MSI PRO 22XT 10M ALL-IN-ONE PC 取扱説明書

Add to my manuals
49 Pages

advertisement

MSI PRO 22XT 10M ALL-IN-ONE PC 取扱説明書 | Manualzz

Gaming 24 Series

オールインワン (AIO) PC

MS-AE6Cシステム

ii

目次

著作権について �������������������������������������������������������������������������������������������������������iii

商標 �������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������iii

改訂 �������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������iii

アップグレードと保証 ��������������������������������������������������������������������������������������������iv

交換用部品のご購入 ������������������������������������������������������������������������������������������������iv

技術サポート �����������������������������������������������������������������������������������������������������������iv

グレーン製品の特徴 ������������������������������������������������������������������������������������������������iv

環境ポリシー �������������������������������������������������������������������������������������������������������� v

化学物質情報 ����������������������������������������������������������������������������������������������������������� v

バッテリー情報 ������������������������������������������������������������������������������������������������������� v

安全に関する注意事項 ��������������������������������������������������������������������������������������������vi

CE適合性 ��������������������������������������������������������������������������������������������������������������viii

FCC-B無線周波数干渉制限準拠声明 �������������������������������������������������������������������� viii

WEEE声明 ������������������������������������������������������������������������������������������������������������viii

日本JIS C 0950材質宣言 ��������������������������������������������������������������������������������������� viii

1�

概要

���������������������������������������������������������������������������������������������1-1

パッケージの内容 ������������������������������������������������������������������������������������������������ 1-2

システムの概要 ����������������������������������������������������������������������������������������������������1-3

コンポーネントの交換とアップグレード ������������������������������������������������������������ 1-9

2�

使用の手引き

�������������������������������������������������������������������������������2-1

安全と安心に関するヒント ���������������������������������������������������������������������������������� 2-2

ハードウェアセットアップ ���������������������������������������������������������������������������������� 2-3

3�

システムの操作

���������������������������������������������������������������������������3-1

電源管理 ���������������������������������������������������������������������������������������������������������������3-2

ネットワーク接続 (Windows 7) ��������������������������������������������������������������������������� 3-4

ネットワーク接続 (Windows 8.x) ������������������������������������������������������������������������� 3-7

システム復元 (Windows 7) ��������������������������������������������������������������������������������� 3-10

システム復元 (Windows 8.x) ������������������������������������������������������������������������������ 3-20

A. トラブルシューティング

������������������������������������������������������������

A-1

はじめに

著作権について

本書の内容はMICRO-STAR INTERNATIONALの知的財産です。本書の作成に当たっ

ては細心の注意を払っておりますが、その内容の正確性については一切保証いたしま

せん。弊社製品は継続的に改善されています。弊社は、予告なく変更する権利を保有

します。

商標

すべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。

改訂

改訂

V1.0

日付

2015年2月 iii

iv

アップグレードと保証

製品にプリインストールされた特定のコンポーネントは、ユーザーの依頼でアップグ

レードまたは交換可能な場合があります。ご購入いただいた製品の詳しい情報につい

ては、最寄りの代理店までお問い合わせください。認定代理店またはサービスセンタ

ー以外は、製品のコンポーネントをアップグレードしたり交換しないでください。保

証が無効になることがあります。アップグレードまたは交換サービスについては、認

定代理店またはサービスセンターまでお問い合わせください。

交換用部品のご購入

特定の国または地域で本製品を購入された場合、メーカーは本製品の交換用部品(ま

たはこれに相当する部品)の供給を本製品の生産中止後も最長で5年間継続します。継

続期間は現地の法令や規制により異なります。サービスサポートについてのお問い合

わせは、http://www.msi.com/support/からMSIにお問い合わせ下さい。

技術サポート

システムの問題が発生しユーザーズマニュアルにその解決法が見つからない場合、お

買い上げの店または最寄りの代理店にご連絡ください。あるいは、詳しい説明につい

ては次のヘルプリソースを参照してください。テクニカルサポート情報、ドライバソ

フトウェア更新などの情報は、http://www.msi.com/support/をご参照下さい。

グレーン製品の特徴

使用中およびスタンバイ中の電力消費の低減

環境や健康に有害な物質の使用の制限

分解およびリサイクルが容易

リサイクルの奨励により天然資源の使用を低減

容易なアップグレードにより製品寿命を延長

回収ポリシーにより固形廃棄物の発生を低減

はじめに

環境ポリシー

本製品は、部品の適切な使用およびリサイクルができるよう

に設計されています。勝手に廃棄しないでください。

ユーザーは、使用済み製品のリサイクルのために、現地の認

定された収集ポイントに連絡する必要があります。

詳しいリサイクル情報については、PCお客様ご相談窓口にご相談下さい。

化学物質情報

化学物質規則に従って、例えばEU REACH規則 (欧州議会および理事会規則(EC)No.

1907/2006)、MSIは製品内の化学物質の情報を提供します。 http://www.msi.com/html/popup/csr/evmtprtt_pcm.html

バッテリー情報

欧州連合:

バッテリー、バッテリーパックおよび蓄電池は、分類され

ていない家庭廃棄物として捨てられるべきではありませ

ん。公共の収集システムを使用して回復し、リサイクル

し、または当地の規則に従って処理します。

台湾:

より良い環境保護のために、再生利用または特別の処理す

るように、廃物のバッテリーは別々に収集られるべきで

す。

カルフォルニア、USA:

ボタンセルバッテリーは過塩素酸塩を含む恐れがあるので、カルフォルニア

で再生利用または特別の処理するには特別に取り扱ってください。

詳細については、以下のウェブサイトをご参照ください。 http://www.dtsc.ca.gov/hazardouswaste/perchlorate/

バッテリーを正しく交換しないと爆発の危険があります。メーカーが推奨す

る種類のバッテリーと同じまたは同等のバッテリーと交換します。 v

vi

安全に関する注意事項

安全に関する注意事項をよくお読みください。

装置またはユーザーズマニュアルに記載されているすべての注意と警告を

遵守してください。

パッケージに付属しているユーザーズガイドを今後のために保存しておいてく

ださい。

この装置は高温多湿を避けて置いてください。

本装置をセットアップする際には、平らな面に置いてください。

機器をコンセントに接続する前に、電圧が安全範囲であること、また

100~240Vの電圧範囲に正しく調整されていることを確認してください。

プラグからの保護接地ピンは無効にしないでください。本装置は接地され

た電源コードセントに接続する必要があります。

アドオンカードまたはモジュールを本装置に挿入する前に、必ずAC電源

コードを抜いてください。

本装置を長期にわたり使用しない場合、不要な電力消費を防ぐため、必ず

AC電源コードを抜くか、壁面スイッチをオフにしてください。

本装置の通気口は通風及び過熱から機器を保護するために使用されます。通気

口をふさがないでください。

本装置は温度が60 O C (140 O F)より高い、または0 O C (32 O

す。

F)より低い、気温調整

が行われない環境には設置しないでください。装置が破損することがありま

注意: 最高の操作温度は40 O Cです。

はじめに

液体を開口部に注ぎ込むと機器が破損したり感電することがあるため、開口部

から液体を注ぎ込まないでください。

電源コードは踏まれることがないように配線してください。電源コードの上に

物を置かないでください。

同軸ケーブルをテレビチューナーに接続する場合、金属シールドが建物の

保護接地システムに確実に接続されている必要があります。

ケーブル配列システムは、国家電気規則 (NEC) (ANSI/NFPA 70)、特に

820.93部分の同軸ケーブルの外部伝導保護接地通りに接地されるべきで

す。

強い磁力や電力を使用している物体は必ず本装置から離してください。

次のような場合は、サービス担当者に装置の点検を依頼してください。

電源コードまたはプラグが破損した場合。

装置内に液体が入った場合。

装置が湿気にさらされた場合。

ユーザーズマニュアルに従って操作しても、機器が正常に作動しない、ま

たは起動しない場合。

装置が落ちて破損した場合。

装置に目に見える破損がある場合。 vii

1� 光学記憶装置はクラス 1 レーザー製品として分類されています。 指定されてい

ない制御や調整、または手順を実行することは禁止されています。

2� ドライブ内部のレンズに触れないでください。

viii

CE適合性

本製品は、必須の安全要件および欧州指令に定められたその他の関連す

る規定に準拠しています。

FCC-B無線周波数干渉制限準拠声明

本装置は、FCC規定第15部に準ずるクラスBのデジタル機器の制限

に準拠することが試験によって確認されています。これらの制限事

項は、住宅地域で使用した場合に生じる可能性のある電磁障害を抑

制するために制定されたものです。本装置は高調波エネルギーを生

成および使用しており、高調波エネルギーを放射する可能性もあるため、指示に従っ

て正しく設置しなかった場合は、無線通信に障害を及ぼす可能性があります。但し、

特定の設置状況においては電波障害を起こさないという保証はありません。本装置が

ラジオやテレビの受信に障害を与えていないかを判断するには、本装置の電源の投入

と切断を行って確認します。受信障害が発生している場合には、以下の方法で受信障

害を改善することをお薦めします。

受信アンテナの方向または設置位置を変える。

本装置と受信機の距離を離す。

本装置を受信機が接続されている回路とは別の回路のコンセントに接続す

る。

販売店やラジオ/ビデオの専門技術者に問い合わせる。

注記1

FCC準拠に責任を持つ第三者からの明確な許可を受けることなく、本体に承認されて

いない変更や改造が行われた場合には、本装置を使用する権利が規制される場合があ

ります。

注記2

放出制限に従うために、シールドされたインタフェースケーブルとAC電源コードを

使用しなければなりません。

VOIR LA NOTICE D’INSTALLATION AVANT DE RACCORDER AU RESEAU.

本機器はFCC規定第15部に準拠しています。操作は次の2つの条件により規制されま

す。

1� 電波障害を起こさないこと。

2� 誤動作の原因となる電波障害を含む、受けるすべての電波障害に対して正常に動

作すること。

WEEE声明

2005年8月13日以降にEU加盟国を流通する電気・電子製品にはWEEE指令

によりゴミ箱に×印のリサイクルマークの表示が義務づけられており、廃

棄物として捨てることの禁止とリサイクルが義務づけられています。

日本JIS C 0950材質宣言

日本工業規格JIS C 0950により、2006年7月1日以降に販売される特定分野の電気およ

び電子機器について、製造者による含有物質の表示が義務付けられます。 http://www.msi.com/html/popup/csr/cemm_jp.html

http://tw.msi.com/html/popup/csr_tw/cemm_jp.html

1

概要

MSIは立派かつ一流のゲーミングデスクトップの全部を大型のディスプレイ

にうまく統合し、それによってゲーム愛好者向けの、この一流のオールイン

ワンPCを開発します。最高のオーディオソリューションや驚くほどのグラ

フィックスを通して、本製品は視覚的な効果や著しいパフォーマンスをもっ

て、カジュアルユーザーと熱狂的なユーザーの両方に深い印象を与えます・

パッケージの内容

オールインワンPC AC/DCアダプタ AC電源コード

1-2

クリーニングクロス

ドライバー/ユーティリ

ティディスク

ユーザーズマニュアル &

クイックガイド

専用ワイヤレス

キーボード

専用ワイヤレス

マウス

* 付属品が損傷または不足している場合は、ただちに当社にお問い合せください。

* 図は参考用です。同梱されているものは、お買い上げいただいたモデルによってわ

ずかに異なることがあります。

概要

1-3

1-2

システムの概要

h

正面図

1

2 1

3

概要

4 4

1

2

3

4

マイク

内蔵マイクは、オンラインのビデオチャットで使用できます。

ウェブカメラ

マイクを搭載した内蔵ウェブカメラは写真撮影、ビデオ録画、オンライン会議、その

他の双方向用途で使用できます。

LEDインジケーター (オプション)

録音している時、このLEDインジケーターは合図します。デバイスがビデオを保存し

ている場合はこのLEDインジケーターがオンになり、そうでなくてはオフになりま

す。

ステレオスピーカー

内蔵のステレオスピーカーは、ステレオシステムをサポートする高品質のサウンドブ

ラスターを提供します。

1-3

h

背面図

1

1-4

1 2 3 1

1

2

3

通気口

本装置の通気口は通風および過熱から機器を保護するために使用されます。通気口を

塞がないでください。

Kensington Lockポート

本製品はKensingtonロックポートを搭載しています。ゴムで処理された金属ケーブル

でAIO PCを固定位置に括り付けるか、キーあるいは機械的なPINデバイスでユーザー

のAIO PCの安全を確保します。ケーブルの末端には小さな輪があり、ケーブル全体を

固定の物体に巻きます。重いテーブル、または他の同様の設備にAIO PCを固定位置に

括り付けっています。

スタンド

ご使用のシステムを平らで安定した表面に配置するためにこのスタンドを使用しま

す。

概要

1-5

1-4

概要 h

側面図

1

3

5

7

9

4

2

6

8

10

11

13

12

1

2

3

4

5

6

システム電源ボタン / LED

システム電源ボタンを押すと、システムをオン/オフの間に切り替えます。

システムの電源がオンになると電源LEDが輝き、システムがシャットダウンされると

消えます。節電のため、LEDはS3 (Suspend to RAM)モードで点滅し、S4 (Suspend to Disk)モードで消えます。

モニタ電源LED

モニタの電源がオンになると電源LEDが輝き、モニタがシャットダウンされると消え

ます。

ハードディスクドライブLED

このインディケータはHDDの動作状態を表示します。システムがHDDにデータをア

クセスしている場合はこのLEDが閃いて、ディスク動作が検出されていない場合は

LEDがオフのままであります。

モニタ電源 / モードボタン

このボタンはモニタ電源ボタンだけでなくPCとHDMIの間の信号入力スイッチでもと

して動作することができます。

メニューボタン

このボタンを押して、 輝度とボリュームメニューの間で切り替えます。

輝度 / 音量上昇ボタン

このボタンを押して輝度/音量を上げます。

1-5

1-6

7

8

9

10

11

輝度 / 音量低下ボタン

このボタンを押して輝度/音量を下げます。

カードリーダードライブ

内蔵カードリーダーはさまざまなタイプのメモリカードに対応します。

USB 3.0ポート (MSI Super Chargerテクノロジをサポート) (オプション)

USB 3.0ポートはUSB 2.0デバイスと併用できます。データ転送速度は最大5 Gbit/sま

でをサポートします (超高速)。

MSI Super Chargerテクノロジで、このポートは普通のUSB 3.0ポートとして機能する

だけでなく、システムが終了された場合にもUSBデバイスを充電することが可能にな

ります。ユーザーがただUSBデバイスを充電するためにシステムを起動する必要がな

いでしょう。さらに、充電時間を40%まで短縮でき、生活がこれまで以上効率的にな

ります。

USB 3.0ポート (オプション)

USB 3.0ポートはUSB 2.0デバイスと併用できます。データ転送速度は最大5 Gbit/sま

でをサポートします (超高速)。

イジェクト穴

イジェクトボタンが機能しない場合、クリップなどをイジェクト穴に差し込んで、光

学ドライブを手動で開くことができます。

12 イジェクトボタン

イジェクトボタンを押して光学ディスクドライブを開きます。

13

光学ディスクドライブ

ホームエンターテーメント用にDVDスーパーマルチドライブが内蔵されています。

(ブルーレイがオプションです。)

概要

1-7

1-6

概要 h

上面図および底面図

1 2

3

4

5

6

7

10

7

8

9

1

2

3

4

5

通気口

本装置の通気口は通風および過熱から機器を保護するために使用されます。通気口を

塞がないでください。

スタンド

ご使用のシステムを平らで安定した表面に配置するためにこのスタンドを使用しま

す。

Line出力ジャック

ヘッドフォンまたはスピーカー用のコネクターです

マイクジャック

マイク用のコネクターです。

RJ-45 LANジャック

LANへの接続用に標準のRJ-45 LANジャックが付属しています。このジャックにネッ

トワークケーブルを接続できます。

黄色 緑色/ オレンジ

LED

黄色

LED状態

Off

On (点灯)

緑色

On (点滅)

Off

On

オレンジ On

コンディション

ネットワークに接続していません。

ネットワークに接続しています。

通信中です。

10 Mbit/秒で通信しています。

100 Mbit/秒で通信しています。

1000 Mbit/秒で通信しています。

1-7

1-8

6

USB 2.0ポート (オプション)

USB (ユニバーサルシリアルバス)ポートは、マウス、キーボード、またはその他の

USB対応デバイスなどの、USBデバイスを接続するために提供されています。データ

転送速度は最大480Mbit/sまでをサポートします (高速)。

7 HDMI出力ポート (オプション)

HDMIは非圧縮ストリームの伝送用の完全デジタルオーディオ/ビデオインタフェース

です。HDMIは、標準、拡張、および高精細度の映像を含むすべてのテレビ形式、お

よびマルチチャンネルデジタルオーディオに1本のケーブルで対応できます。

8

9

10

電源ジャック

AC/DC電源アダプタは、このジャックのAC電源をDC電源に変換します。このジャッ

クを通して供給される電力は、PCに電力を供給します。PCの損傷を避けるために、

付属の電源アダプタを必ず使用してください。

TVチューナーアンテナコネクター (オプション)

このコネクターはデジタルTVアンテナ用です。

USB 3.0ポート (オプション)

USB 3.0ポートはUSB 2.0デバイスと併用できます。データ転送速度は最大5 Gbit/sま

でをサポートします (超高速)。

注意

1� 安全のために、先にAC/DC電源アダプタを接続して、その後AC電源コードをコン

セントに接続してください。

2. 高速デバイスはUSB 3.0ポートに挿入することにもかかわらず、マウスあるいはキ

ーボードなどの低速デバイスはリアパネルにはのUSB 2.0ポートに差し込むことをお

薦めします。

概要

1-9

1-8

コンポーネントの交換とアップグレード

製品にプリインストールされた特定のコンポーネントは、ユーザーが購入したモジュ

ールにより、ユーザーの依頼でアップグレードまたは交換可能な場合があります。

概要

ご購入いただいた製品の詳しい情報については、最寄りの代理店までお問い合わせく

ださい。認定代理店またはサービスセンター以外は、製品のコンポーネントをアップ

グレードしたり交換しないでください。保証が無効になることがあります。アップグ

レードまたは交換サービスについては、認定代理店またはサービスセンターまでお問

い合わせください。

1-9

2

使用の手引き

本章ではハードウェアのセットアップ手順について説明します。周辺機器の

接続時には、機器の持ち運びに十分注意し、静電気防止用に接地されたリス

トストラップを使用してください。

2-2

安全と安心に関するヒント

本製品はは電源を接続すればどこでも使用することが出来ます。健康のために、適切

な作業環境を整えた上で使用して下さい。

1� 作業領域には十分な照明が必要です。

2� 適切な机と椅子を選び、操作がしやすいように高さを調整します。

3� 椅子に座る場合、椅子の背もたれがある場合は椅子の背もたれを背中にあわせて

調整します。

4� 足は平らに自然な状態で置き、膝と肘が適切な位置(約90度)になるようにしま

す。

5. 手は自然な状態で机の上に置き、手首が支えられるようにします。

6. 本機の角度と位置を見やすいように調整します。

7. パソコンは使いにくい場所(ベッドの上など)で使わないで下さい。

8. 本機は精密機器です。怪我をしないよう、取り扱いには十分注意してください。

1

3

4 90-120

15-20

38-76 cm

5

6

4 2

2

4

使用の手引き

ハードウェアセットアップ

注意

• ここに表示された図解は参照用だけです。ご購入したモデルによりシステムが異な

る場合があります。

• システムを通電する前に、必ずAC電源コードやコンセント経由でPCを地面に接地

することを確認してください。

• ディスプレイの上に鋭い物を使わないでください。

1. 本機がしっかりと置かれるまで、スタンドを適切な角度に調整します。

2-3

2. アダプタを本機に接続し、電源コードに挿入します。

3

1

2-4

3. 電源ボタンを押して、システムを通電します。

2

システムの操作

この章では、システムの操作に関する基本的な情報について説明します。

注意

すべての情報は予告なしに変更する場合があります。

3

電源管理

パソコンとモニターの電源管理により、大幅に節電し、環境にも配慮することができ

ます。

電力を効率的に使用するには、ディスプレイの電源をオフにするか、一定時間使用さ

れない場合にパソコンがスリープモードになるよう設定します。 h

Windows 7での電源管理

■ Windows OSでの[Power Options](電源オプション)により、ディスプレイ、ハ

ードドライブ、バッテリーの電源管理機能を制御できます。[Start](スタート)

> [Control Panel](コントロールパネル) > [System and Security](システムとセ

キュリティ)と進みます。

3-2

[Power Options](電源オプション)リンクをクリックします。

必要に応じて電源オプションを選択します。[Change plan settings] (プラン設

定の変更)をクリックして、設定を微調整することもできます。

■ [Shut Down Computer](コンピュータのシャットダウン)メニューに、システ

ム電源の迅速かつ容易な管理のための[Sleep](スリープ、S3/S4)および[Shut

Down](シャットダウン、S5)の各オプションが表示されます。 h

Windows 8.xでの電源管理

■ Windows OSでの[Power Options](電源オプション)により、ディスプレイ、ハ

ードドライブ、バッテリーの電源管理機能を制御できます。[Start](スタート)

> [Control Panel](コントロールパネル) > [System and Security](システムとセ

キュリティ)と進みます。

システムの操作

3-3

3-2

システムの操作

[Power Options](電源オプション)リンクをクリックします。

必要に応じて電源オプションを選択します。[Change plan settings] (プラン設

定の変更)をクリックして、設定を微調整することもできます。

■ [Shut Down Computer](コンピュータのシャットダウン)メニューに、システ

ム電源の迅速かつ容易な管理のための[Sleep](スリープ、S3/S4)および[Shut

Down](シャットダウン、S5)の各オプションが表示されます。 h

ENERGY STAR適格なモニタを通じての電源管理

ユーザーの無活動状態後、電源管理機能は低電力またはスリー

プモードに着手します。モニターにぴったりの外部のENERGY

STARと共に使用される場合には、この機能が同様に簡単なモニ

ターの電源管理機能をサポートします。可能な電力節約を利用す

るために、システムが AC電源で動作しているとき、電源管理機

能が以下の方法で予めセットして動きます。

■ 15分後ディスプレイをオフにします。

■ 30分後スリープを始めます。 h

システムの復帰

次のいずれかを使用して、節電モードからコンピュータを復帰させることができま

す。

■ 電源ボタン

■ ネットワーク (Wake On LAN)

■ マウス

■ キーボード

3-3

節電に関するヒント

:

■ 一定時間使用しない場合、LCD電源ボタンを押してモニターの電源をオフに

します。

■ Windows OSの電源オプションを設定して、パソコンの電源管理を最適化しま

す。

■ パソコンの電力消費を管理するソフトウェアをインストールします。

■ パソコンを長期にわたり使用しない場合は、不要な電力消費を防ぐため、必

ずAC電源コードを抜くか、壁面スイッチをオフにしてください。

ネットワーク接続 (Windows 7)

h

有線LAN

1� [Start](スタート) > [Control Panel](コントロールパネル)と進みます。

2� [Network and Internet](ネットワークとインターネット)から[Connect to the

Internet](インターネットへの接続)を選択します。

3-4

3� [Broadband (PPPoE)](ブロードバンド(PPPoE))を選択して、ユーザー名およびパ

スワードが必要なDSLまたはケーブルを使用して、接続します。

4� ISPからの情報を入力し、[Connect](接続)をクリックして、LAN接続を確立しま

す。

システムの操作

3-5

3-4

システムの操作 h

ワイヤレスLAN

1� [Start](スタート) > [Control Panel](コントロールパネル)と進みます。

2� [Network and Internet](ネットワークとインターネット)から[Connect to the

Internet](インターネットへの接続)を選択します。

3� [Wireless](ワイヤレス)を選択して、ワイヤレスルーターまたはワイヤレスネットワ

ークを使用して、接続します。

3-5

4� 利用可能なWLAN接続のリストが表示されます。リストから接続を選択するか、

[Open Network and Sharing Center](ネットワークと共有センターを開く)をクリッ

クして、新しい接続を確立します。

5. 新しい無線 LAN 接続を確立するには、[Network and Sharing Center](ネットワーク

と共有センター)で [Set up a new connection or network](新しい接続またはネット

ワークの設定)を選択します。

3-6

6. 次に、[Manually connect to a wireless network](無線ネットワークに手動で接続)を

選択し、[Next](次へ)をクリックして次へ進みます。

7. 追加したい無線ネットワークの情報を入力して、[Next](次へ)をクリックして次へ

進みます。

8. 新しい無線LAN接続が確立されました。[Close](閉じる)をクリックして終了する

か、[Change connection settings](接続設定の変更)を選択して、無線LAN設定を変

更します。

システムの操作

3-7

3-6

システムの操作

ネットワーク接続 (Windows 8.x)

h

有線LAN

1� [Start](スタート) > [Control Panel](コントロールパネル)と進みます。

2� [Network and Internet](ネットワークとインターネット)から[View network status and tasks](ネットワークのステータスやタスクを調べる)を選択します。

3� 新しい接続を確立し、[Network and Sharing Center](ネットワークと共有センタ

ー)を選択します。

4� [Set up a new connection or network](新しい接続またはネットワークの設定)を選

択します。

3-7

5. [Connect to the Internet](インターネットへの接続)を選択します。

6. [Broadband (PPPoE)](ブロードバンド(PPPoE))を選択して、ユーザー名およびパ

スワードが必要なDSLまたはケーブルを使用して、接続します。

3-8

7. ISPからの情報を入力し、[Connect](接続)をクリックして、LAN接続を確立しま

す。

システムの操作

3-9

3-8

システムの操作 h

ワイヤレスLAN

1� デスクトップの[Settings](設定)

ネットワークとして置きます。

を選択し、ワイヤレスアイコンを利用可能な

2. 利用可能なWLAN接続のリストが表示されます。リストから接続を一つ選択しま

す。

3� 新しい接続を確立するには、[Control Panel] (コントロールパネル)にある[Network and Internet] (ネットワークとインターネット)から[Network and Sharing Center]

(ネットワークと共有センター)を選択します。

4� [Set up a new connection or network] (新しい接続またはネットワークの設定)を選

択します。

5. 次に、[Manually connect to a wireless network](無線ネットワークに手動で接続)を

選択し、[Next](次へ)をクリックして次へ進みます。

6. 追加したい無線ネットワークの情報を入力して、[Next](次へ)をクリックして次へ

進みます。

3-9

7. 新しい無線LAN接続が確立されました。[Close](閉じる)をクリックして終了する

か、[Change connection settings](接続設定の変更)を選択して、無線LAN設定を変

更します。

システム復元 (Windows 7)

注意

システム復元ツールは、規定でWindows OSおよびMSIのユーティリティがバンドル

されたシステムでのみ利用できます。

システム復元ツールを使用する目的には、以下が含まれます。

■ 正規メーカーの既定の設定の初期状態にシステムをリストアする。

■ 使用中オペレーティングシステムにエラーが発生した場合。

■ オペレーティングシステムがウィルスの影響を受け、正常に機能しない場

合。

■ 他の内蔵言語でOSをインストールする場合。

復元ツールを使用する前に、システムに保存された重要なデータを他のストレージデ

バイスにバックアップしてください。

次のソリューションがシステムの復元に失敗した場合は、認定された最寄の販売店ま

たはサービスセンターにサポートを求めてください。

3-10 h

F3ホットキーによるシステムの復元

システムが復元できない問題に遭遇した場合は必ず、まずF3ホットキーでハードディ

スクドライブの復元パーティションでシステムの復元を試すことを推奨します。

続行するには下記の指示に従います。

1� システムを再起動します。

2� 次の画像が表示されたら、キーボードのF3ホットキーを押します。

システムの操作

3-11

3-10

システムの操作

3. 復元ツールを起動します。このツールは3種の機能を含み:システムのバックアッ

プ、システムのリストア、および工場出荷時の設定値に復元。 h

システムのバックアップ

壊滅的なディスク故障あるいは他の事故の場合には、解決策として、ユーザーがシス

テムをバックアップすることを強くお薦めします。

続行するには下記の指示に従います。

1. [Backup System]を選択します。または、[X]を選択し、[Esc]キーを押して終了しま

す。

3-11

2. [BACKUP]を選択すると、すぐにシステムのバックアップを行います。

‹ 最初のバックアップ

最初のバックアップが完了するまでしばらく時間が掛かります。中断なしで進行させ

てください。

3-12

‹ 次のバックアップ

次のバックアップは最初のバックアップファイルを取り替えます。

システムの操作

3-13

3-12

システムの操作

3. システムのバックアップが現在進行中です。処理が完了するまでしばらく時間が掛

かります。システムのバックアップの実行中はシステムの電源を切らないでくださ

い。さもないと、システムに未知の損害が発生する場合があります。

4. または、[CANCEL]を選択し、システムのバックアップをすぐに中断します。シス

テムのバックアップのキャンセルの実行中はシステムの電源を切らないでくださ

い。

3-13

5. 以下のメッセージは、システムが適切にバックアップされたことを示しています。

[OK]を押して完了します。

3-14 h

システムのリストア

このツールは、ユーザーが予め作成してハードディスクドライブに保存したバックア

ップファイルによってシステムを前の状態に回復します。利用可能なバックアップフ

ァイルがない場合、システムがデフォルトセットアップに回復されます。

続行するには下記の指示に従います。

1. [Restore System]を選択します。または、[X]を選択し、[Esc]キーを押して終了しま

す。

システムの操作

3-15

3-14

システムの操作

2. システムが前のバックアップあるいはデフォルトセットアップに回復するために、

[OK]あるいは[NEXT]を選択し。または、[CANCEL]を選択し、すぐにシステムの回

復を中断します。

‹ バックアップファイルによる場合:システムを前のバックアップに回復する

‹ バックアップファイルない場合:システムをデフォルトセットアップに回復する

3-15

3� システムのリストアが現在進行中です。処理が完了するまでしばらく時間が掛かり

ます。実行中はシステムの電源を切らないでください。さもないと、システムに未

知の損害が発生する場合があります。

3-16

4� 次のメッセージは、システムが適切に回復されたことを示しています。[OK] (OK)を

押して完了します。システムを再起動して、通常通りWindowsのオペレーティン

グシステムにアクセスします。回復プロセスが中断したり、失敗した場合は、最初

から回復手順を繰り返してください。

システムの操作

3-17

3-16

システムの操作 h

システムの復元

このツールはシステムを工場出荷時の設定値を復元します。デフォルト設定に戻す

と、HDDにはのデータがすべて削除されます。

続行するには下記の指示に従います。

1. [Recover to factory default]を選択します。または、[X]を選択し、あるいは [Esc]キ

ーを押して終了します。

2� システムが工場出荷時の設定値に復元されます。データが全部消します。重要な

データがバックアップされたことを確認してください。[NEXT]を選択して続けま

す。または、[CANCEL]を選択して中断します。

3-17

3� システムがデフォルト設定に戻すするために、[OK]を選択してください。

3-18

4. システムの復元が現在進行中です。処理が完了するまでしばらく時間が掛かりま

す。実行中はシステムの電源を切らないでください。さもないと、システムに未知

の損害が発生する場合があります。

システムの操作

3-19

3-18

システムの操作

5. 次のメッセージは、システムが適切に復元されたことを示しています。[OK]

(OK)を押して完了します。システムを再起動して、通常通りWindowsのオペレー

ティングシステムにアクセスします。復元プロセスが中断したり、失敗した場合

は、最初から復元手順を繰り返してください。

3-19

3-20

システム復元 (Windows 8.x)

注意

システム復元ツールは、規定でWindows OSおよびMSIのユーティリティがバンドル

されたシステムでのみ利用できます。

システム復元ツールを使用する目的には、以下が含まれます。

■ 正規メーカーの既定の設定の初期状態にシステムをリストアする。

■ 使用中オペレーティングシステムにエラーが発生した場合。

■ オペレーティングシステムがウィルスの影響を受け、正常に機能しない場

合。

■ 他の内蔵言語でOSをインストールする場合。

復元ツールを使用する前に、システムに保存された重要なデータを他のストレージデ

バイスにバックアップしてください。

次のソリューションがシステムの復元に失敗した場合は、認定された最寄の販売店ま

たはサービスセンターにサポートを求めてください。

システムの操作

3-21

3-20

システムの操作 h

OSから復元

‹

PCを更新する

更新PCユーティリティはシステムファイル、Windowsレジストリ、および他の大切

なシステムコンポーネントが正常に動作するかどうかを検査します。Windowsファイ

ルに問題がある場合はPCの修復を試みます。PCが正常に動作しない場合、個人のフ

ァイルを失わないで更新することができます。

1� デスクトップ上の[ Settings ] (設定) を選択して、 [Change PC settings] (PC

 設定の変更) > [Update and recovery](アップデートとリカバリー)を選択します。

2. [Recovery] (リカバリー) > [Refresh your PC without affecting your files] (ファイル

に影響を与えないでPCを復元する) の順で進みます。それから、[Get started] (始めま

しょう) をクリックします。

3-21

3� 進行中の変更が表示されます。[Next](次へ)をクリックして次へ進みます。

4� PCが更新する用意はできましたというメッセージが表示されます。[Refresh] (復

元) をクリックして更新を始めます。これには時間が掛かる場合があります。

3-22

5. 更新のプロセスが完了すると、Windowsスタート画面へ戻ります、すべてのデフォ

ルトWindowsユーティリティとウィジェトが表示されます。

システムの操作

3-23

3-22

システムの操作

‹

PCをリセットする

リセットユーティリティはシステムを最初の出荷設定に戻します。

1� デスクトップ上の[ Settings ] (設定) を選択して、[Change PC settings] (PC

 設定の変更)から [Update and recovery](アップデートとリカバリー)を選択します。

2. [Recovery] (リカバリー) > [Refresh your PC without affection your files] (ファイル

に影響を与えないでPCを復元する) の順で進みます。それから、[Get started] (始めま

しょう) をクリックします。

3� 進行中の変更が表示されます。[Next](次へ)をクリックして次へ進みます。

3-23

4� マルチパーティションのハードディスクの場合、リセットしたいドライブを選択す

ることが出来ます。

3-24

5. 現在、ユーザーのニーズよりファイルを削除するか、ドライブをクリーンするかを

選択します。

6. PCのリセットの用意ができました。[Reset](リセット)をクリックし、画面にはの

説明に従ってPCを再起動します。

システムの操作

3-25

A

トラブルシューティング

A-2

システムが起動しない。

1� システムがコンセントに接続され、電源がオンになっているか確認します。

2� 電源コードとすべてのケーブルがしっかり接続されているか確認します。

コンピュータの電源をオンにすると、”Operating System not found” (オペ

レーティングシステムが見つかりません)というメッセージが表示された

り、Windowsが起動しない。

1� 光学ディスクドライブに起動可能でないCD/ DVDが入っていないか確認してく

ださい。 入っている場合、CD/ DVDを取り出してからコンピュータを再起動し

てください。

2� BIOSセットアップで起動デバイス優先優先順位設定を確認してください。

システムを停止できない。

オペレーティングシステムの停止アイコンを使用して、コンピュータを停止する

ことをお勧めします。 以下に一覧した方法を含め、他の方法を使用すると、デー

タを失う原因となります。 停止手順が機能しない場合、次のステップのいずれか

を選択してください。

1� Ctrl+Alt+Delキーを押してから、停止を選択する。

2� システムがオンになるまで電源ボタンを押し続ける。

3� システムから電源ケーブルを抜く。

マイクが作動しない。

1� 内蔵マイクの場合、Start (スタート) > Control Panel (コントロールパネル) >

Sounds and Audio Devices (サウンドとオーディオデバイス) > Audio (オーディ

オ)の順にポイントして、消音になっていないか確認してください。

2� 外部マイクを使用している場合、マイクがマイクジャックに差し込まれていな

いか確認します。

インターネット接続に問題がある。

1� ISP(インターネットサービスプロバイダ)への接続に問題がある場合、ISPに

技術的問題がないか確認してください。

2� ネットワーク設定と接続をチェックし、システムがインターネットアクセスに

対して適切に構成されていることを確認します。

3� ワイヤレスLANデータの通信速度は、デバイスとアクセスポイント間の距離と

障害物に影響を受けます。 データ送信速度を最大限に高めるには、システムに

もっとも近いアクセスポイントを選択します。

トラブルシューティング

A-3

A-2

トラブルシューティング

システムスピーカーが作動しない。

1� オーディオミキサーでマスターボリューム設定を確認してください。

2� 専用のボリュームコントロールを持つアプリケーションを使用している場合、

ボリュームが消音になっていないか確認してください。

3� ヘッドフォンジャックにオーディオケーブルを接続している場合、取り外して

ください。

4� システムにOSD機能が付いているバイ、OSDのボリュームを調整してくださ

い。

システムのDVD-ROMでCD/ DVDを再生できない。

1� CD/ DVDのラベルが上を向いていることを確認してください。

2� CD/ DVDにソフトウェアが必要な場合、ソフトウェアがプログラムの指示に従

ってインストールされていることを確認してください。

3� DVDを再生しているときリージョンコードの警告が表示されたら、問題は

DVDがシステムのDVD-ROMと互換性がないことにあるように思われます。 リ

ージョンコードはディスクパッケージに一覧されています。

4� ビデオは見えるが音声が聞こえない場合、メディアプレーヤーを確認してくだ

さい。 また、スピーカーとマスターボリューム設定がオーディオミキサーが消

音になっていないことを確認してください。

5. ドライバが適切にインストールされていることを確認してください。 Start (ス

タート) > Control Panel (コントロールパネル) > System (システム) > Device

Manager (デバイスマネージャ)の順にクリックします。

6. 汚れたり傷のあるディスクは、コンピュータがディスクを読み取ろうとしてい

るときコンピュータがハングする原因となります。 必要に応じて、コンピュー

タを再起動し、ディスクを取り出し、汚れたり傷が付いていないか確認してく

ださい

7. PowerDVDまたはWinDVDのようなDVDプレーヤーソフトウェアを使用して、

DVDビデオを再生してください。

DVD-ROMドライブのトレイが開かない。

1� コンピュータの電源がオンになっているか確認してください。

2� DVD-ROMドライブのイジェクトボタンを押します。

3� イジェクトボタンが作動しない場合、先端の尖った物体をイジェクトボタンの

隣りにある穴に差し込んでトレイを開いてください。

システムモニタに何も表示されない。

1� システムがコンセントに接続され、電源がオンになっているか確認します。

2� システムがスタンバイモードに入っている可能性があります。 どれかのキーを

押してディスプレイを有効にします。

A-3

advertisement

Was this manual useful for you? Yes No
Thank you for your participation!

* Your assessment is very important for improving the workof artificial intelligence, which forms the content of this project

Related manuals