Roland TD-27, TD-27KV, VAD503, VAD506 Owner's manual

Roland TD-27, TD-27KV, VAD503, VAD506 Owner's manual
リファレンス・マニュアル
© 2020 Roland Corporation
目次
身体でテンポを覚える(QUIET COUNT) . . . . . 25
ウォーム・アップ(WARM UPS)
. . . . . . . . . . . . 26
準備編
5
TD-27 の概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6
ドラム・キット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
6
メモリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
7
各部の名称とはたらき . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8
周辺機器を接続する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
ソングと一緒に演奏を録音する . . . . . . . . . . . . . . 27
パソコンに接続して録音する . . . . . . . . . . . . . . . . 28
USBドライバーをインストールする . . . . . . . . . . . 28
サイド・パネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 11
キット・エディット編
29
準備する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
ドラム・キットをエディットする . . . . . . . . . . . 30
リア・パネル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 10
スタンドに取り付ける . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
電源を入れる/切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
電源を入れる . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
電源を切る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 12
ハイハットの設定をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
VH-10 / VH-11 の設定をする . . . . . . . . . . . . . 13
VH-13 の設定をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 13
奏法について . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
スネア/タム . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 14
ハイハット . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
シンバル . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 15
演奏編
16
演奏する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
ドラム・キットを選ぶ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
クロス・スティック奏法を使う . . . . . . . . . . . . . . . 17
鳴っている演奏音をすべて止める
(ALL SOUND OFF)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 17
ドラム・キットを順番に呼び出す(SET LIST)
. . . . . 18
セット・リストを作る . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 18
セット・リストを使う . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 19
曲に合わせて演奏する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 20
スマートフォンの曲に合わせて演奏する . . . . . . . . . 20
MIX IN 端子にケーブルを接続する場合 . . . . . . . 20
Bluetooth で無線接続する場合 . . . . . . . . . . . . . 20
ソングに合わせて演奏する . . . . . . . . . . . . . . . . . 21
曲に合わせてクリック(メトロノーム)を再生する . . 23
クリック・トラックを準備する . . . . . . . . . . . . . . . 23
曲とクリックを再生する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 23
練習する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
クリック(メトロノーム)を鳴らす . . . . . . . . . . . . . 24
クリックをオン/オフする . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
コーチ・モードで練習する . . . . . . . . . . . . . . . . . . 24
ビートに合わせて正確に叩く(TIME CHECK)
. . . 24
2
録音する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
演奏を録音する . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 27
サウンド・モディファイつまみでエディットする . . . . 30
[KIT EDIT]ボタンでエディットする . . . . . . . . . . . 31
インストを重ねて鳴らす(SUB INSTRUMENT)
. . 33
エディット前のドラム・キットと聴き比べる/戻す
(SNAPSHOT) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 34
オーディオ・ファイルを取り込む/鳴らす
(USER SAMPLE) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
オーディオ・ファイルを取り込む(IMPORT) . . . .
ユーザー・サンプルをインストに割り当てる/鳴ら
す . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
ユーザー・サンプルを一覧表示する(LIST)
. . . . .
ユーザー・サンプルを整理する . . . . . . . . . . . . .
35
35
36
36
38
その他の設定をする . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 39
ドラム・キットの名前を変更する(KIT NAME)
. . . 39
ドラム・キットごとにテンポを設定する
(KIT TEMPO) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
パッドごとに MIDI 送受信の設定をする
(KIT MIDI)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 40
パッドを叩いたときに特定のパッドの音をミュートする
(MUTE GROUP)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
パッドを叩く位置で音の鳴りかたを変える
(POSITION) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 41
音色の変化をコントロールする(PEDAL BEND)
. 42
ブラシ演奏をする(BRUSH SW)
. . . . . . . . . . . . 42
[DRUM KIT]ボタンやつまみの点灯色を設定する
(KIT COLOR) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 42
設定をコピーする(COPY)
. . . . . . . . . . . . . . . . 43
目次
システム設定編
45
各種設定をする(SYSTEM) . . . . . . . . . . . . . 46
SYSTEM の基本操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 46
Bluetooth の設定をする(BLUETOOTH)
. . . . . . 46
SD カードにデータをバックアップする(SD CARD)47
すべての設定をバックアップする(SAVE)
. . . . . . 47
バックアップ・データを SD カードから読み込む
(LOAD)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 47
SD カードにドラム・キットをバックアップする
(1 KIT SAVE) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
キット・バックアップ・データを SD カードから読み
込む(1 KIT LOAD)
. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 48
バックアップ・データを SD カードから削除する
(DELETE / 1 KIT DELETE) . . . . . . . . . . . . . . 49
SD カードの使用状況を確認する(INFO)
. . . . . . 50
SD カードを初期化する(FORMAT) . . . . . . . . . 50
トリガーの設定をする(TRIGGER)
. . . . . . . . . . . .
パッドの種類を設定する(BANK)
. . . . . . . . . . . .
ハイハットの設定をする(HI-HAT)
. . . . . . . . . . .
デジタル接続対応パッドを設定する(DIGITAL)
. .
パッドの感度を調節する(PARAM) . . . . . . . . . .
各パッドのトリガー情報を見る(MONITOR)
. . . .
他のパッドの振動による誤発音を防ぐ
(クロストーク・キャンセル)
. . . . . . . . . . . . . . . .
51
51
51
52
52
53
54
音の出力先を設定する(OUTPUT)
. . . . . . . . . . . 55
出力の経路(ルーティング)を設定する . . . . . . . 57
USB オーディオの設定をする(USB AUDIO)
. .
USBドライバーの設定をする . . . . . . . . . . . . .
USB オーディオの出力先を設定する . . . . . . . .
USB オーディオの入力を設定する . . . . . . . . .
.
.
.
.
.
.
.
.
58
58
58
59
MIDI の設定をする(MIDI) . . . . . . . . . . . . . . . . 59
オプション設定をする(OPTION)
. . . . . . . . . . . . 60
フットスイッチやパッドに機能を割り当てる
(CONTROL) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 60
AUTO OFF 機能の設定をする(AUTO OFF)
. . . 61
本機に関する情報を表示する(INFO) . . . . . . . . . 62
工場出荷時の設定に戻す(FACTORY RESET)
. . . 62
資料編
63
エラー・メッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 64
その他のメッセージ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 65
故障かな?と思ったら . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 66
3
主な仕様
ローランド TD-27:ドラム・サウンド・モジュール
ドラム・キット数
100(プリセット:50 以上)
音色数
700 以上
ユーザー・サンプル数:最大 500(製品
出荷時のユーザー・サンプルを含む)
ユーザー・サンプル
音の長さ(合計)
:モノ 24 分、ステレオ
12 分
取り込み可能なファイル形式:WAV
(44.1kHz、16 / 24 ビット)
パッド・コンプレッサー(パッドごと)
パッド・イコライザー(パッドごと)
エフェクト
オーバーヘッド・マイク・シミュレーター
USB オーディオ
サンプリング周波数(オリジナル)
:
44.1kHz、サンプリング周波数(サン
プリング・レート・コンバーター使用)
:
96kHz, 48kHz、録音:28 チャンネル、
再生:4 チャンネル
電源
AC アダプター(DC9V)
消費電流
770mA
外形寸法
238(幅)× 204(奥行)× 79(高さ)
mm
質量
(AC アダプターを除く)
ルーム/リバーブ
クイック・スタート(保証書含む)
マルチ・エフェクト:3 系統、30 種類
『安全上のご注意』チラシ
マスター・コンプレッサー
マスター・イコライザー
Bluetooth
付属品
対応規格:Bluetooth 標準規格 Ver 4.2、
対応プロファイル:A2DP(オーディオ)
、
ディスプレイ
グラフィック LCD 256 × 80ドット
外部メモリー
SD カード(SDHC 対応)
ファイル形式:WAV(44.1kHz、16 ビット)
TRIGGER INPUT 端子× 1(キック、ス
ネア、タム 1、タム 2、タム 3、ハイハット、
クラッシュ 1、ライド、ライド・ベル、ハイハッ
ト・コントロール)
:25 ピン D-sub タイ
プ *3
TRIGGER IN 端子× 4(クラッシュ 2、
AUX1、AUX2、AUX3)
:TRS 標準タイ
プ *3
DIGITAL TRIGGER IN 端子× 3:USB A
タイプ
接続端子
MASTER OUT 端子× 2(L/MONO、R)
:
標準タイプ
DIRECT OUT 端子× 2(MONO)
:
標準タイプ
PHONES 端子× 1:ステレオ標準タイプ
MIX IN 端子× 1:ステレオ標準タイプ
MIDI 端子× 2(IN、OUT/THRU)
USB COMPUTER 端子× 1:USB B タイ
プ
FOOT SW 端子× 1:TRS 標準タイプ
DC IN 端子
USB COMPUTER
端子
4
速度:Hi-speed USB、ドライバー・モード:
ジェネリック/ベンダー、対応通信:USBMIDI / USB-Audio *4
音源マウンティング・プレート
蝶ネジ(M5 × 10)× 2
専用接続ケーブル
パッド:PD シリーズ、PDX シリーズ、BT
シリーズ
ソング・プレーヤー ファイル形式:WAV(44.1kHz、16 /
(SD カード)
24 ビット)
、MP3 *1
レコーダー
ユーザー登録カード
AC アダプター
GATT(MIDI over Bluetooth Low
Energy)
、対応コーデック:SBC(SCMS-T
方式によるコンテンツ保護に対応)
レコーディング方法:リアルタイム、最大
録音時間:60 分(一時録音:3 分) *2
1.1kg
シンバル:CY シリーズ
キック:KD シリーズ、KT シリーズ
ハイハット:VH-13、VH-11、VH-10
別売品
ハイハット・コントロール・ペダル:FD シ
リーズ
アコースティック・ドラム・トリガー:RT シ
リーズ
フットスイッチ:BOSS FS-5U、FS-6
パーソナル・ドラム・モニター:PM シリー
ズ
ノイズ・イーター:NE シリーズ
*1:オーディオ・ファイルは、SD カードに保存されている必要が
あります。
*2:録音には、SD カードが必要です。SD カードがない場合、約
3 分間の一時録音が可能ですが、本体への保存はできません。
*3:デジタル接続対応パッドと排他利用です。
*4:USB オーディオを使用するには、ベンダー・モードに変更し
てベンダー・ドライバーを使用する必要があります。
※ 本書は、発行時点での製品仕様を説明しています。最
新情報についてはローランド・ホームページをご覧く
ださい。
準備編
5
TD-27 の概要
ドラム・キット
本機では、各パッド(スネア、キック、シンバルなど)を叩いたときに鳴る音
色を「インスト」と呼びます。各パッドに割り当てたインストのセットを「ドラム・
キット」と呼びます。ドラム・キットの構成は、以下のようになっています。
ドラム・キット
インスト
ドラム・キット 100
ドラム・キット 1
パッドの設定
パッド
パッド・コンプレッサーなど
KICK
SNARE
TOM 1
TOM 2
ヘッド
ヘッド
ヘッド
ヘッド
リム
リム
リム
HI-HAT
CRASH 1
CRASH 2
ヘッド
ヘッド
ヘッド
リム
リム
リム
AUX 1
AUX 2
AUX 3
リム
ヘッド
ヘッド
ヘッド
ベル
リム
リム
リム
TOM 3
ヘッド
リム
RIDE
ヘッド
ヘッド
音量、パン、パッド・イコライザー、サブ・
インストの鳴らしかたなど
インスト
音色、トランジェントなど
サブ・インスト
音色、トランジェントなど
リム
ドラム・キット全体の設定
ドラム・キット全体のオーバーヘッド・マイク、演奏する
場所、エフェクト、ドラム・キット名、MIDI の設定など
メモ
55ドラム・キットの設定を変更すると、変更した設定が自動的に保存されます。
55ドラム・キットの詳しいパラメーター構成については、
『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
インスト
スネア、キックなどの楽器音のことを「インスト」と呼び
ます。各パッドのヘッドとリムなど叩き分ける箇所それぞれ
にインストが割り当てられています。
55インストごとに、音色やアタック、リリースの調節などを
設定することができます。
55 ヘッドの種類やシェルの深さ、残響など各インストの設
定を変更することで、幅広い音作りができます。
55 パソコンで作成したオーディオ・ファイルを SD カードか
ら本機に取り込み、インストとして鳴らすことができます
(ユーザー・サンプル機能)
。
6
ドラム・キット
各パッドに割り当てたインストのセットです。
ドラム・キット全体を集音するオーバーヘッド・マイクや演
奏する場所、エフェクトなど、ドラム・キット全体にかかる
設定ができます。
エフェクト
本機のエフェクトには、パッドの叩き分ける場所ごとにかか
るもの(パッド・イコライザーなど)
、パッドごとにかかる
もの(パッド・コンプレッサーなど)
、ドラム・キット全体に
かかるもの(MFX、マスター・コンプなど)があります。
TD-27の概要
メモリー
ドラム・キットやトリガーなどの設定が保存されている場所を、
「メモリー」と呼びます。
TD-27
プリセット・メモリー
ユーザー・メモリー
ドラム・キット
ドラム・キット
セット・リスト
トリガー設定
LOAD
セット・リスト
COPY
SAVE
システム
ユーザー・サンプル(プリセット)
バックアップ
ドラム・キット
トリガー設定
システム
SD カード
ユーザー・サンプル
ユーザー・サンプル
録音データ
テンポラリー・メモリー
(一時的に保存)
録音データ
プリセット・メモリー
工場出荷時の設定が保存されています。ファクトリー・リセッ
トを実行すると、ユーザー・メモリーが工場出荷時の設定
になるように、プリセット・メモリーの内容が自動的にコピー
されます(P.62)
。
以下の設定が、プリセット・メモリーに記憶されています。
55ドラム・キット(P.6)
55セット・リスト(P.18)
55トリガー設定(P.51)
55システム(P.46)
55 ユーザー・サンプル(プリセット)
(P.35)
※ ユーザー・サンプル(プリセット)はコピーできません。
また、ファクトリー・リセットを実行することで、ユーザー・
メモリーのユーザー・サンプルを工場出荷時の状態に
戻すことができます。
ユーザー・メモリー
ドラム・キットのエディットや演奏に使用する設定が保存さ
れます。SD カードやプリセット・メモリーのデータを読み
込む、またはコピーすることもできます(P.43)
。
以下の設定が、ユーザー・メモリーに保存されています。
55ドラム・キット(P.6)
55セット・リスト(P.18)
55トリガー設定(P.51)
55システム(P.46)
55 ユーザー・サンプル(P.35)
EXPORT
テンポラリー・メモリー(一時的に保存)
本機で録音したデータ(1 曲)を、本体の一時的なエリア
に記憶します。テンポラリー・メモリーの録音データは、
SD カードにエクスポートすることができます(P.27)
。
※ 録音には、SD カードが必要です。SD カードがない
場合、約 3 分間の一時録音が可能ですが、本体へ
の保存はできません。録音した曲を SD カードに保存
(エクスポート)する場合は、あらかじめ SD カードを
挿入しておきます。
※ 電源を切ると、テンポラリー・メモリーに録音したデー
タは消去されます。
SD カード
SD カードには、ユーザー・メモリーに保存されている設
