MSI MS-ACD1 PRO 22X 8M 取扱説明書

Add to My manuals
44 Pages

advertisement

MSI MS-ACD1 PRO 22X 8M 取扱説明書 | Manualzz

PRO 22X

シリーズ

オールインワン (AIO) PC

MS-ACD1 システム

ii

目次

著作権および商標について �������������������������������������������������������������������������������������iii

改訂 �������������������������������������������������������������������������������������������������������������������������iii

製品のアップグレードと保障 ���������������������������������������������������������������������������������iv

交換可能部品の販売について ���������������������������������������������������������������������������������iv

技術サポート �����������������������������������������������������������������������������������������������������������iv

グリーン製品の特徴 ������������������������������������������������������������������������������������������������iv

環境保全方針 �������������������������������������������������������������������������������������������������������� v

化学物質情報 ����������������������������������������������������������������������������������������������������������� v

バッテリー情報 ������������������������������������������������������������������������������������������������������� v

安全に関する注意事項 ��������������������������������������������������������������������������������������������vi

CE 適合性 ��������������������������������������������������������������������������������������������������������������viii

FCC-B無線周波数干渉制限準拠声明 �������������������������������������������������������������������� viii

WEEE 声明 ������������������������������������������������������������������������������������������������������������viii

RoHS 声明 ���������������������������������������������������������������������������������������������������������������ix

1.

概要

.............................................................................................1-1

パッケージの内容 ������������������������������������������������������������������������������������������������ 1-2

システムの概要 ����������������������������������������������������������������������������������������������������1-3

コンポーネントの交換とアップグレード ������������������������������������������������������������ 1-8

2.

ご使用の手引き

...........................................................................2-1

安全と安心に関するヒント ���������������������������������������������������������������������������������� 2-2

ハードウェアセットアップ ���������������������������������������������������������������������������������� 2-3

3.

システムの操作方法

....................................................................3-1

電源管理 ���������������������������������������������������������������������������������������������������������������3-2

ネットワーク接続 (Windows 10) ������������������������������������������������������������������������� 3-4

システムの復元 (Windows 10) ����������������������������������������������������������������������������� 3-7

システムの復元 (F3 ホットキー回復 ) ( オプション ) ������������������������������������������� 3-11

4. OSD

設定

......................................................................................4-1

Navi キー ���������������������������������������������������������������������������������������������������������������4-2

ナビキーによるOSD設定 ������������������������������������������������������������������������������������� 4-5

A.

