Fujifilm X-A10 Owner's manual

Fujifilm X-A10 Owner's manual
BL00004845-101
JA
DIGITAL CAMERA
X-A10
はじめに
撮影の準備
基本撮影(静止画編)
使用説明書/ソフトウェア取扱ガイド
このたびは、弊社製品をお買い上げいただき、ありがとうございます。
静止画の撮影と再生
基本撮影(動画編)
動画の撮影と再生
この説明書には、富士フイルムデジタルカメラ
X-A10 の使い方がまとめられています。
内容をご理解の上、正しくご使用ください。
X-A10 スペシャルサイト
http://fujifilm-x.com/x-a10/
Q(クイックメニュー)ボタン
Fn(ファンクション)ボタン
応用撮影
いろいろな撮影と再生
メニュー一覧
接続編
無線 LAN 機能
パソコンに転送
本製品の内容については、オンラインマニュアルを併せて
ご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/manuals/
プリント
テレビで再生
カメラで使えるアクセサリー
お取り扱いにご注意ください
困ったときは / 資料
はじめに
はじめに
カメラをお使いになる前に
次の手順にしたがって
準備してください
■ 付属品一覧
• 充電式バッテリー NP-W126S
(1 個)
• ボディキャップ(1 式)
1
箱の中の付属品が
すべてそろっているかを
確認してください(右記)。
2
カメラを安全に使用されるために、
「お取り扱いにご注意ください」
(P 134)をお読みください。
• AC パ ワ ー ア ダ プ タ ー AC-5VF • 専用 USB ケーブル(1 本)
(1 個)
• プラグアダプター(1 個)
仕向け国によって形状が異なります。
• ショルダーストラップ(1 本)
• 使用説明書(本書)
• 保証書(1 部)
R レンズキットをお買い上げいただいたときは、交換レンズが付属し
3
ていることをご確認ください。
本書をよくお読みの上、
カメラをお使いください。
2
本書について
この使用説明書の以下のページを開くと、お探しの情報が簡単に見つかるようになっています。
y
P5
カメラの主な機能が使用説明書のどこに記載されているかを
知りたいときに参照してください。目次を見ると、使用説明
書全体の流れがつかめます。
警告表示
y
P150
画面に表示される警告の意味と原因を紹介しています。
索引
y
トラブルシューティング /FAQ
y
P141
カメラの動作がおかしいとき、思い通りの写真が撮れないと
きなどの原因と対処法を紹介しています。
各撮影モードで使用できる機能について
y
はじめに
目次
P154
撮影モードや機能ごとに使用できるメニューなどをまとめて
記載しています。
P162
用語や項目名をもとに、詳しい説明の記載ページを探せます。
索引は五十音順になっています。
使用可能なメモリーカードについて
このカメラでは、市販の SD メモリーカード、SDHC メモリーカード、SDXC メモリーカードをお使いになれます。本書では、
これらのカードを「メモリーカード」と表記します。
本書で使われている記号について
Q :カメラを使用するときに、故障などを防ぐために注意していただきたいことを記載しています。
R :カメラを使用するにあたって知っておくと便利なこと、参考になることを記載しています。
P:参照ページを記載しています。
画面のイラストや写真について
• 本書では、画面の表示を簡略化して記載しています。
• 本書に掲載している写真は、機能を説明するためのもので、実際の機種で撮影したものとは限りません。
3
お手入れについて
カメラのお手入れ
はじめに
長くご愛用いただくために、カメラをご使用になった後は次のようなお手入れすることをおすすめします。
• カメラ本体は、乾いた柔らかい布などで拭いてください。アルコール、シンナー、ベンジンおよび殺虫剤など
揮発性のものをかけないでください。変質、変形したり、塗料がはげるなどの原因になります。特にカメラ本
体の革については変色の原因になる場合があります。
• カメラ本体に液体が付着した場合は、すぐに乾いた柔らかい布などで拭き取ってください。
• 液晶モニター表面などの汚れはブロアーブラシなどでほこりを払い、乾いた柔らかい布などで軽く拭いてくだ
さい。それでも取れないときは、富士フイルムのレンズクリーニングペーパーにレンズクリーニングリキッド
を少量つけて軽く拭いてください。
• 液晶モニター表面などは傷つきやすいので、固いものでこすったりしないでください。
• センサーのクリーニングはセットアップメニューの V センサークリーニングで行えます(P 112)。
• カメラを保管するときは、ボディキャップを取り付けてください。
交換レンズのお手入れ
• 使用後は、ブロアーブラシなどでほこりを払い、乾いた柔らかい布などで軽く拭いて汚れを落としてから保管
してください。汚れがひどいときは、富士フイルムのレンズクリーニングペーパーにレンズクリーニングリキッ
ドを少量つけて軽く拭いてください。
• 交換レンズを保管するときは、レンズフロントキャップとレンズリアキャップを取り付けてください。
4
目次
撮影の準備
20
ストラップを取り付ける ..................................................20
レンズを取り付ける ..........................................................21
バッテリーとメモリーカードを入れる ...........................22
使用可能なメモリーカード ...........................................24
バッテリーを充電する ......................................................25
電源をオンにする / オフにする .......................................28
初期設定を行う ..................................................................29
言語、日時を変更する ...................................................29
情報表示について ..............................................................30
「スタンダード」画面のカスタマイズについて ..........31
はじめに
はじめに
2
カメラをお使いになる前に .................................................2
本書について.........................................................................3
お手入れについて .................................................................4
カメラのお手入れ..............................................................4
交換レンズのお手入れ ......................................................4
カメラの各部の名称 ..........................................................10
セレクターボタン...........................................................11
メインコマンドダイヤル / サブコマンドダイヤル ....12
インジケーターランプ ...................................................13
液晶モニターについて ...................................................13
画面の表示..........................................................................14
撮影時 ..............................................................................14
再生時 ..............................................................................16
レンズについて ..................................................................17
レンズの各部名称...........................................................17
レンズキャップの取り外し方 .......................................17
レンズフードの取り付け方 ...........................................17
絞りリング付きレンズについて ...................................18
手ブレ補正スイッチ付きのレンズについて ................18
フォーカスリングの移動により
MF 撮影が可能なレンズについて ...............................19
基本撮影(静止画編):静止画の撮影と再生
32
静止画を撮影する ..............................................................32
静止画を再生する ..............................................................34
1 コマ再生 ......................................................................34
再生ズーム ......................................................................35
マルチ再生 ......................................................................36
画像を消去する ..................................................................37
1 コマ消去 ......................................................................37
複数指定消去 ..................................................................38
全コマ消去 ......................................................................38
基本撮影(動画編):動画の撮影と再生
39
動画を撮影する ..................................................................39
動画を再生する ..................................................................40
5
目次
はじめに
Q ボタン /Fn ボタン:Q(クイックメニュー)ボタン 41
Q ボタンを使う..................................................................41
設定の確認と変更...........................................................41
クイックメニューの割り当て変更................................42
Q ボタン /Fn ボタン:Fn(ファンクション)ボタン 43
ファンクションボタンを使う...........................................43
応用撮影:いろいろな撮影と再生
44
モードダイヤルで撮影モードを変更したい ...................44
S(アドバンスト SR オート)...................................45
Adv.(アドバンストモード)........................................46
SP(シーンポジション)/h/M/N/O...................51
P(プログラム)..............................................................52
S(シャッタースピード優先).......................................53
A(絞り優先).................................................................54
M(マニュアル).............................................................55
C(カスタム).................................................................56
ピントに関する設定を変更したい ...................................57
ピント合わせの方法を変更(フォーカスモード)......57
M(マニュアルフォーカス)での撮影方法 ................59
ピント合わせのエリアを変更
(フォーカスエリア選択)
..............................................61
AE/AF ロック撮影したい ................................................62
ホワイトバランスを変更したい .......................................64
6
連写画像を撮影したい ......................................................67
連続撮影(連写)............................................................68
ブラケティング撮影 .......................................................69
セルフタイマーを使って撮影する ...................................71
2 秒後撮影 /10 秒後撮影 .............................................72
スマイル撮影 ..................................................................72
カップルタイマー撮影 ...................................................73
グループタイマー撮影 ...................................................73
インターバルタイマーを使って撮影したい ...................74
自分撮りをしたい(セルフィー).....................................75
ISO 感度を変更したい ......................................................76
露出を補正したい ..............................................................78
明るさの測定方法を変更したい(測光モード)..............79
フラッシュを使って撮影したい .......................................80
フィルムシミュレーションで画像を撮影したい ............82
RAW 画像を撮影・現像したい........................................83
RAW 画像の撮影 ...........................................................83
RAW 画像の現像(カメラ内 RAW 現像)...................84
M マウントレンズで撮影したい ......................................86
マウントアダプター設定 ...............................................86
フォトブックを作成したい ..............................................88
フォトブックを作成する ...............................................88
作成したフォトブックを見る .......................................89
作成したフォトブックを編集 / 削除する ....................89
目次
q シャープネス ...........................................................96
r ハイライトトーン ...................................................96
s シャドウトーン .......................................................96
h ノイズリダクション ...............................................96
K 長秒時ノイズ低減 ...................................................96
K カスタム保存 ...........................................................96
l マウントアダプター設定 .......................................97
m レンズなしレリーズ ...............................................97
c MF アシスト ...........................................................97
C 測光 ..........................................................................97
v 測光 & フォーカスエリア連動 ..............................97
p フラッシュ設定 .......................................................98
W 動画設定 ..................................................................98
L ブレ防止モード .......................................................99
W 電子式手ブレ補正 ...................................................99
r ワイヤレス通信 ....................................................100
x シャッター方式 ....................................................100
はじめに
応用撮影:メニュー一覧
90
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー ............................90
撮影メニューの使い方 ...................................................90
撮影メニュー一覧...........................................................91
A シーン選択...............................................................91
A Adv. モード.............................................................91
G フォーカス設定 .......................................................92
N 感度 ..........................................................................94
O 画像サイズ...............................................................94
T 画質モード...............................................................94
U ダイナミックレンジ ...............................................95
P フィルムシミュレーション....................................95
X フィルムシミュレーション BKT ..........................95
B セルフタイマー .......................................................95
o インターバルタイマー撮影....................................95
D ホワイトバランス ...................................................95
f カラー ......................................................................95
7
目次
はじめに
8
再生の設定を変える ̶ 再生メニュー .........................101
再生メニューの使い方 ................................................101
再生メニュー一覧........................................................102
r ワイヤレス通信 ....................................................102
j RAW 現像 ............................................................102
A 消去 .......................................................................102
G トリミング............................................................103
O リサイズ................................................................103
D プロテクト............................................................104
C 画像回転 ...............................................................104
B 赤目補正 ...............................................................105
I スライドショー ....................................................105
m フォトブックアシスト ........................................105
s PC 保存 ................................................................106
K プリント予約(DPOF)......................................106
V instax プリンタープリント ...............................106
J 表示比率 ...............................................................106
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー ......107
セットアップメニューの使い方 ................................107
セットアップメニュー一覧 ........................................108
F 日時設定 ...............................................................108
N 世界時計 ...............................................................108
Q a ...........................................................108
R リセット ...............................................................108
o 電子音 & フラッシュ ...........................................109
b 音設定 ...................................................................109
A 表示設定 ...............................................................110
h 操作ボタン設定 ....................................................111
I フォーカスリング ................................................111
Z 消費電力設定 ........................................................112
V センサークリーニング ........................................112
t 保存設定 ...............................................................113
J 色空間 ...................................................................114
S カスタムリセット ................................................114
r 接続設定 ...............................................................115
K フォーマット ........................................................116
工場出荷時の設定値 .......................................................117
目次
カメラで使えるアクセサリー
131
別売アクセサリー ...........................................................131
システム構成図 ...............................................................133
接続編:パソコンに転送
121
カメラをパソコンに接続して画像を転送する
(MyFinePix Studio/RAW FILE CONVERTER)......................121
Windows をお使いの方.............................................121
Mac(Macintosh)をお使いの方 ..........................121
カメラとパソコンを接続する ....................................122
困ったときは
141
トラブルシューティング /FAQ ....................................141
警告表示 ..........................................................................150
接続編:プリント
124
プリントサービス店でプリントする
(お店プリント).............................................................124
プリントする画像を指定する
(K プリント予約(DPOF))......................................125
instax SHARE プリンターで
カメラの画像をプリントする ......................................127
プリンターとの接続を設定する ................................127
画像をプリントする ....................................................128
お取り扱いにご注意ください
134
センサーをクリーニングする........................................140
はじめに
接続編:無線 LAN 機能
119
無線 LAN 機能を使用する
(FUJIFILM Camera Remote/FUJIFILM PC AutoSave)........119
スマートフォンと通信 ................................................119
パソコンに画像を保存 ................................................120
資料
153
SD メモリーカードの標準撮影枚数 / 記録時間 .........153
各撮影モードで使用できる機能について ....................154
リンク集 ..........................................................................157
FUJIFILM X-A10 製品情報 .....................................157
撮影の基礎知識 ...........................................................157
デジタルカメラ撮影ガイド ........................................157
ファームウェア更新情報 ............................................157
主な仕様 ..........................................................................158
索引 ..................................................................................162
ソフトウェアのお問い合わせについて ........................165
アフターサービスについて ...........................................166
接続編:テレビで再生
129
テレビに接続する ...........................................................129
9
カメラの各部の名称
使い方や説明については、各項目の右側に記載されているページを参照してください。
はじめに
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
10
シャッターボタン...........................33
メインコマンドダイヤル................12
モードダイヤル...............................44
フラッシュ ......................................80
ストラップ取り付け部 ...................20
N(フラッシュポップアップ)
スイッチ ..........................................80
レンズ信号接点
レンズ着脱ボタン...........................21
マイク ..............................................39
AF 補助光ランプ ............................93
セルフタイマーランプ ...................71
電源レバー ......................................28
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
Fn(ファンクション)ボタン .......43
バッテリー挿入部...........................22
メモリーカードスロット ...............23
バッテリー取り外しつまみ ...........23
液晶モニター(LCD)....................13
サブコマンドダイヤル ...................12
端子カバー ...................... 122、129
DC カプラーカバー
バッテリーカバーロック ...............22
バッテリーカバー...........................22
三脚用ねじ穴
スピーカー ......................................40
X マイクロ USB 端子(Micro-B)
.......................................................122
専用リモートレリーズ端子... 53、55
Y HDMI マイクロ端子(Type-D)
.......................................................129
Z ボディキャップ...............................21
a 銘板プレート ........................ 下記参照
銘板プレートについて
FCC ID、KC マ ー ク、 シ リ ア ル 番 号
などが印刷されていますので、銘板プ
レートは取り外さないでください。
各部の名称
使い方や説明については、各項目の右側に記載されているページを参照してください。
はじめに
b a(再生)ボタン ............................................. 34
c インジケーターランプ ....................................... 13
d t(動画撮影)ボタン ...................................... 39
e MENU/OK ボタン .........................................下記参照
X ボタンロック(長押し)......................下記参照
f セレクターボタン......................................下記参照
g Q ボタン ............................................................... 41
RAW 現像(再生時).......................................... 84
h DISP/BACK(表示 / 戻る)ボタン....................... 30
撮影時のボタンロックについて
MENU/OK ボタンを長押しすると、画面に X が表示され、セレクターボタン(efgh)、Q ボタンが使用できなくなります。
撮影時に誤って操作してしまうことを防ぎたいときに使用してください。再度、MENU/OK ボタンを長押しすると、ロックは解
除されます。
セレクターボタン
efgh(上下左右)ボタンを押して項目を選択したり、機能を使用したりできます。
①上に移動(e)、AF ボタン(P 61)、b(消去)ボタン(P 37)
②右に移動(h)、WB ボタン(P 64)
③下に移動(f)、I(連写)ボタン(P 67、68、69)
④左に移動(g)、h(セルフタイマー)ボタン(P 71)
⑤ MENU(メニュー)/OK ボタン(P 90、101、107)
11
各部の名称
メインコマンドダイヤル / サブコマンドダイヤル
はじめに
メインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルの主な操作は、以下のようになります。
P
S(シャッター
A
(プログラム) スピード優先) (絞り優先)
メインコマンド
ダイヤル
露出補正(P 78)
M
(マニュアル)
シャッター
スピードを設定
(P 55)
サブコマンド
ダイヤル
プログラム
シフト
(P 52)
シャッター
スピードを
設定(P 53)
* 絞りリング付きレンズを装着の場合はレンズの絞りリングで絞り値を設定
12
絞り値を設定 *
(P 54、55)
・ ピント位置の拡大表示(P 58)
・ マニュアルフォーカス時に長押しで、c MF アシストの設定切り
換え(P 60)
・ 自分撮り(セルフィー)をするために液晶モニターを 180°回転
しているときは、シャッターボタン(P 75)
再生モード
コマ送り
(P 34)
設定値を変更
(P 41)
回転する
中央を押す
クイック
メニュー
−
・ 再生ズーム
(P 35)
・ マルチ再生
(P 36)
ピントを
合わせた位置
の拡大表示
(P 34)
各部の名称
インジケーターランプ
液晶モニターについて
はじめに
インジケーター
ランプ
液晶モニターをチルトすると、液晶モニターを見やすい角度
に調整して撮影できます。自分撮り(セルフィー)を行う時
に便利です(P 75)。
インジケーターランプの色や点灯 / 点滅で、カメラの状態が
わかります。
インジケーターランプ
カメラの状態
緑色点灯
被写体にピントが合っています。
緑色点滅
手 ブ レ 警 告、AF 警 告、AE 警 告
です(撮影できます)。
緑と橙色の交互点滅
メモリーカードに画像を記録して
います(続けて撮影できます)。
橙色点灯
メモリーカードに画像を記録して
います(撮影できません)。
橙色点滅
フラッシュ充電中です(フラッ
シュは発光しません)。
赤色点滅
画像記録異常、またはレンズ異常
です。
指挟み
注意
液晶モニターをチルトしているときは、指など
が挟まらないようにご注意ください。また、内
側の配線などには触れないでください。故障の
原因となります。
R 画面にも、警告表示が表示されます(P 150)。
13
画面の表示
撮影時および再生時には、画面に次の情報が表示されます。
はじめに
Q 説明のため情報はすべて表示しています。
撮影時
400
14
画面の表示
フォーカスチェック .................... 60
被写界深度確認............................ 54
日付書き込み .............................114
位置情報取得状態......................115
動画モード ................................... 39
動画撮影の残り時間 .................... 39
撮影可能枚数 * ...........................153
画像サイズ・画質モード ............ 94
日付・時刻 ................................... 29
AF フレーム ........................33、62
AF 警告................ 13、145、150
温度警告 .....................................152
ホワイトバランス........................ 64
フィルムシミュレーション ......... 82
O
P
Q
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z
a
ダイナミックレンジ .................... 95
ボタンロック ............................... 11
電子音 & フラッシュ.................109
ヒストグラム ............................... 31
距離指標バー ............................... 60
バッテリー残量表示 .................... 28
ISO 感度 ....................................... 76
露出補正バー / 露出インジケーター
..............................................55、78
絞り値 ........................ 52、54、55
シャッタースピード... 52、53、55
AE ロック .................................... 63
測光モード ................................... 79
撮影モード ................................... 44
b
c
d
e
f
g
h
i
合焦マーク ................................... 58
マニュアルフォーカス ................ 59
フォーカスモード........................ 57
AF + MF ....................................... 92
シャッター方式..........................100
連写モード ................................... 67
セルフタイマー............................ 71
フラッシュモード........................ 80
フラッシュ調光補正 .................... 98
j ブレ防止 ....................................... 99
はじめに
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
* 撮影可能枚数が 9999 枚以上でも「9999」と表示されます。
撮影時のボタンロックについて
X
MENU/OK ボタン長押しでボタンロックしているときに、ロックされているボタンを押すと X が表示されます
(P 11)。
15
画面の表示
再生時
はじめに
2050.12.31 10:00 AM
1/4000
5.6
100-0001
400
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
Q
R
S
T
U
日付・時刻 ................................... 29
顔検出 ........................................... 93
赤目補正 .....................................105
アドバンストフィルター ............ 47
位置情報 .....................................115
プロテクト .................................104
電子音 & フラッシュ.................109
コマ NO. ....................................113
プレゼント ................................... 34
フォトブックアシスト ................ 88
プリント予約 .............................125
バッテリー残量表示 .................... 28
画像サイズ・画質モード ............ 94
フィルムシミュレーション ........ 82
ダイナミックレンジ .................... 95
ホワイトバランス........................ 64
ISO 感度 ....................................... 76
露出補正 ....................................... 78
絞り値 ........................ 52、54、55
シャッタースピード... 52、53、55
再生モード ................................... 34
V 動画アイコン ............................... 40
W お気に入り ................................... 34
16
レンズについて
このカメラでは、富士フイルム製の FUJIFILM X マウント対応の交換レンズが使用できます。
レンズキャップの取り外し方
はじめに
レンズの各部名称
レンズフードの取り付け方
レンズフードを取り付けると、画像に悪影響を及ぼす
光線をカットし、レンズ面の保護にも役立ちます。
A
B
C
D
E
F
G
レンズフード
取り付け指標
フォーカスリング
ズームリング
レンズ信号接点
レンズフロントキャップ
レンズリアキャップ
17
レンズについて
はじめに
絞りリング付きレンズについて
手ブレ補正スイッチ付きのレンズについて
レンズで絞りを A 以外に設定して 絞りリング
いるときは、レンズの絞りリング
で絞りを調整できます(A(絞り
優先)または M(マニュアル)モー
A 16 11 8
ドのとき)。
手ブレ補正対応レンズを使用しているときは、カメラ
のメニューでブレ防止モードを設定できます(P 99)
。
レンズに手ブレ補正のスイッチ(OIS スイッチ)があ
る場合は、OIS スイッチを ON の位置に合わせると、
手ブレ補正機能が使用できます。
A 16 11 8 5.6 4 2.8
5.6 4
絞りモードスイッチがあるレンズの場合
絞りモードスイッチがあるレンズでは、絞りモードスイッ
チを Z の位置に設定すると、レンズの絞りリングで絞りを
調整できます。
絞りリング
絞りモードスイッチ
Q 絞りを A に設定しているときは、サブコマンドダイヤルで
絞りを調整します。
R メインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルの操作方
法は P 12 をご覧ください。
18
OIS スイッチ
レンズについて
フォーカスリングの移動により MF 撮影が可能なレンズについて
・MF 時(マニュアルフォーカス撮影;P 59)は、フォーカスリングをリア側にセットしてください。
ライブビューで画像を確認しながらフォーカスリングを回し、ピントを調整してください。
距離指標と被写界深度目盛を活用した目測による MF 撮影も容易に行えます。
はじめに
・AF 時(マニュアルフォーカス撮影以外)は、フォーカスリングをフロント側にセットしてください。
Q フォーカスリングをリア側(MF)に移動しても、撮影モードによっては、MF 撮影できない場合があります。
被写界深度目盛
絞り値によるピントの合う範囲の目安は、被写界深度目盛で確認できます。
距離指標
Q 本レンズを装着し MF に設定すると、カメラの画面に「距離指標」は表示されません。
19
撮影の準備
ストラップを取り付ける
撮影の準備
ショルダーストラップは、次のようにカメラのストラップ取り付け部(2 箇所)に取り付けます。
Q ストラップの取り付け方を間違えると、カメラが落下するおそれがありますので、しっかりと取り付けてください。
20
レンズを取り付ける
カメラにレンズを取り付けます。
Q レンズを取り付けるときは、ゴミやほこりの付着に注意してください。
カメラのボディキャップとレンズのリアキャップ
を外します。
撮影の準備
1
レンズを取り外すときは
カメラの電源をオフにしてからレ
ンズ着脱ボタンを押して矢印の方
向にレンズを回してください。
レンズ着脱ボタン
Q レンズを取り外してカメラを保管するときは、ゴミやほこ
Q カメラ内部には触れないでください。
2
カメラとレンズの指標に合わせてレンズを回し、
カメラに取り付けます。
りの付着を防ぐためにボディキャップとレンズキャップを
取り付けて下さい。
別売アクセサリーについて
このカメラでは、富士フイルム製の FUJIFILM X マウント
対応の交換レンズやアクセサリーが使用できます(P 131)
。
Q「カチッ」とはまるまで、レンズを回してください。
Q レンズを取り付けるときは、レンズ着脱ボタンを押さ
ないでください。
21
バッテリーとメモリーカードを入れる
カメラにバッテリーとメモリーカードを入れます。撮影した画像は、市販の SD/SDHC/SDXC メモリーカード
に記録します。
撮影の準備
Q このカメラには内蔵メモリーはありません。
1
バッテリーカバーロックをスライドさせて、バッ
テリーカバーを開けます。
2
バッテリーを入れます。
• 図のように、金色の端子を下にして、指標(矢印)
の位置がカメラ内部のイラストと合うように確
認してください。
• バッテリー取り外しつまみをバッテリーで押す
ようにして、バッテリーを入れます。
バッテリー指標
Q カメラの電源がオンになっているときは、バッテリー
カバーを開けないでください。画像ファイルやメモ
リーカードが壊れることがあります。
Q バッテリーカバーに無理な力を加えないでください。
バッテリー取り外しつまみ
Q バッテリーの向きを間違えると、カメラが破損するお
それがあります。正しい向きで挿入してください。
Q バッテリーがしっかり固定されていることを確認して
ください。
22
バッテリーとメモリーカードを入れる
3
バッテリーを取り出すときは
カメラの電源をオフにしてから
バッテリーカバーを開け、バッテ
リー取り外しつまみを指で動かし
てロックを外してください。
バッテリー取り外しつまみ
カチッ
撮影の準備
メモリーカードを入れます。
図のように正しい向きで「カチッ」と音(感触)
がするまで、メモリーカードを確実に奥まで差し
込みます。
Q 高温環境下で使用するとバッテリーが熱くなっている場
合があります。取り出すときは注意してください。
Q メモリーカードの向きが正しいことを確認してくださ
い。斜めに差し込んだり、無理な力を加えたりしない
でください。
4
バッテリーカバーロックをスライドさせて、バッ
テリーカバーを閉めてください。
メモリーカードを取り出すときは
カメラの電源をオフにしてから
バッテリーカバーを開けます。メ
モ リ ー カ ー ド を 指 で 押 し 込 み、
ゆっくり指を戻すと、ロックが外
れて取り出せます。
Q メモリーカードを取り出すときは、カードの中央を押し
てください。
Q メモリーカードを取り出すときに、押し込んだ指を急に
放すと、メモリーカードが飛び出すことがあります。指
は静かに放してください。
Q バッテリーカバーが閉まらないときは、無理に閉めず
にバッテリーの挿入方向を確認してください。
23
バッテリーとメモリーカードを入れる
撮影の準備
使用可能なメモリーカード
Q 未使用のメモリーカードや、パソコンやその他の機器で
• このカメラでは、弊社および SanDisk 社製の SD/
SDHC/SDXC メモリーカードの使用をおすすめし
ます。
• 動画撮影や連写撮影をするときは、H 以上の
メモリーカードをご使用ください。
• 今後の対応メモリーカードについては、富士フイ
ルムのホームページに掲載しています。詳しくは
使用したメモリーカードは、必ずカメラでフォーマット
(P 116)してからご使用ください。
Q メモリーカードは小さいため、乳幼児が誤って飲み込む可
能性があります。乳幼児の手の届かない場所に保管してく
ださい。万が一、乳幼児が飲み込んだ場合は、ただちに医
師と相談してください。
Q 外 形 寸 法 が SD メ モ リ ー カ ー ド 規 格 か ら 外 れ て い る
miniSD アダプターや microSD アダプターを使うと、ま
れに抜けなくなることがあります。その場合、無理に抜こ
うとすると故障につながりますので、富士フイルム修理
サービスセンターに修理をご依頼ください。
Q メモリーカードにラベルなどをはらないでください。はがれ
たラベルが、カメラの誤動作の原因になることがあります。
Q メモリーカードの種類によっては、動画の記録が中断され
ることがあります。
Q カメラでメモリーカードをフォーマットすると、画像を保
存するフォルダが作られます。このフォルダの名前を変更
したり、削除したりしないでください。また、パソコンや
その他の機器で、画像ファイルの編集 / 削除または名前変
更をしないでください。画像のファイル名を変更すると、
カメラでの再生時に支障をきたす場合があります。
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/compatibility/
index.html を参照してください。その他のメモリー
カードについては、動作保証しておりません。また、
xD- ピクチャーカード、マルチメディアカードには
対応していません。
Q メモリーカードのフォーマット中や、データの記録 / 消去
中は、カメラの電源をオフにしたり、メモリーカードを取
り出したりしないでください。カード損傷の原因になるこ
とがあります。
Q メモリーカードをカメラで記録、消去するときは、書き込
み禁止スイッチのロックを解除してください。書き込み禁
止スイッチを LOCK 側へスライドさせると、画像の記録や
消去、カードのフォーマットができなくなります。
書き込み禁止スイッチ
24
バッテリーを充電する
ご購入時にはバッテリーは充電されていません。カメラをお使いになる前にバッテリーを充電してください。
充電する前に、カメラの電源をオフにしてください。
1
AC パワーアダプターにプラグアダプターを取り
付けます。
図のように正しい向きで「カチッ」と音(感触)
がするまで、プラグアダプターを確実に奥まで差
し込みます。
2
バッテリーを充電します。
カメラと AC パワーアダプターを付属の USB ケー
ブルで接続します。AC パワーアダプターを屋内
の電源コンセントに差し込みます。
撮影の準備
• お客様がお使いのバッテリーは NP-W126S です。
• 充電時間については、P 160 をご確認ください。
AC パワーアダプター
カメラのマイクロ USB 端
子(マイクロ B)に USB
ケーブルを接続します。
プラグアダプター
Q 付 属 の プ ラ グ ア ダ プ タ ー は、AC パ ワ ー ア ダ プ タ ー
Q USB ケーブルは向きに注意して、端子の奥までしっか
りと差し込んでください。
AC-5VF 専用です。この組み合わせ以外では使用しな
いでください。
25
バッテリーを充電する
充電状態の表示
インジケーターランプでバッテリーの充電状態を示します。
撮影の準備
インジケーターランプ
点灯
消灯
点滅
バッテリーの状態
充電中
充電完了
バッテリー異常
Q カメラの電源がオンのときは充電できません。
Q 同梱されている AC パワーアダプターは電源電圧(100-240V)、電源周波数(50/60Hz)の地域で使用できます。ただし、
地域により電源コンセント形状が異なりますので必要に応じ、あらかじめ最適な変換プラグアダプターの安全性をお確かめの
上ご用意ください。詳しくは旅行代理店などにご相談ください。
Q 工場出荷時にバッテリーはフル充電されていません。お使いになる前に必ず充電してください。
Q バッテリーにラベルなどをはらないでください。カメラから取り出せなくなることがあります。
Q バッテリーの端子同士を接触(ショート)させないでください。発熱して危険です。
Q バッテリーについてのご注意は「お取り扱いにご注意ください」を参照してください。
Q 必ず専用の充電式バッテリーをお使いください。弊社専用品以外の充電式バッテリーをお使いになると故障の原因になること
があります。
Q 外装ラベルを破ったり、はがしたりしないでください。
Q バッテリーは使わなくても少しずつ放電しています。撮影の直前(1 〜 2 日前)には、バッテリーを充電してください。
Q 使用できる時間が著しく短くなったときは、バッテリーの寿命です。新しいバッテリーをお買い求めください。
Q AC パワーアダプターを使用しないときは、コンセントから AC パワーアダプターを抜いてください。
Q 充電前に、バッテリーの端子の汚れを乾いたきれいな布などで拭いてください。端子が汚れていると、充電できないことがあ
ります。
Q 低温時および高温時は充電時間が長くなることがあります。
26
バッテリーを充電する
パソコンに接続してバッテリーを充電する
パソコンに接続して、バッテリーを充電することもできます。付属の USB ケーブルで、カメラとパソコンを接続してください。
撮影の準備
カメラのマイクロ USB 端子
(マイクロ B)に USB ケーブル
を接続します。
Q 充電する前に、カメラの電源をオフにしてください。
Q USB ハブやキーボードを経由せずに、直接カメラとパソコンを接続してください。
Q 充電中にパソコンが休止状態(スリープ状態)になると、充電が中止されます。充電を続ける場合は、パソコンの休止状態
(スリープ状態)を解除したあと、USB ケーブルを接続しなおしてください。
Q パソコンの仕様や設定、または状態によって、バッテリーを充電できないことがあります。
27
電源をオンにする / オフにする
電源レバーを ON に合わせると、電源がオンになりま
す。OFF に合わせると、電源がオフになります。
撮影の準備
バッテリー残量の表示
液晶モニターの表示で、バッテリー
残量を確認できます。
P
表示
O
R 撮影中に a(再生)ボタンを押すと、再生モードになります。
R 再生中にシャッターボタンを半押しすると、撮影モードに
(白点灯)
なります。
R 一定時間カメラを操作しないと、自動的にカメラの電
源がオフになります。Z 消費電力設定の自動電源 OFF
(P 112)では、自動的に電源がオフになるまでの時間を設
定できます。自動的にカメラの電源がオフになった場合、
シャッターボタンの半押しまたは電源レバーを OFF にし
てから再度 ON にすると、撮影モードでオンになります。
Rこのカメラには起動時間を短縮する機能があります
(P 112)。
(白点灯)
Q レンズに指紋が付かないようにご注意ください。撮影画像
の画質低下の原因になります。
28
M
意味
バッテリーの残量は十分にあります。
バッテリーの残量は約 2/3 です。
K バッテリーの残量は約 1/3 です。できるだけ
(白点灯) 早く充電してください。
J バッテリーの残量が不足しています。充電して
(赤点灯) ください。
A バッテリー残量がありません。カメラの電源を
(赤点滅) オフにして、バッテリーを交換してください。
初期設定を行う
ご購入後初めて電源をオンにしたときは、使用する言語と日時が設定されていません。次の手順で使用する言語
や日時などの初期設定を行います。
2
3
電源をオンにします。
言語設定画面が表示されます。
使用する言語を選び、MENU/OK ボタン
を押します。
撮影の準備
1
R バッテリーを取り外してしばらく保管すると、設定した内
容がクリアされる場合があります。その場合は、初期設定
の設定画面が表示されますので、再設定してください。
設定のスキップ
DISP/BACK ボタンを押して、設定をスキップできます。スキッ
年月日の並び順を設定します。
67 で年月日の並び順を選びます。
プした設定は、次にカメラを起動したときに、再度、設定画
面が表示されます。
日時設定が
クリアされています
月/日/年
年.月.日
言語、日時を変更する
2016
1
日.月.年
設定
4
あとで
年、月、日、時、分を設定します。
• 89 で設定する項目(年、月、日、
時、分)を選択できます。
• 67 で設定する数字を変更できます。
2
日時設定が
クリアされています
2018
3
2017
年/月/日
2015
2014
設定
5
セットアップメニューから Q a または
F 日時設定を選びます(P 107)。
言語または日時を設定します。
• 言語設定:67 で使用する言語を選び、
MENU/OK ボタンを押します。
• 日時設定:89 で設定する項目(年、月、日、時、
分)を選び、67 で設定する数字を選びます。
MENU/OK ボタンを押して、設定します。
あとで
MENU/OK ボタンを押します。
設定が終了して、撮影を開始できます。
29
情報表示について
撮影モードまたは再生モードで DISP/BACK ボタンを押
すごとに表示が切り換わります。
再生時
スタンダード
情報表示なし
2050.12.31 10:00 AM
撮影の準備
1/4000
5.6
+21/3
400
2050.12.31 10:00 AM
撮影時
スタンダード
情報表示なし
2050.12.31.10:00 AM
1/4000
5.6
400
+21/3
ấൢỆλụ
お気に入り
INFO 画面 1
400
LENS
FOCAL LENGTH
COLOR SPACE
LENS MODULATION OPT.
