Tennant M-M17 取扱説明書

Add to My manuals
154 Pages

advertisement

Tennant M-M17 取扱説明書 | Manualzz

M17

(バッテリー)

スイーパースクラバー

操作マニュアル

Japanese JP

ES

®

リサイクル洗浄システム

Tennant True

®

パーツ

IRIS

®

テナントテクノロジー

Pro-Panel™ コントロール

Insta-Fit™ アダプター

北米 / 海外

最新のパーツマニュアルまたは他の言語のオペレーターマニ

ュアルについては、以下のサイトにアクセスしてください: www.tennantco.com/manuals

9017355

改訂 07 (05-2020)

*9017355*

はじめに

本マニュアルはそれぞれの製品に同梱されています。製品の操作やメンテナンスに必要な説明が記載されています。

操作や修理の前に、本マニュアルをすべて読み

本機について理解してください。

本機は優れた機能を提供します。最小限のコストで最良の結果を得るためには、次の事項にご留意ください。

• 本機は相応の注意を払って操作してください。

• 本機は決められた手順に従い、定期的に整備してください。

• 本機はテナント社純正パーツまたは同等品を使用して整備してください。

環境を

保護

本機のデータ

梱包材、バッテリーなどの使用

済部品および廃液を廃棄すると

きは、各国の法令に従い、

環境に安全な方法

で廃棄してください。

必ずリサイクルしてくださ

い。

後日

確認できるように、納入時に記入してくだ

さい。

モデル番号 -

シリアル番号 -

設置日 -

使用目的

M17は、凸凹した面やハードフロア(コンクリート、タイル、石、合成物質など)の湿式(ウェット)洗浄用に設計され

た業務用乗車型機器です。一般的な用途には、学校、病院/ヘルスケア施設、オフィスビル、小売店センターなどが含ま

れます。土、芝生、人工芝、カーペットの上で本機を使用しないでください。本機の使用は屋内の用途に制限されていま

す。本機は公道での使用を意図したものではありません。本オペレーターマニュアルで説明した機種以外は使用しないで

ください。

Tennant Company

PO Box 1452

Minneapolis, MN 55440

電話:(800) 553-8033 www.tennantco.com

DFS (デュアル フォース スイープ)、PerformanceView、Pro-ID、Pro-Check、Perma-Filter、ShakeMax、Zone

Settings、SmartRelease、QA Controls、1−Step、Dura−Track、Touch−N−Go、Duramerは、Tennant Companyの商標で

す。

本書に記載された仕様やパーツは予告なく変更される場合があります。

Original Instructions, copyright © 2016 - 2020 TENNANT Company, Printed in U.S.A.

目次

目次 .......................................................................3

重要な安全注意事項 - これらの指示事項を保存し

てください .............................................................7

安全のために: ..........................................7

操作 .....................................................................13

本機の構成 ....................................................13

制御機器と計器類 .........................................14

標準コントロールパネル ..............................15

Pro-Panel コントロール ...............................16

シンボルの定義 .............................................17

コントロールの操作 - 標準パネル ................20

バッテリー放電インジケーター ...............20

アワーメーター ........................................20

汚水回収タンク満杯インジケーター ........20

洗浄液タンクインジケーター ..................20

コントラストコントロールボタン ...........21

設定モードボタン ....................................21

1-STEPボタン ..........................................21

スイープサイドブラシボタン ..................22

スイープバキュームファンボタン ...........22

スイープメインブラシボタン ..................22

洗浄サイドブラシボタン(オプション) 22

洗浄バキューム ファン / スクイージーボタ

ン .........................................................23

洗浄メインブラシボタン ..........................23

洗浄液オン/オフボタン ............................23

過酷環境スイッチ(オプション) ...........24

フィルターシェーカースイッチ ...............24

コントロールの操作 - Pro-Panel ..................25

PRO-ID ログイン画面 ..............................25

本機ステータスボタン .............................25

デフォルトのボタンの変更 ......................26

1-STEPボタン ..........................................27

スイープメインブラシボタン ..................27

スイープバキュームファンボタン ...........27

スイープサイドブラシボタン ..................28

洗浄メインブラシボタン ..........................28

洗浄バキューム ファン / スクイージーボタ

ン .........................................................28

洗浄サイドブラシボタン(オプション) 28

洗浄液オン/オフボタン ............................29

フィルターシェーカーボタン ..................29

スクリーンロック ....................................29

過酷環境ボタン(オプション) ...............30

ゾーンコントロールボタン ......................31

リアビューカメラボタン ..........................31

ヘルプボタン ............................................32

ビデオヘルプボタン .................................34

Pro-Checkの

操作前チェックリストを完了 ..............35

目次

コントロールの操作 - すべての機種 .............36

非常停止ボタン .......................................36

方向スイッチ ............................................36

ヘッドライト/フラッシュライトスイッチ

(オプション) ...................................36

走行ペダル ...............................................37

ブレーキペダル ........................................37

パーキングブレーキペダル ......................37

運転席 ......................................................37

シートベルト(デラックスシートオプショ

ンのみ) ..............................................37

リアバンパードア/ステップ .....................38

本機の概要 ....................................................39

ブラシとパッドについて ..............................40

本機の運転時 ................................................41

運転前チェックリスト ..................................42

本機の始動 ....................................................43

洗剤タンクの充填(オプション) ................43

洗浄液タンクの充填 ......................................44

従来の洗浄モード ....................................44

ec-H2O洗浄(ec-H2Oモード) ...............44

ES(リサイクル洗浄)モード – 手動による

タンクの充填 .......................................45

自動充填(オプション) ..........................45

ec-H2Oボタン(オプション) ......................46

ES(リサイクル洗浄)ボタン(オプション) .

47

洗浄ブラシ圧 ...............................................48

ブラシ圧の設定 - 標準パネル ...................48

ブラシ圧の設定 -

Pro-Panel ............................................48

洗浄液流量 ....................................................49

洗浄液流量の設定 -

標準パネル ..........................................49

洗浄液流量の設定 -

Pro-Panel ............................................49

洗浄/スイープ - 標準パネル ..........................50

清掃/スイープ - Pro-Panel ............................51

ダブル洗浄 ....................................................52

水回収モード(洗浄なし) ...........................54

クリーニングの停止 ......................................54

ホッパーを空にする .....................................55

ホッパーを空にする -

標準パネル ..........................................55

ホッパーを空にする -

Pro-Panel ............................................56

ホッパーサポートバーをかみ合わせる .........58

ホッパーサポートバーを外す .......................58

汚水回収タンクの排水と清掃 .......................59

洗浄液タンクの排水と清掃 ...........................62

M17 9017355 (05-2020) 3

目次

本機の電源を切る .........................................63

故障/アラート ...............................................64

故障/アラートインジケーター -

標準パネル ..........................................64

故障/アラートインジケーター -

Pro-Panel ............................................64

故障/アラートインジケーター .................65

オプション ....................................................66

スプレーノズル(オプション) ...............66

高圧ウォッシャー(オプション) ...........67

ウェットバキュームワンド (オプション) .70

ライブワンド(オプション) ..................72

ライブワンドの操作

(本機から離して使用) .....................72

ライブワンドバキュームごみトレーを空に

する .....................................................73

ライブワンドバキュームフィルターの洗浄 .

74

スライドアウトバッテリー(オプション) .

75

リヤスクイージーガード(オプション) 76

後退アラームの音量(オプション) ........76

トラブルシューティング ..........................77

メンテナンス .......................................................80

黄色のタッチポイント ..................................84

注油 ...............................................................84

ステアリングチェーン .............................84

ステアリングギヤチェーン ......................84

ドライブホイールピボット ......................84

ドライブ ホイール モーター ....................84

ホッパーチェーン ....................................85

高圧ウォッシャー オイル .........................85

ホッパーリフトアームピボット ...............86

ホッパーチェーン .........................................86

作動油 ...........................................................87

作動油 ......................................................87

油圧ホース ...............................................87

バッテリー ....................................................88

電解液レベルの点検 .................................88

メンテナンスフリーバッテリー ...............89

接続の点検/清掃 .......................................89

バッテリーの充電 ....................................90

テナント製バッテリー充電器を使った充電 .

90

Enersys製バッテリー充電器を使った充電 ..

92

定期充電(オプション) ..........................94

毎週の均等充電 ........................................95

バッテリー注水システム(オプション) 97

燃料電池(オプション) ..............................98

サーキットブレーカー、ヒューズ、リレー ..99

サーキットブレーカー .............................99

ヒューズ .................................................100

リレー ....................................................100

電動式モーター ...........................................100

洗浄液供給フィルター ................................100

ホッパーダストフィルター/PERMA-FILTER ...

101

ホッパーダストフィルターの取り外し/交換

101

ホッパーダストフィルターの清掃 .........102

サーモセントリー ..................................102

PERMA-FILTERの点検/清掃 ..................102

メイン洗浄ブラシ .......................................103

ディスクブラシとパッド ........................103

ディスク洗浄ブラシまたはパッドドライバ

ーの交換 ............................................103

ディスク洗浄パッドの交換 ....................104

シリンダー洗浄ブラシ ...........................105

シリンダー洗浄ブラシの交換 ................105

メインスイープブラシ ................................107

デュアルフォースのメインスイープブラシ

の交換 ................................................107

ダイレクトスローのメインスイープブラシ

の交換(オプション) ......................108

サイドブラシ ..............................................109

スイープサイドブラシの交換 ................109

スイープサイドブラシの調整 ................109

スイープサイドブラシの調整 - 標準パネル .

110

スイープサイドブラシの調整 - Pro-Panel ...

111

洗浄サイドブラシの交換(オプション) ....

112

スクイージーブレード ................................113

リヤスクイージーブレードの交換(または

ローテーション) ..............................113

リヤスクイージーの水平調整 ................117

リヤスクイージーブレードの反りの調整 ....

118

サイドスクイージーブレードの交換または

ローテーション .................................119

洗浄サイドブラシスクイージーブレードの

交換またはローテーション(オプショ

ン) ...................................................120

4 M17 9017355 (05-2020)

スカートとシール .......................................122

スイープ再循環スカート ........................122

スイープサイドスカート ........................122

汚水回収タンクシール ...........................122

洗浄液タンクのシール ...........................122

洗浄ヘッドスカート(ディスク洗浄ヘッド

のみ) ................................................123

ホッパーダストフィルターシール .........123

ホッパーシール ......................................123

ライブワンドバキュームシール(オプショ

ン) ...................................................123

ベルト .........................................................124

スイープブラシのドライブベルト .........124

シリンダーブラシのドライブベルト ......124

ブレーキ ......................................................124

タイヤ .........................................................125

本機の牽引・後押し・輸送 .........................125

本機の牽引・後押し ...............................125

本機の輸送 .............................................125

本機の積み下ろし ..................................126

本機のジャッキアップ ................................127

ec-H2Oモジュールの洗浄手順 ....................128

保管情報 ......................................................130

凍結防止 .................................................130

保管後の運転に備えて ...........................132

ec-H2Oシステムのプライミング ...........134

仕様 ...................................................................136

本機の寸法と容量 .......................................136

本機の一般性能 ...........................................137

動力 .............................................................137

タイヤ .........................................................138

洗浄サイドブラシの洗浄液流量(オプショ

ン) ......................................................138

ec-H2Oシステム (オプション) ....................138

高圧ウォッシャー(オプション) ..............139

本機の寸法 ..................................................139

目次

管理者コントロール ..........................................140

Pro-Panel管理者コントロール ....................140

管理者モードの入力 - 初回のみ .............140

管理者モードの入力 ...............................141

管理者設定画面/画面アイコン ...............142

プロファイルの追加/変更 .......................143

ログインを有効にする ...........................145

ログインを無効にする ...........................146

バッテリーの種類の変更 ........................147

タッチの補正 ..........................................147

チェックリストのエクスポート .............148

チェックリストの設定 ...........................149

作業前チェックリストを有効/無効にする ...

150

リアビューカメラの設定を変更 .............151

ゾーンコントロールボタンのプログラム ....

151

時間と日付の設定/変更 ..........................153

スクリーンロックの設定/変更 ...............154

M17 9017355 (05-2020) 5

目次

6 M17 9017355 (05-2020)

安全

重要な安全注意事項 - これらの指示事項を保存してください

本書中では、次の安全警告を使います。

警告:重傷や死亡などの結果を引き起こし

かねない危険な使い方を警告します。

充電器の電源コードが損傷または破損している場

合は、危険防止のため、メーカーまたはその代理

店、あるいは専門の担当者に交換を依頼してくだ

さい。

注意:中軽傷の結果を引き起こす危険な使

い方を警告します。

安全のために:本機を安全に操作するうえ

で守らなければならない手順を示します。

機種によって、携帯電話のネットワークを利用し

た通信装置が搭載されています。通信装置を搭載

した機種周辺で使用する携帯電話が、本機の動作

に影響を与える可能性がある場合は、通信機能の

停止方法について、テナント社のサービス代理店

にご相談ください。

下記の情報は、オペレーターが危険にさらされる

おそれがある内容を示しています。このような状

況が存在する可能性を理解してください。本機の

安全装置の位置をすべて確認してください。本機

が破損したり誤動作が生じた場合は、 直ちに報告

してください。

安全のために:

警告:バッテリーは水素ガスを排出しま

す。爆発や発火の危険があります。火花や

炎を絶対に近づけないでください。充電中

は、バッテリー収納部のカバーを開けたま

まにしてください。

警告:引火性物質は、爆発や火災の原因に

なります。タンクに引火性物質を入れない

でください。

警告:引火性物質や反応物質は、爆発や火

災の原因になります。回収しないでくだ

さい。

警告:上げたホッパーが落下することがあ

ります。ホッパーサポートバーをかみ合わ

せて固定してください。

警告:リフトアームに挟まる場所。ホッ

パー持ち上げアームに近づかないでくだ

さい。

警告:重い物体です。不適切に持ち上げる

と、背部損傷の原因になる場合がありま

す。移動させる時はホイストを使用してく

ださい。

警告:他の人や動物に向けて噴霧しないで

ください。重傷を引き起こすことがありま

す。保護眼鏡を着用してください。スプレ

イヤーは必ず両手で持ってください。

1. 以下の場合、本機を操作しないでください。

-

トレーニングを受けておらず、操作を許可

されていない場合。

-

操作マニュアルを読んでいない、または内

容を理解していない場合。

-

アルコールや薬物の影響下にある場合。

-

携帯電話またはその他の電子機器を使用し

ている場合。

-

本機の取り扱いに従う精神的、身体的能力

が十分でない場合。

-

ブレーキが故障している場合。

-

フィルターがない、またはフィルターが目

詰まりしている場合。

-

バキュームファンがオンになっていない、

粉塵の多い環境の場合。

-

本機が正常に作動しない場合。

-

テナント社の純正品以外の、またはテナン

ト社に認定されていないパッドやアクセサ

リーを取付けている場合。他のパッドを使

用すると、安全性が損なわれる可能性があ

ります。

-

屋外。本機の使用は屋内の用途に制限され

ています。

-

引火性の蒸気/液体、または可燃性の粉塵

が存在する場合。

-

運転/ヘッドライトが点灯していない限り、

本機の操作や運転を行うために安全に視界

が確保できないほど暗い場合。

-

ヘッドガードを付けない状態での、落下物

の恐れのある場所での使用。

-

リアバンパードア/ステップを降ろした状態

での使用。

警告:電気的な危険。

本機を点検整備する前に、バッテリーケー

ブルと充電器のプラグを外してください。

破損した電源コードでバッテリーを充電し

ないでください。プラグを改造しないでく

ださい。

2. 本機の操作前:

-

液漏れがないか点検してください。

-

すべての安全装置が所定の位置にあり、適

切に作動することを確認してください。

-

ブレーキとハンドルの正常作動をチェック

してください。

-

パーキングブレーキペダルが適切に動作す

るか点検してください。

-

シートを調整し、シートベルトを締めてく

ださい(装備している場合)。

M17 9017355 (05-2020) 7

安全

3. 本機の使用中:

-

本マニュアルに記載されていない方法で使

用しないでください。

-

ブレーキで、本機を停止します。

-

タバコ、マッチ、高温の灰など、燃焼中ま

たは煙が出ている状態のものを回収しない

でください。

-

斜面や滑りやすい場所ではゆっくり進んで

ください。

-

デュアルフォースでは10.5%、ダイレクトス

ローでは5%の傾斜を超えるランプ斜面の洗

浄や掃除は行わないでください。デュアル

フォースでは13%、ダイレクトスロー(ホ

ッパーを下げた状態)では5%の傾斜を超え

るランプ斜面で輸送しないでください。

-

方向転換するときは速度を落としてくださ

い。

-

本機を運転中、本体の部品はすべてオペレ

ーターの運転席に保管してください。

-

本機の運転中は常に周囲に注意してくださ

い。

-

本機が動いている間は、ビデオ/ヘルプ

画面にアクセスしないでください。(Pro-

Panel)

-

本機をバックする場合は、十分に注意して

ください。

-

ホッパーが持ち上げられている場合は、注

意して本機を移動してください。

-

ホッパーを持ち上げる前に、障害物が無い

ことを確認してください。

-

本機が斜面上にあるときにホッパーを上げ

ないでください。

-

小さな子供や本機を操作する資格のない人

を本機に近づけないでください。

-

本機のいかなる部分にも同乗者を乗せない

でください。

-

常に安全規則と交通規則に従ってくださ

い。

-

本機が破損したり誤動作が生じた場合は、

直ちに報告してください。

-

化学薬品の混合や取り扱い、廃棄について

は、容器の説明に従ってください。

-

床が濡れている場合の現場安全対策に従っ

てください。

-

自動充填機能を使用して洗浄液タンクを充

填する際は、本機を放置しないでくださ

い。

-

自動充填機能を使用して洗浄液タンクを充

填する際は、本機を平坦な表面に停めてく

ださい。

4. 本機から離れるときや本機を点検整備する

前:

-

本機を水平な場所に停めてください。

-

パーキングブレーキを掛けます。

-

本機の電源をオフにしてキーを抜き取りま

す。

5. 本機を点検整備するとき:

-

作業は必ず、十分な照明があり、視界が良

好な状況で実施してください。

-

作業場の通気を良くしてください。

-

作動中の箇所には近づき過ぎないようにし

てください。ゆったりとした衣服やアクセ

サリーは着用せず、髪が長い場合はまとめ

てください。

-

本機をジャッキで持ち上げる前に、タイヤ

止めを当ててください。

-

指定された位置にのみジャッキを当ててく

ださい。ジャッキスタンドで本機を支えて

ください。

-

本機の重量に適したジャッキを使ってくだ

さい。

-

オペレーターが運転席にいない状態で本機

を押したり牽引したりしないでください。

-

ブレーキが壊れた状態で、本機を斜面で押

したり牽引したりしないでください。

-

厚紙を使用し、圧力を受けている作動油の

漏れを見つけてください。

-

電気部品の近くで本機に高圧スプレーやホ

ースで水をかけないでください。

-

バッテリーのコネクタと充電器のコードを

外してから、本機での作業を実施してくだ

さい。

-

コンセントから抜く際は、充電器コードを

引っ張らないでください。コンセントのプ

ラグ部分をしっかりと持って抜いてくださ

い。

-

適合しない充電器を使用しないでくださ

い。バッテリーパックが損傷し火災を引き

起こすおそれがあります。

-

充電器のコードが傷ついていないか定期的

に点検してください。

-

充電器を使用しているときは、定置型充電

器のDCコードを本機のソケットから外さな

いでください。アーク放電が発生すること

があります。充電を中断する場合は、最初

にAC電源コードを外してください。

-

バッテリー液には触れないでください。

-

いかなる金属部品もバッテリーのそばに置

かないでください。

-

非伝導性のバッテリー取り外し装置を使用

してください。

-

バッテリーを持ち上げる時は、ホイストを

使用し、適切な補助を受けてください。

-

バッテリーの据付けは、訓練を受けた担当

者が行ってください。

-

バッテリー取り外しに関する現場安全対策

に従ってください。

-

-

修理は必ず訓練を受けた修理整備士が実施

してください。

-

本機の改造は行わないでください。

テナント社製またはテナント社が承認した

交換部品を使用してください。

8 M17 9017355 (05-2020)

-

必要に応じて、また本書で推奨されている

場合は、個人用保護具を使用してくださ

い。

安全のために: 耳栓を着用してください。

安全のために:保護手袋を着用してくだ

さい。

安全のために:保護眼鏡を着用してくだ

さい。

安全のために: 防塵マスクを着用してくだ

さい。

6. トラック/トレーラーへの本機の積み降ろ

し:

-

本機を積み込む前にタンクを空にしてくだ

さい。

-

本機をロープ固定する前に、洗浄ヘッドと

スクイージーを下げてください。

-

本機を積み込む前にごみホッパーを空にし

てください。

-

平らな場所で停止し、パーキングレーキを

かけて、すべての固定用ロープで固定する

までキーをオン位置のままにしてくださ

い。

-

タイヤに輪留めを装着してください。

-

本機をトラックまたはトレーラーに固定具

で固定してください。

-

本機およびオペレーターの重量を支えられ

る傾斜台、トラックまたはトレーラーを使

用してください。

-

傾斜が13%を超えるランプ斜面でのダイレ

クトスロー装置の積み込み/積み降ろしをし

ないでください。傾斜が20%を超えるラン

プ斜面でのデュアルフォース装置の積み込

み/積み降ろしをしないでください。

-

ウインチを使ってください。積み込み面が

地面から380mm(15in)以下でないかぎ

り、本機を運転しながらトラックまたはト

レーラーに積み降ろししないでください。

M17 9017355 (05-2020)

安全

9

安全

次の安全ラベルが本機の指定された場所に取り付

けてあります。損傷した/なくなったラベルを交換

してください

警告ラベル - 引火性物質は、爆発または火

災の原因になります。タンクに可燃性物質

を入れないでください。

警告ラベル - 引火性物質や反応

金属は、爆発または火災の原因

になります。回収しないでくだ

さい。

洗浄液タンクカバーと廃液回収タン

クカバー、洗剤タンクに貼付されて

います(オプション)。

安全ラベル - リアバンパードア/

ステップを降ろした状態で本機

を操作しないでください。本機

のいかなる部分にも同乗者を乗

せないでください。

電気パネルの上にあります。

リアバンパードア/ステップに

貼付されています。

安全ラベル - 認定を受けた修理整備

士のみ。

サーキットボードカバーと電気パネ

ルの上にあります。

10 M17 9017355 (05-2020)

警告ラベル - バッテリーは水素ガスを排出

します。爆発や発火の危険があります。火

花や炎を絶対に近づけないでください。充

電中は、バッテリー収納部のカバーを開け

たままにしてください。

警告ラベル - リフトアー

ムに挟まる場所。リフト

アームから離れてくだ

さい。

安全

両リフトアームに貼付されて

います。

バッテリー室カバーの底に貼

付されています。

安全ラベル - 本機の運転前に取扱説

明書をお読みください。

電気パネルの上にあります。

M17 9017355 (05-2020)

警告ラベル - 上昇させたホッパーは落下するおそれ

があります。ホッパーサポートバーをかみ合わせ

て固定してください。

ホッパーサポートバーに貼付され

ています。

11

安全

警告ラベル - 重い物体です。不適切

に持ち上げると、背部損傷の原因に

なる場合があります。持ち上げる時

はホイストを使用してください。

高圧ウォッシャーカバー

の下。

警告ラベル - 他の人や動物に

向けて噴霧しないでくださ

い。重傷を引き起こすことが

あります。保護眼鏡を着用し

てください。スプレイヤーは

必ず両手で持ってください。

高圧ウォッシャーカバーの

上。

12 M17 9017355 (05-2020)

操作

操作

本機の構成

W

V

U

AB

T

S

E

D

C

B

A

J

I

X

Y

Z

K

L

R

AA

O

P

N M

F

G

H

Q

A. ホッパー

B. ホッパーカバー

C. 洗浄液タンク

D. 洗浄液タンクカバー

E. バッテリー室カバー

F. 後退アラーム/フラッシュライト(オプション)

G. 汚水回収タンクカバー

H. 汚水回収タンク

I. 左シュラウド

J. リアバンパードア/ステップ

K. リヤスクイージー

L. 保護覆い(オプション)

M. ステアリングホイール

N. 運転席

O. ec-H2O システムモジュール室(オプション)-

右シュラウドの後ろにあります

P. 右シュラウド

Q. ホッパーの粉塵フィルター - ホッパーカバーの

後ろにあります

R. スイープ サイド ブラシ

S. スイープ メイン ブラシ

T. 洗浄サイドブラシ(オプション)

U. 洗浄ヘッド

V. 洗浄メインブラシ

W. サイドスクイージー

X. 汚水回収タンクドレンホース

Y. バキュームホース

Z. 洗浄液タンクドレンホース

AA. 高圧ウォッシャー(オプション)

AB. ライブワンドドライバキューム(オプション)

M17 9017355 (05-2020) 13

操作

制御機器と計器類

A. キースイッチ

C

B

A

D

E

F

G

I

H

L

K

J

14

B. 方向スイッチ

C. 非常停止ボタン

D. ヘッドライト/フラッシュライトスイッチ(オ

プション)

E. スプレーノズルスイッチ(オプション)/ 高圧

ウォッシャー(オプション)