トラブルシューティング

...........................................................A-1

前文 iii

ii

著作権および商標について

本書はMicro-Star Int’l Co., Ltd.の著作物であり、版権所有。MSIロゴはMicro-Star Int’l

Co., Ltd.の登録商標です。記載されているすべての商標はそれぞれの所有者に帰属し

ます。本書の作成にあたっては細心の注意を払っておりますが、本書に記載されてい

る内容の正確性については一切保証いたしません。弊社製品は継続的に改善されてい

ます。弊社は、予告なく変更する権利を保有します。

改訂

改訂

V1.0

日付

2019年03月

前文 iii

iv

製品のアップグレードと保障

本製品の製品出荷時に組み込まれた部品のうち、特定の部品に関してはお客様のご要

望による部品のアップグレードまたは交換が可能です。お買い求めいただきました製

品の詳細な部品構成につきましては、ご購入いただきました販売店様、または製品の

正規代理店へお問い合わせください。但し、正規代理店又はサービスセンター以外で

本製品の部品のアップグレードまたは交換を行われた場合、製品保証が無効に成る場

合がございますのでご注意ください。製品のアップグレードまたは交換サービスにつ

きましては、製品の正規代理店またはサービスセンターにお問い合わせください。

交換可能部品の販売について

特定の国または地域で本製品を購入された場合、弊社は本製品の交換用部品(または

それに相当する部品)の供給を製品の生産終了後も最長で5年間継続致します。継続期

間は仕向地の縫製や規制により異なります。スペアパーツの入手についての詳細な情

報はhttp://www.msi.com/support/経由でお問い合わせください。

技術サポート

製品に問題が発生し、ユーザーズマニュアルに解決方法が記載されていない場合は、

製品をお買い求めになられた販売店または現地の代理店にご相談ください。他の解決

方法として、MSIのウェブサイトに掲載されている詳細情報をご参照頂くこともでき

ます。テクニカルガイド,BIOSアップデート,ドライバアップデートやその他の情報は http://www.msi.com/support/をご参照ください。

グリーン製品の特徴

使用中およびスタンバイ時の消費電力を低減しています

環境や人体に有害な物質の使用を制限しています

解体とリサイクルが容易です

リサイクルの促進により天然資源の消費を削減しています

アップグレードが容易で製品を長くお使い頂けます

回収ポリシーにより廃棄物の発生を低減しています

前文 v

iv

環境保全方針

本製品は部品の再使用とリサイクルに配慮して設計されていま

す。ご不要になった際はリサイクルにご協力ください。

本製品の廃棄の際は、お住まいの地域の廃棄物処理のルールに

沿った適切なご対応をお願い致します。

さらなるリサイクル情報のため、MSIのウェブサイトのご訪問とお近くの代

理店のご確認をお願いします。

MSI製品の適切な処分,回収,リサイクル,分解につきましては、gpcontdev@ msi.comでもご案内致します。

化学物質情報

化学物質規則に従って、例えばEU REACH規則 (欧州議会および理事会規則(EC)

No.1907/2006)、MSIは製品内の化学物質の情報を提供します。 http://www.msi.com/html/popup/csr/evmtprtt_pcm.html

バッテリー情報

欧州連合:

バッテリー、バッテリーパックおよび蓄電池は、分類さ

れていない家庭廃棄物として捨てられるべきではありま

せん。公共の収集システムを使用して回復し、リサイクル

し、または当地の規則に従って処理します。

台湾:

より良い環境保護のために、再生利用または特別の処理

するように、廃物のバッテリーは別々に収集られるべき

です。

カルフォルニア、USA:

ボタンセルバッテリーは過塩素酸塩を含む恐れがあるので、カルフォルニア

で再生利用または特別の処理するには特別に取り扱ってください。

詳細については、以下のウェブサイトをご参照ください。 http://www.dtsc.ca.gov/hazardouswaste/perchlorate/

バッテリーを正しく交換しない場合、爆発の危険があります。同じバッテリ

ーか、またはメーカーが推奨する同型のバッテリーに交換してください。

前文 v

vi

安全に関する注意事項

安全に関する注意事項をよくお読みください。

装置およびユーザーズマニュアルに記載されている全ての注意と警告を順

守してください。

パッケージに附属しているユーザーズガイドは、将来参照するために保存願

います。

本装置は高温と多湿を避けて設置してください。

本装置をセットアップする際には、安定した平らな面に置いてください。

本装置をコンセントに接続する前に、電圧が100V~240Vの範囲内である

ことを確認してください。本装置の電源プラグのアース端子は接地させる

必要があります。

本装置に拡張ボード等の部品を取り付ける際は、作業前に必ずAC電源コ

ードを抜いてください。

本装置を長期間使用しない場合は、不要な電力を消費させないようコンセ

ントからACプラグを抜いてください。

電源: f 120W: 19V 6.32A (オプション 1) f 150W: 19.5V

7�7A ( オプション 2)

本装置の通気口は内部の部品の過熱を防ぐために使われます。通気口を塞がな

いでください。

装置が破損するおそれがあるため、60℃(華氏140度)を超える場所または0℃(

華氏32度)未満の場所では保管しないでください。

注意:本装置が使用可能な最高気温は35℃です。

前文 vii

vi

前文

装置の故障や感電の原因となりますので、開口部からいかなる液体も注ぎ込ま

ないでください。

電源コードが破損し、異常な発熱などが発生する可能性がありますので、電源

コードの上に物を置かないでください。

同軸ケーブルをテレビチューナーに接続する場合、金属シールドが建物の

保護接地システムに確実に接続されている必要があります。

ケーブル配列システムは、国家電気規則 (NEC) (ANSI/NFPA 70)、特に

820.93部分の同軸ケーブルの外部伝導保護接地通りに接地されるべきで

す。

強い磁力や電力を発生している物からは常に本装置を離してください。

次のような場合は、サービス担当者に装置の点検を依頼してください。

電源コードまたはプラグが破損した場合。

装置内に液体が入った場合。

装置が高い湿気に晒された場合。

ユーザーズマニュアルに従って操作しても、装置が正常に動作しない、ま

たは起動しない場合。

装置が落下して破損した場合。

装置に目立った損傷がある場合。 vii

1� 光学記憶装置はクラス 1 レーザー製品として分類されています。 通常の使用外

の制御や調整等の手順を実行することは禁止されています。

2� 光学ディスクドライブ内のレンズには手を触れないでください。

viii

CE

適合性

本製品は、必須の安全要件および欧州指令に定められたその他の関連す

る規定に準拠しています。

FCC-B無線周波数干渉制限準拠声明

本装置は、FCC規定第15部に準ずるクラスBのデジタル機器の制限に準拠することが

試験によって確認されています。これらの制限事項は、住宅地域で使用した場合に生

じる可能性のある電磁障害を抑制するために制定されたものです。本装置は高調波エ

ネルギーを生成および使用しており、高調波エネルギーを放射する

可能性もあるため、指示に従って正しく設置しなかった場合は、無

線通信に障害を及ぼす可能性があります。但し、特定の設置状況に

おいては電波障害を起こさないという保証はありません。本装置が

ラジオやテレビの受信に障害を与えていないかを判断するには、本

装置の電源の投入と切断を行って確認します。受信障害が発生している場合には、以

下の方法で受信障害を改善することをお薦めします。

受信アンテナの方向または設置位置を変える。

本装置と受信機の距離を離す。

本装置を受信機が接続されている回路とは別の回路のコンセントに接続す

る。

販売店やラジオ/ビデオの専門技術者に問い合わせる。

注記1

FCC準拠に責任を持つ第三者からの明確な許可を受けることなく、本体に承認されて

いない変更や改造が行われた場合には、本装置を使用する権利が規制される場合があ

ります。

注記2

放出制限に従うために、シールドされたインタフェースケーブルとAC電源コードを

使用しなければなりません。

本機器はFCC規定第15部に準拠しています。操作は次の2つの条件により規制されま

す。

1� 電波障害を起こさないこと。

2� 誤動作の原因となる電波障害を含む、受けるすべての電波障害に対して正常に動

作すること。

WEEE

声明

2005年8月13日以降にEU加盟国を流通する電気・電子製品にはWEEE指

令によりゴミ箱に×印のリサイクルマークの表示が義務づけられており、

廃棄物として捨てることの禁止とリサイクルが義務づけられています。

前文 ix

viii

RoHS

声明

日本JIS C 0950材質宣言

日本工業規格JIS C 0950により、2006年7月1日以降に販売される特定分野の電気お

よび電子機器について、製造者による含有物質の表示が義務付けられます。 http://www.msi.com/html/popup/csr/cemm_jp.html

http://tw.msi.com/html/popup/csr_tw/cemm_jp.html

前文 ix

1

概要

このシリーズは、スタイリッシュなメタルフレーム/スケルトンアクリルデ

ザインを採用。マルチタッチスクリーンにより、迫力ある映像、臨場感溢れ

るサウンド、そして高性能コンピューティングを簡単に楽しむことができま

す。

パッケージの内容

オールインワンPC AC/DCアダプタ AC電源コード

1-2

ユーザーズマニュアル

( オプション ) & クイック

ガイド

キーボード ( オプション ) マウス ( オプション )

* 付属品が損傷または不足している場合は、ただちに当社にお問い合せください。

* 図は参考用です。同梱されているものは、お買い上げいただいたモデルによってわ

ずかに異なることがあります。

概要

1-3

1-2

概要

システムの概要

h

正面図

1

2

1

2

ディスプレイ

21.5インチLED-backlitディスプレイは、1920 x 1080 FHDの最適解像度お

よび16:9ワイド画面の標準比率です。

スタンド

ご使用のシステムを平らで安定した表面に配置するためにこのスタンドを

使用します。

1-3

h

側面図

2

4

1

3

1-4

1 カードリーダードドライブ

内蔵カードリーダーはさまざまなタイプのメモリカードに対応します。

2

3

4

USB 3.1 Gen 1ポート

USB (ユニバーサルシリアルバス)ポートには、USBキーボードやUSBマウ

スといったUSB規格に準拠したデバイスを接続できます。データ転送速度

は最大5Gbit/sです(超高速モード時)。

USB 3.1 Gen 1ポート (Type-C)

