Rimage Everest 600 User guide

Rimage Everest 600 User guide
Rimage Everest 600 プリンタ ユーザー ガイド
本社:
ヨーロッパ本社:
Rimage Corporation
201 General Mills Blvd,
Golden Valley, MN 55427,
USA
Rimage Europe GmbH
Albert-Einstein-Str.26
63128 Dietzenbach
Germany
800-553-8312 (米国内フリーダイヤル)
サービス:+1 952-946-0004
(アジア/太平洋、
メキシコ/ラテン アメリカ)
ファックス:+1 952-944-6956
電話:+49 6074-8521-0
ファックス:+49 6074-8521-100
Rimage Corporation は、本書に記載の機器およびソフトウェアをいつでも予告なく改善する権利を保有します。Rimage Corporation は、
このド
キュメントの改訂および内容の変更を適宜行う権利を有し、
これらの改訂および変更について個人または組織に通知する義務を負いません。
本書には、
ウェブサイト (本書発行時に最新情報であったウェブサイト) へのリンクが記載されていますが、
これらのウェブサイトは移動もしく
は無効になっている場合があります。本書には、第三者によって所有および運営されているインターネット上のサイトへのリンクが記載されて
いる場合もあります。Rimage Corporation は、当該の第三者のサイトの内容に関しては、責任を負いかねます。
© 2020, Rimage Corporation
Rimage® は、Rimage Corporation の登録商標です。Professional™ および Everest™ は、Rimage Corporation の商標です。Dell™ は、
Dell Computer Corporation の登録商標です。FireWire™ は、Apple Computer, Inc. の商標です。Windows® は、Microsoft Corporation の登
録商標です。
他のすべての商標および登録商標は、それぞれの所有者の財産です。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
目次
概要......................................................................................................... 1
本ユーザー ガイドについて................................................................................................1
Everest 600 プリンタについて...........................................................................................1
開梱および開梱およびセットアップ ガイド....................................................................1
重要情報.................................................................................................. 2
印刷設定へのアクセス (Macintosh)...........................................................................................14
メディア タイプ、
リボン タイプ、印刷品質の設定 (Macintosh)..........................................14
カラー マッチング、画像調整の設定(Macintosh)...............................................................14
印刷可能エリアの設定 (Macintosh)..........................................................................................15
印刷位置および色濃度の調整 (Macintosh)............................................................................15
リボン残量のチェック......................................................................................................... 15
リボンの状態の表示 (PC)...............................................................................................................16
リボンの状態の表示 (Macintosh)...............................................................................................16
サポート情報............................................................................................................................2
オンラインでご覧いただける詳細情報...........................................................................2
テクニカル サポート..............................................................................................................2
光ディスク記録ソフトウェアの免責条項..........................................................................2
安全性および法令順守に関する情報..............................................................................3
Everest 600 プリンタのメンテナンス...................................................... 17
Everest 600 プリンタ要件........................................................................ 5
再転写リボンの交換........................................................................................................... 20
安全のための予防措置.................................................................................................................... 3
法令順守に関する情報..................................................................................................................... 4
リボンの要件............................................................................................................................5
Everest 600 リボン............................................................................................................................. 5
使用可能なラベル デザイン................................................................................................5
印刷の要件...............................................................................................................................6
Everest プリンタ部品の確認.................................................................... 7
正面図 .......................................................................................................................................7
コントロール パネル..............................................................................................................7
コントロール パネルの表示図........................................................................................................ 7
メンテナンス スケジュール............................................................................................... 17
印刷リボンの交換................................................................................................................ 17
印刷リボンの取り外し.....................................................................................................................17
印刷リボンの取り付け.....................................................................................................................19
再転写リボンの取り外し.................................................................................................................20
再転写リボンの取り付け................................................................................................................21
Everest 600 プリンタのクリーニング............................................................................. 21
印刷ヘッドのクリーニング.............................................................................................................21
粘着ローラーのクリーニング........................................................................................................22
背面エア フィルタのクリーニング...............................................................................................23
エア フィルタのクリーニング .......................................................................................................24
プラテン ローラーのクリーニング...............................................................................................25
センサーのクリーニング.................................................................................................................27
背面図.........................................................................................................................................8
スイッチ . ...............................................................................................................................9
交流電圧スイッチ............................................................................................................................... 9
モード スイッチ................................................................................................................................... 9
Everest 600 プリンタの操作.................................................................. 10
Everest プリンタの電源オンとオフ................................................................................ 10
スタンドアローン プリンタのオンとオフ...................................................................................10
Autoloader または AutoPrinter に接続されたプリンタの電源のオンとオフ..............10
プリンタ トレイへの ディスクの配置.............................................................................. 10
印刷オプションの設定............................................................................ 11
印刷可能エリアのデフォルト設定.................................................................................. 11
Windows PC 上での印刷環境設定............................................................................... 11
印刷環境設定へのアクセス (PC)..................................................................................................11
Windows の [Start (スタート)] メニューから印刷環境設定へのアクセス.....................................11
CD Designer から印刷環境設定へのアクセス.......................................................................................11
PDF ファイル印刷の印刷環境設定へのアクセス...................................................................................12
メディア タイプ、
メディア サイズ、印字方向印字方向、
リボン タイプの設定 (PC).......12
印刷品質、
カラー マッチング、画像調整の設定(PC)...........................................................12
印刷可能エリアの設定 (PC)..........................................................................................................13
印刷位置および色濃度の調整 (PC)............................................................................................13
Macintosh 上での印刷環境設定.................................................................................... 14
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
概要
本マニュアルは、Rimage Everest™ 600 プリンタの操作、設定、およびメンテナン
スに必要な事項を説明しています。
ご利用の Autoloader や Rimage AutoPrinter に関する情報は、
www.rimage.com/supportサイトにある製品ユーザー ガイドをご確認くださ
い。[Support (サポート)] ページから [Everest 600] > [User Manuals (ユーザー
マニュアル)] タブの順に選択します。
重要!ご購入の Everest 600 プリンタは、本ユーザー ガイドで取り上げたモデル
とは同一でない場合があります。
本ユーザー ガイドについて
•
当社ではすべてのバージョンのマニュアルおよび説明書を保存するように
努めていますが、当社ウェブサイトで閲覧できる英語バージョンでは常に最
新の情報を提供しています。
•
特に明記のない限り、Windows のナビゲーションの説明は Windows 7 の
パスを示しています。XP 以外の Windows オペレーティング システムの
ナビゲーションは多少異なる場合があります。
•
本マニュアルでは、情報のタイプに応じて以下の注記および記号が使用さ
れています。
n 警告!「警告!」は、記載されたガイドラインの順守を怠る場合、機器の操作ま
たは保守担当者に身体的傷害が生じる恐れがあることを示します。
Everest 600 プリンタについて
Everest 600 は Rimage シリーズのプリンタ製品です。
プリンタはスタンドアロー
ン プリンタとして使用可能で、
また Rimage Autoloader や Rimage AutoPrinter
とともに使用できます。
ネットワークのセットアップ方法、およびネットワークに接続した PC からオー
ダーを送信する方法については、www.rimage.com/supportの『Rimage アドバ
ンスト セットアップ (ネットワーク) ガイド』を参照してください。
開梱および開梱およびセットアップ ガイド
開梱およびインストール ガイドは Everest 600 プリンタに同梱されています。
ご
利用の Rimage Autoloader または AutoPrinter に付属の『Rimage Everest 600
セットアップおよびインストール ガイド』を参照してください。
ヒント:あまり知られていない別の方法が示され、本製品の利点や機能の理解に
役立つ情報が記載されています。
重要!
• 「重要!」には、
タスクの完了に欠かせない情報が提供されます。
•
重要な追加情報です。
• 「ヒント」の情報を読まなくてもタスクを完了できますが、
「重要!」の記載は
必ず読むようにしてください。
n 注意:「注意」は、記載されたガイドラインの順守を怠る場合、機器または製
品、
ソフトウェア、データに損失または損傷が生じる恐れがあることを示し
ます。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
1
重要情報
このセクションでは、Everest 600 プリンタに関するサポートについての問い合
わせ先、取り扱い上の注意および警告について説明します。
オンラインでご覧いただける詳細情報
本製品の技術的仕様については、www.rimage.com/support を参照してくだ
さい。[Support (サポート)] ページから、[[Printer Series (プリンタ シリーズ)] >
[Everest 600] > [User Manuals (ユーザー マニュアル)] タブの順に選択します。
Rimage のサポートおよびサービスは、www.rimage.com/supportからご利用
いただけます。
サポート情報
サポートのホーム ページから、
1.