定を 1 セットとして、99 セットまで保存(バックアップ)し
ておくことができます。バックアップとは別に、ドラム・キッ
トを 999 個保存することができます。
また、本機の録音データを、SD カードに保存することがで
きます。
メモ
55 SD カードに保存したデータは、ユーザー・メモリーに
ロードまたはコピーすることができます。
詳しくは、
「SD カードにデータをバックアップする
(SD CARD)
」
(P.47)または「設定をコピーする
(COPY)
」
(P.43)をご覧ください。
55 SD カードのフォルダー構成については、
「SD カードの
フォルダー構成」
(P.22)をご覧ください。
7
各部の名称とはたらき
ディスプレイ
操作に応じて、さまざまな情報を表示し
ます。
電源を入れてしばらくすると、DRUM
KIT 画面(基本画面)が表示されます。
&「ドラム・キッ
&
トを選ぶ」
(P.17)
ファンクション・ボタン(
[F1]~[F5]
)
画面の表示によって機能の変わるボ
タンです。機能は画面下部に表示さ
れます。
[t]ボタン
演奏を録音します。
&「録音する」
&
(P.27)
[s]ボタン
内蔵曲や録音した演奏データの再生/
停止や、録音の開始/停止をします。
&「曲に合わせて演奏する」
&
(P.20)
&「録音する」
&
(P.27)
[SONG]ボタン
デモ演奏やバッキング(伴奏)用の
曲の再生など、ソングに関する設定
をします。
&「ソングに合わせて演奏する」
&
(P.21)
[DRUM KIT]ボタン
ドラム・セットの音(ドラム・キット)
を選ぶ、基本画面を表示します。
また、他の画面から基本画面に戻る
ときに押します。
&「ドラム・キッ
&
トを選ぶ」
(P.17)
8
[CLICK]ボタン
クリック(メトロノーム)を鳴らしたり、
テンポや拍子などの設定をしたりし
ます。
&「クリ
&
ック(メトロノーム)を鳴らす」
(P.24)
ダイヤル
DRUM KIT 画面(基本画面)で、
ダイヤルを回してドラム・セットの音
(ドラム・キット)を選びます。
また、カーソル・ボタンで選んだパ
ラメーターの設定値を変えます。
[COACH]ボタン
コーチ・メニューで、演奏レベルに
合わせたドラム練習ができます。
&「コーチ・モードで練習する」
&
(P.24)
各部の名称とはたらき
[BACKING]つまみ
内蔵曲やクリック(メトロノーム)
、
MIX IN 端子や Bluetooth で接続
したスマートフォンの音量を調節し
ます。
[PHONES]つまみ
PHONES 端子に接続したヘッドホン
の音量を調節します。
[MASTER]つまみ
MASTER OUT 端子に接続したアン
プ内蔵スピーカーなどの音量を、調
節します。
&「曲に合わせて演奏する」
&
(P.20)
&「クリ
&
ック(メトロノーム)を鳴らす」
(P.24)
サウンド・モディファイつまみ
(
[INSTRUMENT]
、[LEVEL]
、[TUNING]
、[MUFFLING]
)
パッドの音色(インスト)を選んだり、選んだインストの音量(レベル)や音
の高さ(チューニング)
、余韻の長さ(マフリング)を調節したりします。
&「ドラム・キッ
&
トをエディットする」
(P.30)
Bluetooth インジケーター
インジケーターの表示で Bluetooth の接続状況を確認できます。
スマートフォンなどと無線接続して、スマートフォンに入っている曲を再生しな
がらドラム演奏することができます。
消灯
Bluetooth 未接続
点滅
ペアリング中
Bluetooth オーディオ接続済み
点灯
※ 接続時/切断時に、数回高速点滅します。
※ Bluetooth MIDI の場合は、接続が完了しても Bluetooth インジ
ケーターは点灯しません。スマートフォンなどでお使いのアプリ画
面に「接続済み」と表示されます。
&「スマートフォンの曲に合わせて演奏する」
&
(P.20)
&「ソングと一緒に演奏を録音する」
&
(P.27)
[KIT EDIT]ボタン
ヘッドの種類やシェルの深さなど、ド
ラム自体のカスタマイズから残響の
調節まで、幅広い音作りができます。
&「ドラム・キッ
&
トをエディットする」
(P.30)
[EXIT]ボタン
操作をキャンセルします。または、
前の画面に戻ります。
[USER SAMPLE]ボタン
パソコンで作成したオーディオ・ファ
イルを本機に取り込み、インストと
して鳴らすことができます。
&「オーディオ・ファイルを取り込む/
&
[SYSTEM]ボタン
TD-27 のシステム設定をします。
&「各種設定をする(SYSTEM)
&
」
(P.46)
鳴らす(USER SAMPLE)
」
(P.35)
カーソル・ボタン(
[ ]
[ ]
[ ]
[ ]
)
画面上のカーソルを上下左右に移動
させ、パラメーターを選びます。
[ENTER]ボタン
操作を決定します。または、次の画
面に進みます。
また、
[ENTER]ボタンを押しながら
[SYSTEM]ボタンを押すと、設定
するパッドが切り替わらないようにで
きます(Trig Lock 機能)
。
9
周辺機器を接続する
リア・パネル
[POWER]スイッチ
電源をオン/オフします。
&「電源を入れる/切る」
&
(P.12)
MIDI 端子
(IN、OUT/THRU)
外部音源などの MIDI 機器
と接続します。接続には、
MIDI ケーブル(市販)を
使います。
&「MIDI
&
の設定をする
(MIDI)
」
(P.59)
MIX IN 端子
オーディオ・プレーヤーや
スマートフォンなどを接続
します。スマートフォンに
保存されている曲に合わせ
て演奏したり、録音したり
することができます。
&「スマートフォンの曲
&
に合わせて演奏する」
(P.20)
&「ソングと一緒に演奏を録
&
音する」
(P.27)
DIRECT OUT 端子(1、2)
ミキサーなどを接続します。
ライブ会場などで、PA ミ
キサーにキックやスネアの
音色を送って個別に調整す
るときに便利です。
&「音の出力先を設定する
&
(OUTPUT)
」
(P.55)
DAW
ソフトウェアなど
(受信機器)
(送信機器)
DC IN 端子
MASTER OUTPUT 端子
(L/MONO、R)
付属の AC アダプター
を接続します。
アンプ内蔵スピーカー
(別売)などを接続します。
※ AC アダプターのコー
ドは、底面のコード・
フックを使って図のよ
うに固定してください。
※ モノで出力するときは、
L/MONO 端子のみに接
続します。
コード・
フック
AC アダプ
ターのコード
(底面)
TRIGGER INPUT 端子
付属の専用接続ケーブ
ルを取り付けて、パッ
ド類やペダルを接続し
ます。
DIGITAL TRIGGER IN
端子(1、2、3)
デジタル接続対応のパッ
ド(PD-140DS、CY18DR など)を接続し
ます。
&「デジタル接続対応パッ
&
ドの設定」
(P.11)
FOOT SW 端子
フットスイッチ(別売:
BOSS FS-5U、FS-6)
を接続します。ペダル
操作でドラム・キットを
呼び出すなど、さまざ
まなコントロールができ
ます。
&「フッ
&
トスイッチやパッ
TRIGGER IN 端子
(CRASH 2、AUX 1 ~
AUX 3)
CRASH 2に、
クラッシュ・
シンバルを接続します。
AUX1 ~ AUX3 は、
パッ
ド類を増設するときに使
います。
PHONES 端子
ヘッドホン(別売)を
接続します。
※ ヘッドホンを接続
しても、MASTER
OUTPUT 端子に接
続したアンプ内蔵ス
ピーカーからは音が
出ます。
ドに機能を割り当
てる(CONTROL)
」
(P.60)
※ 他の機器と接続するときは、誤動作や故障を防ぐため、必ずすべての機器の音量を絞り、すべての機器の電源を切ってください。
10
周辺機器を接続する
サイド・パネル
SD カード・スロット
市販の SD カード(SDHC カード(32GB)まで対応)を挿入します。
SD カードには、バッキング(伴奏)用の曲や本機の設定を保存すること
ができます。また、ユーザー・サンプルの取り込みや、録音した演奏デー
タの保存などにも使います。
&「SD
&
カードを初期化する(FORMAT)
」
(P.50)
&「ソングに合わせて演奏する」
&
(P.21)
&「録音する」
&
(P.27)
&「オーディオ・ファイルを取り込む/鳴らす(USER
&
SAMPLE)
」
(P.35)
&「SD
&
カードにデータをバックアップする(SD CARD)
」
(P.47)
※ 初めて SD カードを使うときは、必ず本機で SD カードを初期化(フォー
マット)してください(P.50)
。
※ 画面に「Processing...」
「Now Saving...」と表示されてい
る間は、絶対に電源を切ったり、SD カードを抜いたりしない
でください。故障の原因となります。
※ SD カードのメーカーや種類によっては、本機で正しく録音や
再生ができないことがあります。
USB COMPUTER 端子
パソコンと接続します。接続には、USB ケーブル(市販)を使います。
DAW ソフトウェア(市販)へ 28ch のマルチ・トラックで演奏をオーディ
オ録音したり、MIDI 録音したりすることができます。また、パソコンで
再生した音を本機で鳴らすことができます。
&「パソコンに接続して録音する」
&
(P.28)
&「USB
&
オーディオの設定をする(USB AUDIO)
」
(P.58)
デジタル接続対応パッドの設定
デジタル接続対応のパッドを DIGITAL TRIGGER IN
端子に初めて接続すると、以下の画面が表示されます。
画面に従って、接続したパッドをどのトリガー・インプッ
トに割り当てるか設定します。
※ 専用接続ケーブルや TRIGGER IN 端子につない
だパッドと同じトリガー・インプットに割り当てると、
TRIGGER INPUT 端子と TRIGGER IN 端子に接続
したパッドの音は出力されません。
[ENTER]
1. カーソル・ボタンで「OK」を選び、
ボタンを押します。
2. カーソル・ボタンで設定するパッドを選び、
ダイヤルでアサインを設定します。
※ 同じアサインを複数設定することはできません。
設定例
Pad(パッド)
Assign(アサイン)
参照
PD140DS
SNARE
詳しくは、
「デジタル接続対応パッドを設定する
(DIGITAL)
」
(P.52)をご覧ください。
CY18DR
RIDE
3.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM
KIT 画面に戻ります。
11
準備する
スタンドに取り付ける
付属の音源マウンティング・プレートを使って、本機をドラム・スタンド(別売:
MDS シリーズなど)に取り付けます。付属の蝶ネジを使って、図のように取り付
けます。
※ 付属の蝶ネジ以外は使わないでください。故障の原因になります。
※ 本機を裏返すときは、破損を防ぐためボタンやつまみなどを保護してください。
また、落下や転倒を引き起こさないよう取り扱いに注意してください。
Roland ロゴ
が外側
メモ
シンバル・スタンドなどに本機を取り付ける場合は、オール・パーパス・クランプ(別売:APC-10)を使って音源マウ
ンティング・プレートを固定してください。
電源を入れる/切る
※ 電源を入れる/切るときは、音量を絞ってください。音量を絞っても電源を入れる/切るときに音がすることがありま
すが、故障ではありません。
電源を入れる
3. アンプ内蔵スピーカーを接続した場合は、ア
1. 本機にヘッドホン(別売)、またはアンプ内蔵
4. ヘッドホンの音量は[PHONES]つまみで、
スピーカー(別売)を接続します。
※ アンプ内蔵スピーカーを接続した場合は、アンプ内蔵
スピーカーの音量を最小にします。
2. 本機リア・パネルの[POWER]スイッチを、
ON にします。
電源を入れると、以下の画面が表示されます。
ンプ内蔵スピーカーの電源を入れます。
アンプ内蔵スピーカーの音量は[MASTER]
つまみで調節します。
電源を切る
注意
本機で変更した設定は、電源を切るときに保存され
ます。必ず[POWER]スイッチを OFF にして、電源
を切るようにしてください。
この画面では、一定時間経過すると電源が自動的に切
れるようにするかを設定できます(AUTO OFF 機能)
。
ボタン
[F1]
(OFF)
説明
電源は自動的に切れません。
4 時間以内にパッドを叩かなかったり何
[F5]
(4 HOURS) も操作をしなかったりすると、電源が自
動的に切れます。
※ AUTO OFF 機能を「OFF」に設定していると、この
画面は表示されません。
※ 本機は、演奏や操作をやめてから一定時間経過すると
自動的に電源が切れます(Auto Off 機能)
。自動的に
電源が切れないようにするには、Auto Off 機能を解除
してください(P.61)
。
電源を再びオンにするときは、電源を入れ直してくだ
さい。
12
1. 本機にアンプ内蔵スピーカーを接続した場合
は、アンプ内蔵スピーカーの音量を最小にし
て電源を切ります。
2. 本機の[POWER]スイッチを、OFF にします。
「Please wait. Now saving...」と表示され、設定が
保存されると電源が切れます。
準備する
ハイハットの設定をする
ハイハット(VH-10 / VH-11 または VH-13)を使うときは、本機でオフセットの調整をします。
ハイハットのオープン、クローズやペダルの動きを、正しく検出するために必要な設定です。
&&ハイハットの感度を微調整する場合は、
「パッドの感度を調節する(PARAM)
」
(P.52)をご覧ください。
VH-10 / VH-11 の設定をする
VH-13 の設定をする
1. ハイハットがモーション・センサー・ユニット
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
から完全に離れた状態で、本機の電源を入れ
ます。
クラッチ・スクリュー
離す
2. カーソル・ボタンで「TRIGGER」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
3. カーソル・ボタンで「HI-HAT」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER HI-HAT 画面が表示されます。
モーション・センサー・ユニット
2. VH-10 のクラッチ・スクリューをゆるめ、ハ
イハットをモーション・センサー・ユニットの
上に自然に置いた状態にします。
3.[SYSTEM]ボタンを押します。
4. カーソル・ボタンで「TRIGGER」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
5. カーソル・ボタンで「HI-HAT」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
4. ダイヤルで、Trig Type を「VH13」に設定
します。
5.[F5](OFFSET)ボタンを押します。
VH OFFSET ADJUSTMENT 画面が表示されます。
TRIGGER HI-HAT 画面が表示されます。
6. VH-13 のクラッチ・スクリューをゆるめ、ハ
6. ダイヤルで、Trig Type を「VH10」に設定
します。
7. 画面右側に表示される
7.[F5](EXECUTE)ボタンを押します。
オフセット
調整ネジ
メーターを見ながら、
OPEN
VH-10 のオフセット調
整ネジを回して調整します。
メーターに
イハットを閉じた状態にします。
※ ハイハット本体やペダルには触らないでください。
CLOSE
マークが表示されるように調整します。
「> <」から
「▶◀」に
変わる
約 3 秒でオフセットが自動的に調整されます。
8.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
8. ハイハットがお好みの開き具合になるように、
クラッチ・スクリューをと留めます。
9.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
13
奏法について
本機は、アコースティック・ドラムと同様にさまざまな奏法で演奏することができます。
注意
55 スティックは、木製や樹脂製をお使いください。カーボン製や金属製のスティックを使うと、センサーが誤動作すること
があります。
55ブラシは、ナイロン製をお使いください。金属製のブラシを使うと、センサーが誤動作したりパッドを傷つけたりするこ
とがあります。
スネア/タム
奏法
説明
ヘッドを叩きます。
ヘッド・ショット
打点位置による音色変化
リム・ショット
特定のスネア音色では、ヘッドの中心から外周部にかけて叩いた位置の違いによる
自然な音色変化が得られます。
ヘッドとリムを同時に叩きます。
ヘッド・ショット時とは異なる音色(リム音色)が鳴ります。
ヘッドに手を置きながらリムを叩きます。
クロス・スティッ
ク奏法
スネア音色では、リム・ショット奏法時にはリム音色、クロス・スティック奏法時には
クロス・スティック音色というように、各奏法に対応した音色を鳴らし分けることがで
きます。
リム・ショット奏法に対応するパッドを専用接続ケーブルの「SN」に接続するか、
クロス・
スティック奏法が可能なデジタル接続対応のパッド(PD-140DS など)を接続して、
スネアに割り当てます。
※ PD-140DS 以外は、ヘッドに触れないようにリムのみを叩きます。
※ 一部のスネア音色では、音色の鳴らし分けができない場合があります。
ブラシでこする表現(ブラシ・スイープ奏法)ができます。
ブラシ奏法
専用接続ケーブルの「SN」にメッシュ・ヘッドのパッドを接続するか、ブラシ奏法が
可能なデジタル接続対応のパッド(PD-140DS など)を接続して、スネアに割り当
てます。
さらに、ブラシ演奏に対応したインストをスネアのヘッドに割り当て、Brush Switch
を「ON」にします。
&&設定方法は、
「ブラシ演奏をする(BRUSH SW)
」
(P.42)をご覧ください。
リム・ショットのニュアンスによる音色変化
特定のスネア音色やタム音色では、リム・ショットの微妙な叩きかたの違いによって音色のニュアンスが変化します。
※ 打点位置検出に対応したパッドを接続する必要があります。
奏法
説明
通常のリム・ショッ
ト
ヘッド中心とリムを同時に叩きます。
(オープン・リム・ショット)
浅いリム・ショット
(シャロウ・リム・ショット)
14
ヘッドのリムに近い部分とリムを同時に叩きます。
奏法について
ハイハット
奏法
説明
ハイハット・スタンドのペダルの踏み込み具合により、オープンからクロー
ズまでハイハットの音色が滑らかに変化します。
オープン/クロー
ズ
ペダルを踏み込んで鳴らすフット・クローズや、ペダルを踏み込んで瞬時に
オープンして鳴らすフット・スプラッシュも可能です。音色によっては、クロー
ズの状態で叩いて瞬時にオープンしたときの音色変化も表現できます。
クローズ状態からさらにペダルを踏み込んでハイハットを叩くと、踏み込む
強さに応じて変化したクローズの音色を鳴らすことができます。
プレッシャー
(VH-13)
※ VH-10、VH-11、FD-9、FD-8 はプレッシャーに対応していません。
ボウ・ショット
トップ・ハイハットの打面を叩く奏法です。接続したトリガー・インプットのヘッ
ド側の音色が鳴ります。
エッジ・ショット
トップ・ハイハットのエッジ(端)をスティックのショルダーで叩く奏法です。
図のエッジ・センサーの位置が叩かれたときに、接続したトリガー・インプッ
トのリム側の音色が鳴ります。
※ エッジを真横から叩いても正しく鳴りません。図のように叩いてください。
エッジ・センサー
※トップ・ハイハットの裏側やボトム・ハイハットは叩かないでください。故障の原因になります。
シンバル
奏法
説明
打点位置による
ニュアンスの変化
ボウ・ショット
シンバルの打面を叩く最も一般的な奏法です。接続したトリガー・インプッ
トのヘッドの音色が鳴ります。
特定のライド音色では、ボウ部の打点位置に応じて音色のニュアンスが変化
します。
シンバルのエッジ
(端)
をスティックのショルダーで叩く奏法です。図のエッジ・
センサーの位置が叩かれたときに、接続したトリガー・インプットのリムの音
色が鳴ります。
エッジ・ショット
エッジ・センサー
ベルを叩く奏法です。ベルが叩かれたときにベルの音色が鳴ります。
専用接続ケーブルの「RD」と「RDB」にライド・3 ウェイ・トリガーに対応
したパッドを接続するか、ベル・ショット奏法が可能なデジタル接続対応のパッ
ド(CY-18DR など)を接続して、ライドに割り当てます。
ベル・ショット
シンバルを叩いたあと、エッジ・センサーを手でチョークする(つかむ)と、
音が止まります。
チョーク奏法
センサー
CY-18DR は、センサーに手を置いても音が止まります。
チョーク状態で叩くと、音が短く鳴ります。
エッジ・センサー
15
演奏編
16
演奏する
ドラム・キットを選ぶ
本機では、さまざまな音楽ジャンルに対応するドラム・キットで演奏を楽しむことができます。
1.[DRUM KIT]ボタンを押します。
DRUM KIT 画面が表示されます。この画面には、設定により以下の内容が表示されます。
テンポ(キット・テンポが
「ON」のときのみ表示)
パッドを叩いたときに受信するトリガー信号のレベル
が、トリガー・メーターに表示されます。
ブラシ・アイコン(Brush Switch が「ON」のときのみ表示)
ドラム・キットの番号
ドラム・キット名
ユーザー・サンプル・アイコン(ユーザー・サンプル(P.35)
を使っているドラム・キットを選んでいるときのみ表示)
2. ダイヤルで、ドラム・キットを選びます。
参照
ドラム・キット・リストについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
クロス・スティック奏法を使う
TRIGGER INPUT 端子に接続したパッドの場合
[F3]
(XSTICK)ボタンを押すたびに、スネアのパッドで
クロス・スティック音(P.14)を鳴らすか/鳴らさない
かの切り替えができます。
鳴っている演奏音をすべて止める
(ALL SOUND OFF)
発音中のドラムの演奏音やユーザー・サンプル(P.35)
の演奏音を止めます。ユーザー・サンプルで鳴らした長
尺の音色やループ・フレーズを止めたいときなどに便利
です。
※ エフェクトの残響音、ソング、クリックは止まりません。
1.[ENTER]ボタンを押しながら[EXIT]ボタ
ンを押します。
鳴っている演奏音がすべて止まります。
クロス・スティック奏法に対応した、デジタル接
続対応のパッド(PD-140DS など)の場合
DIGITAL TRIGGER IN 画面でアサインをスネアに割り当
てると(P.11)
、常時クロス・スティック奏法が可能に
なります。
このとき、画面に XSTICK アイコンは表示されません。
参照
パッドやフットスイッチに機能を割り当てて、発音中の
すべての演奏音を停止することもできます(P.60)
。
17
演奏する
ドラム・キットを順番に呼び出す
(SET LIST)
ドラム・キットを呼び出す順番を、1 から 32 番目
(32 ステッ
プ)まで設定できます。これを「セット・リスト」と呼びます。
セット・リストは、32 個まで作ることができます。
ライブで使う順番に設定しておけば、次に使うドラム・キッ
トをすぐに呼び出すことができて便利です。
セット・リスト1
STEP 1
STEP 2
ドラム・
キット 7
STEP 32
ドラム・
キット 13
ドラム・
キット 23
セット・リスト2
STEP 1
STEP 2
ドラム・
キット 1
3.[F5](SETUP)ボタンを押します。
セットアップ画面が表示されます。
ボタン
説明
[F1]
(MOVE LIST H) カーソル位置のセット・リストの順
[F2]
(MOVE LIST I) 番を変更します。
[F4]
(NAME)
カーソル位置のセット・リストの名
前を変更します(P.39)
。
[F5]
(STEP EDIT)
カーソル位置のセット・リストのス
テップを編集します。
STEP 32
ドラム・
キット 14
ドラム・
キット 5
4. ダイヤルで、設定するセット・リストを選び
ます。
5.[F5](STEP EDIT)ボタンを押します。
セット・リスト32
STEP 1
STEP 2
ドラム・
キット 3
STEP 32
ドラム・
キット 8
ドラム・
キット 11
SET LIST STEP EDIT 画面が表示されます。
ステップ番号
ステップのドラム・キット
セット・リスト番号
セット・リストを作る
1.[DRUM KIT]ボタンを押します。
DRUM KIT 画面が表示されます。
2.[F1]ボタンを押します。
SET LIST 画面が表示され、セット・リストがオンになり
ます。
セット・リスト番号 セット・リスト名
ステップ番号
6. カーソル・ボタンで各ステップのドラム・キッ
トを選び、ダイヤルで設定を変更します。
ボタン
[F4]
(DELETE)
[F5]
(INSERT)
説明
カーソル位置のドラム・キットを削除し、
以降のステップを 1 つ前にずらします。
カーソル位置に同じドラム・キットを挿入
し、以降のステップを 1 つ後ろにずらし
ます。
現在のドラム・キット
ボタン
[F1]
(K SET LIST)
[F2]
(SET LIST J)
[F5]
(SETUP)
18
説明
セット・リストを選びます。
セット・リストを編集する画面を表示
させます。
メモ
セット・リストが空の場合は、
「END」にカーソルを合
わせ、ダイヤルでドラム・キットを設定します。
7.[DRUM KIT]ボタンを押して、SET LIST 画
面に戻ります。
演奏する
セット・リストを使う
1.[DRUM KIT]ボタンを押します。
DRUM KIT 画面が表示されます。
2.[F1]ボタンを押します。
セット・リストがオンになります。
(K SET LIST)ボタンまたは[F2]
(SET
3.[F1]
LIST J)ボタンを押して、使用するセット・リ
ストを選びます。
4. ダイヤルで、設定したステップの順にドラム・
キットを呼び出します。
5. 演奏が終わったら、[DRUM KIT]ボタンまた
は[EXIT]ボタンを押します。
セット・リストがオフになります。
メモ
55フットスイッチやパッドに機能を割り当てて、セット・リ
ストやドラム・キットを呼び出すことができます。
詳しくは、
「フットスイッチやパッドに機能を割り当てる
(CONTROL)
」
(P.60)をご覧ください。
55 各ドラム・キットの音量にばらつきがある場合は、ドラ
ム・キット全体の音量を調節してください(P.31)
。
55 SET LIST 画面から DRUM KIT 画面に戻るときは、
[DRUM KIT]ボタンまたは[EXIT]ボタンを押します。
19
曲に合わせて演奏する
スマートフォンやタブレットなどのモバイル機器(以下「スマートフォン」と呼びます)に入っている曲や本機で再生でき
るソングに合わせて、ドラム演奏を楽しむことができます。
スマートフォンの曲に合わせて演奏する
MIX IN 端子にケーブルを接続する場合
1. スマートフォンとステレオ・ミニプラグ・ケー
5. スマートフォンの設定で、Bluetooth 機能を
オンにします。
ブル(市販)をつなぎ、本機の MIX IN 端子
に接続します(P.10)
。
2. スマートフォンの曲を再生します。
3.[BACKING]つまみを回して、曲の音量を調
節します。
Bluetooth で無線接続する場合
スマートフォンと本機を
Bluetooth で無線接続するに
は、スマートフォンに本機を登
録する(お互いを認証する)た
めの「ペアリング」が必要です。
ペアリング
6. スマートフォンの Bluetooth「デバイス」欄
に表示される「TD-27 AUDIO」をタップし
ます。
本機とスマートフォンがペアリングされます。ペアリン
グが完了すると、以下のように表示されます。
スマートフォン
「自分のデバイス」欄に「TD-27 AUDIO」
が追加され、
「接続済み」と表示される
「Connected(AUDIO)
」と表示される
TD-27
ここでは、例として iPhone を使った設定方法を紹介し
ます。
※ 本機とのペアリングが済んだスマートフォンは、再度ペ
アリングする必要はありません。「ペアリング済みのス
マートフォンを接続する」
(P.20)の手順をご覧くだ
さい。
スマートフォンを登録する(ペアリング)
1. 接続したいスマートフォンを、本機周辺に置き
ます。
2.[SYSTEM]ボタンを押します。
3. カーソル・ボタンを「BLUETOOTH」に合わせ、
[ENTER]ボタンを押します。
4.[F1](PAIRING)ボタンを押します。
7.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
スマートフォンの曲を再生する
スマートフォンで曲を再生すると、本機に接続したヘッドホ
ンやアンプ内蔵スピーカーから音が鳴ります。
曲の音量は、本機の[BACKING]つまみ、またはスマー
トフォン側で調節してください。
メモ
スマートフォンで再生した曲は、本機の演奏音と一緒に
録音することができます(P.27)
。
ペアリング済みのスマートフォンを接続する
1. スマートフォンの設定で、Bluetooth 機能を
オンにします。
スマートフォンと本機が無線でつながります。
ペアリングをやめる場合は、
[F1]
(CANCEL)ボタン
または[EXIT]ボタンを押します。
20
※ 上記の操作で接続ができなかった場合は、スマート
フォンの「デバイス」欄に表示されている「TD-27
AUDIO」をタップしてください。
曲に合わせて演奏する
ソングに合わせて演奏する
本機の内蔵曲や SD カードに保存されたオーディオ・ファイル、SD カードに録音した演奏データなど、本機で再生できる
曲の総称を「ソング」と呼びます。
ソングの種類
内蔵曲
(INTERNAL)
SD カードに保存された曲
(SD CARD)
SD カードに録音した曲
(REC DATA)
説明
本機に内蔵されているバッキング
用の曲(オーディオ・データ)とド
ラム・キット音色をプレビューする
ためのデモ演奏(Preview)
バッキング用に SD カードに保存し
たオーディオ・ファイル(WAV /
MP3)
指定した区間を繰り返し再生させる
(A-B リピート)
曲の一部区間を指定してリピートすることができます。曲
の同じところを繰り返し練習する場合に便利です。
※ 内蔵曲のデモ演奏は、A-B リピートを設定できません。
A
B
本機での演奏を SD カードに保存
(エクスポート)したデータ(オー
ディオ・データ)
1.[SONG]ボタンを押します。
SONG 画面が表示されます。
1. ソングを選んで再生します。
2. SONG 画面で、リピートを開始したい位置で
[F4]
(A-B)ボタンを押します。
「A」の文字が表示されます。
2. ダイヤルで、ソングを選びます。
[F1]ボタンを押すたびに、内蔵曲(INTERNAL)/
SDカードのオーディオ・ファイル
(SD CARD)
/ SDカー
ドに録音(エクスポート)した曲(REC DATA)を切
り替えることができます。
3.[s]ボタンを押します。
選んだソングが再生されます。
再生中の操作
[s]ボタン
ソングの再生/停止
[ ]
[ ]ボタン
ソングの早送り[ ]/早戻し[ ]
[ ]ボタン
曲の先頭に戻る
メモ
[ ]/[ ]ボタンで、5 秒戻し/ 5 秒送りができます。
長押しすると、早戻し/早送りができます。
3. リピートを終了したい位置で、[F4](A-B)ボ
タンを押します。
「B」の文字が表示され、ソングの A と B の間が繰り返
し再生されます。
[ ]ボタンでカーソル
ソングの再生スピードを早くする(右
を「SPEED」に合わす
回し)/遅くする(左回し)
& ダイヤル
[F4]
(A-B)ボタン
通常再生/ A-B リピートを順番に切
り替えます。
[F4]
(A-B RPT)ボタンを押すと、通常再生に戻ります。
参照
内蔵曲リストについては、『データ・リスト』
(PDF)を
ご覧ください。
21
曲に合わせて演奏する
ソングの情報を見る/設定を変更する
ソングの種類や名前、演奏時間を確認したり、ソングの鳴
らしかたや音量を変更したりすることができます。
SD カードのフォルダー構成
REC フォルダー
エクスポートした録音データが保存さ
れます。
1.[SONG]ボタンを押します。
SONG 画面が表示されます。
IMPORT フォルダー
ユーザー・サンプルとしてインポート
するオーディオ・ファイルは、このフォ
ルダーに保存します。
2. ダイヤルで、設定を変更したいソングを選び
ます。
3.[F2](SETUP)ボタンを押します。
Roland フォルダー
本機のバックアップ・データが保存さ
れます。
SONG INFO/FUNC 画面が表示されます。
Backup フォルダー
TD-27 フォルダー
Kit フォルダー
ソングの情報
表示
Type
Name
Total Time
ソングの種類
(INTERNAL / SD CARD / REC DATA)
ソングの名前
SD カードの場合は、SD カード上の保存場所
(一番上の階層または REC フォルダー)が
表示されます。
ソングの演奏時間
※ドラム演奏だけのソングでは、表示されま
せん。
4. カーソル・ボタンで変更する項目を選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
パラメーター
Loop Type
Song Level
設定値
説明
ONE SHOT
1 度だけ再生して、停止し
ます。
LOOP
繰り返し再生します。
ドラム演奏の音量に対するソ
ングの音量を変更します。
-INF ~ +6.0 曲の音量に対するクリック・ト
ラックの音量を変更します。
Click Track [dB]
Level
※ ソングに対応するクリック・
トラックがある場合のみ
5.[EXIT]ボタンを押して、ソング画面に戻り
ます。
22
ドラム・キットのバック
アップ・データが保存
されます。
説明
ソングの保存場所
Folder
バックアップ・データが
保存されます。
パソコンから SD カードにオーディオ・
ファイルを保存するときは
SD カードのトップ・ディレクトリー(一番上の階層)
に保存したオーディオ・ファイルを再生することがで
きます。
※ 1 つのフォルダーに保存するファイルは 200 個
以内にしてください。
※ ソングの長さは、1 ファイルが 1 時間以内になる
ようにしてください。
本機で再生できるオーディオ・ファイル
WAV ファイル
MP3 ファイル
形式(拡張子) WAV(.wav)
MP3(.mp3)
サンプリング
周波数
44.1kHz
44.1kHz
ビット数
16、24 ビット
64kbps 〜
320kbps
※ 16 文字以上のファイル名やフォルダー名は、正
しく表示されません。また、2 バイト文字を使っ
たファイルやフォルダーには対応していません。
曲に合わせて演奏する
曲に合わせてクリック(メトロノーム)を再生する
曲の入ったオーディオ・ファイル(WAV)とは別にクリック音の入ったオーディオ・ファイル(WAV)を用意することで、
クリック・トラックとして再生することができます。クリック・トラックは曲と同時に再生することができるため、お好みの曲
に合わせたクリック音を再生したいときに便利です。
※ クリック・トラックを再生するには、必ず WAV ファイル形式のソングとクリック用のオーディオ・ファイルを用意してく
ださい。MP3 ファイルには対応していません。
クリック・トラックを準備する
1. 曲の入ったオーディオ・ファイル(WAV)と
は別に、クリック・トラックとして一緒に再生
するオーディオ・ファイル(WAV ファイル)
を用意します。
2. パソコンで、手順 1 で用意したファイルのファ
イル名を編集します。
クリック・トラックとして再生するオーディオ・ファイル
のファイル名を、
「曲のファイル名 +_Click」にします。
例)
「TD-27.wav」という曲に合わせてクリック・トラックを
再生するときは、クリックのオーディオ・ファイルのファ
イル名を「TD-27_Click.wav」にします。
3. 曲の入ったオーディオ・ファイルとクリックの
5.[s]ボタンを押します。
曲の再生と同時に、クリック・トラックも再生されます。
メモ
55 曲に対するクリック・トラックの音量を調節するときは、
Click Track Level または Song Level で調節でき
ます。
&「ソングの情報を見る/設定を変更する」
&
(P.22)
例)の場合では、Song Level で「TD-27.wav」
、
Click Track Level で「TD-27_Click.wav」の音量
を調節できます。
55クリック・トラックをミュートするときは、
[F5]ボタン
を押して「CLICK OFF」にします。
55 ヘッドホンだけにクリック・トラックを出力することがで
きます。
&「音の出力先を設定する(OUTPUT)
&
」
(P.55)
オーディオ・ファイルを、SD カードのトップ・ディ
レクトリーに保存します(P.22)
。
例)の場合では、
「TD-27.wav」と「TD-27_Click.
wav」をトップ・ディレクトリーに保存します。
曲とクリックを再生する
1.[SONG]ボタンを押します。
SONG 画面が表示されます。
2.[F1]ボタンを何度か押して、「SD CARD」
を選びます。
3. ダイヤルで、クリック・トラックと一緒に再生
する曲を選びます。
例)の場合では、
「TD-27.wav」を選びます。
「CLICK ON」にします。
4.[F5]ボタンを押して、
23
練習する
クリック(メトロノーム)を鳴らす
クリックを鳴らして、一定のテンポで叩く練習ができます。
クリックをオン/オフする
1.[CLICK]ボタンを押します。
CLICK 画面が表示されます。
コーチ・モードで練習する
本機には、練習効果を最大限に引き出す「コーチ・モード」
が搭載されています。
3 つのメニュー「TIME CHECK」
、
「QUIET COUNT」
、
「WARM UPS」があり、スピードのコントロール能力や、
精度、持久力を鍛えることができます。また、演奏レベ
ルに合わせた設定に変更することもできます。
練習メニューを選ぶ
1.[COACH]ボタンを押します。
2.[F1]ボタンを押します。
COACH MENU 画面が表示されます。
クリックが鳴ります。
[BACKING]つまみでクリックの音量を調節できます。
3. もう一度、[F1]ボタンを押します。
クリックが止まります。
メモ
5[ENTER]ボタンを押しながら[CLICK]ボタンを押
5
して、クリックをオン/オフすることもできます。
55 ヘッドホンだけにクリックを出力することもできます。
&「音の出力先を設定する(OUTPUT)
&
」
(P.55)
テンポを変更する
1. CLICK 画面(TEMPO タブ)で「Tempo」
にカーソルを合わせ、ダイヤルを回して設定
します。
2. カーソル・ボタンで練習メニューを選び、
[ENTER]ボタンを押します。
ビートに合わせて正確に叩く
(TIME CHECK)
クリックに合わせて、正確にタイミングよく叩く練習です。
1. TIME CHECK 画面で、[F5](START)ボタ
ンを押して開始します。
メモ
練習を途中で終了するときは、
[F4]
(STOP)ボタン
を押します。
2. クリックに合わせてパッドを叩きます。
正確なタイミングで
叩いた割合が「%」
で表示されます。
拍子を変更する
1. CLICK 画面(TEMPO タブ)で、カーソル・
ボタンを使って Beat を選びます。
2. ダイヤルで、Beat を設定します。
3.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
パッドを叩いたタイミングがクリックに合っているかどうか
を、画面に表示します。
BEHIND: 遅い
AHEAD: 早い
打撃タイミングが評価されます。
画面に戻ります。
参照
クリックに関するその他の設定については、『データ・
リスト』
(PDF)をご覧ください。
24
再び練習するときは、
[F5]
(RETRY)ボタンを押します。
3.[EXIT]ボタンを押して、終了します。
練習する
TIME CHECK の設定
TIME CHECK 画面で[F2]
(SETUP)ボタンを押すと、
評価するパッドや、採点する小節数などを変更することが
できます。
パラメーター
設定値
説明
採点の結果を、画面に表示させるかどうかを設
定します。
Score
OFF
ON
(4、8、
16、32
meas)
2. クリックのテンポに合わせて、パッドを叩き
ます。
55 最初の数小節はクリックが鳴ります。クリックが発音
する最後の小節になると、画面に「Ready..」と表示
されます。
55クリックが鳴り終わると、画面の表示が「Quiet」に
変わります。この間もパッドを叩き続けます。
採点しません。タイミングのチェック
だけをします。
採点の結果を画面に表示します。
また、採点までの間に練習する小節
数を指定します。
55 Quiet の区間のあと、正確なテンポで叩いた割合が
「%」で表示されます。
採点基準を設定します。
Grade
Display 1
Display 2
Gauge
EASY
標準
HARD
より厳しくタイミングをチェックし
ます。
画面にタイミング・グラフを表示するパッドを選
びます。
LEFT
タイミング・グラフの左が BEHIND
BEHIND (遅い)で表示されます。
LEFT
タイミング・グラフの左が AHEAD
AHEAD (早い)で表示されます。
※[F3]
(CLICK)ボタンを押すと、
クリックの設定(P.24)
をすることができます。
身体でテンポを覚える
(QUIET COUNT)
身体でテンポを覚えるための練習です。
最初の数小節は設定された音量でクリックが鳴り、次の数
小節はクリックは鳴りません。停止するまで、この数小節
間隔のサイクルが続きます。
3.[F4](STOP)ボタンを押して、停止します。
4.[EXIT]ボタンを押して、終了します。
QUIET COUNT の設定
QUIET COUNT 画面で[F2]
(SETUP)ボタンを押すと
設定画面が表示されます。
パラメーター
設定値
Measures
2、4、8、
16(小節)
説明
「クリック発音」と「Quiet」の
繰り返し区間の長さ(小節)を
設定します。
Measures で設定した小節のうち、Quiet にす
る小節の長さを設定します。
1. QUIET COUNT 画面で、[F5](START)ボ
タンを押して開始します。
RANDOM
Quiet
1、2、4
Quiet の区間が毎回ランダムに
設定されます。
設定した長さ(小節)が Quiet
の区間に設定されます。
※ Measures で設定した値の半
分より大きい値を設定するこ
とはできません。
※[F3]
(CLICK)ボタンを押すと、
クリックの設定(P.24)
をすることができます。
25
練習する
ウォーム・アップ(WARM UPS)
このモードでは、ステップ 1 ~ 3 まで順番に練習し、各ス
テップでの演奏を採点して、総合評価をします。
軽めの練習からハードな練習まで、3 つのコース(5 /
10 / 15 分)から選べます。また、演奏の上達度に合わ
せて、テンポの調節もできます。
総合評価
各ステップでの演奏を採点し、総合評価を表示します。
再び練習するときは、
[F5]
(RETRY)ボタンを押します。
メモ
WARM UPS をスタートさせたあとで[F5]
(PAUSE)
ボタンを押して、一時停止または再開させることがで
きます。
また、一時停止中に[F4]
(STOP)ボタンを押して、
終了することもできます。
1. WARM UPS 画面で、[F5](START)ボタ
ンを押して、開始します。
ステップ 1:Change-Up
リズム・タイプが 2 小節ごとに変化していきます。
2 分音符から始まって徐々に音符が細かくなっていき、
また 2 分音符まで戻るというリズムの変化を繰り返し
ます。
EXCELLENT!