S.S 1/4000
F 5.6
ISO 400
23.0mm
F5.6
23.0mm
sRGB
ON
+21/3
৏↺
INFO 画面 2
30
情報表示について
「スタンダード」画面のカスタマイズについて
撮影時の「スタンダード」画面に表示したい項目は、A 表示設定の画面のカスタマイズで選択できます。
2
3
DISP/BACK ボタンを押して、「スタンダード」(情報
表示あり)画面に切り換えます。
セットアップメニューから A 表示設定の画面の
カスタマイズを選びます。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
4
フレーミングガイド
•
AF フレーム
•
AF 時の距離指標
•
MF 時の距離指標
•
ヒストグラム
•
撮影モード
•
絞り / シャッター速度 /ISO •
情報表示背景
•
露出補正バー
•
フォーカスモード
•
測光
•
シャッター方式
フラッシュ
連写モード
ブレ防止
ホワイトバランス
フィルムシミュレーション
ダイナミックレンジ
撮影可能枚数
画像サイズ & 画質モード
動画モード & 録画時間
バッテリー残量表示
各項目を設定し、DISP/BACK ボタンを押します。
設定が保存されます。
DISP/BACK ボタンを押して撮影画面に戻り、表示内
容を確認してください。
R 表示される場所は P 14 をご覧ください。
ヒストグラム表示について
ヒストグラムとは明るさの分布をグラフ(横軸:明るさ /
縦軸:ピクセル数)に表したものです。
ピクセル
表示したい項目を選び、MENU/OK ボタンを押します。
画面に表示する項目は、R が表示されます。R
が表示されている状態で MENU/OK ボタンを押すと、
選択が解除されます。
5
撮影の準備
1
明るさ
シャドウ
ハイライト
適正露出の場合:全体的にピクセル
の数が多く、山なりに分布します。
露出オーバーの場合:ハイライトの
ピクセル数が多く、右に偏ります。
露出アンダーの場合:シャドウの
ピクセル数が多く、左に偏ります。
Q 被写体によってグラフ形状は異なります。
31
基本撮影︵静止画 編 ︶
基本撮影(静止画編) 静止画の撮影と再生
静止画を撮影する
ここでは、撮影の基本的な流れを説明します。
1
静止画の撮影と再生
モードダイヤルを S に合わせると、アドバンス
ト SR オートの撮影画面が表示されます(P 45)。
2
• レ ン ズ や AF 補 助 光 ラ ン
プ に 指 な ど が か か る と、
ピンぼけや暗い写真にな
ることがあります。ご注
意ください。
シーンアイコン
カメラが認識した最適なシーンのシーンアイコンが表
示されます。
3
u アイコン
カメラが瞳を常に検出し続け
ることを表すアイコンです。
R アドバンスト SR オート(S)で撮影するときは、常
にピント合わせを続けるためレンズの駆動音がします。
また、バッテリーの消耗が早くなりますので、残量に
ご注意ください(P 28)。
R Q ボタンを押すと、撮影の設定を確認したり、設定し
直したりできます(P 41)。
32
カメラを構えます。
• 手ブレを防ぐため、脇を
しめ、カメラを両手でしっ
かりと持ってください。
構図を決めます。
ズームリングがあるレンズを使用している場合
ズームリングを回して構図を
調整します。広い範囲を写し
たいときは左方向、被写体を
大きく写したいときは右方向
に、ズームリングを回してく
ださい。
ズームリング
4
被写体を中央にしてシャッターボタン
を半押しして、ピントを合わせます。
ピントが合わないとき
AF フレームが赤色に変わり、s が画面に表示さ
れます。
R 暗い被写体のピントを合わせやすくするために AF 補
助光(P 93)が発光する場合があります。
R シャッターボタンを半押ししている間、ピントと露出
シャッターボタンを半押ししたまま、さ
らに深く押し込みます(全押しします)。
静止画の撮影と再生
ピントが合ったとき
ピピッと音が鳴り、AF フレームが緑色に点灯します。
5
基本撮影︵静止画 編 ︶
静止画を撮影する
は固定されます。
R レンズのマクロ領域から標準撮影距離範囲の全領域で、
ピントが合います。
33
基本撮影︵静止画 編 ︶
静止画を再生する
1 コマ再生
a ボタンを押すと、撮影した画像が表示(1 コマ再生)
されます。
100-0001
静止画の撮影と再生
1 つ前の画像を見るには g を押します。
次の画像を見るには h を押します。ボタ
ンを押し続けると、早送りします 。
R メインコマンドダイヤルを回しても前後の画像を表示でき
ます。
R 他のカメラで撮影した画像をこのカメラで再生すると、液
晶モニターに m(プレゼントアイコン)が表示されます。
他のカメラで撮影した画像はきれいに表示されなかったり、
拡大表示できなかったりするときがあります。
I お気に入りを設定する
1 コマ再生時に DISP/BACK ボタンを押すと、I お気に入り
のランクが表示され、ランクを設定できます。e または f
で I の数(0 〜 5)を設定します。
34
ピントの位置を拡大表示する
サブコマンドダイヤルの中央を押すと、ピントを合わせた
位置を拡大できます。もう一度サブコマンドダイヤルの中
央を押すと、1 コマ再生に戻ります。
再生ズーム
拡大表示中に efgh で、液晶モニター
1 コマ再生時にサブコマンドダイヤルを右に回すと、 に表示される範囲を移動できます。
画像を拡大表示できます。
100-0001
R 1 コマ再生画面でサブコマン
右に回すと拡大
ナビゲーションで現在の
表示位置がわかります。
再生ズームを解除するには、DISP/BACK ボタンまたは
MENU/OK ボタンを押すか、サブコマンドダイヤルの中
央を押します。
静止画の撮影と再生
ドダイヤルを左に回すと、「マ
ルチ再生」の 9 コマ画面にな
ります(P 36)。
基本撮影︵静止画 編 ︶
静止画を再生する
R 最大ズーム倍率は、撮影時の O 画像サイズ(P 94)によっ
て変わります。
R Oリサイズ(P103)または Gトリミング(P103)の a
ズームバー
で保存された画像は、再生ズームは使えません。
左に回すと縮小
35
基本撮影︵静止画 編 ︶
静止画を再生する
マルチ再生
再生時に、1 コマ、9 コマ、100 コマ(マイクロサムネイル)の一覧を表示して画像を比較したり、見たい画像
を選んだりすることができます。
R 1 コマ再生画面でサブコマンドダイヤルを右に回すと拡大画像が表示されます(P 35)。
静止画の撮影と再生
サブコマンドダイヤルを左に回すたびに
表示される画像が増えます。
100-0001
サブコマンドダイヤルを右に回すたびに
表示される画像が減ります。
• efgh で画像を選び、MENU/OK ボタンを押すと、選んだ画像を 1 コマ表示します。
• e または f でページを切り換えることもできます。
36
基本撮影︵静止画 編 ︶
画像を消去する
画像を 1 コマだけ消去したり、消去する画像を複数枚
選んで消去したり、すべての画像をまとめて消去した
りすることができます。誤って画像を消去すると元に
は戻せません。消去したくない画像は、あらかじめパ
1 コマ消去
画像を 1 コマだけ消去します。
1 コマ再生中に b(e)ボタン
を押して、1 コマを選びます。
2
消去する画像を 8 または 9 で選んでから
MENU/OK ボタンを押すと、表示されている画像が
消去されます。
ソコンにコピーしておいてください。
1 コマ再生中に b(e)ボタンを押して、消去方法を
選びます。
R MENU/OK ボタンを押すと同時に画像が消去されますので、
誤って消去しないようにご注意ください。
静止画の撮影と再生
1
R MENU/OK ボタンを繰り返し押すと画像が連続して消去され
ます。消去する画像を 8 または 9 で選んでから MENU/OK
ෞӊ
1 コマ消去
ボタンを押してください。
ᵏ ἅἰ
ᙐૠਦ‫ܭ‬
μἅἰ
複数指定消去
全コマ消去
R プロテクトされた画像は消去できません。消去するには、
プロテクトを解除してください (P 104)。
R 再生メニューの A 消去でも、画像を消去できます(P 102)。
37
基本撮影︵静止画 編 ︶
画像を消去する
複数指定消去
R が表示されている画像をまと
めて消去できます。
静止画の撮影と再生
示されます。
1
画像がすべて消去されます。
1
R プリント予約やフォトブックなどが
設定されている画像には、S が表
選択
1 コマ再生中に b(e)ボタン
を押して、全コマを選びます。
完了/やめる
1 コマ再生中に b(e)ボタン
を押して、複数指定を選びます。
2
実行を選んで、MENU/OK ボタンを押すと、全コマ
消去が実行されます。
R DISP/BACK ボタンを押して消去を中止しても、それまでに消
2
3
4
38
全コマ消去
複数指定消去
去した画像は元に戻せません。
消去する画像を選んで MENU/OK ボタンを押すと、 R プリント予約を設定している画像を消去しようとすると、
メッセージが表示されます (P 125)。MENU/OK ボタンを押
選択されます。
すと、その画像を消去します。
• 選択された画像は R が表示されます。
• もう一度、MENU/OK ボタンを押すと、選択が解
除されます。
まとめて消去する画像を選択指定した後、DISP/BACK
ボタンを押します。
消去実行画面が表示されます。
実行を選んで、MENU/OK ボタンを押すと、複数指
定消去が実行されます。
動画を撮影する
R W 電子式手ブレ補正が ON のときは、撮影される範囲は液
1
晶モニターに表示されている画像の範囲よりも狭くなりま
す(P 99)。
R 撮影モードや撮影の設定によっては、動画撮影できない場
合や設定が反映された動画が撮影されない場合があります。
R 撮影する動画の画像サイズ・フレームレートと感度の設定
は、撮影メニューの W 動画設定で変更できます(P 98)。
R 動画撮影時のピント合わせの方法は W 動画設定のフォー
カスモードで設定します(P 99)。
t(動画撮影)ボタンを押すと、動画撮影が開始
されます。
撮影中は、V が表示されます。
動画撮影の残り時間
(カウントダウン)が
表示されます。
Q 動画撮影中に露出補正を変更できますが、補正段数は ±2
の範囲となります。
R 動画撮影中もズームリングでズーム操作が行えます
(P32)。
2
もう一度 t(動画撮影)ボタンを押すと、撮影が
終了します。
残り時間がなくなるか、メモリーカードに空きが
なくなると、撮影は自動的に終了します。
Q 動画の記録中は背面のインジケーターランプが点灯し
ます。
Q 音声も同時に記録されるので、撮影中に指などでマイクを
ふさがないようご注意ください。
動画の撮影と再生
音声付きの動画を撮影できます。
基本撮影︵動画編︶
基本撮影(動画編) 動画の撮影と再生
Q 動画撮影中は、カメラの動作音が録音されることがあります。
Q 高輝度の被写体を撮影すると、縦スジや横スジが入ること
がありますが故障ではありません。
背景ボケを生かした動画について
絞りをできるだけ開放側に設定することでボケを生かした
動画を撮影できます。撮影モードを A(絞り優先)または
M(マニュアル)に設定し、絞り値を調整します。絞り値
の設定は動画撮影前に行ってください。
39
基本撮影︵動画編︶
動画を再生する
画像の再生時に動画を選択す
ると、W が表示されます。
2050.12.31 10:00 AM
動画再生時には、進行状況を示すバーが表示されます。
バー
29m59s
ϐဃ
±0
■ 動画再生時の操作方法について
停止
動画の撮影と再生
x 再生中
R 再生中に MENU/OK ボタンを押すと、再生音量の設定画面が
表示されます。e または f を押して動画の再生音量を選び、
MENU/OK ボタンで決定します。動画の再生音量は、b 音設
定の再生音量(P 109)でも設定できます
停止
再生速度
再生速度
一時停止
Q スピーカーを指などでふさがないでください。音が聞き取
りにくくなります。
Q 電子音 & フラッシュが OFF の場合は音声が再生されませ
ん(P 109)。
一時停止
y 一時停止中
動画の再生速度について
停止
コマ送り
g または h を押して、再生
コマ送り
再生
再生アイコン
速度を変更できます。再生速
度 は 再 生 ア イ コ ン の M(N)
の数で表示されます。M(N)
の数が多いほど速度が速くな
ります。
29m59s
停止
40
一時停止
Q ボタン
Q ボタン /Fn ボタン Q(クイックメニュー)ボタン
/
Q ボタンを使う
ボタン
Fn
Q ボタンを使うと、撮影の設定を確認したり、設定し直したりできます。
P
メニュー項目
ホワイトバランス
400
3:2
A 撮影モード
N 感度
U ダイナミックレンジ
D ホワイトバランス
h ノイズリダクション
O 画像サイズ
T 画質モード
P フィルムシミュレーション
r ハイライトトーン
s シャドウトーン
f カラー
44
76
95
64
96
94
94
82
96
96
95
メニュー項目
L
M
N
O
P
q シャープネス
B セルフタイマー
F フォーカスモード
p フラッシュモード
J LCD 明るさ
R A 撮影モードは現在のモードが表示される
ためクイックメニューでは変更できません。
R Q ボタンで D ホワイトバランスを設定する
ときは、h カスタムと k 色温度設定の設
定は変更できません。ファンクションボタン
または撮影メニューで設定してください。
設定の確認と変更
1
撮影画面で Q ボタンを押します。
クイックメニューが表示されます。
3
メインコマンドダイヤルまたはサブコ
マンドダイヤルで設定値を選びます。
R 各メニューの設定値は、参照ページ先でご
2
確認ください。
設定を変更するメニュー項目を
efgh で選びます。
4
P
96
71
57
80
110
Q︵クイックメニュー︶ボタン
設定
F
A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
Q ボタンを押します。
表示されている設定値になり、撮影画
面に戻ります。
41
Q ボタン
/
ボタン
Fn
Q ボタンを使う
クイックメニューの割り当て変更
クイックメニューに表示するメニューを変更できます。
1
撮影画面で Q ボタンを長押しします。
クイックメニュー登録 / 編集画面が表示されます。
ホワイトバランス
Q︵クイックメニュー︶ボタン
設定
2
完了
efgh で割り当てを変更するメニューを選び、MENU/OK ボタンを押します。
メニューの割り当て設定画面が表示されます。割り当てられるメニューは次のとおりです。
•
•
•
•
•
•
•
感度
ダイナミックレンジ
ホワイトバランス
ノイズリダクション
画像サイズ
画質モード
フィルムシミュレーション
•
•
•
•
•
•
•
ハイライトトーン
シャドウトーン
カラー
シャープネス
セルフタイマー
顔検出 / 瞳 AF 設定
測光
•
•
•
•
•
•
•
フォーカスモード
フラッシュモード
フラッシュ調光補正
ブレ防止モード
MF アシスト
動画モード
動画感度
•
•
•
•
•
•
マイクレベル設定
電子音 & フラッシュ
LCD 明るさ
LCD 鮮やかさ
シャッター方式
なし
R なしを選ぶと、クイックメニューの割り当てはなくなります。
3
割り当てるメニューを選び、MENU/OK ボタンを押します。
クイックメニューにメニューが割り当てられます。
R クイックメニューの割り当ては、h 操作ボタン設定 > クイックメニュー登録 / 編集からも設定できます(P 111)。
42
Q ボタン
Q ボタン /Fn ボタン Fn(ファンクション)ボタン
/
ファンクションボタンを使う
Fn(ファンクション)ボタンには機能を 1 つ割り当てられます。Fn ボタンを押すだけで機能を切り換えたり、
ボタン
Fn
設定画面を呼び出したりできます。
能は次のとおりです。
•
•
•
•
•
•
•
•
•
被写界深度確認
感度
セルフタイマー
画像サイズ
画質モード
ダイナミックレンジ
フィルムシミュレーション
ホワイトバランス
測光
•
•
•
•
•
•
•
•
•
AE-LOCK
AF-LOCK
AE+AF LOCK
ワンプッシュ AF
フォーカスモード
フォーカスエリア選択
フラッシュモード
フラッシュ調光補正
動画モード
•
•
•
•
•
•
•
顔検出 / 瞳 AF 設定
RAW
ワイヤレス通信
シャッター方式
マニュアル時モニター露出反映
モニター撮影効果反映
なし
︵ファンクション︶ボタン
Fn ボタンの割り当ては、h 操作ボタン設定 > ファンクション(Fn)設定で設定できます。割り当てられる機
Fn
R なしを選ぶと、ファンクションボタンの割り当てはなくなります。
R ファンクションボタンの割り当ては、Fn ボタンまたは DISP/BACK ボタン長押しでも設定できます。
43
応用撮影
応用撮影 いろいろな撮影と再生
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
撮影モードを切り換えることで、状況(シーン)に適した設定を行うことがで
きます。モードを切り換えるには、モードダイヤルを回して、使用するモード
アイコンを指標に合わせます。
■ P(プログラム)
プログラムシフトができるオートモードです
(P 52)。
いろいろな撮影と再生
44
■ S(シャッタースピード優先)、
A(絞り優先)、M(マニュアル)
シャッタースピードや絞り値を自分で設定して撮影できます
(P 53、54、55)。
■ S(アドバンスト SR オート)
■ C(カスタム)
カメラが撮影シーンに合わせて、自動で最適な
撮影モードを設定して撮影できます(P 45)。
P、S、A、M モ ー ド の 撮 影 設 定 を あ ら か じ
め 保 存 し て お き、 そ の 設 定 を 読 み 出 せ ま す
(P 56)。
■ Adv.(アドバンストモード)
■ SP(シーンポジション)/h/M/N/O
高度なテクニックが必要な写真を簡単に撮影で
きます(P 46)。
いろいろな撮影シーンに合わせて、カメラの設定を最適な状態にする
シーンポジションを選択できます(P 51)。
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
S(アドバンスト SR オート)
シーンに最適な撮影モードをカメラが自動
的に認識して撮影します。
モードダイヤルを S に合わせると、撮
影画面が表示されます。
カメラが認識した最適なシーンのシーンアイコンが表
示されます。
■ シーンアイコン
カメラが認識した最適なシーンのシーンアイコンが表
示されます。
シーン
a(c)
d(a)
c(cc)
d(cd)
e(ce)
dd(ad)
g(b)
内容
AUTO
人物
風景
夜景
マクロ
夜景 & 人物
逆光 & 人物
R( )内は動くものを認識したときの表示です。
Q シーンによっては認識されたシーンが実際と異なる場合が
いろいろな撮影と再生
あります。また、撮影条件によっては、同じ被写体でも異
なるシーンとして認識される場合があります。認識された
シーンが実際と異なる場合は、撮影モードを P(プログラム)
にするか、SP にして適切なシーンポジションを選択してく
ださい(P 51)。
45
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
Adv.(アドバンストモード)
高度なテクニックが必要な写真を簡単に撮影できます。
R Adv. モードでは、露出補正(P 78)とプログラムシフトの設定(P 52)が可能です。
1
2
モードダイヤルを Adv. に合わせます。
Adv. モードの説明画面が表
示されている間に MENU/OK
ボタンを押します。
3
アドバンストフィルター
様々なフィルター効果を
モニターで確認しながら
撮影できます
やめる
決定
Adv. モード
Y アドバンストフィルター
u パノラマ
j 多重露出
アドバンストフィルター
様々なフィルター効果を
モニターで確認しながら
撮影できます
他のAdv.モードへ
いろいろな撮影と再生
46
ef で Adv. モードを選びま
す。
R 撮影画面が表示された場合は、MENU/OK ボタンを押し
て撮影メニューを開き、A Adv. モードを選ぶと、モー
ド選択画面を表示できます(P 90)。
4
P
47
48
50
MENU/OK ボタンを押します。
アドバンストモードが設定されます。
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
Y アドバンストフィルター
さまざまなフィルター効果を加えた写真が撮影できます。
1
2
モードダイヤルを Adv. に合わせ、Y アドバンストフィルターを選びます(P 46)。
ef で使用するアドバンストフィルターを選びます。
以下のフィルター効果を選べます。
アドバンストフィルター
効果
R 被写体やカメラの設定によっては、画像が粗くなったり意図したような明るさや色みにならない場合があります。
3
いろいろな撮影と再生
G トイカメラ
トイカメラ風な写真に仕上がります。
H ミニチュア
ジオラマ風に上下をぼかします。
I ポップカラー
コントラストと彩度を強調します。
J ハイキー
全体の階調表現を明るくし、コントラストを抑えます。
Z ローキー
全体を暗く落ち着かせつつ、ハイライト部を強調します。
K ダイナミックトーン
ダイナミックな階調表現で、幻想的な効果を加えます。
E 魚眼
魚眼レンズのような効果が得られます。
X ソフトフォーカス
全体にぼかしを加え柔らかな雰囲気を与えます。
L クロススクリーン
光源の光を放射状に強調します。クロススクーンの効果は撮影画像でご確認ください。
u パートカラー(レッド)
v パートカラー(オレンジ)
w パートカラー(イエロー)
特定の色域(カッコ内の色)だけを残し、残りをモノクロにします。
x パートカラー(グリーン)
y パートカラー(ブルー)
z パートカラー(パープル)
MENU/OK ボタンを押します。
アドバンストフィルターが設定されます。
47
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
パノラマ撮影
カメラを動かしながら撮影した複数の画像を合成し、
高画質な 1 枚のパノラマ写真を作成します。
1
2
3
いろいろな撮影と再生
4
5
モードダイヤルを Adv. に合わせ、u パノラマを
選びます(P 46)。
撮影する角度(撮影画角)を選びます。
g で撮影画角変更画面を表示させ、撮影する画角
の大きさを選び、MENU/OK ボタンを押します。
撮影方向を選びます。
h で撮影方向を選択できます。撮影する方向を選
び、MENU/OK ボタンを押します。
シャッターボタンを全押しします。
撮影中にシャッターボタンを押し続ける必要はあ
りません。
矢印方向にカメラを動か
します。
ガイドの終端までカメラ
十字を黄色のラインにあわせて
の方向にスイングしてください
が動くと撮影が終了し、
30
2.0
800
パノラマ写真が保存され
ます。
画角変更
方向変更
R 撮影中にシャッターボタンをもう一度全押しすると、
撮影が停止します。このときに撮影された画像が保存
されないことがあります。
48
うまく撮影するには
• 一定の速度でゆっくりと小さな円を描くようにカメラを
動かします。
• ガイドの方向にまっすぐカメラを動かします。
• うまくいかないときは、移動速度を変えてください。
• カメラがブレないように脇をしめて撮影してください。
• 三脚を使うと、よりきれいに撮影できます。
• ズーム位置を広角側に設定して、レンズの焦点距離を
35 mm(35 mm フィルム判で 50 mm 相当)以下で撮
影することをおすすめします。
Q 撮影を中断したタイミングによっては、撮影した最後の部
パノラマ画像の再生
1 コマ再生時にパノラマ写真を選択して f を押すと、パノ
ラマ写真を再生できます。横方向に撮影したパノラマ写真
は左から右に、縦方向に撮影した写真は下から上に表示さ
れます。
再生
停止
一時停止
R パノラマ写真を 1 コマ再生しているときは、サブコマン
ドダイヤルで拡大 / 縮小表示できます。
R パノラマ再生時の操作は、セレクターボタンで行います。
1 コマ再生中
再生中
一時停止中
̶
停止
再生
一時停止
再生
̶
コマ送り
e(上)
f(下)
gh(左右)
いろいろな撮影と再生
分が記録されないことがあります。
Q 複数の写真を合成するため、つなぎ目がきれいに記録され
ない場合があります。
Q 暗いシーンでは、写真がブレる場合があります。
Q カメラを動かす速度が速すぎたり、遅すぎたりしたときは、
撮影が中断される場合があります。設定した方向と異なる
方向にカメラを動かしたときも撮影が中断されます。
Q 撮影シーンによっては、設定した角度どおりに撮影できな
い場合があります。
Q 以下の場合はパノラマ撮影には適していません。
- 被写体が動いている
- 被写体とカメラの距離が近すぎる
- 空や芝生など、同じような模様が続く風景
- 波や滝など常に模様が変化する風景
- 明るさが大きく変動するシーン
Q 露出は、最初にシャッターボタンを半押しした時点で固定
されます。
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
49
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
j 多重露出
2 枚の画像を重ねて 1 つの画像に合成します。
4
2 枚目の画像を撮影します。
R 1 枚目の画像が撮影画面
にうすく表示されている
ので、その画像を見なが
ら 2 枚目の画像の位置を
調整してください。
+
撮影終了
30
1
2
3
いろいろな撮影と再生
50
モードダイヤルを Adv. に合わせ、j 多重露出を
選びます(P 46)。
j 多重露出の撮影画面になります。
5
2.0
MENU/OK ボタンを押します。
2 枚の画像を合成した画像が保存されます。
R 2 枚目の画像を撮り直す場
合は g を押してください。
1 枚目の画像を撮影します。
MENU/OK ボタンを押します。
2 枚目の撮影画面が表示されます。
R 1 枚目の画像を撮り直す場
合は g を押してください。
R DISP/BACK ボ タ ン を 押 す
次の撮影へ
撮り直し
撮影終了
と、1 枚 目 の 画 像 が 保 存
され、多重露出撮影を終
了します。
撮り直し
撮影終了
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
SP(シーンポジション)/h/M/N/O
いろいろな撮影シーンに合わせて、カメラの設定を最適な状態にするシーンポジションが用意されています。
1
3
モードダイヤルを SP に合わせます。
シーン
h 人物
機能
H 夜景(三脚)
p 花火
Q 夕焼け
R スノー
SP モードの説明画面が表
示されている間に MENU/OK
ボタンを押します。
s ビーチ
人物
人物の肌色を
ソフトな色調で美しく
撮影します
U パーティー
他のシーン選択へ
R 撮影画面が表示された場合は、MENU/OK ボタンを押し
て撮影メニューを開き、A シーン選択を選ぶと、モー
ド選択画面を表示できます(P 90)。
V花
W 文字の撮影
4
機能
人物の撮影に適しています。
スローシャッターでの夜景撮影に適
しています。
スローシャッターで打ち上げ花火を
色鮮やかに撮影します。
夕焼けを赤く鮮やかに撮影します。
白く輝く雪景色での撮影に適してい
ます。
日差しの強い浜辺での撮影に適して
います。
室内での結婚式やパーティーの撮影
で使用します。
花を色鮮やかに撮影します。
書類やホワイトボードなどを撮影す
るときに使用します。
いろいろな撮影と再生
h 美肌(Z)肌をなめらかに撮影します。
M 風景
昼間の風景撮影に適しています。
N スポーツ 動いている被写体の撮影に適しています。
O 夜景
夕景や夜景の撮影に適しています。
2
人物
人物の肌色を
ソフトな色調で美しく
撮影します
やめる
決定
h/M/N/O モードで撮影する場合
モードダイヤルをそれぞれのアイコンに合わせてくだ
さい。
シーン
ef でシーンを選びます。
MENU/OK ボタンを押します。
シーンポジションが設定されます。
51
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
P(プログラム)
カメラがシャッタースピードと絞り値を自動的に設定
します。プログラムシフトで同じ露出値のままシャッ
タースピードと絞り値の組み合わせを変えることもで
きます。
プログラムシフトの設定
サブコマンドダイヤルを回すと、同じ露出のま
まシャッタースピードと絞り値の組み合わせを
変えることができます。
モードダイヤルを P に合わせると、表示画
面に P が表示されます。
絞り値
P
4000 5.6
400
シャッタースピード
R プログラムシフトが設定されているときは、シャッター
スピードと絞り値が黄色で表示されます。
R 電源をオフにすると、設定したプログラムシフトは解除
いろいろな撮影と再生
52
P
4000 5.6
400
されます。
Q 次のとき、プログラムシフトは使用できません。
- 撮影メニューの U ダイナミックレンジが AUTO のと
き(P 95)
R メインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルの操作方
法は P 12 をご覧ください。
S(シャッタースピード優先)
設定したシャッタースピードに合わせて、カメラが自
動的に絞り値を設定します。
1
モードダイヤルを S に合わせます。
表示画面に S が表示されます。
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
タイム撮影
シャッタースピードを 1 秒以上に設
定すると、タイム撮影になります。
30
30”
R カメラが動くとピントがずれるので、長時間露出で撮影
する場合は、三脚のご使用をおすすめします。
R 撮影中は、露光時間がカウントダウンで表示されます。
R 長時間露光撮影でノイズが気になる場合は、K 長秒時
ノイズ低減を ON(P 96)にすると、ノイズを低減でき
S
400
サ ブ コ マ ン ド ダ イ ヤ ル を 回 し て、
シャッタースピードを設定します。
Q 設定したシャッタースピードで適正な明るさにならないと
きは、絞り値が赤色で表示されます。
R メインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルの操作方
法は P 12 をご覧ください。
ます。ノイズ低減処理を行うため、画像の記録に時間が
かかる場合があります。
