Fujifilm X-T20 Owner's manual

Fujifilm X-T20 Owner's manual
BL00004889-105
はじめに
このたびは、弊社製品をお買い上げいただき、あり
がとうございます。ご使用の前に、この使用説明書
をよくお読みの上、正しくご使用ください。お読み
になったあとは、いつでも見られるように大切に保
管してください。
最新情報について
本製品の最新情報はこちらをご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/manuals/
上記サイトでは、最新情報の使用説明書が用意されており、
カラーの作例などもご用意しています。また、スマートフォ
ンやタブレットからのアクセスも可能となっていますので、
是非アクセスしてみてください。
ii
P章目次
メニュー一覧
iv
1 このカメラの概要
1
2 撮影の準備
27
3 基本的な撮影と再生
47
4 動画の撮影と再生
53
5 撮影に関する設定
61
6 撮影メニュー
113
7 画像の再生と再生メニュー
173
8 セットアップメニュー
199
9 ショートカット機能
241
10 オプション品・外部機器の使い方
255
11 他機器との接続
277
12 資料
289
iii
メニュー一覧
このカメラで使用できるメニューの一覧です。
メニュー一覧
撮影メニュー
撮影時に使用できるメニューです。
N 設定方法の詳細は撮影メニューをご覧ください(P 113)。
H 画質設定
P G フォーカス設定
P
画像サイズ
画質モード
RAW 記録方式
フィルムシミュレーション
1/3
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
ハイライトトーン
シャドウトーン
カラー
シャープネス
ノイズリダクション
2/3
長秒時ノイズ低減
点像復元処理
色空間
ピクセルマッピング
カスタム選択
3/3
カスタム登録 / 編集
フォーカスエリア選択
115
116
AF モード
117
AF-C カスタム設定
118 1/2 AF ポイント表示 yz
フォーカス点数切り替え
120
プリ AF
121
122
AF 補助光
顔検出 / 瞳 AF 設定
126
126
AF+MF
127
MF アシスト
フォーカスチェック
127
測光&フォーカスエリア連動
128
128 2/2 ワンプッシュ AF 時の動作
被写界深度スケール
129
レリーズ優先 / フォーカス
129
優先
130
タッチパネルモード
131
132
133
134
135
136
136
137
137
138
140
141
141
142
142
143
iv
143
144
メニュー一覧
P F フラッシュ設定
P
シーン選択
ドライブ設定
セルフタイマー
インターバルタイマー撮影
/2
1
測光
シャッター方式
ブレ防止モード
感度
マウントアダプター設定
2/2
ワイヤレス通信
148
149
151
152
154
155
156
157
160
163
164
165
166
167
168
168
フラッシュ機能設定
赤目補正
TTL-LOCK モード
LED ライト設定
MASTER 設定
CH 設定
B 動画設定
動画モード
動画 AF モード
HDMI 出力情報表示
4K 映像出力先
HDMI レックコントロール
マイクレベル設定
マイク / リモートレリーズ
設定
P
169
170
170
171
171
172
172
再生メニュー
再生時に使用できるメニューです。
N 詳細は再生メニューをご覧ください(P 180)。
C 再生メニュー
RAW 現像
消去
トリミング
リサイズ
1/2
プロテクト
画像回転
赤目補正
ワイヤレス通信
P C 再生メニュー
P
スライドショー
180
フォトブックアシスト
183
186 /2 PC 保存
2
プリント予約(DPOF)
187
188
instax プリンタープリント
表示比率
189
190
191
191
192
194
195
197
198
v
メニュー一覧
A 撮影設定
セットアップメニュー
カメラの基本的な設定や表示などを変更するメニューです。
N 設定方法の詳細はセットアップメニューをご覧ください
メニュー一覧
(P 199)。
D 基本設定
フォーマット
日時設定
世界時計
a
マイメニュー設定
センサークリーニング
電子音 & フラッシュ
リセット
D 音設定
AF 合焦音量
セルフタイマー音量
操作音量
シャッター音量
シャッター音
再生音量
vi
P D 表示設定
P
201
EVF 明るさ
202
EVF 鮮やかさ
203
LCD 明るさ
LCD 鮮やかさ
204
204 1/2 撮影画像表示
206
EVF 縦横自動回転表示
マニュアル時モニター露出 /
206
207
WB 反映
212
213
213
214
214
215
P
208
209
209
210
210
211
モニター撮影効果反映
フレーミングガイド
縦横自動回転再生
2/2
距離指標の単位
画面のカスタマイズ
215
216
217
218
218
219
メニュー一覧
D 操作ボタン・ダイヤル P D 保存設定
設定
222
224
226
226
227
227
228
228
229
229
230
D 消費電力設定
P
自動電源 OFF
パフォーマンス
231
232
D 接続設定
ワイヤレス設定
PC 保存先設定
位置情報設定
instax プリンター接続設定
P
234
235
235
236
P
237
238
238
239
vii
メニュー一覧
クイックメニュー登録 / 編集
Fn/AE-L/AF-L ボタン設定
セレクターボタン設定
コマンドダイヤル設定
/2
1
半押し AF
半押し AE
レンズなしレリーズ
フォーカスリング
AE/AF-LOCK 設定
2/2 絞り設定
タッチパネル設定
コマ NO.
処理前画像記録
ファイル名編集
著作権情報
P目次
はじめに ................................................................................... ii
最新情報について ............................................................................ii
章目次 ...................................................................................... iii
メニュー一覧 .......................................................................... iv
撮影メニュー .................................................................................... iv
再生メニュー ..................................................................................... v
セットアップメニュー ................................................................. vi
目次 ........................................................................................viii
付属品一覧 ............................................................................ xix
本書について ......................................................................... xx
本書で使われている記号について ........................................xx
画面のイラストや写真について.............................................xx
表記について ...................................................................................xx
1 このカメラの概要
1
各部の名称と機能 ................................................................... 2
銘板プレートについて .................................................................. 4
セレクターボタン ........................................................................... 4
シャッタースピードダイヤル ................................................... 5
露出補正ダイヤル ........................................................................... 5
ドライブダイヤル ........................................................................... 6
オートモード切換レバー ............................................................. 7
コマンドダイヤル ........................................................................... 8
インジケーターランプ ............................................................... 10
液晶モニター .................................................................................. 11
視度調節ダイヤル ........................................................................ 11
viii
目次
撮影時の表示画面 .................................................................12
EVF/LCD の表示画面 .................................................................. 12
EVF と LCD の切り替え............................................................. 14
EVF/LCD の明るさ・鮮やかさ調整 ..................................... 15
縦表示について ............................................................................. 15
情報表示の切り替え.................................................................... 16
「スタンダード」画面のカスタマイズ................................ 17
メニューの使い方 .................................................................20
タッチ操作について .............................................................22
撮影時のタッチ操作について ................................................ 22
再生時のタッチ操作について ................................................ 24
2 撮影の準備
27
ストラップを取り付ける .....................................................28
レンズを取り付ける .............................................................30
バッテリーを充電する .........................................................32
バッテリーとメモリーカードを入れる .............................36
使用可能なメモリーカード ..................................................... 40
電源をオンにする / オフにする .........................................42
バッテリー残量の表示 .........................................................43
初期設定を行う .....................................................................44
言語を変更する ............................................................................. 46
日時を変更する ............................................................................. 46
3 基本的な撮影と再生
47
プログラムで静止画を撮影する .........................................48
a 静止画を再生する ...........................................................51
b 画像を消去する ................................................................52
ix
4 動画の撮影と再生
53
F 動画を撮影する ...............................................................54
動画の設定について.................................................................... 57
a 動画を再生する ...............................................................58
5 撮影に関する設定
61
撮影モードを変更する .........................................................62
プログラム(P)撮影................................................................. 62
シャッタースピード優先(S)撮影 .................................... 64
絞り優先(A)撮影 ..................................................................... 69
マニュアル(M)撮影 ............................................................... 72
オートモード撮影 ........................................................................ 74
オートフォーカス撮影 .........................................................77
フォーカスモード ........................................................................ 78
AF モードの選択........................................................................... 80
フォーカスエリアの変更 .......................................................... 82
マニュアルフォーカス撮影 .................................................87
ピントの確認方法 ........................................................................ 89
d 露出補正 ...........................................................................91
C(カスタム)について ........................................................... 91
AE/AF ロック撮影 ................................................................92
ボタンによる AE/AF ロック ................................................... 93
BKT ブラケティング撮影 .....................................................94
O AE ブラケティング............................................................... 95
W ISO ブラケティング............................................................. 95
X フィルムシミュレーション BKT .................................... 95
H ホワイトバランス BKT ....................................................... 96
Y ダイナミックレンジ BKT .................................................. 96
x
目次
I 連続撮影(連写).............................................................97
ADV. アドバンストフィルター撮影 ...................................99
アドバンストフィルターの種類..........................................100
j 多重露出撮影 ................................................................ 101
u パノラマ撮影 ............................................................... 103
フラッシュ撮影 .................................................................. 107
フラッシュ機能設定..................................................................109
6 撮影メニュー
113
H 撮影メニュー(画質設定)........................................... 114
画像サイズ .....................................................................................115
画質モード .....................................................................................116
RAW 記録方式..............................................................................117
フィルムシミュレーション ...................................................118
グレイン・エフェクト .............................................................120
ダイナミックレンジ..................................................................121
ホワイトバランス ......................................................................122
ハイライトトーン ......................................................................126
シャドウトーン ...........................................................................126
カラー ..............................................................................................127
シャープネス ................................................................................127
ノイズリダクション..................................................................128
長秒時ノイズ低減 ......................................................................128
点像復元処理 ................................................................................129
色空間 ..............................................................................................129
ピクセルマッピング..................................................................130
カスタム選択 ................................................................................131
カスタム登録 / 編集 ..................................................................132
xi
G 撮影メニュー(フォーカス設定)............................... 133
フォーカスエリア選択 .............................................................133
AF モード .......................................................................................134
AF-C カスタム設定....................................................................135
AF ポイント表示 yz..........................................................136
フォーカス点数切り替え ........................................................136
プリ AF ............................................................................................137
AF 補助光 .......................................................................................137
顔検出 / 瞳 AF 設定 ...................................................................138
AF+MF ............................................................................................140
MF アシスト .................................................................................141
フォーカスチェック..................................................................141
測光 & フォーカスエリア連動..............................................142
ワンプッシュ AF 時の動作 ....................................................142
被写界深度スケール..................................................................143
レリーズ優先 / フォーカス優先 ..........................................143
タッチパネルモード..................................................................144
A 撮影メニュー(撮影設定)........................................... 147
シーン選択 .....................................................................................148
ドライブ設定 ................................................................................149
セルフタイマー ...........................................................................151
インターバルタイマー撮影 ...................................................152
測光 ...................................................................................................154
シャッター方式 ...........................................................................155
ブレ防止モード ...........................................................................156
感度 ...................................................................................................157
マウントアダプター設定 ........................................................160
ワイヤレス通信 ...........................................................................163
xii
目次
F 撮影メニュー(フラッシュ設定)............................... 164
フラッシュ機能設定..................................................................164
赤目補正..........................................................................................165
TTL-LOCK モード .......................................................................166
LED ライト設定...........................................................................167
MASTER 設定 ...............................................................................168
CH 設定 ...........................................................................................168
B 撮影メニュー(動画設定)........................................... 169
動画モード .....................................................................................169
動画 AF モード ............................................................................170
HDMI 出力情報表示..................................................................170
4K 映像出力先 ..............................................................................171
HDMI レックコントロール ...................................................171
マイクレベル設定 ......................................................................172
マイク / リモートレリーズ設定 ..........................................172
7 画像の再生と再生メニュー
173
再生時の表示画面 .............................................................. 174
情報表示の切り替え..................................................................176
再生方法 .............................................................................. 178
再生ズーム .....................................................................................179
マルチ再生 .....................................................................................179
C 再生メニュー ................................................................. 180
RAW 現像 .......................................................................................180
消去 ...................................................................................................183
トリミング .....................................................................................186
リサイズ..........................................................................................187
プロテクト .....................................................................................188
xiii
画像回転..........................................................................................189
赤目補正..........................................................................................190
ワイヤレス通信 ...........................................................................191
スライドショー ...........................................................................191
フォトブックアシスト .............................................................192
PC 保存............................................................................................194
プリント予約(DPOF)............................................................195
instax プリンタープリント ...................................................197
表示比率..........................................................................................198
8 セットアップメニュー
199
D セットアップメニュー(基本設定).............................200
フォーマット ................................................................................201
日時設定..........................................................................................202
世界時計..........................................................................................203
a ....................................................................................204
マイメニュー設定 ......................................................................204
センサークリーニング .............................................................206
電子音 & フラッシュ .................................................................206
リセット..........................................................................................207
D セットアップメニュー(音設定)............................... 208
AF 合焦音量 ..................................................................................208
セルフタイマー音量..................................................................209
操作音量..........................................................................................209
シャッター音量 ...........................................................................210
シャッター音 ................................................................................210
再生音量..........................................................................................211
xiv
目次
D セットアップメニュー(表示設定).............................212
EVF 明るさ .....................................................................................212
EVF 鮮やかさ ................................................................................213
LCD 明るさ ....................................................................................213
LCD 鮮やかさ ...............................................................................214
撮影画像表示 ................................................................................214
EVF 縦横自動回転表示 .............................................................215
マニュアル時モニター露出 /WB 反映..............................215
モニター撮影効果反映 .............................................................216
フレーミングガイド..................................................................217
縦横自動回転再生 ......................................................................218
距離指標の単位 ...........................................................................218
画面のカスタマイズ..................................................................219
D セットアップメニュー(操作ボタン・ダイヤル
設定)............................................................................... 221
クイックメニュー登録 / 編集 ...............................................222
Fn/AE-L/AF-L ボタン設定 .....................................................224
セレクターボタン設定 .............................................................226
コマンドダイヤル設定 .............................................................226
半押し AF .......................................................................................227
半押し AE .......................................................................................227
レンズなしレリーズ..................................................................228
フォーカスリング ......................................................................228
AE/AF-LOCK 設定 ......................................................................229
絞り設定..........................................................................................229
タッチパネル設定 ......................................................................230
xv
D セットアップメニュー(消費電力設定)................... 231
自動電源 OFF ...............................................................................231
パフォーマンス ...........................................................................232
D セットアップメニュー(保存設定).............................233
コマ NO...........................................................................................234
処理前画像記録 ...........................................................................235
ファイル名編集 ...........................................................................235
著作権情報 .....................................................................................236
D セットアップメニュー(接続設定)........................... 237
ワイヤレス設定 ...........................................................................237
PC 保存先設定 .............................................................................238
位置情報設定 ................................................................................238
instax プリンター接続設定 ...................................................239
9 ショートカット機能
241
ショートカット機能について .......................................... 242
Q(クイックメニュー)ボタン....................................... 243
設定の確認と変更 ......................................................................245
クイックメニューの割り当て変更 .....................................246
Fn(ファンクション)ボタン ......................................... 248
ファンクションボタンの割り当て変更 ...........................250
E マイメニュー ................................................................. 252
マイメニュー設定 ......................................................................252
xvi
目次
10 オプション品・外部機器の使い方
255
クリップオンフラッシュ .................................................. 256
クリップオンフラッシュを設定する ................................257
シンクロターミナル..................................................................259
ポップアップ式フラッシュ ...................................................260
クリップオンフラッシュ ........................................................262
MASTER(光通信)....................................................................266
交換レンズ .......................................................................... 271
レンズの各部名称 ......................................................................271
レンズキャップの取り外し方 ..............................................272
レンズフードの取り付け方 ...................................................272
絞りリング付きレンズについて..........................................273
絞りリングなしレンズについて..........................................274
手ブレ補正対応レンズについて..........................................274
フォーカスリングの移動により MF 撮影が可能な
レンズについて ......................................................................275
交換レンズのお手入れ .............................................................276
11 他機器との接続
277
HDMI 出力 .......................................................................... 278
撮影画面の出力 ...........................................................................278
再生画面の出力 ...........................................................................278
無線 LAN 機能で接続........................................................ 280
スマートフォンと通信 .............................................................280
パソコンに画像を保存 .............................................................281
USB ケーブルでパソコンと接続 ..................................... 282
xvii
Windows をお使いの方 .........................................................282
Mac OS X / macOS をお使いの方 ....................................282
カメラとパソコンを接続する ..............................................283
instax SHARE プリンターと接続 ....................................... 286
プリンターとの接続を設定する..........................................286
画像をプリントする..................................................................287
12 資料
289
カメラで使えるアクセサリー .......................................... 290
別売アクセサリー ......................................................................290
お取り扱いにご注意ください .......................................... 293
お手入れについて .............................................................. 310
センサークリーニング ...................................................... 311
ファームウエア更新情報 .................................................. 312
ファームウエアバージョンの確認方法 ...........................312
トラブルシューティング /FAQ ....................................... 313
警告表示 .............................................................................. 327
標準撮影枚数 / 記録時間 .................................................. 334
主な仕様 .............................................................................. 335
索引 ...................................................................................... 341
ソフトウエアのお問い合わせ .......................................... 347
アフターサービスについて .............................................. 348
xviii
付属品一覧
ご使用の前に箱の中の付属品がすべてそろっている
かを確認してください。
• 充電式バッテリー NP-W126S(1 個)
• バッテリーチャージャー BC-W126(1 式)
• ボディキャップ(1 式)
• ストラップリング(2 個)
• ストラップリング取り付け補助具(1 個)
• ストラップリングカバー(2 枚)
• ショルダーストラップ(1 本)
• 使用説明書(本書)
• 保証書(1 部)
N レンズキットをお買い上げいただいたときは、交換レンズが付
属していることをご確認ください。
xix
本書について
この説明書には、富士フイルムデジタルカメラ X-T20
の使い方がまとめられています。内容をご理解の上、
正しくご使用ください。
本書で使われている記号について
O カメラを使用するときに、故障などを防ぐために注意してい
ただきたいことを記載しています。
N カメラを使用するにあたって知っておくと便利なこと、参考
になることを記載しています。
P 参照ページを記載しています。
画面のイラストや写真について
• 本書では、画面の表示を簡略化して記載しています。
• 本書に掲載している写真は、機能を説明するためのもので、
実際の機種で撮影したものとは限りません。
表記について
• このカメラでは、市販の SD メモリーカード、SDHC メモ
•
リーカード、SDXC メモリーカードをお使いになれます。
本書では、これらのカードを総称して「メモリーカード」
と表記します。
このカメラは、ファインダーと液晶モニターを装備してい
ます。本書では、ファインダーを「EVF」、液晶モニター
を「LCD」と表記する場合があります。
xx
このカメラの概要
1
1
各部の名称と機能
このカメラの概要
1
A 露出補正ダイヤル .................. 5、91
B シャッターボタン ..........................50
C オートモード切換レバー ...............7
D シャッタースピードダイヤル
M マイク ............................................... 172
N AF 補助光ランプ.......................... 137
セルフタイマーランプ.............. 151
O フロントコマンドダイヤル
..........................................5、64、72
..................................................8、226
E ホットシュー ................................. 256
F ドライブダイヤル .............................6
G N(フラッシュポップアップ)
P 電源レバー.........................................42
Q Fn1 ボタン....................................... 248
R フラッシュ...................................... 107
S ボディキャップ ...............................30
T マイク / リモートレリーズ端子
レバー ........................................... 107
H ストラップ取り付け部.................28
I 端子カバー
J フォーカスモード切換レバー
................................................................78
K レンズ信号接点
L レンズ取り外しボタン................. 31
2
(φ 2.5)................... 55、68、172
U HDMI マイクロ端子(Type D)
......................................................... 278
V マイクロ USB 端子(Micro-B)
USB2.0..................... 35、68、283
各部の名称と機能
このカメラの概要
1
W b(消去)ボタン ..........................52
X a(再生)ボタン ........................51
Y 視度調節ダイヤル ..........................11
Z ファインダー(EVF)
h MENU/OK(メニュー / 決定)
ボタン ............................4、13、20
i DISP/BACK(表示 / 戻る)ボタン
...............................................16、176
....................................... 12、14、15 j DC カプラーカバー .................... 290
a VIEW MODE ボタン ..........................14 k バッテリーカバー ..........................36
b AE-L(AE ロック)ボタン ..........93 l バッテリーカバーロック ............36
c リアコマンドダイヤル
m 銘板プレート .......................................4
.................................... 9、178、226 n 三脚用ねじ穴
d AF-L(AF ロック)ボタン ..........93 o スピーカー.........................................58
e インジケーターランプ
p 液晶モニター(LCD)
..................................................10、35
.............................11、12、14、15
f Q(クイックメニュー)ボタン
q アイセンサー ....................................14
......................................................... 243 r バッテリー取り外しつまみ .......39
g セレクターボタン ................4、226 s バッテリー挿入部 ..........................36
t メモリーカードスロット ............36
3
銘板プレートについて
FCC ID、KC マーク、シリアル番号などが印刷されています
ので、銘板プレートは取り外さないでください。
このカメラの概要
セレクターボタン
1 efgh( 上 下 左 右 ) ボ タ ン を 押
してメニューなどの項目を選択でき
ま す。 ま た、 フ ァ ン ク シ ョ ン ボ タ ン
(Fn2 〜 Fn5) と し て も 使 用 で き ま す
(P 248)。
撮影時のボタンロックについて
MENU/OK ボタンを長押しすると、画面に X が表示され、セレクター
ボタンと Q ボタンが使用できなくなります。撮影時に誤って操作し
てしまうことを防ぎたいときに使用してください。再度、MENU/OK
ボタンを長押しすると、ロックは解除されます。
4
各部の名称と機能
シャッタースピードダイヤル
シャッタースピード(S.S.)ダイヤルで、
シャッタースピードを設定できます。
このカメラの概要
1
露出補正ダイヤル
露出補正ダイヤルで、露出を補正でき
ます。
5
ドライブダイヤル
ドライブダイヤルで、ドライブモード
を選択できます。
このカメラの概要
1
動画
P
54
ブラケティング
94
ドライブモード
F
BKT1
BKT2
CH
CL
6
高速連写
低速連写
97
1 コマ撮影
P
48
アドバンストフィルター
99
多重露出
101
103
ドライブモード
S
Adv.1
Adv.2
j
u
パノラマ
各部の名称と機能
オートモード切換レバー
オートモード切換レバーの位置で撮影
できるモードが異なります。
1
撮影モード
プログラムシフトができるオートモード
(P:プログラム)
、シャッタースピード
や絞り値を自分で設定して撮影できる S
(シャッタースピード優先)、
A(絞り優先)、
M(マニュアル)モードで撮影できます。
カメラが撮影シーンを自動的に認識する
S アドバンスト SR オートや、自分好み
で撮影シーンを決められる各種シーンで
撮影できます(ドライブモードが Adv.1、
Adv.2、j、u のときを除く)。
P
62、
64、
69、
72
74
• S アドバンスト SR オートや各種シーン
はフロントコマンドダイヤルを回して変
更できます。
N 撮影モードや撮影条件によっては機能が制限される場合があり
ます。
7
このカメラの概要
オートモード
切換レバーの位置
コマンドダイヤル
フロントコマンドダイヤルまたはリアコマンドダイヤルで、
以下の操作ができます。
フロントコマンドダイヤル
このカメラの概要
1
回転
•
•
•
•
•
メニュータブ、ページの切り替え
絞り値の変更
オートモード撮影のときのシーンを選択
露出補正(露出補正ダイヤルが C の位置時)
前後の画像を表示(再生時)
• 絞り値と露出補正の機能の切り替え(露出補正ダイヤ
ルが C の位置時)
中央押し
8
各部の名称と機能
リアコマンドダイヤル
中央押し
メニュー項目の選択
1
プログラムシフト
このカメラの概要
回転
•
•
•
•
•
•
•
•
•
シャッタースピードの変更
クイックメニューの設定値を変更
フォーカスエリアのサイズ変更
画像を再生ズーム(再生時)
画像をマルチ再生(再生時)
ファンクション(ダイヤル)ボタン
マニュアルフォーカス時に長押しで、MF アシストの
設定切り替え
• ピント位置拡大表示(再生時)
9
インジケーターランプ
インジケーターランプの色や点灯 / 点滅
で、カメラの状態がわかります。
このカメラの概要
1
インジケーターランプ
カメラの状態
緑色点灯
被写体にピントが合っています。
緑色点滅
AF 警告、シャッター低速警告です(撮影
できます)。
緑と橙色の交互点滅
メモリーカードに画像を記録しています
(続けて撮影できます)。
橙色点灯
メモリーカードに画像を記録しています
(続けて撮影できません)。
橙色点滅
フラッシュ充電中です(フラッシュは発光
しません)。
赤色点滅
画像記録異常、またはレンズ異常です。
N
10
• 画面にも、警告表示が表示されます。
• ファインダーをのぞいているときは、インジケーターランプ
は点灯 / 点滅しません。
各部の名称と機能
液晶モニター
液晶モニターをチルトすると、液晶モ
ニターを見やすい角度に調整して撮影
できます。液晶モニターをチルトして
いるときは、指などが挟まらないよう
にご注意ください。また、内側の配線
などには触れないでください。故障の
原因となります。
N 液晶モニターはタッチパネルとして操作できます(P 22、
144)。
視度調節ダイヤル
ファインダー内の表示が見えにくいと
きは、ファインダーをのぞきながら視
度調節ダイヤルを回し、ファインダー
の表示がもっともはっきり見えるよう
に調節してください。調節できる視度
の範囲は− 4 〜 +2 m–1(dpt)です。
11
このカメラの概要
1
撮影時の表示画面
撮影時は、
ファインダー(EVF)/ 液晶モニター(LCD)
に次の情報が表示されます。
O 説明のため情報はすべて表示しています。
このカメラの概要
1
EVF/LCD の表示画面
2050.12.31 10:00 AM
12000
12
撮影時の表示画面
A フォーカスチェック ........89、141
B 被写界深度確認 .....................70、89
C 位置情報取得状態 ....................... 238
D 動画モード............................54、169
E 動画撮影の残り時間 .....................54
F 撮影可能枚数 * ............................... 334
G 画像サイズ...................................... 115
画質モード...................................... 116
....................................... 63、64、72
Y TTL ロック ............166、225、251
Z AE ロック ................... 92、93、227
a 測光モード...................................... 154
b 撮影モード.........................................62
c 合焦マーク.........................................79
d マニュアルフォーカス.................87
e フォーカスモード ..........................78
f AF ロック ................... 92、93、227
g AF + MF ............................................ 140
h シャッター方式 ............................ 155
i 連写モード.........................................97
j 露出インジケーター ...........72、91
k セルフタイマー ............................ 151
l マイク / リモートレリーズ設定
......................................................... 172
m フラッシュ(TTL モード)....... 109
調光補正 .......................................... 109
* 撮影可能枚数が 9999 枚以上でも「9999」と表示されます。
撮影時のボタンロックについて
MENU/OK ボタン長押しでボタンロックしているとき
に、ロックされているボタンを押すと X が表示され
ます。
X
13
1
このカメラの概要
H 日付・時刻...............44、202、203
I AF フレーム ............................82、92
J 電子水準器.........................................18
K AF 警告 ...................................50、327
L ホワイトバランス ....................... 122
M フィルムシミュレーション .... 118
N ダイナミックレンジ .................. 121
O 温度警告 .......................................... 333
P ボタンロック .......................................4
Q 電子音 & フラッシュ.................. 206
R ヒストグラム ....................................19
S 距離指標バー ....................................89
T バッテリー残量表示 .....................43
U ISO 感度 ........................................... 157
V 露出補正 .............................................91
W 絞り値 ............................. 63、69、72
X シャッタースピード
EVF と LCD の切り替え
VIEW MODE ボタンを押すごとに、 ファ
インダー(EVF)と液晶モニター(LCD)
の表示が以下のように切り替わります。
このカメラの概要
1
設定
内容
ファインダーに目を近づけると、アイセンサー
の働きにより、表示が自動的にファインダーに
E アイセンサー
切り替わります。目を離すと液晶モニターに表
示が戻ります。
EVF ONLY
LCD ONLY
ファインダーにのみ表示します。
液晶モニターにのみ表示します。
ファインダーに目を近づけたときだけアイセン
EVF ONLY + E サーの働きにより、ファインダーに自動的に表
示されます。
アイセンサーについて
目以外のものを近づけたり、直射日光が当
たったりしても、アイセンサーが反応する
ことがあります。
アイセンサー
14
撮影時の表示画面
EVF/LCD の明るさ・鮮やかさ調整
縦表示について
カメラを縦向きで撮影するときは、D 表示設定 > EVF 縦横
自動回転表示を ON にすると、ファインダー(EVF)の情報
表示が縦向きになります。
O 液晶モニター(LCD)の表示は、縦向きにはなりません。
15
1
このカメラの概要
屋外で使用するときは、太陽光などの影響によって画面が
見えにくくなる場合があります。その場合は、D 表示設
定 > EVF 明るさ、EVF 鮮やかさでファインダー(EVF)の
明 る さ や 鮮 や か さ を 調 整 し、D 表 示 設 定 > LCD 明 る さ、
LCD 鮮やかさで液晶モニター(LCD)の明るさや鮮やかさを
調整します。
情報表示の切り替え
撮影モードで DISP/BACK ボタンを押す
ごとに表示が切り替わります。
このカメラの概要
1
ファインダー(EVF)
スタンダード
情報表示なし
P
液晶モニター(LCD)
スタンダード
情報表示なし
INFO 画面
16
撮影時の表示画面
「スタンダード」画面のカスタマイズ
撮影時の「スタンダード」画面に表示したい項目は、D 表示
設定 > 画面のカスタマイズで選択できます。
1 DISP/BACK ボタンを押して、「スタンダード」画面に切り
替えます。
イズを選びます。
3 表示したい項目を選び、MENU/OK ボタンを押します。
画面に表示する項目には、R が表示されます。R が表示
されている状態で MENU/OK ボタンを押すと、選択が解除
されます。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
フレーミングガイド
電子水準器
AF フレーム
AF 時の距離指標
MF 時の距離指標
ヒストグラム
撮影モード
絞り / シャッター速度 /ISO
情報表示背景
露出補正表示
露出補正ゲージ
フォーカスモード
測光
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
シャッター方式
フラッシュ
連写モード
ブレ防止
タッチパネルモード
ホワイトバランス
フィルムシミュレーション
ダイナミックレンジ
撮影可能枚数
画像サイズ & 画質モード
動画モード & 録画時間
バッテリー残量表示
画面枠
17
このカメラの概要
1
2 セットアップメニューから D 表示設定 > 画面のカスタマ
4 各項目を設定し、DISP/BACK ボタンを押します。
設定が保存されます。
5 DISP/BACK ボタンを押して撮影画面に戻り、表示内容を確
認してください。
このカメラの概要
1
電子水準器について
カメラの傾きを感知して表示します。三脚
設置時など、カメラを水平にしたいときは、
2 本の線が重なるよう、カメラの傾きを調
整してください。カメラのレンズ面を上下に
向けたときは、表示が消えることがあります。
画面枠について
背景が黒いときなど、撮影範囲がわかりにくいときに画面枠をオン
にすると、撮影画面内の縁に枠が表示されます。
18
撮影時の表示画面
ヒストグラム表示について
ヒストグラムとは明るさの分布をグラフ(横軸:明るさ / 縦軸:
ピクセル数)に表したものです。被写体によってグラフ形状は異
なります。
ピクセル
1
ハイライト
このカメラの概要
シャドウ
明るさ
• 適正露出の場合:全体的にピクセルの数
が多く、山なりに分布します。
• 露出オーバーの場合:ハイライトのピク
セル数が多く、右に偏ります。
• 露出アンダーの場合:シャドウのピクセ
ル数が多く、左に偏ります。
19
メニューの使い方
MENU/OK ボタンを押すと、メニューが表示されます。
撮影時
再生時
画質設定
再生メニュー
1
このカメラの概要
RAW現像
消去
トリミング
リサイズ
プロテクト
画像回転
赤目補正
ワイヤレス通信
画像サイズ
画質モード
RAW 記録方式
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
ハイライトトーン
終了
終了
使用するメニュータブへの移動は以下の手順で行います。
1 MENU/OK ボタンを押して、メニュー
を表示します。
画質設定
画像サイズ
画質モード
RAW 記録方式
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
ハイライトトーン
終了
2 g でタブ選択に移ります。
画質設定
画像サイズ
画質モード
RAW 記録方式
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
ハイライトトーン
終了
タブ
20
メニューの使い方
3 e または f で使用する項目のメニュータブ(H/G/A/
F/B/E/C/D)を選びます。
4 h でメニューに戻ります。
ページの切り替え、リアコマンドダイヤルで項目の選択がで
きます。
21
1
このカメラの概要
N メニュー画面表示中は、フロントコマンドダイヤルでタブ、
タッチ操作について
このカメラでは、タッチ操作で静止画を撮影したり、
フォーカスエリアを変更したりすることができます。
1 コマ再生時にはタッチ操作で前後のコマを表示させ
たり、画像を拡大表示したりすることができます。
このカメラの概要
1
撮影時のタッチ操作について
撮影画面のタッチパネルモードアイコン
をタップするごとに、タッチ操作を変更
できます。
タッチパネル
モード
意味
ショット
シャッターボタンを押す代わりに、ピントを合わせ
たいところの画面をタップして撮影します。
AF
• フォーカスモードが S(AF-S)のときは、タップ
した場所にピントを合わせ、AF ロックします。
• フォーカスモードが C(AF-C)のときは、タップ
した場所にピントを合わせ続けます。
エリア選択
22
フォーカスエリアに設定したい場所をタップすると、
タップした場所にフォーカスエリアが移動し、ピント
を合わせる位置や拡大表示の位置が変更できます。
タッチ操作について
タッチパネル
モード
意味
OFF
タッチ操作を使用しません。
• D 操作ボタン・ダイヤル設定 > タッチパネル設定が OFF の
ときは、タッチパネルモードアイコンは非表示になり、タッチ
操作の切り替えはできません。
• G フォーカス設定 > タッチパネルモードでもタッチ操作を
切り替えることができます。撮影時のタッチ操作の詳細につ
いては、P 144 をご覧ください。
23
1
このカメラの概要
N
再生時のタッチ操作について
D 操作ボタン・ダイヤル設定 > タッチパネル設定が ON の
ときは、1 コマ再生時に以下のタッチ操作ができます。
スワイプ
このカメラの概要
1
画面上を指で掃くように動かすと、前後の画
像を表示できます。
マルチタッチ(ピンチアウト)
画面上に 2 本の指を置き、指の間隔を広げる
ように動かし、画像を拡大表示できます。
マルチタッチ(ピンチイン)
画面上に 2 本の指を置き、指の間隔を狭める
ように動かし、画像を縮小表示できます。
N 元の表示画像より縮小した画像は表示できません。
24
タッチ操作について
ダブルタップ
画面を 2 回タップすると、ピントを合わせた
位置を拡大表示できます。
ドラッグ
このカメラの概要
1
拡大表示中に、表示される画像の範囲を移動
できます。
25
MEMO
26
2
撮影の準備
27
ストラップを取り付ける
カメラにストラップを取り付ける前に、ストラップ
リングをカメラに取り付けます。
1 ストラップリング取り付け補助具を
使ってストラップリングの切りこみ
を広げます。
撮影の準備
2
N ストラップリング取り付け補助具
は、カメラからストラップリングを
取り外すときも使用しますので、大
切に保管してください。
2 ストラップリングの切りこみをスト
ラップ取り付け部に引っ掛けて、ス
トラップリング取り付け補助具を抜
き取ります。
28
ストラップを取り付ける
3 ストラップリングを回転させ、カチッ
と音がするまで完全に通します。
4 ストラップリングカバーの黒い面を
カメラに向け、切り欠き部分からス
トラップリングを通して、カメラに
取り付けます。
撮影の準備
2
5 ストラップをストラップリングカバー
とストラップリングに通し、ストラッ
プを止め具に通します。
O ストラップの取り付け方を間違える
と、カメラが落下するおそれがあり
ますので、しっかりと取り付けてく
ださい。
反対側も同様に、手順 1 〜 5 を繰り返して取り付けます。
29
レンズを取り付ける
このカメラでは、富士フイルム製の FUJIFILM X マウ
ント対応のレンズが使用できます。
撮影の準備
2
カメラのボディキャップとレンズのリ
アキャップを外してカメラとレンズの
指標に合わせてレンズを回し、カメラ
にレンズを取り付けます。
O • レンズを取り付けるときは、ゴミやほこりの付着に注意して
ください。
• カメラ内部には触れないでください。
•「カチッ」とはまるまで、レンズを回してください。
• レンズを取り付けるときは、レンズ取り外しボタンを押さな
いでください。
30
レンズを取り付ける
レンズの取り外し方
カメラの電源をオフにしてからレンズ取り
外しボタンを押して矢印の方向にレンズを
回してください。
O
別売アクセサリーについて
このカメラでは、富士フイルム製の FUJIFILM
レンズやアクセサリーが使用できます。
X マウント対応の
O レンズを取り付けたり取り外したりするとき(レンズ交換)は、
以下のことにご注意ください。
• ゴミやほこりの付着に注意してください。
• 直射日光など強い光源が当たらないところで行ってください。
光源がカメラ内部に入り込むと、カメラ内部で焦点を結んで
故障の原因になります。
• レンズキャップを取り付けて行ってください。
31
2
撮影の準備
レンズを取り外してカメラを保管するときは、ゴミやほこりの
付着を防ぐためにボディキャップとレンズキャップを取り付け
てください。
バッテリーを充電する
ご購入時にはバッテリーは充電されていません。カメラ
をお使いになる前に付属のバッテリーチャージャーで
バッテリーを充電してください。
O
バッテリーをバッテリーチャージャー
に取り付けます。
図のように、指標(矢印)の位置が
バッテリーチャージャー内部のイラ
ストと合っていることをご確認くだ
さい。
2 電源プラグを屋内のコンセントに差し
込みます。
充電ランプが点灯して、充電を開始
します。
3 充電が終了すると、充電ランプは消灯します。
32
CHARGE
撮影の準備
2 1
• このカメラに付属されているバッテリーは NP-W126S です。
• 充電時間は約 150 分です。
バッテリーを充電する
充電ランプの表示
充電ランプの表示により、バッテリー
の状態を確認できます。
充電ランプ バッテリーの状態
点灯
点滅
フル充電
(充電終了)
バッテリーをバッテリーチャー
ジャーから取り外してください。
充電中
̶
バッテリー異常
電源プラグをコンセントから抜き、
バッテリーをバッテリーチャー
ジャーから取り外してください。
33
2
撮影の準備
消灯
対処
充電するバッテリーを装着してく
バッテリー未装着
ださい。
O • 付属の AC コードは、バッテリーチャージャー BC-W126 専用
です。この組み合わせ以外では使用しないでください。
• 付属の充電器は 100 〜 240V まで対応しており、海外でも
ご使用いただけます。変換プラグアダプターが必要な場合が
ありますので、あらかじめ旅行代理店などにお問い合わせく
ださい。
• 工場出荷時にバッテリーはフル充電されていません。お使い
になる前に必ず充電してください。
• バッテリーにラベルなどをはらないでください。カメラから
2
撮影の準備
取り出せなくなることがあります。
• バッテリーの端子同士を接触(ショート)させないでください。
発熱して危険です。
• バッテリーについてのご注意は「お取り扱いにご注意ください」
を参照してください。
• 必ず専用の充電式バッテリーをお使いください。弊社専用品
以外の充電式バッテリーをお使いになると故障の原因になる
ことがあります。
• 外装ラベルを破ったり、はがしたりしないでください。
• バッテリーは使わなくても少しずつ放電しています。撮影の
直前(1 〜 2 日前)には、バッテリーを充電してください。
• 使用できる時間が著しく短くなったときは、バッテリーの寿命
です。新しいバッテリーをお買い求めください。
• バッテリーチャージャーを使用しないときは、コンセントから
電源プラグを抜いてください。
• 充電前に、バッテリーの端子の汚れを乾いたきれいな布など
で拭いてください。端子が汚れていると、充電できないこと
があります。
• 低温時は充電時間が長くなることがあります。
34
バッテリーを充電する
パソコンに接続してバッテリーを充電する
カメラにバッテリーを入れた状態でパソコンに接続すると、バッテ
リーを充電できます。カメラの電源はオフにして、USB ケーブル
でパソコンと接続してください。
撮影の準備
2
• インジケーターランプでバッテリーの充電状態を示します。
インジケーターランプ
バッテリーの状態
点灯
充電中
消灯
充電完了
点滅
バッテリー異常
• USB ハブやキーボードを経由せずに、直接カメラとパソコンを
接続してください。
• 充電中にパソコンが休止状態(スリープ状態)になると、充電が
中止されます。充電を続ける場合は、パソコンの休止状態(スリー
プ状態)を解除したあと、USB ケーブルを接続しなおしてください。
• パソコンの仕様や設定、または状態によって、バッテリーを充電
できないことがあります。
• 充電時間は約 5 時間です。
35
バッテリーとメモリーカードを
入れる
カメラにバッテリーとメモリーカードを入れます。
1 バッテリーカバーロックをスライド
撮影の準備
2
さ せ て、 バ ッ テ リ ー カ バ ー を 開 け
ます。
O • カメラの電源がオンになっている
ときは、バッテリーカバーを開け
ないでください。画像ファイルや
メモリーカードが壊れることがあ
ります。
• バッテリーカバーに無理な力を
加えないでください。
36
バッテリーとメモリーカードを入れる
2 バッテリーを入れます。
図のように金色の端子を下にして、
バッテリー取り外しつまみをバッテ
リーで押すようにして、バッテリー
を入れます。
O • バッテリーの向きを間違えると
カメラが破損するおそれがあり
ます。正しい向きで挿入してく
ださい。
撮影の準備
2
• バッテリーがしっかり固定されて
いることを確認してください。
3 メモリーカードを入れます。
O • メモリーカードの向きが正しいこ
とを確認してください。斜めに差
し込んだり、無理な力を加えたり
しないでください。
•「カチッ」と音(感触)がするまで、
メモリーカードを確実に奥まで差
し込みます。
37
4 バッテリーカバーを閉めます。
O バッテリーカバーが閉まらないとき
は、無理に閉めずにバッテリーの
挿入方向を確認してください。
撮影の準備
2
38
バッテリーとメモリーカードを入れる
バッテリーを取り出すときは
カメラの電源をオフにしてからバッテリー
カバーを開け、バッテリー取り外しつまみ
を指で動かしてロックを外してください。
O
高温環境下で使用するとバッテリーが熱くなっている場合があり
ます。取り出すときは注意してください。
カメラの電源をオフにしてからバッテリー
カバーを開けます。メモリーカードを指で
押し込み、ゆっくり指を放すと、ロックが
外れて取り出せます。
O
2
撮影の準備
メモリーカードを取り出すときは
• メモリーカードを取り出すときは、カードの中央を押してくだ
さい。
• メモリーカードを取り出すときに、押し込んだ指を急に放すと、
メモリーカードが飛び出すことがあります。指は静かに放して
ください。
39
使用可能なメモリーカード
• このカメラでは、弊社および SanDisk 社製の SD/SDHC/
SDXC メモリーカードの使用をおすすめします。
• このカメラでは、UHS-I のメモリーカードに対応しています。
• 動画撮影をするときは、UHS スピードクラス 3 以上のメモ
リーカードをご使用ください。
撮影の準備
2
• 今後の対応メモリーカードについては、富士フイルムの
ホームページに掲載しています。詳しくは http://fujifilm.
