Beckman Coulter Access 2 取扱説明書

Add to My manuals
106 Pages

advertisement

Beckman Coulter Access 2 取扱説明書 | Manualzz
ベックマン・コールター株式会社
使用説明書
一般医療機器(特定保守管理医療機器、設置管理医療機器)
EC REP
Beckman Coulter Ireland, Inc.
Lismeehan, O’Callaghan’s Mills,
Co. Clare, Ireland
Tel: +(353) (0) 65 683 1100
製造販売業者:
ベックマン・コールター株式会社
〒 135-0063
東京都江東区有明三丁目 5 番 7 号
TOC 有明ウエストタワー
C94875-AA
2022 年 10 月
© 2022 Beckman Coulter, Inc. All rights reserved.
Beckman Coulter, Inc. ・ 250 S. Kraemer Blvd. ・ Brea, CA 92821 ・ U.S.A.
https://www.beckmancoulter.com
出版注記
本マニュアル、C94875-AA、リリース日 2022-10 は以下をサポートします:
•
Access 2 発行済みシステム ソフトウェア バージョン 3(フルバージョン 3.4.2、3.4.3、3.5.0,
3.6.0, と 3.7.0 を含む)
。
•
Access 2 発行済みシステム ソフトウェア バージョン 4(フルバージョン 4.0.0 を含む)
。
•
Access 2i 発行済みシステム ソフトウェア バージョン 6(フルバージョン 6.2.2 、6.2.3 と 6.3.0
を含む)
。
本改訂での変更
章
ページ
変更の説明
出版注記
出版注記
ソフトウェアバージョン 4.0.0 を追加。
B 製品案内
アッセイ別試薬
アッセイのリストを更新。
改訂履歴
C85923-AA, 2022 年 5 月
Access 2: ソフトウェアのバージョン 3.4.2, 3.4.3, 3.5.0, 3.6.0, および 3.7.0
Access 2i: ソフトウェアのバージョン 6.2.2, 6.2.3, および 6.3.0
C75522-AA, 2021 年 10 月
Access 2: ソフトウェアのバージョン 3.4.2, 3.4.3, 3.5.0, 3.6.0, および 3.7.0
Access 2i: ソフトウェアのバージョン 6.2.2, 6.2.3, および 6.3.0
C44023, 2020 年 1 月
Access 2: ソフトウェアのバージョン 3.4.2, 3.4.3, 3.5.0, 3.6.0, および 3.7.0
Access 2i: ソフトウェアのバージョン 6.2.2, 6.2.3, および 6.3.0
C30258, 2018 年 12 月
Access 2: ソフトウェアのバージョン 3.4.2, 3.4.3, 3.5.0, および 3.6.0
Access 2i: ソフトウェアのバージョン 6.2.2, 6.2.3, および 6.3.0
C02075-AA, 2017 年 5 月
Access 2: ソフトウェアのバージョン 3.4.2, 3.4.3, および 3.5.0
Access 2i: ソフトウェアのバージョン 6.2.2 および 6.2.3
このガイドは Access 2 イムノアッセイ システムにご使用いただくことを目的としています。このガ
イドはまた UniCel DxC 600 システムと統合される Access 2 システムを構成する、UniCel DxC 600i シ
ステムの補足資料としても使用できます。
Beckman Coulter, Inc. は Access 2 システム の所有者またはオペレーターに制限付きの非独占使用を認
めていますので検査室使用の場合に限って本書のすべてまたは一部をコピーできます。
つ以上の特許でカバーされている場合があります(www.beckmancoulter.com を参照)
。
本通知書に記載のベックマン・コールター、図案化ロゴ、およびベックマン・コールター製品およびサービスマークは米国および
その他の国のベックマン・コールター社の商標または登録商標です。
Microsoft, Windows, および Windows ロゴは米国および / または他の国の Microsoft Corporation の登録商標または商標です。
Monovette は、Sarstedt A.G. & Co. の商標です。
Citranox は、Alconox, Inc. の商標です。
Contrad は、Decon Laboratories, Inc. の商標です。
Quidel は Quidel Corporation の商標です。
Triage は Quidel Corporation の商標です。
Bio-Rad は Bio-Rad Laboratories, Inc の登録商標です。
Travan は Imation Corporation の商標です。
これ以外のすべての商標は各社の所有財産です。
Access 2 使用説明書
目次
目次
1 システムの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-1
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
•
使用目的 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-1
取扱説明書の適用範囲 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-1
リファレンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-1
テクニカル サポート . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-1
システムの説明 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-2
システム モード . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-3
システム状況ボタン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-3
システム コマンド ボタン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-5
メイン メニュー ワークフロー . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-6
注意事項および危険性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-7
システムの仕様および特性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-9
電気条件 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-10
インストール . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12
保証 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 1-12
2 シャットダウンおよび再起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 2-1
•
•
•
•
PC の再起動. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
装置の再起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
装置のシャットダウン . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
装置の再起動 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
2-2
2-4
2-6
2-7
3 補給品 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 3-1
•
•
•
•
•
•
•
•
•
洗浄液ボトルの交換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
廃液ボトルの交換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
基質液ボトルの交換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
反応チューブ の取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
反応チューブ 廃棄バッグの交換 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
試薬パックの取り付け . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
試薬パックの取り出し . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
誤ったパックの回収 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
パックの再配置 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
3-1
3-2
3-3
3-4
3-5
3-6
3-7
3-8
3-9
4 ラックおよび検体容器 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-1
•
•
•
ラック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-1
十分な検体容量の計算 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-1
検体容器 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 4-2
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
i
Access 2 使用説明書
目次
5 検体管理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 5-1
•
•
•
•
•
LIS 患者項目リクエストの処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
患者項目リクエストのマニュアル入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
キャリブレーション項目リクエストの入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
精度管理項目リクエストの入力 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
検体の処理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
5-2
5-3
5-4
5-5
5-6
6 メンテナンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-1
•
•
•
•
•
メンテナンスの概要 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-1
日次メンテナンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-1
週次メンテナンス . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-5
システム チェック . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-11
メンテナンス ログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 6-13
7 トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-1
•
•
•
•
•
イベント ログ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-1
イベントのトラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-1
システム チェック トラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-3
装置のトラブルシューティング . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-14
トラブルシューティング アッセイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 7-21
8 操作原理 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . 8-1
•
•
•
•
反応チューブ (RV) の搬送 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
アッセイの特性 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
アッセイ キャリブレーション理論 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
障害物検知の理論 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .
8-1
8-2
8-2
8-3
A 感温アッセイ . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . A-1
B 製品案内. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . B-1
•
•
•
アッセイ別試薬 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . B-1
システム補充品 . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . B-8
Access 2 システムドキュメンテーション . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . B-10
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
ii
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
1 システムの概要
使用目的
Access 2 システム は、ヒト体液の各種検体濃度の定量、半定量、または定性測定に使用される体外
診断用装置です。
プロ専用。
取扱説明書の適用範囲
使用説明書 は Access 2 システム に慣れてから使用していただくことを目的としています。
使用説明書 には、日常の使用とルーチン メンテナンスに関する簡潔な指示が含まれています。操作
原理、システム仕様、安全ラベル、トラブルシューティングなど、Access 2 装置 に関する一般情報
も含んでいます。
注記
手順の実行頻度に関わりなく、装置を損傷から保護するための注意や安全性を確保するための
警告を含め、文書化された手順を定期的に確認してください。
リファレンス
その他の Access 2 システム説明書は付録 B に一覧されています。詳細はベックマン・コールター社
の担当者までお問い合わせください。
テクニカル サポート
Access 2 イムノアッセイ システムの技術的支援については :
•
米国またはカナダの場合、Beckman Coulter のテクニカルサポート 1-800-854-3633 にお電話
いただくか、www.beckmancoulter.com にアクセスしてください。オンライン サポートを初
めてご利用の場合、オンラインでの登録が必要です。
•
米国またはカナダ国外の場合は、お近くのテクニカルサポート担当者にお問い合わせくださ
い。
注記
システム ID をご用意ください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-1
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
システムの説明
ฎ⌮ᶵ⬟
࣮࢝ࣟࢭࣝࣔࢪ࣮ࣗࣝ
᳨య࣮࢝ࣟࢭࣝ
ෆⶶࢧࣥࣉࣝࣂ࣮ࢥ࣮ࢻ࣮ࣜࢲ
࢝ࢵࣉࢳ࣮ࣗࣈࢹ࢕ࢸࢡࢱ
ヨ⸆࣮࢝ࣟࢭࣝ
ෆⶶヨ⸆ࣂ࣮ࢥ࣮ࢻ࣮ࣜࢲ
⿦ഛࡉࢀ࡚࠸ࡿሙྜ
࣓࢖ࣥࣆ࣌ࢵࢱࣔࢪ࣮ࣗࣝ
ࣉࣞࢩࢪ࣏ࣙࣥࣥࣉ࠾ࡼࡧ
ࣂࣝࣈ
ࣆ࣌ࢵࢱ࢞ࣥࢺ࣮ࣞ
㉸㡢Ἴ᣺ືᏊ
ḟࣉ࣮ࣟࣈ
ศᯒࣔࢪ࣮ࣗࣝ
཯ᛂࢳ࣮ࣗࣈ࣮ࣟࢲ
࢖࣮ࣥ࢟ࣗ࣋ࢱ࣋ࣝࢺ
Ὑίㄞࡳྲྀࡾ࣮࢝ࣟࢭࣝ
࣑ࣝࣀ࣓࣮ࢱ
ὶ㊰⣔ࣔࢪ࣮ࣗࣝ
ࣉ࣮ࣟࣈ࢛࢘ࢵࢩࣗࢱ࣮࣡
ࣂ࣮࣒࣏࢟ࣗࣥࣉ
ࣂ࣮࣒࢟ࣗࣜࢨ࣮ࣂ
ᇶ㉁ᾮ࣏ࣥࣉࠊࣂࣝࣈࠊ࠾ࡼࡧࣄ࣮ࢱ࣮
࢛࢘ࢵࢩ࣏ࣗࣥࣉ࠾ࡼࡧࣂࣝࣈ
࣌ࣜࢫࢱᗫᾮ࣏ࣥࣉ
ὶ㊰ࢺࣞ࢖
ࢥࣥࢺ࣮ࣟࣝᶵ⬟
㟁Ꮚࣔࢪ࣮ࣗࣝ
ࣃ࣮࣡ࢧࣉࣛ࢖
ࣉࣜࣥࢺᇶᯈ
ࣜࢭࢵࢺ࣎ࢱࣥ
ෆⶶࣁ࣮ࢻࢻࣛ࢖ࣈ
3.5 ࢖ࣥࢳࢹ࢕ࢫࢡࢻࣛ࢖ࣈ
࢖ࣥࢱ࣮ࣟࢵࢡࢫ࢖ࢵࢳ
RV࣮ࣟࢻࢻ࢔࢔࣮࣒ࣛ
ࢫࢸ࣮ࢱࢫࣛ࢖ࢺࣂ࣮
㸦⿦ഛࡉࢀ࡚࠸ࡿሙྜ㸧
⿦⨨ࢯࣇࢺ࢙࢘࢔
࣮࣡ࢡࢢ࣮ࣝࣉ࠾ࡼࡧ
ࢧ࣮ࣂ࣮⏝ࡢ࢖ࣥࢱࣇ࢙࣮ࢫ
ᶵ⬟
࿘㎶ᶵჾࣔࢪ࣮ࣗࣝ
ࣉࣜࣥࢱ࣮
ࢱࢵࢳࢫࢡ࣮ࣜࣥࣔࢽࢱ
࣐࢘ࢫ
࣮࣮࢟࣎ࢻ
㐃᥋࢔࣮࣒
እ㒊ࣂ࣮ࢥ࣮ࢻ࣮ࣜࢲ࣮
እ㒊ࢥࣥࣆ࣮ࣗࢱ(PC)
࣮࣡ࢡࢢ࣮ࣝࣉ
ࢧ࣮ࣂ࣮PC࡟ࣜࣥࢡ
ࡋ࡚࠸ࡿLISࢩࢫࢸ࣒
࣮ࣘࢨ࢖ࣥࢱࣇ࢙࣮ࢫ
ࢯࣇࢺ࢙࢘࢔
注記
技術の発展と利用可能
性により、ご使用装置
の特定の外部コン
ピュータ コンポーネン
トが決定されることが
あります。
࣮࣡ࢡࢢ࣮ࣝࣉෆࡢ
1-3 ࢡࣛ࢖࢔ࣥࢺPC࡬ࡢ
࢜ࣉࢩࣙࣥࡢࣜࣥࢡ
0501Fa.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-2
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
システム モード
Access 2 システム にはシステムの操作状態を示す 4 つのシステム モードがあります。現在のモード
は各画面の左上コーナーに表示されます。システムが測定中 モードの場合、リクエスト済機能の完
了推定時間は 3 つのシステム コマンド ボタン上にテキスト 行で表示されます。追加のシステム
メッセージがこの場所に様々な時間に表示されます。
一部の装置は色を変更して装置の操作ステータスを示すステータス ライトバーで装備されていま
す。ライトバーの色はユーザーインターフェイスのシステムモード領域の色と一致します。
モード
画面表示
ステータス
ライトバー
内容
準備完了
青色
システムは検体処理開始の準備を完了して
います。
測定中
緑色
システムは、検体処理などの機能、メンテ
ナンス ルーチン、または診断手順を動作中
です。
一時停止
黄色
システムは現在のテスト処理を続行します
が、新規テストは予定されていません。
準備未完了
赤色
システムは検体処理の準備ができていません。
システムは、サブシステムの状況確認、モー
ターの初期化、流路系のプライミング、可動
部のホーム位置への移動、必要なモジュール
の作動準備を実行中であるか、または初期化
を必要としています。
システム状況ボタン
ほとんどのボタンは、色コードが設定されており、補給 レベルに注意が必要な場合、検体処理に問
題がある場合、装置がシステム イベントを記録した場合などをユーザに警告します。正常な操作状
況では、ボタンの色は灰色です。一部のボタンの色は黄色に変化して注意状態を、また赤色に変化
して警告状態を示すことができます。ヘルプ ボタンは常に灰色です。
ボタン
内容
ボタンの色
洗浄液
洗浄液ボトルの状況を表示する際に選
択します。検体処理中、洗浄液ボトル
を随時交換することができます。
赤
洗浄液リザーバはほとんど空で、新規
テストを予定することはできません。
テストの処理を続ける前に、洗浄液ボ
トルを交換する必要があります。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-3
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
ボタン
内容
ボタンの色
廃液
廃液ボトルの状況を表示する際に選択
します。検体処理中、廃液ボトルを随
時交換することができます。
赤
廃液ボトルが一杯なので、新規テスト
を予定することはできません。テスト
の処理を続ける前に、廃液ボトルを交
換する必要があります。
黄色
残りの基質液でシステムは 60 件まで
項目リクエストを処理することができ
ます。次の機会にボトルを交換してく
ださい。
基質液
搭載済み基質液レベルのチェックまた
は基質液ボトルの交換のため、補給品
画面を表示する際に選択します。基質
液ボトルはシステムが準備完了モード
にある間にのみ交換することができま 赤
す。
基質液ボトルが空なので、新規テスト
を予定することができません。実行中
のテストを続けるには、基質液ボトル
を交換する必要があります。
反応チューブ (RV)
黄色
反応チューブ補給のチェックまたは反 残りの反応チューブでシステムは 60
応チューブ カートリッジの取り付けの 件まで項目リクエストを処理すること
ため、補給品 画面を表示する際に選択 ができます。今または次の機会に反応
します。検体処理中、反応チューブを チューブ カートリッジを取り付けてく
随時取り付けることができます。
ださい。
赤
残りの反応チューブでシステムは 28
件まで項目リクエストを処理すること
ができ、新規テストを予定することは
できません。テストの処理を続ける前
に、反応チューブ カートリッジを取り
付ける必要があります。
RV 廃棄バッグ
黄色
RV 廃棄要領をチェックする補給品画 廃棄バッグの残りの容量でシステムは
面 を表示するか、または RV 廃棄バッ 60 件まで項目リクエストを処理するこ
グを交換する際に選択します。
とができます。次の機会に RV 廃棄
バッグを交換してください。
赤
RV 廃棄バッグは一杯で、新規テスト
を予定することはできません。テスト
の処理を続ける前に、廃棄バッグを交
換する必要があります。
精度管理
赤
精度管理の設定または精度管理結果の QC 結果は予測値の許容範囲外です。
検証のため、精度管理 画面を表示する 速やかにこの結果を検証する必要があ
ります。
際に選択します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-4
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
ボタン
内容
ボタンの色
イベント ログ
Access 2 システムに生成されたイベン
トに関する情報のイベント ログ 画面
を表示する際に選択します。イベント
ログ 画面から、注意または要注意イベ
ントに関するトラブルシューティング
情報を表示することもできます。
黄色
システムは、注意を必要とする注意イ
ベントを生成しました。
赤
システムは、重大な過失またはエラー
状態の発生を示す警告イベントを生成
しました。
ワーク待機中
黄色
システムがテストを予定できない検体 検体が必要な状況です。必要な検体を
に関する情報についてワーク待機中 画 取り付けるか、状況をワーク リストか
面を表示する際に選択します。ワーク ら削除しなければなりません。
待機中 画面では、検体管理 画面に進
んで検体を取り付けたり、検体リクエ
ストを削除できます。
必要な補給品
黄色
補給品とキャリブレーション状況に関 システムがリクエストされたテストを
する情報について必要な補給品 画面を 完了するためには、補給品またはキャ
表示する際に選択します。ほとんどの リブレーションが必要です。
状況は、必要な補給品 画面から修正で
きます。
ヘルプ ボタンの色は常に灰色です。
ヘルプ
現在開いている画面に関する特定の情
報を表示する際、または画面の説明付
き写真、関連トピックのリスト、ヘル
プ 内のトピックを閲覧する際に選択し
ます。
システム コマンド ボタン
3 つのシステム コマンド ボタンを使用し、Access 2 装置 を実行、一時停止、停止させます。
ボタン
内容
測定
検体を処理する際、またはメンテナンス ルーチンを実行する際に選択します。
一時停止
装置を一時停止させる際に選択します。システムは現在の検体をピペットで注
入した後、ピペッティングを停止します。既に進行中の検体の処理は続行しま
す。
停止
装置を停止させる際に選択します。システムは処理を停止し、進行中のテスト
をキャンセルします。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-5
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
メイン メニュー ワークフロー
メイン メニュー は、システムのインストールまたは初期化の際、最初に表示される画面です。画面
からこのメニューに進むには、メイン メニュー [F9] を押します。メイン メニュー の下部に並ぶ 8 つ
のファンクション ボタンを使用し、Access 2 システム をすべてにわたり閲覧することができます。
検体管理
F1
測定結果
F2
F1
F2
F3
F4
F6
F7
F8
F1
F2
F3
F4
F5
F6
F7
ラックのロード
ワーク待機中
項目リクエスト
メンテナンス リクエスト
選択ラック取出し
選択ラック消去
ラック ID 変更
フィルタ
検索
再測定
検体詳細
LIS に送信
ディスク コピー
印刷
F8 追加オプション
補給品
F3
F1
F2
F4
F5
F6
F7
試薬パック ロード
試薬パック取出し
RV のロード
基質液の交換
RV 廃液バッグ交換
試薬一覧
F1 ラック取出し/編集
F2 検体の削除
F3 測定項目表示/非表示
F4 測定結果
F5 QC リクエスト
F6 Cal リクエスト
F7 全検体消去
F8 追加オプション
キャリブレーション
F5
F1
F2
F5
F6
F7
フィルタ
データ確認
キャリブレーション設定
削除
印刷
メンテナンス 確認
F6
F2
F5
F6
F7
システム チェック
ユーティリティ アッセイ実行
ユーティリティ アッセイ有効/無効
印刷
F1
F2
F3
F4
システム初期化
流路系プライム
容量チェック
デバイス診断
F1 報告書
F2 完了検体
F1 画面の更新
F2 画面の構成
F3 データの削除
F1
F2
F5
F7
F8
試薬パックロード
試薬パック取出し
パックの削除
印刷
フィルタ
F1
F2
F3
F4
F5
F6
F7
メカニック
アナログ デバイス
デジタル デバイス
ルミノメータ
超音波
エクササイザ
インキュベータ ベルト キャリブレーション
F1
F3
F4
F6
F8
LIS 設定
ループバック チェック
テスト リクエストのクエリ
ディスク コピー
画面の消去
F1 システム設定
F1
F2
F3
F5
F7
システム リビジョン
バーコードリーダーの設定
ワークグループの日時設定
パスワード設定
報告書設定
F2 測定項目
F1
F2
F3
F4
F5
F7
F8
フィルタ
単位の編集
範囲
グレイ ゾーン
特殊
印刷
APF の更新
F1
F2
F3
F4
F5
F8
定期バックアップ
即時バックアップ
テープの取出し
データベース修復
自動削除設定
PC のシャットダウン
診断
F7
F5 LIS
F6 データの保存
F7 診断報告書
精度管理
F4
F1
F2
F3
F4
F5
F7
フィルタ
チャートとデータ確認
チャートの比較
比較の削除
QC 設定
印刷
構成
F8
F3
F4
F5
F6
F7
F8
測定項目パネル
派生測定結果
りフレックス測定項目
LIS
PC 管理
Access 2 について
0863E.wmf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-6
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
注意事項および危険性
安全機能
Access 2 システムは米国ならびに国際安全標準を満たすよう設計されています。装置には、安全への
配慮を促す安全ラベルが貼付されています。
インターロック スイッチ
注 警告
カバーのセーフティ インターロック スイッチに手を触れないで下さい。
Access 2 システムは、ユーザを負傷から保護するインターロック スイッチを装備しています。装置
のフロント パネルを開くと、インターロック スイッチはメイン ピペッタの動作を停止します。他の
メカニカル デバイスは、フロント パネルを開いた状態で操作を続行します。検体処理中にフロント
パネルが開かれると、システムはテストをキャンセルします。
安全ステートメント
以下のステートメントは、一般的な安全に関する留意事項について説明しています。
警告
•
アジ化ナ ト リ ウム シ ス テ ムで使用する試薬、キ ャ リ ブレータ、およびコ ン ト ロールに
は、保存剤 と し て少 量 の防腐剤アジ化ナ ト リ ウ ムが添加 さ れています。防腐剤アジ化ナ
ト リ ウ ム は、金属製の配水管内では爆発性の化合物 を 形成す る おそれが あ り ま す。
National Institute for Occupational Safety and Health Bulletin(米国国立労働安全衛生研究所)
の情報 を参照し て下 さ い ) :爆発性アジ化ナ ト リ ウ ム (8/18/76)。
•
Access 2 装置 には可動部品があり、超音波振動子では高電圧が使用されます。これらは両方
とも怪我をする可能性があります。カバーを開いたままの状態で Access 2 装置を操作しない
でください。
注意
Access 2 システム は常にアース付の 3 つ穴コンセントに接続してください。コンセントのアー
ス端子を必ず使ってください。
安全シンボル
Access 2 装置の特定エリアは、適切な安全手順が守られていないと、怪我や装置への損傷の危険性
があります。これらのエリアは、危険性を明確にするために 1 つまたは複数の安全シンボルを使っ
てマークされています。これらの記号は Access イミュノアッセイシステムのシンボル用語集で定義
され、techdocs.BeckmanCoulter.com で入手できます。
レーザー シンボル
レーザー シンボルは、レーザー ライトが使われている装置のエリアを表
します。レーザー光線を凝視しないでください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-7
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
規制シンボルおよびステートメント
Access 2 装置 は、国内外の各種規制機関、標準、および指示の要件を満たしています。こうした準
拠は、装置上のシンボルやマーク、およびシステム説明書の関連ステートメントにより示されてい
ます。これらの記号は Access イミュノアッセイシステムのシンボル用語集で定義され、
techdocs.BeckmanCoulter.com で入手できます。
ユーザーへの注意事項
欧州連合および同一の規制制度(規則 2017/746/EU または体外診断用医療機器規則)が存在する国
の患者/ユーザー/第三者の場合:このデバイスの使用中、またはデバイスの使用の結果として深
刻なインシデントが発生した場合、製造業者または製造業者の認定代理人、および国家機関にイン
シデントを報告すること。
高周波放出ステートメント
この IVD ( 体外診断用 ) 装置は IEC 61326-2-6 の放射およびイミュニティ要件に適合しています。
Access 2 システム は、クラス A デジタル デバイスに対する CISPR 11 および FCC 規定パート 15 の
要件に準拠することがテストにより実証されています。これらの要件は、装置が業務環境で操作さ
れた場合に、干渉からの妥当な保護を提供することを目的としています。
注意
•
この装置は CISPR 11 クラス A に準拠して設計および試験されています。国内環境では高周
波干渉を起す場合がありますので、干渉の軽減に必要な措置を講じる必要があります。
•
本装置の操作の前には、電磁環境を評価してください。この装置を強い電磁放射源の近傍で
使用しないでください。正しい動作に障害が起こります。
•
Access 2 システム と他の機器の間に干渉が疑われる場合は、干渉の解決に必要な措置を講じ
てください。Beckman Coulter では次の措置をお勧めします:
-
機器を移動し、機器と Access 2 システム 間の距離を広げます。
-
Access 2 システム に対する機器の方向を調整します。
-
機器が Access 2 システム とは異なる電力コネクタで操作されていることを確認します。
LED 安全声明
携帯バーコードリーダは EN60825-1 の LED 安全に従って試験されており、クラス 1 LED デバイス
のリミット内であることが認定されています。
ハンズフリーモードでも操作する携帯バーコードリーダは、IEC 62471 に従えば、LED 安全クラスが
適用を除外されます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-8
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
システムの仕様および特性
空間条件
この文書の日付時点における装置および周辺デバイスの寸法は、次の表に一覧表示されています。
Access 2 システムはベンチトップから作動します。これらのコンポーネントを装着する場合には、
システムに十分なゆったりしたスペース(表面および周囲)を確保するよう注意してください。外
部コンピュータ、モニタ、およびプリンタについての詳細は、製造元が提供するマニュアルをご覧
ください。
幅 = 99 cm
装置
高さ = 47 cm ( 装置のシリアル番号 < 570000)
高さ = 49.54 cm ( 装置のシリアル番号 570000)
奥行き = 61 cm
装置に必要なクリアランス
後部から測定 = 5 cm
• 左のクリアランスは流路系トレイ用
左 = 30 cm
• 右のクリアランスは連接アーム上のモ
ニターおよびキーボード用
右 = 76 cm
上部 = 76 cm
• 上部のクリアランスはベンチトップ
装置および周辺機器の重量
装置の重量が、以下の表に一覧されています。外部コンピュータ、モニタ、およびプリンタを置く
表面が、システムを十分サポートできることを確認してください。
装置 ( 補給品および検体未搭載 )
91 kg
外部コンピュータ
製造元の説明書を参照してください
モニタ
プリンタ
操作環境条件
Access 2 システムは室内でのみ使用し、正しく作動するには以下の環境条件を満たすことが必要で
す。
湿度
操作 : 20% ~ 80%
露出 : 10% ~ 80%
最高高度
操作 : 2.0 km
露出 : 12.200 km
温度
操作 * ,† : 18 °C ~ 28 °C
露出 : -30 °C ~ 50 °C
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-9
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
最大周囲温度変化率
30 分につき 2 °C
周辺光
0-200 フィート燭の周囲光レベルは結果に影響を与えません
汚染度
2
*
†
アッセイによっては更に温度制限が必要です。これらの制限に関しては本マニュアルの付録 A を参照
してください。
操作環境温度は室温、空気循環、システム近くの温度ソース、および直射日光などのファクターによ
り影響されます。
電気条件
装置と共に使用する電力線、サージ抑制器、バックアップ パワー サプライ (UPS ユニット ) 、およ
び電力線変圧器は、特定の必要条件を満たしていなければなりません。
電力線
電力線により Access 2 装置 に電源が供給されます。装置に損傷が生じないようにするには、電力線
は以下の必要条件を満たしていなければなりません。
ライン パワー サプライ
15 A での 115-120 ボルトの交流 (V AC)、また
は 6 A での 220–240 V AC、50 または 60 Hz、
シングル位相電源
専用ライン
専用 (Access 2 装置のみが電源に接続 )
ライン アウトレット
Access 2 システムから 1.5 m 以内に設置
注記
Access 2 システムは変圧器に接続すること
もできます。この場合、変圧器はアウト
レットから 1.5 m 以内に設置してください。
ライン保護装置
サーキット ブレーカー :
• 15 A(115–120 V AC ライン )
• 6 A(220–240 V AC ライン )
電圧変動
サイクルごとに ±10 V AC 以内
電圧降下
以下の値以下になってはなりません :
• 15 A にて 90 V AC
• 6 A にて 180 V AC
電圧上昇
以下の値以下 :
• 15 A にて 135 V AC
• 6 A にて 250 V AC
プリンターへの供給電圧
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
メーカー提供の説明書を参照してください
1-10
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
中立伝導体と安全接地伝導体間の最大電流
2 V AC 二乗平均 (RMS) 以内
安全接地伝導体とアクセス可能ビルディング安
全接地間の最大抵抗
0.1 Ω 以内
瞬間過電圧
UL3101 インストレーション カテゴリ II に従い
ます
通電消費、電力消費、および熱生産
Access 2 装置は以下のレベルで電流と電力を消費し、熱を発生します。外部コンピュータ、モニタと
プリンターの詳細については、メーカーから供給された文書を参照してください。
電流消費
<1.5 kV·A
電力消費
800 W
熱発生
2 880 kJ/h
サージ抑制器
Beckman Coulter では、Access 2 装置をサージ抑制器と一緒にご使用にならないようお薦めします。
装置にはサージ抑制器の機能とよく似た保護機能が内蔵されています。
Beckman Coulter では、外部コンピュータ、モニタとプリンターをサージ抑制器と一緒にご使用にな
ることはお薦めしています。サージ抑制器は変圧器ではなくコンセントに接続してください。
電力線変圧器
交流 (AC) 電力線に問題があると思われる場合、Beckman Coulter では Access 2 装置をローカル接地
と高周波数絶縁のある電力線変圧器に接続することをお薦めします。電力線変圧器を使用する場合、
以下の条件を満たしていなければなりません。
最小出力容量
1.3 kV·A
出力電圧
120 または 240 V AC
出力周波数
50 または 60 Hz シングル位相
出力波形
正弦波 (<5% 歪み )
出力安全接地
絶縁ローカル接地
承認
UL 1012, CSA C22.2 107.1 (UL 544 オプション )
装置バックアップ電力供給 (UPS ユニット )
無停電パワー サプライ (UPS) ユニットをバックアップ電源として使用する場合、Beckman Coulter で
は UPS ユニットをローカル接地絶縁することをお薦めします。UPS ユニットは、メイン AC 電力ラ
インが途絶えた場合に連続して AC 電力を装置に供給するようデザインされています。これらのユ
ニットは、AC インバーター サーキットのあるスタンバイ バッテリーを使用して必要な電力出力を
供給します。サージ抑制器や電力線変圧器の保護機能を備えたユニットもいくつかあります。お使い
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-11
Access 2 使用説明書
1: システムの概要
のシステムがワークグループにある場合、サーバーとして機能している外部コンピュータを UPS ユ
ニットに接続してください。UPS ユニットは、以下の条件を満たしていなければなりません。
最小出力容量
1.3 kV·A
出力電圧
120 または 240 V AC
出力周波数
50 または 60 Hz シングル位相
出力波形
正弦波 (<5% 歪み )
スタンバイ ランタイム
1.0 kW 出力で最低 15 分 ( 低バッテリー インジケータおよび / また
はシャットダウンを推奨 )
承認
UL 1778, CSA C22.2 107.1 (UL 544 オプション )
LIS インタフェース
Access 2 システムは、LIS インタフェースを通じて検査室情報システム(LIS)により管理すること
ができる。LIS に接続していると、Access 2 装置は LIS からテストのリクエストを受信し、LIS にテ
スト結果を送信する。LIS インタフェースは主に次の 2 つのコンポーネントで構成される。
•
外部コンピュータにあるポートである、物理(ハードウェア)インタフェース
•
フレーム層プロトコルおよびメッセージの送受信用のメッセージ形式を含む、論理(ソフト
ウェア)インタフェース
Access 2 システムの LIS インタフェースのセットアップについての詳細は、ヘルプトピックの
」を参照のこと。
「LIS 設定」または文書「LIS Vendor Information(LIS ベンダー情報)
インストール
Access 2 装置は、Beckman Coulter 認定のテクニカル サポート担当者がインストールしてください。
テクニカル サポート担当者が同席するまで、装置は出荷用木箱から取り出さないでください。
保証
Access 2 イムノアッセイ システムは、システムまたは試薬に関する契約同意書に含まれる保証の規
定により保証され、かつ同規定に準拠します。
お客様はルーチン予防メンテナンスに責任を負います。指定された間隔でのメンテナンス手順実行
を怠ったことにより発生した修理については、お客様の負担により Beckman Coulter の裁量で行われ
ます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1-12
Access 2 使用説明書
2: シャットダウンおよび再起動
2 シャットダウンおよび再起動
PC、装置、またはその両方を再起動できます。いずれか一方を再起動しても、もう一方には影響し
ません。以下の状況で再起動手順を使用します :
•
ユーザ インタフェース (UI) が正しく応答していない (PC 再起動 ) 。
•
テクニカル サポート担当者の指示による場合、またはヘルプや Access 2 マニュアルの指示
に従う場合(PC および / または装置再起動)
。
装置再起動プロセスの間、装置システム ソフトウェアはリセットされ、ルーチンはすべてのデバイ
スをホーム位置または既知の状況に戻します。このルーチンは初期化と呼ばれ、システムの処理準
備を行います。
注記
•
PC と装置の両方を再起動する場合、任意の順序で再起動することができます。便宜上、手
順では最初に PC を再起動してから装置を再起動するよう指示します。
•
ワークグループサーバである Access 2 PC を再起動する場合、ワークグループ内の他の PC
を最初にシャットダウンする必要があります。次にサーバ PC を再始動します。最後に、クラ
イアント PC を再始動します。
•
PC のみ再起動する場合、測定中モードにあれば装置は検体処理を続行します。PC が装置と
の通信を再び確立すると、テスト データは PC に自動的に送信されます。
装置は定期的なシャットダウンを必要としません。しかし、装置を移動する場合、またはシステム
の電源を長期間(5 日以上)にわたり OFF する場合のみ、装置をシャットダウンしてください。装
置をシャットダウンする前に、テクニカルサポートに連絡し、判断を確認してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2-1
Access 2 使用説明書
2: シャットダウンおよび再起動
PC の再起動
PC を再起動するには、シャットダウンしてから再起動させます。指示されたとき以外、装置を再起
動する必要はありません。この手順を使用して、PC を再起動します。
正常な状況下での PC のシャットダウン
注記
•
PC のバージョンによっては、PC の再起動にシステムパスワードが必要になる場合がありま
す。パスワードが不明な場合は、検査室の管理者にお問い合わせください。
•
ワークグループ サーバー PC をシャットダウンする場合、ワークグループ内の各クライアン
ト PC を最初にシャットダウンする必要があります。
1. PC 管理 画面で操作します。メイン メニューからこの画面を開くには、構成 F8 を選択して構成
メニューを表示し、PC 管理 F7 を選択します。
2. PC をシャットダウン F8 を選択します。確認メッセージが表示されます。
3. はい F1 を選択し、PC をシャットダウンします。
サーバーのシャットダウンを行う場合は、最初に各クライアント PC に対しステップ 1 ~ ス
テップ 3 を繰り返します。次に、サーバーに対しステップ 1 ~ ステップ 3 を繰り返します。
4. PC の電源を OFF にするには、少なくとも 15 秒間 PC の電源スイッチを押します。
5. 約 20 秒待ってから、再起動手順を実行します。
UI にアクセス不能な場合の PC のシャットダウン
注記
•
PC のバージョンによっては、PC の再起動にシステムパスワードが必要になる場合がありま
す。パスワードが不明な場合は、検査室の管理者にお問い合わせください。
•
サーバー UI がアクセスできない UI のみである場合、各クライアント PC をシャットダウン
します。次にこの手順を使用してサーバーをシャットダウンします。
•
クライアント UI にアクセスできない場合、この手順を使用してクライアント PC をシャッ
トダウンします。
•
この手順中にキーボードが対応しない場合、PC の正面の電源スイッチを押して電源をオフ
にします。パワースイッチはパワースイッチのシンボルにより特定されます。
1. Access 2 システムの PC で動作するソフトウェアを確認します。
a.
Access 2 システムの PC で動作するソフトウェアをご存じの場合、以下の該当する説明に進
みます。
b. Access 2 システムの PC で動作するソフトウェアを確定するには、Windows® キー [®] をコ
ンピュータのキーボードで押すか、[Ctrl] + [Esc] を押します。
c.
Windows® Embedded 8 で動作する PC の場合、Windows® 8 Start ( のスタート ) 画面が表示さ
れます。下の画像は画面の左上に表示されます。ステップ 2 に進みます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2-2
Access 2 使用説明書
2: シャットダウンおよび再起動
Windows® 8 Start
( のスタート ) 画面
2379A.bmp
d. Windows® 8 Start ( のスタート ) 画面が表示されない場合、システムが Windows® XP
Embedded または Windows® 10 Enterprise LTSC で動作しています。ステップ 3 に進みます。
2. PC で Windows® Embedded 8 のオペレーティングシステムを使用している場合は、以下の手順に
従いキーボード操作で PC をシャットダウンします。
a.
必要があれば、キーボードで Windows® キー [®] を押してスタート (Start) 画面を表示します。
b. カーソルをスタート (Start) 画面の右下隅に移動します。アイコンの狭い垂直パネルが画面の
右側に表示されます。
c.
設定 アイコンを選択します。Settings ( 設定 ) パネルが表示されます。
2380A.bmp
d. 電源 アイコンを選択します。
1054B.eps
e.
PC ソフトウェアを直ちに再起動したいかどうかに応じて、Shut down(シャットダウン)
または Restart(再起動)を選択します。
f.
画面が Shut down anyway(とにかくシャットダウン)または Restart anyway(とにかく
再起動)の名前のボタンと共に画面下に 表示される場合、ボタンを選択します。
g. PC のシャットダウンを選択した場合 20 秒待ってから、再起動手順を実行します。
3. PC で Windows® XP Embedded または Windows® 10 Enterprise LTSC のオペレーティングシステムを
使用している場合は、以下の手順に従いキーボード操作で PC をシャットダウンします。
a.
[Ctrl]、[Alt]、と [Delete](削除)キーを同時に押してから、
b. Shutdown(シャットダウン)を選択します。Shutdown(シャットダウン)がない場合
は、画面右下の 電源 アイコンを選択します。
1054B.eps
c.
PC ソフトウェアを直ちに再起動したいかどうかに応じて、Shut down(シャットダウン)
または Restart(再起動)を選択します。必要に応じて OK を選択します。
d. 画面が Shut down anyway(とにかくシャットダウン)または Restart anyway(とにかく
再起動)の名前のボタンと共に画面下に 表示される場合、ボタンを選択します。
e.
PC のシャットダウンを選択した場合 20 秒待ってから、再起動手順を実行します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2-3
Access 2 使用説明書
2: シャットダウンおよび再起動
シャットダウンした PC の再起動
注記
ワークグループ内の複数の Access 2 PC を再起動させる場合、最初にワークグループ サーバーを
再起動させてからクライアント PC を再起動させます。
1. PC の正面の電源スイッチを押し、電源を ON にします。パワースイッチはパワースイッチのシ
ンボルにより特定されます。
I
1054B.eps
PC 電源スイッチのシンボル
 PC のバージョンによっては、PC の再起動にシステムパスワードが必要になる場合があります。
パスワードが不明な場合は、検査室の管理者にお問い合わせください。
2. メイン メニュー 画面が現れるまで待ってから、通常操作を継続します。
再起動に失敗した場合は、テクニカルサポートにご連絡ください。
注記
装置がテストを処理している間に PC と装置間の通信が長時間 (30 分以上 ) にわたり中断された
場合、通信が再び確立されてから測定結果が PC に送付されるまでには数分を要します。PC が
すべての測定結果を受領するまで、システムを使用しないでください。
測定結果 画面に直接進み、完了時間により結果をフィルタします。結果 と完了 日時 の列を見ま
す。通信中断中に得た測定結果が PC に転送された場合は、通常操作を継続することができま
す。
質問については、テクニカルサポートにご連絡ください。
装置の再起動
この手順を使用して、Access 2 装置を再起動します。装置を再起動させるには、2 つの方法があります :
•
リセット ボタンを使用して再起動できます。ウォームブートとも呼ばれています。
•
電源スイッチを使用して再起動できます。コールドブートとも呼ばれています。
注記
•
再起動が完了するまで、ボタンを選択したり、キーを押したりしないでください。再起動開
始後、約 2 分間の一時停止があり、ソフトウェアがリセットされます。その後システムは 準
備未完了 モードに入り、システムの初期化が開始されます。
•
システム初期化の間、システムはメカニカル デバイスをホーム位置へ移動し、システム
モード エリアに点滅メッセージを表示します。ほとんどのシステム デバイスが初期化を完
了すると、システムは 準備完了 モードに変わります。
•
システムは残りのデバイスを引き続き初期化し、システムモード エリアに点滅メッセージ
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2-4
Access 2 使用説明書
2: シャットダウンおよび再起動
を表示します。メッセージが消えると、システムの初期化が完了です。
•
システムがうまく初期化できない場合は、テクニカル サポートにご連絡ください。
リセット ボタン使用の再起動
注 警告
この手順では、感染性の可能性のある物
質と接触します。生物災害物質の取扱いお
よび廃棄は、適切な施設手順に従ってく
ださい。手、目、および顔の適切な保護具
が必要です。
1. 装置のフロント パネルを開きます。
2. ピペッタ ガントレー右側にあるリセット
ボタンを見つけます。
3. リセット ボタンを 1 秒間押し、放します。
4. 直ちに装置のフロント パネルを閉じます。
注記
0045Cc.eps
リセット ボタン
フロント パネルを長時間開いたままにす
ると、システムはメカニカル デバイスを
ホーム位置へ移動できなくなります。この状態が発生した場合は、リセット ボタンを再度押し、
直ちにフロント パネルを閉じます。
5. システムが 準備完了 モードになり、青のシステム モード エリアにメッセージが表示されなくな
るまで待ってから、通常操作を継続します。
電源スイッチ使用の再起動
1. 装置のフロント パネルが閉じている
ことを確認します。
2. 装置後部近くの右下側にある電源ス
イッチを見つけます。スイッチ下部を
押して OFF (O 位置 ) にします。
3. 約 20 秒待ってから、スイッチ上部を
押して電源を ON にします ( | 位置 ) 。
4. システムが 準備完了 モードになり、青
のシステム モード エリアにメッセー
ジが表示されなくなるまで待ってか
ら、通常操作を継続します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
0042Dc.eps
装置電源スイッチ
2-5
Access 2 使用説明書
2: シャットダウンおよび再起動
装置のシャットダウン
装置を移動するかまたは装置の電源が長期間(5 日超)切られる場合のみこの手順を使用してくだ
さい。装置をシャットダウンする前に、テクニカルサポートに連絡し、判断を確認してください。
警告
•
この手順では感染性の可能性のある物質と接触します。生物災害物質の取扱いおよび廃棄
は、適切な施設手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が必要です。
•
装置を移動する場合、新しい場所が適切に配管されていることを確認します。アジ化ナ ト
リ ウム シ ス テ ムで使用する試薬、キ ャ リ ブレータ、およびコ ン ト ロールには、保存剤 と
し て少 量 の防腐剤アジ化ナ ト リ ウ ムが添加 さ れています。防腐剤アジ化ナ ト リ ウ ム
は、金属製の配水管内では爆発性の化合物 を 形成す る おそれが あ り ま す。National
Institute for Occupational Safety and Health Bulletin (米国国立労働安全衛生研究所)の情報
を参照し て下 さ い ) :爆発性アジ化ナ ト リ ウ ム (8/18/76)。
この手順を使用して、Access 2 システムをシャットダウンします。
1. スペシャル クリーン ルーチンを実行します 。特殊洗浄 ルーチンについての詳細は、ヘルプ シス
テムを参照してください。
2. 廃液ボトルを空にします。
3. 必要な場合は、PC をシャットダウンします。
4. 装置後部近くの右下側にある電源スイッチを見つけます。スイッチ下部を押して OFF (O 位置 )
にします。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2-6
Access 2 使用説明書
2: シャットダウンおよび再起動
装置の再起動
この手順を使用して、装置をシャットダウン状態から再起動させます。
警告
•
この手順では感染性の可能性のある物質と接触します。生物災害物質の取扱いおよび廃棄
は、適切な施設手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が必要です。
•
洗浄液には保存料が含まれており、皮膚接触による感作の原因となる場合が あります。皮
膚接触後は、石鹸と水で直ちに洗浄してください。適切な手袋を着用してください。
注記
この手順に使用する基質液を装置に取り付ける前に、基質液を試薬使用説明書に指定された時
間の間、室温に等しくすることが必要です。詳細については、試薬使用説明書を参照してくださ
い。
電源を入れる
1. PC がシャットダウンされていたら、再起動させます。
2. 装置後部近くの右下側にある電源スイッチを見つけます。スイッチ上部を押して電源を ON にし
ます ( | ポジション )。
3. システムが 準備完了 モードになり、青のシステム モード エリアにメッセージが表示されなくな
るまで待ってから、手順を継続します。
初期化に失敗した場合は、試みた初期化に類似した日付と時間を持つエラー イベントにしたが
い、Event Log ( イベント ログ ) とトラブルシューティングを検証します。
 ( オプション、次の延長シャットダウンを除く ) システム流路系のプライミングを行います。
 ( オプション、次の延長シャットダウンを除く ) プローブ容量チェックを実行します。
 ( オプション ) 補給品を補充します。
 ( オプション、次の延長シャットダウンを除く ) スペシャル クリーン ルーチンを実行します。
 ( オプション、次の延長シャットダウンを除く ) システム チェック ルーチンを実行します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2-7
Access 2 使用説明書
3: 補給品
3 補給品
洗浄液ボトルの交換
洗浄液ボトルはいつでも交換できます。内部リザーバがあるため、ユーザが洗浄液ボトルを取り出
しても、システムは検体処理を継続します。洗浄液 ボタンが赤になるまで待つと、内部リザーバは
ほとんど空になるためシステムは新規テストを予定しません。
注 警告
洗浄液には保存料が含まれており、皮膚接触による感作の原因となる場合が あります。皮膚接
触後は、石鹸と水で直ちに洗浄してください。適切な手袋を着用してください。
注意
洗浄液の汚染を防ぐため、リザーバの中に入る分注キャップ アセンブリには触らないでくださ
い。分注キャップ アセンブリの取り扱いは、ノズルではなくネジ蓋でのみ行ってください。
洗浄液
新し い洗浄液ボト ルを
3~4回ゆっ く り と
反転し ま す
新し いボト ルから
キャ ッ プ と 内部シールを
取り 外し ま す
空のボト ルを
取り 出し ま す
空のボト ルから 分注キャ
ッ プ アセン ブ リ を
取り 外し ま す
分注キャ ッ プ
アセン ブ リ を 新し い
ボト ルに取り 付けます
新し いボト ルを
逆さ にし てリ ザーバ
容器の中に配置し ます
0588B.wmf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-1
Access 2 使用説明書
3: 補給品
廃液ボトルの交換
廃液ボトルが一杯になると、廃液 ボタンは赤に変わります。ユーザが廃液ボトルを交換するまで、
システムは新しいテストのスケジュールを設定しません。廃液ボトルはいつでも交換できます。検
体処理中でも交換は可能ですが、ボトルが一杯になる前に交換してください。廃液 ボタンは黄色に
変わりません。
注 警告
この手順では、感染性の可能性のある物質と接触します。生物災害物質の取扱いおよび廃棄は、
適切な施設手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が必要です。
廃液
৻᧰ߦߥߞߡ޿ࠆᑄᶧ
ࡏ࠻࡞ߩࠠࡖ࠶ࡊࠍ
✭߼߹ߔ
注記
廃液ドレインキット
を使用して廃液ボト
ルを交換したり廃液
を床ドレインに流す
ことも可能です。サ
イトの状況によりま
すので、ベックマ
ン・コールターでは
お客様にテクニカル
サポートにご連絡し
ていただきシステム
がこのキットに適合
できるかどうか決定
することを推奨して
います。
ᬌ૕ߩಣℂࠍ
஗ᱛߒ߹ߒߚ
߆!
޿޿߃
ࡏ࠻࡞ߩࠠࡖ࠶ࡊࠍᄖߒ
ᵞᵺᷣߺߩࡏ࠻࡞ߦ
ᝌ౉ߒ߹ߔ
ߪ޿
৻᧰ߦߥߞߡ޿ࠆࡏ࠻࡞߆ࠄ
ࠢࠗ࠶ࠢ࠺ࠖࠬࠦࡀࠢ࠻ࠍ
ขࠅᄖߒ߹ߔ
ࠢࠗ࠶ࠢ࠺ࠖࠬࠦࡀࠢ࠻ࠍ
ⓨߩᑄᶧࡏ࠻࡞ߦ
ขࠅઃߌ߹ߔ
৻᧰ߦߥߞߚ
ᑄᶧࡏ࠻࡞ࠍ㒰෰ߒ
ᷡẖߥࡏ࠻࡞ࠍᵹ〝♽
࠻࡟ࠗߦ⟎߈߹ߔ
৻᧰ߩᑄᶧࡏ࠻࡞ߩ
ౝኈ‛ࠍ㒰ᨴߒ߹ߔ
ᑄᶧࠍᑄ᫈ߒߡࡏ࠻࡞ࠍ
ࠃߊᵞᵺߒ߹ߔ
ᰴ࿁૶↪ߔࠆߚ߼ᷡẖߥ
ࡏ࠻࡞ࠍ଻▤ߒ߹ߔ
注 警告
廃液ボトルを保管する前に、廃液
ボトルの中の除染物質を完全に洗
い流してください。洗い流さずに廃
液 ボトルを再び装置に設置すると、
残留除染物質が廃液ボトルに注入
される薬品に反応し、ユーザまた
は装置に有害なガスを発生する化
学反応を起こす場合があります。
0589C.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-2
Access 2 使用説明書
3: 補給品
基質液ボトルの交換
現在取り付けられている基質液でシステムが 60 テストまで処理可能な場合、基質液ボタンが黄色に
変わります。基質液ボトルが空の場合はボタンが赤に変わり、新しいボトルを取り付けるまでシス
テムはサンプルの処理を開始できなくなります。システムが準備完了モードの時だけです。
基質液
任意の画面
注意
基質液ボトルの残りを混
合しないでください。
補給品
基質液の交換
F5
基質液 の変更
平衡された新しい基質液
ボトルをスキャンします
使用中のボトルから基質
液サンプルキャップを、
温度を等しくさせたボト
ルに移動します
空のボトルを捨てて
新しいボトルを使用する
前に室温と平衡にします
終了
F1
はい
F1
システムが基質液流路系
ラインをプライムします
0505B.emf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-3
Access 2 使用説明書
3: 補給品
反応チューブ の取り付け
Access 2 テストの測定中、化学反応は反応チューブ (RV) と呼ばれる容器の中で発生します。各テス
トに 1 つまたは 2 つの RV が使用されます。
•
RV が 60 個以下の場合、RV ボタンは黄色に変わります。
•
RV が 28 個以下の場合、RV ボタンは赤に変わります。
•
使用できる RV がない場合、ユーザが新しい RV カートリッジを装置に取り付けるまで、シ
ステムは次の検体を処理しません。
注記
•
RV で一杯になっているカートリッジのみをロードされます。装置に部分的なカートリッジ
の空きしかないときに RV をロードしようとすると、メッセージが表示されます。
•
システムが検体処理中で RV が一列またはそれ以下しか残っていないときに、RV をロード
しようとすると、メッセージが表示されます。新しいカートリッジをロードするには、必ず
装置が停止するまで待ってください。
•
補給品または必要な補給品画面で RV のロード F4 を選択してから正しく RV をロードしない
と、RV はインキュベータ ベルトのレーキと壁面の間に落下することがあります。
•
カートリッジの枠に全 98 個の RV が完全に収まっていることを確認するため、カートリッ
ジの枠をしっかりと押します。
RV
છᗧߩ↹㕙
注意
空のカートリッジ スパイ
ンを取り外し、反応
チューブ レーキへの損傷
を防ぎます。
⵬⛎ຠ
RVߩࡠ࡯࠼
F4
RV ߩࡠ࡯࠼
ࠞ࡯࠻࡝࠶ࠫ
ࠞࡃ࡯ࠍขࠅᄖߒ‫ޔ‬
ࠞ࡯࠻࡝࠶ࠫࠍขࠅઃߌ‫ޔ‬
ⓨߩᨒࠍขࠅ಴ߒ߹ߔ
⚳ੌ
F1
0504A.wmf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-4
Access 2 使用説明書
3: 補給品
反応チューブ 廃棄バッグの交換
廃棄バッグの余地が RV 60 個分以下になると、RV 廃棄バッグ ボタン が黄色に変わります。RV 廃
棄バッグが一杯になると、ボタンは赤に変わり、システムは検体処理を開始しなくなります。RV 廃
棄バッグを交換しなければなりません。
注意
•
RV 廃棄バッグの交換時にシステムが 動作中モードにあると、廃棄バッグのプラスチック カ
ラーがイジェクション シュートをブロックし、システムは RV をイジェクトしようとしま
す。これは、ひっかかりの原因になります。
•
システムの損傷を防ぐため、イジェクション シュートに詰っている反応チューブを押し戻
さないでください。
RV 廃棄バッグ
છᗧߩ↹㕙
⵬⛎ຠ
注 警告
この手順では感染性の可能
性のある物質と接触しま
す。生物災害物質の取扱い
および廃棄は、適切な施設
手順に従ってください。
手、目、および顔の適切な
保護具が必要です。
RV ᑄ᫈ࡃ࠶ࠣߩ੤឵
F6
RV ᑄ᫈ࡃ࠶ࠣߩ੤឵
⵬⛎↪࠼ࠕࠍ㐿߈‫ޔ‬
ᣂߒ޿ࡃ࠶ࠢࠍ
㐿޿ߡᐢߍ߹ߔ
ฎ޿ࡃ࠶ࠣࠍขࠅ಴ߒߡ
ኒኽߒ‫ޔ‬ᣂߒ޿ࡃ࠶ࠣࠍ
ᝌ౉ߒߡ⵬⛎↪࠼ࠕࠍ
㐽߼߹ߔ
⚳ੌ
F1
0507A.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-5
Access 2 使用説明書
3: 補給品
試薬パックの取り付け
搭載済み試薬パックがリクエストされたテスト処理に十分な試薬を含んでいない場合、システムは
テストに補給品待機中状況を指定し、必要な補給品ボタンは黄色に変わります。
必要な補給品
ᚲせ䛺⿵⤥ရ㻌⏬㠃䛛䜙
ヨ⸆䝟䝑䜽䜢
䝻䞊䝗䛷䛝䜎䛩
௵ព䛾⏬㠃
䜎䛯䛿䝯䜲䞁 䝯䝙䝳䞊䛛䜙
䝯䜲䞁 䝯䝙䝳䞊
⿵⤥ရ㻌
F3
ヨ⸆୍ぴ㻌⏬㠃䛛䜙ヨ⸆
䝟䝑䜽䜢䝻䞊䝗䛩䜛䛣䛸䜒
䛷䛝䜎䛩
ᚲせ䛺⿵⤥ရ
⿵⤥ရ
ヨ⸆䝟䝑䜽䝻䞊䝗㻌
㻲㻝
ヨ⸆䝟䝑䜽䝻䞊䝗㻌
F1
ヨ⸆୍ぴ㻌
F7
ヨ⸆䝟䝑䜽䝻䞊䝗
ヨ⸆୍ぴ
ヨ⸆䝟䝑䜽䝻䞊䝗㻌
F1
警告
• この手順では感染性の可能性のある物質と接
触します。生物災害物質の取扱いおよび廃棄
は、適切な施設手順に従ってください。手、
目、および顔の適切な保護具が必要です。
• 部分的に使用した試薬パックを再度取り付け
る場合、そのパックを取り出した同じ独立型
のシステムまたは Access 2 ワークグループに
戻すことが必要です。部分的に使用した試薬
パックを異なるシステムまたはワークグルー
プに取り付けた場合、満杯のパックとして一
覧され、無効な結果が生じることがありま
す。
注意
試薬パックの損傷を防ぐため、試薬カロー
セルに適切に設置されていることを確認し
てください。
✸่䛥䜜䛶䛔䛺䛔䝟䝑䜽
䜢ᩘᅇ཯㌿䛧䜎䛩*
ヨ⸆ࣃࢵࢡࡢᤄධ
* Access 25(OH) Vitamin D Total
䜰䝑䝉䜲䛻㛵䛧䛶䛿䚸ヨ⸆䝟䝑䜽㻌
ྜㄝ᫂䛾ヨ⸆ྲྀᢅㄝ᫂᭩䜢ཧ↷㻌
䛶䛟䛰䛥䛔䚹㻌
** ෆⶶヨ⸆ࣂ࣮ࢥ࣮ࢻ ࣮ࣜࢲ
IRBR**
ࡀᏑᅾࡋ࡚࠾
ࡾࠊࡋ࠿ࡶ ON
࡛ࡍ࠿㸽
↓
᭷
ヨ⸆ࣃࢵࢡࡢᡭື
࡛ࡢࢫ࢟ࣕࣥ
௚ࡢࣃࢵࢡࢆ⿦
╔ࡋࡲࡍ࠿㸽
᭷
ḟ࡬
F2
↓
⤊஢
F1
ヨ⸆ࣃࢵࢡࡢᤄධ
0502Ea,svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-6
Access 2 使用説明書
3: 補給品
試薬パックの取り出し
この手順により、試薬パックを装置から取り出します。
注記
•
測定に試薬パックが使用されている場合、パックを取り出すことはできません ( 補給品画面
に使用中 [ 錠 ] アイコンで表示されます ) 。
•
まだ中身が残っている試薬パックを取り出した場合、そのパックを再度ロードするか、一覧
からマニュアルで削除するまで、システムはそのパックの残りの測定数の情報を保持しま
す。
•
空または試薬パックモニタリングの結果リジェクトされた試薬パックを直ちに取り出しま
す。
注 警告
ࡔࠗࡦࡔ࠾ࡘ࡯
⵬⛎ຠ
F3
⵬⛎ຠ
⹜⮎৻ⷩ↹㕙߆ࠄ⹜⮎
ࡄ࠶ࠢࠍࡠ࡯࠼ߔࠆߎߣ߽
ߢ߈߹ߔ
⹜⮎ࡄ࠶ࠢข಴ߒ
F2
⹜⮎৻ⷩ
F7
⹜⮎ࡄ࠶ࠢข಴ߒ
⹜⮎৻ⷩ
この手順では感染
性の可能性のある
物質と接触しま
す。生物災害物質
の取扱いおよび廃
棄は、適切な施設
手順に従ってくだ
さい。手、目、お
よび顔の適切な保
護具が必要です。
⹜⮎ࡄ࠶ࠢข಴ߒ
F2
⹜⮎ࡄ࠶ࠢࠍ
⹜⮎ࠞࡠ࡯࠮࡞߆ࠄ
㒰෰ߒ߹ߔ
⹜⮎ࡄ࠶ࠢข಴ߒ
⚳ੌ
F1
⹜⮎ࡄ࠶ࠢࠍ
⹜⮎ࠞࡠ࡯࠮࡞߆ࠄ
㒰෰ߒ߹ߔ
⚳ੌ
F1
0503A.wmf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-7
Access 2 使用説明書
3: 補給品
誤ったパックの回収
Access 2 システムが試薬カローセルで試薬パックの正しい位置を正確に追跡できるようにするため、
パックのロードと取り出しには必ず適切なウィンドウを使用してください。パックのロードに試薬
パックロードウィンドウを使用していない場合、または試薬パック取り出しウィンドウを使用して
もパックを取り出していない場合、システムには誤ったパックがおかれていることになります。
この手順により、誤った試薬パックを回収します。
注記
システムに内蔵試薬バーコード リーダが備わっている場合、再配置機能を使用して、誤配置さ
れたパックを自動的に識別し、これらを試薬一覧に追加します。
注 警告
この手順では感染性の可能性のある物質と接触します。生物災害物質の取扱いおよび廃棄は、適
切な施設手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が必要です。
1. システムが 準備完了または 準備未完了モードであることを確認し、試薬カローセルからすべての
試薬パックの取り出しに進みます。
2. メカニック画面で操作します。メイン メニューからこの画面を開くには、診断 F7 を選択して診
断メニューを表示し、
デバイス診断 F4 を選択してデバイス診断画面を表示し、
メカニック F1 を選択します。
3. モータを OFF F8 を選択します。
4. カローセル ドアを左に引いて開き、試薬カローセル ドアを開きます。
5. 試薬カローセルをゆっくり 1 回転させます。カローセルに試薬パックが残っている場合は、試薬
カローセル ドアの位置に来たときに取り出します。
6. すべてのパックを取り出したことを確認したら、試薬カローセル ドアを閉じ、カローセル ドア
を右に引いて閉じます。
7. モータを ON F8 を選択します。
8. 試薬カローセルをホーム位置に移動します。
9. ホーム位置への移動が完了したら、システムの初期化を行います。
10. システムの初期化が完了したら、試薬カローセルから取り出したすべてのパックの再ロードを
行います。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-8
Access 2 使用説明書
3: 補給品
パックの再配置
内蔵試薬バーコードリーダーを装備したシステムで ( シリアル番号 570000 の装置 )、試薬カローセ
ルのすべてのスロットでバーコードをスキャンする再配置操作を実行してロードされたパックを特
定します。
読み取りできないバーコードのために本来マニュアルでロードされたパックはこの再配置で特定で
きないことがありまだロードされると仮定されます。
1. システムが準備完了モードであることを確認します。
2. 補給品画面に移動します。メインメニューからこの画面に移動するには、補給品 F3 を選択しま
す。
3. 再配置 F3 を選択します。
システムは搭載試薬パックのすべてをスキャンして一覧を更新します。
注記
再配置 F3 ボタンが使用できない場合は、バーコードリーダ構成をチェックし、内蔵試薬バー
コード リーダが有効であることを確認します。詳細は、Access 2 リファレンス マニュアルを参
照してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
3-9
Access 2 使用説明書
4: ラックおよび検体容器
4 ラックおよび検体容器
ラック
異なるサイズの検体容器を置くために、装置は 3 種類のラックを使用します。
•
13 mm (12 mm および 13 mm 試験管用 )
•
16 mm 大 (16x75 mm 検体チューブ )
•
16 mm (16x100 mm 検体チューブ )
ラックはバーコード ラベルで識別されます。装置はラックのバーコード ラベルをスキャンすると、
ラック内の検体容器の種類を識別し、検体の吸引に適したピペッティング深度を決定します。
注意
適切な ID のあるラックにのみ検体容器を取り付けます。
十分な検体容量の計算
テストを実行できる十分な容量の検体があることを確認するため、この数式を使用して検体容器に
必要な検体の合計容量を算出してください。
ᄙ㊀᷹ቯ䈮ᔅⷐ䈭
ᬌ૕ኈ㊂
㫏
ᄙ㊀᷹ቯᢙ
㪂
䊂䉾䊄㩷䊗䊥䊠䊷䊛
㪔
ᔅⷐ䈭ᬌ૕✚ኈ㊂
0616A.wmf
注記
•
多重測定ごとに必要な検体容量を調べるには、試薬使用説明書を参照してください。
•
デッド ボリュームとは、検体容器の底にある検体の量のことで、装置がアッセイを完了す
るために必要な検体があることを確認するために必要です。
注 警告
分離ゲルを含む試験管を使用する場合、試験管に十分な検体容量があることを確認してくださ
い。検体容量が不十分だと装置に分離ゲルを吸引させることになり、装置に損傷が生じ、測定結
果の完全性を損ねる場合があります。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
4-1
Access 2 使用説明書
4: ラックおよび検体容器
検体容器
装置にロードする前に、Access 2 システム で測定する検体をすべてラックに置きます。各ラックの
ラック ID により、そのラックに使用している検体容器の種類が識別されます。各ラックには、10 個
まで検体容器を置くことができます。インサートカップ以外のすべての検体容器をラックに直接置
きます。インサートカップは、使用するラックに合った別の検体容器の中に置きます。
警告
•
この手順では感染性の可能性のある物質と接触します。生物災害物質の取扱いおよび廃棄
は、適切な施設手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が必要です。
•
検体内の気泡は Access 2 システムのレベル感知に影響を与え、測定結果の完全性を損ねる場
合があります。検体を 2 次容器に移す際には、気泡ができないようにしてください。アナラ
イザに取り付ける前に検体を常にチェックし、気泡を除去または破壊してください。
•
推奨されている検体容器のみを使用し、その検体容器の種類について定義されているラック
ID の付いたラックに置いてください。特定のラック ID で使用するように指定されている以
外の容器を使用すると、システムに損傷を与え、測定結果の完全性を損ねる場合がありま
す。
次の表は、Access 2 装置で現在使用できるすべての検体容器、対応するラック ID 範囲、各容器の
デッド ボリュームをリストします。
警告
•
リクエストしたテストを処理するには、検体の容量が十分でなければなりません。テストを
実行できる十分な容量の検体があることを確認するため、このセクションの “ 十分な検体容
量の計算 ” を使用して検体容器に必要な検体の合計容量を算出してください。所定の手順に
従わないと、検体処理の問題が起こる場合があります。
•
Access 2 システムに装着する前にすべての検体容器からキャップを取外してください。
バーコード ラ
ベル アイコン
• 枠:オリーブ色
• ラック ID: 1400-1499
• デッドボリューム:500 µL
• デッドボリューム:3.0 mL
• 検体ラック:13 mm
• 検体ラック:13 mm
注記:13x75 mm チューブは、
ラック ID 1-99 または 800-899 で、
デッドボリューム 3.4 mL で使わ
れることもあります。
注記:13x100 mm チューブは、
ラック ID 1-99 または 100-199 で、
デッドボリューム 4.9 mL で使わ
れることもあります。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
13x100
• ラック ID: 1300-1399
13x75
• 枠:黄緑
バーコード ラ
ベル アイコン
13x100 mm チューブ(分離用ゲ
ルの使用問わず)
13x75 GEL
13x75 mm チューブ(分離用ゲル
の使用問わず)
検体容器
13x100 GEL
検体容器
4-2
Access 2 使用説明書
16x100 mm チューブ(分離用ゲ
ルの使用問わず)
• ラック ID: 1500-1599
• デッドボリューム:500 µL
• デッドボリューム:4.5 mL
• 検体ラック:13 mm
• 検体ラック:16 mm
注記:12x75 mm チューブは、
ラック ID 1-99 で、デッドボ
リューム 3.4 mL で使われること
もあります。
16x75 mm チューブ 大
注記:16x100 mm チューブは、
ラック ID 900-999 で、デッドボ
リューム 7.6 mL で使われること
もあります。
Beckman Coulter Access 3.0 mL 検
体容器
16x75
• ラック ID: 1000-1099
• デッドボリューム:700 µL
• 枠:赤
• ラック ID: 500-599
• デッドボリューム:150 µL
• 検体ラック:16x75 mm ELEV
• 検体ラック:13 mm または
16 mm
Beckman Coulter Access
1.0 mL/13 mm インサートカップ
13x100 mm チューブ用
Beckman Coulter 2.0 mL/13 mm 検
体カップ
• 枠:グレー
• ラック ID: 1-99 または 400-499
(400-499 のみアイコンがあり
ます )
2.0 mL
• 枠:青
• ラック ID: 600-699
• デッドボリューム:400 µL
• デッドボリューム:150 µL
• 検体ラック:13 mm
• 検体ラック :13 mm
Beckman Coulter Access
1.0 mL/13 mm インサートカップ
13x75 mm チューブ用
Beckman Coulter 0.5 mL 検体カッ
プ
• ラック ID: 700-799
• デッドボリューム:300 µL
• 枠:明るいピンク
13x75
• 枠:薄い緑
16x100
• 枠:濃紺色
• ラック ID: 1300-1399
• 枠:紫
バーコード ラ
ベル アイコン
13x100
• 枠:黄緑
検体容器
16x100 GEL
12x75 mm チューブ(分離用ゲル
の使用問わず)
バーコード ラ
ベル アイコン
12x75
検体容器
4: ラックおよび検体容器
• ラック ID: 2500-2599
0.5 mL
• デッドボリューム:80 µL
• 検体ラック:13 mm
• 検体ラック:13 mm
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
4-3
Access 2 使用説明書
• 枠:紫
Beckman Coulter Access
2.0 mL/16 mm インサートカップ
16x100 mm チューブ用
• 枠:オレンジ色
• ラック ID: 200-299
• デッドボリューム:400 µL
• デッドボリューム:400 µL
• 検体ラック:13 mm
Beckman Coulter 小児用試験管ア
ダプター内の Beckman Coulter 小
児用インサートカップ
• 検体ラック:16 mm
Sarstedt S-Monovette 管 90x13 mm
4.9 mL
Pediatric
• ラック ID: 1600-1699
• 枠:ピンク
• ラック ID: 1800-1899
• デッドボリューム:100 µL
• 枠:赤 - 茶
• ラック ID: 2200-2299
• デッドボリューム:3.6 mL
• 検体ラック:16x75 mm ELEV
• 枠:濃い茶色
• ラック ID: 2100-2199
• デッドボリューム:3 mL
• 検体ラック:13 mm
Sarstedt
• 検体ラック:13 mm
Sarstedt S-Monovette 管 75x15 mm
5.5 mL
5.5 mL
バーコード ラ
ベル アイコン
16 mm
Autoaliquot
Beckman Coulter 自動分注試験管
(Beckman Coulter P/N 2910034 の
み使用)
検体容器
Sarstedt
バーコード ラ
ベル アイコン
4.9 mL
Sarstedt S-Monovette 管 92x15 mm
7.5 mL
• 枠:明るい茶色
• ラック ID: 2300-2399
Sarstedt
検体容器
4: ラックおよび検体容器
• デッドボリューム:5 mL
• 検体ラック:16x100 mm
7.5 mL
• 枠:灰 - 茶
• ラック ID: 2400-2499
• デッドボリューム:6 mL
• 検体ラック:16x100 mm
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
Sarstedt
Sarstedt S-Monovette 管 92x16 mm
9 mL
9.0 mL
4-4
Access 2 使用説明書
5: 検体管理
5 検体管理
検体管理とは、患者、メンテナンス、精度管理、またはキャリブレーション 検体のラックへの配
置、項目リクエストの入力、および Access 2 装置 への処理用ラック取り付けのプロセスです。
注 警告
ᬌ૕ࠍ࡜࠶ࠢߦ
㈩⟎ߒ߹ߔ
検体の蒸発を最小限に抑えるため、装置への
取り付け前 1 時間以内に検体をピペットで反
応チューブに入れてください。3 mL 検体容
器からの検体を、取り付け後 2 時間以内に反
応チューブにピペットしてください。
ࡔࠗࡦ ࡔ࠾ࡘ࡯
ᬌ૕▤ℂ
F1
ᬌ૕▤ℂ
ᬌ૕ ID ߩ
⺒ߺขࠅߦ
ౝ⬿ࡃ࡯ࠦ࡯࠼
࡝࡯࠳ࠍ૶↪
ߒߡ޿߹ߔ
߆?
޿޿߃
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
F3
࡜࠶ࠢ ID ࠍ౉ജߒ߹ߔ
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
ߪ޿
࡜࠶ࠢߩࡠ࡯࠼
F1
ᬌ૕ ID ࠍ౉ജߒ߹ߔ
࡜࠶ࠢ X ߩࡠ࡯࠼
F1
࡜࠶ࠢࠍࡠ࡯࠼ߒߡ
⚳ੌ F1 ࠍㆬᛯߒ߹ߔ
࡜࠶ࠢࠍࡠ࡯࠼ߒߡ
⚳ੌ F1 ࠍㆬᛯߒ߹ߔ
LISࠍ૶↪
ߒ߹ߔ߆㧫
޿޿߃
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
F3
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
޿޿߃
LISࠍ૶↪
ߒ߹ߔ߆㧫
ߪ޿
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻ࠍ౉ജߒ߹ߔ
޿޿߃
ߔߴߡߩ
࡜࠶ࠢ߇ࡠ࡯࠼
ߐࠇߡ޿߹ߔ
߆㧫
ߪ޿
ߔߴߡߩ
࡜࠶ࠢ߇ࡠ࡯࠼
ߐࠇߡ޿߹ߔ
߆㧫
޿޿߃
ߪ޿
ߪ޿
᷹ቯ
᷹ቯ
0619C.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
5-1
Access 2 使用説明書
5: 検体管理
LIS 患者項目リクエストの処理
バーコード付きの検体容器を使用し、項目リクエストを LIS からダウンロードしている場合、この
手順により、LIS 患者テストリクエストに対してラックをロードしてテストを測定します。一度に
ラックを 6 個まで取り付けられます。
ࡔࠗࡦࡔ࠾ࡘ࡯
ᬌ૕▤ℂ
F1
ᬌ૕▤ℂ
ࠨࡦࡊ࡞ࠍ࡜࠶ࠢߦขࠅઃߌ
߹ߔ
࡜࠶ࠢࠍࡠ࡯࠼ߒ߹ߔ
F1
࡜࠶ࠢࠍࡠ࡯࠼ߒߡ
⚳ੌ F1 ࠍㆬᛯߒ߹ߔ
޿޿߃
ߔߴߡߩ
࡜࠶ࠢ߇ࡠ࡯࠼ߐࠇ
ߡ޿߹ߔ߆㧫
ߪ޿
ࠪࠬ࠹ࡓ߇ LIS ߆ࠄ࠹ࠬ
࠻ⷐ᳞ࠍ࠳࠙ࡦࡠ࡯࠼ߒ
߹ߔ
࠳࠙ࡦࡠ࡯࠼ߒߚࠨࡦࡊ࡞
ߣ࠹ࠬ࠻ᖱႎࠍᬌ⸽ߒ‫ޔ‬ᔅ
ⷐߥᄌᦝࠍⴕߞߡߊߛߐ޿
᷹ቯ
0621C.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
5-2
Access 2 使用説明書
5: 検体管理
患者項目リクエストのマニュアル入力
検体バーコードのスキャンを OFF にしている場合、または項目リクエストと検体情報をマニュアル
で入力する必要がある場合は、この手順により、項目リクエストをマニュアルで入力します。
ࡔࠗࡦࡔ࠾ࡘ࡯
ᬌ૕▤ℂ
F1
ᬌ૕▤ℂ
࡜࠶ࠢ ID ࠍ౉ജߔࠆ߆ ᧂ៞
タ ࡝ࠬ࠻߆ࠄ࡜࠶ࠢ ࡏ࠲ࡦࠍ
ㆬᛯߒ߹ߔ
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
F3
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
ᬌ૕ ID‫ޔ‬㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻‫ޔ‬
ᬌ૕ᖱႎࠍ౉ജߒ߹ߔ
ᬌ૕ࠍ࡜࠶ࠢߦ
㈩⟎ߒ߹ߔ
࡜࠶ࠢ X ߩࡠ࡯࠼
F1
࡜࠶ࠢࠍࡠ࡯࠼ߒߡ
⚳ੌ F1 ࠍㆬᛯߒ߹ߔ
ߔߴߡߩ
࡜࠶ࠢ߇ࡠ࡯࠼
ߐࠇߡ޿߹ߔ
߆㧫
޿޿߃
ᚯࠆ
ߪ޿
᷹ቯ
0618D.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
5-3
Access 2 使用説明書
5: 検体管理
キャリブレーション項目リクエストの入力
アッセイまたはアッセイグループに特定のキャリブレータセットを設定することでキャリブレー
ションを実行します。各キャリブレーションは、特定の試薬パック ロット番号に関連付けられま
す。
ࡔࠗࡦࡔ࠾ࡘ࡯
ᬌ૕▤ℂ
F1
ᬌ૕▤ℂ
ᧂ៞タ࡜࠶ࠢࠍㆬᛯ‫ޔ‬
߹ߚߪ࡜࠶ࠢID ࠍ౉ജߒ‫ޔ‬
[Enter]ࠍ᛼ߒ߹ߔ
注記
キャリブレー
タの新しい
ロットをキャ
リブレーショ
ンに使用する
前にそれぞれ
を構成する必
要があります。
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
F3
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
Cal ࡝ࠢࠛࠬ࠻
F6
Cal ࡝ࠢࠛࠬ࠻
ࠠࡖ࡝ࡉ࡟࡯࡚ࠪࡦ
࠮࠶࠻ࠍㆬᛯߒ߹ߔ
OK
F1
ࠠࡖ࡝ࡉ࡟࡯࡚ࠪࡦ࠮࠶࠻
ࡠ࠶࠻⇟ภ‫࠲࡯࡟ࡉ࡝ࡖࠠޔ‬
࡟ࡌ࡞‫࠻࠶ࡠߩࠢ࠶ࡄ⮎⹜ޔ‬
⇟ภ߇ࠪࠬ࠹ࡓߦࠃࠅ
౉ജߐࠇ߹ߔ
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
ᓟ⛯ߩᬌ૕૏⟎ߦฦࠠࡖ࡝ࡉ
࡟࡯࠲࡟ࡌ࡞߇ࠪࠬ࠹ࡓߦ
ࠃࠅ౉ജߐࠇ߹ߔ
࡜࠶ࠢ:ߩࡠ࡯࠼
F1
࡜࠶ࠢߦᬌ૕ࠍㅊടߒ‫ࡠޔ‬
࡯࠼ߒ߹ߔ
᷹ቯ
0510B.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
5-4
Access 2 使用説明書
5: 検体管理
精度管理項目リクエストの入力
精度管理検体の測定は、1 つの精度管理検体または検体のセットについて、精度管理項目リクエス
トを入力することにより行います。精度管理項目リクエストを入力する際、QC リクエスト ウィンド
ウから特定の精度管理ロット番号を選択します。
試薬の取扱説明書で推奨されているタイミング、および定期または非定期のメンテナンスの後、精度
管理検体を実行し、アッセイのキャリブレーションを検証するべきである。新しいソフトウェアのイ
ンストール後は、患者の結果の報告に使用するすべてのアッセイについて精度管理を実行し、その
後、精度管理の結果が範囲外であったアッセイのキャリブレーションを再実行する。適正検査室基準
または検査室認定要件、および準拠法に基づき、より頻繁に精度管理を実行することもできる。
ࡔࠗࡦࡔ࠾ࡘ࡯
ᬌ૕▤ℂ
F1
注記
項目リクエスト入力で選択
する前に、Access 2 システ
ム で各々の新しい精度管理
ロットを設定する必要があ
ります。
ᬌ૕▤ℂ
࡜࠶ࠢID ࠍ౉ജߒߡ
[ENTER]ࠠ࡯ࠍ᛼ߒ߹ߔ
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
F3
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
QC࡝ࠢࠛࠬ࠻
F5
QC ࡝ࠢࠛࠬ࠻
ߟ߹ߚߪࡑ࡞࠴࡟ࡌ࡞
ߩ♖ᐲ▤ℂࠍㆬᛯߒ߹ߔ
OK
F1
㗄⋡࡝ࠢࠛࠬ࠻
࡜࠶ࠢ:ߩࡠ࡯࠼
F1
࡜࠶ࠢߦᬌ૕ࠍㅊടߒ‫ޔ‬
ࡠ࡯࠼ߒ߹ߔ
᷹ቯ
511B.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
5-5
Access 2 使用説明書
5: 検体管理
検体の処理
検体処理は、補給品を確認し、検体を取り付けて項目リクエスト情報を入力または確認した後に開
始されます。測定 を選択します。
ࠪࠬ࠹ࡓ߇േ૞ਛࡕ࡯࠼ߢ
ߪߥ޿႐วߪ
᷹ቯࠍㆬᛯߒ߹ߔ
ࠝࡊ࡚ࠪࡦ
ㅴⴕ⁁ᴫࠍࡕ࠾࠲‫ޔ‬
⚿ᨐࠍ⴫␜‫ޔ‬
⚿ᨐࠍශ೚
޿޿߃
᷹ቯ
⵬⛎ຠ
߹ߚߪࠠࡖ࡝
ࡉ࡟࡯࡚ࠪࡦ߇
ᔅⷐߢߔ
߆!
ᬌ૕߇
ᔅⷐߢߔ߆!
ߪ޿
ߪ޿
છᗧߩ↹㕙
છᗧߩ↹㕙
ᔅⷐߥ⵬⛎ຠ
ࡢ࡯ࠢᓙᯏਛ
᧦ઙࠍ
੹ߔߋ⸓ᱜ
ߒ߹ߔ߆!