USB (ユニバーサルシリアルバス)ポートには、USBキーボードやUSBマウ

スといったUSB規格に準拠したデバイスを接続できます。データ転送速度

は最大5Gbit/sです(超高速モード時)。

USB Type Cポートは、可逆プラグとケーブルの方向を備えており、外付け

デバイスのために、最大5V/3Aまでをサポートします。

電源ボタン

電源ボタンを押すと、システムをオン/オフすることができます。

概要

1-5

1-4

概要 h

背面図

1

2

3

5

10

12

11

9

8

7

6

注意

安全のために、先にAC/DC電源アダプタを接続して、その後AC電源コードをコンセ

ントに接続してください。

1-5

1-6

1

2

3

4

5

6

7

8

9

通気口

本装置の通気口は通風および過熱から機器を保護するために使用されま

す。通気口を塞がないでください。

ナビーキー

AIO PCには、オンスクリーンディスプレイ(OSD)メニューをナビゲート

するのに役立つ多方向操作のナビキーが付属しています。

Kensington Lockポート

本製品はKensingtonロックポートを搭載しています。ゴムで処理された金

属ケーブルでAIO PCを固定位置に括り付けるか、キーあるいは機械的な

PINデバイスでユーザーのAIO PCの安全を確保します。ケーブルの末端

には小さな輪があり、ケーブル全体を固定の物体に巻きます。重いテーブ

ル、または他の同様の設備にAIO PCを固定位置に括り付けっています。

電源ジャック

AC/DC電源アダプタは、このジャックのAC電源をDC電源に変換します。

このジャックを通して供給される電力は、PCに電力を供給します。PCの

損傷を避けるために、付属の電源アダプタを必ず使用してください。

ヘッドフォンジャック

ヘッドフォンまたはスピーカー用のコネクタです。

マイクジャック

マイク用のコネクターです。

USB 2.0ポート

USB (ユニバーサルシリアルバス) ポートには、USBキーボードやUSBマウ

スといったUSB規格に準拠したデバイスを接続できます。データ転送速度

は最大480Mbpsです。(High Speedモード時)

USB 3.1 Gen 1ポート

USB (ユニバーサルシリアルバス)ポートには、USBキーボードやUSBマウ

スといったUSB規格に準拠したデバイスを接続できます。データ転送速度

は最大5Gbit/sです(超高速モード時)。

シリアルポート

シリアルポートはバーコードスキャナ、バーコードプリンタ、手形プリン

タ、クレジットカード機器などをサポートします。

概要

1-7

1-6

概要

10 HDMI出力ポート

HDMIは非圧縮のオーディオ/ビデオストリームのデジタル伝送に対応した

マルチメディアインターフェースです。HDMIはSD、HD映像を含む全ての

TVフォーマットと、多チャンネルデジタルオーディオに一本のケーブルで

対応できます。

11

12

HDMI入力ポート

(MSI Instant Displayテクノロジをサポート )

HDMIは非圧縮のオーディオ/ビデオストリームのデジタル伝送に対応した

マルチメディアインターフェースです。HDMIはSD、HD映像を含む全ての

TVフォーマットと、多チャンネルデジタルオーディオに一本のケーブルで

対応できます。

MSI Instant Displayテクノロジで、AIO PCの電源を投入すると、電源ボタ

ンを押さずに、モニタが自動的にスタンドバイモードに入ります。デバイ

スをHDMI入力ポートに接続すると、モニタが直ちにオンになります。AIO

PCの電源もう投入した場合には、サイドパネルのモニタ電源/モードボタ

ンを通じて各モードの間で切り替えます。このテクノロジはシステムのた

めに多くのエネルギーを節約するのに役立ちます。

RJ-45 LANジャック

LANへの接続用に標準のRJ-45 LANジャックが付属しています。このジャ

ックにネットワークケーブルを接続できます。

黄色 緑色/ オレンジ

1-7

LED

黄色

LED状態

Off

On (点灯)

緑色

On (点滅)

