Asus ExpertBook B3 Detachable (B3000) Laptop User Manual

Add to My manuals
88 Pages

advertisement

Asus ExpertBook B3 Detachable (B3000) Laptop User Manual | Manualzz

J18864

初版 / 2022年3月

ユーザーマニュアル

COPYRIGHTについて

バックアップの目的で利用する場合を除き、本書に記載されているハードウェア・ソフトウェアを含む、

全ての内容は、ASUSTeK Computer Inc. (ASUS) の文書による許可なく、編集、転載、引用、放送、複写、

検索システムへの登録、他言語への翻訳などを行うことはできません。

ASUSは、本マニュアルについて、明示の有無にかかわらず、いかなる保証も行いません。ASUSの責任

者、従業員、代理人は、本書の記述や本製品に起因するいかなる損害 (利益の損失、ビジネスチャンス

の遺失、データの損失、業務の中断などを含む) に対して、その可能性を事前に指摘したかどうかに関

りなく、責任を負いません。

本マニュアルに記載の製品名及び企業名は、登録商標や著作物として登録されている場合がありま

すが、本書では、識別、説明、及びユーザーの便宜を図るために使用しており、これらの権利を侵害す

る意図はありません。

本書の仕様や情報は、個人の使用目的にのみ提供するものです。また、内容は予告なしに 変更される

ことがあり、この変更についてASUSはいかなる責任も負いません。本書およびハードウェア、ソフトウ

ェアに関する不正確な内容についてASUSは責任を負いません。

Copyright © 2022 ASUSTeK Computer, Inc. All Rights Reserved.

責任制限

この責任制限はASUSの、或は他の責任の不履行により、ユーザーがASUSから損害賠償を受ける権利

が生じた場合に発生します。

このようなケースが発生した場合は、ユーザーのASUSに損害賠償を請求する権利の有無にかかわ

らず、ASUSは肉体的損害 (死亡したケースを含む) と不動産及び有形動産への損害のみに賠償責任

「Warranty Statement」のもと

に生じる法的義務の不作為または不履行に起因するいかなる実害と直接的な被害のみに対して賠

償責任を負います。

ASUSは「Warranty Statement」に基づき、不法行為または侵害行為が発生した場合と、契約に基づく

損失や損害が生じた場合及びその主張に対してのみ賠償し、責任を負います。

この責任制限は、ASUSの供給者または販売代理店にも適用されます。賠償の際は、ASUSとその供給

者及び購入した販売代理店を一集合体としてその限度額を定めており、その限度額に応じた賠償が

行われます。

以下のケースに対しては、ASUSとその供給者及び販売代理店がその可能性を指摘されている場合に

おいても、ASUSはいかなる賠償及び保証を行いません。

(1) ユーザーが第三者から請求されている申し立て

(2) ユーザーの個人情報やデータの損失

(3) 特殊、偶発的、或は間接的な損害、または 貯蓄や諸利益を含むあらゆる結果的な経済的損害

サービスとサポート

マルチ言語サポートサイトをご用意しています。英語で表示される場合は「Japan/日本語」を選択し

てください。 https://www.asus.com/jp/support/

2 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

もくじ

本マニュアルについて .........................................................................................7

このマニュアルの表記について ........................................................................... 8

アイコン ........................................................................................................................... 8

表記 .................................................................................................................................... 8

安全上の注意 ............................................................................................................9

タブレットとデタッチャブルキーボードドックを使用する .................. 9

本機のお手入れ ............................................................................................................. 10

廃棄・リサイクルについて ..................................................................................... 11

バッテリーの安全に関する情報 ........................................................................... 12

Chapter 1: ハードウェアのセットアップ

製品の概要 .................................................................................................................16

前面図 ................................................................................................................................ 16

背面 .................................................................................................................................... 16

上部 .................................................................................................................................... 18

底面 .................................................................................................................................... 19

右側 .................................................................................................................................... 20

左側 .................................................................................................................................... 23

両置き対応キックスタンド ................................................................................24

キックスタンドの使用 .............................................................................................. 25

デタッチャブルキーボード(特定モデルのみ) .....................................26

ASUS Pen (特定モデルのみ) ...............................................................................29

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 3

Chapter 2: タブレットとデタッチャブルキーボード

ドックを使用する

はじめに ......................................................................................................................32

本機タブレットの充電 .............................................................................................. 32

ディスプレイパネルを持ち上げて開く ............................................................. 35

電源ボタンを押す ........................................................................................................ 35

タッチスクリーンパネルとタッチパッドの操作 .....................................36

タッチスクリーンパネルのタッチ操作 ............................................................. 36

タッチパッドの使い方 .............................................................................................. 38

キーボードの使い方 ..............................................................................................45

ホットキー ...................................................................................................................... 45

ファンクションキー ................................................................................................... 46

Windowsキー ................................................................................................................. 46

4 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Chapter 3: Windowsの使用

初めて起動するとき ..............................................................................................48

スタートメニュー ...................................................................................................49

Windowsアプリ .......................................................................................................51

夜間モード .................................................................................................................52

ワイヤレスネットワークへの接続 .................................................................53

Wi-Fi ................................................................................................................................... 53

Bluetooth ......................................................................................................................... 54

機内モード ...................................................................................................................... 55

本機の電源を切る ...................................................................................................56

本機をスリープ状態にする ................................................................................57

システムの回復 ........................................................................................................58

回復オプションの実行 .............................................................................................. 59

Chapter 4: FAQとヒント

安全に使用するためのヒント ...........................................................................62

ハードウェアに関するFAQ ................................................................................64

ソフトウェアに関するFAQ ................................................................................67

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 5

Chapter 5: 付録

内蔵モデムの適応規格 (規格/プロトコルなど原文掲載) .....................70

Overview .....................................................................................................................70

Network Compatibility Declaration ................................................................71

Non-Voice Equipment ..........................................................................................71

Federal Communications Commission Interference Statement .......74

FCC Radio Frequency (RF) Exposure Caution Statement ......................75

UL Safety Notices ....................................................................................................76

Power Safety Requirement .................................................................................77

TV Notices ...................................................................................................................77

Macrovision Corporation Product Notice ....................................................77

Nordic Lithium Cautions (for lithium-ion batteries) ................................78

CTR 21 Approval (for ASUS Tablet with built-in Modem) .....................79

Declaration of Compliance for Product Environmental Regulation 81

EU REACH and Article 33 .....................................................................................81

EU RoHS .......................................................................................................................81

Japan JIS-C-0950 Material Declarations ........................................................81

Ecodesign Directive ...............................................................................................81

ENERGY STAR complied product .....................................................................82

EPEAT Registered Products.................................................................................82

Simplified EU Declaration of Conformity .....................................................83

電気・電子機器に含有される化学物質の表示について ......................84

回収とリサイクルについて ................................................................................85

筐体のコーティングについて ...........................................................................85

日本国内での無線周波数帯のご利用について ..........................................85

聴覚障害を防ぐため ..............................................................................................85

