HP mt41 Mobile Thin Client 取扱説明書

Add to My manuals
92 Pages

advertisement

HP mt41 Mobile Thin Client 取扱説明書 | Manualzz
ユーザー ガイド
© Copyright 2013 Hewlett-Packard
Development Company, L.P.
Windows は米国 Microsoft Corporation の
米国およびその他の国における商標または
登録商標です。
本書の内容は、将来予告なしに変更される
ことがあります。HP 製品およびサービス
に関する保証は、当該製品およびサービス
に付属の保証規定に明示的に記載されてい
るものに限られます。本書のいかなる内容
も、当該保証に新たに保証を追加するもの
ではありません。本書に記載されている製
品情報は、日本国内で販売されていないも
のも含まれている場合があります。本書の
内容につきましては万全を期しております
が、本書の技術的あるいは校正上の誤り、
省略に対して責任を負いかねますのでご了
承ください。
初版:2013 年 11 月
製品番号:730504-291
製品についての注意事項
ソフトウェア条項
このユーザー ガイドでは、ほとんどのモデ
ルに共通の機能について説明します。一部
の機能は、お使いのコンピューターでは使
用できない場合があります。
このコンピューターにプリインストールさ
れている任意のソフトウェア製品をインス
トール、複製、ダウンロード、またはその
他の方法で使用することによって、お客様
は HP EULA の条件に従うことに同意した
ものとみなされます。これらのライセンス
条件に同意されない場合、未使用の完全な
製品(付属品を含むハードウェアおよびソ
フトウェア)を 14 日以内に返品し、購入店
の返金方針に従って返金を受けてくださ
い。
このガイドの最新情報を入手するには、HP
のサポート窓口にお問い合わせください。
日本でのサポートについては、
http://www.hp.com/jp/contact/ を参照して
ください。日本以外の国や地域でのサポー
トについては、http://welcome.hp.com/
country/us/en/wwcontact_us.html (英語サ
イト)から該当する国や地域、または言語
を選択してください。
より詳しい情報が必要な場合またはコン
ピューターの返金を要求する場合は、お近
くの販売店に問い合わせてください。
安全に関するご注意
警告! 低温やけどをするおそれがありますので、ひざなどの体の上にコンピューターを置いて使用
したり、肌に直接コンピューターが触れている状態で長時間使用したりしないでください。肌が敏感
な方は特にご注意ください。また、コンピューターが過熱状態になるおそれがありますので、コン
ピューターの通気孔をふさいだりしないでください。コンピューターが過熱状態になると、やけどや
コンピューターの損傷の原因になる可能性があります。コンピューターは、硬く水平なところに設置
してください。通気を妨げるおそれがありますので、隣にプリンターなどの表面の硬いものを設置し
たり、枕や毛布、または衣類などの表面が柔らかいものを敷いたりしないでください。また、AC ア
ダプターを肌に触れる位置に置いたり、枕や毛布、または衣類などの表面が柔らかいものの上に置い
たりしないでください。お使いのコンピューターおよび AC アダプターは、International Standard
for Safety of Information Technology Equipment(IEC 60950)で定められた、ユーザーが触れる表
面の温度に関する規格に適合しています。
iii
iv
安全に関するご注意
目次
1
ようこそ .......................................................................................................................................................... 1
情報の確認 ........................................................................................................................................... 1
2
コンピューターの概要 .................................................................................................................................... 3
上端の各部 ........................................................................................................................................... 3
タッチパッド ....................................................................................................................... 3
ランプ .................................................................................................................................. 4
ボタンおよびスピーカー ..................................................................................................... 5
キー ...................................................................................................................................... 6
前面の各部 ........................................................................................................................................... 7
右側面の各部 ........................................................................................................................................ 8
左側面の各部 ...................................................................................................................................... 10
ディスプレイの各部 ........................................................................................................................... 11
裏面の各部 ......................................................................................................................................... 12
3
ネットワークへの接続 .................................................................................................................................. 14
無線ネットワークへの接続 ................................................................................................................ 14
無線コントロールの使用 ................................................................................................... 14
無線デバイスのオン/オフの切り替え ................................................................ 14
[HP Connection Manager]の使用(一部のモデルのみ) ................................ 15
無線ボタンの使用 ............................................................................................. 15
オペレーティング システムの制御機能の使用 ................................................ 15
無線 LAN の使用 ................................................................................................................ 16
インターネット サービス プロバイダー(ISP)の使用 .................................. 16
無線 LAN のセットアップ ................................................................................. 17
無線ルーターの設定 .......................................................................................... 17
無線 LAN の保護 ............................................................................................... 17
無線 LAN への接続 ............................................................................................ 18
HP モバイル ブロードバンドの使用(一部のモデルおよび一部の国や地域のみ) ......... 18
SIM の装着および取り出し ............................................................................... 19
GPS の使用(一部のモデルのみ) .................................................................................... 20
有線ネットワークへの接続 ................................................................................................................ 20
有線ネットワークへの接続 ................................................................................................ 20
v
4
キーボード、タッチ ジェスチャ、およびポインティング デバイスを使用した操作 ................................. 21
ポインティング デバイスの使用 ....................................................................................................... 21
ポインティング デバイス機能のカスタマイズ ................................................................. 21
タッチパッドの使用 .......................................................................................................... 21
タッチパッドのオフ/オンの切り替え ................................................................ 22
タッチパッド ジェスチャの使用 ...................................................................... 22
1 本指スライド ................................................................................. 23
タップ ............................................................................................... 23
スクロール ........................................................................................ 24
ピンチとストレッチによるズーム .................................................... 24
キーボードの使用 ............................................................................................................................... 25
ホットキーの位置 .............................................................................................................. 25
テンキーの使用 .................................................................................................................. 26
内蔵テンキーの使用 .......................................................................................... 26
内蔵テンキーのオン/オフの切り替え ............................................... 27
内蔵テンキーの機能の切り替え ....................................................... 27
別売の外付けテンキーの使用 ........................................................................... 27
5
マルチメディア ............................................................................................................................................. 28
オーディオ ......................................................................................................................................... 28
スピーカーの接続 .............................................................................................................. 28
音量の調整 ......................................................................................................................... 28
ヘッドフォンおよびマイクの接続 ..................................................................................... 29
コンピューターのオーディオ機能の確認 .......................................................................... 29
Web カメラ(一部のモデルのみ) .................................................................................................... 29
動画の視聴 ......................................................................................................................................... 30
VGA ................................................................................................................................... 30
デュアルモードの DisplayPort ........................................................................................... 31
6
電源の管理 .................................................................................................................................................... 32
コンピューターのシャットダウン ..................................................................................................... 32
電源 .................................................................................................................................................... 32
省電力設定の使用 .............................................................................................................. 32
スリープの開始および終了 ............................................................................... 33
電源メーターおよび電源設定の使用 ................................................................. 33
復帰時のパスワード保護の設定 ........................................................................ 33
バッテリ電源の使用 .......................................................................................................... 34
バッテリ充電残量の表示 ................................................................................... 34
バッテリの放電時間の最長化 ........................................................................... 34
vi
ロー バッテリ状態への対処 ............................................................................. 34
ロー バッテリ状態の確認 ................................................................ 34
ロー バッテリ状態の解決 ................................................................ 35
バッテリの着脱 ................................................................................................. 35
バッテリの装着 ................................................................................ 35
バッテリの取り外し ......................................................................... 36
バッテリの節電 ................................................................................................. 36
ユーザーが交換可能なバッテリの保管 ............................................................. 37
ユーザーが交換可能なバッテリの処分 ............................................................. 37
ユーザーが交換可能なバッテリの交換 ............................................................. 37
外部電源の使用 .................................................................................................................. 38
AC アダプターのテスト .................................................................................... 38
7
外付けカードおよび外付けデバイス ............................................................................................................. 39
メディア カード スロットの使用 ..................................................................................................... 39
メモリ カードの挿入 ......................................................................................................... 39
メモリ カードの取り出し ................................................................................................. 40
スマート カードの使用 ...................................................................................................................... 40
スマート カードの設定 ..................................................................................................... 40
スマート カードの挿入 ..................................................................................................... 41
スマート カードの取り出し .............................................................................................. 42
USB(Universal Serial Bus)デバイスの使用 .................................................................................. 42
USB 3.0 ポートの機能の有効化 ........................................................................................ 42
USB デバイスの接続 ......................................................................................................... 43
USB デバイスの取り外し .................................................................................................. 43
別売の外付けデバイスの使用 ............................................................................................................. 44
別売の外付けドライブの使用 ............................................................................................ 44
8
ドライブ ........................................................................................................................................................ 45
ドライブの取り扱い ........................................................................................................................... 45
ハードドライブの使用 ....................................................................................................................... 46
底面カバーの取り外しまたは取り付けなおし ................................................................... 46
底面カバーの取り外し ...................................................................................... 46
底面カバーの取り付けなおし ........................................................................... 47
ハードドライブの交換またはアップグレード ................................................................... 48
ハードドライブの取り外し ............................................................................... 48
ハードドライブの取り付け ............................................................................... 50
アップグレード ベイにあるドライブの追加または交換 ................................................... 51
オプティカル ドライブの追加または交換 ........................................................ 51
vii
9
セキュリティ ................................................................................................................................................. 54
コンピューターの保護 ....................................................................................................................... 54
パスワードの使用 ............................................................................................................................... 54
Windows でのパスワードの設定 ....................................................................................... 55
[Computer Setup]でのパスワードの設定 .......................................................................... 55
BIOS administrator password(BIOS 管理者パスワード)の管理 .................................. 55
BIOS administrator password(BIOS 管理者パスワード)の入力 .................. 57
別売のセキュリティ ロック ケーブルの接続 ................................................................................... 57
10 メンテナンス ............................................................................................................................................... 58
メモリ モジュールの追加または交換 ................................................................................................ 58
コンピューターの清掃 ....................................................................................................................... 61
清掃手順 ............................................................................................................................ 61
ディスプレイの清掃(一体型またはノート PC) ............................................ 61
側面またはカバーの清掃 ................................................................................... 61
タッチパッド、キーボード、およびマウスの清掃 ........................................... 62
プログラムおよびドライバーの更新 .................................................................................................. 62
11 [Computer Setup](BIOS)
、マルチブート、および[HP PC Hardware Diagnostics](UEFI) ......... 63
[Computer Setup]の使用 .................................................................................................................... 63
[Computer Setup]の開始 ................................................................................................... 63
[Computer Setup]での移動および選択 ............................................................................. 63
[Computer Setup]の工場出荷時設定の復元 ...................................................................... 64
BIOS の更新 ....................................................................................................................... 64
BIOS のバージョンの確認 ................................................................................ 65
BIOS アップデートのダウンロード .................................................................. 65
マルチブートの使用 ........................................................................................................................... 66
ブート デバイスの順序について ....................................................................................... 66
マルチブート設定の選択 ................................................................................................... 66