R 別売のリモートレリーズ RR-90 を使用すると、長時間露
光撮影時に便利です。
いろいろな撮影と再生
2
2000 5.6
53
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
A(絞り優先)
設定した絞り値に合わせて、カメラがシャッタース
ピードを自動的に決定します。
1
モードダイヤルを A に合わせます。
表示画面に A が表示されます。
被写界深度を確認するには
被 写 界 深 度 を 確 認 す る に は、 フ ァ ン ク シ ョ ン ボ タ ン に
L 被写界深度確認を割り当てます(P 43)。割り当てた
ファンクションボタンを押すと、そのときの絞り値の被写
界深度が確認できます。
被写界深度確認
01 0.5
A
A
いろいろな撮影と再生
54
2
4000 5.6
400
サブコマンドダイヤルを回して、絞り
値を設定します。
1.0
1.5
2.0
3.0
4000 5.6
5.0
10
400
R 被写界深度を確認するには、以下の設定が必要です。
- A 表示設定 > 画面のカスタマイズで「AF 時の距離
指標」「MF 時の距離指標」に R を入れる。
- DISP/BACK ボタンを押して、
「スタンダード」(情報表示
あり)画面に切り換える。
Q 設定した絞り値で適正な明るさにならないときは、シャッ
タースピードが赤色で表示されます。
R メインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルの操作方
法は P 12 をご覧ください。
5
01 0.5
A
1.0
1.5
4000 5.6
2.0
3.0
5.0
10
400
1.0
1.5
2.0
3.0
被写界深度
5.0
M(マニュアル)
露出設定プレビューについて
マニュアルでは、シャッタースピードや絞り値も撮影
者が設定できます。意図的に「オーバー(明るい)」ま
たは「アンダー(暗い)」の露出を設定できるので、個
性的で多彩な表現が可能になります。
1
A 表示設定 > マニュアル時モニター露出反映が ON のと
きは、露出を反映した画像が画面に表示されます。
モードダイヤルを M に合わせます。
表示画面に M が表示されます。
R フラッシュ撮影など、撮影時に露出が変わる場合は、マニュアル
時モニター露出反映を OFF にしてください。
R 露出インジケーターを確認しながら、
絞り値とシャッタースピードを設定
します。
1.0
1.5
2000 5.6
2.0
3.0
5.0
10
400
バルブ撮影
メインコマンドダイヤルを回して、
シャッタースピードを BULB に設定
すると、バルブ撮影になります。
01 0.5
M
1.0
1.5
2.0
BULB 5.6
3.0
5.0
10
400
露出インジケーター
メインコマンドダイヤルを回してシャッタース
ピードを設定し、サブコマンドダイヤルを回して
絞り値を設定します。
R カメラが動くとピントがずれるので、長時間露出で撮影
する場合は、三脚のご使用をおすすめします。
R 撮影中は、経過時間が表示されます。
R 長時間露光撮影でノイズが気になる場合は、K 長秒
時ノイズ低減を ON にすると、ノイズを低減できます
(P 96)
。ノイズ低減処理を行うため、画像の記録に時間
がかかる場合があります。
いろいろな撮影と再生
01 0.5
M
2
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
R 別売のリモートレリーズ RR-90 を使用すると、長時間露
光撮影時に便利です。
シャッタースピード
絞り値
R メインコマンドダイヤルとサブコマンドダイヤルの操作方
法は P 12 をご覧ください。
55
応用撮影
モードダイヤルで撮影モードを変更したい
C(カスタム)
K カスタム保存で保存できる撮影条件は次のとおりです。
おき、その設定を呼び出せます。設定は、撮影メニュー
の K カスタム保存で保存します。
■ 撮影メニュー
モードダイヤルを C に合わせると、保存
した設定を呼び出せます。
いろいろな撮影と再生
56
カスタムモードの保存について
P、S、A、M モードの撮影設定をあらかじめ保存して
• G フォーカス設定
(フォーカスモード、顔検出 / 瞳 AF 設定)
• O 画像サイズ
• N 感度
• T 画質モード
• U ダイナミックレンジ
• P フィルムシミュレーション • B セルフタイマー
• D ホワイトバランス
• f カラー
• q シャープネス
• r ハイライトトーン
• s シャドウトーン
• h ノイズリダクション
• c MF アシスト
• C 測光
• p フラッシュ設定
(フラッシュモード、フラッシュ調光補正)
• W 動画設定(動画モード、動画感度、
フォーカスモード、マイクレベル設定)
• L ブレ防止モード
• x シャッター方式
■ セットアップメニュー
• o 電子音 & フラッシュ
A 表示設定(LCD 明るさ、LCD 鮮やかさ)
•
■ その他
• シャッタースピード
• 絞り値
応用撮影
ピントに関する設定を変更したい
ピント合わせの方法を変更(フォーカスモード)
ピント合わせの方法を変更できます。
1
MENU/OK ボタンを押します。
2
G フォーカス設定 > フォーカスモードを選び、MENU/OK ボタンを押します。
3
フォーカスモードを選びます。
撮影メニューが表示されます。
フォーカスモードの設定画面が表示されます。
設定
p マニュアル
s オートエリア
シャッターボタンを半押しすると、画面内にあるコントラストが高い被写体にピントを合わせます。
s では、ピントの合った複数の位置にフォーカスエリアが表示されます。
t エリア選択
ピントを合わせるエリアを手動で選択します(P 61)。
u コンティニュアス
シャッターボタンを押さなくても常にピントを合わせ続けるため、動きのある被写体の撮影に適して
います。バッテリーの消耗が大きくなるため、バッテリー残量にご注意ください。
x 自動追尾
被写体の動きに合わせて枠が移動しピントを合わせ続けます。被写体に画面中央の枠を合わせ、g
を押すと、自動追尾を開始します。
MENU/OK ボタンを押します。
フォーカスモードが設定されます。
いろいろな撮影と再生
4
説明
ピントを手動で合わせたいときに使用します。オートフォーカスの苦手な被写体(P 63)を撮影する
ときや意図的にピントをずらしたいときなどに使用します。
57
応用撮影
ピントに関する設定を変更したい
■ 合焦マークについて
合焦マークでピントの状況を確認
できます。
拡大表示してピントを確認する
G フォーカス設定 > フォーカスモードが
p マニュアルのときにサブコマンドダイヤル
P
4000 5.6
400
合焦マーク
合焦マーク
( )
z (緑点灯)
いろいろな撮影と再生
58
(緑点灯)
(●)(緑点灯)
状況
ピントが合うところを探しています。
G フォーカス設定 > フォーカスモー
ドが s オートエリアまたは t エリ
ア選択のときに、ピントが合って固定
されています。
G フォーカス設定 > フォーカス
モードが u コンティニュアスまたは
x 自動追尾のときに、ピントが合っ
ています。
R 被写体の動きに合わせてピント位置が変化
します。
A (白点滅)
ピントが合っていません。
j
G フォーカス設定 > フォーカスモー
ドが p マニュアルのときに表示され
ます。
の中央を押すと拡大して表示され、ピントの確
認がしやすくなります。もう一度サブコマンド
ダイヤルの中央を押すと通常表示に戻ります。
拡大表示する位置はフォーカスエリア選択で変
更できます(P 61)。
応用撮影
ピントに関する設定を変更したい
M(マニュアルフォーカス)での撮影方法
1
G フォーカス設定 > フォーカスモードで p マ
ニュアルを選びます。
画面に j が表示されます。
01 0.5
M
2
1.0
1.5
4000 5.6
2.0
3.0
5.0
撮影します。
R レンズでマニュアルフォーカスを設定できる交換レンズを
ご使用の場合は、G フォーカス設定 > フォーカスモード
を p マニュアル以外に設定していてもマニュアルフォー
10
400
フォーカスリングを回してピントを合わせます。
フォーカスリングを時計回りに回すと遠距離側に、
反時計回りに回すと近距離側にピントが合います。
遠距離側
R フォーカスリングを回す方向は、セットアップメニュー
の I フォーカスリング(P 111)で設定できます。
カスで撮影できます。
マニュアルフォーカス時に Fn ボタンを使う(P 43)
Fn ボタンに ワンプッシュ AF を割り当てた場合は、Fn ボ
タンを押すと、フォーカスフレーム内の被写体にオート
フォーカスでピントを合わせます。素早くピントを合わせ
たいときに便利です。
いろいろな撮影と再生
近距離側
3
59
応用撮影
ピントに関する設定を変更したい
マニュアルフォーカスにおけるピントの確認方法
マニュアルフォーカスでは、以下の方法でピントを確認できます。
■ ピーキングで確認する
c MF ア シ ス ト を フ ォ ー カ ス ピ ー キ ン グ に 設 定 す
ると、コントラストの高い輪郭部分が強調されます
。フォーカスリングを回して、撮影したい被写
(P 97)
体が強調されるように調整してください。
いろいろな撮影と再生
R サブコマンドダイヤルの中央を長押しすると、c MF アシ
ストの設定を切り換えることができます。
■ 距離指標を目安にする
白い線はピントの中心値を、青いバーは被写界深度を
示します。距離指標の単位は、A 表示設定の距離指
標の単位でメートルとフィートを切り換えられます
(P 111)。
ピントの中心値
(白い線)
5
01 0.5
M
60
1.0
1.5
4000 5.6
2.0
3.0
5.0
10
400
1.0
1.5
2.0
3.0
被写界深度
5.0
■ 拡大表示して確認する(フォーカスチェック)
A 表示設定のフォーカスチェックを ON にすると、
フォーカスリングを回したときに自動的に拡大表示さ
。サブコ
れ、ピントの確認がしやすくなります(P 111)
マンドダイヤルの中央を押すと通常表示に戻ります。
拡大表示する位置は、フォーカスエリア選択で変更で
きます(P 61)。
応用撮影
ピントに関する設定を変更したい
ピント合わせのエリアを変更(フォーカスエリア選択)
G フォーカス設定 > フォーカスモードで t エリア選択を選択している
場合は e(AF)ボタンを押すと、ピント合わせのエリアを変更できます。
e(AF)ボタンを押すと、フォーカスエリア選択の設定画面にフォーカス
エリアポイント(□)とフォーカスエリアが表示されます。
フォーカスエリアポイント
フォーカスエリア
R DISP/BACK ボタンを押すと、フォーカスエリアが中央に戻ります。
R MENU/OK ボタンを押すと、フォーカスエリアの位置が設定されます。
■ フォーカスエリアの拡大 / 縮小
サブコマンドダイヤルを回すと、フォーカスエリアのサイズが選べます。
いろいろな撮影と再生
■ フォーカスエリアの選択 / 移動
efgh で、ピントを合わせたい位置にフォーカスエリアを移動します。
R 左に回すとサイズが小さく(最小 50%)、右に回すとサイズが大きく(最大
150%)なります。サブコマンドダイヤルの中央を押すと、100% に戻ります。
R MENU/OK ボタンを押すと、サイズが設定されます。
61
応用撮影
AE/AF ロック撮影したい
静止画撮影時にシャッターボタンを半押しすると、ピントと明るさが決まります。そのまま半押しを続けて、ピ
ントを固定することを「AF ロック」、明るさを決めて固定することを「AE ロック」といいます。被写体を画面の
中央以外に配置して撮影したいときに便利です。
1
ピントを合わせたい被写体に AF フレームを合わ
せます。
3
P
2
いろいろな撮影と再生
62
シャッターボタンを半押しします。
被写体にピントと露出が合い、AF フ
レームが緑点灯します。
P
R シャッターをきる前なら、AE/AF ロックは何度でもや
り直せます。
半押ししたまま構図を変えます。
被写体との距離は変えないでください。
P
4
そのままシャッターボタンを全押しし
て、撮影します。
Fn ボタンを使う
Fn ボ タ ン に 機 能 を 割 り 当 て て AE/AF ロ ッ ク で き ま す
(P 43)。
割り当て
説明
露出が固定(AE ロック)されます。
AE-LOCK
ピントが固定(AF ロック)されます。
AF-LOCK
AE+AF LOCK ピントと露出の両方が固定されます。
ンを半押ししてもロックは解除されません。
オートフォーカスの苦手な被写体について
このカメラは精密なオートフォーカス機構を搭載していま
すが、次のような被写体や条件の場合、ピントが合いにく
いことがあります。
• 鏡や車のボディなど光沢のあるもの
• ガラス越しの被写体
• 髪の毛や毛皮などの暗い色で、光を反射せずに吸収する
もの
• 煙や炎などの実体のないもの
• 背景との明暗差が少ないもの
• AF フレーム内にコントラスト差が大きいものがあり、そ
の前か後ろに被写体がある場合(コントラストの強い背
景の前にある被写体など)
いろいろな撮影と再生
R Fn ボタンで AE/AF ロックしたときは、シャッターボタ
応用撮影
AE/AF ロック撮影したい
63
応用撮影
ホワイトバランスを変更したい
ホワイトバランスを太陽光や照明などの光源に合わせて
設定することにより、見た目に近い色で撮影できます。
1
h(WB)ボタンを押します。
■ ホワイトバランスの設定
設定
説明
AUTO
カメラが自動的にホワイトバランスを設定します。
通常の撮影では、AUTO をおすすめします。
h
白い紙などを使って、自分でホワイトバランスを
測定します(P 65)。
ホワイトバランスの設定画面が表示されます。
ホワイトバランス
AUTO
R:0 B:0
完了
2
ef でホワイトバランスを選びます。
• MENU/OK ボ タ ン を 押 す と、
WB シフト画面が表示され、
WBシフト
いろいろな撮影と再生
64
AUTO
調整
AUTO
シ フ ト 量 を 調 整 で き ま す。
R:0 B:0
efgh でホワイトバラン
完了
スのシフト量を調整します。
• DISP/BACK ボタンを押すと、シフト量を調整しな
いでホワイトバランスが設定されます。
R 撮影メニューからもホワイトバランスを設定できます
(P 95)。
k
i
j
k
l
m
n
g
色温度を設定します(P 66)。
晴天の屋外での撮影用です。
曇天や日陰などでの撮影用です。
昼光色蛍光灯の下での撮影用です。
昼白色蛍光灯の下での撮影用です。
白色蛍光灯の下での撮影用です。
電球、白熱灯の下での撮影用です。
水中での撮影を想定し、青かぶりを軽減します。
R 人物の顔をアップで撮影するときや特殊な光源を使って撮
影するときなど、AUTO の設定で望んだような結果が得られ
ないときは、光源にあったホワイトバランスを選ぶかカス
タムホワイトバランスをお使いください。
R フラッシュ発光時は、AUTO/g 設定時のみフラッシュ用の
ホワイトバランスになります。光源の雰囲気を残したい場
合は、フラッシュを発光禁止に設定してください(P 80)。
応用撮影
ホワイトバランスを変更したい
h カスタムホワイトバランスを設定する
自分でホワイトバランスを設定します。あらかじめ白い紙などの被写体をご用意ください。
R 白い紙の代わりに、色のついたものを使用すると、それを白の基準にするため、色味を意図的に変更することができます。
1
2
ホワイトバランスの設定画面から h を選びます。
4 「GOOD!」 と 表 示 さ れ た ら、
GOOD !
MENU/OK ボタンを押して決定
白い紙などの被写体を画面
いっぱいに表示します。
します。
カスタムWB
決定
シャッター:新規作成
調整
R MENU/OK ボタンを押すと、ホワ
前回の設定
WBシフト
R:0 B:0
完了
3
シャッターボタンを全押しして設定し
ます。
R 前回取得したホワイトバランスを使用するには、シャッ
ターボタンの代わりに DISP/BACK ボタンを押します。
OVER
「OVER」と表示されたときは−(マイナス)側に、
「UNDER」と表示されたときは+(プラス)側に
露出補正(P78)してから、再度測定してください。
いろいろな撮影と再生
イトバランスシフト量を調整で
きます。
「OVER」 ま た は「UNDER」
と表示された場合は、ホワイ
トバランスを正しく測定でき
ていません。
やめる
65
応用撮影
ホワイトバランスを変更したい
k 色温度を設定する
色温度を設定すると、画像全体の色味を調整できます。
R 色温度を設定することで、青味や赤味を強調したイメージ
の画像や、実際の色味とは大きく異なる画像を意図的に撮
影できます。
1
ホワイトバランスの設定画面
から k を選びます。
色温度の一覧が表示されます。
いろいろな撮影と再生
66
ef で色温度を選び、
MENU/OK ボタンを押します。
WB シ フ ト 画 面 が 表 示 さ れ
ます。
色温度設定
R:0 B:0
10000K
9100K
8300K
7700K
7100K
調整
WBシフト
R:0 B:0
完了
R シフト量を調整しないときは、色温度を選んだ後に
DISP/BACK ボタンを押してください。
3
efgh でホワイトバランスのシフト量を調整
4
MENU/OK ボタンを押します。
します。
色温度が設定されます。
青味大
赤味大
ホワイトバランス
完了
2
色温度について
色温度とは、光の色を客観的な絶対温度(単位:K[ケルビ
ン]
)で表したものです。色温度が低いほど赤みを帯び、色
温度が高くなるほど青味を帯びた光色になります。
2000K
ろうそくの炎
朝日、夕日
5000K
晴天の太陽
15000K
青空
晴天の木陰
応用撮影
連写画像を撮影したい
連続撮影やブラケティング撮影は f(I)ボタンを押して、連写選択画面から使用するモードを選びます。
1コマ撮影
連写モード
連写
モード
B 1 コマ撮影
I 連写
使用できる撮影モード
P
全モード
−
S、P、S、A、M、h、M、N、O、SP
68
P、S、A、M
69
W ISO ブラケティング
P、S、A、M
69、70
X フィルムシミュレーションブラケティング
P、S、A、M
69、70
H ホワイトバランスブラケティング
P、S、A、M
69、70
Y ダイナミックレンジブラケティング
P、S、A、M
69、70
いろいろな撮影と再生
O AE ブラケティング
67
応用撮影
連写画像を撮影したい
連続撮影(連写)
動いている被写体などを連続して撮影するのに適しています。
1
f(I)ボタンを押します。
連写選択画面が表示されます。
6
シャッターボタンを押します。
シャッターボタンを押し続けている間、
各連写速度に応じたコマ数で連続撮影
します。
Q 連写中にファイル No. が 999 を超えると、次のフォルダ
にまたがって記録されます(P 113)。
Q 連写中にメモリーカードの容量が不足すると、記録可能枚
いろいろな撮影と再生
68
2
ef で連写を選びます。
3
gh で連写速度を選びます。
J:高速
O:低速
4
MENU/OK ボタンを押します。
5
構図を決めてピントを合わせます。
連写設定画面が表示されます。
連写が設定されます。
数分まで記録されます。ただし、連写モードによっては、
空き容量がないときは撮影できない場合があります。
Q 連写枚数が増えると、連写速度が遅くなる場合があります。
Q ピントや露出は 1 コマ目を撮影したときに決定され、途中
で変えられません。
Q シャッタースピードにより連写速度は変わります。
Q フラッシュは使用できません。ただし、通常に撮影すると、
連写前に使用していたフラッシュ設定に戻ります。
Q 連続撮影では、撮影したファイルを記録する時間が長くな
ることがあります。
応用撮影
連写画像を撮影したい
ブラケティング撮影
一度シャッターボタンを押すと、それぞれの設定値を変えながら複数枚連続で撮影するブラケティング撮影がで
きます。ブラケティングは、f(I)ボタンを押して表示される連写選択画面から選択します。
1
2
4
連写選択画面が表示されます。
ef で使用したいブラケティングの種類を選びます。
O:AE ブラケティング
W:ISO ブラケティング
X:フィルムシミュレーション BKT
H:ホワイトバランス BKT
Y:ダイナミックレンジ BKT
設定値を選べるブラケティングの場合、gh で設
定を選びます。
設定値がない場合、手順 4 に進みます。
MENU/OK ボタンを押します。
ブラケティングの種類と設定が決定されます。
5
構図を決めてピントを合わせます。
6
シャッターボタンを押します。
O AE ブラケティング
一度シャッターボタンを押すと、画像の明るさ(露出)
を「適正」、
「オーバー(明るい)」、
「アンダー(暗い)」
の順に変えながら、3 枚連続で撮影します。
R 露 出 を 変 え る 範 囲 は、AE ブ ラ ケ テ ィ ン グ を 選 ん で か ら
gh で選びます。
設定
説明
±1
露出を 1EV ずつ変更しながら撮影します。
± ²⁄₃
露出を ²⁄₃EV ずつ変更しながら撮影します。
± ¹⁄₃
露出を ¹⁄₃EV ずつ変更しながら撮影します。
いろいろな撮影と再生
3
f(I)ボタンを押します。
Q アンダーまたはオーバーの露出がカメラの露出制御範囲を
超えるときは、設定した設定値きざみで撮影されません。
69
応用撮影
連写画像を撮影したい
W ISO ブラケティング
撮影した 1 枚の画像から、ISO 感度(P 76)を変化さ
せて 3 枚の画像を作成します。ISO 感度の変化する段
階は、設定感度 ISO200 〜 6400 までの間で 1/3 段
ずつステップ幅を変更できます。
R ISO 感度の変化する段階は、ISO ブラケティングを選んで
から gh で選びます。
設定
説明
H ホワイトバランスブラケティング
一度シャッターボタンを押すと、選んだホワイトバラ
ンス(P 64)の色温度を、設定したステップずつ変化
させて 3 枚の画像を作成します。
R ステップ幅を変える範囲は、ホワイトバランス BKT を選ん
でから gh で選びます。
設定
説明
±3
3 ステップずつ変化させます。
±1
ステップを 1 段に設定します。
±2
2 ステップずつ変化させます。
± ²⁄₃
ステップを 2/3 段に設定します。
±1
1 ステップずつ変化させます。
± ¹⁄₃
ステップを 1/3 段に設定します。
Y ダイナミックレンジブラケティング
一度シャッターボタンを押すと、ダイナミックレンジ
撮影した 1 枚の画像から、フィルムシミュレーショ (P 95)の設定を「100%」、
「200%」、
「400%」の
ン(P 82)の設定をそれぞれ選んだ設定に変化させて 順に変えながら、3 枚連続で撮影します。
3 枚の画像を作成します。
R 感度を固定値に設定しているときは自動的に ISO800 以
X フィルムシミュレーションブラケティング
いろいろな撮影と再生
70
R 変化させるフィルムシミュレーションのそれぞれの設定は、
撮影メニューのフィルムシミュレーション BKT で変更しま
す(P 95)。
上になり、感度を AUTO1 〜 3 に設定しているときは ISO
200 〜 800 になることがあります。ダイナミックレンジ
ブラケティングを解除すると、感度は元の設定に戻ります。
応用撮影
セルフタイマーを使って撮影する
撮影者を含めた集合写真や、シャッターボタンを押すときにカメラが動くのを防ぐための撮影には、セルフタイ
マーをお使いください。また、条件を満たすと自動的に撮影されるセルフタイマーも用意されています。
1
g(h)ボタンを押します。
セルフタイマーの設定画面が表示されます。
Q シャッターボタンを押すときは、レンズの前に立たないで
ください。ピントが合わなかったり、適正な明るさになら
ないことがあります。
Q セルフタイマー設定は、電源をオフにすると自動的に解除
されます。
R セルフタイマーを o(スマイル)、a(カップル)、g(グ
ループ)に設定すると、G フォーカス設定 > 顔検出 / 瞳
AF 設定は自動的に顔検出 ON/ 瞳 AF OFF になります。セ
ルフタイマーを OFF にすると、設定は元に戻ります。
ef でセルフタイマーを設定します。
R:2 秒後撮影(P 72)
S:10 秒後撮影(P 72)
o:スマイル撮影(P 72)
a:カップルタイマー撮影(P 73)
g:グループタイマー撮影(P 73)
OFF:セルフタイマー OFF
3
MENU/OK ボタンを押します。
セルフタイマーが設定されます。
いろいろな撮影と再生
2
R セルフタイマーは撮影メニューからも設定できます。
R タイマーを途中で止めるには、DISP/BACK ボタンを押し
ます。
71
応用撮影
セルフタイマーを使って撮影する
2 秒後撮影 /10 秒後撮影
スマイル撮影
1
被写体(人物)が笑顔になった瞬間に自動的に撮影さ
れます。
セルフタイマーの設定画面で、R(2 秒)または
S(10 秒)を選び、MENU/OK ボタンを押します
(P 71)。
いろいろな撮影と再生
説明
シャッターボタンを全押ししてから 2 秒
後にシャッターがきれます。シャッター
R2 秒
ボタンを押すときにカメラが動くのを防
(2 秒後撮影) ぐときなどに使用します。セルフタイ
マー開始と同時にカメラ前面のセルフタ
イマーランプが点滅します。
シャッターボタンを全押ししてから
10 秒後にシャッターがきれます。撮影
S 10 秒 者を含めた集合写真を撮影するときなど
(10 秒後撮影)に使用します。カメラ前面のセルフタイ
マーランプが点灯し、撮影直前に点滅し
ます。
1
セルフタイマーの設定画面で、o(スマイル)を
選び、MENU/OK ボタンを押します(P 71)。
2
カメラを被写体(人物)に向けると、顔検出(P 93)
が行われます。
設定
2
3
72
シャッターボタンを全押しすると、セルフタイ
マーが開始します。
画面には、シャッターが切れ
9
るまでの秒数が表示されます。
カウントダウンが終わると同時に自動的に撮影さ
れます。
3
顔検出で笑顔が検出される
と、自動的に撮影されます。
Q 前髪が目にかかっていたり、カメラに対して正面に向いて
いなかったりすると、検出されにくくなります。
R 顔検出の 1 人でも笑顔が検出されると、自動的に撮影され
ます。
応用撮影
セルフタイマーを使って撮影する
カップルタイマー撮影
グループタイマー撮影
設定した距離に 2 人の顔が近づくと自動的に撮影され
ます。
設定した人数が揃ったときに自動的に撮影されます。
1
2
セルフタイマーの設定画面で、a(カップル)を
選び、MENU/OK ボタンを押します(P 71)。
2 人の距離レベルを選び、MENU/OK ボタンを押し
ます。
1
2
検出された 2 人の顔の距離
が設定した距離レベルになる
と、 カ ウ ン ト ダ ウ ン(1 秒 )
が開始され自動的に撮影され
ます。
R 設定した距離レベル(b の数)にならないと、カウントダ
ウンは開始されません。
R 撮影画面には、h の数で人数を表示します。
3
検出された顔が設定した人数
に な る と、 カ ウ ン ト ダ ウ ン
(2 秒)が開始され自動的に撮
影されます。
R 設定した人数(h の数)にならないと、カウントダウンは
開始されません。
いろいろな撮影と再生
3
撮影する人数を選び、MENU/OK ボタンを押します。
1人
2人
3人
4人
LV.1 :手をつなぐ距離
LV.2 :肩を寄せた距離
LV.3 :顔を寄せた距離
R 撮影画面には、b の数で距離レベルを表示します。
セルフタイマーの設定画面で、g(グループ)を
選び、MENU/OK ボタンを押します(P 71)。
73
応用撮影
インターバルタイマーを使って撮影したい
設定した撮影間隔で自動的に設定回数分の撮影を行う、インターバルタイマー撮影ができます。
1
MENU/OK ボタンを押します。
2
ef で o インターバルタイ
マー撮影を選択し、MENU/OK
ボタンを押します。
インターバルタイマー撮影の
設定画面が表示されます。
3
いろいろな撮影と再生
74
6789 で撮影間隔と撮影
回数を設定し、MENU/OK ボタ
ンを押します。
開始時間設定画面が表示され
ます。
4
Q バルブ撮影、パノラマ撮影、多重露出撮影のインターバル
タイマー撮影はできません。また、連写でインターバルタ
イマー撮影すると、1 回の撮影は 1 コマ撮影となります。
撮影メニューが表示されます。
6789 で開始時間を設定
し、MENU/OK ボ タ ン を 押 し
ます。
インターバルタイマー撮影が
開始されます。
撮影間隔/回数設定
撮影間隔
撮影回数
2
1
0
h01m00s
24
23
決定
001
R 三脚のご使用をおすすめします。
R 撮影中のバッテリー切れに注意してください。別売の AC
パワーアダプター AC-9V、DC カプラー CP-W126 を併せ
てご使用ください。
やめる
R インターバルタイマー撮影中は画面の表示が消えます。撮
影の数秒前になると表示されます。
開始時間設定
R 画面の表示が消えているときにシャッターボタンを全押し
2
1
0
すると、画面表示が復帰します。
h 00m 後
24
23
開 始 予 定 時 刻 11:00 PM
開始
6h12m30s
やめる
やめる
3/999
応用撮影
自分撮りをしたい(セルフィー)
自分撮りをするときは、液晶モニターを下図のように
回転させます。
R 液晶モニターを 180°回転すると、自動的に G フォーカ
ス設定 > 顔検出 / 瞳 AF 設定が顔検出 ON/ 瞳 AF AUTO
になります(P 93)。
R 液晶モニターを 180°回転すると、A 表示設定 > 撮影画
像表示の設定にかかわらず、撮影後必ず撮影結果が 1.5 秒
表示されます(P 110)。
R 液晶モニターを 180°回転しているときは、サブコマンド
ダイヤルの中央を押すと撮影できます。
R 液晶モニターを 180°回転すると、画像が鏡像表示になり
ます。自分撮りをするときに鏡を見るようなイメージで撮
影できます。
いろいろな撮影と再生
75
応用撮影
ISO 感度を変更したい
R 拡張感度を選択できる条件は、「各撮影モードで使用できる
機能について」を参照してください(P 154)。
MENU/OK ボタンを押します。
R 感度は、カメラの電源をオフにしても保持されます。
撮影メニューが表示されます。
R 拡 張 感 度 L の と き に、 画 質 モ ー ド(P 94) を RAW、
FINE + RAW、NORMAL + RAW に設定すると、感度は自
ef で N 感度を選び、MENU/OK ボタンを押します。
動的に 200 になります。
