Rimage Everest Encore User guide

Rimage Everest Encore User guide
Rimage® Everest Encore™ Printer ユーザー ガイド
Rimage Corporation
Rimage Europe GmbH
Rimage Japan Co., Ltd.
Rimage Taiwan
201 General Mills Blvd, Golden
Valley, MN 55427, USA
Albert-Einstein-Straße 26
63128 Dietzenbach, GERMANY
フリーダイヤル:+1-(800)445-8288
電話:+49(0)6074.8521.0
4F Arai #38 Bldg., 2-7-1
Hamamatsu-cho, Minato-ku,
Tokyo 105-0013 JAPAN
2F.-7, No. 508, Sec. 5,
Zhongxiao East Road., Xinyi Dist.,
Taipei City 110, TAIWAN
電話:+81-(3)6452-8780
電話:+886-(2)2726-0100
Rimage Information
Technology(Shanghai)
Co., Ltd.
RM # 206, 207, 2F
No.1 FuXing Zhong Road
HuangPu District
Shanghai, 200025 CHINA
電話:+86.021.5887.8905
Rimage Corporation は、本書に記載されている機器およびソフトウェアを予告なしに改訂する権利を所有しています。Rimage Corporation
は、あらゆる個人または組織に通知する義務なく、本書を改訂または記載内容を随時改訂する権利を所有します。
本書には、発行時に有効であった Web サイトへのリンクが含まれていますが、現在そのサイトが移動している、
または無効である場合もあり
ます。本書には、第三者によって所有および運営されているインターネット上のサイトへのリンクが記載されている場合もあります。Rimage
Corporation は、第三者のサイトの内容に関しては、責任を負いかねます。
© 2020, Rimage Corporation
Rimage® および Everest® は Rimage Corporation の登録商標です。Rimage Producer™、Prism™ および Encore™ は Rimage Corporation の
商標です。Windows® は Microsoft Corporation の登録商標です。
他のすべての商標および登録商標は、それぞれの所有者の財産です。
本ドキュメントの最新版は www.rimage.com/support から入手できます。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
目次
取扱説明書.....................................................................................1
印刷環境設定.............................................................................. 12
本ユーザー ガイドについて................................................................................................1
Everest Encore Printer について......................................................................................1
開梱およびセットアップ取扱説明書.................................................................................1
デフォルトでの印刷可能エリア設定.............................................................................. 12
印刷環境設定........................................................................................................................ 12
重要な情報.....................................................................................2
Windows スタートメニューからPrinting Preferences(印刷環境設定)にアクセス...................12
テクニカル サポート..............................................................................................................2
光ディスク記録ソフトウェアの免責条項..........................................................................2
サポート連絡先.......................................................................................................................2
安全性および法令順守に関する情報..............................................................................3
安全のための予防措置.................................................................................................................... 3
コンプライアンス情報....................................................................................................................... 5
Everest Encore プリンタ要件..........................................................6
リボンの要件............................................................................................................................6
Everest Encore リボン....................................................................................................................... 6
ラベルのデザインの要件.....................................................................................................6
印刷の要件...............................................................................................................................7
Everest Encore プリンタ部品の確認...............................................8
正面図 .......................................................................................................................................8
コントロールパネル...............................................................................................................8
コントロール パネル指示器............................................................................................................ 8
スイッチ.....................................................................................................................................8
交流電圧スイッチ............................................................................................................................... 8
コントロール パネル指示器............................................................................................................ 8
背面図.........................................................................................................................................9
交流電圧スイッチ.............................................................................................................................10
モード スイッチ.................................................................................................................................10
Everest Encore プリンタの操作................................................... 11
Printing Preferences(印刷環境設定)へのアクセス...........................................................12
CD Designer からの Printing Preferences(印刷設定)へのアクセス...........................................12
PDF ファイル印刷時に印刷設定へアクセス............................................................................................13
メディア タイプ、
メディア サイズ、印字方向およびリボン タイプの設定........................13
印刷品質、
カラー マッチング、画像調整の設定......................................................................13
印刷可能エリアの設定....................................................................................................................14
印刷位置および色濃度の調整.....................................................................................................14
リボンの残量チェック......................................................................................................... 15
リボンの状態を表示する................................................................................................................15
Everest Encore プリンタのメンテナンス....................................... 16
メンテナンス スケジュール............................................................................................... 16
印刷リボンの交換................................................................................................................ 16
印刷リボンの取り外し.....................................................................................................................16
印刷リボンの取り付け.....................................................................................................................18
再転写リボンの交換........................................................................................................... 19
再転写リボンの取り外し.................................................................................................................19
再転写リボンの取り付け................................................................................................................20
Everest Encore プリンタのクリーニング...................................................................... 20
印刷ヘッドのクリーニング.............................................................................................................20
粘着ローラーのクリーニング........................................................................................................21
エア フィルタのクリーニング.........................................................................................................22
側面のエア フィルタのクリーニング . ........................................................................................23
プラテン ローラーのクリーニング...............................................................................................24
センサーのクリーニング.................................................................................................................26
Everest Encore プリンタの電源オン/オフ................................................................... 11
スタンドアローン プリンタのオンとオフ...................................................................................11
オートローダまたは AutoPrinter に接続されたプリンタの電源のオンまたはオフ...11
プリンタ トレイにディスクを置く..................................................................................... 11
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
取扱説明書
本マニュアルは、Rimage Everest Encore™ プリンタの操作、設定、および
保守に必要な事項を説明しています。
ご利用の Autoloader や Rimage AutoPrinter に関する情報は、
www.rimage.com/supportサイトにある製品ユーザー ガイドをご確認く
ださい。
重要!ご購入の Everest Encore プリンタは、本ユーザー ガイドで取り上
げたモデルとは同一でない場合があります。
本ユーザー ガイドについて
•
当社ではすべてのバージョンのマニュアルおよび説明書を保存するように
努めていますが、当社ウェブサイトで閲覧できる英語バージョンでは常に最
新の情報を提供しています。
•
特に明記のない限り、Windows のナビゲーションの説明は Windows 10 の
パスを示しています。Windows 7 以外の Windows オペレーティング システ
ムのナビゲーションは多少異なる場合があります。
•
本マニュアルでは、情報のタイプに応じて以下の記号が使用されています。
Everest Encore Printer について
Everest Encore プリンタは Rimage シリーズのプリンタの一部です。
この
プリンタはスタンドアローンのプリンタとして、
または Rimage オートロー
ダーや Rimage AutoPrinter と一緒に使用できます。
開梱およびセットアップ取扱説明書
開梱およびインストール説明書は Everest Encore プリンタに同梱されて
います。
『Rimage Everest Encore セットアップおよびインストール ガイ
ド』
と、Rimage オートローダーまたは AutoPrinter に同梱されているセッ
トアップおよびインストール ガイドを参照してください。
ヒント:
「ヒント」には、明らかではない代替方法が提案され、製品の利点
と能力についての理解を助けます。
重要!
• 「重要!」
には、
タスクの完了に欠かせない情報が提供されます。
•
重要な追加情報。
•
「ヒント」の情報を読まなくてもタスクを完了できますが、
「重要!」の
記載は必ず読むようにしてください。
「注意」には、
このガイドラインの順守を怠ると、機器また
ȸ 注意:
は製品、
ソフトウェア、データに損失または損傷が生じる恐れが
ある注意事項が示されます。
「警告!」は、記載されたガイドラインの順守を怠る場合、
ȸ 警告!