[Computer Setup]での新しいブート順序の設定 .............................................. 67
[f9]キーの画面を使用したブート デバイスの動的な選択 ................................. 67
MultiBoot Express プロンプトの設定 ............................................................... 67
MultiBoot Express 設定の入力 .......................................................................... 68
[HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)
(一部のモデルのみ)の使用 ........................................... 68
USB デバイスへの[HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)のダウンロード ................ 69
12 サポート ...................................................................................................................................................... 70
HP のサポート窓口へのお問い合わせ ............................................................................................... 70
ラベル ................................................................................................................................................. 71
viii
13 仕様 ............................................................................................................................................................. 72
入力電源 ............................................................................................................................................. 72
動作環境 ............................................................................................................................................. 72
付録 A コンピューターの持ち運びまたは送付 ................................................................................................ 73
付録 B トラブルシューティング ..................................................................................................................... 74
トラブルシューティング情報 ............................................................................................................. 74
問題の解決方法 .................................................................................................................................. 75
コンピューターが起動しない場合 ..................................................................................... 75
コンピューターの画面に何も表示されない場合 ............................................................... 75
ソフトウェアが正常に動作しない場合 .............................................................................. 75
コンピューターが起動しているが、応答しない場合 ........................................................ 75
コンピューターが異常に熱くなっている場合 ................................................................... 76
外付けデバイスが動作しない場合 ..................................................................................... 76
コンピューターを無線ネットワークに接続できない場合 ................................................. 76
ディスクが再生できない場合 ............................................................................................ 77
動画が外付けディスプレイに表示されない場合 ............................................................... 77
ディスクへの書き込み処理が行われない、または完了する前に終了してしまう場合 ...... 77
付録 C 静電気対策 ........................................................................................................................................... 78
索引 ..................................................................................................................................................................... 79
ix
x
1
ようこそ
コンピューターをセットアップして登録した後に、以下の手順を実行することが重要です。
●
インターネットへの接続:インターネットに接続できるように、有線ネットワークまたは無線
ネットワークをセットアップします。詳しくは、14 ページの「ネットワークへの接続」を参
照してください。
●
コンピューター本体の確認:お使いのコンピューターの各部や特徴を確認します。詳しくは、
3 ページの「コンピューターの概要」および21 ページの「キーボード、タッチ ジェス
チャ、およびポインティング デバイスを使用した操作」を参照してください。
●
インストールされているソフトウェアの確認:コンピューターにプリインストールされているソ
フトウェアの一覧を表示します。
[スタート]→[すべてのプログラム]の順に選択します。コンピューターに付属しているソフト
ウェアの使用について詳しくは、ソフトウェアの製造元の説明書を参照してください。これらの
説明書は、ソフトウェアに含まれている場合やソフトウェアの製造元の Web サイトで提供され
ている場合があります。
情報の確認
コンピューターには、各種タスクの実行に役立つ複数のリソースが用意されています。
リソース
提供される情報
●
コンピューターのセットアップ方法
●
コンピューター各部の名称
●
Windows® Embedded Standard(WES)7 オペ
レーティング システムを使用する HP Thin
Client モデルの機能
●
規定および安全に関する情報
●
このガイドを表示するには、HP のサポート Web サイト、
http://www.hp.com/jp/support/ にアクセスして[製品サポート/保守
情報]を選択し、お使いの製品の製品名または製品番号を入力して
検索します。表示された検索結果からお使いの製品をクリックし、
左側の[サポート オプション]の中の[ナレッジベース]カテゴリに
ある[マニュアル]をクリックします
バッテリの処分に関する情報
『セットアップ手順』
(印刷物のポスター)
『Windows Embedded Standard 7 for HP Thin Clients Quick
Reference Guide』
(HP Thin Client 用 Windows Embedded
Standard 7 クイック リファレンス ガイド)
ユーザー ガイドを表示するには、HP のサポート Web サイト、
http://www.hp.com/jp/support/ にアクセスして[製品サポート/保守
情報]を選択し、お使いの製品の製品名または製品番号を入力して
検索します。表示された検索結果からお使いの製品をクリックし、
左側の[サポート オプション]の中の[ナレッジベース]カテゴリに
ある[マニュアル]をクリックします
『規定、安全、および環境に関するご注意』
『快適に使用していただくために』
このガイドを表示するには、http://www.hp.com/ergo/ (英語サイ
ト)から[日本語]を選択します
●
正しい作業環境の整え方、作業をする際の正しい
姿勢、および作業上の習慣
●
電気的および物理的安全基準に関する情報
情報の確認
1
リソース
『サービスおよびサポートを受けるには』
(日本以外の国や地域のお
問い合わせ先については、製品に付属している冊子『Worldwide
Telephone Numbers』(英語版)を参照してください)
提供される情報
HP のサポート窓口の電話番号
この冊子はお使いのコンピューターに付属しています
HP の Web サイト
●
HP のサポートに関する情報
このガイドの最新情報を入手するには、HP のサポート窓口にお問
い合わせください。日本でのサポートについては、
http://www.hp.com/jp/contact/ を参照してください。日本以外の国
や地域でのサポートについては、http://welcome.hp.com/country/us/
en/wwcontact_us.html(英語サイト)から該当する国や地域、また
は言語を選択してください
●
部品の購入とその他のヘルプの確認
●
デバイスで利用可能なオプション製品
限定保証規定*
保証に関する情報
日本向けの日本語モデルに適用される HP 限定保証規定は、製品に
付属の小冊子、『サービスおよびサポートを受けるには』に記載さ
れています
* お使いの製品に適用される HP 限定保証規定は、国や地域によっては、お使いのコンピューターに収録されているドキュ
メントまたは製品に付属の CD や DVD に収録されているドキュメントに明示的に示されています。日本向けの日本語モデ
ル製品には、保証内容を記載した小冊子、『サービスおよびサポートを受けるには』が付属しています。また、日本以外で
も、印刷物の HP 限定保証規定が製品に付属している国や地域もあります。保証規定が印刷物として提供されていない国ま
たは地域では、印刷物のコピーを入手できます。http://www.hp.com/go/orderdocuments/ でオンラインで申し込むか、また
は下記宛てに郵送でお申し込みください。
●
北米:Hewlett-Packard, MS POD, 11311 Chinden Blvd., Boise, ID 83714, USA
●
ヨーロッパ、中東、アフリカ:Hewlett-Packard, POD, Via G. Di Vittorio, 9, 20063, Cernusco s/Naviglio (MI), Italy
●
アジア太平洋:Hewlett-Packard, POD, P.O. Box 200, Alexandra Post Office, Singapore 911507
保証規定の印刷物のコピーを請求する場合は、製品番号および保証期間(サービス ラベルに記載されています)、ならびに
お客様のお名前およびご住所をお知らせください。
重要: お使いの HP 製品を上記の住所宛に返品しないでください。日本でのサポートについては、http://www.hp.com/jp/
contact/ を参照してください。日本以外の国や地域でのサポートについては、http://welcome.hp.com/country/us/en/
wwcontact_us.html (英語サイト)から該当する国や地域、または言語を選択してください。
2
第 1 章
ようこそ
2
コンピューターの概要
上端の各部
タッチパッド
名称
説明
(1)
タッチパッド オン/オフ切り替え
機能
タッチパッドをオンまたはオフにします
(2)
タッチパッド ゾーン
ポインターを動かして、画面上の項目を選択したり、アクティブ
にしたりします
(3)
左のタッチパッド ボタン
外付けマウスの左ボタンと同様に機能します
(4)
右のタッチパッド ボタン
外付けマウスの右ボタンと同様に機能します
上端の各部
3
ランプ
名称
(1)
電源ランプ
●
点灯:コンピューターの電源がオンになっています
●
点滅:コンピューターがスリープ状態になっています
●
消灯:コンピューターの電源がオフになっています
(2)
Caps Lock ランプ
点灯:Caps Lock がオンになっています
(3)
タッチパッド ランプ
●
オレンジ色:タッチパッドがオフになっています
●
消灯:タッチパッドがオンになっています
●
オレンジ色:マイクが消音になっています
●
消灯:マイクがオンになっています
(4)
マイクのミュート(消音)ランプ
(5)
Num Lock ランプ
点灯:Num Lock がオンになっています
(6)
無線ランプ
●
白色:無線ローカル エリア ネットワーク(無線 LAN)デバ
イスなどの内蔵無線デバイスの電源がオンになっています
●
オレンジ色:すべての無線デバイスがオフになっています
●
オレンジ色:コンピューターのサウンドがオフになっていま
す
●
消灯:コンピューターのサウンドがオンになっています
(7)
4
説明
第 2 章
ミュート(消音)ランプ
コンピューターの概要
ボタンおよびスピーカー
名称
(1)
説明
電源ボタン
●
コンピューターの電源が切れているときにボタンを押すと、
電源が入ります
●
コンピューターの電源が入っているときにボタンを短く押
すと、スリープが開始されます
●
コンピューターがスリープ状態のときにボタンを短く押す
と、スリープが終了します
注意: 電源ボタンを押し続けると、保存されていない情報は失
われます
コンピューターが応答せず、Windows のシャットダウン手順を実
行できないときは、電源ボタンを 5 秒程度押したままにすると、
コンピューターの電源が切れます
電源の設定に関する詳しい情報を調べるには、[スタート]→[コン
トロール パネル]→[システムとセキュリティ]→[電源オプショ
ン]の順に選択します
(2)
スピーカー(×2)
サウンドを出力します
(3)
無線ボタン
無線機能をオンまたはオフにしますが、無線接続は確立されませ
ん
(4)
ミュート(消音)ボタン
スピーカーの音を消したり音量を元に戻したりします
上端の各部
5
キー
名称
説明
(1)
esc キー
fn キーと組み合わせて押すことによって、システム情報を表示し
ます
(2)
fn キー
ファンクション キー、num lk キー、または esc キーと組み合わ
せて押すことによって、頻繁に使用するシステムの機能を実行し
ます
(3)
Windows ボタン
Windows の[スタート]メニューを表示します
(4)
ファンクション キー
fn キーと組み合わせて押すことによって、頻繁に使用するシステ
ムの機能を実行します
(5)
Windows アプリケーション キー
カーソルを置いた項目のショートカット メニューを表示します
(6)
内蔵テンキー
内蔵テンキーがオンになっているときは、外付けテンキーと同様
に使用できます。上の図は英語版のキー配列です。日本語版の
キー配列とは若干異なりますが、内蔵テンキーの位置は同じです
オンになっているときに内蔵テンキーのキーを押すと、そのキー
の右上または手前側面にあるアイコンで示された機能が実行され
ます
(7)
6
第 2 章
num lk キー
コンピューターの概要
fn キーと一緒に押すと、内蔵テンキーのオン/オフが切り替わりま
す
前面の各部
名称
(1)
(2)
(3)
(4)
説明
無線ランプ
電源ランプ
AC アダプター/バッテリ ランプ
ドライブ ランプ
●
白色:無線ローカル エリア ネットワーク(無線 LAN)デバ
イスなどの内蔵無線デバイスの電源がオンになっています
●
オレンジ色:すべての無線デバイスがオフになっています
●
点灯:コンピューターの電源がオンになっています
●
点滅:コンピューターがスリープ状態になっています
●
消灯:コンピューターの電源がオフになっています
●
白色に点灯:コンピューターは外部電源に接続され、バッテ
リの充電は 90~99%完了しています
●
オレンジ色に点灯:コンピューターは外部電源に接続され、
バッテリの充電は 0~90%完了しています
●
オレンジ色で点滅:コンピューターの電源としてバッテリの
みを使用していて、ロー バッテリ状態になっています。完
全なロー バッテリ状態になった場合は、バッテリ ランプが
すばやく点滅し始めます
●
消灯:バッテリは完全に充電されています
●
点滅:ハードドライブまたはオプティカル ディスク ドライ
ブにアクセスしています
前面の各部
7
右側面の各部
名称
(1)
説明
オーディオ出力(ヘッドフォン)/ 別売または市販の電源付きステレオ スピーカー、ヘッドフォン、
オーディオ入力(マイク)コネク イヤフォン、ヘッドセット、またはテレビのオーディオ端子など
に接続したときに、サウンドを出力します。ヘッドセット マイク
タ
(別売)を使用する場合もここに接続します。このコネクタは、マ
イクのみのデバイスには対応していません
警告! 突然大きな音が出て耳を傷めることがないように、音量
の調節を行ってからヘッドフォン、イヤフォン、またはヘッドセッ
トを使用してください。安全に関する情報について詳しくは、
『規
定、安全、および環境に関するご注意』を参照してください。ユー
ザー ガイドを表示するには、HP のサポート Web サイト、
http://www.hp.com/jp/support/ にアクセスして[製品サポート/保
守情報]を選択し、お使いの製品の製品名または製品番号を入力し
て検索します。表示された検索結果からお使いの製品をクリック
し、左側の[サポート オプション]の中の[ナレッジベース]カテゴ
リにある[マニュアル]をクリックします
注記: コネクタにデバイスを接続すると、コンピューター本体
のスピーカーは無効になります
注記: デバイスのケーブルのコネクタが、オーディオ出力(ヘッ
ドフォン)およびオーディオ入力(マイク)の両方をサポートす
る 4 芯コネクタであることを確認してください
(2)
USB ポート(×2)
別売の USB デバイスを接続します。USB 対応デバイスで、高速
な転送速度を実現します
注記: これらのポートは、初期設定で USB 2.0 に対応していま
す。USB 3.0 ポートの機能の有効化について詳しくは、
42 ページの「USB(Universal Serial Bus)デバイスの使用」
を参照してください
8
(3)
デュアルモードの DisplayPort
高性能なモニターやプロジェクターなどの別売のデジタル ディ
スプレイ デバイスを接続します
(4)
外付けモニター コネクタ
外付け VGA モニターまたはプロジェクターを接続します
第 2 章
コンピューターの概要
名称
(5)
説明
通気孔(×2)
コンピューター内部の温度が上がりすぎないように空気を通しま
す
注記: 内部コンポーネントを冷却して過熱を防ぐため、コン
ピューターのファンは自動的に作動します。通常の操作を行って
いるときに内部ファンが回転したり停止したりしますが、これは
正常な動作です
(6)
セキュリティ ロック ケーブル用
スロット
別売のセキュリティ ロック ケーブルをコンピューターに接続し
ます
注記: セキュリティ ロック ケーブルに抑止効果はありますが、
コンピューターの盗難や誤った取り扱いを完全に防ぐものではあ
りません
右側面の各部
9
左側面の各部
名称
説明
(1)
電源コネクタ
AC アダプターを接続します
(2)
RJ-45(ネットワーク)コネクタ
ネットワーク ケーブルを接続します
RJ-45(ネットワーク)ランプ(× ●
2)
●
(3)
USB ポート(電源オフ USB
チャージ機能対応)
緑色(左)
:ネットワークに接続しています
オレンジ色(右):ネットワークが動作しています
別売の USB デバイスを接続します。電源オフ USB チャージ機能
対応 USB ポートでは、コンピューターの電源が入っていないとき
でも、一部のモデルの携帯電話や MP3 プレーヤーを充電すること
も可能です
注記: これらのポートは、初期設定で USB 2.0 に対応していま
す。USB 3.0 ポートの機能の有効化について詳しくは、
42 ページの「USB(Universal Serial Bus)デバイスの使用」
を参照してください
(4)
メディア カード スロット
SD(Secure Digital)などのメディア カードのデータの読み取り
および書き込みを行います
(5)
USB ポート
別売の USB デバイスを接続します。USB 対応のデバイスで、高
速な転送速度を実現します
注記: これらのポートは、初期設定で USB 2.0 に対応していま
す。USB 3.0 ポートの機能の有効化について詳しくは、
42 ページの「USB(Universal Serial Bus)デバイスの使用」
を参照してください
(6)
(7)
10
アップグレード ベイ(図ではオプ アップグレード ベイには、オプティカル ディスクからの読み取
ティカル ドライブが取り付けら
りおよび(一部のモデルでは)書き込みを行うオプティカル ドラ
れています)
イブを取り付けることができます。ドライブを使用しないときに
はウェイト セーバーを取り付けて軽くすることもできます
オプティカル ドライブ ランプ
(一部のモデルのみ)
●
緑色:オプティカル ドライブにアクセスしています
●
消灯:オプティカル ドライブはアイドル状態です
(8)
オプティカル ドライブ イジェク
ト ボタン(一部のモデルのみ)
オプティカル ドライブのディスク トレイを引き出せるようにし
ます
(9)
スマート カード
別売または市販のスマート カードに対応しています
第 2 章
コンピューターの概要
ディスプレイの各部
名称
説明
(1)
無線 LAN アンテナ(×2)*
無線ローカル エリア ネットワーク(無線 LAN)で通信する無線
信号を送受信します
(2)
無線 WAN アンテナ(×2)* (一
部のモデルのみ)
無線ワイドエリア ネットワーク(無線 WAN)で通信する無線信
号を送受信します
(3)
内蔵マイク(×2)
サウンドを録音します
(4)
Web カメラ ランプ(一部のモデ
ルのみ)
Web カメラの使用中に点灯します
(5)
Web カメラ(一部のモデルのみ) 動画を録画したり、静止画像を撮影したりします
(6)
内蔵ディスプレイ スイッチ
コンピューターの電源が入っている状態でディスプレイを閉じる
と、ディスプレイの電源が切れます
注記: ディスプレイ スイッチはコンピューターの外側からは見
えません
* アンテナはコンピューターの外側からは見えません。送受信が最適に行われるようにするため、アンテナの周囲には障害
物を置かないでください。お住まいの国または地域の無線に関する規定情報については、
『規定、安全、および環境に関する
ご注意』を参照してください。ユーザー ガイドを表示するには、HP のサポート Web サイト、http://www.hp.com/jp/support/
にアクセスして[製品サポート/保守情報]を選択し、お使いの製品の製品名または製品番号を入力して検索します。表示され
た検索結果からお使いの製品をクリックし、左側の[サポート オプション]の中の[ナレッジベース]カテゴリにある[マニュ
アル]をクリックします。
ディスプレイの各部
11
裏面の各部
名称
(1)
説明
底面カバー
ハードドライブ ベイ、無線 LAN モジュール スロット、無線 WAN
モジュール スロット、およびメモリ モジュール スロットがあり
ます
底面カバーの取り外し手順については、46 ページの「底面カ
バーの取り外しまたは取り付けなおし」を参照してください
注意: システムの応答停止を防ぐため、無線モジュールを交換
する場合は、各国/地域の無線デバイスの認定/承認機関でこのコン
ピューター用に認定された製品のみを使用してください。モ
ジュールを交換した後にエラー メッセージが表示される場合は、
モジュールを取り外してコンピューターを元の状態に戻してか
ら、HP のサポート窓口にお問い合わせください
12
(2)
バッテリ リリース ラッチのロッ
ク解除位置
バッテリの固定を解除します
(3)
バッテリ リリース ラッチのロッ
ク位置
バッテリが装着されています
(4)
ドッキング コネクタ
別売のドッキング デバイスを接続します
(5)
底面カバー リリース ラッチの
ロック位置
底面カバーが固定されています
第 2 章
コンピューターの概要
名称
説明
(6)
別売の固定ネジ
底面カバー リリース ラッチを所定の位置に固定します
(7)
底面カバー リリース ラッチ
コンピューターの底面カバーを取り外すときに使用します
(8)
バッテリ ベイ
バッテリが装着されています
(9)
通気孔(×4)
コンピューター内部の温度が上がりすぎないように空気を通しま
す
注記: 内部コンポーネントを冷却して過熱を防ぐため、コン
ピューターのファンは自動的に作動します。通常の操作を行って
いるときに内部ファンが回転したり停止したりしますが、これは
正常な動作です
裏面の各部
13
3
ネットワークへの接続
お使いのコンピューターは、どこへでも持ち運べます。しかし、自宅にいるときでも、コンピュー
ターを有線または無線ネットワークに接続して使用すれば、世界中を検索して何百万もの Web サイ
トの情報にアクセスできます。この章では、ネットワークで世界と接続する方法について説明しま
す。
無線ネットワークへの接続
無線ネットワークでは、有線のケーブルの代わりに電波を介してデータを転送します。お買い上げい
ただいたコンピューターには、以下の無線デバイスが複数内蔵されている場合があります。
●
無線ローカル エリア ネットワーク(無線 LAN)デバイス:会社の事務所、自宅、および公共の
場所(空港、レストラン、喫茶店、ホテル、大学など)で、コンピューターを無線ローカル エリア
ネットワーク(一般に、無線 LAN ネットワーク、無線 LAN、WLAN と呼ばれます)に接続しま
す。無線 LAN では、コンピューターのモバイル無線デバイスは無線ルーターまたは無線アクセ
ス ポイントと通信します。
●
HP モバイル ブロードバンド モジュール(一部のモデルのみ)
:より広い範囲での無線接続を実
現する、無線ワイド エリア ネットワーク(無線 WAN)デバイスです。モバイル ネットワーク
事業者は、地理的に広い範囲に基地局(携帯電話の通信塔に似ています)を設置し、県や地域、
場合によっては国全体にわたってサービスエリアを効率的に提供します。
無線コントロールの使用
以下の機能を使用して、コンピューター本体の無線デバイスを制御できます。
●
無線ボタン、無線スイッチ、または無線キー(この章ではこれらすべてを無線ボタンと呼びま
す)
●
オペレーティング システムの制御機能
無線デバイスのオン/オフの切り替え
無線 LAN デバイスのオン/オフを切り替えるには、無線ボタンまたは[HP Connection Manager](一
部のモデルのみ)を使用します。
[HP Connection Manager]を使用して無線 LAN デバイスのオン/オフを切り替えるには、以下の操作
を行います。
▲
タスクバーの右端の通知領域にある[HP Connection Manager]アイコンを右クリックし、目的
のデバイスの横にある[電源]ボタンをクリックします。
または
[スタート]→ [すべてのプログラム]→[Productivity and Tools](生産性およびツール)→[HP
Connection Manager]の順に選択し、目的のデバイスの横にある[電源]ボタンをクリックしま
す。
14
第 3 章
ネットワークへの接続
[HP Connection Manager]の使用(一部のモデルのみ)
[HP Connection Manager]には、お使いの無線デバイスを管理するための機能が集められています。
また、HP モバイル ブロードバンドを使用してインターネットに接続するためのインターフェイス、
および SMS(テキスト)メッセージを送受信するためのインターフェイスが用意されています。[HP
Connection Manager]では、以下のデバイスを管理できます。
●
無線ローカル エリア ネットワーク(無線 LAN)/Wi-Fi
●
無線ワイド エリア ネットワーク(無線 WAN)/HP モバイル ブロードバンド
[HP Connection Manager]には、接続の状態、電源の状態、SIM の詳細、および SMS メッセージに
関する情報や通知が表示されます。状態に関する情報および通知は、タスクバーの右端の通知領域に
表示されます。
[HP Connection Manager]を開くには、以下の操作を行います。
▲
タスクバーの[HP Connection Manager]アイコンをクリックします。
または
[スタート]→[すべてのプログラム]→[Productivity and Tools](生産性およびツール)→[HP
Connection Manager]の順に選択します。
詳しくは、[HP Connection Manager]ソフトウェアのヘルプを参照してください。
無線ボタンの使用
モデルにもよりますが、コンピューターには無線ボタン、複数の無線デバイス、1 つまたは 2 つの無
線ランプがあります。出荷時の設定では、コンピューターのすべての無線デバイスは有効になってい
るため、コンピューターの電源を入れると白色の無線ランプが点灯します。
無線ランプは、無線デバイスの全体的な電源の状態を表すものであり、個々のデバイスの状態を表す
ものではありません。無線ランプが白色の場合は、少なくとも 1 つの無線デバイスがオンになってい
ることを示しています。無線ランプがオレンジ色に点灯している場合は、すべての無線デバイスがオ
フになっていることを示しています。
出荷時の設定ではすべての無線デバイスが有効になっています。このため、複数の無線デバイスのオ
ンとオフの切り替えを、無線ボタンで同時に行うことができます。
オペレーティング システムの制御機能の使用
[ネットワークと共有センター]では、接続またはネットワークのセットアップ、ネットワークへの接
続、無線ネットワークの管理、およびネットワークの問題の診断と修復が行えます。
オペレーティング システムの制御機能を使用するには、以下の操作を行います。
▲
[スタート]→[コントロール パネル]→[ネットワークとインターネット]→[ネットワークと共
有センター]の順に選択します。
無線ネットワークへの接続
15
無線 LAN の使用
無線 LAN デバイスを使用すると、無線ルーターまたは無線アクセス ポイントによってリンクされた、
複数のコンピューターおよび周辺機器で構成されている無線ローカル エリア ネットワーク(無線
LAN)にアクセスできます。
注記: 無線ルーターと無線アクセス ポイントという用語は、同じ意味で使用されることがよくあ
ります。
●
企業または公共の無線 LAN など、大規模な無線 LAN では通常、大量のコンピューターおよび周
辺機器に対応したり、重要なネットワーク機能を分離したりできる無線アクセス ポイントを使
用します。
●
SOHO 環境で使われる無線 LAN では通常、無線ルーターを使用して、複数台の無線接続または
有線接続のコンピューターでインターネット接続、プリンター、およびファイルを共有できま
す。追加のハードウェアやソフトウェアは必要ありません。
お使いのコンピューターに搭載されている無線 LAN デバイスを使用するには、無線 LAN インフラス
トラクチャ(サービス プロバイダーか、公共または企業ネットワークを介して提供される)に接続
する必要があります。
インターネット サービス プロバイダー(ISP)の使用
自宅でインターネット アクセスをセットアップするには、インターネット サービス プロバイダー
(ISP)アカウントを設定する必要があります。インターネット サービスの申し込みおよびモデムの
購入については、利用する ISP に問い合わせてください。ほとんどの ISP が、モデムのセットアッ
プ、無線コンピューターをモデムに接続するためのネットワーク ケーブルの取り付け、インターネッ
ト サービスのテストなどの作業へのサポートを提供しています。
注記: インターネットにアクセスするためのユーザー ID およびパスワードは、利用する ISP から
提供されます。この情報は、記録して安全な場所に保管しておいてください。
16
第 3 章
ネットワークへの接続
無線 LAN のセットアップ
無線 LAN をセットアップし、インターネットに接続するには、以下のような準備が必要です。
●
ブロードバンド モデム(DSL またはケーブル)
(1)およびインターネット サービス プロバイ
ダー(ISP)が提供する高速インターネット サービス
●
無線ルーター(2)
(別売)
●
無線コンピューター(3)
注記: 一部のモデムには、無線ルーターが内蔵されています。モデムの種類については、ISP に問
い合わせて確認してください。
以下の図は、インターネットに接続している無線ネットワークの設置例を示しています。
お使いのネットワークを拡張する場合、新しい無線または有線のコンピューターをネットワークに追
加してインターネットに接続できます。
無線 LAN のセットアップについて詳しくは、ルーターの製造元または ISP から提供されている情報
を参照してください。
無線ルーターの設定
無線ルーターの設定について詳しくは、ルーターの製造元またはインターネット サービス プロバイ
ダー(ISP)から提供されている情報を参照してください。
注記: 最初に、ルーターに付属しているネットワーク ケーブルを使用して、新しい無線コンピュー
ターをルーターに接続することをおすすめします。コンピューターが正常にインターネットに接続
できることを確認したら、ケーブルを外し、無線ネットワークを介してインターネットにアクセスし
ます。
無線 LAN の保護
無線 LAN をセットアップする場合や、既存の無線 LAN にアクセスする場合は、常にセキュリティ機
能を有効にして、不正アクセスからネットワークを保護してください。無線 LAN スポットと呼ばれる
インターネット カフェや空港などで利用できる公衆無線 LAN では、セキュリティ対策が取られてい
ないことがあります。無線 LAN スポットを利用するときにコンピューターのセキュリティに不安が
ある場合は、ネットワークに接続しての操作を、機密性の低い電子メールや基本的なネット サーフィ
ン程度にとどめておいてください。
無線信号はネットワークの外に出てしまうため、保護されていない信号を他の無線 LAN デバイスに拾
われる可能性があります。お使いの無線 LAN を保護するには、無線を暗号化します。
無線の暗号化では、ネットワークで送受信されるデータの暗号化と復号化を行ってセキュリティを高
めます。
無線ネットワークへの接続
17
無線 LAN への接続
無線 LAN に接続するには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターの電源を入れます。無線 LAN デバイスがオンになっていることを確認します。
デバイスがオンになっている場合は、無線ランプがオン(白色)になります。無線ランプがオフ
になっている場合は、無線ボタンを押します。
注記: モデルによっては、すべての無線デバイスがオフになっている場合に無線ランプがオレ
ンジ色になります。
2.
