MSI GL62 (6th Gen i5) (GTX 960M) LAPTOP 取扱説明書

Add to my manuals
72 Pages

advertisement

MSI GL62 (6th Gen i5) (GTX 960M) LAPTOP 取扱説明書 | Manualzz

1

前文

目次

1

前文

.....................................................................................................1-1

著作権について ..............................................................................................................1-4

商標 .................................................................................................................................1-4

改訂履歴 .........................................................................................................................1-4

FCC-B無線周波数妨害に関する声明 ............................................................................1-5

FCC条件 .........................................................................................................................1-5

CE適合性 .......................................................................................................................1-5

バッテリーの規制 ...........................................................................................................1-6

WEEE に関する声明 .......................................................................................................1-6

化学物質情報 .................................................................................................................1-6

RoHS 声明 ....................................................................................................................... 1-7

日本 JIS C 0950 材質宣言 .......................................................................................... 1-7

アップグレードと保証 ................................................................................................... 1-7

交換用部品のご購入 ....................................................................................................... 1-7

光学ディスクドライブの注意 .......................................................................................... 1-7

安全に関する注意事項 ...................................................................................................1-8

注意事項に関する表記について ................................................................................1-8

ノートパソコン本体と付属品・周辺機器の取り扱いについて ...................................1-9

光学ドライブ(DVD/CD、ブルーレイ)搭載製品のみ ............................................. 1-15

付属品・周辺機器使用上の注意 ............................................................................... 1-16

バッテリーパックの取り扱いについて ...................................................................... 1-17

バッテリーパックの取外しができる製品のみ .......................................................... 1-19

AC/DCアダプター、電源コードの取り扱いについて ...............................................1-20

ハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ(SSD)、記憶メディアの取り

扱いについて ........................................................................................................1-23

グリーン製品の特徴 .................................................................................................1-23

MSI ハイライト ..............................................................................................................1-24

2

はじめに

..............................................................................................2-1

開梱 .................................................................................................................................2-2

製品概要 .........................................................................................................................2-3

上面図 .........................................................................................................................2-3

前側面図 .....................................................................................................................2-6

右側面図 ..................................................................................................................... 2-7

左側面図 .....................................................................................................................2-8

後部側面図 ............................................................................................................... 2-10

底面図 ........................................................................................................................2-11

1-2

キーボードの使用 ......................................................................................................... 2-12

Windows キー ........................................................................................................... 2-12

クイック起動キー ..................................................................................................... 2-13

タッチパッドを有効か無効にする ........................................................................... 2-14

スリープモードに入る .............................................................................................. 2-14

ディスプレイの切り替え ........................................................................................... 2-14

マルチモニターの使用 ............................................................................................. 2-14

ディスプレイの輝度を調整する ............................................................................... 2-15

スピーカーの音量を調整する .................................................................................. 2-15

キーボードのバックライトLEDの輝度を調整する .................................................. 2-15

アプリケーション: True Color (オプション) ............................................................ 2-16

ビデオ: [Fn] ボタンの使用方法 .............................................................................. 2-16

仕様 ............................................................................................................................... 2-17

3

ご使用の手引き

..................................................................................3-1

ノート PC の使用を始める ..............................................................................................3-2

安全にノート PC を使用する方法 ....................................................................................3-3

電源供給の管理 ..............................................................................................................3-4

AC/DCアダプタ ..........................................................................................................3-4

バッテリー電源の使用 ...............................................................................................3-4

Windows 10における電源プランの設定 .......................................................................3-6

電源プランを選択/カスタマイズする .......................................................................3-6

独自の電源プランを作成する ....................................................................................3-8

タッチパッドについて ..................................................................................................3-10

HDDとSSDについて .................................................................................................... 3-11

M.2 SSDスロットについて ........................................................................................... 3-11

光学ドライブの使用方法 ..............................................................................................3-12

インターネットへの接続 ...............................................................................................3-13

無線 LAN ...................................................................................................................3-13

有線 LAN ...................................................................................................................3-15

Bluetooth 接続の設定 ...................................................................................................3-20

Bluetooth 接続の起動 ...............................................................................................3-20

外部デバイスの接続 .....................................................................................................3-24

ビデオ: RAID機能を使う .............................................................................................3-25

ブートモードの選択 ......................................................................................................3-26

ビデオ : MSI ノートPCにおける Windows 10 OS の復元 .............................................3-27

ビデオ : MSI One Touch Install の使用方法 ................................................................3-28

1-3

著作権について

本書の内容は Micro-Star International Co., Ltd.

の知的財産です。本書の作成に当た

っては細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性については一切保証いた

しません。弊社製品は継続的に改善されています。弊社は、予告なく変更する権利

を保有します。

商標

すべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。

改訂履歴

▶ バージョン: 3.0

▶ 日付: 2017 年 06 月

▶ 最新版のユーザーマニュアルは弊社日本ホームページをご確認下さい。

1-4

FCC-B無線周波数妨害に関する声明

本装置は、FCC規則パート15に準ずるクラスBのデジタル機器の制限に準拠するこ

とが試験によって確認されています。 これらの制限事項は、住宅地域で使用した

場合に生じる可能性のある障害を規制するために制定されたものです。 本装置は

無線周波エネルギーを生成、使用、放射します。また、指示に従って正しく設置お

よび使用しなかった場合は、無線通信に障害を及ぼす可能性があります。 しかし

ながら、特定の設置状況においては障害を起こさないという保証はありません。

本装置がラジオやテレビの受信に障害を与えていないかを判断するには、本装置の

電源を切って入れ直してみます。受信障害が発生している場合には、以下の方法で

受信障害を改善することをお勧めします。

▶ 受信アンテナの方向または設置位置を変える

▶ 本装置と受信機の距離を離す

▶ 本装置を受信機が接続されている回路とは別の回路のコンセントに接続する。

注記

▶ FCC準拠に責任を持つ団体からの明示的な許可を受けることなく、本体に変

更や改造が行われた場合には、本装置を使用する権利が取り消される場合が

あります。

▶ 放射制限に従うために、シールドされたインタフェースケーブルとAC電源コ

ードを使用しなければなりません。

FCC条件

本製品はFCC規則パート15に準拠しています。 操作は次の2つの条件に従います。

▶ 電波障害を起こさないこと。

▶ 誤動作の原因となる電波障害を含む、受信されたすべての電波障害に対して正

常に動作すること。

CE適合性

本製品は、必須の安全要件および欧州指令に定められたその他

の関連する規定に準拠しています。

1-5

バッテリーの規制

欧州連合 : バッテリー、バッテリーパックおよび蓄電池は、分類

されていない家庭廃棄物として捨てることはできません。リサ

イクルや処理等をする場合は公共の収集システムを利用して現

地の規則に従って処理を行ってください。

台湾 : より良い環境保護のために、廃棄バッテリーを再生利用ま

たは特別な処理を行う場合は個別の回収が必要となります。

廢電池請回收

カリフォルニア、USA: ボタンセルバッテリーは過塩素酸塩を含む恐れがありま

す。カリフォルニアで再生利用、または廃棄をするには特別な処理が必要とな

ります。

詳細には以下のWEBサイトをご参照下さい。http://www.dtsc.ca.gov/ hazardouswaste/perchlorate/

リチウムバッテリーのための安全指針

バッテリーの取り扱いを誤ると、液漏れや破裂などにより生命や財産に重大な

影響を及ぼす恐れがあります。指定された型番以外のバッテリーは使用しない

でください。バッテリーを廃棄する場合は、各自治体の規則に従って適切に処

理してください。

WEEE に関する声明

欧州連合 : 2005年8月13日以後にEU加盟国を流通する電気・電

子製品にはWEEE指令によりゴミ箱にX印のリサイクルマークの

表示が義務づけられており、廃棄物として捨てることの禁止と

リサイクルが義務づけられています。

化学物質情報

化学物質規則に従って、例えばEU REACH規則 (欧州議会および理事会規則(EC)

No. 1907/2006)、MSIは製品内の化学物質の情報を提供します。 http://www.msi.com/html/popup/csr/evmtprtt_pcm.html