Off

On

オレンジ On

コンディション

ネットワークに接続していません。

ネットワークに接続しています。

通信中です。

10 Mbit/秒で通信しています。

100 Mbit/秒で通信しています。

1000 Mbit/秒で通信しています。

注意

高速デバイスはUSB 3.1ポートに挿入することにもかかわらず、マウスあるいはキー

ボードなどの低速デバイスはリアパネルにはのUSB 2.0ポートに差し込むことをお薦

めします。

コンポーネントの交換とアップグレード

製品にプリインストールされた特定のコンポーネントは、ユーザーが購入したモジュ

ールにより、ユーザーの依頼でアップグレードまたは交換可能な場合があります。

1-8

ご購入いただいた製品の詳しい情報については、最寄りの代理店までお問い合わせく

ださい。認定代理店またはサービスセンター以外は、製品のコンポーネントをアップ

グレードしたり交換しないでください。保証が無効になることがあります。アップグ

レードまたは交換サービスについては、認定代理店またはサービスセンターまでお問

い合わせください。

概要

PB

2

ご使用の手引き

本章ではハードウェアのセットアップ手順について説明します。周辺機器の

接続時には、機器の持ち運びに十分注意し、静電気防止用に接地されたリス

トストラップを使用してください。

2-2

安全と安心に関するヒント

健康のために、適切な作業環境を整えた上で使用して下さい。

1� 作業領域には十分な照明が必要です。

2� 適切な机と椅子を選び、操作がしやすいように高さを調整します。

3� 椅子に座る場合、椅子の背もたれがある場合は椅子の背もたれを背中にあわせて

調整します。

4� 足は平らに自然な状態で置き、膝と肘が適切な位置(約90度)になるようにしま

す。

5� 手は自然な状態で机の上に置き、手首が支えられるようにします。

6. 本機の角度と位置を見やすいように調整します。

7� パソコンは使いにくい場所(ベッドの上など)で使わないで下さい。

8� 本機は精密機器です。怪我をしないよう、取り扱いには十分注意してください。

ご使用の手引き

2-3

2-2

ご使用の手引き

ハードウェアセットアップ

注意

• ここに表示された図解は参照用だけです。ご購入したモデルによりシステムが異な

る場合があります。

• システムを通電する前に、必ずAC電源コードやコンセント経由でPCを地面に接地

することを確認してください。

• ディスプレイの上に鋭い物を使わないでください。

1. 本機がしっかりと置かれるまで、スタンドを適切な角度に調整します。

2-3

2. アダプタを本機に接続し、電源コードに挿入します。

2-4

3. 電源ボタンを押して、システムを通電します。

ご使用の手引き

PB

システムの操作方法

この章では、システムの操作に関する基本的な情報について説明します。

注意

すべての情報は予告なしに変更する場合があります。

3

電源管理

本製品は、本製品とモニターの電源管理を行うことにより、大幅に電気使用量を節約

し、環境に配慮する事が出来ます。

本製品を効率的に使用するために、一定時間使用されない場合に本製品がスリープモ

ードになる様に設定をしましょう。 h Windows 10

での電源管理

■ Windows OS での [Power Options](電源オプション)により、ディスプレ

イ、ハードドライブ、バッテリーの電源管理機能を制御できます。(スター

ト) を右クリックし、[設定]から[システム]をクリックします。

3-2

[電源とスリープ]を選択し、お客様の使用方法に適した電源プランを選択し

てください。[電源の追加設定]を選択する事で、設定を微調整することもで

きます。

■ コンピュータのシャットダウンメニューに、システム電源の迅速かつ容易な

管理のためのスリープ、(S3/S4) および シャットダウン、(S5) の各オプショ

ンが表示されます。 h

ENERGY STARに適合しているモニターを通じ

た電源管理

ユーザーが一定の時間、本製品を使用しない状態であった場

合、電源管理の機能が低電力モードまたはスリープモードに移

行します。ENERGY STARに適合したモニターをご利用の場合

は、この機能がモニターの電源管理機能も同様にサポートしま

す。電力消費量節約の為に、本製品のシステムがAC電源で動作しているとき、電源

管理機能はあらかじめ以下の設定で動作いたします。

■ 10分後ディスプレイの電源をオフにします。

■ 30分後スリープモードに入ります。

システムの操作方法

3-3

3-2

システムの操作方法 h

システムの復帰

次のいずれかを使用して、節電モードからコンピュータを復帰させることができま

す。

■ 電源ボタン

■ ネットワーク (Wake On LAN)

■ キーボード

節電に関するヒント :

■ 一定時間使用しない場合、LCD電源ボタンを押してモニターの電源をオフに

します。

■ Windows OSの電源オプションを設定して、パソコンの電源管理を最適化し

ます。

■ パソコンの電力消費を管理するソフトウェアをインストールします。

■ 長期にわたり本製品を使用されない場合は、不要な電力消費を防ぐために、

必ずAC電源コードをコンセントから外してください。

3-3

ネットワーク接続 (Windows 10)

h

有線ネットワーク

1. (スタート) を右クリックし、一覧から[設定]を選択してください。

2. [ネットワークとインターネット]の項目内の[イーサネット]を選択します。

3-4

3. [ネットワークと共有センター]を選択し、[ネットワーク設定の変更]の中の[新しい

接続またはネットワークのセットアップ]を選択してください。

システムの操作方法

3-5

3-4

システムの操作方法

4. [インターネットに接続します]を選択し、[次へ]をクリックします。

5. ユーザー名とパスワードが必要なネットワークに接続する為に[ブロードバンド

(PPPoE)]を選択します。

6. お客様が契約されているISP(インターネットサービスプロバイダ)からの情報を

入力し、[接続]をクリックしてLAN接続を確立してください。

3-5

h

無線ネットワーク

1� (スタート) を右クリックし、一覧から「設定」を選択し、[ネットワークと

インターネット]を選択します。

2. [Wi-Fi]が選択されており、現在利用可能なWLAN接続のリストが表示されます。表

示されているリストから利用される接続を選択してください。

3� リストに表示されていない新しい接続を確立するには、[イーサネット]の項目にあ

る[ネットワークと共有センター]を選択します。

3-6

4� [新しい接続またはネットワークのセットアップ]を選択してください。

5� 次に[ワイヤレスネットワークに手動で接続します]を選択して、[次へ]をクリック

して次へ進みます。

6. 追加したい無線ネットワークの情報を入力して、[次へ]をクリックして次に進みま

す。

7. 新しい無線LAN接続が確立されます。

システムの操作方法

3-7

3-6

システムの操作方法

システムの復元 (Windows 10)

システムの復元機能を使用する目的には、以下が含まれます。

■ システムをメーカー出荷時の初期状態に復元する場合。

■ 使用中のオペレーティングシステムにエラーが発生した場合。

■ オペレーティングシステムがウィルスの影響を受け、正常に機能しなくなっ

た場合。

■ 他の言語で OS をインストールし直す場合。

システムの復元機能を使用する前に、システムに保存された重要なデータを他の記憶

媒体にバックアップしてください。

本書に記載された手順でシステムの復元ができない場合は、お住まいの地域の正規代

理店またはサービスセンターにご相談ください。

3-7

PC を初期状態に戻す

1� (スタート)

ます。

をクリックし、[設定]を選択して[更新とセキュリティ]を選択し

2� [回復]の項目を選択し、[このPCを初期状態に戻す]の項目で[開始する]をクリック

しシステム復元を開始します。

3-8

3� [オプションを選んでください]の画面が表示されます。[個人用ファイルを保持す

る]、または[全てを削除する]を選択します。

PC を初期状

態に戻す

個人用ファイルを保持する

Windows がインスト

ールされているドライ

ブのみ

すべて削除する

すべてのドライブ

ファイルの削除のみ行う

ファイルを削除してドライブのク

リーニングを実行する

ファイルの削除のみ行う

ファイルを削除してドライブのク

リーニングを実行する

システムの操作方法

3-9

3-8 h

個人用ファイルを保持する

1. [個人用ファイルを保持する]を選択します。

システムの操作方法

2� [お使いのアプリは削除されます]の画面には、Webまたはお手元のインストールデ

ィスクから再インストールしなければならないアプリの一覧が表示されます。[次

へ]をクリックして次へ進みます。

3-9

3� 次の画面には[このPCを初期状態に戻す準備ができました]が表示され、処理中に行

われる変更の一覧が表示されます。[初期状態に戻す]をクリックしてシステムの初

期化を開始してください。

h

すべて削除する

1. [すべて削除する]を選択します。

3-10

2� 複数のハードディスクを搭載している場合、[PCに複数のドライブがあります]の画

面が表示され、[Windowsがインストールされているドライブのみ]と[すべてのドラ

イブ]のいずれかを選択する事が出来ます。

3� 次に[ファイルの削除のみ行う]または[ファイルを削除してドライブのクリーニング

を実行する]を選択してください。

4� 次の画面には[このPCを初期状態に戻す準備ができました]が表示され、処理中に行

われる変更の一覧が表示されます。[初期状態に戻す]をクリックしてシステムの初

期化を開始してください。

システムの操作方法

3-11

3-10

システムの操作方法

システムの復元

(F3

ホットキー回復

)

(

オプション

) h

システム回復機能を使用する際の注意事項

1. ハードドライブとシステムに回復不能な問題が発生した場合、まずハードドライブ

からF3ホットキー回復を使用してシステム回復機能を実行してください。

2. システム回復機能を使用する前に、システムドライブに保存された重要なデータを

他のストレージデバイスにバックアップしてください。 h

F3ホットキーでシステムを回復

以下の手順に従って続行します。

1. PCを再起動します。

2. MSIの挨拶がディスプレイに表示されたら、キーボードのF3ホットキーをすぐ押し

てください。

3. [Choose an Option (オプションを選択する)]画面で、[Troubleshoot (問題を解決す

る)]をタップしてください。

4. [Troubleshoot (問題を解決する)]画面で、[Restore MSI factory (MSI工場出荷時設定

に戻す)]をタップし、システムを初期設定に戻してください。

5. [RECOVERY SYSTEM (システムを復元する)]画面で、[System Partition Recovery

(システムパーティションの復元)]をタップしてください。

6. 画面に表示された指示に従い、リカバリー機能を継続し、完了させてください。

3-11

3-12

システムの操作方法

PB

OSD

設定

この章では、OSD設定に関する重要な情報を提供します。

重要

すべての情報は予告なしに変更される場合があります。

4

4-2

Navi

キー

モニターには、オンスクリーンディスプレイ(OSD)メニューをナビゲートするのに

役立つ多方向操作のナビキーが付属しています。

Navi キー

OSD 設定

ナビキーのデフォルト設定は次のとおりです。

入力信号 : PC モード

Menu

(メニュー)