タスクバーの右端の通知領域にあるネットワーク ステータス アイコンをクリックします。
3.
接続する無線 LAN を選択します。
4.
[接続]をクリックします。
無線 LAN がセキュリティ設定済みの無線 LAN である場合は、セキュリティ コードの入力を求
めるメッセージが表示されます。コードを入力し、[OK]をクリックして接続を完了します。
注記: 無線 LAN が一覧に表示されない場合は、無線ルーターまたはアクセス ポイントの範囲
外にいる可能性があります。
注記: 接続したい無線 LAN が表示されない場合は、[ネットワークと共有センターを開く]→
[新しい接続またはネットワークのセットアップ]の順にクリックします。オプションの一覧が
表示されて、手動で検索してネットワークに接続したり、新しいネットワーク接続を作成するな
どのオプションを選択できます。
5.
画面の説明に沿って操作し、接続を完了します。
接続完了後、タスクバー右端の通知領域にあるネットワーク アイコンの上にマウス ポインターを置
くと、接続の名前およびステータスを確認できます。
注記: 動作範囲(無線信号が届く範囲)は、無線 LAN の機器の数や配置などの展開状況、ルーター
の製造元、および壁や床などの建造物やその他の電子機器からの干渉に応じて異なります。
HP モバイル ブロードバンドの使用(一部のモデルおよび一部の国や地域のみ)
HP モバイル ブロードバンドを使用すると、コンピューターで無線 WAN を使用できるため、無線
LAN でのアクセスよりも、より多くの場所のより広い範囲からインターネットにアクセスできます。
HP モバイル ブロードバンドを使用するには、ネットワーク サービス プロバイダー(
「モバイル
ネットワーク事業者」と呼ばれます)と契約する必要があります。ネットワーク サービス プロバイ
ダーは、ほとんどの場合、携帯電話事業者です。HP モバイル ブロードバンドの対応範囲は、携帯電
話の通話可能範囲とほぼ同じです。
モバイル ネットワーク事業者のサービスを利用して HP モバイル ブロードバンドを使用すると、出
張や移動中、または無線 LAN スポットの範囲外にいるときでも、インターネットへの接続、電子メー
ルの送信、および企業ネットワークへの接続が常時可能になります。
HP は、以下のテクノロジーをサポートしています。
●
HSPA(High Speed Packet Access)は、GSM(Global System for Mobile Communications)
電気通信標準に基づいてネットワークへのアクセスを提供します。
●
EV-DO(Evolution Data Optimized)は、CDMA(Code Division Multiple Access)電気通信標
準に基づいてネットワークへのアクセスを提供します。
モバイル ブロードバンド サービスを有効にするには、HP モバイル ブロードバンド モジュールの
シリアル番号が必要な場合があります。シリアル番号は、サービス ラベルに印刷されています。
18
第 3 章
ネットワークへの接続
モバイル ネットワーク事業者によっては、SIM が必要な場合があります。SIM には、PIN(個人識別
番号)やネットワーク情報など、ユーザーに関する基本的な情報が含まれています。一部のコン
ピューターでは、SIM がバッテリ ベイにあらかじめ装着されています。SIM があらかじめ装着され
ていない場合、SIM は、コンピューターに付属している HP モバイル ブロードバンド情報に含まれて
いるか、モバイル ネットワーク事業者から別途入手できることがあります。
SIM の装着と取り外しについて詳しくは、この章の19 ページの「SIM の装着および取り出し」を
参照してください。
HP モバイル ブロードバンドに関する情報や、推奨されるモバイル ネットワーク事業者のサービス
を有効にする方法については、コンピューターに付属している HP モバイル ブロードバンド情報を参
照してください。詳しくは、HP の Web サイト、http://h50146.www5.hp.com/products/portables/
mobilebroadband/ を参照してください。
SIM の装着および取り出し
注意: コネクタの損傷を防ぐため、SIM を装着するときは無理な力を加えないでください。
SIM を装着するには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターをシャットダウンします。
2.
ディスプレイを閉じます。
3.
コンピューターに接続されているすべての外付けデバイスを取り外します。
4.
電源コンセントから電源コードを抜きます。
5.
バッテリ ベイが手前を向くようにしてコンピューターの底面が上になるように、安定した平ら
な場所に置きます。
6.
バッテリを取り外します。36 ページの「バッテリの取り外し」を参照してください。
7.
底面カバーを取り外します。46 ページの「底面カバーの取り外し」を参照してください。
8.
SIM を SIM スロットに挿入し、しっかり固定されるまでそっと押し込みます。
注記: SIM をコンピューターに挿入する方向については、バッテリ ベイに示された図をご覧
ください。
注記: SIM を取り出すには、SIM をいったんスロットに押し込んで、固定を解除してから引き
抜きます。
無線ネットワークへの接続
19
9.
底面カバーを取り付けなおします。47 ページの「底面カバーの取り付けなおし」を参照して
ください。
10. バッテリを取り付けなおします。35 ページの「バッテリの装着」を参照してください。
注記:
バッテリを装着しなおさないと、HP モバイル ブロードバンドは無効になります。
11. 外部電源を接続しなおします。
12. 外付けデバイスを接続しなおします。
13. コンピューターの電源を入れます。
GPS の使用(一部のモデルのみ)
お使いのコンピューターには、GPS(Global Positioning System)デバイスが内蔵されている場合が
あります。GPS 搭載システムには、GPS 衛星から位置、速度、および方角に関する情報が送信され
ます。
詳しくは、[HP GPS and Location]ソフトウェアのヘルプを参照してください。
有線ネットワークへの接続
有線ネットワークへの接続
コンピューターを自宅のルーターに直接有線接続する(無線で作業しない)場合、または会社の既存
の有線ネットワークに接続する場合は、有線 LAN 接続を使用します。
LAN に接続するには、8 ピンの RJ-45 ネットワーク ケーブルを使用する必要があります。
ネットワーク ケーブルを接続するには、以下の操作を行います。
1.
ネットワーク ケーブルをコンピューター本体のネットワーク コネクタに差し込みます(1)
。
2.
ネットワーク ケーブルのもう一方の端をデジタル モジュラー コンセントまたはルーターに差
し込みます(2)
。
注記: ネットワーク ケーブルに、テレビやラジオからの電波障害を防止するノイズ抑制コア
(3)が取り付けられている場合は、コアが取り付けられている方のケーブルの端をコンピュー
ター側に向けます。
20
第 3 章
ネットワークへの接続
4
キーボード、タッチ ジェスチャ、および
ポインティング デバイスを使用した操作
お使いのコンピューターでは、キーボードとマウスに加え、タッチ ジェスチャを使用して操作が行
えます。タッチ ジェスチャは、お使いのコンピューターのタッチパッド上で使用できます。
お使いのモデルのコンピューターのキーボードには、通常のタスクを実行するための特殊な操作キー
またはホットキー機能も搭載されています。
ポインティング デバイスの使用
注記: お使いのコンピューターに付属しているポインティング デバイス以外に、外付け USB マウ
ス(別売)をコンピューターの USB ポートのどれかに接続して使用できます。
ポインティング デバイス機能のカスタマイズ
ボタンの構成、クリック速度、ポインター オプションのような、ポインティング デバイスの設定を
カスタマイズするには、Windows の[マウスのプロパティ]を使用します。
マウスのプロパティにアクセスするには、以下の操作を行います。
●
[スタート]→[デバイスとプリンター]の順に選択します。次に、お使いのコンピューターを表す
デバイスを右クリックして、[マウス設定]を選択します。
タッチパッドの使用
ポインターを移動するには、タッチパッド上でポインターを移動したい方向に 1 本の指をスライドさ
せます。左のタッチパッド ボタンと右のタッチパッド ボタンは、外付けマウスの左右のボタンと同
様に使用します。
ポインティング デバイスの使用
21
タッチパッドのオフ/オンの切り替え
タッチパッドをオフまたはオンにするには、タッチパッドの左上隅のエリアをすばやくダブルタップ
します。
タッチパッド ジェスチャの使用
お使いのタッチパッドでは、ポインターの動きを指で操作することにより、画面上でポインティング
デバイスを移動できます。
タッチパッドでは、さまざまな種類のジェスチャがサポートされています。タッチパッド ジェス
チャを使用するには、2 本の指を同時にタッチパッド上に置きます。
注記: プログラムによっては、一部のタッチパッド ジェスチャに対応していない場合があります。
ジェスチャのデモンストレーションを確認するには、以下の操作を行います。
1.
タスクバーの右端の通知領域にある[Synaptics Pointing Device](シナプティクス ポイン
ティング デバイス)アイコンをクリックしてから、[Pointing Device Properties](ポインティ
ング デバイスのプロパティ)をクリックします。
2.
[Device Settings](デバイス設定)タブをクリックし、表示されたウィンドウ内のデバイスを
選択してから、[Settings](設定)をクリックします。
3.
ジェスチャを選択し、デモンストレーションを開始します。
ジェスチャをオフまたはオンにするには、以下の操作を行います。
22
1.
タスクバーの右端の通知領域にある[Synaptics Pointing Device]アイコンをクリックしてか
ら、[Pointing Device Properties]をクリックします。
2.
[デバイス設定]タブをクリックし、表示されたウィンドウ内のデバイスを選択してから、[設定]
をクリックします。
3.
オンまたはオフにするジェスチャの横にあるチェック ボックスにチェックを入れます。
4.
[適用]→[OK]の順にクリックします。
第 4 章
キーボード、タッチ ジェスチャ、およびポインティング デバイスを使用した操作
1 本指スライド
1 本指スライドでは、画面をさまざまな方向に動かすことができます。
●
指をタッチパッド ゾーンに置いてスライドさせ、画面上のポインターを移動したい方向に動か
します。
タップ
画面上で選択するには、タッチパッド上でタップ機能を使用します。
●
タッチパッド ゾーンで、1 本の指でタップして(軽くたたいて)選択します。項目をダブルタッ
プして開きます。
ポインティング デバイスの使用
23
スクロール
スクロールは、ページや画像を上下左右に移動するときに便利です。
●
2 本の指を少し離してタッチパッド ゾーン上に置き、上下左右の方向にドラッグします。
ピンチとストレッチによるズーム
指でつまむ動作のピンチおよび指を開く動作のストレッチにより、画像やテキストを拡大したり縮小
したりするズームができます。
24
●
タッチパッド ゾーンで 2 本の指を一緒の状態にして置き、その 2 本の指の間隔を拡げるとズー
ムイン(拡大)できます。
●
タッチパッド ゾーンで 2 本の指を互いに離した状態にして置き、その 2 本の指の間隔を狭める
とズームアウト(縮小)できます。
第 4 章
キーボード、タッチ ジェスチャ、およびポインティング デバイスを使用した操作
キーボードの使用
キーボードおよびマウスを使用すると、入力、項目の選択、スクロールができ、タッチ ジェスチャ
を使用する場合と同じ機能の実行が可能です。キーボードを使用すると、操作キーおよびホットキー
を使って特定の機能も実行できます。
注記: 国または地域によっては、キーボードに含まれるキーおよびキーボード機能がこの項目での
説明と異なる場合もあります。
ホットキーの位置
ホットキーは、fn キー(2)と、esc キー(1)またはファンクション キー(3)のどれかの組み合わ
せです。
ホットキーを使用するには、以下の操作を行います。
▲
fn キーを短く押し、次にホットキーの組み合わせの 2 番目のキーを短く押します。
ホットキーの組み合
わせ
説明
fn + esc
システム情報を表示します
fn + f3
スリープを開始します。これによって、情報がシステム メモリに保存されます。ディスプレイとそ
の他のシステム コンポーネントはオフになり、節電されます
スリープを終了するには、電源ボタンを短く押します
注意: 情報の損失を防ぐために、スリープを開始する前に必ずデータを保存してください
fn + f4
システムに接続されているディスプレイ デバイス間で画面を切り替えます。たとえば、コンピュー
ターに外付けモニターを接続している場合は、fn + f4 キーを押すと、コンピューター本体のディス
プレイ、外付けモニターのディスプレイ、コンピューター本体と外付けモニターの両方のディスプ
レイのどれかに表示画面が切り替わります
ほとんどの外付けモニターは、外付け VGA ビデオ方式を使用してコンピューターのビデオ情報を受
け取ります。fn + f4 ホットキーでは、コンピューターのビデオ情報を受信している他のデバイスと
の間でも表示画面を切り替えることができます
fn + f6
スピーカーの音量を下げます
fn + f7
スピーカーの音量を上げます
キーボードの使用
25
ホットキーの組み合
わせ
fn + f8
説明
マイクのミュート(消音)のオン/オフを切り替えます
●
オレンジ色に点灯:マイクが消音になっています
●
消灯:マイクがオンになっています
fn + f9
画面の輝度を下げます
fn + f10
画面の輝度を上げます
テンキーの使用
このコンピューターには、テンキーが内蔵されています。お使いのコンピューターでは、別売の外付
けテンキーまたはテンキーを備えた別売の外付けキーボードも使用できます。
内蔵テンキーの使用
(1)
名称
説明
fn キー
num lk キーと一緒に押すと、内蔵テンキーのオン/オフが切り替わります
注記: 外付けキーボードまたはテンキーがコンピューターに接続されている
ときは、内蔵テンキーは機能しません
(2)
内蔵テンキー
内蔵テンキーがオンになっているときは、外付けテンキーと同様に使用できま
す。上の図は英語版のキー配列です。日本語版のキー配列とは若干異なります
が、内蔵テンキーの位置は同じです
オンになっているときに内蔵テンキーのキーを押すと、そのキーの右上または
手前側面にあるアイコンで示された機能が実行されます
(3)
num lk キー
fn キーと一緒に押すと、内蔵テンキーのオン/オフが切り替わります
注記: テンキー機能がコンピューターの電源を切ったときに有効だった場合
は、次回コンピューターの電源を入れたときにも有効になっています
26
第 4 章
キーボード、タッチ ジェスチャ、およびポインティング デバイスを使用した操作
内蔵テンキーのオン/オフの切り替え
内蔵テンキーをオンにするには、fn + num lk キーを押します。内蔵テンキーをオフにするには、も
う一度 fn + num lk キーを押します。
注記: 外付けキーボードまたはテンキーがコンピューターに接続されているときは、内蔵テンキー
はオフになります。
内蔵テンキーの機能の切り替え
内蔵テンキーの通常の文字入力機能とテンキー機能とを一時的に切り替えることができます。
●
テンキーがオフのときに、テンキーのナビゲーション機能を使用するには、fn キーを押しながら
テンキーを押します。
●
テンキーがオンのときに、テンキー部分のキーボードの文字入力機能を使用するには、以下の操
作を行います。
◦
小文字を入力するには、fn キーを押しながら文字を入力します。
◦
大文字を入力するには、fn + shift キーを押しながら文字を入力します。
別売の外付けテンキーの使用
通常、外付けテンキーのほとんどのキーは、Num Lock がオンのときとオフのときとで機能が異なり
ます。
(出荷時設定では、Num Lock はオフになっています)
。たとえば、以下のようになります。
●
Num Lock がオンのときは、数字を入力できます。
●
Num Lock がオフのときは、矢印キー、page up キー、page down キーなどのキーと同様に機
能します。
外付けテンキーで Num Lock をオンにすると、コンピューターの Num Lock ランプが点灯します。外
付けテンキーで Num Lock をオフにすると、コンピューターの Num Lock ランプが消灯します。
作業中に外付けテンキーの Num Lock のオンとオフを切り替えるには、以下の操作を行います。
▲
コンピューターではなく、外付けテンキーの num lk キーを押します。
キーボードの使用
27
5
マルチメディア
お使いのコンピューターには、以下のようなマルチメディア コンポーネントが含まれている場合が
あります。
●
内蔵スピーカー
●
内蔵マイク
●
内蔵 Web カメラ
●
プリインストールされたマルチメディア ソフトウェア
●
マルチメディア ボタンまたはマルチメディア キー
オーディオ
お使いの HP 製コンピューターでは、音楽 CD の再生(一部のモデルのみ)、Web 上のオーディオ コ
ンテンツ(ラジオなど)のストリーミング、オーディオの録音、オーディオと動画の組み合わせによ
るマルチメディアの作成などが可能です。オーディオを聴く楽しみを広げるには、スピーカーやヘッ
ドフォンなどの外付けオーディオ デバイスを接続します。
スピーカーの接続
有線のスピーカーをコンピューターに接続する場合は、コンピューターまたはドッキング ステー
ションの USB ポート(またはオーディオ出力コネクタ)に接続します。
無線スピーカーをコンピューターに接続するには、デバイスの製造元の説明書に沿って操作してくだ
さい。オーディオ デバイスを接続する前に、必ず音量を調整してください。
音量の調整
音量の調整には、以下のどちらかを使用します。
●
音量ボタン
●
音量調整ホットキー(特定のキーを fn キーと一緒に押します)
警告! 突然大きな音が出て耳を傷めることがないように、音量の調節を行ってからヘッドフォン、
イヤフォン、またはヘッドセットを使用してください。安全に関する情報について詳しくは、
『規定、
安全、および環境に関するご注意』を参照してください。ユーザー ガイドを表示するには、HP のサ
ポート Web サイト、http://www.hp.com/jp/support/ にアクセスして[製品サポート/保守情報]を選択
し、お使いの製品の製品名または製品番号を入力して検索します。表示された検索結果からお使いの
製品をクリックし、左側の[サポート オプション]の中の[ナレッジベース]カテゴリにある[マニュア
ル]をクリックします。
注記: 音量の調整には、オペレーティング システムおよび一部のプログラムも使用できます。
注記: お使いのコンピューターの音量調整機能の種類について詳しくは、3 ページの「コンピュー
ターの概要」を参照してください。
28
第 5 章
マルチメディア
ヘッドフォンおよびマイクの接続
有線のヘッドフォンまたはヘッドセットは、コンピューターのオーディオ出力(ヘッドフォン)/オー
ディオ入力(マイク)コネクタに接続できます。内蔵マイク付きのヘッドセットが多数市販されてい
ます。良好な録音結果を得るため、直接マイクに向かって話し、雑音がないように設定して録音しま
す。
警告! 突然大きな音が出て耳を傷めることがないように、音量を下げてからヘッドフォン、イヤ
フォン、またはヘッドセットを使用してください。安全に関する情報について詳しくは、
『規定、安
全、および環境に関するご注意』を参照してください。
コンピューターのオーディオ機能の確認
注記: 良好な録音結果を得るため、直接マイクに向かって話し、雑音がないように設定して録音し
ます。
お使いのコンピューターのオーディオ機能を確認するには、以下の操作を行います。
1.