F. パーキングブレーキペダル

G. ブレーキペダル

H. 走行ペダル

標準コントロールパネル

標準コントロールパネルのみ

I. ホッパー上下動スイッチ

J. フィルターシェーカースイッチ

K. 過酷環境スイッチ(オプション)または洗剤メ

ーター スイッチ(オプション)

L. ホッパーロールアウトスイッチ

M17 9017355 (05-2020)

操作

標準コントロールパネル

A

B H

C

D

E

F

G

I

J

V

K

R

U

T

S

W

X

A. ホーン

B. 故障/アラートインジケーターライト

C. コントラストコントロールボタン

D. バッテリー放電インジケーター

E. アワーメーター

F. 設定モードボタン

G. 汚水回収タンク満杯インジケーター

H. LCD ディスプレイ

I. 洗浄液タンクインジケーター

J. メイン洗浄ブラシ圧ボタン

K. メイン洗浄ブラシ圧インジケーターライト

L. 1-STEP ボタン

M. ec-H2O / ES (延長洗浄) ボタン(オプション)

N. 洗浄ボタン(青色で表示)

O. 洗浄メインブラシボタン

M17 9017355 (05-2020)

N

Q

P

O

Z

Y

E

D

G

I

S/N 000000-010999

P. 洗浄バキュームファン / スクイージーボタン

Q. 洗浄サイドブラシボタン(オプション)

R. スイープボタン(茶色で表示)

S. スイープメインブラシボタン

T. スイープバキュームファンボタン

U. スイープサイドブラシボタン

V. 洗浄液オン/オフボタン

W. 洗浄液減量ボタン(-)

X. 洗浄液フローインジケーターライト

Y. 洗浄液増量ボタン(+)

Z. USBポート(保守専用)

M

V

L

15

操作

Pro-Panel コントロール

F

E

G

J

S

A

D

C

B

P

M

N

H

K

L

I

X

U

Z

Y

V

Z

W

T

O

R

Q

A. ホーン

B. 故障/アラートインジケーターボタン

C. ec-H2O/ES(リサイクル洗浄)ボタン

D. 過酷環境スイッチ(オプション)または洗

剤メーター スイッチ(オプション)

E. 本機ステータスボタン

F. ヘルプボタン

G. フィルターシェーカーボタン

H. メイン洗浄ブラシ圧アクセスボタン

I. スイープボタン(茶色で表示)

J. スイープメインブラシボタン

K. スイープバキュームファンボタン

L. スイープサイドブラシボタン

M. リアビューカメラボタン

N. 洗浄液コントロールアクセスボタン

O. 洗浄ボタン(青色で表示)

P. 洗浄メインブラシボタン

Q. 洗浄バキュームファン / スクイージーボタ

R. 洗浄サイドブラシボタン(オプション)

S. 1-STEP ボタン

T. ビデオに関するヘルプ

U. ゾーンコントロール1ボタン

V. ゾーンコントロール2ボタン

W. ゾーンコントロール3ボタン

X. ホッパーコントロールボタン

Y. USBポート(保守専用)

Z. 洗浄液オン/オフボタン

16 M17 9017355 (05-2020)

シンボルの定義

本機では次の記号を使用し、制御装置、表示、機

能を特定しています。

ホーン

故障/アラートインジケーター

汚水回収タンク

洗浄液タンク

メイン洗浄ブラシ圧力

1-STEP

ES(リサイクル洗浄)(オプショ

ン) ec-H2O(オプション)

洗浄モード

清掃サイド ブラシ

スイープバキュームファン

清掃メインブラシ

洗浄サイドブラシ

洗浄バキュームファン/スクイージー

洗浄メインブラシ

M17 9017355 (05-2020)

操作

洗浄液減少(-)

洗浄液増加(+)

洗浄液流量

洗浄液オン/オフ

オン

オフ

非常停止

フィルターシェーカー

操作ライト/非常灯

危険ライト

スプレーノズル(オプション)/

高圧ウォッシャー(オプション)

過酷環境スイッチ(オプション)ま

たは洗剤メーター スイッチ(オプシ

ョン)

サーキットブレーカー

ジャッキポイント

前進/後進

17

操作

標準パネル記号

過酷環境短期洗剤補充

過酷環境短時間洗剤補充または洗

剤メーター低速

ホッパー上げ

ホッパー下げ

ホッパーをロールアウト

ホッパーをロールイン

Pro-Panelの記号

ヘルプ

ゾーン設定1

ゾーン設定2

ゾーン設定3

バッテリー放電インジケーター

ホッパーコントロールアクセス

アワーメーター

ログイン

18

過酷環境長期洗剤補充

過酷環境長時間洗剤補充または洗

剤メーター高速

バッテリー充電

コントラストコントロール

アワーメーター

構成コントロール

ホッパーコントロールアクセス

ホッパー上げ

ホッパー下げ

ホッパーをロールアウト

ホッパーをロールイン

アラート/故障

チェックリスト項目未確認

チェックリスト項目確認済

M17 9017355 (05-2020)

Pro-Panelの記号

ログアウト

管理者設定

管理者メニュー

スタートアップビデオ

ビデオに関するヘルプ

ビデオボタン

ビデオリストボタン

ホーム(メイン操作画面)

バッテリーの種類

ログインを無効にする

プロファイルの追加/編集

オペレーター

管理者

プロファイルの編集

プロファイルの追加

プロファイルの削除

プロファイルのコピー

入力

M17 9017355 (05-2020)

選択

本機の表示を回転

カメラの設定

コントロールに関するヘルプ

詳細情報

バックスペース

リアビューカメラ

上向き矢印

下向き矢印

左向き矢印

ログインを有効にする

タッチのキャリブレーション

チェックリストの設定

すべてをエクスポートする

新規をエクスポートする

チェックリストのエクスポート

スクリーンロック

設定された日付/時間

操作

19

操作

コントロールの操作 - 標準パネル

バッテリー放電インジケーター

バッテリー放電インジケーターは、本機の運転中

にバッテリーの充電レベルを表示します。

汚水回収タンク満杯インジケーター

汚水回収タンク満杯インジケーターは、回収タン

クが満杯になると、FULLを表示します。汚水回収

タンクがいっぱいになると、すべての洗浄機能が

停止します。インジケーターにFULLが表示された

場合は、汚水回収タンクを空にしてください。

バッテリーが完全に充電されていると、5つのバー

がすべて点灯します。インジケーターにバーが1つ

しか表示されなくなったら、バッテリーを充電し

てください。バッテリーが20%より少ない状態で

は放電しないでください。(最後のバー)

注記:本機の電源を初めて入れたときのバッテリ

ー放電インジケーターは、正確な値を示しませ

ん。本機を数分間運転してから、バッテリーの充

電レベルを読み取ってください。

注記:燃料電池オプションを装備した機種は、燃

料電池ペンダント上にディスプレイがあります。

洗浄液タンクインジケーター

洗浄液タンクインジケーターには、洗浄液タンク

内の液体量が示されます。インジケーターのバー

が表示されなくなったら、洗浄液タンクに洗浄液

を入れてください。洗浄液タンクが空になると、

本機は洗浄を停止します。

アワーメーター

アワーメーターは本機の操作時間を記録します。

この情報に基づいて、本機の点検整備周期を確定

します。

20 M17 9017355 (05-2020)

コントラストコントロールボタン

コントラストコントロールボタンを押し続ける

と、LCD ディスプレイの明るさを調節できます。

操作

1-STEPボタン

1-STEPボタンを押して、選択したすべての清掃と

洗浄の機能を有効にします。1-STEPボタンを押す

前に、選択したすべてのスイープ/洗浄機能のライ

トがオンになりますが、選択した機能は1-STEPボ

タンを押すまで待機モードとなります。洗浄が終

了したら1-STEPボタンをもう一度押して、すべて

の洗浄とスイープ機能を停止します。

注記:1-STEPボタンが無効になった後、残りの

水を回収するため、スクイージーは下がったまま

で、バキュームファンが数秒間オンのままとなり

ます。

1-STEPボタンが有効になると、ボタンの上にある

インジケーターライトが点灯します。

設定モードボタン

設定モードボタンは設定および診断モードへのア

クセス用です。適正な訓練を受けたサービスマン

と当社代理店のみが、これらのモードを利用でき

ます。

M17 9017355 (05-2020) 21

操作

スイープサイドブラシボタン

清掃サイドブラシをオンにする:スイープサイド

ブラシボタンを押します。インジケーターライト

が点灯します。

清掃サイドブラシをオフにする:スイープサイド

ブラシボタンを押します。インジケーターライト

が消灯します。

注記:清掃サイドブラシは、メインの清掃ブラシ

から独立した形では操作できません。清掃サイド

ブラシボタンを押すと、メインの清掃ブラシもオ

ンになります。

スイープメインブラシボタン

清掃メインブラシをオンにする:スイープメイン

ブラシボタンを押します。インジケーターライト

が点灯します。

清掃メインブラシをオフにする:スイープメイン

ブラシボタンを押します。インジケーターライト

が消灯します。

スイープバキュームファンボタン

スイープバキュームファンをオンにする:スイー

プバキュームファンボタンを押します。インジケ

ーターライトが点灯します。

スイープバキュームファンをオフにする:スイー

プバキュームファンボタンを押します。インジケ

ーターライトが消灯します。

洗浄サイドブラシボタン(オプション)

洗浄サイドブラシをオンにする:洗浄サイドブラ

シボタンを押します。インジケーターライトが点

灯します。

洗浄サイドブラシをオフにする:洗浄サイドブラ

シボタンを押します。インジケーターライトが消

灯します。

注記:洗浄サイドブラシは、メインの洗浄ブラシ

から独立した形では操作できません。洗浄サイド

ブラシボタンを押すと、メインの洗浄ブラシもオ

ンになります。

22 M17 9017355 (05-2020)

洗浄バキューム ファン / スクイージーボタン

スクイージーを下げ、バキュームファンをオンに

する:洗浄バキューム ファン / スクイージーボタ

ンを押します。インジケーターライトが点灯しま

す。

スクイージーを上げ、バキュームファンをオフに

する:洗浄バキューム ファン / スクイージーボタ

ンを押します。インジケーターライトが消灯しま

す。

操作

洗浄液オン/オフボタン

洗浄液流量は、洗浄ブラシがオンの場合には常に

オンのままとなるよう設計されています。角の周

辺などで、洗浄液オン/オフボタンを押して、10秒

間オフにできます。「洗浄液の流量設定」の項も

参照してください。

洗浄液流量の終了(10秒間):洗浄液オン/オフボ

タンを押します。すべての洗浄液流量インジケー

ターが消灯します。(洗浄液流量は、10秒後に自

動的に再起動します)。

洗浄液の流れを開始するには:洗浄液オン/オフボ

タンを押します。洗浄液インジケーターが再度点

灯し、洗浄液の流量は最後に使用した設定に戻り

ます。

洗浄メインブラシボタン

洗浄メインブラシをオンにする:洗浄メインブラ

シボタンを押します。インジケーターライトが点

灯します。

洗浄メインブラシをオフにする:洗浄メインブラ

シボタンを押します。インジケーターライトが消

灯します。

M17 9017355 (05-2020) 23

操作

過酷環境スイッチ(オプション)

過酷環境スイッチは、汚れがひどい場所で洗剤を

補充します。

過酷環境スイッチの上部を押すと、洗剤を使用し

て30秒間洗浄します。スイッチの下部を押すと、

洗剤を使用して5分間洗浄します。スイッチのライ

トは、有効な設定を表示します。

注記:このスイッチを使用して、異なる流量時間

を設定できます。デフォルトの流量時間を変更し

たい場合は、テナント サービス担当者にご連絡く

ださい。

洗剤メーター(オプション)

洗剤メーターのスイッチは、汚れのひどい場所で

洗剤の流量を連続的に増加させます。

スイッチの上部を押すと、洗剤の流量が増加しま

す。スイッチの下部を押すと、洗剤の流量がさら

に増加します。スイッチのライトは、有効な設定

を表示します。

注記:このスイッチは別の流量になるように設定

変更できます。デフォルトの流量を変更したい場

合は、テナント サービス担当者にご連絡くださ

い。

過酷環境スイッチがオンになると、ec-H2O洗浄モ

ードは、一時的にオフになります。過酷環境スイ

ッチがタイムアウト/オフになると、ec-H2Oモー

ドは自動的にオンになります。

過酷環境スイッチがオンの場合は、洗浄液フロー

とブラシ圧に最高/最強の設定が適用されますが、

低い設定に調整できます。「ブラシ圧の設定」の

項と「洗浄液の流量設定」の項を参照してくださ

い。

フィルターシェーカースイッチ

フィルターシェーカースイッチを押してくださ

い。フィルターシェーカーは30秒間作動します。

フィルターシェーカーボタンが、フィルターシェ

ーカーが作動中に点灯します。フィルターシェー

カーを停止する必要がある場合、フィルターシェ

ーカースイッチの上部をもう一度押します。

24 M17 9017355 (05-2020)

コントロールの操作 - Pro-Panel

PRO-ID ログイン画面

注記:Pro-ID ログイン画面は、本機でIDが設定さ

れている場合にのみ適用されます。指定されたユ

ーザーアカウントを、管理者モードで作成する必

要があります。

Pro-IDログイン画面を使用して、本機にログイン

します。

操作

本機ステータスボタン

本機ステータスボタンを使用して、4つの異なる

本機のステータスインジケータにアクセスできま

す。デフォルトの表示では、本機がオンの場合、

バッテリーのステータスが表示されます。4つのイ

ンジケーターのいずれも、本機がオフになるまで

デフォルト表示として設定できます。

本機ステータスボタンを押して、4つのすべての本

機ステータスボタンにアクセスします。4つのすべ

ての本機ステータスボタンが、デフォルトのボタ

ンがディスプレイに再び表示されるまで、数秒間

ディスプレイに表示されます。

キーパッドを使用して、ユーザーログイン番号を

キーバッドの上にあるディスプレイに入力しま

す。

Enterボタンを押して本機にログインしま

す。

必要に応じBackspaceボタンを押して、番

号を削除し再び入力します。

Pro-Panelが管理者モードの場合、歯車の記号が画

面の右下に表示されます。オペレーターモードの

場合、ビデオの記号が表示されます。

M17 9017355 (05-2020)

バッテリー放電インジケーターは、本機

の運転中にバッテリーの充電レベルを表示

します。

バッテリーが完全に充電されていると、5つのバー

がすべて点灯します。インジケーターにバーが1つ

しか表示されなくなったら、バッテリーを充電し

てください。バッテリーが20%より少ない状態で

は放電しないでください。(最後のバー)

注記:本機の電源を初めて入れたときのバッテリ

ー放電インジケーターは、正確な値を示しませ

ん。本機を数分間運転してから、バッテリーの充

電レベルを読み取ってください。

注記:燃料電池オプションを装備した機種は、燃

料電池ペンダント上にディスプレイがあります。

25

操作

アワーメーターは本機の操作時間を記録し

ます。この情報に基づいて、本機の点検整

備周期を確定します。

洗浄液タンクインジケーターには、洗浄液

タンク内の液体量が示されます。インジケ

ーターのバーが表示されなくなったら、洗

浄液タンクに洗浄液を入れてください。洗

浄液タンクが空になると、本機は洗浄を停

止します。

汚水回収タンク満杯インジケーターは、回

収タンクが満杯になると、FULLを表示し

ます。汚水回収タンクがいっぱいになる

と、すべての洗浄機能が停止します。イン

ジケーターにFULLが表示された場合は、

汚水回収タンクを空にしてください。

デフォルトのボタンの変更

4つのすべての本機ステータスボタンがディスプレ

イに表示されている間に、希望する本機ステータ

スボタンを押し、新規のデフォルトボタンに変更

します。その他の3つの本機ステータスボタンはデ

ィスプレイに表示されなくなり、新たに選択した

本機ステータスボタンが、本機がオフになるまで

デフォルトとなります。本機がオンになると、バ

ッテリーステータスボタンが再びデフォルトとな

ります。

26 M17 9017355 (05-2020)

1-STEPボタン

1-STEPボタンを押して、選択したすべての清掃

と洗浄の機能を有効にします。洗浄が終了したら

1-STEPボタンをもう一度押して、すべての洗浄と

スイープ機能を停止します。

注記:1-STEPボタンが無効になった後、残りの

水を回収するため、スクイージーは下がったまま

で、バキュームファンが数秒間オンのままとなり

ます。

1-STEPボタンと、選択したすべての洗浄およびス

イープ機能ボタンが、1-STEPボタンを押すと点灯

します。

操作

スイープメインブラシボタン

清掃メインブラシをオンにする:スイープメイン

ブラシボタンを押します。ボタンが点灯します。

清掃メインブラシをオフにする:スイープメイン

ブラシボタンを押します。ボタンが消灯します。

1-STEPボタンが押されるまで、選択したすべての

洗浄および清掃ボタンの縁が点灯し、待機モード

であることを示します。1-STEPボタンを押すと、

選択したボタンが完全に点灯します。

スイープバキュームファンボタン

スイープバキュームファンをオンにする:スイー

プバキュームファンボタンを押します。ボタンが

点灯します。

スイープバキュームファンをオフにする:スイー

プバキュームファンボタンを押します。ボタンが

消灯します。

M17 9017355 (05-2020) 27

操作

スイープサイドブラシボタン

清掃サイドブラシをオンにする:スイープサイド

ブラシボタンを押します。ボタンが点灯します。

清掃サイドブラシをオフにする:スイープサイド

ブラシボタンを押します。ボタンが消灯します。

洗浄バキューム ファン / スクイージーボタン

スクイージーを下げ、バキュームファンをオンに

する:洗浄バキューム ファン / スクイージーボタ

ンを押します。ボタンが点灯します。

スクイージーを上げ、バキュームファンをオフに

する:バキュームファン/スクイージーボタンを押

します。ボタンが消灯します。

洗浄メインブラシボタン

洗浄メインブラシをオンにする:洗浄メインブラ

シボタンを押します。ボタンが点灯します。

洗浄メインブラシをオフにする:洗浄メインブラ

シボタンを押します。ボタンが消灯します。

洗浄サイドブラシボタン(オプション)

洗浄サイドブラシをオンにする:洗浄サイドブラ

シボタンを押します。ボタンが点灯します。

洗浄サイドブラシをオフにする:洗浄サイドブラ

シボタンを押します。ボタンが消灯します。

28 M17 9017355 (05-2020)

洗浄液オン/オフボタン

洗浄液流量は、洗浄ブラシがオンの場合には常に

オンのままとなるよう設計されています。角の周

辺などで、洗浄液オン/オフボタンを押して、10秒

間オフにできます。「洗浄液の流量設定」の項も

参照してください。

洗浄液流量の終了(10秒間):洗浄液オン/オフボ

タンを押します。すべての洗浄液流量インジケー

ターが消灯します。(洗浄液流量は、10秒後に自

動的に再起動します)。

洗浄液の流れを開始するには:洗浄液オン/オフボ

タンを押します。洗浄液インジケーターが再度点

灯し、洗浄液の流量は最後に使用した設定に戻り

ます。

操作

スクリーンロック

スクリーンロック機能は、画面を自動的にロック

し、本機の操作中にマシンコントロールに誤って

触れるのを避けることを目的としています。スク

リーンロック設定は「管理者コントロール」で調

整します。「スクリーンロックの設定/変更」の項

を参照してください。

画面のロックを解除する:スクリーンロックアイ

コンを押します。

フィルターシェーカーボタン

フィルターシェーカーボタンを押してください。

フィルターシェーカーは30秒間作動します。

フィルターシェーカーボタンが、フィルターシェ

ーカーが作動中に点灯します。フィルターシェー

カーを停止する必要がある場合、フィルターシェ

ーカーボタンをもう一度押します。

M17 9017355 (05-2020) 29

操作

過酷環境ボタン(オプション)

過酷環境ボタンは、汚れがひどい場所で洗剤を補

充します。

過酷環境ボタンを押して、洗剤による洗浄を30秒

間有効にします。有効になると過酷環境ボタンが

点灯し、タイムアウト/オフになると消灯します。

過酷環境ボタンをさらに数秒押したままにして、

洗剤による洗浄を行う過酷環境機能を5分間有効に

します。

注記:過酷環境スイッチは、5分以上有効になるよ

う設定できます。テナント社のサービス代理店に

連絡してください。

洗剤メーター(オプション)

The Detergent Metering button provides a continuous increased detergent flow for areas with extraordinary dirt or soil buildup.

過酷環境洗浄の残り時間は、1-STEPボタンの中程

に表示されます。タイマーが切れる、またはもう

一度押すと、自動的にオフになります。

過酷環境スイッチがオンになると、ec-H2O洗浄モ

ードは、一時的にオフになります。過酷環境スイ

ッチがタイムアウト/オフになると、ec-H2Oモー

ドは自動的にオンになります。

過酷環境スイッチがオンの場合は、洗浄液フロー

とブラシ圧に最高/最強の設定が適用されますが、

低い設定に調整できます。「ブラシ圧の設定」の

項と「洗浄液の流量設定」の項を参照してくださ

い。

注記:このスイッチは別の流量になるように設定

変更できます。デフォルトの流量を変更したい場

合は、テナント サービス担当者にご連絡くださ

い。

洗剤メーターのボタンを押して、洗剤の流量を変

更します。このボタンは3つの異なる設定の間で切

り替わります。

オフ

低(1% の洗剤を供給)

高(3% の洗剤を供給)

30 M17 9017355 (05-2020)

ゾーンコントロールボタン

Pro-Panelを装備した機種は、異なる床清掃用途

で、最高で3つのプリセット洗浄/スイープ設定を

事前にプログラムできます。設定は、管理者モー

ドを使用して事前に行う必要があります。「ゾー

ンコントロールボタンのプログラム」の項を参照

してください。

操作

リアビューカメラボタン

リアビューカメラボタンを押して清掃の実行状況

をチェックします。リアビューカメラ画面は、コ

ントロールパネルの画面に短時間表示されます。

メインの操作画面は、リアビューカメラがタイム

アウトした後、コントロールパネルに戻ります。

コントロールパネルにタッチし、リアビューカメ

ラをオフにしてメインの操作画面に戻ります。

安全のために:本機を使用する際には、必ず周り

に気をつけてください。

必要なゾーンコントロールボタンを押します。選

択したプリセットボタンが点灯し、ゾーン名がボ

タンの上に表示されます。洗浄液フローインジケ

ータバー/調整ボタンとブラシ圧力インジケータバ

ー/調整ボタンがディスプレイに短時間表示され、

選択したゾーンの設定を表示します。

方向スイッチが後退に入っており、本機が後退し

ている間は常に、カメラが自動的にオンになりま

す。

リアビューカメラは、回収タンクのバキュームホ

ースが取り付けられている場所の上にあります。

M17 9017355 (05-2020) 31

操作

ヘルプボタン

安全のために:本機を使用する際には、動いてい

る間にビデオ/ヘルプ画面にアクセスしないでくだ

さい。(Pro-Panel)

ヘルプボタンを押して、ヘルプ画面にアクセスし

ます。

言語選択ボタンを押します。一覧から適切な言語

を選択し、本機のオペレーティングシステムの言

語を変更します。選択した言語を示す旗が、画面

上部に表示されます。

必要なヘルプトピックについて、該当するボタン

を押します。

下向き矢印ボタンを押して、言語一覧を下

に移動します。

上向き矢印ボタンを押して、言語一覧を上

に移動します。

左向き矢印ボタンを押して、前の画面に戻

ります。

操作前チェックリストボタンを押して、操

作前チェックリストにアクセスします。

コントロールヘルプボタンを押して、Pro-Panelコ

ントロールについての情報にアクセスします。

32

言語選択ボタンを押して、言語画面に移動

します。

ログイン/ログアウトボタンを押して、本

機のオペレーティングシステムにログイ

ン/ログアウトします。

コントロールヘルプボタンを押して、コン

トロールヘルプ画面にアクセスします。

スタートアップビデオボタンを押して、ス

タートアップビデオを視聴します。

詳細表示ボタンを押して、本機のオペレー

ティングシステム情報にアクセスします。

操作前チェックリストボタンを押して、操

作前チェックリストにアクセスします。

左向き矢印ボタンを押して、メインヘルプ

画面に戻ります。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

M17 9017355 (05-2020)

詳細表示ボタンを押して、オペレーティングシス

テムソフトウェアについての情報にアクセスしま

す。

下向き矢印ボタンを押して、言語一覧を下

に移動します。

上向き矢印ボタンを押して、言語一覧を上

に移動します。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

左向き矢印ボタンを押して、前の画面に戻

ります。

右向き矢印ボタンを押して、一覧から本機

の情報にアクセスします。

操作

M17 9017355 (05-2020) 33

操作

ビデオヘルプボタン

安全のために:本機を使用する際には、動いてい

る間にビデオ/ヘルプ画面にアクセスしないでくだ

さい。(Pro-Panel)

注記:ビデオヘルプ画面/ビデオにアクセスする前

に、本機を停止してください。本機が動いている

間は、ビデオヘルプ画面/ビデオにアクセスしない

でください。

ビデオボタンを押して、ビデオヘルプ画面にアク

セスします。

ビデオ一覧ボタンを押してビデオ一覧にアクセス

した場合、適切なビデオを一覧から選択して表示

します。

下向き矢印ボタンを押して、一覧を下に移

動します。

上向き矢印ボタンを押して、一覧を上に移

動します。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

左向き矢印ボタンを押して、前の画面に戻

ります。

34

適切なビデオボタンを押して、本機の特定

のコンポーネントについてのヘルプビデオ

を表示します。

本機を回転ボタンを押して、本機の前また

は後ろ、その他の側面にあるビデオヘルプ

ボタンにアクセスします。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

左向き矢印ボタンを押して、前の画面に戻

ります。

ビデオ一覧ボタンを押して、すべてのヘ

ルプビデオのテキスト一覧にアクセスし

ます。

M17 9017355 (05-2020)

Pro-Checkの

操作前チェックリストを完了

本機にPro-Panelコントロールがある場合、Pro-

Check操作前チェックリストを使用して事前にプ

ログラムを行えます。オペレーターは、本機の操

作前にプログラムを完了する必要があります。

操作

ヘルプボタンを押して、Pro-Check操作前

チェックリストヘルプ画面にアクセスし

ます。

下向き矢印ボタンを押して、チェックリス

トを下に移動します。

上向き矢印ボタンを押して、チェックリス

トを上に移動します。

完了(チェックマーク)ボタンを押して、

チェックリスト項目をチェックしたことを

確認します。チェックリスト項目のチェッ

クの際に問題が見つかった場合、問題発見

(X)ボタンを押します。

ビデオヘルプボタンを押して、特定のチェ

ックリスト項目に関連するビデオを表示し

ます。

チェックリストの完了後に本機の使用を開

始する場合、Enterボタンを押します。

戻るボタンを押して、操作前チェックリス

トに戻ります。

オペレーターは、Pro-Check操作前チェックリス

トが完了するまで、メインの操作画面にアクセス/

本機を使用することはできません。左向き矢印ボ

タンを押して、チェックリスト画面に戻ります。

M17 9017355 (05-2020) 35

操作

コントロールの操作 - すべての機種

非常停止ボタン

非常停止ボタンは、本機を即座に停止します。

注記:本機を斜面で停止する場合、パーキングブ

レーキを使用する必要があります。

本機の電源を切るには:非常停止ボタンを押して

ください。

本機の電源を再始動するには:非常停止ボタンを

右に回し、ボタンを解除してください。キースイ

ッチをオフの位置に回し、次にキーを右(時計回

り)いっぱいまで回して放すと、オン位置になり

ます。

方向スイッチ

前進または後進を選択するには、方向スイッチを

使用します。走行ペダルを踏むと、本機は走行を

開始します。

非常停止ボタンは、緊急時のみ使用してくださ

い。このボタンは、通常の運転停止用には意図さ

れていません。

注記:方向スイッチが後進に入ると、アラームが

鳴ります。

注記:オプションのフラッシュライト/後退アラー

ムが装備されている機種のみ:オプションの後退

ライトとアラームは、本機が後進しているときの

み作動します。

注記:Pro-Panelを装備したすべての機種で方向ス

イッチが後進に入ると、リアビューカメラが自動

的にオンになります。

ヘッドライト/フラッシュライトスイッチ

(オプション)

ヘッドライトとフラッシュライトをオンにするに

は:ヘッドライト/フラッシュライトスイッチの上

部を押してください。

フラッシュライトをオンにするには:ヘッドライ

ト/フラッシュライトスイッチを中間位置を押して

ください。

すべてのライトをオフにする:ヘッドライト/フラ

ッシュライトスイッチの下部を押してください。

36 M17 9017355 (05-2020)

走行ペダル

走行ペダルを踏むと、本機は走行を開始します。

操作

運転席

シートの前後位置は前後調整レバーで調整しま

す。

ブレーキペダル

ブレーキペダルを踏み本機を停止します。

シートベルト(デラックスシートオプションの

み)

安全のために:本機を始動する前に、シートを調

節し、シートベルトを締めてください。

パーキングブレーキペダル

パーキングブレーキペダルの上につま先を置き、

ブレーキペダルとパーキングブレーキペダルの両

方を踏み込み、パーキングブレーキを作動させま

す。ブレーキペダルを踏むと、パーキングブレー

キは解除されます。

M17 9017355 (05-2020) 37

操作

リアバンパードア/ステップ

回収タンクを清掃する場合、リアバンパードア/ス

テップから本機上部に簡単にアクセスできます。

本機背面の下部のリヤスクイージーとスクイージ

ーバキュームホース付近にアクセスするために、

リアバンパードアを降ろすことができます。

洗浄液タンクと回収タンクの両方を完全に空にす

るには、リアバンパードア/ステップを降ろしてく

ださい。

リアバンパードア/ステップを開くには、ハンドル

を使用してリアバンパードア/ステップを持ち上

げ、下に向かって開きます。

洗浄液タンクと回収タンクの両方を完全に空にす

るには、リアバンパードア/ステップ

を降ろしてください。

安全のために:リアバンパードア/ステップを降ろ

した状態で本機を操作しないでください。本機の

いかなる部分にも同乗者を乗せないでください。

注記:リアバンパードア/ステップの踏み板の部分

のみを踏み込みます。リアバンパードア/ステップ

の両側の踏み込み禁止のマークが付いた部分は踏

み込まないでください。

38 M17 9017355 (05-2020)

操作

本機の概要

デュアルフォース

スイープ

1-STEPボタンを使用すると、すべての洗浄およ

びスイープ機能が作動し、すぐに洗浄を開始でき

ます。

スイープモードが機能していると、サイドブラシ

がゴミをメインのスイープブラシの通り道に掃き

集めます。メインブラシは床のゴミをホッパーに

掃き集めます。バキュームシステムは、フィルタ

ーシステムを通じ集塵を行います。

洗浄モードが機能していると、水と洗剤が洗浄液

バルブから床に流れ、ブラシで洗浄します。ブラ

シが床を洗浄します。本機が前進すると、スクイ

ージーが汚水を床から拭き取り、バキュームシス

テムが汚れた洗浄液を回収タンクに吸引します。

ダイレクトスロースイープ

オプションのES(リサイクル洗浄)モードでは、

汚水回収タンクの使用済み洗浄液をESシステムで

ろ過し、洗浄液タンクに戻して再利用します。タ

ンクに戻った洗浄液に洗剤が注入され、洗浄液の

洗浄性能を再生させます。

オプションのec-H2O(電解水)モードでは、通

常の水がモジュールを通過し、酸素が水中に送り

込まれ、電流が帯電されます。電気分解された水

は、酸性とアルカリ性の混合液に変化して、pH値

が中性のクリーナーが生成されます。この電解水

は汚れに作用し、汚れを微細な粒子に分解して床

面から遊離させるため、本機での洗浄および清掃

が簡単になります。この電解水は、汚水回収タン

クに入ると普通の水に戻ります。ec-H2Oシステム

を、ダブル洗浄の間に使用できます。

M17 9017355 (05-2020) 39

操作

ブラシとパッドについて

最良の結果を得るには、洗浄用途に適したブラシ

やパッドを使用してください。以下にブラシとパ

ッドの説明と、それぞれの最適な用途を示しま

す。

注記:使用するブラシまたはパッドのタイプを選

択する場合、汚れの程度と種類が重要な要素にな

ります。推奨品については、テナント社代理店に

お問い合わせください。

ナイロンブラシ(シリンダーおよびディスク)*-

柔らかいナイロン製のブラシは、コーティングを

施した床面の洗浄に適します。表面を削らずにク

リーニングします。

丈夫なポリプロピレン製のブラシ(ディスク)-

丈夫なポリプロピレン製のブラシは、より強力な

洗浄に適します。固着した汚れ、ごみ、砂などを

簡単に剥しながら洗浄できます。

ポリプロピレンブラシ(シリンダーおよびディス

ク)*- 汎用ポリプロピレン製のブラシは、高光沢

コーティング処理された床面を傷付けることな

く、薄く堆積した汚れを洗浄します。

タイネックスブラシ(シリンダーおよびディス

ク)*- 研磨用の細粒が含まれたナイロンファイバ

ーが、しみや固着した汚れを取り除きます。すべ

ての床面で強力な効果があります。頑固な汚れ、

油脂、およびタイヤ跡の洗浄に効果があります。

* このブラシは、サイドブラシにも提供されま

す。

ポリプロピレンサンドウェッジメインブラシ - 砂

のように重量のある細粒堆積物の清掃用です。

ストリッピングパッド(茶) - 床の塗り直しの場

合に床の表面仕上げを剥がすために使用します。

洗浄パッド(青) - 中程度から頑固な汚れの洗浄

に適しています。埃、こぼれた液体、こすり傷を

取り除きます。

バフパッド(赤) - 床の表面仕上げを剥がさずに

軽い汚れを洗浄するのに適しています。

研磨パッド(白) - 研磨面またはバニシ仕上げの

床面に適しています。

ポリプロピレン製サイドブラシ - 軽い汚れから中

程度の汚れまでの一般的な清掃に適しています。

グリップパッド ドライバ - グリップ面の裏当てに

より、パッドの全面を使用することが可能で、パ

ッドを突き刺さずに保持することができます。ス

プリング式のセンタリング装置は、すべてのテナ

ント社製パッドに使用でき、素早く簡単にパッド

を交換できます。

突起付きパッドドライバー - 標準パッドドライバ

ーは、突起付きの裏面でパッドを保持します。こ

のドライバーは、黒色のヘビーデューティパッド

以外のすべてのテナント社製パッドに使用できま

す。

40 M17 9017355 (05-2020)

本機の運転時

大き過ぎるゴミは洗浄/スイープ前に拾っておいて

ください。ブラシにまとわり付いたり絡まる可能

性があるワイヤひも、荷造りバンド、大きな木片

なども拾っておいてください。

できるかぎり直線に運転してください。本機を柱

にぶつけたり、側面をこすらないよう注意してく

ださい。清掃/スイープ幅は数センチ(数インチ)

重なるようにしてください。

本機作動中、ステアリングホイールを急に回さな

いでください。本機はステアリングホイールの動

きに敏感に反応します。非常時以外、突然の方向

転換は避けてください。

洗浄するときは、必要に応じて本機の速度、ブラ

シの圧力、洗浄液の流量を調節してください。ブ

ラシの圧力と洗浄液の流量を最低にすると、最高

の性能を発揮します。

清掃能力が低い場合は、清掃を停止し、本マニュ

アルの「本機の故障診断」を参照してください。

使用後は、毎回「毎日の点検整備手順」を実施し

てください(本マニュアルの「本機の点検整備」

参照)。

斜面では、本機をゆっくり運転してください。下

り坂ではブレーキペダルを使用し、本機の速度を

制御してください。斜面は下り方向ではなく、登

り方向に洗浄してください。

安全のために:本機を使用するとき、斜面や滑り

やすい場所ではゆっくり進んでください。

周囲温度が43° C(110° F)以上の場所で本機

を運転しないでください。周囲温度が氷点下0°

C(32°F)以下の場所で洗浄機能を使用しないで

ください。

安全のために:本機の使用時は、デュアルフォー

スでは10.5%、ダイレクトスローでは5%の傾斜を

超えるランプ斜面の洗浄や掃除は行わないでくだ

さい。デュアルフォースでは13%、ダイレクトス

ロー(ホッパーを下げた状態)では5%の傾斜を超

えるランプ斜面では輸送をしないでください。

M17 9017355 (05-2020)

操作

41

操作

運転前チェックリスト

本機を操作する前に、次の手順を実施してくださ

い。

 液漏れがないかどうかチェックしてください。

作動油量を確認してください。

ホッパーダストフィルターとシールの状態を確認し

てください。

 ホッパーとごみスクリーンを清掃してください。

 左側サイドスクイージーの磨耗や損傷を点検してく

ださい。

 メインブラシの磨耗や損傷を点検してください。メ

イン洗浄ブラシに絡まったワイヤ、糸くずなどを取

り除いてください。

 シリンダーブラシを装備した機種: ごみ容器が空で

きれいなことを確認してください。

 サイドブラシオプションを装備した機種: 洗浄ブラ

シに絡まったワイヤ、糸くずなどを点検してくだ

さい。

 洗浄サイドブラシオプションを装備した機種: スク

イージーの磨耗や損傷を点検してください。

 リヤスクイージーの磨耗や損傷を点検してくださ

い。

 汚水回収タンクのカバーシールの磨耗や損傷を点検

してください。

バキュームファンのフィルターがきれいであること

を確認してください。

ESオプションを装備した機種: 洗浄液タンクから排

水し、フロートセンサーとESフィルターを清掃し

てください。

ESオプションを装備した機種: 汚水回収タンク底部

のESフィルターがきれいであることを確認してく

ださい。

 ライブワンドオプションを装備した機種: ごみ取り

トレーが空であることを確認してください。

右側スクイージーの磨耗や損傷を点検してくださ

い。

洗浄液タンクのカバーシールの磨耗や損傷を点検し

てください。

 ec-H2O洗浄: 従来タイプの洗剤/還元剤がすべて排

出され、洗浄液タンクのすすぎが完了していること

を確認してください。

 ec-H2O洗浄: 洗浄液タンクがきれいな冷水で満たさ

れていることを確認してください。

クラクション、ヘッドライト、テールライト、安全

ライト、後退アラームを確認してください(装備さ

れている場合)。

ブレーキとステアリングが適正に作動することを確

認してください。

パーキングブレーキペダルが適切に動作するか点検

してください。

 タイヤの損傷を点検してください。

 メンテナンス記録を点検し、メンテナンス要件を確

認してください。

42 M17 9017355 (05-2020)

本機の始動

安全のために:本機を始動する前に、シートを調

整し、シートベルトを締めてください(装備して

いる場合)。

1. 運転席に座ってください。

2. キースイッチをオン位置に回します。

注記:本機をオフにした直後は、ソフトウェアが

完全に再起動できるように、少なくとも5秒間待っ

てから再起動してください。

操作

洗剤タンクの充填(オプション)

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. 洗剤タンクにアクセスするには、左シュラウ

ドを開きます。

2. 洗剤タンクからキャップを取り外します。

3. 必要に応じてライトを点灯してください。

4. 方向スイッチを運転する方向に入れてくださ

い。

5. 走行ペダルを踏むと、本機は走行を開始しま

す。

注記:本機は、オペレーターが運転席に座らない

と走行を開始しません。

3. 洗剤を洗剤タンクに入れます。

警告:引火性物質は、爆発や火災の原因に

なります。タンクに引火性物質を入れない

でください。

注意:従来の洗浄を行う場合、推奨する洗剤のみ

を使用してください。不適切な洗剤の使用が原因

で本機が故障した場合、メーカーの保証は受けら

れません。

M17 9017355 (05-2020)

4. 洗剤タンクのキャップを再度取り付けます。

43

操作

洗浄液タンクの充填

従来の洗浄モード

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. ハンドルを回し、洗浄液タンクカバーを持ち

上げて取り外します。 ec-H2O洗浄(ec-H2Oモード)

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. ハンドルを回し、洗浄液タンクカバーを持ち

上げて取り外します。

2. 洗浄液タンクに少し水を入れます(水温は

60°C/140°Fを越えないこと)。必要な量の洗

剤を洗浄液タンクに入れます。さらに、洗浄

液タンクのインジケータータブの約25 mm(1 in)まで水を充填してください。

2. 洗浄液タンクには、きれいな冷水(21°C/70°F

以下)のみを充填してください。温水を使用

したり、従来タイプの床洗剤を追加しないで

ください。ec-H2O システムが故障する原因

になります。洗浄液タンクのインジケーター

タブの約25 mm(1 in)まで水を充填してくだ

さい。

警告:引火性物質は、爆発や火災の原因に

なります。タンクに引火性物質を入れない

でください。

注意:従来の洗浄を行う場合、推奨する洗剤のみ

を使用してください。不適切な洗剤の使用が原因

で本機が故障した場合、メーカーの保証は受けら

れません。

注記:泡が過剰に発生する場合は、推奨消泡剤を

汚水回収タンクに入れてください。各洗剤の推奨

事項は、テナント社のサービス代理店にお問い合

わせください。

3. 洗浄液タンクカバーを閉じます。

警告:引火性物質は、爆発や火災の原因に

なります。タンクに引火性物質を入れない

でください。

注記:従来タイプの洗剤を洗浄液タンクに入れた

状態で、ec-H2Oシステムを使用しないでくださ

い。ec-H2Oシステムを始動する前に、洗浄液タン

クの水を抜き取り洗浄し、きれいな冷水を充填し

てください。従来タイプの洗浄洗剤が原因で、ec-

H2O システムが故障する可能性があります。

3. 洗浄液タンクカバーを閉じます。

44 M17 9017355 (05-2020)

ES(リサイクル洗浄)モード – 手動によるタンク

の充填

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. ハンドルを回し、洗浄液タンクカバーを持ち

上げて取り外します。

操作

自動充填(オプション)

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、機を水平な場所に止め、パーキ

ングブレーキを掛けて電源を切ってください。

1. リアバンパードア/ステップを下げます。

2. 水(水温は60°C/140°Fを越えないこと)タ

ンクのホースを自動充填の接続部に接続しま

す。

2. 洗浄液タンクに水を入れます(水温は

60°C/140°Fを越えないこと)。洗浄液タンク

のインジケータータブの約25 mm(1 in)まで

水を充填してください。

3. 洗浄液タンクカバーを閉じます。

4. ESフィルターの最上部に達するまで汚水回

収タンクに水を充填してください。(水温は

60°C/140°Fを越えないこと)。

3. キースイッチをオン位置に回し、水タンクを

始動します。タンクは自動的に適切なレベル

まで充填されます。

警告:引火性物質は、爆発や火災の原因に

なります。タンクに引火性物質を入れない

でください。

注意:リサイクル洗浄を行う場合、推奨する泡の

少ない洗剤のみを使用してください。不適切な洗

剤の使用が原因で本機が故障した場合、メーカー

の保証は受けられません。

4. リアバンパードア/ステップを上げます。

5. 汚水回収タンクのカバーを閉じます。

6. 洗剤タンクに洗剤を入れます。

警告:引火性物質は、爆発や火災の原因に

なります。タンクに引火性物質を入れない

でください。

M17 9017355 (05-2020) 45

操作

ec-H2Oボタン(オプション) ec-H2O ボタンでec-H2Oシステムを作動させる

ときは、1-STEP ボタンと洗浄機能を使用しま

す。ec-H2Oシステムをオンにするには、ec-H2O

ボタンを押します。

過酷環境スイッチを装備したec-H2Oの機種のみ:

過酷環境スイッチを装備した機種は、起動時に ec-H2O設定が適用されます。

標準コントロールパネルを装備した機種:有効に

なると、ec-H2Oロゴとec-H2Oボタンの間のライ

トが点灯します。

Pro-Panelコントロールを装備した機種:背景が黒

から多色に変わり、斜め線が ec-H2Oボタンから

消え、ec-H2Oボタンが押され有効であることが表

示されると、ボタンが点灯します。

標準パネル ec-H2Oボタンの真上のLED(発光ダイオード)ラ

イトの下部にある点滅する赤色のライトは、ec-

H2Oシステムを洗浄する必要があることを示しま

す。「点検整備」の項の「ec-H2Oモジュールの洗

浄手順」の項を参照してください。

Pro-Panel ec-H2Oボタンが赤色に変わり、故障/アラートイ

ンジケーターが点滅し、ec-H2Oエラーがある場

合に ec-H2Oエラーメッセージが画面に表示され

ます。

標準パネル

46 M17 9017355 (05-2020)

ES(リサイクル洗浄)ボタン(オプション)

ESボタンでESシステムを作動させる場合は、1-

STEPボタンを使用します。

標準コントロールパネルを装備した機種:ESボタ

ンを押すと、ESロゴとESボタンの間のライトが

点灯します

標準パネル

Pro-Panelコントロールを装備した機種:斜めの線

がESボタンから消え、ESボタンを押して有効な

ことが示されている場合、ボタンが点灯します。

操作

Pro-Panel

M17 9017355 (05-2020) 47

操作

洗浄ブラシ圧

通常の洗浄条件では、ブラシ圧を最小に設定して

ください。汚れがひどい洗浄では、高いブラシ圧

に設定してください。走行速度と床の条件は、洗

浄性能に影響を与えます。ブラシが磨耗している

場合は、ブラシ圧を高くする必要があります。電

源のオン/オフ時に、前回使用時の設定が適用され

ます。

ブラシ圧の設定 -

Pro-Panel

ブラシ圧ボタンを押して、 ブラシ圧ボタン上げ(+

)ボタン、 ブラシ圧下げ(-)ボタン、 ブラシ圧イ

ンジケーターバーにアクセスします。

ブラシ圧の設定 - 標準パネル

ブラシ圧の設定を変更する場合は、1-STEPボタン

をオンにした状態でブラシ圧ボタンを押します。

ブラシ圧インジケーターライトに現在のブラシ圧

の設定が表示されます。

ブラシ圧上げ(+)ボタンとブラシ圧下げ(-)ボ

タンを使用して、ブラシ圧を変更します。ブラシ

圧インジケーターバーに現在のブラシ圧の設定が

表示されます。

48 M17 9017355 (05-2020)

洗浄液流量

走行速度と床の条件は、洗浄性能に影響します。

通常の洗浄の場合は、洗浄液の流量レベルを最小

に設定してください。汚れがひどい洗浄の場合

は、洗浄液をより高い流量レベルに設定してくだ

さい。本機の電源のオン/オフ時に、前回使用時の

設定が適用されます。

操作

洗浄液流量の設定 -

Pro-Panel

洗浄液流量ボタンを押して、 洗浄液増量ボタン(+

)、 洗浄液減量ボタン(-)、 洗浄液流量インジケ

ーターバーにアクセスします。

洗浄液流量の設定 -

標準パネル

1-STEPボタンをオンにし、 洗浄液増量ボタン(+

)または 洗浄液減量ボタン (-)のいずれかを押

すと、洗浄液の流量を設定できます。洗浄液流量

インジケーターライトには、現在の洗浄液の流量

設定が表示されます。

洗浄液増量ボタン(+)と洗浄液減量ボタン(-)

を使用して、洗浄液の流量レベルを設定します。

洗浄液フローインジケーターバーには、現在の洗

浄液の流量設定が表示されます。

M17 9017355 (05-2020) 49

操作

洗浄/スイープ - 標準パネル

安全のために:オペレーターマニュアルを読み、

その内容を理解するまで、本機を操作しないでく

ださい。

1. 電源スイッチを入れます。

2. 1-STEPボタンを押してください。ボタンの上

のライトが点灯します。プリセットされた洗

浄/スイープ機能がすべてオンになります。

注記:濡れた広い部分または水たまりの清掃を行

う際には、スイープバキュームファンボタンを押

してバキュームファンをオフにしてください。こ

れにより、清掃している間にホッパーダストフィ

ルターが湿ることを防ぐことができます。

3. 清掃する場所で、必要に応じた洗浄/スイープ

機能を起動します。

4. 必要に応じて、洗浄ブラシ圧と洗浄液流量を

調整してください。

5. パーキングブレーキを解除してください。

6. 方向スイッチを前方にセットします。

7. 走行ペダルを踏み、洗浄/スイープを開始しま

す。

注記:従来の洗浄方法では、ec-H2Oシステムを作

動させないでください。従来タイプの洗浄洗剤が

原因で、ec-H2Oシステムが故障する可能性があり

ます。ec-H2O システムを始動する前に、洗浄液

タンクの水を抜き取り洗浄し、きれいな冷水を充

填してください。

警告:引火性物質や反応物質は、爆発や火

災の原因になります。回収しないでくだ

さい。

安全のために:本機を使用するとき、斜面や滑り

やすい場所ではゆっくり進んでください。

注記:本機を後進させると、自動的にスクイージ

ーが上がります。これにより、スクイージーの損

傷が防止されます。

8. 走行ペダルを放し、ブレーキペダルで本機を

停止します。

9. 1-STEPボタンを押し、洗浄/スイープを停止し

てください。ボタンの上のライトが消灯し、

しばらくすると洗浄/スイープ機能が停止しま

す。

注記:本機で清掃機能を使用していた場合、フィ

ルターシェーカーにより、1-STEPボタンがオフの

場合には毎回短時間フィルターが振動します。

注記:本機操作中に故障やアラートコードが見つ

かった場合、本機を停止し、本マニュアルの「故

障/アラート」の項を参照して原因を調べ、故障や

アラートをなくすための是正措置を取ってくださ

い。

10. シフト終了ごとか必要に応じて、ホッパーと

廃液回収タンクを空にしてください。本マニ

ュアルの「ホッパーを空にする」および「廃

液回収タンクから水を抜き清掃する」の項を

参照してください。

50 M17 9017355 (05-2020)

清掃/スイープ - Pro-Panel

安全のために:オペレーターマニュアルを読み、

その内容を理解するまで、本機を操作しないでく

ださい。

1. 電源スイッチを入れます。

2. 該当する場合、本機にログインします。

PRO-ID ログイン画面を参照してください。

3. 該当する場合、Pro-Check操作前チェックリス

トを完了してください。「Pro-Checkの操作

前チェックリストを完了」をい参照してくだ

さい。

4. 1-STEPボタンを押してください。1-STEPボ

タンと選択したその他すべての洗浄/スイープ

ボタンが点灯します。

注記:清掃前に洗浄/スイープモードが設定されて

いることを確認します。

操作

9. 走行ペダルを踏み、洗浄を開始します。

注記:従来の洗浄方法では、ec-H2Oシステムを作

動させないでください。従来タイプの洗浄洗剤が

原因で、ec-H2Oシステムが故障する可能性があり

ます。ec-H2O システムを始動する前に、洗浄液

タンクの水を抜き取り洗浄し、きれいな冷水を充

填してください。

警告:引火性物質や反応物質は、爆発や火

災の原因になります。回収しないでくだ

さい。

安全のために:本機を使用するとき、斜面や滑り

やすい場所ではゆっくり進んでください。

注記:濡れた広い部分または水たまりの清掃を行

う際には、スイープバキュームファンボタンを押

してバキュームファンをオフにしてください。こ

れにより、清掃している間にホッパーダストフィ

ルターが湿ることを防ぐことができます。

5. 必要に応じて、洗浄ブラシ圧と洗浄液流量を

調整してください。

注記:本機を後進させると、自動的にスクイージ

ーが上がります。これにより、スクイージーの損

傷が防止されます。

10. リヤビューカメラボタンを随時押して、本機

の後方の清掃の実行状況をチェックします。

6. 清掃する場所で、必要に応じた洗浄モードま

たはゾーン設定を起動します。

7. パーキングブレーキを解除してください。

8. 方向スイッチを前方にセットします。

11. 走行ペダルを放し、ブレーキペダルで本機を

停止します。

M17 9017355 (05-2020) 51

操作

12. 1-STEPボタンを押すと、洗浄が停止します。

ボタンは点灯しなくなり、洗浄/スイープ機能

がその後停止します。

注記:本機で清掃機能を使用していた場合、フィ

ルターシェーカーにより、1-STEPボタンがオフの

場合には毎回短時間フィルターが振動します。

注記:本機操作中に故障やアラートコードが見つ

かった場合、本機を停止し、本マニュアルの「故

障/アラート」の項を参照して原因を調べ、故障や

アラートをなくすための是正措置を取ってくださ

い。

13. シフト終了ごとか必要に応じて、ホッパーと

廃液回収タンクを空にしてください。本マニ

ュアルの「ホッパーを空にする」および「廃

液回収タンクから水を抜き清掃する」の項を

参照してください。

ダブル洗浄

ダブル洗浄は、汚れのひどい場所を2回以上洗浄す

るプロセスです。1回目は、洗浄液を床に浸透させ

るために、リヤスクイージーとサイドスクイージ

ーを上げて行います。汚れがひどい場所では、ダ

ブル洗浄を実施します。

ダブル洗浄は、ec-H2O洗浄システム(オプショ

ン)、リサイクル洗浄洗浄システム(オプショ

ン)、または従来の洗浄方法を使用して実施でき

ます。

手動で両側のスクイージーアセンブリーを持ち上

げ、スクイージーが上昇位置に固定されるよう

に、ダブル洗浄ラッチをセットします。

52 M17 9017355 (05-2020)

標準パネルを装備した機種:1-STEPボタンを押

し、次にバキュームファン/スクイージーボタンを

押します。バキュームファン/スクイージーボタン

が消灯しスクイージーが上がります。次に、バキ

ュームファンの動作が停止します。

操作

2回目の床の洗浄前に、サイドスクイージーを下

げ、バキュームファン/スクイージーボタンを押し

てリヤスクイージーを下げ、バキュームファンを

作動させてください。ボタンの上のライトが点灯

します。2回目の床の洗浄では、洗浄液を回収し

ます。

警告:引火性物質や反応物質は、爆発や火

災の原因になります。回収しないでくだ

さい。

注記:必要に応じ、床の2回目の洗浄では、洗浄液

の流量を減らしてください。

注記:ダブル洗浄は、洗浄液が棚の下に流れた

り、商品を損傷するような場所では推奨しませ

ん。

標準パネル

Pro-Panelを装備した機種:1-STEPボタンを押

し、次にバキュームファン/スクイージーボタンを

押します。バキュームファン/スクイージーボタン

が消灯しスクイージーが上がります。バキューム

ファンの動作が停止します。

Pro-Panel

汚れのひどい場所を洗浄します。床を洗浄液で湿

らせ、5~15分待ってください。

安全のために:本機を使用するとき、斜面や滑り

やすい場所ではゆっくり進んでください。

M17 9017355 (05-2020) 53

操作

水回収モード(洗浄なし)

本機は、洗浄を行わずに水や非引火性の液体を回

収することができます。

警告:引火性物質や反応物質は、爆発や火

災の原因になります。回収しないでくだ

さい。

水や非引火性の液体を回収する前に、1-STEPボタ

ンが有効でその他すべての清掃機能がオフになっ

ていることを確認してください。

標準コントロールパネルを装備した機種:洗浄バ

キューム ファン / スクイージーボタンを押しま

す。ボタンの上のライトが点灯し、スクイージー

が下がります。次に、バキュームファンが作動を

開始します。こぼれた水または非引火性の液体を

回収します。

クリーニングの停止

1. 本機の運転中に、1-STEPボタンを押してクリ

ーニングを停止します。スクイージーが短時

間床に下がったまま洗浄ヘッドの水が吸引さ

れ、その後上がります。

2. 走行ペダルを放し、ブレーキペダルで本機を

停止します。

標準パネル

Pro-Panelコントロールを装備した機種:洗浄バ

キューム ファン / スクイージーボタンを押しま

す。ボタンの上のライトが点灯し、スクイージー

が下がります。バキュームファンが作動を開始し

ます。こぼれた水または非引火性の液体を回収し

ます。

54

Pro-Panel

M17 9017355 (05-2020)

ホッパーを空にする

ホッパーを空にする -

標準パネル

1. ゴミ回収場所またはコンテナまで本機を運転

して移動します。

2. フィルターシェーカースイッチを押してくだ

さい。シェーカーは約30秒作動します。フ

ィルターシェーカーの作動中は、インジケー

ターランプが点灯します。フィルターシェー

カーを停止する必要がある場合、フィルター

シェーカースイッチの上部をもう一度押しま

す。

操作

5. ごみ容器まで本機をゆっくり運転してくださ

い。ゴミ回収コンテナの上までホッパーを持

ち上げます。

安全のために:本機を後退させるときは安全に注

意してください。ホッパーが持ち上げられている

場合は、注意して本機を移動してください。

6. ホッパーロールスイッチの上部を押したまま

にして、ホッパーを空にします。

7. ホッパーロールスイッチの下部を押したまま

にして、ホッパーを持ち上げ位置に戻しま

す。

3. ホッパーを上げる前に、清掃機能をすべてオ

フにしてください。

4. フィルターシェーカーが停止した後、 ホッパ

ー上げ/下げスイッチの上部を押してホッパー

を上げます。ホッパーが所定の位置に達した

ら、ボタンから手を離します。

安全のために:本機を使用するとき、必ず十分な

空間を確保してからホッパーを上げてください。

本機が斜面上にあるときにホッパーを上げないで

ください。

注記:ホッパーを上げるために必要な最小天井高

は2134mm (84 in) です。注意してください。

8. 本機をゴミ廃棄場またはコンテナからゆっく

り後退させます。

9. 本機を停止してから、ホッパーが完全に下が

るまでホッパー上げ/下げスイッチの下部を押

したままにします。

M17 9017355 (05-2020) 55

操作

ホッパーを空にする -

Pro-Panel

1. ゴミ回収場所またはコンテナまで本機を運転

して移動します。

2. フィルターシェーカーボタンを押してくださ

い。シェーカーは約30秒作動します。フィル

ターシェーカーボタンが、フィルターシェー

カーが作動中に点灯します。フィルターシェ

ーカーを停止する必要がある場合、フィルタ

ーシェーカーボタンをもう一度押します。

5. ホッパー上昇ボタンを押し続け、ホッパーを

上げてください。ホッパーが上昇したら、ボ

タンから手を離します。

安全のために:本機を使用するとき、必ず十分な

空間を確保してからホッパーを上げてください。

本機が斜面上にあるときにホッパーを上げないで

ください。

注記:ホッパーを上げるために必要な最小天井高

は2134mm (84 in) です。注意してください。

3. フィルターシェーカーが停止した後、ホッパ

ーコントロールボタンを押してホッパーコン

トロールにアクセスします。

6. ごみ容器まで本機をゆっくり運転してくださ

い。ゴミ回収コンテナの上までホッパーを持

ち上げます。

安全のために:本機を後退させるときは安全に注

意してください。ホッパーが持ち上げられている

場合は、注意して本機を移動してください。

7. ホッパーロールアウトボタンを押し続け、ホ

ッパーを空にしてください。すべてのゴミが

ホッパーから出たら、ホッパーロールアウト

ボタンから手を離します。

4. ホッパーを上げる前に、清掃機能をすべてオ

フにしてください。

.

56 M17 9017355 (05-2020)

8. ホッパーロールインボタンを押し続け、ホッ

パーを垂直の位置にします。ホッパーが垂直

の位置に戻ったら、ホッパーロールインボタ

ンから手を離します。

9. 本機をゴミ廃棄場またはコンテナからゆっく

り後退させます。

10. 本機を停止してから、ホッパーが完全に下が

るまでホッパー下げスイッチを押したままに

します。

11. ホームボタンまたは戻るボタンを押して、メ

イン操作画面に戻ります。

操作

M17 9017355 (05-2020) 57

操作

ホッパーサポートバーをかみ合わせる

1. 本機のパーキングブレーキを掛けてくださ

い。

5. ゆっくりホッパーを下げ、ホッパーサポート

バーをホッパーバーストップの上に載せてく

ださい。

安全のために:スタートの際には、ブレーキを踏

んで方向ペダルをニュートラルの位置にします。

2. 電源スイッチを入れます。

3. ホッパーを完全に上げてください。

警告:リフトアームに挟まる場所。ホッ

パー持ち上げアームに近づかないでくだ

さい。

安全のために:本機を使用するとき、必ず十分な

空間を確保してからホッパーを上げてください。

本機が斜面上にあるときにホッパーを上げないで

ください。

注記:ホッパーを上げるため必要な最小天井高さ

は2134mm(84 in)です。注意してください。

4. ホッパーサポートバーを下げ、サポートバー

ストップの位置にしてください。

6. 本機の電源を切ります。

ホッパーサポートバーを外す

1. 電源スイッチを入れます。

安全のために:スタートの際には、ブレーキを踏

んで方向ペダルをニュートラルの位置にします。

2. ホッパーを少し下げます。ホッパーが上昇し

たら、スイッチ/ボタンから手を離します。

3. サポートバーを保管の位置にします。

警告:リフトアームに挟まる場所。ホッ

パー持ち上げアームに近づかないでくだ

さい。

4. ホッパーを完全に下げてください。

警告:上げたホッパーが落下することがあ

ります。ホッパーサポートバーをかみ合わ

せて固定してください。

58 M17 9017355 (05-2020)

汚水回収タンクの排水と清掃

汚水回収タンクの排水と清掃は、毎日、または汚

水回収タンク満杯故障コードがLCD ディスプレイ

に表示されたときに行ってください。

タンク外側の清掃には、ビニールクリーナーを使

用してください。

1. 本機を床の排水路の近くまで移動します。

2. リアバンパードア/ステップを下げます。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

3. 汚水回収タンクからドレンホースを取り外し

ます。

操作

5. 必要に応じてドレンノズルを回し、流量を調

整してください。

6. 汚水回収タンクのカバーを持ち上げ、きれい

な水で汚水回収タンクを洗浄してください。

タンク最上部の近くのセンサーも洗浄してく

ださい。

ESを装備した機種のみ:第2ロアーセンサー

(表示省略)を清掃します。

4. 床の排水路の近くでホースを持ち、ドレンノ

ズルを回して開け、ホースを床の排水路の近

くに置きます。

注記:ドレンホースノズルを開ける前に、ノズル

の先端が確実に排水路に向けられていることを確

認してください。

M17 9017355 (05-2020) 59

操作

7. ES 装置:回収タンク底部のESフィルターを

洗浄してください。

10. バキュームファンのフィルターは毎日点検し

てください。フィルターは、湿った布で汚れ

を落としてください。汚れがひどい場合はホ

ースで水をかけてください。フィルターが完

全に乾いてから本機に取り付けてください。

8. 漏れを防止するために、ノズルのプラグ部品

とドレンホースカフの内側を清掃します。

11. バキュームスクリーンを汚水回収タンクカバ

ーから取り外し、スクリーンをすすぎます。

注記:タンクの洗浄に蒸気を使用しないでくださ

い。高温により、タンクと部品が損傷することが

あります。

9. ドレンカフを回して閉じ、ドレンホースを汚

水回収タンクのクリップに差し込みます。

12. ごみトレーを汚水回収タンクから取り外し、

トレーの中のごみをすべて洗い流します。

60

13. 汚水回収タンクのカバーを閉じます。

M17 9017355 (05-2020)

14. シリンダー洗浄ヘッド:ごみ容器を取り外し

て清掃します。清掃が終わったら、ごみ容器

を洗浄ヘッドに戻してください。

注記:ごみ容器を取り外すときは、洗浄ヘッドを

約25mm(1 in)下げる必要があります。

注記:ごみ容器は、本機の右側以外から取り外す

ことができません。

15. リアバンパードア/ステップを上げます。

操作

M17 9017355 (05-2020) 61

操作

洗浄液タンクの排水と清掃

ES(リサイクル洗浄)を装備した機種のみ:毎

日、洗浄液タンクを空にし、清掃してください。

タンク外側の清掃には、ビニールクリーナーを使

用してください。

1. 本機を床の排水路の近くまで移動します。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

2. リアバンパードア/ステップを下げます。

3. 洗浄液タンクからドレンホースを取り外しま

す。

5. 必要に応じてドレンノズルを回し、流量を調

整してください。

6. ハンドルを回し、洗浄液タンクのカバーを持

ち上げ、きれいな水で洗浄液タンクを洗浄し

てください。タンク底部のESフィルターを洗

浄してください。

4. 床の排水路の近くでホースを持ち、ドレンノ

ズルを回して開け、ホースを床の排水路の近

くに置きます。

注記:ドレンホースノズルを開ける前に、ノズル

の先端が確実に排水路に向けられていることを確

認してください。

注記:タンクの洗浄に蒸気を使用しないでくださ

い。高温により、タンクと部品が損傷することが

あります。

62 M17 9017355 (05-2020)

7. 漏れを防止するために、ノズルのプラグ部品

とドレンホースカフの内側を清掃します。

操作

本機の電源を切る

1. 走行ペダルから足を離します。

2. 1-STEPボタンを押すと、洗浄が停止します。

3. ブレーキペダルを踏み本機を停止します。

4. キースイッチをオフ位置に回し、キーを取り

外してください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

8. ドレンカフを回して閉じ、ドレンホースを洗

浄液タンクのクリップに差し込みます。

9. リアバンパードア/ステップを上げます。

M17 9017355 (05-2020) 63

操作

故障/アラート

機械的/電気的な問題が本機にある場合、故障/アラ

ート警告がオペレータに表示されます。

すべての故障コードがアラームを鳴らし、操作員

に故障の発生を知らせます。

故障/アラートインジケーターをリセットするに

は、本機を停止してから故障/アラートの原因を取

り除いてください。故障インジケーターは、本機

を再始動するとリセットされます。

下記の故障/アラートインジケーターの表を参照

し、故障/アラートの原因と修復措置を特定してく

ださい。

故障/アラートインジケーター -

Pro-Panel

故障/アラートが発生したことを示す 故障/アラート

インジケーターボタンが点滅し続けます。多色の

背景が、黒色に変わります。

故障/アラートインジケーター -

標準パネル

本機は赤色のインジケーターライトとLCD (液晶

ディスプレイ)の2種類の視覚インジケーターを備

えています。

赤色のインジケーターライトは故障/アラートが発

生すると点滅し続けます。

点滅する 赤色の故障インジケーターボタン

を押して、故障を表示します。故障/アラ

ート画面がディスプレイに表示されます。

点滅している 黄色のアラートインジケータ

ーボタンを押してアラートを表示します。

故障/アラート画面がディスプレイに表示

されます。

故障/アラートテキストが、画面中央のアイコンの

下に表示されます。

LCD は故障/アラートコードを表示します。故障が

2種類以上あると、それぞれの故障コードを交互に

表示します。

64

右矢印ボタンを押して、故障/アラートで

先に進みます。

左矢印ボタンを押して、故障/アラートで

戻ります。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

左向き矢印ボタンを押して、前の画面に戻

ります。

M17 9017355 (05-2020)

操作

FFF0

FF12

FF11

07A2

07A1

故障/アラートインジケーター

故障コ

ード番

故障コード

標準パネル

故障コード

Pro-Panel

緊急停止 緊急停止異常

低バッテリー 超低バッテリー警告

低バッテリー 低バッテリー警告

ホッパーがホーム位置にありま

せん

ホッパー引火 ホッパーに引火

07A0 フィルターの目詰まり警告

0790

0791

0701

0010

0101

洗浄液タンク

が空

回収タンクが

満杯

Ecフラッシュ

の故障

パーキングブ

レーキ

左スクラブを

開放

洗浄液タンクが空です

回収タンクが満杯です

EC-H2O システムのフラッシュ

が必要

パーキングブレーキ

左スクラブ モーターの電気的開

放アラート

注記:その他すべての故障コードについては、テ

ナント社のサービス代理店に連絡してください。

原因 処置

緊急停止かみ合い

バッテリー充電の超低下

バッテリー残量の低下

ホッパーが完全に下がって

いない

ホッパーに引火

フィルターにほこりやゴミ

が詰まっています

洗浄液タンクが空です

汚水回収タンクが満杯です

緊急停止解除

充電

充電

ホッパーを完全に下げてくだ

さい

本機を停止してください。火を

消してください。必要に応じ

て、非常時担当者を呼んでく

ださい。

フィルターシェーカーを稼働

フィルターを清掃する

洗浄液タンクに充填してくだ

さい

汚水回収タンクを空にしてく

ださい ec-H2O システムをフラッシュ ec-H2O システムに不純物が

詰まっています

パーキングブレーキを作動

電気的故障

パーキングブレーキを解除して

ください

有資格のテナント社のサービス

代理店に連絡してください。

M17 9017355 (05-2020) 65

操作

オプション

スプレーノズル(オプション)

スプレーノズルは、本機とその周囲の洗浄に使用

します。スプレーノズルには、洗浄液タンクから

水/洗浄液が供給されます。

安全のために:点検整備する場合、電気部品の近

くで本機に高圧スプレーやホースで水をかけない

でください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、パー

キングブレーキを掛けてください。

1. 電源スイッチを入れます。

2. スプレーノズルスイッチの上側を押して、ス

プレーノズルをオンにします。スプレーノズ

ルがオンになると、スイッチのライトが点灯

します。

4. スプレーノズルを本機の後部から取り出し、

必要な箇所を清掃してください。

5. 清掃終了後は、丁寧にホースを引き、スプレ

ーノズルを本機の窪みに収納してください。

注記:スプレーノズルを本機に収納するときは、

スプレーノズルをしっかりと持ちホースを操作し

てください。スプレーノズルのホースから手を離

して本機に乱暴に収納すると、本機やスプレーノ

ズルアセンブリが損傷することがあります。

6. スプレーノズルスイッチの下側を押して、給

水を停止します。スプレーノズルがオフにな

ると、スイッチのライトが消灯します。

注記:洗浄を続ける前に、スプレーノズルスイッ

チがオフになっていることを確認してください。

洗浄中にスイッチがオンになっていると、スプレ

ーノズルのポンプが損傷することがあります。

3. スプレーノズルにアクセスするには、左シュ

ラウドを開きます。

66 M17 9017355 (05-2020)

高圧ウォッシャー(オプション)

高圧ウォッシャーは頑固な汚れの洗浄に使用しま

す。高圧ウォッシャーを使う場合は、洗浄液タン

クの洗剤は使用しないでください。高圧ウォッシ

ャーが損傷する可能性があります。

注記:高圧ウォッシャーを初めて使う前、または

洗浄液タンクが完全に空になった場合、高圧ウォ

ッシャーポンプのプライミングを行ってくださ

い。「高圧ウォッシャーポンプのプライミング」

を参照してください。

安全のために:点検整備する場合、電気部品の近

くで本機に高圧スプレーやホースで水をかけない

でください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. 本機をオフにして、パーキングブレーキをか

けてください。

注記:パーキングブレーキがかかっていないと高

圧ウォッシャーは動作しません。

2. ホースタイの留め金を外し、高圧ウォッシャ

ーホースを本機から外します。

操作

4. ホースを高圧ウォッシャーシステムにつない

でください。

5. ホースのもう一方の端をワンドに接続してく

ださい。

6. ワンドのノズルを、必要な圧力に調節してく

ださい。

低圧にする場合はノズルを引き出し、

高圧にする場合はノズルを押し込んで

ください。またノズルを左右に回し

て、スチームまたはファンに切り替え

てください。

3. 高圧ウォッシャーワンドタイの留め金を外

し、ワンドを本機から外します。

7. 本機を始動してください。

M17 9017355 (05-2020) 67

操作

8. 1-STEPスクラブボタンがオフになっているこ

とを確認してください。

11. レバーを握って、清掃を開始してください。

警告:他の人や動物に向けて噴霧しないで

ください。重傷を引き起こすことがありま

す。保護眼鏡を着用してください。スプレ

イヤーは必ず両手で持ってください。

9. 高圧ウォッシャースイッチの上部を押して、

高圧ウォッシャーをオンにします。高圧ウォ

ッシャーがオンになると、スイッチのライト

が点灯します。

12. 清掃が終わったら、レバーを離してくださ

い。

13. 高圧ウォッシャーをオフにする場合は高圧ウ

ォッシャースイッチの下部分を押してくださ

い。

14. 高圧ウォッシャーワンドを安全な方向に向

け、レバーを握ってシステムから圧力を解放

します。

15. 本機の電源を切ります。

16. ホースとワンドを外し、正しい保管場所に戻

してください。

10. 必要な場合は、圧力を調整してください。圧

力を上げるときはノブを時計周りに回し、圧

力を下げるときは反時計周りに回してくださ

い。

+

-

68 M17 9017355 (05-2020)

高圧ウォッシャーポンプのプライミング

初めて操作する前、または洗浄液タンクが完全に

空になった場合、高圧ウォッシャーポンプのプラ

イミングを行う必要があります。システムのプラ

イミングを行うには、高圧ワッシャーポンプを操

作する前に、水/洗浄液を高圧ワッシャーポンプに

送るために洗浄液ポンプを起動する必要がありま

す。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. 本機をオフにして、パーキングブレーキをか

けてください。

2. リヤホイールを固定します。

3. ホースとワンドを高圧ウォッシャーシステム

につないでください。

4. 本機を始動してください。

5. パーキングブレーキを解除してください。

注記:これにより、ポンプ内に水/洗浄液がない状

態で作動することで高圧ポンプが損傷するのを防

ぎます。

6. 高圧ワッシャースイッチの上部を押して、洗

浄液ポンプを起動します。高圧ウォッシャー

がオンになると、スイッチのライトが点灯し

ます。

操作

7. 水/洗浄液がワンドから流れ出るまで、レバー

を握り続けます。

8. レバーを離します。

9. 高圧ウォッシャーをオフにする場合は高圧ウ

ォッシャースイッチの下部分を押してくださ

い。

10. 本機をオフにして、パーキングブレーキをか

けてください。

11. 高圧ワッシャーポンプのプライミングが完了

しました。

M17 9017355 (05-2020) 69

操作

ウェットバキュームワンド (オプション)

バキュームワンドを使用すると、本機が届かない

場所を清掃できます。

警告:引火性物質や反応物質は、爆発や火

災の原因になります。回収しないでくだ

さい。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、パー

キングブレーキを掛けてください。

1. リアバンパードア/ステップを下げます。

2. バッテリー室のカバーの上にある保管トレー

からバキュームワンド構成部品を取り外しま

す。

4. バキュームワンドホースをリヤスクイージー

バキュームホースに取り付けます。

5. バキュームワンドノズルをバキュームワンド

ノズルホースに取り付けます。

3. バキュームホースをリヤスクイージーから取

り外してください。

6. バキュームワンドハンドルをバキュームワン

ドノズルに挿入し、締め付けてください。

70 M17 9017355 (05-2020)

7. バキュームワンドホースカラーをバキューム

ホースハンドルに固定します。

11. 床をバキュームで清掃します。

操作

8. バキュームワンドハンドルを必要な長さに伸

ばし、回して締め付けます。

9. 電源スイッチを入れます。

10. バキュームファン/スクイージーボタンを押し

て、バキュームファンをオンにします。スク

イージーが完全に下がります。

12. バキュームの使用が終わったら、バキューム

ファン/スクイージーボタンを押してバキュー

ムファンを停止します。スクイージーが上が

ります。

13. 本機の電源を切ります。

14. バキュームワンドホースをリヤスクイージー

バキュームホースから取り外し、バキューム

ワンドを分解します。

15. バキュームワンド構成部品をバッテリー室の

カバーの上にある保管トレーに戻します。

16. バキュームホースをリヤスクイージーに取り

付けてください。

17. リヤバンパードア/ステップを上昇位置に上

げ、リヤバンパーに固定します。

標準パネル Pro-Panel

M17 9017355 (05-2020) 71

操作

ライブワンド(オプション)

ライブワンドは別のバキュームシステムを使用し

て、洗浄システム内に絡まる乾いたごみを取り出

します。ドライバキュームシステムは、マシンと

は別に、あるいはオペレーターが運転席に座って

いるマシン上で使用することができます。

ライブワンドの操作

(本機から離して使用)

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. 保管場所からライブワンドを取り外します。

ライブワンドの操作

(本機上での使用)

1. ライブワンドを、保管場所から使用位置に移

動させます。

2. ライブワンドスイッチをオンにします。

注記:使用位置から取り外すまで、ライブワンド

はオンになりません。

2. 電源スイッチを入れます。

3. ライブワンドスイッチをオンにします。

注記:ライブワンドは、本機のパーキングブレー

キがかかっていない場合は、本機から離れた状態

で動作しません。

3. ライブワンドが必要になるまで、本機を通常

のように操作します。

必要に応じて、乾いたごみを掃除します。

4. 終了したらライブワンドのスイッチをオフに

し、ライブワンドを保管場所に戻します。

72 M17 9017355 (05-2020)

4. ライブワンドを使用位置から持ち上げ、必要

に応じて乾いたごみを掃除します。バキュー

ムは自動的に開始します。

操作

2. 留め金を外してライブワンドホースを外しま

す。

注記:ライブワンドを使用位置から取り外すと、

本機の速度が下がります。

5. 終了したら、ライブワンドを使用保管場所に

設置します。ワンドが適切に固定され、バキ

ュームをオフになっていることを確認してく

ださい。

ライブワンドバキュームごみトレーを空にする

ライブワンドは、バキュームごみトレーに乾いた

ごみを集めます。バキュームごみ取りトレーは毎

日空にしてください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. ライブワンドバキュームカバーの留め金を外

して開きます。

3. ライブワンドホースを、バキュームホースホ

ースのつりブラケットに掛けます。

4. ごみトレーを取り外し、空にします。トレー

をバキュームチャンバーに戻します。

M17 9017355 (05-2020)

5. ライブワンドのバキュームホースを元に戻

し、留め金を掛けます。

6. ライブワンドのバキュームカバーを元に戻

し、留め金を掛けます。

73

操作

ライブワンドバキュームフィルターの洗浄

ライブワンドのバキュームフィルターは、50時間

の操作毎に洗浄します。

安全のために:本機から離れる場合または点検整

備を行う場合は、本機を水平な場所に止め、電源

を切り、パーキングブレーキを掛けてキーを抜い

てください。

1. ライブワンドバキュームカバーの留め金を外

して開きます。

2. ライブワンドのバキュームフィルターを外

し、以下の方法の1つを使って、ダストフィル

ターを掃除します。

圧縮空気を使用するときは、必ず保護眼鏡を着用

してください。矢印の反対側のダストフィルタ

ーに空気を吹きかけます。絶対に690 kPa(100 psi)を超える空気圧は使用しないでください。ま

た、フィルターから50mm(2インチ)以内にノズ

ルを近づけないでください。これは、本機内のダ

ストフィルターを使って行うことができます。

軽く叩く - 平らな面で、汚れた面を下にしてフィ

ルターを軽く叩きます。フィルターの縁を損傷し

ないよう注意してください。フィルターの縁が損

傷すると、フィルターでフィルターフレーム内を

正しく密閉できなくなります。

3. 終了したらフィルターを再度取り付け、ライ

ブワンドバキュームカバーを閉じて留め金を

掛けます。

74 M17 9017355 (05-2020)

スライドアウトバッテリー(オプション)

スライドアウトバッテリーを使用すると、オペレーター

は素早く簡単にバッテリーを取り出して交換できます。

バッテリーのサイズと重量に基づき、適切な装置と手順

でバッテリーを取り出してください。「仕様」の項を

参照してください。バッテリースライドアウトの高さ

は、508mm(20 in)です。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

1. バッテリー室カバーを持ち上げて開き、サポートで

固定してください。

操作

4. 本機からバッテリーリテーナプレートを取り外し

ます。

2. 右シュラウドを開けます。

5. バッテリーカートをバッテリー室の近くに配置し

ます。

安全のために:本機を点検整備するとき:いかなる金属

部品もバッテリーのそばに置かないでください。非伝導

性のバッテリー除去装置を使用してください。バッテリ

ーを持ち上げる時は、ホイストを使用し、適切な補助を

受けてください。バッテリーの据付けは、訓練を受けた

担当者が行ってください。バッテリー取り外しに関する

現場安全対策に従ってください。

6. バッテリーを本機からバッテリーカートにスライド

させます。

7. 新しいバッテリーをバッテリー室に取り付けます。

8. バッテリーリテーナプレートを本機に再度取り付け

ます。スイッチが入る位置まで、リテーナプレート

がスイッチを押し下げる必要があります。スイッチ

が入っていない場合、本機は機能しません。

3. コネクターを下に引いて、本機からバッテリーサイ

ドのケーブルコネクターを外します。ケーブルを引

かないでください。

9. バッテリー室のサイドカバーとトップカバーを閉じ

てください。

M17 9017355 (05-2020) 75

操作

リヤスクイージーガード(オプション)

リヤスクイージープロテクターは、リヤスクイー

ジーの損傷を予防するために役立ちます。

後退アラームの音量(オプション)

安全のために:本機を使用する際は、後退アラー

ムに関する現場の安全の指針に従ってください。

後退アラームの音量は85~102 db(A) の間で調整

できます。音量を調整するには、後退アラームの

カバーを外し、音量ノブを回します。

音量を上げる:ノブを右側(時計回り)に回しま

す。

音量を下げる:ノブを左側(反時計回り)に回し

ます。

リヤスクイージープロテクターを取り付けるに

は、ピンを引き抜き、プロテクターバーを下げて

から再度ピンを差し込みます。

76 M17 9017355 (05-2020)

操作

トラブルシューティング

問題

本機が動作しない

原因

非常停止ボタンのオン状態

本機の故障が検出された

バッテリーが放電している

バッテリーケーブルの緩み

バッテリーの故障

キースイッチの故障

水が残る、またはまった

く水を吸引しない

スクイージーブレードの磨耗

バキュームファンがオン

にならない

コントロールボードの故障

スクイージーの調整にずれ

スクイージーアセンブリーの詰まり

バキュームホースの緩み

バキュームホースの損傷

バキュームファンフィルターの汚れ

ごみがスクイージーにからまる

スクイージーまたは汚水回収タンクへの

バキュームホースが未接続または損傷

タンクカバーが完全に閉まっていない

汚水回収タンクのシールの破れ

回収タンクが満杯です

汚水回収タンクが泡で満杯

床に排出された洗浄液が

少ない、またはまったく

排出しない

洗浄性能が低い

洗浄液タンクが空です

洗浄液フローがオフ

洗浄液供給ラインの詰まり

洗浄液ソレノイドの詰まり

洗浄ブラシにごみが絡まっている

不適切な洗剤/ブラシパッドが使用され

ている

洗浄ブラシパッドの磨耗

ブラシ圧が高すぎる

ブラシ圧が不均等

ごみ容器が満杯

シリンダー洗浄ヘッドのブラシドライブ

ベルトの破損

バッテリー残量の低下

処置

緊急停止ボタンをリセットしてください

故障インジケーターまたは警告コードを参

照してください。

充電

緩んだケーブルを締め付けてください。

バッテリーを交換してください。

テナント社のサービス代理店に連絡してく

ださい。

テナント社のサービス代理店に連絡してく

ださい。

スクイージーブレードを位置交換するか、

新しいものと交換してください

スクイージーを調整してください。

スクイージーアセンブリーを掃除してく

ださい

バキュームホース接続部をしっかり固定し

てください。

バキュームホースを交換してください

フィルターを洗浄してください。

スクイージーからごみを取り除いてくだ

さい。

バキュームホースを再接続するか交換して

ください。

物が挟まっていないか確認してください。

シールを交換してください。

汚水回収タンクを空にしてください

汚水回収タンクを空にしてください

洗剤の量を減らすか、別の洗剤を使用して

ください。

消泡剤を使用してください。

洗浄液タンクを充填してください。

洗浄液フローをオンにしてください。

洗浄液供給ラインを洗浄してください。

洗浄または交換してください。

ブラシからごみを取り除いてください。

適切なブラシについては、テナント社のサ

ービス代理店に問い合わせてください。

洗浄ブラシ/パッドを交換してください。

洗浄ブラシ接地圧を下げてください。

洗浄ブラシを水平にしてください。

ごみ容器を空にしてください。

ベルトを交換してください。

充電器が自動的にオフになるまでバッテリ

ーを充電してください。

M17 9017355 (05-2020) 77

操作

問題

埃が立ち過ぎる

清掃能力の低下

稼働時間の減少

ESシステムが機能し

ない

清掃またはスイープ機能

がオンにならない

原因

ブラシスカートおよびダストシールの摩

耗、損傷、調整不良

ホッパーダストフィルターの目詰まり

バキュームファンシールの損傷

スイープバキュームファンの故障

サーモセントリーの作動

スイープバキュームファンがオフ

パーマフィルターの目詰まり

ブラシの毛の磨耗

メインブラシの駆動機構にゴミが溜まっ

ている

メインブラシやサイドブラシのドライブ

の故障

ホッパー満杯

ホッパーリップスカートの摩耗または損

ブラシが不適切

バッテリーが完全に充電されていない

バッテリーの故障

バッテリーのメンテナンスが必要

バッテリー充電器の故障

ESボタンがオフになっている

タンク内のESセンサーに汚れがあるか、

正しい位置にない

ESポンプフィルターの詰まり

汚水回収タンクの水位が低すぎる

洗浄液タンクの水位が低すぎる

ホッパーが上がっている

ホッパー内で発火

回収タンクが満杯です ec-H2Oモデル:

警告および故障インジケ

ーターライトが赤で点滅 ec-H2Oモデル:

警告および故障インジケ

ーターライトが赤で点灯

モジュール内に鉱物性の物質が堆積して

いる

モジュールの詰まり

洗浄液ポンプの故障

処置

ブラシスカートまたはダストシールを交換

するか調整してください。

ダストフィルターをふるうか交換してく

ださい。

バキュームファンシールを交換してくだ

さい。

テナント社のサービス代理店に連絡してく

ださい。

サーモセントリーを冷やしてください。

バキュームファンをオンにしてください

パーマフィルターを清掃してください

ブラシを交換してください。

メインブラシの駆動機構からごみを取り除

いてください。

テナント社のサービス代理店に連絡してく

ださい。

ホッパーを空にする

リップスカートを交換してください。

テナント社のサービス代理店に連絡してく

ださい。

充電器が自動的にオフになるまでバッテリ

ーを充電してください。

バッテリーを交換してください。

「バッテリーのメンテナンス」を参照して

ください。

充電器を交換してください

ESボタンをオンにします

センサーを清掃し、正しい位置にセットし

てください。

ESポンプフィルターの詰まり

汚水回収タンクの約半分まで水を充填して

ください。

洗浄液タンクを充填してください。

ホッパーを完全に下げてください

本機の電源をオフにしてください。火を消

してください。

必要に応じて、非常時担当者に連絡してく

ださい。

さらに1分間水を吸引するため、洗浄バキ

ュームファン/スクイージーボタンを押し

ます。汚水回収タンクを空にしてくださ

い。

ESモデル:こうしたことを防止するた

め、ESシステムを有効にしてください。

モジュールを洗浄します(「ec-H2Oモジ

ュールの洗浄手順」を参照)

テナント社のサービス代理店に連絡してく

ださい。

洗浄液ポンプを交換してください。

78 M17 9017355 (05-2020)

操作

問題

高圧ウォッシャーが動作

しない

高圧ウォッシャーの噴霧

が低圧である

ライブワンドのバキュー

ム性能が低い

原因 処置

パーキングブレーキが掛かっていない

サーマルスイッチが高圧ポンプモーター

で作動した

洗浄液ポンプサーキットが作動した

パーキングブレーキを掛けます

常温に戻します

マシンの起動時にスイッチがオンになっ

サーキットブレーカーをリセットしてく

ださい

スイッチのオフ/オンを行います

スプレーノズルが低圧に設定されている スプレーノズルの設定を調整します

スプレーポンプの圧力ノブが下がる

ホースが詰まっている

ドライバキュームシステムのシールの破

スプレーポンプの圧力ノブを調整します

詰まりを取り除きます

シールを交換してください。

M17 9017355 (05-2020) 79

80

メンテナンス

4

25

17

メンテナンス

24

22 19

5

10

18

1

9

8

26

11

27

7

13

16

3

1 21 6 14 2 1 15 12 23

M17 9017355 (05-2020)

メンテナンス

メンテナンス表

以下の表には、各作業の責任者が記載されています。

O=オペレーター。

T=訓練を受けた者。

注:50時間稼動毎に、指定の方法 (■) で点検を行ってく

ださい。

周期

毎日

責任者

O

参照

番号

説明

22 作動油タンク

毎週

50操作

時間毎

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

T

T

O

O

O

1

2

3

4

サイドスクイージーとリ

ヤスクイージー

メインブラシとパッド

汚水回収タンク

洗浄液タンク

3 ESを装備した機種のみ:

汚水回収タンク

4 ESを装備した機種のみ:

洗浄液タンク

5 バキュームファンインレ

ットフィルター、スクリ

ーン、ごみトレー

6 シリンダーブラシのみ:

ごみ容器

7 スイープサイド ブラシ

8 洗浄サイドブラシ

9 洗浄サイドブラシスクイ

ージー

10 ホッパーダストフィル

ター

26 ライブワンドバキューム

ごみ取りトレー

11 バッテリーセル

1 サイドスクイージーとリ

ヤスクイージー

2 メイン洗浄ブラシ

(シリンダー)

23 メインスイープブラシ

デュアルフォース(シリ

ンダー)

23 メインスイープブラシ

ダイレクトスロー(シリ

ンダー)

油圧フルード レベルを点検

してください

損傷、磨耗の点検。反りの

点検

損傷、磨耗、ごみの点検

タンクとトップセンサーの清

掃とカバーシールの点検

カバーシールの点検

タンクとレベルセンサーの

清掃

タンクとレベルセンサーの

清掃

清掃

清掃

清掃

点検内容

損傷、磨耗、ごみの点検

損傷、磨耗、ごみの点検

損傷、磨耗の点検

ふるい落としてください。

電解液レベルの点検

水準の点検

手前から後方へブラシを回す

左右のブラシの入替え

手前から後方へブラシを回す

左右のブラシの入替え

左右のブラシの入替え

潤滑油/補

充液

HYDO

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

-

DW

-

-

-

-

-

-

点検整備

箇所

1

4

2

1

1

1

1

2

1

1 (2)

1

1

1

1

複数

4

2

2

2

2

1

M17 9017355 (05-2020) 81

メンテナンス

以下の表には、各作業の責任者が記載されています。

O=オペレーター。

T=訓練を受けた者。

注:50時間稼動毎に、指定の方法 (■) で点検を行ってく

ださい。

周期

50操作

時間毎

責任者 参照

番号

O 12

説明

洗浄ヘッドスカート(デ

ィスク)

O 23 スイープスカート

O

O

7

25

スイープサイド ブラシ

洗浄液供給フィルター

100操作

時間毎

200操作

時間毎

T

T

T

O

T

T

T

T

T

T

T

26 ライブワンドバキューム

シール(オプション)

27 高圧ウォッシャー(オプ

ション - 最初の50時間の

み)

11 バッテリー注水システム

(オプション)

10 ホッパーシール

10 ホッパー

13 ブレーキ

11 バッテリーの端子とケー

ブル

14 シリンダーブラシのドラ

イブベルト

18 スイープブラシのドライ

ブベルト

15 ドライブホイールピボ

ット

15 ステアリングチェーン

点検内容

損傷、磨耗の点検

損傷、磨耗の点検

ブラシパターンを点検する

スクリーンをチェックし、掃

除してください

損傷、磨耗の点検

オイルの交換

ホースと接続部の

損傷、摩耗の点検

損傷、磨耗の点検

ホッパーと集塵フィルタ

ー、Perma-Filterの清掃

調整状態の点検

点検と清掃

損傷、磨耗の点検

損傷、磨耗の点検

注油

注油および損傷、磨耗の点検

500操作

時間毎

T

T

T

O

T

16 ステアリングギヤチェ

ーン

24 ホッパーチェーン

17 ホッパーリフトアームピ

ボット

19 洗浄バキュームファンモ

ーター

21 タイヤ

24 ホッパーチェーン

注油および損傷、磨耗の点検

注油および損傷、磨耗の点検

注油

モーターブラシの点検

損傷、磨耗の点検

■ 張り具合の点検。

潤滑油/補

充液

-

-

-

-

-

HYDO

-

-

GL

GL

GL

SPL

-

-

-

-

SPL

-

-

-

点検整備

箇所

2

4

2

1

3

1

複数

2

1

1

複数

1 (2)

2

1

1

1

2

3

1 (2)

3

2

潤滑油/補充液

DW 蒸留水。

SPL 特殊潤滑剤、Lubriplate EMB グリース(Tennant パーツ番号 01433-1)

GL SAE90ウェイト ギヤ潤滑剤

HYDO Tennant純正プレミアム作動油または同等品

注記:埃のひどい所では、点検整備の間隔を短縮する必要があります。

82 M17 9017355 (05-2020)

周期

800操作

時間毎

1000操

作時間

2400操

作時間

責任者 参照

番号

T 22 油圧ホース

説明

T

T

15 ドライブ ホイール モー

ター

7 清掃サイド ブラシ

モーター

T

T

27 高圧ウォッシャーモー

ター

22 作動油タンク

点検内容

損傷や摩耗の点検

オイルの交換

モーターブラシの点検(使用

開始から1000操作時間の点

検後に100操作時間毎)

モーターブラシの点検 (機

械工数ではなく、1000高圧

ウォッシャー時間)

作動油を交換する

メンテナンス

潤滑油/補

充液

-

HYDO

点検整備

箇所

複数

1

2

-

HYDO

1

1

M17 9017355 (05-2020) 83

メンテナンス

黄色のタッチポイント

本機にはシンプルな修理アイテムを示す黄色のタッチポ

イントがあります。これらのメンテナンスでは工具が必

要ありません。

ステアリングギヤチェーン

ステアリングギヤチェーンは、フロントタイヤの真上に

あります。ステアリングギヤチェーンは、損傷、磨耗を

点検し、200操作時間毎に注油してください。

注油

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

ドライブホイールピボット

ドライブホイールピボットは、フロントタイヤの真上に

あります。ドライブホイールピボットは200時間毎に注

油してください。

ステアリングチェーン

ステアリングチェーンは、コントロールパネルの真下の

ステアリングコラムに取り付けられています。ステアリ

ングチェーンは、損傷、磨耗を点検し、200時間毎に注

油してください。

ドライブ ホイール モーター

ドライブ ホイール モーターのモーターの下にはオ

イル ドレンプラグがあります。800時間運転する

たびに、オイルを交換してください。

84 M17 9017355 (05-2020)

ホッパーチェーン

ホッパーチェーンは、本機の左側にあります。ホッパー

チェーンは、損傷、磨耗を点検し、200時間毎に注油し

てください。

メンテナンス

高圧ウォッシャー オイル

新しい高圧ウォッシャーを50時間運転したら、高

圧ウォッシャー オイルを交換してください。

注記:高圧ウォッシャーのカバーを取り外して、

高圧ウォッシャーのドレンプラグと通気口付きフ

ィルキャップの両方にアクセスします。

M17 9017355 (05-2020) 85

メンテナンス

ホッパーリフトアームピボット

200操作時間毎に、ホッパーリフトアームピボットに注

油してください。

ホッパーチェーン

ホッパーチェーンは、本機の左側にあります。使用開始

から50操作時間の点検後に500操作時間毎に、ホッパー

チェーンの張力を点検してください。

ホッパーが下がっている場合、長いアームチェーン

(A)は25 mm(1 in)、短いリンテルチェーン(B)は

12 mm(0.5 in)以上動かさないでください。

A

B

86 M17 9017355 (05-2020)

メンテナンス

作動油

毎日、使用温度で作動油レベルを確認してください。作

動油レベルは、作動油タンクのMINとMAXの印の間に来

るようにしてください。作動油レベルを確認するとき、

ホッパーは降ろしてください。

作動油

部品

番号

Tennant純正プレミアム

作動油(寿命延長)

容量

1057707 3.8リットル

(1ガロン)

ISO 粘度グレードの粘度

指数(VI)

ISO 32

VI 163以上

1057708 19リットル

(5ガロン)

作動油を交換する場合は、購入した作動油の仕様がテナ

ント社の作動油の仕様と確実に一致することを確認して

ください。代替オイルは油圧部品の早期故障の原因にな

ることがあります。

注意!油圧部品は、内部潤滑の作動油に依存していま

す。油圧系統に汚れやその他の汚染物質が入ると、機能

不良、摩耗の促進、損傷などが生じます。

注意!作動油タンクが溢れるほど補充したり、タンクの

作動油量が低いまま本機を運転しないでください。本機

の油圧系統が損傷する場合があります。

2400操作時間毎に作動油タンクを空にし、新しい

Tennant純正プレミアム作動油を給油してください。

油圧ホース

800操作時間毎に、油圧ホースの摩耗や損傷を点検して

ください。

安全のために:本機の点検整備を行うときは、厚紙を

使用し圧力を受けている作動油の漏れを見つけてくだ

さい。

非常に小さい穴から高圧の作動油が漏れていても殆ど目

に見えないので、怪我をすることがあります。

M17 9017355 (05-2020)

00002

漏れた作動油でけがをした場合、ただちに医師の診断を

受けてください。適切な治療を直ちに受けない場合、重

篤な感染や反応が生じる場合があります。

漏れが見つかった場合、技術担当者または管理者に連絡

してください。

87

メンテナンス

バッテリー

電解液レベルの点検

鉛酸(湿式)バッテリーは、次に示すように、定期的な

点検整備を必要とします。バッテリーは、毎週、電解液

レベルを確認してください。

注記:バッテリー注水システムが装備されている機種の

場合、電解液レベルの点検はしないでください。バッテ

リー注水システム(オプション)に進んでください。

安全のために:本機を離れる場合や本機を整備する場合

は、本機を水平な床に停めて、スイッチを切ってキーを

取り外してください。(装備されている場合は)パーキ

ングブレーキをかけてください。

バッテリー寿命は適切に点検整備されているかどうかに

より異なります。バッテリーを長く使用するためには、

次の点に注意してください。

バッテリーを部分的に放電した状態で長期間放置し

ないでください。

ガスがたまらないように、通気のよい場所でバッテ

リーを充電してください。周囲温度が27°C (80°F)

以下の場所でバッテリーを充電してください。

液式(湿式)鉛酸バッテリーの電解液レベルを毎週点

検し、適切に維持してください。

定期充電(「定期充電」の項を参照)を行っている場

合、次の手順は適用されません。

バッテリーの充電は一日一回までとし、15分以上使

用した後に行ってください。

バッテリーの充電が完了してから本機を使用してく

ださい。

08247

安全のために:本機を点検整備する場合は、金属製品を

バッテリーに近づけないでください。バッテリー液には

触れないでください。

充電前に、電解液レベルがバッテリープレートの少し上

まであることを確認してください。液量が少ない場合

は、蒸留水を補給してください。過充填に注意してくだ

さい。充電中に電解液が膨張し、溢れる場合がありま

す。充電後、確認用チューブの約3mm(0.12インチ)

下まで蒸留水を補給できます。

Before Charging After Charging

注記:充電中はバッテリーキャップが正しく取り付けら

れていることを確認してください。バッテリーの充電

後、硫黄の匂いがすることがあります。これは問題あり

ません。

88 M17 9017355 (05-2020)

メンテナンスフリーバッテリー

メンテナンスフリーバッテリーは注水が不要です。清掃

や日常の整備点検などは必要です。

接続の点検/清掃

200操作時間毎に、バッテリー接続に緩みがないか点検

し、バッテリーの表面、端子、ケーブルクランプなどを

水に重曹を加えた溶液で清掃してください。磨耗または

損傷したワイヤは交換してください。バッテリー清掃中

は、バッテリーキャップを取り外さないでください。

メンテナンス

M17 9017355 (05-2020) 89

メンテナンス

バッテリーの充電

重要:充電前に、充電器の設定がバッテリーの種類に適

正に設定されているか確認してください。

注記:バッテリーの損傷やバッテリー寿命の低下を防ぐ

ために、正しい規格の充電器を使用してください。

注記:バッテリーの寿命が短くなるため、標準バッテリ

ーの定期充電は行わないでください。

1. 本機を換気の良い乾燥した水平な場所まで移動させ

ます。

2. 本機を停止し、電源を切ってください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

3. バッテリー室トップカバーを持ち上げて開き、サポ

ートで固定してください。

注記:充電前にバッテリーの電解液レベルが適切である

ことを確認してください。「電解液レベルの点検」を参

照してください。

4. 充電器の AC 電源コードを適切に設置されたコンセ

ントに差し込んでください。

5. コネクターまたはまたはバッテリークイック切断レ

バー(オプション)を下に引いて、本機からバッテ

リーサイドのケーブルコネクターを外します。ケー

ブルを引かないでください。

6. 充電器コネクターをバッテリーケーブルに接続し

ます。

テナント製バッテリー充電器を使った充電

1. 必要に応じ、バッテリー充電器をオンにします。

警告:バッテリーは水素ガスを排出します。爆

発や発火の危険があります。火花や炎を絶対に

近づけないでください。充電中は、バッテリー

収納部のカバーを開けたままにしてください。

注記:充電器の故障コードがある場合は、バッテリーを

充電器に接続すると、充電器のディスプレイ下部に故障

コードが表示されます。故障コードの定義について、充

電器のマニュアルを参照してください。

90 M17 9017355 (05-2020)

2. 充電器のディスプレイを確認してください。バッテ

リー充電中はディスプレイに「CHARGE」が表示

されます。これは充電器の初期画面です。

メンテナンス

10. 必要に応じてナビゲーションボタンを押し、追加画

面を表示してください。選択を確定するには充電器

の停止/開始/入力ボタンを押してください。初期画

面に戻ります。詳細については、メーカーのオペレ

ーターマニュアルを参照してください。

充電器のディスプレイ:

C

A B

注記:充電が完了する前に充電器のケーブルを外す必要

がある場合は、充電器の停止/開始/入力ボタンを押して

充電を停止してください。ディスプレイに「STOP」が

表示され、赤色の充電停止ランプが点灯したことを必ず

確認してから、バッテリーの充電ケーブルを外してく

ださい。

D

E

G

C. 充電設定番号

D. 充電器の定格(電圧および電流)

E. バッテリー電圧(ボルト)

F. バッテリー電流(アンペア)

G. 充電アンペア時

H. 充電時間(時/分/秒)

I. 充電位相(位相1/位相2/位相3/メンテナンスj)

F

11. バッテリー充電中は充電器のステータスインジケー

ターが左から右に点灯します。バッテリーの充電が

完了すると、ディスプレイに「COMPLETE」が表

示されます。ステータスインジケーターがすべて点

灯し、テナント充電器が充電を停止します。

M17 9017355 (05-2020) 91

メンテナンス

12. 充電が完了した後、充電器コネクターをバッテリー

のケーブルコネクターから外します。

ENERSYS製バッテリー充電器を使った充電

1. 必要に応じ、バッテリー充電器をオンにします。

13. バッテリーコネクターを本機のコネクターに接続し

直します。

警告:バッテリーは水素ガスを排出します。爆

発や発火の危険があります。火花や炎を絶対に

近づけないでください。充電中は、バッテリー

収納部のカバーを開けたままにしてください。

注記:バッテリーが充電器に接続されている時に、充電

器の故障コードがある場合、充電器のディスプレイに故

障コードが表示されます。故障コードの定義について、

充電器のマニュアルを参照してください。

安全のために:本機を点検整備する場合、充電中は定置

型充電器のDCコードを本機のソケットから外さないで

ください。アーク放電が発生することがあります。充

電を中断する場合は、最初にAC電源コードを外してく

ださい。

14. バッテリー室のトップカバーを閉じてください。

2. 充電器のディスプレイを確認してください。バッテ

リーの充電中、充電インジケーターがディスプレイ

上で点灯します。これは充電器の初期画面です。

92 M17 9017355 (05-2020)

充電器のディスプレイ:

C

F

B

A

E

G

D

メンテナンス

注記:充電が完了する前に充電器のケーブルを外す必要

がある場合は、充電器の停止/開始/入力ボタンを押して

充電を停止してください。バッテリー充電器ケーブルを

外す前に、充電インジケーターが点灯していないことを

必ず確認してください。

A. 充電設定番号

C. 充電器の定格(電圧および電流)

D. バッテリー電圧(ボルト)

E. 充電器電流(アンペア)

F. 充電アンペア時

G. 充電時間

H. 充電の割合

9. 必要に応じてナビゲーションボタンを押し、追加画

面を表示してください。選択を確定するには充電器

の停止/開始/入力ボタンを押してください。初期画

面に戻ります。詳細については、メーカーのオペレ

ーターマニュアルを参照してください。

10. バッテリーの充電中、黄色の充電インジケーターが

点灯します。充電が完了すると、黄色の充電インジ

ケーターライトが消え、緑色の充電完了インジケー

ターが点灯します。バッテリーが完全に充電される

と、充電器は充電を停止します。

11. 充電が完了した後、充電器コネクターをバッテリー

のケーブルコネクターから外します。

M17 9017355 (05-2020) 93

メンテナンス

12. バッテリーコネクターを本機のコネクターに接続し

直します。

安全のために:本機を点検整備する場合、充電中は定置

型充電器のDCコードを本機のソケットから外さないで

ください。アーク放電が発生することがあります。充

電を中断する場合は、最初にAC電源コードを外してく

ださい。

13. バッテリー室のトップカバーを閉じてください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

充電器のUSBポート

充電器のUSBポートは、点検整備用コンピューターの

充電器の接続に使用します。接続は認定修理担当者のみ

が行ってください。携帯電話などの許可されていない

電子機器を充電器のUSBポートに接続しないでくださ

い。 バッテリー充電中はUSBポートに何も接続しない

でください。

定期充電(オプション)

休憩や昼食、シフトの間、充電の「機会」がある場合に

バッテリーを充電することで本機の動作時間を延ばし生

産性を高めるために、定期充電を使用します。

重要:充電前に、充電器の設定がバッテリーの種類に適

正に設定されているか確認してください。

注記:本機が、定期充電の可能なバッテリーを装備して

いる必要があります。バッテリーの寿命が短くなるた

め、標準バッテリーの定期充電は行わないでください。

1. 本機を換気の良い乾燥した水平な場所まで移動させ

ます。

2. 本機を停止し、電源を切ってください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

3. バッテリー室トップカバーを持ち上げて開き、サポ

ートで固定してください。

注記:充電前にバッテリーの電解液レベルが適切である

ことを確認してください。「電解液レベルの点検」を参

照してください。

4. コネクターを下に引いて、本機からバッテリーサイ

ドのケーブルコネクターを外します。ケーブルを引

かないでください。

94 M17 9017355 (05-2020)

5. 充電器コネクターをバッテリーケーブルに接続し

ます。

メンテナンス

9. バッテリーコネクターを本機のコネクターに接続し

直します。

6. バッテリーは休憩中に定期充電されます。

7. 本機の使用開始の準備が整ったら、充電器の停止/

開始ボタンを再び押して充電器を停止します。

安全のために:本機を点検整備する場合、充電中は定置

型充電器のDCコードを本機のソケットから外さないで

ください。アーク放電が発生することがあります。充電

器の使用を充電中に中断する必要がある場合、充電器の

停止/開始ボタンを押して充電器を停止します。

8. バッテリーのケーブルコネクターから充電器のコネ

クターを外します。

10. バッテリー室のトップカバーを閉じてください。

毎週の均等充電

定期充電器は、指定の週間隔で、完全な均等化充電を自

動的に行うようプログラムされます。

重要:毎週の均等化充電は、完全に完了する必要があり

ます。充電中に中断がある場合、次回開始時に均等化充

電が完了する必要があります。完了できないと、バッテ

リーが損傷、またはバッテリーの寿命が大幅に短くなる

可能性があります。

注記:バッテリーの完全な均等化充電を行う充電器のデ

フォルトの日付は日曜日です。デフォルトの日付は、必

要に応じ別の日に変更できます。デフォルトの日付の変

更については、テナント社のサービス担当者にご相談く

ださい。

充電器が均等化充電を完了できるようにしてください。

黄色の充電インジケーターが点灯し、充電ステータスが

グラフィックディスプレイに表示されます。

M17 9017355 (05-2020) 95

メンテナンス

バッテリー均等化充電が完了すると、黄色の充電インジ

ケーターが消え、緑色の充電完了インジケーターが点灯

します。

96 M17 9017355 (05-2020)

バッテリー注水システム(オプション)

オプションのバッテリー注水システムは、バッテリーの

適切な電解液レベルを保持するための安全かつ簡単な方

法を提供します。

100時間の使用毎に、バッテリー注水システムのホース

と接続の損傷や磨耗を点検してください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

1. バッテリー室カバーを持ち上げて開き、サポートで

固定してください。

メンテナンス

4. バッテリー注水システムのホースをバッテリーフィ

ルホースに取り付けてください。

5. 給水を開始します。フローインジケーター内部のイ

ンジケーターが回転します。バッテリーが満杯にな

ると、インジケーターの回転は停止します。

2. バッテリー注水システムを使用する前に、バッテリ

ーを完全に充電してください。充電前にバッテリー

に水を加えないでください。充電中に電解液レベル

が膨張し、溢れることがあります。「バッテリーの

充電」を参照してください。

3. バッテリー注水システムのホースを給水源に取り付

けてください。

注記:バッテリーの寿命を維持するためには、水質が重

要です。常に、バッテリー製造業者の要件を満たした水

を使用してください。

注記:バッテリー注水システムへの給水は、常に7.57リ

ットル/分(2ガロン/分)以上でなければなりません。

給水水圧を確認するには、パージャーを使用してくださ

い。詳細については、メーカーのオペレーターマニュア

ルを参照してください。

6. バッテリー注水システムのホースを給水ホースから

外してください。

7. 給水を終了します。

8. 給水後、後で使用するためにバッテリー注水システ

ムのホースを保管場所に戻してください。

M17 9017355 (05-2020) 97

メンテナンス

燃料電池(オプション)

本機では、燃料電池システムを装備することができま

す。燃料電池の詳細情報については、燃料電池の供給元

にお問い合わせください。

98 M17 9017355 (05-2020)

サーキットブレーカー、ヒューズ、リレー

サーキットブレーカー

サーキットブレーカーは、回路が過負荷になった場合に

電流を遮断するように設計された一時的な保護装置で

す。サーキットブレーカーが作動した場合は、ブレーカ

ーを常温に戻してから、手動でリセットボタンを押して

リセットしてください。

サーキットブレーカー1から9は、運転席の下のバッテ

リー室サイドカバーの後ろにあります。

メンテナンス

サーキットブレーカー21は、汚水回収タンクの上に取

り付けられたオプションのライトアセンブリーの内側に

あります。

サーキットブレーカー10から15は、ステアリングシュ

ラウドアクセスパネルの後ろにあります。

サーキットブレーカー16から20は、ホッパー室にあり

ます。

M17 9017355 (05-2020)

サーキットブレーカーは、作動原因の過負荷が解消され

るまで電流を遮断し続けます。

サーキットブレーカーと保護対象の電気部品を下記の表

に示します。

サーキッ

トブレー

カー

CB1

CB2

CB3

定格 保護回路

CB4

CB5

CB6

CB7

CB8

CB9

CB10

CB11

CB12

CB13

CB14

CB15

CB16

CB17

CB18

CB19

CB20

CB21

60A 水回収モジュール

未使用

35A サイドブラシ洗浄モジュール

(オプション)

2.5A

キースイッチ

2.5A

水回収モジュール

2.5A

洗浄モジュール

2.5A

サイドブラシ洗浄モジュール

(オプション)

2.5A

ec-H2O パワーモジュール (オ

プション)

2.5A

ec-H2O ポンプモジュール (オ

プション)

15A スプレーノズル(オプショ

ン)/ 高圧ウォッシャー(オプ

ション)

15A ライト(オプション)

2.5A

ライト(オプション)

2.5A

オーバーヘッドガード上のスト

ロボライト/フラッシュライト

(オプション)

2.5A

汚水回収タンク上のストロボラ

イト/フラッシュライト

(オプション)

30A パワーステアリング(オプシ

ョン)

60A 持ち上げモジュール

15A スイープモジュール

40A スイープバキューム1

40A スイープバキューム2

未使用

2.5A

アラーム/フラッシュライト(

オプション)

99

メンテナンス

ヒューズ

ヒューズは、回路が過負荷になった場合に電流を遮断す

るように設計された一時的な保護装置です。指定された

値より高い値のヒューズに交換しないでください。

電動式モーター

バキュームファンモーターのカーボンブラシは、500操

作時間毎に点検してください。洗浄サイドブラシモー

ターのカーボンブラシは、使用開始から1000操作時間

後と、最初の点検後は100操作時間毎に点検してくださ

い。カーボンブラシの点検周期については、下記の表を

参照してください。

カーボンブラシの点検

サイドブラシモーター - スイープ(オプ

ション)

洗浄バキュームファンモーター

高圧ウォッシャーモーター

累積使用

時間

1000*

500

1000**

*カーボンブラシは、使用開始から1000操作時間が経過

した最初の交換後、100操作時間毎に点検してくださ

い。

**機械工数ではなく、1000高圧ウォッシャー時間後に点

検してください。

ヒューズはコントロールボックス内のサーキットブレー

カーパネルの後ろ、またはハーネスおよびケーブルと直

列で配置されています。

ヒューズ

ヒュー

ズ-1

ヒュー

ズ-2

ヒュー

ズ-3

ヒュー

ズ-4

直列ヒュ

ーズ

直列ヒュ

ーズ

定格

150A

100A

2A

150A

100A

40A

走行

ョン)

保護回路

洗浄モジュールの出力

テレメトリー(直列、オプシ

スイープ(直列)

高圧ウォッシャー(オプショ

ン)

ライブワンド(オプション)

洗浄液供給フィルター

50操作時間毎に洗浄液供給フィルター画面を確認し、

必要に応じて掃除してください。洗浄ヘッドを下げる

と、簡単に届きます。

リレー

リレーは、他の電気回路によって開閉が制御される電動

式スイッチです。リレーは、入力回路より大きな電力の

出力回路を制御することもできます。リレーはコントロ

ールボックス内のサーキットブレーカーパネルの後ろに

あります。

リレーと制御されている回路については、下記の表を参

照してください。

リレー

M1

M2

M3

M4

定格 制御される回路

36VDC、200A メイン接触器

36VDC、5 A 後退アラーム/ライト(

オプション)

36VDC、100 A 補助線の接触器

36 VDC、200A スイープ接触器

100 M17 9017355 (05-2020)

ホッパーダストフィルター/PERMA-FILTER

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、パーキングブレー

キを掛けて電源を切り、キーを抜いてください。

メンテナンス

3. ダストフィルターをホッパーから取り外します。

ホッパーダストフィルターの取り外し/交換

清掃作業の終了時および本機からフィルターを取り外す

場合には、必ずフィルターシェーカーを作動させてく

ださい。100操作時間毎に、フィルターを点検し清掃し

てください。損傷したダストフィルターは交換してく

ださい。

注記:埃のひどい所では、より頻繁にフィルターを清掃

してください。

1. ホッパーからホッパーカバーを外します。

4. ダストフィルターエレメントを清掃するか、または

廃棄します。「ダストフィルターの清掃」を参照し

てください。

5. ダストフィルタートレーにある塵やゴミを清掃し

ます。

2. ダストフィルターカバーを取り外します。

6. ダストフィルターを再度取り付けます。

7. ダストフィルターカバーを再度取り付けます。

8. ホッパーカバーを再度取り付けます。

M17 9017355 (05-2020) 101

メンテナンス

ホッパーダストフィルターの清掃

次のいずれかの方法でダストフィルターを清掃してく

ださい。

シェーカーの作動- フィルターシェーカースイッチを押

してください。

軽く叩く - 平らな面でフィルターを軽く叩いてくださ

い。フィルターの縁を損傷しないよう注意してくださ

い。フィルターの縁を損傷すると、フィルターは正しく

密閉しなくなります。

PERMA-FILTERの点検/清掃

100操作時間毎に、PERMA-FILTERを点検し清掃してく

ださい。

圧縮空気を使用するときは、必ず保護眼鏡を着用してく

ださい。エアーはフィルターの中心から外に向けて吹

きかけてください。3mm以下のノズルを使用し、絶対

に550kPaを超える空気圧は使用しないでください。ま

た、フィルターから50mm以内にノズルを近づけないで

ください。

サーモセントリー

サーモセントリーはホッパー内部にあり、ホッパーから

吸引されるエアーの温度を感知します。ホッパー内で発

火している場合、サーモセントリーはバキュームファン

を停止し、送風を遮断します。サーモセントリーは、冷

却後自動的にリセットされます。

102 M17 9017355 (05-2020)

メイン洗浄ブラシ

本機には、ディスクまたはシリンダー洗浄ブラシが装備

されています。洗浄ブラシは、毎日ブラシやブラシのド

ライブハブに絡まったワイヤや糸くずを点検してくださ

い。また、ブラシやパッドに損傷、磨耗がないか点検し

てください。

メンテナンス

3. メインブラシ点検ドアとサイドスクイージーサポー

トドアを開けます。

ディスクブラシとパッド

清掃効果がなくなったパッドは交換してください。清掃

効果がなくなった、または毛先が摩耗して黄色のインジ

ケーターが点灯したら、ブラシを交換してください。

4. スプリングハンドルが見えるまでブラシを回しま

す。

洗浄パッドは、パッドドライバーに取り付けて使用して

ください。洗浄パッドは、センターディスクで固定され

ています。パッドの両側を洗浄に使用できます。パッド

を裏返して反対側を使用できます。

使用した洗浄パッドは、すぐに石鹸水で洗浄してくださ

い。パッドは高圧水で洗浄しないでください。パッド

は、吊るすか平らに置いて乾かしてください。

注記:ブラシとパッドは、必ず一緒に交換してくださ

い。一緒に交換しないと、ブラシとパッドの洗浄性能の

バランスが悪くなります。

5. スプリングハンドルを押し、ブラシを床に落としま

す。ブラシを洗浄ヘッドの下側から取り外します。

ディスク洗浄ブラシまたはパッドドライバーの交換

1. 洗浄ヘッドを上げます。

2. 本機の電源を切ります。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

M17 9017355 (05-2020) 103

メンテナンス

6. 新しいブラシのスプリングを開き、簡単に取り付け

られるようにします。

ディスク洗浄パッドの交換

1. 本機からパッドドライバーを取り外します。

2. スプリングクリップを両側から摘んで押し、パッド

ドライバーからセンターディスクを取り外します。

7. 新しいブラシを洗浄ヘッドの下側に置いて押し、ブ

ラシドライブソケットをブラシドライブハブと位置

合わせし、ブラシをブラシドライブハブの上に持ち

上げブラシがハブにロックされるようにします。

3. パッドドライバーから洗浄パッドを取り外します。

8. ブラシがしっかりブラシドライブハブに取り付けら

れていることを確認してください。

9. スクイージーサポートドアを閉じて固定し、メイン

ブラシ点検ドアを閉じます。

10. もう一方のブラシで同じ手順を繰り返します。

4. 洗浄パッドを裏返すか、交換します。洗浄パッドを

パッドドライバーの中央に置き、センターディスク

を元通り取り付けて、パッドをパッドドライバーに

固定します。

5. 本機にパッドドライバーを取り付けます。

104 M17 9017355 (05-2020)

シリンダー洗浄ブラシ

50操作時間毎に、前後のブラシを入れ替えてください。

清掃効果がなくなったらブラシを交換してください。

注記:磨耗したブラシは対で交換してください。ブラシ

の毛の長さが異なると、洗浄性能が低下します。

シリンダー洗浄ブラシの交換

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

1. メインブラシ点検ドアとサイドスクイージーサポー

トドアを開けます。

メンテナンス

3. アイドラープレートを洗浄ヘッドから取り外しま

す。

4. ブラシを洗浄ヘッドから取り外します。

2. アイドラープレートのリテーナハンドルを持ち上げ

て、リテーナリングをアイドラープレートのフック

から取り外します。 5. ブラシを2列に洗浄ヘッドの開口部に向けて配置し

ます。新しいブラシをドライブハブに取り付けま

す。

6. ブラシを入れ替える場合、前後のブラシが均等に磨

耗するように常に前後一緒に入れ替えてください。

ブラシは逆に入れ替えることもできます。

A B B A

Before After

M17 9017355 (05-2020) 105

メンテナンス

7. アイドラープレートを洗浄ヘッドに取り付けます。

8. アイドラープレートリテーナを使用して、アイドラ

ープレートを所定の位置に固定します。

注記:左右のアイドラープレートまたはブラシを入れ替

えないでください。入れ替えた場合、訓練を受けた担当

者による調整が必要となります。

9. スクイージーサポートドアを閉じて固定し、メイン

ブラシ点検ドアを閉じます。

10. 洗浄ヘッドのもう一方のブラシで、この手順を繰り

返します。

106 M17 9017355 (05-2020)

メインスイープブラシ

本機には、標準のデュアルフォーススイープコンパート

メントまたはオプションの片側ブラシダイレクトスロー

スイープコンパートメントが装備されています。

毎日、ブラシの摩耗や損傷を点検してください。メイン

ブラシ、メインブラシのドライブハブ、メインブラシの

アイドラーハブに絡まった糸くずやワイヤを取り除いて

ください。

メンテナンス

3. ノブとメインのスイープブラシのアイドラープレー

トを外します。

50操作時間毎に左右のブラシを入れ替えることで、ブ

ラシの寿命と清掃力を最大限に引き出すことができま

す。「メインブラシの交換とローテーション」を参照し

てください。

清掃効果がなくなったらブラシを交換してください。

4. ブラシをメインスイープ室から引き出します。

デュアルフォースのメインスイープブラシの交換

1. メインのスイープブラシを持ち上げて、本機の電源

を切ります。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

2. メインのスイープブラシ室のアクセスドアを開け

ます。

5. 必要に応じて、メインブラシを交換または回転しま

す。ブラシを入れ替える場合、前後のブラシが均等

に磨耗するように常に前後一緒に入れ替えてくださ

い。ブラシは逆に入れ替えることもできます。

6. ブラシをメインのスイープブラシ室に滑り込ませ、

ドライブハブまで押し込みます。

7. メインのスイープブラシのアイドラープレートを再

度取り付けます。

8. メインのスイープブラシ室のアクセスドアを閉じ

ます。

M17 9017355 (05-2020) 107

メンテナンス

ダイレクトスローのメインスイープブラシの交換(オプ

ション)

1. ホッパーを持ち上げて、ホッパーサポートバーで支

えます。「ホッパーサポートバーをかみ合わせる」

を参照してください。

2. メインのスイープブラシを持ち上げて、本機の電源

を切ります。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

3. メインのスイープブラシ室のアクセスドアを開け

ます。

5. ノブとメインスイープブラシのアイドラープレート

を外します。

4. 2つのノブ、アイドラーサイドスカートおよびプレ

ートを外します。

6. ブラシをメインスイープ室から引き出します。

108

7. 必要に応じて、メインブラシを交換または回転し

ます。

8. ブラシをメインのスイープブラシ室に滑り込ませ、

ドライブハブまで押し込みます。

9. メインスイープブラシのアイドラープレートを再度

取り付けます。

10. アイドラーサイドスカートとプレートを再度取り付

けます。

11. メインのスイープブラシ室のアクセスドアを閉じ

ます。

12. ホッパーを下げます。

M17 9017355 (05-2020)

サイドブラシ

毎日、サイドブラシの磨耗や損傷を点検してください。

サイドブラシやサイドブラシのドライブハブに絡まった

糸くずやワイヤを取り除いてください。

メンテナンス

4. サイドブラシをサイドブラシアセンブリーの下に置

き、リテーナーのチャンネルをサイドブラシハブの

リテーナーピンと合わせます。

スイープサイドブラシの交換

清掃効果がなくなったらブラシを交換してください。

1. サイドブラシアセンブリーを上げ、電源を切りま

す。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

2. ブラシの中央に手を入れ、ブラシとリテーナーをハ

ブに固定しているコッターピンを取り外します。

5. サイドブラシとリテーナー、ワッシャーをサイドブ

ラシハブの上に持ち上げ、コッターピンをハブに再

度取り付けます。

スイープサイドブラシの調整

50操作時間毎に、サイドブラシのパターンを確認し

てください。右側のサイドブラシは、ブラシが動作中

は、10時から3時、左側のサイドブラシは9時から2時の

間に床に触れるようにしてください。

3. サイドブラシとリテーナーをサイドブラシアセンブ

リーの下側から取り外します。

350327

M17 9017355 (05-2020) 109

メンテナンス

スイープサイドブラシの調整 - 標準パネル

1. 電源スイッチを入れます。

2. サイドブラシの高さ調整画面がLCDディスプレイに

表示されるまで、スイープサイドブラシボタンを押

したままにします。

5. ブラシのパターンを正しくするには、左(-)ボタ

ンを押してブラシを上げるか、右(+)ボタンを押

してブラシを下げます。ブラシが下がると、インジ

ケーターのバーが増えます。

注記:コントラストコントロールおよび設定モードボタ

ンを、サイドブラシの高さの選択と調整に使用します。

3. 希望するスイープサイドブラシボタンを押して選

択します。選択したサイドブラシが下がり回転し

ます。

6. スイープサイドブラシボタンを押して設定を保存

し、サイドブラシ調整テキスト表示に戻ります。

7. 前の説明を繰り返し、その他のスイープサイドブラ

シを調整します。

8. ブラシのパターンを再度点検します。必要に応じ、

ブラシの高さを調整します。

注記:スイープサイドブラシを調整後もパターンがフラ

ット(完全サイクル)の場合、テナント社のサービス担

当者に連絡してください。

4. ブラシのパターンの観察

110 M17 9017355 (05-2020)

スイープサイドブラシの調整 - PRO-PANEL

1. 電源スイッチを入れます。

2. サイドブラシの高さ調整画面がディスプレイに表示

されるまで、スイープサイドブラシボタンを押した

ままにします。

メンテナンス

5. ブラシのパターンを観察します。

6. ブラシのパターンを正しくするには、上向きボタン

を押してブラシを上げるか、下向きボタンを押して

ブラシを下げます。インジケーターが上/下に移動

し、ブラシの高さが変わったことを示します。

3. 黄色のボタンを押します。

4. 希望するスイープサイドブラシボタンを押して調整

します。選択したブラシが下がり回転します。

ホームボタンを押して設定を保存し、メインの

操作画面に戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻りま

す。

7. 「戻る」ボタンを押して「調整する側を選択」画面

に戻ります。

8. 前の説明を繰り返し、その他のスイープサイドブラ

シを調整します。

9. ブラシのパターンを再度点検します。ブラシ圧を必

要に応じ調整します。

注記:スイープサイドブラシを調整後もパターンがフラ

ット(完全サイクル)の場合、テナント社のサービス担

当者に連絡してください。

M17 9017355 (05-2020) 111

メンテナンス

洗浄サイドブラシの交換(オプション)

清掃効果がなくなったパッドは交換してください。清掃

効果がなくなった、または毛先が摩耗して黄色のインジ

ケーターが点灯したら、ブラシを交換してください。

3. スプリングハンドルを押し、サイドブラシを床に落

とします。

1. サイドブラシアセンブリーを上げ、電源を切りま

す。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

2. 必要に応じ、洗浄サイドブラシスクイージーアセン

ブリーを外して、洗浄サイドブラシにアクセスしや

すくします。

4. サイドブラシをサイドブラシアセンブリーから取り

外します。

5. 新しいブラシのスプリングを開き、簡単に取り付け

られるようにします。

112

6. 新しいサイドブラシをサイドブラシアセンブリーの

下に置き、サイドブラシをサイドブラシハブの上に

持ち上げて、ブラシをハブに固定します。

7. 洗浄サイドブラシスクイージーアセンブリーを再度

取り付けます。

M17 9017355 (05-2020)

スクイージーブレード

毎日、スクイージーブレードの損傷や磨耗を点検してく

ださい。ブレードが磨耗したら、エッジを逆にするか上

下を逆にして、新しい拭き取りエッジの部分を使用して

ください。すべてのエッジが磨耗したら、ブレードを交

換してください。

毎日、または様々な種類の表面を洗浄する場合、スクイ

ージーブレードの反りを点検してください。リヤスクイ

ージーは、50操作時間毎に水平を点検してください。

メンテナンス

3. 両方のスクイージー取り付けハンドルを緩めます。

リヤスクイージーブレードの交換(またはローテーシ

ョン)

1. 必要に応じて、リアバンパードア/ステップを下げ

ます。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

2. バキュームホースをリヤスクイージーアセンブリー

から取り外してください。

4. 本機からリヤスクイージーアセンブリーを取り外し

ます。

M17 9017355 (05-2020) 113

メンテナンス

5. リヤリテーナラッチを緩め、ラッチとリテーナをス

クイージーアセンブリーから取り外します。

7. ローテーションしたスクイージーブレード、または

新しいスクイージーブレードをリヤスクイージーア

センブリーに置きます。スクイージーが、リヤスク

イージーアセンブリーの各タブに確実に取り付けら

れていることを確認してください。

6. スクイージーアセンブリーからリヤスクイージーを

取り外してください。

8. リテーナのヒンジ端部をリヤスクイージーアセンブ

リーのフックに挿入します。

114 M17 9017355 (05-2020)

9. スクイージーアセンブリー全体にリテーナを取り付

け、スクイージーアセンブリーのタブをリテーナの

スロットに位置合わせし、ラッチをスクイージーア

センブリーの反対側に固定します。

メンテナンス

11. フロントリテーナラッチを緩め、ラッチとリテーナ

をスクイージーアセンブリーから取り外します。

10. スクイージーアセンブリーの前部の作業をするに

は、リヤスクイージーアセンブリーを反転させま

す。

M17 9017355 (05-2020)

12. スクイージーアセンブリーからフロントスクイージ

ーを取り外します。

115

メンテナンス

13. ローテーションしたスクイージーブレード、または

新しいスクイージーブレードをスクイージーアセン

ブリーに取り付けます。スクイージーブレードの穴

がタブに掛けられていることを確認してください。

14. リヤスクイージーアセンブリーにフロントスクイー

ジーリテーナを取り付けます。

15. 本機にリヤスクイージーアセンブリーを取り付け

ます。

16. リヤスクイージーアセンブリーで作業するためにリ

アバンパードア/ステップを下げていた場合は、上

げます。

116 M17 9017355 (05-2020)

リヤスクイージーの水平調整

スクイージーブレードが洗浄する表面全体を均等に洗浄

するためには、スクイージーの水平が大切です。

1. スクイージーを下げ、本機を数メートル前進させ、

ゆっくり停止します。

2. スクイージーブレード全体で、スクイージーの反り

を点検してください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

3. リアバンパードア/ステップを下げます。

4. ブレード全体の反りが均等ではない場合、チルト調

整ノブを使用して調整してください。

スクイージーの水平を調整しているときは、バキュ

ームホースをスクイージーフレームから取り外さな

いでください。

5. スクイージーの水平を調整するには、チルトロック

ノブを緩めます。

メンテナンス

6. チルト調整ノブを左(反時計回り)に回すと、スク

イージーブレードの両端の反りが小さくなります。

チルト調整ノブを右(時計回り)に回すと、スクイ

ージーブレードの両端の反りが大きくなります。

7. チルトロックノブを締めます。

8. 調整後、スクイージーを下げて本機を前進運転し、

スクイージーブレードの反りを再度確認してくだ

さい。

9. 必要に応じて、スクイージーブレードの反りを再調

整してください。

10. リヤスクイージーの水平調整完了後、リアバンパー

ドア/ステップを上げます。

M17 9017355 (05-2020) 117

メンテナンス

リヤスクイージーブレードの反りの調整

反りとは、本機が前方に動いたときにスクイージーブ

レードの全体が曲がる度合いのことです。最小の反り

で床を拭き取る状態が、スクイージーの最適な反り状

態です。

注記:反りを調整する前に、スクイージーが水平である

ことを確認してください。「リヤスクイージーの水平調

整」を参照してください。

1. スクイージーを下げ、本機を数メートル前進させ、

ゆっくり停止します。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

2. スクイージーブレードの反りまたは「曲がり」の度

合いを確認してください。滑らかな床を洗浄する場

合の適切な反りは、12mmです。凹凸のある床を洗

浄する場合の適切な反りは、15mmです。

4. スクイージーブレード全体の反りを調整するには、

本機両側のロックノブを緩めます。

5. 調整ノブを右(時計回り)に回すと反りが大きくな

り、左(反時計回り)に回すと反りが小さくなり

ます。

3. リアバンパードア/ステップを下げます。

6. ロックノブを締めます。

7. 本機を前進運転し、スクイージーブレードの反りを

再度点検してください。

8. 必要に応じて、スクイージーブレードの反りを再調

整してください。

9. リアスクイージーブレードの反りの調整完了後、リ

アバンパードア/ステップを上げます。

118 M17 9017355 (05-2020)

サイドスクイージーブレードの交換またはローテーシ

ョン

1. 必要に応じて、洗浄ヘッドを上げます。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

2. メインブラシ点検ドアとサイドスクイージーサポー

トドアを開けます。

メンテナンス

5. サイドスクイージーアセンブリーからスクイージー

ブレードを取り外してください。

3. サイドスクイージーアセンブリーからリテーニング

バンドのラッチを外してください。

6. 入れ替えたリヤスクイージーブレード、または新し

いリヤスクイージーブレードをサイドスクイージー

アセンブリーに取り付けます。

7. サイドスクイージーアセンブリーのリテーニングバ

ンドリテーナタブにリテーニングバンドをかけてく

ださい。

4. サイドスクイージーアセンブリーからリテーニング

バンドを取り外してください。

8. サイドスクイージーアセンブリーにリテーニングバ

ンドラッチを固定してください。

M17 9017355 (05-2020)

9. スクイージーサポートドアを閉じて固定し、メイン

ブラシ点検ドアを閉じます。

10. 洗浄ヘッドのもう一方のサイドスクイージーで、こ

の手順を繰り返します。

119

メンテナンス

洗浄サイドブラシスクイージーブレードの交換またはロ

ーテーション(オプション)

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

サイドブラシスクイージーブレードの損傷や磨耗を、毎

日点検してください。先端がブレードの半分以下の厚さ

に磨耗または損傷している場合は、ブレードを交換して

ください。

1. サイドブラシスクイージーアセンブリーハンドルを

緩め、本機からスクイージーアセンブリーを取り外

します。

3. リテーニングバンド、スクイージーブレードおよび

スペーサーをスクイージーフレームから取り外し

ます。

注記:スクイージーを取り外す前に、スクイージーフレ

ームに取り付けられたスクイージーのスロットを確認し

てください。

2. リテーニングバンドのラッチを緩めてください。

注記:スクイージーブレードには、スクイージーブレ

ードの反りを調整するためのスロットがあります。滑

らかな床の場合は、スクイージーの反りが12mmになる

ように取り付けてください。凹凸のある床の場合は、

スクイージーの反りが15mmになるように取り付けてく

ださい。

120 M17 9017355 (05-2020)

4. 入れ替えたスクイージーブレード、または新しいス

クイージーブレード、スペーサー、リテーニングバ

ンドをサイドブラシアセンブリーに取り付けます。

スクイージーブレードの穴がタブに掛けられている

ことを確認してください。

メンテナンス

5. サイドブラシリテーニングバンドのラッチを締めて

ください。

6. サイドブラシスクイージーアセンブリーをサイドブ

ラシアセンブリーの上に元通り取り付けます。

M17 9017355 (05-2020) 121

メンテナンス

スカートとシール

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

汚水回収タンクシール

汚水回収タンクカバーシールの磨耗や損傷を点検してく

ださい。

スイープ再循環スカート

50操作時間毎に、再循環スカートの磨耗や損傷を点検

してください。

スイープサイドスカート

サイドスカートは、メインスイープブラシの両側にあり

ます。サイドスカートは、床すれすれに接触するように

取り付けてください。50操作時間毎に、スカートの磨

耗や損傷を点検してください。

洗浄液タンクのシール

洗浄液タンクカバーシールの磨耗や損傷を点検してく

ださい。

デュアルフォーススイープスカート

ダイレクトスロースイープスカート(オプション)

122 M17 9017355 (05-2020)

洗浄ヘッドスカート(ディスク洗浄ヘッドのみ)

50操作時間毎に、洗浄ヘッドスカートの磨耗や損傷を

点検してください。

メンテナンス

ホッパーシール

100操作時間毎に、シールの摩耗や損傷を点検してくだ

さい。

プラスチック製ホッパー

ホッパーダストフィルターシール

金属製ホッパー(オプション)

100操作時間毎に、ホッパーダストフィルターカバーシ

ールの摩耗や損傷を点検してください。必要に応じて、

シールの埃やゴミを清掃してください。 ライブワンドバキュームシール(オプション)

50操作時間毎に、ライブワンドバキュームシールの摩

耗や損傷を点検してください。

M17 9017355 (05-2020) 123

メンテナンス

ベルト

スイープブラシのドライブベルト

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

スイープブラシのドライブベルトは、メインのスイープ

ヘッドの左側にあります。200操作時間毎に、ベルトの

磨耗や損傷を点検してください。

シリンダーブラシのドライブベルト

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

ブラシのドライブベルトは、シリンダーブラシ洗浄ヘッ

ドに付いています。200操作時間毎に、ベルトの磨耗や

損傷を点検してください。

デュアルフォーススイープのドライブベルト

ブレーキ

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

フットブレーキとパーキングブレーキは、リアホイール

のブレーキを制御するリンケージを操作します。

フットブレーキを掛けるときに、ペダルの踏みしろが

25mm(1インチ)以上にならないようにしてくださ

い。200操作時間毎に、ブレーキの調整を確認してくだ

さい。

124 M17 9017355 (05-2020)

タイヤ

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

本機には、ゴム製ソリッドタイヤが3本、それぞれ前側

に1本、後側に2本装着されています。500操作時間毎

に、タイヤの磨耗や損傷を点検してください。

メンテナンス

本機の輸送

1. スクイージー、洗浄ヘッド、ブラシを上げます。

2. 積み込む前に、地面が十分空くようにホッパーを持

ち上げます。ダイレクトスロー装置は、最大13%ま

でランプに積み込むことができます。デュアルフォ

ース装置は、最大20%までランプに積み込むことが

できますが、13%を超える場合はリヤスクイージー

を取り外す必要があります。

安全のために:本機をトラックまたはトレーラーに積み

降ろしする際は、積み降ろし前にタンクを空にしてく

ださい。

3. 本機の後端をトラックまたはトレーラーの積み込み

口につけます。

4. 積み込み面が水平でない場合、または地面より

380mm以上の高さがある場合、本機の積み込みに

はウィンチを使用してください。

積み込み面が水平で、地面から380mm以下である

場合は、本機を運転しながらトラックまたはトレー

ラーに積むことができます。

本機の牽引・後押し・輸送

本機の牽引・後押し

安全のために:本機を点検整備する場合は、オペレータ

ーが運転席にいない状態で本機を押したり牽引したりし

ないでください。

本機が故障した場合、前後どちらからも押すことができ

ますが、牽引できるのは前方からのみです。注意してく

ださい。

本機を移動(押すまたは牽引)する場合はごく短い距離

に限定し、3.2 kph (2 mph)を超える力を加えないように

してください。本機は、長い距離や高速で押したり牽引

したりするようには設計されていません。

注意!本機を長い距離押したり牽引したりしないでくだ

さい。走行装置に損傷を引き起こすことがあります。

安全のために:本機をトラックまたはトレーラーに積み

降ろしする時は、ウィンチを使用してください。積み込

み面が水平でなく、地面から380mm以上の高さがある

場合は、本機を運転しながらトラックまたはトレーラー

に積み降ろししないでください。

5. トレーラーまたはトラックに本機を後退で積み込み

ます。

M17 9017355 (05-2020) 125

メンテナンス

6. トラックまたはトレーラーに本機をウィンチで積み

込むには、ウィンチのチェーンを、ホッパーとメイ

ンの洗浄ヘッドの間にある、本機の両側の前面のジ

ャッキブラケットの穴に取り付けます。

10. 固定用ロープを本機の前部にあるリヤジャッキング

ブラケットの穴に取り付けます。

7. 本機はトラックまたはトレーラーのフロント部にで

きるだけ近づけて配置してください。本機がトラッ

クまたはトレーラーの中央線からそれて始動した場

合は、いったん停止させ、ステアリングホイールを

回して本機を中央に戻してください。

注記:本機の前面をトレーラーに向けないでください。

本機の前面とトレーラーが輸送中に接触し、ホッパー/

スイープアセンブリーが損傷する可能性があります。

11. 本機の電源を切り、固定後にキーを抜きます。

安全のために:本機をトレーラーのトラックに積み下ろ

しする際には、平らな場所で停止し、パーキングレーキ

をかけて、すべての固定用ロープで固定するまでキーを

オン位置のままにしてください。

注記:キーがオンの位置にある場合、ドライブホイール

のダイナミックブレーキシステムが稼働します。

8. 本機が動かないよう、それぞれのホイールの後ろに

止め木を置いてください。

9. ホッパーと洗浄ヘッド、後部スクイージーを下げ

ます。

本機の積み下ろし

1. パーキングブレーキをかけ、キーをオンの位置に回

します。

注記:キーがオンの位置にある場合、ドライブホイール

のダイナミックブレーキシステムが稼働します。

2. 本機からロープを外し、ブロックを外します。

3. 積み込み面が水平でない場合、または地面より

380mm 以上の高さがある場合、本機の積み降ろし

にはウィンチを使用してください。

積み込み面が水平で、地面から380mm以下の場合

は、本機を運転しながらトラックまたはトレーラー

から降ろすことができます。

安全のために:本機をトラックまたはトレーラーから降

ろすときは、ウィンチを使用してください。積み込み面

が水平でなく、地面から380mm(15インチ)以上の高

さがある場合は、本機を運転しながらトラックまたはト

レーラーから降ろさないでください。

126 M17 9017355 (05-2020)

本機のジャッキアップ

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてキーを抜いてください。

本機をジャッキアップする前に、ホッパーと汚水回収タ

ンク、洗浄タンクを空にしてください。

すべての機種の前部にあるジャッキポイント位置

メンテナンス

本機の全部にあるジャッキスタンドの位置。

すべての機種の後部にあるジャッキポイント位置

M17 9017355 (05-2020)

安全のために:本機を点検整備するときは、本機のタイ

ヤを輪留めで止めてからジャッキで持ち上げてくださ

い。本機の重量を支えられるホイストまたはジャッキを

使用してください。指定された位置にのみジャッキを

当ててください。ジャッキスタンドで本機を支えてく

ださい。

127

メンテナンス

ec-H2Oモジュールの洗浄手順

この手順は、赤色のインジケーターライトが点滅しアラ

ームが鳴った場合のみ、実行してください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてください。

1. ec-H2Oアセンブリーにアクセスするには、右シュ

ラウドを開きます。

2. ec-H2Oマニホールドから出口ホースを取り外すに

は、コネクターボタンを押します。

4. ドレンホースをec-H2O出口ホースに接続します。

5. ドレンホースを空の容器に入れてください。

注記:出口ホースを識別するには、ec-H2Oアセンブリ

ー下部のホース接続部付近にある矢印を確認してくだ

さい。

6. ホワイトビネガーまたはライスビネガーを約7,6リ

ットル(2ガロン)洗浄液タンクに注いでくださ

い。

3. ec-H2O室からドレンホースを取り外します。

128 M17 9017355 (05-2020)

7. 電源スイッチを入れます。

8. ec-H2Oモジュールフラッシュスイッチをオンにし

て、洗浄サイクルを開始してください。

注記:洗浄サイクルが終了すると(約7分後)、自動的

にモジュールの電源が切れます。システムのインジケー

ターライトとアラームを解除するには、モジュールを完

全に7分間運転しなければなりません。

9. きれいな冷水を約7.6 リットル(2ガロン)洗浄液

タンクに注いでください。

10. フラッシュスイッチをオンにして、モジュールに残

ったビネガーを洗い流してください。1~2分後、フ

ラッシュスイッチを再度押し、モジュールを停止し

てください。

11. ec-H2Oマニホールドホースからドレンホースを取

り外します。

12. 出口ホースをec-H2Oマニホールドホースに再接続

してください。

13. ドレンホースをec-H2O室の保管場所に戻します。

14. 右シュラウドを閉じます。

メンテナンス

M17 9017355 (05-2020) 129

メンテナンス

保管情報

本機を長期間保管する場合は、以下に注意してくださ

い。

1. バッテリーの寿命を延ばすため、本機を保管する前

にバッテリーを充電してください。1か月に1回、バ

ッテリーを再度充電します。

2. 保管する前にバッテリーを外します。

3. 洗浄液タンクと汚水回収タンクを完全に空にし、洗

浄してください。.

4. スクイージーと洗浄ヘッドは浮かしたままで、乾燥

した場所に本機を保管してください。

注意:本機に雨がかからないよう、屋内に保管してく

ださい。

5. 汚水回収タンクのカバーを開き、空気の循環をよく

してください。

6. 本機を寒冷地で保管する場合は、「凍結防止」に従

ってください。

注記:損傷を防ぐために、本機を齧歯類や虫のいない環

境で保管してください。

3. オプションの洗剤タンクのみ装備した機種:1.9リ

ットル(1/2ガロン)のプロピレングリコールを主

成分とする不凍液/RV用不凍液を洗剤タンクに入れ

てください。

注記:オプションのESシステムを装備した機種では、

プロピレングリコールを主成分とする不凍液、または

RV用不凍液をポンプラインに充填する必要がありま

す。

4. 電源スイッチを入れます。

5. 1-STEPボタンを押してください。

凍結防止

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてください。

1. 洗浄液タンク、汚水回収タンク、洗剤タンクを完全

に空にしてください。

2. 7.6リットル(2ガロン)のプロピレングリコールを

主成分とする不凍液、またはRV用不凍液を洗浄液

タンクに入れてください。

6. 洗浄液の流量が最大の設定になるまで、洗浄液増量

ボタン(+)を繰り返し押してください。

130

標準パネル Pro-Panel

M17 9017355 (05-2020)

7. 過酷環境スイッチオプションを装備した標準コント

ロールパネル機種のみ:過酷環境洗浄システムを作

動させる場合は、過酷環境スイッチの下部分を押し

てください。

過酷環境ボタンオプションのあるProp-Panel機種の

み:過酷環境洗浄を作動させる場合は、過酷環境ボ

タンの下部分を押したままにしてください。

標準パネル Pro-Panel

8. 洗浄サイドブラシオプションを装備した機種のみ:

洗浄サイドブラシボタンを押して、サイドブラシを

稼働します。

メンテナンス

9. 不凍液がシステム全体に行き渡り、残った水がすべ

てなくなるまで本機を運転してください。

10. 洗浄サイドブラシオプションを装備した機種のみ:

サイドブラシスイッチを押し、サイドブラシを停止

してください。

11. 本機を停止させます。

12. スプレーノズルオプションを装備した機種のみ:ポ

ンプの保護のために、ワンドを数秒間作動させてく

ださい。

13. 高圧ウォッシャーオプションを装備した機種のみ:

高圧ウォッシャーを不凍液でプライミングし、ポン

プを保護するために高圧ウォッシャーを数秒間作動

させます。「高圧ウォッシャーポンプのプライミン

グ」を参照してください。

14. 1-STEPボタンを押し、システムの電源を切ってく

ださい。

15. 本機の電源を切ります。

16. 残った不凍液は、洗浄液タンク、汚水回収タンクお

よび洗剤タンクから抜き取る必要はありません。

標準パネル Pro-Panel

M17 9017355 (05-2020) 131

メンテナンス

保管後の運転に備えて

不凍液は、本機の使用前に洗浄システムから完全に抜き

取る必要があります。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてください。

1. 不凍液を洗浄液タンクから完全に抜き取ります。

2. 洗浄液タンクをすすいでください。洗浄液タンクの

清掃方法は、「操作」の項の、洗浄液タンクの排水

と清掃」を参照してください。

3. 11.4リットル(3ガロン)のきれいな冷水を洗浄液

タンクに入れてください。

6. 1-STEPボタンを押してください。

7. 洗浄液の流量が最大の設定になるまで、洗浄液増量

ボタン(+)を繰り返し押してください。

4. オプションの洗剤タンクのみ装備した機種:1.9リ

ットル(1/2ガロン)のきれいな冷水を洗剤タンク

に入れてください。

標準パネル Pro-Panel

注記:ec-H2Oを搭載した機種のec-H2Oシステムは、本

機の動作準備完了前にプライミングしてください。詳細

については、「ec-H2Oシステムのプライミング」を参

照してください。

5. 電源スイッチを入れます。

132 M17 9017355 (05-2020)

8. 過酷環境スイッチオプションを装備した標準コント

ロールパネル機種のみ:過酷環境洗浄システムを作

動させる場合は、過酷環境スイッチの下部分を押し

てください。

過酷環境ボタンオプションのあるProp-Panel機種の

み:過酷環境洗浄を作動させる場合は、過酷環境ボ

タンの下部分を押したままにしてください。

メンテナンス

14. 1-STEPボタンを押し、システムの電源を切ってく

ださい。

15. 高圧ウォッシャーオプションを装備した機種のみ:

洗浄液タンクへのリターンラインを取り外して、バ

ケツに入れます。

標準パネル Pro-Panel

9. 洗浄サイドブラシオプションを装備した機種のみ:

サイドブラシスイッチを押し、サイドブラシを起動

してください。

高圧ウォッシャーを数秒間作動させ、不凍液をポン

プから排出します。レバーをさらに数秒間解除する

と、リターンラインから不凍液がバケツに排出され

ます。高圧ウォッシャースイッチをオフにし、リタ

ーンラインを洗浄液タンクに再接続します。

警告:他の人や動物に向けて噴霧しないでくだ

さい。重傷を引き起こすことがあります。保護

眼鏡を着用してください。スプレイヤーは必ず

両手で持ってください。

標準パネル Pro-Panel

10. タンクが空になるまで本機を運転してください。

11. 洗浄サイドブラシオプションを装備した機種のみ:

サイドブラシスイッチを押し、サイドブラシを停止

してください。

注記:オプションのESシステムを装備した機種では、

ポンプラインから不凍液を抜き取る必要があります。

12. 本機を停止させます。

13. スプレーノズルオプションを装備した機種のみ:ワ

ンドを数秒間作動させ、不凍液をポンプから排出し

てください。

16. 本機の電源を切ります。

M17 9017355 (05-2020) 133

メンテナンス

ec-H2Oシステムのプライミング

洗浄液タンクまたはec-H2Oシステムを空にしたまま本

機を長期間保管した場合は、ec-H2Oシステムをプライ

ミングしてください。

安全のために:本機から離れる場合または点検整備を行

う場合は、本機を水平な場所に止め、電源を切り、パー

キングブレーキを掛けてください。

1. 洗浄液タンクにきれいな冷水を入れてください。本

マニュアルの「洗浄液タンクの注水」の項を参照し

てください。

注記:出口ホースを識別するには、ec-H2Oアセンブリ

ー下部のホース接続部付近にある矢印を確認してくだ

さい。

4. ec-H2O室からドレンホースを取り外します。

5. ドレンホースをec-H2O出口ホースに接続します。

2. ec-H2Oアセンブリーにアクセスするには、右シュ

ラウドを開きます。

3. ec-H2Oマニホールドから出口ホースを取り外すに

は、コネクターボタンを押します。

6. ドレンホースを空の容器に入れてください。

134 M17 9017355 (05-2020)

7. 電源スイッチを入れます。

8. ec-H2Oモジュールのフラッシュスイッチをオンに

してください。システムから水を2分間、容器に抜

き取ってください。

9. ec-H2Oモジュールのフラッシュスイッチを押し、

システムを停止してください。

10. ec-H2Oマニホールドホースからドレンホースを取

り外します。

11. 出口ホースをec-H2Oマニホールドホースに再接続

してください。

12. ec-H2O室に元どおりドレンホースを収納します。

13. 右シュラウドを閉じます。

メンテナンス

M17 9017355 (05-2020) 135

仕様

仕様

本機の寸法と容量

項目

全長(S/N 011000- )

全長(S/N 000000-010999)

幅(本体)

幅(サイド洗浄ブラシを含むボディ)

ホイールベース

全高(ステアリングホイールの上部)

高さ(高圧ウォッシャーオプションを含む)

高さ(ドライバキューム含む - Pro-Panel)

高さ(ドライバキューム含む - バックミラー付き)

全高 (ヘッドガード付き)

トレッド

ディスクブラシ直径

シリンダーブラシ直径(洗浄時)

シリンダーブラシ長(洗浄時)

シリンダーブラシ直径(デュアルフォーススイープ時)

シリンダーブラシ長(デュアルフォーススイープ時)

シリンダーブラシ直径(ダイレクトスロースイープ時)

シリンダーブラシ長(ダイレクトスロースイープ時)

洗浄サイドブラシ用ディスクブラシ直径(オプション)

スイープサイドブラシ用ディスクブラシ直径

洗浄幅

洗浄幅(洗浄サイドブラシを含む)

スクイージー幅(リアスクイージー)

スイープ幅 - デュアルフォースメインスイープ

スイープ幅 - ダイレクトスローメインスイープ

スイープ幅(両スイープサイドブラシを含む)

洗浄液タンク容量

汚水回収タンク容量

洗浄液容量(ES)

洗剤タンク容量(オプション)

消泡空間

デュアルフォースプラスチック製ホッパー容量(軽いごみ)

ダイレクトスロースチール製ホッパー容量(軽いごみ)

デュアルフォースプラスチック製ホッパー可搬重量

ダイレクトスロースチール製ホッパー可搬重量

ホッパー最小天井ダンプ高

ホッパー最大ダンプ高

136

寸法/容量

2865 mm(112.8)

2850 mm

1370 mm

1405 mm

1163 mm(46インチ)

1480 mm

1680 mm(66.2イン

チ)

1766 mm(69.5イン

チ)

1979 mm(77.9イン

チ)

2096 mm

1041 mm

510 mm

230 mm

1015 mm

203 mm

915 mm

254 mm(10インチ)

863 mm(34インチ)

330 mm

480 mm

1015 mm

1220 mm

1245 mm

915 mm

889 mm

1700 mm

285 L

346 L(91.1ガロン)

435 L

17.6 L

61 L

85 L (3.0 ft 3 )

30 L (1.0 ft 3 )

136 Kg

57 Kg

2134 mm

1525 mm

M17 9017355 (05-2020)

項目

ダストフィルター面積

重量(空)

重量(標準の510 AHバッテリーを含む)

重量(オプションの930 AHバッテリーを含む)

GVWR

保護等級

IEC 60335-2-72に準拠して決定された数値

音圧レベルLpA

音圧の不確定性 KpA

音響出力レベルLWA+不確定性KWA

振動 - 手から腕

振動 - 全身

測定値 -

シリンダー洗浄ヘッド

75 dB

3 dB

94.63 dB + 2.98 dB

<2.5 m/s 2

<0.5 m/s 2

本機の一般性能

項目

通路転回幅(サイドブラシなし)

走行速度(前進)

スイープ/洗浄時走行速度(前進)

ホッパーまたはライブワンド(オプション)上げ時走行速度(前進)

走行速度(後進)

荷積み時のランプ最大傾斜 - 空の時(デュアルフォース)

荷積み時のランプ最大傾斜 - 空の時

(ホッパーを上げた状態のダイレクトスローオプション)

スイープ/洗浄時のランプ最大傾斜(デュアルフォース)

スイープ/洗浄時のランプ最大傾斜(ダイレクトスロー)

輸送時のランプ最大傾斜(GVWR)(デュアルフォース)

輸送時のランプの最大傾斜(GVWR)

(ホッパーを上げた状態のダイレクトスローオプション)

輸送時のランプの最大傾斜(GVWR)

(ホッパーを下げた状態のダイレクトスローオプション)

本機運転時の最大周辺温度

本機の洗浄機能使用時の最低温度

動力

タイプ

バッテリー(最大バッテリー寸法):

幅 406 mm x

長さ 963 mm x

高さ 775 mm

1

1

数量

1

ボルト Ah 定格

36 510 @ 6時間レ

ート

36

36

750 @ 6時間レ

ート

930 @ 6時間レ

ート

測定値

3003 mm

9 Km/h

6.5 Km/h

3.25 Km/h

5 Km/h

20%

13%

10.5%

5%

13%

13%

5%

43° C

0° C

重量

661 kg

963 kg

988 kg

寸法/容量

5.1 m 2 (54.9 ft 2 )

1515 Kg

2165 Kg

2475 Kg

3245 Kg

IPX3

仕様

測定値 -

ディスク洗浄ヘッド

75 dB

3 dB

94.63 dB + 2.98 dB

<2.5 m/s 2

<0.5 m/s 2

M17 9017355 (05-2020) 137

仕様

タイプ

電動式モーター

用途 VDC

洗浄ブラシ(ディスク) 36

洗浄ブラシ(シリンダ

ー)

サイド洗浄ブラシ

36

36

メインのスイープブラシ 36

36

36

サイドスイープブラシ

バキュームファン(スイ

ープ)

バキュームファン(洗

浄)

走行

高圧ウォッシャー(オプ

ション)

ライブワンド(オプショ

ン)

36

36

36

36

タイプ VDC

充電器(スマート) 36

充電器(スマート) 36

充電器(スマート) 36

充電器(定期) 36 amp

80

120

150

240

Hz

50-60

50-60

50-60

50-60

1

1

1

1

タイヤ

場所

フロント(1)

リヤ(2)

タイプ

ソリッド

ソリッド

サイズ

幅 150 mm x 外径 350 mm

幅 125 mm x 外径 380 mm

洗浄サイドブラシの洗浄液流量(オプション)

項目

洗浄液ポンプ

測定値

DC36V、最大1,51リットル/分 k W (hp)

1.125 (1.50)

1.125 (1.50)

0.90 (1.25)

0.75 (1.00)

0.06 (0.08)

0.85 (1.10)

0.6 (0.80)

2.25 (3.00)

2.25 (3.0)

1.125 (1.5)

VAC

200-240

380-415

480-600

480

ec-H2Oシステム (オプション)

項目

洗浄液ポンプ

洗浄液流量(オプションの洗浄サイドブラシ

非装備の場合)

洗浄液流量(オプションの洗浄サイドブラシ

装備の場合)

測定値

DC36V、5A、流量6.8リットル/分

最大3.79リットル/分

最大2.65リットル/分 - メイン洗浄ヘッドへ

最大1.14リットル/分 - 洗浄サイドブラシへ

138 M17 9017355 (05-2020)

高圧ウォッシャー(オプション)

項目

ポンプ圧(最大)

洗浄液の流量(最大 @ 2500 psi)

本機の寸法

測定値

最大17236 kpa(2500 psi)

最大7.57リットル/分(2.0 GPM)

1245 mm

(49 in)

1370 mm

(54 in)

1405 mm

(55.3 in)

1700 mm

(67 in)

仕様

2096 mm

(82.5 in)

1480 mm

(58.25 in)

Wheel base

1163 mm

(46 in)

(S/N 000000-010999)

2850 mm (112.1 in)

(S/N 011000- )

2865 mm (112.8 in)

Track

(at rear wheels)

1041 mm

(41 in)

M17 9017355 (05-2020) 139

管理者コントロール

管理者コントロール 3. ログインボタンを押します。

Pro-Panel管理者コントロール

管理者コントロール機能を使用して管理者は、オ

ペレーターが本機で使用する洗浄設定をプログラ

ムできます。ロックアウト機能は、オペレーター

による設定の変更や保存を防止する機能です。

管理者コントロール機能を使用することで、いつ

でも同じ状態で清掃作業ができるため、オペレー

ターの経験に関わらず作業品質を維持できます。

また、オペレーターのトレーニング時間を削減し

ます。

オペーレーターホーム画面を表示するユーザーモ

ードには2種類あります:

オペレーターモード - 管理者によって制御された

許可と制限の下で本機を運転することができま

す。

管理者モード - すべての操作ボタンが利用可能な

状態で本機の運転ができます。また、オペレータ

ーモードの許可や制限を設定できます。

工場出荷後の初期状態では、本機は管理者モード

で始動します。画面には事前に割り当てられたデ

フォルト管理者プロファイルが表示されます。出

荷時設定の管理者ログイン番号は「1234」です。

このログイン番号は有効化されるまで不要です。

初期設定の管理者プロファイル名とログイン番号

は本セクションで説明したように変更できます。

新たに割り当てられた管理者モードログイン番号

を忘れてしまった場合、テナント社のサービス部

門までお問い合わせください。

管理者モードの入力 - 初回のみ

1. 電源スイッチを入れます。メインの操作画面

がディスプレイに表示されます。

2. ヘルプボタンを押して、ヘルプ画面にアクセ

スします。

4. キーパッドを使用して、出荷時設定の管理者

ログイン番号「1234」を、キーバッドの上に

あるディスプレイに入力します。管理者ログ

イン番号の入力が終了したら、Enterボタンを

押します。

必要に応じBackspaceボタンを押して、番

号を削除し再び入力します。

5. 管理者本機操作画面が、ディスプレイに表示

されます。設定ボタンを押して、管理者設定

画面にアクセスします。

140

6. プロファイルの追加/編集に進みます。

M17 9017355 (05-2020)

管理者モードの入力

1. 電源スイッチを入れます。ログイン画面がデ

ィスプレイに表示されます。

2. キーパッドを使用して、管理者ログイン番号

をキーバッドの上にあるディスプレイに入力

します。管理者ログイン番号の入力が終了し

たら、Enterボタンを押します。

管理者コントロール

必要に応じBackspaceボタンを押して、番

号を削除し再び入力します。

3. 管理者本機操作画面が、ディスプレイに表示

されます。設定ボタンを押して、管理者設定

画面にアクセスします。

M17 9017355 (05-2020) 141

管理者コントロール

管理者設定画面/画面アイコン

管理者メンテナンス画面を使用して、ユーザーパ

スワードやユーザー本機設定、その他の本機設定

項目を設定/変更します。

上向き矢印ボタンを押して、メニュー項目

内を上に移動します。

下向き矢印ボタンを押して、メニュー項目

内を下に移動します。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

以下のメニューボタンを使用して、さまざまな管

理者設定メニュー/画面にアクセスします。

ビデオヘルプボタンを押して、さまざまな

本機のヘルプビデオにアクセスします。

「プロファイルを追加/編集」ボタンを押

して、本機のユーザーおよび管理者プロフ

ァイルを追加および/または削除、変更し

ます。「プロファイルの追加/編集」を参

照してください。

「バッテリーの種類」ボタンを押して、本

機で使用しているバッテリーの種類を変更

します。「バッテリーの種類の変更」を参

照してください。

「 ログイン可」ボタンを押して、本機の

始動時に、どのユーザープロファイルでも

必要なログイン番号を有効にします。

「無効」ボタンを押して、本機の始動時

に、どのユーザープロファイルでも必要な

ログイン番号を無効にします。「ログイン

を無効にする」を参照してください

「タッチ補正」ボタンを押して、タッチポ

イントがずれた場合にタッチ画面の補正を

行います。

「チェックリストのエクスポート」ボタン

を押して、「チェックリストのエクスポー

ト」メニューにアクセスします。「チェッ

クリストのエクスポート」を参照してくだ

さい。

「チェックリストの設定」ボタンを押し

て、「チェックリストの設定」メニュー

にアクセスします。「操作前チェックリ

ストを有効/無効にする」を参照してくだ

さい。

「カメラ設定」ボタンを押して、カメラ設

定画面にアクセスします。「リアビューカ

メラ設定の変更」を参照してください。

「システム時間」ボタンを押して、日付/

時間画面にアクセスします。「時間と日付

の設定/変更」を参照してください

「スクリーンロック」ボタンを押して、「

スクリーンロック」設定画面にアクセスし

ます。「スクリーンロックの設定」を参照

してください。

142 M17 9017355 (05-2020)

プロファイルの追加/変更

1. 本機の電源を入れ、管理者画面にログオン

し、設定ボタンを押して管理者設定画面にア

クセスします。「管理者モードの入力」を参

照してください。

2. 「プロファイルの追加/編集」ボタンを押し

て、「プロファイルの追加/編集」画面にアク

セスします。

管理者コントロール

4. 「オペレーター」ボタンを押して新規オペレ

ーターを追加、または「管理者」ボタンを押

して新規管理者を追加します。

3. 「プロファイルの追加」ボタンを押して、「

プロファイルの追加」画面にアクセスしま

す。

注記:デフォルトの管理者は、プロファイル一覧

から削除できません。

「オペレーター」ボタンを押して、オペレ

ーターのプロファイルを追加/編集/コピ

ー/削除します。

「管理者」ボタンを押して、管理者のプロ

ファイルを追加/編集/コピー/削除し

ます。

5. キーパッドを使用して、新規のユーザー/管理

者の名前を入力します。Enterボタンを押しま

す。

「プロファイルの追加ボタン」を押して、

画面とメニューにアクセスして新規プロフ

ァイルを追加します。

「プロファイルを編集」ボタンを押して、

既存のプロファイルを編集します。

「プロファイルをコピー」ボタンを押し

て、既存のプロファイルをコピーします。

「プロファイルを削除」ボタンを押して、

既存のプロファイルを削除します。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

M17 9017355 (05-2020) 143

管理者コントロール

6. キーバッドを使用して、新規のユーザー/管理

者にログイン番号を割り当てます。新しいロ

グイン番号は3~8桁の任意の番号を指定でき

ます。Enterボタンを押します。「最高速度」

画面が表示されます。

8. 新しいユーザーがアクセスして利用するコン

トロールを選択します。緑色はロック解除さ

れたコントロール、灰色はロックされたコン

トロールを示します。点滅している保存ボタ

ンを押して、新規プロファイルを保存しま

す。

必要に応じBackspaceボタンを押して、番

号を削除し再び入力します。

7. 本機の最高速度を設定します。

ヘルプボタンを押して、ヘルプ画面にアク

セスします。

144

上向き矢印ボタンを押して、最高速度を上

げます。

下向き矢印ボタンを押して、最高速度を下

げます。 mphボタンを押して、本機の速度をマイ

ル/時に設定します。 km/hボタンを押して、本機の速度をkm/時

に設定します。

Enterボタンを押して、本機の最高速度を

設定します。

「戻る」ボタンを押して、ユーザーアクセ

スページに戻ります。

9. オペレータープロファイルリストに新しいユ

ーザープロファイルが保存されました。オペ

レーター、管理者共に、複数のユーザープロ

ファイルを追加できます。「戻る」矢印を押

して前の画面に戻り、ユーザープロファイル

の追加やログインを有効にします。

M17 9017355 (05-2020)

10. 本機の始動時にログイン番号を有効にするに

は、「ログイン可」ボタンを押します。

管理者コントロール

ログインを有効にする

1. 本機の電源を入れ、管理者画面にログオン

し、設定ボタンを押して管理者設定画面にア

クセスします。「管理者モードの入力」を参

照してください。

2. 「ログイン可」ボタンを押します。

Video Help

Add/Edit Profile

Battery Type

Enable Login

「ログイン可」ボタンが、「ログイン可」か

ら「ログイン不可」に変わります。ログイン

を無効にする方法の説明については、「ログ

インを無効にする」を参照してください。

Video Help

Add/Edit Profile

Battery Type

Enable Login

3. 「はい」ボタンを押してデフォルトユーザー

画面を表示します。

11. 上記の設定が完了すると、本機の始動時にロ

グイン画面が表示されます。新しいユーザー

が本機を使用するには、ログイン番号の入力

が必要になります。

12. 本機の使用後は、ヘルプボタンを押してか

ら、ログアウトボタンを押してログアウトす

ることをお勧めします。キーをオフ位置に回

してもログアウトできます。

13. 「プロファイルを編集」ボタンや「プロファ

イルをコピー」ボタン、「プロファイルを削

除」ボタンを使用して、現在のユーザープロ

ファイルを管理します。

4. 「オペレーター」ボタンまたは「管理者」ボ

タンを押して、希望するデフォルトのユーザ

ーを選択します。

M17 9017355 (05-2020) 145

管理者コントロール

ログインを無効にする

1. 本機の電源を入れ、管理者画面にログオン

し、設定ボタンを押して管理者設定画面にア

クセスします。「管理者モードの入力」を参

照してください。

2. 「ログイン不可」ボタンを押します。

5. ユーザープロファイルを選択します。本機の

電源を切り、設定を適用します。

3. 「はい」ボタンを押してデフォルトユーザー

画面を表示します。

6. 本機を始動すると、ログイン画面は表示され

ず、デフォルトユーザーとしてオペレーター

プロファイルのホーム画面が表示されます。

4. 「オペレーター」ボタンまたは「管理者」ボ

タンを押して、希望するデフォルトのユーザ

ーを選択します。

146 M17 9017355 (05-2020)

バッテリーの種類の変更

バッテリーの種類を変更すると、バッテリーを変

更した場合に正しいバッテリーの種類に合わせて

本機のプログラムを行えます。

重要:充電前に、充電器の設定がバッテリーの種

類に適正に設定されているか確認してください。

注記:バッテリーの損傷やバッテリー寿命の低下

を防ぐために、正しい規格の充電器を使用してく

ださい。

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください。

2. 「バッテリーの種類」ボタンを押して、バッ

テリー選択画面にアクセスします。

管理者コントロール

4. バッテリーの下位の一覧が画面に表示される

場合、その一覧で該当するバッテリーのボタ

ンを押します。

5. 画面に「...してもよろしいですか」が表示され

る場合、「はい」または「いいえ」ボタンの

いずれかを押します。

3. 一覧から、該当するバッテリーのボタンを押

します。必要な場合、上向き矢印ボタンと下

向き矢印ボタンを使用して、バッテリーの一

覧内を移動します。

注記:「はい」ボタンを押した場合、管理者設定

画面がディスプレイに表示されます。「いいえ」

ボタンを押すと、該当するバッテリーの下位一覧

がディスプレイに再び表示されます。

タッチの補正

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください。

2. 「タッチの補正」ボタンを押してタッチの再

補正を行います。タッチポイントがずれた場

合。

M17 9017355 (05-2020) 147

管理者コントロール

チェックリストのエクスポート

チェックリストをエクスポートすると、本機から

フラッシュドライブにチェックリストをエクスポ

ートできます。

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください。

2. フラッシュドライブをUSBポートに挿入しま

す。

4. 作業前チェックリストを本機からメモリース

ティックにエクスポートします。

3. 「チェックリストのエクスポート」ボタンを

押して、エクスポート画面にアクセスしま

す。

「新規エクスポート」ボタンを押して、新

たに完了した作業前チェックリストを本機

からエクスポートします。

「すべてをエクスポート」ボタンを押し

て、完了したすべての作業前チェックリス

トを本機からエクスポートします。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

5. フラッシュドライブをUSBポートから外し、

本機の電源を切ります。

148 M17 9017355 (05-2020)

チェックリストの設定

チェックリストの設定により、機種の使用要件に

合わせて、チェックリストを設定/変更できます。

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください。

2. 「チェックリストの設定」ボタンを押して、

作業前チェックリスト設定画面にアクセスし

ます。

管理者コントロール

上向き矢印ボタンを押して、作業前チェッ

クリスト項目を上に移動します。

チェックボックスボタンを押して、チェッ

クリストに追加する新規チェックリスト項

目を選択します。

いずれかのビデオヘルプボタンを押して、

特定のチェックリスト項目に関連するビデ

オを表示します。

Enterボタンを押して、選択した作業前チ

ェックリスト項目を作業前チェックリスト

に追加します。

ヘルプボタンを押して、作業前チェックリ

ストヘルプ画面にアクセスします。

3. 「質問の選択」ボタンを押して、作業前チェ

ックリストのマスターリスト画面にアクセス

します。

「戻る」ボタンを押して、作業前チェック

リストのマスターリスト画面に戻ります。

4. 「12時間おき」ボタンまたは「毎回」ボタン

を押して、オペレーターが作業前チェックリ

ストを完了する間隔を設定します。チェック

マークが、選択した間隔に表示されます。

下向き矢印ボタンを押して、作業前チェッ

クリスト項目を下に移動します。

M17 9017355 (05-2020)

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

149

管理者コントロール

作業前チェックリストを有効/無効にする

作業前チェックリストを有効/無効にすると、オペ

レーターが本機の動作前にチェックリストを完了

する必要がない場合には作業前チェックリストを

無効に、動作前にチェックリストを完了する必要

がある場合には作業前チェックリストを有効にで

きます。

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください。

2. 「チェックリストの設定」ボタンを押して、

作業前チェックリスト設定画面にアクセスし

ます。

3. 「チェックリストを無効」ボタン/「チェック

リストを有効」ボタンを押して、作業前チェ

ックリストを無効/有効にします。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

150 M17 9017355 (05-2020)

リアビューカメラの設定を変更

リアビューカメラの設定を変更すると、リアビュ

ーカメラのボタンを押した時にリアビューカメラ

がオンに留まる時間を変更できます。リアビュー

カメラは、5秒から2分の間のどの時間にも設定で

きます。

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください。

2. カメラ設定ボタンを押して、リヤビューカメ

ラ設定画面にアクセスします。

管理者コントロール

ゾーンコントロールボタンのプログラム

ゾーンコントロールボタンのプログラムを行う

と、ゾーンコントロールボタンのパラメータを、

洗浄/スイープ要件に合わせて変更/更新できます。

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください。

2. ブラシ圧上げ(+)ボタンとブラシ圧下げ(-

)ボタンを使用して、ゾーンのブラシ圧を設

定します。

増加ボタンを押して、オペレーターがリヤ

ビューカメラボタンを押した際にカメラが

オンになっている時間を長くします。

減少ボタンを押して、オペレーターがリヤ

ビューカメラボタンを押した際にカメラが

オンになっている時間を短くします。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

M17 9017355 (05-2020)

3. 洗浄液増量(+)ボタンと洗浄液減量(-)ボ

タンを使用して、ゾーンの洗浄液の流量レベ

ルを設定します。

151

管理者コントロール

4. 「名前のプリセット」画面が表示されるま

で、ゾーンコントロールボタンを押したまま

にします。

6. キーパッドを使用して、ゾーンコントロール

ボタンの名前を入力します。

5. 「はい」ボタンを押してゾーン設定を行いま

す。「いいえ」ボタンを押して、メイン操作

画面に戻ります。

152

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

Enterボタンを押してゾーンボタン名を設

定します。

必要に応じBackspaceボタンを押して、番

号を削除し再び入力します。

Spaceボタンを押して、文字/数字の間に

空白を入れます。

#ボタンを押して、数字キーパッドと文字

キーバッドを切り替えます。

M17 9017355 (05-2020)

管理者コントロール

7. Enterボタンを押してゾーンボタン設定を行い

ます。メイン操作画面が、名前の付いたゾー

ンボタンの表示されたディスプレイに戻りま

す。ブラシ圧と洗浄液流量設定も、ディスプ

レイに短時間表示されます。

時間と日付の設定/変更

時間と日付の設定/変更により、日付と時間を設定/

変更できます。

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください。

2. 「システム時間ボタン」を押して、日付/時間

画面にアクセスします。

「日付」ボタンを押して、システムの日付

を変更します。

「時間」ボタンを押して、システムの時間

を変更します。

「切り替え」ボタンを押して、時間画面

の時間と分、午前/午後、日付画面の月と

日、年を切り替えます。

「増やすボタン」を押して、時間/日付の

パラメータを増やします。

「減らす」ボタンを押して、時間/日付の

パラメータを減らします。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

3. システムの日付と時間の設定/変更が終了した

ら、ホームボタンを押してメインの操作画面

に戻ります。

M17 9017355 (05-2020) 153

管理者コントロール

スクリーンロックの設定/変更

スクリーンロック設定では、操作中にスクリーン

ロックモードに入る前に画面のロックが解除され

たままになる時間の長さを調整します。

1. 本機の電源を入れ、メインのオペレーター画

面にログオンし、設定ボタンを押して管理者

設定画面にアクセスします。「管理者モード

の入力」を参照してください

2. スクロールダウンして「スクリーンロック」

ボタンを押して、「スクリーンロック」画面

にアクセスします。

スクリーンロックの遅延は、ロックしない, 30

秒、または1分の間隔で最長5分まで設定できま

す。

ホームボタンを押して、メイン操作画面に

戻ります。

「戻る」ボタンを押して、前の画面に戻り

ます。

下向き矢印ボタンを押して、スクリーンロ

ック時間を下に移動します。

上向き矢印ボタンを押して、スクリーンロ

ック時間を上に移動します。

3. スクリーンロック時間の設定/変更が終了した

ら、ホームボタンを押してメインの操作画面

に戻ります。

154 M17 9017355 (05-2020)

advertisement

Related manuals

Download PDF

advertisement

Table of contents