1-6

RoHS 声明

日本

JIS C 0950

材質宣言

日本工業規格 JIS C 0950 により、2006年7月1日以降に販売される特定分野の電気

および電子機器について、製造者による含有物質の表示が義務付けられます。 http://www.msi.com/html/popup/csr/cemm_jp.html

http://tw.msi.com/html/popup/csr_tw/cemm_jp.html

アップグレードと保証

メモリ・HDD・SSDの増設をご希望される場合、サポートセンター(supportjp@ msi.com)にお問い合わせ下さい。アフターサービスをご案内いたします。お客様ご

自身で増設作業を行った場合、製品保証対象外となります。

交換用部品のご購入

特定の国または地域で本製品を購入された場合、メーカーは本製品の交換用部品

(またはこれに相当する部品)の供給を本製品の生産中止後も最長で5年間継続しま

す。継続期間は現地の法令や規制により異なります。

サービスサポートについてのお問い合わせは、http://www.msi.com/support/から

MSIにお問い合わせ下さい。

光学ディスクドライブの注意

注意: この装置は、レーザーシステムを含んでおり、「クラス1レーザー製品」とし

て分類されます。 このモデルを適切に使用するには、マニュアルをよく読み、今

後の参考のためにこのマニュアルを保管してください。 このモデルに関して問題

が発生した場合、サポートセンター([email protected])にお問い合わせ下さい。

レーザー光線に直接さらされることを防ぐために、筐体の分解を試みないでくださ

い。

1-7

安全に関する注意事項

MSI製品の使用を開始する前に必ず本書をお読みいただき、マニュアルの記載内容

を守って製品をご使用ください。

未成年者(お子様)が本製品を利用する前に保護者の方が各説明書の内容をお読み

になってから、正しい使い方をご指導ください。

注意事項に関する表記について

下記の安全注意事項を守らず発生した損害については、当社では一切その責任を負

わず、全て使用者の責任に於いて運用するものとします。

※表示内容は本製品を誤った使い方をした場合の生じる危害の程度を示すことで

す。

危険

死亡、重傷などを負う危険が切迫することや製品の故障や物理的

な損害、財産および家畜・ペットなどに甚大な損害が発生するこ

とが想定される内容です。

警告

死亡、重傷などを負う可能性があることや製品の故障や物理的な

損害、財産および家畜・ペットなどに重大な損害が発生すること

が想定される内容です。

傷害を負う可能性があることや製品の故障や物理的な損害、財産

および家畜・ペットなどに損害が発生することが想定される内容

です。 注意

※このマークは傷害や事故の発生を防ぐための程度を示すことです。

禁止

【一般禁止】やってはいけないことです。

指示

【一般指示】指示に基づく行為を強制することです。

1-8

ノートパソコン本体と付属品・周辺機器の取り扱いについて

安全に関する注意事項すべてをよくお読み下さい。

※ノートパソコン本体使用上の警告と注意

危険

▶ ノートパソコンを火中に投下、火気へ接近、加熱、高温状態

で放置はしないでください。

▶ ノートパソコンに衝撃(落下・ぶつける・強い圧力を加える

等)を与えないでください。

▶ ノートパソコンから煙・異臭・異音が発生した時、手で触

れられないほど異常に発熱している時はすぐに電源を落と

し、AC/DCアダプターや周辺機器をノートパソコンから外し

てください。(※バッテリーパックの取り外しができる製品

はバッテリーパックを製品本体から取外してください。)

▶ ノートパソコンに触れると電気が流れるようなビリビリ

を感じる場合、すぐにノートパソコンの電源を落とし、

ノートパソコンからAC/DCアダプターや周辺機器を外してく

ださい。(※バッテリーパックの取り外しができる製品はバ

ッテリーパックを製品本体から取外してください。)

▶ 事故を防ぐため、小さな部品(カバー、キャップ、ダミーカ

ード、SDメモリーカード、ネジ、電池など)やポリ袋など

の包装材は乳幼児の手の届かない所に管理保管してくださ

い。誤って飲み込むと窒息事故のおそれがあります。万が一

飲み込んだ場合は直ちに医師に相談してください。

1-9

警告

▶ ノートパソコンの電源コネクタ部や液晶ディスプレイ表面に

強い力を加えないでください。

▶ 分解や改造、お客様ご自身で修理は行わないでください。火

災や感電、製品の故障、けがが発生する恐れがあります。製

品の修理・点検をご希望される場合にはサポートセンター

[email protected])にお問合せください。

▶ ノートパソコンやAC/DCアダプター・電源コードの近くにコ

ップや花瓶など液体が入った容器やクリップなどの金属を置

かないでください。

▶ ノートパソコンの内部に異物(金属、液体、燃えやすい物、

薬品、通電するようなもの)を入れないでください。内部に

異物が入った場合はすぐ電源を切って電源プラグを抜き、サ

ポートセンター([email protected])にご相談ください。

(※バッテリーパックの取り外しができる製品はバッテリー

パックを製品本体から取外してください。)

▶ 液体を開口部に注ぎ込むと機器が破損したり感電したりする

ことがあります。開口部に液体を注ぎ込まないでください。

▶ ぬれた手で触れないでください。

▶ ノートパソコンの温度が高い部分に直接触れないでくださ

い。

▶ ノートパソコンの排気口から出る温風に指や体の他の部分が

当たらないようにしてください。

▶ 電源が切れていないままでカバンやケースに入れないでく

ださい。

▶ 暖房器具や調理器具など熱を発するものの近くや上には置か

ないでください。

▶ 可燃性エアダスターは使用しないでください。

▶ 人体の一部の上で長時間使用しないでください。低温やけど

やアレルギーなどの原因になる可能性があります。

1-10

▶ 自動制御機器(自動ドア、火災報知器など)の近くで使用し

ないでください。

▶ 電子レンジなど強力な電磁波を発生させる電化製品の近くで

は使用しないでください。

▶ 強い磁気を持つものや電子機器を近づけないでください。ノ

ートパソコンからの電波が周囲に影響を与える可能性があ

ります。

▶ 雷が鳴りだしたときはすぐに使用を中止し、ノートパソコン

本体やノートパソコンに接続されている周辺機器には触らな

いでください。

▶ 機器をコンセントに接続する前に、電圧がAC/DCアダプター

記載の対応電圧(多くの場合100~240V、50/60Hz)の範囲内

であることをご確認ください。

▶ ノートパソコンの外見が変形したり、物理的な破損が発生し

たりしている場合には、速やかに使用を中止して製品の修

理・点検についてサポートセンター([email protected]

にご相談ください。

▶ バッテリーパックの取外しができる製品は安全を確認してか

ら、バッテリーパックを取り外してください。

▶ 医療用電気機器の近くや満員電車や航空機の飛行状態などで

心臓ペースメーカーを装着した方がいる可能性がある場所で

はノートパソコンの電源を落としてください。

1-11

注意

▶ 高温・多湿な場所や塵・油煙の多い場所では使用したり、放

置したりしないでください。風呂場、シャワー、台所、加湿

器のそばなどの水がかかれる所や室外などの雨や霧が入り込

む場所では使用しないでください。。

▶ 本製品(※1)の表面を拭く場合、決して化学物質系(※2)

なものを使用しないでください。色移り(※3)や変色、変

形、損壊の原因になります。

※1製品について外装部分はキーボード・タッチパッド・ノ

ートブックケースなどの表面。

※2化学物質系:シンナー・ベンジン・化学ぞうきん・アル

コール成分を含んだクリーナーなど。

※3本製品は完全な色落ち防止加工を施しておりません、

水濡れや汗や化学物質系なものなどの原因でシミになる恐

れがあり、本製品の床との設置部分が繊維質、かわ、ゴ

ム質などの場合、淡色系の面の上に設置すると色移り可能

性があります。

▶ ノートパソコンの上に重いものを載せたり、硬いもので擦っ

たりしないでください。

▶ ノートパソコン通風口(吸気口・排気口)を塞がないでくだ

さい。布団や厚みのある布の上などもご注意ください。ノー

トパソコンの周囲には適当なスペースを設けてください。

▶ LANコネクタに電話回線(※1)や指定以外のネットワーク

(※2)を接続しないでください。

  ※1 電話回線(IP電話、一般電話回線、内線電話回線、デジ

タル公衆電話など)。

  ※2 10BASE-T、100BASE-TX、1000BASE-T以外のネット

ワーク。

1-12

▶ ノートパソコンの金属端子(※1)に金属(※2)などを接

触させないでください。

  ※1 電源コネクタ、USBコネクタ、LANコネクタなどの金属

端子。

  ※2 ヘアピン、クリップ、ネックレス、チェーンなどの金

属。

▶ ノートパソコンのキートップは取り外さないでください。

▶ ノートパソコンの付近で食事・喫煙はしないでください。

▶ 液晶ディスプレイを閉じたままの状態で使用しないでくだ

さい。

▶ ほこりの多い所に置かないでください。

▶ 汚れを拭きとるときに強い力を加えないでください。液晶割

れや本体の凹みの原因になります。

▶ アプリケーションソフトの動作中に電源を切らないでくだ

さい。

▶ ノートパソコン使用する前に平らな硬い面等の安定した場所

に置いてください。

▶ 使用環境:温度5~35℃、湿度5~85%RH。

▶ 結露が発生するような環境での使用は避けてください。

▶ 機器のストレージ温度が60%(140°F)を超える、または0℃

(32°F)を下回る場所に置かないでください。機器が破損

することがあります。

▶ 温度や湿度が急速に変化するような環境は避けてください。

▶ 一定期間、機器を使用しない場合は必ず電源コードをコンセ

ントから抜き、AC/DCアダプターをノートパソコン本体から

抜いてください。(バッテリーパック取外し可能な製品はバ

ッテリーパックを製品本体から取外してください。)