[スタート]→[コントロール パネル]→[ハードウェアとサウンド]→[サウンド]の順に選択しま
す。
2.
[サウンド]ウィンドウが開いたら、[サウンド]タブをクリックします。[プログラム イベント]で
ビープやアラームなどの任意のサウンド イベントを選択し、[テスト]ボタンをクリックします。
スピーカーまたは接続したヘッドフォンから音が鳴ります。
お使いのコンピューターの録音機能を確認するには、以下の操作を行います。
1.
[スタート]→[すべてのプログラム]→[アクセサリ]→[サウンド レコーダー]の順に選択しま
す。
2.
[録音の開始]をクリックし、マイクに向かって話します。デスクトップにファイルを保存します
3.
マルチメディア プログラムを開き、サウンドを再生します。
コンピューターのオーディオ設定を確認または変更するには、以下の操作を行います。
▲
[スタート]→[コントロール パネル]→[ハードウェアとサウンド]→[サウンド]の順に選択しま
す。
Web カメラ(一部のモデルのみ)
一部のコンピューターには、リアルタイムで動画を共有できる Web カメラが内蔵されています。
Web カメラ(一部のモデルのみ) 29
動画の視聴
お使いの HP コンピューターはパワフルなビデオ デバイスであり、お気に入りの Web サイトの動画
のストリーミングを視聴できます。
コンピューターのビデオ コネクタのどれかに外付けモニター、プロジェクター、またはテレビに接
続することで、視聴の楽しみが広がります。
お使いのコンピューターには、以下の外付けビデオ コネクタが内蔵されています。
●
VGA
●
デュアルモードの DisplayPort
重要: 外付けデバイスが、正しいケーブルを使用してコンピューター上の正しいコネクタに接続さ
れていることを確認してください。不明点や疑問点がある場合は、デバイスの製造販売元の説明を確
認してください。
注記: お使いのコンピューターのビデオ コネクタについて詳しくは、3 ページの「コンピューター
の概要」を参照してください。
VGA
外付けモニター コネクタまたは VGA コネクタは、外付け VGA モニターや VGA プロジェクターなど
の外付け VGA ディスプレイ デバイスをコンピューターに接続するための、アナログ ディスプレイ
インターフェイスです。
▲
30
第 5 章
VGA ディスプレイ デバイスを接続するには、デバイスのケーブルを外付けモニター コネクタ
に接続します。
マルチメディア
デュアルモードの DisplayPort
デュアルモードの DisplayPort は、HD 対応テレビ、対応しているデジタルまたはオーディオ コンポー
ネントなどの別売のビデオまたはオーディオ デバイスとコンピューターを接続するためのコネクタ
です。デュアルモードの DisplayPort は VGA 外付けモニター ポートを上回るパフォーマンスを提供
し、デジタル接続の質を向上させます。
注記: デュアルモードの DisplayPort を使用してビデオ信号または音声信号を伝送するには、デュ
アルモード機能に対応した DisplayPort ケーブル(別売)が必要です。
注記: コンピューターのデュアルモードの DisplayPort コネクタには、1 つの DisplayPort デバイス
を接続できます。コンピューター本体の画面に表示される情報を DisplayPort デバイスに同時に表示
できます。
デュアルモードの DisplayPort にビデオまたはオーディオ デバイスを接続するには、以下の操作を行
います。
1.
DisplayPort ケーブルの一方の端をコンピューターのデュアルモードの DisplayPort コネクタに
接続します。
2.
DisplayPort ケーブルのもう一方の端をビデオまたはオーディオ デバイスに接続します。詳し
くは、デバイスの製造元の説明書を参照してください。
注記: デバイスのケーブルを取り外すには、コネクタのリリース ボタンを押し下げて、ケーブル
をコンピューターから取り外します。
動画の視聴
31
6
電源の管理
注記: コンピューターには、電源ボタンまたは電源スイッチがあります。このガイドで使用する
「電源ボタン」という用語は、両方の種類の電源コントロールを指します。
コンピューターのシャットダウン
注意: コンピューターをシャットダウンすると、保存されていない情報は失われます。
[シャットダウン]コマンドはオペレーティング システムを含む開いているすべてのプログラムを終
了し、ディスプレイおよびコンピューターの電源を切ります。
以下の場合は、コンピューターをシャットダウンします。
●
バッテリを交換したりコンピューター内部の部品に触れたりする必要がある場合
●
USB(Universal Serial Bus)ポート以外のコネクタに外付けハードウェア デバイスを接続する
場合
●
コンピューターを長期間使用せず、外部電源から切断する場合
電源ボタンでコンピューターの電源を切ることもできますが、Windows の[シャットダウン]コマンド
を使用した以下の手順をおすすめします。
注記: コンピューターがスリープ状態の場合は、シャットダウンをする前に電源ボタンを短く押し
て、スリープを終了する必要があります。
1.
作業中のデータを保存して、開いているすべてのプログラムを閉じます。
2.
[スタート]→[シャットダウン]の順に選択します。
コンピューターが応答しなくなり、上記のシャットダウン手順を使用できない場合は、以下の操作を
記載されている順に試みて緊急シャットダウンを行います。
●
ctrl + alt + delete キーを押します。[電源]アイコン→シャットダウンの順にクリックします。
●
電源ボタンを 5 秒程度押し続けます。
●
コンピューターを外部電源から切り離します。
●
バッテリを取り外します。
電源
省電力設定の使用
スリープは、出荷時に有効に設定されています。
スリープを開始すると、電源ランプが点滅し、画面表示が消えます。作業中のデータがメモリに保存
されます。
注意: オーディオおよびビデオの劣化、再生機能の損失、または情報の損失を防ぐため、ディスク
や外付けメモリ カードの読み取りまたは書き込み中にスリープを開始しないでください。
注記: コンピューターがスリープ状態の間は、どのような種類のネットワーク接続もコンピュー
ター機能も開始できません。
32
第 6 章
電源の管理
スリープの開始および終了
コンピューターの電源が入っているときにスリープを開始するには、以下のどちらかの操作を行いま
す。
●
電源ボタンを短く押します。
●
fn + f3 キーを押します。
●
[スタート]を選択し、[シャットダウン]ボタンの横にある矢印→[スリープ]の順にクリックしま
す。
スリープを終了するには、電源ボタンを短く押します。
コンピューターがスリープを終了すると電源ランプが点灯し、作業を中断した時点の画面に戻りま
す。
注記: 復帰するときにパスワードを必要とするように設定した場合は、作業を中断した時点の画面
に戻る前に Windows パスワードを入力する必要があります。
電源メーターおよび電源設定の使用
電源メーターはタスクバーの右端の通知領域にあります。電源メーターを使用すると、すばやく電源
設定にアクセスしたり、バッテリ充電残量を表示したりできます。
●
充電残量率と現在の電源プランを表示するには、[電源メーター]アイコンをポイントします。
●
[電源オプション]を使用したり、電源プランを変更したりするには、[電源メーター]アイコンをク
リックして一覧から項目を選択します。
コンピューターがバッテリ電源で動作しているか外部電源で動作しているかは、[電源メーター]アイ
コンの外観の違いで判断できます。アイコンには、バッテリがロー バッテリ状態または完全なロー
バッテリ状態になった場合にそのメッセージも表示されます。
復帰時のパスワード保護の設定
スリープ状態が終了したときにパスワードの入力を求めるようにコンピューターを設定するには、以
下の操作を行います。
1.
[スタート]→[コントロール パネル]→[システムとセキュリティ]→[電源オプション]の順に選
択します。
2.
左側の枠内で、[スリープ解除時のパスワード保護]をクリックします。
3.
[パスワードを必要とする(推奨)]をクリックします。
注記: ユーザー アカウントを作成したり、現在のユーザー アカウントを変更したりする場合
は、[ユーザー アカウント パスワードの作成または変更]をクリックしてから、画面の説明に
沿って操作します。ユーザー アカウント パスワードを作成または変更する必要がない場合は、
手順 4 に進んでください。
4.
[変更の保存]をクリックします。
電源
33
バッテリ電源の使用
警告! けがや事故、および機器の故障などの安全に関する問題の発生を防ぐため、この製品を使用
する場合は、コンピューターに付属しているバッテリ、HP が提供する交換用バッテリ、または HP
から購入した対応するバッテリを使用してください。
外部電源に接続されていない場合、コンピューターはバッテリ電源で動作します。コンピューターの
バッテリは消耗品で、その寿命は、電源管理の設定、動作しているプログラム、画面の輝度、コン
ピューターに接続されている外付けデバイス、およびその他の要素によって異なります。コンピュー
ターを外部電源に接続している間、常にバッテリを装着しておけば、バッテリは充電されるため、停
電した場合でも作業データを守ることができます。充電済みのバッテリを装着したコンピューター
が外部電源で動作している場合、AC アダプターを取り外すか、または外部電源が切断されると、電
源が自動的にバッテリ電源に切り替わります。
注記: 外部電源の接続を外すと、バッテリ寿命を節約するために自動的に画面の輝度が下がります。
バッテリ充電残量の表示
▲
Windows デスクトップで、タスクバーの右端の通知領域にある電源メーター アイコンの上にポ
インターを移動します。
バッテリの放電時間の最長化
バッテリの放電時間は、バッテリ電源で動作しているときに使用する機能によって異なります。バッ
テリの容量は自然に低下するため、バッテリの最長放電時間は徐々に短くなります。
バッテリの放電時間を長く保つには、以下の点に注意してください。
●
ディスプレイの輝度を下げます。
●
ユーザーが交換可能なバッテリを搭載したコンピューターの場合、バッテリが使用されていない
ときまたは充電されていないときは、コンピューターのバッテリを取り外します。
●
ユーザーが交換可能なバッテリを取り外した場合は、気温や湿度の低い場所に保管します。
●
[電源オプション]で[省電力]設定を選択します。
ロー バッテリ状態への対処
ここでは、出荷時に設定されている警告メッセージおよびシステム応答について説明します。ロー
バッテリ状態の警告およびシステム応答の設定は、[電源オプション]を使用して変更できます。[電源
オプション]を使用した設定は、ランプの状態には影響しません。
ロー バッテリ状態の確認
コンピューターの電源としてバッテリのみを使用しているときにバッテリがロー バッテリ状態また
は完全なロー バッテリ状態になった場合は、以下のようになります。
●
バッテリ ランプが、ロー バッテリ状態または完全なロー バッテリ状態になっていることを示
します。
または
●
通知領域の[電源メーター]アイコンが、ロー バッテリ状態または完全なロー バッテリ状態に
なっていることを通知します。
注記: 電源メーターについて詳しくは、33 ページの「電源メーターおよび電源設定の使用」
を参照してください。
34
第 6 章
電源の管理
コンピューターの電源が入っているかスリープ状態のときに完全なロー バッテリ状態になると、短
い時間スリープ状態になってから、システムが終了します。このとき、保存されていない情報は失わ
れます。
ロー バッテリ状態の解決
外部電源を使用できる場合のロー バッテリ状態への対処方法
▲
以下のデバイスのどれかを接続します。
●
AC アダプター
●
別売のドッキング デバイスまたは拡張製品
●
HP からオプション製品として購入した電源アダプター
外部電源を使用できない場合のロー バッテリ状態への対処方法
電源を使用できない場合にロー バッテリ状態を解決するには、作業中のデータを保存してからコン
ピューターをシャットダウンします。
バッテリの着脱
バッテリの装着
バッテリを装着するには、以下の操作を行います。
1.
バッテリ ベイが手前を向くようにして、コンピューターの底面が上になるように安定した平ら
な場所に置きます。
2.
バッテリ ベイにバッテリを挿入し、しっかりと収まるまで押し込みます(1)。
バッテリ リリース ラッチ(2)でバッテリが自動的に固定されます。
電源
35
バッテリの取り外し
バッテリを取り外すには、以下の操作を行います。
注意: コンピューターの電源としてバッテリのみを使用しているときにそのバッテリを取り外す
と、情報が失われる可能性があります。バッテリを取り外す場合は、情報の損失を防ぐため、作業中
のデータを保存してから Windows の通常の手順でコンピューターをシャットダウンしてください。
1.
バッテリ ベイが手前を向くようにして、コンピューターの底面が上になるように安定した平ら
な場所に置きます。
2.
バッテリ リリース ラッチをスライドさせて(1)バッテリの固定を解除します。
3.
バッテリをコンピューターから取り外します(2)。
バッテリの節電
36
●
Windows の[コントロール パネル]の[電源オプション]で、低消費電力設定を選択します。
●
ネットワークに接続する必要がないときは無線接続と LAN 接続をオフにして、モデムを使用す
るアプリケーションを使用後すぐに終了します。
●
外部電源に接続されていない外付けデバイスのうち、使用していないものをコンピューターから
取り外します。
●
使用していない外付けメモリ カードを停止するか、無効にするか、または取り出します。
●
画面の輝度を下げます。
●
しばらく作業を行わないときは、スリープを開始するか、コンピューターの電源を切ります。
第 6 章
電源の管理
ユーザーが交換可能なバッテリの保管
注意: 故障の原因となりますので、バッテリを温度の高い場所に長時間放置しないでください。
2 週間以上コンピューターを使用せず、外部電源から切り離しておく場合は、ユーザーが交換可能な
バッテリを取り出して別々に保管してください。
保管中のバッテリの放電を抑えるには、気温や湿度の低い場所にバッテリを保管してください。
注記: 保管中のバッテリは 6 か月ごとに点検する必要があります。容量が 50%未満になっている場
合は、再充電してから保管してください。
1 か月以上保管したバッテリを使用するときは、最初にバッテリ ゲージの調整を行ってください。
ユーザーが交換可能なバッテリの処分
警告! 化学薬品による火傷や発火のおそれがありますので、分解したり、壊したり、穴をあけたり
しないでください。また、バッテリの接点をショートさせたり、火や水の中に捨てたりしないでくだ
さい。
バッテリの正しい処分方法については、
『規定、安全、および環境に関するご注意』を参照してくだ
さい。ユーザー ガイドを表示するには、HP のサポート Web サイト、http://www.hp.com/jp/support/
にアクセスして[製品サポート/保守情報]を選択し、お使いの製品の製品名または製品番号を入力して
検索します。表示された検索結果からお使いの製品をクリックし、左側の[サポート オプション]の
中の[ナレッジベース]カテゴリにある[マニュアル]をクリックします。
ユーザーが交換可能なバッテリの交換
[HP バッテリ チェック]は、内部セルが正常に充電されていないときや、バッテリ容量が「ロー バッ
テリ」の状態になったときに、バッテリを交換するようユーザーに通知します。バッテリが HP の保
証対象となっている場合は、説明書に保証 ID が記載されています。交換用バッテリの購入について
詳しくは、メッセージに記載されている HP の Web サイトを参照してください。
電源
37
外部電源の使用
警告! 航空機内でコンピューターのバッテリを充電しないでください。
警告! 安全に関する問題の発生を防ぐため、コンピューターを使用する場合は、コンピューターに
付属している AC アダプター、HP が提供する交換用 AC アダプター、または HP から購入した対応す
る AC アダプターだけを使用してください。
注記: 外部電源の接続について詳しくは、コンピューターに付属の『セットアップ手順』ポスター
を参照してください。
外部電源は、純正の AC アダプター、または別売のドッキング デバイスや拡張製品を通じてコン
ピューターに供給されます。
以下のどれかの条件にあてはまる場合はコンピューターを外部電源に接続してください。
●
バッテリを充電するか、バッテリ ゲージを調整する場合
●
システム ソフトウェアをインストールまたは変更する場合
●
CD、DVD、または BD(一部のモデルのみ)に情報を書き込む場合
コンピューターを外部電源に接続すると、以下のようになります。
●
バッテリの充電が開始されます。
●
コンピューターの電源が入ると、通知領域の[電源メーター]アイコンの表示が変わります。
外部電源の接続を外すと、以下のようになります。
●
コンピューターの電源がバッテリに切り替わります。
●
バッテリ電源を節約するために自動的に画面の輝度が下がります。
AC アダプターのテスト
外部電源に接続したときにコンピューターに以下の状況のどれかが見られる場合は、AC アダプター
をテストします。
●
コンピューターの電源が入らない。
●
ディスプレイの電源が入らない。
●
電源ランプが点灯しない。
AC アダプターをテストするには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターをシャットダウンします。
2.
コンピューターのバッテリを取り外します。
3.
AC アダプターをコンピューターに接続してから、電源コンセントに接続します。
4.
コンピューターの電源を入れます。
●
電源ランプが点灯した場合は、AC アダプターは正常に動作しています。
●
電源ランプが消灯したままになっている場合は、AC アダプターが動作していないため交換
する必要があります。
交換用 AC アダプターを入手する方法については、HP のサポート窓口にお問い合わせください。
38
第 6 章
電源の管理
7
外付けカードおよび外付けデバイス
メディア カード スロットの使用
別売のメモリ カードは、データを安全に格納し、簡単に共有できるカードです。これらのカードは、
他のコンピューター以外にも、デジタル メディア対応のカメラや PDA などでよく使用されます。
お使いのコンピューターでサポートされているメディア カードの形式は、3 ページの「コンピュー
ターの概要」を参照して確認してください。
メモリ カードの挿入
注意: メモリ カード コネクタの損傷を防ぐため、メモリ カードを挿入するときは無理な力を加
えないでください。
1.
カードのラベルを上にし、コネクタをコンピューター側に向けて持ちます。
2.
メモリ カード スロットにカードを挿入し、しっかりと収まるまでカードを押し込みます。
デバイスが検出されると音が鳴り、場合によっては使用可能なオプションのメニューが表示され
ます。
メディア カード スロットの使用
39
メモリ カードの取り出し
注意: 情報の損失やシステムの応答停止を防ぐため、以下の操作を行ってメモリ カードを安全に
取り出します。
1.
情報を保存し、メモリ カードに関連するすべてのプログラムを閉じます。
2.
Windows デスクトップで、タスクバーの右端の通知領域にある[ハードウェアの安全な取り外し]
アイコンをクリックします。次に、画面の説明に沿って操作します。
3.
カードをいったんスロットに押し込んで(1)
、固定を解除してから取り出します(2)
。
注記:
カードが出てこない場合は、カードを引いてスロットから取り出します。
スマート カードの使用
スマート カードは、スマート カード スロットに挿入する高性能な PC カードです。
スマート カードは PCMCIA(Personal Computer Memory Card International Association)の標準
仕様に準拠しています。
スマート カードの設定
カードに必要なソフトウェアのみをインストールしてください。スマート カードに付属の説明書に
デバイス ドライバーをインストールするように記載されている場合は、以下のようにします。
40
●
お使いのオペレーティング システム用のデバイス ドライバーのみをインストールしてくださ
い。
●
スマート カードの製造販売元が他のソフトウェア(カード サービス、ソケット サービス、イ
ネーブラーなど)を提供していても、それらをインストールしないでください。
第 7 章
外付けカードおよび外付けデバイス
スマート カードの挿入
注意: お使いのコンピューターおよび外付けメディア カードの損傷を防ぐため、PC カードをス
マート カード スロットに挿入しないでください。
注意: コネクタの損傷を防ぐため、以下の点に注意してください。
スマート カードを装着するときは無理な力を加えないでください。
スマート カードの使用中は、コンピューターを動かしたり運んだりしないでください。
注記: 以下の図は、お使いのデバイスと多少異なる場合があります。
スマート カードを挿入するには、以下の操作を行います。
1.
カードのラベルを上にし、コネクタをコンピューター側に向けて持ちます。
2.
スマート カード スロットにカードを挿入し、しっかりと収まるまでカードを押し込みます。
カードが検出されると音が鳴り、場合によってはオプションのメニューが表示されます。
注記: 初めてスマート カードを装着した場合は、カードがコンピューターによって認識され
たことを示すメッセージが通知領域に表示されます。
注記: 節電するには、使用していないスマート カードを停止するか、取り出してください。
スマート カードの使用
41
スマート カードの取り出し
注意: 情報の損失やシステムの応答停止を防ぐため、以下の操作を行ってスマート カードを安全
に取り出します。
1.
情報を保存し、スマート カードに関連するすべてのプログラムを閉じます。
2.
Windows デスクトップで、タスクバーの右端の通知領域にある[ハードウェアの安全な取り外し]
アイコンをクリックし、画面の説明に沿って操作します。
3.
スマート カードを引いてスロットから取り出します。
USB(Universal Serial Bus)デバイスの使用
USB(Universal Serial Bus)は、USB キーボード、マウス、ドライブ、プリンター、スキャナー、
ハブなどの別売の外付けデバイスを接続するためのハードウェア インターフェイスです。
USB デバイスには、追加サポート ソフトウェアを必要とするものがありますが、通常はデバイスに
付属しています。デバイス固有のソフトウェアについて詳しくは、ソフトウェアの製造元の操作説明
書を参照してください。これらの説明書は、ソフトウェアに含まれているか、ディスクに収録されて
いるか、またはソフトウェアの製造元の Web サイトから入手できます。
コンピューターには USB ポートが 3 つあり、USB 1.0、USB 1.1、USB 2.0、および USB 3.0 の各
デバイスに対応しています。お使いのコンピューターには、外付けデバイスに電源を供給できる USB
ポート(電源オフ USB チャージ機能対応)も搭載されています。別売のドッキング デバイスまたは
USB ハブには、コンピューターで使用できる USB ポートが装備されています。
注記: これらのポートは、初期設定で USB 2.0 に対応しています。USB 3.0 ポートの機能の有効
化について詳しくは、次のセクションを参照してください。
USB 3.0 ポートの機能の有効化
USB 3.0 ポートの機能をオンにするには、以下の操作を行います。
42
1.
[Computer Setup]を開始します。63 ページの「[Computer Setup]の開始」を参照してくださ
い。
2.
USB ポートのオプションを選択し、画面の説明に沿って操作します。
3.
[Computer Setup]の変更を保存したら、以下の操作を行って、USB 3.0 ドライバーをインストー
ルします。
第 7 章
a.
http://www.hp.com/jp/ にアクセスします。
b.
[サポート&ドライバー]をクリックし、[ドライバー&ダウンロード]タブをクリックします。
c.
テキスト ボックスに製品名を入力し、[検索]をクリックします。
外付けカードおよび外付けデバイス
d.
お使いのコンピューターのモデルを選択し、オペレーティング システムを選択します。
e.
USB 3.0 ドライバーのリンクを選択し、画面の説明に沿って操作します。
USB デバイスの接続
注意: USB ポートの損傷を防ぐため、デバイスを接続するときは無理な力を加えないでください。
▲
デバイスの USB ケーブルを USB ポートに接続します。
注記:
以下の図は、お使いのコンピューターと多少異なる場合があります。
デバイスが検出されると音が鳴ります。
注記: 初めて USB デバイスを装着した場合は、デバイスがコンピューターによって認識されたこ
とを示すメッセージが通知領域に表示されます。
USB デバイスの取り外し
注意: USB ポートの損傷を防ぐため、USB デバイスを取り外すときはケーブルを引っ張らないで
ください。
注意: 情報の損失やシステムの応答停止を防ぐため、以下の操作を行って USB デバイスを安全に
取り外します。
1.
USB デバイスを取り外すには、情報を保存し、デバイスに関連するすべてのプログラムを閉じ
ます。
2.
Windows デスクトップで、タスクバーの右端の通知領域にある[ハードウェアの安全な取り外し]
アイコンをクリックし、画面の説明に沿って操作します。
3.
デバイスを取り外します。
USB(Universal Serial Bus)デバイスの使用
43
別売の外付けデバイスの使用
注記: 必要なソフトウェアやドライバー、および使用するコンピューターのコネクタの種類につい
て詳しくは、デバイスに付属している説明書を参照してください。
外付けデバイスをコンピューターに接続するには、以下の操作を行います。
注意: 別途電力が供給されているデバイスの接続時に装置が損傷することを防ぐため、デバイスの
電源が切れていて、外部電源コードがコンピューターに接続されていないことを確認してください。
1.
デバイスをコンピューターに接続します。
2.
別電源が必要なデバイスを接続した場合は、デバイスの電源コードを接地した外部電源のコンセ
ントに差し込みます。
3.
デバイスの電源を入れます。
別電源が必要でない外付けデバイスを取り外すときは、デバイスの電源を切り、コンピューターから
取り外します。別電源が必要な外付けデバイスを取り外すときは、デバイスの電源を切り、コン
ピューターからデバイスを取り外した後、デバイスの電源コードを抜きます。
別売の外付けドライブの使用
外付けのリムーバブル ドライブを使用すると、情報を保存したり、情報にアクセスしたりできる場
所が増えます。USB ドライブを追加するには、コンピューターの USB ポートに接続します。
注記: HP の外付け USB オプティカル ドライブは、コンピューターの電源オフ USB チャージ機能
に対応した USB ポートに接続する必要があります。
USB ドライブには、以下のような種類があります。
44
●
1.44 MB フロッピーディスク ドライブ
●
ハードドライブ モジュール
●
外付けオプティカル ドライブ(CD、DVD、およびブルーレイ)
●
マルチベイ デバイス
第 7 章
外付けカードおよび外付けデバイス
8
ドライブ
ドライブの取り扱い
注意: ドライブは壊れやすいコンピューター部品ですので、取り扱いには注意が必要です。ドライ
ブの取り扱いについては、以下の注意事項を参照してください。絶対に落としたり上に物を置いたり
しないでください。ドライブに洗剤などの液体を垂らしたり、高温または多湿の場所に放置したりし
ないでください。
ドライブを取り扱う場合は、以下の点に注意してください。
●
ドライブの着脱を行う前に、コンピューターをシャットダウンします。コンピューターの電源が
切れているのかスリープ状態なのかわからない場合は、まずコンピューターの電源を入れ、次に
オペレーティング システムの通常の手順でシャットダウンします。
●
ドライブを取り扱う前に、塗装されていない金属面に触れるなどして、静電気を放電してくださ
い。
●
リムーバブル ドライブまたはコンピューターのコネクタ ピンに触れないでください。
●
ドライブをドライブ ベイに挿入するときは、無理な力を加えないでください。
●
バッテリのみを電源として使用している場合は、メディアに書き込む前にバッテリが十分に充電
されていることを確認してください。
●
ドライブを発送するときは、気泡ビニール シートなどの緩衝材で適切に梱包し、梱包箱の表面
に「コワレモノ―取り扱い注意」と明記してください。
●
ドライブを磁気に近づけないようにしてください。磁気を発するセキュリティ装置には、空港の
金属探知器や金属探知棒が含まれます。空港のベルト コンベアなど機内持ち込み手荷物を
チェックするセキュリティ装置は、磁気ではなく X 線を使用してチェックを行うので、ドライブ
には影響しません。
●
ドライブ ベイからのドライブの取り外し、ドライブの持ち運び、送付、保管などを行う前に、
ドライブからメディアを取り出してください。
●
オプティカル ドライブ内のディスクへの書き込みが行われているときは、キーボードから入力
したり、コンピューターを移動したりしないでください。書き込み処理は振動の影響を受けやす
い動作です。
●
外付けハードドライブに接続したコンピューターをある場所から別の場所へ移動させるような
場合は、事前にスリープを開始して画面表示が消えるまで待つか、外付けハードドライブを適切
に取り外してください。
ドライブの取り扱い
45
ハードドライブの使用
注意: 情報の損失やシステムの応答停止を防ぐため、以下の点に注意してください。
メモリ モジュールやハードドライブの追加または交換を行う前に、作業中のデータを保存してコン
ピューターをシャットダウンします。
コンピューターの電源が切れているかどうかわからない場合は、まず電源ボタンを押してコンピュー
ターの電源を入れます。次にオペレーティング システムの通常の手順でシャットダウンします。
底面カバーの取り外しまたは取り付けなおし
底面カバーの取り外し
底面カバーを取り外すと、メモリ モジュール スロット、ハードドライブ、およびその他のコンポー
ネントにアクセスできます。
46
1.
。
バッテリを取り外します(35 ページの「バッテリの着脱」を参照してください)
2.
バッテリ ベイが手前を向くようにして安定した平らな場所にコンピューターを置き、底面カ
バーのリリース ラッチを左方向にスライドさせて(1)、
(オプションのネジを使用している場合
は)ネジを取り外し(2)
、もう一度リリース ラッチをスライドさせると(3)
、底面カバーが外
れます。
3.
底面カバーをコンピューター前面の方向にスライドさせ(4)、持ち上げて(5)取り外します。
第 8 章
ドライブ
底面カバーの取り付けなおし
注記: オプションのネジを使用しない場合は、底面カバー内に格納できます。
メモリ モジュール スロット、ハードドライブ、およびその他のコンポーネントに対する作業が終了
したら、底面カバーを取り付けなおします。
1.
底面カバーの前端部をコンピューター本体の前端部の付近に合わせるように少し傾けながら、カ
バーを下ろします(1)
。
2.
底面カバーの後端部にある位置合わせタブを、コンピューターのくぼみに合わせます。
3.
カチッと音がして固定されるまで、底面カバーをバッテリ ベイの方向にスライドさせます(2)。
4.
バッテリ ベイが手前を向くようにして安定した平らな場所にコンピューターを置き、底面カ
バーのリリース ラッチを左方向にスライドさせ(3)
、必要に応じて、オプションのネジ(4)を
差し込んで締め、底面カバーを所定の位置に保ちます。底面カバー リリース ラッチを右方向に
スライドさせて(5)、底面カバーを固定します。
5.
バッテリを装着します(35 ページの「バッテリの着脱」を参照してください)。
ハードドライブの使用
47
ハードドライブの交換またはアップグレード
注意: 情報の損失やシステムの応答停止を防ぐため、以下の点に注意してください。
ハードドライブ ベイからハードドライブを取り外す前に、コンピューターをシャットダウンしてく
ださい。コンピューターの電源が入っているときやスリープ状態のときには、ハードドライブを取り
外さないでください。コンピューターの電源が切れているかハイバネーション状態なのかわからな
い場合は、まず電源ボタンを押してコンピューターの電源を入れ、次にオペレーティング システム
の通常の手順でシャットダウンしてください。
コンピューターの電源が切れているかわからない場合は、電源ボタンを押してコンピューターの電源
を入れます。次にオペレーティング システムの通常の手順でシャットダウンします。
ハードドライブの取り外し
ハードドライブを取り外すには、以下の操作を行います。
48
1.
作業中のデータを保存してコンピューターをシャットダウンします。
2.
コンピューターに接続されている外部電源および外付けデバイスを取り外します。
3.
コンピューターの底面が上になるように、安定した平らな場所に置きます。
4.
バッテリを取り外します (37 ページの「ユーザーが交換可能なバッテリの交換」を参照してく
ださい)。
5.
。
底面カバーを取り外します (46 ページの「底面カバーの取り外し」を参照してください)
6.
ハードドライブ ケーブル(1)を取り外します。
7.
ハードドライブの 4 つのネジ(2)を緩めます。
8.
プラスチック製タブを持ってハードドライブを引き上げ(3)、ハードドライブ ベイから引き出
します(4)
。
9.
ハードドライブ ケーブルをハードドライブから取り外します(1)。
第 8 章
ドライブ
10. ハードドライブの 4 つのネジを取り外し(2)
、ブラケットをハードドライブから取り外します
(3)。
ハードドライブの使用
49
ハードドライブの取り付け
注記: お使いのコンピューターの外観は、図と多少異なる場合があります。
ハードドライブを取り付けるには、以下の操作を行います。
50
1.
ハードドライブ ブラケットをハードドライブに押し下げて装着し(1)
、ハードドライブの 4 つ
のネジ(2)を締めます。
2.
ハードドライブ ケーブルをハードドライブに接続します(3)
。
3.
ハードドライブをハードドライブ ベイに傾けながら挿入し(1)
、ハードドライブ ベイ内に水平
に置きます。
4.
プラスチック製のタブを引いて(2)
、ハードドライブをしっかりと固定します。
5.
ハードドライブのネジ(3)を締めます。
6.
ハードドライブ ケーブルを取り付けなおします(4)
。
第 8 章
ドライブ
7.
底面カバーを取り付けなおします(46 ページの「底面カバーの取り外しまたは取り付けなおし」
を参照してください)。
8.
バッテリを装着します(35 ページの「バッテリの着脱」を参照してください)。
9.
外部電源および外付けデバイスをコンピューターに接続します。
10. コンピューターの電源を入れます。
アップグレード ベイにあるドライブの追加または交換
アップグレード ベイには、オプティカル ドライブを取り付けることができます。
オプティカル ドライブの追加または交換
注意: 情報の損失やシステムの応答停止を防ぐため、以下の点に注意してください。
アップグレード ベイからオプティカル ドライブを取り出す前に、コンピューターをシャットダウン
してください。コンピューターの電源が入っているときやスリープ状態のときには、オプティカル
ドライブを取り外さないでください。コンピューターの電源が切れているかハイバネーション状態
なのかわからない場合は、まず電源ボタンを押してコンピューターの電源を入れ、次にオペレーティ
ング システムの通常の手順でシャットダウンしてください。
コンピューターの電源が切れているかわからない場合は、電源ボタンを押してコンピューターの電源
を入れます。次にオペレーティング システムの通常の手順でシャットダウンします。
オプティカル ドライブまたはウェイト セーバーをアップグレード ベイから取り出すには、以下の
操作を行います。
1.
必要なデータを保存します。
2.
コンピューターをシャットダウンし、ディスプレイを閉じます。
3.
コンピューターに接続されているすべての外付けハードウェア デバイスを取り外します。
4.
電源コンセントから電源コードを抜きます。
5.
アップグレード ベイが手前を向くようにして、底面が上になるようにコンピューターを安定し
た平らな場所に置きます。
6.
バッテリを取り外します(35 ページの「バッテリの着脱」を参照してください)
。
7.
底面カバーを取り外します(46 ページの「底面カバーの取り外しまたは取り付けなおし」を参
照してください)
。
8.
アップグレード ベイのネジ(1)を緩めます。
9.
マイナスのネジ回しを使用してつまみをそっと押し込んで(2)
、オプティカル ドライブまたは
ウェイト セーバーの固定を解除します。
ハードドライブの使用
51
10. オプティカル ドライブまたはウェイト セーバーをアップグレード ベイから取り出します(3)。
オプティカル ドライブをアップグレード ベイに装着するには、以下の操作を行います。
52
1.
オプティカル ドライブをアップグレード ベイに挿入します(1)
。
2.
アップグレード ベイのネジ(2)を締めなおします。
第 8 章
ドライブ
3.
底面カバーを取り付けなおします(46 ページの「底面カバーの取り外しまたは取り付けなおし」
を参照してください)。
4.
バッテリを装着します(35 ページの「バッテリの着脱」を参照してください)。
5.
コンピューターのカバーを上にして安定した平らな場所に置き、外部電源および外付けデバイス
をコンピューターに接続しなおします。
6.
コンピューターの電源を入れます。
ハードドライブの使用
53
9
セキュリティ
コンピューターの保護
Windows オペレーティング システムおよび Windows 以外の[Computer Setup]ユーティリティ
(BIOS)によって提供される標準のセキュリティ機能により、個人設定およびデータをさまざまなリ
スクから保護できます。
注記: セキュリティ ロック ケーブルに抑止効果はありますが、コンピューターの誤った取り扱い
や盗難を完全に防ぐものではありません。
注記: コンピューターを修理などのためにサポートあてに送付する場合は、機密性の高いファイル
のバックアップと削除、およびすべてのパスワード設定の削除を事前に行ってください。
注記: この章に記載されている一部の機能は、お使いのコンピューターでは使用できない場合があ
ります。
コンピューターでの危険性
セキュリティ機能
[Computer Setup](f10)への不正アクセス
[Computer Setup]の BIOS administrator password*
別売の外付けオプティカル ドライブ(一部のモデルのみ)
、
別売の外付けハードドライブ(一部のモデルのみ)
、または内
蔵ネットワーク アダプターからの不正な起動
[Computer Setup]の[Boot options](ブート オプション)機
能*
Windows ユーザー アカウントへの不正なアクセス
Windows ユーザー パスワード
[Computer Setup]設定などのシステム識別情報への不正なア
クセス
[Computer Setup]の BIOS administrator password*
コンピューターの不正な移動
セキュリティ ロック ケーブル用スロット(別売のセキュリ
ティ ロック ケーブルとともに使用)
* [Computer Setup]は、プリインストールされた ROM ベースのユーティリティです。オペレーティング システムが動かな
かったり読み込まれなかったりする場合でも使用できます。[Computer Setup]で項目間を移動したり項目を選択したりする
には、ポインティング デバイス(タッチパッドまたは USB マウス)またはキーボードを使用します。
パスワードの使用
パスワードとは、お使いのコンピューターの情報を保護するために選択する文字列です。情報へのア
クセスの制御方法に応じてさまざまな種類のパスワードを選択できます。パスワードは Windows で
設定するか、コンピューターにプリインストールされた、Windows が起動する前に機能する
[Computer Setup]ユーティリティで設定できます。
●
BIOS 管理者は[Computer Setup]で設定され、システム BIOS によって管理されます。
●
Windows パスワードは、Windows オペレーティング システムでのみ設定されます。
[Computer Setup]の機能と Windows のセキュリティ機能には、同じパスワードを使用できます。ま
た、複数の[Computer Setup]機能に同じパスワードを使用することもできます。
54
第 9 章
セキュリティ
パスワードを作成したり保存したりするときは、以下のヒントを参考にしてください。
●
パスワードを作成するときは、プログラムの要件に従ってください。
●
同じパスワードを複数のアプリケーションや Web サイトに使用しないでください。また、
Windows パスワードを他のアプリケーションや Web サイトに再利用しないでください。
●
パスワードをコンピューター上のファイルに保存しないでください。
以下の表で、一般に使用される Windows パスワードおよび BIOS administrator password を示し、
それぞれの機能について説明します。
Windows でのパスワードの設定
パスワード
機能
管理者パスワード*
Windows の管理者レベルのアカウントへのアクセスを保護します
注記: Windows の管理者パスワードを設定しても、BIOS administrator
password パスワードは設定されません
ユーザー パスワード*
Windows ユーザー アカウントへのアクセスを保護します
* Windows の管理者パスワードおよび Windows のユーザー パスワードの設定については、Windows のヘルプを参照してく
ださい。
[Computer Setup]でのパスワードの設定
パスワード
機能
BIOS administrator password(BIOS 管理者パ
スワード)*
[Computer Setup]へのアクセスを保護します
注記: BIOS administrator password の削除を防ぐ機能が有効になって
いる場合、その機能が無効にされるまでは削除できないことがあります
* このパスワードについて詳しくは、以下の項目を参照してください。
BIOS administrator password(BIOS 管理者パスワード)の管理
パスワードを設定、変更、および削除するには、以下の操作を行います。
新しい BIOS administrator password の設定
1.
コンピューターを起動または再起動し、画面の左下隅に[Press the ESC key for Startup Menu]
というメッセージが表示されている間に esc キーを押します。
2.
f10 キーを押して、[Computer Setup]を起動します。
3.
ポインティング デバイスまたは矢印キーを使用して[Security](セキュリティ)→[Setup BIOS
Administrator Password](BIOS 管理者パスワードの設定)の順に選択し、enter キーを押し
ます。
4.
メッセージが表示されたら、パスワードを入力します。
パスワードの使用
55
5.
メッセージが表示されたら、確認のために新しいパスワードを再度入力します。
6.
変更を保存してから[Computer Setup]を終了するには、[Save](保存)アイコンをクリックし、
画面の説明に沿って操作します。
または
矢印キーを使用して[File](ファイル)→[Save Changes and Exit](変更を保存して終了)
の順に選択し、enter キーを押します。
変更した内容は、次回コンピューターを起動したときに有効になります。
BIOS administrator password の変更
1.
コンピューターを起動または再起動し、画面の左下隅に[Press the ESC key for Startup Menu]
というメッセージが表示されている間に esc キーを押します。
2.
f10 キーを押して、[Computer Setup]を起動します。
3.
ポインティング デバイスまたは矢印キーを使用して[Security](セキュリティ)→[Change
Password](パスワードの変更)の順に選択し、enter キーを押します。
4.
メッセージが表示されたら、現在のパスワードを入力します。
5.
メッセージが表示されたら、確認のために新しいパスワードを再度入力します。
6.
変更を保存して[Computer Setup]を終了するには、画面の左下隅にある[Save](保存)アイコ
ンをクリックしてから画面に表示される説明に沿って操作します。
または
矢印キーを使用して[File](ファイル)→[Save Changes and Exit](変更を保存して終了)
の順に選択し、enter キーを押します。
変更した内容は、次回コンピューターを起動したときに有効になります。
BIOS administrator password の削除
1.
コンピューターを起動または再起動し、画面の左下隅に[Press the ESC key for Startup Menu]
というメッセージが表示されている間に esc キーを押します。
2.
f10 キーを押して、[Computer Setup]を起動します。
3.
ポインティング デバイスまたは矢印キーを使用して[Security](セキュリティ)→[Change
Password](パスワードの変更)の順に選択し、enter キーを押します。
4.
メッセージが表示されたら、現在のパスワードを入力します。
5.
新しいパスワードを入力するように要求されたら、フィールドを空欄のままにして enter キーを
押します。
6.
警告メッセージが表示されます。操作を続ける場合は、[Yes](はい)を選択します。
7.
再度、新しいパスワードを入力するように要求されたら、フィールドを空欄のままにして、enter
キーを押します。
8.
変更を保存して[Computer Setup]を終了するには、画面の左下隅にある[Save](保存)アイコ
ンをクリックしてから画面に表示される説明に沿って操作します。
または
矢印キーを使用して[File](ファイル)→[Save Changes and Exit](変更を保存して終了)
の順に選択し、enter キーを押します。
56
第 9 章
セキュリティ
変更した内容は、次回コンピューターを起動したときに有効になります。
BIOS administrator password(BIOS 管理者パスワード)の入力
[BIOS administrator password]の入力画面で自分のパスワードを入力し(パスワード設定と同じ
キーを使用)
、enter キーを押します。3 回続けて間違えて入力した場合は、コンピューターを再起動
して入力しなおす必要があります。
別売のセキュリティ ロック ケーブルの接続
注記: セキュリティ ロック ケーブルに抑止効果はありますが、コンピューターの誤った取り扱い
や盗難を完全に防ぐものではありません。
注記: お使いのコンピューターのセキュリティ ロック ケーブル用スロットは、ここに記載されて
いる図と多少異なる場合があります。お使いのコンピューターのセキュリティ ロック ケーブル用
スロットの位置については、3 ページの「コンピューターの概要」を参照してください。
1.
固定された物体にセキュリティ ロック ケーブルを巻きつけます。
2.
鍵(1)をケーブル ロック(2)に差し込みます。
3.
セキュリティ ロック ケーブルをコンピューターのセキュリティ ロック ケーブル用スロット
(3)に差し込み、鍵をかけます。
別売のセキュリティ ロック ケーブルの接続
57
10 メンテナンス
メモリ モジュールの追加または交換
お使いのコンピューターには、2 つのメモリ モジュール スロットが装備されています。コンピュー
ターのメモリ容量を増やすには、メモリ モジュールを追加するか、またはメモリ モジュール スロッ
トのどちらかに装着されている既存のメモリ モジュールを交換します。
警告! 感電や装置の損傷を防ぐため、電源コードとすべてのバッテリを取り外してからメモリ モ
ジュールを取り付けてください。
注意: 静電気(ESD)によって電子部品が損傷することがあります。作業を始める前にアースされ
た金属面に触るなどして、身体にたまった静電気を放電してください。
注意: 情報の損失やシステムの応答停止を防ぐため、以下の点に注意してください。
メモリ モジュールを追加または交換する前に、コンピューターをシャットダウンしてください。コ
ンピューターの電源が入っているときや、スリープまたはハイバネーション状態のときには、メモリ
モジュールを取り外さないでください。
コンピューターの電源が切れているかわからない場合は、電源ボタンを押してコンピューターの電源
を入れます。次にオペレーティング システムの通常の手順でシャットダウンします。
注記: 2 つ目のメモリ モジュールを追加してデュアル チャネル構成を使用する場合は、2 つのメ
モリ モジュールを必ず同一のものにしてください。
注記: メイン メモリは下側のメモリ スロット、拡張メモリは上側のメモリ スロットに装着され
ています。
メモリ モジュールを追加または交換するには、以下の操作を行います。
1.
作業中のデータを保存してコンピューターをシャットダウンします。
2.
コンピューターに接続されている外部電源および外付けデバイスを取り外します。
3.
バッテリを取り外します(35 ページの「バッテリの着脱」を参照してください)
。
4.
底面カバーを取り外します(46 ページの「底面カバーの取り外しまたは取り付けなおし」を参
照してください)
。
5.
メモリ モジュールを交換する場合は、以下の要領で装着されているメモリ モジュールを取り外
します。
a.
メモリ モジュールの両側にある留め具を左右に引っ張ります(1)
。
メモリ モジュールが少し上に出てきます。
58
第 10 章
メンテナンス
b.
メモリ モジュールの左右の端の部分を持って、そのままゆっくりと斜め上にメモリ モ
ジュールを引き抜いて(2)取り外します。
注意: メモリ モジュールの損傷を防ぐため、メモリ モジュールを扱うときは必ず左右の
端を持ってください。メモリ モジュールの端子部分には触らないでください。
取り外したメモリ モジュールは、静電気の影響を受けない容器に保管しておきます。
6.
以下の要領で、新しいメモリ モジュールを取り付けます。
注意: メモリ モジュールの損傷を防ぐため、メモリ モジュールを扱うときは必ず左右の端を
持ってください。メモリ モジュールの端子部分には触らないでください。
a.
メモリ モジュールの切り込み(1)とメモリ モジュール スロットのタブを合わせます。
b.
しっかりと所定の位置に収まるまでメモリ モジュールを 45°の角度でスロットに押し込み
ます(2)
。
メモリ モジュールの追加または交換
59
c.
カチッと音がして留め具がメモリ モジュールを固定するまで、メモリ モジュールの左右の
端をゆっくりと押し下げます(3)
。
注意: メモリ モジュールの損傷を防ぐため、メモリ モジュールを折り曲げないでくださ
い。
7.
底面カバーを取り付けなおします(46 ページの「底面カバーの取り外しまたは取り付けなおし」
を参照してください)。
8.
バッテリを装着します(35 ページの「バッテリの着脱」を参照してください)。
9.
外部電源および外付けデバイスをコンピューターに接続します。
10. コンピューターの電源を入れます。
60
第 10 章
メンテナンス
コンピューターの清掃
お使いのコンピューターを安全に清掃するには、以下の製品を使用します。
●
濃度が 0.3%までのジメチル ベンジル塩化アンモニウム (使い捨てシートはさまざまな商品名
で販売されています)
●
ノンアルコールのガラス用クリーナー
●
低刺激性の液体石けん
●
乾いたマイクロファイバーのクリーニング クロスまたはセーム皮(油分を含まない、静電気防
止布)
●
静電気防止クリーニング シート
注意: コンピューターに修復できない傷が付いてしまう可能性があるため、強力なクリーニング溶
剤は使用しないでください。クリーニング製品がコンピューターに対して安全かどうかわからない
場合は、製品にアルコール、アセトン、塩化アンモニウム、塩化メチレン、炭化水素などが含まれて
いないかどうか確認します。
ペーパー タオルなどの繊維素材を使用すると、コンピューターに傷が付く可能性があります。時間
がたつにつれて、ほこりの粒子や洗浄剤がその傷の中に入り込んでしまう場合があります。
清掃手順
お使いのコンピューターを安全に清掃するため、このセクションの手順に沿って作業をしてくださ
い。
警告! 感電やコンポーネントの損傷を防ぐため、電源が入っているときにコンピューターを清掃し
ないでください。
1. コンピューターの電源を切ります。
2. 外部電源を取り外します。
3. 電源が供給されていたすべての外付けデバイスを取り外します。
注意: 内部コンポーネントへの損傷を防ぐため、コンピューターに洗浄剤や液体を直接吹きかけな
いでください。表面から流れ落ちた液体によって、内部のコンポーネントに回復できない損傷を与え
る可能性があります。
ディスプレイの清掃(一体型またはノート PC)
ディスプレイは、ノンアルコールのガラス用洗剤で湿らせた柔らかい布でやさしく拭いてください。
ディスプレイを閉じる前に、ディスプレイが乾いていることを確認してください。
側面またはカバーの清掃
側面またはカバーを清掃するには、上記のどれかの洗浄液で湿らせた、柔らかいマイクロファイバー
のクロスまたはセーム皮を使用するか、条件に合った使い捨てシートを使用してください。
注記: コンピューターのカバーを清掃する場合は、ごみやほこりを除去するため、円を描くように
拭いてください。
コンピューターの清掃
61
タッチパッド、キーボード、およびマウスの清掃
警告! 感電や内部コンポーネントの損傷を防ぐため、掃除機のアタッチメントを使用してキーボー
ドを清掃しないでください。キーボードの表面に、掃除機からのごみくずが落ちてくることがありま
す。
注意: 内部のコンポーネントへの損傷を防ぐため、キーとキーの間にクリーナーなどの液体が垂れ
ないようにしてください。
●
タッチパッド、キーボード、またはマウスを清掃するには、上記のどれかの洗浄液で湿らせた、
柔らかいマイクロファイバーのクロスまたはセーム皮を使用するか、条件に合った使い捨てシー
トを使用してください。
●
キーが固まらないようにするため、また、キーボードからごみや糸くず、細かいほこりを取り除
くには、圧縮空気が入ったストロー付きの缶を使用してください。
プログラムおよびドライバーの更新
プログラムおよびドライバーを定期的に最新バージョンへ更新することをおすすめします。更新に
よって問題が解決し、コンピューターで新しい機能やオプションを使用できるようになります。テク
ノロジーは常に変化しているため、プログラムやドライバーを更新するとお使いのコンピューターで
最新のテクノロジーを実行できます。最新のドライバーがないと、お手持ちの装置を最大限に活用で
きません。
HP プログラムおよびドライバーの最新バージョンをダウンロードするには、http://www.hp.com/
support/ にアクセスしてください。HP の Web サイトでは、アップデートが使用可能になったときに
自動的に通知を受け取るように登録することもできます。
62
第 10 章
メンテナンス
11 [Computer Setup](BIOS)
、マルチブー
ト、および[HP PC Hardware
Diagnostics](UEFI)
[Computer Setup]の使用
BIOS(Basic Input/Output System)とも呼ばれる[Computer Setup]は、システム上のすべての入出
力デバイス(ディスク ドライブ、ディスプレイ、キーボード、マウス、プリンターなど)間で行わ
れる通信を制御します。[Computer Setup]を使用すると、取り付けるデバイスの種類、コンピュー
ターの起動順序、およびシステム メモリと拡張メモリの容量を設定できます。
注記: [Computer Setup]で設定変更を行う場合は、細心の注意を払ってください。設定を誤ると、
コンピューターが正しく動作しなくなる可能性があります。
[Computer Setup]の開始
注記: [Computer Setup]では、USB レガシー サポート機能が有効な場合にのみ、USB ポートに接
続された外付けキーボードまたはマウスを使用できます。
[Computer Setup]を開始するには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターを起動または再起動し、画面の左下隅に[Press the ESC key for Startup Menu]
というメッセージが表示されている間に esc キーを押します。
2.
f10 キーを押して、[Computer Setup]を起動します。
[Computer Setup]での移動および選択
[Computer Setup]で移動および選択するには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターを起動または再起動し、画面の左下隅に[Press the ESC key for Startup Menu]
というメッセージが表示されている間に esc キーを押します。
注記: [Computer Setup]で項目間を移動したり項目を選択したりするには、ポインティング
デバイス(タッチパッドまたは USB マウス)またはキーボードを使用します。
2.
f10 キーを押して、[Computer Setup]を起動します。
●
メニューまたはメニュー項目を選択するには、ポインティング デバイスを使用して項目を
クリックするか、キーボードの tab キーや矢印キーを使用して項目を移動してから enter
キーを押します。
●
画面を上下にスクロールするには、ポインティング デバイスを使用して画面の右上隅にあ
る上向き矢印または下向き矢印をクリックするか、キーボードの上向き矢印キーまたは下向
き矢印キーを使用します。
●
開いているダイアログ ボックスを閉じて[Computer Setup]のメイン画面に戻るには、esc
キーを押し、画面の説明に沿って操作します。
[Computer Setup]の使用
63
[Computer Setup]のメニューを終了するには、以下のどれかの方法を選択します。
●
変更を保存しないで[Computer Setup]メニューを終了するには、以下の操作を行います。
画面の右下隅にある[Exit](終了)アイコンをクリックし、画面に表示される説明に沿って操作
します。
または
tab キーおよび矢印キーを使用して[Main](メイン)→[Ignore Changes and Exit](変更を
無視して終了)の順に選択し、enter キーを押します。
●
変更を保存して[Computer Setup]メニューを終了するには、以下の操作を行います。
画面の右下隅にある[Save](保存)アイコンをクリックし、画面に表示される説明に沿って操
作します。
または
tab キーおよび矢印キーを使用して[Main]→[Save Changes and Exit](変更を保存して終了)
の順に選択し、enter キーを押します。
変更した内容は、次回コンピューターを起動したときに有効になります。
[Computer Setup]の工場出荷時設定の復元
注記: 初期設定を復元しても、ハードドライブのモードには影響ありません。
[Computer Setup]のすべての設定を工場出荷時の設定に戻すには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターを起動または再起動し、画面の左下隅に[Press the ESC key for Startup Menu]
というメッセージが表示されている間に esc キーを押します。
2.
f10 キーを押して、[Computer Setup]を起動します。
3.
ポインティング デバイスまたは矢印キーを使用して[Main](メイン)→ [Restore Defaults]
(初期設定に設定)の順に選択します。
4.
画面に表示される説明に沿って操作します。
5.
変更を保存して終了するには、画面の右下隅にある[Save](保存)アイコンをクリックし、画
面に表示される説明に沿って操作します。
または
矢印キーを使用して[Main]→ [Save Changes and Exit](変更を保存して終了)の順に選択
し、enter キーを押します。
変更した内容は、次回コンピューターを起動したときに有効になります。
注記: 上記の手順で工場出荷時の設定を復元しても、パスワードおよびセキュリティの設定は変更
されません。
BIOS の更新
HP の Web サイトから、更新されたバージョンの BIOS(BIOS アップデート)を入手できる場合が
あります。
HP の Web サイトでは、多くの BIOS アップデートが「SoftPaq」という圧縮ファイル形式で提供さ
れています。
64
第 11 章
(UEFI)
[Computer Setup](BIOS)
、マルチブート、および[HP PC Hardware Diagnostics]
一部のダウンロード パッケージには、このファイルのインストールやトラブルシューティングに関
する情報が記載された Readme.txt ファイルが含まれます。
BIOS のバージョンの確認
利用可能な BIOS アップデートの中に、現在コンピューターにインストールされている BIOS よりも
新しいバージョンの BIOS があるかどうかを調べるには、現在インストールされているシステム
BIOS のバージョンを確認する必要があります。
BIOS のバージョン情報(ROM の日付またはシステム BIOS とも呼ばれます)を表示するには、fn +
esc キーを押す(Windows を起動している場合)か、または[Computer Setup]を使用します。
1.
[Computer Setup]を開始します。
2.
ポインティング デバイスまたは矢印キーを使用して[Main](メイン)→[System Information]
(システム情報)の順に選択します。
3.
変更を保存しないで[Computer Setup]を終了するには、画面の右下隅にある[Exit](終了)アイ
コンをクリックし、画面に表示される説明に沿って操作します。
または
tab キーおよび矢印キーを使用して[Main]→[Ignore Changes and Exit](変更を無視して終
了)の順に選択し、enter キーを押します。
BIOS アップデートのダウンロード
注意: コンピューターの損傷やインストールの失敗を防ぐため、BIOS アップデートのダウンロー
ドおよびインストールを実行するときは必ず、AC アダプターを使用した信頼性の高い外部電源にコ
ンピューターを接続してください。コンピューターがバッテリ電源で動作しているとき、別売のドッ
キング デバイスに接続されているとき、または別売の電源に接続されているときは、BIOS アップ
デートをダウンロードまたはインストールしないでください。ダウンロードおよびインストール時
は、以下の点に注意してください。
電源コンセントからコンピューターの電源コードを抜いて外部からの電源供給を遮断しないでくだ
さい。
コンピューターをシャットダウンしたり、スリープやハイバネーションを開始したりしないでくださ
い。
コンピューター、ケーブル、またはコードの挿入、取り外し、接続、または切断を行わないでくださ
い。
1.
HP のサポート Web サイト、http://www.hp.com/jp/support/ にアクセスして[ドライバー&ダウン
ロード]を選択し、お使いの製品の製品名または製品番号を入力して検索します。
2.
オペレーティング システムおよび言語を選択し、[BIOS]をクリックします。
3.
ダウンロードのページで、以下の操作を行います。
a.
最新の BIOS 更新プログラムを確認し、お使いのコンピューターに現在インストールされて
いる BIOS のバージョンと比較します。日付や名前、またはその他の、ファイルを識別する
ための情報をメモしておきます。後で、ハードドライブにダウンロードしたアップデートを
探すときにこの情報が必要になる場合があります。
b.
画面の説明に沿って操作し、選択したバージョンをハードドライブにダウンロードします。
その更新プログラムがお使いの BIOS よりも新しい場合は、BIOS 更新プログラムをダウン
ロードする場所へのパスのメモを取っておきます。このパスは、アップデートをインストー
ルするときに必要です。
[Computer Setup]の使用
65
注記: コンピューターをネットワークに接続している場合は、ソフトウェア アップデート(特
にシステム BIOS アップデート)のインストールは、ネットワーク管理者に確認してから実行し
てください。
ダウンロードした BIOS によってインストール手順が異なります。ダウンロードが完了した後、画面
に表示される説明に沿って操作します。説明が表示されない場合は、以下の操作を行います。
1.
[スタート]→[コンピューター]の順に選択します。
2.
ハードドライブをクリックします。通常は、[ローカル ディスク(C:)]を指定します。
3.
BIOS ソフトウェアをダウンロードしたときのメモを参照するなどして、ハードドライブ上の
アップデート ファイルが保存されているフォルダーを開きます。
4.
拡張子が.exe であるファイル(filename.exe など)をダブルクリックします。
BIOS のインストールが開始されます。
5.
画面の説明に沿って操作し、インストールを完了します。
注記: インストールが成功したことを示すメッセージが画面に表示されたら、ダウンロードした
ファイルをハードドライブから削除できます。
マルチブートの使用
ブート デバイスの順序について
お使いのコンピューターを起動するとき、システムは有効なデバイスからブートします。マルチブー
ト ユーティリティ(初期設定の状態で有効に設定されています)を使用すると、コンピューターの
起動時にデバイスを選択する順序を制御できます。ブート デバイスには、オプティカル ドライブ、
フロッピーディスク ドライブ、ネットワーク インターフェイス カード(NIC)、ハードドライブ、
USB ドライブなどを含めることができます。ブート デバイスには、コンピューターの起動や適切な
動作に必要となる、ブート可能なメディアやファイルが含まれます。
注記: 一部のブート デバイスは、ブート順序に含める前に[Computer Setup]で有効に設定してお
く必要があります。
[Computer Setup]でブート順序を変更すれば、ブート デバイスの検索順序を変更できます。画面の
下に[Press the ESC key for Startup Menu]というメッセージが表示されている間に esc キーを押
してから、f9 キーを押して変更することもできます。f9 キーを押すと、現在のブート デバイスを示
すメニューが表示され、ブート デバイスの選択が可能になります。または、MultiBoot Express を使
用すれば、コンピューターを起動または再起動するたびにブートの場所を確認する画面が表示される
ように設定することもできます。
マルチブート設定の選択
マルチブートを使用すると、以下のことが可能になります。
66
●
[Computer Setup]でブート順序を変更することで、コンピューターを起動するたびに使用される
ブート順序を新しく設定します。
●
ブート デバイスを動的に選択するには、画面の下に[Press the ESC key for Startup Menu]と
いうメッセージが表示されている間に esc キーを押し、次に f9 キーを押して、ブート デバイス
のオプション メニューに入ります。
●
MultiBoot Express を使用して可変ブート順序を設定します。この機能によって、コンピュー
ターの起動または再起動のたびにブート デバイスの確認メッセージが表示されます。
第 11 章
(UEFI)
[Computer Setup](BIOS)
、マルチブート、および[HP PC Hardware Diagnostics]
[Computer Setup]での新しいブート順序の設定
[Computer Setup]を開始し、コンピューターを起動または再起動するたびに、使用されるブート デ
バイスの順序を設定するには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターを起動または再起動し、画面の左下隅に[Press the ESC key for Startup Menu]
というメッセージが表示されている間に esc キーを押します。
2.
f10 キーを押して、[Computer Setup]を起動します。
3.
ポインティング デバイスまたは矢印キーを使用して、UEFI ハイブリッド ブート モードまたは
UEFI ネイティブ ブート モードの場合は[Advanced](詳細設定)→[Boot Options](ブート
オプション)→[UEFI Boot Order](UEFI ブート順序)の順に選択し、レガシー ブート モー
ドの場合は[Advanced]→[Boot Options]→[Legacy Boot Order](レガシー ブート順序)
の順に選択して、enter キーを押します。
4.
デバイスのブート順序を上げるには、ポインティング デバイスを使用して上向き矢印をクリッ
クするか、+キーを押します。
または
デバイスのブート順序を下げるには、ポインティング デバイスを使用して下向き矢印をクリッ
クするか、-キーを押します。
5.
変更を保存して[Computer Setup]を終了するには、画面の左下隅にある[Save](保存)アイコ
ンをクリックしてから画面に表示される説明に沿って操作します。
または
矢印キーを使用して[Main](メイン)→[Save Changes and Exit](変更を保存して終了)の
順に選択し、enter キーを押します。
[f9]キーの画面を使用したブート デバイスの動的な選択
現在の起動でブート デバイスを動的に選択するには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターの電源を入れるか再起動し、画面の下に[Press the ESC key for Startup Menu]
メッセージが表示されている間に esc キーを押して、[Select Boot Device](ブート デバイスの
選択)メニューを開きます。
2.
f9 キーを押します。
3.
ポインティング デバイスまたは矢印キーを使用してブート デバイスを選択し、enter キーを押
します。
MultiBoot Express プロンプトの設定
[Computer Setup]を開始し、コンピューターを起動または再起動するたびにマルチブートの起動場所
を指定するメニューが表示されるように設定するには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターを起動または再起動し、画面の左下隅に[Press the ESC key for Startup Menu]
というメッセージが表示されている間に esc キーを押します。
2.
f10 キーを押して、[Computer Setup]を起動します。
3.
ポインティング デバイスまたは矢印キーを使用して[Advanced](詳細設定)→[Boot
Options](ブート オプション)→[MultiBoot Express Boot Popup Delay (Sec)](マルチ
ブート高速ブート ポップアップの遅延(秒))の順に選択し、enter キーを押します。
マルチブートの使用
67
4.
[MultiBoot Express Popup Delay (Sec)](Multiboot Express ポップアップの遅延(秒))
フィールドで、現在のマルチブート設定が使用される前に起動場所メニューが表示される時間を
秒単位で入力します (0 を選択すると、Express Boot 起動場所メニューは表示されません)
。
5.
変更を保存して[Computer Setup]を終了するには、画面の左下隅にある[Save](保存)アイコ
ンをクリックしてから画面に表示される説明に沿って操作します。
または
矢印キーを使用して[Main](メイン)→[Save Changes and Exit](変更を保存して終了)の
順に選択し、enter キーを押します。
変更した内容は、次回コンピューターを起動したときに有効になります。
MultiBoot Express 設定の入力
起動時に[Express Boot](高速ブート)メニューが表示された場合は、以下の操作を行います。
●
[Express Boot]メニューからブート デバイスを指定するには、割り当て時間内に目的のデバイス
を選択し、enter キーを押します。
●
現在のマルチブート設定が使用されないようにするには、割り当て時間が終わる前に、enter キー
以外の任意のキーを押します。ブート デバイスを選択して enter キーを押すまで、コンピュー
ターは起動しません。
●
現在のマルチブート設定を使用してコンピューターを起動するには、割り当て時間が終わるまで
何も操作を行わずに待ちます。
[HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)
(一部のモデルの
み)の使用
[HP PC Hardware Diagnostics]は UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)であり、診断テス
トを実行して、コンピューターのハードウェアが正常に動作しているかどうかを確認できます。この
ツールはオペレーティング システムの外で実行され、オペレーティング システムまたはその他のソ
フトウェア コンポーネントが原因で発生する可能性のある問題からハードウェア障害を分離しま
す。
[HP PC Hardware Diagnostics] UEFI を起動するには、以下の操作を行います。
1.
コンピューターの電源を入れるかコンピューターを再起動し、すばやく esc キーを押してから f2
キーを押します。
f2 キーを押すと、BIOS は、以下の順序で 3 か所の[HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)ツー
ルを検索します。
a.
接続されている USB ドライブ
注記: [HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)ツールを USB ドライブにダウンロード
する場合は、69 ページの「USB デバイスへの[HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)
のダウンロード 」を参照してください。
2.
b.
ハードドライブ
c.
BIOS
実行する診断テストの種類をクリックし、画面に表示される説明に沿って操作します。
注記:
68
第 11 章
(UEFI)
診断テストの実行中にテストを停止する必要がある場合は、esc キーを押します。
[Computer Setup](BIOS)
、マルチブート、および[HP PC Hardware Diagnostics]
USB デバイスへの[HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)のダウンロード
注記: [HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)のダウンロードの説明は、英語でのみ提供されます。
1.
http://www.hp.com/jp/ にアクセスします。
2.
[Support & Drivers]をクリックし、[Drivers & Software]タブをクリックします。
3.
テキストボックスに製品名を入力し、[Search]をクリックします。
4.
お使いのコンピューターの製品名を選択し、お使いのオペレーティング システムを選択します。
5.
[Diagnostic]セクションで、[HP UEFI Support Environment]をクリックします。
または
[Download]をクリックし、[Run]を選択します。
[HP PC Hardware Diagnostics](UEFI)
(一部のモデルのみ)の使用
69
12 サポート
HP のサポート窓口へのお問い合わせ
このユーザー ガイドで提供されている情報で問題に対処できない場合は、HP のサポート窓口にお問
い合わせください。日本でのサポートについては、http://www.hp.com/jp/contact/ を参照してくださ
い。日本以外の国や地域でのサポートについては、http://welcome.hp.com/country/us/en/
wwcontact_us.html(英語サイト)から該当する国や地域、または言語を選択してください。
ここでは、以下のことを行うことができます。
●
HP のサービス担当者とオンラインでチャットする。
注記: 特定の言語でサポート窓口とのチャットを利用できない場合は、英語でご利用ください。
70
●
サポート窓口に電子メールで問い合わせる。
●
サポート窓口の電話番号を調べる。
●
HP のサービス センターを探す。
第 12 章
サポート
ラベル
コンピューターに貼付されているラベルには、システムの問題を解決するために問い合わせたり、コ
ンピューターを日本国外で使用したりするときに必要な基本情報が記載されています。
重要: このセクションで説明するすべてのラベルは、お使いのコンピューターのモデルによってコ
ンピューターの裏面、バッテリ ベイ内、または底面カバーの裏のどこかに貼付されています。
これらの場所を確認する方法については、3 ページの「コンピューターの概要」を参照してくださ
い。
●
サービス ラベル:お使いのコンピューターを識別するための重要な情報が記載されています。
HP のサポート窓口にお問い合わせになるときに、シリアル番号や、製品番号またはモデル番号
を尋ねられることがあります。お問い合わせになる前に、これらの番号を確認しておいてくださ
い。
注記: サービス ラベルの外観は、以下の例のどちらかのようになります。お使いのコンピュー
ターのサービス ラベルに近い図を参照してください。
名称
名称
(1)
製品名
(4)
保証期間
(2)
シリアル番号
(5)
モデル番号(一部のモデルのみ)
(3)
製品番号
名称
名称
(1)
保証期間
(3)
シリアル番号
(2)
モデル番号(一部のモデルのみ)
(4)
製品番号
●
規定ラベル:コンピューターの規定に関する情報が記載されています。
●
無線認定/認証ラベル:オプションの無線デバイスに関する情報と、認定各国または各地域の一
部の認定マークが記載されています。
ラベル
71
13 仕様
●
入力電源
●
動作環境
入力電源
ここで説明する電源の情報は、お使いのコンピューターを国外で使用する場合に役立ちます。
コンピューターは、AC 電源または DC 電源から供給される DC 電力で動作します。AC 電源は 100~
240 V(50/60 Hz)の定格に適合している必要があります。コンピューターは単独の DC 電源で動作
しますが、コンピューターの電力供給には、このコンピューター用に HP から提供および認可されて
いる AC アダプターまたは DC 電源のみを使用する必要があります。
お使いのコンピューターは、以下の仕様の DC 電力で動作できます。
入力電源
定格
動作電圧および電流
19.5 V DC(3.33 A、65 W の場合)
注記: この製品は、最低充電量 240 V rms 以下の相対電圧によるノルウェーの IT 電源システム用
に設計されています。
注記: コンピューターの動作電圧および動作電流は、システムの規定ラベルに記載されています。
動作環境
項目
国際単位系
温度
動作時(オプティカル ディスク書き込み中)
5~35°C
非動作時
-20~60°C
相対湿度(結露しないこと)
動作時
10~90%
非動作時
5~95%
最大標高(非与圧)
72
第 13 章
動作時
-15~3,048 m
非動作時
-15~12,192 m
仕様
A
コンピューターの持ち運びまたは送付
コンピューターを持ち運んだり発送したりする必要がある場合は、装置を安全に保持するために以下
の点を参考にしてください。
●
お使いのコンピューターを持ち運んだり荷物として送ったりする場合は、以下の手順で準備を行
います。
◦
外付けドライブに情報をバックアップします。
◦
すべてのディスク、およびすべての外付けメモリ(デジタル ストレージ カードなど)をコ
ンピューターから取り外します。
◦
すべての外付けデバイスを、電源を切ってから取り外します。
◦
コンピューターをシャットダウンします。
●
情報のバックアップを携帯します。バックアップはコンピューターとは別に保管します。
●
飛行機に乗る場合などは、コンピューターを手荷物として持ち運び、他の荷物と一緒に預けない
でください。
注意: ドライブを磁気に近づけないようにしてください。磁気を発するセキュリティ装置に
は、空港の金属探知器や金属探知棒が含まれます。空港のベルト コンベアなど機内持ち込み手
荷物をチェックするセキュリティ装置は、磁気ではなく X 線を使用してチェックを行うので、ド
ライブには影響しません。
●
機内でコンピューターを使用する場合は、機内のアナウンスを聞いて、コンピューターの使用が
許可されている時間を確認してください。機内でのコンピューターの使用を許可するかどうか
は航空会社の判断に委ねられます。
●
コンピューターまたはドライブを荷物として送る場合は、緩衝材で適切に梱包し、梱包箱の表面
に「コワレモノ―取り扱い注意」と明記してください。