ご使用の製品シリーズを選択し
ます。
米国、
アジア/太平洋、
メキシコ/ラテン
アメリカ
ヨーロッパ
2.
製品を選択します。
Rimage Corporation
Rimage Europe GmbH
3.
201 General Mills Blvd
Albert-Einstein-Str.26
製品ページで詳細をご覧くださ
い。
Golden Valley, MN 55427,
63128 Dietzenbach, Germany
USA
宛先:Rimage Services
Rimage Services 連絡先:
Rimage Services Europe 連絡先 :
ウェブサイト:www.rimage.com/support
ウェブサイト:www.rimage.de
ナレッジ ベース:
http://rimage.custhelp.com
ログインして [Ask a Question (質問する)]
タブを選択してください。
ナレッジ ベース:
http://rimage.custhelp.com
ログインして、[Ask a Question (質問す
る)] タブを選択してください。
電話:
電子メール:[email protected]
北米:800-553-8312 (アジア/太平洋、
メキシ
電話:+49 1805-7462-43
コ/南アメリカ)952-946-0004
ファックス:+49 6074-8521-101
ファックス:952-946-6956
Rimage サービスにお問い合わせにな ご使用の Rimage 製品情報:
る際は、以下の情報をご用意ください。 今後必要な場合に備えて、ご使用の
• システムのシリアル番号とソフトウェアの
バージョン
Rimage 製品について以下の情報をお控
えください。
• エラーの機能的および技術的説明
注記:システムを交換した場合には、必ず
シリアル番号を更新してください。
• 表示された正確なエラー メッセージ
製品ページから、以下の情報にアクセ
スすることができます。
• ソフトウェアおよびファームウェ
アの最新情報
• 製品仕様
• 最新ドキュメント
• 最新のファームウェアおよびドラ
イバのダウンロード
テクニカル サポート
Rimage では、Everest 600 プリンタの交換を含む、様々なサービスおよびサポー
ト オプションを提供しています。詳細情報および価格については、Rimage の付
加価値再販業者や Rimage 社までお尋ねください。
重要!Rimage からの更新情報をお知らせできるよう、必ずプリンタを登録してく
ださい。登録は、http://www.rimage.com/support/warranty-registrationから
行えます。
光ディスク記録ソフトウェアの免責条項
本製品またはソフトウェア、説明書は、使用者が著作権を所有している、
もしくは
著作権者から複写の許可を取得している資料の複製を支援することを目的とす
る場合があります。使用者が著作権を所有する、
もしくは、著作権者から複写の
許可を取得していない限り、使用者には、著作権法違反ならびに損害賠償およ
び他の賠償の支払いが科せられる恐れがあります。
ご自身の権利に関して不明
確な場合は、法律の専門家にご相談ください。使用者が著作権を所有せず、
また
著作権所有者からの許可も得ていない場合、光ディスク、その他のメディア上の
著作権のあるマテリアルを無断で複製することは国内および国際上の法令を侵
害することになり、厳しい処罰が科せられることになります。
シリアル番号:
製品名:
ご購入日:
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
2
重要情報
安全性および法令順守に関する情報
本マニュアルおよび製品上の表示により、適切で安全な操作が可能になります。
以下の表示マークは、ユーザーならびに他の人の身体的傷害および機器損傷の
防止を支援します。
詳細は、3 ページの「安全のための予防措置 」および 4 ページの「法令順守
に関する情報 」
を参照してください。
安全のための予防措置
安全の確保のため、以下の注意事項をよくお読みになり、内容をご理解された上
で機器をご使用ください。
n 注意:
•
スイッチ、電源、ヒューズ、
ファン、非ステッピング モーターなどの交流線
電圧または直流低電圧を有するすべての機器は、UL 規格によって発行
された安全承認を維持するために、Rimage に承認されたコンポーネン
トと交換する必要があります。
•
付属の AC 電源コードのみ使用してください。詳細または、新しい電源
コードにつきましては、Rimage のカスタマ サービスまでお問い合わせ
ください。
•
本製品はオフィス用機器として設計されています。
•
プリンタが過熱していたり、異臭がしたりする場合は、使用しないでくだ
さい。そのまま使用を継続すると、火事に至ったり、電気ショックが生じ
たりする場合があります。過熱していたり、異臭がしたりする場合は、直
ちに、
コンセントからケーブルを抜いてください。修理を依頼するとき
は、Rimage が承認する販売業者に問い合わせてください。
•
プリンタ トレイを開くための十分なスペースを確保してください。
プリン
タ トレイが動いているときは触らないでください。
•
電源が投入されている間に、サイド カバーを開くと、
プリンタは停止しま
す。作動中のプリンタには触れないでください。
ドアのインターロック装
置を無効にしないでください。
•
このプリンタには電源スイッチがありません。電源は、ケーブルを抜くこ
とによって完全に切断されます。Rimage は、電源ケーブルをすぐに切
断することができる位置にプリンタを据え付けることをお勧めします。電
源ケーブルをコンセントから抜くときは常にプラグを持って行ってくだ
さい。
•
本プリンタには、本体の背面に電圧スライド スイッチがあります。使用す
る前に、正しい電圧に設定されているかチェックします。交流の 110V ま
たは 220V 以外の電圧は使用しないでください。
これにより火事や電気
ショックが発生する可能性があります。
n 警告!
•
本書に規定されている以外の方法で、制御または調整機能を使用した
り、処置を実施したりすると、有害な放射露光が生じる恐れがあります。
•
プリンタを分解したり、
工具を使用しないでください。
すべてのサービス手
順は、Rimage が承認した技術者によって行われるようにするか、
または
Rimage が承認する修理店にお送りください。
•
電源コードを交流コンセントに差し込んだまま、
プリンタを使用しない
でください。
•
プリンタの内部には、鋭角な箇所があります。
•
プリンタの前面カバーは手で開けられます。指を差し込まないでくださ
い。
•
ヒーター ローラーには触れないでください。
n 広帯域データ通信システム用の各国における注意: 2400-2483.5 MHz
•
フランス :野外で使用しないでください。
•
イタリア :自社敷地外で使用する場合は、
一般的な認可が必要です。
•
ノルウエー :本件は Ny-Alesund の中心から半径 20km 以内の場所には
適用されません。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
3
重要情報
法令順守に関する情報
製品名
Rimage Everest 600 プリンタ
モデル
CDPR23
米国における注意
注:本機は、FCC 規則の第 15 章に基づき試験後、A クラスのデジタルデバイスの制限に適合すると判断されています。
これらの制限は、本機が商業
環境において操作される場合、有害な妨害に対して妥当な保護を提供することを目的にしています。本機は、電磁波を発生、使用し、放射することがあ
り、取扱説明書に従って設置および使用されない場合、無線通信に有害な妨害を引き起こす恐れがあります。本機を住宅地域で動作させると、有害な
妨害を引き起こす可能性があり、
この場合、使用者は使用者自らの費用負担で妨害の修正を要求されることになります。
本製品は、UL 規則 60950-1 第 1 版に適合します。
カナダにおける注意
本 A クラスディジタル装置は、
カナダの ICES-003 公布 4:2004 に適合します。Cet appareil numerigue de la classe A est conforme a la norme
NMB-003 du Canade.
本製品は、CAN/CSA-C22.2 No.60950-1-03 第 1 版 に適合します。
ヨーロッパにおける注意
本製品は、以下のヨーロッパ標準に準拠する、EMC Directive (89/336/EEC) および Low-Voltage Directive (73/23/EEC) に適合します。EN 55022:1998
+ Amd 1:2000 Class B Limit; EN 55024:1998; EN 61000-3-2:2000; EN 61000-3-3:1995 + Amd 1:2001; EN 60950:2000.CE マークは、CE Marking
Directive 93/68/EEC に従って貼られています。
日本における注意
This is a Class A product based on the standard of the Voluntary Control Council for Interference by Information Technology Equipment (VCCI).
If this equipment is used in a domestic environment, radio interference may occur, in which case, the user may be required to take corrective
action.
翻訳:
本製品は、情報処理装置等電波障害自主規制協議会(VCCI)の基準に基づくクラス A 情報技術装置です。本機器は、家庭環境で使用すると電波
妨害が発生する恐れがあります。
この場合には使用者が適切な対策を講ずるよう要求されることがあります。
オーストラリアにおける注意
2001474_B
本製品は、AS/NZS CISPR22:2004 に適合します。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
4
Everest 600 プリンタ要件
本セクションでは内蔵の Everest 600 プリンタのリボン、
ラベルのデザインおよ
び印刷の要件について説明します。
リボンの要件
重要!