▶ ディスプレイを開いたり閉めたりする際に液晶の端や両側を

持って開閉すると液晶が破損する場合があります。正面の底

に真ん中部分を持って開閉するようにください。

1-13

▶ お手入れの前には、ノートパソコンや周辺機器の電源を切

り、電源プラグをコンセントから外して、ノートパソコンの

内部温度が冷めたらお手入れしてください。守らないと低温

やけどなどの事故になる恐れがあります。(※バッテリーパ

ックの取り外しができる製品はバッテリーパックを製品本体

から取外してください。)

▶ 液晶画面が割れたり、液晶漏れが発生した場合、画面には触

れずに、すぐに使用を中止して製品の修理・点検についてサ

ポートセンター([email protected])にご相談ください。

▶ ノートパソコンの底面やパームレスト部分が発熱により熱く

なる場合がありますので注意してください。長時間触れた

り、長時間力が加わった状態が続くと部分的に凹みが発生し

てしまう場合があります。

▶ ノートパソコンやAC/DCアダプターを運搬する場合、必ず

AC/DCアダプターをノートパソコン本体から外してから運搬

してください。

▶ 製品は静電気によって故障、破損することがありますので、

アルミサッシやドアのノブなどの金属に手を触れるなどして

身体の静電気を取り除くようにしてください。

▶ ノートパソコンをより長く安心してご使用いただくため、3

か月に1回程度ノートパソコンに汚れやホコリがたまってい

ないか点検を行ってください。

▶ 拡張カードまたはモジュールを機器に設置する前に必ずAC/

DCアダプターをノートパソコン本体から抜いて、ノートパ

ソコンの内部温度が冷めたら設置してください。守らないと

低温やけどなどの事故になる恐れがあります。

▶ 24時間以上連続して使用することを前提とした設計にはなっ

ていませんのでご注意ください。

1-14

光学ドライブ(DVD/CD、ブルーレイ)搭載製品のみ

警告

▶ 光学ドライブのピックアップ部分から出る光線を直接見ない

でください。目を痛めたり失明する恐れがあります。

注意

▶ 分解・改造・修理などをしないでください。

▶ 光学ドライブの内部をのぞかないでください。

▶ 光学ドライブのトレイがノートパソコンから出たままの状態

では使用しないでください。

▶ ヒビ・割れ・変形などのディスクや接着剤で補修したディス

クを使用しないでください。

▶ 光学ドライブのイジェクトボタンを押さなくても、使用して

いるソフトウェアの動作によってノートパソコンからトレイ

が出てくる事がありますので注意してください。

▶ 光学ドライブを使用する時はノートパソコンにAC/DCアダプ

ターを接続してください。

▶ 光学ドライブのトレイを開けたり、閉めたり使用時に指を挟

まないようにご注意ください。

▶ 光学ドライブのイジェクトボタンは指の腹の部分で押してく

ださい。

1-15

付属品・周辺機器使用上の注意

警告

▶ 分解・改造・修理などをしないでください。

▶ 雷が鳴りだしたときはすぐに使用を中止し、ノートパソコン

本体やノートパソコンに接続されている周辺機器には触らな

いでください。

▶ マウス底面の光学式センサーの赤色などの光線(レーザー)