操作

■ 上、下、左、右ボタンを使用して輝度と

音量を調整します。Menuを押すと、サ

ブメニュが表示されます。

■ Menuをもう一度押すと、メインメニュ

が表示されます。

Sub-menus

(サブメニュ

ー)

■ Menuを押すと、サブメニュが表示さ

れます。

■ PCモードに入力源とモードのみが有効

です。

Mode

(モード)

Input Source

(入力源)

■ Menuを押すと、サブメニュが表示さ

れます。

■ 下ボタンを押してモード機能に入りま

す。左と右ボタンで設定を調整します。

■ Menuを押すと、選択を確認して終了

します。

4-3

■ 左ボタンを押して入力源機能に入りま

す。左と右ボタンで設定を調整します。

■ Menuを押すと、選択を確認して終了

します。

入力信号 : モニターモード

Menu

(メニュー)

Volume

(音量)

Brightness

(輝度)

4-4

Mode

(モード)

Input Source

(入力源)

操作

■ Menuを押すと、サブメニュが表示さ

れます。

■ Menuをもう一度押すと、メインメニュ

が表示されます。

■ 上ボタンを押して音量機能に入ります。

左と右ボタンで数値を調整します。

■ Menuを押すと、選択を保存して終了

します。

■ モニターモードのみ対応。

■ 右ボタンを押して輝度機能に入ります。

左と右ボタンで数値を調整します。

■ Menu(メニュー)を押すと、選択を保

存して終了します。

■ モニターモードのみ対応。

■ 下ボタンを押してモード機能に入りま

す。左と右ボタンで設定を調整します。

■ Menuを押すと、選択を保存して終了

します。

■ 左ボタンを押して入力源機能に入りま

す。左と右ボタンで設定を調整します。

■ Menuを押すと、選択を確認して終了

します。

OSD 設定

ナビキーによるOSD設定

ナビキーの中ボタンを押すと、オンスクリーンディスプレイ(OSD)メインメニュー

が表示されます。 上、下、左、右ボタンを使用して、自分の好みに合わせて目的の機

能メニューを調整します。 Menu (メニュー) ボタンを 3 秒以上押すと、パネルをオ

フにします。 Menu (メニュー) ボタンをもう一度押すと回復できます。 h

Image (イメージ)

1次レベルメニ

ュー

Mode

(モード)

2次/3次メニュー

User(ユーザー)

Reader (読書)

Cinema(映画)

Designer(デザイナー)

Eye Saver(アイセーバー)

Brightness

(輝度)

Contrast

(コントラス

ト)

Sharpness

(鮮明度)

0-100

0-100

0-5

説明

■ デフォルト設定は User(ユーザー)

です。

■ 上または下ボタンを使用して、モード効

果を選択してプレビューします。

■ 中ボタンを押して、モードの種類を確定

して適用します。

■ ユーザーはパフォマンスによる設定を調

整できます。

■ モニターモードのみ対応。

■ 輝度のデフォルトは80です。

■ User(ユーザー)、Reader (読書)

、Eye Saver(アイセーバー)モード

に、ユーザーはナビーキー、OSDメニュ

ーを使用して輝度を調整できます。

■ コントラストのデフォルトは50です。

■ ユーザーは、どのモードでもOSDメニ

ュを使用して、コントラストを調整で

きます。

■ 鮮明度のデフォルトは 0 です。

■ ユーザーは、どのモードでもOSDメニュ

ーを使用して、鮮明度を調整できます。

■ 鮮明度は、画像の明瞭さと細部を改善

します。

■ 5 次レベル利用可能です。

4-5

4-6

Color

Temperature

(色温度)

Screen Ratio

(画面比率)

Cool(冷)

Normal (普通)

Warm(暖)

Customization

(カスタマイ

ズ)

R (0-100)

G (0-100)

B (0-100)

16:9

4:3

■ 温度のデフォルトは通常です。

■ 普通の色温度は6500Kです。

■ 冷色温度は 9300K です。

■ 暖色温度は 5000K です。

■ カスタマイズモードのデフォルトR/G/B

は50/50/50です。

■ 画面比率のデフォルトは16:9です。

■ ユーザーは、どのモード、解像度、画面

リフレッシュレートでも画面比率を調整

できます。 h

Input Source (入力源)

1次レベルメニ

ュー

PC

モニター

説明

ユーザーは、どのモードでも Navi キー、OSD間ニュ

ーを使用できます。 h Setting

(設定)

1 次 レ ベ ル メ ニ

ュー

Language

(言語)

Transparency

(透明度)

2次レベルメニュー

繁體中文

English

Français

Deutsch

Italiano

Español

日本語

Русский

Português

简体中文

0-5

5-30 OSD Time Out

(OSDタイムア

ウト)

Volume

(音量)

Reset

(リセット)

0-100

YES(はい)

NO(いいえ)

説明

■ 言語の工場出荷時デフォルトは英語で

す。

■ ユーザーは、中ボタンを押して言語設定

を確定して適用する必要があります。

■ 言語は独立した設定です。 ユーザーの

言語設定が工場出荷時デフォルト設定よ

りも優先されます。 ユーザーがリセッ

トをはいに設定しても、言語は変更さ

れません。

■ 透明度のデフォルトは0です。

■ ユーザーは、どのモードでも透明度を調

整できます。

■ OSDタイムアウトのデフォルトは20秒

です。

■ ユーザーは、どのモードでもOSDタイ

ムアウトを調整できます。

■ モニターモードのみ対応。

■ 音量のデフォルトは50です。

ユーザーは、どのモードでも元のOSDデフ

ォルトに設定をリセットして復元すること

ができます。

A

トラブルシューティング

A-2

システムが起動しない。

1� システムがコンセントに接続され、電源がオンになっているか確認します。

2� 電源コードとすべてのケーブルがしっかり接続されているか確認します。

コンピュータの電源をオンにすると、”Operating System not found” (オペ

レーティングシステムが見つかりません)というメッセージが表示された

り、 Windows が起動しない。

1� 光学ディスクドライブに起動可能でないCD/ DVDが入っていないか確認してく

ださい。 入っている場合、CD/ DVDを取り出してからコンピュータを再起動し

てください。

2� BIOSセットアップで起動デバイス優先優先順位設定を確認してください。

システムを停止できない。

オペレーティングシステムの停止アイコンを使用して、コンピュータを停止する

ことをお勧めします。 以下に一覧した方法を含め、他の方法を使用すると、デー

タを失う原因となります。 停止手順が機能しない場合、次のステップのいずれか

を選択してください。

1� Ctrl+Alt+Delキーを押してから、停止を選択する。

2� システムがオンになるまで電源ボタンを押し続ける。

3� システムから電源ケーブルを抜く。

マイクが作動しない。

1� 内蔵マイクの場合、Start (スタート) > Control Panel (コントロールパネル ) >

Sounds and Audio Devices (サウンドとオーディオデバイス) > Audio (オーディ

オ ) の順にポイントして、消音になっていないか確認してください。

2� 外部マイクを使用している場合、マイクがマイクジャックに差し込まれていな

いか確認します。

インターネット接続に問題がある。

1� ISP(インターネットサービスプロバイダ)への接続に問題がある場合、ISPに

技術的問題がないか確認してください。

2� ネットワーク設定と接続をチェックし、システムがインターネットアクセスに

対して適切に構成されていることを確認します。

3� ワイヤレスLANデータの通信速度は、デバイスとアクセスポイント間の距離と

障害物に影響を受けます。 データ送信速度を最大限に高めるには、システムに

もっとも近いアクセスポイントを選択します。

トラブルシューティング

A-3

A-2

トラブルシューティング

システムスピーカーが作動しない。

1� オーディオミキサーでマスターボリューム設定を確認してください。

2� 専用のボリュームコントロールを持つアプリケーションを使用している場合、

ボリュームが消音になっていないか確認してください。

3� ヘッドフォンジャックにオーディオケーブルを接続している場合、取り外して

ください。

4� システムにOSD機能が付いているバイ、OSDのボリュームを調整してくださ

い。

システムモニタに何も表示されない。

1� システムがコンセントに接続され、電源がオンになっているか確認します。

2� システムがスタンバイモードに入っている可能性があります。 どれかのキーを

押してディスプレイを有効にします。

A-3

advertisement

Related manuals