MSI MS-145B CR430 取扱説明書

Add to My manuals
96 Pages

advertisement

MSI MS-145B CR430 取扱説明書 | Manualzz

第 1 章

前文

1-2

前文

目次 ................................................................................................................................................. 1-2

規制情報 .......................................................................................................................................... 1-5

FCC-B 無線周波妨害に関する声明 ............................................................................................ 1-5

FCC 条件 .................................................................................................................................. 1-6

CE 適合性 ................................................................................................................................. 1-6

安全に関する注意事項 ...................................................................................................................... 1-7

リチウムバッテリーのための安全指針 .....................................................................................................1-11

WEEE に関する声明 ....................................................................................................................... 1-15

光学ドライブデバイスの注意 ............................................................................................................... 1-22

商標 ............................................................................................................................................... 1-22

改訂履歴 ....................................................................................................................................... 1-22

はじめに

マニュアルマップ ................................................................................................................................... 2-2

開梱 ................................................................................................................................................. 2-3

仕様 ................................................................................................................................................. 2-4

製品概要 .......................................................................................................................................... 2-8

1-3

上面図 ....................................................................................................................................... 2-8

前側面図 ................................................................................................................................. 2-13

右側面図 ................................................................................................................................. 2-15

左側面図 ................................................................................................................................. 2-17

後部側面図 .............................................................................................................................. 2-19

底面図 ..................................................................................................................................... 2-20

ご使用の手引き

電源管理 .......................................................................................................................................... 3-2

AC 電源の接続 .......................................................................................................................... 3-2

バッテリー電源の使用 ................................................................................................................... 3-4

ECO Engine -- 電力節約機能 ................................................................................................... 3-9

TurboBattery+ 機能 .................................................................................................................. 3-12

Windows OS での電源管理 ..................................................................................................... 3-15

電力節約のヒント ....................................................................................................................... 3-17

基本操作 ........................................................................................................................................ 3-18

安全性と快適性のヒント ............................................................................................................. 3-18

適切な作業姿勢を .................................................................................................................... 3-19

キーボード ................................................................................................................................. 3-20

タッチパッド ................................................................................................................................. 3-27

ハードディスクドライブについて ....................................................................................................... 3-30

光学ストレージデバイスの使用 ..................................................................................................... 3-31

1-4

外部デバイスを接続する .................................................................................................................... 3-34

周辺機器を接続する ................................................................................................................. 3-37

通信デバイス ............................................................................................................................. 3-39

コンポーネントの交換とアップグレード ................................................................................................... 3-40

BIOS 設定

BIOS 設定について ............................................................................................................................ 4-2

BIOS 設定を使用する必要がある場合 .......................................................................................... 4-2

BIOS 設定実行の方法 ............................................................................................................... 4-2

コントロールキー ........................................................................................................................... 4-3

BIOS 設定メニュー ............................................................................................................................. 4-4

Main menu ( メインメニュー ) .......................................................................................................... 4-5

Advanced menu ( 詳細メニュー ) .................................................................................................. 4-7

Boot menu ( ブートメニュー ) .......................................................................................................... 4-8

Security menu ( セキュリティメニュー ) ............................................................................................. 4-9

Save & Exit menu ( 保存および終了メニュー )...............................................................................4-11

1-5

規制情報

FCC-B 無線周波妨害に関する声明

本装置は、 FCC 規則パート 15 に準ずるクラス B のデジタル機器の制限に準拠することが試験によって確認されて

います。 これらの制限事項は、住宅地域で使用した場合に生じる可能性のある障害を規制するために制定され

たものです。 本装置は無線周波エネルギーを生成、使用、放射します。また、指示に従って正しく設置および使

用しなかった場合は、無線通信に障害を及ぼす可能性があります。 しかしながら、特定の設置状況においては障

害を起こさないという保証はありません。 本装置がラジオやテレビの受信に障害を与えていないかを判断するには、

本装置の電源を切って入れ直してみます。受信障害が発生している場合には、以下の方法で受信障害を改善

することをお勧めします。

„ 受信アンテナの方向または設置位置を変える。

„ 本装置と受信機の距離を離す。

„ 本装置を受信機が接続されている回路とは別の回路のコンセントに接続する。

„ 販売店やラジオ / テレビの専門技術者に問い合わせる。

注記

Š FCC 準拠に責任を持つ団体からの明示的な許可を受けることなく、本体に変更や改造が行われた場合

には、本装置を使用する権利が取り消される場合があります。

Š 放射制限に従うために、シールドされたインタフェースケーブルと AC 電源コードを使用しなければなりませ

ん。

1-6

FCC

条件

本製品は FCC 規則パート 15 に準拠しています。 操作は次の 2 つの条件に従います。

„ 電波障害を起こさないこと。

„ 誤動作の原因となる電波障害を含む、受信されたすべての電波障害に対して正常に動作すること。

CE

適合性

本製品は、必須の安全要件および欧州指令に定められたその他の関連する規定に準拠してい

ます。

1-7

安全に関する注意事項

安全に関する注意事項をすべてよく読んでください。

装置およびユーザーマニュアルに表示のあるすべての注意と警告をご覧ください。

今後の参考のために、パッケージ付属のユーザーガイドを保存してください。

この装置を湿気および高温にさらさないでください。

この機器をセットアップする前に、平らな面に置いてください。

筐体の開口部は通気して装置が過熱することを防ぎます。 開口部を塞がないでください。

装置をストレージ温度が 60°C (140°F) を超えるか、 0°C (32°F) を下回る場所に置かないで

ください。装置が破損することがあります。

1-8

Š 機器をコンセントに接続する前に、電圧が安全範囲内であること、また 100 ~ 240V の電

圧範囲に正しく調節されていることを確認してください。

Š アドオンカードまたはモジュールを機器に設置する前に、必ず AC 電源コードを抜いてくださ

い。

Š 一定期間、機器を使用しない場合、必ず電源コードを抜くか、バッテリーパックを取り外す

か、壁のコンセントのスイッチを切るかして、エネルギー消費をゼロにしてください。

液体を開口部に注ぎ込むと機器が破損したり感電することがあります。開口部に液体を注ぎ

込まないでください。

電源コードは踏まれることがないように設置してください。 電源コードの上にものを置かないでく

ださい。

強い磁気を持つものまたは電気的なものを必ず装置から遠ざけてください。

1-9

テレビチューナーに同軸ケーブルを取り付ける場合、金属のシールドがしっかりと建物の保護接

地システムに接続されている必要があります。

ケーブルの配線は、 ANSI/NFPA 70 、 米国電気工事規定 (NEC) に従って接地される必要が

あります。特に 820.93

項 「 Grounding of Outer Conductive Shield of a Coaxial Cable

( 同軸ケーブルの外装伝導シールドの接地 ) 」 が重要です。

Š 不適切なバッテリーの交換による爆発を防ぐために、メーカーが推奨するバッテリーと同じもの

または同等のものだけを使用してください。

Š バッテリーは必ず安全な場所に保管してください。

次のような場合は、サービス担当者に装置の点検を依頼してください。

Š 電源コードまたはプラグが破損した場合。

Š 装置内に液体が入った場合。

Š 装置が湿気にさらされた場合。

Š ユーザーマニュアルに従って操作しても、機器が正常に作動しない、または起動しない場

合。

Š 装置を落下させてしまった場合、あるいは目視できる破損がある場合。

Š 煙や異臭が出ている場合。

1-10

グリーン製品の特徴

Š 使用中およびスタンバイ中の電力消費の低減

Š 環境や健康に有害な物質の使用の制限

Š 分解およびリサイクルが容易

Š リサイクルの奨励により天然資源の使用を低減

Š 容易なアップグレードにより製品寿命を延長

Š 回収ポリシーにより固形廃棄物の発生を低減

環境ポリシー

Š 本製品は、部品の適切な使用およびリサイクルができるように設計されています。廃棄方法

についてはお住まいの自治体にご相談下さい。

1-11

リチウムバッテリーのための安全指針

(English) CAUTION: Danger of explosion if battery is incorrectly replaced. Replace only with the same or equivalent type recommended by the equipment manufacturer. Discard used batteries according to manufacturer’s instructions.

(French) (Français) ATTENTION: II y a danger d’explosion s’il y a remplacement incorrect de la batterie. Remplacer uniquement avec une batterie du meme type ou d’un type équivalent recommandé par le constructeur. Mettre au rebut les batteries usages conformément aux instructions du fabricant.

(German) (Deutsch) VORSICHT: Explosionsgefahr bei unsachgemäßem Austausch der Batterie. Ersatz nur durch denselben oder einen vom Hersteller empfohlenen gleich-wertigen Typ. Entsorgung gebrauchter Batterien nach

Angaben des Herstellers.

(Spanish) (Español) PRECAUCIÓN: Peligro de explosión si la batería es reemplazada incorrectamente. Cámbiela solo por la misma o un tipo equivalente recomendado por el fabricante. Descarte usar baterías usadas de acuerdo con las instrucciones del fabricante.

(Italian) (Italiano) ATTENZIONE: Pericolo di esplosione della batteria se sostituita in modo non corretto. Sostituire solo con la stesso tipo o con uno equivalente come indicato nel manuale del produttore. Smaltire le batterie usate come da istruzioni del produttore.

(Russian) ( Русский ) Внимание : Существует опасность взрыва батареи в случае неправильной замены . Для замены всегда используйте такую же или эквивалентную , рекомендованную производителем оборудования .

Следуйте инструкциям производителя при утилизации использованных батарей .

(Turkish) (Türkçe) UYARI: Pil yanl ı s yerle ş tirilirse patlayabilir. Ayn ı ya da muadili bir pille degistiriniz. Kullan ı lm ı ş pilleri

1-12

üreticinin talimatlar ı na göre degerlendiriniz.

(Greek) ( Ελληνικά ) ΠΡΟΣΟΧΗ : Κίνδυνος έκρηξης εάν η μπαταρία τοποθετηθεί λανθασμένα . Να αντικαθιστάτε μόνο με

τον ίδιο ή αντίστοιχο τύπο με αυτό που συνιστά ο κατασκευαστής του εξοπλισμού . Να απορρίπτετε τις χρησιμοποιημένες

μπαταρίες ως απορρίμματα σύμφωνα με τις οδηγίες του κατασκευαστή .

(Polish) (Polski) OSTRZE Ż ENIE: Nieprawid ł owa wymiana mo ż e spowodowa ć eksplozj ę baterii. Zamian ę mo ż na wykona ć wy łą cznie na bateri ę tego samego lub równowa ż nego typu zalecan ą przez producenta urz ą dzenia. Zu ż yte baterie mo ż na wyrzuca ć zgodnie z instrukcjami producenta.

(Hungarian) (Magyar) VIGYÁZAT: A nem megfelel ő akkumul tor haszn lata robban svesz lyes. Kizárólag ugyanolyan, vagy a berendezés gyártója által ajánlott, egyenérték ű típust használjon. Az elhasznált akkumulátorokat a gyártó utasításának megfelel ő en ártalmatlanítsák.