6 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

本マニュアルについて

このマニュアルは、タブレットおよびデタッチャブルキーボードドック(特定

モデルのみ付属)のハードウェアおよびソフトウェア機能に関する情報を

提供します。また、次の章で構成されています。

Chapter 1: ハードウェアのセットアップ

本機のハードウェアとコンポーネントについての説明が記載されて

います。

Chapter 2: タブレットとデタッチャブルキーボードドックを使用する

本機の使用方法についての説明が記載されています。

Chapter 3: Windowsを使用する

本機でのWindowsの使用方法についての説明が記載されていま

す。

Chapter 4: FAQとヒント

よくある質問とその回答・ヒントが記載されています。

Chapter 5: 付録

製品の規格や海外の法令についての説明が記載されています。

注意: 本書で使用されている名称は正式なものではない可能性があり

ます。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 7

8

このマニュアルの表記について

本製品を正しくお取り扱いいただくため、以下の表記をご参照くだ

さい。

重要: 作業を完了するために従わなければならない事項です。

注意: 作業を完了するためのヒント等の追加情報です。

警告: 作業を行う際、人体への危険を避けるため、またはASUSタブ

レットのコンポーネントへの損害、データの消失を避けるために、必

ず従わなければならない事項です。

アイコン

一連の作業やタスクを完了するために使用するデバイスをアイコンで表し

ています。

=  タッチスクリーンパネルを使用します。

= タッチパッドを使用します。

= キーボードを使用します。

表記

太字 = 選択するメニューや項目を表示します。

<> = 操作のために押す、キーボード上のキーです。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

安全上の注意

タブレットとデタッチャブルキーボードドックを使用す

本機は5〜35℃の周辺温度でご使用くださ

い。

入力定格は本機の底部に記載があります。AC

アダプターが対応していることを確認してくだ

さい。

本機の使用中またはバッテリーパックの充電中

に、本機が熱くなることがあります。火傷を防止

するため、本機を膝の上や身体の近くに置かな

いでください。

破損した電源コード、アクセサリーまたはその他

の周辺機器を使用しないでください。

電源がオンのまま本機を持ち運ばないでくださ

い。またキャリーバッグに入れたり、カバーをし

たりしないでください。通気が悪くなり故障の原

因となります。

本機を平らでない、不安定な場所に置かないで

ください。

本機をX線装置(ベルトコンベアー)に通すこと

は問題ありませんが、磁気センサーや磁気ワン

ドはお避けください。

多くの航空会社では、電子機器の使用に対して規定

を設けています。航空機内での本機の使用について

は、各航空会社にお問い合わせください。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 9

本機のお手入れ

本機のお手入れの際は、電源を切りACアダプターと

バッテリーパックが取り外し可能なモデルであれば

バッテリーパックも取り外してください。清潔なスポン

ジまたは柔らかい布に研磨材の含まれていない洗剤

を温水で薄めたものを数滴含ませ、汚れを拭き取って

ください。最後に乾いた布を使って余分な水分を完全

に取り除いてください。短絡または腐食を防止するた

め、シャーシまたはキーボードの隙間に液体が入らな

いようにしてください。

本機のお手入れに、シンナー・ベンジンなどの化

学薬品を使用しないでください。

本機の上に物を置かないでください。

本機に強い磁気を近づけないでください。

液体・雨・湿気を避けてください。

本機をホコリや汚れの多い環境下に置かないで

ください。

10 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

本機をガス漏れの恐れがある場所で使用しな

いでください。

ディスプレイパネルに対する電磁波干渉を防止する

ため、本機の近くに電源の入った電気デバイスを置

かないでください。

本機を(変換可能な仮想通貨を得るために膨大な

電力と時間を消費する)仮想通貨マイニングおよび/

または関連する作業に使用しないでください。

廃棄・リサイクルについて

本機やバッテリー (該当する場合) を一般廃棄

物として廃棄しないでください。本機のコン

ポーネントの中にはリサイクルできるよう設計

されているものがあります。なお、本機は水銀

ボタン電池を含む電子機器です。本機を一般

ゴミとして廃棄しないでください。リサイクル、

廃棄の際は電子機器の廃棄に関する地域の条

例等に従ってください。

バッテリーを一般ゴミとして廃棄しないでくだ

さい。リサイクル、廃棄の際は電子機器の廃棄

に関する地域の条例等に従ってください。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 11

バッテリーの安全に関する情報

バッテリーの保護

• 高電圧で頻繁に充電すると、バッテリーの劣化は早まりま

す。また、モデルによってはバッテリー寿命を延ばすため、

バッテリーを満充電後、バッテリー残量が約90%以上を維持

できている場合、こちらを下回るまでバッテリー保護の機能

が働き、その間は再充電を停止する場合があります。

注意: バッテリー保護の機能が働く場合、再充電を停止する目安は

通常、90~99%の間ですが、こちらの数値はモデルによって異なる

場合があります。

高温な周辺環境でバッテリーを充電した場合、バッテリーの

劣化や寿命を早める可能性があります。バッテリーが高温、

オーバーヒート状態になると、充電に制限がかかり、停止する

場合があります。こちらはバッテリー保護の機能によるもの

です。

PC をシャットダウンして AC アダプターを取り外しても、わず

かですが電力は消費されます。よって、次回起動時に以前使

用していた際よりもバッテリー残量が減っている場合があり

ます。

12 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

バッテリーのメンテナンス

本機を長期間使用しない場合は、バッテリーの充電はバッ

テリー容量の50%程度にし、端末の電源をオフにしてACアダ

プターとの接続もしないままにしてください。長期保管によ

る過放電の影響を避けるため3か月に1回、バッテリー容量の

50%程度まで再充電することをお勧めします。

バッテリーの劣化を防ぐ為、高電圧での頻繁な充電はしない

でください。常時、電源からACアダプター経由で本機へ給電

している場合は、バッテリーへの負担を減らすため、少なくと

も2週間に一度はバッテリー容量の50%程度まで放電するこ

とをお勧めします。

バッテリーに最適な保管環境は周囲温度が10℃〜35℃の間

で、50%程度のバッテリー残量が維持された状態です。

バッテリー性能に影響が出る可能性がありますので、湿度が

高い環境下では保管しないでください。また低温にさらされ

るとバッテリー内部の化学成分が劣化することがあります。

一方、温度が非常に高い環境下では破裂する危険性がありま

す。

本機およびバッテリーそのものをラジエーター、暖炉、ヒー

ターなどの熱源の近くに置かないでください。温度が60℃を

超えるとバッテリーが破裂したり、薬液が漏れたり、火災の

原因となることがあります。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 13

14 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Chapter 1:

ハードウェアのセットアップ

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 15

製品の概要

前面図

背面

16 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

カメラ

内蔵カメラにより、本機を使用して写真を撮ったり、ビデオを録

画したりできます。

カメラインジケーター

前面に搭載したカメラの使用時に点灯します。

タッチスクリーンパネル

この高解像度タッチスクリーンパネルを使用して、本機上の写真、

ビデオ、その他のマルチメディアファイルをきれいに表示できま

す。また、タッチスクリーンジェスチャを使用して操作することが

できます。

注意: 詳細は「タッチスクリーンパネルのタッチ操作」を

ご参照ください。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 17

上部

オーディオスピーカー

本機搭載のスピーカーにより、Windowsのプログラムイベントな

どのサウンドをご確認いただけます。

アレイマイク

エコー除去、ノイズサプレッション、指向性録音機能を備えたア

レイマイクです。音声認識性能が高くクリアな音声での録音が可

能です。

スタイラスペン収納部 (特定モデルのみ)