機器の操作または保守の担当者に身体的傷害が生じる恐れが
あることを示します。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
1
重要な情報
本セクションでは、Everest Encore プリンタに関し、サポートのための問
い合わせ先および注意や警告、製品仕様について説明します。
本製品に関する技術的仕様は、www.rimage.com/support を参照くださ
い。
サポート連絡先
201 General Mills Blvd, Golden
Valley, MN 55427, USA
Attn: Rimage Services
電子メール:[email protected]
電話:
北米:800.553.8312
メキシコ/中南米:952.946.0004 option 2
ファックス:952.944.7808
ヨーロッパ
Rimage Europe GmbH
電子メール:[email protected]
Albert-Einstein-Straße 26
電話:+49(0)6074.8521.0
63128 Dietzenbach, GERMANY
ファックス:+49(0)6074.8521.100
アジア/太平洋
Rimage Japan Co., Ltd.
電子メール:[email protected]
4F Arai #38 Bldg., 2-7-1
Hamamatsu-cho,
Minato-ku, Tokyo 105-0013,
JAPAN
電話:+81.3.6452.8780
ファックス:+81.3.6452.8785
Rimage Taiwan
電子メール:[email protected]
2F.-7, No. 508, Sec. 5
Zhongxiao East Rd., Xinyi Dist.,
Taipei City 110, TAIWAN
Rimage China
RM # 206, 207, 2F
No.1 FuXing Zhong Road
HuangPu District
Shanghai, 200025 CHINA
2004001_A
ウェブサイト:www.rimage.com/support を参照してください。
Rimage サービスにお問い合わ
せになる際は、以下の情報をご用
意ください。
• システムのシリアル番号とソフト
ウェアのバージョン
米国、
カナダ、南米
Rimage Corporation
Rimage Services 連絡先:
電話:+886.2.2726.0100
電子メール:m
[email protected]
[email protected]
• エラーの機能的および技術的
説明
• 表示された正確なエラー メッ
セージ
今後必要な場合に備えて、
ご使用の Rimage 製
品について次の情報をお控えください。
注記:製品を交換した場合は、必ずシリアル番
号を更新してください。
シリアル番号:
製品名:
ご購入日:
テクニカル サポート
Rimage は Everest Encore プリンタのために、交換サービスを含む様
々なサービスとサポートを提供します。詳細情報および価格について
は、Rimage の付加価値再販業者や Rimage 社までお尋ねください。
光ディスク記録ソフトウェアの免責条項
本製品、
ソフトウェアおよび説明書は、著作権の所有者もしくは著作権者
から書面によるコピーの許可を受けている場合、複製することができま
す。使用者が著作権を所有する、
もしくは、著作権者から複写の許可を取
得していない限り、使用者には、著作権法違反ならびに損害賠償および
他の賠償の支払いが課せられる恐れがあります。ご自身の権利に関して
不明確な場合は、法律の専門家にご相談ください。使用者が著作権を所
有せず、
また著作権所有者からの許可も得ていない場合、光ディスク、そ
の他のメディア上の著作権のあるマテリアルを無断で複製することは国
内および国際上の法令を侵害することになり、厳しい処罰が科せられるこ
とになります。
電話:+86.021.5887.8905
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
2
重要な情報
Important Information
安全性および法令順守に関する情報
本マニュアルおよび製品に関する指示により、適切で安全な操作が可能
になります。以下の表示マークは、ユーザーならびに他の人の身体的傷
害および機器損傷の防止を支援します。
安全のための予防措置
•
付属の AC 電源コードのみ使用してください。詳細または、新しい電源
コードにつきましては、Rimage のカスタマ サービスまでお問い合わせ
ください。
•
本製品はオフィス用機器として設計されています。
•
プリンタが過熱していたり、異臭がしたりする場合は、使用しないでくだ
さい。そのまま使用を継続すると、火事に至ったり、電気ショックが生じ
たりする場合があります。過熱していたり、異臭がしたりする場合は、直
ちに、
コンセントからケーブルを抜いてください。修理を依頼するとき
は、Rimage が承認する販売業者に問い合わせてください。
•
プリンタ トレイを開くために、充分な空間を確保してください。
プリンタ
トレイが作動中に手を触れないでください。
安全の確保のため、以下の注意事項をよくお読みになり、内容をご理解
された上で機器をご使用ください。
ȸ 警告!
•
本書に規定されている以外の方法で、制御または調整機能を使用した
り、処置を実施したりすると、有害な放射露光が生じる恐れがあります。
•
•
プリンタを分解したり、工具を使用しないでください。サービス手順は必
ず Rimage が承認した技術者、
または Rimage が派遣した修理担当者
が行います。
電源が入っている場合にサイド カバーを開けると、
プリンタは停止しま
す。
プリンタが作動中に、内部に手を入れないでください。
ドアのイン
ターロックをバイパスしないでください。
•
電源コードを交流コンセントに差し込んだまま、
プリンタを使用しない
でください。
•
•
プリンタ内部には鋭いエッジがあります。
•
プリンタの前面カバーは手で開けられます。指を差し込まないでくだ
さい。
このプリンタには電源スイッチがありません。電源は、ケーブルを抜くこ
とによって完全に切断されます。Rimage は、電源ケーブルをすぐに切断
することができる位置にプリンタを据え付けることをお勧めします。電
源ケーブルをコンセントから抜くときは常にプラグを持って行ってくだ
さい。
•
•
ヘッドローラーに手を触れないでください。
本プリンタには、本体の背面に電圧スライド スイッチがあります。使用す
る前に、正しい電圧に設定されているかチェックします。交流の 110V ま
たは 220V 以外の電圧は使用しないでください。
これにより火事や電気
ショックが発生する可能性があります。
•
本製品は試験によりクラス B のデジタル装置に対する制約を満た
し、FCC ルールのパート 15 に準拠していることが確認されています。こ
れらの制限は住宅での設置で起こる有害な妨害に対し、妥当な保護を
提供することを目的にしています。本機は、無線周波数エネルギーを発
生、使用および放射します。指示に従って取り付け、使用しない場合、無
線通信に有害な妨害を引き起こす場合があります。
しかしながら、特定
の設置の場合、妨害が発生しないという保証はありません。
ラジオまた
はテレビの電源の入/切の作業により、本製品が受信に対して有害な混
信の原因となっていることが判断される場合、ユーザーには以下に示す
対策をどれか実施し、混信に対する改善を図ることをお勧めします。受
信アンテナを別の方向に向けるか、位置を変えます。装置と受信機間の
距離をさらにとります。本機を、受信機が接続されている回路とは異な
る、回路のコンセントに接続します。取り扱い業者またはラジオ/TV の専
門家に相談します。
ȸ 広帯域データ通信システム用の各国における注意; 24002483.5 MHz
•
フランス:戸外で使用しないでください。
•
イタリア:戸外での使用を前提とする場合は、一般的な認可が必要です。
•
ノルウェー:本件は NY-Alesund の中心から半径 20km 以内の場所に
は適用されません。
ȸ 注意:
•
スイッチ、電源、ヒューズ、
ファン、非ステップモーターのような AC 電源
電圧または低 DC 電圧が必要な全ての機器は、Rimage が承認するコン
ポーネントと交換して、UL が発行する安全認証を維持しなければなりま
せん。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
3
重要な情報
Important Information
ȸ 注意事項:
•
法令順守に責任を負う関係者が明確に承認しない変更や改変を行う
と、ユーザーが機器を操作する権限が無効になります。
•
本製品は FCC ルールのパート 15 に適合しています。操作は以下の 2 つ
の条件の対象となります:(1)本製品が有害な混信の要因とならないこ
と、および(2)本製品が操作に支障をきたすような混信を含めて、あら
ゆる混信を受信可能であること。
•
•
「本装置は、
カナダ産業省の RSS 規制に適合しています。操作は以下の
2 つの条件の対象となります:
(1)本製品が混信の要因とならないこと、および
(2)本製品が機器の操作に支障をきたすような混信を含めて、あらゆ
る混信を受信可能であること。」
« Le présent appareil est conforme aux CNR d’Industrie Canada applicables
aux appareils radio exempts de licence. L’exploitation est autorisée aux
deux conditions suivantes :
1) l’appareil ne doit pas produire de brouillage ;
2) l’appareil doit accepter tout brouillage radioélectrique subi, même si le
brouillage est susceptible d’en compromettre le fonctionnement ».