• Rimage のプリンタは、Rimage ブランドのリボンのみをサポートしています。
Rimage 以外のメーカーのリボンを使用した結果生じたプリンタの問題は、
Rimage の保証または保守契約に含まれていません。
•
最善の結果を得るために、Everest 600 のリボンは必ず華氏 41~95 度 (摂氏
5~35 度) の温度および 45~85% の湿度で保管してください。
•
湿気と直射日光は避けてください。
•
リボンの再使用は避けてください。
•
Everest 600 プリンタ専用のリボンをご使用ください。以下の表を参照してく
ださい。
使用可能なラベル デザイン
Everest 600 の Windows 対応ソフトウェアには、CD Designer™ ラベル エディタ
ソフトウェアが同梱されています。
このソフトウェアは、Rimage ソフトウェアの標
準インストール時に PC にインストールされます。Windows が動作しているパー
ソナル コンピュータをご使用の場合、CD Designer を使用してラベルをデザイ
ンできます。
Macintosh をご使用の場合、
またはCD Designer 以外のソフトウェアでラベルを
デザインされる場合は、次の基準に従ってください。
重要!CD Designer は Macintosh に対応していません。そのため Macintosh 対
応の Rimage ソフトウェアの場合にはインストールされません。
•
Everest 600 プリンタには、印刷リボンおよび再転写リボンが必要です。標準の印
標準の印刷リボンは、
シアン、マゼンダ、イエロー (CMY) の 3 色です。
これらの 3
色は、印刷作業で結合しフルカラーのディスクを作成します。印刷リボンには、
ブ
ラックもあります。
ラベル デザイン サイズ – デザイン ラベルは高さ 12cm、幅 12cm です。
フル
サイズのディスクは直径 120mm (4.723 インチ) です。穴部は 15 mm (0.59
インチ) です。印刷可能領域およびハブの寸法は、ディスクのメーカーにより
異なります。
ヒント:Rimage Media Kits 中のメディアの印刷可能エリアは 118~24mm
です。ほぼすべてのラベルに対して、印刷可能エリアを 24mm および
118mm に設定することが推奨されます。
Everest 600 リボン
リボンタイプ
ディスクの印刷枚数
3 色 (CMY)
500
ブラック (モノクロ)
1000
再転写リボン (500 印刷)
500
印刷可能エリア
118mm
ハブ サイズ
24 mm
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
5
Everest 600 プリンタ要件
•
ファイル形式 – 最良の結果を得るためには、
ラベルを JPEG または TIFF 形
式で保存します。
しかしながら、Rimage Autoloader 上で Everest 600 プリン
タをご使用の場合は、
これらのファイルを CD Designer にインポートし、印
刷前に CD Designer ファイル (.btw) または PDF ファイルとして保存する必
要があります。
•
カラー モード – もし Rimage Autoloader 上で Everest 600 プリンタをご使
用の場合は、CD Designer にインポートするためにラベルをすべて RGB カ
ラーモードに変換します。Everest 600 プリンタがスタンドアローンまたは
AutoEverest AutoPrinter 上にあり、イメージ編集プログラムから直接印刷
される場合は、任意のカラーモードで作業が可能です。
•
解像度 (ピクセル/インチ) – 最良の結果を得るためには、最低 300 ピクセル/
インチ以上のイメージを使用します。600 ピクセル/インチ以上のイメージを
使用すると、印刷結果がさらに向上します。
印刷の要件
CD Designer を使用して作成および保存したラベルは、Rimage Autoloader 上
の Everest 600 で印刷するための正しいファイル形式 (.btw) となっています。
Everest 600 が Rimage Autoloader 上にある場合は、PDF ファイルで保存したラ
ベルの印刷も可能です。
スタンドアローンの Everest 600 プリンタまたは AutoEverest AutoPrinter の場
合は、印刷機能のある任意のプログラムから直接ラベルを印刷することができ
ます。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
6
Everest プリンタ部品の確認
本セクションでは、Everest 600 プリンタのハードウェアおよび特徴を説明し
ます。
コントロール パネル
コントロール パネルは、Everest 600 の正面に設置されており、オ
ペレータ ボタンと 4 つの表示ランプがついています。(表示ランプ
の内の 1 個はオペレータ ボタン上についています。)コントロール
パネルではシステムの監視および制御が可能です。
正面図
次の表は、
コントロール パネルのすべての部品名とその機能を示
しています。
サイド カバーのラッチ
コントロール パネルの表示図
ハンドル
イメージ
名前
機能
オペレータ ボタン
オペレータ ボタンは以下の作業で
使用します:
プリンタトレイ
サイド カバー
コントロール パネル
2001474_B
•
プリンタ トレイを開く時
•
プリンタ トレイを閉じる時
•
エラー後のリセット
•
プリンタをスリープ モードにす
る時。
プリンタをスリープ モー
ドにするには、
オペレータ ボタ
ンを、10 秒間押し続けます。通
常の動作状態に戻すには、オペ
レータ ボタンを再度押します。
オペレータによる操作が必要な場合
エラー表示ランプ
(オペレータ ボタン上) にエラー表示ランプが点灯します。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
7
Everest プリンタ部品の確認
ディスク収納
表示ランプ
ディスク収納表示ランプは、ディス
クがトレイに置かれているか、
また
は、ディスクが正しく固定されてい
る場合に点灯します。
背面図
ディスク収納表示ランプは、何か問
題があるときは点滅します。各サイ
クルでの点滅回数は、問題の種類
を示しています。
•
•
アクティブ表示ランプ
1 回点滅 = サイド カバーが開
いている、
またはラッチ 1、2、3
が開いている
プリンタ ケーブル コネクタ
USB コネクタ
モード スイッチ
電源コネクタ
2 回点滅 = 印刷リボンの問題
(印刷リボンが異なる、無い、
ま
たは足りなくなっている)
•
3 回点滅 = 再転写リボンの問
題 (印刷リボンが無い、
または
足りなくなっている)
•
4 回点滅 = プリンタ トレイに
ディスクをクランプする際のエ
ラー
アクティブ表示ランプは、
プリンタ
が、初期設定を終了すると点灯し
ます。
交流電圧
スイッチ
シッピング スクリュの
元の位置
シッピング スクリュの
保管時の位置
アクティブ表示ランプは、
プリンタ
が、ホストからデータを受け取ると
点滅します。
電源表示ランプ
2001474_B
プリンタの電源がオンになると、緑
色の電源ランプが点灯します。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
8
Everest プリンタ部品の確認
スイッチ
モード スイッチ
モード スイッチ
交流電圧スイッチ
重要!モードスイッチを切り換えるときは、電源をオフにする必要があります。モ
ードスイッチを設定する場合は、
プリンタの電源をオンにします。
Everest 600 の背面には、AC 電圧スイッチとモード スイッチという 2 つのスイッ
チがあります。
モード スイッチ (ロータリースイッチ) は、Everest 600 プリンタの運転モー
ドの設定に使用します。
スイッチの上のキャップの根元にある開口部で、選択さ
れたモードが表示されます。
プリンタ出荷時に、正しい操作モードに設定されて
います。診断を実行するのでなければ、
スイッチの位置を変更する必要はありま
せん。
交流電圧スイッチ
スイッチの位置
用途
交流電圧スイッチは、電源の交流電圧を選択する場合に使用します。
このスイッ
チには2つの位置があります。110V および 220V です。
0
スタンドアローン プリンタ
n 警告!交流電圧スイッチをコンセントの交流電圧と一致するように設定し
2
Rimage Autoloader または AutoPrinter
3
診断試験
その他すべて
使用されていません。
ます。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
9
Everest 600 プリンタの操作
本セクションでは、Everest 600 プリンタを操作する際に必要な情報について説
明します。
Everest プリンタの電源オンとオフ
Everest プリンタには電源スイッチがありません。本プリンタの電源をオンおよび
オフにする方法は、
システム設定によって異なります。以下のセクションを参照し
てください。
スタンドアローン プリンタのオンとオフ
スタンドアローンの Everest 600 プリンタの手順は次の通りです。
•
プリンタの電源をオンにするには、
プリンタの電源コードをソケットに差し込
みます。
•
プリンタの電源をオフにするには、
プリンタの背面から電源コードを抜き取
ります。
Autoloader または AutoPrinter に接続されたプリンタの
電源のオンとオフ
ヒント:プリンタを30分以上使用しない場合、
自動的にスリープ モードに替わりま
す。
スリープ モードに替わると、
ジョブが送られた後プリンタのウォームアップに
2 ~ 3 分かかります。
プリンタトレイへの ディスクの配置
この手順に従い、ディスクをプリンタ トレイに入れます。
1.