を直接見ないでください。目を痛めたり失明する恐れがあ

ります。

▶ 付属品にある電池には下記の注意点を守らないとショート、

爆裂、割れ、液もれ、発熱などの恐れがあります。

-極性表示プラス(+)とマイナス(ー)を間違えて挿入し

ないでください。

  -電池を重ねて保管しないでください。

  -衝撃(落下・ぶつける・強い圧力を加える等)を与えない

でください。

  -金属(※1)などを接触させないでください。

   ※1 ヘアピン、クリップ、ネックレス、チェーンなどの金

属。

注意

▶ 付属品は製品によって異なります。

▶ 周辺機器をノートパソコンに接続する時、ノートパソコンか

ら外す時にけがをしないように注意してください。

▶ ヘッドホンを使用するときは音量を上げすぎないように使用

ください。

1-16

バッテリーパックの取り扱いについて

バッテリーパックは指定された方法・環境で使用してください。 

バッテリーパックの交換はサポートセンター([email protected])にご相談くだ

さい。

危険

▶ MSI純正のバッテリーパック以外は使用しないでください。

▶ 分解・改造・修理などをしないでください。

▶ 火中に投下、火気へ接近、加熱しないでください。

▶ 高温な環境で充電・使用・放置はしないでください。

▶ 衝撃(落下・ぶつける・強い圧力を加える等)を与えないで

ください。

▶ 液体(水・飲み物・海水・結露など)により濡れたバッテリ

ーパックを使用しないでください。

▶ バッテリーパックの金属端子に金属(※1)などを接触させ

ないでください。また、バッテリーパックは金属(※1)と

いっしょに持ち運んだりや保管しないでください。

  ※ 1ヘアピン、クリップ、ネックレス、チェーンなどの金

属。

▶ 付属のバッテリーパックは必ず本製品で使用してください。

▶ バッテリーパックが劣化した場合使用し続けないで新品と交

換してください。

▶ 外見の変形・膨張・変色・割れ・ヒビ・サビ・液漏れ・発

熱・発火など異常や異臭が発生している場合はすぐに使用を

中止してサポートセンター([email protected])にお問合せ

ください。

1-17

警告

▶ 内蔵バッテリー製品ではお客様ご自身で取外しや交換をしな

いでください。

▶ 各製品に指定されているMSI純正AC/DCアダプターを使用し

て充電してください。

▶ バッテリーパックの消耗によりノートパソコンの稼働時間が

短くなった場合、各製品に指定されたMSI純正バッテリーパ

ックへの交換が必要です。

▶ バッテリーパックから漏れた液が目や口や皮膚についた場合

は炎症を防ぐために、すぐにきれいな流水で洗い落とした

後、直ちに医師にご相談してください。服についた場合には

身体に液が触れないように服を脱いでください。

注意

▶ バッテリーパックの金属端子部分に触らないでください。

▶ バッテリーパックの充電は室温5~35℃、最大湿度20

~85%RHの環境で行ってください。

▶ バッテリーパックの過充電・過放電は避けてください。

▶ MSI製品では過充電防止のため、バッテリーパックを90%以

上充電すると充電が停止してAC/DCアダプターから直接本体

へ給電が開始されます。

▶ バッテリーパックの故障・劣化を防ぐため、適度に充電と放

電を行ってください。

▶ ノートパソコンを長期間使用しない場合、過放電を避ける

為、半年に1回程度、90分程度の充電を行ってください。

1-18

バッテリーパックの取外しができる製品のみ

注意

▶ バッテリーパックの金属端子に金属(※1)などを接触させ

ないでください。また、バッテリーパックは金属(※1)と

いっしょに持ち運んだりや保管しないでください。

  ※ 1ヘアピン、クリップ、ネックレス、チェーンなどの金

属。

▶ 他のバッテリーパックと重ねて保管しないでください。

▶ ノートパソコンを長期間使用しない場合、バッテリーパック

をノートパソコンから取外してください。

▶ バッテリーパックを取り外して長期間保管する場合、過放

電を避ける為、半年に1回程度、90分程度の充電を行ってく

ださい。

▶ バッテリーパックをノートパソコンから取外す前には必ずノ

ートパソコンの電源を落とし、AC/DCアダプターをノートパ

ソコンから外してください。

▶ バッテリーパックを取外して保管する場合、高温・多湿な

場所は避けてください。出来れば湿度の低い場所で保管し

てください。また、お子様の手の届かない所に保管してく

ださい。

▶ ビニール袋に入れる等でバッテリーパックの接続端子でショ

ートが発生しないようにし、ダンボールなどの電気を通さな

い箱に入れて保管してください。

1-19

AC/DCアダプター、電源コードの取り扱いについて

必ず製品に指定されたAC/DCアダプターを指定された方法・環境で使用してくださ

い。AC/DCアダプターの交換や予備用のAC/DCアダプターのご購入はサポートセン

ター([email protected])へご相談ください。

警告

▶ MSI純正以外のAC/DCアダプターや電源コードは使用しない

でください。

▶ この製品に付属している電源コードは、同梱のパソコン本体

専用です。同梱のパソコン本体以外の他の製品には使用しな

いでください。

▶ 次のような場合には使用しないで、すぐにノートパソコンの

電源を切り、電源プラグをコンセントから抜き、バッテリー

パックを取り外して下さい。サポートセンター(supportjp@ msi.com)にお問合せください。

  - AC/DCアダプターや電源ケーブルの外見が変形したり、割

れたり、破損している場合。

- AC/DCアダプターから異音や異常発熱が発生している場

合。

- 煙や異臭が出ている場合。

▶ タコ足配線の状態で使用しないでください。

▶ 通電している状態のノートパソコン本体やAC/DCアダプタ

ー・電源コードに布団を掛けないでください。また、熱を通

しにくい素材の上での使用や熱を通しにくい素材で包んで使

用することは避けてください。

▶ 使用中・充電中のAC/DCアダプターの表面温度が高くなる場

合があるため、触れ続けないでください。

▶ ぬれた手でAC/DCアダプター、電源コード、電源プラグに触

らないでください。

▶ 雷が鳴り始めたら、電源ケーブルなどが接続された本製品や

ケーブルに触れないでください。

1-20

▶ 電源はAC100V(50/60Hz)を使用してください。海外で使用す

る場合は各国/地域の法令または安全規格に適合した電源コ

ードをご使用ください。

▶ AC/DCアダプター、電源コード、電源プラグを取り扱う際は

次のことを守ってください。

  - 強くひっぱらない。

  - 折れ曲がった状態、束ねた状態、ねじった状態、結んだ状

態、傷ついた状態で使用しない。

  - 分解や改造をしない。

  - 重いものを載せない。

  - 人に踏まれるような場所には設置しない。

  - 物と物の間に挟まない。

- 釘、ステープル、箱などで固定しない。

- 加熱したり、熱を発するような器具の近くに置かない。

- 水分や湿気は避け、濡れる可能性のある場所では使用し

ない。

  - AC/DCアダプターに電源コードを巻き付けて使用しな

い。

  - AC/DCアダプターの根元やノートパソコンの電源コネク

タに無理な力を加えない。

▶ 電源コードをコンセントに差し込む前に、必ずコンセント部

分に水分やホコリが付着していないことを確認してくださ

い。定期的に電源を切り、電源プラグのほこりなどを取って

ください。

▶ 電源プラグはコンセントの奥まで確実に差し込んでくださ

い。

▶ 電源プラグをコンセントから抜くときは、コードの部分は引

っ張らずにプラグ部分を持って抜いてください。

▶ 長期間使用しない場合にはAC/DCアダプターをノートパソコ

ンから外し、電源コードのプラグ部分をコンセントから抜い

てください。

1-21

注意

▶ AC/DCアダプターに衝撃(落下・ぶつける・強い圧力を加え

る等)を与えないでください。

▶ アース線がある場合、必ずアース線を接続してください。

▶ アース線がある場合、ノートパソコンや周辺機器の電源コー

ドのプラグ部分をコンセントに接続する前にアース線を接続

してください。アース線を外すときは必ずノートパソコンや

周辺機器の電源コードのプラグ部分をコンセントから抜いて

からアース線を外してください。

▶ ノートパソコンの電源コネクタにAC/DCアダプターのプラグ

を確実に差し込んでください。

▶ ノートパソコンやAC/DCアダプターを運搬する場合、必ず

AC/DCアダプターをノートパソコン本体から外してから運搬

してください。また、AC/DCアダプターから電源コードを外

してください。

▶ お手入れの前には、ノートパソコンや周辺機器の電源を切

り、電源プラグをコンセントから外して、ノートパソコンの

内部温度が冷めたらお手入れしてください。守らないと低温

やけどなどの事故になる恐れがあります。(※外接バッテリ

ーパックのタイプの製品はバッテリーパックを製品本体から

取外してください。)

1-22

ハードディスクドライブ(HDD)、ソリッドステートドライブ

(SSD)、記憶メディアの取り扱いについて

注意

▶ HDD、SSD、記憶メディアへ書込み・読込みを行っている最

中はノートパソコンの電源を落とさないでください。

▶ 振動するような場所では使用しないでください。

▶ HDD、SSDに保存されている必要なデータは定期的にバック

アップを行ってください。

▶ アプリケーションのインストールをする前にバックアップを

行ってください。

▶ ノートパソコンに搭載されているHDDやSSDの内部にはOS

の初期化に必要なリカバリデータが保存されています。パー

ティションの変更やフォーマット、クローンツールの使用な

どによりリカバリデータが消去されてしまうと、OSの初期

化ができなくなります。

グリーン製品の特徴

使用中およびスタンバイ中の電力消費を低減。

・環境や健康に有害な物質の使用を制限。

・分解およびリサイクルが容易。

・リサイクルの奨励により製品寿命を延長。

・回収ポリシーにより固形廃棄物の発生を低減。

※環境ポリシー

・本製品は部品の適切な使用およびリサイクルできるように設計されています。

環境や健康に有害な物質の使用を制限。

・廃棄方法についてはお住まいの自治体にご相談いただくか、リサイクル情報の詳

細についてMSI Webのリサイクルページ(https://jp.msi.com/page/recycle)をご

確認ください。

1-23

MSI ハイライト

MSI ハイライトに関する詳細情報は、下記のWEBサイトhttp://www.

msi.comと https://www.youtube.com/user/MSIからご参照ください。

定番ユーティリティー『SteelSeries Engine 3 』が利用可能

使い易さでゲーマーに定評のあるユーティリティーソフト

『SteelSeries Engine 3』をMSIゲーミングノートでもご利

用可能です。SteelSeries Engineはキーボードやマウス、ヘ

ッドセットなど複数のデバイスを一元管理出来ます。

ライブストリーミングアプリ『XSplit Gamecaster』搭載

MSIゲーミングノートPCはストリーミングアプリ『XSplit

Gamecaster』を搭載。お買い上げになったその日から、ご

くわずかな設定でお気軽にネット配信が始められます。

XSplit Gamecasterの詳細については、ビデオをご参照くだ

さい。

サウンド プロデュースド by Dynaudio

MSI はデンマークの高級音響機器メーカー『Dynaudio(ディ

ナウディオ)』と提携し、MSIゲーミングノートPCにリアリ

ティの高いサウンド環境を実現します。

True Colorテクノロジーであなたの生活をより鮮やかに

MSIはPortrait Displays, Inc.と提携し、より高精細で精度の

高い液晶パネルを 開発しました。

MSI True Colorテクノロジーは、MSIノートブックPCで使

用される液晶パネルがより実物に近い発色であることを保

証します。

チュートリアル:Nahimic(ナヒミック)の使い方

Nahimic(ナヒミック)およびその3大機能(オーディオと

マイクのエフェクト、HDオーディオレコーダー)を確認し

ます。

1-24

2

はじめに

この度はMSIのノートパソコンをお買い求めいただき、ありがとうございます。本

機を末永く快適にお使い頂くため、マニュアルに記載された注意事項をご確認下さ

い。

開梱

パッケージにすべての添付品が含まれていることをご確認ください。欠品または破

損がある場合は、直ちにご購入された販売店へ連絡して下さい。また、梱包材は修

理等の際に必要となりますので必ず保管して下さい。

▶ ノートパソコン本体

▶ 製品保証書

▶ AC・DCアダプタ・電源コード

▶ クイックスタートガイド

▶ F3リカバリーガイド

【 オプション 】オプションの付属品は製品によっては含まれていない場合もありま

す。

• キャリーバッグ

【 ご注意 】

リカバリーディスクは付属品に含まれていません。

本製品は搭載されているストレージ内(SSDもしくはHDD)にWindowsを再イン

ストールするために必要なリカバリー領域が保存されています。

リカバリー領域のデータを使ってWindowsを再インストール(F3リカバリー)す

るか、リカバリー領域のデータをコピーして作成したリカバリーディスクを使用し

てWindowsの再インストールができます。

BurnRecoveryを使用することでリカバリーディスク作成ができます。F3リカバリ

ーとBurnRecoveryの詳細は弊社のサポートページをご確認ください。

製品概要

このセクションでは、ノートPCの基本的な特徴について説明します。イラストは

参照用となります。実機とは異なる場合がありますのでご注意ください。

上面図

このイラストではノートPCの主な操作エリアが示されています。各部分の説明は

下記をご参照ください。

1. ウェブカメラ/ ウェブカメラLED/ 内蔵マイク

• この内蔵ウェブカメラは、写真撮影、ビデオ録画、オンライン会議、その他

のインタラクティブ用途に使用できます。

• ウェブカメラの隣のウェブカメラLEDインジケータは、ウェブカメラの機能

がオンになると点灯します。この機能がオフになると、LEDは消灯します。

• これは内蔵マイクとして、マイクの機能と同じです。

2. 電源ボタン / 電源LED/ GPUモードLED

電源

電源ボタン

• 電源ボタンを押して、ノートPCの電源をオン/オフし

ます。

• 電源ボタンを押して、ノートPCをスリープ状態から復

帰させます。

電源LED/ GPUモードLED

• CPU内蔵GPUが有効になるとLEDが青色に点灯しま

す。

• Nvidia GPUが有効になるとLEDが黄色に点灯します。

• ノートPCがスリープ状態になるとLEDが点滅します。

• ノートPCの電源がオフになるとLEDが消灯します。

3. ステータスLED

Caps Lock (左側)

Caps Lock機能が有効である場合、LEDが点灯します。

Num Lock(右側)

Num Lock機能が有効である場合、LEDが点灯します。

4. キーボード

内蔵キーボードにより、標準キーボードの全機能が利用できます。詳細につい

ては キーボードの使用 の項を参照してください。

5. タッチパッド

これはノートPCのポインティングデバイスです。

6. クイック起動ボタン

クイック起動ボタンを使用すると、特定のアプリケーションまたはツールを有

効にできます。クイック起動ボタンは、SCMアプリケーションをインストール

したオペレーティングシステムでのみ機能します。

Cooler Boost

• このボタンをタッチすると、内蔵冷却ファンの回転速

度を最大化してノートPC全体の温度を引き下げます。

• ファンの回転速度を最大化にした場合は、ボタンLED

が点灯します。AUTOモードを選択すると、LEDは消

灯します。

SSE

対象シリーズ

GE

• 本製品は独自のキーボードマネージャーアプリケーシ

ョンSSE(Steel Series Engine)がプリインストールされ

ています。このアプリケーションで、ユーザーは特定

のアクションのために個別に設定されたキーボードホ

ットキーをいくつかの異なる組み合わせで使用するこ

とができます。

• このボタンを繰り返し押すことでキーボード 1 (layer

1)、キーボード 2 (layer 2)、 キーボード 3 (layer 3)お

よびキーボード 4 (layer 4)各層の切り替えが可能で

す。

ドラゴンセンター

対象シリーズ

GL

• 本製品はゲーミングユーティリティとして ドラゴンセ

ンター がプリインストールされています。ユーザーに

驚きのソリューションを提供します。

• このボタンを押して、 ドラゴンセンター アプリケーシ

ョンを呼び出します。

True Color

あるいは

ユーザーにより設

定したアプリケー

ション

PE

対象シリーズ

• 本製品には「True Colorアプリケーション」がプレイ

ンストールされています。このアプリケーションを使

うことによってお客様は多様な色設定を選択すること

が可能になります。

• このボタンを押すことで、「True Colorアプリケーシ

ョン」を起動します。

• True Colorがインストールされない場合は、このボタ

ンはユーザーにより設定したアプリケーションの起動

用です。

前側面図

1. ステレオスピーカー

このノートPCには、内蔵ステレオスピーカーが搭載されております。高品質の

音響を転送し、HDオーディオテクノロジをサポートします。

2. ステータスLED

WLAN(WiFi)

ワイヤレスLAN (WiFi)

• ワイヤレスLAN (WiFi)機能が有効になると、このLED

インジケータが点灯します。

• この機能が無効になると、LEDインジケータが消えま

す。

バッテリー状態

• バッテリーの充電中、LEDが点灯します。

• バッテリーが故障している場合、LEDが点滅します。

新しいバッテリーに交換することをお勧めします。

• 最寄りの販売店に相談して、メーカーにより推奨され

たバッテリーと同じタイプのバッテリーを購入してく

ださい。

• フル充電されたか、AC/DCアダプタが取り外される

と、バッテリーLEDが消えます。

ドライブ起動インジケーター

システムが内部のストレージドライブにアクセスしてい

る時、LEDインジケーターは点滅します。

右側面図

1. 光学ディスクドライブ

このノートPCには、光学ディスクドライブが搭載されています。ノートPCに予

め搭載されている実際のデバイスは、購入したモデルにより異なります。

2. カードリーダー

内蔵カードリーダーはSDカード(SD/SDHC/SDXC)に対応しています。

3. USB 2.0ポート

USB 2.0ポートにより、マウス、キーボード、モデム、携帯ハードディスクモ

ジュール、プリンタなどのUSBインターフェースの周辺機器を接続することが

できます。

4. 電源コネクタ

AC/DCアダプタを接続して、ノートPCに電力を供給します。

左側面図

1. Kensington Lock

このノートPCはノートPCを固定するKensingtonロック穴を搭載しております。

2. USB 3.0ポート

USB 3.0ポートはストレージデバイス、ハードドライブ、またはビデオカメラな

ど様々なデバイスでより高速なデータ転送を行うことが出来ます。

3. ミニDisplayPort

ミニDisplayPortはDisplayPortの縮小化のバージョンであり、適合のアダプター

で、ミニDisplayPortがVGA、DVIあるいはHDMIインターフェイスなど付けのデ

ィスプレイの駆動に使用されます。

4. USB 3.0/ 3.1ポート (Type C) (オプション)

USB 3.0/3.1ポートはストレージデバイス、ハードドライブ、またはビデオカ

メラなど様々なデバイスでより高速なデータ転送を行うことが出来ます。USB

Type Cポートは上下、左右の区別なく使用できるスリムなUSBポートです。

5. RJ-45 コネクタ

このコネクタは、ネットワーク接続用のLANケーブルを接続するために使用さ

れます。

6. HDMIコネクタ

HDMI(ハイデフィニションマルチメディアインタフェース)は、1本のケーブルで

高品位ビデオとマルチチャンネルのデジタルオーディオを合わせてサポートし

ます。PC、ディスプレイおよび家電機器向けの新しいインターフェースです。

7. USB 3.0ポート

USB 3.0ポートはストレージデバイス、ハードドライブ、またはビデオカメラな

ど様々なデバイスでより高速なデータ転送を行うことが出来ます。

8. オーディオポートコネクタ

ステレオシステムおよびHi-Fi機能をサポートします。

マイク

外部マイクに使用されます。

ヘッドフォン

スピーカーまたはヘッドフォン用のコネクタです。

後部側面図

1. 排気口

システム内部の熱を放出します。故障の原因となりますので、塞がないように

して下さい。

底面図

1. ウーファースピーカー (オプション)

ウーファースピーカーは低音オーディオ周波数を再生します。

2. 排気口

システム内部の熱を放出します。故障の原因となりますので、塞がないように

して下さい。

3. バッテリーリセット穴

システムファームウェア(EC)がアップグレードされたまたはシステムがハング

する時、以下のステップに従ってください。1) ノートPCの電源を切る。 2) AC

電源を取り外す。 3) まっすぐにされたクリップをこの穴に10秒挿入してノート

PCをリセットする。4) AC電源を接続する。 5) ノートPCの電源を投入する。

4. ステレオスピーカー

このノートPCには、内蔵ステレオスピーカーが搭載されております。高品質の

音響を転送し、HDオーディオテクノロジをサポートします。

キーボードの使用

本製品は、テンキー付きのフル機能キーボードを搭載しています。キーボードが正

しく機能するために、OSにSCMアプリケーションをインストールすることをお薦

めします。

Windowsキー

キーボードには、Windowsロゴキーがあります。これは、

スタートメニューやショートカットメニューの起動など

Windows固有の機能の実行に使用します。

クイック起動キー

キーボード上の[Fn]ボタンを使用すると、特定のアプリケーションまたはツールを

有効にできます。これらのクイック起動ボタンにより、ユーザーは、より効率的に

作業を行うことができます。

+

ユーザーにより

設定可能

• Fn ボタンを押したままにして次に F4 ボタンを押すとユー

ザーが設定したアプリケージョンを起動します。

+

ECO Mode

+

ウェブカメラ

+

SHIFT

• Fn ボタンを押しながら F5 ボタンを押すことで、

ECO Mode に切り替えます。節電モードが SHIFT 機能に

より提供されます。

• Fn ボタンを押したままにして、次に F6 ボタンを押すと、

ウェブカメラの機能を有効にできます。 もう一度押す

と、無効になります。

• 工場出荷時の設定では、ウェブカメラがオフに設定され

ています。

• Fn ボタンを押しながら F7 を押すことで、CPU/GPUの

動作モードを必要に応じて Sport Mode/Comfort Mode/

ECO Mode/Power Option の順に切り替えることが出来

ます。

• Sport Mode/Comfort Mode の各モードはACアダプタ接

続時のみご利用頂けます。

• なお、 SHIFT 機能をご利用頂くには、本体がACアダプタ

に接続され、かつデフォルト(標準)設定が Sport Mode で

あることが必要です。

+

機内モード

• Fn ボタンを押したままにして、次に F10 を押すと、機内

モードの機能をオン/オフの間に切り替えます。

タッチパッドを有効か無効にする

タッチパッド機能を有効または無効にします。 (オプション)

+

スリープモードに入る

+

コンピュータを強制的にスリープ状態にします (システム構

成による)。電源ボタンを押してシステムをスリープモード

から復帰出来ます。

ディスプレイの切り替え

+

本体LCD、外部モニターおよびその両方を使う画面表示モ

ードを切り替えます。

マルチモニターの使用

+

お客様が追加のディスプレイを本製品に接続すると、シス

テムは外部ディスプレイが接続されたことを自動的に検知

します。また、表示の設定をカスタマイズできます。

• ノートPCに外部ディスプレイを接続します。

• Windowsキー+[P]キーを押して[表示]を呼び出します。

• 外部ディスプレイへの表示方法を『PC画面のみ』『複

製』『拡張』『セカンドスクリーンのみ』の中から選択

します。

ディスプレイの輝度を調整する

LCDの輝度を上げます。

+

LCDの輝度を下げます。

+

スピーカーの音量を調整する

内蔵スピーカーの音量を上げます。

+

内蔵スピーカーの音量を下げます。

+

内蔵スピーカーをミュートにします。

+

キーボードのバックライトLEDの輝度を調整する

キーボードのバックライトLEDの輝度を上げます。

+

キーボードのバックライトLEDの輝度を下げます。

+

アプリケーション: True Color (オプション)

本製品には「True Colorアプリケーション」がプレインストールされています。こ

のアプリケーションを使うことによってお客様は多様な色設定を選択することが可

能になります。

+

True Color

• Fn と Z キーを同時に押すことで、「 True Color アプリケー

ション」を起動します。

+

True Color

選択

• Fn と A キーを同時に押ことで、異なる閲覧モードに切り

替えます。

ビデオ: [Fn]ボタンの使用方法

以下のWEBサイトから [Fn] ボタンの指導ビデオをご覧ください。https://www.

youtube.com/watch?v=u2EGE1rzfrQ

YouTube Youku

仕様

ここに記載されている仕様は、予告なしに変更する場合があります。ノートPCに

予め搭載されている実際の製品は、購入したモデルにより異なります。

ご購入されたモデルの詳しい仕様については、MSI 日本語ウェブサイトjp.msi.com

を参照するか、または販売店にお問い合わせください。

外形寸法

寸法

質量

383 (W) x 260 (D) x 27-29 (H) mm (15.6")

419.9 (W) x 287.8 (D) x 29.8-32 (H) mm (17.3")

2.4 kg、バッテリーを含む (15.6")

2.7 kg、バッテリーを含む (17.3")

CPU

パッケージ

CPUプロセッサタ

イプ

L3 キャッシュ

コアチップ

プラットフォームコ

ントローラーハブ

メモリ

テクノロジ

メモリ

最大

BGA

Intel ® Quad/ Dual Core Mobileプロセッサ

最大8MB (CPUによる)

Intel ® PCH-H

DDR4, 2133/2400 (オプション)

SO-DIMMスロット x 2

最大 16GB

電源

AC/DCアダプタ

AC/DCアダプタ

バッテリータイプ

RTCバッテリー

ストレージ

HDDフォームファ

クタ

SSD (オプション)

光学ドライブデバイ

ス(オプション)

150W, 19.5V

入力: 100~240V 50~60Hz

出力: 19.5V 7.7A

シリーズ:

GE62 6QF/6QE

GE72 6QF/6QE

120W, 19.5V

入力: 100~240V 50~60Hz

出力: 19.5V 6.15A

シリーズ:

GE72 6QC/6QD/6QE/6QL

PE70 6QD/6QE

GP72 6QD/6QE/6QF/7QFz

GL72 6QE/6QF/7QF

GE62 6QC/6QD/6QE/6QL

PE60 6QD/6QE

GP62 6QE/6QF/6QG/7QF

GL62 6QE/6QF/7QF

6セル

あり x1, 2.5" HDD x1 M.2 SSD SATA/PCIEコンボ

スーパーマルチ / Blu-ray/ BD Writer

I/Oポート

USB

マイク入力

ヘッドフォン出力

RJ45

HDMI

Mini-DisplayPort

カードリーダー

通信ポート

LAN

ワイヤレス LAN

Bluetooth

ディスプレイ

LCDタイプ

ビデオ

グラフィックス

VRAM

WEBカメラ

フルHDタイプ

オーディオ

内部スピーカー

内部スピーカー x 2 (バージョン 3.0) x 1 (バージョン 2.0) x 1 (バージョン 3.1/3.0 Type C) x 1 x 1 (S/PDIF出力をサポート) x 1 x 1 (v1.4) x 1 (v1.2) x 1 (SD3.0/ SD/ MMC)

対応

対応

対応

15.6"/ 17.3" FHD

NVIDIA ® GeForce ® 独立型グラフィックス、NVIDIA ®

Optimus™対応

GDDR5、GPUモデルによる

30fps@1080p

4スピーカー + 1ウーファー

シリーズ:GE&PE

4スピーカー

シリーズ:GP&GL

2-20

3

ご使用の手引き

ノートPCの使用を始める

本製品の新規のユーザーには、以下の説明図に従ってノートPCを使用し始めま

す。

3-2

安全にノートPCを使用する方法

ノートPCの初心者として、以下の解説を読んで自分の安全を確保し、健康のため

に適切な作業環境を整えた上で使用して下さい。

▶ 作業場所に十分な照明があること

▶ パソコンを使用する際には、操作に適切な机と椅子を選択して、操作時の姿勢

に合う高さに調節してください。

▶ 椅子に座ったとき背中を快適にサポートするように、椅子の背もたれを調節し

てください。 (可能な場合)

▶ 足を床に自然な状態で平らになるように置き、操作時に膝が適切な位置 (約

90°)になるように調節してください。

▶ LCDパネルの角度/位置を調節して、最適な表示にすること

▶ 定期的にストレッチや運動をして、一定期間作業したら、休憩を取るように

すること

90-120

15-20

38-76 cm

3-3

電源供給の管理

本章はユーザーに正しくAC/DCアダプタやバッテリーの電源を使用する時に、基本

的な安全予防措置を提供します。

AC/DCアダプタ

初めて本製品を使用する際には、安全かつ正確にノートPCのセットアップを完了

するために、ACアダプターを接続して操作されることを強くお薦めします。下記

はACアダプターに関するいくつかの注意事項です。

▶ 厳守事項

• 本製品に同梱のアダプターまたは同じ型番の物のみを使用すること。

• 使用中AC/DCアダプターの発熱に常に気を配ること。

• ノートPCを分解する前に、必ず AC 電源コードを抜いてください。

▶ 禁止事項

• 使用中のアダプターは使用中発熱します。 故障の原因となりますので、ア

ダプター本体を覆ったり密閉して使わないでください。

• 一定時間ノートPCを使用しない場合、システムの電源を切った後 AC 電源コ

ードを抜いてください。

バッテリー電源の使用

適切なバッテリー運用はバッテリーの寿命を延ばすだけでなく、製品のトラブル防

止対策にもなります。適切なバッテリー運用とバッテリートラブル防止のため以下

の内容を参考にしてください。

▶ 安全指針

• 本製品のバッテリーは取り外しできない内蔵型です。

• バッテリーを廃棄する際には、各自治体の規則に従って適切に処理してく

ださい。

• バッテリーの性能を維持するために、高温多湿環境を避けて保管してくだ

さい。

• ノートPCに任意のモジュールを取り付ける前に、AC電源コードを抜いてく

ださい。

▶ バッテリーのタイプ

• このノートPCは、大容量リチウムイオンまたはリチウムポリマーバッテリ

ーパックを搭載しています。

• 再充電可能なリチウムポリマーバッテリーパックは、ノートPCの内部電源

です。

3-4

▶ バッテリーの充電

バッテリー寿命の最適化および突然の電力の損失を避けるために、下記の項目

をご参照ください。

• システムがしばらくアイドル状態になる場合は、システムを停止させる、ま

たはスタンバイ時間を短くしてください。

• 一定時間システムを使用しない場合、システムの電源を切ります。

• 不必要な設定を無効にし、使っていない周辺機器を取り外します。

• 可能な場合は常にAC/DCアダプタを接続してください。

▶ 正しいバッテリー の充電方法

バッテリーを再充電する前に、以下のヒントに目を通してください。

• 充電済みのバッテリーパックが利用できない場合、作業を保存して、起動中

のプログラムをすべて閉じ、システムをシャットダウンするか休止状態にし

てください。

• 外部のAC/DCアダプタに接続します。

• 充電しながらも使用できます。また、スリープ中やシャットダウン後も充

電できます。

• 内蔵のバッテリーパックは、「メモリ効果」のないリチウムイオンまたはリ

チウムポリマーバッテリーセルを使用しています。再充電の前にバッテリー

を放電する必要はありませんが、バッテリー寿命の最適化のために、月に1

度、バッテリー電力を完全に消費することをお勧めします。

• 実際の充電時間は、使用中のアプリケーションにより変動します。

3-5

Windows 10における電源プランの設定

電源プランは、コンピューターを使用する際のバッテリー消費を節約する方法を管

理のハードウェア/システム設定として、エネルギーを節約し、システムの性能を

最大化し、または省エネルギーとパフォーマンスのバランスを取ることができま

す。デフォルトの電源プラン — バランス —は、ほとんどのユーザーの要求を満た

します。 ユーザーも既存の設定を変更するか自分の設定を作成できます。

電源プランを選択/カスタマイズする

1. 画面左下の[Windows]アイコンを右クリックしてメニューを表示し、[電源オプ

ション]を選択します。

2. 電源プランのリストから一つ選択します。初期状態として[バランス]が選択さ

れています。関連設定から[電源の追加設定]を選択し、[プラン設定の変更]を

クリックして設定をカスタマイズすることも出来ます。

3. ここではコンピューターをスリープ状態にする時間とディスプレイの電源を

切る時間を設定することが出来ます。[詳細な電源設定の変更]をクリックし

て、現在有効ではない設定や現在の設定のさらに細かい変更を行うことも出

来ます。

4. それぞれの省電力プランを工場出荷時のデフォルト設定に戻すには、[プラン

設定の変更] 画面で[このプランの既定の設定を復元]をクリックし、それから[

はい(Y)]をクリックします。

5. [変更の保存]をクリックして完了します。

3-6

3-7

独自の電源プランを作成する

ユーザーが独自の電源プランを作成し、必要に応じてカスタマイズすることが出来

ます。但し、このノートPCを使用する場合は、バッテリーの寿命を最適化するた

めに、ECO Engine省電力機能をお薦めします。詳細については、ノートPCソフト

ウェアアプリケーションマニュアル内のシステムコントロールマネージャ (SCM)の

項を参照してください。

1. 画面左下の[Windows]アイコンを右クリックしてメニューを表示し、[電源オプ

ション]を選択します。[関連項目]の下にある[電源の追加設定]を選択し、左側

にある[電源プランの作成]をクリックします。

2. 既存のプランから自分の要求に最も近い設定を選択し、名前をつけて[次へ]を

クリックします。

3. 新しい電源プランのために変更を行います。[作成]をクリックし、カスタマイ

ズした省電力設定を有効にします。

4. 作成した電源プランが有効になって設定が完了します。

3-8

3-9

タッチパッドについて

ノートPCに組み込まれているタッチパッドは、標準的なマウスに対応するポイン

ティングデバイスであり、画面上のカーソルの場所を指して2つのボタンで選択す

ることにより、ノートPCを操作することができます。

▶ タッチパッドを設定する

ポインティングデバイスを個人のニーズに合うようにカスタマイズできます。

たとえば、お客様が左利きの場合、2つのボタンの機能を交換することができ

ます。 また、スクリーン上のカーソルの大きさ、形、移動速度およびその他

の高度な機能を変更することができます。

タッチパッドの設定では、Windows OSの標準的なMicrosoftまたはIBM PS/2ド

ライバを使用することができます。 Control Panel(コントロールパネル)内

のMouse Properties(マウスのプロパティ)により、設定を変更できます。

▶ 位置決めと移動

指 (通常は人さし指)をタッチパッド上に置きます。長方形のパッドは、ディス

プレイの小型の複製として機能します。 パッド上で指先を動かすと、画面上

のカーソルが同じ方向に同時に移動します。 指がパッドの端に届いたら、指

を上げて、タッチパッドの適切な位置に置いて、移動を継続します。

3-10

▶ ポイントとクリック

アイコン上にカーソルを移動させると、メニュー項目か実行したいコマンドが

表示されます。タッチパッドを軽く叩くか、左のボタンを押して選択します。

この手順は、ポイントアンドクリックと呼ばれており、ノートPCの操作の基

本です。 マウスなどの従来のポインティングデバイスとは異なり、タッチパ

ッド全体が左ボタンとして機能します。したがって、タッチパッドを叩くこと

は左ボタンを押すことになります。 タッチパッドをすばやく2回叩くと、ダブ

ルクリックを実行したことになります。

▶ ドラッグとドロップ

ドラッグアンドドロップでファイルまたはデータの移動を行えます。実行した

い項目にカーソルを置いて、軽くタッチパッドを2度叩いた後、指先とタッチ

パッドの接触を保持してください。そして、指先をスライドさせ、カーソルを

移動させて選択した項目を希望の場所へ移動します。後で、指先タッチパッド

からを離し、項目をこの場所に落とします。あるいは、項目を選択する場合

は、左のボタンを押し、そのままの状態で指先を移動させ、別の場所で左のボ

タンを離してドラッグアンドドロップの操作を完了します。

HDDとSSDについて

このノートPCは、購入したモデルによりハードディスクドライブ (HDD)またはソ

リッドステートドライブ (SSD)を搭載しております。

ハードディスクドライブ (HDD)とソリッドステートドライブ (SSD)はデジタル情報

を保存できるデータストレージデバイスです。大部分のSSDはNAND型フラッシュ

メモリーを使用し、HDDより高いデータ転送速度、より低い電力消費、より速い読

み込み/書き込み速度の能力を持っています。

本製品の電源を入れたままでHDDとSSDを取り外したり、取り付けたりしないでく

ださい。 HDDとSSDの交換は、認定販売店か修理担当者が行う必要があります。

M.2 SSDスロットについて

本製品はM.2 SSDカード対応のM.2 SSDスロットを搭載しております。このスロッ

トは SATA と PCIe インターフェースと互換性があり、ユーザーに多様な機能と用法

を提供します。正しい仕様と取り付ける方法については、認定販売店かサービスセ

ンターにお問い合わせください。

3-11

光学ドライブの使用方法

本製品は光学ドライブを搭載しております。以下の解説に従ってディスクを挿入し

てください。ここに表示されたデバイス上のファイルは参照だけ可能で、削除や追

加はできません。

1. ノートPCの電源が入っていることを確認します。

2. パネル上のイジェクトボタンを押すと、ディスクトレイが部分的に出てきま

す。

3. 完全に出てくるまでトレイをゆっくりと引きます。

4. ラベルを上にして、ディスクをトレイに置きます。ディスクの中央を軽く押

して、トレイに固定します。

5. トレイを押してドライブ内に戻します。

3-12

インターネットへの接続

無線LAN

無線LANは無線によるブロードバンド接続で、LANケーブルを使用せずにインター

ネットへ接続します。下記に従って無線LANの接続を設定します。

▶ 無線 LAN 接続

1. デスクトップを起動します。タスクトレイの右下側にある

クリックして、ネットワーク設定を表示します。

アイコンを

2. ネットワーク設定に [Wi-Fi] と [ 機内モード ] のオプションがあります。 [Wi-Fi]

を選択してください。

3. 表示されるネットワークのリストから接続する無線LANのSSIDを選択し、[

接続(C)]をクリックします。

4. ネットワーク セキュリティキーの入力が求められるので、正しく入力後[次

へ(N)]をクリックします。

3-13

▶ 無線 LAN 状態を検知する

機内モードが有効になると、無線LAN接続が無効になります。無線LAN接続を

設定する前に、必ず機内モードがオフになっていることを確認してください。

1. デスクトップを起動します。タスクトレイの右下側にある

クリックして、ネットワーク設定を表示します。

アイコンを

2. ネットワーク設定に無線LANモードが有効になるかどうかを検知します。

3. または、タスクトレイの右下側にある [SCM] アイコンをクリックしてシス

テムコントロールマネージャのメインウィンドウを呼び出し、無線LANモ

ードがオンになるかどうかを検知します。

3-14

有線LAN

ケーブルやネットワークアダプタでインターネットへ接続します。動的IP/

PPPoE 、ブロードバンド (PPPoE)または静的 IP 接続を設定する前に、インターネ

ットへの接続の設定についてはインターネット・サービス・プロバイダー (ISP)ま

たはネットワーク管理者にお問い合わせください。

▶ 動的IP/PPPoE接続

1. デスクトップを起動します。タスクトレイの右下側にある アイコンを

右クリックして、 [ ネットワークと共有センターを開く ] を選択します。

2. [ アダプターの設定の変更 ] を選択します。

3. [Ethernet(イーサネット)]を右クロックして、ドロップダウンメニュから [ プ

ロパティ( R )]を選択します。

4. 表示されたウィンドウ内の[ネットワーク]タブを選択し、[インターネット

プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)]にチェックが入っていることを確認

し、 [ プロパティ( R )]を選択します。

5. [ 全般 ] タブ内の [IP アドレスを自動的に取得する ] と[DNSサーバーのアドレ

スを自動的に取得する]が選択されていることを確認し、 [OK] をクリックし

ます。

Troubleshoot problems

Open Network and Sharing Center

3-15

3-16

▶ ブロードバンド (PPPoE)接続

1. デスクトップを起動します。タスクトレイの右下側にある アイコンを

右クリックして、 [ ネットワークと共有センターを開く ] を選択します。

2. [ ネットワーク設定を変更する]の下で[新しい接続またはネットワークのセ

ットアップ]を選択します。

3. 開いた小窓内の[インターネットに接続します ] を選択し、 [ 次へ( N )]をクリッ

クします。

4. [ ブロードバンド (PPPoE)]をクリックします。

5. ユーザー名、パスワードおよび接続名を正しく入力し、 [ 接続( C )]をクリッ

クします。

Troubleshoot problems

Open Network and Sharing Center

3-17

3-18

▶ 静的IPインターネット接続

1. ひとつ前の「動的IP/PPPoE接続を設定する」のガイダンス1~4に従って設

定を確認します。

2. [ 全般 ] タブ内の [ 次の IP アドレスを使う ] と [ 次のDNSサーバーのアドレスを

使う ] が選択されていることを確認し、空欄に IP アドレス、サブネットマス

ク、およびデフォルトゲートウェイをそれぞれ入力して [OK] をクリックし

ます。

3-19

Bluetooth接続の設定

Bluetooth ペアリングは2台のデバイスが Bluetooth を通して、互いに通信を行うプロ

セスです。

Bluetooth接続の起動

▶ Bluetooth 状態を検知する

機内モードが有効になると、 Bluetooth 接続が無効になります。Bluetooth接続

を設定する前に、必ず機内モードがオフになっていることを確認してくださ

い。

1. デスクトップを起動します。スクリーンの左下側にある

リックします。

アイコンをク

2. [ 設定 ] を選択し、それから [ デバイス/ Bluetooth]から Bluetooth 接続が有効に

なるかどうかを検知します。

3. Bluetooth 接続が [ オフ ] の場合は、 [ オン ] に切り替えます。

4. または、タスクトレイの右下側にある [SCM] アイコンをクリックして、シ

ステムコントロールマネージャのメインウィンドウを呼び出し、 Bluetooth

接続がオンに切り替えれるかどうかを検知します。

3-20

3-21

▶ Bluetooth デバイスのペアリング

1. デスクトップを起動します。タスクトレイの右下側にある [Bluetooth] アイ

コンを右クリックします。

2. [Bluetooth デバイの追加 ] を選択します。

3. 検出されたデバイスリストから希望の Bluetooth デバイスを選択します。

4. [ ペアする ] をクリックして進みます。

5. 本製品と選択したBluetoothデバイスの間でパスコードが一致していること

を確認して、 [ はい ] をクリックして完了します。

3-22

3-23

外部デバイスの接続

本製品はUSB、HDMI、およびミニDisplayPortなどの様々なI/O (入力/出力)ポート

を搭載しており、それぞれの周辺機器を本製品に接続することができます。

これらのデバイスを接続するために、まず各デバイスの取扱説明書を参照してくだ

さい。本製品は接続された外部デバイスを自動的に検知できますので、デバイスの

検知がない場合には、 [ スタートメニュー/ Windowsシステムツール/ コントロール

パネル/ ハードウェアとサウンド/ デバイスの追加 ] から新しいデバイスを追加し、

手動でこのデバイスを有効にしてください。

3-24

ビデオ: RAID機能を使う

本製品は複数のレベルのRAIDテクノロジをサポートします。RAIDでユーザーがデ

ータをマルチプルハードディスクドライブ/ソリッドステートドライブに保存でき

ます。詳細については当地の販売店にお問い合わせください。ご購入モデルによリ

対応可能なRAIDレベルが異なる場合がありますので、ご注意ください。

以下のWEBサイトから指導ビデオをご覧ください。https://youtu.be/u2C35-ctFbw

YouTube Youku

3-25

ブートモードの選択

1. システムの電源を入れ、直後からDELキーを連打してUEFIセットアップメニ

ューに入ります。

2. カーソルを [Boot] タブに移動し、[Boot mode select]をご利用になるOSにあわ

せて[UEFI][LEGACY][UEFI with CSM]から選択します。

3. Windows 10の場合、システムのパフォーマンスを最大限に発揮させるために

[UEFI]の選択をお薦めします。

3-26

ビデオ : MSI ノートPCにおけるWindows 10 OSの

復元

以下のWEBサイトから指導ビデオをご覧、必要なら[F3 Recovery]と [Windows

10 Settings]を使いで Windows 10 OS を復元します。https://www.youtube.com/ watch?v=hSrK6xAQooU。

YouTube Youku

3-27

ビデオ: MSI One Touch Installの使用方法

MSI "One Touch Install" はワンクリックインストーラーアプリケーションとし

て、1回クリックすることで、 MSI ノートブックに全ての必要なドライバーを効果

的にインストールします。

インストールの説明ビデオはこちらからご覧いただけます。

Windows 10/ 8.1: https://www.youtube.com/watch?v=ERItRaJUKQs

Windows 7: https://www.youtube.com/watch?v=43lnM4m-500

Windows 10/ 8.1

YouTube Youku

YouTube

Windows 7

Youku

3-28

advertisement

Was this manual useful for you? Yes No
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the workof artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals

Download PDF

advertisement

Table of contents