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
4
重要な情報
Important Information
コンプライアンス情報
製品名
Rimage Everest Encore プリンタ
モデル
CDPR23B
米国における注意
NOTE: This equipment has been tested and found to comply with the limits for a Class A digital device, pursuant to part 15 of the FCC Rules.
These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference when this equipment is operated in a commercial
environment. This equipment generates, uses and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the
instruction manual, may cause harmful interference to radio communications. Operation of this equipment in a residential area is likely to
cause harmful interference, in which case the user will be required to correct the interference at his own expense.
This product complies with UL 60950-1, 2nd Edition.
カナダにおける注意
This Class A digital apparatus complies with Canadian ICES-003 Issue 6: 2016, updated April 2017. Cet appareil numerigue de la classe A est
conforme a la norme NMB-003 du Canade.
This product complies with CAN/CSA-C22.2 No. 60950-1, 2nd Edition.
ヨーロッパにおける注意
This product is in conformity with the EMC Directive 2014/30/EU, Radio Directive 2014/53/EU and the Low-Voltage Directive 2014/35/EU
through compliance with the following European Standards: EN55032:2012/AC:2013 Class A Limit; EN55024:2010; EN301 489-17 V3.2.0;
EN301 489-1 V2.2.0; EN300 330 V2.1.1; EN60950-1, 2nd Edition. The CE mark has been affixed in accordance with the CE Marking Directive
93/68/EEC.
日本における注意
This is a Class A product based on the standard of the Voluntary Control Council for Interference by Information Technology Equipment
(VCCI). If this equipment is used in a domestic environment, radio interference may occur, in which case, the user may be required to take
corrective action.
Translation:
この装置は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラスA 情報技術装置です。
この装置を家庭環境で使用すると電
波妨害を引き起こすことがあります。
この場合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあります。
オーストラリアにおける注意
2004001_A
This product complies with AS/NZS CISPR32:2015.
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
5
Everest Encore プリンタ要件
本セクションでは Everest Encore プリンタのリボン、
ラベルのデザインお
よび印刷の要件について説明します。
リボンの要件
ラベルのデザインの要件
•
重要!
• Rimage は、
当社のプリンタにおいて Rimage ブランドのリボンのみ、
その使用をサポートします。Rimage 以外のメーカーのリボンを使用
してプリンタに問題が起こっても、それは Rimage の保証やメンテナ
ンス契約の範囲には含まれません。
•
最適な結果を得るには、Everest プリンタのリボンを温度 41°
F~
95°
F(5°
C ~ 35°
C)
、湿度レベル 45% ~ 85%の間で保管してくださ
い。
•
湿気や直射日光を避けてください。
•
リボンは再使用しないでください。
•
Everest Encore プリンタ用に設計されたリボンのみを使用してくださ
い。以下の表を参照してください。
ラベル デザイン サイズ – ラベルを縦横 12 cm でデザインします。
フ
ルサイズのディスクの直径は 120 mm(4.723 インチ)です。穴部は
15 mm(0.59 インチ)です。印刷可能範囲およびハブ サイズは、ディ
スクの製造業者により異なります。
ヒント:Rimage Media Kits に入っているメディアの印刷可能エリアは
118~24 mm です。殆どのラベルには、118 mm と 24 mmの印刷設
定を推奨します。
印刷可能
領域 118 mm
Everest Encore プリンタには、印刷リボンおよび再転写リボンが必要で
す。標準の印刷リボンには、
シアン、マゼンタおよびイエロー(CMY)の三
色があります。
この三色を印刷時に使用してフルカラーのディスクを作成
します。印刷リボンには、
ブラックもあります。
Everest Encore リボン
リボンタイプ
印刷したディスクの枚数
三色(CMY)
500
黒(モノクロ)
1000
再転写リボン(500 印刷)
2001474_A
ハブ サイズ
24 mm
•
カラー モード – もし Rimage Autoloader 上で Everest Encore プリン
タをご使用の場合は、
ラベルを CD Designer にインポートするため
に、すべて RGB カラーモードに変換します。Everest Encore プリンタ
がスタンドアローンまたは AutoEverest AutoPrinter 上にあり、
イメー
ジ編集プログラムから直接印刷される場合は、任意のカラーモード
で作業が可能です。
•
解像度(ピクセル/インチ)- 最良の結果を得るためには、最低 300 ピ
クセル/インチ以上のイメージを使用します。600 ピクセル/インチ以
上のイメージを使用すると、印刷結果がさらに向上します。
500
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
6
Everest Encore プリンタ要件
印刷の要件
CD Designer を使用して作成および保存したラベルは、Rimage
Autoloader 上の Everest Encore で印刷するための正しいファイル形式
(.btw)となっています。
もし、Everest Encore が Rimage Autoloader 上
にあれば、PDF ファイルで保存したラベルの印刷も可能です。
スタンドアローンの Everest Encore プリンタまたは AutoEverest
AutoPrinter の場合は、印刷機能のある任意のプログラムから直接ラベ
ルを印刷することができます。
2001474_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
7
Everest Encore プリンタ部品の確認
本セクションでは、Everest Encore プリンタのハードウェアおよび特徴を
説明します。
コントロールパネル
コントロール パネルは、Everest Encore の正面に設置され
ており、
オペレータ ボタン 1 個と表示ランプ 4 個を備えてい
ます。
(うち 1 個のランプはオペレータ ボタン上にあります。
)
コントロール パネルでプリンターの監視と制御ができます。
正面図
以下の表はコントロール パネルの全部分の名前と機能を指
定しています。
サイド カバーのラッチ
ハンドル
コントロール パネル指示器
コントロール パネル指示器
イメージ
サイド
カバー
スイッチ
名前
機能
オペレータ ボタン
オペレータ ボタンは以下の作業
で使用します:
プリンタ
トレイ
コントロール
パネル
•
プリンタ トレイを開く時
•
プリンタ トレイを閉じる時
•
交流電圧スイ
エラー後のリセッ
ト
•
プリンタをスリープ モードにす
る時プリンタをスリープ モード
にするには、
オペレータ ボタン
を 10 秒間押し続けます。通常
の動作状態に戻すには、オペ
レータ ボタンを再度押します。
モード スイッチ
ッチ
オペレータによる操作が必要な
エラー表示ランプ
Everest Encore プリンタの背面には
AC 電圧
場合にエラー表示ランプが点灯
(オペレータ ボタ 2 つのスイッチがあります。
スイッチとモードスイッチです。
します。
ン上)