(Czech) ( Č eština) UPOZORN Ě NÍ: Nebezpe č í výbuchu p ř i chybné vým ě n ě baterie. Nahra ď te pouze stejným nebo ekvivalentním typem doporu č eným výrobcem za ř ízení. Použité baterie zlikvidujte podle pokyn ů výrobce

(Traditional Chinese ) (繁體中文) 注意: 若電池未正確更換,可能會爆炸。請用原廠建議之同款或同等級的電池來更換。

請依原廠指示處理廢棄電池。

(Simplified Chinese ) ( 简体中文 ) 注意 : 若电池未正确更换,可能会爆炸。请用原厂建议之同款或同等级的电池来更换。请

依原厂指示处理废弃电池。

(Japanese) ( 日本語 ) 警告:バッテリーの取り扱いを誤ると、液漏れや破裂などにより生命や財産に重大な影響を及ぼす

恐れがあります。指定された型番以外のバッテリーは使用しないでください。バッテリーを廃棄する場合は、各自治体

の規則に従って適切に処理して下さい。

(Korean) ( 한국어 ) 주의 : 배터리를 올바로 교체하지 않으면 폭발할 위험이 있습니다 . 타입이 장치 제조업체에서

1-13

권장하는 것과 동일하거나 동등한 배터리로만 교체하십시오 . 사용한 배터리는 제조업체의 지침에 따라

폐기하십시오 .

(Vietnamese) (Tieng Viet) L Ư U Ý: Thay th ế pin không t ươ ng thích có th ể d ẫ n đế n nguy c ơ b ị n ổ . Ch ỉ thay th ế b ằ ng pin cùng lo ạ i ho ặ c lo ạ i t ươ ng ứ ng khuyên dùng b ở i nhà s ả n xu ấ t thi ế t b ị . V ứ t b ỏ pin đ ã s ử d ụ ng theo h ướ ng d ẫ n c ủ a nhà s ả n xu ấ t.

(Thai) ( ไ ท ย ) ขอควรระวัง : ถาใสแบตเตอรี่อยางไมถูกตอง อาจมีอันตรายจากการระเบิดขึ้นได ใชเฉพาะแบตเตอรี่ชนิดเดียวกัน

หรือเทียบเทา ที่แนะนําโดยผูผลิตอุปกรณเทานั้น ทิ้งแบตเตอรี่ที่ใชแลวตามคําแนะนําของผูผลิต

(Indonesian) (Bahasa Indonesia) PERHATIAN: Bahaya ledakan dapat terjadi jika salah memasang baterai. Ganti baterai hanya dengan jenis yang sama atau setara sesuai rekomendasi pabrik peralatan tersebut. Buang baterai bekas sesuai petunjuk pabrik

(Serbian) (Srpski) OPREZ: Ukoliko baterija nije ispravno postavljena, postoji opasnost od eksplozije. Zamenu izvršite koriste ć i isklju č ivo istu ili ekvivalentnu bateriju koju preporu č uje proizvo đ a č opreme. Odbacite iskoriš ć ene baterije u skladu sa uputstvima proizvo đ a č a.

(Netherlands) (Nederlands) LET OP: Er is explosiegevaar als de batterij niet goed geplaatst wordt. Uitsluitend te vervangen door een batterij van hetzelfde of een gelijkwaardig type,zoals aanbevolen door de fabrikant. Gooi batterijen weg volgens de plaatselijke instructies.

(Romanian) (Român ă ) ATEN Ţ IE: Pericol de explozie dac ă bateria este înlocuit ă incorect. Înlocui ţ i doar cu acela ş i tip sau echivalent recomandat de fabricantul echipamentului. Evacua ţ i bateriile folosite conform instruc ţ iunilor fabricantului.

(Portuguese) (Português) ADVERTÊNCIA: Perigo de explosão se a bateria é substituída incorrectamente. Substitua somente com o mesmo tipo ou equivalente recomendado por o fabricante do seu equipamento. Descarte as baterias

1-14 utilizadas de acordo com as instruções do fabricante.

(Swedish) (Svenska) VARNING: Explosionsfara vid felaktigt batteribyte. Använd samma batterityp eller en ekvivalent typ som rekommenderas av apparattillverkaren. Kassera använt batteri enligt fabrikantens instruction.

(Finnish) (Suomi) VAROITUS: Paristo voi räjähtää, jos se on virheellisesti asennettu. Vaihda paristo ainoastaan valmistajan suosittelemaan tyyppiin. Hävitä käytetty paristo valmistajan ohjeiden mukaisesti.

(Slovak) (Sloven č ina) UPOZORNENIE: V prípade nesprávnej výmeny batérie existuje nebezpe č enstvo výbuchu.

Vyme ň te iba za rovnakú batériu alebo za rovnocenný typ batérie, ktorý odporú č a výrobca zariadenia. Batérie zneškodnite pod ľ a pokynov výrobcu.

(Slovenian) (Slovenš č ina) POZOR: V primeru nepravilne zamenjave baterije obstaja nevarnost njene eksplozije.

Baterijo zamenjajte le z enako ali ekvivalentno vrsto, ki jo priporo č a proizvajalec. Odpadne baterije odstranite skladno z navodili proizvajalca.

(Danish) (Dansk) ADVARSEL! Lithiumbatteri --- Eksplosionsfare ved fejlagtig håndtering. Udskiftning må kun ske med batteri af same fabrikat og type. Levé det brugte batteri tilbage til leverandøren.

(Norwegian) (Norsk) ADVARSEL: Eksplosjonsfare ved feilaktig skifte av batteri. Benytt same batteritype eller en tilsvarende type anbefalt av apparatfabrikanten. Brukte batterier kasseres I henhold til fabrikantens instruksjoner.

(Bulgarian) ( български ) ВНИМАНИЕ : Опасност от експлозия ако батерията бъде неправилно поставена . Поставете батерия от същия вид или еквивалентна батерия , която се препоръчва от производителя . Изхвърлете използваните батерии като спазвате указанията на производителя .

(Croatian) (Hrvatski) OPREZ: Opasnost od eksplozije ako se baterija zamijeni neprikladnom. Zamijenite je samo jednakom ili nadomjesnom vrstom prema preporuci proizvo đ a č a. Istrošene baterije zbrinite u skladu s uputama

1-15 proizvo đ a č a.

(Estonian) (Eesti) ETTEVAATUST! Plahvatusoht, kui aku on valesti paigaldatud. Asendage ainult sama või tootja poolt soovitatud võrdväärse akuga. Hävitage kasutatud aku vastavalt tootja juhistele.

( ﻲ ﺳرﺎﻓ ) (Persian)

ﻩﺪﻨﻨﮐ ﺪﻴﻟﻮﺗ ﺖﮐﺮﺷ ﯼدﺎﻬﻨﺸﻴﭘ ﯼﺎﻬﻳﺮﺗﺎﺑ زا ﺎﻬﻨﺗ ،ﯼﺮﺗﺎﺑ ﺾﻳﻮﻌﺗ ترﻮﺻ رد .

دراد دﻮﺟو ﯼﺮﺗﺎ ﺑ رﺎﺠﻔﻧا لﺎﻤﺘﺣا ،ﯼﺮﺗﺎﺑ ﺢﻴﺤﺻ ﯼراﺬﮔ ﺎﺟ و ﺐﺼﻧ مﺪﻋ ترﻮﺻ رد : رﺎﻄﺧ

ا

.

ﺪﻴﻳﺎﻤﻧ ﻞﻤﻋ ﻩﺪﻨﻨﮐ ﺪﻴﻟﻮﺗ ﺖﮐﺮﺷ ﯽﻳﺎﻤﻨهار ﻖﺒﻃ ﺮﺑ و ﺪﻴﻨﮐ ﯼراددﻮﺧ ﯼﺮﺗﺎﺑ ﻦﺘﺧاﺪﻧا رود زا .

ﺪﻴﻳﺎﻤﻧ ﻩدﺎﻔﺘﺳا

( ﺔﻴﺑﺮﻌﻟا ) ( Arabic )

ﻞﺒﻗ ﻦﻣ ﻪﺑ ﻰﺻوأ ﺊﻓﺎﻜﻣ عﻮﻧ وأ ﺲﻔﻨﺑ ﻂﻘﻓ لﺪﺒﺘﺳأ . ﻰﻠﺻأ ﺮﻴﻏ عﻮﻨﺑ ﺎﻬﻟاﺪ ﺒﺘﺳا ﻢﺗ اذإ ﻒﻠﺘﻟاو رﺎﺠﻔﻧﻼﻟ ﺔﻳرﺎﻄﺒﻟا ضﺮﻌﺘﺗ ﺪﻗ ، ﺮﻄﺧ : ﺮﻳﺬﺤﺗ

.

ﺔﻌﻨﺼﻤﻟا ﺔآﺮﺸﻟا تادﺎﺷرﻹ ﺎﻘﻓو ﺔﻠﻤﻌﺘﺴﻤﻟا تﺎﻳرﺎﻄﺒﻟا ﻞهﺎﺠﺗ .

زﺎﻬﺠﻟا ﺞﺘﻨﻣ

WEEE

に関する声明

(English) Under the European Union ("EU") Directive on Waste Electrical and Electronic Equipment, Directive

2002/96/EC, which takes effect on August 13, 2005, products of "electrical and electronic equipment" cannot be discarded as municipal waste anymore and manufacturers of covered electronic equipment will be obligated to take back such products at the end of their useful life.

(French) (Français) Au sujet de la directive européenne (EU) relative aux déchets des équipement électriques et

électroniques, directive 2002/96/EC, prenant effet le 13 août 2005, que les produits électriques et électroniques ne peuvent être déposés dans les décharges ou tout simplement mis à la poubelle. Les fabricants de ces équipements seront obligés de récupérer certains produits en fin de vie.

1-16

(German) (Deutsch) Gemäß der Richtlinie 2002/96/EG über Elektro- und Elektronik-Altgeräte dürfen Elektro- und

Elektronik-Altgeräte nicht mehr als kommunale Abfälle entsorgt werden, die sich auf 13.August, 2005 wirken. Und der

Hersteller von bedeckt Elektronik-Altgeräte gesetzlich zur gebrachten Produkte am Ende seines Baruchbarkeitsdauer zurückzunehmen.

(Spanish) (Español) Bajo la directiva 2002/96/EC de la Unión Europea en materia de desechos y/o equipos electrónicos, con fecha de rigor desde el 13 de agosto de 2005, los productos clasificados como "eléctricos y equipos electrónicos" no pueden ser depositados en los contenedores habituales de su municipio, los fabricantes de equipos electrónicos, están obligados a hacerse cargo de dichos productos al termino de su período de vida.

(Italian) (Italiano) In base alla Direttiva dell’Unione Europea (EU) sullo Smaltimento dei Materiali Elettrici ed Elettronici,

Direttiva 2002/96/EC in vigore dal 13 Agosto 2005, prodotti appartenenti alla categoria dei Materiali Elettrici ed Elettronici non possono più essere eliminati come rifiuti municipali: i produttori di detti materiali saranno obbligati a ritirare ogni prodotto alla fine del suo ciclo di vita.

(Russian) ( Русский ) В соответствии с директивой Европейского Союза ( ЕС ) по предотвращению загрязнения окружающей среды использованным электрическим и электронным оборудованием ( директива WEEE

2002/96/EC), вступающей в силу 13 августа 2005 года , изделия , относящиеся к электрическому и электронному оборудованию , не могут рассматриваться как бытовой мусор , поэтому производители вышеперечисленного электронного оборудования обязаны принимать его для переработки по окончании срока службы .

(Turkish) (Türkçe) Avrupa Birli ğ i (AB) Kararnamesi Elektrik ve Elektronik Malzeme At ı ğ ı , 2002/96/EC Kararnamesi alt ı nda

13 A ğ ustos 2005 tarihinden itibaren geçerli olmak üzere, elektrikli ve elektronik malzemeler di ğ er at ı klar gibi çöpe at ı lamayacak ve bu elektonik cihazlar ı n üreticileri, cihazlar ı n kullan ı m süreleri bittikten sonra ürünleri geri toplamakla yükümlü olacakt ı r.

1-17

(Greek) ( Ελληνικά ) Σύμφωνα με την Οδηγία 2002/96/ ΕΚ της Ευρωπαϊκής Ένωσης (« ΕΕ ») περί Απόρριψης Ηλεκτρικού

και Ηλεκτρονικού Εξοπλισμού (WEEE), η οποία λαμβάνει ισχύ στις 13 Αυγούστου 2005, τα προϊόντα « ηλεκτρικού και

ηλεκτρονικού εξοπλισμού » δεν είναι δυνατόν να απορριφθούν πλέον ως κοινά απορρίμματα και οι κατασκευαστές

κεκαλυμμένου ηλεκτρονικού εξοπλισμού είναι υποχρεωμένοι να πάρουν πίσω αυτά τα προϊόντα στο τέλος της ωφέλιμης

ζωής τους .

(Polish) (Polski) Zgodnie z Dyrektyw ą Unii Europejskiej ("UE") dotycz ą c ą odpadów produktów elektrycznych i elektronicznych (Dyrektywa 2002/96/EC), która wchodzi w ż ycie 13 sierpnia 2005, tzw. “produkty oraz wyposa ż enie elektryczne i elektroniczne " nie mog ą by ć traktowane jako ś mieci komunalne, tak wi ę c producenci tych produktów b ę d ą zobowi ą zani do odbierania ich w momencie gdy produkt jest wycofywany z u ż ycia.

(Hungarian) (Magyar) Az Európai Unió („EU") 2005. augusztus 13-án hatályba lép ő , az elektromos és elektronikus berendezések hulladékairól szóló 2002/96/EK irányelve szerint az elektromos és elektronikus berendezések többé nem kezelhet ő ek lakossági hulladékként, és az ilyen elektronikus berendezések gyártói kötelessé válnak az ilyen termékek visszavételére azok hasznos élettartama végén.

(Czech) ( Č eština) Podle sm ě rnice Evropské unie ("EU") o likvidaci elektrických a elektronických výrobk ů 2002/96/EC platné od 13. srpna 2005 je zakázáno likvidovat "elektrické a elektronické výrobky" v b ě žném komunálním odpadu a výrobci elektronických výrobk ů , na které se tato sm ě rnice vztahuje, budou povinni odebírat takové výrobky zp ě t po skon č ení jejich životnosti.

(Traditional Chinese ) (繁體中文) 歐盟已制訂有關廢電機電子設備法令,亦即自 2005 年 8 月 13 日生效的 2002/96/EC,明

文規定「電機電子設備產品」不可再以都市廢棄物處理,且所有相關電子設備製造商,均須在產品使用壽命結束後進行回

收。

(Simplified Chinese ) ( 简体中文 ) 欧盟已制订有关废电机电子设备法令,亦即自 2005 年 8 月 13 日生效的 2002/96/EC ,明

1-18

文规定「电机电子设备产品」不可再以都市废弃物处理,且所有相关电子设备制造商,均须在产品使用寿命结束后进行回

收。

(Japanese) ( 日本語 ) 2005 年 8 月 13 日以降 に EU 加盟国を流通する電気・電子製品には WEEE 指令によりゴミ箱に×印のリサ

イクルマークの表示が義務づけられており、廃棄物として捨てることの禁止とリサイクルが義務づけられています。

(Korean) ( 한국어 ) 2005 년 8 월 13 일자로 시행된 폐전기전자제품에 대한 유럽연합 ("EU") 지침 , 지침 2002/96/EC 에

의거하여 , " 전기전자제품 " 은 일반 쓰레기로 폐기할 수 없으며 제품의 수명이 다하면 해당 전자제품의 제조업체가

이러한 제품을 회수할 책임이 있습니다 .

(Vietnamese) (Tieng Viet) Theo H ướ ng d ẫ n c ủ a Liên minh Châu Âu ("EU") v ề Thi ế t b ị đ i ệ n & đ i ệ n t ử đ ã qua s ử d ụ ng,

H ướ ng d ẫ n 2002/96/EC, v ố n đ ã có hi ệ u l ự c vào ngày 13/8/2005, các s ả n ph ẩ m thu ộ c "thi ế t b ị đ i ệ n và đ i ệ n t ử " s ẽ không còn đượ c v ứ t b ỏ nh ư là rác th ả i đ ô th ị n ữ a và các nh à s ả n xu ấ t thi ế t b ị đ i ệ n t ử tuân th ủ h ướ ng d ẫ n s ẽ ph ả i thu h ồ i các s ả n ph ẩ m này vào cu ố i vòng đờ i.

(Thai) ( ไทย ) ภายใตขอกําหนดของสหภาพยุโรป ("EU") เกี่ยวกับของเสียจากอุปกรณไฟฟา และอิเล็กทรอนิกส เลขที่ 2002/96/EC

ซึ่งมีผลบังคับใชตั้งแตวันที่ 13 สิงหาคม 2005 ผูใชไมสามารถทิ้งผลิตภัณฑที่เปน " อุปกรณไฟฟาและอิเล็กทรอนิกส "

ปะปนกับของเสียทั่วไปของชุมชนไดอีกตอไป และผูผลิตอุปกรณอิเล็กทรอนิกสดังกลาวจะถูกบังคับใหนําผลิตภัณฑดังกลาวกลับคืนเมื่อ

สิ้นสุดอายุการใชงานของผลิตภัณฑ

(Indonesian) (Bahasa Indonesia) S esuai dengan Regulasi Uni Eropa ("UE") perihal WEEE (Limbah Peralatan Listrik dan

Elektronik), Directive 2002/96/EC, yang berlaku sejak 13, 2005, produk "peralatan listrik dan elektronik" tidak lagi dapat dibuang sebagai sampah umum dan pabrik peralatan elektronik diwajibkan untuk mengambil kembali produk tersebut pada saat masa pakainya habis.

(Serbian) (Srpski) Po Direktivi Evropske unije ("EU") o odba č enoj ekektronskoj i elektri č noj opremi, Direktiva 2002/96/EC, koja stupa na snagu od 13. Avgusta 2005, proizvodi koji spadaju pod "elektronsku i elektri č nu opremu" ne mogu više biti

1-19 odba č eni kao obi č an otpad i proizvo đ a č i ove opreme bi ć e prinu đ eni da uzmu natrag ove proizvode na kraju njihovog uobi č ajenog veka trajanja.

(Netherlands) (Nederlands) De richtlijn van de Europese Unie (EU) met betrekking tot Vervuiling van Electrische en

Electronische producten (2002/96/EC), die op 13 Augustus 2005 in zal gaan kunnen niet meer beschouwd worden als vervuiling. Fabrikanten van dit soort producten worden verplicht om producten retour te nemen aan het eind van hun levenscyclus..

(Romanian) (Român ă ) În baza Directivei Uniunii Europene ("UE") privind Evacuarea Echipamentului Electric ş i Electronic,

Directiva 2002/96/EC, care intr ă în vigoare pe 13 august, 2005, produsele din categoria "echipament electric ş i electronic" nu mai pot fi evacuate ca de ş euri municipale, iar fabrican ţ ii echipamentului electronic vizat vor fi obliga ţ i s ă primeasc ă

înapoi produsele respective la sfâr ş itul duratei lor de utilizare.

(Portuguese) (Português) De acordo com a Directiva 2002/96/EC de Resíduos de Equipamentos Eléctricos e

Electrónicos da União Europeia (UE), efectiva desde o 13 de Agosto do ano 2005, os produtos de "equipamento eléctrico e electrónico" não podem ser descartados como resíduo municipal e os fabricantes do equipamento electrónico sujeitos a esta legislação estarão obligados a recolhar estes produtos ao finalizar sua vida útil.

(Swedish) (Svenska) Under Europeiska unionens ("EU") Weee-direktiv (Waste Electrical and Electronic Equipment),

Direktiv 2002/96/EC, vilket trädde i kraft 13 augusti, 2005, kan inte produkter från "elektriska och elektroniska utrustningar" kastas i den vanliga hushållssoporna längre och tillverkare av inbyggd elektronisk utrustning kommer att tvingas att ta tillbaka sådan produkter när de är förbrukade.

(Finnish) (Suomi) Euroopan unionin (EU) 13.8.2005 voimaan tulleen sähkö- ja elektroniikkalaiteromua koskevan direktiivin 2002/96/EY mukaisesti ”sähkö- ja elektroniikkalaitteita” ei saa enää hävittää talousjätteiden mukana. Direktiivin alaisen sähkö- tai elektroniikkalaitteen valmistajan on otettava laitteet takaisin niiden käyttöiän päättyessä.

1-20

(Slovak) (Sloven č ina) Na základe smernice Európskej únie („EU“) o elektrických a elektronických zariadeniach č íslo

2002/96/ES, ktorá vstúpila do platnosti 13. augusta 2005, výrobky, ktorými sú „elektrické a elektronické zariadenia” nesmú by ť zneškod ň ované spolu s komunálnym odpadom a výrobcovia patri č ných elektronických zariadení sú povinní takéto výrobky na konci životnosti prevzia ť naspä ť .

(Slovenian) (Slovenš č ina) Skladno z dolo č ili direktive Evropske unije ("EU") o odpadni elektri č ni in elektronski opremi,

Direktiva 2002/96/ES, ki je veljavna od 13. avgusta, izdelkov "elektri č ne in elektronske opreme" ni dovoljeno odstranjevati kot obi č ajne komunalne odpadke, proizvajalci zadevne elektronske opreme pa so zavezani, da tovrstne izdelke na koncu njihove življenjske dobe sprejmejo nazaj.

(Danish) (Dansk) I henhold til direktiv fra den europæiske union (EU) vedrørende elektrisk og elektronisk affald , Direktiv

2002/96/EC, som træder i kraft den 13. august 2005, må produkter som "elektrisk og elektronisk udstyr" ikke mere bortskaffes som kommunalt affald. Producenter af det pågældende, elektroniske udstyr vil være forpligtet til at tage disse produkter tilbage ved afslutningen på produkternes levetid.

(Norwegian) (Norsk) Under den europeiske unionens ("EU") direktiv om deponering av elektronisk og elektrisk utstyr, direktiv 2002/96/EC, som trer i effekt 13. august 2005, kan ikke produkter av "elektronisk og elektrisk ustyr" lenger deponeres som husholdningsavfall og fabrikantene av disse produktene er forpliktet å ta tilbake slike produkter ved slutten av produktets levetid.

(Bulgarian) ( български ) Според директивата на Европейския съюз относно отпадъците от електрическо и електронно оборудване , директива 2002/96/EC, важаща от 13 август , 2005 г ., електрическо и електронно оборудване не може да се изхвърля заедно с битовите отпадъци и производителите на такова оборудване са задължени да приемат обратно съответните продукти в края на експлоатационния им период .

(Croatian) (Hrvatski) U okviru Direktive Europske Unije ("EU") o Otpadnim elektri č nim i elektroni č kim ure đ ajima, Direktiva

1-21

2002/96/EC, koja je na snazi od 13. kolovoza 2005., "elektri č ni i elektroni č ki ure đ aji" se ne smiju više bacati zajedno s ku ć nim otpadom i proizvo đ a č i su obvezni zbrinuti takve proizvode na kraju njihovog životnog vijeka.

(Estonian) (Eesti) Vastavalt Euroopa Liidu ("EL") direktiivile 2002/96/EÜ (elektri- ja elektroonikaseadmete jäätmete kohta), mis jõustus 13. augustil 2005, on keelatud kodumajapidamiste "elektri- ja elektroonikaseadmete" jäätmete hävitamine koos majapidamisjäätmetega, ja elektri- ja elektroonikaseadmete tootjad on kohustatud sellised tooted pärast nende kasutuselt kõrvaldamist tagasi võtma.