オペレータ ボタンを押します。
プリンタ トレイが開きます。
2.
プリンタ トレイに印刷パッドを置きます。印刷可能な面が上向きになってお
り、
スタッキング リングが印刷パッドの方に向いていることを確認してくだ
さい。
重要!ディスクのレコーディング部分が、引っ掻き傷やダメージを受けないように
するため、ディスクをホールディング ピンやセンタリング ピンの上に置かないで
ください。
印刷パッド
お使いの Everest 600 が Autoloader または AutoPrinter に接続されている場
合は、次の手順に従います。
•
プリンタの電源をオンにするには、Autoloader または AutoPrinter の電源
をオンにします。
•
プリンタの電源をオフにするには、Autoloader または AutoPrinter の電源
をオフにします。
センタリング ピン
ホールディング ピン
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
プリンタトレイ
10
印刷オプションの設定
本セクションでは、Windows パーソナル コンピュータまたは Macintosh を使用
した、印刷環境設定のセットアップおよび印刷リボンと再転写リボンの残量のチ
ェックに必要な情報について説明します。
印刷可能エリアのデフォルト設定
ほとんどのディスクには、次のような印刷可能エリアがあります。
印刷環境設定へのアクセス (PC)
以下のいずれかの手順によって、Everest 600 印刷環境設定にアクセスします。
Windows の [Start (スタート)] メニューから印刷環境設定へのアク
セス
この方法を使用すると、印刷環境設定はプリンタ ドライバ設定に保存され、新規
に作成するすべてのラベルに適用されます。
1.
スタッキング リングのないディスク:
•
外径 118 mm
•
内径 24 mm
ヒント:Windows XP の場合は、[Start (スタート)] > [Printers and Faxes
(プリンターと FAX)] の順に選択してください。Windows Server 2008 の
ナビゲーションについては Windows 7 と同じです。
スタッキング リング付きのデ
ィスク:
標準領域:
•
外径 118 mm
•
内径 38 mm
2.
Everest 600 プリンタを右クリックします。
ドロップダウン メニューが表示さ
れます。
3.
[Printing Preferences (印刷環境設定)] を選択します。
[Rimage Everest
600 Printing Preferences (Rimage Everest 600 印刷環境設定)]ダイアログ
ボックスが開きます。
ハブ領域 :
•
外径 35 mm
•
内径 17 mm
次の順に選択します。[Start (スタート)] > [Devices and Printers (デバイスと
プリンター)]
CD Designer から印刷環境設定へのアクセス
Windows PC 上での印刷環境設定
この方法を使用すると、印刷環境設定は、
ラベル ファイルと一緒に保存され、
プ
リンタ ドライバの設定の代わりに使用されます。
印刷環境設定により、ディスク上に最良のラベルを作成するように Everest 600
プリンタを設定できます。
1.
CD Designer から目的のラベル ファイルを開きます。
2.
[File (ファイル)] メニューから [Print (印刷)] を選択します。[Print
(印刷)] ウィンドウが開きます。
3.
[Name (名前)] ドロップダウン リストの中から、[Everest 600 printer
(Everest 600 プリンタ)] を選択します。
4.
[Document Properties (ドキュメント プロパティ)] ボタンを選択しま
す。[Rimage Everest 600 Properties (Rimage Everest 600 プロパティ)] ダイ
アログ ボックスが開きます。
重要:特に明記のない限り、Windows のナビゲーションの説明は Windows 7 の
パスを示しています。XP 以外の Windows オペレーティング システムのナビゲー
ションは多少異なる場合があります。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
11
印刷オプションの設定
PDF ファイル印刷の印刷環境設定へのアクセス
以下の手順に従い、PDF ファイル用の印刷環境設定にアクセスします。
重要!以下の手順は、Rimage Autoloader を使用して PDF ファイルを印刷してい
る場合にのみ当てはまります。AutoEverest AutoPrinter を使用している場合は
除きます。
この手順を通じて変更した設定内容は、すべての PDF ファイルに適用
されます。
1.
4.
[Rimage Everest 600 Printing Preferences (Rimage Everest 600 印刷環境
設定)] ウィンドウで希望する選択を行った後、[Apply (適用)] を選択します。
5.
[OK] をクリックして、[Rimage Everest 600 Printing Preferences (Rimage
Everest 600 印刷環境設定)] ウィンドウを閉じます。
印刷品質、
カラー マッチング、画像調整の設定(PC)
次の順に選択します。[Start (スタート)] > [Devices and Printers (デバイスと
プリンター)]
1.
「印刷環境設定」にアクセスします。11 ページを参照してください。
2.
[Advanced (詳細設定)] タブを選択します。
ヒント:Windows XP の場合は、[Start (スタート)] > [Printers and Faxes
(プリンターと FAX)] の順に選択してください。Windows Server 2008 の
ナビゲーションについては Windows 7 と同じです。
3.
印刷環境設定を表示、
または変更します。
2.
[Everest 600 printer] を右クリックします。
ドロップダウン メニューが表示さ
れます。
3.
ドロップダウン メニューの [Printer Properties (プリンターのプロパティ)]
を選択します。[Rimage Everest 600 Properties (Rimage Everest 400 プロ
パティ)] ダイアログ ボックスが開きます。
a.
b. [Color Matching (カラー マッチング)] に対して希望する基準を選択し
ます。
ヒント:カラー マッチングの既定値は [Match for CMYK printing
(CMYK 印刷に調整)] です。
c.
ヒント:Windows XP の場合は、
ドロップダウン メニューから [Properties
(プロパティ)] を選択してください。
4.
[Advanced (詳細設定)] タブを選択します。
5.
[Advanced (詳細設定)] タブの下部で、[Printing Defaults (標準の設定)] ボ
タンを選択すると、[Rimage Everest 600 Printing Defaults (Rimage Everest
600 標準の設定)] ダイアログ ボックスが開きます。
希望する [Print Quality (印刷品質)] を選択します。(オプションとして写
真または画像があります)。
[Image Adjustments (画像調整)] ドロップダウン リストから、[None (な
し)] または [High contrast (ハイ コントラスト)]、[Vivid colors (強い色
彩)]、[Custom (カスタム)] のいずれかを選択します。
[Custom (カスタム)] を選択すると、[Settings (設定)] ボタンがアクティ
ブになります。
i.
[Settings (設定)] ボタンを選択します。[Custom Settings (カスタム
設定)] ウィンドウが開きます
メディア タイプ、
メディア サイズ、印字方向印字方向、
リボ
ン タイプの設定 (PC)
ii.
希望する [Print Threshold (印刷閾値)] の設定を選択します。
1.
「印刷環境設定」にアクセスします。11 ページを参照してください。
2.
[Main (メイン)] タブを選択します。
iv. [Saturation Boost (飽和度増強)] スライダを動かして画像の飽和
度を調整します。
3.
印刷環境設定を表示、
または変更します。
v.
a.
iii. [Contrast Boost (コントラスト増強)] スライダを動かして画像のコン
トラストを調整します。
適切な Media Type (メディア タイプ) を選択します。
ヒント:印刷可能エリアを変更するには、13 ページ[印刷可能エリアの
設定 (PC)] を参照してください。
b. 適切な Media Size (メディア サイズ) を選択します。
c.
希望する Copies (コピー) 部数を選択します。
d. 希望する Orientation (印字方向) を選択します。
e.
適切な Ribbon (リボン) タイプを選択します。
2001474_B
[OK] をクリックして [Custom Settings (カスタム設定)] ウィンドウを
閉じます。
4.
[Rimage Everest 600 Printing Preferences (Rimage Everest 600 印刷環境
設定)] ウィンドウで希望する選択を行った後、[Apply (適用)] を選択します。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
12
印刷オプションの設定
5.
[OK] をクリックして、[Rimage Everest 600 Printing Preferences (Rimage
Everest 600 印刷環境設定)] ウィンドウを閉じます。
4.
[OK] をクリックして、[Rimage Everest 600 Printing Preferences (Rimage
Everest 600 印刷環境設定)] ウィンドウを閉じます。
印刷可能エリアの設定 (PC)
印刷位置および色濃度の調整 (PC)
この機能により、標準の CD/DVD 120 mm メディア用の印刷可能範囲設定を調
整できます。
ラベル印刷がディスクの縁に重なったりしないように、ディスクの外
径および内径を設定できます。
1.
「印刷環境設定」にアクセスします。11 ページを参照してください。
2.
[Utility (ユーティリティ)] タブを選択します。
3.
[Status Monitor (状態モニタ)] ボタンを選択します。[Rimage Everest
600 Status Monitor (Rimage Everest 600 状態モニタ)] ウィンドウが開
き、[Status (状態)] タブがアクティブになります。
ヒント:CD Designer ラベル ファイル内で印刷可能エリアを設定した場
合、Windows のプリンタおよびファックス設定は上書きされます。
1.
「印刷環境設定」にアクセスします。11 ページを参照してください。
2.
[Advanced (詳細設定)] タブを選択します。
3.
[Printable Area preferences (印刷可能エリアの設定)]を表示、
または変更
します。
a.
[Advanced (詳細設定)] タブの下方にある [Modify (変更)] ボタンを選
択します。[Printable Area Settings (印刷可能エリアの設定)] ウィンドウ
が開きます。
b. Standard Area (標準エリア) 設定のみを変更するには、[Standard (標
準)] ラジオ ボタンを選択します。
c.
i.
希望する Outer Diameter (外径) の値を入力します。
ii.
希望する Inner Diameter (内径) の値を入力します。
スタッキング リングが付いているディスクに印刷するとき
は、[Advanced (詳細設定)] のラジオ ボタンを選択します。[Hub Area
settings (ハブ領域設定)] が表示されます。
i.
希望するハブの Outer Diameter (外径) を入力します。
ii.
希望するハブの Inner Diameter (内径) を入力します。
ヒント: [Status (状態)] タブ上に、印刷ジョブの進行状況、取り付けられた印
刷リボンのタイプ、印刷リボンおよび転写リボンの概略未使用パーセントが
表示されます。残りの印刷リボンで印刷可能な枚数の推定値をリセットする
には、16 ページの「リボンの状態を表示する (PC)」を参照してください。
4.
印刷位置または色濃度の設定を表示または変更するには、[Printer
Information (プリンタ情報)] タブを選択します。
ヒント:
• [Printer Information (プリンタ情報)] タブでは、Everest 600 プリンタの
現在のファームウェア バージョンおよびシリアル番号を確認することも
できます。
•
デフォルトを選択すると、
元の印刷位置や色濃度の設定に戻ります。
a.
印刷位置の設定の表示または変更
i.
[Print Alignment Settings (印刷位置設定)] ペインの [Modify
(変更)] ボタンを選択します。[印刷位置設定] ウィンドウが開きます。
ii.
希望に合わせて [Color/Monochrome (カラー/モノクロ)] 設定を選
択し、Horizontal Alignment Settings (水平位置設定) ペインですべ
てのリボン タイプに対する水平位置を変更します。
d. [OK] を選択して変更を保存します。[Printable Area Settings
(印刷可能エリア設定)] ウィンドウが閉じます。
iii. 希望するColor (カラー) 設定を選択して、CMY リボンを使った印刷
の垂直位置調整を変更します。
e.
必要に応じて、[Default (デフォルト)] を選択して、デフォルト設定に戻し
ます。
iv. 希望するMonochrome (モノクロ) 設定を選択して、モノクロ リボン
を使った印刷の垂直位置調整を変更します。
f.
[Rimage Everest 600 Printing Preferences (Rimage Everest 600 印刷環
境設定)] ウィンドウで希望する選択を行った後、[Apply (適用)] を選択し
ます。
2001474_B
v.
[OK] を選択して変更を保存します。[Print Alignment Settings (印刷
位置設定)] ウィンドウが閉じます。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
13
印刷オプションの設定
b. 色濃度の設定の表示または変更
i.
[Color Density Settings (色濃度設定)] ペインの [Modify (変更)] ボ
タンを選択します。[Color Density Settings (色濃度設定)] ダイアロ
グが開きます。
ii.
Cyan (シアン) およびMagenta (マゼンタ)、Yellow (イエロー) の設
定を選択して、色濃度を変更します。
iii. 希望に合わせて Black (ブラック) 設定を選択し、モノクロ イメージ
の濃淡を変更します。
iv. [OK] を選択して変更を保存します。[Color Density Settings (色濃度
設定)] ウィンドウが閉じます。
5.
6.
[Close (閉じる)] を選択して [Status Monitor (状態モニタ)] ダイアログ ボッ
クスを閉じます。
メディア タイプ、
リボン タイプ、印刷品質の設定
(Macintosh)
1.
「印刷設定」にアクセスします。14 ページを参照してくだ
さい。
2.
3 つめのドロップダウン リストの [Everest Settings (Everest の設定)] を選
択します。[Everest Settings (Everest の設定)]ペインが表示されます。
3.
適切な Media Type (メディア タイプ) を選択します。
4.
適切な Ribbon (リボン) タイプを選択します。
5.
希望する[Print Quality (印刷品質)] を選択します。
6.
印刷環境設定を継続するには、3 つ目のドロップダウン リストで他のオプシ
ョンを選択します。
[OK] をクリックして、[Rimage Everest 600 Printing Preferences (Rimage
Everest 600 印刷環境設定)] ウィンドウを閉じます。
または
Macintosh 上での印刷環境設定
[Print (印刷)] を選択して、
ラベルを印刷します。
印刷設定により、
ディスク上に最良のラベルを作成するように Everest 600 プリ
ンタを設定できます。
カラー マッチング、画像調整の設定(Macintosh)
1.
「印刷設定」にアクセス します。14 ページを参照してください。
2.
印刷設定へのアクセス (Macintosh)
3 つめのドロップダウン リストの[Everest Colors (Everest カラー)]を選択し
ます。[Everest Colors (Everest カラー)]ペインが表示されます。
3.
[Color Matching (カラー マッチング)] に対して希望する基準を選択します。
1.
選択したアプリケーション内のラベル ファイルを開きます。
4.
目的のマッチング法を選択します。
2.
[File (ファイル)] メニューから [Print (印刷)] を選択します。[Print (印刷)] ダイ
アログ ボックスが開きます。
5.
[Brightness (明るさ)] スライダを動かして、画像の照度を調節します。
3.
[Printer (プリンタ)] ドロップダウン リストから CDPR23 を選択します。
6.
希望する[Threshold (閾値)]を選択します。
7.
印刷環境設定を継続するには、3 つ目のドロップダウン リストで他のオプシ
ョンを選択します。
重要:本セクションで説明されている環境設定の位置は、
ラベル ファイルの印刷
に使用されるプログラムにしたがって変化します。
または
[Print (印刷)] を選択して、
ラベルを印刷します。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
14
印刷オプションの設定
印刷可能エリアの設定 (Macintosh)
b. プリンタ リストに表示されたCDPR23をダブルクリックします。
この機能により、標準の CD/DVD 120 mm メディア用の印刷可能範囲設定を調
整できます。
ラベル印刷がディスクの縁に重なったりしないように、ディスクの外
径および内径を設定できます。
1.
「印刷設定」にアクセスします。
14 ページを参照してください。
2.
3 つめのドロップダウン リストで[Printable Area Settings (印刷可能エリア
の設定)]を選択します。[Printable Area Settings (印刷可能エリアの設定)] ペ
インが表示されます。
2.
CDPR23 ツールバーの [Utility (ユーティリティ)] を選択します。[Everest
Utility (Everest ユーティリティ)] が開きます。
3.
[Alignment (位置設定)] タブを選択します。位置設定が表示されます。
4.
位置設定の表示または変更を行います。
a.
3. [Printable Area preferences (印刷可能エリアの設定)]を表示、
または変
更します。
a.
b. [Horizontal Alignment Settings (水平位置設定)] ペインで [Color (カラ
ー)] のスライダを動かし、CMY リボンを使った印刷の垂直位置調整を
変更します。
[Outer (外径)] および [Inner (内径)] フィールドに希望する値を入力し、
印刷可能なエリアの標準設定を変更します。
c.
b. スタッキング リングのついたディスクの印刷範囲の設定を行うには、
4.
i.
[Advanced (詳細設定)] を選択します。詳細設定が表示されます。
ii.
[Outer Hub (外径ハブ) ] および [Inner Hub (内径ハブ)] フィールド
に希望する値を入力します。
5.
c.
6.
[Everest Utility (Everest ユーティリティ)] で印刷位置および色濃度を調整できま
す。[Everest Utility (Everest ユーティリティ)] では、現在のファームウェアのバー
ジョン、
シリアル番号および装着されているリボンの種類等の表示、およびプリン
タのファームウェアの更新を行えます。
重要:[Everest Utility (Everest ユーティリティ)] における設定は、
プリンタがアイ
ドル状態 (現在、
どの仕事の印刷もしていない) の時にのみ変更できます。
1.
[Everest Utility (Everest ユーティリティ)] にアクセスします。
a.
[System Preferences (システム環境設定)] > [Print & Fax (印刷とファッ
クス)] の順に選択します。[Print & Fax (印刷とファックス)] ウィンドウが
開きます。
2001474_B
[Density (色濃度)] タブを選択します。濃度設定が表示されます。
b. [Cyan (シアン)]、[Magenta (マゼンタ)]、および [Yellow (イエロー)] のス
ライダを動かして、色濃度設定を変更します。
または
印刷位置および色濃度の調整 (Macintosh)
[Horizontal Alignment Settings (水平位置設定)] ペインで
[Monochrome (モノクロ)] のスライダを動かし、モノクロ リボンを使っ
た印刷の垂直位置調整を変更します。
色濃度の設定を表示または変更します。
a.
印刷環境設定を継続するには、3 つ目のドロップダウン リストで他のオプシ
ョンを選択します。
[Print (印刷)] を選択して、
ラベルを印刷します。
[Horizontal Alignment Settings (水平位置設定)] ペインで [All Color
(全色)] のスライダを動かし、すべてのリボン タイプに対する水平位置
を変更します。
[Black (ブラック)] スライダを動かして、
グレイスケールの濃淡を変更し
ます。
[Save (保存)] を選択して、変更した設定を保存します。[Everest Utility
(Everest ユーティリティ)] を閉じます。
リボン残量のチェック
Rimage Producer III 、Producer IIIN、Professional 5100N、Professional
5300N、Autoloader 上にあるオペレータ パネルには、印刷リボンおよび再転写
リボンの残量から印刷可能な枚数の推定値が表示されます。
スタンドアローンの Everest 600 プリンタおよび AutoPrinter では、
プリンタ ド
ライバの状態機能を使用してリボン残量をチェックすることができます。Everest
600 プリンタまたは AutoEverest AutoPrinter のリボン残量をチェックするに
は、次の手順に従います。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
15
印刷オプションの設定
リボンの状態の表示 (PC)
リボンの状態の表示 (Macintosh)
Windows の [Status Monitor (状態モニタ)] ウィンドウの [Status (状態)] タブで
は、印刷リボンおよび再転写リボンの残量から推定された印刷可能な枚数を確
認することができます。
Macintosh の [Everest Utility (Everest ユーティリティ)] ウィンドウの [Status (状
態)] タブでは、印刷リボンおよび再転写リボンの残量から推定された印刷可能
な枚数を確認することができます。
1.
「印刷環境設定」にアクセスします。11 ページを参照してください。
1.
2.
[Utility (ユーティリティ)] タブを選択します。
3.
[Status Monitor(状態モニター)] を選択します。[Status Monitor (状態モニ
タ)] ウィンドウが開き、[Status (状態)] タブがアクティブになります。
4.
リボンについての情報を表示します。
a.
[System Preferences (システム環境設定)] > [Print & Fax (印刷とファッ
クス)] の順に選択します。[Print & Fax (印刷とファックス)] ウィンドウが
開きます。
b. プリンタ リストに [CDPR23] が表示されます。[CDPR23] ウィンドウが開
きます。
•
現在のプリンタの状態
2.
•
プリントおよび再転写リボン上の残量パーセントおよび印刷可能枚数
の推定値
ツールバーの [Utility (ユーティリティ)] を選択します。[Everest Utility
(Everest ユーティリティ)] が開きます。
3.
[Status (状態)] タブを選択します。
4.
リボンについての情報を表示します。
ヒント:リボンを Everest 600 プリンタから取り除き、再挿入した場合、
システムは
消耗品モニタアプリケーションでリボンの残量を認識します。他の Everest プリ
ンタで部分的に使用されたリボンは、
このアプリケーションでは正確に表示され
ません。
5.
[Everest Utility (Everest ユーティリティ)] にアクセスします。
再転写リボンの印刷可能枚数の推定値をリセットします。
a.
c.
5.
[Reset prints (印刷をリセット)] を選択します。[Reset prints (印刷をリセ
ット)] ウィンドウが表示されます。
[Status Monitor (状態モニタ)] ウィンドウを閉じるには、[Close (閉じる)]
を選択します。
f.
[OK] をクリックして Printing Preferences (印刷環境設定)] ウィンドウを
閉じます。
プリントおよび再転写リボン上の残量パーセントおよび印刷可能枚数
の推定値
再転写リボンの印刷可能枚数の推定値をリセットします。
[Option (オプション)] を選択します。[Reset retransfer prints remaining
(再転写印刷可能枚数のリセット)] ウィンドウが表示されます。
b. 500-印刷リボンの場合は、[Use 500 print retransfer ribbon (500-印刷
再転写リボン)] ボックスにチェック印をつけます。
c.
[Reset prints (印刷をリセット)] を選択します。確認のためのウィンドウ
が表示されます。
d. [OK] を選択してリセットに同意します。確認のためのウィンドウ
と、[Reset retransfer prints remaining (再転写印刷可能枚数のリセッ
ト)] ウィンドウが閉じます。
6.
2001474_B
•
a.
d. [Yes (はい)] を選択してリセットに同意します。[[Reset prints (印刷をリセ
ット)] および [Reset retransfer prints remaining (再転写印刷可能枚数
のリセット)] ウィンドウが閉じます。
e.
現在のプリンタの状態
ヒント:リボンを Everest 600 プリンタから取り除き、再挿入した場合、
システ
ムは消耗品モニタアプリケーションでリボンの残量を認識します。他の
Everest プリンタで部分的に使用されたリボンは、
このアプリケーションでは
正確に表示されません。
[Options (オプション)] を選択します。[Reset retransfer prints remaining
(再転写印刷可能枚数のリセット)] ウィンドウが表示されます。
b. 500-印刷リボンの場合は、[Use 500 print retransfer ribbon (500-印刷
再転写リボン)] ボックスにチェック印をつけます。
•
[Quit (終了)] を選択して [Everest Utility (Everest ユーティリティ)] ウィンドウ
を閉じます。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
16
Everest 600 プリンタのメンテナンス
Everest 600 が常に最適性能で動作できるようにするには、定期的なメンテナン
スが必要です。下記の表は、
メンテナンス作業とその頻度、および本ユーザー ガ
イドにおけるクリーニングに関する説明へのリンクをまとめたものです。
重要!最適性能を発揮させるためには、周囲が清潔で埃のない環境に Everest
600 プリンタを設置します。
メンテナンス スケジュール
印刷リボンの交換
タスク
頻度
指示
17 ページの「印刷リボンの
交換」を参照してください。
印刷リボンの交換
3色リボン (CMY) ディスク 500 枚毎
黒色リボン (モノクロ) ディスク 1000 枚毎
再転写リボンの交換
ディスク 500 枚毎
20 ページの「再転写リボン
の交換」を参照してください。
印刷ヘッドの
クリーニング
ディスク 2000 枚以後 (必要に応じて)
またはリボンを交換するごとに毎回
21 ページの「印刷ヘッドの清
掃」を参照してください。
粘着ローラーの
クリーニング
ディスク 2000 枚毎またはリボンを交
換するごとに毎回
22 ページの「粘着ローラー
のクリーニング」を参照してく
ださい。
センサーの
クリーニング
センサーのクリーニングが必要なの
は、次のような状況です。
27 ページの「センサーの清
掃」を参照してください。
• 次のようなエラー メッセージが表示
された場合:
ƒ
プリンタが印刷リボンを認識
できない。
ƒ
上下いずれかのセンサーが応
答していない。
Everest 600 プリンタのリボンを交換する際、
または新しいリボンを取り付ける際
には、新しいリボンが環境に馴染むまで少し待ちます。温度や湿度の差が大きい
時は、更に待ちます。
重要!
• Rimage のプリンタは、Rimage ブランドのリボンのみをサポートしていま
す。Rimage 以外のメーカーのリボンを使用した結果生じたプリンタの問題
は、Rimage の保証または保守契約に含まれていません。
•
最善の結果を得るために、Everest 600 のリボンは必ず華氏 41~95 度
(摂氏 5~35 度) の温度および 45~85% の湿度で保管してください。
•
湿気と直射日光は避けてください。
•
リボンの再使用は避けてください。
•
Everest 600 プリンタ専用のリボンをご使用ください。
印刷リボンの取り外し
1.
サイド カバーを開きます。
a.
• 印刷が中心からずれている。
23 ページの「背面のエア フ
ィルタの清掃」および「 側面の
エア フィルタの清掃 」を参照し
てください。
エア フィルタの
クリーニング
毎月
プラテン ローラーの
クリーニング
重要!プラテン ローラーの掃除は、印刷 25 ページの「プラテン ロー
を参照して
したディスク上の白い染みを発見する ラーのクリーニング」
など、印刷品質の低下に気付いた時の ください。
み行ってください
外側のクリーニング
毎週
2 つのサイド カバー ラッチ
を押して、サイド カバーを外
します。
サイド カバーのラッチ
b. サイド カバーを降ろして開
きます。
糸くずの出ない布でプリンタの
外側を拭きます。
サイド カバー
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
17
Everest 600 プリンタのメンテナンス
2.
印刷リボンにアクセスします。
ラッチ 1
ヒント:印刷リボンが外されている間に、
クリーニング作業を行ってください。詳細
は21 ページの「Everest 600 プリンタのクリーニング」
を参照してください。
3.
キャリヤから印刷リボンを取り外します。
巻き取りロール
印刷リボン キャリヤ
供給ロール
a.
ラッチ 1 を開けます。
a.
b. 印刷リボン キャリヤをプリンタからまっすぐに引き抜きます。
c.
印刷リボン キャリヤを立てて置きます。
2001474_B
供給ロールを左にスライドします。
b. 巻き取りロールを右にスライドします。
c.
使用済みの印刷リボンを廃棄します。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
18
Everest 600 プリンタのメンテナンス
印刷リボンの取り付け
1.
新しい印刷 リボンをパッケージから取り出します。
2.
印刷リボンを印刷リボン キャリヤに取り付けます。
a.
e.
リボンが揃い、平らになるように巻き取りロールを回転させます。
リボン
をまっすぐに伸ばすために、粘着ローラーからリボンを持ち上げる作業
が必要となる場合もあります。
巻き取りロール
供給ロールを左側にして、印刷リボンを十数センチ巻き戻します。
粘着ローラー
ガイド ローラー
巻き取りロール
重要:
• リボン前部のクリーニング バーの位置を超えて、
リボンを回転させないよう
注意してください。
供給ロール
b. 粘着ロールとガイド ロール上に印刷リボンを通します。
c.
図のように供給ロールを取り付けます。
d. 図のように巻き取りロールを取り付けます。
•
モノクロのリボンを装着した場合は、
リボンのインク部分が巻き取りロール
まで進むように、
リボンを前進させます。
3.
プリンタを元に戻します。
a.
印刷リボン キャリヤを直立させます。
b. 印刷リボン キャリヤをプリンタの中に押し込みます。
c.
ラッチ 1 を閉じます。
d. サイド カバーを閉めます。
ヒント:リボンの色はロットによって異なることがあります。場合によっては、新し
いリボンを取り付けた後で、
プリンタ ドライバで濃度設定を調節する必要があり
ます。詳細は 13 ページ の「印刷位置および色濃度の調整 (PC)」か15 ペ
ージ の「印刷位置および色濃度の調整 (Macintosh)」を参照してください。
プリンタの使用準備ができました。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
19
Everest 600 プリンタのメンテナンス
再転写リボンの交換
2.
再転写リボンを取り外します。
Everest 600 プリンタの再転写リボンを交換する前または最初に取り付ける前
に、新しいリボンが環境に慣れるまで少し待ちます。温度や湿度の差が大きい時
は、更に待ちます。
再転写ロール
再転写リボン キャリヤ
重要!
• Rimage は、当社プリンタに使用するリボンについては、Rimage ブランドの
リボンのみをサポートしています。Rimage 以外のメーカーが製造したリボ
ンを使用した結果、
プリンタに問題が発生しても、Rimage 保証やメンテナン
ス契約の対象外になります。
•
最善の結果を得るために、Everest 600 のリボンは必ず華氏 41~95 度 (摂
氏 5~35 度) の温度および 45~85% の湿度で保管してください。
•
湿気と直射日光は避けてください。
•
リボンの再使用は避けてください。
•
必ず Everest 600 プリンタ専用のリボンをご使用ください。
ラッチ 1
再転写リボンの取り外し
1.
サイド カバーを開きます。
a.
2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
b. サイド カバーを降ろして開きます。
a.
ラッチ 2
ラッチ 3
ラッチ 1、
ラッチ 2、3 を解除します。
b. ハンドルを持って、再転写リボン キャリヤをプリンタの外にスライドさせ
ます。
サイド カバー ラッチ
ヒント:再転写リボン キャリヤは、
プリンタから取り外すことはできません。
c.
再転写ロールをキャリヤから引き出します。
d. 再転写リボン キャリヤから再転写リボンを慎重に取り出します。
e.
使用済みの再転写リボンは、廃棄します。
サイド カバー
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
20
Everest 600 プリンタのメンテナンス
再転写リボンの取り付け
1.
包装容器から再転写リボンを取り出します。
供給ロール
巻き取りロール
3.
再転写リボンのたるみをとるために、巻き取りロールを反時計方向に回転し
ます。
4.
プリンタを元に戻します。
a.
再転写キャリヤをプリンタの中に戻します。
b. ラッチ 1、
ラッチ 2、およびラッチ 3を閉じます。
c.
サイド カバーを閉めます。
プリンタの使用準備ができました。
Everest 600 プリンタのクリーニング
定期的なクリーニングを行うことで、Everest 600 プリンタを最適な状態に保つこ
とができます。
印刷ヘッドのクリーニング
ラッチ 1
印刷ヘッド
再転写リボン キャリヤ
2.
再転写リボンを所定位置に置きます。
a.
供給ロールを左側にして、再転写リボンを数インチ巻き戻します
b. 再転写リボン キャリヤから再転写リボンを慎重に取り出します。
c.
再転写リボン キャリヤの左側に供給ロールを取り付けます。
リボンが供
給ロールの下側をくぐるようにします。
d. 巻き取りロールを持ち上げ、
ガイド ローラーの周りに沿って、所定の位
置にはめ込みます。
2001474_B
# 必要なツール:
•
長い柄つきのスポンジ ブラシ (Everest クリーニング キットに含まれて
います)
•
99% のイソプロピル アルコール
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
21
Everest 600 プリンタのメンテナンス
1.
b. スポンジ スワブを使用して印刷ヘッドの端から端まで示された方向にふ
き取ります。
印刷ヘッドを探します。
a.
2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
c.
b. サイド カバーを降ろして開きます。
c.
d. スポンジ スワブを使用して、印刷ヘッドの下のローラーから、
ろう状蓄積
物を取り除きます。
ラッチ 1 を開けます。
d. 印刷リボン キャリヤを取り外します。詳細な手順については、17 ペー
ジの「印刷リボンの交換」を参照してください。
2.
3.
n 注意: 印刷ヘッドに傷をつけないでください。次のヒントを覚えておいて
印刷ヘッドの端から端まで、途中で手を止めず一気に拭き取ります。
•
指示された部分以外を拭き取らないよう注意してください。
イソプロピル アルコールをスポンジ スワブに塗布します。
印刷リボンを取り付けます。詳細な手順については、17 ページの「印
刷リボンの交換」を参照してください。
b. 印刷リボン キャリヤを取り付けます。
ください。
•
プリンタの使用準備をします。
a.
印刷ヘッドを清掃します。
a.
必要に応じ、印刷ヘッドに埃や塵が無くなるまでこの作業を繰り返します。
c.
すべてのラッチを閉めます。
d. サイド カバーを閉めます。
プリンタの使用準備ができました。
粘着ローラーのクリーニング
# 必要なツール:
ふき取る印刷ヘッド エリア
1.
•
長い柄つきのスポンジ ブラシ (Everest クリーニング キットに含まれて
います)
•
99% のイソプロピル アルコール
印刷リボンを外します。詳細な手順については、17 ページの「印刷リボン
の交換」を参照してください。
印刷リボン キャリヤ
粘着
ローラー 1
ふき取り方向
ローラー
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
22
Everest 600 プリンタのメンテナンス
2.
粘着ローラー 1(印刷リボンキャリヤ上)を清掃します。
背面エア フィルタのクリーニング
a.
# 必要なツール:2 番プラス ドライバ
イソプロピル アルコールをスポンジ スワブに塗布します。
b. スポンジ スワブを使用して粘着ローラー 1 を清掃します。
c.
1.
エア フィルタを取り外します。
スポンジ スワブを使用して、
リボン キャリヤの別の部分から、
ろう状の蓄
積物を取り除きます。
ファン カバー
エア フィルタ
d. 印刷リボンを印刷リボン キャリヤに取り付けます。17 ページの「印刷
リボンの交換」を参照してください。
3.
スポンジを使用して、
プリンタの内部の粘着ローラー 2 をふきます。
ネジ
粘着
ローラー 2
a.
プリンタの背面で、
ファン カバーを留めている 2 本のネジ を取り外し
ます。
b. ファン カバーを取り外します。
c.
4.
プリンタの使用準備をします。
a.
サイド カバーを閉めます。
プリンタの使用準備ができました。
エア フィルタを清掃します。
a.
印刷リボン キャリヤを取り付けます。
b. すべてのラッチを閉めます。
c.
2.
エア フィルタを取り外します。
エア フィルタを流水につけます。
b. エア フィルタを乾かします。
3.
プリンタの使用準備をします。
a.
エア フィルタが乾いたら、
ファン カバーの中に入れます。
b. ネジを 2 本とも締め、
ファン カバーをプリンタ背面に取り付けます。
プリンタの使用準備ができました。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
23
Everest 600 プリンタのメンテナンス
エア フィルタのクリーニング
4.
エア フィルタを清掃します。
# 必要なツール:トルクス T10 ドライバ
1.
サイド カバーを開きます。
a.
2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
エア フィルタ
ファン カバー
a.
各エア フィルタを流水につけます。
b. エア フィルタを乾かします。
サイド カバー
b. サイド カバーとそれに取り付けられているファン カバーを下げます。
2.
ファン カバーをサイド カバーから取り外します。
a.
サイド カバー内側の 4 本のトルクス T10 ネジを取り外します。
b. サイド カバーを閉めます。
ファン カバーが、エア フィルタが露出した状
態で、作業台に残されます。
ヒント:ファン カバーがサイド カバーから外れていない場合は、
ファン
カバーを慎重に下げます。
3.
ファン カバーから、3 つのエア フィルタを取り外します。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
24
Everest 600 プリンタのメンテナンス
6.
1.
プリンタの使用準備をします。
a.
エア フィルタが乾いたら、
ファン カバー内側の所定の位置に取り付け
ます。
b.
ファン カバーのタブが、
サイド カバーの穴に合っていることを確認します。
プラテン ローラーのクリーニングのための準備を行います。
a.
プリンタの電源をオフにします。
b. プリンタの背面で、
モード スイッチをポジション 3 (診断モード) にします。
タブ
サイド カバー
c.
プリンタの電源をオンにします。
2. プラテン ローラーにアクセスします。
再転写
印刷
リボン キャリヤ
リボン キャリヤ
ファン カバー
c.
サイド カバーを開きます。
d. 4 本のトルクス T10 ネジを差し込んで締め、
ファン カバーをサイド カバ
ーに固定します。
e.
サイド カバーとそれに取り付けられているファン カバーを閉めます。
プリンタの使用準備ができました。
プラテン ローラーのクリーニング
重要!プラテン ローラーの掃除は、印刷したディスク上の白い染みを発見するな
ど、印刷品質の低下に気付いた時のみ行ってください
ラッチ 1
ラッチ 2
ラッチ 3
# 必要なツール:
•
長い柄つきのスポンジ ブラシ (Everest クリーニング キットに含まれて
います)
a.
•
99% のイソプロピル アルコール
b. サイド カバーを降ろして開きます。
2001474_B
2 つのサイド カバー ラッチを押して、サイド カバーを外します。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
25
Everest 600 プリンタのメンテナンス
c.
プリンタ内部のラッチ 1、
ラッチ 2、
ラッチ 3を開きます。
d. 印刷リボン キャリヤを取り外します。特定の指示については、17 ページ
の手順「印刷リボンの交換」を参照してください。
e.
再転写リボン キャリヤを引き出します。特定の指示については、20 ペー
ジの手順「再転写リボンの交換」を参照してください。
ヒント:再転写リボン キャリヤは、
プリンタから取り外すことはできません。
3.
オペレータ ボタンを 2 秒間押し続けて、診断テスト 1 にアクセスします。
プラ
テン ローラーが回転し、前面パネルのアクティブ表示ランプが点滅します。
4.
印刷ヘッド右側のプラテン ローラーをクリーニングします。
b. スポンジ スワブをノッチ (V 字型の切込み) のないスワブ用のハンドル
の先に差し込みます。
スポンジ
スワブ
スワブ
ハンドル
ノッチ
プラテン
ローラー
c.
イソプロピル アルコールをスポンジ スワブに塗布します。
d. プラテン ローラーが回転しているときに、
スポンジ スワブを使用してプ
ラテン ローラーをふき取ります。
印刷
ヘッド
n 注意: スポンジでプラテン ローラーを清掃するときは、圧力をかけ
ないでください。圧力をかけると、
プラテン ローラーが損傷し、印刷
済みのディスクに引っかき痕をつける可能性があります。
a.
Everest クリーニング キットからスポンジ スワブとスワブ用のハンドルを
取り出します。
ヒント:プラテン ローラーを拭くときは、ローラーが完全に 1 回転してか
ら次のエリアに移ります。
5.
オペレータ ボタンを押して離し、診断モードから抜け出ます。
6.
プリンタの使用準備をします。
a.
プリンタの電源をオフにします。
b. 印刷リボン キャリヤを取り付けます。
c.
再転写リボン キャリヤを取り付けます。
d. すべてのラッチを掛けます。
e.
2001474_B
サイド カバーを閉めます。
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
26
Everest 600 プリンタのメンテナンス
f.
e.
モード スイッチを正しい動作位置に回します。詳細は、9 ページの「
スイッチ」
ご参照してください。
2.
g. プリンタの電源をオンにします。
プリンタの使用準備ができました。
センサーのクリーニング
印刷リボン キャリヤを取り外します。詳細な手順については、20 ペー
ジの「再転写リボンの取り外し」を参照してください。
プリンタ、
オートローダまたは AutoPrinter の電源をオフにします。詳細
は、10 ページ の「Everest 600 プリンタの電源オンとオフ」を参照してく
ださい。
重要!プリンタの電源が完全にオフになるまで、
プリンタ センサーの清掃は
しないでください。
センサーのクリーニングが必要な場合は、次の通りです。
•
プリンタが印刷リボンを認識できないという内容のエラー メッセージが表
示された場合。
•
3.
センサーの検索
•
印刷リボン センサー
上部センサーが応答していないという内容のエラー メッセージが表示され
た場合。
•
上部センサー
•
下部センサー
•
下部センサーが応答していないという内容のエラー メッセージが表示され
た場合。
印刷リボン
センサー
•
印刷が中心からずれている場合。
上部センサー
# 必要なツール:
1.
•
長い柄つきのスポンジ ブラシ
(Everest クリーニング キット
に含まれています)
•
圧縮空気缶
センサーにアクセスします。
a.
2 つのサイド カバー ラッチを
押して、サイド カバーを外し
ます。
下部センサー
b. サイド カバーを降ろして開き
ます。
c.
ラッチ 1 を開けます。
d. 印刷リボン キャリヤを取り外します。詳細な手順については、17 ペー
ジの「印刷リボンの取り外し」を参照してください。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
27
Everest 600 プリンタのメンテナンス
4.
クリーニング キットからスワブ用ハンドルを取り出します。必要に応じて、
ス
ワブ用ハンドルからスポンジ スワブを取り外します。
6.
プリンタの使用準備をします。
a.
印刷リボン キャリヤを取り付けます。
b. 再転写リボンのキャリアを装填します。
スポンジ
スワブ
c.
ラッチを閉めます。
d. サイド カバーを閉めます。
スワブ
ハンドル
プリンタの使用準備ができました。
ノッチ
ヒント:ハンドルの先端の一方には、端から 0.6センチほどのところにノッチ (V 字
型の切込み) のあるスロットが付いています。
こちら側がプリンタに挿入する方
です。
5.
センサーをクリーニングします。
a.
スワブ用ハンドルのスロットがある先端をセンサーに置きます。センサー
の位置については、27 ページを参照してください。
b. ノッチ (V 字型切込み) のないスワブ用ハンドルの先に圧縮空気缶のノ
ズルを差し込みます。
c.
1~2 秒間、圧縮空気を吹き付けます。
d. これを2、3 回繰り返します。
e.
3 つのセンサーそれぞれに、
この手順を繰り返します。
2001474_B
詳細は rimage.com/support をご覧ください。
28
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement