
M4
4 Nm
-
サブフレーム下部フェアリング用スク
リュー
M4
2 Nm
-
その他シャーシ用スクリュー
M4
4 Nm
-
ウインドシールド用スクリュー
M5
3 Nm
-
サイドスタンドスイッチ用スクリュー
M5
5 Nm
Loctite® 243™
サブフレーム下部カバー用スクリュー
M5
5 Nm
Loctite® 243™
スポイラー用スクリュー
M5
5 Nm
-
その他シャーシ用スクリュー
M5
5 Nm
-
タンクキャップ用スクリュー
M5
4 Nm
-
チェーンガード用スクリュー
M5
4 Nm
-
ナンバープレートホルダー用スク
リュー
M5
11 Nm
-
フューエルタンクのフランジキャップ
用スクリュー
M5
5 Nm
-
フューエルタンクフェアリング用スク
リュー
M5
5 Nm
-
傾斜角センサー用スクリュー
M5
6 Nm
-
後輪ブレーキのブレーキフルードリ
ザーバー用スクリュー
M5
6 Nm
Loctite® 243™
燃料ポンプ用スクリュー
M5
5 Nm
-
エアフィルターケース用スクリュー
M6
6 Nm
-
サイドスタンドスイッチのケーブルホ
ルダー用スクリュー
M6
9 Nm
Loctite® 243™
シート取付け用スクリュー ( 前方)
M6
5 Nm
-
仕様一覧-シャーシ締付けトルク
149
シート用スクリュー
M6
15 Nm
-
その他シャーシ用スクリュー
M6
10 Nm
-
その他シャーシ用ナット
M6
15 Nm
-
チェーンスライダーガード用スク
リュー
M6
9 Nm
Loctite® 243™
ナンバープレートホルダー用スク
リュー
M6
14 Nm
-
フューエルタンク用スクリュー
M6
14 Nm
-
ブレーキペダル調節用ナット
M6
9 Nm
-
フロントフェンダー用スクリュー
M6
11 Nm
-
ヘッドライトホルダー用スクリュー
M6
11 Nm
-
ヘッドライトマスク用スクリュー
M6
14 Nm
-
ラジエーターホルダー用スクリュー
M6
9 Nm
-
ラジエーター取付け用スクリュー
M6
6 Nm
-
ラジエーター用ナット
M6
5 Nm
-
リアエンド下部用スクリュー
M6
11 Nm
-
レギュレーターホルダー用スクリュー
M6
15 Nm
-
レギュレーター用スクリュー
M6
10 Nm
-
傾斜角センサーホルダー用スクリュー
M6
11 Nm
-
後輪スプラッシュガード用スクリュー
M6
9 Nm
-
後輪ブレーキのブレーキフルードリ
ザーバー用スクリュー
M6
9 Nm
-
イグニッションコイル用スクリュー
M6x1
9 Nm
-
サイドスタンドマグネットホルダー用
スクリュー
M6x1
5 Nm
Loctite® 243™
仕様一覧-シャーシ締付けトルク
150
シフト作動部用スクリュー
M6x1
11 Nm
Loctite® 243™
フットブレーキシリンダー用スク
リュー
M6x1
9 Nm
Loctite® 243™
調節タンク用スクリュー
M6x1
14 Nm
-
アッパートリプルクランプ用スク
リュー
M8
11 Nm
-
エンジンマウント用スクリュー
M8
26 Nm
-
サイドグリップ用スクリュー
M8
31 Nm
-
シフトレバー用スクリュー
M8
15 Nm
Loctite® 243™
その他シャーシ用スクリュー
M8
25 Nm
-
その他シャーシ用ナット
M8
30 Nm
-
ハンドルバークランプ用スクリュー
M8
21 Nm
-
フォークレッグのアクスル通し穴用ス
クリュー
M8
15 Nm
-
ブレーキペダル用スクリュー
M8
15 Nm
Loctite® 243™
ホーン用スクリュー
M8
21 Nm
-
ロアートリプルクランプ用スクリュー
M8
15 Nm
-
後方フットレストサポート用スク
リュー
M8
26 Nm
Loctite® 243™
後輪ブレーキディスク用スクリュー
M8
29 Nm
Loctite® 243™
前輪アクスルシャフト用スクリュー
M8
25 Nm
-
前輪ブレーキディスク用スクリュー
M8
29 Nm
Loctite® 243™
前輪ブレーキキャリパー用スクリュー
M8x1
30 Nm
Loctite® 243™
エンジン取付けスクリュー
M10
46 Nm
-
サイドスタンド用スクリュー
M10
34 Nm
-
仕様一覧-シャーシ締付けトルク
151
その他シャーシ用スクリュー
M10
45 Nm
-
その他シャーシ用ナット
M10
50 Nm
-
ターンシグナル用ナット
M10
6 Nm
-
ハンドルアダプター用スクリュー
M10
21 Nm
-
ミラー用スクリュー
M10
16 Nm
-
サイドスタンド取付けアーム用スク
リュー
M10x1.25
25 Nm
Loctite® 243™
ショックアブソーバー用上部スク
リュー
M10x1.25
50 Nm
-
リアスプロケットスクリュー用ナット
M10x1.25
47 Nm
-
前方フットレストサポート用スク
リュー
M10x1.25
46 Nm
-
スイングアームピボット用ナット
M14x1.5
98 Nm
-
後輪アクスルシャフト用ナット
M14x1.5
60 Nm
-
油脂類
152
エンジンオイル(SAE 15W/50)
以下の規格に準ずる
– JASO T903 MA (
–
SAE (
頁157)
頁157)(SAE 15W/50)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するエンジンオイルのみを使用して下さい。KTM では
Motorex®社の製品をお勧めしています。
一部化学合成エンジンオイル
推奨製品
Motorex®
– Formula 4T
エンジンオイル(SAE 10W/40)
以下の規格に準ずる
– JASO T903 MA (
–
SAE (
頁157)
頁157)(SAE 10W/40)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するエンジンオイルのみを使用して下さい。KTM では
Motorex®社の製品をお勧めしています。
一部化学合成エンジンオイル
推奨製品
Motorex®
– Formula 4T
油脂類
153
クーラント
規定
– 適切なクーラントのみをご使用下さい ( 気温が高い地域でも)。品質の悪い不凍液を使用すると、腐食や気泡が発生する恐れがあり
ます。KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
配合割合
耐凍結効果: −25… −45 °C
50 % 腐食防止不凍液
50 % 蒸留水
クーラント混合液
耐凍結効果
−40 °C
推奨製品
Motorex®
– Anti Freeze
ブレーキフルード DOT 4 / DOT 5.1
以下の規格に準ずる
– DOT
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するブレーキフルードのみを使用して下さい。KTM では
Castrol社とMotorex®社の製品をお勧めしています。
推奨製品
Castrol
– RESPONSE BRAKE FLUID SUPER DOT 4
Motorex®
– Brake Fluid DOT 5.1
油脂類
154
フロントフォークオイル(SAE 5)
以下の規格に準ずる
– SAE ( 頁157)(SAE 5)
規定
– 指定された規格 ( タンク記載を参照)に適合し、これに応じた特性を有するオイルのみを使用して下さい。KTM ではMotorex®社の製
品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Racing Fork Oil
無鉛ハイオクガソリン(ROZ 95)
以下の規格に準ずる
– DIN EN 228(ROZ 95)
規定
– 指定された規格に適合する、または同等の無鉛ハイオクガソリンのみを使用して下さい。
–
最大 10%のエタノールを含む混合ガソリン (E10)を使用しても問題ありません。
参考
メタノール燃料 (M15、M85、M100 など)および 10%以上のエタノールを混合した燃料 (E15、E25、E85、E100 など) は使用
しないで下さい。
ケミカル類
チェーンスプレー Onroad
規定
– KTM ではMotorex®社の製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Chainlube Road
チェーン洗浄剤
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Chain Clean
モーターサイクル用洗浄剤
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Moto Clean 900
ラッカー塗装、金属、プラスチック用洗浄剤および光沢剤
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Clean & Polish
155
ケミカル類
ラッカー塗装用光沢剤
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Moto Polish
金属・ゴム用の洗浄・手入れ剤
規定
– KTM ではMotorex®社の製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Protect & Shine
耐久性グリース
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Bike Grease 2000
汎用オイルスプレー
規定
– KTM ではMotorex®社製製品をお勧めしています。
推奨製品
Motorex®
– Joker 440 Synthetic
156
規格
157
JASO T903 MA
多岐にわたる技術開発を受け、4 ストロークエンジン搭載モーターサイクル専用の仕様規格、JASO T903 MA が生まれました。以前は
モーターサイクル専用の仕様がなく、4 ストロークモーターサイクルには乗用車用のエンジンオイルが使われていました。乗用車ではエ
ンジンのメンテナンス頻度を下げる事が重要である一方、モーターサイクルエンジンでは何よりも高回転数で高い出力を引き出す事が
要求されます。さらにモーターサイクルでは、ギアやクラッチにもエンジンと同じオイルが使用される事が珍しくありません。JASO
MA 規格はこれら特殊な需要を考慮に入れた内容となっています。
SAE
SAE 粘度は米国の自動車技術者協会 (Society of Automotive Engineers)によって定められたもので、オイルをその粘度によってクラス分
けするものです。粘度はオイルの一特性に過ぎず、その品質を表すものではありません。
索引
158
O
エンジンナンバー
OWNER'S MANUAL . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
お
あ
オイルスクリーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
索引
アクセサリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
アクセルワイヤーの遊び
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 123
オイルフィルター
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
い
イグニッション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
インジケーターランプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 26
各部の名称
左前方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
右後方 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
う
環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 9
運転操作の前に
運転操作の前に必ず行う点検・メンテナンス作業 . . . . . . 52
初めて運転操作を行う際の注意 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
保管後 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 134
き
え
エマージェンシーOFFスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
エンジン
慣らし運転をする
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 49
エンジンオイル
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
補給する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 129
エンジンオイルのレベル
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 126
エンジン始動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 53
か
キーナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
給油する
燃料 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
キロメートルかマイル
選択する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 38
く
クーラント
排出する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 119
クーラントのレベル
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115, 117
クラッチレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
索引
159
クラッチレバーの遊び
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 124
クラッチワイヤーの遊び
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 125
こ
後輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 93
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 92
後輪のハブダンパー
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 95
コンビネーションインスツルメント
インジケーターランプ . . . . . . .
インフォメーションディスプレイ
起動とテスト . . . . . . . . . . . . . .
機能ボタン . . . . . . . . . . . . . . .
クーラントの温度表示 . . . . . . .
警告通知 . . . . . . . . . . . . . . . . .
サービス / 走行時間メニュー . . .
走行距離 1 TRIP 1メニュー . . . .
走行距離 2 TRIP 2メニュー . . . .
走行時間 / 平均速度メニュー . . .
総走行距離ODOメニュー . . . . .
ディスプレイ . . . . . . . . . . . . . .
表示TRIP F . . . . . . . . . . . . . . .
フューエルタンクの残量表示 . .
平均速度 / サービスメニュー . . .
さ
サービス . . . . .
サービスプラン
サイドグリップ
サイドスタンド
作業上の決まり
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
....7
. 62-63
. . . 44
. . . 47
....8
し
シート
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 70
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
シートロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
..
.
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
..
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
26
31
24
25
30
32
35
37
38
34
36
27
29
28
35
シフト回転数RPM 1
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
シフト回転数RPM 2
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
シフト操作
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
シフトレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
シャーシナンバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
車載工具 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 44
車両
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
フロントスタンドから降ろす . . . . . . .
フロントスタンドでジャッキアップする
リアスタンドから降ろす . . . . . . . . . . .
リアスタンドでジャッキアップする . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
130
. 66
. 66
. 68
. 67
索引
車両に荷物を積む
160
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
仕様一覧
エンジン . . . . . . . . . .
締付けトルクエンジン
締付けトルクシャーシ
シャーシ . . . . . . . . . .
ショックアブソーバー
フロントフォーク . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
.
138-139
140-142
148-151
143-145
. . . 147
. . . 146
使用環境 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
ショックアブソーバー
スプリングプリロードを調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
す
スタータースイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
スペアパーツ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
スロットルグリップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
せ
前輪
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 91
た
ターンシグナルスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
タイプラベル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 16
タイヤの空気圧
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 98
タイヤの状態
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 96
ち
チェーン
清掃する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
汚れを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 71
チェーンの遊び
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 74
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 72
駐車 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
て
停止 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 58
と
冬季運転
点検・メンテナンス作業 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 132
時計
設定する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 135-137
に
荷物 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 50
は
パッシングライトスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
索引
バッテリー
充電する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 102
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 101
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 100
ハンドルロック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 22
161
( 前輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 82
ブレーキペダル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
遊びを調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 88
遊びを点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 87
ひ
ブレーキレバー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
ブレーキをかける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
ヒューズ
( 各電装系部品)交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 104
フロントスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
ふ
フロントスポイラー
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 79
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 78
フィラーキャップ
閉じる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 43
開く . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
不凍液
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 115
ブレーキ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 57
ブレーキディスク
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 81
ブレーキパッド
( 後輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 89
( 前輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 84
へ
ヘッドライトの設定
調節する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 112
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 111
ヘッドライトバルブ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 106
ほ
ホーンスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
保管 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 133
ブレーキフルード
( 後輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 86
( 前輪ブレーキ)補給する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 83
ポジションライトのバルブ
交換する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 108
ブレーキフルードのレベル
( 後輪ブレーキ)点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 85
ゆ
保証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
油脂類 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7
索引
輸送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8
ら
ライディング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 55
発進 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 54
ライトスイッチ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
り
リアシート
取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 69
取り外す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 68
リアシート用フットレスト . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 45
リアスプロケット
点検する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 76
れ
冷却システム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 114
クーラントを注入してエア抜きをする . . . . . . . . . . . . . 120
162
*3211668ja*
3211668ja
2011 年 4 月
KTM-Sportmotorcycle AG
5230 Mattighofen/オーストリア
http://www.ktm.com
写真: ミッターバウワー
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement