Tennant M-T500 取扱説明書

Add to My manuals
74 Pages

advertisement

Tennant M-T500 取扱説明書 | Manualzz

T500

歩行型スクラバー

英語版

JP

オペレーターマニュアル

Hygenic

 ョ 完全に洗浄可能な汚水回収タンク

TennantTrue

 パーツ

Pro-Panel

コントロール

Insta-Fit

アダプター

Smart-Fill

自動バッテリー補水

R

Japan

最新のパーツマニュアルまたは他の言語のオペ

レーターマニュアルについては、以下のサイト

をご覧ください。 www.tennantco.com/manuals

9015523

Rev. 00 (03-2017)

*9015523*

はじめに

本マニュアルはそれぞれの製品に同梱されて

います。製品の操作やメンテナンスに必要な

説明が記載されています。

本マニュアルを読み完全に理解してか

本機の操作や点検整備を行ってくださ

本機には優れた耐久性があります。最小のコ

ストで最良の結果を得るためには、次のこと

にご留意ください。

S

本機は十分注意して操作してください。

S

本機は決められた手順に従い、定期的に整

備してください。

S

本機は、テナント社純正のパーツまたは同

等品を使用し点検整備してください。

取扱説明書の閲覧またはダウンロードは、 www.tennantco.com/manuals

にアクセスしてください。

環境の保護

梱包材、バッテリーなどの使用済部品を

廃棄するときは、各国の法令に従い、環

境に安全な方法で廃棄してください。

常にリサイクルを検討してください。

Tennant Company

テナントカンパニー

PO Box 1452

Minneapolis, MN 55440

電話番号 : (800) 553- 8033 または (763) 513- 2850 www.tennantco.com

株式会社テナントカンパニージャパン

〒231-0023

神奈川県横浜市中区山下町2番地

産業貿易センタービル9階

電話: 81-45-640-5630

Fax: 81-45-640-5604 www.tennant.co.jp

1-STEP、Pro‐Membrane、Severe Environment、Zone Settings、Quiet‐Mode

はTennant Companyの商標です。

本製品には、複数の第三者ライセンスが付与されたソフトウェアの要素が含ま

れている可能性があります。

詳細については、次のリンクを使用してください。 www.tennantco.com/opensource

本書に記載された仕様やパーツは予告なく変更される場合があります。

オペレーターマニュアル(原本) Copyright ゥ2017 Tennant Company.

無断複写・転載を禁じます。

2

使用目的

この T500

歩行型フロアスクラバーは、ホテル、学校、病院、工

場、店舗、事務所やレンタル事業といった商業施設で

の利用を目的としています。

屋内の硬質床面(コンクリート、タイル、石、合成物

質など)の洗浄用に設計されています。

本機は、カーペットの清掃や木製床のサンディング(

研磨)の用途を目的としていません。

推奨パッド/ブラシおよび商用のフロアクリーナーのみ

を使用してください。

本オペレーターマニュアルに記載されていない方法で

本機を使用しないでください。

本機のデータ

後日確認できるように、設置

時に記入してください。

モデル番号 -

シリアル番号 -

設置日 -

シリアル番号のラベル位置

本機の開梱

本機に損傷の兆候がないか注意深く点検してください

。損傷がある場合は、直ちに輸送業者に報告してくだ

さい。欠品がある場合は、販売店またはTennant社に

ご連絡ください。

本機を開梱するには、ストラップ、輪留め、輸送用ブ

ラケットを取り外します。同梱のランプを使用して、

本機をパレットから慎重に積み降ろします。

洗浄ヘッドが上がった位置にあることを確認してくだ

さい。

注意:

本機をパレットから積み降ろす際は必ずランプを使用

してください。ランプを使用しないと本機が損傷する

恐れがあります。

Tennant T500 (03-2017)

操作

はじめに

使用目的

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

本機のデータ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

シリアル番号のラベル位置 . . . . . . . . . . . . . . .

本機の開梱 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

重要な安全注意事項 -

これらの指示事項を保存してください

安全ラベル

. . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

操作

本機の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

本機の構成 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

洗浄ヘッドのタイプ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

コントロールパネル構成部品 . . . . . . . . . . . . . . . . .

10

PRO-MEMBRANE コントロールパネルモデル 10

PRO-PANEL コントール装備モデル . . . . . . .

10

8

9

9

本機の表示記号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

PRO-PANEL の記号 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

バッテリーの据付け

本機の機能概要

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

ブラシとパッドについて . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

本機のセットアップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

スクイージーアセンブリーの取り付け . . . . .

ディスクブラシ/パッドの取り付け

(ディスク洗浄ヘッドモデル) . . . . . . . . . . .

環状パッドの取り付け

(環状洗浄ヘッドモデル)

シリンダーブラシの取り付け

. . . . . . . . . . . . . . .

(シリンダーブラシ洗浄ヘッドモデル)

洗浄液タンクへの注水

. . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . .

洗浄液タンクの自動充填機能の使用

(オプション) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Severe Environment

洗浄液タンクの充填(ec‐H2O

モデルオプション) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

自動バッテリー補水タンクの充填

(オプション) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

ec‐H2O 水質調整カートリッジ

(ec‐H2O モデル)

アクセサリーレール

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

コントロールパネルの操作

1-STEP ボタン

ブラシ圧ボタン

. . . . . . . . . . . . . . . . . . .

PRO-MEMBRANE コントロールパネル . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

洗浄液流量ボタン

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Severe Environment ボタン

(ec-H2O モデルオプション)

Quiet‐Mode ボタン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

プリセットゾーンコントロールボタン ec-H2O インジケーター(オプション)

サービスインジケーター

バッテリー放電インジケーター

. . . . . . . . . . . .

. . . . .

. . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . .

11

11

12

12

13

13

13

14

15

16

16

17

18

18

21

22

22

22

23

23

19

20

21

21

21

21

21

2

2

2

2

2

5

7

Tennant T500 (03-2017)

内容

スプレーノズルインジケーター

(オプション) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

自動バッテリー補水インジケーター

(オプション) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

PRO-PANEL コントロール . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

ホーム画面

ヘルプボタン

ログイン画面

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

ec-H2O インジケーター(オプション)

1-STEP ボタン

ブラシ圧ボタン

. . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

洗浄液流量ボタン

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Severe Environment ボタン

(ec-H2O モデルオプション)

最大洗浄速度ボタン

. . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Quiet‐Mode ボタン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

スプレーノズルインジケーター

(オプション) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

バッテリー放電インジケーター . . . . . . . . . . .

ビデオチュートリアルボタン

(オペレーターモードのホーム画面)

プリセットゾーンコントロールボタン

サービスインジケーターボタン

故障画面

本機の設定ボタン

. . . . .

. . . . .

. . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

本機の操作 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

運転前のチェックリスト

本機の操作

本機の運転時

タンクの排水

. . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

非常停止ボタン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

スプレーノズルの操作(オプション)

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

サーキットブレーカーパネル

アワーメーター

汚水回収タンクの排水

洗浄液タンクの排水

. . . . .

. . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

23

27

27

サービスインジケーターコード . . . . . . . . . . . . . . .

サービスインジケーターコード - 続き . . . . . .

. . . . . .

37

38

サービスインジケーターコード - 続き 39

搭載型充電器サービスインジケーターコード 40 ec‐H2O

システムのサービスインジケーターコード -

オプション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

41

33

33

34

34

31

31

31

32

27

28

29

29

30

34

34

35

26

26

26

24

25

25

25

25

23

24

24

24

メンテナンス

メンテナンス表 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

本機の点検整備

毎日の整備後

毎週の使用後

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

50時間の運転毎の整備

電動式モーター

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

100時間の運転毎の整備

. . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

ベルト(シリンダーブラシモデル) . . . . . . .

42

46

46

47

43

43

45

46

3

内容

バッテリー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

メンテナンスフリーバッテリー

液式(湿式)鉛酸バッテリー

接続の点検 / 清掃

. . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

バッテリーの充電

バッテリー充電器の設定 . . . . . . . . . . . . . . . . .

搭載型充電器の設定の変更(Pro-Membrane

モデル) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

搭載型充電器の設定の変更

(Pro-Panel モデル) . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

HYDROLINKョバッテリー補水システム

(Trojanョ バッテリーオプション)

自動バッテリー補水システム

(Trojanョ バッテリーオプション )

. . . . . . . .

. . . . . . . .

スクイージーブレードの交換 . . . . . . . . . . . . . . . . .

ec‐H2O 水質調整カートリッジの交換 . . . . . . . . . .

本機のジャッキアップ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

本機の輸送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

本機の保管

凍結防止

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

トラブルシューティング

故障診断 -続き

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

50

51

47

47

47

48

48

49

52

53

54

55

56

56

57

57

59

60

仕様

本機の一般的な寸法/容量/性能

本機の寸法

. . . . . . . . . . . . . . . .

本機の一般的な寸法/容量/性能 - 続き . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

管理者コントロール

管理者コントロール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

67

PRO-MEMBRANE コントロールパネルモデル 67

PRO‐PANEL コントール装備モデル

ユーザープロファイルの追加/編集

ログイン画面の有効化

ログイン画面の無効化

. . . . . . .

. . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . .

. . . . . . . . . . . . . . . . . . .

68

70

71

72

工場出荷時に割り当てられた管理者ログインコー

ドの変更 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

73

61

62

63

4 Tennant T500 (03-2017)

Tennant T500 (03-2017)

安全性

重要な安全注意事項 - これらの指示事項を保存してください

下記の注意事項はそれぞれの説明に示すように、本マ

ニュアル全体を通して使用されています。

警告:重度の人身傷害や死亡に至る可能

性がある危険性や危険行為について警告しま

す。

安全のために:

装置の安全な操作のために従う必要がある行

動を特定します。

以下の情報は、オペレーターに対して潜在的な危険を

伴う状況を示します。

このような状況が存在する可能性がある場合を理解し

てください。

本機の安全装置の位置をすべて確認してください。

本機に損傷や誤動作が生じた場合は、

直ちに報告してください。

警告:

発火、爆発、感電、負傷のリスクを軽減するために、

次の事項にご留意ください。

本機の操作前にマニュアルをお読みください。

引火性物質や反応金属の使用や接触を避けてくだ

さい。

可燃性の液体やガスまたは粉塵の近くでは使用し

ないでください。

本機には、防爆モーターは搭載されていません。

電気モーターは起動時や運転時に火花を発するた

め、可燃性のガス/液体または粉塵が存在するエリ

アで本機を使用した場合、突発的な火災または爆

発が生じる恐れがあります。

バッテリーは水素ガスを排出します。

爆発や発火の危険があります。

充電中は、火花や裸火を近づけないでください。

本機の清掃および点検整備を行う前に、バッテリ

ーケーブルと充電器のプラグを外してください。

破損したコードでバッテリーを充電しないでくだ

さい。 プラグを改造しないでください。

充電器の電源コードが損傷または破損している場

合は、危険防止のため、メーカーまたはその代理

店、あるいは同等の有資格者に交換を依頼してく

ださい。

屋外で使用しないでください。

屋内に保管してください。

回転パッド/ブラシには手を近づけないでください

IRIS テレメトリー -

機種によっては、携帯電話のネットワークを

利用した自動通信機能が搭載されています。

装置への干渉妨害に関連する懸念から、本機

を携帯電話の利用が制限されているエリアで

操作する場合は、移動体通信機能を無効化す

る方法について、テナント社のサービス代理

店にご相談ください。

安全のために:

1. 以下の場合、本機を使用しないでください。

トレーニングと認定を受けていない。

オペレーターマニュアルを読んだ上でその内

容を理解していない。

本機の操作手順に従う知力および体力がない

アルコールや薬物の影響下にある。

携帯電話やその他の電子機器の使用中。

適切な動作状態にない。

屋外。

本機の使用は屋内用途に限定されています。

可燃性の気体・液体または粉塵が存在する場所。

テナント社純正またはテナント社認定以外の

パッドまたはアクセサリーとの使用。

他のパッドを使用すると、安全性が損なわれ

る可能性があります。

落下物の危険が存在する場所。

本機のコントロールを目で確認する、または

本機を運転するのに必要な視界が確保できな

いほど暗い場所。

2. 本機を操作する前に:

作動油の漏れを点検してください。

すべての安全装置が所定の位置にあり、

適切に動作することを確認してください。

3. 本機を使用するとき:

本取扱説明書に記載されていない方法で使用

しないでください。

本機に損傷や誤動作が生じた場合は、

直ちに報告 してください。

つま先が覆われた、ノンスリップ(滑り止め

付き)の作業靴を履いてください。

方向転換するときは速度を落としてください

斜面や滑りやすい表面ではゆっくりと進んで

ください。

本機の操作は最大2%以下の傾斜角度に限定し

てください。

5

安全性

濡れた床に関する現場安全対策に従ってくだ

さい。

化学薬品の混合、取り扱い、廃棄については

、容器の説明に従ってください。

本機に同乗者を乗せないでください。

本機を後退させる際は十分に注意してくださ

い。

お子様や権限のない人を本機に近づけないで

ください。

本機をおもちゃとして使用しないでください

滑る危険性があるため、オフアイル洗浄用に

スプレーノズルを使用しないでください。

自動充填機能を使用して洗浄液タンクを充填

する際は、本機を放置しないでください。

自動充填機能を使用して洗浄液タンクを充填

する際は、本機を平坦な表面に停めてくださ

い。

4. 本機から離れる前に、または本機を点検整備する

前に:

本機を平坦な表面に停めてください。

パーキングブレーキ装備のモデルの場合、パ

ーキングブレーキを掛けてください。

本機の電源スイッチを切り、キーを外してく

ださい。

5. 本機を点検整備するとき:

本機の点検作業を開始する前に、バッテリー

の接続と充電器のコードを外してください。

すべての作業は必ず十分な照明と視界が確保

された状況で実施してください。

すべての修理は訓練を受けた担当者が行って

ください。

テナント社製またはテナント社の承認を受け

た交換部品を使用してください。

本機の原設計の改造は行わないでください。

本機をジャッキで持ち上げる前に、タイヤ止

めで固定してください。

指定された位置にのみジャッキをかけて本機

を持ち上げてください。

ジャッキスタンドで本機を支えてください。

本機の重量に対応するホイストまたはジャッ

キを使用しください。

回転パッドなど作動中の箇所には近づき過ぎ

ないようにしてください。

ゆったりした衣服やアクセサリーは着用せず

、髪が長い場合はまとめてください。

充電器を使用しているときは、定置型充電器

のDCコードを本機のソケットから外さないで

ください。

アーク放電が発生することがあります。

充電サイクルを中断する必要がある場合は、

最初にAC電源コードを外してください。

互換性のない充電器を使用しないでください

。バッテリーパックが損傷し、火災を引き起

こす恐れがあります。

充電器のコードに損傷がないか定期的に点検

してください。

作業場の換気を良い状態に保つようにしてく

ださい。

バッテリー液には触れないでください。

すべての金属製品はバッテリーのそばに置か

ないでください。

本機に高圧スプレーやホースで水をかけない

でください。

電気系統が故障する可能性があります。

湿らせたウエスを使用してください。

バッテリーを持ち上げるときは、ホイストを

使用するか、適切な援助を受けてください。

バッテリーの据付けは、訓練を受けた担当者

が行ってください。

‐ 自動バッテリー補水タンクを充填する際は、

必ず蒸留水のみを使用してください。

必要に応じて、また本書で推奨されている場

合は、個人用保護具を着用してください。

安全のために:

保護手袋を着用してください。

安全のために: 保護眼鏡を着用してください。

6. 本機のトラックまたはトレーラーへの積み込み/か

らの積み降ろしを行うとき:

本機を積み込む前にタンクを空にしてくださ

い。

本機および運転者の重量を支えられるランプ

を使用してください。

本機の操作は最大2%の傾斜角度に限定してくださ

い。

本機を固定用ロープで固定する前に、洗浄ヘ

ッドとスクイージーを下げてください。

本機の電源を切り、キーを外してください。

パーキングブレーキ装備のモデルの場合、パ

ーキングブレーキを掛けてください。

タイヤに輪留めを装着してください。

固定用ロープで本機を固定してください。

6 Tennant T500 (03-2017)

安全ラベル

安全ラベルは、本機の以下に示す位置に貼付されています。

ラベルの欠損や破損がある、またはラベルが判読できない場合は、新しいラベルと貼り替えてください。

警告ラベル 汚水回収タンクのカバーにあります。

安全性

警告ラベル -

回転ブラシに

手を近づけないでください。

洗浄ヘッドに貼付されています。

警告ラベル -

バッテリーは水素ガスを排出します

。 爆発や発火の危険があります。

充電中は、火花や裸火を近づけない

でください。

汚水回収タンクの底面に貼付されています。

Tennant T500 (03-2017)

安全ラベルの保護 -

本機に高圧スプレーやホース

で水をかけないでください。

電気系統が故障する可能性が

あります。

コントロールコンソールに貼

付されています。

警告ラベル -

感電の危険。

本機を点検整備する前

に、バッテリーケーブ

ルを外してください。

サーキットブレーカーパ

ネルにあります。

7

操作

本機の構成

26

25

11

1

2

27 30

29

34

6

12

10

13

5

1

2 3

4

9

7

40

8

11

39

31

17

18

19

20

22

23

21

14

15

16

41

25

42

28

32

24

43

38

37

36

33

44

8 Tennant T500 (03-2017)

本機の構成

1. コントロールハンドル

2. コントロールハンドルスタートベイル

3. コントロールパネル

4. 前進/後退レバー

5. 速度調整ノブ

6. USBポート(保守専用)

7. キースイッチ

8. ec‐H2O オン/オフスイッチ(オプション)

9. スプレーノズルスイッチ(オプション)

10. 非常停止ボタン

11. アクセサリーレール

12. アクセサリーレールクリップ(オプション)

13. アワーメーター

14. 洗浄液タンクリヤホース注入口

15. タンク洗浄スプレーノズル(オプション)

16. 洗浄液タンクレベル/ドレンホース

17. 汚水回収タンクドレンホース

18. 搭載型充電器コード

19. 搭載型充電器コードフック

20. 定置型充電器ソケット

21. スクイージーロワー/リフトフットペダル

22. スクイージーアセンブリー

23. スクイージーバキュームホース

洗浄ヘッドのタイプ

24. スクイージーごみ取り/ドリップトレー

25. 汚水回収タンク

26. サーキットブレーカーパネル

27. ec-H2O モジュール(オプション)

28. ec‐H2O 水質調整カートリッッジ

29. Severe Environment 洗浄タンク

(ec-H2O オプション)

30. 洗浄洗剤混合比率ノブ

(Severe Environment オプション)

31. バッテリー室

32. 自動バッテリー補水タンク(オプション)

33. 洗浄液タンク

34. 洗浄液タンク前部バケツ注入口

35. 洗浄ヘッド

36. 洗浄ヘッドスカート

37. パッドリリースプランジャー

38. 壁面用ローラー

39. パーキングブレーキ(オプション)

40. 輸送用固定ブラケット

41. 汚水回収タンク蓋

42. 汚水回収タンクのフロート停止スクリーン

43. 汚水回収タンクごみ取りトレー

44. 汚水飛散防止スカート

操作

650 mm デュアルディスク

700 mm デュアルディスク

800 mm デュアルディスク

700 mm シリンダーブラシ 700 mm 環状パッド

Tennant T500 (03-2017) 9

操作

コントロールパネル構成部品

PRO-MEMBRANE コントロールパネルモデル

1 2

3

5

PRO-PANEL コントール装備モデル

1 2 3 4 5

4

6

10

7

6

8 9

12

7

8

9 10 11 12 13

1. 1-STEPボタン

2. プリセットゾーンコントロールボタン

3. ブラシ圧ボタン

4. ブラシ圧インジケーター

5. 洗浄液流量ボタン

6. 洗浄液流量インジケーター

7. Severe Environment ボタン(オプション)

8. 静音モードボタン

9. サービスインジケーター

10. スプレーノズルインジケーター(オプション)

11. バッテリー放電インジケーター(BDI)

12. ec-H2O インジケーター(オプション)

13. 自動バッテリー補水インジケーター

(オプション)

11 14 15 13

1. ヘルプボタン

2. バッテリー放電インジケーター(BDI)

3. Severe Environment ボタン

4. Quiet‐Mode ボタン

5. サービスインジケーターボタン

6. 1-Step ボタン

7. スプレーノズルインジケーター(オプション)

8. 最大洗浄速度ボタン

9. ec-H2O インジケーター(オプション)

10. ブラシ圧ボタン

11. ブラシ圧インジケーター

12. 洗浄液流量ボタン

13. 洗浄液流量インジケーター

14. 本機の設定ボタン

15. プリセットゾーンコントロールボタン

10 Tennant T500 (03-2017)

操作

本機の表示記号

マニュアルをお読みください

高速(駆動モデル)

低速(駆動モデル)

前進 / 後退(駆動モデル)

キーがオン

キーがオフ ec‐H2O

洗浄(オプション)

バッテリー充電

アクセサリーレールをつかんで

本機を持ち上げないでください

足を掛けないでください

PRO-PANEL の記号

ホーム画面

左向き矢印

ログイン

コントロールに関す

るヘルプ

スタートアップビデオ

詳細情報

ビデオリスト

ボタン

ビデオボタン

ビデオ回転ビュー

高圧スプレーは使用しない

でください

パーキングブレーキ

自動バッテリー補水タン

ク(オプション)

洗剤(ec‐H2O Severe

Environment オプション)

洗剤なし(ec‐H2O

オプション)

水温(ec‐H2Oオプション)

サーキットブレーカー

本機の設定

オペレーター向けビデオ

管理者メニュー

ビデオに関するヘル

プロファイルの追加/編集

バッテリーの選択

ログインを有効にする

ログインを無効にする

タッチのキャリブレ

ーション

工場出荷時の状態

に戻す

オペレーター

管理者

プロファイルの追加

プロファイルの編集

プロファイルのコ

ピー

プロファイルの削除

ユーザーログイン

入力

バックスペース

Tennant T500 (03-2017) 11

操作

バッテリーの据付け

警告:バッテリーは水素ガスを排出しま

す。 爆発や発火の危険があります。

充電中は、火花や裸火を近づけないでくださ

い。

安全のために:

本機を点検整備する際は、必要に応じて、適切な個人

用保護具を着用してください。

バッテリー液には触れないでください。

バッテリーの仕様

20時間率容量 260 Ah 以下の 6V ディープサイクル

バッテリーが4個必要です。

推奨バッテリーについては、販売店またはテ

ナント社までご連絡ください。

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

1. 汚水回収タンクを持ち上げてバッテリー室

にアクセスします(図1)。

図  1

2. 図に示すように、バッテリーを慎重にバッテリー

室のトレーに据え付け、バッテリーポストを配置

します。 (図 2).

図に示すように、フォームスペーサーをバッテリ

ーの間に配置します。

安全のために:

本機の点検整備時にバッテリーを持ち上げる際は、ホ

イストを使用するか、または適切な援助を受けてくだ

さい。

3. 供給されたバッテリーポストブーツを使用し、赤

をプラス(+)側、黒をマイナス(-)側にして

ケーブルをバッテリーポストに接続します(図3)

図  3

重要:

バッテリーを充電する前に、バッテリー充電器と本機

のバッテリー放電インジケーターがバッテリーの種類

に対応するように適切に設定されていることを確認し

てください。 設定を誤るとバッテリーが破損します。

「バッテリー充電器の設定」を参照してください。

注意:

充電器が電源に接続されている間は、バッテ

リーケーブルの接続を外さないでください。

サーキットボードが損傷する可能性がありま

す。

本機の機能概要

従来の洗浄:

従来の洗浄モードを使用する場合、

洗浄液タンクから水と洗剤の混合液が床に流れ、回転

ブラシ/パッドが床を洗浄します。

本機が前進すると、真空吸引機能付きのスクイージー

が汚れた洗浄液を床から吸い取り、汚水回収タンクに

回収します。 ec‐H2O NanoClean テクノロジー(オプション): ec-H2O NanoClean

テクノロジーを使用する場合、通常の水がモジュール

を通過する際に水が電気分解して洗浄液に変化します

この電解水は汚れを攻撃して、本機が浮いた汚れを簡

単に取り除くことを可能にします。

この変換された水は、汚水回収タンクに入ると通常の

水に戻ります 。

フォームスペーサー

図  2

12 Tennant T500 (03-2017)

ブラシとパッドについて

最良の洗浄効果を得るには、洗浄用途に適したブラシ

やパッドを使用してください。

以下のリストには、ブラシとパッドについての説明や

それぞれの最適な用途が記載されています。

注記:使用するブラシまたはパッドのタイプを選択す

る場合、汚れの程度と種類が重要な要素になります。

具体的な推奨品については、テナント社代理店までご

連絡ください。

ソフトナイロン洗浄ブラシ(白)-

表面仕上げを剥がさずに、コーティングを施した床面

の洗浄用に推奨されます。

表面を擦らずに洗浄します。

ポリプロピレン洗浄ブラシ(黒) -

この汎用ポリプロピレン洗浄ブラシは、薄く堆積した

汚れを洗浄する場合に使用してください。

このブラシはコンクリート製、木製、タイル製の床面

のメンテナンスの用途に効果を発揮します。

スーパーアブレーシブ洗浄ブラシ(灰色) -

しみや汚れを取り除くために、研磨用の粗粒がナイロ

ンファイバー繊維に含まれています。

あらゆる床面に強力な効果があります。

蓄積された汚れ、油脂、タイヤマークに効果を発揮し

ます。

研磨パッド(白)-

高度な研磨仕上げまたは光沢仕上げの床面のメンテナ

ンスに使用します。

バフパッド(赤)-

床の表面仕上げを剥がさずに軽度の洗浄の用途に使用

します。

洗浄パッド (青)-

中程度から強力な洗浄の用途に使用します。

床面の塗り直しができるよう、汚れ、染み、擦り傷を

取り除きます。

ストリッピングパッド(茶) -

床の塗り直しの下準備のために、床の表面仕上げを剥

がすために使用します。

ヘビーストリッピングパッド(黒)-

濃厚な表面加工や下地用塗料の強力な剥離洗浄や非常

に強力な研磨洗浄の用途に使用します。

下地調整用パッド(えび茶) -

床の塗り直しの下準備のために、化学薬品を使用しな

い床の表面仕上げの強力な除去に使用します。

ターフ洗浄パッド(緑)-

亀裂部、ひび、深いグラウトラインのある不規則な床

面の洗浄に使用します。

Tennant T500 (03-2017)

本機のセットアップ

操作

スクイージーアセンブリーの取り付け

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

1. スクイージー取り付けブラケットを上昇位置まで

持ち上げます。

ペダルの下に足を入れて持ち上げます(図4)。

図  4

2. スクイージーアセンブリーをスクイージー取り付

けブラケットに取り付けます(図5)。

ノブをしっかりと締めて、スクイージーアセンブ

リーをブラケットに固定します。

図  5

13

操作

3. バキュームホースをスクイージーアセンブリーに

接続します(図6)。

図  6

5. スクイージーブレードの反りが適正かを点

検してください。

ブレードは図に示すように反らせてくださ

い(図7)。

ディスクブラシ/パッドの取り付け

(ディスク洗浄ヘッドモデル)

1. 洗浄ヘッドを床から上げて、キーを外して

ください、

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

2. ドライバーを取り付ける前に、パッドをパッドド

ライバーに取り付けてください。

センターロックでパッドを固定します(図9)。

図  7

6. ブレードの反りを調整するには、ジャムナ

ットを緩めて、キャスターと床の間に

2mm

の隙間ができるまで、キャスターの六角プ

レートを回してください。

ジャムナットを締め直して、他のキャスタ

ーに対してこの手順を繰り返します

(図 8)。

ジャムナ

ット

2 mm

キャスター六

角プレート

図  8

図  9

安全のために:

本機には、テナント社製純正のパッドまたは

テナント社認定のパッド以外を使用しないで

ください。

他のパッドを使用すると、安全性が損なわれ

る可能性があります。

3. ブラシを簡単に取り付けられるように、黄

色のスプリングクリップを開の位置に合わ

せます。

クリップを下向きと外向きに押して固定し

ます(図10)。

図  10

14 Tennant T500 (03-2017)

4. パッドドライバーまたはブラシをモーター

ハブの下に配置し、上向きに押しながらハ

ブにかみ合わせて固定します(図11)。

清掃効果がなくなった、またはディスクブ

ラシの毛先が摩耗して黄色のインジケータ

ーが点灯したら、パッドまたはブラシを交

換してください(図11)。

操作

1. 洗浄ヘッドを床から上げて、キーを外して

ください、

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

安全のために:

本機には、テナント社製純正のパッドまたは

テナント社認定のパッド以外を使用しないで

ください。

他のパッドを使用すると、安全性が損なわれ

る可能性があります。

2. バッカーパッドと固定ひもの表を下向きに

して、ワークパッドに取り付けます(図

14)。

図  11

5. パッドドライバー/ブラシを取り外すには、洗浄ヘ

ッドを上げ、黄色のパッドリリースプランジャー

を下向きに押します(図 12)。

パッドが床に落ちます。

図  12

環状パッドの取り付け

(環状洗浄ヘッドモデル)

最良の洗浄効果を得るために、またパッドライバープ

レートや床面の損傷を防ぐために、常にワークパッド

にバッカーパッドを使用してください(図13)。

環状洗浄ヘッド

パッドライバー

プレート

バッカーパッド

ワークパッド

図  13

図  14

3. 2つのパッドを洗浄ヘッドの底部に取り付

けます(図15)。

パッドが洗浄ヘッドの中心に取り付けられ

ていることを確認してください。

図  15

Tennant T500 (03-2017) 15

操作

シリンダーブラシの取り付け

(シリンダーブラシ洗浄ヘッドモデル)

1. 洗浄ヘッドを床から上げて、キーを外して

ください、

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

2. 黄色のラッチを外して、アイドラープレー

トを洗浄ヘッドから取り除きます

(図16)。

4. ブラシをドライブハブに配置し、ラッチを

留め直します(図 18)。

2

図  18

洗浄液タンクへの注水

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

本機には、洗浄液タンク注入口が 2

カ所設けられています。

洗浄液タンクの前部バケツ注入口と後部ホー

ス注入口(図19)。

図  16

3. アイドラープレートを2列の毛ブラシの付

いたブラシの端に取り付けます(図17)

2列の毛ブラシ

16

図  17

図  19

水位が洗浄液タンクのドレンホースインジケ

ーターの「3/3」の印に達するまで注水します

(図20)。 ec‐H2O 洗浄(オプション)-

きれいな冷水(21コC未満)のみを使用し

てください。

温水を使用したり、従来タイプの洗浄洗剤

を追加しないでください。

洗浄洗剤を追加すると、ec-H2O

システムが故障する可能性があります。

従来の洗浄 -

温水(最大160℃)を使用してください。

容器に記載された混合比率に従って、推奨洗浄洗

剤を洗浄液タンクに注入してください。

Tennant T500 (03-2017)

注意:

従来の洗浄を行う場合、推奨する洗剤のみを使用して

ください。

不適切な洗剤の使用が原因で本機が故障した場合、メ

ーカーの保証は受けられません。

警告:

引火性物質は、爆発や火災の原因になります。

タンクに引火性物質を入れないでください。

注記:

従来タイプの洗浄洗剤を洗浄液タンクに入れた状態で

、ec-H2O システムを使用しないでください。 ec-H2O

システムを始動する前に、洗浄液タンクの水を抜いて

洗浄してから、きれいな冷水を補充してください。

「タンクの排水」を参照してください。

操作

2. 取り外し簡単なカプラをカチッと音がする

までニップルコネクターに押し込みます(

図22)。

タンクに注水中にホースがタンクから抜け

ることを防止するために、カプラのカラー

を時計回りに回して接続をロックします。

図  20

洗浄液タンクの自動充填機能の使用(オプション)

1. 取り外し簡単な自動補充填カプラを給水ホ

ースに接続し、ニップルコネクターを本機

に接続します。 (図21)。

図  22

3. 給水を開始します。

給水の流れは洗浄液タンクが満杯になると

自動的に停止します。

安全のために:

本機を操作する際、自動充填機能を使用して洗浄液タ

ンクの充填中は本機を放置しないでください。

4. 洗浄液タンクが満杯になったら、給水を停

止してください。

5. カプラのカラーを左に回して接続のロック

を解除します。

次に、カプラを手前に引いて本機から接続

を外します(図23)。

図  23

図  21

Tennant T500 (03-2017) 17

操作

Severe Environment 洗浄液タンクの充填(ec‐H2O

モデルオプション)

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

1. 汚水回収タンクを持ち上げて Severe Environment

洗浄液タンクにアクセスします(図24)。

汚水回収タンクは持ち上げる前に空にしてくださ

い。

注記:

操作中に洗剤が切れることを防ぐため、洗浄液タンク

の充填時に Severe Environment

タンクも充填することを推奨します。

3. 洗浄液タンクのキャップを締めます。

4. 洗浄洗剤に記載された混合比率に従って、洗浄剤

の混合比率ノブを調整します(図26)。

図  24

2. 洗浄液タンクから黒色のキャプを外し、推奨洗浄

洗剤を希釈せずに追加します(図25)。

水を追加しないでください。

図  26

自動バッテリー補水タンクの充填(オプション)

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

1. 汚水回収タンクを持ち上げて自動バッテリー補水

タンクでの操作ができるようにします(図 27)。

汚水回収タンクは持ち上げる前に空にしてくださ

い。

図  25

警告:

引火性物質は、爆発や火災の原因になります。

タンクに引火性物質を入れないでください。

注意: Severe Environment

タンクには商業用の承認を受けた洗浄洗剤のみを使用

してください。 d-リモネンベースの洗剤は使用しないでください。

不適切な洗剤の使用が原因で本機が故障した場合、メ

ーカーの保証は受けられません。

図  27

2. 自動バッテリー補水タンクから青色のキャップを

外します(図28)。

3. 蒸留水をタンクに注入します(図28)。

安全のために:

本機を操作する際、自動バッテリー補水タンクの充填

には必ず蒸留水のみを使用してください。

18 Tennant T500 (03-2017)

操作

カートリッジの交換が必要になると、コント

ールパネルは以下のコードでお知らせします

(図31)。 ec-H2O

アイコンが青色と赤色に交互に点滅し始めま

す。

詳細は「サービスインジケーターコード」を

参照してください。

図  28

4. タンクの再充填が必要になると、ユーザーに蒸留

水の追加を促す自動バッテリー補水インジケータ

ーが点滅します(図29)。

詳細は、「コントロールパネルの操作」を参照し

てください。

Pro-Membrane モデル

図  29

Pro-Panel モデル ec‐H2O 水質調整カートリッジ(ec‐H2O モデル) ec‐H2O

システムには水質調整カートリッジが装備さ

れています(図30)。

カートリッジは本機の配管系統のスケール付

着を防止するように設計されています。

カートリッジが水の使用量の最大限度に達するか、有

効期限に達するかのいずれか早い方の時点で、カート

リッジの交換が必要になります。

本機の使用状況や取り扱い方によりますが、

新しいカートリッジの耐用期間は12~24ヶ月

です。

Pro-Membrane Pro-Panel モデル

図  31

カートリッジには製造日が記載されています。

未使用のカートリッジの品質保持期間は製造日から1

年です。 カートリッジを新たに交換した際は、ecH2O

モジュールのタイマーをリセットしてください。

「ec‐H2O

水質調整カートリッジの交換」を参照してください。

注意:本機を初めて使用するとき、また水質調整カー

トリッジの交換後は、ec­H2O

システムによって選択した洗浄液流量の設定が自動的

に最長75分間無効になります。

Tennant T500 (03-2017)

図  30

19

操作

アクセサリーレール

本機にはコントロールコンソールをまたぐアクセサリ

ーレールが2個装備されています。

左側のレールは汚水回収タンクおよび洗浄液タンクの

ドレンホースホルダーとしても機能します。

アクセサリーレールは、スプレーボトルやその他のア

クセサリー商品を収納するように設計されています

(図32)。

アクセサリークリップを取り付けるには、クリップを

レールにかけ、クリップが固定されるまで下向きに押

します。

アクセサリークリップを取り外すには、クリップの下

側を持ち、レールから外れるまでラッチタブを慎重に

下に引きます(図35)。

図  32

レール下側にあるJフックにはダストバッグを収納で

きます(図33)。

図  35

オプションのアクセサリークリップには、濡れた床に

注意の看板、スプレーボトル、ダストバッグなどを収

納できます(図36)。

図  33

アクセサリークリップ(オプション) -

オプションのアクセサリークリップを備えているモデ

ルでは、追加のアクセサリーの収納用にクリップの簡

単な取り付けと取り外しができます(図34)。

図  36

注意: アクセサリーレールを使用し

て本機を持ち上げないでください。

本機を損傷する恐れがあります。

注意: アクセサリーレールに足を掛

けないでください。本機を損傷する

恐れがあります。

20

図  34

Tennant T500 (03-2017)

コントロールパネルの操作

コントロールパネル操作は、管理者操作機能

を使用して、ロックアウト機能を設定できま

す。

この機能は、オペレーターによるゾーン設定

の変更や保存を防止します。

マニュアルの裏面に記載された「 管理者コント

ロール 」を参照してください。

管理者コントロール機能は、一貫して再現可

能な洗浄効果を発揮するように、本機の性能

変動を抑えて、オペレーターの経験にかかわ

らず、本機の品質確保とオペレーターのトレ

ーニング時間の短縮を実現します。

PRO-MEMBRANE コントロールパネル

1-STEP ボタン

キーの電源スイッチがオンの状態で 1-STEP

ボタンを押して、洗浄機能を有効にします(

図37)。 洗浄ヘッドが床へと下がります。

洗浄動作を停止させて、洗浄ヘッドを上げる

には、ボタンをもう一度押します。

操作

注記: 環状洗浄ヘッドモデル -

ブラシ圧が洗浄条件に対して高すぎる圧力に

設定されている場合、より低いブラシ圧の設

定に自動的に変わり、インジケーターが点滅

し始めます。 点滅中の LED

は、ブラシモーターの過負荷を防止するため

にブラシ圧の設定を低下させるように、オペ

レーターにアラートを通知します。

洗浄液流量ボタン

洗浄液流量ボタンを押して洗浄液の流量を増

減します(図39)。

洗浄液流量インジケーターは洗浄液の流量の

設定を表示します。

LED消灯 = 流量なし、LED1個 =

低流量、LED2個 = 中流量、LED3個 =

高流量。

ブラシ圧ボタン

図  37

ブラシ圧ボタンを押してブラシ圧を増減しま

す(図38)。

ブラシ圧インジケーターは圧力の設定を表示

します。 LED1個 = 低、LED2個 =

中、LED3個 = 高。

Tennant T500 (03-2017)

図  38

図  39

Severe Environment ボタン

(ec-H2O モデルオプション)

Severe Environment

ボタンを押すと、頑固な汚れが蓄積している

エリアに対して洗浄剤の散布が増強されます

(図40)。

ボタンを1回押すと、30秒間ほど散布が増強されま

す。散布時に隅にある緑色のLEDがゆっくりと点

滅します。最後の5秒間はLEDが速く点滅し、散布

がまもなく終了することを警告します。

洗浄剤散布の増強を継続させるには、緑色の LED

が緑色の点灯に変わるまで、ボタンを2秒間押し続

けてください。ボタンを押すといつでも停止でき

ます。

タンクが空になると、気泡アイコンが 15

秒間点滅して、ユーザーにアラートを通知します

タンクが空の状態でボタンが押された場合は、タ

ンクが再充填されるまで気泡アイコンが15秒間点

滅し続けます。

注記: Severe Environment

モードがオンになると、ec-H2O

システムは自動的に停止し、ブラシ圧と洗浄液流

量は「高」の設定に上がります。

オフになると元の設定に戻ります。

21

操作

Quiet‐Mode ボタン

図  40

Quiet‐Mode

ボタンを押して、バキュームモーター音を下

げます(図41)。

設定が有効になると隅にある緑色のLEDが点

灯します。 ボタンを押してオフにします。

図  41

プリセットゾーンコントロールボタン

ゾーンコントロールボタンを使用して、異な

る洗浄液の流量、ブラシ圧、洗浄速度、洗浄

モードを選択して、最大3つのゾーンをプリ

セットします(図42)。

ゾーン 1 = プリセットゾーンコントロールボタン 1

ゾーン 2 = プリセットゾーンコントロールボタン 2

ゾーン 1 = プリセットゾーンコントロールボタン 1

ゾーンコントロールボタンは、異なる洗浄用

途向けに工場出荷時にプリセットされていま

す。 ゾーン 3 を使用するには、ゾーンボタン

1 と 2 を同時に押してください。

設定が有効になると隅にある緑色のLEDが点

灯します。

ゾーンコントロールボタンを異なる洗浄用

途向けにプリセットするには、以下のリス

トから希望する設定を選択して、緑色の

LED

が3回点滅するまでゾーンボタンを押し続

け、プリセットの設定を保存します。

ゾーン 3

をプリセットするには、ゾーンボタン 1

と 2 を同時に押し続けてください。

- ブラシ圧の設定

- 洗浄液の流量

- Quiet‐Mode のオン/オフ

- ec‐H2O システムのオン/オフ(オプション)

- Severe Environment

モードのオン/オフ(オプション)

- 最大洗浄速度(「管理者コントロール」を参照)

注記: Severe Environment モードと ec‐H2O

システムを組み合わせたプリセットはできません

。 ec-H2O インジケーター(オプション) ecH2O

システムは、キースイッチで始動するたびに

自動的に作動します。 青色の ec-H2O

インジケーターがコントロールパネルに表示

され、システムが始動したことを知らせます

。 ec‐H2O

システムをオフにするには、キースイッチ下

の ec‐H2O スイッチを押します。 青色の ec-H2O インジケーターが消えます。

図  42 ec‐H2O

インジケーター

青色の点灯

青色/赤色の点滅

赤色の点灯または点

図  43

状態

正常な動作状態

水質調整カートリッジの有

効期限が経過しました。

カートリッジを交換してく

ださい。

システム障害が発生しまし

た。

「サービスインジケーター

コード」を参照してくださ

い。

22 Tennant T500 (03-2017)

注記: ec-H2O

システムで異常が発生した場合、本機は ec-H2O

システムを自動的に停止し、従来の洗浄モー

ドに切り替えます。

サービスインジケーターのアイコンは赤色に

点灯し続けるか、ec-H2O

の故障が修理されるまで赤色に点滅し続けま

す。

サービスインジケーター

本機または搭載充電器が故障を検出すると、

サービスインジケーターが点灯した後、点滅

し始めます(図44)。

バッテリー放電インジケーターライトもまた

故障コードを点滅させます。

本機の故障診断については「サービスインジ

ケーターコード」を参照してください。

操作

スプレーノズルインジケーター

(オプション)

スプレーノズルインジケーターは、スプレー

ノズルのスイッチが押されると表示されます

(図46)。

このスイッチを押すと、スプレーノズルポン

プが始動し、使用中は本機の走行が停止しま

す。

ベイルを引くと、スプレーノズルインジケー

ターが点滅して、スプレーノズルポンプが作

動したことを知らせます。

スイッチをもう一度押して、スプレーノズル

ポンプをオフにします。

「スプレーノズルの操作」を参照してください。

図  44

バッテリー放電インジケーター

バッテリー放電インジケーター(BDI)は、

本機の運転中にバッテリーの充電レベルを表

示します。

バッテリーが完全に充電されている場合、5

つのインジケーターライトがすべて点灯しま

す(図45)。

放電レベルが赤いライトに到達した場合は、

洗浄を停止してバッテリーを充電してくださ

い。

赤いライトが点滅し始めると、洗浄機能は自

動的に停止し、バッテリーが完全に放電され

ないよう保護します。

赤いライトが点滅していても、本機は走行で

きます。

そのためユーザーは本機を充電ステーション

まで移動させることができます。

図  46

自動バッテリー補水インジケーター

(オプション)

自動バッテリー補水インジケーターは、バッ

テリー補水タンクが空になり、補水が必要に

なると点滅します(図47)。

タンクが再充填されない場合、バッテリーの

損傷を防止するために、本機の洗浄機能は10

時間の連続運転後に停止します。

インジケーターの点滅が高速になると、洗浄

機能は停止します。

蒸留水を追加して、点滅中のインジケーター

を消すためにキースイッチで再始動してくだ

さい。

「自動バッテリー補水タンクの充填」を参照

してください。

図  47

Tennant T500 (03-2017)

図  45

23

操作

PRO-PANEL コントロール

ホーム画面

ホーム画面のインターフェースに表示される

ユーザーモードは2種類あります。

管理者モード -

すべての操作ボタンが利用可能な状態で本機

を運転できるほか、オペレーターモードに対

して許可と制限やログイン機能を設定するこ

とができます。

オペレーターモード -

管理者によって制御された許可と制限の下で

本機を運転することができます。

キースイッチで始動すると、工場出荷後の新

しい装置は自動的に管理者モードで始動しま

す。

オペレーターモードに対する許可と制限やロ

グイン機能を使用してホーム画面を設定する

には、マニュアルの裏面の「管理者コントロ

ール」を参照してください。

管理者モードのホーム画面 では、本機のセットア

ップボタンと最大洗浄速度ボタンにアクセス

することができます(図48)。

ヘルプボタン

初めて本機を使用するユーザーは、ヘルプボ

タン(?)を押してヘルプ画面にアクセスで

きます。

ヘルプ画面では、画面上に表示する異なる言

語の選択、ログイン設定の有効化、コントロ

ールパネルのアイコンの識別、本機のスター

トアップビデオの参照、本機のシステム情報

へのアクセスを行うことができます(図50)

図  50

ログイン画面

管理者モードのログインが有効になっている

場合、キースイッチでの始動時にログイン画

面が表示されます(図51 )。

割り当てられたログインコードを入力し、緑

色の矢印を押して、ホーム画面にアクセスし

ます。

始動時にログインを有効化する方法について

は、マニュアルの裏面の「管理者コントロー

ル」を参照してください。 図  48

オペレーターモードのホーム画面 では、本機のセ

ットアップボタンと最大洗浄速度ボタンへの

アクセスが制限されます(図49)。

図  51

図  49

24 Tennant T500 (03-2017)

ec-H2O インジケーター(オプション) ecH2O

システムは、キースイッチで始動するたびに

自動的に作動します。 ec-H2O

アイコンがホーム画面に表示され、システム

が始動したことを知らせます(図52)。 ec‐H2O

システムをオフにするには、キースイッチ下

の ec‐H2O スイッチを押します。

斜線のかかったアイコンは、ec‐H2O

システムのオフ状態を示します。

操作

ブラシ圧ボタン

ブラシ圧ボタンを押してブラシ圧インジケー

ターを表示します(図54)。

(+)ボタンを押して、ブラシ圧を上げます

(-)ボタンを押して、ブラシ圧を下げます。

図  52

1-STEP ボタン

1-STEP

ボタンを押して、洗浄機能を有効にします(

図53)。 洗浄ヘッドが床へと下がります。

洗浄動作を停止させて、洗浄ヘッドを上げる

には、ボタンをもう一度押します。

図  54

注記: ブラシ圧が洗浄条件に対して高すぎる圧

力に設定されている場合、より低いブラシ圧

の設定に自動的に変わり、インジケーターが

点滅し始めます。

インジケーターが点滅したら、ブラシモータ

ーの過負荷を防止するためにブラシ圧を下げ

てください。

洗浄液流量ボタン

洗浄液流量ボタンを押すと洗浄液流量インジケーター

が表示されます(図55)。

(+)記号を押して洗浄液流量を上げます。

(-)記号を押して洗浄液流量を下げます。

図  53

図  55

Tennant T500 (03-2017) 25

操作

Severe Environment ボタン

(ec-H2O モデルオプション)

Severe Environment

ボタンを押すと、蓄積された頑固な汚れのあ

るエリアに対して洗浄洗剤の強化された効果

が発揮されます(図56)。

ボタンを1回押すと、30秒間の洗剤洗浄力

の強化機能が有効になります。

ボタンが緑色に変わり、タイマーが30秒

間のカウントダウンを開始します。

ボタンを押すといつでも停止できます。

洗浄力の強化機能を継続させるには、緑色の LED

が緑色の点灯に変化するまでボタンを2秒間押し続

けてください。

ボタンを押すといつでも停止できます。

Severe Environment

洗剤タンクが空になると、ユーザーにアラートを

通知するために、ボタンが黄色に点滅します。

注記: Severe Environment

モードがオンになると、ec-H2O

システムは自動的に停止し、ブラシ圧と洗浄液流

量は「高」の設定に上がります。

オフになると元の設定に戻ります。

最大洗浄速度ボタン

最大洗浄速度ボタンを押して、最大洗浄設定

にアクセスします(図57)。

(+)ボタンを押して、最大洗浄速度を上げ

ます。

(-)ボタンを押して、最大洗浄速度を下げま

す。

最大洗浄速度ボタンは、管理者モードでのみ

アクセスすることができます。

詳細については、マニュアルの裏面の「管理者コント

ロール」を参照してください。

図  57

Quiet‐Mode ボタン

音量規制のある場所では、静音モードボタン

を押して、バキュームモーター音を下げます

(図58)。

作動するとボタンが緑色に変わります。

ボタンをもう一度押してオフにします。

注記: Quiet‐Mode

になると水の吸引力が若干低下します。

図  56

図  58

26 Tennant T500 (03-2017)

操作

スプレーノズルインジケーター

(オプション)

スプレーノズルインジケーターは、スプレー

ノズルのスイッチが押されると表示されます

(図59)。

このスイッチを押すと、スプレーノズルポン

プが始動し、使用中は本機の走行が停止しま

す。

ベイルを引くと、スプレーノズルインジケー

ターが点滅して、スプレーノズルポンプが始

動されたことを知らせます。

スプレーノズルをオフにするには、スプレー

ノズルインジケーターを押すか、スイッチを

もう一度押します。

「スプレーノズルの操作」を参照してください。

図  59

バッテリー放電インジケーター

バッテリー放電インジケーター(BDI)は、

本機の運転中にバッテリーの充電レベルを表

示します。

バッテリーが完全に充電されている場合、5

つのインジケーターライトがすべて点灯しま

す(図60)。

放電レベルが赤いライトに到達した場合は、

洗浄を停止してバッテリーを充電してくださ

い。

赤いライトが点滅し始めると、洗浄機能は自

動的に停止し、バッテリーが完全に放電され

ないよう保護します。

赤いライトが点滅していても、本機は走行で

きます。

そのためユーザーは本機を充電ステーション

まで移動させることができます。

図  60

ビデオチュートリアルボタン

(オペレーターモードのホーム画面)

ビデオチュートリアルボタンを押して、ビデ

オチュートリアル画面にアクセスします(図

61)。

このチュートリアルには、具体的な操作方法

や整備手順についてのビデオが含まれていま

す。

ビデオボタンを押して、ビデオを開始します

回転ボタンを押して、追加のビデオを参照し

ます。

右下のビデオボタンを押すと、追加のチュー

トリアルビデオのリストが表示されます。

図  61

Tennant T500 (03-2017) 27

操作

プリセットゾーンコントロールボタン

ゾーンコントロールボタンを使用して、異な

る洗浄液の流量、ブラシ圧、洗浄速度、洗浄

モードを選択して、最大4つのゾーンをプリ

セットします(図62)。

4つのゾーンコントロールボタンは、異なる

洗浄用途向けに工場出荷時にプリセットされ

ています。

ゾーンコントロールボタンは、ゾーンが有効

になると緑色に変化します。

図  63

3. 例えば、Zone Settings

をロビーの洗浄用に設定した場合は、ゾー

ン名を「ロビー」と入力します(図64)

緑の矢印を押して、新しいゾーンのプリセ

ットを保存します。

図  62

異なる洗浄用途向けにゾーンコントロールボ

タンをプリセットするには、以下を実行して

ください。

注記: 工場出荷時の Zone Settings

を変更できるのは管理者モードのみです(マニュ

アルの裏面の「管理者コントロール」を参照)。

1. 以下のリストから希望する設定を選択しま

す。

- ブラシ圧

- 洗浄液の流量

- Quiet‐Mode のオン/オフ

- ec‐H2O

システムのオン/オフ(オプション)

- Severe Environment

モードのオン/オフ(オプション)

- 最大洗浄速度

注記: Severe Environment モードと ec‐H2O

システムを組み合わせたプリセットはできません

2. 次に、新規のプリセットゾーンの名前を付

けるように指示されるまで、ゾーンボタン

を押し続けます。

プリセットゾーンの名前を付けるには「は

い」を選択します(図63)。

図  64

4. ゾーンボタンを押すとゾーン設定番号の上に名前

が表示されます(図65)。

他のゾーンについても同じ手順を繰り返します。

図  65

28 Tennant T500 (03-2017)

青色と赤色に点滅する ec-H2O 画面 (図68)-

水質調整カートリッジの有効期限が切れまし

た。

「ec‐H2Oナノクリーン水質調整カートリッジ

の交換」を参照してください。

操作

サービスインジケーターボタン

本機で異常が検出されると、サービスインジ

ケーターボタンが黄色または赤色に点滅しま

す (図66)。

サービスインジケーターボタンを押して、故

障画面を参照します。

黄色の点滅は本機を修理する必要がある警告

を示しますが、本機は運転可能です。

赤色に点滅した場合、本機の電源が切れ、修

理を必要とする故障を知らせます。

以下の「故障画面」を参照してください。

図  66

故障画面

異常が最初に検出されると、異常を知らせる

ために以下の故障画面が自動的に表示されま

す。

画面上部の左と右の矢印ボタンを押して、故

障画面全体をスクロールします。

黄色の本機の故障画面 (図67)-

本機で異常が検出されました。

故障コードは故障アイコンの下に表示されま

す。

「サービスインジケーターコード」を参照し

てください。

0x0707

図  68

黄色の ec‐H2O 故障画面 本機が ec-H2O

システムの水質または配管の異常を検出しま

した(図69)。

赤色の ec‐H2O 故障画面 本機が ec-H2O

システムの電気系統の異常を検出しました(

図 69)。

故障コードは ecH2O

アイコンの下に表示されます。

「サービスインジケーターコード」を参照し

てください。

注記: ec-H2O

システムで異常が発生した場合、本機は ec-H2O

システムを自動的に停止し、従来の洗浄モー

ドに切り替えます。

サービスインジケーターボタンは、ec-H2O

の故障が修理されるまで点滅し続けます。

0x0708

図  69

0x0741

図  67

Tennant T500 (03-2017) 29

操作

黄色の自動バッテリー補水故障画面 -

自動バッテリー補水タンクが空で補水が必要

です(図70)。

タンクが再充填されない場合、バッテリーの

損傷を防止するために、本機の洗浄機能は10

時間の連続運転後に停止します。

蒸留水をバッテリー補水タンクに追加して、

故障コードの表示を消すためにキースイッチ

で始動します。

「自動バッテリー補水タンクの充填」を参照

してください。

赤色の自動バッテリー補水故障画面 -

自動バッテリー補水タンクが空で補水が必要

です。

洗浄機能はタンクが再充填されるまで無効に

なります(図70)。

蒸留水をバッテリー補水タンクに追加して、

故障コードの表示を消すためにキースイッチ

で始動します。

「自動バッテリー補水タンクの充填」を参照

してください。

本機の設定ボタン

図  70

本機の設定ボタンを押して、以下のメニュー

オプションにアクセスします(図71)。

本機の設定ボタンにアクセスするには、ホー

ム画面が管理者モードに設定されている必要

があります。

マニュアルの裏面の「管理者コントロール」

を参照してください。

30

図  71

ビデオに関するヘルプ -

特定の操作とメンテナンスの手順を参照するため

に使用します。 図61を参照。

プロファイルの追加/編集 -

本機の用途に対応するように、ユーザープロファ

イルを追加/編集するために使用します。

「管理者コントロール」を参照してください。

バッテリーの種類 -

異なる種類のバッテリーに対応するように本機を

設定するために使用します。

搭載型充電器の充電プロファイルが、本機に搭載

のバッテリーの種類に適切に対応するようにプロ

グラミングされることを確保します。

「バッテリー」を参照してください。

ログイン可 -

本機の始動時に、本機を運転するのに必要なログ

インコードを有効化するために使用します。

タッチ補正アイコン -

タッチポイントの位置ずれがある場合にタッチ画

面を補正するために使用します。

工場出荷時の状態にリセット -

管理者ログインコードを工場出荷時のデフォルト

コードにリセットするほか、ユーザープロファイ

ルを削除し、カスタマイズされたプリセットゾー

ンコントロールボタンを工場出荷時のプリセット

ゾーンにリセットします。

「管理者コントロール」を参照してください。

Tennant T500 (03-2017)

本機の操作

安全のために:

オペレーターマニュアルを読み、その内容を理解する

まで、本機を操作しないでください。

運転前のチェックリスト

 床を掃除し、障害物を取り除いてください。

 ブラシやパッドの磨耗や損傷を点検してください

 スクイージーブラシの磨耗や損傷を点検してくだ

さい。

 回収タンクが空で、ごみ取りトレーに汚れがなく

、フロート停止スクリーンが設置済みできれいな

ことを確認してください。

 洗浄ヘッドスカートの磨耗や損傷を点検してくだ

さい。

 シリンダーブラシモデル -

ごみ容器が空できれいなことを確認してくさい。

 ec‐H2O 洗浄:

洗浄液タンクがきれいな冷水のみで充填されてい

ることを確認してください。

 ec‐H2O 洗浄:

従来タイプの洗剤/還元剤がすべて排出され、洗浄

液タンクのすすぎが完了していることを確認して

ください。

 本機が正しく動作するか点検してください。

本機の操作

コントロールパネルの操作手順については、「コント

ロールパネルの操作」を参照してください。

1. パーキングブレーキレバーが装備されている場合

は、それを解除します(図72) 。

2. キーをオン(I)の位置に回します(図72)。

操作

3. ec‐H2Oモデル -

本機をキースイッチで始動すると、ecH2

O システムは自動的に作動します。 ec-H2O

インジケーターがコントロールパネルに表

示され、システムが始動したことを知らせ

ます(図73)。

注意: 洗浄液タンクに洗浄洗剤を入れて操作す

る従来の洗浄の場合、ec‐H2O

スイッチを押して、ec-H2O

システムの電源スイッチが切れていることを

確認してください(図73)。

洗浄洗剤が誤って ec-H2O

システムに循環されると、システム障害が発

生します。

故障コードの表示を消すには、洗浄液タンク

を空にして、きれいな水を補充して、ec-H2O

システムを作動させます。

故障が繰り返し発生する場合、故障コードの

表示が消えるまで、キースイッチを押し続け

ます。

詳細は「サービスインジケーターコード」を

参照してください。

図  73

4. 図に示すように、フットパッドをつま先で踏んで

、スクイージーアセンブリーを床に下げます(図

74)。

スクイージーアセンブリーを上げるには、フット

パッドの下につま先を入れて持ち上げます。

バキュームモーターは、スクイージーが床面まで

下がると自動的に始動します。

Tennant T500 (03-2017)

図  72

図  74

31

操作

5. 1-STEP

ボタンを押して、洗浄機能を有効にします(図75

)。 洗浄ヘッドが床へと下がります。

8. スピードダイヤルを希望の速度まで回して、洗浄

速度を調整します(図78)。

図  75

6. 方向レバーを前方に押して、前進します(図76)

本機を逆方向に動かすには、レバーを後方に引き

ます。

本機の後退時は、スクイージーアセンブリーを持

ち上げます。

図  78

9. 洗浄を停止するには、スタートベイルを放して、1

-STEP

ボタンを押して、スクイージーアセンブリーを床

から上げます。

キーをオフにし、パーキングブレーキをかけます

(装備されている場合)。

注記:

洗浄ヘッドを床から上げた後、床から残りの

水を吸い上げるには、スクイージーを下げた

状態で本機を前進させます。

非常停止ボタン

緊急時には、非常停止ボタンを押します(図79)。

この赤色のボタンは、本機に接続されたすべての電源

を切ります。

電源を復帰させるには、ボタンを時計回りに回して、

キーを再始動させます。

図  76

7. 洗浄を開始するには、スタートベイルを引きます

(図77)。

図  79

図  77

32 Tennant T500 (03-2017)

スプレーノズルの操作(オプション)

スプレーノズルは、以下の用途に使用します。

給水は本機の洗浄液タンクから供給されます。

洗浄洗剤を洗浄液タンクに追加した場合、すすぎの用

途にスプレーノズルを使用しないでください。

- 回収タンクを洗浄する

- スクイージーアセンブリーを掃除する

- 洗浄ヘッドスカートを掃除する

- ブラシと洗浄ヘッドの下側を掃除する

-床より高いエリア(幅木など)を掃除す

オフアイル洗浄など、本機が余分な水を回収できない

エリアでスプレーノズルを使用しないでください。

本機本体の洗浄用にスプレーノズルを使用しないでく

ださい。

安全のために:

本機を操作する際、滑る危険性があるため、オフアイ

ル洗浄用にスプレーノズルを使用しないでください。

安全のために:

点検整備する際、本機に高圧スプレーやホースで水を

かけないでください。

電気系統が故障する可能性があります。

湿らせたウエスを使用してください。

スプレーノズルのスイッチを押して、スプレーポンプ

を始動します(図80)。

スイッチをもう一度押して、スプレーノズルをオフに

します。

注記:

スプレーノズルのスイッチが作動中は、本機

の運転は停止します。

操作

2. 床の表面仕上げを傷つけないように本機の動きを

維持してください。

3. スクイージーブレードにより筋が残る場合は、ブ

レードを布で拭いてください。

4. 本機が柱や壁にぶつからないようにしてください

5. 本機の排水や補水を行う際は、必ずオプションの

Severe Environment

タンクを洗剤で補充してください。

安全のために:

本機を操作する際は、最大2%の傾斜角度に限

定してください。

6. 泡が過剰に発生する場合は、推奨消泡剤を汚水回

収タンクに入れてください。

注意: 泡が多すぎるとフロート停止スクリ

ーンが作動せず、その結果バキュームモー

ターが損傷する可能性があります。

7. 汚れがひどい場所には、ダブル洗浄を行っ

てください。

まず、スクイージーを上げたまま汚れを洗

浄し、洗浄液を3~5分なじませてから、

今度はスクイージーを下げて汚れを洗浄し

てください。

8. 環状洗浄ヘッドモデル -

タイルコーブ(図81)、ペデスタルシンクなどの

床の据え付け品や壊れやすい物の付近で作業する

際は注意してください。

損傷を防ぐため、金属製の洗浄ヘッド端部を近づ

けないでください。

タイルコーブ

図  80

本機の運転時

警告:

引火性物質や反応物質は、爆発や火災の原因になりま

す。 回収しないでください。

1. 清掃幅はそれぞれ 2 in / 5 cm

重なるようにしてください。

Tennant T500 (03-2017)

図  81

9. 本機を離れる際は、本機を平坦な表面に停め、ス

イッチを切ってキーを外してください。パーキン

グブレーキが装備されている場合はパーキングブ

レーキをかけてください。

10. 周囲温度が43ー C 以上または2コC

以下の場所で本機を運転しないでください。

33

操作

サーキットブレーカーパネル

本機は、電流過負荷から本機を保護する、リセット可

能なサーキットブレーカーを装備しています。

サーキットブレーカーが作動したら、バッテリーケー

ブルの接続を外し、ブレーカーが冷えてから、リセッ

トボタンを押してブレーカーをリセットしてください

。 バッテリーケーブルを再接続してください。

サーキットブレーカーがリセットされない、または繰

返し作動する場合は、サービス担当者にご相談くださ

い。

サーキットブレーカーパネルはバッテリー室付近にあ

り、次のように識別されます。

(図82)。

図  82

サーキット

ブレーカー

CB1

CB2

CB3

CB4

定格 保護されている回路

4 A キースイッチ、コントロ

ールボード

10 A ec‐H2O

システム、自動バッテリ

ー補水システム

15 A スプレーノズルポンプ

60 A 走行

安全のために:

本機を点検整備する際、すべての修理は訓練を受けた

担当者によって行われる必要があります。

アワーメーター

アワーメーターは本機の運転時間を記録します。

アワーメーターは、特定の点検整備の実施や整備履歴

の記録に使用します(図83)。

図  83

タンクの排水

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

汚水回収タンクの排水

回収タンクは、毎回の使用後に排水と洗浄を行ってく

ださい。

1. 本機を排水場所に移動します。

2. ドレンホースキャップ装備モデルでは、ホースを

上向きに持ち続けながらキャップを外し、ホース

をゆっくりと下ろして排水します。

フローコントロールドレンホース装備モデルでは

、ホースを下ろし、ゆっくりとバルブを開けて排

水します(図84)。

34

図  84

Tennant T500 (03-2017)

注記:

本機から汚水を抜くのにバケツを使用する場合は、洗

浄液タンクの注水と同じバケツは使用しないでくださ

い。

3. フロート停止スクリーンを取り外し、掃除します

(図85)。

操作

安全のために:

点検整備する際、本機に高圧スプレーやホースで水を

かけないでください。

電気系統が故障する可能性があります。

湿らせたウエスを使用してください。

図  85

4. ごみトレーを取り外し、空にします(図 86)。

図  86

5. 汚水回収タンクをきれいな水ですすぎ、残りの汚

れをすべてふき取ります(図87)。

図  88

洗浄液タンクの排水

毎日、洗浄液タンクを空にしてください。

1. 本機を排水場所に移動します。

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

2. 洗浄液タンクから残りの水を抜くには、洗浄液タ

ンクレベルホースをアクセサリーレールから外し

ます(図89)。

タンクの排水後、ホースをアクセサリーレールに

しっかりと接続します。

図  89

図  87

本機がオプションのスプレーノズルを搭載し

ている場合、スプレーノズルを使用して回収

タンクを洗浄します(図88)。

給水は本機の洗浄液タンクから供給されます

洗浄洗剤を洗浄液タンクに追加した場合、す

すぎの用途にスプレーノズルを使用しないで

ください。

Tennant T500 (03-2017) 35

操作

3. 洗浄液タンクをきれいな水で十分に洗浄します(

図90)。

図  90

4. 50時間運転毎に洗浄液タンクのフィルターを取り

外し、スクリーンを清掃します(図91)。

洗浄液のフィルターは本機背面の下側にあります

フィルターを取り外す前に、洗浄液タンクを空に

してください。

図  91

36 Tennant T500 (03-2017)

操作

サービスインジケーターコード

本機または充電器が異常を検出するとサービスインジケーターが点滅します。

問題を特定するため、次のように故障コードが表示されます。

PRO-MEMBRANE コントロールパネル Pro-Panel コントール(LCD)

サービスインジ

ケーターの点滅

LED

故障コードの点滅 xxxxxx

サービスインジケーター

の点滅

サービスインジケーター

を押して、故障画面にア

クセスしてください

故障コード画面

黄色の本機故障アイコン

故障コード

LED

故障コード

= 点滅

☼ ☼ ☼ ☼☼

S S S

S S S

☼ S

☼☼

LCD

故障コード 原因

0xFFF0

0x0201

0x0101

0x0111

非常停止ボタンが有効化

されています

ヘッドリフトアクチュエ

ーター、配線、コネクタ

ーまたはコントロールボ

ードの不具合

ブラシモーターの配線、

コネクターまたはコント

ロールボードの不具合

☼ ☼ ☼ ☼

S ☼ ☼ S

S

0x0102

0x0112

0x0203

解決策

非常停止ボタンを解除し、本機を再始

動してください

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

ブラシモーター 1 電圧損失

ブラシモーター 2 電圧損失

サービスセンターに連絡してください

アクチュエーターの失速 異物の詰まりを点検してください。

故障が解消されない場合は、サービス

センターに連絡してください。

S ☼ S S ☼ 0x0301

洗浄液バルブの配線、コネクタ

ーまたはコントロールボードの

不具合

S ☼ S ☼☼ 0x0303 洗浄液バルブの過電流。

接続を点検してください。

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

S S

S S

S S

S S

S

☼ ☼

S

0x0501

0x0601

0x1005

バキュームモーターの配

線、コネクターまたはコ

ントロールボードの不具

Severe Environment

洗浄液ポンプの配線、コ

ネクターまたはコントロ

ールボードの不具合

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

洗浄モーターの電流不足 洗浄力がより強力なパッドを使用して

ください。

故障が解消されない場合は、サービス

センターに連絡してください。

Tennant T500 (03-2017) 37

操作

サービスインジケーターコード - 続き

LED

故障コード

= 点滅

S S

☼ ☼☼

S S S ☼

LCD

故障コード 原因

0x0901

0x0900

0x0903

0x0904

0x0905

0x0906

0x0907

0x0920  0x0942

0x0910

0x0950

プロペルモーターの配線

、コネクターまたはコン

トロールボードの不具合

プロペル I‐Drive の故障

プロペル I‐Drive 通信の損失

プロペル出力サイクルの故障

プロペル電流制限の故障

走行モーターの短絡

走行モーターの短絡

プロペルの故障

プロペルサーキットブレーカー

の作動

プロペルの誤ったプロファイル

S S

S S

☼ ☼

S

S

S

S

☼☼

☼☼

0x0B11

0x0103

0x0104

0x0105

0x0109

0x0106

0x0113

0x0114

0x0115

0x0119

0x0116

0x0902

バッテリー補水ポンプ配線、コネク

ターまたはコントロールボードの不

具合。

ブラシモーター 1

の過電流

ブラシモーター 1

の過電流

ブラシモーター 1

の過電流

ブラシモーター 1 の加熱

ブラシモーター 1 の短絡

ブラシモーター 2

の過電流

ブラシモーター 2

の過電流

ブラシモーター 2

の過電流

ブラシモーター 2 の加熱

ブラシモーター 2 の短絡

本機の電源スイッチを入

れる前にスタートベイル

が引かれているか、異物

が詰まっています。

解決策

サービスセンターに連絡してください

サーキットブレーカーをリセットする

か、本機を再始動してください。

故障が解消されない場合は、サービス

センターに連絡してください。

サービスセンターに連絡してください

床面の種類に対応するパッドかを点検

してください。

故障が解消されない場合は、サービス

センターに連絡してください。

サービスセンターに連絡してください

床面の種類に対応するパッドかを点検

してください。

故障が解消されない場合は、サービス

センターに連絡してください。

サービスセンターに連絡してください

本機の電源スイッチを入れる前に、ス

タートベイルを解除するか、異物を取

り除いてください。

38 Tennant T500 (03-2017)

操作

サービスインジケーターコード - 続き

LED

故障コード

= 点滅

☼ ☼

S

S

☼ ☼ S

☼ ☼☼

S S S

S S S S

☼ ☼

☼ ☼

S S

S ☼

S

LCD

故障コード 原因

0x0107

0x0117

0x0207

0x0307

0x0507

0x0607

0x0617

0x0B17

0x0717

ブラシモーター 1

コントロールボードの故障

ブラシモーター 2

コントロールボードの故障

アクチュエーターモーターコン

トロールボードの故障

洗浄液バルブコントロールボー

ドの故障。

バキュームモーターコントロー

ルボードの故障

洗剤ポンプコントロールボード

の故障

スプレーポンプコントロールボ

ードの故障

バッテリー補水ポンプボードの

故障 ec‐H2O

ポンプコントロールボードの故

0x0503

0x0504

0x0505

0x0506

0x0613

0x0614

0x0615

0x0616

バキュームモーターの過

電流

バキュームモーターの短

スプレーノズルポンプの

故障

0x0611

0x0603

0x0604

0x0605

0x0606

0x0B01

0x0B02

0x0B13-16

スプレーポンプの配線、

コネクターまたはコント

ロールボードの不具合。

Severe Environment

洗浄液ポンプの過電流

Severe Environment

洗浄液ポンプの短絡

バッテリー補水システム

の故障

洗浄ヘッドが不安定

☼ ☼ ☼ S ☼ 0x1006

S ☼ ☼ ☼ S

0xF103

0xFF20

0x0704

0x0B04

充電器の通信不良

洗浄コントロールボード

の通信不良 ec‐H2O

システムの通信不良

バッテリー補水 CAN

の故障

解決策

バッテリーケーブルの接続を解除し、

サービスセンターにコントロールボー

ドの交換を依頼してください。

異物がないか点検してください。

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

ブラシの磨耗を点検してください。

サービスセンターに連絡してください

再始動してください。

故障が解消されない場合は、サービス

センターに連絡してください。

Tennant T500 (03-2017) 39

操作

搭載型充電器サービスインジケーターコード

LED

故障コード

= 点滅

☼ ☼ ☼

S

S

S

☼ ☼

S S

S S

S S S

☼ ☼ ☼ S

LCD

故障コード 原因

0xF100

0xF104

充電器の異常状態。

充電器タイマーが最大充電

時間を超過しています。

充電サイクルの中断。

0xF101

0xF102

0xF103

解決策

サービスセンターに連絡してください

バッテリーを交換してください

充電器がバッテリーパック

に接続されていません

ケーブルの接続を点検してください

充電器のオーバーヒート 充電器を冷却してください。

換気の良い場所に移動してください。

27

C

以下の場所で充電してください。

故障が解消されない場合は、サービス

センターに連絡してください。

充電器の通信不良 充電器を再始動してください。

故障コードの表示が消えない場合は、

サービスセンターに連絡してください

40 Tennant T500 (03-2017)

操作 ec‐H2O システムのサービスインジケーターコード - オプション

Pro-Membrane コントロールパネル Pro-Panel コントール(LCD)

点滅中のサービス

インジケーター

LED

故障コー

ドの点滅

点灯または

点滅している赤

色の ec‐H2O

インジケーター xxxxxx

サービスインジケータ

ーの点滅

アイコンを押して故障

コード画面にアクセス

してください

故障コード画面

赤色または黄色の ec‐H2O

システム故障アイコン

故障コード

LED

故障コード

= 点滅

S

S

S

S

☼ S

☼ ☼ ☼☼

S S

LCD

故障コード 原因

0x0711

0x0713

0x0714

0x0715

0x0703

0x0712

0x072A

0x0741

0x0746

0x0702 ec‐H2O

ポンプの配線、コネクター

またはコントロールボード

の不具合。 ec‐H2O ポンプの過電流 ec‐H2O

システムブレーカーの作動 ec‐H2O

システムブレーカーの作動

解決策

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

サーキットブレーカーをリセットして

ください。

ブレーカーが繰返し作動する場合は、

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください ecH2O

インジケータ

赤色の点灯 ecH2O

インジケータ

赤色の点滅

*

0x0716

0x0727

0x0708

0x0721

0x0723

0x0726

0x0728

* ec‐H2O ポンプの短絡 ec‐H2O

コントロールボードの故障 ec‐H2O 電極異常

水質調整ポンプ開栓

水質調整ポンプ異常 ec‐H2O

圧力スイッチの作動 ec‐H2O

システムの過剰規制 ec‐H2O セルの電流なし ec‐H2O セルの過電流 ec‐H2O セルの短絡 ec-H2O 異常

水質調整カートリッジの有

効期限が経過しています

サービスセンターに連絡してください ecH2O

インジケータ

ーの青色/赤色

の点滅

0x0707

水質調整カートリッジを交換してくだ

さい。

*洗浄液タンクに洗浄洗剤が追加されたか確認してください。 ec‐H2O

システムに洗浄洗剤を入れて運転した場合は、洗浄液タンクを空にし、きれいな水を補充して故障コードの表示が消えるまで、ec‐

H2O システムを運転してください。

故障が繰り返し発生する場合、故障コードの表示が消えるまで、キースイッチの始動を繰り返してください

Tennant T500 (03-2017) 41

メンテナンス

メンテナンス表

3

5

12

4

6

8

7

2

14

15

9

14

14

13

11

1

1

10

毎日

毎週

周期

50操作時間

責任者

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

O

参照

番号

1 パッド

点検箇所

1 ブラシ

2 シリンダーブラシ

3 汚水回収タンク

点検内容

点検、裏返し、または交換

点検、清掃

点検、清掃

排水、洗浄、フロート停止スクリーンと

ごみトレーの清掃

排水、洗浄

点検、充填

4 洗浄液タンク

5 Severe Environment

タンク(オプション)

6 自動バッテリー補水タンク(オプション

7

8

9

スクイージー

バッテリー

ごみ容器

点検、充填

清掃、損傷と磨耗の点検

必要に応じて充電

清掃

10 洗浄ヘッドスカート

8 バッテリーセル

7 スクイージー アセンブリー ドリップ

トラップ リザーバー

2 シリンダーブラシ

損傷、磨耗の点検

電解液レベルの点検

点検、清掃

2 シリンダー洗浄ヘッド

3 汚水回収タンク蓋シール

ブラシの位置交換 磨耗の点検

洗浄ヘッド下側の清掃

磨耗の点検

11 洗浄液タンクフィルター 取り外して清掃

8 バッテリー補水システム(オプション) ホースの損傷と磨耗の点検 100操作時

間毎

200操作時

間毎

750操作時

間毎

1250操作時

間毎

O

T

T

T

T

8 バッテリー、端子、ケーブル

12 バキュームモーター

13 走行モーター

14 ブラシモーター

15 ブラシベルト

O = オペレーター T = 訓練を受けた者

点検と清掃

カーボンブラシの交換

カーボンブラシの交換

カーボンブラシの交換

ベルトの交換

42 Tennant T500 (03-2017)

メンテナンス

本機の点検整備

本機を良好な運転状態に保つために、以下の

本機の点検整備の指示に従ってください。

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を

平坦な表面に停め、本機の電源スイッチを切

ってキーを外してください。パーキングブレ

ーキが装備されている場合はパーキングブレ

ーキをかけてください。

安全のために:

本機の点検整備をする際は、必要に応じて、個人用保

護具を着用してください。

すべての修理は、訓練を受けた担当者が行ってくださ

い。

毎日の整備後

1. 汚水回収タンクを排水して洗浄します(図

92)。

「タンクの排水」を参照してください。

図 93

2. ごみトレーを取り外し、空にします(図94)。

図 94

3.

フロート停止スクリーンを取り外し、掃除します(図95

)。

図 92

本機がオプションのスプレーノズルを搭載し

ている場合、スプレーノズルを使用して回収

タンクを洗浄します(図93)。

洗浄洗剤を洗浄液タンクに追加した場合、す

すぎの用途にスプレーノズルを使用しないで

ください。

安全のために:

点検整備する際、電気部品の近くで本機に高圧スプレ

ーやホースで水をかけないでください。

電気系統が故障する可能性があります。

湿らせたウエスを使用してください。

図 95

4. 洗浄液タンクを空にして洗浄します(図96)。

図 96

Tennant T500 (03-2017) 43

メンテナンス

5. ディスク洗浄ヘッド -

裏返すか、磨耗があった場合は交換してください

(図97)。

図 97

6. 清掃効果がなくなった、または毛先が摩耗して黄

色のインジケーターが点灯したら、ブラシを交換

してください(図98)。

図 100

8. 洗浄ヘッドスカートを掃除します

磨耗や損傷を点検してください(図101)。

摩耗や損傷がある場合は交換してください。

図 98

環状洗浄ヘッド -

裏返すか、磨耗があった場合は交換してください

(図99)。

図 101

9. 本機の外面は、汎用のクリーナーと湿らせたウエ

スを使用して清掃してください(図102)。

安全のために:

点検整備する際、電気部品の近くで本機に高圧スプレ

ーやホースで水をかけないでください。

電気系統が故障する可能性があります。

湿らせたウエスを使用してください。

図 99

7. スクイージーブレードをきれいに拭きます。

ブレードの磨耗や損傷を点検してください(図100

)。

ブレードが磨耗していたら、ブレードの位置交換

をしてください。

「スクイージーブレードの交換」を参照してくだ

さい。

44

図 102

Tennant T500 (03-2017)

10. シリンダー洗浄ヘッド -

ごみ容器を取り外して清掃します(図103)。

メンテナンス

13. バッテリーを充電します(図106)。

「バッテリー」を参照してください。

図 103

11. Severe Environment オプション - Severe

Environment

タンクに推奨洗浄洗剤を希釈せずに充填してくだ

さい(図104)。 キャップを交換します。

図 106

注意:

充電器が電源に接続されている間は、バッテリーケー

ブルの接続を外さないでください。サーキットボード

が損傷する可能性があります。

毎週の使用後

1. すべてのバッテリーの電解液レベルを確認します

(図107)。「バッテリー」を参照してください。

注記:

本機が自動または手動バッテリー補水システムを搭載

している場合、「バッテリー」を参照してください。

図 104

12. 自動バッテリー補水オプション -

タンクに蒸留水を補充します(図105)。

キャップを締めます。

図 107

2. スクイージーアセンブリーからドリップトラップ

カバーを外し、リザーバーを清掃します(図108)

図 105

図 108

Tennant T500 (03-2017) 45

メンテナンス

50時間の運転毎の整備

1. 洗浄液タンクを排水してください。

洗浄液タンクのフィルターを取り外し、スクリー

ンを清掃します(図109)。

フィルターボールを左に回して外します。

4. 汚水回収タンク蓋のシールを点検して清掃します

(図112)。

損傷がある場合は、交換してください。

図 109

2. シリンダーブラシ -

ブラシの前部と後部の位置交換をします(図110)

清掃効果がなくなったらブラシを交換してくださ

い。

図 112

100時間の運転毎の整備

オプションのバッテリー補水システムが装備されてい

る場合は、ホースの漏れや接続の緩み、損傷や摩耗が

ないかを点検します(図113)。

損傷がある場合は、交換してください。

安全のために:

バッテリーを点検整備する際は、必要に応じて、個人

用保護具を着用してください。

バッテリー液には触れないでください。

図 110

3. シリンダー洗浄ヘッド -

アイドラープレートやドライブハブを含む洗浄ヘ

ッドの下側に蓄積された汚れを取り除きます(図

111)。

図 111

図 113

電動式モーター

説明に従って、モーターのカーボンブラシを交換して

ください。

カーボンブラシの交換については、訓練を受けた担当

者に問い合せてください。

カーボンブラシの交換

バキュームモーター

走行モーター

ディスクブラシモーター

シリンダーブラシモーター

環状ブラシモーター

累積使用時間

750

1250

1250

1250

1250

46 Tennant T500 (03-2017)

ベルト(シリンダーブラシモデル)

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

1250時間の運転毎にベルトを交換してください。

ベルトの交換については、訓練を受けた担当者に問い

合せてください(図114)。

メンテナンス

安全のために:

本機を点検整備する場合は、金属製品をバッテリーに

近づけないでください。

バッテリー液には触れないでください。

メンテナンスフリーバッテリー

メンテナンスフリー(密閉型

AGM)バッテリーは補水が不要です。

清掃やその他の日常の整備点検は必要です。

液式(湿式)鉛酸バッテリー

湿式(鉛酸)バッテリーは、以下に示すように、定期

的な補水を必要とします。

バッテリーは、毎週、電解液レベルを確認してくださ

い。

注記:

本機が自動または手動バッテリー補水システ

ムを搭載している場合、「バッテリー補水シ

ステム」の説明を参照してください。

充電前に、図に示すように、電解液レベルがバッテリ

ープレートのわずかに上であることを確認してくださ

い(図115)。

液量が少ない場合は、蒸留水を補給してください。

過充填に注意してください。

充電中に電解液が膨張し、溢れる場合があります。

充電後、確認用チューブの約

3mm(0.12インチ)下まで蒸留水を補給できます。

図 114

バッテリー

安全のために:

本機を離れる際は、本機を平坦な表面に停め、スイッ

チを切ってキーを外してください。パーキングブレー

キを装備している場合はパーキングブレーキをかけて

ください。

バッテリー寿命は適切に点検整備されているかどうか

により異なります。

バッテリー寿命を最大化するには、次の点に注意して

ください。

S バッテリーの充電は一日一回までとし、少なくとも

15分以上使用した後に行ってください。

S バッテリーを部分的に放電した状態で長期間放置し

ないでください。

S ガスの蓄積を防止するために、通気の良好な場所で

バッテリーを充電してください。­ 周囲温度が 27コC

以下の場所でバッテリーを充電してください。

S 本機を再度使用する前に、バッテリーを完全に充電

してください。­

S 液式(湿式)鉛酸バッテリーの電解液レベルを毎週

点検し、適切な電解液レベルを維持してください。

本機には、テナントが提供する液式(湿式)鉛酸バッ

テリーまたはメンテナンスフリー(密閉式

AGM)バッテリーが装備されています。

充電前 充電後

図 115

注記:

充電中はバッテリーキャップが正しく取り付けられて

いることを確認してください。

バッテリーの充電後、硫黄の匂いがすることがありま

す。 これは問題ありません。

Tennant T500 (03-2017) 47

メンテナンス

接続の点検 / 清掃

約200時間の運転後、バッテリーの接続に緩みがない

か点検し、バッテリーが腐食しないように、端子、ケ

ーブルクランプを含む、バッテリーの表面を清掃して

ください。

洗浄ブラシにはベーキングソーダと水の濃度の高い混

合液を使用してください(図116)。

バッテリー清掃中は、バッテリーキャップを外さない

でください。

図 116

バッテリーの充電

本マニュアルに記載されている充電の説明は、本機に

付属するバッテリー充電器を対象としています。

テナント社純正またはテナント社認定のバッテリー充

電器以外の使用は禁止されています。

本機に定置型充電器が付属している場合、操作説明に

ついて充電器のオーナーマニュアルを参照してくださ

い。

本機にバッテリー充電器が付属していない場合は、推

奨充電器について、販売店またはテナント社にご相談

ください。

安全のために:

互換性のない充電器を使用すると、バッテリーパック

が損傷し火災を引き起こす恐れがあります。

重要事項:

バッテリー充電器は、本機に付属するバッテリーの充

電専用に設定されています。

異なる種類のバッテリーまたはバッテリー容量(液式/

湿式鉛酸バッテリー、メンテナンスフリーバッテリー

、密閉型バッテリー、AGM

バッテリーなど)に交換する場合、バッテリーの損傷

を防止するために、バッテリー充電器のプロファイル

を変更する必要があります。

「バッテリー充電器の設定」を参照してください。

1. 本機を通気の良好な場所に移動してください。

警告:

バッテリーは水素ガスを排出します。

爆発や発火の危険があります。

充電中は、火花や裸火を近づけないでくださ

い。

2. 本機を平坦で乾燥した表面に停め、本機の電源を

切り、キーを外します。

安全のために:

バッテリーを点検整備する際は、本機を平坦な表面に

停め、スイッチを切ってキーを外してください。パー

キングブレーキが装備されている場合はパーキングブ

レーキをかけてください。

3. 本機に液式(湿式)鉛酸バッテリーが装備されて

いる場合は、毎週、充電する前に電解液レベルを

点検してください。

自動補水システムを搭載しているモデルの場合、

自動バッテリー補水タンクを再充填する必要があ

るかを点検してください。

残量が少ない場合は、蒸留水を補給してください

4. 搭載型充電器を装備しているモデルの場合、充電

器の電源コードをストレージフックから取り外し

、適切に接地された壁面のコンセントに電源コー

ドを差し込んでください(図117)。

図 117

定置型充電器を装備しているモデルの場合は、最

初に充電器のDCコードをバッテリー充電器のソケ

ットに接続し、次にAC電源コードを適切に設置さ

れた壁面のコンセント差し込んでください。

(図118)。

操作説明については、定置型充電器のオーナーマ

ニュアルを参照してください。

安全のために:

充電器の使用中は、定置型充電器のDCコードを本機の

ソケットから外さないでください。

アーク放電が発生することがあります。

充電を中断する場合は、最初に AC

電源コードを外してください。

48 Tennant T500 (03-2017)

メンテナンス

図 118

5. 充電器は自動的に充電を開始し、バッテリーが完

全に充電された時点で電源が切れます。

最大の充電サイクルは、バッテリーの種類により

、6~12時間かかります。

搭載型のバッテリー充電器:

充電サイクル中はバッテリー放電インジケーター

ライトが波状に前後に点滅します。

5つのライトのすべてが2回連続の点滅を繰り返す

時点で、充電サイクルは完了しています(図119)

Pro-Membrane Pro-Panel

図 119

注意:

充電器が電源に接続されている間は、バッテ

リーケーブルの接続を外さないでください。

サーキットボードが損傷する可能性がありま

す。

6. 充電後、電源コードを取り外し、コードフックの

周りに巻き付けてください(図120)。

定置型充電器を装備したモデルの場合は、充電器

を本機から取り外す前に、必ずAC電源コードを取

り外してください(図120)。

バッテリー充電器の設定

バッテリー充電器は、本機に付属するバッテリーの充

電専用に設定されています。

異なる種類のバッテリーまたはバッテリー容量に変更

する場合、バッテリーの損傷を防止するために、バッ

テリー充電器のプロファイルを変更する必要がありま

す。

また、本機のバッテリー放電インジケーター(BDI)

は、バッテリーの損傷および/または稼働時間の短縮を

防止するために、バッテリーの種類に適合するように

プログラムする必要があります。

注記:

本機がバッテリー未搭載で出荷された場合、バッテリ

ー放電インジケーターと搭載型のバッテリー充電器は

デフォルトで GEL

バッテリー対応に設定されています。

異なる種類のバッテリーを使用する場合、以下に説明

するように、設定を変更する必要があります。

注記: バッテリーを未搭載で出荷された

Pro-Membrane

モデルと定置型充電器の場合、定置型充電器は工場出

荷時に液式(湿式)鉛酸バッテリー対応に設定されて

います。

本機のバッテリー放電インジケーターは、デフォルト

で GEL バッテリー対応に設定されています。

バッテリー放電インジケーターは充電器の設定に適合

するように再プログラムする必要があります。サービ

スセンターにお問い合わせください。

定置型バッテリー充電器

充電器設定の変更については、定置型充電器のオーナ

ーマニュアルを参照してください。

本機のバッテリー放電インジケーター(BDI)を再プ

ログラムする方法については、以下を参照してくださ

い。

Pro-Membrane モデル -

サービスアプリケーションソフトウェアが必要です。

サービスセンターにお問い合わせください。

Pro-Panel モデルPro-Panel

モデル対応の「搭載型充電器の設定の変更」を参照し

てください。

Pro-Membrane モデル Pro-Panel モデル(LCD)

Tennant T500 (03-2017)

図 120

49

メンテナンス

搭載型のバッテリー充電器:

Pro-Membrane モデル -

サービスアプリケーションソフトウェアが必要です。

サービスセンターにお問い合わせください。

別の方法として、充電器のプロファイルを手動で変更

することができます。 Pro-Membrane

モデル対応の「搭載型充電器の設定の変更」を参照し

てください。

バッテリー放電インジケーターは、バッテリー充電器

のプロファイルが変更すると、バッテリーの種類に適

合するように自動的に再プログラムされます。

Pro-Panel モデルPro-Panel

モデル対応の「搭載型充電器の設定の変更」を参照し

てください。

バッテリー放電インジケーターは、バッテリーの選択

に適合するように自動的に再プログラムされます。

搭載型充電器の設定の変更(Pro-Membrane モデル)

異なる種類のバッテリーに対応するように搭載型バッ

テリー充電器を手動で変更するには、以下の説明手順

に慎重に従ってください。

注記:

手動の方法は、サービスセンターによってサービスア

プリケーションソフトウェアを用いた設定の変更が可

能でない場合の代替手段として使用します。

1. 本機からバッテリーケーブルを外します(図121)

安全のために:

本機を点検整備する際は、本機を平坦な表面に停め、

スイッチを切ってキーを外してください。パーキング

ブレーキを装備している場合はパーキングブレーキを

かけてください。

図 122

4. 充電器の表示ラベルを慎重にはがし、ダイヤル設

定にアクセスします(図123)。

図 123

5. 小型の標準ドライバーを使用して、次の表に示す

ように、ダイヤルを適切なバッテリーの種類まで

回します(図124)。

図 121

2. バッテリー充電器の電源コードをコードフックか

ら外します。

3. T25

のスタードライバーを使用してコントロールコン

ソールの底面にある2つのネジを取り外し、バッテ

リー充電器に手が届くようにします(図122)。

50

ダイヤル

位置

0

1

2

3

4

5

6

図 124

バッテリー種類別

AH 範囲を含む環境設定

CAN-BUS 設定*

湿式、Trojan 180-260 AH

湿式、Trojan 270-360 AH

湿式、Enersys/Tab 200~350 AH

AGM、Tianneng 180-260 AH

AGM、Discover 200-350 AH

ゲル、Sonnenschein 80~150 AH

* CAN-BUS

設定のダイヤル位置「0」は、本機に搭載されたバッ

テリーの種類に適合するようにプログラムされている

Tennant T500 (03-2017)

ソフトウェアの設定です。

ダイヤルが手動で異なる設定に変更された場合、「0

」にリセットしないでください。

バッテリーが損傷する可能性があります。

サービスアプリケーションソフトウェアは、ダイヤル

を「0」にリセットする必要があります。

サービスセンターに連絡してください。

6. 表示ラベルを元に戻します。

7. コントロールコンソールを元の位置に戻します。

8. BDI

を新しいバッテリーの種類に対応するように設定

するには、搭載型バッテリー充電器のコードをコ

ンセントに差し込みます。

本機のソフトウェアは新しいバッテリーの種類に

応じて、BDI を自動的に再プログラムします。

搭載型充電器の設定の変更(Pro-Panel モデル)

注記:

この手順を実施するには、本機が管理者モードに設定

されている必要があります。

マニュアルの裏面の「管理者コントロール」を参照し

てください。

1. キーをオンの位置に回します。

2. ホーム画面の設定ボタンを押します(図125)。

メンテナンス

4. 本機に搭載されたバッテリーの種類とブランドを

選択します(図127)。

バッテリーラベルを参照して、種類とブランドを

判断します。

上と下矢印を押して、バッテリーの選択をスクロ

ールして参照します。

図 127

注記:

バッテリー充電プロファイルとバッテリー放電インジ

ケーターは、バッテリーの種類が選択されると自動的

に再プログラムされす。

図 125

3. 「バッテリーの種類」ボタンを押します(図126)

Tennant T500 (03-2017)

図 126

51

メンテナンス

HYDROLINK ョ バッテリー補水システム(Trojan ョ

バッテリーオプション)

以下の説明は、オプションの HydroLink

バッテリー補水システムを装備したモデルに適用しま

す。

図 128

3. バッテリー室内のバッテリーフィルホースカプラ

を見つけます。

ダストキャップを外し、手動ポンプのホースを接

続します(図129)。

オプションの HydroLink

バッテリー補水システムは、バッテリーの適切な電解

液レベルを安全かつ簡単に保つ機能を提供します。

本製品は、Trojan

液式(湿式)鉛酸バッテリー専用に設計されています

安全のために:

本機を点検整備する際は、必要に応じて、個人用保護

具を着用してください。

バッテリー液には触れないでください。

バッテリー補水システムを使用する前に、ホースと接

続部に損傷や摩耗がないことを点検してください。

1. バッテリー補水システムを使用する前に、バッテ

リーを完全に充電してください。

充電前にバッテリーに水を加えないでください。

充電中に電解液レベルが膨張し、溢れることがあ

ります。

2. 充電完了後は、バッテリーカバーの上にあるバッ

テリー電解液レベルインジケーターで充電の状態

を確認してください(図128)。

レベルインジケーターが白の場合は、以下に示す

方法で水を追加してください。

インジケーターが黒の場合は、電解液レベルは正

常です。水を追加する必要はありません。

図 129

4. 手動ポンプのホースのもう一端を蒸留水タンクに

挿入します(図130)。

蒸留水

図 130

52 Tennant T500 (03-2017)

5. 手動ポンプのホースの球体部分を握って放す動作

を繰り返し、液体を注入します(図131)。

満タンになるとインジケーターが黒に変わります

メンテナンス

自動補水タンクの水位を定期的に点検してく

ださい。

水位が低い場合は、蒸留水を補充してくださ

い(図133)。

安全のために:

本機を整備する際、自動バッテリー補水タン

クの充填には必ず蒸留水のみを使用してくだ

さい。

図 131

6. 給水後、バッテリーフィルホースのダストキャッ

プを元に戻し、後日の使用に備えて手動ポンプの

ホースをバッテリー室に収納してください。

自動バッテリー補水システム(Trojan ョ

バッテリーオプション )

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

自動バッテリー補水システムは、本機が充電

サイクルの回数制限に達すると自動的にバッ

テリーを再充填するように設計されています

バッテリーキャップを取り外して、手動でバ

ッテリーに水を補充しないでください。

自動バッテリー補水システムのホースの漏れ

や接続の緩み、損傷や摩耗がないかを点検し

てください。 (図132)。

損傷がある場合は、交換してください。

図 133

また、自動バッテリー補水インジケーターは

、タンクが空になると、蒸留水を補充するよ

うにユーザーにアラートを通知します(図

134 )。

詳細は、「コントロールパネルの操作」を参

照してください。

図 134

自動バッテリー補水システムを搭載した本機

を氷点下の環境で保管する方法については、

「本機の保管/凍結防止」を参照してください

Tennant T500 (03-2017)

図 132

53

メンテナンス

スクイージーブレードの交換

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

各スクイージーブレードには4ヶ所の拭き取りエッジ

があります。

ブレードが磨耗したら、新しい拭き取りエッジの部分

を使用するように、両端を逆にするか上下を逆にして

ください。

4ヶ所のエッジがすべて磨耗したら、ブレードを交換

してください。

1. スクイージーアセンブリーを本機から取り外して

ください。

2. スクイージーアセンブリーの2つの外側のノブを完

全に緩めてください。

バネ式ブレードリテーナがスクイージーフレーム

から外れます(図135)。

ノブを素早く緩めるには、ブレードリテーナとス

クイージーフレームを互いに押し付けます。

4. リヤブレードを新しい拭き取りエッジの位置に入

れ替え、ブレードをもう一度取り付けます(図137

)。

ブレードのスロットの位置がリテーナのタブと合

っていることを確認してください。

図 137

5. ブレードリテーナとスクイージーフレームを互い

に押し付け、2つの外側のノブを再度締め付けます

(図138)。

図 138

図 135

3. 摩耗したブレードをブレードリテーナから取り外

します(図136)。

図 136

54 Tennant T500 (03-2017)

メンテナンス ec‐H2O 水質調整カートリッジの交換

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

水質調整カートリッジが水の使用量の最大限度に達す

るか、有効期限に達するかのいずれか早い方の時点で

、カートリッジの交換が必要になります。

カートリッジの交換時期はコントールパネルでお知ら

せします。

詳細は、「コントロールパネルの操作」を参照してく

ださい。

本機の使用状況や使い方によりますが、新しいカート

リッジは、本機の使用頻度の高い場合は平均12ヶ月、

使用頻度が低い場合は平均24ヶ月使用できます。

注意:本機を初めて使用するとき、また水質調整カー

トリッジの交換後は、ec­H2O

システムによって選択した洗浄液流量の設定が自動的

に最長75分間無効になります。

1. 本機を平坦な表面に停め、キーを外してください

。パーキングブレーキが装備されている場合は、

パーキングブレーキをかけてください。

2. 汚水回収タンクを持ち上げてec‐H2O水質調整カー

トリッジにアクセスします(図139)。

汚水回収タンクは持ち上げる前に空にしてくださ

い。

灰色のカラー

図 140

4. 新しいカートリッジのラベルに取り付け日を書き

込みます (図141)。

図 139

3. 灰色のカラーを内側に押し、コネクターを外側に

引いて、カートリッジ上部から2個のホースコネク

ターを取り外します(図140)。

カートリッジを持ち上げて取り外します。

図 141

5. 新しいカートリッジを取り付け、2本のホースを接

続し直します。

ホースコネクターがカートリッジにしっかりと挿

入されていることを確認してください。

6. カートリッジのタイマーをリセットします。

すべての手順をよく読み、その内容を理解した上

で、操作手順を実行してください。 a. キーをオンにします。 b. ec‐H2O

モジュールにあるサービススイッチを10秒間

押し続けます。

サービススイッチを放すと、3個のフローイン

ジケータライトが(波状に)前後に点滅し始

めます(図142)。 c. サービススイッチを放してから5秒以内に、イ

ンジケーターライトが前後に揺れ動いている

間に、素早く、ec‐H2O

モジュール上の洗剤流量ボタンを押して放し

ます(図142)。

3つのインジケータライトが3回点滅し、タイ

マーがリセットされたことを知らせます。

3つのライトが3回点滅しない場合は、このプ

ロセスを繰り返してください。

Tennant T500 (03-2017) 55

メンテナンス

サービスライト 3

つのインジケ

ーターライト

洗浄液流量ボタン

図 142

本機のジャッキアップ

安全のために:

本機を離れる際または整備する際は、本機を平坦な表

面に停め、本機の電源スイッチを切ってキーを外して

ください。パーキングブレーキが装備されている場合

はパーキングブレーキをかけてください。

整備のために本機をジャッキで持ち上げる際は、指定

された場所を使用してください(図143)。

回収および洗浄液タンクを空にして、ジャッキアップ

する前に、本機を平坦な表面に置いてください。

安全のために:

本機を点検整備する際は、指定の場所でのみ本機をジ

ェッキアップしてください。

ジャッキで本機を支えてください。

本機の重量に対応するジャッキまたはホイストを使用

してください。

本機の輸送

トレーラーまたはトラックで本機を輸送する場合は、

積み込みおよび固定手順に慎重に従ってください。

1. タンクを空にして、洗浄ヘッドを持ち上げ、スク

イージーアセンブリーを取り外します。

2. 本機をトレーラーまたはトラックに慎重に積み込

んでください。

安全のために:

積み込み/積み降ろしを行う際は、本機およびオペレー

ターの重量を支えられるランプを使用してください。

安全のために:

積み込み/積み降ろしを行う際は、最大2%の傾斜角度

での操作に限定してください。

3. 本機の積み込みが完了したら、本機の前面をトレ

ーラーまたはトラックの前面に向けるように配置

してください。

洗浄ヘッドを下げ、キーをオフにし、パーキング

ブレーキをかけます(装備されている場合)。

4. それぞれのホイールの後ろに輪留めを置いてくだ

さい(図144)。

5. 固定用ロープを使用して、本機のフレームの固定

ロープ用ブラケットで本機を固定します(図144)

トレーラーまたはトラックの床に固定用ブラケッ

トを取り付ける必要がある場合もあります。

注記:

本機をオープントラックやトレーラーで輸送する際は

、回収タンク蓋を固定してください。

注意:

コントロールコンソール部やアクセサリー収納レ

ールを固定位置として使用しないでください。損

傷する恐れがあります。

図 143

図 144

56 Tennant T500 (03-2017)

本機の保管

本機を長期間保管する場合は、以下に注意してくださ

い。

1. バッテリーの寿命を延ばすため、本機を保管する

前にバッテリーを充電してください。

1か月に1回、バッテリーを再充電します。

2. 保管する前にバッテリーを外します。

3. 洗浄液タンクと汚水回収タンクを空にし、洗浄し

てください。

4. スクイージーと洗浄ヘッドは浮かしたままで、乾

燥した場所に本機を保管してください。

注意:

本機に雨がかからないよう、屋内に保管してください

5. 汚水回収タンクの蓋を開き、空気の循環をよくし

てください。

6. 本機を寒冷地で保管する場合は、「凍結防止」を

参照してください。

注記:

本機が損傷する危険を避けるために、本機を齧歯動物

や昆虫の生息しない環境で保管してください。

凍結防止

氷点下の環境での本機の保管

1. 洗浄液タンクと汚水回収タンクを完全に空にして

ください。

2. 本機の下にある洗浄液タンクフィルターから水を

抜いてください。

フィルターを交換してください。

(図145を参照)。

図 145

3. 4リットル(1ガロン)のプロピレングリコールを

主成分とするRV用不凍液を洗浄液タンクに入れて

ください。

メンテナンス

オプションの Severe Environment

洗剤タンク装備モデル -

本機からタンクを持ち上げてタンクから洗剤を抜

きます(図146)。 タンクを元に戻します。

1リットル(1/4

ガロン)のプロピレングリコールを主成分とする

RV用不凍液を洗浄液タンクに入れてください。

図 146

4. ec-H2O システム未搭載のモデル

-本機の電源スイッチをオンにして、洗浄液流量シ

ステムを作動させます。

床に不凍液が見えたら、本機の電源スイッチをオ

フにしてください。 ec-H2O システムと Severe Environment

モード搭載のモデル ‐

洗浄洗剤混合率ダイヤルを最大流量に設定します

本機の電源スイッチをオンにして、洗浄液流量を

「高」に設定します。 ec-H2O

洗浄を作動させ、Severe Environment

ボタンを押して、両方のシステムに不凍液を循環

させます。

床に不凍液が見えたら、本機の電源スイッチをオ

フにしてください。

このプロセスは最長2分かかります。 ec‐H2O システム搭載のモデル ‐

本機の電源スイッチをオンにして、洗浄液流量を

設定し、ec‐H2O

洗浄を作動させて不凍液をシステムに循環させま

す。

床に不凍液が見えたら、本機の電源スイッチをオ

フにしてください。

このプロセスは最長2分かかります。

オプションのスプレーノズル搭載のモデル -

スプレーノズルを作動させてポンプに不凍液を循

環させます。

Tennant T500 (03-2017) 57

メンテナンス

5. 自動バッテリー補水タンク搭載のモデル -

本機からタンクを持ち上げて、タンクから水を抜

きます(図147)。

図 147

タンクの底部にあるドレンホースキャップを外し

て、システムから残りの水を抜きます(図148)。

システムから水を抜く際、タンクからキャップを

外してください。

排水後、キャップをドレンホースの元の位置に戻

します。

重要:

不凍液は自動バッテリー補水タンクに決して追加

しないでください。

図 148

6. 本機を氷点下の環境で保管した後は、残りの不凍

液を洗浄液タンクとオプションの Severe

Environment 洗剤タンクから除去してください。

洗浄液タンクとオプションの洗剤タンクにきれい

な水を補充して本機を運転し、不凍液を洗い流し

てください。

7. 自動バッテリー補水タンクが搭載されている場合

は、補水タンクに蒸留水を補充してください。

58 Tennant T500 (03-2017)

メンテナンス

トラブルシューティング

問題

サービスインジケーター

アイコンの点滅 ec‐H2O

アイコンの赤色の点灯ま

たは点滅

本機が動作しない

原因

本機または搭載型充電器で異常が検出

されました ec‐H2O

システムで異常が検出されました

搭載型充電器が動作しな

本機が走行しない

ブラシモーターが

動作しない

バキュームモーターが動

作しない

洗浄

性能不良

解決策

「サービスインジケーターコード」を参照

「サービスインジケーターコード」を参照

非常停止ボタンの作動

本機の故障の検出

バッテリーの放電

バッテリーケーブルの緩み

バッテリーの故障

キースイッチの故障

スタートベイルスイッチの故障

サーキットブレーカーの作動

ボタンを回して、リセットしてください

「サービスインジケーターコード」を参照

バッテリーを充電してください

緩んだケーブルを締め付けてください

バッテリーを交換してください

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

サーキットブレーカーをリセットしてくださ

コントロールボードの故障 サービスセンターに連絡してください

プラグが電源に接続されていません プラグの接続を点検してください

バッテリーの過放電 バッテリーを交換してください

充電器の異常検出 「サービスインジケーターコード」を参照

充電器の故障

電源コードの異常

走行で異常が検出されました

サーキットブレーカーの作動

充電器を交換してください

電源コードを交換してください

「サービスインジケーターコード」を参照

サーキットブレーカーをリセットしてくださ

走行モーターまたは配線の異常 サービスセンターに連絡してください

モーター内のカーボンブラシの摩耗 サービスセンターに連絡してください

ブラシモーターで異常が検出されまし

た。

「サービスインジケーターコード」を参照

パッドモーターまたは配線の異常 サービスセンターに連絡してください

モーター内のカーボンブラシの摩耗 サービスセンターに連絡してください

ベルトの損傷または緩み(シリンダー

ブラシモデル)

スクイージーアセンブリーが床から浮

いています

バキュームモーターの異常検出

サービスセンターに連絡してください

スクイージーアセンブリーを床に下げてくだ

さい

「サービスインジケーターコード」を参照

バキュームモーターまたは配線の異常 サービスセンターに連絡してください

ブラシ/パッドのごみの詰まり ごみを取り除いてください

ブラシ/パッドの摩耗 パッド/ブラシを交換してください

不適切なブラシ圧

不適切なブラシ/パッドの種類

バッテリー充電の低下

ブラシ圧が不均等

ブラシ圧を調整してください

用途に適したブラシ/パッドを使用してくださ

バッテリーを充電してください

洗浄ヘッド/ブラシが不安定

サービスセンターに連絡してください

ベルトの損傷または緩み(シリンダー

ブラシモデル)

サービスセンターに連絡してください

Tennant T500 (03-2017) 59

メンテナンス

故障診断 -続き

問題

水が残る、またはまった

く水を吸引しない

洗浄液が殆どまたはまっ

たく流れない

Severe Environment

タンクから洗剤が散布さ

れない

自動バッテリー補水タン

クが水を供給しない

稼働時間が短い

洗浄液タンクの自動補水

機能が不良

洗浄ヘッドの過剰な騒音

(環状モード)

原因

汚水回収タンクが満杯または過剰な泡

の発生

解決策

汚水回収タンクを空にしてください

ドレンホースキャップの緩み、または

フローコントロールバルブが開放され

ています

スクイージーブレードの磨耗

キャップを締め直すか、フローコントロール

バルブを閉じてください

ドリップトラップの詰まり(スクイー

ジーアセンブリー)

スクイージーブレードを位置交換するか、新

しいものと交換してください

カバーを外し清掃してください

スクイージーアセンブリーの詰まり スクイージーアセンブリーを掃除してくださ

バキュームホースの接続部の緩み バキュームホース接続部をしっかり固定して

ください

バキュームホースの詰まり

バキュームホースの損傷

汚水回収タンクのフロート停止スクリ

ーンの詰まり

バキュームホースを洗浄してください

バキュームホースを交換してください

スクリーンを掃除してください

汚水回収タンク蓋が完全に閉まってい

ない

汚水回収タンク蓋のシール不良

洗浄液タンクを空にしてください

洗浄液の流量設定が低い

洗浄液タンクフィルターの詰まり

洗浄液供給ラインの詰まり

洗剤がない

蓋に異物が挟まっていないか確認してくださ

シールを交換してください

洗浄液タンクに洗剤を入れてください

洗浄液の流量を上げてください

フィルターを清掃してください

洗浄液供給ラインを洗浄してください

タンクに洗剤を充填してください

フロートスイッチの故障

ポンプの故障

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

ポンプのポテンショメーターの故障 サービスセンターに連絡してください

コントロールパネルの故障 サービスセンターに連絡してください

タンクが空 タンクに洗剤を充填してください

フロートスイッチの故障

ポンプの故障

ポンプがプライミングしない

コントロールボードの故障

バッテリー充電の低下

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

サービスセンターに連絡してください

バッテリーを充電してください

バッテリーのメンテナンスが必要です 「バッテリー」を参照してください。

バッテリーの故障またはバッテリー寿

命の限界

バッテリーを交換してください

バッテリー放電インジケーター(BDI

の誤ったプログラム設定

「バッテリーの充電」を参照してください。

充電器の故障

ブラシの圧力設定が高すぎる

カプラの不適切な接続

停止フロートの故障

充電器を交換してください

ブラシ圧を下げてください

カプラを接続してください

フロートを交換してください。

サービスセンターに連絡してください

本機が平坦な表面に置かれていない 本機が平坦な表面に置いてください

洗浄ヘッド絶縁装置の損傷 絶縁装置を交換してください

サービスセンターに連絡してください

60 Tennant T500 (03-2017)

仕様

本機の一般的な寸法/容量/性能

モデル

長さ

高さ

重量

重量(バッテリー込み)

車両総重量

スクイージー幅

洗浄液タンク容量

汚水回収タンク容量

Severe Environment タンク容量

自動バッテリー補水タンク容量

洗浄幅

接地圧

洗浄速度

走行速度

後退速度

生産性洗浄面積 - 標準 ec‐H2O 生産性洗浄面積 - 標準

通路転回幅

最大操作傾斜角度

洗浄液の流量 ec‐H2O 洗浄液の流量

ブラシモーター

走行モーター

バキュームモーター

ウォーターリフト

ウォーターリフト静音モード ec‐H2O 洗浄液ポンプ

Severe Environment 洗浄液ポンプ

自動バッテリー補水ポンプ

スプレーノズルポンプ

本機の電圧

バッテリー容量

総電力消費量

バッテリー充電器 - 搭載型

バッテリー充電器 - スマート定置型

保護等級

音圧レベルL pA

*

音圧レベルL pA

* - Quiet‐Mode

音の不確定性 K pA

*

音響出力レベルの不確定性L

不確定性 K pA

*

本機の手腕振動* pA

動作周囲温度

-

650mm

デュアルディスク

1486mm

700mm

1100mm

145kg

277kg

363kg

973mm

650mm

1911m

2148m

2

2

/hr

/hr

1499mm

低: 0.57L/分、

中: 0.84L/分、

高: 1.14L/分

83.7dB(A)

2~24VDC、0.75hp/0.55kW、29A、220RPM

24VDC、0.63hp / 0.48kW、20A

24VDC、0.63hp / 0.47kW、19.5A

*IEC 60335-2-72 基準値。仕様は事前の通知なく変更する場合があります。

1170mm

810mm

24VDC、2A、3.8L/分、最小開放流量

24VDC、1.7A、59ml/分、最小開放流量

12VDC、1.8A、1.4L/分、最小開放流量

24VDC、5A、15L/分、最小開放流量

24VDC

4~6V 225AH C/20 湿式、4~6V 260AH C/20 湿式、4~6V 220AH C/20AGM

66.5dB(A)

61.7dB(A)

0.8dB(A)

700mm

デュアルディスク

1501mm

750mm

1100mm

150kg

281kg

367kg

41049mm

85L

102L

2.5L

2.5L

700mm

低: 18kg、中: 36kg、高: 54kg

67mpm

73mpm

44mpm

2070m 2 /hr

2200m 2 /hr

1514mm

2%

低: 1.1L/分、中: 1.5L/分、高: 1.1L/分

低: 0.84L/分、

中: 1.25L/分、

高: 1.67L/分

66A 公称 / 1.6kW

115~240VAC、50/60Hz、24VDC、25A

85~265VAC、50/60Hz、24VDC、25A

IPX3

66.5dB(A)

61.7dB(A)

0.8dB(A)

83.7dB(A)

<2.5m/s 2

最小: 2

C、最大: 43

C

800mm

デュアルディスク

1552mm

850mm

1100mm

161kg

293kg

379kg

1234mm

800mm

2389m

2538m

2

2

/hr

/hr

1565mm

低: 0.84L/分、

中: 1.25L/分、

高: 1.67L/分

66.5dB(A)

61.7dB(A)

0.8dB(A)

83.7dB(A)

Tennant T500 (03-2017)

61

仕様

本機の一般的な寸法/容量/性能 - 続き

モデル

長さ

高さ

重量

重量(バッテリー込み)

車両総重量

スクイージー幅

洗浄液タンク容量

汚水回収タンク容量

Severe Environment タンク容量

自動バッテリー補水タンク容量

洗浄幅

接地圧

700mm シリンダーブラシ

1501mm

780mm

1100mm

168kg

299kg

386kg

1234mm

低: 18kg

中: 36kg

高: 54kg

67mpm

73mpm

44mpm

2070m 2 /hr

2200m 2 /hr

1514mm

1882m 2 /hr

2000m 2 /hr

1499mm

2%

低: 1.1L/分、中: 1.5L/分、高: 1.1L/分

低: 0.84L/分、中: 1.25L/分、高: 1.67L/分

2~24VDC、0.47kW、23A、1500RPM 24VDC、0.55kW、28A、2200RPM

24VDC、0.48kW、20A

24VDC、0.47kW、19.5A

1170mm

810mm

24VDC、2A、3.8L/分、最小開放流量

24VDC、1.7A、59ml/分、最小開放流量

12VDC、1.8A、1.4L/分、最小開放流量

24VDC、5A、15L/分、最小開放流量

24VDC

4~6V 225AH C/20 湿式、4~6V 260AH C/20 湿式、4~6V 220AH C/20AGM

66A 公称 / 1.6kW

115~240VAC、50/60Hz、24VDC、25A

85~265VAC、50/60Hz、24VDC、25A

IPX3

66.4dB(A)

61.8dB(A)

0.8dB(A)

85L

102L

2.5L

2.5L

700mm

洗浄速度

走行速度

後退速度

生産性洗浄面積 - 標準 ec‐H2O 生産性洗浄面積 - 標準

通路転回幅

最大運転勾配

洗浄液の流量 ec‐H2O 洗浄液の流量

ブラシモーター

走行モーター

バキュームモーター

ウォーターリフト

ウォーターリフト静音モード ec‐H2O 洗浄液ポンプ

Severe Environment 洗浄液ポンプ

自動バッテリー補水ポンプ

スプレーノズルポンプ

本機の電圧

バッテリー容量

総電力消費量

バッテリー充電器 - 搭載型

バッテリー充電器 - スマート定置型

保護等級

音圧レベルL pA

*

音圧レベルL pA

* - Quiet‐Mode

音の不確定性 K pA

*

音響出力レベルの不確定性L

不確定性 K pA

* pA

本機の手腕振動*

動作周囲温度

-

85.2dB(A)

*IEC 60335-2-72 基準値。仕様は事前の通知なく変更する場合があります。

<2.5m/s 2

最小: 2

C、最大: 43

C

700mm 環状

1486mm

710mm

1100mm

168kg

299kg

386kg

1049mm

低: 48kg

中: 63kg

高: 77kg

67dB(A)

60.6dB(A)

0.8dB(A)

84.0dB(A)

62 Tennant T500 (03-2017)

本機の寸法

デュアルディスクモデル

700mm

650mm モデル

750mm

700mm モデル

800mm

800mm モデル

1486mm

650mm モデル

1501mm

700mm モデル

1552mm

800mm モデル

1100mm

937mm

650mm モデル

1049mm

700mm モデル

1234mm

800mm モデル

仕様

Tennant T500 (03-2017)

63

仕様

シリンダーブラシモデル

780mm

1501mm

1100mm

1234mm

64 Tennant T500 (03-2017)

環状パッドモデル

710mm

1486mm

1100mm

1049mm

仕様

Tennant T500 (03-2017)

65

仕様

66 Tennant T500 (03-2017)

注意: 以下の手順は管理者のみを対象としてい

ます。

必要な場合、マニュアルから該当するページ

を削除してください。

管理者コントロール

管理者コントロール機能は、オペレーターが

使用できるように本機の洗浄設定を管理者が

プログラムすることを可能にします。

ロックアウト機能は、オペレーターによる

Zone Settings の変更や保存を防止します。

管理者コントロール機能は、一貫して再現可

能な洗浄効果を発揮するように、本機の性能

変動を抑えて、オペレーターの経験にかかわ

らず、本機の品質確保とオペレーターのトレ

ーニング時間の短縮を実現します。

PRO-MEMBRANE コントロールパネルモデル

本機には、次の3種類の管理者コントロール

モードがあります。

ロック解除モード 1:

オペレーターは、プリセットゾーンコントロ

ールボタンを再設定する機能を使用して、す

べての洗浄パラメータを制御することができ

ます。

ロック解除モード1は工場出荷時の初期設定

です。

ロックアウトモード

2: ゾーンコントロールボタンは管理者によっ

てプリセットされ、ロックされます。

オペレーターはプリセットゾーンコントロー

ルボタンの再設定機能を利用できますが、設

定の保存はできません。

ロックアウトモード 3 :

ゾーンコントロールボタンは管理者によって

プリセットされ、ロックされます。

オペレーターは、管理者によってプリセット

されたゾーンコントロールボタンの利用に制

限されます。

管理者コントロールモードの入力

1. 本機を平坦な表面に停め、キーをオフ(O

)の位置まで回します。

管理者コントロール

2. キースイッチをオンの位置に回しながら、

ブラシ圧ボタンを押します。

一番右側のバッテリー放電インジケーター

LED

が点灯したらボタンを放します(図149)

ボタンを放すと、有効化された管理者コン

トロールモードが、ステップ 3

の説明に示すように表示されます(図

150)。

図 149

3. 管理者コントロールモードの選択または変更を行

うには、LED

が3回点滅するまで、特定のゾーンコントロールボ

タンを押し続けます(図150)。

ロックアウトモード 3

の場合、ゾーンコントロールボタン 1 と 2

を同時に押し続けます。 選択を完了すると、LED

は点滅から点灯に変化して、新しいモードが有効

化されたことを知らせます。

ロック解除モード 1 = ゾーンコントロールボタン 1

ロックアウトモード 2 = ゾーンコントロールボタン 2

ロックアウトモード 3 = ゾーンコントロールボタン 3

ロック解除モー

ド 1

ロックアウ

トモード 2

図 150

ロックアウト

モード 3

4. 洗浄液流量ボタンを押して、ロックアウト

モード 2 または 3

に対してゾーンコントロールボタンのプリ

セットを設定します(図 151)。

図 151

Tennant T500 (03-2017) 67

管理者コントロール

5. 以下のリストからゾーンコントロールボタンのプ

リセットを設定して、LED

が3回点滅するまで、ゾーンコントロールボタンを

押し続けてプリセットの設定を保存します。

他の2つのゾーンに対しても同じ手順を繰り返しま

す。 ゾーンコントロール 3

をプリセットするには、ゾーンコントロールボタ

ン 1 と 2 を同時に押してください。

ゾーンコントロールのプリセット:

- ブラシ圧

- 洗浄液の流量

- Quiet‐Mode ボタンのオン/オフ

- ec‐H2O モードスイッチのオン/オフ

- Severe Environment ボタンのオン/オフ

( LED が点灯するまで3秒ボタンを押し続けます)

- 最大洗浄速度の設定

最大洗浄速度の設定を調整するには、Severe

Environment

ボタンを押して、以下の説明に示すように、5段階

の速度から選択します(図152)。 Severe

Environment

ボタンのないモデルの場合、図に示すようにパネ

ル上のエリアを押します。 ボタンは非表示です。

バッテリー放電インジケーターLEDによって各速

度の選択が表示されます。赤色の LED

は最小速度を示します。 一番右側の緑色のLED

は最大速度を表します(図152)。

図 153

管理者モード -

すべての操作ボタンが利用可能な状態で本機

を運転できるほか、オペレーターモードに対

して許可と制限やログイン機能を設定するこ

とができます。

管理者モードのホーム画面では、本機のセッ

トアップボタンと最大洗浄速度ボタンにアク

セスすることができます(図154)。

速度の選択

低 → 高

図 152

注記:

最大洗浄速度の設定は、管理者コントロールロックア

ウトモード 2 と 3 でのみ調整できます。

6. 管理者コントロールモードを終了するには、キー

をオフにします。

PRO‐PANEL コントール装備モデル

ホーム画面のインターフェースに表示される

ユーザーモードは2種類あります。

オペレーターモード -

管理者によって制御された許可と制限の下で

本機を運転することができます。

オペレーターモードのホーム画面では、本機

のセットアップボタンと最大洗浄速度ボタン

へのアクセスが制限されます(図153 )。

図 154

工場出荷後の初期状態では、本機は事前に割

り当てられた管理者プロファイルに基づいた

管理者モードで自動的に始動します。

本機の工場出荷時に割り当てられた管理者ロ

グインコードは「1234」です。

このログインコードは有効化されるまで不要

です。

初期設定の管理者プロファイル名とログイン

コードは本セクションで説明したように変更

できます。

新規に割り当てられた管理者モードのログイ

ンコードを忘れた場合は、リカバリーログイ

ンコード「836626826」を使用してください

68 Tennant T500 (03-2017)

管理者コントロール

管理者モードの入力 -

1. 本機の電源スイッチを入れます。

本機の始動時にホーム画面が表示されます

(図155)。 ヘルプボタンを押します。

図 155

2. ログインボタンを押します(図156)。

図 158

5. 本機の設定画面には、以下のメニューへの

アクセスが用意されています(図159)。

3. 初回使用 -

図 156

工場出荷時に割り当てられた管理者モードログイ

ンコード「1234」を入力して、緑色の入力ボタン

を押します(図 157)。

図 157

4.

管理者モードのホーム画面が表示されます(図158

)。 本機の設定ボタンを押します。

Tennant T500 (03-2017)

図 159

ビデオに関するヘルプ -

特定の操作とメンテナンスの手順を参照するため

に使用します。

プロファイルの追加/編集 -

本機の用途に対応するように、ユーザープロファ

イルを追加/編集するために使用します。

バッテリーの種類 -

異なる種類のバッテリーに対応するように本機を

設定するために使用します。

「バッテリー」を参照してください。

ログイン可 -

本機の始動時に、本機を運転するのに必要なログ

インコードを有効化するために使用します。

タッチ補正アイコン -

タッチポイントの位置ずれがある場合にタッチ画

面を補正するために使用します。

工場出荷時の状態にリセット -

管理者ログインコードを工場出荷時のデフォルト

コード「1234」にリセットするほか、ユーザープ

ロファイルを削除し、カスタマイズされたプリセ

ットゾーンコントロールボタンを工場出荷時のプ

リセットゾーンにリセットします。

69

管理者コントロール

ユーザープロファイルの追加/編集

1. 「プロファイルの追加/編集」ボタンを押

して、新規ユーザープロファイルを入力し

ます(図160)。

3. オペレーターボタンを押してオペレーターモード

を追加するか、管理者ボタンを押して追加の管理

者モードプロファイルを追加します(図162)。

注記:

本機のデフォルト管理者プロファイルはプロ

ファイルリストから削除できません。

図 160

2. 「プロファイルの追加」ボタンを押して、新規ユ

ーザープロファイルを追加します(図161)。

図 162

4. 新規ユーザープロファイルの名前を入力し

て、緑色の入力ボタンを押します(図163

)。

70

図 161

プロファイルの編集、コピー、削除ボタンを使用

して、現在のユーザープロファイルを管理します

現在のユーザープロファイルを編集するために押

します。

現在のユーザープロファイルをコピーするために

押します。

ユーザープロファイルを削除するために押します

図 163

5. 新規ユーザープロファイルに対してログインコー

ドを割り当て、緑色の入力ボタンを押します(図

164)。

新しいログインコードは、3~8桁の範囲で任意の

組み合わせが可能です。

図 164

Tennant T500 (03-2017)

6. 使用のアクセス許可を新規ユーザーに与えるコン

トロールを選択します(図165)。

緑色はロック解除されたコントロール、灰色はロ

ックされたコントロールを示します。

点滅している保存ボタンを押して、新規プロファ

イルを保存します。

管理者コントロール

ログイン画面の有効化

1. 本機の電源スイッチを入れます。

2. ヘルプボタンを押して、管理者モードで本

機にログインします(図168)。

「管理者モードの入力」を参照してください。

図 165

7. 図に示すように、これでオペレータープロファイ

ルリストに新規ユーザープロファイルが保存され

ました(図166)。

複数のオペレーターおよび管理者のユーザープロ

ファイルを追加することができます。

「戻る」矢印を押して前の画面に戻り、ユーザー

プロファイルを追加します。

図 168

3.

本機の設定ボタンを押します (図169)。

図 166

8. 始動時のログイン画面の有効化(図167)

については、「ログインの有効化」を参照

してください。

図 169

4. 「ログイン可」ボタンを押します(図170

)。

「ログイン可」ボタンが、「ログイン可」

から「ログイン不可」に変わります。

図 170

Tennant T500 (03-2017)

図 167

71

管理者コントロール

5 ログインを有効にするために、「はい」ボ

タンを押します(図 171)。 ログイン画面の無効化

1. 本機の電源スイッチを入れます。

2. ヘルプボタンを押して、管理者モードで本

機にログインします(図174)。

「管理者モードの入力」を参照してください。

図 171

6 上記の設定が完了すると、本機の始動時に

ログイン画面が表示されます(図172)。

ユーザーは本機を操作するためにログイン

コードを入力する必要があります。

図 174

3.

本機の設定ボタンを押します (図175)。

図 172

7. 本機の使用後、ユーザーはヘルプボタンを

押してから、ログアウトボタンを押してロ

グアウトすることが推奨されます。

キーをオフの位置に回してログアウトする

方法もあります

図 175

4. 「ログイン不可」ボタンを押します(図

176)。

図 176

図 173

72 Tennant T500 (03-2017)

5 「はい」ボタンを押して、始動時でのログ

インを無効化します(図177)。

管理者コントロール

注記:

ログインなしのデフォルトホーム画面として

異なるユーザープロファイルに変更するには

、ログインを再度有効化して、ログイン指示

を再度無効化する必要があります。

工場出荷時に割り当てられた管理者ログインコードの

変更

1. 本機の設定ボタンを押します(図180)。

図 177

6 「オペレーター」ボタンまたは「管理者」

ボタンのいずれかを押して、ログインなし

のデフォルトのホーム画面として希望する

ユーザープロファイルを選択します(図

178)。

図 180

2. プロファイルの追加/編集ボタンを押しま

す(図181)。

図 178

7. 事前に割り当てられたユーザープロファイ

ルを選択します。

この例では、オペレータープロファイル「

JOHN」が選択されています(図179)。

キーをオフにして設定を適用します。

図 181

3. プロファイルの編集ボタンを押します(図182)。

図 179

8. これで本機の始動時にログイン画面は、ロ

グインなしのデフォルトとして希望するユ

ーザープロファイルの設定が適用されます

Tennant T500 (03-2017)

図 182

73

管理者コントロール

4. 管理者ボタンを押した後、デフォルト管理者ボタ

ンを押します(図183)。

図 183

5. 工場出荷時に割り当てられたログインコードを押

して、新規のログインコードを入力します(図184

)。

点滅している保存ボタンを押して、新規のログイ

ンコードを保存します(図 )。

図 184

74 Tennant T500 (03-2017)

advertisement

Related manuals

Download PDF

advertisement