jp/support/digitalcamera/compatibility/index.html を参照
してください。その他のメモリーカードについては、動作
保証しておりません。また、xD- ピクチャーカード、マル
チメディアカードには対応していません。
O • メモリーカードのフォーマット中や、データの記録 / 消去中
は、カメラの電源をオフにしたり、メモリーカードを取り出
したりしないでください。カード損傷の原因になることがあ
ります。
• メモリーカードをカメラで記録、消去
するときは、書き込み禁止スイッチの
ロックを解除してください。書き込み
禁止スイッチを LOCK 側へスライドさ
せると、画像の記録や消去、カードの
フォーマットができなくなります。
40
バッテリーとメモリーカードを入れる
O • 未使用のメモリーカードや、パソコンやその他の機器で使用
したメモリーカードは、必ずカメラでフォーマットしてから
ご使用ください。
• メモリーカードは小さいため、乳幼児が誤って飲み込む可能性
があります。乳幼児の手の届かない場所に保管してください。
万が一、乳幼児が飲み込んだ場合は、ただちに医師と相談して
ください。
• 外形寸法が SD メモリーカード規格から外れている miniSD
アダプターや microSD アダプターを使うと、まれに抜けなく
• メモリーカードにラベルなどをはらないでください。はがれた
ラベルが、カメラの誤動作の原因になることがあります。
• メモリーカードの種類によっては、動画の記録が中断される
ことがあります。
• カメラでメモリーカードをフォーマットすると、画像を保存
するフォルダが作られます。このフォルダの名前を変更した
り、削除したりしないでください。また、パソコンやその他
の機器で、画像ファイルの編集 / 削除または名前変更をしな
いでください。画像のファイル名を変更すると、カメラでの
再生時に支障をきたす場合があります。
41
2
撮影の準備
なることがあります。その場合、無理に抜こうとすると故障
につながりますので、富士フイルム修理サービスセンターに
修理をご依頼ください。
電源をオンにする / オフにする
カメラの電源をオンにします。
電源レバーを ON に合わせると、電源が
オンになります。OFF に合わせると、電
源がオフになります。
撮影の準備
2
O レンズやファインダーに指紋が付かないようにご注意ください。
ファインダーがクリアに見えない、または撮影画像の画質低下
の原因になります。
N • 撮影中に a(再生)ボタンを押すと、再生モードになります。
• 再生中にシャッターボタンを半押しすると、撮影モードにな
ります。
• 一定時間カメラを操作しないと、自動的にカメラの電源がオフ
になります。D 消費電力設定 > 自動電源 OFF では、自動的に
電源がオフになるまでの時間を設定できます。自動的にカメラ
の電源がオフになった場合、シャッターボタンを半押しまたは
電源レバーを OFF にしてから再度 ON にすると、撮影モードで
オンになります。
42
バッテリー残量の表示
画面の表示で、バッテリー残量を確認できます。
画面に表示されるバッテリー残量表示
の目盛でバッテリー残量を表します。
e
f
g
h
i
i
撮影の準備
2
表示
意味
バッテリーの残量は十分にあります。
バッテリーの残量は約 80%です。
バッテリーの残量は約 60%です。
バッテリーの残量は約 40%です。
バッテリーの残量は約 20%です。
バッテリーの残量が不足しています。できるだけ早く
(赤点灯) 充電してください。
バッテリーの残量がありません。カメラの電源をオフ
j
(赤点滅) にして、バッテリーを交換してください。
43
初期設定を行う
ご購入後初めて電源をオンにしたときは、使用する
言語と日時が設定されていません。
1 電源をオンにします。
言語設定画面が表示されます。
撮影の準備
2
2 言語を設定します。
ef で使用する言語を選び、
MENU/OK ボタンを押します。
3 年月日の並び順を設定します。
ef で年月日の並び順を選びます。
日時設定が
クリアされています
月/日/年
年.月.日
2017
日.月.年
設定
4 年、月、日、時、分を設定します。
gh で設定する項目(年、月、日、時、
分)を選び、ef で設定する数字を
選びます。
5 MENU/OK ボタンを押します。
設定が終了して、撮影を開始できます。
44
あとで
日時設定が
クリアされています
2019
年/月/日
2018
2017
2016
2015
設定
あとで
初期設定を行う
N バッテリーを取り外してしばらく保管すると、設定した内容が
クリアされる場合があります。その場合は、初期設定の設定
画面が表示されますので、再設定してください。
設定のスキップ
設定の途中で DISP/BACK ボタンを押して、設定をスキップできます。
スキップした設定は、次にカメラを起動したときに、再度、設定画面
が表示されます。
撮影の準備
2
45
言語を変更する
言語を変更するときは、以下の手順で変更します。
1 D 基本設定 > a を選びます。
2 言語を設定します。
ef で使用する言語を選びます。
撮影の準備
2
3 MENU/OK ボタンを押します。
設定した言語表示になります。
日時を変更する
日時設定を変更するときは、以下の手順で変更します。
1 D 基本設定 > 日時設定を選びます。
2 日時を設定します。
gh で設定する項目(年、月、日、時、分)を選び、
ef で設定する数字を選びます。
3 MENU/OK ボタンを押します。
日時が設定されます。
46
3
基本的な撮影と再生
47
プログラムで静止画を撮影する
ここでは、プログラム(P)モードによる撮影の基本
的な流れを説明します。その他のモードの撮影方法は
「撮影モードを変更する」をご覧ください(P 62)。
1 カメラの設定をプログラム(P)撮影の設定にします。
B
C
A
基本的な撮影と再生
3
E
D
P
7
62
6
78
62
設定
A オートモード切換レバー
B シャッタースピード
C ドライブモード
D フォーカスモード
E 絞り設定
z
A(オート)
S(1 コマ撮影)
S(AF-S)
A(オート)
2 撮影画面に P が表示されていること
を確認します。
48
プログラムで静止画を撮影する
3 カメラを構えます。
• 手 ブ レ を 防 ぐ た め、 脇 を し め、
カメラを両手でしっかりと持って
ください。
• レンズや AF 補助光ランプに指など
がかかると、ピンぼけや暗い写真
になることがあります。ご注意く
ださい。
基本的な撮影と再生
3
4 構図を決めます。
ズームリングがあるレンズを使用している場合
ズームリングを回して構図を調整し
ます。広い範囲を写したいときは左
方向、被写体を大きく写したいとき
は右方向に、ズームリングを回して
ください。
49
5 シャッターボタンを半押しして、
被写体にピントと露出を合わせ
ます。
合焦マーク
フォーカスフレーム
• ピントが合うと、ピピッと音が鳴り、フォーカスフレーム
が緑色に点灯し、合焦マークが緑色に点灯します。
基本的な撮影と再生
3
• ピントが合わないときは、フォーカスフレームが赤色
に変わり、s が画面に表示され、合焦マークが白色
に点滅します。
N • 暗い被写体のピントを合わせやすくするために AF 補助光
が発光する場合があります。
• シャッターボタンを半押ししている間、ピントと露出は
固定されます。そのまま半押しを続けて、ピントを固定
することを「AF ロック」、明るさを決めて固定すること
を「AE ロック」といいます。
• レンズのマクロ領域から標準撮影距離範囲の全領域で、
ピントが合います。
6 シャッターボタンを半押ししたまま、さらに深く押し込み
ます(全押しします)。
50
a 静止画を再生する
撮影した画像を再生します。
a ボタンを押すと、撮影した画像が表示(1 コマ再生)され
ます。
100-0001
N • フロントコマンドダイヤルを回しても前後の画像を表示でき
ます。
• 他のカメラで撮影した画像をこのカメラで再生すると、液晶
モニターに m(プレゼントアイコン)が表示されます。他の
カメラで撮影した画像はきれいに表示されなかったり、拡大
表示できなかったりするときがあります。
51
3
基本的な撮影と再生
1 つ前の画像を見るには g を押します。次の画像を見るに
は h を押します。ボタンを押し続けると、早送りします。
b 画像を消去する
1 コマ再生時に b ボタンを押すと、画像を消去でき
ます。
O 誤って画像を消去すると元には戻せません。消去したくない画
像は、プロテクトを設定するか、あらかじめパソコンにコピー
しておいてください。
1 1 コマ再生中に b ボタンを押して、1 コマを選びます。
ෞӊ
基本的な撮影と再生
3
ᵏ ἅἰ
ᙐૠਦ‫ܭ‬
μἅἰ
2 消去する画像を 8 または 9 で選んでから MENU/OK ボタン
を押すと、表示されている画像が消去されます。
• MENU/OK ボタンを押すと同時に画像が消去されますので、
•
誤って消去しないようにご注意ください。
MENU/OK ボタンを繰り返し押すと画像が連続して消去
されます。消去する画像を 8 または 9 で選んでから
MENU/OK ボタンを押してください。
N • プロテクトされた画像は消去できません。消去するには、
プロテクトを解除してください(P 188)
。
• C 再生メニュー > 消去でも、画像を消去できます。複数指定 /
全コマ消去による消去方法は C 再生メニュー > 消去をご覧
ください(P 183)。
52
4
動画の撮影と再生
53
F 動画を撮影する
ここでは、オートモードの動画を撮影する流れを説
明します。
1 ドライブダイヤルを F(動画)に
合わせます。
2 オートモード切換レバーを AUTO の
動画の撮影と再生
4
位置にします。
S アドバンスト SR オートで動画
が撮影されます。
N 動画モードが U のとき、またはオートモード切換レバー
が z の 位 置 の と き は、P モ ー ド の 動 画 を 撮 影 で き ま す
(P 62)。
3 シャッターボタンを全押しします。
動画撮影が開始されます。
• 撮影中は、V が表示されます。
• 動画撮影の残り時間(カウントダ
ウン)が表示されます。
54
動画を撮影する
4 もう一度シャッターボタンを押すと、撮影が終了します。
残り時間がなくなるか、メモリーカードに空きがなくな
ると、撮影は自動的に終了します。
外部マイクについて
このカメラでは、外部マイクを使用できま
す。外部マイクのプラグはプラグインパワー
を必要としないφ 2.5 mm ピンで取り付け
るものをご使用ください。詳しくはステレ
オマイクの使用説明書をご覧ください。
動画の撮影と再生
4
55
O • 音声も同時に記録されるので、撮影中に指などでマイクをふ
さがないようご注意ください。
• 動画撮影中は、カメラの動作音が録音されることがあります。
• 高輝度の被写体を撮影すると、縦スジや横スジが入ることが
ありますが故障ではありません。
N • 動画の記録中は背面のインジケーターランプが点灯します。
• ズームリングがあるレンズを使用している場合は、動画撮影
中もズームリングでズーム操作が行えます。
• 絞りモードスイッチの設定(A または A 以外)は、動画撮影
前に行ってください。絞りモードスイッチが A 以外のときは、
動画撮影中もシャッタースピードや絞り値の設定を変更でき
ます。
4
動画の撮影と再生
• 動画撮影中に露出補正を変更できますが、補正段数は± 2 の
範囲となります。
• 撮影モードや撮影の設定によっては、動画撮影できない場合
や設定が反映された動画が撮影されない場合があります。
56
動画を撮影する
動画の設定について
• 撮影メニューの B 動画設定で動画の種類や動画サイズ、
フレームレートなどを変更できます。
• 動画撮影時のピント合わせの方法はフォーカスモード切
換レバーで設定します。フォーカスモードを S にしても、
G フォーカス設定 > 顔検出 / 瞳 AF 設定の顔検出が ON
のときは、自動的に C(コンティニュアス AF)になります。
また、フォーカスモードが M のときは、顔検出を ON に
しても顔検出は行われません。
背景ボケを生かした動画について
57
4
動画の撮影と再生
絞りをできるだけ開放側に設定することでボケを生かした動画を撮
影できます。絞りを A 以外に設定し、絞り値を調整します。
a 動画を再生する
撮影した動画をカメラで再生します。
画像の再生時に動画を選択すると、W
が表示されます。
2050.12.31 10:00 AM
ϐဃ
±0
動画再生時の操作は、セレクターボタン
(efgh)で行います。
動画の撮影と再生
4
x 再生中
e(上)
f(下)
gh(左右)
y 一時停止中
停止
一時停止
再生
再生速度
コマ送り
29m59s
動画再生時には、進行状況を示すバー
が表示されます。
停止
一時停止
O スピーカーを指などでふさがないでください。音が聞き取りに
くくなります。
58
動画を再生する
N 再生中に MENU/OK ボタンを押すと、再生音量の設定画面が表示さ
れます。e または f を押して動画の再生音量を選び、MENU/OK
ボタンで決定します。動画の再生音量は、D 音設定 > 再生音量
でも設定できます。
動画の再生速度について
g または h を押して、再生速度を変更で
(N)
きます。再生速度は再生アイコンの M
の数で表示されます。M(N)の数が多い
29m59s
ほど速度が速くなります。
停止
一時停止
再生アイコン
動画の撮影と再生
4
59
MEMO
60
5
撮影に関する設定
61
撮影モードを変更する
シャッタースピードと絞り値の設定を変更すると、P、
S、A、M で撮影できます。オートモード撮影では、
カメラが撮影シーンを自動的に認識する S アドバン
スト SR オートで撮影、または自分で好みの撮影シー
ンを決めて撮影できたりします。
プログラム(P)撮影
カメラがシャッタースピードと絞り値を自動的に設定しま
す。プログラムシフトで同じ露出値のままシャッタースピー
ドと絞り値の組み合わせを変えることもできます。
5
撮影に関する設定
B
A
C
設定
A オートモード切換レバー
B シャッタースピード
C 絞り設定
z
A(オート)
A(オート)
表示画面に P が表示されます。
O 被写体の明るさがカメラで測光できる明るさの範囲を超える
と、シャッタースピードおよび絞り値が「–––」と表示されます。
62
撮影モードを変更する
プログラムシフトの設定
リアコマンドダイヤルを回すと、同じ露出
のままシャッタースピードと絞り値の組み
合わせを変えることができます。
絞り値
シャッタースピード
O
次のとき、プログラムシフトは使用できません。
• TTL 自動調光機能付き外部フラッシュを使用しているとき
• H 画質設定 > ダイナミックレンジが AUTO のとき
• 動画を撮影しているとき
N
電源をオフにすると、設定したプログラムシフトは解除されます。
撮影に関する設定
5
63
シャッタースピード優先(S)撮影
設定したシャッタースピードに合わせて、カメラが自動的に
絞り値を設定します。
B
A
C
設定
オートモード
A
切換レバー
撮影に関する設定
5
z
B シャッタースピード
任意(自分で設定)
C 絞り設定
A(オート)
表示画面に S が表示されます。
O • 設定したシャッタースピードで適正な明るさにならないとき
は、絞り値が赤色で表示されます。
• 被写体の明るさがカメラで測光できる明るさの範囲を超える
と、絞り値が「–––」と表示されます。
N • リアコマンドダイヤルでシャッタースピード(180X を除く)
を 1/3 段きざみで微調整できます。
• シャッターボタンを半押ししている間もシャッタースピード
を変更できます。
64
撮影モードを変更する
シャッタースピード優先で ISO 感度を調整してみよう!
シャッタースピード優先でシャッタースピードをできるだけ高速側
に設定し、ISO 感度を手動で設定します。低感度に設定していると、
シャッタースピードを高速側に設定しているので、十分な光を取り
込むため、絞りは自動的に開放寄りで撮影されます。ただし、被写
界深度が浅くなりピントの合う範囲が狭くなる場合があります。こ
のときに ISO 感度を高感度側に設定することで、お好みのシャッター
スピードを保ちつつ、絞りをコントロールすることができ、被写界
深度を深く調節できます。
撮影に関する設定
5
65
タイム撮影(T)
シャッタースピードダイヤルを T に設定すると、タイム撮影
ができます。カメラが動くとピントがずれるので、長時間露
出で撮影する場合は、三脚のご使用をおすすめします。
1 シャッタースピードダイヤルを T に
合わせます。
2 リアコマンドダイヤルで露光時間を
設定します。
撮影に関する設定
5
3 シャッターボタンを全押しすると、設定した時間シャッター
が開きます。
撮影中は、露光時間がカウントダウンで表示されます。
N 長時間露光撮影でノイズが気になる場合は、H 画質設定 > 長秒
時ノイズ低減を ON にすると、ノイズを低減できます。ノイズ低
減処理を行うため、画像の記録に時間がかかる場合があります。
66
撮影モードを変更する
バルブ撮影(B)
シャッタースピードダイヤルを B に設定すると、バルブ撮影
ができます。カメラが動くとピントがずれるので、長時間露
出で撮影する場合は、三脚のご使用をおすすめします。
1 シャッタースピードダイヤルを B に
合わせます。
2 シャッターボタンを全押ししている間、シャッターが開き
ます。
は 30 秒に固定されます。
• 長 時 間 露 光 撮 影 で ノ イ ズ が 気 に な る 場 合 は、H 画 質 設
定 > 長秒時ノイズ低減を ON にすると、ノイズを低減でき
ます。ノイズ低減処理を行うため、画像の記録に時間がかか
る場合があります。
67
5
撮影に関する設定
• シャッターが開くのは、最大 60 分間です。
• 撮影中は、経過時間が表示されます。
N • 絞りを A(オート)に設定している場合は、シャッタースピード
リモートレリーズを使用する
長時間露光撮影時には、リモートレリーズが便利です。
• 別売のリモートレリーズ RR-90 を使用す
るときは、マイクロ USB 端子(Micro-B)
USB2.0 に取り付けます。
• 市販の電子式リモートレリーズを使用す
るときは、マイク / リモートレリーズ端
子(φ 2.5mm 3 極ミニジャック)に取
り付けます。
• 市販のメカニカルリモートレリーズは図
撮影に関する設定
5
のように取り付けます。
N
68
マイク / リモートレリーズ端子にリ
モートレリーズを取り付けると、設定
確認の画面が表示されます。MENU/OK
ボタンを押して、マイク / リモートレ
リーズ設定を n リモートレリーズに設
定してください。
マ イ ク / リモ ートレリ ー ズ の
設 定 を 確 認 し て くだ さ い
決定
スキップ
撮影モードを変更する
絞り優先(A)撮影
設定した絞り値に合わせて、カメラがシャッタースピードを
自動的に決定します。
B
A
C
設定
オートモード
A
切換レバー
B シャッタースピード
A(オート)
Z(自分で設定)
表示画面に A が表示されます。
O • 設定した絞り値で適正な明るさにならないときは、シャッター
スピードが赤色で表示されます。
• 被写体の明るさがカメラで測光できる明るさの範囲を超える
と、シャッタースピードが「–––」と表示されます。
N • 絞り値はレンズの絞りリングを回して設定します。
• シャッターボタンを半押ししている間も絞りを変更できます。
69
5
撮影に関する設定
C 絞り設定
z
被写界深度を確認するには
被写界深度を確認するには、ファンクショ
ンボタンに被写界深度確認を割り当てま
す。割り当てたファンクションボタンを押
すと、そのときの絞り値の被写界深度が確
認できます。
N
• 被写界深度を確認するには、以下の設定が必要です。
- D 表示設定 > 画面のカスタマイズで「AF 時の距離指標」「MF
時の距離指標」に R を入れる。
- DISP/BACK ボタンを押して、スタンダード(情報表示あり)画
面に切り替える。
w
撮影に関する設定
5
被写界深度
• 被写界深度のスケール(ゲージ)の基準を G フォーカス設
定 > 被写界深度スケールで設定できます。フィルム基準はプリ
ント画像などを観賞するときの実用的な被写界深度を確認する
ときの目安にし、ピクセル基準はパソコンなどの画面で拡大表
示して厳密な被写界深度を確認するときの目安にします。
70
撮影モードを変更する
絞り優先で ISO 感度を調整してみよう!
絞り優先で絞りをできるだけ開放側に設定し、ISO 感度を手動で
設定します。絞りを開けているので、十分な光を取り込むことが
できるため、シャッタースピードは自動的に高速寄りで撮影され
ます。ただし、低感度では被写体ブレを軽減するほどのシャッター
スピードにならない場合があります。このときに ISO 感度を高感
度側に設定することで、お好みの被写界深度を保ちつつ、シャッ
タースピードをコントロールすることができ、被写体ブレを軽減
できます。
撮影に関する設定
5
71
マニュアル(M)撮影
マニュアルでは、シャッタースピードや絞り値を撮影者が設
定できます。意図的に「オーバー(明るい)」または「アンダー
(暗い)」の露出を設定できるので、個性的で多彩な表現が可
能になります。マニュアルで撮影するには、露出インジケー
ターを確認しながら、絞り値とシャッタースピードを設定し
ます。
B
A
C
撮影に関する設定
5
設定
オートモード
A
切換レバー
z
B シャッタースピード
任意(自分で設定)
C 絞り設定
Z(自分で設定)
㹋
表示画面に M が表示されます。
N • 絞り値はレンズの絞りリングを回して設定します。
• リアコマンドダイヤルでシャッタースピード(180X を除く)
を 1/3 段きざみで微調整できます。
72
撮影モードを変更する
露出設定プレビューについて
D 表示設定 > マニュアル時モニター露出 /
WB 反映が OFF 以外のときは、露出を反
映した画像が画面に表示されます。
• フラッシュ撮影など、撮影時に露出が変
わる場合は、マニュアル時モニター露出 /
WB 反映を OFF にしてください。
撮影に関する設定
5
73
オートモード撮影
オートモードで撮影するには、オートモード切換レバーを
AUTO の位置にして、フロントコマンドダイヤルでシーンを
選びます。
B
A
設定
撮影に関する設定
5
オートモード
A
切換レバー
AUTO
B ドライブモード
S(1 コマ撮影)
表示画面に選択したシーンのアイコンが表示されます。
選べるシーンは以下のとおりです。
N 撮影メニューの A 撮影設定 > シーン選択からもシーンが選べます。
シーン
S アドバンスト
SR オート
h 人物
Z 美肌
M 風景
N スポーツ
74
機能
シーンに最適な撮影モードをカメラが自動的に
認識して撮影します。
人物の撮影に適しています。
肌をなめらかに撮影します。
昼間の風景撮影に適しています。
動いている被写体の撮影に適しています。
撮影モードを変更する
シーン
O 夜景
H 夜景(三脚)
p 花火
Q 夕焼け
R スノー
s ビーチ
f 水中
U パーティー
機能
夕景や夜景の撮影に適しています。
スローシャッターでの夜景撮影に適しています。
スローシャッターで打ち上げ花火を色鮮やかに
撮影します。
夕焼けを赤く鮮やかに撮影します。
白く輝く雪景色での撮影に適しています。
日差しの強い浜辺での撮影に適しています。
水中での撮影を想定し、青かぶりを軽減します。
室内での結婚式やパーティーの撮影で使用し
ます。
V花
花を色鮮やかに撮影します。
W 文字の撮影
書類やホワイトボードなどを撮影するときに使
用します。
撮影に関する設定
5
75
S(アドバンスト SR オート)
S ア ド バ ン ス ト SR オ ー ト を 選 ぶ
とカメラが認識した最適なシーンの
シーンアイコンが表示されます。
撮影に関する設定
a:AUTO
c:風景
d:夜景
h:夜景(三脚)
e:マクロ
u:ビーチ
v:夕焼け
5 w:スノー
x:青空
y:緑
z:青空 & 緑
d:人物
g:逆光 & 人物
c:動体
a:人物 & 動き
b:逆光人物 & 動き
O シーンによっては認識されたシーンが実際と異なる場合があり
ます。また、撮影条件によっては、同じ被写体でも異なるシー
ンとして認識される場合があります。認識されたシーンが実際
と異なる場合は、適切なシーンを選んでください。
76
オートフォーカス撮影
ここでは、カメラが自動的にピントを合わせて撮影
するときの設定について説明しています。
1 フォーカスモード切換レバーを S
または C に設定します(P 78)
。
2 撮影メニューの G フォーカス設定 >
AF モードから AF モードを選びます
(P 80)。
撮影に関する設定
5
3 フォーカスエリアの位置やサイズを
変更します(P 82)。
4 撮影します。
N AF システムについては、以下のサイトも併せてご覧ください。
http://fujifilm-x.com/af/ja/index.html
77
フォーカスモード
フォーカスモードは、フォーカスモー
ド切換レバーで設定します。
フォーカスモードの種類
フォーカスモード
S
(AF-S)
C
撮影に関する設定
5
(AF-C)
M
(マニュアル
フォーカス)
内容
シングル AF で撮影します。シャッターボタン
を半押しすると、カメラが一度だけ自動的にピ
ントを合わせます。スナップや風景など動きの
ない被写体の撮影に適しています。
コンティニュアス AF で撮影します。シャッター
ボタンを半押しすると、カメラが常にピントを
合わせ続けます。動きのある被写体の撮影に適
しています。
意 図 し た 場 所 に ピ ン ト を 手 動 で 合 わ せ ま す。
オートフォーカスの苦手な被写体を撮影すると
きや意図的にピントをずらしたいときなどに使
用します(P 87)。
N • レンズ側で M(マニュアルフォーカス)を設定できる交換
レンズをご使用の場合は、フォーカス切換レバーを S または C
に設定していても M(マニュアルフォーカス)で撮影できます。
• フォーカスモードが S または C のときは、G フォーカス設
定 > プリ AF を ON にすると、シャッターボタンを半押しし
ていないときも常にピントを合わせ続けます。
• フォーカスモードが C のときは、G フォーカス設定 > 顔検出 /
瞳 AF 設定の瞳 AF は機能しません。
78
オートフォーカス撮影
合焦マークについて
合焦マークでピントの状況を確認できます。
合焦マーク
合焦マーク
状況
ピントが合うところを探しています。
( )
z (緑点灯) S のときにピントが合って固定されています。
C のときにピントが合っています。被写体の動
(z)(緑点灯)
きに合わせてピント位置が変化します。
A (白点滅) ピントが合っていません。
j
M のときに表示されます。
撮影に関する設定
5
79
AF モードの選択
オートフォーカスモード(フォーカスモードが S または C の
とき)と AF モードの組み合わせでさまざまな撮影シーンに
応じたフォーカスエリアを選択できます。
AF モードの設定方法
1 MENU/OK ボタンを押して、撮影メニューを表示します。
2 G フォーカス設定 > AF モードを選びます。
3 設定する AF モードを選びます。
N この設定はショートカット機能でも設定できます(P 242)。
撮影に関する設定
5
AF モードの種類
• フォーカスモードが S(AF-S)のとき
設定
r
シングル
ポイント
y
ゾーン
80
用途例
被写体を 1 点のスポットで捉える
モードで、基本的な AF モードで
す。フォーカスエリア選択で設定
した 1 点のフォーカスエリアで、
ピントを合わせます。
シングルポイントでは捉えにく
い、 や や 動 き の あ る 被 写 体 や ス
ナ ッ プ な ど に 向 く モ ー ド で す。
フォーカスエリア選択で設定した
フォーカスエリアで、ピントを合
わせます。
作例
オートフォーカス撮影
設定
用途例
作例
画面内にあるコントラストが高
い被写体に自動でピントを合わ
せるモードです。ピントの合った
ワイド /
複数の位置に AF エリアが表示さ
トラッキング
れます。
z
• フォーカスモードが C(AF-C)のとき
設定
r
シングル
ポイント
ゾーン
作例
ある程度予測可能な動きに向い
た AF モードです。フォーカス
エリア選択で設定したゾーンの
中央で捉えた被写体に、常にピ
ントを合わせ続けます。
5
撮影に関する設定
y
用途例
前後直線的な動きをスポットで
捉えるモードです。フォーカス
エリア選択で設定したピンポイ
ントのフォーカスエリアで、ピ
ントを合わせます。
画面内を広く動く被写体に向く
モードです。被写体の移動に合
ワイド /
わせて全フォーカスエリア内を
トラッキング カメラが自動で追尾します。
z
81
フォーカスエリアの変更
フォーカスモードが S または C のときのフォーカスエリアを
変更できます。
フォーカスエリアの変更方法
1 MENU/OK ボタンを押して、撮影メニューを表示します。
2 G フォーカス設定 > フォーカスエリア選択を選び、フォー
カスエリア選択画面を表示します。
3 セレクターボタンとリアコマンドダイヤルでフォーカス
エリアを変更します(P 83)
。
撮影に関する設定
5
82
オートフォーカス撮影
フォーカスエリアの操作
フォーカスエリアの移動はセレクターボ
タンで、サイズ変更はリアコマンドダイ
ヤルでそれぞれ操作します。AF モード
の設定によって操作が異なります。
DISP/BACK
4 方向移動
押す
ボタン
リアコマンドダイヤル
モード
A
F
セレクター
ボタン
回す
中央押し
r 移動した方向 フォーカス
100% に戻る
エリアが中央 サイズ変更
y にフォーカス
(3 段階)
エリアが移動
に戻る
なし
z
N z トラッキングのフォーカスエリアは、フォーカスモードが
C のときのみ有効です。
83
5
撮影に関する設定
サイズ変更
(5 段階)
フォーカスエリアの選択画面
フォーカスエリアの選択画面は AF モードの設定によって異
なります。
N 小さな四角(□)ひとつがフォーカスエリアポイントで、枠で
囲んだエリアがフォーカスエリアです。
r
撮影に関する設定
5
y
G フ ォ ー カ ス 設 定 > 91 のフォーカスエリア
フォーカス点数切り替え ポ イ ン ト を 3 × 3、
でフォーカスエリアポイ 5 × 5、7 × 7 の範囲で
ントの点数を 91 と 325 選べます。
から選べます。
z
フォーカスエリアを
トラッキングしたい
被写体の位置に移動
して、MENU/OK ボタン
を押すと被写体に
フォーカスエリアが
設定されます。
オートフォーカスが有効な範囲について
A イ ン テ リ ジ ェ ン ト ハ イ ブ リ ッ ド AF
( TTL コ ン ト ラ ス ト AF + 位 相 差 AF) と
B TTL コントラスト AF が有効な範囲は
異なります。
A
84
B
オートフォーカス撮影
フォーカスエリアについて
高速連写(CH)でフォーカスモードが C のときは、選択できる
フォーカスエリアが異なります。
シングルポイント
ゾーン
ワイド / トラッキング
オートフォーカスの苦手な被写体について
このカメラは精密なオートフォーカス機構を搭載していますが、
次のような被写体や条件の場合、ピントが合いにくいことがあり
ます。
鏡や車のボディなど光沢のあるもの
5
撮影に関する設定
•
•
•
•
•
•
ガラス越しの被写体
髪の毛や毛皮などの暗い色で、光を反射せずに吸収するもの
煙や炎などの実体のないもの
背景との明暗差が少ないもの
AF フレーム内にコントラスト差が大きいものがあり、その前か
後ろに被写体がある場合(コントラストの強い背景の前にある
被写体など)
85
拡大表示してピントを確認する
リアコマンドダイヤルの中央を押すと拡大
して表示され、ピントの確認がしやすくな
ります。もう一度リアコマンドダイヤルの
中央を押すと通常表示に戻ります。拡大表
示する位置はフォーカスエリア選択で変更
できます。
M
M
通常表示
N
• フォーカスモードが S のときは、拡大表示中にリアコマンド
ダイヤルを回すと、拡大表示の倍率を変更できます。ただし、
G フォーカス設定 > MF アシストでデジタルスプリットイメージ
を設定しているときは、倍率変更できません(P 141)。
撮影に関する設定
5
拡大表示
• フォーカスモードが S のときは、AF モードをシングルポイント
に設定してください。
• フォーカスモードが C または G フォーカス設定 > プリ AF が
ON のときは、拡大表示できません。
• リアコマンドダイヤルの中央押しは、D 操作ボタン・ダイヤル
設定 > Fn/AE-L/AF-L ボタン設定で他の機能に割り当てること
ができます。また拡大表示の機能を他のボタンに割り当てるこ
ともできます(P 224)。
86
マニュアルフォーカス撮影
意図した場所にピントを手動で合わせて撮影する方法
を説明します。
1 フォーカスモード切換レバーを M に
設定します。
画面に j が表示されます。
㹋
撮影に関する設定
5
2 フォーカスリングを回してピントを
合わせます。
フォーカスリングを時計回りに回す
と遠距離側に、反時計回りに回すと
近距離側にピントが合います。
3 撮影します。
N • フォーカスリングを回す方向は、D 操作ボタン・ダイヤル設
定 > フォーカスリングで設定できます。
• レンズ側で M(マニュアルフォーカス)を設定できる交換
レンズをご使用の場合は、フォーカス切換レバーを S また
は C に設定していても M(マニュアルフォーカス)で撮影
できます。
87
マニュアルフォーカス時の AF ロック機能について
• AF ロックまたは AF-ON が割り当てられているファンクション
ボタンを押すと、フォーカスフレーム内の被写体にオートフォー
カスでピントを合わせます。ピントを合わせる位置は、フォー
カスエリア選択で変更できます。フォーカスエリアのサイズは
リアコマンドダイヤルで変更できます。素早くピントを合わせ
たいときに便利です。この機能は、マニュアルフォーカスのと
きのみ使用できます。
• G フォーカス設定 > ワンプッシュ AF 時の動作で、AF-L 機能の
ファンクションボタンの動作を変更できます。AF-S(シングル
AF)のときはボタンを押すとオートフォーカスでピントを合わ
せます。AF-C(コンティニュアス AF)のときはボタンを押し
ている間、オートフォーカスでピントを合わせ続けます。
撮影に関する設定
5
88
マニュアルフォーカス撮影
ピントの確認方法
マニュアルフォーカス撮影では、以下の方法でピントを確認
できます。
距離指標を目安にする