交流電圧スイッチ
交流電圧スイッチは、電源の交流電圧を選択する場合に使用します。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
8
Everest Encore プリンタ部品の確認
ディスク収納表示
ランプ
ディスク収納表示ランプは、ディ
スクがトレイに置かれているか、
または、ディスクが正しく固定さ
れている場合に点灯します。
背面図
プリンタ ケーブル
コネクタ
ディスク収納表示ランプは、何か
問題があるときは点滅します。各
サイクルでの点滅回数は、問題
の種類を示しています。
•
アクティブ表示
ランプ
1 回点滅 = サイド カバーが開
いている、
またはラッチ 1、2 ま
たは 3 が開いている。
•
2 回点滅 = 印刷リボンの問題
(印刷リボンが異なる、無い、
または足りなくなっている)。
•
3 回点滅 = 再転写リボンの問
題(印刷リボンが無い、
または
足りなくなっている)。
•
4 回点滅 = プリンタ トレイに
ディスクをクランプする際のエ
ラー
アクティブ表示ランプは、
プリン
タの初期化が終了すると点灯し
ます。
USB コネクタ
モード スイッチ
電源コネクタ
交流電圧スイッチ
シッピング スクリュの
元の位置
シッピング スクリュの
保管時の位置
アクティブ表示ランプは、Everest
プリンタがホストからデータを
受け取ると点滅します。
電源インジケータ
ライト
2004001_A
Prism の電源がオンになると、電
源ランプが点灯します。
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
9
Everest
Identifying
Encore
theプリンタ部品の確認
Parts of the Everest Printer
スイッチ
モード スイッチ
モード スイッチ
交流電圧スイッチ
重要! モードを切り換える際は、
プリンタの電源を切る必要があります。
モードスイッチを設定する場合は、
プリンタの電源を入れます。
Everest Encore プリンタの背面には 2 つのスイッチがあります。AC 電圧
スイッチとモードスイッチです。
交流電圧スイッチ
交流電圧スイッチは、電源の交流電圧を選択する場合に使用します。
この
スイッチで 110V と 220V を切り替えます。
ȸ 警告!交流電圧スイッチをコンセントの交流電圧と一致するよ
うに設定します。
2004001_A
モード スイッチはロータリースイッチで、Everest Encore の運転モードの
設定に使用します。
スイッチの上のキャップの根元にある開口部で、選択
されたモードが表示されます。
プリンタ出荷時に、正しい操作モードに設
定されています。診断を実行するのでなければ、
スイッチの位置を変更す
る必要はありません。
スイッチの位置
用途
0
スタンドアローン プリンタ
2
Rimage Autoloader または AutoPrinter
3
診断試験
その他すべて
使用されていません
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
10
Everest Encore プリンタの操作
本セクションでは、Everest Encore プリンタを操作する際に必要な情報に
ついて説明します。
Everest Encore プリンタの電源オン/オフ
Everest Encore プリンタには電源スイッチがありません。本プリンタの電
源をオンおよびオフする方法は、
システム設定によって異なります。以下
のセクションを参照してください。
スタンドアローン プリンタのオンとオフ
Everest Encore プリンタをスタンドアローンで使う場合、次のステップに
したがいます。
•
プリンタの電源をオンにするには、
プリンタの電源コードをソケットに差し込
みます。
•
プリンタの電源をオフにするには、
プリンタの背面から電源コードを抜き取
ります。
ヒント:プリンタを 30 分以上使用しない場合、パワーセーブ モードに替
わります。パワーセーブ モードに替わると、
ジョブが送られた後プリンタ
のウォームアップに 2 ~ 3 分かかります。
プリンタトレイにディスクを置く
この手順に従い、ディスクをプリンタ トレイに入れます。
1. オペレータ ボタンを押します。
プリンタ トレイが開きます。
2. ディスクを印刷パッド上に設定します。
プリントする側の表面を上に
向けて、
スタッキング リングが印刷パッド面を向いていることを確認
します。
重要! ディスクのレコーディング部分が、引っ掻き傷やダメージを受けな
いためには、ディスクをホールディング ピンやセンタリング ピンの上に
置かないで下さい。
オートローダまたは AutoPrinter に接続されたプリンタの
電源のオンまたはオフ
印刷パッド
お使いの Everest Encore プリンタが Autoloader または AutoPrinter に
接続されていれば、次のステップにしたがいます。
•
プリンタの電源をオンにするには、Autoloader または AutoPrinter の電源
をオンにします。
•
プリンタの電源をオフにするには、Autoloader または AutoPrinter の電源
をオフにします。
センタリング
ピン
ホール
ディング
ピン
プリンタトレイ
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
11
印刷環境設定
本セクションでは印刷環境設定と、Windows PC を使用して印刷と残った
再転写リボンの量のチェックに必要な情報を提供します。
デフォルトでの印刷可能エリア設定
大半のディスクの印刷可能エリアは、以下のとおりです:
Printing Preferences(印刷環境設定)へのアクセス
以下のいずれかの手順によって、Everest Encore Printing Preferences
(印刷環境設定)にアクセスします。
Windows スタートメニューからPrinting Preferences(印刷環境設
定)にアクセス
この方法を使用すると、印刷環境設定はプリンタ ドライバ設定に保存さ
れ、新規に作成するすべてのラベルに適用されます。
スタッキング リングのないディスク:
•
外径 118 mm
•
内径 24 mm
スタッキング リング付きの デ
ィスク:
標準領域:
•
外径 118 mm
•
内径 38 mm
ハブ領域 :
• 外径 35 mm
•
内径 17 mm
2. Everest Encore プリンタを右クリックします。
ドロップダウンメニュー
が表示されます。
3. 印刷プリファレンス を選択します。Rimage Everest Encore Printing
Preferences(印刷環境設定)
ダイアログ ボックスが開きます。
CD Designer からの Printing Preferences(印刷設定)へのアクセス
この方法を使用される場合、印刷環境設定はラベル ファイルと一緒に保
存され、
プリンタ ドライバの設定の代わりに使用されます。
1. CD Designer から目的のラベル ファイルを開きます。
印刷環境設定
印刷環境設定により、ディスク上に最良のラベルを作成するように
Everest Encore プリンタを設定できます。
重要:特に明記のない限り、Windows のナビゲーションの説明は
Windows 10 のパスを示しています。XP 以外の Windows オペレーティ
ング システムのナビゲーションは多少異なる場合があります。
2004001_A
1. Start(スタート)> Devices and Printers(デバイスとプリンタ)を選
択します。
2. File(ファイル)メニューで Print(印刷)を選択します。Print(印刷)
ウィンドウが開きます。
3. Name(名前)
ドロップダウンリストから、Everest Encore プリンタを
選択します。
4. Document Properties(ドキュメントプロパティ)ボタンを選択します。
Rimage Everest Encore プロパティダイアログボックスを開きます。
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
12
印刷環境設定
Set your Printing Preferences
PDF ファイル印刷時に印刷設定へアクセス
以下の手順で、PDF ファイルのPrinting Preferences(印刷環境設定)にア
クセスします。
重要!以下の手順は、Rimage オートローダを使用し PDF ファイルを印刷
する場合にのみ当てはまります。AutoEverest AutoPrinter をご使用の場
合、
この手順は該当しません。
この手順に従う場合、設定の変更は広範囲
に、全 PDF ラベルに適用します。
1. Start(スタート)> Devices and Printers(デバイスとプリンタ)を選
択します。
2. Everest Encore Printer(Everest Encore プリンタ)
リンタを右クリッ
クします。
ドロップダウンメニューが表示されます。
3. ドロップダウンメニューの Printer Properties(プリンタのプロパテ
ィ)を選択します。Rimage Everest Encore プロパティ ダイアログボッ
クスを開きます。
4. Advanced(詳細設定)タブを選択します。
5. Advanced(詳細設定)タブの下部で、Printing Defaults(標準の設
定)を選択すると、Rimage Everest Encore 標準の設定 ダイアログ ボ
ックスが開きます。
メディア タイプ、
メディア サイズ、印字方向およびリボン タ
イプの設定
1. Printing Preferences(印刷設定)にアクセスします。12 ページ の
説明を参照してください。
2. Main(メイン) タブを選択します。
3. 印刷環境設定を表示、
または変更します。
a.
b.
c.
d.
e.
適切な Media Type(メディア タイプ)を選択します。
適切な Media Size(メディア サイズ)を選択します。
希望する Copies(コピー)数を選択します。
希望する Orientation(印字方向)を選択します。
適切な Ribbon(リボン)タイプを選択します。
4. Rimage Everest Encore Printing Preferences(印刷環境設定)ウィン
ドウで希望する選択を行った後、Apply(適用)
を選択します。
5. OKをクリックて、Rimage Everest Encore 印刷環境設定 ウィンドウを
閉じます
2004001_A
印刷品質、
カラー マッチング、画像調整の設定
1. Printing Preferences(印刷設定)にアクセスします。12 ページの
説明を参照してください。
2. Advanced(詳細設定)タブを選択します。
3. 印刷環境設定を表示、
または変更します。
a. 希望する Print Quality(印刷品質)を選択します。
(オプションは
Photo(写真)と Graphics(グラフィック)です。)
b. Color Matching(カラー マッチング)に対して希望する基準を選
択します。
ヒント:カラー マッチングの既定値は Match for CMYK 印刷です。
c. Image Adjustments(画像調整)ドロップダウン リストか
ら、None(なし)または High contrast(ハイ コントラスト)、
Vivid colors(強い色彩)
、Custom(カスタム)のいずれかを選択
します。
Custom(カスタム)を選択すると、Settings(設定)ボタンがアク
ティブになります。
i. Settings(設定)ボタンを選択します。Custom Settings(カス
タム設定)ウィンドウが開きます。
ii. 希望する Print Threshold Settings(印刷閾値設定)を選択
します。
iii. Contrast Boost(コントラスト増強)スライダを動かして画像
のコントラストを調整します。
iv. Saturation Boost(飽和度増強)スライダを動かして画像の
飽和度を調整します。
v. OK をクリックして Custom Settings(カスタム設定)ウィンド
ウを閉じます。
ヒント:印刷可能領域を変更するには、
『印刷可能エリアの設定』
14 ページ)を参照してください。
4. Apply (適用) を選択するのは、Rimage Everest Encore 印刷環境
設定 ウィンドウで希望する選択を行った後です。
5. OK をクリックして、Rimage Everest Encore 印刷環境設定 ウィンドウ
を閉じます。
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
13
印刷環境設定
Set your Printing Preferences
印刷可能エリアの設定
印刷位置および色濃度の調整
この機能により、標準の CD/DVD 120 mm メディア用の印刷可能エリア
設定を調整できます。
この調整で外径および内径を設定し、ディスクの縁
に重ならずにディスク ラベルを印刷することができます。
1. Printing Preferences(印刷設定)にアクセスします。12 ページ の
説明を参照してください。
ヒント:CD Designer ラベルファイル内に設定する印刷可能領エリア定
は、Windowsのプリンタとファックスの設定をオーバーライドします。
3. Status Monitor…(状態モニタ)ボタンを選択します。Rimage
Everest Encore Status Monitor(状態監視)ウィンドウが開き、Status
(状態)タブがアクティブになります。
1. Printing Preferences(印刷設定)にアクセスします。12 ページ の
説明を参照してください。
2. Advanced(詳細設定)タブを選択します。
3. Printable Area(印刷可能エリアの設定)を表示、
または変更します。
a. Modify(変更)ボタンを選びます Advanced(詳細設定)タブの
下部にあります)。Printable Area Settings(印刷可能エリアの設
定)ウィンドウが開きます。
b. Standard Area(標準エリア)設定のみを変更するに
は、Standard(標準)ラジオ ボタンを選択します。
i. 希望する Outer Diameter(外径)の値を入力します。
ii. 希望する Inner Diameter(内径)の値を入力します。
c. スタッキング リングが付いているディスクに印刷するときは、
Advanced(詳細設定)のラジオ ボタンを選択します。ハブ領域
設定 が表示されます。
i. 希望するハブの Outer Diameter(外径)を入力します。
ii. 希望するハブの Inner Diameter(内径)を入力します。
d. OK を選択して、変更内容を保存します。Printable Area Settings
(印刷可能エリア設定)ウィンドウが閉じます。
e. 必要な場合、Default(デフォルト)を選択して初期設定に戻します。
f.
Rimage Everest Encore Printing Preferences(印刷環境設定)ウ
ィンドウで希望する選択を行った後、Apply(適用)を選択します。
4. OK をクリックして、Rimage Everest Encore Printing Preferences
(印刷環境設定)ウィンドウを閉じます。
2004001_A
2. Utility(ユーティリティ)タブを選択します。
ヒント:Status(状態)タブ上に、印刷ジョブの進行状況、取り付けら
れた印刷リボンのタイプ、印刷リボンおよび転写リボンの概略未使用
パーセントが表示されます。
リボン上に残っている印刷数の見積もり
値をリセットするには、
『リボンの状態を見る 』セクション(15 ペー
ジ)を参照してください。
4. 印刷位置と色濃度の設定を表示または変更するには、Printer
Information(プリンタ情報)タブを選択します。
ヒント:
• Printer Information(プリンタ情報)タブでも、
ご使用中の
Everest Encore プリンタの現在のファームウェア バージョンおよ
びシリアル番号を表示します。
•
Default(デフォルト)を選択すると、印刷位置設定または色濃度
設定が初期値に戻ります。
a. 印刷位置の設定の表示または変更
Modify(変更)ボタンを Print Alignment Settings(印刷位
置設定)ペインから選択します。Print Alignment Settings
(印刷位置設定)ウィンドウが開きます。
ii. 希望するColor/Monochrome(カラー/モノクロ)設定を
Horizontal Alignment Settings(水平位置設定)ペインで選
択し、すべてのリボン タイプに対する水平位置を変更します。
iii. 希望する Color(カラー)設定を選択して、CMY リボンを使っ
た印刷の垂直位置調整を変更します。
iv. 希望する Monochrome(モノクロ)設定を選択して、モノクロ
リボンを使った印刷の垂直位置調整を変更します。
v. OK を選択して、変更内容を保存します。Print Alignment
Settings(印刷位置設定)ウィンドウが閉じます。
i.
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
14
Set your Printing Preferences
印刷環境設定
b. Color Density Settings (色濃度設定) を表示または変更しま
す。
i.
Modify(変更)ボタンを Color Density Settings(色濃度設
定)から選択します。Color Density Settings(色濃度設定)ウ
ィンドウが閉じます。
ii. 希望する Cyan(シアン)、Magenta(マゼンダ)
、Yellow(黄
色)の設定を選択して色濃度を変更します。
iii. 希望する Black(黒)の設定を選択してモノクローム画像の
濃度を変更します。
iv. OK を選択して変更を保存します。Color Density Settings(色
濃度設定)ウィンドウが閉じます。
5. Close(閉じる)を選択して Status Monitor(ステータス監視)ダイア
ログ ボックスを閉じます。
6. OK をクリックして、Rimage Everest Encore Printing Preferences
(印刷環境設定)ウィンドウを閉じます。
リボンの残量チェック
Rimage Producer V および Catalyst 上にあるオペレータ パネルには、イ
ンク リボンおよび転写リボンの残量から印刷可能な枚数の推定値が表
示されます。
スタンドアローンの Everest Encore プリンタおよび AutoPrinter では、
プリンタ ドライバのStatus(状態)機能を使用してリボン残量をチェック
することができます。
スタンドアローンの Everest Encore printer または
AutoEverest AutoPrinter のリボン残量をチェックするには、次の手順に
従います。
リボンの状態を表示する
Status Monitor(状態モニター)ウィンドウの Status(状態)タブを使用
すると、
プリントおよび再転写リボンの残量パーセントおよび印刷可能枚
数の推定値を表示できます。
2. Utility(ユーティリティ)タブを選択します。
3. Status Monitor(状態モニター)… を選択します。Status Monitor
(状態モニター)ウィンドウが開き、Status(状態)タブがアクティブ
になります。
4. Ribbon information (リボンについての情報) を表示します:
•
現在のプリンタの状態 。
•
プリントおよび再転写リボン上の残量パーセントおよび印刷可能枚数
の推定値 。
Tip(ヒント)
:リボンを Everest Encore プリンタから取り除き、再挿入した
場合、
システムは消耗品モニターアプリケーションでリボンの残量を認識
します。他の Everest プリンタで部分的に使用されたリボンは、
このアプリ
ケーションでは正確に表示されません。
5. 再転写リボンの印刷可能枚数のEstimate(推定値)をリセットします。
a. Options(オプション)を選択します。再転写印刷可能枚数のリセ
ット ウィンドウが表示されます。
b. 500-印刷リボンの場合は、Use 500 print retransfer ribbon
(500-印刷再転写リボン)ボックスにチェック印をつけます。
c. Reset prints(印刷をリセット)を選択します。Reset prints(印刷
をリセット)ウィンドウが表示されます。
d. Yes(はい)を選択してリセットに同意します。Reset prints(印刷
をリセット)ト および Reset retransfer prints remaining(再転写
印刷可能枚数をリセット)ウィンドウが閉じます。
e. Close(閉じる)を選択して Status Monitor(状態モニター)ウィ
ンドウを閉じます。
f.
OK を選択してPrinting Preferences(印刷環境設定)
ウィンドウを
閉じます。
1. Printing Preferences(印刷設定)にアクセスします。12 ページの
説明を参照してください。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
15
Everest Encore プリンタのメンテナンス
Everest Encore プリンタが常に最適性能で動作できるようにするに
は、Everest プリンタの定期的なメンテナンスが必要です。下記の表は、
メ
ンテナンス作業とその頻度、および本ユーザー ガイドにおけるクリーニ
ングに関する説明へのリンクをまとめたものです。
メンテナンス スケジュール
タスク
頻度
指示
『印刷リボンの交換』セクション
(16 ページ)を参照してください。
印刷リボンの交換
3色リボン
(CMY)
ディスク 500 枚毎
黒色リボン
(モノクロ) ディスク 1000 枚毎
再転写リボンの交換
ディスク 500 枚毎
『再転写リボンの交換』セクショ
ン(19 ページ)を参照してくださ
い。
重要!最適性能を発揮させるために、Everest Encore プリンタの周囲を清
潔な無埃環境に保ちます。
印刷リボンの交換
Everest Encore の印刷リボンを交換する際、
または新しいリボンを取り
付ける際には、新しいリボンが環境に馴染むまで少し待ちます。温度と湿
度の差が大きい場合はより時間をかけます。
重要!
• Rimage は当社のプリンタで Rimage ブランドのリボンの使用だけを
サポートします。Rimage 以外のメーカーのリボンを使用してプリンタ
に問題が起こっても、それは Rimage の保証やメンテナンス契約の範
囲には含まれません。
•
最適な結果を得るには、Everest プリンタのリボンを温度 41°
F ~ 95°
F
(5°
C ~ 35°
C)
、湿度レベル 45% ~ 85% の間で保管してください。
ディスク 2000 枚印刷後(必要に 『印刷ヘッドのクリーニング』セクシ
応じて)または毎リボン交換時
ョン(20 ページ)を参照してくだ
さい。
•
湿気や直射日光を避けてください。
粘着ローラーのクリー ディスク 2000 枚印刷後または毎 『粘着ローラーのクリーニング』セク
リボン交換時
ション(21 ページ)を参照してくだ
ニング
さい。
•
リボンは再使用しないでください。
•
Everest Encore プリンタ用に設計されたリボンのみを使用してくだ
さい。
印刷ヘッドのクリー
ニング
センサーのクリーニ
ング
センサーをクリーニングするのは、 『センサーのクリーニング』セクション
(26 ページ)を参照してください。
• 次のようなエラーメッセージ
が表示された時です。
ƒ
ƒ
プリンタが印刷リボンを
検出しません。
上部または下側センサー
が応答していません。
毎月
1. サイド カバーを開きます。
『背面のエア フィルタのクリーニン
グ』および『側面のエア フィルタのク
リーニング』セクション(22 ,23ペー
ジ)を参照してください。
b. サイド カバーを降ろし
ます。
『プラテン ローラーのクリーニング』
プラテン ローラーのク 重要!プラテン ローラーの掃除
リーニング
は、印刷したディスク上の白い染 セクション( 24 ページ)を参照して
ください。
みを発見するなど、印刷品質の
低下に気付いた時のみ行ってく
ださい。
外側のクリーニング
2004001_A
毎週
サイド カバーのラッチ
a. 2 つのサイド カバー ラッ
チを押して、サイド カ
バーを外します。
• 印刷が中心からずれています。
エア フィルタのクリー
ニング
印刷リボンの取り外し
糸くずの出ない布でプリンタの外側を
拭きます。
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
サイド カバー
16
Everest Encore プリンタのメンテナンス
2. 印刷リボンにアクセスします。
ラッチ 1
ヒント:印刷リボンを取り除く時にはクリーニング手順を実行します。詳
細は『Everest Encore プリンタのクリーニング』セクション( 20 ページ)
を参照してください。
3. 印刷リボンをキャリヤから取り外します。
巻き取りロール
印刷リボン キャリヤ
供給ロール
a. ラッチ 1 を開けます。
b. 印刷リボン キャリヤをプリンタからまっすぐに引き抜きます。
c. 印刷リボン キャリヤを背面を下にして置きます。
2001474_A
a. 供給ロールを左にスライドします。
b. 巻き取りロールを右にスライドします。
c. 使用済みの印刷リボンを廃棄します。
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
17
Everest
Maintaining
Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
印刷リボンの取り付け
e. 巻き取りロールを時計方向に回転させ、
リボンが揃い、平らにな
るようにします。
リボンを粘着性のあるローラーから持ち上げてま
っすぐにする必要がある場合があります。
1. 新しい印刷リボンキャリヤから取り外します。
2. 印刷リボンを印刷リボン キャリヤに取付けます。
巻き取りロール
a. 供給ロールを左側にして、印刷リボンを数インチ巻き戻します。
粘着ローラー
ガイド ローラー
巻き取りロール
供給ロール
重要:
リボンの回転は、
リボン前部のクリーニング バーの位置までに留め
てください。
•
b. 粘着ロールとガイド ロール上に印刷リボンを通します。
c. 図のように供給ロールを取り付けます。
d. 図のように巻き取りロールを取り付けます。
•
モノクロのリボンを装着した場合は、
リボンのインク部分が巻き取り
ロールまで進むように、
リボンを前進させます、
3. 再度プリンタを組み立てます。
a. 将印刷リボン キャリヤを直立に設定します。
b. 印刷リボン キャリヤをプリンタの中に押し込みます。
c. ラッチ 1 を閉じます。
d. サイド カバーを閉めます。
ヒント:リボンの色はロットに応じて変わります。新しいリボンを設定した
後、
プリンタ ドライバで濃度設定を調節する必要がある場合があります。
『印刷位置および色濃度の調整』セクション(14 ページ)を参照して
ください。
プリンタの使用準備ができました。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
18
Maintaining
Everest Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
再転写リボンの交換
2. 使用した再転写リボンを取り外します。
Everest Encore プリンタの再転写リボンの交換または最初のインストー
ルの前に、新しいリボンが環境に慣れるまで少し待ちます。温度と湿度の
差が大きい場合はより時間をかけます。
再転写
ロール
再転写
リボン キャリヤ
重要!
• Rimage は当社のプリンタで Rimage ブランドのリボンの使用だけを
サポートします。Rimage 以外のメーカーが製造したリボンを使用し
た結果、
プリンタに問題が発生しても、Rimage 保証やメンテナンス
契約の対象外になります。
•
最適な結果を得るには、Everest プリンタのリボンを温度 41°
F ~ 95°
F
(5°
C ~ 35°
C)
、湿度レベル 45% ~ 85% の間で保管してください。
•
湿気や直射日光を避けてください。
•
リボンは再使用しないでください。
•
Everest Encore プリンタ用に設計されたリボンのみを使用すること
を確認してください。
再転写リボンの取り外し
ラッチ 1
ラッチ 2
ラッチ 3
a. ラッチ 1、2、3 を解放します。
1. サイド カバーを開きます。
a. 2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
b. ハンドルを握り、再転写リボン キャリヤをプリンタから慎重に取り
出します。
b. サイド カバーを降ろします。
c. 再転写ロールをキャリヤから引き出します。
サイド カバーのラッチ
d. 再転写リボンを再転写リボン キャリヤから慎重に取り出します。
e. 使用済みの再転写リボンは廃棄してください。
2004001_A
サイド カバー
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
19
Maintaining
Everest
Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
再転写リボンの取り付け
3. 再転写リボンのたるみをとるために、巻き取りロールを反時計方向に
回転します。
1. 包装容器から最転写リボンを取り出します。
供給ロール
4. 再度プリンタを組み立てます。
巻き取りロール
a. 再転写キャリヤをプリンタの中に戻します。
b. ラッチ 1、2、3 を閉めます。
c. サイド カバーを閉めます。
プリンタの使用準備ができました。
Everest Encore プリンタのクリーニング
定期的なクリーニングを行うと、Everest Encore プリンタを最適の状態に
保つことができます。
印刷ヘッドのクリーニング
ラッチ 1
印刷ヘッド
再転写リボン キャリヤ
2. 再転写リボンを所定位置に置きます。
a. 供給ロールを左側にして、再転写リボンを数インチ巻き戻します。
b. 再転写リボンを再転写リボン キャリヤの下に滑らせて入れます。
c. 再転写リボン キャリヤの左側に供給ロールを取り付けます。
リボ
ンが供給ロールの下側で巻くようにします。
d. 巻き取りロールを持ち上げ、
ガイド ローラーの周りに沿って、所定
の位置にはめ込みます。
2004001_A
# 必要な工具:
•
長い柄つきのスポンジ スワブ(Everest クリーニング キットに含まれて
います)
•
99% のイソプロピル アルコール
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
20
Maintaining
Everest Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
1. 印刷ヘッドにアクセスします。
a. 2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
b. サイド カバーを降ろします。
c. ラッチ 1 を開けます。
d. 印刷リボン キャリヤを取り外します。詳細な手順については、
『印
刷リボンの交換』手順(16 ページ)を参照してください。
2. 印刷ヘッドを清掃します。
ȸ 注意!印刷ヘッドを引っ掻かないでください。次のヒントを
覚えておいてください。
•
常に印刷ヘッドの一方の端から他方の端まで、途中で止めずに一気
に拭き取ってください。
•
指定された領域だけ拭き取ってください。
a. イソプロピル アルコールをスポンジ スワブに塗布します。
拭き取る印刷ヘッド エリア
b. スポンジ スワブを使用して印刷ヘッドの端から端まで示された方
向にふき取ります。
c. 印刷ヘッドの埃やゴミが綺麗になるまで、必要なだけ繰り返しま
す。
d. スポンジ スワブを使用して、印刷ヘッドの下のローラーから、
ろう
状の蓄積物を取り除きます。
3. 使用するプリンタの準備をします。
a. 印刷リボンを取付けます。詳細な手順については、
『印刷リボンの
交換』手順(16 ページ)を参照してください。
b. 印刷リボンキャリヤをインストールします。
c. 全ラッチを閉めます。
d. サイド カバーを閉めます。
プリンタの使用準備ができました。
粘着ローラーのクリーニング
# 必要な工具:
•
長い柄つきのスポンジ スワブ(Everest クリーニング キットに含まれて
います)
•
99% のイソプロピル アルコール
1. 印刷リボンを外します。詳細な手順については、
『印刷リボンの交換』
手順(16 ページ)を参照してください。
2. 粘着ローラー 1(印刷リボン キャリヤ上)をクリーニングします。
印刷リボン キャリヤ
粘着
ローラー 1
ローラー
2004001_A
拭き取り
方向
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
21
Maintaining
Everest Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
a. イソプロピル アルコールをスポンジ スワブに塗布します。
エア フィルタのクリーニング
b. スポンジ スワブを使用して粘着ローラー 1 を清掃します。
# 必要なツール:2 番プラス ドライバ
c. スポンジ スワブを使用して、
リボン キャリヤの別の部分からろう状
の蓄積物を取り除きます。
1. エア フィルタを取り外します。
d. 印刷リボンを印刷リボン キャリヤに取付けます。
『印刷リボンの交
換』手順(16 ページ)を参照してください。
ファン カバー
エア フィルタ
3. スポンジ スワブを使用して、
プリンタ内部の粘着ローラー 2 をふき
ます。
ネジ
粘着
ローラー 2
a. プリンタの背面で、
ファン カバーを固定している ネジ(2 本)を取
り外します。
b. ファン カバーを取り外します。
c. エア フィルタを取り外します。
4. 使用するプリンタの準備をします。
a. 印刷リボンキャリヤをインストールします。
b. 全ラッチを閉めます。
c. サイド カバーを閉めます。
プリンタの使用準備ができました。
2. エア フィルタを清掃します。
a. エア フィルタを流水につけます。
b. エア フィルタを乾かします。
3. 使用するプリンタの準備をします。
a. エア フィルタが乾いたら、
ファン カバーの中に入れます。
b. ネジ(2 本)を差し込んでファン カバーをプリンタの背面に固定し
ます。
プリンタの使用準備ができました。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
22
Maintaining
Everest Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
側面のエア フィルタのクリーニング
3. ファン カバーから、3 つのエア フィルタを取り外します。
# 必要なツール:Torx T10 ドライバー
4. エア フィルタを清掃します。
1. サイド カバーを開きます。
a. 2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
エア フィルタ
ファン カバー
a. 各エア フィルタを流水につけます。
サイド カバー
b. サイド カバーとそれに取り付けられているファン カバーを下げ
ます。
b. エア フィルタを乾かします。
2. ファン カバーをサイド カバーから取り外します。
a. サイド カバーの内側から、Torx T10 ネジ(4 本)を取り外します。
b. サイド カバーを閉めます。
ファン カバーが、エア フィルタが露出し
た状態で、作業台に残されます。
ヒント:ファン カバーがサイド カバーから外れていない場合は、
ファン カバーを慎重に下げます。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
23
Maintaining
Everest Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
5. 使用するプリンタの準備をします。
1. プラテン ローラーのクリーニングのための準備を行います。
a. エア フィルタが乾いたら、
ファン カバー内側の所定の位置に取り
付けます。
b. ファン カバーのタブが、サイド カバーの穴に合っていることを確
認します。
a. プリンタの電源をオフにします。
b. プリンタの背面で、
モード スイッチをポジション 3(診断モード)
にします。
タブ
サイド カバー
c. プリンタの電源をオンにします。
2. プラテン ローラーにアクセスします。
a. 2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
ファン カバー
再転写リボン
キャリヤ
印刷リボン
キャリヤ
c. サイド カバーを開きます。
d. Torx T10 ネジ(4 本)を挿入して締め、
ファン カバーをサイド カ
バーに固定します。
e. サイド カバーとそれに取り付けられているファン カバーを閉め
ます。
プリンタの使用準備ができました。
プラテン ローラーのクリーニング
重要! プラテン ローラーの掃除は、印刷したディスク上の白い染みを発見
するなど、印刷品質の低下に気付いた時のみ行ってください
# 必要な工具:
•
長い柄つきのスポンジ スワブ(Everest クリーニング キットに含まれて
います)
•
99% のイソプロピル アルコール
2004001_A
ラッチ 1
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
ラッチ 2
ラッチ 3
24
Maintaining
Everest Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
b. サイド カバーを降ろします。
c. プリンタ内部のラッチ 1、2、3 を解放します。
d. 印刷リボン キャリヤを取り外します。特定の指示について
は、16 ページ の手順『印刷リボンの交換』を参照してくだ
さい。
e. 再転写リボンのキャリヤを引き出します。特定の指示について
は、19 ページ の手順『再転写リボンの交換』を参照してくだ
さい。
3. オペレータ ボタンを 2 秒間押したままホールドし、診断テスト 1 にア
クセスします。
プラテン ローラーが回転を始め、全面パネルのアクテ
ィブ インジケータが点滅します。
a. スポンジ スワブとスワブ ハンドルを Everest クリーニング キット
から取り出します。
b. スポンジ スワブをスワブ用ハンドルのノッチ(切り込み)の無い
方の端に挿入します。
スポンジ
スワブ
スワブ
ハンドル
4. 印刷ヘッド右側にあるプラテン ローラーを清掃します。
ノッチ
プラテン
ローラー
c. イソプロピル アルコールをスポンジ スワブに塗布します。
印刷
ヘッド
d. プラテン ローラーが回転しているときに、
スポンジ スワブを使用
してプラテン ローラーをふき取ります。
ȸ 警告! スポンジでプラテン ローラーを清掃するときは、
圧力をかけないでください。圧力をかけると、
プラテン
ローラーが損傷し、印刷済みのディスクに引っかき痕を
つける可能性があります。
ヒント:プラテン ローラーを拭くときは、ローラーが完全に 1 回転
してから次のエリアに移ります。
5. オペレータ ボタンを押して離し、診断モードから出ます。
6. 使用するプリンタの準備をします。
a. プリンタの電源をオフにします。
b. 印刷リボンキャリヤをインストールします。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
25
Maintaining
Everest Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
d. 印刷リボン キャリヤを取り外します。詳細な手順については、
『印
刷リボンの取り外し』手順(16 ページ)を参照してください。
c. 再転写リボン キャリヤを取り付けます。
d. 全ラッチを閉めます。
e. サイド カバーを閉めます。
f.
モード スイッチを正しい動作位置に回します。詳細は『スイッチ』
セクション(10 ページ)をご覧ください。
g. プリンタの電源をオンにします。
プリンタの使用準備ができました。
いつセンサーを清掃するべきですか?
•
「プリンタが印刷リボンを検出していません」
というエラーメッセージを受
け取ります。
•
「上側のセンサーが応答していません」
というエラーメッセージを受け取り
ます。
•
2. プリンタ、
オートローダまたは AutoPrinter の電源をオフにします。
詳細は『Everest Encore プリンタの電源オン/オフ』セクション
11 ページ)を参照してください。
重要! プリンタの電源が完全にオフになるまでプリンタのセンサーを
クリーニングしないでください。
センサーのクリーニング
•
e. 再転写リボン キャリヤを取り外します。詳細な手順については、
『再転写リボンの取り外し』手順(19 ページ)を参照してくだ
さい。
「下側のセンサーが応答していません」
というエラーメッセージを受け取り
ます。
3. センサーを探します。
•
印刷リボンセンサー
•
上部センサー
•
下部センサー
印刷リボン
センサー
印刷の中心がずれています。
# 必要な工具:
•
長い柄つきのスポンジ スワ
ブ(Everest クリーニング キ
ットに含まれています)
•
圧縮空気缶
1. センサーにアクセスします。
a. 2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
上部セン
サー
下部セン
サー
b. サイド カバーを降ろします。
c. ラッチ 1 を開けます。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
26
Maintaining
Everest Encore
theプリンタのメンテナンス
Everest 600 Printer
4. Everest クリーニング キットからスワブ用ハンドルを取り出します。必
要であれば、
スワブ用ハンドルからスポンジ スワブを取り外します。
スポンジ
スワブ
スワブ
ハンドル
ノッチ
ヒント:ハンドルの一方の端には、端から約 ¼ インチのところにノッチ(V
字型切込み)があります。これがプリンタに入る終端部です。
5. センサーのクリーニング。
a. センサーでスワブ ハンドルの穴がある端の位置を決めます。セン
サーの位置は、26 ページ を参照してください。
b. ノッチ(V 字型切込み)のないスワブ用ハンドルの先に圧縮空気
缶のノズルを差し込みます。
c. 圧縮空気を 1~2 秒間、ハンドルの端に吹き付けます。
d. 2~3回繰り返します。
e. 3 つの各センサーについて、
この手順を繰り返します。
6. 使用するプリンタの準備をします。
a. 印刷リボン キャリヤを交換します。
b. 再転写リボン キャリヤを交換します。
c. ラッチを閉めます。
d. カバーを閉めます。
プリンタの使用準備ができました。
2004001_A
詳細については、www.rimage.com/support をご覧ください。
27
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement