Dell P1913 electronics accessory ユーザーガイド

Add to My manuals
64 Pages

advertisement

Dell P1913 electronics accessory ユーザーガイド | Manualzz
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター
ユーザーガイド
ディスプレイ解像度を設定する
本文書中の情報は、通知することなく変更することがあります。
© 2012 ~ 2016 Dell Inc.複製を禁ず。
Dell社の書面による許可なしには、いかなる方法による複製も 厳禁します。
商標は、このテキストで使用される:DellおよびDELLのロゴはDell Incの商標です。MicrosoftおよびWindowsは商標またはアメリカ合衆国および/またはその他の
国におけるMicrosoft Corporationの登録商標です。Intelは、米国およびその他におけるIntel Corporationの登録商標の国です。とATIはAdvanced Micro
Devices、Incの登録商標です。 ENERGY STARは、米国環境保護省の登録商標です。
マークおよび名称を請求する団体またはその製品を参照するために、本文書中で、その他の商標および商号を使うことがあります。 Dell社は、自社以外の商標およ
び商号の所有権を放棄します。
Model P1913b/P1913t/P1913Sb/P1913Sf/P2213f/P2213t
2016年 7 月 Rev. A05
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター
製品の特徴
モニターのセットアップ
モニターの操作
問題を解決する
付録
注、注意および警告
注記:注は、コンピュータをよりよく使いこなすための重要な情報を表します。
注意:「注意」は指示に従わなければ、ハードウェアが故障する危険性、またはデータが消失する危険性を示しています。
警告:警告は物件損害、人的被害または死亡の危険性を表します。
本文書中の情報は、通知することなく変更することがあります。
© 2012 ~ 2016 Dell Inc.複製を禁ず。
Dell社の書面による許可なしには、いかなる方法による複製も 厳禁します。
商標は、このテキストで使用される:DellおよびDELLのロゴはDell Incの商標です。MicrosoftおよびWindowsは商標またはアメリカ合衆国および/またはその他の国におけるMicrosoft
Corporationの登録商標です。Intelは、米国およびその他におけるIntel Corporationの登録商標の国です。とATIはAdvanced Micro Devices、Incの登録商標です。
マークおよび名称を請求する団体またはその製品を参照するために、本文書中で、その他の商標および商号を使うことがあります。 Dell社は、自社以外の商標およ
び商号の所有権を放棄します。
Model P1913b/P1913t/P1913Sb/P1913Sf/P2213f/P2213t
2016年 7 月 Rev. A05
目次ページに戻る
モニターについて
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター
パッケージの内容
製品の特徴
部品とコントロールの確認
モニター仕様
プラグ・アンド・プレイ機能
ユニバーサル・シリアルバス(USB)インターフェース
LCDモニター品質とピクセルポリシー
保守のガイドライン
パッケージの内容
モニターには、以下に示すコンポーネント:がすべて付属しています。コンポーネント:がすべて揃っているかを確認し、コンポーネントが足りないときはDellにご連絡ください。
注記:一部のアイテムはオプションで、モニターに付属していません。機能またはメディアには、特定の国で使用できないものもあります。
注記:これはスタンド付モニターに適用されます。その他のスタンドをご購入頂いた際は、スタンドの設置方法はスタンドセットアップガイドをご参
照ください。
注記:P1913/P1913S/P2213 モニターは、外付けケーブルを除き BFR/PVC が含まれていません (ハロゲンを含まない)。
モニター
スタンド
電源ケーブル
VGAケーブル (モニターに付属)
DVIケーブル
USBアップストリームケーブル (モニターのUSBポートを有効にします)
ドライバとマニュアルメディア
クイックセットアップガイド
安全情報
製品の特徴
Dell P1913/P1913S/P2213 フラットパネルディスプレイにはアクティブマトリックス、薄膜トランジスタ(TFT)、液晶ディスプレイ(LCD) および LED バックライトが搭載されています。モニター
の機能は、以下のようになっています。
■ P1913: 48.26 cm (19 インチ) 表示可能領域のディスプレイ(対角で測定)。 1440 x 900 解像度、低解像度の場合全画面もサポートしています。
■ P1913S: 48.26 cm (19 インチ) 表示可能領域のディスプレイ(対角で測定)。 1280 x 1024 解像度、低解像度の場合全画面もサポートしています。
■ P2213: 55.88 cm (22 インチ) 表示可能領域のディスプレイ(対角で測定)。1680 x 1050 解像度、低解像度の場合全画面もサポートしています。
■ 広い表示角度により、座った位置からでも立った位置からでも、または横に動きながらでも見ることができます。
■ チルト、スイベル、垂直引き伸ばし、回転調整機能。
■ 取り外し可能なスタンドとVESA(ビデオエレクトロニクス規格協会) 100 mm取り付け穴で柔軟な取付が可能。
■ システムでサポートされている場合、プラグアンドプレイ機能。
■ オンスクリーンディスプレイ(OSD)調整で、セットアップと画面の最適化が容易。
■ ソフトウェアとマニュアルメディアには、情報ファイル(INF)、画像カラーマッチングファイル(ICM)、および製品マニュアルが含まれています。
■ セキュリティロックスロット。
■ スタンドロック。
■ 資産管理対応。
■ 広角表示から標準表示に、画像の品質を保ちながら切り替える機能。
■ P1913/P1913S/P2213 モニターは、外付けケーブルを除き BFR/PVC が含まれていません (ハロゲンを含まない)。
■ TCO認定ディスプレイ。
■ Dell Display Manager ソフトウェア付属 (モニターに付属の CD に同梱されています)。
■ パネルのみ無ヒ素ガラスかつ無水銀です。
■ ハイダイナミック コントラスト率 (2,000,000:1)。
■ スリープモード時には 0.3 W スタンバイ電源になります。
■ 電源ゲージはモニターが消費している電力レベルをリアルタイムで見ることができます。
部品とコントロールの確認
正面図
前面パネルのコントロール
ラベル
説明
1
機能ボタン (詳細は、モニターの操作を参照してください)
2
電源オン/オフ ボタン (LED インジケータ付き)
後方図
背面図(モニターのスタンド付き)
ラベル
説明
使用
1
VESA取り付け穴 (100 mm x 100 mm -接続され
たベースプレートの背面)
VESA 互換の壁取付キットを使う壁取付モニター(100
mm x 100 mm)
2
規制ラベル
規制承認を表示します
3
スタンド取外しボタン
スタンドをモニターから外します
4
バーコード・シリアル番号ラベル
技術サポートを受けるには Dell に連絡してください
5
セキュリティロックスロット
セキュリティ ケーブル ロックでモニターを保護します
6
Dell サウンドバー取付ブラケット
オプションの Dell サウンドバーを取り付ける
7
ケーブル管理スロット
M3 x 6 mm ネジを使ってスタンドをモニターにロックす
る (ネジは含まれていません)
側面図
底面図
モニタースタンドなし底面図
ラベル
説明
使用
1
AC電源コードコネク
タ
電源ケーブルを接続してください
2
Dell Soundbar 用直
流電源コネクター
Dell Soundbar 用電源コードを接続してください(オプション)
3
DPコネクタ
コンピューターの DP ケーブルを接続してください
4
VGAコネクタ
コンピューターの VGA ケーブルを接続してください
5
DVIコネクタ
コンピューターの DVI ケーブルを接続してください
6
USBアップストリー
ムポート
モニターに付いてきた USB ケーブルをモニターとコンピューターに接続してください。接続
すると、モニターにある USB 接続を使用できます
7
USBダウンストリー
ムポート
USB デバイスを接続してください。このコネクターは、USB ケーブルをコンピューターと、
モニターの USB 上流ケーブルに接続した後にのみ利用できます
8
スタンドのロック機能 M3 x 6 mm ネジを使ってスタンドをモニターにロックする (ネジは含まれていません)
モニター仕様
フラットパネル仕様
モデル
P1913
P1913S
P2213
スクリーン・タイプ
有効マトリックス - TFT LCD
有効マトリックス - TFT LCD
有効マトリックス - TFT LCD
パネルタイプ
TN
TN
TN
画面寸法
482.6 mm (19 インチ対角表示可能画像サイ
ズ)
482.6 mm (19 インチ対角表示可能画像サイ
ズ)
558.8 mm (22 インチ対角表示可能画像サイズ)
水平
408.2 mm (16.07 インチ)
376.3 mm (14.81 インチ)
473.8 mm (18.65 インチ)
垂直
255.2 mm (10.05 インチ)
301.1 mm (11.85 インチ)
296.1 mm (11.66 インチ)
0.2835 mm
0.294 mm
0.282 mm
160°(垂直) 標準
160°(垂直) 標準
160°(垂直) 標準
170°(水平) 標準
170°(水平) 標準
170°(水平) 標準
ルミナンス出力
250 cd/m² (標準)
250 cd/m² (標準)
250 cd/m² (標準)
コントラスト比
1000 対 1 (標準)
2M 対 1(典型的な動的コントラスト オン)
1000 対 1 (標準)
2M 対 1 (典型的な動的コントラスト オン)
1000 対 1 (標準)
2M 対 1 (典型的な動的コントラスト オン)
面板コーティング
ハードコーティング 3H での遮光
ハードコーティング 3H での遮光
ハードコーティング 3H での遮光
バックライト
LED エッジライト方式
LED エッジライト方式
LED エッジライト方式
応答時間
5 ミリ秒で黒から白へ (標準)
5 ミリ秒で黒から白へ (標準)
5 ミリ秒で黒から白へ (標準)
色の深さ
16.7 万種類の色v
16.7 万種類の色v
16.7 万種類の色v
色域
83%*
83%*
83%*
事前設定ディスプレイ領域:
ピクセル・ピッチ
表示角度
* [P1913]/[P1913S]/[P2213]の色域(標準)は、CIE 1976 (83%) および CIE1931 (72%) テスト基準に基づいています。
解像度仕様
モデル
P1913
水平走査幅
30 kHz ~ 81 kHz(自動)
30 kHz ~ 83 kHz(自動)
垂直走査幅
56 Hz ~ 76 Hz(自動)
56 Hz ~ 75 Hz(自動)
事前設定の最高解像度
60Hz で 1440 x 900
P1913S
P2213
60Hz で 1280 x 1024
60Hz で 1680 x 1050
ビデオのサポートモード
モデル
P1913/P1913S/P2213
ビデオディスプレイ機能
(DVI & DP 再生)
480p, 480i, 576p, 576i, 720p, 1080p, 1080i
事前設定ディスプレイ・モード
P1913
水平周波数(kHz)
垂直周波数(Hz)
ピクセル・クロック(MHz)
同期極(水平/垂直)
VESA, 720 x 400
31.5
70.0
28.3
-/+
VESA, 640 x 480
31.5
60.0
25.2
-/-
VESA, 640 x 480
37.5
75.0
31.5
-/-
VESA, 800 x 600
37.9
60.3
40.0
+/+
VESA, 800 x 600
46.9
75.0
49.5
+/+
VESA, 1024 x 768
60.0
75.0
78.8
+/+
VESA, 1152 x 864
67.5
75.0
108.0
+/+
VESA, 1280 x 800
49.3
59.9
71.0
+/-
VESA, 1280 x 1024
64.0
60.0
108.0
+/+
VESA, 1280 x 1024
80.0
75.0
135.0
+/+
VESA, 1440 x 900
55.5
60.0
106.5
-/+
VESA, 1440 x 900
70.6
75.0
136.8
-/+
ディスプレイ・モード
P1913S
水平周波数(kHz)
垂直周波数(Hz)
ピクセル・クロック(MHz)
同期極(水平/垂直)
VESA, 720 x 400
31.5
70.0
28.3
-/+
VESA, 640 x 480
31.5
60.0
25.2
-/-
VESA, 640 x 480
37.5
75.0
31.5
-/-
VESA, 800 x 600
37.9
60.3
40.0
+/+
VESA, 800 x 600
46.9
75.0
49.5
+/+
VESA, 1024 x 768
48.4
60.0
65.0
-/-
VESA, 1024 x 768
60.0
75.0
78.8
+/+
VESA, 1152 x 864
67.5
75.0
108.0
+/+
VESA, 1280 x 1024
64.0
60.0
108.0
+/+
VESA, 1280 x 1024
80.0
75.0
135.0
+/+
水平周波数(kHz)
垂直周波数(Hz)
ピクセル・クロック(MHz)
同期極(水平/垂直)
VESA, 720 x 400
31.5
70.0
28.3
-/+
VESA, 640 x 480
31.5
60.0
25.2
-/-
VESA, 640 x 480
37.5
75.0
31.5
-/-
VESA, 800 x 600
37.9
60.0
40.0
+/+
VESA, 800 x 600
46.9
75.0
49.5
+/+
VESA, 1024 x 768
48.4
60.0
65.0
-/-
VESA, 1024 x 768
60.0
75.0
78.8
+/+
VESA, 1152 x 864
67.5
75.0
108.0
+/+
VESA, 1280 x 1024
64.0
60.0
108.0
+/+
VESA, 1280 x 1024
80.0
75.0
135.0
+/+
VESA, 1680 x 1050
65.2
60.0
146.0
-/+
VESA, 1680 x 1050
82.3
75.0
187.0
-/+
ディスプレイ・モード
P2213
ディスプレイ・モード
電気的仕様
モデル
ビデオ入力信号
P1913/P1913S/P2213
アナログRGB、0.7 ボルト +/- 5%、正電極が 75 オーム入力インピダンス
デジタル DVI-D TMDS、50 オーム入力インピダンスで各微分線、正電極に対して600mV
DP(ディスプレイポート) 1.2a 信号入力対応*
同期入力信号
個別水平および垂直同期、電極フリーTTLレベル、SOG(複合同期オン・グリーン)
AC入力電圧/周波数/電流
100 VAC ~ 240 VAC / 50 または 60 Hz+ 3 Hz / 1.5 A (一般)
インラッシュ電流
120 V : 30 A (最大)
240 V : 60 A (最大)
*DP1.2 (CORE) 規格に対応しています。 高ビットレート 2 (HBR2)、高速 AUX トランザクション、マルチストリーム トランスポート (MST)、3D ステレオ トランスポート、HBR オーディオ (または
高データレートのオーディオ) を除きます。
物理特性
モデル
P1913
P1913S
P2213
コネクタ・タイプ
15-pin D-subミニ、青コネク
タ、DVI-D、白コネク
タ、DP(ディスプレイポート)、
黒コネクタ。
15-pin D-subミニ、青コネク
タ、DVI-D、白コネク
タ、DP(ディスプレイポート)、
黒コネクタ。
15-pin D-subミニ、青コネク
タ、DVI-D、白コネク
タ、DP(ディスプレイポート)、
黒コネクタ。
デジタル:取外可
能、DVI-D、固定ピン、
出荷時はモニターとは別
デジタル:
DisplayPort、20ピン
アナログ:取外可
能、D-sub、15ピン、
出荷時はモニターに取付
デジタル:取外可
能、DVI-D、固定ピン、
出荷時はモニターとは別
デジタル:
DisplayPort、20ピン
アナログ:取外可能、Dsub、15ピン、出荷時は
モニターに取付
デジタル:取外可
能、DVI-D、固定ピン、
出荷時はモニターとは別
デジタル:
DisplayPort、20ピン
アナログ:取外可能、Dsub、15ピン、出荷時は
モニターに取付
信号ケーブル・タイプ
寸法(スタンド付き)
高さ(拡張)
476.4 mm ( 18.76 インチ)
500.1 mm (19.69 インチ)
497.4 mm (19.58 インチ)
高さ(圧縮)
356.9 mm (14.05 インチ)
370.1 mm (14.57 インチ)
368.9 mm (14.52 インチ)
幅
443.8 mm (17.47 インチ)
411.9 mm (16.22 インチ)
510.4 mm (20.09 インチ)
奥行き
183.3 mm (7.22 インチ)
183.3 mm (7.22 インチ)
183.3 mm (7.22 インチ)
寸法(スタンドなし)
高さ
290.8 mm (11.45 インチ)
336.7 mm (13.26 インチ)
332.7 mm (13.10 インチ)
幅
443.8 mm (17.47 インチ)
411.9 mm (16.22 インチ)
510.4 mm (20.09 インチ)
奥行き
58.5 mm (2.30 インチ)
59.3 mm (2.33 インチ)
59.8 mm (2.35 インチ)
高さ(拡張)
401.2 mm (15.80 インチ)
401.2 mm (15.80 インチ)
401.2 mm (15.80 インチ)
高さ(圧縮)
356.9 mm (14.05 インチ)
356.9 mm (14.05 インチ)
356.9 mm (14.05 インチ)
幅
265.8 mm (10.46 インチ)
265.8 mm (10.46 インチ)
265.8 mm (10.46 インチ)
奥行き
183.3 mm (7.22 インチ)
183.3 mm (7.22 インチ)
183.3 mm (7.22 インチ)
重さ(パッケージ含む)
5.87 kg (12.91 lbs)
6.75 kg (14.85 lbs)
7.43 kg (16.35 lbs)
重さ(スタンド・アセンブリとケーブルを含
む)
4.75 kg (10.45 lbs)
5.23 kg (11.51 lbs)
5.71 kg (12.56 lbs)
重さ(スタンド・アセンブリなし)
(壁取付またはVESA取付用 - ケーブルな
し)
2.52 kg (5.54 lbs)
2.95 kg (6.49 lbs)
3.43 kg (7.55 lbs)
スタンド・アセンブリの重さ
1.73 kg (3.81 lbs)
2.00 kg (4.40 lbs)
1.73 kg (3.81 lbs)
スタンド寸法
重量
黒フレーム - 5.0 グロス本体 (最大)
シルバーフレーム - 20.0 グロス本体 (最大)
フロント フレーム (ツヤあり)
環境特性
モデル
P1913
P1913S
温度
運転時
非運転時
0 °C ~ 40 °C
ストレージ: -20°C ~ 60°C (-4°F ~ 140°F)
出荷時: -20°C ~ 60°C (-4°F ~ 140°F)
湿度
運転時
非運転時
10% ~ 80% (結露しないこと)
ストレージ: 5% ~ 90% (結露しないこと)
輸送時: 5% ~ 90% (結露しないこと)
P2213
高度
運転時
3,048 m (10,000 cm) 最大
非運転時
10,668 m (35,000 ft) 最大
143.31 BTU/時(最大)
58.01 BTU/時(標準)
熱発散
10,668 m (35,000 ft) 最大
143.31 BTU/時(最大)
58.01 BTU/時(標準)
10,668 m (35,000 ft) 最大
153.59 BTU/時(最大)
85.33 BTU/時(標準)
電源管理モード
VESA DPMTM 準拠ディスプレイ・カードまたはPC上でインストールしたソフトウェアを使った場合、モニターは、未使用時に、自動的に電源消費の省力を行います。これを、「パワーセーブモー
ド」*と呼びます。コンピュータがキーボード、マウス、またはその他の入力デバイスから入力を検出すると、モニターは自動的に機能を再開します。次の表は、この自動電源セーブ機能の電源消費と信号
を表したものです:
VESAモード
水平同期
垂直同期
ビデオ
通常運転
有効
有効
有効
電源インジ
ケータ
青
無効モード
無効
スイッチを切る -
無効
-
空白
-
黄色
オフ
P1913
42 W (最大) **
17 W (一般)
0.3 W 以下
0.3 W 以下
電源消費
P1913S
42 W (最大) **
17 W(一般)
0.3 W 以下
0.3 W 以下
P2213
45 W (最大) **
25 W (一般)
0.3 W 以下
0.3 W 以下
OSDは、通常の動作モードでのみ機能します。アクティブオフモードでどれかのボタンを押すと、次のメッセージが表示されます。
コンピュータがアクティブになり、モニターでOSDにアクセスできるようになります。
* オフモードでのゼロ電源消費は、モニターからのメインケーブルを外してはじめて、有効になります。
** 最大消費電力は最大輝度、DellサウンドバーおよびUSBと積極的な測定され。
ピン割当
VGAコネクタ
ピン数
接続された信号ケーブルの15ピン側
1
ビデオ‐赤
2
ビデオ‐緑
3
ビデオ‐青
4
GND
5
自己診断テスト
6
GND-R
7
GND-G
8
GND-B
9
コンピュータ 5V/3.3V
10
GND-同期
11
GND
12
DDCデータ
13
H-同期
14
V-同期
15
DDCクロック
DVIコネクタ
ピン数
24-接続された信号ケーブルの24ピン側
1
TMDS RX2-
2
TMDS RX2+
3
TMDSアース
4
浮動
5
浮動
6
DDCクロック
7
DDCデータ
8
浮動
9
TMDS RX1-
10
TMDS RX1+
11
TMDSアース
12
浮動
13
浮動
14
+5V/+3.3V電源
15
自己診断テスト
16
ホットプラグ検出
17
TMDS RX0-
18
TMDS RX0+
19
TMDSアース
20
浮動
21
浮動
22
TMDSアース
23
DDCクロック +
24
DDCクロック -
DPコネクタ
ピン番号
接続された信号ケーブルの20ピン側
1
ML0(p)
2
GND
3
ML0(n)
4
ML1(p)
5
GND
6
ML1(n)
7
ML2(p)
8
GND
9
ML2(n)
10
ML3(p)
11
GND
12
ML3(n)
13
GND
14
GND
15
AUX(p)
16
GND
17
AUX(n)
18
HPD
19
PWR戻る
20
PWR
プラグ・アンド・プレイ機能
プラグ・アンド・プレイ互換システムで、モニターをインストールすることができます。モニターがディスプレイ・データ・チャンネル(DDC)プロトコルを使って、コンピュータシステムに拡張ディスプ
レイ特定データ(EDID)を自動的に提供するため、システムが、自己設定により、モニター設定を最適化します。ほとんどのモニターインストールは自動で行われます。必要に応じて異なる設定を選択でき
ます。モニター設定の変更の詳細については、モニターの操作を参照してください。
ユニバーサル・シリアルバス(USB)インターフェース
本項では、モニターで使用できるUSBポートについて説明します。
注記:このモニターは、高速認定USB2.0インターフェースをサポートしています。
電源消費
転送速度
データ率
高速
480Mbps
2.5W(最大、各ポート)
全速度
12Mbps
2.5W(最大、各ポート)
低速度
1.5Mbps
2.5W(最大、各ポート)
USBアップストリームコネクタ
ピン数
4ピン(コネクタの側面に表示)
1
DMU
2
VCC
3
DPU
4
GND
USBダウンストリームコネクタ
ピン数
信号ケーブルの4ピン側
1
VCC
2
DMD
3
DPD
4
GND
USB ポート
1アップストリーム‐後方
2ダウンストリーム‐後方
注記: USB 2.0機能にはUSB 2.0対応のコンピュータが必要で
す。
注記:モニターのUSBインターフェイスは、モニターがオンのとき、または省電力モードに入っているときにのみ作動します。モニターをオフにしてから再びオンにすると、接続された周辺機器は数
秒後に通常の機能を回復します。
LCDモニター品質とピクセルポリシー
LCD モニターの製造プロセスにおいて、いくつかのピクセルが特定の状態に固定されることはよくあります。見つけにくく、表示品質および使い勝手に影響しません。Dell 社のモニターの品質とピクセル
に関する方針の詳細, 詳細については、Dellサポート(support.dell.com)を参照してください.
保守のガイドライン
モニターを洗浄する
注意: モニターの洗浄前には、安全のしおりを読み、その指示に従ってください。
警告: モニターの洗浄前には、電源コンセントからモニター電源ケーブルを外してください。
ベストプラクティスを実現するために、モニターを開梱、洗浄、または操作している間、以下のリストの指示に従ってください。
静電気防止スクリーンを洗浄するには、柔らかい、きれいな布を水で軽く湿らせてください。できれば、特殊スクリーン洗浄ティッシュまたは静電気防止コーティングに適して溶液を使用してくだ
さい。ベンゼン、シンナー、アンモニア、研磨クリーナー、または圧縮空気は使用しないでください。
ぬるま湯で軽く湿らせた布を使用して、モニターを洗浄します。合成洗剤によりモニターの乳白色のフィルムがはがれることがあるため、合成洗剤の使用は避けてください。
モニターの梱包を開けている間に白いパウダーにお気づきになりましたら、布で拭き取ってください。
暗いプラスチックは、明るいモニターより白いカフマークを削り、表示するため、モニターの取扱には注意してください。
モニターの画像品質を最高の状態に保つために、スクリーンセーバーを作動し、使用しないときはモニターの電源をオフにしてください。
目次ページに戻る
目次ページに戻る
モニターのセットアップ
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター
スタンドを取り付ける
モニターを接続する
ケーブルを調整する
サウンドバー AX510/AY511 の取り付け (オプション)
スタンドを取り外す
壁取り付け(オプション)
スタンドを取り付ける
注記:モニターを工場から出荷するときは、スタンドを取外します。
注記:これはスタンド付モニターに適用されます。その他のスタンドをご購入頂いた際は、スタンドの設置方法はスタンドセットアップガイ
ドをご参照ください。
モニタースタンドを取り付けるには:
1. カバーを外して、その上にモニターを載せます。
2. モニター背面の溝をスタンド上部の2つのタブに合わせます。
3. スタンドを押して、はめ込んでください。
モニターを接続する
警告:このセクションで手続きをはじめる前に、安全指示書に従ってください。
モニターをコンピュータに接続する:
1. コンピュータの電源をオフにして、電源ケーブルを外します。
モニターの青い(VGA)ケーブルをユーザーのコンピューターにつなぎます。
注記:コンピュータが白の DVI コネクタに対応してる場合は、白の DVI ケーブルをモニターと、コンピュータの白の DVI コネクタに接続します。
注記:青いVGA、または白いDVIケーブルを同時にコンピュータに接続しないでください。
1. 白い(デジタルDVI-D)または青い(アナログVGA)または黒い(DisplayPort)ディスプレイコネクタケーブルを、コンピュータ背面の対応するビデオポートに接続します。 同じコンピュータ
で3本のケーブルを使用しないでください。適切なビデオシステムを持つ2台の異なるコンピュータに接続されているときのみ、すべてのケーブルを使用できます。
白いDVIケーブルを接続する
青いVGAケーブルを接続する
接続黒いディスプレイ ポート ケーブル
注意:画像は、実例を示す目的で使用されます。コンピュータの外観は変わることはあります。
USBケーブルを接続する
DVI/VGAケーブルに完全に接続したら、以下の手順に従ってUSBケーブルをコンピュータに接続し、モニターのセットアップを完了してください。
1. アップストリームUSBケーブル (付属のケーブル) をモニターのアップストリームポートに、次にコンピュータの適切なUSBポートに接続します(詳細は底面図を参照)。
2. USB周辺機器をモニターのダウンストリームUSBポートに接続します。
3. コンピュータとモニターの電源ケーブルを近くのコンセントに差し込みます。
4. モニターおよびコンピュータの電源をオンにします。
モニターに画像が表示されたら、インストールは完了します。画像が表示されない場合は、問題を解決するを参照してください。
5. モニタースタンドのケーブルホルダーを使ってケーブルを整理してください。
ケーブルを調整する
モニターおよびコンピュータに必要なケーブルすべてを取り付けた後、(ケーブルの取り付けについては、モニターを接続する を参照) 上記のとおり、ケーブル管理スロットを使って、すべてのケーブル
を適切に調整します。
サウンドバー AX510/AY511 の取り付け (オプション)
注意:Dell サウンドバー以外のデバイスと一緒に使用しないでください。
注記:サウンドバーパワーコネクタ +12V DC 出力は、オプションのDellサウンドバー専用です。
1.
モニター背面から、2つのスロットをモニター背面の下部沿いにある2つのタブに合わせながら、サウンドバーを取り付けます。
2.
サウンドバーが所定の位置にはめ込まれるまで、サウンドバーを左側にスライドさせます。
3.
サウンドバーをオーディオ電源DCアウトソケットに接続します (詳細は、底面図を参照)。
4.
サウンドバー背面から出る黄緑色のミニステレオプラグを、コンピュータのオーディオ出力ジャックに挿入します
モニタースタンドを取り外す
注記:台を取り外している間にLCD画面に傷が付かないように、モニターは必ずきれいな面に置くようにしてください。
注記:これはスタンド付モニターに適用されます。その他のスタンドをご購入頂いた際は、スタンドの設置方法はスタンドセットアップガイドをご参照ください。
スタンドを取り外すには:
1. モニターは平らなところに置いてください。
2. スタンドリリースボタンを押し下げます。
3. スタンドを持ち上げ、モニターから離します。
壁取り付け(オプション)
(ネジの寸法: M4 x 10 mm)。
VESA互換壁取り付けキットに付属する使用説明書を参照してください。
1. モニターのパネルを、安定した平らなテーブルの軟らかい布またはクッションの上に置きま
す。
2. スタンドを外します
3. プラスドライバーを使って、プラスチックカバーを固定している4つのネジを外します。
4. 壁取り付けキットからモニターに取り付けブラケットを取り付けます。
5. 壁取り付けキットに付属する使用説明書に従って、壁にモニターを取り付けます。
注記:5.88kgの最小重量/負荷支持強度を持つUL指定の壁取り付けブラケットでのみ使用します。
目次ページに戻る
目次ページに戻る
モニターの操作
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター
モニターを電源オンにする
前面パネルコントロールの使用
オンスクリーンディスプレイ(OSD)メニューの使用
最大解像度を設定する
サウンドバーを使う
傾け、旋回させ、垂直に伸ばす
モニターの回転
システムの「ディスプレイ回転設定」の調整
モニターを電源オンにする
ボタンを押してモニターをオンにする
正面パネルボタンを使う
モニター前面のコントロールボタンを使用して、表示されている画像の特性を調整します。 これらのボタンを使用してコントロールを調整するとき、OSDが変更される特性の数値を示します。
正面パネルボタン
説明
プリセットカラーモードのリストから選択する際には、このショートカットを選択してください。
1
ショートカット
キー/ プリセット
モード
このボタンを使って「明るさ/コントラスト」メニューにアクセスするか、選択したメニューオプションの値を上げ
ます。
2
3
ショートカットキー / 明るさ/コ
ントラスト
メニュー
[MENU(メニュー)]ボタンを使ってオンスクリーンディスプレイ(OSD)を起動し、OSDメニューを選択します。
メニューシステムにアクセスするを参照してください。
このボタンを使ってメインメニューに戻るか、OSDメインメニューを終了します。
4
終了
5
電源ボタンを使ってモニターの電源のオン/オフを切り替えます。
青い LEDは、モニターがオンになっていて、完全に機能していることを示します。 黄色のLEDは、省電力モードに
入っていることを示します。
電源
(電源ライトインジケータ付き)
正面パネルボタン
モニターの正面にあるボタンを押して 、画像設定を調整してください。
正面パネルボタン
説明
上ボタンを押すと、OSD メニューのアイテムを調整できます(範囲を広げます)。
1
上
下ボタンを押すと、OSD メニューのアイテムを調整できます(範囲を狭めます)。
2
下
[OK] ボタンを押して、選択内容を確定します。
3
OK
戻るボタンを使用すると、前のメニューに戻ります。
4
戻る
オンスクリーンディスプレイ(OSD)メニューの使用
メニューシステムにアクセスする
注記:設定を変えてから別のメニューに進んだりOSDメニューを終了したりすると、モニターはこれらの変更を自動的に保存します。設定を変更してからOSDメニューが
消えるのを待っても、変更は保存されます。
1.
ボタンを押してOSDメニューを起動し、メインメニューを表示します。
アナログ(VGA)入力用のメインメニュー
または
デジタル(DVI)入力用のメインメニュー
または
ディスプレイ(DP)入力用のメインメニュー
注記:[AUTO ADJUST(自動調整)]は、アナログ(VGA)コネクタを使っているときにのみ利用できます。
注記:P1913 の場合は、最大解像度は 1440 x 900 @ 60Hz です。 P1913S の場合は、最大解像度は 1280 x 1024 @ 60Hz です。
2.
と
ボタンを押して、設定オプション間を移動します。 あるアイコンから別のアイコンに移動すると、オプション名がハイライト表示されます。 モニターで利用できるすべてのオプションの完全な
リストについては、次の表を参照してください。
3.
ボタンを一度押すと、ハイライトされたオプションが有効になります。
4.
と
5.
を押してスライドバーに入り、メニューのインジケータに従って
6.
オプションを選択してメインメニューに戻るか 。
ボタンを押して、目的のパラメータを選択します。
と
ボタンを使い変更を行います。
アイコン
メニューとサブメ
ニュー
説明
輝度/コントラスト
おのメニューを使って明るさ/コントラスト調整を有効にします。
輝度
明るさは、バックライトの輝度を調整します。
ボタンを押して明るさを上げ、
コントラスト
自動調整
ボタンを押して明るさを下げます(最小0/最大100)。
注記: 電源管理設定または動的コントラストがオンになっているときには、手動で輝度を調整することはできません。
まず明るさを調整し、それでも調整が必要な場合のみコントラストを調整します。
ボタンを押してコントラストを上げ、
ボタンを押してコントラストを下げます(最小0/最大100)。
コントラスト機能は、モニターの画面の暗い部分と明るい部分の違いの程度を調整します。
起動時にモニターが認識された場合でも、自動調整機能があれば特定のセットアップで使用するために、ディスプレイ設定を最適化できます。
自動調整では、モニターに着信するビデオ信号を自動調整します。 自動調整を使用した後、画像設定の下でピクセルクロック
(粗い)と位相(細かい)コントロールを使用して、モニターを微調整することができます。
注記:ほとんどの場合、自動調整で設定すると最適の画像が得られます。
注記: [自動調整(AUTO ADJUST)]オプションは、アナログ(VGA)コネクタを使っているときにのみ利用できます。
入力信号
自動選択
VGA
DVI-D
[Input Source(入力ソース)]メニューを使って、モニターに接続されたさまざまなビデオ信号を選択します。
を押し自動選択を選択します。モニターはVGA入力あるいはDVI-D入力のいずれかを自動検出します。
アナログ(VGA)コネクタを使用しているとき、 [VGA input(VGA入力)]を選択します。
デジタル(DVI)コネクタを使用しているとき、 [DVI input(DVI入力)]を選択します。
を押してVGA入力ソースを選択します。
を押してDVI入力ソースを選択します。
DisplayPort
DisplayPort (DP)コネクタを使用しているとき、 [DisplayPort input(DisplayPort入力)]を選択します。
を押してDisplayPort入力ソースを選択します。
色設定
[Color Settings(色設定)]を使って色設定モードを調整します。
入力カラー形式
ビデオ入力モードを次のように設定できます。
RGB: モニターがVGAケーブルとDVI ケーブルを使用してコンピュータまたはDVDプレーヤーに接続されている場合は、このオプションを選択します。
YPbPr: モニターがYPbPr-VGAでDVDに接続されている場合、あるいはYPbPr‐DVI ケーブルで接続されている場合、またはDVDカラー出力設定がRGB以外の場合は、このオ
プションを選択してください。
プリセットモード
プリセットモードを選択すると、リストから標準、マルチメディア、ムービー、ゲーム、テキスト、暖色、寒色、ユーザーカラーを選択できます。
標準: モニターのデフォルトの色設定をロードします。 これは、デフォルトのプリセットモードです。
マルチメディア: マルチメディアアプリケーションに適した色設定をロードします。
ムービー: ムービーに適した色設定をロードします。
ゲーム: ほとんどのゲームアプリケーションに適した色設定をロードします。
テキスト: テキストを表示するのに適した輝度とシャープネスの設定を読み込みます。
暖色: 色温度を増加します。 画面は赤/黄の色合いで暖かく見えます。
寒色: 色温度を減少します。 画面は青い色合いで冷たく見えます。
ユーザーカラー: 色設定を手動で調整します。
と
ボタンを押して3つの色(R, G, B)値を調整し、独自のプリセット色モードを作成します。
色相
この機能により、ビデオ画像の色は緑または紫にシフトします。 色相は、望ましいフレッシュな色調を調整するために使用されます。
「0」~「100」の範囲で調整します。
を押してビデオ画像の緑の影を増加し、
を押してビデオ画像の紫の影を増加します
彩度
注記:色合い調整は、ムービーまたはゲームモードでのみ使用できます。
この機能は、ビデオ画像の色の彩度を調整します。
または
を押してビデオ画像のモノクロの外見を増加し、
を押してビデオ画像の色鮮やかな外見を増加します
色設定のリセット
注記:彩度調整は、ムービーまたはゲームモードでのみ使用できます。
モニターの色設定を工場出荷時の設定にリセットします。
を使って彩度を「0」~「100」の範囲で調整します。
または
を使って色合いを
画面設定
ディスプレイ設定を使って画像を調整します。
アスペクト比
画像の比率はワイド 16:10、5:4、4:3 に設定できます。
水平位置
垂直位置
シャープネス
周波数
または
を使って画像を左または右に調整します。 最小は「0」 (-)です。 最大は「100」 (+)です。
または
を使って画像を上または下に調整します。 最小は「0」 (-)です。 最大は「100」 (+)です。
この機能を使って、画像をよりシャープにまたはソフトにします。
を使ってシャープネスを「0」~「100」の範囲で調整します。
位相およびクロック調整により、モニターをお好みに従って調整できます。
または
フェーズ
または
を使って最適の画像品質に調整します。
位相調整を使って満足する結果が得られない場合、ピクセルクロック(粗い)調整を使い、次に位相(細かい)を再び使用します。
注記: ピクセルクロックと位相調整は、「VGA」入ryくでのみ利用できます。
動的コントラスト
動的コントラストは、2M:1にコントラスト比を調整します。
ボタンを押してダイナミックコントラストの「オン」または「オフ」を切り替えます。
注記: 動的コントラストはムービーまたはゲームモードを選択したときに高コントラストを実現します。
画面設定のリセット このオプションを選択して、デフォルトのディスプレイ設定を復元します。
その他の設定
このオプションを選択して、OSDの言語、メニューが画面に表示されている時間など、OSDの設定を調整します。
言語
OSDディスプレイを8つの言語(英語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、ブラジルポルトガル語、ロシア語、簡体字中国語、日本語)の1つに設定する言語オプション
メニューの透明度
このオプションを選択し、最初または 2番目のボタンを押してメニューの透明度を変更します(最小: 0~最大: 100)。
メニュータイマー
OSD保持時間: ボタンを最後に押してからOSDが有効になっている時間の長さを設定sます。
または
を使ってスライダを5~60秒まで、1秒刻みで調整します。
メニューロック
ユーザーの調整へのアクセスをコントロールします。 [Lock(ロック)]が選択されているとき、ユーザー調整は許可されません。 すべてのボタンがロックされます。
メニューの回転
OSDを90度反時計回りに回転します。 ディスプレイ回転に従って、メニューを調整できます。
注記: OSDがロックされているとき、メニューボタンを押すと[OSDロック]が選択された状態で、OSD設定メニューが直接開き
ます。 [アンロック]を選択するとロックが解除され、適用可能なすべての設定にアクセスできるようになります。
電源管理設定
動的輝度調整をオンまたはオフにします。
この機能は、表示される画像に明るいエリアが多く含まれるとき、画面の輝度レベルを自動的に下げます。
オーディオの省電力 省電力モードの間に、オーディオの電源のオンとオフを切り替えます。
DDC/CI
DDC/CI (ディスプレイデータチャンネル/コマンドインターフェイス)により、コンピュータのソフトウェアを介してモニターのパラメータ(明るさ、色バランスなど)を調整し
ます。 [無効]を選択することで、この機能を無効にできます。
ユーザー体験を最大限に高め、モニターのパフォーマンスを最適にする場合、この機能を有効にします。
LCDコンディショ
ニング
画像保持の微細な問題を軽減します。 画像保持の程度によっては、プログラムが実行されるまでに少し時間がかかることがあります。 [有効]を選択することで、この機能を有効
にできます。
工場リセット
すべてのOSD設定を工場出荷時のプリセット値にリセットします。
カスタマイズ
プリセットモード、輝度/コントラスト、自動調整、入力信号、アスペクト比、メニュー回転の中から機能を選択し、ショートカットキーとして設定することができます。
注記: このモニターには自動的に輝度を調整して LED の老朽化を補正する機能が内蔵されています。
OSD警告メッセージ
電源管理設定または動的コントラスト機能が有効に設定されている場合は (ゲームまたはムービーなどのプリセットモード)、手動輝度調整は無効になります。
モニターが特定の解像度モードをサポートしていないとき、次のメッセージが表示されます。
これは、モニターがコンピュータから受信している信号と同期できないことを意味します。 このモニターが使用できる水平および垂直周波数幅については、モニター仕様 を参照してくださ
い。 推奨モードは、1440 x 900 画素(P1913)/1280 x 1024 画素 (P1913S)/1680 x 1050 画素 (P2213) です。
DDC/CI機能が無効になる前に、次のメッセージが表示されます。
モニターが省電力モードに入ると、次のメッセージが表示されます。
コンピュータを有効にして、モニターを立ち上げ、OSDにアクセスします。
電源ボタン以外のボタンを押すと、選択した入力によって次のメッセージのどれかが表示されます:
VGA/DVI-D/DP 入力
VGA/DVI-D/DP入力が選択されているが相当するケーブルが接続されていない場合、以下のような浮動ダイアログボックスが表示されます。
ま
た
は
または
詳細は、問題を解決する を参照してください。
最大解像度を設定する
モニターの最大解像度を設定するには:
Windows Vista®、 Windows ® 7、 Windows ® 8、 Windows ® 8.1 では:
1. Windows ® 8 および Windows ® 8.1専用です。デスクトップ タイルを選択して、クラシック デスクトップに切り替えます。
2. デスクトップで右クリック、画面の解像度をクリックします。
3. 画面の解像度のドロップダウン リストをクリックし、1440 x 900 画素 (P1913)/1280 x 1024 画素 (P1913S)/1680 x 1050 画素 (P2213) を選択します。
4. OK をクリックします。
Windows ® 10では:
1. デスクトップを右クリックし、ディスプレイ設定をクリックします 。
2. ディスプレイの詳細設定をクリックします。
3. 画面解像度のドロップダウンリストをクリックし、1366 x 768 (E1916HV / E1916HL) または 1440 x 900 画素 (P1913)/1280 x 1024 画素 (P1913S)/1680 x 1050 画素 (P2213) を選択しま
す。
4. 適用をクリックします。
オプションとして推奨解像度が表示されない場合、グラフィックスドライバを更新する必要があります。 コンピュータによっては、以下の手順のいずれかを完了してください。
Dellデスクトップまたはポータブル・コンピュータをご使用の場合:
support.dell.comに進み、サービス・タグを入力し、グラフィックス・カードに最新のドライバをダウンロードします。
Dell以外のコンピュータ(ポータブルまたはデスクトップ)をお使いの場合:
コンピュータのサポートサイトに進み、最新のグラフィックス・ドライバをダウンロードします。
グラフィックス・カード・ウェブサイトに進み、最新のグラフィックス・ドライバをダウンロードします。
Dellサウンドバーを使う
DellサウンドバーはDellフラットパネルディスプレイの取り付けに適した2つのチャンネルシステムから成っています。 サウンドバーには全体システム・レベルを調整する回転音量とオン/オフ・コントロール、電源表示
用の青のLEDおよびオーディオ・ヘッドセット・ジャック2つが搭載されています。
1.
取付け機構
2.
電源/音量調節
3.
ヘッドフォン・コネクタ
4.
電源インジケータ
傾け、旋回させ、垂直に伸ばす
注記:これはスタンド付モニターに適用されます。その他のスタンドをご購入頂いた際は、スタンドの設置方法はスタンドセットアップガイドをご参照ください。
傾き、旋回
モニターにスタンドを取り付けると、モニターを最も快適な角度に傾斜させたり、向きを変えたりすることができます。
注記: モニターを工場から出荷するときは、スタンドを取外します。
垂直に伸ばす
注記: スタンドは、垂直に最大 130 mm 伸ばせます。下の図で、伸ばし方を示します。
モニターの回転
モニターを回転させる前に、モニターが垂直に拡張している (垂直拡張)か、またはモニターの底部エッジの傾きを避けるために傾けてある(傾き)かいずれかになっています。
注記: Dellコンピュータで「ディスプレイ回転」機能(横対縦表示)を使用するには、このモニターに含まれていない最新のグラフィックスドライバが必要です。 最新のグラフィックスドライバをダウンロード
して更新するには、 support.dell.comに移動し、ビデオドライバのダウンロードセクションを参照してください。
注記:縦表示モードに入っているとき、グラフィックを大量に使用するアプリケーション(3Dゲームなど)でパフォーマンスが落ちることがあります。
システムの「ディスプレイ回転設定」の調整
モニターを回転させた後、以下の手順でシステムの「ディスプレイの回転設定」を調整する必要があります。
注記: Dellコンピュータ以外でモニターを使用している場合、グラフィップス・ドライバのウェブサイトまたはお使いのコンピュータの製造元ウェブサイトに進み、オペレーティング・システムの回転についての情
報を確認します。
ディスプレイの回転設定を調整するには:
1. デスクトップを右クリックして、プロパティをクリックします。
2. 設定タブを選択し、アドバンストをクリックします。
3. ATIグラフィックスカードを使っていする場合は、回転タブを選択して、お気に入りの回転を設定します。
nVidiaグラフィックスカードを使っている場合は、nVidiaタブをクリックして、左カラムでNVRotateを選択し、次にお気に入りの回転を選択します。
Intel®グラフィックスカードを使っている場合は、Intelグラフィックス・タブを選択して、グラフィックス・プロパティをクリックし、 回転タブを選択し、次にお気に入りの回転を設定します。
注記: 回転オプションがない場合、または正常に作動しない場合は、support.dell.comで、グラフィックス・カード用の最新ドライバをダウンロードしてください。
目次ページに戻る
目次ページに戻る
トラブルシューティング
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター
自己テスト
内蔵診断
よくある問題
製品別の問題
ユニバーサルシリアルバス固有の問題
Dell™ サウンドバーの問題
警告:このセクションで手続きをはじめる前に、安全指示書に従ってください。
自己テスト
お使いのモニターには、自己テスト機能が装備され、適切に機能しているかどうかを確認できます。モニターとコンピュータが適切に接続されていて、モニタースクリーンが暗い場合は、次の手順でモニター自己テスト
を実行してください:
1. コンピュータとモニター両方の電源をオフにする。
2. コンピュータの後ろかビデオ・ケーブルを外す。自己テストが適切に運用できるようにするには、コンピュータの後ろからビデオ ケーブルを外します。
3. モニターの電源をオンにする。
モニターがビデオ信号を検知できないが正しく作動している場合、画面に浮動ダイアログボックスが (黒い背景に) 表示されます。自己テスト モードでは、電源LEDが青になります。
また、選択した入力によって、下に表示されるダイアログの1つが画面上をスクロールし続けます。
ま
た
は
ま
た
は
4. ビデオ・ケーブルが外されているか、または破損している場合、通常システムの運転中、このボックスが表示されます。
5. モニターの電源をオフにして、ビデオ・ケーブルを再接続し、次にコンピュータとモニター両方の電源をオンにします。
前の手順を行った後もモニター・スクリーンに何も表示されない場合、モニターが適切に機能していないため、ビデオ・コントローラおよびコンピュータをチェックしてください。
内蔵診断
モニターには内蔵の診断ツールが付属しており、発生している画面の異常がモニターに固有の問題か、またはコンピュータやビデオカードに固有の問題かを判断します。
注記: 内蔵の診断は、ビデオケーブルがプラグから抜かれ、モニターが自己テストモードに入っているときのみ、実行できます。
内蔵診断を実行するには、以下の手順に従います。
1. 画面がきれいであること(または、画面の表面に塵粒がないこと)を確認します。
2. コンピュータの後ろかビデオ・ケーブルを外します。モニターが自己テストモードに入ります。
3. 正面パネルのボタン1 とボタン4を2秒間同時に押し続けます。グレイの画面が表示されます。
4. 画面に異常がないか、慎重に検査します。
5. 正面パネルのボタン4を 再び押します。画面の色が赤に変わります。
6. ディスプレイに異常がないか、検査します。
7. ステップ5と6を繰り返して、緑、青、黒、白い色の画面についてもディスプレイを検査します。
白い画面が表示されると、テストは完了です。終了するには、ボタン4を再び押します。
内蔵の診断ツールを使用しているときに画面に異常が検出されない場合、モニターは適切に作動しています。ビデオカードとコンピュータをチェックしてください。
よくある問題
次の表には、発生する可能性のあるモニターのよくある問題と考えられる解決策に関する一般情報が含まれます。
一般的な症状
ビデオなし/電源LEDオフ
発生した問題
画像が表示されない
実行可能な解決策
コンピュータにモニターを接続しているビデオケーブルが適切に接続され、しっかり固定されていることを確認します。
他の電気機器を使用して、コンセントが正しく機能していることを確認します。
電源ボタンが完全に押されていることを確認します。
入力ソース選択ボタンにより適切な入力ソースが選択されていることを確認してください。
ビデオなし/電源LEDオフ
画像なし、または明るさがない
OSDによって、明るさとコントラスト・コントロールを増加します。
モニター自己診断テスト機能チェックを実行します。
ビデオケーブルコネクタに曲がったり破損したピンがないか、チェックします。
内蔵診断を実行します。
入力ソース選択ボタンにより適切な入力ソースが選択されていることを確認してください。
フォーカスが弱い
画像が不鮮明か、ぼやけているか、または
薄れている。
OSDによって自動調整を実行します。
OSDによって、位相とピクセルクロック制御を調整してください。
ビデオ拡張ケーブルを外します。
モニターを工場出荷時設定にリセットします。
ビデオ解像度を正しいアスペクト比に変更します。
ビデオが揺れたり/ずれたりする
画像が波打ったり、微妙にぶれる
OSDによって自動調整を実行します。
OSDによって、位相とピクセルクロック制御を調整してください。
モニターを工場出荷時設定にリセットします。
環境係数をチェックします。
モニターの場所を変えて、他の部屋でテストします。
ピクセルが抜けている
LCDスクリーンに点が入る
サイクル電源オン‐オフ。
永久的にオフになっているピクセルがありますが、これはLCDテクノロジに固有の欠陥です。
Dell 社のモニターの品質とピクセルに関する方針の詳細, 詳細については、Dellサポート(support.dell.com)を参照し
てください。
ドット落ち
LCDスクリーンに明るい点が入る
サイクル電源オン‐オフ。
永久的にオフになっているピクセルがありますが、これはLCDテクノロジに固有の欠陥です。
Dell 社のモニターの品質とピクセルに関する方針の詳細, 詳細については、Dellサポート(support.dell.com)を参照し
てください。
明るさの問題
画像が薄すぎるか、明るすぎる
モニターを工場出荷時設定にリセットします。
OSDによって自動調整を実行します。
OSDによって、明るさとコントラスト・コントロールを調整します。
幾何歪曲
スクリーンが正確にセンタリングされてい
ない
モニターを工場出荷時設定にリセットします。