白い線はピントの中心値を、青いバー
は被写界深度を示します。距離指標の
単位は、D 表示設定 > 距離指標の単位
でメートルとフィートを切り替えられ
ます。
ピントの中心値
(白い線)
被写界深度
拡大表示して確認する(フォーカスチェック)
G フォーカス設定 > フォーカスチェックを ON にすると、
N G フォーカス設定 > MF アシストの設定がフォーカスピーキング
またはスタンダードのときは、拡大表示中にリアコマンドダイヤル
を回すと、拡大表示の倍率を変更できます。デジタルスプリット
イメージを設定しているときは、倍率変更できません。
89
5
撮影に関する設定
フォーカスリングを回したときに自動的に拡大表示され、ピ
ントの確認がしやすくなります。リアコマンドダイヤルの中
央を押すと通常表示に戻ります。拡大表示する位置は、フォー
カスエリア選択で変更できます。
画面に表示された画像で確認する
ピントの確認方法を G フォーカス設定 > MF アシストの
デジタルスプリットイメージまたはフォーカスピーキング
から選べます。
N リアコマンドダイヤルの中央を長押しすると、MF アシストの
設定を切り替えることができます。
• フォーカスピーキング
コントラストの高い輪郭部分が強調され
ます。フォーカスリングを回して、撮影
したい被写体が強調されるように調整し
てください。
撮影に関する設定
5
• デジタルスプリットイメージ
画面中央部にスプリットイメージが表示
されます。スプリットイメージの上部、
中央部、下部に 3 本の分割線があるので、
ピントを合わせたい被写体が分割線上に
写るようにして、分割線上下での像のズ
レが無いようにフォーカスリングを回し
て、フォーカスを調整してください。
90
d 露出補正
画像の明るさを調整できます。
露出補正ダイヤルを回して、露出を補正
します。
O モードによって補正段数が制限されることがあります。
C(カスタム)について
露出補正ダイヤルを C の位置にしてフ
ロントコマンドダイヤルを押すと、露
出が設定できます。フロントコマンド
ダイヤルで補正値を調整します。
撮影に関する設定
5
で切替
N • フロントコマンドダイヤルによる露出補正では、± 5 の範囲
で補正が可能になります。
• フロントコマンドダイヤルを押すと、絞り値と露出補正を切
り替えることができます。
91
AE/AF ロック撮影
シャッターボタンを半押しすると、ピントと明るさ
が固定されます。
1 AE/AF ロックしたい被写体に AF フレームを合わせます。
2 シャッターボタンを半押しします。
被写体に露出が合い、AF フレームが
緑点灯します。
P
撮影に関する設定
5
3 半押ししたまま構図を変えます。
被写体との距離は変えないでくだ
さい。
P
4 そのままシャッターボタンを全押しして、撮影します。
N シ ャ ッ タ ー ボ タ ン に よ る AE/AF ロ ッ ク 撮 影 を 行 う 場 合 は、
D 操作ボタン・ダイヤル設定 > 半押し AF、半押し AE を ON
にしておく必要があります。
92
AE/AFロック撮影
ボタンによる AE/AF ロック
AE-L ボタンを使用すると、AE ロックの
みを行えます。また、AF-L ボタンを使
用すると、AF ロックのみを行えます(工
場出荷時の設定)。
• AE-L ボタンまたは AF-L ボタンで AE/AF ロックしたときは、
シャッターボタンを半押ししてもロックは解除されません。
• D 操作ボタン・ダイヤル設定 > AE/AF-LOCK 設定を押下
93
5
撮影に関する設定
•
切替にすると、AE-L または AF-L ボタンを放しても AE ロッ
クや AF ロックは解除されなくなります。解除するときは、
もう一度ボタンを押します。
D 操作ボタン・ダイヤル設定 > Fn/AE-L/AF-L ボタン設
定で、各機能に割り当てるボタンを変更できます。
BKT ブラケティング撮影
一度シャッターボタンを押すと、それぞれの設定値
を変えながら複数枚連続で撮影するブラケティング
撮影ができます。
1 ド ラ イ ブ ダ イ ヤ ル を BKT1 ま た は
BKT2(ブラケティング)に合わせ
ます。
2 使用したいブラケティングの種類と設定値を A 撮影設
定 > ドライブ設定で選びます。
5
撮影に関する設定
ブラケティングの種類
O AE ブラケティング
W ISO ブラケティング
X フィルムシミュレーション BKT
H ホワイトバランス BKT
Y ダイナミックレンジ BKT
N この設定はショートカット機能でも設定できます(P 242)。
3 撮影します。
94
ブラケティング撮影
O AE ブラケティング
一度シャッターボタンを押すと、画像の明るさ(露出)を
「適正」、「オーバー(明るい)」、「アンダー(暗い)」の順に
変えながら、3 枚連続で撮影します。設定値は「適正」から
± 1/3 〜± 2 の範囲を 1/3 きざみで選べます。
O アンダーまたはオーバーの露出がカメラの露出制御範囲を超え
るときは、設定した設定値きざみで撮影されません。
W ISO ブラケティング
撮 影 し た 1 枚 の 画 像 か ら、 設 定 し た ISO 感 度 を 変 化 さ せ
て 3 枚 の 画 像 を 作 成 し ま す。 変 化 さ せ る ISO 感 度 は ± 1、
± 2/3、± 1/3 から選べます。
撮影した 1 枚の画像から、それぞれ設定したフィルムシミュ
レーションの設定に変化させて 3 枚の画像を作成します。
95
5
撮影に関する設定
X フィルムシミュレーション BKT
H ホワイトバランス BKT
一度シャッターボタンを押すと、
「センター(ノーマル)
」
、
「ブルー(プラス)
」
、
「アンバー(マイナス)
」の 3 枚の画像
を作成します。設定したホワイトバランスから± 1、± 2、
± 3 ステップの幅を設定できます。
Y ダイナミックレンジ BKT
一度シャッターボタンを押すと、ダイナミックレンジの設定
を「100%」、「200%」、「400%」の順に変えながら、3 枚連
続で撮影します。
N ISO 感度を固定値に設定しているときは自動的に ISO 800 以上
になり、ISO 感度を AUTO1、AUTO2、AUTO3 に設定してい
るときは ISO 200 〜 800 になることがあります。ダイナミック
レンジブラケティングを解除すると、ISO 感度は元の設定に戻
ります。
撮影に関する設定
5
96
I 連続撮影(連写)
シャッターボタンを押し続けている間、各連写設定
に応じたコマ数で連続撮影します。動いている被写
体などを連続して撮影するのに適しています。
1 ドライブダイヤルを CH(高速連写)
または CL(低速連写)に合わせます。
2 A 撮影設定 > ドライブ設定で連写速度を選びます。
N この設定はショートカット機能でも設定できます
3 撮影します。
シャッターボタンを押し続けている間、各連写設定に応じ
た連写速度で連続撮影します。
N シャッターボタンを放すか、メモリーカードに空きがなく
なると、撮影は自動的に終了します。
97
5
撮影に関する設定
(P 242)。
O • 連写中にファイル No. が 999 を超えると、次のフォルダにま
たがって記録されます。
• 連写中にメモリーカードの容量が不足すると、記録可能枚数
分まで記録されます。ただし、連写モードによっては、空き
容量がないときは撮影できない場合があります。
• 連写枚数が増えると、連写速度が遅くなる場合があります。
• シャッタースピード、ISO 感度、シーン、フォーカスモード
によっては、連写速度が変わる場合があります。
• フラッシュは使用できません。ただし、通常に撮影すると、
連写前に使用していたフラッシュ設定に戻ります。
• 連続撮影では、撮影した画像を記録する時間が長くなる場合
があります。
ピントや露出について
撮影に関する設定
5
• ピントを自動で変えながら撮影したいときは、フォーカスモード
を C に設定してください。
• 露出を自動で変えながら撮影したいときは、D 操作ボタン・
ダイヤル設定 > 半押し AE を OFF にしてください。
• ピントと露出を自動で変えながら撮影したいときは、D 操作
ボタン・ダイヤル設定 > 半押し AE を OFF にし、フォーカス
モードを C に設定してください。
N
• CH(高速連写)でフォーカスモードが C のときは、選択
できるフォーカスエリアが異なります。
• CH(高速連写)時での顔検出は、インテリジェントハイ
ブリッド AF(TTL コントラスト AF +位相差 AF)の範囲
(P 84)となります。
• 絞りや ISO 感度、露出補正などの撮影条件によっては、
ピントや露出の自動調整が有効にならない場合があり
ます。
98
ADV. アドバンストフィルター撮影
さまざまなフィルター効果を加えて撮影できます。
1 ド ラ イ ブ ダ イ ヤ ル を Adv.1 ま た は
Adv.2(アドバンストフィルター)に
合わせます。
2 A 撮影設定 > ドライブ設定で使用したいアドバンスト
フィルターを選びます。
N この設定はショートカット機能でも設定できます(P 242)。
5
撮影に関する設定
3 撮影します。
99
アドバンストフィルターの種類
G トイカメラ
H ミニチュア
I ポップカラー
撮影に関する設定
5
レトロな雰囲気のあるトイカメラ風
な写真に仕上がります。
ジオラマ風に上下をぼかします。
コントラストと彩度を強調します。
J ハイキー
全体的に階調を明るくし、コントラ
ストを抑えます。
Z ローキー
全体を暗く落ち着かせつつ、ハイラ
イト部分を強調します。
K ダイナミックトーン
ダイナミックな階調表現で、幻想的
な効果を加えます。
X ソフトフォーカス
全体にぼかしを加え、やわらかな雰
囲気を与えます。
u パートカラー(レッド)
v パートカラー(オレンジ)
w パートカラー(イエロー) 特定の色域(カッコ内の色)だけを
x パートカラー(グリーン) 残し、残りをモノクロにします。
y パートカラー(ブルー)
z パートカラー(パープル)
N 被写体やカメラの設定によっては、画像が粗くなったり意図し
たような明るさや色みにならなかったりする場合があります。
100
j 多重露出撮影
2 枚の画像を重ねて 1 つの画像に合成します。
+
1 ドライブダイヤルを j(多重露出)
に合わせます。
5
撮影に関する設定
2 1 枚目の画像を撮影します。
3 MENU/OK ボタンを押します。
2 枚目の撮影画面になります。
次の撮影へ
撮り直し
N
撮影終了
• 1 枚目の画像を撮り直す場合は g を押してください。
• DISP/BACK ボタンを押すと、1 枚目の画像が保存され、多
重露出撮影を終了します。
101
4 2 枚目の画像を撮影します。
1 枚目の画像が撮影画面にうすく表
示されているので、その画像を見な
がら 2 枚目の画像の位置を調整して
ください。
撮影終了
30
2.0
5 MENU/OK ボタンを押します。
2 枚の画像を合成した画像が保存さ
れます。
撮り直し
撮影終了
N 2 枚目の画像を撮り直す場合は g を押してください。
撮影に関する設定
5
102
u パノラマ撮影
カメラを動かしながら撮影した複数の画像を合成し、
高画質な 1 枚のパノラマ写真を作成します。
1 ドライブダイヤルを u(パノラマ)
に合わせます。
2 撮影する角度(撮影画角)を選びます。
g で撮影画角変更画面を表示させ、撮影する画角の大きさ
(P/O)を選び、MENU/OK ボタンを押します。
h で 撮 影 方 向 を 選 択 で き ま す。 撮 影 す る 方 向 を 選 び、
MENU/OK ボタンを押します。
4 シャッターボタンを全押しします。
撮影中にシャッターボタンを押し続ける必要はありません。
103
5
撮影に関する設定
3
撮影方向を選びます。
5 矢印方向にカメラを動かします。
ガイドの終端までカメラが動くと撮
影が終了し、パノラマ写真が保存さ
れます。
十字を黄色のラインにあわせて
の方向にスイングしてください
画角変更
30
2.0
方向変更
800
うまく撮影するには
•
•
•
•
•
•
撮影に関する設定
5
一定の速度でゆっくりと小さな円を描くようにカメラを動かします。
ガイドの方向にまっすぐカメラを動かします。
うまくいかないときは、移動速度を変えてください。
カメラがブレないように脇をしめて撮影してください。
三脚を使うと、よりきれいに撮影できます。
ズーム位置を広角側に設定して、レンズの焦点距離を 35 mm
(35 mm フィルム判で 50 mm 相当)以下で撮影することをおす
すめします。
104
パノラマ撮影
O • 撮影中にシャッターボタンをもう一度全押しすると、撮影が
停止します。このときに撮影された画像が保存されないこと
があります。
• 撮影を中断したタイミングによっては、撮影した最後の部分
が記録されないことがあります。
• 複数の写真を合成するため、つなぎ目がきれいに記録されな
い場合があります。
• 暗いシーンでは、写真がブレる場合があります。
• カメラを動かす速度が速すぎたり、遅すぎたりしたときは、
撮影が中断される場合があります。設定した方向と異なる方
向にカメラを動かしたときも撮影が中断されます。
• 撮影シーンによっては、設定した角度どおりに撮影できない
場合があります。
• 以下の場合はパノラマ撮影には適していません。
- 被写体が動いている
- 被写体とカメラの距離が近すぎる
- 空や芝生など、同じような模様が続く風景
- 波や滝など常に模様が変化する風景
- 明るさが大きく変動するシーン
• 露出は、最初にシャッターボタンを半押しした時点で固定さ
れます(D 操作ボタン・ダイヤル設定 > 半押し AE が ON の
とき)。
105
撮影に関する設定
5
パノラマ画像の再生
1 コマ再生時にパノラマ写真を選択して f を押すと、パノラマ写
真を再生できます。横方向に撮影したパノラマ写真は左から右に、
縦方向に撮影した写真は下から上に表示されます。
再生
停止
一時停止
• パノラマ写真を 1 コマ再生しているときは、リアコマンドダイ
ヤルを回して拡大 / 縮小表示できます。
• パノラマ再生時の操作は、セレクターボタンで行います。
1 コマ再生中
5
撮影に関する設定
e(上)
f(下)
gh(左右)
106
再生中
−
一時停止中
停止
再生
一時停止
−
再生
コマ送り
フラッシュ撮影
夜や暗い室内で撮影をするときは、フラッシュをお使
いください。
1 N(フラッシュポップアップ)レバー
を矢印の方向に引いて、フラッシュ
をポップアップします。
2 撮影メニューの F フラッシュ設定 >
ポップアップ式フラッシュの設定画
面が表示されます。
N
フラッシュ設定
フラッシュ機能設定
赤目補正
TTL-LOCKモード
LEDライト設定
MASTER設定
CH設定
5
終了
この設定はショートカット機能でも設定できます(P 242)。
3 フラッシュの設定を変更します
(P 109)。
efgh で 変 更 す る 項 目 を 選 び、
リアコマンドダイヤルで設定値を変
更します。
モード
内蔵フラッシュ
調整
完了
4 DISP/BACK ボタンを押します。
フラッシュモードが設定されます。
107
撮影に関する設定
フラッシュ機能設定を選びます。
O • ご使用の交換レンズや撮影距離によっては、フラッシュの
ケラレが発生することがあります。
• フラッシュポップアップ部に触れると、エッジでケガをする
ことがありますのでご注意ください。
• 電子シャッターを使用しているときやパノラマ撮影などを
行っているときは、フラッシュは発光しません。
• 撮影モードが S(シャッタースピード優先)または M(マニュ
アル)のときは、シャッタースピードを同調速度 180X より
も長い時間に設定してください。
N
• フラッシュは予備発光と本発光で数回発光します(コマンダー
モードを除く)。撮影が完了するまでカメラを動かさないでく
ださい。
• D 基本設定 > 電子音 & フラッシュを OFF にしているとき
は、フラッシュは発光しません。
撮影に関する設定
5
108
フラッシュ撮影
フラッシュ機能設定
ポップアップ式フラッシュ
では、以下の項目を設定で
きます。
モード
内蔵フラッシュ
調整
設定
完了
説明
フラッシュの発光モードを選びます。
設定
説明
TTL
TTL 自動調光で発光します。調光補正で
発光量を調整し、TTL モードで TTL 撮影
の発光モードを選択します。
M
スタジオフラッシュなど、主灯の発光に
同期して発光可能なスレーブフラッシュ
(コマンダー)
をコントロールするときに選択します。
C
OFF
フラッシュを使用しません。
B 調光補正 / フラッシュの調光補正または発光量を設定します。
発光量
設定値は選択している発光モードによって異なり
(発光強度) ます。
109
5
撮影に関する設定
A モード
(発光モード)
被写体の明るさやカメラ側の設定に関わら
ず、常に一定の光量で発光します。発光量
でフル発光(1/1)から 1/64 発光までの
発光強度を設定できます。状況によっては、
フラッシュの発光強度を少量に設定すると、
設定値が十分に反映されない場合がありま
す。実際の撮影画像で確認してください。
設定
説明
TTL 撮影の発光モードを選びます。カメラの撮影
モード(P、S、A、M)によって選択可能な設定が
異なります。
設定
説明
被写体の明るさに応じて、発光・非発光の
判断を含めて適切な発光をカメラが自動で
E
制御します。被写体が十分に明るい場合、
(フラッシュ
フラッシュは発光しません。フラッシュが
発光 AUTO)
発光するときは、シャッターボタンを半押
しすると、画面に p が表示されます。
C
TTL モード
撮影に関する設定
5
一般的なフラッシュ撮影に使用します。
発光強度はカメラが自動でコントロール
F
します。カメラのシャッターボタンを押
(スタンダード) したときに、フラッシュが充電されてい
ないときは、撮影を優先して非発光で撮
影します。
G
(スロー
シンクロ)
夜景と人物の両方をきれいに撮影できま
す。カメラのシャッタースピードが低速
に設定されます。カメラのシャッター
ボタンを押したときにフラッシュが充電
されていないときは、撮影を優先して非
発光で撮影します。
フラッシュが発光するタイミングを選びます。
設定
D 同調モード
H
(先幕)
I
(後幕)
110
説明
シャッターが開いた直後にフラッシュが
発光します。通常の撮影ではこちらを選
んでください。
シャッターが閉じる直前にフラッシュが
発光します。
フラッシュ撮影
赤目補正について
暗い場所でフラッシュ撮影したときに、フラッシュの光が目の中
で反射することにより瞳が赤く写る現象を「赤目現象」といいま
す。赤目現象を補正したいときは、F フラッシュ設定 > 赤目補正
を OFF 以外に設定します。G フォーカス設定 > 顔検出 / 瞳 AF 設
定の顔検出を ON に設定する必要があります。
フラッシュ使用時のシャッタースピードについて
フラッシュ撮影したときのシャッタースピード同調速度は 1/180 秒
以下です。
別売フラッシュについて
このカメラでは、別売の富士フイルム製クリップオンフラッシュが
使用できます。
他社製のフラッシュをお使いになるときのご注意
111
5
撮影に関する設定
カメラのホットシューに 300V 以上の電圧がかかるフラッシュは
使用できません。
MEMO
112
6
撮影メニュー
113
H 撮影メニュー(画質設定)
撮影時の画質に関する機能を設定できます。
撮影画面で MENU/OK ボタンを押して、
H(画質設定)タブを選びます。
画質設定
画像サイズ
画質モード
RAW 記録方式
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
ハイライトトーン
終了
N メニューに表示される項目は、撮影モードによって異なります。
撮影メニュー
6
114
撮影メニュー(画質設定)
画像サイズ
記録する画像の大きさを変更できます。
設定値
O 3 : 2(6000 × 4000) O 16 : 9(6000 × 3376) O 1 : 1(4000 × 4000)
P 3 : 2(4240 × 2832) P 16 : 9(4240 × 2384) P 1 : 1(2832 × 2832)
Q 3 : 2(3008 × 2000) Q 16 : 9(3008 × 1688) Q 1 : 1(2000 × 2000)
N 画像サイズは、カメラの電源をオフにしても撮影モードを切り
替えても保持されます。
画像の縦横比について
画像の縦横比によって撮影できる範囲が異なります。用途に合わせて
縦横比を選択してください。
説明
3:2
画像の縦横比がフィルムやポストカードと同じ 3 : 2 になり
ます。
16 : 9
画像の縦横比が 16 : 9 になり、ハイビジョンテレビでの再生
に適しています。
1:1
正方形の比率です。
115
6
撮影メニュー
設定
画質モード
用途に合わせて記録画像の圧縮率を変更できます。
設定
説明
FINE
圧縮率を低くして画質を優先するモードです。
NORMAL
圧縮率を高くして撮影枚数を優先するモード
です。
FINE+RAW
NORMAL+RAW
RAW
FINE で撮影した JPEG 画像と、RAW ファイル
の両方を保存します。
NORMAL で撮影した JPEG 画像と、RAW ファ
イルの両方を保存します。
RAW ファイルのみを保存します。
ファンクションボタンを使って RAW 画像を撮影する
撮影メニュー
6
画質モードで FINE または NORMAL を選択していても、ファンク
ションボタンに RAW を割り当てておくと、ファンクションボタン
を押すだけで RAW 画像を撮影できます(P 250)。再度ファン
クションボタンを押すか、1 コマ撮影すると、元の設定(左列)に
戻ります。
設定されている
画質モード
ファンクションボタン
(RAW を割り当て済み)を押した場合
FINE
NORMAL
FINE + RAW
NORMAL + RAW
RAW
FINE + RAW
NORMAL + RAW
FINE
NORMAL
FINE
116
撮影メニュー(画質設定)
RAW 記録方式
RAW 画像の記録方式を設定できます。
設定
非圧縮
ロスレス圧縮
説明
データを圧縮せずに RAW 画像を保存します。
データを圧縮して RAW 画像を保存します。RAW
FILE CONVERTER EX 2.0 な ど ロ ス レ ス 圧 縮
RAW の現像に対応したソフトウエアを使うとデー
タを欠落させずに現像できます。非圧縮に比べて
ファイルサイズが小さくなります。
撮影メニュー
6
117
フィルムシミュレーション
撮影時の発色や階調を変更できます。被写体に応じてフィルム
を再現した設定から選べます。表現意図に応じてフィルムを選
ぶ感覚で、色再現や階調表現を使い分けることができます。
設定
c
PROVIA/ スタンダード
d
Velvia/ ビビッド
e
ASTIA/ ソフト
i
撮影メニュー
6
クラシッククローム
g
PRO Neg. Hi
h
PRO Neg. Std
118
説明
標準的な発色と階調で人物、風景など幅
広い被写体に適しています。
高彩度な発色とメリハリのある階調表現
で、風景や花の撮影に適しています。
肌色のつながりを良くしつつ、青空も鮮
やかに写るようになります。屋外のポー
トレートに適しています。
発色を抑えて暗部のコントラストを高め
ます。落ち着いた表現に適しています。
h PRO Neg. Std に比べて階調をやや
硬めにしています。屋外でのポートレー
トに適しています。
全体的に落ち着いたトーンになります。
さらに肌色再現の階調のつながりを重視
し、スタジオでのポートレート撮影に適
しています。
撮影メニュー(画質設定)
設定
説明
a
質感が豊かでシャープな表現のモノクロ
です。さらに Ye、R、G のフィルターを
選んでコントラストを調整します。
ACROS *
b
モノクロ *
f
セピア
モノトーンの表現を活かしたモノクロで
す。さらに Ye、R、G のフィルターを選
んでコントラストを調整します。
ウォーム調の色合いであたたかみのある
雰囲気の表現に適しています。
* 選んだフィルターの補色の色が濃くなります。Ye フィルターは青から
紫系が濃くなり、R フィルターは青から緑系が深くなります。G フィル
ターは赤系、肌色系が深くなるので人物撮影などに適しています。
N • フィルムシミュレーション設定時も、トーンやシャープネス
などの変更が可能です。
てご覧ください。
http://fujifilm-x.com/ja/x-stories/the-world-of-film-simulation-episode-1/
119
6
撮影メニュー
• この設定はショートカット機能でも設定できます(P 242)。
• フィルムシミュレーションについては、以下のサイトも併せ
グレイン・エフェクト
画像にザラっとした粒状の質感を加えます。
設定
強
弱
OFF
撮影メニュー
6
120
説明
効果を強くします。
効果を弱くします。
使用しません。
撮影メニュー(画質設定)
ダイナミックレンジ
撮影する画像のダイナミックレンジを変更できます。広いダ
イナミックレンジでの撮影は、明暗差の強い建物、コントラ
ストの高い被写体(光と波、強い光と紅葉、青空での人物撮
影など)
、白い被写体(建物、動物、白い服でのポートレー
ト撮影など)などのシーンに効果的です。選んだダイナミッ
クレンジの広さで撮影します。
設定
AUTO
(自動調整)
おすすめ用途
V100% 曇天や室内では、コントラストのある画像
が撮影できます。
W200%
X400%
コントラストの強いシーンでの、白とびや
黒つぶれを抑えます。
状況に応じてダイナミックレンジ設定を使い分けてください。
N • ダイナミックレンジが AUTO のときは、シャッターボタンを
半押しすると、絞りとシャッタースピードが表示されます。
• W200%は ISO 感度が ISO400 以上、X400%は ISO800
以上のときに設定できます。
121
6
撮影メニュー
O ダイナミックレンジが広くなるほど、画像にノイズが増えます。
ホワイトバランス
ホワイトバランスを太陽光や照明などの光源に合わせて設定
することにより、見た目に近い色で撮影できます。
撮影メニュー
6
設定
説明
AUTO
カメラが自動的にホワイトバランスを設定します。
通常の撮影では、AUTO をおすすめします。
k/l/
m
k
i
j
k
l
m
n
g
白い紙などを使って、自分でホワイトバランスを設
定します。
色温度を設定します。
晴天の屋外での撮影用です。
曇天や日陰などでの撮影用です。
昼光色蛍光灯の下での撮影用です。
昼白色蛍光灯の下での撮影用です。
白色蛍光灯の下での撮影用です。
電球、白熱灯の下での撮影用です。
水中での撮影を想定し、青かぶりを軽減します。
N • 人物の顔をアップで撮影するときや特殊な光源を使って撮影
するときなど、AUTO の設定で望んだような結果が得られな
いときは、光源にあったホワイトバランスを選ぶかカスタム
ホワイトバランスをお使いください。
• フラッシュ発光時は、AUTO/g 設定時のみフラッシュ用の
ホワイトバランスになります。光源の雰囲気を残したい場合
は、フラッシュを発光禁止に設定してください。
• この設定はショートカット機能でも設定できます(P 242)。
122
撮影メニュー(画質設定)
WB シフト
ホ ワ イ ト バ ラ ン ス を 選 ん だ あ と に、
MENU/OK ボタンを押すと、WB シフト
画面が表示され、シフト量を調整でき
ます。efgh でホワイトバランス
のシフト量を調整します。
WBシフト
AUTO
R:0 B:0
完了
N ホワイトバランスを選んだあとに、DISP/BACK ボタンを押すと、
シフト量を調整しないでホワイトバランスが設定されます。
撮影メニュー
6
123
カスタムホワイトバランス
カスタムホワイトバランスでは、自分でホワイトバランスを設
定します。あらかじめ白い紙などの被写体をご用意ください。
N 白い紙の代わりに、色のついたものを使用すると、それを白の
基準にするため、色味を意図的に変更することができます。
1 ホワイトバランスの設定画面からカスタムホワイトバランス
(k/l/m)を選びます。
2 白い紙などの被写体を画面いっぱい
カスタム1
に表示します。
N MENU/OK ボタンを押すと、ホワイト
バランスシフト量を調整できます。
シャッター:新規設定
調整
撮影メニュー
6
前回の設定
3 シャッターボタンを全押しして設定します。
N 前回取得したホワイトバランスを使用するには、シャッター
ボタンの代わりに DISP/BACK ボタンを押します。
4「GOOD!」と表示されたら、MENU/OK
GOOD !
ボタンを押して決定します。
「OVER」または「UNDER」と表
示された場合は、ホワイトバラン
決定
やめる
スを正しく測定できていません。
「OVER」と表示されたときは−(マイナス)側に露出
補正してから、再度測定してください。
「UNDER」と表示されたときは+(プラス)側に露出
補正してから、再度測定してください。
•
•
•
124
撮影メニュー(画質設定)
k 色温度を設定する
色温度を設定すると、画像全体の色味を調整できます。
N 色温度を設定することで、青味や赤味を強調したイメージの画像
や、実際の色味とは大きく異なる画像を意図的に撮影できます。
1 ホワイトバランスの設定画面から
ホワイトバランス
k を選びます。
色温度の一覧が表示されます。
色温度設定
R:0 B:0
完了
調整
10000K
9100K
8300K
7700K
7100K
2 ef で色温度を選び、MENU/OK ボタンを押します。
WB シフト画面が表示されます。
N シ フ ト 量 を 調 整 し な い と き は、 色 温 度 を 選 ん だ 後 に
DISP/BACK ボタンを押してください。
4 MENU/OK ボタンを押します。
色温度が設定されます。
色温度について
色温度とは、光の色を客観的な絶対温度(単位:K[ケルビン])で
表したものです。色温度が低いほど赤味を帯び、色温度が高くなる
ほど青味を帯びた光色になります。
125
6
撮影メニュー
3 efgh でホワイトバランスのシフト量を調整します。
ハイライトトーン
画像のハイライト部の調子を軟らかくしたり、硬くしたりで
きます。ハイライト部の調子を硬くしたいときは「+」側に、
軟らかくしたいときは「−」側に設定します。
設定値
+4
+3
+2
+1
0
-1
-2
シャドウトーン
撮影メニュー
6
画像のシャドウ部の調子を軟らかくしたり、硬くしたりでき
ます。シャドウ部の調子を硬くしたいときは「+」側に、軟
らかくしたいときは「−」側に設定します。
設定値
+4
126
+3
+2
+1
0
-1
-2
撮影メニュー(画質設定)
カラー
画像の色の濃さを設定します。撮影画像の色を濃くしたいと
きは「+」側に、薄くしたいときは「−」側に設定します。
設定値
+4
+3
+2
+1
0
-1
-2
-3
-4
シャープネス
設定値
+4
+3
+2
+1
0
-1
-2
-3
-4
127
6
撮影メニュー
画像の輪郭をソフトにしたり、強調したりできます。輪郭を
強調したいときは「+」側に、ソフトにしたいときは「−」
側に設定します。
ノイズリダクション
高い解像感を優先するかノイズの少なさを優先するか、撮影
者が重視するポイントによって、ノイズリダクションの強弱
を調整できます。高感度における質感描写の調整ができます。
よりノイズを低減してなめらかにしたいときは「+」側に、
画像の輪郭を残したいときは「−」側に設定します。
設定値
+4
+3
+2
+1
0
-1
-2
-3
-4
撮影メニュー
長秒時ノイズ低減
6 ON にすると、長時間露光撮影時のノイズを低減できます。
設定値
ON
128
OFF
撮影メニュー(画質設定)
点像復元処理
ON にすると、レンズごとの焦点距離、絞り値、画面中心か
ら周辺までのデータを高精度に処理することで、絞り込み時
の回折ボケやレンズ周辺部のわずかなボケを補正します。画
像のすみずみまで高いシャープネスやリアルな立体感が得ら
れます。
設定値
ON
OFF
色空間
設定
説明
sRGB
一般的なディスプレイの基準色再現域で、通常
の撮影では sRGB に設定します。
Adobe RGB
より広い色再現域を持つ色空間で、商用印刷用
途などに適しています。
129
6
撮影メニュー
画像の使用目的に合わせて、カラースペースを選択できます。
ピクセルマッピング
撮影画像の輝点が気になってきたときなどに実行すると、輝
点が軽減されます。
1 撮影画面で MENU/OK ボタンを押して、H 画質設定タブを
選びます。
2 ピクセルマッピングを選びます。
3 MENU/OK ボタンを押して、ピクセルマッピングを実行します。
O • 実行しても、思うように軽減されないことがあります。
• 十分に充電されたバッテリーをご使用ください。
• カメラの温度が高いときはピクセルマッピングは実行できま
撮影メニュー
6
せん。
• 処理には数秒程度かかることがあります。
130
撮影メニュー(画質設定)
カスタム選択
カスタム登録 / 編集で保存した設定を呼び出せます。
設定
説明
カスタム 1
カスタム 2
カスタム 3
カスタム 4
カスタム 5
カスタム登録 / 編集で保存したカスタム 1 〜 7
設定を呼び出します。
カスタム 6
カスタム 7
撮影メニュー
6
131
カスタム登録 / 編集
自分好みの撮影メニューの設定を組み合わせて保存できます。
保存した設定は、H 画質設定 > カスタム選択で呼び出せます。
1 撮影メニューから H 画質設定 > カスタム登録 / 編集を選
び、MENU/OK ボタンを押します。
2 設定を保存したい場所をカスタム
1 〜 7 から選び、MENU/OK ボタンを
押します。
3 カスタムに保存できる項目は、個別
撮影メニュー
6
に設定を変更できます。保存できる
項目は次のとおりです。
• 感度
• ハイライトトーン
• ダイナミックレンジ
• シャドウトーン
• フィルム
• カラー
シミュレーション
• シャープネス
• グレイン・エフェクト • ノイズリダクション
• ホワイトバランス
4 DISP/BACK ボタンを押すと、確認画
面 が 表 示 さ れ ま す。 実 行 を 選 ん で
MENU/OK ボタンを押すと、設定が保
存されます。
画質設定
カスタム 1
カスタム選択
カスタム 2
カスタム登録 / 編集
カスタム 3
カスタム 4
カスタム 5
カスタム 6
カスタム 7
カスタム 1
XXXXX
現在の設定を反映
感度
ダイナミックレンジ
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ホワイトバランス
ハイライトトーン
シャドウトーン
終了
カスタム登録
カスタム 1
保存 OK ?
実行
やめる
N 現在の設定を反映を選択して MENU/OK ボタンを押すと、現在
の設定がカスタム 1 〜 7 に上書きされます。
132
G 撮影メニュー(フォーカス設定)
撮影時のフォーカスに関する機能を設定できます。
撮影画面で MENU/OK ボタンを押して、
G(フォーカス設定)タブを選びます。
フォーカス設定
フォーカスエリア選択
AFモード
AF-Cカスタム選択
AFポイント表示
フォーカス点数切り替え
プリAF
AF補助光
顔検出/瞳AF設定
終了
N
メニューに表示される項目は、撮影モードによって異なります。
フォーカスエリア選択
フォーカスモードが S または C のときのピント合わせの
エリアを変更できます。フォーカスモードが M のときは、
ピントを合わせる位置や拡大表示する位置を変更できます。
撮影メニュー
6
133
AF モード
フォーカスモードが S または C のときの AF モードを設定し
ます。
設定
r
シングル
ポイント
y
ゾーン
撮影メニュー
6
用途例
フォーカスエリア選択で設定したフォーカスエ
リ ア で、 ピ ン ト を 合 わ せ ま す。G フ ォ ー カ ス 設
定 > フォーカス点数切り替えでフォーカスエリアポ
イントの点数を変更できます。被写体をピンポイン
トで撮影するときに便利です。
フォーカスエリア選択で設定したフォーカスエリア
で、ピントを合わせます。動く被写体を撮影すると
きに便利です。
フォーカスモードが S のとき(ワイド):シャッター
ボタンを半押しすると、画面内にあるコントラスト
が高い被写体にピントを合わせます。ピントの合っ
た複数の位置に AF エリアが表示されます。
z
フォーカスモードが C のとき
(トラッキング)
:フォー
カスエリア選択で設定したフォーカスエリアにピン
ワイド /
トラッキング トを合わせます。シャッターボタンを半押ししてい
る間は被写体の動きに合わせてピントを合わせ続け
ます。
小さい被写体や高速で動く被写体の場合は、オート
フォーカスが合わないことがあります。
134
撮影メニュー(フォーカス設定)
AF-C カスタム設定
フォーカスモードを C に設定したとき
のピントの追従性を設定します。シー
ンに応じた SET 1 〜 5 を選びます。
AF-C カスタム設定
SET 1 汎用性の高い基本的な設定
決定
設定
SET 1
汎用性の高い
基本的な設定
説明
動きのある被写体全般に適応する標準的な
設定です。
ロックしている被写体にピントを合わせ続
SET 2
けようとします。被写体がフォーカスエリ
障害物があるときや、
ア か ら 外 れ て し ま っ た り、 被 写 体 以 外 が
フレームアウト
フォーカスエリアに入ってしまうシーンに
しやすいとき
適しています。
SET 3
SET 4
急に現れる
被写体向け
SET 5
前後左右に激しく
動く被写体向け
急激な加速や減速に反応してピントを合わせ
ようとします。被写体の速度変化が大きい
シーンに適しています。
フォーカスエリア内に入ってきたものに対し
て即座にピントを合わせようとします。急に
現れる被写体や被写体を切り替えながら撮影
する場合に適しています。
被写体の速度変化が大きく、さらに上下左右
にも動いてフォーカスエリアから外れやすい
シーンに適しています。
135
6
撮影メニュー
急加速 / 急減速する
被写体向け
AF ポイント表示 yz
G フォーカス設定 > AF モードがゾーンまたはワイド / ト
ラッキングのときのフォーカスエリアポイント枠を表示する
かどうかを設定できます。
設定値
ON
OFF
撮影メニュー
フォーカス点数切り替え
6 AF モードがシングルポイントのときやマニュアルフォーカ
ス時(フォーカスモードが M のとき)のフォーカスエリア
ポイントの点数を変更できます。
設定
91 点(7 × 13)
325 点(13 × 25)
136
説明
91 点(7 × 13)のフォーカスエリアポイントから
選べます。
325 点(13 × 25)のフォーカスエリアポイント
から選べます。
撮影メニュー(フォーカス設定)
プリ AF
ON にすると、シャッターボタンを半押ししていないときも
AF サーチを実行します。常に AF サーチが行われるため半押
し後のピント合わせが速くなります。シャッターチャンスを
逃したくないときに有効です。
設定値
ON
OFF
O ON にすると、バッテリーの消耗が早くなります。
AF 補助光
撮影メニュー
ON にすると、シャッターボタンを半押ししてからピントが 6
合うまでの間、AF 補助光が発光します。AF 補助光は、暗い
被写体のピントを合わせやすくするための光です。
設定値
ON
OFF
O • シーンによっては、発光してもピントが合いづらいことがあ
ります。
• 被写体に近づいた撮影では、AF 補助光の効果が十分に得られ
ない場合があります。
• 人の目に近づけて発光させないでください。
137
顔検出 / 瞳 AF 設定
顔検出を ON にすると、カメラが人物
の顔を検出し、背景よりも顔にピント
と明るさを合わせ、人物を明るく目立
つように撮影できます。また、瞳 AF
を ON にすると、目にピントを合わせ
ることができます。人物が左右に並ん
でいるときなど、背景にピントが合い
がちなシーンでの撮影に適しています。
撮影メニュー
6
設定
説明
顔検出 ON/ 瞳 AF OFF
顔検出のみ行い、瞳 AF は行いません。
顔検出 ON/ 瞳 AF AUTO
顔を検出したときにカメラが自動的に
左右のどちらかの目にピントを合わせ
ます。
顔検出 ON/ 瞳 AF 右目優先
顔を検出したときに右目にピントを合
わせます。
顔検出 ON/ 瞳 AF 左目優先
顔を検出したときに左目にピントを合
わせます。
顔検出 OFF/ 瞳 AF OFF
顔検出も瞳 AF も使用しません。
O • 撮影の直前に被写体やカメラが動いたときは、緑色の枠の位
置から顔がずれて写ることがあります。
• 各撮影モードでピントは人物の顔に合いますが、モード設定
に応じた明るさになるため、人物の顔が適正な明るさになら
ないことがあります。
138
撮影メニュー(フォーカス設定)
N • 人物の顔の上に緑色の枠が表示されます。
• カメラが複数の顔を検出した場合、中央付近の顔の上に緑色
の枠が、その他の顔の上に白い枠が表示されます。
• 縦位置撮影時も顔を検出できます。
• メガネをかけた状態や髪の毛で目が隠れている状態など瞳を
検出できない場合があります。瞳を検出できず目にピントを
合わせることができない場合は、顔を検出して顔にピントを
合わせます。
• この設定はショートカット機能でも設定できます(P 242)。
撮影メニュー
6
139
AF+MF
ON にすると、フォーカスモードが S 時に AF ロック状態
(シャッターボタンを半押ししたときなど)のときにフォー
カスリングを回すと、マニュアルフォーカスで撮影できます。
設定値
ON
OFF
O • 距離指標付レンズをお使いの場合は、フォーカスモードを S、
レンズ側を距離指標モード(MF)に設定すると、この機能を
使用できます。このとき、レンズの距離指標は無効になります。
• 距離指標付レンズをお使いの場合は、フォーカスリングをあ
らかじめ距離指標の中央の位置にセットしてください(フォー
カスリングの距離指標を最短距離または無限遠にセットする
と、ピントが合わない場合があります)。
撮影メニュー
6
N MF アシストでスタンダードまたはフォーカスピーキングを
選んでいる場合は、選んだ MF アシストでピントの確認がで
きます。
AF + MF 時のフォーカス位置拡大表示について
G フォーカス設定 > フォーカスチェックを ON にすると、AF モード
がシングルポイントのときにエリア選択位置でフォーカス位置を拡大
表示できます。拡大倍率はリアコマンドダイヤルを回すと 2.5 倍また
は 6 倍に切り替えることができます。
140
撮影メニュー(フォーカス設定)
MF アシスト
マニュアルフォーカス時(フォーカスモードが M のとき)
のピント確認方法を設定します。
設定
説明
通常表示です(デジタルスプリットイメージ / フォー
スタンダード
カスピーキング機能を使用しません)。
デジタル
スプリット
イメージ
画面中央部にスプリットイメージが表示されます。
スプリットイメージの上部、中央部、下部に 3 本の
分割線があるので、ピントを合わせたい被写体が分
割線上に写るようにして、分割線上下での像のズレ
が無いようにフォーカスリングを回して、フォーカ
スを調整できます。スプリットイメージはモノクロ
またはカラーのいずれかを選べます。
フォーカス
ピーキング
コントラストの高い輪郭部分を強調して表示します。
表示色とピーキングレベルの組み合わせを選べます。
フォーカスチェック
ON にすると、マニュアルフォーカス時(フォーカスモード
が M のとき)にフォーカスリングを回すと自動的に拡大表
示され、ピントの確認がしやすくなります。
設定値
ON
N
OFF
• リアコマンドダイヤルの中央を押すと通常表示に戻ります。
• 拡大表示する位置は、フォーカスエリア選択で変更できます。
141
撮影メニュー
6
測光 & フォーカスエリア連動
ON にすると、測光が p スポットで AF モードがシングル
ポイントのときにフォーカスフレームの位置に連動して測光
します。
設定値
ON
撮影メニュー
6
OFF
ワンプッシュ AF 時の動作
マニュアルフォーカス時(フォーカスモードが M のとき)
の AF-L ボタンによるピント合わせの方法を変更できます。
設定
説明
AF-S
ボタンを押すと、オートフォーカスでピントを合わ
せます。
AF-C
ボタンを押している間、オートフォーカスでピント
を合わせ続けます。
142
撮影メニュー(フォーカス設定)
被写界深度スケール
被写界深度のスケール(ゲージ)の基準を変更できます。
設定
説明
パソコンなどの画面で拡大表示して厳密な被写界深
ピクセル基準
度を確認するときの目安にします。
フィルム基準
プリント画像などを観賞するときの実用的な被写界
深度を確認するときの目安にします。
レリーズ優先 / フォーカス優先
設定
レリーズ
フォーカス
説明
ピントが合っていなくてもすぐに撮影できます。
シャッタータイミングを優先したいときに設定し
ます。
ピントが合うまで撮影できません。ピントを合わせ
てから撮影したいときに設定します。
143
6
撮影メニュー
シャッターボタンを全押ししたときの動作を設定できます。
フォーカスモードが AF-S のときと、AF-C のときのそれぞ
れを個別に設定できます。
タッチパネルモード
液晶画面(LCD)のタッチ操作で、撮影やフォーカスエリア
選択ができるように設定できます。
静止画撮影時のタッチ操作
タッチパネ
ル
モード
意味
ショット
シャッターボタンを押す代わりに、ピントを合わせ
たいところの画面をタップして撮影します。
• 連写撮影では、画面を押し続けている間、連続撮
影します。
AF
撮影メニュー
6
• フォーカスモードが S(AF-S)のときは、タップし
た場所にピントを合わせ、AF ロックします。AF ロッ
クを解除するには、AF OFF アイコンをタップします。
• フォーカスモードが C(AF-C)のときは、タップし
た場所にピントを合わせ続けます。ピント合わせの
動作を解除するには、AF OFF アイコンをタップします。
エリア選択
フォーカスエリアに設定したい場所をタップすると、
タップした場所にフォーカスエリアが移動し、ピン
トを合わせる位置や拡大表示の位置が変更できます。
OFF
タッチ操作を使用しません。
144
撮影メニュー(フォーカス設定)
動画撮影時のタッチ操作
N 動画撮影中にタッチ操作を行う場合は、撮影メニューの B(動
画設定)タブを選び、動画 AF モードをエリア選択にすること
をおすすめします。タッチパネルモードによっては、動画 AF
モードがオートエリアのままでも自動的にエリア選択に変更さ
れる場合があります。
タッチパネル
モード
ショット
意味
シャッターボタンを押す代わりに、ピントを合わせ
たいところの画面をタップして動画撮影を開始しま
す。動画撮影を終了するときは、シャッターボタン
を押してください。タップ操作はピント合わせとな
り、動画は終了しません。
• フォーカスモードが S(AF-S)のときは、動画撮
影中にもう一度画面をタップすると、タップした
場所でピントを合わせ直します。
影中、タップした場所にピントを合わせ続けます。
AF
ピントを合わせたいところの画面をタップして、ピ
ント合わせを行います。シャッターボタンを全押し
すると動画撮影を開始し、もう一度全押しすると動
画撮影を終了します。
• フォーカスモードが S(AF-S)のときは、動画撮
影中にもう一度画面をタップすると、タップした
場所でピントを合わせ直します。
• フォーカスモードが C(AF-C)のときは、動画撮
影中、タップした場所にピントを合わせ続けます。
145
6
撮影メニュー
• フォーカスモードが C(AF-C)のときは、動画撮
タッチパネル
モード
意味
フォーカスエリアに設定したい場所をタップすると、
タップした場所にフォーカスエリアが移動します。
シャッターボタンを全押しすると動画撮影を開始し、
もう一度全押しすると動画撮影を終了します。
エリア選択
• フォーカスモードが S(AF-S)のときは、動画撮
影中にもう一度画面をタップすると、タップした
場所にフォーカスエリアが移動します。ピント合
わせをする場合は、AF-ON の割り当てが必要です
(P 225)。
• フォーカスモードが C(AF-C)のときは、動画撮
影中、タップした場所にピントを合わせ続けます。
OFF
タッチ操作を使用しません。
撮影メニュー
6
N D 操作ボタン・ダイヤル設定 > タッチパネル設定が OFF のと
きは、タッチパネルモードアイコンは非表示になり、タッチ操
作の切り替えはできません。
146
A 撮影メニュー(撮影設定)
撮影時の設定を設定できます。
撮影画面で MENU/OK ボタンを押して、
A(撮影設定)タブを選びます。
撮影設定
シーン選択
ドライブ設定
セルフタイマー
インターバルタイマー撮影
測光
シャッター方式
ブレ防止モード
感度
終了
N メニューに表示される項目は、撮影モードによって異なります。
撮影メニュー
6
147
シーン選択
ドライブモードダイヤルを S に合わせて、オートモード切換
レバーを AUTO にしたときの撮影シーンを選べます。
シーン
S アドバンスト
SR オート
h 人物
Z 美肌
M 風景
N スポーツ
O 夜景
H 夜景(三脚)
p 花火
撮影メニュー
6
機能
シーンに最適な撮影モードをカメラが自動的に
認識して撮影します。
人物の撮影に適しています。
肌をなめらかに撮影します。
昼間の風景撮影に適しています。
動いている被写体の撮影に適しています。
夕景や夜景の撮影に適しています。
スローシャッターでの夜景撮影に適しています。
スローシャッターで打ち上げ花火を色鮮やかに
撮影します。
Q 夕焼け
R スノー
夕焼けを赤く鮮やかに撮影します。
s ビーチ
日差しの強い浜辺での撮影に適しています。
白く輝く雪景色での撮影に適しています。
f 水中
水中での撮影を想定し、青かぶりを軽減します。
U パーティー
室内での結婚式やパーティーの撮影で使用し
ます。
V花
花を色鮮やかに撮影します。
W 文字の撮影
書類やホワイトボードなどを撮影するときに使
用します。
148
撮影メニュー(撮影設定)
ドライブ設定
ドライブモードの設定を変更できます。
設定
説明
BKT1 設定 /
BKT2 設定
ドライブモードが BKT1 または BKT2 のときの
ブラケティングの種類やそれぞれの設定を変更
できます(P 150)。
ドライブモードが CH(高速連写)のときの連
写速度を設定します。
設定値
CH 高速連写
14 fps
11 fps
8.0 fps
14 fps、11fps は電子シャッター使用時のみ。
ドライブモードが CL(低速連写)のときの連
写速度を設定します。
CL 低速連写
設定値
5.0 fps
4.0 fps
設定
149
撮影メニュー
6
3.0 fps
Adv. フィルター 1
設定 /
ドライブモードが Adv.1 または Adv.2 のときの
Adv. フィルター 2 フィルター効果を設定します(P 100)。
BKT1 設定 /BKT2 設定
ドライブモードが BKT1 または BKT2 のときのブラケティング
の種類やそれぞれの設定を変更できます。
設定
説明
ドライブモードが BKT1 または BKT2 のときの
ブラケティングの種類を選びます。
ブラケティングの種類
BKT 選択
AE ブラケティング
撮影メニュー
6
O AE ブラケティング
W ISO ブラケティング
X フィルムシミュレーション BKT
H ホワイトバランス BKT
Y ダイナミックレンジ BKT
BKT 選択が O AE ブラケティングのときの
明るさの変化量を設定します。
設定値
± 1/3
± 2/3
± 1 1/3
±1
± 12/3
±2
BKT 選択が W ISO ブラケティングのときの
ISO ブラケティング
変化量を設定します。
設定値
± 1/3
フィルム
シミュレーション
BKT
ホワイトバランス
±1
BKT 選択が X フィルムシミュレーション
BKT のときに撮影する 3 枚の画像に対する
フィルムシミュレーションの設定をそれぞれ
設定します(P 118)。
BKT 選択が H ホワイトバランス BKT のと
きの変化量を設定します。
BKT
設定値
±1
150
± 2/3
±2
±3
撮影メニュー(撮影設定)
セルフタイマー
シャッターボタンを全押ししてからセルフタイマーが開始さ
れるまでの時間を設定できます。
• 画面には、シャッターがきれるまで
•
の秒数が表示されます。
タ イ マ ー を 途 中 で 止 め る に は、
DISP/BACK ボタンを押します。
9
説明
R2 秒
シャッターボタンを全押ししてから 2 秒後にシャッ
タ ー が き れ ま す。 シ ャ ッ タ ー ボ タ ン を 押 す と き に
カメラが動くのを防ぐときなどに使用します。セルフ
タイマー開始と同時にカメラ前面のセルフタイマー
ランプが点滅します。
S 10 秒
シャッターボタンを全押ししてから 10 秒後にシャッ
ターがきれます。撮影者を含めた集合写真を撮影する
ときなどに使用します。カメラ前面のセルフタイマー
ランプが点灯し、撮影直前に点滅します。
OFF
セルフタイマーを使用しません。
O • シャッターボタンを押すときは、レンズの前に立たないでく
ださい。ピントが合わなかったり、適正な明るさにならなかっ
たりすることがあります。
• セルフタイマー設定は、電源をオフにすると自動的に解除さ
れます。
151
6
撮影メニュー
設定
インターバルタイマー撮影
設定した時間ごとに自動撮影するインターバルタイマー撮影
の撮影間隔と撮影回数を設定できます。
1 撮影メニューから A 撮影設定 >
撮影間隔 / 回数設定
撮影間隔
回数設定
インターバルタイマー撮影を選び、
MENU/OK ボタンを押します。
インターバルタイマー撮影の設定画
面が表示されます。
2 efgh で撮影間隔と撮影回数を
完了
やめる
開始時間設定
設定し、MENU/OK ボタンを押します。
後
開始時間設定画面が表示されます。
開始予定時刻
開始
撮影メニュー
6 3 efgh で 開 始 時 間 を 設 定 し、
MENU/OK ボタンを押します。
インターバルタイマー撮影が開始さ
れます。
152
やめる
やめる
撮影メニュー(撮影設定)
O バルブ撮影、多重露出撮影のインターバルタイマー撮影はでき
ません。また、連写でインターバルタイマー撮影すると、1 回
の撮影は 1 コマ撮影となります。
N • 三脚のご使用をおすすめします。
• 撮影中のバッテリー切れに注意してください。別売の AC パ
ワーアダプター AC-9V、DC カプラー CP-W126 を併せてご
使用ください。
• インターバルタイマー撮影中は画面の表示が消えます。撮影
の数秒前になると画面表示が復帰します。
• 画面の表示が消えているときにシャッターボタンを押すと、
画面表示が復帰します。
• 撮影回数を ∞ に設定すると、メモリーカードに空きがなくな
るまで撮影します。
撮影メニュー
6
153
測光
カメラが被写体の明るさを測定する方法を変更できます。撮
影状況により、適正な明るさ(露出)にならないときに使用
します。
O 測光モードを変更するときは、G フォーカス設定 > 顔検出 /
瞳 AF 設定を OFF にしてください。
設定
o
(マルチ)
説明
被写体の輝度分布や色、背景や構図などの情報を
瞬時にカメラが判断し、さまざまな撮影状況で適
正な露出が得られます。通常の撮影では、o(マ
ルチ)をおすすめします。
p
撮影画面の中央部を重点的に測光して露出値を決
(中央部重点) 定します。
v
撮影メニュー
6
(スポット)
画面中央部約 2% 部分の露出が最適になるように
測光します。逆光時など、被写体と背景の明るさ
が大きく異なるときなどに使用します。
画面全体を平均して測光します。構図や被写体に
より露出が変化しにくい特長があり、白や黒の服
(アベレージ) を着た人や風景の撮影などに使用します。
w
154
撮影メニュー(撮影設定)
シャッター方式
使用するシャッター方式を変更できます。電子シャッターを
使用すると、シャッター音を消して撮影できます。
設定
説明
t メカニカルシャッター メカニカルシャッターで撮影します。
s 電子シャッター
電子シャッターで撮影します。
t メカニカル+ s 電子
カメラが状況に応じたシャッターで撮影
します。
s 電子シャッターまたは t メカニカル+ s 電子に設定す
ると、シャッタースピードダイヤルを 4000 にしたあとにリ
アコマンドダイヤルで、より高速のシャッタースピードを選
べます。
O 電子シャッター使用時は、以下のことにご注意ください。
• 動いている被写体を撮影すると、画像が歪んで撮影される場合が
ることがあります。
• シャッター音を消して撮影できますが、被写体のプライバシーや
肖像権などに十分ご配慮の上、お客様の責任でお使いください。
N 電子シャッター使用時は、以下の機能制限があります。
• ISO 感度は 12800 〜 200、シャッタースピードは 1/32000 〜 30 秒
に制限されます。
• 電子シャッターで撮影されるときは、長秒時ノイズ低減は機能し
ません。
• フラッシュは発光しません。
155
6
撮影メニュー
あります。
• 瞬間的な光や、蛍光灯などの照明下では、帯状のムラが撮影され
ブレ防止モード
手ブレや被写体ブレを軽減します。
設定
L 常時+
動き認識
l 常時
説明
常に手ブレ軽減を行います。また、動くものを
認識するとシャッタースピードを制御し、被写体
ブレを軽減します。
常に手ブレ軽減を行います。
撮 影 さ れ る 瞬 間 の み 手 ブ レ 軽 減 を 行 い ま す。
フォーカスモードが C のときは、シャッターボタン
M 撮影時+
半押し時も手ブレを軽減します。また、動くものを
動き認識
認識するとシャッタースピードを制御し、被写体ブ
レを軽減します。
m 撮影時
撮 影 さ れ る 瞬 間 の み 手 ブ レ 軽 減 を 行 い ま す。
フォーカスモードが C のときは、シャッターボタン
半押し時も手ブレを軽減します。
OFF
手ブレ軽減を使用しません。三脚使用時は OFF
にすることをおすすめします。
撮影メニュー
6
N • 感度を固定値に設定しているときは、動き認識を行いません。
また、その他の設定によって動き認識の設定が無効になる場
合があります。被写体の速さや明るさによっては、被写体ブ
レ軽減の効果が得られない場合があります。
• 手ブレ補正対応レンズ装着時のみ有効です。
156
撮影メニュー(撮影設定)
感度
光に対する ISO 感度を変更できます。
設定
説明
AUTO1
AUTO2
AUTO3
被写体の明るさに応じて ISO 感度が自動的に設定
されます。
12800 〜 200
設定値を選べます。設定した値は、画面に表示さ
れます。
H(51200) 拡張感度を設定できます。標準感度よりもダイナ
H(25600) ミックレンジが狭くなったり、ノイズが多くなっ
たりする場合があります。
L(100)
N 感度は、カメラの電源をオフにしても保持されます。
ISO 感度の設定について
ISO 感度の設定値が大きいほど、暗い場所での撮影が可能になりま
157
6
撮影メニュー
す。ただし、高感度になるほど、画像に粒子状のノイズが増えます。
条件に合わせて ISO 感度設定を使い分けてください。
AUTO 設定について
AUTO1、AUTO2、AUTO3 を選ぶと、それぞれ以下の項目
が設定できます。
それぞれの工場出荷時の設定は以下のようになっています。
設定
工場出荷時の設定値
AUTO1
基準 ISO 感度
上限 ISO 感度
低速シャッター限界
800
AUTO2
200
1600
1/60
AUTO3
3200
基準 ISO 感度と上限 ISO 感度を設定すると、その範囲内で最
適な露出になるようにカメラが自動的に ISO 感度を設定しま
す。また、低速シャッター限界では、ISO 感度が自動で切り
替わるシャッタースピードの低速側の限界値を設定できます。
撮影メニュー
6
158
撮影メニュー(撮影設定)
N • 上限 ISO 感度よりも基準 ISO 感度を高く設定している場合
は、上限 ISO 感度で設定されている ISO 感度で撮影されます。
• 基準 ISO 感度と上限 ISO 感度の範囲内でも最適な露出が得ら
れない場合は、低速シャッター限界で設定したシャッタース
ピードよりも遅くなる場合があります。
• 低速シャッター限界を AUTO にすると、レンズの焦点距離に
応じてカメラが自動的に低速シャッター限界の値を設定します
(手ブレ補正の ON/OFF によって、設定は変わりません)。この
時のシャッタースピードの目安は、
「1/ 焦点距離」秒になります。
撮影メニュー
6
159
マウントアダプター設定
別 売 の M マ ウ ン ト ア ダ プ タ ー「FUJIFILM M MOUNT
ADAPTER」を使用して、カメラ側に情報を送ることができ
ないレンズを装着したときに、レンズに合わせて焦点距離を
カメラに設定できます。
焦点距離設定
•ご使用のレンズの焦点距離が
21 mm、24 mm、28 mm、35 mm
のいずれかの場合は、マウントアダ
プター設定のレンズ 1 〜 4 からご使
用のレンズの焦点距離を選んでくだ
さい。
撮影メニュー
6
• 21mm、24mm、28mm、35mm
以外のレンズをご使用になる場合は
レンズ 5 またはレンズ 6 を選び、h
を押して焦点距離設定メニューを表
示させ、ご使用になるレンズの実焦
点距離を efgh で設定してくだ
さい。
160
レンズ登録
レンズ1
レンズ 2
レンズ 3
レンズ 4
レンズ 5
レンズ 6
設定完了
レンズ5
焦点距離入力
決定
やめる
撮影メニュー(撮影設定)
歪曲収差補正
画像の周辺部が歪んでしまう「歪曲収
差」を補正できます。タル型と糸巻き
型の補正を、それぞれ強、中、弱の 3
レンズ 5
歪曲収差補正
タル型強
タル型中
タル型弱
OFF
糸巻き型弱
糸巻き型中
糸巻き型強
段階で補正できます。
色シェーディング補正
画像中央部と周辺部の色の違いなど
(シェーディング)を画像の四隅それぞ
れ個別に補正できます。
次へ
決定
補正方法
1 リアコマンドダイヤルを回して、補正場所(画面の四隅)
2 efgh で補正値(色・量)を設定します。画像中央部
と周辺部の色の差がなくなるように調整してください。
• レッド / シアン(横軸方向):–9 〜 +9 の範囲でレッド
とシアンの縁取りを補正します。
• ブルー / イエロー(縦軸方向):–9 〜 +9 の範囲でブルー
とイエローの縁取りを補正します。
N 色シェーディング補正を効果的に行うためには、青空やグレー
の紙など単色のものを撮影し、その画像で最適化してください。
161
6
撮影メニュー
を選びます。三角マークで表示される隅をそれぞれ補正で
きます。
周辺光量補正
画像の周辺光量を補正できます。補正
量 は、–5 〜 +5 と 0( ゼ ロ ) の 計 11
段階から選べます。
決定
やめる
• プラス側に補正すると周辺光量が上がり、オールドレンズ
での補正に有効です。
• マイナス側に補正すると周辺光量が下がり、古いレンズや
ピンホールカメラで撮影したような効果が得られます。
N 周辺光量補正を効果的に行うためには、青空やグレーの紙など
単色のものを撮影し、その画像で最適化してください。
撮影メニュー
6
162
撮影メニュー(撮影設定)
ワイヤレス通信
無線 LAN を使ってスマートフォンと通信できます。スマー
トフォンと通信すると、以下の機能が使用できます。
• スマートフォンを操作して、カメラで撮影
• カメラからスマートフォンに画像を送信
• スマートフォン側でカメラ内の画像を閲覧 / 取り込み
• スマートフォンで取得した位置情報をカメラに送信
これらの機能を使用するには、スマートフォンにあらかじ
めスマートフォンアプリケーション「FUJIFILM Camera
Remote」をインストールしておく必要があります。
N 無線 LAN 機能の使用方法については、以下のサイトをご覧く
ださい。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
撮影メニュー
6
163
F 撮影メニュー(フラッシュ設定)
撮影時のフラッシュに関する設定を変更できます。
撮影画面で MENU/OK ボタンを押して、
F(フラッシュ設定)タブを選びます。
フラッシュ設定
フラッシュ機能設定
赤目補正
TTL-LOCKモード
LEDライト設定
MASTER設定
CH設定
終了
N メニューに表示される項目は、撮影モードによって異なります。
フラッシュ機能設定
撮影メニュー
6
フラッシュの発光モードや発光量また
は発光強度などを設定できます。使用
するフラッシュによって設定できる項
目が異なります。
モード
内蔵フラッシュ
調整
完了
N 各フラッシュの設定は「オプション品・外部機器の使い方」の
「クリップオンフラッシュ」をご覧ください(P 256)
。
164
撮影メニュー(フラッシュ設定)
赤目補正
暗い場所でフラッシュ撮影したときの「赤目現象」を軽減し
ます。
設定
説明
赤目抑制発光 +
補正処理
赤目軽減を目的とした予備フラッシュ発光とデジ
タル補正による赤目補正を行います。
赤目抑制発光
赤目軽減を目的とした予備フラッシュ発光による
赤目補正を行います。
補正処理
OFF
N
デジタル補正による赤目補正を行います。
赤目補正を行いません。
• 赤目抑制発光は、TTL モードで使用できます。
• 顔が検出できないときは、デジタル補正は使用できません。
• RAW ファイルの画像は、デジタル補正は使用できません。
撮影メニュー
6
165
TTL-LOCK モード
TTL ロックの動作方法を設定します。TTL ロックを使用する
と、TTL 発光による複数撮影においてフラッシュの発光量を
一定にするためにプレ発光による演算結果をロックして撮影
条件や調光を保つことができます。
設定
説明
カメラが記憶している直前の撮影で使用
直前の発光条件でロック された TTL 発光の撮影条件でロックし
ます。
調光発光してロック
N
撮影メニュー
6
調光発光して、その調光結果でロックし
ます。
• TTL ロックを使用するには、ファンクションボタンに
TTL-LOCK を割り当てます。割り当てたファンクション
ボタンを押すと、TTL ロックを設定したり、解除したりする
ことができます(P 250)。
• ロックしていても調光補正はできます。
• 直前の発光条件でロックを設定していても直前の発光条件が
ないときは、エラーメッセージが表示されます。
166
撮影メニュー(フラッシュ設定)
LED ライト設定
フラッシュの LED ビデオライトを静止画撮影時の AF 補助光
やキャッチライトとして使用するかどうかを設定できます。
LED ライトを搭載したクリップオンフラッシュを使用してい
るときに設定できます。
設定
説明
キャッチライト キャッチライトとしてのみ使用します。
AF 補助光
AF 補助光 +
キャッチライト
OFF
AF 補助光としてのみ使用します。
AF 補助光とキャッチライトとして使用します。
どちらも使用しません。
N フラッシュ機能設定メニューからも設定できる場合があります。
撮影メニュー
6
167
MASTER 設定
富士フイルムの光通信方式ワイヤレス多灯フラッシュシステ
ムのマスターフラッシュとして使用する際の、発光グループ
を設定できます。富士フイルムの光通信方式ワイヤレス多灯
フラッシュシステムに対応したクリップオンフラッシュを接
続している場合に設定できます。
設定
説明
Gr A
Gr B
Gr C
A グループに設定します。
B グループに設定します。
C グループに設定します。
OFF
撮影時には、撮影画像への影響を最小限に抑えた
微小光量で発光します。
N フラッシュ機能設定メニューからも設定できる場合があります。
撮影メニュー
6
CH 設定
マスターフラッシュとリモートフラッシュ間の光通信チャン
ネルを設定します。近隣で本フラッシュシステムを使用して
いる場合の混信による誤動作を防いだり、複数のフラッシュ
システムを使い分けたりする際に便利です。
設定値
CH1
168
CH2
CH3
CH4
B 撮影メニュー(動画設定)
動画撮影に関する設定を変更できます。
撮影画面で MENU/OK ボタンを押して、
B(動画設定)タブを選びます。
動画設定
動画モード
動画AFモード
HDMI出力情報表示
4K映像出力
HDMIレックコントロール
マイクレベル設定
マイク/リモートレリーズ設定
終了
N
メニューに表示される項目は、撮影モードによって異なります。
動画モード
撮影する動画の画像サイズとフレームレートを変更できます。
設定
説明
i 1080/59.94 P i 1080/25 P
i 1080/50 P
i 1080/24 P
i 1080/29.97 P i 1080/23.98 P
フレームレートが 59.94 fps、
50 fps、29.97 fps、25 fps、
24 fps、23.98 fps の
1920 × 1080 の動画
h 720/59.94 P
h 720/50 P
h 720/29.97 P
フレームレートが 59.94 fps、
50 fps、29.97 fps、25 fps、
24 fps、23.98 fps の
1280 × 720 の動画
h 720/25 P
h 720/24 P
h 720/23.98 P
169
6
撮影メニュー
U 2160/29.97 P U 2160/24 P
U 2160/25 P
U 2160/23.98 P
フレームレートが 29.97 fps、
25 fps、24 fps、23.98 fps の
3840 × 2160 の 4K 動画
動画 AF モード
動画撮影時のピント合わせの方法を変更できます。
設定
説明
オートエリア
エリア選択
カメラが自動的にピントを合わせます。
ピントを合わせるエリアを選べます。
HDMI 出力情報表示
撮影メニュー
6 ON にすると、動画を HDMI で出力したときに、カメラに表
示されている情報表示をそのまま表示します。
設定値
ON
170
OFF
撮影メニュー(動画設定)
4K 映像出力先
カメラを HDMI ケーブルで 4K 対応の外部レコーダーなどに
接続する場合、4K 映像をどのように記録または HDMI 出力
するかを設定します。
設定
説明
b カード
4K 映像はメモリーカードに記録され、外部レコー
ダーにはフル HD 映像が出力されます。
HDMI
映像はメモリーカードに記録されず、外部レコー
ダーに 4K 映像が出力されます。
HDMI レックコントロール
設定値
ON
OFF
171
6
撮影メニュー
動画撮影時に、シャッターボタンと連動して動画の開始 / 停
止制御信号を HDMI 機器に送るかどうかを設定します。
マイクレベル設定
内蔵マイクまたは 外部マイクの音量を
調節できます。
マイクレベル設定
決定
設定
4〜1
N
やめる
説明
マイクレベルを調節してください。
• マイクレベルは、ピーク値を一定時間保持して表示します。
• 録音中でもマイクレベルを変更できます。ファンクションボ
タンにマイクレベル設定を割り当てておくと、動画記録中に
割り当てたファンクションボタンを押してマイクレベルを調
節できます。
撮影メニュー
6
マイク / リモートレリーズ設定
マイク / リモートレリーズ端子にマイクを取り付ける場合は
m マイク、リモートレリーズを取り付ける場合は n リモー
トレリーズを選択してください。
設定値
m マイク
172
n リモートレリーズ
7
画像の再生と
再生メニュー
173
再生時の表示画面
再生時は、画面(EVF/LCD)に次の情報が表示され
ます。
O 説明のため情報はすべて表示しています。
2050.12.31 10:00 AM
画像の再生と再生メニュー
7
174
再生時の表示画面
A 日付・時刻............................44、202
B 顔検出 ............................................... 138
C 赤目補正 .............................165、190
D アドバンストフィルター ............99
E 位置情報 .............................238、280
F プロテクト...................................... 188
G 電子音 & フラッシュ.................. 206
H コマ NO. .......................................... 234
I プレゼント.........................................51
J フォトブックアシスト.............. 192
K プリント予約 ................................. 195
L バッテリー残量表示 .....................43
M 画像サイズ...................................... 115
画質モード...................................... 116
N フィルムシミュレーション .... 118
O ダイナミックレンジ .................. 121
P ホワイトバランス ....................... 122
Q ISO 感度 ........................................... 157
R 露出補正 .............................................91
S 絞り値 ............................. 63、69、72
T シャッタースピード
....................................... 63、64、72
U 再生モード.........................................51
V 動画アイコン ....................................58
W お気に入り...................................... 176
画像の再生と再生メニュー
7
175
情報表示の切り替え
再生モードで DISP/BACK ボタンを押す
ごとに表示が切り替わります。
スタンダード
情報表示なし
2050.12.31 10:00 AM
2050.12.31 10:00 AM
2050.12.31.10:00 AM
+21/3
画像の再生と再生メニュー
7
ấൢỆλụ
お気に入り
INFO 画面
お気に入りを設定する
1 コマ再生時に DISP/BACK ボタンを押すと、お気に入りのランクが
表示され、ランクを設定できます。e または f で I の数(0 〜 5)
を設定します。
176
再生時の表示画面
撮影時の情報確認
1 コマ再生時に e を押すと撮影時の情報
を確認できます。
1 コマ再生
2050.12.31 10:00 AM
INFO 画面 2
LENS
FOCAL LENGTH
COLOR SPACE
LENS MODULATION OPT.
INFO 画面 1
23.0mm
F5.6
23.0mm
sRGB
ON
2050.12.31.10:00 AM
+21/3
S.S 1/12000 F 5.6
ISO 51200
+21/3
৏↺
リアコマンドダイヤルの中央を押すと、ピントを合わせた位置を拡大
できます。もう一度リアコマンドダイヤルの中央を押すと、1 コマ再
生に戻ります。
177
画像の再生と再生メニュー
7
ピントの位置を拡大表示する
再生方法
再生画像を拡大表示したり、一覧表示したりできます。
拡 大 表 示 や 複 数 画 像 の 一 覧 表 示 は、
1 コマ再生時にリアコマンドダイヤル
で操作します。
1 コマ再生画面
100-0001
マルチ再生
再生ズーム
DISP/BACK
MENU/OK
9 コマ再生
拡大再生 1
マイクロサムネイル再生
拡大再生 2
画像の再生と再生メニュー
7
178
再生方法
再生ズーム
1 コマ再生時にリアコマンドダイヤルを右に回すと、画像を
拡大表示できます。再生ズームを解除するには、DISP/BACK
ボタンまたは MENU/OK ボタンを押すか、リアコマンドダイ
ヤルの中央を押します。
N • 最大ズーム倍率は、撮影時の H 画質設定 > 画像サイズによっ
て変わります。
• C 再生メニュー > リサイズまたはトリミングの a で保存さ
れた画像を再生ズームすることはできません。
ナビゲーションについて
拡大表示中に efgh で、液晶モニターに
表示される範囲を移動できます。
ナビゲーション
N • efgh で画像を選び、MENU/OK ボタンを押すと、選んだ
画像を 1 コマ表示できます。
• e または f でページを切り替えることもできます。
179
画像の再生と再生メニュー
マルチ再生
1 コマ再生時にリアコマンドダイヤルを左に回すと、9 コマ、
100 コマ(マイクロサムネイル)の一覧を表示できます。
7
C 再生メニュー
画像の再生に関する機能を設定できます。
再生画面で MENU/OK ボタンを押します。
再生メニュー
RAW現像
消去
トリミング
リサイズ
プロテクト
画像回転
赤目補正
ワイヤレス通信
終了
RAW 現像
撮影した RAW ファイルを、パソコンを使用せずにカメラで
さまざまな設定を加えて JPEG ファイルとして保存(現像)
できます。
現像手順
1 再生画面で現像する RAW 画像を選びます。
画像の再生と再生メニュー
7 2 C 再生メニュー > RAW 現像を選びます。
3 MENU/OK ボタンを押します。
RAW現像
撮影時条件を反映
増感/減感
ダイナミックレンジ
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ホワイトバランス
設定できる機能の一覧が表示されます。
現像
4 ef で変更する項目を選びます。
180
やめる
再生メニュー
5 h で設定の変更に移ります。
RAW現像
撮影時条件を反映
100%
増感/減感
200%
ダイナミックレンジ
400%
フィルムシミュレーション
ホワイトバランス
WBシフト
6 ef で設定を変更します。
7 MENU/OK ボタンを押して、決定します。
手順 3 の画面に戻ります。手順 7 までを繰り返して、設
定したい項目をすべて変更します。
8 Q ボタンを押します。
保存する JPEG ファイルのプレビューが表示されます。
9 MENU/OK ボタンを押します。
N RAW 画像の再生時に Q ボタンを押しても、RAW 現像を表示で
きます。
181
画像の再生と再生メニュー
7
JPEG 画像が保存されます。
RAW 現像設定項目一覧
項目
撮影時条件を反映
増感 / 減感
ダイナミックレンジ
フィルムシミュレーショ
ン
グレイン・エフェクト
ホワイトバランス
WB シフト
機能
撮影時の条件を一括で反映します。
画像の明るさを調整できます。
明るい部分の白とびを防ぎ、目で見た
ままに近い写真を撮影できます。
色調を変更できます。
画像にザラっとした粒状の質感を加え
ます。
ホワイトバランスを変更できます。
ホワイトバランスを調整します。
ハイライトトーン
画像のハイライト部の調子を調整しま
す。
シャドウトーン
画像のシャドウ部の調子を調整します。
カラー
撮影時における画像の色の濃さを設定
します。
シャープネス
撮影時における画像の輪郭をソフトに
したり、強調したりできます。
ノイズリダクション
高感度撮影時に画像に発生するノイズ
を低減できます。
点像復元処理
回折現象やレンズ周辺部のわずかなボ
ケを補正し、解像感を向上させます。
画像の再生と再生メニュー
7
色空間
182
画像に適用する色空間を設定します。
再生メニュー
消去
画像を 1 コマだけ消去したり、消去する画像を複数枚選んで
消去したり、すべての画像をまとめて消去したりすることが
できます。
O 誤って画像を消去すると元には戻せません。消去したくない画
像は、プロテクトを設定するか、あらかじめパソコンにコピー
しておいてください。
設定
1 コマ
複数指定
全コマ
説明
画像を 1 コマだけ消去します。
指定した画像をまとめて消去します。
画像がすべて消去されます。
1 コマ消去
1 消去メニューから 1 コマを選びます。
を押すと、表示されている画像が消去されます。
N • MENU/OK ボタンを押すと同時に画像が消去されますので、
誤って消去しないようにご注意ください。
• MENU/OK ボタンを繰り返し押すと画像が連続して消去されま
す。消去する画像を g または h で選んでから MENU/OK ボ
タンを押してください。
183
7
画像の再生と再生メニュー
2 消去する画像を g または h で選んでから MENU/OK ボタン
複数指定消去
1 消去メニューから複数指定を選びます。
2 消去する画像を efgh で選んで MENU/OK ボタンを押す
と、選択されます。
• 選択された画像は R が表示されます。
• 選択を解除するときは、もう一度 MENU/OK ボタンを押
します。
3 まとめて消去する画像を選択指定した後、DISP/BACK ボタン
を押します。
消去実行画面が表示されます。
画像の再生と再生メニュー
7 4
実行を選んで、MENU/OK ボタンを押すと、複数指定消去
が実行されます。
N プリント予約やフォトブックなどが設定されている画像には、
S が表示されます。
184
再生メニュー
全コマ消去
1 消去メニューから全コマを選びます。
2 実行を選んで、MENU/OK ボタンを押すと、全コマ消去が
実行されます。
N • DISP/BACK ボタンを押して消去を中止しても、それまでに消去
した画像は元に戻せません。
• プリント予約を設定している画像を消去しようとすると、
メッセージが表示されます。MENU/OK ボタンを押すと、その
画像を消去します。
画像の再生と再生メニュー
7
185
トリミング
撮影した画像の必要な部分をトリミング(切り抜く)できま
す。トリミングした画像は別ファイルとして保存されます。
1 再生画面でトリミングしたい画像を選びます。
2 C 再生メニュー > トリミングを選びます。
3 リアコマンドダイヤルとセレクターボタンでトリミングし
たい部分を調整します。
4 MENU/OK ボタンを押すと、トリミング後の記録画素数が
表示されます。
画像の再生と再生メニュー
7 5 MENU/OK ボタンを押して、トリミングします。
N • 拡大率が大きければトリミング画像の記録画素数は小さくな
ります。
• トリミングを行ったあとの記録画素数が a のときは、実行
が黄色で表示されます。
• トリミングした画像の縦横比は、3 : 2 になります。
186
再生メニュー
リサイズ
撮影した画像のサイズを小さくできます。リサイズした画像
は別ファイルとして保存されます。
1 再生画面でリサイズしたい画像を選びます。
2 C 再生メニュー > リサイズを選びます。
3 変更するサイズ(P、Q、a)を選び、MENU/OK ボタ
ンを押します。
4 MENU/OK ボタンを押して、リサイズします。
N 元画像のサイズによって、リサイズできるサイズが異なります。
画像の再生と再生メニュー
7
187
プロテクト
誤って画像を消去しないように、画像をプロテクトできます。
1 C 再生メニュー > プロテクトを選びます。
2 プロテクトの方法を選びます。
設定
説明
設定 / 解除
プロテクト設定されていない画像はプロテクト
が設定され、プロテクト設定されている画像は
プロテクト設定が解除されます。
• 手順 3 のあとに g または h で、続けて設定 /
解除する画像を選べます。
全コマ設定
すべての画像がプロテクトされます。
全コマ解除
すべての画像のプロテクト設定が解除されま
す。
画像の再生と再生メニュー
7 3 MENU/OK ボタンを押して、プロテクトを設定 / 解除します。
4 DISP/BACK ボタンを押して、プロテクトを終了します。
O メモリーカードをフォーマットすると、プロテクトした画像も
消去されます。
188
再生メニュー
画像回転
撮影した画像を回転して再生できます。
1 再生画面で回転したい画像を選びます。
2 C 再生メニュー > 画像回転を選びます。
3 セレクターボタンの f(時計回りに 90°回転)または e(反
時計回りに 90°回転)で画像を回転します。
4 MENU/OK ボタンを押して、回転を決定します。
N • プロテクトされた画像は回転できません。プロテクトを解除
してから回転してください。
また、他のカメラやパソコンで再生する場合は、画像は回転
表示しません。
• D 表示設定 > 縦横自動回転再生を ON にすると、縦方向で
撮影した画像を自動的に回転して再生します。
189
7
画像の再生と再生メニュー
• 他のカメラで撮影した画像は回転できないことがあります。
赤目補正
人物の赤目を補正できます。赤目補正した画像は別ファイル
として保存されます。
1 再生画面で赤目を補正したい画像を選びます。
2 C 再生メニュー > 赤目補正を選びます。
3 MENU/OK ボタンを押して、赤目補正を開始します。
N • 顔が検出できないときや被写体によっては、赤目補正できな
かったり、補正した結果に差が生じたりすることがあります。
• 顔を検出する人数が多い場合は、処理に時間がかかることが
画像の再生と再生メニュー
7
あります。
• 赤目補正済みの(e が表示されている)画像は、それ以上
赤目補正できません。
• RAW ファイルの画像は、赤目補正できません。
190
再生メニュー
ワイヤレス通信
無線 LAN を使ってスマートフォンと通信できます。スマー
トフォンと通信すると、以下の機能が使用できます。
• スマートフォンを操作して、カメラで撮影
• カメラからスマートフォンに画像を送信
• スマートフォン側でカメラ内の画像を閲覧 / 取り込み
• スマートフォンで取得した位置情報をカメラに送信
これらの機能を使用するには、スマートフォンにあらかじ
めスマートフォンアプリケーション「FUJIFILM Camera
Remote」をインストールしておく必要があります。
N 無線 LAN 機能の使用方法については、以下のサイトをご覧く
ださい。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
撮影した画像を順番に自動再生します。
操作方法
設定
説明
MENU/OK ボタン スライドショーを開始 / 終了します。
DISP/BACK ボタン スライドショー終了のガイダンスを表示します。
g または h コマ送りします。
N スライドショー中は、自動電源 OFF になりません。
191
画像の再生と再生メニュー
7
スライドショー
フォトブックアシスト
画像を選んで、フォトブックを作成できます。
フォトブックを作成する
1 C 再生メニュー > フォトブックアシストを選びます。
2 新規 BOOK を選び、MENU/OK ボタンを押します。
フォトブックの新規作成画面が表示されます。
3 画像を選択します。
e で表示されている画像を選択または選択解除し、f で
表示されている画像を表紙にします。
N
画像の再生と再生メニュー
7
• a 以下で保存されている画像と動画は選択できません。
• 最初に選択した画像は、自動的に表紙と 1 枚目の画像に
なります。表紙は、後から f で変更することもできます。
4 画像の選択が終わったら、MENU/OK ボタンを押します。
5 作成終了を選びます。
全て選択を選ぶと、全画像がフォトブック作成中の画像と
して選択されます。
6 MENU/OK ボタンを押します。
フォトブックアシストメニューに作成したフォトブックが
表示されます。
O • フォトブックで選択できる画像は 300 枚までです。
• 画像が 1 枚も選択されていないフォトブックは削除されます。
192
再生メニュー
作成したフォトブックについて
• 作成したフォトブックは、「MyFinePix Studio」でも、パソコ
ンに取り込んで使うことができます。
• カメラで作成したフォトブックは、対応する店頭で簡単に注文す
ることができます。詳しくは下記ホームページをご覧ください。
http://fujifilm.jp/personal/print/index.html
作成したフォトブックを見る
作成されているフォトブックを選ぶと、フォトブックの内容
を見ることができます。g または h で次や前の画像に移動
できます。
作成したフォトブックを編集 / 削除する
1
作成したフォトブックを表示しているときに MENU/OK
ボタンを押します。
2 編集または削除を選びます。
はフォトブックを作成する方法と同じです。
• 削除:表示されているフォトブックを削除できます。
3 画面の指示にしたがって、フォトブックを編集 / 削除します。
193
7
画像の再生と再生メニュー
• 編集:フォトブックの内容を再編集できます。編集方法
PC 保存
無線 LAN を使ってカメラからパソコンに画像を保存できま
す。この機能を使用するには、保存先のパソコンにあらかじ
め PC アプリケーション「FUJIFILM PC AutoSave」をイン
ストールして保存先を設定しておく必要があります。
N 無線 LAN 機能の使用方法については、以下のサイトをご覧く
ださい。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
画像の再生と再生メニュー
7
194
再生メニュー
プリント予約(DPOF)
プリント予約(DPOF)であらかじめ DPOF 指定(プリント
予約)しておくと、フジカラーデジカメプリントサービス取
扱店でお店プリントするときに、指定した内容で簡単にプリ
ントできます。
1 C 再生メニュー > プリント予約(DPOF)を選びます。
2 日付の有無を設定します。
設定
説明
日付あり設定 s 撮影日を印字します。
日付なし設定
全コマ解除
撮影日を印字しません。
現在設定されている DPOF 指定(プリント予約)
を一度に解除できます。
3 DPOF 指定する画像を選びます。
(最大 99 枚)。
N DPOF 指定を取り消したいときは、
プリント枚数が 0 になるまで f を
押します。
プリント予約 (DPOF)
トータル:00001
表示中の画像の
プリント枚数合計
01 枚
コマ選択
設定終了
プリント枚数
195
画像の再生と再生メニュー
4 プリント枚数を選びます
7
5 プリントしたいすべての画像に対して手順 3 と 4 を行います。
6 合計枚数を確認して、もう一度 MENU/OK ボタンを押します。
N • DPOF 指定(プリント予約)した画像には、再生時に u が
表示されます。
• 同じメモリーカードで最大 999 枚まで DPOF 指定することが
できます。
• 別のカメラで DPOF 指定された画像がメモリーカードに入っ
ているときは、すでに設定されている DPOF 指定を取り消し、
DPOF 指定し直してください。
画像の再生と再生メニュー
7
196
再生メニュー
instax プリンタープリント
別売の「FUJIFILM instax SHARE」プリンターで画像を印
刷できます。あらかじめ D 接続設定 > instax プリンター接
続設定で、instax SHARE プリンターのプリンター名(SSID)
とパスワードを入力しておく必要があります。
1 プリンターの電源を入れます。
2 C 再 生 メ ニ ュ ー > instax プ リ ン
タープリントを選ぶと、カメラとプ
リンターの接続が開始されます。
プリンタープリント
instax-12345678
プリンター接続中
FUJIFILM-CAMERA-1234
やめる
N 連写コマをプリントするには、プリントするコマを表示し
てからメニューを実行します。
ボタンを押します。
プリンタープリント
100-0020
送信
やめる
instax-12345678
N
• 他のカメラで撮影した画像はプリントできません。
• プリントされる範囲は液晶モニターに表示されている画
像の範囲よりも狭くなります。
4 画像がプリンターに送信され、プリントが開始されます。
197
7
画像の再生と再生メニュー
3 プリントしたい画像を選び、MENU/OK
表示比率
3 : 2 で撮影された静止画を HD 出力のテレビで再生するとき
の表示比率を選べます。HDMI ケーブルでカメラと HD 出力
テレビを接続したときに有効です。
16 : 9
3:2
設定
16 : 9
3:2
イメージ
N 16 : 9 に設定すると上下が切れた状態でフル画面表示されます。
3 : 2 に設定すると左右に枠を付けて表示されます。
画像の再生と再生メニュー
7
198
8
セットアップメニュー
199
D セットアップメニュー(基本設定)
カメラの基本的な設定を変更できます。
MENU/OK ボタンを押して、D(セット
アップ)タブを選び、基本設定を選び
ます。
基本設定
フォーマット
日時設定
世界時計
言語/LANG
マイメニュー設定
センサークリーニング
電子音&リセット
リセット
セットアップメニュー
8
200
セットアップメニュー(基本設定)
フォーマット
メモリーカードをフォーマット(初期化)します。
1 セットアップメニューから D 基本設定 > フォーマットを
選びます。
2 MENU/OK ボタンを押すと、確認の画
面が表示されます。
フォーマット
フォーマット OK ?
すべてのデータが消去されます
実行
やめる
が実行されます。
N 確認画面でやめるを選んだ状態で MENU/OK ボタンを押した
り、DISP/BACK ボタンを押したりしたときは、フォーマット
は実行されません。
O • プロテクトされている画像を含むすべてのファイルが消去さ
れます。消去したくない画像があるときは、フォーマットを
実行しないでください。
• フォーマットの途中で、バッテリーカバーを開けないでくだ
さい。
N b(消去)ボタンを長押し中にリアコマンドダイヤルの中央を
押してもフォーマット画面を表示できます。
201
セットアップメニュー
3 e で実行を選び、MENU/OK ボタンを押すと、フォーマット
8
日時設定
日付と時刻を設定します。
1 セットアップメニューから D 基本設定 > 日時設定を選び
ます。
2 67 で年月日の並び順を選びます。
3 89 で 設 定 す る 項 目( 年、 月、 日、 時、 分 ) を 選 び、
67 で設定する数字を選びます。
セットアップメニュー
4 MENU/OK ボタンを押すと、日時が設定されます。
8
202
セットアップメニュー(基本設定)
世界時計
旅行先で、簡単にカメラの時計を現地時間に合わせることが
できます。
設定
h ホーム
g 現地
説明
現在設定されている日時を表示します。
旅行先の日時を表示します。
現地時間の設定方法
1 g 現地を選び、MENU/OK ボタンを押します。
設定する数字を選びます。
3 MENU/OK ボタンを押します。
N g 現地を選ぶと、電源を入れるたびに、画面に g と日時が
約 3 秒間黄色で表示されます。
セットアップメニュー
2 89 で設定する項目(+ / −、時、分)を選び、67 で
8
203
a
メニューなどを表示する言語を設定します。
セットアップメニュー
マイメニュー設定
よく使うメニューなどを E マイメニューに登録しておくこ
とができます。登録したメニューは、E(マイメニュー)タ
ブを選ぶと表示されます。
8 1
セットアップメニューの D 基本設
定 > マイメニュー設定を選びます。
メニューが表示されます。
マイメニュー設定
登録
順序変更
削除
N 順序変更を選ぶと登録したマイメニューの順番を変更でき
ます。削除を選ぶと登録したマイメニューを削除できます。
204
セットアップメニュー(基本設定)
2 登録を選び、MENU/OK ボタンを押し
ます。
登録可能なメニューが青文字で表示
されます。
N
マイメニュー登録
画像サイズ
画質モード
RAW 記録方式
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
ハイライトトーン
選択
やめる
登録済みのメニューにはチェックマークが付きます。
3 登録するメニューを選び、
マイメニュー設定
1 画像サイズ
MENU/OK ボタンを押します。
マイメニューが登録されます。
移動
決定
マイメニュー登録画面に戻ります。
5 手順 3 と 4 を繰り返して、マイメニューを登録します。
N 最大 16 項目(8 × 2 ページ)のメニューが登録できます。
セットアップメニュー
4 MENU/OK ボタンを押します。
8
205
センサークリーニング
センサーのほこりなどをふるい落とすことができます。
設定
説明
実行
実行を選ぶと、すぐにセンサークリーニング
を実行します。
ON に設定すると、カメラの電源をオンに
電源 ON 時に実行
したときにセンサークリーニングを実行し
ます。
ON に設定すると、カメラの電源をオフにし
電源 OFF 時に実行
たときにセンサークリーニングを実行しま
す。ただし、再生モードで電源をオフにした
場合は、実行されません。
セットアップメニュー
N センサークリーニングを実行してもセンサーのほこりを完全に
ふるい落とすことはできません。ほこりが取れない場合は、手
動でセンサーをクリーニングしてください。
電子音 & フラッシュ
8 OFF にすると、フラッシュや AF 補助光が発光禁止になり、
操作音や動画の再生音がオフになります。セルフタイマーラ
ンプも発光しません。
設定値
ON
206
OFF
セットアップメニュー(基本設定)
リセット
撮影メニューまたはセットアップメニューの設定をそれぞれ
工場出荷時の設定に戻します。
1 リセットするメニューを選び MENU/OK ボタンを押します。
設定
説明
撮影メニューのカスタム登録 / 編集の
撮影メニューリセット 内容、ホワイトバランスのカスタムの
内容以外がリセットされます。
セ ッ ト ア ッ プ メ ニ ュ ー の 日 時 設 定、
セットアップリセット 世 界 時 計、 接 続 設 定 の 接 続 に 関 す る
設定以外がリセットされます。
セットアップメニュー
2 確認画面で実行を選んで MENU/OK ボタンを押します。
8
207
D セットアップメニュー(音設定)
カメラの音に関する設定を変更できます。
MENU/OK ボタンを押して、D(セット
アップ)タブを選び、音設定を選びます。
音設定
AF合焦音量
セルフタイマー音量
操作音量
シャッター音量
シャッター音
再生音量
セットアップメニュー
AF 合焦音量
シャッターボタン半押し中にピントが合ったときの音量を設
定します。
設定
8
b
c
d
f
208
説明
音量「大」に設定します。
音量「中」に設定します。
音量「小」に設定します。
消音に設定します。
セットアップメニュー(音設定)
セルフタイマー音量
セルフタイマー使用時の音量を設定します。
設定
b
c
d
f
説明
音量「大」に設定します。
音量「中」に設定します。
音量「小」に設定します。
消音に設定します。
セットアップメニュー
操作音量
ボタンなどを操作するときの音量を設定します。
設定
b
c
d
f
説明
音量「大」に設定します。
8
音量「中」に設定します。
音量「小」に設定します。
消音に設定します。
209
シャッター音量
電子シャッター使用時のシャッターをきるときの音量を設定
します。
設定
b
c
d
f
音量「中」に設定します。
音量「小」に設定します。
消音に設定します。
セットアップメニュー
シャッター音
電子シャッター使用時のシャッターをきるときの音を設定し
ます。
設定
8
説明
音量「大」に設定します。
説明
i サウンド 1 シャッター音 1 に設定します。
j サウンド 2 シャッター音 2 に設定します。
k サウンド 3 シャッター音 3 に設定します。
210
セットアップメニュー(音設定)
再生音量
動画再生時の音量を設定します。
設定
10 〜 1
OFF
説明
音量を 1 〜 10 に設定します。
音量をオフに設定します。
セットアップメニュー
8
211
D セットアップメニュー(表示設定)
カメラの画面表示に関する設定を変更できます。
MENU/OK ボタンを押して、D(セット
アップ)タブを選び、表示設定を選び
ます。
表示設定
EVF明るさ
EVF鮮やかさ
LCD明るさ
LCD鮮やかさ
撮影画像表示
EVF縦横自動回転表示
マニュアル時モニター露出/WB反映
モニター撮影効果反映
セットアップメニュー
EVF 明るさ
EVF(ファインダー)の明るさを調整できます。
設定
AUTO
8
マニュアル
212
説明
カメラが自動的に適切な明るさを調整します。
+5 〜 -5 の明るさを手動で調整します。
セットアップメニュー(表示設定)
EVF 鮮やかさ
EVF(ファインダー)の鮮やかさを調整できます。
設定値
+5
+4
+3
+2
+1
0
-1
-2
-3
-5
-4
-5
セットアップメニュー
-4
LCD 明るさ
LCD(液晶モニター)の明るさを調整できます。
設定値
+5
+4
+3
+2
+1
0
-1
-2
-3
8
213
LCD 鮮やかさ
LCD(液晶モニター)の鮮やかさを調整できます。
設定値
+5
+4
+3
+2
+1
0
-1
-2
-3
-4
-5
セットアップメニュー
撮影画像表示
撮影直後の確認画面の表示時間を設定できます。
8
設定
説明
連続
シ ャ ッ タ ー ボ タ ン を 半 押 し す る ま で、 ま た は
MENU/OK ボタンを押すまで表示します。リアコマ
ンドダイヤルの中央を押すと、ピント位置が拡大
表示され、もう一度押すと元に戻ります。
撮影した画像を一定時間表示します。表示中に
1.5 秒 /0.5 秒 シャッターボタンを半押しすると、OFF になり
ます。
OFF
表示しません。
N • 実際に記録される画像と色味が若干異なることがあります。
• 高感度撮影時には、ノイズが目立つ場合があります。
214
セットアップメニュー(表示設定)
EVF 縦横自動回転表示
ON にすると、撮影時にカメラが縦向きの場合、ファインダー
(EVF)の表示が縦向きになります。
設定値
ON
OFF
O 液晶モニター(LCD)の表示は、縦向きにはなりません。
スを反映できます。
設定
説明
露出反映 /WB 反映
露出とホワイトバランスの両方を反映した画
面を表示します。
WB のみ反映
ホワイトバランスのみ反映した画面を表示し
ます。タングステンモニタリングランプを使
用したフラッシュ撮影など、撮影時に露出、
ホワイトバランスの条件が変わる場合に使用
します。
OFF
露 出 も ホ ワ イ ト バ ラ ン ス も 反 映 し ま せ ん。
フラッシュ撮影など、撮影時に露出が変わる
場合は OFF にしてください。
215
セットアップメニュー
マニュアル時モニター露出 /WB 反映
マニュアル(M)撮影で、撮影画面に露出やホワイトバラン
8
モニター撮影効果反映
撮影画面に撮影効果を反映するかどうかを設定できます。
設定
説明
ON
フィルムシミュレーション、ホワイトバランスなどの撮
影効果を反映した画像が画面に表示されます。
OFF
撮影効果を反映せず、ソフトな階調で逆光シーンの暗い
部分などの被写体を見やすいようにした画像が画面に表
示されます。表示される画像の色味、階調は記録される
画像と異なります。また、モノクロ、セピア、アドバン
ストフィルターの各フィルターでは一部撮影効果を反映
した画像が表示されます。
セットアップメニュー
8
216
セットアップメニュー(表示設定)
フレーミングガイド
撮影時のフレーミングガイドの種類を設定できます。
設定
説明
F 方眼 9 分割
縦横にガイド線が表示
されます(9 コマ)。
イメージ
P
G 方眼 24 分割
縦横にガイド線が表示
されます(24 コマ)。
H HD フレーミング
画 面 が 16 : 9 に な る よ
うなガイド線が表示さ
れ、HD 画 像 の 構 図 が
決めやすくなります。
P
N フレーミングガイドは工場出荷時の設定では表示されない設定
になっています。フレーミングガイドを表示する方法は「画面
のカスタマイズ」をご覧ください(P 219)。
217
セットアップメニュー
P
8
縦横自動回転再生
ON にすると、縦方向で撮影した画像を自動的に回転して再
生します。
設定値
ON
セットアップメニュー
8
OFF
距離指標の単位
撮影モード時に表示される距離指標の単位を変更できます。
設定
説明
メートル
距離指標の単位をメートル(m)に設定します。
フィート
距離指標の単位をフィート(ft.)に設定します。
218
セットアップメニュー(表示設定)
画面のカスタマイズ
撮影時の「スタンダード」画面に表示したい項目を設定でき
ます。
1 DISP/BACK ボタンを押して、「スタンダード」画面に切り
替えます。
2 セットアップメニューから D 表示設定 > 画面のカスタマ
イズを選びます。
3 表示したい項目を選び、MENU/OK ボタンを押します。
画面に表示する項目には、R が表示されます。R が表示
表示項目
フレーミングガイド
電子水準器
工場
表示項目
出荷時
シャッター方式
□
フラッシュ
□
バッテリー残量表示
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
R
画面枠
□
AF フレーム
AF 時の距離指標
MF 時の距離指標
R
連写モード
□
ブレ防止
R
タッチパネルモード
ヒストグラム
□
ホワイトバランス
撮影モード
フィルムシミュレーション
情報表示背景
R
R
R
露出補正表示
□
画像サイズ & 画質モード
露出補正ゲージ
R
R
R
動画モード & 録画時間
絞り / シャッター速度 /ISO
フォーカスモード
測光
工場
出荷時
ダイナミックレンジ
撮影可能枚数
219
セットアップメニュー
されている状態で MENU/OK ボタンを押すと、選択が解除
されます。
8
4 表示したい項目を選び、DISP/BACK ボタンを押します。
設定が保存されます。
5 DISP/BACK ボタンを押して撮影画面に戻り、表示内容を確
認してください。
セットアップメニュー
8
220
D セットアップメニュー
(操作ボタン・ダイヤル設定)
カメラの操作ボタンや操作ダイヤルに関する設定を
変更できます。
MENU/OK ボタンを押して、D(セット
アップ)タブを選び、操作ボタン・ダ
イヤル設定を選びます。
操作ボタン・ダイヤル設定
クイックメニュー登録/編集
Fn/AE-L/AF-Lボタン設定
セレクターボタン設定
コマンドダイヤル設定
半押AF
半押AE
レンズなしレリーズ
フォーカスリング
セットアップメニュー
8
221
クイックメニュー登録 / 編集
クイックメニューに表示するメニューを変更できます。
1 セットアップメニューから D 操作ボタン・ダイヤル設
定 > クイックメニュー登録 / 編集を選びます。
クイックメニュー登録 / 編集画面が表示されます。
2 割り当てを変更するメニューを選び、MENU/OK ボタンを
押します。
割り当てられるメニューは次のとおりです。
セットアップメニュー
8
○ 画像サイズ
○ 画質モード
◎ フィルムシミュレーション
◎ グレイン・エフェクト
◎ ダイナミックレンジ
◎ ホワイトバランス
◎ ハイライトトーン
◎ シャドウトーン
◎ カラー
◎ シャープネス
◎ ノイズリダクション
◎ カスタム選択
○ AF モード
○ AF-C カスタム設定
○ 顔検出 / 瞳 AF 設定
222
○ MF アシスト
○ セルフタイマー
○ 測光
○ シャッター方式
○ 感度
○ タッチパネルモード
○ フラッシュ機能設定
○ 調光補正
○ 動画モード
○ マイクレベル設定
○ 電子音 & フラッシュ
○ EVF/LCD 明るさ
○ EVF/LCD 鮮やかさ
○ なし
セットアップメニュー (操作ボタン・ダイヤル設定)
N • ◎印はカスタム登録が可能なメニューです。
• なしを選ぶと、クイックメニューの割り当てはなくなりま
す。
• カスタム選択を選ぶと、クイックメニューには BASE と表
示され、現在の設定を表しています。
3 割り当てるメニューを選び、MENU/OK ボタンを押します。
クイックメニューにメニューが割り当てられます。
N クイックメニューの割り当ては、撮影画面で Q ボタンを長押し
しても変更できます。
セットアップメニュー
8
223
Fn/AE-L/AF-L ボタン設定
ファンクションボタンに割り当てる機能を設定できます。
1 セットアップメニューから D 操作ボタン・ダイヤル設定 >
Fn/AE-L/AF-L ボタン設定を選びます。
2 割り当てを変更するファンクションボタンを選び、MENU/OK
ボタンを押します。
割り当て可能な機能は次のとおりです。
セットアップメニュー
8
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
画像サイズ
画質モード
RAW
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
カスタム選択
フォーカスエリア選択
フォーカスチェック
AF モード
AF-C カスタム設定
顔検出 / 瞳 AF 設定
ドライブ設定
セルフタイマー
測光
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
感度
ワイヤレス通信
フラッシュ機能設定
TTL-LOCK
モデリング発光
マイクレベル設定
被写界深度確認
マニュアル時モニター露出 /WB 反映
モニター撮影効果反映
AE LOCK のみ
AF LOCK のみ
AE/AF LOCK
AF-ON
絞り設定
再生モード
なし
シャッター方式
3 割り当てる機能を選び、MENU/OK ボタンを押します。
224
セットアップメニュー (操作ボタン・ダイヤル設定)
N
• なしを選ぶと、ファンクションボタンの割り当てはなくなり
ます。
• セレクターボタンだけで、2 つ以上の機能を同時に動作させ
ることはできません。
• ファンクションボタンの割り当ては、DISP/BACK ボタンを長
押ししても変更できます。
AF-ON の割り当て
AF-ON を割り当てたボタンを押してシャッターボタン半押
しの状態を保つことができます。
モデリング発光の割り当て
セットアップメニュー
モデリング発光に対応したクリップオンフラッシュを装着し
ている状態で、モデリング発光を割り当てたボタンを押すと、
撮影前に、被写体の影の出かたなどを確認するためのモデリ
ング発光を行えます。
TTL-LOCK の割り当て
TTL-LOCK を割り当てたボタンを押すと、F フラッシュ設
定 > TTL-LOCK モードで設定されているモードでロックでき 8
ます(P 166)。
225
セレクターボタン設定
セレクターボタンの設定を変更できます。
設定
説明
Fn ボタン
ファンクションボタンとして機能します。
フォーカスエリア
セレクターボタンでフォーカスエリアを選
択できます。
N フォーカスエリアのときは、ファンクションボタンに割り当て
られている機能は使用できなくなります。
セットアップメニュー
8
コマンドダイヤル設定
絞り値とシャッタースピードを操作するコマンドダイヤルの
フロントとリアを入れ換えることができます。
設定
説明
Y F 値 X S.S.
フロントコマンドダイヤルを絞り値、リアコマン
ドダイヤルをシャッタースピードに設定します。
Y S.S. X F 値
フロントコマンドダイヤルをシャッタースピー
ド、リアコマンドダイヤルを絞り値に設定します。
226
セットアップメニュー (操作ボタン・ダイヤル設定)
半押し AF
ON にすると、シャッターボタン半押し時にオートフォーカ
スでピントを合わせます。
設定
ON
OFF
説明
フォーカスモードが S のとき(AF-S):シャッター
ボタンを半押しすると、オートフォーカスでピント
を合わせ、ピントを固定します。
フォーカスモードが C のとき(AF-C):シャッター
ボタンを押している間、オートフォーカスでピント
を合わせ続けます。
半押し AE
ON にすると、シャッターボタン半押し時に AE ロック(露
出を固定)します。
セットアップメニュー
シャッターボタンを押してもフォーカスに関する動
作は行いません。
設定値
ON
8
OFF
N 連写時に露出を追従させたいときは、OFF にしてください。
227
レンズなしレリーズ
ON にすると、レンズを未装着でシャッターがきれます。
設定値
ON
OFF
セットアップメニュー
フォーカスリング
マニュアルフォーカス時(フォーカスモードが M のとき)
に遠距離側に合わせる場合の、フォーカスリングの回転方向
を変更できます。
8
設定
説明
X 時計回り
フォーカスリングの回転方向を X 時計回りに設
定します。
Y 反時計回り
フォーカスリングの回転方向を Y 反時計回りに
設定します。
228
セットアップメニュー (操作ボタン・ダイヤル設定)
AE/AF-LOCK 設定
AE-L または AF-L 機能を割り当てたファンクションボタンを押
したときの機能を変更できます。
設定
AE/AF-LOCK
押下中のみ
押下切替
説明
ボタンを押している間、固定されます。
ボタンを押すと固定され、もう 1 度ボタンを押す
と解除されます。
設定
説明
オート+
o マニュアル
フロントコマンドダイヤルを回して、絞りの操作
ができます。また、小絞り値からさらにダイヤル
を回すと、A(オート)も選べます。
オート
絞り設定がオートになります。プログラム(P)
またはシャッタースピード優先(S)になります。
マニュアル
フロントコマンドダイヤルを回して、絞りの操作
ができます。絞り優先(A)またはマニュアル(M)
になります。
229
セットアップメニュー
絞り設定
絞りリングなしレンズを使用しているときの絞りの操作方法
を選択できます。
8
タッチパネル設定
液晶画面(LCD)のタッチ操作を行うかどうかを設定できます。
設定値
ON
セットアップメニュー
8
230
OFF
D セットアップメニュー
(消費電力設定)
カメラの消費電力に関する設定を変更できます。
MENU/OK ボタンを押して、D(セット
アップ)タブを選び、消費電力設定を
選びます。
消費電力設定
自動電源OFF
パフォーマンス
自動的に電源をオフにできます。
設定
5分
2分
1分
30 秒
15 秒
OFF
説明
設定した時間、カメラを操作しないと、自動的に電源
がオフになります。
セットアップメニュー
自動電源 OFF
8
自動的に電源がオフになりません。
231
パフォーマンス
カメラの AF 性能やバッテリーの持ち具合を設定できます。
設定
AF 性能 画質(LCD/EVF)表示
(速さ) (なめらかさ、画質)
バッテリー
の持続時間
ハイパフォーマンス
最速
最高画質
短い
スタンダード
標準
高画質
長い
N スタンダードに設定しているときに一定時間、何も操作をしな
いでいると、フレームレートが低下します。ボタンを操作する
と通常のフレームレートに戻ります。
セットアップメニュー
8
232
D セットアップメニュー(保存設定)
画像の保存に関する設定を変更できます。
MENU/OK ボタンを押して、D(セット
アップ)タブを選び、保存設定を選び
ます。
保存設定
コマNo.
処理前画像記録
ファイル名編集
著作権情報
セットアップメニュー
8
233
コマ NO.
メモリーカードを交換したときのコマ
NO.( フ ォ ル ダ NO. ー フ ァ イ ル NO.)
の付け方を選びます。
コマ NO.
フォルダ NO.
ファイル NO.
セットアップメニュー
8
設定
説明
連番
メモリーカード内の最大ファイル NO. に 1 を足し
たファイル NO. が付けられます。メモリーカード
を交換したときは、次のファイル NO. とメモリー
カード内の最大ファイル NO. のいずれか大きい方
の番号を付けます。ファイル名の重複を防げます。
新規
新しいメモリーカードを入れるたびに、ファイル
NO. が 0001 から付けられます。フォーマット済
みのメモリーカードに交換することで、番号をリ
セットできます。
N • コマ NO. が「999-9999」になると、それ以上撮影できなく
なります。あらかじめ、データをパソコンなどに保存して
フォーマットすることをおすすめします。
• D 基本設定 > リセットを行ってもコマ NO. はリセットされ
ません。
• 他のカメラで撮影した画像は、コマ NO. 表示が異なることが
あります。
234
セットアップメニュー(保存設定)
処理前画像記録
ON にすると、赤目補正の処理前の画像も同時に記録します。
設定値
ON
OFF
設定
工場出荷時
変更例
sRGB
Adobe RGB
DSCF****
_DSF****
ABCD****
_ABC****
セットアップメニュー
ファイル名編集
ファイル名(DSCF****/_DSF****)をそれぞれ変更できます。
8
235
著作権情報
撮影時の著作権情報を画像の Exif 情報に記録できます。画面
の内容にしたがってそれぞれ情報を入力すると、設定後に撮
影された画像に著作権情報が記録されます。
設定
説明
著作権情報の表示 現在登録されている著作権情報を表示します。
作成者名の入力
作成者名を入力します。
著作権者名の入力 著作権者名を入力します。
現在登録されている著作権情報を削除します。
著作権情報の削除 画像に著作権情報を残したくない場合は、著作
権情報の削除を行ってから撮影してください。
セットアップメニュー
8
236
D セットアップメニュー(接続設定)
他機器との接続に関する設定を変更できます。
MENU/OK ボタンを押して、D(セット
アップ)タブを選び、接続設定を選び
ます。
接続設定
ワイヤレス設定
PC保存先設定
位置情報設定
instaxプリンター接続設定
ワイヤレス設定
無線 LAN 機能に関する設定を変更できます。
内容
• 名前:無線 LAN 通信で使用するカメラの名前を変
共通設定
更できます。工場出荷時は、カメラ固有の名前に
なっています。
• 設定初期化:無線 LAN 通信の設定を工場出荷時の
設定に戻します。
スマートフォン送信時の画像サイズを変更できます。
スマートフォン送信時 H 圧縮を ON にして画像を
送信しても、メモリーカードに保存されている元の
スマート
フォン送信時 画像の画像サイズが変更されることはありません。
H 圧縮
• ON:画像サイズを H に圧縮して送信します。ON
でのご使用をおすすめします。
• OFF:元画像のサイズのままで送信します。
• 保存先削除:設定されている PC 保存の保存先を
PC 保存設定
削除できます。削除する保存先を選んでください。
• 前回接続情報:直近に接続した PC 保存の保存先
の情報が表示されます。
237
セットアップメニュー
サブメニュー
8
PC 保存先設定
PC 保存の保存先を設定します。
設定
説明
簡単設定
無線 LAN ルーターに簡単接続 (WPS) で接続し、
保存先(PC)を設定します。
手動設定
無線 LAN ルーターにマニュアル操作で接続し、
保存先(PC)を設定します。
N 無線 LAN 機能の使用方法については、以下のサイトをご覧く
ださい。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
セットアップメニュー
位置情報設定
スマートフォンから取得した位置情報の設定を変更できます。
設定
説明
位置情報記録
スマートフォンから取得した位置情報を撮影する
画像に記録させるかどうかを設定します。
位置情報表示
スマートフォンから取得した位置情報を表示させ
るかどうかを設定します。
8
N 位置情報の取得方法については、以下のサイトをご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
238
セットアップメニュー(接続設定)
instax プリンター接続設定
別売の「FUJIFILM instax SHARE」プリンターのプリンター
名(SSID)とパスワードを入力して、プリンターとの接続を
設定します。
プリンター名(SSID)とパスワード
instax SHARE プリンターの底面に SSID が
記載されています。工場出荷時のパスワー
ドは「1111」です。すでにスマートフォ
ンを使用してプリントされている方で任意
のパスワードを設定している場合は、設定
したパスワードを入力してください。
セットアップメニュー
8
239
MEMO
240
9
ショートカット機能
241
ショートカット機能について
用途や場面に合わせてショートカット機能を使い分
けると便利です。
このカメラでは、よく使う機能のメニューを Q メニューやマ
イメニューに登録して使用したり、Fn(ファンクション)ボ
タンで機能をダイレクトで呼び出したりできます。
ショートカット機能
内容
P
Q ボタンを押すと Q メニューが表示され、
Q メニュー
ショートカット機能
マイメニュー
ファンクションボタン
9
242
よく使うメニュー項目の設定値を確認で
きます。Q メニューで設定値を変更する
こともできます。
243
よく使うメニューなどを選んでマイメ
ニューに登録しておくことができます。
MENU/OK ボ タ ン を 押 し て、E( マ イ 252
メニュー)タブを選ぶと、登録したメ
ニューのみが表示されます。
あらかじめ割り当てられている機能の
ファンクションボタンを押すと、ダイ
レクトで割り当てた機能を呼び出すこ
とができます。
248
Q(クイックメニュー)ボタン
Q ボタンを使うと、撮影の設定を確認したり、設定し
直したりできます。
カスタム選択
BASE
設定
ショートカット機能
工場出荷時の設定
A カスタム選択
I ハイライトトーン
B 感度
J シャドウトーン
C ダイナミックレンジ
K カラー
D ホワイトバランス
L シャープネス
E ノイズリダクション
M セルフタイマー
F 画像サイズ
N AF モード
G 画質モード
O フラッシュ機能設定
H フィルムシミュレーション
P EVF/LCD 明るさ
9
各メニュー(B 〜 P)には、それぞれの設定値が表示されます。
各メニュー項目は、入れ換えることができます。
243
カスタム選択について
カスタム選択(A)には、カスタム設定の読み込み状態が表示され
ます。
• q:カスタム設定を読み込んでいないときに表示します。
• t 〜 u:H 画質設定 > カスタム登録 / 編集で登録されたカ
スタム設定を表示します。
• r 〜 s:読み込まれたカスタム設定を表示します。
ショートカット機能
9
244
Q(クイックメニュー)ボタン
設定の確認と変更
1 撮影画面で Q ボタンを押します。
クイックメニューが表示されます。
2 設定を変更するメニュー項目を
efgh で選びます。
カスタム選択
BASE
設定
3 リアコマンドダイヤルで設定値を選
ショートカット機能
びます。
• 各設定内容を変更して読み込めま
•
すが、カスタム登録設定内容は変
更できません。
t 〜 u を選択中にカスタム登
録項目を変更すると赤いマークが
つきます。
9
4 Q ボタンを押します。
表示されている設定値になり、撮影画面に戻ります。
245
クイックメニューの割り当て変更
クイックメニューに表示するメニューを変更できます。
1 撮影画面で Q ボタンを長押しします。
クイックメニュー登録 / 編集画面が
表示されます。
2 割り当てを変更するメニューを選び、MENU/OK ボタンを
押します。
割り当てられるメニューは次のとおりです。
ショートカット機能
9
○ 画像サイズ
○ 画質モード
◎ フィルムシミュレーション
◎ グレイン・エフェクト
◎ ダイナミックレンジ
◎ ホワイトバランス
◎ ハイライトトーン
◎ シャドウトーン
◎ カラー
◎ シャープネス
◎ ノイズリダクション
◎ カスタム選択
○ AF モード
○ AF-C カスタム設定
○ 顔検出 / 瞳 AF 設定
246
○ MF アシスト
○ セルフタイマー
○ 測光
○ シャッター方式
○ 感度
○ タッチパネルモード
○ フラッシュ機能設定
○ 調光補正
○ 動画モード
○ マイクレベル設定
○ 電子音 & フラッシュ
○ EVF/LCD 明るさ
○ EVF/LCD 鮮やかさ
○ なし
Q(クイックメニュー)ボタン
N • ◎印はカスタム登録が可能なメニューです。
• なしを選ぶと、クイックメニューの割り当てはなくなります。
• カスタム選択を選ぶと、クイックメニューには BASE と表
示され、現在の設定を表しています。
3 割り当てるメニューを選び、MENU/OK ボタンを押します。
クイックメニューにメニューが割り当てられます。
N クイックメニューの割り当ては、D 操作ボタン・ダイヤル設
定 > クイックメニュー登録 / 編集からも設定できます。
ショートカット機能
9
247
Fn(ファンクション)ボタン
ファンクションボタンには機能を 1 つ割り当てられ
ます。ファンクションボタンを押すだけで機能を切
り替えたり、設定画面を呼び出したりできます。
工場出荷時に割り当てられている機能とボタンの位置は以下
のとおりです。
Fn2 ボタン
ドライブ設定
AF モード
Fn3 ボタン
Fn4 ボタン
フィルムシミュレーション
フラッシュ機能設定
ショートカット機能
Fn1 ボタン
9
248
Fn(ファンクション)ボタン
AE-L ボタン
フォーカスエリア選択
AE ロックのみ
AF-L ボタン
リアコマンドダイヤル中央押し
AF ロックのみ
フォーカスチェック
ショートカット機能
Fn5 ボタン
9
249
ファンクションボタンの割り当て変更
DISP/BACK ボタンを長押しすると、ファンクションボタンの
割り当て設定画面を表示できます。
1 撮影画面で DISP/BACK ボタンを長押
しします。
2 割 り 当 て を 変 更 す る フ ァ ン ク シ ョ ン ボ タ ン を 選 び、
MENU/OK ボタンを押します。
割り当て可能な機能は次のとおりです。
ショートカット機能
9
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
画像サイズ
画質モード
RAW
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
カスタム選択
フォーカスエリア選択
フォーカスチェック
AF モード
AF-C カスタム設定
顔検出 / 瞳 AF 設定
ドライブ設定
セルフタイマー
測光
シャッター方式
250
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
感度
ワイヤレス通信
フラッシュ機能設定
TTL-LOCK
モデリング発光
マイクレベル設定
被写界深度確認
マニュアル時モニター露出 /WB 反映
モニター撮影効果反映
AE LOCK のみ
AF LOCK のみ
AE/AF LOCK
AF-ON
絞り設定
再生モード
なし
Fn(ファンクション)ボタン
3 割り当てる機能を選び、MENU/OK ボタンを押します。
N
• なしを選ぶと、ファンクションボタンの割り当てはなくなり
ます。
• セレクターボタンだけで、2 つ以上の機能を同時に動作させ
ることはできません。
• ファンクションボタンの割り当ては、D 操作ボタン・ダイ
ヤル設定 > Fn/AE-L/AF-L ボタン設定からも設定できます。
AF-ON の割り当て
AF-ON を割り当てたボタンを押してシャッターボタン半押
しの状態を保つことができます。
モデリング発光の割り当て
ショートカット機能
モデリング発光に対応したクリップオンフラッシュを装着し
ている状態で、モデリング発光を割り当てたボタンを押すと、
撮影前に、被写体の影の出かたなどを確認するためのモデリ
ング発光を行えます。
TTL-LOCK の割り当て
TTL-LOCK を割り当てたボタンを押すと、F フラッシュ設
定 > TTL-LOCK モードで設定されているモードでロックでき
9
ます(P 166)。
251
E マイメニュー
よく使うメニューを自由にまとめて登録できます。
撮影画面で MENU/OK ボタンを押して、
E(マイメニュー)タブを選びます。
マイメニュー
セルフタイマー
インターバルタイマー撮影
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
シャッター方式
ブレ防止モード
顔検出/瞳AF設定
感度
終了
O E マイメニューにメニューが登録されていないときは E(マ
イメニュー)タブを選ぶことはできません。
マイメニュー設定
ショートカット機能
9
よく使うメニューなどを E マイメニューに登録しておくこと
ができます。登録したメニューは、E(マイメニュー)タブ
を選ぶと表示されます。
1 セットアップメニューの D 基本設
定 > マイメニュー設定を選びます。
メニューが表示されます。
マイメニュー設定
登録
順序変更
削除
N 順序変更を選ぶと登録したマイメニューの順番を変更でき
ます。削除を選ぶと登録したマイメニューを削除できます。
252
マイメニュー
2 登録を選び、MENU/OK ボタンを押し
ます。
登録可能なメニューが青文字で表示
されます。
マイメニュー登録
画像サイズ
画質モード
RAW 記録方式
フィルムシミュレーション
グレイン・エフェクト
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
ハイライトトーン
選択
やめる
N 登録済みのメニューにはチェックマークが付きます。
3 登録するメニューを選び、
マイメニュー設定
1 画像サイズ
MENU/OK ボタンを押します。
マイメニューが登録されます。
移動
決定
4 MENU/OK ボタンを押します。
マイメニュー登録画面に戻ります。
N 最大 16 項目(8 × 2 ページ)のメニューが登録できます。
ショートカット機能
5 手順 3 と 4 を繰り返して、マイメニューを登録します。
9
253
MEMO
254
10
オプション品・外部機器
の使い方
255
クリップオンフラッシュ
別売の クリップオンフラッシュを使うと、ポップ
アップ式フラッシュよりも大光量の撮影ができま
す。別売のクリップオンフラッシュには、同調速度
よりも高速シャッターに対応する FP(ハイスピード
シンクロ)発光対応の製品や、単灯フラッシュとし
てだけでなく、ワイヤレス多灯フラッシュシステム
のマスターフラッシュとしてもご使用いただける製
品もあります。
O カ メ ラ で セ ッ ト ア ッ プ メ ニ ュ ー を 表 示 し て い る と き な ど、
フラッシュのテスト発光ができない場合があります。
オプション品・外部機器の使い方
10
256
クリップオンフラッシュ
クリップオンフラッシュを設定する
1 使用するフラッシュをカメラに接続します。
2 撮影メニューの F フラッシュ設定 >
フラッシュ設定
フラッシュ機能設定を選びます。
カメラに接続しているフラッシュの
状態により、表示されるメニューや
設定可能な項目が異なります。
フラッシュ設定
フラッシュ機能設定
赤目補正
TTL-LOCKモード
LEDライト設定
MASTER設定
CH設定
説明
終了
P
107
クリップオン
フラッシュ
別売のクリップオンフラッシュを接続して、電源を
入れている場合に表示されます。
262
富士フイルムの光通信方式ワイヤレス多灯フラッシュ
システムに対応したマスターフラッシュを使用する
ときに表示されます。光通信方式ワイヤレス多灯
フラッシュシステムに対応している別売のクリップオ
ンフラッシュを接続して、電源を入れている場合に表
示されます。
266
MASTER
(光通信)
N フラッシュをポップアップしていない場合や、ホットシュー
に何も接続されていない場合、またはカメラに対応したク
リップオンフラッシュ以外が接続されている場合は、シン
クロターミナルの設定画面が表示されます。
オプション品・外部機器の使い方
フラッシュをポップアップしている場合に表示され
内蔵フラッシュ
ます。
10
257
3 フラッシュの設定を変更します。
モード
内蔵フラッシュ
efgh で 変 更 す る 項 目 を 選 び、
リアコマンドダイヤルで設定値を変
更します。
調整
完了
4 DISP/BACK ボタンを押します。
フラッシュモードが設定されます。
赤目補正について
オプション品・外部機器の使い方
暗い場所でフラッシュ撮影したときに、フラッシュの光が目の中
で反射することにより瞳が赤く写る現象を「赤目現象」といいま
す。赤目現象を補正したいときは、F フラッシュ設定 > 赤目補正
を OFF 以外に設定します。G フォーカス設定 > 顔検出 / 瞳 AF 設
定の顔検出を ON に設定する必要があります。
10
258
クリップオンフラッシュ
シンクロターミナル
フラッシュをポップアップ
モード
シンクロターミナル
していない場合や、ホット
シューに何も接続されてい
な い 場 合、 ま た は カ メ ラ
に対応したクリップオン
フラッシュ以外が接続され
調整
完了
ている場合は、シンクロターミナルの設定画面が表示されます。
設定
説明
シンクロターミナル、ホットシュー X 接点からト
リガー信号を発行するかどうかを選びます。
説明
M
撮影に同期して、シンクロターミナル、
ホットシュー X 接点からトリガー信号が
発行されます。撮影は同調速度よりも長い
シャッタースピードを使用する必要があ
ります。また、発光時間の長いフラッシュ、
応答の遅いフラッシュなどを使用する場
合は、さらに遅いシャッター速度を設定
してください。
OFF
シンクロターミナル、ホットシュー X 接点
からトリガー信号を発行しません。
オプション品・外部機器の使い方
A モード
(発光モード)
設定
フラッシュが発光するタイミングを選びます。
B 同調モード
10
設定
説明
H
シャッターが開いた直後にフラッシュが
発光します。通常の撮影ではこちらを選
んでください。
(先幕)
I
(後幕)
シャッターが閉じる直前にフラッシュが
発光します。
259
ポップアップ式フラッシュ
ポップアップ式フラッシュ
を使用するときに表示され
ます。
モード
内蔵フラッシュ
調整
設定
完了
説明
フラッシュの発光モードを選びます。
オプション品・外部機器の使い方
設定
説明
TTL
TTL 自動調光で発光します。調光補正で
発光量を調整し、TTL モードで TTL 撮影
の発光モードを選択します。
A モード
(発光モード)
M
C
(コマンダー)
10
OFF
被写体の明るさやカメラ側の設定に関わ
らず、常に一定の光量で発光します。発
光量でフル発光(1/1)から 1/64 発光まで
の発光強度を設定できます。状況によっ
ては、フラッシュの発光強度を少量に設
定すると、設定値が十分に反映されない
場合があります。実際の撮影画像で確認
してください。
スタジオフラッシュなど、主灯の発光に
同期して発光可能なスレーブフラッシュ
をコントロールするときに選択します。
フラッシュを使用しません。
B 調光補正 /
フラッシュの調光補正または発光量を設定します。
発光量
設定値は選択している発光モードによって異なり
(発光強度) ます。
260
クリップオンフラッシュ
設定
説明
TTL 撮影の発光モードを選びます。カメラの撮影
モード(P、S、A、M)によって選択可能な設定が
異なります。
設定
C
TTL モード
説明
被写体の明るさに応じて、発光・非発光
の判断を含めて適切な発光をカメラが
E
自動で制御します。被写体が十分に明
(フラッシュ
るい場合、フラッシュは発光しません。
発光 AUTO) フラッシュが発光するときは、シャッター
ボタンを半押しすると、画面に p が表
示されます。
F
G
(スロー
シンクロ)
夜景と人物の両方をきれいに撮影できま
す。カメラのシャッタースピードが低速
に設定されます。カメラのシャッターボ
タンを押したときにフラッシュが充電さ
れていないときは、撮影を優先して非発
光で撮影します。
フラッシュが発光するタイミングを選びます。
設定
D 同調モード
H
(先幕)
I
(後幕)
オプション品・外部機器の使い方
(スタンダー
ド)
一般的なフラッシュ撮影に使用します。
発光強度はカメラが自動でコントロール
します。カメラのシャッターボタンを押
したときに、フラッシュが充電されてい
ないときは、撮影を優先して非発光で撮
影します。
説明
シャッターが開いた直後にフラッシュが
発光します。通常の撮影ではこちらを選
んでください。
シャッターが閉じる直前にフラッシュが
発光します。
261
10
クリップオンフラッシュ
別売のクリップオン
フラッシュを使用するとき
に表示されます。
モード
クリップオンフラッシュ
調整
設定
完了
説明
オプション品・外部機器の使い方
フラッシュに設定されている発光モードが表示され
ます。カメラで発光モードを変更できるフラッシュ
をご使用の場合は、発光モードを選択することがで
きます。表示される内容や設定可能な項目はご使用
されているフラッシュにより異なります。
設定
TTL
A モード
(発光モード)
M
Multi
10
OFF
262
説明
TTL 自動調光で発光します。調光補正で発光量
を調整できます。
被写体の明るさやカメラ側の設定に関わらず、
常に一定の光量で発光します。カメラで発光強
度を変更できるフラッシュをご使用の場合は、
発光量で発光強度を変更できます。
対応しているクリップオンフラッシュをご使用
の場合、1 回の撮影中に複数回発光(マルチ発光)
します。
フラッシュを使用しません。フラッシュを使用
しない設定が可能なフラッシュをご使用の場合
に選択できます。
クリップオンフラッシュ
設定
説明
• モードが TTL のときに、調光補正量を調整でき
ます。撮影条件によっては調整可能範囲を超え、
設定値が反映されない場合があります。EF-X20、
EF-20、EF-42 をご使用の場合は、フラッシュ本
体での調光補正設定と合算した補正量が適用され
ます。
• モードが M のときに、カメラで発光強度を変更
B 調光補正 /
発光量
(発光強度)
できるフラッシュをご使用の場合は、フル発光
(1/1)から 1/512 発光まで、1/3 段ステップで発光
強度を設定できます。状況によっては、フラッシュ
の発光強度を少量に設定すると、設定値が十分に
反映されない場合がありますので、実際の撮影画
像で確認してください。
設定できます。状況によっては、フラッシュの発
光強度を少量に設定すると、設定値が十分に反映
されない場合がありますので、実際の撮影画像で
確認してください。
オプション品・外部機器の使い方
• モードが Multi のときに、カメラで発光強度を
変更できるフラッシュをご使用の場合は、1/4 発
光から 1/512 発光まで 1/3 段ステップで発光強度を
10
263
設定
説明
TTL 撮影の発光モードを選びます。カメラの撮影モード
(P、S、A、M)によって選択可能な設定が異なります。
設定
説明
被写体の明るさに応じて、発光・非発光の
判断を含めて適切な発光をカメラが自動で
E
制御します。被写体が十分に明るい場合、
(フラッシュ
フラッシュは発光しません。フラッシュが
発光 AUTO)
発光するときは、シャッターボタンを半押
しすると、画面に p が表示されます。
C
TTL モード
一般的なフラッシュ撮影に使用します。発
光強度はカメラが自動でコントロールしま
す。カメラのシャッターボタンを押したと
(スタンダード)
きに、フラッシュが充電されていないとき
は、撮影を優先して非発光で撮影します。
F
オプション品・外部機器の使い方
10
G
(スロー
シンクロ)
夜景と人物の両方をきれいに撮影できま
す。カメラのシャッタースピードが低速
に設定されます。カメラのシャッターボ
タンを押したときにフラッシュが充電さ
れていないときは、撮影を優先して非発
光で撮影します。
フラッシュが発光するタイミングを選びます。
設定
説明
H
シャッターが開いた直後にフラッシュが発光し
ます。通常の撮影ではこちらを選んでください。
(先幕)
I
D 同調モード
(後幕)
AUTO
FP(HSS)
264
シャッターが閉じる直前にフラッシュが発光
します。
FP(ハイスピードシンクロ)に対応した
フラッシュを接続している場合に選択できま
す。シャッタースピードに応じて、FP(ハイス
ピードシンクロ)と先幕を自動で切り替えます。
シャッタースピードがフラッシュ同調速度より
速い場合は、自動で FP になります。モードが
Multi のときは、先幕となります。
クリップオンフラッシュ
設定
E ズーム設定
F 配光設定
(配光特性)
説明
照射角ズームに対応したフラッシュをご使用の場合
に照射角設定が表示されます。カメラで設定変更が
可能なフラッシュをご使用の場合は、照射角ズーム
を設定できます。AUTO の設定では、カメラに取り
付けているレンズの焦点距離に応じて自動で照射角
が変更されます。
本機能に対応しているフラッシュをご使用の場合
は、撮影画角に対するフラッシュ光の配光(照射角)
特性を変更できます。
設定
J
(光量優先)
K
L
(配光優先)
撮影画角に対して最適な照射角にします。
照射角を若干広めにして撮影画面全体
の配光の均一性を高めます。
本機能に対応しているフラッシュをご使用の場合は、
フラッシュ内蔵の LED ライトの用途を設定できます。
設定
M
G
LED ライト
設定
(キャッチライト)
N
(AF 補助光)
説明
キャッチライトのみ使用します。
AF 補助光のみ使用します。
O
AF 補助光とキャッチライトの両方を使
(AF 補助光 +
用します。
キャッチライト)
どちらも使用しません。
OFF
*
G TIMES
モードが Multi のときに、1 回の撮影における発光
(発光回数) 回数を設定します。
*
H Hz (発光周波数)
モードが Multi のときに、発光周波数を設定します。
* フラッシュの能力を超えた設定を行った場合は、フラッシュ側で設
定が調整される場合があります。
265
オプション品・外部機器の使い方
(スタンダード)
説明
フラッシュの照射角を若干狭めに設定
して到達距離を稼ぎます。
10
MASTER(光通信)
富士フイルムの光通信方式
ワイヤレス多灯フラッシュ
シ ス テ ム の マ ス タ ー
フラッシュを接続している
場合に表示されます。
モード
MASTER(光通信)
調整
完了
オプション品・外部機器の使い方
富士フイルムの光通信方式ワイヤレス多灯フラッシュシステム
では、マスターフラッシュとリモートフラッシュ間の光通信
チャンネルを CH1 〜 CH4 から設定することができます。近隣
で本フラッシュシステムを使用している場合の混信による誤動
作を防いだり、複数のフラッシュシステムを使い分ける際に便
利です。
ま た、 シ ス テ ム を 構 成 す る
フラッシュを A、B、C の 3 つの
グループに分けて、グループごと
に発光モード、発光量を設定でき
ます。
C
A
B
10
266
クリップオンフラッシュ
設定
説明
それぞれのグループの発光モードを設定します。
• A、B グループは TTL/TTL%/M/Multi/OFF から
A
A グループ
モード
(発光モード)
選択できます。
• C グループは TTL/M/Multi/OFF から選択でき
ます。
設定
説明
TTL を設定したグループのフラッシュは TTL 自
TTL
B
B グループ
モード
(発光モード)
TTL%
動調光で発光します。グループごとに調光補正
を設定できます。
A または B グループで TTL% を設定すると、A
グループと B グループの発光を光量比で設定で
きます。また A、B グループ全体として調光補
正を設定できます。
C
A、B または C グループを Multi に設定すると、
C グループ
モード
(発光モード)
の明るさやカメラ側の設定に関わらず、常に一
定の光量で発光します。グループごとにフル発
光を基準として発光強度を設定できます。
Multi
OFF
システム全体がマルチ発光モードになります。
マルチ発光モードでは 1 回の撮影中に複数回発
光させることができます。
OFF を設定したグループのフラッシュは発光し
ません。
オプション品・外部機器の使い方
M を設定したグループのフラッシュは、被写体
M
10
267
設定
D
説明
A グループ グループごとに設定されるモードに応じて、調光補
調光補正 / 正や発光強度が設定できます。
発光量
(発光強度)
• モードが TTL に設定されているときは調光補正
B グループ
調光補正 /
• モードが M/Multi に設定されているときは発光
発光量
(発光強度)
• モードが TTL% に設定されているときは光量比と
E
F
を設定できます。
強度を設定できます。
調光補正が設定できます。
C グループ
調光補正 / 補正量、発光強度の設定がフラッシュの調整能力を
超える場合には、十分に調整できない場合がありま
発光量
(発光強度) すので、実際の撮影画像で確認してください。
オプション品・外部機器の使い方
TTL 撮影の発光モードを選びます。カメラの撮影モード
(P、S、A、M)によって選択可能な設定が異なります。
設定
説明
被写体の明るさに応じて、発光・非発光の
判断を含めて適切な発光をカメラが自動で
E
制御します。被写体が十分に明るい場合、
(フラッシュ
フラッシュは発光しません。フラッシュが
発光 AUTO)
発光するときは、シャッターボタンを半押
しすると、画面に p が表示されます。
G
TTL モード
一般的なフラッシュ撮影に使用します。発
光強度はカメラが自動でコントロールしま
す。カメラのシャッターボタンを押したと
(スタンダード)
きに、フラッシュが充電されていないとき
は、撮影を優先して非発光で撮影します。
F
10
G
(スロー
シンクロ)
268
夜景と人物の両方をきれいに撮影できま
す。カメラのシャッタースピードが低速
に設定されます。カメラのシャッターボ
タンを押したときにフラッシュが充電さ
れていないときは、撮影を優先して非発
光で撮影します。
クリップオンフラッシュ
設定
説明
フラッシュが発光するタイミングを選びます。
設定
説明
H
シャッターが開いた直後にフラッシュが発光し
ます。通常の撮影ではこちらを選んでください。
(先幕)
I
H 同調モード
(後幕)
AUTO
FP(HSS)
FP(ハイスピードシンクロ)に対応したフラッシュ
を接続している場合に選択できます。シャッター
スピードに応じて、FP(ハイスピードシンクロ)
と先幕を自動で切り替えます。シャッタースピー
ドがフラッシュ同調速度より速い場合は、自動で
FP になります。モードが Multi のときは、先幕
となります。
照射角ズームに対応したフラッシュをご使用の場
合に照射角設定が表示されます。また、ご使用の
フラッシュによっては、カメラで照射角ズームを設
定できます。AUTO の設定では、カメラに取り付け
ているレンズの焦点距離に応じて自動で照射角が変
更されます。
本機能に対応しているフラッシュをご使用の場合
は、撮影画角に対するフラッシュ光の配光(照射角)
特性を変更できます。
設定
J 配光設定
(配光特性)
J
(光量優先)
K
(スタンダード)
L
(配光優先)
説明
フラッシュの照射角を若干狭めに設定
して到達距離を稼ぎます。
撮影画角に対して最適な照射角にします。
照射角を若干広めにして撮影画面全体
の配光の均一性を高めます。
269
オプション品・外部機器の使い方
I ズーム設定
シャッターが閉じる直前にフラッシュが発光し
ます。
10
設定
K
MASTER
設定
(MASTER
発光設定)
説明
モードが TTL、TTL%、M のときに、富士フイル
ムの光通信方式ワイヤレス多灯フラッシュシステム
のマスターフラッシュとして使用する際の、発光グ
ループを設定できます。富士フイルムの光通信方式
ワイヤレス多灯フラッシュシステムに対応したク
リップオンフラッシュを接続している場合に設定で
きます。
設定
説明
Gr A A グループに設定します。
Gr B B グループに設定します。
Gr C C グループに設定します。
OFF
撮影時には、撮影画像への影響を最小限に抑えた
微小光量で発光します。
オプション品・外部機器の使い方
K TIMES
モードが Multi のときに、1 回の撮影における発光
(発光回数) 回数を設定します。
L
L
CH 設定
Hz
(発光周波数)
10
270
マスターフラッシュとリモートフラッシュ間の光通
信チャンネルを設定します。近隣で本フラッシュシ
ステムを使用している場合の混信による誤動作を防
いだり、複数のフラッシュシステムを使い分けたり
する際に便利です。
モードが Multi のときに、発光周波数を設定します。
交換レンズ
このカメラでは、富士フイルム製の FUJIFILM X マウ
ント対応の交換レンズが使用できます。
レンズの各部名称
レンズフード
取り付け指標
フォーカスリング
ズームリング
絞りリング
F
G
H
I
J
オプション品・外部機器の使い方
A
B
C
D
E
OIS スイッチ
絞りモードスイッチ
レンズ信号接点
レンズフロントキャップ
レンズリアキャップ
10
271
レンズキャップの取り外し方
図のようにレンズキャップを取り外し
ます。
オプション品・外部機器の使い方
O レンズキャップは形状が異なることがあります。
レンズフードの取り付け方
レ ン ズ フ ー ド を 取 り 付 け る と、 画 像
に 悪 影 響 を 及 ぼ す 光 線 を カ ッ ト し、
レンズ面の保護にも役立ちます。
10
272
交換レンズ
絞りリング付きレンズについて
レンズで絞りを A 以外に設定している
ときは、レンズの絞りリングで絞りを
調整できます(A(絞り優先)または
M(マニュアル)モードのとき)。
A 16 11 8 5.6 4 2.8
A 16 11 8 5.6 4
絞りリング
絞りモードスイッチがあるレンズの場合
絞りモードスイッチがあるレンズでは、絞
りモードスイッチを Z の位置に設定する
と、レンズの絞りリングで絞りを調整でき
ます。
オプション品・外部機器の使い方
絞りリング
絞りモードスイッチ
10
273
絞りリングなしレンズについて
絞りリングなしレンズを使用している
と き は、D 操 作 ボ タ ン・ ダ イ ヤ ル 設
定 > 絞り設定で操作方法を選択できま
す。絞り設定でオート以外を設定してい
るときは、フロントコマンドダイヤルで
絞りを調整します。
N 絞り設定調整の工場出荷時の設定は、フロントコマンドダイヤ
ルに設定されています。D 操作ボタン・ダイヤル設定 > コマ
ンドダイヤル設定で、リアコマンドダイヤルに設定を変更する
こともできます。
オプション品・外部機器の使い方
手ブレ補正対応レンズについて
手ブレ補正対応レンズを使用していると
きは、カメラのメニューでブレ防止モー
ドを設定できます。レンズに手ブレ補正
のスイッチ(OIS スイッチ)がある場合は、
OIS スイッチを ON の位置に合わせると、
手ブレ補正機能が使用できます。
10
274
OIS スイッチ
交換レンズ
フォーカスリングの移動により MF 撮影が
可能なレンズについて
• AF 時は、フォーカスリングをフロン
ト側にセットしてください。
• MF 時は、フォーカスリングをリア側
にセットしてください。
O フォーカスリングをリア側(MF)に移動しても、撮影モード
によっては、MF 撮影できない場合があります。
被写界深度目盛
絞り値によるピントの合う範囲の目安は、
被写界深度目盛で確認できます。
オプション品・外部機器の使い方
ライブビューで画像を確認しながらフォーカスリングを回
し、ピントを調整してください。距離指標と被写界深度目
盛を活用した目測による MF 撮影も容易に行えます。
10
• レンズの被写界深度スケールは、フィル
ム基準です。
275
交換レンズのお手入れ
• 使用後は、ブロアーブラシなどでほこりを払い、乾いた柔
•
らかい布などで軽く拭いて汚れを落としてから保管してく
ださい。汚れがひどいときは、富士フイルムのレンズクリー
ニングペーパーにレンズクリーニングリキッドを少量つけ
て軽く拭いてください。
交換レンズを保管するときは、レンズフロントキャップと
レンズリアキャップを取り付けてください。
オプション品・外部機器の使い方
10
276
11
他機器との接続
277
HDMI 出力
市販の HDMI ケーブルで HDMI 機器とカメラを接続
して撮影画面や再生画面を出力できます。
撮影画面の出力
4K 映像またはフル HD 映像のライブビューや動画をテレビ
に表示したり、外部レコーダーに保存したりできます。
再生画面の出力
撮影した静止画や動画をテレビなどに表示できます。
1 カメラの電源をオフにします。
2 市販の HDMI ケーブルでカメラとテレビを接続します。
HDMI 入力端子へ
他機器との接続
11
カメラの HDMI マイクロ端子
(Type D)
に HDMI ケーブルを接続します。
278
HDMI出力
3 テレビの入力を HDMI 入力に切り替えます。
テレビの音声 / 映像入力については、テレビの説明書をご
覧ください。
4 カメラの電源をオンにし、a(再生)ボタンを押します。
カメラの液晶モニターが消え、画像がテレビで再生され
ます。
O • ケーブルは、接続端子に奥までしっかりと差し込んでください。
• USB ケーブルと HDMI ケーブルは同時に接続できません。
• HDMI ケーブルは、長さが 1.5 m 以内のものをご使用ください。
• HDMI ケーブルで接続しているときは、テレビの画面には記
録した画像と音声が出力されます。
• テレビによっては、動画再生開始時に画面が一時的に黒くな
る場合があります。
N 音量はテレビ側で調整してください。カメラで再生音量の設定
をしても、音量は変わりません。
他機器との接続
11
279
無線 LAN 機能で接続
カメラとスマートフォンやパソコンを無線 LAN で通
信できます。
無線 LAN 機能の使用方法とアプリケーションのダウンロー
ド方法については以下のサイトをご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
富士フイルム Wi-Fi アプリ
スマートフォンと通信
A 撮影設定または C 再生メニュー > ワイヤレス通信で、無
線 LAN を使ってスマートフォンと通信できます。
スマートフォンと通信すると、以下の機能が使用できます。
他機器との接続
11
• スマートフォンを操作して、カメラで撮影
• カメラからスマートフォンに画像を送信
• スマートフォン側でカメラ内の画像を閲覧 / 取り込み
• スマートフォンで取得した位置情報をカメラに送信
これらの機能を使用するには、スマートフォンにあらかじ
めスマートフォンアプリケーション「FUJIFILM Camera
Remote」をインストールしておく必要があります。
280
無線LAN機能で接続
パソコンに画像を保存
C 再生メニュー > PC 保存で、無線 LAN を使ってカメラか
らパソコンに画像を保存できます。
この機能を使用するには、保存先のパソコンにあらかじめ PC
アプリケーション「FUJIFILM PC AutoSave」をインストー
ルして保存先を設定しておく必要があります。
他機器との接続
11
281
USB ケーブルでパソコンと接続
Windows をお使いの方
Windows を お 使 い の 方 は MyFinePix Studio を 使 う と、
カメラと接続したパソコンに画像をコピーして、画像の閲覧、
管理、印刷をすることができます。MyFinePix Studio は、
以下のサイトからダウンロードしてください。
http://fujifilm-dsc.com/mfs/
富士フイルム マイファインピックススタジオ
ダウンロードしたファイル「MFPS_Setup.EXE」をダブル
クリックすると、インストーラーが起動します。表示される
指示にしたがって、インストールしてください。
Mac OS X / macOS をお使いの方
Mac OS X / macOS をお使いの方は、OS 標準アプリケーショ
他機器との接続
ンのイメージキャプチャなどのソフトウエアで画像や動画を
取り込んでください。
RAW 画像をパソコン上で現像するには
RAW FILE CONVERTER EX 2.0 を使うと、RAW 画像をパソコン
上で現像できます。RAW FILE CONVERTER EX 2.0 は、以下のサ
イトからダウンロードしてください。
11
http://fujifilm-dsc.com/rfc/
富士フイルム RAW ファイルコンバーター EX 2.0
282
USBケーブルでパソコンと接続
カメラとパソコンを接続する
実際にカメラをパソコンと接続して正常に動作することを確
認してください。
1 パソコンを起動します。
2 カメラの電源をオフにします。
3 USB ケーブルで、カメラとパソコンを接続します。
ください。
他機器との接続
O マイクロ USB 端子(Micro-B)USB2.0 のケーブルをお使い
11
283
4 カメラの電源をオンにします。
5 MyFinePix Studio や OS 標準のアプリケーションなどで、
画像をパソコンに取り込んでください。
6 画像の取り込みが完了したら、カメラの電源をオフにして
から USB ケーブルを外してください。
他機器との接続
11
284
USBケーブルでパソコンと接続
O • USB ケーブルは、向きに気をつけて、接続端子の奥までしっ
かりと差し込んでください。USB ハブやキーボードを経由さ
せずに、直接カメラとパソコンを接続してください。
• USB ケーブルは、長さが 1.5 m 以内で、データ転送が可能な
ものをご使用ください。
• 画像をコピーするときは、バッテリー切れに注意してくださ
い。通信中に電源がオフになると、メモリーカード内のデー
タが破壊されることがあります。
• メモリーカード内に大量の画像がある場合は、ソフトウエア
の起動に時間がかかり、画像の保存や転送ができないことが
あります。このような場合は、お手元のカードリーダを使って、
転送してください。
• カメラとパソコンの接続を外す前に、カメラのインジケーター
ランプが消灯していることを確認してください。
• カメラとパソコンの通信時には、カメラの電源をオフにしたり、
USB ケーブルを抜いたりしないでください。メモリーカードの
データが壊れたり、データが消えたりすることがあります。
• メモリーカードの交換は、必ずカメラとパソコンの接続を外
したあとに行ってください。
• ソフトウエアでネットワークサーバ上に画像ファイルを保存
• パソコンでの「コピー中」という表示が消えてすぐにカメラ
を取り外したり、USB ケーブルを抜いたりしないでください。
大きなサイズのデータをコピーした場合、パソコンの表示が
消えても、カメラのアクセスがしばらく行われている場合が
あります。
• インターネットに接続する際に発生する通話料金、プロバイ
ダ接続料金などはお客様のご負担となります。
285
他機器との接続
してご利用いただく場合、スタンドアローン(単独)のパソ
コンのようにご利用になれないことがあります。
11
instax SHARE プリンターと接続
別売の「FUJIFILM instax SHARE」プリンターで画
像を印刷できます。
プリンターとの接続を設定する
D 接 続 設 定 > instax プ リ ン タ ー 接 続 設 定 を 選 び、instax
SHARE プリンターのプリンター名(SSID)とパスワードを
入力します。
プリンター名(SSID)とパスワード
instax SHARE プ リ ン タ ー の 底 面 に SSID
が 記 載 さ れ て い ま す。 工 場 出 荷 時 の
パ ス ワ ー ド は「1111」 で す。 す で に
スマートフォンを使用してプリントされて
いる方で任意のパスワードを設定している
場合は、設定したパスワードを入力してく
ださい。
他機器との接続
11
286
instax SHAREプリンターと接続
画像をプリントする
1 プリンターの電源を入れます。
2 C 再生メニュー > instax プリンター
プリントを選ぶと、カメラとプリン
ターの接続が開始されます。
プリンタープリント
instax-12345678
プリンター接続中
FUJIFILM-CAMERA-1234
やめる
N 連写コマをプリントするには、プリントするコマを表示し
てからメニューを実行します。
3 プ リ ン ト し た い 画 像 を 選 び、
MENU/OK ボタンを押します。
プリンタープリント
100-0020
送信
やめる
instax-12345678
• 他のカメラで撮影した画像はプリントできません。
• プリントされる範囲は液晶モニターに表示されている画
像の範囲よりも狭くなります。
4 画像がプリンターに送信され、プリントが開始されます。
他機器との接続
N
11
287
MEMO
288
12
資料
289
カメラで使えるアクセサリー
別売アクセサリー
このカメラでは、以下の富士フイルム製別売アクセサリー
を使用できます。最新情報については、http://fujifilm.jp/
personal/digitalcamera/index.html をご覧ください。
充電式バッテリー NP-W126/NP-W126S:リチウム
イオンタイプの大容量充電式電池です。
バッテリーチャージャー BC-W126:充電式バッテ
リー NP-W126/NP-W126S を充電します。充電時間
は約 150 分(+ 20℃において)です(AC100V 〜 240V、
50/60Hz 対応)。
AC パワーアダプター AC-9V:長時間の撮影、再生時、パソコン
との接続時にお使いください(AC100V 〜 240V、50/60Hz 対応)。
ご使用になる場合は、必ず DC カプラー CP-W126 と併用してお
使いください。
DC カプラー CP-W126:長時間の撮影、再生時、パソコンとの
接続時に AC パワーアダプター AC-9V と併用してお使いください。
リモートレリーズ RR-90:三脚と併用してブレを軽
減したいときなどにお使いください。
ステレオマイク MIC-ST1:動画撮影時の外部マイ
クとしてお使いください。
資料
12
XF シリーズレンズ:FUJIFILM
換レンズです。
X マウント専用の交
XC シリーズレンズ:FUJIFILM
換レンズです。
X マウント専用の交
290
カメラで使えるアクセサリー
ク リ ッ プ オ ン フ ラ ッ シ ュ EF-X500: ガ イ ド ナ ン
バー最大 50(ISO100・m)のクリップオンタイプの
フラッシュです。同調速度を超えた高速シャッター
に追従する FP(ハイスピードシンクロ)発光に対応
しています。また、富士フイルム光通信多灯システ
ムのマスターフラッシュ、リモートフラッシュとし
ても使用できます。TTL 自動調光機能、マニュアル
発光機能、24 〜 105 mm(35 mm フィルム換算)
のオートズーム機能を搭載しております。バウンス
角度は上 90 °、下 10 °、左 135 °、右 180 °です。単
三電池 4 本を使用し、別売外部電源 EF-BP1 にも対
応しています。
クリップオンフラッシュ EF-42:ガイドナンバー
最 大 42(ISO100・m) の ク リ ッ プ オ ン タ イ プ の
フラッシュです。TTL 自動調光機能、24 〜 105 mm
(35 mm フ ィ ル ム 換 算 ) の オ ー ト ズ ー ム 機 能、
マニュアル発光機能を搭載しております。バウンス
角度は上 90 °、左 180 °、右 120 °です。単三電池 4
本を使用します。
クリップオンフラッシュ EF-X20:ガイドナンバー
20(ISO100・m)のクリップオンタイプのフラッシュ
で す。 単 四 電 池 2 本 を 使 用 し た 小 型、 軽 量 な
フラッシュで、TTL 調光補正、マニュアル発光強度
をダイヤルで設定できます。
資料
クリップオンフラッシュ EF-20:ガイドナンバー 20
(ISO100・m)のクリップオンタイプのフラッシュ
で す。TTL 自 動 調 光 機 能 の み を 搭 載 し て お り、
マニュアル発光には対応していません。バウンス角度
は上 90°です。単三電池 2 本を使用します。
12
291
ハンドグリップ MHG-XT10:カメラのホールディング性を高めま
す。カメラに装着したままバッテリー / メモリーカードの出し入れ
が可能です。クイックシュー式の雲台に対応するアリガタレール形
状をしています。
レザーケース BLC-XT10:本革製ケースです。カメラに装着したま
まの撮影や、バッテリーの出し入れが可能です。バッグに収納する
際などにカメラを包むことができるラッピングクロスを同梱してい
ます。
グリップベルト GB-001:本体に装着することでホールド感を高め
ます。ハンドグリップと組み合わせてお使いいただくことにより、
さらに安定性が向上いたします。
マクロエクステンションチューブ MCEX-11/16:カメラボディと
交換レンズの間に装着することで、高い撮影倍率でマクロ撮影が可
能となります。
テレコンバーター XF1.4X TC WR:対応するレンズの焦点距離を約
1.4 倍にするテレコンバーターです。
テレコンバーター XF2X TC WR:対応するレンズの焦点距離を約 2.0
倍にするテレコンバーターです。
M マウントアダプター:豊富なバリエーションを持つ M マウント
レンズをカメラボディに装着するためのマウントアダプターです。
ボディキャップ BCP-001:カメラのレンズ取り付け部の蓋です。
instax SHARE プリンター SP-1/SP-2:撮影した画像を無線 LAN で
送信し、簡単にチェキフィルムにプリントできるプリンターです。
資料
12
292
お取り扱いにご注意ください
ご使用前に必ずお読みください
安全上のご注意
このたびは弊社製品をお買上げいただき、ありがとうございます。
• ご使用の前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。
• お読みになったあとは大切に保管してください。
表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害や障害の程度を
次の表示で説明しています。
警告
この表示の欄は「死亡または重傷などを負う可能性が想定される」
内容です。
注意
この表示の欄は「障害を負う可能性または物的損害のみが発生す
る可能性が想定される」内容です。
お守りいただく内容の種類を次の絵表示で説明しています。
このような絵表示は、気をつけていただきたい「注意喚起」内容
です。
このような絵表示は、してはいけない「禁止」内容です。
このような絵表示は、必ず実行していただく「強制」内容です。
警告
電源プラグを
抜く
異常が起きたら電源を切り、電池・バッテリーや AC パワーアダ
プターを外す。
煙が出ている、異臭がするなど異常状態のまま使用すると、火災・
感電の原因になります。
資料
• お買上げ店にご相談ください。
12
293
警告
水ぬれ禁止
内部に水や異物を落とさない。
水・異物が内部に入ったら、電源を切り、電池・バッテリーや
AC パワーアダプターを外す。
そのまま使用すると、ショートして火災・感電の原因になります。
• お買上げ店にご相談ください。
風呂、シャワー
室での使用禁止
分解禁止
風呂、シャワー室では使用しない。
火災・感電の原因になります。
分解や改造は絶対にしない(ケースは絶対に開けない)。
火災・感電の原因になります。
落下などによって破損し、内部が露出したときは、露出部に手を
触れない。
感電したり、破損部でケガをする原因になります。
接触禁止
• 感電やケガに注意して速やかに電池・バッテリーを取り出し、
お買上げ店にご相談ください。
接続コードの上に重い物をのせたり、加工したり、無理に引き曲
げたり、加熱したりしない。
コードに傷がついて、火災・感電の原因になります。
• コードに傷がついた場合は、お買上げ店にご相談ください。
資料
不安定な場所に置かない。
バランスがくずれて倒れたり落下したりして、ケガの原因になり
ます。
移動中の使用はしない。
歩行中や自動車などの乗り物を運転しながらの撮影、再生などの
操作はしないでください。
転倒、交通事故などの原因になります。
雷が鳴りだしたら金属部分に触れない。
落雷すると誘電雷により感電の原因になります。
指定外の方法で電池・バッテリーを使用しない。
電池は極性(CD)表示どおりに入れてください。
12
294
お取り扱いにご注意ください
警告
電池・バッテリーを分解、加工、加熱しない。
電池・バッテリーを落としたり、たたいたり、投げたり、強い衝
撃や変形を与えない。
電池・バッテリーの液漏れ、変形、変色、その他異常に気が付い
たときは使用しない。
リチウム電池やアルカリ電池は充電しない。
電池・バッテリーをショートさせない。
電池・バッテリーを金属製品と一緒に保管しない。
バッテリーを指定以外の充電器で充電しない。
電池・バッテリーの発熱・発火・破裂・液漏れにより、火災・ケガ・
ヤケドの原因になります。
指定外の電池・バッテリーや AC パワーアダプターを使用しない。
表示された電源電圧以外の電圧で使用しない。
火災の原因になります。
電池・バッテリーの液が漏れて、目に入ったり、皮膚や衣服に付
着したときは、失明やケガのおそれがあるので、ただちにきれい
な水で洗い流し、すぐに医師の治療を受ける。
フラッシュを人の目に近づけて発光させない。
視力障害になる恐れがあります。特に乳幼児を撮影するときは、
十分に離れて撮影してください。
カメラの温度が高い部分に長時間触れない。
低温やけどの原因になる場合があります。特に以下の場合は、
三脚などをお使いください。
• 気温の高い環境でご使用になる場合
• 血行の悪い方、皮膚感覚の弱い方などがご使用になる場合
• 長時間ご使用になる場合
• 気温の高い環境でご使用になる場合
• 血行の悪い方、皮膚感覚の弱い方などがご使用になる場合
資料
電源を入れたまま長時間、身体の同じ個所に直接触れて使用しない。
低温やけどの原因になる場合があります。特に以下の場合は、
三脚などをお使いください。
12
295
警告
バッテリーが正しく交換されていないと、爆発の危険があります。
交換には同一のものだけを使用してください。
可燃性 / 爆発性ガス / 粉塵のある場所で使用しない。
電池・バッテリーを廃棄する場合や保存する場合には、端子部に
セロハンテープなどの絶縁テープをはる。
他の金属や電池と混じると発火、破裂の原因になります。
メモリーカードやホットシューカバーなどの小さな付属品は乳幼
児に触れさせない。
メモリーカードやホットシューカバーなど小さな付属品は、小さ
いため乳幼児が誤って飲み込む可能性があります。乳幼児の手の
届かない場所に保管してください。万一、乳幼児が飲み込んだ場
合は、ただちに医師と相談してください。
小さいお子様の手の届くところに置かない。
誤 っ て、 ス ト ラ ッ プ を 首 に 巻 き つ け 窒 息 の 原 因 に な っ た り、
フラッシュの誤発光による目の障害やカメラ動作などによるケガ
の原因になることがあります。
飛行機内、病院での使用は、航空会社、病院の指示に従う。
本製品が出す電磁波が計器や医療機器などに影響を与える恐れが
あります。
注意
資料
油煙、湯気、湿気、ほこりなどが多い場所に置かない。
火災・感電の原因になることがあります。
異常な高温になる場所に置かない。
窓を閉めきった自動車の中や、直射日光が当たる場所に置かない
でください。
火災の原因になることがあります。
本製品の上に重いものを置かない。
バランスがくずれて倒れたり、落下したりして、ケガの原因にな
ることがあります。
12
296
お取り扱いにご注意ください
注意
AC パワーアダプターを接続したまま移動しない。AC パワー
電源プラグを
抜く
アダプターを抜くときは、接続コードを引っ張らない。
電源コードやケーブルが傷つき、火災・感電の原因になることが
あります。
本製品や AC パワーアダプターや充電器を布や布団でおおったり
しない。
熱がこもりケースが変形し、火災の原因になることがあります。
電源プラグが傷んだり、コンセントの差し込みがゆるいときは使
用しない。
火災・感電の原因になることがあります。
お手入れの際や長時間使用しないときは、電池・バッテリーや
AC パワーアダプターを外し、電源プラグを抜く。
火災・感電の原因になることがあります。
充電終了後は充電器をコンセントから抜く。
コンセントにつけたままにしておくと火災の原因になることがあ
ります。
メモリーカードを取り出す場合、カードが飛び出す場合がありま
すので、指で受け止めた後にカードを引き抜くこと。
飛び出したカードが当たり、ケガの原因になることがあります。
定期的な内部点検・清掃を依頼する。
本製品の内部にほこりがたまり、火災や故障の原因になることが
あります。
• 2 年に 1 度くらいは、内部清掃をお買上げ店にご依頼ください。
資料
12
297
電源についてのご注意
※ ご使用になるカメラの電池の種類をお確かめの上お読みください。
電池・バッテリーを上手に長くお使いいただくため、下記をお読みください。
使い方を誤ると、電池・バッテリーの寿命が短くなるばかりか、液漏れ、発熱・
発火の恐れがあります。
充電式リチウムイオンバッテリー使用機種
※ バッテリーは出荷時にはフル充電されていません。お使いになる前に
必ず充電してください。
※ バッテリーを持ち運ぶときは、カメラに取り付けるか、ソフトケースに
入れてください。
■ バッテリーの特性
• バッテリーは使わなくても、少しずつ放電しています。撮影の直前(1 〜
2 日前)に充電したバッテリーを用意してください。
• バッテリーを長く持たせるには、できるだけこまめに電源を切ることを
おすすめします。
• 寒冷地や低温時では撮影できる枚数が少なくなります。充電済みの予備バッ
テリーをご用意ください。また、使用時間を長くするために、バッテリー
をポケットなどに入れて温かくしておき、撮影の直前にカメラに取り付け
てください。カイロをお使いになる場合は、直接バッテリーに触れないよ
うにご注意ください。
■ 充電について
• 付属の充電器を使用して充電できます。
- 充電は周囲の温度が 0℃〜+ 40℃の範囲で可能です。この範囲外で
は充電できないことがあります。
- + 10℃〜+ 35℃の温度範囲外で充電する場合、バッテリーの性能
資料
を劣化させないために充電時間が長くなることがあります。充電は
+ 10℃〜+ 35℃の温度範囲で行ってください。
• 充電式リチウムイオンバッテリーは充電の前に放電したり、使い切った
12
りする必要はありません。
298
お取り扱いにご注意ください
• 充電が終わったあとや使用直後に、バッテリーが熱を持つことがありま
すが、異常ではありません。
• 充電が完了したバッテリーを再充電しないでください。
■ バッテリーの寿命について
常温で使用した場合、約 300 回繰り返して使えます。使用できる時間が著
しく短くなったときは、バッテリーの寿命です。新しいバッテリーをお買
い求めください。
■ 保存上のご注意
• 充電された状態で長期間保存すると、特性が劣化することがあります。
しばらく使わない場合は、使い切った状態で保存してください。
• 使用しないときは必ずバッテリーをカメラや、バッテリーチャージャー
から取り外してください。
• 涼しいところで保存してください。
- 周囲の温度が+ 15℃〜+ 25℃くらいの乾燥したところをおすすめ
します。
- 暑いところや極端に寒いところは避けてください。
危険ですので、次のことにご注意ください
バッテリーの金属部分に、他の金属が触れないようにしてください。
火気に近づけたり、火の中に投げ込んだりしないでください。
分解したり、改造したりしないでください。
•
•
•
•
強い衝撃を与えたり、落としたりしないでください。
水にぬらさないようご注意ください。
端子は常にきれいにしておいてください。
資料
長時間高温の場所に置かないでください。また、長時間、バッテリーで使
用していると、カメラ本体やバッテリーが熱を帯びますが、故障ではあり
ません。長時間の撮影、再生には AC パワーアダプターをお使いください。
12
299
■ 電池の廃棄について
電池を捨てるときは、地域の条例に従って処分してください。
■ 小形充電式電池のリサイクルについて
小形充電式電池(リチウムイオンバッテリーまたはニッケル水
素電池など)はリサイクル可能な貴重な資源です。ご使用済み
の電池は、端子を絶縁するためにセロハンテープなどをはるか、
個別にポリ袋に入れて最寄りのリサイクル協力店にある充電式
「一般社団法人 JBRC」のホーム
電池回収 BOX に入れてください。詳細は、
ページをご参照ください。
http://www.jbrc.com/
■ AC パワーアダプター使用機種
必ず専用の AC パワーアダプターをお使いください。
弊社専用品以外の AC パワーアダプターをお使いになるとカメラが故障す
る原因になることがあります。
AC パワーアダプターに関しての詳細は、取扱説明書をご参照ください。
• 室内専用です。
• DC 入力端子へ、接続コードのプラグをしっかり差し込んでください。
• DC 入力端子から接続コードを抜くときは、カメラの電源を切って、プラ
グを持って抜いてください(コードを引っ張らないでください)。
• AC パワーアダプターは、指定の機器以外には使用しないでください。
詳細は http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/compatibility/index.html
をご覧ください。
• 使用中、AC パワーアダプターが熱くなるときがありますが故障ではあり
ません。
資料
12
•
•
•
•
•
分解したりしないでください。危険です。
高温多湿のところでは使用しないでください。
落としたり、強いショックを与えないでください。
内部で発振音がすることがありますが、異常ではありません。
ラジオの近くで使用すると、雑音が入る場合がありますので、離してお
使いください。
300
お取り扱いにご注意ください
カメラをお使いになる前のご注意
■ 撮影の前には試し撮りをしましょう
大切な撮影(結婚式や海外旅行など)をするときには、必ず試し撮りをし、
画像を再生して撮影されていることを確認してください。
※ 本製品の故障に起因する付随的損害(撮影に要した諸費用および撮影に
より得るであろう利益の喪失など)については補償いたしかねます。
■ 著作権についてのご注意
あなたがデジタルカメラで記録したものは、個人として楽しむなどのほかは、
著作権法上、権利者に無断で使用できません。なお、実演や興行、展示物な
どのうちには、個人として楽しむなどの目的であっても、撮影を制限してい
る場合がありますのでご注意ください。また、著作権の目的となっている画
像やファイルの記録されたメモリーカードの転送は、著作権法の規定による
範囲内で使用する以外はご利用いただけませんので、ご注意願います。
■ 製品の取り扱いについて
画像記録中にカメラ本体に衝撃を与えると、画像ファイルが正常に記録さ
れないことがありますのでご注意ください。
■ 液晶について
液晶パネルが破損した場合、中の液晶には十分にご注意ください。万一の
ときは、応急処置を行ってください。
• 皮膚に付着した場合:付着物をふき取り、水で流し、石けんでよく洗浄
してください。
• 目に入った場合:きれいな水でよく洗い流し、最低 15 分間洗浄したあと、
医師の診断を受けてください。
• 飲み込んだ場合:水でよく口の中を洗浄してください。大量の水を飲ん
で吐き出したあと、医師の診断を受けてください。
資料
液晶パネルは非常に高精度の技術で作られておりますが、黒い点や常時点
灯する点などが存在することがあります。これは故障ではなく、記録され
る画像には影響ありません。
12
301
■ 商標について
• デジタルスプリットイメージ、Digital Split Image は、富士フイルム(株)
の商標または登録商標です。
• E、xD-Picture Card ™、xD- ピクチャーカード™は富士フイルム(株)
の商標です。
• DynaFont は、DynaComware Taiwan Inc. の登録商標です。
• Macintosh、Mac OS、macOS は、米国および他の国々で登録された
Apple Inc. の商標です。
• Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国にお
ける登録商標です。
• Wi-Fi® および、Wi-Fi Protected Setup® は Wi-Fi Alliance の商標または
登録商標です。
• SDHC ロゴ、SDXC ロゴは SD-3C,LLC の商標です。
• HDMI ロゴは商標です。
• その他の社名、商品名などは、日本および海外における各社の商標また
は登録商標です。
■ ラジオ、テレビなどへの電波障害についてのご注意
• 本製品は、一般財団法人 VCCI 協会の基準に基づくクラス B 情報技術装
置です。この装置は、家庭環境で使用することを目的としていますが、
この装置がラジオやテレビジョン受信機に近接して使用されると、受信
障害を引き起こすことがあります。本書に従って正しい取り扱いをして
ください。
VCCI-B
• 本製品を飛行機や病院の中で使用しないでください。使用した場合、飛
行機や病院の制御装置などの誤作動の原因になることがあります。
資料
12
302
お取り扱いにご注意ください
カメラの使用上のご注意
• カメラを強い光源(晴天時の太陽など)に向けないでください。撮像素
子が破損する場合があります。
• 太陽光がファインダーのレンズに入射すると、内部の表示パネル上で焦
点をむすび、表示パネルを破損させてしまうことがあります。ファイン
ダーを太陽に向けないようにご注意ください。
■ 避けて欲しい保存場所
次のような場所での本製品の使用・保管は避けてください。
•
•
•
•
•
•
雨天下、湿気やゴミ、ほこりの多いところ
直射日光の当たるところや夏場の密閉した自動車内など、高温になるところ
極端に寒いところ
振動の激しいところ
油煙や湯気の当たるところ
強い電磁場の発生するところ(放送塔、送電線、レーダー、モーター、
トランス、磁石のそばなど)
• 防虫剤などの薬品やゴム、ビニール製品に長時間接触するところ
■ 冠水、浸水、砂かぶりにご注意(防水機能付機種を除く)
水や砂は本製品の大敵です。海辺、水辺などでは、水や砂がかからないよ
うにしてください。また、水でぬれた場所の上に、本製品を置かないでく
ださい。水や砂が本製品の内部に入りますと、故障の原因になるばかりか、
修理できなくなることもあります。
資料
■ 結露(つゆつき)にご注意
本製品を寒いところから急に暖かいところに持ち込んだときなどに、本製
品内外部やレンズなどに水滴がつくこと(結露)があります。このような
ときは電源を切り、水滴がなくなってからお使いください。また、メモリー
カードに水滴がつくことがあります。このようなときはメモリーカードを
取り出し、しばらくたってからお使いください。
12
303
■ 長時間お使いにならないときは
本製品を長時間お使いにならないときは、バッテリーまたは電池、メモリー
カードを取り外して保管してください。
■ 海外で使うとき
• このカメラは国内仕様です。付属している保証書は、国内に限られてい
ます。旅行先で万一、故障、不具合が生じた場合は、持ち帰ったあと国
内の弊社サービスステーションにご相談ください。
• 海外旅行などでチェックインする旅行カバンにカメラを入れないでくだ
さい。空港での荷扱いによっては、大きな衝撃を受けて、外観には変化
がなくても内部の部品の故障の原因になることがあります。
メモリーカードについてのご注意
詳細は、使用説明書をお読みください。
■ メモリーカード取扱上のご注意
• メモリーカードは、小さいため乳幼児が誤って飲み込む可能性がありま
す。乳幼児の手の届かない場所に保管してください。万一、乳幼児が飲
み込んだ場合は、ただちに医師と相談してください。
• メモリーカードをカメラに入れるときは、まっすぐに挿入してください。
• メモリーカードの記録中、消去(フォーマット)中は、絶対にメモリーカー
ドを取り出したり、機器の電源を切ったりしないでください。メモリー
カードが破壊されることがあります。
• 指定以外のメモリーカードはお使いになれません。無理にご使用になる
とカメラの故障の原因になります。
• 強い静電気、電気的ノイズの発生しやすい環境でのご使用、保管は避け
てください。
• 静電気を帯びたメモリーカードをカメラに入れると、カメラが誤作動す
資料
る場合があります。このような場合はいったん電源を切ってから、再び
電源を入れ直してください。
• ズボンのポケットなどに入れないでください。座ったときなどに大きな
12
力が加わり、壊れる恐れがあります。
304
お取り扱いにご注意ください
• 長時間お使いになったあと、取り出したメモリーカードが温かくなって
いる場合がありますが、故障ではありません。
• メモリーカードにはラベル類は一切はらないでください。メモリーカー
ドの出し入れの際、故障の原因になります。
■ メモリーカードをパソコンで使用する場合のご注意
• パソコンで使用したあとのメモリーカードを使って撮影する場合は、カ
メラでフォーマットしなおしてください。
• カメラでフォーマットして撮影、記録すると、自動的にフォルダが作成
されます。画像ファイルは、このフォルダ内に記録されます。
• パソコンでメモリーカードのフォルダ名、ファイル名の変更、消去など
の操作を行わないでください。メモリーカードがカメラで使用できなく
なることがあります。
• 画像ファイルの消去はカメラで行ってください。
• 画像ファイルを編集する場合は、画像ファイルをハードディスクなどに
コピーまたは移動し、コピーまたは移動した画像ファイルを編集してく
ださい。
資料
12
305
レンズをご使用前に必ずお読みください
安全上のご注意
本文は、レンズまたはレンズを取り付けたカメラを安全に取り扱うための
注意内容です。
• ご使用の前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いくだ
さい。
• お読みになったあとは大切に保管してください。
表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害や障害の程度を
次の表示で説明しています。
警告
この表示の欄は「死亡または重傷などを負う可能性が想定される」
内容です。
注意
この表示の欄は「障害を負う可能性または物的損害のみが発生す
る可能性が想定される」内容です。
お守りいただく内容の種類を次の絵表示で説明しています。
このような絵表示は、気をつけていただきたい「注意喚起」内容
です。
このような絵表示は、してはいけない「禁止」内容です。
このような絵表示は、必ず実行していただく「強制」内容です。
警告
風呂、シャワー
室での使用禁止
資料
分解禁止
12
306
水をかけたり、水にぬらしたりしない。
火災・感電の原因になります。
分解や改造は絶対にしない(ケースは絶対に開けない)。
火災・感電の原因になります。
また、異常動作を起こしてケガの原因になります。
お取り扱いにご注意ください
警告
落下などによって破損し、内部が露出したときは、露出部に手を
触れない。
感電したり、破損部でケガをする原因になります。
接触禁止
• 感電やケガに注意して速やかにカメラの電池・バッテリーを取
り出し、お買上げ店にご相談ください。
不安定な場所に置かない。
バランスがくずれて倒れたり落下したりして、ケガの原因になります。
レンズまたはカメラで直接太陽をみない。
失明や視力障害になる恐れがあります。
注意
三脚にカメラやレンズを取り付けたまま移動しない。
転倒したり、ぶつけたりしてケガの原因になることがあります。
307
資料
油煙、湯気、湿気、ほこりなどが多い場所に置かない。
火災・感電の原因になることがあります。
異常な高温になる場所に置かない。
窓を閉めきった自動車の中や、直射日光が当たる場所に置かない
でください。
火災の原因になることがあります。
小さいお子様の手の届くところに置かない。
ケガの原因になることがあります。
濡れた手で触らない。
感電の原因になることがあります。
逆光撮影では、画角から太陽を十分にはずす。
太陽光がカメラ内部に直接入ることで、カメラ内で焦点を結び、
火災ややけどの原因になることがあります。
使用しない時は、レンズにキャップをつけ、太陽光のあたらない
場所に保管する。
太陽光が内部で焦点を結び、火災ややけどの原因になることがあ
ります。
12
重要! 本製品に搭載されている無線 LAN をご使用になる前に必ずお読み
ください。
O
本製品は、米国輸出規則(EAR)の対象となり、米国禁輸出国への
輸出や持ち出しには、米国商務省、財務省等当局の許可が必要とな
りますのでご注意ください。
■ 本製品は無線 LAN 機器としてお使いください。
無線 LAN 機器以外として使用されたことにより損害が発生した場合、当社
はいかなる責任も負いかねますので、あらかじめご了承ください。医療機器
や人命に直接的または間接的に関わるシステムなど、高い安全性が要求され
る用途には使用しないでください。無線 LAN 機器よりも高い信頼性が要求
される機器や電算機システムなどの用途に使用するときはご使用になるシス
テムの安全設計や故障に対する適切な処置を万全に行ってください。
■ 無線 LAN 機能はお買い求め頂いた国での利用を前提としています
本製品の無線 LAN 機能はお買い求め頂いた国の電波に関する法律に準拠
しております。ご使用の際は、お使い頂く国の法律を遵守してください。
お買い求め頂いた国以外でのご使用上のトラブル等については、弊社では
一切の責任を負いかねます。
■ 電波によるデータの送受信は傍受される可能性があります。
電波によるデータ(画像)の送受信は傍受される可能性があります。あら
かじめご了承ください。
■ 磁場、静電気、電波障害が発生するところでは本製品を使用しないで
ください。
本電子レンジ付近などの磁場、静電気、電波障害が発生するところでは本
製品を使用しないでください(環境により電波が届かないことがありま
す)。また、2.4GHz 付近の電波を使用しているものの近くで使用すると
双方の処理速度が落ちる場合があります。
資料
■ 使用周波数帯
本製品の、使用周波数は 2.4GHz 帯です。変調方式として DSSS、OFDM
変調方式を採用しています。
12
308
お取り扱いにご注意ください
無線 LAN 機器使用上の注意事項
■ 本製品の使用する無線チャンネルは、以下の機器や無線局と同じ周波数
帯を使用します。
• 産業・科学・医療用機器
• 工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の無線局
(1) 構内無線局(免許を要する無線局)
(2) 特定小電力無線局(免許を要しない無線局)
■ 本製品を使用する場合は、前項の機器や無線局と電波干渉する恐れがあ
るため、以下の事項に注意してください。
無線局が運用されていないことを確認してください。
万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に対して電波干渉の事例が発
生した場合は、速やかに場所を変更するか、または電波の使用を停止して
ください。
その他、本製品から移動体識別用の特定小電力無線局に対して電波干渉の
事例が発生した場合など何かお困りのことが起きたときは、当社サービス
センターへお問い合わせください。
2.4DS/OF4
本 製 品 が 2.4GHz 周 波 数 帯 を 使 用 す る DSSS と
OFDM 変調方式を採用した無線設備で、与干渉距
離が約 40 m であることを意味しています。
資料
12
309
お手入れについて
長くご愛用いただくために、カメラをご使用になった
後は次のようにお手入れすることをおすすめします。
• カメラ本体は、乾いた柔らかい布などで拭いてください。
アルコール、シンナー、ベンジンおよび殺虫剤など揮発性
のものをかけないでください。変質、変形したり、塗料が
はげたりするなどの原因になります。特にカメラ本体の革
については変色の原因になる場合があります。
• カメラ本体に液体が付着した場合は、すぐに乾いた柔らか
い布などで拭き取ってください。
• 液晶モニター表面などの汚れはブロアーブラシなどでほこ
•
りを払い、乾いた柔らかい布などで軽く拭いてください。
それでも取れないときは、富士フイルムのレンズクリーニ
ングペーパーにレンズクリーニングリキッドを少量つけて
軽く拭いてください。
液晶モニター表面などは傷つきやすいので、固いものでこ
すったりしないでください。
• センサーのクリーニングは D 基本設定 > センサー
資料
•
クリーニングで行えます。センサークリーニングを実行し
ても汚れが取れない場合は、ブロアーでほこりを取り除い
てください。
カメラを保管するときは、ボディキャップを取り付けてく
ださい。
12
310
センサークリーニング
D 基本設定 > センサークリーニングを実行しても汚
れが取れない場合は、ブロアーでほこりを取り除い
てください。
O クリーニング作業中にセンサーを傷付けたり、破損した場合、
弊社サービスステーションでの(交換)修理は有償(高額)と
なりますので、十分ご注意ください。
1 センサーの表面に付着したほこりを
ブロアー(ブラシの付いていないも
の)で取り除きます。
2 センサーの表面に付着していたほこりが取り除けたかを確
認します。
3 カメラにレンズまたはボディキャップを装着します。
N • ブロアーはブラシの付いていないものを使用してください。
ブロアーのブラシでセンサーのほこりを取り除くと、表面を
傷付けることがあります。
ください。
資料
• 取り除けていない場合は、再度ブロアーでクリーニングして
12
311
ファームウエア更新情報
本製品はファームウエアの更新による機能の追加/
変更のため、付属の使用説明書の記載と一部機能が
異なる場合があります。詳しくは下記ホームページか
ら各機種のファームウエア更新情報をご覧ください。
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/
富士フイルム ファームウエア
ファームウエアバージョンの確認方法
O バージョンの確認は、メモリーカードがカメラ内にある状態で
ないとできませんので、ご注意ください。
1 カメラの電源をオフにします。
メモリーカードが入っていることを確認します。
2 DISP/BACK ボ タ ン を 押 し な が ら 電 源 を オ ン に す る と、
バージョンが表示されます。
3 バージョンの確認ができたら、電源をオフにしてください。
N 交換レンズのファームウエアバージョンは、カメラボディに
レンズを装着して確認します。
資料
12
312
トラブルシューティング /FAQ
カメラの動作がおかしいときは、まず次の表の内容
をご確認ください。処置を行っても改善されない場
合は、弊社修理サービスセンターに修理をご依頼く
ださい。
電源とバッテリー
症状
ON/OFF(電源)
レバーを ON に
バッテリー︑電源について
合わせても電源
がオンになりま
せん。
ここをチェック!
処置
P
バッテリーが消耗し
ていませんか?
充電済みのバッテリー
を使ってください。
32
バッテリーを正しい
向きで入れていま
すか?
バッテリーを正しい
方向で入れ直してく
ださい。
バッテリーカバーは
きちんと閉まってい
ますか?
バッテリーカバーを
しっかり閉めてくだ
さい。
36
ON/OFF(電源)
レバーをオフに
したあとに素早
くオンにしても
液晶モニターが
点灯しません。
̶
バッテリーをポケット
などで温めておいて、
撮影の直前に取り付け
てください。
̶
資料
非常に寒いところで
バッテリーの
カメラを使っていま
消耗が早いです。
せんか?
シャッターボタンを
̶
半押ししてください。
12
313
症状
ここをチェック!
バッテリーの端子が
汚れていませんか?
̶
バッテリー︑電源について
プリ AF を ON で
撮影すると、バッテ
リーの消耗が早く
なります。
137
同じバッテリーを
長時間使っていませ
んか?
バッテリーの寿命の
可能性があります。
新品のバッテリーと
交換してください。
̶
バッテリー残量が
少なくなっていませ
んか?
充電済みのバッテ
リーを使ってくだ
さい。
32
バッテリーは入って
いますか?
バッテリーを入れて
ください。
バッテリーは正しい
向きで入っていま
すか?
バッテリーを正しい
方向で入れ直して
ください。
プラグは正しく
コンセントに接続
されていますか?
充電器のプラグを
正しくコンセントに
接続してください。
充電について
充電が開始され
ません。
資料
非常に寒いところで
充電時間がかかり
充電を行っていませ
すぎます。
んか?
314
P
プリ AF を ON に設
バッテリーの
消耗が早いです。 定していませんか?
使用中に電源が
オフになって
しまいました。
12
処置
バッテリーの
端子部分を乾いた
きれいな布で拭い
てください。
低温時は、充電時間
が長くなるときが
あります。
32
̶
トラブルシューティング/FAQ
症状
充電について
充電中に充電
ランプが点滅して
充電できません。
ここをチェック!
処置
P
バッテリーの端子が
汚れていませんか?
バッテリーをいった
ん取り出して、端子
部分を乾いたきれい
̶
な布で拭いてから、
入れ直してください。
バッテリーの寿命
または故障の可能性
があります。
新しいバッテリーと
交換してください。
それでも充電でき
ないときは、弊社
サポートセンターに
お問い合わせくだ
さい。
290
348
処置
P
メニューなどの設定時
症状
ここをチェック!
a が日本語
メニューが日本語以外
以外の言語になって
で表示されています。
いませんか?
言語設定を日本語
にしてください。
46
204
資料
12
315
撮影時
症状
処置
P
撮影可能枚数が 0 に
なっていませんか?
新しいメモリー
カードを入れるか、
不要なコマを消去し
てください。
36
183
メモリーカードは
フォーマットされて
いますか?
カメラでフォーマット
してください。
201
ここをチェック!
基本撮影について
メモリーカードの
メモリーカードの接
接触面を乾いた柔ら
触面(金色の部分)が
かい布で拭いてくだ
シャッターボタン 汚れていませんか?
さい。
を押しても撮影
メモリーカードが
できません。
新しいメモリーカード
壊れている可能性が
を入れてください。
あります。
資料
316
36
バッテリー残量が
少なくなっていませ
んか?
充電済みのバッテリー
を使ってください。
32
電源がオフになって
いませんか?
電源をオンにして
ください。
42
他社製のマウント
アダプターを使用し
ていませんか?
レンズなしレリーズを
ON にしてください。
設定した絞りで撮影
シャッターボタン
前の構図を確認する
を半押しすると、 被写体が暗かったり、 ために明るく表示し
絞りを絞り込んだり
ているので、ノイズ
EVF や LCD に
ノイズが見え
していませんか?
が目立つ場合があり
ます。
ます。撮影画像には
影響ありません。
12
̶
228
̶
トラブルシューティング/FAQ
ピントについて パノラマ撮影について
症状
ここをチェック!
オートフォーカスの
ピントを合わせ 苦手な被写体を撮影
られません。
しようとしていませ
んか?
処置
AE/AF ロック撮影し
てください。
シャッターボタン
インジケーターランプ インジケーターランプ
を押しても
が橙色に点灯していま が消灯するまでお待ち
パノラマ撮影でき
せんか?
ください。
ません。
P
92
10
資料
12
317
症状
ここをチェック!
処置
P
サングラス、帽子や
なるべく顔の全体が
前髪などで顔の一部が 見えるようにしてく
隠れていませんか?
ださい。
撮影したい人物の顔
顔が大きく写るよう
が、構図内で小さすぎ にもうすこし近づい
ませんか?
て撮影してください。
顔を検出できま
せん。
顔検出について
人物の顔が横向き
または斜めに傾いて
いませんか?
顔が正面を向いて
いるほうが、検出し
やすくなります。
カメラが傾いていま
せんか?
カメラをまっすぐに
構えたほうが、検出
しやすくなります。
̶
人物の顔が暗くない
ですか?
できるだけ明るい
条件で撮影してく
ださい。
̶
合わせたい顔が画面
の中央に来るように
構図を変えてくださ
い。構図を変えたく
ない場合は、顔検出
を使わずに AF/AE
ロック撮影してくだ
さい。
92
複数の顔が検出され
ピントを合わせ ているときに、中央
たい顔にピント 付近にない顔に
が合いません。 ピントを合わせよう
としていませんか?
資料
12
318
22
トラブルシューティング/FAQ
症状
ここをチェック!
P
処置
フラッシュが使用でき フラッシュが使用
ない設定になっていま できる設定に変更
せんか?
してください。
107
バッテリー残量が少な 充電済みのバッテリー
くなっていませんか? を使ってください。
フラッシュが
発光しません。
ドライブダイヤルが
BKT1、BKT2、CH、CL
になっていませんか?
ドライブダイヤルを S
に設定してください。
6
フラッシュについて
電子音 & フラッシュ
が OFF に設定されて
電子音 & フラッシュ
を ON にしてくだ
いませんか?
さい。
フラッシュが閉じて
いませんか?
フラッシュをポップ
アップしてください。
107
電子音 & フラッシュ
を ON にしてくだ
さい。
206
フラッシュ撮影可能
距離内で撮影してく
ださい。
̶
フラッシュを指などで カメラを正しく構え
ふさいでいませんか? てください。
̶
シャッタースピード
が同調速度より高速
の場合は、フラッシュ
を発光しても暗くな
ることがあります。
シャッタースピード
を同調速度以下に
設定してください。
64
72
使いたい
電子音 & フラッシュ
フラッシュ設定を が OFF に設定されて
選べません。
いませんか?
被写体から離れすぎ
ていませんか?
フラッシュが発光
したのに撮影した
画像が暗い。
32
資料
高速シャッター
スピードで撮影して
いませんか?
206
12
319
症状
撮影した画像の異常について
画像がぼやけて
います。
画像に点状の
ノイズがあり
ます。
処置
P
レンズに指紋などの
汚れがついていませ
んか?
レンズを清掃してく
ださい。
276
レンズに指などがか
かっていませんか?
レンズに指がかから
ないようにしてくだ
さい。
49
撮影時に AF フレーム
しっかりとピントを
(赤点灯)と s が表
合わせてから撮影し
示されていませんで
てください。
したか?
50
ここをチェック!
気温の高いところで
スローシャッター
(長時間露光)撮影し
ませんでしたか?
撮像素子の特性に
よるもので、故障では
ありません。ピクセル
マッピングを実行し
てください。
高温環境で連続使用を
しばらく電源オフに
画像にノイズが していませんか?
した後でご利用くだ
撮影されます。 温度警告が表示されて
さい。
いませんでしたか?
資料
12
320
130
42
トラブルシューティング/FAQ
再生時
症状
コマ再生について
1
画像が粗く表示
されます。
拡大表示できま
せん。
動画再生について
カメラから音が
出ません。
ここをチェック!
処置
P
他のカメラで記録し
た画像ではありませ
んか?
他のカメラで記録
した画像はきれいに
表示できないことが
あります。
̶
リサイズした画像で
はありませんか?
リサイズした画像
は、再生ズームがで
きません。
̶
他のカメラで記録し
た画像ではありませ
んか?
他のカメラで記録し
た画像は再生ズーム
ができないことが
あります。
̶
カメラの再生音量の
設定が小さくなって
いませんか?
再生音量を調節して
ください。
211
動画撮影時にマイク
を手などでふさいで
いませんでしたか?
動画撮影時はマイク
をふさがないでくだ
さい。
̶
再生中にスピーカー
を手などでふさいで
いませんか?
再生中はスピーカー
をふさがないでくだ
さい。
̶
206
資料
電子音 & フラッシュ 電子音 & フラッシュ
が OFF に設定されて を ON にしてくだ
いませんか?
さい。
12
321
処置
P
消去について
選択した画像を
消去できません。
プロテクトを解除
してください。プロ
テクトを解除すると
きは、プロテクトを
行ったカメラをお使
いください。
188
コマナンバーについて
バッテリーやメモリー
カードを交換するとき
バッテリーやメモリー は、必ず電源をオフに
カードを交換するとき してください。電源を
コマ NO. の連番
に電源を切らずに
切らずにバッテリー
が機能しません。
バッテリーカバーを
カバーを開けると、
開けませんでしたか? コマ NO. の連番が
機能しないことがあり
ます。
234
症状
資料
12
322
ここをチェック!
プロテクトされてい
全コマ消去したの
ませんか?
に画像が残ってい
ます。
トラブルシューティング/FAQ
接続時
症状
カメラの画面に
何も表示されま
せん。
テレビとの接続について
カメラの画面に
もテレビの画面
にも何も表示さ
れません。
ここをチェック!
処置
P
カメラとテレビを接
カメラとテレビを
続した場合、カメラ
接続していませんか? の画面には何も表示
されません。
VIEW MODE ボタンに
ファインダーに目を
近づけてください。
よる切り替えが EVF
ボタンを
ONLY + E になっ VIEW MODE
ていませんか?
押して、他の設定に
変更してください。
カメラとテレビが正
しく接続できていま
すか?
確認して正しく接続
し直してください。
278
テレビに画像、 テレビの入力が
テレビの入力を
音声が出ません。「テレビ」になってい 「HDMI」にしてくだ
さい。
ませんか?
パソコンが
カメラを認識
しません。
撮影した RAW
または JPEG など
の画像ファイル
がパソコンに
取り込めません。
USB ケーブルが正しく 確認して正しく接続
接続されていますか? し直してください。
MyFinePix Studio を
MyFinePix Studio
使わずに、カメラから
(Windows)を使っ
パソコンに画像を取り
て、画像を取り込ん
込もうとしていませ
でください。
んか?
282
資料
パソコンとの接続について
テレビの音量が小さく テレビの音量を調節
なっていませんか?
してください。
12
323
無線 LAN 通信
無線 LAN 機能のトラブルシューティングについては、以下のサイト
をご覧ください。
http://digitalcamera.support.fujifilm.jp/app/
症状
ここをチェック!
処置
スマートフォンと
接続できません。
スマートフォンとの
接続 / 送信に時間が
かかります。
画像送信が途中で
失敗 / 切断します。
スマートフォンとの
距離が離れていませ
んか?
スマートフォンを
近づけてご使用くだ
さい。
電子レンジやコード
レス電話機などの
機器を近くでご使用
されていませんか?
それらの機器から
離れてご使用くだ
さい。
相手先のスマート
フォンがすでに別の
カメラと接続して
いませんか?
スマートフォンに
送信できません。
スマートフォンが
近距離に複数台あり
ませんか?
資料
12
324
P
280
スマートフォンも
カメラも一度に接続
できる相手は 1 台
のみです。
別のカメラとの接続
を終了してから、
やり直してください。
操作をはじめから
やり直してください。
周囲に複数台の
スマートフォンが
あると、つながりに
くい場合があります。
280
ここをチェック!
処置
P
スマートフォンに
送信できません。
動画や他のカメラで
撮影した画像が選択
されていませんか?
このカメラで撮影し
た画像を送信してく
ださい。他のカメラ
で撮影した画像は
送信できない場合が
あります。
動画は送信できま
せん。
280
スマートフォンで
受信した画像が開け
ません。
スマートフォン送信
時 H 圧縮を ON に
ワイヤレス設定の
してください。ま
スマートフォン送信時
た、スマートフォン
H 圧縮を OFF に
によっては画像が大
設定していませんか?
きすぎて開けない場
合があります。
237
症状
資料
12
325
その他
症状
カメラの動作などについて
音について
処置
ページ
一時的に誤作動を起
こしている可能性が
あります。
バッテリーをいった
ん取り外して、取り
付け直してから操作
してください。
36
充電済みのバッテリー
を使ってください。
32
カメラの
ボタンなどを
バッテリーの消耗が
操作しても
原因として考えられ
動きません。
ます。
無線 LAN に接続して 無線 LAN を解除し
いませんか?
てください。
̶
カメラが正常
一時的に誤作動を起
に作動しなく
こしている可能性が
なってしまい
あります。
ました。
バッテリーをいったん
取り外して、取り付け
直してから操作してく
ださい。それでも復帰
できないときは、弊社
修理サービスセンター
に修理をご依頼くだ
さい。
36
348
音設定で消音に設定
していませんか?
各設定の音量を調整
してください。
208
音がでません。
電子音 & フラッシュ 電子音 & フラッシュ
が OFF に設定されて を ON にしてくだ
いませんか?
さい。
206
Q Q ボタンを押し
メニュー
資料
12
ここをチェック!
326
てもクイック
TTL-LOCK 状態に
メニューが表
なっていませんか?
示されません。
TTL-LOCK を解除し
てください。
251
警告表示
画面に表示される警告には、以下のものがあります。
警告表示
i(赤点灯)
A(赤点滅)
警告内容
s(赤点灯)
AF フレームの形は
ピント合わせができ
撮影メニューの設定 ません。
によって異なります
絞り、シャッター
スピード表示
(赤点灯)
処置
バッテリーの残量が
新しいバッテリーまたは充
少なくなっています。
電済みのバッテリーと交換
バッテリーの残量が
してください。
ありません。
AE/AF ロック機能を使って、
同じ距離の他の被写体にピント
を合わせてから、構図を変えて
ください。
• 静止画撮影時に被写体が暗
被写体が明るすぎる、
いときは、フラッシュを
または暗すぎるため
使ってください。
に適正な明るさで撮
• 適切な明るさ(露出)では
影できません。
ありませんが撮影できます。
• 電源を入れ直してくださ
フォーカスエラー
レンズ制御エラー
電源を入れ直して
ください
い。
カメラが誤作動また
は故障しています。
• 電源のオン / オフを繰り返
してください。それでも
復帰できないときは、
弊社修理サービスセンター
に修理をご依頼ください。
資料
メモリーカードが
カメラにメモリーカードを
カードがありません 入っていない状態で撮
入れてください。
影しようとしました。
12
327
警告表示
警告内容
メモリーカードが
フォーマットされて
いません。
処置
メモリーカードをカメラで
フォーマットしてください。
メモリーカードが
メモリーカードをカメラで
パソコンでフォー
フォーマットしてください。
マットされています。
フォーマットされて
いません
メモリーカードの接触面を、
乾いた柔らかい布などでよく
メモリーカードの
拭いてください。また、フォー
接触面(金色の部分) マットが必要な場合がありま
が汚れています。
す。それでも警告表示が消え
ない場合は メモリーカードを
交換してください。
カメラが故障してい
ます。
レンズエラー
資料
12
328
弊社修理サービスセンターに
修理をご依頼ください。
カメラの電源をオフにして
レンズを取り外し、異物を
取り除いて電源を入れ直し
レンズとカメラの間に
てください。それでも復帰
異物が入っています。
できないときは、弊社修理
サービスセンターに修理を
ご依頼ください。
警告表示
警告表示
警告内容
メモリーカードが
カメラでフォーマッ
トされていません。
カードエラー
処置
メモリーカードをカメラで
フォーマットしてください。
メモリーカードの接触面を、
乾いた柔らかい布などでよく
メモリーカードの
拭いてください。また、フォー
接触面(金色の部分) マットが必要な場合がありま
が汚れています。
す。それでも警告表示が消え
ない場合はメモリーカードを
交換してください。
カメラが故障してい
ます。
非対応のメモリー
カードです。
メモリーカードが
壊れています。
弊社修理サービスセンターに
修理をご依頼ください。
弊社動作確認済みのメモリー
カードを挿入してください。
SD メモリーカードの SD メモリーカードの書き込み
プロテクトされた
カードです
動画記録できま
せん
ません
パソコンでフォー
マットしたメモリー
カードのため、動画
記録が間に合いま
せん。
メモリーカードをカメラで
フォーマットしてください。
資料
b 空き容量があり
書き込み禁止スイッ
禁止スイッチを元に戻し、誤記
チが「LOCK」側になっ 録防止のロックを外してくだ
さい。
ています。
メモリーカードに空き 画像を消去するか、空き容量
容量がないため、画像 のあるメモリーカードを使用
を記録できません。
してください。
329
12
警告表示
記録できませんで
した
コマ NO. の上限
です
資料
12
330
警告内容
処置
メモリーカードと
カメラ本体の接触異
常またはメモリー
カードの異常のため
記録できません。
メモリーカードを入れ直すか
電源のオン / オフを繰り返し
てください。それでも復帰で
きないときは、弊社修理
サービスセンターに修理を
ご依頼ください。
画像を記録する空き
容量がありません。
画像を消去するか、空き容量
のあるメモリーカードを使用
してください。
メモリーカードが
フォーマットされて
いません。
メモリーカードをカメラで
フォーマットしてください。
コマ NO. が「9999999」に達している
ため、これ以上撮影
できません。
フォーマットしたメモリー
カードをカメラに入れて、
D 保存設定のコマ NO. を
新規に設定します。撮影する
と、コマ No. が「100-0001」
から付けられます。コマ NO.
を連番に戻すと、引き続き
撮影できます。
警告表示
警告表示
警告内容
正常に記録されてい
ないファイルを再生
しようとしました。
もしくは他のカメラ
で記録した静止画ま
たは動画を再生しよ
うとしました。
再生できません
処置
このファイルは再生できま
せん。
メモリーカードの接触面を、
乾いた柔らかい布などでよく
メモリーカードの
拭いてください。また、フォー
接触面(金色の部分) マットが必要な場合がありま
が汚れています。
す。それでも警告表示が消え
ない場合はメモリーカードを
交換してください。
カメラが故障してい
ます。
弊社修理サービスセンターに
修理をご依頼ください。
• プロテクトされて
プロテクトされて
います
いるファイルを
消去しようとしま
した。
• プロテクトされて
いるファイルを回
転しようとしまし
た。
他のカメラで撮影
した画像または壊れ
た画像をトリミング
しようとしました。
トリミングできない画像です。
資料
トリミングできま
せん
プロテクトしたファイルは
消去 / 回転できません。
プロテクトを解除してくだ
さい。
12
331
警告表示
これ以上予約でき
ません
警告内容
プリント予約できな
い画像または動画に
F 設定できません プリント予約しよう
としました。
設定できません
回転できません
F 回転できません
処置
同一メモリーカード内でプリ
ント指定できるコマ数は 999
DPOF のコマ設定で
コマまでです。別のメモリー
1000 コマ以上のプリ
カードにプリント予約したい
ント指定をしました。
画像をコピーして、プリント
予約してください。
プリント予約できません。
他のカメラで撮影した
画像または動画を回転 回転できません。
しようとしました。
F 実行できません 他のカメラで撮影した
画像、動画、または
再生できない画像を
m 実行できません 赤目補正しようとし
ました。
4K 設定とモニター
が合っていません
動画モードを変更
してください
資料
12
332
HDMI 接続機器と
ー
適切な動画モードに変更する
カメラの動画モード と接続できる場合があります
が合っていません。 (P 169)。
警告表示
警告表示
警告内容
p(黄)
カメラの温度が上昇し
ています。そのまま
使い続けると、画像に
ノイズが多くなる場合
があります。
p(赤)
カメラの温度が上昇
しています。画面に
ノイズが多くなった
り、連写速度、表示
のなめらかさなどの
パフォーマンスが
低下する場合があり
ます。また、動画
撮影はできません。
処置
電源を切ってしばらくたって
からご使用ください。
資料
12
333
標準撮影枚数 / 記録時間
標準撮影枚数および撮影時間はおおよその目安です。
実際の撮影枚数および撮影時間は、撮影条件やメモ
リーカードの種類により変動します。また、液晶モ
ニターに表示される記録枚数・時間は規則正しく減
少しないことがあります。
記録媒体
撮影モード
静止画
動画
*1
T 画質
O3:2
RAW(非圧縮)
RAW(ロスレス圧縮)
U 2160/29.97P, 25P, 24P, 23.98P *2
i 1080/59.94P, 50P, 29.97P, 25P,
*3
24P, 23.98P
h 720/59.94P, 50P, 29.97P, 25P,
*4
24P, 23.98P
SD メモリーカード
8 GB
16 GB
FINE NORMAL FINE NORMAL
540
800
1110
1660
150
320
310
640
9分
20 分
26 分
52 分
51 分
103 分
*1 動画を撮影するときは、UHS スピードクラス 3 以上のメモリーカード
をご使用ください。
*2 連続して記録する場合、約 10 分で自動的に撮影を停止します。
*3 連続して記録する場合、約 15 分で自動的に撮影を停止します。
*4 連続して記録する場合、約 30 分で自動的に撮影を停止します。
資料
動画を連続して撮影した場合、ファイルサイズが 4GB を超える場
O 合でも一時中断することなく動画撮影が可能ですが、動画ファイル
は分割して保存されるため、それぞれのファイルごとに再生が必要
です。
12
334
主な仕様
システム
製品名
製品型番
有効画素数
撮像素子
記録メディア
メモリーカード
スロット
記録方式
FUJIFILM X-T20
FF160006
約 2430 万画素
23.5 mm × 15.6 mm(APS-C サイズ)
X-Trans CMOS Ⅲ、原色フィルター採用
SD/SDHC/SDXC メモリーカード(弊社推奨品)
SD カード
露出制御
露出補正
プログラム(プログラムシフト可能)、シャッター優先、
絞り優先、マニュアル
• 静止画:− 5 EV 〜 +5 EV(1/3 段ステップ)
• 動画:− 2 EV 〜 +2 EV(1/3 段ステップ)
335
資料
• 静止画:DCF 準拠
• 圧縮:Exif Ver.2.3 JPEG 準拠 /DPOF 対応
• 非圧縮 / ロスレス圧縮:RAW(RAF 独自フォーマット、
専用のソフトウエアが必要)、RAW+JPEG 記録あり
• 動画:H.264 規格準拠(MOV)、ステレオ音声付き
記録画素数
O 3 : 2(6000 × 4000)O 16 : 9(6000 × 3376)O 1 : 1(4000 × 4000)
P 3 : 2(4240 × 2832)P 16 : 9(4240 × 2384)P 1 : 1(2832 × 2832)
Q 3 : 2(3008 × 2000)Q 16 : 9(3008 × 1688)Q 1 : 1(2000 × 2000)
RAW(6000 × 4000)
O パノラマ 縦(2160 × 9600) O パノラマ 横(9600 × 1440)
P パノラマ 縦(2160 × 6400) P パノラマ 横(6400 × 1440)
レンズマウント FUJIFILM X マウント
• 静止画:ISO 200 〜 12800(1/3 段ステップ)、AUTO
撮影感度
ISO 100、25600、51200 は拡張モード
• 動画:ISO 200 〜 12800(1/3 段ステップ)
• TTL256 分割測光
測光方式
• マルチ、スポット、アベレージ、中央部重点
12
システム
シャッター
スピード
• メカニカルシャッター
- P モード時:4 秒〜 1/4000 秒
- 全モード合わせて:30 秒〜 1/4000 秒
- タイム:30 秒〜 1/4000 秒
- バルブ:最長 60 分
• 電子シャッター
- P モード時:4 秒〜 1/32000 秒
- 全モード合わせて:30 秒〜 1/32000 秒
- タイム:30 秒〜 1/32000 秒
- バルブ:1 秒固定
• メカニカル+電子
- P モード時:4 秒〜 1/32000 秒
- 全モード合わせて:30 秒〜 1/32000 秒
- タイム:30 秒〜 1/32000 秒
- バルブ:最長 60 分
連写
連写モード
CH
CL
選択可能な連写速
度(コマ / 秒 [fps])
14 fps *
11 fps *
8.0 fps
5.0 fps
4.0 fps
3.0 fps
JPEG
14
11
8.0
5.0
4.0
3.0
連続記録枚数
約 42 コマ
約 50 コマ
約 53 コマ
約 56 コマ
約 58 コマ
約 62 コマ
* 電子シャッター使用時のみ
資料
O
• ご使用のメモリーカードによって異なります。
• 連写速度は、撮影環境や連続撮影枚数によっ
て変わります。
12
336
主な仕様
システム
フォーカス
• モード:シングル AF、コンティニュアス AF、
マニュアルフォーカス(リング回転式)
• AF 方式:インテリジェントハイブリッド AF(TTL
コントラスト AF +位相差 AF)、AF 補助光付き
• AF フレーム選択:シングルポイント、ゾーン、
ワイド/トラッキング
ホワイト
バランス
セルフタイマー
フラッシュ
発光モード
ホットシュー
シンクロ接点
シンクロ
ターミナル
ファインダー
(EVF)
水中
OFF、2 秒、10 秒
• モード:TTL(フラッシュ発光 AUTO、スタンダード、
スローシンクロ)、マニュアル、コマンダー、発光禁止
• 同調モード:先幕、後幕
• 赤目補正:赤目抑制発光+補正処理、赤目抑制発光、
補正処理、OFF
あり(TTL フラッシュ対応)
X 接点、同調シャッタースピード 1/180 秒以下
あり
0.39 型有機 EL ファインダー、約 236 万ドット
ファインダー倍率 0.62 倍(35 mm 判換算 50 mm
レンズ、無限遠、視度 − 1.0 m–1 のとき)、
対角視野 約 30 度(水平視野約 25 度)
• 視度調節:− 4 m–1 〜 +2 m–1(dpt)
• アイポイント:約 17.5 mm
タッチパネル付き 3.0 型カラー液晶モニター、
約 104 万ドット、チルト式
資料
液晶モニター
(LCD)
AUTO、カスタム 1 〜 3、色温度(ケルビン値)設定、
晴れ、日陰、蛍光灯 1、蛍光灯 2、蛍光灯 3、電球、
12
337
システム
動画
(ステレオ
音声付き)
U 2160/29.97 P
U 2160/25 P
U 2160/24 P
U 2160/23.98 P
i 1080/59.94P
i 1080/50 P
i 1080/29.97 P
i 1080/25 P
i 1080/24 P
i 1080/23.98 P
h 720/59.94P
h 720/50 P
h 720/29.97 P
h 720/25 P
h 720/24 P
h 720/23.98 P
入出力端子
デジタル入出力
HDMI 出力
マイク /
リモート端子
マイクロ USB 端子(Micro-B)
USB2.0 High-Speed
HDMI マイクロ端子(Type D)
φ 2.5 mm 3 極ミニジャック
電源部、その他
電源
充電式バッテリー NP-W126S(付属)
118.4 mm × 82.8 mm × 41.4(31.9 *)mm
本体外形寸法
(幅×高さ×奥行き) * 突起部含まず、奥行きは最薄部表記
撮影時質量
約 383 g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
本体質量
約 333 g(付属バッテリー、メモリーカード含まず)
動作環境
• 温度:0 ℃〜+ 40 ℃
• 湿度:10 % 〜 80 %(結露しないこと)
資料
12
338
主な仕様
電源部、その他
バッテリー
作動可能枚数 /
時間の目安
• バッテリーの種類:NP-W126S
• XF35mmF1.4 R 使用時、P モード時
静止画撮影枚数
パフォーマンス
LCD
EVF
ハイパフォーマン
ス
約 260 枚
約 260 枚
スタンダード
約 350 枚
約 350 枚
1 回の充電で撮影できる合計動画時間
画質
実撮影電池寿命
連続撮影電池寿
命
U
i
約 50 分
約 70 分
約 60 分
約 95 分
CIPA 規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディ
アは SD メモリーカードを使用し測定。
• 注意:バッテリーの充電容量により撮影可能枚数や
時間の変動があるため、ここに示すバッテリー作動
可能枚数や時間を保証するものではありません。低
温時では、バッテリー作動可能枚数は少なくなり、
時間は短くなります。
ワイヤレス転送部
準拠規格
使用周波数範囲
(中心周波数)
インフラストラクチャーモード
資料
アクセス方式
IEEE802.11b/g/n(無線 LAN 標準プロトコル)
アメリカ・カナダ・台湾:2412 MHz 〜 2462 MHz
(11ch)
アメリカ・カナダ・台湾以外:2412 MHz 〜
2472 MHz(13ch)
12
339
バッテリー NP-W126S
公称電圧
公称容量
使用温度
7.2 V
1260 mAh
0 ℃〜+ 40 ℃
本体外形寸法
36.4 mm × 47.1 mm × 15.7 mm
(幅×高さ×奥行き)
約 47 g
質量
バッテリーチャージャー BC-W126
AC 100 V 〜 240 V 50/60 Hz
13 − 21 VA
定格出力
DC 8.4 V 0.6 A
適合バッテリー FUJIFILM 充電式バッテリー NP-W126S
約 150 分(+20℃において)
充電時間
使用温度
5 ℃〜+ 40 ℃
定格入力
入力容量
本体外形寸法
65 mm × 91.5 mm × 28 mm(突起物を除く)
(幅×高さ×奥行き)
約 77 g(本体のみ)
質量
※質量・外形寸法は、仕向け国によって異なります。
O 仕様、性能は、予告なく変更することがありますのでご了承く
ださい。使用説明書における記載の誤りなどについての補償は
ご容赦ください。説明中の表記は、カメラ本体の表示と異なる
場合があります。
資料
12
340
索引
[A 〜 Z]
A(絞り優先撮影)、69
341
資料
AE/AF-LOCK 設定、229
AE/AF ロック、92
AE-L(AE ロック)ボタン、93
AE ロック、93
AF-ON、225, 251
AF-L(AF ロック)ボタン、93
AF-C カスタム設定、135
AF+MF、140
AF モード、134
AF(オートフォーカス)、77
AF 警告、10
AF 合焦音量、208
AF 補助光、137
AF ロック、92
B(バルブ撮影)、67
C(AF-C)、78, 135
CH 設定、168
DISP/BACK(表示 / 戻る)ボタン、
16, 176
DPOF 指定、195
EVF(ファインダー)、12, 14, 15
EVF 明るさ、15, 212
EVF 鮮やかさ、213
EVF 縦横自動回転表示、15, 215
Fn(ファンクション)ボタン、248
Fn/AE-L/AF-L ボタン設定、224
FUJIFILM Camera Remote、163,
191, 280
FUJIFILM PC AutoSave、194, 281
FUJIFILM instax SHARE、197, 239,
286
HDMI、170, 171
HDMI ケーブル、278
HDMI 出力情報表示、170
HDMI レックコントロール、171
instax プリンター接続設定、239,
286
ISO 感度変更、157
LCD(液晶モニター)、11, 14, 15
LCD 明るさ、15, 213
LCD 鮮やかさ、214
LED ライト設定、167
MASTER 設定、168
MASTER(光通信)、266
MENU/OK ボタン、20, 114, 180, 200
MF アシスト、141
MyFinePix Studio、193, 282
M(マニュアルフォーカス)、87
P(プログラム撮影)、48, 62, 63
PC 保存、194
PC 保存先設定、238
Q(クイックメニュー)ボタン、
243
12
オートパワーオフ(自動電源 OFF)、
RAW FILE CONVERTER EX 2.0、
282
231
オートフォーカス(AF)撮影、77
RAW 画像、116
オート(フラッシュ発光 AUTO)、
RAW 記録方式、117
110
RAW 現像、180
SD/SDHC/SDXC メモリーカード、 オートモード切換レバー、7, 54
オートモード撮影、74
40
S(シャッタースピード優先撮影)、 お手入れについて、310
64
音設定、208
S(AF-S)、78, 80, 142
オプション品(別売アクセサリー)、
T(タイム撮影)、66
290
TTL、109, 110, 166
[か]
USB ケーブル、282
海外で使うとき、304
WB シフト、123
外部フラッシュ(別売クリップオン
[あ]
アイセンサー、14
赤目補正、111, 165, 190, 258
顔検出 / 瞳 AF 設定、138
アドバンスト SR オート、76
拡大表示、86, 89
アドバンストフィルター、99, 100
画質設定、114
後幕シャッター、110, 259, 261,
画質モード、116
264, 269
資料
12
フラッシュ)、256
外部マイク、55, 172
カスタム(C)、91
アフターサービス(修理)、348
カスタム選択、131
アベレージ(測光)、154
カスタム登録(編集)、132
位置情報設定、238
カスタムホワイトバランス、124
色温度、125
画像回転、189
色空間、129, 182
画像サイズ、115
インジケーターランプ、10, 35
画面のカスタマイズ、17, 219
インターバルタイマー撮影、152
カラー、127
液晶モニター(LCD)、11, 16
感度(ISO 感度)、157
感度 AUTO 設定、158
342
索引
基準 ISO 感度、158
基本設定、200
先幕シャッター、110, 259, 261,
264, 269
距離指標、89, 218
撮影画像表示、214
記録画素数、335
撮影時のタッチ操作について、22
クイックメニュー(Q メニュー)
ボタン、222, 243, 246
撮影時の表示画面、12
クイックメニュー(Q メニュー)
登録 / 編集、222
シーン選択、74, 148
撮影メニュー、iv, 113
自動電源 OFF(オートパワーオフ)、
クイックメニュー(Q メニュー)
割り当て変更、246
視度調節ダイヤル、11
クリップオンフラッシュ、256, 257,
絞り設定、229
262, 291
231
絞り優先(A)撮影、69
グレイン・エフェクト、120
絞りリング付きレンズ、273
減感(増感 / 減感)、182
絞りリングなしレンズ、274
言語、46, 204
シャープネス、127
交換レンズ、271
シャッター音、210
工場出荷時(リセット)、207
シャッター音量、210
合焦マーク、79
シャッタースピード、5, 336
コマ NO.(コマナンバー)、234
シャッタースピードダイヤル、5
コマンドダイヤル、8
シャッタースピード優先、64
コマンドダイヤル設定、226
シャッター方式、155
コンティニュアス AF(C)、78
シャドウトーン、126
[さ]
再生音量、211
消去、52, 183
消費電力設定、231
情報表示の切り替え、16, 176
再生時の表示画面、174
ショートカット機能、242
再生ズーム、179
初期設定、44
再生方法、178
処理前画像記録、235
再生メニュー、v, 180
シングル AF(S)、78
資料
再生時のタッチ操作について、24
12
343
シングルポイント(AF モード)、
80, 81, 134
多重露出撮影、101
スタンダード画面、17
タッチ操作、22
ズームリング、49
タッチパネル設定、230
ストラップ、28
縦表示、15
スポット(測光)、154
縦横自動回転再生、218
スマートフォン、191, 280
中央部重点(測光)、154
スライドショー、191
長秒時ノイズ低減、128
スローシンクロ、110, 261, 264,
著作権情報、236
268
デジカメプリント、195
静止画(再生)、51
デジタルスプリットイメージ、90
静止画(プログラム撮影)、48
手ブレ補正対応レンズ、274
世界時計、203
テレビ接続(HDMI 出力)、278
接続設定、237, 239
電源、42
セットアップメニュー、vi, 200
電子音 & フラッシュ、206
セルフタイマー、151
電子シャッター(シャッター方式)、
セルフタイマー音量、209
155
セレクターボタン、4
電子水準器、18
セレクターボタン設定、226
点像復元処理、129
センサークリーニング、206
動画 AF モード、170
操作音量、209
動画再生、58
操作ボタン・ダイヤル設定、221
動画撮影、54
増感(増感 / 減感)、182
動画設定、57, 169
ゾーン(AF モード)、134
動画モード、169
測光モード、154
ドライブ設定(ドライブモード)、
測光&フォーカスエリア連動、142
資料
12
タイム撮影(T)、66
[た]
ダイナミックレンジ、121
ダイナミックレンジ
ブラケティング、96
344
149
ドライブダイヤル、6
トリミング、186
索引
[な]
長押し(DISP/BACK ボタン)、225,
250
表示比率、198
標準撮影枚数 / 記録時間、334
ピントの確認、89
長押し(MENU/OK ボタン)、4, 13
ファームウエア更新情報、312
長押し(Q ボタン)、223, 246
ファイル名編集、235
長押し(ゴミ箱ボタン)、201
ファンクション(Fn)ボタン、248
長押し(リアコマンドダイヤル
中央)、9, 90
フィルムシミュレーション、118
日時設定 / 日時変更、46, 202
ノイズリダクション、128
[は]
ハイスピードシンクロ(FP)、264,
269
フィルムシミュレーション BKT、
95
フォーカス位置拡大、140
フォーカスエリア選択、133
フォーカスエリア、82, 83, 84, 85,
133
ハイライトトーン、126
フォーカスチェック、141
パソコン接続、282
フォーカス点数切り替え、136
発光モード、109, 259, 260, 262,
フォーカスピーキング、90, 141
267
フォーカスモード、78
パノラマ撮影、103
フォーカス優先(レリーズ優先 /
フォーカス優先)、143
パフォーマンス、232
フォーカスリング、228
バルブ撮影(B)、67
フォーマット(初期化)、201
半押し AF、227
フォトブックアシスト、192
半押し AE、227
ブラケティング撮影、94
光通信(MASTER)、266
フラッシュ撮影、107
ピクセルマッピング、130
フラッシュ設定(撮影メニュー)、
バッテリー、32, 36, 43
被写界深度確認、70
164
フラッシュ機能設定、109, 164
被写界深度目盛、275
プリ AF、137
ヒストグラム表示、19
プリント予約(DPOF)、195
表示設定、212
フレーミングガイド、217
資料
被写界深度スケール、143
12
345
ブレ防止モード、156
プログラム(P)撮影、48, 62
プログラムシフト、63
プロテクト、188
フロントコマンドダイヤル
(コマンドダイヤル)、8
別売アクセサリー、290
保存設定(セットアップメニュー)、
233
[や]
4K 映像出力先、171
[ら]
リアコマンドダイヤル
(コマンドダイヤル)、9
リサイズ、187
リセット、207
ボタンロック、4, 13
リモートレリーズ、68
ポップアップ式フラッシュ、260
レリーズ優先(レリーズ優先 /
フォーカス優先)、143
ホワイトバランス、122
ホワイトバランスブラケティング、
96
[ま]
マイク / リモートレリーズ設定、
172
マイクレベル設定、172
マイクロ USB 端子、68
マイメニュー(マイメニュー設定)、
204, 252
マウントアダプター設定、160
マニュアル(M)撮影、72
資料
12
モニター撮影効果反映、216
連写(連続撮影)、97
レンズ(取付)、30
レンズ(交換レンズ)、271
レンズキャップ、272
レンズフード、272
レンズなしレリーズ、228
露出補正、91
露出補正ダイヤル、5
ロスレス圧縮、117
[わ]
ワイド / トラッキング(AF モード)、
81, 85, 134
マニュアル時モニター露出 /
WB 反映、215
ワイヤレス設定、237
マニュアルフォーカス(M)、87
ワイヤレス通信、191
マルチ再生、179
ワンプッシュ AF 時の動作、142
マルチ(測光)、154
無線 LAN、280
メモリーカード、36
346
ソフトウエアのお問い合わせ
以下の手順でお問い合わせください。
1 お問い合わせの前にお確かめください。
ソフトウエアのインストールや使い方は使用説明書(本書)
やソフトウエアのヘルプから調べることができます。
2 富士フイルム製品 Q&A・お問い合わせをご覧ください。
http://fujifilm.jp/sd/ をご覧ください。
3 巻末のお問い合わせ先に FAX、電話でお問い合わせください。
より早く正確な回答のために、下記の情報をご用意ください。
カメラの機種名
ソフトウエアのバージョン
エラーメッセージ
どのようなときにトラブルが発生しますか ?
トラブルが発生する直前の操作は ?
カメラの状態は ?
トラブルが発生する頻度は ?
ご使用の PC 機種名、OS バージョン、他の接続機器名
•
•
•
•
•
ご質問によっては回答するまでに時間を要する場合もありま
すので、あらかじめご了承ください。
資料
あらかじめ「アフターサービスについて」の項の「個人情報
の取扱について」をご確認ください。
12
347
アフターサービスについて
保証書
• 保証書はお買上げ店に所定事項を記入していただき、大切に保存してく
ださい。
• 保証期間中は、保証書の記載内容に基づいて無償修理をさせていただき
ます。保証規定に基づく修理をご依頼になる場合には、必ず保証書を添
付してください。なお、お買上げ店または修理サービスセンターにお届
けいただく際の運賃などの諸費用は、お客様にてご負担願います。
修理
■ 調子が悪いときはまずチェックを
本書の「困ったときは」をご覧ください。使い方の問題か、故障か迷うときは、
FinePix サポートセンターへお問い合わせください。電話番号が巻末に記載
されています。
■ 故障と思われるときは
富士フイルム修理サービスセンターまたは当社サービスステーションに修理
をご依頼ください。富士フイルム修理サービスセンター、サービスステーショ
ンのご案内が巻末にあります。
■ 修理ご依頼に際してのご注意
• 本書巻末にある「修理依頼票」をコピーしていただき、必要事項をご記
入の上、製品に添付してください。「修理依頼票」は、故障箇所を正確に
把握し、迅速な修理を行うための貴重な資料になります。
• 修理料金の見積をご希望の場合には、「修理依頼票」の「見積」欄にご記
入ください。ご指定のないときは、修理を進めさせていただきます。なお、
見積は有料となります。
資料
• 落下 ・ 衝撃、 砂 ・ 泥かぶり、 冠水 ・ 浸水などにより、修理をしても機能
の維持が困難な場合には、修理をお断りする場合もあります。
12
348
アフターサービスについて
■ 修理部品について
• 本製品の補修用部品は、製造打ち切り後 7 年を目安に保有しております
ので、この期間中は原則として修理をお引き受けいたします。ただしこ
の期間中であっても、部品都合等により、同等の製品に交換させていた
だく場合もあります。その場合、旧機種でご使用の消耗品や付属品をご
使用いただけないことや、対応 OS が変更になることがあります。
• 本製品の修理の際には、環境に配慮し再生部品や再生部品を含むユニッ
トと交換させていただく場合があります。交換した部品およびユニット
は回収いたします。交換部品が必要な場合には、修理をご依頼されると
きにその旨をお伝えください。
個人情報の取扱について
当社は、お客様の住所・氏名・電話番号等の個人情報を大切に保護するため、
個人情報保護に関する法令を遵守するとともに、電話問い合わせ時あるいは
修理依頼時にご提供いただいたお客様の個人情報を次のように取扱います。
1. お客様の個人情報は、お客様のお問い合わせに対する当社からの回答、
修理サービスの提供およびその後のユーザーサポートの目的にのみ利用
いたします。
2. 弊社指定の宅配業者、修理業務担当会社、その他の協力会社に当社が作
業を委託する場合、委託作業実施のために必要な範囲内でお客様の個人
情報を開示することがございます。開示にあたりましては、盗難・漏洩
等の事故を防止し、また当社より委託した作業以外の目的に使用しない
よう、適切な監督を行います。
3. ご提供いただいたお客様の個人情報に関するお問い合わせ等は、FinePix
サポートセンター等のお問合せ先、富士フイルム修理サービスセンター
あるいは修理依頼先サービスステーション宛にお願いいたします。
資料
12
349
修理依頼票
※ あらかじめ「個人情報の取扱について」をご確認ください。
※ 本紙は拡大コピーしてお使いください。
※ 下表の □ は、該当する項目にチェック(
)を入れてください。
フリガナ
電話番号
お名前
FAX 番号
〒
−
ご住所
製品名(型名)
□保証書
修理品への添付
ボディ番号(機番)
保証書あるいは本体
底面に記載してある
8 桁の番号です。
修理お問い合わせ時
にご連絡ください。
NO.
□メモリーカード
□バッテリー
□(
)
□(
)
見積
□要(修理金額
見積連絡方法
□電話
円以上見積り) □不要
□ FAX
故障症状
(故障時の様子)
20
□初回
□再依頼(□同一症状
発生頻度
□開始時のみ
□いつも
□時々(
動作モード
□再生時
□撮影時
□ショックを与えると
他機との接続
□無
□有(接続機
発生状況
ご購入時期
修理履歴
使用電源
年
月
※保証書を添付してください。
□別症状)
日に
回)
)
●本製品に関するお問い合わせは…
※あらかじめ「アフターサービスについて」の項の
「個人情報の取扱について」をご確認ください。
富士フイルムFinePixサポートセンター
月曜日〜金曜日 9:30 〜 17:30/土曜日、日曜日、祝日 10:00 〜 17:00(年末年始を除く)
TEL 050-3786-1060 ご利用いただけない場合は
0228-30-2992
FAX 050-3786-2060 受付時間:24時間(返信対応は電話の受付時間と同一です)
●本製品の関連情報は…
※弊社ホームページ http://fujifilm.jp/ の自己解決に役立つ「Q&A
検索」もご利用ください。
■ 修理サービスQ&A
修理依頼方法、紛失した付属品の購入方法など修理に関するよくある質問と
回答をまとめて掲載しています。
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/index.html
■ 修理料金のご案内
当社サービスステーションに直接修理依頼された場合の目安の修理料金を確認できます。
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/estimate/index.html
●修理の受付は…
※詳細は本文中の「アフターサービスについて」をご覧ください。また、あらかじめ
「アフターサービスについて」の項の「個人情報の取扱について」をご確認ください。
■ 修理のご相談受付窓口
富士フイルム修理サービスセンター
月曜日〜金曜日 9:30 〜 17:30/土曜日 10:00 〜 17:00(年末年始を除く)
TEL 050-3786-1040
FAX 050-3786-2040 受付時間:24時間(返信対応は電話の受付時間と同一です)
■ 修理品ご送付受付窓口
富士フイルム修理サービスセンター
〒989-5501 宮城県栗原市若柳字川北中文字95-1/TEL : 050-3786-1040
▼
お急ぎの場合は、全国どこからでも 【FinePixクイックリペアサービス】
▼
お預かりからお届け迄が最短3日の宅配修理サービス
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/quick/index.html
お近くのサービスステーション【サービスステーション一覧】
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/servicestation/index.html
サービスステーションにつきましては、弊社ホームページ http://fujifilm.jp/
または上記の<修理ご相談受付窓口>にてご確認・お問い合わせください。
●本製品以外の富士フイルム製品のお問い合わせは…
お客様コミュニケーションセンター TEL 050-3786-1711
(月曜日〜金曜日
9 : 30 〜 17 : 30
※土・日・祝日・年末年始を除く)
※各窓口の受付時間、サービス内容は予告なく変更する場合があります。最新の情報は弊社ホームページでご確認ください。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement