Fujitsu AS-W22E-W インストールガイド

Add to My manuals
2 Pages

advertisement

Fujitsu AS-W22E-W インストールガイド | Manualzz
このエアコンは、地球のオゾン層を破壊しない、
冷媒 R32 を使用しています。
家庭用エアコン(冷媒 R32)には GWP(地球温暖化係
数)が 675 のフロン類が封入されています。地球温暖
化防止のため、移設・修理・廃棄等にあたってはフロ
ン類の回収が必要です。
据付工事後に、必ず確認してください
確認した項目の□の中に
9321821004-02
警告
絵表示の意味は
次の通りです。
注意
この絵表示は、必ず実行していただく「強制」内容
です。
この絵表示は、してはいけない「禁止」内容です。
●据付工事は、必ず付属品および指定の部品を使用し、この
(お子様などが室外ユニットに乗り、手すりを乗り越え、落下事故の原因)
電源コードの長さ
受信部
本体パネルR
5
●配管は、後、左、右、下、左後、左下から取り
出せます。
(裏面)
左
室内ユニット
cm
180
※3 以
上
cm
※4
右
9.5
cm
下
以
上
配管長さ
カーテン
などの
障害物
接続配管
能力クラス
細管
太管
22、25、28、
直径
直径
40、56 タイプ 6.35 mm(1/4")9.52mm(3/8")
63、71
直径
直径
タイプ
6.35 mm(1/4")12.7mm(1/2")
左側面
右側面
正面
※必ず R32 用もしくは R410A 用の配管(肉厚
0.8mm 以上)をご用意ください。
●接続配管は必ず太管・細管共断熱してください。
また、太管・細管は別々に断熱してください。
室外ユニット
下面
22・25・28 56・63・71
・40タイプ タイプ
正面
背面
右側面
左側面
下面
20cm以上
5cm以上
25cm以上
10cm以上
5cm以上
30cm以上
10cm以上
30cm以上
10cm以上
5cm以上
置き台
(現地手配)
地面に直接据え付けますと、故障
の原因になることがあります。
延長用ドレンホース
●延長用ドレンホースには、接続口の内径が
16mm のものを使用してください。
アース棒
(現地手配)
※効率の良い運転のために、室外ユニット据え付けは正面・左側面の2方向をなるべく開放
してください。
接続ケーブル
●接続ケーブルは、VVF ケーブル直径 2.0mm、
3 芯のものを使用してください。
注意
アンダーカバー
スリット
切り取る
●ドレンホースとドレンキャップは、突き当たるまで確実にまっ
据付金具(現地手配)をご使用ください。
●据付金具(現地手配)に付属の説明書に従って取り付けてください。
●取付部が石膏ボード等木ネジが効かない場所には、カサ式ボードア
ンカー等各専用ネジをご使用ください。
注意
●差し込むとき口元には水以外のものは塗布しない
水以外のものを塗布すると、劣化し水漏れの原因になることがあります。
●ドレンホースは必ず配管の下側になるようにテープで止める
室外ユニット取付穴位置
54cm
室外ユニットのドレン水の処理
●暖房運転時は、室外ユニットから水が出ます。支障となる場合は排
水工事を行ってください。
据付板
接続配管
目印
細管
▽
ネジ(Φ4×16)ドレンホース
①ドレンホースをはずす
●ドレンホース左側にあるネジをは
ずし、ドレンホースを引き抜きま
す。
②ドレンキャップをはずす
●ドレンキャップは、ペンチなどで
先端の突起部を引っ張ってはずし
ます。
すき間がないように!
③ドレンキャップを取り付ける
●六角棒レンチ(対辺 4mm)を使
用して、ドレンキャップがドレン
ドレンコック
コック先端に当たるまで差し込み
六角棒レンチ
ドレンキャップ
ます。
ネジ(Φ4×16)
④ドレンホースを取り付ける
●ドレン固定具がドレンコック左の
ネジ(Φ4×16)
ネジ穴に当たるまで、ドレンホー
スを奥までまっすぐ差し込みま
す。
ドレン
●ドレン固定具をネジで固定しま
固定具 ドレンホース
す。(ドレンホース付け換え前に ドレンコック
はずしたネジを使用。)
●5°以上傾かないようにしてください。
●ドレンホースをはずした後には、ドレンキャップを付ける
●ドレンホースとドレンキャップを必ず付けかえてください。
ドレンキャップ
●騒音や振動が増大しないように、しっかりした台(ブロックなど)
の上に据え付けてください。
●地面に直接据え付けますと、故障の原因になることがあります。
●転倒や落下、据付位置のずれがないように室外ユニットを固定して
ください。
●振動が家屋に伝わるおそれのある場所では、防振ゴムなどの防振材
(現地手配)を室外ユニットの下に介して据え付けてください。
すぐ差し込む
左出し・左後出し・左下出し配管の場合
《ドレンホースの付けかえ》
ドレンホース
回り縁と鴨居に取り付ける場合
斜めに差し込むと、水漏れの原因になることがあります。
テープで止める
●接続配管は、下表に示す寸法で「JIS H3300」に
定める「リン脱酸銅継目無管(C1220T)」で内部
の付着油量 40mg/10m 以下を使用してください。
背面
ベランダ天井据付
の時は5cm以上
原則開放
床
左下
最大 15m
配管高低差 最大 10m
本体パネルL
●右出し・後出し配管の場合には、ドレンホースが必ず配管の下側に
《接続配管の成形》
なるようにドレンホース・配管をまとめ、テープで止めてください。
●あらかじめ据付板上の目印(太管・細管)にフレア先端部を合わせ、
接続配管を成形してください。
●接続配管は曲げ半径 70mm 以上で曲げ、壁面からの浮きは 35mm
以下にしてください。
●接続配管の曲げ加工は、配管をつぶさないように注意してください。
右出し
●接続配管は何度も曲げ伸ばしを繰り返しますと、銅管が硬化して曲
配管(上側)
げ伸ばしができなくなりますので、曲げ伸ばしは、3 回以内にしてく
後出し
下出し
ださい。
ドレンホース(下側)
左後
後
●ドレンホースの接続口に近い所を持って作業してください。
●ネジが奥にあるので、マグネット加工されているドライバーを使用
してください。
(例)左下出し配管の場合
スリット
後出し・右出し・下出し配管の場合
《ドレンホース・配管の成形》
可動パネル
10
本体パネルL
ドレンホース・配管(接続配管)の成形
O
ウォールキャップ
(現地手配)
●右出し、下出し、左出し、左下出し配管の場合には、それぞれの配
管出し用のスリットを切り取ってください。
(例)左出し配管の場合
ネジ込み式
ボードアンカー
5. 室外ユニットの据え付け
配管取出し口の加工
切り取る
室内ユニットの配管取り出し方向
室外ユニット
●室外ユニットの周囲に右図の間隔が取れる所。
・室外ユニットの周囲に開放された場所が選べず、やむを得ず 2 方向
に壁などの障害がある場所に据え付ける場合、冷暖房能力および入
力は 10% 程度悪化する場合があります。
●雨や直射日光が当たりにくく、風通しの良い所。
●近くに熱源の発生、可燃性ガスの漏れ、またはたまるおそれのない所。
●蒸気、油煙、ちり、ホコリの排出される排気口、換気口などより離
れている所。
●テレビ、ラジオ、無線機などのアンテナより 3m 以上離れている所。
●強い風が直接吹きつけない所。
●暖房時のドレン水が排水されても支障のない所。
●室外ユニット吹出口からの風や騒音が隣家の迷惑にならない所。
・特に隣家との境界線では、公害対策基本法第 9 条の規定に基づく騒
音に係る環境基準および都道府県の条例などを満足するように据え
付けてください。
●据え付けが規制されていない所。
・地区によっては、屋根上などの据え付けが規制されている場合があ
ります。
4. 室内ユニットの取り付け
※室内ユニットに貼られている梱包テープをはがしてください。
※ 1: 据付板と天井を 8.4cm 以上離してください。
※ 2: 側壁と接する側は、左記の寸法を確保してください。
※ 3: 障害物の奥行が 9.5cm 以上の場合、室内ユニットから
障害物まで 10cm 以上離してください。
※ 4: 室内ユニット下面から床まで 180cm 以上離してください。
ネジ
ネジ
カサ式
ボードアンカー
(締め付け変形後)
完全にふさがないと、壁内の高湿空気が室内に侵入し露たれの原因になります。また、壁内
のにおいが室内に侵入する原因になります。
置しない
O
以
上
Ტܴ‫ͨٳ‬Უ
(小動物が侵入して、内部の電気部品に触れると、故障や発煙、発火
の原因)
また、お客様に周辺をきれいに保つことをお願いしてください。
パネル
ネジ込み式のボードアンカーは、締め過ぎると、保持強度が極端に落ちる
場合がありますので、使用しないでください。
据付板
壁
ُ
●壁と壁穴用パイプ・ウォールキャップの隙間をシーラパテなどで完全にふさぐ
(水滴が滴下する場合があり、汚損や故障の原因)
8.6cm以上
cm
ᲢܴϋͨᲣ
壁の構造(メタルラス張り、ワイヤラス張りまたは金属張りの壁)によっては、壁穴用パイ
プを使用しないと、漏電などの原因になるため、法律でその使用が定められています。
●室外ユニットは、小動物のすみかになるような場所には設
※2
運転およびフィルタ
おそうじの時に可動
パネルが上昇します
Ტܴ‫ͨٳ‬Უ
警告
●室内外ユニットの下にほかの電気製品や家財などを置かない
8.2cm以上
設置例
Ƿȸȩ
ȑȆ
●壁穴用パイプは必ず使用する
室内外ユニット据付図
本体パネルL
ᲢܴϋͨᲣ
※印は、室外ユニットに同梱。
(万一ガスが漏れてエアコンの周囲にたまると、発火して火災などの原因)
(漏電しゃ断器が取り付けられていないと、感電や火災の原因)
室内ユニット
定する
᳧᳧ᆭ
Ƿȸȩ
᳸ ᳧᳧ ȑȆ
ɦƛǔ
ُ
●可燃性ガスが漏れるおそれのある所へは設置しない
●漏電しゃ断器を取り付ける
据付板 可動パネル
OO
(手を切る原因)
(より線を使用したり、接続ケーブルの途中接続、差し込み・固定が
不確実な場合、故障や感電、火災などの原因)
※2
ă
●室内外ユニットのアルミフィンに触らない
ブル直径 2.0mm)を使用し、確実に端子盤へ差し込む
また、端子盤に接続ケーブルからの無理な力が加わらない
ように、接続ケーブルを「配線押さえ」で確実に固定する
8.4
cm
天面レール ※1 以
上
᳧᳧ᆭ
OO
(排水経路が不確実な場合、屋内に浸水し、家財などをぬらす原因)
ケー
15mm以下
注意
配管する
(電源回路容量不足や施工不備があると、感電、火災などの原因)
水準器
据付板
●壁が石膏ボードの場合、必ずカサ式ボードアンカーを用いて固
●ウォールキャップのフランジ径
が 72mm 以上のものを使用する
場合は、図のように下側のフラ
ンジをカットしてください。
●ドレン工事は、据付説明書に従って確実に排水するように
備に関する技術基準」「内線規程」および据付説明書に従っ
て施工し、必ず専用回路を使用する
ɶ࣎Ȟȸǯ
ウォールキャップ(現地手配)
注意
●電気工事は、電気工事士の資格を持っている人が「電気設
据付場所の選定
※ドレン排水管× 1
アース工事は、販売店または専門業者に依頼する
(冷媒が漏れ、熱源や火気などに触れると、有毒ガスが発生する原因)
●室内外ユニット間の配線は、所定の接続ケーブル(VVF
ੁ˄ெ
●壁穴用パイプは、市販のパイプ
外径 60mm を使用してください。
(アース線は、ガス管、水道管、避雷針、電話のアース線に接続しない。
アースが不確実な場合は、感電の原因)
(据付工事に不備があると、室内外ユニットの落下によるけがなどの原因)
室内ユニット
2. 穴あけ
●アース(接地)を確実に行う
●周囲に熱源や火気がないことを確認してから作業を行う
公団用穴
公団用ボルトの出し代
据付板
壁
壁穴用パイプ(現地手配)
●据え付けは、室内外ユニットの重さに十分耐える所に確実に行う
125V20A
250V15A
250V20A ○
①壁穴は、直径 65mm の穴を室外側に下りぎみにあけます。(下図参照)
②壁穴用パイプは壁の厚さに合わせて切断し、ウォールキャップをはめ、穴に挿入します。
●室外ユニットをベランダの手すり近くに設置しない
(圧縮機を運転したまま、かつサービスバルブが開放状態で、接続配
管をはずすと空気などを吸引し、冷凍サイクル内が異常高圧となり、
破裂、けがなどの原因)
20A
15A
20A
●据付板は室内ユニットの裏面にあります。
①水準器などを用いて水平を確認します。
②据付板は、下図のように外周に近い穴をネジ 5 本以上用いて固定し
ます。
・据え付けは、壁内の構造物を利用して重量に十分耐えられるよう行っ
てください。
③据付板にびりつきがないことを確認します。
●公団用穴を利用するときは、据付板を壁に直接取り付け、2 つの袋ナッ
トで固定してください。
ネジ5本
(接続不良、絶縁不良、許容電流オーバーなどにより、感電、火災の原因)
●ポンプダウン作業では、接続配管をはずす前に圧縮機を停止する
壁に直接取り付ける場合
125V15A
漏電しゃ断器が取り付けられていないと、感電や火災の原因になります。
●乾電池(単 4 形)
×2
線はしない
(接続配管が取り付けられておらず、かつサービスバルブが開放状態
で圧縮機を運転すると、空気などを吸引し、冷凍サイクル内が異常高
圧となり、破裂、けがなどの原因)
機種名
●リモコン × 1
(空気などが混入すると異常高圧になり、破裂、けがなどの原因)
●据付作業では、圧縮機を運転する前に確実に接続配管を取り付ける
コンセント定格
15A
単相 200V
感電、火災の原因になります。
●電源コードを束ねたり、加工・延長コードの使用・タコ足配
(フレアナットの締め付け過ぎがあると、長期経過後フレアナットが割れ、
冷媒漏れの原因)
(漏れた冷媒が火気に触れると、
有毒ガスが発生する原因)
傾きがあると水漏れの原因になることがあります。
ヒューズおよびブレーカー定格
単相 100V
●漏電しゃ断器を取り付ける
●冷凍サイクル内に指定冷媒(R32)以外の空気などを入れない
●フレアナットは、トルクレンチで指定の方法で締め付ける
電源
●電源コードの改造や延長はしない
(機器の故障や破裂、けがなどの原因)
用のものを使用する
工事(施工)会社名、確認者、
電話番号
●クロステープ × 1
●指定冷媒(R32)以外は使用(冷媒補充・入れ替え)しない
R32 用もしくは R410A
(冷媒 R22 用の部材を使用すると、機器の故障と同時に冷凍サイクル
の破裂などの重大な事故の原因)
確認日
●ネジ× 5
(Φ 4 × 25)
据付板取付用
能力クラス
22・25・28
タイプ
40 タイプ
56 タイプ
63・71 タイプ
電源回路の容量不足などがあると、火災の原因になります。
(ホコリの付着、詰まり、がたつきがあると、感電、火災の原因)
コンセントにがたつきがある場合は、交換してください。
(冷媒が火気に触れると、有毒ガスが発生する原因)
●据付板は、水平・垂直に取り付ける
●電源は必ず専用の分岐回路にし、専用のコンセントを設ける
ンセント側にもホコリの付着、詰まり、がたつきがないこ
とを確認し刃の根元まで確実に差し込む
(室内外ユニットの落下、水漏れ、けが、感電、火災などの原因)
●作業中に冷媒が漏れた場合は換気する
●配管、フレアナット、工具は、冷媒
電気工事に不備があると、感電や火災の原因になります。
●電源プラグを差し込む際は、電源プラグ側だけでなく、コ
据付説明書に従って確実に行う
注意
する技術基準」「内線規程」に従って施工する
(冷媒が室内に漏れ、ストーブなどの火気に触れると、有毒ガスが発生する原因)
(ご自分で据付工事をされ不備があると、水漏れやけが、感電、火災などの原因)
据付工事に不備があると、室内ユニットの落下によるけがなどの原因になります。
●電気工事・アース工事は、電気工事士の資格を持っている人が、
「電気設備に関
●据付工事終了後、冷媒が漏れていないことを確認する
●据付工事は、お買い上げの販売店または専門業者に依頼する
警告
●据え付けは、室内ユニットの重さに十分耐える所に確実に行う
警告
取り扱いを誤った場合、軽傷を負うおそれまたは物的損
害を生じるおそれがあるもの。
警告
□電源は専用回路です
□室内外ユニットはがたつきがなく設置されています
□室内ユニットは水平に設置されています
□電源コードの中間接続や延長コードの使用、タコ足配線は行っていま
せん
□電源コンセントと電源プラグにがたつきはありません
□端子盤の番号と接続ケーブルの色は、室内ユニットと室外ユニットを
合わせました
□接続ケーブルの中間接続を行っていません
□アースの接続は確実です
□サービスバルブ(液側・ガス側)は全開です
□ドレンホースの接続は確実です
□水を流してドレン排水が正常であることを確認しました
□断熱は確実に行いました(接続配管)
□壁穴部の隙間は完全にふさぎました
□室内外ユニットの吸込口、吹出口は障害物でふさがっていません
□ダストボックス、エアフィルターは正しく取り付けました
□パネルはきちんと閉じました
□試運転を行いました
□リモコンの設定をしました
□リモコンで操作し、エラーや異音なく冷房・暖房運転が出来ることを
確認しました
□フィルタークリーン機能はエラー、異音などなく動作しました
□取扱説明書に従って、お客様にご使用方法、お手入れのしかたなどを
説明しました
□この据付説明書は取扱説明書、保証書とともに、お客様で保管してい
ただくように依頼しました
●据付板の周囲に右図の間隔が取れる所。
●室内ユニットの重さに耐え、共振音の出ない丈夫な壁面。
●吸込口、吹出口付近に障害物がなく、冷気・暖気が部屋全体に行き
わたる所。
●室内ユニットの吹出口が、火災警報器から 1.5m 以上離れた所。
●近くに熱源や蒸気の発生、可燃性ガスの漏れるおそれのない所。
●直射日光の当たらない所。
●ドレン排水がしやすい所。
●ダストボックス、エアフィルターが着脱できる所。
●電源(専用回路)に近い所。(電源プラグが届く所)
・電源は必ず専用回路を使用してください。他の電源回路を使うとテ
レビ、ラジオなどにノイズが発生するおそれがあります。
●室内ユニットと電源コードが、テレビ、ラジオおよびそのアンテナ
線より 1m 以上離れている所。
●電子式瞬時点灯方式の蛍光灯、薄型テレビの画面の影響を受けない所。
・電子式瞬時点灯方式(インバーター方式など)の蛍光灯の近くに設
置すると、リモコンの信号を受け付けないことがありますのでご注
意ください。昼間でも点灯してリモコンの信号を受け付けることを
確認してください。
●電源は、必ず製品の定格電圧と合わせてください。
●電源が異なると、内部の電気部品が破損し運転できなくなります。または正常に動作
しません。
■お使いになる人や他の人への危害、財産への損害を未然に防ぐため、必ずお守りいただくことを説明しています。
●据付工事の前に、この「安全上のご注意」をよくお読みのうえ据え付けてください。
●ここに示した注意事項は、いずれも安全に関する重要な内容を記載していますので、必ず守ってください。
●据付工事完了後、試運転を行い異常がないことを確認するとともに、取扱説明書に従って、お客様にご使用方法、お手入れのしかたなどを説明
してください。また、この据付説明書は取扱説明書、保証書とともに、お客様で保管していただくように依頼してください。
取り扱いを誤った場合、死亡または重傷を負うおそれが
あるもの。
3. 据付板の取り付け
1. 電源について
●据付板 × 1
安全上のご注意(必ずお守りください)
印を記入してください。
●お客様の同意を得て据え付けてください。
●調理場など油煙のある場所や、工場などで油を使用している場所、
潮風が直接当たる場所、温泉地帯など硫化ガスの発生する場所、腐
食性ガスの発生する場所、ちり、ホコリの多い場所、動物の尿がかかっ
たり、アンモニアの発生する場所への設置は避けてください。
●下記の条件が満たせる場所を選定してください。
標準付属部品
32cm
ルームエアコン 据付説明書
太管
▽
フレア加工
●フレア加工のしかたは、
「7.配管の接続・エアパ
ージ」の項目を参照して
細管 太管
ください。
ドレン排水管
室外ユニット底面
室内ユニットの取り付け
①室内ユニットを据付板の上ひっかけ部に掛けます。
②室内ユニットと据付板との間に梱包用クッション材などをはさみ室
内ユニットの下部を浮かせます。
ᲢɥƻƬƔƚᢿᲣ
఻ѼဇǯȃǷȧȳ஬ƳƲ
ܴϋȦȋȃȈ
ᲢɦᢿȄȡᲣ ᲢɦƻƬƔƚᢿᲣ
ǢȳȀȸǫȐȸ
ੁ˄ெ
ŪᣐዴȷᣐሥƷ੗ዓƸŴƜƷཞ७ưᘍƍLJƢŵ
ŪǢȳȀȸǫȐȸǛӕǓƸƣƢƱŴ˺ಅƕᘍƍǍƢƘƳǓLJƢŵᲢӕǓƸƣƠƔƨ
ųƸŴžஜ˳ȑȍȫ4ƷƸƣƠƔƨȷӕǓ˄ƚƔƨſƷ᪮ႸǛӋༀƠƯƘƩƞƍŵᲣ
ドレンホース
(市販のホース16mm用)
●氷点下の外気温が 2 ~ 3 日続く地域では、排水工事をしないで
「タレ流し」の状態にしてください。
ᩌᨊƚᲢྵ‫ע‬৖ᣐᲣ
積雪が多い地域での設置
●室外ユニットの吸込口や吹出口
が雪でふさがれると、暖まりに
くくなったり故障の原因になる
ことがあります。雪除けを設置
したり、高置台(現地手配)に
設置してください。
᭗ፗӨ
Ტྵ‫ע‬৖ᣐᲣ
裏面につづく
9321821004-02̲IM̲Jp̲AS-W22E-W̲据付説明書̲150731.indd 1
2015/07/31 15:58:04
9. 仕上げ
6. 配線の接続
警告
注意
●接続ケーブルは
VVF ケーブル直径 2.0mm を使用する
より線は絶対に使用しない
より線を使用すると火災の原因になります。
差し込みが不確実ですと火災の原因になります。
Ტ
●接続ケーブルは必ず配線押さえで固定する
●接続ケーブルを途中で接続しない
故障、感電、火災などの原因になります。
①パネルを開きます。
②片手でパネルを押さえながら、パネル支えをパネルの矢印位置に合わ
せてパネルを固定する。(詳しくは、「パネルのはずしかた・取り付け
かた」の項目を参照してください。)
③配線カバーをはずします。
④配線押さえをはずします。
⑤接続ケーブルを室内ユニット裏側から通します。
電装カバーのはずしかた・取り付けかた
22・25・28・40 タイプ
①電装カバーをはずします。(右図参照)
②室外ユニットの配線押さえをはずします。
《はずしかた》
(むき出し部の芯線は、 ①ネジ(3 本)をはずします。
③接続ケーブルの先端を端子盤に確実に差し込みます。
まっすぐにしてむき線部が見えなくなるまで差し込んでください。)
②電装カバー B を下側に押し下げて
から、手前に引いてはずします。
④接続ケーブルの外装部を配線押さえで固定します。
③電装カバー A を上側に押し上げて
(ネジで固定してください。)
から、手前に引いてはずします。
)
ネジ
35mm
接続ケーブル
VVFケーブル
直径2.0mm
15mm
(むき線部)
(絶縁体)
接続ケーブル
(VVFケーブル
直径2.0mm)
配線押さえ
⑥接続ケーブルの先端を端子盤に確実に差し込みます。
(むき出し部の芯線
は、まっすぐにしてむき線部が見えなくなるまで差し込んでください。
)
ႉ
⑦接続ケーブルの外装部を配線押さえで固定します。
(ネジで固定してください。)
ᣐዴ਀ƞƑ
Ტ
ȍǸ
੗ዓDZȸȖȫ
88(DZȸȖȫ
ႺࢲOO
Უ
電装カバー
ネジ
フレアナットの締め付け過ぎがあると、長期経過後フレアナットが割れ、
冷媒漏れの原因になります。
また、漏れた冷媒が火気に触れると、有毒ガスが発生する原因になります。
●据付作業では、圧縮機を運転する前に確実に接続配管を取り付
ける
接続配管が取り付けられておらず、かつサービスバルブが開放状態で圧縮
機を運転すると、空気などを吸引し、冷凍サイクル内が異常高圧となり、
破裂、けがなどの原因になります。
フレア加工
①パイプカッターで接続配管を必要な長さに切断します。
②切粉が銅管に入らないよう下向きにしてバリを取ります。
③フレアナットを銅管に挿入し、フレア工具でフレア加工します。
ダイス
ダイス
A
L
「L」が均一に
広がっているか、
割れや傷がない
かチェックしてく
ださい。
銅管
銅管外径
A(mm)
R32 もしくは R410A 用フレアツールクラッチ式
6.35mm(1/4")
9.52mm(3/8")
12.7mm(1/2")
0 ~ 0.5
配管の接続
●配管は折れ防止のため、急激に曲げたりせず半径 70mm 以上で曲
げてください。
●配管は同じ箇所の曲げ伸ばしを何度も行いますと、折れるおそれが
ありますのでご注意ください。
●本体のフレアナットは、配管接続の直前まではずさないでください。
●フレア面への冷凍機油の塗布は行わないでください。
①室外側ウォールキャップ(現地手配)を壁穴用パイプに取リ付けます。
②室内ユニットの配管と接続配管の中心を合わせ、手で十分フレアナッ
トを締めた後、トルクレンチを使用し、2 丁スパナ方式で規定のトル
クで締め付けます。
③室外ユニットの弁部と接続配管の中心を合わせ、手で十分フレアナッ
トを締めた後、トルクレンチを使用して規定のトルクで締め付けます。
室内ユニットの配管
スパナ(固定)
接続配管
フレアナット
トルクレンチ
2丁スパナ方式で締めてください。
フレアナット
締付けトルク
6.35mm
(1/4")用
16.0 ~ 18.0
N・m
9.52mm
(3/8")用
32.0 ~ 42.0
N・m
12.7mm
(1/2")用
49.0 ~ 61.0
N・m
9321821004-02̲IM̲Jp̲AS-W22E-W̲据付説明書̲150731.indd 2
⑫ガス漏れ検査を行い、ガス漏れがないか調べます。
ガス漏れ検査は、ガス漏れ検知器などにより配管接続箇所からのガス
漏れがないか調べてください。[なお、HCFC 系冷媒用(R22)ガス漏
れ検知器では、HFC 系冷媒(R32)の検出能力が低いため、HFC 系冷
媒対応のガス漏れ検知器を使用してください。]
弁棒の開閉は 4mm の六角棒
レンチで行ってください。
サービスバルブ フレアナット
(液側)
サービスバルブ
(ガス側)
チャージ口
連成計
ー0.1MPa Lo
(ー76cmHg)
低圧側バルブ
弁棒
ゲージマニホールド
水漏れや露飛びの原因になることがあります。
試運転時の確認
Ტ
੗ዓDZȸȖȫ
88(DZȸȖȫ
ႺࢲOO
Უ
●必ずアース工事を行う
アース工事は、販売店または専門業者に依頼する
アース線は、ガス管、水道管、避雷針、電話のアース線に接続しないでく
ださい。アースが不確実な場合は、感電の原因になります。
・アースは内蔵されたインバーター(周波数変換装置)による誘導電気を
吸収したり、テレビやラジオに入るノイズを防止する効果があります。
接地の基準
●接地の基準は、エアコンの電源電圧および設置場所により異なりま
す。下表により接地工事を行ってください。
電源の条件
エアコンの設置場所
水気のある場所 湿気のある場所 乾燥した場所に
に設置する場合 に設置する場合 設置する場合
対地電圧が 100V の機種
150V 以下の (含単相 3 線式
場合
200V の機種)
3 相 200V の
対地電圧が
機種および
150V をこえ
単相 2 線式
る場合
200V の機種
●室内ユニットは水平・垂直に取り付けられていますか。
●左後出しの場合、ドレンホースは壁穴用パイプの下側になっていま
すか。
ドレンホース
(壁穴用パイプ)
D 種接地工事
が必要です。
D 種接地工事は法
的には除外され
ますが、安全の
ため接地工事を
行ってください。
漏電しゃ断器を取り付け、さらに D 種接地工事
が必要です。
《D 種接地工事について》
●接地工事は、電気工事士の資格を持っている人が行ってください。
●接地抵抗は、
100Ω以下であることを確認してください。ただし漏電しゃ
断器を取り付けた場合は、500 Ω以下であることを確認してください。
持ち上がっている
波打っている
●接地抵抗は、100 Ω以下になるようにしてください。
接地工事のしかた
●アース工事は「電気設備に関する技術基準」に従って行ってください。
アース用ネジは、室内・室外ユニットにあります。
室外ユニット
●アース棒(現地手配)を取り付けてく
ださい。
●アース線は配線押さえの中を通して
ください。
アース用ネジ
先端が水に
つかっている
接続配管
[室内側から見たとき]
電装カバーの取り付け
●室外ユニットの電装カバーを取り付けてください。
(取り付けかたは、「6. 配線の接続」の項目を参照してください。)
●室内ユニットには、遠隔操作を行うための機器を接続する端子を内
蔵しています。
・NET 端子:ECHONET Lite 対応の HEMS 機器などから、エアコン
を操作するための外部入出力機器〔当社製無線アダプ
ター(別売)など〕を接続します。
※接続方法については、当社コールセンターにご相談ください。
※接続する前に、遠隔操作用機器(外部入出力機器、無線アダプ
ター(別売)、HEMS 機器など)の取扱説明書などをよくお読
みください。
●ドレンホースを下水道に入れない
下水道内で発生した硫化水素などの腐食性ガスが熱交換器を腐食させ、ガ
ス漏れが起こる場合があります。
●高層住宅、高気密住宅などで強い風を受けたときや、換気扇(レ
ンジフードなど)を使用したときに、空気がドレンホース内を
室内側に流れ、異音(ポコポコ音など)や水漏れが発生するこ
とがあります。対応部品(有償)を用意しておりますので、当
社コールセンターへお問い合わせください。
《はずしかた》
アース棒
(現地手配)
高圧側バルブ
(閉)
チャージホース
キャップ
真空ポンプ
●配線押さえをはずし、アース用ネ
ジへ直径 1.6mm 以上または断面積
2.0mm2 以上のアース線(現地手配)
を取り付けてください。
●アース線は室内ユニットから接続
ケーブル用の穴を通して接続してく
ださい。
11. お客様への説明
●取扱説明書に従って、お客様にご使用方法、お手入れのしかたなど
を説明してください。
●保証書、取扱説明書、据付説明書を室内ユニットに添付しています
ので、工事完了後お客様に保管していただくようお渡しください。
《取り付けかた》
①パネルを開きます。
②片手でパネルを押さえながら、パネル支えをパネルの矢印位置に合
わせてパネルを固定します。
③本体パネル L・R 上部のパネルはずれ防止用クランパーのネジをはず
します。
④パネルを水平になるまで開き、手前に引き、取りはずします。
ネジ
パネル
取付軸
ポンプダウンの手順(強制冷房運転)
①パネルを水平にして、パネル取り付け軸を本体パネル L・R 上部の軸
受けに押し入れます。
②片手でパネルを押さえながら、パネル支えをパネルの矢印位置に合
わせてパネルを固定する。
③本体パネル L・R 上部のパネルはずれ防止用クランパーをネジで固定する。
④パネルを少し持ち上げて、パネル支えを元の位置に戻します。
⑤パネルを閉じます。
注意
冷媒の大気への放出を防ぐため、移設または廃棄時には、下記の手順
により、室外ユニットへの冷媒回収を行ってください。
①強制冷房運転で 5 ~ 10 分間予備運転を行います。強制冷房運転は
室内ユニットの「フィルターリセットボタン」を 10 秒以上押し続け
ることにより開始します。強制冷房運転中は「運転ランプ」と「タイ
マーランプ」が同時に点滅します。
②サービスバルブ(液側)の弁棒を全閉にします。
③そのまま 2 ~ 3 分間、強制冷房運転を行い、サービスバルブ(ガス側)
の弁棒を全閉にします。
④強制冷房運転を停止します。運転停止は室内ユニットの「フィルター
リセットボタン」を 3 秒以上押してください。(リモコンの「停止ボ
タン」を押しても停止します。
)
警告
落下するとけがをするおそれがあります。
パネルはずれ
防止用クランパー
パネル支え
●可動パネルは無理に手で開け閉めしない
手で無理に開け閉めすると、故障の原因になることがあり
ます。(可動パネルは、運転開始時および運転停止時に自動
的に開閉します。)
ӧѣȑȍȫ
本体パネル R のはずしかた・取り付けかた
《はずしかた》
《取り付けかた》
①パネル、配線カバーをはずします。
・パネルのはずしかたは、
「パネルのはずしかた・取り付けかた」の項目
を参照してください。
・配線カバーのはずしかたは、
「6. 配線の接続」の項目を参照してくだ
さい。
②アンダーカバーのネジキャップをはずし、ネジをはずします。
(3 ヵ所)
③アンダーカバーの固定部(左右 2 ヵ所)をはずします。
・ポンプダウン前に、冷媒漏れのないことを確認し、冷媒漏れ
がある場合はポンプダウンをしない
・配管折れなどにより、冷凍サイクル内に冷媒がない場合はポ
ンプダウンをしない
①本体パネル R の上部奥ツメと上部ツメひっかけ部をはめ込みます。
②本体パネル R の下部ツメと前部ツメをはめ込みます。
※前部ツメが入らないと、表示不具合を生じる恐れがあります。
上部奥ツメ 上部ツメひっかけ部
上部奥ツメひっかけ部
本体パネルR
固定部(左右2ヵ所)
冷凍サイクル内が異常高圧となり、破裂、けがなどの原因になります。
●ポンプダウン作業では、接続配管をはずす前に圧縮機を停止する
圧縮機を運転したまま、かつサービスバルブが開放状態で、接続配管を
はずすと空気などを吸引し、冷凍サイクル内が異常高圧となり、破裂、
けがなどの原因になります。
前部ツメ(2ヵ所)
ネジ
アンダーカバー
④本体パネル R のネジ(3 ヵ所)をはずします。
⑤本体パネル R の下を外側に開き、下部ツメを本体からはずします。
⑥本体パネル R を手前に引き、本体パネル R をはずします。
●室内の電源コードがアース付きに
なっています。
《室外ユニット》
①リモコンの各ボタン操作で正常に
①運転時に異音や振動が大きく
動作しますか。
ありませんか。
②各ランプは、正常に点灯しますか。 ②運転音や吹き出した風・ド
③風向板は、正常に動作しますか。
レン排水が、ご近所の迷惑に
④冷・温風が出ますか。
なっていませんか。
⑤ドレン排水は正常ですか。
③ガス漏れは、ありませんか。
●パネル、ダストボックス、エアフィ
ルターをはずし、やかんなどで水
を注いでドレン排水が正常である
か確かめてください。
パネルのはずしかた・取り付けかた
ネジキャップ
室内ユニット
《単相 200V 機種の場合》
《室内ユニット》
●パネルをはずすとき、または取り付けるときは注意して行う
●ポンプダウン作業では、次の注意事項を守る
《乾燥した場所に設置する場合》
×
×
遠隔操作用機器との接続について
警告
エアコンの
種類
×
ネジ(3ヵ所)
前部ツメ
前部ツメひっかけ部
下部ツメ 本体パネルR
下部ツメひっかけ部
③本体パネル R のネジ(3 ヵ所)を取り付けます。
④アンダーカバーの固定部(左右 2 ヵ所)、前部ツメ(2 ヵ所)取り付け
ます。
⑤アンダーカバーのネジを取り付け、ネジキャップを取り付けます。
(3 ヵ所)
⑥配線カバー、パネルを取り付けます。
本体
注意
●本体パネル
R・アンダーカバーをはずすとき、または取り付け
るときは注意して行う
落下するとけがをするおそれがあります。
《単相 100V 機種の場合》
Hi
真空ポンプアダプター
チャージ口キャップ
には、エアコンを運転しない
作業終了後は、エアコンを運転する前に十分な換気を行う
注意
8. アース工事
締付けトルク
6.35mm(1/4")用、9.52mm(3/8")用 20.0 ~ 25.0 N・m
キャップ
12.7mm(1/2")用
28.0 ~ 32.0 N・m
チャージ口キャップ
12.5 ~ 16.0 N・m
●新築物件やリフォームなどの内装工事、床面のワックスがけ時
●ドレンホースが下図のようになっていないこと
Ȝǿȳ
ࡽƖ৷Ƙ
ȍǸ
①配管接続が確実に行われているかを確認します。
②サービスバルブ(液側・ガス側)の弁棒が全閉であることを確認します。
③サービスバルブ(ガス側)のチャージ口キャップをはずし、チャージ
口にゲージマニホールドのチャージホース(バルブコア押しの突起
が出ている側)を接続します。
④ゲージマニホールドの低圧側バルブを全開にします。
⑤真空ポンプを運転して真空引きを開始します。
⑥サービスバルブ(ガス側)のフレアナットを少しゆるめ、空気が入っ
てゆくことを確認し、フレアナットを再度締めます。(フレアナット
をゆるめると真空ポンプの運転音が変化し、連成計がマイナスから 0
になります。)
⑦真空引きを 15 分以上行い連成計が- 0.1MPa(- 76cmHg)になっ
ていることを確認します。
⑧真空引きが終わったらゲージマニホールドの低圧側バルブを全閉に
し、真空ポンプの運転をやめます。(1 ~ 2 分間そのままの状態にし
て連成計の針が戻らないことを確かめます。)
⑨サービスバルブ(液側)の弁棒を 90°開き、5 ~ 6 秒後に閉じ、ガ
ス漏れ検査を行い、ガス漏れがないか調べます。
⑩サービスバルブ(ガス側)のチャージ口からチャージホースをはずし
サービスバルブ(液側・ガス側)の弁棒をストッパーに軽く当たるま
で開けます。
(それ以上力を加えると、ガス漏れのおそれがあります。)
⑪サービスバルブ(液側・ガス側)のキャップとチャージ口キャップを
トルクレンチを使用して規定のトルクで締め付けます。
注意
サドル(現地手配)
接続ケーブルの抜きかた
ȍǸ
●ゲージマニホールド・チャージホース・真空ポンプアダプターは、
必ず冷媒 R32 もしくは R410A 専用工具を使用してください。
●真空ポンプおよびゲージマニホールドは、使用前に製品付属の説明
書を読み、正しく使用してください。
●真空ポンプは、油がオイルゲージの指定線まで入っていることを確
認してください。
●ゲージマニホールドの高圧側バルブは全閉で、以下の作業中は操作
しません。
フィルターリセットボタン
ピッ
●確実に上下ひっかけ部がはめ込まれているか、室内ユニットを前後
左右に動かして確認してください。
接続ケーブル
試運転の実施
●冷房(暖房)試運転を行い下記「試運転時の確認」の項目を確認して
ください。
●運転方法については、取扱説明書に従ってください。
●室温によっては室外ユニットが運転しないことがあります。その場
合は、エアコンを停止させて室内ユニットの「フィルターリセット
ボタン」を 10 秒以上押してください。「運転ランプ」と「タイマーラ
ンプ」が同時に点滅し、冷房試運転が開始されます。その後、リモコ
ン操作により「暖房」を選ぶと、約 3 分後に暖房試運転が開始され
ます。(リモコン操作については取扱説明書に従ってください。)
●試運転を終了するときは、室内ユニットの「フィルターリセットボタ
ン」を 3 秒以上押すか、リモコンの「停止ボタン」を押してください。
ドレンホース
ネジ
①パネルを開きます。
②片手でパネルを押さえながら、パネル支えをパネルの矢印位置に
合わせてパネルを固定する。(詳しくは、「パネルのはずしかた・
取り付けかた」の項目を参照してください。)
③配線カバーをはずします。
ȞǤȊǹȉȩǤȐȸ
਀Ƣ
④配線押さえをはずします。
⑤マイナスドライバーで端子
盤のボタンを押しながら接
ᇢ‫܇‬Ⴔ
続ケーブルを引き抜きます。
《接続ケーブルについて》
・電圧は正しいですか。「1. 電源につ
・差し込みは確実ですか。
いて」を確認してください。
・正しく接続されていますか。
・コードの加工・中間接続を行ってい ・確実に固定されていますか。
ませんか。
《アース線について》
・専用のコンセントになっていますか。 ・アース線の接続は確実にさ
・差し込みは確実でゆるくはありませ
れていますか。
んか。
●ドレンホースは、外壁などに固定してください。
(ドレンホースは、必ず下りこう配をつけて固定してください。)
ツメ
ᣐዴ਀ƞƑ
※地球環境保護のため、必ず真空ポンプ方式でエアパージしてください。
シーラパテ(現地手配)
《電源について》
ドレンホースの固定
次の事項を確認してください。
エアパージおよびガス漏れ検査
●フレアナットは、トルクレンチで指定の方法で締め付ける
壁
室内ユニットの固定
●室内ユニットの下部を壁側に押しつけて、据付板のひっかけ部に室
内ユニットの下部ツメ(2 ヵ所)を掛けます。
*室内ユニットを据付板よりはずす時は、本体底面の「∇」マーク部
分を押しながら下部を手前に引いてください。
ツメ
(室外側)
ドレンホース
下図のようになっていると、屋内に浸水し、家財などを濡らす場合があります。
⑧配線カバーをネジで取り付けます。
⑨パネルを上に少し持ち上げて、パネル支えを元の位置に戻します。
(詳しくは、「パネルのはずしかた・取り付けかた」の項目を参照して
ください。)
⑩パネルを閉じます。
警告
シーラパテ(現地手配)
配管
細管
電装
カバーB
ツメ
室外ウォールキャップ
(現地手配)
サドル(現地手配)
接続ケーブル
クロステープを巻く
ᣐዴǫȐȸ
7. 配管の接続・エアパージ
●接続ケーブルを接続配管に沿わせてテープで仮止めし、本体より外
側の見える部分に化粧テープを巻きます。右出し、下出し、左出し、
左下出し配管の場合は、本体から出る部分の化粧テープをしっかり
と巻いて、配管が膨らまないようにしてください。(屋外になる部分
では、水が入り込まないよう配管の下側からテープの幅 1/3 位重ね
て巻いてください。)
●接続配管は、サドルなどで外壁に固定します。
●外壁の配管穴と配管の隙間には、雨水が吹き込まないようシーラパ
テなどで完全にふさいでください。
左出し配管の場合
太管
①電装カバーのツメ(4 ヵ所)を挿入
した後、上側に押し上げます。
②ネジ(2 本)を締めます。
A の範囲内で室外ユニット後方に出します。
⑤接続ケーブルは、上図矢印◯
(接続ケーブルを範囲外に通すと、電装カバーが取り付けにくくなります。)
ビニールテープ
ネジ
《取り付けかた》
‫ٳ‬ᘺᢿ
接続配管(断熱材)
電装カバーA
①ネジ(2 本)をはずします。
②電装カバーを下側に押し下げてか
ら、手前に引いてはずします。
A 10cm
○
室内ユニット配管(断熱材)
接続ケーブル
56・63・71 タイプ
《はずしかた》
切欠き
OO
OO
᱅
接続ケーブル
接続ケーブル
ƂǑǓዴ̅ဇᅠഥƃ
ljƖዴᢿ
ዌጂ˳
੗ዓDZȸȖȫ
88(DZȸȖȫ
ႺࢲOO
配線押さえ
(外装部)
スキマがないよう合わせる。
配管
①電装カバー A を上側に押し上げなが
ら、ツメ(2 ヵ所)をはめ込みます。
②電装カバー A のネジ
(2 本)
を締めます。
③電装カバー B のツメ(3 ヵ所)を
挿入した後、上側に押し上げます。
④電装カバー B のネジ
(1 本)
を締めます。
ネジ
●接続配管の断熱材と室内ユニット配管の断熱材を市販のビニール
テープでスキマがないようシールします。
断熱材を突き合わせる。
試運転前の確認
接続配管の固定
●左出し・左後出し・左下出し配管の場合は、室内ユニット背面の配
管収納部に収納する範囲内にクロステープを巻きます。
《取り付けかた》
【より線使用禁止】
配線カバー
ហ
×
Უ
室外ユニットの配線
室内ユニットの配線
ネジ
〇
外装部を押さえる
誤配線をすると電気部品を破損することがあり、発煙、発火の原因になるこ
絶縁体を押さえると漏電し、感電の原因になる (絶縁体)
とがあります。
ことがあります。
੗ዓDZȸȖȫ
(この部分で固定すること)
ܴϋȦȋȃȈ
ܴ‫ٳ‬ȦȋȃȈ
88( DZȸȖȫ
外装部
Ⴚࢲ ᳧᳧ ᇢ‫܇‬Ⴔ
ᇢ‫܇‬Ⴔ
●電装カバーで接続ケーブルをはさみ込まない
᱅ႉហ
᱅ႉហ
ケーブルが傷つきショートするなどして、感電や火災の原因になることがあ
ります。
●端子盤への接続ケーブルの差し込みは確実に行う
(
配管接続部の断熱
●端子盤の番号と接続ケーブルの色は、室内ユニットと室外ユニット ●配線押さえでの固定は、必ず接続ケーブルの
を合わせる
10. 試運転
アース用ネジ
アース線
(現地手配)
接続ケーブル
VVFケーブル
直径2.0mm
(
本体パネルR
本体パネルR 下部ツメ
)
2015/07/31 15:58:05

advertisement

Related manuals

Download PDF

advertisement