OSDによって自動調整を実行します。
OSDの水平方向と垂直方向のコントロールを調整する使用する。
水平/垂直ライン
スクリーンに複数の線が入る
注記:DVI-D/DisplayPort を使用しているとき、位置決め調整はご利用いただけません。
モニターを工場出荷時設定にリセットします。
OSDによって自動調整を実行します。
OSDで、フェーズとピクセルクロックコントロールを調整します。
モニター自己テスト機能チェックを行い、これらの線が自己テスト・モードでも入るかどうかを確認します。
ビデオケーブルコネクタに曲がったり破損したピンがないか、チェックします。
内蔵診断を実行します。
注記:DVI-D/DisplayPort を使用しているとき、ピクセルクロックとフェーズ調整はご利用いただけ
ません。
モニターを工場出荷時設定にリセットします。
OSDによって自動調整を実行します。
OSDで、フェーズとピクセルクロックコントロールを調整します。
モニター自己テスト機能チェックを行い、スクランブル状態のスクリーンが自己テスト・モードでも入るかどうかを確認し
ます。
ビデオケーブルコネクタに曲がったり破損したピンがないか、チェックします。
セーフモードでコンピュータを再起動します。
同期化の問題
スクリーンがスクランブル状態か、磨り
減って見える
安全関連問題
スモークまたはスパークの明らかな症状
トラブルシューティング手順を実行しないでください。
直ちにDellにご連絡ください。
断続的問題
モニターの誤作動をオンおよびオフ
コンピュータにモニターを接続しているビデオケーブルが適切に接続され、しっかり固定されていることを確認します。
モニターを工場出荷時設定にリセットします。
モニター自己テスト機能チェックを行い、断続的問題が自己テスト・モードでも発生するかどうかを確認します。
色が欠けている
画像の色が欠けている
モニター自己診断テスト機能チェックを実行します。
コンピュータにモニターを接続しているビデオケーブルが適切に接続され、しっかり固定されていることを確認します。
ビデオケーブルコネクタに曲がったり破損したピンがないか、チェックします。
色違い
画像の色が正しくない
色設定OSDで、アプリケーションに応じて、色設定モードをグラフィックスまたはビデオに変更します。
色設定OSDで異なる色プリセット設定を試みます。色管理がオフになっている場合、色設定OSDでR/G/B値を調整しま
す。
アドバンス設定OSDで、入力色形式をPC RGBまたはYPbPrに変更します。
内蔵診断を実行します。
長時間モニターに静止画像を表示したため 表示された静止画像のかすかな影が画面に
に起こる画像の焼き付き
表示される
使用していないとき、電源管理機能を使って、常にモニターの電源をオフにしてください(詳細については、電源管理モー
ドを参照してください)。
または、動的に変わるスクリーンセーバーを使用します。
製品別の問題
特定の症状
スクリーン画像が小さい
発生した問題
画像がスクリーン上でセンタリングされて
いるが、全表示領域を満たしていない
実行可能な解決策
画像設定OSDで、スケーリング比設定を確認します
モニターを工場出荷時設定にリセットします。
正面パネル上のボタンで、モニターを調整 OSDがスクリーン上に表示されない
できない
モニターの電源をオフにして、電源コードを外し、もう一度コードを差して、電源を入れます。
OSDメニューがロックされているかどうか確認します。ロックされている場合、上の10秒間電源ボタンを押し下げてアン
ロックします。メニューロックを表示してください。
ユーザコントロールを押しても入力信号が 画像が表示されず、LED が青く点灯
ない
信号ソースをチェックします。マウスを動かすかキーボードのどれかのキーを押して、コンピュータが省電力モードに入っ
ていないことを確認します。
信号ケーブルが正しく差し込まれているかどうかをチェックします。必要に応じて、信号ケーブルを差し込み直してくださ
い。
コンピュータまたはビデオプレーヤーを再起動します。
ピクチャが画面全体に表示されない。
DVDの異なるビデオ形式により、モニターが全画面で表示できないことがあります。
内蔵診断を実行します。
ピクチャを画面の高さまたは幅いっぱいに
表示できない
注記:DVI-Dモードを選択しているとき、 自動調整機能は使用できません。
ユニバーサルシリアルバス(USB)固有の問題
特定の症状
USBインターフェースが作動していない
発生した問題
USB周辺機器が作動していない
実行可能な解決策
モニターの電源がオンになっているかをチェックします。
アップストリーム・ケーブルをコンピュータに再接続します。
USB周辺機器(ダウンストリーム・コネクタ)を再接続します。
電源をオフにして、もう一度モニターをオンにします。
コンピュータを再起動します。
外付けポータブルHDDのような一部のUSBデバイスは、高い電流を必要とすることがあります。デバイスをコンピュータ
システムに直接接続してください。
高速USB2.0インターフェースが遅い
高速USB2.0周辺機器が遅いか、まったく
作動しない
コンピュータがUSB2.0対応かどうかをチェックします。
コンピュータの中には、USB 2.0とUSB 1.1ポートの両方を搭載しているものもあります。正しいUSBポートを使用され
ていることを確認してください。
アップストリーム・ケーブルをコンピュータに再接続します。
USB周辺機器(ダウンストリーム・コネクタ)を再接続します。
コンピュータを再起動します。
Dell™サウンドバーの問題
発生した問題
サウンドバーに電源が入らない‐電源イン
ジケータがオフになっている
実行可能な解決策
サウンドバーの電源/音量ノブを反時計回りに回転して中央に位置にします。サウンドバー正面の
電源インジケータ(青いLED)が点灯することを確認します。
サウンドバーから出る電源ケーブルがアダプタに差し込まれていることを確認します。
音が出ない
サウンドバーの電源が入っている‐電源イ
ンジケータがオンになっている
オーディオ・ラインイン・ケーブルをコンピュータのオーディオ・アウト・ジャックに差し込みます。
すべてのWindowsの音量コントロールを最大に設定します。
コンピュータでオーディオ・コンテンツをいくつか再生します(例.オーディオCDまたはMP3)。
サウンドバーの電源/音量ノブを高音量設定に対して時計回りに回します。
オーディオ・ライン・プラグを洗浄して、リセットします。
別のオーディオ・ソースを使って、サウンドバーをテストします(例.ポータブルCDプレイヤ)。
音が曲がっている
コンピュータのサウンドカードをオーディ
オ・ソースとして使います
サウンドバーとユーザの間の障害物を取り除きます。
オーディオ・ラインイン・プラグがサウンドカードのジャックに完全に差し込まれていることを確認します。
すべてのWindowsの音量コントロールを中間に設定します。
オーディオ・アプリケーションの音量を下げます。
サウンドバーの電源/音量ノブを低音量設定に対して反時計回りに回します。
オーディオ・ライン・プラグを洗浄して、リセットします。
コンピュータのサウンドカードのトラブルーシューティング
別のオーディオ・ソースを使って、サウンドバーをテストします(例.ポータブルCDプレイヤ、MP3プレーヤー)。
音が曲がっている
その他のオーディオ・ソースを使います
サウンドバーとユーザの間の障害物を取り除きます。
オーディオ・ラインイン・プラグがサウンドカードのジャックに完全に差し込まれていることを確認します。
オーディオ・ソースの音量を下げます。
サウンドバーの電源/音量ノブを低音量設定に対して反時計回りに回します。
オーディオ・ライン・プラグを洗浄して、リセットします。
音出力がアンバランス
サウンドバーの片側からだけ音が出る
サウンドバーとユーザの間の障害物を取り除きます。
オーディオ・ラインイン・プラグがサウンドカードまたはオーディオ・ソースのジャックに完全に差し込まれていることを
確認します。
すべてのWindowsオーディオ・バランス・コントロール(L-R)を中間に設定します。
オーディオ・ライン・プラグを洗浄して、リセットします。
コンピュータのサウンドカードのトラブルーシューティング
別のオーディオ・ソースを使って、サウンドバーをテストします(例.ポータブルCDプレイヤ)。
低音量
音量が低すぎる
サウンドバーとユーザの間の障害物を取り除きます。
サウンドバーの電源/音量ノブを最大音量設定に対して時計回りに回します。
すべてのWindowsの音量コントロールを最大に設定します。
オーディオ・アプリケーションの音量を上げます。
別のオーディオ・ソースを使って、サウンドバーをテストします(例.ポータブルCDプレイヤ、MP3プレーヤー)。
音が出ない
一般的な症状
目次ページに戻る
目次ページに戻る
付録
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター ユーザーズガイド
安全指示
米国連邦通信委員会(FCC)通告(米国内のみ)およびその他規制に関する情報
Dellへのお問い合わせ
警告: 安全指示
警告:このマニュアルで指定された以外のコントロール、調整、または手順を使用すると、感電、電気的障害、または機械的障害を招く結果となります
安全に関する注意事項については、製品情報ガイドを参照してください。
米国連邦通信委員会(FCC)通告(米国内のみ)およびその他規制に関する情報
米国連邦通信委員会(FCC)通告(米国内のみ)およびその他規制に関する情報に関しては、規制コンプライアンスに関するウェブページ
www.dell.com\regulatory_compliance をご覧ください。
Dellへのお問い合わせ
米国のお客様の場合、800-WWW-DELL (800-999-3355)にお電話ください。
注記:インターネット接続をアクティブにしていない場合、仕入送り状、パッキングスリップ、請求書、またはDell製品カタログで連絡先情報を調べること
ができます。
Dellでは、いくつかのオンラインおよび電話ベースのサポートとサービスオプションを提供しています。利用可能性は国と製品によって異なり、お客様の居住地域
によってはご利用いただけないサービスもあります。Dellの販売、技術サポート、または顧客サービス問題に連絡するには:
1.
support.dell.com にアクセスします。
2.
ページ下部の Choose A Country/Region [国/地域の選択]ドロップダウンメニューで、居住する国または地域を確認します。.
3.
ページ左側の Contact Us [連絡先]をクリックします。
4.
必要に応じて、適切なサービスまたはサポートリンクを選択します。
5.
ご自分に合った Dell への連絡方法を選択します。
目次ページに戻る
目次に戻る
モニターのセットアップ
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター ユーザーズガイド
ディスプレイ解像度を設定する
Microsoft Windows® オペレーティングシステムを使用している間最適のディスプレイパフォーマンスを達成するには、次のステップを実行してディスプレイ解像
度を 1440 x 900 画素(P1913)/1280 x 1024 画素 (P1913S)/1680 x 1050 画素 (P2213) に設定します:
Windows Vista®、 Windows ® 7、 Windows ® 8、 Windows ® 8.1 では:
1. Windows ® 8 および Windows ® 8.1専用です。デスクトップ タイルを選択して、クラシック デスクトップに切り替えます。
2. デスクトップで右クリック、画面の解像度をクリックします。
3. 画面の解像度のドロップダウン リストをクリックし、1440 x 900 画素 (P1913)/1280 x 1024 画素 (P1913S)/1680 x 1050 画素 (P2213) を選択
します。
4. OK をクリックします。
Windows ® 10では:
1. デスクトップを右クリックし、ディスプレイ設定をクリックします 。
2. ディスプレイの詳細設定をクリックします。
3. 画面解像度のドロップダウンリストをクリックし、1366 x 768 (E1916HV / E1916HL) または 1440 x 900 画素 (P1913)/1280 x 1024 画素
(P1913S)/1680 x 1050 画素 (P2213) を選択します。
4. 適用をクリックします。
オプションとして推奨解像度が表示されない場合、グラフィックスドライバを更新する必要があります。ご使用中のコンピュータシステムをもっともよく説明するシ
ナリオを以下から選択し、示される指示に従ってください:
1: インターネットにアクセスして Dell™ デスクトップコンピュータまたは Dell™ ノート PC を使用している場合。
2: 非 Dell™ デスクトップコンピュータ、ノート PC、またはグラフィックカードを使用している場合。
目次に戻る
目次に戻る
モニターのセットアップ
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター ユーザーズガイド
インターネットにアクセスして Dell™ デスクトップコンピュータまたは Dell™ ノート PC
を使用している場合
1. http://support.dell.com, に移動し、サービスタグを入力したら、グラフィックスカードの最新ドライバをダウンロードしてください。
2. グラフィックスアダプタのドライバをインストールした後、解像度を再び 1440 x 900 画素 (P1913)/1280 x 1024 画素 (P1913S)/1680 x 1050 画
素 (P2213) に設定します。
注: 解像度 1440 x 900/1280 x 1024/1680 x 1050 に設定できない場合、Dell™ に連絡してこれらの解像度をサポートするグラフィックスアダプタを調
べてください。
目次に戻る
目次に戻る
モニターのセットアップ
Dell™ P1913/P1913S/P2213 モニター ユーザーズガイド
非 Dell™ デスクトップコンピュータ、ノート PC、またはグラフィックカードを使用してい
る場合
Windows Vista®、 Windows ® 7、 Windows ® 8 、 Windows ® 8.1では:
1. Windows ® 8 および Windows ® 8.1専用です。デスクトップ タイルを選択して、クラシック デスクトップに切り替えます。
2. デスクトップ上で右クリック、カスタマイズをクリックします。
3. ディスプレイ設定の変更をクリックします。
4. 詳細設定をクリックします。
5. ウィンドウ上部の説明から、グラフィックスコントローラサプライヤを確認します (NVIDIA、ATI、Intel など)。
6. 更新されたドライバについては、グラフィックカードプロバイダの web サイトを参照してください (たとえば、 http://www.ATI.com または
http://www.NVIDIA.com ).
7. グラフィックスアダプタのドライバをインストールした後、解像度を再び 1440 x 900 画素 (P1913)/1280 x 1024 画素 (P1913S)/1680 x 1050 画
素 (P2213) に設定します。
Windows ® 10では:
1.デスクトップを右クリックし、ディスプレイ設定をクリックします 。
2. ディスプレイの詳細設定をクリックします。
3. ディスプレイアダプターのプロパティをクリックします。
4. ウィンドウ上部の説明から、グラフィックスコントローラサプライヤを確認します (NVIDIA、ATI、Intel など)。
5. 更新されたドライバについては、グラフィックカードプロバイダの web サイトを参照してください (たとえば、 http://www.ATI.com または
http://www.NVIDIA.com ).
6. グラフィックスアダプタのドライバをインストールした後、解像度を再び 1440 x 900 画素 1680 x 1050 画素 (P2213) に設定します。
注: 推奨解像度を設定できない場合は、コンピュータの製造元にお問い合せになるか、ビデオ解像度をサポートするグラフィックスアダプタの購入をご考慮くだ
さい。
目次に戻る

advertisement

Key Features

  • Business 48.3 cm (19") LED TN
  • 1440 x 900 pixels 16:10
  • 5 ms 250 cd/m² 1000:1
  • 17 W

Related manuals

advertisement