このスロットへスタイラスペンを収納し、同時にスタイラスペンに

充電できます。

18 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

底面

ドックポート

本機タブレット部のドックポートとキーボードのドックコネクター

を接続すると、キーボードとタッチパッドの機能を使用できます。

ヒンジホール

キーボードのラッチフックをこれらのヒンジホールに合わせて挿

入し、本機タブレット部とキーボードを取り付けます。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 19

右側

ヘッドホン/ヘッドセットジャック

オーディオ出力信号をスピーカーやヘッドホンに接続します。ま

た、ヘッドセットを接続することもできます。

注意: 3極3.5㎜ミニプラグのマイク入力はサポートしていません。

20 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

USB 3.2 Gen 1 Type-C®/DisplayPort/

電源(DC)入力コンボポート

USB 3.2(Universal Serial Bus 3.2/ユニバーサルシリアルバス

3.2)Gen 1 Type-C®ポートは、最大5 Gbpsの転送速度を実現し、

USB2.0と下位互換性を保っています。USB Type-C®アダプターを

使用して、本機を外付けディスプレイに接続し、画面表示を拡張

することもできます。付属のACアダプターをこのポートへ接続し、

バッテリーパックを充電し、本機に電力を供給します。

注意: このポートの転送速度はモデルによって異なる場合があり

ます。

警告 : ACアダプターは使用中高温になることがあります。使用中

は、物などで覆ったり人体に接触させたりしないでください。

重要: 低電圧電源では、完全に充電するまで通常より時間がかか

ります。本製品付属のACアダプターおよび/または電源コード以

外で本機に電力を供給しないでください。また、付属のACアダプ

ターおよび/または電源コードを他の製品に使用しないでくださ

い。故障・事故の原因となります。※お使いのモデルにより付属は

異なる場合があります。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 21

バッテリーインジケーター

色でバッテリーの充電状況を表示します。表示内容は次のとおり

です。

ホワイト

状態

ACアダプターが本機に接続さ

れた状態で、バッテリーの充電

レベルは95%から100%です。

オレンジ

オレンジ点滅

点灯しない

ACアダプターが本機に接続さ

れ充電を行なっている状態で、

バッテリーの充電レベルは95%

未満です。

ACアダプターが本機に接続さ

れていない状態で、バッテリー

の充電レベルは10%未満です。

ACアダプターが本機に接続さ

れていない状態で、バッテリー

の充電レベルは10%から100%

です。

22 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

左側

電源ボタン

このボタンを押すと電源がオンになります。設定により本機をス

リープ/シャットダウンなどに移行することもできます。システムか

らの応答がなくなった場合は、電源ボタンを10秒以上(特定モデル

では4秒以上) 押し、強制終了することができます。

ボリュームボタン

本機のシステム音量を調節します。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 23

両置き対応キックスタンド

キックスタンド

キックスタンドで本機タブレット部を支え、画面角度を調整する

ことができます。

24 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

キックスタンドの使用

キックスタンドの取り外し キックスタンドの取り付け

横方向

縦方向

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 25

デタッチャブルキーボード(特定モデルのみ)

注意: キーボードのレイアウトはお買い上げの国や地域により異なります。

26 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

ラッチフック

タブレット部のヒンジホールとこちらのラッチフックを使用

して、しっかりと固定して接続してください。

ドックコネクター

本機タブレット部のドックポートをこちらのドックコネクターの上

から合わせて接続してください。

マイクインジケーター

このインジケーターは、マイクがオフのとき点灯します。

キーボード

クウォーティー(QWERTY)配列のキーボードには十分なストロー

クを持たせてあり、パームレストが付いているため快適な操作が

可能です。また、Functionキー <Fn>でのコマンドの実行も可能

です。

注意: キーボードのレイアウトはお買い上げの地域により異なり

ます。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 27

タッチパッド

指先を使用して、カーソルを移動したり画面に表示された項目を

選択することができます。タッチパッドはマウスと同等の機能を

提供するポインティングデバイスです。

注意: 詳細は「タッチパッドの操作」をご参照ください。

Caps Lockインジケーター

点灯時はCaps Lockが有効になっています。有効になっていると

きは、入力される文字は大文字(例、ABC)になります。無効に

なっているときは、入力される文字は小文字(例、abc)になりま

す。

28 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

ASUS Pen (特定モデルのみ)

右クリックボタン

このボタンで、右クリック機能をご利用いただけます。

消しゴムボタン

このボタンで、消しゴム機能をご利用いただけます。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 29

30 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Chapter 2:

タブレットとデタッチャブルキー

ボードドックを使用する

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 31

はじめに

本機タブレットの充電

A. 電源コードをACアダプターに接続します。

B. 電源コネクターを本機タブレットの電源入力用のポートに接続しま

す。

C. ACアダプターを100V〜240Vの電源に接続します。

初めてバッテリーモードで使用する前に、本機を約 3時間

充電してください。

注意: ACアダプターは、モデルや地域によって外観が異なる場合がありま

す。

32 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

または

重要:

ACアダプターについて:

• 入力電圧: 100〜240V

• 入力周波数: 50〜60Hz

• 定格出力電流: 3A (45W)

• 定格出力電圧: 15V

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 33

34

重要:

• 入出力定格は本機タブレットに記載があります。ACアダプターが対応し

ていることをご確認ください。モデルによっては、定格出力電流が複数

設定されている場合があります。

• 本機タブレットに初めて電源を入れる前に、ACアダプターに接続され

ていることを確認してください。延長コードを使用せずに、電源コード

を壁コンセントに必ず差し込んでください。安全のため、このデバイス

は適切に接地されたコンセントにのみ接続してください。

• 本機をACアダプターに接続しているときは、電源コンセントや電源タッ

プの近くでご使用ください。

• 主電源から本機を切断するには、電源コンセントから本機の電源コー

ドを抜いてください。

• 本製品付属のACアダプターおよび/または電源コード以外で本機に電

力を供給しないでください。また、付属のACアダプターおよび/または

電源コードを他の製品に使用しないでください。故障・事故の原因とな

ります。※お使いのモデルにより付属は異なる場合があります。

警告:

本機タブレットのバッテリーに関する警告事項をよくお読みください。

• 本機内蔵のバッテリーの取り外しはASUS公認の技術員のみ対応するこ

とができます (非着脱式バッテリーのみ) 。

• 本機内蔵のバッテリーをお客様ご自身で取り外した、または分解した場

合、火事または化学火傷の危険性があります。

• 取り扱いの際は警告ラベルの指示に従ってください。

• ASUS指定以外もしくは本機付属以外のバッテリーに交換した場合、破

裂、発火、発熱の恐れがあります。

• バッテリーを火中へ投下する、火気へ近づける、加熱する、高温状態で

放置するなどしないでください。

• バッテリーの回路をショートさせないでください。

• バッテリーを分解または改造しないでください (非着脱式バッテリーの

み) 。

• 変形、変色、割れ、サビ、液漏れや異臭、異音などを起こしたバッテ

リーは直ちにその使用を中止してください。

• バッテリーは地域の条例等の指示に従ってリサイクル・処理してくださ

い。

• バッテリーおよびその他の部品は、子供の手に届かない場所に保管し

てください。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

ディスプレイパネルを持ち上げて開く

電源ボタンを押す

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 35

タッチスクリーンパネルとタッチパッドの操作

プログラムの起動、本機の各種設定や操作を行います。タッチスクリーンと

タッチパッドの操作方法は次のイラストと説明をご参照ください。

注意:

・ 本マニュアルに記載の写真やアイコンは参照用です。タッチスクリーン

パネルの外観はモデルにより異なります。

・ ご使用のアプリによっては、以下で紹介する操作に対応していない場

合があります。

タッチスクリーンパネルのタッチ操作

タッチスクリーン上でのタッチ操作によってプログラムを起動したり、設定

に移動したり機能を起動することができます。

タップ/ダブルタップ 長押し

36

スタート画面などに配置され

ているアプリなどをタップし

起動します。また、デスクトッ

プ上に配置されているアプ

リなどをタップして選択しま

す。

デスクトップ上に配置されて

いるアプリなどをダブルタッ

プし起動します。

長押しすると、右クリックメニュー

が表示されます。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

ズームイン ズームアウト

2本の指先の間隔を広げることで

ズームインが可能です。

2本の指先の間隔を狭めることで

ズームアウトが可能です。

指でのスライド ドラッグ

指を上下になぞると上下方向への

スクロール、左右になぞると左右へ

のスクロールができます。

ドラッグすると、複数の項

目を囲む選択ボックスが表

示されます。

項目をドラッグ&ドロップす

ると、新しい場所に移動す

ることができます。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 37

タッチパッドの使い方

ポインターの移動

タッチパッドの任意の場所をタップするとポインターが表示され、タッチ

パッド上で指をスライドさせると画面上のポインターが移動します。

水平方向へのスライド

垂直方向へのスライド

斜め方向へのスライド

38 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

1本の指で操作

タップ/ダブルタップ

スタート画面などに配置されているアプリなどをタップし起動しま

す。また、デスクトップ上に配置されているアプリなどをタップして

選択します。

デスクトップ上に配置されているアプリなどをダブルタップし起動

します。

ドラッグ&ドロップ

項目をダブルタップした後、タッチパッドからその指を離さずにスライド

させます。項目を新しい場所にドロップするには、タッチパッドから指を離

します。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 39

左クリック 右クリック

スタート画面などに配置され

ているアプリなどをクリック

すると起動します。また、デ

スクトップ上に配置されてい

るアプリなどをクリックして

選択します。

デスクトップ上に配置されて

いるアプリなどをダブルク

リックすると起動します。

このボタンをクリックすると、右ク

リックメニューが表示されます。

注意: 点線で囲まれた範囲は、タッチパッド上におけるマウスの左ボタンと

右ボタンの位置を表しています。

2本の指で操作

タップ

タッチパッドを2本の指でタップすると、マウスの右クリックと同じ操作を

行うことができます。

40 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

2本指スクロール(上/下) 2本指スクロール(左/右)

2本の指をスライドさせて、上下に

スクロールします。

2本の指をスライドさせて、左右にス

クロールします。

ズームアウト ズームイン

2本の指先の間隔を狭めることで

ズームアウトが可能です。

2本の指先の間隔を広げることで

ズームインが可能です。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 41

ドラッグ&ドロップ

項目を選択して、左ボタンを長押しします。もう一方の指で、タッチパッド

上をスライドさせて項目をドラッグし、ボタンから指を離すと項目がドロッ

プされます。

3本の指で操作

タップ

タッチパッド上で3本指でタップすると、Windowsで設定されている機能

が起動します。

42 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

左スワイプ/右スワイプ

複数のアプリを開いている場合は、3本指を左右にスワイプすると、これ

らのアプリが切り替わります。

スワイプアップ スワイプダウン

上にスワイプすると、現在開いてい

るすべてのアプリの概要が表示され

ます。

下にスワイプすると、デスクトップが

表示されます。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 43

4本の指で操作

タップ

タッチパッド上で4本指でタップすると、Windowsで設定されている機能

が起動します。

44 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

キーボードの使い方

ホットキー

本機キーボードのホットキーによって、以下のコマンドを起動することがで

きます。

スピーカーのオン/オフを切り替える

スピーカーの音量を下げる

スピーカーの音量を上げる

ディスプレイの明るさを下げる

ディスプレイの明るさを上げる

タッチパッドの有効化または無効化

表示モードを切り替える

注意: 外付けディスプレイが本機に接続されていることを

確認してください。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 45

ロック画面を有効にする

画面領域の切り取り機能を起動

マイクのオン/オフを切り替える

ファンクションキー

を押すと、ファンクションキーの機能を有効にしたり無

効にすることができます。ファンクションキー機能が有効になっている場

合、 を押しながら最上段のキーを押すと、ホットキーにアクセスす

ることもできます。

Windowsキー

ASUSタブレットのキーボードには、以下の2つのWindows専用キーが設け

られています。

または スタートメニューを起動

ドロップダウンメニューを表示する*

* 特定モデルのみ搭載されています。また、搭載されている場合も、モ

デルによってはFnキーと同時に押下頂く必要があります。

46 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Chapter 3:

Windowsの使用

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 47

初めて起動するとき

初めて本機を起動すると、Windows OSの設定を行うために一連の案内画

面が表示されます。画面の指示に従って、以下などの表示される基本項目

を設定します。

• ネットワーク接続

• 設定

• お客様のアカウント

基本項目を設定した後、Windowsによってアプリ設定が反映されます。

セットアップ中は、本機の電源が入っていることを確認してください。セット

アップが完了すると、デスクトップが表示されます。

注意:

・ 本マニュアルに記載の図や画面は参考用です。

・ ご使用の国や地域、環境、モデルなどにより、手順に差異がある場合が

あります。その場合は、画面の指示に従って設定を進めてください。

48 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

スタートメニュー

スタートメニューは、本機のプログラム、Windowsアプリ、フォルダ、設定

へアクセスするためのメイン画面です。スタートメニューを使って行うこと

ができる一般的な操作は以下のとおりです。

プログラムやWindowsアプリの起動

よく使うプログラムやWindowsアプリを開く

本機の設定変更

Windows OSに関するヘルプの表示

本機の電源を切る

Windowsからのログオフ、または別のユーザーアカウントへの切り

替え

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 49

スタートメニューの起動

デスクトップのスタートアイコンをタップします。

デスクトップのスタートアイコンにマウスポインターを合わ

せてクリックします。

キーボードのWindowsロゴキーを押します。

スタートメニューからプログラムを開く

スタートメニューは一般的に、本機にインストールされたプログラムを開く

ためによく使用します。

プログラムをタップして起動します。

プログラムの上にマウスポインターを置いてクリックする

と、プログラムが起動します。

プログラムを参照するには、矢印キーやTabキーを使用し

ます。 を押して起動します。

50 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Windowsアプリ

注意: 特定のWindowsアプリはその機能を十分活用するため、Microsoftア

カウントでのサインインが必要になる場合があります。

スタートメニューからWindowsアプリを起動

アプリをタップして起動します。

アプリの上にマウスポインターを置いてクリックすると、

アプリが起動します。

アプリを参照するには、矢印キーやTabキーを使用しま

す。 を押して、アプリを起動します。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 51

夜間モード

夜間モードをオンにするとブルーライトが低減されるため、目を保護する

のに役立ちます。スライダーをドラッグして色温度を調整できます。色温度

が暖色であるほど、ブルーライトが抑えられます。

注意: 夜間モードの設定は、Windowsの設定から「システム」→「ディスプレイ

」→「夜間モード」より行えます。

※バージョンやご使用のモデルにより、手順が異なる場合があります。

夜間モードをオンにし、色温度を最も暖色に設定した状態では、本機は、

TÜVのブルーライト低減の機能認証を取得しています。

目の疲れを軽減するため、以下を推奨させて頂きます。

1時間以上などディスプレイを利用した長時間の作業を行う

場合は、時々ディスプレイから目を離し、少なくとも5分程度

の休憩をとって頂く事をお勧めします。(長時間休憩より、短

い頻繁な休憩が効果的と言われています)

目の乾燥や疲れ、収縮を最小限に抑える為、遠くにある物を

見て目の筋肉を緩めるようして頂く事をお勧めします。

次の運動を繰り返して、目の疲れを軽減して頂く事をお勧め

します。

(1) 上と下を繰り返し見ます

(2) 目をゆっくりと回します

(3) 目を斜めに動かします

目の疲れが続く場合は、医師にご相談頂く事をお勧めしま

す。

52 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

ワイヤレスネットワークへの接続

Wi-Fi

本機のWi-Fi接続を利用して、メールやインターネットの閲覧、SNSを介し

たやり取りなどが可能になります。

重要: 機内モード では、この機能が無効になります。 機内モード がオフになっ

ていることを確認してから、本機のWi-Fi接続を有効にしてください。

Wi-Fi接続

以下の手順で、本機をWi-Fiネットワークに接続します。

または

1. Wi-Fi アイコンをクリック/タップして、Wi-Fiを有効にし

ます。

2. 利用可能なWi-Fi接続の一覧から、アクセスポイント

を選択します。

3. 接続 を選択すると、ネットワーク接続が開始されま

す。

注意:

・ Wi-Fi 接続を開始するときに、セキュリティキーの入力

が求められる場合があります。

・ 特定モデルでは、5.2/5.3GHz帯をサポートする無線

LANモジュールを搭載しておりますが、電波法により

5.2/5.3GHz帯は屋内使用に限ります(5.2GHz帯高出力

データ通信システムの基地局又は陸上移動中継局と通

信する場合を除く)。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 53

Bluetooth

Bluetoothにより、他のBluetooth対応機器とのワイヤレスデータ転送が可

能になります。

重要: 機内モード では、この機能が無効になります。 機内モード がオフになっ

ていることを確認してから、本機のBluetooth接続を有効にしてください。

他のBluetooth対応機器とのペアリング

データ転送を行うためには、本機と他のBluetooth対応機器をペアリング

する必要があります。以下の手順で、デバイスを接続します。

または

1. スタートメニューから 設定 を起動します。

2. デバイス → Bluetoothとその他のデバイス を選択

し、Bluetooth対応機器を検索します。( Windows 10

の場合)

Bluetoothとデバイス

Bluetooth対応機器を検索します。( Windows 11の場

合)

→ デバイスの追加 を選択し、

3. 一覧からデバイスを選択し、画面の指示に従いペアリ

ングを行います。

注意: 一部のBluetooth対応機器では、本機のパスコードを

入力するよう求められる場合があります。

54 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

機内モード

機内モードでは無線通信が無効となり、機内でも安心して本機を使用する

ことができるようになります。

注意: 本機を機内で使用する際には、使用可能な関連機内サービスや遵守

すべき制限事項を航空会社にお問い合わせください。

機内モードのオン/オフ

1. タスクバーから アクションセンター を起動します。

2. 機内モード のアイコンをクリック/タップして、機内

モードを有効または無効にします。

または

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 55

本機の電源を切る

以下のいずれかの手順で、本機の電源を切ることができます。

スタートメニューを起動し、 シャットダウン を選択

すると、通常のシャットダウンが行われます。

ログイン画面から、 シャットダウン を選択します。

または

を押すと、Windowsのシャットダウ

ンが行われます。ドロップダウンリストから シャット

ダウン を選択し、 OK を選択します。

本機が反応しない場合は、本機の電源が切れるま

で、電源ボタンを10秒(モデルによっては4秒)以上

長押ししてください。

56 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

本機をスリープ状態にする

本機をスリープモードにする:

スタートメニューを起動し、 スリープ を選択する

と、本機がスリープ状態になります。

ログイン画面から、 スリープ を選択します。

または

を押すと、Windowsのシャットダウンが行

われます。ドロップダウンリストから スリープ を選択し、

OK を選択します。

注意: 設定によっては電源ボタンを1度押してもスリープに移行することがで

きます。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 57

システムの回復

本機の回復オプションを使用すると、システムを元の状態に戻したり、設

定を更新してパフォーマンスを向上させたりすることができます。

重要:

• 本機の回復オプションを実行する前に、すべてのデータファイルをバッ

クアップしてください。

• ネットワーク設定、ユーザー名、パスワードなど、重要な設定をメモして

おくと、データの消失を防ぐことができます。

• システムをリセットする前に、本機が電源に接続されていることを確認

してください。

Windowsで可能な回復オプション:

個人用ファイルを保持する - このオプションでは、個人用ファイル

(写真、音楽、動画、ドキュメント)に影響を与えずに本機をリフ

レッシュすることができます。

このオプションを使用すると、本機を初期設定に戻したり、インス

トールされている他のアプリを削除したりすることができます。

すべて削除する - このオプションは、本機を出荷時の設定にリセッ

トします。このオプションを実行する前には、必要なデータをバック

アップしてください。

58 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

• PC の起動をカスタマイズする - このオプションを使用すると、本機

で以下のような他の高度な回復オプションを実行することができま

す。

- USBドライブ、ネットワーク接続などを利用して本機を起動。

- トラブルシューティング を使用して、次のうちの任意の回復オ

プションを利用することができます: スタートアップ修復、更

新プログラムのアンインストール、スタートアップ設定、UEFI

ファームウェアの設定、コマンドプロンプト、システムの復元、

イメージでシステムを回復。

回復オプションの実行

本機で利用可能な回復オプションに移動して使用する場合は、以下の手

順を参照してください。

1. Windowsの設定 → 更新とセキュリティ を起動します。( Windows

10の場合)

Windowsの設定

場合)

→ システム → 回復 を開始します。( Windows 11の

2. 実行したい回復オプションを選択します。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 59

60 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Chapter 4: FAQとヒント

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 61

安全に使用するためのヒント

大切なデータを守り、安全に快適にご使用いただくためのヒントを記載し

ました。本製品の使用方法に関する記載と併せてお読みください。

Windows Update:

定期的にWindows® Update を実行し、Windows®を最新の状態で

ご使用ください。

アンチウイルスソフト:

ウイルスからパソコンや大切なデータを守りるため、ウイルス対策

のソフトを利用しましょう。

どうしても必要な場合を除いて、本機の電源を切る際は強制終了を

せずに、正しいシャットダウンをしましょう。

• バックアップ:

本機が起動しないなど故障した際、大切なデータを取り出せなくな

る可能性があります。定期的に外付けの記憶装置などへバックアッ

プをお取りください。

• 本機を長期間使用しない場合は、バッテリーの充電はバッテリー容

量の50%程度にし、端末の電源をオフにしてACアダプターとの接続

もしないままにしてください。

62 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

本機をリセットする前に、すべての外部デバイスを取り外し、次のア

イテムがあることを確認してください。

- Officeアプリなどプロダクトキーが必要な場合は、そちらのプ

ロダクトキー

- バックアップデータ

- ログインIDとパスワード

- インターネット接続に必要な情報

不明点がある場合は、ネットワーク管理者もしくはプロバイ

ダーにお問い合わせください。

トラブルシューティングを行う場合、FAQ(よくある質問)を参照す

る場合は、ASUS公式のサポートサイト(https://www.asus.com/jp/ support)へアクセスしてください。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 63

ハードウェアに関するFAQ

1. 液晶ディスプレイに黒い点や、常時点灯 (赤、青、緑) している点が

ある

製品の品質には万全を期していますが、液晶ディスプレイにはごく

わずかですが不完全な表示 (ドット抜け) が発生する場合がありま

す。これらは製品の品質を損なうものではありませんが、ASUSの

提供する保証サービスが適用される場合がございます。詳しくは、

製品に同梱の保証書もしくはASUSコールセンターまでご連絡くだ

さい。

2. 液晶ディスプレイの色や明るさにむらがある

液晶ディスプレイの構造上、見る角度や環境により、明るさや色にむ

らが見える場合があります。また、液晶ディスプレイの明るさや色合

いはモデルによって異なる場合があります。

FunctionキーまたはOSのディスプレイ設定により画面の調整が可

能です。

3. バッテリー駆動時間を長くする方法

以下の方法を推奨します。

• Functionキーで液晶ディスプレイの表示を暗くします。

• Wi-Fi 機能を使用しないときは Functionキーで

「 機内モード 」をオンにします。

• マウスやUSB機器など、使わない周辺機器は取り外します。

• 大きな負荷がかかるアプリの使用を避けます。

64 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

4. バッテリー状態表示ランプが点灯しない

• ACアダプターまたは充電されたバッテリーパック(特定モデル

のみ)が正しく取り付けられているか確認してください。

• ACアダプターとバッテリーパック (取り外し可能なモデルの

み) を取り外し、1分以上待ってから再度入れて起動してくだ

さい。

• それでも点灯しない場合は、コールセンターへご連絡くだ

さい。

5. タッチパッドが使用できない

• を押し (設定によっては も同時に押す必要があ

ります) 、タッチパッドの有効/無効の切り替えをお試しくださ

い。

• マウスが接続されている場合は、マウス接続時にタッチパッド

が無効になる機能が有効になっていないか確認し、もし、有効

になっている場合は、マウスを取り外すか、こちらの機能を無

効にしてください。

6. スピーカーから音が出ない

• を押し (設定によっては も同時に押す必要があり

ます) 、音量の調節などお試しください。

• ご使用のアプリなどで、ミュート設定になっていないかご確認

ください。

• ヘッドホン出力用のジャックに何か接続されていないかご確

認ください。接続されている場合は、そちらを取り外してくだ

さい。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 65

7. 消耗品の購入、ACアダプターをなくした際などの対応方法

コールセンターへご連絡、もしくはASUS Shopをご確認ください。

ASUS Shop; http://shop.asus.co.jp/

※URLは予告無く変更する可能性があります。

8. キー入力中にカーソルが移動し、正しくキー入力ができない

• お使いのモデルがタッチパッド搭載モデルの場合は、手のひら

や洋服の袖などがタッチパッドに触れ、そのため、カーソル移

動が発生している可能性があります。

• を押し (設定によっては も同時に押す必要があ

ります) 、タッチパッドの機能を無効にし、キー入力をお試し

ください。

66 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

ソフトウェアに関するFAQ

1. 電源インジケーターは点灯しているが、ドライブアクティビティイン

ジケーターが点灯/点滅 せず、本機が正常に起動しない

• 電源ボタンを10秒 ( モデルによっては4秒) 以上押し、電源を切

り、ACアダプターとバッテリーパック (特定モデルのみ) が正し

く取り付けられているか確認のうえ、再度、電源を入れてくだ

さい。

• それでも起動しない場合は、コールセンターへご連絡くだ

さい。

2. 「Remove disks or other media. Press any key to restart」が表

示される

• USBデバイスが接続されている場合は取り外してください。

• 光学ドライブ搭載のモデルでは、CDなどが挿入されている場

合はそちらを取り外します。

• それでも起動しない場合は、記憶装置に何らかの問題が発

生している可能性があります。コールセンターへご連絡くだ

さい。

3. 起動や動作が遅い

• お買い上げ後にインストールしたアプリなどがありましたら、そ

ちらの常駐の解除やアンインストールをお試しください。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 67

4. 本機が起動しない/OSが起動しない

• 接続しているUSBデバイスなどをすべて取り外して、電源を入

れてください。

• 機器本体の温度が上昇している場合は、過熱を防止するため

の機能が自動的に働いてる可能性がありますので、しばらく

待ってから再度、電源を入れてください。

• それでも起動しない場合は、コールセンターへご連絡くだ

さい。

5. スリープ状態/ 休止状態から復帰しない

• 特定モデルでは、スリープ状態からの復帰には電源ボタンを押

す必要があります。電源ボタンを押してください。

• バッテリー残量が少なくなっている、もしくは、完全に放電して

いる可能性があります。ACアダプターを接続し電源ボタンを押

してください。

• 一旦、電源ボタンを10秒 (モデルによっては4秒) 以上押し、

機器を強制終了後、電源ボタンを押し、起動してください。な

お、保存していないデータは失われます。

68 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Chapter 5: 付録

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 69

内蔵モデムの適応規格 (規格/プロトコルなど原文

掲載)

The ASUS Tablet with internal modem model complies with JATE (Japan), FCC

(US, Canada, Korea, Taiwan), and CTR21. The internal modem has been approved in accordance with Council Decision 98/482/EC for pan-European single terminal connection to the public switched telephone network (PSTN). However due to differences between the individual PSTNs provided in different countries, the approval does not, of itself, give an unconditional assurance of successful operation on every PSTN network termination point. In the event of problems you should contact your equipment supplier in the first instance.

Overview

On 4th August 1998 the European Council Decision regarding the CTR 21 has been published in the Official Journal of the EC. The CTR 21 applies to all non voice terminal equipment with DTMF-dialling which is intended to be connected to the analogue PSTN (Public Switched Telephone

Network).

CTR 21 (Common Technical Regulation) for the attachment requirements for connection to the analogue public switched telephone networks of terminal equipment (excluding terminal equipment supporting the voice telephony justified case service) in which network addressing, if provided, is by means of dual tone multi-frequency signalling.

70 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Network Compatibility Declaration

Statement to be made by the manufacturer to the Notified Body and the vendor: “This declaration will indicate the networks with which the equipment is designed to work and any notified networks with which the equipment may have inter-working difficulties.”

Statement to be made by the manufacturer to the user: “This declaration will indicate the networks with which the equipment is designed to work and any notified networks with which the equipment may have interworking difficulties. The manufacturer shall also associate a statement to make it clear where network compatibility is dependent on physical and software switch settings. It will also advise the user to contact the vendor if it is desired to use the equipment on another network.”

Up to now the Notified Body of CETECOM issued several pan-European approvals using CTR 21. The results are Europe’s first modems which do not require regulatory approvals in each individual European country.

Non-Voice Equipment

Answering machines and loud-speaking telephones can be eligible as well as modems, fax machines, auto-dialers and alarm systems. Equipment in which the end-to-end quality of speech is controlled by regulations (e.g. handset telephones and in some countries also cordless telephones) is excluded.

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 71

Country

Austria 1

Belgium

Czech Republic

Denmark 1

Finland

France

Germany

Greece

Hungary

Iceland

Ireland

Italy

Israel

Lichtenstein

Luxemburg

The Netherlands 1

Norway

Poland

Portugal

Spain

Sweden

Switzerland

United Kingdom

This table shows the countries currently under the

CTR21 standard.

No

No

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

Yes

No

Yes

Applied

Yes

Yes

No

Yes

Yes

Yes

No

Yes

Still Pending

No

Yes

Yes

No

No

No

More Testing

No

No

Not Applicable

No

Not Applicable

No

No

Still Pending

No

No

No

Yes

No

Not Applicable

Not Applicable

Not Applicable

No

No

No

72 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

This information was copied from CETECOM and is supplied without liability. For updates to this table, you may visit http://www.cetecom.de/ technologies/ctr_21.html.

1 National requirements will apply only if the equipment may use pulse dialling (manufacturers may state in the user guide that the equipment is only intended to support DTMF signalling, which would make any additional testing superfluous).

In The Netherlands additional testing is required for series connection and caller ID facilities.

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 73

Federal Communications Commission

Interference Statement

This device complies with FCC Rules Part 15. Operation is subject to the following two conditions:

• This device may not cause harmful interference.

• This device must accept any interference received, including interference that may cause undesired operation.

This equipment has been tested and found to comply with the limits for a class B digital device, pursuant to Part 15 of the Federal Communications

Commission (FCC) rules. These limits are designed to provide reasonable protection against harmful interference in a residential installation. This equipment generates, uses, and can radiate radio frequency energy and, if not installed and used in accordance with the instructions, may cause harmful interference to radio communications. However, there is no guarantee that interference will not occur in a particular installation.

If this equipment does cause harmful interference to radio or television reception, which can be determined by turning the equipment off and on, the user is encouraged to try to correct the interference by one or more of the following measures:

Reorient or relocate the receiving antenna.

Increase the separation between the equipment and receiver.

Connect the equipment into an outlet on a circuit different from that to which the receiver is connected.

Consult the dealer or an experienced radio/TV technician for help.

WARNING!

The use of a shielded-type power cord is required in order to meet FCC emission limits and to prevent interference to the nearby radio and television reception. It is essential that only the supplied power cord be used. Use only shielded cables to connect I/O devices to this equipment.

You are cautioned that changes or modifications not expressly approved by the party responsible for compliance could void your authority to operate the equipment.

(Reprinted from the Code of Federal Regulations #47, part 15.193, 1993.

Washington DC: Office of the Federal Register, National Archives and

Records Administration, U.S. Government Printing Office.)

This device operates within a 5.15-5.25 GHz frequency range and is restricted for indoor use only. Outdoor operation within 5150-5250 MHz is prohibited.

74 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

FCC Radio Frequency (RF) Exposure Caution

Statement

WARNING!

Any changes or modifications not expressly approved by the party responsible for compliance could void the user’s authority to operate this equipment.

This equipment complies with FCC radiation exposure limits set forth for an uncontrolled environment. To maintain compliance with FCC RF exposure compliance requirements, please avoid direct contact to the transmitting antenna during transmitting. End users must follow the specific operating instructions for satisfying RF exposure compliance.

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 75

UL Safety Notices

Required for UL 1459 covering telecommunications (telephone) equipment intended to be electrically connected to a telecommunication network that has an operating voltage to ground that does not exceed 200V peak, 300V peak-to-peak, and 105V rms, and installed or used in accordance with the National Electrical

Code (NFPA 70).

When using the ASUS Tablet modem, basic safety precautions should always be followed to reduce the risk of fire, electric shock, and injury to persons, including the following:

DO NOT use the ASUS Tablet near water, for example, near a bath tub, wash bowl, kitchen sink or laundry tub, in a wet basement or near a swimming pool.

DO NOT use the ASUS Tablet during an electrical storm. There may be a remote risk of electric shock from lightning.

• DO NOT use the ASUS Tablet in the vicinity of a gas leak.

Required for UL 1642 covering primary (non-rechargeable) and secondary

(rechargeable) lithium batteries for use as power sources in products. These batteries contain metallic lithium, or a lithium alloy, or a lithium ion, and may consist of a single electrochemical cell or two or more cells connected in series, parallel, or both, that convert chemical energy into electrical energy by an irreversible or reversible chemical reaction.

DO NOT dispose the ASUS Tablet battery pack in a fire, as they may explode. Check with local codes for possible special disposal instructions to reduce the risk of injury to persons due to fire or explosion.

DO NOT use power adapters or batteries from other devices to reduce the risk of injury to persons due to fire or explosion. Use only UL certified power adapters or batteries supplied by the manufacturer or authorized retailers.

76 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Power Safety Requirement

Products with electrical current ratings up to 6A and weighing more than

3Kg must use approved power cords greater than or equal to: H05VV-F,

3G, 0.75mm

2 or H05VV-F, 2G, 0.75mm

2 .

TV Notices

Note to CATV System Installer—Cable distribution system should be grounded (earthed) in accordance with ANSI/NFPA 70, the National

Electrical Code (NEC), in particular Section 820.93, Grounding of Outer

Conductive Shield of a Coaxial Cable – installation should include bonding the screen of the coaxial cable to the earth at the building entrance.

Macrovision Corporation Product Notice

This product incorporates copyright protection technology that is protected by method claims of certain U.S.A. patents and other intellectual property rights owned by Macrovision Corporation and other rights owners. Use of this copyright protection technology must be authorized by Macrovision Corporation, and is intended for home and other limited viewing uses only unless otherwise authorized by Macrovision

Corporation. Reverse engineering or disassembly is prohibited.

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 77

Nordic Lithium Cautions (for lithium-ion batteries)

CAUTION! Danger of explosion if battery is incorrectly replaced. Replace only with the same or equivalent type recommended by the manufacturer. Dispose of used batteries according to the manufacturer’s instructions. (English)

ATTENZIONE! Rischio di esplosione della batteria se sostituita in modo errato.

Sostituire la batteria con un una di tipo uguale o equivalente consigliata dalla fabbrica. Non disperdere le batterie nell’ambiente. (Italian)

VORSICHT! Explosionsgefahr bei unsachgemäßen Austausch der Batterie. Ersatz nur durch denselben oder einem vom Hersteller empfohlenem ähnlichen Typ.

Entsorgung gebrauchter Batterien nach Angaben des Herstellers. (German)

ADVARSELI! Lithiumbatteri - Eksplosionsfare ved fejlagtig håndtering. Udskiftning må kun ske med batteri af samme fabrikat og type. Levér det brugte batteri tilbage til leverandøren. (Danish)

VARNING! Explosionsfara vid felaktigt batteribyte. Använd samma batterityp eller en ekvivalent typ som rekommenderas av apparattillverkaren. Kassera använt batteri enligt fabrikantens instruktion. (Swedish)

VAROITUS! Paristo voi räjähtää, jos se on virheellisesti asennettu. Vaihda paristo ainoastaan laitevalmistajan sousittelemaan tyyppiin. Hävitä käytetty paristo valmistagan ohjeiden mukaisesti. (Finnish)

ATTENTION! Il y a danger d’explosion s’il y a remplacement incorrect de la batterie. Remplacer uniquement avec une batterie du mêre type ou d’un type

équivalent recommandé par le constructeur. Mettre au rebut les batteries usagées conformément aux instructions du fabricant. (French)

ADVARSEL! Eksplosjonsfare ved feilaktig skifte av batteri. Benytt samme batteritype eller en tilsvarende type anbefalt av apparatfabrikanten. Brukte batterier kasseres i henhold til fabrikantens instruksjoner. (Norwegian)

(Japanese)

ВНИМАНИЕ! При заwмене аккумулятора на аккумулятор иного типа возможно его возгорание. Утилизируйте аккумулятор в соответствии с инструкциями производителя. (Russian)

78 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

English

Finnish

French

CTR 21 Approval (for ASUS Tablet with built-in

Modem)

Danish

Dutch

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 79

German

Greek

Italian

Portuguese

Spanish

80 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Declaration of Compliance for Product

Environmental Regulation

ASUS follows the green design concept to design and manufacture our products, and makes sure that each stage of the product life cycle of ASUS product is in line with global environmental regulations. In addition, ASUS disclose the relevant information based on regulation requirements.

Please refer to http://csr.asus.com/Compliance.htm for information disclosure based on regulation requirements ASUS is complied with.

EU REACH and Article 33

Complying with the REACH (Registration, Evaluation, Authorization, and Restriction of Chemicals) regulatory framework, we publish the chemical substances in our products at ASUS REACH website at http://csr.asus.com/english/REACH.htm.

EU RoHS

This product complies with the EU RoHS Directive. For more details, see http://csr.asus.com/english/article.aspx?id=35.

Japan JIS-C-0950 Material Declarations

Information on Japan RoHS (JIS-C-0950) chemical disclosures is available on http://csr.asus.com/english/article.aspx?id=19.

Ecodesign Directive

European Union announced a framework for the setting of ecodesign requirements for energy-related products (2009/125/EC). Specific Implementing

Measures are aimed at improving environmental performance of specific products or across multiple product types. ASUS provides product information on the CSR website. Further information could be found at https://csr.asus.com/english/article.aspx?id=1555.

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 81

ENERGY STAR complied product

ENERGY STAR is a joint program of the U.S. Environmental

Protection Agency and the U.S. Department of Energy helping us all save money and protect the environment through energy efficient products and practices.

All ASUS products with the ENERGY STAR logo comply with the

ENERGY STAR standard, and the power management feature is enabled by default.

The monitor is automatically set to sleep within 10 minutes of user inactivity; the computer is automatically set to sleep within 30 minutes of user inactivity. To wake your computer, click the mouse, press any key on the keyboard, or press the power button.

Please visit http://www.energystar.gov/powermanagement for detail information on power management and its benefits to the environment. In addition, please visit http://www.energystar.gov for detail information on the ENERGY STAR joint program.

NOTE: Energy Star is NOT supported on FreeDOS and Linux-based operating systems.

EPEAT Registered Products

The public disclosure of key environmental information for ASUS EPEAT (Electronic

Product Environmental Assessment Tool) registered products is available at https://csr.asus.com/english/article.aspx?id=41. More information about EPEAT program and purchase guidance can be found at www.epeat.net.

82 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

Simplified EU Declaration of Conformity

ASUSTek Computer Inc. hereby declares that this device is in compliance with the essential requirements and other relevant provisions of Directive

2014/53/EU. Full text of EU declaration of conformity is available at https://www.asus.com/support/.

The WiFi operating in the band 5150-5350 MHz shall be restricted to indoor use for countries listed in the table below:

AT

DE

LV

NO

FI

BE

IS

LI

PL

SE

BG

IE

LT

PT

CH

CZ

IT

LU

RO

DK

EL

HU

SI

HR UK(NI)

EE

ES

MT

SK

FR

CY

NL

TR

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 83

電気・電子機器に含有される化学物質の表

示について

資源有効利用促進法では、JIS C 0950: 2008 (J-Moss) の定める規格により、製造

元に対し特定の電気・電子機器に含まれる化学物質の情報提供を義務付けていま

す。J-Moss とは、電気・電子機器に含有される化学物質の表示に関するJIS規格

の略称で、正式名称は「The marking when content other than exemption does not exceed reference value of percentage content (電気・電子機器の特定の化学

物質の含有表示方法) 」です。なお、この規格は2008年8月1日より適用されてい

ます。

この規格に関する詳細情報はASUSのサイト (http://green.asus.com/english/)

に記載の「The marking when content other than exemption does not exceed reference value of percentage content (電気・電子機器の特定の化学物質の含有

表示方法) 」をご参照ください。

84 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

回収とリサイクルについて

使用済みのコンピューター、ノートPC等の電子機器には、環境に悪影響を与える有

害物質が含まれており、通常のゴミとして廃棄することはできません。リサイクルに

よって、使用済みの製品に使用されている金属部品、プラスチック部品、各コンポー

ネントは粉砕され新しい製品に再使用されます。また、その他のコンポーネントや部

品、物質も正しく処分・処理されることで、有害物質の拡散の防止となり、環境を保

護することに繋がります。

筐体のコーティングについて

感電などを防ぐため、本機は絶縁性のあるコーティング材を使用しています (入出力

ポート搭載部分を除く)。

日本国内での無線周波数帯のご利用について

電波法により5.2/5.3GHz帯は屋内使用に限ります(5.2GHz帯高出力データ通信シス

テムの基地局又は陸上移動中継局と通信する場合を除く)。

聴覚障害を防ぐため

イヤホンやヘッドホンからの過度な音圧は、難聴などの聴覚障害の原

因となる場合があります。ボリュームコントロールやイコライザーを基

準値以外に設定した場合、イヤホンやヘッドホンの出力電圧が増加し音

圧が高くなることがあります。ご注意ください。

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 85

86 ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル

ASUSタブレットとASUSキーボードドック ユーザーマニュアル 87

advertisement

Related manuals

advertisement

Table of contents