(最高)
、
VERY GOOD!
(優秀)
、
評価(表示) GOOD(良)
、AVERAGE(標準)
、START
OVER(やり直し)
2.[EXIT]ボタンを押して、終了します。
WARM UPS の設定
WARM UPS 画面で[F2]
(SETUP)ボタンを押すと設
定画面が表示されます。
パラメーター
設定値
説明
時間を選びます。
所要時間:5 分
5 MINS
ステップ 2:Auto Up/Down
テンポを徐々に上げ下げします。
テンポが 1 ずつ上がっていき、上限値になったらテン
ポが 1 ずつ下がって最初のテンポに戻ります。その後、
同じ動作を繰り返します。
Duration
10 MINS
ステップ 3:Time Check
クリックに合わせて、正確にタイミングよく叩く練習を
します。パッドを叩いたタイミングが拍子に合っている
か表示します。
26
Time Check:3 分
所要時間:10 分
Change-Up:3 分
Auto Up/Down:3 分
Time Check:4 分
所要時間:15 分
15 MINS
※ Auto Up/Down は、Duration が 10 MINS または
15 MINS のときに実行されます。
※ Auto Up/Down では、現在のテンポは変更できま
せん。
※ 現在のテンポ設定値が、テンポ下限値になります。
Change-Up:2 分
Change-Up:5 分
Auto Up/Down:5 分
Time Check:5 分
採点基準を設定します。
EASY
標準
Grade
より厳しくタイミングをチェックし
HARD
ます。
ステップ 2:Auto Up/Down での、テンポの
Max Tempo
上限値を設定します。
※[F3]
(CLICK)ボタンを押すと、
クリックの設定(P.24)
をすることができます。
録音する
演奏を録音する
ソングと一緒に演奏を録音する
自分の演奏を簡単に録音して、再生することができます。
本機内蔵のバッキング(伴奏)用の曲や SD カードに保存
した曲と一緒に、演奏を録音することができます。
メモ
録音には、SD カードが必要です。SD カードがない場
合、約 3 分間の一時録音が可能ですが、本体への保
存はできません。
録音する
※ 録音した曲を SD カードに保存(エクスポート)する場
合は、あらかじめ SD カードを挿入しておきます。
※ SD カード挿入時は最大約 60 分、SD カード未挿入時
は約 3 分、録音することができます。
1.[t]ボタンを押します。
REC STANDBY 画面が表示され、録音のスタンバイ
状態になります。
メモ
MIX IN 端子や Bluetooth で接続したスマートフォン
の曲に合わせて録音するときは、スマートフォンの曲を
再生しながら、
「演奏を録音する」の手順で録音します。
曲を選んで録音する
1.[SONG]ボタンを押します。
SONG 画面が表示されます。
2. ダイヤルで、一緒に録音するソングを選び
ます。
[F1]ボタンを押すたびに、内蔵曲(INTERNAL)/
SD カードのオーディオ・ファイル(SD CARD)/ SD
カードに録音(エクスポート)した曲(REC DATA)
を切り替えることができます。
※ 内蔵曲のデモ演奏(Preview)と一緒に録音すること
はできません。
メモ
クリック(メトロノーム)に合わせて録音したいときは、
ここでクリックを鳴らします(P.24)
。
2. ダイヤルで、録音対象を選びます。
パラメーター
説明
すべての音を録音します
(クリックとガイド・
トラックを除く)
。
DRUMS ONLY ドラムの音のみを録音します。
ALL
3.[t]ボタンを押します。
REC STANDBY 画面が表示され、録音のスタンバイ
状態になります。
4. ダイヤルで、録音対象「ALL」を選びます。
5.[F1](with SONG)ボタンを押します。
3.[s]ボタンを押して、録音を始めます。
4. もう一度[s]ボタンを押して、録音を終
了します。
再生/保存する
5.[F5](PREVIEW)ボタンを押します。
録音した演奏が再生されます。
SD カードに曲を保存しないで終了する場合は、
[F1]
(DELETE)ボタンを押して曲を削除します。
6.[F4](EXPORT)ボタンを押します。
確認メッセージが表示されます。
7. カーソル・ボタンで「OK」を選び[ENTER]
ボタンを押します。
SD カードに曲が保存されます。
6.[s]ボタンを押して、録音を始めます。
録音の開始と同時に、曲が再生されます。
7. もう一度[s]ボタンを押して、録音を終
了します。
再生/保存する
8.[F5](PREVIEW)ボタンを押します。
録音した演奏が再生されます。
SD カードに曲を保存しないで終了する場合は、
[F1]
(DELETE)ボタンを押して曲を削除します。
9.[F4](EXPORT)ボタンを押します。
確認メッセージが表示されます。
27
録音する
10. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
SD カードに曲が保存されます。
パソコンに接続して録音する
本機とパソコンを接続して、DAW ソフトウェア(市販)
へ 28ch のマルチ・トラックで演奏をオーディオ録音したり、
MIDI で録音したりすることができます。
注意
55 パソコンの機種によっては、正しく動作しないことがあ
ります。対応 OS については、
ローランドのホームペー
ジをご覧ください。
55 USB ケーブルは付属していません。USB2.0 ケーブ
ルをお使いください。ご購入の際には、本機をお求め
になった販売店にお問い合わせください。
55 パソコンの USB 端子は、USB2.0 Hi-Speed 対応の
ものをお使いください。
USBドライバーをインストールする
USBドライバーは、パソコン上の DAW ソフトウェアと本
機との間でデータをやりとりするためのソフトウェアです。
USB AUDIO として音声を送受信するには、USBドライ
バーのインストールが必要です。
USB ケーブル(市販)
メモ
USBドライバーのダウンロードとインストール手順につ
いては、ローランドのホームページをご覧ください。
https://www.roland.com/jp/support/
参照
USBドライバーの設定については、
「USBドライバー
の設定をする」
(P.58)をご覧ください。
28
キット・エディット編
29
ドラム・キットをエディットする
本機では、ヘッドの種類やシェルの深さなどドラム自体のカスタマイズから残響の調節まで、幅広い音作りができます。
直感的に操作したい場合はサウンド・モディファイつまみで、画面の設定値を見ながら緻密に設定したい場合は[KIT
EDIT]ボタンからの操作でエディットできます。
※ 本機では、変更した設定は自動的に保存されるため、設定を保存する操作は必要ありません。
また、電源をオフにするときも設定が保存されます。
メモ
エディット中のドラム・キットを一時的に保存しておき、現在の設定と聴き比べながら、エディットすることができます(ス
ナップショット機能)
。詳しくは、P.34 をご覧ください。
サウンド・モディファイつまみでエディットする
1.[DRUM KIT]ボタンを押します。
5. サウンド・モディファイつまみで、インストを
DRUM KIT 画面が表示されます。
2. ダイヤルで、エディットするドラム・キットを
選びます。
3. エディットするパッドを叩きます。
パッドのリム側を選ぶときは、リムを叩きます。
エディットします。
画面上で選択されているインストの音量(レ
ベル)を選びます。
[LEVEL]
つまみ
メモ
[ENTER]ボタンを押しながら[SYSTEM]ボタンを
押すと、設定するパッドが切り替わらないようにできま
す(Trig Lock 機能)
。フレーズを演奏しながら設定す
るときに便利です。
画面上で選択されているインストの音の高さ
(チューニング)を選びます。
[TUNING]
つまみ
4.[INSTRUMENT]つまみで、インストを選び
画面上で選択されているインストの余韻の
長さ(マフリング)を選びます。
ます。
パッドの場所(ヘッド/リム/ベル)
インスト番号
設定するパッド
インスト・
グループ
インスト名
参照
インスト・リストについては、『データ・リスト』
(PDF)
をご覧ください。
[MUFFLING]
つまみ
メモ
一定時間操作しなかったり叩かなかったりすると、直前
の画面に戻ります。
6.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
メモ
DRUM KIT 画面以外の画面が表示されているときで
も、サウンド・モディファイつまみを回して現在選んで
いるドラム・キットのエディットができます(一部画面
を除く)
。
30
ドラム・キットをエディットする
[KIT EDIT]ボタンでエディットする
1.[DRUM KIT]ボタンを押します。
DRUM KIT 画面が表示されます。
2. ダイヤルで、エディットするドラム・キットを選びます。
3.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
4. エディットするパッドを叩きます。
パッドのリム側を選ぶときは、リムを叩きます。
メモ
[ENTER]ボタンを押しながら[SYSTEM]ボタンを押すと、設定するパッドが切り替わらないようにできます(Trig
Lock 機能)
。フレーズを演奏しながら設定するときに便利です。
5. カーソル・ボタンでエディットするパラメーターを選び、[ENTER]ボタンを押します。
パラメーター
画面
説明
INSTRUMENT 画面
また、ヘッドの種類やシェルの深さ、残響など各インストの設
定を変更することもできます。
インストの種類を変更します。
通常のインスト(メイン・インスト)とサブ・インストを重ね
て鳴らすことができます。
INSTRUMENT
メモ
SUB INSTRUMENT 画面
55 INSTRUMENT 画面または SUB INSTRUMENT 画面を
表示しているときに[ENTER]ボタンを押すと、インスト・
リストが表示されます。
55 パソコンで作成したオーディオ・ファイルを、SD カードか
ら本機に取り込み、インストとして鳴らしたり、エディットし
たりすることができます。
&「オーディオ・ファイルを取り込む/鳴らす
&
(USER SAMPLE)
」
(P.35)
TRANSIENT
インストのアタック部分やリリース部分を強調したり、抑えた
りできます(トランジェント)
。
※ ユーザー・サンプルには、設定できません。
PAD VOL
PAD EQ
パッドごとの音量やパン(定位)
、ドラム・キット全体の音量
などを調節します。
パッドごとの音質(パッド・イコライザー)を調節します。3
バンド(LOW / MID / HIGH)のブースト/カットによる
音質補正ができます。
31
ドラム・キットをエディットする
パラメーター
画面
説明
PAD COMP
パッドごとの音量変化(パッド・コンプレッサー)を調節します。
OVERHEAD
ドラム・キット全体を集音する、オーバーヘッド・マイクの音
を調節します。
ROOM
ドラムを演奏する場所の残響や鳴りかたを再現します。部屋
の種類や大きさ(ルーム・アンビエンス)や残響音(リバーブ)
などを調節することで、より自然で臨場感のあるドラム・サウ
ンドが得られます。
30 種類の中から最大 3 つのエフェクトを選んで、ドラム・キッ
トに効果をかけることができます。
MFX
メモ
MFX の種類を切り替えるときは、図の位置にカーソルを合
わせて、ダイヤルを回します。
MASTER COMP
*1
ドラム・キット全体の音量変化を調節します。マスター・アウ
トプットの最終段にかけるステレオ・コンプレッサー/リミッ
ター(マスター・コンプ)の設定をします。
MASTER EQ
ドラム・キット全体の音質を調節します。4 バンド(LOW /
MID1 / MID2 / HIGH)のブースト/カットによる音質補
正ができます。マスター・コンプを使用したときの音質を補
正するためにも使用できます。
*1:マスター・コンプの用途
55 瞬間的な音のピークを圧縮することで、ドラム全体の音圧を上げることができます。その結果、音を前面に出すことや、
他の楽器音に埋もれにくい音にすることができます(コンプ)
。
55 録音機器への過大入力を抑えつつ、録音レベルを大きくすることができます(コンプ/リミッター)
。
55 小型のモニター・アンプを使う場合に、ドラム音のピークを整え、音を歪みにくくします(リミッター)
。
参照
設定できるパラメーターの詳細については、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
6. カーソル・ボタンとダイヤルで、設定を変更します。
7.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT 画面に戻ります。
メモ
5[F5]
5
(H&R)ボタンを押して「ON」にすると、ヘッドとリムなどを同時に設定できます。
55 エディットしたドラム・キットの名前を変更したり、ドラム・キットごとに操作子の点灯色を変えたりすることができます。
詳しくは、
「その他の設定をする」
(P.39)をご覧ください。
32
ドラム・キットをエディットする
インストを重ねて鳴らす
(SUB INSTRUMENT)
通常のインスト(メイン・インスト)とサブ・インストを重
ねて鳴らすことができます。また、2 つのインストを叩く
強さに応じて切り替えたり、バランスを変化させたりする
こともできます。
サブ・インストを選ぶ
1.[DRUM KIT]ボタンを押します。
DRUM KIT 画面が表示されます。
2. ダイヤルで、エディットするドラム・キットを選
設定するパッドを選ぶ
各パッドの設定をするときは、設定するパッドを叩いて
選びます。パッドのリム側を選ぶときは、リムを叩き
ます。
叩く場所ごとにインストを選ぶ
[F5]
(H&R)ボタンが表示されている画面では、ヘッ
ドとリムなどのインストを、セットで選ぶ(ON)か
独立して選ぶ(OFF)かを切り替えることができます。
[F5]
(H&R)
説明
ボタン
びます。
ヘッドとリムなどのインストを、セットで選
びます。選んだインストに応じて、推奨の
インストがセットで選ばれます。
3.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
4. カーソル・ボタンで「INSTRUMENT」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
ON
※ インストによっては、ヘッドとリムなどに、
すべて同じインストが選ばれることがあ
ります。
INSTRUMENT 画面が表示されます。
5. エディットするパッドを叩きます。
パッドのリム側を選ぶときは、リムを叩きます。
6.[F4](SUB INST)ボタンを押します。
SUB INSTRUMENT 画面を表示させます。
メイン・インスト名
サブ・インスト・グループ
サブ・インスト名
※ セットで選ばれたインスト内で同じパラ
メーターがある場合は、自動的に同じ
値に設定されます。
OFF
ヘッドやリムなど、叩く場所ごとにインスト
を選びます。
設定中のパッドが切り替わらないよう
にする(トリガー・ロック)
音を確認しながらインストを設定したいときなど、
パッ
ドを叩いても設定中のパッドが切り替わらないように
することができます。
1.[ENTER]ボタンを押しながら、
サブ・インスト・パラメーター
7. サブ・インストまたはサブ・インスト・グルー
プにカーソルを合わせ、ダイヤルでサブ・イ
ンストを選びます。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
[SYSTEM]ボタンを押します。
設定するパッドがロックされ、画面右上に鍵マー
クが表示されます。
※ MIDI 信号でのパッド切り替えもロックされます。
2. ロックを解除するときは、
もう一度[ENTER]ボタンを押しながら
[SYSTEM]ボタンを押します。
画面右上の鍵マークが消えます。
メモ
サブ・インストをオン/オフする
1. SUB INSTRUMENT 画面で、[F1]ボタンを
押します。
サブ・インストのオン/オフが切り替わります。
55 設定するパッドがロックされている状態でも、
カー
ソル・ボタンを押して、設定するパッドを切り替
えることができます。
5[ENTER]
5
ボタン+
[ ]
[ ]ボタンでパッドを選び、
[ENTER]ボタン+[ ]
[ ]ボタンでヘッドと
リムを切り替えることができます。
33
ドラム・キットをエディットする
エディット前のドラム・キットと聴き比べる/戻す(SNAPSHOT)
エディット中のドラム・キットを一時的に保存しておき、現在の設定と聴き比べたり設定を戻したりすることができます(ス
ナップショット機能)
。
一時的に保存
(STOCK)
現在のドラム・キット
ドラム・キット選択直後
(CURRENT)
(UNDO)
エディット
1.[DRUM KIT]ボタンを押します。
DRUM KIT 画面が表示されます。
2. ダイヤルで、エディットするドラム・キットを選
びます。
ドラム・キットを選んだ時点で、選ばれたドラム・キット
の情報が UNDO に保存されます。
8. カーソル・ボタンで、戻したい状態を選びます。
現在のドラム・キットの設定のままにするときは、
[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT 画面に
戻ります。
9.[F5](RESTORE)ボタンを押します。
確認メッセージが表示されます。
3. エディット中のドラム・キットの設定を一時的
に保存したいタイミングで、DRUM KIT 画面
で[F4]
(UNDO)ボタンを押します。
SNAPSHOT 画面が表示され、現在のドラム・キット
(CURRENT)が選ばれます。
中止するときは「CANCEL」を選び、
[ENTER]ボタ
ンを押します。
10. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
4.[F5](SAVE)ボタンを押します。
現在のドラム・キットの設定が、STOCK に保存され
ます。
5.[EXIT]ボタンを押して SNAPSHOT 画面を
抜けて、ドラム・キットをエディットします。
※ ドラム・キットを変えると、STOCK に保存されている
設定は消去されます。
6. DRUM KIT 画面で、[F4](UNDO)ボタン
を押します。
7. カーソル・ボタンで保存されたドラム・キット
を切り替えながら演奏し、聴き比べます。
34
画面
説明
CURRENT
現在のドラム・キットの設定
STOCK
STOCK に保存したドラム・キットの設定
UNDO
ドラム・キット選択直後の設定
現在のドラム・キットの設定が、手順 8 で選んだドラム・
キットの設定に戻ります。
11.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
ドラム・キットをエディットする
オーディオ・ファイルを取り込む/鳴らす(USER SAMPLE)
パソコンで作成したオーディオ・ファイルを、SD カードから本機に取り込み、
インストとして鳴らすことができます
(ユーザー・
サンプル機能)
。
ユーザー・サンプルは他のインストと同じように、音色を調節したりエフェクトをかけたりすることができます。
本機に取り込めるオーディオ・ファイル
WAV ファイル
形式(拡張子)
WAV(.wav)
サンプリング周波数
44.1kHz
ビット数
16、24 ビット
時間
最大 180 秒
※ 16 文字以上のファイル名やフォルダー名は、正しく表示されません。
また、2 バイト文字を使ったファイルやフォルダーには対応していません。
オーディオ・ファイルを取り込む
(IMPORT)
オーディオ・ファイルをユーザー・サンプルとして、本機
に取り込みます。
4. カーソル・ボタンでオーディオ・ファイルを選び、
[F1]
(SELECT)ボタンを押します。
USER SAMPLE IMPORT(DESTINATION)画面が
表示されます。
1. SD カードを本機に挿入します(P.11)。
2.[USER SAMPLE]ボタンを押します。
USER SAMPLE 画面が表示されます。
5. カーソル・ボタンでインポート先の番号を選び、
[F5]
(IMPORT)ボタンを押します。
確認画面が表示されます。
3. カーソルを「IMPORT」に合わせ、[ENTER]
ボタンを押します。
USER SAMPLE IMPORT 画面が表示されます。
※ すでにデータがある番号を選ぶと、
「User Sample
Exists!」とメッセージが表示されます。データのない
番号を選んでください。
6. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
カーソル・ボタン
説明
[ ]ボタン
カーソルの移動(上)
[ ]ボタン
カーソルの移動(下)
[ ]ボタン
フォルダーを抜ける
[ ]ボタン
フォルダーに入る
オーディオ・ファイルが取り込まれます。
メモ
[F5]
(PREVIEW)ボタンを押すと、取り込む音を聞く
ことができます。
35
ドラム・キットをエディットする
ユーザー・サンプルをインストに割り
当てる/鳴らす
1.[DRUM KIT]ボタンを押します。
DRUM KIT 画面が表示されます。
2. ダイヤルで、エディットするドラム・キットを選
びます。
3.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
4. エディットするパッドを叩きます。
パッドのリム側を選ぶときは、リムを叩きます。
ユーザー・サンプルを一覧表示する
(LIST)
取り込んだすべてのユーザー・サンプルを一覧表示し
ます。音の確認やループの設定、名前の変更などができ
ます。
1.[USER SAMPLE]ボタンを押します。
USER SAMPLE 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで「LIST」を選び、[ENTER]
ボタンを押します
USER SAMPLE LIST 画面が表示されます。
ユーザー・サンプル領域の残量
5. カーソル・ボタンで「INSTRUMENT」を選び、
ユーザー・
サンプルの
発音方法
[ENTER]ボタンを押します。
ユーザー・サンプル番号、名前
6. インスト・グループにカーソルを合わせ、ダイ
ヤルで「USER SAMPLE」を選びます。
ユーザー・サンプルの情報
3. カーソル・ボタンで、ユーザー・サンプルを
選びます。
メモ
[F5]
(PREVIEW)ボタンを押すと、選んでいるユー
ザー・サンプルを再生することができます。再生中に