( ﻲ ﺳرﺎﻓ ) (Persian)

ﺪﻨﺑ ) ﯽﮑﻴﻧوﺮﺘﮑﻟا و ﯽﮑﻳﺮﺘﮑﻟا ﯼﺎه ﻪﻟﺎﺑز ﻊﻓد ن ﻮﻧ ﺎﻗ ﻖﺒﻃ ﺮﺑ 2002/96/EC ﯼﺎه ﺖﮐﺮﺷ ﻪﻴﻠﮐ ، ﺖﺳاﺮﺟا ﻞﺑﺎﻗ ﯼدﻼﻴﻣ 2005 لﺎﺳ ﺖﺳﻮﮔﺁ 13 ﺦﻳرﺎﺗ زا ﻪﮐ ( ﺎﭘورا ﻪﻳدﺎﺤﺗا

.

ﺪﻨﺷﺎﺑ ﯽﻣ فﺮﺼﻣ ﻩرود نﺎﻳﺎﭘ زا ﺲﭘ دﻮﺧ تﻻﻮﺼﺤﻣ ﻪﻟﺎﺑز ﯼروﺁ ﻊﻤﺟ ﻪﺑ ﻒﻇﻮﻣ ﻩﺪﻨﻨﮐ ﺪﻴﻟﻮﺗ

( ﺔﻴﺑﺮﻌﻟا ) ( Arabic )

2002/96/EC ﻪﻴﺟﻮﺗ ،ﺔﻴﻧوﺮﺘﻜﻟﻹاو ﺔﻴﺋﺎﺑﺮﻬﻜﻟا ةﺰﻬﺟﻷا و تاﺪﻌﻤﻟا تﺎﻳﺎﻔﻧ نﺄﺸﺑ ﻪﻴﺟﻮﺘﻟا (" ﻲﺑروﻷا دﺎﺤﺗﻹا ") ﻲﺑروﻷا دﺎﺤﺗﻹا ﺔﻴﻗﺎﻔﺗا رﺎﻃإ ﻲﻓ

ﻲﻠﺨﺘﻟا ﻦﻜﻤﻳ ﻻ " ﺔﻴﻧوﺮﺘﻜﻟإو ﺔﻴﺋﺎﺑﺮﻬآ ةﺰﻬﺟأ " تﺎﺠﺘﻨﻣ نا ، 2005 ،بﺁ / ﺲﻄﺴﻏأ 13 ﻲﻓ لﻮﻌﻔﻤﻟا يرﺎﺳ ﺢﺒﺻأ ىﺬﻟا ،ﺔﻴﺑروﻷا ﺔﻋﻮﻤﺠﻤﻠﻟ

.

ﺎﻬﺘﻴﺣﻼﺻ ةﺪﻣ ﺔﻳﺎﻬﻧ ﻲﻓ تﺎﺠﺘﻨﻤﻟا ﻩﺬه ﻞﺜﻣ دادﺮﺘﺳا ﻢﻬﻴﻠﻋ ﺎﻣاﺰﻟ نﻮﻜﻴﺳ ﺔﻴﻧوﺮﺘﻜﻟﻻا تاﺪﻌﻤﻟا ﻮﺠﺘﻨﻣو ،تﺎﻳﺎﻔﻧ ﺎﻬﻔﺻﻮﺑ ﺎﻬﻨﻋ

1-22

光学ドライブデバイスの注意

注意 : この装置は、レーザーシステムを含んでおり、「クラス 1 レーザー製品」として分類されます。 このモデルを適切

に使用するには、マニュアルをよく読み、今後の参考のためにこのマニュアルを保管してください。 このモデルに関して

問題が生じた場合は、最寄の「認定サービスステーション」にお問い合わせください。 レーザー光線に直接さらされる

ことを防ぐために、筐体の分解を試みないでください。

商標

ƒ すべての商標はそれぞれの所有者に帰属します。

ƒ SRS Premium Sound 、 SRS およびシンボルは、 SRS Labs, Inc.

の商標です。

ƒ THX と THX TruStudio Pro は THX Ltd.

の登録商標です。所有者がすべての権力を保有します。

改訂履歴

バージョン

1.0

改訂履歴 日付

第 1 版 2011 年 7 月

第 2 章

はじめに

2-2

この度は MSI のノートパソコンをお買い求めいただき、ありがとうございます。本機を末永く快適にお使い頂くため、マ

ニュアルに記載された注意事項をご確認下さい。

マニュアルマップ

このユーザーマニュアルでは、本製品の操作方法に関する基礎的な説明を記載します。

第 1 章、前文

このノート PC の使用に関連する基本的な安全情報および注意を示します。 初めてこのノート PC を使用される

際には、必ずご一読下さい。

第 2 章、はじめに、

本製品の付属品に関する説明が含まれています。 開梱した際にすべての付属品があることを確認して下さい。欠

品または破損がある場合は、直ちにご購入された販売店へ連絡して下さい。 また、この章では本製品の基本的

な操作についてご案内します。

第 3 章、ご使用の手引き、

キーボード、タッチパッド、ハードディスクドライブ、および光学ディスクドライブの使用に関する基本的な操作を説明

します。 バッテリーの脱着などについてもこの章でご説明します。

第 4 章、 BIOS 設定、

システム設定メニューの操作についてご説明します。(通常の場合設定変更する必要はありません。)

上記の付属品は、予告なしに変

更する場合があります。

2-3

開梱

パッケージに全ての添付品が含まれていることを先ずはご確認下さい。欠品または破損が確認できた場合は、直ち

にご購入された販売店へ連絡して下さい。また、梱包材は修理等の際に必要ですので、必ず保管して下さい。

ノート PC

大容量リチウムイオンバッテリー

クイックスタートマニュアル

AC/DC アダプタおよび AC 電源コ

ード

キャリーバッグ ( オプション )

フルバージョンのユーザーマニュアル、ドライバ、ユーティリティ、およびオプションのリカバリ機

能などを含む、オールインワンのアプリケーションディスク。

2-4

仕様

外形寸法

寸法 344.4 (W) x 221 (L) x 13.5~28 (H) mm

質量 (6 セルのバッテリーを含む )

CPU

ソケット FT1 BGA

対応プロセッサ AMD ® Zacate ( デュアルコア / シングルコア )

TDP ( 熱設計電力 ) 18W

特記事項 ノート PC に予め搭載されている実際のプロセッサは、購入したモデルに

より異なります。詳細は最寄りの販売店にお問い合わせください。

コアチップ

チップセット AMD ® Hudson M1 FCH

特記事項 ノート PC に予め搭載されている実際のコアチップは、購入したモデルによ

り異なります。詳細は最寄りの販売店にお問い合わせください。

メモリ

テクノロジ

メモリ

DDR3 1066/ 1333 MHz ( オプションで対応 )

DDR3 SO-DIMM X 2 スロット

最大 8

2-5

電源

AC/DC アダプタ 40W,

入力 : 100~240V, 1.5A~2.0A 50~60Hz

バッテリータイプ

RTC バッテリー

特記事項

出力

6 セル / 9 セル ( オプション )

あり

ノート

: 19V

PC

2.1A

に予め搭載されている実際のバッテリーパックは、購入したモデ

ルにより異なります。詳細は最寄りの販売店にお問い合わせください。

ストレージ

( ここに記載されているアイテムは、予告なしに変更する場合があります )

HDD フォームファクタ 2.5”

光学ドライブデバイス HD

特記事項 ノート PC に予め搭載されている実際の

モデルにより異なります。

HDD および ODD は、購入した

I/O ポート

モニタ (VGA)

USB

15 ピン D-Sub x 1 x 3 ( バージョン 3.0/ バージョン 2.0) ( オプションで対応 )

マイク入力 / ライン入力 x

ヘッドフォン出力 / ライン出力 x

内部マイク x

2-6

カードリーダー x 1 (SD/ MS/ XD/ MMC/ SDHC/ SDXC)

サポートするメモリカードは、予告なしに変更する場合があります。

通信ポート

( ここに記載されているアイテムは、予告なしに変更する場合があります )

LAN 10/100/1000 イーサネット

ワイヤレス LAN オプションで対応

オプションで対応 Bluetooth

ディスプレイ

LCD タイプ WXGA

輝度 キーボードのホットキーで制御可能

ビデオ

グラフィックス

CRT 出力

HDMI 出力

デュアルビュー機能

UMA

対応

対応

対応

外部ディスプレイデバイスは接続時に自動検出されます。

ウェブカメラ

HD CMOS カメラ 対応

2-7

オーディオ

音声コントローラー Realtek

®

ALC269

内部スピーカー x

内部マイク x

SRS PC 音声 対応

音量 音量ボタン、キーボードのホットキーおよびソフトウェアにより調節

ソフトウェアと BIOS

USB フラッシュメモリによる起動

BIOS

その他

対応、 USB フロッピーは DOS のみ起動

ファーストブート --- 対応

コンプライアンス WHQL

Kensington Lock 穴 x

図は参照用です。

2-8

製品概要

このセクションでは、ノート PC の基本的な特徴について説明します。 イラストは参考図ですので、実機を参照しつ

つ読み進めて下さい。

上面図

上面図と下記の説明により、ノート PC の主な操作エリアを眺めることできます。

7

6

5

4

1

2

3

1. ウェブカメラ

2. クイック起動ボタン

3. キーボード /

クイック起動 [Fn] ボタン

4. タッチパッド

5. ステータス LED

6. 電源ボタン / 電源 LED

7. 内部マイク

2-9

1. ウェブカメラ

Š この内蔵ウェブカメラは、写真撮影、ビデオ録画、オンライン会議、その他のインタラクティブ用途に使用で

きます。

Š ウェブカメラの隣のウェブカメラ LED インジケータは、ウェブカメラの機能が有効になると黄色に輝きます。こ

の機能がオフになると、 LED は消えます。

2. クイック起動ボタン

クイック起動ボタンを使用すると、特定のアプリケーションまたはツールを有効にできます。クイック起動ボタン

は、 S-Bar アプリケーションをインストールしたオペレーティングシステムでのみ機能します。容易で便利な操

作については、パッケージに付属するオールインワンディスクで S-Bar アプリケーションでご確認ください。

S-Bar アプリケーションをインストールすることを強くお勧めします。

ODD Eject

(ODD 取り出し )

Š このボタンを押すと、光学デバイスドライブのディスクトレーがイジェクトされま

す。

Š 注意 : ODD Eject (ODD 取り出し ) ボタンが純正な DOS システムには機能

します。但し、 S-Bar アプリケーションをインストールしない OS にはこのイジェク

トボタンが無効です。

この場合には、ユーザーが "My Computer" から ODD を右クロックし、 "Eject"

を選択してトレーをイジェクトします。

シネマプロ

Š このボタンを押すと、シネマプロ機能を起動し、ディスプレイデバイスや音声シ

ステムから再生品質を高めます。もう一度押すと、無効になります。

2-10

3. キーボード

内蔵キーボードにより、標準キーボードの全機能が利用できます。

クイック起動 [Fn] ボタン

キーボード上の [Fn] ボタンを使用すると、特定のアプリケーションまたはツールを有効にできます。

これらのクイック起動ボタンにより、ユーザーは、より効率的に作業を行うことができます。

+

ユーザーにより定義

あるいは

Windows Search

( オプション )

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F4 ボタンを押すと、ユーザーが定義したア

プリケーションを起動できます。

Š または、 Fn ボタンを押したままにして、次に F4 ボタンを押すと、 Windows

Search 機能を起動できます。

(

+

ECO Engine

電力の節約 )

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F5 ボタンを繰り返し押すと、 ECO

Engine により提供されるさまざまな電力節約モード間で切り替えたり、この

機能をオフにしたりすることができます。

Š この ECO Engine の詳細については、このマニュアルの第 3 章の電源管理を

参照してください。

+

ウェブカメラ

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F6 ボタンを押すと、ウェブカメラの機能を有

効にできます。 もう一度押すと、無効になります。

2-11

+

WLAN (WiFi)

( オプション )

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F8 ボタンを押すと、ワイヤレス LAN

(WiFi) の機能を有効にできます。もう一度押すと、無効になります。

(

+

Bluetooth

オプション )

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F9 ボタンを押すと、 Bluetooth の機能を

有効にできます。 もう一度押すと、無効になります。

Š Bluetooth 機能をサポートしない場合には、この機能ボタンが利用できませ

ん。

+

3G

( 未対応 )

Š このモデルでは、

4. タッチパッド

これはノート PC のポインティングデバイスです。

3G 機能はサポートされていないことに注意してください。

2-12

5. ステータス LED

使用中のハードディスク/光学ドライブデバイス

システムがハードディスクドライブか光学ドライブデバイスにアクセスしているとき、青色に点

滅します。

数値ロック: 数値ロック機能が有効である場合、青色に点灯します。

キャプスロック: キャプスロック機能が有効である場合、青色に点灯します。

スクロールロック:スクロールロック機能が有効である場合、青色に点灯します。

6. 電源ボタン / 電源 LED

電源ボタン / 電源 LED

Š 電源ボタンを押して、ノート PC の電源をオン / オフします。

Š 電源ボタンを押して、ノート PC をスリープ状態から復帰させます。

Š ノート PC の電源がオンになると、電源 LED が点灯します。

Š この機能がオフになると、 LED は消えます。

7. 内部マイク

マイクと同等の機能を持つ内部マイクがあります。

2-13

前側面図

2

1. ステータス LED

1

2

1. ステータス LED

2. 排気口

バッテリーステータス

Š バッテリーの充電中、緑色に点灯します。

Š バッテリーステータスが低いとき、黄色に点灯します。

Š バッテリーが故障している場合、黄色に点滅します。新しいバッテリーに交換すること

をお勧めします。最寄りの販売店に相談して、メーカーにより推奨されたバッテリーと

同じタイプのバッテリーを購入してください。

Š フル充電されたか、 AC/DC アダプタが取り外されると、バッテリー LED が消えます。

スリープ状態

Š システムがスリープ状態のとき、青色に点滅します。

Š システムがオフになると、 LED は消えます。

2-14

WLAN(WiFi)

ワイヤレス LAN (WiFi)

Š ワイヤレス LAN (WiFi) 機能が有効になると、この LED インジケータが緑色に点灯し

ます。

Š この機能が無効になると、 LED インジケータが消えます。

Š 注記: ここに記載されている機能は、ユーザーが購入したモデルによりオプションでの

対応になっている場合があります。

Š 警告:フライトの安全性のために、フライト時は必ずこの LED インジケータを消してくだ

さい。

Š さらに詳しい情報が必要な場合、最寄りの販売店にお問い合わせください。

Bluetooth

( オプション )

Bluetooth

Š Bluetooth 機能が有効になると、 Bluetooth LED インジケータが青色に点灯しま

す。

Š 警告:フライトの安全性のために、フライト時は必ずこの LED インジケータを消してくだ

さい。

Š 注記: Bluetooth 機能は、ユーザーが購入したモデルによりオプションでの対応になっ

ている場合があります。

Š さらに詳しい情報が必要な場合、最寄りの販売店にお問い合わせください。

2. 排気口

システム内部の熱を放出します。故障の原因となりますので、塞がないようにして下さい。

2-15

右側面図

1 2 3

1. カードリーダー

2. HDMI コネクタ

3. 電源コネクタ

4. USB ポート

5. 排気口

4 5 6

1. カードリーダー

内蔵カードリーダーは、 MMC (Multi-Media Card) 、 XD (eXtreme Digital) 、 SD (Secure Digital) 、

SDHC (SD High Capacity) 、 SDXC (eXtended Capacity) 、 MS (Memory Stick) 、まはた MS Pro

(Memory Stick Pro) カードなど、さまざまなタイプのメモリカードに対応します。詳細および正しい情報につい

ては、最寄りの販売店にお問い合せください。また、サポートされるメモリカードは事前の予告なしに変更するこ

とがあることにご注意ください。

2. HDMI コネクタ

HDMI( ハイデフィニションマルチメディアインタフェース ) は、 1 本のケーブルで標準ビデオ、強化ビデオ、および高品

位ビデオとマルチチャンネルのデジタルオーディオを合わせてサポートする、 PC 、ディスプレイおよび家電機器向け

の新しいインターフェースです。

2-16

3. 電源コネクタ

AC/DC アダプタを接続して、ノート PC に電力を供給します。

2.0/ ポート ( オプション )

USB 2.0

ポートにより、マウス、キーボード、モデム、携帯ハードディスクモジュール、プリンタなどの USB インター

フェースの周辺機器を接続することができます。

超速度の USB 3.0 USB は、ストレージデバイス、ハードドライブ、またはビデオカメラなどの様々なデバイスの

接続のために、より高いインターフェイス速度を転送し、高速データ転送より多くの便利を提供します。

5. 排気口

システム内部の熱を放出します。故障の原因となりますので、塞がないようにして下さい。

このノート PC は、 Kensington ロックを搭載しており、ユーザーは鍵や機械式 PIN デバイスでノート PC を

固定して、ゴム入りのワイヤーケーブルで取り付けることができます。ケーブルの端には小さなループがあり、

重いテーブルやその他の同様の設備などの固定物の周りにケーブル全体でくくることができ、これによりノー

ト PC を固定できます。

2-17

左側面図

1 2

1. USB ポート

2. 光学ドライブデバイス

3. オーディオポートコネクタ

3

2.0/ ポート ( オプション )

USB 2.0

ポートにより、マウス、キーボード、モデム、携帯ハードディスクモジュール、プリンタなどの USB インター

フェースの周辺機器を接続することができます。

超速度の USB 3.0 USB は、ストレージデバイス、ハードドライブ、またはビデオカメラなどの様々なデバイスの

接続のために、より高いインターフェイス速度を転送し、高速データ転送より多くの便利を提供します。

2. 光学ドライブデバイス

このノート PC には、光学ドライブデバイスが搭載されています。ノート PC に予め搭載されている実際のデバイ

スは、購入したモデルにより異なります。

2-18

3. オーディオポートコネクタ

ステレオライン出力およびマイク入力をサポートします。

ヘッドフォン : スピーカーまたはヘッドフォン用のコネクタです。

マイク : 外部マイクに使用されます。

2-19

後部側面図

1

1. VGA ポート

2. バッテリーパック

3. RJ-45 コネクタ

2 3

1. VGA ポート

15 ピンの D-Sub VGA ポートにより、外部モニタやその他の標準 VGA 対応デバイス ( プロジェクタなど ) を接続

して、コンピュータディスプレイを大きな画面で表示することができます。

2. バッテリーパック

AC 電源が供給できない場合でも、バッテリーパックで本製品を使用することができます。

3. RJ-45 コネクタ

10/100/1000 イーサネットコネクタは、ネットワーク接続用の LAN ケーブルを接続するために使用されます。

2-20

底面図

1 3 2

4

1. バッテリー取り外しボタン

2. バッテリーロック / ロック解除ボタン

3. バッテリーパック

4. 排気口

1. バッテリー取り外しボタン

バッテリーパック取り外しボタンです。片方の手でスライドさせ、もう一方の手でバッテリーパックを慎重に引っ出し

てください。

2. バッテリーロック / ロック解除ボタン

バッテリーを取り外す際には、ロックを解除して下さい。

2-21

3. バッテリーパック

AC/DC 電源が供給できない場合でも、バッテリーパックで本製品を使用することができます。

4. 排気口

システム内部の熱を放出します。故障の原因となりますので、塞がないようにして下さい。

第 3 章

ご使用の手引き

3-2

電源管理

AC 電源の接続

初めて本製品を使用する際には、必ず AC/DC アダプタを接続して AC 電源を使用して下さい。 AC 電源を接続

すると、直ちに本機の充電が開始されます。

AC/DC

アダプタは純正品のみ使用して下さい。

AC/DC

アダプタは使用中発熱します。故障の原因となりますので、覆ったり密閉したりしないで下さい。

.