ࠝࡊ࡚ࠪࡦ ࡈࠖ࡞࠲ߩㆡ↪
ᬌ૕ߩࡠ࡯࠼‫ޔ‬
ᬌ૕ߩ೥㒰‫ޔ‬
࡟ࡐ࡯࠻ߩශ೚
޿޿߃
ࠝࡊ࡚ࠪࡦ
ㅴⴕ⁁ᴫࠍࡕ࠾࠲‫ޔ‬
⚿ᨐࠍ⴫␜‫ޔ‬
⚿ᨐࠍශ೚
਄ᦠ߈
F8
ߪ޿
޿޿߃
ᦼ㒢ಾࠇߩ
⵬⛎ຠࠠࡖ࡝ࡉ
࡟࡯࡚ࠪࡦࠍ
਄ᦠ߈ߒ߹ߔ
߆!
޿޿߃
ߪ޿
⵬⛎ຠࠍࡠ࡯࠼ߔࠆ‫ޔ‬
ᑄᶧኈེࠍ੤឵ߔࠆ‫ޔ‬
߹ߚߪࠠࡖ࡝ࡉ࡟࡯
࡚ࠪࡦࠍ࡝ࠢࠛࠬ࠻ߔࠆ
0518B.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
5-6
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
6 メンテナンス
メンテナンスの概要
オプションの性能については、Access 2 システムでは日次メンテナンスおよび週次メンテナンスを
含む、定期メンテナンスが必要です。
該当する場合、サービス契約書の条件に従って Access 2 装置に関する定期予防メンテナンス手順の
予定をテクニカルサポート担当者が立てます。定期予防メンテナンスの詳細については、テクニカ
ルサポートにお問い合わせください。
日次メンテナンス
Access 2 システムを適正な動作状態に保つため、24 時間ごとに日次メンテナンスを実行します。
注記
•
Access 2 システムを Vitamin B12 アッセイに使用する場合、または装置で 8 時間以上検体テ
ストをしない場合、1 日の最後にも必ず特殊洗浄ルーチンを実行してください。特殊洗浄
ルーチンについての詳細は、ヘルプ システムを参照してください。
•
毎日装置を使用して項目を実行しない場合でも、予定どおり日次メンテナンスを実行して、
必要なときにシステム の準備が整っているよう確認することが重要です。
警告
•
これらの手順の間、感染する可能性のある物質に接触します。生物災害物質の取扱いおよび
廃棄は、適切な施設手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が必要です。
•
Citranox 洗浄液は酸性のため、目や皮膚に炎症を引き起こす場合があります。詳細は、メー
カーのラベルをご覧ください。
•
Contrad 70 洗浄液はアルカリ性のため、激しい目の炎症や軽い皮膚の炎症を引き起こす場合
があります。詳細は、メーカーのラベルをご覧ください。
•
洗浄液には保存料が含まれており、皮膚接触による感作の原因となる場合が あります。皮
膚接触後は、石鹸と水で直ちに洗浄してください。適切な手袋を着用してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-1
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
必要な物
•
毛羽立ちのないポリエステル綿棒 ( または同等の毛羽立ちのないアプリケータ )
•
メンテナンス ログ ( このセクションのメンテナンスログを参照 )
•
2 mL 検体カップ用 13 mm ラック ; ラックは、ラック ID が 1-57 または 400-456 間のものであ
ることが必要です
•
洗浄液 ( または脱イオン水 )
•
Citranox 洗浄液
•
Contrad 70 洗浄液
•
2.0 mL 検体カップ (3 カップ )
注記
メンテナンス ルーチンを実行する際は、2.0 mL 検体カップのみ使用してください。他の検体容
器を使用すると、液量センサ エラーおよびメンテナンス ルーチンのキャンセルを引き起こす場
合があります。
注意
•
損傷しやすいプローブ先端を曲げたり壊したりしないようにしてください。
•
汚染防止のため、プローブの各種類ごとに新しいアプリケータを使用してください。
•
プローブ先端は、拭かないでください。プローブ上、または内部に繊維がつくと、プローブ
や流路系モジュールのバルブが詰まることがあります。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-2
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
日次メンテナンスのステップ
メインメニュー
メンテナンス 確認
F6
流路系モジュールのチェ
ック*
ウォッシュカローセル
プローブ外部の洗浄*
メンテナンス 確認
メンテナンスリクエスト F4
メンテナンスリクエスト
メインメニュー
ゾーン温度のチェック*
システム
状況を
チェック
します
検体管理
診断
F7
流路系 のプライム
F2
補給品と廃棄物容器のチ
ェック*
デイリー クリーン
システムの実行*
OK
F1
メンテナンスリクエスト
流路系 のプライム
メインメニュー
基質液のプライム*
カップをラックに
配置します
構成
F8
メインメニュー
PC 管理
F7
ラックをロードします
PC 管理
検体管理
F1
バックアップのチェック*
実行
*メンテナンス ログに頭文字記入
0787D.emf
1. システム状況のチェック
2. 流路系モジュールのチェック
3. ウォッシュカローセル プローブ外部の洗浄
4. 基質液のプライム
5. デイリー クリーン システム ルーチンの実行
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-3
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
デイリー クリーン システム ルーチン
警告
•
これらの手順の間、感染する可能性のある物質に接触します。バイオハザード物質の取り扱
いおよび廃棄は、適正な検査室手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が
必要です。
•
緊急の場合を除き、メンテナンス ルーチンは最後まで実行してください。ルーチンのキャン
セルは装置に損傷を与え、その後の測定結果の完全性を損ねる場合があります。
•
このルーチンを キャンセルする場合は、システムを初期化しないでください。サービス担
当のテクニカルサポートにお電話ください。
ࡔࠗࡦࡔ࠾ࡘ࡯
ᬌ૕▤ℂ
F1
ࡔࡦ࠹࠽ࡦࠬ࡝ࠢࠛࠬ࠻
࡜࠶ࠢߩࡠ࡯࠼
F1
ᬌ૕▤ℂ
ࡔࡦ࠹࠽ࡦࠬ࡜࠶ࠢ⇟ภࠍ
࡜࠶ࠢID ࡈࠖ࡯࡞࠼ߦ౉ജ
ࡔࡦ࠹࠽ࡦࠬ࡝ࠢࠛࠬ࠻
F4
࡜࠶ࠢࠍࡠ࡯࠼ߒ߹ߔ
᷹ቯ
ࡔࡦ࠹࠽ࡦࠬ࡝ࠢࠛࠬ࠻
࠺ࠗ࡝࡯ࠢ࡝࡯ࡦ
ࠪࠬ࠹ࡓࠍㆬᛯߒ߹ߔ
ࠪࠬ࠹ࡓߪࡊࡠ࡯ࡉ
ౝㇱࠍᵞᵺߒ߹ߔ 15
ಽ
OK
F1
ࠬ࠹࡯࠲ࠬࡃ࡯߇
ᵞᵺቢੌࠍ␜ߔ߹ߢ
ᓙߜ߹ߔ
2.0mLᬌ૕ࠞ࠶ࡊࠍ
࡜࠶ࠢࡐ࡚ࠫࠪࡦ
1‫ޔ‬2‫ޔ‬3 ߦ㈩⟎ߒ߹ߔ
࡜࠶ࠢࠍขࠅ಴ߒ߹ߔ
ࠞ࠶ࡊߦ2.0mLߩ
Contrad 70ࠍࡇࡍ࠶࠻ߢ
౉ࠇ߹ߔ
ࡔࡦ࠹࠽ࡦࠬࡠࠣߦ
㗡ᢥሼࠍ⸥ߒ߹ߔ
ࠞ࠶ࡊ2ߦ2.0mLߩ
1/5 Citranox⣕ࠗࠝࡦᏗ㉼᳓ࠍ
ࡇࡍ࠶࠻ߢᵈ౉ߒ߹ߔ
ᱷࠅߩᣣᰴࡔࡦ࠹࠽ࡦࠬ
࡞࡯࠴ࡦࠍቢੌߒ߹ߔ
ࠞ࠶ࡊ3ߦ2.0mLߩ
⣕ࠗࠝࡦ᳓߹ߚߪᵞᵺᶧࠍ
ࡇࡍ࠶࠻ߢᵈ౉ߒ߹ߔ
0596B.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-4
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
週次メンテナンス
Access 2 システムを適正な動作状態に保つため、7 日ごとに週次メンテナンスを実行します。
注記
毎日システムを使用して項目を実行しない場合でも、予定どおり週次メンテナンスを実行して、
必要なときに装置の準備が整っているよう確認することが重要です。
警告
•
メタノールは非常に可燃性の高い物質です。熱や火のそばで使用しないでください。口に入
れないでください。目、皮膚、衣類に接触させないようにしてください。十分な換気のもと、
使用してください。
•
Contrad 70 洗浄液はアルカリ性のため、激しい目の炎症や軽い皮膚の炎症を引き起こす場合
があります。詳細は、メーカーのラベルをご覧ください。
•
洗浄液には保存料が含まれており、皮膚接触による感作の原因となる場合が あります。皮
膚接触後は、石鹸と水で直ちに洗浄してください。適切な手袋を着用してください。
必要な物
•
キムワイプ
•
脱イオン水または蒸留水
•
メンテナンス ログ ( このセクションのメンテナンスログを参照 )
•
補修廃液ボトル ( 必要な場合 )
•
スペアの廃液フィルタ ボトル ( 必要に応じて )
•
アルコール、アルコール綿棒またはワイプ ( 吸引プローブ外部の洗浄にはメタノールも使用
できます )
•
生物災害物質を取り扱う場合、手、目、および顔の適切な保護具が必要です。
•
吸引プローブの洗浄 (3)
•
Contrad 70 洗浄液
•
ビーカー (2)
•
吸引プローブ洗浄キット (3.0 mL シリンジ、使い捨て吸引プローブ ブラシ、フィッティング
とチューブからなる吸引プローブ シリンジ フィッティング アセンブリ )
•
使い捨て吸引プローブ ブラシ ( 必要に応じて )
•
吸水紙
•
洗浄液
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-5
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
週次メンテナンスのステップ
注 警告
この手順では感染性の可能性のある物質と接触します。生物災害物質の取扱いおよび廃棄は、適
切な施設手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が必要です。
装置外面の洗浄*
廃液ボトルの摩耗
を検査する*
廃液フィルタ
ボトル流路系のチェック*
1次プローブの
チェックおよび洗浄*
吸引プローブの
交換と洗浄*
変色ひび割
れまたは小
割れ膨隆
注意
プローブの先端を拭かないでください。
プローブ上またはプローブ内に糸くず
があると、液体モジュールでプローブ
やバルブに詰まります。
吸引プローブの除去
清潔なプローブのインストール
除去したプローブの洗浄
日次メンテナンスの
実行*
システムチェックの
実行*
* メンテナンス ログに頭文字記入
0808C.wmf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-6
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
吸引プローブの交換
注 警告
ⵝ⟎ࠍOFFߦߒ߹ߔ
これらの手順の間、感染す
る可能性のある物質に接触
します。バイオハザード物
質の取り扱いおよび廃棄は、
適正な検査室手順に従って
ください。手、目、および
顔の適切な保護具が必要で
す。
ࡈࡠࡦ࠻ࡄࡀ࡞ߣ
࠻࠶ࡊࠞࡃ࡯ࠍ
㐿߈߹ߔ
࠙ࠜ࠶ࠪࡘࠕ࡯ࡓ߆ࠄ
ๆᒁࡊࡠ࡯ࡉࠍ
ขࠅᄖߒ߹ߔ
注意
᦭ೝࡈࠖ࠶࠹ࠖࡦࠣ߆ࠄ
ࡊࡠ࡯ࡉ࠴ࡘ࡯ࡉࠍ
ᄖߒ߹ߔ
吸引プローブは特に取り扱
いに注意してください。この
プローブは壊れやすく、曲
がると正しく機能しません。
ᷡẖߥๆᒁࡊࡠ࡯ࡉࠍ
ࠗࡦࠬ࠻࡯࡞ߒ߹ߔ
ઁߩ2ߟߩࡊࡠ࡯ࡉߦ
ห᭽ߩ૞ᬺࠍ
➅ࠅ㄰ߒ߹ߔ
ࡈࡠࡦ࠻ࡄࡀ࡞ߣ
࠻࠶ࡊࠞࡃ࡯ࠍ
㐽ߓ߹ߔ
ⵝ⟎ࠍON ߦߒ߹ߔ
1ᤨ㑆એౝߦ
ࡊࡠ࡯ࡉࠍ
ᵞᵺߒ߹ߔ
߆!
޿޿߃
ࡊࡠ࡯ࡉࠍ⫳⇐᳓ߦ
ᶐߒ߹ߔ
ߪ޿
ขࠅᄖߒߚ
ๆᒁࡊࡠ࡯ࡉࠍ
ᵞᵺߒ߹ߔ
0776C.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-7
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
吸引プローブの予備洗浄
警告
•
これらの手順の間、感染する可能性のある物質に接触します。バイオハザード物質の取り扱
いおよび廃棄は、適正な検査室手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が
必要です。
•
Contrad 70 洗浄液はアルカリ性なので、目に重い炎症や皮膚に軽い炎症を生じることがあり
ます。詳細は、メーカーのラベルをご覧ください。
•
使い捨て吸引プローブ ブラシが吸引プローブ 1 ~ 3 本を清潔にするために使われたとする
と、そのブラシはバイオハザード物質になったとみなします。このブラシの取り扱いおよび
廃棄は、適正な検査室安全手順に従ってください。将来使うために使用済みのブラシを保管
しないでください。
•
ブラシの取り外し、挿入の際は、生物学的汚染の危険性のある物質が大気中に飛び散らない
よう注意してください。
注意
•
吸引プローブは特に取り扱いに注意してください。このプローブは壊れやすく、曲がると正
しく機能しません。
•
使い捨て吸引プローブ ブラシハンドルは簡単に曲がります。
ビ ーカ ーに
20mL の Contrad 70 を
注入し ま す
ビ ーカ ーに
50mL の脱イ オン 水を
注入し ま す
新し い
吸引プ ロ ーブ ブ ラ シ を
Contrad 70に
注入し ま す
残留物が
すべてなく なる ま で 、
プ ロ ーブ ブ ラ シ で
取り 出し ま す
他の 2 つの吸引
プ ロ ーブ に同様の
作業を 繰り 返し ま す
0818a.wmf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-8
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
Contrad 70 洗浄液による吸引プローブの洗浄
警告
•
これらの手順の間、感染する可能性のある物質に接触します。バイオハザード物質の取り扱
いおよび廃棄は、適正な検査室手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が
必要です。
•
Contrad 70 洗浄液はアルカリ性なので、目に重い炎症や皮膚に軽い炎症を生じることがあり
ます。詳細は、メーカーのラベルをご覧ください。
注意
•
プローブの先端を拭かないでください。プローブ上またはプローブ内に糸くずがあると、液
体モジュールでプローブやバルブに詰まります。
•
吸引プローブは特に取り扱いに注意してください。このプローブは壊れやすく、曲がると正
しく機能しません。
ࠪ࡝ࡦࠫࠍ⚵ߺ┙ߡ߹ߔ
ࠪ࡝ࡦࠫߦ
Contrad 70ࠍ
ᵈ౉ߒ߹ߔ
ࠪ࡝ࡦࠫߦࡊࡠ࡯ࡉࠍ
ขࠅઃߌ߹ߔ
ࠪ࡝ࡦࠫࠍࡆ࡯ࠞ࡯ߦ
ⓨߌ߹ߔ
ࠪ࡝ࡦࠫߦ
Contrad 70ࠍᵈ౉ߒ‫ࡆޔ‬
࡯ࠞ࡯ߦⓨߌߡ
ࡊࡠ࡯ࡉࠍߔߔ߉߹ߔ
ࠪ࡝ࡦࠫ߆ࠄࡊࡠ࡯ࡉࠍ
ขࠅᄖߒ߹ߔ
ઁߩߟߩๆᒁ
ࡊࡠ࡯ࡉߦห᭽ߩ
૞ᬺࠍ➅ࠅ㄰ߒ߹ߔ
0819a.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-9
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
蒸留水による吸引プローブの洗浄
注 警告
これらの手順の間、感染する可能性のある物質に接触します。バイオハザード物質の取り扱い
および廃棄は、適正な検査室手順に従ってください。手、目、および顔の適切な保護具が必要で
す。
ࠪ࡝ࡦࠫߦ⫳⇐᳓ࠍ
౉ࠇ߹ߔ
注意
•
プローブの先端を拭かない
でください。プローブ上また
はプローブ内に糸くずがあ
ると、液体モジュールでプ
ローブやバルブに詰まりま
す。
•
吸引プローブは特に取り扱
いに注意してください。この
ࠪ࡝ࡦࠫߦࡊࡠ࡯ࡉࠍ
ขࠅઃߌ߹ߔ
ࠪ࡝ࡦࠫࠍࠪࡦࠢߦ
ⓨߌ߹ߔ
ࠪ࡝ࡦࠫߦ⫳⇐᳓ࠍ
౉ࠇ‫ߦࠢࡦࠪޔ‬ⓨߌࠆ
૞ᬺࠍ2ᐲ➅ࠅ㄰ߒߡ
ࡊࡠ࡯ࡉࠍߔߔ߉߹ߔ
プローブは壊れやすく、曲
がると正しく機能しません。
ࠪ࡝ࡦࠫ߆ࠄࡊࡠ࡯ࡉࠍ
ขࠅᄖߒ߹ߔ
ࡊࡠ࡯ࡉᄖㇱࠍ
ࠕ࡞ࠦ࡯࡞ߢ
ᵞᵺߒ߹ߔ
ࡊࡠ࡯ࡉࠍๆ᳓⚕ߩ
਄ߦ10ಽ⟎޿ߡ
᳓ࠍಾࠅ߹ߔ
ઁߩ2ߟߩࡊࡠ࡯ࡉߦ
ห᭽ߩ૞ᬺࠍ➅ࠅ㄰ߒ߹ߔ
ࡔࡦ࠹࠽ࡦࠬࡠࠣߦ
㗡ᢥሼࠍ⸥ߒ߹ߔ
0778a.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-10
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
システム チェック
週次メンテナンスの一部としてシステム チェック ルーチンを実行し、システムの性能を確認しま
す。週次メンテナンスでは、3 つのシステム チェック ( 洗浄、非洗浄および基質液 ) が同時に実行さ
れます。システム チェック ルーチンをより頻繁に実行したり、個別チェックを実行することもでき
ます。
警告
•
緊急の場合を除き、システム チェック ルーチンは、最後まで実行してください。ルーチン
のキャンセルは、装置に損傷を与え、その後の測定結果の完全性を損ねる場合があります。
•
このルーチンを キャンセルする場合は、システムを初期化しないでください。テクニカル
サポートにお連絡ください。
•
システムチェック用溶液および洗浄液には保存料が含まれており、皮膚接触による感作の原
因となる場合があります。皮膚接触後は、石鹸と水で直ちに洗浄してください。適切な手袋
を着用してください。
必要な物
•
2 mL 検体カップ用 13 mm ラック ; ラックは、ラック ID が 1-57 または 400-456 間のものであ
ることが必要です
•
2.0 mL 検体カップ (4 カップ )
注記
メンテナンス ルーチンを実行する際は、2.0 mL 検体カップのみ使用してください。他の検体容
器を使用すると、液量センサ エラーおよびメンテナンス ルーチンのキャンセルを引き起こす場
合があります。
•
無希釈 のシステムチェック用溶液
•
洗浄液
•
システムチェック用溶液を 1/501 に希釈したもの (20 µL システムチェック用溶液と洗浄用
バッファ 10.0 mL を混合したもの )
•
メンテナンス ログ
システム チェック予測結果
得た結果を予測結果と比較します。予測結果は、このセクションに含まれるメンテナンスログにリ
ストされます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-11
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
システム チェックのルーチンの測定
メインメニュー
検体管理
F1
注 警告
メンテナンスリクエスト
これらの手順の間、感染
する可能性のある物質に
接触します。生物災害物質
の取扱いおよび廃棄は、
適切な施設手順に従って
ください。手、目、および
顔の適切な保護具が必要
です。
ラックのロード
F1
検体管理
ラックをロードします
ラック ID をタイプします
メンテナンスリクエスト
F4
実行
メンテナンスリクエスト
システム チェック
(および週次メンテナンス
が実行中ならばデイリー
クリーン システム)
を選択します
OK
F1
2.0mL 検体カップをラック
ポジション 7、8、9、10 に
配置
カップ 7 に 2.0mL の未
希釈のシステム チェック
液をピペットで注入
カップ 8 に 1.0mL
以上の洗浄液をピペ
ットで注入
カップ 9 は空の
ままにします
システムはシステム チェ
ックを実行します (40分)
ラックを取り出します
測定結果を予測値
と比較します
測定結果は許容
値ですか?
システムチェック
を繰り返す
いいえ
はい
必要に応じてメンテナン
ス ログに数値を入力し
頭文字を記入
はい
測定結果は許容
値ですか?
いいえ
カップ 10 に 1.0mL の
1/501 システム チェック
液をピペットで入れます
システム チェックの
結果が不合格の場合は、
テクニカル サポートに
連絡してください
0601C.emf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
6-12
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
第2週
第3週
第4週
第4週
第5週
6-13
テクニカル サポートのイニシャル
このページは
施設用に複写
することがで
きます。
* 基質液 : 洗浄比率と
5,000 ミ20,000 / 12.00 非洗浄チェック RLU
平均結果はシステム仕
5,000 ミ 9,000 / 5.00
様ではありません。リ
4 ミ10,000,000* / 2.00 ファレンス ガイドライ
ンに過ぎません。
-1.0 から +1.0
予測結果
0 ミ 1.25*
第3週
基質液:洗浄比率
第2週
0 ミ 1.40
第1週
基質液比率
洗浄効率 PPM
非洗浄 RLU/CV(%)
基質液 RLU/CV(%)
洗浄 RLU/CV(%)
本日の日付
システム チェック結果
第5週
( 上記イニシャル ) ( 上記イニシャル ) ( 上記イニシャル ) ( 上記イニシャル ) ( 上記イニシャル )
第1週
システム チェック結果をボックスに入力します。テクニカル サポートのイニシャル ボックスにイニシャルを署名します。
テクニカル サポートのイニシャル
システム チェックの実行
日次メンテナンスの実行
吸引プローブの交換 / 洗浄
1 次プローブのチェック / 洗浄
廃液フィルタ ボトルの洗浄
廃液ボトルを検査します
装置外面の洗浄
本日の日付
週次メンテナンス
左側に一覧表示されたタスクを実行し、右側の付属ボックスにチェック () の印を付けます。テクニカル サポートのイニシャル ボックスにイニシャルを署名します。
テクニカル サポートのイニ
シャル
(必要な場合)
スペシャル クリーンの実行
デイリー クリーン システム
の実行
基質液のプライミング
プローブ外面の洗浄
流路系モジュールのチェック
システムはバックアップされ
ていますか?
廃液ボトルを空にし
システム補給品のチェック
ゾーン温度のチェック
日次メンテナンス
左側に一覧表示されたタスクを実行し、右側の付属ボックスにチェック () の印を付けます。テクニカル サポートのイニシャル ボックスにイニシャルを署名します。
Access 2 システムシリアル # _________ システム ID _________ 年 _________ 月 _________Beckman Coulter, Inc.
Access 2 使用説明書
6: メンテナンス
メンテナンス ログ
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
7 トラブルシューティング
イベント ログ
イベント ログは、Access 2 システム が各種システム パラメータの状況をモニタして生成するイベン
トのリストです。これらのイベントを使用してシステム操作に精通し、トラブルシューティングに
役立てることができます。
注記
複数の装置を備えたワークグループがある場合、イベント ログを表示する PC に取り付けた装
置に特定のイベントのみ表示できます。
イベントのトラブルシューティング
システム エラーまたは潜在的問題がイベント ログにイベントを生成した場合は、イベントのトラブ
ルシューティング情報を表示することができます。このトラブルシューティング情報に含まれるも
のは :
•
イベントの予想原因。
•
トラブルシューティング説明の概略。
•
詳細手順へのリンク 詳細手順に精通していない場合は、常に詳細手順を検証してください。
イベントに関するテクニカル情報は、詳細 ウィンドウに表示することができます。特にイベント
コードなどのイベント詳細は、トラブルシューティングに役立ちます。テクニカルサポートにご連
絡いただく場合、担当者は単一または複数のイベントについて詳細を必要とすることがあります。
注記
イベントのトラブルシューティング情報は Access 2 ヘルプシステム内でオンラインでご覧にな
れます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-1
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
イベントのトラブルシューティング
イベント ログ
任意の画面
イベント ログ ボタンが黄
色か赤に変わります
イベントログ
イベントを検証します
ヘルプを表示し
ますか?
いいえ
適切な作業を行います
はい
イベントログ
ヘルプを表示するイベント
を選択します
トラブルシューティング
F2
Access 2 ヘルプ
テクニカル サポート
に連絡してください
トラブルシューティングの
説明に従います
はい
イベント詳細を
表示または印刷
しますか?
いいえ
さらに補助が
必要ですか?
いいえ
ヘルプを閉じ、
通常操作を継続します
はい
詳細
F4
詳細
印刷
F7
0840B.emf
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-2
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
システム チェック トラブルシューティング
システム チェック ルーチンは、Access 2 システムが正常に機能していることを確認するため、週次
メンテナンスの一部として実行されます。また、システムの問題のトラブルシューティングのため、
または予定されていないメンテナンスの実行後に操作を確認するために、実行することもあります。
注記
トラブルシューティング表の対処方法には短縮された手順が含まれています。手順を実行する頻
度に関係なく、装置を損傷から保護するための注意および個人の安全を確実にするための警告
を含む、完全な手順を定期的に見直します。その手順へのリンクはヘルプシステムの表に使用で
きます。
基質液チェックの問題
システム チェックの結果が予測範囲外であった場合は、まず基質液チェックのトラブルシューティ
ングを行います。これを最初に行うのは、基質液システムの問題は、非洗浄チェックおよび洗浄
チェックに直接影響を与えるということと、基質液チェックが使用するシステム コンポーネントが
最も少ないということが理由です。基質液チェックの結果が予測範囲内であった場合は、基質液と
基質液システムは、トラブルシューティングしている問題の原因から除外できます。
状態
すべての測定におい
て高 %CV
予想原因
基質液補給の不足
対処方法
1. ボトル中の基質液レベルを調べます。
2. 必要に応じ、補給品 画面で基質液ボトルを変更しま
す。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液ライン内の空気
1. フロント パネルを開きます。
2. 基質液ポンプとヒーターのチューブに気泡がないか
を目で確認します。
3. 気泡がある場合 :
• 基質液ポンプとヒーターのフィッティング、基質
液ボトルの上部のフィッティングをチェックしま
す。ゆるんでいる接合部は指でしっかりと締めま
す。接合部をきつく締めすぎないように注意してく
ださい。
• フロント パネルを閉じ、基質液システムのプライ
ムを 4 サイクル行います。
4. フロント パネルを開き、チューブを再度確認します。
• 気泡がなければ、フロント パネルを閉じてシステ
ム チェック ルーチンを繰り返します。
• まだ気泡がある場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-3
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
状態
すべての測定におい
て高 CV(%)
予想原因
対処方法
基質液システム チューブの液漏れ 1. フロント パネルが開いている状態で、トップ カバー
を開きます。
( 続き )
2. 基質液ポンプ / バルブ / ヒーター アセンブリから
チューブの経路を目で確認し、液漏れや結晶付着物
がないか調べます。
3. 付着物がある場合、チューブが破損していて交換し
なければならないことを表します。
• 付着物がある場合は、テクニカルサポートに連絡
してください。
• 付着物がなければ、他の原因を調べます。
基質液システム チューブのよじれ 1. フロント パネルとトップ カバーが開いている状態
で、基質液ポンプ / バルブ / ヒーター アセンブリから
チューブの経路を目で確認し、よじれがないか調べ
ます。
• よじれがなければ、他の原因を調べます。
2. よじれをまっすぐにします。トップ カバーとフロン
ト パネルを閉じます。
• チューブのよじれが基質液プローブの一部である
場合は、基質液プローブを取り外して交換します。
3. トップ カバーとフロント パネルを閉じます。
4. よじれは直したが、基質液プローブは交換する必要
がなかった場合 :
• 基質液のプライム を 4 サイクル行います。
• システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液プローブ先端の曲がり
1. フロント パネルが開いている状態で、基質液プロー
ブの先端を調べます。
• 基質液プローブの先端が曲がっていない場合は、
可能性がある他の原因を調べます。
2. 基質液プローブの先端が曲がっている場合は、基質
液プローブを取り外して交換します。
最後の 1 つまたは 2
つの多重測定の高い
値で高 CV(%)
基質液ポンプまたはバルブの故障
テクニカルサポートに連絡してください。
ルミノメータの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
システム チェック液の不正確な希 1. 新しいシステム チェック液のバイアルを使用して、
釈
新しい 1/501 希釈を用意します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
検体容器の順序がメンテナンス
ラックで順不同
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1. 検体容器を正しい順序にします。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
7-4
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
状態
高 RLU 平均
予想原因
対処方法
洗浄 / 読み取りカローセル、また
は基質液温度が高すぎる ( 結果に
TRS または TRW のフラグが付く
場合あり )
1. メンテナンス確認 画面 でウォッシュカローセルおよ
び基質液温度をチェックします。
2. どちらかの装置の温度が赤で表示された場合 ( 範囲外
)、テクニカルサポートに連絡してください。
システム チェック液の不正確な希 1. 新しいシステム チェック液のバイアルを使用して、
釈
新しい 1/501 希釈を用意します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
検体容器の順序がメンテナンス
ラックで順不同
1. 検体容器を正しい順序にします。
基質液ポンプの基質液送出過多
基質液容量の視覚チェック手順を実行します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
• 結果が不合格でない場合は、他の原因を調べます。
• 結果が不合格の場合は、テクニカルサポートに連絡し
てください。
基質液補給の汚染
1. テクニカルサポートに連絡 して、基質液を除染する
必要があるかどうか確認してください。
2. テクニカル サポートが同意した場合は、基質液 を除
染して、システム性能を確認します。
低 RLU 平均
ルミノメータの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
期限切れの基質液
1. 補給品 画面 で有効期限を確認します。
2. 必要に応じ、補給品 画面で基質液ボトルを変更しま
す。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液の不適切な保管 ( ボトルを
長期間室温で保存 )
1. ボトルを室温に置いた日付を確認します。
2. 必要に応じ、補給品 画面で基質液ボトルを変更しま
す。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液補給の不足
1. ボトル中の基質液レベルを調べます。
2. 必要に応じ、補給品 画面で基質液ボトルを変更しま
す。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
洗浄 / 読み取りカローセル、また
は基質液温度が低すぎる ( 結果に
TRS または TRW のフラグが付く
場合あり )
1. メンテナンス確認 画面 でウォッシュカローセルおよ
び基質液温度をチェックします。
基質液システム除染後の基質液プ
ライムが未完了
1. 基質液システムのプライム を再び 20 サイクル行いま
す。
2. どちらかの装置の温度が赤で表示された場合 ( 範囲外
)、テクニカルサポートに連絡してください。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液システム除染中に基質液ボ
トルが Citranox 洗浄液で汚染
1. 補給品 画面で基質液ボトルを変更 します。ボトル交
換時に指示された場合、基質液システムのプライム
は行わないでください。
2. 流路系プライム ウィンドウで基質液システムのプラ
イムを 20 サイクル行います。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液の送出容量が低すぎる
基質液容量の視覚チェック手順を実行します。
• 結果が不合格でない場合は、他の原因を調べます。
• 結果が不合格の場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
ルミノメータの問題
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
テクニカルサポートに連絡してください。
7-5
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
状態
RLU 値がない
予想原因
基質液システム除染中に基質液ボ
トルが Citranox 洗浄液で汚染
対処方法
1. 補給品 画面で基質液ボトルを変更 します。ボトル交
換時に指示された場合、基質液システムのプライム
は行わないでください。
2. 流路系プライム ウィンドウで基質液システムのプラ
イムを 20 サイクル行います。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
RLU 値が上下する
ルミノメータの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
基質液の送出が不安定
基質液チェックの高 CV(%) 状態に従い、トラブルシュー
ティングを行います。
基質液システム除染中に基質液ボ
トルが Citranox 洗浄液で汚染
1. 補給品 画面で基質液ボトルを変更 します。ボトル交
換時に指示された場合、基質液システムのプライム
は行わないでください。
2. 流路系プライム ウィンドウで基質液システムのプラ
イムを 20 サイクル行います。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液比率が高い
吸引プローブが汚れているかまた
はつまっ
1. 吸引プローブを洗浄します。
吸引プローブから液体がしたたる
1. フロント パネルを開きます。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
2. チューブ、チューブ下の領域をぺリスタ廃液ポンプ
から吸引プローブまで、液漏れや結晶付着物がない
か目で確認します。
3. 付着物がある場合、チューブが破損していて交換し
なければならないことを表します。
• 付着物がある場合は、テクニカルサポートに連絡
してください。
• 漏れ / 付着物がなければ、他の原因を調べます。
廃棄エアフィルタのつまり
1. 廃液ボトルのチューブにつまりがないかどうか確認
します。
• チューブがつまっている場合、つまりを取ってシ
ステム チェック ルーチンを繰り返します。
2. 結果が不合格の場合は、クイック ディスコネクトで
廃液フィルタからチューブを取り外し、チューブの
端を近接した穴に差し込みます。これにより、新しい
廃液フィルタ アセンブリを取り付けるまでの間、一
時的にエラーを解決できます。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
• 測定結果が許容可能な場合は、廃液フィルタ アセ
ンブリの注文と交換についてテクニカルサポート
連絡ください。
• 結果が不合格の場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-6
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
非洗浄チェックの問題
基質液チェックの結果が予測範囲内であると判断できたら、非洗浄チェックのトラブルシューティ
ングを開始します。非洗浄チェックのトラブルシューティング表には、ピペッティング システムに
関する情報が記されていますが、基質液システムまたは洗浄システムに関連する問題の詳細は記述
されていません。
非洗浄チェックトラブルシューティング
状態
高 CV(%)
予想原因
ピペッタ流路内の空気
対処方法
1. フロント パネルを開きます。
2. メイン ピペッタ流路内に気泡がないか目で調べま
す。プレシジョン ポンプからメイン ピペッタに入る
チューブをチェックしてください。
3. 気泡がある場合は、ピペッタのプライムを行いま
す。
4. 再びチューブを調べます。
• 気泡がなければ、システム チェック ルーチンを
実行します。
• まだ気泡がある場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
洗浄液補給ラインのよじれ
1. フロント パネルを開きます。
2. 洗浄液補給からメイン ピペッタに入るチューブによ
じれがないかを目で確認します。
• よじれがなければ、他の原因を調べます。
3. よじれを直し、フロント パネルを閉じます。
4. ピペッタのプライムを行います。
5. システム チェック ルーチンを繰り返します。
洗浄液がない
1. 流路系トレイの洗浄液補給をチェックします。
• 洗浄液リザーバが空なのに、洗浄液 状況ボタンが
赤になっていない場合は、テクニカルサポートに
連絡してください。
2. 必要に応じて、洗浄液ボトルを交換してください。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
プレシジョン ポンプ、バルブ、
フィッティング、またはチュー
ブの故障および液漏れ
1. フロント パネルとトップ カバーを開きます。
2. 液漏れや結晶付着物がないか、プレシジョン ポンプ
バルブから圧力センサ、および圧力センサからメイ
ン ピペッタへのチューブの経路を目で確認します。
3. プレシジョン ポンプとバルブに液漏れまたは結晶付
着物がないか調べます。
4. 付着物がある場合、ピペッティング システムが破損
していて交換しなければならないことを表します。
• 付着物がある場合は、テクニカルサポートに連絡
してください。
• 付着物がなければ、他の原因を調べます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-7
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
非洗浄チェックトラブルシューティング ( 続き )
状態
高
CV(%)
( 続き )
予想原因
対処方法
プレシジョン ポンプ シールの損
傷、または破損
テクニカルサポートに連絡してください。
基質液システムの問題
1. 基質液チェックの CV(%) 結果が予測範囲内の場合、
基質液システムは非洗浄チェックの高 CV(%) の原
因ではありません。他の原因を調べます。
• 基質液補給の不足
• 基質液ライン内の空気
• 基質液システム チューブの液
漏れ
• 基質液システム チューブのよ
じれ
2. 基質液チェックの結果が予測範囲外の場合は、基質
液チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
• 基質液プローブの曲がり
• 基質液ポンプまたはバルブの
故障
1 次プローブの部分つまり
1. 圧力モニタ画面を見て、圧力センサがあるか、およ
び障害物検知が ON になっているか、判断します。
• 圧力センサがない場合、または圧力サンサはある
が障害物検知が OFF になっている場合は、ス
テップ 2 に進みます。
• 障害物検知が ON の場合は、1 次ピペッタ障害物
または異常圧力に関連するイベントに従い、イベ
ント ログを検証し、トラブルシューティングを行
います。
2. スペシャル クリーン ルーチンを実行します 。
3. システム チェック ルーチンを実行します。
4. 結果が不合格の場合は、テクニカルサポートに連絡
して、1 次プローブを交換する必要があるかどうか
確認してください。
5. 必要な場合は、1 次プローブを取り外しおよび交換
します。
高 RLU 平均
RV 内のスプラッシュ
テクニカルサポートに連絡してください。
ルミノメータの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
システム チェック液の不正確な
希釈
1. 新しいシステム チェック液のバイアルを使用して、
新しい 1/501 希釈を用意します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
検体容器の順序がメンテナンス
ラックで順不同
1. 検体容器を正しい順序にします。
基質液システムの問題
1. 基質液チェックの平均 RLU 結果が予測範囲内の場
合、基質液システムは非洗浄チェックの高平均 RLU
の原因ではありません。他の原因を調べます。
• 洗浄 / 読み取り カローセル、
または基質液温度が高すぎる
• 基質液補給の汚染
• 基質液ポンプの基質液送出過
多
ルミノメータの問題
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
2. 基質液チェックの結果が予測範囲外の場合は、基質
液チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
テクニカルサポートに連絡してください。
7-8
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
非洗浄チェックトラブルシューティング ( 続き )
状態
低 RLU 平均
予想原因
対処方法
システム チェック液の不正確な
希釈
1. 新しいシステム チェック液のバイアルを使用して、
新しい 1/501 希釈を用意します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
検体容器の順序がメンテナンス
ラックで順不同
1. 検体容器を正しい順序にします。
システム チェックの期限切れま
たは不適切な保管
1. 新しいシステム チェック液のバイアルを使用して、
有効な 1/501 希釈を用意します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液システムの問題
• 期限切れの基質液
• 基質液補給の不足
• 洗浄 / 読み取り カローセル、
または基質液温度が低すぎる
• 基質液システム 除染後の基質
液プライミングが未完了
1. 基質液チェックの平均 RLU 結果が予測範囲内の場
合、基質液システムは非洗浄チェックの低平均 RLU
の原因ではありません。他の原因を調べます。
2. 基質液チェックの結果が予測範囲外の場合は、基質
液チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
• 基質液除染中に基質液補給品
が Citranox 洗浄液で汚染
• 基質液の送出容量が低すぎる
RLU が許容範囲よ
り低い
ルミノメータの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
超音波振動子の問題
テクニカルサポートに連絡してください。
洗浄チェックの問題
基質液チェックと非洗浄チェックの結果が予測範囲内であると判断できたら、洗浄チェックのトラ
ブルシューティングを開始します。洗浄チェックのトラブルシューティング表には、反応チューブ
(RV) 洗浄システムに関する情報が記されていますが、基質液システムまたはピペッティング システ
ムに関連する問題の詳細は記述されていません。
洗浄チェックのトラブルシューティング
状態
高 CV(%)
予想原因
対処方法
吸引プローブが汚れている、ま
たはつまっている
1. 吸引プローブを洗浄します。
吸引プローブの破損
1. フロント パネルを開きます。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
2. ウォッシュアームの吸引プローブを目で確認しま
す。
3. 破損したプローブを交換します。
4. フロント パネルを閉じた状態で、システム チェッ
ク ルーチンを繰り返します。
5. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-9
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
洗浄チェックのトラブルシューティング ( 続き )
状態
高 CV(%)
予想原因
廃棄エアフィルタのつまり
( 続き )
対処方法
1. 廃液ボトルのチューブにつまりがないかどうか確認
します。
• チューブがつまっている場合、つまりを取ってシ
ステム チェック ルーチンを繰り返します。
2. 結果が不合格の場合は、クイック ディスコネクトで
廃液フィルタからチューブを取り外し、チューブの
端を近接した穴に差し込みます。これにより、新し
い廃液フィルタ アセンブリを取り付けるまでの間、
一時的にエラーを解決できます。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
• 結果が許容できる場合は、新しい廃液フィルタ ア
センブリを注文して現在のアセンブリと交換しま
す。
• 結果が不合格の場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
ペリスタ廃液ポンプのチューブ
の破損
1. フロント パネルとトップ カバーを開きます。
2. チューブ、チューブ下の領域をぺリスタ廃液ポンプ
から吸引プローブまで、液漏れや結晶付着物がない
か目で確認します。
3. 付着物がある場合、チューブが破損していて交換し
なければならないことを表します。
• 付着物がある場合は、テクニカルサポートに連絡
してください。
• 付着物がなければ、他の原因を調べます。
1 つ以上の吸引プローブが O 上
O 位置にひっかかっている
1. フロント パネルが開いている状態で、吸引プローブ
が上下に動くか確認します。
• 各プローブを持つときは、ウォッシュアームのす
ぐ下の部分を軽くつかみます。
• プローブはわずかに上下に動く状態である必要が
あります。
2. 自由に動かないプローブを交換します。
3. フロント パネルを閉じた状態で、システム チェッ
ク ルーチンを繰り返します。
4. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
ウォッシュポンプ システム
チューブ内の空気
1. フロント パネルが開いている状態で、洗浄液補給か
ら分注プローブに入るチューブに気泡がないか目で
確認します。
2. 気泡が見つかった場合は、フロント パネルを閉じ
て、分注プローブのプライムを 4 サイクル行いま
す。
3. フロント パネルを開き、チューブを再度確認しま
す。
• 気泡がなければ、フロント パネルを閉じてシステ
ム チェック ルーチンを繰り返します。
• まだ気泡がある場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-10
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
洗浄チェックのトラブルシューティング ( 続き )
状態
高 CV(%)
( 続き )
予想原因
ウォッシュポンプ システム
チューブのよじれ
対処方法
1. フロント パネルが開いている状態で、洗浄液補給か
ら分注プローブに入るチューブによじれがないか目
で確認します。
• よじれがなければ、他の原因を調べます。
2. よじれをまっすぐにします。
3. フロント パネルを閉じ、分注プローブのプライムを
4 サイクル行います。
4. システム チェック ルーチンを繰り返します。
基質液システムの問題
• 基質液補給の不足
• 基質液ライン内の空気
• 基質液システム チューブの液
漏れ
• 基質液システム チューブのよ
じれ
1. 基質液チェックの CV(%) 結果が予測範囲内の場合、
基質液システムは洗浄チェックの高 CV(%) の原因
ではありません。他の状態を引き続き調べます。
2. 基質液チェックの結果が予測範囲外の場合は、基質
液チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
• 基質液プローブの曲がり
• 基質液ポンプまたはバルブの
故障
ピペッティング システムの問題
:
• 洗浄液がない
• プレシジョン ポンプ シールの
損傷、または破損
• 1 次プローブの部分つまり
• プレシジョン ポンプ、バル
ブ、フィッティング、または
チューブの故障および液漏れ
高 RLU 平均
1. 非洗浄チェックの CV(%) 結果が予測範囲内の場合、
ピペッティング システムは洗浄チェックの高
CV(%) の原因ではありません。他の原因を調べま
す。
2. 非洗浄チェックの結果が予測範囲外の場合は、非洗
浄チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
吸引プローブの高さが不適切
テクニカルサポートに連絡してください。
ペリスタ廃液ポンプの欠陥
テクニカルサポートに連絡してください。
RV 混和の問題
テクニカルサポートに連絡してください。
RV 内のスプラッシュ
テクニカルサポートに連絡してください。
吸引プローブが汚れている、ま
たはつまっている
1. 吸引プローブを洗浄します。
吸引プローブの破損
1. フロント パネルを開きます。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
2. ウォッシュアームの吸引プローブを目で確認しま
す。
3. 破損したプローブを交換します。
4. フロント パネルを閉じた状態で、システム チェッ
ク ルーチンを繰り返します。
5. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-11
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
洗浄チェックのトラブルシューティング ( 続き )
状態
高 RLU 平均
( 続き )
予想原因
1 つ以上の吸引プローブが O 上
O 位置にひっかかっている
対処方法
1. フロント パネルが開いている状態で、吸引プローブ
が上下に動くか確認します。
• 各プローブを持つときは、ウォッシュアームのす
ぐ下の部分を軽くつかみます。
• プローブはわずかに上下に動く状態である必要が
あります。
2. 自由に動かないプローブを交換します。
3. フロント パネルを閉じた状態で、システム チェッ
ク ルーチンを繰り返します。
4. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
基質液システムの問題
• 洗浄 / 読み取り カローセル、
または基質液温度が高すぎる
• 基質液補給の汚染
• 基質液ポンプの基質液送出過
多
低 RLU 平均
1. 基質液チェックの平均 RLU 結果が予測範囲内の場
合、基質液システムは高平均 RLU の原因ではあり
ません。他の原因を調べます。
2. 基質液チェックの結果が予測範囲外の場合は、基質
液チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
吸引プローブの高さが不適切
テクニカルサポートに連絡してください。
ルミノメータの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
原液のシステム チェック液の代
わりに希釈液を使用
1. 検体容器 1 に原液のシステム チェック液が入ってい
ることを確認します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
メンテナンス ラックの容器 1 と
4 が置き換わっている
1. 検体容器 1 に原液のシステム チェック液が入ってお
り、容器 4 に 1/501 希釈システム チェック液が入っ
ていることを確認します。
2. システム チェック ルーチンを繰り返します。
ピペッティング システムの問題
1. 非洗浄チェックの CV(%) 結果が予測範囲内の場合、
メイン ピペッタは洗浄チェックの低 RLU 平均結果
の原因ではありません。他の原因を調べます。
2. 非洗浄チェックの結果が予測範囲外の場合は、非洗
浄チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-12
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
洗浄チェックのトラブルシューティング ( 続き )
状態
予想原因
低 RLU 平均
基質液システムの問題
( 続き )
• 基質液ライン内の空気
• 基質液システム チューブの液
漏れ
• 基質液システム チューブのよ
じれ
• 基質液プローブの曲がり
対処方法
1. 基質液チェックの CV(%) および RLU 平均結果が予
測範囲内の場合、基質液システムは洗浄チェックの
低 RLU 平均結果の原因ではありません。他の原因を
調べます。
2. 基質液チェックの結果が予測範囲外の場合は、基質
液チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
• 基質液ポンプまたはバルブの
故障
• 期限切れの基質液
• 基質液補給の不足
• 洗浄 / 読み取り カローセル、
または基質液温度が低すぎる
• 基質液システム 除染後の基質
液プライミングが未完了
• 基質液除染中に基質液補給品
が Citranox 洗浄液で汚染
• 基質液の送出容量が低すぎる
ルミノメータの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
洗浄効率の問題
洗浄効率は、システム チェック ルーチンの基質液チェック、洗浄チェック、非洗浄チェックの結果
を基に計算します。洗浄効率の値は、洗浄システムに関する情報となります。
洗浄効率トラブルシューティング
状態
洗浄効率 PPM が基
準値に達しない
予想原因
対処方法
RV 洗浄システムの問題 ( 洗浄
チェックの平均 RLU または
CV(%) 値が高すぎる )
洗浄チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
ピペッティング システムの問題
( 非洗浄チェックの平均 RLU 値
が低すぎる )
非洗浄チェックの結果のトラブルシューティングを行
います。
基質液システムの問題 ( 基質液
ボトルの汚染 )
基質液チェックの結果のトラブルシューティングを行
います。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-13
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
装置のトラブルシューティング
装置のトラブルシューティング情報は、システム チェック トラブルシューティングで解決されな
かった装置の問題を確認し、訂正するために役立ちます。装置トラブルシューティングの多くは、
イベント ログ から行います。このセクションの情報は、操作中または調査中に気が付いた問題で、
注意または要注意イベントが生成されなかったものについて説明します。
注記
トラブルシューティング表の対処方法には短縮された手順が含まれています。手順を実行する頻
度に関係なく、装置を損傷から保護するための注意および個人の安全を確実にするための警告
を含む、完全な手順を定期的に見直します。その手順へのリンクはヘルプシステムの表に使用で
きます。
一般的な装置の問題
全般の装置トラブルシューティング
状態
システムが 準備未
完了 モード
予想原因
対処方法
システムの再起動または初期化
装置の再起動または初期化が完了するまで待ちます。
このとき、システムのモードは準備完了 に変り、シス
テム モード エリアのテキスト メッセージはすべて消
えます。
再起動または初期化以外の多く
の状況は、装置を準備未完了
モードにする場合があります。
次のような例があります。
警告 :
• 装置のフロント パネルが開い
ている
• ピペッタ ガントレーの洗浄直
後
• システムがデバイスの作動エ
ラーを探知
メンテナンス ルーチン中に 停止 が選択されたために
システムが準備未完了 モードの場合、システムの初期
化は行わないでください。テクニカルサポート に連絡
してください。
準備完了 モードに戻るには、システムを初期化する必
要があります。
• システムを初期化したことがあり、ヘルプ または
Access 2 マニュアルの指示に従っている場合は、シ
ステムを初期化 します。
• メンテナンス ルーチン中に停
止 が選択された
• システムを初期化したことがないか、ヘルプ または
Access 2 マニュアルの指示に従っていない場合は、
テクニカルサポートに連絡してください。
イベント ログボタ
ンが黄色か赤
システム イベントが発生
イベントログ メッセージとトラブルシューティング情
報を検証します。推奨された対処方法を実行します。
システム性能が遅
い
データベースに含まれるテスト
および QC 結果が多すぎる
1. テストおよび QC 結果をデータベースから自動的に
削除するようシステムを設定します。
2. 自動削除機能が既に設定されている場合は、測定結
果を削除するまでの経過日数を減らすことを検討し
てください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-14
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
装置スタートアップの問題
Access 2 システムの再起動または初期化に問題があり、イベント ログにイベント報告書がない場合
は、以下の表に従って装置のトラブルシューティングを行います。イベントが生成されている場合
は、イベントログのトラブルシューティングの手順に従ってください。
装置スタートアップトラブルシューティング
状態
システム再起動中
にシステムが停止
システム初期化中
にシステムが停止
予想原因
対処方法
装置に電源が入らない
パワー サプライのトラブルシューティング表を参照し
てください。
3.5 インチ ディスク ドライブの
CD の CD-ROM または DVD ド
ライブあるいは データディスク
CD-ROM から CD または DVD ドライブを取り出すか
あるいは 3.5 インチ ディスク ドライブからディスクを
取り出し、装置を再起動します。
装置ハードウェア ( パワー サプ
ライ、内蔵ハードドライブ、
CPU、プリント基板 ) またはソ
フトウェアの故障
装置を再起動します。
インターロック スイッチが、装
置のフロント パネルが開いてい
ることを検知
装置のフロント パネルを閉じ 、システムを初期化しま
す。
パワー サプライの問題
装置または周辺機器に電源が入らない場合は、以下の表に従って装置のトラブルシューティングを
行います。パワー サプライが必要な周辺機器には、外部コンピュータ (PC) 、タッチスクリーン モニ
タ、プリンターがあります。
パワーサプライトラブルシューティング
状態
装置または周辺機
器に電源が入らな
い
予想原因
電源コンセントまたはパワース
トリップの故障
対処方法
1. 装置と周辺機器を別々の電源コンセントまたはパ
ワーストリップに差し込みます。
2. 問題が継続する場合は、装置と各周辺機器の電源系
統を個別に調べます。
3. 問題の原因が確認できたら、必要に応じてテクニカ
ルサポートに連絡してください。
装置に電源が入ら
ない
装置の電源スイッチがオンにな
らない
装置の右側にある電源スイッチをオンにします。
電源コード コネクタのどちらか
の端がゆるんでいる
電源コンセントと装置に、電源コードコネクタがしっ
かりと差し込まれていることを 確認します。
パワー サプライまたはサーキッ
ト ブレーカの故障
テクニカルサポートに連絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-15
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
パワーサプライトラブルシューティング ( 続き )
状態
予想原因
対処方法
周辺機器の電源スイッチがオン
にならない
1. 周辺機器の電源スイッチをオンにします。
周辺機器の電源コードコネクタ
のどちらかの端がゆるんでいる
電源コンセントと周辺機器に、電源コードコネクタが
しっかりと差し込まれていることを確認します。
欠陥周辺機器
テクニカルサポートに連絡してください。
周辺機器に電源が
入らない
2. 電源スイッチが見つからない場合は、製造元のマ
ニュアルを参照してください。
キーボードの問題
コンピュータのキーボードがキー入力に反応しない場合は、以下の表に従ってトラブルシューティ
ングを行います。
キーボードトラブルシューティング
状態
キーボードから応
答なし
予想原因
対処方法
コネクタがゆるんでいる
キーボード、外部バーコードリーダーおよびコン
ピュータ 間のケーブルが、確実に外部コンピュータの
背面プラグに接続されていることを確認してください。
選択のキーが無効
画面の一番下近くにあるファンクション ボタンの上の
状況 ラインを見て、選択したキーがキーボード応答の
あるものかどうか確認します。
システム ソフトウェアが応答し
ない
PC を再起動します。
ハードウェアの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-16
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
プリンターの問題
次の表をプリンターの問題のトラブルシューティングの参考にしてください。
プリンタートラブルシューティング
状態
印刷作業が印刷さ
れない、または未
完了
予想原因
システムとプリンター間の通信
の干渉
対処方法
1. プリンターの用紙トレイをチェックします。
• 空の場合、プリンターの用紙トレイに用紙を補充
します。
2. 印刷されていない、または印刷が未完了な報告書を
再度印刷します。
• 印刷サービスが回復していたら、通常操作を継続
します。
3. 印刷サービスが回復していない場合は、PC を再起
動します。
4. 印刷サービスが回復していない場合は、印刷されて
いない報告書を探し、適切な画面から印刷します。
例えば、キャリブレーション報告書がない場合は、
キャリブレーション画面から印刷します。
5. 報告書が印刷されない場合は、プリンターとコン
ピュータの接続ケーブルがしっかりと差し込まれて
いることを確認します。
6. プリンターの用紙トレイに用紙を補充しなおしま
す。
7. 報告書の印刷を再試行します。
8. 依然として報告書が印刷されない場合は、テクニカ
ルサポートに連絡してください。
バーコード 読み取りの問題
バーコード リーダがバーコード情報をスキャンしない場合は、以下の表に従ってトラブルシュー
ティングを行います。
バーコードリーダトラブルシューティング
状態
予想原因
対処方法
内蔵バーコード
リーダがサンプル
ラックのバーコー
ド ラベルを読み取
らない
バーコード ラベルがラックに正
しく貼られていない
バーコード ラベルを正しく貼ります。
ラックに不適切なシステム バー
コード ラベル
サンプルラックに Access (Access 2 ではなく ) システム
ラベルが付いている場合、そのラックは使用できませ
ん。
バーコードラベルを交換して、Access 2 ラックラベル
を付けるか、サンプルを Access 2 のラベルの付いた
ラックに移します。
バーコード リーダが正しく作動
しない
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
テクニカルサポートに連絡してください。
7-17
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
バーコードリーダトラブルシューティング ( 続き )
状態
内蔵バーコード
リーダが検体の
バーコード ラベル
を読み取らない
予想原因
対処方法
検体バーコードの読み取りが使
用不可
検体 ID を読み取るようにバーコード リーダを設定し
ます。
ラックに検体容器が正しく配置
されていない
検体容器のバーコード ラベルがラックのバーコード ラ
ベルと同じ方向に向き、検体ラックのスロットから見
えるように、検体容器を回します。
バーコード ラベルが検体容器に
正しく貼られていない
バーコード ラベルを検体容器に正しく貼ります。
バーコード リーダが検体バー
コード記号方式を読み取るよう
設定されていない
使用している記号方式と一致するように、バーコード
リーダのパラメータを設定 します。
バーコード記号方式、またはパ
ラメータがサポートされていな
い
1. 検体容器に使用しているバーコード記号方式とパラ
メータがサポートされているかどうかを確認しま
す。
2. 記号方式またはパラメータがサポートされていない
場合は、テクニカルサポートに連絡してください。
ラベルのバーコード文字数が
バーコードリーダの設定 ウィン
ドウで指定された文字数と一致
しない ( インターリーブ 2 of 5 の
み)
1. バーコードリーダの設定 ウィンドウ で、ITF ( イン
ターリーブ 2 of 5) 記号形式に入力した文字数を確認
します。
2. 必要であれば、ラベルの文字数と一致するように、
文字数を変更します。
3. 文字数が一致している場合は、テクニカルサポート
に連絡してください。
外部バーコード
リーダーからの反
応がありません。
不適切なスキャン方法
1. 以下を確認します。
• スキャンしているアイテムに適切な画面または
ウィンドウが表示されている。
• 正しいフィールドが選択されている。
2. もう一度ラベルをスキャンします。
コネクタがゆるんでいる
キーボード、外部バーコードリーダーおよびコン
ピュータ 間のケーブルが、確実に外部コンピュータの
背面プラグに接続されていることを確認してください。
システム ソフトウェアが応答し
ない
PC を再起動します。
外部バーコード リーダー が正し
く構成されていません。
テクニカルサポートに連絡してください。
ハードウェアの問題
テクニカルサポートに連絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-18
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
システム内の空気
流路内に気泡があると、精度が悪くなることがあります。流路内に空気が入っていることに気づい
たら、以下の表に従って問題のトラブルシューティングを行います。
システムのエアトラブルシューティング
状態
流路内の空気
予想原因
プライムが不十分
対処方法
1. 全流路系コンポーネントのプライムを行います。
2. システム チェック ルーチンを実行します。
3. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
流路系システムの液漏れのため
システム プライムが停止
1. フィッティング ( 装置の左側 ) と流路系トレイの接
合がしっかりと留まっていることを 確認します。
チューブとフィッティングに液漏れや付着物がない
か目で確認します。
2. 流路系モジュールのチューブとフィッティングに液
漏れや付着物がないか目で確認します。
3. プレシジョン ポンプ バルブとバルブのフィッティ
ングに液漏れや付着物がないか確認します。
4. 液漏れや付着物がある場合、流路系システムが破損
している可能性があります。
• 液漏れや付着物がある場合は、テクニカルサポー
トに連絡 してください。
• 液漏れや付着物がなければ、他の原因を調べま
す。
流路系トレイのチューブのよじ
れ
1. 流路系トレイ コンポーネントから出ているすべての
チューブによじれがないかを目で確認します。基質
液ボトルから出ているチューブに特に注意してくだ
さい。
• よじれがなければ、他の原因を調べます。
2. よじれをまっすぐにします。
3. 全流路系コンポーネントのプライムを行います。
4. システム チェック ルーチンを実行します。
廃棄エアフィルタのつまり
1. 廃液ボトルのチューブにつまりがないかどうか確認
します。
• チューブがつまっている場合、つまりを取ってシ
ステム チェック ルーチンを繰り返します。
2. 結果が不合格の場合は、クイック ディスコネクトで
廃液フィルタからチューブを取り外し、チューブの
端を近接した穴に差し込みます。これにより、新し
い廃液フィルタ アセンブリを取り付けるまでの間、
一時的にエラーを解決できます。
3. システム チェック ルーチンを繰り返します。
• 結果が許容できる場合は、新しい廃液フィルタ ア
センブリを注文して現在のアセンブリと交換しま
す。
• 結果が不合格の場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-19
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
メイン ピペッタの問題
メイン ピペッタに問題があると、精度が悪くなることがあります。液漏れや付着物があることに気
づいたら、以下の表に従って問題のトラブルシューティングを行います。
メイン ピペッタトラブルシューティング
状態
メイン ピペッタの
液漏れ
予想原因
1 次プローブの部分つ
まり
対処方法
1. 圧力モニタ画面を見て、圧力センサがあるか、および障害物
検知が ON になっているか、判断します。
• 圧力センサがない場合、または圧力サンサはあるが障害物
検知が OFF になっている場合は、ステップ 2 に進みます。
• 障害物検知が ON の場合は、1 次ピペッタ障害物または異常
圧力に関連するイベントに従い、イベント ログを検証し、
トラブルシューティングを行います。
2. スペシャル クリーン ルーチンを実行します 。
3. システム チェック ルーチンを実行します。
4. 結果が不合格の場合は、テクニカルサポートに連絡 して、1
次プローブを交換する必要があるかどうか確認してください。
5. 必要な場合は、1 次プローブを取り外しおよび交換します。
メイン ピペッタとプレ
シジョン ポンプ バルブ
間のフィッティングが
ゆるんでいる
1. フロント パネルとトップ カバーを開きます。
2. 1 次プローブとプレシジョン ポンプ バルブ間のフィッティン
グに液漏れや付着物がないか目で確認します。
3. マニホルドのすべての流路系フィッティングに液漏れや付着
物がないか確認します。
4. 液漏れや付着物がある場合、チューブまたはフィッティング
が破損している可能性があります。
• 液漏れや付着物がある場合は、テクニカルサポートに連絡
してください。
• 液漏れや付着物がなければ、他の原因を調べます。
メイン ピペッタが
液体を注入する圧
力が強すぎる
1 次プローブの部分つ
まりにより、メイン ピ
ペッタが液体を注入す
る圧力が強すぎる
1. 圧力モニタ画面を見て、圧力センサがあるか、および障害物
検知が ON になっているか、判断します。
• 圧力センサがない場合、または圧力サンサはあるが障害物
検知が OFF になっている場合は、ステップ 2 に進みます。
• 障害物検知が ON の場合は、1 次ピペッタ障害物または異常
圧力に関連するイベントに従い、イベント ログを検証し、
トラブルシューティングを行います。
2. RV シャトルの RV 位置 1 と 2 に、付着物がないか確認しま
す。
• 付着物がなければ、他の原因を調べます。
3. スペシャル クリーン ルーチンを実行します 。
4. システム チェック ルーチンを実行します。
5. 結果が不合格の場合は、テクニカルサポートに連絡 して、1
次プローブを交換する必要があるかどうか確認してください。
6. 必要な場合は、1 次プローブを取り外しおよび交換します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-20
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
通信の問題
外部コンピュータ(PC)と装置またはワークグループの他のシステムとの通信に問題がある場合
は、以下の表に従って通信のトラブルシューティングを行います。
コミュニケーショントラブルシューティング
状態
予想原因
対処方法
実行中に PC と装
置の通信が 30 分以
上干渉され、通信
が再度確立された
後 PC が反応しな
い
PC が 測定結果 画面を更新中に、
ラックの取り出しまたは補給品
の取り付けなど PC と装置間の
通信が必要な機能を試行した
テクニカルサポートに連絡してください。
再起動中にワーク
グループ通信エ
ラーが発生する
PC とワークグループの他のシス
テム間の接続がゆるんでいる
1. Access 2 の装置電源スイッチが ON になっているこ
とを確認してください。
• 電源スイッチが OFF の場合は、装置を再始動し
ます。
• 電源スイッチが ON なのに装置に電源が入らない
場合は、パワー サプライ トラブルシューティン
グ表を参照してください。
2. PC をワークグループ内の他のシステムに接続する
ケーブルの両端をチェックします :
• ケーブルがいずれかの末端で緩んでいる場合は、
しっかり接続します。
• ケーブルがゆるんでいない場合は、テクニカルサ
ポート
に連絡してください。
3. PC を再起動します。
トラブルシューティング アッセイ
アッセイのトラブルシューティング情報では、アッセイに関連する問題を確認、訂正するために役
立つトラブルシューティング表を示します。アッセイのトラブルシューティング情報を使ってアッ
セイの問題のトラブルシューティングを開始する前に、システム チェック ルーチンを実行して予期
しなかった結果のトラブルシューティングを行ってください。システム チェック ルーチンを実行す
ることにより、問題の原因となっているシステム上の問題を確認、訂正、または除外できます。
注記
トラブルシューティング表の対処方法には短縮された手順が含まれています。手順を実行する頻
度に関係なく、装置を損傷から保護するための注意および個人の安全を確実にするための警告
を含む、完全な手順を定期的に見直します。その手順へのリンクはヘルプシステムの表に使用で
きます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-21
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
キャリブレーション アッセイの問題
キャリブレーションが失敗すると、キャリブレーション データ 画面の理由 フィールドに異常コー
ドが表示されます。次の表を参考にして、キャリブレーションの問題のトラブルシューティングを
行ってください。
アッセイのキャリブレーション トラブルシューティング
状態
予想原因
対処方法
精度は正確なのに、
データ不足以外の
理由でキャリブ
レーションが失敗
する
マルチレベル キャリブレータのピ
ペットの故障 :
1. キャリブレータが正しくラックに設置されているこ
とを確認します。
• キャリブレーション カーブが滑
らかに上昇または下降しませ
ん。
2. キャリブレーションを繰り返します。
• キャリブレーション カットオフ
が予測結果と反対です。
期限切れのキャリブレータ
1. キャリブレータのバイアルまたは キャリブレータ設
定 画面でキャリブレータの有効期限を確認します。
2. キャリブレータが期限切れの場合、キャリブレータ
設定 画面で期限が有効な新しいキャリブレータを追
加します。
3. キャリブレーションを繰り返します。
不適切な取り扱いのため、キャリ
ブレータが不安定、または汚染
キャリブレーションを繰り返します。可能であれば、
同じキャリブレータ ロットの新しいセットを使用して
繰り返します。
不適切な取り扱いのため、試薬
パックが不安定、または汚染
1. 試薬パックを取り出し、新しい試薬パックを取り付
けます。
• 新しい試薬パックのロット番号が取り外したパッ
クと異なる場合は、アッセイを再キャリブレー
ションします。
2. キャリブレーションに問題がある場合は、キャリブ
レーションを繰り返してください。
基質液補給の汚染
1. テクニカルサポートに連絡 して、基質液を除染する
必要があるかどうか確認してください。
2. テクニカル サポートが同意した場合は、基質液 を
除染して、システム性能を確認します。
キャリブレータ設定中に入力した
キャリブレーション情報が不正確
1. キャリブレータ設定 画面のキャリブレーション情報
を確認します。
2. 必要であれば、キャリブレータ設定 画面の情報を編
集します。
3. キャリブレーションを繰り返します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-22
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
アッセイのキャリブレーション トラブルシューティング ( 続き )
状態
予想原因
対処方法
精度は良好ですが、
定量カーブが平ら
であるか、または
定性測定結果が
「数値なし」;デー
タ不足以外の理由
でキャリブレー
ションが失敗する
間違ったキャリブレータがラック
に入っている
1. 正しいキャリブレータがラックに取り付けられてい
ることを確認します。
2. キャリブレーションを繰り返します。
間違った試薬パックが取り付けら
れている、または試薬カローセル
の正しい位置に配置されていない
1. 補給品 画面を見て、試薬パックが取り付けられてい
ることを確認します。取り付けられていない場合は、
試薬パックを取り付け ます。
2. 試薬パックが画面のリストに含まれている場合、そ
のパックをカローセルから取り出して位置を確認し
ます。
• 試薬パックが搭載済みでこの手順中に表示されな
い場合は、テクニカルサポートに連絡してくださ
い。
• テクニカルサポートが間違ってセットされた試薬
パックを確認した場合、パックを回収します。
3. 場所を確認した後、試薬パックを再度取り付けま
す。
4. キャリブレーションを繰り返します。
精度が悪く、デー
タ不足以外の理由
でキャリブレー
ションが失敗する
日次、または週次メンテナンスが
実行されていない
1. 日次、または週次メンテナンスを実行します。
ピペッティング システムの問題 :
1. システム チェック ルーチンの結果が予測範囲内の
場合、ピペッティング システムはキャリブレーショ
ン失敗の原因ではありません。他の原因を調べます。
• ピペッタ流路内の空気。
• 洗浄液補給ラインのよじれ。
• プレシジョン ポンプ、バルブ、
フィッティング、またはチュー
ブの故障および液漏れ。
基質液システムの問題
• 基質液補給の不足。
• 基質液ライン内の空気。
• 基質液システム チューブのよじ
れ。
• 基質液システム チューブの液漏
れ。
未搭載保管中の液漏れのため試薬
が空
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2. キャリブレーションを繰り返します。
2. 非洗浄チェックの結果が予測範囲外の場合は、非洗
浄チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
1. システム チェック ルーチンの結果が予測範囲内の
場合、基質液システムはキャリブレーション失敗の
原因ではありません。他の原因を調べます。
2. 基質液チェックの結果が予測範囲外の場合は、基質
液チェックの結果のトラブルシューティングを行い
ます。
1. 新しい試薬パックを取り付けます。
2. キャリブレーションを繰り返します。
7-23
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
アッセイのキャリブレーション トラブルシューティング ( 続き )
状態
予想原因
対処方法
キャリブレーショ
ン カーブの一方の
端で RLU 値が低す
ぎ、データ不足以
外の理由でキャリ
ブレーションが失
敗する
試薬パックの置き換え時に、2 番
目の試薬パックがないか、または
正しく取り付けられていない (
キャリブレーション カーブ末尾で
急激に RLU 値が下がる )
1. 補給品 画面を見て、2 番目の試薬パックが取り付け
られていることを確認します。取り付けられていな
い場合は、新しい試薬パックを取り付けます。
2. 2 番目の試薬パックが画面のリストに含まれている
場合、そのパックをカローセルから取り出して位置
を確認します。
• 試薬パックが搭載済みでこの手順中に表示されな
い場合は、テクニカルサポートに連絡してくださ
い。
• テクニカルサポートが間違ってセットされた試薬
パックを確認した場合、パックを回収します。
3. 場所を確認した後、2 番目の試薬パックを再度取り
付けます。
4. キャリブレーションを繰り返します。
データ不足が理由
でキャリブレー
ションが失敗する
キャリブレータの容量がテストに
十分でない (QNS 結果フラグとイ
ベント )
1. 多重測定の回数と、使用する検体容器の種類に必要
なキャリブレータの正しい容量を計算します。
2. ステップ 1 で計算した容量のキャリブレータを適切
な検体容器にピペットで入れます。
3. ラックとラック ID が正しいことを確認します。
4. キャリブレーションを繰り返します。
5. キャリブレーションが再度失敗の場合は、テクニカ
ルサポートに連絡 してください。
装置エラーのため、2 つ以上の多
重測定が計算されていない
1. イベント ログを検証し、キャリブレーションが失敗
する前のデバイス エラーのメッセージを確認しま
す。
2. エラー メッセージがないか 測定結果 画面を検証し
ます。
3. デバイス エラーのトラブルシューティング。必要で
あれば、テクニカルサポートに連絡してください。
4. デバイス エラーが解決した後、キャリブレーション
を繰り返します。
検体容器が見つからないか、ラッ
クに正しく配置されていない
1. 検体容器が正しい順序でラックに設置されているこ
とを確認します。
2. キャリブレーションを繰り返します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-24
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
精度管理の問題
精度管理検体測定結果が適用されている QC ルールに違反した場合、精度管理 ボタンが赤に変りま
す。QC データ 画面を検証するまで、ボタンは赤のままです。次の表を参考にして、QC 結果の問題
のトラブルシューティングを行ってください。
精度管理トラブルシューティング
状態
コントロールが適
用されている QC
ルールに違反
予想原因
対処方法
日次、または週次メンテナンス
が実行されていない
1. 日次、または週次メンテナンスを実行します。
検体ラックに間違った精度管理
が取り付けられている
1. 正しい QC コントロールを取り付けます。
テストに間違った精度管理ロッ
ト番号が選択されている
正しいロット番号を使用して、テストを繰り返します。
管精度管理設定時に、間違った
平均値、標準偏差情報、または
その両方が入力されている
1. コントロール編集 を使用して、QC 設定画面で QC
情報を確認します。
2. テストを繰り返します。
2. テストを繰り返します。
2. 必要であれば、情報を編集します。
3. テストを繰り返します。
精度管理検体の種類が QC 設定
と一致しない
1. 使用している検体の種類が項目リクエスト 画面にリ
ストされている種類と一致していることを確認しま
す。
2. 使用している検体の種類が精度管理に設定されてい
る検体の種類と一致していることを確認します。
3. 設定中に入力した精度管理検体の種類が正しくない
場合は、コントロールを削除して正しいコントロー
ル 検体の種類を使用してコントロールを設定し直す
必要があります。
精度管理の期限切れ
新しい、期限が切れていない精度管理を取り付け、テ
ストを繰り返します。
不適切な取り扱いのため、精度
管理が不安定、または汚染
1. 製造元からの説明書の手順に従って新しい精度管理
を準備します。
2. 新しく用意した精度管理を取り付け、テストを繰り
返します。
精度管理の再構成が間違ってい
る
1. 製造元からの説明書の手順に従って新しい精度管理
を再構成します。
2. 新しく再構成した精度管理を取り付け、テストを繰
り返します。
精度管理の容量がテストに十分
でない (QNS 結果フラグとイベ
ント )
1. 多重測定の回数と、使用する検体容器の種類に必要
な、精度管理の正しい容量を計算します。
2. ステップ 1 で計算した容量の精度管理を適切な検体
容器にピペットで入れます。
3. ラックとラック ID が正しいことを確認します。
4. テストを繰り返します。
5. テストが再度不合格の場合は、テクニカルサポート
に連絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-25
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
精度管理トラブルシューティング ( 続き )
状態
コントロールが適
用されている QC
ルールに違反
予想原因
対処方法
装置上の時間が長すぎたため精
度管理が蒸発
1. 各精度管理の新しいアリコートを取り付けます。
不適切な取り扱いのため、試薬
パックが不安定、または汚染
1. 試薬パックを取り出し、新しい試薬パックを取り付
けます。
( 続き )
2. テストを繰り返します。コントロールを装置に取り
付けた後、1 時間以内に RV にピペットしてくださ
い。3 mL 検体容器からのコントロールは、取り付け
後 2 時間以内に RV にピペットしてください。
• 新しい試薬パックのロット番号が取り外したパッ
クと異なる場合は、アッセイを再キャリブレー
ションします。
2. テストを繰り返します。
間違った試薬パックが取り付け
られている、または試薬カロー
セルの正しい位置に配置されて
いない
1. 補給品画面を見て、試薬パックが取り付けられてい
ることを確認します。取り付けられていない場合は、
試薬パックを取り付け ます。
2. 試薬パックが画面のリストに含まれている場合、そ
のパックをカローセルから取り出して位置を確認し
ます。
• 試薬パックが搭載済みでこの手順中に表示されな
い場合は、テクニカルサポートに連絡してくださ
い。
• テクニカルサポートが間違ってセットされた試薬
パックを確認した場合、パックを回収します。
3. 場所を確認した後、試薬パックを再度取り付けま
す。
4. テストを繰り返します。
期限切れ試薬パック
1. 試薬一覧 画面で試薬パックの有効期限を確認しま
す。
2. 期限切れの試薬パックを取り出し、新しい試薬パッ
クを取り付けます。
• 新しい試薬パックのロット番号が期限切れのパッ
クと異なる場合は、項目のキャリブレーションを
やり直してください。
3. テストを繰り返します。
間違った検体容器、ラック、ま
たはその両方
適切な検体容器とラックを使用して検体を取り付けま
す。検体容器が正しいラック ID のラックに設置されて
いることを確認します。
検体容器が見つからないか、
ラックに正しく配置されていな
い
1. 検体容器が正しい順序でラックに設置されているこ
とを確認します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2. テストを繰り返します。
7-26
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
精度管理トラブルシューティング ( 続き )
状態
コントロールが適
用されている QC
ルールに違反
予想原因
対処方法
1. 補給品 画面の試薬パック ボタンを確認します。ロッ
ト番号が赤くなっている場合、キャリブレーション
は期限切れです。
項目キャリブレーション期限切
れ
( 続き )
2. 測定結果を表示します。期限切れのキャリブレー
ションで計算された測定結果には、すべてフラグが
付きます。
3. 項目を再キャリブレーションします。
4. テストを繰り返します。
精度管理(QC)が予防メンテナ
ンスまたは修理の後に実行され
ない
1. QC を実行します。
2. 確立されている検査室手順に従い、任意の範囲外
QC 測定結果を評価します。
3. 任意の測定結果フラグのトラブルシューティングを
行い、必要に応じてアッセイを再キャリブレーショ
ンします。
4. テストを繰り返します。
システムに取り付けられた時に
基質液が室温と釣り合わない
基質液は、取り付け前に指定された時間室温に置いて
おく必要があります。
基質液の詳細は、試薬使用説明を参照してください。
測定を通じて値を
増加
装置上の時間が長すぎたため精
度管理が蒸発
1. 各精度管理の新しいアリコートを取り付けます。
2. テストを繰り返します。コントロールを装置に取り
付けた後、1 時間以内に RV にピペットしてくださ
い。3 mL 検体容器からのコントロールは、取り付け
後 2 時間以内に RV にピペットしてください。
患者検体の問題
次の表を参考にして、患者検体測定結果の問題のトラブルシューティングを行ってください。測定
結果について特殊な状況がある場合は、Access 2 システムは結果にフラグを付けます。フラグは、致
命的 ( 結果は計算されません ) または非致命的 ( 結果は計算されますが、結果に状況が存在します )
のどちらかです。これらのフラグをトラブルシューティング プロセスの参考にします。
患者検体 トラブルシューティング
状態
予期しない検体結
果
予想原因
対処方法
間違った患者検体の種類
試薬使用説明を参照して、各項目に適切な検体の種類を調
べてください。
患者検体の不適切な取り扱
い
検体の保管および取り扱いは、必ず適切な検査室手順に
従ってください。検体の適切な取り扱い方法については、
個々の項目の試薬使用説明をご覧ください。
血清検体に微血塊がある
1. 検体を再度スピンするか血清フィルタを使用して、血清
と微血塊を分離します。
2. テストを繰り返します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-27
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
患者検体 トラブルシューティング ( 続き )
状態
予期しない検体結
果
( 続き )
予想原因
患者検体の容量がテストに
十分でない (QNS 結果フラ
グとイベント )
対処方法
1. 多重測定の回数と、使用する検体容器の種類に必要な患
者検体の正しい容量を計算します。
2. ステップ 1 で計算した容量の精度管理を適切な検体容器
にピペットで入れます。
3. ラックとラック ID が正しいことを確認します。
4. テストを繰り返します。
5. テストが再度不合格の場合は、テクニカルサポートに連
絡してください。
装置上の時間が長すぎたた
め患者検体が蒸発
1. 各患者検体の新しいアリコートを取り付けます。
間違った試薬パックが取り
付けられている、または試
薬カローセルの正しい位置
に配置されていない
1. 補給品 画面を見て、試薬パックが取り付けられているこ
とを確認します。取り付けられていない場合は、試薬
パックを取り付け ます。
2. テストを繰り返します。検体を装置に取り付けた後、1
時間以内に RV にピペットしてください。3 mL 検体容器
からの検体を、取り付け後 2 時間以内に RV にピペット
してください。
2. 試薬パックが画面のリストに含まれている場合、その
パックをカローセルから取り出して位置を確認します。
• 試薬パックが搭載済みでこの手順中に表示されない場
合は、テクニカルサポートに連絡してください。
• テクニカルサポートが間違ってセットされた試薬パッ
クを確認した場合、パックを回収します。
3. 場所を確認した後、試薬パックを再度取り付けます。
4. テストを繰り返します。
期限切れ試薬パック
1. 試薬一覧 画面で試薬パックの有効期限を確認します。
2. 期限切れの試薬パックを取り出し、新しい試薬パックを
取り付けます。
• 新しい試薬パックのロット番号が期限切れのパックと
異なる場合は、項目のキャリブレーションをやり直し
てください。
3. テストを繰り返します。
不正な取り扱いのため、試
薬パックが不安定、または
汚染
1. 試薬パックを取り出し、新しい試薬パックを取り付けま
す。
• 新しい試薬パックのロット番号が取り外したパックと
異なる場合は、アッセイを再キャリブレーションしま
す。
2. テストを繰り返します。
項目キャリブレーション期
限切れ
1. 補給品 画面の試薬パック ボタンを確認します。ロット番
号が赤くなっている場合、キャリブレーションは期限切
れです。
2. 測定結果を表示します。期限切れのキャリブレーション
で計算された測定結果には、すべてフラグが付きます。
3. 項目を再キャリブレーションします。
4. テストを繰り返します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-28
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
患者検体 トラブルシューティング ( 続き )
状態
予期しない検体結
果
( 続き )
予想原因
精度管理(QC)が予防メン
テナンスまたは修理の後に
実行されない
対処方法
1. QC を実行します。
2. 確立されている検査室手順に従い、任意の範囲外 QC 測
定結果を評価します。
3. 任意の測定結果フラグのトラブルシューティングを行
い、必要に応じてアッセイを再キャリブレーションしま
す。
4. テストを繰り返します。
基質液ボトルが部分的に混
合
1. 基質液ボトルを交換して基質液をプライムします。
日次、または週次メンテナ
ンスが実行されていない
1. 日次、または週次メンテナンスを実行します。
間違った検体容器、ラック、
またはその両方
適切な検体容器とラックを使用して検体を取り付けます。
検体容器が正しいラック ID のラックに設置されていること
を確認します。
検体容器が見つからないか、
ラックに正しく配置されて
いない
1. 検体容器が正しい順序でラックに設置されていることを
確認します。
検体の値が高すぎ
る
装置上の時間が長すぎたた
め患者検体が蒸発
1. 各患者検体の新しいアリコートを取り付けます。
低すぎる検体値フ
ラグ
間違った希釈率
1. 検体測定結果が自動希釈 ( 例えば 希釈 hCG 項目 ) から
生成された場合は、標準測定形式
( 合計 hCG 項目 ) で検体を繰り返します。
2. テストを繰り返します。
2. テストを繰り返します。
2. テストを繰り返します。
2. テストを繰り返します。検体を装置に取り付けた後、1
時間以内に RV にピペットしてください。3 mL 検体容器
からの検体を、取り付け後 2 時間以内に RV にピペット
してください。
2. 依然として結果の値が高すぎる場合は、テクニカルサ
ポートに連絡してください。
項目の変動の増加 /
精度が悪い
患者検体の不適切な取り扱
い
検体の保管および取り扱いは、必ず適切な検査室手順に
従ってください。検体の適切な取り扱い方法については、
個々の項目の試薬使用説明をご覧ください。
間違った試薬パックが取り
付けられている、または試
薬カローセルの正しい位置
に配置されていない
1. 補給品 画面を見て、試薬パックが取り付けられているこ
とを確認します。取り付けられていない場合は、試薬
パックを取り付け ます。
2. 試薬パックが画面のリストに含まれている場合、その
パックをカローセルから取り出して位置を確認します。
• 試薬パックが搭載済みでこの手順中に表示されない場
合は、テクニカルサポートに連絡してください。
• テクニカルサポートが間違ってセットされた試薬パッ
クを確認した場合、パックを回収します。
3. 場所を確認した後、試薬パックを再度取り付けます。
4. テストを繰り返します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-29
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
患者検体 トラブルシューティング ( 続き )
状態
項目結果に予期し
ない変動
予想原因
期限切れ試薬パック
対処方法
1. 試薬一覧 画面で試薬パックの有効期限を確認します。
2. 期限切れの試薬パックを取り出し、新しい試薬パックを
取り付けます。
• 新しい試薬パックのロット番号が期限切れのパックと
異なる場合は、項目のキャリブレーションをやり直し
てください。
3. テストを繰り返します。
項目キャリブレーション期
限切れ
1. 補給品 画面の試薬パック ボタンを確認します。ロット番
号が赤くなっている場合、キャリブレーションは期限切
れです。
2. 測定結果を表示します。期限切れのキャリブレーション
で計算された測定結果には、すべてフラグが付きます。
3. 項目を再キャリブレーションします。
4. テストを繰り返します。
精度管理(QC)が予防メン
テナンスまたは修理の後に
実行されない
1. QC を実行します。
2. 確立されている検査室手順に従い、任意の範囲外 QC 測
定結果を評価します。
3. 任意の測定結果フラグのトラブルシューティングを行
い、必要に応じてアッセイを再キャリブレーションしま
す。
4. テストを繰り返します。
汚染された洗浄液
1. テクニカルサポートに連絡し、洗浄液リザーバを洗浄す
る必要があるかどうか確認してください。
2. テクニカルサポートが必要であると確認した場合は、洗
浄液リザーバを洗浄します。
3. システム チェック結果が許容範囲内の場合 :
• 項目を再キャリブレーションします。
• コントロールの測定を行い、テストを繰り返してくだ
さい。
4. システム チェックの結果が許容範囲外の場合は、テクニ
カルサポートに連絡してください。
測定を通じて値を
増加
装置上の時間が長すぎたた
め患者検体が蒸発
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1. 各患者検体の新しいアリコートを取り付けます。
2. テストを繰り返します。検体を装置に取り付けた後、1
時間以内に RV にピペットしてください。3 mL 検体容器
からの検体を、取り付け後 2 時間以内に RV にピペット
してください。
7-30
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
測定結果フラグ
次の表を参考にして、致命的 ( 結果は計算されません ) または非致命的 ( 結果は計算されますが、結
果に状況が存在します ) 測定結果フラグのトラブルシューティングを行ってください。
注記
システムは、検体報告書に同一測定結果フラグを 2 回印刷することがあります。重複したフラグ
は無視してください。
致命的フラグ
致命的フラグ
CCR
説明
結果を生成できませんでした。
理由は、:
• 含まれていたテストのうちの
1つが、結果を生成しなかっ
た。
• 確認テスト結果が算定されな
かった 定性テストおよび確認
テストの検体は同時に吸引さ
れたものではないので、この
ようなことがよく生じます。
• 他のエラーでシステムが結果
を生成できない場合。
対処方法
1. 次の処置のうちから一つを実行します:
• 派生結果以外の結果については、ステップ 2 に進みま
す。
• 派生測定結果について、各測定結果を検証します。結
果が失敗だった場合は、その結果のフラグに従ってト
ラブルシューティングをおこないます。
2. このイベントに類似した日付と時間のエラー イベントに
従い、イベント ログを検証し、トラブルシューティング
を行います。
3. 測定を繰り返します。
• 派生測定結果について、派生測定結果計算式に含まれ
るすべてのテストを繰り返します。
• 確認結果については、確認テストおよび定性テストを
繰り返します。
4. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連絡し
てください。
CLT
障害物が検知されました。
1. このイベントに類似した日付と時間のエラー イベントに
従い、イベント ログを検証し、トラブルシューティング
を行います。
2. 測定を繰り返します。
3. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連絡し
てください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-31
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
致命的フラグ ( 続き )
致命的フラグ
IND
説明
対処方法
• 正スロープ キャリブレーショ
ン カーブを使用するサンドイッ
チ アッセイに関して、結果は濃
度カーブの低い側にあり RLU
読み取り値が低すぎるために
システム故障と区別できませ
ん。
1. 以下の基準、検体の希釈および再測定に適合する IND フ
ラッグが付いた測定結果に対して:
• 負のスロープ キャリブレー
ション カーブを使用する競合
アッセイに関して結果は:
• 濃度カーブの高い側にあり
RLU 読み取り値が低すぎる
ためにシステム故障と区別
できません。あるいは
• 濃度カーブの低い側にあり
RLU 読み取り値が高すぎる
ためにシステム故障と区別
できません。
• 結果は競合アッセイにあり、および
• 検体希釈がアッセイに対して許可されており、かつ
• 検体 RLU が低い。
試薬取扱説明書を参照してアッセイの種類および検体
希釈が許可されているか決定します。
2. このイベントの直前に日付と時刻のエラーイベントのイ
ベント ログをレビューしてシステムの問題を解決しま
す。適切にトラブルシュートします。
3. システムの問題を解決して、IND フラッグイベントが唯
一の問題である場合、影響を受けたアッセイの再キャリ
ブレーションが問題を解決する可能性があります。
• 新しい試薬パックおよび新しいキャリブレータセット
を使用してアッセイを再キャリブレーションします。
• QC を実行します。
• 影響を受けた検体で測定を繰り返します。
• IND フラッグが続く場合、テクニカルサポートに連絡
します。
NCR
QNS
QSD
結果が処理されたとき、この試
薬ロットにキャリブレーション
データが存在しませんでした。
1. 項目をキャリブレートします。
検体容量が不十分です。この検
体には追加テストは予定できま
せん。すでに予定済みのテスト
は完了します。
1. イベント ログの QNS イベントのトラブルシューティン
グに従ってください。
不十分な試薬ボリュームが RV
に分注されました。
1. このイベントに類似した日付と時間のエラー イベントに
従い、イベント ログを検証し、トラブルシューティング
を行います。
2. テストを繰り返します。
2. テストを繰り返します。
3. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連絡し
てください。
2. キャンセルされたテストを再実行します。
3. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連絡し
てください。
RLU
相対発光量 (RLU) が、ルミノ
メータ測定可能範囲外です。
1. このイベントに類似した日付と時間のエラー イベントに
従い、イベント ログを検証し、トラブルシューティング
を行います。
2. テストを繰り返します。
3. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連絡し
てください。
SYS
処理中にデバイスエラーが発生
しました。
1. このイベントに類似した日付と時間のエラー イベントに
従い、イベント ログを検証し、トラブルシューティング
を行います。
2. テストを繰り返します。
3. 問題が解決しない場合は、テクニカルサポートに連絡し
てください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-32
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
致命的フラグ ( 続き )
致命的フラグ
TRI
説明
インキュベータの温度が許容範
囲外でした。温度が範囲外で
あった時間内にインキュベート
されたテストはすべてフラグが
付きます。
対処方法
1. メンテナンス確認 画面 でインキュベータ温度を確認し
てください。温度が許容範囲の範囲外の場合、許容範囲
内になるまで、この画面で定期的にインキュベータ温度
を監視してください。
• システムが再起動されたり、装置カバーが開けられた
ばかりの場合は、温度が標準に戻るまで 30 分ほど待
ちます。
• システムが再始動されたばかりの場合は、温度が標準
に戻るまで 1 時間ほど待ちます。
2. インキュベータの温度が許容範囲内の場合、テストを繰
り返します。
3. 温度が標準に戻らない場合または問題が解決しない場合
は、テクニカルサポートに連絡してください。
TRS
分注時の基質液の温度が許容範
囲の範囲外でした。
1. メンテナンス確認 画面で基質液温度を確認してくださ
い。温度が許容範囲の範囲外の場合、許容範囲内になる
まで、この画面で定期的に基質液温度を監視してくださ
い。
• システムが再起動されたり、装置カバーが開けられた
ばかりの場合は、温度が標準に戻るまで 30 分ほど待
ちます。
• システムが再始動されたばかりの場合は、温度が標準
に戻るまで 1 時間ほど待ちます。
2. 基質液の温度が許容範囲内の場合、テストを繰り返しま
す。
3. 温度が標準に戻らない場合または問題が解決しない場合
は、テクニカルサポートに連絡してください。
TRW
洗浄 / 読み取り カローセルの温
度が許容範囲外でした。温度が
範囲外であった時間内に洗浄 /
読み取り カローセルにあった
RV のテストは、すべてフラグが
付きます。
1. メンテナンス確認 画面で洗浄 / 読み取りカローセルの温
度をチェックします。温度が許容範囲の範囲外の場合、
許容範囲内になるまで、この画面で定期的に洗浄 / 読み
取り カローセルの温度を監視してください。
• システムが再起動されたり、装置カバーが開けられた
ばかりの場合は、温度が標準に戻るまで 30 分ほど待
ちます。
• システムが再始動されたばかりの場合は、温度が標準
に戻るまで 1 時間ほど待ちます。
2. 洗浄 / 読み取り カローセルの温度が許容範囲内の場合、
テストを繰り返します。
3. 温度が標準に戻らない場合または問題が解決しない場合
は、テクニカルサポートに連絡してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-33
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
非致命的フラグ
非致命的フラグ
CEX
CRH ( 基準範囲
の上限値以上 )
説明
対処方法
キャリブレーション カーブまた
はカットオフ値が期限切れです。
1. 項目の再キャリブレーション
結果が、クリティカル値範囲の
上限を超えています。
これは有効な測定結果です。対処方法は必要ありません。
2. テストを繰り返します。
精度管理またはキャリブレー
ションには該当しません。
CRL ( 基準範囲
の下限値以下 )
結果が、クリティカル値範囲の
下限を下回っています。
これは有効な測定結果です。対処方法は必要ありません。
精度管理またはキャリブレー
ションには該当しません。
EXS
基質液が期限切れです。
1. 補給品 画面で基質液ボトルを変更します。
2. テストを繰り返します。
GRY ( グレイ
ゾーン )
定性測定の場合は、結果は指定
されたグレイゾーン ( 疑わしい
領域 ) 内にあります。
LOW
APF ( アッセイ プロトコル ファ
イル ) で定義されている報告書
可能な最低結果値よりも、結果
が下回っています。
対処方法は必要ありません。
LEX
試薬パックロットが期限切れで
す。
1. 期限切れの試薬パックを取り出し、新しい試薬パックを
取り付けます。
これは有効な測定結果です。対処方法は必要ありません。
ある場合には、S/CO 値がグレイゾーンの上限または下限に
あるように見えグレイゾーンの範囲内に収まらないと予測
される場合、結果に GRY フラグが付くことがあります。ま
た、複数の結果で S/CO が同じなのに、一部の結果にのみ
GRY フラグが付くこともあります。その理由は、GRY を
はじめとするテスト結果フラグが、S/CO が最終的に小数第
二位に四捨五入される前に適用されるからです。こうした
状態を望まない場合は、技術サポートセンターに連絡し、
グレーゾーン限界の設定方法をお問い合わせください。
• 新しい試薬パックのロット番号が期限切れのパックと
異なる場合は、項目のキャリブレーションをやり直し
てください。
2. テストを繰り返します。
LRH
結果が、LIS 範囲の上限を超え
ています。システムは、このフ
ラグの付いた結果は LIS に送信
しません。
注:
1. 結果を検証してください。
2. 次のいずれかの作業を実行してください :
• 測定結果をマニュアルで LIS に送信します。
• 結果を削除してテストを繰り返します。
• このフラグは、LIS に自動送
信 オプションが確認 に設定さ
れている場合のみ表示されま
す。
• このフラグは、定量測定、半
定量測定、および派生結果の
場合のみ使用されます。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-34
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
非致命的フラグ ( 続き )
非致命的フラグ
LRL
説明
結果が、LIS 範囲の下限を下
回っています。システムは、こ
のフラグの付いた結果は LIS に
送信しません。
注:
対処方法
1. 結果を検証してください。
2. 次のいずれかの作業を実行してください :
• 測定結果をマニュアルで LIS に送信します。
• 結果を削除してテストを繰り返します。
• このフラグは、LIS に自動送
信 オプションが確認 に設定さ
れている場合のみ表示されま
す。
• このフラグは、定量測定、半
定量測定、および派生結果の
場合のみ使用されます。
ORH
結果が、リ基準値範囲範囲の上
限を超えています。
対処方法は必要ありません。
精度管理またはキャリブレー
ションには該当しません。
ORL
結果が、基準値範囲の下限を下
回っています。
対処方法は必要ありません。
精度管理またはキャリブレー
ションには該当しません。
OVR
算出された濃度は、最も濃度の
高いキャリブレータを上回って
います。このフラグは、定量測
定および半定量測定の場合のみ
使用されます。
1. このイベントに類似した日付と時間のエラー イベントに
ついて、イベント ログを検証します。
• イベントが発生していた場合は、トラブルシューティ
ングを行います。
2. 次のいずれかの作業を実行してください :
• イベントが発生してトラブルシューティング手順を実
行した場合は、コントロールの測定を行い、測定を繰
り返してください。
•
コントロールが範囲内にあり、最も高いキャリブ
レータ値(>X)を上回る測定結果が報告された場
合は、検体を希釈することができます。アッセイを
希釈できるかは、試薬使用説明をご覧ください。
•
コントロールが範囲外の場合は、トラブルシュー
ティングの指示に従います。
• イベントが発生していない場合は、以下のいずれかの
作業を行います :
•
測定結果が >X と報告された場合は、検体を希釈す
ることができます。アッセイを希釈できるかは、試
薬使用説明をご覧ください。希釈ができる場合は、
希釈してテストを繰り返してください。
•
希釈できない場合は、作業は必要ありません。
3. 結果について質問がある場合、または問題が解決しない
場合は、テクニカルサポートにご連絡ください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
7-35
Access 2 使用説明書
7: トラブルシューティング
非致命的フラグ ( 続き )
非致命的フラグ
PEX
説明
対処方法
この試薬パックの、開封済み
パック安定時間が経過しました。
パックが最初に穴をあけられた
時点から、これは測定されます。
1. 期限切れの試薬パックを取り出し、新しい試薬パックを
取り付けます。
• 新しい試薬パックのロット番号が期限切れのパックと
異なる場合は、項目のキャリブレーションをやり直し
てください。
2. テストを繰り返します。
QCF
精度管理上、1 つ以上の QC ルー
ル違反があります。
1. QC チャートおよびデータ画面を表示して、どの基準に
違反しているかを確認します。
2. 精度管理トラブルシューティング アッセイの説明に従い
ます。
QEX
精度管理 ロット が期限切れに
なっています。
1. 期限が切れていない新しい精度管理ロットを追加しま
す。
2. テストを繰り返します。
RFX
結果が 反射テストのものです。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
これは有効な測定結果です。対処方法は必要ありません。
7-36
Access 2 使用説明書
8: 操作原理
8 操作原理
Access 2 イムノアッセイシステムは、体腔液検体に対して幅広いイムノアッセイを実施する自動化
されたアナライザーである。Access 2 システムでは、検体ラックのポジションに検体を割り当て、検
体の項目リクエストを入力してから、装置に検体ラックを取り付けるという処理が行われます。
反応チューブ (RV) の搬送
装置は、以下の段階にしたがって RV を移動します。
ࡇࡍ࠶࠹ࠖࡦࠣ
RV ߇RV ⵬⛎߆ࠄ
ࡇࡍ࠶࠹ࠖࡦࠣࡐ࡚ࠫࠪࡦߦ
⒖േߒ߹ߔ
2ࠬ࠹࠶ࡊࠕ࠶࠮ࠗߦߪ‫ޔ‬
ᬌ૕߹ߚߪ⹜⮎ߩㅊടߩߚ߼ߦ
ࡇࡍ࠶࠹ࠖࡦࠣࡐ࡚ࠫࠪࡦߦ
RV ࠍᚯߔ߽ߩ߽޽ࠅ߹ߔ
ࠗࡦࠠࡘࡌ࡯࡚ࠪࡦ
RV߇ࡇࡍ࠶࠹ࠖࡦࠣ
ࡐ࡚ࠫࠪࡦ߆ࠄ
ࠗࡦࠠࡘࡌ࡯࠲ࡌ࡞࠻ߦ
⒖േߒ߹ߔ
ᵞᵺ
RV߇ࠗࡦࠠࡘࡌ࡯࠲
ࡌ࡞࠻߆ࠄᵞᵺ⺒ߺขࠅ
ࠞࡠ࡯࠮࡞ߩᵞᵺ
ࡐ࡚ࠫࠪࡦߦ⒖േߒ߹ߔ
2ࠬ࠹࠶ࡊࠕ࠶࠮ࠗߦߪ‫ޔ‬
ᬌ૕߹ߚߪ⹜⮎ߩㅊടߩߚ߼ߦ
ࡇࡍ࠶࠹ࠖࡦࠣࡐ࡚ࠫࠪࡦߦ
RV ࠍᚯߔ߽ߩ߽޽ࠅ߹ߔ
ၮ⾰ᶧㅊട
ᵞᵺࡐ࡚ࠫࠪࡦ߆ࠄ
ၮ⾰ᶧㅊടࡐ࡚ࠫࠪࡦߦ
RV߇⒖േߒ߹ߔ
࡞ࡒࡁࡔ࡯࠲
⺒ߺขࠅ
RV ߇ၮ⾰ᶧ߆ࠄ
࡞ࡒࡁࡔ࡯࠲ࡐ࡚ࠫࠪࡦߦ
⒖േߒ߹ߔ
ࠗࠫࠚ࡚ࠢࠪࡦ
RV ߇࡞ࡒࡁࡔ࡯࠲߆ࠄ
ࠗࡦࠠࡘࡌ࡯࠲ࡌ࡞࠻ߦ
⒖േߒ‫ޔ‬RV ᑄ᫈ࡃ࠶ࠣߦ
ࠗࠫࠚࠢ࠻ߐࠇ߹ߔ
0506A.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
8-1
Access 2 使用説明書
8: 操作原理
アッセイの特性
以下を含むアッセイの特性に関する情報は、各アッセイの試薬の取扱説明書を参照のこと。
•
試薬の組成、保管、および取り扱いに関する注意事項
•
分析性能
•
検体の取り扱い
•
キャリブレータの特性およびキャリブレーション間隔
•
キャリブレータおよび管理トレーサビリティ
アッセイ キャリブレーション理論
アッセイ キャリブレーションは、装置で患者検体や精度管理検体の測定結果のレポートにシステム
が使用する値を確立するために使用されます。
測定結果をレポートする際、システムはリクエストされている各テストについて、現在のキャリブ
レーションをリクエストします。必要なキャリブレータの数、数式モデル、その他すべてのキャリ
ブレーション パラメータは、各アッセイの項目プロトコル ファイル (APF) と、ユーザが新しいキャ
リブレータ セットを設定したときにシステムに入力した情報により、定義されます。
Access 2 システムは、以下のアッセイ キャリブレーションを行います。
定量
キャリブレータ測定結果には、マルチポイントのキャリブレーション
カーブが表示されます。システムは、キャリブレーション カーブを用いて
RLU の測定結果を検体濃度に変換し、結果を数値単位で表します。
半定量
キャリブレータ測定結果には、マルチポイントのキャリブレーション
カーブが表示されます。システムは、キャリブレーション カーブを用いて
RLU の測定結果を検体濃度に変換し、結果を数値単位で表します。これら
のアッセイは、定量結果を定性結果に解釈し、反応、非反応、または不明
確、などのようにレポートする場合もあります。
定性
キャリブレータ測定結果には、事前定義済みの式を基準にしたカットオフ
値が提示されます。システムは、測定結果とカットオフ値を比較し、検体
に対し反応または非反応に結果を分類します。
予想精度の計算
許容できるキャリブレーション カーブが取得できたら、システムはカーブ周辺のエラー バンドを計
算します。この計算は、カーブからキャリブレーション データ ポイントまでの距離を基準にしま
す。システムは、キャリブレーション データと数式モデルの形を用いて、事前定義済みの検体濃度
における精度を予測します。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
8-2
Access 2 使用説明書
8: 操作原理
予想精度を定義されている限度と比較
システムは、算出された予想精度を APF で定義されている限度と比較します。いずれかの検体濃度
の結果がエラー バンドにより定義されている許容範囲の範囲外にある場合、キャリブレーションは
失敗です。
2
1
4
3
1
2
3
4
精度
エラー バンド ( エラー バンドの幅は図解用に誇張されています )
X 軸 : 検体濃度
Y 軸 : RLU
測定結果の計算
システムが検体の検体濃度を判断するためには、現在の ( 承認されている ) キャリブレーション
カーブが必要です。患者検体または精度管理検体にテストを行う場合、システムは RLU を測定して
から、キャリブレーション カーブを使用してその結果を検体濃度に変換します。
障害物検知の理論
Access 2 装置圧力モニタの装備された装置は、検体を吸引しながら、検体吸引に必要な圧力をモニ
タすることによって 1 次プローブの障害物を検知できます。
検体吸引に必要な圧力が許容しきい値を越えた場合、測定はキャンセルされて CLT ( 障害物 ) 致命
的フラグが付けられ、イベントが記録されます。同じ検体で失敗が連続 2 回発生した場合、その検
体の残りの測定はキャンセルされます。失敗が連続 5 回発生した場合、システムは定期測定を停止
し、処理中の測定が完了したときに準備未完了モードになります。オペレータはシステムを初期化
し、確認して洗浄し、または必要に応じてプローブを交換してください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
8-3
Access 2 使用説明書
8: 操作原理
圧力モニタ基準値カーブの決定
システムは異なる 2 つの検体容量について圧力プロファイルを測定することにより、圧力モニタの
基準値カーブを決定します。基準値カーブは、任意の検体容量の予測圧力プロファイル識別に使用
されます。
基準値カーブは、障害物検知ハードウェアがインストールされている場合に決定されます。メイン
ピペッタの障害物を除去した後、メイン ピペッタ、圧力センサ、関連チューブを交換した後、トラ
ブルシューティング説明に従った後、またはテクニカル サポート担当者の指示によって新しいカー
ブを決定します。
注記
基準カーブは圧力モニタの機能でもある、試薬パックモニタリングに影響しません。
障害物検知のフローチャート
ᬌ૕䈱ๆᒁ
㓚ኂ‛䈏
ᬌ⍮䈘䉏䈢㪖
޿޿߃
ᬌ૕䉕ಣℂ
䈲䈇
᷹ቯ䉕䉨䊞䊮䉶䊦䈚䇮䊒䊨䊷䊑䉕ᵞᵺ䈚䇮
ⷐᵈᗧ䉟䊔䊮䊃䉕⸥㍳䈚䇮᷹ቯ䈮㩷&/7㩷
䊐䊤䉫䉕ㆡ↪
ห䈛ᬌ૕䈮
ㅪ⛯䈚䈢㩷䈧䈱㩷
&/7㩷䊐䊤䉫䉕ㆡ
↪㪖㩷㩷
޿޿߃
ㅪ⛯䈚䈢㩷
䈧䈱㩷&/7㩷䊐䊤䉫
䉕ㆡ↪㪖
޿޿߃
䈲䈇
䈲䈇
ᱷ䉍䈱᷹ቯ䉕䈜䈼䈩䉨䊞䊮䉶䊦䈚䇮
䊒䊨䊷䊑䉕ᵞᵺ䈚䇮ⷐᵈᗧ䉟䊔䊮䊃
䉕⸥㍳䈚䇮ᬌ૕䈮㩷&/7㩷䊐䊤䉫䉕ㆡ↪
⥌๮⊛ⷐᵈᗧ䉟䊔䊮䊃䉕⸥㍳ᣂ䈚䈇᷹ቯ
䈱੍ቯ䉕ਛᱛಣℂਛ䈱᷹ቯ䉕ቢੌ䈚䇮
Ḱ஻ᧂቢੌ䊝䊷䊄䈮ᄌ䈋䉎
ᰴ䈱᷹ቯ䈱ಣℂ䉕⛮⛯
ᰴ䈱ᬌ૕䈱ಣℂ䉕⛮⛯
1030A.svg
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
8-4
Access 2 使用説明書
A: 感温アッセイ
A 感温アッセイ
下に一覧表示した Access アッセイは Access 2 システムの室温の変化の影響を受けます。アッセイが
キャリブレーションされた温度から室温が著しく変化する場合、所与のサンプル測定結果は変わる
ことがあります。アッセイによって、室温の増減は測定結果の増減の原因になります。測定結果の
変化の大きさおよび方向を表に示します。
室温の変化が制限されたキャリブレーション温度範囲を超える場合、サンプルをテストする前に
アッセイを新しい温度でキャリブレーションする必要があります。新しい室温でのこれらのアッセ
イの再キャリブレーションはサンプル測定結果の変化の大きさを限定します。
影響を受けた各アッセイに対して、Beckman Coulter はアッセイをキャリブレーションして測定する
制限されたキャリブレーション温度範囲を確立しました。この範囲内で、温度によるアッセイ測定
結果の変化はアッセイの許容可能な性能特性範囲内に収まると期待されています。
製品 #*
33600
製品 *
Access Cortisol
BNP†
98200
Access
A49752
Access Hybritech p2PSA
温度が増加すると、
アッセイ測定結果は
…
制限されたキャリブ
レーション温度範囲
測定結果の許容
可能な % 変化
±4 °C (±7.2 °F)
±12%
増加
±4 °C (±7.2 °F)
±9%
減少
±6 °C (±10.8 °F)
±16.9%
減少
B03704
*
†
これらのアッセイが居住国で使用できるかどうかは、規制当局への届出状況によります。特定のアッセ
イの使用可能性に質問がある場合最寄りの Beckman Coulter 代理店にご連絡ください。
製品番号 98200 の販売および流通は、Quidel Corporation から Beckman Coulter に移管された。一部の国
のお客様は、移行期間中、引き続き Quidel Triage BNP ラベルの製品を受け取る場合がある。両製品の
調製は同一である。
Access 2 システムは室温が表で識別されるアッセイに対して元のキャリブレーション温度から変化
する場合室温をモニターしたりオペレーターにアラートしません。貴施設では、システム操作中の
温度をモニターおよび確認する手順を確立していることを確実にしてください。精度管理ではアッ
セイ測定結果の温度関連の変化を検出しないことがあります。また温度をモニターする代わりに使
用できません。
貴施設が必須温度範囲を維持できない場合、施設外に測定結果を報告しないでください。温度モニ
タリングおよびコントロールに関する詳細な提案については Beckman Coulter にご連絡ください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
A-1
Access 2 使用説明書
B: 製品案内
B 製品案内
アッセイ別試薬
これらのアッセイが居住国で利用できるかどうかは、規制当局への届出状況によります。さらに、
アッセイによりすべてのシステムで利用できない場合があります。特定のアッセイの使用可否に関
する質問についてはベックマン コールター代理店にお問い合わせください。
アッセイ固有の試薬を入手するには:
•
米国またはカナダのお客様は、Beckman Coulter カスタマーサービス 1-800-526-3821 にご連絡く
ださい。
•
米国、カナダ以外のお客様は、お近くの Beckman Coulter 代理店にご連絡ください。
Access アッセ
イの名前
副腎 / 下垂体
Cortisol
分析物
コルチゾール
製品
番号
EPO
試薬
33605
キャリブレータ
2x50 テスト
6x4.0 mL
希釈液 (S0)
1x4.0 mL
試薬
2x50 テスト
6x2.0 mL
ホロトランスコバラミン C01772
(holoTC)
C01773
エリスロポエチン
Ferritin /
フェリチン
Diluted Ferritin
Folate / Red
Blood Cell
(RBC) Folate
葉酸、葉酸塩
Intrinsic Factor 内因子遮断抗体
Ab
sTfR
キャリブレータ
100
8
100
4
C01774
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3.0 mL
A16364
試薬
2x50 テスト
100
A16365
キャリブレータ
合計 6 S0 @ 10 mL
S1-S5 @ 2.5 mL
5
33020
試薬
100
33025
キャリブレータ
2x50 テスト
6x4.0 mL
100
8
A98032
試薬
A98033
キャリブレータ
2x50 テスト
6x4.0 mL
A99250
希釈液 (S0)
1x4.0 mL
A14206
溶血剤
2x100 mL
387992
試薬
387993
キャリブレータ
2x50 テスト
2x4.0 mL
387999
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x4.0 mL
試薬
2x50 テスト
100
キャリブレータ
合計 6 , S0 @ 4 mL
S1-S5 @ 2.5 mL
5
可溶性トランスフェリン A32493
受容体
A32494
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
容量
33600
33606
貧血
Active-B12*
内容
テスト回数 また
は キャリブレー
ション回数 (@
500 µL/ キャリブ
レーション )
B11056
QC1 ( コントロール ) 1 レベル ,
各 2x2.5 mL
B11057
QC2 と QC3
( コントロール )
8
100
16
2 レベル ,
各 2x2.5 mL
B-1
Access 2 使用説明書
Access アッセ
イの名前
Vitamin B12
血液ウイルス
HAV Ab*
HAV IgM*
B: 製品案内
分析物
ビタミン B12;
コバラミン
A 型肝炎ウイルス抗体
製品
番号
HBc IgM*
試薬
33005
キャリブレータ
2x50 テスト
6x4.0 mL
33006
希釈液 (S0)
1x4.0 mL
34200
試薬
34205
キャリブレータ
2x50 テスト
5x2.0 mL
34209
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x3.5 mL
試薬
2x50 テスト
2x1.0 mL
A 型肝炎ウイルス IgM 抗 34210
体
34215
HBs Ab*
B 型肝炎ウイルスコア抗 34240
体
34245
B 型肝炎ウイルスコア
IgM 抗体
HCV Ab
PLUS*,†
HCV Ab V3*,†
HIV Combo*,†
試薬
2x50 テスト
2x1.0 mL
キャリブレータ
2x50 テスト
2x1.0 mL
34250
試薬
34255
キャリブレータ
34259
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
試薬
2x50 テスト
6x2.5 mL
B 型肝炎ウイルス表面抗 A24291
原
A24292
B 型肝炎ウイルス表面抗 A24295
原(確認)
34330
抗 C 型肝炎ウイルス抗
体
34335
キャリブレータ
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x3.5 mL
試薬
2x50 テスト
2x2.7 mL
キャリブレータ
8
100
4
100
2
100
2
100
2
100
5
100
5
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x4.0 mL
確認
2x50 テスト
100 (50 患者標本 )
試薬
2x50 テスト
2x1.0 mL
100
キャリブレータ
2
34339
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
B33458
試薬
2x50 テスト
100
B33459
キャリブレータ
2 レベル ,
各 1x1.0 mL
4
B33460
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 2x3.5 mL
試薬
2x50 テスト
2x1.7 mL
A59428
HIV-1/O/2 に対抗する
HIV p24 抗原および抗体 A59429
A59430
B22822
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
2 レベル ,
各 3x2.0 mL
B 型肝炎ウイルス表面抗 A24296
体
A24297
抗 C 型肝炎ウイルス抗
体
QC ( コントロール )
QC ( コントロール )
A24294
HBs Ag
Confirmatory*
キャリブレータ
34249
A24298
HBs Ag*
容量
33000
34219
HBc Ab*
内容
テスト回数 また
は キャリブレー
ション回数 (@
500 µL/ キャリブ
レーション )
100
キャリブレータ
QC1, QC2, QC3
( コントロール )
QC4, QC5
( コントロール )
100
3
3 レベル ,
各 2x4.4 mL
2 レベル ,
各 2x4.4 mL
B-2
Access 2 使用説明書
Access アッセ
イの名前
骨代謝
Intact PTH
Ostase
Ultrasensitive
hGH
B: 製品案内
分析物
副甲状腺ホルモン、イン A16972
タクト(ルーチンモード A16953
および術中モード)
骨アルカリホスファター 37300
ゼ
B83876
成長ホルモン
25(OH)
25(OH)ビタミン D
Vitamin D Total
循環器系
BNP**
CK-MB
Digoxin
hsTnI
Myoglobin
糖尿病
C-Peptide
Ultrasensitive
Insulin
感染症
CMV IgG*
製品
番号
BNP
高感度トロポニン I
キャリブレータ
試薬
キャリブレータ
2x50 テスト
6x2.5 mL
100
2
5
2 レベル , 各 4.0 mL
試薬
2x50 テスト
6x2.0 mL
100
2x50 テスト
6x1.4 mL
100
33585
キャリブレータ
B24838
試薬
B24839
キャリブレータ
4
2
98200
試薬
98202
キャリブレータ
98201
QC ( コントロール )
3 レベル ,
各 2 x 2.5 mL
試薬
2x50 テスト
6x2.0 mL
100
100
キャリブレータ
2x50 テスト
6x1.5 mL
33710
試薬
33715
キャリブレータ
2x50 テスト
6x4.0 mL
100
3
4
8
33716
希釈液
1x4.0 mL
B52699
試薬
2x50 テスト
100
B52700
キャリブレータ
( 米国外のみ )
合計 7 ;
S0-S2 @ 1.5 mL;
S3-S7 @ 1.0 mL
2
C26909
キャリブレータ
( 米国のみ )
合計 7 ;
S0-S2 @ 1.5 mL;
S3-S7 @ 1.0 mL
2
2x50 テスト
6x1.0 mL
100
2 x 50 テスト
6 x 2.0 mL
100
973243
試薬
キャリブレータ
C ペプチド
C33451
試薬
C31860
キャリブレータ
インスリン
33410
試薬
33415
キャリブレータ
サイトメガロウイルス抗 A40702
体、IgG
A40703
サイトメガロウイルス抗 A40705
体、IgM
A40706
A40707
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
100
QC ( コントロール )
973244
ミオグロビン
2x50 テスト
6x1.0 mL
33580
A40704
CMV IgM*
試薬
容量
B83877
クレアチンキナーゼ、ア 386371
イソザイム MB
386372
ジゴキシン
内容
テスト回数 また
は キャリブレー
ション回数 (@
500 µL/ キャリブ
レーション )
試薬
キャリブレータ
100
2x50 テスト
6x1.0 mL
100
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
試薬
2x50 テスト
2x1.0 mL
QC ( コントロール )
4
2x50 テスト
6x2.0 mL
QC ( コントロール )
キャリブレータ
2
4
2
100
2
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
B-3
Access 2 使用説明書
Access アッセ
イの名前
Rubella IgG
Rubella IgM*
SARS-CoV-2
IgG††
SARS-CoV-2
IgG II††
SARS-CoV-2
IgM††
Toxo IgG
Toxo IgM II
炎症
IL-6††
性ホルモン
AFP / Diluted
AFP
B: 製品案内
分析物
風疹抗体、IgG
風疹抗体、IgM
SARS-CoV-2 IgG
SARS-CoV-2 IgG
SARS-CoV-2 IgM
トキソプラスマ抗体、
IgG
トキソプラスマ抗体、
IgM
インターロイキン -6
α フェトプロテイン
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
製品
番号
内容
容量
34430
試薬
34435
キャリブレータ
34439
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
A32937
試薬
34445
キャリブレータ
2x50 テスト
4x1.0 mL
34449
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
2x50 テスト
6x1.0 mL
C58961
試薬
C58963
キャリブレータ
2x100 テスト
2 x 2.0 mL
C58964
QC ( コントロール )
( 陽性/陰性 )
2 レベル , 各 3 x
4.0 mL
C69057
試薬
2 x 100 テスト
6 x 2.0 mL
テスト回数 また
は キャリブレー
ション回数 (@
500 µL/ キャリブ
レーション )
100
2
100
2
200
4
200
C69058
4
キャリブレータ
C69059
QC ( コントロール )
2 レベル , 各 3 x
4.0 mL
C58957
試薬
C58958
キャリブレータ
2 x 100 テスト
2 x 2.0 mL
C58959
QC ( コントロール )
( 陽性/陰性 )
2 レベル , 各 3 x
4.0 mL
A31588
試薬
A31589
キャリブレータ
2x50 テスト
6x1.0 mL
A31590
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
34470
試薬
34475
キャリブレータ
2x50 テスト
2x1.5 mL
34479
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x3.5 mL
A16369
試薬
2x50 テスト
A16370
キャリブレータ
合計 6 , S0 @ 4.0 mL 5
S1-S5 @ 2.5 mL
A16371
QC ( コントロール )
3 レベル ,
各 2x2.5 mL
33211
300 テストキット
キャリブレータを含
む
6x50 テストキャリ
ブキャリブレータ
7x2.5 mL
300
5
33210*
100 テストキット
( 米国外のみ )
2x50 テスト
100
33215*
キャリブレータ (100
テストキット用 )
7x2.5 mL
5
33216
希釈液
1x14.0 mL
200
4
100
2
100
3
100
B-4
Access 2 使用説明書
Access アッセ
イの名前
AMH
AMH
Advanced*
DHEA-S
hFSH
hLH
Inhibin A
PAPP-A*
Progesterone
Prolactin
B: 製品案内
分析物
抗ミュラー管ホルモン
(AMH)
抗ミュラー管ホルモン
(AMH)
製品
番号
黄体形成ホルモン
インヒビン A
試薬
B13128
キャリブレータ
2x50 テスト
6x2.0 mL
B13129
QC ( コントロール )
3 レベル , 各 2x2 mL
2 x 50 テスト
6 x 2.0 mL
プロラクチン
C62997
試薬
キャリブレータ
B13129
QC ( コントロール )
3 レベル , 各 2 x 2
mL
試薬
2x50 テスト
6x2.0 mL
100
2x50 テスト
6x4.0 mL
100
2x50 テスト
6x4.0 mL
100
2x50 テスト
7x2.5 mL
100
試薬
33525
キャリブレータ
33510
試薬
33515
キャリブレータ
A36097
試薬
A36098
キャリブレータ
A36100
QC ( コントロール )
3 レベル ,
各 2x2.5 mL
試薬
2x50 テスト
6x1.0 mL
非結合エストリオール
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
8
8
5
100
2
3 レベル ,
各 2x2.5 mL
33550
試薬
2x50 テスト
33555
キャリブレータ
合計 6 , S0 @ 4.0 mL 5
S1-S5 @ 2.5 mL
100
33556
希釈液 (S0)
1x4.0 mL
33530
試薬
2x50 テスト
33535
キャリブレータ
合計 6 , S0 @ 4.0 mL 5
S1-S5 @ 2.5 mL
B84493
試薬
2x50 テスト
B84494
キャリブレータ
合計 6 , S0 @ 4.0 mL 4
S1-S5 @ 2.0 mL
B97145
希釈液 (S0)
1x4.0 mL
試薬
2x50 テスト
6x1.0 mL
性ホルモン結合グロブリ A48617
ン
A48618
Unconjugated
Estriol
4
QC ( コントロール )
SHBG
Total hCG
hCG
(5thIS) / Diluted
Total hCG
(5th IS)
キャリブレータ
100
4
A48573
エストラジオール
全テストステロン
キャリブレータ
33520
Sensitive
Estradiol
Testosterone
4
B13128
妊娠関連血漿タンパク質 A48571
A48572
プロゲステロン
容量
B13127
デヒドロエピアンドロス A10826
テロンサルフェイト
A10827
卵胞刺激ホルモン
内容
テスト回数 また
は キャリブレー
ション回数 (@
500 µL/ キャリブ
レーション )
100
キャリブレータ
100
100
100
2
A48619
QC ( コントロール )
2 レベル , 各 3x2 mL
33560
試薬
100
33565
キャリブレータ
2x50 テスト
6x2.5 mL
A85264
試薬
キャリブレータ
2x50 テスト
6x4.0 mL
100
B11754
33570
試薬
33575
キャリブレータ
5
8
100
2x50 テスト
合計 7 , S0 @ 4.0 mL 5
S1-S6 @ 2.5 mL
B-5
Access 2 使用説明書
Access アッセ
イの名前
敗血症
PCT /
PCT-Diluted
甲状腺
Free T3
B: 製品案内
分析物
製品
番号
内容
プロカルシトニン
( 米国外のみ )
C22593*
試薬
C22594*
キャリブレータ
プロカルシトニン
( 米国のみ )
C53987
試薬
C53986
キャリブレータ
遊離トリヨードチロニン A13422
A13430
試薬
キャリブレータ
容量
テスト回数 また
は キャリブレー
ション回数 (@
500 µL/ キャリブ
レーション )
2x50 テスト
7x2.0 mL
100
2x50 テスト
7x2.0 mL
100
2x50 テスト
6x2.5 mL
100
2x50 テスト
6x2.5 mL
100
100
4
4
5
Free T4
遊離チロキシン
33880
33885
キャリブレータ
Thyroglobulin
サイログロブリン
33860
試薬
33865
キャリブレータ
2x50 テスト
6x2.0 mL
33866
希釈液
1x14.0 mL
100
2x50 テスト
合計 6 , S0 @ 4.0 mL 5
S1-S5 @ 2.5 mL
Thyroglobulin
Antibody II
サイログロブリン 抗体
Total T3
Total T4
A32898
試薬
A36920
キャリブレータ
トリヨードチロニン
33830
試薬
33835
キャリブレータ
チロキシン
33800
試薬
33805
キャリブレータ
Thyroid Uptake チロキシン結合能
TPO Antibody
2x50 テスト
6x4.0 mL
100
100
8
8
2x50 テスト
1 レベル , 6x1.0 mL
12
2x50 テスト
6x2.0 mL
100
キャリブレータ
2x100 テスト
6x2.5 mL
200
33211
300 テストキット
キャリブレータを含
む
6x50 テストキャリ
ブキャリブレータ
7x2.5 mL
300
5
33210*
100 テストキット
( 米国外のみ )
2x50 テスト
100
33215*
キャリブレータ (100
テストキット用 )
7x2.5 mL
5
33216
希釈液
1x14.0 mL
387620
試薬
キャリブレータ
2x50 テスト
6x1.5 mL
100
387647
33200
試薬
キャリブレータ
2x50 テスト
6x2.5 mL
100
33205
33206
希釈液
1x4.0 mL
33209
QC ( コントロール )
2 レベル ,
各 3x2.5 mL
α フェトプロテイン
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
100
キャリブレータ
腫瘍マーカー
AFP / Diluted
AFP
癌胎児抗原
2x50 テスト
6x4.0 mL
試薬
甲状腺刺激ホルモン、チ B63284
ロトロピン
B63285
CEA
4
33815
甲状腺ペルオキシダーゼ A12985
抗体
A18227
癌抗原 15-3
5
33810
TSH (3rd IS)/
Diluted TSH
(3rd IS)
BR Monitor
試薬
試薬
キャリブレータ
試薬
4
5
3
5
B-6
Access 2 使用説明書
Access アッセ
イの名前
B: 製品案内
分析物
製品
番号
内容
容量
GI Monitor
癌抗原 19-9
387687
387688
キャリブレータ
Hybritech PSA
前立腺特異抗原
37200
試薬
37205
キャリブレータ
2x50 テスト
6x2.5 mL
37206
希釈液
1x14.0 mL
Hybritech free
PSA
遊離前立腺特異抗原
Hybritech
p2PSA
[-2]proPSA
OV Monitor
癌抗原 125
研究目的のみ (RUO)
IL-6 (RUO)
インターロイキン -6
試薬
2x50 テスト
6x2.5 mL
テスト回数 また
は キャリブレー
ション回数 (@
500 µL/ キャリブ
レーション )
100
5
100
5
37209
QC ( コントロール )
3 レベル , 各 5.0 mL
37210
試薬
2x50 テスト
37215
キャリブレータ
合計 6 , S0 @ 5.0 mL 5
S1–S5 @ 2.5 mL
100
37219
QC ( コントロール )
2 レベル , 各 5.0 mL
A49752*
試薬
キャリブレータ
2x50 テスト
7x2.1 mL
100
A49753*
2x50 テスト
7x2.1 mL
100
B03704
試薬
B03705
キャリブレータ
4
4
A56934
QC ( コントロール )
3 レベル , 各 5.0 mL
386357
試薬
100
386358
キャリブレータ
2x50 テスト
6x2.5 mL
A30945
試薬
2x50 テスト
100
A30944
キャリブレータ
合計 6, S0 @ 4.0 mL 5
S1–S5 @ 2.5 mL
A30946
QC ( コントロール )
3 レベル ,
各 2x2.5 mL
5
*
米国では入手不可能 .
†
Beckman Coulter イムノアッセイ システムでの使用のため Bio-Rad 用にベックマン・コールター社が販売。
** 製品番号 98200 の販売および流通は、Quidel Corporation から Beckman Coulter に移管された。一部の国の
お客様は、移行期間中、引き続き Quidel Triage BNP ラベルの製品を受け取る場合がある。両製品の調製
は同一である。
†† このアッセイは、米国で、緊急使用認可 (EUA) を受けた場合のみ使用可能です。
検査室の認可条件
Access IL-6, Access SARS-CoV-2 IgG, Access SARS-CoV-2 IgG II アッセイと Access SARS-COV-2 IgM アッセ
イは、認可された Fact Sheet for Healthcare Providers ( 医療従事者用ファクトシート )、認可された Fact Sheet
for Patients ( 患者用ファクトシート )、および認可されたラベルとともに、FDA のウェブサイトで入手でき
ます (https://www.fda.gov/ medical-devices/emergency-situations-medical-devices/emergency-use-authorizations
#covid19ivd または https://www.beckmancoulter.com)。認可された検査室は、Access IL-6, Access SARS-CoV-2
IgG, Access SARS-CoV-2 IgG II アッセイまたは Access SARS-CoV-2 IgM アッセイを使う場合は、Letter of
Authorization ( 認可書 ) に記した認可条件を遵守すること。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
B-7
Access 2 使用説明書
B: 製品案内
システム補充品
システム補給品は 2 つの表でアルファベット順に整理されています。最初の表にはカスタマーサー
ビスで発注される補給品が列記されています。2 番目の表にはカスタマーテクニカルサポートで発
注される補給品が列記されています。
以下の補給品を入手するには:
•
米国またはカナダのお客様は、Beckman Coulter カスタマーサービス 1-800-526-3821 にご連
絡ください。
•
米国、カナダ以外のお客様は、お近くの Beckman Coulter 代理店にご連絡ください。
システム補給品の説明
製品番号
数量
検体容器
0.5 mL 検体カップ , Beckman Coulter
651412
1000
1.0 mL/13 mm インサートカップ , Beckman Coulter
81915
1000
1.0mL/13 mm インサート カップ用キャップ , Beckman Coulter
81920
1000
2.0mL/13 mm 検体カップ , Beckman Coulter
81902/652730
1000
2.0 mL/16 mm インサートカップ , Beckman Coulter
81917
1000
3.0 mL 検体容器 , Beckman Coulter
81914
500
3.0 mL 検体容器キャップ
81922A*
1000
小児用インサート カップ、1.0 mL, Beckman Coulter
81916
1000
オートアリコート試験管 (13x100 mm 上げ底 ), Beckman Coulter
2910034
4000
472987
100
Citranox 酸性クリーナーおよび洗剤
81912
1 ガロン
Contrad70 洗浄液
81911
1 リットル
13 mm ラック小児用チューブ アダプタ , Beckman Coulter
プリンター 補給品は、Beckman Coulter, Inc. でもう取り扱っておりません。プリンターの補給品については、最寄り
のオフィスサプライヤーまたはプリンターの製造元から入手できます。
吸引プローブの補給品:
吸引プローブ、ステンレス鋼製汎用
8409B*
1
吸引プローブ クリーニング キット
80769
使い捨て吸引プローブ ブラシ
973001
( シリンジ、
フィッティング ア
センブリ、
ブラシ 10 個 )
10
反応チューブ カートリッジ
81901
検体希釈液 A
81908
16、各 98 チューブ
4 mLx1
検体ラック:
13 mm
81606
6
16 mmx100 mm
81608
6
16 mmx75 mm 大
81609
6
検体ラック バーコード ラベル キット
973099
57 バーコード ラベ
ル
基質液
81906
スワブ アプリケータ、毛羽立ちのないポリエステル
104838
4、各 130 mL
100
システム チェック溶液
81910
6、各 4 mL
973087
1
データ保管装置
†:
Travan 8 GB テープ†
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
B-8
Access 2 使用説明書
B: 製品案内
Travan 20 GB テープ †
システム補給品の説明
製品番号
386175
USB フラッシュドライブ †
A81923
Wash Buffer II, Access 洗浄液
A16792
廃棄バッグ、反応チューブ
81904
*
†
数量
3 テープで 1 ボック
ス
1
4、各 1950mL
20
製品番号が文字で終わるアイテムは、随時改訂されることがあります。この製品の注文が困難な場合に
は、ベックマン・コールター社担当者に最新バージョンについてお問い合わせください。
お手元の Access 2 システムのストレッジデバイスに合ったデータストレッジデバイスを必ず注文してく
ださい。バックアップテープ間に互換性がありません。お手元のシステム用にどちらのテープを注文す
ればよいか判断が付かない場合は、技術サポートに問い合わせてください。
以下の補給品を入手するには:
•
米国またはカナダのお客様は、テクニカルサポート 1-800-854-3633 にご連絡ください。
•
米国、カナダ以外のお客様は、お近くの テクニカルサポート 代理店にご連絡ください。
システム補給品の説明
製品番号
973077
1
英語
973041
1
フランス語
973254
1
ドイツ語
973256
1
イタリア語
973257
1
保守キット
数量
キーボード テンプレート :
スペイン語
ノズル /O リング ( プローブ ウォッシュタワー用 )
973255
1
81051
1
8299B*
1
プローブ / ピペッタと関連補給品:
分注プローブ
ピペッタ チップ、3 インチ (1 次プローブ )
6071
1
ピペッター トルク ツール
7343A*
1
基質液プローブ
7143C*
1
吸引プローブ
79102
ペリスタ ポンプ吸引
77372
長さ 1 フィート
1
ペリスタ ポンプ バキューム
77512
1
面取り ( 上部に穴 )、磁石なし
973005
65
ホーム位置、面取り、磁石付き
973006
1
洗浄液バルブ アセンブリ ( 分注キャップ アセンブリ )
A49183
1
蓋付き廃液ボトルおよびフィッテイングなし
6769C*
1
廃液ドレインキットを
7154*
1
廃液フィルタ / ボトル アセンブリ
80171
1
チューブ :
ベッセルホルダー :
およびフィッテイング
*
製品番号が文字で終わるアイテムは、随時改訂されることがあります。この製品の注文が困難な場合に
は、ベックマン・コールター社担当者に最新バージョンについてお問い合わせください。
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
B-9
Access 2 使用説明書
B: 製品案内
Access 2 システムドキュメンテーション
マニュアル、使用説明書、および Access 2 システムの他のサポーティング文書は Beckman Coulter
ウェブサイトで使用可能です。使用可能な文書の例には次が含まれます:
•
•
•
•
•
使用説明書 Access 2Access 2 Operator’s Guide ( オペレーターズ ガイド ) そして Reference
Manual ( リファレンス マニュアル )
Access 2/UniCel DxI LIS Vendor Information Document (LIS ベンダ情報 文書 )
Access アッセイ使用説明書
Access アッセイおよび消耗品の安全データシート
分析証明書
Access 2 システムドキュメンテーションの電子コピーを表示またはダウンロードするには、
Beckman Coulter ウェブサイト www.beckmancoulter.com を参照してください。新しいまたは更新され
た Access 2 システム文書がウェブサイトにリリースされると電子メール通知を受け取るには、「My
Technical Documents」( マイテクニカル文書 ) 通知ツールを登録します。
また、下記に挙げる文書は Beckman Coulter から印刷書面を入手することもできます。次の方法でご
用命ください:
•
•
米国またはカナダのお客様は、テクニカルサポート 1-800-854-3633 にご連絡ください。
米国、カナダ以外のお客様は、お近くの テクニカルサポート 代理店にご連絡ください。
Access 2 システムドキュメンテーション
製品番号
Installation Implementation Guide ( インストレーション実行ガイド ; バインダー 973265
付きマニュアル )
973266
メンテナンスとサービスログ ; バインダー付きマニュアル
数量
1
1
取扱説明書 ; バインダー付きマニュアル
英語
B14256
1
日本語
B14780
1
Operator’s Guide ( オペレーターズ ガイド ); バインダー付きマニュアル ; 英語 B14252
B14254
Reference Manual ( リファレンス マニュアル ); バインダー付きマニュアル ;
英語
1
© 2022 Beckman Coulter, Inc.
C94875-AA
1
B-10

advertisement

Related manuals

Download PDF

advertisement