コンピューターに無線デバイスが搭載されている場合、これらのデバイスの使用が制限される状
況になる場合があります。たとえば、航空機内、病院内、爆発物付近、および危険区域内です。
特定の機器の使用に適用される規定が不明な場合は、コンピューターの電源を入れる前に、使用
可能かどうかを確認して許可を得てください。
●
コンピューターを持って国外に移動する場合は、以下のことを行ってください。
◦
行き先の国または地域のコンピューターに関する通関手続きを確認してください。
◦
滞在する国または地域に適応した電源コードを、滞在する国または地域の HP 製品販売店で
購入してください。電圧、周波数、およびプラグの構成は地域によって異なります。
警告! 感電、火災、および装置の損傷などを防ぐため、コンピューターを外部電源に接続
するときに、家電製品用に販売されている電圧コンバーターは使用しないでください。
73
B
トラブルシューティング
この付録では、以下の項目について説明します。
●
トラブルシューティング情報:HP のサポート窓口へのお問い合わせについて説明します。
●
問題の解決方法:一般的な問題と解決方法について説明します。
トラブルシューティング情報
HP のサポート窓口にお問い合わせください。日本でのサポートについては、http://www.hp.com/jp/
contact/ を参照してください。日本以外の国や地域でのサポートについては、http://welcome.hp.com/
country/us/en/wwcontact_us.html(英語サイト)から該当する国や地域、または言語を選択してくだ
さい。
以下の種類のサポートから選択します。
●
HP のサービス担当者とオンラインでチャットする
注記:
74
特定の言語でチャットを利用できない場合は、英語でご利用ください。
●
サポート窓口に電子メールで問い合わせる
●
各国のサポート窓口の電話番号を調べる
●
HP のサービス センターを探す
付録 B
トラブルシューティング
問題の解決方法
ここでは、一般的な問題と解決方法について説明します。
コンピューターが起動しない場合
電源ボタンを押してもコンピューターの電源が入らない場合は、コンピューターが起動しない原因の
解明に以下の情報が役立つ場合があります。
●
コンピューターが電源コンセントに接続されている場合は、別の電化製品をそのコンセントに接
続してみるなどして、そのコンセントから電力が正しく供給されていることを確認します。
注記: このコンピューターでは、コンピューターに付属していた AC アダプターまたはこのコ
ンピューターでの使用が HP から許可されている AC アダプターのみを使用してください。
●
コンピューターが電源コンセント以外の外部電源に接続されている場合、AC アダプターを使用
してコンピューターを電源コンセントに接続します。電源コードおよび AC アダプターが確実
に接続されていることを確認します。
コンピューターの画面に何も表示されない場合
コンピューターの電源が入っているにもかかわらず画面に何も表示されない場合は、以下の原因が考
えられます。
●
コンピューターがスリープ状態になっている可能性がある。スリープを終了するには、電源ボタ
ンを短く押します。スリープは、ディスプレイの電源を切る省電力機能です。スリープは、コン
ピューターの電源が入っていても使用されていない場合、またはコンピューターがロー バッテ
リ状態になった場合に、システムによって開始されます。これらの電源設定およびその他の電源
設定を変更するには、Windows デスクトップで、タスクバーの右端の通知領域にあるバッテリ
アイコンを右クリックし、[設定]をクリックします。
●
コンピューター本体のディスプレイに画像が表示される設定になっていない。コンピューター
本体のディスプレイに画面表示を切り替えるには、fn + f4 キーを押します。ほとんどのモデル
で、モニターなどの別売の外付けディスプレイがコンピューターに接続されている場合は、コン
ピューター本体の画面か外付けディスプレイ、または両方のデバイスに同時に画像を表示できま
す。fn + f4 キーを繰り返し押すと、コンピューター本体のディスプレイ、1 台以上の外付けディ
スプレイ、およびコンピューターと外付けディスプレイへの同時表示のどれかに表示が切り替わ
ります。
ソフトウェアが正常に動作しない場合
ソフトウェアが応答しない場合または応答が異常な場合は、[スタート]→[シャットダウン]→[再起
動]の順に選択して、コンピューターを再起動します。この手順でコンピューターが再起動しない場
合は、75 ページの「コンピューターが起動しているが、応答しない場合」を参照してください。
コンピューターが起動しているが、応答しない場合
コンピューターの電源を入れてもソフトウェアやキーボード コマンドに応答しない場合は、シャッ
トダウンが行われるまで、以下の緊急シャットダウン手順を記載されている順に試みてください。
注意: 緊急シャットダウンの手順を実行すると、保存されていない情報は失われます。
●
電源ボタンを 5 秒程度押し続けます。
●
コンピューターを外部電源から切断し、バッテリを取り外します。
問題の解決方法
75
コンピューターが異常に熱くなっている場合
通常でも、コンピューターの使用中には熱が発生します。コンピューターが異常に熱い場合は、通気
孔がふさがれていることが原因で過熱している可能性があります。
過熱の可能性が疑われる場合は、コンピューターの使用を中止してコンピューターの温度を室温まで
下げ、コンピューターの使用中は通気孔を障害物でふさがないようにしてください。
警告! 低温やけどをするおそれがありますので、ひざなどの体の上にコンピューターを置いて使用
したり、肌に直接コンピューターが触れている状態で長時間使用したりしないでください。肌が敏感
な方は特にご注意ください。また、コンピューターが過熱状態になるおそれがありますので、コン
ピューターの通気孔をふさいだりしないでください。コンピューターが過熱状態になると、やけどや
コンピューターの損傷の原因になる可能性があります。コンピューターは、硬く水平なところに設置
してください。通気を妨げるおそれがありますので、隣にプリンターなどの表面の硬いものを設置し
たり、枕や毛布、または衣類などの表面が柔らかいものを敷いたりしないでください。また、AC ア
ダプターを肌に触れる位置に置いたり、枕や毛布、または衣類などの表面が柔らかいものの上に置い
たりしないでください。お使いのコンピューターおよび AC アダプターは、International Standard
for Safety of Information Technology Equipment(IEC 60950)で定められた、ユーザーが触れる表
面の温度に関する規格に適合しています。
注記: 内部コンポーネントを冷却して過熱を防ぐため、コンピューターのファンは自動的に作動し
ます。操作中に内部ファンが回転したり停止したりしますが、これは正常な動作です。
外付けデバイスが動作しない場合
外付けデバイスが目的どおりに動作しない場合は、以下のことを行ってください。
●
製造元の説明書等の手順に沿って、デバイスの電源を入れます。
●
デバイスを接続するケーブルがすべてしっかりと接続されていることを確認します。
●
デバイスに十分な電力が供給されていることを確認します。
●
デバイスがオペレーティング システムに対応していることを確認します(特に古いモデルの場
合)
。
●
適切なドライバーがインストールおよび更新されていることを確認します。
コンピューターを無線ネットワークに接続できない場合
コンピューターを無線ネットワークに正しく接続できない場合は、以下の作業を行います。
76
●
無線ネットワーク デバイスまたは有線ネットワーク デバイスの有効/無効を切り替えるには、
Windows デスクトップで、タスクバーの右端の通知領域にあるネットワーク接続アイコンを右
クリックします。デバイスを有効にするには、対応するメニュー オプションのチェックボック
スにチェックを入れます。デバイスを無効にするには、そのチェック ボックスのチェックを外
します。
●
無線デバイスがオンになっていることを確認します。
●
コンピューターの無線アンテナの周囲に障害物がないことを確認します。
●
ケーブル モデムまたは DSL モデムおよびその電源コードが正しく接続されていて、ランプが点
灯していることを確認します。
●
無線ルーターまたはアクセス ポイントを使用している場合は、電源アダプターおよびケーブル
や DSL モデムに正しく接続され、ランプが点灯していることを確認します。
●
すべてのケーブルをいったん取り外してから再び接続し、電源をいったん切ってから再び投入し
ます。
付録 B
トラブルシューティング
ディスクが再生できない場合
●
CD または DVD を再生する前に作業を保存し、開いているすべてのプログラムを閉じます。
●
CD または DVD を再生する前にインターネットをログオフします。
●
ディスクを正しく挿入していることを確認します。
●
ディスクが汚れていないことを確認します。必要に応じて、ろ過水や蒸留水で湿らせた柔らかい
布でディスクを清掃します。ディスクの中心から外側に向けて拭いてください。
●
ディスクに傷がついていないことを確認します。傷がある場合は、一般の電気店や CD ショップ
などで入手可能なオプティカル ディスクの修復キットで修復を試みることもできます。
●
ディスクを再生する前にスリープ モードを無効にします。
ディスクの再生中にスリープを開始しないでください。スリープを開始すると、続行するかどう
かを確認する警告メッセージが表示される場合があります。このメッセージが表示されたら、
[いいえ]をクリックします。[いいえ]をクリックすると以下のようになります。
◦
再生が再開します。
または
◦
マルチメディア プログラムの再生ウィンドウが閉じます。ディスクの再生に戻るには、マ
ルチメディア プログラムの[Play](再生)ボタンをクリックしてディスクを再起動します。
場合によっては、プログラムを終了してから再起動する必要が生じることもあります。
動画が外付けディスプレイに表示されない場合
1.
コンピューターのディスプレイと外付けディスプレイの両方の電源が入っている場合は、fn + f4
キーを 1 回以上押して、表示画面をどちらかに切り替えます。
2.
外付けディスプレイがメインになるようにモニターの設定を行います。
a.
コンピューターの Windows デスクトップの空いている場所を右クリックし、[画面の解像
度]を選択します。
b.
メイン ディスプレイとセカンダリ ディスプレイを指定します。
注記: 両方のディスプレイを使用する場合は、DVD の画像はセカンダリ ディスプレイとして
指定したディスプレイには表示されません。
ディスクへの書き込み処理が行われない、または完了する前に終了してしまう
場合
●
他のプログラムがすべて終了していることを確認します。
●
スリープ モードを無効にします。
●
お使いのドライブに適した種類のディスクを使用していることを確認します。
●
ディスクが正しく挿入されていることを確認します。
●
より低速の書き込み速度を選択し、再試行します。
●
ディスクをコピーしている場合は、コピー元のディスクのコンテンツを新しいディスクに書き込
む前に、その情報をハードドライブへコピーし、ハードドライブから書き込みます。
問題の解決方法
77
C
静電気対策
静電気の放電は、じゅうたんの上を歩いてから金属製のドアノブに触れたときなど、2 つのものが接
触したときに発生します。
人間の指など、導電体からの静電気の放電によって、システム ボードな どのデバイスが損傷した
り、耐用年数が短くなったりすることがあります。静電気に弱い部品を取り扱う前に、以下で説明す
る方法のどれかで身体にたまった静電気を放電してください。
●
取り外しまたは取り付けの手順で、コンピューターから電源コードを取り外すように指示されて
いる場合は、正しくアースしてから電源コードを取り外し、その後カバーを外すなどの作業を行
います。
●
部品は、コンピューターに取り付ける直前まで静電気防止用のケースに入れておきます。
●
ピン、リード線、および回路には触れないようにします。電子部品に触れる回数をなるべく少な
くします。
●
磁気を帯びていない道具を使用します。
●
部品を取り扱う前に、塗装されていない金属面に触れるなどして、静電気を放電します。
●
取り外した部品は、静電気防止用のケースに入れておきます。
静電気についての詳しい情報、または部品の取り外しや取り付けに関するサポートが必要な場合は、
HP のサポート窓口にお問い合わせください。
78
付録 C
静電気対策
索引
A
AC アダプター/バッテリ ランプ
7
R
RJ-45(ネットワーク)コネクタ、
位置 10
B
BIOS
アップデートのダウンロード
65
更新 64
バージョンの確認 65
BIOS administrator password
(BIOS 管理者パスワード) 55
S
SIM
装着 19
取り出し 19
C
Caps Lock ランプ、位置 4
Computer Setup
BIOS administrator password
(BIOS 管理者パスワード)
55
移動および選択 63
工場出荷時設定の復元 64
D
DisplayPort、接続
31
E
esc キー、位置 6
F
fn キー、位置 6, 25
G
GPS 20
U
USB ケーブル、接続 43
USB デバイス
接続 43
説明 42
取り外し 43
USB ハブ 42
USB ポート、位置 8, 10
USB レガシー サポート 63
V
VGA コネクタ、接続 30
W
Web カメラ 11, 29
位置 11
Windows アプリケーション キー、
位置 6
Windows ボタン、位置 6
あ
アップグレード ベイ 10
オプティカル ドライブの交
換 51
H
HP Connection Manager 14, 15
HP モバイル ブロードバンド
無効化 19
い
インターネット接続のセットアッ
プ 17
N
num lk キー、位置 26
Num Lock、外付けテンキー 27
Num Lock ランプ 4
お
オーディオ機能、確認 29
オーディオ出力(ヘッドフォン)コ
ネクタ、位置 8
オーディオ入力(マイク)コネク
タ、位置 8
オプティカル ドライブ 44
位置 10
オプティカル ドライブ イジェク
ト ボタン、位置 10
オプティカル ドライブ ランプ、位
置 10
温度 37
音量
キー 28
調整 28
ボタン 28
音量キー、位置 25
か
外部電源、使用 38
書き込み可能メディア 32
確認、オーディオ機能 29
各部
上端 3
前面 7
ディスプレイ 11
左側面 10
右側面 8
裏面 12
画面の輝度のキー 26
画面表示、切り替え 25
完全なロー バッテリ状態 32
管理者パスワード 55
き
キー
esc 6
fn 6
Windows アプリケーション 6
音量 28
ファンクション 6
キーボード ホットキー、位置 25
企業無線 LAN への接続 18
規定情報
規定ラベル 71
無線認定/認証ラベル 71
索引
79
切り替え機能
左のタッチパッド 3
右のタッチパッド 3
け
ケーブル
USB 43
こ
公共無線 LAN への接続 18
固定ネジ、位置 13
コネクタ
DisplayPort 31
RJ-45(ネットワーク) 10
VGA 30
オーディオ出力(ヘッドフォ
ン) 8
オーディオ入力(マイク) 8
外付けモニター 8, 30
デュアルモードの
DisplayPort 8, 31
電源 10
ネットワーク 10
コンピューター 71
清掃 61
手入れ 61
電源切断 32
持ち運び 37, 71, 73
し
システムの応答停止 32
シャットダウン 32
使用
外部電源 38
省電力設定 32
省電力設定 32
シリアル番号 71
す
スイッチ、電源 32
ズーム タッチパッド ジェス
チャ 24
スクロール タッチパッド ジェス
チャ 24
スピーカー、位置 5
スピーカーの消音ランプ、位置 4
スマート カード
設定 40
挿入 41
80
索引
定義 40
取り出し 42
スマート カード スロット 10
スリープ
開始 33
終了 33
スロット
スマート カード 10
セキュリティ ロック ケーブ
ル 9
せ
静電気対策 78
製品名および製品番号、コンピュー
ター 71
セキュリティ
無線 17
セキュリティ ロック ケーブル用
スロット、位置 9
設定
スマート カード 40
節約、電力 36
そ
外付けデバイス 44
外付けドライブ 44
外付けモニター コネクタ
8, 30
た
タッチパッド
切り替え機能 3
使用 21
タッチパッド ジェスチャ
ズーム 24
スクロール 24
ピンチ 24
タッチパッド ゾーン、位置 3
タッチパッド ランプ、位置 4
つ
通気孔、位置
9, 13
て
底面カバー リリース ラッチ
位置 13
ロック位置 12
テスト、AC アダプター 38
デュアルモードの DisplayPort
位置 8
接続 31
テンキー
位置 26
内蔵テンキー 6
テンキー、外付け
Num Lock 27
使用 27
電源
オプション 32
オプションの設定 32
節約 36
バッテリ 34
電源コネクタ、位置 10
電源スイッチ 32
電源ボタン 32
位置 5
電源ランプ 4, 7
と
動画 30
動作環境 72
ドッキング コネクタ、位置 12
ドライブ
オプティカル 44
使用 46
外付け 44
取り扱い 45
ハード 44
ランプ 7
ドライブ メディア 32
トラブルシューティング
外付けディスプレイ 77
ディスク書き込み 77
ディスクの再生 77
な
内蔵ディスプレイ スイッチ 11
内蔵テンキー、位置 6, 26
内蔵マイク、位置 11
に
入力電源 72
ね
ネットワーク コネクタ、位置
10
は
ハードドライブ
位置 12
外付け 44
取り付け 50
取り外し 48
パスワード
BIOS 管理者 55
管理者 55
ユーザー 55
バッテリ
温度 37
交換 37
充電残量の表示 34
処分 37
節電 36
放電 34
保管 37
ロー バッテリ状態 34
バッテリ カバー、位置 13
バッテリ電源 34
バッテリ リリース ラッチ 12
ハブ 42
ひ
ピンチ タッチパッド ジェス
チャ 24
表示画面、切り替え 25
ふ
ファンクション キー、位置 6
復帰時のパスワード保護の設定
33
へ
ヘッドフォン、接続 29
ヘッドフォン(オーディオ出力)コ
ネクタ 8
別売の外付けデバイス、使用 44
ほ
ポインティング デバイス
カスタマイズ 21
ポート、USB 8, 10
保管、バッテリ 37
ボタン
Windows ボタン 6
オプティカル ドライブのイ
ジェクト 10
音量 28
電源 5, 32
ミュート(消音) 5
無線 5
ホットキー
音量の調節 25
画面の輝度を上げる 26
画面の輝度を下げる 26
画面を切り替える 25
使用 25
スピーカーの音量を上げる
スピーカーの音量を下げる
スリープ 25
説明 25
動作範囲 18
必要な機器 17
無線ボタン 14
無線ランプ 4, 7, 14
25
25
ま
マイク、接続 29
マイク(オーディオ入力)コネク
タ、位置 8
マイクの消音ランプ、位置 4
マウス、外付け
オプションの設定 21
み
ミュート(消音)ランプ、位置 4
む
無線 LAN アンテナ、位置 11
無線 LAN デバイス 16, 71
無線 LAN のセットアップ 17
無線 LAN への接続 18
無線 LAN ラベル 71
無線 WAN アンテナ、位置 11
無線 WAN デバイス 14, 18
無線 WAN デバイス、ラベル 71
無線アンテナ、位置 11
無線コントロール
オペレーティング システム
14
ボタン 14
無線認定/認証ラベル 71
無線ネットワーク(無線 LAN)
企業無線 LAN への接続 18
公共無線 LAN への接続 18
使用 16
セキュリティ 17
接続 18
め
メディア カード スロット、位置
10
メモリ カード
サポートする形式 39
挿入 39
取り出し 40
メモリ モジュール
位置 12
交換 58
取り付け 59
取り外し 58
も
持ち運び、コンピューター 37
問題、解決 75
ゆ
ユーザー パスワード 55
よ
読み取り可能メディア 32
ら
ラッチ
底面カバー リリース 12, 13
バッテリ リリース 12
ラベル 71
規定 71
シリアル番号 71
無線 LAN 71
無線 WAN 71
無線認定/認証 71
ランプ
AC アダプター/バッテリ 7
Caps Lock 4
Num Lock 4
オプティカル ドライブ 10
スピーカーの消音 4
タッチパッド 4
電源 4, 7
ドライブ 7
マイクのミュート(消音) 4
索引
81
ミュート(消音) 4
無線 4, 7
れ
レガシー サポート、USB 63
ろ
ロー バッテリ状態 34
82
索引

advertisement

Key Features

  • Mobile thin client Clamshell Silver
  • AMD A4 A4-5150M 2.7 GHz
  • 35.6 cm (14") 1366 x 768 pixels LED backlight 16:9
  • 8 GB DDR3L-SDRAM 1600 MHz 1 x 8 GB
  • 16 GB SSD DVD-ROM
  • AMD Radeon HD 8350G
  • Ethernet LAN 10,100,1000 Mbit/s
  • Lithium-Ion (Li-Ion) 100 Wh 65 W
  • Windows Embedded Standard 7E 32-bit

Related manuals

Download PDF

advertisement