もう一度[F5]
(PREVIEW)ボタンを押すと、停止し
ます。
7. インスト番号にカーソルを合わせて、ダイヤ
ルで割り当てたいユーザー・サンプルを選び
ます。
8.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
ユーザー・サンプルを割り当てたパッドを叩くと、ユー
ザー・サンプルが鳴ります。
メモ
55 ユーザー・サンプルは、サウンド・モディファイつまみ
で選んだり、エディットしたりすることもできます。
55 ユーザー・サンプルは、他のインストと同じように、
音色を調節したり、エフェクトをかけたりすることもで
きます(P.30)
。
ユーザー・サンプルの発音方法を設定する
パッドを叩いたときに、ユーザー・サンプルを 1 回だけ鳴
らすか、繰り返し鳴らすかなど、発音方法を設定すること
ができます。
1. ユーザー・サンプル一覧から、設定するユー
ザー・サンプルを選びます。
2. カーソル・ボタン[ ]で「Play Type」を選び、
ダイヤルで設定値を変更します。
パラメーター 設定値
パッドを叩いたとき、鳴ってい
ONE SHOT
る音を消してから発音します。
MONO
音を重ねずに発音します。
Play Type
ONE SHOT 同じパッドを連打したとき、音
POLY
が重なって発音します。
LOOP ALT
36
説明
ユーザー・サンプルを繰り返
し鳴らします(ループ)
。
パッドを叩くたびに、発音と停
止を交互に繰り返します。
ドラム・キットをエディットする
ユーザー・サンプルの発音範囲を設定する
ユーザー・サンプルの発音範囲を設定することができ
ます。
1. ユーザー・サンプル一覧から、設定するユー
ザー・サンプルを選びます。
2.[F2](START/END)ボタンを押します。
ユーザー・サンプルの名前を変更する
ユーザー・サンプルの名前を変更します。
1. ユーザー・サンプル一覧から、名前を変更す
るユーザー・サンプルを選びます。
2.[F4](NAME)ボタンを押します。
3. 名前を変更します(P.39)。
4.[F5](EXIT)ボタンを押して、SAMPLE
NAME 画面から抜けます。
3. カーソル・ボタンとダイヤルで、設定値を変
更します。
パラメーター
説明
波形表示をズーム・イン/アウトします。
Zoom
[ENTER]ボタンを押しながらカーソル・ボ
[ ]を押すと、横軸方向でズーム・
タン[ ]
イン/アウトします。
[ENTER]ボタンを押しながら、カーソル・
[ ]を押すと、縦軸方向でズー
ボタン[ ]
ム・イン/アウトします。
Start
スタート・ポイント(ユーザー・サンプルの
発音を始める位置)を調節します。
End
エンド・ポイント(ユーザー・サンプルの発
音を終える位置)を調節します。
ユーザー・サンプルを削除する
ユーザー・サンプルを削除します。
1. ユーザー・サンプル一覧から、削除するユー
ザー・サンプルを選びます。
2.[F3](DELETE)ボタンを押します。
確認画面が表示されます。
中止するときは、
「CANCEL」を選んで[ENTER]ボ
タンを押します。
3. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
ユーザー・サンプルが削除されます。
37
ドラム・キットをエディットする
ユーザー・サンプルを整理する
ユーザー・サンプルの番号を整理したり、ユーザー・サンプル領域を最適化したりすることができます。
1.[USER SAMPLE]ボタンを押します。
USER SAMPLE 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで RENUMBER、OPTIMIZE、または DELETE ALL を選び、[ENTER]ボタン
を押します。
選んだ項目の画面が表示され、確認画面が表示されます。
例)RENUMBER の場合
中止するときは、
「CANCEL」を選んで[ENTER]ボタンを押します。
メニュー
説明
ユーザー・サンプルの番号を前に詰める
ユーザー・サンプルの取り込みと削除を繰り返すと、番号がとびとびになります。
RENUMBER
この機能を使うと、ユーザー・サンプルを前詰めに整理できます。ドラム・キットに割り当てたユーザー・サンプル
も、正しく鳴るように更新されます。
※ RENUMBER を実行すると、これまでに保存したバックアップ・データやキット・バックアップ・データ(ユーザー・
サンプルを含まないもの)を読み込んだとき、ドラム・キットに割り当てられたユーザー・サンプルが正しく再現さ
れなくなります。
ユーザー・サンプル領域を最適化する
ユーザー・サンプルの取り込みと削除を繰り返すと、ユーザー・サンプル領域が断片化し、取り込めるユーザー・
サンプルが少なくなることがあります。
OPTIMIZE
この機能を使うと、領域を最適化して、ユーザー・サンプルを取り込めるようになります。
注意
55実行前に必ずバックアップをしてください(P.47)
。
55この処理は、1 時間以上かかることがあります(ユーザー・サンプルの数やサイズにより変動します)
。
55処理中は、絶対に電源を切らないでください。ユーザー・サンプルが失われる恐れがあります。
55最適化しても、効果がない場合があります。
すべてのユーザー・サンプルを削除する
DELETE ALL
ユーザー・メモリー内のすべてのユーザー・サンプルを削除します。
注意
ドラム・キットで使われているユーザー・サンプルもすべて削除されます。ユーザー・サンプルを割り当てているパッ
ドは、音が鳴らなくなります。
3. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]ボタンを押します。
選んだ機能が実行されます。
38
ドラム・キットをエディットする
その他の設定をする
カスタマイズしたドラム・キットの名前を変更したり、
ドラム・キットごとに操作子の点灯色を変更したりするなど、設定します。
1. 設定をしたいドラム・キット画面で、[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで設定するメニューを選び、[ENTER]ボタンを押します。
メニュー
説明
ページ
KIT NAME
ドラム・キットの名前を変更します。
P.39
KIT MIDI
本機に MIDI 機器を接続した場合の、パッドを叩いたときなどに送受信する MIDI 情報を設定し
P.40
ます。
KIT TEMPO
MUTE
GROUP
POSITION
ドラム・キットを選んだとき、テンポが自動的でセットされるように設定します。
ミュート・グループを設定すると、パッドを叩いたときに同じミュート・グループの別のパッドを
ミュート(消音)することができます。
KIT COLOR
COPY
P.41
パッドを叩く位置によって、音の鳴りかたが変わるように設定します。
P.41
スティックとブラシのどちらで演奏するかを設定します。
P.42
P.42
PEDAL BEND ハイハット・ペダルの踏み込み量によるピッチの変化量を設定します。
BRUSH SW
P.40
ドラム・キットごとに、
[DRUM KIT]ボタンやサウンド・モディファイつまみの点灯色を変える
設定をします。
P.42
ドラム・キットの設定やパッドごとの設定を、ユーザー・メモリーや SD カードからコピーします。 P.43
4. 選んだメニューに応じて、カーソル・ボタンとダイヤルで設定を変更します。
5.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT 画面に戻ります。
ドラム・キットの名前を変更する
(KIT NAME)
現在選んでいるドラム・キットの名前を変更します。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
[ENTER]
3. カーソルを「KIT NAME」に合わせ、
ボタンを押します。
DRUM KIT NAME 画面が表示されます。
4. 名前を変更します。
キット・ネーム(上段)は 12 文字、サブ・ネーム(下段)
は 16 文字まで入力できます。
操作子
説明
カーソル・ボタン
変更する文字にカーソルを合わせます。
ダイヤル
文字を変更します。
[F3]
(INSERT)
ボタン
[F4]
(DELETE)
ボタン
カーソル位置に空白を挿入します。
カーソル位置の文字を削除します。
5.[F5](EXIT)ボタンを押して、DRUM KIT
NAME 画面から抜けます。
39
ドラム・キットをエディットする
ドラム・キットごとにテンポを設定する
(KIT TEMPO)
パッドごとに MIDI 送受信の設定をす
る(KIT MIDI)
ドラム・キットを選んだとき、ここで設定したテンポが自動
的にセットされます。
本機に MIDI 機器を接続した場合の、パッドを叩いたとき
などに送受信する MIDI 情報を設定します。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
3. カーソル・ボタンで「KIT TEMPO」を選び、
3. カーソル・ボタンで「KIT MIDI」を選び、
KIT EDIT 画面が表示されます。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
[ENTER]ボタンを押します。
KIT TEMPO 画面が表示されます。
4. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
パラメー
ター
設定値
OFF
本機全体で共通のテンポ
(P.24)を使用します。
ドラム・キットを変更しても、テ
ンポは変わりません。
ドラム・キットごとにテンポを設
定します。
Kit Tempo
ON
Tempo
説明
Kit Tempo が「ON」のドラム・
キットを選ぶと、そのドラム・キッ
トのテンポが、現在のテンポに
反映されます。
20 〜 260 ドラム・キットごとの設定テンポ
Kit Tempo が「ON」に設定されたドラム・キットを
選ぶと、DRUM KIT 画面にテンポが表示されます。
KIT EDIT 画面が表示されます。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
[ENTER]ボタンを押します。
PAD MIDI SETTING (NOTE NO.) 画面が表示され
ます。
4.[F1](NOTE)~[F3](MIDI CH)ボタン
を押して、設定する項目を選びます。
ボタン
説明
[F1]
(NOTE)
各パッドが送受信する MIDI ノート・ナ
ンバー
[F2]
(GATE)
各パッドが送信するノートの鳴る長さ
[F3]
(MIDI CH)
各パッドのノート・メッセージを送受信す
る MIDI チャンネル
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
5. パッドを叩くかカーソル・ボタンで、設定する
パッドを選びます。
6. ダイヤルで、設定値を変更します。
7.[EXIT]ボタンを押して、PAD MIDI
SETTING 画面から抜けます。
ドラム・キットごとのテンポと本機全体のテンポで異なっ
た設定をしていると、
テンポの前に「*」が表示されます。
5.[EXIT]ボタンを押して、KIT TEMPO 画面
から抜けます。
40
メモ
初期値に戻すときは、
[F5]
(DEFAULT)ボタンを押
します。
※ 外部 MIDI 機器からパッドを鳴らす場合、鳴らすパッド
の MIDI ノート・ナンバーと MIDI チャンネルを合わせ
る必要があります。
ドラム・キットをエディットする
パッドを叩いたときに特定のパッドの
音をミュートする(MUTE GROUP)
ミュート・グループを設定すると、パッドを叩いたときに、
同じミュート・グループに設定した別のパッドをミュート(消
音)することができます。
たとえば、各パッドのインストにユーザー・サンプルを割
り当て、ミュート・グループの設定をすると、パッドを叩
いてユーザー・サンプルを切り替えながら鳴らすといった
使いかたができます。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「MUTE GROUP」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
MUTE GROUP 画面が表示されます。
メモ
すべてのミュート・グループを解除するときは、
[F5]
(RESET ALL)ボタンを押します。
6.[EXIT]ボタンを押して、MUTE GROUP 画
面から抜けます。
パッドを叩く位置で音の鳴りかたを変
える(POSITION)
パッドを叩く位置によって、音の鳴りかたが変わるように設
定することができます。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
4. パッドを叩くかカーソル・ボタンで、設定する
パッドを選びます。
5. カーソル・ボタンとダイヤルで、ミュート・グ
3. カーソル・ボタンで「POSITION」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
POSITION CONTROL 画面の例
ループの設定をします。
パラメーター
MUTE SEND
MUTE
RECEIVE
設定値
説明
ミュート・グループ番号を設定
します。
MUTE SEND で設定した番
号のパッドを叩くと、MUTE
RECEIVE で同じ番号に設定
–(OFF)
、 したパッドの音がミュートされ
ます。
1~8
※ 同じパッドの同じ場所
(ヘッド部やリム部など)で、
MUTE SEND と MUTE
RECEIVE を同じ番号に設定
しても、ミュートされません。
メモ
カーソル・ボタン[ ]
[ ]で、MUTE SEND と
MUTE RECEIVE を切り替えることができます。
※ ミュート・グループを設定すると、選択中のパッドを叩
いたときにミュートするパッドや、どのパッドを叩いたと
きに選択中のパッドがミュートされるかが、矢印で示さ
れます(右上図)
。
ボタン
説明
打点位置やリム・ショットのニュアンスに
よる音色変化をオン/オフすることができ
POSITION *1
ます。
[F1]
[F2]
ヘッドとリムなどの打点位置のエリアを設定
POS AREA *1 します。
*1:以下のトリガー・インプットに対応しています。
55 SNARE
55 TOM1 ~ 3
55 RIDE のボウ(ヘッド)
55 AUX1 ~ 3
4. パッドを叩くかカーソル・ボタンで、設定する
パッドを選びます。
5. ダイヤルで、設定値を変更します。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
41
ドラム・キットをエディットする
※ 接続しているパッドや、選んでいるインストによっては、
効果が得られないことがあります。
6. [EXIT]ボタンを押して、POSITION
CONTROL 画面または POSITION AREA 画
面から抜けます。
音色の変化をコントロールする
(PEDAL BEND)
ハイハット・ペダルの踏み込み量によるピッチの変化量を
設定します。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「PEDAL BEND」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
PEDAL BEND RANGE 画面が表示されます。
4. ダイヤルで、設定値を変更します。
パラメーター
Brush Switch
設定値
説明
OFF
スティック演奏用
ON
ブラシ演奏用
Brush Switch を「ON」にすると、DRUM KIT 画面
にブラシ・アイコンが表示されます。
メモ
ブラシ演奏は、以下のときに有効になります。
55ブラシ演奏に対応したインストを選び、SNARE の
HEAD に割り当てる(『データ・リスト』
(PDF)参照)
。
55 TRIGGER IN 端子(SNARE)にメッシュ・パッドを接
続するか、DIGITAL TRIGGER IN 端子にデジタル接
続対応のパッドを接続し、アサインを「SNARE」に設
定する。
5.[EXIT]ボタンを押して、BRUSH 画面から抜
けます。
4. パッドを叩くかカーソル・ボタンで、設定する
パッドを選びます。
5. ダイヤルで、設定値を変更します。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
6.[EXIT]ボタンを押して、PEDAL BEND
RANGE 画面から抜けます。
[DRUM KIT]ボタンやつまみの点
灯色を設定する(KIT COLOR)
ドラム・キットごとに、
[DRUM KIT]ボタンやサウンド・
モディファイつまみの点灯色を変えることができます。
ドラム・キットのジャンルに合わせて点灯色を変えたり、
インストの作り込みの目安にしたりするなど、識別したい
ときに便利です。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
ブラシ演奏をする(BRUSH SW)
スティックとブラシのどちらで演奏するかを設定します。
3. カーソル・ボタンで「KIT COLOR」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
KIT COLOR 画面が表示されます。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
KIT EDIT 画面が表示されます。
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「BRUSH SW」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
BRUSH 画面が表示されます。
42
4. カーソル・ボタンで点灯色を選びます。
5.[EXIT]ボタンを押して、KIT COLOR 画面
から抜けます。
ドラム・キットをエディットする
設定をコピーする(COPY)
本機では、ドラム・キットの設定やパッドごとの設定を、
ユーザー・メモリーや SD カードからコピーすることがで
きます。
2.[F1](USER)~[F3](SD CARD)ボタン
を押して、設定する項目を選びます。
ボタン
説明
[F1]
(USER)
注意
コピーを実行すると、コピーする先の内容は上書きさ
れます。設定を残しておきたいときは、SD カードにバッ
クアップしてください(P.47)
。
1.[KIT EDIT]ボタンを押します。
[F2]
(PRESET)
KIT EDIT 画面が表示されます
2.[F5](OTHER)ボタンを押します。
KIT EDIT OTHER 画面が表示されます。
[ENTER]
3. カーソル・ボタンで「COPY」を選び、
ボタンを押します。
COPY MENU 画面が表示されます。
ユーザー・メモリーからコピーします。
コピー元がユーザーの場合のみ、コ
ピー元とコピー先を入れ替える(エク
スチェンジ)ことができます。
プリセット・メモリーのドラム・キットを
コピーします。工場出荷時のドラム・キッ
トの設定に戻したいときに選びます。
※ 工場出荷時のドラム・キットに割り当
てられているユーザー・サンプルは、
コピーできません。
SD カードに保存されたバックアップ・
[F3]
(SD CARD) データからドラム・キットをコピーし
ます。
3. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルでコピーの設定をします。
USER、PRESET
コピー元
4. カーソル・ボタンで、コピー・メニューを選び、
[ENTER]ボタンを押します。
コピー・メニュー 説明
COPY KIT
COPY PAD
コピー先
ドラム・キットの設定をコピーします。
パッドの設定(インストの割り当てなど)
をコピーします。
5. 選んだメニューに応じて、設定をコピーし
ます。
例 1)ドラム・キットをコピーする
(COPY KIT)
ユーザー・サンプル・アイコン
(ユーザー・サンプル(P.35)
を使っているドラム・キットを選
んでいるときのみ表示)
SD CARD
ユーザー・サンプルを含める/含めない
コピー元のバンク番号
コピー元
1. COPY MENU 画面で「COPY KIT」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
COPY KIT 画面が表示されます。
コピー先
ユーザー・サンプル・アイコン
※ ユーザー・サンプルが含まれていないバックアップ・データ
をコピーする場合、
「With User Sample」にチェックを入
れることはできません。
43
ドラム・キットをエディットする
4.[F5](COPY)ボタンを押します。
[F4]
(EXCHANGE)ボタンを押すと、ユーザー・メ
モリーを入れ替えることができます(USER のみ)
。
USER、PRESET
コピー元
コピーするインストのセット
コピー先
ユーザー・サンプル・アイコン
確認画面が表示されます。
中止するときは、
「CANCEL」を選んで[ENTER]ボ
タンを押します。
(ユーザー・サンプル(P.35)
を使っているドラム・キットを
コピー内容(Copy Target)
選んでいるときのみ表示)
SD CARD
ユーザー・サンプルを含める/含めない
コピーするインスト
コピー元
コピー元のバンク番号
のセット
5. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
ドラム・キットがコピーされます。
例 2)パッドをコピーする(COPY PAD)
1. COPY MENU 画面で「COPY PAD」を選び、
[ENTER]ボタンを押します
COPY PAD INST 画面が表示されます。
コピー先
ユーザー・サンプル・アイコン
コピー内容(Copy Target)
※ ユーザー・サンプルが含まれていないバックアップ・データ
をコピーする場合、
「With User Sample」にチェックを入
れることはできません。
コピー内容(Copy Target)
2.[F1](USER)~[F3](SD CARD)ボタン
を押して、設定する項目を選びます。
ボタン
[F1]
(USER)
[F2]
(PRESET)
[F3]
(SD CARD)
説明
ユーザー・メモリーからコピーします。
コピー元がユーザーの場合のみ、コ
ピー元とコピー先を入れ替える(エク
スチェンジ)ことができます。
プリセット・メモリーのインストをコピー
します。工場出荷時のドラム・キットの
設定に戻したいときに選びます。
※ 工場出荷時のドラム・キットに割り当
てられているユーザー・サンプルは、
コピーできません。
SD カードに保存されたバックアップ・
データからインストをコピーします。
設定値
説明
with Pad
EQ/Comp
パッドに関わる全ての設定(インスト、EDIT、ボ
リューム、ROOM / OVERHEAD のセンド、
Pad EQ/Comp など)をコピーします。
Inst/VEdit
Only
パッドの設定のうち、インストの設定(イン
スト、EDIT など)
、ボリューム、ROOM /
OVERHEAD のセンドなど、Pad Eq/Comp 以
外をコピーします。
パッドの設定のうち、パッド・イコライザー(P.31)
、
Pad EQ/
パッド・コンプレッサー(P.32)の設定のみをコ
Comp Only
ピーします。
4.[F5](COPY)ボタンを押します。
[F4]
(EXCHANGE)ボタンを押すと、ユーザー・メ
モリーを入れ替えることができます(USER のみ)
。
確認画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルでコピーの設定をします。
中止するときは、
「CANCEL」を選んで[ENTER]ボ
タンを押します。
5. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
44
インストがコピーされます。
システム設定編
45
各種設定をする
(SYSTEM)
SYSTEM の基本操作
本機の設定のバックアップや電源に関する設定など、本機
全体で共通の設定を「システム」といいます。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
Bluetooth の設定をする
(BLUETOOTH)
本機の Bluetooth 機能をオン/オフしたり、ペアリング
の開始をしたりします。また、本機とスマートフォンのア
プリをつないで使う場合や、本機が複数台ある場所でス
マートフォンとペアリングする場合の設定をします。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソルを「BLUETOOTH」に合わせ、
2. カーソル・ボタンで設定したいメニューを選び、
[ENTER]ボタンを押します。
メニュー
説明
ページ
BLUETOOTH
Bluetooth の設定をします。
SD CARD
SD カードを初期化したり、SD
カードに本機の設定のバック
アップを取ったりすることができ
ます。
P.20、
P.46
TRIGGER
OUTPUT
USB AUDIO
MIDI
OPTION
AUTO OFF
INFO
FACTORY
RESET
本機がパッドからの信号を確実
に処理できるように、トリガー
の設定をします。パッドの感度
(SENSITIVITY)などを調節す
ることができます。
本機からの音の出力先を設定し
ます。
[ENTER]ボタンを押します。
BLUETOOTH 画面が表示されます。
Bluetooth 機能をオン/オフにする場合
3.[F5](ON / OFF)ボタンを押します。
本機の Bluetooth 機能がオンまたはオフになります。
P.47
P.51
Bluetooth 機能の設定をする場合
3.[F2](SETUP)ボタンを押します。
4. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
P.55
パラメーター
USB オーディオの設定をします。 P.58
MIDI 機器に接続したときの、本
P.59
機の MIDI の設定をします。
MIX IN 端子、ディスプレイなど
P.60
の設定をします。
設定値 説明
ON
オンにすると、スマートフォン
などの Bluetooth MIDI 対応
アプリと本機をつないで使うこ
とができるようになります。
OFF
工場出荷時の設定では、オフ
になっています。
OFF
工場出荷時の設定では、オフ
になっています。
Bluetooth MIDI
一定時間経過すると電源が自動
的に切れるようにするかを設定し P.61
ます。
プログラムのバージョンなど、
TD-27 本体に関する情報を示し P.62
ます。
工場出荷時の設定に戻します。
P.62
Device ID
3. 選んだメニューに応じて、カーソル・ボタンと
ダイヤルで設定を変更します。
Device ID を設定すると、ス
マートフォンに表示されるデバ
イス名の末尾に設定した数字
が付きます。
(例:
「TD-27 AUDIO 1」
「TD-27 MIDI 1」など)
4.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
1~
99
本機が複数台ある場所でスマー
トフォンとペアリングする場合
は、各機器に ID(識別番号)
を設定することができます。
5.[F5](SAVE)ボタンを押します。
変更した設定が保存されます。
メモ
Bluetooth の設定をリセットする場合は、
BLUETOOTH SETUP 画面で[F1]
(RESET)ボタン
を押します。
46
各種設定をする
(SYSTEM)
SD カードにデータをバックアップ
する(SD CARD)
本機に記憶されている設定を、SD カードに保存
(バックアッ
プ)したり、本機に読み込んだり(ロード)することができ
ます。
すべての設定をバックアップする
(SAVE)
6.[F5](SAVE)ボタンを押します。
メモ
バックアップ・データに名前を付けたいときは、
[F4]
(NAME)ボタンを押して、名前を付けます(P.39)
。
7.[F5](EXECUTE)ボタンを押します。
確認画面が表示されます。
本機に記憶されているすべての設定をひとつにまとめて、
SD カードに保存します(最大 99 セット)
。
メモ
ドラム・キットごとにバックアップ/ロードすることもで
きます(P.48)
。
1. SD カードを本機に挿入します(P.11)。
2.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「SD CARD」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
SD CARD MENU 画面が表示されます。
4. カーソルを「SAVE」に合わせ、[ENTER]ボ
タンを押します。
SD CARD SAVE <BACKUP ALL> 画面が表示され
ます。
中止するときは「CANCEL」を選び、
[ENTER]ボタ
ンを押します。
8. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
SD カードに設定が保存されます。
バックアップ・データを SD カードか
ら読み込む(LOAD)
SD カードに保存したバックアップ・データを本機に読み込
みます(ロード)
。
1. SD カードを本機に挿入します(P.11)。
2.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「SD CARD」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
SD CARD MENU 画面が表示されます。
5. バックアップの設定をします。
パラメーター
説明
With User
Sample
ユーザー・サンプルをバックアップす
るか選びます。
Bank Number
バックアップ番号を選びます。
※ ユーザー・サンプルもバックアップする場合、保存に数
分かかることがあります。また、ユーザー・サンプル
をバックアップしない場合、ユーザー・サンプルを削除
したりリナンバーしたりすると、バックアップを読み込
んでもドラム・キットは正しく再現されません。
[ENTER]
4. カーソル・ボタンで「LOAD」を選び、
ボタンを押します。
SD CARD LOAD <BACKUP ALL> 画面が表示され
ます。
5. ロードの設定をします。
パラメーター
説明
With User
Sample
ユーザー・サンプルをロードするか選
びます。
Bank Number
バックアップ番号を選びます。
47
各種設定をする
(SYSTEM)
※ ユーザー・サンプルを読み込むと、本体内のユーザー・
サンプルはすべて消去されます。また、ユーザー・サ
ンプルのサイズによっては、読み込みに 10 分以上か
かることがあります。
※ ユーザー・サンプルが含まれていないバックアップ・
データをロードする場合、
「With User Sample」に
チェックを入れることはできません。
6.[F5](LOAD)ボタンを押します。
確認画面が表示されます。
パラメーター
説明
User
バックアップするドラム・キットを選び
ます。
SD Card
バックアップ番号を選びます。
※ ユーザー・サンプルもバックアップする場合、ユーザー・
サンプルのサイズによっては、保存に数分かかること
があります。また、ユーザー・サンプルをバックアップ
しない場合、バックアップ後に本機のユーザー・サン
プルを削除したり、リナンバーしたりすると、キット・バッ
クアップ・データを読み込んでも、ドラム・キットは正
しく再現されません。
6.[F5](SAVE)ボタンを押します。
中止するときは「CANCEL」を選び、
[ENTER]ボタ
ンを押します。
確認画面が表示されます。
7. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
SD カードからバックアップ・データが読み込まれます。
SD カードにドラム・キットをバックアッ
プする(1 KIT SAVE)
本機に記憶されているドラム・キット単体の設定を、
SDカー
ドにバックアップします(最大 999 個)
。
1. SD カードを本機に挿入します(P.11)。
中止するときは、
「CANCEL」を選んで[ENTER]ボ
タンを押します。
[ENTER]
7. カーソル・ボタンで「OK」を選んで、
ボタンを押します。
SD カードにキット・バックアップ・データが保存され
ます。
2.[SYSTEM]ボタンを押します。
キット・バックアップ・データを SDカー
ドから読み込む(1 KIT LOAD)
3. カーソル・ボタンで「SD CARD」を選び、
SD カードに保存したキット・バックアップ・データを本機
にロードします。
SYSTEM 画面が表示されます。
[ENTER]ボタンを押します。
SD CARD MENU 画面が表示されます。
4. カーソル・ボタンで、「1KIT SAVE」を選び、
「ENTER」ボタンを押します。
SD CARD SAVE <1KIT> 画面が表示されます。
1. SD カードを本機に挿入します(P.11)。
2.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「SD CARD」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
SD CARD MENU 画面が表示されます。
4. カーソル・ボタンで、「1KIT LOAD」を選び、
5. バックアップの設定をします。
パラメーター
説明
ドラム・キットに割り当てられている
With User Sample ユーザー・サンプルも一緒にバック
アップするか選びます。
48
「ENTER」ボタンを押します。
SD CARD LOAD <1KIT> 画面が表示されます。
各種設定をする
(SYSTEM)
5. ロードの設定をします。
パラメーター
説明
ドラム・キットと一緒に保存されてい
With User Sample るユーザー・サンプルをロードするか
選びます。
SD Card
ロードするバックアップ番号を選び
ます。
User
ロード先のドラム・キットを選びます。
※ ユーザー・サンプルをロードすると、すでに同じユー
ザー・サンプルが存在していても、新しくユーザー・
サンプルが作成されます。また、ロードしたドラム・キッ
トには、新しく作成されたユーザー・サンプルが自動
的に割り当てられます。
※ ユーザー・サンプルをロードするには、ユーザー・サ
ンプルの空き容量が必要です。
※ ユーザー・サンプルが含まれていないキット・バックアッ
プ・データをロードする場合、
「With User Sample」
にチェックを入れることはできません。
6.[F5](LOAD)ボタンを押します。
確認画面が表示されます。
バックアップ・データを SD カードから削
除する(DELETE / 1 KIT DELETE)
不要なバックアップ・データ(ユーザー・サンプルを含む)
を SD カードから削除します。
1. SD カードを本機に挿入します(P.11)。
2.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「SD CARD」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
SD CARD MENU 画面が表示されます。
4. カーソルを削除するメニューに合わせ、
[ENTER]ボタンを押します。
メニュー
説明
DELETE
すべての設定をひとまとめにしたバックアッ
プ・データを削除します。
1 KIT DELETE
ドラム・キット単体のバックアップ・データ
を削除します。
SD CARD DELETE 画面が表示されます。
例)DELETE のとき
中止するときは、
「CANCEL」を選んで[ENTER]ボ
タンを押します。
7. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
SD カードからキット・バックアップ・データが読み込ま
れます。
5. 削除の設定をします。
パラメーター
Bank Number
(DELETE のとき)
説明
削除するバックアップ番号を選び
ます。
SD Card
削除するキット・バックアップ番号
(1 KIT DELETE のとき) を選びます。
6.[F5](DELETE)ボタンを押します。
確認画面が表示されます。
例)DELETE のとき
中止するときは、
「CANCEL」を選んで[ENTER]ボ
タンを押します。
7. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
SD カードからバックアップ・データが削除されます。
49
各種設定をする
(SYSTEM)
SD カードの使用状況を確認する(INFO)
SD カードを初期化する(FORMAT)
SD カードに保存されている設定の数などを確認することがで
きます。
SD カードを初期化(フォーマット)します。
1. SD カードを本機に挿入します(P.11)。
2.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「SD CARD」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
SD CARD MENU 画面が表示されます。
[ENTER]
4. カーソル・ボタンで「INFO」を選び、
ボタンを押します。
SD CARD INFO 画面が表示されます。
※ 初めて本機で SD カードを使うときは、SD カードを
フォーマットしてください。
注意
SD カードを初期化すると、SD カード内のデータはす
べて消去されます。
1. SD カードを本機に挿入します(P.11)。
2.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで「SD CARD」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
SD CARD MENU 画面が表示されます。
4. カーソル・ボタンで「FORMAT」を選び、
[ENTER]ボタンを押します
SD CARD FORMAT 画面が表示されます。
パラメーター
説明
Backup All
保存されているバックアップ・データの数
1 Kit
保存されているキット・バックアップ・デー
タの数
5.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
5.[F5](FORMAT)ボタンを押します。
確認画面が表示されます。
中止するときは「CANCEL」を選び、
[ENTER]ボタ
ンを押します。
6. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
SD カードが初期化されます。
50
各種設定をする
(SYSTEM)
トリガーの設定をする(TRIGGER) 5. パッドを叩くかカーソル・ボタンで、設定する
パッドからの信号を本機が確実に処理できるように、トリ
ガーの設定をします。
ドラム音源を単品で購入した場合や、ドラム・セットのパッ
ドを拡張する場合/ドラム・セットのパッド以外のパッドに
つなぎ替える場合などに設定が必要になります。
パッドの種類を設定する(BANK)
トリガー・バンクで使用するパッドの種類(トリガー・タイプ)
を、トリガー・インプットごとに指定します。
トリガー・タイプ
さまざまなトリガーのパラメーターを、各パッドに適した値
に調整し、ひとまとめにしたものです。各トリガー・インプッ
トで使っているパッドに最適な設定をするために、接続し
ているパッドの種類(KD-10、VH-10 など)を指定します。
トリガー・バンク
12 個のトリガーの設定をひとつにまとめたものです。ドラ
ム・セットの種類(TD-27KV、VAD506 など)や、個
別に設定したトリガー・バンクを指定します。トリガー・バ
ンクは 8 個作成できます。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「TRIGGER」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER MENU 画面が表示されます。
3. カーソルを「BANK」に合わせて、[ENTER]
ボタンを押します
TRIGGER BANK 画面が表示されます。
トリガー・バンク番号
パッドを選びます。
表示
説明
表示
説明
K
KICK
C
CRASH1、2
S
SNARE
R
RIDE
1~3
TOM1 ~ 3
A
AUX1 ~ 3
H
HI-HAT
6. ダイヤルで、トリガー・タイプを設定します。
※ デジタル接続対応のパッドが割り当てられているトリ
ガー・インプットは、トリガー・タイプを変更すること
はできません。
メモ
トリガー・タイプを設定すると、一部のパラメーター(ク
ロストーク・キャンセルなど)を除いたトリガー・パラメー
ターが、最適値に設定されます。これらは参考値です
ので、パッドの取り付けかたや使用状況に合わせて微
調整してください。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
ハイハットの設定をする(HI-HAT)
ハイハットを使うときは、本機でオフセットの調整をしてく
ださい。オープン、クローズやペダルの動きを正しく検
出するために必要です。
参照
55オフセットの調整方法については、
「ハイハットの設定
をする」
(P.13)をご覧ください。
55 必要に応じて、パラメーターを微調整します。
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
トリガー・タイプ
4. トリガー・バンク番号にカーソルを合わせ、ダ
イヤルでバンクを選びます。
51
各種設定をする
(SYSTEM)
デジタル接続対応パッドを設定する
(DIGITAL)
DIGITAL TRIGGER IN 端子に初めて接続するデジタル
接続対応のパッドでは、表示された画面に従って、接続し
たパッドをどのトリガー・インプットに割り当てるか設定し
ます(P.11)
。
ここでは、設定後に割り当て先(アサイン)を変更すると
きの操作について説明します。
2. カーソル・ボタンで、「TRIGGER」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER MENU 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで、「PARAM」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER PARAM 画面が表示されます。
※ 専用接続ケーブルや TRIGGER IN 端子につない
だパッドと同じトリガー・インプットに割り当てると、
TRIGGER INPUT 端子と TRIGGER IN 端子に接続し
たパッドの音は出力されません。
※ ファクトリー・リセットを実行すると、デジタル接続対
応パッドの接続履歴や設定は初期化されます。
ベロシティー・メーター
叩いた強さ(ベロシティー)を表します
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「TRIGGER」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER MENU 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで、「DIGITAL」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
DIGITAL TRIGGER IN 画面が表示されます。
接続したパッド
アサイン
表示 説明
表示 説明
K
KICK
C
CRASH1、2
S
SNARE
R
RIDE
T
TOM1~3
A
AUX1~3
H
HI-HAT
4. 設定するパッドを、叩いて選びます。
5. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
パラメーター
設定値
パッドを叩く強さと音量のバ
ランス(感度)を調節します。
Sensitivity
4. カーソル・ボタンで設定するパッドを選び、ダ
イヤルでアサインを設定します。
値を大きくすると感度が高く
なり、パッドを弱く叩いても
1.0 〜 32.0
大きな音量で鳴ります。値を
小さくすると感度が低くなり、
パッドを強く叩いても小さな
音量で鳴ります。
リムやエッジを叩く強さと音
の大きさのバランスを調節し
ます。
パッドを叩いて選ぶこともできます。
どのトリガー・インプットにもアサインしない場合は、
「N/A」を選びます。
※ 同じアサインを複数設定することはできません。
Rim Gain
0 〜 3.2
パッドの感度を調節する(PARAM)
パッドの感度は、トリガー・タイプ(P.51)を設定する
と自動的に各パッドに適した値に変更されるため、通常は
設定する必要はありません。
より細かい設定をするときや、アコースティック・ドラム・
トリガーを使うときに調節します。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
52
説明
値を大きくすると、リムを弱
く叩いても大きな音量で鳴り
ます。値を小さくすると、リ
ムを強く叩いても小さな音量
で鳴ります。
リム・ショット奏法に対応した
パッドで有効です。
メモ
55 その他のパラメーターについては、
『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
55 初期値に戻すときは、
[F5]
(DEFAULT)ボタンを押
します。
一部のパラメーター(クロストーク・キャンセルなど)
を除いたトリガー・パラメーターが、初期値に設定さ
れます。
各種設定をする
(SYSTEM)
55 ベロシティーは、TRIGGER IN 端子に接続したパッド
は最大 127、DIGITAL TRIGGER IN 端子に接続し
た HI-Reso Velocity に対応したデジタル接続対応の
パッドは、最大 127+32(MIDI CONTROL の HIReso Velocity が「ON」のとき)と表示されます。
デジタル接続対応パッドを細かく設定する
次の設定は、デジタル接続対応パッドの初回接続時に、
自動的に各パッドに適した値に設定されるため、通常は設
定する必要はありません。より細かい調節をするときにだ
け、設定してください。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「TRIGGER」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER MENU 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで、「DIGITAL」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
各パッドのトリガー情報を見る
(MONITOR)
各パッドの叩く強さ(ベロシティー)や、ハイハットの開き
具合、スネア、ライド・シンバル、タム、AUX の打点位
置をリアルタイムに表示することができます。
メモ
MIDI IN 端子に MIDI 機器を接続している場合は、
MIDI IN 端子から受信した演奏情報も表示されます。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「TRIGGER」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER MENU 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで、「MONITOR」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER MONITOR 画面が表示されます。
DIGITAL TRIGGER IN 画面が表示されます。
4.[F5](ADVANCED)ボタンを押します。
DIGITAL TRIGGER ADVANCED 画面が表示され
ます。
ベロシティー・メーター
(叩いた強さ(ベロシティー)を表します)
表示
説明
表示
説明
K
KICK
C
CRASH1、2
5. パッドを叩くかカーソル・ボタンで、設定する
S
SNARE
R
RIDE
1~3
TOM1 ~ 3
A
AUX1 ~ 3
6. カーソル・ボタンで、Advanced Setting の
H
HI-HAT
パッドを選びます。
パラメーターにカーソルを合わせます。
7. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
※ パッドによって、設定できるパラメーターが異なります。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
メモ
初期値に戻すときは、
[F5]
(DEFAULT)ボタンを押
します。
一部のパラメーター(クロストーク・キャンセルなど)
を除いたトリガー・パラメーターが、初期値に設定さ
れます。
4. パッドを叩きます。
画面のメーター表示がリアルタイムに変化し、以下の
情報を確認することができます。
表示
説明
HI-HAT
ハイハットの開き具合を表示します。「OPEN」
に近いほど大きく開いた状態、
「PRESS」に近
いほど閉じた状態です。
スネア、ライド・シンバル、タムと AUX のリ
ムの打点位置を表示します。「CENTER」に
POSITION 近いほどパッドの中心に近い位置、
「OUTER」
に近いほどパッドの端に近い位置を叩いている
ことを表します。
パッドを叩く時間の間隔を表示します。右にい
くほど間隔が短いことを表します。連打の間
INTERVAL
隔に応じて、シンバルやスネアのロールの音
色が滑らかに変化します。
53
各種設定をする
(SYSTEM)
表示
CHOKE
説明
シンバルがチョークされているときに、
「CHOKE」アイコンが表示されます。
チョークに対応しているパッドで、チョーク奏法
をすると、CHOKE アイコンが表示されます。
他のパッドの振動による誤発音を防ぐ
(クロストーク・キャンセル)
同じドラム・スタンドに 2 つのパッドを取り付けている場合
に、一方のパッドを叩いたときの振動で、もう一方のパッ
ドが発音してしまうことがあります。この現象を
「クロストー
ク」といいます。クロストーク・キャンセルは、このよう
なクロストークを防ぐための設定です。
※ 工場出荷時の設定では、ドラム・スタンド(MDSStandard 2 または DCS-10 / DBS-10)を使った場
合に最適な設定がされているため、通常は設定を変更
する必要はありません。
クロストーク・キャンセルの設定が必要
な場合
55トリガー・バンク(P.51)の設定にないパッド構成で
使用する場合
55ドラム・スタンド(MDS-Standard 2 または DCS-10
/ DBS-10)以外のドラム・スタンドを使用する場合
55 別売のドラム・トリガーを使用する場合
クロストーク・キャンセルの設定例
タム 1 のパッドを叩いたときに、クラッシュ 1 の
音が鳴ってしまう
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「TRIGGER」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER MENU 画面が表示されます。
3. カーソル・ボタンで、「XTALK」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
TRIGGER XTALK MONITOR 画面が表示されます。
クロストーク・キャンセルの値
パッド
4. タム 1(T1)のパッドを叩きます。
TRIGGER XTALK MONITOR 画面に、クロストーク
の検出状況が表示されます。
下の図では、
タム 1(T1)を叩いたときに、
タム 2(T2)
とクラッシュ 1(C1)が振動を検出したことを示してい
ます。
クロストークしているパッドには、
「H」が表示されます。
クロストークしている
クロストーク・キャンセルの設定をする
前に
外部からの振動が伝わりにくくなるようにパッドをセッティ
ングすることで、クロストークを最小限に防ぐことができ
ます。以下の点に注意して、パッドをセッティングしてくだ
さい。
55 パッド同士がぶつからないようにセッティングする
55 複数のパッドを同じスタンドに取り付ける場合、距離を
離す
55 パッドの取り付けノブをしっかりと締め付けて、スタン
ドに取り付ける
※ アコースティック・ドラムの生音やモニター・スピーカー
からの音の影響で、パッドが発音してしまうことがあり
ます。この場合、クロストーク・キャンセルを設定して
も解決できません。以下に注意してセッティングしてく
ださい。
55 パッドをスピーカーから離して設置する
55 パッドに角度をつけて、音の影響を受けにくい場所
にセッティングする
55 パッドの Threshold の値を大きくする
(『データ・リスト』
(PDF)参照)
54
振動を検出したパッド 説明
タム 2(T2)
クロストーク・キャンセルが効いてい
るため、発音しません。
クロストークしています。
クラッシュ 1(C1)
クロストーク・キャンセルの値を調整
することで、発音しないようにするこ
とができます。
各種設定をする
(SYSTEM)
5.[F4](FOCUS)ボタンを押して、C1 にカー
ソルを合わせます。
音の出力先を設定する
(OUTPUT)
MASTER OUT 端子、DIRECT OUT 端子、PHONES
端子からの出力を設定します。
複数のパッドがクロストークしている場合は、
[F4]
(FOCUS)ボタンを押すたびに、クロストークしてい
る別のパッドにカーソルが移動します。
6.[F5](SET)ボタンを押します。
この例では、クラッシュ 1 の発音をキャンセルできる最
小値「33」が自動設定されます。
設定値
説明
0 〜 80
クロストーク・キャンセル処理の強さ
※ クロストーク・キャンセルを自動設定する場合、40 以
上の値にはなりません。40 以上に設定する必要があ
るときは、ダイヤルで値を変更してください。
7. 手順 5、6 を繰り返して、クロストーク・キャ
メモ
USB オーディオ(P.58)の出力チャンネル 1 ~ 2
は MASTER OUT 端子、出力チャンネル 3 ~ 4 は
DIRECT OUT 端子からの出力設定と共通の設定にな
ります。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「OUTPUT」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
[F1]
(PAD MAS)ボタン
各パッドの PHONES 端子、MASTER OUT 端子(OUTPUT
ROUTING の Master Out が「NORMAL」のとき)から
の出力を設定します。
ンセルの設定をします。
メモ
カーソル・ボタンとダイヤルを使って、手動でクロストー
ク・キャンセルの値を設定することもできます。
[F2]
(PAD DIR)ボタン
各パッドの DIRECT OUT 1、2 端子、MASTER OUT 端子
(OUTPUT ROUTING の Master Out が「DIRECT」の
とき)からの出力を設定します。
[F3]
(OTHER MAS)ボタン
ROOM、MFX などの、PHONES 端子、MASTER OUT
端子
(OUTPUT ROUTING の Master Out が
「NORMAL」
のとき)からの出力を設定します。
[F4]
(OTHER DIR)ボタン
ROOM、MFX などの、DIRECT OUT 1 / 2 端子、
MASTER OUT 端子(OUTPUT ROUTING の Master
Out が「DIRECT」のとき)からの出力を設定します。
55
各種設定をする
(SYSTEM)
出力先の初期値
3. パッドを叩くかカーソル・ボタンで、設定する
パッドまたは機能を選びます。
表示
説明
表示
説明
K
KICK
C
CRASH1、2
S
SNARE
R
RIDE
1~3
TOM1 ~ 3
A
AUX1 ~ 3
H
HI-HAT
出力の設定
PHONES
すべて
MASTER OUT
すべて
DIRECT OUT 1
KICK、HI-HAT
DIRECT OUT 2
SNARE、RIDE
DIRECT OUT 1、2 TOM1 ~ 3、CRASH1、2、AUX1 ~ 3
出力先の設定例
出力先の設定例を紹介します。
表示
説明
OH
オーバーヘッド(P.32)
RM
ルーム(P.32)
MFX1 ~ 3
マルチ・エフェクト 1 ~ 3(P.32)
SONG
ソング(P.21)
CLICK
クリック(P.24)と、ソングのクリック・
トラック(P.23)の出力
MIXIN
端子
MIX IN 端子に入力された音
と Bluetooth オーディオの入力音
(P.20)
USB IN MAIN、 USB COMPUTER 端子に入力された音
SUB
(P.59)
4. カーソル・ボタンとダイヤルで、出力先を選
びます。
5.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
例 1)モニターと PA を同じ出力にする
PHONES 端子、MASTER OUT 端子、DIRECT OUT(1、
2)端子から同じ音が出力されます。
演奏者がモニターしている音と、PA の音が同じ音になり
ます。
※ DIRECT OUT 側には、マスター・コンプとマスター
EQ の効果はかかりません。
端子
出力の設定
接続先例
PHONES
すべて
モニター・ヘッドホン
MASTER OUT
すべて
ドラム用モニター
DIRECT OUT
1、2
すべて
PA(外部ミキサー)
例 2)クリックを聴きながら演奏する
PHONES 端子からは、モニター用にすべての音が出力さ
れます。
CLICK(クリックと曲のクリック・トラックの出力)
、USB
IN SUB(USB COMPUTER 端子に入力された音)など
をヘッドホンだけに出力することで、演奏者のみクリック音
を聴きながら演奏することができます。
端子
出力の設定
接続先例
すべて
PHONES
モニター・ヘッドホ
CLICK、USB IN SUB
ン
は PHONES のみ出力
MASTER OUT
SONG、USB IN
MAIN のみ出力
DIRECT OUT 1 KICK
SNARE
HI-HAT
DIRECT OUT 2
56
RIDE
TOM 1 〜 3
CRASH 1、2
AUX1 〜 3
PA(外部ミキサー)
各種設定をする
(SYSTEM)
出力の経路(ルーティング)を設定
する
MASTER OUT 端子、DIRECT OUT 端子、PHONES
端子へ出力する経路を設定します。
ルーティング・パラメーターの設定例
パラメー
ター
「OFF」に設定したとき
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「OUTPUT」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
説明
PadEq/
Comp to
Direct
3.[F5](ROUTING)ボタンを押します。
55 DIRECT OUT 端子の出力は、パッド・イコラ
イザーとパッド・コンプレッサーがバイパスされ
ます。
MASTER OUT 端子の出力は、OUTPUT
ROUTING の Master Out を「DIRECT」に
設定すると、パッド・イコライザーとパッド・コ
ンプレッサーがバイパスされます。
55 各パッドのイコライザーとコンプレッサーを PA
で調整しつつ、演奏者は各ドラム・キットのパッ
ド・イコライザーとパッド・コンプレッサーの効
果をかけた音で演奏できます。
「OFF」に設定したとき
4.[F1](ROUTING)~[F3](GAIN)ボタ
ンを押して、設定する項目を選びます。
ボタン
PadComp
to Phones
説明
パッド・イコライザー/コンプレッサー、
[F1]
(ROUTING) マスター・アウトの出力などの、かか
りかたやルーティングを変更します。
[F2]
(LO CUT)
[F3]
(GAIN)
周波数は各出力で同じ設定になり
ます。
※ 音量を上げすぎると歪むことがあり
ます。ご注意ください。
55 出力先の設定例 1(P.56)などでは、ドラム
用モニターや PA にパッド・コンプレッサーでダ
イナミクスを抑えた音作りをしつつ、モニター・
ヘッドホンではダイナミクスを生かした音を聞き
ながら演奏できます。
「DIRECT」に設定したとき
低域の周波数をカットして出力するか
を設定します。
MASTER OUT 端子、PHONES 端子、
DIRECT OUT 端子の各音量を調節し
ます
(ゲイン)
。本機の出力音が大きす
ぎて、受け取り側で歪んだりする場合
に音量を小さくしたり、PHONES 端
子からの出力音を最適な音量に調節し
たりすることができます。
55 PHONES 端子の出力は、パッド・コンプレッサー
が無効になります。
Master
Out
55 MASTER OUT 端子の出力は、マスター・
コンプとマスター EQ の効果が無効になり、
MASTER OUT 端子を DIRECT OUT 端子の
ように使うことができます(
[MASTER]つまみ
の設定は有効です)
。
この設定は USB オーディオのパソコンへの出
力にも有効です。
55 PHONES 端子からは、マスター・コンプとマ
スター EQ 込みの音が出力されます。
55 MATER OUT 端子の出力をダイレクト・ア
ウトとして出力するには、PAD OUTPUT 画
面(DIRECT タブ)や OTHER OUTPUT 画面
(DIRECT タブ)で、MASTER DIRECT に出
力する設定にしてください。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
5.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
57
各種設定をする
(SYSTEM)
USB オーディオの設定をする
(USB AUDIO)
本機の USB COMPUTER 端子から出力される USB
オーディオの出力先を設定して、パソコン上の DAW ソ
フトウェアなどに録音することができます。また、USB
COMPUTER 端子に入力される USB オーディオの入力を
設定して、パソコンで再生したオーディオを本機で鳴らす
ことができます。
メモ
DAW ソフトウェアの設定については、お使いの
DAW ソフトウェアの取扱説明書をご覧ください。
USBドライバーの設定をする
USB オーディオの出力先を設定する
本機の USB COMPUTER 端子から出力される、USB オー
ディオの出力先を設定します。USB オーディオの出力音
を、28ch のマルチ・トラックでパソコン上の DAW ソフ
トウェアなどに録音することができます。
※ MASTER OUT(L/MONO、R)
、DIRECT OUT(1、2)
の出力先の設定は、本機の MASTER OUT 端子と
DIRECT OUT 端子からの出力設定と共通の設定にな
ります。また、パッドごとにステレオで 2ch ずつ固定
で出力されます。
※ USB オーディオの出力では、LO CUT と GAIN
(OUTPUT ROUTING(P.57)
)の効果はかかり
ません。
USB オーディオの出力先の設定表
Ch1-2
MASTER OUT
Ch15-16
HI-HAT
Ch3-4
DIRECT 1-2
OUT
Ch17-18
CRASH1
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
Ch5-6
KICK
Ch19-20
CRASH2
Ch7-8
SNARE
Ch21-22
RIDE
TOM1
Ch23-24
AUX 1
2. カーソル・ボタンで、「USB AUDIO」を選び、
Ch9-10
Ch11-12
TOM2
Ch25-26
AUX 2
Ch13-14
TOM3
Ch27-28
AUX 3
本機専用 USBドライバーと、OS 標準のドライバーを切
り替えます。
SYSTEM 画面が表示されます。
[ENTER]ボタンを押します。
USB AUDIO SETUP 画面が表示されます。
参照
出力先の設定については、
「音の出力先を設定する
(OUTPUT)
」
(P.55)をご覧ください。
3. Driver Mode にカーソルを合わせ、ダイヤ
ルで設定値を変更します。
パラメーター
設定値
GENERIC
Driver Mode
説明
OS 標準のドライバーを使用し
ます。
USB MIDI のみに限定され
ます。
ローランドが提供している本機
専用のドライバーを使用し
VENDOR ます。
USB MIDI と USB オーディオ
が使用できます。
設定値を変更すると、本機の電源を入れ直すと有効に
なる旨のダイアログが表示されます。
メッセージを確認して、
[ENTER]ボタンを押します。
4. 本機の電源を入れ直します。
メモ
本体の電源を入れ直すと有効になります。
58
USB オーディオの出力レベルを調節する
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで「USB AUDIO」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
USB AUDIO SETUP 画面が表示されます。
3. Output Gain にカーソルを合わせ、ダイヤ
ルで設定値を変更します。
パラメーター
設定値
Output Gain
-24 ~
+24dB
説明
出力レベルの調節をします。
USB COMPUTER 端子から出
力される、すべての USB オー
ディオの出力に有効です。
各種設定をする
(SYSTEM)
USB オーディオの入力を設定する
MIDI の設定をする(MIDI)
USB COMPUTER 端子に入力される、USB オーディオ
の入力を設定します。
パソコンで再生したオーディオを、本機で鳴らすことができ
ます。
本機に MIDI 機器を接続した場合の、MIDI の設定をし
ます。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「USB AUDIO」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
「MIDI」を選び、
[ENTER]
2. カーソル・ボタンで、
ボタンを押します。
SETUP MIDI BASIC 画面が表示されます。
USB AUDIO SETUP 画面が表示されます。
3.[F1](BASIC)~[F3](SYNC)ボタンを
3. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
パラメーター 設定値
説明
入力レベルの調節をし
ます。
Input Gain
-36 ~ +12dB
USB COMPUTER 端子か
ら入力される、USB オー
ディオ(Input MAIN、
SUB)の入力に有効です。
メモ
55 その他のパラメーターについては、
『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
55 USB オーディオの入力音の出力先を設定することが
できます(P.55)
。
4.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
押して、設定する項目を選びます。
ボタン
[F1]
(BASIC)
説明
本機が MIDI データを送受信するチャ
ンネルの設定など、MIDI の基本的
な設定をします。
パッドの打点位置やハイハットの踏み
[F2]
(CONTROL) 込む深さなどに合わせて送受信する、
MIDI メッセージを設定します。
[F3]
(SYNC)
MIDI の同期に関する設定をします。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
4. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
5.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
59
各種設定をする
(SYSTEM)
オプション設定をする(OPTION) フットスイッチに機能を割り当てる
MIX IN 端子の入力レベルやディスプレイの明るさ調節、
フットスイッチやパッドへの機能割り当てなどの設定をし
ます。
FS-5U を接続する場合
ステレオ標準プラグ
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
標準プラグ× 2
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「OPTION」を選び、
RING
TIP
[ENTER]ボタンを押します。
ポラリティー・スイッチ
オプションの設定画面が表示されます。
SW1
SW2
※ モノ・ケーブルで 1 台の FS-5U を接続する場合は、
SW2 になります。
※ FS-5L は使用できません。
3.[F1](MIX IN)~[F4](MODIFY)ボタ
ンを押して、設定する項目を選びます。
ボタン
説明
[F1]
(MIX IN)
MIX IN 端子と Bluetooth オーディ
オの入力レベルを調整します。
[F2]
(LCD)
ディスプレイのコントラストと明るさ
を調節します。
[F3]
(CTRL)
フットスイッチやパッドに機能を割り当
てます。
[F4]
(MODIFY)
サウンド・モディファイつまみを回し
たときに一時的に表示される、ウィン
ドウの表示時間を設定します。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
4. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
5.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
フットスイッチやパッドに機能を割り
当てる(CONTROL)
本機に接続したフットスイッチ(別売:BOSS FS-5U、
FS-6)やパッドに、ドラム・キットの切り替えやセット・リ
ストの切り替えなどの機能を割り当てることができます。
参照
設定できるパラメーターについては、『データ・リスト』
(PDF)をご覧ください。
60
FS-6 を接続する場合
ステレオ標準プラグ
ステレオ標準プラグ
モード/ポラリティー・スイッチ
SW1
SW2
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「OPTION」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
オプションの設定画面が表示されます。
3.[F3](CTRL)ボタンを押します。
FOOT SWITCH / PAD CONTROL 画面が表示さ
れます。
4. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
メモ
パッドを叩いてセット・リスト(P.18)のドラム・キッ
トを切り替えるときは、
パッドに割り当てる機能を「KIT#
DEC」または「KIT# INC」にし、DRUM KIT 画面で
各種設定をする
(SYSTEM)
セット・リストをオンにしておきます(あらかじめ、セット・
リストの設定をしておきます)
。
5.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
パッドに機能を割り当てる
TRIGGER IN 端子/ AUX3 に接続したパッド、または
AUX3 にアサインしたデジタル接続対応のパッドに、機能
を割り当てることができます。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで、「OPTION」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
AUTO OFF 機能の設定をする
(AUTO OFF)
本機は、演奏や操作をやめてから一定時間経過すると自
動的に電源が切れます。自動的に電源が切れないように
するには、AUTO OFF 機能を解除してください。
※ 電源を再びオンにするときは、電源を入れ直してくだ
さい。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで「AUTO OFF」を選び、
[ENTER]ボタンを押します。
AUTO OFF SETTING 画面が表示されます。
オプションの設定画面が表示されます。
3.[F3](CTRL)ボタンを押します。
FOOT SWITCH / PAD CONTROL 画面が表示され
ます。
4. カーソル・ボタンでパラメーターを選び、ダ
イヤルで設定値を変更します。
メモ
55 パッドを叩いても音が鳴らないようにするには、PAD
VOLUME で、AUX3 の音量を「0」にしてください。
または、AUX3 のインストに「OFF」を選んでくださ
い(P.31)
。
55 パッドを叩いてセット・リスト(P.18)のドラム・キッ
トを切り替えるときは、
パッドに割り当てる機能を「KIT#
DEC」または「KIT# INC」にし、DRUM KIT 画面で
セット・リストをオンにしておきます(あらかじめ、
セット・
リストの設定をしておきます)
。
3. ダイヤルで、オート・オフ機能の設定をします。
設定値
説明
OFF
電源は自動的に切れません。
4 HOURS
4 時間以内にパッドを叩かなかったり何も操作
をしなかったりすると、自動的に電源が切れ
ます。
メモ
AUTO OFF 機能を「4 HOURS」に設定していると、
電源が切れる 30 分前に「MESSAGE: AUTO OFF,
The TD-27 will turn off in 30 min.」のメッセージ
が表示されます。
4.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
5.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
61
各種設定をする
(SYSTEM)
本機に関する情報を表示する
(INFO)
プログラムのバージョンなど、本機に関する情報を表示し
ます。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
[ENTER]
2. カーソル・ボタンで「INFO」を選び、
ボタンを押します。
インフォメーション画面が表示されます。
工場出荷時の設定に戻す
(FACTORY RESET)
本機に記憶されている設定値を、工場出荷時の状態に戻
します。これを「ファクトリー・リセット」と呼びます。
注意
この操作をすると、本機にあるデータや設定がすべて
失われます。必要なデータや設定は、SD カードに保存
してください(P.47)
。
1.[SYSTEM]ボタンを押します。
SYSTEM 画面が表示されます。
2. カーソル・ボタンで「FACTORY RESET」を
選び、[ENTER]ボタンを押します。
FACTORY RESET 画面が表示されます。
3.[F1](PROGRAM)~[F4](DIGITAL)ボ
タンを押して、設定する項目を選びます。
ボタン
説明
[F1]
(PROGRAM) プログラムのバージョンを表示します。
[F2]
(SAMPLE)
取り込んだユーザー・サンプル数と、
ユーザー・メモリーのユーザー・サン
プルの残量を表示します。
SD カードに保存している、バックアッ
[F3]
(SD CARD) プ・データ、キット・バックアップ・デー
タを表示します。
[F4]
(DIGITAL)
本機に接続しているデジタル接続対応
パッドのプログラムのバージョンを表
示します。
メモ
すべてのユーザー・サンプルも工場出荷時に戻す場合
は、ダイヤルで、
「Reset with User Sample」にチェッ
クを入れます。ユーザー・メモリーのすべてのユーザー・
サンプルは、工場出荷時のデータに上書きされます。
(FACTORY RESET)ボタンを押します。
3.[F5]
確認画面が表示されます。
選ばれているパッドの FUNC ボタンが
点滅します。
4.[DRUM KIT]ボタンを押して、DRUM KIT
画面に戻ります。
中止するときは「CANCEL」を選び、
[ENTER]ボタ
ンを押します。
4. カーソル・ボタンで「OK」を選び、[ENTER]
ボタンを押します。
ファクトリー・リセットが実行されます。
62
資料編
63
エラー・メッセージ
表示されるエラー・メッセージ一覧
メッセージ
意味
Format SD Card Error!
SD カードのフォーマットに失敗しました。
Incorrect File!
バックアップ・データまたはキット・バックアップ・
このデータは使用しないでください。
データが壊れています。
MIDI Buffer Full!
大量の MIDI メッセージを短時間の間に受信した
ため、処理できません。
MIDI Offline!
解決方法
SD カードを正しく挿入してください。
SD カードのロックを解除してください。
外部 MIDI 機器を正しく接続していることを確認して
ください。それでも直らないときは、本機へ送信す
る MIDI メッセージの量を少なくしてください。
MIDI ケーブルまたは USB ケーブルが抜けました
MIDI ケーブルまたは USB ケーブルの抜けや断線
(または、何らかの原因で外部 MIDI 機器との通
がないことを確認してください。
信がとぎれました)
。
No Backup Data!
バックアップ・データが SD カードにありません。 –
No Data!
録音データが存在しないソングをエクスポートし
ようとしました。
録音データが存在するソングをエクスポートしてくだ
さい。
No SD Card!
SD カードが SD カード・スロットに差し込まれて
いません。
SD カードを正しく挿入してください。
Temporary Memory Full!
ソングレコーダーのテンポラリー・メモリーの記
憶容量がいっぱいになり、録音を停止しました。
Song Data Too Long!
SD カード挿入時の録音できる長さの上限を超え
たため、録音を停止しました。
Sample Length Too Long!
オーディオ・ファイルが長すぎるため、取り込み
できません。
180 秒以上のファイルは取り込めません。
Sample Length Too Short!
オーディオ・ファイルが短すぎるため、取り込み
できません。
1 秒未満のオーディオ・ファイルは取り込めないこと
があります。
SD カードがロックされています。
SD カードのロックを解除してください。
ファイル属性が読み取り専用になっています。
ファイルが書き込み禁止になっていないか確認して
ください。
SD カードが SD カード・スロットに差し込まれて
いません。
SD カードを正しく挿入してください。
SD カードの内容が壊れています。
SD カード内の必要なデータをコピーしてから、SD
カードを本機でフォーマットしてください(P.50)
。
それでも改善しない場合は、別の SD カードで試し
てください。
録音データの保存に失敗しました。
SD カードのロック状態を確認してください。
ソングのエクスポートに失敗しました。
ファイルが書き込み禁止になっていないか確認して
ください。
SD Card Memory Full!
SD カードに空き容量がありません。
不要なデータを削除してください(P.49)
。
System Overload!
本体の処理が間に合いませんでした。
同時に発音する数を減らしてください。
Unsupported format!
本機でサポートされていないフォーマットです。
再生できるファイルのフォーマットかどうか確認し
てください(ソング P.22、ユーザー・サンプル
P.35)
。
User Sample Does Not
Exist!
ユーザー・サンプルが存在しません。
ユーザー・サンプルが存在する場所を選んでくだ
さい。
User Sample Exists!
ユーザー・サンプルが存在します。
ユーザー・サンプルを削除するか、あいている場所
を選んでください。
SD Card is Locked!
SD Card is not connected!
SD Card Media Error!
64
最大録音時間はSDカード挿入時は約 60 分、
SDカー
ド未挿入時は約 3 分です。
エラー・メッセージ
インポート対象のオーディオ・データが壊れてい
User Sample Import Error! ます。
User Sample Memory
Error!
このオーディオ・データは使用しないでください。
SD カードの内容が壊れています。
この SD カードは使用しないでください。
ユーザー・サンプルを含む、バックアップ・デー
タまたはキット・バックアップ・データが壊れてい
ます。
このデータは使用しないでください。
SD カードの内容が壊れています。
この SD カードは使用しないでください。
空のユーザー・サンプルが割り当てられています 空のユーザー・サンプルが割り当てられているキッ
(1 KIT SAVE のときのみ)
。
トは、1 KIT SAVE できません。
User Sample memory full!
ユーザー・サンプルの空き容量がありません。
不要なユーザー・サンプルを削除してください
(P.37)
。
その他のメッセージ
メッセージ
意味
解決方法
USB Driver The modified
settings will become
effective after power off
and restart.
USBドライバーの設定は、本体の電源を入れ直
すと有効になります。
本体の電源を入れ直してください。
XStick always effective
クロス・スティック奏法が常に有効です。
–
XStick switch available
クロス・スティック・スイッチが有効になります。
DRUM KIT 画面で[F3]
(XSTICK)ボタンを押す
と、クロス・スティック音を鳴らす/鳴らさないの切
り替えができます(P.17)
。
65
故障かな?と思ったら
症状
確認事項
対策
本機とアンプ内蔵スピーカーなどの外部機器が正
しく接続されていますか?
接続を確認してください。
ページ
音に関するトラブル
[PHONES]または[MASTER]つまみで音量を
調節してください。
–
接続しているアンプ内蔵スピーカーのボリュームが 接続しているアンプ内蔵スピーカーの音量を調節
下がっていませんか?
してください。
–
MIX IN 端子や Bluetooth 接続したスマートフォン [BACKING]つまみ、またはスマートフォン側で
などのボリュームは下がっていませんか?
調節してください。
–
本機の音量が下がっていませんか?
音が出ない/音が小
さい
MIDI の「Local Control」が「OFF」になってい
通常は「ON」に設定します。
ませんか?
P.59
各パッドやペダルにケーブルが正しく接続されてい
接続を確認してください。
ますか?
P.10
インストが「OFF」になっていませんか?
インストを割り当ててください。
P.30
パッドの音量が下がっていませんか?
パッドの音量を調節してください。
P.31
「OUTPUT」は正しく設定されていますか?
特定のパッドの音が出
ユーザー・サンプルが削除されていませんか?
ない
TRIGGER IN 端子
または TRIGGER
INPUT 端子に接続し
たパッドを叩いても音
が出ない/トリガーが
反応しない
P.10
「OUTPUT」の設定を確認してください。
P.55
パッドに割り当てられているユーザー・サンプルを
削除すると、音が出なくなります。
P.35
もう一度ユーザー・サンプルを取り込むか、他の
インストを割り当ててください。
パッドの「トリガー・タイプ」は正しく設定されてい
パッドの「トリガー・タイプ」を設定してください。
ますか?
P.51
TRIGGER IN 端子/ TRIGGER INPUT 端子また
は DIGITAL TRIGGER IN 端子に、接続ケーブル
が正しく接続されていますか?
接続を確認してください。
P.10
DIGITAL TRIGGER IN 端子に接続したパッドを、
TRIGGER IN 端子/ TRIGGER INPUT 端子に接
続したパッドと同じトリガー・インプットに割り当て
ると、TRIGGER IN 端子/ TRIGGER INPUT 端
子に接続したパッドの音は出力されません。
DIGITAL TRIGGER IN 端子からパッドの接続ケー
ブルを抜いてください。
P.11
トリガー・インプットを正しく設定していますか?
パッドを接続したら、どのトリガー・インプットで鳴
らすか設定してください。
P.11
木製や樹脂製のスティックをお使いください。カー
ボン製や金属製のスティックを使うと、センサーが
誤動作することがあります。
–
ナイロン製のブラシをお使いください。金属製の
ブラシを使うと、センサーが誤動作したりパッドを
傷つけたりすることがあります。
–
DIGITAL TRIGGER
IN 端子に接続した
カーボン製や金属製のスティックを使っていません
パッドを叩いても音が か?
出ない/トリガーが反
応しない
金属製のブラシを使っていませんか?
SD カードに関するトラブル
SD カードを挿入し
ても認識されない/
データが見えない
正しく初期化(フォーマット)されていますか?
本機で SD カードをフォーマットしてください。
MP3 ファイルのサンプリング周波数、ビット・レー
本機に対応した MP3 / WAV ファイルをご使用
ト、WAV ファイルのサンプリング周波数、量子化
ください。
MP3 / WAV ファイ ビット数は本機に対応していますか?
ルが再生できない
高いビット・レートの MP3 で再生速度を上げると、
再生が間に合わない場合があります。
–
A-B リピートの時刻設 MP3 では A-B リピート区間を正しく再生すること
定が正しくできない
ができない場合があります。
66
P.50
P.22
–
故障かな?と思ったら
症状
確認事項
対策
オーディオ・ファイルの形式は正しいですか?
オーディオ・ファイルの形式、ファイル名、拡張子
を確認してください。
オーディオ ・ ファイ
ルが鳴らない/取り オーディオ ・ ファイルの置き場所は正しいですか?
込めない
多数のオーディオ・ファイルをフォルダー内に置い
ていませんか?
ページ
オーディオ ・ ファイルの置き場所を確認してくだ
さい。
フォルダー内のオーディオ ・ ファイルは、200 個以
下にしてください。
P.22
P.35
P.22
–
USB に関するトラブル
USB ケーブルが正しく接続されていますか?
USB AUDIO として音声を送受信するには、USB
パソコンと接続でき ドライバーのインストールが必要です。
ない
USB 2.0 対応のケーブルを使用していますか?
Driver Mode は正しく設定されていますか?
接続を確認してください。
P.10
パソコンに USBドライバーをインストールしてくだ
さい。
P.28
USB 3.0 対応のケーブルは使用できません。USB
2.0 対応のケーブルを使用してください。
–
使いかたに応じて変更してください。
P.58
MIDI ケーブルが正しく接続されていますか?
接続を確認してください。
P.10
MIDI チャンネルは合っていますか?
本機と外部 MIDI 機器の MIDI チャンネルを合わせ
てください。
P.59
ノート・ナンバーは合っていますか?
パッドの「NOTE NO.」を設定してください。
P.59
MIDI に関するトラブル
音が出ない
Bluetooth 機能に関するトラブル
症状
確認事項/対策
ページ
本機の Bluetooth 機能を「ON」にしてください。
(ON)
[SYSTEM]0「Bluetooth」0[F5]
スマートフォンに、
「TD-27」が表示され
ない
Bluetooth オーディオ機能:
[F1]ボタン)すると、スマートフォ
本機の Bluetooth 機能が「OFF」になっ ペアリングを開始(
ンに「TD-27 AUDIO」というデバイス名が表示されます。 P.46
ていませんか?
Bluetooth MIDI 機能:
[F2]
(SETUP)0「Bluetooth MIDI」0ON
Bluetooth MIDI 対応のアプリ(Garage Band など)
の設定から、ペアリングを開始します。
スマートフォンの Bluetooth デバイス欄に スマートフォンの設定で、Bluetooth デバイス「TD-27
「TD-27 AUDIO」が表示されている場
AUDIO」の登録を一度解除してから、Bluetooth 機能
をオフ 0 オンにして、ペアリングし直してしてください。
Bluetooth オーディオ 合
に接続できない
スマートフォンの Bluetooth デバイス欄に スマートフォンの設定で、Bluetooth 機能をオフ 0 オン
「TD-27 AUDIO」が表示されていない
場合
Bluetooth MIDI に接
続できない
ペアリングしたスマー
トフォンがつながらな
い
にしてから、本機からペアリングを開始し、ペアリングし直
してください。
Bluetooth MIDI 機能は、スマートフォンの Bluetooth 設定ではなく、Bluetooth MIDI 対応のアプ
リ内(Garage Band など)の設定で「TD-27 MIDI」を選んでペアリングします。スマートフォンの
Bluetooth デバイス欄に「TD-27 MIDI」が表示されてもタップしないでください。タップした場合は、
「TD-27 MIDI」を解除してから Bluetooth 機能をオフ 0 オンにして、接続し直してください。
–
–
–
接続してもすぐに切れてしまうときは、スマートフォンの Bluetooth 機能を一度オフにして再度オンに
すると、接続される場合があります。
ローランド株式会社
01
〒 431-1304 静岡県浜松市北区細江町中川 2036-1
67
Was this manual useful for you? yes no
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the work of artificial intelligence, which forms the content of this project

Download PDF

advertisement