3-3

AC 電源の接続

1. 添付の AC/DC アダプタと電源コードを取り出します。

2. 電源コードを AC/DC アダプタに取り付けます。

3. ノート PC に DC アダプタを接続してから、コンセントに電源コードを接続します。

AC 電源の取り外し

AC/DC アダプタを取り外すときは、以下の手順に従ってください。

4. まず電源コンセントから電源コードを抜きます。

5. ノート PC からコネクタを取り外します。

6. 電源コードと AC/DC アダプタのコネクタを取り外します。

7. 電源コードを取り外す際は、必ずコードのコネクタ部分をつかんでください。絶対にコードを引っ張らないでくだ

さい。

3

6

6

2 4

3

3-4

バッテリー電源の使用

本製品はリチウムイオン6セルタイプバッテリーパックを搭載しています。

製品の破損や、身体への重大な損傷を負う可能性があるため、バッテリーパックは決して分解しないで下さい。

バッテリーパックは純正品のみ使用可能です。

本製品を長期間使用しない場合は、バッテリーパックを本体から取り外し、安全な場所に保管してください。

バッテリーパックを廃棄する場合は、自治体の指示に従って正しく廃棄して下さい。

充分の電源供給のために、もう一つのバッテリーパックを備えることをお薦めします。ご地元の販売店に連絡して、ノ

ート PC に適するバッテリーパックをご購入ください。

3-5

バッテリーパックの取り付け

バッテリーパックを挿入するには、以下の手順に従ってください。

1. 両手を使って、バッテリーパックを正確

な向きでコンパートメント内に揃えて、

挿入します。

2. バッテリーパックがコンパートメント内に

固定されるまで、バッテリーパックを軽く

スライドさせ、正しい位置に収まるよう

押します。

3. ロック / ロック解除ボタンをロック位置に移

動します。

3

1

2

ここに示されているノート PC は参

照用だけです。、ノート PC を購入

した国により、実際のものと異なる

場合があります。

3-6

バッテリーパックの取り外し

バッテリーパックを取り外すには、以下の手順に従

ってください。

1. 必ずノート PC の電源を切って、 AC 電源

を外してください。

2. ロック / ロック解除ボタンを押して、ロック解

除の位置にします。

3. 底部のバッテリー取り外しボタンを確認し

ます。

4. 取り外しボタンを押したままにして、底部

に示されている向きにバッテリーを取り外し

ます。

5. バッテリーパックの取り出し中は指を怪我

しないように気をつけてください。それから

バッテリーパックを取り出します。

2

5

3 4

3-7

バッテリーの安全のためのヒント

バッテリーの不適切な交換または取り扱いにより、重傷につながる火災や爆発の危険が発生する場合があります。

Š メインのバッテリーパックは、そのバッテリーと同じものまたは同等のものだけと交換するようにしてください。

Š バッテリーを分解したり、ショートさせたり、または焼却したり、 60°C 以上( 140°F 以上)の温度で保管しな

いでください。

Š バッテリーを改造しないでください。子供の手が届かない場所に保管してください。

Š 錆びていたり、破損しているバッテリーを使用しないでください。

Š 地域の法規に従って、バッテリーを廃棄してください。お住まいの地域でのリサイクルや適切な廃棄の詳細に

ついては、地域の廃棄物担当者にお問い合わせください。

バッテリー電力の節約

効率的なバッテリー電力は、正常な動作を維持するために不可欠です。バッテリー電力が適切に管理されていな

い場合、保存データやカスタマイズした設定が失われる場合があります。

バッテリー寿命の最適化および突然の電力の損失を避けるために、以下のヒントを読んでください。

Š システムがしばらくアイドル状態になる場合にシステムの動作を停止したり、停止タイマーの時間間隔を短く

したりします。

Š 一定の時間システムを使用しない場合、システムの電源を切ります。

Š 不必要な設定を無効にしたり、使っていない周辺機器を取り外します。

Š 可能な場合は常にシステムに AC/DC アダプタを接続します。

3-8

バッテリーパックの充電

ノート PC に取り付けられている間、バッテリーパックは再充電されます。バッテリーを再充電する前に、以下のヒント

に目を通してください。

Š 充電済みのバッテリーパックが利用できない場合、作業を保存して、起動中のプログラムをすべて閉じ、シス

テムをシャットダウンするか休止状態にしてください。

Š 外部の AC/DC アダプタに接続します。

Š 充電プロセスを中断することなく、システムを使用したり、システムの動作を停止したり、システムをシャットダ

ウンして、電源を切ることができます。

Š バッテリーパックは、「メモリ効果」がないリチウムイオンバッテリーセルを使用しています。再充電の前にバッテリ

ーを放電する必要はありません。しかし、バッテリー寿命の最適化のために、 3 ヶ月に 1 度、バッテリー電力を

完全に消費することをお勧めします。

Š 実際の充電時間は、使用中のアプリケーションにより決定されます。

3-9

ECO Engine ( ECO エンジン ) -電力節約機能

( オプション )

ECO Engine

ECO

エンジン)

は、卓抜したユニークな電力節約機能で、さまざまな電力節約モードを提供します。

すなわち、 Movie mode (映画モード)、 Game mode (ゲームモード)、 Presentation mode (プレゼンテーショ

ンモード)、 Office mode (オフィスモード)です。これらのモードにより、このノート PC でさまざまなタスクを実行してい

るときのバッテリ稼働時間が延びます。

ECO Engine (ECO エンジン ) は、 S-Bar アプリケーションをインストールしたオペレーティングシステムでのみ機能しま

す。容易で便利な操作については、パッケージに付属するオールインワンディスクで S-Bar アプリケーションでご確認く

ださい。 S-Bar アプリケーションをインストールすることを強くお勧めします。

3-10

Movie Mode( 映画モード ) マルチメディアを再生している間はこのモードを選択します。

Game Mode( ゲームモード ) ゲームを実行している間はこのモードを選択します。

Presentation Mode

( プレゼンテーションモード )

プレゼンテーションソフトを実行している間はこのモードを選択します。

Office Mode( オフィスモード ) 仕事関係の書類を扱っている間はこのモードを選択します。

ECO Off (ECO オフ ) 選択して ECO Engine (ECO エンジン ) を無効にします。

ECO Engine (ECO エンジン ) モードを選択すると、以下の手順に従ってください。

1. ディスプレイで アイコンを見つけたら、マウスカーソルでアイコンをポイントし、 SCM(System Control

Manager) のツールバーを展開します。

2. マウスカーソルを動かして アイコン (Config Fn) をポイントし、アイコン上でマウスを左クリックします。

3. マウスカーソルを動かして

します。

アイコン (ECO Engine ( ECO エンジン )) をポイントし、アイコン上でマウスを左クリック

3-11

4. マウスカーソルを動かして希望の ECO モードをポイントし、選択したアイコンでマウスを左クリックします。

5. どの ECO モードが現在選択されているかを知るのは、選択した際にディスプレイに表示される各モードを表す

アイコンを見ます。

6. 異なる ECO モードに切り替えるには、上の手順にもう一度従います。

7. キーボードの Quick Launch( クイック起動 ) ボタン [Fn] キーと [F5] キーを繰り返し、同時に押すことで、 ECO

Engine (ECO エンジン ) のさまざまなモードを切り替えたり、オフにすることもできます。

3-12

TurboBattery+ Function ( TurboBattery+機能 )

( オプション )

ECO Engine ( ECO エンジン ) 機能の他に、このノート PC にはバッテリーの電源ステータスを自分で管理できる、

TurboBattery+ という名前のバッテリー電源管理機能も搭載されています。

TurboBattery+ Setting (TurboBattery+ 設定 ) メニューでは、 Wireless LAN や Webcam など、バッテリーの実

行時間を最大限に延ばしたりシステムパフォーマンスを向上するために、プリインストールされた特定デバイスを有効

/無効にすることができます。

TurboBattery+ function (TurboBattery+ 機能 ) は、 S-Bar アプリケーションをインストールしたオペレーティングシス

テムでのみ機能します。

TurboBattery+ function (TurboBattery+ 機能 ) を有効にする

AC 電源が切断されている間、以下の指示に従って TurboBattery+ function (TurboBattery+ 機能 ) を有効にし

ます。

1. ディスプレイで アイコンを見つけたら、マウスカーソルでアイコン

をポイントし、 SCM(System Control Manager) のツールバーを

展開します。

TurboBattery+

2. マウスカーソルを動かして アイコン(プログラム)をポイントし、ア

イコン上でマウスを左クリックします。

オフ オン

3-13

3. マウスカーソルを動かして アイコン (TurboBattery+) をポイントし、マウスを左クリックして TurboBattery+ function (TurboBattery+ 機能 ) を有効にします。

4. TurboBattery+ Quick Launch( クイック起動 ) ボタン ( ノート PC に搭載されている場合 ) を押して、上の手順

を経ずに TurboBattery+ 機能を直ちに直接有効にすることができます。

5. TurboBattery+ Function(TurboBattery+ 機能 ) が有効になると、ディスプレイはモノクロに変わります。機能

のステータスを知るには、 SCM(System Control Manager) のツールバーのアイコンをお読みください。

TurboBattery+ Setting (TurboBettery+

設定

) メニューを使用する

この TurboBattery+ 機能は、ノート PC にプリインストールされた Bluetooth 、ワイヤレス LAN 、または Webcam な

どのデバイスが省電力の要求を達成するために一時的に使用されないとき、手動でオフに切り替えるべきかどうかを

判断できる設定メニューも付いています。設定を進めるには、以下の指示に従って従ってください。

1. ディスプレイで アイコンを見つけたら、マウスカーソルでアイコンをポイントし、 SCM(System Control

Manager) のツールバーをシステムコントロールマネージャを展開します。

2. マウスカーソルを動かして アイコン ( プログラム ) をポイントし、アイコン上でマウスを左クリックします 。

3. マウスカーソルを動かして アイコンをポイントし、そのアイコン上でマウスを左クリックして TurboBattery+

Setting (TurboBattery+ 設定 ) メニューを表示します。

3-14

TurboBettery+ Setting

(TurboBettery+

設定

メニュー

で一覧表示されたデバイスは、ご

購入いただいたモデルによっては、

実際のデバイスと異なることがあり

ます。

4. TurboBattery+ Function (TurboBattery+ 機能 ) が

有効になっているとき設定メニューでデバイスを無効にす

るには、マウスカーソルを動かしてそのデバイスをポイントし、

そのデバイス上でマウスを左クリックします。

5. TurboBattery+ Function (TurboBattery+ 機能 ) が有

効になっているとき、無効に設定されたデバイスのみ効果

を持つことにご注意ください。

注意: TurboBattery+ Function (TurboBattery+ 機能 ) がその後有効になったとき ODD が無効になるように選

択される場合、 ODD トレイにディスクが残っていないことを確認してください。 ODD の無効選択は効果を持ちませ

ん。

光学装置のドライブの機能を再開するには、以下の指示に従い、 ODD が再開するまでお待ちください。

(1) 光学装置のドライブの Eject ( 取り出し ) ボタンを押します。

(2) キーボード上の ODD Eject (ODD 取り出し ) Quick Launch ( クイック起動 ) ボタンを押します。

(3) TurboBattery+ Function (TurboBattery+ 機能 ) を無効にします。

3-15

Windows OS での電源管理

本製品は適切な電源管理を行うことにより、相当量の電力を節約することができます。一定時間使用しない場合

にスタンバイモードにするなど、利用状況に応じて適切なプロファイルを設定してください。

以下の指示に従って、 Windows OS で電源管理設定を調節します。

1. Windows における電源オプションにより、ディスプレイ、ハードディスク、およびバッテリーの電源管理機能を

管理できます。スタートメニューからコントロール パネルをクリックし、次にシステムとセキュリティをクリックします。

2. 電源オプションをクリックします。

3. 利用状況に則した電源設定を選択します。

4. Shut Down Computer (コンピュータのシャットダウン)メニューに、コンピュータの Sleep (スリープ)( S3/S4 )、

Shut Down (シャットダウン)( S5 )、または Restart (再起動)が表示されます。

5. 電源ボタンからのコマンドに応じて、コンピュータは電力節約モードから復帰できます。

3-16

1

2

3

4

3-17

電力節約のヒント

Š ECO エンジンを有効にして、コンピュータの電力管理を最適化する

Š 一定時間使用しない場合は、モニタの電源を切る

Š Fn と F12 のスリープモードキーを使用して、電力節約モードを活用する

Š Windows の電力オプションの設定を調節して、コンピュータの電源管理を最適化する

Š コンピュータを使用しない場合、必ず電源コードを抜くか、バッテリーパックを取り外すか、壁のコンセントのスイ

ッチを切る

ユーザーの無活動状態後、電源管理機能は低電力またはスリープモードに着手します。モニターにぴったりの外部の

ENERGY STAR と共に使用される場合には、この機能が同様に簡単なモニターの電源管理機能をサポートします。

可能な電力節約を利用するために、システムが AC 電源で動作しているとき、電源管理機能が以下の方法で予め

セットして動きます。

Š 15 分後ディスプレイをオフにします。

Š 30 分後スリープを始めます。

電源/スリープボタンを押すと、ノート PC はスリープを終了します。 Wake On LAN (WOL) 機能が有効になると、ネット

ワーク信号に応じて、ノート PC もスリープを終了することができます。

3-18

基本操作

本製品を使用する際は、必ず以下のことに配慮して下さい。

安全性と快適性のヒント

本製品は、場所を選ばずに作業することを可能にするノートブック PC です。しかし、長時間ノート PC で作業する

必要がある場合、適切な作業スペースを選択することが大切です。

Š 作業場所に十分な照明があること

Š 適切な机と椅子を選択して、操作時の姿勢に合う高さに調節すること

Š 椅子に座っているとき、背中を快適にサポートするように椅子の背もたれを調節すること(可能な場合)。

Š 足を床に自然な状態で平らになるように置き、操作時に膝と肘が適切な位置(約 90° )にすること

Š 手首をサポートするよう手を自然な状態で机に置けること

Š LCD パネルの角度 / 位置を調節して、最適な表示にすること

Š 不安定な場所(ベッドの上など)でノート PC を使用することを避けること

Š ノート PC は電気機器です。人身傷害を避けるために、細心の注意を払って扱ってください。

3-19

1. 手と足が十分に楽な状態を維持してくだ

さい。

2. LCD パネルの角度と位置を調節します。

3. 机の高さを調節します。

4. 背筋を伸ばして座り、良い姿勢を維持し

ます。

5. 椅子の高さを調節します。

適切な作業姿勢を

2

3

1

1

5

4

長時間ノート PC で作業する必要がある場合、適切な作業姿勢を保つことが大切です。不快感や体調に異変を

感じた場合は、直ちに本製品の使用を中止して下さい。

Š 頻繁に姿勢を変える。

Š 定期的にストレッチや運動をする。

Š 一定期間作業したら、休憩を取るようにする。

3-20

キーボード

本製品は、テンキー付きのフル機能キーボードを搭載しています。このキーボードは、以下の 4 つのカテゴリに分ける

ことができます。

タイプライターキー

ここに示されているキーボードは、

ノート PC を購入した国により、実

際のものと異なる場合があります。

テンキー

カーソルキー /

機能キー

3-21

タイプライターキー

主要な文字キーと、 [ALT][CTRL} などの特殊キーが配置されています。

ロックキーを押した場合、対応する LED が点灯し、以下のステータスを表示します。

„ NUM ロック: [Fn] キーを押した状態で、このキーを押して、 NUM ロックのオン / オフを切り替えます。このキーを有

効にすると、タイプライターキーに組み込まれた数字キーを使用できます。

„ CAPS ロック:このキーを押して、キャプスロックのオン / オフを切り替えます。この機能が有効になっていると、文

字が大文字になります。

„ スクロールロック: [Fn] キーを押した状態で、このキーを押して、スクロールロックのオン / オフを切り替えます。

テンキー(数字キー)

電卓のように数字を入力することができます。

3-22

カーソルキー

4 つのカーソル(矢印)キーと [ Home ] 、 [ PgUp ] 、 [ PgDn ] 、 [ End ] キーを使用して、カーソルを移動させます。

カーソルを 1 スペースだけ左に移動させます。

カーソルを 1 スペースだけ右に移動させます。

カーソルを 1 行だけ上に移動させます。

カーソルを 1 行だけ下に移動させます。

前のページに移動します。

次のページに移動します。

行(または文書)の先頭に移動します。

3-23

行(または文書)の終わりに移動します。

右上隅の Backspace キー、 [Ins] および [Del] キーは編集のために使用します。

このキーは、入力モードを「挿入」と「上書き」モード間で切り替えるために使用します。

このキーを押すと、カーソルの右側の 1 文字が削除され、次のテキストが左に 1 スペース移

動します。

このキーを押すと、カーソルの左側の 1 文字が削除され、次のテキストが左に 1 スペース移

動します。

機能キー

„ Windows キー

キーボードには、 Windows ロゴキー ( ) と 1 つのアプリケーションロゴキー ( ) があります。これらは、スタ

ートメニューやショートカットメニューの起動など Windows 固有の機能の実行に使用します。 2 つのキーの詳

細については、 Windows のマニュアルやオンラインヘルプを参照してください。

3-24

„ [Fn] キー

+

LCD 、外部モニタおよびその両方で表示出力モードを切り替えます。

+

+

タッチパッド機能を有効または無効にします。

LCD の輝度を下げます。

+

+

+

+

LCD の輝度を上げます。

内蔵スピーカーの音量を下げます。

内蔵スピーカーの音量を上げます。

コンピュータのオーディオ機能を無効にします。

3-25

コンピュータを強制的にスリープ状態にします(システム構成による)。

+

„ クイック起動 [Fn] ボタン

キーボード上の [Fn] ボタンを使用すると、特定のアプリケーションまたはツールを有効にできます。

これらのクイック起動ボタンにより、ユーザーは、より効率的に作業を行うことができます。

+

ユーザーにより定義

あるいは

Windows Search

( オプション )

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F4 ボタンを押すと、ユーザーが定義したア

プリケーションを起動できます。

Š または、 Fn ボタンを押したままにして、次に F4 ボタンを押すと、 Windows

Search 機能を起動できます。

+

ECO Engine

( 電力の節約 )

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F5 ボタンを繰り返し押すと、 ECO

Engine により提供されるさまざまな電力節約モード間で切り替えたり、この

機能をオフにしたりすることができます。

+

ウェブカメラ

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F6 ボタンを押すと、ウェブカメラの機能を有

効にできます。 もう一度押すと、無効になります。

3-26

+

WLAN (WiFi)

( オプション )

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F8 ボタンを押すと、ワイヤレス LAN

(WiFi) の機能を有効にできます。もう一度押すと、無効になります。

+

Bluetooth

( オプション )

Š Fn ボタンを押したままにして、次に F9 ボタンを押すと、 Bluetooth の機能を

有効にできます。 もう一度押すと、無効になります。

+

3G

( 未対応 )

Š このモデルでは、 3G 機能はサポートされていないことに注意してください。

3-27

ここに示されているタッチパッドの図

は、参照用であり、ユーザーが購

入したノート PC と異なる場合があ

ります。

タッチパッド

ノート PC に組み込まれているタッチパッドは、標準的なマウスに対応するポインティングデバイスであり、画面上のカ

ーソルの場所を指して 2 つのボタンで選択することにより、ノート PC を操作することができます。

1. カーソル移動エリア

タッチパッドの圧力感知エリアでは、指を置いて動

かすことにより、画面上のカーソルを操作できま

す。

2. 右/左ボタン

マウスの右 / 左ボタンとして機能します。 .

1

2

2

3-28

タッチパッドを使う

以下の説明を読んで、タッチパッドの使用法を習得してください。

„ タッチパッドを設定する

ポインティングデバイスを個人のニーズに合うようにカスタマイズできます。 たとえば、お客様が左利きの場合、 2

つのボタンの機能を交換することができます。 また、スクリーン上のカーソルの大きさ、形、移動速度およびその

他の高度な機能を変更することができます。

タッチパッドの設定では、 Windows OS の標準的な Microsoft または IBM PS/2 ドライバを使用することがで

きます。 Control Panel (コントロールパネル)内の Mouse Properties (マウスのプロパティ)により、設定を

変更できます。

„ 位置決めと移動

指(通常は人さし指)をタッチパッド上に置きます。長方形のパッドは、ディスプレイの小型の複製として機能し

ます。 パッド上で指先を動かすと、画面上のカーソルが同じ方向に同時に移動します。 指がパッドの端に届

いたら、指を上げて、タッチパッドの適切な位置に置いて、移動を継続します。

„ ポイントとクリック

アイコン上にカーソルを移動させると、メニュー項目か実行したいコマンドが表示されます。タッチパッドを軽く叩く

か、左のボタンを押して選択します。 この手順は、ポイントアンドクリックと呼ばれており、ノート PC の操作の基

本です。 マウスなどの従来のポインティングデバイスとは異なり、タッチパッド全体が左ボタンとして機能します。

したがって、タッチパッドを叩くことは左ボタンを押すことになります。 タッチパッドをすばやく 2 回叩くと、ダブルクリッ

クを実行したことになります。

3-29

„ ドラッグとドロップ

ドラッグアンドドロップでファイルまたはデータの移動を行えます。実行したい項目にカーソルを置いて、軽くタッチ

パッドを 2 度叩いた後、指先とタッチパッドの接触を保持してください。そして、指先をスライドさせ、カーソルを移

動させて選択した項目を希望の場所へ移動します。後で、指先タッチパッドからを離し、項目をこの場所に落

とします。あるいは、項目を選択する場合は、左のボタンを押し、そのままの状態で指先を移動させ、別の場

所で左のボタンを離してドラッグアンドドロップの操作を完了します。

1. 指先をスライドさせて、カーソル

を移動させます。 1

2. 楽な状態で手首を机に置きま

す。

2

3-30

ハードディスクドライブについて

ご使用のノート PC は、 2.5

インチのハードディスクドライブを搭載しています。 ハードディスクドライブは、フロッピーデ

ィスクドライブや光学ストレージデバイスなどの、その他のストレージデバイスよりもはるかに高速かつ大容量です。 し

たがって、通常は、 OS やソフトウェアのインストールに使用されます。

ご使用のシステムでの予期せぬデータ損失を避けるために、重要なファイルは定期的にバックアップを取ってください。

ハードディスク LED が点灯または点滅している間は、ノート PC の電源を切らないでください。

ノート PC の電源がオンのときに、ハードディスクを取り外したり、取り付けたりしないでください。 ハードディスクドライ

ブの交換は、認定販売店か修理担当者が行う必要があります。

3-31

光学ストレージデバイスの使用

このノート PC には、光学ストレージデバイスが搭載されています。ノート PC に予め搭載されている実際のデバイス

は、購入したモデルにより異なります。

„ HD DVD ( ハイデフィニション/密度 DVD ): HD DVD ( またはハイデフィニション DVD) はデータおよびハイデフィ

ニションビデオの記憶のために搭載されたハイデフィニション光学ディスクフォーマットです。

3-32

1. トレイを閉じる前に、ディスク

がトレイにしっかりと正しく置か

れていることを確認してくださ

い。

2. ディスクトレイを開けたままに

しないでください。

ディスクの挿入

以下の手順は、光学ストレージデバイスを動作させ

る一般的な手順です。

1. ノート PC の電源が入っていることを確認しま

す。

2. イジェクトクイック起動ボタンを押すと、ディスク

トレイが部分的に出てきます。

3. 注意: ODD Eject (ODD 取り出し ) ボタンが

純正な DOS システムには機能します。但し、

S-Bar アプリケーションをインストールしない

OS にはこのイジェクトボタンが無効です。

この場合には、ユーザーが "My Computer"

から ODD を右クロックし、 "Eject" を選択して

トレーをイジェクトします。

4. 完全に出てくるまでトレイをゆっくりと引きま

す。

5. ラベルを上にして、ディスクをトレイに置きます。

ディスクの中央を軽く押して、トレイに固定し

ます。

6. トレイを押してドライブ内に戻します。

3

5

2

4

3-33

ディスクの取り外し

以下の手順に従って、光学ストレージデバイス内の

ディスクを取り出します。

7. イジェクトクイック起動ボタンを押すと、ディスク

トレイが部分的に出てきます。

8. 完全に出てくるまでトレイをゆっくりと引きま

す。

9. 指でディスクの端を持って、トレイから持ち上

げます。

10. トレイを押してドライブ内に戻します。

9

7

6

8

3-34

参照用の図で表示されたデバイス

は、ユーザーが持っているデバイスと

異なる場合があります。

外部デバイスを接続する

ノート PC 上の I/O (入力 / 出力)ポートにより、周辺機器を接続することができます。

周辺機器を接続する

USB デバイスを接続する

このノート PC は、マウス、キーボード、デジタルカメラ、ウェブカメラ、プリンタ、および外部光学ストレージデバイスなど

の、さまざまな USB デバイスを接続するための USB ポートを搭載しています。 これらのデバイスを接続するには、

必要に応じて各デバイスのドライバをインストールしてから、ノート PC にデバイスを接続します。 このノート PC は、

インストールされた USB デバイスを自動的に検知します。デバイスが検知されない場合は、新しいデバイスを追加

するために、 Start Menu (スタート) / Control Panel (コントロール パネル) / Add Hardware (ハードウェアの

追加)の順に進み、手動で USB デバイスを有効にしてください。

3-35

外部ディスプレイの接続

本製品には D-Sub15 ピンコネクタ仕様のアナログディスプレイ端子が備わっています。外部モニタやプロジェクタなど

と接続して、映像を表示させることができます。

3-36

また、本製品には HDMI ( ハイデフィニションマルチメディアインタフェース ) 端子も搭載しています。 1 本のケーブルで

高品位なデジタル映像とデジタル音声を伝送することができ、液晶テレビなどで幅広く採用されている規格です。

外付けディスプレイを接続している状態でシステムを起動または再起動すると、自動的に外付けディスプレイが認識

されます。自動検出できない場合は、 [Fn] と [F2] を押すことにより、ディスプレイモードを切り替えることができます。

または、 Windows OS の Display Properties (ディスプレイ プロパティ)の設定を構成することにより、ディスプレイ

モードを変更できます。

3-37

通信デバイス

LAN

本製品にはギガビット LAN 接続に対応した RJ-45 コネクタが搭載されています。ハブ、スイッチおよびゲートウェイな

どの LAN( ローカルエリアネットワーク ) デバイスを接続して、ネットワーク接続を構築することができます。

インターネット接続設定の詳細については、ご契約プロパイダーにお問い合わせ下さい。

3-38

ワイヤレス LAN

( オプションで対応 )

本製品には IEEE 802.11b/g/n に対応したワイヤレス LAN モジュールを搭載しています。これにより、ユーザーは広

いエリアでネットワークに接続したまま移動することができます。

64 ビット /128 ビットの Wired Equivalent Privacy ( WEP )暗号化テクノロジと Wi-Fi Protected Access ( WPA )

機能を使用することにより、オプションの内蔵ワイヤレス LAN で、より効率的かつ安全なソリューションでワイヤレス通

信を行うことが可能になります。

ワイヤレス LAN への接続に関するより詳しい説明や詳細な手順については、 MIS のスタッフかネットワークマネージャ

にお問い合わせください。

3-39

Bluetooth 接続の使用(オプションで対応)

このノート PC は、さまざまな Bluetooth 対応デバイスを接続するための Bluetooth モジュールを搭載しています。

Bluetooth により、安全で世界的に免許不要の ISM ( Industrial, Scientific and Medical ) 2.4GHz

の近距離

無線周波数帯域を使用して、携帯電話、パソコン、プリンタ、 GPS レシーバ、 PDA 、デジタルカメラ、および家庭用

ゲーム機などのデバイスを接続したり、それらのデバイス間で情報を交換することが可能になります。

Bluetooth 機能の使用に関するより詳しい説明や詳細な手順については、 MIS のスタッフかネットワークマネージャ

にお問い合わせください。

3-40

コンポーネントの交換とアップグレード

ご購入いただいた製品に予め搭載されているメモリ、ハードディスクドライブ、ワイヤレス LAN /Bluetooth モジュール、

およびバッテリーパックは、ユーザーが購入したモジュールによっては、ご要望に応じてアップグレードまたは交換できる

場合があります。

4

1

2

5

3

3-41

1

2

3

4

このノート PC には、大容量リチウムイオンバッテリーパックが搭載されて

おり、バッテリーパックはユーザーにより交換できます。

バッテリーパックの交換は、バッテリー電源の使用のセクションで詳しい説

明を参照してください。

このノート PC には、ワイヤレス LAN/ Bluetooth モジュールが搭載され

ており、そのモジュールは認定販売店やサービスセンターによりアップグレ

ードおよび交換できる場合があります。 ( オプションで対応 )

このノート PC には、ハードディスクドライブが搭載されており、このストレ

ージデバイスは認定販売店やサービスセンターによりアップグレードおよび

交換できる場合があります。

仕様の制限によっては、このノート PC のパフォーマンスを向上させるた

め、認定販売店やサービスセンターにより追加のメモリモジュールが取り

付けられる場合があります。

3-42

5

このノート PC には、光学ドライブデバイスが搭載されており、このデバイ

スは認定販売店やサービスセンターによりアップグレードおよび交換でき

る場合があります。

アップグレード制限の詳しい情報については、付属のユーザーマニュアルの仕様を参照してください。 ご購入いただ

いた製品の詳しい情報については、最寄りの販売店までお問い合わせください。

認定販売店またはサービスセンター以外は、製品のコンポーネントをアップグレードしたり交換しないでください。保証

が無効になることがあります。 アップグレードまたは交換サービスについては、認定販売店またはサービスセンターま

でお問い合わせください。

第 4 章

BIOS 設定

4-2

BIOS

設定について

BIOS 設定を使用する必要がある場合

以下の状況で BIOS 設定を実行する必要が生じる場合があります。

Š システム起動中に画面上にエラーメッセージが表示され、 SETUP の実行を要求される場合。

Š デフォルト設定をカスタマイズした機能に変更したい場合。

Š デフォルトの BIOS 設定をリロードしたい場合。

BIOS 設定実行の方法

BIOS 設定ユーティリティを実行するには、起動画面が表示されている間に [Del] キーを押します。

次の画面に進んでしまった場合は、電源を入れ直すか、 [Ctrl]+[Alt]+[Delete] キーを同時に押して、システムを再

起動して再度実行して下さい。

本章で説明する画面及びテキストは凡例です。 BIOS バージョン差異などにより、一部表記がことなる場合があり

ます。

4-3

コントロールキー

BIOS 設定ユーティリティでは、カーソルの操作のためにキーボードのみを使用します。

左矢印を押して、 1 つのメニュータイトル

を選択します。

右矢印を押して、

を選択します。

1 つのメニュータイトル

上矢印を押して、メニュータイトルから 1

つの項目を選択します。

下矢印を押して、メニュータイトルから

つの項目を選択します。

1

設定値を上げたり、変更を行ったりします。

+

設定値を下げたり、変更を行ったりします。

1) 選択した項目を開いて、設定オプションを変更します。

2) 利用可能な場合、サブメニューを表示します。

項目によっては、このキーを押して設定フィールドを変更します。

コントロールキーの情報を提供するヘルプ画面が表示されます。

1) BIOS 設定ユーティリティを終了します。

2) サブメニューで前の画面に戻ります。

4-4

ここに表示された BIOS 項目と

図は参照用だけです。

BIOS

設定メニュー

BIOS 設定ユーティリティに入ると、画面上にメインメニューが表示されます。タグを選択して、その他のメニューに入り

ます。

Main Menu ( メインメニュー )

BIOS のバージョン、 CPU の特徴、メモリサイズ、およびシステムの時間と日付の設定に関

するシステムの概要を設定します。

Advanced Menu ( 詳細メニュー )

システムのパフォーマンスを最適化するために、電源管理、 USB/PCI など各種デバイスの

詳細設定をします。

Boot Menu ( ブートメニュー )

システム起動ドライブの優先順位などを設定します。

Security Menu ( セキュリティメニュー )

管理者およびユーザーのパスワード設定などを行います。

Save & Exit Menu ( 保存および終了メニュー )

BIOS 設定メニューを終了する前に、変更を保存するか、取り消します。

4-5

Main Menu ( メインメニュー )

Š System Date ( システムの日付 )

この項目ではシステムの日付を設定できます。日付の形式は、 [ 曜日 : 月 : 日 : 年 ] になり

ます。

Day ( 曜日 ) 曜日情報を表示します。(日時情報から自動的に計算

されます)

Month ( 月 )

Date ( 日 )

01

01

12

31

月を選択

日を選択

Year ( 年 ) ユーザーが直接入力できます

Š System Time ( システム時間 )

この項目により、システムの時間を設定できます。システム時計は、 PC をシャットダウン

したり、スリープモードに入ったりしても継続します。時間の形式は、 [ 時 : 分 : 秒 ] です。

Š SATA Configuration (SATA 配置 )

これらの項目は、ノート PC に取り付けられた SATA デバイスの種類を表示します。

[Enter ( エンター )] を押すと、デバイス名、ベンダー、 LBA モード、 PIO モードなどを含む、

デバイスの詳細情報を示すウィンドウが表示されます。

4-6

Š System Information ( システム情報 )

この項目では、ファームウェア、プロセッサ、およびシステムメモリに関する情報を提供し

ます。

4-7

Advanced Menu ( 詳細メニュー )

Š PowerNow

PowerNow 機能を有効/無効にします。 [Enabled] に設定すると、システムが節電

モードに動作します。プロセサを最適化したい場合は、 [Disabled] に設定してください。

それで、プロセサの速度が OS およびアプリケーションにより変化します。工場出荷設定

は [Enabled] です 。

Š PCI Latency Timer (PCI レイテンシタイマー )

この項目では、別のデバイスに代わるまで各 PCI デバイスがバスを占有する時間を制

御します。値を上げると、すべての PCI デバイスはより長くトランザクションを実行するこ

とができ、これにより、有効な PCI 帯域幅が向上します。

PCI パフォーマンスを上げるには、項目をより高い値に設定する必要があります。設定

オプション: 32 、 64 、 96 、 128 、 160 、 192 、 224 、および 248 。

Š Legacy USB Support ( レガシー USB サポート )

Enabled ( 有効 ) を選択することにより、ユーザーは DOS 環境でマウス、キーボード、ま

たはリムーバブルディスクなどの USB デバイスを使用したり、 USB デバイスからのシステ

ムの起動ができるようになります。設定オプション:、 Auto ( 自動 ) 、 Enabled ( 有効 ) お

よび Disabled ( 無効 ) 。

Š SATA Mode Selection (SATA モード選択 )

AHCI ( 拡張ホストコントローラーインターフェイス ) モードを有効/無効にします。

4-8

Boot Menu ( ブートメニュー )

Š Boot Settings Configuration ( ブート設定の配置 )

システムのブート中の設定を配置します。

Š Boot Device Priority ( ブートデバイスの優先順位 )

これらの項目は、 BIOS が DOS をロードする場所のブートデバイスの順番を示していま

す。

4-9

Security Menu ( セキュリティメニュー )

Š Supervisor Password ( 管理者パスワード )

この項目が選択されると、画面上に下記のメッセージボックスが表示されます。

Enter New Password

最大 20 桁のパスワードを入力して、 [Enter ( エンター )] を押します。以前に設定したパ

スワードがある場合は上書きされます。また [ESC] を押して、新しいパスワードの設定

を破棄することもできます。

User Password ( ユーザーパスワード ) を選択して、パスワード設定を変更または破

棄します。

Supervisor Password ( 管理者パスワード ) を設定した場合、システムの起動と

BIOS 設定変更の両方がパスワード制限されます。 User Password ( ユーザーパス

ワード ) のみ設定した場合、システムの起動のみがパスワード制限されます。

4-10

Password Check ( パスワードチェック ) 項目では、 BIOS パスワード保護の種類を指

定できます。設定の説明は以下の通りです。

(

Setup

( 設定 )

Always

常時 )

BIOS 設定画面に入る場合のみ、パスワード制限されます。

システムの起動、 BIOS 設定画面に入る場合、両方がパスワード

により制限されます。

Supervisor Password ( 管理者パスワード )/User Password ( ユーザーパスワード )

の 設 定 を 消 去 す る に は 、 パ ス ワ ー ド の 入 力 を 指 示 さ れ た 際 に 、 Supervisor

Password ( 管理者パスワード )/ User Password ( ユーザーパスワード ) フィールドで

[Enter ( エンター )] を押してください。 Supervisor Password ( 管理者パスワード ) が消

去されると、 User Password ( ユーザーパスワード ) も同時に消去されます。

パスワードを消去すると、新たにパスワードを設定しない限りシステムの起動も BIOS

設定も制限無く行える状態になります。

4-11

Save & Exit Menu ( 保存および終了メニュー )

Š Save Changes and Reset ( 変更の保存およびリセット )

設定変更内容を保存して、ユーティリティをリセットします。

Š Discard Changes and Exit ( 変更の破棄および終了 )

変更内容を破棄して、前回保存時の内容を呼び出します。

Š Load Setup Defaults ( デフォルト値のロード )

工場出荷時の設定を呼び出します。

advertisement

Related manuals

advertisement