ISO 設定画面が表示されます。
R 拡 張 感 度 H の と き に、 画 質 モ ー ド(P 94) を RAW、
ef で設定値を選びます。
FINE + RAW、NORMAL + RAW に設定すると、感度は自
動的に 6400 になります。
設定
説明
AUTO1
被写体の明るさに応じて感度が自動的
ISO 感度の設定について
AUTO2
に設定されます(P 77)。
感度の設定値が大きいほど、暗い場所での撮影が可能にな
AUTO3
光に対する感度を変更できます。
1
2
3
6400 〜 200
いろいろな撮影と再生
76
H (25600)
H (12800)
L (100)
4
設定値を選べます。設定した値は、画
面に表示されます。
拡張感度を設定できます。標準感度よ
りもダイナミックレンジが狭くなった
り、ノイズが多くなったりする場合が
あります。
MENU/OK ボタンを押します。
ISO 感度が設定されます。
ります。ただし、高感度になるほど、画像に粒子状のノイ
ズが増えます。条件に合わせて感度設定を使い分けてくだ
さい。
100
ISO 感度
25600
明るいところ
少ない
撮影場所
ノイズ
暗いところ
多い
応用撮影
ISO 感度を変更したい
■ AUTO 設定について
AUTO1、AUTO2、AUTO3 を選ぶと、以下の項目が設定できます。
設定
基準 ISO 感度
上限 ISO 感度
低速シャッター限界
工場出荷時の設定値
200
800(AUTO1)、1600(AUTO2)、3200(AUTO3)
1/60
基準 ISO 感度と上限 ISO 感度を設定すると、その範囲内で最適な露出になるようにカメラが自動的に ISO 感度
を設定します。また、低速シャッター限界では、ISO 感度が自動で切り換わるシャッタースピードの低速側の限
界値を設定できます。
R 上限 ISO 感度よりも基準 ISO 感度を高く設定している場合は、上限 ISO 感度で設定されている ISO 感度で撮影されます。
R 基準 ISO 感度と上限 ISO 感度の範囲内でも最適な露出が得られない場合は、低速シャッター限界で設定したシャッタースピー
ドよりも遅くなる場合があります。
いろいろな撮影と再生
77
応用撮影
露出を補正したい
メインコマンドダイヤルを回すと、画像の
明るさを調整できます。
露出補正の目安
• 逆光の人物撮影:
+²⁄₃ EV 〜 +1²⁄₃ EV
• スキー場などの反射が強く明るい
場所:+1 EV
P
4000 5.6
400
露出補正バー
+補正(右に回す)
(暗い画像を明るくします)
いろいろな撮影と再生
78
−補正(左に回す)
(明るい画像を暗くします)
• 画像の大部分を空が占める場合:+1 EV
• スポットライトを浴びた被写体、特に背景が暗い場合:
−²⁄₃ EV
• 常緑樹または色の濃い葉など反射率が低い場合:−²⁄₃ EV
EV とは
露出を表す数値で、被写体の明るさとフィルムや画像素子
などの感度によって決まります。被写体が明るければ数値
は大きくなり、暗ければ数値は小さくなります。デジタル
カメラは被写体の明るさの変化に対して、絞りやシャッ
ター速度を調整することにより画像素子に与える光量を一
定にしています。画像素子に与えられる光量が 2 倍になる
と EV 値は+ 1、半分になると EV 値は− 1 変化します。
応用撮影
明るさの測定方法を変更したい(測光モード)
カメラが被写体の明るさを測定する方法を変更できます。撮影状況により、適正な明るさ(露出)にならないと
きに使用します。
1
MENU/OK ボタンを押します。
2
ef で C 測光を選び、MENU/OK ボタンを押します。
3
ef で測光モードを選びます。
撮影メニューが表示されます。
測光モードの設定画面が表示されます。
設定
説明
o
被写体の輝度分布や色、背景や構図などの情報を瞬時にカメラが判断し、さまざまな撮影状況で適正な露
出が得られます。通常の撮影では、o(マルチ)をおすすめします。
(マルチ)
p
画面中央部約 2% 部分の露出が最適になるように測光します。逆光時など、被写体と背景の明るさが大き
(スポット) く異なるときなどに使用します。
4
MENU/OK ボタンを押します。
測光モードが設定されます。
Q 測光モードを変更するときは、G フォーカス設定 > 顔検出 / 瞳 AF 設定を顔検出 OFF/ 瞳 AF OFF にしてください(P 93)。
いろいろな撮影と再生
q
画面全体を平均して測光します。構図や被写体により露出が変化しにくい特長があり、白や黒の服を着た
(アベレージ) 人や風景の撮影などに使用します。
79
応用撮影
フラッシュを使って撮影したい
夜や暗い室内で撮影をするときは、フラッシュをお使いください。
1
いろいろな撮影と再生
80
フラッシュポップアップスイッチをスライドして、フラッシュをポップ
アップします。
2
MENU/OK ボタンを押します。
3
p フラッシュ設定からフラッシュモードを選び、MENU/OK ボタンを押します。
4
使用するフラッシュモードを選びます。
撮影メニューが表示されます。
フラッシュ設定画面が表示されます。
フラッシュ
オート(表示なし)
オート(表示なし)
N 強制発光
O スローシンクロ
l 後幕シンクロ
D コマンダー
P
5
発光禁止
説明
カメラが暗いと判断したときにフラッシュが発光します。
周囲の明るさにかかわらず、フラッシュが発光します。
夜景と人物の両方をきれいに撮影できます。明るい場所では露出オーバーになることがあります。
シャッターを閉じる直前にフラッシュが発光します。
スレーブ対応の外部フラッシュを同調させます。
周囲や被写体の明るさに関わらず、フラッシュは発光しません。暗いときは三脚の使用をおすす
めします。
R フラッシュを閉じても発光禁止になります。
MENU/OK ボタンを押します。
フラッシュモードが設定されます。
応用撮影
フラッシュを使って撮影したい
Q ご使用の交換レンズや撮影距離によっては、フラッシュのケラレが発生することがあります。
R フラッシュが発光するときは、シャッターボタンを半押しすると、画面に p が表示されます。
R フラッシュは予備発光と本発光で数回発光します(コマンダーモードを除く)。撮影が完了するまでカメラを動かさないでく
ださい。
顔検出と赤目補正がオンのときのフラッシュ設定について
顔検出(P 93)と赤目補正(P 98)をオンにした場合、フラッシュ発光時には必ず赤目軽減を行います。そのため、フラッ
シュは、K(赤目軽減オートフラッシュ)、L(赤目軽減 + 強制発光フラッシュ)、M(赤目軽減 + スローシンクロ)、d(赤
目軽減 + 後幕シンクロ)から設定できます。
K(赤目軽減オートフラッシュ)は、人物を撮影するのに適しています。暗い場所でフラッシュ撮影したときに、
フラッシュの光が目の中で反射することにより瞳が赤く写る「赤目現象」を軽減します。
いろいろな撮影と再生
フラッシュ使用時のシャッタースピードについて
フラッシュ撮影したときのシャッタースピード同調速度は ¹⁄₁₈₀ 秒以下です。
81
応用撮影
フィルムシミュレーションで画像を撮影したい
撮影時の発色や階調を変更できます。被写体に応じてフィルムを再現した設定から選べます。
1
MENU/OK ボタンを押します。
2
ef で P フィルムシミュレーションを選択し、MENU/OK ボタンを押します。
3
撮影メニューが表示されます。
フィルムシミュレーション設定画面が表示されます。
フィルムシミュレーションの設定値を選びます。
フィルムシミュレーションの設定値は以下のとおりです。
設定
説明
標準的な発色と階調で人物、風景など幅広い被写体に適しています。
高彩度な発色とメリハリのある階調表現で、風景や花の撮影に適しています。
肌色のつながりを良くしつつ、青空も鮮やかに写るようになります。屋外のポートレートに
e ASTIA/ ソフト
適しています。
i クラシッククローム
発色をおさえて暗部のコントラストを高めます。落ち着いた表現に適しています。
b モノクロ
モノクロ(フィルターなし)
(フィルターなし)モノトーンの表現を活かした印象的な仕上がりの撮影に適しています。
f セピア
ウォーム調の色合いであたたかみのある雰囲気の表現に適しています。
c PROVIA/ スタンダード
d Velvia/ ビビッド
いろいろな撮影と再生
82
4
MENU/OK ボタンを押します。
フィルムシミュレーションが設定されます。
R フィルムシミュレーション設定時も、トーンやシャープネスなどの変更が可能です(P 96)。
応用撮影
RAW 画像を撮影・現像したい
Q パソコンで RAW 画像を現像するには、パソコンに RAW
RAW 画像の撮影
RAW 画像とは、撮像素子から得られる非圧縮の生デー
タのことです。撮影した RAW 画像は、パソコンで画
像を再構成するほか、再生メニューの j RAW 現像
(P 84)でさまざまな設定を行ってから JPEG に保
存( 現 像 ) で き ま す。RAW 画 像 は 撮 影 メ ニ ュ ー の
T 画質モード(P 94)で設定します。
1
MENU/OK ボタンを押します。
2
ef で T 画質モードを選択し、MENU/OK ボタン
撮影メニューが表示されます。
を押します。
画質モードの設定画面が表示されます。
ef で RAW 画像を選びます。
設定
FINE+RAW
NORMAL+RAW
RAW
4
Fn ボタンを使って RAW 画像を撮影する
撮影メニューの T 画質モードで FINE または NORMAL
を選択していても、Fn ボタンに RAW を割り当てておくと、
Fn ボタンを押すだけで RAW 画像を撮影できます(P 43)。
用途例
FINE で撮影した JPEG 画像と、
RAW ファイルの両方を保存します。
NORMAL で撮影した JPEG 画像と、
RAW ファイルの両方を保存します。
RAW ファイルのみを保存します。
MENU/OK ボタンを押します。
設定されている画質モード
Fn ボタン
(RAW を割り当て済み)を押した場合
FINE
NORMAL
FINE + RAW
NORMAL + RAW
RAW
FINE + RAW
NORMAL + RAW
FINE
NORMAL
FINE
再度 Fn ボタンを押すか、1 コマ撮影すると、元の設定(左
列)に戻ります。
いろいろな撮影と再生
3
FILE CONVERTER がインストールされている必要があり
ます(P 121)。
Q 画質モードが RAW、FINE + RAW、NORMAL + RAW のと
きは、拡張感度(P 76)は設定できません。
RAW 画像が設定されます。
83
応用撮影
RAW 画像を撮影・現像したい
RAW 画像の現像(カメラ内 RAW 現像)
撮影した RAW ファイルを、パソコンを使用せずにカメラでさまざまな設定を加えて JPEG ファイルとして保
存(現像)できます。
1
再生画面で現像する RAW 画像を選びます。
2
MENU/OK ボタンを押します。
3
ef で j RAW 現像を選び、
MENU/OK ボタンを押します。
いろいろな撮影と再生
MENU/OK ボタンを押して、決定します。
8
Q ボタンを押します。
9
MENU/OK ボタンを押します。
手順 3 の画面に戻ります。手順 7 までを繰り返し
て、設定したい項目をすべて変更します。
再生メニューが表示されます。
設定できる機能の一覧が表示
されます。
84
7
RAW現像
撮影時条件を反映
増感/減感
ダイナミックレンジ
フイルムシミュレーション
ホワイトバランス
WBシフト
現像
4
ef で変更する項目を選びます。
5
h で設定の変更に移ります。
6
ef で設定を変更します。
やめる
RAW現像
撮影時条件を反映
100%
増感/減感
200%
ダイナミックレンジ
400%
フイルムシミュレーション
ホワイトバランス
WBシフト
保存する JPEG ファイルのプレビューが表示され
ます。
JPEG 画像が保存されます。
Q ボタン
RAW 画像の再生時に Q ボタンを押すと、j RAW 現像を
表示できます。
応用撮影
RAW 画像を撮影・現像したい
■ RAW 現像設定項目一覧
メニュー項目
撮影時条件を反映
機能
撮影時の条件を一括で反映します。
増感 / 減感
画像の明るさを調整できます。
ダイナミックレンジ
明るい部分の白とびを防ぎ、目で見たままに近い写真
を撮影できます。
フィルムシミュレーション 色調を変更できます。
ホワイトバランスを変更できます。
WB シフト
ホワイトバランスを調整します。
カラー
撮影画像の色の濃さを設定します。撮影画像の色を濃
くしたいときは濃いに、薄くしたいときは薄いに設定
します。
シャープネス
撮影画像の輪郭をソフトにしたり、強調したりできま
す。
ハイライトトーン
画像のハイライト部の調子を調整します。
シャドウトーン
画像のシャドウ部の調子を調整します。
ノイズリダクション
高感度撮影時に画像に発生するノイズを低減できます。
色空間
画像に適用する色空間を設定します。
P
̶
̶
− 1 EV 〜 + 3 EV まで
¹⁄₃ EV ステップ
78
V/W/X
95
c/d/e/i/b/f
AUTO/h/k/i/j/k/l/
m/n/g
− 9〜+ 9
82
濃い / やや濃い / 標準 /
やや薄い / 薄い
HARD/M-HARD/STD/
M-SOFT/SOFT
HARD/M-HARD/STD/
M-SOFT/SOFT
HARD/M-HARD/STD/
M-SOFT/SOFT
強 / やや強 /STD/
やや弱 / 弱
sRGB/Adobe RGB
64
64
95
96
96
96
96
いろいろな撮影と再生
ホワイトバランス
設定
114
85
応用撮影
M マウントレンズで撮影したい
歪曲収差補正
別売の M マウントアダプター「FUJIFILM M MOUNT 画像の周辺部が歪んでしまう「歪
ADAPTER」を使用すると M マウントレンズで撮影で 曲収差」を補正できます。
きます。
「タル型」と「糸巻き型」の補正
を、それぞれ「強」
「中」
「弱」の
マウントアダプター設定
マウントアダプターのファンク
21mm
レンズ1
3 段階で補正できます。
ションボタンを押すと、l マウ
レンズ2
24mm
マウントアダプター設定
ントアダプター設定メニューが表
示されます。
レンズ3
レンズ4
レンズ5
レンズ6
レンズ5 歪曲収差補正
タル型強
タル型中
タル型弱
OFF
糸巻き型弱
糸巻き型中
決定
やめる
28mm
35mm
50mm
75mm
設定完了
R m レンズなしレリーズが ON にな
り、スタンダード表示時の距離指標バーが非表示になります。
いろいろな撮影と再生
86
R フォーカスチェックを行うときは、G フォーカス設定 >
フォーカスモードを p マニュアルに設定してください
(P 57)。
焦点距離設定
ご使用のレンズの焦点距離が 21 mm、24 mm、28 mm、
35 mmのいずれかの場合は、l マウントアダプター
設定のレンズ 1 〜 4 からご使用のレンズの焦点距離を
選んでください。
レンズ5
21 mm、24 mm、28 mm、35 mm 焦点距離入力
2
以外のレンズをご使用になる場合
1
0 5 0 mm
はレンズ 5 またはレンズ 6 を選び、
9
8
h を押して焦点距離設定メニュー
決定
やめる
を表示させ、ご使用になるレンズ
の実焦点距離を efgh で設定してください。
タル型
糸巻き型
R 歪曲収差補正を効果的に行うためには、方眼紙やビルの窓
などの複数の方形画像を撮影し、その画像で最適化してく
ださい。
応用撮影
M マウントレンズで撮影したい
色シェーディング補正
周辺光量補正
画像の周辺光量を補正できます。
画像中央部と周辺部の色の違いな
ど(シェーディング)を画像の四
隅それぞれ個別に補正できます。
補正量は、–5 〜 +5 までと 0(ゼ
ロ)の計 11 段階から選べます。
次へ
決定
■ 補正方法
1
サブコマンドダイヤルを回して、補正場所(画
面の四隅)を選びます。三角マークで表示され
る隅をそれぞれ補正できます。
2 efgh で補正値(色・量)を設定します。
画像中央部と周辺部の色の差がなくなるように
調整してください。
R 色シェーディング補正を効果的に行うためには、青空やグ
レーの紙など単色のものを撮影し、その画像で最適化して
ください。
決定
やめる
プラス側に補正すると周辺光量が
上がり、オールドレンズでの補正
に有効です。マイナス側に補正すると周辺光量が下が
り、古いレンズやピンホールカメラで撮影したような
効果が得られます。
R 周辺光量補正を効果的に行うためには、青空やグレーの紙
など単色のものを撮影し、その画像で最適化してください。
いろいろな撮影と再生
• レッド / シアン(横軸方向):–9 〜 +9 の範囲でレッドと
シアンの縁取りを補正します。
• ブルー / イエロー(縦軸方向):–9 〜 +9 の範囲でブルー
とイエローの縁取りを補正します。
0
87
応用撮影
フォトブックを作成したい
フォトブックアシストでフォトブックを作成できます。
フォトブックを作成する
1
2
3
Q フォトブックで選択できる画像は 300 枚までです。
Q 画像が 1 枚も選択されていないフォトブックは削除されます。
新規 BOOK を選び、MENU/OK ボタンを押します。
フォトブックの新規作成画面が表示されます。
作成したフォトブックについて
• 作成したフォトブックは、「MyFinePix Studio」でも、
パソコンに取り込んで使うことができます。
• カメラで作成したフォトブックは、対応する店頭で簡単
に注文することができます。詳しくは下記ホームページ
をご覧下さい。
画像を選択します。
6 で表示されている画像を選択または選択解除
し、7 で表示されている画像を表紙にします。
いろいろな撮影と再生
R a 以下で保存されている画像と動画は選択できません。
R 最初に選択した画像は、自動的に表紙と 1 枚目の画像
になります。表紙は、後から 7 で変更することもでき
ます。
4
5
画像の選択が終わったら、MENU/OK ボタンを押し
ます。
作成終了を選びます。
R 全て選択を選ぶと、全画像がフォトブック作成中の画
像として選択されます。
6
88
再生メニューから m フォトブックアシストを選
びます。
MENU/OK ボタンを押します。
フォトブックアシストメニューに作成したフォト
ブックが表示されます。
http://fujifilm.jp/personal/print/index.html
作成したフォトブックを見る
作成したフォトブックを編集 / 削除する
作成されているフォトブックを選ぶと、フォトブック
の内容を見ることができます。8 または 9 で次や前
の画像に移動できます。
1
2
3
応用撮影
フォトブックを作成したい
作成したフォトブックを表示しているときに
MENU/OK ボタンを押します。
編集または削除を選びます。
• 編集:フォトブックの内容を再編集できます。編
集方法はフォトブックを作成する方法と同じで
す(P 88)。
• 削除:表示されているフォトブックを削除でき
ます。
画面の指示にしたがって、フォトブックを編集 /
削除します。
いろいろな撮影と再生
89
応用撮影
応用撮影 メニュー一覧
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
撮影時に使う機能を設定できます。
撮影メニューの使い方
1
3
MENU/OK ボタンを押します。
撮影メニューが表示されます。
h で設定の変更に移ります。
影
P 撮影メニュー
FINE
NORMAL
FINE+RAW
3:2
NORMAL+RAW
画質モード
RAW
AUTO
200
メニュー一覧
2
4
e または f で設定を変更します。
5
MENU/OK ボタンを押して、決定します。
6
DISP/BACK ボタンを押して、撮影画面に
戻ります。
e または f で変更する項目を選びます。
P 撮影メニュー
プログラム
フォーカス設定
感度
画像サイズ
画質モード
ダイナミックレンジ
フィルムシミュレーション
終了
90
F
200
3:2
F
AUTO
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
撮影メニュー一覧
R メニューに表示される項目は、撮影モードによって異なります。
A シーン選択
モードダイヤルが SP のときに、好きなシーンポジションを選んで、モードダイヤルに割り当てることができます(P 51)。
A Adv. モード
モードダイヤルが Adv. のときに、高度なテクニックが必要な写真を簡単に撮影できます(P 46)。
メニュー一覧
91
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
G フォーカス設定
フォーカスに関する設定を変更できます。
サブメニュー
フォーカスエリア選択
フォーカスモード
内容
ピント合わせのエリアや拡大表示する位置を変更できます(P 61)。
ピント合わせの方法を変更できます(P 57)。
ON にすると、G フォーカス設定 > フォーカスモードが s オートエリアまたは t エリア選択のときにシャッ
ターボタンを半押ししたままフォーカスリングを回すと、マニュアルフォーカスで撮影できます。
R c MF アシストでフォーカスピーキングを選んでいる場合は、フォーカスピーキングでピントの確認ができ
ます。
Q 距離指標付レンズをお使いの場合は、G フォーカス設定 > フォーカスモードが s オートエリアまたは
t エリア選択に設定し、レンズ側を距離指標モード(MF)に設定すると、この機能を使用できます。この
AF+MF
とき、レンズの距離指標は無効になります。
Q 距離指標付レンズをお使いの場合は、フォーカスリングをあらかじめ距離指標の中央の位置にセットしてくださ
い(フォーカスリングの距離指標を最短距離または無限遠にセットすると、ピントが合わない場合があります)。
AF + MF 時のフォーカス位置拡大表示について
メニュー一覧
92
A 表示設定のフォーカスチェックを ON にすると、G フォーカス設定 > フォーカスモードが s オート
エリアまたは t エリア選択のときにフォーカス位置を拡大表示できます。
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
G フォーカス設定(続き)
顔検出を ON にすると、カメラが人物の顔を検出し、背景よりも顔にピントと明るさを合わせ、人物を明るく
目立つように撮影できます。また、瞳 AF を ON にすると、目にピントを合わせることができます。人物が左右
に並んでいるときなど、背景にピントが合いがちなシーンでの撮影に適しています。
設定
顔検出 ON/ 瞳 AF OFF
顔検出 / 瞳 AF 設定
緑色の枠
説明
顔検出のみ行い、瞳 AF は行いません。
顔を検出したときにカメラが自動的に左右のどちら
顔検出 ON/ 瞳 AF AUTO
かの目にピントを合わせます。
顔検出 ON/ 瞳 AF 右目優先 顔を検出したときに右目にピントを合わせます。
顔検出 ON/ 瞳 AF 左目優先 顔を検出したときに左目にピントを合わせます。
顔検出 OFF/ 瞳 AF OFF
顔検出も瞳 AF も使用しません。
Q 撮影の直前に被写体やカメラが動いたときは、緑色の枠の位置から顔がずれて写ることがあります。
Q 各撮影モードでピントは人物の顔に合いますが、モード設定に応じた明るさになるため、人物の顔が適正な
明るさにならないことがあります。
人物の顔の上に緑色の枠が表示されます。
カメラが複数の顔を検出した場合、中央付近の顔の上に緑色の枠が、その他の顔の上に白い枠が表示されます。
縦位置撮影時も顔を検出できます。
メガネをかけた状態や髪の毛で目が隠れている状態など瞳を検出できない場合があります。瞳を検出できず
目にピントを合わせることができない場合は、顔を検出して顔にピントを合わせます。
ON にすると、シャッターボタンを半押ししてからピントが合うまでの間、AF 補助光が発光します。AF 補助光は、
暗い被写体のピントを合わせやすくするための光です。
設定:ON/OFF
AF
A
F 補助光
R 電子音 & フラッシュを OFF にすると、AF 補助光は発光しません。
メニュー一覧
R
R
R
R
Q シーンによっては、発光してもピントが合いづらいことがあります。
Q マクロ撮影など、被写体に近づいた撮影では、AF 補助光の効果が十分に得られない場合があります。
Q 人の目に近づけて発光させないでください。
93
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
N 感度
光に対する感度を変更できます(P 76)。
O 画像サイズ
記録する画像の大きさを変更できます。
設定
用途例
O 3 : 2/O 16 : 9/O 1 : 1 A3、四切(254mm × 305mm)、四切 W サイズ程度で印刷する場合に適しています。
P 3 : 2/P 16 : 9/P 1 : 1 六切(203mm × 255mm)、A4 サイズ程度で印刷する場合に適しています。
Q 3 : 2/Q 16 : 9/Q 1 : 1 DSC(89mm × 119mm)、L(89mm × 127mm)、A6 サイズ程度で印刷する場合に適しています。
R O 画像サイズは、カメラの電源をオフにしても撮影モードを切り換えても保持されます。
画像の縦横比について
画像の縦横比によって撮影できる範囲が異なります。用途に合わせて縦横比を選択してください。
設定
メニュー一覧
94
説明
3:2
16 : 9
画像の縦横比がフィルムやポストカードと同じ 3 : 2 になります。
1:1
正方形の比率です。
画像の縦横比が 16 : 9 になり、ハイビジョンテレビでの再生に適しています。
T 画質モード
用途に合わせて記録画像の圧縮率を変更できます。
設定
FINE
NORMAL
FINE+RAW
NORMAL+RAW
RAW
用途例
圧縮率が低いため画質を優先するモードです。
圧縮率が高いため撮影枚数を優先するモードです。
FINE で撮影した JPEG 画像と、RAW ファイルの両方を保存します。
NORMAL で撮影した JPEG 画像と、RAW ファイルの両方を保存します。
RAW ファイルのみを保存します。
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
U ダイナミックレンジ
撮影する画像のダイナミックレンジを変更できます。広いダイナミックレンジでの撮影は、明暗差の強い建物、コントラストの
高い被写体(光と波、強い光と紅葉、青空での人物撮影など)、白い被写体(建物、動物、白い服でのポートレート撮影など)
などのシーンに効果的です。選んだダイナミックレンジの広さで撮影します。
設定
おすすめ用途
V 100% 曇天や室内では、コントラストのある画像が撮影できます。
(自動調整) W 200%
X 400%
コントラストの強いシーンでの、白とびや黒つぶれを抑えます。
AUTO
Q ダイナミックレンジが広くなるほど、画像にノイズが増えます。状況に応じてダイナミックレンジ設定を使い分けてください。
R ダイナミックレンジが AUTO のときは、シャッターボタンを半押しすると、絞りとシャッタースピードが表示されます。
R W 200%は感度が ISO400 以上、X 400%は ISO800 以上のときに設定できます。
P フィルムシミュレーション
撮影する画像の発色や階調を変更できます(P 82)。
X フィルムシミュレーション BKT
X フィルムシミュレーションブラケティングで撮影するフィルムシミュレーションの設定を変更できます(P 70)。
o インターバルタイマー撮影
設定した時間ごとに自動撮影するインターバルタイマー撮影を設定できます(P 74)。
メニュー一覧
B セルフタイマー
セルフタイマーを使用できます(P 71)。
D ホワイトバランス
ホワイトバランスを太陽光や照明などの光源に合わせて設定することにより、見た目に近い色で撮影できます(P 64)。
f カラー
画像の色の濃さを設定します。撮影画像の色を濃くしたいときは濃いに、薄くしたいときは薄いに設定します。
設定:(+2) 濃い /(+1) やや濃い /(0) 標準 /(-1) やや薄い /(-2) 薄い
95
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
q シャープネス
画像の輪郭をソフトにしたり、強調したりできます。輪郭を強調したいときはハードに、ソフトにしたいときはソフトに設定します。
設定:(+2) ハード /(+1) ミディアムハード /(0) スタンダード /(-1) ミディアムソフト /(-2) ソフト
r ハイライトトーン
画像のハイライト部の調子を軟らかくしたり、硬くしたりできます。ハイライト部の調子を硬くしたいときはハードに、軟らか
くしたいときはソフトに設定します。
設定:(+2) ハード /(+1) ミディアムハード /(0) スタンダード /(-1) ミディアムソフト /(-2) ソフト
s シャドウトーン
画像のシャドウ部の調子を軟らかくしたり、硬くしたりできます。シャドウ部の調子を硬くしたいときはハードに、軟らかくし
たいときはソフトに設定します。
設定:(+2) ハード /(+1) ミディアムハード /(0) スタンダード /(-1) ミディアムソフト /(-2) ソフト
h ノイズリダクション
高感度撮影時に画像に発生するノイズを低減できます。よりノイズを低減してなめらかにしたいときは強に、画像の輪郭を残し
たいときは弱に設定します。
メニュー一覧
設定:(+2) 強 /(+1) やや強 /(0) スタンダード /(-1) やや弱 /(-2) 弱
K 長秒時ノイズ低減
ON にすると、長時間露光撮影時のノイズを低減できます(P 53、55)。
設定:ON/OFF
K カスタム保存
撮影モードの P、S、A、M モードの撮影設定を保存します(P 56)。
96
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
l マウントアダプター設定
カメラ側に情報を送ることができないレンズを装着したときに、レンズに合わせて焦点距離をカメラに設定できます(P 86)。
m レンズなしレリーズ
レンズを未装着でシャッターをきれるかどうかを設定します。
設定:ON/OFF
c MF アシスト
マニュアルフォーカス時のピント確認方法を設定します(P 60)。
設定
スタンダード
フォーカスピーキング
説明
通常表示です(フォーカスピーキング機能を使用しません)
。
コントラストの高い輪郭部分を強調して表示します。表示色とピーキングレベルの組み合わせを選べます。
設定:ホワイト(弱)/ ホワイト(強)/ レッド(弱)/ レッド(強)/ ブルー(弱)/ ブルー(強)
C 測光
カメラが被写体の明るさを測定する方法を変更できます。撮影状況により、適正な明るさ(露出)にならないときに使用します
(P 79)。
ムの位置に連動して測光します。
設定:ON/OFF
メニュー一覧
v 測光 & フォーカスエリア連動
ON にすると、C 測光が p スポットで G フォーカス設定 > フォーカスモードが t エリア選択のときにフォーカスフレー
97
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
p フラッシュ設定
フラッシュのモードや発光量を変更できます。
サブメニュー
フラッシュモード
フラッシュ調光補正
内容
使用するフラッシュのモードを選べます(P 80)。
撮影目的や撮影条件に合わせて、フラッシュの発光量を変更できます。
設定:+2/+12⁄3/+11⁄3/+1/+2⁄3/+1⁄3/±0/–1⁄3/–2⁄3/–1/–11⁄3/–12⁄3/–2
R 被写体の条件や撮影距離などによって、発光量の補正効果が得られない場合があります。
赤目補正
暗い場所でフラッシュ撮影したときに、
「赤目現象」を軽減します。
設定:ON/OFF
R 顔が検出できないときは、赤目補正されません。
R RAW ファイルの画像は、赤目補正できません。
W 動画設定
動画撮影に関する設定を行います。
サブメニュー
内容
撮影する動画の画像サイズとフレームレートを変更できます。
メニュー一覧
設定
動画モード
動画感度
i 1080/30 P
i 1080/25 P
i 1080/24 P
h 720/60 P
h 720/50 P
h 720/24 P
説明
フレームレートが 30 fps、25 fps、24 fps のフルハイビジョン動画
フレームレートが 60 fps、50 fps、24 fps のハイビジョン動画
撮影する動画の感度を変更できます。
設定:6400/5000/4000/3200/2500/2000/1600/1250/1000/800/640/500/400/AUTO
R 設定した感度は静止画撮影には反映されません。
98
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
W 動画設定(続き)
サブメニュー
内容
動画撮影時のピント合わせの方法を変更できます。
設定
フォーカスモード
r センター固定
u コンティニュアス
p マニュアル
説明
撮影開始時に、画面中央にある被写体にピントを合わせます。
撮影中も画面中央付近の被写体にピントを合わせ続けます。
ピントを手動で合わせたいときに使用します。
R u では、シャッターボタンを押していなくても、常にピントを合わせ続けるためレンズの駆動音がします。ま
た、バッテリーの消耗が早くなりますので、残量にご注意ください。
R u のときに顔を認識すると、認識している顔にピントを合わせ続けます。その場合は、o アイコンが表示さ
マイクレベル設定
れます。
マイクレベルを変更できます。
設定:1 〜 4
L ブレ防止モード
手ブレや被写体ブレを軽減します。
設定
M 撮影時+動き認識
m 撮影時
OFF
説明
常に手ブレ軽減を行います。また、動くものを認識するとシャッタースピードを制御し、被写体ブレを軽減します。
メニュー一覧
L 常時+動き認識
l 常時
常に手ブレ軽減を行います。
シャッターボタンの半押し時および撮影される瞬間のみ手ブレ軽減を行います。また、動くものを認識するとシャッ
タースピードを制御し、被写体ブレを軽減します。
シャッターボタンの半押し時および撮影される瞬間のみ手ブレ軽減を行います。
ブレ軽減を使用しません。三脚使用時は OFF にすることをおすすめします。
R N 感度を固定値に設定しているときは、動き認識を行いません。また、その他の設定によって動き認識の設定が無効になる場合があります。
被写体の速さや明るさによっては、被写体ブレ軽減の効果が得られない場合があります。
R 手ブレ補正対応レンズ装着時のみ有効です。
W 電子式手ブレ補正
動画撮影時の手ブレ補正を使用するかどうかを設定できます。
設定:ON/OFF
99
応用撮影
撮影の設定を変える ̶ 撮影メニュー
r ワイヤレス通信
無線 LAN を使ってスマートフォンと通信できます(P 119)。
R 無線 LAN 機能の使用方法については、以下のサイトをご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
x シャッター方式
使用するシャッター方式を変更できます。電子シャッターを使用すると、シャッター音を消して撮影できます。
設定
t メカニカルシャッター
s 電子シャッター
t メカニカル+ s 電子
説明
メカニカルシャッターで撮影します。
電子シャッターで撮影します。
カメラが状況に応じたシャッターで撮影します。
R 電子シャッター使用時は、以下の機能制限があります。
•
•
•
•
メニュー一覧
100
感度は 6400 〜 200、シャッタースピードは 1/32000 〜 1 秒に制限されます。
電子シャッターで撮影されるときは、長秒時ノイズ低減は機能しません。
連写撮影では、ピントや露出は 1 コマ目を撮影したときに決定され、途中で変えられません。
フラッシュは発光しません。
Q 電子シャッター使用時は、以下のことにご注意ください。
• 動いている被写体を撮影すると、画像が歪んで撮影される場合があります。
• 瞬間的な光や、蛍光灯などの照明下では、帯状のムラが撮影されることがあります。
• シャッター音を消して撮影できますが、被写体のプライバシーや肖像権などに十分ご配慮のうえ、お客様の責任でお使いください。
応用撮影
再生の設定を変える ̶ 再生メニュー
画像の再生時に使う機能を設定できます。
再生メニューの使い方
1
2
a ボタンを押します。
再生モードに切り換わります。
h で設定の変更に移ります。
生
再生メニュー
ワイヤレス通信
RAW現像 戻る
消去 1コマ
複数指定
トリミング
全コマ
リサイズ
プロテクト
画像回転
5
e または f で設定を変更します。
6
MENU/OK ボタンを押して、決定します。
7
DISP/BACK ボタンを押して、再生画面に
戻ります。
MENU/OK ボタンを押します。
再生メニューが表示されます。
再生メニュー
終了
e または f で変更する項目を選びます。
メニュー一覧
ワイヤレス通信
RAW現像
消去
トリミング
リサイズ
プロテクト
画像回転
3
4
101
応用撮影
再生の設定を変える ̶ 再生メニュー
再生メニュー一覧
r ワイヤレス通信
無線 LAN を使ってスマートフォンと通信できます(P 119)。
R 無線 LAN 機能の使用方法については、以下のサイトをご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
j RAW 現像
撮影した RAW ファイルを、パソコンを使用せずにカメラでさまざまな設定を加えて JPEG ファイルとして保存(現像)でき
ます(P 84)。
A 消去
画像を 1 コマずつ消去したり、全コマまとめて消去できます。また、消去する画像を選択してからまとめて消去できます。
1
再生メニューで A 消去を選びます。
2
消去の方法を選びます。
•
1 コマ:
g または h で消去する画像を選び、表示した画像を消去します。
メニュー一覧
R 手順 3 のあとに g または h で、続けて消去する画像を選べます。
• 複数指定: 消去する画像を選択してからまとめて消去します。
• 全コマ:
R MENU/OK ボタンを押すと選択され、もう一度 MENU/OK ボタンを押すと選択が解除されます。
R DISP/BACK ボタンを押すと、消去画像の選択を終了します。
R 選択された画像は R が表示されます。
すべての画像を消去します。
3 MENU/OK ボタンを押して、消去を実行します。
102
応用撮影
再生の設定を変える ̶ 再生メニュー
G トリミング
撮影した画像の必要な部分をトリミング(切り抜く)できます。
トリミングした画像は別ファイルとして保存されます。
1
再生画面でトリミングしたい画像を選びます。
2
再生メニューで G トリミングを選びます。
3
サブコマンドダイヤルで必要な部分を拡大 / 縮小し、efgh で切り抜きたい部分を調整します。
4 MENU/OK ボタンを押すと、トリミング後の記録画素数が表示されます。
5 MENU/OK ボタンを押して、トリミングします。
R 拡大率が大きければトリミング画像の記録画素数は小さくなります。
R トリミングを行ったあとの記録画素数が a のときは、実行が黄色で表示されます。
R トリミングした画像の縦横比は、3 : 2 になります。
O リサイズ
撮影した画像のサイズを小さくできます。
1
再生画面でリサイズしたい画像を選びます。
2
再生メニューで O リサイズを選びます。
3
変更するサイズ(P、Q、a)を選び、MENU/OK ボタンを押します。
メニュー一覧
リサイズした画像は別ファイルとして保存されます。
4 MENU/OK ボタンを押して、リサイズします。
R 元画像のサイズによって、リサイズできるサイズが異なります。
103
応用撮影
再生の設定を変える ̶ 再生メニュー
D プロテクト
誤って画像を消去しないように、画像をプロテクトできます。
1
再生メニューで D プロテクトを選びます。
2
プロテクトの方法を選びます。
• 設定 / 解除: プロテクト設定されていない画像はプロテクトが設定され、プロテクト設定されてる画像はプロテクト設
定が解除されます。
R 手順 3 のあとに g または h で、続けて設定 / 解除する画像を選べます。
• 全コマ設定:すべての画像がプロテクトされます。
• 全コマ解除:すべての画像のプロテクト設定を解除します。
3 MENU/OK ボタンを押して、プロテクトを設定 / 解除します。
4 DISP/BACK ボタンを押して、プロテクトを終了します。
Q メモリーカードをフォーマット(P 116)すると、プロテクトした画像も消去されます。
C 画像回転
メニュー一覧
画像を回転できます。
1
再生画面で回転したい画像を選びます。
2
再生メニューで C 画像回転を選びます。
3 f(時計回りに 90°回転)または e(反時計回りに 90°回転)で画像を回転します。
4 MENU/OK ボタンを押して、回転を決定します。
R プロテクトされた画像は回転できません。プロテクトを解除してから回転してください。
R 他のカメラで撮影した画像は回転できないことがあります。また、他のカメラやパソコンで再生する場合は、画像は回転表示しません。
R A 表示設定の縦横自動回転再生を ON にすると、縦方向で撮影した画像を自動的に回転して再生します(P 111)。
104
応用撮影
再生の設定を変える ̶ 再生メニュー
B 赤目補正
人物の赤目を補正できます。
赤目補正した画像は別ファイルとして保存されます。
1
再生画面で赤目を補正したい画像を選びます。
2
再生メニューで B 赤目補正を選びます。
3 MENU/OK ボタンを押して、赤目補正を開始します。
R
R
R
R
顔が検出できないときや被写体によっては、赤目補正できなかったり、補正した結果に差が生じることがあります。
顔を検出する人数が多い場合は、処理に時間がかかることがあります。
赤目補正済みの(e が表示されている)画像は、それ以上赤目補正できません。
RAW ファイルの画像は、赤目補正できません。
I スライドショー
撮影した画像を順番に自動再生します。
•
MENU/OK ボタン:スライドショーを開始 / 終了します。
DISP/BACK ボタン:スライドショー終了のガイダンスを表示します。
g または h:コマ送りします。
R スライドショー中は、自動電源 OFF になりません。
m フォトブックアシスト
画像を選んで、フォトブックを作成できます(P 88)。
メニュー一覧
•
•
105
応用撮影
再生の設定を変える ̶ 再生メニュー
s PC 保存
無線 LAN を使ってカメラからパソコンに画像を保存できます(P 120)。
R 無線 LAN 機能の使用方法については、以下のサイトをご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
K プリント予約(DPOF)
プリントする画像を指定します(P 125)。
V instax プリンタープリント
別売の FUJIFILM instax SHARE で画像を印刷できます(P 127)。
J 表示比率
3 : 2 で撮影された静止画を HD 出力のテレビで再生するときの表示比率を選べます。
HDMI ケーブルでカメラと HD 出力テレビを接続したときに有効です。
16 :9
3:2
メニュー一覧
設定
16 : 9
3:2
イメージ
R 16 : 9 に設定すると上下が切れた状態でフル画面表示されます。3 : 2 に設定すると左右に枠を付けて表示されます。
106
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
日時の設定、モニターの明るさなど、カメラの基本的な設定を変えられます。
セットアップメニューの使い方
1
5
MENU/OK ボタンを押します。
メニューが表示されます。
e または f で変更する項目を選びます。
セットアップ
日時設定
世界時計
日本語
リセット
電子音&フラッシュ
音設定
表示設定
ON
終了
6
2
200
7
e または f で設定を変更します。
8
MENU/OK ボタンを押して、決定します。
9
DISP/BACK ボタンを押して、撮影画面ま
たは再生画面に戻ります。
f でセットアップタブに移ります。
セットアップ
日本語
リセット
電子音&フラッシュ
音設定
表示設定
メニュー一覧
3:2
F
AUTO
日時設定
世界時計
ON
終了
4
日本語
ホーム
リセット 現地
電子音&フラッシュOFF
OFF
音設定
表示設定
P 撮影メニュー
終了
3
セットアップ
日時設定
世界時計
g でタブ選択に移ります。
プログラム
フォーカス設定
感度
画像サイズ
画質モード
ダイナミックレンジ
フィルムシミュレーション
h で設定の変更に移ります。
h でセットアップ画面を表示します。
107
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
セットアップメニュー一覧
F 日時設定
日付と時刻を設定します。
日時の設定方法については、「初期設定を行う」をご覧ください(P 29)。
N 世界時計
旅行先で、簡単にカメラの時計を現地時間に合わせることができます。
設定
h ホーム
g 現地
説明
「初期設定を行う」
(P 29)で設定した地域の日時を表示
旅行先の日時を表示
現地時間の設定
1 g 現地を選び、MENU/OK ボタンを押します。
2 時差を設定します。
・ g または h:+ / −、時間、分の選択
・ e または f:設定の変更
3 MENU/OK ボタンを押します。
メニュー一覧
R g 現地を選ぶと、電源を入れるたびに、画面に g と日時が約 3 秒間黄色で表示されます。
Qa
画面に表示する言語を設定します。
R リセット
撮影メニューまたはセットアップメニューの設定をそれぞれ工場出荷時の設定に戻します。
1
リセットするメニュー(撮影メニューリセットまたはセットアップリセット)を選び h を押すと、確認画面が表示され
ます。
2
実行を選んで MENU/OK ボタンを押します。
R 撮影メニューリセットでは、K カスタム保存の内容と D ホワイトバランスの h の内容、r ワイヤレス通信の内容以外がリセットされます。
R セットアップリセットでは、F 日時設定、N 世界時計以外がリセットされます。
108
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
o 電子音 & フラッシュ
OFF にすると、フラッシュや AF 補助光が発光禁止になり、操作音や動画の再生音がオフになります。セルフタイマーランプ
も発光しません。
設定:ON/OFF
R OFF に設定すると、画面に o が表示されます。
b 音設定
音に関する設定を変更できます。
サブメニュー
操作音量
内容
ボタンなどを操作するときの音量を設定します。
設定:b/c/d/f
R 音を消したいときは、f を選びます。
シャッター音量
電子シャッター使用時のシャッターをきるときの音量を設定します。
設定:b/c/d/f
R 音を消したいときは、f を選びます。
シャッター音
メニュー一覧
再生音量
電子シャッター使用時のシャッターをきるときの音を設定します。
設定:サウンド 1/ サウンド 2/ サウンド 3
動画再生時の音量を設定します。
設定:0 〜 10
109
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
A 表示設定
画面表示に関する設定を変更できます。
サブメニュー
内容
撮影直後の確認画面の表示時間を設定できます。
設定
連続
撮影画像表示
マニュアル時モニター
露出反映
メニュー一覧
LCD 明るさ
LCD 鮮やかさ
モニター撮影効果反映
1.5 秒
0.5 秒
OFF
説明
シャッターを半押しするまで、または MENU/OK ボタンを押すまで表示します。サブコマンドダイヤルの
中央を押すと、ピント位置が拡大表示され、もう一度押すと元に戻ります。
撮影した画像を一定時間表示。表示中にシャッターボタンを半押しすると、OFF になります。
表示なし
R 実際に記録される画像と色味が若干異なることがあります。
R 高感度撮影時には、ノイズが目立つ場合があります。
R 撮影モードや撮影の設定によっては、撮影後必ず撮影結果が表示されます。
ON にすると、マニュアル(M)撮影(P 55)で露出を反映した画像が画面に表示されます。
設定:ON/OFF
R フラッシュ撮影など、撮影時に露出が変わる場合は、マニュアル時モニター露出反映を OFF にしてください。
LCD(液晶モニター)の明るさを調整できます。
設定:-5 〜 +5
LCD(液晶モニター)の鮮やかさを調整できます。
設定:-5 〜 +5
ON にすると、フィルムシミュレーション、ホワイトバランスなどの撮影効果を反映した画像が画面に表示されます。
OFF にすると、撮影効果を反映せず、ソフトな階調で逆光シーンの暗い部分などの被写体を見やすいようにした画像
が画面に表示されます。
R OFF では表示される画像の色味、階調は記録される画像と異なります。また、モノクロ、セピア、アドバンストフィ
ルターの各フィルターでは一部撮影効果を反映した画像が表示されます。
110
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
A 表示設定(続き)
サブメニュー
内容
撮影時のフレーミングガイドの種類を設定できます。
設定
説明
F 方眼 9 分割
G 方眼 24 分割
H HD フレーミング
縦横にガイド線が表示されます 縦横にガイド線が表示されます 画面が 16 : 9 になるようなガイド
線が表示され、HD 画像の構図が
(9 コマ)。
(24 コマ)。
決めやすくなります。
フレーミングガイド
イメージ
P
縦横自動回転再生
フォーカスチェック
画面のカスタマイズ
P
設定:メートル / フィート
撮影時の「スタンダード」画面に表示したい項目を設定できます(P 31)。
h 操作ボタン設定
操作ボタンに関する設定を変更できます。
メニュー一覧
距離指標の単位
P
ON にすると、縦方向で撮影した画像を自動的に回転して再生します。
設定:ON/OFF
ON にすると、G フォーカス設定 > フォーカスモードが p マニュアルのときにフォーカスリングを回すと自動的に
拡大表示されます(P 60)。
設定:ON/OFF
撮影モード時に表示される距離指標の単位を変更できます(P 60)。
サブメニュー
内容
ファンクション(Fn)設定 ファンクションボタンに割り当てる機能を設定できます(P 43)。
クイックメニュー登録 / 編集 クイックメニューに表示するメニューを変更できます(P 42)。
I フォーカスリング
遠距離側に合わせる場合の、フォーカスリングの回転方向を設定できます。
設定:X 時計回り /Y 反時計回り
111
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
Z 消費電力設定
消費電力に関する設定を変更できます。
サブメニュー
内容
自動的に電源をオフにできます。
設定
自動電源 OFF
ハイパフォーマンス
5分
2分
OFF
説明
設定した時間、カメラを操作しないと、自動的に電源がオフになります。
自動的に電源がオフになりません。
R 設定によっては、自動電源 OFF の設定が無効になる場合があります。
ON にすると、ピント合わせと、カメラの再起動時の立ち上げ速度が速くなります。
設定:ON/OFF
V センサークリーニング
センサーのほこりなどをふるい落とすことができます。
メニュー一覧
112
サブメニュー
実行
電源 ON 時に実行
電源 OFF 時に実行
内容
実行を選ぶと、すぐにセンサークリーニングを実行します(P 4)。
ON に設定すると、カメラの電源をオンにしたときにセンサークリーニングを実行します。
ON に設定すると、カメラの電源をオフにしたときにセンサークリーニングを実行します。ただし、再生モードで電源
をオフにした場合は、実行されません。
R センサークリーニングを実行してもセンサーのほこりを完全にふるい落とすことはできません。ほこりが取れない場合は、手動でセンサーをク
リーニングしてください(P 140)。
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
t 保存設定
画像の保存に関する設定を変更できます。
サブメニュー
内容
コマ NO.(フォルダ NO. ーファイル NO.)の付け方を設定します。メモリーカードを交換したときのコマ NO. の付け
方を選びます。
設定
連番
説明
メモリーカード内の最大ファイル NO. に 1 を足したファイル NO. が付けら
れます。メモリーカードを交換したときは、次のファイル NO. とメモリー
カード内の最大ファイル NO. のいずれか大きい方の番号を付けます。
R ファイル名の重複を防げます。
コマ NO.
新規
コマ NO.
100-0001
フォルダ NO.
ファイル NO.
新しいメモリーカードを入れるたびに、ファイル NO. が 0001 から付けら
れます。
R フォーマット済みのカードに交換することで、番号をリセットできます。
R コマ NO. が「999-9999」になると、それ以上撮影できなくなります(P 152)。あらかじめ、データをパソコンな
どに保存してフォーマットすることをおすすめします。
ファイル名(DSCF****/̲DSF****)をそれぞれ変更できます。
ファイル名編集
色空間
sRGB
Adobe RGB
工場出荷時
変更例
DSCF****
ABCD****
̲DSF****
̲ABC****
メニュー一覧
補正前画像記録
R R リセットを行ってもコマ NO. はリセットされません。
R 他のカメラで撮影した画像は、コマ NO. 表示が異なることがあります。
ON にすると、B 赤目補正の処理前の画像も同時に記録します。
設定:ON/OFF
113
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
t 保存設定(続き)
サブメニュー
内容
撮影した日付と時刻を、画像に写し込むかどうかを設定します。
設定
R+S
R
OFF
日付書き込み
説明
撮影した日付と時刻を、画像に写し込みます。
撮影した日付を、画像に写し込みます。
日付や時刻を写し込みません。
Q 画像に写し込まれた日付や時刻は消去できません。日付や時刻がない画像を撮影する場合は、日付書き込みを OFF
に設定してから撮影してください。
Q 日時設定が行われていない場合は、日時の設定画面が表示されます。日時の設定を行ってください(P 29、108)。
Q 日付書き込みを行った場合は、K プリント予約(DPOF)の設定を日付なし設定にすることをおすすめします
(P 125)。
Q 動画と RAW 画像に日時と時刻を写し込むことはできません。
J 色空間
カラースペースを選択できます。
設定
メニュー一覧
sRGB
Adobe RGB
説明
通常の撮影では sRGB に設定します。
商用印刷用途などに適しています。
S カスタムリセット
K カスタム保存(P 56)で保存された C(カスタム)モードの設定をリセットします。
114
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
r 接続設定
スマートフォンやパソコン、FUJIFILM instax SHARE プリンターなどの無線 LAN 接続に関する設定を変更できます。
サブメニュー
内容
無線 LAN 機能に関する設定を変更できます。
サブメニュー
共通設定
ワイヤレス設定
スマートフォン送
スマートフォン送
信時 H 圧縮
PC 保存設定
位置情報記録
位置情報表示
instax プリンター接続設定
れている元の画像の画像サイズが変更されることはありません。
・ 保存先削除:設定されている PC 保存の保存先を削除できます。削除する保存先を選ん
でください。
・ 前回接続情報:直近に接続した PC 保存の保存先の情報が表示されます。
PC 保存の保存先を設定します。
・ 簡単設定:無線 LAN ルーターに簡単接続 (WPS) で接続し、保存先(PC)を設定します。
・ 手動設定:無線 LAN ルーターにマニュアル操作で接続し、保存先(PC)を設定します。
スマートフォンから取得した位置情報の設定を変更できます。
サブメニュー
位置情報設定
R スマートフォン送信時 H 圧縮を ON して画像を送信しても、メモリーカードに保存さ
内容
スマートフォンから取得した位置情報を撮影する画像に記録します。
設定:ON/OFF
スマートフォンから取得した位置情報を表示させるかどうかを設定します。
設定:ON/OFF
メニュー一覧
PC 保存先設定
内容
・ 名前:無線 LAN 通信で使用するカメラの名前を変更できます。工場出荷時は、カメラ
固有の名前になっています。
・ 設定初期化:無線 LAN 通信の設定を工場出荷時の設定に戻します。
スマートフォン送信時の画像サイズを変更できます。
・ ON:画像サイズを H に圧縮して送信します。ON でのご使用をおすすめします。
・ OFF:元画像のサイズのままで送信します。
別売の FUJIFILM instax SHARE との接続を設定します(P 127)。
R 無線 LAN 機能の使用方法については、以下のサイトをご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
115
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
K フォーマット
メモリーカードをフォーマット(初期化)します。
1
セットアップメニューで K フォーマットを選びます。
2 MENU/OK ボタンを押すと、確認の画面が表示されます。
フォーマット
フォーマット OK?
全てのデータが消去されます
実行
やめる
決定
3 e で実行を選び、MENU/OK ボタンを押します。
フォーマットが実行されます。
R 確認画面でやめるを選んだ状態で MENU/OK ボタンを押したり、DISP/BACK ボタンを押したりしたときは、フォーマットは実行されません。
Q プロテクトされている画像を含むすべてのファイルが消去されます。消去したくない画像があるときは、フォーマットを実行しないでください。
Q フォーマットの途中で、バッテリーカバーを開けないでください。
メニュー一覧
116
応用撮影
工場出荷時の設定値
撮影メニューとセットアップメニューの工場出荷時の設定値は以下のようになっています。
R セットアップメニューの R リセットを実行すると(P 108)、工場出荷時の設定に戻せます。
■ 撮影メニュー
メニュー
A シーン選択
A Adv. モード
G フォーカス設定
工場出荷時
メニュー
h 人物
G アドバンストフィルター
K 長秒時ノイズ低減
l マウントアダプター設定
m レンズなしレリーズ
c MF アシスト
C 測光
v 測光 & フォーカスエリア連動
p フラッシュ設定
フラッシュモード
フラッシュ調光補正
赤目補正
W 動画設定
動画モード
動画感度
フォーカスモード
マイクレベル設定
L ブレ防止モード
W 電子式手ブレ補正
x シャッター方式
レンズ 5(50 mm)
OFF
スタンダード
o マルチ
ON
オート
±0
OFF
i 1080/30 P
AUTO
u コンティニュアス
3
L 常時+動き認識
ON
t メカニカルシャッター
メニュー一覧
フォーカスモード
t エリア選択
AF + MF
OFF
顔検出 / 瞳 AF 設定
顔検出 OFF/ 瞳 AF OFF
ON
AF 補助光
N 感度
200
O 画像サイズ
O3:2
T 画質モード
FINE
V 100%
U ダイナミックレンジ
P フィルムシミュレーション c PROVIA/ スタンダード
X フィルムシミュレーション BKT
c PROVIA/ スタンダード
フィルム 1
d Velvia/ ビビッド
フィルム 2
e ASTIA/ ソフト
フィルム 3
B セルフタイマー
OFF
D ホワイトバランス
AUTO
f カラー
(0) 標準
q シャープネス
(0) スタンダード
r ハイライトトーン
(0) スタンダード
s シャドウトーン
(0) スタンダード
h ノイズリダクション
(0) スタンダード
工場出荷時
ON
117
応用撮影
カメラの設定を変える ̶ セットアップメニュー
■ セットアップメニュー
メニュー
o 電子音 & フラッシュ
b 音設定
工場出荷時
ON
メニュー一覧
c
操作音量
c
シャッター音量
i サウンド 1
シャッター音
再生音量
7
A 表示設定
撮影画像表示
OFF
マニュアル時モニター露出反映 ON
LCD 明るさ
0
LCD 鮮やかさ
0
モニター撮影効果反映
ON
F 方眼 9 分割
フレーミングガイド
縦横自動回転再生
ON
フォーカスチェック
OFF
距離指標の単位
メートル
画面のカスタマイズ
フレーミングガイド:□
AF 時の距離指標:□
ヒストグラム:□
その他すべて:R
h 操作ボタン設定
ファンクション(Fn)設定
感度
クイックメニュー登録 / 編集
P 41 参照
118
メニュー
I フォーカスリング
Z 消費電力設定
自動電源 OFF
ハイパフォーマンス
V センサークリーニング
電源 ON 時に実行
電源 OFF 時に実行
t 保存設定
コマ NO.
補正前画像記録
日付書き込み
J 色空間
r 接続設定
ワイヤレス設定
位置情報設定
工場出荷時
X 時計回り
2分
OFF
OFF
ON
連番
OFF
OFF
sRGB
スマートフォン送信時
H 圧縮:ON
位置情報記録:ON
位置情報表示:ON
接続編
接続編 無線 LAN 機能
無線 LAN 機能を使用する(FUJIFILM Camera Remote/FUJIFILM PC AutoSave)
無線 LAN を使って、カメラとスマートフォンやパソコンと通信が出来ます。無線 LAN 機能の使用方
法とアプリケーションのダウンロード方法については以下のサイトをご覧ください。
http://fujifilm-dsc.com/wifi/
富士フイルム Wi-Fi アプリ
スマートフォンと通信
再生モードでカメラのファンクション(Fn)ボタンを押すと、無線 LAN を使ってスマートフォンと通信できます。
無線
スマートフォンと通信すると、以下の機能が使用できます。
• スマートフォンを操作して、カメラで撮影
• カメラからスマートフォンに画像を送信
• スマートフォン側でカメラ内の画像を閲覧 / 取り込み
• スマートフォンで取得した位置情報をカメラに送信
機能
L
A
N
これらの機能を使用するには、スマートフォンにあらかじめスマートフォンアプリケーション FUJIFILM
Camera Remote をインストールしておく必要があります。
R 撮影 / 再生メニューの r ワイヤレス通信からも通信できます。
119
接続編
無線 LAN 機能を使用する
パソコンに画像を保存
再生モードでカメラのファンクション(Fn)ボタンを長押しすると、無線 LAN を使ってカメラからパソコンに
画像を保存できます。
この機能を使用するには、保存先のパソコンにあらかじめ PC アプリケーション FUJIFILM PC AutoSave をイン
ストールして保存先を設定しておく必要があります。
無線
R 再生メニューの s PC 保存からも通信できます。
機能
L
A
N
120
接続編
接続編 パソコンに転送
カメラをパソコンに接続して画像を転送する(MyFinePix Studio/RAW FILE CONVERTER)
Windows をお使いの方
Windows をお使いの方は MyFinePix Studio を使うと、カメラと接続したパソコンに画像をコピーして、画像
の閲覧、管理、印刷をすることができます。MyFinePix Studio は、以下のサイトからダウンロードしてください。
http://fujifilm-dsc.com/mfs/
富士フイルム マイファインピックススタジオ
ダウンロードしたファイル「MFPS_Setup.EXE」をダブルクリックすると、インストーラーが起動します。表
示される指示にしたがって、インストールしてください。
Mac(Macintosh)をお使いの方
Mac(Macintosh)をお使いの方は、Mac OS 標準アプリケーションのイメージキャプチャなどのソフトウェ
アで画像や動画を取り込んでください。
RAW 画像をパソコン上で現像するには
RAW FILE CONVERTER を使うと、RAW 画像をパソコン上で現像できます。RAW FILE CONVERTER は、以下のサイトか
http://fujifilm-dsc.com/rfc/
富士フイルム RAW ファイルコンバーター
パソコンに転送
らダウンロードしてください。
121
接続編
カメラをパソコンに接続して画像を転送する
カメラとパソコンを接続する
実際にカメラをパソコンと接続して正常に動作することを確認してください。
1
2
3
ソフトウェアをインストールしたパソコンを起動します。
カメラの電源をオフにします。
USB ケーブルで、カメラとパソコンを接続します。
カメラのマイクロ USB 端子(マイクロ B)
に USB ケーブルを接続します。
パソコンに転送
Q USB ケーブルは、付属のものをご使用ください。
Q カメラ側の端子は USB 2.0 マイクロ B です。
Q USB ケーブルは、向きに気をつけて、接続端子の奥までしっかりと差し込んでください。USB ハブやキーボードを経由
させずに、直接カメラとパソコンを接続してください。
4
5
6
122
カメラの電源をオンにします。
MyFinePix Studio や OS 標準のアプリケーションなどで、画像をパソコンに取り込んでください。
画像の取り込みが完了したら、カメラの電源をオフにしてから USB ケーブルを外してください。
接続編
カメラをパソコンに接続して画像を転送する
Q 画像をコピーするときは、バッテリー切れに注意してください。通信中に電源がオフになると、メモリーカード内のデータが
破壊されることがあります。
Q メモリーカード内に大量の画像がある場合は、ソフトウェアの起動に時間がかかり、画像の保存や転送ができないことがあり
ます。このような場合は、お手元のカードリーダを使って、転送してください。
Q カメラとパソコンの接続を外す前に、カメラのインジケーターランプが消灯していることを確認してください。
Q カメラとパソコンの通信時には、以下の操作をしないでください。メモリーカードのデータが壊れたり、データが消えること
があります。
- カメラの電源をオフにする
- USB ケーブルを抜く
Q メモリーカードの交換は、必ずカメラとパソコンの接続を外したあとに行ってください。
Q ソフトウェアでネットワークサーバ上に画像ファイルを保存してご利用いただく場合、スタンドアローン(単独)のパソコンの
ようにご利用になれないことがあります。
Q パソコンでの「コピー中」という表示が消えてすぐにカメラを取り外したり、USB ケーブルを抜いたりしないでください。
大きなサイズのデータをコピーした場合、パソコンの表示が消えても、カメラのアクセスがしばらく行われている場合があり
ます。
Q インターネットに接続する際に発生する通話料金、プロバイダ接続料金などはお客様のご負担となります。
ソフトウェアの使い方については、ソフトウェアのヘルプをご覧ください。
パソコンに転送
123
接続編
接続編 プリント
プリントサービス店でプリントする(お店プリント)
「お店プリント」とは、
K プリント予約(DPOF)であらかじめ DPOF 指定(P 125)した画像の入ったメモリー
カードをフジカラーデジカメプリントサービス取扱店にお持ちいただき、「DPOF 指定でプリント」とお伝えい
ただくだけで、簡単に高画質でプリントできるサービスです。プリントしたい画像と枚数をカメラであらかじ
め設定できるので、店頭での時間や手間を省けます。
デジタルカメラ
メモリーカード
生
再生メニュー
フジカラーデジカメプリントサービス店
DPE
赤目補正
スライドショー
日付あり設定 s
フォトブックアシスト
日付なし設定
PC保存
全コマ解除
プリント予約 (DPOF)
プリンタープリント
表示比率
事前にカメラでプリントする画像と
枚数を設定します(K プリント予約
(DPOF):P 125)。
画像の入ったメモリー
カードをカメラから取り
出します。
メモリーカードをお店にお持ちいただくだけで、手軽に高
画質でプリントできます。詳細は、
http://fujifilm.jp/personal/print/index.html をご覧ください。
プリント
デジカメプリントのご注文について
• カメラであらかじめ DPOF 指定していなくても、フジカラーデジカメプリントサービス取扱店の店頭で、プリントしたい画像
や枚数、日付印字の有無を指定できます。お店のプリント受付機をご利用いただくと、画像を見ながら簡単に注文できます。
• 一部の店舗では、DPOF 指定をお受けしていない場合がありますので、ご注文時にご確認ください。
• パソコンに保存した画像なら、インターネットでもデジカメプリントをご注文いただけます。画像をパソコンに転送する方
法は、121 ページを参照してください。
• 日付プリントする場合は、撮影時にすでにカメラの日時設定が正しく設定されている必要があります。撮影前にカメラの日
時が正しく設定されていることをご確認ください(P 29)。
• パノラマモード撮影した画像は、ワイドなパノラマプリントでお楽しみいただくことができます。プリント取扱店にて「パ
ノラマプリント」とご指定の上、ご注文ください(「パノラマプリント」はお店のプリント受付機ではご注文できません。プ
リント取扱店店頭にてご相談ください)。パノラマモードで撮影された画像のプリントについては、以下のホームページをご
覧ください。http://fujifilm.jp/personal/print/photo/index.html
124
接続編
プリントする画像を指定する(K プリント予約(DPOF)
)
再生メニューの K プリント予約(DPOF)であらかじめ DPOF 指定(プリント予約)しておくと、フジカラー
デジカメプリントサービス取扱店でお店プリントするとき(P 124)に、指定した内容で簡単にプリントできます。
DPOF 指定
DPOF(ディーポフ)とは、Digital Print Order Format(デジタルプリントオーダーフォーマット)のことで、
デジタルカメラで撮影した画像の中から、プリントしたい画像や枚数、日付印字の有無などの指定情報を、メモリー
カードなどに記録するときの形式です。
■ 日付あり設定 s/ 日付なし設定
1
再生メニューで K プリント予約(DPOF)を選
びます(P 106)。
再生メニュー
赤目補正
スライドショー
フォトブックアシスト
PC保存
プリント予約 (DPOF)
プリンタープリント
表示比率
4
5
終了
2
プリント枚数を選びます(最大 99 枚)。
プリント予約 (DPOF)
• DPOF 指定を取り消したい
トータル:00001
ときは、プリント枚数が 0
合計プリント枚数
表示中の画像の
になるまで 7 を押します。
01 枚
日付あり設定 s または日付なし設定を選びます。
生
再生メニュー
赤目補正
プリンタープリント
表示比率
日付あり設定 s:撮影日を
印字します。
日付なし設定:撮影日を
印字しません。
MENU/OK ボタンを押します。
コマ選択
6
プリント枚数
設定終了
プリントしたいすべての画像に対して手順 4 と 5
を行います。
設定した内容を保存して終了するには、MENU/OK
ボ タ ン を、 設 定 を 変 更 せ ず に 終 了 す る に は、
DISP/BACK ボタンを押します。
プリント
スライドショー
日付あり設定 s
フォトブックアシスト
日付なし設定
PC保存
全コマ解除
プリント予約 (DPOF)
3
DPOF 指定する画像を選びます。
125
接続編
プリントする画像を指定する(K プリント予約(DPOF))
7
合計枚数を確認して、もう一度 MENU/OK ボタンを
押します。
DPOF 指定(プリント予約)した画像には、再生
時に u が表示されます。
R 同じメモリーカードで最大 999 枚まで DPOF 指定するこ
とができます。
R 別のカメラで DPOF 指定された画
プリント予約リセット OK?
像がメモリーカードに入っていると
きは、右のようなメッセージが表示
されます。MENU/OK ボタンを押して、
設定
やめる
すでに設定されている DPOF 指定
を 取 り 消 し、DPOF 指 定 し 直 し て
ください。
R 日付あり / 日付なしはプリンターの設定による場合があり
ますので、お使いのプリンターの設定を確認してください。
■ 全コマ解除
プリント予約全解除 OK?
現在設定されている DPOF 指定
(プリント予約)を一度に解除で
きます。
全コマ解除を選び、MENU/OK ボタ
実行
やめる
ンを押すと、確認画面が表示され
ます。もう一度、MENU/OK ボタンを押すと、DPOF 指
定がすべて解除されます。
プリント
126
接続編
instax SHARE プリンターでカメラの画像をプリントする
別売の FUJIFILM instax SHARE で画像を印刷できます。
プリンターとの接続を設定する
r 接続設定の instax プリンター接続設定を選び、instax SHARE プリンターのプリンター名(SSID)とパス
ワードを入力します。
■ プリンター名(SSID)とパスワード
instax SHARE プリンターの底面に SSID が記載されています。工場出荷
時のパスワードは「1111」です。既にスマートフォンを使用してプリント
されている方で任意のパスワードを設定している場合は、設定したパスワー
ドを入力してください。
プリント
127
接続編
instax SHARE プリンターでカメラの画像をプリントする
画像をプリントする
1
プリンターの電源を入れます。
3
プリントしたい画像を選び、MENU/OK ボタンを押
します。
プリンタープリント
100-0020
送信
やめる
instax-12345678
2
再生メニューから V instax プリンタープリント
を選ぶと、カメラとプリンターの接続が開始され
ます。
プリンタープリント
R 他のカメラで撮影した画像はプリントできません。
R プリントされる範囲は液晶モニターに表示されている
画像の範囲よりも狭くなります。
4
画像がプリンターに送信され、プリントが開始さ
れます。
instax-12345678
プリンター接続中
FUJIFILM-CAMERA-1234
プリンタープリント
やめる
R 連写コマをプリントするには、プリントするコマを表
プリント
128
示してからメニューを実行します。
instax-12345678
送信中
FUJIFILM-CAMERA-1234
やめる
接続編
接続編 テレビで再生
テレビに接続する
テレビに接続すると、写真やスライドショー(P 105)を大勢で楽しむことができます。
1
カメラの電源をオフにします。
2
市販の HDMI ケーブルでカメラとテレビを接続します。
HDMI 入力端子へ
Q HDMI ケーブルを使用の際は、以下のことにご注意ください。
- カメラ側の端子は Type D(HDMI マイクロ)です。
- 長さが 1.5 m 以内のものをご使用ください。
- 向きに気をつけて接続端子に奥までしっかりと差し込んでください。
Q USB ケーブルと HDMI ケーブルは同時に接続できません。
テレビで再生
カメラの HDMI マイクロ端子(Type D)に
HDMI ケーブルを接続します。
Q HDMI ケーブルで接続しているときは、テレビの画面には記録した画像と音声が出力されます。
Q テレビによっては、動画再生開始時に画面が一時的に黒くなる場合があります。
129
接続編
テレビに接続する
3
4
テレビの入力を HDMI 入力に切り換えます。
テレビの音声 / 映像入力については、テレビの説明書をご覧ください。
カメラの電源をオンにし、a(再生)ボタンを押します。
カメラの液晶モニターが消え、画像がテレビで再生されます。
R 音量はテレビ側で調整してください。カメラで再生音量の設定をしても、音量は変わりません。
テレビで再生
130
カメラで使えるアクセサリー
別売アクセサリー
このカメラでは、次の富士フイルム製別売アクセサリーを使用できます。
充電式バッテリー NP-W126/NP-W126S :リチウムイオンタイプの大容量充電式電池です。
バッテリーチャージャー BC-W126:充電式バッテリー NP-W126/NP-W126S を充電します。充電時間は約 150 分(+ 20℃に
おいて)です(AC100V 〜 240V、50/60Hz 対応)。
AC パワーアダプター AC-9V:長時間の撮影、再生時、パソコンとの接続時にお使いください(AC100V 〜 240V、50/60Hz 対応)。ご使用
になる場合は、必ず DC カプラー CP-W126 と併用してお使いください。
XF シリーズレンズ:FUJIFILM X マウント専用の交換レンズです。
XC シリーズレンズ:FUJIFILM X マウント専用の交換レンズです。
カメラで使えるアクセサリー
DC カプラー CP-W126:長時間の撮影、再生時、パソコンとの接続時に AC パワーアダプター AC-9V と併用してお使いください。
リモートレリーズ RR-90:三脚と併用してブレを軽減したいときなどにお使いください。
131
別売アクセサリー
グリップベルト GB-001:本体に装着することでホールド感を高めます。
マクロエクステンションチューブ
ます。
MCEX-11/16:カメラボディーと交換レンズの間に装着することで、高い撮影倍率でマクロ撮影が可能となり
プロテクトフィルター PRF-39/PRF-43/PRF-52/PRF-58/PRF-62/PRF-67/PRF-72/PRF-77:交換レンズ用のプロテクトフィルターです。
テレコンバーター XF1.4X TC WR:対応するレンズの焦点距離を約 1.4 倍にするテレコンバーターです。
テレコンバーター XF2X TC WR:対応するレンズの焦点距離を約 2 倍にするテレコンバーターです。
M マウントアダプター:豊富なバリエーションを持つ M マウントレンズをカメラボディに装着するためのマウントアダプターです。
ボディキャップ BCP-001:カメラのレンズ取り付け部の蓋です。
instax SHARE プリンター SP-1/SP-2:撮影した画像を無線 LAN で送信し、簡単にチェキフィルムにプリントできるプリンターです。
※最新情報については、富士フイルムホームページをご覧ください。
http://fujifilm.jp/personal/digitalcamera/index.html
カメラで使えるアクセサリー
132
システム構成図
このカメラは、さまざまな富士フイルムおよび他社製品に対応しています。
リモートレリーズ
リモートレリーズ RR-90(別売)
X-A10
パソコンに接続して
画像を保存する
交換レンズ
テレコンバーター
XF1.4X TC WR
(別売)
(付属品)で接続
専用USBケーブル
XF2X TC WR
(別売)
XFシリーズレンズ
(別売)
XCシリーズレンズ
(別売)
Mマウントアダプター
プリントする
instax SHAREプリンター
無線LANで接続
DPE
デジタルカメラ
プリントサービス
取扱店
SP-2(別売)
マクロエクステンション
チューブ
SD/SDHC/SDXC
メモリーカード
(市販品)
FUJIFILM M MOUNT
ADAPTER
(別売)
SP-1(別売)
カメラで使えるアクセサリー
パーソナルコンピューター
(市販品)
手軽に高画質プリントができる
フジカラーデジカメプリントサービス
詳細はhttp://fujifilm.jp/personal/print/index.html
をご覧ください。
MCEX-11/16
(別売)
テレビで見る
HDMIケーブル
(市販品)
で接続
ハイビジョンテレビ
(市販品)
* デジタルカメラの画像は、従来の写真と同様にプリント取扱店でプリントできます(パノラマモードで撮影した画像のプリントについては、プリン
ト取扱店にご相談ください)
。パノラマモードで撮影された画像のプリントについては、以下のホームページをご覧ください。
http://fujifilm.jp/personal/print/photo/index.html
* 本製品は PRINT Image Matching Ⅱに対応しています。
* HDMI ケーブルは、長さが 1.5 m 以内のものをご使用ください。
133
お取り扱いにご注意ください
ご使用前に必ずお読みください
警告
安全上のご注意
このたびは弊社製品をお買上げいただき、ありがとうござい
ます。
• ご使用の前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正し
くお使いください。
• お読みになったあとは大切に保管してください。
表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害
や障害の程度を次の表示で説明しています。
警告
電源プラグを
抜く
水ぬれ禁止
この表示の欄は「死亡または重傷などを負う可
能性が想定される」内容です。
この表示の欄は「障害を負う可能性または物
注意 的損害のみが発生する可能性が想定される」
内容です。
風呂、シャワー
室での使用禁止
お守りいただく内容の種類を次の絵表示で説明しています。
お取り扱いにご注意ください
134
このような絵表示は、気をつけていただきたい
「注意喚起」内容です。
分解禁止
このような絵表示は、してはいけない「禁止」
内容です。
このような絵表示は、必ず実行していただく
「強制」内容です。
接触禁止
異常が起きたら電源を切り、電池・バッテリー
や AC パワーアダプターを外す。
煙が出ている、異臭がするなど異常状態のまま
使用すると、火災・感電の原因になります。
• お買上げ店にご相談ください。
内部に水や異物を落とさない。
水・異物が内部に入ったら、電源を切り、電池・
バッテリーや AC パワーアダプターを外す。
そのまま使用すると、ショートして火災・感電
の原因になります。
• お買上げ店にご相談ください。
風呂、シャワー室では使用しない。
火災・感電の原因になります。
分解や改造は絶対にしない(ケースは絶対に開け
ない)。
火災・感電の原因になります。
落下などによって破損し、内部が露出したとき
は、露出部に手を触れない。
感電したり、破損部でけがをする原因になります。
• 感電やけがに注意して速やかに電池・バッテリー
を取り出し、お買上げ店にご相談ください。
接続コードの上に重い物をのせたり、加工したり、
無理に引き曲げたり、加熱したりしない。
コードに傷がついて、火災・感電の原因になり
ます。
• コードに傷がついた場合は、お買上げ店にご
相談ください。
不安定な場所に置かない。
バランスがくずれて倒れたり落下したりして、
けがの原因になります。
移動中の使用はしない。
歩行中や自動車などの乗り物を運転しながらの
撮影、再生などの操作はしないでください。
転倒、交通事故などの原因になります。
雷が鳴りだしたら金属部分に触れない。
落雷すると誘電雷により感電の原因になります。
指定外の方法で電池・バッテリーを使用しない。
電池は極性(CD)表示どおりに入れてくだ
さい。
電池・バッテリーを分解、加工、加熱しない。
電池・バッテリーを落としたり、衝撃を加えない。
リチウム電池やアルカリ電池は充電しない。
電池・バッテリーをショートさせない。
電池・バッテリーを金属製品と一緒に保管しない。
バッテリーを指定以外の充電器で充電しない。
電池・バッテリーの破裂・液漏れにより、火災・
けがの原因になります。
指定外の電池・バッテリーや AC パワーアダプ
ターを使用しない。
表示された電源電圧以外の電圧で使用しない。
火災の原因になります。
電池・バッテリーの液が漏れて、目に入ったり、
皮膚や衣服に付着したときは、失明やけがの
おそれがあるので、ただちにきれいな水で洗
い流し、すぐに医師の治療を受ける。
フラッシュを人の目に近づけて発光させない。
視力障害になる恐れがあります。特に乳幼児を撮
影するときは、十分に離れて撮影してください。
カメラの温度が高い部分に長時間触れない。
低温やけどの原因になる場合があります。特に
以下の場合は、三脚などをお使いください。
• 気温の高い環境でご使用になる場合
• 血行の悪い方、皮膚感覚の弱い方などがご使
用になる場合
電源を入れたまま長時間、身体の同じ個所に
直接触れて使用しない。
低温やけどの原因になる場合があります。特に
以下の場合は、三脚などをお使いください。
• 長時間ご使用になる場合
• 気温の高い環境でご使用になる場合
• 血行の悪い方、皮膚感覚の弱い方などがご使
用になる場合
お取り扱いにご注意ください
バッテリーが正しく交換されていないと、爆発
の危険があります。 交換には同一のものだけ
を使用してください。
AC パワーアダプターを接続したまま移動しな
い。AC パワーアダプターを抜くときは、接続
コードを引っ張らない。
電源コードやケーブルが傷つき、火災・感電の
原因になることがあります。
可燃性 / 爆発性ガス / 粉塵のある場所で使用
しない。
本製品や AC パワーアダプターや充電器を布
や布団でおおったりしない。
熱がこもりケースが変形し、火災の原因になる
ことがあります。
電池・バッテリーを廃棄する場合や保存する場
合には、端子部にセロハンテープなどの絶縁
テープをはる。
他の金属や電池と混じると発火、破裂の原因に
なります。
電源プラグが痛んだり、コンセントの差し込み
がゆるいときは使用しない。
火災・感電の原因になることがあります。
メモリーカードやホットシューカバーなどの小さ
な付属品は乳幼児に触れさせない。
メモリーカードやホットシューカバーなど小さな
付属品は、小さいため乳幼児が誤って飲み込む
可能性があります。乳幼児の手の届かない場所
に保管してください。万一、乳幼児が飲み込ん
だ場合は、ただちに医師と相談してください。
飛行機内、病院での使用は、航空会社、病院
の指示に従う。
本製品が出す電磁波が計器や医療機器などに
影響を与える恐れがあります。
注意
油煙、湯気、湿気、ほこりなどが多い場所に
置かない。
火災・感電の原因になることがあります。
異常な高温になる場所に置かない。
窓を閉めきった自動車の中や、直射日光が当た
る場所に置かないでください。
火災の原因になることがあります。
本製品の上に重いものを置かない。
バランスがくずれて倒れたり、落下したりして、
けがの原因になることがあります。
電源プラグを
抜く
電池・バッテリーを上手に長くお使いいただくため、下記を
お読みください。使い方を誤ると、電池・バッテリーの寿命
が短くなるばかりか、液漏れ、発熱・発火の恐れがあります。
充電式リチウムイオンバッテリー使用機種
※バッテリーは出荷時にはフル充電されていません。お使い
になる前に必ず充電してください。
※バッテリーを持ち運ぶときは、カメラに取り付けるか、ソフ
トケースに入れてください。
お手入れの際や長時間使用しないときは、電
池・バッテリーや AC パワーアダプターを外し、 ■ バッテリーの特性
• バッテリーは使わなくても、少しずつ放電しています。撮
電源プラグを抜く。
影の直前(1 〜 2 日前)に充電したバッテリーを用意して
火災・感電の原因になることがあります。
ください。
充電終了後は充電器をコンセントから抜く。
コンセントにつけたままにしておくと火災の原 • バッテリーを長く持たせるには、できるだけこまめに電源を
切ることをおすすめします。
因になることがあります。
メモリーカードを取り出す場合、カードが飛び • 寒冷地や低温時では撮影できる枚数が少なくなります。充
電済みの予備バッテリーをご用意ください。また、使用時間
出す場合がありますので、指で受け止めた後
を長くするために、バッテリーをポケットなどに入れて温かく
にカードを引き抜くこと。
しておき、撮影の直前にカメラに取り付けてください。カイ
飛び出したカードが当たり、けがの原因になる
ロをお使いになる場合は、直接バッテリーに触れないように
ことがあります。
ご注意ください。
定期的な内部点検・清掃を依頼する。
本製品の内部にほこりがたまり、火災や故障の
原因になることがあります。
• 2 年に 1 度くらいは、内部清掃をお買上げ店
にご依頼ください。
■ 充電について
• 付属の充電器を使用して充電できます。
- 充電は周囲の温度が 0℃〜+ 40℃の範囲で可能です。
この範囲外では充電できないことがあります。
- + 10℃〜+ 35℃の温度範囲外で充電する場合、バッテ
リーの性能を劣化させないために充電時間が長くなるこ
とがあります。充電は+10℃〜+35℃の温度範囲で行っ
てください。
• 充電式リチウムイオンバッテリーは充電の前に放電したり、
使い切ったりする必要はありません。
• 充電が終わったあとや使用直後に、バッテリーが熱を持つ
ことがありますが、異常ではありません。
• 充電が完了したバッテリーを再充電しないでください。
お取り扱いにご注意ください
小さいお子様の手の届くところに置かない。
誤って、ストラップを首に巻きつけ窒息の原因
になったり、フラッシュの誤発光による目の障
害やカメラ動作などによるケガの原因になるこ
とがあります。
電源についてのご注意
※ご使用になるカメラの電池の種類をお確かめの上お読み
ください。
135
お取り扱いにご注意ください
■ バッテリーの寿命について
■ 小形充電式電池のリサイクルについて
カメラをお使いになる前のご注意
常温で使用した場合、約 300 回繰り返して使えます。使用
できる時間が著しく短くなったときは、バッテリーの寿命で
す。新しいバッテリーをお買い求めください。
お取り扱いにご注意ください
小形充電式電池(リチウムイオンバッテリー
またはニッケル水素電池など)はリサイクル ■ 撮影の前には試し撮りをしましょう
可能な貴重な資源です。ご使用済みの電池 大切な撮影(結婚式や海外旅行など)をするときには、必
は、端子を絶縁するためにセロハンテープな ず試し撮りをし、画像を再生して撮影されていることを確認
■ 保存上のご注意
どをはるか、個別にポリ袋に入れて最寄りの してください。
• 充電された状態で長期間保存すると、特性が劣化すること
リサイクル協力店にある充電式電池回収 BOX に入れてくだ ※本製品の故障に起因する付随的損害(撮影に要した諸費
があります。しばらく使わない場合は、使い切った状態で
用および撮影により得るであろう利益の喪失など)につい
さい。詳細は、「一般社団法人 JBRC」のホームページを
保存してください。
ては補償いたしかねます。
ご参照ください。 http://www.jbrc.com/
• 使用しないときは必ずバッテリーをカメラや、バッテリー
■ 著作権についてのご注意
■ AC パワーアダプター使用機種
チャージャーから取り外してください。
あなたがデジタルカメラで記録したものは、個人として楽し
• 涼しいところで保存してください。
必ず専用の AC パワーアダプターをお使いください。
- 周囲の温度が+ 15℃〜+ 25℃くらいの乾燥したところを 弊社専用品以外の AC パワーアダプターをお使いになると むなどのほかは、著作権法上、権利者に無断で使用できま
せん。なお、実演や興行、展示物などのうちには、個人と
おすすめします。
カメラが故障する原因になることがあります。
- 暑いところや極端に寒いところは避けてください。
AC パワーアダプターに関しての詳細は、取扱説明書をご参 して楽しむなどの目的であっても、撮影を制限している場合
がありますのでご注意ください。また、著作権の目的となっ
照ください。
危険ですので、次のことにご注意ください
ている画像やファイルの記録されたメモリーカードの転送
• 室内専用です。
バッテリーの金属部分に、他の金属が触れないよ
• DC 入力端子へ、接続コードのプラグをしっかり差し込んで は、著作権法の規定による範囲内で使用する以外はご利用
うにしてください。
いただけませんので、ご注意願います。
ください。
火気に近づけたり、火の中に投げ込んだりしない
• DC 入力端子から接続コードを抜くときは、カメラの電源を
■ 製品の取り扱いについて
でください。
切って、プラグを持って抜いてください(コードを引っ張ら
画像記録中にカメラ本体に衝撃を与えると、画像ファイルが
ないでください)
。
分解したり、改造したりしないでください。
正常に記録されないことがありますのでご注意ください。
• AC パワーアダプターは、指定の機器以外には使用しない
• 強い衝撃を与えたり、落としたりしないでください。
■ 液晶について
でください。
• 水にぬらさないようご注意ください。
• 使用中、AC パワーアダプターが熱くなるときがありますが 液晶パネルが破損した場合、中の液晶には十分にご注意く
• 端子は常にきれいにしておいてください。
ださい。万一のときは、応急処置を行ってください。
故障ではありません。
• 長時間高温の場所に置かないでください。また、長時間、
• 皮膚に付着した場合:付着物をふき取り、水で流し、石け
• 分解したりしないでください。危険です。
バッテリーで使用していると、カメラ本体やバッテリーが熱
んでよく洗浄してください。
• 高温多湿のところでは使用しないでください。
を帯びますが、故障ではありません。長時間の撮影、再生
• 目に入った場合:きれいな水でよく洗い流し、最低 15 分
• 落としたり、強いショックを与えないでください。
には AC パワーアダプターをお使いください。
間洗浄したあと、医師の診断を受けてください。
• 内部で発振音がすることがありますが、異常ではありませ
• 飲み込んだ場合:水でよく口の中を洗浄してください。大
ん。
■ 電池の廃棄について
量の水を飲んで吐き出したあと、医師の診断を受けてくだ
•
ラジオの近くで使用すると、雑音が入る場合がありますの
電池を捨てるときは、地域の条例に従って処分してください。
さい。
で、離してお使いください。
136
液晶パネルは非常に高精度の技術で作られておりますが、
黒い点や常時点灯する点などが存在することがあります。こ
れは故障ではなく、記録される画像には影響ありません。
お取り扱いにご注意ください
■ 商標について
■ 避けて欲しい保存場所
• E、xD-Picture Card ™、xD- ピクチャーカード™は
富士フイルム(株)の商標です。
• DynaFont は、DynaComware Taiwan Inc. の 登 録 商
標です。
• Macintosh、Mac OS は、米国および他の国々で登録さ
れた Apple Inc. の商標です。
• Windows ロゴは、マイクロソフトグループの商標です。
• Wi-Fi® および、Wi-Fi Protected Setup® は Wi-Fi
Alliance の商標または登録商標です。
• SDHC ロゴ、SDXC ロゴは SD-3C,LLC の商標です。
• HDMI ロゴは商標です。
• その他の社名、商品名などは、日本および海外における各
社の商標または登録商標です。
次のような場所での本製品の使用・保管は避けてください。
• 雨天下、湿気やゴミ、ほこりの多いところ
• 直射日光の当たるところや夏場の密閉した自動車内など、
高温になるところ
• 極端に寒いところ
• 振動の激しいところ
• 油煙や湯気の当たるところ
• 強い電磁場の発生するところ(放送塔、送電線、レーダー、
モーター、トランス、磁石のそばなど)
• 防虫剤などの薬品やゴム、ビニール製品に長時間接触する
ところ
■ ラジオ、テレビなどへの電波障害についてのご注意
カメラの使用上のご注意
• カメラを強い光源(晴天時の太陽など)に向けないでくだ
さい。撮像素子が破損する場合があります。
• 太陽光がファインダーのレンズに入射すると、内部の表示
パネル上で焦点をむすび、表示パネルを破損させてしまう
ことがあります。ファインダーを太陽に向けないようにご注
意ください。
■ メモリーカード取扱上のご注意
• メモリーカードは、小さいため乳幼児が誤って飲み込む可
能性があります。乳幼児の手の届かない場所に保管してく
ださい。万一、乳幼児が飲み込んだ場合は、ただちに医
師と相談してください。
• メモリーカードをカメラに入れるときは、まっすぐに挿入し
てください。
• メモリーカードの記録中、消去(フォーマット)中は、絶対
にメモリーカードを取り出したり、機器の電源を切ったりしな
いでください。メモリーカードが破壊されることがあります。
• 指定以外のメモリーカードはお使いになれません。無理に
ご使用になるとカメラの故障の原因になります。
水や砂は本製品の大敵です。海辺、水辺などでは、水や砂
• 強い静電気、電気的ノイズの発生しやすい環境でのご使
がかからないようにしてください。また、水でぬれた場所の
用、保管は避けてください。
上に、本製品を置かないでください。水や砂が本製品の内
• 静電気を帯びたメモリーカードをカメラに入れると、カメラ
部に入りますと、故障の原因になるばかりか、修理できなく
が誤作動する場合があります。このような場合はいったん
なることもあります。
電源を切ってから、再び電源を入れ直してください。
• ズボンのポケットなどに入れないでください。座ったときな
■ 結露(つゆつき)にご注意
どに大きな力が加わり、壊れる恐れがあります。
本製品を寒いところから急に暖かいところに持ち込んだとき
などに、本製品内外部やレンズなどに水滴がつくこと(結露) • 長時間お使いになったあと、取り出したメモリーカードが温
かくなっている場合がありますが、故障ではありません。
があります。このようなときは電源を切り、水滴がなくなっ
てからお使いください。また、メモリーカードに水滴がつく • メモリーカードにはラベル類は一切はらないでください。
ことがあります。このようなときはメモリーカードを取り出し、 メモリーカードの出し入れの際、故障の原因になります。
しばらくたってからお使いください。
■ メモリーカードをパソコンで使用する場合のご注意
■ 冠水、浸水、砂かぶりにご注意(防水機能付機種
を除く)
■ 長時間お使いにならないときは
本製品を長時間お使いにならないときは、バッテリーまたは
電池、メモリーカードを取り外して保管してください。
■ 海外で使うとき
• このカメラは国内仕様です。付属している保証書は、国内
に限られています。旅行先で万一、故障、不具合が生じた
場合は、持ち帰ったあと国内の弊社サービスステーション
にご相談ください。
• 海外旅行などでチェックインする旅行カバンにカメラを入れ
ないでください。空港での荷扱いによっては、大きな衝撃
を受けて、外観には変化がなくても内部の部品の故障の原
因になることがあります。
• パソコンで使用したあとのメモリーカードを使って撮影する
場合は、カメラでフォーマットしなおしてください。
• カメラでフォーマットして撮影、記録すると、自動的にフォ
ルダが作成されます。画像ファイルは、このフォルダ内に
記録されます。
• パソコンでメモリーカードのフォルダ名、ファイル名の変更、
消去などの操作を行わないでください。メモリーカードが
カメラで使用できなくなることがあります。
• 画像ファイルの消去はカメラで行ってください。
• 画像ファイルを編集する場合は、画像ファイルをハードディ
スクなどにコピーまたは移動し、コピーまたは移動した画
像ファイルを編集してください。
お取り扱いにご注意ください
• 本製品は、一般財団法人 VCCI 協会の基準に基づくクラス
B 情報技術装置です。この装置は、家庭環境で使用するこ
とを目的としていますが、この装置がラジオやテレビジョン
受信機に近接して使用されると、受信障害を引き起こすこ
とがあります。本書に従って正しい取り扱いをしてください。
• 本製品を飛行機や病院の中で使用しないでください。使用
した場合、飛行機や病院の制御装置などの誤作動の原因に
なることがあります。
メモリーカードについてのご注意
詳細は、使用説明書をお読みください。
137
お取り扱いにご注意ください
レンズをご使用前に必ずお読みください
安全上のご注意
本文は、レンズまたはレンズを取り付けたカメラを安全に取り扱うための注意内容です。
• ご使用の前に「安全上のご注意」をよくお読みの上、正しくお使いください。
• お読みになったあとは大切に保管してください。
表示内容を無視して誤った使い方をしたときに生じる危害や障害の程度を次の表示で説
明しています。
油煙、湯気、湿気、ほこりなどが多い場所に置かない。
火災・感電の原因になることがあります。
異常な高温になる場所に置かない。
窓を閉めきった自動車の中や、直射日光が当たる場所に置かないでください。
火災の原因になることがあります。
小さいお子様の手の届くところに置かない。
けがの原因になることがあります。
警告
この表示の欄は「死亡または重傷などを負う可能性が想定される」内容です。
濡れた手で触らない。
感電の原因になることがあります。
注意
この表示の欄は「障害を負う可能性または物的損害のみが発生する可能性
が想定される」内容です。
逆光撮影では、画角から太陽を十分にはずす。
太陽光がカメラ内部に直接入ることで、カメラ内で焦点を結び、火災やや
けどの原因になることがあります。
お守りいただく内容の種類を次の絵表示で説明しています。
お取り扱いにご注意ください
このような絵表示は、気をつけていただきたい「注意喚起」内容です。
使用しない時は、レンズにキャップをつけ、太陽光のあたらない場所に保
管する。
太陽光が内部で焦点を結び、火災ややけどの原因になることがあります。
このような絵表示は、してはいけない「禁止」内容です。
三脚にカメラやレンズを取り付けたまま移動しない。
転倒したり、ぶつけたりしてケガの原因になることがあります。
このような絵表示は、必ず実行していただく「強制」内容です。
警告
風呂、シャワー
室での使用禁止
分解禁止
接触禁止
水をかけたり、水にぬらしたりしない。
火災・感電の原因になります。
分解や改造は絶対にしない(ケースは絶対に開けない)。
火災・感電の原因になります。
また、異常動作を起こしてケガの原因になります。
落下などによって破損し、内部が露出したときは、露出部に手を触れない。
感電したり、破損部でけがをする原因になります。
• 感電やけがに注意して速やかにカメラの電池・バッテリーを取り出し、お買
上げ店にご相談ください。
不安定な場所に置かない。
バランスがくずれて倒れたり落下したりして、けがの原因になります。
レンズまたはカメラで直接太陽をみない。
失明や視力障害になる恐れがあります。
138
注意
お取り扱いにご注意ください
重要!本製品に搭載されている無線 LAN をご使用になる前に必ずお読みください。
Q本製品は、米国輸出規則(EAR)の対象となり、米国禁輸出国への輸出や持ち出しには、
米国商務省、財務省等当局の許可が必要となりますのでご注意ください。
■ 本製品は無線 LAN 機器としてお使いください。
無線 LAN 機器使用上の注意事項
■ 本製品の使用する無線チャンネルは、以下の機器や無線局と同じ周波数帯を使用します。
• 産業・科学・医療用機器
• 工場の製造ライン等で使用されている移動体識別用の無線局
無線 LAN 機器以外として使用されたことにより損害が発生した場合、当社はいかなる責任も負いかね
(1) 構内無線局(免許を要する無線局)
ますので、あらかじめご了承ください。医療機器や人命に直接的または間接的に関わるシステムなど、
(2) 特定小電力無線局(免許を要しない無線局)
高い安全性が要求される用途には使用しないでください。無線 LAN 機器よりも高い信頼性が要求され
る機器や電算機システムなどの用途に使用するときはご使用になるシステムの安全設計や故障に対する ■ 本製品を使用する場合は、前項の機器や無線局と電波干渉する恐れがあるため、以下の事項に
注意してください。
適切な処置を万全におこなってください。
無線局が運用されていないことを確認してください。
■ 無線 LAN 機能はお買い求め頂いた国での利用を前提としています
万一、本製品から移動体識別用の構内無線局に対して電波干渉の事例が発生した場合は、速やかに
本製品の無線 LAN 機能はお買い求め頂いた国の電波に関する法律に準拠しております。ご使用の際
場所を変更するか、または電波の使用を停止してください。
は、お使い頂く国の法律を順守してください。お買い求め頂いた国以外でのご使用上のトラブル等に
その他、本製品から移動体識別用の特定小電力無線局に対して電波干渉の事例が発生した場合など何か
ついては、弊社では一切の責任を負いかねます。
お困りのことが起きたときは、当社サービスセンターへお問い合わせください。
■ 電波によるデータの送受信は傍受される可能性があります。
本製品が 2.4GHz周波数帯を使用する DSSS と OFDM 変調方
電波によるデータ(画像)の送受信は傍受される可能性があります。あらかじめご了承ください。
式を採用した無線設備で、与干渉距離が約 40 mであることを意
味しています。
■ 磁場、静電気、電波障害が発生するところでは本製品を使用しないでください。
2.4DS/OF4
■ 使用周波数帯
本製品の、使用周波数は 2.4GHz 帯です。変調方式として DSSS、OFDM 変調方式を採用してい
ます。
お取り扱いにご注意ください
本電子レンジ付近などの磁場、静電気、電波障害が発生するところでは本製品を使用しないでください
(環境により電波が届かないことがあります)。また、2.4GHz 付近の電波を使用しているものの近くで
使用すると双方の処理速度が落ちる場合があります。
139
センサーをクリーニングする
Q クリーニング作業中にセンサーを傷付けたり、破損した場合、弊社サービスステーションでの(交換)修理は有償(高額)と
なりますので、十分ご注意ください。
1
センサーの表面に付着したほこりをブロアー(ブ
ラシの付いていないもの)で取り除きます。
2
センサーの表面に付着していたほこりが取り除け
たかを確認します。
R 取り除けていない場合は、再度ブロアーでクリーニン
グしてください。
3
お取り扱いにご注意ください
140
Q ブロアーはブラシの付いていないものを使用してくだ
さい。ブロアーのブラシでセンサーのほこりを取り除
くと、表面を傷付けることがあります。
カメラにレンズまたはボディキャップを装着し
ます。
困ったときは
トラブルシューティング /FAQ
カメラの動作がおかしいときは、まず次の表の内容をご確認ください。処置を行っても改善されない場合は、弊社修理サービス
センターに修理をご依頼ください。
■ 電源とバッテリー
症状
ここをチェック!
バッテリーが消耗していませんか?
ON/OFF(電源)レバーを
バッテリーを正しい向きで入れていますか?
ON に合わせても電源が
オンになりません。
処置
充電済みのバッテリーを使ってください。
バッテリーを正しい方向で入れ直してくだ
さい。
バッテリーカバーはきちんと閉まっていま
バッテリーカバーをしっかり閉めてください。
すか?
P
25、28
22
23
ON/OFF(電源)レバー
バッテリー、
電源について
をオフにしたあとに素早
くオンにしても液晶モニ
ターが点灯しません。
̶
シャッターボタンを半押ししてください。
̶
非 常 に 寒 い と こ ろ で カ メ ラ を 使 っ て い ま せ バッテリーをポケットなどで温めておいて、
135
んか?
撮影の直前に取り付けてください。
̶
撮影モードを変更してください。
44
同じバッテリーを長時間使っていませんか?
バッテリーの寿命の可能性があります。新品
のバッテリーと交換してください。
使用中に電源がオフに
なってしまいました。
̶
バッテリー残量が少なくなっていませんか?
充電済みのバッテリーを使ってください。
25、28
困ったときは
バッテリーの端子部分を乾いたきれいな布で
拭いてください。
バッテリーの消耗が早い バッテリーの端子が汚れていませんか?
です。
撮影モードが S に設定されていませんか?
141
トラブルシューティング /FAQ
症状
充電が開始されません。
充電について
充電時間がかかりすぎ
ます。
充電中に充電ランプが点
滅して充電できません。
ここをチェック!
処置
P
バッテリーは入っていますか?
バッテリーを入れてください。
バッテリーは正しい向きで入っていますか?
バッテリーを正しい方向で入れ直してくだ
さい。
プラグは正しくコンセントに接続されていま
すか?
充電器のプラグを正しくコンセントに接続し
てください。
非常に寒いところで充電を行っていませんか?
低温時は、充電時間が長くなるときがあり
ます。
̶
バッテリーの端子が汚れていませんか?
バッテリーをいったん取り出して、端子部分
を乾いたきれいな布で拭いてから、入れ直し
てください。
̶
バッテリーの寿命または故障の可能性があり
ます。
新しいバッテリーと交換してください。それ
でも充電できないときは、弊社サポートセン
ターにお問い合わせください。
22、
25、
166
22、
25
■ メニューなどの設定時
症状
ここをチェック!
処置
メ ニ ュ ー が 日 本 語 以 外 で 表 示 さ れ て い セットアップメニューの Q a が日
言語設定を日本語にしてください。
ます。
本語以外の言語になっていませんか?
困ったときは
142
P
107、
108
トラブルシューティング /FAQ
■ 撮影時
症状
ここをチェック!
撮影可能枚数が 0 になっていませんか?
基本撮影に
ついて
処置
メモリーカードはフォーマットされていま
カメラでフォーマットしてください。
すか?
シャッターボタンを押し
メモリーカードの接触面(金色の部分)が汚れ メモリーカードの接触面を乾いた柔らかい布
ても撮影できません。
ていませんか?
で拭いてください。
メモリーカードが壊れている可能性があります。 新しいメモリーカードを入れてください。
バッテリー残量が少なくなっていませんか?
充電済みのバッテリーを使ってください。
電源がオフになっていませんか?
電源をオンにしてください。
設定した絞りで撮影前の構図を確認するため
シャッターボタンを半押
被写体が暗かったり、絞りを絞り込んでいませ
に明るく表示しているので、ノイズが目立つ場
しすると、LCD にノイ
んか?
合があります。撮影画像には影響ありません。
ズが見えます。
ピントに
ついて
ピントを合わせられま
せん。
P
新しいメモリーカードを入れるか、不要なコ
22、37
マを消去してください。
オートフォーカスの苦手な被写体を撮影しよう
AE/AF ロック撮影してください。
としていませんか?
シャッターボタンを押し
パノラマ撮影に
インジケーターランプが橙色に点灯していませ インジケーターランプが消灯するまでお待ち
てもパノラマ撮影できま
ついて
んか?
ください。
せん。
116
̶
22
25、28
28
̶
62、63
48
困ったときは
143
トラブルシューティング /FAQ
症状
顔検出が設定できません。
ここをチェック!
処置
顔検出が設定できない撮影モードになっていま 「各撮影モードで使用できる機能について」を
せんか?
参照してください。
P
154
サングラス、帽子や前髪などで顔の一部が隠れ なるべく顔の全体が見えるようにしてくだ
ていませんか?
さい。
撮影したい人物の顔が、構図内で小さすぎませ 顔が大きく写るようにもうすこし近づいて撮
んか?
影してください。
顔を検出できません。
顔検出について
顔が正面を向いているほうが、検出しやすく
なります。
カメラが傾いていませんか?
カメラをまっすぐに構えたほうが、検出しや
すくなります。
̶
人物の顔が暗くないですか?
できるだけ明るい条件で撮影してください。
̶
合わせたい顔が画面の中央に来るように構図
を変えてください。構図を変えたくない場合
は、顔検出を使わずに AF/AE ロック撮影し
てください。
62
複数の顔が検出されているときに、中央付近
ピントを合わせたい顔に
にない顔にピントを合わせようとしていませ
ピントが合いません。
んか?
困ったときは
144
93
人物の顔が横向きまたは斜めに傾いていませ
んか?
トラブルシューティング /FAQ
症状
ここをチェック!
処置
フラッシュが使用できない設定になっていませ 「各撮影モードで使用できる機能について」を
んか?
参照してください。
バッテリー残量が少なくなっていませんか?
フラッシュが発光しま
せん。
フラッシュに
ついて
25、28
連写設定がブラケティング撮影または連写に
連写設定を 1 コマ撮影に設定してください。
なっていませんか?
67、
68、
69
電子音 & フラッシュが OFF に設定されていま
電子音 & フラッシュを ON にしてください。
せんか?
109
フラッシュが閉じていませんか?
フラッシュをポップアップしてください。
80
使いたいフラッシュ設定 電子音 & フラッシュが OFF に設定されていま
電子音 & フラッシュを ON にしてください。
せんか?
を選べません。
109
被写体から離れすぎていませんか?
フラッシュ撮影可能距離内で撮影してくだ
さい。
159
フラッシュを指などでふさいでいませんか?
カメラを正しく構えてください。
フラッシュが発光したの
に撮影した画像が暗い。
画像がぼやけています。
シャッタースピードが ¹⁄₁₈₀ 秒より高速の場合
は、フラッシュを発光しても暗くなることが
高速シャッタースピードで撮影していませんか?
あります。シャッタースピードを ¹⁄₁₈₀ 秒以下
に設定してください。
32
53、
55、
81
レンズに指紋などの汚れがついていませんか?
レンズを清掃してください。
4
レンズに指などがかかっていませんか?
レンズに指がかからないようにしてください。
̶
撮影時に AF フレーム(赤点灯)と s が表 しっかりとピントを合わせてから撮影してく
示されていませんでしたか?
ださい。
33
画像に点状のノイズがあ 気温の高いところでスローシャッター(長時間 撮像素子の特性によるもので、故障ではありま
せん。
ります。
露光)撮影しませんでしたか?
̶
画像にノイズが撮影され 高温環境で連続使用をしていませんか?
ます。
温度警告が表示されていませんでしたか?
しばらく電源オフにした後でご利用ください。 152
困ったときは
撮影した
画像の異常に
ついて
充電済みのバッテリーを使ってください。
P
154
145
トラブルシューティング /FAQ
■ 再生時
症状
ここをチェック!
画像が粗く表示されます。 他のカメラで記録した画像ではありませんか?
1 コマ再生に
ついて
拡大表示できません。
処置
P
他のカメラで記録した画像はきれいに表示で
きないことがあります。
̶
リサイズした画像ではありませんか?
リサイズした画像は、再生ズームができません。
̶
他のカメラで記録した画像ではありませんか?
他のカメラで記録した画像は再生ズームがで
きないことがあります。
̶
カメラの再生音量の設定が小さくなっていませ
再生音量を調節してください。
んか?
動画再生に
ついて
消去について
コマ NO. に
ついて
困ったときは
146
カメラから音が出ません。
選択した画像を消去でき
ません。
全コマ消去したのに画像
が残っています。
コマ NO. の連番が機能
しません。
109
動画撮影時にマイクを手などでふさいでいませ
動画撮影時はマイクをふさがないでください。 10、39
んでしたか?
再生中にスピーカーを手などでふさいでいませ
再生中はスピーカーをふさがないでください。 10、40
んか?
電子音 & フラッシュが OFF に設定されていま
電子音 & フラッシュを ON にしてください。
せんか?
109
プロテクトを解除してください。プロテクト
を解除するときは、プロテクトを行ったカメ
ラをお使いください。
104
プロテクトされていませんか?
バッテリーやメモリーカードを交換するとき
バッテリーやメモリーカードを交換するときに
は、必ず電源をオフにしてください。電源を
電源を切らずにバッテリーカバーを開けません
切らずにバッテリーカバーを開けると、コマ
でしたか?
NO. の連番が機能しないことがあります。
22、
28
トラブルシューティング /FAQ
■ 接続時
症状
カメラの画面に何も表
示されません。
テレビとの接続
について
テレビに画像、音声が
出ません。
パソコンとの
接続について
ここをチェック!
処置
カメラとテレビを接続していませんか?
カメラとテレビを接続した場合、カメラの画
面には何も表示されません。
カメラとテレビが正しく接続できていますか?
確認して正しく接続し直してください。
P
129
テレビの入力が「テレビ」になっていませんか? テレビの入力を「HDMI」にしてください。
テレビの音量が小さくなっていませんか?
テレビの音量を調節してください。
パソコンがカメラを認
識しません。
USB ケーブルが正しく接続されていますか?
確認して正しく接続し直してください。
撮影した RAW または
JPEG などの画像ファ
イルがパソコンに取り
込めません。
MyFinePix Studio を使わずに、カメラからパ MyFinePix Studio(Windows)を使って、
121
ソコンに画像を取り込もうとしていませんか? 画像を取り込んでください。
122
困ったときは
147
トラブルシューティング /FAQ
■ 無線 LAN 通信
無線 LAN 機能のトラブルシューティングについては、以下のサイトをご覧ください。
http://digitalcamera.support.fujifilm.jp/app/
症状
スマートフォンと接続できません。
スマートフォンとの接続 / 送信に時間がか
かります。
画像送信が途中で失敗 / 切断します。
スマートフォンに送信できません。
スマートフォンで受信した画像が開けま
せん。
困ったときは
148
ここをチェック!
処置
P
スマートフォンとの距離が離れていませんか? スマートフォンを近づけてご使用ください。
電子レンジやコードレス電話機などの機器を
近くでご使用されていませんか?
それらの機器から離れてご使用ください。
相手先のスマートフォンがすでに別のカメラ
と接続していませんか?
スマートフォンもカメラも一度に接続できる
相手は 1 台のみです。
別のカメラとの接続を終了してから、やり直
してください。
スマートフォンが近距離に複数台ありませ
んか?
操作をはじめからやり直してください。
周囲に複数台のスマートフォンがあると、つ
ながりにくい場合があります。
動画や他のカメラで撮影した画像が選択され
ていませんか?
このカメラで撮影した画像を送信してくださ
い。他のカメラで撮影した画像は送信できな
い場合があります。
動画は送信できません。
r 接続設定のワイヤレス設定 > スマート
スマートフォン送信時 H 圧縮を ON にして
フォン送信時 H 圧縮を OFF に設定していま ください。また、スマートフォンによっては
せんか?
画像が大きすぎて開けない場合があります。
115、
119
トラブルシューティング /FAQ
■ その他
症状
ここをチェック!
処置
P
一時的に誤作動を起こしている可能性があり バッテリーをいったん取り外して、取り付け
22、23
直してから操作してください。
カメラのボタンなどを操作 ます。
バッテリーの消耗が原因として考えられます。 充電済みのバッテリーを使ってください。
25、28
しても動きません。
カメラの動作
などについて
音について
日付と時刻に
ついて
無線 LAN に接続していませんか?
無線 LAN を解除してください。
バッテリーをいったん取り外して、取り付け
カメラが正常に作動しなく 一時的に誤作動を起こしている可能性があり 直してから操作してください。それでも復帰
できないときは、弊社修理サービスセンター
なってしまいました。
ます。
に修理をご依頼ください。
音がでません。
電子音 & フラッシュが OFF に設定されてい
ませんか?
t 保存設定の日付書き込
みで写し込んだ日時が正し 日時設定は正しく設定されていますか?
くない。
撮影画像に日付や時刻が
入っている。
t 保存設定の日付書き込みが設定されてい
ませんか?
̶
22、
23、
166
電子音 & フラッシュを ON にしてください。
109
日時設定をやり直してください。
29、
108
写し込まれた日付や時刻は消去できません。
日付や時刻がない画像を撮影する場合は、日
付書き込みを OFF に設定してから撮影してく
ださい。
114
困ったときは
149
警告表示
画面に表示される警告には、以下のものがあります。
警告表示
B(赤点灯)
A(赤点滅)
s(赤点灯)
警告内容
バッテリーの残量が少なくなっています。
バッテリーの残量がありません。
AF フレームの形は撮影メニュー ピント合わせができません。
の設定によって異なります
処置
新しいバッテリーまたは充電済みのバッテリーと交換してくだ
さい。
AE/AF ロック機能を使って、同じ距離の他の被写体にピントを
合わせてから、構図を変えてください(P 62)。
絞り、シャッタースピード
表示(赤点灯)
被写体が明るすぎる、または暗すぎるために適
正な明るさで撮影できません。
• 静止画撮影時に被写体が暗いときは、フラッシュを使ってくだ
さい。
• 適切な明るさ(露出)ではありませんが撮影できます。
フォーカスエラー
レンズ制御エラー
電源を入れ直してください
カメラが誤作動または故障しています。
• 電源を入れ直してください。
• 電源のオン / オフを繰り返してください。それでも復帰できな
いときは、弊社修理サービスセンターに修理をご依頼ください。
カードがありません
メモリーカードが入っていない状態で撮影しよ
カメラにメモリーカードを入れてください。
うとしました。
メモリーカードがフォーマットされていません。 メモリーカードをカメラでフォーマットしてください(P 116)
。
メモリーカードがパソコンでフォーマットされ
。
メモリーカードをカメラでフォーマットしてください(P 116)
ています。
フォーマットされていません
困ったときは
150
レンズエラー
メモリーカードの接触面を、乾いた柔らかい布などでよく拭いて
メモリーカードの接触面(金色の部分)が汚れ ください。また、フォーマットが必要な場合があります(P 116)
。
ています。
それでも警告表示が消えない場合は メモリーカードを交換してく
ださい。
カメラが故障しています。
弊社修理サービスセンターに修理をご依頼ください。
レンズとカメラの間に異物が入っています。
カメラの電源をオフにしてレンズを取り外し、異物を取り除いて
電源を入れ直してください。それでも復帰できないときは、弊社
修理サービスセンターに修理をご依頼ください。
警告表示
警告表示
警告内容
処置
メモリーカードがカメラでフォーマットされて
メモリーカードをカメラでフォーマットしてください(P 116)
。
いません。
カードエラー
メモリーカードの接触面を、乾いた柔らかい布などでよく拭いて
。
メモリーカードの接触面(金色の部分)が汚れ ください。また、フォーマットが必要な場合があります(P 116)
それでも警告表示が消えない場合はメモリーカードを交換してく
ています。
ださい。
カメラが故障しています。
非対応のメモリーカードです。
メモリーカードが壊れています。
弊社修理サービスセンターに修理をご依頼ください。
弊社動作確認済みのメモリーカードを挿入してください。
SD メモリーカードの書き込み禁止スイッチが SD メモリーカードの書き込み禁止スイッチを元に戻し、誤記録
プロテクトされたカードです
「LOCK」側になっています。
防止のロックを外してください(P 24)。
動画記録できません
パソコンでフォーマットしたメモリーカードの
。
メモリーカードをカメラでフォーマットしてください(P 116)
ため、動画記録が間に合いません。
b 空き容量がありません
メモリーカードに空き容量がないため、画像を 画像を消去するか、空き容量のあるメモリーカードを使用してく
記録できません。
ださい。
記録できませんでした
メモリーカードを入れ直すか電源の ON/OFF を繰り返してくだ
メモリーカードとカメラ本体の接触異常または
さい。それでも復帰できないときは、弊社修理サービスセンター
メモリーカードの異常のため記録できません。
に修理をご依頼ください。
画像を記録する空き容量がありません。
画像を消去するか、空き容量のあるメモリーカードを使用してく
ださい。
メモリーカードがフォーマットされていません。 メモリーカードをカメラでフォーマットしてください(P 116)
。
困ったときは
151
警告表示
警告表示
コマ NO. の上限です
警告内容
処置
フォーマットしたメモリーカードをカメラに入れて、セットアッ
コマ NO. が「999-9999」に達しているため、 プメニューの t 保存設定のコマ NO. を新規に設定します。撮
これ以上撮影できません。
影すると、コマ No. が「100-0001」から付けられます。コマ
NO. を連番に戻すと、引き続き撮影できます。
正常に記録されていないファイルを再生しよう
としました。もしくは他のカメラで記録した静 このファイルは再生できません。
止画または動画を再生しようとしました。
再生できません
メモリーカードの接触面を、乾いた柔らかい布などでよく拭いて
。
メモリーカード の接触面(金色の部分)が汚 ください。また、フォーマットが必要な場合があります(P 116)
それでも警告表示が消えない場合はメモリーカードを交換してく
れています。
ださい。
カメラが故障しています。
プロテクトされています
トリミングできません
これ以上予約できません
設定できません
困ったときは
152
F 設定できません
回転できません
F 回転できません
F 実行できません
m 実行できません
p
弊社修理サービスセンターに修理をご依頼ください。
• プロテクトされているファイルを消去しよう
としました。
プロテクトしたファイルは消去 / 回転できません。プロテクトを
• プロテクトされているファイルを回転しよう 解除してください(P 104)。
としました。
他のカメラで撮影した画像または壊れた画像を
トリミングしようとしました。
トリミングできない画像です。
同一メモリーカード内でプリント指定できるコマ数は 999 コマ
DPOF のコマ設定で 1000 コマ以上のプリン
までです。別のメモリーカードにプリント予約したい画像をコ
ト指定をしました。
ピーして、プリント予約してください。
プリント予約できない画像または動画にプリン
プリント予約できません。
ト予約しようとしました。
他のカメラで撮影した画像または動画を回転し
回転できません。
ようとしました。
他のカメラで撮影した画像、動画、または再生
できない画像を赤目補正しようとしました。
ー
カメラの温度が上昇しています。そのまま使い
続けると、画像にノイズが多くなる場合があり 電源を切ってしばらくたってからご使用ください。
ます。
資料
SD メモリーカードの標準撮影枚数 / 記録時間
標準撮影枚数及び撮影時間はおおよその目安です。実際の撮影枚数及び撮影時間は、撮影条件やメモリーカード
の種類により変動します。また、液晶モニターに表示される記録枚数・時間は規則正しく減少しないことがあり
ます。
記録媒体
8 GB
撮影モード
T
静止画
動画 *¹
O3:2
16 GB
FINE
NORMAL
FINE
800
1270
1650
NORMAL
2630
RAW
150
320
i 1080/30 P *²
i 1080/25 P *²
i 1080/24 P *²
26 分
54 分
h 720/60 P *³
h 720/50 P *³
h 720/24 P *³
51 分
105 分
*1 HD 動画を撮影するときは、H 以上のメモリーカードをご使用ください。
*2 連続して記録する場合、約 14 分で自動的に撮影を停止します。
*3 連続して記録する場合、約 27 分で自動的に撮影を停止します。
資料
153
各撮影モードで使用できる機能について
各撮影モードで使用できる機能は以下のとおりです。
Adv.
S Y u j
露出補正
✔
連写
✔
✔
✔
✔
フォーカス設定
フォーカス
モード
p
s
t
u
x
h
M (Z) M
N
O
h
H
p
Q
U
V
W
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
F r6
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
顔検出
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
瞳 AF
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
AF+MF
顔検出 /
瞳 AF 設定
AF 補助光
AUTO1 〜 3
H(25600)
H(12800)
6400~1000
感度
800
640 〜 400
320 〜 200
L(100)
O
画像サイズ
P
Q
FINE/
画質モード
NORMAL
RAW
資料
154
✔³
A
✔
✔
✔³
S
✔
ブラケティング
フォーカスエリア選択
SP
R s
P
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
各撮影モードで使用できる機能について
ダイナミックレンジ
フィルム
シミュレーション
Adv.
S Y u j
P
S
A
h
M (Z) M
N
O
h
H
p
Q
SP
R s
U
V
W
F r6
AUTO
A
B
C
c
d/e/i
b
f
2 秒 /10 秒
✔³
✔
✔
✔
✔
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔
✔
✔
スマイル
✔
カップル
グループ
セルフタイマー
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔⁴
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔⁴
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔³
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
ホワイトバランス
✔
✔³
✔³
✔
✔³
✔³
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔³
✔
✔³
✔³
✔³
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
カラー
✔
✔
✔
✔
✔
✔
シャープネス
✔
✔
✔
✔
✔
✔
ハイライトトーン
✔
✔
✔
✔
✔
✔
シャドウトーン
✔
✔
✔
✔
✔
✔
ノイズリダクション
✔
✔
✔
✔
✔
✔
カスタム保存
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
スタンダード
MF アシスト
測光
フォーカス
ピーキング
o
p
q
✔³
✔³
✔
✔³
✔³
✔
✔
✔
資料
155
各撮影モードで使用できる機能について
Adv.
S Y u j
オート
N
O
l
OFF
D
P
K
L
赤目
M
補正
d
ON
D
P
OFF
ON
L
l
M
m
OFF
赤目
補正
フラッシュ設定
フラッシュ
モード
赤目補正
ブレ防止モード ⁵
表示設定
資料
156
A
h
M (Z) M
N
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
O
✔
h
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
SP
R s
✔
✔
✔
✔
U
V
W
F r6
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
Q
✔
✔
✔
p
✔
✔
✔
✔
H
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔¹
✔
✔¹
✔
✔
✔
✔
✔
✔¹
✔¹
✔
✔
✔
✔¹
✔
✔
✔
✔
✔¹
✔¹
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔³
✔
✔
✔
✔
✔
✔
フォーカスチェック
1
2
3
4
5
6
S
✔
マニュアル時モニター露出反映
モニター撮影効果反映
P
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
各モードで自動的に設定されます。
J ハイキー /Z ローキー /K ダイナミックトーン
ダイナミックトーンのときは、選択できません。
のときは、選択できません。
✔
✔
✔
✔
✔
✔
✔
OFF に固定されます。
ON に固定されます。
装着するレンズによって異なります。
ワイヤレス通信のリモート撮影。
ワイヤレス通信のリモート撮影
。
✔
✔
✔
✔
リンク集
富士フイルムでは、デジタルカメラに関するさまざまな情報をホームページで紹介しています。是非、アクセス
してみてください。
FUJIFILM X-A10 製品情報
ファームウェア更新情報
製品情報サイトでは、サポート情報やアクセサリーな
どがご覧になれます。
本製品はファームウェアの更新による機能の追加/変
更のため、付属の使用説明書の記載と一部機能が異な
る場合があります。詳しくは下記ホームページから各
機種のファームウェア更新情報をご覧ください。
富士フイルム X-A10
撮影の基礎知識
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/download/
fw_table.html
撮影シーンに合わせたレンズの選び方や焦点距離や露
出値などのコントロール方法が記載されています。
富士フイルム 撮影の基礎知識
デジタルカメラ撮影ガイド
色んなシーンの撮影方法が記載されています。
富士フイルム 撮影ガイド
富士フイルム ファームウェア
ファームウエアバージョンの確認方法
Q バージョンの確認は、メモリーカードがカメラ内にある状態でな
いと確認ができませんので、ご注意ください。
1
カメラの電源をオフにします。
メモリーカードが入っていることを確認します。
2 DISP/BACK ボタンを押しながら
電源をオンにすると、バージョ
ンが表示されます。
バージョンの確認ができたら、電源をオフにしてください。
ラボディにレンズを装着して確認します。
資料
3
R 交換レンズのファームウエアバージョンを確認する場合は、カメ
157
主な仕様
システム
型番
FUJIFILM X-A10
有効画素数
1628 万画素
撮像素子
23.6 mm × 15.6 mm(APS-C サイズ)、正方画素 CMOS 原色フィルター採用
記録メディア
SD/SDHC/SDXC メモリーカード(弊社推奨品)
記録方式
• 静止画: DCF 準拠
圧縮:Exif Ver.2.3 JPEG 準拠 /DPOF 対応
非圧縮:RAW(RAF 独自フォーマット、専用のソフトウェアが必要)、RAW+JPG 記録あり
• 動画:H.264 規格準拠(MOV)、ステレオ音声付き
記録画素数
• O 3 : 2(4896 × 3264)
• O 16 : 9(4896 × 2760)
• P 3 : 2(3456 × 2304)
• P 16 : 9(3456 × 1944)
• O 1 : 1(3264 × 3264)
• P 1 : 1(2304 × 2304)
• Q 3 : 2(2496 × 1664)
• Q 16 : 9(2496 × 1408)
• Q 1 : 1(1664 × 1664)
• パノラマ O(2160 × 9600;縦)、(9600 × 1440;横)
• パノラマ P(2160 × 6400;縦)、(6400 × 1440;横)
FUJIFILM X マウント
撮影感度
ISO 200 〜 6400(¹⁄₃ 段ステップ)、AUTO
ISO 100/12800/25600 は拡張モード
測光方式
TTL256 分割測光 マルチ、スポット、アベレージ
露出制御
プログラム(プログラムシフト可能)、シャッター優先、絞り優先、マニュアル
露出補正
− 3 EV 〜 +3 EV(¹⁄₃ EV ステップ)
シャッタースピード
• メカニカルシャッター
- P モード時:4秒〜 ¹⁄₄₀₀₀ 秒
- タイム:30 秒〜 ¹⁄₄₀₀₀ 秒
- 全モード合わせて:30 秒〜 ¹⁄₄₀₀₀ 秒
- バルブ:最長 60 分
• 電子シャッター
- P、S、A、M:1 秒〜 ¹⁄₃₂₀₀₀ 秒
- タイム:1 秒〜 ¹⁄₃₂₀₀₀ 秒
- バルブ:1 秒固定
• メカニカル+電子
- P モード時:4 秒〜 ¹⁄₃₂₀₀₀ 秒
- タイム:30 秒〜 ¹⁄₃₂₀₀₀ 秒
- 全モード合わせて:30 秒〜 ¹⁄₃₂₀₀₀ 秒
- バルブ:最長 60 分
資料
レンズマウント
158
主な仕様
システム
連写
選択可能な連写速度(コマ / 秒 [fps])
連続記録枚数
(H 以上のメモリーカード使用時)
JPEG
I
J
O
6.0
約 20 コマ
3.0
カード容量一杯まで
R 連写速度は、撮影環境や連続撮影枚数によって変わります。
フォーカス
• モード:シングル AF/ コンティニュアス AF/ マニュアルフォーカス(リング回転式)/AF+MF
• AF 方式:TTL コントラスト AF、AF 補助光付き
• AF フレーム選択:マニュアル / オートエリア / エリア選択(7×7 の 49 エリア選択、フォーカス枠サイズ
可変)/ コンティニュアス / 自動追尾
ホワイトバランス
AUTO/ カスタム / 色温度(ケルビン値)設定 / 晴れ / 日陰 / 蛍光灯 1/ 蛍光灯 2/ 蛍光灯 3/ 電球 / 水中
セルフタイマー
OFF、2 秒、10 秒、スマイル、カップルタイマー、グループタイマー
フラッシュ
• 方式:手動ポップアップ方式
• ガイドナンバー:約 7(ISO200・m)
フラッシュ発光モード
• 赤目補正 OFF 時:AUTO/ 強制発光 / 発光禁止 / スローシンクロ / 後幕シンクロ / コマンダー
• 赤目補正 ON 時:赤目軽減 AUTO/ 赤目軽減+強制発光 / 発光禁止 / 赤目軽減+スローシンクロ /
赤目軽減+後幕シンクロ / コマンダー
アクセサリーシュー
なし
液晶モニター(LCD)
3.0 型カラー液晶モニター、約 104 万ドット(視野率 約 100 %)
動画
• i 1080/30 P:30 フレーム / 秒
• i 1080/25 P:25 フレーム / 秒
• i 1080/24 P:24 フレーム / 秒
• h 720/60 P:60 フレーム / 秒
• h 720/50 P:50 フレーム / 秒
• h 720/24 P:24 フレーム / 秒
資料
159
主な仕様
入出力端子
HDMI 出力
HDMI マイクロ端子(Type D)
デジタル入出力
マイクロ USB 端子(Micro-B)(USB2.0 High-Speed)
電源部、その他
電源
充電式バッテリー NP-W126S(付属)
バッテリー作動可能
枚数の目安
• バッテリーの種類:NP-W126S
• 撮影枚数:約 410 枚(XF35mmF1.4 R 使用時)
CIPA 規格による。バッテリーは付属のもの、記録メディアは SD メモリーカードを使用し測定。
* 注意:バッテリーの充電容量により撮影可能枚数の変動があるため、ここに示すバッテリー作動可能枚数を
保証するものではありません。低温時ではバッテリー作動可能枚数が少なくなります。
充電時間
約 210 分(+20℃において)
本体外形寸法
116.9 mm × 67.4 mm × 40.4(32.1*)mm(幅 × 高さ × 奥行き)
* 突起部含まず、奥行は最薄部表記
撮影時質量
約 331 g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
本体質量
約 282 g(付属バッテリー、メモリーカード含まず)
動作環境
温度:0 ℃〜+ 40 ℃
湿度:10 〜 80 %(結露しないこと)
ワイヤレス転送部
準拠規格
使用周波数範囲
(中心周波数)
アクセス方式
資料
160
IEEE802.11b/g/n(無線 LAN 標準プロトコル)
アメリカ・カナダ・台湾:2412 MHz 〜 2462 MHz(11ch)
アメリカ・カナダ・台湾以外:2412 MHz 〜 2472 MHz(13ch)
インフラストラクチャーモード
主な仕様
バッテリー NP-W126S
公称電圧
7.2 V
公称容量
1260 mAh
使用温度
0 ℃〜+ 40 ℃
本体外形寸法
(幅×高さ×厚み)
質量
36.4 mm × 47.1 mm × 15.7 mm
約 47 g
AC パワーアダプター AC-5VF
定格入力
AC 100 V 〜 240 V 50/60 Hz
入力容量
11.6 VA(100 V) 15.5 VA(240 V)
定格出力
DC5.0 V 1000 mA
使用温度
0 ℃〜+ 40 ℃
質量
約 32 g(本体のみ)
※質量・外形寸法は、仕向け国によって異なります。
Q 仕様、性能は、予告なく変更することがありますのでご了承ください。使用説明書の記載の誤りなどについての補償はご容赦
ください。説明中の表記は、カメラ本体の表示と異なる場合があります。
資料
161
索引
記号
a(再生)ボタン、34, 101
b(消去)ボタン、37
t(動画撮影)ボタン、39
N(フラッシュポップアップ)スイッチ、80
I(連写)ボタン、67, 68, 69
c(PROVIA/ スタンダード)、82
d(Velvia/ ビビッド)、82
e(ASTIA/ ソフト)、82
i(クラシッククローム)、82
b(モノクロ)、82
f(セピア)、82
資料
P(プログラム)、44, 52
S(シャッタースピード優先)、44, 53
A(絞り優先)、44, 54
M(マニュアル)、44, 55
C(カスタム)、44, 56
S(アドバンスト SR オート)、32, 44, 45
Adv.(アドバンストモード)、44, 46
Y(アドバンストフィルター)、46, 47
u(パノラマ)、46, 48
j(多重露出)、46, 50
SP(シーンポジション)、44, 51
N(スポーツ)、44, 51
M(風景)、44, 51
h(人物)、44, 51
Z(美肌)、51
O(夜景)、44, 51
H(夜景(三脚))、51
p(花火)、51
Q(夕焼け)、51
R(スノー)、51
s(ビーチ)、51
162
U(パーティー)、51
V(花)、51
W(文字の撮影)、51
K(赤目軽減オートフラッシュ)、81
L(赤目軽減+強制発光フラッシュ)、81
M(赤目軽減+スローシンクロ)、81
d(赤目軽減+後幕シンクロ)、81
N(強制発光)、80
O(スローシンクロ)、80
l(後幕シンクロ)、80
D(コマンダー)、80
s(AF 警告)、33, 150
X(撮影時のボタンロック)、11, 15
p(フラッシュ発光警告)、81
m(プレゼント)、34
[A 〜 Z]
Adv. モード、46, 91
AE/AF ロック、62
AE ブラケティング、67, 69
AE ロック、62
AF(オートフォーカス)
、33, 62, 63
AF 警告、33, 150
AF 補助光、32, 33, 93
AF ボタン、61
AF ロック、62
DISP/BACK(表示 / 戻る)ボタン、30
DPOF 指定、125
Fn(ファンクション)ボタン、43
FUJIFILM Camera Remote、119
FUJIFILM PC AutoSave、119
HDMI、129, 133
HDMI ケーブル、129, 133
instax SHARE、106, 115, 127, 132
instax プリンタープリント、106
ISO 感度、76, 94
ISO ブラケティング、67, 69, 70
LCD 明るさ、110
LCD 鮮やかさ、110
LCD(液晶モニター)
、13, 14
MENU/OK ボタン、11, 90, 101, 107
MF アシスト、60, 97
MyFinePix Studio、88, 121
M マウントレンズ、86
PC 保存、106, 120
PC 保存先設定、115
Q(クイックメニュー)ボタン、41
RAW FILE CONVERTER、83, 121
RAW 画像、83, 84, 94
RAW 現像、83, 84, 102
SD/SDHC/SDXC メモリーカード、3, 22,
24, 158
USB 接続、27, 122, 133
WB シフト、64
WB ボタン、64
[あ]
赤目補正、81, 98, 105
明るさ(画面)
、110
明るさ(露出補正)
、78
アドバンスト SR オート、32, 44, 45
アドバンストフィルター、46, 47
アドバンストモード(Adv.)、44, 46
後幕シンクロ、80
アフターサービス(修理)
、166
アベレージ(測光)
、79
位置情報記録、115
位置情報設定、115
索引
資料
位置情報表示、115
記録画素数、158
消去、37, 102
色空間、114
クイック起動、28, 112
消費電力設定、112
インジケーターランプ、13
言語設定、29, 108
初期化(フォーマット)
、116
インストール(ソフトウェア)
、83, 119,
交換レンズ、17, 21, 131
ストラップ、20
120, 121, 165
工場出荷時設定、117
スポット(測光)
、79
インターバルタイマー撮影、95
コマ NO.(コマナンバー)、113
スマートフォン、115, 119
液晶モニター(LCD)
、13, 14
コマンダー、80
スライドショー、105
エリア選択(フォーカスモード)
、57
コンティニュアス(フォーカスモード)
、57
スローシンクロ、80
オートエリア(フォーカスモード)
、57
静止画撮影、32, 44
[さ]
オートパワーオフ(自動電源 OFF)、28, 112 再生音量、109
世界時計、108
オートフォーカス(AF)
、33, 62, 63
接続設定、115
再生ズーム、35
オートフラッシュ、80
セットアップメニュー、107
再生メニュー、101
音設定、109
セルフィー(自分撮り)
、13, 75
再生モード、16, 34, 101
お店プリント、124
セルフタイマー、71, 95
撮影画像表示、110
音量、109
セレクターボタン、11
撮影可能枚数、153
全押し、33
[か]
撮影メニュー、90
センサークリーニング、4, 112
海外で使うとき、26, 137
撮影モード、44
操作音量、109
顔検出 / 瞳 AF 設定、81, 93
サブコマンドダイヤル、12
操作ボタン設定、111
画質モード、94
シーン選択、51, 91
測光、79, 97
カスタム(C)、44, 56
シーンポジション(SP)、44, 51
測光 & フォーカスエリア連動、97
カスタム保存、56, 96
自動追尾(フォーカスモード)
、57
カスタムホワイトバランス、64, 65
自動電源 OFF(オートパワーオフ)
、28, 112 [た]
カスタムリセット、114
自分撮り(セルフィー)
、13, 75
ダイナミックレンジ、95
画像回転、104
絞り優先(A)
、44, 54
ダイナミックレンジブラケティング、67, 69,
画像サイズ、94
絞りリング、18
70
画面(明るさ)
、110
シャープネス、96
タイム撮影、53
画面のカスタマイズ、31, 111
シャッター音、109
多重露出撮影、46, 50
画面(表示の切り換え)
、30, 36
シャッター音量、109
縦横自動回転再生、111
カラー、95
シャッタースピード、52, 53, 55
長秒時ノイズ低減、53, 55, 96
感度、76, 94
シャッタースピード優先(S)
、44, 53
チルト、13, 75
強制発光、80
シャッター方式、100
デジカメプリント、124, 125
距離指標、19, 60
シャッターボタン、33
手ブレ補正、18, 99
距離指標の単位、60, 111
シャドウトーン、96
テレビ接続、129
切り抜き(トリミング)
、103
修理、166
電源、28
163
索引
電源レバー、28
電子音 & フラッシュ、109
電子式手ブレ補正、99
動画再生、40
動画撮影、39
動画設定、39, 98
動画モード、98
トリミング、103
[な]
日時設定、29, 108
ノイズリダクション、96
資料
[は]
ハイビジョン動画、98
ハイライトトーン、96
パソコン接続、27, 122, 133
発光禁止、80
バッテリー、2, 22, 23, 25, 131
バッテリー残量表示、28
バルブ撮影、55
半押し、33
被写界深度、54, 60
被写界深度目盛、19
ヒストグラム表示、31
日付あり設定(プリント予約)
、125
日付書き込み、114
瞳 AF、93
表示設定、110
表示比率(HDMI)
、106
標準撮影枚数 / 記録時間、153
ファンクション(Fn)設定、43, 111
ファンクション(Fn)ボタン、43
フィルムシミュレーション、82, 95
フィルムシミュレーションブラケティング、67,
69, 70, 95
164
フォーカスエリア、61
フォーカスエリアポイント、61
フォーカスチェック、60, 111
フォーカスピーキング、60, 97
フォーカスモード、39, 57, 99
フォーカスリング、19, 59, 111
フォーマット(初期化)
、116
フォトブック、88
フォトブックアシスト、88, 105
付属品、2
ブラケティング撮影、67, 69
フラッシュ、80, 98
フラッシュ調光補正、98
フラッシュポップアップスイッチ、80
フラッシュモード、80, 98
プリント予約(DPOF)
、106, 124, 125
フレーミングガイド、111
プレゼント、34
ブレ防止モード、99
プログラム(P)、44, 52
プログラムシフト、52
プロテクト、104
別売アクセサリー、131
ヘルプ(ソフトウェア)
、123
補正前画像記録、113
保存設定、113
ホワイトバランス、64, 95
[ま〜や]
マイクロサムネイル、36
マウントアダプター設定、86, 97
マニュアル(M)、44, 55
マニュアル時モニター露出反映、110
マニュアルフォーカス(フォーカスモード)
、
59
マニュアル(フォーカスモード)
、57
マルチ再生、36
マルチ(測光)
、79
メインコマンドダイヤル、12
メモリーカード、3, 22, 23, 24, 153
モニター撮影効果反映、110
[ら〜わ]
リサイズ、103
リセット、108, 117
リモートレリーズ、53, 55, 131
レンズ着脱ボタン、21
レンズなしレリーズ、97
連続撮影(連写)
、67, 68
露出インジケーター、55
露出補正、78
露出補正バー、78
ワイヤレス設定、115
ワイヤレス通信、100, 102
ワンプッシュ AF、59
ソフトウェアのお問い合わせについて
1 お問い合わせの前にお確かめください。
ソフトウェアのインストールや使い方は使用説明書(本書)やソフトウェアのヘルプから調べることができ
ます。
富士フイルム製品 Q&A・お問い合わせ
2 http://fujifilm.jp/sd/
をご覧ください。
巻末のお問い合わせ先に FAX、電話でお問い合わせください。
3 より早く正確な回答のために、下記の情報をご用意ください。
•
•
•
•
カメラの機種名
ソフトウェアのバージョン
エラーメッセージ
どのようなときにトラブルが発生しますか? / トラブルが発生する直前の操作は? / カメラの状態は? /
トラブルが発生する頻度は?
• ご使用の PC 機種名、OS バージョン、他の接続機器名
ご質問によっては回答するまでに時間を要する場合もありますので、あらかじめご了承ください。
あらかじめ「アフターサービスについて」の項の「個人情報の取扱について」をご確認ください。
資料
165
アフターサービスについて
保証書
• 保証書はお買上げ店に所定事項を記入していただき、大切に保存
してください。
• 保証期間中は、保証書の記載内容に基づいて無償修理をさせてい
ただきます。保証規定に基づく修理をご依頼になる場合には、必
ず保証書を添付してください。なお、お買上げ店または修理サー
ビスセンターにお届けいただく際の運賃などの諸費用は、お客様
にてご負担願います。
修理
■ 調子が悪いときはまずチェックを
本書の「困ったときは」をご覧ください。使い方の問題か、故障か
迷うときは、FinePix サポートセンターへお問い合わせください。
電話番号が巻末に記載されています。
■ 故障と思われるときは
富士フイルム修理サービスセンターまたは当社サービスステーショ
ンに修理をご依頼ください。富士フイルム修理サービスセンター、
サービスステーションのご案内が巻末にあります。
■ 修理ご依頼に際してのご注意
資料
• 本書巻末にある「修理依頼票」をコピーしていただき、必要事項
をご記入の上、製品に添付してください。「修理依頼票」は、故
障箇所を正確に把握し、迅速な修理を行うための貴重な資料にな
ります。
• 修理料金の見積をご希望の場合には、「修理依頼票」の「見積」
欄にご記入ください。ご指定のないときは、修理を進めさせてい
ただきます。なお、見積は有料となります。
• 落下 ・ 衝撃 、 砂 ・ 泥かぶり 、 冠水 ・ 浸水などにより、修理をしても
機能の維持が困難な場合には、修理をお断りする場合もあります。
166
■ 修理部品について
• 本製品の補修用部品は、製造打ち切り後 7 年を目安に保有してお
りますので、この期間中は原則として修理をお引き受けいたしま
す。ただしこの期間中であっても、部品都合等により、同等の製
品に交換させていただく場合もあります。
• 本製品の修理の際には、環境に配慮し再生部品や再生部品を含む
ユニットと交換させていただく場合があります。交換した部品お
よびユニットは回収いたします。交換部品が必要な場合には、修
理をご依頼されるときにその旨をお伝えください。
個人情報の取扱について
当社は、お客様の住所・氏名・電話番号等の個人情報を大切に保護
するため、個人情報保護に関する法令を遵守するとともに、電話問
い合わせ時あるいは修理依頼時にご提供いただいたお客様の個人情
報を次のように取扱います。
1. お客様の個人情報は、お客様のお問い合わせに対する当社から
の回答、修理サービスの提供およびその後のユーザーサポート
の目的にのみ利用いたします。
2. 弊社指定の宅配業者、修理業務担当会社、その他の協力会社に
当社が作業を委託する場合、委託作業実施のために必要な範囲
内でお客様の個人情報を開示することがございます。開示にあ
たりましては、盗難・漏洩等の事故を防止し、また当社より委
託した作業以外の目的に使用しないよう、適切な監督を行いま
す。
3. ご提供いただいたお客様の個人情報に関するお問い合わせ等は、
FinePix サポートセンター等のお問合せ先、富士フイルム修理
サービスセンターあるいは修理依頼先サービスステーション宛
にお願いいたします。
修理依頼票
※ あらかじめ「個人情報の取扱について」をご確認ください。
※ 本紙は拡大コピーしてお使いください。
※ 下表の □ は、該当する項目にチェック(
)を入れてください。
フリガナ
電話番号
お名前
ご住所
FAX 番号
〒
−
ボディ番号(機番)
保証書あるいは本体底面に記載してある
NO.
8 桁の番号です。
修理お問い合わせ時にご連絡ください。
製品名(型名)
□保証書
修理品への添付
・
□メモリーカード
・
□バッテリー
□(
) □(
□(
) □(
見積
□要(修理金額
見積連絡方法
□電話
円以上見積り)
・
)
)
・
□不要
□ FAX
故障症状
(故障時の様子)
20
修理履歴
□初回
・
□再依頼(□同一症状
発生頻度
□開始時のみ
・
□いつも
・
□時々(
動作モード
□再生時
・
□撮影時
・
□ショックを与えると
他機との接続
□無
・
□有(接続機
発生状況
ご購入時期
年
月
※保証書を添付してください。
・
□別症状)
日に
回)
)
使用電源
167
●本製品に関するお問い合わせは…
※あらかじめ「アフターサービスについて」の項の「個人情報の取扱について」をご確認ください。
富士フイルムFinePixサポートセンター
TEL
月曜日〜金曜日
9:30 〜 17:30/
土曜日、日曜日、祝日 10:00 〜 17:00(年末年始を除く)
FAX
●本製品の関連情報は…
050-3786-1060
050-3786-2060
ご利用いただけない場合は
0228-30-2992
受付時間:24時間(返信対応は電話の受付時間と同一です)
※弊社ホームページ http://fujifilm.jp/ の自己解決に役立つ「Q&A検索」もご利用ください。
■ 修理サービスQ&A
修理依頼方法、紛失した付属品の購入方法など修理に関するよくある質問と回答をまとめて掲載しています。
■ 修理料金のご案内
当社サービスステーションに直接修理依頼された場合の目安の修理料金を確認できます。
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/index.html
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/estimate/index.html
●修理の受付は…
※詳細は本文中の「アフターサービスについて」をご覧ください。また、あらかじめ「アフターサービスについて」の項の「個人情報の取扱について」をご確認ください。
■ 修理のご相談受付窓口
富士フイルム修理サービスセンター
■ 修理品ご送付受付窓口
月曜日〜金曜日 9:30 〜 17:30 (日曜日、祝日、
年末年始を除く)
土曜日
10:00 〜 17:00
受付時間:24時間(返信対応は電話の受付時間と同一です)
▼
〒989-5501 宮城県栗原市若柳字川北中文字95-1/TEL : 050-3786-1040
【FinePixクイックリペアサービス】お預かりからお届け迄が最短3日の宅配修理サービス
▼
富士フイルム修理サービスセンター
050-3786-1040
FAX 050-3786-2040
TEL
【サービスステーション一覧】
お急ぎの場合は、全国どこからでも
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/quick/index.html
お近くのサービスステーション
http://fujifilm.jp/support/digitalcamera/repairservice/servicestation/index.html
サービスステーションにつきましては、弊社ホームページ http://fujifilm.jp/ または上記の<修理ご相談受付窓口>にて
ご確認・お問い合わせください。
●本製品以外の富士フイルム製品のお問い合わせは…
お客様コミュニケーションセンター TEL 050-3786-1711(月曜日〜金曜日 9 : 00 〜 17 : 40 / 土曜日 10 : 00 〜 17 : 00 ※日・祝日・年末年始を除く)
※各窓口の受付時間、サービス内容は予告なく変更する場合があります。最新の情報は弊社ホームページでご確認ください。
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement